スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やる夫たちでソードワールドを独立カテゴリとし、長期キャンペーン(サブタイついてるもの)を子カテゴリといった形にしました。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷
2/25
キル夫は運命をひっくり返したようです
2/19
あんこ時々安価で惑星のさみだれ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

ぼくらは竜の子 予告編

現行スレ

481 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:15:56 ID:fKub60jY

:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                        人々は絶望に染まりきっていた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




482 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:16:19 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           突如として現れた『魔王』は何の前触れもなく人を、否、全ての命を喰らい始めた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                          _ -‐≦´ ̄`≧=‐- _
                                      -==≦ニニ三从三ニニ≧==-――匕廴
                              r‐―‐イ: : : : / 八。゜叭ノoト、iY } i儿: : : : /三三厶
                               /三三ニ∧: : :圦V。゜}イ。゜i}廴/}i入/⌒ヽ: : ム三三三:\
                             /三三三:/ : : /叭㍉八儿厂气}。゜イi   \::∧三三三ニ\
                          ,ィ三三三三/}: / イ `ヽゝ‐===‐ュュ乂イ      ヽ:∧三三三三ム
                            /三三三三:/::},'   八彡''´ ̄¨¨¨¨¨¨ ̄ミノ、      `i入三三三三ト、
                        /三三三三:/: /   i} :\        /  ヽ     i}: : \三三三ニト、
                       ノ三三三三:/: /    :i}    ..,,__,,..       :.     }: : : : `ー≠777/
                        {三三三三:/: /     i}    -‐===‐-      i}    i}:: : : : 斗-===ソ
                       ㍉-===彡'(ノ           -‐===‐-       i}   入少´ ̄¨¨¨<
                         厂⌒¨八         八     -‐===‐-      i}  /  |}       ヽ
                          /    /  ヽ      \   -‐===‐-   ノ /   /⌒ヽ      ‘,
                        。       八    \  ..,,__,,..¨⌒¨,,__,,..      ノ乂ミ__≧=-    i}
                       ,'      -=彡⌒ヽ                     廴         i}_
                       i}        -=彡ゝ                       i}ュュ≧=-       ⌒ヽ
                    ___,ィ劣 、        __   \                 /⌒ヽ_ニニ=---     八
                   ノ      ヽ     / 圦   \              /  /     \            \
                    /          ´ ̄¨¨¨/イ'′::\       ..,,__,,..      《     ノ     \
      __ -==≦ニニニイ                  / 八                  /  \   i}       \
   /イ¨Y 入              /       / i  \      >= --     ‐=イ      ` 、廴 ___  ≧=‐―
,..xュイ i| } i} iハ ≧=‐―――            イi}  i   `ヽ                       \廴 ___

483 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:16:57 ID:fKub60jY

                       !    .l                        l   l             /  `
                   l   .l                        l   l                 '      ヽ
                    l   .l                        l   l        ,. - /
                     l    l                 ⌒\    l   l       (. (:::::::;'      ri ,,
                _     l    l                /      ヽ   .!   l          l` 、` 、   k. il|. || .ll.l|
           /  \   .l    l             __/         、_ !    l       {l    ヽ ',   k. ll. || ll.リ
.           /       \ .!   .l          , '".:;'             ':.. !    l      __-ニl、  _!_l_  ゙! l! l! "_,.l
       ,. - ./          ヽ!   .l          ,l、 '::;l.       _ ri r, i:::l.    l  _-=ニニニ二{ ,.、    ̄ ̄,.-、 .l
     ( (:::::/           l    l             {.! ` 、.ヽ.  k、k、|| ll!リ.l:::!   l-ニニニニニニニヽー'   ト、   ー' .l
    ,l \\     ,,, iii, ii, .!   .l          j     i .i.   k, k! || リi! l::l   .lニ=' `"<ニニ二二\   ヽ ` ー- ' l
     {|   ` 、\.  k lli lll! .ll! l    l  ,.- 、__ -=ニ\  _l__!_  ヾ.'' .''.゙.゙__Ll   .lニ'    \ニニニニ` 、   ` ー_,.l
.   ,.ィl    ヽ ! 'k ll! .ll! ll! .!   .l-/   \ニニニ二二{ ,.、    ̄ ̄,-、 ,. !   lニ,         \ニニニニニ=-=ニ二
__,.ィ二ム    __} l   k, ll |! l! .l     .!/      \ニニニ二、 ー'   .ト、  ー ノ/l  /',_lニ,        ヽニ二二二二二/ /
ニニ二ム   {    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .l    l           ヽニ二二\     \ 二 イ,.l ̄ , !―‐-        、ニニ二二二/ '
ニ二二二\_!. O    ト 、  O l.     l            、ニニニ>__  ,.-'"_,,... -‐__ ヽ´           、ニニニニl .l
 \ニニニニヽ     \ ` ー.l    .l            、ニニニニニニニニ/ {   .{  ) ',            、ニ二二{ 、l
.   ヾニニニニ>_   ` ー.l    .l                  ニニ二二二二/  .!' ̄  i'" }-'            ニニ二二ー
    ヾニニニニ二二====.l  ハ  !              ,ニニニニニニ/!  .l〉 .,_,' '.i             ,二二二二
       ヾニニニニニニニニ!ー´ `ー!                ニニニニニ{. ',  l、   },. イ              ,.イ',ニ二二二
        'ニニ二二二-‐== _ └- _                 ,ニニ二二>-、_ 、 ̄ },.イ',          ,.イ/ =二二二
         'ニニニニニ/ 7`"‐---'T丁´                 ニニニニニニニl  ̄!二ニ, _  __,. -‐" '"     ,二二二
          'ニニニニ' .〉 _!_,,. -〈. l                ,.ィ{ニニニニニ二二l ー!ニニニ,  ̄ ̄ ̄´          ,ニニニ
.            'ニニニ! .l、   {   ,ノ_」            ,.イ/ ,ニニニニニニ/ ̄ }ニニニ,              ニニニ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             国々は魔王に抗う為に手を取り合い、『魔王』の討伐の為に結束した

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

484 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:17:21 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           だが結果は見るも無残であった。
           近付く事すら出来ずに魔王の視界に入った者は抵抗すら出来ずに飲まれていった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
       :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
              _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

           それだけならば、まだ救いがあった。
           だが、魔王に飲まれた人間の末路は……。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

485 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:17:41 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                                 魔物化

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                         }\__
                    ト\マ: : : :`ヽ
                    ∨: : : : : : :_:_:\_
                      /: : : : : :∨三|ノト、ヽ
                      ,r'-、: : : : : : :`刈シ)ノ'
                 Y: : : :人: :ヽ∟>--.、
                    }: :/: :/: /: : : :_:_:_:>--、
                 /ノ: : : :./: : :.{: : :/廻廻廻廻:{__
               }:./: : : /:_:_:Y:ヽ/廻∠ ̄}廻/: : :(
             ,rfニ}|: :./,r'ノ-===/\_廻_) : : /): : :(ニ=、
                ィ佳/}:/: :{={-==ニニ|: : : : : : : : : ∨イ¨\マ: \
              守=i: : |': : :_`ヽ-==ニ ヽー---、: : : i¨:¨:¨´: : : :人_
            }圭ヽ:∨ノ: :/ ̄`ヽミ=-寸圭=>:_ノ-=ニ==≦}: : :人___
                )圭=}: : : :,イ:\: : : : >=-)ノ ~   `寸㌢ノイ: : : : ノ-、λ   ,.-==- .,
            }圭ニ心/圭--、ー==--/        `寸ニ|_:_:/: : : :}: :ヽ /      `~、
            ,f珪圭圭人圭圭〉:_:_; <{           ̄八ニヽ:_:_:ノ: : : !        (;i;)
            `寸圭圭!  }圭芯: : : : :.{             ,f珪ハ: : : : : :∧         ,r=!
             )圭圭j .ノ延芸斗ー一!            `寸炒_:_: <: :∧     //
                守圭<  |____,..斗一'入              ̄  ̄¨'<: : _〉--=//
                _心圭=Y//  //  /: :.∧                  Y  ァ= /{
                寸圭㌢//   / , ∧: : :.∧                i¨ヽ}-イ /∨_)
                 }///   / /_ノ芯、: : :`{                    >、人 ヾ__}-'
             //     ,f珪圭.λニ): :.∧               / /ゞ=彳
             /    {__ノ/圭圭圭|: :¨: : : : :|.              / /

486 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:18:01 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                   人の肉体には個体差はあるが大量の魔力が流れている

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l   __
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/::::::::::::::::{   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                しかし、人間は体内の魔力を使うように進化はしていなかったのだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

487 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:18:26 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

       魔王は人々の体内の魔力を喰らい、己の魔力に変換し続け、進化し続けていった
       だが、元々人間の何千倍もの魔力を持つ魔王はその魔力を微量ながら死体に分け与えていた

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                ̄ 二イ  :,. -- 、 \   \ \ \ `  、 ヽ、   \
                ,.イ' ,. = |fヘ!`ト:\. ` ー- ______ヽ__丶、  ` - ニ= 、 \ _
               / /:/ ,/、 || }ト,. |ヽ! ー- /:/´ ̄ \`:、 ̄ ̄丁丁 ̄ ̄丁:|
               ,.'  i/  /\ヽ! .|ハ. マ `ー/ /     ヽ:\ く::::::\. 「 ̄::::::\
                 /   / ,'/`ヽ, ヾ;、,.レヘ V7 /         \\ \:::::| |:::「 \::::|
             /   / / ! / ハr:'´:::::::/\\{  __.. -‐  ̄ ̄,\\ ヽ:!.|:::l、  ヽ!
              ,'   | /! { | :i {|r‐'::/:::::/,ヘ\´     \_    \\ ヽ::\
              !.    | | | |. ',.i. |レく:::::::::/j仁. 二´______ー--  ̄,ニ=ヘ,.\ \:::`ー
               |.   | | || ヾ!.|゙仁ニ=1'"〃,ィ" ̄Y!}》}i/  ̄ ̄ _厂{. rヘ、\ ヽ、
            !   | |. !..ト、  ヽ!{_¬!{ 'リイヘ;___,ノ'  'ー=、   ハヽ  トく \: \
                ',    ', l ヽト、\ \Yトュ'" ' ヾ≡彡'メ、   三\ ! `|      ノ\
            ヽ   ヽ.{ ヾ \\. }ト、   - = 彳,勿ァァ 、¬ヽ, !     / ,|iiiiiiii!
                   ヾ,  \.\`〈 tx,ヽ  ー - ' ´彡 '^フ`ヽ} ,'   /,イ {iiiiiiii!
                  ヽ.   \`ート、゙い }   -t¬ァ'´__/^Y:1i.   /|! :',iiiiii!
                      \     Y_ヾソ ` ̄ `'_ ノ\__ト-'_ i:|  / :| l  ',iiii!
                     ヽ    ヾ, 、  __ /^Y `!__ノr‐く_ノi:|   1  !   :',ii
                           Y''く  `i |、_,ノrベ!_ } Y! /ハ     }!
                           \ハ___jニr'⌒ト、_}. `′ ハ_八_i〃   /
                              亡「\ `r:J r~',x'^⌒ヾJ| _, イ! /
                              ヽrヘ┘, _,x:+く    __,比ィイ //::::
                                \.メ^      , ',∠=イ //::::::::::
                                    i.    // lYト,//::::::::::::::::
                                  ヽ -='-:'´   lレ' /..:::::::::::::::::::
                                            入:' ..:.:.::::::::::::::::::
                                          l//ハ ..:.:.:::::::;::::::;
                                         〈//:|:} ..:.::/::/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

     そうした結果、人間ではなく魔王の魔力を吸収した人間は死して尚、肉体を変え、魔物となったのだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

488 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:18:56 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

            魔王は次第に襲う範囲を広げていき、人々は次々と魔物と化していった
            そして、徐々にではあるが人類の総人口は魔物よりも下回っていった。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
: : : ; : : : : : : : : : : :/: : : :/: : : : :>-、:/: : :_:_:ノ: :Y : : : : : : : : : : : : : : : ィ: : : :./: : : : : : : ,r-、: : :.Y: :.!
: : :, : : : : : : : : : : /: : : : ' : : : : : : :/: :i: : : : ̄ヽ: :`ヽ: : : : : : : : : : : :r'´ノ: : :./: : : : : : : /  l: : /: : :|
: : ; : : : : : : : : : :/: : : : :|!: : : : : : /: :八: : : : : : :\: : \_____: : : : : : |: :|: : :/: : : : : : : /   !: :i: : : :!
: : {: : : : : : : : : :,: : : : : :.!: : : : : : ;: : : : :ヽ: : : : : : : \___,.イ: :`丶: : : ヾ{: :/: : : : : : : /   ,ノ: : : : : :!
: : {: : : : : : : : : :|: : : : : : ,: : : : : :.|: :{: : : :.|\: : : : : : :.\: :`ー=彳: : : : : :`ヾ: : : : : :{--=≦: : : : : : :.|
: : {: : : : : : : : : :|: : : : : : :, : : : : : !: :,: : : :.!  \: : : : : : :  ̄`Y: : : : : : : : : : :ヽ: : ;ノニ==--: : : : : : :.!
: : !: : : |: : : : : : |: : : : : : :', : : : : :.';: Y: : 人 .   \: : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : ノ ̄:ノ'´: : : : : : : : : : ;∧
: : !: : : i: : : : : : : : : : : : : : ;: : : : : .';: '; : : : : ≧=--≧、: : : : :人:___:_:_:>: ´| : : :.!: : : : : : : : : :,rf: : :.∨
: : '; : : i: : : : : : : : : : : : : : :∨: : : :∧ ∨: : : : : : : : : : : ̄Y⌒ヾヽ: { : : : : : : : : : : ∨: : : : : :.,rf圭|: : : :!
: : : ; : :.!: : : : : : : : : : : : : : :.∨: : : :∧: \: : : : : :--===彡: : : |: : : ヽ: : : : : : : : : :.∨: : : : /圭圭!: : : '
: : : :, : :';..: : : : : : : : : : : : : : :.∨: : : : ト、: : : : : : : : : : : : : : : : :/: :{⌒ヾ: : : : : : : : : : :ヽ: : : |:Y圭III!: : ∧
: : : :∨:∧: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : !: \: : : : : : : : : : : : :.八: : ヽ: : : : : : : : : : : : :ノ.: : :.j: |圭圭!: :.{
: : : : :∨:∧: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: !:.: :.{≧=r =├ーr= .,: : : :., : :ー-. .、 : : : : :./: : : /| !圭圭!: :.|: :.|
: : : : : :∨: :\: : : : : : : : : : : :_:_:_:ノ: :.|: : : :寸I|  |  i i! 入: : :≧=-  : :_:/: : : : :/Y∨圭圭!: : |: :.ト .,
: : : : : : :∨: : :.ヽ: : : : : : :/ ̄ ̄¨`ヽ: !: : : : :寸、 !\ゝ-く  }: : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ !圭圭圭!: : }: :.|: : :ヽ.: : : :
: : : : : : : :∨: : : : :> .;: /: : : : : : : : : }!: : : : : :.マ心|二二二二|>r .,       ,. イ!  !圭圭圭!: :/: : |: :/⌒>
: : : : : : : : :∨: : : : : : : > .; : : : : : : :∧.: : : : : :.寸三三三三心 {f圭|>r=≦圭圭从 j圭圭圭!: :{: :_;/: : : : : : :
: : : : : : : : : :∨: : : : : : : : : : > .; : : : :∧: : : : : : :寸圭圭圭圭弐佳fi乂 |圭圭圭圭弍佳圭圭II|:_;/--、: : : : : : :
: : : : : : : : : : :}!: : : : : : : : : : : : : : Y: : : : :\: : : : : :.寸II∧圭圭圭圭圭爺圭圭圭圭圭圭圭圭I/: /: : : : \: : : : :.
: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :|.: : : : : : :.\: : : : :∨  マ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/: /: : : :/´ ̄:ヽ____
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : :∧: : : : |   |圭圭圭=∧圭圭圭圭圭圭圭圭II: : -、 : /: : : : : : \
: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :八: : : : : : : : :.∧.: : :.|   |寸圭圭/  マ圭圭圭圭圭圭圭III| /: : ヽ|!: : : : : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

    その最大の要因は人類が持ち得る技術と武器では一切魔王と魔物を殺しきる事が叶わなかったからだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

489 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:19:20 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                    魔物の侵攻より、最も離れた場所にある王都

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

             此処では魔王を倒す為にありとあらゆる技術が結集されていた。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

490 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:19:43 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

        その研究の結果、竜と呼ばれる魔王と仇をなす存在がいる事が判明した
        だが、竜は遥か昔に既に絶滅しており、生き残ってる個体は一体たりとも存在しなかった

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                   _ィ==ェェァェュ、
                         _,xェ===x、              `'マ<>..._
                       , <77ア"                      \ヽ<::>...._
                 ,イ彡゚7/{                      ', ;⌒`‘<:::>...._
                  ,イ彡ヘ//ミi、                     }:i  :.  ::::`‘<:::::::>- ......___
                  /i/.:::/,'⌒ヾ、                    //   :.  : ::::::::`::... ̄ ―<_⌒> ,
            /i/.::::: / .:  ::  \                  、__,,,//       :.   : ::::::::::\  ::::::::::: ̄''マ\
            /i/.:::::: : / .:::  :.   丶,__,,ィス             ヾ> 、{         :.  : _;;__.:::\ ヽ;:/⌒~'''マ\
            /i/..:::::: : : / .:::::  .       )/.:;′          ヾ⌒\:::.. .     r-、 i゙    ̄¨'へ,,i      ゙マ',
       /i/..:::::::::: : : / .::_i      /.⌒ i               ', : ::...>‐-  , ::..{  ヾ        "        \
       /iヌ'⌒\,,ィ…v//   l/´}  /..::: : : |     l         l  : :::::......  >、
     イヌ’       "     {. //..::: : : :   l      ト、{i_イ        !    : ::::::_x-- 、 \
    /7                // __::: : : :   八    YMY      /    r'゙~~`    \,ヘ
    〃                  {i7´ `´`ヽ ///\__,ri忿x忿n  _,,r',ヽ,   /           ヾi
   /                「        ∨/     〉'゙⌒ヽヾ{¨~    \\|
                             }/_,,,,,,,,_/{:{:{:|:}:}:}\ヽ,__,,r‐‐--、{
                               〃  _/,、{:{:{::}:}:}ミi ヽ,゙i_   /⌒ヽ
                                 〈rfj´ マ{:{:{:{iミゝ_〈rt)_/,','/⌒ソ
                                    〉{:{:{:{γ⌒ヾ,',',',','/
                                 /、\{:{:{ (⌒)ノ__,シ
                               {:{:{iミ_,\_,{:i:i:}'~
                                    }:」:〈     〉i〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                         だが、その骸は残っていたのだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

491 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:20:03 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

               その骸の細胞を元に人類は「竜の子」となる存在を生み出した

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                                   __
                              ,. ‐'",,、``ー')
                              ノ 「`´ ,オ` <
                              〃〉.iゝ;´'"レ| 「v. ヽ
                             /.|.|ヽ`- .,|i! |:.い  \
                            /  ||::::ミi.¨.」ヽ|:::!彡、.  \
                           /  ィオ  ミミミ! ヽ ̄ ヽ〉   \
                          / .㌘  Y ミミミ! 「ヽ.,   ∨   ' .,` 、
                         /, ' :.㌦ ,.':ヽ ミミミ||\'.,.  ∨ ∧ ' ., `  、
                       / ,   、 lhY    `|. 」 !\  '.,  ∨レ'〉、)! ' .,    `   、
                     / , ' 、ヽ <ヽリ`!    | |_. \ \ .〉'´ 〉 し'〉ヽイ ! ヽ,ヾ    \
                   /  , イ i kヽ) .| j    |ヾ|_r、 ヽ_,/ ./   レ'ソ,、ヽi  !  `h     ヽ
                  /  /! ! ./ヽ )  / :/  '   |丶ヾ.\フ / \   (_/ .〉` 、 i. !´ .!ヽ    \
               /   ,イ  i レ ハ,) /.:/   ji  i∧ヽ 彡,/\\ヽ    (_/〉 ヽ i  i !ヽ    ヽ
                /   レ  ヽ レ',、 ヽ.  /.:/! ._ノ ヽ_, |∧ ∧:!  \ \\ヽ   ( ∧   ! j i i∧    i
           / 、 i. ,イヽ   レ  ', ソ ///. ヽ  /  ヽ`i :i:|   \ \`リ.   ` .| /!レ' i ! .i  ',    !
          / ,  |イ/ i  ヽ / i\i.  ///|:   `y'   :| ! !:|     \_ソ      .レ'/  レ'.! j  i∧ ,  |
         / /  / !  !  レ N!.  /,レ/:!   ::/    .:| | i |            / /! レ'i .i .i', ,. |
          //.,'  / !  ! ト  !\', ` 〈〃</::i   :/   ..::∧ 1 !|              // / /' ! /! ! i  |
       〃 .' / i   !  iヽ',、 ',  `   ヾ`//,i   :/    ..::/ヽ| :| i |             '  ./ /!  レ' レ'.i /  !
        〃./ イ  i  |ヽ !  ',ヽヽ     ///,.! :/   .::/レヽ| :| ! |            ///  / /...レ/ / !
        〃/ / i  |ヽ| ヽ,、. ', \   //〃::| :/   .:/    ! |;1!.!             '  / ./,.../ ,'/ / /
        | |! / !ヽ ! ヽ  ',ヽ ヽ.     //.〃 |/    .:/     :|:.| | ヘ            // ./ /  / / /
       | | ∧ i ヽ|  |.  ',  \   /.〃   {:. :. 〈     ;ヘ レ               ' . ./ /  / / /

492 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:21:14 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

     まず、20歳以下の少年少女のみがその竜の骸と適合する事が出来、それも二割と少ない確率だった
     非適合の者はその強大な力に耐えきれることが出来ずに死亡もしくは身体の一部が機能が死んだのだ。

     だが、その代わりに竜の子となった者は、魔王と同等の力である<魔法>が扱う事が出来、
         肉体が魔力の集合体に変換され、食事や睡眠など栄養や休息は魔力があれば不要。

     出産機能は消失したものの、
     魔力を保有し続ければ、不老不死さえ体現出来る程の力を持つ事が出来た

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
                          -―- 、
                      /      >- ― - ..
                     /     /         \
                   j!    ,           ヽ ∨                   /
                         /// ./     ヽ   ', V                     / /
                      ./  ./  /   |     ',   Ⅵ               / //
                   / ,  /  / // j ハ 从}   i! }               / //
                ー―=彡イ/ ./ /レメ、}/ / j/=ミ!   |/                / //
                      / .イ/ハ《 マソ.j/  マソ》/  }             / //
                       //ノ  ∧     j    / /  ハ           ./ //
                  、_/ /   / /ヽ   r _, /イ ./{ J}       ./ //
                     /,,.. -=彡 ' __> __ < / / !`¨´  __    ./ //
                   // ___   ノヽ rJ  ./ /! j_j __,..ィ:.:.:.:.ヽ/ //
                    /  / =ミー- ア` 、 乂.Y´//__{≦==ミ 、.:.:/ //
                  //:.:.:.:.:./   / ´  ̄ ̄  ',.:.:.:.:.:.:.:ヽ/ //
                   / /:.:.:.:.:..:. ' ,, ''"´~\       ,:.:.:.:.:./ //:.:.\
                  /:.:.{ {:.:.:.:.:.:./ /  /   \     ∨/ ̄ }/}:.:.:.:.:.:.:.〉
                   {:.:.:.:} }:.:.::∨/   .:      ',    ./   /:.j_j::.:.:.:.:./
               ';.:.::レ:.:.:.:.:i {    {     /{⌒!/   /:.:.::.:.:..:.:.:.:./
                    ',:.:.:.:.:.:.:.:{. ',        { ハ/   /!:.:..:.:/:.:.:ー:.{
              _ /:ヽ:.:.:.:.:.:i /\      .i!  ヽ /  /`Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
            / /:.:.:.:.:.:.:.:`:レ   Y _ ノ}ー∨  \ミム_',:.:.:.:.:.:..:.:.:.:,
          __/{{ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i    | .メ-{ヽ'.. \   / }   \:.:.:.:..:.:.:.',
           /{イ  ',:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ハ    | ri ', ヽ /ー} >く_/ー=r- 、ヽ:.:.:.:.:.:.,
       _/ i!  .メ:.:.,イV      }   .! { ヽ メ、`ア   }  }   }  } }:.:.:.:.:.:.:}

493 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:21:35 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

            その竜の子のお陰で遂に人類は多大な犠牲を払いつつも魔王を撃破したのだ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
            :,:           :(::)
            /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
           (:::::::::::::::!'                 (::::::)
           ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:
            )/
         。            '  、       ;: 。
                               `'''`~''・    ' `
     f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、              ::,,,,,、...
     ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
 :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
     ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
  π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
   ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
 τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
   (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

494 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:21:56 ID:fKub60jY

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

                 だが、人類は忘れていた。竜の子は既に人間では無いという事を

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




                       スレURL
                       ttp://bbs.yaruyomi.com/test/read.cgi/ban/1516785019/

                       投下時間
                       21:00から投下開始








.

495 : ◆1B40wK7fLs : 2018/01/24(水) 18:22:16 ID:fKub60jY
以上です、ありがとうございます

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • まどかと愉快な仲間達(仮) 第5話 (04/19)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです  第26話 エッチ スケッチ ワンタッチ (04/19)
  • やる夫たちでソードワールド 残念美人とできる夫PT 12 (04/19)
  • やる夫たちでソードワールド はじめてのこーる☆ごっど ~ フロウライトVSラミア ~ TS系美少女PT! (04/19)
  • やる夫たちでソードワールド 三姉妹PT 2 (04/19)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫とブラックPT 5 (04/19)
  • やる夫たちでソードワールド 会話 やる夫 星月 ベル (04/19)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 43 (04/19)
  • 国際的な小咄 8122 あんこスレの裏側 (04/18)
  • 読者投稿:JR札幌駅から高速バスに乗る時の注意点 其の二 (04/18)
  • 読者投稿:香港人フレンズとの一幕 「日本のいいところ」 (04/18)
  • やる夫はスキル世界であんこるようです 7 (04/18)
  • やる夫はスキル世界であんこるようです 6 (04/18)
  • 読書的な小咄 100 B.B.Joker (04/18)
  • ワタシはファンタジーを否定する 本編とは毛程も関係のない突発的小ネタ 俺とネコと猫のようなキミ 8 (04/18)
  • 勇者やらない夫☆ペコランド危機一髪 (04/18)
  • 国内的な小咄 1447 行くなら若い時にいった方がいい!! (04/18)
  • 国内的な小咄 1446 都民程行かない(By都民) (04/18)
  • 国内的な小咄 1445 石見安価旅行の拠点となりうる島根のとある場所 (04/18)
  • 国内的な小咄 1444 なんで下館? (04/18)
  • 国内的な小咄 1443 意外と遠い!! (04/18)
  • 国内的な小咄 1442 鵜飼の鵜 (04/18)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #108 (04/18)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ129、帰省みやげ選び (04/18)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 5 (04/18)
  • やる夫たちでソードワールド 三姉妹(+やる夫)PT! (04/18)
  • やる夫たちでソードワールド ラミア娘のいる生活 (04/18)
  • やる夫たちでソードワールド 登場人物(やる夫以外)全員ガチホモ! ~ 気を取り直してヤンデレPT! (04/18)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫とブラックPT 4 (04/18)
  • やる夫たちでソードワールド シリアスソレイユやらない夫 ~ できる夫とウィークリングPT! (04/18)
  • 国際的な小咄 8121 狂気の天使 (04/17)
  • 2X歳、OLアーマードエージェント:コードネーム セイバー chapterⅩⅢ (04/17)
  • まどかと愉快な仲間達(仮) 第4話 (04/17)
  • まどかと愉快な仲間達(仮) 第3話 (04/17)
  • まどかと愉快な仲間達(仮) 第2話 (04/17)
  • まどかと愉快な仲間達(仮) 第1話 (04/17)
  • 血まみれ勇者 埋めネタ Dランク冒険者のありふれた日常 (04/17)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 24 そ そろいの支度で八木節音頭 (04/17)
  • 読者投稿:(スポーツ)栄養学の基礎(1) 三大?五大?七大?栄養素 (04/17)
  • 読者投稿:たのしいけいば~皐月賞~ (04/17)
  • 読者投稿:小ネタ 雑学の酒席のやり過ごし方 ~ 一部の人限定 酒席のやり過ごし方(荒業) (04/17)
  • 読者投稿:2021年福岡県知事選についての感想 (04/17)
  • やる夫は  を取り戻すようです 第4話「不規則エントロピー(後編)」 (04/17)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 5 (04/17)
  • やる夫たちでソードワールド オリジナル魔剣晒し ~ 最強冒険者YARUO (04/17)
  • やる夫たちでソードワールド 白紙シナリオの冒険 30 (04/17)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫となんたらPT 6 (04/17)
  • やる夫たちでソードワールド ダークナイトとナイトメア (04/17)
  • やる夫たちでソードワールド 雨の日冒険者! (04/17)
  • 埋めネタ やる夫たちは現代ダンジョンに挑んでいくようです~現代ダンジョン配信記~ (04/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/1)
    ※完結作品は集計した前の月(1月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1ローグライク異世界転生
    2あさねこの小話空間2すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    3異世界からかえってきたやる夫君のお話3やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    4やる夫たちでソードワールド4やる夫はソロハンターのようです
    5やる夫とあかりで異世界暮らし。5あんこ時々安価で鬼滅の刃
    6やる夫は魔導を極めるようです6異世界食堂できない夫
    7あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG7やる夫は聖杯を落としたそうです
    8ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9白頭と灰かぶりの魔女9アカガネ山のやる夫
    10シャーマンファイト IN あんこ10華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    11やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12それ行けサイヤ人やる夫!12横島くんは死神になるそうです
    13日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅13現代知識チートで無双する男のおはなし
    14やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。14鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    15女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望15やる夫達は人間ではないようです
    16のうみん!16やらない夫は代打の神様なようです
    17できない子とSCP17アメリカンヒーローアカデミア
    18ダイスでライダーバトル18STALKING!!
    19異世界転生したいやる夫のお話19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20やらない夫がサッカーで天下統一するようです20やばキャン凸
    21やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです21ドクオが異世界転生したようです
    22陽キャで脳筋な僕の奴隷22レベルを上げるスレ
    23フェイトが北の大地で勇者になるようです23やる夫はギルドを経営するようです
    24◆25NC1ovscM総合24やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    25◆hXiJucbo02が一発ネタとかを投下するところ25魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    26ほぼ日刊英雄()をつくる26やる夫たちは三連星(代理)のようです
    27やる夫は奇妙な友達ができるようです27デーモンスレイヤー
    28あんこ時々安価で惑星のさみだれ28やる夫は男子校?に通うようです
    29気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話29主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    30IT業界のやる夫さん30ポケットモンスター 安価・あんこ
    31いまだ魔法は解けぬままに31オーバーあんこ
    32やる夫は仲間達と冒険するようです32証言と証拠は安価とあんこの後で
    33彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです33ダンガンあんこ
    34あんこ時々安価でヒーローもの34亜人はBARに居る
    35血まみれ勇者35コンピューター様、情報更新は義務です!!
    36ダイスに委ねる皇女生活 in エリア1136やる夫はLVが上がらないようです
    37正義屋さん37できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    38そんな二人は同棲中38めぐみんの楽しい独身生活!
    39やる夫の兄はブラコンのようです39冒険者学校の臆病者
    40あんこ戦隊40やる夫がロードバイクに乗るようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング