スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/16
ジェイガンなアリス
5/15
CUT THE CRAP
5/14
キル夫は光の少女を守るようです。
やる夫の冒険は終わりました
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

衰退帝国 12

目次

1102 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 21:31:00 ID:pK8ywOYn


 それでは、始めていきましょう。

 何方かいらっしゃいますか?


1103 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 21:32:25 ID:jhqtXRdr


1104 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 21:32:25 ID:bMko+EC6


1106 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 21:33:24 ID:NeV1esv1


1107 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 21:33:37 ID:mohUgcxk


1108 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 21:34:28 ID:IkKMkqaH


1110 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 21:37:23 ID:pK8ywOYn


 いらっしゃられるようなので始めていきたいと思います。




1112 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 21:44:45 ID:pK8ywOYn



                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・何故、『エグトナル山脈の戦い』で数に優れ、歴戦の将軍が率いる帝国軍を

 数が劣るユイ帝率いるバイロン帝国軍が、破ることが出来たのか。

 古来より数々の軍事家、歴史家が、様々な注釈をつけてきた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1115 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 21:48:53 ID:pK8ywOYn



      ;;;;       ;;      i l                 l  ,,r i    /       /  /
      ;;;;;;;;;;;;  ヾ i    ,,, j l ..l                    { /    l  ;;;;;/ ;;; シ   /  / /:;;;;:;;:;:;:.,イ 彡
      、   `   ヘ ;;;;;;;;;;;  } l l                /;|   シ   ;|  7,/   / .シ  /;;;;;;;;;;  / r-m、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         ___
                     ∧ r<    ヽ.
                     / V、 i  i  i、               /: : :/: : : : : !:ヽ: : : : : : : : : : \
                     {ニト、 !!}  !  iヽ               /: :./=/ |: : i: : :ト、 :\: : : : : : : : : : ヽ
                     ∧ニU ノ_|   | li              / : /=/  i: :.|ヽ: :! \:.ィ: : ヽ : : : : : : : ',
                     , ヘ Y {ト゚;;フ  (゚} |            /: : :i: :ト 、 ト、:.! ヽ!/ \ : : !: : : : : : : : !
                   _/:::::ノ1、 ヾ"   ,ィ |           ,': : : ハ: | `T ヾ   ィf心ヽ: | : : : : : : : :|
                   /:::フヘ |ハ V   /代ト            .|: !: :!: :N. /fてi       トじ} 〉リ:: : : : :!: : : !
                 ∧ //狐Y ハ Viiii/!              !: !: :!: :ハ ヽVxリ       ゞ''  | : : : : :|: : : :!
                / ___ \_/    V /ー 、__            .| |: : !: : ハ ,,,,¨  '     "" ハ : : : :.i: : : :!
               /  ハ::`ヽ‐一=´/    `ヽ         | |: : |: : : !       ,    ,' : :/: : :,': : : :|
             , イ      ヽー一´ ̄´       \        !: :ハ: : 人   ` ´    ,:.!: / : : / : : : :i
           /                      ヽ      ..|: ! ',: : : :.>.、    ,. イ/:|/: : ::/: : /: :リ
                                         ヾ!  Vi : :.八: `T ´ __,/: : :.! :./仏イレイ
                                            从: : |>イ^! / 从ハ|/ / ⌒>‐‐、
                                              ゝ:|://只/  /::::::/ 厶イ::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ;;;;: ::;;;;:::;;;;;,r;;;;;;;::;:;:;;:;;;;:;;;;:;:;; ; ; ;;; ;; ;;;} ;;l ;;;; } ;;; ;;;;; ;;; ;; ;:;;:;:/ー-----;;;; :l;; ;;;; ;;;;; /;;; ;;;;j;;;;; ;;;; ;;;;{{ ;;; ;;; ;;;;;;;;',;;; ;;;;;
      //////_;; ;; ;; ;;; ;; ; ; ; ;;;;;;;>x;;;/ ;;; ;;; ;;; ;;;; ;;;;;;;{ ;;;; ;;;; ;ラ;; ;;; ;;l ;;; ;;;; ;;;{ ;;; ;;;l /////////};;;;///ヽ;;; ;
      /////////\ ; ;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;; ;;; ;;; ;;;;j-―        ――――――-----  _//////};/////ヽ;;;
      __ --――――― ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ii ヾヽ ヽ               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 ll  } }  .l
                                 /  .| .|  .l

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 曰く、帝国軍の戦略目標が不明瞭だった。

 曰く、ユイ帝の革新的な軍事改革によってバイロン帝国軍は、質的優位だった。

 曰く、山脈と言う地の利を生かし、帝国軍が数でもって押してこれないようにした。

 様々な説明が成されてきたが、帝国軍を撤退させた一番直接的な原因は・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1120 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 21:53:56 ID:pK8ywOYn



                                                   ___,... -‐─-- 、
                                                ,. -‐'´              `ヽ、
                                              /                 \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ,/ /   /    \          ヽ. ━━━━━
         / / .>┐  \        ||:::::::::||             , '  ∧   /       \ \      `、
         ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||           ./   ∧   ,イ   l       \ \      `ー- 、
        |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||        ..,'   ′  、/ |  │         \ ヽ、       〉
        |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||       / // ト、 ∨  、  ト、\       ヽ       <
        |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::||       ,r=| / ト、\ \_,\ 、 >、\         |\       ヽ
        |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::||      |   レ'  l ヽ l      、〉  ,≧zx、    }ノ  `ヽ、..ヽ
        「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::||      |   // /,小、  |孑ァ=ミ     〃 f癶ハ〉`T T´         l
      _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::||      | ,// // ノ川 i |{{ {r小}      トいリ  ∨        i    |
  . <           .∧__∧      ||:::::::::||      /'´レ′ {/ 从|  、少'        ゙ー'"   ヽ、      |  } |
/ `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::||      「二> 、..{   廴_ '''  、     ""    _ノ\    | 从ノ
     ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||    _/ {     ヽ    `ヽ、     ,       /´ l }l ヽ、 l |ノ.::|| |
     l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||. <     、    \     、 ` ´    <.._ j从ト、ハ N::::/ |
 ̄ ヽ  l!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       \厂 ̄´ \/'´ ̄`._      イ:::::::::::::::‐- 、V^V.::::::|  .!
    \.l!       \  \_l l lノ ./   .| ||:::::::::||   ∨    .../:::::::::::::::::',::::::::::::::}::}`ー-'´/ |:::::::::::::::::::::::::\ :::/ /
__  :l!       \   l  ./     | ||:::::::::||   l     .∧:::::::::::::::::: ::::::::::〈:::〈 \ / ,':::::::::::::::::::::::::::::::ヽ._∧
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━...}:::::::::::::::::::::::::、:::::/,二二ユY ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉...━━━
                                         |::::::::::::::::::::::::::::V  {_彡' 介Kハ\::::::::::::::::::::::::::::/
                                         |::::::::::::::::::::::::::::::}`ー-'ア / | |::} }:::::\:::::::::::::::::::/

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・ユイ帝により、帝国軍が、これ以上戦闘を行う事が不可能にさせられた為であろう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1121 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 21:56:39 ID:pK8ywOYn


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
                ,.ィミ、
               /彡巡}
                ィ彡'  Y    イ _,,...,_ /}
              '"rX二〉!  / j寸彡ミミヾ〈
              _,. ィベ _ィヘ 入_!/'/' ̄マミヽ
              /: Tヘ: ヽ':`イィ/;'/ // ̄ 、'イトマヽ
            ノ: γfァ┴-/イ'/ /   、 .:!   ヤ`       .、__人_人_人_人_人_人_人_人_. 人
          /; ィ´、_>=,イ// ル! ∧ 込 ヽ:.:i:/  }          .)                  (
          ノ: { ヽィヘ イ巛'{  /!.' ヘ  ∨, ┴-、f         ) ・・・・・・伝令ーーーッ!! ..(
         `ー,≦┤∧"{iリ ./:;:{、. ヘ / ,. -- 、}         )                  (
         f:´メ /'" ‘,  / :;:;:;:ヽ、// !   !        .) 伝令ーーーッ!!      (
       _r:'"〈/     ‘,/  :;:;:;:;:;:;>;ヘ /   ト          .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒. Y
        _У⌒'         ‘,  :;/´ /,イ' 、.,.,ヽ',.ィ〉
       > ./     /  / `ー===イリ ヽ\"`` ノ
      __}心{   : : : ヘ /   /   /  メ:廴 ̄
     }ニニ〈 \ : : : ! ‘, /    入_メ; : : :ヽ,
     ,仁ニ/\. \: : :  }/    / / ヘ: : : : >
      |ニ'/   \ `ヽ、_, -、_,. <  /   ,'{ : : 〈
      lニ' {     `ヽ、 //¨、∨_>"  ,.   i i: : : :〉
     レ ハ       LT二fチ/ 二/    }.マ: :f
      ノ {ニ{   ヽ     |   !' /  /,.    .! マ;i;!
    /仁、マ!   \;';  !  .!/  ,:;:'     !ミ マ;!
   ゞ三≧.i     `ヾ;.!  .!   ,:;:     /<ミヽ
      ヾニ! ./      i   !   ;:;    λ'ニニ∨
         .Y   . . / ヘ ト、、 ヾ    ,i;i;「¨¨´
        /  . : :/  ̄ ナ≧イ\    /;i;i;!
          {  . : :   ィ圭/``!     ,ィミ!ヾ`
        !    /圭寸  .! i   ,佳ミ{
       /   /./ Y圭ミ{、  ヽ|  佳圭i、
       \   ヽ. l圭ミ/    /  .{ Y圭/
         ヽ  { !圭f    /   ヽ!圭!
           ヘ  \圭|,、  ハヽ:,  〉i;i;!
              ヘ   ヾ ヽ   } ;:'  f
           {   _ ,ノ.  ,′  .!
            `¨´ `
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 視点を『エグトナル山脈の戦い』の最中に戻す。

 クーナ辺境伯の突撃の失敗がありつつも数の優位差でもって

 地の利に優れるバイロン帝国軍と互角以上の戦いを繰り広げていた帝国軍。

 それが崩れたのは、戦史によるとグリーヴァスの本陣に駆け込んできた一人の伝令であった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1122 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:01:07 ID:8LWIokte
偽伝令の計でも食らったか?

1123 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:02:05 ID:IkKMkqaH
まさか馬車に乗せた歩兵の機動力を生かして輜重隊を攻撃したのか?


1124 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:05:49 ID:pK8ywOYn



                        、 -;‐‐-.,,  li
                   ィ,   .,r' : :: :: :: :: .\            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                   'i゙i  ハ : :,: :: :: :: :゙i. 'j \             |                         |
                  l:::ソ`l.., i.: :゙i: :: :: :: :゙i .゙iッ\;         .|  ・・・・・・ば、馬鹿なッ!?        |
━━━━━━━━━━...i:::::::〉,<゙i. l::::::l:: :: :: :: :゙i: .(,li,ッl;; ━━━━.|                         |.━━━━
                  j゙:::::,r'<:::゙ii.l:::::::ll::: :: :: :: :li  ゙i.l=l;;;         |  輜重部隊が、全滅しただとッ!?    |
                  ゙i:::::l!`゙i゙i:::i:::_||::: :: :: :、、,ミi゛li.l::゙i;         乂________________ノ
                    ゙i:::゙i(,゙i,゙i| iィ=・ミ゛'r : : :!、´゙ィ:l|::::l                       /     /   .}
                   ;゙i::::!、!、l゙i'ミ_ミ/ : : : :  `ッ::::l                       / ,rィ天ヽ  ./
                 ;イ,:::`:ー!、..、  : : : :  i`il :::|:,r'                   /  .〈7<ラ<) . /
                 _  ;゙i゙i\ : :゙i!、'゙i. : : :  |.ョ|ll::l;;                   /    ''‐r '' /
            __/    .;;;゙i ゙i;;\:::゙i;,;,l     |.,ッll:l                /     /   . /
    ____/          \ ;;\:゙i;;レ:ii:ii:ii:ii.゙i.、|'l ;                 / ._ .__/   . /
.  /     `''''ー_、  ゙゙̄''''ー-..,, .\::゙i゙ii__|ll:ll:ll:ll .|' !_i.,.`ヾ-、             .〃ィ7三ミヾ  ./
/              `'''- 、,      `.\゙i|: |ll:ll:ll:ll. |:::/    .l              {l「({{句j刈}}./
            _--―───ー_`へ..,_..(,_i ̄ ̄j.ッ...゙゙'''''''''"'|              ヾ弋沁少ィjリ
     _,iィ‐ ̄         ___-'¨-、`゙''-...` ̄     ._ッ ヽ             ヾ=一"'
━‐==       _r‐‐''"     _,..'"'''''i,、 `゙'ー----'''"   ,,ニィ  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/      __''.^゛   . _、=='"゙_-    : `'ー__ .__,,-‐'゙  \
   _..-''''"´   --‐ ヽ二ー'"   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ヽ、      \
イr‐'` ゛     _.- ̄       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.       \

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 馬が泡が吹くほど急いで駆けてきた伝令の齎した報告。

 それは、グリーヴァス率いる帝国軍本体の後方から付いてきていた輜重部隊が、

 突如現れたバイロン帝国の別動隊によって壊滅させられ、後方が遮断されたというものであった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1125 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:07:16 ID:fmJ4mS2z
あー、これはどうにもならん

1127 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:08:58 ID:XwBZDjSp
ここが平地ならば現地調達も可能だったろうが、ところがどっこい、ここは山の中


1129 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:20:52 ID:pK8ywOYn



                                                            ば、馬鹿な!?

.                                           il  ,,.-‐‐;- 、        これは、
                                    _,,,,,、__,..ノi/. :: :: :: :: : ヽ.   ,ィ
                          _,,,,,..-―'''' ̄ ̄. . . .:::// j' ./: :: :: :: :,: : ハ  /i'  ..偽報ではないのか!?
                     _,,,..-= ̄,,;;;;;::..,;;;;;;;;;;,,;,,,... . .::::/,;/ヾ/. /: :: :: :: :/: :.i ,..l`ソ:::l、
                  ./"'゙゙"''""゙゙''"゙゙'''""゙"'''''""'';;;;;;/;;;;;;lヾ,ilノ. :/: :: :: :: ::l::::::l ./>,〈:::::::i : `ヽ.
                  /" . ;. . :. ...,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./;;;;;;;;l=l./  il: :: :: :: :::ll:::::::l.i/:::>ヽ:::::゙j   `ヽ.
                /    : : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/.i';;;;;;;;;/::l.il"iミ,、、: :: :: :::||_:::i::://´!l:::::/;;;,,,. ';;:.. 丶、
               ./  . . : :: :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;l::::|l:ゞ`ノ: : : r'"ミ・=ィi |/,/ノ/:::/;;;;;;;;;;;;;,.."''   丶.
  _             i  . :;:. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  |;;;;;;;;;;;l::::ヾ´  : : : : \ミ彡'/lノノ::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..    ゙、
  \ヽ.  ,.ィ.      ..,|  : :;;:. :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ゙i;;;;;;ヽ:|::: li`i  : : : :   ,...ノー:´:::,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,...
、  .丶 >/.i     //.|   :;;;:. ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i  l;;;;;;;;;;l::ll|ョ.|  : : : ./'ノ/: : ///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..
、_>、   ゙/_ |`>、   /`/ |  i'`!:.. :;;;..::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l ヽ;;;;;;;l:llッ,.|     l,;,;/:::/;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,.
ーヾ、`ヽ, i´:l-ゞ、\/ .l  |  l゙'l :;;;;,.';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ヽヽ; l'|、./.ii:ii:ii:ii:、.|;;/:/;; /./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   `‐、_.|__,iミ、`ゞ.(;ゝト<| / l  :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、ヽ.i_! '|. ll:ll:ll:ll|__i//::///;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      `'、 `゙i;;;;} |ゝー‐',-、l   :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.\:::| .ll:ll:ll:ll| :|///|´`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ヽ、'_`、ノー-| `ソ;;` 丶、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\. ヾ.j ̄ ̄i_ノ'/;;;;;;;l    /\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          `/i"i' ̄ヽ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 丶、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   ̄´ /;;;;;;;;;;;;;ノ   ./;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 記録によれば、この時、この報告を聞いたグリーヴァスは、顔を蒼白にさせながら狼狽えたと言われる。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1130 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:24:18 ID:IkKMkqaH
山岳の、それも街道の出入り口付近で戦っていたら、敵が密かに出撃して後方に回り込むなんて出来るはずがないと考えるわな


1131 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:25:16 ID:pK8ywOYn



                                                          ___
                                                       ,-‐"´、,、   `゙ー 、
                                                      /  ,,-‐―"‐-、,,   ヽ
                                                     /  ゙/       ヽ、   ヽ
                                ___               |   ,,-‐-、,,-‐"´ ̄`゙|′   i
                             ,-‐"´、,、   `゙ー 、           i、 { _ノ ノi ヽ、     」,,   }
                            /  ,,-‐―"‐-、,,   ヽ          .ゝ7jjl|l||!''ゝ!   ヽ,,-‐"´ |′  i
                           /  ゙/       ヽ、   ヽ          .゙ナjjノ ' ゙ ,, |     ゙ー-、  |,    |
                           |   ,,-‐-、,,-‐"´ ̄`゙|′   i           fjjノ  悠ミ}       |, ̄    |
     ..___              i、 { _ノ ノi ヽ、     」,,   }ヽ、       |    " l|j       川_  |
  ..,-‐"´、,、   `゙ー 、            ゝ7jjl|l||!''ゝ!   ヽ,,-‐"´ |′  i′゙ー-、   ..|    ∥      }ミ ̄_`゙'
 /  ,,-‐―"‐-、,,   ヽ           .゙ナjjノ ' ゙ ,, |     ゙ー-、  |,    |  |  i ヽ   |    /厂     /______/
/  ゙/       ヽ、   ヽ         fjjノ  悠ミ}       |, ̄ L.._,,}  |  | |  〈、 ,ュ〕'      /____/
|   ,,-‐-、,,-‐"´ ̄`゙|′   i         |    " l|j       川_   `゙ー、| | j  ....`T''゙  _   了 /___ _」
. _ノ ノi ヽ、     」,,   }ヽ、      |    ∥      }ミ ̄_`゙''7ー-,,L_j    .i":|  f´`i /''ノ____厂=|
.jjl|l||!''ゝ!   ヽ,,-‐"´ |′  i′゙ー-、    .|    /厂     /______/____/   ..|::::|、 Y l i' ノ∧_:::::ノ==|:
.jノ ' ゙ ,, |     ゙ー-、  |,    |  |  i ヽ   〈、 ,ュ〕'      /____/___/_   .|;;;;!、 | | }l { ∥  ̄'' ̄ ̄"|
.ノ  悠ミ}       |, ̄ L.._,,}  |  | |   .`T''゙  _   了 /___ _」_什"ム|::::|i   . ̄1 { | { | i"
.   " l|j       川_   `゙ー、| | j    i":|  f´`i /''ノ____厂=|::::|i乃ー|::::|i]     f_''|/_ l辷!
...   ∥      }ミ ̄_`゙''7ー-,,L_j    .|::::|、 Y l i' ノ∧_:::::ノ==|::::|i]  ̄ |::::|i   ....f,,_,,i_,, j
.    /厂     /______/____/    .|;;;;!、 | | }l { ∥  ̄'' ̄ ̄"|::::|i     ̄       . ̄
、 ,ュ〕'      /____/___/_     ̄1 { | { | i"         ̄
`T''゙  _   了 /___ _」_什"ム|::::|i      .f_''|/_ l辷!
.":|  f´`i /''ノ____厂=|::::|i乃ー|::::|i]     f,,_,,i_,, j
|::::|、 Y l i' ノ∧_:::::ノ==|::::|i]  ̄ |::::|i        ̄
.|;;;;!、 | | }l { ∥  ̄'' ̄ ̄"|::::|i     ̄
.. ̄1 { | { | i"         ̄
  f_''|/_ l辷!
. .f,,_,,i_,, j
     ̄

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 彼が、蒼白になったのは当然である。

 当時の軍隊は、基本的に補給は、現地調達であった。

 しかし、帝国軍の場合、その数の多さから現地調達による補給は困難だと考えられた為、

 本体の後方から輜重部隊が、食料を始めとする補給物資を運んでいた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1132 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:26:52 ID:fmJ4mS2z
まあ現地調達だけで済ませるって相当豊かな場所でないと無理よね


1133 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:32:03 ID:pK8ywOYn



                                             ボ
                                          ,'    オ
                                    (:'    ォ
              , -ー‐‐-、 --‐‐‐――――――‐‐.',  ))   ォ
             / ,' ⌒`ヽ. ヽ `ヽ  `ヽ   `ヽ  `}  /(    ォ
             | i::::::::::::::::`i |  !:    !:    !:.,' ノし': :ヽ      ォ
              | l::::::::::::::::::l |  !:    !:    .((,イ: :  :: :V)     ォ
              | l:::::::::::::::::l |  !:    !:    、ゝ: :   : :(ノ}    ォ
              | l ::::::::::::::l |  !:    !:    !:.ヽ: :: :  : :: :/   ォ
                | l::::::::::::::l |__i:___i:___.i:_.ゝ;:; :;从;ノ
           .゙彡 .l ̄ ̄ ̄ ̄, ===、、____, ===、、 _|
      {=={ニニニニニニニニコ__ 〃\.| /ヾ _____〃\ | /ヾ_|
               、 ,/ |ヽ ||.―◎― || 、 / |ヽ|| ―◎― ||
                   `=ニ= ヾ,/ | \〃  `=ニ=ヾ,/ | \〃        _
                       `==='       `==='          /ニ三ミ.\
                                            ,'ニ三三三三ヽ
                                              '、ニ三三三三ミ}  . ・・・・・・任務完了だ。
                                             `,ニ三三三ミ,'
                                            '、ニ三三ミ,'  ...次は、後方の遮断に移るぞ。
                                               '、ニ三三ミ`、._
                                            _.,,.-''三三三三ミ"'.‐ .,
                                           r''三三三三三三三三三三ニ`,
                                            ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
                                          ,'ニ三三三三三三三三三三三ニ|
                                         ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
                                        ,'ニ三三三三三三三三三三三三,'
                                           !三三三三三三三三三三三三三,'
                                        l三三三三三三三三三三三三三,'

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その輜重部隊が、後方に出現したバイロン軍の別動隊によって壊滅し、

 後方が遮断されたという事は、毎日膨大な数の物資を消費する帝国軍の補給が途絶したという事であり、

 また、同時に敵中で孤立したという事を意味していたのだ。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1134 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:32:54 ID:pK8ywOYn



                _ , ――‐- 、
              イ: : : : : : : : : : : : : :`:ヽ
            /: : :: : : / : : : : . :: : : : : : : : \
             /: : : : : : : / : : : : /|: : : : : ::: |: : : : ヽ
            イ,: : : : : : /\ / | : : : : : :::| : : : : ::ヘ
           /: : : : : : ::/\ /  \}:.:i: : : : ::::| : : : : :: ::i
         /: : : : : : : ::{: : :/  __  レ\: : :斗ヽ: : : : :::|
        ,: : : : : : : : :: :|: :/,ィぅテミ、`   ヽ:: |  ヽ: : : : :i     .・・・・・・よいか。
      /: : : : : / . ::: : |/|〃んィ:}      ,>トミ、 |: : : : ヘ
     イ : : : : : i |: : : :: :::}`弋:::,ソ       ん゚::}リi: : : : : |   ...貴様に重大な任務を与える。
    レ'ヽ/ ヽ_.ゝ_ : : ::/           ヒ::ソノ /: : :: : :ト、_
     _ -‐ ´   ヽ__./        '      ∧: : ::i::./    .秘密裏に敵後方に軍を移動させ、
   ゝ-{     、 ヽ  \ノ              i:::| : : :|/
  /∧ヽ   ヽ \ \. ヽ\      ヘ     イ: :| : :::}      敵の後方を遮断するのだ。
. / ∧ ヘ 、_\__,.ー'\_ )  `\_   <´: : : }:::::/
/  o \ \  }  \ _     \ ´ヽ ̄`フ/:|::/
  o   .\ ヽ /      ゝ         / l/V                         _
       ヽノi \    \、    /                             /ニ三ミ.\
           / 〈  \   、\ /    /                       ,'ニ三三三三ヽ
        /   \  .\                                  '、ニ三三三三ミ}
                                                   `,ニ三三三ミ,'  ...はッ、お任せ下さい!!
                                                  '、ニ三三ミ,'
                                                     '、ニ三三ミ`、._
                                                  _.,,.-''三三三三ミ"'.‐ .,
                                           r''三三三三三三三三三三ニ`,
                                            ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
                                          ,'ニ三三三三三三三三三三三ニ|
                                               ,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
                                              ,'ニ三三三三三三三三三三三三,'

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 しかし、何故、バイロン帝国軍が、戦線の後方に突如出現したのであろうか。

 後に、この当時のバイロン帝国の軍事資料から判明した事によると、

 ユイ帝は、自身の軍の一部を軍事的経験豊富な将に与え、

 ユイ帝自身が、地の利でもって数で優る帝国軍の本体を押しとどめている間に、

 その分割させた軍をエグトナル山脈に土地勘のある現地の者を案内に付け、

 察知されないように少数ずつ戦線の後方に移動させたのであった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1135 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:35:15 ID:mohUgcxk
完全に掌で遊ばれておる


1138 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:44:26 ID:pK8ywOYn



                        、 -;‐‐-.,,  li
                   ィ,   .,r' : :: :: :: :: .\
                   'i゙i  ハ : :,: :: :: :: :゙i. 'j \
                  l:::ソ`l.., i.: :゙i: :: :: :: :゙i .゙iッ\;
                 i:::::::〉,<゙i. l::::::l:: :: :: :: :゙i: .(,li,ッl;;
                  j゙:::::,r'<:::゙ii.l:::::::ll::: :: :: :: :li  ゙i.l=l;;;
                  ゙i:::::l!`゙i゙i:::i:::_||::: :: :: :、、,ミi゛li.l::゙i;
                    ゙i:::゙i(,゙i,゙i| iィ=・ミ゛'r : : :!、´゙ィ:l|::::l
                   ;゙i::::!、!、l゙i'ミ_ミ/ : : : :  `ッ::::l
                 ;イ,:::`:ー!、..、  : : : :  i`il :::|:,r'      諸君、伝令から驚くべき報告があった・・・・・・。
                 _  ;゙i゙i\ : :゙i!、'゙i. : : :  |.ョ|ll::l;;
            __/    .;;;゙i ゙i;;\:::゙i;,;,l     |.,ッll:l
    ____/          \ ;;\:゙i;;レ:ii:ii:ii:ii.゙i.、|'l ;
  ./     `''''ー_、  ゙゙̄''''ー-..,, .\::゙i゙ii__|ll:ll:ll:ll .|' !_i.,.`ヾ-、
/              `'''- 、,      `.\゙i|: |ll:ll:ll:ll. |:::/    .l
            _--―───ー_`へ..,_..(,_i ̄ ̄j.ッ...゙゙'''''''''"'|
     _,iィ‐ ̄         ___-'¨-、`゙''-...` ̄     ._ッ ヽ
  ‐==       _r‐‐''"     _,..'"'''''i,、 `゙'ー----'''"   ,,ニィ
/      __''.^゛   . _、=='"゙_-    : `'ー__ .__,,-‐'゙  \
   _..-''''"´   --‐ ヽ二ー'"   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ヽ、      \
イr‐'` ゛     _.- ̄       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.       \

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 何れにせよ、この当時の帝国軍に取れる事は一つであった。

 後に編纂された戦史によると、報告を受けた総司令官たるグリーヴァスは、

 すぐに帝国軍の各将を集め、会議を開き、状況を説明したと言われ、

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1142 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:48:51 ID:pK8ywOYn



                                       ____
                                   :. :. :. :. :. :. :. :. :``: 、
                                  /]ニ== = ‐‐ = ==ニ[\‐‐ミ       _
                              __ /: :/:. :. :. :. :. :. :.\ : \:. :.\寸\    ./  /___
                         ‘, \____/:.:/:. : / : : /:. :. :. :. :. :.∧:. :..\:. :..寸〉:.∨/   /  /
                        ‘,  \_,,|: /:. : /:. : /:. :. :. :. :. : : : /∧:. : : |l:. :.|寸〉廴___/ /
                        ___〉     |:i|.:. :..| : :/.: :. /` :. \:. :. :/∧:. .:.|l:. :.ト:寸〉≫___,/‐‐
                      \ \___|:||.:. :..|: /.:. : /  \:. \:. :/∧ : |l:. :.|l:.\〉≫    /
                         \__,,|:||.:. :..|/.: :. /      \:. \:..:.|: :.|l:. :.|{ : : \ ‐‐‐‐ ┐
                          __ア: ||.:. :..|:.ー/‐‐     斗\‐‐‐:|:. :リ : 八:.\:. \__ノ     .・・・・・・そんな、
                          \/:.:..||.:. :..|/xう寸    xぅ夭寸:.|: / : /丶\<⌒´ :.
                        /:/八:. : | V/寸    V/寸 |:.:.|/ : / /:. :. \〈 :. :.‘,      .敵の偽報では!?
                        /.:. :. : \:.\            / :/:. :.//|:. :. :. :. :∨:. :.‘,
                            /:.〕\/:.\「    '     ⌒7 : /: :| :|:. :. :. :. :. |:. :. :.‘,
                        /: : 〉  \|:.込、   一     //: :/.:.:.:|_,|_:. :. :. :.|‘,.:. .:.‘,
                           /:. : : ∧  | : | 个ト   __,  イ /: :/|:./   /: : : : | ‘,:. :. :‘,
                        ``~、、 : / \ \|ミト   }       { /://  /:. :. :. : : | ‘,:. :. :‘,
                         \  ~''< ̄ ̄ ┌\ \≪__]≧=- 彡____/:. :. :. :. :. :./ _,、‐' ゛:‘,



       ___
     /      \
  ,---、   \, 三_ノ \―、   ..・・・・・・奴らが、積極的に
.  l   l  (●)  (●) \ |
  |    |    (__人__)    | |    .仕掛けてこない訳は、これかお!!
.  |   |   |!!il|!|!l|   / /
   ゝ     |ェェェェ|   ノ      グリーヴァス、耄碌したのかお!?
   \         /
    /          |      ..こんな会議なんて開いてないで、すぐに撤退するお!!
   /          |

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その会議に参加し、現在の状況を聞いた各将の反応は、

 敵の偽報では無いかと主張する者、直ちに撤退すべきだと主張する者

 突然の事に混乱し、狼狽える者など様々であったと伝わっている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1143 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 22:58:00 ID:pK8ywOYn



                   ___
                 .,r'    >r ∧
                 、i  i  i 、V ゙i
                ,r'i  !  {!! 、イニ}                  ・・・・・・撤退する。
                il |   |_(, Uニ∧
                | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,                残された食料では、
                | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
                代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i:            この規模の軍の待機は不可能だ。
                  り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _
              ,.-‐''"  ゙、リォ、.|ii! !Vムkイッ,'    ≧=;、
            f'´         ¨ ̄ ̄¨    | l    `ーァ≦
            ゞ-―-、__          .l      ィ≦三,ヘ
           /   ,≧='/ :`ーァ-!:     ,V :ヽ:/      \
          /    /:::::::/:::::::::γ' : :|::           ,         ヽ
           /   ,イ_,j::::::/:::::::::::/::::::::::l:::                     ヽ、
        /  ,イ,='/::::_ノ:ヾ::::::/:::::::/i:                /      ヽ
         /  /:::: :::`'!::::::::::i!__/,::::::/::::::ヽ:          _             ヾ,
       ,/  /::::::::::: :|:::::::::::|::/!廴;':::::::::::::\_≧'     ,               ≧、
        ', ,/:::::::::::::: :!:::::::::::!'_,j 丶 `=--=':  ̄アヽr―   ヾ,             \
       )': :::::::::::: :/ヽ:::::::::::::::',:::::`ー-=--‐'" ,イ:l`ー--==ン:,':               ヾ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、会議は、最初の数日間こそ平行線を辿ったものの、

 到着予定の輜重部隊が到着しない事や斥候によって襲撃の痕跡を発見した事により、

 輜重部隊の壊滅と後方の遮断が、事実であると貴重な数日間を浪費して確認され、

 膨大な食料が必要な大軍での救援までの待機は、不可能であった事もあり、

 (殿担当)を殿に遅まきながら撤退がなされる事になった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●殿担当(戦死判定で戦死しやすくなります)   【1D10:8

  1:グリーヴァス
  1:グリーヴァス
  1:グリーヴァス
  4:ヤルオ侯爵
  5:ヤルオ侯爵
  6:ヤルオ侯爵
  7:クーナ辺境伯
  8:クーナ辺境伯
  9:クーナ辺境伯
 10:新キャラ(出身:【1D10:2】 1-3:貴族(北方)、4-6:貴族(軍事派)、7-9:貴族(その他)、10:平民)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1145 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:58:39 ID:Q6cfpDFc
お!あっさり撤退した

1146 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 22:59:07 ID:fmJ4mS2z
何だこの佞臣、かなり頑張ってるんだけど

1148 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:05:18 ID:mohUgcxk
クーナ頑張るなwww


1150 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 23:06:54 ID:pK8ywOYn



      {\           _ -───__  _
        \  _      -'"//: : : : :_: : :ヽ‐ ゝ
       ヽ  `〈 \ヘ/ : / ., ': : : : / : : : : l}: : : :\
       _\ 丶 丶l=ー' /: : : : /: : : : : : :/、: : :ヽ: :ヽ
       寸 \ 丶  .l== /: : : : /: : : : : :/  ヽ: : : : : ',__  /l
        ヽ  \>、l:.. / : : : :/: : : : /     V: : : : l 〉' /
        |: \_ 〈  У : : : : ':_/⌒丶、     V: : : :l/  /
        |:マ ̄ ̄<>': :ノ: : : : |r< 尤沁     -─V: : :V⌒>
        | : >=彡<⌒| : : : | ` 乂ソ    尤沁 l: /: :V‐'
        |: : : l: : l: : {  ,| : : ',:l        、ゞソ 'l:/: :.l:.{
        ': : : : : :l丶ゝゝ|: : : :iゝ         ノ   /: : : l: :',
        /: : : : : :l  \`i|:l : : l ヾ   、       /: : : : |\}
       .:r、 : : : : l   斗ト、: :l       ̄  ,' : : : /|      ..貴族の・・・・・・いや、
       ': ヽ〕iト: :l     | ',: l> _        /l: /: :/: |
      /: : : :\ 〕iト   r===',:l‐-、> __ <  l:/: /: : |       辺境伯の誉、これにありですわ!!
      .': : : :/: :丶   〕iト|    ヾ  ヽ/⌒i   イ/: ; ィi7
 __   /: : : / : : : l丶   ヽ__   「l  |   l:,ィi〔 ./:.l
 lヽ\rく: : : : : : : : :l  〉     ll `丶|l|_|___ /   / : :l
 | ',  ヽ " <_,,..-‐''⌒二>‐、 ll    TT  ll`'   /: : : :l
  , 丶  \   \二二     \l   U   .レl__/: : : : : l  /〉
  ヽ  丶   \   \ヽヽ       〕iト    /⌒≧ミマ匕⌒/ /
  /\ ' \ <⌒丶、_ヽ l l           ̄          ',  /  /
  l: >l   ` 〉     } l l           Y       r∨   /
  <  .l    〈     } l l       / ̄V ̄∧ヽ   ゝ,}⌒〉l
  l:\ |    ノー─イ.// ./ ̄ ̄ ̄   ∨  ∧ "'''- _弋ノ l
  |:| |`|   く     ノ///         ∨  ∧      \ l

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 こうして撤退を開始した帝国軍であったが、

 輜重部隊の壊滅と後方の遮断が事実か否かを確認する為に貴重な数日間を浪費した事が、

 致命的であった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1151 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 23:12:00 ID:pK8ywOYn



               -─ ─-
              : :: :: :: :: :: :: :: :: :: ` ::...
         / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::\        .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
━━━━━. : :: :/ :: ;/:: :::|:: :: :: :: :: :: :: :: 、 :: :ヽ.━━━━ |                             |━━━━━━
       /:: :: ::/:: : |:: :::|、 :: :: :: :: ::', :: :: ', :: :::'  ___|  これは・・・・・・勝ったね。           |
        / :/:: /:: :: :/!::: ::|\::: :: :: ::|:: :: :::!:: :: ::....|     .|                             |
      .: ::i ::|:: ::/|:: :: |_ ', :: :: :: |:: : :: | :: :: ::i..|  _ |  これでまぁ、一安心って所かな・・・・・・。 . |..:
     |:: ::|:: ::|:: ::;'‐| : !/   ヽ :: :: |:: :: : |:: :: :: | |    ..乂__________________ノ
     |:: ::|:: ::|: :,'   |:: ::|     \!::|:: :: : |:: :: :: |: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""''' ―- 、
     |:: ::|:: ::|:/   ';: :,'    xテミ V! :: :: :|_:: :: ::|.:..|                _,,_,_,, _、、、 |     _,. -''´ヽ
     |:: ::|:: ::|' xテミxV     {イ :: ||:: :: :::| , :: :| : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´:::::::::::::::::::\
     |:: ::|::|::|  | {イ:::'       乂::ノ.! :: :: :|. }:::|. ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |:: ::|::|::|::.  乂ノ          |:: :: :::|,ノ:: : |   ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
     |:: ::|::リ:: ::.       ,        |:: :: :::|:: ::i : |  ..゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     |:: ::|:: :: :::|:::.              |:: :: :/ :: :|:: | r‐─、.              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     |:: ::|:: :: :::|:: :ヽ    ー   ./|:: ::/|:: ::|/ r==ヽ   .'''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |:: ::|:: :: :::|:: i :: :: >r _  ´   |:::/ .|:: :/|/  |{r─  '.     __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、:::::::::::::::::::::::::::::::_,. -
      .\:| |:: !/\// \  _ / |/}ヽ,レ'    |{ { ̄   |           _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::::::::::::_,. -''´
     _`ヽ|\| __/ニ|  ∧∧   /三|三ニニニ | ヽ{   !.'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´
━━../三三 ̄ ̄ /三 | / r/ rヽ  ./三: |三三三ニヽ {  | ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /三三三三三/三ニ!/ // i | } i ./三三!三三三r‐ } `  |_
   '三三三三ニ〈三三 { {_// | |_} vニニニ|三三三|三三三`‐ニ }

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 後に資料として知られる事となるが、この当時のユイ帝は、

 帝国軍が浪費した数日間の間に、

 後方に進出させた別働隊から輜重部隊を壊滅させ、後方の遮断を成した事の報告を受け、

 これまで防御に徹していた方針を転換させ、追撃戦に移す準備を全軍に下していたのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1152 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:17:06 ID:NeV1esv1
全ては手遅れだったか

1153 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:17:24 ID:mohUgcxk
地獄の釜の蓋が開く・・・


1154 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 23:22:58 ID:pK8ywOYn



                  _
             ,  ' ´ : : : ` . . . . 、
           _/ : : : : : : : : : : : : : : : : \
         , '´ : : : : : : : : : : : : :i : : : : : : : : :ヽ
        / : : : : : : : : :/:: : : : : :|: : : : : , : : : : : ヽ
         ,' : : : : : : : : :/ : : : : :/| : : : : :| : : : : : : :'.
       ' : : : : : i : : : i : : \/  .|: : : : : ト, : : : : : :i: ',
       ': : : : : : :| : : : !: \:/  , '; : : :i: | .', : : : : :| : ,
      |: : : : : : : !: : : :|: : :/   ヽ_.',: : |: !  , :i : : :! : |
      |: :/: : : : :| : : : |: :/ x==x  ヽ/レ .‐´V: : i |: : !
      |:/: : : : :/| : : : レ { .んメ:l   ´  テミx, |:: :|:|: :/     .・・・・・・全軍、汚れた足で
      |' : i : : :l .| : : : |  .辷::ノ     レ'::/ ,i: // : |
      ! : :|: : ::ヽ| : : : |          ` ´./.レ'´|: :,'       我々の祖国に上がり込んだ
       |: :| : : : | : : : !        ,   ' : : : :! /
       |: :| : : : |: : ::|             ,': : : : :レ        不埒な奴らを追いやるぞ。
       リ、: ', : : : :! : : : ! ヽ     ´`  ,.イ|: : : : /
        `'_ヽ、_ !: : ', |  `  、 _ ,  ´: :/':! : : /        .追撃、開始ッ!!
      / `\  ヽ; ヽ|,   /、  レ'_レ' | : :/
     /´¨ `' .、.\ V' ',    ヽi  `iヽ レ´
    /       ' , \  ヽ-、 r‐ |   / ト、
   ,       ヽヽ .\  ',    ,!  / /  i
   |         ヽ `' 、 ヽ, ' ` ‐´ | / / i |
  ノ          ,   `‐-ヽ',  |i <   .| !
  |             |    〈 .'|  | /   ! |

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、帝国軍が、本格的に撤退に移ったその時、

 ユイ帝は、追撃の準備を行っていたバイロン軍本体に、追撃の下知を下した。

 その結果・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●バイロン帝国軍(勝者側)被害表   【1D10:2
   1:被害なし
   2:被害は軽微(軍事値:-1d5)
   3:被害は軽微(軍事値:-1d5)
   4:被害は軽微(軍事値:-1d5)
   5:被害あり(軍事値:-1d10)
   6:被害あり(軍事値:-1d10)
   7:被害あり(軍事値:-1d10)
   8:多大な被害(軍事値:-5-1d10)
   9:多大な被害(軍事値:-5-1d10)
  10:多大な被害(軍事値:-5-1d10)


  ●バイエルン・ミュンヘン帝国軍(敗者側)被害表   【1D10:8
   1:被害は軽微(軍事値:-1d10)
   2:被害は軽微(軍事値:-1d10)
   3:被害は軽微(軍事値:-1d10)
   4:被害あり(軍事値:-5-1d20)
   5:被害あり(軍事値:-5-1d20)
   6:被害あり(軍事値:-5-1d20)
   7:多大な被害(軍事値:-10-1d20)
   8:多大な被害(軍事値:-10-1d20)
   9:多大な被害(軍事値:-10-1d20)
  10:何という事だ!!(軍事値:-現在の値の半分)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1155 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:24:12 ID:fmJ4mS2z
ガッツリ殺られた

1157 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:25:28 ID:mohUgcxk
うわぁ・・・

1158 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:25:33 ID:IkKMkqaH
下手すりゃクーナ死んでるかもな


1162 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 23:40:04 ID:pK8ywOYn



        |^l                    |^l                              ∧∧
      /'''',,,," 彡                /'''',,,," 彡                                (д゚#)
     `゙^ _,| │                   `゙^ _,| │                      |^l..===========0=====O========
     .,/,_ |                 .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡      / 〉  / 〉.'⌒`:;;)~;;)
      l_,'" | .|     lニ ニ          l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │     / /  / /._)⌒')'~⌒:;) ;
          {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |     / /  / /
                     〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|     〈 /  〈 /
       <ニ)=[================0=====O========            ヽ.{_,l゙ .   <_>  <_>
                        と  |''⌒`:;;)~;;)     <ニ)=[================0=====O========
                          ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;                    と  |''⌒`:;;)~;;)
                                              ∧∧        ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;
                 ∧∧                             (д゚#)
                (д゚#)         <ニ)=[================0=====O========
<ニ)=[================0=====O========                   と  |''⌒`:;;)~;;)
                と  |''⌒`:;;)~;;)             ∧∧       ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;
                   ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;           (д゚#)
                    <ニ)=[================0=====O========
                           ∧∧         と  |''⌒`:;;)~;;)
                           (д゚#)        ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;        ∧∧
          <ニ)=[================0=====O========                  (д゚#)
                           と  |''⌒`:;;)~;;)  <ニ)=[================0=====O========
                             ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;                 と  |''⌒`:;;)~;;)
                                                        ヽ_)⌒')'~⌒:;) ;

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・バイエルン・ミュンヘン帝国軍は、

 後方より怒涛の勢いで追撃してくるバイロン帝国軍本体によって多大な被害を受ける結果となり、

 また・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●戦死判定

  ・グリーヴァス(通常):【1D10:5

  ・ヤルオ侯爵(通常):【1D10:2

  ・クーナ辺境伯(殿):【1D10:5


  ◎戦死表(通常)
   1:無事
   2:無事
   3:無事
   4:捕虜
   5:捕虜
   6:重傷(引退状態になります)
   7:重傷(引退状態になります)
   8:戦死
   9:戦死
  10:戦死

  ◎戦死表(殿用)
   1:無事
   2:捕虜
   3:捕虜
   4:重傷(引退状態になります)
   5:重傷(引退状態になります)
   6:戦死
   7:戦死
   8:戦死
   9:戦死
  10:戦死

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1164 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:42:45 ID:IkKMkqaH
総大将まで捕虜になるとは完敗じゃないか

1168 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:45:51 ID:r+bO0kOF
これやる夫君責任取らされるんじゃ?

1169 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:46:13 ID:mohUgcxk
クーナ重症か、総大将が捕虜になるとは・・・肺をやられますねこれはw

1170 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 23:47:15 ID:RbuWbXFb
バイロン帝国から何を要求されるやら
後は国内での責任の押し付け合いか


1175 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 00:01:00 ID:3/GaBgiD



           .,,                        \,        ,,
           .'\         ヒュン                      '\
             \,                      ,,            \,
                                    '\
                           ,,               \,ヒュン
                       '\     ヒュン             ,,
                             \,           ,,         '\
                    ,,                        '\         \,
                    '\/■\     /■\        \,      /■\
                  ,,,__( ・Д∴;;.   ( ゚Д゚ iil)             ,,  (;・∀T)
                    と(  .;' と)    / つ_つ          ,,   '\/ つ_つ
                     ノ     )     人  Y      /■\/'    人  Y
                    (,_,ノ(,_,ノ     し'(_)  ⊂⌒(llii;Д;)⊃   し'(_)
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.U. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・ユイ帝が、エグトナル山脈の各地に分散待機をさせていた伏兵部隊によって

 何度も襲撃を受けた結果、さらに撤退が遅れる事となり、バイロン帝国軍本体に追いつかれてしまった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1176 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 00:05:10 ID:3/GaBgiD



                                                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                        、 -;‐‐-.,,  li                         |                         \
                   ィ,   .,r' : :: :: :: :: .\                          | グリーヴァス様、        .| ̄.
                   'i゙i  ハ : :,: :: :: :: :゙i. 'j \                     |                      |
                  l:::ソ`l.., i.: :゙i: :: :: :: :゙i .゙iッ\;                    | て、敵が・・・・・・ッ!? .   |
                 i:::::::〉,<゙i. l::::::l:: :: :: :: :゙i: .(,li,ッl;;                    \___________/
                  j゙:::::,r'<:::゙ii.l:::::::ll::: :: :: :: :li  ゙i.l=l;;;
                  ゙i:::::l!`゙i゙i:::i:::_||::: :: :: :、、,ミi゛li.l::゙i;
                    ゙i:::゙i(,゙i,゙i| iィ=・ミ゛'r : : :!、´゙ィ:l|::::l
                   ;゙i::::!、!、l゙i'ミ_ミ/ : : : :  `ッ::::l
                 ;イ,:::`:ー!、..、  : : : :  i`il :::|:,r'
                 _  ;゙i゙i\ : :゙i!、'゙i. : : :  |.ョ|ll::l;;
            __/    .;;;゙i ゙i;;\:::゙i;,;,l     |.,ッll:l       ぐっ、ここまでか・・・・・・。
    ____/          \ ;;\:゙i;;レ:ii:ii:ii:ii.゙i.、|'l ;
  ./     `''''ー_、  ゙゙̄''''ー-..,, .\::゙i゙ii__|ll:ll:ll:ll .|' !_i.,.`ヾ-、
/              `'''- 、,      `.\゙i|: |ll:ll:ll:ll. |:::/    .l
            _--―───ー_`へ..,_..(,_i ̄ ̄j.ッ...゙゙'''''''''"'|
     _,iィ‐ ̄         ___-'¨-、`゙''-...` ̄     ._ッ ヽ
  ‐==       _r‐‐''"     _,..'"'''''i,、 `゙'ー----'''"   ,,ニィ
/      __''.^゛   . _、=='"゙_-    : `'ー__ .__,,-‐'゙  \
   _..-''''"´   --‐ ヽ二ー'"   ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ヽ、      \
イr‐'` ゛     _.- ̄       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.       \

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、補足されたバイエルン・ミュンヘン帝国軍は、

 満足に反撃する事も出来ず、多数の兵士が戦死するだけでなく、

 兵士を取り纏めていた貴族達もグリーヴァスやクーナ辺境伯のように、

 多数重傷を負ったり、戦死や捕虜となったりする結果となってしまった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●戦死判定結果

  ・グリーヴァス(通常):捕虜

  ・ヤルオ侯爵(通常):無事

  ・クーナ辺境伯(殿):重傷(引退状態になります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1177 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 00:15:24 ID:3/GaBgiD



             __  , :――――-. ._
          , . ': : :  ̄: : : : : : : : : : : : : `: .、
         /:/: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /:/: : : :/: : : : : \: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
      /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
      /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
       ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
     |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{
     }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ ェ _ヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
     ,': ハ: : / 〃,テハ リ \: :| /ィテヌ、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
     ; : :.ヽノ! ゙ {r'ノ:l   ヾ' {v_,ソ))|: : ∧:ト、!: : : : : :ハ         .・・・・・・よし、敵軍本体は、
      !: :.: : }:ハ  ゝ-"      ゞ- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
.     |: :.:. :.|: :.',      ,       |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、       .もう組織的な抵抗は出来ない。
      !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     !:{: :.:.|: : :人    一     ノ: : : :/: : : :/: /    `      .ならば、ここは・・・・・・
     |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
        }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
        ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
            //彡ヽ,/   /    \
            /// }! /   /       \
           / / / / /    , '         \
           / 〈 / /ノ   /            ヽ
            |  ∨ 〃   /             }

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、バイロン帝国軍に捕捉され、多数の兵士と将校たる貴族達を失い、

 四分五裂に敗走したバイエルン・ミュンヘン帝国軍本体を見届けたユイ帝は・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●戦果表   【1D10:7

  1:敗軍の徹底的な追撃を行った(敗軍軍事値:-5-1d10)
  2:敗軍の徹底的な追撃を行った(敗軍軍事値:-5-1d10)
  3:敗軍の徹底的な追撃を行った(敗軍軍事値:-5-1d10)
  4:敵地の占領を優先した(敗軍全能力:-【1D10:9】、自己全能力:+減少した敵能力値の4分の1)
  5:敵地の占領を優先した(敗軍全能力:-【1D10:9】、自己全能力:+減少した敵能力値の4分の1)
  6:敵地の占領を優先した(敗軍全能力:-【1D10:1】、自己全能力:+減少した敵能力値の4分の1)
  7:敵地の略奪を行った(敗軍全能力:-【1D5:3】、自己軍事値:+【1D10:10】
  8:敵地の略奪を行った(敗軍全能力:-【1D5:1】、自己軍事値:+【1D10:4】
  9:敵地の略奪を行った(敗軍全能力:-【1D5:5】、自己軍事値:+【1D10:7】
 10:敗軍の重要人物を捕虜にした!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1178 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:17:20 ID:sN7mubA9
報復ですなぁ

1179 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:18:37 ID:dolZOj9a
北部の懸念が現実になった


1180 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 00:25:13 ID:3/GaBgiD



                  //
            /|   //                             , 1
.   /|        / /   //          /}        /            / /
  / i|         / /   // |       / i|       / ,ィ         >、./
  ∨| il     厶_/   //  l|         /__ノ      X`ー' /        / >゙
_  //  ||     //    //  l|       //  |^l                    |^l
| //  ||    .//    //   |        /./'''',,,," 彡                /'''',,,," 彡
.i//   .||   //    //    i| /    /.`゙^ _,| │                   `゙^ _,| │                      |^l
//  __ ||  ,//    // _   | /    // ,/,_ |                 .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
/  /   `ヽ//  x‐///   \llf──-く/. l_,'" | .|     lニ ニ          l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
  {     ハ_li //i{    ∧|   _ `く// {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
  {  _..=-‐r'´ // 〉   r‐く{   「 ‐==〉/  ヽ\ //    \  .....〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
  厶イ八:::::::ゝ //__/__イ:::::r'\  入::::}    r==ハ{    -‐ヽ                  r-‐ ¨ /          .ヽ.{_,l゙
  _.Уニヘ::ソ}/ ̄\\ ト-ノ  戉i:i:iト─‐ヽ_.L_ }    ヽ=ヘ             ィヽ  /
/ 八i:i:i:i:i:i:iノ≧‐-.._rっrv、  ,≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイニニ\ }     〈 :::〉        ,。< >`"^"
ニニ二二二二二二二寸 j / 厂二二二二二二二二二人__∧ :/      ,。< >'´
`入ハl  x‐「´      <^ゝ=イi:i:i:i:i:i:} ̄ ̄ ̄ ̄/寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iく_   xrf‐fヽ>'´
_{  _i}//|  ]-‐=入__]i:i:i:i:i:i:/     /\  .寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}>'´ヽj_j_j_ノ|_
/ヽ// ∧   ] =[/  }i:i:i:i:i:i:i八_r==≦   ..イ ̄} 寸i:i:i:i:i:i:>'´.>'´/(ン 彡ハ
.//  / ∧  ]-=>=ヘi:i:i:i/ /  r<ヽイ     У ̄>'´>'´「  { __..イ
./}____∧  ]-‐==[ 丁 ,,,,/__/冖' ̄_r─イc<>'´ /  rー=ニニ_  ノ
  片ニニニニニ∧   ]-‐==[ | |  ⌒ヽ厂 .。c<>'´ /   /  /       ̄
 /      |   \      | L__  /.。<>'´/   /   /  /
,/      i|     \     | r'´YY }>'´ /、 /   /   /  /
      i|       \  >'ヾ)_j_jシi:i:i:i:i/iく__`ト=ニ三三三三{
        |     ..。c<>'´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i、≧=…─--‐=≦ヽ
_____i|__ (>'´〈r=─-=ニi:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:iヽ────‐/i:i:i:i:i\
   /    ヽ   | /    厂 ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ ̄ ̄ ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・そのまま帝国北部に進軍。

 同地に駐屯し、バイエルン・ミュンヘン帝国軍を挑発する様に略奪を繰り広げた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1181 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:26:49 ID:NBteB0JX
理想的な反攻作戦だな

1182 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:28:13 ID:sN7mubA9
見事に逆襲された


1184 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 00:41:33 ID:3/GaBgiD



    |:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.´「x三三´:.i:. ! l. i|i   i∧:.:.:ィ:.:.:.:.:. i:.:.:.:.:./:.:.
    |:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:/:〃 r ┐:! |i:.|i:li |l|i i:..|i Vi |:.:.:.:.:.: レ'¨V:.: /
    |:.:.:.:.:.:/i:.:\|:|i  .| ’|:! |l ≫┴'-= 」Ll|_:/|:.:.:.:.:.: i  i/:.:
    {∧ :. i|:.:.:.寸 i `¨´ :|:ル'         し |:.:.:.:.:.: |  .':.:.:.:.:
        \| |:.:.:.:. 寸l_丁]l 斗' ___ノ ヽ    |:.:.:.:.:.′/:.:.:./
          .|:.:.:.:.:.:}´      }     〉    |:.:.:.:.:.ム'´>         .・・・・・・は?
          .|:. i:.:八.  u   └          .|:.:.:.:∧ ´
          .L、|\:.:> .             .,|:.:.:/' ‘.          負けた?
       / ノ( ` 、'.   ` .      _., '´  |: /   `ー--
      ./ /ヽ`⌒, ヽ ̄ ̄ ̄ア¨¨¨´       ,|/               .絶対勝てる筈じゃなかったのか!?
     / / ノ   、_. ‘.    /イ ̄ ̄` 、 /
     ヽ|  L. -―へ '.  /       V                  どういう事だ、ハルカ!?
       ` 、       i ./        /
        `ッ、___.ノ! .i       ./         ./
         |ー ----- ┤.|       /        /
         |` ̄ ̄ ̄ ̄! .|      ./        /
        .「` ̄ ̄ ̄ ̄´〉|     /        /



                       ______
                 _/`:<: : : : : : : :>、
                 :'7 : : : : : : : : : :  ̄\:`ヽ
              ' : / : : : : : : /V'7 : : : : :\: ヽ_
            |: / : : : : :} : 仔‐i{ : : ! : : : : :Y: :ト、
            |/:./ / : :_/:_;ノ`´}} (、:|i: : : : : |: イ: |
             //.:/ : ´//:i ノ 〃/i`|i、: : : :├イ:|
            〃〃 :/ : :,八{:(:(   l }=ミ八}: :} : :|i/.:/
         {八{ : { : : {ゝ==' ヽ ノノ }r心刈ハ : リ /       そ、それは・・・・・・
           ヽ >): : : ゝ     ,    `゙' ,ノ丿:イ:{
              〃:人∧     _   u.んく: (人{
            V(   ) 丶、    .イノ:ノ: :):) )
              )   _}≧ ´ 人(⌒フ´
             __,.<Y:´:::::/ j     i::>- 、
          ./   i::::::::::i   、      i:::::∧ \
         ./      i::::::::::i   ゝ '´ ̄i::::::::::i  \

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 一方、勝てると思っていた戦いで敗北を喫したバイエルン・ミュンヘン帝国は、

 この予想外の大敗北の為、上下問わずの大混乱に陥っていた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1186 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:46:18 ID:sN7mubA9
そりゃあね

1187 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:49:04 ID:biVjtpkg
勝敗は兵家の常ではあるんだがな

1188 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 00:49:50 ID:dolZOj9a
耄碌してしまった…


1190 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 00:50:30 ID:3/GaBgiD



           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、
       {ニ三三三三ニノ  ......早急に北部へ軍勢を!!
         .',三三三三ミ/
          .',ミ三三三ミノ      いや、停戦を!!
      ._.,/ニ三三ミ/
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_
f´.三三三三三三三三三三`'' 、
lニ三三三三三三三三三三三ニ',                                _    何を言っている!!
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ',                            ,.-''"~  \
l.ニ三三三三三三三三三三三三',                          r'         `,. .相手に一撃を与える迄は、
.!ニ三三三三三三三三三三三三',                          ヽ          |
..',三三三三三三三三三三三三三i                            ',        ,'  戦争を継続すべきだ!!
                                                   ',       ,'
                                                  '、_     `、_
                                                  _,,.-┘       .` 、               ,、
                                                ,r.''"~              `''.-、      _ f.!..l.L!i
                                            l                  l,      ヾ,.j..レ 'ノ
                                               l                       ',    ζ  ,.r"
                                            l                       ~i   γ'  r"
                                               l                      `、.ィ.   ヽ
                                           !                /、       /
                                              !                   ノ. .\      ./
                                           l                ,'      \   /
                                          ,'              〈        `.´
                                             ,'                 `、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 特に侵入したバイロン帝国軍によって、多数の被害を受けつつあった北部貴族からは、

 早急な対処、若しくは停戦を望む声が上がった一方、

 軍事派からは、負けたままでは条件の良い停戦を結ぶことが出来ないという理由で

 バイロン帝国軍に一撃を与えるまでの戦争継続を主張していた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1193 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 01:03:55 ID:3/GaBgiD



        ,. -====‐- .
     , :´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ´  丶
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.し:.:.:.:.U:.:.:.:.:ヽ
   /   ..:.:.u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.'.
  ./  ...:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:'.:.:.:.:.'.
 /:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.ハ:.:.: ハ:.:.:.ハト、レ:.:.:.}:.:.:.:.:'.
..,′:.:.:.:.:.:|:.:./u::l:./:::|:./_>==ミ!:.:.:.l:.:.:.:.:.}ヽ
|:.:.:.:.:.:.:.|:/_.」'-:: |/´:::だYか:.:.:.:「ヽ:/:.:.l
|:.:/|:.:.:.丁〃_が :::|:::::::::ゞ__少|/:.:.|  }:.:.:.:l
|/ !:.:.:.:.|《 V_炒:::::::::、    イ:.:.:.|/:.:.:.:.:l
. |′ ヽハヽ::::::::::::     u |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.l
     寸:.:.:ヽ u   r_つ  ,j:.:.:.: |!:.:.:.:.:.:.:l
      |:.:.:.:.:ト 、     / |:.:.:.:.|.!:.:.:.:.:.:.:l
      |:.:.:.:.:|    ̄ 丁   .|:.:.:.:.|.|:.:.:.:.:.:. l
      |:.:.:.:.:|     ハ  l:.:.:.:.ハ:.i:.:.:.:.:.l
      |:.:.:.:.:|   // /|:.:.:.:|  \:.:.:.:.l
      |:.:.:.:.:|  /⌒> '´ .|:.:.:/=zx. ヽ:.:.l
      |:.:.:.:/ / ./  ,x=斗:./ ̄ ̄`ヾ:ヽ:!
      |:.:./ /  / 〃/:::::|/:::::::::::::::::::::ヾ}|
      |:/ /  / //::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::|l
      |{  { //イ::::::::i:::::: |::::::::::::::::::::::::::::|!
      |!  |/ _/::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::/
       允/::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::/

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、キョンコ帝を交えた喧喧囂囂の議論が交わされた結果、キョンコ帝は・・・・・・【1D10:2

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     ●敗軍国終戦表(時間が経過する度、終戦表の終戦可能性が増えます。(一回ターン経過につき2つ))
      1:・・・・・・仕方ない。終戦を呼びかけよう。
      2:・・・・・・仕方ない。終戦を呼びかけよう。
      3:・・・・・・仕方ない。終戦を呼びかけよう。
      4:・・・・・・仕方ない。終戦を呼びかけよう。
      5:・・・・・・仕方ない。終戦を呼びかけよう。
      6:・・・・・・仕方ない。終戦を呼びかけよう。
      7:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
      8:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
      9:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
     10:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1196 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:06:06 ID:sN7mubA9
大分譲歩する事になるが仕方がない

1197 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:08:30 ID:dolZOj9a
相手がノルかどうか

1198 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:12:11 ID:biVjtpkg
相手にしてみれば今がチャンスだしなぁ、そのうえ狂人だし


1199 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 01:16:52 ID:3/GaBgiD



三三三三二ニ=-----:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:/:.:/:./:./:./:.:.:./
三三三三二ニ=---:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.|、: /:.:/:./:./:./:.:.:./:
三三三二ニ=---:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.| ∨:./:./:./:./:.:.:./:.:.
三三二ニ=---:.:.:.:.:./:.:.:./ .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.' |:.:.| ∨:./:./:./:.:.:.:/:.:.:.
三三二ニ=---:.:.:.:/ :.: /  |:.:.:.:.:.:.:.:.′ !:._レ ヘ/:./:./:.:.:.:/:.:.:.:.:
三三二ニ=---:.:./|:.:.:./  |:.:.:.:.:.:.:.ム- T:.:l.  ∨:./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:
三二ニ=---:.:. / |: /    |:.:._:.:.イ  |:|    ∨:.:.:.:/:.:.:.:./
二ニ=---:.:.:. /   |/w、_ イ:.:.:.:.:.′  マ|    |:.:.:.:/:.:.:/:.:.:
ニ=---:.:.:.:.:/  |     |___ム.............iL_  .|:.:.∧/:.:.:.:.:.       .・・・・・・仕方ない。
ニ=---:.:.:.:./       ,z≠三====:r┬===ミ\:/ |:.:.:.:.:.:.:.:
=--- |:.:. /       〃 マう////リ::::!    〉/≫ .|:.:.:.:.:.:.:.:       .ここいらで剣を収めるしかない。
ー-- |.:./          ヾ::`¨¨´:::ツ    .//  .ハ:.:.:.:.:/:.:
--   |/            `¨¨¨¨´    '´   l:.:|:.:.:./!:.:.
-  /           ______/     i:. |:.://|:.:.
_  /           、   ̄ ̄ ̄ ̄    :   :!:. |//'|:.
.                            U   !:.:// |:.
                            l:.:.:/   .|:.:.

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・バイロン帝国に停戦交渉を呼び掛ける事を決めた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1200 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 01:21:58 ID:3/GaBgiD



                    __
                ..:::::::::::::::::::::::::::::......
             .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
           , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::: /::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::::::::::/:::::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           .:::::::::::/:::::::::::::/|:::::::::::|:::::ヽ;::::::::::::::::::';::::::::::::.
        ,':::::::::::;':::::::::::::/ !::::::::::|::::::::::\::::::::::::::|:::::::::::::.
        ,.:::::::::::::|:::::\/  ';:::::::::|\ :::::::::\::::::::|::::::::::i::::.
          '::::::|:: :: |:\ /   ゙ ::::: |  \:: ::: ::|:::::::|::::::::::|:::::
       /::||:: :: |:: ::/  \  ',:::::|  /\:::::|:::::::|::::::::::|:::::'
      .:::/ |::| :: ::|::::;'      \|     \!:::::::!::::::::::!:::::::
      .: /::::|::|:: :: |::/ ヾz==z     z=='゙|::::/|::::: :: |:::::::|
      |::{:::: |::|:::::: レi  弋_:ノ      弋_::ノレ' :|:: :: :::|:::::::|
      |::|:::: |::::::::::::::|,               |:: !::::::::::|:::::::|      .終戦、ねぇ・・・・・・。
      ',:{.:::::|::::::::::::::|_i        ,         |:::|:::::::::::!:::::/
      `ヽ::!:::::::::::: |::::.              .:::::|::::::::::;|::/
        ヽ!:::::::::::::|::::::::\    ─    ....::::::::!:!::::::::;' !′
         ヽ|:: :: |::::::::::::>  .__  <l、::::::::/|:|::::::/
            \::: !ヽ|:::::::::/ \__ _/ ヽ:/ .リ!:::/
             ヽ|  /:|   /__i__ヽ    }:\ レ′
             /|三:|  // ,L}.ヽ ',  /ニ| ゙ ' 、
            ニ ニ:|三:|V / / | | i ', ヽ/三 |: |三ニ 、
        zニニ三三 :!三:', { i .| ||i  ,'三ニ| :|三三| `゙ ,

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 一方、バイエルン・ミュンヘン帝国から終戦の提案を受けたユイ帝は・・・・・・【1D10:3

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●勝利国終戦表(戦争が経過する度、終戦表の終戦可能性が増えます。(一回ターン経過につき2つ))
  1:これで十分だ。終戦を呼びかけよう。
  2:これで十分だ。終戦を呼びかけよう。
  3:これで十分だ。終戦を呼びかけよう。
  4:これで十分だ。終戦を呼びかけよう。
  5:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
  6:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
  7:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
  8:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
  9:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!
 10:まだまだ戦果を拡大すべきだ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1201 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:25:11 ID:dolZOj9a
ノってくれたか

1202 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:25:38 ID:sN7mubA9
さて交渉はどうなるか


1203 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 01:27:32 ID:3/GaBgiD



.          ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
.      ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /: : : :/: :.!: : :!: : : : : : : : !: : : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : :.
.     /: : : ./: : :.|: : :|: : : : : : : : |、: : : : : :.i: : : : : : :.\: : : :.:.
    /: : : :.': : : :.:!:.:.:.|: : : : : : : : | \: : : :.:.|: : : : : : : : :.ヽ: : :..
.   /: : :.:.:.|:====|: :八.: : : : : : :.:|  ヽ!: : :| : :.:.|: : : : : : :i: : : i
   ': : : : : :! : :.:.:.:|:.:|--:: : : : : : : !   !: : 八: : |: : : : : : :|: : 八
  i: : : : :.:.:|: : : : :|:.:|  \::.: : : :.:|   |:.:/  \|: : : : : : :|: : : ハ
  |: : : : : :.|====八|   \: : :.:|   レ==ミx, |: : : : : : :|: : : : |:',
  |: : :.|: :.:.|: :.:.:.:| ≠二ミ  \: !    ,o=xヾN|: : : : : : :!: : : : !: !
  |: : :.|: :.:.|: : : :.! // rO心   `    {ん:'ハ ヾ!: : :.:.:.:.:.:|: : : : |: |
  |: : :.|:.:.八: : :.:| || {ん:':::}      弋::::ソ 八/|: :/寸: : :.:.:|: |
  |: : :.|:.:|: : \: |  弋:::ソ        `~  |:.:.:.:レ': : :.|: : :.:.:寸     .・・・・・・まぁ、ここいらが落し所かな。
  |: : :.|:.:|: : : : `|::.  , , , ,   丶    , , , , j: : : : : :.:.:.!、: :.:.|
  人: : |:.:|: : : : : : :ヽ               !: : : : : :.:.リ \: :|      .ここからは、外交で決着を付けようか・・・・・・。
   \!ハ: : |: : : : :|、     r===ァ    ノ|.: : : : : :./  、ヽ!
      |:.:.:|: : : : :| ` 、   `  ´   /  !: : : :/:/  ヽ ハ
      |: : !: : : : :!   ! > . __ ィ/   |: : :/レ'    /  i!
      人:.:|\: : :|   |    \__/    .|: :/     /   |
       `|  \:|   人   /:::`:<ヽ  jノ     /    !
         !   \!   \/::/!:|::iヽ::∨\ノ    //    |
        人     |    /:::/ |!:|::| j:::}     | //      ノ!
         }、   |   {:::::{ j::j!::∨:::j     ∨     / .

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・その提案を受諾。

 ユイ帝は、自身の率いるバイロン帝国軍に命じていた略奪命令を停止させたのであった・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻






                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !


1204 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/30(金) 01:27:46 ID:3/GaBgiD


 今回は、ここまでです。

 次回は、3/30(金) 21:00から行います。


1205 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:29:59 ID:biVjtpkg
乙でしたー、この大敗の割には良い落としどころ…いや、多分ね

1206 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:30:50 ID:dolZOj9a

ユイ帝も引き際わかってるなぁ

1207 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 01:35:03 ID:sN7mubA9

キョン子帝との格の違いを見せつけたユイ帝
交渉が決裂したら続行もありうるからまだ予断を許せない

1208 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 02:05:54 ID:NBteB0JX


1209 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/30(金) 07:58:44 ID:RepDbGPl

ユイ帝のカリスマが高過ぎて、正直ちょっとワクワクしてしまった

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 10 (05/18)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十八話 (05/18)
  • 国内的な小咄 1533 宍道湖は、美しい (05/18)
  • 国内的な小咄 1532 長門は要所 (05/18)
  • 国内的な小咄 1531 京阪神の民が驚く山陰某所 (05/18)
  • 国内的な小咄 1530 山陰楽しむならとことこトロッコ (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 17 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第3章 3 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド GMが使ってみたいキャラ! (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク 薬師丸法山 アンリ・マユ アトラム・ガリアスタ ユキカゼ (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド 王族冒険者 2 (05/18)
  • やる夫たちでソードワールド キャラメイク リヨぐだ子 できる夫 アーチャー 鷺沢文香 (05/18)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】チートはないけど縁に恵まれていたようです (05/17)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #127 (05/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41「幼年期の冒険」 その9 (05/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41「幼年期の冒険」 その8 (05/17)
  • ジェイガンなアリス 第6章 レフカンディ侯の罠 (05/17)
  • ジェイガンなアリス 第5章 オレルアン解放 (05/17)
  • ジェイガンなアリス 第4章 陰謀の草原 (05/17)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 9 (05/17)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです ヤキニク編 8 (05/17)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」そにょきゅうぅぅぅ 「PS2版ああっ女神さまっ」 (05/17)
  • 読者投稿:韓国関係の記事を読む際に提督が着目しているポイントについて (05/17)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~42かいめ~ (05/17)
  • 読者投稿:美術館博物館のススメ「砂の美術館」 (05/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第5章 神殺しの罪人と幻想のエリクシル - The truth of elixir and the world - episode 10 後編 その2 (05/17)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十七話 (05/17)
  • やる夫は仲間達と冒険するようです 第27話「制裁!賞金首!」 (05/17)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十六話 Flying car (05/17)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十四話 Who am I ? ~ 第四十五話 二年目の始まり (05/17)
  • タンジェロ・ポッターと秘密の部屋 第四十三話 ロックハート先生の小説の作り方 (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第3章 2 (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド アルフレイム大陸おためしPT (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド 色素薄目PT 2 (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド タビットリカントライカンPT (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド ナギ様アルフレイム一番乗り! (05/17)
  • やる夫たちでソードワールド ステイル ブーディカ リース 狩人 PT 2 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第16話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第15話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第14話 (05/17)
  • やる夫の冒険は終わりました 第13話 (05/17)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #126 (05/16)
  • 国内的な小咄 1529 やっぱり王道大山! (05/16)
  • 国内的な小咄 1528 さぁ出かけよう、宮津の地へと (05/16)
  • 国内的な小咄 1527 大森の地にあるすげー企業 (05/16)
  • 国内的な小咄 1526 出雲市より西 (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第3章 デビルマウンテン (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第2章 ガルダの海賊 (05/16)
  • ジェイガンなアリス 第1章 ヤルオのたびだち (05/16)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第28話 人生楽ありゃ苦もあるさ (05/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング