衰退する帝国 34

目次

4040 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:00:34 ID:l+dTkTGO


 それでは、始めていきましょう。

 何方かいらっしゃいますか?


4041 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:01:01 ID:/SYbB0Il


4042 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:01:23 ID:jYk6Ddq7
滅亡を見よう

4043 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:01:29 ID:z/RpewTr


4044 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:03:53 ID:w9YWcJSK


4045 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:04:31 ID:vvhU5NoG


やる夫、幸子、やらない夫・・・エリュシオンに力を


4046 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:05:24 ID:l+dTkTGO


 いらっしゃられるようなので始めていきたいと思います。




4048 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:06:15 ID:l+dTkTGO



.      /,ハl      /    /   :|    |        //|  │  | │ ;
.    ///l            \  /|:   /|:       ///|  │  | │ |
.     /// l        |    / ><,  |  / :|      /// :|  /  | │ |
.    // l        :|:   //  \|: /  |:     ///  | /   │ │ |
    /´  l         |  /斤テ==‐-ミ'ー-|-‐'ノ ///_..、イ/|     | │ |
       |         |: /八| {:{::::(_    |:   //云==ミメ| \  | │ |
       |         |//   乂^ソ     |  /  {{::(_, ノ八\\| │ |
       |         l      ``'    |/    Vン    /\\\ | |
.      /|      \  l                   /   \\ | /
.    / :|        \ l                      /       / ノ'^
       |       | \l            ノ     /      /
        /l       l   `、         __       /      /
.     _/__l       l   \           _ イ      /
.     (__l       l \             ,. '´  |      /
     \  l       l   \/\  `''‐--‐''´)   │   /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
┃ エリュシオン帝国(ヨコシマ朝)         .........┃ 国家体制:封建君主制   ....┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┫
┃ 第17代皇帝 アクア                 ..┃ 帝国歴:461年       ........┃
┣━━━━━┳━━━━━━┳━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┫
┃....性別:男....┃  年齢:6歳  ┃  治世:2年目 .....┃ ◎主能力              .┃
┣━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━━━┫   団結度: .54/100      .┃
┃能力:宗教狂い (【幼少】の為、封印中)     ....┃   効率度: .13/100      .┃
┃能力:幼少 (全主能力:-1d6)           ....┃   関心度: .75/100      .┃
┃能力:イベント効果 (経済力判定時:-10)   ........┃ ◎副能力              .┃
┃能力:奸臣 (全主能力:-1d3、              ..┃   経済力: .34/ .34      .┃
┃         『奸臣判定』発生、削除不可)   .....┃   軍事力: .65/ .65      .┃
┃                              ..┃   威信力: .44/ .44      .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┛

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・さて、こうして『アクア帝』の後見人として、一侍女であった『ナジム』が就任した帝国歴461年。

 この年、起こった事とは・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ●イベント表   【1D24:8

  1:災害が発生。              9:人物が世に出る。         17:外交が行われる。
  2:人災が発生。             10:文化が流行する。         18:商人たちの影響力拡大。
  3:戦争の気配が……。       11:治安が悪化する。         19:軍人たちの影響力拡大。
  4:内乱の気配が……。       12:提言が行われる。          20:宗教家たちの影響力拡大。
  5:派閥抗争の気配が……。   13:貴族たちの影響力拡大。   21:スキャンダルが発覚する。
  6:豊作が発生する。         .14:官僚たちの影響力拡大。   22:皇帝の勅命が降りる。
  7:鉱物が発見される。       15:農民たちの影響力拡大。   23:皇帝に変化が……
  8:新産業が勃興する。      .16:流言が流れる           .24:安価

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


4049 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:15:02 ID:O//cg1jz
新産業か、なんだろう?


4050 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:16:35 ID:l+dTkTGO



                                           i        ゙i i
                                          .i        /'j
        ,- 、__                                ヽ       //
        i'''''‐-、` ヽ 、                             `ヽ、,,,,,,,-‐''´
        ヽ   `ヽ、 ゙\
          `ヽ 、  ゙ヽ、〉
             `'''‐'''´                ,-'''''''‐-、
                                i ヽ、   \
                        ,,,-‐'''''‐- 、   .ヽ ヽ 、   ヽ
                       /       ヽ、  \ \_  ノi
                      .i         j、    `''‐-二フ'
                      .i、         ij
                      ヽヽ、      //
                       `ヽ、、___,-'/                      ,==、───---,,,,,__
       ,,-''''''ヽ-、___      _,,--'''''''''''<            ,,,,,‐- 、       i‐-`_'''''''''''‐----‐‐''''i
     /    j .j───'''''i   /´,,,-‐'''' ゙̄ヽヽ- 、         .i 〈   ` ヽ、    i‐-,,,_ ''''''''''''''''''''''''''''''i''
    ./     ./ ./ ̄ ̄ ̄ ̄i / /      // 'ヽ、\ニニニニニi‐‐-ヽ ヽ     ヽ    ̄i_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''''''i
    .i'     / / ̄ ̄ ̄ ̄jj ヽ〈_   ,,,-''‐-ji. i  ゙ヾヽ──j j二 >-ヽ-‐‐‐‐‐゙─、   i二二二ニフ ̄ニフヽ
 /二>-‐''''' ̄二二ヽ ̄ヽ二二二'''''<二二-===========-i二二二二i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,i,,   i二<-‐‐''''''''´ ,,,-'''
..-‐‐i'´,,-''''´ ̄ ̄ ̄ ヽi ̄‐、 ` ヽ 、`''''ヽ、i二j、____,,,,,,,,,,j-、-‐‐‐‐‐‐i‐------------i=ニニi─ゝ---‐<ニii-‐‐
‐-‐゙゙i´     i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二i‐-ヽ<-‐‐i,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,-‐‐''ニニニニニニニi‐-------‐‐.i‐''‐--------------i二
ニ二''ヽ‐--‐'''''j二二二二二---‐i  ヽij二二i____,,,,,,,,,,j二二二二二i_____,,j‐-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,j_,,,,,

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・新たな産業が勃興した事であろう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4051 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:17:07 ID:izKdKFAf
まさか・・・産業革命?

4053 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:18:29 ID:O//cg1jz
どんな方向性の産業なんだろうか?w


4057 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:25:21 ID:l+dTkTGO



┴| |: : : : :: : :::| |┬|  .:||┬┴┬┴┬ /|  |           __
  | |'TTTTTT'| |┴|  .:||┴┬┴┬ //|_|            /|: : :.:::|
┬|_|ニニニニ|_|┬|  .:||┬┴- .//┴ {_}          l   | : : : :|
┴┬.//\\.┴|  .:||┴┬ //. ┬ :/ :|           |   |: : :..:_|___________
 .://┴┬ \\|  .:||┬://┴┬┴〈_,;!           |   |::/\ . . . . . . . . . . . .
//┴┬┴┬:'\|  ::||//:┴┬┴ー |  :|へ、      |  |:|/\\: : : : : : :<二/\
┬-┬┴┬┴┬┴┬┴┬-┬ー┬─┤ .::| : . \     |  |:|.    \\: : : : .: :\  |lニlニ|
_|___;l___;!___;!__,;|___;!__.;l__,;|___;!_;!: : : : :.\  /|  |:|   __ \\ : : : :  : \|lニlニ|
ー|__l___|___l┴┬┴┬┴┬┴┤ .::|: :[]: :[]: .,//|  |:|  ||:::::|   \\_;_;_;_;_;_
-|_| lニニニニニ;!|_|┬┴┬┴┬┴┬┤ :::| : : : : : :||/  |  |:|  ||:::::|    `:| |: : : : : : : : : : : :
ー|_}:| |:: : :||:: :.::| |{___;l┴lニニニニニl:┴:;|_;;!. : . : : :.||    |  |:|   ̄      | |: : : : : : : : : : : :
-|_| | |:: : :||: .:.::| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬┤ .|___||__|;,_ |:|   ____.___|_|;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
ー|_}:| |: : ::||::: :.:| |{_;l┴| |:::::::||:::::::| |:┴┤ .|:_l__;!__;!__;|._|;|__//__;!__;!__;!__;!_
-|_| | |ニニニl==:| |.l_|┬| |:::::::||:::::::| |:┬::ト‐‐{;;_;!_;!__;!__;!__;!__;!、__;!__;!__
ー|_}:| |::  ||::.: ::| |{_;l┴lニニニニニl:┴ |__;!___:l__;!、__:l__;!__:l__;!__;!__;!__
-|_;l.|_|_,;||_;;;;;;|_|l_,,;;}┬┴┬┴┬┴┬┤ .:::|__;!__;!___;!、__;!__;!__:l_,、,、.v,,;..v、,,
~゛'' ┘寸 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:::|_;!__;!__:l__;!__;!___:l_ vミyゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:"
         ~゛'''' ┴'::寸 . .,.|  .:|  .:|ー‐|、yWv,,:l__;l、__;!__;!_yミ゙':;ゞ;,”v:";v;oゞゞ;yゞ
 `     , '  .   .`      . ~゛`┴ -:寸 ,;ミyミゞ;ヾ.:゙;;ミ゙'_;!__;!__;!;ミ゙ゞv;oヾ;ゞ;yゞ;.:゙;;ミ゙o:”:"
             ,   `           "゛ゞ;ヾ.爻-:: 寸. .,_..:::l .;:ミ゙ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻v
                     ,,       `           ~゛'' ‐-ミ;ゞ゙vヾ;ゞ;yゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ
  `             .,     `    ,.          '       ~゛'' "´ヾ.;y彡ゞミ;ゞミ
.        `                                 `

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その産業とは・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



 ●新産業   【1D10:6

  1:武器産業
  2:略奪産業
  3:交易産業
  4:武器産業
  5:略奪産業
  6:交易産業
  7:武器産業
  8:略奪産業
  9:交易産業
 10:機械産業


4058 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:25:54 ID:z/RpewTr
おお、(今のところ)まとも!

4059 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:27:44 ID:izKdKFAf
私兵軍設置のお陰で治安が回復したのかな?


4060 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:29:18 ID:l+dTkTGO



                      , -ー‐‐-、 --‐‐‐――――――‐‐‐--、
                         / ,' ⌒`ヽ. ヽ `ヽ  `ヽ   `ヽ  `ヽ \
                     | i::::::::::::::::`i |  !:    !:    !:    !:   l
     ∧,,∧                | l::::::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
    /ο ・ ∧,,∧          | l:::::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
    /   ノ./ο ・ )ミ .-、,_        | l ::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
   (o_o,イ ./   ノ lミ ,,..-‐‐‐-、,_   | l::::::::::::::l |__i:___i:___.i:___.i:__,!
      ノ..(o_o,イ  ヽ    ~⌒)彡 .l ̄ ̄ ̄ ̄, ===、、____, ===、、 _|
     / /~ヽ .ノ       ノl ノニニニニニコ__ 〃\.| /ヾ _____〃\ | /ヾ_|
     ヽニフ|./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_  、 ,/ |ヽ ||.―◎― || 、 / |ヽ|| ―◎― ||
        (.ヽニフ|_|   (_/  ヽノ  `=ニ= ヾ,/ | \〃  `=ニ=ヾ,/ | \〃
               (_ヽ               `==='       `==='

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・国と国、領土と領土を渡り、物品などの取引をする交易産業であった。

 そして、この時期、帝国の皇帝領で交易産業が、勃興・発展したのには理由がある。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4061 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:30:12 ID:O//cg1jz
あ、祭り1年に4回するからいっぱい仕入れないといけないのか


4062 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:37:37 ID:l+dTkTGO



                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\<、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ </. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  .A..:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :<7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|寸|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:寸!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:.A. トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 まず、一つは、衰退しきった帝国が、自身で各地に安定して物品を供給できなくなった事であろう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4063 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:38:44 ID:O//cg1jz
あ~、なるほど
農作物とかとれなくなってるだろうしな

4064 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 21:40:19 ID:izKdKFAf
中流層が戦乱とかで没落して職人と技術者の数が減ったのかな?


4066 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:44:19 ID:l+dTkTGO



._
.'''"゙゙∧ ∧`: : : : : : : : :_,..‐、"ヘ二二二二 ,ムヤ' AA  ,宀,     xx  ゙丶、二二二,.:i全 ィ'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : (    ) _,..-‐'''"~二二二\:i:iマ二テ,. '´||ダ(* ) (・Д・)   (  ) ||:i:i:i゙丶、ィi:i:i;iィ二二二二."'' ‐- ,,.._: : : : : : : : : :
._,..-‐'''"~二二二二二二二二ニヾ:iヌイ ∧ ∧  ( ∧_∧ )j    |  |  \~。。||゙ネ、二二二二二二二二二. "'' ‐- ,,.._
ネ二二二二二二二二二二二二.,イ%|:| (   )  (´∀`  )イ  △△|ノ  /⌒\ぐ.A丶、二二二二二二二二二二二 ネ
マム、二二二二二二二二二.,.i:i:;i;i:|:|サ|:|⊂ ο)ィと    つ 亡i(   )  (  ・∀・)(0・ )i:i:i..メ、二二二二二二二二,/|:i
|:i:|:マム、二二二二二二.,. '.|i:i:i:i:i:.!∧  ( ___)__亡i ヽ,   ) ∧_∧ |   いマ/⌒\  iつ:i:i|:|:゙ 、二二二二二 ,/|:i:|:i:|
|:i:|:i:|:i:|マム、二二二  '´・)|:|品(*  )  .∧,,,∧   (_/J(´∀` ) )  l王(  ・∀・) )~|:|I  ゙丶、二二 ,/|:i:|:i:|:i:|:i:
二二二二マム、。z´A A ).|:|品 l  ヽ ミ;   彡 ∧_∧ (○  〇j   (_)いマと)マ凹g|:|\(_イ ゙丶、イア二二二二
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ユゝ(*´寸)器|:|e゜"(⌒_,,~./⌒^ヽ (    ) |||       l王王l  寸_寸. ー  ..|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|こ (  i=====i       く,,___ゝ ( O   )  | |,ノ.     ∧_∧_)__).(,,,・Д・,).:._モ弌|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|ひ/品( ・∀・)  A__A.ι゙ 寸 │ │ │ (_).     (  ´∀)_. ⊂    つ(三)Yで|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|YャゥYと(¨¨y¨¨)´(    )    ∧ ∧ ∧ ∧  ∧  ∧  (, ○  ⊃|   | x .. ∧_∧仁]|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ゝィ.  |  | | くl ̄ ̄l}    (,,^ー^(゚ヮ゚*)  (・∀・ ).  ) ) ) ̄   U'⌒(`;  ,,)匸|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::| ̄/i (_)_)  |  | |     |  つと |  ノ寸|ソ|"\ (_(__)       と   ○)(”|:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|二/       (_)_) ~(   とノ~ \ノ」==ヽ!ノ             (. (. ( \f:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:::|                     U^U.        /_l _|                   (_(__) |:::|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:|:i:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               し (_)                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 例えば、帝都は、その人口に比べ、周辺の食料供給量は小さかった。

 その為、従来の帝国は、行政の一環として、食料を帝国の各地から運んでいたのだ。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4067 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:50:22 ID:l+dTkTGO



                      , -ー‐‐-、 --‐‐‐――――――‐‐‐--、
                         / ,' ⌒`ヽ. ヽ `ヽ  `ヽ   `ヽ  `ヽ \
                     | i::::::::::::::::`i |  !:    !:    !:    !:   l
     ∧,,∧                | l::::::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
    /ο ・ ∧,,∧          | l:::::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
    /   ノ./ο ・ )ミ .-、,_        | l ::::::::::::::l |  !:    !:    !:    !:   l
   (o_o,イ ./   ノ lミ ,,..-‐‐‐-、,_   | l::::::::::::::l |__i:___i:___.i:___.i:__,!
      ノ..(o_o,イ  ヽ    ~⌒)彡 .l ̄ ̄ ̄ ̄, ===、、____, ===、、 _|
     / /~ヽ .ノ       ノl ノニニニニニコ__ 〃\.| /ヾ _____〃\ | /ヾ_|
     ヽニフ|./ /~ヽ ノ'''''''~ヽヽ\ヽ_  、 ,/ |ヽ ||.―◎― || 、 / |ヽ|| ―◎― ||
        (.ヽニフ|_|   (_/  ヽノ  `=ニ= ヾ,/ | \〃  `=ニ=ヾ,/ | \〃
               (_ヽ               `==='       `==='

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 しかし、衰退しつつある帝国は、行政が停滞し、帝都へ安定した効率的な食料供給ができなくなっていく。

 この帝国が担っていた食料供給を代替するように、民間の交易産業が勃興したのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4068 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 21:54:54 ID:l+dTkTGO



                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\<、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ </. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  .A..:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :<7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|寸|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:寸!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:.A. トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 また、交易産業が、勃興した理由の二つ目は、帝都の位置も都合がよかった事だろう。

 約4世紀に渡ってエリュシオン帝国の首都として発展したこの都市は、

 帝国各地を結んでいる街道の終端であり、発端であった。

 つまるところ、非常に交通の便が良く、交易産業の中心として非常に好都合であったのだ。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4069 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:04:12 ID:l+dTkTGO



              _ ,,..  ..,,_
              ,. '"      ヽ ヽ.`ヽ.
             /   ,. ''"```ヾ.,, リノ,;.ヽ
         ,彡'´ /       `´ ヾミi
.          ,彡'´ i   ,."´_   ー  、゙il                   Fi
        ,彡' ´ {  ,,.--,,、`''ー- ‐  l!                      | |
          /   彡〉  =-ャェュ≧く ァ≦'',ハ                  ノ八
       { 彡ィi lミl   ` ̄´ { : 寸¨〈,リ                i´ .i     .Fi
          '///ゝ`lミl ヽ.      ; i i.  ノ'                li⌒i|     .| |
        '///〉ーl   !    ' ‐ r‐' 1                     li_i|  ......ノ八
         ゙i//,! l.     , -====、  !                    ̄    i´ .i    ..Fi
     <二¨`ヾ/! ',\    `"¨¨ ´ ,.'                            li⌒i|    ..| |
___{   `Yム'!.,,__  \         /                         li_i|    ノ八
       ̄`ヽ/,!¨¨'''' ‐-¨ニ≧ー,_-- イ、                              ̄      i´ .i
 ̄| ̄l¨¨iーr‐'iム 、   r‐v' r‐、ヽ`Y´‐'、- ──── --                       li⌒i|
彡l彡l彡l彡l彡!⌒ヽ`ヽ.__,) }‐'  } ,! .| i´'イ-.r‐┬‐r‐┬‐r‐┬                        li_i|
彡l彡l彡l彡l彡!`丶、` ー-.<,, ノ ,:! .| ! {彡l彡l彡l彡l彡l彡l                        ̄

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、理由の三つ目は、封建制の発展も挙げられるだろう。

 封建制の発展によって治安の維持がなされるとと、交易の安全性は、非常に高まった。

 また、各諸侯の領土が半独立化すると、ワインや衣服などの一部の物品が自給できなくなった領土が発生し、

 それらの領土に、国家といった柵の薄い交易産業の人々が、物品を運ぶという事が起こり始めたのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4071 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:12:59 ID:l+dTkTGO



      i: : : : :l |                              |: : : : : : :| |
      i: : : : :l |                    , .: ´ : : : : :`ヽ.   |: : : : : : :| |
      i: : : : :l |                   {: : ,r- 、、、,,: : :} .   |: : : : : : :| |
      i: : , -‐‐‐、、               {: ::!,、、,,  ,,、、iリ    |: : : : : : :| |
      i ,イ.:,ィィ''゙゙゙ヽミ!                {: :! ー'  ;ー' リ    |: : : : : : :| |
      i :Vソ' ノ   jj!                ヾ!,  `ー' j´ .   |: : : : : : :| |
      i: い´''' 〈"´リ                  ト、 ''ニ' イト、`''''' ''""""  ̄,′`ヽ
      i: : `ト、   ノ! __ __ __ __          _/.::rゝ=く.:.:::::`ー- 、、、,, ,'    !
      i: : :rト`ーイヘ    / ⌒,       /.::::::::::L__ 」.:.:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      i: ノ::ヘYY/.::::::.``ー‐ 、、 i       /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',__ _
    , ..:.:´::::.::::`ー'.:.:::::::::::::.:.::::::::.ヽ!     /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ``
     i.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|      !.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄|
    /.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l|      〉.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    〈
   '.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r一 1      ,′.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'    ',
    〉.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ー ‐!      / .:.: .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ'"´ ̄ヽ
   /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L,  、__」    / .:. :.:.:::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   i.:.:::::::, ヘヽ_.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::i   /.:::r-r-、.:.:.:.:, -‐- 、.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
  /.:.::/ l〈 --  ``Y.:.::::::::::::::::::::::::::!  〈.::「  ヽ ト、レ'"´    Y.:.:::::::::::::::::::::::::::::::l
  ヽ.:::ヽV"´    ノ.:.:.::::::::::::::::::::::ノ   V ノ L|ノノ.::レ'"´    ノ.:.::::::::::::::::::::::::::::::ノ
 ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ̄
三三 三三 三三 三三三三 三三 三三三 三三 三三 三 三三三 三 三 三 三三三三
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 これらの理由によって順調に発展していっていた交易産業に対し、帝国の中央は・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



 ●対応   【1D10:6

  1:・・・・・・これは、新たな利権になるな。 (効率度:-1d6、経済度:-10)
  2:・・・・・・これは、新たな利権になるな。 (効率度:-1d6、経済度:-10)
  3:・・・・・・これは、新たな利権になるな。 (効率度:-1d6、経済度:-10)
  4:新たな産業には、新たなルール、そして新たな政府機関が必要だ。 (経済判定)
  5:新たな産業には、新たなルール、そして新たな政府機関が必要だ。 (経済判定)
  6:新たな産業には、新たなルール、そして新たな政府機関が必要だ。 (経済判定)
  7:新たな産業には、新たなルール、そして新たな政府機関が必要だ。 (経済判定)
  8:・・・・・・もう、物流は、全て民間に任せよう。  (効率度:+1d6、経済度:+10)
  9:・・・・・・もう、物流は、全て民間に任せよう。  (効率度:+1d6、経済度:+10)
 10:・・・・・・もう、物流は、全て民間に任せよう。  (効率度:+1d6、経済度:+10)


4073 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:14:15 ID:z/RpewTr
経済力34-10=24……

4074 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:16:48 ID:t3jhJbXI
1/4くらいかあ


4075 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:16:51 ID:l+dTkTGO


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●経済力判定 (1d100を振り、現在の経済力より低い数値だった場合、成功)

 ・経済力:34(本来) -10(イベント分) =24
 ・経済力判定:【1D100:90】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


4077 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:17:59 ID:vvhU5NoG
無駄に高い数値を・・・


4083 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:23:29 ID:l+dTkTGO



                  ..<:: ̄ ̄::>.、
                  ,::::::::/ニ二ニ∨.::ハ
                    /、::::/ニニニニニミ;::::::∧
               /.:::::i:l|iT:|l::|:l::iT:}寸:::ハ
                :::::i:::|ィr示:┘f示ミ:|:l::::::::,
               ‘.l::::|::∧`¨ i. ¨´/l;':: i::::i             .・・・・・・これまで野放図だった交易に関し、
              | 乂|::l:::丶 ー=‐ ィ:::/::::;’:::|
               乂寸:乂 ハ><.ハ\:/ヽ/              帝国は、『交易統制官』の元、
              <_メ、ヽl人__リ〈;乂ス_〉
                /.∧.\〉:∨///.:::://:ハ_            .きちんと監督をする旨を『アクア帝』の
               /¨´.∧}. \乂乂/.∨   ミハ、
              /:::`ヽ  .l! .く::::ハ::::〉 | ./. ::..\        名代として、ここに宣言するよ。
           〈 ̄,ヽ:::::::Vハ .〈_/ .レ′ ./../.::::/: ̄:}
             .∧/  .〉::::/.:.';.        ハ〈.:.:/  ∨:/
           /:.... /.:∨::::ム 、_  ..:∧:::∨ヘ.   ヽ
          /   .イ:::::::/_      `ヽ:: ̄l’、  ,
          ,   //.::::く´ /_ ヽ_彡_⌒.∨:::l:|l. \  ' ,
        /、./ ,.::::::::::::乂:_:/.:.:.:..: ̄:.:.:.:.:.:.:∨:|:||.  \ \
     , ‐くヽ./ ,.::::::>'´./.::l.:`:.;.:.:.:.::_:_.:.:.:.:._:\リ    乂i´ `ヽ
   ノィ  ./  /.::;.´.:.:.:.;'  ̄¨Y、:i.:.:./.:.::∧:ヽl.:.:..\    ヽ l 〈ヽ
     /   ノ   .,::::::l.:.:.:.:.:i   ノ.∨.:/:,:.ィ⌒V::l´:l ̄::〉    .∧乂.ハ´
    .l.//    i:::::::`7>:,   :`ー‐.rイ |::_:_:!:/ !:::r′     .\〉|
    .|jノ     .|:::::::::\;.-;     ||       从j        ヽ;}
           |:l::::::::::::::::::,     ;:~;      ;’

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・この新産業である交易産業を監督する為として、

 新たに『交易統制官』という政府機関を作ったものの、これは、何も帝国に利する事は無かった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4086 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:31:55 ID:l+dTkTGO



                 , -――- 、
                /三三三三=ヽ
                  /三三三三三三ヽ
               l三三三三三三三}
               l三三 三三三三/      『交易統制官』、か・・・・・・。
               ヽ=三三三三三{
               ∨ニ三三三三/       こりゃあ、美味しそうだぜ。
              __/三三 三三/
       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_       ちょっと、後見人殿に頼んでみるか。
     /三三三三三三三三三三三三三三ヽ、
   /三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
/三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
三三三三,三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
三三 / ヽ三三三三三三三三三三三三三三三!、三三三三ヽ
三/     ヽ三三三三三三三三三三三三三三| `ヽ、三三三 \

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この『交易統制官』という部署は、文字通り、帝都に流入する物品とそれらを運ぶ交易人が、

 不正をしていないかを監督する部署であったが、後の歴史学者の言葉を借りるならば、

 この『交易統制官』という部署は、『不正官僚による不正を行う為の正当な政府機関』であった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4087 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:37:22 ID:l+dTkTGO



                     __
                   ,r.''.三三ニヽ
                    ,'ニ三三三ニ.i
                i三三三三三{     ふふふ、お主も悪よのう・・・・・・。
                l三三三三三}
                     `、三三三ニ.j
                 j三三三ミ,.'
               _  _, , .イニ三三三L
           ,.'´三. ̄ニ三三三三三ニミ 、
           ,.'ニ三三三三三三三三三三ニ` 、                      _
       r ''ニ三三三三三三三三三三三三三ミ!、                  ,.-''"三ニ.\
     ./三三三三三三三三三三三三三三三三`、                r'三三三三ミ`,   .交易統制官様、
  ..../ニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニ.`、              ヽ三三三三三|
  ,r'ニ三三ミ,_‐''"',三三三三三三三三三三三三三三.',                  ',ニ三三三ミ,'.   こちらが・・・・・・。
.,r'三三三三三ミ'`'ニ三三三三三三三三三三三三三ニ\                 ',三三三ミ,'
ゝニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ` .、               '、_三三ミ`、_
     ~"'' ー'"~""'',.「ヽニ三三三三三三三三三三ニi 、ニ三三ミ\         _,,.-┘ニ三三三ミ..、               ,、
             `'. .',ミ三三三三三三三三三三ミl  ` 、ニ三ミ\     .,r.''"三三三三三三三三ミ''.-、      _ f;!..l;L!i
                                            lニ三三三三三三三三三三三l,      ヾ,.j;;レミ'ノ
                                               lニ三三三三三三三三三三三ミ',    ζ三,.r"
                                            lニ三三三三三三三三三三三ニi   γ'三r"
                                               lニ三三三三三三三三三三三三ニ`、.ィ.三ミヽ
                                           !ニ三三三三三三三三三三/、ニ三三三三./
                                              !ニ三三三三三三三三三ミノ. .\三三三./
                                           lニ三三三三三三三三ニ,'      \ニミ/
                                          ,'ニ三三三三三三三三三〈        `.´
                                             ,'.三三三三三三三三三三`、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この部署に就いた官僚は、不正を行おうとする交易人から賄賂を貰い、その不正を見逃すなどは軽いもので、

 競合する交易人を蹴落としたい交易人から金を貰い、

 無実の罪をでっち上げ、その競合していたその交易人の財産を没収し、投獄したり、

 交易人と共謀し、わざと流入する物品を絞り、価格を吊り上げたりとやりたい放題を行ったのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4088 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:39:36 ID:O//cg1jz
あー、これはあかんな(もはや養豚場の豚を見る目)

4089 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:41:24 ID:izKdKFAf
もう色々とダメみたいですね(傍観)


4090 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:43:11 ID:l+dTkTGO



           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、
       {ニ三三三三ニノ
         .',三三三三ミ/           ・・・・・・なぁ、パンは、
          .',ミ三三三ミノ
      ._.,/ニ三三ミ/          これだけしかないのか?
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_
f´.三三三三三三三三三三`'' 、     .それにこの値段は・・・・・・。
lニ三三三三三三三三三三三ニ',                               _
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ',                            /ニ三ミ.\
l.ニ三三三三三三三三三三三三',                 買いたくないなら  ....,'ニ三三三三ヽ
.!ニ三三三三三三三三三三三三',                              '、ニ三三三三ミ}
..',三三三三三三三三三三三三三i              別に良いんだぜ?   `,ニ三三三ミ,'
 ',ニ三三三三三三三三三三三ニ.l                                '、ニ三三ミ,'
  ',ニ三三三三三三三三三三三ミ.l                               .'、ニ三三ミ`、._
  ',ニ三三三三三三三三三ニlー-┘                          _ ,, .-''ニ三三三ミニ=‐- .,,
  .|ニ三三三三三三三三三三.l                          ,.'ニ三三三三三三三三三三三ミ\
                                          /三三三三三三三三三三三三三ミ`',
                                          _/三三三三三三三三三三三三三三三三\
                                           /ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                                       /ミ三三三三三三三三三三三三三三三ミヘ三三三三ヽ
                                    /ニ三ニ,. '" i三三三三三三三三三三三ミ/   ` .、三三三ヽ
                                       ',ニ三ミ、‐'     .lニ三三三三三三三三三ニ,'      7ニ三三ミ〉
                                       '.,三三',      .l三三三三三三三三三三ミ,'      ./三三三,.'
                                     `、三.`、    l三三三三三三三三三三ミl      .,.'三三ミ, '
                                         `、ニミ`、  .lニ三三三三三三三三三三.l   /ニ三ミ, '

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 当然、このシワ寄せは、帝都に住む一般市民が被る事となった。

 彼らの不正の元となった賄賂は、物品の価格に転嫁され、私腹を肥やすための価格のつり上げによって

 物品不足と異常な高価格が常態化し、例えば、パンの値段は、10年前の【1D9:8】 +1 倍に跳ね上がった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4091 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:44:05 ID:O//cg1jz
9倍wwwww
……これはつぶれますね

4094 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:45:36 ID:YPyCVBSb
ああ、これは滅びべくして滅びるわ

4096 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:46:14 ID:O//cg1jz
これは滅びて当然ですね

4097 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:46:35 ID:izKdKFAf
暴動どころか市民革命が起きるレベルじゃねえか!


4105 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:53:19 ID:l+dTkTGO



                       ::――‐::...._
                       /.:<=--ミ、::::::.`ヽ
                      ,:'.::〃     `寸:::::::::ヘ
                  /.::::/_7::¨/::::/}<:l:|:|:::::l::∧
                  ,'::::::;´/|`:;'::::::j_|__lミ|:|:l:::|:|::|:::i、
                    ::::l:::iy'fミ人_j//.:从lノ:::::l |::!:::|l
                ;|::|l::ト.:ヒリ    テミ寸::::::j:j/.:: l:|.   i|: : : : : (   〃℃......./: : : : : : : : : : : : : : : :`: .
                 i|::|l::|   ノ   .ヒツ/.:j:/:/.::::::从   八: : : : : :\ 乂......, : : : : : /: : : : : : :',: : : : : : : :\
                ||::|l人.丶 _,  .:/.:/;'::/./.::/.::::〉   .\: : : : : : :ーO/: : : /: ,: : : ,: ´: : : : }!: : : : : : : : : \
                ||::|l::|l:\_ .. :<:イ:/:/:/.::/.::::/〉       .ー‐‐‐‐ /: : : /: /: : :/: /: : : : イ:. :.i!:. :ハ : : : : : :.
                 j乂}l|乂_.} :.:.:;/.:::::/:/く:イ:_::乂{、             : : : :, : /: : :/: /: ´:/ i|:、: :',: : :i!: : : : : : :.
                ,r.i:TT:|:::::/ノ ::/::::/ ̄ ヽ.∨:::\ \          .′: :.i{: : : : :':.:/:.:イ___,,八: : :.',: :.i!:. : : : : : :.
                  /:| | | |:|三三;:'__:/ -<  l. }:::::::::.∨ 〉       i : : : i{: i: : :i{: {ルi{~んぅ寸\:.:',:.:i!⌒ ',:. : : ;
              / | 寸:::|===/-く_      |.八:::::::::ヘ´        |:. :. :./´|: : :i{: :.  乂rツ   \:x=ミ: :}!: : /
                /  .〉 }∨|::/..:::::::::::ヽ    ./|::::\:::::∧         .|:. :.:人八:.:.从: :. ""      (りノ'ハ:}!:i圦
                                               : : : :. :.`∧ : : \:.          ' "/: : ;:.i|
                                               : : : :. :./:.∧: :込 \  r: : .、  .: : :/:从
                                             /: :/: : /: /:.∧: : :.〕ト  ゝ‐ '   イ: ::/:,
                                               /: :/: :r‐ 、: 人 .\:. :._ >  イ: :/: ,: /
                                           /: , ´ ̄` 、 廴<`'\:.__{77フ:.///: イ:/
                                             /: /       \\ー<}__、_人:.:人___.:,
                                         /: /           \\__      `>_
                                          :.斗---  、      } ト {__   /ヘ __` 、ヽ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 このような状況に置かれた人々は、この状況を招いた『交易統制官』と不正交易人に敵意を向けるとと共に、

 『交易統制官』の設置を許可した交易人の『ナジミ』、

 そして、こんな状況でも全く政治を顧みず、豪華な宮殿に住み、

 宗教に凝っている『アクア帝』に怨嗟の声を挙げる事となる・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ≪イベント効果≫

 ・団結度:-1-1d3
 ・効率度:-1-1d3
 ・関心度:-1-1d3
 ・経済力:-10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


4107 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:53:59 ID:l+dTkTGO


 ●年代経過判定   【1D100:94

    1~15:【1D5:4】 年経過
   .16~60:【1D10:7】 年経過
   .61~80:【1D15:9】 年経過 (最大12年)
   .81~95:【1D25:9】 年経過 (最大12年)
   .96~100:【1D50:8】 年経過 (最大12年)


4108 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:55:08 ID:O//cg1jz
9年、一気に時間が過ぎたな、それでもまだ幼いが


4109 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:56:28 ID:l+dTkTGO


 ●年齢判定 (ターン終了時、1d100を振り、年代経過後の現年齢以下の数値だった場合、君主は死亡する。
          ただし、19歳~49歳までは、年齢から-10した値を目標にします)


  ・現年齢:15(実年齢)

  ・年齢判定:【1D100:39】


4110 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:56:50 ID:O//cg1jz
セーフ

4112 名前:名無しさん@狐板[] 投稿日:2017/12/27(水) 22:57:18 ID:jYk6Ddq7
生きてはいらした。革命との闘争だ!!!


4113 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 22:58:17 ID:l+dTkTGO


 ●人物死亡判定

  マルギッテ:【1D10:2】 (『5』、『6』、『7』の場合も、引退となる)
  コジョウ(引退):【1D10:1】 (『7』の場合も、引退と死亡となる)
  ラクス・クライン:【1D10:9
  ホムラ:【1D10:8
  ミーア:【1D10:9
  ナポレオン:【1D10:6
  ナジム:【1D10:10



 ●死亡表

  1:生存
  2:生存

  3:生存
  4:生存
  5:生存
  6:生存
  7:生存
  8:引退 (引退状態ならば、死亡となる)
  9:死亡
 10:死亡



4114 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:59:09 ID:qluPbrab
ナジム死ぬのか、このタイミングで

4115 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 22:59:26 ID:O//cg1jz
ナジム、ラクス、ミーアが死んだ

4117 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:00:53 ID:DdZnk0ZY
またゴッソリと、顔が近いからって合わせんでも


4118 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:01:48 ID:l+dTkTGO


 ●能力効果判定


  【幼少】 全主能力:-【1D6:3】

  【奸臣】 全主能力:-1d3 (後見人である『ナジミ』の死亡により今回で消滅)

  【イベント効果】 団結度:-1-【1D3:1】

              .効率度:-1-【1D3:3】

              .関心度:-1-【1D3:1】

              .経済力:-10



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●国家体制 (前回の説明時から少し、変えています)

  専制君主制:君主の能力の効果を1.5倍にして適用する(小数点は切り上げ)。

  封建君主制:君主の能力の効果をそのまま適用する。

  立憲君主制:君主と首班(後見人)の二人を登場させる。両者の能力の効果は、そのまま適用する。

  共和制:首班のみを登場させ、君主を登場させない。
       .10年ごとに首班は交代する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


4119 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:02:33 ID:z/RpewTr
効率度-10か…

4120 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:03:24 ID:DdZnk0ZY
ついに一桁ですなー

4121 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:04:48 ID:wBlUS9pf
余程のことがなければ即位するかどうかと同時に終わりか

4122 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:04:58 ID:O//cg1jz
もはやあきまへんな、これは


4129 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:13:15 ID:l+dTkTGO


 ●奸臣判定 (『ナジム』の死亡により、今回で終了)   【1D10:3


  1:皇位簒奪を図る!! (『簒奪判定』を行う。ただし、今回は、死亡している為、『簒奪判定』の内容を変更する)
  2:無し。 (次回の奸臣判定時は、『1』と同じ効果に変化)
  3:無し。 (次々回の奸臣判定時は、『1』と同じ効果に変化)
  4:私腹を肥やす (全主能力:【1D3:2】)
  5:無し。 (次回の奸臣判定時は、『4』と同じ効果に変化)
  6:無し。 (次々回の奸臣判定時は、『4』と同じ効果に変化)
  7:粛清を行う (奸臣自身を抜き、再び『人物死亡判定』を行う)
  8:無し。 (次回の奸臣判定時は、『7』と同じ効果に変化)
  9:無し。 (次々回の奸臣判定時は、『7』と同じ効果に変化)
 10:ここまでか・・・・・・(引退する)


4133 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:22:23 ID:l+dTkTGO



                                      /.::::::/´     ___ ヽ:::::::::::::.ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━. ,::::::::::'  _,...‐::´::::::::::::::>.i::::::::';:::::::i.━━━━━━━━━━━
         │: : : : : ┌──┐: : : :┌┐: : : :||il───┐li  ,::::::::::l/:::::|l::::::::::::;'_l:::::::l-、'::::::::i::::::',
         │┌┐: │┌┐│: : : :││: : : :||: : : : : : ::│:::/:.l::::i|::::::|、::::i‐';:::::::::;! .|:::::::| .|::::::::::l::::::ハ
        フ::││: ││││: : : :││: : : :||:──┬─V: |::::|:::::::|:::::」 ヽ__! ´二..z}:::::::::|:::,'ハ
          /:::││: ││││: : : :││□: :||:──┴ ‐/. ,'.::::l::::::;'.ィ=ニ元!    '´ヒサ|:::::::::l::;':::::::l
      _  /:::::││: │└┘│: : : :││: : : :||: : : : : : : //: :l|:::::|::::iヘ.ヽ.ゞ‐'  i     ̄ !:::::::;' i:::::::::|
  , ' ´,-i i-`'、:::::└┘: │    │: : : :└┘: : : :||: : : : : : //: : :.!l:::::|i::::l-ヘ.    丶    ノ::::::;' .l::::::::/
../ ハV | | .//ヽ::::: : : : │    │: : : : : : : : : : :ノ: : ,、: : //: : : :.ヽ:::l:V:l:::::::\. `ー 一' ..イ':::::/.:/_:/._ rツ   ノ彡ミミヾ寸rツ
{ ヘ V | |//  >',::::::::: :│    │: : : : : : : : : //ノ/∧://__/>ト\_...イ.,> .. イ ,'.:::::/ /.:/ .ハ.jl   彡´  r  ム jl
i.l  \V..|/ //廴、:: :│    │: : : : : : : //_ ././//__/..∧ V:',. 〈:::::/        .,'.::::/ ./.:/ /  :.l7 彡   入 ヶ {l7
|.|---{  ヾ/_{i|ミ: ー┴──┴──<_/ , -''´  ̄ `' 、   l ',. ∨、_〉:∧__,......... <':::::/ー'.::/ /  :l\   .//  ヽ _」l
|.|_ - ''v/ソ、____|.|├─======-==-==-=//ヽ | /ハ '../|  ', 〉、:::::::∧-―‐-/.::;:':::::::::ノ / ,i  l、 \ { ハ  寸リ
' ,  //| i \ ̄ | |/i l┴──、 、 フ ┬─/ /\  V // >..'―;'  :::. i \::::::∧´ ̄//.:::::/  :i .::   ', ー`..!l }
.V/ ./ .| .i  V//ヲ┘│   ヽ.... │ 7 .ト、_>-、/_ ゝ.,'    |   ヽ:::∧::/´::> ´   .!;::   ハ  .j l j
 V /. . | i  ///.. . └─   `''---.┤ |___it j }ミ=、 |./ヽ、  :l    /.ヽY/ ヽ、     .|l:.:  _, <:',.../ ノ ハ
  \ミー >//              { ハ  //不/ヽ`'.イ、\`..-l   \ _ .水ヽ、/      l, <:_>'⌒l..-<.ハ
   `ー―''´                ヽ V ./ | ヽ..//ト、ヽ、/::人    /  .∧.ヽ〈     /.:::::::::ゝ-.イ...}  寸 j
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━. /::i::|::::>.._:::::ハ   \./ ∨/    .,::::::::;::ィ ´..━━━━━━━━━

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・帝国歴470年。

 この日、後見人である『ナジム』は、懇意にしている人物が主催するパーティーに参加する為、

 帝都の通りを馬車に乗り、移動していた。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4134 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:26:07 ID:l+dTkTGO



:.: :.: . . . . . . . . . . .             ̄ ̄   ̄───   .!_____|         |____..   |
_:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.: . . . . . . . .                                ̄ ̄
: .  ̄ ̄Λ_Λ──______:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:.i ̄ ̄i:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :.:. :. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:::::::::: /:彡ミ゛ヽ;)ー、::::::::: Λ_Λ. .  ̄ ̄ ̄ ̄─‐. ⊂ニニ⊃ ______:. :.:. :.:. :.:. :.: Λ_Λ:.: :.: :. :. :.
::::::.../ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i:::::....(-д-::: )ー、::::::.......    ( ゚д゚ )ー、  Λ_Λ:: .. . ̄ ̄ ̄─(-д-::: )ー、::..
::. . / :::/;;:   ヽ ヽ ::l::: . /i ;:      :::i:::.::::::..... .  /i ;:      ::. i /:彡ミ゛ヽ;)ー、:::::::... .  /i ;:      :::i::..
: . (_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l: . (:: ;;__/ :::./ |:::::......   (:: ;;__/ :::./::/ :::/:: ヽ、ヽ、 ::i::::.... .  (:: ;;__/ :::./ |:: .
    i⌒\)i⌒\ /:: .. / ____/ :|:::::::::.... . .  / ____/::/ :::/;;:   ヽ ヽ ::l:::::......  / ____/ :|::..
    | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ: . i⌒i_ノ :i⌒\ /::::::...... .   i⌒i_ノ :i⌒\(_,ノ⌒\;; ヽ、_ノ:l::::...  i⌒i_ノ :i⌒\ /::..
    | :::|  | :::|:::: .... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::::::... ..   | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ i⌒\)i⌒\ /:::::::.... | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::...
   (___/  (___/::.....  | :::|  | :::|:::::..... .     | :::|  | :::|:: .  | :::| ::;;_| :::| ::;;ノ::::::.... . | :::|  | :::|:::: ::...
                (___/  (___/:::.... .. .. .     (___/  (___/:: : | :::|  | :::|:::::::.... .  (___/  (___/:::.... ..
                                      (___/  (___/:::.....

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この当時の帝都について書き記している史料によると、

 『帝都統制官』の横暴によって、元々落ち込み気味であった商業は完全に沈黙し、

 物資が満足に入ってこない事から、帝都全域で餓死者が発生していた程であったらしい。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4135 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:28:49 ID:vvhU5NoG
亡国だな・・・ここまで国のステが落ちたなもう立て直しも

4136 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/27(水) 23:30:45 ID:izKdKFAf
あの時やるぽっぽが小作農改革に着手していたら・・・


4137 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:32:21 ID:l+dTkTGO



                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\<、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ </. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  .A..:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :<7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|寸|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:寸!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:.A. トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、
                                            `     、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そう。

 既にそこには、約4世紀の間、

 エリュシオン帝国の威光を示していた華やかな帝都の姿は、もう無かったのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4139 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:37:06 ID:l+dTkTGO



           ,    ̄
       /          ヽ
      /                                                  lヽ 、
.      ′     、   /   :.   i        /i/i/i/i ,                   i\ | ヽ!ヽ
.      l  ==、 〉iliく ,==    l     、 .|`: : : : : ; : : : ' i              ヽ 、_|  `
.      l    ’彡ハ三ミ,’ "   i-、     !ミミ´゛゛゛""""ヾ彡',              \
     ,ヽ!                =リ   、i: :ミ 、_ _,_ ミV/            ヽ ̄
     {k     ノ`-=-'ヽ   / k/    ヾr////.几////ュ'             <      、 ヽ
     `戔          、 r-'     .r-i  ̄ ,  ̄  ト              <   リヽ |/,。-
       .i  ー===ニニ` '.: i       .マ !       ,!ノ              ノ从-!-ャV
       \         /        `', ー==-‐`,                  ハ  i
       _i \____/ト、         \    ィ                    ヽ `   _/
      < !         /  > 、._    _ !: :`. .´: :!_         ,,-――ー、      \ー彡 /
-―‐く  . : : :        . . . . .  ///>, </ : : : : /: |/ヽ       .////彡三ミ`ヽ_      ヽ_/
/////\   : : _ヽ ..  /_: : : :///////     ヽ  _ノ///`ー、    .从彡/¨´_メヾヾ       //ゝ  ///
l///////> 、_ .`    '_, </////// . . .    ∨/////////`ー--、[///]-[///]i!i!`      ///   ///
.l///////////////////////////////: : : : : : : .   }//////////////∧ ̄ .'  ̄´ ,ノi!  _////`ー―////
..l//////////////////////////////: :  : : : : : :   i///////////////∧ー==‐ ' ィ/   ///////    ////

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、華やかな光の後に、その都市に入り込んだのは、闇であった。

 この当時の帝都では、行政の停滞、経済状況の悪化から凶悪な犯罪が多発し、

 欠落した史料も多いものの、一日に【1D100:43】件もの凶悪事件が発生していたと推定されている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4141 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:45:04 ID:l+dTkTGO



       \  ;; ;;,  \
        /;;      \
        /,, ;;       ヽ / /
          {  ;;      ;; ,, ;;∨ /
       ∧   .,         ∨/
       ∧  {,,  ;;     ///
         }  jヽ;;;; ;;   }///
.           {;;ノヾ|`ミz、;,ヽ;}//
          \;;;;|:::: :.{ ヽノ/
             `|:::: : :i¨ヽ
            |;;:: : :i   |
            |;;;: : :i   |
            |ヾ : :i   |
            |;;;;:`ミ、.|
            |州 i ヾミ
            |州 i  }l|
            マil|、i  ;!|
                i州iミ、;;|
             ,; i州州il;;|
              ,,   }!ヾ州il|
          。゚   l; ;;, \|

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この帝都の闇から生まれた刃は、『ナジミ』にも降り注いだ。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4142 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:45:43 ID:l+dTkTGO



i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |:    :  :.,’:::::;'イ´i|:::::|l__|iミ}i:l::::::::∧
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |..: ┌──..i:::::::;i:j⌒|:::::||:::||li寸:::::::l::i:'
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |.:::: │::::::::::::i|::::|:lj」zミ―'¨ィz≧}{!::::::|::|:’
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |..: │:::::::::::.||::::|从.ヒリ    .ヒ}》|:::::::|::|::::,
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::: │::::::::::.l||::::|::';.   l     .i:|:::::::|::|::::::,
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::. │::::::::..|||::::|从   、_., .从::::::l/|::::::i
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::: │::::::::::.|||::::|l|:::\    .イ};’:::: j::リ.:::::|
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |::: │::::::::::.|||l:::|l乂::_;}`::::´  /::::::::/:/.:::::/
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..「フ. .l.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |..: │::::::::::.寸:::l|:/ハ ∨.: .,’:::;::く:イ:::/ヘ
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.` . ,.|:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |.:::: │::::::.<乂:∧i:::|三二ミ:i/:::::::.\ー .乂
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:...l_ . ノ」:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |; # └─.../.\\V:|==xノ'::::::r '´..:>ヽ ̄`ヽ
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |   :;.. .j∧ \::人l|l/..:::::::::>'´ ,. ‐}’
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|....::.:.:.::::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |:   :;  |. ∨ _>ミl´ ‐r<   ./  |∧
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|`''-、._:::::::;::;::;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |,'';   ..ノ   }  .|_イ}ト、_ 〉 .∨.:/\  |l:::|
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i| ;;:.:.   ''-、._:;::;:;::;:;;;;;;;;;;;;;;;|i   |;;;:   .,{二ニl{  ./ j/.∨〈:.  寸∨ .`  `i:|i
.:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..|         `''-、._;;;;;;;;;;;;;|i   |::: #..人  ,从  ヽ′ .}_/    .}|: ∨:.  .|:||
i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i.:.:..:.:.:i|            `''-、._|i   |;:::  /\:><i    |、       ノl::.  _ >寸
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~               ` ̄ ̄ ̄ ̄\:::::::::::::lト:.  }      ./ l| ̄:::::::::::::∧〉
                                            /:::::>x::::|| i  |    ;’/l|:::::::::::::::::::ィ′

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その日の夜、パーティーへの道を急いでいた『ナジミ』は、

 行政の怠慢から整備されていなかった石畳に馬車の車輪が取られ、壊れてしまい、

 歩いてその場所へ行かざるを得なくなってしまう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4143 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/27(水) 23:52:52 ID:l+dTkTGO



                 ___
                    :::::::::::::::::::::::::::::....、
              /::::::/-――-\:::::::::\
             /:::::::::/         ヽ:l:::::::::ヽ
            ./:::::::::/ 厶 ―‐=ミ、 |:|:::::::::l:::.
            ::::|:::::l:|イ::|:l|:::::::::|ハ:::::::ト.|:::::::::|::l:l                 _               _
          |::::|:::::|:|:|::::|:l|:::::::::|_l|::::::||_|:::::::::|::|::l           ,.-''"~  \      ,.-''"~  \
          |::::|:::イ|:|::::|ハ:::::::| l|:::::儿|:::::::::|::|:::l           .r'         `,   ....r'         `,
         :::::|:::::レ厶=ミ、  ̄ ≫テ气|:::::::::|::|:::::.、          .ヽ          |     ヽ          |
           /:::::|:::::|《ハヒ.〕    ヒ..ン |::::::::l|::|l::::::}           .',        ,'      .',        ,'
        {:::|:::|:::::|ヘ ´   l     |::::::::l|::リ:::/             ,ィ、      .,'       .',       ,'
          .∨:::|:::::|l:::ヽ   _ _,   , |::: :::リ/::/            ノ.〔.),、_     .`、_     .'、_     `、_
            ヽ人:::|l_ ノ ト 、     イト|:::::/厶廴_          〈   /.┘       ` 、.  _,,.-┘       .` 、
          イ「:|ヽヽ::.::.|/l ><  / ノ//::/ /`.      .i''´             .,r.''"~              `''.-、
         .ハ |::| |\:: |、     /// /::/〃   |      ,'                 l                  l
        l | い.┘::.::.:|ニニニ7::.::└ ::/〃  l |\   .,'                  l                       ',    ζ
      /| | \::.::.::.::|-―‐-/::.::.::.::/ l″   l|  \  ,'                l                       ~i   γ'
       ´ ̄ | |  / \::.::| ::.::.::./::.::.::/  | /   | ̄ ̄` !              l                      `、.ィ.
         .ノ |∨    ヽl::.::.::厶 イ    | /   人    .{                .!                /、
        ./\|{   /⌒大 ⌒\     j.__//∧  ',               !                   ノ. .\      ./
        ∧\>ヘ   \/∧\_/    /:::::::::.く/:::/  ..`´l             .l                ,'      \   /
     /\-'::::::‘, / / |  ゝ    /::::::::::::::::::/      .l            ,'              〈        `.´
  .../::::::::/::>==ミl  ⌒V   ∨    /} ̄¨丁        .|             .,'                 `、

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、馬車故、数人しか搭乗人がおらず、少人数で進んでいた華麗な服装を着たグループは、

 さぞ、荒廃した帝都の通りで目立っていた事だろう。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4144 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:06:01 ID:a56LVYEz



                 ´  ̄ `ヽ.       (ヽ、00  .A.
              / /  ̄ ̄ ヽ',.   ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
.              l  / .ィ┐ l.        ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
.             l⌒ヽY :::::| l |ヽ |    ( ⊂ニニ   / /⌒) )         (ヽ、00  .A.
.             |    |::::: \/ ::| |.   `ー――'′ し.U.  (ノ       ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
.             |    \ :::::::::::::ノ |                       ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
.             |     |::::::::::::l  |.           /_`ヽ_     ,ヽ   ( ⊂ニニ   / /⌒) )
              `ヽ   }:::::::::::{ /.       ,--"-λ━i~     / |.   `ー――'′ し.U.  (ノ
          ,. ィ二 \ \/ />      /   \ヽニフヽ,   / /
        <  ̄       ` ー─イ     > ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /   /ヽ_
..  /    ヽ         ', | |      |  \/ヾ_ノ,ノ ,i  / / /  __ ヽ.       __
.. /        |   ┌─、   |. | |   ィ ̄/ |   ∧. -, 「」)^<0ヽ/-, |_ノ ,, ,,ソ       lj二二[!
  |__     l     ',   \ .|. | l  /  /  .|   ∧..],)、 /ヽ,_ソ/i_,-、L '' '' ) ー 、../   ,,rヽ
..../    丶   |      \  \.| l/ /   .|    /',... ヽ  i゙`~ヾ )  ) 'ー->_| `i ヽ.lY ヽ〔_,-、!
 |__    \|     _` ー┐ ィ ´ _   |  ̄  _l゙-、,|  λ.゙( ̄ソー’___ノ |-v,|i |i.乂_ノ .l  }
..../    ` < .|      \ \ .l l | ノ /   |> ´|  |.゙-'^i-/丿゙_~' 「ヽtヾi-,ヽ-ヽ " ,/.ノ ト``,-┘

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、『ナジミ』達が、パーティー会場に現れる事はなかった。

 その為、不審に思った人々が、『ナジミ』達を探しに出かけ、その際に見たものは・・・・・・

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4145 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:12:12 ID:a56LVYEz



 /(  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/           __ノL                           )i:i:i/
ノi:i:iV:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ノ            }i:i:i(         ___                   /⌒´
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/            レ⌒         ⌒ヽi:iヽ        _从__
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{                          )iノ          ⌒フi:i/
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト、人      ’    ,               -─-      ’;         }i:i:(
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| \i:,____ノ   ・;       /   ::::::::::::::::::::ヽ          ム'´
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:八__`¨¨´ くi:{          /  :::::::::::::::::::::::::::::::::’,
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i(_    ___         ′   :::::::::::::::::::::::::::::::〉
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:(_ノ   )i:i      }   :::::::::::::::::::::::::::::::: / }
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i{⌒⌒V    くi:i:i〉          r  -、:::::::::::::__:::::::/  ′
i:i:i:i:i:/⌒⌒V:i:i:i:i:i:人_ノ(..,     }/        乂__ノ:::::__:〈   〉{ /
i:i:i:i:iV(  ⌒≫i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/        _    く::::::::::::/  }::::ー'::::V
i:i:i:i:i:i:i:〉  くi:i:i:i:i⌒ヽi:i:i:i{__     ,, -─┘ l`ヽ}`⌒└v┘::::::::::: 」
i:i:i:/⌒\  \(    Vi:i/⌒   //     } 《{L[」「[」[」「]::」:」::::r'                   , -─v(
⌒ヽ    __       V     / /     __  〈  乂     __ナ::/                    〈i:i:i/⌒
     <i:i:(          ./ /     \\    「「[」「]「「:「::::/\                V
      `¨´             { :′      \〉 \ }:::::::::::::::/\::::::ー- ..._
                 、{       r‐┐ `TニニT´    `ー- ::::__}__
                       ___/ /   ]:==::[    /二二> /⌒メ{{レ' ⌒ヽ
                      -─(下二二フ/⌒¨¨⌒} (::/, -─=ミ :/⌒L__〈:::::}
                   ( (  \ \__ '⌒i ::::::{⌒__ /::::::-─く_   ⌒\::::\
                    \\__.\_)  | ::::::| └‐(__/__ノ:::::}     丶::::\
                   ( ̄\_ノ  __  | ::::::| [二二{{:::::::::::__人        \:::\
                          ̄)ー‐┘   ::il::|     `¨¨¨  )::::::)        \:::::...
                        `¨¨´         l::|  fニニニニ=─/::/ヽ        丶::::....
                        /(  '’      |  ::}       (__/)::::::}
                     くi:i:i:i:)        ‘,  :/   ==-    /:::::イ
                       ヽi/        乂/    ´     (__rイ:::}
                             ・.   ;'          }::::|
                                         _/:::/
                                              (_/

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 ・・・・・・身包みを剥がされただけでなく、

 中身―――簡単に言えば、肉体のあちこちを切り取られた遺体達であった。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4147 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:14:53 ID:T4tYMgjv
うわあ…

4148 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:15:32 ID:hcrOoKP1
ろくに食料も供給されてないから・・・この世の地獄だな

4149 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:16:11 ID:hGo6LE1k
ヒェ・・・


4151 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:20:06 ID:a56LVYEz



                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧             /ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
//!ー: :、: : : : : .  ∨/////////     |////////////\ . : : : : : : : : : :     : : :: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :
//i: : : : : : ::  , ー |////////      |//////////////\: : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
//|ー―――――‐|///////           |////////////////>、: : : : :          : : : : : : : : : : : : : : : : : :

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 この当時、食料の不足から、強盗と共に多く行われたのが、

 拉致や殺人と共にその肉を食料として売買する事であった。

 史料によれば、盗品を売買する市場と共に、人間や人肉を売買する市場もあったとされている。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4152 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:22:03 ID:a56LVYEz



::::::::::::l:::::l:::l:::::::l:::l::::l::::::::::::::::::::', ';::l:::::::::
::::::::l:::|:::::!::|...::::|::;--、::::::::::::::::::::i .';:!:::::::
:::::::::!::l:::::l:::!:::::::!::', ';:::::::::::::::::::::l l|:::::::
::::::::::!:|:::l:l::';:::::::l::::', ';_____l ヽ-‐
::::::::::l:l:::li:', ';:/´ ..__
:::::::::::!:!::llハ _,ァ‐≦ ̄ ̄ミ、
::::::::::::'l:::iヘ}.≦l{ 弋 -、::::::l
::::::::::::::';::lハ<三.、ヽ'_ノ
';::::::::::::::';l|、ヘ           :l
::!::::::::::::::';l. ヽハ             .::l
::l:::::::::';:::::';>.._ヘ            ::ヽ
:::l::::::::::';:::::';:::ヽ:::ヘ
::::';::::::::::';:::::';::::丶::.ヽ.       ー―‐
ト、:';::::::::::';:::::i、:::::.ヽ::::::`::...        ̄
l:::.\::::::::::.,::::';\::::.\::,-- >...
V ::::..\::::::ヽ::',::..\:`/ ノ!l ̄ヘ >...

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 そして、『ナジミ』達もこれに巻き込まれたのだろうというのが、現在の学会での定説である。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4153 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:22:47 ID:qck5hCh6
ヒエッ

4154 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:25:10 ID:A2nEL7xt
ひぇぇ

4155 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:25:12 ID:54IVWu0u
マッポー極まりないな


4158 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:29:19 ID:a56LVYEz



                    /://////::/              `ヽ∨//////////::\
                // /////::/                  ∨///////////∧
                  /    :::;'::/    ____           ∨///////////∧
               ′     :/-‐::ナ¨:::::://::::::::≧=-         '; /////∧/////:',
            ,  ..:::,′  /::___/__  :///::::::::::::::::::/::::≧x    }///////}/ /  :i
            ,'////i :... 'i゙´//!:::::ミメ、       :/__ }  :刈 }     l     :{
            .: ////| ///l/// !///|::::::....    l:7「   「ミメ、::::::!      }    :!
.             .://///| ///|// L:_:{ И://////!| l::::..../::.... }\|      /|:.     :|
.              l://///| ///「、  、 ` └-=、// ! |:::://////}:::/! / ///|//::.. .::|
              l /////| ///|zi≠F抃x`     `   └-=、////!::/} //////:!//∧:. ',
           l//////l ://小ハ r'//:抃       ,ァ≠==ミx__,`゙Y//////::://////∧
.           |://////| ///|} ヾ Vzン         ′r'///:;圦ハ_ j//////: |///////∧
.             | //////| ///|{         .l      Vz_;ンノ/,'.//////: |:///|:::///∧
            l///////| ///l:'      ,′            ////////::j ///|:::////∧
.          !///////| ///|∧     !           ////////:::,'////|::::://///',
.            l:///////| ///l//:.                   /////////:,':////j ://////}
          |:///////| ///l///\   `¨ ー-  -     /////////:/ ////,'| ///////}
          !:/寸////| ///l/////:ヽ             / /:///////:/::///// j///////,′
.          八/l ∨///l..///!///////\      <   , ///////:/::///// ./:///////
.           \、∨//:' ///;//////x-弌 一 ´      ////////:∧:://///:///////
          く \\::∧://';:////::;x::∧       .///////:/::: ∨//:///////
.             \. \::::∧://V/::::://:::::::}       //////:/:::::::::::: \///////\
                \,.斗‐弋::∧:::::://:::::::::j       /////:/:::::::::::::::::::::::::\,.>'′  \
          r::::T゙´  |:::::::::\ハ::/ー-::::::/      ////:/:::::::::::::::::::::::::::::::/\:       \

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 その後、『ナジミ』達の葬儀は、盛大に行われたものの、それに対する庶民の反応は冷ややかであった。

 彼らは、自分たちの生活を悪化させた元凶の一人と見ていた『ナジミ』に対し、

 胸がすく気持ちはあったものの、胸が詰まるような気持ちは持ちようがなかったのである。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻


4162 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:40:32 ID:a56LVYEz



                      ___
                   ..:::::::::::::::::::::::::::::....、
                   /::::::/-――-\:::::::::\
                  /:::::::::/         ヽ:l:::::::::ヽ
.                 /:::::::::/ 厶 ―‐=ミ、 |:|:::::::::l:::.
                 ::::|:::::l:|イ::|:l|:::::::::|ハ:::::::ト.|:::::::::|::l:l
               |::::|:::::|:|:|::::|:l|:::::::::|_l|::::::||_|:::::::::|::|::l
               |::::|:::イ|:|::::|ハ:::::::| l|:::::儿|:::::::::|::|:::l
              :::::|:::::レ厶=ミ、  ̄ ≫テ气|:::::::::|::|:::::.、
                /:::::|:::::|《ハヒ.〕    ヒ..ン |::::::::l|::|l::::::}
             {:::|:::|:::::|ヘ ´   l     |::::::::l|::リ:::/
                  ∨:::|:::::|l:::ヽ   _ _,   , |::: :::リ/::/
                 ヽ人:::|l_ ノ ト 、     イト|:::::/厶廴_
               イ「:|ヽヽ::.::.|/l ><  / ノ//::/ /`.
                 ハ |::| |\:: |、     /// /::/〃   |
             l | い.┘::.::.:|ニニニ7::.::└ ::/〃  l |\
           /| | \::.::.::.::|-―‐-/::.::.::.::/ l″   l|  \
            ´ ̄ | |  / \::.::| ::.::.::./::.::.::/  | /   | ̄ ̄`
                 ノ |∨    ヽl::.::.::厶 イ    | /   人
                /\|{   /⌒大 ⌒\     j.__//∧
             ∧\>ヘ   \/∧\_/    /:::::::::.く/:::/
          /\-'::::::‘, / / |  ゝ    /::::::::::::::::::/
          /::::::::/::>==ミl  ⌒V   ∨    /} ̄¨丁
         .:::::::::::〃::::::::|  |    /    l   /    |
      〃:::/::::::l|:::::::::::|  |l //     ヘ   {    |ー 、    _
      ll::::.′::::l|:::::::::::|  |l/       \ \ l     |:::::::::\/   ヽ
       ||::::|:::::::::l|:::::::::::|  / /       \ ∧   |::::::::/    ==ミ、
      l|::::|:::::::::ぃ :::::: |/_ `ー-   --''´  ∧   |:::::/ /  /   }〉
        いl:::::::::::ヽ::::.く_    ̄ ー――--―  厶 ヘ  | ̄{〉<=―<  ̄\
       ヽヽ::::::::::::::::/: ̄ミニ二二二ニニ二: : : :!|/|「::::::::::::::::::::::\ ̄`
          \\:::::/: :/.|: : \: : : : : : : : : _彡: :ト : :\〈 ノ|::::::::::::::::::::::::::::ヽ

┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳

 後に、不正によって人々の生活を非常に悪化させた彼女は、悪魔と同一視され、

 『ナジミ』という名は、【奸臣】に代表される幾多の罵詈讒謗とともに唾棄されるべき名となった。

 そして、彼女に対するこの評価は、

 現在でも不正を行う事を『ナジミのように振る舞う』と言うように覆っていない・・・・・・。

┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻






                         ┃
                         ┃
                         ┃
                         ┃
                         ┃
                         ┃
                            ・
                            ・
                            ・
                           :
                           :
                           :
                         |



                         |
                          l
                              !


4163 名前: ◆crsNC2QwcI [] 投稿日:2017/12/28(木) 00:41:27 ID:a56LVYEz


 今回は、ここまでです。

 今回は、滅亡しませんでしたね。

 次回は、12/28 (木) 21:00からです。


4164 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:42:18 ID:HHqkrqah
乙、滅亡してないってだけだがなー

4165 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:42:42 ID:hcrOoKP1
乙でした。やる夫や幸子達には悪いが、もう滅亡して新国家が立った方が人々のためな気がする

4166 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:45:17 ID:Frc+hLLs
次回はアクア帝の元服と同時に聞こえる帝国の断末魔に期待です。
乙です。

4167 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:45:25 ID:54IVWu0u
滅亡していない(滅亡が回避できるとは言っていない)

乙でした

4168 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:45:31 ID:ipyvkNVt
乙でしたー 正直ナジミって言うほどヤベー奴じゃないような

4170 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:47:47 ID:HHqkrqah
そら大きく動く前に死亡したからなー
前回の時点でそこまで予測できる筈もなく

4171 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:49:33 ID:hGo6LE1k
乙ー なんか436年の大粛清をきっかけに一気に国が傾いた感があります。
ナジミは一回しかやらかしませんでしたね。その一回が十分エリュシオン滅亡につながる大失態なのですが。

4172 名前:名無しさん@狐板[sage] 投稿日:2017/12/28(木) 00:52:59 ID:X/3LEEKt
乙ー

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 4660 日本の山の傾向 (07/22)
  • 国際的な小咄 4659 無防備都市 (07/22)
  • 国際的な小咄 4658 なに、簡単な話だ。気合で押し切ればいい (07/22)
  • 国際的な小咄 4657 人口の流れ (07/22)
  • 国際的な小咄 4656 今日は何の日 7月22日 (07/22)
  • 国際的な小咄 4655 フランコの偉大さ (07/22)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 3ターン① (07/21)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 3ヶ月目 2ターン④ (07/21)
  • 資源国家 GARBAGE 第一話 「働かざる者……食うべし?」 (07/21)
  • 資源国家 GARBAGE プロローグ 「屑は衛星へ。」 (07/21)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 173 《DAY180》 (07/21)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 172 《DAY180》 (07/21)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第九章 神降ろし その八 (07/21)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第三十九話・全国大会決勝 ~友情・努力・勝利!(後編・2)~ (07/21)
  • やる夫がサクラ町で日常を過ごすようです 第60回 (07/21)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第七話「向日葵の視線 中編」 (07/21)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第六話「向日葵の視線 前編」 (07/21)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第五話「友愛の恋鎖」 (07/21)
  • 国際的な小咄 4654 ルーマニア元国王陛下 (07/21)
  • 国際的な小咄 4652~4653 もっと、こう、なぁ ~ いそのー、池の水全部抜こうぜー (07/21)
  • 国際的な小咄 4650~4651 アメリカの攻防、日本の攻防 ~ 左右 (07/21)
  • 国際的な小咄 4649 門弖簾九 (07/21)
  • 国際的な小咄 4647~4648 アップルパイ ~ 憧れ、的な (07/21)
  • 国際的な小咄 4646 中国人は映画がお好き (07/21)
  • 俺の天使が悪魔なわけない 第13話 (07/21)
  • カーきゃん□ 5回目 「引き続き顔見せをしていくよって話」 (07/21)
  • やる夫がロードバイクに乗るようです 出張倍プッシュ 減量……! 圧倒的減量……! (07/21)
  • やる夫とタマモキャット (07/21)
  • 【読者冒険者】異世界懇談会 (07/21)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。


    国際的な小咄の更新量が当ブログで処理できる限界を超えてます。一定量は更新していきますがどんどん遅れていきますのでご了承を。

    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    スポンサーリンク
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


    ブログパーツ アクセスランキング