衰退帝国 11

目次

981 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:00:30 ID:FxKaL8+p


 それでは、始めていきましょう。

 何方かいらっしゃいますか?


982 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:00:56 ID:FQo9mH8q


983 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:01:20 ID:dV1DG8UI


984 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:01:38 ID:qzF1K89W


985 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:02:55 ID:CaRgv1Pv


986 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:02:55 ID:rTt/V3or


987 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:10:39 ID:FxKaL8+p


 いらっしゃられるようなので始めていきたいと思います。




988 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:23:01 ID:FxKaL8+p


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,         ...___.
                          ハハハハハハハハハハ、       ,r'    >r ∧
                        / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ     .、i  i  i 、V ゙i
            ./¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;||. ,r'i  !  {!! 、イニ}
      ../¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;;|| il |   |_(, Uニ∧.
      /___;||__ /___;||__ /___;||__ /___;||__ |/___;|| | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,.|
      | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
     .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ , .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ...代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i: 、
      .A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _.⌒
    __/;;;;;    __/;;;;;    __/;;;;;     __/;;;;;     __/;;;;;  ,.-‐''"  ゙、リォ、.|ii! !Vムkイッ,'    ≧=;、
  /-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;/-;,,,. .f'´         ¨ ̄ ̄¨    | l    `ーァ≦
  /;;;;,, ヽ,,,  '/;;;;,, ヽ,,,  ''/;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽゞ-―-、__          .l      ィ≦三,ヘ
 ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;|ヽ...;;;;,,,,  ̄';;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;/   ,≧='/ :`ーァ-!:     ,V :ヽ:/      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━./    /:::::::/:::::::::γ' : :|::           ,         ヽ ━━━
                                 /   ,イ_,j::::::/:::::::::::/::::::::::l:::                     ヽ、
                                    /  ,イ,='/::::_ノ:ヾ::::::/:::::::/i:                /      ヽ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・帝国歴305年(建国歴186年)、秋。

 収穫を終えた農民兵を引き連れ、

 総司令官グリーヴァス、副司令官クーナ、ヤルオ侯爵は、バイロン帝国の国境を超えた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バイエルン・ミュンヘン帝国軍事力:70

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


989 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:31:50 ID:FxKaL8+p



                _ , ――‐- 、
              イ: : : : : : : : : : : : : :`:ヽ
            /: : :: : : / : : : : . :: : : : : : : : \
             /: : : : : : : / : : : : /|: : : : : ::: |: : : : ヽ
            イ,: : : : : : /\ / | : : : : : :::| : : : : ::ヘ
           /: : : : : : ::/\ /  \}:.:i: : : : ::::| : : : : :: ::i
         /: : : : : : : ::{: : :/  __  レ\: : :斗ヽ: : : : :::|
        ,: : : : : : : : :: :|: :/,ィぅテミ、`   ヽ:: |  ヽ: : : : :i
      /: : : : : / . ::: : |/|〃んィ:}      ,>トミ、 |: : : : ヘ
     イ : : : : : i |: : : :: :::}`弋:::,ソ       ん゚::}リi: : : : : |
    レ'ヽ/ ヽ_.ゝ_ : : ::/           ヒ::ソノ /: : :: : :ト、_
     _ -‐ ´   ヽ__./       '      ∧: : ::i::./
   ゝ-{     、 ヽ  \ノ              i:::| : : :|/
  /∧ヽ   ヽ \ \. ヽ\      ヘ     イ: :| : :::}
. / ∧ ヘ 、_\__,.ー'\_ )  `\_   <´: : : }:::::/
/  o \ \  }  \ _     \ ´ヽ ̄`フ/:|::/
  o   .\ ヽ /      ゝ         / l/V
       ヽノi \    \、    /
           / 〈  \   、\ /    /
        /   \  .\

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 一方、『バイエルン・ミュンヘン帝国来る』の報を受けた

 『バイロン帝国』の女帝『ユイ』は、すぐに迎撃する旨を命令。

 即応な可能な常備兵を総司令官である・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●総司令官   【1D10:5

  奇数:ユイ帝
  偶数:新キャラ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●バイロン帝国主能力

  団結度:【1D45:15】+30
  効率度:【1D45:3】+30
  関心度:【1D45:24】+30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


990 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:37:40 ID:FxKaL8+p



    /: : :/: : : : : !:ヽ: : : : : : : : : : \
   /: :./=/ |: : i: : :ト、 :\: : : : : : : : : : ヽ
.  / : /=/  i: :.|ヽ: :! \:.ィ: : ヽ : : : : : : : ',
  /: : :i: :ト 、 ト、:.! ヽ!/ \ : : !: : : : : : : : !
 ,': : : ハ: | `T ヾ   ィf心ヽ: | : : : : : : : :|
 |: !: :!: :N. /fてi       トじ} 〉リ:: : : : :!: : : !
 !: !: :!: :ハ ヽVxリ       ゞ''  | : : : : :|: : : :!
 | |: : !: : ハ ,,,,¨  '     "" ハ : : : :.i: : : :!
 | |: : |: : : !       ,    ,' : :/: : :,': : : :|
  !: :ハ: : 人   ` ´    ,:.!: / : : / : : : :i
  |: ! ',: : : :.>.、    ,. イ/:|/: : ::/: : /: :リ
  ヾ!  Vi : :.八: `T ´ __,/: : :.! :./仏イレイ
     从: : |>イ^! / 从ハ|/ / ⌒>‐‐、
       ゝ:|://只/  /::::::/ 厶イ::::::::::::::
    __/::::://! ! |ヽ/::/:::/ /::::::::::::::::::::::
   /::::::::::く/ / |. ! ):く::::::/ /:::::::::::::::::::::::::
   |:::::::::::::::::し' 八__/:::::::〉/ /::::::::::::::::::::::::::::

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・自身と

 副司令官である・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バイロン側の副司令官の容姿と才能、志向、年齢を決めます。
 皆様が投稿されました安価の中からダイスにて決定致します。
 投稿できるのは、一人一案。
 締め切りはこのレスから約10分間で>>1が『ここまで』と投稿するまでです。
 以下のテンプレートをご参照下さい。

 ≪人物テンプレ―ト≫
 【出したいキャラクターの名前(出典作品名)】
 【1d10(『1』の前に『!』を書いて投稿して下さい) (人物才能)】
 【1d82 +18(『1』の前に『!』を書いて投稿して下さい) (年齢)】


 ●人物才能判定
  1:小人 (マイナス能力だけから1つランダムに決定する)
  2~3:劣悪 (全ての能力から1つランダムに決定する)
  4~7:平凡 (全ての能力から2つランダムに決定する)
  8~9:優秀 (全ての能力から3つランダムに決定する)
 10:大人 (プラス能力だけから1つ、プラスとマイナスの両能力から2つランダムに決定する)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


991 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:39:26 ID:FQo9mH8q
【オフレッサー(銀河英雄伝説)】
【1D10:3】
【1D82:28】+18(年齢)

992 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:39:50 ID:096TeSve
ユーゼス・ゴッツォ(スーパーロボット大戦)
人物才能:【1D10:3】
年齢:【1D82:38】 +18

993 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:40:05 ID:dV1DG8UI
五河士道(デート・ア・ライブ)
人物才能:【1D10:9】
年齢:【1D82:30】 + 18

995 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:40:38 ID:UX76AN1t
檀黎斗(仮面ライダーエグゼイド)
人物才能:【1D10:7】
年齢:【1D82:16】+18

効率度低いってことは宗教で雁字搦めなのかなー、向こうは

996 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:40:52 ID:GhommJMW
長谷川千雨(ネギま)
【1D10:4】(人物才能)
【1D82:35】+18(年齢)

997 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:41:49 ID:8fyTO1hi
ジャギ(北斗の拳)
人物才能:【1D10:2】
年齢:【1D82:14】+18

998 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:42:46 ID:qzF1K89W
羽衣狐(ぬらりひょんの孫)
人物才能:【1D10:7】
年齢:【1D82:62】+18

999 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:42:56 ID:yQ7CSDlC
バロン・ジモ(マーベルコミック)
人物才能:【【1D10:5】
年齢:【【1D82:44】】 + 18

1002 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:46:26 ID:CaRgv1Pv
オリヴィエ・ゼーゲブレヒト(リリカルなのはシリーズ)
人物才能 【1D10:4】
年齢【1D82:79】+18

1003 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:46:42 ID:gV2CwJiJ
ロベルタ(BLACK LAGOON)
人物才能:【1D10:1】
年齢:【1D82:40】+18


1004 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:48:12 ID:FxKaL8+p


ここまで。


1005 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:52:00 ID:FxKaL8+p


 ●副司令官   【2D10:6(5+1)】


  1:【オフレッサー(銀河英雄伝説)】
    .人物才能:劣悪
    .年齢:46


  2:ユーゼス・ゴッツォ(スーパーロボット大戦)
    .人物才能:劣悪
    .年齢:56

  3:五河士道(デート・ア・ライブ)
    .人物才能:優秀
    .年齢:48

  4:檀黎斗(仮面ライダーエグゼイド)
    .人物才能:平凡
    .年齢:34

  5:長谷川千雨(ネギま)
    .人物才能:平凡
    .年齢:53


  6:ジャギ(北斗の拳)
    .人物才能:劣悪
    .年齢:32

  7:羽衣狐(ぬらりひょんの孫)
    .人物才能:平凡
    .年齢:80

  8:バロン・ジモ(マーベルコミック)
    .人物才能:平凡
    .年齢:62

  9:オリヴィエ・ゼーゲブレヒト(リリカルなのはシリーズ)
    .人物才能:平凡
    .年齢:97

 10:ロベルタ(BLACK LAGOON)
    .人物才能:小人
    .年齢:58


1010 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 21:57:30 ID:FxKaL8+p


 ●人物能力表(その他人物用)   【1D27:12


  1:名君 (全ての主能力を年代が経る度、+4+1d6する)

  2:カリスマ (団結度を年代が経る度、+4+1d6する)

  3:改革者 (効率度を年代が経る度、+4+1d6する)

  4:政治の理解者 (関心度を年代が経る度、+4+1d6する)

  5:天才 (全ての副能力で判定をする際、それらの数値に+10+1d15をして判定する)

  6:財政家 (経済力で判定をする際、経済力の数値に+10+1d15をして判定する)

  7:戦略家 (軍事力で判定をする際、軍事力の数値に+10+1d15をして判定する)

  8:外交官 (威信力で判定をする際、威信力の数値に+10+1d15をして判定する)

  9:排他主義者 (団結度を年代が経る度、+2+1d3し、経済力で判定する際、経済力の数値に-1d15をして判定する)

 10:冷酷 (効率度を年代が経る度、+2+1d3し、軍事力で判定する際、軍事力の数値に-1d15をして判定する)

 11:内政家 (関心度を年代が経る度、+2+1d3し、威信力で判定する際、威信力の数値に-1d15をして判定する)

 12:実業家 (団結度を年代が経る度、-2-1d3し、経済力で判定する際、経済力の数値に+1d15をして判定する)

 13:軍人 (効率度を年代が経る度、-2-1d3し、軍事力で判定する際、軍事力の数値に+1d15をして判定する)

 14:貴族 (関心度を年代が経る度、-2-1d3し、威信力で判定する際、威信力の数値に+1d15をして判定する)

 15:暗君 (全ての主能力を年代が経る度、-4-1d6する)

 16:狂人 (団結度を年代が経る度、-4-1d6する)

 17:宗教狂い (効率度を年代が経る度、-4-1d6する)

 18:無関心 (関心度を年代が経る度、-4-1d6する)

 19:暗愚 (全ての副能力で判定をする際、それらの数値に-10-1d15をして判定する)

 20:浪費家 (経済力で判定をする際、経済力の数値に-10-1d15をして判定する)

 21:戦下手 (軍事力で判定をする際、軍事力の数値に-10-1d15をして判定する)

 22:外交下手 (威信力で判定をする際、威信力の数値に-10-1d15をして判定する)

 23:【1D10:5】
    (奇数→頑健:年齢判定の際、年齢の値から-15をして、その数値を元にして年齢判定を行う)
    (偶数→柔弱:年齢判定の際、年齢の値から+15をして、その数値を元にして年齢判定を行う)

 24:【1D10:5】
    (奇数→忠臣:後見人の能力決定の時だけ選択可能。年代を経る度、全ての主能力+1d3する。
         18歳以上になった後、【後見人:後見人名】が、必ず削除される)
    (偶数→奸臣:後見人の能力決定の時だけ選択可能。年代を経る度、全ての主能力-1d3する。
         18歳以上になった後も【後見人:後見人名】が、削除されない。
         また、これがある間、年代判定が行われる度、『奸臣判定』を行う)

 25:【1D10:6】
    (奇数→追従者:皇帝と同じ人物志向だった場合、効果増減をさらに+-1する)
    (偶数→社交家:皇帝と同じ人物志向だった場合でも効果増減を無効化する)

 26:教育上手 (この能力を持つ人物の他能力の内から一つを皇帝に継承する。
            もし、人物才能が『非才』で、この能力が選択された場合は、もう一度『人物能力表』を振る。
            また、【教育上手】を持っている後見人が、途中で死亡した場合、特殊判定が発生し。
            後見人を務めた年数分、引継ぎ表の引継ぎ可能性が増える。(2年につき1つ。最大18年))

 27:異名持ち (好きな異名とその能力がプラスかマイナスかを安価。それに沿った効果を決定する。)


1011 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 21:58:43 ID:FQo9mH8q
実業家オフレッサーってなんか斬新


1012 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:02:03 ID:FxKaL8+p



          /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
         /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
       !;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`,
         ゞ;:,rー、、;:;:;:;:;:;:;:;:,、、-‐''"ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:,!
        l:;:!    ``'''''´      `,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!
        Ni ‐- 、、     ´ ``ヽ ヾミ、;:;:;:;:;:;ヽ
        ヾニ二ヽ    ,,、ィ´``   `ト、,r、;:;:;::;;:!
         ヽ ニセン  ''´<セゞ `,   ,lミ!/ ,!;:;:;;:!
          ! ´! ;:::.  ``''ー-   ,' ,!ミ,! / V
          ヽ ! ;::::. .      ' /;;:;:!イ i ,N
            ヽゝ-‐''``''ー-、   ,イ;:;:;:;:! ヾリ/
            !;:;:,ィイ'''"``ヾ;:;ヽ、イ;:;:;:;:;:;:j   i
           ヾ イゝ--‐''´ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:/   /ヽ
             |;:;ヽ7;:;:;:;ヽイ:;:;:;:;:;:;;/  /  `,、
            ,仆、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:イ  ,,/   /ハヽ、
   ,イ二フ7二7ニニニニ ゞ:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ´  /     /Λー-

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・自身の腹心であり、軍事に関する会計の一切を任せていたオフレッサー。

 そして・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1014 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:04:12 ID:FxKaL8+p


 ●人物能力表(その他人物用)   【2D27:27(11+16)】


  1:名君 (全ての主能力を年代が経る度、+4+1d6する)

  2:カリスマ (団結度を年代が経る度、+4+1d6する)

  3:改革者 (効率度を年代が経る度、+4+1d6する)

  4:政治の理解者 (関心度を年代が経る度、+4+1d6する)

  5:天才 (全ての副能力で判定をする際、それらの数値に+10+1d15をして判定する)

  6:財政家 (経済力で判定をする際、経済力の数値に+10+1d15をして判定する)

  7:戦略家 (軍事力で判定をする際、軍事力の数値に+10+1d15をして判定する)

  8:外交官 (威信力で判定をする際、威信力の数値に+10+1d15をして判定する)

  9:排他主義者 (団結度を年代が経る度、+2+1d3し、経済力で判定する際、経済力の数値に-1d15をして判定する)

 10:冷酷 (効率度を年代が経る度、+2+1d3し、軍事力で判定する際、軍事力の数値に-1d15をして判定する)

 11:内政家 (関心度を年代が経る度、+2+1d3し、威信力で判定する際、威信力の数値に-1d15をして判定する)

 12:実業家 (団結度を年代が経る度、-2-1d3し、経済力で判定する際、経済力の数値に+1d15をして判定する)

 13:軍人 (効率度を年代が経る度、-2-1d3し、軍事力で判定する際、軍事力の数値に+1d15をして判定する)

 14:貴族 (関心度を年代が経る度、-2-1d3し、威信力で判定する際、威信力の数値に+1d15をして判定する)

 15:暗君 (全ての主能力を年代が経る度、-4-1d6する)

 16:狂人 (団結度を年代が経る度、-4-1d6する)

 17:宗教狂い (効率度を年代が経る度、-4-1d6する)

 18:無関心 (関心度を年代が経る度、-4-1d6する)

 19:暗愚 (全ての副能力で判定をする際、それらの数値に-10-1d15をして判定する)

 20:浪費家 (経済力で判定をする際、経済力の数値に-10-1d15をして判定する)

 21:戦下手 (軍事力で判定をする際、軍事力の数値に-10-1d15をして判定する)

 22:外交下手 (威信力で判定をする際、威信力の数値に-10-1d15をして判定する)

 23:【1D10:9】
    (奇数→頑健:年齢判定の際、年齢の値から-15をして、その数値を元にして年齢判定を行う)
    (偶数→柔弱:年齢判定の際、年齢の値から+15をして、その数値を元にして年齢判定を行う)

 24:【1D10:5】
    (奇数→忠臣:後見人の能力決定の時だけ選択可能。年代を経る度、全ての主能力+1d3する。
         18歳以上になった後、【後見人:後見人名】が、必ず削除される)
    (偶数→奸臣:後見人の能力決定の時だけ選択可能。年代を経る度、全ての主能力-1d3する。
         18歳以上になった後も【後見人:後見人名】が、削除されない。
         また、これがある間、年代判定が行われる度、『奸臣判定』を行う)

 25:【1D10:6】
    (奇数→追従者:皇帝と同じ人物志向だった場合、効果増減をさらに+-1する)
    (偶数→社交家:皇帝と同じ人物志向だった場合でも効果増減を無効化する)

 26:教育上手 (この能力を持つ人物の他能力の内から一つを皇帝に継承する。
            もし、人物才能が『非才』で、この能力が選択された場合は、もう一度『人物能力表』を振る。
            また、【教育上手】を持っている後見人が、途中で死亡した場合、特殊判定が発生し。
            後見人を務めた年数分、引継ぎ表の引継ぎ可能性が増える。(2年につき1つ。最大18年))

 27:異名持ち (好きな異名とその能力がプラスかマイナスかを安価。それに沿った効果を決定する。)


1015 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:09:11 ID:FQo9mH8q
団結度を下げまくる副官しかいないのか(困惑)

1016 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:09:43 ID:M50Y0LbC
主君もだゾ→団結度下げ

1017 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:13:06 ID:UX76AN1t
団結度0で死ぬの待った方が早そうw


1018 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:13:38 ID:FxKaL8+p



      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:∧!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:∧
     /:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:./  !:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:Y:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:∧
     /:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:.:.:∧、:.:.:.:.:.∧:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.|
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./   |:.:.:.\:.:ム、:.:.:.:.∧\:.:.:.:∧:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|
    /:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:. |:.:./   ',:.:.:.{ \:ム\:.:.∧=トx:.:.∧゙|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|
    .:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:. |:./ ‐- 、∨:ム   〉'´ \斗七¨\∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:. '
   |:.:.:.,イ:.:.:.:|:.:.:.:.:. |:{ ̄¨^'' xヽ:.:.ム. / -‐'´_,.ィ≠≠ミx,', |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:/
   |:.:./ |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.{,.ィ≠=x、∨:ム|  ,.斗乞/////}〃!j:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト:.:.:/
   |:./ |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.|:.ト ∨//} ',\:',    ∨////  ,':|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| }/
    j/  j:.:.:/|:.:.:.:.:.:.|:.:.ヽ ∨ツ [|⌒`ヽ     ゝ-‐′ / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ′
     // :ト:.:.:.:.:.:|:‘:.,     j   ヽ,         , ' |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    /   |:.ヘ:.:.: |:.:.:.:.ヽ、 _ ,.〈     ` ー-   '′ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         |:.:.:ヘ:. |:.:.:.:.:.ハ                    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         |:.:.:.:ヘ |:.:.:.:/ ヽ,     マ_ニ=一     / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|\
         |:.:.:.:.:.ヾ:.:.:{   \             /  :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   \
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     く`ヽ、    , イ     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|\ /
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|     `´ }`¨¨ ´    ,、  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:∧
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|__,.  -‐ニ´|\/{ |\/ ヽィ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.∧
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          |   ', :|       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|\:.:∧
         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|--‐‐‐==ニニ|   ',|       |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   \:',

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・オフレッサーと同様にユイ帝の腹心であったチサメと共に引き連れ、

 『バイエルン・ミュンヘン帝国』の迎撃に向かったのであった・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 バイロン帝国軍事力:39

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !


1019 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:28:32 ID:FxKaL8+p


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,         ...___.
                          ハハハハハハハハハハ、       ,r'    >r ∧
                        / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ     .、i  i  i 、V ゙i
            ./¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;||. ,r'i  !  {!! 、イニ}
      ../¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;;|| il |   |_(, Uニ∧.
      /___;||__ /___;||__ /___;||__ /___;||__ |/___;|| | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,.|
      | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
     .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ , .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ...代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i: 、
      .A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _.⌒
    __/;;;;;    __/;;;;;    __/;;;;;     __/;;;;;     __/;;;;;  ,.-‐''"  ゙、リォ、.|ii! !Vムkイッ,'    ≧=;、
  /-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;/-;,,,. .f'´         ¨ ̄ ̄¨    | l    `ーァ≦
  /;;;;,, ヽ,,,  '/;;;;,, ヽ,,,  ''/;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽゞ-―-、__          .l      ィ≦三,ヘ
 ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;|ヽ...;;;;,,,,  ̄';;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;/   ,≧='/ :`ーァ-!:     ,V :ヽ:/      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━./    /:::::::/:::::::::γ' : :|::           ,         ヽ ━━━
                                 /   ,イ_,j::::::/:::::::::::/::::::::::l:::                     ヽ、
                                    /  ,イ,='/::::_ノ:ヾ::::::/:::::::/i:                /      ヽ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・バイロン帝国に侵入して数日後、

 バイロン帝国の各地を占領して回っていた『バイエルン・ミュンヘン帝国』であったが、

 ここで彼らの予期していない事が発生する。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1020 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:41:34 ID:FxKaL8+p



              __            ||:::::::::||                            ||:::::::::||
          .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||                            ||:::::::::||
         / / .>┐  \        ||:::::::::||                            ||:::::::::||
         ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||            __            ||:::::::::||
        |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||        .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||
        |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||       / / .>┐  \        ||:::::::::||
        |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::||       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
        |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::||      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
        「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::||      |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
      _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::||      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  . <           .∧__∧      ||:::::::::||      |     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::||      「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
     ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||    _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
     l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||. <           .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  l!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l!       \  \_l l lノ ./   .| ||:::::::::||   ∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__  :l!       \   l  ./     | ||:::::::::||   l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::::::\ l!       ┌‐、ヽ  l ./ x‐┐ .| ||:::::::::|| ̄ ヽl!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:> .

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・(地名)にてバイロン帝国の防衛線に遭遇したのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 戦場となる地名を決めます。ここで決めた地名が、戦闘名となります。
 皆様が投稿されました安価の中からダイスにて決定致します。
 投稿できるのは、一人一案。
 締め切りはこのレスから約10分間で>>1が『ここまで』と投稿するまでです。
 以下のテンプレートをご参照下さい。

 ≪地名テンプレ―ト≫
 【付けたい地名】 (長い地名などは、期待に沿えない場合がございます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1021 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:43:57 ID:HX0RB7BU
【付けたい地名】
バスト大平原

1022 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:44:47 ID:FQo9mH8q
【付けたい地名】 プシーガ原

1023 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:45:35 ID:F4K4ZeOT
【付けたい地名】ケネンベルク

1024 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:46:50 ID:qzF1K89W
【付けたい地名】
トライデント川

1025 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:46:56 ID:3iZJ+vRL
【付けたい地名】ササント平原

1026 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:48:11 ID:UX76AN1t
【付けたい地名】
ドユル湿地帯

1027 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:48:31 ID:CaRgv1Pv
【付けたい地名】
キングスガーデン

1028 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:48:48 ID:eCm2XyEO
【付けたい地名】
棄てられし者たちの楽園

1029 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:49:08 ID:dV1DG8UI
【付けたい地名】 スターク雪原

1030 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:49:33 ID:wS54zd5N
【付けたい地名】 テムズ川

1031 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:50:49 ID:M50Y0LbC
【付けたい地名】
エグトナル山脈


1032 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:52:24 ID:FxKaL8+p


ここまで。


1033 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 22:54:28 ID:FxKaL8+p


 ●地名   【1D11:11


  1:【付けたい地名】バスト大平原

  2:【付けたい地名】プシーガ原

  3:【付けたい地名】ケネンベルク

  4:【付けたい地名】トライデント川

  5:【付けたい地名】ササント平原

  6:【付けたい地名】ドユル湿地帯

  7:【付けたい地名】キングスガーデン

  8:【付けたい地名】棄てられし者たちの楽園

  9:【付けたい地名】スターク雪原

 10:【付けたい地名】テムズ川

 11:【付けたい地名】エグトナル山脈


1034 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:55:09 ID:UX76AN1t
山でぶつかったか
しんどい戦いだな

1035 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 22:56:03 ID:FQo9mH8q
まさか山道を行軍中に奇襲されたのか?


1038 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 23:06:41 ID:FxKaL8+p



;;;;       ;;      i l                 l  ,,r i    /       /  /
;;;;;;;;;;;;  ヾ i    ,,, j l ..l                    { /    l  ;;;;;/ ;;; シ   /  / /:;;;;:;;:;:;:.,イ 彡
、   `   ヘ ;;;;;;;;;;;  } l l                /;|   シ   ;|  7,/   / .シ  /;;;;;;;;;;  / r-m、
 ミ   ヘ  ハ ;;; ;;;; '  j l                    /; ;| r七    ン/  ;/  _ノ  /  i ;;;;;;;;;;;; /f / しー
;;::. ヽ ;/;;;; i ;;;\;; ;;; ;;;;;;<  l                   /; ;;;;| '´ ;  v;;;;;;/ ;;;;;| fr ;;;;;;/ ;;;;;;;t/ ;;;;;;/ } ;;i;;;;;;;;;;
、;;;; :; :::;ヾ;;/ ;; ;;;;;\ ;; ;;; ;;}_ .l             / ,,;, ;.|_ ; ; -_ ;;/ ;, ;;.;;.|/;;;; 〃 ; ;/;;;;;;;;;/ - j l |; ;;;; ;;;;;;;
;;\ ; ; ;;;ヽ; ;;;;;;;; ;;;; ;\; ;;; ラ l            /; r; ;;;.;; |/; ;;; ;<i;  / ; ;イ; ;;/; ; ;;/;},r';; ;; ;;;r;; ;; ;;;;;ヾ; ;;;;;;;;;
;;;;; `ー-; ;;; \;;;; ;;;;;; ;;;;;\;; } l__       /; ; ;; ;  ;;;|彡 ;;; ;; ; ;; ;; ;;; シ;; ;; ;;;;;ノ;; ;;; ;;;;l ;;; ;;;;;;r-《 ;; ;; ;r
、;; ;; ;; ;;/ ;;; ;〉 ヾ;; ; ;;; ;;; ;; ;ヽ;ヽ;   `ヽ___,,,/; ; ;; ;; ; ;;;|/;;r ; ;;; ;;; ; ;;; ;;;;;; ;/ ;; ;__シ ;; ;| ;;; ;;;キ ;;; ;;; ;; ;;; } } ;;;;
;; ;; ;`ー;;;; ノ;;; ;; ;;; ;;;;;; ;; ;; ;;; }; ;} ;    |_,/;;;;; ;; ;; ; ; ;;|/; ; ;; ;; ;; ;; ;;; ;; ;;;/;;; Y;; ; 彡;;.ヾ ;; l ;; ;;;;; ;;; ;;;j j;三
;; ; ;; ;;; ;\;;;;;;;;;;;; ; ;; ;; 、 ; ;; ;; ; ハ; __ |彡 ;; ; ;; ;''''´ ; ; ;  ; /|; ; ; ; l l l ;; ;; ;;;/ 彡;|;; ;; ; ; ;;;;入 ; ;l;; ;;; ;;; ;;; ;{ {; シ
;; ;;; ;;; ;;; ;;;`ー-、;;; ;;;;; ;; ;;; ;;; ;;;; ;;Y-- );;;彡 ;;; ;   ; ; /; |;; ;; ;;l l l ;; ;/ ;; ;;;;ll ;;; ; ;;; ;;; ;;;; ;;l ;;; ;;; ;;; ;;; l; ;;;
;;;;; ;;; ;; ;;;;; ;;/ /八`ー-y ; :::::: ;;;;;;lニヽ l;;;;彡 -‐'  ' ; ; ; ./|;;; ;;,r- ;; ;; ,' ;; ;;; ;; ;ll;; ;;; ;; -<;;ll ;; ;;;; ;;;; ;; ;; ;;;ヽ;
;; ;; ;;;;; ;;;; ;/ /;;{;; ;l;;;;;;;;;;;\;; ;;; ;; ;;;Y- ;;l, ;;;;; ; ;  ; ;  ; /l/ ;;  ; ;;/ ;; ;; ;; ;; ;;;ll ; ;; ;; ;; ;; ;;;ll;;; ;; ;; ;; ; ; ;; ; ; ;',
;;; ;;; ;;; ;;; ;;l ;i; ;;`;; \;;;;;;;;;;;} ;;; ;; ;; ;;V- ト, ;; ;;; ; ;;;; ;;; ;;;;;; ;;; ;;;l :: f; ; ;;; ;;;| ;; ;;; ;;;;;; ;;;;ll ;; ;;; ;;;; ;;;;;;ll;; ;;; ;;; ;;l; ;;; ;;; ;;;;
;; ;; ;;;; /; ;; ;;;; ;;; ;;;; ;;;;\;シ;; ;;; ;;; ;;;;;f; ;;|; }; ;;;; ;;; ;; ;;; ; ;; ;;;| ; ;;; ;;;; ;;;;;l; ; ;;;; ;;; ;; /; ;; l; ;; ;;; ;;;;;ll ;; ;; ;;; ;;l ;; ;; ;;;; ;
;;; ;;; ;/;ー;; ;;; ;; ;; ;;;; ;;; ;;; ;; ;;;;;;; ;;;; ;;;;} ;;l ; ヽ ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;;;;;/;__シ;;; ;;; ;;; l;;; ;;; ;;; ;;;;;{; ;;;;;}; ;;;; ;;;;;;;;ll; ;; ;;; ;;;;;ヽ ;;; ;;;;;
;;;;: ::;;;;:::;;;;;,r;;;;;;;::;:;:;;:;;;;:;;;;:;:;; ; ; ;;; ;; ;;;} ;;l ;;;; } ;;; ;;;;; ;;; ;; ;:;;:;:/ー-----;;;; :l;; ;;;; ;;;;; /;;; ;;;;j;;;;; ;;;; ;;;;{{ ;;; ;;; ;;;;;;;;',;;; ;;;;;
//////_;; ;; ;; ;;; ;; ; ; ; ;;;;;;;>x;;;/ ;;; ;;; ;;; ;;;; ;;;;;;;{ ;;;; ;;;; ;ラ;; ;;; ;;l ;;; ;;;; ;;;{ ;;; ;;;l /////////};;;;///ヽ;;; ;
/////////\ ; ;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;; ;;; ;;; ;;;;j-―        ――――――-----  _//////};/////ヽ;;;
__ --――――― ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ii ヾヽ ヽ               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ll  } }  .l
                           /  .| .|  .l
                          ./    l l   l
                         /    l .l   l
                        ./    l  l   .l

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・エグトナル山脈。

 そこは、バイロン帝国の南部と中部を分ける山脈であり、

 バイロン帝国の中部へ通じる街道がある事もあってバイロン帝国中部の玄関口としても知られていた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1039 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 23:14:20 ID:FxKaL8+p


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,         ...___.
                          ハハハハハハハハハハ、       ,r'    >r ∧
                        / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ     .、i  i  i 、V ゙i
            ./¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;||. ,r'i  !  {!! 、イニ}
      ../¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;;|| il |   |_(, Uニ∧.
      /___;||__ /___;||__ /___;||__ /___;||__ |/___;|| | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,.|
      | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
     .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ , .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ...代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i: 、
      .A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _.⌒
    __/;;;;;    __/;;;;;    __/;;;;;     __/;;;;;     __/;;;;;  ,.-‐''"  ゙、リォ、.|ii! !Vムkイッ,'    ≧=;、
  /-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;/-;,,,. .f'´         ¨ ̄ ̄¨    | l    `ーァ≦
  /;;;;,, ヽ,,,  '/;;;;,, ヽ,,,  ''/;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽゞ-―-、__          .l      ィ≦三,ヘ
 ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;|ヽ...;;;;,,,,  ̄';;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;/   ,≧='/ :`ーァ-!:     ,V :ヽ:/      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━./    /:::::::/:::::::::γ' : :|::           ,         ヽ ━━━
                                 /   ,イ_,j::::::/:::::::::::/::::::::::l:::                     ヽ、
                                    /  ,イ,='/::::_ノ:ヾ::::::/:::::::/i:                /      ヽ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その為、グリーヴァス率いるバイエルン・ミュンヘン帝国軍は、

 交通の要所であり、守るにやすく、攻めるに難いこのエグトナル山脈地域を

 バイロン帝国の迎撃準備が整う前に確保する予定であった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1040 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 23:20:50 ID:FxKaL8+p



                      __
                  ::::::::::::::::::::::::::::....
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
━━━━━━.::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::.. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ./::::::::/:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::|::::::::::::::::::..::||        .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||
        .,..:::::::::/:::::::::::/::::::::::::/::::::::::::i: !::::::::::::::::::::..||       / / .>┐  \        ||:::::::::||
      /::::::::: |::::::::::: |:::::::::::/ !::::::i:::::|::|::::::::::::::::i::::::..       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
    ....':::/::::::::|::::::::::: |:::\/ |::::: |::: |::ト、::::::::::: |::i::::      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
   ..../::/:::::::::::|::::::::::: |\/-‐ :::::: |::: |::|-∨::::::::|::|::::|     |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
    ::/::::::::::::::|::::::::::: |/   |:::::::|::: |:;'   , ::::: |:;':::::,      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  .. |::|::::::::::::::_|___:::::: |     、::::|::: |'   ヾ :: |rL::::.      .|     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `.|::|:::::rf´/ } i_}:::::| 芹ミx  ヾ{;::::|芹ミx |::/|/ヽ::::.   ....「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
   ..|::|:::::{ '   { ::::: | 乂:ソ    ヾ乂ソ  ,'´: !´ }::::}  . _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
   ..ヾ;:::::{    ヽ : |              .:::::|  :::;'.            .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  ,::::::.    _}_::|       '     ,' ::::: |__}/.ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l.V::::} /__}\   `  ´  /|::::::i::|-─ヽ__.∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__.  -─//三三 \ `   _ <:::::::|::::::|:;'三三三..l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::./三三ノ/三三三三三 、  /} }\三|::/´三三三 ',.!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:> .
━ 三三ニ{ 三三三三三 l \_ノ  {ニ{三.レ |三三三三ニ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /三三三 }三三三三三| /ヾ_/\}三', 三 !三三三三ニ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 しかし、既にエグトナル山脈地域には、ユイ帝によって改革されたバイロン帝国軍が、

 馬車を用いた驚異的な機動速度でもって展開し終わっていたのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1041 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 23:22:16 ID:dV1DG8UI
唯のダイス次第かな、厳しい戦いになりそうだ
できればここで討ち取りたい


1043 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 23:29:36 ID:FxKaL8+p


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        .、;;;; :; :::;ヾ;;/ ;; ;;;;;\ ;; ;;; ;;}_ .l             / ,,;, ;.|_ ; ; -_ ;;/ ;, ;;.;;.|/;;;; 〃 ; ;/;;;;;;;;;/ - j l |; ;;;; ;;;;;;;
        .;;\ ; ; ;;;ヽ; ;;;;;;;; ;;;; ;\; ;;; ラ l            /; r; ;;;.;; |/; ;;; ;<i;  / ; ;イ; ;;/; ; ;;/;},r';; ;; ;;;r;; ;; ;;;;;ヾ; ;;;;;;;;;
        .;;;;; `ー-; ;;; \;;;; ;;;;;; ;;;;;..___.l__       /; ; ;; ;  ;;;|彡 ;;; ;; ; ;; ;; ;;; シ;; ;; ;;;;;ノ;; ;;; ;;;;l ;;; ;;;;;;r-《 ;; ;; ;r
        .、;; ;; ;; ;;/ ;;; ;〉 ヾ;;..∧ r<    ヽ..  `ヽ___,,,/; ; ;; ;; ; ;;;|/;;r ; ;;; ;;; ; ;;; ;;;;;; ;/ ;; ;__シ ;; ;| ;;; ;;;キ ;;; ;;; ;; ;;; } } ;;;;
        .;; ;; ;`ー;;;; ノ;;; ;; ;;;/ V、 i  i  i、  ..|_,/;;;;; ;; ;; ; ; ;;|/; ; ;; ;; ;; ;; ;;; ;; ;;;/;;; Y;; ; 彡;;.ヾ ;; l ;; ;;;;; ;;; ;;;j j;三
        .;; ; ;; ;;; ;\;;;;;;;;;;;; ;{ニト、 !!}  !  iヽ._ |彡 ;; ; ;; ;''''´ ; ; ;  ; /|; ; ; ; l l l ;; ;; ;;;/ 彡;|;; ;; ; ; ;;;;入 ; ;l;; ;;; ;;; ;;; ;{ {; シ
        .;; ;;; ;;; ;;; ;;;`ー-、.∧ニU ノ_|   | li.- );;;彡 ;;; ;   ; ; /; |;; ;; ;;l l l ;; ;/ ;; ;;;;ll ;;; ; ;;; ;;; ;;;; ;;l ;;; ;;; ;;; ;;; l; ;;;
        .;;;;; ;;; ;; ;;;;; ;;/ /..., ヘ Y {ト゚;;フ  (゚} |.ヽ l;;;;彡 -‐'  ' ; ; ; ./|;;; ;;,r- ;; ;; ,' ;; ;;; ;; ;ll;; ;;; ;; -<;;ll ;; ;;;; ;;;; ;; ;; ;;;ヽ;
        .;; ;; ;;;;; ;;;; ;/ /._/:::::ノ1、 ヾ"   ,ィ |- ;;l, ;;;;; ; ;  ; ;  ; /l/ ;;  ; ;;/ ;; ;; ;; ;; ;;;ll ; ;; ;; ;; ;; ;;;ll;;; ;; ;; ;; ; ; ;; ; ; ;',
        .;;; ;;; ;;; ;;; ;;l ;i;/:::フヘ |ハ V   /代ト. - ト, ;; ;;; ; ;;;; ;;; ;;;;;; ;;; ;;;l :: f; ; ;;; ;;;| ;; ;;; ;;;;;; ;;;;ll ;; ;;; ;;;; ;;;;;;ll;; ;;; ;;; ;;l; ;;; ;;; ;;;;
        .;; ;; ;;;; /; ;; ;∧ //狐Y ハ Viiii/!.;; ;;;;;f; ;;|; }; ;;;; ;;; ;; ;;; ; ;; ;;;| ; ;;; ;;;; ;;;;;l; ; ;;;; ;;; ;; /; ;; l; ;; ;;; ;;;;;ll ;; ;; ;;; ;;l ;; ;; ;;;; ;
        .;;; ;;; ;/;ー./ ___ \_/    V /ー 、__. ;;l ; ヽ ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;;;;;/;__シ;;; ;;; ;;; l;;; ;;; ;;; ;;;;;{; ;;;;;}; ;;;; ;;;;;;;;ll; ;; ;;; ;;;;;ヽ ;;; ;;;;;
        .;;;;: ::;;;;:/  ハ::`ヽ‐一=´/    `ヽ.l ;;;; } ;;; ;;;;; ;;; ;; ;:;;:;:/ー-----;;;; :l;; ;;;; ;;;;; /;;; ;;;;j;;;;; ;;;; ;;;;{{ ;;; ;;; ;;;;;;;;',;;; ;;;;;
        .//., イ      ヽー一´ ̄´       \.. ;;; ;;; ;;; ;;;; ;;;;;;;{ ;;;; ;;;; ;ラ;; ;;; ;;l ;;; ;;;; ;;;{ ;;; ;;;l /////////};;;;///ヽ;;; ;
━━━━ /                      ヽ..━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ./                      __ __  >

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 資料によると、グリーヴァスは、ここで大変焦ったと言われている。

 北方に位置し、標高も高いこの地域では、冬になると積雪の為、通行が困難となる。

 既に秋も半ばを過ぎたこの時期を逃せば、積雪によって通行が出来なくなり、

 通行が出来るようになる春になれば、さらに体制を整えたバイロン帝国との

 戦いを強いられる事になると考えたのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1044 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 23:32:45 ID:eCm2XyEO
良い方に考えるんだ、ここで決戦できるなんてラッキーだとそう考えるんだ

1045 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 23:35:07 ID:M50Y0LbC
両軍どっちにとっても正念場


1046 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 23:39:46 ID:FxKaL8+p


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                            ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ,ハハハハハハハハハハハハ,         ...___.
                          ハハハハハハハハハハ、       ,r'    >r ∧
                        / ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ     .、i  i  i 、V ゙i
            ./¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;||. ,r'i  !  {!! 、イニ}
      ../¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;;|| il |   |_(, Uニ∧.
      /___;||__ /___;||__ /___;||__ /___;||__ |/___;|| | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,.|
      | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
     .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ , .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ...代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i: 、
      .A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _.⌒
    __/;;;;;    __/;;;;;    __/;;;;;     __/;;;;;     __/;;;;;  ,.-‐''"  ゙、リォ、.|ii! !Vムkイッ,'    ≧=;、
  /-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;/-;,,,. .f'´         ¨ ̄ ̄¨    | l    `ーァ≦
  /;;;;,, ヽ,,,  '/;;;;,, ヽ,,,  ''/;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽゞ-―-、__          .l      ィ≦三,ヘ
 ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;|ヽ...;;;;,,,,  ̄';;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;,,,,  ̄';;;ヽ...;;;;/   ,≧='/ :`ーァ-!:     ,V :ヽ:/      \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━./    /:::::::/:::::::::γ' : :|::           ,         ヽ ━━━
                                 /   ,イ_,j::::::/:::::::::::/::::::::::l:::                     ヽ、
                                    /  ,イ,='/::::_ノ:ヾ::::::/:::::::/i:                /      ヽ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、数日間の副司令官を交えた会議の後、グリーヴァス率いるバイエルン・ミュンヘン帝国軍は、

 地の利の不利を承知で待ち構えるバイロン帝国軍へ仕掛ける事を決定したのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻






                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !


1047 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/28(水) 23:48:59 ID:FxKaL8+p



;;;;;;;;;;;;  ヾ i    ,,, j l ..l                    { /    l  ;;;;;/ ;;; シ   /  / /:;;;;:;;:;:;:.,イ 彡
、   `   ヘ ;;;;;;;;;;;  } l l                /;|   シ   ;|  7,/   / .シ  /;;;;;;;;;;  / r-m、
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
;;::. / : /=/  i: :.|ヽ: :! \:.ィ: : ヽ : : : : : : : ',                                      .
、;;;/: : :i: :ト 、 ト、:.! ヽ!/ \ : : !: : : : : : : : !                                      .
;; ,': : : ハ: | `T ヾ   ィf心ヽ: | : : : : : : : :|                                      .
;;;.|: !: :!: :N. /fてi       トじ} 〉リ:: : : : :!: : : !                                      .
、;.!: !: :!: :ハ ヽVxリ       ゞ''  | : : : : :|: : : :!                                      .
;; | |: : !: : ハ ,,,,¨  '     "" ハ : : : :.i: : : :!                                      .
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
;;;;; ;;; ;; ;;;;; ;;/ /八`ー-y ; :::::: ;;;;;;lニヽ l;;;;彡 -‐'  ' ; ; ; ./|;;; ;;,r- ;; ;; ,' ;; ;;; ;; ;ll;; ;;; ;; -<;;ll ;; ;;;; ;;;; ;; ;; ;;;ヽ;
;; ;; ;;;;; ;;;; ;/ /;;{;; ;l;;;;;;;;;;;\;; ;;; ;; ;;;Y- ;;l, ;;;;; ; ;  ; ;  ; /l/ ;;  ; ;;/ ;; ;; ;; ;; ;;;ll ; ;; ;; ;; ;; ;;;ll;;; ;; ;; ;; ; ; ;; ; ; ;',
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
                                                 ,r'i  !  {!! 、イニ}
                                                 il |   |_(, Uニ∧
                                                 | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,
                                                 | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
                                                 代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i:
                                                   り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
//////_;; ;; ;; ;;; ;; ; ; ; ;;;;;;;>x;;;/ ;;; ;;; ;;; ;;;; ;;;;;;;{ ;;;; ;;;; ;ラ;; ;;; ;;l ;;; ;;;; ;;;{ ;;; ;;;l /////////};;;;///ヽ;;; ;
/////////\ ; ;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;; ;;; ;;; ;;;;j-―        ――――――-----  _//////};/////ヽ;;;
__ --――――― ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ii ヾヽ ヽ               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ll  } }  .l

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 こうして、エグトナル山脈地域で始まった戦闘・・・・・・後に

 『エグトナル山脈の戦い』と呼ばれる事となるこの戦いにおいて起こった事と言えば・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



 ●戦場イベント   【1D10:8

  1:(【1D10:2】 奇数:味方、偶数:敵)の将軍の戦死
  2:(【1D10:5】 奇数:味方、偶数:敵)の将軍の離反
  3:(【1D10:4】 奇数:味方、偶数:敵)の将軍の一騎打ち
  4:(【1D10:3】 奇数:味方、偶数:敵)の将軍の離脱
  5:(【1D10:4】 奇数:味方、偶数:敵)の事故
  6:(【1D10:4】 奇数:味方、偶数:敵)の援軍
  7:(【1D10:7】 奇数:味方、偶数:敵)の奇襲
  8:(【1D10:7】 奇数:味方、偶数:敵)の突撃
  9:(【1D10:10】 奇数:味方、偶数:敵)の混乱
 10:(【1D10:9】 奇数:味方、偶数:敵)の計略


1048 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/28(水) 23:56:49 ID:UX76AN1t
突撃、突撃…皇帝が乗り移ったかな


1049 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:00:18 ID:pK8ywOYn



-─‐、|」xヽ f:.:.:._; ィ/;i;i|l/〈ミ!: , :.:.:ヽ  7¨/.:.:.:{、     // ,._∧ヘヾ-'才 ノ ./}べ>イ<ノヘ
:;:7ノ .!ト、ヽ}li、/ rイ;i;i;iLィ〉ヾ,:' .i:.斗-‐ '"`ヾニ、 〉    イ';Y{.(ニ-≧← " ヽ/' スイ´  〉ノ   ,
:;:; ,ヽ i.! ヾ;lil!  .};i;「__n__          ⊆⊇、 __     nn                  m  ...A.  .A.
'"f'’i !/,i  i',ヽ>、 └冖 !   に二二l  └‐┐ | └┘/7  UUノ゙7  ___  に二二l    _川_,n. .U.  .U.゙'''~
>' ヘ!k   , } }寸 l. ! くノ             く/.   <ノ    く/  `アi′        └'^ー‐' ○  ○
ヾ;  r)  .// ,!   .| | 彡'´>'"ヽ     r/´ト、:、:ヾ:`:>=彳/_:`ヽ:.、L': :!レーァィ彡ヘ !トx`¨  '//!    `゙'''ー ..,,,
ー-`イ`/ヽ/ イ    | |   r',、_,.才=, ト-ソX寸ヽ: ミi-‐i'"巡ぇl-':.:._z彡/彡' ' \ v/ヾ /ヾイ.:!          .`"
`` ー‐'=≠;:;:{    ! !_/Xゝ='、リ:/ヽ从∨、   \:.、-=ノ \、-彡'           /ヘ. \ .}:.:.i   . ..,,,
`ヾ:.:.:.:.:k';:;:;:;/    <!ヘY∨-‐''"i才-ヘ1 ヽ寸、i - 寸マヾ゙ ; 7ー-   _/__/ヘ_≠=;、Y:.:.;     `゙''ー ,,,
.\、 ヾ:!./:イ   〈: fゝイ才¨ ̄./イ/┴!`  ヽz⇒、≧ /: ヽ  ' ,/    ̄/¨7/ ヾ  ̄ゝィ 〉:.{             `"
  ヽヽ 、∨ ハ    才/〉':≧メ  ||./ ;    /イ;i>イ 、:/ヘ メ     /'" .:/i   \、 i  >:ノ
   ヽヽ_,∨リ,,. -、ニ:Y :/!゚:ヽ:,'; ; ' '入 !  /べ;i;{:.λ; ヾ_ヽY_   /'   / ,ハ   ヘ、_〉 }:.:{ : . .
  ≧三彡<、ヘ: !i;りヾ:-ヽ/ゝr '゙八`ー≠'"   :;ik/:.:.:T゙´ヾヘY ヽ、 ヽ \ /'.ノ! : . : :';.:.ヤ : : . : . .
,. -‐_ォ八 _,. Y:∨´`〈λ:iノメ゙ ∧ ヽ :.、 :..  / ハ:.:.:.!    l lヾ`ー 二/ヾ´.イ、 : . :.i:.:.ヤ : . : :   `'ー ,,,
./ /:}=;へ-イ:/ ;!`// i.|il!.!- '" ヽ\  、 - 、 / /.λ:.:.:v, / .l l ヾ    7/¨,.. ハ. . : .: : : . . : . .       .`''ー、.
-`∨λ:L:_:ヾ才メ´,i.!ヾL!il_!、∨  \ ー--,'べ / iー-ミヘ | !     .//'"_ _ |  : : : . : . :   、
 ノ:/:トヾr: ┐!メ ;' .!| 爻ヽツヘ∨  ヾ` ーイ=イ , 八   ヾ:i ,′  :,/イ:..´     !            ゙゙'-、、
//:i: /:>ハ/_:_:{; ィ .|| `ミミx ヽ>、  f ヽ` 、 } ,}/ .ハ    レ    .:/´   ` ヾ、. .:ヽ  . '-、             `''-、、
:_: : 才ヘλ: ; ヘ'  || ヾミミ  ',/ \ ゝ、 \∨ ヾ、:.:.:.:',     !: : : :{         }`.:.:}     `'-、
i : T: : /  У´ ヘ.\!! ,-ミ爻 i     ヽ ヽ. }、   ) .:.Y   ',:.:.:./   . .   /:.:./ . : .      .`''-、
ゞ:、!:_イヾヘ' \'; ヾ、ヾ:.:、 ミ爻,ハ     \::. :ヽ  ヾ:.:/ : . ノ:./ . : : . : . : : : . : . .        `'-,,
/ilililiア、_ノヘ\! ト'f _',、ヾ、才≠爻_,.       ー、:.:、  }:.:! : . : . .  : . : : . . : : . .             .`'-、.
ilil/、ヾ ! i ヾ`一.\- ヾ, Y/ミ{ヾイ       }:.:.ヽヾィ  : . : . .   .  .     `'-、            `'-、
'"ヾ:.:. ヾ\ヽ ヾ:. ヽ\ 入ー_ 才`}  : . : . ノ:.:.:.:i : . : . .        .\      \
   ヾ:.. `f¨¨\ヽ  ヽ\ ヾゝ _ 〉{ : : : . . :` ー '  : . :    .       \      ゙'-、
    `!ーイ   ハ ';   ヽ\ ',   〈  : . : . . : .         \          \      `'-、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・【1D10:5(味方)によって行われた【1D10:3(敵)への突撃だろう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



 ●味方

  1-4:グリーヴァス
  5-7:クーナ
  8-10:ヤルオ侯爵(軍事力に関する能力持ち。判定の内容が変化)

 ●敵

  1-4:ユイ(軍事力に関する能力持ち。判定の内容が変化)
  5-7:オフレッサー
  8-10:チサメ


1050 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 00:01:40 ID:RbuWbXFb
一気に首級を狙ったか


1051 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:06:45 ID:pK8ywOYn



                  //
            /|   //                             , 1
.   /|        / /   //          /}        /            / /
  / i|         / /   // |       / i|       / ,ィ         >、./
  ∨| il     厶_/   //  l|         /__ノ      X`ー' /        / >゙
_  //  ||     //    //  l|       //       // /        ,//
| //  ||    .//    //   |        //     //}  /        //
.i//   .||   //    //    i| /    //   //  }/,       //
//  __ ||  ,//    // _   | /    //  //!    /     //
/  /   `ヽ//  x‐///   \llf──-く/ //  |    /    //
  {     ハ_li //i{    ∧|   _ `く// \i|  //≧ く/
  {  _..=-‐r'´ // 〉   r‐く{   「 ‐==〉/  ヽ\ //    \                   __,,...
  厶イ八:::::::ゝ //__/__イ:::::r'\  入::::}    r==ハ{    -‐ヽ                  r-‐ ¨ /
  _.Уニヘ::ソ}/ ̄\\ ト-ノ  戉i:i:iト─‐ヽ_.L_ }    ヽ=ヘ             ィヽ  /
/ 八i:i:i:i:i:i:iノ≧‐-.._rっrv、  ,≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iイニニ\ }     〈 :::〉        ,。< >`"^"
ニニ二二二二二二二寸 j / 厂二二二二二二二二二人__∧ :/      ,。< >'´
`入ハl  x‐「´      <^ゝ=イi:i:i:i:i:i:} ̄ ̄ ̄ ̄/寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iく_   xrf‐fヽ>'´
_{  _i}//|  ]-‐=入__]i:i:i:i:i:i:/     /\  .寸i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}>'´ヽj_j_j_ノ|_
/ヽ// ∧   ] =[/  }i:i:i:i:i:i:i八_r==≦   ..イ ̄} 寸i:i:i:i:i:i:>'´.>'´/(ン 彡ハ
.//  / ∧  ]-=>=ヘi:i:i:i/ /  r<ヽイ     У ̄>'´>'´「  { __..イ
./}____∧  ]-‐==[ 丁 ,,,,/__/冖' ̄_r─イc<>'´ /  rー=ニニ_  ノ
  片ニニニニニ∧   ]-‐==[ | |  ⌒ヽ厂 .。c<>'´ /   /  /       ̄
 /      |   \      | L__  /.。<>'´/   /   /  /
,/      i|     \     | r'´YY }>'´ /、 /   /   /  /
      i|       \  >'ヾ)_j_jシi:i:i:i:i/iく__`ト=ニ三三三三{
        |     ..。c<>'´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:i:i:i、≧=…─--‐=≦ヽ
_____i|__ (>'´〈r=─-=ニi:i:i:i:i:/i:i:i:i:i:i:iヽ────‐/i:i:i:i:i\
   /    ヽ   | /    厂 ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ ̄ ̄ ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 開戦してから暫くの間は、

 帝国軍、そしてバイロン帝国の両軍とも一進一退の戦いを繰り広げていた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1052 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:10:35 ID:pK8ywOYn



                                                    _____
                                         __ ,....:::::´::::..`..丶-`_:::..
                                        /:::::´::::::::::ヾ:::::::::...:::..\-_::::..     _ _    ノl
                                      /::::::::::j、:::::{:::::::::丶::::::::..、:::..、=:::::....、//_::::_:}。s≦ /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ゙:::::/::/ \::..、:::::::::j::::l:::::::.、::..、 -___:::j/ ./´    /__.━━━
 _______________>─ 、__       云.゙:::::/::/    \:..、:::::l:::::::::::::::.、::∨___/ /     / ./
 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ マ≧、  { 厂 ̄ ̄´ ̄. .゙:::/::/     / \:::::l:::|::::::::.、:::::.∨/ /丶-<  /
                  ト、  ト、ミ≦ >┴─────.゙::::::,゙- 、  z==ァ、\}::::::::/::::}\::.、´__ノ__ -<i
                  ∨⌒ ∨\ミ            .,゙::/:::}ィ=x、 丶{fた7´ |::::::,::::::/= 、\-_ 7__ 。s≦|
                 /⌒ <.∨ >≦ュ___ノ. /,.:゙::::::kf又j   弋ソ  ,::::::::::::::,゙} : }ー─}´ i:::::::l::::::::
                /      .\∨      \三≦ /  :|::::::|ゞ ,       /:::::/:::::/ノ_//::::::::/   |:::::::::::::::
                }   お  //        \三≦ |:l!:::| ゝ      ///::::/ _ イ::::::::/   :|:::::::::::::::l
                 /      /}       / /丁. l:l :|:{  ___,       /::::/∧:::::::::/     :|::::::::|::::::::
                   /     / /        / /   .}.  リ |∧  -      ./:::/, ゙  Yイ       ::|_::::::|:::::::::
               / \ /  /      / /    /    .|::/. 、      .//    i::::|    _ -./::::::::::::::::.
             /   冫> ´ ̄∨ / /     /    l|リ  丶-=i ´  _____..:|_::| _。s /::::::::::::::::::::::::.
              ∨〉  /       ∨ /      {    ..l| ∨   r、γ´    _ 。s≦  ./  |::l:::::::|::::::::::::::..__
             ゝ 彡'> ´ ̄ ̄ ̄´∨      !\      |  ∨ ./|:i:| _ -、 /     /.. .. |::l:::::::___:::. ´/`,
                            ∧        |  ヾ.|\   !  ∨l≧≦  //      /、_    _j -= /´ ./::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━|   :{  \,ri一/   ∥  ./=7_r一-/:: :: :::〃-.  /. / ::::::::/:|...━
                                :   ∨ ./:: :: :>、   _ 。s≦/.. :: :: :: :: :: :: /    / . /、:::::::::::/::::|
                                         ∨、 :: :::\`´_ 。s≦:: :: :: :: ::___::/  / . /  l::::::::/_:_:_l
                                 j   //:: :: :: ::∥:: :: :: :: :: :: :: :: /////--<\/     :l::////∧

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 これに業を煮やしたのが、副司令官として帝国軍の左翼を担当していたクーナ辺境伯である。

 彼女は、一気に決着をつける為に、自ら率いた重装騎兵による

 ユイ帝率いるバイロン軍の中央部への突撃を敢行したのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1053 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:19:40 ID:pK8ywOYn



                      __
                  ::::::::::::::::::::::::::::....
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
━━━━━━.::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::.. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ./::::::::/:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::|::::::::::::::::::..::||        .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||
        .,..:::::::::/:::::::::::/::::::::::::/::::::::::::i: !::::::::::::::::::::..||       / / .>┐  \        ||:::::::::||
      /::::::::: |::::::::::: |:::::::::::/ !::::::i:::::|::|::::::::::::::::i::::::..       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
    ....':::/::::::::|::::::::::: |:::\/ |::::: |::: |::ト、::::::::::: |::i::::      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
   ..../::/:::::::::::|::::::::::: |\/-‐ :::::: |::: |::|-∨::::::::|::|::::|     |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
    ::/::::::::::::::|::::::::::: |/   |:::::::|::: |:;'   , ::::: |:;':::::,      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  .. |::|::::::::::::::_|___:::::: |     、::::|::: |'   ヾ :: |rL::::.      .|     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `.|::|:::::rf´/ } i_}:::::| 芹ミx  ヾ{;::::|芹ミx |::/|/ヽ::::.   ....「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
   ..|::|:::::{ '   { ::::: | 乂:ソ    ヾ乂ソ  ,'´: !´ }::::}  . _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
   ..ヾ;:::::{    ヽ : |              .:::::|  :::;'.            .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  ,::::::.    _}_::|       '     ,' ::::: |__}/.ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l.V::::} /__}\   `  ´  /|::::::i::|-─ヽ__.∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__.  -─//三三 \ `   _ <:::::::|::::::|:;'三三三..l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::./三三ノ/三三三三三 、  /} }\三|::/´三三三 ',.!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:> .
━ 三三ニ{ 三三三三三 l \_ノ  {ニ{三.レ |三三三三ニ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /三三三 }三三三三三| /ヾ_/\}三', 三 !三三三三ニ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 一方、クーナ辺境伯率いる重装騎兵の突撃を受ける事となった

 バイロン軍中央部を指揮する総司令官のユイ帝は、この突撃に対し・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●迎撃(軍事力に関する能力持ち。判定の内容が変化)   【1D10:7

  1-6:迎撃成功   (クーナ伯戦死判定、勝敗判定時のバイエルン・ミュンヘン帝国に補正:-15)
  7-9:迎撃不完全成功   (勝敗判定時のバイエルン・ミュンヘン帝国に補正:-1d10)
   .10:迎撃失敗   (ユイ帝戦死判定、勝敗判定時のバイエルン・ミュンヘン帝国に補正:+15)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1054 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 00:20:42 ID:bMko+EC6
なんとかやったか


1055 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:25:21 ID:pK8ywOYn



          ._    ┌。_                      _    ┌。_                   _    ┌。_
         ソ ヘ  ./  ~"'・。、                  ソ ヘ  ./  ~"'・。、               ソ ヘ  ./  ~"'・。、
        .イ_,._ハ/       iヘ              イ_,._ハ/       iヘ              .イ_,._ハ/       iヘ
  . __ィ====ノjr,,/」====┐    /ノ       __ィ====ノjr,,/」====┐    /ノ          __ィ====ノjr,,/」====┐    /ノ
 ┌'""〔 ̄{勺≫≫===========┐=r>  ...┌'""〔 ̄{勺≫≫===========┐=r>  ....┌'""〔 ̄{勺≫≫===========┐=
  ヘ_,.、r'"Ull\lUUll「 ll「!!!!!( _({__丿        .ヘ_,.、r'"Ull\lUUll「 ll「!!!!!( _({__丿        ヘ_,.、r'"Ull\lUUll「 ll「!!!!!( _({__丿
    .ll ̄llUU」ヘ\U」ヘr-‐''"  ヘヘ        ll ̄llUU」ヘ\U」ヘr-‐''"  ヘヘ           ll ̄llUU」ヘ\U」ヘr-‐''"  ヘヘ
   .└===lUUUUヘlU ソ  .ll    i j         └===lUUUUヘlU ソ  .ll    i j         .└===lUUUUヘlU ソ  .ll    i j
       .ヘUUUUlUヘj\┘   .ノ/           ヘUUUUlUヘj\┘   .ノ/              ヘUUUUlUヘj\┘   .ノ/
       .,.、.∽(0)∽lclヘ \,.。*・'゙              ,.、.∽(0)∽lclヘ \,.。*・'゙              .,.、.∽(0)∽lclヘ \,.。*・'゙
       .ヘヘヘヘ//二二ノ └'                  ヘヘヘヘ//二二ノ └'               ヘヘヘヘ//二二ノ └'

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・前もって準備していた馬防杭と長射程を誇る長弓を用いる事で迎撃を行った。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1056 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 00:28:54 ID:IkKMkqaH
それでも勝敗判定にマイナス補正かかるのは痛いな

1057 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 00:30:00 ID:Z5HJSOe8
ロングボウ持ってるとかずるいなーw
あれかなり熟達しないと撃てない

1058 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 00:30:25 ID:MXbDO2Om
唯ちゃんのところはきついなあ
他の二人に攻撃しないと


1060 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:43:02 ID:pK8ywOYn



                            n.____    n.____               _    _        __
                            |┌‐┘   |┌‐┘  _,ノフ   _,ノフ   ,ノ /  ,ノ /  に二二l └┘/7
                            L.二コ   L.二コ  レL!    レL!   └1_|  └1_|          <ノ
                      ヾ〈ヽミh、、
                    -=ミ〉ー' ヵ≧ァ‐、、
                  -=ミミア::::寸zzzz彡-、_`Y
                      ミミア:::::::ヽ,,,,、、‐''´::汽ソ
          , - 、     ミミミ,'::::::::〃:ヽ:::: イ/
            {///}      ミミ,':::::/:::::::::ヘ /               お、落ち着・・・・・・うわぁああぁぁあ!?
           〈/ア\_   ミミリ:/::::::::::::::.#(ニ+======《《《
          {/\_{ニニニニ>:::::::::::::::::::::.};;{.>‐―‐ 、
.            V//////_ミ/:::::/:::::::::::/:.};{.,,、::''´::/::::}
            V//////∧::::ゝ::::::::::/::::.{{ :::::_/:::::::}_
           _ゝ//イ///}::::::::::::::::廴 ;,,ィヘ:::::::::::,イ::::::::Y
           >‐'\ |/// 寸::::::::::::::::::::::::V∧:::/>‐i:::::|
          〈:i:i:/:i:i:i:|/ハ::::::::::::寸::::::::::::::/´∨/´ ,、、l::::::|
         /:::::::::::::::::`寸〉::::::::::::::寸:::::/    /ハ::::::::::/
        ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ア.      {//}::ァ'´
       l:::::::::::::::::::``ヽ:::::::::::::::::::::::::,ィ≧      ゞ‐'′
        ハ:::::::::::::::::::::::::::',::::::::::::ァ''´  ̄ ̄
.       {:::::::丶、、:::::::::::::ノ:::::::イ、        . ’   メ
      /ハ::::::::::::,:::‐:::、:/::::::::::::::}         (
       l:i:i:i:ト、、:/:::::::::,イ::::::::::::::/         丶   ,
       l:i:i:i:i', ,::::::::/ー气::::::::}
.        l:i:i:i:iヘ〈:::::::ヽ  /::::::::ノ            ,、<ニニニニ
        l:i:i:i:i:iヘヽ:::::::\!:::::::::{        _,,、<ニニニニニニ
.        ',:i:i:i:i:i:iヘヽ:::::::::\::::::\  _  -=ニニニニニニニニニニ
.        V:i:i:i:i:i:iヘヽ::::::_ -=ニ二二二二二二二二二二二二
        V:i:,、-=≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その結果、クーナ辺境伯率いる重装騎兵は、元々から重装甲の為に機動に劣り、

 さらに突撃先が山の斜面だった事もあり、思うように移動が出来なかった結果、

 山の斜面から雨あられのように矢を撃たれ続け、大打撃を受けて撤退する羽目に陥ったのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1061 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:57:08 ID:pK8ywOYn



                      __
                  ::::::::::::::::::::::::::::....
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
━━━━━━.::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::.. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ./::::::::/:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::|::::::::::::::::::..::||        .  ´__ `ヽ        ||:::::::::||
        .,..:::::::::/:::::::::::/::::::::::::/::::::::::::i: !::::::::::::::::::::..||       / / .>┐  \        ||:::::::::||
      /::::::::: |::::::::::: |:::::::::::/ !::::::i:::::|::|::::::::::::::::i::::::..       ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',       ||:::::::::||       __
    ....':::/::::::::|::::::::::: |:::\/ |::::: |::: |::ト、::::::::::: |::i::::      |     ||:::::::|  |:::|| |       .||:::::::::||   .  ´__ `ヽ
   ..../::/:::::::::::|::::::::::: |\/-‐ :::::: |::: |::|-∨::::::::|::|::::|     |     ||:::::│  |:::|| |       .||:::::::::||  / / .>┐  \
    ::/::::::::::::::|::::::::::: |/   |:::::::|::: |:;'   , ::::: |:;':::::,      |     |l:::::: 廴ノ ::|| |       .||:::::::::|l ,r==ミ|:::::::|  |::.. ',
  .. |::|::::::::::::::_|___:::::: |     、::::|::: |'   ヾ :: |rL::::.      .|     \ :::::::::::::/ |       .||:::::::::|| |     ||:::::::|  |:::|| |
/ `.|::|:::::rf´/ } i_}:::::| 芹ミx  ヾ{;::::|芹ミx |::/|/ヽ::::.   ....「二> 、   |::::::::::::|  .!     ||:::::::::|| |     ||:::::│  |:::|| |
   ..|::|:::::{ '   { ::::: | 乂:ソ    ヾ乂ソ  ,'´: !´ }::::}  . _/>─ ヽ \:::/ /     .||:::::::::|| |     |l:::::: 廴ノ ::|| |
   ..ヾ;:::::{    ヽ : |              .:::::|  :::;'.            .∧__∧      ||:::::::::|| |     \ :::::::::::::/ |
 ̄ ヽ  ,::::::.    _}_::|       '     ,' ::::: |__}/.ヽ           ヽ  l /:> .   .||:::::::::|| 「二> 、   |::::::::::::|  .!
    \.l.V::::} /__}\   `  ´  /|::::::i::|-─ヽ__.∨          ', lイ     \  .||:::::::::||_/>─ ヽ \:::/ /
__.  -─//三三 \ `   _ <:::::::|::::::|:;'三三三..l      | ̄ヽ   | l |  l ̄l .∧ .||:::::::::||.        .∧__∧
/::::::./三三ノ/三三三三三 、  /} }\三|::/´三三三 ',.!.    ∧   ',  l l l  / /  | ||:::::::::|| `ヽ       ヽ  l /:> .
━ 三三ニ{ 三三三三三 l \_ノ  {ニ{三.レ |三三三三ニ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /三三三 }三三三三三| /ヾ_/\}三', 三 !三三三三ニ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 このような一方的な展開に陥ったのは、山と言う環境もあるが、

 もう一つ、研究者の間では定説となっている説が、ユイ帝率いるバイロン帝国軍が、

 志願と徴収によって編成された常備兵が、主力だった為という説である。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1062 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 00:58:29 ID:pK8ywOYn



          ._    ┌。_                      _    ┌。_                   _    ┌。_
         ソ ヘ  ./  ~"'・。、                  ソ ヘ  ./  ~"'・。、               ソ ヘ  ./  ~"'・。、
        .イ_,._ハ/       iヘ              イ_,._ハ/       iヘ              .イ_,._ハ/       iヘ
  . __ィ====ノjr,,/」====┐    /ノ       __ィ====ノjr,,/」====┐    /ノ          __ィ====ノjr,,/」====┐    /ノ
 ┌'""〔 ̄{勺≫≫===========┐=r>  ...┌'""〔 ̄{勺≫≫===========┐=r>  ....┌'""〔 ̄{勺≫≫===========┐=
  ヘ_,.、r'"Ull\lUUll「 ll「!!!!!( _({__丿        .ヘ_,.、r'"Ull\lUUll「 ll「!!!!!( _({__丿        ヘ_,.、r'"Ull\lUUll「 ll「!!!!!( _({__丿
    .ll ̄llUU」ヘ\U」ヘr-‐''"  ヘヘ        ll ̄llUU」ヘ\U」ヘr-‐''"  ヘヘ           ll ̄llUU」ヘ\U」ヘr-‐''"  ヘヘ
   .└===lUUUUヘlU ソ  .ll    i j         └===lUUUUヘlU ソ  .ll    i j         .└===lUUUUヘlU ソ  .ll    i j
       .ヘUUUUlUヘj\┘   .ノ/           ヘUUUUlUヘj\┘   .ノ/              ヘUUUUlUヘj\┘   .ノ/
       .,.、.∽(0)∽lclヘ \,.。*・'゙              ,.、.∽(0)∽lclヘ \,.。*・'゙              .,.、.∽(0)∽lclヘ \,.。*・'゙
       .ヘヘヘヘ//二二ノ └'                  ヘヘヘヘ//二二ノ └'               ヘヘヘヘ//二二ノ └'

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 当時のバイロン帝国軍は、バイエルン・ミュンヘン帝国を始めとする他の国家と違い、

 通常は農業を行っていた農民兵や金で雇われた傭兵と違い、志願や徴収による専業の兵士を運用していた。

 その結果、戦闘訓練に長い時間を掛けることができ、

 迅速な陣地構築や長い訓練を必要とする長弓を運用できたのだというのがこの説で、

 現在の研究者の間で一定の支持を集めている説でもある。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


1063 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:01:07 ID:fmJ4mS2z
をい重騎兵、お前弓矢防げんなら存在価値無いやろ重騎兵。

1064 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:10:18 ID:XwBZDjSp
>>1063
山岳だったのが痛かったのだろうなあ。

1065 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:11:22 ID:IkKMkqaH
重装甲(弓矢を防げるとは言っていない)
しかも上からの射撃だと重力も加算されて落下スピードと貫通力が上がるっていうね・・・


1068 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 01:13:49 ID:pK8ywOYn



;;;;;;;;;;;;  ヾ i    ,,, j l ..l                    { /    l  ;;;;;/ ;;; シ   /  / /:;;;;:;;:;:;:.,イ 彡
、   `   ヘ ;;;;;;;;;;;  } l l                /;|   シ   ;|  7,/   / .シ  /;;;;;;;;;;  / r-m、
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
;;::. / : /=/  i: :.|ヽ: :! \:.ィ: : ヽ : : : : : : : ',                                      .
、;;;/: : :i: :ト 、 ト、:.! ヽ!/ \ : : !: : : : : : : : !                                      .
;; ,': : : ハ: | `T ヾ   ィf心ヽ: | : : : : : : : :|                                      .
;;;.|: !: :!: :N. /fてi       トじ} 〉リ:: : : : :!: : : !                                      .
、;.!: !: :!: :ハ ヽVxリ       ゞ''  | : : : : :|: : : :!                                      .
;; | |: : !: : ハ ,,,,¨  '     "" ハ : : : :.i: : : :!                                      .
三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ===========───────
;;;;; ;;; ;; ;;;;; ;;/ /八`ー-y ; :::::: ;;;;;;lニヽ l;;;;彡 -‐'  ' ; ; ; ./|;;; ;;,r- ;; ;; ,' ;; ;;; ;; ;ll;; ;;; ;; -<;;ll ;; ;;;; ;;;; ;; ;; ;;;ヽ;
;; ;; ;;;;; ;;;; ;/ /;;{;; ;l;;;;;;;;;;;\;; ;;; ;; ;;;Y- ;;l, ;;;;; ; ;  ; ;  ; /l/ ;;  ; ;;/ ;; ;; ;; ;; ;;;ll ; ;; ;; ;; ;; ;;;ll;;; ;; ;; ;; ; ; ;; ; ; ;',
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
                                                 ,r'i  !  {!! 、イニ}
                                                 il |   |_(, Uニ∧
                                                 | {゚)  フ;;゚イ} Y ヘ ,
                                                 | ィ,   ゛ッ 、「(,:::::゙i_
                                                 代゙i   V ハ| ヘフ:::゙i:
                                                   り゙iiiiiV ハ Y狐゙i゙i  _ _
───────===========ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ三三三三三三三三三三三三三
//////_;; ;; ;; ;;; ;; ; ; ; ;;;;;;;>x;;;/ ;;; ;;; ;;; ;;;; ;;;;;;;{ ;;;; ;;;; ;ラ;; ;;; ;;l ;;; ;;;; ;;;{ ;;; ;;;l /////////};;;;///ヽ;;; ;
/////////\ ; ;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;; ;;; ;;; ;;;;j-―        ――――――-----  _//////};/////ヽ;;;
__ --――――― ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ii ヾヽ ヽ               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ll  } }  .l

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・さて、こうしてクーナ辺境伯の突撃とユイ帝のそれに対する迎撃という出来事が起こった

 『エグトナル山脈の戦い』であるが、最終的な勝利は・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●勝敗判定(勝敗は、戦力値の大小で決定します)
   .戦力値の計算方法は、以下の通り。
   .(【1d軍事値】 +【キャラ能力(副司令時、0.5倍)】 +【戦場イベント補正】 +【その他の補正】) *将軍数 =戦力値


  味方戦力値:(【1D70:10】 +(+10+【1D15:10】)*0.5 -【1D10:5】)*3

  敵戦力値:(【1D39:30】 +10+【1D15:2】)*3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


1069 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:16:05 ID:fmJ4mS2z
負けた?

1071 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:18:08 ID:IkKMkqaH
味方の戦力値腐りすぎだろ

1074 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:23:43 ID:MXbDO2Om
腐ったなあ…
前作も含めて始めての戦争で負けたかあ

1075 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:25:08 ID:fmJ4mS2z
す、衰退するスレだし(目逸らし

1076 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:26:45 ID:mohUgcxk
常備軍には勝てなかったよ・・・


1078 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 01:28:44 ID:pK8ywOYn



                    -─ ─-
                ...: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ` ::...
              / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::\
              ..: :: :/ :: ;/:: :::|:: :: :: :: :: :: :: :: 、 :: :ヽ
            /:: :: ::/:: : |:: :::|、 :: :: :: :: ::', :: :: ', :: :::'
             / :/:: /:: :: :/!::: ::|\::: :: :: ::|:: :: :::!:: :: ::.
           .: ::i ::|:: ::/|:: :: |_ ', :: :: :: |:: : :: | :: :: ::i
          |:: ::|:: ::|:: ::;'‐| : !/   ヽ :: :: |:: :: : |:: :: :: |
          |:: ::|:: ::|: :,'   |:: ::|     \!::|:: :: : |:: :: :: |     これは・・・・・・勝ったね。
          |:: ::|:: ::|:/   ';: :,'    xテミ V! :: :: :|_:: :: ::|
          |:: ::|:: ::|' xテミxV     {イ :: ||:: :: :::| , :: :|     これでまぁ、一安心って所かな・・・・・・。
          |:: ::|::|::|  | {イ:::'       乂::ノ.! :: :: :|. }:::|
          |:: ::|::|::|::.  乂ノ          |:: :: :::|,ノ:: : |
          |:: ::|::リ:: ::.       ,        |:: :: :::|:: ::i : |
          |:: ::|:: :: :::|:::.              |:: :: :/ :: :|:: | r‐─、
          |:: ::|:: :: :::|:: :ヽ    ー   ./|:: ::/|:: ::|/ r==ヽ
          |:: ::|:: :: :::|:: i :: :: >r _  ´   |:::/ .|:: :/|/  |{r─  '
              \:| |:: !/\// \  _ / |/}ヽ,レ'    |{ { ̄   |
          _`ヽ|\| __/ニ|  ∧∧   /三|三ニニニ | ヽ{   !
         /三三 ̄ ̄ /三 | / r/ rヽ  ./三: |三三三ニヽ {  |
        /三三三三三/三ニ!/ // i | } i ./三三!三三三r‐ } `  |_
        '三三三三ニ〈三三 { {_// | |_} vニニニ|三三三|三三三`‐ニ }

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・ユイ帝率いるバイロン帝国軍が、掴むこととなった・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 味方戦力値:≪【10(軍事値)】 +【10(キャラ能力補正)】 -【5(戦場イベント補正)】≫ *【3(将軍数)】 =45
 敵戦力値:≪【30(軍事値)】 +【12(キャラ能力補正)】≫ *【3(将軍数)】 =126

 敵(バイロン帝国軍)の勝利……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !


1079 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 01:30:30 ID:pK8ywOYn


 今回は、ここまでです。

 次回は、3/29(木) 21:00から行います。


1082 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:32:00 ID:MXbDO2Om


これ、敗走から追撃されたら将軍クラスでも死ぬかも
敗戦の影響も心配

1083 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:32:36 ID:fmJ4mS2z
乙でしたー、さてこの後の処理がどうなるか

1084 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:34:03 ID:hHKfbK64
一回の戦いで終わるかもわからないしな

1085 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:36:19 ID:mohUgcxk
遠征軍の軍事力が70だからな
中央も負けるわけないと思っていただろう

1086 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:37:09 ID:IkKMkqaH
乙でした

敗戦の影響はどうなるんだろう?



1080 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/29(木) 01:31:12 ID:hHKfbK64

見返してたが、>>565で軍事力が74、>>686の幼少が1.5倍でマイナス6だから軍事力は68?


1098 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/29(木) 20:58:24 ID:pK8ywOYn


 >>1080
 幼少は、専制君主制の効果に含まれません。
 説明が無く、申し訳ありませんでした。



 また、前回、バイロン帝国の軍事力は、
 【39】としていましたが、【39】では無く、【50】でした。
 数値の超過では無く、数値の過小の為、やり直しは致しません。
 申し訳ありませんでした。

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ブラウザによって関連記事に新しい記事が表示されなかったりしているようです。
見かけたらお知らせください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング