スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

ねらう緒たちは一年間サバイバルする羽目になりました。 第三話 「火は偉い」

目次 現行スレ

143 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:01:49 ID:6KOYAiiU0

第三話「火は偉い」




144 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:02:24 ID:6KOYAiiU0



                          xrx 、
                            ノ.:l::k:::\
                              }:: j::l :: :: :)>Kx
                        r|::人!斗く メ父 メX
                         rjリ :|'⌒`Y   )メ .::!ト
                         l ! .:.i   .:!     .:::从: :`ヽ
                         | ! . ::|  .::|、   .:::/  V. :ハ
                       ノ:j ::_ム.  ノ:::\  /  . ::∨.:::}
                      / 厂 . :: : :Y . :: : Y    .::::Ⅵ:{
メ                    /K リ: :: :厂: :: :| .: :: : :!     .:: :Vハ
乂メx                /  Y::\/. :: :: ::j . :: :: :::l     . :::}.::ト、
メ乂 メ               } .:/. :: /. :: : ::::/ .:: :: :::.:|     . :::|: j:∧
乂爻父X              ノ /::.∨ : :: : ::/. :: :: : : : }       .:::乂 .:∧             /. :j ヽ
メY                厂ヌ .::/ :: ::\:/. :: :: :: : ::∧     .::: ::::〉.::∧             !: :V:: ハ
メj _ __ _ ___ __ _ __ /.:X:: :∨  . ::/.:\: :: ::/.::∧     . ::::∧: : ∧ ___ __ __ _j ::⊥.::ム ._ __
Y千片ト、  _ __ _   _  __  _\::.\j . :: :j . ::;:: ;::ヌ´:;:;:;: .;:\   .::;::/: ∧;: :∧      __     ̄    __..
 . :: :: :: > -- - . .. __ _ 二 ..  .> = =≠ = == ≠ == = ≠ == ≦´  二 二  ニ  . __  二
 . :: :: :: ( : .. .. : :: 二 ニ .. _  _ __  _ .. 二 二   ニ   ..  ニ   --   - _ ニ _  ..
: ::   : :: :::≧ = --  ..   . ..   __  __ ..   二 二   __ ..   二   ..
 . :: :: :: :: . :: ::  ̄ . :: : :二 ニ = --   _ __ .::         ..
 . :: :: : :: :: : :: :: :: : :: :(  二   ニ   __   _  __   二
 : :: :: :  . :: :: :: :: : : : :\   .. __  __
    ... :: :: :: :: :: : :: : :: : :\   __  __  _   __ ..   ..  ..






     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l
 /   | /    l    l
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   ) よかった。干潮のお蔭で岩場が広くなってる。
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ
    \  \-、-、_/ノ  _   _  岩場のくぼみに潮だまりができてそこに貝やカニ、エビ、海藻がいる筈だよ!!
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、

145 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:02:52 ID:6KOYAiiU0


               ____      浣腸?
             /      \
           /   ⌒   ⌒\   のび太、便秘したのかお?
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ






       ____       違うよ!!
    ゝ/____ヽ
   / | , ─ w-、!   浣腸じゃなくて干潮!! 潮の満ち引きで潮が引いた状態で岩場が広くなること!!
   | __|-|   +|+  |
    ( u `ー  oー |   >冗談だお。いくらもの知らずのやる夫でも干潮のことは知っているお (やる夫)。
   /ヽ、/^\__/ ノ
   l、(uu ー,─ 、´     まったく!! 変なことを言わないでくれよ……。
    l \ __/┬ ′

146 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:03:18 ID:6KOYAiiU0


            .ト、                    ___
       .<´ ̄ヽ.| ヽ、 _,....--――--/ ⌒ヽ、 ∧ /  /
        ._\  ヽ /´::::::::::::::Y⌒ヽ{   ,  }_/ ∨   /
.     <´   \ ∨::_, - ――ゝ-'-ゝ、_ノ_ノ::ヽ / r-く
.       `゙ー─->´:::::::::;;;-==== -  ::::::`ヽ_:::::ヽ  _ゝ
.          /:::::::, ' ´:::::::::::::::::::::::::::::`  、::::::::\::} ̄
         .{:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::' ,
.          ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::}
         |:::::::::::/:::::::,:::ハ::::::::::::!::::::!::::::::::::::l:::::.ハノ    ほんとのび太って意外なことに関しては物知りね。
         |::::::::::,:::::::イ:/ l:::::::::ハ::::∧::::::::::::l:::::::::!
         |:::::::::|__/__!'  l::::::リ l::/ l:l_,.、::::|:::::::::|     どこで学んだの?
         |:::::::::|:/    ̄ !:::/ l/` ̄!  ヽ|:::::::::!
         |:::::::::|ィtオテ,ォ- l,/    -tオテオリ::::::::|    >幾つかの無人島や白亜紀……色んなところさ (のび太)。
          |:::::::::| 弋z(ソ       弋z(ソ ,|:::::::::,
           }::::::::::|         ,       ,'::::::::::{     ……意味が分からないわ。
           l::::::::::::. u           ハ::::::::::l
.           ,:l:::::::::::ハ、     , ‐ -   ,.イ::::::::::::::!
          /::l::::::::::::::::::>.、      ,.ィ::´:::::::::::::::::::,
       /:::::l::::::::::::::::::::::::|  ` ー ´...|::::::::::::::::::::::::::.
        /:::::::::|:::::::::::::,..- -.|      |一 、::::::::::::::::::.
     /:::::::::::,|::|-―´,-――‐- v -― /:イ_ `ヽ、_::::::::::.
     /::,r '´ |::|   、///////∧////////>.    ̄`ヽ:.
     /::/   |:リ   ∨////// l///////        ',:.
.   /::/    |::|    \////ハ//////         l:::::.

147 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:03:42 ID:6KOYAiiU0


      , ─── 、
     /_______ ヽ〟ヾ   まあこんなことはどうでもいいことだ。
   (( |/ ─ 、 ─ 、\ |  ヽ
     |    |    l   |   |   これで久しぶりにまともな食事にありつけることができる……。
      |   / |ヽ   !─r-、ノ
   (^ヽー ヘ ` ー ´ノ|  6 !    サザエとウニ……普通なら食べることができないものを食べられるんだ
    `ー 、⌒`ー─ ´ |  _ノ ノノ
       \⊂二   ノ /\    これに関してはここに来て良かったと思うところだよ。
      、────´/ /\
        ̄ ̄ ̄/「/\/ /^ヽ
            i |    |  |






        ___
      /      \
     / ::\::::::/::: u\    それを対価に死と隣り合わせなんて笑えないお。
   /  (⌒):::::::(⌒)  ヽ
    |     (__人__)  u  |
   \    `‐'´     /
    /⌒ヽ   ー‐   ィヽ

148 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:04:19 ID:6KOYAiiU0


               ____
    , ヘー‐- 、    /ヽ  / \
  -‐ノ .ヘー‐-ィ  /(●.)  (● )ヽ    まあこれで食料集めはバッチリだお。
 ''"//ヽー、  ノ ./:::⌒(__人__)⌒::::::ヽ
  //^\  ヾ-、.|    |r┬-|     |   やる夫は砂浜に行ってくるお。たぶんここと同じ状態となっているから
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)\   `ー'´    /
/    <^_,.イ `r‐'゙ ::::ヽー‐-..、  ,..-‐|、    沢山の貝が取れると思うお。
\___,/|  !  ::::::l、:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.| \






      ト、       ,. -──-ァ'⌒ヽ-、  /|  /!
     _| \   /_;;;:::-──` ー< ノY´ // /
   ./  \_>'"´:::_;;;::: --─- 、:::::::`'く| /´  /
   レ'´ ̄`7>''ア"´ ,        `' 、:::::\  /
      /::::/ ./ |    i     \   \::::`く
     〈:::::::/  /   ハ  /!.  __/!  ',   ':,:::::〉     ええ、そうして頂戴。
      \|  | ./`メ、| / ,|イ´ハ|  |    ∨
       |   |/.ァi7ハ|/   j_り|  |    |      ……後の問題は“火”ね。
       |   |,イ .j_り,     ゙' |  |   i  ',
       ∧  !7'"          !  !   |  \.    先生が火をちゃんと用意してくれればいいのだけど。
       / |\ト、    -   u .|  |.   ',     \
     /   !  | |> 、      イ|   ハ ___ 、   、 ',
    /   /.|  | /   _`アTこ.ン | /`´   `ヽ.  .! |
   .|  /'!  !\|' /´ 、 //ム __ レ' |       \ /
    \| \|  |/ ,| ̄7‐r'´ |,/ 〈         _〉
       /∧ r!  7〉_/ァrヘ_j    、  >''"´`ヽ
    /´`'く. `,ヘ._jく__,}|::|{_〉     `'Y´  _,,.. -、|
   /! _ `!)く.,___|  {|:::|{        !ヽ,ヘ.    i
  /  ,|  ,ンイ/   ,!  }|:::|}    ''"  /´ | ∧   l

149 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:04:44 ID:6KOYAiiU0


       ____
     /      \
    /         \     そうだお。火という頭の痛い問題があったお。
  /            \
  |   _,   /        |   マッチとライターがない状態で上手く火を起こせるかなぁお……
  \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ
    |  | ゝ_ \ /  )   >大丈夫かしら? まかせとけって言っていたけど (天子)
    |  |__\  ” /.
    \ ___ \ /






                    _____
               /, ――― .、\
              //          \\
          //               \\    せっかく火を簡単に起こせる道具があるのに
          | l               l |
          | l                l |    先生は人の話を聞かないんだから……困るお。
          | l               l |
              \ \          //
                \ \         .//\
             \_二二二二二/\  \
                            \  \
                            \  \
                                  \_ノ

150 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:05:04 ID:6KOYAiiU0


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

151 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:05:52 ID:6KOYAiiU0



               -―━━―-
          ,ィ:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::ヽ
       ,イ:::::::::::::::::::::::::; イ::::::i!:::::i!::::::::∧:::::::ヘ
        /;i::::::::,:::::::::::::/u./:::::ハ::ノX::::::::::}::::::::::} ダラ
       /゙ |::::::ィ::::i:::::/\ |::::::}, イ´ V:::::/::::::::::|  ダラ・・・
         |:::i:|:::::l:::::「。¨ .|::iリ.イ¨¨。¨フ|:; <:::::::::::l
.       !::i:::::::l:::::|__ノ .|゙  .ヽ、_ノ.u|::|.i}:::::::::;'
.          V:::::、l:::::l u. ′      .|::|リ::::::ノ
        ヾ、:{ヾ:::lヽ   ─  u. ノ.リ:::::Y
          ` .ヾ| >.   <  |从ハ{

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   三人が海産物集めに勤しんでいる頃。

   ねらう緒は冷や汗を額からまるで滝のように流していた。

   マッチやライターなど火を起こす装置がなくても火を起こせる様々な手段を
   試してもまったく火が点く様子がないのだ。

   これではまた生徒たちの前で醜態を晒してしまうと焦っていた。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

152 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:06:11 ID:6KOYAiiU0


                   - 、
                 /  )    __
                  / __/    /  )                  Y \     -、
             /  /  ./ __ /                    、  ヽ   i  `、
             .: -=./  .′ .: ′               (⌒\ `、  ゙ 、  ',  ',
            /   .′/ =-/     ⌒\             ヽ ,,, \ `、  ‘, |¨  i
  (⌒丶        / ___.| /   / /  ヽ _ノ           \  ヽ i=- :i  !___ i
.   \  ヽ     ./     ` 、 / / ヽ /        __     ‘, " V   :| ./  .:′こんちくしょう~
    ヽ ´ `、  /    ヽ   ヽ'′  /           (、  ノ ̄\  }‐ 、j   |/   /
     ',   ヽ--く == 、 \   ヾ / ,. ― 、      ̄ ヽ ノ ∨ /\  ヽ/ ⌒ :′ 全部そろっているのに
     ゙、       ', \  ー   、´ ヽ ( `、          ‘,  >'   }   i--― :i
        、       ',   、      >'"⌒ヽ-'         }/     |   ヽ    /  何で火が点かないだよ!?
        ヽ          :.  \ \ /              j- ―…'/       /
       、       i    \  /              /     /      ///
        `、     i      /              .:′  /i     .///
         }ヽ     ノ       /                   {  //i      ///
        /;;;,,,,           /                i  /j     ///
        /;;;;;;;;;;;;;;;;,,, ヾ   /                    ヽ       //(
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,/                         、         八
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                       ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        /ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     一旦作業を止め、真っ赤になった手を見つめながらねらう緒は嘆息した。

     この島に来てから上手くいかないことばかりで彼の心の中は焦燥に埋め尽くされそうであった。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

153 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:07:01 ID:6KOYAiiU0


                                   _
                            ┼ ll    ⌒)::::ヽ
                            小      i:::vヘ,
                              ツ    ゞ__.ン

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ねらう緒が今行っている火の起こし方は木材を利用したものであった。

 火きり板、火きり棒、木くずからなる火種を用いてノコギリ式、火ミゾ式、キリモミ式など様々なやり方があるものの
 どのやり方も木と木の摩擦熱によって火を起こすのだ。

 木くずから煙が出始めたら、慎重に息を噴きかけて、できた火種を枯れ草や麻くずで包み込んで、新鮮な空気を含んだ
 息や風を送って火を大きくしていく。

 色んなやり方を試すが火種どころか煙すら出てこない。問題は選んだ火きり板の材質が固すぎたことや火きり棒の先端が
 少し曲がっていることであった。柔らかめの木と真っ直ぐなものを使わなければならなかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

154 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:07:17 ID:6KOYAiiU0



     >─'´ ̄` ‐-、
    /         `Y
   ./:::::::::::::::::/{::::∧::::::::::::::ヽ
   .l:::::::::::::::ナ {:廾弋::::::::::::::} うぐ……
   .|:li:::::::o゚⌒   ⌒゚o..i::::::::ノ
   リ',::::::::/  ヽ    「):::/
     \;;ト、_ ― _,.ィ::/
        lハiニlハ1リ







     >─'´ ̄` ‐-、
    /         `Y
   ./::::::::::::::::/{::::∧:::::::::::::ヽ
   .l::::::::::::∠ノ{:メ、__`,::::::::::::} うえぇぇぇ……
   .|:li:::::::::>> <<フ i:::::::ノ
   リ',::::::。゚ r----、゚。.「)::/
     ヽ;;ト,_if::::::::::ノ_,.ィ::/
        lハiニlハ1リ

155 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:07:36 ID:6KOYAiiU0



━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛ 先生泣いているのかお?
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |
  \__/´      ___/
      /|          ヽ
       | |         |






              ,..::―=======‐::...
          _,...::''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..,
         ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
     /;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ;:':/::::::/::::::::::::::::::::;イ::::/::/}::::::::/、::::::::::ヽ;::::::::::::::::::::::::|
   /::;:'::::::::'::::::::::::::::/ i:::::l:::| リ:::/  ヽ::::::::::::::;::::::::::::::::::::l
   /:::,':::::::::i:::::::::::::;'=、_,ハ::::l::{i、_}:/-==ヾ,:::::::::::::::::::::::::::::::;   うっ、うわああああ!!
  /:/'|:::::::::::::::::::::/ミ='=<、`';::i:iヾv'='=≡ミァ `、:::::::::::::::::::::::::|
  /'  |::::::::::::::::::::;'、{;,ヨヾ} ヾ{ 7,(r;y _ 〃  i:::::::i::::::::::::::::::i  >だからこの顔はやめろお。心臓に悪いんだお (やる夫)。
    |::::::::::|::::::::;' ^ =''ノ  ヾz` =彡^  |::::::::_:::::::::::::::'
    |::::::::::|::::::::i     {  、.  `      l:::::::,-丶::::::/
    |::::::::::|::::::::,    ` ^    、     |::::::i } ,'::::::;'
    |::::::::::|::::::::i  /;' ,___ __  'i,    |::::/ノ/::::::'
    i::::::::::|::::::::'  ii|///ーーーーヽ }i    ノ:;ハ_ノ::/
    ';:::::::::|::::::∧ iiハ///////////} }i   /'/:::::::/
     ∨::::i:::::::::i ヽ '! ∨///⌒/⌒ソ〃   イ:::::::::{
      ヽ::{`ヽ::i   ヽ ヾ======'ィノ  イヾ从ハィハ
       `   ヾ   ` 、  ̄ ̄  __..::’  /
               /   ̄ ̄     {

156 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:08:38 ID:6KOYAiiU0


      ト、       ,. -──-ァ'⌒ヽ-、  /|  /!
     _| \   /_;;;:::-──` ー< ノY´ // /
   ./  \_>'"´:::_;;;::: --─- 、:::::::`'く| /´  /
   レ'´ ̄`7>''ア"´ ,        `' 、:::::\  /
      /::::/ ./ |    i     \   \::::`く
     〈:::::::/  /   ハ  /!.  __/!  ',   ':,:::::〉
      \|  | ./`メ、| / ,|イ´ハ|  |    ∨
       |   |/.ァi7ハ|/   j_り|  |    |     まったく火が点いていないじゃないの!!
       |   |,イ .j_り,     ゙' |  |   i  ',     なにをやっているのよ!!
       ∧  !7'"  rァ─-、  .!  !   |  \.
       / |\ト、   !    ) u |  |.   ',     \
     /   !  | |> 、      イ|   ハ ___ 、   、 ',
    /   /.|  | /   _`アTこ.ン | /`´   `ヽ.  .! |
   .|  /'!  !\|' /´ 、 //ム __ レ' |       \/ , -‐'"`ヽ.
    \| \|  |/ ,| ̄7‐r'´ |,/ 〈         _〉| 、     !
       /∧ r!  7〉_/ァrヘ_j    、  >''"´`ヽ ヽ|   /
    /´`'く. `,ヘ._jく__,}|::|{_〉     `'Y´  _,,.. -、| /   ,'
   /! _ `!)く.,___|  {|:::|{        !ヽ,ヘ.   ∨   /
  /  ,|  ,ンイ/   ,!  }|:::|}    ''"  /´ | ∧   '    ,'







        ( ,ゞ ─┴"─"、) _
      、ゞ"           \=
     ヾ/   ________ヾ
   `゙/   |    ヽ、_(_)ノ   |`
    ヾl    |  /´⌒ ヽ/ ⌒ ヽl
    =|     |  |     |・     |    せっかく僕たちが頑張って磯や砂浜でたくさん食料とってきたのに
    ーY⌒ヽl─l      ・l、    l、    これじゃあ食べられないよ……。
     | )     `ー─‐,/ヘ、ー‐〈 ノ
     ヽ_         "    `   l
        >、     ,-───、ヽノ
      , ヘ `(_∠ 、───-、ソ
     / \ \/\ノヽ
    l   ヽ     | l
    |   |.     | |

157 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:09:05 ID:6KOYAiiU0



                          _ ,∠=-‐…‥…‐-=ミ
                          /  . . : : : : : : .      \
                         //. : : : : : : : : : : : : : .      ヽ    o ・゚ァ
                    ///: : : : : : : : : : : : : : : : : : . . 。,、∨し '  /
                       //l |:, -‐= ニ二¨ ̄¨二 ¬ーァ彡'´ /ァ'
                   //:i ' ', ..: :,ニ二.. _ -=ニ-‐'´  _ - /。
                     // !∧ヽ〃      ̄   _ - ニ二 / 。
                  | | :|  ヽ\ -― ニ. _ 二ニ=ー-‐=/
                     ', ヽ.l   ヽ丶. _、       ,ニ=‐'´/
                  \ \    ` ー `' ー-‐'´/フ :/
                       丶 丶. ______//: :/
                        l ` ー―――――一'.: : 〃::::::::::::::::
                        ヽ、       . : : : : : :〃::::::::::::::::::::::::::::::
                         ::::\      . : : : : : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          ::::::丶-------‐ '´::::::::::::::::::::::::::::::::
                            : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    海岸で拾ったのか、のび太はバケツを両手で持っていた。

    呆れた顔をしてこのバケツを地面に置くと一部の水が土を濡らした。

    よく見ると、やる夫は上着に沢山の貝を載せていた。

    生徒たちはちゃんと食料を確保したのを自覚すると、ねらう緒はすごく惨めな気分となった。

   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

158 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:09:28 ID:6KOYAiiU0


                   ,.   -‐… …‐-
             . : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
 .           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .,_
 .         / : : : : : : : : : : : : :./: : : : : :/: : : : : \
        /: : : : : : : : : : : :.:/ /: : : : :/ }: : : : : : :.',     いや……先生だって努力はしだんだ努力は……
 .        /: : : : : : : : /\/  /: : : /  }: : : : : : : :',
      // : : : : : : {  }  /: : ー=≦云ミ.: : : : : : : :     >努力したって結果が出なければ意味はないわ (天子)。
      / ,: : : : : : : 乂,ノ   / {    }} : : : : :.:}: : l
 .     ノ>--′: : : :./ / ̄ ̄ ̄ ゝ.,_,ノ:}: : : : :.:/ヽ:|    うるせぇ~っ。だったらお前らがやってみろよ!!
     (_/ /|: : : :/  / ∨∨∨ヽ|      }: : : : :/.\_)
      V |: /ヽ  /         :|      }: : : :/ヽ.,イ      逆切れかお。やれやれ……ちょっと待っていろお (やる夫)。
 .       、j/   ≧/          |     /: :/ /: ′
        ヽ     /___________|-一 // /:/
          ゚,    .//    }V      ,イ/
           \    ∨    }/    /
            /   /      }    ゚,
           /   /       :}    } \
 .          /   .{_______}    }  ≧=-
 .         く      {,土土土土}          ノ
 .          \  ./////////,}      ./
           }_//////////}___/
             |////////////∧
             |/////////////∧

159 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:09:45 ID:6KOYAiiU0



            ___
           /     \
 iニーヽ    /─  ─   \
iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \    やる夫は虫メガネを持ってきたんだお。
  ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
      ⊂ ヽ∩ `ー´    _/    たまたまリュックサックに入っていたんだけど、こんなときに役に立つと思わなかったお。
        '、_ \       )
          \ \ / /|
           |\ ヽ /  |




                    _____
               /, ――― .、\
              //          \\
          //               \\
          | l               l |
          | l                l |
          | l               l |
              \ \          //
                \ \         .//\
             \_二二二二二/\  \
                            \  \
                            \  \
                                  \_ノ

160 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:10:09 ID:6KOYAiiU0


           (
            )   ノノ
           ((   ,,,;)
            )  ノ
           ( _ ⌒)
             (  (
             ) ノ
             )ノ

            _
     ┼ ll    ⌒)::::ヽ
     小      i:::vヘ,
       ツ    ゞ__.ン

                 ボ
              ,'    オ
              (:'    ォ
              ',  ))   ォ
             }  /(    ォ
           ,' ノし': :ヽ      ォ
         ((,イ: :  :: :V)     ォ
         、ゝ: :   : :(ノ}    ォ
         ヽ: :: :  : :: :/   ォ
           ゝ;:; :;从;ノ

                  ,, :.    "             。  ,, :.
                           _                       ┌┐┌┐
                            _ノ:.:.〉                 ┌┐  ||||
               ┌┐┌┐       ( ̄           ”    ┌┘└┐└┘└┘
         ┌┐  ││││             \           └┐┌┘
       ┌┘└┐||||               }\     ┌┐||┌┐
       └┐┌┘└┘└┘      /        /: : .:〉    └┘└┘└┘
     ┌┐||┌┐        /:/        /: :: /      "
     ||||||       /: : ∧        /.:. .: .∧  。  ,, :.   .. # "
     └┘└┘└┘       {;.; : : : : 、    /: : : ::. : : \
          ” ,,      ”  \;.:. : : : \_/: : :. :. : :.:. :.:::\__)
                    __): : : : : : : )  :. : ..:. .: .:. : : :: ::<´
                     ̄>: : :  :. : ..:. .: .:.   :.: : : : : : : :.: :: \
                    (;.: : : ; ,: :.:: : , : : : : : : : :、: : : .:: : ::: :: ::::)            ┌┐    ┌┐┌┐
                     Y :. ::. : :.:.: : : : : : : : : : : : : : : ::. : :.::: Y           ┌┘└┐  ||||
                    _ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : :. : ::L _            └┐┌┘  ||||
                  从 :. ::.: :. ::. : :.:. : : : :.:.:. :/ :. ::. : :::. ::. : :.:. :::;从        ┌┐||┌┐└┘└┘
                Y :. ::. / :. :㌍:㌃:㌘. :.: 从::. : :.㌶㌍㌦.:.: : / :::::Y       ||||||
                 {:::. :/ :. ::. : :.:. ::. : :.:. :/ :. ::. : :.:.: ::. : :.:.::/:. ::. ::.::::}         └┘└┘└┘
               :.:.) :. :, ,, ,: ::.,,:.:. `,; : ∠ :. ::. : ::. :::从.:. : / :.:/ :. :::(:.:.:
              :.:.(;:.三三三:三.从:三:」L:三三三三三三{#:/ :. :::: :.:.:;):.:.:

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   虫メガネによって集められた太陽光は火種に当たり、すぐに火種から煙が出た。時間を置かずに炎が見えてくる。

   やる夫は冷静に息を噴きかける。徐々に火が大きくなっていく。

   なりゆきを見守っていたのび太と天子は枯れ草を火種に掛ける。生まれた火が枯れ草に引火し大きくなる。

   キャンファイヤー如く勢いよく燃えるのは時間の問題であった。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

161 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:10:26 ID:6KOYAiiU0


                   |\
              <´ ̄`ヽ |
            ,. -─-\  ∨,,.. -─- 、,     ∧
         /      `ア´::::::::::::::::::::::::`ァ'⌒ヽく. 〉-‐ァ
           レ'"´ ̄`>‐'、:::::::::::::::::::::::::ァ‐-〈  _ノ ∨_/
             r::''"´:::::::::;;:>───-( (  )  ノ\    やった!! 火が点いたわね。凄いわ!!
             \>''"´ / ,        ー<::::::::ソ
           / / .::/ _,厶 /   ィト、  V. `Y´
            / イ  .:/|´/{ .:ハ   .:lヽ `  |  |
            {_∧ .::l ヽj,ィ==ミ \ィ==ミ、  ::|  |
               ート} 〃           ヾ l:ノ   ,|
              o   // xx         xx |;   / ! ┼┐
         /\  /:人    r ―‐‐v   〃  | l  l j
              /   :}> _ヽ    ノ  /  |  ハ
            /    ノ-<_r丶二二  /   ハ ヽ
            〃  /   lヽて __, ン シ.    |ヽ ヽ
            l   /   「 ̄丶rァ─/     | ヽ  ヽ
            レノ     >  ハ </ /   / ,' l   ',
            〈      ノ  / ヽ| /  /l/  |、  l
             ヽ     ハへノ|o.| ヘ ヘ/     小  l
              >‐‐-、ハ   | |   >'"´ ̄"r// l l
              〈,ァ─-、|   |o.|   i>'´ ̄`Yl/  }/
               |   |   | |   /   /
                |.   l   |o.|   /   / l
               l   l   | |  /   /|
                  l   l  |o.| /   / L__
              l   l_ | | /   /-=} `ヽ、
                r「l   {" ̄7   /  {    \
             /! l| l   } ニ7   /- 彡イ \   フ
            /  ヽ l   Y/    /イ  ノ'   \/
        /    ヾ_∧_∧|\ンヽ/  〃     \
      /      rち   ム   フ ///       \
      /        ヽ    {   '"ヾ /            ヽ

162 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:11:05 ID:6KOYAiiU0


     ,  ───  、
  ゝ/ ________\
  /  | / ─ 、 ─ 、l
 /   | /    l    l
 |   |─|    (・|<   |  (⌒ヽ
 Y⌒`  ヽ_ ノっ_ ノ 三   )   うん。やる夫の大手柄だよ。
  ヽ_    、____つ l  (、_ ノ
    \  \-、-、_/ノ  _   _    たまたまと言うけど、よく持ってきてくれたよ!!
     /` ー | l |‐ ´  l l//)、
   /´ \/ `ー´ \   l )  ヽ´ノ
    |  ヽ     |/\/  __ /
   ├─┤    | 、

163 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:11:17 ID:6KOYAiiU0



    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    .:′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::\:::::∧
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ::::::::::::::∧::::}マ::::::ヽ:::::ハ
  .′:::::::::::::::::::::::::::/ .}::::::::::::/ : Ⅷ マ::::::}:::::::,
  l::::::::::::::::::::::::::::::/  |::::::::::/ x:Ⅷ_,斗ァ:1::::::l
  |::::::::::::::::≧ァz斗ャ<|:::ル゙  ィチ芋ミァハ:::}:::::::|   やる夫!! 何で先にこれを貸さなかっただよ!!
  |::::::::::::::Kくんr::ハヾ.|/    .んr::::ハ X:イヽ::::|
  l::::::::::::::::、 勹`:';ツ ,.      '゙─' ’ .|::| }:::l
  ヾ::::::::::::::::::::::| ̄,,    ′   '' '''  |::| /:::/
   \:::::::::::::::::|  , ィ´`ー一'`ヽ     .|::|'゙`ヽ
     ヾ::::::ト;::::| ≧{         }   .ィ゙|::|   .ハ
   .,ィ´r―ァニxヽ ヽ . ___ ノ イ/  ;ィ´⌒ マム
  /  .| / /¨ィーvZ≧ー--─≦ト、/γ´、ヽヽ .}ハ
  /  ハ       / |、    ,ィ|  {、  `   ノ∧






.         ____
.       /     \
    /       \
  / /) ノ '  ヽ、 \     貸そうとしたお。でも先生話を聞こうとしなかったんだお。
.  | / .イ '(ー) (ー) u|
   /,'才.ミ). (__人__)  /     >うぐっ(ねらう緒)
   | ≧シ'  ` ⌒´   \
. /\ ヽ          ヽ

164 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:11:39 ID:6KOYAiiU0



  :::::::::::::::::::::::::::::::>'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  :::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::!:
  :::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::/::::::::,' ::::::::::::::::ノ
  ::::: ::::::;ィ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`x'゙:/:::::::/ ::::::::::::::::/:    またやらかしてしまったか……
  :::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::"メ::::::/::::::::::::::::::/
  :::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ`x':::::::/:::::∨:::::::::ハ::::::/:
  '゙   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::u::/゜ミメ/:::::/)ノ:::/ /::::/
  .   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::/i //:::/ /:/:
    |:::::::::::::::::::::∪::::::::::/     /´  ',///´:
    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::/         '、
     V::::::::::::::::::::::::::::/  ij       _ゝ:
  、  V:::lV::::::::::::::::/     _ _ / ´
  . 、  .V::l'V::::::::::::/    ´ ,フ′:
   ’ /ヽl .V:::::::::l 、   , "´:
  /',゙ \  \:::::l  `¨´:
   /  /} :  .\l
  ./ ./  } :
  ゙/   .}

165 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:12:00 ID:6KOYAiiU0



         _,,.. --───- ァ'⌒ヽ 、
         ,.:'´:::::::_;;;:::--─--::、{_ノ ,ハ)ノ)
     }\ /;:::::''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙''<, ̄`>
 < ̄>'":::::::,.:: ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'' 、:;::::::::`'く
  /::::::::,:: '´   /            `゙ 、::::::::\.
 /:::::::::,::'     ,'    、 -イ ヽ、  ':, \:::::::':,.
 {:::::::::/    / .|    / ヽ_」_ハ ハ   ',.  \::::}  ええ、またやらかしたわね。
 `''ー,     -イ|   ,'  7´,c‐ ミY    |    }ソ
   |  、   |. /__、  |    {   ハ}|    |    ;'´    これで本当に懲りたのならやらかさないように注意することね。
   |   \ | ァ´,c、\|   ゝ- ゚' |   |    {
    '、  |/ ヽ|{ { r!       "" !   |    |
     \{ ヽ ハ ゝ'" .       .!   |   |
       } | "      _ノ   '     | i   !
        ; .人    `     /'   |. | |   |           /´} ., -、
       //  /> 、     ,. イ'    ハ | |   |       (\r、/ .// /
       ,'  ,'||    {>r< /   ,:'_,,.. -─- 、       _} }/ / //
       {  {八   ,,.r}、  ,'   /       \   , '"´ '  '´ /
      八  | _,,..イr‐-、/-‐{  ,'   /       ':,. /      /
     ,'  ,>、|´   }::::ァ'ム::::::'、 {.  i/         } ;'     イ´
     { /   、}  L::イ:::\:::::ヽ|  ,'         '、}     |






                  , -‐ ━ ‐- 、
           _,,. y‐/           \
         i Y '   /            ヽ
         l/    ノ              ,
        /,,.-' \/             \  ',
       /ィ    ≧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::,
       /.       /:::::::::::::::::::::::/l:::::ハハ:::::::l:::::::ハ    くっそ~馬鹿にして。
      /        /::::::::::::::`::-/-l::iリ`十゙∨:|::::∧}
     /        /レi:::::::::::::::ミ≠ィ l/ .z=イ|∨レ'     >馬鹿にされることばかりやっているからでしょ? (天子)
    /        / /.|::::::::::::::::/    、  l|ノ .\
    /        / /ヽマ:::::::::::::|  r-ュ  ノ|   ヘ    くっ、何も言い返せない自分に悔しいぜ。
   /        / / .∧ヽ|マ:::::ト   __ <|V     }
   /        / /  ∧/\|-.、  .,ィ∧|    ハ
  /        //     /∧   //l      .∧
  ゞ____/    / /  `ー'゙ / .| ./      ∧
      /       |  /     /  | ./        ∧
     /       | ./     / /∧        ∧
     /         .|/ 〃 / // / ∨        ∧

166 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:12:14 ID:6KOYAiiU0


      ____
     /      \
   / ─    ─ \
 / -=・=-   -=・=-. \    うわ~容赦がないお。
 |  u ,  (__人__)  U |
 \    ..` ⌒´   .〆ヽ    天子ってドSなのかお?
  /          ヾ_ノ
 /rー、           |
/,ノヾ ,>         | /
ヽヽ〆|         .|






       ____
    ゝ/____ヽ
   / | , ─ w-、!    まったく、尻ぬぐいする僕の身になってくれよ。
   | __|-|   +|+  |
    ( u `ー  oー |    落ち込んだ先生を立ち直させるのは結構一苦労なんだから……
   /ヽ、/^\__/ ノ
   l、(uu ー,─ 、´
    l \ __/┬ ′

167 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:12:30 ID:6KOYAiiU0



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

168 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:13:29 ID:6KOYAiiU0



  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.:.:.:.:.:.:.
  :...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:..:...:...:...:..:..:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...



                       / ̄ ̄\
                     /       ヽ
  ____________|_____|____________
              --_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--
                -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
                  ─ ̄ ---- ─---- ̄--
                -  ̄─_─ ̄─ ---- = ─- ̄-
                  ─ ̄ ---- ─---- ̄--
    :.:....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:....:.:...:.:.:.:.:.::.:.....
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

169 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:13:42 ID:6KOYAiiU0






           パチ     `   ,ヾ、
              ` ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ
                   ) Y  人 ヽ)ゝ'
              (:.、)ノ'  ノ ,( `ノル'  パチ
           パチ   _,ノ   ..    t ソ
               `ヘ(   从;: .:;、丿)ノ
             i /_)   ,;   ;,,.  Y
               ⌒ヽ   .;:    ::;, ヽ
             丶 _人ノ,  ;:       ; (
               从ヽ   .;:        ;,ノ
            r===<彡-'"ソ_;;#;;从ノ="(ン(",,
           (\,ノ´フ,{='に}/{てニ}r=ィへ,)≡==-
           >`てk-'ト、iノ//ヽ)ー'レr小)人ミ三≧
           (ノメ'トf  //けi」(ノ'(ツハ)ト)三≧
              ^^''"'"ケ) (ハ)"(ハ)ヽ)"^^

170 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:13:58 ID:6KOYAiiU0






               ―― -
          ´               `
      /                  \

                  ル' 7  /ヽ    ヾ
     l!          /- '|  l! _V     l! スゲーッ!!
                 |   l /   V
                ,z=≠=、 レ′    v   '  沢山じゃないか!!
      v        |       ‐≠ミ|V/
        v        !     '    !ノ
       V         |   ャ─‐ァ   '
       |        l   `一゙   イ |
         !从从、   j>-   ≦  り
         '/  ̄ ̄`l!     |1ヾ ヽ
          ≦、___/ |__    __! ∧ノ≧、
     /        /| `    |;V´   ヾ
     /´  ヾ    / '|丶 _ ノ! v   γ V
        ∧   〈  l       |  〉   }   v
    {      j!     v |       ! ′  j   V

171 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:14:14 ID:6KOYAiiU0



                      _,./`ヽ
                 r.、  / .:.:.:.:.:.:ヽ                       i  |    i
              <ヽ、 〉 V´`ー=ニ三.:彡ヽ                     ヽ   |  |! i  l    i    ,
     ,__        ヽ,::ー' .:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.〉                 ヽ  ヽ、 \  | |l. |! l i  il.  ,. /
    f.:.:.:.\    ,,_,zー-f   ` < _ .:. :.:.:.:ノ.:.:.〉               \  \ \ | || || l| |  !| / /  ,.  ,
      \.:.:.:.:ヽ/´ ィ.:.:.:.:.:ヾミz .:.:.:.:.: .:.:.:.: .:.:.:.:.:人              \. \ \ヾ∨ii ii|^l|ハV||Y v!i / /
  /.:\ \ .:.:.:.:// / .:i.:.:.卞ニ≡==≡ニ彡ソ.:.:.:ヽ、_     _ __      `ヾ\ゞヾv` |iiil ||  || イ ,^ケ/   _ , -
  ヽ、ノノ`ー´.:.:/ j .:/ .:.:.:.i:.:.:.:.:.:`ー=二三二彡".:.:.:.': .:.: 丿       - ̄- ̄三三-ヽゝ``ミ゙  |i| lij イ < ∠三 ̄- -
    \  :.:{ / \ .:.:.:.:.:.:ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:   .:.:.:.:.:.,:.:.: l´       ‐ ‐‐‐======≡≡≡ニ: : : : : : : ,、: :::::¨'ゞ<≡==-- -
      }  .:∨.:.:.:.: `ー _ .:`.:.:ー.:-.:.:.、:.:.:.:.:_.:.:.': .:.:ゝー‐‐ァ   - --------===ニ¨ァ::::ソ::/ル i!i ii!!ヽ;:;:__ニ≡≡≡===---- -
      } r'" `Y.:.:.:.:.:..:.:.:.: `¨ ー = .:´.:.:.:  .:.:.:.: .:.:.:.:.:ノ       、、---'''''''"ヲス::::タ:::ハ::::|i.::i!i::::ii!!`ミヾヌミべ.- 、 ,,,__
  r‐(´(´.:.:.:.:”ー<.:.:''´.:.:.:.:.:.:.:.:   .:.:.:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:<´ ̄             /, ツイァ/レ::ソiiハトiイリiヘ!i::トィY\ ` 、
  `ー----ァ.: .:.:. :.:.:.: .:.:.:.:.: ).:.:.:  __ , --―-=、_.:.:`ヾ,          /   ///シ/イ!iyト::イiリVi|ヘ|i ヾ  \  `
    ,ィ・".:.: .:.:. :.:.:.: .:.:.:. (_,_/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ィ´ ̄¨´          '    / ' / /: |i !|l 川|l |i  |l \   \
    {_,,..ィ-´¨`ヽ.:.:.:.:.:.: .:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ノ     , -‐-ュ、_                /  / /  | ! |! │|!.  l  |! 丶   `
          /.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_.:r‐'´     ,f¨ _   _彡メ、                   / /  i   |  i |  i   l
          し'´ ̄ ̄¨`´´ ̄ ̄´       ,ィ“ミ_   ___彡'少ヽ,
                                ,ィ“ヽミ_    ____彡'  卞、
                         ,イ“ヽミ_      ___彡'   少、
                           ,f”人        _____彡'  , '  ヘ、
                          ,4   、       ____彡ィ´ , ' ,  ヘ、
                          |     ヽ      ______彡ィ´ , '     !
                          |            _____彡ィ´      }
                          マ                 彡         /
                           匁                彡      /
                            \              彡    /
                              `・之           彡  ,斗'"
                                 `ー-、ニニ二三三二ムィ"

172 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:14:32 ID:6KOYAiiU0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 生徒たちの戦利品を見たねらう緒は喜びに満ちた声を漏らす。

  バケツのなかにはサザエにツメタカイ、イソガニ、ウニもいた。

  やる夫が上着を袋替わりにして持ってきた貝は、アサリ、ハマグリ、バカカイであった。

  何で日本の潮干狩りで馴染みのある貝が捕れたのか分からないが、実在しているのだから受け入れるしかない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

173 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:14:45 ID:6KOYAiiU0






          , -─  ̄ ̄ ─- 、
       , <            :`< ̄
      /                  \
     / ./         ,ィ         ヽ
    /::/::::::::::::::::::::::::::::::/./:::::/ヽ::::::::::::V:::::::ム
     l:::l:::::::::::::::::::──/‐ .|:::::::|  ヽ::::::::::|:::::|マム    うまそ~だな~。
     {::|::::::::::::::::::::::::::::::|  .|:::ル' ̄¨ヤ::::::::j:::::| ヾ
     l::|::::::::::::::::::::y===、 レ'     V::::八/      はやく食べたいぜ。
     V|∧::::::::::::::::::::::::|      ,==x .|V
     V:∧::::::::::::::::::::::|      '     |ノ
      V:∧:::::::::::::::::::|  ャ─‐ァ   /i
       i:::::::\{ヽ::::::::|   `一゙ ./i::|
       }从ルヘ:|. ヽ、|> 、 , <  .V
        厂 ̄ ̄オ    | |ヾ¨|
       >j___/ |__   ___| ∧|> 、
    ,r'´      /| ` ´  |∨    .ヽ
   ,r' ``ヽ     / .ト、___.ノ| .∨  γ´V
   λ    ヽ.  〈  |       |  〉   }  ハ
   ( `     }  ∧ |     .| /    }   .}

174 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:15:03 ID:6KOYAiiU0






          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::f       Y       Y   __∠__
    _,,.. -=ニ二::::::::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::::::::x、_ノ  ノ  ノ   } /
 ∠二¨¨¨¨¨__,..二¨¨:::::::::::::::::: ¨¨7ニ=-≦::;;_::::::::::::::::::::::ー ヘ._ン
 ::::::::::::::::::-=7::::::::::::::::::::/|:::::: /::://_,斗-‐=ァ トミ__::::::::::::::::::::::::::::\x、 _,,..>'   はあ? 先生の分はないわよ。
 ::::::::::::::::::::∨ :::::::::::::::::/ :|:::_厶ィ'´〃 ,r::、 /リ |::::::::::`¬=ニ二;;:::_____
  ::::::::::::::::::::.:::/::::::::::::ァト、|::/ |/   __{::jソ彡  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::   だって任せてあったことをできなかったん
 ::::::::::::::::::::|: |::::::::::: イV-=ミ}    ´       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::   だから……。
 ::::::::::::::::::::|: |::::::::::::爪 、_{:j/          │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::|八::::::|:::小. ´ /              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|-=ニ二
 ー=ニ二:::::::::::\|\|:::.                |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       ¬ー=ニ二|:::::.                |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                |:::: ゝ   -- 、       .::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::
                |:::::::::::\            /:::::::::::::::厶::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                |:::::::::::::::::|>、     イ /:::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::\
                |:::::::::::::::::|\>< :::::∨ ::::::::::: /゙    \:::::::::::::::::::::::::::::::::...
                | ::::::::::::::ノ  \ :::::::r'7::::::::::::: /     /¨\:::::::::::::::::::::::::::::::

175 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:15:16 ID:6KOYAiiU0






           \
             \
  :::::::/i::::/i!ヽ::::::::::ヘ:::ヘ えっ!? そんなぁ。嘘だろ!?
  ::::/\:|:::|:イ ヽ::::::::i:::::',
  i´|`i::::|:iリ::i⌒i ∨::/:::ハi
  ! ・ !:.:.:i!:.:.:! ・ ! iVハ/
  `:|‐'   ゝ` ‐' 〈:|)
  :::| ァ=====、 u. }|
  ::|  i:::::::::::::::i  /|
  ::ト、.!:::::::::::::::i/V
  、| ゝ====ィ_
  .  lハ|   |ハl
  /  /ト、_ノ|ヽ \

176 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:15:31 ID:6KOYAiiU0



  : / : : : `'' < ================
  /: : : :/ : : : : : `'' <===========
  : : : :/ : : : : : : : : : : : `'' <======
  : | : i : : : : : : : : : : : ! : : : : :`'' <=
  : | : |: ! : : : :.!: : : : :/: :.! : |: : : : : :`   えぇ……。
  : |、:.ハj : : : : !: : : :/!: :/: : |: |: : : : :
  : |vx≠ミ : : |: :///㌍ミk:!/ /: :
  : |.《  ):ハ\r" .' rヘ j刈 》/ /: : :
  :ハ . 乂:リ       乂zソ :/: : :
  : : . , , , , ,     , , , , / /: : : : :
  : :ハ     `      / /: : : : :
  /: : : 、   _   ノ  /:,イ: : : : : :
  :/: : : :>.    ー=彡': : : : : : : : /
  : : : : : : :/≧ 、  <:, ヘ: : : : :_ノ
    : : : : :./_.ィ〔 _, イ -'-'`ニ ̄
  : : : : :/:i:i:iフ^ト、ラ:i:rゲx< ノ⌒: : :
    : :./:i:i:i《:i:i:ir―:i:i:i:i:i,イ/ : : : :./
  :/:i:i:i:i:i:i:i》ゞ' : : : : : : : : : : : /
  i}:i:iー=彡ノ : : : : : : : : : : : /
  i:ゞ::_ -=≦: : : : : : : : : <







              _,,.. --───- ァ'⌒ヽ 、
          ,.:'´:::::::_;;;:::--─--::、{_ノ ,ハ)ノ)
      }\ /;:::::''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙''<, ̄`>
   < ̄>'":::::::,.:: ''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙'' 、:;::::::::`'く
    /::::::::,:: '´   /            `゙ 、::::::::\.
   /:::::::::,::'     ,'    、 -イ ヽ、  ':, \:::::::':,.
   {:::::::::/    / .|    / ヽ_」_ハ ハ   ',.  \::::}   嘘よ。
   `''ー,     -イ|   ,'  7´,c‐ ミY    |    }ソ
      |  、   |. /__、  |    {   ハ}|    |    ;'´
      |   \ | ァ´,c、\|   ゝ- ゚' |   |    {
     '、  |/ ヽ|{ { r!       "" !   |    |
      \{ ヽ ハ ゝ'" .       .!   |   |
         } | "      _ノ   '     | i   !
            ; .人    `     /'   |. | |   |           /´} ., -、
        //  /> 、     ,. イ'    ハ | |   |       (\r、/ .// /
        ,'  ,'||    {>r< /   ,:'_,,.. -─- 、       _} }/ / //
        {  {八   ,,.r}、  ,'   /       \   , '"´ '  '´ /
       八  | _,,..イr‐-、/-‐{  ,'   /       ':,. /      /
       ,'  ,>、|´   }::::ァ'ム::::::'、 {.  i/         } ;'     イ´
       { /   、}  L::イ:::\:::::ヽ|  ,'         '、}     |

177 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:15:41 ID:6KOYAiiU0


                  , .. --―=―‐-
           >: -―-: :{/: : -―‐-: : : >
         / : : : /⌒`¬´: : : :ヽ : : : : : : :\
       /: : : : /: : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : ヽ
     〃: : : : : /: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : :ヽ: : : : : : ,
     /: : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : ┃┃l: : : |: : : :
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :━┛┗━ : }: : : : i   コラァ!!
    /::/ : /: : :..l : |: : : : : : : : .{ : : : : ::━┓┏━ :リ: : : : }
    i: i: : |: : : : | : l: : : :|、 : :从: : :_.|: :|┃┃リ: :/: : : : :|   大人をおちょくるな!!
    |: |: : |: :⌒\_{: : : :| ゝ斗ァ7孑´: | : }: : : /: :/: : : : : |
    |: |: : |: : : :∧ハ : : {  \{  \ : l: リ: : /: :/: : : : : : !
    |: |: : |: : : : γ ̄V∧  ィ´ ̄`ヽ : .':/l/: ∧{: |: : : :/
    {: !: : |: : : : |乂__,ノ∨ヘ 乂___,ノ/: : : :∠少l :∨ /
    ∨ヽ: : : : : :ゝ   } ヽ>   /: : :/rイ : | : ∨
      ヽ: : : 八  .ノ        フ: :/ {/ {: : {∧ハ
       }从ゞ: ヽ r,,___┐/イ _└‐┐ !  ヽ{
       |:∧: : :l トヘ∧∧∧} -<     ∨
       |:}  i: :| } ̄⌒_} ̄./ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ ヽ
       ソ.. |: :| ノ  へ | /          ∨\
          |: :}´ ̄  'リ              ∨〈
          |: リ     }                | . ∨
          |/       ∧            }   ∨
           /       /  }              /\ }

178 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:16:10 ID:6KOYAiiU0

 <ギャーギャー、ワーワー。

.       ____
       '"   U    `丶、
   /  \         \    まったくあの二人は……。
.   /     `¨″  `'ー'" ̄`
  {  三三       三三   }   のび太、砂抜きは終わったお。
.  '.                 J /
   \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
     `¨7    ̄       ‘,
      /          ‘,






       , ──── 、
    ゝ/ _______ヽ    二人なりのガス抜きだよきっと……。
     i  | / /⌒ ヽ/⌒ヽ
     | _| _|   ・|・  |__   分かったよ。抜いた貝は拾った鍋に入れておいて。
  , ─i 、    ヽ __ o__ ノ  ヽ
  !  `-、          |  !  >バケツに入っているものはどうするだお?
  \   ヽ、   ──┘ ノ /
    \   \二二へ二ヽ/   熱した石で蒸し焼きにするから、葉っぱに包んでおいて。僕は準備しておくから。
     \ |        |
       |        |     >分かったお (やる夫)。

179 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:16:23 ID:6KOYAiiU0



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

180 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:16:43 ID:6KOYAiiU0


          ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
     ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
      ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
             : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
      ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
              :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
    ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
           ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,

181 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:17:02 ID:6KOYAiiU0



      パチ     `   ,ヾ、
         ` ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ
              ) Y  人 ヽ)ゝ'
           (:.、)ノ'  ノ ,( `ノル'  パチ
      パチ   _,ノ   ..    t ソ
          `ヘ(   从;: .:;、丿)ノ
        i /_)   ,;   ;,,.  Y
          ⌒ヽ   .;:    ::;, ヽ
        丶 _人ノ,  ;:       ; (
          从ヽ   .;:        ;,ノ
       r===<彡-'"ソ_;;#;;从ノ="(ン(",,
      (\,ノ´フ,{='に}/{てニ}r=ィへ,)≡==-
      >`てk-'ト、iノ//ヽ)ー'レr小)人ミ三≧
      (ノメ'トf  //けi」(ノ'(ツハ)ト)三≧
         ^^''"'"ケ) (ハ)"(ハ)ヽ)"^^






                 _
             。          ≧s。
          /             \
        /                 ヽ
       /   __________ム    ……やっぱり火を見ていると心が落ち着くね。
     \/    | // ̄ ̄\ / ̄ ̄\|
     ̄∥    .|∥ /      ∨      |
     ∥     .| | |     /│\    |
     {      |.-‐|        ∧  _   /ヽ
      Y''¨゚゙ヽチ   \__/  ´ )─ "ヽ丿
      l ( ヽ                }
      人  ソ         ー──     /
         `‐''ゝ、             /
             丿゙''‐-     -‐''"
          _/\___, ゝ‐┬‐-、
         /  \    ∧     /   \
         {     ゙'‐-‐" ゙‐-‐"     }

182 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:17:15 ID:6KOYAiiU0

        ____
      /  ⌒  ^\
    /  ( ●)  (●)      のび太……お前はオヤジかお。
  /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
  |       |r┬-|   |
  \        `ー'´  /







           , -─  ̄ ̄ ─- 、
       , <            :`< ̄
     /                  \
     / ./         ,ィ         ヽ    いや……そういうことはあるかもな。
   /::/::::::::::::::::::::::::::::::/./:::::/ヽ::::::::::::V:::::::ム
    l:::l:::::::::::::::::::──/‐ .|:::::::|  ヽ::::::::::|:::::|マム   記録のどころかにその安心感が刻みついているのかもしれないな。
    {::|::::::::::::::::::::ャ=rァ=.、 |:::ル' ̄¨ヤ::::::::j:::::| ヾ
    l::|:::::::::::::::::::::::、{ ij'イ .レ'   lオT7、::::八/
    V|∧:::::::::::::::::::`Τ´    |.ijレ .|V
     V:∧::::::::::::::::::::::|      '     |ノ
      V:∧:::::::::::::::::::|  、_     /i
     i:::::::\{ヽ::::::::|      /i::|
      }从ルヘ:|. ヽ、|> 、 , <  .V
       厂 ̄ ̄オ    | |ヾ¨|
      >j___/ |__   ___| ∧|> 、
   ,r'´      /| ` ´  |∨    .ヽ
  ,r' ``ヽ     / .ト、___.ノ| .∨  γ´V
  λ    ヽ.  〈  |       |  〉   }  ハ
  ( `     }  ∧ |     .| /    }   .}

183 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:17:32 ID:6KOYAiiU0


                             _,,.
                  ,_,;;;㌻.;;:゙´  ,;;.:,:;;;:㌻´ _,,. _
                 ‘”〃⌒ア^彡'.:∠ニ=≦恣茫⌒≒-
                  ,ィi{り.:.:. .:;;:::::::.:.: ""´..:;;:※∵‘”'
               jリ㌻.:. .: "´´.:.:,,乏,;;;辷__彡
                  ;;:.:. .:     .:;;;;芝㌻⌒
                  :;;;:.      ,;;;爻^
              爻:;;:.    j{“´
               "≒,,_ 辷_
                   ”0h.,_ニ‐ ,_
                    0  °` -_ニ‐ _
                         ゜     ` ‐ _ニ‐ .,_
                                 ` ‐ _ ニ‐ _
                                    ` ‐ _ニ‐ .,_
                                   ` ‐ _ ニ‐_
                                        ` ー'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 「まず寒さの厳しい地域に進出した人類にとって火は冷えた体を温める暖房となった。

  火がなければ生き抜くことはできなかったことだろう……

  海洋酸素同位体ステージ6、トバ・カタストロフのときも……」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

184 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:17:44 ID:6KOYAiiU0



上二本与半卉亠十士廿卞广下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下
下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下下广卞廿士十亠卉半与本二
                   广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下
                   上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下下广卞廿士十亠卉半与本二
                 卞:(・)广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下
               与本rミ ,○、:(・)二本与半卉亠十士廿卞广下下广卞廿士十亠卉半与本二
            十士廿卞/  / ミ 〉廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士
            卉半与本/  / ミ 〉二本与半卉亠十士廿卞广下下
          亠十士廿卞|  ̄\ /士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下
         十亠卉半与本∴.、`  /半卉亠十士廿卞广下
       ri亠十士廿卞广下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与
    __,! ヽ半与本二上旦上二本与半卉亠十
  三三  _{{ 廿卞广下广卞廿士十亠卉半与本ttttanasinn.......本
     ̄ ~~ 半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下下广卞廿士
上二本与半卉亠十士廿卞广下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉
下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下下广卞廿士十亠
上二本与半卉亠十士廿卞广下广卞廿士十亠卉半与本          ==ュ
下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半               /,  !
上二本与半卉亠十士廿卞广下                       `^|.|.|jj
下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半                l.|.|
上二本与半卉亠十士廿卞广下广卞廿士十亠
下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下下广卞
上二本与半卉亠十士廿卞广下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二
            二上旦上二本与半卉亠十士廿
               卞广下广卞廿士十
          亠卉半与本二上旦
        半卉亠十士廿卞广下广卞
        士十亠卉半与本

                 | ̄ |
                 |   |
                 |   |
               _|   |_
                \   /
                  \/

185 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:17:56 ID:6KOYAiiU0



::∵∵  .∵ .:¨  .‘    .: \_ ̄.:¨             ∵. :\_ノ==‐-: : : : : : : ::/  ‘∵    ¨∵∴:  ¨∵∴:
:¨ ∵ ∴‘.:¨      ..  ¨¨    .:¨              .    ∵  : \ : : : : : : : : : : /{    /|      ¨∵: ∴ ∵∴
  ∵ .‘      …¨¨           /         | l \   ∵       :  \:_:_:_:_:_:_:/: : :廴_ イ::|  ∵    ¨: ∵ ∵:
  :     ;‘            :, '..   /     il |、  \  \       i    ヽ ̄`丶、: : : : : : : :彡"  .¨  :   :  ∵::
  :   ;‘  .‘   .  ¨¨.…¨¨¨¨/  /   !  八 | \   \  ___    l ∨ ∧  ヽ \―、r冖==-'      ¨    .  ∵:
 :   ;‘ ∴¨   ¨    _,, " -‐/   /  /l  !/「l ̄ \\ \  \ヽ   :l  ∨ ∧  ‘. ‘ .__.  ∴  ..    ∵   ::
:   ; ∴¨    ∴‘:  .    / // /    >l |  \    \\ \  ヽ  l}    ∨\\  :∴ ̄ ̄ ∵.¨∵.∵∴  :    :
  ∴∵     .∵. .¨    / / イ/// 」 Ⅵ,,xzzzzx、    `‐xzzzzx,_ l /l    ヽミ:, `ヾー ∵     ∵. ∵.∵∴
  :∵    ∴∵:      、__i/__z彡/ i /r:l‐="i!:{:(:):}:i!゛\   "i!:{:(:):}:i!゙l-' l∨     \―l--`-   ∵. ¨. ¨∵∴∴
  ∴    ∴∵¨   __¨   i/ l/  /l ∧ i  `“““””´  、  `””“““´l' i } \     ∨}  ∵. ,-┐‘.     ¨∵: :
  ¨    ∴∵     { ヽ  ∵ /{l  / lⅣ 丶', """    ___     """/´/ハ \__   Y   ∵/  l       .∵. :
  : ∴  :∵    ∴ |  l : : ´ i! i l i  l ∧  r‐_ニ -―――- ニ_ ‐ァ /イ  |l\ ヽヽ  l    :|  |   ∵.   ∵∴ : :
  ::¨   ::   ∴¨  |  l .  ,Ⅵ l |l  l//∧ ∨          ∨ /  l   |l ハ | l l :   |  |    ∵.   ∵__ ::
  :: r- ¨.       |  l   ヽ  \l リ ∨ l | \`  __   __  ´/ : /   / / l /  l/     ハ  い∵  :  . ´ ノ ::
 ::  ゝ  `丶、   ノ   i  |i___ i, ¨…'{ : \l \  >    ̄   < . / //´∴ l/ィ    .. l    \  : ´   / : ::
 :: ∴:` 、   ` <       ! .`< _ミ\_トー∴ ∵ \| \ r|    ̄   ト ∴´ :¨ ∴∵/  廴rノ/ ¨∵ ノ     7´    /   : ∴:
∴:  ::   \    l     i∴-≒`ヽ    ∵∴∵:¨¨ノ\     /∵.∴∴∵      /, -ヘ :i         /     ∵∵
∴: ::∴ ∴ ヽ      ∴∴  :      ∵∴::「    ̄>< ̄    ̄l:∴∵      /    7i        Y :   ∴ ∴:
∴  :: ::_  ´      / ∵∴  :     ∵∴.l     /ュ∨     l:∴∵      /     /∧        ` <  ∴ ∴:
∴ , -‐ ¨    ノ     /   ∵∴   ..  ∵∴:l    /´: : ::∨    l∴∵   . .       {  ∧     ゝ     `<∴∵
∴ ゝ--- ‐  ´ }     {     i  ¨∵… ¨   :∵∴   /: : : : : : ∨  ∴∵:     ¨  ::   {  /       `r  .._   `<
∴.∴::∵. /     い  /       .   :∴∵:∨ヽ:_:_:_:_,:_ハ∨∴∵:       .‘    ',  l           l  ∴ ー --'∴
:∴ ::::.¨: /   /    }//          ∴∵∴∵.‘/: : : /:∵∴∵∴             :   {     l   :.∴.∴∵∴∵
∵∴:: :‘.¨/  /、  ∴            ∴∵∴.‘: /: : : /∵∴∵∴∵∴        ::  ∵ ゝ_   ∴  ∵∴∵∴∵∴:
∴∵:∴: ‘ /  / ヽ ‘∴. _ /    .∴:/ ̄: : : : : : : : 八∵∴∵∴∵∴: .    l  ::    :/  ∴∴  ∵∴∵∴∵∴
∴∵∴∵:<__/ :.∴  ∵∴∵∴∵∴∵∴‘: : : : : : : :: : : /{: : ヽ∴∵∴∵∴∵∴∵.. ∴:∴ .∴/  ∴∵:∴  ∵∴∵∴∵:

186 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:18:32 ID:6KOYAiiU0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 「次に、天敵から身を守る有効な術を得たことだ。

  火とその明るさは当時最大の脅威で獣除けになった。

  また夜の闇を照らすことで脅威の存在を晒し出し、敵と正面から向き合うきっかけとなり
  見えない暗闇のなかで天敵の存在に永遠に怯え続けることから解放されて夜間での活動は可能となった。

  火を使い始めたものの、天敵に対して人が圧倒的有利な立場になるまでには未だ長い年月をかかることになるのだが、
  それの存在は人に初めての生活に安らぎを与えただろう」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

187 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:19:18 ID:6KOYAiiU0



                                    て:.:.:.:. _
             ー.. 、                         ヾ
                ::::::)             (:::::.:.::::    _ノ
          , -=   ::::ヽ              .:.  ..:.:.::_,)
         (:::::::::::   :::::ノ                ..::: :.::_
          >::::      ::j     '" .::)     (::::._ .:)
         (_::::     :::::r'      (::. .:)         O
           ̄  (_::::ノ                 o
           Ο     。      Ο     。    (::ノ
             o      。            "
        _ 、 ―_…― - 、_    。    (.::)
  ―>. .:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : . \、―――――――――――――――― 、、
  〃 . : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;r≦二 ー≧  _____                \
  !、: : : : : : : : : : .::::::::::. : : : : (、_λ ̄・ヽニヽ: : : : : : : : : : : : . ― 、__         \
  : :V/、ニ三 、::::::::::::::::::::.. : : : .≧ー ≦に. :_: .丶 ̄ヾ:::::::::::::::. : : : : : : : : : : \、___      \
  V∧三三二V.:::::::::::::::::::::. : : .::::::. .`ー "、_≧: .ヽ丿.:.. : : : : : :::::::::::. .:.:::::::::::::}///∧        li
  :.V/三三三ニ))/  ̄"ヽ : : : : : : : : : r≦7. : : : : : : : : : :::::::::::. : : .:::::::::::::::::::::; ////∧     ||
  ::::{三三三三り、 ':.   ∨. : : : : : : : : : : : : ::::::::::::. : : : : : : : .:::::::::::::::::::::::::::∥'/////i     ||
  (ヽ ニ三三ニノ_λ≦ニ八: : : : : : : ::. : : : : : : : : : ::::::::.. : : : : :.::::::::::::::::::;:ィ::l //////|     ||
  品品呂ニチ/  / ::.    ヽー … 、.::::::::.. : : : : : : : : ::::::::::::. : : .:::: : /.:::::::}////// !      ||
  '品品呂呂1   !  ::.    ハ:::::::::::::. . ̄ ̄ `ー …… =ニニニ ≦"..::::::::////////|     ||
  ≧呂品品 l   丶  :..... ィ, ノ.:::::::::::::::::. : : : . .::::. . :.: . : : ::::::::. : : . :::: .:.'//////// ノ     ||
  '///////'八 __入__、イ"`ー―_……… --". ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; :≦ ////////、`      ||
  ////////////////////////////////////////////////////////////       /l!
  ≧======================================================_≦      / ∥
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ "     /   /
  ――――――――――――――――――――――――――――――― "   /
  _________________________________、 `


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 「しかし火が人類に与えた恩恵のなかで一番大きかったのは食べる喜びであっただろう

  生の肉も焼いて熱を通せばうまみが出て消化もしやすくなる。消化しやすくなることはタンパク質と炭水化物の吸収を
  容易になったことを意味していた。

  また加熱調理によって、消化が悪く灰汁や有害成分のせいで種や花、果肉だけしか食べられなかった植物の大部分が
  たくさん食べられるようになった。

  実際に火を使わなければ食べるのが難しい固い肉や根菜が食べられていたことが化石で示されている」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

188 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:19:49 ID:6KOYAiiU0




                               :;:, .:.
                       パチパチ…    . . .:', .:.
                          ::... .   . .':::;:, .:.
                       ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                       ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
              _/        .::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; .ヽ     ヽ  \ _
           _/;@/    / ',:; .::)       て:;;':.  |@ヽ、 キ''フ ヽ@`ヽ.
          /",:;ン   |`ゞ   ...:.(ノ        (::..  ゞソ 'ゝ  l ;;ゝ、 `くッ_:\___
        __/,/   _//´  ...::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:.   ヽ:; |   ヽ -ハ     `vヾ、
        /V   ./ :;/'..;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :.   ヽ,キ_  ヽ@|        \
      /     /@,;)ゞ.::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::...  /_ ス    ヽ
          / ̄                              ヽ


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      「またいぶしたり、煮しめたりすることで肉や魚を保存食にすることに可能にした」

       >……焼き肉食いたくなるお (やる夫)。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

189 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:20:04 ID:6KOYAiiU0



                            _________
                        ,, -'''"               :゛`'丶.、.......
                     '´                    ::::::::::...`.::::::::....
                        i       (         )   .::::::::::  !::::::::::::...
                        ヽ、                      ,: '.:::::::::
                        `=ー--、....,,,,,______,,,,,... --‐=''´..::::::
                          ``" '' 'ー───‐―‐' ''' "´





  i⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒i
  ∨0゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ 0 .゚ ∨                  _______
   \》 《》 《》  《》  《》  《》  《》  《》 《》 《/                     ィ'r─--───----、`!
     ` <_____________> ´                        }ゞニニニニニニニニニニニニィ
         ` ̄ ̄ ̄ ̄`TTT´ ̄ ̄ ̄ ̄´                            }.::.::.::.::.::.::.::.:..:..:..:..:..:..:..:{
                  l i l                                  !:.:.:.:..:..:..:..:.:.:.:..:..:.:.:.:..::.::.!
                 |.|.|                              |:::::.::.::.::.::.:::::.::.::.:::::.::.::.::.:|
                  l i l                                   |::::..:..:..:..:..:::::.::.::.:::::.::.::.::.:!
         _____ノ八ゝ._____                           l::.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|
         ` ――---====---―― ´                           {.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:..:..i}
                                                    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 「さらに、ある偶然によってか火の熱によって粘土が固まることを知った人類は、水を貯めたり食料を煮炊きできる

  “土器”というオマケまで手に入れた」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

190 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:20:21 ID:6KOYAiiU0


                _, _ ,、                             _..,,,,...__.._
             , - ´       ` ‐- 、                        (:;:;:;:;i::ー 、`'iヽ、,,,
           ノ               丶                     ヽ、:;.i;; :::ヽ,:;ヽ::`ヽ`''ヽ ___
         /                   ` 、_                   __∨ヾ、 ::i:;:;ヽ:: :::ヽ:;:;\`"''=-、
       , ´                        、                  /'´:;:;:;:;\:;:;`ヽj:;:;:;.ヽ::::  ハ:;:;:;ハ`ヽ、j
      , '                           丶             {:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;ヽ:::  :|:;:;:;i:: ::ヽヽ
      ノ                             ヽ               ヽ、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;:;:;:;\ :i:;:;:;ヽ、 ::ハ:;\
    _,'_________________',_                ` ̄ ̄  ̄  \:;:;:;:;:;ヾ:;:;:;:;ヽ:::: ヽ:;:\
    ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三三三ノ                         \:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:: ::i:;:;:;:;\
     ヽ                                /                           `"' 、:;:;::;ヽ;;ノ:;:;:;:;:;\
      ヽ三三三三三三三三三三三三三三三/                               `"'=、:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ
      \                        /                                      `ヽ、:;:;:;:;:;ノ
       \三三三三三三三三三三三/                                          `''ー´
         ` <              > ´
             `丁三三三三丁´
   _         ` ー----‐ ´
   /: :冫__________________
  (;_;_;フ ー─‐ ---== === ニニニ 二二二 三三三」

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       「後に各民族の主食になる米や麦、イモだって火がなければ主食にはならなかった筈だ。

       調理法が煮る・蒸す、焼く、蒸すなど火がなければできないものだからだ」

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

191 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:21:45 ID:6KOYAiiU0

             , -─  ̄ ̄ ─- 、
         , <            :`< ̄
       /                  \
       / ./         ,ィ         ヽ    今となっても火は重要な存在であり続けている。
     /::/::::::::::::::::::::::::::::::/./:::::/ヽ::::::::::::V:::::::ム
      l:::l:::::::::::::::::::──/‐ .|:::::::|  ヽ::::::::::|:::::|マム  現代社会になくてはならない資源、物資の製造の触媒と原動力になり
      {::|::::::::::::::::::::::::::::::|  .|:::ル' ̄¨ヤ::::::::j:::::| ヾ
      l::|::::::::::::::::::::y===、 レ'     V::::八/    日々暮らしていくために必要な電気を作り出すためのエネルギー源
      V|∧::::::::::::::::::::::::|      ,==x .|V
       V:∧::::::::::::::::::::::|      '     |ノ       となっている。
        V:∧:::::::::::::::::::|  、_     /i
       i:::::::\{ヽ::::::::|      /i::|       今さら思うことだが……つくつく火は偉大なものだな。
          }从ルヘ:|. ヽ、|> 、 , <  .V
            厂 ̄ ̄オ    | |ヾ¨|
          >j___/ |__   ___| ∧|> 、      >ねぇ、そろそろ蒸し焼きできたんじゃないの? (天子)。
     ,r'´      /| ` ´  |∨    .ヽ
    ,r' ``ヽ     / .ト、___.ノ| .∨  γ´V    >スープも食べごろかもしれないお (やる夫)。
    λ    ヽ.  〈  |       |  〉   }  ハ
    ( `     }  ∧ |     .| /    }   .}

192 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:22:02 ID:6KOYAiiU0

                 _ ____ __
             ,,..:::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
            ,..:::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::、
          ,::::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::..
        /:::::::;イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,::'::::::,::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,
      ,::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::',
     /:::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>ィ:::::::::::::::::/ ',::::::::::::::::::::::::::::::',
    /::::/:::::::::::::::::::::::::::::/´  ,'::::::::::::/  ,,,{:::::::::::::::::::::::::::::::',
    ,':::::'::::::::::::::::::::::::::::::/    ノi::::::/i/`ー''''´  ヾ'::::::::::::::::::::::::::;
   /:::':::::::::::::::::::::::::::::::トz、`'ヽ  ソ ,,,;;;;;'''' ,z==、 ヾ::::::::::::::::::::::::|
   ;':::i::::::::'::::::::::::::::::::/_¨`ヾ `  i;;;;;;'' //´ _ `'ミい::::::::::::::::::::|    できただと!!
   i::::i:::::::i:::::::::::::::::::/'.;;..:  i}`',  l;;;;;;; ii{ :':;; ;}  i}} i:::::::::::i::::i::::|
    i:/i::ハ::::::::::::::::::::,'  ¨ _ノ' .. |;;;;;; ヾ', ¨  _ノ/ i:::::::::ii::::i::::|    おい!! ちゃんとお、俺の分はあるんだろうな!!
    i;' i/}:::i::::::::::::::,ヾ-=彡 .::::  |;;;;;,,,...,,, ≧=彡   i::::::::i:i::::i::::i
      ';:::i:::::::::::::::::,    .::''´   , ,、'':;;;' ';;;;;;,,,     i:::::::i::}:::i:::;'
      i:::i:::::::::::::::::i   '''''   ' ' -          i:::::::;::i:::i:::'
      {:∧::::::::::::::i   ,,;;;        ''';;;;     ,イ:::::/:::i:::;/
       ! ';:::::::::::::i   ii'∠iエエエエエヽ ';;     /:::::://i/
         ';:::::::::::i,   i' i////////////i i}   〃:::/
          ',::::::::::iヘ   {/{´  ii   }ソi    /彡'
          ',::::::::| \   ヾ┬┬┬┬'ヤノ  /
        __ヽ::::{_/¨i\ ` ̄ ̄ ̄ ̄  /^ヽ_______
     ,ィ''´    `ヽ./  |  `ヽ      , イ i   ',          `ヽ
   /        /  i     ー ''    ,i    ',            ' ,
  /         /ィヘ  ト,           ノ| ,ィヘ',              ',
 ,/          ´  ヽ{ \       / i/                  ',

193 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:22:58 ID:6KOYAiiU0



       ____
       '"   U    `丶、
   /  \         \   こんな怖い顔しなくても……。
   /     `¨″  `'ー'" ̄`
  {  三三       三三   }  ちゃんと人数分はあるから安心してくれお。
  '.                 J /
   \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
     `¨7    ̄       ‘,
      /          ‘,








                -―━━―-
           ,ィ:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、   本当なんだろうな!? さっき騙されたからな!! 信じられないんだ!!
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::ヽ
     ,イ:::::::::::::::::::::::::; イ::::::i!:::::i!::::::::∧:::::::ヘ  一番最初に寄こせ!!
     /;i::::::::,:::::::::::::/ /:::::ハ::ノX::::::::::}::::::::::}
     /゙ |::::::ィ::::i:::::/\ |::::::}, イ´ V:::::/::::::::::|
      |:::i:|:::::l:::::「。¨ .|::iリ.イ¨¨。¨フ|:; <:::::::::::l
       !::i:::::::l:::::|__ノ .|゙  .ヽ、_ノ |::|.i}:::::::::;'
        V:::::、l:::::l    ′      .|::|リ::::::ノ
       ヾ、:{ヾ:::lヽ   ─    ノ.リ:::::Y
           ` .ヾ| >.   <  |从ハ



{

194 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:23:26 ID:6KOYAiiU0






     , ──- 、
  ゝ/ ______\ っ
  /   |/ / ⌒ヽ⌒ヽ|
  l  |─|   ・|・   |     っ 先生、危ない!!
  V⌒ U` ー  ヘー つ
   ヽ_  /⌒ー── ´     石はまだ熱いから無理に取ろうとしたら……
     | |⌒ヽ /    _
     ヽ二二二⊃_/)///)
    / \/\|ー///) ヽ /
    |  ̄ ̄ ̄ |   ノー. ′
    | ──┬┴ ′  ノノ

195 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:23:37 ID:6KOYAiiU0






                ,..::―=======‐::...
            _,...::''":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..,
           ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ;:':/::::::/::::::::::::::::::::;イ::::/::/}::::::::/、::::::::::ヽ;::::::::::::::::::::::::|
     /::;:'::::::::'::::::::::::::::/ i:::::l:::| リ:::/  ヽ::::::::::::::;::::::::::::::::::::l
    /:::,':::::::::i:::::::::::::;'=、_,ハ::::l::{i、_}:/-==ヾ,:::::::::::::::::::::::::::::::;  熱い!! て、手が焼ける、アチチチチ……。
    /:/'|:::::::::::::::::::::/ミ='=<、`';::i:iヾv'='=≡ミァ `、:::::::::::::::::::::::::|
   /'  |::::::::::::::::::::;'、{;,ヨヾ} ヾ{ 7,(r;y _ 〃  i:::::::i::::::::::::::::::i
      |::::::::::|::::::::;' ^ =''ノ  ヾz` =彡^  |::::::::_:::::::::::::::'
      |::::::::::|::::::::i     {  、.  `      l:::::::,-丶::::::/
      |::::::::::|::::::::,    ` ^    、     |::::::i } ,'::::::;'
      |::::::::::|::::::::i  /;' ,___ __  'i,    |::::/ノ/::::::'
      i::::::::::|::::::::'  ii|///ーーーーヽ }i    ノ:;ハ_ノ::/
      ';:::::::::|::::::∧ iiハ///////////} }i   /'/:::::::/
       ∨::::i:::::::::i ヽ '! ∨///⌒/⌒ソ〃   イ:::::::::{
        ヽ::{`ヽ::i   ヽ ヾ======'ィノ  イヾ从ハィハ
         `   ヾ   ` 、  ̄ ̄  __..::’  /
                 /   ̄ ̄     {

196 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:23:55 ID:6KOYAiiU0






              ト、                    ___
      <´ ̄ヽ.| ヽ、 _,....--――--/ ⌒ヽ、 ∧ /  /
       _\  ヽ /´::::::::::::::Y⌒ヽ{   ,  }_/ ∨   /
     <´   \ ∨::_, - ――ゝ-'-ゝ、_ノ_ノ::ヽ / r-く
      `゙ー─->´:::::::::;;;-==== -  ::::::`ヽ_:::::ヽ  _ゝ
         /:::::::, ' ´:::::::::::::::::::::::::::::`  、::::::::\::} ̄
        {:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::' ,
         ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::}  またやらかして……。
          |:::::::::::/:::::::,:::ハ::::::::::::!::::::!::::::::::::::l:::::.ハノ
          |::::::::::,:::::::イ:/ l:::::::::ハ::::∧::::::::::::l:::::::::!   失敗から学ぶ気があるのかしら?
          |:::::::::|__/__!'  l::::::リ l::/ l:l_,.、::::|:::::::::|
          |:::::::::|:/    ̄ !:::/ l/` ̄!  ヽ|:::::::::!
          |:::::::::|ィtオテ,ォ- l,/    -tオテオリ::::::::|
         |:::::::::| 弋z(ソ       弋z(ソ ,|:::::::::,
          }::::::::::|         ,       ,'::::::::::{
          l::::::::::::. u           ハ::::::::::l
          ,:l:::::::::::ハ、     , ‐ -   ,.イ::::::::::::::!
         /::l::::::::::::::::::>.、      ,.ィ::´:::::::::::::::::::,
        /:::::l::::::::::::::::::::::::|  ` ー ´...|::::::::::::::::::::::::::.
       /:::::::::|:::::::::::::,..- -.|      |一 、::::::::::::::::::.
      /:::::::::::,|::|-―´,-――‐- v -― /:イ_ `ヽ、_::::::::::.
      /::,r '´ |::|   、///////∧////////>.    ̄`ヽ:.
    /::/   |:リ   ∨////// l///////        ',:.
    /::/    |::|    \////ハ//////         l:::::.

197 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:24:16 ID:6KOYAiiU0



          ____
        /      \  やれやれ……本当に懲りない人だお。
      / ─    ─ \
     / -=・=-   -=・=- \
     |      (__人__)  U  |
     \     ` ⌒´     /






          ,,───- 、,
      /_______ ヽ、   気持ちは分からくないけど、みんな呆れていないで手当てしようよ。
      |/─、 ─、\ |  |
      |   >|・)  |─ |  ./   色々やらかすけど、僕たちの先生なんだから……。
      |、_ i、 _ !  '⌒i
      |  ^      _'ノ
      \└──-  ノ
          `┬--イ__
       / | ̄∧ ̄ // ヽ
       | |  ̄   ̄ |  |

198 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:24:29 ID:6KOYAiiU0



                             ┌──────┐
                             │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                             │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                             │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                             │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                             └──────┘


                               ┌───┐
                               │::::::::::::::::│
                               │::::::::::::::::│
                               └───┘


                                 ┌─┐
                                 │ :: │
                                 └─┘


                                   ┌┐
                                   └┘


                                 □

                                   ・

199 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:26:20 ID:6KOYAiiU0

                                _,, -―===―-  _
                            , '´//////////////////> _
                          _,  _., '///////,≧つ===―-''/_///'  ヾ,、
                      , '―==っ゙;////°/////////∧\,`{     }
                     /  ,―-‐ '-、/// , /////////////,>、ゞー _ , 'ノ、- 、
                       }  i//i'    }`!///////////////////,`ヽソゝ_ う_ 丶_
                    /  -{/, '`ー、´ i////////////////////////> ` ー - ゝ
                   /  ,-! l/i  /入 ∨//////////////////////,l}ヘ /!、
                  /  ,∨ ,k i,l._//l//`///////////////////////, ,/////}
        . ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .
       . : :.私は、誰も私のことを理解してくれない、これからもずっと理解されないと思っていた。: : .
        : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :
                 /    ∨  ∧,///∥/////////////////////////, ///// !
                /     ,∨   γ::i ,///,ヽ///////////////////////,,///////'
           /    ,∨  ,.:'::;:::∨/////,,'////////////////////,//////,ノ
            /       ,∨  (:::.と }:∨//////ヾ'///////////////, '////////,'
          /       ,∨     ヽ::::〉':::.\///////`, '///////////´/////////,
          /     ∨      /::,:i'::::/i::::`ヽ//////////////////////////:{
        〈      /`; ' ̄ゞニ/:::/ ノ:::l:::::::`' 、///////////////////, '´::::::::.、
          \   /:: : i      i::::l`ヽ:/:::::::::::::::` ー --' = '-- 一 ´::/≧::::::::::\
           \  i: : : l      l::::! /:::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::i   \::::::::::ヽ
             \{:: :/.冫      !:::l i::::::::/:i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::l  _   > ::::::::ヽ
              ∨い      ヘ::`、:::::':::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::!-' ´   \ ヽ:::::::.\
                 ` \      ,i:`ヾ..、::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::l      丶 `ヽ::::::::\
                  ヽ _ _  }::::::::ベ.、::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::{;!:::::::::::::!         ヽ  `、::::::::ヽ、
                   /::::::::::`i::::::::::::::ヾ;::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::l.::::::::::::::l           `,  ヘ:::::::::::V
                     /::::::::; ' ,!:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::ム:::::::::::::i        ., /   i:::::::::::;}
               _ ..::::´::::::;ノ  i::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         k /   l:::::::::/
           ,..:::::´:::::::::_. '      l::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i、      べ ∧   /::::::;
            一  ´         .{:::::::::;i:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.ヾ _._, ャ. .一,r.; /::::::/
                      λ:::::i.{::::::::::l::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::i }: : : : : : : : : :! /::::/
              ―-. . _    i {::::i l::::::::::,::::::::::::::::::ぇ::::::::::::::::::::::::::::::::::l、V_: : : : : : : i'/;/

200 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:27:06 ID:6KOYAiiU0



                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ `丶/    l
     ゛'' ‐- ..,,_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     i   ヘ     .トー‐- .
              ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{    ,,/    }   /
     >‐ ‐- ..,,_ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\        /  /
                ‐t:::;;___::;;..::::-‐_:_;;.ニニニニニニニニニニニニニー∠_ _,,..-‐‐''
     -.,,_ ´゛'' -_..-‐ニ;;.-‐‐''':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ´゛''..‐-..,,_
       _,,>-‐_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ヽ:::::::::::::::::::ii\::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::
     _,..-‐'''"":::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::|  ゙\\:::::::::::|i  _、||ハ::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::
     ::::::::::::::::::::::i::::::::::::::|:::{::::::::i ||´':|メ、__,、ヽ \::::::|i`"  リ .':::::::::::::::::::::::l‐'''"" ̄
     ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::|:::{:::::::::i リ 人---、    \|iー`゛丁 i:::::::::::::::::::::|
     ― ‐- ..,_|::::::::::::::|:::::i:::::iィシ弐芹≡ゞ      イ≡斥ミッi:::::::::::l:::::::::i
              |::::::::::::::λ::::::::{ヾ弋;;;;;;cノ       弋;;;;cノ メi:::::::::i:::::::::l
              i:::::::::::::::弋;:::::::'   ゙ ̄´´      .   ̄ " l::::::::::ハ::::::,'
              l:::::::::::::::::::::ヘ:::::li             ′    ハ:::::/::::ヽ/
              |:::::::::::::::::::::::::\人                   :::l/::::::::::l
              i::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::i、      ´  `     , ′:::i:::::::::::::i
              i:::::::::::::::::::::::::::::、:::::、 ゝ、        ,, <::::l::::::|:::::::::::::|
           ノ::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::、  ≧ ,__  イ:::::::::::::::l::::::i:::::λ:/
          /:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::i:::::::ヽ       |::::::::::::::::i::::/:::/ リ
         i::::::::::::::/::::::::::, -〆i´ヽ::::::ヘ      |卞`>八:/::/  '
         /:::::::, <´ ̄    l `ハ/ヾ     》   ヽ  メ、
        /:::::::/   ヾ     |     ヾ   〃     \::::....ゝ´ ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 私はいつも疎外感、孤独感を抱いていた。幼い頃からそうであった。

 親は常に多忙であり世話を衣玖に任せて全然構ってくれず。

 周りは“名家の娘”、“裕福な家の子”、“優秀な両親の子”としか見ておらず、誰も私のことを見てくれなかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

201 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:27:42 ID:6KOYAiiU0



                    /;;;イ¨:|        _,..-‐'''¨¨¨ヽ
                 /;;;;;/ l:::::l     ,.ィ'´;;;;;;;;;__;;:: ...ヽ、_
                 ハ;;;/   .マ::l   /;;;; イ¨´        `マ::ヽ、
              |;;;;;l    .ヾム ./;;/_              マ:::::ヽ
              マ;;;l  _,.ィ≦Уオ:::::::_>;;7.、            V::::::i!
                  マ:i'´::::::::::: /:::::;:ィ´;;;;;;;j::::::`ヽ           |::::::::l
              f≒ 〈::ヾ:::::::_;r、./;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::ヽ        |:::::::l
             マ;;;;;;;;;;;;`Y¨;;l;;〈;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ≧z<::::::ハ        l:::::::l
            ハ;;;;;;;;;;;;;;;マ;;;;;;;マ._;;;;;;;;;;;;_ノzzz三三三ミi     .|::::::l
            jィ|';;;;;;;;;≧zY>イ¨l¨¨ i!¨マ ̄i¨:i!¨:.:t≒≧zx.,_ .|:::::l
         _ノ≠レ''¨i¨.;'-マ、:.:.:.l:.:.|´¨ i! マ:.:i:.:.i!:.:.:.l:.:.lr‐‐≠'' .|:::;'
        ,.イ:::::;ィ´|:.:.:.:.i!:.i.  ヽ:.:..:l.:.:|-_≧z、|:.:l:.:.i!:.:.:.:l.:.|     l:::l
       ム三ニ=|:.:.:.|:.:.:.:.ハレ'r≧ヽ:ヽ:.:f' .ト示うV:.:.:i!:.:.:.:i:.:.i     マ:l
              |i:.:.:.'l:.:.:.:.ハ マiハj ヽヽl. 弋:ツ.|:.:.:.l:.:.:.:.:i:.:ハ     ヾi
          iハ:..l: マ:.:.::.i! `¨´ 、    xxx.|:.:.:i:.:.:.:.:.i!:::ハ     `
            λ:i:.ハ:.: ハ'''''     ,   /:i:.:i:.:.:i:.:ハ|:.:ハ
           / ヽ:lヽ:.マi:.:.ヽ、. `  ´ .,.イ/:.:.:.:./:/:::l:i!:.:.:.ヽ
           l  ヾ. マト:.:i.ム:::> -r ´ l:/:i:.:.:.///:::::i:l:.:.:.:.:.:ヽ、
            f     |/ヾiマi::r'' ,.l /¨''´.l:.:.ノ//、:::::::i!:.:.:ヽ.:.:.:.ヽ、
             | 、    jノl'´/ヾ' j:::V::l  レ' /´ ≧z.マ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ
           ハ. ',    /i ii! l;;;;;;;Уヾ''ァ''''¨ ̄フ  ´     `i!:.:.ヾ:.:.:.ヾ:.:ヽ
           ム  .V  イi'  .ノ;;;;;;」;i!;;;i!;;;;;;;;;;;;;/      /.:i:.:.ムマ:.:.:ハ.ヾム
          l       i i /;;;;;;;;;;l;i;;;;i!;ヾ;;;;;;;i           ,j::.:.:iムマ:.:.:.:l. ヾム
         |      .iハ'' ゝzァ'';/-∧;;;;;;;;;;i         /i:i:.:i:ム.マ:.:.:l  .ヾム
        ノ|      トzi<;;;;;;/  l;;;i;;ヽr‐'        イ::i!.i:.:',:ム|:.:.:l     ヾム
          マi!     ハニi!ミ ̄ .   レ-、;;;>  ,ィ     / |:::l:.i:.:..lヾi:.:.:l       ヾ;
       ハi;i!     jハ」>ミ、       _,.ィ''´    /  .i::i:.:.i:.:.l l:.:.j        ヾ
        ヾtヽ   ,.<::lヘz:j;ハ_ `<¨¨¨´      /    , _>'ハ:| l:.;ム
         〈ァニヽイ::::::::::≧rハ 〉ー、__>‐i_ ,r、_l≧Zィ<しイア);/:| j:.ハi!
       ヽj>jマ:::::::::::::::::ハマ>zヾニソア>ヨtメ>:::レア≦シへ>iリ ./  ヾ
          しzk´j::ri:::::l'ヾj ヾ≧コ>ァニ三zニzYrt_,.>j>≧アイ:/




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 物心がつく頃から衣玖が私間近にいた。彼女は私のことを少しだけど理解していたと思う。

 けど私は教育係と主人の娘の立場の違い故に、彼女を気遣う上にに完全に心を開けず本心を余り言うことはできなかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

202 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:29:26 ID:6KOYAiiU0



            ト、   xャ刋圭圭圭lア´   `く      ヽ  /   /
        _  } ヽ,ィ怨圭圭圭圭ミf       Y       Y   __∠__
      ∠-‐‐-、`ヽ,然圭圭圭圭圭会x、_ノ  ノ  ノ   } /     ``ヽ
       _,,..>zャ≦圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭至ミzzヘ._ン         _\
   ,..x≦至圭圭圭圭≫:::''7"::::::::::::::::`ヾ==ミ圭圭圭圭圭≧x、 _,,..>'"
 ,ィ炙圭圭圭圭ミ㌢"::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::ヽ:`、:::::`'''≪圭圭圭圭ミ≧x、
 `ミ圭圭圭圭lⅣ::::::::::/:::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::゙;:::゙;::::::::::::゙;:::ヾ寸圭圭圭圭℡、
      ̄"'''''''''7::/::::::::i::::::i:::!:::::::::i:::::::::::::::::::::::゙;:::i:::::::::::::i:i:::::i:::`寸圭圭圭圭℡、
        /::/:::i::::::i::::::!i::i、:::::::ト:::::i:::::::ト::::::::i:::i::::j::::::::}:i:::::i::::::::i圭圭圭圭彡"
       //:::::i:::::::::ヽL__V::j::i_ヾ:ト_;;;::i斗:::i::::::;':::::::::!::i:::::i::::::::i ̄ ̄ ̄
       / {:::::i:i:::::::::ト:i,,__ ∨リ  ̄,__ヾi _,,,`}:::/::::::::::::::i:::::i:::::::::i
            i::::代::::::::} 、逐`    "弋苡,,っj::/:::::::::/::::i:::::i::::::::::i
          ゞi i:\:::i   /:::      ̄  /:::::::::::/j:::::j!::::i:::::::::::i
           i:::::::i:λ  ヽ         /:::::::/:::;:::::ji:::::!::::::::::::i
              i::::::::i::l:゙ト、  、_       ;':::::/::/::::/:::::;':i::::!:::::::::::::i
            i:::::::::i::i::::::\   ̄`    {::::i:::/::::/:::::/:::i:::i:i:::::::::::::i
              j!:::::::::l::l:::::::::l::`ト __  '" 人:{:/::::/:::::/i:::::i::i::i:::::::::::::i
             /:::i:::::::l::l:::::::::l:::::::::}     /ヾ:::/:::::/::ii:::::i:i:::i:::::::::::::i
        〈(_ノ/::j:::::::i::i:::::::::j::>'1 ,.ィ''"7:::::::/::/:::::ii::::::i!:::i::::::::::::::i
        `"/:::j::::::;;i:j/::::::/`ヽ>K ,,..-‐/:::::::/^ヽ-―-、:i::::i:::::::::::::::i
            /:::/:/ j:::::::::/: :レ'フ'" : : /::::::/ /       ヽ::i:::::::::::::::i
         /::::::/  /:::::::/_/-{、: : : /::::::/ /        ゙、::::::::::::::::i
         /:::::::j  /::::/: : /;:f :\: /:/::/ ;          V:::::::::::::::i

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 そんな立場が、辛くて、悔しくて、苛立って、憤って、様々な負の感情が渦巻いて

 水面で口をパクパクしている金魚のように苦しかった。このままずっと我慢していたら心が壊れそうだった。

 反抗したり授業をサボったりするなど不良の称号を得ることをやらかすことで感情を発散しようするが心は決して晴れることは
 なかった。

 感情を制御できないそんな自分が嫌で、消えてなくなりたい、逃げたしたい――そんな想いをいつも抱いていた。

 しかし、意図せずここに来てしまった今は――。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

203 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:29:39 ID:6KOYAiiU0






                           、__人_人_人_人_人_ 人
                           )               (
                           )うっ……めェ――  (
                           )               (
                           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y

204 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:29:53 ID:6KOYAiiU0



    >─'´ ̄` ‐-、
   /         `Y
  /::::::::::::::::::/{:::::∧::::::::::ヽ
  l::::::::::::::::ナ {:ノナ弋::::::::::}   美味しいな。このサザエ!!
  |:li::::::::::●> <●フ i:::::::ノ
  リ',:::::::/""ヽ ."" 「):::/    初めて食べたけどこんなに美味しいのか!!
    ヽ;;ト、_ ▽  _,.ィ:/
       lハiニlハ1リ






       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ー)  (ー) \
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |  確かに醤油がなくてもなかなかいけるお!!
  \      `ー'´     /
   r´、___∩∩__,  /    それに貝のスープもそれなりうまいお!!
   \__ ´人 ` _ノ
    ヽ   ̄   ̄ |
    |      /
     |   r  /
     ヽ  ヽ/
      >__ノ;:::......

205 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:30:06 ID:6KOYAiiU0

            _____
       /´         `\
     ゝ/   ________ヽ
     /   | /  _    _ヽ |
     /    |  /   ヽ /   ヽl  本当に美味しいね。
    l   |  l      |     l
    |    |─|      / | ヽ    lヽ 天子はどう? 普段食べているものとは劣っていると思うけど……。
   /Y⌒ヽ  ヽ ___ ノ ヘ _ ノ、ノ
  /   | )  /⌒ヽ         l
  l   ヽ__   \ ノ        つ
   ヽ   .> 、  ` ー─ ⌒ー─ ´
    \/  ヽ>ー───<
      \    \ / \ /l ヽ
       |         |  |
       |         | ̄l






                        _
         /\     ,. '"´ ̄ ̄ ̄`Y   `ヽ_   /|
   _    !  \ /         l  ノ  )`Y  |
   \ ` 、|     / _,,.. -‐ ''""´ ̄ ̄ ̄`"''<._ノノ  / -─ァ
     \  `>ア´   _r─-、-'' ´ ̄`ヽ-- 、 `'く´   /
   __,> / ,.  7´   |   ヽ  /  ,ィ    ヽ  \/
   \   / /   メ、  ,ハ   /レ-‐< | /   \  \
      Y  ./   /  ,>-、| / ´ l´゚ハ`Y       ハ.  ',   ……大丈夫よ。十分に美味しいわ。
      `ヽ.!    ! 7  l´'ハレ'    |__,り ノ|   |     |_.ノ
       |   /八  '、_り  ,      ´.xw /,    ',     >そう……それならよかったよ (のび太)。
         '., /| ,ハ`wx   _   ι ./|//      \
         ∨ |  ∧     ´  `   /   /   .|   \
           / / ヽ、        ./  ,'     /|.     \
         / / /  |7ァー‐-rァ''"/   | ̄ ̄`ヽ!        ヽ.
      /   ,'     ,! / _,..イ| /7    |     \       ハ
      /    |    /‐/´‐-r‐ ァ'"!   /        ヽ      |
     /      \ .r'  〉  -|_/- | /|         〉、     !
     ,'       /\|  r-、ア, -、_レ' rイ        / i     ,'
     |      /   ./ // /)、 .|、\___,,. イ  |   /
     |      ,'   ,r/  ´ / /! \//\____/   !  /
     ',   |\ゝ-r‐イ      ' /〉、 /     / /    //
      \ '、 ヽ | /     ,.イ´  `ヽ    /|/    /

206 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:30:21 ID:6KOYAiiU0

                                    /_,__}ヽ
                                   f´ -‐'/`>
                                   》s。ヽ`ヽ
                     __          /、  `ヽ´
   \         。s  ´     ` .s。      /  \  .〉
   /\     /             ゝs。__ /.    \/
     ∧   ./             .....:::::::::::ヾ ./.       /
      ∧  ,::::.....       ........:::::::∧:::::::::::::. l゙.       /   よ~し!! 明日は俺が魚をとってやるぞォ。
      ∧ .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:::::::::/ ̄`:::::::l:::/       /
   ∨    ∧! ::::::::::::: ::::::::::::::::/ .|::::::/   V:::/レ゙      ./
   ∨    ∧:/ :::::::: ::::::::::::::/、 i:::/,r==zx Vlヽ     /
    ∨    ./::::::::::::::::::::::::::/¨` .'´ ´    ',| l}    /
     ∨  .//i::::::::::::::::::::::| ___     ',ノ     '
      ヽ     |::::::::::::::::::::::| .i    ヽ`!   ノ.    /
       ヽ   V::∧:::::::::::::|_乂    .ノ__ ´|!   ./
         ヽ V  \:::::::|∨  ̄ ̄|Vヽ}    ./
          ヽ     \::} .|、    ,}     /
             \.     /| `ー一'゙.|V    /
                }   / |     | V  /
               |  .〈  .|     | 〉.i´
               |   ∧ |    .| / .|
               |   ∧ |    .|/ .|
               |   ∧|~~~}   |

207 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:31:04 ID:6KOYAiiU0


                ____
              /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    無理無理、どうせまた失敗するのがオチだお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/    最悪、どざえもんになるかもしれないからやめておいた方がいいお。
  r、     r、/          ヘ
  ヽヾ 三 |:l1             ヽ
   \>ヽ/ |` }            | |   >なっ!! (ねらう緒)
    ヘ lノ `'ソ             | |
     /´  /             |. |
     \. ィ                |  |
        |                |  |






            , ──  、
          / ______ヽ
        ゝ/   |/ / ⌒ヽ ⌒ヽ    ……先生、サバイバルする上で重要な心得が三つあって
         |   | |   ‘|‘  |
          v‐、l ̄ヽ __ ノ 、__ ノ    慌てない、焦らない、諦めないというものなんだけれど
         l )       ^  l
         `ー 、   ──┘ノ    今の先生には焦らないことが必要だと思うよ。
            ` ー──、´
             /|/\ / ヽ    焦って行動しても決して上手くはいかないよ。
            l l     |  |
             | |     |  |

208 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:31:48 ID:6KOYAiiU0



 <お前たち何で俺に対して辛辣なんだ!? (ねらう緒)。

 <ハッキリ言って先生は危なっかしいからだよ (のび太)。

 <いい大人なんだから、生徒の前で無理にカッコつけるなお (やる夫)。

 <俺泣いてもいいか? (ねらう緒)。

 <ワイワイ、ガヤガヤ……。



      , -──- 、  ト 、          |\
     /_     \}   \_____ |__,.ゝ、|\
        `丶、   7´::::::::::::::::::::::::::::::::::::` Y´⌒'`丶}
       /  ̄` 、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::({      Y´⌒丶
      /⌒ _>'::::::::::::::_____:::::::::::::`ー- 、_ ノ、   Y
        ト、_,./,  ̄/          `  丶、::::ヘ〈__ソ__ソ
        \7   / {!          }   \:::::::::\/
         j. : :/: : : : :/ : . . 、: . .   . : !:|: : : : : : :',: :l
         |. :/: : : : :/. : :/∧.: : :|: : : : /人: : : : : : |: :|
         | /|: : : :./l />- ヘ: :/: : :.≠-‐十、: : : :.!: :!  ……
          |/.ハ: : .∧イ示テぅ、_ |/: :/_ィテ云k ヽ: : |: :|
          l|||: : | : | トcJ:リ  !/  トcJ:リ } j: : |: :|
         !||\|:ハ弋_zノ     弋_zノ ノ/: :/: ∧
       / :| | ヽ.:.:.:.∧      ,       7/.:: :/! /: :|
       /. : ! |: : :\.:.:ヘ、     _ _     人 ./:.:|/: :|
      / : : :|人: : : : >r> ._       _ イーく :.:.: :l : : ノ
     /. : : :/: : :ヽ:.:.:.:.\: :r'| >- チ、.:.:.: /.:.:.:. :|/::|
    /. : : :/ : : : : l\ :.:.:.∨ \、_/ヘ: : /.:.:.: : : :メ: : . :|
   /  : : :|: : : : ノ_.): : 〈     厂ヘ  ヽ/.: .: : : :ム_: .  :|
  (   . : : : !: / ̄ /: : : : !ヽr===v==、|. : : : : /  \: : :|.
   \ . : . . /   (: : : . . . | {{    l|   }}: : : : /     |: : :|
    ) . : :.|l   \: : : : | {{_〃||ヾ___}}: : : /    |: .:|
    / . : : ||     \: : |   ̄  人  ̄ |: /       !: : :|

209 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:32:19 ID:6KOYAiiU0



                _____     |/
              /           ヽ    ─
            /               \
           / 、                \
         /   `ー-               ヽ
         |  、__               | うん? 天子、どうしたんだお?
          ノ   └┘ /              |
         (、      !_j              | 顔がにやけているお。
           {`ー-'                  /
           \  ,, -===ニニニニ====-、_/
             ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|






       |   |人      、_,,.     人| |  八
       ;  |  |>,、     , イ  | |   ヽ,
       /   , .!  |.> -ァ''´|、;    '   i   ':,
     , '  ;  ヽ.| , イ\_  _/ ヽ、  /   ;   ', フッ……
    /   /_,. -<   /ムヽ    >- ..,,/     '
   ,:'    , '´  、 く´ ̄`_TT_´  ̄`>  /  `ヽ   }
  ;   ./   、!   }   イ-ヘ、  {   |/    ∨ ;
  {   /    ;   └ァ'"/}|::::|{ムー、┘  ',.     ∨
   、 r' 、   {   くr‐、_.{|:o|{r-、_」     }       ':、

210 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:32:33 ID:6KOYAiiU0



                 --- … ===ミ
                ィ:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ス:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:./:.:./ ィ :/ ノ:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.、
         /:./:.:./ ,//  'ア:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:. ∧
         ,':./:.:.:' .:/  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:. ∧
        i:/}:./ |:|    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.ハ:.:.、 ハ
        l:{:|:.|  |:|  /:.:.、:.:.:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.:ハ:.ヽ. \.:.:.:l    あはははは……。
        /:Y|:.|  V イ:._ノV ヽ:.:.:.:.:.:.ト-- :.:.、 \!! \i
       j.:.:.:| V  ィ:.:ハ:.:.| `  \:.:.:.|   \/ ィ:|/:.∨ }
       ハ:.:.|   |:.:l V     \l   /  1:|ヽ:.:.V廴
      / .-|   |:.cっ===ミ    z=/     |:.| ∧:.|:厂ヽ
       / |   ト:.:| ////////{     |:.l":.:.:リ:{
         {  |    | 込、   _`__ ヽ.  イ|/:.:.:./:/
         | ,'     | :.父ト. ゝ __.ノ イ∧  ハ:./:/
       /Y,'     | . ム--≧ー一- ム:.∧    マー、
      ヽ:i     l、    r'─ ァ‐r-─'ァ ∧   \ゝ,
      /弋    ノi    〉:::::ァト-ヘ:::::〈   ',     ヽ
      ,'.:.:.:.:. ̄ T      トイ_}|:o|{ヽ-/   ハ      Y
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i         }|:o|{      ハ      j

211 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:33:08 ID:6KOYAiiU0

              _......
          z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
    / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
    /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
    ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、   いきなり泣き笑って……
   |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト   どうしたんだ?
   i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i | ´ ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |
  i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,__.ノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|
   i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{
  八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从
      \ .:{\  く_/      .イ  .   -- ミ
         \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
          |/  ソ /              .::::: :::.. \
            !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
             レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 │|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                 | {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \

212 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:33:30 ID:6KOYAiiU0



                        ∧
                         / ヘ
                   r───-{   |
                \   、 \_,.>  ´ ̄ ̄ ̄ `丶、, -─ r- 、
                 \   丶/::::::::::::::::::::::::::::::::::, - く      } ヘ     ___
                       >-'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(  ノ)    /   lr' ´ ̄  /
                       7'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `' `ー' \ ,.ノ  /´ ̄ ` < _
                 /     /             `丶、ー<,_____,.`ァ
                   /    /,イ        /          \::::\    、   \
                     /    // |       /    |    !  \::ヘ`ー--───'
                 /     7 メ、l l     /}     !     !   l ハZ}
                , /   / /、 | l , -十|──-/|     | ,/!  Y
                 |「|!   / {チ心l|ハ }  ノ|,」___ /N    ! / j  |   さあ? どうしてかしらねぇ?
                ! jl   ハ ∨マり | 、!   { ん勿ァ j   / 7/  l|
                _ { ! / }|xwx   |ト、 | 弋r少 {   / ,.イ    l!
           _,.   ´  |ハ/ レ人   '    ∨xwx  /   ノ/ l     |
       _   ´        l !  ∨l ヘ  、   ,    ,イ  ,イ´  l     |
  ,.   ´          __ |<ノ!   \   ̄   / / / /    }!    ハ
           ,.   ´  r!─- 、  _,ゝ、__, イ ノ7  /-r‐┐|l    { ヘ
         /        }::::::::::::\    /     /  // ̄ノ-、       ヘ
        /  ___   /:::::::::::::::::::> ´         /' ´     'ヘ       、
     / 7´::::::::::::::::::::7::::::::::::::::/        /'          }     !
     /  〈:::::::::::::::::::::::::::\::> '´         //           |     |
   /     \:::::::::::::::::::::/        ,. ´ /              !      l
  /          \:::::::::/        /:::,」__/             |     |
             `7         ,.イ:::::「                   |     i
             /      /f>- ヘ、                  |     l
            /     /::/r}  ,イ::\                 |     |
          ,       /:::::/__{  /::\::::\               |     l
       /   /      /::::::::/r'´   \:::::\::::\______,.ノ      ,
     ,ノ'    /      /::::::::/_」     丶::::::'´:::,、::::::::::::::::::::::/         j
  ー ´    ハ     {::::::::1f          \::::::::`ー===テ           /
         i j     7ー '              \___,./        /

213 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:33:51 ID:6KOYAiiU0



                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      | ――炎にあてられたのかしら?  |
                      乂_____________ノ

                                        :;:, .:
                                    :', .:
                             ::... .   . .':::;:, .:
                          ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、::.:;.:,:;.:
                          ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ ):.: .;,.'
                          ::Vィ'  (ソヘ (::.:.:'.,; :
                           ',:; .::)       て:;;':
                            :.(ノ        (::
                         ::::)    ヘ ソハ   ,ゞ.:
                     ;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (: :
                  ゙::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    ):::.

214 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:34:09 ID:6KOYAiiU0























                                                                  |\
                                                ┌――――――――――――――┘  \
                                                |            To be continued       >
                                                ├――――――――――――――┐  /
                                                └―――――――――――――┐|/
                                                                      | //
                                                                      ̄

215 : ◆kHKTqXMwgU : 2017/12/01(金) 20:40:43 ID:6KOYAiiU0

 今日の投下はこれで終わりです。ありがとうございます。

 >>140さんのように読んだことがある人がいて嬉しいです。

 この作品がちゃぐりんというどマイナー? な雑誌に連載されて
 いたとき、リアルタイムで読んでいまして続きが楽しみで
 早く来月が来ないかなと思っていました。

216 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2017/12/01(金) 23:13:23 ID:8iK9D3Z60
乙でした
自分は図書館で単行本で読んだなあ
懐かしさと共にこれからどのように変化していくのか楽しみです

関連記事
21662 :日常の名無しさん:2017/12/18(月) 06:35:55 ID:-[ ]
ちゃぐりん? 知らないなー、と思ったらJAの専売だった。
道理で本屋とかで見た事が無い訳だ。
21724 :日常の名無しさん:2017/12/22(金) 11:20:33 ID:-[ ]
のびたの発言がネタじゃないなら最年長はのびただよなこれ
一度かなりの年齢になるまで無人島ソロしてたことあるし
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第八十話 タンジェロ・ポッターと日常掌編(賢者の石編) (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十八話 一角獣の帰還 ~ 第七十九話 愛の遺産 (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十六話 タンジェロ・ポッターとニコラス・フラメル ~ 第七十七話 愛を教えてくれて、ありがとう (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十二話~第七十五話 愛することしかできない男 ~ Pride of Unicorn VS The power of love ~ Re: ~ unknown dream-2 (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十話 駆け抜ける一角獣 ~ 第七十一話 デスチェス (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 12 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫と鹿島のシムシティ 2 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第2章 2 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド ハーレム(?)PT 2 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド 会話 幸子ロック 他 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド ゼロス レディ ギー リーゼロッテPT(?) 2 (05/09)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】鬼滅っぽい刃~~やる夫は太陽を克服した鬼のようです~~ (05/08)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】鬼滅っぽい刃~~やる夫はパワハラ上司から逃げ延びたいようです~~ (05/08)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 213 (05/08)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 外伝 AI、引き出します (05/08)
  • 【◆s90IbI9oR2】テキサスでホールデムなポーカー日誌 ~TPC特別編~ (05/08)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十話 (05/08)
  • 続・陽キャで脳筋な僕の奴隷 第14話 (05/08)
  • 国際的な小咄 8138 ついにこうなったか…… (05/08)
  • 国内的な小咄 1513 カクレオンになろう! (05/08)
  • 読書的な小咄 110 大江戸サイキック・ボーイ 念術小僧 (05/08)
  • 歴史的な小咄 28 ディケードプレーヤー (05/08)
  • サイト的な小咄 27 なめこのぼっち旅 (05/08)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 3 (05/08)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 2 (05/08)
  • チートとかなくて、開幕ハードモードだけど頑張って生きているやる夫君のお話 その5 (05/08)
  • 読者投稿:エクソダスギルティー (05/08)
  • 読者投稿:レトロゲームな小咄 ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女(FC) (05/08)
  • 読者投稿:熊本産スイカ (05/08)
  • 読者投稿:中国製格安EVとバブルカー (05/08)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」ろおぉく 「アナザーメモリーズ」 (05/08)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 26 地政学で見るグンマ防衛の初歩の初歩 (05/08)
  • 目次 ジーク君は復讐の旅をしているようです (05/08)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 7 (05/08)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 6 (05/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その1 (05/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク33 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十七話 蛙チョコと賢者の石 ~ 第六十八話 タンジェロとアルトリア ~ 第六十九話 一角獣の予知 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十五話 Interval of a different world ~ 第六十六話 ある男の二人言 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十三話 禁じられた森にて:前編 ~ 第六十四話 禁じられた森にて:後編 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十一話 みぞの鏡 ~ 第六十二話 禁じられた森にて:導入編 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十話 HMPS、新人歓迎会 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 11 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド 突発冒険者!やる夫君! (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド 野郎だらけの雄っぱいPT! ~ ノスフェラトゥオリジン ~ マジックユーザーやらない夫! (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫以外ハーレムPT! 10 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第2章 1 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド ダルクレム様に忠実な神が増える 他神様 (05/08)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 1 (05/07)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 6月4週目 その15 (05/07)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング