スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やる夫たちでソードワールドを独立カテゴリとし、長期キャンペーン(サブタイついてるもの)を子カテゴリといった形にしました。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
4/15やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷
2/25
キル夫は運命をひっくり返したようです
2/19
あんこ時々安価で惑星のさみだれ
2/18
・やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やる夫スレの作り方をみんなでまなぶスレ 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】おしえて! アティせんせー (新)第四回 ターゲットとそれに合わせた構成について

目次

1936 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/11(日) 22:17:35 ID:ptUO8S8y
【明日18時より講習致します】
【今回のお題は、「ターゲットと構成」です!】

1937 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/11(日) 22:35:12 ID:GSPE3law
わぁい!

1938 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/11(日) 22:37:45 ID:7NgzyIeZ
ひゃっはー


1939 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:09:29 ID:AfuErL6Y
おまたせしました

では講義開始致します

1940 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:10:23 ID:ubXEkgmi
いえーい!


1941 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:13:35 ID:AfuErL6Y




              _n_,、   .   r !       ,⊆、   .  r‐─┐ .   ∩
             └i rヘ〉    ||     .└ァ厶    `ア/     ∪
             (才P_)    ヽニフ.    .└~┘ .   ヽつ     ○

                  ___                .__n_n__.   n      .__n_n__.           ∩
                 └ マノ     ⊆⊇、  _,ノフ  └i n_r┘..  /厶__   └i n_r┘..  に二二l    ∪
                  くノ     `フ_厂   レL!     L..つ   └'^ー┘..   L..つ             ○



                       ___
              _、+''"~        ~"''~、、
          >''~
        /          ∧__         \
               / ',_/::::\::::ミh、          \
.        /     /:::::::::',|:::::::::::ヽ::::::::\         ∨
       {       ..:::::::/⌒|::::::、:::::::\:::::::::\        ∨
       |    ./::::::::::|  !::::::‘,::::::::ヽ::::::::::∨      ‘,
       八   .::::::|:::::|  |:::::::::::ト、:::\:\::::::∨       }
        \  |:::: |:::::|-‐八:::::::::| ‐-ミ:::::`、\W    /
             八::::|:::::|   .`、:::::|   \:::::|::::\_         誰にも向けない話とオ◎ニーは割と違いがないですね。
           /:::::∨\|x≠ミ. \| x≠ミ !\|}、::::::\
.         ⌒ ̄|::::::::|| 、、、、     、、、、.|::::::|::::| ̄⌒
.             |::|:::八     '    .ノ|:::::|:::::.
             ,'::|:::::|. \   ∨__フ  / .|:::::|:::::::.
.            /::::|:::::|| ̄ > __ イ.|⌒|:::::|:::::::::..
          /:: /|:::::| ,  |::|::::|:::::|::::::| |  |:::::|:::::::::::::...        【ターゲットとそれに合わせた構成について】
         /⌒|:::::| ) 「|:::! ::!:::::!:::::/  !:::::!  ̄`ヽ::::.
.        /    |:::::|〈 ∨:::::|:::::|::/ / 八::::!    ∨
          } |::::,' \. ,──‐|-‐   ',:::./    ::::..
.          | ∨ |::/  イ/__/.|     ‘:::.     |:::::::..
        /} / .// /:::/./! ∨‘,      ',::.   .|::::::::::..
.       /:::} ,' .///::::/ /||   ∨‘,     }:::   八::::::::::::.
..     /::::/  {::{ ::::::〈  / ハ   |::|:::',    ノ:/     \:::::::::..
    ...:::::::/,'  八{:::|::::|:\_/:::: ー─ |:::::.   ⌒ ',      \:::::::..
   /::/:/ {   /::: !::::!::::::|:::::::::|::::::: |::::::|     }    ‘,/:::::::::\
. /:::/::::::{ ',  |:::::::::八:::八:::::八::::: |::::::|     ,'    ‘,::::\::::::::\
::::::/:::::::::八__|  .|::\::::::`、_,,....,,_::::`、 |::::::|     {_ -‐ '' ::::::::::::\::::::::\
:/ ::::::::::::::: / |  .|`¨^^^¨´:::::::::: `¨^^^¨´|___ノ|   |:::::::::\::::::::\::::::::\



.



1943 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:18:09 ID:AfuErL6Y



  ___
 |/∨\|       _____________  |______
 |>◎<|       ||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 |\∧/|       ||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 ! ̄ ̄ ̄      .||    |    ||    |    ||  |:::::::::::::::::::::::::::::||
 i           .||    |    ||    |    ||  |::::::::::::::::::::::::::::;||
 i            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .|:::::::::::::::::::::::::::;;||
  _____________________ _ |:::::::::::::::::::::⊆li||
. / ┏ (*) ┓  .//| ̄ ̄ ̄ ̄|\_________________┌=X\ :::::::::::::::::::;;;;||
/┏ (*)  (*) ┓//,_l========'_\______\\ \ ::::::::::;;;;;;;;||
|_◎/二二二ヽ.[~]_||    。|。    ||'~~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~'|~゚~| ::::::;;;;;;;;;;;;||
| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄。|。 ̄ ̄ ̄|~゚~| :;;;;;;;;;;;;;;;;;||
|______.|.______||______.|.______||______.|.______|~゚~| ̄(^)(^) ̄\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                        .||\ ̄~\
            ____________.           ||  \  \
          ./                 \         . |\||| ̄ ̄|
          /                   .\.        |0 .\||_≡|
         ./                      \.      |\  || ̄ ̄|
        /                        \     |0. \||    |
        |=================.|      |\  ||    |
        | | |                     | | |     . \.\||    |
        | | |                     | | |        \||三三|
          ̄                       ̄




    /                                 \
.   /                 ,、                      \
  /              ト / ヘ__     , へ              ヽ
             | ヘ    ヽ `ー一 '                    ヘ
 ’         __ |  \               `             ハ
          /.  `{   `         \     `
'         /   ハ   ヘ.   \   \   \ \    `        ’
         /|   アヘ    \  ハ\   \   ヽ  \‐ <  \    }
.         '/{   .|イ  ヽ    ヘ\ ヘ \ __\  ヘ   \. \ ヽ
'          '//i.   | |   \  ヘ \ヘ/\ `寸  ヘ、   ヽ  \ヘ  ’
       ,イ } |..  | |  -‐‐ \. ヘ  \z云气ミx.\ ヘ \  ヘ    \/      というわけで!
. ’     /,イ ハ   | /,ィ云z、  \ ヘ  ´'任阿ヽ寸、 ヽヘ ',ヘ ハ   /\
  \_/ィi.|.| | Ⅸ. 〈 ,ィ/任迅`   \ヽ、 辷ソ ' 人 |\| |ハ } /
   \/イ{ | | | |ヽ Ⅵ{ 弋,少      `  _    /ハト }  i { X〈          今回はターゲッティングと、構成についてのお話です!
..    \ .|' Ⅳ.| | \ヘ` ´     '           /_| リ  .|ハ´ i }
      `ト、 { .|. ',  介ヽ、      , - =ァ    /".|   | ハ /
        、 ヽ|  ,  .㌦     ぐマ  ソ     .イ  |   |  ヘ __
.          \ ハ    | \      ¨       /| |   |/ ̄ /
       寸―- ,  ,   ト __>         /{¨ ̄ ̄|   |   /ヽ
        \  ハ    ,   ̄圦 >x___ィ__|    |   |   /   \
           入 ハ ハ     rイチ ̄{    ノ  )ヽ.. |   |. ハ    \
        / .∧ハ  ヽ ヽ  .} `i  ヘ  {  ( ノ  , .j.   | / , -――‐-- 、
    / ̄ ̄ ¨` 圦  i\ヘ,イィ. { ̄` }=-} __ハ__//|  .|"
   /          ヘ   V \' ハX二二二ミx/イ/イ .|  .|
              ヘ  ヘ   \ { {     } }  /'  |  .|>
 ’   i       ヽ ヽ  ヽ   ゝ廴__ノ人     |  .|
 {   |        ヘ  \  \ ' /ノ || | ヽ、    i.  |
 |   | ヽ       \  \  `//  .|| |  ヘ...   |  |



.

1944 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:23:07 ID:AfuErL6Y




          _,/ ̄ ̄ ̄ ̄` ̄\、/レ
        //      ,  /\ .i i V〈
        / /  ∠__ム/ ー-V l 「ヽ
         j v、!  ●  ●  i ' ├'
       /       ワ     / .i y'    いつもの寸劇はやらないのです?
      / _ ,.イ ,          !,、_У
          ! !             i .l
             {_〉           } !
            ∨ ,,__,,   /-'
              '.,   i~ヽ、 /
            丶  l   ! /
                  > |  ,} 〈
                 ̄  ゝ-'





                  _  ── 、
               /        ヽ
              /  ,、 |ヽー'´ヽ、_   \
             /  /:::y|::::::、:::::::::::.:ヽ   ヽ
               /  r.'::::::{!ハi:::::::::、::::ヽ:::ヽ   i}
            ノ  {:::::::::{   l::ハ::」ゝ- l::::::',   ノ
              〈   i!:::i:::ノ⌒ リヽ:{r=ァ\:::::! ノ     税務署行った帰りで疲れてるし、
            \_/:イハ/ィfニァ   ` らル}イハ/ソ
             ノヘ}::::l:::iゞ‐'   ,  `‐ソ}::::l:::i
               l::::l::::iゝ  ー  'ィ l::::l::::i      今日は三時間後に卓があるのでサボっていきます。
              ノ:::::l:::l__> - イ'__|::::|::::i
              /::::::}::::l  |TTTTT| |:::::|::::i
                /:::::::::l::::l、_ ヒ==メ_,}::::::l:::::i
            /::::::/l:::::l ゝl ̄ ̄lヽ ,:::::ハ:::::ヽ
              /:::::/  l:::::::l  l厶マ.l  !::::::| \::ヽ
           /:::::λ  |:::::::', / /ヘ ヽ ノ:,::::l  ヽ::ヽ
          ,'::::::/〉  !:::::::ヽ. /  ヘ 'イj::::ノ ヽ ,' ヽ:::i






                  |\/|_
― - < ,                  |_
: : : : : : : : `: :<____          /
: : : : : : : : : : : : : : : :,:ヘ: :|/⌒丶,
: : : : : : : : : : : : : /: : : /!     \
: : : : : : : : : : : /: : : : /::ト,      ヽ
――――-´: : : : : : へ:::\     ',
: : : : : : : : : : : : : /ヽ/::::::::::::::::\.    !
 : : : : : ; へ,___!:::イ:::::::::::::::::ヽ:::ヽ.
: : > ´   l::::::::!::∧::::::::::::::::::ハヽ:',
:X__ _ .ノ:::::/i::::::|'ヽ;:::::::::::::ハハ:',
::∧ー-==ゝ:::/ ヽ::::ト、ハ:::::::::::::::| ',',
::::ハ::::::::::::::::::::| , -∨, \∨::::::::::l  |:l
:::::::::l:::: :::::::::::::i l.   `ヾ,ハ:::::::::::l  ソ     リアルな事情暴露はやめておこう!?
::::::::::!:::; :::::::::::|ハ    iリ.|∨:::/
::::::::::|:::i::::::::::::|  ゝ,    八_!:/        .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
::::::::::l::::|:::::::::::l u  `  ̄   `!        | 失うものは何もない!!!!!! |
::::::::::|::::', :::::::::| ,/l//l/  /         乂______________ノ
::: :::::l:: :::ト:::::::::l,    , -===/
::::::::::!:i::::|ヽ:::::::l,.  /     λ
:::::::::|::|:::|ヽ\::::l, 〈 ./i_,..-"::l
:::::ルレリ人_ノ\! ̄: : : : : : : : :しi
:::::ト 、_>! ´: : : : : : : : : : : : : : : ハ
:::::|:.:.:.:.:/:.: :,: : : : : : : : : : : : : : : :∧
::::::!:.:.:/:.:.:.:.l : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
:::::::l:./:.:.:.:.:.| : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ,



.

1945 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:27:58 ID:AfuErL6Y



                    __
                   。 ゚.      `:...、
               /  ,ヘ.         \
              。゚  x./.:.:.ヾヘー=ミ   \
                 /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:\.:.:ヽ、  ゚:。
             /  / .: トヘ.:.:.:.:.: ト、.:.:.:.:.:.::,ハ.    :.、
               {   .'.:/.: |  ',.:.:.:. | \.:.:i.:.:.:,.:.:、   \        さて。
             \_И:.:. |  \i、|   ∨.:.:.:i.:.:.:\   )
                 |.:.:.:| ゙O   ゙O 从lヘ{ミー‐'^。 ゚
                    从;人        .イ.:.:|八 ̄ ̄           社会に出た方や、大学生辺りの人は「マーケティング」など、
                |.:.:|‐┐ ワ ┌ー|.:.:.|.:.:.l\
               ノ|.:.:| :|≧ ≦|  |.:.:.|.:.:.l.:.:.:\
                (  |.:.:|i 人岱人 八.:.:.:.、!:.:.:.:.:.:\         市場を知ることが大事だ、と口を酸っぱくして言われたことがあるかと思います。
                    ) |:.:八 | {i {i.   \.:.:\.:.:.:.:.:.:.:\
                 /  ル′ >->-{      \.:.:\ .:.:.:.:.:. \
                  J./{.:{  └┴‐┘     ノ).:丿ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.     実際、需要を知ることはとても大事なことです。
             <.  乂__)   ∧   (_/-ヘ、.:.:)、.:.:.:.:.:.i.}
               ノ\     /:::∧      _ィ(⌒\{  \.:.:.:从
                /  |`'┬‐彳:::::::::::`'‐┬‐'~ |ヘ   \  i/
          /     .| │::::::::::::::::::::::::::ハ    | :,    \
          /    .ノ  }::::::::::::::::::::::::::| |   ', ',.      \
        (      //  厂`:..、::::::::__人:.,   ', \       \
          ヽ  / /  人 >''⌒{   圦ヘ   ',   `⌒ヽ.    \
          ∨.  /  //^{ {__ノ ><::::::i.ハ    ',     \   \
              }  _>--|'   }><_.   >|.ハ    ':、     )  _}
           r__...--|>'~:::::::::::::::::¨::<__| ̄}__ノーっ.   { /
               }  | ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  | し'⌒  ̄    ∨
               |  | ∧ ̄二二i二二二、/ ∧             {
            丿.  |  .|´込「  | |込| │  .〉           }






                    __
                   。 ゚.      `:...、
               /  ,ヘ.         \
              。゚  x./.:.:.ヾヘー=ミ   \
                 /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:\.:.:ヽ、  ゚:。
             /  / .: トヘ.:.:.:.:.: ト、.:.:.:.:.:.::,ハ.    :.、
               {   .'.:/.: |  ',.:.:.:. | \.:.:i.:.:.:,.:.:、   \        ですがぶっちゃけて言うと、
             \_И:.:. |  \i、|   ∨.:.:.:i.:.:.:\   )
                 |.:.:.:| ゙O   ゙O 从lヘ{ミー‐'^。 ゚
                    从;人        .イ.:.:|八 ̄ ̄           ネットなんて何処に需要が転がってるかわからん魔境ですので、
                |.:.:|‐┐ ワ ┌ー|.:.:.|.:.:.l\
               ノ|.:.:| :|≧ ≦|  |.:.:.|.:.:.l.:.:.:\
                (  |.:.:|i 人岱人 八.:.:.:.、!:.:.:.:.:.:\         素人個人がやっても大概無意味です。
                    ) |:.:八 | {i {i.   \.:.:\.:.:.:.:.:.:.:\
                 /  ル′ >->-{      \.:.:\ .:.:.:.:.:. \
                  J./{.:{  └┴‐┘     ノ).:丿ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.     魔法少女に変身するおじさんで10万稼げちゃう世の中ですから予測なんて無理。
             <.  乂__)   ∧   (_/-ヘ、.:.:)、.:.:.:.:.:.i.}
               ノ\     /:::∧      _ィ(⌒\{  \.:.:.:从
                /  |`'┬‐彳:::::::::::`'‐┬‐'~ |ヘ   \  i/        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          /     .| │::::::::::::::::::::::::::ハ    | :,    \         | こいつ、自分のマーケティング能力の低さを責任転嫁しやがったのです |
          /    .ノ  }::::::::::::::::::::::::::| |   ', ',.      \         乂_____________________________ノ
        (      //  厂`:..、::::::::__人:.,   ', \       \
          ヽ  / /  人 >''⌒{   圦ヘ   ',   `⌒ヽ.    \      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          ∨.  /  //^{ {__ノ ><::::::i.ハ    ',     \   \    .| だからリアルな話は生々しいから止せって.|
              }  _>--|'   }><_.   >|.ハ    ':、     )  _}    乂_________________ノ
           r__...--|>'~:::::::::::::::::¨::<__| ̄}__ノーっ.   { /
               }  | ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  | し'⌒  ̄    ∨
               |  | ∧ ̄二二i二二二、/ ∧             {
            丿.  |  .|´込「  | |込| │  .〉           }



.

1946 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:32:11 ID:AfuErL6Y




          ./         , -ー/:`ヽ__        ヽ
          |       .イ: : : :.イ!: : :',: : : : :.丶、      ヘ
          丶、   .イ: : : : : :.ニ.|: : : i: : : : : : : :ヽ、     .ヘ
            ヽ、 /: :/: : : //´`.|: : : |: : :.',: : : : : : ヽ、     ヘ
             /: :/: : : //.   ! : : :ヘ.: : ',: : : :ヽ: :.ハ      ヽ
           , イ: : : 7: : : :/    |: : i: :ハ: : :.',: : : :.',: : !l       l
         ∠イ:,ラシ./: : : :.| `丶、 .|: :.|::!| .',: : ハ: : : :.',: : ',     /
              ,': :ハ: :.ir=ー 、. ',:.ハ7 ´.',: ナヘ:弋: :ヾ: :ヽ- ´
              /:i: : :ヾ!トl!:ソク7    πテ又,ソl: :ヾ: :.|ヽ: :ヽ、        ですが!
             ./: :|: : :.|!.ヘヾンノ    弋ヾン.//: : :|ヾ.! ..ヾ: ヽ
            /: : :|: : :ヘ      ,      .!7: : :.i|      ヾ
           /.ー-ヘ: : :!|.ヽ、.  __    ./: : : :.人             【「どんな読者に向けて書くか」は、
         /   - ヾ: :ヽ .i丶      イソ: : : /_: :`丶、
       ./ /       ヽ: ヽ::::.` .― ´:/./: : :./   ヽ、: :`.丶
     / ノ   , -ー-.、 ', .',ヤ∧ー-.ン: ツl: ン /  ヽ ヽ: : : : `.丶     作品の方向性を決める上で非常に重要なものです!!】
    .ノ   イ /     ', ヾ ヽ、  /    /     ', .',: : : : : : :
  /  .::::: / ´!l       ヽ、   シ           / ヽト、
 /    .::::/ イ  l        ヘ /  _   /ニヘ        ヽ ̄ ̄ ̄     これを決めることを「ターゲッティング」と呼ぶことにします!!
./     / l     , -ー- 、 ヘ /  ヽ .,' ,' ハ   ン  ノ  ヽ
     ./  l    ./テ ーナ-ヽ ヽ     ナ = 7__  /  `丶、__
_ ,-、,-、_____イ´ l l  i  トヽにヘ_//  イ.T ./―――――――――
  >..l  l´`l     | .| | .|  .|  l! | .l l.7 ./ l { |....._
 / l .|  |  ',    ヽ .', .', .ト、 ',___',_',__./ /  ',_',/シ´      , ゙ ´ ̄ ̄
...ヽ.', .', ',  `.ラ ̄l ̄`-ヽ.ーナ´ン  ., lー.l  /: : :|___ ,<´   ヽ、
` ー弋ヾ-―´: : :./   ヽ ニ シ´  , ン: :|  | /: : : : :.八    ヘ     7






           /´               `ヽ
.       r―,.==- 、   ___        ' ,
.       |/⌒ ̄`ヾ,λ入____ `丶 `    ゝ,_
.      〃\  /:::/:/::ハ::ヘヽ::::::: >.、ヽ,       ノ
      〃ゞ¨ヽン, ::::::::/::/|j:∧::',∧: :|:ヽ:::>,_/ソ.〉  /          マーケティングとは違って、
      〃〉\ /./::::::::斗/-、:| ハ:::l .ヽト、ハ::::|::::::l__/ / ̄ ̄〈
_,,...-‐リ== ̄l./:::::::::イ j___,ト、.ヽ!  _.リ l:/::::::l|/ ̄ ̄ ̄`丶、
::::::::::::く_ , イ´l.|::::::::lヘ´  lリ   ソ '´⌒`ヽj′//へ/⌒i::::::::::::::\      需要の大小じゃなくて読者の対象を絞り込むことだな。
:::::::::::::::::::::::::::;;::;;;リ-::::::!lハ. ー一 ,    ゙゙゙゙ ノ:::://| . /  /`ヽ__::::::::::ハ
:::_;:.-‐''".   ′ヽ::|ヽト、゙゙゙   _ _ ノ  イ::/ソ.リ /  / / ノ:::::::::::
            ヽ ヽ::j> ,  __ イ j:./ ̄ /  // /ハ:::::::::::::    プロットを作る上で大事なことだぞ!
              ,><丶、_ 〉― ´.i 〈 ̄ヽy  /´ ./ヽ  ハ::::::::::::::
           r ´    >y´-v-r// ヽ     /  /、 ハ:::::::::::::
           |.      〉-====// l  ハ    ゝ- ´ /   l::::::::::::
              >、_ /<´.`>//.ハ       ゝ-´,   ノ:::::::::::
        .  /ヽ ヽ_//>< //   ヽ     ̄   ノ ,/:::::::::



.

1947 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:34:16 ID:acIkzwsq
可愛いを推すかかっこいいを推すか、みたいな話だろうか

1948 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:36:41 ID:ubXEkgmi
例えば
鳥類スレ住民を対象にするか、
天使スレ住民を対象にするか、
男爵スレ住民を対象にするか、
老師スレ住民を対象にするか、
で想定する読者の好みとか傾向変わってくるだろうしな


1949 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:37:30 ID:AfuErL6Y




          _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
        //   ,  /\ .i i V〈
        / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ    へ
         j v、!●  ● i ' ├'.  , l__/     なんだかめんどくせーですね。
       /  〈  ワ   / .i y'  //
      / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У ./( ̄)
      ´ ' .レ^V´ V  / (/∠_フ彡       これ、しないとどうなるんです?
           / / 央ノ / (ノi
            ヽ__ ̄ ̄⌒).  _ノ





                    __
                   。 ゚.      `:...、
               /  ,ヘ.         \
              。゚  x./.:.:.ヾヘー=ミ   \
                 /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:\.:.:ヽ、  ゚:。
             /  / .: トヘ.:.:.:.:.: ト、.:.:.:.:.:.::,ハ.    :.、
               {   .'.:/.: |  ',.:.:.:. | \.:.:i.:.:.:,.:.:、   \
             \_И:.:. |  \i、|   ∨.:.:.:i.:.:.:\   )
                 |.:.:.:| ゙O   ゙O 从lヘ{ミー‐'^。 ゚         話がとっちらかります。
                    从;人        .イ.:.:|八 ̄ ̄
                |.:.:|‐┐ ワ ┌ー|.:.:.|.:.:.l\        .   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               ノ|.:.:| :|≧ ≦|  |.:.:.|.:.:.l.:.:.:\         | とっちらかる。 |
                (  |.:.:|i 人岱人 八.:.:.:.、!:.:.:.:.:.:\         乂______ノ
                    ) |:.:八 | {i {i.   \.:.:\.:.:.:.:.:.:.:\
                 /  ル′ >->-{      \.:.:\ .:.:.:.:.:. \       あれもこれもと突っ込んで、盛大にとっちらかります。
                  J./{.:{  └┴‐┘     ノ).:丿ヽ.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.
             <.  乂__)   ∧   (_/-ヘ、.:.:)、.:.:.:.:.:.i.}
               ノ\     /:::∧      _ィ(⌒\{  \.:.:.:从     最悪エタります。
                /  |`'┬‐彳:::::::::::`'‐┬‐'~ |ヘ   \  i/
          /     .| │::::::::::::::::::::::::::ハ    | :,    \       γ  ̄ヽ
          /    .ノ  }::::::::::::::::::::::::::| |   ', ',.      \     .|ヒェッ..|
        (      //  厂`:..、::::::::__人:.,   ', \       \    乂_ノ
          ヽ  / /  人 >''⌒{   圦ヘ   ',   `⌒ヽ.    \
          ∨.  /  //^{ {__ノ ><::::::i.ハ    ',     \   \
              }  _>--|'   }><_.   >|.ハ    ':、     )  _}
           r__...--|>'~:::::::::::::::::¨::<__| ̄}__ノーっ.   { /
               }  | ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  | し'⌒  ̄    ∨
               |  | ∧ ̄二二i二二二、/ ∧             {
            丿.  |  .|´込「  | |込| │  .〉           }



.

1950 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:44:34 ID:8rnNSdeg
方向性が決まってないとそりゃあっち行ったりこっち行ったりするよね


1952 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:44:54 ID:AfuErL6Y




                ____
             ‐ ¨          ¨ ‐
              /     __ハ__     \
            /   =‐ ^7′  `  ㍉、     \
          ′ /  /        i \    ‘,
          ヽ/      l   、   |\ーヽ   ‘,
            /   ,  ハ { i   i.   |  \{    }
             } ノイ/ .メ、Ⅵ-{― {.   |ミ 、 \  /        【読者を絞り込むことで、話の内容は濃縮することができます!】
.          厶仏/ィ乍ぅ  乍ぅyi、 ,|-、  `rァ`ー
     / ̄\.   │ト 辷ノ   辷ノi|Ⅳ|i }   {
.     {    _}i_  | |!    、 , _イ   |‐ヘ _  \          創作の観点上、哲学的なものと混同されがちですが、
     \___〃´ ノ‐x|ノr≧=‐y―} /   /7      \
        `¬_入∧____fニニ《 ′ 'く         \
.            /ト、\Z_/`=={. i  ,′‘, \       \      これは立派な創作・構成の技術です。
           /´Ⅵ/Y⌒),i__/i_jハ |   |   ト、     \
               Ⅹ__>へY⌒T¨ ∨_ `\   ,\     ‘
           / /  }. `ー<\_____>- 、\ ′   ̄` 、  ′
          /  /   .厂`i¨l¨\\       `\|       }i |
            /  /    厂`7├--l\\      \    j八リ
        /  /___l   ′ |   |  \\      \
          /_/´    ノ /ー―l  |ー'¨ Y⌒) ̄`ー―‐≧
       ´     (_彡'    乂___)   `¨





                                   -‐====‐-
                                '"                \
                             /
                                    _,...-‐===‐-.......__|___
                           /     ┌.:.:" ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.゙'くフ⌒´
                       /    ┌\.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.‐-==\:.\___
                           /|:.:.:{㍗ー-=\::マ冖==…─く
                      │    :.:|:.:.:{   ,. -  \ i㎞ {:.:.::{  }
                      │     |.:|.:.:.:.:. / ,二.    Vリ ∨∧       では、どのようにすれば読者を絞り込むことが出来るのか?
                             |.:|:.:.:.:.:.\ /㎞i     丶  Yl.:.
                             !|:.:.:l:.:.、.:.:.:jNツ       川.:.
                          ',    ‘:|.:.:.|'⌒\.:.ゝー┐ r フ ∧{:.:.:.
                       }    ノ/:人___/\:\|__     /  :.:.:.}::.     どの程度絞り込めばいいのか?
                          L,_____/:.:.:.:./,. '" ̄`ヽ辷=ミ┐ |.:.:.}:|i
          ┐               //.:〈/       V[\:.:.\|.:.:ノ:八
┌-〈`ヽ   / /  /^                /.:.:.:.:./           V弍\.:.:\/
 } |  ト--|  |_,/ 厶__       /.:.:.:/           |V℃V\.:.:\    今日は一つの話を作りながら考えていきましょう!
. \|  ゝ..,_|  ト-/ /=ミハ   \_   /:r≠‐-ミ       ,:   V‐く\[\.:.:\
   \ \|  |./ /   }::|     \ `'く ̄``ヽ、 \     ,::    ∨[\[, :.:.:|⌒
.      \_,′ l′ |   }::|           \_  \  `,           {久,ノ\}.:|
        ーヘ.. -‐≦::|           \\    {         { [::::,::::,∨
            ]¨¨¨/                 \__\      |  {__[::::}::::}:|
              \/_,,.. -‐=、_           /|::l::::个ー─-ミ|  \::/::://
                   /.:.:.:.:.ー―┬―く / |::l::::::l::::::::::l:::::::::)_ノ⌒/:::/イ
                   /.:.:.:./.:./|.:.:.:.:|___彡'゙ /::;!:::::l::::::::::l::::::::j;rー匕才⌒^
.     ________,,.....:.:.:.:.:.:./.:.:.:/_,|.:.:.:.:|   /:::/::::/::::::::::;:::::::/「 ̄「
      ⌒≧‐-:.:.:.:.:.:/.:.:/ ̄ ̄ ̄  |.:.:.:.:l孑'"::::::/::::/:::::::::::,':::::/ .| ;/
.        ⌒ニ才´.:.:/ / ̄  /|.:.:. ;゙:::::::::::,:::::::/:::::::::::/::::/ │∧
  __,,.=‐---‐=:.:.:.:.:_/ /_,,..  '"_,,ノ|.:.:/::::::::/:::::/:::::::::::/::::/  { 〈
 ⌒ゝ.:.:.:._,.. -‐ "´/ /"´   //:/.:/g┐'゙::::::::/:::::::::::/::::/   | / }
 ⌒>''"    '"´ /     _,,.ニ=┬//┼┤ ::::::/:::::::::::/:::,:'     } {
 / /       /   _,,rf升l | | //-‐=|iiii|-‐==冖冖ヮ[L,,_  {  |



.

1953 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:50:58 ID:AfuErL6Y



     【STEP1:書きたいことを決めよう!】



         ┌──────────────────────────────────────────┐
         │     【拙者、ディストピアの支配者たる美少女に侍る最強の騎士とか大好き侍!!!!!】   ....│
         └──────────────────────────────────────────┘
                ____
             ‐ ¨          ¨ ‐
              /     __ハ__     \
            /   =‐ ^7′  `  ㍉、     \
          ′ /  /        i \    ‘,
          ヽ/      l   、   |\ーヽ   ‘,
            /   ,  ハ { i   i.   |  \{    }        ではまず、作品の根幹を設定します。
             } ノイ/ .メ、Ⅵ-{― {.   |ミ 、 \  /
.          厶仏/ィ乍ぅ  乍ぅyi、 ,|-、  `rァ`ー
     / ̄\.   │ト 辷ノ   辷ノi|Ⅳ|i }   {             作者の「こういうものが書きたいのだ!!!」という欲求ですね。
.     {    _}i_  | |!   、 , _イ   |‐ヘ _  \
     \___〃´ ノ‐x|ノr≧=‐y―} /   /7      \
        `¬_入∧____fニニ《 ′ 'く         \        これが一番大事なので、一番最初に決めちゃいましょうね。
.            /ト、\Z_/`=={. i  ,′‘, \       \
           /´Ⅵ/Y⌒),i__/i_jハ |   |   ト、     \
               Ⅹ__>へY⌒T¨ ∨_ `\   ,\     ‘
           / /  }. `ー<\_____>- 、\ ′   ̄` 、  ′
          /  /   .厂`i¨l¨\\       `\|       }i |
            /  /    厂`7├--l\\      \    j八リ
        /  /___l   ′ |   |  \\      \
          /_/´    ノ /ー―l  |ー'¨ Y⌒) ̄`ー―‐≧
       ´     (_彡'    乂___)   `¨





          _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
        //   ,  /\ .i i V〈
        / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ
         j v、!●-●ーi ' ├'       すごい煩悩丸出しの欲求が見えるのです
       /  〈  ワ   / .i y'
      / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У
      ´ ' .レ^V´ V_,ィtー〈  「| 「|
           / `央ー'j  \_|:| |:|
          ,/ー、{,_ノ /ー、!  \::::]



.

1954 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:52:25 ID:ubXEkgmi
こないだのツイートじゃねーか!wwww

1956 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:54:26 ID:acIkzwsq
燃える煩悩ストレート!


1957 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 18:56:03 ID:AfuErL6Y



    【STEP2:伝えたいことを決めよう!!】



       /              ≧s。
      /         __        \
             ,ヘ{ ̄≧s。:.:.:.≧s。      ヽ
    /       __,!.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:≧s。.:.:.:≧=-::.〈_
    ,     / .:.:.:.:!.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::≫=-.:.:\─一'’
   ,       ,.:.:.:.:.i.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.::`ヽ.:.:.:.::゙:,.:.:ヽ
   !    /.:.:i.:.:.l:/.:.:.λ.:.:.:、.:._、.:.:.:ヽ.:ム.:.、.:.}、.:.:.:)
  弋    !.:.:.l.:.:.ゝ.:.:.:i_.:.:.:::,  '´`ー-、.:!.:.:iリ、}.リ'`ヽ、      そして、次のステップ。
.     ̄ 7 l.:.:.;!.:.:.:.:.:V   ゙:,.:.:゙:,   ィ忙ミ、リ.:./.:.:ヽ.:.ノヽ.:)
     /:/.:.:,!.:.:.:.:.: i .ィ忙ぅヽ.:.:゙:,  ヤi_ソ i.:/.:.:ノ/ 〃
    /.:.:.,.:.:.∧.:.:.:.:.:.l. 弋i_ソ `ー     ,!、 ̄  ≧s。._       今度は書きたいものに添えるメッセージを考えます。
  /.:.:.: /.:.:/_ゝ=--ュ、      '    //       /
/.:.:.:.:/.:.:《   `ヽ   》   、 ‐ァ  .イ〈        ./
 ̄ ./:.:.:.:.:.:.>'´ ̄ `   λ≧s。 _/ i} ゙:,    ./ 、        作品の内容に大きく反映されるので、
. /.:.:.:.:.:.:/       }. ゙:,/::::::i::::::l:::::i} /  ̄ ̄  \_
_,.ノ.:.:.:/            ゙:,::::::l::::::l::: リ'ー-ァ
.:.:.:.:.:/.:.:!       ゙:,  _,〉z,_ャ''´゙:,{一'´ /_           書きたいものに関連できるものの方が好ましいです。
.:.:. , .:.:.:.l         `ヽ:::::{:::〈 ムィ`ヽー〈_  >ァ
.:.:.;!.:.:.:.: }        _ ノ:::::}::::::〈 }ヽ. )、::::::::::::::≧s。
:.:/__ ノ`ー'’    ,r'´::: i. :≧s。::::::V_}'::::: \ :::::::::::::::::\__ ノ
 ̄           / !::::::: ! :::::::::::::\::::::`i ::::::::::: :, :::::::::::::::::::゙:,
           ./ l :::::: ! :::::::::::::::::::ゝ : ! :::::::::::: ゙:, :::::::::::::::::::}



.

1958 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 18:59:14 ID:acIkzwsq
メッセージ・・・
Jojoでいう人間賛歌とかだろうか


1960 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:02:00 ID:AfuErL6Y




                   く\      ,.ヘ
                   ヽヘ    / /
                  _| L _,//
               ,.  ´  ,ゝ ≧ニ_> 、
               /    //   , ,、 ヽ
            /  ' , ' /:../  , ' ,.' ハ __ ,
              / ,' '  !:./ , '   _,/ ´ヽ  ',
              , ' ,.' ' ' l:/ '  , イ /   ィヘ  i
.          / , ' , ' , / ,:' ,.  ,∠、   !.:j }i. |     『市民、幸福は義務です!』
        /   '  ' ,  / , , ' //,:.:::i    ` /ハ!
    ,.  '_ ,. ' , ' , ' __/, ' '/ヘ. ` ‐'  r1 ,.'/ リ
      ̄ ,. '  , '   'rく/,' イ ̄ くゝ> -, -<,/__′
     / , '/  ' ,ハ/// /  ,. - ,ゝィ_ヽー;ヘ二._`
     V /ヘ.'/´ V´ヾ´,. -j,.ィ'´.::.:. : .ヽ'_,.{、\j
       丶ゝ ´    ヘ⌒Yyイ>ヘ,:'..:.::. .:イ  ノ、
       、 ノ>'⌒ミy'ゝ-:'.:ァ'´ヽ;ハ‐-:'.:;'.:}`、ト ヘ
       ,ハ\/..:.::.::.:.:..\.;/    レ1.:_.;/.:ノ、 / ノ
       }`!  \_:.::.::.:/´/  、/´ Y>‐く,>'´-イ-─'´L_
   ,.ヘく,ノ_     ̄ ̄/  / ┌───────────────────────────────────―┐
   }  f..:.:.::.:..‐- ...__/  /.´│伝えたいこと:【普通の人が普通に幸せを満喫しながら暮らせることは、スゴいことだぞ】│
   / _」:..マ¬─--‐,' ,. _.,' ̄.└───────────────────────────────────―┘
   `「 |:.::.ヽ      {   \/.::/__(_ノ. ..:..:.:.:.j     、 ヽ、
    T ヘ:.::.:.;>─-.:ヘ     `) ..:.::.:.:´.:, :..:..:.:.::'!      丶 ヘ\
    マハ:.:{:`:.、. ..:.::.:.ヽ 、、 jヽ:.::.::,..:'. ..:.::.::.::'/    ,.ヘ、 r.'7
    く  ,ゞイ ヽ. . .:.Uヘ l |J..:'. : ..:.::.::.::.;.'. 〉   r' ,:.、\!:/
      `ヘ.  / ,.ヘ. ..:.::;..::'`´.;. :' : ..:.:.::.:.;:'. : 〉    y´.`:.‐:'/、
        Yゝイ   \;ハ.;..::'.: . : ..:.::.::.:.;.'. : :└‐v‐- '.: .: .:.:;イノ
          `¨´ハ,∠、 ̄ヽ、.: . ..:.:.::.:; '. : : : ..:. : : : : : : .:/ヘ、
            /     y'´ ̄\..:.:.::.::.:{⌒>、..:.: : : : :._,: イ r‐'′




                ____
             ‐ ¨          ¨ ‐
              /     __ハ__     \
            /   =‐ ^7′  `  ㍉、     \
          ′ /  /        i \    ‘,
          ヽ/      l   、   |\ーヽ   ‘,
            /   ,  ハ { i   i.   |  \{    }
             } ノイ/ .メ、Ⅵ-{― {.   |ミ 、 \  /       伝えたいことは真面目でも、ふざけていてもいいです。
.          厶仏/ィ乍ぅ  乍ぅyi、 ,|-、  `rァ`ー
     / ̄\.   │ト 辷ノ   辷ノi|Ⅳ|i }   {
.     {    _}i_  | |!    、 , _イ   |‐ヘ _  \         ただ、【書きたいものに合わせておいた方が不自然になりにくいです】。
     \___〃´ ノ‐x|ノr≧=‐y―} /   /7      \
        `¬_入∧____fニニ《 ′ 'く         \
.            /ト、\Z_/`=={. i  ,′‘, \       \     伝えたいことが先行すると、ストーリーが犠牲になりがちなので気をつけてくださいね。
           /´Ⅵ/Y⌒),i__/i_jハ |   |   ト、     \
               Ⅹ__>へY⌒T¨ ∨_ `\   ,\     ‘
           / /  }. `ー<\_____>- 、\ ′   ̄` 、  ′
          /  /   .厂`i¨l¨\\       `\|       }i |
            /  /    厂`7├--l\\      \    j八リ
        /  /___l   ′ |   |  \\      \
          /_/´    ノ /ー―l  |ー'¨ Y⌒) ̄`ー―‐≧
       ´     (_彡'    乂___)   `¨



.

1961 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:05:08 ID:AfuErL6Y



    【STEP3:ターゲットを絞り込もう!!】



 __ /::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::\
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ー-/、::::::::x-::::::::::\:- 、::::::::::::\::\
   r':ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\/ ,ィ芹苡r、ー、:::-ヽ !:::::::::::::::::\::`ー.........―...―-
   |:::::::::::>\::::::::::::、::::::::::::X´ i:::::::::::::`::〉' !::::::::::`Y:::::::::_::::::::::`:::ー::::-―-:::::::::::
   |:::::::::‘   /`ヽ、:::::\:::::::::\ヽ> ´   ヽ::::::::::|:::/  `ヽ、:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   |::::::::::∧ /    _`ヽ、!ー--―':/:V:/:|:/: |:::::::::!'       Y::::::::::-―- 、:::::
   |::::::::::::∧!   ,イ芯ヽ  -     r.、   /!::::::::|        !-―――――     ここで、ターゲッティングになります!
、   i∧:::::::::::::!\ {! ヽ::::::〉 、     ソ   /_|:::::::::|         ヽ
 `ー|::::ヽ:::、:::::ヽ::::ヽ  `':.:,.    ー ´   / ,'::::::::::!         \    /
   :! /、:::::{ヽ::::\::∧:/:!/.!:       < /::::::::::::ヽ             /::::
   j/  \!  \::\::` ー―――ァ-´7 |_i::::::::::::::::::|             \     【どんな読者に向けて書くか】を決めていきましょう!
_        }:` ー::::/:|::::::::::::∠_ィ:::::|!:::::::::::::::::ヽ
  ヽ      ,イ::::::::::::/:r=ニニ ´/  ' |::::::||:::::::::::|、::::::\        ィ- 、ノ
    \  /:/::::::::::,:'::::ゝ, -ァ'´_ _/:::::,'::iヽ:::::::! \::::::ヽ      /  \
     \':::::':::::::::::/::::::::/::/:/ /:::ヽ \'::::| \:|   \:::\   /      `     大雑把でいいですよ、大雑把で!
       ヽ::::::/:::/::::::::/!:::!/ {::::::::\/:::::::i   `  /::: ̄::ト.-'
        V::::::::::::::,.' !:::ー ':::、:::::ヽ:::::::、:}    /::|:::i::::::|::::∧
、         ∨:::::::/  ヽ::\:::::\::::\::::〉ヽ  /:::::|::::!:::::|:::,' }
  ` 、      ∨::/    > 、:::::::::>'::´〉':::>'\_{:::::::i::::|::::::!::!  `ヽ
    `  、    V, -― 、_ _/ }´::!::::'!:::::::::|::::::::|::::::!:::i::::::|:‘.    \
       `  、 ∨-....、  /   `i:'::::::!:::::::::|:::::::::i::::::!::::|:::::|:::‘.    \
          ` 、:::‐:-{/    /::::::/::::::::::!:::::_:::|::':::!::::|:::::i::::‘.     \
             ` 、::::\, ..≦´:::::/:::-―::!::::::::::|::::::!:::{::::::!:::::‘.      \
               ` 、!:>'-‐;7::::::::::::::,':::::::::::!::::::|::::|::::::|:::::::|
                 `ヽ、::::::\::::::::/:::::::::::::|::::::{:::::!::::::,:::::::i         ヽ
                    `ヽ、-\'::::::::::::::::::〕:::::!::::|::::::::}:::::i         \
                      ヽ::_\::_:::_/__!::::!::::::::|:::::|           \



.

1963 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:10:28 ID:AfuErL6Y





           _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
         //   ,  /\ .i i V〈  対象年齢は23歳の大学生で、
         / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ
          j v、!>  < i ' ├'  ロリコン趣味があって彼女なし、
        /  〈   ワ  / .i y'
       / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У    酒と政治の話が大好きでアカが大嫌いな、
       ´ ' .レ^V´ V_,ィtー〈  「| 「|
        .☆n / `央ー'j  \_|:| |:| 精神病一歩手前のクソヤローなのです!!
     . ..。:* (ヨ,/ー、{,_ノ /ー、!  \::::]





              _   -――-   _
           '″         ゚' 、
.          '′   ___,/`~=ミ      \
.       /     /ヘ/l.:.:.:.:.:.:..: \___    \
.     ′  ,.イ.:.:/W{|.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.\\     \
.    │   ,/.:.:.:.√~ ',.:.:.::}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:、     ヽ
.    │  /.:.:i{:.:|_彡'V.:.ハー、.:.:\.:.:,:.:.:、     ゚,
.    八. 厶イl.:.:{. __` Ⅵ::| _ヽ:i.:.\、.:.::、   ,ノ      ↑のように、細かく設定すればそれは最終的に「対象一名:自分!!」になりますから。
       \.〈「ト,::l弋ツ  Ν弋ツ刈ノ |〉{⌒ヽ/
       /:}| | 「lヽ ̄  }   ̄イ| | } |i∧./
        /.:.:.} ; 圦        u丿; ; 八.:‘,           「小学生男子向け」「中学生女子向け」「社会人20代男女向け」とか、
.       /.:.:.八   \   ⌒  /   ,.仏.:ヾ‘,
      厶::/)イ.:\   `ぅ;=f ´  /|.:.:{乂.:.:‘:、
.    /_彡′ノ.:.:ム「`:.....__ノ圦_,.....彡圦.:.’, `⌒ヽ        そんな感じでザックリ決めるだけで充分です。
.  /    /.:.:./V^::ー:::-t' {-‐:´:::::l{ハ.:.:.\   ‘:,、
.   {.    /.:.:./.ハ:::::::::::::ノ} {ヘ:::::::/ ‘,‘,:.:.:.:.:ヽ  八
.  ∧   {イイ/ ∧__/ リ八.し'′.  ‘,从ハ:.:.:} .∧.:.\     それだけでも充分、見せ方が違ってきます。
 //∧     /.      ,'∧ }:.、    ‘,.  }ル ∧:i.:.ヾ.:
./.:.:.:.:∧   /         { }::{ |.      ‘,.   ∧.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.: /∧ /.         l }::{ |       ‘,. ∧.:i.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:./:.{ ∨         丿}:::{.|        ∨ }.:.:.:.:.:.:.:.:



.

1965 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:14:13 ID:AfuErL6Y




               _   ´  ̄ ̄`    _
               ´                 \
             ´  r─-  _ _ ─        \
           /   V:::::、::::::`丶::::`丶、        ',
              //∨:::::::::::::::::\:::::::::::::``ー...... _  、
          ,   /:::::八::::::::::ヽ:::::::::\::::::ヽ:::`\::::::::::>ヽ
           ,/:::::::::'::::ィ寸:::::::::',\::::::ヽ:::::::',::、::::\ ̄  }
         /..:/::::::/:::|::::ア 丶::::::::',、::-─‐-:::::}i::V\::.、         ここで大事なことは、
        ‐7´/:/::::{:::::|::::{,,.-‐\:::::', 、,ィ犹ミ|l::}i::::V::|ヾl  /
         { l/:::::::{::::::':::l_,ィ犹斧、:::',  Vzソ小|):::::}:ノ l} /
         { l|l::::l::i{::::::',:小 Vソ \', .:.:.: ノ::l|l:|:リ   /        .【どんな書きたいもの・伝えたいことでも見せ方はある】ということです。
          丶l| V|从::::::',ハ .:.:.:.:.   !   '⌒ソ l/ー──
           \| _V\:',- 、   r  ア ., く      /
             | /\ `ー  >-  __ _/,ノ}   ,.ィ           例えば、上述した書きたいもの・伝えたいことを踏まえて、
              ,'::::::::\  {rJ|: :T: :T: : |: :|7 ,ィ::::::{___
             ,':::ノ--}::\乂Y: :|: : |: : :|: //::::l从::ゝ-‐::::フヽ
            ,:/   /::::::l}\乂{: : :}: : :{// {::::l:ヾ\_/ `',     「男子向け」「女子向け」「社会人向け」で書いてみましょう。
            ,':,  i ::::::::l}   )r‐┴‐ K  V:::::、\     }
          /:::l  ; /::::/ ⌒>|L   」|、 ` ∨:::::ヽ 、、    }l.
         ,..':::::l  ;/:, '   -'"/Y lΤΤ }ヽ Vヽ:::::', ',   |V.、
        /::::::::」  Y/ /: : :/: :}l l ∨  ,| ',、V ヽ::::', l}    | V:.、
      /:::::::::::「   〃.,.':/: : : '. : :} ',  }l  /{  }ヽV| ∨::',    | V::\
     ,.'::::::::://|  〃./: :': : : :l : : V ',  | l小 |: :Y:| i}::::}    |  ヽ::::::..
    .,..'::::::::, ':/   ∥∥: :{: : : :{: : : :|lJ __」-': L__|: :/ノ i}::::}        ∨:::::..
   .,.'/:::::::/::/    {l. {i : : {: : : :{: : : :レく-<⌒ヽ7:ー'":| ∥:}         V::::::::..
  .,.':/:::::::/::/     .|l 八: : :'、 : : '、,/  ヽ ヽ り : : l:| ∥り   , -'"丶  ∨、:::::::.
 /::/::::::/{:::丶       | >=-ァ''´     V 〉 }_,':.| {l   , -'" \ ', l\ V ヽ::::::.
./:::/:::::/ .{::::::::::>----|  r‐/          Vハノ: :} : |  / ⌒ヽ Y {  У:.. V:::::}



.

1969 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:17:29 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    【男の子向け】

                                             //,ィ'彡′::/三三三三三
             .. -=====fYi                        // :〃〈: i: :i :i三三三三「 )三
        _,..、-''": : /三ニ/)ノ                       /:≠ヽ: : :iミ<_/三三三三| {               r‐ァ
    ,..-'''": : : : : :/三三.//Ⅶ       ,zzzzzzz、             ,イ 'ィ⌒\三三三ミ<三三三| {               | {
   /: : : : : : : : ::イ三三三 ´三〃,.. -‐‐‐‐‐彡′: : : : :`‐‐、__    //三三三Ⅶ三三三三ミ<三| {    /ー───┘─<\┐
 /: : : : : : : ,.ィ炙三ニ/ 三三./ 乂__     `:::. 。 ・ ″'ミ、iii≧、//三三三三ニⅦ/ー────‐┘───‐┐ ̄ ̄ 二} 匚_\.>
./: : : : : : ::/三三ニ/イ三三/    ̄`ー、-----ミ、':::. `ーir㍉ヽ: Y´三三三三.    {/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 「 ̄〈\ ̄    / r┐ r‐、 )
: : : : : : /三三ニ/ィ´/三./         }三`Y::::::::\:::..  `'´  Ⅶ三三三三三三≠,ニニ=‐‐ ,. ─┘ー‐ 、\〉    ヽ ニ ノ く「 )
: : : : /三三ニ/:::/::::iⅥ {{zzzzzzzfァ=‐‐≠三ニ从圭/  Y  `i:. .ヾト、_三三三.        // ̄ | 「 ̄} )      /ー─‐┘──┐
: : ::〃三三 ≠: /三::\__________/::::>‐‐く::::Y〃}〃 ___人::. `ミ、::.〈Ⅵ___________./----Ⅶ´ 乂{__ノ j  j/r‐ァ    {/´ ̄ ̄| 「 ̄く ̄\
:::/三三ニ/三三三三三三zz'〃ヽ-´、::.   ヽiiiiiii/ /|iiii| |iゝ、:. .\Ⅵヽ.\__________   `    ̄ ̄ ̄   | {.         ,. ─┘ー‐ 、ヽ,ノ
´三三ニ/::::{ {ヽzz,ィ、>/ ̄厂/ ̄ ::::\::..  `: { /i Ⅵ| | Ⅶ\  Yヽ.____, .           /ー───┘─<\┐ 〈 〈 ̄ | 「 ̄}_)
三三/三,__∨iiiii/ / \ .ノ /  .:::::::::::人::、   :人.ヽiiiii/ : | Ⅶ: |\ .∨`ー---.        〈/ ̄ ̄ ̄ 二} 匚_\.>.   ヽ二´ノ
三≠三三{ {iiiiiiiiУiiゝ   :i:__,=====Ⅶiii}:::ヽ    \\/i |〉 〉i | |i\\______.              / r┐ r‐、 )
≠三_,..、-'乂iiiiiiiiiiiiiiiiiii.,..、-''"       Ⅶ \      /\Yノ /i Ⅶ ノ::::::`ー----´ :} i      「 )    ヽ ニ ノ く/
三/      `iiiiiiiiiiiiiiii:      )     Ⅶ圭\.   { { }i|./i  |iii\::::::::::::\  ノノ      | {.           r‐ァ
/      iiiiiiiiiiiiiiiiiiii    , -'"    /乂三ニ}:::::::::乂 .i八  \iii|  \__ノ::::::、''" /ー──‐┘───┐   | {
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii_,..、-''"       /::::::::\Ⅵ≧== ノ   `ー-、ヽ______/:::::::::::::.  `¨¨ ̄ ̄ ̄! 「 ̄ ̄ /ー─┘─<\┐
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii         {::::::::::::::::ヽ三三三≠:::::::::::::) )  \:::::::::::::::::\      | |    〈/ ̄ 二} 匚_\.>
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii        ,イ:::::::::::::::::::::Ⅶ///:::::::'  /'"/    Ⅶ::::::\:::i::ヽ     | |   __  / r┐ r‐、 )
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii          /::::::::::::::::::::::ミ毟〃:::::::::::  _ノ \   }}\:::::::Ⅵ:::::.、  ,. ┘ー─く_/  ヽ ニ ノ く/
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii       /:::::::/ヽ::::::::::::圭三=ーー::::::/::::::  i ヽ :/  .}:i::::Y`Y::::|// | 「 ̄} )
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii\_______/::::/   i::::::::::弐戓≧三ニ:/:::::   ./.. ///  ヽ.       乂{_ノ j  j/
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii圭圭圭〃:≠     i:::::::/牛≠ ̄ /仆 ___/ //      У .ノ  ̄ ̄
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiミ圭圭://      }:/少'''"  ../爻\─|──|──|──|──|──|──|─―|――|―/
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii . ̄ ̄ヽ:::....     /爻≧、    {羽│                                  │
         iiiiiiiiiiiiiiiiiiii圭圭圭气_________ ´圭圭圭圭圭〈圭 ― 緊急警報! 第一種禁忌指定の邪神が出現! ―
                                 │                                  │
                                 /─|──|──|──|──|──|──|─―|―――|―\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1971 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:19:32 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  ,zz、                              ァ、
              ////心   ,イヽ                   , 、.  } }  ,^Y
                l//////心////,ヽ,ィ                   ', ',  ,' ,' / /
                 {///>''´ `¨¨¨´`'-=ニニイノ             ', ',_,' ,'_.イ / ,,..、
                  ,V// /.  /}ト、 ',`ヽ. <            <ヽ } ___  `ー''" イ
               / l{ア  {.  大!‐.ヘ ム } `ヽ¨¨´           ヽ`ー 、 ` /
.               l. |,'  ',{.ィ'゙n芯 从ィzxト 、_''=-.             ヘ   '. /
              {  i| | ヽ ゝ. Vリ   _ljリ》ヽ ヽ               / ^'=彳
 >――ァ=‐.     ,   i.ヘヽ \ゝ  _ ′Y }ヽ^_____           〈    /|
'゙   .ィ ´         /  八乂!Ⅵ¨¨´ /::::::マ .ノ.ィ ̄: <    ̄ ´''<..  / `ー ァ‐' \─|──|──|──|──|──|──|─―|―/
. イ.          ,イ/  / ゙ツ  }、_  `~~゚ イ/ : : : : ', : : ∨、___ `ヽ.  ゙ア′  /   │                              │
/ ヘ       ,ィY、 /~∨ (i! . ∧  二ニ´!. { : : : : : :} : :/  /==  _ア′  /    ― このままでは居住区に侵害が発生します! ―
(、 `''ー===‐''"/イ//ィ./-、 iヽ { <V,、  | ',{ : : : : : :ヽ:l (X)|          /     │                              │
.\    `¨¨¨{  ァ‐‐' / ', ヽ `ヽ0\|,zミト'\ : : : : ィト、_.ィ――― =彳、    /─|──|──|──|──|──|──|─―|―\
  `''ー― ---ゝ_ .イ 人斗セ { ̄0V ',ゞイ `''<:厂ヽ.  リ    ハ  ,' >.ゝ、...___
         }   { /./ : : : ', ∨'゙         l . ', ', /   イ ノ イ     `~~⌒
         /.   〉,'. {: : : : : :',()〉           :Ⅵ }./ イ  ' イ          ,ィニニミh、
         }`¨´{ ./} : : : : : :',~          V./ァ=、 / / ,'        _,ィi{⌒l〔 ヽム
       ,.イ .l   'ゥ!O∨ : : : : ∧         、∨   ヽハ  {   _,,-=ニア>ニニ{  レ  ,ィ//,
__ >''´   ,'   ', \__>''⌒ i.ヘ        /⌒´''<〆`ヽイイニニニ{ニニニニ}    {////x
~=、__  __,,...∧   / イヽ ソ ハ  ヽ      〈      | `''卞ニニニニニムニニニニヘ   ', .ハ'//,
    ̄ フイ.  ヘ__.イ.   }   ,. } } ̄`ヽ >ミzz- \_斗<´ ̄イニ \─|──|──|──|──|──|──|─―|―/
               /  /  } /}   〕  |  ――- ィ⌒ (ニニニ│                              │
              イ . イ  ,イ {   ノl ノ __ イ´zzxヽ  .イニニニ―     S-117、排除命令を下します!    ―
      `''*、 __..、丶` . イ   /  \厂>'゙´   〈/ニニゝイニニニ/.│                              │
       `¨¨¨¨´  、___.,*゙    八_Vニ≧z彳-=ニニニ`''<ニニ(ニ/─|──|──|──|──|──|──|─―|―\
              ゝ‐''".       /ニニニ/ニ>⌒> ̄__>ミニニニニニニニニニニ,'」     二ニ=-  ノ
                      /ニニニアニ! /  `¨´、、、`ヽ寸.ニニニニニ{.八        __〔/{
                        ,イニニア.ニニ}ヽ    ,イ/⌒>イ、ヽ`''<ニニア/、,-、        |{
                      /ニア-=ニニニク 八  ,'lハ::,イニニニhト 、ゝニニ<.  ∨厂)-=ニ二,ィ//
                        〈ニアニニニニニイヽイ   )人/ニニニニハ  > .,     /ノニニ=- 〈//
                   /ニ// ,' <}  ゝ.._  〈 { ハニニニニニハ..    >‐彳)ニニニニ=-/
                    //. /__/.イ  l.    }≧=ヘ.ヽマニ,ィ':::::::::::',.     ヽ<ニニニ,ィ:::::::::::::´''<
                      /ニ/ /イ   /   l   '     乂_V::::::::::::::::::::', 、      ´'<ニ,':::::::::::::::::::::::,ィ==-
                  {(ニ' {   /   l l   ',.     l::::::::::::::::::::::::∨\      ヾ::::::::::::::::::::::,'ニニニ=-
                      }ハ!  l`>'.   / ll.   ',.    ',::::::::::,ィニニ心  \      |/>=- ::::::_/ニニニニア:`<
                 /イ!/)イ.     /.  l l.   ',      l::::,イニニニニハ    }ア"´       `^''''-=ニア:::::::::::::` 、
                   {=l/   }.   /l  ,'. |    l.    Vニニニニニニ',  //               > 、:::::::::::::ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1975 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:22:30 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


. : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒     \─|──|──|──|──|──|──|─―|―/
.: : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒           │                              │
. : : : : : : : : :  : : : : ⌒)::::ノ        ._,. -::、.         ―     解凍シークエンス、完了!!     ―
.  .: : : : : : . .: : : :,.~ '~     .._      | 、、、 |         │                              │
.   ~'~: :  . . : ~'~ソ :,.y'"ー=.由',.     | 。 。 |         /─|──|──|──|──|──|──|─―|―\
.: : : : :):y'"~)             _z=!-!=: .、   |, ---、|
. : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r    _,.∠..::;;_    ヽ. . | |...| |    __
.: :::.::  ,,..': :y'"~:ノ::: '".  ,.ィ´      `゙ヾ、  .', |_..|...|.._|  / `',、,、
..:,, '": : : : :       /'"        `》:○》‐|    |_ rナ‐シ //`ヽ、    \─|──|──|──|──|──|──|─―|―/
. : : : : : 、    ../ ,.-;  __      ,l../! .|ヌ ̄T|/.ノ.ノ //    <丶._ │                              │
.: : : : : . . . ':.,  ,. -'‐" ~ ´ く      /か,ァ〈 .|}.r‐i_,|{. ,入○./厶_  ./ __  ―      システム・オールグリーン!!     ―
. : :  : : : : ⌒ :'´.         `ーイ,.',:'7ヽ{ |. ]_`´ //=ァ `ヒ____fミヽ}//:....... │                              │
.  .: : : :,.~ '~.                 《〆/三}l':.ノー!┴三一'  o(/)ーヾ::从__:::.:.:/─|──|──|──|──|──|──|─―|―\
...'~ソ: :,. y'               '-//.∥┐f圭ニ:( ̄)r 、工./二\//;,,.....`丶:、:::::::::::.:.:    ...⌒: : . . {,,... : : . :.. . .
.: : : : :):y'"~)             . . : : /|::::/ `',イ.-`゙丶,_.((.ヒ..>.i' i'---`i i.',. :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
.: : : : : : :⌒ソ        .. . . : : : :/,人/;' .;`; |、'<ニニ==チ:’rt三'、`‐-‐","',.'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
.: :::.::'          .......:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ,';;7.);; :;: ,'.:三三三三三三ニ:`""´ ~へ: :ノ |\                      _  l'''l          /:l
  '        ...:.:.:.:::::::::::::::::::: ,/ ./ 爪:;;;;;;_,. ',/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''''.:" : .  y: : : |:::::| /:::7 /:::7   |;;,,.      /;,   | ∟,|::|_,、  ,_   ,、|:::L
  : : . . . . : : .:.:.:::::::::::::::::::::::::/ / // 丶 Y´                 ,:' :~ { : . : : : ::|:::::| `''´ `''´  |;;,,. ヽ;;l      ソ/;,  |::;――-;::/ ,.、_|::/_ |/7:/
  :::::::.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::: :/ / //   _,ノ        .:~.. :~''”~: ..、. . : : : : : : l:::::|___    ヽ;;l    _、-''7 ソ  ヽl   /,;/ /:;.―-;::::/  ,!/
  :::::::::::::::::::::::::::::::::_;: : '´  _,.'´/ ''.,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . |::::::::::::::::::./   ___、-'''゙´:::,、-゙、;:::::''7    ∠-' `´   /::/
  `゙ ー---一 ''"´ .. :,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : : |:::::| ̄ ̄     |:::::::::::;;、-''´  _ニコ::!―i        / ´
.            :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : |:::::|         |;;、-''´     |,,;;;,、-''''゙゙´
                                               |:::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1976 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:24:05 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                       \─|──|──|──|──|──|──|─―|―/
                       │      オーダー・デストロイ              │
                       ―      撃滅処理命令、執行!!      ―
                       │                             │
                       /─|──|──|──|──|──|──|─―|―\






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1977 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:25:34 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









                       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       |   命令を受諾。  |
                        乂_______ノ














----|      l ト.   i|
    |      l l::::}   i|
    |      l lィ   i|  _____
----|         ハ / _____ \
__|         /:l∨ /lニニニニニニl |
               / [l: ∨ lニニニニニニl ト、
            /{: [l: ∨ニニ二ニニニl |  ̄ ]     S-117。
___       /:} l: [ト 、 !──────┐ //
 ̄ ̄ゝ--- ォ  /  `ヽニム!            l  |ノ
     /   ./   ::}ニ|}          |/       これより撃滅処理を実行する。
_  /   /     __}ニノ ---------- :!コ
        /   _/-厂l  i⌒i   i⌒i  !コ
--- 、 /     lr'-/  l  l二l   l二l  ! |
ニニ>イ      ゝイ---l===ー=====ー== ! |
===r'"      /::::}` ト! | {三三三} | }--ノ    __  ヘ
‐一 >、    /::::::}  |: \ i三三i / :厂     / /フ∨ /
 ̄ {l|l }コ 、/:::::::::::l   \ :|  ̄ ̄ |: /!_   r─一く---∨ /
二_{」.ノ_ ィ::::::::::::::::/    >------<    ヽ/∨:/  \__∨ /
::::::::::::::::::::::::::::::::: /             /    /  ∨     マ-∨ /
---- < ̄\::::/             /  / / ⌒ ー ┐   マ-∨
____/lll「 |   /             /   / /--------ト、   マム
___:{lllll| :l /            /   / /--------/  \  マム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1978 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:27:46 ID:AfuErL6Y




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                        ___
                     ,ィ ´/ ̄ ゙̄i ` r 、
                    /i_l i,――-}   l l.\
                   /    ,i-―― l,   `゙´ ∧
                     i     :|l     l|:    .:i }
                    _l     :|l     l|     ノ     _____
                 / .!     |l     l|    ,ィ'}`ヽ  /,ィ ̄ ̄7 ゝ、        五分で充分だ。
               , .-{ .|`>、__,|ト――-| _/ l |ニ}| .//   .//.ハ
            ,、< /} .|ニ八   ̄ ̄ ̄ ̄´  / i!ニij´ _ニニニ7/ 〈_/i}
           /`ー''" /  ヾミ__\  __  ./ ./¨´/  / ̄ヽ, ii ii |
         /     /  / \i . ̄{二二} ̄.,r-ツ /__/    ハ   ./
        ./     /_/   /.\ [{ ̄ ̄}コ ,// 〃./      ハ  l
       /、  __/  ./   .∧  .\l、__,l/./゙ ̄フ≦i\_,. -―亠-、!  ,r- 、
      /ヽ/\/〈.\.  〈 ___/__,>  __,>'i"` ̄´ /ヽ、/\ ー  / ̄`ヽ  ヽ
    /  /  \.\\ Yーr--イ==/´    .`ー''フ´  /////\_/\    \__i',
   / , ..-/ 、  \.\〉、i:::l .V //        /  ,/////////,ヽ{  \,_,_,/ 、_,}
 _〈_/´ _/  ゙'    \.\\ l //__,,..  <"´  /////////////.∧   \ ⌒ ハ
    /./\   \  .\.\\{ {      ., > '" //////////////.∧    V   .ハ
 ,r-ァイ、/i\ i\)\      \.\\r-、―≦ ____,{////////////////\_   ∨ー-ii}
./i ̄ ̄ i>、//、_   ̄ ̄    \.\Yr、\  l     .ヽ//////// ̄ ̄ヽ////\  ∨  ii}
{/   /  `ー- 二ニ===、  ,>/(_) .\\ .\      \/////ト、三三ツ/__/V .V ii}
{i     i`ー- _  // ̄ヽ\∧i .\/\\ \____\///} ̄ ̄ ̄\ : : : : \  //
.ヽ, fニi.|     \/::/7⌒ ̄ヽ、.\i\  \_,/ニ7  /、    . ̄`¨¨.V: : : : : : : \: : _;\/i
、 \ミi.l       {::{./    r、_)\\\/\\ / ` ー-  ___,V: : : : :/: / ̄: : \|
  ̄´ ̄`゙''<    ヾii      i\〉. .〉 .〉/⌒\\\\             i\: : :l: /: : : : r-,_〉
        `゙''''<__\_,r-イ\〉 / /.∧⌒\\\\\           ∨l: : :l: V: : :/   }
               ̄ \_〉-'Y/´\\  .\\\\` ー - ___ヽ>''゙"  ̄`ヽ  .}
                 i_/ (_,/`、.\   \\\\    >''"´    ,>''"⌒ヽ_ノ
                __(_  /   /ヽ \   \\\\ /    >''"  ,r-y  }
            ,x<´__,〉  .{  / /.\ \   \\\Y  >''" o   .(_/  ノ
          ,x<  /::i     ヽ,_( /  ,).ヽ、 \   \\\/ (ニ)  o_,,...-‐≦)
         ,x<   /::::ノ     ._  ヽ_l 、./  }\ \  \ヽ_〉-―''≦´二二二二,ノ
     ,x<     /:::/     / 〉  .人_ii__/i  \ \ //i .}ー――――-≦ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   【男の子向けなら、男の子が好みそうなのを詰め込んでいくのだ】


                           【メカ! 怪獣!! ヒーローアクション!!!】


.

1979 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:30:38 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【女の子向け】



                          /)
                         ノ/,⊇イ下≧==ァ┐
                       / イ〃 ̄}}ユ《__,〃ス\_
                    {  〉ゞ=彳 、ヽ ̄ ヾ厶Vハ
                         ノ  kハ、ト、\\_\l ∨l ト l      .┌───────────────┐
                      /   ,' | 、kト、\<ヽlヽl h lハ|      │   わたし、コンピューター!    .│
                  /  / lヽl,yx、  个^トl lノ,小ゝ     .└───────────────┘
                    /   ′¦ ト!ハ_〉  └ ' l l〈 ヾ{
                    ヽ、 ´\_ヽハlヾ、 -' ,.イ川‐ヽ‐-、
                      /⌒ヽ  厂ハゞ7元「、/ リV勺>、\
                   /.:.::::::::::∨ノ{_/厶んハ7⌒ン´: : k〉丶 \
                     /.:.::::::::::i:{∧:〈、 `⌒^´ k/- 、: :广ヽ ヽ `ー‐-‐ァ
              /;'.:.:::::::::::::!仏⊥kゝ-、   、 V⌒ヽⅥ   l 、〈 \`ヽ  〈
              _/ゝ7.:.:::::::::::://.:.:.:::::::::\ハ\/7  />┘ ¦  \ \ 丶<
             〈>フ7.:::::::::::::〃:.:.::::::::;::::::人トくol   √     !     \、\丿
              ハ/ ,'.:::::::::::::/':.:.:::::::::::l::::::{フ|.: : :j  │     l     \
          〈  /,'::::::::::::;:'.:.:.::::::::::::::j::::〈入!: : ;′ j      \       )
             (/ /::::::::::,:':.:.:::::::::::::::::√´ ∨l/l   ハ、         \   /
           └‐/、:::::::;:':.:.::::::::::::::::::∧  〈 {: : l  ハヽ\        ヽ/
             (;ニヽ/.:.::::::::::::::::::::/‐へ、_人\j   {:_人:_:/
            /{::::::::/.:.::::::::::::::::::::/  /   / ヘ八   \>、勹
         /:::;:': ̄/.::::::::::::::::::::::/ー‐ヘ、_ん、_i  ヽ n l〉 〈
            l::::i:::::厂::::::::::::::::::::::イ         `ヽ儿l l」!~'′  ┌───────────────────────────┐
          ヽニ/二二:::ヽ:::::::::::l                  │   まだ管理者になりたての新人コンピューターさまです!  .....│
             ノ.:::::::::::::::\::\:〈                  .└───────────────────────────┘
        ,rく.::::::::::::::::::::::::ヽYヘl
       /.::::::::::ー::::::_::/::ゝノ
      / ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::;::イ
       l`::::::_:::::::::::::::::::::/:::::::/::/
       |::::::::::: ̄::::-::イ::::::;イ::/
      ト、::::::::::::::::::::::::i:/:广
       ヽ二二__::─‐::'_/
               ̄ ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1981 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:33:33 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ┌──────────────────────────────┐
                             │   コロニーの管理はとっても大変で、いっつも大変おおさわぎ!    .│
       j::::::ノ::::::::::/          ト         └──────────────────────────────┘
        ;::::/:::::::/{         }::::::\        l::::::::::::::::::::::\ー/  \__〈\
        /::/::::::/   l           {::::::::::::\      l:::::::::::::::::::::::::::\ ⌒ヽr┴-ミ 〉
      斤::/::::::::; ___l        八 :::::::::::::`<  ̄乂レ-―--<;;;;;}乂   辷‐<
    /:::::/::::::::::lニニコ         ヘ:::::::::::::::::::::::>''"/        \\\  \┘
   {::::/:::::::::::::} ̄ ̄介x        \:::::::::/ / /           \\⌒\ノ
    \:::::::::::::::j   ノ:::::::::ト     /  \/   /  l    {     \   ヽ::、  ヽ
       ー-┴-<::::::::::::/   ト \  ー/   j  {   l\ _  ヽ   Yl   Y
                 \/   ノ:::::::::::ト  //   {   、   ー'"\_       }:l }   l
                   \ /::::::::::::/  //  { 从ト斗\ |  Y'"示ミY } /^Y   }
                  \::::::::::::/  // l 八 {/,,x=ミ \   {{:0介}- ∧ ハ   l
                  \/  {  l {   ミY f(心     乂;シ } / ∨/  ト{
                       \   ノ:::、 八 癶乂;;ノ      u / } }{   l
                        `<:::::::人 {::::l ハ    `   _     / ノノ八  l
                  -―-、    `<::/ l \   f辷 ⌒) // / { l \{
              /   _\   /   T 乂  ヽー  _ / // \ \  \
                /   /:::::::::::r-ヘ{  / { |_ \ヽ} |  /{ }////-―-\ \
                 /   {/::::/ ̄//⌒{ {{ 〔:::::::::::::::)ノ::\/ ハ// / : : : : : :\ \
             /   {:::/  /: : : : : V/ ̄| ̄ ̄{(宀ミ{ //{(/ヽ : : : : : : : :}:ヽ
               /人   ソ /: : : : : : : : :Y┐: : : : : \  い{///)〉: : :}: : : : : : :{: : :Y
           /::::::::r<  /: : : /: : : : : : :/: { ̄ ̄ Y: : ⌒\l///: : : : ; : : : : : : : \: :}
             /:::::::::::廴_/: : :l l: : : : : /: : :\  /{: /: : : : } /{ : : : :/ : : : : : : : : : ∨
         /∧:::::::::::) ノ: : : :l l: : : /: : }: : : ノ\ { ⌒ヽ : : /八 : :/ : : : : : : : : : : /
           /  \::::::::Y: :l: : : l l : /: : : : :l / }  ヽ//: :/ } (X介{: : :>'"  ̄ ̄l
         ∧     ー-l: : l: : : : l:/ : : : : :/    l  ∨: :/: :j l/ i: : `く    __l
         /::::\      l: : l: : : : { : : : : : :K)\ / l  乂: : :/   い: : Y イ ̄   lノ
       /:::::::::::::>ー-/} :|: : : lし、: : : :/  j 人  ム }/    V: : : : ̄l    l
     ∧:::::::::::::::::::::/ ノ: : l: : : : l::::::}Y: /   {   ヽ} У     V: : : : : l     l
        \::::::::::/   /: : : {::\ : :::;/ :l└-气\Y〈 ̄\/(_     Y: : :/l/   }
     /.    /    /: : : : :::::::::\/: : :l : : : ノ  l ヘ   \  ̄     }//     /
::\ /::::\ /     / { : : : : : :::::::/ : : : l: : :/ _ } V   \_   / /     /
/⌒ {::::::::/       /: : l: : : : : : : /: : : : : : : :{   { 人     \   / /      /
{   乂::/      j : : : 、 : : : : / : : : : : : : 八   /\ \__/  / /
::、   /         { : : : : \ : :{ : : : : : : : : : :\_  \ {⌒l ニ=イ /     /
:::\_{       八: : : : : : \:ヘ: : : : : : : : / : : : \   l  l  _/⌒)    /
:::::::::::::ノ           \: : : : : : : : \: : : : : : : : : : :( \    l ∨ /  / \/
`ーイ           \: : : : : : : : ⌒宀く: : : : : : \ \_}  V/  / ((X)}
                  \: : : : : : : : : : : :\ : : : : : \    ̄   └----┐
┌──────────────────────────────────────────┐
│   みんなの生活を良くしてあげたり、いろんな困りごとを解決するのはとっても大変です……!    │
└──────────────────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1982 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:37:43 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.                  ,           。.  、
                /     --- ヾ  ヽ .\ }ヽ
               ノ   /      --  ヽ )   y ノ
             -≦  -=ノ   /    ノ ;ヽ  " 、
              ノ ノ__.., ´     ,    .}  ヽ 。
             /ノj  / ハ ,   __>´   .}  } ヽ }
.             ′ ソi /ヘ イ 乂"\ノ´}   1  }  } l
              / i '、:| / レ 仆卞  ノ ノ___} , ;  , l
                レヽ   ´ゞ=ソ  ̄ rt-ァ; i  ∧|
                } ノ:}         〈ィ;’ iノ.|/  ′
        ,.:.ヽ __..,:.:ヽヽ(ソ ::、       '  /″
       ノ:.:.:.:.:.:..:.:\:.:.:\ヘヘ..丶  `  ー
     , -----、ヘ、:.:\ ´ `ヽ" ;:..、  <
   /     \\\\::{ { :´ `:}==rr 、_冫ヘ  __     ┌──────────────────────────┐
 ./    /   \\\ )、、 ノ,_.|.|o  ii:.:.:.}:.´:.:ヽ   .│   そんな時に頼りになるのが、私お付きのナイトさま!  .....│
     /      \\/:.}-=- ':.:.ー>  ⌒ ヽ、:.:.:.}   .└──────────────────────────┘
|    {          |:.:.:.| ⌒|:.:.:/       ヽ:.:/\
| *  |          }:.:.:.:|--.|/ ー―― 冫- " 丶\|\
| ry  |          ,、:.:.:|  .|7ミ: > 、 シ ^丶〈  〉 /\|\
___|____/ `ヽ   ノ:::::>ヘ⌒|  /:.:.:.:.:.:.:.:.| {==} ,ー=ヘ》 /\|ヽ、
}__|____ ,∧/::::::彡ノ |  | / \:.:.:.:.:.:.| |  ゝ)::ヽ ヽ/ .:/` ヽ
{   |     ∨:::::::::::::彡ノ,ノ.|  |'  ,.' \:.:.:| =-- ’|:.:.iヽ .{` ´    }
トー―|―― ∨::::}::彡 ノ ノ |  .| ,     `゙    ´  ヽ ヽ     .|
(___|_  ∨\/ ノ ノ ./|  .|    ┌──────────────────────────────┐
{彡{{ヾ、:.:.:.∨\∨`; ゙ y⌒ヘヘ|  .|ヽ、  │   賢くて勇敢で、いっつも私の為にがんばってくれるんです!!     │
.|X||:.:.:.:.:.:.:.:-=ゝ⌒ , ^ヽヘ/丶  |tj \.└──────────────────────────────┘
.|X}}:.:> ´:.:.x゙ シ_、冫 冫、冫-ミ__| ヽ、       , :::::::}\ ∨
.X/:.:.:.:.:.:.:.(_ - ´  ヽ ヽ ヽ ):::{   `ヽ、      /|⌒゙}\`i
|-= ´xXX/   / ̄ \_ト,_|`_{` \   \     / .{⌒|_\7
|:\><><>\    / ̄ ̄| |  |´ \.    \   〈 .>:.:.:ヽ.}-、
|==== ,_\ .///\\ } .{ / ./\    ゝ  ./_\彡⌒ヾヽ
 ー――― ¨ ヽ / t―/ | .| \ヽ.\\ /\/::} :i|/ ̄ヽ、,
           ヽ ヽ +-, __  二 ̄| ゝヽ \:::::/`t-'  | /\
           ハ j  :.  | .|   ̄//ヽ  \ `´ /tjー='| /⌒\ゝ
         /  。 j ヽヽ._.〉 〈 彡/j /  \  `: ´   |l ___.|、/ ̄~\ゝ
        /    | |  \  /  | .l     ヽ /` ̄¨丶  ヽ::::/ ̄¨7ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1983 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:40:21 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                            l::T宀::...、    /:::::::::\
                            l::::!:::::::::::::\   j:::::::::}:::い    。O
                           l::::l:::::::::::::::::::\へ/::ノ:::::l:::}
                           八:::、::::::::::::こニ::)::ノ-―-=ニj      o
                          ヘ::ヽ::::::::::::::/       \`''ー-‐ノ
                             癶::ヽ::::::/  /        ヽ\`く
                           /   \/   j    } }    }  ヽヘ
        ___               /  /j::j / l  l l _ ∧  } ⌒  }い
       / ̄ ̄ ̄\`'''ーミ         { / / {::{  {  {/ //  l / y宀xノ} }
      {(          ヽ \\     / l    い  l  l ,,x宀ミ j/ l/i笊 j}ノl /
      `''ー-、       乂__>-彡   /l   / Yへ   Yf炙(_   弋リ Vjヘ
           )      ` ミ_  _ / } / / {  l\ l乂ソ)リ     ヽ   }ヽ Y /ノ --┐
                      ̄ / //    \{ 个ト      -=ォ  /ノ} / /| } l 〔⌒
              -――----<_/  /_ // l   八__U  〈_ ノ // / /j ト、ヾ! \
            /       __      ̄ ̄ ̄ /  乂   \ 7 ー--< }//   \ /     ヽ
         /     '" ̄    ̄二=---‐ / / /_ `''ー-ミー</ 八乂__  └<::::>-弋
        // //   -―< ̄     ̄ /  / // ̄>ー弋 \ヽ//  `つ〕       / ◎ {
ー---‐    { //  /  -―--`''ーミ__/   / /:::::::::::::::::::::::\)ノ/    ノ     〈/⌒ト、}
`ミ_   _  }/   / /         //  /j!/宀-、:::::::::::::::::::::::::ヽ           /  厂
     ̄   {    乂__    -―</  / j!j!/⌒ヽヽ:::::::::::::::::::::::::}\┐        /
        >--‐''"  / __     ̄_彡 j!j!:::::::::::::゚。V::::::::::::::/:::/   j ̄ ー- /    /
〈(___ 彡       /  / )〕   ̄ ̄// /:j!j!:::::::\::::゚。\::::::::{/    /            /
   ̄ ̄ ̄        八 {        {(へ{:://::::::::::::::\:::゚・>-く__  /__       /
              ⌒ヽ      / /ヽ/::::::::::::::::/ ̄  /    ̄      ̄ ̄ ̄
                   }}   / /    }:::::::::::/     /
             「`<   ノ  / / _  /:::::/     /     r、 f^i
       _  }      ̄ ー-- \/   こ/ ̄ノ    / \へn } lノ ノ
       \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   -‐廴_ _乂  {   rr-、} \  ) ヽ⌒{_
  __       ー┐  --―::::::: ̄ ̄::::/:::::ノヽ 、  {:  ト └く_メ__ -‐┘
/      ̄ ̄  ー┘/:::::::::::::::::::::::::::::/::::/(   癶  l:  い

             ┌──────────────────────────┐
             │   今日も大変な事件をナイトさまと解決していきます!    │
             └──────────────────────────┘

                     ┌─────────────────┐
                     │   ぶじに解決できるかな……?    │
                     └─────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               【女の子向けの場合は、伝えたいことを物語の流れに組み込んで】


                 【交流ややり取りをメインにして書いていくなどができます】

.

1984 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:44:13 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   【社会人向け】


二二二二Tニニニ「」=tーュ                                  __    _
______|_II_II II II I| II.|                             _,rー┬z|: l    |::: |
 ̄ ̄\\\\\==|==|__              _  _  「|      |::::|::::::|::|:|:_| ̄| |‐┴ュ
:¨ ̄ ̄~|:::|:::::|::|¨|Τ)ニ)ニ))_|_|__   __          |:|::| |::|:::|‐v゙:| ̄:| ∧「:| ̄|:::|::|:|:: | ̄¨|¨゙|::::||┐
::::::::::::: ::|:::|:::::|::|: |::l:┬‐f壬ニ:| | |‐   |::|‐| ̄|    「::|::| _l:_|:::|:::|ー|: : :|_|__|:::|: : |:::|::|:|:: |::::::::|::::|::::||::|
ニニニニニTニニTニニT:::|_」__,| | |:::|‐‐|::|: |__/´ ̄`ヽ-|::|_|::::|:::|:::| ||:::::::| |:::: l:_:_|:::|::|:|:: |::::::::|::::|:::jI斗-────_‐-
______,|  |_______|_,|  |_l.| | ̄ ̄ ̄ ̄|'    r‐:|::|::|:|‐┴─rz|:::::::| ̄ ̄|:::::|‐r‐┐:|::::::::|γ´γ´γ´ ̄ ̄`ヽ_ヽ
   | ̄|_」L⊥ -|‐|  |  | |ニTニTニTニT「 ̄| ̄ ̄ |ニニニニニl==|三三|二二TニTニト::::| ̄~~|ニニニTニニニT三三|:|:|:|:|
   |_|_」L⊥ ‐r‐ュ_|,,,.。o≦|ΤZZZZZ7_「二二二|_|_|TニTニT|\|TTT|┴┴┴`|ニニニ|^Y⌒Y⌒Y竺竺竺竺竺
',   |_〉___/‐イ| | ̄|_| ̄|:|_|_|。o≦ ̄ ̄_____ ̄ ̄`ヽ^ヽ| r=====ョ、二二二」二二l二二二二|二二二
∧  / /:|::||  /   |:| | ̄| |_|」 Y≧s。..__ ̄// ̄______,,,....。o1_|: Τ|≧===≦、 ̄ ̄\i'´ ̄ ̄ ̄\| ̄ ̄ ̄
/∧/ / |::||/|:::|   |_| | ̄|:|:|::|.: |≧=-------------ーー==≦| |: │ ̄| ̄| \| ̄ ̄ ̄|≧s。..,,__ ̄ ̄| ̄ ̄
∨∧/  |::||  |:::|,.。o≦ヽ 弌‐'"| │|_|| ̄ ̄ ̄|二二二l|二二二| |: │ ̄|_|   ̄ ̄ ̄ゝ    __「二二二二
. ∨∧  |::||  |:::| |:i|  |:::|  |  | └|_||二二二|__|_|___|_|‐┘ ̄ ̄ \  : : |\_ ̄ |\_\ ̄\| ̄
  ∨∧ :|::||  |:::| |:i|  |_」_|/__/    /___/ ̄ヘ___\ ̄ | ̄| ̄|]| ̄| : :\|_|\_|___|\ ̄ ̄ ̄
_|_∨∧l::||  |:::| |:i|/ ̄|二二二二二二二|二|:|_|_|| ̄|_||‐|‐||‐|| ̄| ̄|  |  | |  |\ : : : :\|\\_\ヽ ̄ ̄
_|_∨l|::||  |:::| /ー─|│=============l| | | ||_|_||_,|_,||_,||_|二二二二二二二l : : : : \| ̄|‐〈 ̄|`r─
.. ,.ィi〔」.|::||  |:::| |___|┴.┬rzzzzzzzzzzz┴示示示示示示示示__|__|__|| : : : : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
イxK「|:| |::|| /:://  /: : :::|::|_,||_,||_,|:_:_:_:||__:__||V||V||V||V||V||V||:|│ | ̄|| ̄| |‐‐| : :          : :
''|:|::||:::|:| |::||':::/   /:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||ハ||ハ||ハ||ハ||ハ||ハ||:|┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: :
::|:|::」斗≦>'゙  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.~:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : : : : : : : :
。o≦=-  _,。o≦:.:.:.:.:.:.~:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :  : : :

                           西暦5018年


           スペースコロニー“ユートピア”は三千年もの間、コンピューターによる管理社会を維持していた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1985 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:47:06 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                      ,. -===r ;、__
                    / ´ く/´Y Yヾ`ヽ
                      . '  .  .  . l__!.   i
                  /  // / /i l li  |
                厶イ/ ≦./_ノ`メノ  |
.              // /ム! {i!:::il ´  rテk  |
.               / / / i! ハ ー'  . i!:::リリ ∧
            . ' // / .i/ル'\ ー  .ノイ / ∧    ┌──────────────────────────────┐
.             /  // / _ノ「`ヽ _广示爪jノ / /  !    .│   新任したコンピューター“マザー・Ⅰ”の統治機構改革は順調。   .│
            レ'´/ / /´ 「>-} く ハ > レ'´ /}⌒ヽ  . └──────────────────────────────┘
            / / ノ  乂._ノ}      ∨ ノ .ィ大
               レ'´八 _ __ノ `Yj       _∨ /Y⌒\
               く孑匕「Kレ'´_ 二二二.人.レへ   \
                l   |/´  /   i   \. \  ` ー - 、
                  l  /  /   / .i     \  ` ー --、 ヽ
                 ノ/         /  i      Y\ __/∪r升
               /       . /   i      } く´    /メJ
              /´vイjフ>ーrイヒ7⌒\.j     ノ メ{  /   !
              /  /´` ´`´`´`´     ∨辷匕 イく  /\   |
          /⌒\ / __          __   i       /⌒ _\ノ
            {⌒ヾ V´/``ー -r─<   `ヽ!      /ヽ/´ .Y
            乂ノ八 j 〈i´> 、  !__ _ノ`ヽ._.人_ _. イ ヽ ノ^ーく
             ``ー入_ノ´`ー |    |  `ーrァ~'´`ーく__ _ノ
                        |    |   /
                    /´    |    i
                   /    / !   |
                    /    /  l   .
                  /{   /     .l   /
                 .イ. ト、___!    /   /
                   〔|O}二.ノ   /   /
                 | t._ト、  ノ^ー={
                 人     〉<`ヽノi!
                  `= /⌒ー'´ O イ
                    .ゝ. _____入ノ
                      ̄ ̄

┌────────────────────────────────────┐
│   人民感情パラメータ、“幸福度”は先任コンピューターよりも上昇傾向にあり、   .│
│       統治は安定していると言えた……はずだった。                  .│
└────────────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1986 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:49:37 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 .;      ,,'                /   //
          .                     __、──.、                   \|三三三三三三三
  ・     .      '        ___    |\_\___\                   |三三三三>''"
              '        .  |:|:|:|:|:| |    | :l  |.| |:::::::::| |_     __          \___(  /
   _        '’          |:|:|:|:|:| |    | :l  |:| |:::::::::| |/ 、   /\ \           /::::://⌒7 /
  /\_ヽ               xヘ|:|:|:|:|:|_|_  ::| :|___|.| |:::::::::| | /ヽ  /:::::/\_ヽ  :'´      \// ̄ ̄ ̄
/  //      '        / \\|\___\::: | :|ヽ__| |:::::::::| |'´ / ./:::::/:::::/:::::: / `;  ':,      | ̄ ̄,.イニi
  //   。o0゚´        /\  \|::::::|i:i:i:i:i:i:|__| :l :| | |:::::::::| |/  /:::::/:::::/::::::::/  从 `: `て     ̄ ̄|:::|::::|
/∠_____ .: ′ ’       \ \ / ̄~'\i:i:i:i|、 \l :| |、───.、  /:::::/::::/:::::::::/ .:'~⌒;;⌒`)、 〈〉  r‐''´ ̄ ̄
メ、  }/7\/|\           ≧く__,.。sく\ | :l、 \| |i|ヽ___V\/:::::/:::::::::/ 人_ノ;;⌒`)::(     \
  \/:/  j | |s。    '"..__)|、_\\\\\\| ヽ_| |i||i|:|:|:|:|:|:|:/、:::::\/::::::::::/,;;;'~⌒;;;`~、 (´     ,.、 ㍉
/ ̄/'''7  /| | |二∟ ゚     ̄)| | /ヽ\\\\\\|::| ̄ ||i|:|:|:|:|:|:/::/\__/___/_,;ノ;;⌒__⌒) ̄    ,.く  \′\
::::::/ /  / | ∠___/|   ,ミ、 ,:⌒/  / \\\\\\__:::||i|:|:|:|:|/::/::::/::::::_:::::::/,,;;;/:| | | |'"   _」_\  \ ̄
::::/ /  //    |/   | ``ー-\/     ><', . 〈,.ィム||i|:|:|:|/::/:::/ ̄ ,ィ::::::/  ,|  | | | |ミ、  |:冂,\ ̄ ̄~~\
::/ / /\\ ̄¨ ,.イ   ,.ノ;; ___ ..::;;\ ,.。o≦    ∨ ∨/∧|:|:|:|::/:::::| ̄:|   |..::/,:⌒'|  | | | |('⌒,:⌒`:メ、ト、\     \
/ / /  /7  // " γ  |ヽ_ヽ,,;;⌒ム     。o≦ム'´ ,∨/∧|:|:|/::::::,|:  |   | ,,;;;;_|_|_| | |⌒人  /:::/7 __\
. /_/_ // .∠__ミ=- ,;ノ;;⌒`) i{   i{/ ̄ ハ。o≦::::::::::::く / Ⅵ ̄ ̄\_ノ\,,|,,,,,,,l;⌒:/\    \|,:ノ;;⌒/:::/-=/ / ̄\
∠   \/:|_|'´   メ、-、 |:i{   i{___/∧:::::::::::::_:_:: ::\,.、ニニ|\__\,:ノ;;⌒`);";/   `ヽ、__ヽ 。o≦   ,.ィ´\___/
 ::|\. /|//,;; ⌒/ /\|:i{   i{\_\ヘ。o≦ ∧..::/ /_,,|  | | | | | |/\ .::::/     / / ,イヽ  。o≦ レィ_/
s。:|]]:|:|/|_ノ´ ,.:'´:::... / /:| i{   i{ |__|,.。o≦ ム ∨ /____/|  | | | | | |\/(..: /     / / /_|.l| ̄¨|/`~∨∧
 >s。| ..::__彡久 /   | i{   i{ ∧i:i:i:i:ム⌒>''“´∨ /__/_|_|_|_|_|_|_|/   ′:;;;,,  / / .:'´  ト、 :|',``~、∨∧
.     ∨ / / / /,,,;;ii||ii;;,,  |ii{   i{..:::∧i:i:>''´    ∨;;;;\ ̄ヽ \:| ̄|/\_,,;;ik |i::../ /...:::;;;  ノ _|∧: : : : :∨∧
「is。/x∨ / / /;;;;'\\,;;;;ii|i{二二圦_;;;;;ヘ       ∨:: | | ̄ |ヽ/|  |\/|、_∨乂  j⌒´  ィ彡/\\>s。:::::∨∧
|l|l|l||/::,./ / / /;;;;;'  \\:i{-- ∧‐/\\/ヘ   ,.。si( マム:゙| |   | | :l/|:|:|:|:|、|i||‐ヽハ ;  ⌒, ..:/  /~7-=⌒>s。
 -/∠/_/_/_/;;;,, \ .:l~ |i{--/;;;;∨  /:://∧。si(: : : : : :マム| |...::::| |/ ::|:|:|:|:|、|i||::::::|し:.__,. 人:./  /...:/  ) ̄~\ ̄
 /::__|  |,;;;\  \| |ヽ ̄l;;;;/  /::////∧: : : : : : : : マム;;,...,,;;il|ii\  |:|:|:|:|、|i||:,。ァァ7|\_\ii||i;;,,,',,,;;;/\|ヽ   \
/:::/  /777l ̄ ̄ト、  :| |:::| ̄|:/  /::/\/ ヘ::/| ̄ ̄ ̄|\::∧ ̄ ̄ ̄ム``丶、|////゙|\|:::ト、 ̄\,::;;:く。o≦|、 \
::/ ̄7//,'゙| ̄ ̄ ̄|ニ\|__,Ⅵ i|′./:::/、/\ /::::: |     |\::|∧ニニニニニム:::::::::゙∨///|\|:::ト、|:|:|:|:|>''´\::::| >'´
/ ̄7∧//|___|/|:|:|:|:||__|_| /::://\ ,{`ヽ_/|     |\::|/∧ニニニニニム:::::::::゙∨//|\|:::ト、|:|:|:|:|\   `''´
  /∧∨/─/‐‐/7 |:|:|:|:||::|二||',~ ∨^,ヘ/ \|:::: ト、 ̄ ̄ ̄\::|/マニニニニニ=-マ:::::::∨:::|\|:::ト、|:|:|:|:|\\。s≦\
: // ∧|/─/‐‐/7 ̄ ̄|/|::|\||∧ ', ∨\  \ | \ ̄ ̄ ̄ |  マニニニニム/``~、、|\|:::ト、|:|:|:|:|\\|\。s≦|。o≦

                       突如連続的に発生したテロリズム。

                    人民の不和や疑心による幸福度の急激な下降。

                       統治を乱す不穏の種が撒かれていく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1988 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:53:23 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           i |: i |ヽ'. \'.巛( ___\ミヽ
             i | i: : ',  \ <::\ヽ〉::ヽ }! 》
        〈ヽ∧', :.  _ >ニ三ミヽ::∨:/_//
        /\\ヽ: .    z=ニ¨≧゚≦ュ、¨「i.}/〉
  ヘ. 〈ヽ  \\ ミ: : . .> ´ ,ァ≠⌒ヾ=‐、ヽ.=‐-、
 ゝヽヽ〉リ/7  \`三¨´   彡,z=‐   ,,__ ミ ヾ-x,.` ':.
 `ヽ,.Y ´ /  `二ニ≡彡" , イ ,,z=ミ  z=、`ハ. '.ヽヘ.  :. /∧
  ( ,、 く    ̄ヾ三彡イ{ヘ: "{:::ソ  f::)!リハリ ! '.  ∨:./:::/^ヽ     事態を重く見たマザー・Ⅰはトラブルシューターの派遣を決定。
.    ヽ   丶.      >‐、:::.\"   _  "ノ/ ノ'..,、 」.. /: /:::/ {, 〉
     \.   ヽ __r、Y⌒ijヽ_:::>--<:::√ > ⌒ ヽ/: :/::斗‐-、ヽ`ヽ
      \      マ}: :{ >ヽ\〈::/¨ ̄, '     ' ,⌒ヽ  { V 〈:..   テロリスト集団の殲滅と人民不和の解決を命令する。
          ` ー --t〈t: :]_ -ス ∧ ∨         ヽ  ',  ノ    )::ヽ
         /\ ヘ人:_:>:、 i: :{  ' ,  i     :.  '.´ニ二  <‐=ミ
       <_   ¨¬ー≠二ニ>r'\.:.:ヽ ヽ、|.       ',  :.     〈 {  〉
          ̄ 一  オ, '´: .:.:.i : ヽ,:.:.:.:.:¬-、}:     ',  ',`ー-   v )
           />/ /: : .:.:.:;'l : : : : .:.:.:__」 )',       ',  ', ,. - ≦ _
         ∠ -― 7: :.:.:.:.:.;'.:| : : : :/´iヽ ヽ∧   _ _ _' , /: : : :_:_: : :`ヽ
             /: :.:.:.:.:.;':.:.| : : :/i  i \/ '. ´ ,≠/./: : : /;::_::::二ニヽ
               /__.:.:.:.:.:.;.:.:.:.! : /::|   :  `¨} '.   /:://: : :./:::/::::::::::::::::::::::〉
            ∨::\:.:.:.:.:.:.:.i:/:::::{〈`ー-一 "/:::.   ,'::/,': : :./::::/::::::::::::::::::::::/
             `<,.`>、:.:.:.ゞ=‐‐、Tミ、_Y::´:::::::',.Y⌒Y : :/:::::/::::::::::::::::::::::/:ヽ
               ーハ_`>- ‐<__,、=’―" ̄',ゝ ノ:/::/:::::::::::::::::::::; '<:ヾ,
                ゝ-==ヽらイ        〉: :/::∠_::::::::::::::::::_/ :::::::::::`〉
                                  〈: :/:::::';_:::::::::ーく"´:::::::::::::::::::/
                               'v:::::/::::::::`::>::> :::::::::::::/
                                ∨::::::::::::::::/::::::> "
                                 {〉ー-彡'":::::、l´
                                 V::::::::::::::::/
                                  ` ¨¨ ´




                  /\    -====-   / ヽ
              /    -=ニ二二二二ニ=-}   }
             __|    |ニニニニニニニニ|   '__
              {二二{    !ニニニニニニニニ!   ニニニ}
             ∨二二  |ニニニニニニニニ  /ニニ/
           ∨二二  !二ニニニニニニニ /ニニ/
               ∨-=ニ` {ニニニニニニニニ|'二ニ/        心理学、生物学、経済学、犯罪心理学のプロフェッショナルにして
                 }〉ニニ -=ニニニ(Ψ)二二 -=ニニ〈{
                 |ニ}≧ニニニ -=ニ=- ニニニ≦{ニ|
               __}ニ|:: :. ::≧二二二二二≦: : : ::{ニ|__        軍事戦略参謀、特殊戦闘訓練を完了、全ての個人情報を抹消した超兵士。
                ∨ニ、:: :. :::::::::≧ニニ≦: : : : : : : ; 二/
             /∨ニ\.:.:.: :: ::::::l: : : : : : : : : /ニ/
           ,:i:i:i:i:∨ニニ\.:. :: .::! : : : : : : /ニニ/ヽ\       “コンダクター”が徴用されることとなった。
             {:i:i:i:i:i:i∨ニニニ\.::::i: : : :: :/ニニニ/:::::}:i:i:}
        /八:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニ≧=≦ニニニニ/::::::::|:i:i:|≧ュ __
          {/二\:i:i:i:i:i:i:i:\ニニニニニニニ/:::::::::/:i:i/ }}-} }}-}≧ュ_
     -=≦ 二二二\:i:i:i:i:i:i:i\======彡::::::::::/i:i/≧ュ__ `ー  } }
-=≦-=========-_-=ニ\:i:i:i:i:i:i:i:≧冖‐- ,,__:::::/:i:i:i/ニニニニ≧ュ__//__
ニニニニ/-=二ニニニ/\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//⌒ヽ二ニニニ/::::::}|
ニニニ,/-=二二二ニニ/  /`丶、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/∧ { I }ニニニニ/:::::::::|l
ニニ,/-=二二ニニニニ{  八  }三三三三三三三三ニ∧_/ニニニ./::::::::::::|l
./-=二二二二二二/\_`<三三三三三三三三三三三〉ニニ〈:::::::::::::/¨}
二二二ニニニニニ/-=ニニニニ/-=ニニニ/-=ニニニ/-=ニニ/-=V:::/   しっ
ニニニニニニニ/-=ニニニニニ/-=ニニニ/-=ニニニ/-=ニニ/-=二V      __}
二二ニニニ/-=ニニニニニニ/-=ニニニ/-=ニニニ/-=ニニ/-=ニニ∧     _}
ニニニニ/-=二二二二ニニ/-=ニニニ/-=ニニニ/-=ニニ/-=ニニ/ニ〉    _}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

1990 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:55:05 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     ,ヘ===,ヘ
                       -=} l=二={ l=-
                      Vニ`=ニ=´ニ /
                     V=≧ェ≦=/
                  〈ニ、:::::;:::::,ニ〉            全ての主張活動に関して、その内容の是非は問いません。
                  {:iヽ≧=≦/:i}__
              _-==Oヽ:i:i:i:i:i:i:i:/O_l入}
                  _-=====<///////>==/≦、        僕が介入している理由は、
                 _-==== /===========/{ ‐‐{{
             _-==== /==========/l..ト≦{{
            _-====/=========/...l.i.!...r‐┐        「貴方達がユートピアの公共物に損害を与えているから」です。
           _ -= ,=´========≦........{.i.{...{二{
             -=/三ニ/.iノ‐‐-┴┴--‐V.iV.',=ヽ
            .i.i./三=/.i/...............l................V.iV.',ニ{        本来は警察局の案件ですが、
.            .i.i.iー‐<./..................|!................V.iV.',ヲ
             .i.i.i.`{:::|.i.i!....................|!..................!.i.i}:::|i.
           .i.i.i.i.i.ヽ{.i.l......................l|..................l.i.i.ソ.i.        コンピューター様の御命令に基づき、貴方達に宣告します。
             .i.i.i.i.i.i.i.i.i|......................|...................|.i.i.i.i.i
          .i.i.i.i.i.i.i.i.i|......................|....................!.i.i.i.i.i
.          .i.i.i.i.i.i.i.i.i.|......................|....................|.i.i.i.i.i.
          .i.i.i.i.i.i.i.i.i.iヽ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::/.i.i.i.i.i.i.
            .i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i\::::::::::::入:::::::::::::/.i.i.i.i.i.i.i.i.
          ` ̄ ̄ `ー‐……}≧≦{_/≧:::彡.i.i.i.i.i.i.i.i.i.
                       |三三|}ニニ=./´ ̄ ̄ ̄ ̄`
                       |三三|!ニ=/
                 - |三三!ノ`={ -
                   -== }',三,'{lニニ} ==-
                 -==={三三}l:::::::l ===-
               -===== |::::::::::| `¨¨ ====-
                -=====レ==ミ{  ====-
                 -== `ー ´ ==-
                  -=====-


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.

1991 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:56:16 ID:AfuErL6Y



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ===,ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=} l=二={ l=-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vニ`=ニ=´ニ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V=≧ェ≦=/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_______::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈ニ、:::::;:::::,ニ〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:iヽ≧=≦/:i}__:::::::::::::::::::::::::::::::≠   特 定 し た  ≠:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-==Oヽ:i:i:i:i:i:i:i:/O_l入}::::::::::::::::::::::::::\_______/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-=====<///////>==/≦、::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-==== /===========/{ ‐‐{{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-==== /==========/l..ト≦{{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.            ト::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_-====/=========/...l.i.!...r‐┐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/! | У|::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ -= ,=´========≦........{.i.{...{二{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 /  ||/ ./::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=/三ニ/.iノ‐‐-┴┴--‐V.iV.',=ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  /| | j//::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i./三=/.i/...............l................V.iV.',ニ{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、/ / | |::::::::::::::::::::::::::::::::::
.            .i.i.iー‐<./..................|!................V.iV.',ヲ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ./   | |                  /′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i.i.`{:::|.i.i!....................|!..................!.i.i}:::|i  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::. \\.  | |     <二二>   / /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i.i.i.i.ヽ{.i.l......................l|..................l.i.i.ソ.i.:  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|   .| |             / /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i.i.i.i.i.i.i.i|......................|...................|.i.i.i.i.i:::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       _       / /
::::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i.i.i.i.i.i.i.i|......................|....................!.i.i.i.i.i:::::::  ::::::::::::::::::::::::::.       | /     \  ̄ ̄ __/
.          .i.i.i.i.i.i.i.i.i.|......................|....................|.i.i.i.i.i.:::::::::  :::::::::::::::::::::::.        |,′        ̄ ̄:
::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i.i.i.i.i.i.i.i.iヽ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::/.i.i.i.i.i.i.:::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i\::::::::::::入:::::::::::::/.i.i.i.i.i.i.i.i.::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ `ー‐……}≧≦{_/≧:::彡.i.i.i.i.i.i.i.i.i.:::::::::::::::  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|三三|}ニニ=./´ ̄ ̄ ̄ ̄`:::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|三三|!ニ=/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::- |三三!ノ`={ -:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                -== }',三,'{lニニ} ==-
               -==={三三}l:::::::l ===-
              -===== |::::::::::| `¨¨ ====-
              -=====レ==ミ{  ====-
                -== `ー ´ ==-
                  -=====-

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      【や り た い ほ う だ い】


              【洋画などを参考にするとだいたいどんな感じかわかりやすいやつ】


.

1993 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 19:58:59 ID:AfuErL6Y




                  ニ=――=ニ
               γ´           ¨ ‐=
                  /                ヽ
            「!  /    -――- 、         \
           ||  | ./:.:.:__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ           ‘,
           ||  l/ .:.:.:/´`i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       ‘,
           || /.:.:.:.:/  ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',       ‘,
           || ,}.:.:.:.:.:i     ‘,.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:‘,      ‘,
           ||,ノ.:ノ.:.:ノ  ̄ ヽ !.:.j_:.:、.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、    l
           || }/i.:.:}i`てぅ、  ∨\{\.:.:.\.:.:\ .:.: l`   ノ    ……どうでしたか?
           ||ノ l.:.: i、辷:ノ    ゛てぅ、ヽミ.:ヽ.:.: \.:|ー=
           || 丿ヽ|   ,     辷:ノ } |.:.:l\}^ ̄`|
          ノ.).   人            |.:.:|j)人.:.:.:.:.!
.           / /||! /.:ノ.:..、 `_ー    ┌ノ.:.:{―‐=ァ.:.:.、       最初に決めた【書きたいもの】と【伝えたいこと】を踏まえて、
          / ノ⌒( ( }.: < \_   .イ|´}.:.:.!  /.:.:.:.:.:.:.、
         {  /`〈 ヾソγ⌒\ (:(____ノ}丿.:ノ /^`^=、..:.:.\
        ',   ^7/{.:.:{.    \i}:}:}:ノ´{.:.:/       .`ヽ.:.\
         ',.   }( ,}.:ノ    -=《 ̄c》ヽ|.:/         、}.:.:.:.:.   【ターゲットを絞り込む】だけで、ずいぶん方向性に違いが出たと思いませんか?
          _}  l)i_ ̄{′  , ,'イ「¨ifく   |:{            `ー
.         (┴彳ノ |    .くくノノ  !|{ヾ ヾ)
       / j::::/  .l、   ././¨:::::::ヽソ、
       〈 ̄´     ‘,  /./::::::::::::::::| |::::\
       ‘,      }、_くノ :::::::::::::::::| |:::::::::‘.,
        }       込::_:::::::::::::::::::j_j:::::::::::::‘,
        ヽ      i  `ハ:::::::⌒::ー:::::::::::::"}       ノ
         λ        / }、:::::::::::::::::::::::::::::|   _ / |`ー
          / }.         / 丿::::::::::::::::::::::::::::::l_ ノ:::::\ |



.

1994 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:02:23 ID:AfuErL6Y




                            ニ=―=ニ
                         =‐ ¨       ¨ ‐=
                           /   yヽ、        ¨ ‐=
                        /    r/.:.:.:.ヾ⌒ヽ、         ヽ
                          {  ノ^.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:ヽ`ー 、      ‘,
                        l /.:.:.:.:./`ヽ.:.:.:.:.:.:',.:ヽ} .:.: `ニ=-   ‘,
                        У:{.:.:i.:{'""^i.:.ヽ.:_.ヽ:\i.:.::\    }
   【1.書きたいものを決める】  {'l:.:.:.:|.:{‐- ヽ{´ヽ_ヽ`ー`-:.:.:.:\_  /
                           ノ}.: Ⅵィて}   ´{ し}ヾ.:| ぅ}:\ ̄/         このようなステップで物語を作ることで、
                      /イ:/|.: ! ゞ'    ゞ‐'}'.:.:i イヽ.:.:}´
   【2.伝えたいことを決める】     ノ′}ハ 丶 __   ノ .:{.:.:.:.:.:.ヽ`ー―- 、
                         ノ .:. >  ∨ ノ ┌} :. | ̄ ̄}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',     大まかな傾向と筋道を構成することができます!
                             /.:.:.:.:.|  ≧‐<|ノ.:.:.:|   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
   【3.ターゲットを絞り込む】     / .:.: ハハ  _ ノー/.: ノi.:{  '}ー<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                            {.:.:.:.:.| ヾ{ /===ッ,{.: { l |       ‘,.:.:.:.:.:.:.:l     後はそこから外れないように、
     <\ ___                ヽ.:.: |   ノ|!  c|| ヾ} ノノ       i.:.:.:.:.:.:.:.:\
      \ゝヘ `¨ヽ              |\{/:: ゝ== '':: } /イ       ‘,.:.:.:.:.:._}_
        `{`iノ    i             |./:: /イ'/∧\{     /ミ 、、. ‘,.:/ /.|   ストーリーを組み立てるだけ!
          }    」='¨¨\       /,' :::: {_i /::i i:::::} }、    |`` -ミヽ_У_/  .|
          ` ーr/     `ー―‐  i::::::::::::| |:::| |:::::|__|::ヽ    |     l ̄l     |
              /            人:::::::::l_j::.j_j ::::::::::::: ‘,  |     l  l     |    これでプロットの半分は完成したも同然です!!
          〈                  /` ャー::::"::- :::::::::::: "} /|     l  l     |
             `ヽ        __,/  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |     l  l     |
              `ー 、   //    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\  rf1f1f1  /
                  ̄   /  r ,彡} ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: {ヘ `ヽ| !l.j !l !イ!
                         i'   |;;`>x::::__ ::::::::::::::::___ヾ=iヽ ゝニ イ 八
                         |   .` <;;;;/ィ ̄>'¨o;;;;{.;;;;;;;;;;;;;∧ `ヽ 二彡′\
                       ノ     /{ r ´;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;};;;;;;;;;;;;;;;;;;〉        \



.

1995 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:08:05 ID:AfuErL6Y



























          _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
        //   ,  /\ .i i V〈
        / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ       でも、どうせこれやってもプロットは壊れるのです???
         j v、!●  ● i ' ├'
       /  〈  ω   / .i y'
      / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У
      ´ ' .レ^V´ V_,ィtー〈  「| 「|
           / `央ー'j  \_|:| |:|
          ,/ー、{,_ノ /ー、!  \::::]




                       ___
              _、+''"~        ~"''~、、
          >''~
        /          ∧__         \
               / ',_/::::\::::ミh、          \
.        /     /:::::::::',|:::::::::::ヽ::::::::\         ∨
       {       ..:::::::/⌒|::::::、:::::::\:::::::::\        ∨
       |    ./::::::::::|  !::::::‘,::::::::ヽ::::::::::∨      ‘,
       八   .::::::|:::::|  |:::::::::::ト、:::\:\::::::∨       }
        \  |:::: |:::::|斗八:::::::::| :‐- ::::::`、\W    /
             八::::|:::::|x≠ミ、 ::::|x≠ミ\:::::|::::\_        プロットなんて大筋だけ合ってりゃいいんですよはははははは。
           /:::::∨\|.乂zリ \|乂zリ !\|}、::::::\
.             |::|:::八      ,      ノ|:::::|:::::.
.             |::|:::八            .ノ|:::::|:::::.           想定外なんて日常茶飯事なんですからねー。
             ,'::|:::::|. \   ヾ_ フ  / .|:::::|:::::::.
.            /::::|:::::|| ̄ > __ イ.|⌒|:::::|:::::::::..
          /:: /|:::::| ,  |::|::::|:::::|::::::| |  |:::::|:::::::::::::...
         /⌒|:::::| ) 「|:::! ::!:::::!:::::/  !:::::!  ̄`ヽ::::.
.        /    |:::::|〈 ∨:::::|:::::|::/ / 八::::!    ∨
          } |::::,' \. ,──‐|-‐   ',:::./    ::::..
.          | ∨ |::/  イ/__/.|     ‘:::.     |:::::::..     【※計画的にプロットは立てていこう!※】
        /} / .// /:::/./! ∨‘,      ',::.   .|::::::::::..
.       /:::} ,' .///::::/ /||   ∨‘,     }:::   八::::::::::::.
..     /::::/  {::{ ::::::〈  / ハ   |::|:::',    ノ:/     \:::::::::..
    ...:::::::/,'  八{:::|::::|:\_/:::: ー─ |:::::.   ⌒ ',      \:::::::..
   /::/:/ {   /::: !::::!::::::|:::::::::|::::::: |::::::|     }    ‘,/:::::::::\
. /:::/::::::{ ',  |:::::::::八:::八:::::八::::: |::::::|     ,'    ‘,::::\::::::::\
::::::/:::::::::八__|  .|::\::::::`、_,,....,,_::::`、 |::::::|     {_ -‐ '' ::::::::::::\::::::::\
:/ ::::::::::::::: / |  .|`¨^^^¨´:::::::::: `¨^^^¨´|___ノ|   |:::::::::\::::::::\::::::::\



.

1997 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:10:39 ID:mfNS0880
難燃対衝撃素材で作られたプロットさんの存在が待たれる

1998 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:10:43 ID:NBbXzvdX
プロットが壊れるくらいキャラが動き出すようになれば
それは一つ創作者としての壁を超えたと思う

1999 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:11:05 ID:bN71djWt
あんこじゃなくても、走るキャラクターにプロットをぶっ壊される事は日常茶飯事なのだ


2000 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:14:07 ID:AfuErL6Y





                       ___
              _、+''"~        ~"''~、、
          >''~
        /          ∧__         \
               / ',_/::::\::::ミh、          \
.        /     /:::::::::',|:::::::::::ヽ::::::::\         ∨
       {       ..:::::::/⌒|::::::、:::::::\:::::::::\        ∨
       |    ./::::::::::|  !::::::‘,::::::::ヽ::::::::::∨      ‘,
       八   .::::::|:::::|  |:::::::::::ト、:::\:\::::::∨       }
        \  |:::: |:::::|-‐八:::::::::| ‐-ミ:::::`、\W    /
             八::::|:::::|   .`、:::::|   \:::::|::::\_       ちなみにこのステップは、
           /:::::∨\|x≠ミ. \| x≠ミ !\|}、::::::\
.         ⌒ ̄|::::::::|| 、、、、     、、、、.|::::::|::::| ̄⌒
.             |::|:::八     '    .ノ|:::::|:::::.          このスレのような技術講習にも流用できます。
             ,'::|:::::|. \   ∨__フ  / .|:::::|:::::::.
.            /::::|:::::|| ̄ > __ イ.|⌒|:::::|:::::::::..
          /:: /|:::::| ,  |::|::::|:::::|::::::| |  |:::::|:::::::::::::...       下記のような筋道を立てることで、話の組み立てを可能にするわけですね。
         /⌒|:::::| ) 「|:::! ::!:::::!:::::/  !:::::!  ̄`ヽ::::.
.        /    |:::::|〈 ∨:::::|:::::|::/ / 八::::!    ∨
          } |::::,' \. ,──‐|-‐   ',:::./    ::::..      これやっとくと脇道に逸れにくいので憶えておいてください。
.          | ∨ |::/  イ/__/.|     ‘:::.     |:::::::..
        /} / .// /:::/./! ∨‘,      ',::.   .|::::::::::..
.       /:::} ,' .///::::/ /||   ∨‘,     }:::   八::::::::::::.
..     /::::/  {::{ ::::::〈  / ハ   |::|:::',    ノ:/     \:::::::::..
    ...:::::::/,'  八{:::|::::|:\_/:::: ー─ |:::::.   ⌒ ',      \:::::::..
   /::/:/ {   /::: !::::!::::::|:::::::::|::::::: |::::::|     }    ‘,/:::::::::\
. /:::/::::::{ ',  |:::::::::八:::八:::::八::::: |::::::|     ,'    ‘,::::\::::::::\
::::::/:::::::::八__|  .|::\::::::`、_,,....,,_::::`、 |::::::|     {_ -‐ '' ::::::::::::\::::::::\
:/ ::::::::::::::: / |  .|`¨^^^¨´:::::::::: `¨^^^¨´|___ノ|   |:::::::::\::::::::\::::::::\


┌────────────────────────┐
│   《ひとにおしえる「なおったメソッド」!!!》      .│
│                                    │
│   【なやみ】:相手がどこで躓いてる・悩んでいるか    .│
│                                    │
│   【おしえ】:教えたいことは何か               │
│                                    │
│   【つたえ】:伝えるべきことは何か           .....│
│                                    │
│   【たたみ】:どう伝えれば受け止めて貰えるか      .│
└────────────────────────┘


.

2001 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:19:54 ID:AfuErL6Y




                  _,.. -. . ―. . . ,
                 |: : : : : : : : : : : : : :丶
                ,斗-.、: : : : : : : : : : : : :ヽ
               / ゝヽヘ,λ_; : : : : : : : : : : ハ
             / /::::::|:::::|::|::::\: : : : : : : : : : ',
            / /:::::::::/i::::::|::!:::::::::\: : : : : : : : :ヽ,       せんせー、せんせー。
             ./:/:::i::::ィ:l_\:|:|\::ヽ::::ヽ: : : : : : : : :〉
             .,イ!/!::/::/:::i、`i' リ,ニニ二,l::: \,ク: :γ7
           ./:::ノ::l:/V/|人"´, \__|ノ |:::::|く/::く´| .l
          /:::::::::::::リ:::/ r-:';丶三フ_" ィ//人,-~' !、      じゃぁプロットから外れずに書いても、
          ノ!:::::::::::::::l:/ .ノ:.:.:._/:/゙=´'/:/-!:/, 〈r    |/、
          |:::::::::::::/リ 〈: :/:./:/ソンツ'/:/ : : : :ヽヘ  ,ノ::::ヽ
          |:::::::::::/ / 〉!:./:/≫≪/:/ : : : : :ノ !   |::::::::::',
            ハ:::::::::l.〈~'.ソ: !::|≫≪/:ハ: : : /ヽノ  |::::::::::::l     話が膨らんじまうやつはどうすればいいんだ?
           ヽ::::::| ヾ,-〈:.:.|::l≫≪|::|: :.ゝくγ´/`~/::::::::::::ハ
           \:!γ 人:|::l≫≪l::|: : 〈´ \.  /::::::::::::/
             ,ノ ,ン´:ソ:`= = = ― イ,     ー ::::::::::::/
            /: : / : : : : : : : :ヽ: : : :\  /::::::::::::/
          /: : : : : : : : : : : : : : : : l : : : : :ヽ/::::::::/
        / ̄|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`、/




               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .|"´ ̄`` ', | 'ヽヽ ',` i ',
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| l       l/  ヾ.ヽ l l、ヽ       必要な話以外はプロットに書かない。
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'≡≡    =≡/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ         |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」  Lヽ_  ___ ´  ノ   ヽ、      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  |  `  ,.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ      | やだ……バッサリ……。 |
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ       乂__________ノ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃



.

2002 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:21:01 ID:gNZBTHck
というか、プロットに入らん話書くとどうしてもそれやりたくなるから膨らんだ話をそれやるまでたためなくなるんだよなあ


2003 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:26:00 ID:AfuErL6Y




               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .|"´ ̄`` ', | 'ヽヽ ',` i ',
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| |ィ´;;`l`   l/,r:‐;ヾ.ヽ l l、ヽ      そういう人は大概、イベントを多く用意しすぎなんですよ。
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'、::ノ    l:''ノ/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ      `´ |ノ ヽ,リ  `
      /  /   」  Lヽ_  ___ ´  ノ   ヽ、       ストーリーに必要なイベントは最大4つ。起承転結のそれです。
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  |  `  ,.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ      誰某の思い出がーとか、○○のシーンが伏線にーとかは描写の範疇ですとも。
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃





               ,、 --――-- 、
           ,、 ''"´         丶
         ,、 '"   .......:::::::::::::::::::::.......  ヽ
       /   ..:::::::::,ィ 、::,:,、r'"\_,,_::::::::.. ヽ
      , '    .:::::::::;.r/  ` ヽ   ヽ \::::::::.. ヽ
.    , '   ..:::::;、r'",:/ .,、r 、  ヽ.  ヽ \::::::. 〉
    /    ..:::/ ./ l /   ヽ ヽ \ヽ',  ヽ/
.   /  ..::::::i /  ,/l l       ', ヾ、ヽ丶、  l
  / ..:::::::::::/ /l' ,.l .| `ー‐ ´ ', |‐ヽヽ ',` i ',       勿論、大長編になっていいならそれでいいんですけどね。
  ヽ;::::::::::/,、r'"i⌒|/ .| l.       l/  ヾ.ヽ l l、ヽ
   >ィ<;|  l ゝ|.  l, !'≡≡    =≡/lヽlハ | ヽ'、
  '´    !  / ゝ.|  トヽ         |ノ ヽ,リ  `     ぶっちゃけ短くしたいなら書かないのが一番です。
      /  /   」   Lヽ_     ´  ノ   ヽ、
     ,.'  /,、.‐''´ .',  ',  | ^^^´.ィ'''ー-、ヽ`'ヽ
   / / .l    ',  ',. |ニ=-='、   /  ヽ       工夫どうこうって、「書こう」とすりゃそりゃぁ伸びますし膨れますよ。
  / /   ヽ,...   l.  l | l l l |   | ト |\ ヽ
'" /    ,、-`~     .l  ヽゝ、⊥.L>、r┘|.リ  ヽ ',
//   ,.r'"       | l  ヽ!r‐‐‐i.| l  l    l l
../   /          リ.',  ヾlLニニイ.ヽ  lヽ  〃



.

2004 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:31:06 ID:AfuErL6Y




    /                                 \
.   /                 ,、                      \
  /              ト / ヘ__     , へ              ヽ
             | ヘ    ヽ `ー一 '                    ヘ
 ’         __ |  \               `             ハ
          /.  `{   `         \     `
'         /   ハ   ヘ.   \   \   \ \    `        ’
         /|   アヘ    \  ハ\   \   ヽ  \‐ <  \    }
.         '/{   .|イ  ヽ    ヘ\ ヘ \ __\  ヘ   \. \ ヽ
'          '//i.   | |   \  ヘ \ヘ/\ `寸  ヘ、   ヽ  \ヘ  ’
       ,イ } |..  | |  -‐‐ \. ヘ  \z云气ミx.\ ヘ \  ヘ    \/
. ’     /,イ ハ   | /,ィ云z、  \ ヘ  ´'任阿ヽ寸、 ヽヘ ',ヘ ハ   /\     丁寧な描写と、脇道に逸れることは別のこと。
  \_/ィi.|.| | Ⅸ. 〈 ,ィ/任迅`   \ヽ、 辷ソ ' 人 |\| |ハ } /
   \/イ{ | | | |ヽ Ⅵ{ 弋,少      `  _    /ハト }  i { X〈
..    \ .|' Ⅳ.| | \ヘ` ´     '           /_| リ  .|ハ´ i }          最低限描写が必要なイベントを見繕って、
      `ト、 { .|. ',  介ヽ、      , - =ァ    /".|   | ハ /
        、 ヽ|  ,  .㌦     ぐマ  ソ     .イ  |   |  ヘ __
.          \ ハ    | \      ¨       /| |   |/ ̄ /        その描写に手間をかけましょう!
       寸―- ,  ,   ト __>         /{¨ ̄ ̄|   |   /ヽ
        \  ハ    ,   ̄圦 >x___ィ__|    |   |   /   \
           入 ハ ハ     rイチ ̄{    ノ  )ヽ.. |   |. ハ    \      そうすれば、貴方の作品は“濃密”になる筈です!
        / .∧ハ  ヽ ヽ  .} `i  ヘ  {  ( ノ  , .j.   | / , -――‐-- 、
    / ̄ ̄ ¨` 圦  i\ヘ,イィ. { ̄` }=-} __ハ__//|  .|"
   /          ヘ   V \' ハX二二二ミx/イ/イ .|  .|
              ヘ  ヘ   \ { {     } }  /'  |  .|>
 ’   i       ヽ ヽ  ヽ   ゝ廴__ノ人     |  .|
 {   |        ヘ  \  \ ' /ノ || | ヽ、    i.  |
 |   | ヽ       \  \  `//  .|| |  ヘ...   |  |



.

2006 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:33:23 ID:AfuErL6Y





















                       /    |!              /     /
                  /     |!           /       /
                    |, /     _|! -‐…・・・…‐/        /
                    |∨    '~                 /イ
                    |/          /⌒``~、、    / /
                    |/                   ``~、 V
                    /      /                  ``~、、
               /      /                   \     ``~、、
                /イ      ./ \  ,         `''<      \___    ``~、、
             {   l }   /    \           |  `''<   \    ̄ ̄¨¨¨¨`
             {   l Y≦彡     \       l \   `''<  \
             l   l }/:./:./:.      ヽ'           \   \`''<\       まぁ、それを体感でわかるようになるまで、
             l  l l    _ -──'、 {     ‘,   \   \   `\
             ‘,   l   〈 /      }.ヽ{\ト、   ‘,    \`'<\
              l从  丶   V    ノ     /i\  ‘,     \  '\      トライ・アンド・エラーを繰り返してこその創作ですし?
            ∠イ∧   \  `ー‐' ´      / |  \ ‘, ` <   \
            ( -─ Vl ト  }\  r⌒ヽ    イ  |  i|\, .|/ `''<\
             ̄  |i |V }∨. lT≦ゝ}   V.  |  i|  ヽ |! |          とにかく、書く! これっきゃないですねー♪
    ______    | |∨} Vハ{@ニY    V |  i|   \ |\
   rこ______ノ||   |  |_,,.-‐─≧しミ勹    ゝ-< ┴── 、 |   ヽ
   |,f~~~~~~寸   ! /    { ̄ @ニ弋        }     -- ヽ!\  ゝ
   ||{、         ,||    /     、-、 乂n_ソ _,,..-‐'/
   ||/_T_Tニ:. ̄) ̄ ||   ' ヽ     \ .r‐マl __ _/            }   \
  ./||:.:。.i:.:.i:.:.:.\:.:゚。:.:||  /  } /     {_, -'"  \     /
 〈 .||:.:゚ーi=:i─-、ノ:.:.゚:.:||    ノ'         {  , --、  ヽ ./         /| ヽ   \
  .)||:。.:.:i:.:.i:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.||/   /        >'      } /
 〈 .||:.゚:.:─‐lj:. ̄):.:.。:.:||   {:..         Y  ̄ ̄`  }'        /  !|    \   \






          _,/ ̄ ̄` ̄\、/レ
        //   ,  /\ .i i V〈
        / /  ∠ム/ ー-V l 「ヽ
         j v、!_, 。ィ'::li:.、i ' ├'      基礎を固めれば全てうまくいくとかいうゴリラ理論反対なのです……。
       /  〈 ),jДi;;'( / .i y'
      / _ ,.イ , `ーゥ  t-!,、_У
      ´ ' .レ^V´ V_,ィtー〈  「| 「|
           / `央ー'j  \_|:| |:|
          ,/ー、{,_ノ /ー、!  \::::]


   【おわり】


.

2007 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/03/12(月) 20:36:20 ID:AfuErL6Y




             辷 ┌┘   ̄〉 \__,,..  /     /  _,,.  -‐
       , ‐くヽヽ\__〕└r‐…f'"¨    //(/      /"´
^⌒⌒^l-┴┴ヘ..Lrく }[,  ┌ゞ…ゞ…┐/ /       /
/ ̄ ̄`マ二ニ=-ー| } ̄ ̄〕└┌‐-=¬冖ニニニZ     /
      L}/∧__彡'゙   〈/ ̄]|          ̄――/
        { ∧∨ ̄〕    /   /|       \     >―z
       ∨∧∨〈    /   ∧l          `_        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\}     ∨∧∨  /  ;\ ',      ,   `_
  }     L,/V  /} |l勹ミ ', {   {   `_           _,,.二
  ´,    _,..=ミj{  / 丿 人 [ゾ , {   { \  { {   ーz=¬二 ̄       プロットは骨組みです!!
-‐…,    "⌒"\|/__)/|  「  ∨∧  |  \{  \二⌒\
__j:,          `'<┌-. ┌     \|          \    \
  _]込,,__          ̄>ヘ、 、__)  / ̄\「\ 〈\ト--\   \        骨密度は適度を維持していきましょう!
 '⌒\ ⌒-.,_           ̄]ニ=- /___ \「\∨ \<⌒     \
{__     _,..  -‐…==…‐-  .,_     ̄\\__,> :,∨) }L,_     l、   \
 )_,フア⌒ニ= ̄―_ ‐- .,_⌒  ..,_   ∨\__j/    )    l、
.   / /   _]L二ニ≠:::/"^::..、⌒ ..,_ ⌒ .,,__j_,>`     _,..く      l、      【理論を活かしつつ数をこなして体感を得ていきましょう】
  / /  /:::/::::::;:::/::::::/:::::::/::::\   二ニ=一…=ァ=¬j升=ミ\    l、
 l{ {  ,'{::::{:::::::{{|:::::::;:::::::::{:::::::::::l\\      ∧_彡_/|   \\\ l、
. 八{ :|:{::::{:::::::{{l:::::::{:::::::::{:::::::::::{::::|ト     /__-= ̄(  /         \\     【きょうはここまで】
 /∨{八l::::l、:::::::j、::::l,::::::::l,::::::::::{:::八 _-=′{ {\  ̄ ̄)        /|
./  _,.ノ\:::\:::::j\::l、:::::l、:::::イ_-=、_/   {  \  ー(_   /〉 / {
.  '⌒   7/'"/'":::/'":::/'"::__-=::::/:::/     {    \   (   / {/  |
  {      |i!::::j!::::::j!:::::::j!:::-=:j!:::::j!:::/}     \    \_) /  |  {
  \    {::::::{:::::::{::::::::{:-=:::::{::::::{::/ \         ..,,_\/   {



.

2008 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:37:22 ID:NBbXzvdX
おつおつ

2009 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:39:14 ID:gNZBTHck
乙でしたー

2010 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:43:51 ID:uyP8q2TW
乙でしたー。

2011 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 20:55:38 ID:j2+djnIf
乙でしたー!
為になりそうな感じする。
実際自分にとって為になったかはひとつ書き終えて初めてわかることな気もしますが

2013 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 21:15:07 ID:UiPc3cNY
おつでしたー

2015 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 21:16:02 ID:J6EhQ+gp
乙でしたー
まず書くのが一番の上達の早道だよねぇ

2016 : 梱包済みのやる夫 : 2018/03/12(月) 21:20:48 ID:NBbXzvdX
ロトの勇者だってスライム退治から始めるのだ

関連記事
23721 :日常の名無しさん:2018/03/13(火) 19:27:18 ID:-[ ]
ちょっと前に林立したR18安価スレなんかが分かりやすい例だよね
とにかくエロが見たい派とエロは添え物でいいからゲーム部分しっかりやりたい派で喧嘩になってエタったスレ何個も見てきたわ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 207 (04/16)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 206 (04/16)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 140 (04/16)
  • ベータで金銀なポケットモンスター 18 (04/16)
  • 読書的な小咄 99 華栄の丘 (04/16)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 42 (04/16)
  • やる夫たちでソードワールド 残念美人とできる夫PT 11 (04/16)
  • やる夫たちでソードワールド やらない夫たちの娼館PT 2 (04/16)
  • やる夫たちでソードワールド できない夫(※蛮族領) ~ 超越家族! ~ ドワーフオンリーパーティー (04/16)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 4 (04/16)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 4 (04/16)
  • 日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅 130 (04/16)
  • 安価であんこなロボット物 23 (04/16)
  • 安価であんこなロボット物 22 (04/16)
  • やる夫は駅の記憶を集めるようです 第十一話 駅メモのプレイ方法 ~ドライバー編~ (04/16)
  • 高森藍子はアイドルになるようです 総選挙応援番外編(その3) (04/16)
  • 国際的な小咄 8120 サイゼのラム (04/16)
  • 国際的な小咄 8119 やめてくれ、腹筋に悪い (04/16)
  • 国際的な小咄 8118 中国人、岸和田へ行く (04/16)
  • やる夫はスキル世界であんこるようです 3 (04/16)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #106 (04/16)
  • 魔法コミュ障女★結芽は怠惰 2 (04/15)
  • 魔法コミュ障女★結芽は怠惰 スレ埋め用小ネタ イッチ的「暁美ほむら」およびその救済法考察 (04/15)
  • やる夫はスキル世界であんこるようです 2 (04/15)
  • やる夫はスキル世界であんこるようです 1 (04/15)
  • やる夫はスキル世界であんこるようです プロローグ (04/15)
  • やる夫たちでソードワールド キャラ作成 星月・フェラーリ 貴志・夏目 ベール・ゼファー ゼンガー・ゾンボルト やる夫=マルメターノ (04/15)
  • やる夫たちでソードワールド カオルルウプテ神官やる夫! 15 (04/15)
  • やる夫たちでソードワールド ロリだらけハーレムPT! (04/15)
  • やる夫たちでソードワールド 白紙シナリオの冒険 29 (04/15)
  • やる夫たちでソードワールド ティダンとシーンのガチ夫婦喧嘩 (04/15)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫とブラックPT 3 (04/15)
  • やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです 小ネタ セーブデータ改ざんの実践の話 (04/15)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百三十五話 (04/15)
  • 【あさねこ ◆tC1gMIWp2k】2500日毎日連続投下達成記念なお話 (04/15)
  • 目次 やる夫の鬼滅っぽい刃 (04/14)
  • やる夫の鬼滅っぽい刃~やる夫は仕事で鬼を狩るそうです~ 最終話 (04/14)
  • ベータで金銀なポケットモンスター 17 (04/14)
  • ベータで金銀なポケットモンスター 16 (04/14)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 6月4週目 その9 (04/14)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 6月4週目 その8 (04/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 205 (04/14)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 204 (04/14)
  • やる夫たちでソードワールド ヒロインのいないできないPT 5 (04/14)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT(なんてひどいPT名だ…)  3 (04/14)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫となんたらPT 5 (04/14)
  • やる夫たちでソードワールド 魔女ルサルカと真面目な騎士 9 (04/14)
  • やる夫たちでソードワールド ヒロインたちのガールズトーク! (04/14)
  • やる夫たちでソードワールド 娼館PT 1 (04/14)
  • やる夫とライナーは鬼武者のようです。 8 (04/14)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/1)
    ※完結作品は集計した前の月(1月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1ローグライク異世界転生
    2あさねこの小話空間2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3異世界からかえってきたやる夫君のお話3やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    4やる夫たちでソードワールド4やる夫はソロハンターのようです
    5やる夫とあかりで異世界暮らし。5あんこ時々安価で鬼滅の刃
    6やる夫は魔導を極めるようです6異世界食堂できない夫
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7やる夫は聖杯を落としたそうです
    8ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9白頭と灰かぶりの魔女9アカガネ山のやる夫
    10シャーマンファイト IN あんこ10華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    11やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12それ行けサイヤ人やる夫!12横島くんは死神になるそうです
    13日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅13現代知識チートで無双する男のおはなし
    14やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。14鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    15女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望15やる夫達は人間ではないようです
    16のうみん!16やらない夫は代打の神様なようです
    17できない子とSCP17アメリカンヒーローアカデミア
    18ダイスでライダーバトル18STALKING!!
    19異世界転生したいやる夫のお話19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20やらない夫がサッカーで天下統一するようです20やばキャン凸
    21やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです21ドクオが異世界転生したようです
    22陽キャで脳筋な僕の奴隷22レベルを上げるスレ
    23フェイトが北の大地で勇者になるようです23やる夫はギルドを経営するようです
    24◆25NC1ovscM総合24やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    25◆hXiJucbo02が一発ネタとかを投下するところ25魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    26ほぼ日刊英雄()をつくる26やる夫たちは三連星(代理)のようです
    27やる夫は奇妙な友達ができるようです27デーモンスレイヤー
    28あんこ時々安価で惑星のさみだれ28やる夫は男子校?に通うようです
    29気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話29主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    30IT業界のやる夫さん30ポケットモンスター 安価・あんこ
    31いまだ魔法は解けぬままに31オーバーあんこ
    32やる夫は仲間達と冒険するようです32証言と証拠は安価とあんこの後で
    33彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです33ダンガンあんこ
    34あんこ時々安価でヒーローもの34亜人はBARに居る
    35血まみれ勇者35コンピューター様、情報更新は義務です!!
    36ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1136やる夫はLVが上がらないようです
    37正義屋さん37できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    38そんな二人は同棲中38めぐみんの楽しい独身生活!
    39やる夫の兄はブラコンのようです39冒険者学校の臆病者
    40あんこ戦隊40やる夫がロードバイクに乗るようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング