やる夫が千円札の人になるようです 第五話

目次 現行スレ

263 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:50:15 ID:2d1575be


1903(明治36)年 やる夫26歳 
デンマーク コペンハーゲン  国立血清研究所

          __
          ,'i:i Y
         ,'i:i:i:i{     >'´ヽ
    ___.    }i:i:i: |     ./i:i:i /         >=-===-=ニ,,__
   fi:i:i:{    .li:i:i: |    .,'i:i:i /        /: : >=--=: :二>=-=ニ__
   }i:i:i:i',    !i:i:i:i|   .,'i:i:i!,'     /: : /: :ニ=-: : 三ニ=-: : :ー`ヽ
   ∨i:i ',   !i:i:i:i|===,'i:i:i ,'     /',: : ヾ,.、ニ=--=: : :ニニ=--=-: : : :.:.ハ
 _  .∨ ∧ニニ !:i:i:i:!ニ.,'i:i:i ,'===、 ./,イ!!i:.,イi//ヽ ヽ三二ニニ==-x: : :=-:.:/
.fi∧ /∨i:∧ニ|i:i:i:i:{__/i:i:i ,'ニニiハ,':}ン{: ii  //// ハ ',  ミx  `ヽ ヾ: : :./
.∨i∧ニ.∨i:i:ゝ'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ニニニ{ ゝ'|:.:|i  ヽ.////_ヽ、, ヾヽ\   x</
 ヽ.i:i:iゝ'´i:i:i:i!γ ヽi:i:i:i:i:i:i: }ニニニ}i  |:.ハ-=、 >'´ ソ/ハ‐-、ヽ. !/:./
. ,'ニ.\i:i:i:i:i:/´弋__ノヾYi:i:i:i:{ニニニ{  ト<ム、f´ /.,〈////ハ ハ/:./
.,'ニニ ヽ.γ¨ヽ 0 ,=-、i:i:i }ニニニ}  ヾ、 `ヽL___/,∨///ノハ>'´
ニニニニ:} 乂__ソ iY (:::::)}i:i∧ニニi{  \ヾ、 .∨:\___ `¨´イソ   マドセンでーす
ニニニ从i:i:i:i:i:ー=>=イi:i:i:i: ヽニ/x   ヽ ゝ、,ゝ=ニ__¨`ヽ'´,
ニニニ∧ゝ===---、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>、ヾ 、_  ______/  ¨¨´ ̄
ニニニニヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>ー==ト、i:i:i:i:>、ラT´ .,=-ー'´
ニニニニニ`ー‐===='ニニニ >ー‐ '彡フ´}
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニノ
       所長 マドセン博士


                                          ____
           やる夫だお                      /      \
                                      / ─    ─ \
           (ずいぶんのんびりとした研究所だお)   / -=・=-   -=・=- \
                                     |      (__人__)  U  |
                                     \     ` ⌒´     /







264 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:50:36 ID:2d1575be


この研究所では所員は思い思いのことをしてよかった

     ____
   /      \
  /  ⌒   ⌒ \   やる夫もこういうところで
/   ( ●) ( ●) \
|     ⌒(__人__)⌒  |  じっくり腰を落ち着けて研究したいお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




265 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:50:55 ID:2d1575be


やる夫の研究は血清反応――

ガラガラ蛇の毒を山羊に注射する
すると山羊の血中に、蛇毒に対抗する物質ができる

    ___                         ___
 ~(・:.:.:.:.:   、                   ~(・:.:.:.:.:   、
     ̄ >  )                      ̄ >  )
    (  <___ノl                   (  <___ノl
     `  :.:.:.:.:.:.:._ノ                    `  :.:.:.:.:.:.:._ノ
        ̄ ̄ ̄                         ̄ ̄ ̄
      ↓                           ↓
         ,.             
         /ノ                  /   ノ ヽ (  ノ⊂ ̄))) ̄⊃
    (\;''~⌒ヾ,                 /|ヽ  (_ノ  ._ ̄  0'ヽ 0'
    ~'ミ  ・ ェ) メェメェ            / |ノ  .)    (_)  ヽ  i (   
     .,ゝ  i"       ―血→   ∋ノ |  /――、__  ./(∩∩)  
 ヘ'""~   ミ                  / /| ヽ__ノ   | / ./
  ,) ノ,,_, ,;'ヽ)                 | ( | ( ’’’    | ( /
  し'し' l,ノ                   |__ヽ.L_ヽ        Lヽ_ヽ
"''""""''""""""''"""          ''" ""''"" "'''''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" ''" ""''"" "'''.

これを蛇にかまれた他の動物に注射してやると
毒による影響が減少する――に関するものだった




266 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:51:19 ID:2d1575be


      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   実験が上手くいったお!
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   失敗したお……
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)     |
  \     ` ⌒´     /


やる夫は実験に成功すると異常なまでにはしゃぎまわり
失敗するとこの世の終わりかというほど落ち込んだ




267 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:51:49 ID:2d1575be


1904(明治37)年 やる夫27歳

帰米し、ニューヨークのロックフェラー研究所の主席助手に任命される
月給は180ドルである

  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \  これで思うがままの研究ができるお!
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/  
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ


所長をのぞく6名の所員のうち、
やる夫より上席は2名だけ、しかしいずれも専門が違う

しかも年齢はやる夫が一番若い




268 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:52:19 ID:2d1575be


ニューヨークにきて1年もたつと、奇妙な男として研究所内でも評判になった

180ドルも貰いながら、いつも汚い身なりをしている
その一方で、衝動的に30ドルも40ドルも出して洋服を一揃え買ってしまう

                              ____
                               ,. '" ( . ,.-、 ヽ "丶
                        ,..-, 、   ヽゞ-' ノ    ヽ
                           /ゞ-' ノ .   `i ⌒    .ヽ
                         ./ ⌒ i´  人   `j       }
                        |   `‐r‐' ` イ         |
                        |      |     |    .、_ ノ __   /ヘ
                      \   ヽ___/ // : :/. : ニ{ ` /  /
                         \      _ノ;;;;;;;: :i : : : :.{¨V  \:Y
        __                  ヽ`ー―"</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧
        ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト
   r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',
   } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }
   } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r
   } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._/
   ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、       ./:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ
     ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V
          ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : }

そのこぎれいな格好も3日と持たない




269 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:52:40 ID:2d1575be


また友人と食事をしにいけば


         ____
         /     \
      /   ⌒  ⌒ \ 
     /    (⌒)  (⌒) \    メニューのここからここまで
     |   、" ゙)(__人__)"  ) ))
    \      。` ⌒゚:j´ ,/    全部頼むお!
    /           ヽ
   / ア ̄~〉==ニ⊃        ヽ
  // `‐‐r´           マ  ヽ
 /   /           マ   ヽ
 |___/    _ _ _       l    }
  | , - rイ〕:.:: .: .:.:.r久=、- 、} r=、ァ/
 ̄ ̄〈 く:.:.:....:tァ:.:.::.:..c:.:ヘ _フ し Y  ̄ ̄ ̄
     >- 二二二二二 -く._.ノ

一度に10人分も頼んで、結局食べきれなかったりする




270 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:53:09 ID:2d1575be


娼婦に金を使うのも相変わらずだった

      lノ     ´ ̄ 川  l| |||」|   l|`T 7 ハT | l | | | ::.::.::.::.::.::| |
      ⊥∠ ̄`ー-<⌒ 川  |l kヘ 八   | |/,,斗=ミk j | ! | ::.::.::.::.::. | |
    \::.::.:-‐''´ ̄ ヽノ川  |l_|孑テミ\ | l〃 弋ヅ゙} ' 从 |::.::.::.::.::.::.| |\
      ヽ ::.::.::.::.::.::.::..\ノ|  lヘド _ゞソ       ̄ / /|_j::.::.::.::.::.::.| |\ ヽー- 、
       ヽ ::.::.::.::.::.::.::.: >ヘ l 八     、       / /l |´::.::.::.::ー―{  、  ̄ ヽヽ
          \::.::.::.:: /..:::..\{  ヽ     __,、   イ l| |\::.:..\::.「::.弋_ \ \ }ノ
           〉、::.:〃.::.::.::.::|〔_ト   ト   ` ̄  /┼ノ |::.::.ヽ::.::.ヽ|::.::.: ノヽ l\ ヽ
         / ハ丨 ::.::.::.:: j  |  |├]>  <__/l/  ; ::.::.::.::.::.::.::.: /   '.| ヽ ゛、
.        / / l | | ::.::.: //..::|  |ノ└―イロト、  /  ∧::.::.::.::.::.::.::.: { | l |、  }|
       / / ハ」 ::.:://..::.::. ' 〃   〃 || || ヽV  ′ヽ ::.::.::.::.::.::. 〉 l || \ ノノ
      / / / 弋_::.::.::.::.::.::.::l  ||   {L ノ| |Lノノ  /  .:..\::.::.::.//j:i、   ノ人  ヽ
      ´ / /   / `7⌒ヽ/ | ノ|ー- _ ̄   ̄イ ;′.:´   \:.ヽ{i:i:i:i:ト--<ハ  }
.     /  イ \ー ‐=彡i:i:i:i:iノ .:|{ l    `ヽ   |l {          ヽ::..\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、
    / / 乂  >i:i:i:i/i:i/:i:i/ .::.::い        :. 八 ゝ         l::.::.::.:. i:i:i:i:i:i:i:ハi:i:ハ
   { {   イ:i:i:i:i:i:i/:i:i':i:i:/ .::.::.::|\ \_ノ)  :.            |::.::.::.::l:i:i:i:i:i:i:{:i:}i:i:i:ト、
      /:i:i:i:/:i/:i:i:i:i:i/.::.::.::.::.|   ` ー '´   :           j ::.::.::.:|i:i:i:fヾi:i〉トi:i:i:i:i〉
        {i:i:i/i:i:i/:i:i:i|:i:i:| ::.::.::.::. l                    / .::.::.::.:|:i:i|i:}:i:l:i:i||:i:i:|/
        ヽ/i:i:i/:i:|i:i:|i:i:l{::.::.::.::.::.:..、            、      , .::.::.::.::.:∧i:||i:i:i|:i:ハi:i|
        'i:i:i:イ:i:i:|i:i:|i:i:八::.::.::.::.::.:..\           \   /..::.::.::.::.イ  }ハi:i|/  }iノ
      li:i:il |:i:i:|:i:i||i:{  \::.::.::.::.::.:..丶 __ノ       >ー - ―f´ し   }丿
       |i:i:iハi:i:{ ノl:i:iゝ   ゝ、::.::.::.::.::.::.::.:::..\     / .::.::.::.::.:: イ
       人{  ヽ′       〔 ̄::.::.::二 ィ::]{≫==≪}[::.r―‐::.::.:|

欲しいと思ったら歯止めがきかない
何事にも「ほどほど」ということがない

しかし、それがやる夫の原動力となっていることも確かだった




271 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:53:51 ID:2d1575be


やる夫はあまり人付き合いのいい方ではなかった
その中でも、日本人より陽気なアメリカ人を好んだ

とはいえ、
奥村鶴吉という、守之助の世話になっていたとき同居していた歯科医や
宮原林太郎という星一の紹介で来た、後のレントゲン技師と親交はあった


そしてある時、1人の日本人がやる夫のアパートに転がり込んでくる

         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ| やる夫先生、よろしくお願いします
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`
   歯科技工士  荒木 紀男

                                         ____
                                       /\  /\
                     「先生」だってお!      /( ●)  (●)\
                                    / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
                                    |     |r┬-|       |
                                    \     ` ー'´     /

荒木は歯科医学院に通学中、守之助にやる夫の噂を聞いていた




272 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:54:32 ID:2d1575be


例によって、やる夫は荒木から金を借りまくった
困っているときは神経質になるのに、金があるときは大雑把に使ってしまう

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i  金銭感覚が変わっている……
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|  大金を手元に持っているのが不安なようだ
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨




273 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:54:59 ID:2d1575be


荒木が研究所へ遊びに行くと、やる夫は自分で試験管を洗っていた

           ____
         /    \
.        /          \
.      /    ―   ー  \
      |    (●)  (●)  |
    .  \    (__人__)  /
       /     ` ⌒´   ヽヽ, ) )"
   "( ( ( ヽ        /./     カチャカチャ
        \ \   ゛ // |
       ゜。 (⌒。 ⌒ヽ ゜ ○
     。○ (´⌒ ○⌒ 。⌒ヾ ゜
    ゜。゜('⌒ ; ⌒。 ○::⌒○ )。○
    ○。 ゜(´ 。 ゜○)  。゜ 。:::) ゜。


                                              _   _,
                                           ___,> Y´'ー-、
                                          _>z二_ ___`ー≧__
                                          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                         /        ヽ `Y′之>
                                     .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         そんなことは             .          l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                        |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
         人にやらせればいいじゃないですか            `|   ヽ    「)'/|/
                                          ヽ、_ へ _,.ィT/
                                     .       /|| ̄ || 丶
                                          / .,_|L_,」|__,  ',
                                          |  !     i  |
                                          |  / ̄\   |
                                     .      r' ̄)  ( ̄`、 ノ




274 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:55:26 ID:2d1575be


                                         ____
                                      ,. -'"´      `¨ー 、
                                    /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、
                                 ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、
         人にやらせて実験が失敗したら   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ       ヽ、
                                i へ___ ヽゝ=-'"/ ●   _,,>         ヽ
         どうするんだお!           ./ / ● > ='''"  ̄ ̄ ̄             ヽ
                               / .ヽ-‐´''"       ヽ               i
         やる夫は自分でやったことしか  /    i   人     ノ               l
                              ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
         信用できないお!          i      `、  _y──‐ l               /
                              ',       i_/  / _ '              /
                              ヽ、       ̄ ̄               /
                                ヽ、_                     /
                                  `¨i                     ヽ
                                   /                      ヽ
                                   /                     ヽ

やる夫は自分の手でやり、目で見たことしか信じなかった




275 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:55:51 ID:2d1575be


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   君もそろそろ論文を書いたらどうなんだお
    |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    書かないと誰もわかってくれないお
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                                      _   _,
                                   ___,> Y´'ー-、
                                  _>z二_ ___`ー≧__
                                  >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                 /        ヽ `Y′之>
                              .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
            いや、そういわれましても……  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                  `|   ヽ  .u 「)'/|/
<言うだけ言ってみるお                    ヽ、_  ロ  _,.ィT/
                                   .  'f ^'il^''r'
                                    ,' l  l  { 、
                                    レ! ,ハ  '、〉
                                    `l`" `"1
                                   ,r'´      ヽ、




276 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:56:21 ID:2d1575be


                                       _   _,
                                     ___,> Y´'ー-、
                                    _>z二_ ___`ー≧__
              かくかくしかじか            >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                  /        ヽ `Y′之>
              これこれこういうことを.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                 l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
              書きたいのですが      (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
                                  '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
                                  \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
                                    < l 7Eニ::ィ1    〉
                                     ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                                      i´ ̄ `ヽ::|
                                      j|       <
                                     /    ヽ  \


        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \
     /  (●)  (●) ヽ   
.     |    (__人__)    |
      \   ` ⌒´  __,/
     /         \
   _/((┃))______i |
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \カキカキ
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




277 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:56:41 ID:2d1575be


            ____
          /      \
        / _ノ    ヽ  \
       /   (>)  (<)  \   君の論文ができたお!
       |      (__人__)     |
       \     `⌒´    ,/   今すぐ郵便局に出してこいお!
      /_∩   ー‐    \
     (____)       |、 \
        |          |/  /
        |        ⊂ /
        |         し'
        \   、/  /
          \/  /
        _/  /``l
       (____/(_/


                                         _   _,
                                       ___,> Y´'ー-、
                                      _>z二_ ___`ー≧__
                                      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                    /        ヽ `Y′之>
                                 .   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                   今、真夜中ですよ!?  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                     `|   ヽ    「)'/|/
                                      ヽ、_  ロ  _,.ィT/
                                      .  'f ^'il^''r'
                                       ,' l  l  { 、
                                       レ! ,ハ  '、〉
                                       `l`" `"1
                                      ,r'´      ヽ、




278 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:57:16 ID:2d1575be


                        ,r== -
                       /'´    ヽ、      /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                       |      ヽ     /: : :            \
                       |       ヘ   /: : : :            \
     「今すぐ」だお          V        t /: : : : : :              \
                       ヽ       !: : : : : : : ..                \
     そう言っているうちに      ヽ       |: : : : :  ,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,        l
                   .     /ヽ     ∧: ::;; ( (・) ) ノヽ ( (・) );;:::    |
     誰かに先を越されたり   r'⌒      '  \ :  ´"''"        "''"´       l
                   .   |    ヽ      \: . .(     j     )      /
     するんだお         丿      <\ |   l:: : >ー-‐'=ー-ー<    /
                     (   、     ィ_.ノ    |: : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
                     /    \   /´     l: : : : :``ー- -‐'"´      \
                     \ `\ `ー{,    -―`. : : . : : .                \
                      \  ` ー `ー ´


                        ・
                        ・
                        ・




279 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:57:49 ID:2d1575be


1907(明治40)年 やる夫30歳

フレキスナーの推薦により、ペンシルバニア大学から学位を受ける
また、研究所の準正員に昇進した


                                       ∧∧ 
                 パネェ日本人に学位を授与する  ( ・∀・ )


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ー)  (ー)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  これに比べれば日本の学位なんて
  |    mj |ー'´      |
  \  〈__ノ      /   鼻くそのようなもんだお
    ノ  ノ

実際、このころの日本の学位は欧米では通用しないものだった



280 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:58:13 ID:2d1575be


       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ―)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   ……だけど日本の連中を見返すには
  |    mj |ー'´      |  .日本の学位が必要だお
  \  〈__ノ      /   
    ノ  ノ


帝大が何においても優遇される日本で、
開業試験上がりのやる夫が受け入れられるにはそれしかないのも確かであった

後の1911年に京都大学から医学博士、
1914年に東京大学から理学博士を受けている




281 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:58:48 ID:2d1575be


この頃、やる夫は梅毒の研究にとりかかった

梅毒については、1905年に患者の病巣から病原菌と思われる菌、
梅毒トレポネーマ(T.パリダム)が発見されている
1906年には感染を検出するワッセルマン反応が開発された


              _.。ャぁて春雄フ7ゎ。._
           ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
.        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、
.        ;夕フア´   ,--v--,        \ホi心.
       んfiУ    >, '´ ̄、`ヽ     ▽ij∧
       从j'Y     `.i リノノノレリ〉      ∨iハ
.       斤W     (\リ从 ゚ ヮ゚ノリ       ㌣い
     |友カ      `ゝ.〈_(つy((つ      }ソ川
.       い叭     (/,く/i!,__,i!」、       灰田
.     Wi从      `i_ン_ン''´~      从ノリ
.      ∀t△  パリダちゃんでーす   ∧fリ/
       ゙マじへ、              /リiУ
        \夊i㌧、_             ,.イ!刋/
         `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
           `゚'' ミ黒幕竺荒木=‐'´


これらは医学界のみならず新聞・雑誌で大きく取り上げられた
一部での問題である蛇毒と違い、
梅毒は社会全体の問題だったからである




282 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:59:11 ID:2d1575be


                                    _∩
                                   / 〉〉〉
                                   {  ⊂〉     ____
             これからの時代は梅毒だお     |   |    /⌒  ⌒ \
                                   |   |  /(●)  (● ) \
             一旗揚げてみせるお!        |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \
                                   ヽ   |     |,┬‐ |       |
                                     \.\   `ー ´     /
                                      \       __ ヽ
                                        ヽ      (____/

ワッセルマン反応は梅毒患者の血液を用いる血清反応の1つで、
蛇毒の血清反応をみてきたやる夫にも、つけいる隙があった





283 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:59:29 ID:2d1575be


                       _____
        ,..-‐-、__       / ヽ   /  \
       /       ヽ    // ,.-、ヽ  ' /,..-、 ヽ
      /  '´`ー―-イ    /  ヽゞ-' ノ   ヽゞ-' ノ ヽ   蛇の相手はもう嫌だお!
     . / ./ ̄ \   }  ./:::::::⌒ i´  人  `i ⌒::::::::::ヽ
     / ', -、   \.ノ―、|      `‐‐'  `--'       |  これからは
    . / /   \    ヽ   l|       |-‐┬‐-|         |  人間相手に研究するんだお!
   /   ヽ   \  /  l \     ヽ___/       /  
  ./     入   .}‐〈   } __\              /
  /       <  _,イ__,-`ー ':.:.:.:.:.:.:.ヽ`ー―‐.、    .,..-‐‐ト、
  \      ̄ /|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  /:.:.:.:.:.:l:.:.\
   `ー――‐ '   |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ':.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ヽ




284 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 12:59:50 ID:2d1575be


この梅毒研究へのいれこみようは相当だった
一日中、起きて研究を続けている

                   / ̄ ̄ ̄\
                 /          \
                /  ⌒   ⌒   \
                 |   (●)  (●)   |
                \   (__人__)   /
                / ,          ヽ
                 |  i         ゝ i ポトッ ポトッ
                \〈⌒)         |  }
                に=======二}
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                   , -─‐──‐-、
                  /           \
                 /             \
                l          U    l
                 |                .
                  !               
                    ゝ __ノ  ヾ、_       ノ 
               ( ⌒ィ⌒ヽ    /⌒`- ´'⌒ ) 
                `ーゝィソノ  ̄ ̄ヾy_ノ--ー"

たまに机に突っ伏して眠るだけが休息だった




285 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:00:22 ID:2d1575be


                                       _   _,
                                     ___,> Y´'ー-、
                                    _>z二_ ___`ー≧__
                                    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                  /        ヽ `Y′之>
                             .    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                 l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ
                                  ,ヘ, |(○)三(○) / / ,/ /
        先生、あまり無理をしないでください    '、 `|   ヽ   ゚。「)'/|/ /
                                   \ヽ、_ c=っ  _,.ィT/=/
                                    < l 7Eニ::ィ1    〉
                                     ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
                                      i´ ̄ `ヽ::|
                                      j|       <
                                     /    ヽ  \

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/   大丈夫だお
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/    それに他人に先んじるためには
(  \ / _ノ´.|  |      他人の何倍も努力しないとダメなんだお
.\  "  /__|  |     
  \ /___ /




286 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:00:43 ID:2d1575be


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\    それはそうと荒木君
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |   アレを頼むお
  \              /


                                           _   _,
                                        ___,> Y´'ー-、
                                       _>z二_ ___`ー≧__
                                       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                            .           /        ヽ `Y′之>
                                       ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                     l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                え~またですか            |ハ |(>) (<) / / ,/レ′
                                      `|゚       .゚。「)'/|/
                ミイラになっちゃいますよ    r‐ぅ__ ヽ、_. Δ  _,ィT/!
                                  (⌒ 厂   V:丁レ/:/ノ::::::V|
                            .         ` ´ rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |
                                      ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
                                       \__ノY:::ヽ:_ノ::: |

やる夫は研究のため荒木に血の提供を求めた




287 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:01:06 ID:2d1575be


もちろん金の提供も求めている

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /
       /              /
     /  10ドル頼む      / 
     /              / 
    /  _...  ..._     / 
   /             /  
 /             /  
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l  今度は10ドルか……
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \




288 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:01:27 ID:2d1575be


        _」ヽ  /|
        >  ゙V´∠イz‐、_
     /  ,ヘ,_ /__/ ∨マ´
    //  /    ´       `丶、
   _,//   /             \
  _,//  〃   /    {         ヽ
  ,ノイ|  l′ .i  /   ∧   ヽ\    ハ
   小 |   .|   | i ./ \    .}ヽ    |
.   从 .|   .|   | N___ヽ\}´j ハ .i |   今度から先生の給料日に来て
   ノハ小   .| 八ト ( ◎)   (◎)「iハ.i|
.   ノイ|  .Y|   |            i |    先に借金を返して貰いますよ
    ノハ小 . |   | ""       "  i |
       ヾ∧  ト _   △   イ .i リ
       ´  ヽ ∨:::::7ニE7 f゙} jノノ|/
         .レヘ{::::/   Y´ )っ
         /::::::::::`\ _/>‐rく
        /::::::::::::::://::::::::::::〉:::ヽ
        ,′::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::',
.        〈::::::::::::::::\:::::::_,.イ│:::::::::}


                                         ____
                                        /      \
                                       / ─   ─   \
                好きなようにすればいいお      /( ●)  ( ●)    \
                                      |  (__人__)       |
                                      \ ` ⌒´       /
                                       /  ー‐      ヽ
                                       /            `

荒木はその通り給料日ごとに給料から借金を抜き取った
やる夫は頓着せず、残りの金をポケットに押し込むだけだった




289 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:01:49 ID:2d1575be


さて、梅毒研究である
この頃のやる夫の業績は2つ

1つめはワッセルマン反応に羊ではなく人の血液を使うこと
従来より合理的であり、反応が良かった

   o
    ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
"`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
   〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
  ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
  (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
  "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
    (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
            ´  /;:ノ 。  。
                ()

2つめは脳骨髄の蛋白成分の増加を見分け、感染を判断できること

これらの論文は日本での学位申請での主論文になった




290 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:02:28 ID:2d1575be


ところで梅毒トレポネーマ(T.パリダム)は梅毒の病原菌だと考えられたが
未だ断定はされていなかった

その菌が病原菌かどうか確かめるには
① 患者の病巣にあること
② それを他の動物に移して同じ病気が発症すること
が必要である

②のためにはその菌だけを取り出して増やす必要がある

          ,--v--,
          >, '´ ̄、`ヽ
         `.i リノノノレリ〉
        (\iリ从.゚ ヮ゚ノリ <パリダちゃんでーす
         `ゝ.〈_(つy((つ
         (/,く/i!,__,i!」、
      ポーン  `i_ン_ン''´~
             / / /
       /|  / / /
       |/__
       ヽ| l l│<ハーイ
       ┷┷┷

しかし梅毒トレポネーマ(T.パリダム)はそれができないでいた




291 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:04:04 ID:2d1575be


1910(明治43)年 やる夫33歳の春
この純粋培養がやる夫の研究課題であった


                                     / ̄ ̄ ̄\
                                   /        \
                                   /   ─   ─  ヽ
                                  |   (●)  (●)  |
                                   \   (__人__) __,/
                                   /   ` ⌒´   \
                                 _/((┃))______i | キュッキュッ
                              .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
                              /  /_________ヽ..  \


    , -‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'' ‐、_
,、‐'"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
 ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐、
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
‐'/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ;イ;;;;;l
./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;メ/ // l;;;;ト;|
イィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///;;;;イ/ ト/、X, l:イ l  どんな西洋人も
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l '´///'´   ┘ !リ    .やる夫ほどの努力はできまい
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト,. Y         '、    
 rイ;;;;;;;;;;;/  'ー'           ン
ノ ヽ='´'             /
く   ``ヽ、_   、    -‐‐r<
;;;ヽ、  ,、 ,、 `ヽ、_ヽ.,_   ,イ´  L..
;;;;;;;;;\ヽ ソ `〉 /小ー、` 〉ノにソ `ヽ_
;;;;;;;;;;;;;;`ヽ`ー' / ハ | /、'"   / 、ノ




292 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:04:33 ID:2d1575be


                        ・
                        ・
                        ・

ある日……
                                       _____            
                                     / ⌒  ⌒ \          
                                    /(●) r'⌒ i.)   \        
                        これは……    /    r'ミ     |    \       
                                  |    / |     ミ_\  |      
                                   \ ( /      \ \      
                                     /         )   )      


              _.。ャぁて春雄フ7ゎ。._
           ,.ィ炙ヲ㌍≠┴⇒弍j込ス>。
.        ,ィ升ヲナ'´           `゙'<弖心、
.        ;夕フア´   .,'´      ヽ、  \ホi心.
       んfiУ   /,'  , ,  、 、ヽi _  ▽ij∧
       从j'Y,ヘ,  レリ イ-レλホラ-イ !/ | )) ∨iハ
.       斤W '、 へ リi ○   ○ 从|.二/   ㌣い
     |友カ  .く/ヾ'ル""r-‐¬""リ/ _/    }ソ川
.       い叭  ヽ/ >ゝ,ヽ、__,ノ_ノ ̄\     灰田
.     Wi从   く ヽ、i./"`"´弋   r>  从ノリ
.      ∀t△  `'ァr-/{,__λ___}ァr-r''´   ∧fリ/
       ゙マじへ、  弋从    λノ    /リiУ
        \夊i㌧、_/ /   ´ヽ  ,.イ!刋/
         `マ才i「≧ェ。。.。。っ夭テ少'゚
           `゚'' ミ黒幕竺荒木=‐'´




293 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:05:06 ID:2d1575be



        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
       /: : :             \
     /: : : :             \
   /: : : : : :               \
  / : : : : : : : ___ノ'′   ゙ヽ、___     \
  l  : : : : : :.; '⌒`       ´⌒ヽ     l  やったお!
  |   : : .::;;(。o〇 )     ( 〇o。);;::   |
  l   : : : :°o゚゚~'"´      `"~゜o゚;°  l   やる夫はやり遂げたんだお!
  \ : : : : : : 。;゚(    j    ) ; 。+/
   \: : : : : : ::`┬‐'´`ー┬′ +  /
   /ヽ: : : : : : : |/⌒⌒、|    イ\
   : : : : : : :゚: : : ゚´ ̄~:j ̄`  ;     \
   : : : : . : : . : : ;  '"``    +    \
 : : . : . : . : . : .         °
 : . : : . : .       +

1911(明治44)年 やる夫34歳
「野口やる夫、梅毒トレポネーマの純粋培養に成功」




294 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:05:31 ID:2d1575be


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\  次は梅毒をどう倒すか、だお
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


この前年、秦佐八郎がドイツのパウル・エールリヒと共同で
サンバルサンという梅毒治療薬を開発している
秦は北里研究所の同期であった

          ___
        /      \
     ,---、   \, 三_ノ \―、
     .l   l  (●)  (●) \ |  薬などたかがしれてるお
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /  病気にならないワクチンを作るんだお!
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /    
       /          |
      /          |





295 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:06:00 ID:2d1575be


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        
    /: : :             \       
  /: : : :              \
/: : : : : :                 \    
: : : : : : : :.._        _      \    ワクチンを作れば…
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● )::::ノヽ::::::( ● );;:::    |    世界中の人間が
: : : : : : ´"''",       "''"´       l  .  やる夫を人類の救世主として
: : : : : : . . (    j    )       /    あがめるようになるお
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\    
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \   
: : : : . : : . : : .                   \




296 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:06:36 ID:2d1575be


この頃、やる夫はふらりと出かけることが多くなった

そんなある日……

                                    ____
                                  /      \
                                 / ─    ─ \
       荒木君                    /   -━-  -━-  \
                               |      (__人__)     |
       アパートを出て行ってもらえないかお  \     `⌒´    ,/
                               /     ー‐    \


      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´         \
  >{  ,' {/寸寸T ハT7ヾi
 | !、{  .リ| (●) (●)7,ルリ  私、何かやらかしましたか?
 ′J゙i, ゙i(1     '    |
     ゙i|゙iハ u. ―   ノ
    ゙iTィ.,ゝ...   , イ                いやいや、その――>
     │「ィ::ニE7l´
     └l´::::,r'\ト:::|
       |::::|´  ̄`i:::|
       |::::|     |:::|




297 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:06:58 ID:2d1575be


やる夫は結婚、するんだお

                       _....。-―:……:-...。
                   .。:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:...
               ー==彡::::ム-―……- 。::::::::::::::::::::::::\
                /:/             \::::::::::::::::::::::ヽ
           ,...。-=≦y::ム-:::::7¨ ̄ ̄ ̄:iー-.。.}::::::::::::::::::::::::゚。
    .       〈ー/ /::/::::::::::::/:::/::::::::::::::::}i:::::::::|:|:::::::|:::::::jト::::::::::.
         ,...、 〉′ /::/::::::::::::/:::;イ:::::::::::::::/:|::!:::::|i|:::::ⅰ:::;号、:::::ⅰ
        〈  ∨::>__,/::::{::::::::::_ム,/_j_i:::::::::::/」:L|:!::ハ!:::::::レ’| |ト:\::\
    .   ∧\ ∨//:{:::/{:::::i:::/ {:{ |::|i:::::::/ /_j::/`:!:::::/{ __ノ |! \ヾ:::ヽ
    .    L 二ニ'。イ::{ |/:ⅰ:: |::{f芹≧x从ノ′ ォ芹z,_j :::/ .:}ー 7ト、  ソ{ヽ::゚。
    .     //  |::| /::::八::|::{ f:r刈      f゚:r心/:::::レイ/i: Y´:::::, }::::}
    .    i::′   |::i:::::/:::::込{、 乂ン      乂zン:/ ̄.オ:|  |:i:::::::レ:::/
    .    i|    i/:: /:::::/:::小.""  、   ""/ィ:::\/:/ ノ /::|:::::::/
        |    /::;イ::::/::::;イ::ヘ    _       /::::::/:::::人⌒´:::/:::::::{
            {::{ {:::::::::/ |::::/:>.。   `   .イ:::::イ::/.⌒`ー<...ノ}::!
            ヾ、|:::::::′|::/::′::::>--<::////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.ノノ
              {:::::{  レ::/:::://:::/ ::::ル′.:/′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              \{  }ィi{イ /∠:::彡′:.:.;..ィ´ ̄ ̄ ¨7ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:.\
                \      rー/.:.∠三/       '/∧\:.:.:.:.:.:.\
                       「_7.:./ニニ7 ,_      '/∧.:.\:.:.:.:/
                       |:/,イ:.-=:;jk  \、    //∧¨ ̄`′
                       //| {: `\{ ⌒` ―::..、  '/∧
                      // |.:i  ヾ\         \ '/∧
                      {/ | :   .:::ヾ、       `ヽ:.. \
                    メ }{ :} !:..   ..::.ー-\          ...::::〉
                     /{| | |    ..:::..::::.`.:::...        .::{
                     ハ{ト、j j\    .:::...:::::..、           \
                     jハ..:{ {   、   ..:::::::::::::\         \
                  メリー・ダージス




298 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:07:28 ID:2d1575be


         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l   …マジですか
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨| u ,,,  ' ,, |´
       ヽT、,_  ⊂⊃_ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`



                                   ____
                                  /      \
                                 / ⌒  ⌒   \
                 …マジだお       /  (ー) (ー) /^ヽ
                              |   (__人__)( /   〉|
                              \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
                            ―――――――― \ _ _ _ )




299 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:08:06 ID:2d1575be


1912(明治45)年 4月 結婚

やる夫 35歳
メリー・ダージス 28歳

                      _,. -─-  _
               _,/,. -─ ミ≧s。.,_ 、
                 / 厶≦ ̄〕iト ., V:::::::::ヘ \
.                {/:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::∧ \
.               ,.ィ::::::::::::::{::::::::::::::::::::::V:::/⌒マ  \
                //::::::::::l::::::∨:::{\::::::::::l/ {/「'ト } \  、_
             / ′::::::::Ⅳ::::{\:::z云゙T〈__ノ: l !  .∧ ≧s。 _ ̄ ̄ 〕iト .,
              | .|::Ⅳ:::トゝ\::.  弋り   }7 ハ| l   ∧     ≧s。,   \__
          八 V{,:\:::.f示` .::/:/:/:/ ;/ /::::| l   __〉   /、      / }
               く/ゞ::::::::∧ゞ 、  _   く__/:::::::L.八_/\|  /   \  ./  / > .,_
              / |::::::::{::込.,  ´    }::::/:l|:: \:::::::::∧:ー:::≧=-  _ へ  ./    _ ≧s。
.           /   |:::::::l!::|Ⅵ:::> ..,_,.イ l::/l:リ∨::::::\::::::::\<:::::::::::::::::::::::::\{ _,. <   ∨
        /    ∨:::{Ⅵ Ⅵ:::::::::::::。j-j/-}' __∨ -- ミ::::::::: \ ` < :::::::::::::::::: ̄′       〉
       / -─- ミ  V:::l \ \::::: 8゚/   。o°    マiト::::::::≧s。_  ̄` マ:::,'        /
       {__   { \{∨:. ,.  ─ ´゚oo ゚           ',:::::::> .,ー─-- ==,'       /
     /___ユ/     \′                ',:::::::::::::::::> .,    ,'    .イ
.   / ´     {       ,lノ   ..:           :.     ',::::::::::::::::::::::::::\ /   /  l
  _,.ゝ--   __  }    xく _   ,:´イ^> .,   ゙:,  ',   ト、_ '^',::::::::::::::::::::::::::::::: l /   |
^’           `>'    ′`  ㍉ {/,. へ \\ }  .;v , -─ ,::::\:::::::::::::::::::::::}/    |
 _ -─    ̄厂     八 _r‐チ⌒Y´r‐ミ-. \\'/ /:::V     ',::::::: \::::::::::::::{′    l
´       /    f^-‐_^ヽrミY┐ノ/⌒ーYト, , イ /::::::::V  ̄` ',:::::::::::::\::::::::人   __/
<__   /   _,. 厶イへ} Y _ノ/{ { a`Yリ l}   ′:::::::::V    ',:\:::::::::∧、::::::::: ̄::::::::::::\
     ` /  厂r‐<^l V_ノり{ゝ-_ク-‐ 、彡'く⌒ヽ{:::::::::::::: ∨   ,:::∧マ:::::∧\:::::::::::::〈\::::::\
      {__ 〉{厂} }}从r=ミメ、{厂゙> } {r ⌒>、 } ̄ ̄ ̄`    ,:::::∧\::∧ \:::::::::/  ̄/::.
          》 rΞミメ、》f く ^Yハて^ミメ、r=Ξミメ,{         ゙,::::::∧ マ∧   >'´   / \::
.          {√「⌒}ヽ《ゞ-ゝ'ノノγ^>}从 く9 }ハ }─--_      __/::::::: ∧ マ:::. /   /:::∧
     ,. < 八廴_フ_/ノ辷ー==く辷z彡'人`<⌒ノノ、     ≧s。.,_::::::::::::::::: ハ  /   / }:::::::リ
.  ,  ´   <ゝー ≦^Lハ/r‐、 ∨厂㍉tハ}⌒リ  マ         ≧s。.,::: /   /  /::::::/
/  ,  ´    乂_ト、_ー ノ}-'┤}L ト、/_ノ {  /    マ          /   /    /::::::/
:、         ,. <\^辷z_彡'j^ゝ ___彡'≦∨   ∧        ,. イ  /\   /:::/
: ` 、_   _,. <  / / 7 ! T^ l^マ \     v    ∧   ,. イ   /     \//
≫---- ̄──=≦{  { / / Ⅵ | }  i ` 、  ∨   _゙,. <   > ´      /゙\
<  ∠....._   八  ̄ ,.イ∧ \l_/ / \   ̄ ̄ ̄     > ´             \
  \ マ: : :> ^゙  、/ ̄/  /ゝ----く∧  ` ー──=≦∧                   \




300 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:08:33 ID:2d1575be


結婚後、2人はアパートを移った

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\    隣に越してきたやる夫だお
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/    .よろしくたのむお
     /       __|___
    |   l..   /l       `l
    ヽ  丶-.,/  |__      |
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/


                          ∩___ ∩  |ヽ/|_
                         /       ヽ |  \   /
                         | ●   ●  丶   |__>
         もしかして…        ミ  (_●_ ) u   | 
                       /´、  |∪|   、彡
         やる夫先生!?    ( <`丶 ヽノ  __\
                       \_) 丶   (___)
                           丶       |
                           / /\  |
                           (  (    丶 |
                           /  )    ∪
                          (_/
                         堀 市郎(洋画家)




301 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:08:56 ID:2d1575be


            ____
          /      \
         / ─    ─ \
       /   (●)  (●)  \    …やる夫とメリーのことは
       |      (__人__)     |    他の人にナイショだお
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |

やる夫はこの結婚を、母にも、小林や血脇、
またロックフェラー研究所の者にも内緒にし続けた




302 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:09:15 ID:2d1575be


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |    メージー!!
  \     ` ー'´     /
  /          \
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


                                   ___ _
                            .≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                         ..:.  -─\:.:.:.:.:.:.:.:\:._:_:_:.:.:\
                        /:./  -──へ:.:.:.:.:.:.:.:〈 、 \:.:.ヽ
                       ,:':.:.://:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.{  \ 〉:.:.:.:.、
                        /:.:.:/:.:.:.:、:.:.:.\:.:.:.:.:./:.:. !:.:.:.:.゚, /:.:.:.:.:.∧
                    /:.:.:/:.:.:.:.:/\:.:.:.:ト/、:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:∨_ \:.:.:.:.:.:.:.、
                    .’:.:イ:.:.:.:.!{  ゚ 、:.\ \:.:.!:.:.:.:.:.:.:{ `Y ヽ:.:.:.:.:.:゚,
                     i:.〈/l:.:.:.__|_ヽ.    \{z==ミ:.:.:.:.:.:.:.V ハ 〉:.:.:.:.:|
           ヤルオー!.  |:.:/ |:.i:.:.:.|  \       |:.:.:.:.:.:.:.:.∨} У:.:.:.:i:.|
                     |:.丶|:.l:.:.∧ z=       |:.:.:.i:.:.:.:.:.:|::.∨:.:.:.:.: Ⅳ
                     |:.:.从:.:、:.:.:.ヽ  ′ / ヽ  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.::i:.:.| -──- .
                     |:.:i | ヽ:.:.:.::ハ   </   } |:.:.:.|:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:ルイ: : : -─==ミ
                    ∨_| |:.:.\:.:.:ゝ、  、__ノ .!:.:. l:.:.:.:.:.从:.:.:.:/:/i/:/      \
                    ! ト }:.:.i:.:.:\:.:.:〕ト.   ¦:.:ハ:.:.:.:.i:.:.:.:.:/:/i/:/     、
                          |:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:≧=へ :.i |:.:.:∧:.:./:/i/:/        >--
                          |:.:.l:.:i:.:.:.lヽ:.:.:.:|ヽ:.:.:.l:ノ V |:.:.:l: :l:/:/i/: ′      /
                          人:.:.∧:.:.! ゚,:厂:}:.:ノ:/--- !:.:.:!: :{:/i/: /
                          \ ヾ /ソi : イ/ニニ/:|:.:/ : /i/: /
                           / |: i:i: : /    /: :l:{’: /i/: イ

身長153cm、体重60kg程のやる夫に対して
メリーは色白でふっくらとした大柄の、美しい女性であったという




303 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:09:43 ID:2d1575be


やる夫と結婚するまでのメリー・ダージスについてはよく分からない

彼女の育ったスクラントンという街は炭鉱の街であり、
彼女とその弟たちはアイルランド系移民の子であったという

コペンハーゲンから帰ったときに一度会ったメリーと、
数年後、やる夫は道ばたでばったり会うことになった

               ,:;'´`ヽ、
         .,:;'~`''‐-、,ノ  _,.-‐'´`''-、.,
        _,ノ....:::::;;;;;;::,-'`''´;;;;::::....:::::;;;;,.ゞ
     ,.,:;'´......::::::::;;;;;/´;;;:::...,_,-彡'':;ミ..::::;;ヽ
      `ヽ、,...::::;;;;;,l;;;:::..ノ"r彡二=ミヾ〉  〉
         l....:::;;;;;i;;;::...l ,:l~''=-ヘ,.li,ノli  ,/ヘ、
         .i、..:::;;;l;;;;::::..ヘ、 `''ー-、彡ノ  li..:::;;;li
         .l,..::::;;;i、,.  ヾミ,.-'"`''´ -‐'..:::;;;ゞ
          ヘ、..:::;;;;`''ー-、,.__,.  ,イ....:::::;;;;/
            l、.......::::::::::;;;;;;;;;;`''´....:::;;,;:-'´
            ヾ,.....:::::::;;;;;_,.,-='´ヾ,ノ
             く,,._,-―'´il |             そのとき、研究の慰めにと
                  |l i             たまたま持っていた薔薇の花束を
                  i |l   ,,-―-、      メリーに送った…
         ,.,,-='"~ ̄`''ヽ、l il,,-='´ _,,-― `ゞ
        く-―'''""~~~`''‐,,  |,,_-''"~    ノ      それがつきあいのきっかけだという
         `''ー-、,.__,.,ノ l i `'''ー-‐'"
                  .li ,|




304 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:10:04 ID:2d1575be


また、こんな話もある


             __ ,.-¬- 、._
             / '´,  、   、 `ヽ、
          r´    / l ヽ  \ 、ヽ
           /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
        /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
        '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|
         | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|          レストランでの代理演奏の時に
           lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !          .美しい女性を見つけまして…
           l\l|    |    //ィ N 
          | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _
          '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
           _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
       _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
  ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
  / ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l
     ジャック・グリェンベルグ(ピアニスト)

                               -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                               / /" `ヽ ヽ  \
    私もジャックが気に入って       //, '/     ヽハ  、 ヽ
    ジャックを                〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
    自分のアパートに誘ったにょろ!  レ!小l●    ● 从 |、i|
                            ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
                          /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                        \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.                          /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
                         `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
                               マートル




305 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:10:21 ID:2d1575be


                                  ,. -───- 、
                                   /'´       `ヽ、
                                  シ~ /" `ヽ ヽ `'、 ト、
           紹介するにょろ          //, '/     ヽハ  、_Vヽ
                               〃 {_{`ヽ   ノ リ| l |、,i|
           ルームメイトのメリーと       レ!小l●    ● 从 | } i|
            その友人だにょろ!        ヽ|l⊃ r─ォ   ⊂⊃jノ}j|
                            r‐‐-、__|ヘ  '、_ノ   /|  ! |
                            { (` /:::::| l>,、 __, イァ_i  ||
                             "ヽ /:::::/| | ヾ:::|三/ / //ァ||
                                ヽ< | |  ヾ∨_:/ // ハ||

                     ,.  -――――‐-  、
               / /: : : : : : : : : : :ヽ : : \
           --=彡 :厶≦二二二二≧x| : ヽ : \
            /: : :/ : : :/ /: : : ,:∧- : : |: : : i-- 、i
           / : : : /: : /|: | : // |八 : |: : : |ヽ /:!
.           /:/| : i: :/- 、|/|: :/,x≠ミ、V :/: :|  〉:|
           /'  .| : |;ハ     ∨  んィハY|/ : : |∨ /
.              ∨: :ハ ,x== ,  弋ぅり'/: : : :ハ: :{
             /: :/: : i : : :      : : :/: : : :/_ノ: :ハ
.             /: : :! : : |     _ ノ  /: : : :/:/: : : : :!
            {人:_|: : /\ ____,. ┴‐、:/:/: : : :人|
                  \{\r、_{`V    ∨イ/
                        /{      ',\
                     / ,ハ        ', ヽ  
   よろしく~          くV/  :,      j__,/}、    .  ____    
               く二フ     V     / }⌒Y    /      \    
                 〈___/    /     / .  /          .\   よろしくだお~
                    人_}}_,ハ.__/〉 \__/  /  ⌒     ⌒ . \
                  /     〉ーr' }       |  :::::: (__人__) ::::::.  |
                                \              /

すっかり意気投合した4人は、
これ以来、たびたび会うようになった




306 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:10:50 ID:2d1575be


ある時、いつものように4人で飲んでいると、
誰かが「結婚しよう!」と叫んだ
他の3人も手を叩いて賛成した

さっそく、結婚の立会人を探しに行くが、誰も見つからない

ニューヨークの対岸、ニュージャージーのホボケンまで行ったところで
疲れ果て、あるバーでうなだれる4人…

――――――――――――――

__  __ .r――――――――
    ∨   |
日 凸 Ⅱ | ______
≡≡≡≡≡| /〃∧_∧  
 Ⅱ ∩ [] ∨%(´∀` ) <仕方ねえな… 近くにちょうど良い奴がいるから
__ ∧ ∧__∧_∧___)_  ちょっと呼んできてやるよ…
  (   ,,)日(    .)∇
― /   | ― (     )―――
\(__.ノ    ━┳━)
 ━┳━   └ ┃―・゛
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄


::::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::                         :::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::                         ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::                          :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::                            :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::                             :::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::                                ::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::                                 :::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::                                :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::                                  :::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::                                  ::::::::::::::
::::::::::::::::::::::                               ::::::::::::
:::::::::::::::::::::  .                             : : .. . ....  :::::::::::
:::::::::::::::::::  .,.                               `.:、:::::
::::::::::::::::::,: '                                  ,:::::::
::::::::::::::::',                                  ,..::':::::::::
::::::::::::::::::`:..、                             ,...:::´:::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

こうして2組のカップルが、バーのスポットライトの下で結婚したという…




307 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:11:30 ID:2d1575be


やる夫もメリーも酒は大好きだった

結婚した折、2人は禁酒を誓い合った
しかし、失敗に終わった

                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    |
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── 
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄


             _  _
          /{i:i「`刈
       /  V'⌒´
        | /{   ____
        |   ハ/:./:/ニヽ
        、 /: ヽ:く|:.:l:.Χハ          メリーは基本的に優しい女性であったが
        ./ !: :.ハ:.|:.:Nヒリイ′
        ′ |i: : lヽ.|从_ r            酒を飲むとやる夫に殴りかかることもあった
.    __ /   |i: : | /i/ ヽ    _ __
.   Y  i   |i: : /i/、  ー<ヽi:{_っノ     
   |777|\ 厂マiイ  \   /
   |///|: : :V7/|:{: 〕iト .  ̄         =ミ
   |///ト:、: : : : V : /     `7 ¬==-v′ |
   |///|   ̄ ̄ ̄ ー──‐< /////ハ  l|
    に二!               ̄ ̄ ̄  ̄
   〈___ノ




308 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:11:58 ID:2d1575be


しかし、どういうわけか馬が合った

                                         _...-――― - 、
                                    /            \
                                   / ─‐   ──       \
                                    / (● )  (● )      ヽ
                                 ////(  人   )////     ヘ
                                  i    Т´  `Т´         ’
                                  !    弋Т ̄ノ           |
                                 \     ̄ ´              , ′
                                   >                /
                                  /        - 一…  ¨ ̄\

.    /:.:.:.:.:{    イ:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.\
    ':.:.:.:.:.:.:V´ ̄/}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.ヽ
    i:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ  ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:./:!、:.:.、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.゚, 
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`7|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:7廾ト :.:.\:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.
    |:.:.:.:./:.:.:.:.:./ i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:./  l/  \:「\:.:!:.:.:.:.:. i
   V:.: ':.:.:.:.:./ .ィ:.:.: i:.:.:.:.:.: l:./        r气:.:|:.:.:.:.:.:.|
    }:/:.:/:.:./ / |:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.| xf弐ミ      V:.:.:.:.:.:. !
    .イ:.:.:':.:.:.{ .八│:.:.:|:.:.:.:{:.:.|"         〉 }:.:.:.:.:.:iハ
  /:.:.:./:.:.i:.:.V:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:l 八           人:.:.:.:.:| l}
 ./:イ:./:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|′     ー ’.イ:.:.l:.:.:.:.:|
 {/ |:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:|           /:.:.:.∧:.:.:.:|
  │:.:.:.:.∧:.:.:.:.:从:.:.:.}:.:.:.:|    7 ー‐≦:.:.:.:/ }:.:.:ノ
  │:.:.:./ }:.:./⌒ヾ:.:.:.:.:.∧   /\: : :\:.:./ヽ.ノイ


お互いの貧しい生まれからくる親近感か、
あるいは差別される者同士のそれだったのか…

ともかく反骨心を持つやる夫にとって、心を許せる相手だったことは確かだ



309 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:12:26 ID:2d1575be


          ダイナモ
やる夫は「人間発電機」と呼ばれるほどに働いていた
堀と将棋をする時間が、少しの休息であった


   ∩___∩
   | ノ      ヽ
   /  ●   ● |    弱いのに…
  | ∬  ( _●_)  ミ
 彡┌─┐|∪|  、`\
/ _,{ .茶 } ヽノ  /´>  )
(___)ニノ   ./ (_/
  |       /
  |  /\ \
  | /    )  )                 ___
  ∪    (  \               /\  / \
        \_)           . /(●) (●.) \
                      /   (__人__)     \
                     .|      |::::::|  ノ( . |
      うるさいお!         \     l;;;;;;l   ⌒ ,/
                       /ヽ   `ー´   ィ⌒ヽ
       もう1局やるお!!     rー'ゝ       〆ヽ .)
                     ノヾ ,>      ヾ_ノ,ヽ}
                     ヽ ヽ|        ヽ_ノ




310 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:12:54 ID:2d1575be


           __
        .. ´:.:.:.:.:.:.:.:〕iト.
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      ,ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !、:i
      、|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|、`7
     く.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| >
     |:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:|イl|   ヤルオ!
     |:.:l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:/:.:.::.:.:.:.:.:.|:.lリ
      .Ⅵ:.:.: !:.:.:.:.:':.;.:.:.:.:.:.:.:.ハ/    いつまでやってるの!!
        ィ:从:.:.:イ:/l才/
     / ,i:i: : V: : : : :i:i: |ヽ
    ,   /:i:i : : : : : : : i:i: |
     {   { i≧=====≦:i: |    、
      ー个ー───‐イ    \
        }ー─……─:| \  /iハ
       /: : : : : : : : : : :{  ヽイi/ )


                                 ____┘(
                                /\  / ⌒
                               /(○) (○.) \
                             /   (__人__)     \
                             |      |::::::|      |
          勝つまでやめないお!!   ! |!l\    l;;;;;;l     ,/
                            i| /    ー´    \
                            i/ l!           \
                           そ|彡∪           , --、  )
                          ∑ !彡,l <        (   _/
                           レY^V^ヽl.        ̄


                        ・
                        ・
                        ・




311 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:13:44 ID:2d1575be


ところで、この頃のやる夫の研究というのは
麻痺性痴呆の患者の脳内に梅毒病原菌がいるかどうか、である


      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\   麻痺性痴呆は梅毒末期にあらわれる症状だお…
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /   でも、病原菌を見つけないと
  >     ー‐  <     .梅毒からくる症状だと断定できないお…
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ




312 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:14:15 ID:2d1575be


        ____
      /   u \
     /  \    /\     やる夫は
   /  し (○)  (○) \    ひたすら染色して目で見ていくお…
    | ∪    (__人__)  J |
   \  u   `⌒´   /    絶対見つけてみせるお…


やる夫は標本を1枚1枚、しらみつぶしに調べていった
研究室から帰っても、家に持ち帰って続けた




313 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:14:32 ID:2d1575be


1913(大正2)年

夏の深夜のことである


                                       _____            
                                    . / ⌒  ⌒ \          
                                .    /(●) r'⌒ i.)   \        
                      ん…           /    r'ミ     |    \       
                                .  |    / |     ミ_\  |      
                                   \ ( /      \ \      
                                     /         )   )      


                                       _____            
                                   .  / \  / \          
                                  .  /(●) r'⌒ i.)   \        
                     見つかったお!!  /    r'ミ     |    \       
                                .  |    / |     ミ_\  |      
                                   \ ( /      \ \      
                                     /         )   )     


 

314 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:14:50 ID:2d1575be


      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\         見つかったお!!
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))   見つかったんだお!!
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /


                                       -─……─-
                                  ∠__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
                                 /-- 、}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                                  ィ:./:.:./:.:. !:.:.:.:. |─ ┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                                i/:.:.7lー:.|:.:.:.:.:.|__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚,
                                |:.!:/、Ⅵ:|:.:.:.:.:.|  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i
                 ……            レl  ┃ |:.:.:.:.:.ト /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                   ┃ |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                  ノ  "" |:.:.:.:.:.|⌒Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                                 {       !:.:.:.:. | ノ:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                                 、   |:.:.:.:.:从:.:.l:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|
                                   ̄ |:.:.:.厶:ヘ:.:!:.:.:ノ:.:、:.:.:.:..:// リ
                                     〈:.イ: : : : ∧イ: ヽ \ト:y′
                                    /:/: ======ミ: : : :\




315 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:15:15 ID:2d1575be


                        ,. <:::::::::`´:::::::>、
                  /::::::::::>---<:::::::::::\
               __/_:/:::::/_ -====ミ.∨ム--ヘ
                _} -7:::::/::::::i::::::::::::::::::、::::::::',ト }',
              乂_/::::::,'::::::/|:V:::::、::::::::',::::::::', ノム
               i/i::i::::::|::/{ト、{ ∨ム\:::::i:::::ハ∨:',
                〈/i::|::::::{:i | 丶 \', Ⅵ}::::::i::i }:',ハ     おめでとう、ヤルオ
              7_|:::V:::ム,==ミ    rチ千::::/::|`:::i丶
.                ,'::::i::::::\:ヘ、  、    ムイ::::::L_::| }
              |!::::i::::::::::八   r─ _ア  /:::::::7| |¬,
              ヾ{ V:::i、::::',> . ̄  イ':::::/| !.|  '、
             , r{   \!.\i. ト _ ¨´  _|/. . | |.| , j\
           /   、   {:i. . . ト ._` '´-.}. . . ..| |.! /   \
          r '     ` - V',. ..ム<ヽ_彡'ニi . . ..//,'/      `ヽ、
          ∨     __,..-、∨、. ∧.ー<./. . ./// ト ,_    _,.  }


やる夫の努力と粘りが実ったのだった




316 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:17:17 ID:2d1575be


また、同じ頃
やる夫は小児麻痺(ポリオ)の病原体と狂犬病の病原体を「発見」している

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   見つけたお!!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |




317 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:17:55 ID:2d1575be


1913(大正2)年 9月

やる夫はウィーンでのドイツ医学会に招待される
ヨーロッパでは、熱烈な歓迎を受けた


         ,.-、
.        /゙(_ )、       ___
.        ( _ノ" i     /       \
         ゝ、 〈  /   ―   ― \
      ,〃 ヘ   ト/   ( ●) ( ●) ヽ
      7 , 弋 │     (__人__)   |  やる夫の業績からすれば
     i !  \ \        し′   /
     ヽ ゝ、   .>         _/   当然だお!!
.        `>`- ,_   ,.-、       \
.         〈       ̄  ´)       |   ハ
          ゝ--― -、__.ノ        |>  !
           |        /`''" _/
            |        `く__, ィ"



…もっとも、日露戦争で日本が勝利した後という世界情勢も
やる夫人気を後押ししたと思われる




318 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:18:27 ID:2d1575be


そして学会発表を行った

                _____
              /         \
             /            \
           /   -一'     ゙ー-   \
.           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  \
        /    (   ● l    l ●   )    \
        |     ヽ_   _ノ   ヽ_  _ノ     |
        |    ''"⌒'(    i    )'⌒"'     |
         \       `ー ─'^ー 一'       /
          \        ー一        /
          /                 \
         /                     ヽ
          |                         |
         |    i                   i    |
.           |    i               i    |
       , -‐┴-、__,i                  ゝ、ー┴‐--、
 ̄ ̄ ̄ ̄く / / ァ- ,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (, -r ヽヽ 〉 ̄ ̄
       `ー' ー´ ̄                    ̄`ー 'ー´


\やる夫!!/\やる夫!!/\やる夫!!/\やる夫!!/
     \やる夫!!/\やる夫!!/\やる夫!!/




319 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:19:13 ID:2d1575be


講演後、ミュラーが登場する
彼は当時のドイツ医学界のボスであった

             ' i  .{;;;;;;;;\ヽ//;;;;;;;;;!.i   !
                 i !l i |'"""''''ヽ''""""''''| l  i l
.               | !l l !             | |  | l
             | !l l lニヽ、     ,.ィニ! l  l .!
             | !l | ! ,.ヽ、ヽ_'ィ'-'、 .l .|  ! |
              | l.l l l{   .},ハ.{   .}.l .l  l .!
              | l.l l |ゝ ,.ノ | ゝ 、ィ .| .|  ! |
               | l ! .| |ー'  , .! 、   ー! .| .l .l
                l l ! .l |,.、   ヽ'    ,、l l  l .!
.              l l l ! | ` ー-  -一 ' ,l li .! l
            ヽ.l | ! |ヽ. `  ̄ ̄ ´ / l |! l/
               | | ! |  、      ,  l ll ./
              l! .l .!.、 ヽ _..イ ,..イ! .||ノ
                  /、! |  ̄ヽ ,. "   l !l ヽ
.            _/ .:::!l .!   O ||| O  .l /:.  、
        -   ./ .:::::/ ヽ、   |||     レ'ハ:::. \  ‐
 -        /  .:::::/ l ',  >-|||-< / / ';::::.   、       ‐
          /  .::::::/  ヽ     |||   '/ ,  l::::::.   、
       /    .::::::::!0  、   ,. ⌒ヽ/ ' / 0 .!:::::::.   、
.        /   .::::::::::l. \  ヽ { ||| } / /  !::::::::.    、




320 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:19:44 ID:2d1575be


2人は名乗りあうと、しっかりと握手した
そしてミュラーは賛辞を述べ、ミュンヘンに招待した

                                          _ -―
、_                                   _ -‐
  _ >一ー―――- 、__       , ---―- 、     _ .. -‐
 ̄                }  _ -‐ッ'       `ー--、}
               「 ̄  「   ,.-、        ',
               |     }   /  \       、
                 i     jノ ノ    `丶、    ヽ
              |    `゙´        ヽ     }
              /               ヽ   |
: . . .            /ヽ, -‐-、,r"ヽ         丶 .ィ´:、    . : : : :
: : : : : : : : : : / 〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、. : : : :_ .. -‐  ̄
 ̄ ―-  __: : : : /   `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
         ̄ ―┘    `¨´、 /- /丶、 >‐'
                    `゙'、__/`--' ̄


野口やる夫、一世一代の晴れ舞台だった

 *o ゚ |+|   。*゚  +゚ } o  |*  o。!    |!
 o○+ | ∨    | {r|! *l:     + |!*l::j o ○。
・+     ,-i| o.+  ___  。*゚}‐ 、゚ + |
゚ |i   | {r|! *l:  /_ノ ' ヽ_\   ノヾ}  |   
o。!    |! * .゚ /(≡)::::::(≡)\  レ ノ  ゚|   
  。*゚  l ・ / /// (__人__) ///\o  ゚。・ ゚
 *o゚ |   |     |r┬-|      |   *|
。 | ・   o ゚ l\     ` ー'´    /*゚・+゚ ||  
 |o   |・゚ ,.‐- .ハ       イ | * ゚   |   
* ゚  l| /    、` ニ ´ ノ  ノ   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚  
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。   
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    |_|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_|
    >                  
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o




321 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:20:32 ID:2d1575be


皆、やる夫に賛辞を述べ、賞賛した

ところが、である


  / /     /              i       i
. / ∧∧            /',       l       |
/ ..:| }\|        /  ',               |  私はコッホ研究所から来た者だが…
7 .:::| i⌒|/|    / ー- ;         卜|
∧/ \‐〉  |/|/ ‐tッ- 、 i            |
 |  | `┤      `"'' ー ′レヘ        ∧|
 |  |   :|             ∨YW∧ /
 |  |                 |   ./ ∨     あなたの研究には疑問がある
 ',  `、           _   |  /
  `、 `、  \         -‐'゙  /\
   `、  \__ \  ー===  __ ./   \
.     \  O\_r=ニ二 ̄  \|      \    まずT.パリダムの純粋培養法だが…
____   \ O /       \  \     ヽ   また小児麻痺の病原体も…
  /     | ./   ``~、、  \  冫       ;
/       l/           \  V∧       |
        /     \    :|∧  V∧      |


                          ,r'ニニニヾヽ、       \/〈     //ニニニヽ、
                         ("´ ̄ ̄ヾ))     __〉,ヘ   ((/ ̄ ̄`゙`)
                            、ィ_ノと)'   /"\三/"\  (つ(_,,ア   |!   
                         i|   ` イ_/  ./((○))三((○))\  _Y   |!
.                         ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /   
       やる夫と話したいなら       \  \l     i|    |!     l/  /    .
       もっと勉強してからこいお!! l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
                              \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
                                 ヾ、    ``"´      /
                            ゚   |!  Y           ィ |!  。
                            ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
                          ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

やる夫は、そしてまわりの者は、この学者を無視した
事実はともかく、この時のやる夫の勢いは、このようなささいな反論を問題にしなかった


――後の話になるが、やる夫のT.パリダムの純粋培養は否定されている
小児麻痺と狂犬病の病原体の発見も同様である




322 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:21:01 ID:2d1575be


その後、やる夫はミュンヘンへ、フランクフルトへと走り回った
そしてデンマークのマドセン博士のもとへ向かった


                                 ___
                        *        /      \  ☆
                        + ☆   /   ⌒  ⌒\     +    
   「ナイト」の称号を         ☆    ii ,、ノノ  (● ) (<)ヽ * 
   もらったお!            *   / 彡^(´  ⌒(__人__)⌒:: |   キラッ☆  
                        *  /⌒ヽ     `ー'´   ノ +
                       +   
                          +   


それからノルウェー、スウェーデン、イギリス、ベルリンと講演して回った
こうして「やる夫」の名は、全ヨーロッパへと広がった




323 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:21:37 ID:2d1575be


11月
アメリカへ戻ると…

.        ____
     /     \
    /       \     マウント・サイナイ病院が
. /  /) ノ´ \_ \    新設する研究所の所長になって欲しいと言ってきたお
 | / ,イ =・=  =・= u |
 l / 二)   (__人__)  /    年俸は6000ドル出すと言うんだお…
.  | 二ノ  ` ⌒´  \
/\ ヽ            ヽ

                                                    .イ:::::`´:::::::::::ヽ
                                                  ./::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                } ヽ                   イ::::::::::,::::;:::∧::::i;::::::::::::::.
  ふむ…                      ___ ノ /ヽ             /:::::::::/i:/_/  i:::ハ∧;::::::::.
                          /  _/  / }.               /:八::/ヒ/テjミ  i/ィrテァ:;:::::}
  できれば断念してもらいたいな     /   ノi:::::. ノ::::::i                 i/ /i(l   / .:l      ∨i
                         ヽ   У::::::/」´ ヽ_                ヽ _}     {j      / 」
.  .その代わり正所員にし            〈:::::::::ム  _/ ヽ,                 八   こ二ヽ  /イ
  年5000ドルを支払おう           ∨:::::..  ´   //               _iヽ__   /_i/
                           ∨ヽ.::::::i::::イ::レ´          _ / }:. :. :. :. :.lf|≦:::」≧
.                            ∨∧::::::::::}. }    /::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::∧__ /|∧」//::|
                             ,/〉ノ::::::::::i::ィ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::∧: : : : : :У<; : 「ヽ
                            」:::::::::::::::jノノ,  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::∧ : : :.:/ : : : :\i::::::ヽ _
                            }::::::::_ノ:/:::Yヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::∧: : :/: : : : : : : :}::::::::\:::::::ヽ
                           /`ー--.ノ:::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `..≧:::∨/: : : : : : : : :〉::::::::::::\:::::||
                           ,///ヽ/:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|/: : : : : : : : ://:::≦ ´:::::/:i

当時の正所員は6人しかいなかった
また、研究費はこの研究所の方が潤沢である




324 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:22:04 ID:2d1575be


     ____
   /      \
  /         \  ……
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \
  /         \  ……ここに残りますお
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



1914(大正3)年、やる夫は正式に正所員となる




325 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:26:36 ID:2d1575be


また「アソシエーション・オブ・アメリカンフィジシャン」の会員に推薦され
スウェーデン国王からも北極星勲三等を下賜されるなど
やる夫はロックフェラー医学研究所、いや、アメリカ医学界のスターとなっていた

                    __
              ,..-''"´:::::::: : `"''-、
             /――--:::::::::: : -―\
            /   _:::::::::::::::::::::::: _ .',
              ,'   イ O ):::::::::::::::: イ O ) ',
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l   ようやく
           l     (   ,、  )    l   ここまで上りつめたお…!
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |





326 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:27:21 ID:2d1575be


この頃の研究所の研究テーマは小児麻痺であったが
やる夫は乗り気がしなかった

        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \       病原体はもうやる夫が見つけてるお
   |      (__人__)     |      
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \    それに共同研究なんてやってられっかお!
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ___
        /     \
      /         \
    /     \ , , /  \      しかもやる夫が見つけた病原体を
     |      (ー)  (ー)  |      疑ってるヤツまでいるお…
    \  u.   (__人__) ,/  
     ノ     ` ⌒´  \
   /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ     やる夫のやることに間違いは無いんだお
   |    l  ( l / / / l
    l    l  ヽ       /




327 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:27:40 ID:2d1575be


やる夫は狂犬病の研究にとりかかったが

     ____    ━┓
   /      \   ┏┛
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \
|  ∪   (__人__)    |   うーん…
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     あまりうまくいきそうにないお…
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


上手くいきそうにないことが分かるや、
続いて豚コレラに手を出した

しかしどちらも上手くいきそうになかった




328 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:28:06 ID:2d1575be


        .____            
     ;/   ノ( \;         なんで上手くいかないんだお!?
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;        
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;      .トラコーマはどうだお!?
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.;      天然痘は!?
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;       口蹄疫もやってみるお!!


しかし一向に成果は見えてこない

おまけに心臓肥大を指摘された

         ____
      /       \          ダイナモ
     /  _,  、_ \     「人間発電機」も油ぎれをおこすらしいお…
   /  ( ―)三(― ) .\
   |   '" (__人__)"'   |
   \    ` ⌒ ´    /
   /ゝ    "`     `ヽ.
  /              \


栄光をきわめたやる夫に、ここにきて暗雲が立ちこめてきた



329 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:28:23 ID:2d1575be




                    ―― 次回予告 ――






330 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:28:39 ID:2d1575be
                                    __
                                  /二=∧
                               /ニ=-/ニ∧      ___ -==ミ
                           /ニ=-/二┏===ニ二二二/二\
                             /ニ=-〈ニニニニニニニニ{ニニニ\
                              |二ニ=-∨二ニニニニニニ∨ニニニY
      やる夫だお               /|二二=-∨二二ニニニニニ∨二二ニ|
                           /  .|ニニニ=-∨二二ニ{⌒ヽ二二∨ニニニト、
                       /   ヘ二ニニ=-∨二二ニY、  `ー-=  ̄ ̄ .》
                               \二二=-∨二二ニヾヽ        //
                       l        丶ニニ=-∨二二ニ{        //ク
                       |          \ニ=-∨ニニニ!     , ´   ノ 〉
                           __|          \ニ=-\二ニ`ヽ!         /
                         , ィ ヘ     ≧=- __ \ニ=-`ー===}__   /
                  / |  ヘ      ヽ`´ __≧ィ 、ニニニ/     `丶.′
                    ∥  .{     >、           彡" \ニ,r───― 、〉
                   ∥ /⌒≧ュ.   \    /          7         \
                  ∥/-―=`  ≧ュ \ {      __   /             \
                 /´             ≧ュ\`ー‐ ´  `         ―― 、\
                   /                ___``\ー --<             \   \ \
               |       __ -==ニ二二 ---- \   /               \   \ 〉
               |                  <´  ̄`7                 \ /
               |                 <´     /                  /
               |                    ′                /
               ト、                                   /
               | ヽ                             /
               |    `ー=ニ                         /、
               レ             -==ニニ二               /  \
                    !                   く     ー=ニ二/    /
                    ∨丶、                 \     ヘ::::7     / \
                  ∨  \                  \   ヘ′   /     .\
                      ∨  .\                 \  !   ,  {       \
                    ∨    .\                 \I  /   |         \
                  ∨     >            ノ !  /  〈            \
                      ∨   /                / ' /     !\             \
                  -―― 、 }}              /  / /    |  .\             \
__ - ――――<´       ∥              /    / /       !   .\__ -=====≧}
                    }}       ー===彡     / /     ∧      Y      \
                    ||                   / '        ∧      | Y¨Y.    |
――<                    ||               {          ∧       レY| .|¨Y   八
     ` <            ,リ                   !          ∧    `ヽー「 |--ヘ _)
        `>    ‐‐-=彡                           ∧       ー -‐ヘ
      <´                                          ∧          `ヽノ



331 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:29:11 ID:2d1575be


おまけ

堀は、メリーについて、

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |   「メリーはやる夫の研究に対し
  |    ( _●_)  ミ   理解や協力のできる女ではなかった」
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  ) .としながら、
(___)   / (_/
 |       /      「しかしやる夫の妻は彼女で良かったのだ
 |  /\ \      普通のアメリカ人気質の女性だったら
 | /    )  )      耐えられなかっただろう」
 ∪    (  \
       \_)     .とも述べている


「遠き落日」では、作者の渡辺氏はメリーを悪人ではないとしながらも
「ワガママな女」「悪妻」としている
また「一応、夫婦としての形だけは保っている」
「家庭はあってもないに等しかった」としている


しかし、これは後に語ろうと思うが、アフリカからの手紙や電報を見るに、
やる夫が本当に心を許せる相手はメリーであった

研究所の人間に隠し続けたのも、
「この結婚が自分の出世をダメにするかもしれない」と恐れていたこともあったが、
公式の場に、こういっては失礼ではあるが、無学のメリーを連れ出して、
恥をかかせたくないという思いもあったのだろう


参考:山本厚子「伝記から抹消された野口英世の妻」



332 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:29:55 ID:2d1575be


おまけ2


やる夫が関わった病原体は、
細菌、リケッチア、クラミジア、ウィルスであるが、
このうちウィルスは光学顕微鏡(フツーの顕微鏡)では見えない

     ,--v--,
     >, '´ ̄、`ヽ
    `.i リノノノレリ〉
   (\リ从 ゚ ヮ゚ノリ 見られちゃった♪
    `ゝ.〈_(つy((つ
    (/,く/i!,__,i!」、
     `i_ン_ン''´~          三(^o^) ミラレテナイデス
      細菌           ウィルス

というか、ウィルスというモノがあり、
様々な病気の原因がウィルスであるということすら、
この時代はハッキリしていなかった
(最初の電子顕微鏡ができたのは1931年)

やる夫が扱った小児麻痺や狂犬病、
そして黄熱病の病原体はウィルスであった

これらに対して正しく相対できなかったのは
やる夫個人の「失敗」というよりも、
病原体発見の主軸が細菌からウィルスに移っていく
ちょうど過渡期にあったせいでもあると思う
(もちろん批判を聞き入れていれば…と思わないこともないが)

やる夫は、細菌が医学の最先端だった時代の終わりを生きたのだ



おわり



333 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 13:30:52 ID:2d1575be
御覧いただきありがとうございました

次回はちょっと間が空きます
その時はよろしくお願いします

334 : 普通のやる夫さん : 2018/05/06(Sun) 13:42:14 ID:68cf45aa
おつでした
動物のお医者さんでは梅毒スピロヘータって呼ばれてたよね
梅毒トレポネーマと呼ばれるようになったのは案外最近、細菌だけに……ぷぷっ

335 : 普通のやる夫さん : 2018/05/06(Sun) 14:05:09 ID:8e9e83da
乙でした

ミスも多かったんだね

336 : 普通のやる夫さん : 2018/05/06(Sun) 14:41:22 ID:fe065ae3
乙でした
同じく動物のお医者さんを思い出した
人類の発展は新発見とその否定の繰り返しよね

337 : 普通のやる夫さん : 2018/05/06(Sun) 17:23:52 ID:971e0e19

科学者として繰り返し言っている事ではあるが、叩かれるのを覚悟で言う
野口英世の科学者としての功績は今回出た「梅毒スピロヘータの単独培養」しかない
だから世界的にも日本マニアにしかその名前は残ってない
というか同時代なら(微妙に一世代前だが)北里柴三郎の方が功績的に遥かに上だ

なんで日本で偉人の代名詞に成ってるのかというと
「金銭的に恵まれない下層階級が弛まぬ勉学によって国際的に認められた」
という戦前~高度成長期のモデルケースだったから
だから過剰に持ち上げられ、一方子供が読む伝記には長らく人間性の酷さは描かれかなかった

正直あの漫画連載のお蔭で初めて日本では正当に毀誉褒貶が成されたと思ってる

338 : ◆hXvyVozAPo : 2018/05/06(Sun) 17:53:20 ID:2d1575be
確かに「科学者」「医学者」としての業績はそうなんですよね
私生活は一種異常ともいえ、酷かったというのも本当にそうです

でも、私はやる夫を「尊敬できる偉人」にはあげたくないですが
正直、「好きな偉人」にはあげると思います
(だからこのスレを立てたわけですし)

やる夫の功績は、これは次回以降の内容にも関わってくるのですが
仕事の結果そのものではなくて、
彼の時代を彼なりに突き進んでいった姿勢と
清国をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、そして南米、アフリカの
現地の人たちと比較的上手くやっていったことだと思うのです

まあ、なぜ千円札になったのかは本当に謎ですがw

あの連載漫画…Dr.Yaruoですかね?
旧会陽医院(現会津壹番館)にあって読みました
というか、私がやる夫を知ったきっかけです


あと、動物のお医者さん思い出した方に親近感


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
スポンサードリンク
ブログ内検索(テスト中)
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
そういやアクセス済のリンクが色変わってないなーって思ったのでGoogle準拠で色が変わるように変更してました

このブログについて詳しくはこちら About

現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


自薦他薦問わず、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽に

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング