スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫と愉快な仲間たちのクトゥルフ神話TRPG 最終回前編

目次

671 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:00:34 ID:Ja5YJ9S20

                    ___
                   .ィ≦ー:.:.:.、:::::`ヽ
               /:.:.:.:>===ミ::::::::∧
                  /ノ:.:./     ノ::::ノ:.:l}
      __     /(f/      /::イ:.:.fン′
    /:::::::::::`ヽ   {::::(    x彡:.:":.:.:./
.    /:::/x==ミ:::::i} ト __)::ソ  /:::::イ :.:./               遅くなりましたが投下開始です。
   /::::f/   ノ:::lリ ー一' /イ⌒)){|:.:f′
  .'::::: ′  (::iヾ::ゝ __才:.〃シノ:.:Ⅳ      _          いよいよ【白陀ビル突入編】となりました。
  |:::::ハ.   ゞ::::ー==彡’≦仆イ((ヾ:::\    /:::::::`ヽ        ここまで見てくれた方には本当に感謝しております。
  ∨:::{{、  /:::ノ:::::::>====匕:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽイ::::::x==ミ:::ハ
    ヾ::::::\ ((:::::/〉'二ニヽニニミ:.:.:.:.:r==ミ:::::::/   }::::i}       どうぞ今夜も最後までお付き合い願います。
      \:::::ヽ}ゝ=くレ全xメ≧==}}}/⌒ゝ=彡Ⅳ    j::::リ       それではめくるめく狂気の世界へ・・・・
      \ノ:::::::x≦三=≦⌒≧fソ⌒ソ≠ミハ.   /:::/
       /イ}::::::(≧=ミー===彡⌒Yシ'}}}リ:::::{ ./:::/
    __ ノノ):::彳   厂}}三ュ:::::::::::/ ィ全ヘ::::::∨:::/
   /):::厶イ:/::::ィ{    ノ`ヽ::.:.:.:.:ノ〃::t⌒ヾ:::::{≧:ュ、
  ./::/:::::::{{::::ノノ}::}       人:.:く:(__.ィ彡、  i\::`=ミ))\
 /⌒T::::::=ァ彡’.::/     イミ{{⌒:.:T´:.:.:∧  !::::{ヾ :::::::/∧
 !_f:ノ::::t彳  /::/    /≧x:}}:::::ノl:::::ノ::∧ 、:::ゝ弋:八f:∧
 Ⅳ::::::::/  /::/   ノ⌒::〃::::::::::ゞ:::::::::::::::ゝ \::::..∨/::::イ}
 {三ヾ八. /::/   .ィ’::::::イ::::::ィ=……=ミx:::ヽ::\\:::{{:::::ノ:::.



               ____
             /      \     では、最終決戦前の持ち物確認といくお。
           /   ⌒   ⌒\
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   了解。>四人
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



672 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:01:16 ID:Ja5YJ9S20

    ~へ、
      >\ー= ‐ t
    /           Yn
   /    ,        ヾ ヽ~`}
   /    /  /   ヽ   .jミ.ゝ)
  /   イ ハ  ハ  ノ、 ;   .jミ ハ       と言っても私前回と全く一緒ですけどね。
  i  \ レ i ノ彡イ仆'\i   j 7.|〈
  |  /j弋=y´  ぅ大タ 》 j    |シ.|)´      別にいんだお、確認するだけだし。
  人,| 乂ノ ゙   乂_イ_, u|   |,)ソ
  / j             .|   |.:.丶       分かりました。これです。
 j  ( f~ヽ、 r―ァ  u |  ,  i::i:ソ       持ち物 携帯、財布、バイクのキー、日本刀(1D10+2+db)、脇差(1D8+db)
 .t  ハ_  `, .............  <j .ノ V乂.:.:ゝ           防刃ベスト、ノーリンコT-54(1D8 残弾数8)、コンバットナイフ×1(1D4+2+db)
  \i .〉二{ノヽv⌒` ゝ; レ=  `
    ' /  レ\/ヘ._/  ,   ヽ           はいじゃあ次。>やる
    j  , /:.:l|.:.ヽ   ;,、  l
    |  j ト ヾ_ソじ''   ナ 、  j
    ヽ__ノ`ト―==~´:.\〉 ノ           了解だ。>ル
       ノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.: _ノヽノ
      / ̄ ̄ ̄ ̄ l⌒冫:. l



               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ     俺も前回と大差ないな。
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从     持ち物 携帯、財布、スタンガンの予備バッテリー、防刃ベスト
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l            スタンガン(残り5回)、防刃ベスト、H&K-USP(1D10 残弾13)、簡易救急セット
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州       ICレコーダーはいらないのかお?>やる
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ       何かに使えると思い最後まで持っていたがそんなことはなかったから
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |                                    今回は置いてきている。
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー      了解だお、じゃあ次の人。>やる
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.

673 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:02:13 ID:Ja5YJ9S20

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     俺も全く変えていないだろ。
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    持ち物 携帯、財布、防刃ベスト、コンバットナイフ×5、車のキー、鍵開け道具
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉      ナイフ五本とか多すぎじゃないかお?>やる
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \      これはあれだよこの一件が終わったら殺し屋にでもなろうかっていう決意の表れだよ。
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )     はいはい、じゃあ最後どうぞ。>やる
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l       これだけあればもう何も怖くない。
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ    持ち物 財布、携帯、手錠、uspのマガジン×9、防刃ベスト
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ          H&K-USP×2(残弾数15発)、特殊警棒(1D6+db)
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }          89式5.56mm小銃(装弾数30 1R発砲数3 威力2D6) マガジン×3
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |          いや・・・何と戦う気なんでせうか・・・>やる
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l          薄汚い蛇どもに決まっているだろう。
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

674 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:03:02 ID:Ja5YJ9S20

     ____
   /      \
  /         \    まぁ、持ち出すのはいいんだけどどうやって持ち運ぶんだお?
/           \
|     \   ,_   |   これが入るだけのカバンにでも入れるさ>バ
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |     良いけど取り出すのに1R消費するお?
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



     /  /ヾ /  / / i   V  ヽ \\
    〈    /ヽ ヽ /  / /  / / l :l   ヽ \ ゝ
    ノ 〈 /ヽ  / / / / / /∧ ! /^\  \\ \
   / / ,' ゝ丶 / i / / /  / ,、∨,、  \( ヽ \ \
  /   l  {ヽ `/ / / / ト / ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
  |  l ! i ミヽ i  / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l丿  〉
  \l  ハ ミ /  / l  ハ l-レ孑-ト    7┼リ\ ll-、l/l l/      ああ、構わないもとより其の辺も考えてある。
    ヽ、 `ヾ_\ l l i L_j/.:.:.:.:.:.:.:.ミ;       /l ) /
     ./ /.i´ ヽ\ レ./ヽ_≡三ミ   _≡三ミ.レイj/        了解だお、じゃあ何をカバンの中に入れておくんだお?>やる
    / i ヘ、  ゝレ\|巛;:;:;:;:;:;:;:;7        V^V
    / 、l./ `ゝイi   iZ孖巛彡ヲ          }          そうだな・・・
   /l l l /  i | l  i辷ミ彡彡{   _     /           持ち物→鞄の中
   l l l l l   / | ll  iマ三彡7   `ー′  イ             uspのマガジン×9 89式5.56mm小銃(装弾数30 1R発砲数3 威力2D6) マガジン×3
   / l l l /   ! | |l  ll∨辷/_____.. <|i |
 / l  ,',  i l l .! li  ||     寸  `ヽ、_| i |              はい了解だお。>やる
//.l /,',',. / r<| l  | \    }      | l ト

675 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:03:31 ID:Ja5YJ9S20


    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'    いよいよバラライカが本気出し始めたぞ。
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|     これはひどい装備ですね。>セ
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/      一介の警官が持っていい装備じゃないだろ。>やら
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'       まぁGMであるやる夫が認めてるから良いんだろうけどな。
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\



     ____
   /      \     そういうことだお。
  /  ─    ─\    結局どれだけ武装しようとSANチェックは防げないしね。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   デスヨネー>バ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     言うと思ったよ畜生。>ル
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

676 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:04:16 ID:Ja5YJ9S20

      ____
    /  ⌒  ^\    じゃあ再開するけどもう出発時間ってことで良いかお?
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ   ああ、いいぞ。>やら
 |       |r┬-|   |   OKだ。>バ
 \        `ー'´  /





             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )     では時刻は午前10時30分すぎ、もうそろそろ出発した方が良い時間だお。
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/    了解。>四人
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄

677 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:05:37 ID:Ja5YJ9S20

            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::: :::::: ::::::::::: :::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::: ::::: :::::: :::: : ::::: ::::::: :: :::',
         |:::::l:::::::|:: : :/:: /::/: :: :: ./::ハ:. :::::: :: :::ヽ
         }:|:::l :::::|::: ::/::::/::/イ : :::/::/ ∨: ::: ::::::トヽ ___
      /|   |:|:::| :::::l: ::/ ::/::/|::|: :::/∠..--ヽ.::::::|< ̄ __`_ヽ.
     / /  |:l:::l: ::::|::/7:/7/十| ::/ 7 ,ィ≦ミ、V:::|::::|\ \::::::\\      「じゃあ、そろそろ出発しますか。」
    / /|│   |:|:::ト.::::レ斤弌fz、リ|::/ /〃トzチタ }:: ,: ::l  ヽ 丶::::::::\\
   </:::| |   リ}/|::r、ヽ弋ユメ┘ レ {    ̄ /:./::|::|   | |:::::::::::::::\\   「ああ、分かった。」>セ
   |::::::::l l      j/{ ヽ:ヽ.      ',    /::.ハ :|::|__.」 |::::::::::::::::::::ヽ/
   |::::::::| |\_____|`‐ヽ\    _'__ ∠::イ::∧ト:{   | l:::::::::::::::::::::/    「今回は何で行くんだ?」>やら
    ',::::::l l        |/l:|、::トヽ  ¨ ニニ ´ イ::::|:/ リ `  │ l::::::::::::::: ::/
    V:::| |      ' リ jノ::/:}>、   /,┴┤     / /:::::::::::::: :/      「今回は筆流組の人たちにお世話になる事にした。」
     V::{ l         V}:'::`ー:≧'-:´:::::::::|      / /::::::::::: ::::/
      ヽ:ヽヽ       /^r‐/ ̄`l‐¬< ̄ ̄ヽ   / /::::::::::: ::::/



                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|     「やらない夫の車でも良かったんだが
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ       車を駐車して置く場所がないということで却下になった。」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′     「成程、そういうことか。」>やら
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |       「では、準備も出来たみたいですしそろそろ行きましょう。」>バ
                       /  :|  ||     っ / |   i| 
                         // /∧ |! > __/  ;  リ       「もう外に待っているからすぐに行けるぞ。」
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i

678 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:06:29 ID:Ja5YJ9S20

                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/    「相変わらず準備が良すぎだろ・・・」
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ     「つべこべ言わずにさっさと行くぞ。」>セ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ    「了解だろ。」
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)     で、RP中悪いんだけどさ
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃    ん、何だ?>ル
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉     四人でしかも荷物を持ってビル探索するのは少し危険じゃないか?
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \      ああ。そういえばそうですね。>セ
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

679 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:07:01 ID:Ja5YJ9S20

    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'     そうだな、今思えばバラライカなんてでかい荷物持ってるしなあ。
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|    だろ?だから別れたほうが良いんじゃないかと思ってさ。>やら
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{
     |::リヽ _    //://::l::/      どのようにだ?
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'       そうだな、わざと騒ぎを起こすっていうのもアリといえば有りだが・・・
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \      しかし、それではリスクがでかすぎるだろう。
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ     ああ、戦闘になったら数の暴力でねじ伏せられるだろうな。>ル
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/     じゃあどうするんだ?
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|          うーん・・・>ル
マ三:、彡               /ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

680 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:09:24 ID:Ja5YJ9S20

            ,   ヘ ̄ ̄`  、_
           / ´ ̄     ̄ ̄`ヽヾ` 、
          /     '´        \ヽ}
          /                ∨ト、
        / /   /    !      ヽ、 YV
        f / /   / ィ / ハ  / |   、 |  } !)
       l〃/| 〃 {l | ! '. !  、ヽ l !  Y{     そうだっ!閃きましたよ!
       |{ l ト lL /|!ト、l  ヽ{\ ヽ厶イ  l })
       iハ∧ハNr升≧ォ|ノ ヽヘ ,ィ≦圷! |イ     おっなんだセイバー?>やら
         \从{{ ト辷'i       ト辷i }}|   Y
         l| ∧ `ー゚      `ー' ハ   |      蛇人間の人達に混ぜてもらえば良いんじゃないですか?
         l| ノハ """   '   """/:!ll  /
          仆 ヽ、  fこ)   /::、| N、      どういう事だ?>バ
           l|  l|::::`ゝ、  _,. ヘ-、:::! 仆::〉
           lト、 j|__//}  ̄   ,ノ  ' | li/
           _ハil|-ァ' { _ <´     |/、':、
         / / |/,ィ-く        , イ  `ー- 、



                   ,>--,.--'''''''''''''''--..,,
                     r-',.-''"_,,,,..r''''"`'-    \'"-'''--..,_
                   r'''/".  /   ,/"      :ヽ\   `'-.,
               /r/_.   /   ::/   ,.  / ,! i :`:.\    `!
                 レ!ミミ--.,/   :/  / // ./:/! : ::'':::|
               (レ!`ミ._ミY   ./ .:/.::/:/ /:/.| :: :: ::!|
              f.,.|, `.,.,_!   .ヒ-く..,,_/ / / .| :/::| :H!.
                 V'!.,V"-.|   f7 ̄"7-,`'-/ //://:ノ/     つまり、正面から入ると言っていた蛇人間たちの
              ノ ハ, .!ト-,|  i N.,__Z   '"   ,テ,"レ"             仲間として潜入したらいいんじゃないですか?
              / .//!`.'.,_'|   |.| ヽヽ     /7/!
                   .//| >| ::. :|.!         ゝフ::::L        入るまでは良いがそこからどうする?>ル
                    | |レ'| !.!: ::.:|.|     ―-_,.ィ"::::|`
                    | .L∠.,|ト::::|j''-.,_  ,.-'" ! :: !         あくまで憶測ですが裏口から侵入した場合一階は探索できません。
                y'.,,__  |`!:/ト.,,_!入、   ,| :| !          そこでついて行った二人は隙をついて
               _,,.-'"-...,,__   レ/ /'ヒ.,_`''.'''く.| :/ハ.,              一階を探索してもらえばいいんじゃないでしょうか
         / ̄~,        \_'   ハ., `''\!::::レ'::::::. \
        Y     '!          \,/ /ト,く;;/"fヽ,: '::: .. \_

681 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:11:18 ID:Ja5YJ9S20

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |     ああ、成程いいと思うぜ。
     . (人__)      |
     r-ヽ         |    良いとは思うがそうした場合どう分けるかだな。>ル
     (三) |        |
     > ノ       /     うーん、取り敢えずバラライカは一階担当でしょうね。>セ
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <      えっ、何で?>バ
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |



           ,. ‐‐‐‐ ァ´        \ー┐
          / ´ ̄>            V ヘ
.         //  ./    .  ト、  \     iX 〉
         レ'  /   .  l .| \  ヽヽ  j//〉     そりゃカバン持ってるんですから隠密性ないですし。
           i   l __l__,|   ヽー 土|. l||'/〉       より忍ばなければならない二階を担当するのは無理があるでしょう。
           | l . !´ l___|    レ'::::::「 l|| く
           | i、 V ,ィ´:::::ト、   八r;::|  l||  }      いや、でも・・・>バ
           | Nヽjハ 入rj      ` |  l|| メ
              从 i  ハ""´   .    ""|  l||  \    それに一階の場合戦闘確率が高いんだから戦闘特化がいたほうがいいだろ。>ル
                 | i l > .    、  /|  l||\_/
                 | l |'儿 >  __.イ__ ,リ /リ  〉      ぐぬぬ・・・>バ
                 | .ル |____/_j ̄|| ̄  レへー '
                 レ'´ |  \___八_     / 7ー 、
            /⌒`|   /L.j\` ̄´ 、 レ'´ ̄',
            |   }/ / / Vハ \   V!.    |
            |  / /   / o〉 l.  ',  ヽ   |
            |  i  \ /  /  |_____〉  } / ,'

682 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/29(土) 22:12:21 ID:Ja5YJ9S20

                 _ . -…: : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              //: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: :/ : : : : : : : : : : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : ::i: : i
           /: :,′:: : : /:: : : : : : : /.: : : : : : : :i: : : : :!: : i!: : l     それに男性陣の探索技能が低いんだから
         /{: ,': : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : :i!: : : : |: : i!: ハ     女性陣に固まられたら男性担当の方が探索が疎かになるしな。
           |!;: : : : : ///f/:/:/ :/ :∧: : : : : : i|: : : :ト|: : :}: : ::l
           |l |: : : : {{,、_::{/:/: ://  \ : : ::;′: :j!リ: : :|: ;ヘ}     分かったよ。>バ
           {: j: : : :;{杙ハ|/// ム斗=≠≧/: : : /ヽ: : : :|/
           ノ: : : :∧`¨゙|/  ´ ‐弋ーツノ/ : : / ノ: : : :ト、       じゃあ残るは俺かやらない夫だな。
            ∠_: :乂: :八  ノ    `¨ ̄´/ : : //: : : : }i|
             イ ,-\ヽ       /:_:/  j!: : : : 八_,       うーん、俺は残るだろ。>やら
              /三三\丶._     /   ノト、:У
             ハ /三三三ニ\__. イ. :    ム」ヾ          ん?良いのか?
           //iニニニニ∧ニニ三|\─===ニニ∧
         /r二|ニニニ/∧∨ニ/,|ニ}.}二二二ニニ∧
        /ニニニニニ=//0∧∨//二}.} ,r=〈〉=.、二二∧



   / ̄ ̄\
 /   __ノ ヽ
 |    ( ●) )      ああ、薬学とかあるお前のほうがいいと思うしさ。
 .|       (__人)
  |         rつ      了解だ。>ル
  .|        ((三)
  ヽ       ( <     おっ、決まったかお?>やる
   ヽ    /∧ ∨
   ∠    /⌒ ∧ ヽ    決まったぞ。
  (  \ /  / ___)
  |\  ''  /|
  |  \_/  |

686 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:40:35 ID:IR7xbo2g0

               ___
             /      \     で、何が決まったんだお?
           /⌒   ⌒   \
          /(● ) (● )   ヽ   取り敢えず二手に分かれることにしただろ。>やら
            | ⌒(__人__)⌒      |
         \   `⌒ ´     /    ふーん、なんでだお?
             /             \



          /⌒ヽ、 >    ̄  ヽゝ、
          レ´  冫´          ヽ)、
            /           ヽ  ヾj=
           / /´ .j      j   ヽ ソソj:)
           i .j   |   l   .i   j ノ :|ノ         四人でしかも荷物を持ってビル探索は無理があると思いましてね。
          .i .i   .| i  :| |ヽ |   .| ソ |ソ  モグ
          .| | i__.ハ.ト  |从=弋|   .| .ノ, .l\   モグ    成程、でどうするんだお?>やる
           j .i .l,,フ=tfヘ | v==卞   |^.,; ,ノ、:.ヽ
           レ'ヽjヘj乂g) ヽj 人g),¨  | ソノi::j__ノ        蛇人間が正面から入るって言ってましたよね。
          ノ  | | " 、    ゙ | i  .l´ノ:.:.|            アレに混ぜてもらって隙をついて一階を探索ってところですかね。
            i ハ         レ'l / ノ:.:.ソ
            ヽ、ソ >^丶ヘ <' レ└ 、ノ           OK、じゃあ話は通したってことで進めるお。>やる
              ソ:/  "゙ ..., ヽ ´ / ⌒、 、
              /i .,、,"   ト、ノ       \        了解です。
             /  ./j |.    .}^ 、<、    /⌒ヽ
            ノ j ./ / }、   ノfヽヽヽ.i   /    }
            }  ./ 、 , j`,= ´:.:.ヽ   j  /    .{

687 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:40:54 ID:IR7xbo2g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     では先ほどの提案を蛇人間に話してOKをもらったところで
/    (●)  (●) \       探索者たちを乗せた車は【新宿駅前】にたどり着くお。
|       (__人__)    |    因みに時間は午前10時50分だお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      OK。>四人
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//      「ではお気を付けて。」>言峰
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |        「ああ、行ってくる。」
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|        そう言って一行を乗せてきた車は都市の雑踏に消えていくお。>やる
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        「いよいよか・・・」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |     .Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !   | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
             l      ハ/////////∧   |::::::::::i i///, j     ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
                l      ,/////////////\ |::::::::::| }///j,/    ..|_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ

688 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:41:11 ID:IR7xbo2g0

            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }     「ところで先ほどの提案は聞き入れてもらえたんですか?」
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /     「ああ大丈夫だってよ。
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |         ただ十中八九殺し合いが起こるから自分の身は自分で守れだそうだ。」>ル
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、      「そこは別に心配していませんが・・・」
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i      「で、俺たちはどこに行けばいいんだ?」>やら
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ 



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\     「ここに居れば昨日のおっさんみたいな蛇人間が来るから
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ         そいつについていけばいいそうだ。」
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :     「了解だろ。」>やら
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :     「それにしても遅いな・・・」>セ
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::

689 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:41:27 ID:IR7xbo2g0

           ____
         /⌒  ⌒\     ではセイバーがそう言った直後すぐ近くから声をかけられるお。
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ああ、来てましたか。>セ
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"



    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : }}: : : : :`:ヽ、
   ヘ||: : : : : : : , :r ,=_'_‐_´_ ` '‐= JL: : : : : : : : ヽ
  |: ||:||, - , = r´': / ,-, フ ` '_r‐>-、= -、: : : : : : }
  ヘ: >/竺ヽ}: : : r //:|´ r‐'´/   ヽ: : ヽ: : : /              そこには先日の男と他に数名の人が立っていたお。>やる
  ヽ{ !焦ンノ 二 } ノニノ .ノ  人 /_ノ  \: :ヘ:/
   {`'‐'-´ ‐::´:`´ノ人、 ヽ ヘ ´ノ  、  ヽ-‐,ヘ、
   {/::´::::::::::::/{  ・ヽ, ノ、‐`/ `i     /   `\           「どうやら待たせてしまったようだな。」
   /:::::::::::, r ' ´  ヘ ノ   ヽ_,,、 !、   /       ` 、
  /,::: r'i´゚ノ     `       | \_ ノ         ヘ: :\     「いや俺たちも今来たところさ。」>ル
  '´  | `r _ - 、             |  /          /: : : :
     .| 'ヽ ワ '          | /          /ク: : : :      「それなら結構では早速行くとしようか。
     |  `   _ , -― ' ‐ 、  ヽ、     _ , - ‐ ': : : : : : : :        それで、私についてくるといったのは誰かね?」
      ヘ  r '´           r`ヽ、<: : : : : : : : : : : : : :          
       ヽ            ノ  ヽ \: : : : : : : : : : : : : :       「ああ。俺だろ。」>やら
        ヘ       , ‐ ´´  ̄ ̄ >==≧: : : : : : : : : : : :
         ' - -, 、r = ´ _, - ‐_, '''''/: : : : : : : \: : : : : : : : :      「それから私です。」>バ
          /‐=`|  r'´r―ツ ´ ~: : : : : : : :
         {-‐i .|, -'―': : : : : ○: : : : : : :
       rノ´=´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    , r'r,´==´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

690 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:41:45 ID:IR7xbo2g0

                      /三三三三三三三三三三三三
                  |ヨ>‐‐‐‐‐‐‐‐N',‐‐‐‐‐‐--、三三
                    i-‐'"""""""/yヾ""''''‐‐‐-- 、_,
                  jィョョ三三三三三三>----- 、_
                  /三三三三三三ヨ(_ , -- 、, -‐      「おいおい、そこの男はいいにしても
                ----- 、三三三三三三>-,'"ヽ  ,..        そんな女まで殺しあいが起こる中に放り込むのか?」
                  ', i i___゚`ヽ、/:::i,:、--7-。、-‐'" ̄
                   ',i: : : :  ̄: :.j: : : : :.ヽ--、ヽ-、-‐‐'"    「なんだ、いけないのか?」>ル
                        |   ´¨,ノ   _ヽ=-  ..::::`‐‐-
                      _i     iヘ- 、     ,          「人間じゃない私が言うのも難だが
                ,...イ::::', 、-   ヽ'"     u            余りに無謀とではないのかね?」
                 ∠:::::::::::::', __〉>--、___  _____   y--
             ,..:<:、:::::::::::::::ヘ  二 ‐--、_ ,..._ヽ-'   /:::::::    「いや、大丈夫だ。」>やら
            /:::::::::::::\:::::::::::::ヘ         ,.......<::::::::::::::
           /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::>、____,.イ::::::::::::::::::::::::::::::
       ,....<::iヽ-----、:::::::::::\::::::::::::::---'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  / ̄ ̄ \
                  __ノ `⌒   \
                    (●).(● )    |      「俺たちは全員覚悟を決めて此処に居る
                 (__人___)    |       それは男だろうが女だろうが関係なくな。
               , =二ニニヽ、   |       それにこの女性は恐らくこの中で一番戦闘能力が高いと思うぞ?
             /  二 ヽ、`,┘   ト、_____
             /   -、 }、j┘  イ// : : : .`' ー- 、     「な、何?」>新庄
              /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
           _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、    「まあ多分そうでしょうね。」>バ
          / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'
          : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
        ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|

691 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:42:06 ID:IR7xbo2g0

            /     < / i      V/l \\l
           ./   / /  /  / /へ   l    \ゝ
           /   / / 〉l/ / ∧/  ヽ / l \ l \\
   /      ./  , /  l / l l 彳 \  V / 丿( ヽ\\
       / /: / l  / .l l トiイ l \ イ\ /ヽ\ )  l   ト
        ィ//ィ' // / l l l∧ i li<ノ      レハ./人 l 丿 〉
  /  /  l/  i  / ハ  r l /ー─ヾ    ー--リ!  l/l l/      「そういう訳ですのでついて行って迷惑はかけませんよ。」
    /   V  /l .l l l i Ll/ '  ̄ `ヲ     ‐- l  /l ) /
   ; ′     ヽ:/rェl \ヽ ヾ丶弋ヲフ ̄`〃  .仞 ̄ト/ レイ         「まぁ好きにするがいい。」>新庄
   ヽ      ヾi ハl iヽ ヽ 、ヽ‐---‐'ミ    `ー '・l
   ヽ 、    , -、‐弋   ! ` 、: ヘ`ヽ巛ミミ7     〉''' }!             「じゃあさっさと行こうぜ。」>やら
     ヾ 、f  ゝ、::}`ー!   !`ヽ辷三彡{        ノl
      ヽ l    `ー-l   ト、三ミマミ彡7      / :l             「ああそうしよう。」>新庄
         !      l     l ¨''‐、ミ辷/  '´/::::`、l
       :::|      l    l     丶.__./:::::::::::::\



                 /.:.:.:.:.:/:.:.:. :.//:.:.///:/',.ヽ: :.:.:l:.|.:.:._:..:.:.:.:.ヽ
             /.:. /:.:/ ..:. :.//:.:.///:./ ヽヽ. :.l:.|.:.:.\` ‐-- 、,
             }:. /:.:/: .: .:.//:.:.///:./ ,. -ヽヽ:|:.|. :. | ヽヽ‐- 、\
   i         ,': / :./:.: .:.//:.:.///:.//_,rz=ミヽl:.|:. : l:.:.:.ヽヽ: : \\      「それで、私たちの案内は誰がするんだ?」
   |l        /:/| イ|. :.: :.仆ー/// //ノ仆irイフ.,7,': .:/:.:.:./:.} } : : : :\\
   | ',       // |.l:.|:.l:. :./,ニ≡/、〉     ̄ ̄ //: :/:.:.:.:/、.:.| | : : : : : \\   「ああ、そうだな・・・」>新庄
   | l |      /´ l:|:.l:.|:.:.:.ト!斗㍗〈        /イ:.:/:.:./ヽ}.:.| | : : : : : : : ヽヽ
   | | l        |!|:l:.ヽ:.:.ヽ    ' ,       //:./:/r`/l:.|.| |: : : : : : : : : :   そう言うとその数名の中から一人の女性が出てくるお。>やる
   ', l |        ',|:l:.:|ヽ:.:|.' ,   ャ==─¬'イ:.,'//‐ ´i:l:.,'リ } }: : : : : : : : : :
   l | l         ヽヽ }ノ|:.l:.\   ' ̄ ̄   // l:.l:.:.|:|:.{ / /: : : : : : : : : :   ああ、女性か。>ル
   ヽ ヽヽ、         ´ リi|:.||,:.\     , '   .|:.|:.l|ヽ./ /: : : : : : : : : : :
    ヽ ヽヽ`ー- 、      / l| ヽ.:. ヽ、 , イ   ___ |.ノリヽ/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.
     \\\: : : :  ̄ ̄──‐/ ─|ノ.┴、, -‐'ニ二_ ̄ ̄/ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
       \\\ : : : : : : : : : : : :___:{/¨`‐´`ー´¨,____//::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::

692 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:42:23 ID:IR7xbo2g0

. . . . . . . . . . . . . .V∧,/. . . . . . /. . .| . . . . . . . . \. . . . . . .`丶
. . . . . . . . . . . . . . .V/. . . . . . . ./ . . ∧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
. . . . . . . . . . . . . . .′ . . . . . . . . . / ゚。. . . . . .|l . . . . .゚。 . . . . . . . . .
 . . . . . . . . . . . . ./| . . . . . . . .|. . 厶 ‐- . . . . _」L . . . . .°. . . . . . . .
. . . . . . . . . . /L /八. . . . . . . .抖竿ミ   }. . . .八. . .〉 . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . /^|. . ./ニ\.. . . . .んィ,ハ  }. ./   V . . . | . . . . . . . .     「それではご案内いたしますのでついてきてください。」
. . . . . . . . /  | . 品二ニ\. . .乂辷ソ  〈/ x=气 ′ . . |`丶 . . . . .
. . . . . . . /  八. |ニニニ‰C\{         ,   { . . . . |l   \ . .     それはルルーシュとやらない夫に見覚えにある女性だったお。>やる
. . . . . . /     VニロDニニ} \            ハ. . . 八     ゚。.
. . . . . /        \L.]ニア     `    '    }/      .      ああ、あの時のか。>ル
. . . . .′       `⌒丶.〉〕iト        /
. . . .               〃^斗‐= ≧=‐-‐く\L.   __             「ああ、よろしく頼む」>セ
. . . .{           〈     |_〕 V  __〉 ∨〉´   `丶
. . . .{            }    L)━‐-ミLハ_」Lrヘ.___  \
. . . .{           r'て_rヘ.__|丿━‐-ミr‐-ミ  ⌒て__rヘ 



                      ~移動中~                    ∩∩
                                               | |.| | _
            ●   ●   ●   ●   ●   ●   ●   ⊂ニニ三三|―|
                                               | |.| |  ̄
                                                ∪∪

693 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:42:38 ID:IR7xbo2g0

             r'''~`i`''、
              i,,,,r'''i'''ュ,i_
          ._,,r''' ,,r'''i.||'|  ''‐,,
        ,,,r''' .,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |     ~白陀ビル~
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'|  .:.::|
        l,,r'''i ,,r'''i,,r'''i:||'| []. : |
        l ''´ r''´] ''´.:||'|  .:.::|



                         __  _
           _,...._rzュ_,. -:z: : : : : :-.、 {//},:'´: : :`ヽ
            ,.イ: : : ///: : : : : : : : : : : : :.{//}: : : : : : : ヽ
          /: : : : :ムイ: : : : : : : : :..: : :ヽ:.:{//}: : : : : : : : :.\
.         /: : : : :/: : : : : : : :.i: : : : : : : :ヽヾ∧: : : : : : : : : : 丶       「では、私はここまでですので。」
        /: : : : :/: : : i: : : : : :ト、:_:_: : : : : :.Ⅵi∧: : : : : : : : : : : \
       ,: : : : :..′: :..:ト、: : : : | ヽ: : : : : : :.l}}ヘ/〉: : : : : : : : : : : : :\    そう言って女性は去っていくお。>やる
        . : : : : i:./i: :..:|´ヽ: : :.:、 f'笊ミx: : : lミ}/¨ヽ: : : : : : : : : :、: : : :丶
      j: : : : :.j/: l:..: :{ xzュ、ーヾ:、弋:ソ i:|:..:|リ    ヽ: : : : : : : :..:ト、: : : :.ヽ     「ああ、ありがとう。」>ル
.     /: : : : :/: :八:.从{弋:::}        从:/      ヽ: : : : : : : | ヽ: : : : ヽ
    /: : : : : : : : / ヾ: ヽ ´  `      /|′      丶: :..: : :..|  丶: : : ∧   「助かったよ。」>セ
.   /: : : : : : : : /    `ヾゝ   t フ  イ :|rt       ∨ : : : |   }: : : : : }
.  /: /: : : : : :../        ≧__-く  ,'イヽ         : :..: :..:|   /: : : : :/   と言う事で二人は無事に白陀ビルの裏口と思われる所へ到着したお。>やる
/: :/} : : : : : /        __rf{ハ:{: r<: : : : /7-‐ 、     i: : : :..| /: : : : :/
: : ( /: : :..: :./      Y´ rf:{{:.r=く}}: : : :xf/     ヽ   ! : : : :|:´: : : : :/
: : : `: : :..: : :/       |  rf/: :{::::::ノ{{: :〃{{     }  ,.′: : : :..: : :./
、: : : : : : : :..{          i /: : : :f:´i: :{{ソ: : :{{ .:    , /: : : : :ノ}: :../
 ヽ: :..: : :..八       {: : : : : :{::::{ : : : : : ヾY   , ,: : : : : {_ノ:../

694 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:42:55 ID:IR7xbo2g0

:: ::|::.:.:.:.::.:.:..\::::.:.:.:.:;;;,,'―――----'''"-――――'''-/   .::::|:::::.:.:.::. : :|
:::: |:..:::.:..:     \____________,, 、_/、,/   :,;;|::::::.:.:.:. . .|
,;;, |:::.:...   ,;';#," |  f二二二二二二二二二i| iリト,ンスi      |   ,,_|     ~裏口らしき扉~
 |  ,;;;,    |  |i|r――――――'',、| |ii| ヽニソ\  ,,;'#' _i,/  |
 |         |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        レ′,;  |
 |         |  |il|,_i__i__i__.i| |ii|  |    ,;∵ ト、_,/   |
 |         |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        | i!     |
 |         |  |il|    _i__i__.i| |ii| ;;'#|        | '\,  |
 |         |  |il|l´ ̄l ' ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        l:.  ,;;'  |
 |,;.      |  |il|li(O)| ___,i__i__.i| |ii|  |        |   ';'.  |
 | ,;.     |  |il|`ー‐'';, ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        |     |
 |         |  |il|,_i__i__i__.i| |ii|  |        |     |
 |"\,_r     |  |il|' ̄i ̄ ̄i ̄ ̄i ̄`i| |ii|  |        |     |
,;;; |    i'     |  |il|:::.:.:.:.:,,;,;,   __,l |ii|            |     |
 |_/ ̄`ヽ_   |  |il|;;,__________,,_,,,_|ii|      .::;ー― |     |
 |   ,-f´`\|  |二二二二二二二二二l|_,,|        |     |
 |,;,#     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____\.    ,,:  |     |
 |     'i ̄#'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''' ̄ ̄ ̄''"'__,,__|   ,,;   |     |



:::::::::/::::::::..:::::::/ ..:::::  //::  ...:::     i                 |
::::: /:::::::::::::::::/ ....::::: / /: ....::::   ィ .:∧::    i     : :. :.      |
::::/|:::::::::::::::/....:::::/  /::...:::::::  / .:::/ {j!:..   |   i  .: .::. ..:     |
:::ハ::::::::::::,'...::::: /ミメ.,. /...:::::  //...::::/  jハ:.   :|   | .:i j::::::      |     「では、早速入るとしましょうか。」
::| ハ:::::::::..:::::: /介汽/:::::::: / /..:/  . .iハ::.  j   ..j ...:|::|:::..   i .ト |
::|  メ::::::::::: .イ _辷ソ}::::/ィ,,,//===ニ= 升::. /  ,;/ .:从!::   .ハ ハ.',     「ああ、そうしようか。」>セ
',{  八:::::::::/,ハ  ̄/イ巛//彡zz==t=tuj=ァV:: .:/:  //.::::  ,イ ∧ !ムン ̄
.ヽ   \::::/.∧ / ././    ̄ミミト、弋_少, 》/:: ./:  //.>:: ,, / - ''" ´_ ィ ''""   この扉は空いているのか?>ル
ヽ     ヾ{.  '.─/、 .          `ー=-/::. ../ ,, ..- '' ´,,,, ..- '' "´
\\       ',/::::::`ー、_ ___ _ _..ィ─ ''"´,, - ''" ´           ./   普通に空いているお。>やる
  \\      \:::::::::::::::::::::::::;;;...- '´ _, - '' ´ ̄              /
   \\    / .>、::::::::::::::/ / ̄                    /      じゃあ入るとしよう。>ル
    /.ヽハ.   /У .ヽ:::::/ /                   イ.>

695 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:43:14 ID:IR7xbo2g0

     ',     lllllllllli      !、 __,r‐‐-、...::::::::`、
      ',      illllllllli    /~    ̄`''、:::::::::::::::i
       i,.     illllllllli   ./     :::::::::::` 、;;;;::, '
.      i,    illllllllli /         ::::::::::::::::/` 、
.         i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.  :::::::::::/::::::::`、
        i,    illll!':::::::::::::::(| i;;;;;;;`:、:::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;'.,
          i,    illl´"''::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、:::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',      .Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
.         i,    illi、   "' 、;;;;;;;;;;;;;;;;i,.';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  ...| ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
         i,    illllllli、     `゙゙'';;;;;;;/',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
.         i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´ ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'     .|_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ
         i,    illllllll|          `::::;;;;;;;;;;;;;.'
            i,    illllllll|



     ____
   /      \
  /  ─    ─\     えっとじゃあカラカラ
/    (●)  (●) \      うん、そこには誰もいなかったお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     よし、助かった。>ル
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

696 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:43:35 ID:IR7xbo2g0

                 _ . -…: : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
              //: :/: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
           /: :/ : : : : : : : : : : : : ::/ : : : : : : : : : : : : : ::i: : i
           /: :,′:: : : /:: : : : : : : /.: : : : : : : :i: : : : :!: : i!: : l
         /{: ,': : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : :i!: : : : |: : i!: ハ
           |!;: : : : : ///f/:/:/ :/ :∧: : : : : : i|: : : :ト|: : :}: : ::l   じゃあやる夫近くに地図はないのか?
           |l |: : : : {{,、_::{/:/: ://  \ : : ::;′: :j!リ: : :|: ;ヘ}
           {: j: : : :;{杙ハ|/// ム斗=≠≧/: : : /ヽ: : : :|/     じゃあ【目星】どうぞだお。>やる
           ノ: : : :∧`¨゙|/  ´ ‐弋ーツノ/ : : / ノ: : : :ト、
            ∠_: :乂: :八  ノ    `¨ ̄´/ : : //: : : : }i|     了解だ。
             イ ,-\ヽ       /:_:/  j!: : : : 八_,
              /三三\丶._     /   ノト、:У      私も振りますよ。>セ
             ハ /三三三ニ\__. イ. :    ム」ヾ
           //iニニニニ∧ニニ三|\─===ニニ∧
         /r二|ニニニ/∧∨ニ/,|ニ}.}二二二ニニ∧
        /ニニニニニ=//0∧∨//二}.} ,r=〈〉=.、二二∧



                __
            _.. イ:::´::::::::::::::::`ヽ                _ ̄\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           _/  \、)
          /::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::l\:::::::ヽ      /   `  `ヽ、       [ルルーシュの【目星】(25)→43 失敗]
         l:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l {ヽ\_:::l     .ノ  /!      ̄ ̄ /   [セイバーの【目星】(65)→04 クリティカル]
         l:::i.::::::::::l::::::::::イ::ハ::::::::ヽ 、:.:.:.:.::.\   . / レ/、 レハハレ   、  /
        /!::l.:::、:::::l::i::::::l l:! _lィ'ヽ:::ヽヽ:.:.:.:.:.::.〉 . / /━  -‐ ∩   〉 ゞ
        ノハト:::::ヽ:l‐ム、j リ 'ィtァテ!:::::l }:.:.:.:.:.:/  (! /{    ━ L」   /Yソ     ああ、俺は無理か。
        /イリハ::ヽ:::lrtァォ    kソl::://:.:.:.:.:./   レ\ヽ. 「」 u | |/)xソ
         _ -─\::ゝt少  ,   /イ/:.:.:.:/       .`i/ー‐/ |  !「 i 〉      クリティカルキタ━(゚∀゚)━!
      <     ` ゝ、 _─' _.イ/:.:/       .くノ L〉     〉L!~
        `ヽ. ___,ィチi{二7ソ.: ̄:ヽ         L__,. -‐'ヽ、        またセイバーかお!>やる
         _ -─/.:.:.:|l ヽ/ヽ./::.:l          {       7
       , イ´  ,r'二` ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l             !       /二つ
     /   _,イ ̄ `ヽ / ト、:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l           L___ /
    /   と⌒ヽ   /l} ll \..:.:.:.:.:.:.:.:ヽ           .i |
  /      レひ}/ /!j ll  lj>r--メ、:.::\         し'

697 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:43:51 ID:IR7xbo2g0

       / ̄ ̄ \
             \ー ―――-- 、
            , "  ゙         \
           ,                t-,
         /                 .Vヽ
       //                  } ヽヘ
      / /        ./          l  }〈
    / /   / /   ./ /   イ´    .|ノl )
.  / / /   / ,イ   ./ /   /i /  /  |ノ|〈      では何かおまけでくれるんですか?
  / / / ,/,/// // /  ./ l / i ./  / ノ} }
 /,/  ,イ/ /i _`'''ー-ミ/ ./  /-==l  / |゙y ノソ     仕方ないお・・・じゃあセイバーは
./´     /  /.{ハ .',`hクr-i,/    Trう /i,/  |ノ/」          近くに建物一階の見取り図とその下に何かが落ちてるのを見つけたお。>やる
.      / /,/l l   `¨´       `¨´./|   |"ノ 
         |.  ハ       i       ,   |´       おっ何でしょうか。
         |.   ト、               /|    ,
         j  / .\  `  ´   , イ:.:リ  ノ       そのへんはRPで>やる
        j.  //.:.:.:.:>.、_  <´l::.:.:./|  /
       ./  / \:.イ_ -=}     .八:/ l  /         了解。
       / ./-= ̄/~   ゝ_ ..,    >| ノ
      r彡    / ,...::::r⌒:i      "/ノ 丶、




                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//     「おっ、アソコに何かあるぞ先生。」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |       「えっ何ですか?」>ル
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||     っ / |   i|       ではそこには一階の見取り図とカードーキー的なものが落ちていたお。>やる
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ        「これは・・・何ですかね?」
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ        「恐らくカードキーの類でしょう。」>ル
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |
                 l      j'////////∧.   |::::::::', ∨'/,  !

698 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:44:11 ID:IR7xbo2g0

               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\      じゃあこれがフロア1の見取り図だお。
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |    あ、ありがとうです。>セ
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 裏  │                 │  EV    .┃     ~1F~  ※EVはエレベーター
 ┃  口 │                 │         ┃
 ┃───┴──┐           .┌───────.┃    以下非公開情報(入ってみればわかる。)
 ┃           │         │             ┃      A、
 ┃           │         │             ┃      B、
 ┃    A      │   廊    │     C       ┃      C、
 ┃          │   下     │             ┃      D、
 ┃          │          │             ┃      E、
 ┃──────│           .│───────.┃
 ┃          │          │             ┃
 ┃          │          │             ┃
 ┃          │          │     D       ┃
 ┃   B      │          │             ┃
 ┃          │          │             ┃
 ┃          │          │             ┃
 ┃=┐────┘         └───┌───┃
 ┃  │   エントランス          .....│   階 ┃
 ┃E .│         ホール           │    ..┃
 ┃  │                           │   .段 ┃
 ┃  │                            . ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

699 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:44:31 ID:IR7xbo2g0

               /: : : : /: : /: : / : : : /l: : : : : : : : :ヽ
.             /: l : : /: : /: : /: /:/:/∧:l: : : : : : : :ハ
            /: : ! : /: : /: :/: ://l // l:|\: :!|: : : : l
           ,':/: :l : l : ://:/l: イ//,l/=キi≦V | : : : ハ
            /イ: | | : |: :l/!/=l'、l'/´/,.ィ彷r) 7:/: ム l:ト|
           ,': ,l l: : ∨r忘外 }   ̄ ̄ //: /) }从     じゃあこのまま真っ直ぐエレベーターを目指したいんだが
            l:/ |:l: 、: ヽ ` ̄ 〈      //: /.ン:l
            l′lハ : \ \    __,./イィ/彳|l l       ああ、そうですね。>セ
             ′!: | |:ヽ‐ヽ  ´-‐一   /ヘ: N州
                |/l/|:l、_、:> 、     /,. -ヘl 、       カードキーもあることだしな。
               ' ' l/| ヽl: | ` ‐ '´  〉 __l  ヽ
                 |.:.:.|:.:.:.|∧     /彡,:.|  |
                  /.:.:_j.:.:‐¬l    , ゝ/.:.|  l-、
              /.:.:.へ :.V^ゝ  / / /.:.:.:l  /⌒'ー
           , -―//   ヽ ヽ‐.  r‐/ /.:.:.:.:.! /:.:.:.:.:.:.:.



         ____ 
       /   u \       はいどうぞだお。
      /  /    \\     (本来ならば・・・カードキーを探させるところなのに
    /  し (○)  (○) \      あの出目ではカードキーを渡さざるをえない・・・
     | ∪    (__人__)  J |                なんという強運・・・圧倒的強運・・・)
    \  u   `⌒´   /

700 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:44:48 ID:IR7xbo2g0

         ____
       /   u \
      /  \    /\    で、でも誰か来るかもしれないから【幸運】を振ってくれお。
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |   了解。>二人
    \  u   `⌒´   /



                __
            _.. イ:::´::::::::::::::::`ヽ                _ ̄\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           _/  \、)
          /::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::l\:::::::ヽ      /   `  `ヽ、       [ルルーシュの【幸運】(70)→34 成功]
         l:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l {ヽ\_:::l     .ノ  /!      ̄ ̄ /   [セイバーの【幸運】(65)→04 クリティカル]
         l:::i.::::::::::l::::::::::イ::ハ::::::::ヽ 、:.:.:.:.::.\   . / レ/、 レハハレ   、  /
        /!::l.:::、:::::l::i::::::l l:! _lィ'ヽ:::ヽヽ:.:.:.:.:.::.〉 . / /━  -‐ ∩   〉 ゞ
        ノハト:::::ヽ:l‐ム、j リ 'ィtァテ!:::::l }:.:.:.:.:.:/  (! /{    ━ L」   /Yソ     おっ成功か。
        /イリハ::ヽ:::lrtァォ    kソl::://:.:.:.:.:./   レ\ヽ. 「」 u | |/)xソ
         _ -─\::ゝt少  ,   /イ/:.:.:.:/       .`i/ー‐/ |  !「 i 〉      またクリティカルです。
      <     ` ゝ、 _─' _.イ/:.:/       .くノ L〉     〉L!~
        `ヽ. ___,ィチi{二7ソ.: ̄:ヽ         L__,. -‐'ヽ、
         _ -─/.:.:.:|l ヽ/ヽ./::.:l          {       7        なん・・・・だと・・・・・>やる
       , イ´  ,r'二` ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l             !       /二つ
     /   _,イ ̄ `ヽ / ト、:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l           L___ /
    /   と⌒ヽ   /l} ll \..:.:.:.:.:.:.:.:ヽ           .i |
  /      レひ}/ /!j ll  lj>r--メ、:.::\         し'

701 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:45:06 ID:IR7xbo2g0

         __,‐⌒ヽ、
         /   '─ \
        ノ ノ-、 (○) \
        | 。(○)  、゚ ヽ, ヽ     な、なぜこれほどの出目が・・・・
        ヽ  ヽ__,,,トー'i   )
         ノ    ` ⌒''  ノ     いやあついてますね。>セ
        (           }
        ヽ         /     これはひどい。>ル
         ヽ     /
       ./ー-.l`‐-‐< ̄``ヽ
      (   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈
       ´`´ー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。    じゃあ二人は当分誰とも会わないような気がするお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜    えらい曖昧だな。>ル
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \     まぁ取り敢えずエレベーターには安全に乗れるお。
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

702 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:45:24 ID:IR7xbo2g0

                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//     「よし、今なら誰もいない。」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      「では行きますか。」>ル
                      人j|  ||      ゝ ′ |
                       /  :|  ||   ` ー / |   i|      「ああ、絶好のチャンスだ。」
                         // /∧ |! > __/  ;  リ
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ      では二人は無事エレベーターに乗り込むことができました。>やる
                 __ . イ//∧  <⌒ヽ、..!_ノ⌒>、、
                / ̄`ヽ////////ハ、丿::::::丿::::}:::く//{ `ヽ      OK順調だな。>ル
             i      ∨//////∧\/`ー介\ノ//,   i
               l       }'///////∧    i i. ∨//, |



        , ‐=   ̄^f⌒x- 、
      /           >y_
  /⌒`ゝ         \ヽ ヽ)
 ノ  ./             :\ ハ〉
   //    i   j  ト    い 彡|`) ?
   .)´     ハ   j  ハ  ,   i _ |〈
   i    i / 、  ノキヲ ∨j   | jノ
   |    ハフ二'、ノ 彡毛~》|  :|`iイ:.\     それで、次は上の階ですかね?
   |人  升弋゙t ´ l   乂uシj  :レ /:.〉、:)
      ゝ 乂u'       j   i /.:.l:ヘ_/     あっそれはちょっと待ってくれお。
    /  |〃        ノ  人l.:.:/|:.:.:ヽ       やらない夫達とも時間を合わせていかないと。>やる
   .l イ  .> ......  ヽ.....::´(,/_   ̄ .{.:.:.:.」
    ソ \/ ,  へ_ノ゙ ̄ゝ´  ヽ           分かりました。
       /  ,\ハノ /    |
       j  ;, {彡ミ:」 ヽ     〉
       }  ゝ /:l|.:.:ゝ/   ソ^

703 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:45:46 ID:IR7xbo2g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     では、気を取り直して始めますか。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   了解。>二人
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    では二人は【白陀ビル】の正面入口にいるところから再開だお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



    .─────────────────── ───────────────────
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
    ||: : : :.>==========<  >==========<: : : :||: : : :>==========<  >==========<.: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||    ~白陀ビル正面入口~
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< 人 || 人 >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : ::::::::王王王王王:::: 只 :王王王王王王: |◇||||◇| :王王王王王王:: 只 :::王王王王王:::::::: : : :||
    ||: : : :|>==========<  >==========< У || У >==========<  >==========<|: : : :||
    ||: : : :|\        ./| |\       /|: .:.:.||.:.:. :|\       /| |\.        /|: : : :||
    ||: : : :|. .|. ̄ ̄ ̄ ̄.|  | |  | ̄ ̄ ̄ ̄ |  |: .:.:.||.:.:. :|  |  ̄ ̄ ̄ ̄|  | |  |. ̄ ̄ ̄ ̄.|. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|        l .:| |  l        |  |: .:.:.||.:.:. :|  |        l  | |:. l        |. .|: : : :||
    ||: : : :|. .|_____| .:| |  |_____|  |: .:.:.||.:.:. :|  |_____|  | |:. |_____|. .|: : : :||
    ||: : : :|/        .\| |/       \|: .:.:.||.:.:. :|/       \| |/.        \|: : : :||
    ||: : : :|>ー──── ≦ ≧─────<|: .:.:.||.:.:. :|>─────≦ ≧ ────ー<|: : : :||
    ||: : : : : 王王王王王王王王王王王王王王:.: : : :||: : : :.:王王王王王王王王王王王王王王 : : : : :||
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

704 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:46:02 ID:IR7xbo2g0

          __
   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i     「ではこの扉を開けたらもう戻れないぞ。いいな?」
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{      その言葉に彼の周りの人間はそれぞれ頷くお。>やる
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、     「君らもいいね?」
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー    「大丈夫ですよ。」>バ
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)      「ああ、勿論だ。」
          |     ` ⌒´ノ
        |         }       「では開けるとしようか。」>新庄
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,      その言葉とともに扉は開くお。>やる
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l

705 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:46:24 ID:IR7xbo2g0

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \    では建物内部に入って直ぐに近くにいた警備員風の男が近づいてくるお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     流石に厳重だな。>やら
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |      まぁ当たり前だろ。>バ
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   |:::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::/ .|:::::/
   |::::::::::::::::::::::::/    \:::::::::/   |:/
   |:::::::::::::::::::::/.      `'''´   |
   |::::::::::::::::::/i"'''‐- ..,,      ,,..-''"i     「スミマセンがこれより先はNo.の方を言ってください。」
   |:::::::::::::::〈 "'''‐-..,  "''i   i ,.-'"|
   |:::::/⌒Y〒〒-====‐-‐====-i     「はっ・・・・?」>やら
   |::::| ( `|:::|  ||||||||||||||||!‐‐‐|!|||||||||!
   |:::.!, じ.|::|.   !||||||||||||!|   .|!|||||||!     「どういうことですか?」>バ
   |::::::'‐-|::|      ̄ ̄ |   .|  ̄ |
.  , -|::::::::::/||:       L .__ j  |      「ですから、ここの関係者であるための番号を言ってください。」
. /::::::|:::::::/ :::ヽ.    ⊂ニニニニニ⊃ |,,,, __
/::::::::|:::::/  ::::ヽ       ━    |::::::::::"''
::::::::::|::/    ::::ヽ            |::::::::::::::::
:::::::::|〈      ::::::ゝ _________ ノ:::::::::::::::::
::::::::| \     :::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::::::

706 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:46:42 ID:IR7xbo2g0

           ヽ:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',        l::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ヽ:::::::::::.:.:.:.:.:.:. ',       l::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ',:::::::::::::::.:.:.:.:.:l       l:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
                ',::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|       l::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l      「いや、彼らには番号紹介はしなくていいですよ。」>???
                ',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:l      l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                  ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:./´〉,、     | ̄|rヘ
               ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::.l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
                l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::.二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
                /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::./__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
                ヽ, -、.:.:.:/}!.    !::::::::'´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                  l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ                      `ー-、__,|    `"
                  l     l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                  /    l!   l:::::::::::: -´ `  、:/
                   l     l!   ヽ ´         !
                ヽ、 _ ノノ   /          \
                  `ー‐ ´     l、           ヽ
                           l ヽ _      _ノi
                          `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ
                                ̄ ̄ ̄



     __________
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   |:::::::::::::::::/ ̄\:::::::::::/\/
   |::::::::::::::/ __. \_:/ _|
   |:::::::::::|::|___\_,/_|     「これは・・・・・・
   |:::::l⌒|::| .|__/::::::|;;;;|_/:::::::|       本当によろしいのですか?」
   |:::::\.|:|  ヽ‐─┘:.\─/
   |::::::/||        :.\|      「ああ、構わないよ。」>???
   |∠|  \   <ニニニニ|
  /:::::|\.  \     ー |       「はっ。」
 :::::::::::::|  \.  \____,|
 ::::::::::::::|    \     /\

707 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:46:58 ID:IR7xbo2g0

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/  .|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l    「この方々は私のお客様ですので。」
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 、__ _,.`//  /,ィ / :::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|   ̄ ̄` ゛    /゙ー=イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ    その言葉が言い終わるより先に警備員は消立ち去るお。>やる
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/       「あんた何者だ?」>やら
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/             「これは申し遅れました。
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/               私の名前は【古泉一樹】ここの副教祖を務めております。」
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\



         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i      ボソボソ「また結構お偉いさんが来ましたね。」
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./      ボソボソ「ああ、意外だっただろ。」>やら
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /   ボソボソ「まぁ私たちは思いっきり傍観者ですけどね。」
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i    ボソボソ「むしろ好都合だろ。」>やら
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ

708 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:47:19 ID:IR7xbo2g0

    /´.:."  '' - _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :`: :―: :-: :- : : :-: :_: :_: :-: :´}
   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    !,.:.,,:.:-.:.- ‐ ― -: :,, : _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
    `|    (☆)        ` " ‐ ― - _ ,, : : : : :}
     | _ - - ‐ ― - _ ,,             ̄ "/
     / ´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;` ‐ - ,           i     「よりによってお前が来るとはな。」
    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.` ‐ ,,,      /
   ./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.;.;.;.;..;.;.;;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ノ`ヽ,, - "      「私もあなたが直接来るとは思ってませんでしたよ新庄さん。」>古泉
  /:;:;_:;:;:;:;.;.;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;...;.;.;.;;;.;...;...;.;.;.;.;.;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!
  `´‐ i` ‐ - 、.;.;.;.;..;.;.;.;..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./:;:;:;:;:;:;, "ヽ:;:;:i       「そろそろこの問題にも決着をつけたいのでね。」
      !`i ̄`、` - ,,,____ ,, - ‐´ヽ、:;:;:;:/ /  i:;:/
     / i ` ,,゚i    !´ i  ・` ‐i‐    ヽ/ /ヽ  }/       「そうですか、では【修練室】で話すとしましょうか。」>小泉
    ./  i    !     `- ,,,_ ノ       `  ノ
   /    !  /             ,`ヽ ,ヽ ノ          そう言って案内するように先導していくお。>やる
   /    ヽ ヽ_ 、          i ~
        ヽ ヽ       ノ  -ヽ               よし、ここだな。>バ
          ヽ` ヽ二二 =´  _ヽ
           ヽ `      て
             \ _ ,,



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ     やる夫近くにさっきの警備員は居るか?
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }      ああ、居るお。>やる
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |          じゃあトイレの場所を聞くよ。
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡               /ィ´  |  |l          OKだお。
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃     イ l|   |  l|

709 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:47:40 ID:IR7xbo2g0

            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ    それじゃあ再開だお。>やる
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }      「あ、あの・・・」
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l          
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /       「ん?何か?」>警備員
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |        「お手洗いってどこにありますかね?」
      | '     i  ヾ、;,/   -‐  .イ | 小、ヾ、
      |/     |    i个  .   /| | i|// } ヽ '.       「ああ、それなら・・・」
      {   i   |   | l   `   { { i|/ 小、   i
      l   |   }   } ィ三ミ   比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,;       /  /厶 }_」
        ,  /   /厶イ´        -‐ァ'  / {{    `ヽ



       ____
     /⌒  ⌒\      ではその警備員はエントランスの近くにある
    /( ●)  (●)\         トイレの入口付近まで案内してくれるお。>やる
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    近くに人は?>バ
  \      `ー'´     /

710 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:48:09 ID:IR7xbo2g0

         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    先程居た所の辺りにもう一人居るお。
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |   現在地からの距離は?>バ
     /           l、E ノ
   /            | |   4m半ぐらいだお。
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ



 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´   l   /      /r/   \   `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉   \ \     さすがに無理か・・・
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ   じゃあそのまま個室に入るよ。
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',   ヽ ヽ 
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }     荷物はどうしたんだお?>やる
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄・ /   / |          やらない夫が持ってる。
ミ彡彡::7      ′     / /l  l|
マ三:、彡 ヽ.           /ィ´  |  |l          持たされてるだろ>やら
\三彡  ├───     .ノl   |   |
 丶ミゞ  丿          .イ l|   |  l|          了解。>やる

711 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:48:28 ID:IR7xbo2g0

     /  /ヾ /  / / i   V  ヽ \\
    〈    /ヽ ヽ /  / /  / / l :l   ヽ \ ゝ
    ノ 〈 /ヽ  / / / / / /∧ ! /^\  \\ \
   / / ,' ゝ丶 / i / / /  / ,、∨,、  \( ヽ \ \
  /   l  {ヽ `/ / / / ト / ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
  |  l ! i ミヽ i  / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l丿  〉
  \l  ハ ミ /  / l  ハ l-レ孑-ト    7┼リ\ ll-、l/l l/
    ヽ、 `ヾ_\ l l i L_j/.:.:.:.:.:.:.:.ミ;       /l ) /     じゃあ、私はそこで5分程待機するぞ。
     ./ /.i´ ヽ\ レ./ヽ_≡三ミ   _≡三ミ.レイj/
    / i ヘ、  ゝレ\|巛;:;:;:;:;:;:;:;7        V^V      良いのかお?
    / 、l./ `ゝイi   iZ孖巛彡ヲ          }        帰ってくるのが遅かったら相手に怪しまれるかもしれんお?>やる
   /l l l /  i | l  i辷ミ彡彡{   _     /
   l l l l l   / | ll  iマ三彡7   `ー′  イ         女性のトイレで5分なんて普通だろ。
   / l l l /   ! | |l  ll∨辷/_____.. <|i |          それにやらない夫があの副教祖に発言&大荷物で目立ってるはずだし。
 / l  ,',  i l l .! li  ||     寸  `ヽ、_| i |          私なんて印象に残ってる可能性は低いしな。
//.l /,',',. / r<| l  | \    }      | l ト
 / :/.  / .厂  / / /   ヾ    |     | l |          まぁ、好きにしたらいいお。>やる
´ / |  |  \  | l |    \   |    |  l



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |            では続いて修練場に到着したやらない夫だお。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ        そこに行くまでにフロアの見取り図あるか?>やら
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/           目星+20で振ってくれお。
    \       \
     \    \  \           OK助かるだろ。>やら
       >     >   >
       /    /  /

712 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:48:47 ID:IR7xbo2g0

                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ     [やらない夫の【目星】(25+20)=72 失敗]
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/     「うーん、有りそうでないなあ・・・」
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/       「この部屋です。」>古泉
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´        では見つけられなかったお。>やる
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/                前半のダイス運はどこへ・・・>やら
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!



                         ..- 、 , ...―――、
                    /::::::::::`:::::::::::::::::::::::`ー、
             ..≦≧{`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /´ /::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ
               j:::::::::::i:::::::::::`ヽ:::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::..、
                 ' : / ト:l::::::::::::::::::\:::::::::: :l::::::::i::::::::::ヘ::::トヽ    「ではお入りください。」
              / /:l:::| ハ:ヽ:\:::::::::::ヽ::::::: :l:::::::|:::i::::: :ハ::l
                /::::l:::|i |  ヽ!\斗≦=-:::::::l::::::lr‐、::ヽ::N
            |: 小::|:lハ‐匕ヽ     x=ミy::: :l:::::lくヽ} ハ!       「ああ。」>新庄
            |′ハ ! l::ヽァ=ミハ  ´     ヽ:!::::;r '/::i
                    |ハ:|ヘ:ハ.  }        |: /ァ<:ハ{        そう言って一行は中へと入っていくお。>やる
                   |! ハ 込 ゝ         |//  ハ
                   |!   >‐、‐  ´      / 〉、        そりゃ俺も紛れてはいるさ。>やら
                      _rニニ、ヽ_ヽ.._ .イ .イ  /:.| ヽ
                    r' ―‐、 } } }  />‐〈.    /:.:.':.:.:.`:...、_
                     l   〉」」‐'7/{':::::∧ /:.:. :/:.:.:.:.:.:.:.:.―丶
                l    }   ハ:/ 〉 イ ∨:.:.:.:.:/:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

713 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:49:04 ID:IR7xbo2g0

             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !        「本日は態々ご苦労様でした。」
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _     「能書きは良いさっさと本題に入ろうじゃないか。」>新庄
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ     「ええ、貴方がそれでいいなら。
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ       しかし、その前に・・・・・・・・・」
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l



      /:::::::::::::::::::::::::i:.i::バ ' ┼- .、ゞ.| \::::::i
      !:::::::::::::::::::::::::::i i:| 叉的>  .ゞ!三_ト、i
     ノ:::::::::::::,_::::::::::::i ゞ        `ド!ゝ{::::i
    /"|:::::::::.!ハ:::::::i           /" . i:::ハ
    ノ,、:::::::! 込:::::i             :i::::i ゙'
   '´  |.x:::::::へ.ハ; i      F==-、  /::/        「では入ってきてください。」
      .Vヘ:::::::::::i :!i、      `ー―´   /::/
       |::::,,:::::ノ ハi`ー-  __    /|:/        不意に古泉はそう言い放ったお。>やる
        i/!x: :|           ̄> /
    ,ィ=--- !!ヽ .|           ├ヘ             「了解。」>???
    /  i    ハ|.      ,ィコ¬.T::ヘ、
  /   i   _/.}       /  .ヘ    へ_         そして、隣の部屋から何者かが出てくるお。>やる
/_., ,⊥ 」 /       _./     .ヘ   /  ̄
   / 冫 ̄ `  '"  /\    ヘ  /

714 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:49:26 ID:IR7xbo2g0

            _    ._           _          _
.      /    ヽ      .ヽ    ./    ヽ   ./    ヽ
.      〃     _l〉   ._l〉   〃     _l〉 〃     _l〉
.     j   _..イ「  「 ._..イ「  「  ...j   _..イ「  「  j   _..イ「  「
.     弋て_) | ゝ/ヽ.) | ゝ/ヽ ...弋て_) | ゝ/ヽ..弋て_) | ゝ/ヽ
      ._<__\ ヽ/ /⌒)...ヽ/ /⌒)   _<__\ ヽ/ /⌒) _<__\ ヽ/ /⌒)
.    ,.:┴―‐-ミ`寸 ー..-ミ`寸 ー . ,.:┴―‐-ミ`寸 ー.:┴―‐-ミ`寸 ー
.   /:_:/_: : : : : : \lL.: : : : \lL.../:_:/_: : : : : : \lL.:_:/_: : : : : : \lL
.  〃: : : : :ヽ: : : : : : : :、.: : : : : :.〃: : : : :ヽ: : : : : : : :、.: : :ヽ: : : : : : : :、
.  〈_ニ=: : : :.|: : : : : : : : :..: : : : : :.〈_ニ=: : : :.|: : : : : : : : :. : : :.|: : : : : : : : :.      その扉の向こうから【シールド】と同じような奴らが出てくるお。>やる
.  「/三〉 : : |: : /: : : : : : : /: : : :.「/三〉 : : |: : /: : : : : : :..: : |: : /: : : : : : :
. /: : :l7: : /ノ/: : : : : : : |.: : : /: : :l7: : /ノ/: : : : : : : |.: /ノ/: : : : : : : |      うわあ・・・>バ
./: :_:_:_:_:_:_ζ´: : : : : : : : : |.: : /: :_:_:_:_:_:_ζ´: : : : : : : : : |.ζ´: : : : : : : : : |
.|: : : ̄: : ㌢\: :-:ニ _: : ノ...:.|: : : ̄: : ㌢\: :-:ニ _: : ノ..\: :-:ニ _: : ノ      なんてこったい・・・>やら
.\:.: : /    ー=ー<):〔 .=...\:.: : /    ー=ー<):〔     ー=ー<):〔
  .`Y     / (     `く (   . `Y     / (     `く  .../ (     `く
.   7ー―-=へ.__,。イ〔 . .__,。イ 7ー―-=へ.__,。イ〔.―-=へ.__,。イ〔
   ./         | |    | ./         | |          .| |
   .Y´ ̄ ̄ミ    ,人ノ   .,人.Y´ ̄ ̄ミ    ,人ノ... ̄ミ    ,人ノ
   「 ヽ.__/|   /ノ ハ   /ノ .「 ヽ.__/|   /ノ ハ.__/|   /ノ ハ
.  /       ,   /´ | | ../´ ./       ,   /´ | |   .,   /´ | |
.  |     /      Ⅵ     .|     /      Ⅵ ../      Ⅵ
.  ゝ._.ノ   ′  |   ′ ..ゝ._.ノ   ′  | . .ノ   ′  |
.   |   /    /.../    /     .|   /    /   .|   /    /
.   | /    /    | ./    .| /    /    |     ./    |
   ./        二=  ...二=.../        二=        二=
   .〉      _ノ    ノ.ノ    ...〉      _ノ    ノ     _ノ    ノ
       ´>ヽ   /´>ヽ   /       .´>ヽ   /   ..´>ヽ   /
.   λ    |   \く . |   \く .λ    |   \く     .|   \く
  .〈     ヽ _ ノ .ヽ _ ノ.〈     ヽ _ ノ    ┏┓  ┏┓┏┳┓┏━━┓┏┓  ┏┓┏┳┓┏━━┓
   .「\ _ノ   〉._ノ   〉 ...「\ _ノ   〉..「\   ┃┃  ┃┃┃┃┃┃┏┓┃┃┃  ┃┃┃┃┃┃┏┓┃
   .|    /   ,′.../   ,′ ..|    /   ,′|    .┗┛  ┃┃┗┻┛┃┃┃┃┗┛  ┃┃┗┻┛┃┃┃┃
   .L    /  _ >  /  _ >   . L    /  _ > . L    /  _ .┏┛┃      ┃┃┃┃    ┏┛┃      ┃┃┃┃
.    7 ,. <  /ヽ、   ./ヽ、  .7 ,. <  /ヽ、.7 ,. <...┏━┛┏┛      ┃┗┛┃┏━┛┏┛      ┃┗┛┃
   .,′ '⌒ヽ.__   ー:、_    . ,′ '⌒ヽ.__   ー:、.⌒.┗━━┛        ┗━━┛┗━━┛        ┗━━┛
   .L..... ___)―一'′ )― L..... ___)―一'′ __)―一'′

715 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:49:43 ID:IR7xbo2g0

      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉     「まあ貴様みたいなのが一人で【話し合い】に臨むわけはないとは思っていたが・・・」
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ      「まぁ当然でしょう。
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,          私は貴方方を欠片も信用しておりませんので。」>古泉
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r          「安心しろ私たちもだ。」
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛



             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|      「では、【話し合い】を始めるとしましょうか。」
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !       「ああ、そうしよう。」>新庄
           l\l|    |    //ィ N
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |  と言う訳で壮絶な【話し合い】が始まるわけだけれども
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ                      やらない夫はどうするんだお?>やる
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ   取り敢えず5分くらいは様子見だな。>やら
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l

716 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:50:04 ID:IR7xbo2g0

               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\    じゃあまたセイバー達の方に戻るお。
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   了解。>二人
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\    では二人は難なく二階へと上がることができました降りても誰もいません。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   じゃあ目星で見取り図を探します。>セ
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     はいどうぞ。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

717 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:50:23 ID:IR7xbo2g0

                __
            _.. イ:::´::::::::::::::::`ヽ                _ ̄\
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           _/  \、)
          /::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::l\:::::::ヽ      /   `  `ヽ、       [ルルーシュの【目星】(25)→14 成功]
         l:::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l {ヽ\_:::l     .ノ  /!      ̄ ̄ /   [セイバーの【目星】(65)→42 成功]
         l:::i.::::::::::l::::::::::イ::ハ::::::::ヽ 、:.:.:.:.::.\   . / レ/、 レハハレ   、  /
        /!::l.:::、:::::l::i::::::l l:! _lィ'ヽ:::ヽヽ:.:.:.:.:.::.〉 . / /━  -‐ ∩   〉 ゞ
        ノハト:::::ヽ:l‐ム、j リ 'ィtァテ!:::::l }:.:.:.:.:.:/  (! /{    ━ L」   /Yソ    よし、成功だな。
        /イリハ::ヽ:::lrtァォ    kソl::://:.:.:.:.:./   レ\ヽ. 「」 u | |/)xソ
         _ -─\::ゝt少  ,   /イ/:.:.:.:/       .`i/ー‐/ |  !「 i 〉      私も成功ですね。
      <     ` ゝ、 _─' _.イ/:.:/       .くノ L〉     〉L!~
        `ヽ. ___,ィチi{二7ソ.: ̄:ヽ         L__,. -‐'ヽ、        じゃあ二人はこのフロアの見取り図的なものを見つけれるお。>やる
         _ -─/.:.:.:|l ヽ/ヽ./::.:l          {       7
       , イ´  ,r'二` ̄ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l             !       /二つ
     /   _,イ ̄ `ヽ / ト、:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l           L___ /
    /   と⌒ヽ   /l} ll \..:.:.:.:.:.:.:.:ヽ           .i |
  /      レひ}/ /!j ll  lj>r--メ、:.::\         し'



      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\    では見取り図ドーゾだお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |   ああ、サンキュー。>ル
  \     ` ー'´     /

718 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:50:40 ID:IR7xbo2g0

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃          │       │      │     ┃
 ┃          │       │      │ EV  .┃
 ┃          │       │      │      ┃      A, 
 ┃   B      │    .┌─┴───┴─── ┃      B、
 ┃          │    .│              ┃      C、
 ┃          │    .│              ┃      D、
 ┃          │    .│              ┃
 ┃          │    .│     A        ┃
 ┃          │    .│              ┃
 ┣──ー───┤   .. │              ┃
 ┃          │    .│              ┃
 ┃          │     └─────────.┃
 ┃          │                       ┃
 ┃          │                       ┃
 ┃   C      │ ┌.────. .┐   .┌     ┃
 ┃          │ │       │   .│ 階  ┃
 ┃          │ │       │   .│     ┃
 ┃          │ │   D   │   .│ 段  ┃
 ┃          │ │       │   .│     ┃
 ┃          │ │       │   .│     ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l
   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}    ん?このエレベーターの前にある線はなんだ?
 //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'
  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l    これはカードキー認証ゲートだお。>やる
  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|
   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{    つまりどういうことだ?
     |::リヽ _    //://::l::/
     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l      一個のカードキーにつき一人まで通れるということだお。>やる
        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'
          _,|l ̄|| _,=_: : :| `       成程な・・・
   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\
   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _         じゃあ其の辺話し合ったところで再開だお。>やる
  /:: : : : : : : :〃: 〃: : : : : : : : : : : : ::`''

719 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:50:56 ID:IR7xbo2g0

                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′    「さて、無事2階に来れたわけだが・・・」
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |
                      人j|  ||      ゝ ′ |      「どうしたんですか?」>ル
                       /  :|  ||     っ / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ      「いきなり前に壁があるんだが・・・」
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、         「ええ確かに。」>ル
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/\ハV////,   i
               l       }'///////∧    i::::::', ∨//, |



                  , -‐‐'  ̄ ̄ ̄ ` ー 、
             _ - ' ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            ,'::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
           /:./ :./:.: .:.:.:. :. .:.ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.  l
           /:./ ./.:./. |:.:.: .: :.: .:',.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.|::.. .:.:.:.:.:.:.l /|
          ,':/| :. l.:./|:./|:.l.:.',.:.: :.:. .ヽ:.:|: :.: .:.:.:.:.l::.. :.:.:_//     「でもここに何かありますよ?」
          |:| |:.: .|.:.l//// ヽヽ::..:.:.:.:.ヽ|: :.: .:.:.:./:. :.:.:/  /
          |:| |:.:.:.l.:.:.〉//ー-ヽヽ::..:.:.:.:.| :.: .:.:./:.:.:.:.:/  /、_     「ああ、本当だ。」>セ
          |:l |:.:.:.|.:.//´ 戈メzュ_ヽヽ:.:.:.l :.: :.:.:r 、.:./  /: :\\_
     _  - ー|!‐|:.:.:l:/     ̄¨__ゝ,':: .:.:.:.//:/ /: : : : : :\\   「・・・・・・どうやらここにカードキーをスキャンして開けるようです。」
  _ /        ',:.| ヽ     {: : : : : \:.:.:./:.://: : : : : : : : : : \\
   ̄` ー--、     |! |:.ヽ‐‐、 r┴─ : : : .\l//.: : : : : : : : : : : : : : /
         \    |/ヽ_/二 : : : : : : : : \: : : : ::.::.::.::.::.::.:: : : /     「じゃあ早くしようか。」>セ
           ¨\ ´  { : {: : __: : : : : : : : : : ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.: ./:.\
            r─ヽ /',: :|: :| ヽ : : : : : : : : : |::.::.::.::.::. : : : (_::.::.: : :\    「ええ、そうしてください。」
            |: : : :}l   |: |: :|/ `ヽ : : : : : , -l: : : : : : : : : :  ̄ ̄` ̄`
            |: : : :|i\ ゝ‐´ /   | : : ://|: : /::.::.::.::.::.::.: : : : : : : :

720 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:51:21 ID:IR7xbo2g0

      .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┃|   , " `ヽ
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃| ,' ⌒ヽ...゙i
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃| | 0::: | |
      .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┃| |0::0 | |     「じゃあ、スキャンっと。」>セ
            ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┃| |0::0 | |
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃| |0::0 | |
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃| |0::0 | |     <ロックカイジョ
            ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┃| |0::0 | |
      .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:┃/⌒}  | |
         ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  {  〈   | |
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ┃l\ .\.l j
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   ┃l |.\ .\l
      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      ┃|:::` ‐ \_〉
     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ┃|



                              ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「よし、無事に通れたぞ・・・」
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//                      __
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′                         /´ > ,.イ
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      ,.イ  ,,   ∠二>  ,.イ    ´ ̄  /_/
                      人j|  ||      ゝ ′ |      | |/ .! ∠二> /_/         //
                       /  :|  ||   ` ー / |   i|    ./ ,/! |      //  rz_   //
                         // /∧ |! > __/  ;  リ    レ'.| | .| |    //  r‐' rz/  |/
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ       | | .|/    |/     ̄.|_〉
                 __ . イ//∧  <⌒ヽ、..!_ノ⌒>、、        |/
                / ̄`ヽ////////ハ、丿::::::丿::::}:::く//{ `ヽ
             i      ∨//////∧\/`ー介\ノ//,   i     「えっ?」
               l       }'///////∧    i i. ∨//, |
                 l      j'////////∧.     i i  ∨'/,  !

721 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:51:41 ID:IR7xbo2g0

      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l      「お、おいどうなっているんだ?」>セ
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、     「どうやら一人しか通れなかったようですね。
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|                私はここに残るしかありません。」
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i       「いや、私がもう一つカードキーを探してくる。」>セ
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{         「いや、危ないですよ。」
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、



                               ____
                            .   ´      ` 、..--- ,
                          /         / \    ヽ
                        /   / .:/            ヽ    }
                      ′ ;′ ,′    ハ :i    ハ
                         ;    i  !|   .:/// .:j| | :i | i|
                         l    |  !|   /:// .:/:| | :| | リ    「確かに危険だがここで単独行動をとる方が危険だ。
                      '. {:. | 斗斥メく/ .:/ |ノ斗/j//      それに何より先生もいつまでもそこにとどまっておくと言う訳にもいかないしな。」
                        VY´|  !代ヒリ`ヾ:/  ィ汽イ彡′
                           ヘト ,|  || `"     {rリ/  |      「・・・それもそうですね
                      人j|  ||      ゝ ′ |         では危険ですが頼みます。」>ル
                       /  :|  ||     っ / |   i|
                         // /∧ |! > __/  ;  リ      「ああ、任せておけ。」
                     { { ://  ヽ!` 、  ト、  ノノ ノ
                 __ . イ//∧      /::ヘ ヽ、、
                / ̄`ヽ////////ハ、   /:::::::} j///{ `ヽ

722 名前:SAN値直送 ◆JI25OnfLNY[] 投稿日:2012/12/30(日) 04:52:04 ID:IR7xbo2g0

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    取り敢えず一旦今回はここできるお。
|       (__人__)    |       次回からいよいよ本格的に行動開始だお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |      了解。>四人
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



           、
               `ミzzzzz、
             `ー‐、  ヽ
                  八:Ⅵ
                    / i .`/
              ,イ ノ,.、{     本日はこのスレに付き合っていただき有難うございました。
           ,ィ´{i´彡/i:i:ト、    年末ということで思うように時間が取れず投下ができずに申し訳ありませんでした。
             人ヽ乂_/i:i:i人{
        _,..イミ、_.\\`~´...八_   今後はこの様な事がない様尽力します。
        }____/( ̄ ̄~`Y´ィ=i_
        ゝ‐、 \\__/ ⌒Y :人`Y   それでは皆様良いお年を。
       /.少.ノ   iミ、\{oYoi/{  \〕_
        } _/  ノ⌒Ⅶ:\/:/∧   .\    また次回お会いしましょう。
       ./´  ,イ ゛  .ノiノi Yi i八:|三ミ、. ヽ
      / / {i /.У乂 i:i iミ、.i\.`.、\ |
    .〈//⌒ | /y.///ヽi:i i .∧ .乂____.`\

724 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/30(日) 10:21:23 ID:duFaASS.0
おつー!

726 名前:クリスマス短編祭![sage] 投稿日:2012/12/30(日) 11:29:10 ID:bySjSvLs0

もっともセイバーの出目が良すぎたから、
カードキーが1枚しか入手してない状態で進んじまったわけだが。

727 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/12/31(月) 12:26:34 ID:1vV8oa4Y0
遅れながら乙です。
また次回も楽しみにしています。

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5510 根が深すぎて笑えない (10/15)
  • 国際的な小咄 5509 マラウイ湖でそれをやると (10/15)
  • 国際的な小咄 5508 頭がくらくらする (10/15)
  • 国際的な小咄 5507 街角のデモ (10/15)
  • 国際的な小咄 5506 中国だと (10/15)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第1話 「カミハダレヲエラブベキ?」 その2 (10/15)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第1話 「カミハダレヲエラブベキ?」 その1 (10/15)
  • やる夫は願いを叶えるようです 小萌先生の秘密の授業~アルシャード編 第1回 アルシャードガイアって何? (10/15)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第0話 「カミハダレニイノルベキ?」 (10/15)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その128 (10/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その7 (10/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その6 (10/15)
  • 国際的な小咄 5505 もうほんと草しか生えぬ海外のあおり (10/15)
  • 国際的な小咄 5504 変なバランス (10/15)
  • 国際的な小咄 5503 エリトリアとかいう恐怖 (10/15)
  • 国際的な小咄 5502 意外と韓国では (10/15)
  • 国際的な小咄 5501 理系政治家 (10/15)
  • 白頭と零の魔女 最終話 (10/15)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 4ターン③ (10/15)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 4 (10/15)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(45) (10/15)
  • 正義屋さん 第3話 後編 (10/15)
  • 正義屋さん 第3話 前編 (10/15)
  • うる夫はだめな狼のようです 特別上映 うる夫は転入生のようです 第3話 (10/14)
  • うる夫はだめな狼のようです 第44回 (10/14)
  • 国際的な小咄 5500 科学リテラシーのランキング (10/14)
  • 国際的な小咄 5499 心が洗われる (10/14)
  • 国際的な小咄 5498 理解してしまうと (10/14)
  • 国際的な小咄 5497 中国人キレる (10/14)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その三 (10/14)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その二 (10/14)
  • DSKB戦隊シリーズ「秘密兵器」トリシューラ 第五話 その一 (10/14)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その33 (10/14)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その32 (10/14)
  • 国際的な小咄 5496 バッサリ (10/14)
  • 国際的な小咄 5495 スコットランド2 ~もはや必死~ (10/14)
  • 予告編 徳川RTA (10/14)
  • 国際的な小咄 5494 たのちいスポーツ! (10/14)
  • 正義屋さん 第2話 (10/14)
  • 正義屋さん 第1話 (10/14)
  • 正義屋さん プロローグ (10/14)
  • やるハル転移 第2部 その4 (10/14)
  • やる夫の伝説 第八話 (10/14)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 3 (10/14)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第20話 (10/14)
  • 国際的な小咄 5493 自然界はそんな感じじゃね? (10/14)
  • 国際的な小咄 5492 グレタさん (10/14)
  • 国際的な小咄 5491 ん……? それは小説ではなく (10/14)
  • 国際的な小咄 5490 神戸牛をアメリカ人に見せると (10/14)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ