やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 小ネタ 比那名居天子の脳内日記

目次 現行スレ

539 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:46:17 ID:GDXdlb5c0




             ┌────────────────┐
             │    比那名居天子の脳内日記   .│
             └────────────────┘




         __   !\   __  _r--ァrニrzv ̄_¨'''ー、
         \  `ヽ| ∨__,.(_ (¨´r i、 `  l l ̄ア'| _ `ヽ、      /|
          _\  !//ヽ jr‐ィ iア `  ̄`ヽーz_'__i ¨<_ ,:‐‐、__   /  |
         ∠.,_> /l.才               ヽj  フ!   )、`ヽ/ /
             >' ´                 ヽlァゝ<ノ  |∠..,,__
              /                          ヾ,〉 ヽ、__ノ    _/
           /  /     /|    ,.             〈.  \  < ̄
          ,'  /      /  !   / ! ./ |  / |   .  ヽ ', .|\  \
          | 八.    ヽn .!  ./ |/ .| ./  !  .!    ヽ、!i   `ー‐'
          レ' ./|\ /  |::| |.  /    ヽn  .!  ハ  |  |
           / /  メi  |::| レ''      |::| 八/  ! /   |
          / /   /!.  `′        |::| /    レ'    .!
        / /    / {                 `'./  i       |
        //    / ヽ                   |       |




540 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:46:46 ID:GDXdlb5c0


  く \  { { 〈 .〈 //
⌒ヽ\ \〉 .〉 〉 .〉〉 〉     (⌒ヽ
   ヽ..\ ∨ / / /\   (    )
  ( > 二二ミ.∨/ ,ヘ ,> (    ノ
  ))/L / / ハ. <   ゙´   し~'
‐--イフ .〉/ス./ヘ  >
二ニイ //7./ // _,-y-r─y-r-,、_
 く, ヘイ>'フ//´て⌒ヽ,-ゝ_,'--'─'--^、‐〈 , - 、_/|
    ん.'.// (   〈, -´::::::::::::::::::::::::::::、( ノ )メ /_
      //      〃: /: :/ / : : /{!: :ヽYイ <. ./_ノ
   _r<^Y^i  ))  :/:': 〃:斗 {、 : /‐ハ- 、: ゝi `Y´ゞ
  . fヘ>〈.〈!    イ: :l:l : ャ-、: : l.ィ ァ- 、:/ :} l: : |´
.   辷Y  /       l: :!:| : lVリヽ:| V、J/' :イ:}:l : :!
   /.,Y  ゙|       八ハト、ハ " '   "/ /: /:;' i: |
.  //゙ |  |      ノイ: : :}:/丶.`_´.イ: :{: : :/: :l:::|
    |  |      ノ:: //_rイー' { /ト、::、 /:_:: : 'i
    |  |     /´ ̄辷 / r<.(^ム) ̄ ̄7 / >r┴
    |  'ゝ─.「l: : : :う/ //八ハ\_,ノ // ノ: : : :\
     ゝ、____|」: : : :て < 〃 リ!─'  < 八: : : : : :〉
          \_,. イ  ん~┘  ん'了: : : : : :/7
               l::儿    ,'    {: : :.|: : : : , イノ\
             l:::ハ   y     .|: : :リゝ─冫i\   ヽ
                 i:.::: 〉,==x___ノ_ム二フヽ:::i/  .ノ
              >'゙´  ̄>――‐テ'^ハ\::::/  /
              /     , '   /    〈/  /
              /            ,'  Y 、.   <
.           /                  八 〉 ⊂ス
        /                ,'     \二勿∧
        /                        廴〉  ∧

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   私こと比那名居天子は、今こっそりカンパニーのお屋敷で働いている。
   七位地子としての身分で、期間付のメイドのアルバイトだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

541 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:47:27 ID:GDXdlb5c0

               ,:::::/.:::::::::::::::::::::/.::::::::::::::.';::::::::.':,
                /.::/.::::::::::::::::::::::,'.::::::::::::{:::::.';::::::::::゙:,
                \:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::{:::::::.';::::::::/
                ´"ヤ==ー{㌻⌒廴,へ::::〉''゛
                     ヤ。.,_  ∥    ノ 7
                  ヤ////{{7777フ///
                     ヤ///,乂////'/}
                 ∨///∧ー廴,ィ7
                   寸 ///, {'//,'
                   V///} ```
                     ヤ'//}
                        ヤ//{
                    }'//{
                    }'//{
                     ∥刀}
                   ノ=ミ、;
                      {// У
                      ー'゛






        __,r‐,ァ-;‐-‐r、__    ∧
        r'´  V  !  !/ `>-、ノ 〉‐-、
      r‐「,>- '、'"´ ̄>‐- 、/!/f´``Y゙ ̄`
     /   /l ||    /、_、_ `>‐-\ノ         うおおおおお!
      {   j´以\ 、ノ _\ヽ__} } ム.ヽ
     ', jV } rf'ハ  ` 'frfハヾ|  !'   ゝy、        間に合うかああああ!?
     r、 VV} Kノ,   弋ノ |  !  _//}` ー 、
     |ハ _i {ゞ゛ (^ヽ ゛゛.u,rリ リ‐" /   ヽ ',
     ヽ_j {¬{{>=ロ=<}/ 仆./`)_  _/lノ
       {| {`マ_ヽ_人___ソ /`X´-一'⌒´'ー<>、
       ゝ、  'ーヘ'レ'ー'/            < >―‐--、
          !\_f¨¨`ミ|」ミ               .:< >_ r‐‐′
         ゝ--〉 /                ..:::< >
          <_>/                 ..:::::< >'
          /_/              `ヽ、:< >'
            /                ,.::::::< >'
          rf〕          .....::::::::< >'
            ヽ>-、__.::::::::::::::::::::::::._,<_>'´
           `ー'-、ハ_7ーr‐ェ‐'>ー'´
                 ∨´}
                  j ノ
                 ∨´}
                  j ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   さて、メイドは優雅にゆったり見えるイメージだけど、これがなかなか大変。
   基本的に住み込みで、起きて寝るまではほとんどがお仕事尽くし。
   休憩は食事時間のみで、最初は「常在戦場」が文字通りの意味で感じた。

   意外に広いお屋敷、人手が足りない理由の募集だったけどここまでとはね。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

542 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:48:52 ID:GDXdlb5c0

              __,r‐,ァ-;‐-‐r、__     、
             r'´  V  !  !/ `>-、_ ノ〉-、
          r‐「,>- '、'"´ ̄>‐- 、/!/f´``Y,´`
          ァ'´ ./      i       `( ,)ノ_>
.        /  /   ハ  /!.  __/!  ', ヽ-'λ
        |  |  /  | / ,|イ´  |  |  `´ |
       |   | ァー |/  --‐'´ |  |     !
       |   |,イ-'´      ""|  |  i ':,
 , '⌒ヽ  ∧  !7,,,,       ,   !  !  |  \
 l   ー--─ ト     ー'´ ̄   .|  |.  ',     \
 ヽ、_ ノ/   ! .| |> 、       イ   ハ ___ 、   、 ',
    /   /.|  | /   _ `アTこ.ン | /`/:.:.:.:.:`ヽ.  .! |
.   |  /'!  !\|' /´:.:、//ム __ レ' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/
    \| \|  |/.:.:.| ̄7‐r'´ |,/ 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._〉
         ヽ.r!:.:.:.:7〉_/ァrヘ_j    `、:.:.:.>''"´`ヽ
            `,ヘ.:.:.iく__,} {_〉    i`'Y´ _,,.. -、|
.          く  ̄|          }:.:.ヽ,ヘ.   \
          / ` ̄,!        ''" ヽ:.:.,! ヽ._   〉
          〈   / !         、   `〈 ./  /
         \ ゙/                 Y   r'、
             ( /                  ゝ、____ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   部屋の管理を任されたり警備したり物を運んだり、やることは山盛り。
   同じ時期に入った同期と一緒にあたふたな始まりだった。

   けど今では慣れたもので、少しばかり余裕ができたから日記をつけみる。
   外には漏らせない事柄もあるから、私の頭の中だけにだけど。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

543 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:49:29 ID:GDXdlb5c0


                  ∧  iニニiニiiニニiニi
          †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
     †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
    ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
   |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
  ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
 | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
, ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
:';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
-ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニi,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::
:';:;'':'`:';:;'':'`::';::;::':';:::;;:':';:::;::':';::':';::;;::;;'':'`::';::;;:`:;ニニニi,,':';::':';:;'':'`:':';::':':';::'::';:::';:;'':'`::';::


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そもそもこのお屋敷は、カンパニーが本部として作った建物。
   外部は完全に洋館建築のままである一方で、その一部は立派な軍事施設。
   みんな知っているあの赤レンガのカンパニーの建物で私は働いている。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

544 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:50:30 ID:GDXdlb5c0


                                , ‐/`ヽ⌒Y⌒ヽ_
                             rく⌒'く\j  ノ  ノ  / `ー 、
                            ノ`V> ― …… -- ミ    厶、
                         人_/::::://: : : : : : : : : : : ` く /て
                        (  / / :/ :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::: ヽー‐ァ
                            (⌒7:::'::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V (
                            廴}:{:::::| :::::i :::| ::::|:i::::i::::::::i:::i:::i:::::i::::}て
                           ハ{::{:::::| :::::| i |:i ::|:|:i |::::::::|:::|:::|:::::}:}::|/
                            | YV∨乂从乂乂j:|:|::}:::::/}:::} :} :// リ
                           V刋 { く赱か `Yノノ//ノノ乂//::/
                          Vヘ ヽ      ノ'⌒{ く赱か彡イY
                           〈::::::.  `¨¨´    { ヽ    /'ノ
                         〉::八       ` '  `¨¨´/入
                           〈∨::分、   ` ー‐    イ:::::}:L....
                           //:::/_j \       / 人::ノノ-、}/ ̄`ヽ
                ⌒ヽ ̄`ヽ     イ::::::ハ|ニ=-へ.__   イニ} /  /     _|__
                 __j   |     \  从::::ノノニニニニOニニニ| /  ,/   /   /}
              /ニニ人__/`ヽ ヽV:::/}ニニニニニニニニ}ヘ.<   /    / 二ヽ
.             /ニニニニニニニi ヽ|'´  }_‘,ニニニOニニニ;{  `Y´  __/二ニニ∧
            /ニニニニニY´ ̄\ }  ハニ.‘,ニニニニニニ’-ヘ   ∨    /二ニニニ∧
.           / ニニニニニ人ノ`ヽ人j  /ニニ‘,ニニニニニ’ニニヘ.  ∨ _丿二ニニニ.∧
          /ニニニニニニニニニ} } /ニニニ‘,ニニニニ’ニニニ.ヘ.  Vニニニニニニニ∧
.         /ニニニニニニニニニ丿 ノ/ニニニニ‘,ニニニ’ニニニニヘ_丿ニニニニニニニニ∧
         ,ニニニニニニニニニニ\Y'ニニニニニ‘,ニOニ’ニニニニニ.|/ニニニニニニニニニ}
          {ニニニニニニニニニニニVニニニニニニ’,,’ニニニニニ人ニニニニニニニニニ7
.         \ニニニニニニニニニ /ニニニニニニニ } {二二ニニニ {二二ニニニニニニニ /
            \ニニニニニニニニ{ニニニニニニニー┘ー一ニニニニ{ニニニニニニニニ /
            ヽ ニニニニニニニ}ニニニニニニニニ} {ニニニニニニ7二二二ニニニニ/::}
                「::::\ニニニニニニヽニニニニニニニ} {ニニニニニニ7ニニニニニ /::::::イ
               _j:::::j丿へニニニニニヘニニニニニニニOニニニニニニ7ニニニニニ/ `Y::::::`ヽ
             {:::::::::::}  ∨ニニニニニ∧ニニニニニニニニニニニニ7二二ニニニ/  乂::::::::リ
           ノ::::::::ノ    ∨ニニニニニ∧ニ=‐…   ̄  …‐=ニ/ニニニニ=/      〉::::ハ
          /:::::::::}     ∨ニニニニニ∧              /ニニニニ=/      〈::::/:::::!
           _}:::::::丿       ∨ニニニニニ∧            /ニニニニ=/`\    人:::::::ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そしてこの建物にはメイドがたくさんいる。カンパニーの施設なのに。
   なんちゃってではなくかなり教養高い洗練されたメイドがいる。軍事施設も兼ねているのに。
   ついででないレベルで執事も沢山いる。なかなかイケメン揃いなのが悔しい。

   とどのつまり、迎賓館と言っても通用するような西洋式洋館であるのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

545 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:51:34 ID:GDXdlb5c0


                                     ノ⌒''´ `Y^ヽ__
                                  / ̄ヾ  l|l  j| // ヽ__
                            r‐' ヽ, ィ冖¨ ̄`冖-、   i
                               丿ヽ./ : : : : : : : : : : : : \  ヽ           / ̄ ̄ ̄\
                             ‐、 /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ (         |    |    |
                               , ‐!: :i: : : ト、 : : : : : : : : : : : : :Y゜         |    |    |
       _____                 { i.: :ト、 i |、ヽト、: : : : : : : : : :i         |    |    |
      /       \                ヽ.| {イYイ ト } j ヽ|! /: / : : : ノ        |   で   |
    |.   く   ご  |     ,. -‐ '"   ̄ ヽ、i.ヽ、_ノ⌒{  レ′i/ノ人.ヽ         |   は.  |
    |   だ  堪  |    ./             ヽ、      〉ヽ_ ,ノノ: : : :L_       |   `  |
    |   さ.  能  |  ,.. ' -─ 冖¨ 7 __     }ヘ  ‐=-   / : : : : : __: :ヽ_,、   <_____/
    |   い      |/        / ̄  \   |:::ヽ、_ .  ィ´¨冖ー-、  ̄: :-: : :ヽ_
    |   ま     |      /      /    トi_::::L_。弋〃` ̄¨ー-、  ̄`ー‐、: : : ヽ_
    |   し      .|             / \   !  `i::::l° \     \〃    ̄ヽ、: : :ヽ_
    |    °      |    ,      /      、 ノ   ヽ::`l__ 、_二 ニ=-=7/====     ̄L: : :
      \______> /    /         ヽ    `l::::::ヽ、    .//  ヽ、      `L
      , '           , '                `、      ̄ヽ::L_         i
     / i    ./    /   /           /     oヽ::::L        |
    /  |   /   ,   /           _ '7´           {:::::i、         ト、
    {  |   /   /           ,. -‐'   /           o ヽ;::::)        l
    }  !  /   / /     _, - '"     _/   __   ___ (::イ、        \
    /  | /_ //  _,, - ''´        |>'´¨ ̄` ´ ̄  二 >:::}}         \
.    i    ノニヾヽ,. -‐ '            」/,. -=冖'´   ̄¨ _」::::ノ ―、__      `' ‐、_
.    ト、 /   `} }       _,,..  -―,才´/       _,,,ィ::::「      \
    }/_    /   ‐冖¨ ̄       / ∨    / ,. '´:.:.:.:.:.:.:.:く 二ニ=、_  i`ヽ、
   /  ̄ヾ、 /     ‐- _         / / .〉 / __ /:.:./":.:.:.:.:.:.ノノ`\    `‐〈   \   _, -
    !、    }}              ̄¨冖r -' /  / //_ ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:./  ̄ヽ\    ノ¨''┐ _>'′, '
   ` =イ ヘ  /、          /   /  / .ム/    ¨¬' ̄     ハ \`ー-、_, ‐'"_, '"
.       レ ヽ / \  /`' - 、/   /  !  /ト、ヽ `‐-、          }!  \      -―‐
                  ` ′       i  / /:::| \ ‐-、` ‐- 、__,,,        ` 、 ¨冖ー 、
                        ヽ./ /::::::|   >、 `'‐- 、_                 `ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ――もっとも、そのほとんどが戦闘訓練を積んだ立派な兵士ではあるのだけども。
   メイド長はもちろん、末端のメイドに至るまで最低でも兵卒以上の実力を身に着けている。
   緊急時にはスカートを翻して銃を抜き、即応と増援を行うことを目的としている。

   ここ以外のM.S.F.も同じようなメイドシステムだとか……

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

546 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:53:31 ID:GDXdlb5c0

                         , ―- 、
          ,  -――┐        /、    \ __        /´ ̄` 丶、
           | /二二二|      <^\丶-----〉   ヽ    _,/\     \
          lィ, ニニニニア      /,ニ丶._  ̄ ̄〈二二二.L_   \\ \___/
         〈イ:::::/__,二. ,ニl        〉l   }/ニl¬-'ィ:ァ:ァt:tァイ   厶\丶 ___〈
          ‘i{ i} └‐'. }┘     く ,,,,_, l r-く::/1{ ,ニ、 ,ニ.{´   ノl  }:/ヘー――ァ┘
          `T L_ '''--'i'      ‘T´   _人ニ!_}   , ) |}  く ,,,,,  //:::::::::::/
          /(丶-ヽリリ'          ̄)'´/∧ノl_ ` こ´人  〈ー  ノ´ ニニ 〈
      , -‐'´ | \ /\l\_      /}/ / ヽ \ 天 /、|` ー∟、/´ ̄ ̄\_
      /  ̄`ヽ  ̄ / \〉ヘ〉  |     /´l ̄ /⌒ 〉/ヘ〉〈l  〉   l∠ -‐ '´ ̄ ̄` \
      |    |  \  \| | |     //l  l    / \∨∠l∠/ \          ヽ
      | /  j     ̄ヽlム| |     / /l/| l |   '    /'´  〃    ヽ         |
     /-― //     o /|   '   ̄ 〈   |    o  /{ }      !  /    リ
     |  //         l |  /      }    |      / V       | /     /l
    /    /         l |  |     /|   |     ,  /      |      / !
    / 、  /ヽ         o l |  |      /    |    o/  |     ,'       /  |
    〈  ヽ 〈 /         〈 |  |  , -‐/   /    /   |      /         |   |
    ヽ   }          l |  |/  /´  /(     /  ノ    /        |   |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   とまぁそんな裏の顔は置いておいて、軍事面が強いM.S.F.というカンパニーにもかかわらず
   その軍事面をあまり見せないのがこの施設であり、私達メイドなのかもしれない。

   だからこそか、この場所はカンパニーの行政や会議、交渉の場としての来客が多い。
   私も知っているような有力者やお偉いさんたちがやってきては、何か会談をしていくのだ。
   ステークホルダーの面々を迎え入れ、給仕し、そして護衛するのが私たちの仕事でもある。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

547 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:54:45 ID:GDXdlb5c0


                     _,-y-r─y-r-,、_
                   ,-ゝ_,'--'─'--^、‐〈 , - 、_/|
                  〈, -´::::::::::::::::::::::::::::、( ノ )メ /_
                  〃: /: :/ / : : /{!: :ヽYイ <. ./_ノ
                       :/:': 〃:斗 {、 : /‐ハ- 、: ゝi `Y´ゞ
                   イ: :l:l : ャ-、: : l.ィ ァ- 、:/ :} l: : |´
.                     l: :!:| : lVリヽ:| V、J/' :イ:}:l : :!
                       八ハト、ハ " '   "/ /: /:;' i: |
.                   ノ: : :}:/丶.`_´.イ: :{: : :/: :l:::|
                       ノ: //_rイー' { /ト、::、 /:_:: : 'i
                  ,r-辷 / r<.(^ム) ̄ ̄7 / >r┴
                     l´: : :う/ //八ハ\_,ノ // ノ: : : :\
          「}          |: : : :て < 〃 リ!─'  < 八: : : : : :〉
        ,Uヘ、       \_;_,イ   ん~┘   ん'了: : : : : /7
        ト厶ィ \       / . |       ,'    {: : :.|: : : : ,イノ\
          ゞニ>  \   ./ .儿.   y     .|: : :リゝ─冫i\  ヽ
     ,.----| ト-、   'ヽ. /_/:::ハ..,==x___ノ_ム二フヽ:::i/  .ノ
     ゞY´-ニ|.」二二二二二r'└=デ´  ̄>―‐テ'^ハ\::::/   /
     `|                |   , '    /     〈\/
     |               |          ,'  Y 、.  ヽ
     |               |             〉 .ヽ
..._____!                  |______________i___
      \             ノ
       尨wWwWwWwWw彡


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そんな、誰が始めたかもわからないトンデモメイドシステムの中に私はいる。
   身分上私はあまり表に出ない裏方作業が多いが、それでも仕事量は多い。
   
   さて、今日も今日とてみんなの賄いを作り始めておかないと。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

548 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:55:55 ID:GDXdlb5c0


                    __,r‐,ァ-;‐-‐r、__
                   r'´  V  !  !/ `>-、
                  「,>- '、'"´ ̄゛^ー-、/!  !ヘ.,∧
                /            `ヽ.! >´-、〉   /
                 ,.'   /            r亠、 ノ)ゝ    _
             / ,  ! -|‐  |    ,!    `ー'ー´i
            / /  ,| ァト、 /! //‐- ./!     | !    、         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            ´ ̄`| , /ハ〈 ! ,ハ レ''-‐ァ‐-く | /  ,'  |              |    七位さん   |
              .レ' / 7  ゝ'゚    |ノ  ,ハレ'i  /  |              ゝ________,乂
               / .人        ゝ‐' //    !
              / / />.、, r‐,  "/ /      ',
            jユ. / //   />ァ.チi´  /        !
           ,≦ニニ≧ /´   ./:.:.:.:.:.:`Y| /-!  |   ,'
      <^ーヘ:    |'   ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!レ'  /!  /|   /
       \ノ.:    | /!/、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ  /// ,'  ,:'
        __j.:   __ |./  ト、 \_,: イ  ,.ヘ_´   / /
.        | l |:  l   `「 ̄| ./ヽ、__,.ノ/   `ン´ ̄|
    ___」 i |:  |i〃: | .〃/   ,∠::!∠_   〈   〈
    ヽ ‐┴ー┴─┴‐,r-、/ ./  /_>`ヽ.  __〉 /
.        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i´   /   /」:.:.:.:.:ハ>‐ヘ_/
             `ー-ァ'     /_>:.:.:.:./:.:.';.:.:.:\
               /      /」:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':、
              ム____/_>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:':,
     .         /レヘ/レマ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
            .rト、,/__:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:__i
             \__  `ヽー- '--─'"´ ̄ ̄ ̄__」
               |  `7ー‐----‐ ヘ''´ ̄「 ̄
               | -‐/         V  ̄!
               !__,/          '、__j




             , ― 、
            / / } l),____
            {i { /´,z ー=== 、
            ゝ´ ./         ヽ    この茶菓子、特Bの会議室に持って行ってもらえませんか?
             ,' /   /     ヽ ',
             { ,    {    l l  } }    私じゃまだ制限区域に入れなくて
             l ,.{   l    l l   リ
.             '{ ム ヽ从人jハ乂イ /
              ヽj}       j   }l/               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /´ト、   σ /                |   わかったわ    |
               r }_ > イ                  ゝ_________,乂
            r-'ヽ` ミニニl7ー-ァ- 、

549 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:57:32 ID:GDXdlb5c0


              __,r‐,ァ-;‐-‐r、__     、
             r'´  V  !  !/ `>-、_ ノ〉-、
          r‐「,>- '、'"´ ̄>‐- 、/!/f´``Y,´`
          ァ'´ ./      i       `( ,)ノ_>
.        /  /   ハ  /!.  __/!  ', ヽ-'λ
        |  |  /  | / ,|イ´  |  |  `´ |
       |   | ァー |/  --‐'´ |  |     !
       |   |,イ-'´      ""|  |  i ':,
 , '⌒ヽ  ∧  !7,,,,       ,   !  !  |  \
 l   ー--─ ト     ー'´ ̄   .|  |.  ',     \
 ヽ、_ ノ/   ! .| |> 、       イ   ハ ___ 、   、 ',
    /   /.|  | /   _ `アTこ.ン | /`/:.:.:.:.:`ヽ.  .! |
.   |  /'!  !\|' /´:.:、//ム __ レ' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/
    \| \|  |/.:.:.| ̄7‐r'´ |,/ 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._〉
         ヽ.r!:.:.:.:7〉_/ァrヘ_j    `、:.:.:.>''"´`ヽ
            `,ヘ.:.:.iく__,} {_〉    i`'Y´ _,,.. -、|
.          く  ̄|          }:.:.ヽ,ヘ.   \
          / ` ̄,!        ''" ヽ:.:.,! ヽ._   〉
          〈   / !         、   `〈 ./  /
         \ ゙/                 Y   r'、
             ( /                  ゝ、____ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   家柄とかの信用度合いの配慮もあるのだろうけど、私の才能が恐ろしいとも思う。
   あれからそこまで長く務めたわけではないけど、私はあっという間に昇進したのだ。
   
   いや、アルバイトに昇進といってもたかが知れているのだけど、有利な面がある。
   特例として制限区域への進入が認められることとなり、普通よりも上の立場になった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

550 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:58:39 ID:GDXdlb5c0


                             /!
               ,__,.--、ィ--、ィ--、、∧/ ノ
              rヘ__,.r ̄Y ̄'r゙ヽ‐、>´-、,,∠、
            r'「/.>''"´ノヽヽ  ヽ`ヽ ノ)_,ゝ
           rヘ_rヽ,      /} ト,′ヽゝ,
           'γ′:/| .|  :/  l::| }   |  ハ
            .イ  .{ .Ⅵ  .j  斗云ー :.i|  :::::}}i:    おっとどっけおとおどけ……
          { {{:  .|ィテ㍉ ::l|  ィfテ示ミ 小 .:::::ノ}}
          Ⅴヾ. :{ { 刈 ` ー  {::i刈 }}リ . :/::ハ
                从:代ソ    `ニ'´ 厶イ:::::::::: ハ
           / ::}xwx  ___ xwx イ :.: |::::::::::::::::',
             / .::へ    V   }  .イ .: : |:::::::::::::: : ',
           .:'   / f >―`≠―<′.:.:}}:::::::::::::::::: .',
           .:'   . :/}ニ≠-::.j_,.::-‐::7  .: :リ:::::::::::::::::::: .',
.        . '    :/.ム辷‐-....{ }...-‐..:′ .:/-、::::::   ::: :.',
.      /    /,ィ{::::::::::::::::ノ {::::::::/  .:/::::::::}::::::  ::: :.ハ
.      .イ    .::::/ {:::::',:::::::::::::::::::::::.′ .: :′:::::l|::::::  : :  ハ
     / :   :::′ゝ.::ハ才´:::::::::::ヾ′ :::/::::::::::::l:____ .::::::}}
.     { .: :.li :: :::{  迄ヨ{ }::::::::::rォ . : /::::::::::::::j    /:::::::::: |
     '. : :{ : :. l|  | | Ⅵ::::::::リi:i{:::::::;’≧≠' ¨    .:′::::::::::l
.     ∨:::Ⅳ::::',  j |´ ̄ ̄ア .l :::{ ¨ヽ     ./ :::}::::::: .′
     \{ ヾ;:: ヽ.ィl l   / /Ⅷ l   \   ハ: /!:::::/
         `ア  し′ / /   ヾ::{     \  :}' :' /
        .イ   「  ̄ `´|     ``     .入 リ〆'´
       /fテ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄㌫T¬   /:::∧   ヽ
     ∠ : :|           | .| .|  /:::::::厂ヘ   :\
    /| |:.: |           | .| .|イ::::::::∠}  ∧     丶
   ∧ |._.|.. .|           | .| .|::: 才´ / ̄::::ヘ     /
  .入:: ̄::::「::::|           | .| .| ´/   /:::::::::::::ヘ   /
  {:::::ヽ::::::|::::::|           | .| .|7 ̄ ̄:::::::::::::::ヘイ
  `'寺::`y.:::::::ヽ.________ノ__.|__.|::::::::::::::::::::::::::::::/::',
   ヾ::::会ュ。.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,,γ'´:::::::〉
    `'≪:::::::`ー---、.., ___ ,. .,,,-‐:::::::::¨:::::::::r -~'´
       ``''气辷:::::::_j士__三土.r::-fー¨´
                }  |       } リ
              {__ノ         し'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   制限区域はいわゆる軍事や運営の中枢深くに関わる場所。
   なのでメイドにしても、部外者や非正規雇用者の場合は進入に制限がある場所。

   そんな場所に、私はアルバイトでありながら進入が認められたのだ。
   重要な会議室へお茶やお菓子を運んだり、必要なら部屋自体の用意だってする。
   普段の業務に追加で大変だけど、特別だからそれはそれでやりがいがあるのよね。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

551 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 00:59:28 ID:GDXdlb5c0














                   ∧
         ___y-y-r─y-r゙_ノ 〉‐-、
         ,_ゝ.__'--'─'--イf´``Y゙ ̄`
        〈,_,.'.         ( ,)ノ__>
       ,' ,ヒナλナイテンシλ||
      iルLi ○   ○ λiレi
      ,'ハル_r-‐¬""イレiル|
       レ / |ヽ、__,,)ノ/レルL|
       /  ./'/く∧>  /::ヽ
         \::::!i.  .}::{  ノ::::::|
          ヾ从  }::{  λ:::::|
         / `― ‐ .|  |
        /         .` ',

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   ―――あれ? 私実はうまい具合に使われているだけでは?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

552 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:00:22 ID:GDXdlb5c0



______________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            _______
            |          |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|丁 ̄ ̄
          | ̄ ̄                  |│
          |                      |│  _______
          |  ______________   |│   |  会議室 特B  |
          | ||////////////////////|l|  |│   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | ||////////////////////|l|  |│
          | ||////////////////////|l|  |│
          | ||////////////////////|l|  |│
          | ||////////////////////|l|  |│
         _| ||////////////////////|l|  |│   _____
       |[| ||////////////////////|l|  |│  || ━ ━  ||
       |[|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : ::|│  ||□□□┃||
       |[|                      |│  ||□□□┃||
          |                      |│  ||□□□┃||
          |                      |│  ||⊂⊃ O┃||
          |                      |│  ||====||
          |                   ◎ |│    ̄ ̄ ̄ ̄
          |                      |│
          |                      |│
         _|                      |│
       |[|                      |│
       |[|                      |│
       |[|                      |│
          |                      |│
          |                      |│
          |                      |│
          |                      |│
          |                      |│
_____lー――――――――――――┴|____















                      _
           _,ァ-‐"''>‐'`'´`<´ `ーヘ,r、
        / _ i´`'´  _,.-‐-、ヽ ___`´ i
.     /! / ,i´ ` ,r'´      ´  `ヽノ
    _ヽ|/ ̄ヽ /              ヽ
    `ヽ`ヽ__ノノ/  /‐- ハ  |/ -‐,ハ    }    失礼します
      `゙!´  Yi  /ァテ'tく|  ./ ァtく /    |
      |  r | イ弋_,ソ !/ 弋ノ 〉、 ./ ,'     お茶菓子をお持ちしました
      |   ゝ! .|.xw     .  xx! ∨|/
      !   |  |、   、 _ ,   ノ| |´
      ,'   ∧. |7  、    ,. イ|...! /
     ./   _/___〉| \ `゙ T´r、 | !...!'\
   ./   /´.:.:.:.ヽ.|\ \. |/ |`'|...|_  `゙'' ー-- 、
   /   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ }´ ̄>rr<|/:.:ヽ.        \
  ,'   〈.:.:.:.:.:.:.、__.:.:.:.:Y|:::::::::::/ム(\-、_:.〉_          ',
  |    ヽ.:.:/  `Y ノ !__こ/::|V|:\ ヽ.ヽヽ.  < ̄`ヽ. ト 、
  八   / Y / ̄∨  く_」 |_」.|    |.    \  |/   ',
. /  \ ,'  `ハ.    ',         '、   '、     ',     |
,'     ハ  ,'::∧    .|、         |ヽ  \     |   /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   まぁ楽しいから私は構わないのだけども?

   こうしていつもとは違う区画に入るのは、冒険してるようでわくわくするのだ。
   ただの通路も地味に構造が強固になっていて、装飾が地味になっていく。
   会議室の扉は電子ID認証で固められた高セキュリティなドアだ。

   部外者としてはこの重苦しい空気がたまらない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

553 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:01:31 ID:GDXdlb5c0


         __
       . : : : : : : : : : .`
     /: :/: : : /: : : . i: : : . \
   / //: : : /.:: : : : :|: : : : : . ヽ
   /:/.::/: : : /.:: : : : : :| l: : : l: : : .',    ありがとうございます
   }/.::/: : : /.:. : : : : :/|_|i: :/|:! : : :}
   |:/: : /`|.: : : : : :/,_jハ' |ハ : :/     間に合いましたね
   イ:/:\|.: : : : : :∨リヽ _jzL/
    ヽ/: |: 乂 : : : : /"    Vソ!|
     ノ从: : 〈三三〉    "川      旦那様、定刻になりました
    /   ヽ/ \\ (_ア イ三〉
   // //ニニニ‐\ <  |: :|
   | し / ニニニニニニ‐\: :`ヽ: : |
   |_/ニ/ニニニニニニ-∧: : : ',|
   | ニ/ニニ/ニ/三三∧ : : | |
   | ニニニ/ニニ/ニニニニニニ|: : :| |
   ヽニ// ニニ ! -ニニニニニ|: : :| |
    //ニ /ニニニ|-ニニニニニ|: : / !
   //ニ /)ニニニ|-ニニニニニ|/ /








            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)    わかった
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ     それでは会議を始めよう
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そしてこういうところにはこの施設のトップ2がそろっていることが多い。
   ほとんどの会議では社長とその専属秘書が揃って参加している気がする。

   というか記憶が正しければこの2人が休んでいるところを見たことがないような……

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

554 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:02:47 ID:GDXdlb5c0


                          _,-y-r─y-r-,、_
                        -ゝ_,'--'─'--^、‐〈 , - 、_/|
                         〈, -´::::::::::::::::::::::::::::、( ノ )メ/_
                         〃: /: :/::/ : : /{!: :ヽYイ <.__ノ_ノ
                   〃::/:://!:::::ノ l l N:::::l }:::`Y´
                     !l:::{.イ「ハ.ノノノ,j⊥l:::::l j:::::::|
                      八::ヽjイヌj    込!j:::::「)::::::|     それでは、私はこれにて失礼します
                     ll`iハ'''  ,  ''//,::::,'´:::::::|
                        从:'、::>、_ 冖 { { !::/:::::::::::|
                        ヽiイ⌒`うT,斗H7.:::::::::::|
                         _厂゙>ェム<二>、:::::::|
                       /´ __l/,.イ/⌒´ .::`i \:|
                    〈 ,.イ´ /\| /    .:.::::|ヽ ノ::|
                      ∨ j  !   フ    . :.::: Λ 〉:::|
                    /   `/   . .:::/__/´::::::|
.             ,,-''"´ ̄ ̄ `ヽ_,.-'    .: .:::/<´:::::::::::::::|
.            /     ,. ‐''"´       ..: :::://´ ̄}:::::::::|
.          l    /          .. .::.:,.イ´-    /:::::::!
.           !    ,イ/ ,.      ...:,. ‐'´ブ!、     {:´!:lノ
.          l   ∧\!___   ,.‐/"´  / ,ハ \  /:::ノ
.            ヽ、/  \>ー''´ ノ'´    /ハ::: ∨∨
..   ,. -―……‐〈 、、く____,.イ        ' }::::. }!. \
.....フ´   _,. - ,. ' `'^T´`ヽ、            /::.:.   \j_
..゙〈/ /   /      !   丶        ノ|:::.     `丶、_






                          (
                          >―― -
                       ´         ` 、
                      /                 \
                    ′.: /   /       ヽ /⌒ヽ _ ノ
                     / /  ′  .′    ノ   __」i{ o{)l}∧
                / /  i :|l :ト、   ,イ l| (○)乂__ノ ,ハ       はい、ご苦労でした
                 / ,:  :| :|l_ :| |   /,| .ノ| ./.:| | :l ,ハ
                  厶イ}  ∧ 八丿ハ ./ レ |/厶ノ | .} |、}′
                 } ,:   」斗=ミ  ∨  斗==ミ /.: ト ∧}
                     ノイ.  ∧ Vツ       Vツ,/ .  | ) /
                    八   〉 ゛゛   '    ゛゙〈 .:  ノイ/
                  /\)エ〈_     _   _丿〉ー〈_ノ'′
                 ,〈_____〈三三〉、  (   )  ̄´〈三三〉、
                 〉::::::::::::}'⌒l' レ)丶   ̄ .. :ヘ)ハ|'⌒l}' \
             人:::::::::丿  |    |: : `´. .:|   |  {_,/ :\
            /. : ::> ´   |ハー‐ノ     :.:|__ 八   〈:::::::::::/
           /.::::::/   .′  | ノ ‘,   , ’/.:::::)  ∨.::.〈
          /.::::::/  . ..:/    |′` ‘,, ’_/.::::::::人   V.:::::〉

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   中でも、秘書官のこの人の動き方はすごい。
   社長が動きにくいことも相まって、屋敷中を縦横無尽に走り回る姿をよく見る。
   あの小さな体で書類の束を持って走り回れるなって思う。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

555 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:04:07 ID:GDXdlb5c0


                       `ヽ: `ヽ
                         }: :.ノ
                      ,jI才: :'´: `<
                    /: : : : : : : : : : : ヽ
                   /: : : : : : : : : : : : : : : Y
                  ´'゙ }: : : : : : : : : : : : : : : i     では、先遣隊が回収したデータの
                   /: f ノ: : : : i: : : : : : : : |
                     /: : :/: : : :.:.:|: : : : : : :.从     暗号化された部分を解析して出てきた
                       {: : : {,: i: :.∧{: : :/: : :/:}、
                   /``ー'レ'レ'゙z弋:./: /: ノ     三河の核廃棄物処分場、その最深度部分の─――について
               >. ´: / __/γ´ ̄ `ゝ/{=-.、
            /: : :.:./ f=/=.{` ̄ ̄´ ./={ニ=-,
            (: /´レ'゙  .i={=圦    /ニリニ=-{
                `´     ./}圦=-}   /ニ./ニ=-/
                 从,=-マ∧ー.´=≠/ニ=-リ
                  ,=-/=リ<=-}=-}\=-,
                。s<´=-イ,ニ=-,=-,ニゞ={
              /ニ≠-=ニ=/ }ニニ,ニ=,ニニ=-,
             /´ 〃../ニ=-//ニ./=-∧ニ=-ヽ
               /={  {i ./ニ=-/ニ=./=-/ニ=マニ=-ム
            {=-{ 圦'=-/ニ=-/=-/ニ=-.マニ=-ム
           弋=.\ ヽ´ニニ=-/=-/ニニ=-.\ニ=-\
            ``ー=='゙ニ=-./=-/ニニニニ=-\ニ=-\
          。イニニニニ=- (==-/ニニニニニニ=-マ=/=》
        /ニニニニニニニ> ̄ ¨¨¨¨¨¨``<ニ=-マ=ン ∨
       /ニニニニニニ.> ´斗― ¨ゝ¨¨¨`<_\ニ.¨圦 }
      /ニニニニニ=-// /,'      {i      マ\=-ソイ\
   ./ニニニニニ=-/ / / {      ∧      マム\ニ=-.ム
  ./ニニニ>   ´    / / /``¨  .=-/ ゝ――‐ ´}マム \ニ=-ム
/ニ> ´          ./ / /,: : : : : : : :,   .,: : : : : : : i} マム  \=-ム
> ´           .{ .{ / ,: : : : : : : ,    ,: : : : : : :.i} マム   ヾ=ム
              { .{' ,: : : : : : :/    ,: : : : : : :i}  マム    ``'゙
                ̄ ,: : : : : : /     ,: : : : : : i}  ¨´
                 ,: : : : : :./      .,: : : : : :i}
                   ,: : : : : /       ∧: : : : :.i}
                ,: : : : :.,'           ∧: : : : i}

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   この人はかなり例外的にいい扱いを受けていることが多いと思う。
   対外的に必要でない場合を除いて、服装もカジュアルで私服に近いものを着てるし
   執務室に自室が隣接してたり私物が多かったり、はたから見てもかなりの特別扱い

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

556 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:06:24 ID:GDXdlb5c0


            . . : : : : :/ : : : : : :\ : : : : : :丶  /:i:i:i:i:i://
.         / : : :/ /: : : : :.| : : : : :\ : : : : : :∨:i:i:i:i:/ニ/
       . : : : : : : : : : : : : : : |: γ⌒㍉ : : : : : : :∨:i:i/ニ/          ―――以上、該当施設への
     /:. :. :./: : : :/ :`、 : : : : :{ {ニニ} : :\ : : : Ⅵ/ニ/
      /: : : :/ : : 、/ : : :`、: : : : 乂==彡 : : : :\: :.|ニニ/             各部隊の派遣を承認します
.  //:/'|: /: :、__/\ : : |`、:\ { (Q) ) : : : : : : :ト乂 ̄´"''::、、
.  ⌒ {/ |/: : : :炸ミ、|.: :丁´´""\ー彡イ : : : \:.ト{:::::::::::::::::::::::`、
      | : : : : { Vリ、: :.|イrァ≠ミ\ : |:..| : : :从|:i:i:i:ih、::::::::::::::::::∨ニニ    内訳は特殊防護部隊を中心
      圦: |/ |  ノ \|  ゞ以ノ..: :.从|: :,.:イ|:i:i:i:i:i:i:i:i}::::::::::::::::::::}:i:i:i:i:i:
      { : : : 八 `      /: : : :..}/:.|イi八|:i:i:i:i:i:i:i:リ:::::::::::::::::: }ニニ     しかし戦力は温存の必要があるとし
      Λ、 : : : :., r_ ,    /: : : : : : :/|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:::::::::::::::::::::}¨¨¨¨
.     _{  `¨¨¨´心、  -= {: : : : : /ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i/::::::::::::::::::::::/        護衛としては「R」部隊を同行させます
  /: : : :`7¨¨¨「ニ{:::::::/ 〈 ̄ ̄ ̄〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::::::::::::::::::::/ノ
/: : : / /: :.:..:ノ=圦::/∥   >―;i〔i:i:i:i:i:i:i:i/__、、、、、イ/
: : : :/: : /: : /ニニニ)∥ /: : : : |斗rセニニニニニニニ/ \
: /: : : :/¨¨´∨ニニ/ |{/:../ : : : ノニニニニニニニニ/   ヽ\
: : : : : :/    }ニニ/ /: : : /: : /ニニニニニニニニ/      } :   =
: : : : :.{     }ニニ/:/: : : / /:/ニニニニ}h、  ̄´"' ′. . .    /: :
:、: : : : \   }ニニ/ {: : : :/ : /ニニニニニニ}   //⌒   / : :/  ̄
: \: : : : :.)  }ニ./: :{: : : : : : :〈ニニニニニニ/ /: :〈     /: : / ⌒\






           / ̄ ̄\
         ⌒´ ヽ、,_  \       作戦目標は制圧と調査
            (●)(●.)    |
         (_人___)    |       可能ならば―――接収も選択肢に入れたい
            '、       │
              }       {
          !、______ .ィ-ート、
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   それもあって社長のお気に入りだとか玉の輿狙いだとか陰口叩いている人もいるけれど
   彼女に近くなりその姿を見れば、そうは思わなくなるんじゃないかしら

   詳しくは知らないけど、長い間協力してきた関係だという話を聞いたことがある。
   つまるところ、贔屓するのに値する能力を持つ人物だという一種の信頼じゃないのかしら。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

557 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:07:04 ID:GDXdlb5c0

                            廴}:{:::::| :::::i :::| ::::|:i::::i::::::::i:::i:::i:::::i::::}て
                           ハ{::{:::::| :::::| i |:i ::|:|:i |::::::::|:::|:::|:::::}:}::|/
                            | YV∨乂从乂乂j:|:|::}:::::/}:::} :} :// リ
                           V刋 { x=ミ、`Yノノ//ノノ乂//::/
                          Vヘ ヽ      ノ'⌒{ x=ミ、彡イY
                           〈::::::.  `¨¨´    { ヽ    /'ノ
                         〉::八       ` '  `¨¨´/入
                           〈∨::分、   ` ー‐    イ:::::}:L....
                           //:::/_j \       / 人::ノノ-、}/ ̄`ヽ
                ⌒ヽ ̄`ヽ     イ::::::ハ|ニ=-へ.__   イニ} /  /     _|__
                 __j   |     \  从::::ノノニニニニOニニニ| /  ,/   /   /}
              /ニニ人__/`ヽ ヽV:::/}ニニニニニニニニ}ヘ.<   /    / 二ヽ




              __,r‐,ァ-;‐-‐r、__     、
             r'´  V  !  !/ `>-、_ ノ〉-、
          r‐「,>- '、'"´ ̄>‐- 、/!/f´``Y,´`
          ァ'´ ./ |    i       `( ,)ノ_>
.        /  /   ハ  /!.  __/!  ', ヽ-'λ
        |  | ./`メ、| / ,|イ´ハ|  |  `´ |
       |   |/.ァi7ハ|/   j_り|  |    !
       |   |,イ .j_り,     ゙' |  |   i ':,
       ∧  !7'"          !  !   |  \.
       / |\ト、    -   u .|  |.   ',     \
     /   !  | |> 、      イ|   ハ ___ 、   、 ',
    /   /.|  | /   _ `アTこ.ン | /`/:.:.:.:.:`ヽ.  .! |
   .|  /'!  !\|' /´:.:、//ム __ レ' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/
    \| \|  |/.:.:.| ̄7‐r'´ |,/ 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._〉
       /∧ r!:.:.:.:7〉_/ァrヘ_j   、:.:.:.:.>''"´`ヽ
    /´`'く. `,ヘ.:.:.jく__,}  {_〉     i`'Y´  _,,.. -、|
   /! _ `!)く  ̄|             }:.:.:ヽ,ヘ     i
  /  ,|  ,ンイ/ ` ̄,!          ヽ:.:.:,! ∧.   l

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   さて、そんな他人事のような話をしていた直後だけれども
   私に再び昇進、というより配置転換的な話が回ってくることになった。

   なんでかしら、屋内警備の一部分だけども小隊長を任された。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

558 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:08:08 ID:GDXdlb5c0


                         ,ィニ三ミミヽ
                           /`V⌒レ川 lリ
                       /:::/   ノ从j
                        /:::/________
                      r//´               `ヽ
                       _/::l / ノ''‐______     !
                    `/:::::l_ノー'',r-イァ-;r-‐r γ:::/|    l
                    ,rz/:::::/  r'´! V__γ‐r.、∨:::/:/,|     l
                   〈{イミ、/ir‐「>´  `{   } .}⌒ヽヽ |    l
                 /ヾ三ソ7/       ゝ、_.ノ    }、`ヽ、_l、
                   /  / /イ' ,'  ,'   ミz弍ゝ。_.ノ´、::\_, イ
               /  / / l i  i  |ヽ l/ノV尓、レ∧::\;;;;:::::〈
                 /  /    ,' |  i_lV,, ∨ イ、fソノ| ′::::::::::ヽ:::::|
              /  /    i 、ヽ Yィ示z、  `¨ ノ!|::::::::::::::::::::::::::l
              /  /      |! |l ヾl`iヾrソ 、 _, イ l:::::::::::::::::::::::ヾi
                /  /    . ,/ i   ,l_|l`ヽ _,ヘィ ヽ:::::::::::::::::::::::l
           _/  /    /イ  ,'.::::::::ハ<⌒ミ/:/ |/:ト::::::::::::::::::::l
             /::ヽ_/    イノ,'  /:::::::,.イ_.ノ::|ノ,ゞ'    l ヽ l::::::::::/
           /:::::::/     ( ( ,'   /:::::::::::〉  "       l`ヽ、i|_,,,イ
           /:::::::/      ) i  i::::::::::/         、   ノ /
         〈\:::::::/、     //ヽ  ''rv/         :i :ヽ//
       ∧ ヽノ !,    /  i..     ノ´           !;ノ´
       _<フ{    ゝ──┴─┴──イ           !
      └/;;;;\            ノ            !    ,.イ
      /:::::::/ ` ー'''─ー'''┬---- /             !  /::::;ノ
     /:::::::/        /  i  〈         ‐'''Tヽ l /:::/_...
     /:::::::/         ,'   i  イ`ーy=ミ=-‐:::'''"、 ̄ ハン-‐ニ二 ̄`ヾン
     /:::::::/:   '' :  . .. |   i  イヾ_:二-‐ニ二/  \ ハ    \ハゞ
    '::::::::/   '' :: ... ..  `'\.ハ..,,,〉ヽ _\ _,..ィ´/   ゙、ヽ
   /:::::::/           '' :: .._/ :ヽ ` ー -─'''´ /    ハ:l
  '::::::::/          /      \      ィ´     }:l
 /:::::::/ ______ /   _____  : _ /       i: l
 ̄ ̄ ̄::::∧:;{::{`'´     /                   i: :!
::::::::::::::::::::::::::弋::ミ、   /                    jl}| :|、
::::::::::::::::::::::::::::`ゞ`ミz__r=≡=ミz、                 /:::|:::\
::::::::::::::::::::::::::__/:::::::::ヽニ__≧ミz、_,ヽニ__≧ミz、_,,,zャ彡:::::|::::::::ヽ
::::::::::::: _ノ〉 ノヽ\::::::::::::::::::::∠ア≠=ェッγミ=∠ェッγミ=∠::::::::|:::::::::::ヽ
: : :f⌒Y´ ̄ ̄`ゝハヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::l
ゝ、\ハ    ∨ノヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|
\ハ: : 〉ゝ        ̄`V ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   常勤じゃなくてシフト制だけれども、わざわざ私物の剣の携帯まで認められた。
   すごく甘い条件なのだけど、それに伴ってとてつもない裏がある気がする。

   このアルバイトが募集されていた経緯と言い、ここまで人手不足なのかしら。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

559 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:08:51 ID:GDXdlb5c0



                  ∧  iニニiニiiニニiニi
          †_____| ̄|_____/;:;:'i,....|  |;;| |  |;;|iニニiニi               iニ::iニi
     †  'i.|.i' /;i 'i.|.i'   'i.|.i';:;: ;,;'†iニ 'i.|.i' 'i.|.i' .'i.|.i'.ー†、,______________| |::|
    ∧ ,i鬻i、; i ,'i鬻i`、 /鬻i、;;;;;;∧ /i鬻i,/i鬻i/i鬻i、::∧ :.::.:__::.::.:.__:::.:.:..__:.::.:.__: \!_|
   |/ 'i,_iニニニ.、iニニニニヽiニニニ.、:/  'i, ニニ'i,,,ニニ'i,,ニニ,/  'i,::/∧:::/∧:::./∧.::/∧:::/∧
  ,,,/i''"``i:|i--i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i--i|;:;|i''"``l|i--i|;;|i--i||i--i;i''"``i:| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|::| i:ロ|\
 | / i''"``i;|i_ii_i|;:;||i_i i_i |;:;|:|i_ii_i|;:;|i;ロ;: ||i_ii_i|:,|i_ii_i||i_ii_i;|;;   |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
, ;|/__i'ニニi'ニニニニニニニニニニニニニニ;:iニニニ|ニニニニニニニニニ;iニニニ|:                |
;;`|∩| ::::l |i--i|; __|ロロ|_,,|i--i|;;:;|   | |i_i| |.|i--i| |i_i| |;;   | | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |
; |:! !|コ :::i |i_ii_i|; iLiLiLiLiL||i_ii_i|;;:;i;ロ;: | |i_i| |.|i_ii_i| |i_i| |;;   | |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |_i_i| |
;!;:|:!_!i'ニニiニニニニ `ー--- "ニニニニ;:iニニニ|lニニニニニニニニニiニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニi
; |  | ;;::i|i--i|;| ;;i:, '⌒`、| ;;i|i--i|:;|   | |i_i|;, '⌒`、:|i_i|;;|;;   | ..!;;:∩|''⌒ 、 !;;:∩| |i_i| :|i_i| |
; |  | ;;:;i|i_ii_i|;| ;;i:|   || ;;i|i_ii_i|:;i;ロ;: | |i_i|;|   |:|i_i|;;|;;   | ::!::::! !|::...  i !::::! !| |i_i| :|i_i| |
:';:;'':':`::';:;============ニニニニニ;:iニニニ|ニニニ]ニニニ]ニニ:iニニニ|;;| ̄ ̄|:ニニニ| ̄ ̄|ニニニニニニi
-ー''"’~| ,,.:;:、。,., ,.;:::.,、。、|;;;;.  ,.,,,':';::':';:;'':'`::';:::ニニニi,,':';::':';:;'':'`::';::':';::':ニニニi:;'':'`::';::':';:;'':'`::';::
:';:;'':'`:';:;'':'`::';::;::':';:::;;:':';:::;::':';::':';::;;::;;'':'`::';::;;:`:;ニニニi,,':';::':';:;'':'`:':';::':':';::'::';:::';:;'':'`::';::


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   そんなことがあっても、今日も今日とて屋敷は忙しなく動く。
   社長に並んで秘書官が執務室に駆け上がり、メイドたちがそこらじゅうにいる。
   外ではトラックのエンジン音と、物々しい装備をした兵士たちの号令が響いている。

   私が働いている職場は、こんな無茶苦茶で、楽しい職場。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

終わり

560 : ◆lFfNvKR1Lo : 2018/06/03(日) 01:13:23 ID:GDXdlb5c0


  /|    ,/;;;;ゝ,
 .| | zー犬'''  '' ヽ,フ     ちょっとした小ネタしながら
 .| | ヽル /vヽハレ,ハ
 .| | ハレο ο リ ハ      次回の処理も地味にしておくという回
 .| |  丶 _ ''ノレ'
 .| |   ィ/◯ 7'z        そして改めてカンパニーの説明もしておく回?
⊂ニ⊃イ |   'ィ'' ̄ ヽ
 (,,リ   エニニ| ★ | ,,∧
  廴_ソリ::::::::::ヽ__ノイ 'j
   /:::::::::::::::::::::::::\_,,,,ノ
  ∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
       |_|   |_|
.      〒  .〒





                   , へ
                 __/__!:::__\
              ,. '"´ /::::::::i:::::::::::::ト 、       話の進みに関しては本当申し訳ないです
             , '    '´`ー-'----┘ `ヽ.
           /    /  _!__ !  , ',    '.、    はようメイン路線に軌道を載せねば……
          ∠.,,_   ,'  ´/___ハ /! ,!、 ;  ',\
           | ` i   --─- レ' レ' !、/ ! |-‐'
           '、  ! 。o ゚      `ヽハ ハ!
         i.   ヽ. V ハ''" ,-─-、  ゚!o。
          ハ,   )ヘ`ヽゝ、/    ! 人|
         ,' ヽ.   _V>ソ`; ー-r='i´/
        /   ヽ. .,'´ `ヽヘ \_ノ`ヾ、'
        ,'      ';」,. -‐‐-'、ヽ/○、/__!

561 : どこかの名無しさん : 2018/06/03(日) 01:26:26 ID:DwP4ZLW60
乙かれちゃーん
仕事中毒者の集まり・・・

562 : どこかの名無しさん : 2018/06/03(日) 08:03:43 ID:A2Pnk3EI0
乙津
監視or管理し易そうな場所を盥回しにされてない?
平たい胸をゆかりに警戒されてやらない夫に直で近づく機会が少ないとこに
回されてるだけなのかもしれんが(明後日の方を見ながら

564 : どこかの名無しさん : 2018/06/03(日) 09:37:24 ID:pywo8KyU0
乙です

メイドの天子かわいいw

565 : どこかの名無しさん : 2018/06/03(日) 10:40:36 ID:ZVysYYQY0
乙っす
いいように扱われるような能力を発揮できてそれを喜べるんだからうぃんうぃんだよな

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
スポンサードリンク
ブログ内検索(テスト中)
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
大阪で震度6弱という大きな地震が
余震など皆様お気をつけください

このブログについて詳しくはこちら About

現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


自薦他薦問わず、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽に

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング