スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

キル夫のギスギス従軍記 ─断章─ クロコダインの章

目次

4080 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:14:15.42 ID:aHSNyjnb


┏┓                          ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━╋┛
   ─断章─ クロコダインの章
┏╋━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                          ┗┛




4081 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:14:50.67 ID:aHSNyjnb


                      / ̄ ̄ ̄\
                      / _r'⌒ ハ⌒ト、\__
  ( ̄ ̄\{\            //r'’(_)―{_}─(_)  \   \
  / ̄ ̄ ̄ ̄\___/ ̄/ ̄ ̄/ノ/    {_}   \  ∧   }――┬────‐┬
/ ̄\   / ̄ ̄ ̄{   |l   //}(_)/⌒ヽ{_}ノ⌒ヽ(_)  }___」__   |////////// }
  /   |//////∧___|l_」 | | / ^ト、 \__/⌒ヽ_|_」    ヽ |///////////
 ̄     |////////    { ̄|ノ^ヽ| モぅ _}__,メ_  |__ |\__,ノ |//////////
       |//////人______,ノ\|⌒N ー'⌒ ̄ ̄N^ }/    ` ̄ ̄|////////
 ̄ ̄\   \////        l人└(_{  __三__  j_) ノ        |//////
     )    \_{         \\ | 、 | 冫{ /   / ̄ ̄\ | ̄ ̄
\_/      ヽ / ̄\    { (廴___,ノ)   ////////| {
   r\        }///////\_└―----―┘////////// | i       /
  r'   \      ノ/////////////〕〔 ̄ ̄〕〔////////__/ ト-----く
 人  r  \__/|\_,ノ///////_\/_\/////>    |
 三ニ=  r   c |  ∠/////\////\//_r='´//<        |_i     /
  ̄`=三ニ=  r ,人  <__/////\_,ノし'(_, イ(////⌒ヽ    /└{__ //
    `=二=  /\  //// ̄ ヽ{ / ノ'⌒jアフ ̄ ̄\ノ /    └{/
      =二_r'     \ヽ/\   } {(レ'⌒∨し'イ{_/   {/ \    {  /
        =ニ      \   ト-}\ | |  i jリノノ{____/\    \   {/
_       ニ / ̄ ̄ ̄}\ ̄{\)_| |  |匚 ̄ ̄ } /     \    \ 人
  \   j//     /  \\___)i| |  |ヽ厂{__,ノ |      \    | / ̄
    } /      /   / ノ\____」 | ├──{ ̄\\       \ |_/
  / ̄\    /   / /  | ┌ | | │ ̄| |   \\       ∧
_/     /  /   / /  c | │ | l   l  | |     \\    /  \
      /\   / /      | │ | |   |  | |       \\ {     \
   /\  \/ /        | │ | |  |  | |        \ \
      \__/  r  c   | │ | l   !   | |            ̄ \
                        | │ | |   |  | |                 \
                }リ  | │ | |  │  | |__
                //⌒| │ | l    l  | | ‘ー 廴
              /⌒ {   | \_| |   |__l |     ‘ー廴_
.         /⌒     {   \_| l     |__|       } ‘ー廴__
.        /⌒         {      `| |    |           \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           「選んでいいならクロコダイン伯爵だろう」

      誰かの下に付かねばならない大概の魔族はそう答える

           気骨と実力を兼ね備えた生粋の武人

  摩擦をいとわない魔王軍内にあっても 彼を悪く言うものは見かけない

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4082 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:15:48.29 ID:aHSNyjnb


                       , .-‐======- .、
                   /,. -;ィイ/⌒^^~~"''ー 、.\、
               r‐←/i/ レ'  ̄r‐- 、' , ' , ' , `ヽ.\
                 /ー'´/ .レ´  _`‐- ´`'‐、 ' , ' , ゙li ヽ
              ,r/"⌒! レ'  /´ ̄`''‐ 、 i´゙ヽ' , ' ll  i、
            y'- 、' , ヾ=ー''", ', ', ' '   ヽ ヽ、_)   !!  .l
        _ , rr‐(    \' ' ' ' '  ,. ‐'   ヽ ' , ゙!!  !   !! /⌒'/`y'⌒ト、
、/\ __("i´ l  l !`'‐、  ヽ .r ''"   |i   ノ ' , !!  !  !! ! レ' /  ノ─
"´ ̄    ゝ-┴r´ ヽ、.._`o、{ { _,,.-=キ‐´ __ ||  | .〃 ,i -─-'、イ
       ト 、. __!     .r'"´ ̄``ヾー-=イf''´ ̄ r'´, - 、〃 ト、 _,,.ノ!
       ,r` ‐--i r'"´ ̄ ̄`ヾ     ^ヽ.  {. {   ) /'` ー--‐'1
       /   ,r'" ̄~`'‐ 、      Nヽ_,,..===:ヽ、._ー ン /       .{
      i   { ヽ、{  ノ }ヘ_,.. '-‐ !-┘      ),∨ ./       l
     i   (ゝー---一'´`´            ノ〃 ./        l
.     i r─‐ !、._,,,..___ ,.ノ       _ ,. ‐'´,〃./ ,r──‐ 、.  l
`''‐ 、.._l l      ヽ`''‐ 、          _ /´/ /      l   !_,,. -‐'
     ! !     ヽ \ 「!''ー-====-fr´ ̄ / /         l.  {
.    | |        ヽ、 l.L三三三二ニ!i. ‐''´,. ‐'´          |   !
ヽ、._,! |           ! ┌‐-----─┐  i´               |  ヽ、.__,.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

          武人としての誇りを持ち 常に前線に立つ

    それでいて己の拘りには固執せず 必要ならば逃げも打つ

           嘲りの耐えぬ他派閥の魔族であっても

         獣王の部下になった者は素直にうらやんだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4083 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:16:22.42 ID:aHSNyjnb


ヽ ヽoヽ   ヽ
 |  j  l (\|
..人( ○ )¨ヽ゚ 'r-、__
_ ヽ  / ̄ヽ∧ハ_n_}
/ ̄ ̄>,    フ
   _//!`r‐<
 ̄ ̄/ヽ. l__/ L/
   `‐'.-‐、 /
`ー┬' ̄ //<
:::::::: ヽ_/| <l
:::::::.    ト、.<l
::::::    | i  l
:::::.    | ハ l
:::::.    |/  >'
─- _   )ヽ、r/⌒/¨ヽ
    l ̄\/\  ,_)
    /.   \. ∨_  >.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

    そんな兵たちを 彼は様々なものが混じった感情で見つめる

     かつての自分達が持っていたものを持たぬことへの憤り

       ただ戦うことだけを考えてはおれぬことへの憐み

        そんな環境を作ってやれない己への心咎め

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4085 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:17:01.90 ID:aHSNyjnb


                    __
        ト、    ト、   }Υ(  \:..、   )i                  ;'′
     ト、    | \   |. \ | {:.:.,    ):.:\ :.}                /!  λ
     | \  |   \ |   :,| l:.:.乂  ノ:.:.:.:.:}ノ:.}             /:(   /:i:}
         \|    ヽ   ': |:.:.:.:)∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.}       ノ(   ′   i:i:i\':i:i:i:} '`
_\       \  |       Y:.:/:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:/‐ァ    /:.:}_ j|   (:i:i:i:i:i:i:i:i:i′ノ
  \  ',      |     }/:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:/-~:.:.'.:.:// ハ _丿:i:i:i:i:i:i:i( (;
:.丶  \ |  |\     ∧ /:.:.:.:/:/:.:.:.:.:.:./:.:._;,:、丶´:/  γ:i:´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
  \  |  |  \  ト、   ∨:.:.:.;:':.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:._;,:、丶´  /:.):i:i:i(:i:i⌒r‐ 、:i:i:i:i:i:i)
丶  \∧    ,   |    /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:/ _,.. -‐:'":.:人:i:i:(:i:i:i:i:|:i:i:i:\/i;′
: \  | /\   \ |  ∨:.:.:/:.:.:.:._:/:.:.:.:.:.:.:.:./'":.:.:.:.:.:.:.:.:/  \:.⌒ヽ:i:i:i:i:i:i:Y
:、  \:Ч 〈 ヽ   }: 乂 ゚i:.:/:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:._;,:、丶´-~:.._⌒ヽ_:i:乂i_彡∧    人        /(
 \   | |!  \ }::V、``ゞ:<゚ ノ_:.:.:.:,;.、丶´:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>  ̄////∧_,,....::':.:.:}    /:.:./´
、   \  | |!   i }:::::::::Ⅴ:::v::/:.:./ /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'⌒:.ー--..∨///∧:.:.:.:./__,,.、丶´:.:.:.:;′
:.\    r|__|┐', | }::::::::::::::::/:.:.イ_/:.:.:.:;:.´:.:.:.:.:.:.:.:.,.:'´::.:.:._,,.、丶´:.:.:.:.:.:.:.:.∨///∧:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
:\:.ヽ  | | l | }i | /|:::::::/:/ / /:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:;:-‐'":.γ=- .._:.:.:.:.:.∨///∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)i/..-‐ァ
、 \:', | |_l | }i |  /:´:;_イ r‐.、/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:{///////〕h、:.:.,//////,:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:./
: \  }i L __,亅 |/.://〉 イ:.:.:.:.:/:..:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.::/:乂//>‐=- .._ヽ//////\:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/   __
、   \} |__|-、  ゝ彳/://:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:/:.〔/////////'⌒ヽ////}:.:./:.:.:.:.:.:.:.:./   ノ(   _
:.\  / __  ̄У コ /:.:.:.:.:./.:.:.:.:.;.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.//〕iト、 /////////}///{:.:.:{:.:.:.:.:._彡'-~'":./ /
\ //|> △ \ゝ' ∨:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:ノ:.:.:;':.:.:i:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:{///////≧=‐.. 、//}///|:.:.:ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/':.(
.  ∥ /|/|/| |> } }....|:.:.:.:.イ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:(:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.://〕iト、/////////}///// |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´:.:.:.:丿


       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             時折 昔が懐かしくなる 他の将軍達と共に駆けた日々

           時に敵以上に激しく争ったが そこには無言の納得があった

            征服、栄光、忠義、渇望── ぎらつく思いに裏打ちされて

             切磋琢磨した日々には確かに「同じもの」があったのだ

       ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4086 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:17:51.62 ID:aHSNyjnb


                             //, イ//////// \
                       ///  ∨/,O/// \/\
                       fヽ //     V/O//    \/\  イ
                      .:| ∨ \ . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ` 、./\/>'|
                        /∧\゛. ∠ .._ _ro==o_ ニヽ/./ ト.
                    ///∧  ∨ ̄,O) ヘ ◎/ ̄(O¨ヾ ./!  ! ∧
                ∧ .////  i  :{ , = く ヽ 二 / ̄ゝ-、}/  .∧/∧
.        r、        { i {,//{   . i:Y    \   ../   )   l },//}
.        |_ \/    j, }:i //i---ヘ 弋_f ≧ 、  ̄ , ≦ヽ.ノ!  / .i / i
.        弋  ∨  _{  kV/∧ ---ヘ \|弋_・フ{ }弋・フヲ !.ノ / 7/ /
            ヽ   \仁}  {:::V/∧──ゝ.人._彡Cころミ三'人ー '  // /ヽ
  r─<   ./\  ヽ/  ,i\V/∧  /∠,/ ヘ´¨i`rj‐rj1〉ヘ ヽ.} / /!/ 〉、
.  \  `ー <::/:::::>、      \\//>´ .ノ:{!Ⅵ〉、V:`´/∧、}Ⅳ/ / ./ /Oヽ
    乂__  `ー‐′        ー ´ _ ノ_>, , ___L`=´ノ_, >///   ./ /  j:7
      /:::::〉-、               .イ、 |l l/7rr─‐7/!|ト- 7¨¨//  //O_{/
.     {::::/::::::j         _ ノ:::|〈O|l//O.||=<|| ||!i.| |   .//O_{/
    .> ´ ̄ ,、        /フ ノ:/:::/!:::〕.|./O/|\∠!! !!!|i、∨_//O_{/
.  ∠ _x<:::T::::::T、____ ノ /::/::://〈OO/7 !  .ノ|| |||||i \./O_{/ ̄≧ー‐:.、
.      ヽ∨::::::::`::ー─:::´:::::///:|::::〕 .」/|  \  || ||||||i:.ヾ\{:/:::/::::::::::::::::::::ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

      様々な理由はあれど 目指していたものはただ一つ

       そんなライバル達も 自分を残して逝ってしまった

           自分が変わったとは思っていない

   だが時代は変わり 時代が自分に求めるものもまた変わっていく

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4087 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:18:30.97 ID:aHSNyjnb


                               , - ─ -
                           ,/,.: : : : : : : . `'<
                          ,/: : : : : : : : : : : : : : .ヽ'`ヽ
                        _/ / ̄i} ̄ ̄`ヽ: : : : : : }  \
             __      _/  {7 ,、 i}  , -、 ∨: : : :!    | .\
       .__ /   /三三三三i    i´ i i} /   ヽ ∨⌒ヽ .   | ./
     /`ヽ/     {{三三三三/i   {`ヾー‐'     {   l   | .|
    /   /       寸三三三,' ゙ー─ゝ ト。、 / }ヽ   ⌒i.ソ   リ  |
  /|   /  ,ィ⌒ヽ、   寸三三}    {  `7-‐-.、=彳_   人   ,/  |
 /  .|   | /   ,-‐'    弋三}     ゝ、/'二.,_ヽ ,イ}  / /  /   |
./`¨´j   .レ'   ./ ,-、        i ........、  {、│/ `)'x/  ,イ     _  .\
{         //  }       .| i::::::::::ヽ {vvvzイ,// ̄     /::::::`ヽ  \
ヽ         `   / `丶、   | |:::::::::::::ゝ ̄ ̄ ̄´     ,/::::::::::::::::::}   i
 \          r'     .`¨'T′゙ー─ァ::::::::::゙ー┐r─‐┐ r'´:::::::::::::r─ '   .│
   .\        .|         ∧.  <:::::::::::::::::::|..|::::::::: | |::::::::::::::::::弋      |
     \       丿‐-、     ∧  -=ニ::::::::::::::/,..-、─',.-、ゝ::::::::::::‐ニ二    リ
    {           ヽ     .∧   `ヽ:::::::::::::::::::Y´::::::::::::::::::::::::∠._    /
    {           ∧     人 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  /
    {            .}    /  `ヽ r< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`> 、' ,/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

     傭兵や義勇兵が多くを占め 首魁の魔王すら不在の状況

   派閥争いが激化し 兵士が貴族の私兵と化すのも無理のない事

 そんな状況で兵に軍への忠烈を求めるのは 酷であるとは理解している

 しかし始めた理由すら忘れてしまって 戦いを終わらせられるのだろうか?

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4088 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:19:05.99 ID:aHSNyjnb


              /                                        w
                /        .: :              i        :i             w
                ′    ∥   /{       :         :           W
            ′ ′    ∥  .:/ ]{       :    _/ ,   :}          W
            ′ ′     . j{  .:/.:.:]{      j{   _7, /  }      i:: j  W
           ′ ′     j!  /  :]{      {{   _7 ∨ / .j!      j}:: i:  W
          ′ ′ .   \:  /   ]{      {{  _7 .:∨ / |      j}::j{i:  W
             ′ ′       j{\/   ..:]{      {{  _7   :∨.ィi{      j}::j{:   i:{
          ′:j{   :   __ j{: /\  .:]{      {{ _7  ,.ィi{ / /      j}::j{::   ::
         ′::j{   :   ‐=]{≧s。,\ ]{      {{.._7 ,.ィi{ ___∨j}     :j}::j{::   ::
           j{:: ::{:   {   :]{弐: 芸iトミj{        :{{:7 -‐=≦`jア}}      j}::j{::.   :
           {{:: ::{:   {   :]{ヾ ゝ=''゛ h /:≧s。.,  i{/^乂沁シ .ノ7j      j}::j{::   !
           {{:: ::{:   {   :]{≧=‐  ´´´{:     }iト  - -=≦ィi}i}      j}::j{:: .:  }
           {{:: ::{:   {   :]{::         :i           ::j}       : j}::j{:: :::′
           {{:: ::{ 、  :{(   :]{::         :|              j}    ./.:j}::j{:: :::′
           {{:: ::{:: \ {(   :]{                    j}     / j}::j{:: : ′ ′
           {{:: ::>‐‐ァ、  .:]{       ,ィ:‐……‐ :、        j}    /,ィi{゛::j{:: ::′ ′
         >''´    /ヽ\ : ]{\     j≧=‐ ‐=≦}      ,.j}   ,ィi{:: :: :/:: :/  ′
        /     /    ヽ]{:: :}iト、   i{:: :: :: :: :: :: :}    ,.ィi{::/   ,ィi{( i}\/:: :/  /
.       /     /   : :/`ヽ:: :: :: :}iト、  `     ´ ,.ィi{:: :: :/ ,ィi{(  |}:: ::\′ ′
      /    /⌒ヽ : :/⌒\:: :: :: :: :: }iト、    ,.ィi{:: :: :  j{,ィi{:: :{(  .ノL: : : : "'<
.    /′  ..:/  : :} : /    .\:: :: :: :: :: :: }iチ:: :: :     /(:: :: ::j{ /⌒ヽ      `+、
.   / ::{    /   i: j:./      \:: :: :: :: :: :       -‐=≦⌒{(: /  j}       \. /
.  . /  :{    {    }: /         ヽ:: :: :: .: -‐=≦         { /  . ∥           ∨ /


     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             それとも そんなものはもう無くなってしまったのだろうか

      復讐、憂患、享楽、惰性── 戦う理由など誰とも共有するべきではないのか

         忠義を誓ってきた上官 共に大戦を戦い抜いた数少ない同胞も

                   いつからか遠くなってしまった

     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4089 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:19:39.66 ID:aHSNyjnb


             ∧ i/\_〉:::::{}i/:::::::i l
                 ∧ i::::::::|::==Ο===:::i |
                 ∧i::::| ̄l::::::ll:r‐┐:i /
                   \|  .|::::V:|  || /
                   ト、||′ j/
                         | |
                      {=}
                      i⌒゙ ̄⌒i、
                      〈       )
                      ゙-z─‐ 、 )
                   |○   |
                    |    _|
                     |○<´   |
                      /。。∧‐∧ト、_
                  |_/  __  /  /{
                  |〉‐   /::::::::丶┴< .-┴  ̄ ̄ ̄\_/ ̄ ̄\
                  |   /:::/      \ヽ                \   /
                  i   /‐〈./i/i/i ○^ ^ i i ∨  ____         \/
                    / ̄  /!└‐ ̄\○。。i |  i/  /  , ─、 / ̄)
                // i´ '、{  ノ)__) /  iっi./ /_./    i_/ ヽ-′\
                   i ,-< ミミ  ヽ'_. ヽ(⌒)/ / /   /⌒)        \
                i lヽ __\_/,、) ./ 7 /‐/    乂_/゚。   ,r────
                 i>v -v v^^^∧_/∨/  l      / o 。。:| コ
                     i>:〈^^^Y^ /゛`′::::::::::::::  \_/。゚ 。゚ 。 _:|
                   ∨:::: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::<   /   ,、___/:::| コ
                      ヽr──‐、::::::::::::::::::<    /  /   / ___.!___
                     \    \::::::::::<  /  /   | / 、 ,     \


     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             せめて子飼いの者達にだけは終戦を迎えさせてやりたい

              その先にある世界で魔族が見るものは何なのだろうか

             そして戦場の無い世界は 自分に何を求めるのだろうか

                     何かを求めるのだろうか

     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4090 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/02/25(日) 22:19:52.13 ID:0ilUG6gC
クロコダイン閣下……魔王軍内にはドラマがあるなあ


4091 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:20:12.44 ID:aHSNyjnb


                        rァ-^-、
                         _〆___ヽ_
                   _/ニニニニ二二ヽ、、
                   ,-イ:i:i:/ニニニニニニニニヽiム'<
                  <〔 `¨/ニニニニニニニニニヽ´ァ、〕>
                  /ノ_/ニニニニニニ二二二二ヽハ
                    {: :,イニニニニニニニニニニニ二\
                  Y:,イニニニニニニニニニニニニニ二\
                .ァニニニニニニニニニニニニ二二二二`'く
               .ァニニニニニニニニニニニニニニニニニニ心、
               /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
            /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二ヽ
             /ニニニニニニニニニニニニニニニニム''<ニニニニ汽〉
           ./ニニニニニニニ二二二二二二二二二二〉 寸ニニニ{
           ./ニア^寸ニニァ'l : -=ニニ/⌒マニ汽ニ=く_/ハ´     ⌒ヾ
           ⌒´  ヤア  ', : : : :i!マ   } : : : : :Zヾソ: : : :| |
                  ヘ_:_:ヾi!.  ,イ : : : :〃ハ/: : : : :|八
                   :::::::::::ゝ_>''",、、、~^: : イ ヽ―''"ノ
              .::::::::::::>''´斗 ┬――=彡.:::::::::Y: ̄: :Y:::......
             .::::::::::::/'":::::::`≧≦::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ==彳::::::::::::::.
                  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             ──結局は ただの嫉妬か──

 暗い嘲笑いをぶつけ合いながら 嬉々と進軍する同胞に背を向けるように

              獣王はひたすらに戦場に赴く

    斧をかついでいる方が余程身が軽いのは 今も昔も変わらない

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4092 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:21:05.97 ID:aHSNyjnb


                       -──-
                      /  ∠三三≧\
                    /  /c r厶--ノ}ム ヽ
        -─-  >--< V  ./rrИ/⌒寸ハ }寸
      ∠ / ハ  `寸\ \ ヽ {lrム /: : :.(___ヽ寸 ハ     /}
     /  )\___ ノ   Vニ\ r┴ { (  l|: : :.人_。寸厶イ`Yヽ∠  ̄ `寸7
     `7ニ /⌒ヽ/⌒ 寸ニ廴__ノ 辷'. { /}ィ: : :__三_ ハVノ二ニム   }
     厶__/     \___ノ ` ̄ | \ { ∧~^\( ヽ / )二Vニニニ丿γニヽ
     r 人    /V      | ニニ \_≧=- ≧ -イ)ニニVニイ   Vイ
   /: : : : :  ̄ ̄: : : :.\ ___丿ニニニ >< ̄ ̄ ̄-=≦ニニV   イ
  / :r: : : r: : : : : : : : : : 厂  イ-─-/二寸 \ニニl }ニニニ寸  ̄} 艾 }
   : : :r : : : r : : : : : / ∠二ニ{⌒∠二二}  l Y/ニニニ艾   : : : V
  ニニl.|寸 : : : : : / /二二二二二二ニ/  /ニニニニニニニ∠   .}: ハ     ><
  ー┘|ニム-孑七  /イ (....::ノニニニニニニニ=ー ──-=ニニニニム 八:_:_}__   个  艾__
    l|: 寸      ∠二二二二ニ=─-----ァ       ㍉ノ//三/⌒>{ミ_ノ   \
   ⊂l|≧{    >t二二二二二二二/ /         Y/三//: : /三: |/:::⌒㍉  )
   ̄ `寸 ><  ∨>人二二二./ / )ニニニニニニ=-   }|.三{ |: : :{三 { 人:    (
     Yマ7  >< ∠二二二 / /人/ニニニニニニニ(`ヽ /ニ\.八: : Vニム {::: ≧  ノ
     V厶7     .く_____/ニニニ.l| |二|三|二| |ニニニ寸二\___∨人≧=- イ
   V___ )  |   /./ニニニニニ/ニニニニ/|| |二|三|二| |\ニニニ寸二.\  ̄ ̄
  イ 7≦_/ /)/ニニニニニ/ニニニニ/: :.:|| |二|三|二| |: : :\ニニニ寸二.\
  ~ ⌒ヽ/ / ̄≧≦_/⌒寸ニ/: : : :.:|| |二|三|二| |: : : : :.\__/⌒寸 \
         l { /r : : c : :r : : : : : : : r : :|| |ニニ二ニニ| | : : : r : :r : :r : : r: :⌒ヽ
      -─< r : :r : : : r : : c : : : : : : :|| l二寸才ニ| |: : : : : : : : :r : : :r: : :r: 寸
   / ‐─-  ∨ :r : : : : : :r: : : : : : : : : :\____/ : : : : : : : : : : c : : r : : r :> ´ ̄ ヽ
  / /     Vハ : : :r: : : : : : : : : : :/       \: : : : : : : : : : : : : : :r :r : r/ / ̄ ̄ヽ\
   {      八 .| r : : : :r: : : : : :./八    ー==ニニ >< : : : : : : : :r : : :r : :.|  {     } }
   乂__/  ∧: : : : : : 孑七´: : 廴    ー==≡彡/  >< : : : :r : : : :八  V     八∧
     Y  /ヽイ }__ イ  { r : : : 廴       .=彡/        ー=ニ二{ハ /⌒)≧==彳人 }
   / ̄ ̄∨  ./}     人: : : : 廴   ー---=彡}            |人|/≧=ー(  | ` |
          イ:/   /: : : : : :弋          /            /三\    \ノ   ∧

 ..┓                                                       ┏┓
 ..╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

     ▼クロコダイン
       ┣ 生まれ:[ 戦士 ]
       ┣ 種族:[ 獣人族(鰐) ]
       ┣ 階級:[ 伯爵 ]
       ┗ 派閥/役職:[ 外地騎士館 / 副館長 ]
      ┌                                            ┐
       [ 備考 ]
        ・魔王城 警邏部隊責任者
        ・魔王城防衛功労章、部隊表彰(部隊責任者として授与)
        ・前大戦より外地騎士館の将として参戦
         戦争終盤の功を評価され、伯爵位を与えられる
        ・外地騎士館の前線指揮官として斧を振るうベテラン将軍
          個人戦闘力では四公爵を覗けば魔王軍最強とされる
        ・肉弾戦では魔王軍でも三指に入るとされる豪傑。最も公爵に近い存在
      └                                            ┘

 ..╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
 ..┛                                                       ┗┛


4093 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:23:49.05 ID:aHSNyjnb


リアルが多忙で4月ごろまでは投稿が遅れそうですが生きてるギス!
断章ダイスも振っておこう

【1D5:4

.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 対象
  ┣ 1:[ヤマネコ]
  ┣ 2:[カーミラ] 3:[プッチ]
  ┣ 4:[クロナ]
  ┗ 5:[ニアス]

.╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4094 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/02/25(日) 22:23:49.74 ID:0ilUG6gC
乙でした
殺伐とした魔王軍にあって、ただ純粋な武人……
背中に哀愁を感じる


4095 : テンダー ◆UhWaCUnyXc : 2018/02/25(日) 22:26:01.77 ID:aHSNyjnb
次の断章はクロナですね
BB&EYの断章も考えつつおやすみギス!

でも次はキル夫くんの参謀本部参加ですかね
空いてしまう時が区切りのタイミングだったのは良かったというべきか

4096 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/02/25(日) 22:27:02.64 ID:0ilUG6gC
リアル大事に
次回以降も楽しみに待ってます

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 7話 「野球回のあるアニメは名作」 (09/18)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第二話 (09/18)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その117 (09/18)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第7話 (09/18)
  • やらない夫は2038年の警察官 チュートリアル編 (09/18)
  • 国際的な小咄 5214 ベトナムの場合 (09/18)
  • 国際的な小咄 絶対に、絶対にやらない嘘予告 『やる夫で学ぶ韓国政治史』 (09/18)
  • 国際的な小咄 5213 草彅さん (09/18)
  • 国際的な小咄 5212 ですよねー (09/18)
  • 国際的な小咄 5211 ノーベル賞の理系部分の闇? (09/18)
  • 我が敗北 激務? サービス業VSサービス業 (09/17)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】退魔忍 響=サン (09/17)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】ぜかましでイチャラブ (09/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ11「おにゆすり」 その1 (09/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク11 (09/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ10「永咲き桜の怪」 裏話 ~ 戦後処理 (09/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ10「永咲き桜の怪」 その6 (09/17)
  • 第三次聖杯戦線 1ターン目 行動ターン② (09/17)
  • 第三次聖杯戦線 1ターン目 行動ターン① (09/17)
  • 第三次聖杯戦線 1ターン目 ランダムイベント② ~ 諜報ターン (09/17)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 187 《DAY193》 ~ 《DAY194》 (09/17)
  • 新月の夜の幻葬読書会 80 (09/17)
  • 国際的な小咄 5209~5210 デーツがあんこ? ~ オーストラリアのお肉 (09/17)
  • 国際的な小咄 5207~5208 むしろ同志や! ~ ムンジェヘ (09/17)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ みんなの中韓体験談 その2 (09/17)
  • 国際的な小咄 5206 ダイレクトマーケティング モルドバ (09/17)
  • 国際的な小咄 5205 お肌つやつや! (09/17)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです (09/17)
  • やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです 第29話「骸土に帰らず/Sanctuary for who?」 後編 (09/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ