スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……


ACR WEBさんの人気ページランキングが表示されていないようなので、仮設置としてi2iさんのサイト内ランキングを設置してみています。※集計期間をACR WEBさんの方と変えてあります

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

衰退帝国 2

目次

99 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:06:52 ID:izko9F3V


 それでは、始めていきましょう。

 何方かいらっしゃいますか?


100 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 21:07:23 ID:/YHKOvTZ


101 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 21:07:33 ID:DvH9ZEOG


102 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 21:07:35 ID:zpbi8Az3


103 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:13:05 ID:izko9F3V


 いらっしゃられるようなので始めていきたいと思います。




104 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:13:33 ID:izko9F3V



                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !


105 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:13:53 ID:izko9F3V



             ト / \ .ノ   ./     ∨ ∨   ∨    :|
             ヽ ‐     ./       .∨ ∨   ∨  .'
               乂‐---< -― 、   .'         ,'
             | ;|  :| |   /;| | ∨ ∨    ;|     .∨
             | :!  :|ヽ',   { |/‐- ∨   :| |  ̄\  ∨
             | ;| | | ヾ\乂 r七千ヘ!   | |\  :∨;  \ヽ
              i! ∨'′z   ′-,, ´  |:/ | | /   | ∨ト 乂
              .|  イュソ       /  | |/ ./ ソ  .}> ≧s
              :| :|  |,,,       /    :|ヽ|<ニイ>: : : : r寸:/
              :|: | \:.   '`   /     :|   ≧s。 r寸  イ
              :| :|  .Oo。   |   イ/ /  ̄ \   / イ
              :||/ i   r‐=≧千⌒ヽ` ノ      \∨   \
                :|ヽノf ヽ マ-=∨   /!        \
                \ノ .,'  Y  寸  / :!     ;r   ∨ヽ
                  rミト  |ヽシ\ ./  :.  __!::::.  ∨ |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
┃国家名:バイエルン・ミュンヘン帝国           .┃国家体制:専制君主制    ....┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┫
┃君主名:サンゴウ帝                    .┃帝国歴:283年..(建国歴:164年)┃
┣━━━━━┳━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┫
┃....性別:女....┃  年齢:008歳  ┃  治世:001年  ┃人物志向:改革志向      ..┃
┣━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┫
┃能力:内政家(【幼少】の為、封印)           ┃◎主能力 団結度:085/085.......┃
┃能力:カリスマ(【幼少】の為、封印)          ┃         効率度:100/100.......┃
┃能力:幼少(全主能力年代経過時:-1d6)        ┃         関心度:100/100.......┃
┃能力:天才(全副能力判定時:+10+1d15)        ┃◎副能力 経済力:093/093.......┃
┃能力:浪費家(経済力判定時:-10-1d15)        ┃         軍事力:093/093.......┃
┃能力:追従者(皇帝と同一志向時、効果増減+-1)...┃         威信力:100/100.......┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┛

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・さて、サンゴウ帝が即位し、ロック侯爵が後見人となった帝国歴283年(建国歴164年)。

 この年起こった事とは・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●イベント表   【1D30:12

  1:災害が発生。            11:人物が世に出る。        21:使節団が来る。
  2:人災が発生。            12:文化が流行する。        22:商人たちの影響力拡大。
  3:戦争の気配が……。      13:治安が悪化する。        23:軍人たちの影響力拡大。
  4:内乱の気配が……。      14:治安が改善する。        24:宗教家たちの影響力拡大。
  5:派閥抗争の気配が……。  15:提言が行われる。      .25:スキャンダルが発覚する。
  6:豊作の発生。            16:貴族たちの影響力拡大。  26:皇帝の勅命が降りる。
  7:新資源の発見。          17:官僚たちの影響力拡大。  27:皇帝に変化が……
  8:新産業の勃興。          18:農民たちの影響力拡大。  28:臣下に変化が……
  9:景気が拡大する。        .19:流言が流れる。        .29:外国に変化が……
 10:景気が縮小する。        .20:外交を行う。          .30:安価

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


112 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:25:45 ID:izko9F3V



      /ミ,,彡、ゞ,ミハ
     Yミハ,,ソ'_.z、ノ
      〉ミゝ''  .`、」
     ミリゝ;;::::...テ
      ソ}',  `-イ ,ィニヽ,
     ,. イ ', :: .人'" ミヽ. ヽ
  ィ´  -‐'' -、 ー ``'\:::::..ヘ                                   __      __
...,'      `ヽ''" : : : }`Y::::ヘ                                  j{ }     { {i
..{:..  Y.....。. . ._人...: : ゚.ノ:::. }::::::.ヘ                                ___j{__j{_____}i__}i___
..}'"´. ハ::-‐''´......,,,、 : : }.\{::::::::: }                                |                     |
.{   ,ヘ:::......::;'" .;;.. ..::|  \::::;ノ                           |                     |
,' 'Y::ノ .ヘ:-:-''"´   :ゞ{    `´                              |                     |
{. `{  /  :;.:.:.:.:゚:.:、:;; .Y                                |                     |
|:.  .', .}::ヾ、;;::.:.:.:.:.:.:.:.;ノ::|            Vk、                       |                     |
';::. / .}:.  ヾ:::;;;;;;;:::::ィ'''{           .Vト、` ー 、                   |                     |
..',:. .{ /:::.   Yr v'"   |          Vk `ー、 i                |                     |
                          Vk   l/                |                     |
                          Vk          ./二二二二7. ┌┴───────── ─┴┐
                         〆 .〉        .//___.//    ̄ ̄j{ j{ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄{i {i ̄ ̄
                        /   ノ        ./ ―――‐ /      .j{ j{.      | |.      {i {i
                        ゝ- ´       //     //        .j{ j{      | |     {i {i
                             , -‐-v./  , -‐-v./      .j{ j{_____| |_____{i {i
                                  《   .ノ  《   .ノ       .j{ j{'――― | | ―――'{i {i
                                    ̄      ̄         j{ j{       |_|       {i {i
                                              j{ j{                {i {i
                                                  j{ j{               {i {i
                                              `¨´               `¨´

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・『バイエルン・ミュンヘン帝国』で文化が流行した事であろう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


113 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 21:28:00 ID:/YHKOvTZ
派手好きなロックも影響してそうだ

114 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 21:30:31 ID:w4o3eegy
文化は経済を回すぞ

116 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 21:32:47 ID:+qQBkVsl
金に余裕が有ると文化が活性化するのは必然。


117 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:39:27 ID:izko9F3V



             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\<、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:.||{}i        i{}||[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::.||{}i        i{}||.//\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7. ||{}i        i{}||./. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|.||{}i        i{}||         ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У ||{}i   〃`'''ヽ i{}||       /.:.:.:./```ハ.:. :. :.:. ``ヽ.
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::.||{}i    {{ ` ,'' }} . {}||      ,.イ.:.:.:.ノノ   /ハハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
: :<7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|  ||{}i   ,.ハ`ニ' ノノ i{}||     jハ.:.:,ィイ   ′  ヾ.: . :.: .: .:ヽ
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :,. '"´  ̄`ヽ  ̄`ヽ          ||,r‐‐ ' li.:.:.:.:./ム i{}||      ヾ{ 二ヽ ー='´__  ヽ.: .:.lii.:.:.i
: :|ェl:.A. トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L::./        \  \      /     VハハV  ̄`ヽ     /:,′ ¨7  ``  ̄``  V.:lii.:.:.:l
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′     /           ヽ  ヽ    /   ,.ィつハハハ   リ  '、   ,'.:.{   〈 .. .,、      ハ:.:.:.:.:.ヽ
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '.  / /        ,r'ニミ彡ミヽヽ.   /  _,ム/  ソll: :::ll  /   i   {.:.:.!  ,r=== 、_,    ハl.: .: .: .:.ヽ
: :|ェ|:|;'|::|       / /        ,.ィ彡'     ',  ',  L ____ノ´  ll::::::ll,. イ   l   l.:.:.l  ヽ ___ノ  , '  _ ノ.:.:.l.:l:.:l:.:l!
: :|ェ|:|;;レ'        :/      ,.ィィ彡'′      l l l l  (  ()   /.:.:ハ.:/ Vノノ イ    ',.:.:.',        /,.: .:. :l .:l :. :/
: :|ェレ         /.:/.:/.:.:./ 乍彡'、、、,,_     ,,,,,iソノノ   /.:.:.:.:`V:.:.:.:.:./ハハ/.:.:.:.:.:!      ヾ.:ヽ    __ /  i.: l:l :l: :l: /
/       '. .VV/.:.:.:ヽU〈   ==`′ ,r==イjjjj!    l.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ヾ「¨¨¨´     .: .: .l :/
              ``ヾ彡'ゝ1     "´ l!  ノソソ     ヽ.:.:.:.:.:ノ`Y´YY ハ.:.:.:.:.:ノ      / L    ,. '´  ``く
              , .ィ 〈   {      ,__」  /        l  ',.:.:ノ________/⌒7  _ _,.. イ  /⌒ヽ"´      /```'''''
             .:.:.::l  ヽ  ヽ    r---ァ/         l   l     ,.ィ "´. :. :. :. :.: .:l/     ヽ    / . :. :.: .: .: .
             .:.:.:.:l   \.  \   `ニ./.:.:.`丶、       ',  l    /:./. :. :. :. :. :. :. :./       ヽ /. :. :. :. :. :. :. :. :
             .:.:.::.:l     \  ヽ __/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:`丶、    i.  l.   /.:/. :. :. :.: .: .: .:/        ,. イ. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この背景には、絶頂期を過ぎたといえども豊かな経済を持つこの地方で最大の大国であった

 『バイエルン・ミュンヘン帝国』という基盤と、この帝国が多く存在していた貴族層が、関係しているとされる。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


118 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:48:42 ID:izko9F3V



              _ ,,..  ..,,_
              ,. '"      ヽ ヽ.`ヽ.
             /   ,. ''"```ヾ.,, リノ,;.ヽ
         ,彡'´ /       `´ ヾミi
.          ,彡'´ i   ,."´_   ー  、゙il                ,,.. -= ニニ二二≧:.、
        ,彡' ´ {  ,,.--,,、`''ー- ‐  l!                  /ニ,.==ニミニニミミミム
          /   彡〉  =-ャェュ≧く ァ≦'',ハ              ゞ''´   ヾ三ミニニミミム
       { 彡ィi lミl   ` ̄´ { : 寸¨〈,リ                 !      }三三ニニミミi
          '///ゝ`lミl ヽ.      ; i i.  ノ'              i_,<⌒   ヾ三三三三ミ|
        '///〉ーl   !    ' ‐ r‐' 1                 / セフ_    lミl  マ三三リ
         ゙i//,! l.     , -====、  !                /         リ  ,ム-'/⌒ヽ__
     <二¨`ヾ/! ',\    `"¨¨ ´ ,.'                '__-;         r-く三ム  ,! ,!
___{   `Yム'!.,,__  \         /                   (ミヽ_,. i   / : ゞミム._,! 〈
       ̄`ヽ/,!¨¨'''' ‐-¨ニ≧ー,_-- イ、                 ヾ`    ,ノ  ;   ,!三l ハヽ'、
 ̄| ̄l¨¨iーr‐'iム 、   r‐v' r‐、ヽ`Y´‐'、- ──── --      .〈_,,..ィ´   ,,. z≦:ヘミl,、 ', 〈
彡l彡l彡l彡l彡!⌒ヽ`ヽ.__,) }‐'  } ,! .| i´'イ-.r‐┬‐r‐┬‐r‐┬        .}ゝヽr''´ <´  /ム,ミミムッ、
彡l彡l彡l彡l彡!`丶、` ー-.<,, ノ ,:! .| ! {彡l彡l彡l彡l彡l彡l      ._   ,〉^i.l.|.l.i⌒u (_,ノ/ ,.ィ'゙≦'ッ,、_,..、__,..、
                                  _ ,..,_,.ァ-((''" lゞノ.|.|.l 、_,, イ,'ィ'<   ,// // ,//゙ア,¨ヽ
                                   ,.-,//7///  ヽ、 i ーノノ ゝ- ,/´    ` // // ,//ンノニム
                                  {(_,l l_l l_l l_   ヽ!/,'⌒',∨/    ,. -‐'_‐ニ ニ¨ =<ニニニム
                               /iニニニニニム゙「! ノl {.  } l {  )i/;≦ニニニニ/ニニニニニニム
                               ニ!ニニニニニムゞニ人ゝ..ノ人 ー'ノ /ニニニニニiニニニニニニニi



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 特にこの時代の『バイエルン・ミュンヘン帝国』時代の文化の担い手は、

 帝国に多数の存在していた貴族たちであった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


119 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 21:54:04 ID:izko9F3V



                         ||{}i        i{}||
                         ||{}i        i{}||         ,. '"´ ̄ ̄``ヽ、
                         ||{}i   〃`'''ヽ i{}||       /.:.:.:./```ハ.:. :. :.:. ``ヽ
                         ||{}i    {{ ` ,'' }} . {}||      ,.イ.:.:.:.ノノ   /ハハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                         ||{}i   ,.ハ`ニ' ノノ i{}||     jハ.:.:,ィイ   ′  ヾ.: . :.: .: .:ヽ
       ,. '"´  ̄`ヽ  ̄`ヽ          ||,r‐‐ ' li.:.:.:.:./ム i{}||      ヾ{ 二ヽ ー='´__  ヽ.: .:.lii.:.:.i
     /        \  \      /     VハハV  ̄`ヽ     /:,′ ¨7  ``  ̄``  V.:lii.:.:.:l
    /           ヽ  ヽ    /   ,.ィつハハハ   リ  '、   ,'.:.{   〈 .. .,、      ハ:.:.:.:.:.ヽ
  / /        ,r'ニミ彡ミヽヽ.   /  _,ム/  ソll: :::ll  /   i   {.:.:.!  ,r=== 、_,    ハl.: .: .: .:.ヽ
 / /        ,.ィ彡'     ',  ',  L ____ノ´  ll::::::ll,. イ   l   l.:.:.l  ヽ ___ノ  , '  _ ノ.:.:.l.:l:.:l:.:l!
 .:/      ,.ィィ彡'′      l l l l  (  ()   /.:.:ハ.:/ Vノノ イ    ',.:.:.',        /,.: .:. :l .:l :. :/
 /.:/.:/.:.:./ 乍彡'、、、,,_     ,,,,,iソノノ   /.:.:.:.:`V:.:.:.:.:./ハハ/.:.:.:.:.:!      ヾ.:ヽ    __ /  i.: l:l :l: :l: /
 VV/.:.:.:ヽU〈   ==`′ ,r==イjjjj!    l.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      ヾ「¨¨¨´     .: .: .l :/
  ``ヾ彡'ゝ1     "´ l!  ノソソ     ヽ.:.:.:.:.:ノ`Y´YY ハ.:.:.:.:.:ノ      / L    ,. '´  ``く
  , .ィ 〈   {      ,__」  /        l  ',.:.:ノ________/⌒7  _ _,.. イ  /⌒ヽ"´      /```'''''
 .:.:.::l  ヽ  ヽ    r---ァ/         l   l     ,.ィ "´. :. :. :. :.: .:l/     ヽ    / . :. :.: .: .: .
 .:.:.:.:l   \.  \   `ニ./.:.:.`丶、       ',  l    /:./. :. :. :. :. :. :. :./       ヽ /. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.::.:l     \  ヽ __/.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:`丶、    i.  l.   /.:/. :. :. :.: .: .: .:/        ,. イ. :. :. :. :. :. :. : .: .: .:
 .:.:.:.:.:l      \_/  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lヽ   l  l  /.:.,′.: . :. :. :. :. :.`7~~~~~~~~~~~~ト、/.: .: .: .: .: .: .: .: .: . :.
 .:.:.:.:.:.ト、    ,.イ((  ハ l.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.r==== .A.、 /.:.:,′.: .: .: .:. : .:. `7ーー ー ー ーー ーV.: . :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:l \/// `ー' V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     l lノ.:.:.:.:.i .: .: .: .: .: .: .:.:7ーー ー ー ー ー ーV. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :
 .:.:.:.:.:.:.l   //     ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:( ̄`ヽ ,.イl.:.:.:.:.:.:l. :. :. :. :. :. :. :. :7~~~~~~~~~~~~~ V.: .: .: .:. :. :. :. :. :. :.


┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 彼らは、広狭の違いがあれど自己の領地を持ち、そこから徴収される税によって

 優雅な暮らしをおくっていた事が、この時代の資料から見て取れる。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


121 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 22:02:26 ID:izko9F3V



                                 l´l ,ハ l'l
                            l l l i l l
                                ヽヘ/ ゙ヾl ィ〉
                                  ll = =ヽl"
                                  ヽ ‐ ィ
                           _ィ;ヘ `´/ヽ 、
                                iXメ O C xヽl、
                             //´7,) 、 o@c dハ
                       /,l、ニイi t テiヽ// ナi ヘ
                       ' イーメ、l ヽl ヘ // /ハ  、
                       〈li i iノl/´ l T l ヘー li / ヽ
                             ミ≧i /、l l  l  lヘ' \ イヽ
                        |_| //i l  l  l ヘ  li ヘ
                        i=i 〈/_i_l_ _l   l iヘ  li iヽl
                        |: l K' l l`l `ヽl 〉-lzミハ
                        |: | i  l i| l     l´ ̄i‐ti ヘ
                        |: l i  l i l l   li  l i゙ ハ
                        |: l l  l l l l    ハ  〉、`l ヘ
                        |: l |  l l l l':, , :.ヘ .〈 (li i  i
                        |: l l  l l l l/i i, '.ヘ  >' i  l
                        |: l l,.l l l l l/i i/ ヘ / , 〈l l
                        |: l i/ li l l l/i l///ヘl i ヘ ノ
                        |: l i l l l l/l l//>ヘ l  l.l
                             /三ヘl,l_l≦ミl l/i l/,lヽ ヘ  ハ
                       i三三三三三三三三三三三三三i



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その為、この時代の文化は、貴族的な柔らかな優雅さ優美さを持ち、

 そして何より豪華な事が特色としてよく知られている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


122 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 22:14:01 ID:izko9F3V



     _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::|         `ミ:::::::::::::::::::∧
.       /::::::/ :::::: /:::i:i:::|     ___ _ ミ:::::::::::::::::::::ハ
      /::::::/::::::::!厶斗|:::|    ´ __    __ `Y:::::::::::::::::::.ハ
.      /:::/!::!::::升!ハ!八i     ‐一;竓妙゙   j::::/ん`V:::./
     //  |:从:{  _,..ュト、       ` ¨´    └〈 い.:):./
     ′   iハハ´ _殄' }             イ ノ:./
.        i  ! i    ノ             しイ::./          ふむ、この文化は・・・・・・
           '.   ヽ             r</
               ' .,               ノ   ',
               ヽ    マ⌒ヽ              \ _
                  \   `ー'’     /      _, ´ ヽ_
                 、  ´      /    .,- ´   /\
                      > __ .. ィ    ,.-´    /::::::::/⌒`::ー::..、._
                       ノj  /´     /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::
                     ////      /:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::
                   /:::://;;ヘ       /::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::
                 _<:::::::://;;;;;;;;;ヘ     ∧:::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::
             .,、<´:\::/::/;;;;;;;;;;;;;∧   /::::ヘ;::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::
            /´:::::::::::::::/::::::/∨ヘ;;/ ヘ /::::::::::.ヘ;/::::::::::::::::::::::::::::::::::



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 これらの貴族たちを中心に広がる新たな文化に対し、サンゴウ帝の後見人たるロック侯爵は・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●対応   【1D10:10

  1:国家全体でこの文化を推進していくべきだ!!
  2:国家全体でこの文化を推進していくべきだ!!
  3:国家全体でこの文化を推進していくべきだ!!
  4:国家全体でこの文化を推進していくべきだ!!
  5:国家全体でこの文化を推進していくべきだ!!
  6:国家全体でこの文化を推進していくべきだ!!
  7:・・・・・・国がどうこうする問題ではないな。
  8:・・・・・・国がどうこうする問題ではないな。
  9:・・・・・・国がどうこうする問題ではないな。
 10:旧来の文化を守るべきだ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


123 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 22:15:08 ID:/YHKOvTZ
これはいいのか悪いのか…?

124 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 22:16:28 ID:PoFt5yUJ
アカン、経済発展のきっかけが潰されてしまう


125 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 22:23:39 ID:izko9F3V



   /:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:./:/ /:./ヾ:.:..::./~"¨¨ヽ.:.:.::.:.:.:',
.  /:.:.:.:./:/:.:.:.:./:.:./:./:/ ./:./  }:.:.:/     ',.:.:.::.:.:',
 /:.:.:.:./:/.{:.:.:./.:.:/.://"'''-/:./_  ,':.:/      ', :.:.:.:.:}
./:.:.:.:./イ:.:.:|: /.:.:/|:/,ィテ示ミ/  /:./  -‐'"¨  }.:.:.:./
从:.:.:.:.:.::.:.:.|/:.:..:{ .! ヽ弋少 〉  ./:/  /ィテ示.  i.:.:/
. {:.:.:./⌒ヽ:.:∧.:|    ̄ ̄   //.   ヽ弋少 )〉 |.:/
 ヽ/ /心 V  ',:!        /    ヽ      {/
  i { (    ヽ           /:.}     ,'
  { {  ヽ                              ・・・・・・こんな文化は認められない。
   ヽヽ ノ                        ,'
   / ヘー、         - 二二 = 、   /          禁止令を出そう。
-‐=/   ヘ }           _ _      /
  {    .ヘ ヽ               /
  |     ヘ  \            /\
  |      ヘ  >,        イ   \
   ',       ヘ  :.:.:.>, _  ィ       \_ _
   ',    /  \  :.:.:.:.:.::.:.:.:./{          _>
    }   /   |  |   :.:.:.:.:..::./..:}     /⌒ー─'´



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・この新たな文化の禁止を命じた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


126 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 22:30:20 ID:izko9F3V



     /: : : : : : : : : :.r''¨¨¨ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.    /: : : : : : : : :/}:.|     }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. ',
.   ,': :/ : |: : :|:./ |:|   ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
   |: /|: : |: : :{:|__ /    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. : :',
   |/ .|: /|: :/|:!   ¨''ヽ    \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .: ',
   |  |/ .|:/ !|!            }: : :, -‐、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }
.        |′} 斥テミ、     |: ./ ,ハ ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
          /  匕ツ ヾ     |:/ /ヽ } } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
.      /           刈 {  ',! } : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
.     /              _) ノ / : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
    \ -            ( // : : : : : : : : : : : : : : : : : :./
      }              / |_ : : : : : : : : : : : : : : : : :/
      〈_            r─'   .\ : : : : : : : : : : : : : /
      〈¨''          ;       \ : : : : : : : : : : /
       ',             /        ヾ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.{
.        i          /                    |
       {         /                        {
       ヽ、  ,,.. .''             _  ────┴─、
           ̄ ̄ ̄ ¨ ''ヽ    _ -‐ ¨            ヽ
                      >'  ̄                    ',



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 何故、酷い浪費家として有名であったロック侯爵が、この貴族的とも言える新たな文化を拒絶したのか。

 幾つかの説は出されているものの、確証と呼べるものは無く、

 この事は、今なお研究家の論争の的となっている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


130 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 22:58:32 ID:izko9F3V



                 , -――- 、
                /三三三三=ヽ
                  /三三三三三三ヽ
               l三三三三三三三}
               l三三 三三三三/
               ヽ=三三三三三{           何?
               ∨ニ三三三三/
              __/三三 三三/           この文化が禁止だと・・・・・・?
       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_
      /三三三三三三三三三三三三三` ヽ、
     /三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
     /三三三三三三三三三三三三三三三三 ',
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三',
   ,/三三三三三三三三三三三三三三三三三三,
   /三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ',
.  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ,



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 何れにせよ、この急とも言えるこの新たな文化の禁止令に対し、

 当事者たる貴族たちは・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●反応   【1D10:8

  1:反発!!   (団結度:-1d6)
  2:反発!!   (団結度:-1d6)
  3:反発!!   (団結度:-1d6)
  4:反発!!   (団結度:-1d6)
  5:多少の反発   (団結度:-1d3)
  6:多少の反発   (団結度:-1d3)
  7:多少の反発   (団結度:-1d3)
  8:反発無し。
  9:反発無し。
 10:反発無し。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


131 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:02:20 ID:izko9F3V



           ._
.      ./ニ三ミ.\
        ,'ニ三三三三ヽ
       .'、ニ三三三三ミ}
      .`,ニ三三三ミ,'       むう・・・・・・仕方あるまい。
        '、ニ三三ミ,'
        .'、ニ三三ミ`、._      禁止令に従おう・・・・・・。
     ._.,,.-''三三三三ミ"'.‐ .,
    .r''三三三三三三三三三三ニ`,
.  .,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
.   ,'ニ三三三三三三三三三三三ニ|
  .,'ニ三三三三三三三三三三三ニl
 .,'ニ三三三三三三三三三三三三,'
 !三三三三三三三三三三三三三,'
. l三三三三三三三三三三三三三,'
|ニ三三三三三三三三三三三ミ,'
└-‐i.三三三三三三三三三三ニ,'
.  .l三三三三三三三三三三三|



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・それほど反発無く禁止令を受け入れたとされる。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


133 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 23:04:04 ID:PoFt5yUJ
金ばっかかかりそうな文化だから寧ろ禁止令に納得したのかな

134 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 23:05:02 ID:gjHL4rT7
そんだけロックが強かったんじゃね?


135 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:11:25 ID:izko9F3V



                      _
                       / ̄  ̄ ヽ
                   ./        .`、
                  {         .ノ
                      ',        /
                       ',.     .ノ
                    _.,/     _/
          _ ,,.-‐ ''"       `- .,,._                          _
          /                 `、                    ,.-''"三ニ.\
         ,f'"                        \                   r'三三三三ミ`,
     ./                          \_              ヽ三三三三三|
.     /                                \              ',ニ三三三ミ,'
  ,r'       .,.r''、                       \             ,ィ、ニ三三ニ,'
. ,r'      .,.r.'.  .`、                    l `  、      \         .ノ.〔.),、三三ニ.`、_
〈     ヽ.     .',                     l     .` ゥ     ,'        .〈ニミ/.┘三三三ミ` 、
. `、      ',     .',                    |.    .,'   /      i''´ニ三三三三三三三ニ.`''.-、
  ヽ.    `、     .i                   i    ./   ./      ,'ニ三三三三三三三三三三三.|
    ヽ    \   l                    i   ., '    /        .,'ニ三三三三三三三三三三三ミ,'
                                              ,'三三三三三三三三三三三三,'
                                           !ニ三三三三三三三三三三ニ,'
                                              {三三三三三三三三三三三ミ,.'
                                           ',三三三三三三三三三三ミノ
                                              `´lニ三三三三三三三ニ,r'
                                             l三三三三三三三三ミ{
                                             |ニ三三三三三三三ニ`、



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この一見不可思議な貴族たちの反応には、幾つか理由はあるものの

 この新たな文化を推進した貴族たちが、家の当主では無く、

 当主の子供や孫といった比較的若い貴族であった事が、大きな理由の一つだと言われている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


136 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:17:10 ID:izko9F3V



            _
          /  .~"ヽ
       ./       `、
━━━━. l          〉..━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       .',        / _,-‐、               .,ハハハハハハハハハハハハ,
        .',.     .,' i´   `h            .ハハハハハハハハハハ、
       _, ,/.    .ノ .'、     .l          ./ ̄ヘ  / ̄ヘ  / ̄ヘ / ̄ヘ
  ,.r ''"         i、  r'   //¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\ /¨;|| ̄\
  i               Y    .{.;|| ̄\ /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;|| ̄\  /¨;;|| ̄\  /¨;;|| ̄\
  ',                /.;||__ /___;||__ /___;||__ /___;||__ |/___;||__ |/___;||__ |
  ',                 ,'. | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  | ― | ─  || ― | ─  |
   `、                〈__ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ , .iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/.iヽ___ノ、_ ,/\、
  ....`、             ',  |__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'ノ.A.;;;\|__ノ`'ノゞヾ ーー⌒
      ',             i  .__/;;;;;    __/;;;;;     __/;;;;;     __/;;;;;    __/;;;;;       ;  ;;_--┬-ヽ
    ....',            i,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;;/-;,,, "'' ;;;,,,;;;;;;;;;;'' '''|     |;;;;;;|
     .i              ',  .,r、ヘ、. ''/;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽ,,,  '' /;;;;,, ヽ,,,  ''/;;;;,, ヽ,,,  '' /ヽ;;;;;;;;|     |;;;;;;|__|ヽ
━━━ ,'             ',,r'   ノ.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    .,'               _, -.'



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この時代は、『バイエルン・ミュンヘン帝国』は、武断から文治に移り変わる時代でもあった。

 新文化の担い手であった若い貴族の父親やその祖父の時代の『バイエルン・ミュンヘン帝国』は、

 戦争を活発に行い、国土を拡張させてきた時期に当たる。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


137 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:25:36 ID:izko9F3V



              /          \
                  /             ヽ
              /              ヽ
              |                i
               |   _  ::....        |
               |  │    ::::`´  へ   |
             |   │   ...:::::::.    \ '
                 | ー―u‐ァ.::ィ r―u‐ァ  /
              |  / ̄::/ | ヽ ̄`ヽ |
                |  .:::::::〈  |      |
                │.   ::::::ー、l_,.     |
                 Y:.、 ::::::. __,    /|
              l  \:::::.` こ´   / ,|
               _/|\  \::. l    イ/卜_
          _,. -‐<_} |::人>=.≧ー≦=人::::| {_>‐- .、_
    _,. -‐<_>  ´   乂:::::::三V} | {V三:::::乂  `  <_>‐- .、_



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 しかし、デキナイオ帝は、その治世の後半からは、

 際限なく広がる国境を防衛する為に軍事拡張を続けていく負担は耐え切れないと判断し、

 そのスタンスを拡大路線から安定路線に変更していた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


138 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:36:26 ID:izko9F3V



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        /ミ,,彡、ゞ,ミハ                                  |                     |
    ...Yミハ,,ソ'_.z、ノ                                   |   _               |
     .〉ミゝ''  .`、」                                      ,.-''"三ニ.\          |
       ミリゝ;;::::...テ                                r'三三三三ミ`,            |
        ソ}',  `-イ ,ィニヽ,         Vk、                  ヽ三三三三三|         |
    .,. イ ', :: .人'" ミヽ. ヽ         .Vト、` ー 、                 ',ニ三三三ミ,'           |
.. .ィ´  -‐'' -、 ー ``'\:::::..ヘ         Vk `ー、 i                  ',三三三ミ,'           .|
. ,'      `ヽ''" : : : }`Y::::ヘ       Vk   l/                |.'、_三三ミ`、_          .|
 {:..  Y.....。. . ._人...: : ゚.ノ:::. }::::::.ヘ        .Vk          ./二二二二7.   _,,.-┘ニ三三三ミ..、               ,、
 }'"´. ハ::-‐''´......,,,、 : : }.\{::::::::: }     .〆 .〉        .//___.//.,r.''"三三三三三三三三ミ''.-、      _ f;!..l;L!i
..{   ,ヘ:::......::;'" .;;.. ..::|  \::::;ノ  ....../   ノ        ./ ―――‐ /. lニ三三三三三三三三三三三l,      ヾ,.j;;レミ'ノ
.,' 'Y::ノ .ヘ:-:-''"´   :ゞ{    `´     ゝ- ´       //     // lニ三三三三三三三三三三三ミ',    ζ三,.r"
.{. `{  /  :;.:.:.:.:゚:.:、:;; .Y                  , -‐-v./  , -‐-v./  lニ三三三三三三三三三三三ニi   γ'三r"
.|:.  .', .}::ヾ、;;::.:.:.:.:.:.:.:.;ノ::|                    《   .ノ  《   .ノ   lニ三三三三三三三三三三三三ニ`、.ィ.三ミヽ
.';::. / .}:.  ヾ:::;;;;;;;:::::ィ'''{                 ̄      ̄    .!ニ三三三三三三三三三三/、ニ三三三三./
 ',:. .{ /:::.   Yr v'"   |                           !ニ三三三三三三三三三ミノ. .\三三三./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━. lニ三三三三三三三三ニ,'      \ニミ/.━━━━━
                                             ,'ニ三三三三三三三三三〈        `.´
                                          ,'.三三三三三三三三三三`、



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その為、デキナイオ帝の後を継いだサンゴウ帝のこの時代においては、

 武断の気風が薄れ始めてきており、若い貴族を中心に文治の気風が生まれてきていた。

 そして、前述の新たな文化は、その気風の中から生まれ出てきたものであったと考えらえている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


139 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 23:40:25 ID:s9PgTbg5
まだ軟弱なところを余所に見せられない?

140 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 23:41:24 ID:gjHL4rT7
というよりは、お父さんはそんな趣味許しませんよ?


141 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:44:59 ID:izko9F3V



                      _
                       / ̄  ̄ ヽ
                   ./        .`、
                  {         .ノ  .全く、こんな軟弱な事に
                      ',        /
                       ',.     .ノ   ..うつつを抜かすんじゃない!!
                    _.,/     _/
          _ ,,.-‐ ''"       `- .,,._                          _
          /                 `、                    ,.-''"三ニ.\
         ,f'"                        \                   r'三三三三ミ`,
     ./                          \_              ヽ三三三三三|
.     /                                \              ',ニ三三三ミ,'   わ、分かりました・・・・・・。
  ,r'       .,.r''、                       \             ,ィ、ニ三三ニ,'
. ,r'      .,.r.'.  .`、                    l `  、      \         .ノ.〔.),、三三ニ.`、_
〈     ヽ.     .',                     l     .` ゥ     ,'        .〈ニミ/.┘三三三ミ` 、
. `、      ',     .',                    |.    .,'   /      i''´ニ三三三三三三三ニ.`''.-、
  ヽ.    `、     .i                   i    ./   ./      ,'ニ三三三三三三三三三三三.|
    ヽ    \   l                    i   ., '    /        .,'ニ三三三三三三三三三三三ミ,'
                                              ,'三三三三三三三三三三三三,'
                                           !ニ三三三三三三三三三三ニ,'
                                              {三三三三三三三三三三三ミ,.'
                                           ',三三三三三三三三三三ミノ
                                              `´lニ三三三三三三三ニ,r'
                                             l三三三三三三三三ミ{
                                             |ニ三三三三三三三ニ`、



┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その為か戦争を経験し、領土拡大に貢献した彼ら若い貴族達の父や祖父達の中では、

 この新文化を自分たちの功績を認めないものだと嫌悪したり、

 軟弱だと非難する者が主流を占めており、

 貴族であるものの実権は未だにあまり持たない若い貴族は、

 禁止令という大義名分を得たそれらの新文化を非難する声に抗し切れなかったのだと考えられている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


142 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:54:45 ID:izko9F3V



                                      _,, -‐r-=、_
                            __     / _,. -´ ̄`ニ‐、`ヽ、
                           _ /   `ヽ、_,,/  ´''゙_,. ニ r'' ̄、 `ヽ ゙ `)
                         /、__,,`゙ン7ゝr''´ ̄' ゙  ,ソ iゝ  ゙ ー`   ノ‐  )
                        ノ  彡/l( i     ` l'´<、 '` =-  , -─''´
                        r'´ノ/´〈(l }   │i l `ヽ ヽ〈  ̄`'''゙'ー''´
                        {ヾ/ノ、ヽ)ノノ i l  ' |゙i' _y'\,,ノ
                       `l、乂ヾソソ ノ |ノ、l |、ノ
                        |!ミ、<ヾ、 i゙、|_〉 `゙´
                          | l  )゙iヽヽ'l゙i
                        _| ヽ ,ノ/)! |ヾi |
                       〈ミ>ヽ/// {ノ、 | l`l'i
                       (〈`ヽ/r''゙//ヘ.ハ}|ミシ>ー-、
                         jヽ\`i゙ヽl ! j  `}、ヾ`二゙-、
                         |゙''ミ、\ヾi`l i   |、ヽ、`ヽ  〉
                       i|'/ ノ、ヾ、l ゙i i  ヽ `'  ノ
                       |  /| |i、ヽi! |i'、` i, `'  r゙
                       |//}.! i|、ヽ、!,ヾj  'r'´`~
                       |`ノ{ | ヾ!、}lヽ`iヽ_、`i
                       |`ヽ、 ヽ、 `ヽ、`' |、}!,!. |
                         |¨ヽ'、ヾi,|i、 ゙`ヽ、!j|  |
                        |ソ''-、゙iヾi、ゞ、_ノ゙ー}i!|  |
                         | |j{゙i!、ヾ`ヽ、_ ノl!、゙、〈、_
                        |゙i j} }j,ノi ゙i ゙ー i _}j、`!/
                        |ソノ/ヽ、_\ノj|!、ソi|_|
                    r-=_─'` ̄`'''' ‐'ニ三-'´_,,`''ニ=┐
                    |   `''┬‐''' ´  ̄ ̄            |


┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その後、この『バイエルン・ミュンヘン帝国』の新文化の元で作られた芸術品は、

 この禁止令の影響やその後の歴史の中で多くが遺棄や破壊された結果、

 現在では少数が確認されているのみである。

 しかし、その優美で優雅な貴族的な作風の作品は、後の世の芸術家に多くの影響を与えたのである・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻






                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |



                             |
                              l
                                  !


143 : ◆crsNC2QwcI : 2018/03/19(月) 23:56:56 ID:izko9F3V


 今回は、ここまでです。

 途中、中断をしてしまい申し訳ありませんでした。

 次回は、3/20(火) 21:00から行います。


144 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/19(月) 23:58:51 ID:gjHL4rT7
乙でしたー

145 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/20(火) 00:00:30 ID:ToxyXVHX


146 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/20(火) 00:06:38 ID:Tn5fvGUG


147 : 名無しさん@狐板 : 2018/03/20(火) 11:53:15 ID:tsg+6YmP
おつ

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • アカガネ山のやる夫 過去編 お話その1:はじめの教え ~ お話その2:同胞の証 (11/12)
  • アカガネ山のやる夫 第1話 (11/12)
  • よつばとBB団2 エピローグ (11/12)
  • よつばとBB団2 最終話 (11/12)
  • やらない夫で異世界転移もの 第3話 (11/12)
  • やらない夫で異世界転移もの 第2話 (11/12)
  • やらない夫で異世界転移もの 第1話 (11/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 29 (11/12)
  • 国際的な小咄 5882 メキシコ大使館 (11/12)
  • 国際的な小咄 5881 パンプキンシード (11/12)
  • 国際的な小咄 5880 中央一極集中 (11/12)
  • 国際的な小咄 5879 冷静に考えてみると、キャパとしてはやばいな…… (11/12)
  • 国際的な小咄 5878 なん……だと……初めて知った (11/12)
  • 金欠ほのぼの冒険物語 番外編 お祭り 中編3 (11/12)
  • ドクオが異世界転生したようです 第65話 (11/12)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #53 (11/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 シナリオ3「単独での初任務」 その2 (11/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 シナリオ3「単独での初任務」 その1 (11/11)
  • よつばとBB団2 第三話 (11/11)
  • よつばとBB団2 第二話 後編 (11/11)
  • よつばとBB団2 第二話 前編 (11/11)
  • やる夫は願いを叶えるようです エンディングシーン2 (11/11)
  • やる夫は願いを叶えるようです エンディングシーン1 (11/11)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム最終章 「カミハダレヲハコブベキ?」 その3 (11/11)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム最終章 「カミハダレヲハコブベキ?」 その2 (11/11)
  • 国際的な小咄 5877 地方と中央の教育格差をなくすのいつやるの? 今でしょ! (11/11)
  • 国際的な小咄 5876 統合医療自体は (11/11)
  • 国際的な小咄 5875 ぢ別 (11/11)
  • 国際的な小咄 5874 サイゴンから来た妻と娘 (11/11)
  • 国際的な小咄 5873 ぱっと思いつく限り (11/11)
  • 正義の味方 左衛門 第漆話「回復魔法だって使えば疲れる。」 (11/11)
  • 正義の味方 左衛門 第陸話「しかとて彼らは【勇者】である。」 (11/11)
  • 正義の味方 左衛門 第伍話「宝箱は須く奥にあるもの。」 (11/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 28 (11/11)
  • 賭博黙示録 ゼナ 5 (11/11)
  • 国際的な小咄 5871~5872 そりゃそうよ ~ 的確過ぎてインドネシアに草生える (11/11)
  • 国際的な小咄 5870 ボリビアですられたとき (11/11)
  • 国際的な小咄 5869 セルビア人呪いの藁人形説 (11/11)
  • 国際的な小咄 5868 ヒマワリの種 (11/11)
  • 国際的な小咄 5867 君の国的に先進国って何だと思いますか? ~中国編~ (11/11)
  • 国際的な小咄 5866 どうしてこうなった (11/11)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第11話「海よりも深い業!水のカイナッツォ」 (11/11)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十六話 追憶(後編) (11/11)
  • やる夫は竜の人財のようです 第11話 (11/11)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第5回 (11/11)
  • やる夫は吸血鬼と共に歩むようです 第62話 お布団の中の攻防 (11/11)
  • 国際的な小咄 5865 被征服地の人間の善性 (11/10)
  • 国際的な小咄 5864 肩身が狭いです (11/10)
  • 国際的な小咄 5863 お前らもっと文化面を送れ (11/10)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(仮設置)


    ブログパーツ