スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

ナイチンゲール婦長に関するトリビア 第八回 『狂気』

目次 現行スレ

185 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 11:50:06 ID:mZ/sW1EY0

---------、  ./(/人',-=ニ、  ::::::,-==--:::::   ::::::::::::/:::/::|;;/ /
 な ひ な ヽ   ヾ~~,--、_ :::::: (‘)_,      :::::::::、 ::/::|  |  う
. っ ど .ん  |     ヽl (‘)| ::::::::` ̄          ::::::::`-'::::::|  |   わ
 ち. い だ  |     ヽ`ー| ::::::::::::::        ::::::::::|:::::::::| <   あ
. ゃ こ か  |      ヽ  }  ,--、:::::::         :::::::::|::::::::::|-、ヽ
. っ と     >    ヽ (   _,::::::::       ::::::::::|::::::::::/ヽヽ_
 た に    /        ヽ `-,-'::::_,...-ーヽ、    :::::::::|::::::/:::::::::|:ヽ二-
 ぞ       /       ヽ .l-<二--^-'~-/   ::::::::::/:/:::::::::::::|~|:::::::ヽ

 こんな心境ですが、本日、22時から投下予定です。




186 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:02:45 ID:mZ/sW1EY0
すみません。10分後くらいに投下始めます。

187 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:11:50 ID:mZ/sW1EY0
 では始めていきます。




                                             _
                             rvt」}__      / ̄ ̄二ー`
                           __ノ: : : ー-= ー=, ̄    `>
                              ): : : : : =ニ、.   `=二)r--'~         クリミア戦争はフローレンス・ナイチンゲールの
                         f~ー': : : : : : : : : : }__ィ'''´: : : : `ヽ、__
                         _j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_      人生における最大のハイライトである。
`弋ゝ、                    ノ: : : : : : : : : : 黒   海: : : : : : : : : : : : \__
: : : : : `\                 (_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  本人は嫌がるかもしれないが、
: : : : : : : : ヽヘ                {: : : : : : : : : _x-ー'' ̄`´ヽ-、: : : : : : : : : : : : : : )
: : : : : : : : : : :}         _rー、__ ィ--ーニo r─-ーイ          ̄`ー--ー--。ー''´  この時の活動で彼女は名声を得、歴史にも
: : : : : : : : : : {      /{m_}: : : : 彡ー---z__r'
: : : : : : : : : : ヽ、_    ソ: : : : : : : 〉_,,                               名を残した事までは否定すまい。
: : : : : : : : : : : : : ミ   ヾ: : : 、: : : : ': ゝ
 地: : : : : : : : : : :`ニ==_ヾニラ: : : : ム-、
: : : : : : : : : : : : : : \  kー': : : `、: : : : ' イ
 中: : : : : : : : : : : : : トヘ〆: : : : : : : : : : 彡ヘ/ヽ,_____{`ー-、     ノ`ヽっ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ワ: : : : : : : : : : : : `ー'''´: : : : /
 海: : : : : : : : : : : : : : : : : =ニ二=  ロードス島   z-'' ̄ア 。  }
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : クレタ島: : : : : : : : : : : : : : : : : ` ̄: : : : : : 〉

188 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:14:08 ID:mZ/sW1EY0

                     ___
                    。s≦: : : : : : : : : : : : :≧s。
             。s≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧s。
             /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
            ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',: : :',
          /: : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ', : : ',
.         /: : : :,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',: : :',
        /:/:: : ,': : : i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ', : i}
.       /,イ: : ::,': : : :i!: : : : : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : i!: : : : : : :i!: : :}: :i!
.       ,'i{ i! : : { : : : i!: : : : : i!: : : : : : : ::i!: : : : : : : : i!: : : : : : :i!: : :i!: i!
     { i! ',: : :i!: : : :i!:_:_: : :イ: : : : : : : :∧: : : : : : : :イ: : : :_:_: :i!: : :i!: i!     さて、そのクリミア戦争中の彼女の行動を見ると、
     ヾ}! ',: : i!: : : :i!: : :≧i!-:=:_: : : :/ }!: : :_: :=:/ i!≦: : : : i!: : :i!: i!
         i/: :i!: : : :i!-=::_} {:_:_:_:_:_:_/   }!:_:_:_:_:/  i!:_:_:_:_:_:i!: : ::i!: i!    存外おとなしい、というか常識的である。
       〈: : :i! : : : i!____             ____i!: : : : : : i}
         \i!: : : : i! { {いじ心           ィf:じい} } i!: : : : : : i!     ネットでたまにトイレ掃除を名目に居座ったなんていう
          i!: : : : i{ 弋二少'        弋二少  .i!: : : : : : i!
          i!: : : : :i{                      i!: : : : : :/     エピソードが語られるが、あれはどうも後世の創作らしい。
.           i!: : : : ::i{         i         イ: : : : : /
            i!: : : : : i{                   /:i!: : : : :∧       ナイチンゲールは一貫して最大限、陸軍たちとは協調して
       。s≦圭〉、: : : : i{> 、     _ _      イ ,i{: : : : /圭≧s。
     /圭圭圭圭〉、: : :i{   {≧s。   -   。s≦} ,i{: : : :/圭圭圭i!〉、 事を荒立てないように気を使っている様が見受けられる。
      {::::寸圭圭㌢::≧si{:::::::::>、_≧ - ≦少´::::,i{: : :/:::::寸圭圭/:::::}
      ',:::::::寸㌢´:::::::::::\ \::::::::::::::::::::::〉〉::::::::::::,i{。s≦:::::::::::::寸㌢´:::::,'
      ',::::::::\:::::::::::::::::::: \ \:::::::::::::::{ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/
       ',::::::::::::\:::::::::::::::::::: \ \:::::::: i !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/
       ',:::::::::::::: }:::::::::::::::::::::::: \ \::::i !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::::::::::,'

189 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:14:44 ID:mZ/sW1EY0

            _  -──‐-
                        `
       /     /   /⌒    丶、
       '         /           、 }
      '          /            } },
             /            } |:',
    /  -‐、/        _   /  ′   |
\    {/´}/  ー=ニ二 `>< /  '   /  | ',                    この時期の彼女は多少怒りっぽいところは
\`Y l 八{ /     / / r‐- 、  / /      '  ',
\ヽ! l  /     / /| {! rッ ヽ// /-ィ    |                   あるものの、バーサーカーと言われるほどではない。
  乂 l }llll〉    / V ゙ー=ミ  / /,,... / /  人|
 .-‐‘, ハ{     /|       / '´|  rア',ィア  ′
/  __∨乂l |  j/|           | ゙ー=': /  /                _   ´/
xf〔ニニ| /=从 ハ           -‐' イ: 厶ィ '                 _
⌒)ニニ∨ニニ} | ト、    ‐ -  ィ : /| /                  /   フローレンス・ナイチンゲールの人生が狂気の
_ノニ>‐\ニr| |fトト心   `  ィ: : / |: |              ´  -
_,,.、丶´ ̄寸<从) >=〉/ゝ--'  |/  l从             ´   -   /     色合いを帯びていくのは戦争中ではなく、
ニニ∧    寸^^ニ///_ヽ\                     ´  ‐    /
ニニニ∧    寸ニニニニ\\                 ´   ‐    j>'´        むしろ、戦後だった。
}   `寸    寸ニニニニニ\\           ´   ‐    j>'´
}__   ∧     寸ニニニニニ>丶、     ´  -    j>'´            色々な意味でこの人の人生はクリミア戦争後が本番なのだ。
─''⌒丶、∧    寸||〉`''<ニニニ>ミ>''´  -   j>'´
ニニニニ>‐- _  寸r─- __`''<>'   -   j>'´
ニニニニニニニ/ ̄      >ヘ   -‐    j>'´
ニニニニニニr‐'    ヽ    {´{ニニ)´\ j>'´
ニニニニニニノ  、     - ゝ ァイ}  ノ`´|
ニニニニニi´ 、   丶  〈    ヽ ',マニニ{
ニニニニニ‘  ヽ   く   \__ノ   〉Vニニハ
ニニニニニニ‘、   、'´  \__ イ ヘ/ ∨ニニト、
``~、、ニニニ{ \´ `ヽ--'  ゝ_/    }ニニニ}
      ``~ゝ-'⌒ ̄ -─ |ニニニニノニニニハ
ニニニニニニニニニニ|    |ニニニニニニニ{ 〉

190 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:15:19 ID:mZ/sW1EY0

                         -=ニ=-
                    -=((zzzzzz))=-
                 ((_))((_))乂ノ爪、乂乂((_))
               ((_))ノノノノ}ニニニ〔乂乂 ((_))
               |///////ノ:.:.:.:.:.:.:.乂////// |
               |//! ̄ ̄:.:.:. -=- :.:.  ̄ ̄i//|
               |//!:.:.:.:.:./  -‐-  ∨:.:.:.:. i//|
               |//!:.:.:.:., ´    ヽ!:.:.:.:.:.:i//|          そしてその戦後の活動状況を見ていくと、
               |//!:.:.:.:,  iノ } i iノi ! :.:.:.: i//|
               |//!:.:.:.从 {ヽ(ノィッァ从:.:.:.:. i//|         この人物は単なる狂戦士よりもずっと性質(タチ)の
               |//!:.:/ i八/__  八 ∨ : i//|
               |//ノ-=7//}ヽ イ 7/∧=-ミ/.|         悪いものだと言うことに気付かされる
               |ノ{//.7///!`'Y'´7//.∧//∨!
               |//,//>//} 弋< !//.<///} 〕
                   ノ////{// 7∨∥ ∨//}/// ∨
               }////7//7∧v}i   ∨/}//// ∨
              ノ////i//7  ∧ {   ∨.!/////〕
             /////ノ!//!   } !   }/!乂////ヽ
               / -=ニニニ=- ─ 、ノ_、 r≠ミ⌒ ̄//// ,
              ィ弋!////////{   ≦个ミY  ∨/////ノ=-、
          /:.:.:.:乂_二ニ=‐ ゝ=> <-=イ-=彡ニ=- ´⌒∧:.:.',
           {:.:.:.:.:./⌒i///////    ヽ////\///{⌒!:.:.:.}:.:.:!
           了:.:.!  i/////⌒\  ノ ヽ////ヽ//, .!:.:.√´
           i:.:.:.{  }////⌒ヽ ヽ~ 、 \///ヽ/ ,ノ:.:.:|
           i:.:.:.{  |///{_ノ \i   Υ ヽ////}:.:.:.:.i
           i:.:.:.{  |//ノ_  \ !    }///}////!:.:.:.:.:!
           i:.:.:.{_/i//⌒ /\ .人__.ノ!///!/// }:.:.:.:.:.}
           i:.:.:.{:.:.:.:i/{√ニ=- イ:.:.:. --=ミ!///!/// i\__ヽ
           i:.:.:. ̄´/7⌒ニ=- 7:.:.:.ノ===ミ///!////,ノ__ノ
             フ ̄:.:.:.{=-- 、:.:}:.:. __}!_! Y/,//// !:.:.:.:.:.!
             {:.:.:.:.!:.:.7    7:.:.:. ̄  iヽ }//////i∧:.:.:.:,
             {:.:.:.:.!:.7=-   /:.:.:.{  _i{_ ノ//////.!:.:.!:.:.:.:!
             {:.:.:.:.!7=-   ,:.:.:.:.!.!  ̄   {/////// ,:.:.i:.:.:.,
          ∧}>'´   ヽ{:.:.:.:. ! ! -===ミ////////i:.:.:.:./
          '/, \⌒ヽ  /:.:.:.:.:.! 〕  __}!_!////////∨/
         i// ,  ヽ /:.:.:.:.:.:.:.:.! !  ̄  {/////////∨/
          乂//、 ィi〔!:.:.:.:.:./ ̄  }ニ===ニ{ ̄,:.:.:. ̄!⌒ヾ!
            ̄    !:.:.:.:.,      ,   /∧ ,:.:.:.:.:.i
                  |:.:.:.:,      , / ///, ,:.:.:.:.!
                ̄       {  ////,   ̄
                       廴/////}
                          ̄ ̄

191 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:15:46 ID:mZ/sW1EY0


 ̄ ̄  ``~、、
/           \
 i  i         \
 |  |   :',     /\   /  ̄ ̄ ̄ \
 |  |:   l |   /   /| /         ヽ
 |  |:   | |/  /  ||  医 ど 私  |
       | |   /  / |  療 こ の   .|
  |  |   | /  /  |  現 で い   .|
  |  |   | __,..イ  ',  |  場 あ る   .|
  |  l   i:| ハ    l: |  で .ろ と
\|\|\从/-‐}  |  |    す .う こ   |
/::::::_,.../,..斗=ァ  |  :: |    と ろ.  |
:::::::::::,.ィ乂ソ /::l  |  |ヽ::        が  ::       フローレンス・ナイチンゲールは狂った戦士であると同時に、
:::::::ゝ::`==′;  |  |丿 \ ____ /
::::::        / / i |    : i             狂った指揮官でもあるのだ。
:::::       //  ; |   | |
:::'       /´::/  /:::    | |
=‐ 、    ..::イ  /| |     | |
:::::::::}   ..:,.:   ,.:′ |     ::.
__::ノ ..::/\/   | |    八
::::::: イ::{: )ニ\_ :| |      \
 ̄::::::://\ニニ\        \
r‐ 二.イ  |=ハニニ∧ー-..._       \
γ⌒ヽ  ∨ニ|ニニ∧ニニニ=- __    \
_辷=シ   \|ニニニ∧/  ̄ ̄ ̄ ̄ \
          |/  ̄ /
\__     |二ニニ|   ど    治   |
   ̄||      lニニニ|   き    療   |
(⌒) ||       '/ニニ:|   な    の   |
_    ||      '/二 |   さ   邪  |
_    ||       '/二|   い.   魔  |
   :||     /::'/ニ::       よ.   |
::::_;;::::||/  /:::/ '/ |.             |
    ||__..::'"  ´   }ニ\ _____ /

192 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:17:00 ID:mZ/sW1EY0

                 _   -  ── -   _
                 、丶`               `丶、
              /                        、
              ,                           \
            /                             \        _
           ′                        ',       、     /⌒ 7
                          {       ',       ',     \   /   /
          l|       {         {,   \   ,      ',      V      /
          l|       {         { ', _ (\∧      ',    {  ,   /
          l|       {\       { ∨斗⌒`   ',       ∨   ノ  }    L_
          l|       , \{\(\{     __   -= ∧       ',     人   /⌒
        八  l{\{\〉─=ミ、      厂(ぃ)/  ',        /人__∠ _
         个=ハ   ___ -=ミ }       =彡     ,     i_//   \〔_==ミ、}L_        第八回 「狂気」
         |  ∧ ⌒  (い)/                  i       |l⌒     ∨∧_ノ⌒ハ
         |  /∧   ^´ \             |       |l          ∨∧  //
         l    /∧                   |     八          l∨∧//
         |    /∧                    |    , /', ___   _ノ ∨//
           八     /∧                 |     /:i:i:i:i:i∨ √⌒{_   ⌒
             \     分、     vこ つ   ..:::  l    ,:i:i:i:i:i:i:i:i∨ √⌒ヽ
              \      }h。     ー   ..::::::::/i|  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨  {   〉
              \  v/  ≧s。  __  ィ::::::/i:i:i:i|  √:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:jL    _}
                    \/^        ⌒ソ::/:i:i:i:i:i:i| √:i:i:i:i:i:i:i:i/⌒^∨⌒|
                            ^<:i:i:i:i(@)i:iVi:i:i:i:i:/⌒     ∨^|
                               \:i:i:i:i:i:i:i:i/⌒         ∨j
                            ノ⌒ ̄               ∨

193 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:18:35 ID:mZ/sW1EY0

                   /
                  /〃──-ェ,,
               ,, < { l      ` 、
              /            \
               /               ハ
.             /              _  ハ
            /   /i   i\      ム マ ゞニ=-‐            クリミア戦争中に、彼女は病気にかかり、体を壊した。
           ''.   ; マ ト、ム \、     ム マ i!
          ∥i   |__マ; \゙、 _\ヽ l\ム ヾ\             そして、戦争が終わり、クリミアから帰ってきた時、
          ∥ |   |__`  ``  _マ, iヽ ヽ} | /
          " . |   i弋歹ヾ    ''弋歹ソ} |    ' }             ニ、三ヶ月のうちに死ぬだろう、というのが、
            }八 ヾ、 ̄  .:i    ̄ ,i! |   /    ノ}
              |ハ∧ヽ   `     / i! |  /! _ェ==' /        本人も含めた関係者一同の見解だった。
             / マ \  ー-‐  ,イ ノ/ / r´-─ "__ ____
               ∨、〕i:.、 __ / ム'´  ヾイ: ̄入─-ヾ ̄ ̄ ヾ    新聞は死亡記事を用意していたし、
          ≠三ニヽ__| ̄`li!l ̄ ̄´ ヽ /: : :/   ̄\===''
         // {    {  iノ_|i!|_{┼}/ `|: : : /      ̄ ̄ヽ__     本人も念入りな遺言状を作成している。
     ,, < ´  |   |  //       ヽ: /         \゙===
   ,,<         |   | //         y              \
   '             |   |/           \           ∧
  ;             |   |             i! \/         ∧    「この遺品はメイ叔母様、それからこっちはヒラリーに
   ,            |   |             i! 'i |\         ', 
   ∨        |   |             |\            }     あとこっちがクラーキーで……」
    マ        |   |             /  \            /
     ヽ       l   l            イ    \_____/
      }        l__l             ∥!ヽ    /  !
     /        lt─‐tl          ∥  ム-‐─' ィ }'
.    /        l ̄ ̄ l         ∥_,  > イ ノ        なお、実際に彼女が亡くなったのは半世紀以上後のことである。
    〈         マ   ム        /  ー、___/-‐'

194 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:19:08 ID:mZ/sW1EY0


                  / >''"~/
                    /:::{/::::::::::: ̄ミh、___ノ}
          ___}\/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,      で、だからこそ周囲の人物は
              >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           ̄ノ:::/:::::::::::::::::::ト、∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
        <:::::::::::::::::::::::::::::|   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          `7::::::::::::::::::::::::}   }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}⌒
         / ::::::::::::: ト、:::/   .:::::::::::::: ト、:::/!::::::::::::::::::::::: |       「フロー、とりあえず、一度体を休めなさい。
           {/| ::::::::::: | ~"''~、 !::ハ:::/|:::| ∨ |/‘,::::::::∧}
.          __ノ:::::/`ヽ{xr芹ミ、 |/ ∨ ∨ xr芹ミく ∨、八       そしたら体も少しはよくなるかもしれないのだから」
           ⌒八  ',  Vzソ.ノ       〈 Vzソ .}  }
               \_',        i        ,'__/
              }::              /|      と、口々に言うのだが、彼女はその一切を無視した。
              }:込    __  __    /::‘,
                ノ‐イ:\        /::::::|⌒     fgoの解説で、”(恐らくは)生前と違って「人の話を全然聞かない」”
               ノ/| >      < |∧:/
                     /'' ‐- .,,__,,.. -‐'‘,      などと書かれる由来の一つはこの辺りにあるのだろう。
                /    / .∧ ‘,  ‘,
                /¨    /  ∨. ‘,   ¨\

195 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:20:08 ID:mZ/sW1EY0

                     ____
               、丶`           ``ヽ、
             /                  \
              .                     ',
           / /               ',  ',   ',        周囲がそういうのはもっともな事だった。
             ′ 〃   {           ',  ',    .
          i|  {   i| l   {  |    i{     !    !    i      いささか長くなるが、記録に残っている当時の彼女の
         八  \八 、  {  l   从  i{ !    !    |
            个=抖==\\ j\ _\/斗===V|    |   l      病状を具体的に挙げていこう。まず不眠。
            |  ! (:::・::::)`     ´(::::・::::)  !  | |`Y ,
            |  ! ^冖冖^      ^冖冖^ |    | ! /__ア    基本眠れない。寝たとしても、ちょっとした物音で目を覚ます。
            |  !        ′        |    |ノ/ ⌒ \
            | 圦       、 ,        ノ   人/⌒\ノ  調子がどんなに良くとも二時間ほどで目を覚ましてしまう。
            |  个=‐    ___   ‐=/ ノ/ニニニ]>、
            人   >、(⌒ ̄ j、\ニ5ニ彡< ィ/ 、人r ⌒Y
            \{⌒   7 }\丶7    |  V ) >  ノ     「羊が一匹、羊が二匹……」
                   , j   \\  |  V⌒Y⌒)
                  ,  {   O\\ |   乂_ソ
                   {_{ニ互ニ互ニi| r=┤
                   {i:i:i{__i{____|=i{O」
                 弋7i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:弋__フ
                  └个个~个个~┘
                    [ニ]   [ニ]
                      } {   } {
                   r_ 」  r_ 」

196 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:21:32 ID:mZ/sW1EY0

                       _,,...,,,...,_
                   ,,..-‐''::::::::::::::::::::"''‐- 、.,_
                ,-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
──── 、       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::: ::: \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   食事は不規則だった。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  少しでもなにかあって興奮すると、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  食べ物を見ただけで吐き気を催し、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   食事を摂るなど、到底不可能だったからだ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /    これがひどくなると呼吸障害を引き起こした。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::;:|─・─‐\:::::::::::::::::::ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /           ̄ ̄ ̄ .・: 、∵ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /                  ,;), :;.(;;;ヽ ”、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             :;.ノ;;) ”、、;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::: : /              : ”    ヾ

197 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:22:17 ID:mZ/sW1EY0

.‘,  ‘, ‘,                        ノ)
 ‘,  ‘, ‘,                        / /)                    仕事に集中できるのはせいぜい保って三十分。
.  ‘,  ‘, ‘,                     / _ノ
丁¨~゙|¨゙丁~:|                     / _ノ _______         それが終わると気絶するようにまた眠る。
::|.:. .: |::::::|: : |                       { ノ)__}\:::::::::::::::::::::::::::::::::\
::|.:. .: |::::::|: : |                   _/{_,ノ}\\\::::::::::::::::::::::::::::::::::\     場合によっては仕事をしている最中で気絶する。
::|.:. :. |::::::|: : |                 γ(/_/)、,_\\\\::::::::::::::::::::::::::::::::: \
::|.:. :. |::::::|: : |__________, へ}ニ{_{    })\:\\\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::|.:. :. |::::::|: : |             \::/ ̄ヽ込    ,ノ \\:\\\) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}}
:jレ-┴‐- ミ| _ -‐…‐-      `¨¨¨¨¨ `¨¨´    \\:\\`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨\ ̄\
´      `:´        `、            (\  \ \\}三三三三三三}}__\
::,       ゚.       `、            \\  \ )二二二二二二二二二二}}\
:/,         ゙,         `、   \ _   __\ \>  _二ニ=-─……・・…\  ̄ ̄\_ \
', :::.       ′        `、   `(  )= (  )_、-<:::::::_  -─……・・…∧     '.-ミ___
∧::::.        ', ,.-──-  ノ,    `¨´  `¨´|::::::::|::::::|¨´::::_二ニ=-‐…・・・… ∧    ∧::::|:::::::|\
/∧:::〉''"~~ ̄ ̄~">く::,.-──-ミ:/           |::::::::|::::::|>''~: : : : : : : : : : : : : : : :∧  ./ Ⅵ::::: |  \
  `ー=ニ⌒ ̄ ̄`ー'′                |::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/.:∧ /   .∨::::|    \
                                  |::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: ∨ /ヘ ∨|      \
_____________________,|::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧ 〈  〉 /:|______、
_____________________|::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:.∧ ∨ / i!_______|
                     |  |    |::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ ∧ /  :,  .::|  :|
                     |  |:    |::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:∨   '   :|  :|
                     |  |    |::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {    ',  |  :|
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧    ', ̄  |

198 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:22:32 ID:mZ/sW1EY0


  { : : {: : : : : : }: } : :}<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧<::辷、: : : : : : :.ハ
.__V: : V: : : : /: :}: : : : :|Y:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧.、Y≧<: : :}
ニニニV: : V: : :/:.:./: : : :/:,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\: : : : \
ニニ/ヘ: : : :x: : :/: : :.:./:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧: : : : :.ハ
イニニニニ Y: : /: : : :/ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧: : : : : }
ニニニ/ニ |/: : : :/: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧: : :.:.:.|
ニ/ニニニ |: : : : : : :/: |:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i廴: : :|
へ≦アニ|: : : : / 斗十‐ミ、 |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i!: : : : !        「そもそもなんでそんな状態なのに、
彡<彡仁-=≦:i:i|{:i/从:i/}:i/ト-/:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i|: : : :,
 ‘,⌒ <:i|:i:i:i:i爪示示ミx' }:ハ:i:i:i:i:i:i:i/{_:i/:i:i:i:i:i:i:i|: : :人        仕事してるのよっ!!」
.  ‘, \ .}:i:i:i:i:| { 辷ソ }ヾ ´ ヾ{:i:i/ノイ≧、イ:i:i:i:|≦ニニ\
   、   |:i:i:i:i:iとつー=つ     ´ x芋芋x' }ヽ:i:i:}ニ\ニニニ
   ∧   .|:i:i:i:i:i|. ///////  / .仡zソ/ ソ:i:i:/:ノ辷 へ_彡
   /:i:i≧-|:i:i:i:i:i| //////// } /ゞ -つ':i:i:i/ ア
.  /:i:i/:i:i:i:|:i:i:i:i:i|    __ へ _  //// ./:i:i:, <ア>、
 /:i:i/:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i| 、  /     }  ///:i:i///////,ハ        ごもっとも。
./:i:i/:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|- \     /   ィ:i:i:i八// .///彡イ へ
:i:i >---<|:i:i:i:i:i| (__> __ 。 ≦、:i:{:i:i:i:i:i:ゝ {//> _r-<
/      从:i:i:i:|ー=ミ≧='-- ノr--ノ:i|:i:i:i:i:{:i{ ≧=<////,'\
      /'  Ⅵ:i|廴,人  )ノ フつ:i:i|:i:i:i:i:{:i| /⌒ヽ\/////,\

199 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:23:25 ID:mZ/sW1EY0

           _
         、 '゛,、'゛`l
      ,、 '゛,、 '゛     | ニニニニニ',   だというのに、フローレンスは滅多なことではベットで
   , '゛ ,、 '゛      i,_______l
 、 '゛ ,、'゛        ,、 '゛ ::   /|  寝ることはなく、長椅子で寝ていた。
 | ゙ヽ       ,、 '゛     / /
 |:. ゛二二二二二゙i   / /    起きたらすぐに仕事にとりかかるためである。
 |::::...        |:: / /
 |::::...        |/ /
 |_、- ────- ,_l./


                             ____
                       、丶` ⌒  _ ⌒``ヽ、
                         /    /         、  丶       そしてこんな状況で、彼女は統計調査のための
                     '     /         \   ,
                        /   /  {      \       ',    アンケート用紙を作ったり、あるいはその統計調査を
                    /   /           ',      ',
                  ′   /  /  {         ,      {    分析してまとめ上げ、政策を提言し、自分の味方の尻を叩き、
                  i{   /   '{   {、         {      {
                 八 斗=ミ/ \ { `、  |     {      {    時には一般市民向けの原稿を書き、有力者へ
                     |\jVり^ }  斗==ミ、 |     {      {
                     |  {^¨^ 7   Vり >|     {ヽ     ',   説得のための手紙を送り、病院や病室の設計図を作成した。
                     |  l  /     ^¨¨^^ |     {) }   }     ,
                     | ∧            |     {ノ  '     }    こんな生活が五年ほど続いたところで、歩くことすらできなくなった。
                     |  l∧         j    {  /   !  /__
                     |  | i〉, ‘ ’     /     ∧ r=ミ、 j/⌒i}  それでも、彼女は仕事の手を止めなかった。
                     |  | |/ 、 __   ィ,′    /Lノ{ニ[う)(ニ(うソ
                       八  、ノ   ⌒}  7     /⌒ ̄ ̄ }(⌒\
                       \ノ   f⌒ v厶イ⌒{/ニニ}    人\  }、
                   xfニニニニニニ{ニ} i{ /ニニニニニノL /{  )   ノハ
                  /  ̄/ ̄ /⌒\_j{ノニニニ=‐ ´( ((⌒\   (  }
                  ,    /   /   厂 ̄      ``~<≧s。ノ>
                    /   /   /   /              ``~ノ、
                /   /   /   /                /  }

200 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:26:07 ID:mZ/sW1EY0

          _
       r ⌒、\\
        ∧ \ __、_j_ノ
        { \ノ(_ )                     __
     ___L_j___  ィ                  、丶`  ⌒``~、
    fニニニニニニニ=‐',               、丶`               、
.     Vニニニニニニニ=‐〉                〃              丶
.     Vニニニニニニ=‐{             i{   /    / i{          ',     いささか、長くなったが、全生涯通してこの辺りの
      V⌒ ̄     ,            八 \{N  厶ィハ         ',
      ',        ',                /\病カ\{ 病かアV  }    }    死にそうなのに、全くひるむこと無く、戦いのために
         ',      `、           /  /厂〈         /   /´}   jL _
        ',       〉,          i l/ l  r== ┐   ,'  厶ィ′  /⌒ ̄ 前進を繰り返しているという状況が
          ,     /⌒``~、、       v/ 心.  l:::::::::l  ,'   /⌒  / /ア⌒
           ',            ``~、、    ∧└= ┘ 厶 ィヘV//^>′    もっともバーサーカーらしいと思う。
          ',            \ <⌒\会=‐ _  ´  /^\イ⌒ト
          }                 ``~、>/(ハ_  イニニニ/__>、ソ  )\
          ``~、、                   |⌒|  Vi{ニ(@)=/ 寸ニ≧s。 )\
              ``~、、          {/ |  l   L{ニニ彡゙    ⌒\ニニ>、 ハ
                       ``~、、   /^  |  |  Oア7         V/  \
                       ``/      |  | O //         /     、
                         '       ∧ ∨//           /        \
                       {        ∧ ∨/           {         \
                      人       ∧ ∨           {          \
                            、       ∧ ∨         \           、

201 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:27:03 ID:mZ/sW1EY0

           > ´i
        > ´:::::::::::|
       > ´:::::.==ニ<l_
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト      さて、こんな状態の彼女がまずとりかかったのは、
          }::::ノ マヘ¨      ||
        >¨ベ 、i      {¨:」     陸軍の医療改革だったがそのために必要不可欠な
          ,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|
       , 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l     ものがあった。協力者である。
       ,'7::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|
       i::::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|
       ∧:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
      ∧:::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
.       ∧:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|
         ∧:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
          ¨i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
          ハ___.∧::::::::::∨ |::::::| !」
       ,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
       7:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
     .7:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |
      ¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
       .l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
       .|:::::::|||:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚
       .|:::::::|||:::::::::::::;::::::::::j::::::j

202 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:28:31 ID:mZ/sW1EY0

                            _
                 _ ‐  __      //⌒``
                     | l |   |      _i {L __
                     | l |   |   /  | {  ⌒`丶、
                     | l |   |   '            ',            フローレンスは陸軍の役人でも軍人でもない。
                     | l |   | /                ',
                     | l |   |′     {          ,          言ってしまえば、ただの民間協力者である。故に軍の
                     | |__|   |  〃   、       〈\',
.                ∠/ {⌒ \i  |{   i| l\   、 (\ ',〈\        制度に手を突っ込むためには彼女の味方を陸軍内に作り、
             / 厂\⌒ \|   | \八 \\{ \ ヽ  | i }
               { {/}  }   |   仗fさア\>、>ィfさア7 ノ ノ /〉        その人物を通して陸軍に影響力を行使しなければならない。
                厶 乂ーソ__   ノ, |\   l       j     /
          r ⌒\\厂x/} ∧ 八    ヽ     /     イ__/>    時代背景的には男女平等などまだまだな時代だから、
         厂 \   ', vx{ √ `、 \  ー=‐  '     /リ⌒ ̄ ̄_フ
     tぅ=ミ/アヘ ',  ,_j7 ノ   _ `、 r〕ト _  ィ八   /⌒``~、、>⌒\  彼女が陸軍の役人になるのは不可能だったろう。
   tぅ7ニニ / i{⌒ヽ\>、ノア /{ア⌒廴tぅl|D}}「ニニニニニV/   /     \\ノ}
 イ{ニニ{厂7 ノ{⌒) }xix/イノ/⌒厂⌒厂乂jリニ※ニ_/ i{   /       \⌒\
′j Lア乂{   (⌒)シ_/`⌒ ̄   {   {  ア⌒ ̄⌒   \,′         \、 \
 人厂\__ア<ソ⌒ア        |   |=7           \              \、 〉
  l| {⌒ー=≦   i          |   |7            V \ ___       } V
  l| {⌒ア ̄{    l         |   |i{            V/ハ⌒__       }
  l| { イ      叭         .|   圦             }  j⌒`          }
⌒八 \⌒冖冖⌒ ^ 、      ィl|   |⌒           ノ\           /
   \ \       \ ...ィi{アo|   |    `      _ イ}\ 〕ト   _  ィ
     )  )        √⌒7 o fニニニニi       ⌒  爪  )L ノ⌒}ア
    (  (       ノ  ノ o /i廴_ _|         /\〉 {  ⌒7ア
     \ \      {  / O  { ⌒| ̄ l            /\⌒ア⌒_ /
      \ \/ ̄厂 ̄ ̄厂``~、、 !          /   ⌒ ̄

203 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:29:09 ID:mZ/sW1EY0

                               ィ ⌒ヽ
                  {ー────=ミ、ヽ . }
              >─y´ ̄: : : : : : : : : : : }ノ ノ
                 /: : :./: :/´ ̄: : : : :.^V⌒ヽ<      そのために彼女が呼び出したのがシドニー・ハーバートである。
          i、_/ ー=彡: : : : : : : : :/: : ∨.: .:.\
          人_ イ: : {イ/.: : : : :./: :./.: : : :.}.:. :. .:.|i     この人物はもともとナイチンゲールとは友達付き合いがあり、
                 }.: :.|人: : : : :./_.i.: : : :./ : : : : |i
             /: : ∧イ^、 /芯ミ}`: :/`ト:.}: :八    クリミア戦争当時の大臣として、フローレンスに
               /.: : : :.∧{⌒ {   厶イ{f云フ从厂´
          /./i.: : :. :.∧、_       .ノ  /\_     クリミア戦争への従軍を依頼した人物でもある。
            {: / .{.: : : : : :.j「 \  ー-- /   /マ
            |:.{ .|: : : : : :/厂 ̄\_/  〈. 〈  ` ̄`7⌒>、
             乂/: : : :_,厶    } トイ {二二> 」、   /   \\
        /´ ̄ ̄ ̄´ \ \   }」 Lノ i     \ /      >⌒\
          {ヘ           ヽ \  /∧ |         ヾ    /    ヽ
        /ヘ ∨   i   ` ̄} \ 〉从} ト」 ̄ i     \__/         ノ
       ./   ∧∨   .|´ ̄ ̄  |   ∨/「 ! l   |            /
       {    〉.〉   |       .| |  ∨ l .| |   |───────イ
       |\ __ / /   }       .| |  ∨/ .| |   |
       ト、__/∧   ./       .| |   只 | |   |
       |  .〉 /   /         | |┌───┐  }
       | 〈_/   /       | |│      |  |
       |     {           | |└───┘  }
        /       ト         | |       .| |   |

204 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:30:11 ID:mZ/sW1EY0

                   _
                   Y´/⌒ヽ
.      -=ミ`ヽY⌒丶ゝ{'⌒ヽ
.       Y´: : >: : :`ヽ: :Y`ヽ : ∨
       |:/: : : : : : : ハ : : : : ',: :乂_   だが、彼は陸軍の制度改革にさほど興味も熱意も無かった。
     ,イ: : : :〃 : : :}: : }:}! : : 八 :ヘ⌒
.    ,彡/: : : :∥ : : :/: : l: : :/: /: :八  むしろ、この時にはもう政治の世界から引退して
.  '´  {: : : : :{{ : : : { : /: :イ/:彡ノ'
.     ',: : : : :',',: : : ', :|: :≠ン/
.      ヘ: : : : : : : : :ヘ{ 、  ,イ      「あの、ぼくもう、故郷で釣りとかしてのんびり暮らしたいなって……」
      }:} : : : : : : : :}_{ ̄
       //: : : : : : : 从:|
     /イ : : : : : : : /:::::>、        などと言っていた。だが残念ながらこの希望は叶わなかった。
.     / { : : : : : : :/ ̄   `'<
    │ ', : : |!: :∥          `Y
    |  ヘ: :|!: ∥      /  ',
    |    ヽ V      /    |
    |               /.     |
    |.             |.     |

205 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:30:25 ID:mZ/sW1EY0

                __ノ
                /´//⌒>-彡'            やがて彼は激務から病気になる。重病人の
                 { {/´⌒ヽヽ
             >‐//ヽ¨''<乂_ノ)          彼からナイチンゲールに再三、休職願いが出されたのだが、
              /.  {. / ハ ヽ  ヽ¨''~、、,,_
        -=彡´/ 、V | } ハ /. ハ   >ヽ、    ナイチンゲールはそれを一切認めなかった。
         //〃 >=-  -=ミ//. } / ,,、、 \
       /  {/ / // ハヘ ヽヾ ∨〃/    {
      /_, へーノ. /  { ,'  }  ',∨ } // ̄`ヽ 〉
.   >''´,、丶、ヽイ{  V  ./.  } }!イ/-==ニ   ∨ /        「フローレンス……ぼくもう、そろそろ……
――⊂ニニニ''''‐ \ゞ   ,イ _斗<´\     ̄\. ∨――
   | <ニニニ `    l ̄ ̄ ̄ ヽ     ', ̄ ̄>  ヽ }!         最近頭痛がひどくて……」
   |/´ ̄` `\         }      |       /
.   〈    ―=ミY`==彡¨¨¨¨¨マ..___|、、、、、<´
   ヘ /.      V

206 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:30:53 ID:mZ/sW1EY0

                 _   -  ── -   _
                 、丶`               `丶、
              /                        、
              ,                           \
            /                             \        _
           ′                        ',       、     /⌒ 7
                          {       ',       ',     \   /   /
          l|       {         {,   \   ,      ',      V      /
          l|       {         { ', _ (\∧      ',    {  ,   /
          l|       {\       { ∨斗⌒`   ',       ∨   ノ  }    L_     「何言ってるんです。私だって死にそうなのに
          l|       , \{\(\{     __   -= ∧       ',     人   /⌒
        八  l{\{\〉─=ミ、      厂(ぃ)/  ',        /人__∠ _      仕事してるんです。頭痛ぐらいでぐだぐだ言わない」
         个=ハ   ___ -=ミ }       =彡     ,     i_//   \〔_==ミ、}L_
         |  ∧ ⌒  (い)/                  i       |l⌒     ∨∧_ノ⌒ハ
         |  /∧   ^´ \             |       |l          ∨∧  //
         l    /∧                   |     八          l∨∧//
         |    /∧                    |    , /', ___   _ノ ∨//
           八     /∧                 |     /:i:i:i:i:i∨ √⌒{_   ⌒
             \     分、     vこ つ   ..:::  l    ,:i:i:i:i:i:i:i:i∨ √⌒ヽ
              \      }h。     ー   ..::::::::/i|  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨  {   〉
              \  v/  ≧s。  __  ィ::::::/i:i:i:i|  √:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:jL    _}
                    \/^        ⌒ソ::/:i:i:i:i:i:i| √:i:i:i:i:i:i:i:i/⌒^∨⌒|
                            ^<:i:i:i:i(@)i:iVi:i:i:i:i:/⌒     ∨^|
                               \:i:i:i:i:i:i:i:i/⌒         ∨j
                            ノ⌒ ̄               ∨

207 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:32:18 ID:mZ/sW1EY0

          >-<
        >'-─‐ ~<      「そうは言ってもさぁ……陸軍大臣の通常業務だけでも
       / 〈      ∨
     _/  ∧  ∧   ∨    目が回りそうなのに……改革案を作るのは君だけど
     ⌒7  /ニ\/二}/~〉
      从ノ      .|{       それを役人に説得して実行させるのは骨が折れるよ。
           ',  ⊂⊃ 从
           ト , ___ イ        ほとんどみんな改革案には反対だから妨害も半端じゃないし……」
        __ノ    乂__
        /        \


                   /
                  /〃──-ェ,,
               ,, < { l      ` 、
              /            \
               /               ハ
.             /              _  ハ
            /   /i   i\      ム マ ゞニ=-‐
           ''.   ; マ ト、ム \、     ム マ i!            「……それでもあなたの代わりはいないのです
          ∥i   |__マ; \゙、 _\ヽ l\ム ヾ\
          ∥ |   |__`  ``  _マ, iヽ ヽ} | /            いないならあなたがやらなければいけないのです
          " . |   i弋歹ヾ    ''弋歹ソ} |    ' }
            }八 ヾ、 ̄  .:i    ̄ ,i! |   /    ノ}       そうでなければまた多くの兵士が死んでしまいます」
              |ハ∧ヽ   `     / i! |  /! _ェ==' /
             / マ \  ー-‐  ,イ ノ/ / r´-─ "__ ____
               ∨、〕i:.、 __ / ム'´  ヾイ: ̄入─-ヾ ̄ ̄ ヾ
          ≠三ニヽ__| ̄`li!l ̄ ̄´ ヽ /: : :/   ̄\===''
         // {    {  iノ_|i!|_{┼}/ `|: : : /      ̄ ̄ヽ__
     ,, < ´  |   |  //       ヽ: /         \゙===   初期の頃は割合本気で、病気くらいなんだという
   ,,<         |   | //         y              \
   '             |   |/           \           ∧     態度だったが、彼の病状がいよいよ深刻になると、
  ;             |   |             i! \/         ∧
   ,            |   |             i! 'i |\         ',    婦長も休ませたいとは思っていたようだった。が、
   ∨        |   |             |\            }
    マ        |   |             /  \            /    彼の仕事の代わりをこなせる人物が居ない状況では
     ヽ       l   l            イ    \_____/
      }        l__l             ∥!ヽ    /  !          彼女は彼の引退を決して、認めようとはしなかった。
     /        lt─‐tl          ∥  ム-‐─' ィ }'
.    /        l ̄ ̄ l         ∥_,  > イ ノ
    〈         マ   ム        /  ー、___/-‐'

208 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:32:54 ID:mZ/sW1EY0

              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,イ:::::::::::::::::::,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
           /:::::::::::::::::::ア  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
            /:::::::::::::::::::/    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
.          /:::::::::::::::::::/       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     しかもこの件についてシドニーの妻、リズ・ハーバートは
        /:::::::::::::::::::/           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
.         ,:::::::::::::::::: /      ,,、-――‐ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::: l   完全にナイチンゲールと協調しており、
.          l::::::::::::::: / ,,、- 、、     ァ― - 、 ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        |:::::::::::::::'''´, - 、ヽ     、、zzz、、,, ヽ::::::::::::::::::::::::::::::l
         /l::::::::::::::l  _、、、、,,     `~´ ̄ ̄`'  ',:::::::::::::::::::::::::: l   「いいからフローレンスのために働いてこい」
      ∥|::::::::::::::|-彡" ̄ ` }           ', ::::::::::::::::::::::: l
.       ∥ V::::::::::::',.       ,′               l:::::::::::::::::::::::: l
.     ∥  V::::::::::::,     ヽ 、             }:::::::::::::::::::::::::'  という態度であったため、彼はいよいよ逃げ場をなくしてしまう。
      ∥   ',:::::::::::::,                   ,'::::::::::::::::::::::::: '
     l{    }:::::::::::::ヘ    _ --‐_,ァ      ,イ:::::::::::::::::::::::::::::',
     マ   ,'::::::::::::::::::ヽ   ` .こ´       ,ィ:::::::: /:::::::::::::::::::::::ヘ
       ゞ==/::::::::::::::::::::::::\            イ  |:::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::\    , イ  ./:::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.       ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)h、<  _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽ:::::ヘ
     ,イ::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::|\/ ̄ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l:::::::l
.     {:::::::::/ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |  /::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::}. }:::::::}
     V:::::{ {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ. /::::::/::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::} 从:::,′
.       V::::',. V::::::::\:::::::::::::::::::::::::ノ {:::::::{::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/':::::::/
.         ゞ:::ゝ'':::::::::::::≧=-:::::::::イ  乂:::::::::::::::::ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ

209 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:34:09 ID:mZ/sW1EY0

                -‐…‐-
              / /
              __{ ( ''"~~~~~~~"''
           /: :⌒\: : : : : : : : : : : : : \‐-  _
           /: : :./.: : : : : : : : : :. :. :.、: : : : : :\.: : : :.`` 、       _ -‐‐-ミ    結局、彼は手にかけた陸軍改革が未達成のまま
          / : : : : {: : : :\: : : : : :\: : \.: : : :. :.\: :\: : : . _ -‐: : ̄: : : :> ,: : `、
       イ: :/: : :.{: :',.: : : :.\: : : : : :\: : \.: : : :. :.`¨¨¨¨¨゛.: : : -‐  ̄ ⌒⌒ヽ: : }   過労死してしまう。
    `¨゛/: :/: : :./{: : :., \ : : \.: : : :. :.\: : \‐-: : _: : :.-‐ <             } 八
       {: : {: : : :{八 : : \-‐…‐-\: : : : : :\: :个 、: : :.\ \: : `、         .ィi:/⌒\
      人.人 : : {_\: : :.\      `¨¨厂厂⌒: : : :\ : : \ \: :`、  -‐七I〔 /     `、
     (: : \ \.{  ` 、  -‐=≠ミ  /\{\_: : :.\: : \ : : \ \ } -- ‐…<_        }
      /: : :.>: :_-≠:}              V ): :=‐: :>: : >---> >.,: : : : : :\      .ノ
        {: : /  ‘,  .:            /{‐‐<: :‐<: :‐‐‐七,,_: : : :\: : : : :.\
        { :〈    ‘  、              /   V)  ).: : : :.`¨¨゛/⌒⌒'  , . \: : : : :.`、     シドニーの最後の言葉は改革に
      人 :\___ 、  _ -‐ ア    /   ∨i/‐----‐ ア       \ \: : : : }ノ
          `¨¨¨¨¨¨゛、 ` ‐     / / ̄ ̄\ __/          >  `¨¨¨}    最後まで付き合えなかった
.                ` 、     .イ: / -‐…‐- `、    `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゛     ノ
                  `-‐ \ノ/         `、 \           `¨¨¨¨¨゛      フローレンスへの謝罪だったと言われる。
                   /             V ,  、
                   {              V/,  `、
                   {   / ̄\     V/,  `
                 /{  /      `、     V/    、                そして、フローレンスに付き合って命を落としたのは
                /.:.://  /\   }    }{     `
                   {.:.:∥   /   ヽ  \   八    }              彼一人にとどまらない。

210 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:35:20 ID:mZ/sW1EY0


                      yィvrイY ,ィ
                   v小代 :/:./:.辷イ
                    代弋ヾ: {: 从: ィ: :ムィ
                 vx乂:`:yー--ィ''''弋: :.ヌ,,__,         「アイオニオン・ヘタイ……あれ? なんで誰も来ないの?」
                ,, `'´  ㍉ミ` `ーtr一 ヾソ辷 ´'ヾ_,
              ,.,''   ..;;;(({:j  込八_少 j:{)),,    `、
-=ニ _         ,"     ,;;;;;;yT≧´Y| |ミ ト:|;;;;;;;,     X_>ー<、       ___
    `<⌒ヾ二二ニ,;'      `'';;;;彡:Y´ー三イ`j斗;;;;;;,'     ミニニニニニニ>´>'´    )y ̄     トーマス・アレクサンダー。
≧ッ、   \ニニニニニ,;,      '';;;;j込:辷アヤィ代Z;;;;;''´     ,;;`ニニニニニ/´       //
<ニ≧、_____,,;ヾニニニニ'';;;,,     '' ,,. `ー-一< y''      ,;;;''ニニニニニ/ミー-==≦彡イ  イ   優秀であるがゆえにナイチンゲールに
   `¨ー=辷示ヾニニニ`゙;,;;;;;,,,,..    ;.\〈   /.;'     ,,;;;;; ''ニニニニ/ミ辷ー'''¨    /三
        ヾミ\ニニニニヾ;;;;;;;;,,,,,....,;; ___\ ∠;;    ,、≦ニニニニニニ/辷===一  _,ィャチ彡イ   目をつけられてしまった医者である。
ー-ッ__二ニ=≧ー-辷ー--- '';; ''゙ヾ'゙==========<''ニニニニニニニイ三三三辷==二ニ=彡'´
 /ニニニ>ミ三三三 ハニニニニ弋_ノ======示=====弋_ノニニニ< l三三三>=ニニニハ        クリミア戦争時は現場の医者だったのだが、
./ニニニニニニニ≧==イ {lー==一<     { | }   ヾミ辷彡'  i 代辷=イニニニニニニニ',
ニニニニニニニニニニ込   弋            ハ↓イ          从  /ニニニニニニニニニニニ,      彼女の推挙によって軍医総監に抜擢された。
ニニニニニニニニニニニニ\  >ミ _____乂________彡' ./ニニニニニニニニニニニニヘ
ニニニニニニニニニニニニニニヽ   ヽ {{    \   /    }} イ    /ニニニニニニニニニニニニニニニ     だが、ナイチンゲールの改革案に応じたために
ニニニニニニニニニニニニニニニハ   ヽヾ、__{j⌒ Y ⌒j}___〃 ノ   /ニニニニニニニニニニニニニニニニハ
ニニニニニニニニニニニニニニニニヽ.   ヽ{l⌒   ||   ⌒l}  ノ  Yニニニニニニニニニニニニニニニニニニ',   部下から総スカンをくらい、仕事中に脳出血で急死した。

211 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:36:13 ID:mZ/sW1EY0

.                  ,           。.  、
                /     --- ヾ  ヽ .\ }ヽ
               ノ   /      --  ヽ )   y ノ
             -≦  -=ノ   /    ノ ;ヽ  " 、
              ノ ノ__.., ´     ,    .}  ヽ 。
             /ノj  / ハ ,   __>´   .}  } ヽ }      アーサー・ヒュー・クラフ。
.             ′ ソi /ヘ イ 乂"\ノ´}   1  }  } l
              / i '、:| / レ 仆卞  ノ ノ___} , ;  , l      彼は第一回に登場したメイの義理の息子、
                レヽ   ´ゞ=ソ  ̄ rt-ァ; i  ∧|
                } ノ:}         〈ィ;’ iノ.|/  ′    つまりナイチンゲールにとっては従姉妹の旦那である。
        ,.:.ヽ __..,:.:ヽヽ(ソ ::、       '  /″
       ノ:.:.:.:.:.:..:.:\:.:.:\ヘヘ..丶  `  ー              この人物はフローレンスがクリミアから帰ってきて以降の
     , -----、ヘ、:.:\ ´ `ヽ" ;:..、  <
   /     \\\\::{ { :´ `:}==rr 、_冫ヘ  __           秘書役となるのだが、やはり激務がたたって体を壊した。
 ./    /   \\\ )、、 ノ,_.|.|o  ii:.:.:.}:.´:.:ヽ
     /      \\/:.}-=- ':.:.ー>  ⌒ ヽ、:.:.:.}          シドニーと違って彼はまだ替えがきく人物だったのか、
|    {          |:.:.:.| ⌒|:.:.:/       ヽ:.:/\
| *  |          }:.:.:.:|--.|/ ー―― 冫- " 丶\|\       死ぬ前に長期休暇を取ることができた。
| ry  |          ,、:.:.:|  .|7ミ: > 、 シ ^丶〈  〉 /\|\
___|____/ `ヽ   ノ:::::>ヘ⌒|  /:.:.:.:.:.:.:.:.| {==} ,ー=ヘ》 /\|ヽ、   が、完全には回復しきれず、復帰せぬまま、
}__|____ ,∧/::::::彡ノ |  | / \:.:.:.:.:.:.| |  ゝ)::ヽ ヽ/ .:/` ヽ
{   |     ∨:::::::::::::彡ノ,ノ.|  |'  ,.' \:.:.:| =-- ’|:.:.iヽ .{` ´    }  この世をさる。
トー―|―― ∨::::}::彡 ノ ノ |  .| ,     `゙    ´  ヽ ヽ     .|
(___|_  ∨\/ ノ ノ ./|  .|             ヽ ヽ     i
{彡{{ヾ、:.:.:.∨\∨`; ゙ y⌒ヘヘ|  .|ヽ、            .|  }    ノ
.|X||:.:.:.:.:.:.:.:-=ゝ⌒ , ^ヽヘ/丶  |tj \          /\/\ /
.|X}}:.:> ´:.:.x゙ シ_、冫 冫、冫-ミ__| ヽ、       , :::::::}\ ∨
.X/:.:.:.:.:.:.:.(_ - ´  ヽ ヽ ヽ ):::{   `ヽ、      /|⌒゙}\`i
|-= ´xXX/   / ̄ \_ト,_|`_{` \   \     / .{⌒|_\7
|:\><><>\    / ̄ ̄| |  |´ \.    \   〈 .>:.:.:ヽ.}-、
|==== ,_\ .///\\ } .{ / ./\    ゝ  ./_\彡⌒ヾヽ
 ー――― ¨ ヽ / t―/ | .| \ヽ.\\ /\/::} :i|/ ̄ヽ、,
           ヽ ヽ +-, __  二 ̄| ゝヽ \:::::/`t-'  | /\
           ハ j  :.  | .|   ̄//ヽ  \ `´ /tjー='| /⌒\ゝ
         /  。 j ヽヽ._.〉 〈 彡/j /  \  `: ´   |l ___.|、/ ̄~\ゝ
        /    | |  \  /  | .l     ヽ /` ̄¨丶  ヽ::::/ ̄¨7ヽ

212 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:39:52 ID:mZ/sW1EY0

                               ___                、人_人_人_,
                                ´    ` 、            )      (
                            ´       \  ,          )  命  (     この辺りはまさにこの台詞の通りだ
  |\.     ハ                  /   ハ   ヽ、\ 、> ,          )  を  (
  |  \  /  ヽ   ./!          /   |、| \/=7、_>  !            )   っ  (    意図的にしたわけではもちろんないが、
  |   ∨    \/  |          |ハ  |ィ≧  `'ツ` |  |  | __       )  !   (
ヽノ              \        |! |、 ヾ ツ ',ィ=.、 u.|  |! レ´ _` 、    )     (    彼女は陸軍の兵士たちを救うために
 ノ ‐┬    え   私    /           }  }   マ_〉 ! .|. / /   ̄    ⌒Y⌒Y⌒
 | ロ|    え   は   ヽ           ハ ゝ u `‐' /! /ェェ'′                 結果的に周囲に少なくない犠牲を強いた。 
  __ 、、        何   /    ,ヘヘ_   /:ハ、 \>チfj/イル} }ー。‐┐     |\   ハ ./!
    (     そ    で   {   / / /ヽ,イヽ: : : `ー'.、<: L≦x-―: : !    _|  ヽ/ ∨ |__  この時期のナイチンゲールには
          う   も   \,(   / /  ト、: : : : : : :}: : :`.ヽヽ:。ヽ: :、{: : L    \      救 /
.  ┼     よ    す    /|:`<_人_| |: : : : : :.ソ´: : : : : : ヽ。}: : `ヽ: ヽ   /  な  う  \ 後退はおろか、転進すらない。
   七     :   .る    {. !::::::::::::::::::::::lー}: : : : :/: : : : : : : : : : :\: : : :\: \ \  ら  為   /
.   っ     :   .わ    \`ヽ::::::::::::::::::::::ハ: : :〃: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : ヽ: :ヽ 〉  っ       \ ひたすた改革に向かってひた走り、
               !   /  |≧s-z≦: : } :./{:::::..................................:}i:... . ......}: : : '\ !       〉
  ┃┃           |    `ヽ:「二|ィ : |./ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::リ |::::::::::::ノ: : : :} //\/\/\|  突撃を繰り返していた。
  ┃┃           ヽ     ヽ二| : : レ    >、:::::::::::::::::::::::ノ| !:::::/: : : : / ´
.  o o          |\|      `ー‐ ´     〈: : : .ー―‐. ´: : ! |::´ヾ、: :/

213 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/03/18(日) 22:40:13 ID:nLJItrOo0
wiki見ると結構な経歴だなこのハーバードさん
そりゃ代わりが居ないと言われるのも大体納得
しかし病気の種類がこれまた・・・糖尿病・腎臓病に加えてブライト病なんていう日本語版にもない病気まで併発してたとは

214 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:41:19 ID:mZ/sW1EY0

                   _jI斗-=ミ、
                 ///:::://:::\
                  _{:、:{:{::://-‐:::::::∧        一応、こんな婦長の仕事に協力しながら、命を永らえた人物も
                /,ィァー-‐''"¨ヽ::::::::::::
                   |:| |_{_   __ ∨:__:::|       いないではない。ジョン・サザーランドという衛生学者だ。
                  \'x=ミ、´r==ミ 〃 ノ:ノ
                 ∧ .}       ,_//        もっとも、ナイチンゲールは彼の能力は評価していたが、
                      ∧ `―ァ  / {;:{
                    ヘ ー ' / /∧        彼の事は嫌いだった。理由はおそらく
                  ///ーく‐ァ'///∧、
                 /'////⌒V/ ////}:` <     「あまり仕事熱心ではない(ナイチンゲール基準)」
              _jI斗匕'///´   ,イ//////::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::://///  ///// /:i:::::::::::::::::::::圭L  からではないかと思われる。
             /:::::::::,'////:} /:://///:::::::j|:::::::::::::::::;圭圭L
           /:::::::::::| ///:::{ /:://///::::::::j{|:::::::::::::::::\ヽ/∧
         /:::::::,'::::::::| //::::::}'::∥'///:::::::::j{i|::::::::::::::::::::∧∨.∧    「では、ミス・ナイチンゲール。私は趣味の庭いじりがあるので、
.        /:::::::/::::::::::|/,':::::::::::∥///:::::::::::j{i;|::::::::::::::::::::::∧∨ ∧
        /:::::::/{ ::::::::::|/|::::::::::∥ //:::::::::::::|i;i;|::::::::::::::::::::::::∧∨、∧   これで失礼するよ」
.      /:::::::/i;{::::::::::::|/|::::::::::j{ // ::::::::::::::|i;i;|::::::::::::::::::::::::/} | }_r‐┐ァ
.       /:::::::/i;i;{::::::::::::|/ト、::::::j{//::::::::::::::::::|i;i;|:::::::::::::::::::::: } | | } ヽ_ノ´
      ∥:::::/i;i;i;{::::::::::::|/| |ヽ::j{/:::::::::::::::::::::|i;i;|:::::::::::::::::::::::乂 ヽ\ }/∧

215 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:41:34 ID:mZ/sW1EY0

                          __
                   {  ,. '"´      ``~、
                     `ー==≦/     ~"''~、 \
                   // / | |! {         \ ',
                 /イ ′| |! { l{   \ \ \:.
                 /"/ | | i l. V:', ∧、 \ ヽ  ,  ', ,ィ/
                〃 // | l. VV {:V',、∧::`:..、 ',  ', V}/ / .ィ/
                 ∥ ,'/ l| iV',VV';::\\\:::::ヽ}! } }ソリ、{/ /
                l{  {.{V V ',==ミメ:::::::`¨,ィjI斗 =ァ}/ .∧\ {  _ -=ニ7_
                 ',  ゙{ ,V ヾ} ○ `::::::::::::" ○ .イ }\ ∧ ヽ´ニ,,。s≦=/      「その前に仕事しろぉ!!!」
                 \ {: :`<\ ¨´     `¨´  ,'ノ、:ヽ /, 、./,´>''"~´
                 V | { \`    '     ///,: : V}、 V}- 、
                     `| {ヽ \ /ニニヽ  イ" : : /,、f リ }! リ -、⌒ヽ_
                    ,ィニV',V\∧、___ ノ/i }}: : :. :./,ヘ¨´ヽ {__ ヽ-、 }`ヽ
                _-ニニ二\寸 V}>-< _.ィ,': : : : : /, `ー< _ ノ` ><ハ
             _-二二二/   ヾ.リニニ-〉/二/: : :V: : :./,       `ー'"、_ ノイ
.              {>‐<,/ : \   `'</イ>": : : : :`<:./,
               ,': : : : : :. :.'.,: : : :`'< \`¨¨¨¨}: : : : : : : :`: .
               ,': : : :. :. :. :. :.V: : :. :. :.´~"''~、、{: : : : : : : : : : :V
.            ,': : : : : : : : : : : W: : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : :. :. :.W_
.            ,': : : : : : : : : : :. :.}: : : : : : : : : : : : : : :.V: : : : :. :. :. :.}ニニニ- _
.            ,': : : : : : :. :. :. :. :.,': : : : : : : : : : : : : : :. :.W: : : : : : : ,':,二二ニ/\
         ,': : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :. :.}ヽ.:. :. :. :.イ:./,.ニニ/二ニ-}
         ,': : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : :. :. :.,':.:/.:>": : : :./,/ニニニ-',

216 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:42:20 ID:mZ/sW1EY0

                           _」LユユL」_
                      ,,。s≦        ``~、
                     ,.'"      ``~、        \
                     /
                 ,イ                ',
                    /{ ` 、   '/     /,  ',     |     :.
                //{ | ',  \  '/     /,  ',     |   |   }         話を戻して死んだ上記の三人だが、
                  // .{ | ',      '/     /, .}    l|   |   }
                 {  W'     \'/     /, -、  |  !  ,'         彼らはある意味、まだしもましな結末と言えるかも
                 !   V   \ >'"~'/     /,  ∨ |     ,斗-- 、
                  |    VV_ .イ `jI斗 '/    :| l|   }    ./ / >‐ 、.\     知れない。彼らが死んだ時、あるいは倒れた時、
                  |l  ',. V\,ィf´ / ``'/   l| l|  ,' ,′/ /  ̄ミメ、',ヽ}
               v{V ',  ヾ{' ヾ〉イ    '/ l| l| l| ./  ! ./ {/´ミメ、ムノ      フローレンスは嘆き悲しんだし、死後も彼らの
                    ヽヽ{`~}   .::::::::  '/ ! :| l|イ `7¨ヽハ /゙ヽV} V}
                        /        } l| l| ./iハ{、_.{   .} 〈 } } リ リ      功績を折に触れて述べた。要は感謝していた。
                   `    ___     } l| l|/     \}ノ   >'゙ヽ
                          ` 、     } ./ /    _ -ニ/ `ヽ〈  { }
                       \_ .ィ.,'./}/ _ -ニニ二\.}ノ、 `r‐'`ヽ
                               /イr=ニニニ二二二{ ヽ ',_ `<._}       ある意味、もっとも悲惨だったのは、
                              __{二ニニニニ ,ィfニ`¨i´ 、ヽ  {`ヽ
                         /ニ{二二>'": /ニニニ`'<ノ-、乂、}    さんざん協力した挙げ句に 死こそ免れたものの、
                           {/o`~、、: :. :.{二ニ=-‐.乂__', {`ヽ
                           >'"ニ=-: : :~´: : : : |: : : : : : : : : : : : :i`ヽ _、}  感謝もされず、侮蔑とともに捨てられた人物だろう。
                    . . .'": :~"'~、、: : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :| _、}  〉
                   . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :|乂 >"}
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : :|  ヽノ
                 ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V: : :.l|: : : : : : : : : : : : :|
            ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.W : :|: : : : : : : : : : : : :|
              {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }: : :.|: : : : : : : : : : : : :|
              {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }: :./|: : : : : : : : : : : : :|
            ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,'/: |: : : : : : : : : : : : :|

217 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:43:42 ID:mZ/sW1EY0

                                 丶
      |     i                          ',
      |     |        /!           |   |     ',
      |     |.      /│          |   |.       l
      |     |     /  |  |        |   |       l
      |     |  `''ー━━━‐'"     ′  |.       l
      |     |   /__ | |       /.     |        |
      |     |_≧=≠==ミ、ヽ.     /      ,
  │  |     |. 《  {: :∩: :}`ヾ     /     /     / ,
  │  |     | とつ、,,__ノ |//  ≠      /     / /        その人物とは小さな頃から一貫して彼女の
  │  |    Ⅳ\\\ヽ// /./.イ  ,イ. /     / /
l.  │  |     | \\\\ // / //\,'   ,イ./ イ        味方だった叔母のメイである。
ハ . |.  |.   | | o          ,/\\\ イ  | イ
  ', {ハ . |   |l.|>、 .し    、_  ,     ,イ.    |
マニ゙, {ム |  |从: :)h。.      ´     イ i|    i |
. マニヘ乂ム|ハ |ニl `'<: )h。.  , <― / /| . |.  ll |、                     第八回 おしまい
, マニニニニニム マニ≧x ヽ:γニニニ=-ム /イ /. │. ハ| ヽ
. l::::マニニニニニト乂//7_./__/ニニニニニ=-l  /イ.} |/', }!
 l:::::}!ニニニニニ////////////}ニニニ=-}   /イ  } ノ

218 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:45:50 ID:mZ/sW1EY0
今回は中途半端なところで申し訳ないのですが、以上です。
このメイ叔母さんの話まで一緒にするとかなり長くなりそうなので……

 もう大体書くことは決まってるんですが、来週末は動け無さそうなので
次回投下は再来週になりそうです。

219 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/03/18(日) 22:50:49 ID:xwUMkV0E0
乙です

220 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2018/03/18(日) 22:52:48 ID:nLJItrOo0
乙でした
一レスのみの登場だがサザーランドさんどういう人なのかちょい気になったww
メイさんは一体なにが・・・

221 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:53:33 ID:mZ/sW1EY0
>>213

 合いの手、ありがとうございました。
 ちょっと先にネタバレ(?)になっちゃうんですが、
能力はもちろんなのですが、そもそも、兵士のためになにかしてあげよう、という
人物が極めて少ないんですよね、この当時は。



: :|: : : : : : : : : |: : : : :′: : : : : : /:  : : : : : : : |: : : : : : : : '. : : :ハ
: :|: : : : : : : : : | : : : :! : : :.,′: /:.:  : : : : : : : :|: : :i : : : : : :'. : : :‘.
: :|: : : : : : : : : |: : : l: : : !: : /: :  : : : : : : : : |: : :| : : : : : : , : : :.‘.
: :|: : : : : : : : : |: :.  l.: :. l : / ! .! : : : : : : : ハ ::│: : : : : : ' : : : :.i
ミ|: : : : :  __: :|:.: ,イ :   ! / │.! : : : !: j: | | :: j : :.: :.:!.: :' :.:. i |
`.| : : : :    `ト :,,l_! ./!.| │jl : : .: :' /! ! |  ハ  :: : |  :! :: ハ!
-:l : : :     |  | リ|`/''!:ト..,,|:' |│ / / / 几.|,.斗l'゙!  .|  ハ i│
 | : :.:     、_,イ芋芯≧ュ、.!`ヽl  / /,,/x斥==ミリ|  ./!. /│.′
 l  : :.     |ヾ  |:::|il|::::|  | Vi ./ / /イl::|il|:::| / | / |!/ jノ
 l  :.:      l∨ こ)''’::ノ     }ノ    つ'’ツ  jノ .|        「兵士のために環境整備? 必要ないでしょ、そんなの
ヽ!  ::     │  `¨¨<.:.:.:.>      .:ゝ‐'  ′ │
 |  .:    │             .::':,     ,: : : │         むしろ害になります。甘やかしては兵士として使い物にならない」
ゞ|   :      |              /     / :.:  |
 |   :      |                    ′:.:  |         
 l   :     |         ____     /: : : :   |
 |   .:   │、         ´―‐’    .イ: : !: : :|  │
 ’   :    |  丶             /|: !: : i:.: |   l
  ,   :    |     `  ..     / │i: : :i:.: |  i.!
  ′ .:    ト--  ..,,___` т、´    !:.!:.: ,′/! j /リ



 みたいな考え方が結構主流。
 シドニー・ハーバートの熱意はナイチンゲールよりずっと小さかったけど、
問題意識を共有できたという時点で、相当稀有な存在でした。

222 : ◆JDoh5u/I1A : 2018/03/18(日) 22:57:28 ID:mZ/sW1EY0
>>219
 ありがとうございました。次回もがんばります。

>>220
 サザーランドさんは婦長をいらいらさせることでは右に出るものはいない人。
 能力はあるくせに出し惜しみすると言うか、全力で取り組まないと言うか……
 有能な味方だけに始末に負えない。

関連記事
23859 :日常の名無しさん:2018/03/19(月) 21:22:18 ID:-[ ]
>あれはどうも後世の創作らしい
(ノ∀`)アチャー
物凄く信じてたトイレ神話
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
目次 AAで学ぶ農学 (07/05)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 6~10 有機質肥料 他 (07/05)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 1~5 肥料の定義 他 (07/05)
  • AAで学ぶ医学 253~255 コンタクトのリスク ~ 内臓の右左 ~ 世界がゆがむ(空の境界にあらず) (07/05)
  • AAで学ぶ心理学 22~25 チャンク 他 (07/05)
  • AAで学ぶ心理学 19~21 知識の検索 ~ 短期記憶と長期記憶 ~ 短期記憶から長期記憶 (07/05)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第13話【ピンクと大魔女】 (07/05)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第12話【ピンクと護衛】 (07/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 6 (07/05)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 8 後編 (07/05)
  • 国内的な小咄 506 横浜と神戸 (07/04)
  • 国内的な小咄 505 やおぎも (07/04)
  • 国内的な小咄 504 めひかりうまい (07/04)
  • 国内的な小咄 503 伊勢の人が思う伊勢うどんの分類 (07/04)
  • 国内的な小咄 502 鹿児島の方言はなぁ…… (07/04)
  • 国内的な小咄 501 神鉄ニキ (07/04)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 第1話 1021年「ドルティー・マリー婦人には愛と恋が群がる」 (07/04)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 予告編 (07/04)
  • やる夫達は人間ではないようです 02 (07/04)
  • やる夫達は人間ではないようです 01 (07/04)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 13 ラミド (07/04)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 12 アフリカに人類の祖先、誕生! (07/04)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 11 類人猿、その進化の拡散 (07/04)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その111 (07/04)
  • できない子とSCP 65話「幕間 夢を見た少女、少女の見た夢」 (07/04)
  • 蒼星石は亡国の王子のようです 第三十五話 (07/04)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 72 (07/04)
  • ロケッ都団が征く!! 第二十六話:かぼちゃにいたずらハロウィン祭り (07/04)
  • やる夫はどこまでも遠くへ行きたいようです 第5話 安全第一 (07/04)
  • 国内的な小咄 500 足利ワイン、そこまでレベルが高いのか (07/04)
  • 国内的な小咄 499 吉田郡山城跡はすごいよね! (07/04)
  • 国内的な小咄 498 福岡の屋台 (07/04)
  • 国内的な小咄 497 国道425号 (07/04)
  • 国内的な小咄 496 姫路の特性 (07/04)
  • 国内的な小咄 495 知名度ランキングが……割れた? (07/04)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 休息会話 (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ④ (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ③ (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ② (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ① (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 10 人類の原産地 (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 9 アフリカと外部世界 (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 質問返答 1 (07/03)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 11章 その5 (07/03)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 11章 その4 (07/03)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 5 (07/03)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 4 (07/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 50 (07/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 49 (07/03)
  • 国際的な小咄 7284 中国の共産主義者からも謎 (07/03)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/5)
    ※完結作品は集計した前の月(4月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4英雄を作ろう!4異世界食堂できない夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6アメリカンヒーローアカデミア
    7IT業界のやる夫さん7気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118コンピューター様、情報更新は義務です!!
    9やる夫は魔導を極めるようです9やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    10森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠10ドクオが異世界転生したようです
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫の兄はブラコンのようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14できない子とSCP14ダンガンあんこ
    15やる夫のみつめてナイト15レベルを上げるスレ
    16やる夫の伝説16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19めぐみんの楽しい独身生活!19主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    20白頭と灰かぶりの魔女20ニューダンガンあんこV3
    21アカガネ山のやる夫21カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようで
    22ダンガンカオス22オーバーあんこ
    23やる夫たちでソードワールド23やる夫の野望
    24やる夫とかがみは世界を探す24やる夫ファンタジー
    25イナズマイレブン/ロリ/ショタ25金欠ほのぼの冒険物語
    26やる夫は竜の人財のようです26やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    27ご加護なカンジ27やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    28やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~28STALKING!!
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29やる太は異世界日記を綴るようです
    30あんこ時々安価で鬼滅の刃30やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    31いきものがかりたち31やる夫は妖精郷を旅するようです
    32やる夫は死なせてもらえないようです32やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです
    33魔女はやる夫になるようです33やる夫は宿屋を経営するようです。
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる夫は男子校?に通うようです
    35やる夫で学ぶ近世騎兵35あんこ終末旅行
    36ロケッ都団が征く!!36キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    37やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです37ご令嬢☆タクミちゃん
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38あんこ町の住人は星人と戦うようです
    39蒼星石は亡国の王子のようです39カリブの海と海賊たちのはなし
    40カーきゃん□40やる夫は学園生活を楽しむようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング