スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
_(:3」∠)_


ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
データの取得は復旧していますが名前の取得がうまく行ってないようなのでまた非表示です
スポンサーリンク

魔法使いはオタクばっかり 7.1

目次 現行スレ

36 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:45:28 ID:1.ioFl2I


魔法使いはオタクばっかり  7.1

                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
                  (           、⌒         ヽ     (     ヽ
                 (    (⌒                  )   (
                           , ⌒ヽ                               _,,.,..,......
                          (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |                      ゝ    `ヽ  ; ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , 'ттттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.――.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| .(ェ)Aツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| f i ヾ.ヘ、...| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘



┌────────────────────────── ┐
│サイショーではオタク達の間でひそかに流行っている物があった│
└────────────────────────── ┘

.




37 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:46:23 ID:1.ioFl2I


┌───────────────────────── ┐
│元をただせば半年ほど前                        │
│                                        │
│カリオストロがまだ科学の知識に夢中だったころに端を発する│
└───────────────────────── ┘


               ____
             /      \
           /   ⌒   ⌒\   ガソリンで車が動いてて……
          /   ( ●) ( ●)ヽ
            l      ⌒(__人__)⌒ |   ロボットっていう機械が人間を助けて
          \     ` ⌒´   /
          /             ヽ


                     >'"
                   >'"/
                >'":::/:>'"  __
              >'" ィi〔>'"  ,、</__
            /::::__>'"__,、<⌒>''"~ィi〔
         >'"\:::::::::::\>'"::::::::::::ィi〔
      >'"     \:::::::::::ヽ>、 ィi〔    \
     /         \:::::::∧        ヽ
   /              ∨::::∧         ∨
.    /    _       ∨::::::.         .∨
. /  ′   ⌒     i| i|  ∨:::::          V
 ′ .|  |         i| i|    .::::::|
...|  |  |  x==ミ、ヽ..iト、     .}:::: |             |   なるほど、なるほど
.人  {  {ヽ /  .{/ハ レ .i|   .|\′           |
  \ヽ | ∧  v/リ   i|   .|⌒》              !
    ⌒ r'¨   タ    i|   .ヽ /            |
     |      ゛゛   .i|    |            ′
     | |           i|    |             /
     | ,          ∥    .|              /
     |人         ∥    |          /
      ′ 、^     /     ′、           ′
     {    ≧=- ./     /-_-_`寸     {
     |    /⌒ ./     /、-_-_-_-\     |
     |    {-_ ./     /-_ ゙''≪-_-_-ヽ     /
     人    |-_ ′   /-_-_-_-_\-_-_ ∨  ∨ /
      \ γ| 人  ア´-_-_-_-_-_-_-\-_-》    ∨ /
          |-V-_ ⌒-_-_-_-_-_-_-_-_-_ \/     ∨ /
      r、  ノ-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-\    ∨
   斗==- 《-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_    \
  /{    } / ゙''≪-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
  《 「ア´⌒/./    ゙''≪-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
  \{   /./    /ニニ \-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
    \ .〈./    /ニニニニ\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ \       カキカキ



.

38 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:46:39 ID:1.ioFl2I



                           __
                         /  /|
        /|  |   |   |   |      (三三l/l __ __    __ __
──── "   |  |   |   |   |      (三三l/  //  /| /  /  /|
.        |   |  |   |   |   |      (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
___.  |   |  __  __  __   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l
゙   /|  |   /  /|/  /|/  /|   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/l__
─‐'  ゙|  __三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l(三三l/  /|
  |   |/  /|三三l/l(三三l/l(三三l/l   (三三l(三三l(三三l/l/  //  /(三三l/l
  |   |(三三l/l __ __l/l(三三l/l  /  /|/  /|/  /|(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l/  //  /|/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/l(三三l/l (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/ll/ (三三l/ (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/l
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/l(三三l/l(三三l/(三三l(三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/l       (三三l/(三三l/ (三三l/
  |   |(三三l(三三l(三三l/



.

39 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:47:09 ID:1.ioFl2I


             /    〉      //
       |\    /    /-―-  ,/ /
       |  \ __>--<  ‐--/  /\
       |  _,,/     ` ̄ `  .,/   ヽ
       j/              \
        /   /
       /    ′            i         i    あれ?あのメモどこやったっけ?
     / /   | i       i   |、        |
     i /|  ! _i_Lノ 、    | i\i__\i      i    まあいいか
     | | | | //__二___、   i^_二_,_ `}
     | { |  V ,Y゙{「沁  \/f゙ {fニ心v   |        どうせ頭の中に入ってるし
    人V}   ]{, Vうリ     う沙'/`   i |   \
      `j    ハ_´       , , ,/    |  ,    \
      __/ヘ / 人    、     /    i  V /
    r〈 { f^_/i } ≫ .,_   _,. ィ     /    \
   人>⌒Y _二)\{  「   二|     /     i
   {  {   /  --=Y ̄Y´    、  /      ,
   ト--‐7 }/     >-く /  /        /
  , 、__/{ 〈     / {  (ー‐彡        イ
  !    | {_,.  '"    `t二二/  /   / \
  |    |            /  /-‐ '’


┌─────────────────────────────  ┐
│カリオストロは書いた科学のメモは本の間に挟んだままなくしてしまった│
│                                              │
│そして、読み終わった本を売った                        │
└─────────────────────────────  ┘

.

40 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:47:31 ID:1.ioFl2I





                            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                         | |二二二二二二二二二|| |二二二二二二二二
                         | |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
                         | |==================|| |================
                         | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
                         | |==================|| |================
      /|                     | |lllllllllllllllll/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄
    /  |                     | |======| |二二二二二二二二二|| |二二二二
   /|  .゙|                     | |||||||||||||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
 /  |  .゙|                     |_|二二二| |==================|| |========
 |  ..|  .゙|                          | |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |lllllllllllllllllllll
 |  ..|  .゙|            ∧_∧        | |==================|| |========
 |  ..|  .゙|/          (,, ・∀・)       | |lllllllllllllllll/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
 |  ..|  /           (     )       | |======|二二二二二二二二二二|| |ニ
 |  ..|/              人  Y       | |||||||||||||| | iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|| |ii     こ、これは!
 |  /                し(_)         |_|二二二| |===================|| |=
 |/                                    | | lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|| |ll
/                                 | |===================|| |=
  /「「「「「「「「「「「「「/「「「「「「「「「「「「「/|     /「「「「「「「「「「「「「/「「「「「「「「
  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |      || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄



.

41 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:47:54 ID:1.ioFl2I


       /   ,
      l、イ . :/ __
   _ . :ァヽ!: : : : ̄:-<
  `ー/: : :ィ 、、_: : :、: : ヽ>:   {
. ; /:/: : :/ Vーニ=-: : :ヽ\ー` ;
  /イl: : /\u V{ヾ/: : : :i: ハ  ガクガク     ロボット!?電気!?
  l/l: イ ● c=o ●λ: :iliヾ',
   i;/_!⊃ 、_,、_, ⊂⊃V i `           妄想にしてはやけに考え込まれてるな……
     八   {  }  _ ,i: v∧
 ;:  .r'⌒)、._ ̄_ (´ j _-`、¨  {
ガク…/ヾ二} l;l|l;;;;/{´ノ } i`l ;
 ;   l   ノ .|;l|l;/ |´   l ,イ/
 ;   ゝー' ヽ.∨ ∧__j/ l  ;



.

42 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:48:24 ID:1.ioFl2I



           ,     /
          /    /:/   _ .. ァ
       /   /: : /-: :´- ― : : : : :-. . . _
    iヽ,/  /:_:-:'´: : : : : : : : : : : :<ミ、
    ヾ{iヽ/_: : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : .
     ゝ´: ヽ`: : : : : -=_: : : : : : \: : : :\: >      インスピレーションがわいてきた!
    /: ヾ 、∨:_: : : : : : :\: : : : : : ヽ: : : : \` \
   イ: :/: : : :ゝヾー 二ニ=斗-ト、__: : : ハ、: : : : ヾ `   帰ってみんなに報告しよう!
  イ:/:.i: : : : :i  ∨: :Vマ´ ヽ_zx:ヾ: : : : :ハ:_ヾ\:ハ,イ/
. イ イ: : i: : : : i斗-∨: :',  〃んう`ヾ\: :ハ ヽ}ムヾ/,-―,
´  i: :∧: : :/i zx、ヽ: : ',  V:::::ム " ヽ: ハノ ///////
    i:/i∧: : : i〃しハ \'__  ヾ-'    ∧ハ///////\
   i' iイ∨: :iヾ V,-、,-( )       ∧/v//////、-一
     ! V: :!ハ ゝ 'ヽ        /  ∨∨/、/∧`
       ∨!`ハ    マヽ     イ /7∧-'´  ̄ ヽ
        v   >   ´   イ /=-'´二 -――‐`――┐
                ̄  iム二 ―            {
                 / __     - __       ト、
                / /      \      ー- __l_ \
               //         ヽ `ー-        〉
               {            ∨         /
             //             ∨      /ヽ
            〈 7/            | ∧     イ  ∧
            ヾi             i/  ヽ    ノ   ∧



┌───────────────────── ┐
│たまたま、魔法使いがそのメモをみつけた結果……│
└───────────────────── ┘


.

43 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:48:47 ID:1.ioFl2I



-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-



          ,. -‐──‐-. .、
        /. : : : : : : :: : : : : : :`ヽ、
       /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   行くのじゃ!鉄人128号
    /: : : : :l: : ./: : : : :.l.|\:.:.:\|: : ヽ: : : ',
   ./: /: : : :l: :/{: : : : : :l:|  \: :.|: : : :i: : : :i   正義の鉄槌で悪の科学者を成敗するのじゃ!
   /: /: : : :_」/ム: : : : :/:L. -‐ヽ}: : : :l: : : :|
   i:./l: : : : ::l{ _  `メ、/l/   _..、 !: : : |: : : :|
   |:!!: : :i:.:lィテ.::.ヽ    ィテ.:ヽヽ|: :.:.:.|: : : :|
   |l l: : : l:.:ヽヒ.:.:.:j    ヒ。.:ノノ: : : :.|: : : :ト、
   |l l: : : l:.:.ハ''''''' 、    '''''' //: : :.:.:|: : : :}ヽ}
   リ l: :{: l: i: ゝ   t..::フ   〃: : : :/: : : :.\:
     l: :V:. l: :.:..丶、     ,. イ:/: : :/: : : :.:|\|
     l: ∧: l: /: : : : `T ´__ //: : :/:/:::|\|
     |/  V/ l/l: /l /⌒ヽ /://::くヽ:}  l
       ,. イ:::::/:::/ L__/ V/: ::::::i:::`丶、l
     /´::/::::::/:::::l /⌒ヽ  /::::::::::::l::::::/:.`ヽ
    ./:::::/::::::::\_」/    V:::\::/:::::l:::::::::::::i::::
    l:::::::l:::::::::/:::/     /.:::::::::\::::::l::::::::::::::|:

                          _
                         / ̄|
                |       /  〃 |
                ||.     , <´¨|二/、|
              /八   /       ヽ     ,イ
  ________   / |/|:::|  /    | l o ,   ',   //
/           ̄/ :! |::::|l∨  ,___| |__/ /  |  / /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二_ / |/ .|::::|| \/`ーヘ|i==∠__ |/, '
           / // ̄|:::| ̄Y \==彡く`ー´Y/./
\        ─/ //|   |:::|  |\  / ̄/ ̄ ̄_/____
//>x______/  | | |  |:::|  | ̄ ̄/ ̄二ニ=─ 、\   ̄二>、
///// / > /___LLl  |:::|  |─<_      \\ \/    \
二ニ=|/ /|| |  .!|| ノ  |⌒| |∧ ',   ̄ ̄ ─_\\├─     \
// /∧ /  || |_|_| |  ├┤ !/∧ ', Y ̄二ニ=、 ─\\ ̄ ̄    i
/////|/  ||O',  ||| |   |:::|  |//∧ ',.人___|     \∨/    ,
\___||二=─‐ ', ||| .|   |:::| /////|:\_____    | | ̄ ̄  /
\_/==/二 ', \ \_|::|_//////|::::::|\::::::::::|:::::|: ̄ ̄ ̄|:.|   /
   | |   | | |(_',  ̄||::::|/_|三\//!::::::|===ニ二::::::二二二//|  /\
   | |   | | |(ニ',  ||:::| |/ ̄`ヽ|:::::::|::::::::::|::::|::::::|:::::::::::://::'/   \
   | [二] | | |(二',  ||:::| |.     |:::::::|::::::::::|::::|::::::|::::::::://::/\
   〉 |   :| | |(二_\|∪| /       \:::\::::::|::::|:::::|::::::://::/  \
   \∧_ヘ_\ノ| ̄|_/       i\::::\|___|__|_//::/\   \ __
      ̄ ̄ ̄¨¨¨.┴┼           |  >────=彡\ \  __/
              ヽ─=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ヽ_/     .\ \| |
          __  /      ___     |       \_| |_
         /  /∨ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ `ヽ.|           \ |
       /  / ヘ .〉───=ニ二_/ ◯ 。 Y´ ̄ ̄\   ┌─┴
      /  //:::::ノ/ ∥      \| ̄\___ノ! ̄ ̄\ .\   ̄ ̄      ビチューン



-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-x-

44 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:49:18 ID:1.ioFl2I


          ,――――             / \       ヽ
        /       /\               ヽ        ‘,
         /   /   /              \    \     i
.       /  / / ,' /            ヽ  ヽ     i      l
     /  /  /   / /    / /ヽ ヽ !  ヽ  ヽ  i     i|     |   だから、この作品の肝はロボットじゃなくて
  ―ニニ --/  /   i / /  l i i ', i  l  i | }  l   il   |   |
         ,'  ,'    !i i ! |  | !  l |  |l   l l | i|   |   |    |   思春期にさしかかる少年の葛藤と
       / /   |  リ | 廴_⊥_  -┼┼‐┼┼‐┼   |  |   i|
       i / {   | | | l l l 廴__ リ | / ,====≧、.| |   i|⌒i !   i|   強すぎるロボットの対比が見どころなの
       | i !  ! !  ! ! ヽ〃いハ   〃. ヘう:::ハ 》.|   i|  }|   |
       | | |  ,'| |  |', ', {ヽ`辷シ /    ゞ===′/|   i|/ !   !
.       リ  ! . i ! !', !ヾヽ ヘ    ,        / i|   i|  |   |
            ∨ { ', l ヽ|   ヽヘ   、           |   i|  l    il    21話のシャワーを浴びながら
          ∨i ヾ、 |    | 人   -=-      イ    |、  |   |
             Ⅵ   i|    |  ヘ、       ,イ |   i| ヽ |   |    倒してしまって敵に襲われる白昼夢のシーン見た?
               |    |   | ヘ、_  <    i|     | ∨\   |
               |    |   |   | /\ , - ´ i|    | /: : : :/ |    あれなんて最高でしょ?
               |    |   |.</ | / ヽ  |    |,': : : :/  `ヽ
               |    |.<´  /: : / /ヽ/ ヽ |    |: : : :/


      |: : :/: : : : : :/: : : : : .:|: : .:ト、: : :l: : : : :|: : : :\ : : \: : : :\
      |: :/: : : : : :/: : : : : : .:|: : .:| .|.: .:ト、: : : |: : : : : :|: : : : :\: : : :\
      |: :|: : : : : / : :/|: .: .:/|: : / !: : | !: : :ト、: : : : ! : : : : : :l: : : : : |   わかってないわね
      |: :|: : : : : |:_ム斗─ァ十:/  |: :ナ十‐ァ-、|: : : :|.: : : : : .:ト、: : : !
     \!: : : : .:|:/  レ'   レ'  .レ'  .レ'  .l: : : :|.: : : : : .:|: :ヽ: : |    あれは友情と愛情の区別がつかない少年に
        |: : : : .:レ xfT¨¨丁ヽ     .イ丁¨lfヽ. !: : : |.: : : : : .:|: : :|: : |
        |: : : : .:|く. 込ェrリ      込ェrリ 〉|: : :/: : : : : : :|: : :|: :/    世の中の厳しさを教える女科学者に感情移入をするのが一番面白い
      \: : : | `             __ノ_/: /|.: : .:|: :|: : :レ'
         |\: \        、       ̄/:|: : /: !: : /| /.: .: !
         |: : `ト-ヽ     ┌─┐    /: :レ'.|: :|: /: レ: : : .:|
         |: : : |. \.     `ー '    /l: : : |  |: :レ.: .: .: : : :.:|    敵同士だけど、顔を合わせるたびに芽生えていく底知れない感情に
         |: : : |   |`  .       .ィ´  |: : : |  |.: .: : : : : : : : |
         |: : : |  f|   ` ー‐'´ j、  |: : : i  |: : : : : : : : : /     心をときめかせるのよ
        \ : \ノ \         / ト、 j.: .:/   ! : : : .: : : : /
       _ -‐>、: :\  ` ー‐ァ-イ   | //、  |: : : : : : : /
. -‐‐…' ´  /   `ト-ヽ   ∧__∧.  |/  |` ー- 、__ : : /
         ./     |\.   / | |. ヽ !     |     ` ー-、


┌─────────────────────────  ┐
│世は空前の科学少年ブームとなる                    │
│                                     │
│ちなみに対象年齢は少年と、ある程度年の行ったお姉様です│
└─────────────────────────  ┘

.

45 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/03(火) 20:49:51 ID:1.ioFl2I
おわり

46 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで : 2017/10/03(火) 20:52:59 ID:c/2d5ANA
この世界もしょうたくんに侵食されてしまった!

47 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで : 2017/10/03(火) 20:56:28 ID:boiIB8uE
ショタコンの概念が世界を超える!

48 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで : 2017/10/03(火) 22:01:00 ID:TnnnYhQo
おつおつ

ネットやゲームなんかがない世界だからコスプレとか同人誌がこの世界の娯楽の主流になっていくんだろうなぁ

49 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで : 2017/10/04(水) 01:22:47 ID:u5xjHDho
腐ってやがる、最初から手遅れだったんだ
乙乙

50 : 小さな名無しさん@この板は300レスまで : 2017/10/04(水) 05:49:52 ID:wsRMA/nk
乙だよ






※追記

55 : ◆QEzmdItVBA : 2017/10/04(水) 15:01:10 ID:CI7TeOo.
書き溜めとともにパソコンが天へと召されていきました、復旧も絶望そうです
書き直せばいい話ですが、タブレットしかないので書くこと自体が難しいです
今は仕事でもほとんど使わないのでパソコンはおそらく買い換えません
やる夫スレももうやらないと思います

投下する前に壊れてればやらなかったし、こわれそうとわかってれば終わらせようとはしてたんですが
急に反応しなくなりました
中途半端ですいません
この後、レスがつくかもしれませんが怖いのと申し訳ないので見れそうにありません



関連記事
19887 :日常の名無しさん:2017/10/18(水) 07:21:23 ID:-[ ]
まじかー
見てないかもだけど面白かったよーありがとう~
25573 ::2018/05/05(土) 03:40:25 ID:[ ]
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 16 (02/19)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 15 (02/19)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第59話 (02/19)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第58話 (02/19)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第57話 (02/19)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第56話 (02/19)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ64、1R34秒TKO勝ち (02/19)
  • やらない夫とまどかタイタス 第53話 (02/19)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ ポケモン世界における警察 (02/19)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 第五話 託されたモノ (02/19)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 教えてアセロラ先生1 ゴーストタイプの寿命 (02/19)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです 教えてエリカ先生2 くさタイプの強いところ (02/19)
  • 国際的な小咄 6805 月餅 (02/19)
  • 国際的な小咄 6804 確かに (02/19)
  • 国際的な小咄 6803 人気、出る? (02/19)
  • やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む 第14話 女神の塔 Sky Tower ~天に向かってそびえるもの~ 前編 (02/18)
  • やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む 第13話 双連迷宮 Grand Ritual ~魔を呼び起こす大いなる儀式~ 後編 (02/18)
  • やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む 第13話 双連迷宮 Grand Ritual ~魔を呼び起こす大いなる儀式~ 前編 (02/18)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その64 (02/18)
  • デーモンルーラーお試し版 (02/18)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです Mission34休息会話 (02/18)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです Mission34『さておき封鎖領を調査しよう』 (02/18)
  • 国際的な小咄 6802 日本人の感性 (02/18)
  • 国際的な小咄 6801 涙が出てくる (02/18)
  • 国際的な小咄 おまけ 先日のみんなのやり取りを見て怒涛の突っ込み (02/18)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです オーキド編2話 マサラの天才 (02/18)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ とりあえず作中の疑問に答えるモード (02/18)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ くっついた理由 (02/18)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ R-18な夜のポケモンバトル 他 (02/18)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 14 (02/18)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 13 (02/18)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 12 (02/18)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第55話 (02/18)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 埋めネタ (02/18)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第54話 (02/18)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第53話 (02/18)
  • ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです 第52話 (02/18)
  • 涼水玉青と暗黒時代 第12話 ハヌマーン その3 (02/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #48 (02/18)
  • エデン 最終話:「エデン」 (02/18)
  • BLUE METAL 第十九話 「 誘い 」 (02/18)
  • 真・オールダイスで異世界転生 1 (02/18)
  • 国際的な小咄 6800 韓国国内論 (02/18)
  • 国際的な小咄 6799 チョンセ (02/18)
  • 国際的な小咄 6798 ちゃうねん(震え声) (02/18)
  • 英雄を作ろう! ~011話:少女と魔剣と坂道と~ その13 (02/17)
  • 英雄を作ろう! ~011話:少女と魔剣と坂道と~ その12 (02/17)
  • ミク夫の異世界紀行 その17 (02/17)
  • できる夫達は呪われた地で抗うようです 小ネタ (02/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/1)
    ※完結作品は集計した時点の前月(12月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2あさねこの小話空間2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3英雄を作ろう!3異世界食堂できない夫
    4あんこ時々安価で鬼滅の刃4華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    5やる夫は魔導を極めるようです5ドクオが異世界転生したようです
    6止まんねぇけどぐだぐだな鉄血のオルフェンズ6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7アカガネ山のやる夫7やる夫はソロハンターのようです
    8◆s90IbI9oR2の雑談etc所8ローグライク異世界転生
    9やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やらない夫は小さな村の冒険者のようです10やる夫たちは三連星(代理)のようです
    11アメリカンヒーローアカデミア11やる夫は妖精郷を旅するようです
    12見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記12ペットやる夫の怠惰な日常 キュケオーン番外編
    13やる夫は宿屋を経営するようです。13オーバーあんこ
    14やる夫はギルドを経営するようです14レベルを上げるスレ
    15やる夫と翠星石は喧嘩友達なようです15食事処 ~やる夫の大釜~
    16ドラマを作ろう16やる夫はLVが上がらないようです
    17白頭と灰かぶりの魔女17金欠ほのぼの冒険物語
    18やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。18やる夫は魔女に支配されるようです
    19できない子とSCP19俺の息子は転生者
    20やらない夫千年紀20やる夫の野望
    21やる夫は死なせてもらえないようです21STALKING!!
    22NINJAのススメ22カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです
    23やる夫は竜の人財のようです23やらない夫が霧の街を攻略するようです
    24ドラクエⅤの世界でビルダーズ24やる夫、デビルサマナーになるってよ
    25ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱25やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26証言と証拠は安価とあんこの後で
    27コンピューター様、情報更新は義務です!!27怪獣育成日記
    28やる夫は人形使いと呼ばれるようです28やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです
    29やる夫はアーランドの冒険者になるようです29あんこくさい連合頑張る!
    30やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです30路傍の果ての英雄譚


    過去ログはこちら
    人気ページランキング