やる夫と翠星石はあいうえお順でアフリカの国々を紹介するようです 特別回、的な?

目次

1163 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 17:47:57.52 ID:k4gVTLFl

 特別回、的な?




                / \
          __   /    \    __
        / ̄  ̄>|      |<ニ  ̄\
       O.     /:::::::`ー-,べ‐' ̄`:、::ヽ    O
     ○   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、::ヽ   ○
          /::::::::::::::::::::::::/::::::::::;::::::::::::::::::::::\!
.         ,':::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::\
        {::::::::::::::::::::ヽ:::::::iヽ::::::l::::::::::::::;:::::::::::::::::::\
        ,ヘ:::::::::::∧::::∧:::::l ';:::::l\::::::l:::::`ー―く ̄
     <:::::';::::::/ ∨ ヽ;::!. ',::l   \l:::::::::::::::::::::',
         ̄入∧ ⊂⊃ `  ⊂⊃ }:::::::::::::::`i、:::l
        /:::::::::}     ,-、     /::::::::::::::::::l ヾ
     / ̄~l::::::!、      ̄      'ッ:::::::::::λ:l
.     、/ ・ l::∧:::7 -,  _____ , < }:;イ::::::/ `
  、/ ・  ・ !' ・ ∨ / ,-'Y /`ーi   ' .}::::/     あやや?
.   \ ・ ,、/i_/`¨ ヽ 'く /`ー'ヽ'/
.    \_!.   ,イ  i   <災'>   i  ヽ
      `ー,-< `i__}  /,イ.ヽ   ', /
        ゝイ\.i:〈 ヾ, ' .l/  /ニ7
        !_!ヽ, ` .',   /・   ,.l  i
           ヽ ,!__ i ・ __/ .}_,、!_
         , ―i`'   ー     〉':.:.:.:.:`:7
         !:.:.:.:l    ,ヘ   /:.:.:.:.:.:.:.:<
        く:.:.:.:.:.l /:.:.:.:ヽ、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
         <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉


 サンデー・スタンダート(ボツワナ首都、ハポローネの週刊誌)の編集者、アウトサ・モコネは
 全能の君主のような統治者と無力な臣民という前提に基づく古臭い法律の下、ボツワナで扇動の容疑をかけられるかもしれない。




















 これこそ今日のボツワナにおける全能の大統領と弱い市民の間に存在する関係である。



























 私はまずモコネのことを知るようになったのは、2000年に“ボツワナ・ガーディアン”に「尻込みする大統領」の記事が掲載されたときである。



             ,、
           /ハ\
          _/-─-i‐ヘ- ..,,_
      ,..::'"´:└──'─'::::::::::::`'::.、
      /:::::::/::::::::!::::::::::::';::::::::::::`ヽ;:::::ヽ.
    /:::::::::::;'::::/::ハ:::::::::!:::!:::::::::::i:::::::';::::::::',
    !::::::::::::|:::/メ!_|::::::/!/|-‐ァ:;ハ:::::::ト、::;;_!_
    !::::::::::;ハ:7´i'ハ|/ ァテァく!::!::::::/:::::::::| `ヽ
    八:::::/|::::i` ,!_リ    |  ハ〉|:/:::::::::::::! くソ       /)
    ! ヽ;ハ|::7"   '    `ー'/:::!::::::::/:::::;ハ      _/),/、
   ム   /;:>、,  `こフ ";'::::/-‐-'、/!:::|_,,.. -‐''"´  ノ '、__)
     _ノ´:::::_ノ`>ァ-r、イ|::/    7r' ̄    _,,.. -‐ー‐'´
     ´ ̄/´::::::_ノイ/|__/ レi    } |__,,.. -‐''"´
       レ'"´ /´! /ム  /ゝ、.___ン´八ノ             大統領は、しり込みしている!
   rっEヨ,ーr、rイ  |/ハ」レ'  ヽ/|:::::/    _ノ´ヽ.
    {,)◎】]::|::|>,!、 〈く八」   ノ `'くゝ-‐''"´:::::::::::ハ
    ヾ─‐‐く/`ー'ヘ. io      / ン、⌒ヽ;:::::/::::::|
      \   `ヽ. /,ハ、  -‐   /:iヽ!  レ'::::::::::::::|
     /ヽ、__,/-く__/\_,,.. イ::::::/:::::', /:::::::::::/::::|
    /::::::r'|::::/´ /:::/::::::::::::::::::!:::::;':::::::::∨:::::::::::;':::::::!
    |::::::/::レ' rく::::/::::::::/:::::::: /::::::i::::::::::::!:::::::/|::::::;'
    |/|:::/   ヽ,ン、:::::::;':::::::::;':::::::::';:::::::::::レ'i::::/|::::/
       レ'    /`ヽ、こヽ、__::::i::::::__'r-‐r'_,r'レ'!::レ'
           ,'   /ヽ、こ.二こンァ'"´   レ'
           ヽ、__,,.. ‐''"/    /
                〈   , イ
                   \__,ノヽ.
                   \_,ノ|`i
                     ト‐':::メ、
                    '、_ノ、__>




                       ,、
                     /ハ\
                   /-―-i-ヘ
             ,r‐‐、_ ,ァ'`ー-─-'、_,ゝ、_, ‐‐-、
          ( /´;;;;;;;;;;;:::::::;;:::::::::::::::ヽ/    ハ
          ァ‐/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;:::::::::::::::::ヽ    ノ
         (/;;;;;;;;;;__;ハ;;;;;;;;;;;;;::::;;;_,;;;;;::::::::ハ`;7⌒ ヽ、
       、‐ ´'-‐!;;;;;;;ト;;√゙、;;;;;;;;;;;;;ハ;;;/ ヾ:::|:::::::|;;|   ハ__
        ゙ゞ、,,、ノ;;;;;;;/ Tァヾ::,、:::/ r=ァ〒N::::::::!;ゝ、  ノ、 /
         コメ;;ハ ト-' !` `'  ト-' i i::::::::::::::;;;;` ‐´ ヾ
         /;;;N ! 弋__ノ    弋__ノ /:::;;::::::::::::;;;;N,、,-゙
          /;;;;;;;;;;|""じ'      じ'' ゙´!;;;::::::::::/;;;ハ
          |;;;;,、,;;;;ゝ _   r__ュ.  , イ;;:::/|::/|;;;八!
          八;;| \;;|\`>ァ、‐z ´、;/!/ !' !'          なんかー、今の大統領と副大統領の関係っておかしいんですよー
          `   `z‐-/| ,><、ノ `ァ、z―――‐z
              <;;;;;/ ,,<;√ヽ>  ./  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
             !_ /  ● 「 ̄レ_  `>‐ 、;;;;;;;;;;;;;\
             >ヨ  ● .l   ! |、,-=>  \|ヽ' ̄
            / /  ● ` ´ | ' r ヘ
.             /, '          ! .i  !



 当時の大統領フェスタス・モハエとその副大統領イアン・カーマ中将との間の奇妙な関係について、活発で適切な議論が行われた。



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    私、セレツェ・カーマ
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |     ボツワナの王族出身の建国の父です
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




                 ___     . - ‥…‥ - .
             ⌒> : : `ヽ/: : : : : : : : : : : : : : \
            / : : : : : : : ‘,: : : : : : :  ̄`ヽ: : : ヾ\
             , : : : : : : : : : :/: : :./ : : : : : : : ‘,: : : :\
.            /: :, : : : : : :./: : : : /;. : : : : : : : : : :.',: : : : : :.\
           /: :/: :, : : : :/: : : : : //: :, : : : : : : : : :.:i:\: : :\:.:\
.          /: :/: :/: : : :/: : : : : //: :/ : / :/, : /:./,:|: : : Y :ヽヽ ヘ\
         /: :/: :/: : : :/: : : : : //: :/ : / :// :/:.//,:|、: : | : :i : ヽ;ヘ
.     ー=彡イ: :/: : : :〃 : : : :〃/:.:///_,/:.///::| ∨:.| : :|: i : | : ;
          |: |: : : : : /小: : : :イ/´/ ̄/: :/:.///ハ:ト、| : | : :|: | : i:i:.i
          |ハ : i.: : :{. |: : : i.iィ斧芋气、////  リ }/} : 八l : }:|:.}
          | |: |.: : 八 |: |:.: !l代だ爿      /x斧气/ /: /: , } / j/
            Ⅵ:.:/.: : :| :| : :il{V:::::::ソ       比乍癶小.:.://:ハ
             ∨:! : : |: |: : l|  ¨¨´       Vソ  / } |:///
           ノ八 : ∧:!.: :l|                 /イ{ |://
.           /  ∨.:∧ : l|/i/l          /l/i∧ | | ∨ }      その嫁のイギリス人です
              八ハ∧ l|\     ー    イ ::::{ V | |
               _从ハ八         イ::::|:::::l V | |
             /:::::::i    \   `, ー ´ |( \ハ ‘, |      ルース・ウィリアムズです
           /::::::j/        i::::ヽ  |/\  Yヘ. ヽ!
           . ィ:::::::::::::::,          ト、:::::`ー┬<ヘ   }   !
      ///∧:::::::::::::::,        ヽ‘,:::::::: ∨//}  ノ  |
.    / ::∨//∧:::::::::::::::,ー―- 、     ‘,:::::::: V// /    |      慈善活動大好きで旦那との間に四人の子を設けました
.    `ヽ:::::::∨//∧:::::::::::::::,   . . : ´ ̄`: .‘,::::::: V{  {___j、




     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /: : :            \
  /: : : _       _   \
/: : : : ´  , `      ´   `    \
: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.     \    ボツワナ三代目の大統領でオックスフォード大学卒
: : : ::(  f;;;;j l,     l f;;;;j )      l
: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::    |
: : : : : : ´"''"   '   "''"´        l    初期ボツワナ官僚出身でエボラ絶対根絶させるマンこと
: : : : : : . .    `           /
\: : : : : : :. ー -- - -     /
/ヽ: : : : : : : : : : :       イ\       フェスタス・モハエです
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´      \
: : : : . : : . : : .                 \




      ___
    /\  /\三二=--     私は動物を愛しているぅぅぅうううううううっ! 軍を使ってでも動物守るぜ!
  / ●   ● \三二=--
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|三二=--    トップギアに出演したこともあり、サンドハースト王立陸軍士官学校卒
  \        /三二=--
   (  ~⌒γ⌒ )三二=--    元軍人にして建国の父の息子、イアン・カーマです
    λ `ー'^ー'i三二=--
    〈      ノ三二=--     なんか国民からの任期があるが、強権的と批判されてるぜ!
     j   厂 {三二=--
    (_ 人_ヽ三二=--



 なお、イアン・カーマとはングワト族の国王クゴシ4世にしてこのボツワナの建国の父セレツェの調子である。


1164 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 17:48:20.25 ID:k4gVTLFl




























                      _ ,.. . --― ―
                  _,. - "´ ̄ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         .! ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::""""::::::
        .!      -‐‐=== 、;;::::::..      :::::
        |     ´, -__==-  :::::::::::.
        |     , ´  __ ̄`ヽ
        l     ,    ,´   ヾ ゝ
        l    l   {  ●  l  `、
        |     ゜、 ゞ__  .ノ  i
        l::::::::::::::::;;, 、_ __ -‐..'....,,
        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;                 ころちゅ
          !:::::::::::::::::::::::''''           ;;l
         l:::::::::::::::""
          l::::::::::
           ヽ::::    _----‐‐‐‐‐‐ー――――
           l\   \ー――――――――‐
            l   、     、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;




    /: : : : : : : : : : : :| : : : : : :,ヘ  ;メ、: : : : : : : : : : ヽ、: : : : : : : : :`ヽ、
   ./: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : :/ヘ: :/彡i: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : ヽ、
  /: : : : : : : : : : : : : : :|: : : : V| |  | .|||V: : : : : : : : : : : : `、: : : : : : : : : : : `、
  /: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : :/| |  | .|||ヘ: : : : : : : : : : : : : `、: : : : : : : : : : : ヽ
 /: : : : : : : : : : : : : : : ::| : : : / | |  | .|||||ヘ: : : : : : :ト、:、: : : :`、: : : : : : : : : : : :i
 |: : : : : : : : : : : : : : : :_斗--;':┼┼.┼卅、_|__,、: : :||ハ:ヽ: : : :}: : : : : : : : : :、: : }
 {: : : : : : : ::| : : : : : : : ::ハ: :/ .| | .| |||||||: :ハ: : ::/| |、ハ____|_,、: : : : : : : }: : |
 |: : : : : : : ::|: : : : : : : : :|ヘ/  _|_z三ミt、||||||:/ | }: ::/ | |リ`T: ::ト、: : : : : : : : : :}: : |
 .} : : : : :,-v|: : : : : : : : :| Y彡イ  /`ヾミ、 ||   |::/ | |  .|: :ハ: : : : : : : : : :ハ: :}
  |: : : :/ _ ,|: : : : : : : : :|  Y   /  て|    レ'  .|∠三ミ、,|: : : : : :|: : : / |:/
  .i : ::/ r" }.| : : : : : : : : |  .!  {    {       / て V /: : :| : ,イ : / .リ
  V: { t (_|: : : : : : : : ::|  ゝ .|    /       {  { //: : : |::/ |: /          らめええええっ!
   V:ゝ、  |: : : : : : : ト、{  ひー---'     ,  ゝ、_| / {: : : ::レ  |/
   }: : `ー、__|: : : : : : : `、{       /`ー'`ー-、,、  ひ |: : ::/ . /__
   .'; : : : : : :|: : : : : : : : |  _,ィ"7  /       7    .八`ー―て__ 弋`ー、
    }: : : : : : :{ : : : : : : :,>'"  /.  /        .{   ,ム: :T`ー-、  `、 \ \
   / : : : :__: :ヽ、: : :,ィ"  ,,<   {        j  ./: : : : |    ヽ、 `、 >-、ユ_   お金なくなっちゃうのおおおおおおおおおおっ!
  ./: : : : :{ ヽ、: y'"  /:{ `>、-'――ァ   ,.ィイ´: : : : |: :ト、    }  <___  `、
__,ノ: : :_,ィ: :|  V"  ∠__,,..―''"´  _,<__,, ィ:´: :}::}: : ,; : :/::∧ ヽ、  /      ゞ  ',
`ー''"´/: : ::|  /         _,,z二"_____Vヘ:∠ィ: :/ |: /: / {  ヽ__{_        .',
  _,,.イ: : : :|        ー-'"   ___,,イ  `V:/ レ'レ'  ゝ、    ヽ、       }
<,斗-"; ; ;{           z二二,―---ァ  / ``ー--、_   .ヽ、          ./



 モハエはこの記事に怒りを覚え、“ボツワナ・ガーディアン”とその姉妹紙である“ミッドウィーク・サン”の政府の広告をすべて停止した。
 そのため、この両紙は財務破綻の危機に陥った。



     .,.. -''/|\'‐ _
    /く ./  l.  \ .7、
    / /`‐-=i!=-‐' ヾ ヽ
,.,'''":::ヽ/     |    ヽ .ノ゛:;〟
:::::::::::::::,`‐、.,_  |  ,. -‐<:::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::'::..,
/::::::::::::::::::::;′::::/ ヽ:::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
.::::::::::::::::::::::{:::::::{   ヽ::::ハ:::::::::::_:::::::',:::::::::::':::::::::::\
::::.-―  ¨/\::::ヽ   }/-‐;. ¨´:::::::::::}::::::::::::}::::::::::::::ヽ
::::::::.   {_,, \ヽ  / __ j:.::::::::::::::::ハ:::::::::/::::::::::::::::::::':
ヽ_:::;:ゝ-ーャ'″  ヾ    |::¨:::::‐-<._|:::::イ:::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::;          l:::::::::::::::::::::::レヘ:::ヽ::::::::::::::::::/、
:::::::::::::::::::::::::}           ';::::::::::::::::::::::} }:::::リ}:::::::::::::/::::ヽ
::::::::::::::::::::::;ノ         ヽ、::::::::::::::ノ /:::::::::',:::::::::/、:::::::}\
---‐  "´                 ¨¨` ヾ{\:::',:::::::{:::\:::ハ
                         ヽ:\_':,::::::ヽ{ーヽ       あ、渇き死ぬぅ……
                          }:::.::ヽ\::::::::::::::\
                               ,::::::.:::::':,::::::::::::::::::::::ヽ.
\           ´ ’           /:::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::':,
`ヾ                        ,.::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::',
ヽ                      /::::::::::::::.::::/:::::::::::::::::::、::::::::::}
、::}                  _ ...::´:::::::::::::::::;:::::.{::::::::::::::::::::::i:::::::::/
>----――< ̄ ̄´`ヾー--<:::::::::::::::::::::::::::/:::::ヾ:::::::::::::::::::/l:::::::/














































                      _,.へ
                    ,./::::::::::::\、
                   ィ1:::::::::::::::::::::::lr: 、
                    :::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽ
             /⌒ヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /⌒ヽ
             ゝ__ノ.:::::::::::γ¨ヽ::::::::::::::::::::γ¨ヽ::::::::::::::::::::゙ゝ__ノ
          /  '::::::::::::乂_ノ:::::::::::::::::::::乂_ノ::::::::::::::::::::::l   ヽ
.        /⌒ヽ  '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /⌒ヽ
.        ゝ__ノ ':::::::::::ヽ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ノ::::::::::::::, ゝ__ノ
.       〆   ':::::::::::::::::\          /::::::::::::::::::::,.   ヽ
              ':::::::::::::::::::::::::`::.....___....::´:::::::::::::::::::::::::::::,
           |::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           レ|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!j      って、負けてられるかぁ!
            \ヾ、:ヾ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::___ノ/:::::::/
                ̄.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, /ノ"イ
                ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                  ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
               '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
              ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,           この国はまるで暴力を受けた妻のようだぁぁああっ!
                 ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
              ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|



 しかし、屈服することなく、モコネはボツワナが「暴力を受けた妻の症候群」に苦しんでいたと主張して、さらに踏み込んだ。
 メディアや他の人たちは、政府を批判するのではなく、支配者の間違いに対する言い訳を見つけようと努力している。
 彼はこの国は傲慢な大統領の権力を無視し、ほとんど変化をもたらさない
 慣行と化した選挙の実施を祝福する観察者や参加者に誤った形で奉仕されていると彼は主張した。



モコネの孤独な苦境が示すように、「暴力を受けた妻の症候群」は続く。


1165 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 17:48:43.39 ID:k4gVTLFl

































               , -―――- 、._
    / ` ヽ、     /           `ヽ、
`丶,ィ'    ヽ  /                 \
  /   ,ヘ  |, '                     ヽ
  /  /  し/, ヘ                      ゝ
. /   i   /   ヽ                   ヽ    国発展のためなら
    \/     ト 、       ,-='、':'       ',
    /   ,ィヽ _ :':;;;;;,:i      .゙、;;;;::',ノ         i
        ト、_ 〝'''''′       `''''''"          l
           ヽ                      ノ
       /7_ ,ノ  (    j     )          /    ←初代
       / 丶      `ー-‐'´`ー-‐'′       /
      /     >     ``ー- -‐'"        く
     /    /                     ヽ




                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |    個人の権利云々は
                             |
 .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、            |
:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、           .|
::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         |
,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.      |
  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_   `'ー- .|     ←二代目
. ..:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ
.::::::: ;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ
≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::




                 , -─────- 、
                /             \
               /                   ヽ
           /  ,.へ\     u /   . ヘ
              i  〈   ヽ\    / ,  '´ / !
           ',  `、   ゙ヽ;    .イ'~___,/ .!
             `、 u`''''''"~    `゙ ̄  u ,/
            ` 、.  __,,,...--ーー^ヽ, /      言ってられねぇ
                ` ー-}____..ニニニソ'´
                     /      `゙ヽ、
                   ,/          丶      とりあえずエボラ殺す
                   ,/ i          ヽ   `ヽ,
                / .!            |`゙丶、..,_`ヽ
           / _,,,..イ             |    ~゙゙´
           ゙ー'~  /              |



 アフリカの "奇跡"として謳われた国の現実は、明らかにするのが難しくない。
 大統領は他のすべての政治機関、議会、司法機関を支配し、市民権と個人の権利もコントロールのもとに置いている。



       ハ       ,ィ
        /  !     / l
     /,. -┴──く  l
      / / l_l \ `'〈
    l     | |     l
     ヽ、  V    _ノ    選挙? いかにゃい
     / ,  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      └{      ヽ_ノ
      ヽ_ _  ,ノ `l     どーせ与党が勝つし
      f⌒ f⌒′ ヾー′
      ヽ_ゝ、__ノ




              ∧_∧
             (´∀` )
      iヽ      (つと )
       | ゙ヽ、    /(_ 丿
        |   ゙''─‐'''"    l
     ,/              ゙ヽ
     ,i゙  _        -、  ゙i!
     i! ´    ト─‐イ     ,l
     ゙i,,*    ヽ,_ノ    *,/    野党?
      ヾ、,/⌒γ γ⌒ヽ/
       /゙  /   ヽ,. '!      なんかバラバラだよねー
      /           i!
    (⌒i              ,i!:::::::::::::::: ::: :: :: :: : : : : :
    γ"⌒゙ヽ     γ"⌒゙ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :: :: : : : : :
     i     i, __,,   _i,    i::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: :: :: : : : : :
     ヽ,_,,ノ"~´ ̄```゙ヽ,_,,ノ:::::::::::::::::: ::: :: :: :



 与党ボツワナ民主党(BDP)に対する投票率は数十年にわたって低下を続け、2014年に48%と低い水準にまで下がっているとはいえ、

 野党は結束力の無さや協力の欠如、そして超法規的措置によって政治から締めだされている。

 支配するエリートの汚職も重要な役割を果たしますが、トランスペアレンシー・インターナショナルなどの監視者にははほとんど把握できなくなっている。





















 腐敗は1990年代の初めと中頃からますます目につくようになっている。
















        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \     十
    /: : : : : :               \.          |    *
  / : : : : : : :.:.:.:.:  _        _   \.     _人_
 |:::: : : : : : : : :.:.::.:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`   l      ̄`Y´ ̄
 |:: : : : : : : : :.:::::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:: |         |
 |:: : :: : : : : : : : : : :´"''",       "''"´  l
 \ :.: : : : : : : : . . . . (    j    )  /   +
   \:::: : : : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′/           よっしゃ、ダイアモンド出てきたから稼げー!
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽノ




               /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
               /.: : : :           \
              /: : : : :           ',
               |: : : :               :|
              | : : : :.._           _   :|
              |:: : ´⌒\,, ;、、、/⌒`_  :|
             |::::;;; ( ● ) ノヽ ( ● ) ;;:::|
            |: : : ´"''",        "''"´ :l
             ',: : . . (    j    )  ./     国の破たんが防げるぞー
             i: : : : .`ー-‐´`ー-‐′ /
              ',: : : : : : ..      /
             イ{ゝ: : : : : : :.    イ ::}、
              ,../.:::::.. ``ー- -‐'"´ ..::::::::/| \
         / ∧::::::::::::::>、r‐'".:::::::::::::::::/ l|  \
         イ   | '::::::::::/ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::/  |    }丶、
  ,.  '"   /    |  ヽ::∧    /\::::::/  丿     !  `  、



 当時、国は大きなダイヤモンド収入を得ていた、支配者は現金に顔を紅潮させており、金利はインフレよりも低かったし、
 当時の鉱山相のダビド・マガン(David Magang)によれば、当時の大統領クェット・マシーレは友人の資本家のグループにとってはサンタクロースだった。



          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /               l     \
    /              ノ::::::::::::::::::::::.\
.   /             _, -'´:::::::;;;;;;;;;;;;;;:::::: \
  |         / / ̄◯  :;;;;;;:// ̄◯ヽ
  .|        | |.    .|  ,|:;;;;:| |.    .| |
   |         \ \_/ /::;;;;::\\_//
   .|             ,/   :::|::     \     どうしよう、ハサーンしちゃうの
    |   u           |      |     |
    |            |      |     |                       =二=二 ̄
    .|             \__/\__/|          ,. ,._  ,.-,.、       -=二_ニニ
    |.              トエエエエエイ  |          // j / / ノ     -=ニ_ ̄
    .|        u         '.{    :l    }/ /      __ノ `-/ノ  `ツ       __ニ_二=
     |                .{   :l    }/ )     //  // _,_{ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄/^/;;'´ ̄ ̄
      丶                  .{       }  l     ヾ、_/  /_i______i_ヾ:;'
      \                  、`ー一一 ' )       / -=j"  ,_/
       \               u     / ,.--、    /   /  ./
         ヽ               / }ヽ \   ノ   _}  / \




                              }ハ  }i^' 弌 ~"''~、、
                              j{:;ト     `'弌is。.,_ ``ヽ、
                             ./ハ′ . --  __/ // _、-一
                            ,ィ(ノリγ´;:;:;;;;:::;; ノイ/,.ィ㌻
                            ノ(__乂_{;:;:´ ィc>`Y:::{ィ㌻  k,  K
                          /⌒ ̄竺ヒcr:、 rv'^>'"´ |k |彡, |彡,
                           ̄⌒'ー-弍トュ勹丁_┌ー┤} Y´| Y'´} )k、
                             | K |V洲i洲| | |√ j{ h_ノ | ノ ノ ノノ_≧s。.,__
                             人|∧| Ⅶ豼北| |i.:.:/.:.:|V_ \_//'/  -=二
                           /( 乂 V∧⌒'<_Ν,|i.:/.:.ノ  ⌒>シ'゚.:.:/ /^\_ ー
              /           /::::\/(⌒丶、____〉リ { ̄_┌┘イ⌒Y ヒ辷ツ⌒¬    どーも、破産です
            /{ /{_)k_,へ、      ,ィ(;:;:炒'⌒辷=-ァ'´/ ̄>'゚ / ,ィ灸乂__ヘ、_ ̄ア⌒
          k { 弌'^'<^'く⌒i^ルイ ,ィ(炒'´辷つ(__)ー'´ √>'゛ r'´ ,ィ(灸淡ァァァァァイ淡)'⌒\
          辷√7'く^ヤy'^i_j'/.:.√辿j「;:;:(;:;:;:;:)Y´--=彡イ.:.:{、::{::ゝ价淡淡淡淡淡渋'「 } i⌒
          {⌒''弍 ゙:,_}ノ_ノ-=弍⌒'¬- 二_ノ´__彡ヘ::::X丈::::}乂淡少'´ ̄ ̄`'守:{.:.:{::::
          >''>'^'く_\__彡'ノノ^^'=- _  ̄ ̄   ̄``丶)ノ:::人:;:`'㍉ ̄``丶、.:.:.寸.:.i}:::::     銀行からの借金しすぎ
         _/^シ^Y(√うぅx\(二_.:.:.:: : : : : .``丶、   -==ニ Y<⌒ヽ``'㍉``丶、;:;:;;::::::∨ハ::::
         {∨〈`くi:i:7二刈i:i:i:`'<うぅs。:::::::: : : : : : : : . .._-二 } \ノノ´⌒\;:;:;:;:\;:;:::::∨〈::
         {i:i:小:::::〉ハニニり从リi:i:∨:〉ilili:i:\::: : :  ̄\: : . .  ノ.:.:__彡⌒ヽ \ ̄\:::::::::::::∨
         Уi }_}ノ洲{ニニ{ハ洲i洲{::乂i:i:i:シ^\丶、.:.:.:.:、_ 〔::: : 〈;:;:.:| : : : \ \: : Y´::::::::::
         /i i i{_从洲〈ニ={/i:i:i:i炒乂_彡';:;:;:;:;/\;:;:\.::.::.::.く::.⌒ヽ〉ノ;:;:.::.::.::.:).:.:.:...> ノ刋:::;;:;:;
         { i ij{ j{洲洲ニニY⌒´:: {\_;:;:/丁^ヽ;\:;:;`丶、:::\::/;:;:;:;:;:;:;:;/>__、rf〔ili{;:i;:;::::::
          乂j{ j{州i洲{ニニニl: : /: :`Yililili:i:i:i:i:}i:i:;:;:;}´;:;≧s。.,_,.。sS「≧s。。ィ^>イilililililililii:i:iリ;:;:::::::
      <⌒ヽ乂洲ノilシLニニ〈:/: : : _「丁TニTニ=‐< ̄_ -─- _二─<ilililililililililili:i:i:i:i:i:j{;:;:;:;:::
_    ____二二ヤi:i:沙゚: :_「>'⌒ヽ ̄  >ァ二 ̄`丶〈`'く_ -─ァ ァ‐-- _`'<ilililili:i:i:i:i:i:/´.:.:.:::::
─--√ ̄: : : : :>'゚: : < 〈'´ ̄77、 √〔ノ⌒>ー-  }  }─-- ー┴=ニ__)⌒Y⌒'くi:i:i:i/: : .:|::::|::
   ⌒>: : /´: : : / ̄7´ ̄ ̄∨\`¨¨7__へ、ノj / ̄⌒7-──- _ ̄`|⌒ヽ`>'゙: : : .:|::::|:::
 _ - : : : : : : | : : :/;;;;;;;/::::::::::::::::::)ト _`¨¨´   }ノへ、  /_二二=-─-弍  //: : : :..:|::::|.:.
 ̄: : : : : __/ |: : く\;;;;/⌒\厂/: : :⌒>    /\__/-=<i:i:i:i:i:i:i:\i:ilililililili>く,.:'′ . :./: .:|.:.
γ ̄ ̄  _ノ   /\\.:.:.:.:.:.:.:‰ : : :_/\_/i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i:i:i:\ilililili㌻  . . : :/: : /: :
'′ _ -  ̄   /: : : : ∨〈:::::‰.:.:.:/ ̄ }klklk乢㏍㏍㏍ムマklklkムマkik|k|㏍㌻  . . : : : /: : /: : :
 _-   _ - : : : : : : : :∧ ‰,,x*''” ,,x*''”「㏍㏍i|絲絲絲絲i,マ㏍㏍i,マ絲絲ア   /: : : : :/.:.:.:′.:.:
_ -  ̄: : : : : :ノ´ ̄.:.//∧'" ,,x*''”.:.|;:;:;|k絲絲i|戀戀戀i戀i,マ絲絲i,鸞㌻. . : : :/.:.:.:.:.::/::::::::|.:.:.:.:.
: : : : : : :_:_:__/ : : : /:;/;:;〈ー'「.:.:.:.:.:.: .:| ; |ki戀戀i|欒i欒欒i欒i,鸞戀穐㌻: : : : : /.:.:.:.:.::/;:;:i:i:i:i:;:;:;:;:
: : : :/  /: : : : : /:;/i:i:i:∧ ∨..::.:.:.:.:|:;:;l欒欒欒i|鑾鑾鑾鑾}i,鸞欒㌣.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::/:;:;i:i:i:i:i:;:;:;:;:;:
: :/  ノ: : : ::/:;/i:i:i:i:i///, 〈.:.:.:.:.:.:|;;;|鑾鑾鑾i,鸞鑾鑾鑾穐鸞iア:::::::::::::::: /;:;:i:i:i:i/;:;:;:;:i:i:i:i:;:;:;:;:;:
'   /: : : : : : /i:i:i:i:i:i:〈////, 〈.:.:.:.:.:l; |鑾i鑾i鑾i,鸞鑾鑾鑾穐'v'::::::::::::::: /;:;:;:;i:i:/;:;:;:;:;:;:;:i:i:;:;:.:.:.:




                _
          /ヽ/::::::::`ー、_
       /::::::::::::::::::::::::::::_:__〈
       |::::::::::::_,──' ̄   _>、_
       |一' ̄ _,一─'二ニ二' ̄
      ノ-─' ̄:::r‐、リ ̄ /ヾ'´入         デビアス社が助けます!
     ='-l:::::::::::::::::) -l   ゝ─'さ_つ
         |:::::::::/y '    }ヽ-,___>      ,-、
       |-' ̄  ゝ-'   {\/  / /    r‐ヽ/  )
        /\ミ=、  ゝ  \/`゙7ー/       ) / ∠、
    /::::::::::::::`‐≡ミゞ-、_ `ー-っ      (     }
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ=ゝ二ィ´   ,-─tゝ    ノ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐┴'  ̄:::::::::∧V   ノ
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉〉'´



 マシーレは失敗した商業農家でもあり、銀行に多額の借金をしていたので、
 ボツワナのダイヤモンドの富の元祖であるデビアス社にに財政的支援を求めて近づいた。
 デビアス社は、地元の鉱山パートナーであるデブスワナ社の協力を得てマシーレを助けた。


1166 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 17:49:34.02 ID:k4gVTLFl




                                   ┌┐
     ┌──┐┌┬┐                ||
     └─┐│|||                ||
         ||└┴┘┌─────────┐└┘
         ││      └─────────┘┌┐
         └┘                      └┘
       | ̄ ̄ ̄>───< ̄ ̄ ̄|
       |                      |       ゚ ・ ゚
       | /               \  |         _≧=≠≠=≦z         なんかうちの国腐敗している!?
     {{ ∨                ∨   ・  。≦Z"      "≦ミz_
    {{  |      /       \ |  _。≧≪´              .:≪ 。゚
    {{  |          ___≧≪‐=ニ                .:≪
    {{  |            |  ≧=z:-‐=ニ                 :≪
      {{  \_ ""      |__/≧≪‐=ニ                 :≦
      {{    /⌒[    ⌒Τ⌒_]    ゚̄≧‐=ニ         :_z彡″




   |     ∧        ∧        ∧        ∧        ∧
   |    / ∧       / ∧       / ∧       / ∧       / ∧
   |   /   ∧      /   ∧     /   ∧     /   ∧     /   ∧
   | ̄ ̄    ヽ   ̄ ̄    ヽ   ̄ ̄    ヽ  ̄ ̄    ヽ   ̄ ̄    ヽ
   |月曜日  ̄ ̄) 火曜日  ̄ ̄) 水曜日  ̄ ̄) 木曜日  ̄ ̄) 金曜日  ̄ ̄)
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\   やあ
   |ヽ-=・=-    / ヽ-=・=-    /ヽ-=・=-    /ヽ-=・=-     /ヽ-=・=-    /
   |__/    /   __/    / __/    / __/     / __/     /   選挙にGO!
   |/     /   /      /  /     /  /      /  /      /
   |     //\       //\      //\      //\      //\
   |    //  |\    //  |\  //  |\   //|\     //|\



 しかし、活発な独立した報道の結果、エリートの広範な腐敗が一般に明らかにされた。
 1994年の全国選挙では、野党ボツワナ国民党(BNF)の投票が約37%へと三倍になり、ボツワナ民主党の投票率は1989年から11%低下した。
 ハポローネとその周辺では、歴史上初めて市民が公的生活に直接関わった。



                     __
                    >_´___八___  ` <
                 /==-  }川!{  -==  ヽ
                / .ミ==ィ     ヽ==彡  ,
                  /     ___`___      ',
                ,       |VVVVハ{       ',
                 {       |i|i|i|i|i|i|i|i!      }
              八       .!|i|i|i|i|i|i|i||       ,     ちょっ!
              ヘ     ||i|i|i|i|i|i|i|i|     /
                 ゝ..__  jVVVVVV{  __ ィ
                   /   ´  ̄ ̄ ̄ `    ', __    改革しないとまずいですよ!
           /ヽ__/            __,r-'   ',
           {     レ、          i      }
             ゝ     /          ゝ    .イ




            _____
        ∠三三ニ=     \
        ∠三ニ=         \
     .∠三ニ             \
   .∠三ニ            三乂     \
  .∠三三          ノ三三 ≧=-  |
  |三三三    ー-=≦z 三三 {::ノ )  |
  |三三三     (乂::ノ  }三三 ¨¨´  ..|     というわけで、改革GO!
  |三三三       `¨¨¨¨    `      |
  |三三三         ,=ー-.、    /
.  \三三ニ=        `<_ ノ  /
    \三三三ニ=          / ̄ ̄ ̄\
     >三三三三ニ=-――
    ∠三三三三ニ=
  ∠三三三ニ=




            ____
          /     ヽ
         '          ',
            l         |
            | ≡    ≡ |
            |          |
            | (_ 人 _) |
         、          丿   ん、そうなるか……
             ヽ       , ´
          /     (
           /      '、
                   ,
         ,        |
           i           |
          |        |     じゃ、老後の保障もできたし引退しますわ
          |        |
          |        |



 モハエと何名かの「相対的な」改革派はボツワナ民主党を再建しようとした。

 デビアス社はマシーレの政治的脆弱性を認識しており、ボツワナ民主党強硬派の強硬な反対にもかかわらず、
 マシーレの引退(デビアス社と国からの財政的支援を含む)と限定的な腐敗防止のための譲歩を盛り込んだ改革条項が策定された。
 それは、新たな世襲の「民主的な封建国家」を構成し、独自の矛盾によってきしんでいた。




                      /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                     /: : :             \
                   /: : : :            \      (なんか矛盾あるかもしれないけど)改革改革ぅ
                 /: : : : : :               \
      r''‐,  ,,..,,    . ゙ / : : : : : : : .._         _    \    r'''''i ,ィ´゙',
   r‐‐,. ト、_,).ヘ  i .   |: : : : : :  ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l   .(__ノl ゝ、,イ .,r‐、
    i、  i, i  Li 'i''゙     |: : : ::;; ( ○ ) ノヽ ( ○ );;:::     |    l ゙U゙ ィ_/i. /
    f‐'゙ `    l ))    |: : : : :  ´"''"   '    ."''"´       l    .l      `i´   ))
(( r''''´ ,   ___ ', _,,,,,,,_ . \ : : : :       `             / r -、_ ノ        ´``',
  ノ )‐'     `゙'´   )))  .\: : :: : :.  ー--- ‐'      /   ゝ_,,,_  ゙   ゙',  `゙'i、 ゙ァ
 ゝ‐'゙'、   {    / ̄.     /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :  \        ヽ,    ノ    / `




              ____
            /―   ―\
           /  ●   ● \
             | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
             ヽ         ィ’     おっす、軍から政治家へ転身だぜ
            /           i!
              i 丶    i  !  i!
           γ⌒゙ヽ  l  l  γ'.ヽ
           i    i,__,,ノ  i,__,,ノ__,,丿
          ヽ,_,ノ"~´ ̄  ̄



 モハエが新大統領になり、軍の総司令官であったカーマが副大統領になった。



      _____
     / _     _\
.   /      ̄`  ´   \
 /    r' (ヽ       r' (ヽ\     ___,. -、
/     ゞ;;;;'ノ     ゞ;;;;;'ノ  ヽ   ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
|   _   (      )  _  .|    `''''フく _,. -ゝ┴-r-、     大統領になったので――
|  (__) `ー-'´`ー-'  (___) |_.__,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ
ヽ      _____    /    / _,. く  / ゝ_/ ̄|
:.ヽ‐'''!-‐''"´:::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`~''‐-、_/ にニ'/,.、-t‐ ┴―'''''ヽ     イザーク、情報警備とかよろしく
  \_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
\    ̄\―-- 、 _::::::::::::::::::::__::/  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
  \    \::::::::::::::`''‐--‐''´::::::::::/  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
ヽ  ヽ\   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      /   ゝニ--‐、‐   |
 l   ヽヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::::/           /‐<_  ヽ  |ヽ




                        ,... ----- ._
                     , -''´        ` ‐- 、
                  /                `ヽ
                 /                   \
                  /                     ヾヽ
                 ,'      、     ヽ ‐、         ヽ!
                  l   l  ト,   ト、   ト、 ヽ i   、   l
                  |   ヽ ヾヽ_ヾヽ、  ヽ`ヽヽヽ   ヽ ヾヽ
                  | |  lニ;=;ニ;`  ``‐-冫ニヽヽ    ', ミ
                  | l  l' 上'ヱ`      イラ〒,ハヽ l ヾ`ヽ
                  l .l  ヽ        ,   ´ ̄ '''  ,イ ヽヽヘヽ
                  | .l ヽ ヽ.     !       ∧!  ∨!
                    l |  ヽ ヽ  、_..;_       ,イノヘl  `ヾ
                !  ヽ  ヾ`ヽ  - ̄   , /    ト--ヘヽ
                `ヽ i ヽト'''|`ヽ、     , -'=|ヽ    ヽ   ヽ
                 `ヽト, j. |::::いヽ-r::',ィ::::::::::|__ト、__,, -'ヽ ̄ヽ
                    ``|:::://::|l |〈 彡:::::::.l
                    , -'''ヽヽミ.::ll |::::>7:::::,,j'ヽ                頑張らせてもらいます
              __,..-‐'"´:::::::::::::::\゙::!| |::'´,,-'´:::::::::::` -- ....,,,_
        _,, -‐'":::::::::::_, ┐::::::::::::::::::::/''''〈´:::::::::::::::::::::::,_::::::::::::::::::::::` ‐- .._
     ,-‐''´::,..-,::::,, -‐'''´  |:::::::::::::::::::/    ';:::::::::::::::::::::/ ` ‐- 、::::::::;;;;:::::::::::::::::ヽ
.     l::::::::///       ,l:::::::::::/::/     ',::::::::::::/:/      `ヽ、ヾヽ:::::::::::::::|
     |:::::::::lj /      ,,-' ヘ::l!:::〃/       ヽヽ:〃/          ヽヽ!::::::::::::|
     |:::::::::リj   |   l:::::::::::::l::∨:/        ヽ∨/ ̄二二二}     ヾ':::::::::::::!
     |:::::::::::l  l  ヽ|  l::::::::::::::ト、/         ト、/ ̄     / /  ,  l::::::::::::::|
     |}:::::/  l ', l  l::::::::::::::|          |        l  l  / ./ |::::::::::::j
     | l::::l |  ヽ ヽ | .|:::::::::::::|            |_,,. -───┤ ///  l::::::ノ |
     | |::/ i!   ヽ Y .|:::::::::::::|            └─''''''´ ̄ ̄l//    l::::|  |
     | l::| ヽ    ヽ l  |:::::::::::::l                  //        i!::ヘ .|
     l l::|ヽ ヽ   ヾj  !:::::::::::::l                 l"       |l::::::Y
     |/::l  \\  ヽ,__ヽ__|_                ,-';r-ァっ   _,,ノ):::::|
     |::::|     \r'    ̄7::::::::::::`'''─‐-..、__     /,,-', -'´ __,, -''´ ハ::::::|
     |::::|  二 ̄ヽヽ    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''─'--、∠_∠_     l ヘ::::|
     |::,ノ  ,ニニヽヽ{  __|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ̄ヽ ヽ ヽ   |   ヽ:!
     !/| / / ̄ ̄~7:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.,  \ \   |   リ
        l' '´    /:::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       l
       l      /::,イ::::::::::::::::::::`::‐-::、__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!::l      /
      ヽ    /:://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''‐-::、_::::::::::::::::::::::l.l:::',    /



 2008年にカーマがモハエから大統領職を継承したとき、彼は大統領の独裁的な性質を強化し、治安機関を増強した。
 彼は主要な情報担当者として彼の長年にわたる有名な部下イザーク・クゴシ大佐を抜擢した。
 そして彼らはは情報警備理事会を結成しました。
 理事会のメンバーは「必要なときに」銃器を使用することができ、広範な逮捕権を保持している。
 彼らは大統領が定めた条件で任命される。しかし、理事会自体のの必要性は、ボツワナの賛美する歌い手たち(マスコミか?)には正しく伝えられていない。


1167 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 17:49:54.01 ID:k4gVTLFl




                    へ
                  /  ヽ ゛、
                 ,r - '' ´ i ̄`i
                ,,,ノ──-- -┴、、
                ,.'´ .:::  .:::: :.: .:::.: . `丶
                / .:.:, .::::, .:::::: .: .: .:.:::.  . :.\
               / .:.:./ .::〃 .::::; イ .:.: :::.: .:.  .: .: :.\
           / .:.:./ .::〃.:.:/ l:ll .:. :.:::. :. :. .::l .:::: .:ヽ
           ,′.:::.:l .::〃/ `ヽ|:!l .:.:.::::::/ヽ::l.:.:.: .:.:::!
             i.:::l.:::::l .:: イ ィテひミリ !.:.:.:∠_二 l.:.l.:./ l.:.:.::!
             |.::l.:::::l .:: .l ヽヒzリ」ノ.:/ ィ辷ミ レ1/..:.|:.:.::|
             |.::l:い .:: .:l           、`ー'  レ1:.:.:.:|:::::|
             |.:.l.:V .:: .::l       r===、    }::|:.:.:.:.|.::::!
            N:l.:|.:.:.|.:.:|:l       | _ /   ノ:ノ .:.:/|.:/
            |.:|.:.::|.:.:| ト      `ー′ /|::::::::/. l/
           |/VN.:.:|.L_  丶、 _ ..イ.:.:/|.::.:./
         /´  ` リソ \   {/ヽ::/|/ |/      なんか、まずいことになってる!?
        /      \  `7ム }ヽ-'、
       ./       ∨\{__, -‐''つ_`7コこl_
    ,.--.、 |         ';.  / ´ ̄ヽ::||\:::::::|::(\
  /:::::::::::Y         }  |    `}:::||:::::[◎]:::{` .}
  :::::::{::::::::::ヽ、   ゝ-‐'-イ  /    ノ|::::||/:::::::|:::|ヽノ
  :::::/:::::::::::::/`'ーく::::; ---、} /    / ノ  ̄ ; ̄/ ̄ /
  :::;:::::::::::/    `';    ∨   /∧   ∨   /



 独裁傾向の進行は、法の支配の低下を伴う。
 ワールド・ジャスティス・プロジェクトの法の支配指数2016年版によれば、2013年から2016年のあいだ、
 政府はより独裁的になり、説明責任を果たさなくなったと“サンデー・スタンダート”で報じられてた。記録された腐敗のレベルも高まっている。



                   / | \
              _ヒニ┴ニユ
                /::::::::::::::::::::::::::.\
             /:::/::::::/:::/:::::::::::::::::::ヽ
.            /:::/::::::/::メ|:::/:::::/:::::::i::::',
           /:::/::::::/乍ミ!/|::::/イ:::/:::i:|
.          /イ:::::::/  Vc レr=ミイ::::/::}
           |:::::::{   , -、_  Vc/:::/::/
           l人::lヽ〈 _/ _/:::/::/
          / ̄7くYコ::::::::::イ:/ヽ{
            |  / 〈ハ〉`ーヘi/   ちょっと記事掲載
.          ,仁Y !   |   i   〉
.          / / |  /. /ニY
         / / ノ  { イ|  |



 2014年に自分の名義で、モコネはまた、カーマ大統領、彼の家族、友人をも含む理事会の汚職に関する一連の記事を掲載した。
 "情報活動を通じてたくさんのお金が吸い挙げられた"。
 会計はなかったし、提供物はカーマ大統領の随員に与えられたと彼は“デイリー・マーベリック”電子版で報じた。




    厂 ̄ >ー==-  _,
  イ|_/:::::::::::::::::::::二二:ヽ
./::::::〃:::::::::::::::::::::\:::::::\ }/
′:::;{{::::::::::::::::ト、:::::i:::ヽ:::::::ハ
厂 ̄::::::::、x< \|z:::::::::::::{
'::::::::::::::::::::トァ;r   ヒlV::::::::::|        モツワレディ氏がなくなった……
..'::::::::::::::::::::マ-   , /`ヽハ|  zzzzzォ
 ヽ:::::::::::::::::::::>--く       | rくヽ|   南アフリカからの調査団も来てますね
  _V::::::::::厂     \r.、_ | | } ヽ
 ./ }川ハ{ ./      ヾx:h!__」   :|
. /  /   l    , - 、ハム」 .r'~ー、l
. ヽ ミ===:l   / z=火うヘ〉( {Zミ .{
  \|   ゝ--く 〃/  \  .フ  ^}ノ  www.botswana.emb-japan.go.jp/files/000058140.pdf
    }      メLト、   ヽ'   /
. rーく\      / /\    ` ./
人   \_>  _,、/ /  \   ./
::::::::メz、   └-‐イ"    \_/
:::::::::::::~~ミ、    |
:::::::::::::::::::::::ム   ./
::::::::::::::::::::::::マzzメ
::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::{



 状況は緊迫化していた。モコネは2014年9月に逮捕され、24時間拘禁され、コンピュータが押収された。
 2014年10月の選挙前夜に、人気野党党首ゴモレモ・モツワレディが自動車事故で死亡した。



::::::::::::::::::| |     _,.、
::::::::::::::::::| |   ,.</__\
::::::::::::::::::| |-‐く  /    ̄|
::::::::::::::::::| |:::::::;:`'ー-....,,,,___iヽ、
::::::::::::::::::| |::::::;、:::;::::;::::::;::::::::::::ハ
::::::::::::::::::| |:::/!,.ゝ!、ハ::::ハ::;i:::,::::ト,
::::::::::::::::::| |;:イ〈 {,_r/ レ' レ_.!,ハイ:::!
::::::::::::::::::| |::|""     〈ン'〉!/|:ハ
::::::::::::::::::| |::ハ .u   _ ` "!:::::|:|     なんか、黒いんですよね
::::::::::::::::::| |::ヽ!ヽ、._  _,,..イイ:::ハ|
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽレi::レ'
::::::::::::::::::L,.!、! !_/      〉ノ,....、__
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、_ンイ:::・:(< アホー
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7!:::::`'::::::::!ソ
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /! `>:::::ノ
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉く/ゝゝ
::::::::::::::::::| |ヽ、  /::::\




                   ___
             ,. -'"´      `ー 、
         /               ヽ、
         ,.'         .,.u.-─        ヽ、
       /   .`ヽ、  r'´             .ヽ、
      ./  ..== 、  _. ==== °       ヽ
     /     .ー゚-ノ  " ー゚-‐ '           .i
     /.__   . /   v      __ . ___     l
    (__).../  __-,  ij  j「..(__)    /    なんか疑われてる
    i    .‘ー                   /
     ヽ、     .(二ニ二つ           ./
      ヽ、_       .__   u       ./
         `i    . ̄         ヽ
                     u



 超法規的殺人は、理事会のいつもの手口である。
 2009年5月13日、ハポローネのショッピングセンターでジョン・カラファティスが銃撃されたとき、最初に目立つようになった。
 信用のおける数字によると、2008年4月1日から2009年3月の間に8人が死亡した12回の射撃があった。
 モツワレディはボツワナ民主党の若い実力者であり、カーマからの強い反対にもかかわらず、2009年7月に党大会で事務総長として選出された。
 敵対的なカーマは、彼の独裁的な権力を使って、モツワレディを国政から締め出し、排除した。
 友人であり、同志でもあったボトサロ・ツアネ(Botsalo Ntuane)は、(最近ボツワナ民主党に再加入)は、
 モツワレディの能力、完全性、そして人々との友好関係を証言している。



                    へ
                  /  ヽ ゛、
                 ,r - '' ´ i ̄`i
                ,,,ノ──-- -┴、、
                ,.'´ .:::  .:::: :.: .:::.: . `丶
                / .:.:, .::::, .:::::: .: .: .:.:::.  . :.\
               / .:.:./ .::〃 .::::; イ .:.: :::.: .:.  .: .: :.\
           / .:.:./ .::〃.:.:/ l:ll .:. :.:::. :. :. .::l .:::: .:ヽ
           ,′.:::.:l .::〃/ `ヽ|:!l .:.:.::::::/ヽ::l.:.:.: .:.:::!
             i.:::l.:::::l .:: イ ィテひミリ !.:.:.:∠_二 l.:.l.:./ l.:.:.::!
             |.::l.:::::l .:: .l ヽヒzリ」ノ.:/ ィ辷ミ レ1/..:.|:.:.::|
             |.::l:い .:: .:l           、`ー'  レ1:.:.:.:|:::::|
             |.:.l.:V .:: .::l       r===、    }::|:.:.:.:.|.::::!
            N:l.:|.:.:.|.:.:|:l       | _ /   ノ:ノ .:.:/|.:/
            |.:|.:.::|.:.:| ト      `ー′ /|::::::::/. l/
           |/VN.:.:|.L_  丶、 _ ..イ.:.:/|.::.:./       怪しい
         /´  ` リソ \   {/ヽ::/|/ |/
        /      \  `7ム }ヽ-'、
       ./       ∨\{__, -‐''つ_`7コこl_
    ,.--.、 |         ';.  / ´ ̄ヽ::||\:::::::|::(\
  /:::::::::::Y         }  |    `}:::||:::::[◎]:::{` .}
  :::::::{::::::::::ヽ、   ゝ-‐'-イ  /    ノ|::::||/:::::::|:::|ヽノ
  :::::/:::::::::::::/`'ーく::::; ---、} /    / ノ  ̄ ; ̄/ ̄ /
  :::;:::::::::::/    `';    ∨   /∧   ∨   /



 2010年初めにデブスワナの元専務理事であったルイス・ ンチンド(Louis Nchindo)の死の独特な性質にって、
 国内に広がる治安の欠如がさらに深刻であることが明らかとなった。
 彼はモハエ前大統領の友人だったが、モハエが反対したデブスワナの再建活動のあとは彼と決裂としたと伝えられていた。
 ンチンドはボツワナの最も強力な個人の一人であり、69歳で体力が良好でした。
 彼の遺体は2月11日、北部のパンダマテナ地域で発見され、動物によって部分的に食べられていた。
 明らかに遺書はなく、発見からわずか5日後に遺体が焼却された。
 2月17日のハポローネでの斎場で、彼の息子ガバス(Garvas)は何が起こったのか説明されなかったが、彼は警官、軍隊、理事会の仕事を称賛した。
 彼は死に先立つ何週間ものあいだ、父親が恐れて不安を感じていたと確認した。
 この葬式には、国の最も重要な人々が参加しました。ただし、モハエを除いて。カーマはクゴシと他の3人の治安要員を伴いました。
 彼が記述されたように、 "実質的な富と政治権力"を有するこの男であるにも関わらず、彼の死(または失踪)に関する公式のな調査はなかった。
 しかし、機密性と非説明責任がはびこっているため、他の人の死亡については詳細はほとんど知られていない。
 しかし、大統領の独裁的権力と彼の手にある監視権限が、ボツワナの虚弱な民主主義の残滓を破壊していることは公知である。
 カーマ大統領は自国の市民権と自由を崩壊させながら、他の地域指導者に倫理的な失敗について平気で講じているのである。


1168 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 17:50:19.88 ID:k4gVTLFl


























        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \   以上――
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




758 :名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください:2018/01/23(火) 16:30:22.55 ID:3dWTDXUi
カーマ大統領の下で縮小する自由

ハポローネの週刊誌“サンデー・スタンダート”の編集者アウトサ・モコネ(Outsa Mokone)は、

全能の君主のような統治者と無力な臣民という前提に基づく古臭い法律の下、ボツワナで扇動の容疑をかけられるかもしれない。

これこそ今日のボツワナにおける全能の大統領と弱い市民の間に存在する関係である。

私はまずモコネのことを知るようになったのは、2000年に“ボツワナ・ガーディアン”に「尻込みする大統領」の記事が掲載されたときである。

当時の大統領フェスタス・モハエとその副大統領イアン・カーマ中将との間の奇妙な関係について、活発で適切な議論が行われた。

なお、イアン・カーマとはングワト族の国王クゴシ4世にしてこのボツワナの建国の父セレツェの調子である。

モハエはこの記事に怒りを覚え、“ボツワナ・ガーディアン”とその姉妹紙である“ミッドウィーク・サン”の政府の広告をすべて停止した。

そのため、この両紙は財務破綻の危機に陥った。

しかし、屈服することなく、モコネはボツワナが「暴力を受けた妻の症候群」に苦しんでいたと主張して、さらに踏み込んだ。

メディアや他の人たちは、政府を批判するのではなく、支配者の間違いに対する言い訳を見つけようと努力している。

彼はこの国は傲慢な大統領の権力を無視し、ほとんど変化をもたらさない

慣行と化した選挙の実施を祝福する観察者や参加者に誤った形で奉仕されていると彼は主張した。

モコネの孤独な苦境が示すように、「暴力を受けた妻の症候群」は続く。

アフリカの "奇跡"として謳われた国の現実は、明らかにするのが難しくない。

大統領は他のすべての政治機関、議会、司法機関を支配し、市民権と個人の権利もコントロールのもとに置いている。

与党ボツワナ民主党(BDP)に対する投票率は数十年にわたって低下を続け、2014年に48%と低い水準にまで下がっているとはいえ、

野党は結束力の無さや協力の欠如、そして超法規的措置によって政治から締めだされている。

支配するエリートの汚職も重要な役割を果たしますが、トランスペアレンシー・インターナショナルなどの監視者にははほとんど把握できなくなっている。


759 :名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください:2018/01/23(火) 16:30:52.37 ID:3dWTDXUi
腐敗は1990年代の初めと中頃からますます目につくようになっている。

当時、国は大きなダイヤモンド収入を得ていた、支配者は現金に顔を紅潮させており、

金利はインフレよりも低かったし、当時の鉱山相のダビド・マガン(David Magang)によれば、

当時の大統領クェット・マシーレは友人の資本家のグループにとってはサンタクロースだった。

マシーレは失敗した商業農家でもあり、銀行に多額の借金をしていたので、

ボツワナのダイヤモンドの富の元祖であるデビアス社にに財政的支援を求めて近づいた。

デビアス社は、地元の鉱山パートナーであるデブスワナ社の協力を得てマシーレを助けた。

しかし、活発な独立した報道の結果、エリートの広範な腐敗が一般に明らかにされた。

1994年の全国選挙では、野党ボツワナ国民党(BNF)の投票が約37%へと三倍になり、ボツワナ民主党の投票率は1989年から11%低下した。

ハポローネとその周辺では、歴史上初めて市民が公的生活に直接関わった。

モハエと何名かの「相対的な」改革派はボツワナ民主党を再建しようとした。

デビアス社はマシーレの政治的脆弱性を認識しており、ボツワナ民主党強硬派の強硬な反対にもかかわらず、

マシーレの引退(デビアス社と国からの財政的支援を含む)と限定的な腐敗防止のための譲歩を盛り込んだ改革条項が策定された。

それは、新たな世襲の「民主的な封建国家」を構成し、独自の矛盾によってきしんでいた。

モハエが新大統領になり、軍の総司令官であったカーマが副大統領になった。

2008年にカーマがモハエから大統領職を継承したとき、彼は大統領の独裁的な性質を強化し、治安機関を増強した。

彼は主要な情報担当者として彼の長年にわたる有名な部下イザーク・クゴシ大佐を抜擢した。

そして彼らはは情報警備理事会を結成しました。理事会のメンバーは「必要なときに」銃器を使用することができ、広範な逮捕権を保持している。

彼らは大統領が定めた条件で任命される。しかし、理事会自体のの必要性は、ボツワナの賛美する歌い手たち(マスコミか?)には正しく伝えられていない。

独裁傾向の進行は、法の支配の低下を伴う。

ワールド・ジャスティス・プロジェクトの法の支配指数2016年版によれば、2013年から2016年のあいだ、

政府はより独裁的になり、説明責任を果たさなくなったと“サンデー・スタンダート”で報じられてた。記録された腐敗のレベルも高まっている。

2014年に自分の名義で、モコネはまた、カーマ大統領、彼の家族、友人をも含む理事会の汚職に関する一連の記事を掲載した。

"情報活動を通じてたくさんのお金が吸い挙げられた"。

会計はなかったし、提供物はカーマ大統領の随員に与えられたと彼は“デイリー・マーベリック”電子版で報じた。

状況は緊迫化していた。モコネは2014年9月に逮捕され、24時間拘禁され、コンピュータが押収された。

2014年10月の選挙前夜に、人気野党党首ゴモレモ・モツワレディが自動車事故で死亡した。

超法規的殺人は、理事会のいつもの手口である。

2009年5月13日、ハポローネのショッピングセンターでジョン・カラファティスが銃撃されたとき、最初に目立つようになった。

信用のおける数字によると、2008年4月1日から2009年3月の間に8人が死亡した12回の射撃があった。

モツワレディはボツワナ民主党の若い実力者であり、カーマからの強い反対にもかかわらず、2009年7月に党大会で事務総長として選出された。

敵対的なカーマは、彼の独裁的な権力を使って、モツワレディを国政から締め出し、排除した。

有人であり、同志でもあったボトサロ・ツアネ(Botsalo Ntuane)は、(最近ボツワナ民主党に再加入)は、

モツワレディの能力、完全性、そして人々との友好関係を証言している。

2010年初めにデブスワナの元専務理事であったルイス・ ンチンド(Louis Nchindo)の死の独特な性質にって、

国内に広がる治安の欠如がさらに深刻であることが明らかとなった。

彼はモハエ前大統領の友人だったが、モハエが反対したデブスワナの再建活動のあとは彼と決裂としたと伝えられていた。

ンチンドはボツワナの最も強力な個人の一人であり、69歳で体力が良好でした。

彼の遺体は2月11日、北部のパンダマテナ地域で発見され、動物によって部分的に食べられていた。

明らかに遺書はなく、発見からわずか5日後に遺体が焼却された。

2月17日のハポローネでの斎場で、彼の息子ガバス(Garvas)は何が起こったのか説明されなかったが、彼は警官、軍隊、理事会の仕事を称賛した。

彼は死に先立つ何週間ものあいだ、父親が恐れて不安を感じていたと確認した。

この葬式には、国の最も重要な人々が参加しました。ただし、モハエを除いて。カーマはクゴシと他の3人の治安要員を伴いました。

彼が記述されたように、 "実質的な富と政治権力"を有するこの男であるにも関わらず、彼の死(または失踪)に関する公式のな調査はなかった。

しかし、機密性と非説明責任がはびこっているため、他の人の死亡については詳細はほとんど知られていない。

しかし、大統領の独裁的権力と彼の手にある監視権限が、ボツワナの虚弱な民主主義の残滓を破壊していることは公知である。

カーマ大統領は自国の市民権と自由を崩壊させながら、他の地域指導者に倫理的な失敗について平気で講じているのである。


        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \     和訳してくださった
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/      ID:3dWTDXUi
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |      の熱意に魂揺さぶられ
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |      AAを作った1の提供でした


おしまい

1169 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/01/23(火) 18:00:04.66 ID:3dWTDXUi
まさか、AA化してくださるとはありがとうございます。

そして、ボツワナの状況が単なる誤報であることを祈ります。

1170 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/01/23(火) 18:30:13.77 ID:pQ8WRLyO
シンガポールという前例があるから何とも言えない。
ただ、建国して半世紀もたってない小国が、政権交代の重圧に耐えられるかなあ。
独裁含めた長期政権の後の新政権って、どうしても経験その他もろもろが不足してしまうし

1171 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/01/23(火) 18:53:45.63 ID:loGDMPeG
乙ー やっぱりそうそう上手くいかないもんだねぇ… 事実かどうか確定したわけではないけれど

1173 : アフリカ ◆U5KPE489Kqo8 : 2018/01/23(火) 19:32:56.26 ID:k4gVTLFl
1に道端のボツワナ人を友人にするだけの力があれば……いろいろ確認できるのに、とおもう 今日この頃

1174 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/01/23(火) 19:35:59.33 ID:hul54aLC
在住人数だけなら実際に1さんが友人を持ってるコンゴ(共)やモザンピークとかと変わらないんだけど・・・
留学生になるとボツワナ自体ある程度安定してるからほぼ無いってのはあるかも

1175 : 名無しさん管理スレその6の>>1-6をご覧ください : 2018/01/23(火) 19:38:15.87 ID:3Bonh1JD
道端にそうそう都合良くボツワナ人はいないでしょ多分w

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
SNS関連のボタンデザインをちょこっと変更してみるなど

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


自薦他薦問わず、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽に

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング