スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/7
やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

トモダチのちトキメキ あとがき

目次 現行スレ

466 : 普通のやる夫さん : 2017/07/30(Sun) 15:27:25 ID:69722d2f
完結お疲れ様でした
今画面の前で血涙を流しながらニヤニヤしてます
なぜ俺は学生時代にあんな無駄なことを……

467 : 普通のやる夫さん : 2017/07/30(Sun) 17:57:44 ID:04d063d2
完結乙
糖分不足で死にそうです告訴


470 : 普通のやる夫さん : 2017/07/30(Sun) 19:07:18 ID:f096110d
完結おつ
イッチのラブコメ波動拳で糖尿病寸前です(診断書)

471 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/07/30(Sun) 19:10:06 ID:78c880d3
>>466
乙と閲覧をありがとうございました!!
学生時代の恋って本当に貴重ですよね…

>>467
ほわあああああああ!!!???
支援絵だあああああああ!!!
ありがとうございます!!ありがとうございます!!
2人とも可愛らしいなあ!!表情がとっても良い!!
早速ツイッターのアイコンにセットしましたぜ!!

>>470
おつと閲覧をありがとうございました!!
ワシのラブコメ波動拳は108まであるぞ。

そしてまとめサイト様へのお礼を忘れていたという。
「やる夫が人生でいいじゃない」様、「やる夫達のいる日常」様、「だっておwwwキャンセル」様!
拙作をまとめてくださりどうもありがとうございました!!
寄せられたコメントも全て拝見しております!!

しかし次回作どうしよう。
ネタはあるんだネタは。



472 : 普通のやる夫さん : 2017/07/30(Sun) 19:25:02 ID:3c01f1bf
書けるうちにかくんや
つまり書く

473 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:09:28 ID:a23afc1e
ドラクエ11が面白すぎて何も手につきません。
実はこれを見越して先週に完結させたという面もあり。
しかし進化したなあ・・・OPでボロボロ泣いてしまったよ。

近いうちにまた何か書きます。
しかし投下する時間までは約束していない。
つまり10年後20年後も云々かんぬん。

今日はこれからあとがきやっていきます。


474 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:12:59 ID:a23afc1e




ではあとがきをば。


     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |     ハハッ、ゲイリー!お久しぶりだね!
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |     毎度おなじみ作者代理の夜神月だよ!
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |     もはやこのネタ古すぎて通じなさそうで怖いよ!
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|


あとがきを書くために作品を書くんだと豪語する人がいるほどらしいね。
それはさておき書いていきましょう。まずは制作秘話的な物から。






475 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:14:17 ID:a23afc1e



去年の年末に秋山殿の話を書き終えた私。
すでに次回作はどうしようかで頭がいっぱい。

            _____
         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/       とりあえず筆を走らせてみよう
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \

心の思うままになんか書いてみる。
書いてはボツ書いてはボツが私のスタイルなのです。




476 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:16:00 ID:a23afc1e



で、その時3話くらい作った話の主役がコイツら。
なんかこの双子がわちゃわちゃしながら仲良く過ごしてるお話。
書いてたのは多分、2月頃だったかな?


                 、
                     }
        , -‐ ´ ̄` 、ノ       ,-─ ´ ̄`'ー<
      /:::/:::::::::::::::::::::::: \     Y´         .\
     ./::::::::l,:::::、;:::,:::::,l_::::、:::::\   , ':::::::::::::::::;イ::∧::::::::::ヽ
     i:::::::::[]'W∀WWV∀7}]:「   .{::::::::::::::::::ナレリ-弋:::::::::}
     |::ハ::::|―(●)‐(●)l/::|   ';:::::::::::::ヾ●> <●7;;ハl
     | ヾi :|       ,   .ハ:|   .ヘ:::レヘ::::/  ,   |
     |/}ハト、,_   - _. イ:/N    ヘ;:::::ヽ|.  ─  ノ
         , へ_><イ、        .レヘ厂¨オ 下l
          /::::::::::\/:::|::|        r''"´ ̄/ト-イヽ`ヽ
          |:::::i:::::::::::::::::〉|        {  } ヘ|  |/ .l l
          |:::::|::::::::::o:::i: |        l  l  |  |  | |




ねらう代が姉でねらう緒が弟。
結構気に入ってましたが、展開がどうにも思いつかずお蔵入り。
我ながらもったいない気がするので、機会があったら供養してあげたい。
というか続きが思いついたら復活する可能性あるなこれ。




477 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:17:38 ID:a23afc1e



一旦上記のお話は棚上げしておいて、いろんな作品を読み漁る。
映画小説漫画、一次創作二次創作エトセトラ。
他人の作品に触れることは大変いい刺激になります。
そしてひらめく。


                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/      
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/    周りの目をごまかすために仕方なく付き合い始めたフリをしたら
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/        
             iN \.  ` ニ′/}'      いつの間にかお互いマジになっちゃってしかも一旦振られることで
              |   丶、  /        
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦        自分の恋心に気づきショックを受けるような展開!これだ!
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥




やたら具体的な上にそこに持って行くまでの展開が長い。




478 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:19:40 ID:a23afc1e



つまり、このスレは第12話のあの展開を書きたいがために走り始めたのです。
どのキャラを使うかもどのように締めるかも全然浮かんでなかったよ!
でもまあ、思いついてしまったのでとりあえず書き始める。


                 ...--...
               ィ´:::;::::::::::ヽ`:.、
             /::::/::::イ:::}:::::',::::.
               |:::/:::イ从::リ::::::i:::::       x ‐≠‐ 、
               {:{i:/tッ从l{tッYrv::!      〈.1     }
                 Ⅵ! 丶   ,リ.ノ:::!       乂   {     ゲイリー!いけそうだね!
                从 v ァ   イ::i:リ         ドー==1
                丶 _イィ ̄.ゝ-―...、    l........... l    スレ立てすっか!
                   _汽 /../......./´.......`ヽ l............ l
                  _ノ/ 7..く........../...........⌒ニ=!..............l
                 //_| /........〉......{.........../.../... !...............l
               /..../ニ| !......./..........',.........{....{.....∧......... /
            7.../ニ| !...../..{...........′...丶.乂.....丶_/
            /..∧ニ| !.../.....乂..........`....厂 ̄  ̄
             i...′ 寸 !./......................... /
              |..′′`゙弌ニ三≧_、...{..く{
               |.′l /  V................ヽ........',
               |l !|/    ∨..`ニ=―=.../
               }l l|     V....................〈
           /|l  ! _ ..イ   ∨.................⊥.
          /..l} j  _ ..::´  丶............\...\
.            /....リ {      -‐=‐ \............ ̄..丶
.           /.......Y }ィf´  __   `{.\ .................> ..
.          /...... 厶斗<  __  ̄ V....≧s。.....................>
.         /.........{L斗ャ:≦.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:}...............\........../
.        /...........「.:.ll:.:.:.:.:v:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:|............... ノヽ/
          /............,|.:.l.:|.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j.:.:.:|=-‐  ´
         /.........../.{.:.|:.|.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:}


お砂糖伝統の見切り発車。
ぼく、最後まで展開考えてからスレ立てたことないよ。
毎回よく完結できるな。
自分の中では5話まで書き溜めできるかどうかがスレ立ての基準になってる。




479 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:21:10 ID:a23afc1e



でもちょっとこういうことも考えてた。



                           / /:::;イ::''´-=ニ二      }::i |:::::::::::::::.ヽ
                             ,彳/.: ´  /.: ´    , イ:/  |::i |:::::::::::::::::ハ
                         /,イ:::イ/  ,>´</   /:::// ,イ://::::::::::::::::::::::::.
                          //::::/ / /イ// ,ィ::::::::/ :/::::::://::::::::::::::::::::::::::::.
                       イ/::::/ /,イ/:/'´::/, '/:::;ィ/.:::::::/i:::://::::「!::|',::::::::::::::::::',
                     /イ:::::////:/ / /´/< / /::::::://::://:::::::}}:::! }:iY::::::::::: i
                      〃:/i//!|./:/ /イ:/:/ / 〃i::::::::://:/イ::::::;〃|i:| l:|}:::ト、::::: !
                      ′,イ/: |:!{://// /::イ | /::/ //:::::::::/7::::::::l」 }:i| |:ヽ!:::::′
                          /!i| i:|〃 /::::// /:::! j !:: |//.::::::::://:;::::}i::::i/ / !:::::::: i{
                           /イ/ {/ ィ::::::// /:::::| ハ |:://:::::::::::/ィ::::::|::/ ///:::::::/{
                         i/ィ/:::::::::/ /弋ぅ、::i レイ:::::::::::::,戈ぅ 7i/./イ:/::::::/ |`
                             彳i::|{::::::::::レ:/`ーァィ::::::イ//:::::ゝ-‐.:::´/ /::::/イ::::{ i:|
                         ヽ|::!/{:::::::::lヽ. / 7:/ /ィ::::::::::ヽフ::::::::::/7':::::::::::ゞ
                           >::::::::::.     ´   |:::::::::::::::::::::::::://::::::「i:::::::
                       _ -ヲ´::::::/`i::::::::.     、__|:::::::::::::::::::::::::l/:::::::::レ::::::::    唐突にこういうビターな展開ぶっこんだら
                      .   ´  /::::::::::/  |:::::::::ヽ ヾ、 \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                .  ´     ,イ//l:::::::/  |:::::::::::::.\   ー}:::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::    お砂糖のスレだと言って油断している人ら
                . ´     /:::::/ 」::::/    ',:::::::::::::f、:::.. '´ i::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::
             <        {::::/ /.::::/    }:::::::::::::', ヽ:`ー:::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::    ゲイリー驚かせられるんじゃないかな?
            /:::::ヽ      |:/ /:::::/     ',:::::::::::/ヽ  `ー:::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::
             /.:::::::::::.'.     |' /:::::/     ,へ}:::::::/  \  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           }::::::::::::::::::ヽ:::イ   /.:::::/     /.::/}:::::::::\  ヽ`:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            r 7::::::::::::|',::::::::',:::ヽ /::::::/   ...::´:::::://::::::::::::::::`ヽ 〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            | {::::::::::::::| ヽ::::::ヽ:::} {::::::::: ̄´::;イ:://::::::::::::::::::::::::ゝ{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          }トヽ::::::::::',  ヘ::::::::::i |:::::::::::::::/ /::. 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |::::', }::::::::::ヽ }:::::::::| |::::::::::::::| /.::::.ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ハ:::ヽ::::::::::::::ヽ!::::::::| |::::::::::::::´::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           }  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /{   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ただ甘い話を書くだけの作者だと思うたか。





480 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:22:30 ID:a23afc1e



そして件の回を投下している最中、寄せられる合いの手を読んでいる僕。



/:::::/:::/::::::::::/::::::::/::_,..-‐'"´:::::::::_,. -‐ァ´:ヽ
::::/:::/::::::::::/: -‐ '"´:::::::::::::_,..-‐ 7´::::::::/::::::::::ハ
/::::/> '"´::::_,..-‐ァァ::'"´::::::::::::::/::::::::/:::::::::/::/ヽ     .し こ だ
/--::ァ:::::::7/::::::::/::/:::::::::::::,. ‐'"::::::::::/::::::::://:::::ハ、   :  ら .:
::::::/::::::/::::::/::/:/:::::>'":::::,. イ:::/:::::::::/:/::::::::/::ハ   し え 駄
/::::::/:::::/:::::://__,.. <  //:::::,. <::/:::::::/::/::::ハ  か .る 目
::::://:::::/`ヾミ// ̄`X 、  ∨::::: ´/:::/:::::::/::/::, ':::::  .し ん だ
/:::/i:::/ / /' ``メ、弋ハ //イ'"/:::>::´::/:::イ::::l::::   : .だ
::::://|/      /   `¨´/ //--─ァ::/-rイ::::::::l::::      .: .ま
::// !           / / ´   //∠ ∨l::|:::::::::::/         だ
//                 /     /ヽ、``ヽ、}:|リ:::::::::/::         笑
/                         } ``┴'ソ::::::/:::::         .う
                 r'⌒   /l   /::://::::::,′        な
       '´              イ/   /イ::::/::::::/        :
                          |:::/::::::/!
       \                  l/!::::://
          `  ──-   .._         ,'::i|::/|:'
                   ` 、     /::::ル ||
                          ー  /l:::/  |!
                          /' l/    |
                            /,'
、                         /l/
:::``‐- .._                 /
: : ::::::::::::::::::> ,               /
: : : : :::::::::::::::::::::::::> 、       /



これが、愉悦・・・?




481 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:24:07 ID:a23afc1e


そんなこんなで制作秘話終わり。



          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
        |l .l H|i: l | ゙、| l    U  _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│
        l|l |l 「゙|l |`{   U    rー、__ ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄
       |!l |l、| !l :|.  u     /  ̄`゙i!=:、__j:] o l'|/|l リ           え!?僕の出番もう終わり!?
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__     /       l}   从「 /    - 土ユ
 \ `ヽ\      /l |    { ___ / ij //       了 Iコ     
.  ,、  l  ゙、    / ' |、     ヾニニ{ ̄¨´u   /l/          フ_r王_
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/         ,
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′         l   }
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //              レ  ノ
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\



だって本当にこれ以上のことないんですもん。
また何か思い出したら今度言います。
あとはキャラクターのことを書いてくよ。




482 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:25:21 ID:a23afc1e




まず主人公その1、ねらう緒です。
以前秋山殿のお話に使ってからグッと好きになったキャラクター。
ボツ作品にも登場していましたが、こっちにも起用しました。


        , -─  ̄ ̄ ─- 、
.       , <            :`< ̄
    /                  \
   ./ ./         ,ィ         ヽ
.   /::/::::::::::::::::::::::::::::::/./:::::/ヽ::::::::::::V:::::::ム
    l:::l:::::::::::::::::::──/‐ .|:::::::|  ヽ::::::::::|:::::|マム
    {::|::::::::::::::::::::ャ=rァ=.、 |:::ル' ̄¨ヤ::::::::j:::::| ヾ
   l::|:::::::::::::::::::::::、{ ij'イ .レ'   lオT7、::::八/
   V|∧:::::::::::::::::::`Τ´    |.ijレ .|V
.     V:∧::::::::::::::::::::::|      '     |ノ
.    V:∧:::::::::::::::::::|   _    /i
.     i:::::::\{ヽ::::::::|      /i::|
     }从ルヘ:|. ヽ、|> 、 , <  .V
       厂 ̄ ̄オ    | |ヾ¨|
     >j___/ |__   ___| ∧|> 、
.   ,r'´      /| ` ´  |∨    .ヽ
  ,r' ``ヽ     / .ト、___.ノ| .∨  γ´V
 λ    ヽ.  〈  |       |  〉   }  ハ
 ( `     }  ∧ |     .| /    }   .}



そういえばねらう緒の苗字って正式なものあるんですかね?よくわかんないや。






483 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:27:27 ID:a23afc1e



ていうかぶっちゃけた話、ねらう緒の起用理由なんですけど。




           ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:\
         ./: : : : : : : :.:/:.: : :.:./}: : : : : : : : :',
        /: : : : : : : : : :/ : : :/ .}: : : : : : : : : ',
       ./: : : : : \__/ : :/  .} : : : : : : : : : }
      .,: : : : x=云㍉ //_,,.  }:.:.| : : : : : : : }
      ′: : : :./r'/} /  ィf云=ミ:.| : : / : : : ,
      |: : : : :/ ゞ '     〃 r///}: |: :./: : : : ,′
       jハ.:.: :|///      Vr'ク:.:|:./: :/: :./
       ∨:.ト   i⌒ヽ  ///u}: :j/:/: :./      
          .∨{ \ ゝ一  ___ /:.:/ }从/
         .j/     ̄/ ̄>   //   ゝ
             〈  〈  ./  -=ニ \
              ヽ/Y⌒ ̄       :|
               | }          :|
               | }    |    :|
               | .′    :|     丶
               //    /      \
                  { ./     / \        \
          __r―――――   \\    }___
         /  /__       \         }     `ヽ
           {  /     \               ゝ       }
            乂ヽ       )     \            /
            ̄ ̄ ̄ ニ=- ――‐\_,,. ~ ..,___/



コイツ可愛くないか???





484 : 普通のやる夫さん : 2017/08/05(Sat) 21:28:41 ID:fc0302bc
かわいい(かわいい)

485 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:28:57 ID:a23afc1e



そもそも、ねらう緒って元々女性キャラとして使われてましたよね。
端正で中性的な顔立ちなので男としても使われるようになって、定着しましたけど。
その、なんだ。昨今、可愛い男キャラが多くてさ。君の名は。の瀧くんとか、ベディヴィエールとか。
それでちょっと・・・嗜好に変化が生じたというか・・・「アリかな」って思い始めてさ・・・



          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::-‐ フ:::::::::::::;ィ7:::λ:::::::::7フ ヽ
        /〃:::::::::::::::::::::::::::::::>ヤヾ、 /:::::::::::;ィ廴ム/ V:::::::::::::::::l::十
        〃゙/::::::::::::::::::::::::::>´:::::::} i} /:::::::::::/  ./:/¨ ‐ャ-.、:::::::::::l:::め  十
      / .l::::::::::::::::::::>ヾ:::::::::::::/  ./:;ィク/ ≠ニミ、   V::::::::::::::l::::::::  .め  十
          .i::::::::::::::/    `ヽ¨´  /'゙      / ̄::ヽミx. .V:::::::::::::l::::::::      め
        {::::::::;イ /////         .i::::::::::::::::ハヾヾV::::::::::l:::::::::
         |:/{::ハ::.             ,:      弋:::::::::::::.ノ ,)》,V:::::/::::::::::
         |{ .{:i .八 u               `ヽー"   /::V:/:::::::::::::      
       从 リ ∧:ヘ.     r 、       ///// ノ:;イ.マ::::::::::::/     
            ヾ:ヽ.    `ヽ`ー            -=彡イ .l }:::::::::/





やっぱりラブコメ書くんだったら男の子も可愛くしないとダメだよね(満面の笑み)





486 : 普通のやる夫さん : 2017/08/05(Sat) 21:29:10 ID:743cc844
ねらう緒が可愛いのは同意
ていうか最初は女性キャラと思ってたし

487 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:31:39 ID:a23afc1e



男の娘とは違って見た目がちゃんと男性で、でも可愛いAAが多い。
コレ、結構貴重なキャラです。ひとくちにイケメンと言ってもいろんな方向性がありますからね。
こういうわけでねらう緒を起用しました。AAもそこそこあってセリフもスラスラ出てきます。好き。
もっとねらう緒が出てくる恋愛作品増えてほしいね。みんなも使おうぜ!



                      -──-
                  ,  '"´////////////////`丶、
              ////////////////////////// \
              ///////////////////////////////ヽ
           , '/////////////////////////////////∧
.          //////////////////////////ヽ//////////i
         / ヽ//////////////////////γ´Vヽ///////l
.        /    l/////////,ィク////,へ////l  V l///////l
        lゝ、 ノ///////// /////  ヽ///ゝ、 .lノ////// |
        |///////////// /////-‐‐‐- _ヽ/////.l///////リ
        |.//////////// l////       V////.}///////
          V/////////メ  l/ル゙        V///イ//////
          V////////=  l/   ミ====-  V// .}/////
         VⅣ////lゞ''        /i/i/i/i/i  |V! .リ////
         ',| V.///l  ヽ              u. |/レ'////     
            ヽ //lヽ   、 _         レイ/////       
              .ヽ/l  \ / r/ヽ        Vハル'゙      
             ヽl  /-‐´ イ≦ ´   _ --─  ̄V
        , --ャ--─ァイ   ^ ‐---- 、l¨ヤ         V    
        |  .ヽ ´       ^ヽ‐--r > V  _,,,... -‐ 、_〉
        |    ヽ,         \./ /| .∧,/      ヽ
        |      `ー┬───‐、. ∨∧ /         ヽ
.        T ─-- __  }      ∧ V V          ヽ
        |       ̄「     / ̄ヽ、_V .l




このお話における彼は現役の男子高校生であり、かなりピュアボーイです。
若さゆえの視野の狭さとか、彼女に対して持つ願いとか、
恋を自覚した後の告白のちょっと背伸びしたキザなセリフとか。
そういうとこを大事にして書きました。




488 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:35:24 ID:a23afc1e
              ,.   -‐… …‐-
            . : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
.           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .,_
.         / : : : : : : : : : : : : :./: : : : : :/: : : : : \
         /: : : : : : : : : : : :.:/ /: : : : :/ }: : : : : : :.',
.        /: : : : : : : : /\/  /: : : /  }: : : : : : : :',
       // : : : : : : {  }  /: : ー=≦云ミ.: : : : : : : :
     / ,: : : : : : : 乂,ノ   / {    }} : : : : :.:}: : l
.     ノ>--′: : : :./ / ̄ ̄ ̄ ゝ.,_,ノ:}: : : : :.:/ヽ:|
    (_/ /|: : : :/  / ∨∨∨ヽ|      }: : : : :/.\_)
     V |: /ヽ  /         :|      }: : : :/ヽ.,イ
.       、j/   ≧/          |     /: :/ /: ′
         ヽ     /___________|-一 // /:/
         ゚,    .//    }V      ,イ/
          \    ∨    }/    /
           /   /      }    ゚,
            /   /       :}    } \
.          /   .{_______}    }  ≧=-
.         く      {,土土土土}          ノ
.          \  ./////////,}      ./
          }_//////////}___/
            |////////////∧
            |/////////////∧


・・・でもやはり女性に間違えられるのは宿命なのだろうか。
「百合スレかと思った」という発言は大変ビビりました、私。
この辺が使いにくいとこなのかな。

489 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:36:44 ID:a23afc1e



主人公その2にしてヒロイン、キョン子です。
まさかのお砂糖作品2回目のヒロイン。
これはヒロイン争奪杯優勝に一歩近づいたのでは??



       ./:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` 、
      /:.:.:.:イ:.|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ 、
       / :. ィ:i:!:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     ./:.:./ い.':.:./:.:/i:.:.:.:.:/i:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.: ,i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ==-'
    /:.:./;.:.i:.// :.: //:.:.:.:/ .|:.:.:.:.: /:.:|:.:.:.:. /.|:.:.:.:.:.:.: i:.: ヽ
   ./:.:.//:.:从:.:.:.i:.:.孑―ッ'-リ:.:.:.:./:.:/|:.__ / |:.:.:.:.:.:.: |、:.:i
   /:.:.//:.:/'Ⅵ\|:.:/ }/  /:.:.:/:.:/ .「:.:./⌒「:.:/:.:i:.:.| V |
  ./:.: //: /:.:.:∨¨ハ:.x云竺弍/ムイ  '_∠..._/|:./:. /:.:.' }/
 /:.:.://: /:.:.:.:∧/:.:.:“ らJrf^”    ‘ちn:::ドx':.: /:.:/ /′
./:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./ / :.: ,i ‘¨¨”       匕Zソ .ルイ/ /
′:/:.:.:.: イ:. / ′:.:八: : :     '   : : : : /:.//
i:.:/i:.:. /: |:./  i:.: /   、   、         イ:.:.:.:/
|/ .|: /i:. ,!.'   .!:.:′     .    ̄´   イ:.:.: /
|  |/ .|/ |!  .|:.i   _,、_i> ....  ≦彡:.:/
!  |  ′   _ 」:.レ''´  rノ     i⌒/<
  r― f 「  |/     |      .>イ   `
  ∧ |l  /     .ト、    /__j      `
 /::::.  ', '.       |    ⌒  ′        / ッ 、
. ′::::.  ', '.         .|. -―- 、 .′         ,:' ,:'  ,i
.i::::::::::::.  ヽヽ       |, -― 、.V       //  /:|
.|::::::::::::::.   .、\      .|_ -― 、 /        //  /::::l
.|::::::::::::::::ヽ  \\    .|     /      //  /:::::::: ′


起用理由は、男にも遠慮がなく友達感覚で付き合ってそうなキャラというイメージがあったから。
友情が根底にある偽装カップルという今回のテーマにもしっくりきました。
それに加えてお砂糖がキョン子好きだから。好きは全てに優先するぜ!





490 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:38:12 ID:a23afc1e




キョン子を使うにあたり感じたこと。



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       l:.:.:.:, -ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
:.:.:.:.:.:.:.:/        !:/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:.:,.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:/          |{  /:.:.:.:.:.:.:.:.:/|/≠:ハ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
:.:/           ヾ:、/:.:.:.:.:.:.:.:.:/ / γ≠ミ|:./|:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: |
/             }/:.:.:.:.:.:.:.:./    {{ ・リ }从.|/|:.:./:.:.:.:.:.:.: |
、                ,ハ:.:.:.:.:.:.:.:/  ' ' ' `¨´   / .|:/:.:.:.:.:.:.:ト、|
::7ー-- _____, - 、_/  |:./!:.:.:./    , 、    r=<:.:.:/|:.:.:. | !
::|          /    |/ |::::/    /  \   じ/:.:/ :|、:.:. ! .j
::|        /     | .|::∧   /     ヽ' , ,//:.:.:|. ヽ:|
::|         /       .|/, 丶      / ./:.:.:.:.:.: |  ,リ
::|        ./      ,ィ ´.   \    ´ _/|:.:.:.:.:.:.:.:.:|       AA多すぎだろ!うははははははは!!!
::|      /      f´ {        ̄ ̄  /;ィ:.:.:.:.:.:.:.:!
:::!     / ̄ ̄`ヽ  |.  '.           /' |:.:.:.:.:j:.:/
!::|     .「 ̄ ̄`ヽ\l   '.           /:.:./|/
|:::|     「 ̄ ̄`ヽ V    ,へ         //  /
|:::|     |     V  //.ト、       /



3年前も言ったけど、なんでこの子のAAこんなに数多いの。
しかもキョン子先輩の時よりもまた増えてるし!!
おかげで使うAAに困らない。このスレの魅力の9割はキョン子のAAの可愛さです。





491 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:40:35 ID:a23afc1e



キョン子を描く上で気を使ったことは「キョン子先輩」にならないこと。
今作のキョン子と前作のキョン子、しっかりとキャラを書き分けることを念頭におきました。
このスレのキョン子の一人称が「ウチ」なのもそれが理由の一つ。
あとは女子高生っぽさを出すため?「ウチ」って一人称、若い女子しか使わないよね。いや偏見か?



             _..  -- ―'‐ <:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 , -‐- 、     . <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:. \
      \ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      r X:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:ハ:.:.:.:.:.:.:ハ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.∧
    .イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:/:.:/:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.|
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:./:.:.:/:.:.:':.:.:.:.:.:.:. |
  ,′:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:/:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:. |
  !:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.: ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.__:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:. |
  .|:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.: |  ` <:.:__:、:.:.:.:.:.:.:.:.:7  ヽ:. /:.:!:.:.:.:.:.:.:.|
  .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:. | ー- ⌒`丶\:.:.:.:.:.:.{   Y:.:.リ:.:.:.:.:.:.::.|
  .|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:X:.:.:.|   ,xz lた示ミ、:.:.:.:.:.|   ./:./'}:.:.:.:.:.:.:.:.|
  ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:\{   “  ヾぅ//リ:.:.:.:.: |  イ:./ |:.:.:.:.:.:.:.:.|
   ,:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.x;ミ、        >''¨´|:.:.:.:.:.:|  "{  .|:.:.:.:.:.:.:.:.|
.   '.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.“.ヾ心        "":./:.:. |   '. :| :.:.:.:.:.:.: |
    '.:.\:.:.\:.:ヽFツ        |/|:.:.:.:| /   '. .|:.:.:.:.:.:.:.: |
  r--、> へ:\<ハ`          | :.: |'′   .Yア ̄`丶!
. /:::::「 ー=ニ二トー个ト .  ーrっ   |:.:.:.{    /     > 、
/:::::/|   ー 、 { }:.:.:.:.:/  >  ._ イ}:.:. |   /      x≦  > 、
::/八  `ヽ./J |:.:.:./       . イ' ,|:.:.:.|  ./      x≦   .>く.ヽ
:::::/:::::ゝツ .}'  :|:.:.:{     ./   /|:.:.:リ /     x≦   /:::::::::ヽ{
:、::::::::::‘-イ    |:.:/     「    }_|:.:/ーイ    x≦    /::::::::::::::::::‘
:::::::::::_:::イ    .|/     /|     .|_|/ミV    x≦   /:::::::::::::::::::::::::::
 ̄:::::::::::::/    {    ./::::::}    | {  !    ≦   /:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::く        /::::::i:::::l     |   l   ≦   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::∧    ./:::::::::::|::::::l.     |  .l  ≦ /:::::::::::::::::::::::::::::::z=:≠:
::::::::::: / ∧  . イ:::::::::::::::: |:::::::l   .|.  ′≦ /::::::::::::::::::i:::::::::::〃::::::::::::::
::::::::::/::/::::厂::::::::::::::::::::::::::}:::::: l.   .|  / 〃 /:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::/::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|:::::::::!   | /   /::::::::::::::::::::::::::}::::/:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::|::::::::::'.  | / /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::/:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::: {::::::::::::', .|' ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::: }/::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::}>=く ::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::>1:::::::/,ィ介ト\::::::::::::::::::::::::::::}:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::


ヒロインが可愛くないと全然意味がないので、とっても頑張りました。
手前味噌だけど、すっごく可愛く書けたと思います。この子もセリフがスラスラ出てくる。
バレてるかもだけどこのAAが好き。髪を指でくるくるーって。照れ屋さんか。可愛すぎか。






492 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:44:53 ID:a23afc1e



結論として主人公とヒロインが可愛かったので僕の目的は達成です。
ラブコメだからね、そこが一番大事なのよ。結局。


                            _,. - ''  ̄ ̄ `ヽ、_
                         _  '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                      , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   _, イ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ヽ
                  ´ ̄/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ',
         ,,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:..:. /   ::::::::::::::::::ト、::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::    .,   
     _  , ‘:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`/  ::::::::::::::::::::| .∨::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::   :i   
    ./:.:.:.:.:7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃^{:::::::::::::::ィ7:::::レ’∨::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  i|   
   /:.:.:.:.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:i、{ ‘::::::::::/ /:::::/'\|:::/丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::从
    i:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.|、|  u  、イ  /::ル゙  .l/  ‘.:::::::i:::::::::::::::::::::::::::i/lイ'
    |:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.|       ヽ =-=ミ.    Y ,j::::::!::::::::::::::::::::::: ´:レ       
    |:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:lハ|` ̄ ̄^´  : 炒ソ  u  「   |∨:|、:::::::::::::::ハ,'  
    |:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:rヘ:.:.:.:.:.:.:.l  丐迯-  ,ノ  ////    ′  |::::::|\:::::{::::::; '             
   V:.:.:.:.:.:ト:.:.:.::、‘:.:.:.:.:.:.:l///`¨¨   ‘ 、     u /   |/./   ;/ /ア::ヽ、         
    ∨:.:.:. |  、:.:.ー'.:.:.:.:.:.:.'.          , 丶 ー              . '/::::::::::::丶、  
.     Ⅵ:.:.:|  \:.:.'、:.:.:.:.:.'. u     __  /:::\   ,,'"⌒>、    . ' /::::::::::::::::::::::丶、
     |:.:.:.:.|    `㍉:.:.:.:.:.:.:,    ´   ':|::::::::::ヽイ::::::::::::::r'´⌒} / /::::::::::::::::::::::::::::::::
     ∨:.∧     }‘、:.:.:.:.:i  __/:./::::::::::::::::::::::::::::::: 八  /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ∨:.Λ    イ! ヽ:.:. l  {_  }:.:.:/^ー-  ._::::::::::::::/ <`ヽ >、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.       ∨:.:.ヽ__ノ,ノ}  '.:.:リ  L,`''<:/       `'<::/イ⌒r'´/:l/:::::::::::::::::::::::::::-――
       >''"  {     }/   j   ` .,         `V::l_,L>ィ'::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::
     ィ      ‘.        ′     `ァ、       j:::::}:l:l7:::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::
    /^ヽ   r‐v―z_,、 ̄ ̄`7      /:::::ヽ     .|:::::L_/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ./:::::::::::、 _」  辷___ノ、ニニ{     /:::::::::::::,      .l::::::|:l|::::::::::,/::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ,ノ:::::::::::::::V l  ヽ. テく    l    /:::::::::::::::::!    .l:::: |:l:l!:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ヽ:::::::::::::;イ {   `'< .l   ,    /:::::::::::::::::: l    ‘.::::|:l:l:|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
   .}::::::::::〈         .|   ,'   /::::::::::::::::::::::l     ヽ!厂ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  
   r'::::::::::::ハ        ,j  ,   / :::::::::::::::::::::::;      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
   ,}::::::::/::::::、     /:::\'   /::::::::::::::::::::::::::;′    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 
   ‘、:::::::V:::::::\  /::::::::::::::`'くr‐v-、:::::::::::::::::::{     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    '.::::/::::::::::::::` /::::::::::::::::::::::::::L//_)へ::::::::::::〉   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     }:/::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::`^´::::`´⌒''<    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



このAA、既存改変ですけどすごく頑張りました。おかげで納得のいく展開が書けた。
あと、初キスさせるとき、不慣れで勢い余ってお互いの歯と歯がカッってなっちゃう感じにもしたかった。
でも二人が自然に動いてああなったのであれでよかったのだ。





493 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:46:34 ID:a23afc1e



愛すべきバカ集団、クラスメイトたち。




                  , / '´ ̄ ̄` ー-、                , ⌒ハ           ハ⌒ 、
                /   〃" `ヽ、 \ヽ            j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
               / /  ハ/     \ハヘヘ.         ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
               |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ        ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
               |i| 从 ( ●) (●l小N           .Yyノ ノ :ノ...:ノ-   -::::::) ルリ
                (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ             リ::::::( ( ●) (●)::(
                VV j .        ノ                  ハ::::ハ  ,,  ― リ) )
                 _'Y/゙ヽ、 _ , '                     ) ) )、     ノくハ(
            .r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、               .(,(.( ' ヘ   い ノ:::))
            .{  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1             ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、


                                                   _____
   / ̄ ̄\              .ト VVVVVVV_ノ\                /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
  / _ノ  ヽ、_ \           \           \                |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
. | ( ●)(● ) |               ハ            \               |::::::::ゝ ―  ― |
. |  (__人__)  │            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \             |::::::( ( ●) (●)|
  |   `⌒ ´   |            彡  〆     \ \ ヽ          .(@  ::::⌒(__人__)⌒)
.  |           |             〃 ハ   _ノ   ―\ l  |           .|     ` ⌒´  |
.  ヽ       /                ル从§ (●) (●) ヾ  |           .\         /
   ヽ      /                 乂§   (__人__)   从イ          ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   >     <                   \   `ー´   /          .:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
   |      |                /           \              .|  \/゙(__)\,|  i
    |      |
                : "´  ̄ ` : 、
               ,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、                    : :´  ̄ ̄ `ヽ、
              .//:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.                  //: /: : : : : : : : : :\
             l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|                / :/ : : : : : |: : : : : : ‘,: :
                |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|              : : : : i : : : :i| : : : : |: : |: i
                |:|::::_|    、    |_::::|::|               i|: :| : :| -‐ :从 : : i|:|: : |: |
                |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|              .i|: :| : :| : : /  \从|: : |: |
                |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|             八.:| : :| : /  '     |: : |: |
                |:|::::|::/、 ,/   , ゙.|:::::|::|             :| : :|∨_ -- _..ィ|: : |:ノ
                |:|::::|.' i┴─‐ i |:::::|::i                , \:| ̄:.| ___ |:. ̄|/、
                |:|:i'l:j |___| l'i,:|::||               /   \:.:∨//:.:/  ‘,
                |::::::/ _|───|_,.ィヤ|::|               ′ 〉 〈\∨/〉 〈  :
                |仆{lェr|       lrェl}:| |                i  ./   \[_]/   ∨ !
                  V ||     :| /                |  |    ./ | \    |  |
                   ゝ:|       レ'                   |  |   /  ∧ ‘,  |  |
               ||      |
               |:|___,|
                     {ーイ トー}
                     ゙ー"  ゙ー'


うーん、やる夫派生キャラばかりですね。
読者さんからの質問にもありましたが、なぜこの面子になったのでしょう。





494 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:48:32 ID:a23afc1e



「答え:全員モブキャラのつもりだったから」




                  , / '´ ̄ ̄` ー-、                , ⌒ハ           ハ⌒ 、
                /   〃" `ヽ、 \ヽ            j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
               / /  ハ/     \ハヘヘ.         ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
               |i │ l |リ ⌒   ⌒ }_}ハヽ        ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
               |i| 从 ( ○) (○l小N           .Yyノ ノ :ノ...:ノ-   -::::::) ルリ
                (|  ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ             リ::::::( ( ○) (○)::(
                VV j .        ノ                  ハ::::ハ  ,,  ― リ) )
                 _'Y/゙ヽ、 _ , '                     ) ) )、     ノくハ(
            .r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、               .(,(.( ' ヘ   い ノ:::))
            .{  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1             ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、


                                                  _____
   / ̄ ̄\              .ト VVVVVVV_ノ\                /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
  / _ノ  ヽ、_ \           \           \                |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|
. | ( ○)(○ ) |               ハ            \               |::::::::ゝ ―  ― |
. |  (__人__)  │            ⌒≧ /  /^^\〆 、 \             |::::::( ( ○) (○)|
  |   `⌒ ´   |            彡  〆     \ \ ヽ          .(@  ::::⌒(__人__)⌒)
.  |           |             〃 ハ   _ノ   ―\ l  |           .|     ` ⌒´  |
.  ヽ       /                ル从§ (○) (○) ヾ  |           .\         /
   ヽ      /                 乂§   (__人__)   从イ          ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.
   >     <                   \   `ー´   /          .:   |  '; \_____ ノ.| ヽ
   |      |                /           \              .|  \/゙(__)\,|  i
    |      |
                : "´  ̄ ` : 、
               ,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、                    : :´  ̄ ̄ `ヽ、
              .//:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.                  //: /: : : : : : : : : :\
             l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|                / :/ : : : : : |: : : : : : ‘,: :
                |:|:::::|(○)  (○)|::::::|:|              : : : : i : : : :i| : : : : |: : |: i
                |:|::::_|    、    |_::::|::|               i|: :| : :| -‐ :从 : : i|:|: : |: |
                |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|              .i|: :| : :| : : /::::::\从|: : |: |
                |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|             八.:| : :| : /  '     |: : |: |
                |:|::::|::/、 ,/   , ゙.|:::::|::|             :| : :|∨_ -- _..ィ|: : |:ノ
                |:|::::|.' i┴─‐ i |:::::|::i                , \:| ̄:.| ___ |:. ̄|/、
                |:|:i'l:j |___| l'i,:|::||               /   \:.:∨//:.:/  ‘,
                |::::::/ _|───|_,.ィヤ|::|               ′ 〉 〈\∨/〉 〈  :
                |仆{lェr|       lrェl}:| |                i  ./   \[_]/   ∨ !
                  V ||     :| /                |  |    ./ | \    |  |
                   ゝ:|       レ'                   |  |   /  ∧ ‘,  |  |
               ||      |
               |:|___,|
                     {ーイ トー}
                     ゙ー"  ゙ー'


彼らの配役に深い意味なんてなかったんです。
なんで君たちそんなに前にでてくるの。




495 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:50:00 ID:a23afc1e




いや本当に、第1話を書いた段階ではこんなはずじゃなかったんですよ。
クラスメイトたちは1話限りの出番で、違うクラスメイトたちが入れ替わり立ち替わり二人をからかうみたいな。
そういうつもりでやる夫派生キャラにしたんですよね。
第1話はそれでよかったんだよ。



==-- ミ
:.ー-:.:.:.:.:.:.> .
:、:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:`丶
:.:.\:.:.:.、:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:丶:.:.\:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:丶:.:.ヽ:.:.:.:.:ハ
ー-<:.:.:.:.:.:.\:.:ヽ:.:.:.:.:、:. ∧
ー--:.ミ、:.:.:.:.:.:.:\:.\:.:.:ヽ:.∧
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:ハ
:.ー-:.:._:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:\:.:.!:.:.: |
:ミ、ー-:.二フ_:.:.:.:.`ミーr´:.:.A:.l
:.:.:.\:.:.:.:_、___>ミ、zミ:.:ヽ:.:{ |:.!
:\:.:.:ミー<.〃fか  》ヽ>、!:iリ:.{
\:.:、ー-:::}Lzぅz "  V|:.:}:.:. |   どうしてこうなった
:::. \ヘ:::::         }イ:|:.ハ
::::::::::::::: ̄         Y:.|:.!:.{
:::::::::::::::::          .|/V!:.|
:::::::::::::::::::         ./  '}ヾ> 、
:::::::::::::、::::::¨         /  :| .|:::::::::::>-、_
:::::::::::::::::::::.._.. _     /   リ |::::::::::::::::::::ヽ:::::`¨¨¨¨¨¨  ー------――- 、
ヽ:::::::-<ニ -::´    /   ./  |:::::::::::::::::::::: \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}`丶
::::`丶:::::::ー:::   ./   /   |:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ
:.:} 〈::::\::::::::  _/   /    |::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::ハ



・・・第二話ですでに狂ってたね。
他にもいっぱいやる夫派生キャラを山ほどだすつもりだったんや・・・



496 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:51:42 ID:a23afc1e




とはいうものの、書き進めているうちに彼らの立ち位置も見えてきました。






              「二人の恋を応援するよ派」



                            NVVVVVVV\
     -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、                 \        \
.   / /" `ヽ ヽ  \              <         `ヽ、
  //, '/     ヽハ  、 ヽ               </ /"" \ .ノヽ. \
  〃 {_{ ⌒   ⌒ | l │ |                //, '〆     )  \ ヽ
  .レ!小l(>)  (<)从 |、|             〃 {_{    ノ    ─ │i|
  ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃| ノ ./               レ!小§  (>)  (<) | イ ━
    \   ゝ._.)   .ノ//                レ § ::::⌒(__人__)⌒ |ノ ┃┃
.      丶, .__ ,  イ /                 /   ゜。   | | | || 。゜ ∩ノ ⊃
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,:|ー:::::ヽ、               (受\  ∞ `ー‐' ∞ /_ノ
  {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1              \ “  _∞∞_ノ∞/
                              \。____  /








                 「恋愛自体に興味があるよ派」

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\                    / ̄ ̄\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.                /   _ノ  \
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l                  |    ( ⌒)(⌒)
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|                |     (__人__)
      |:::::|:::::_|xx   , xxj:::::| `                 |      ` ⌒´ノ
      |:::::|:´:|、_  /ヤ:.ノ:::i `                   ,|         }
      |:::::|:::::{´,/ .∧:|:::::                     / ヽ       }
       |:::::|:::::|イ    ,/:|:::::|                   く  く ヽ     ノ
       |:i|:|:::::|    /l'i:|:::::|                \ `'     く
       |:||:|::,i'l、_,. ィ" j__||,、i'|                  ヽ、      |
       || |ッ'゙\   /‐イヽ.                         |       |









                「それはそれとしてリア充死ねよ派」

     _____
   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ                   , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    |.:::::::γ⌒^Y⌒ヽ::.|              *   j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i  ☆
    |::::::::ゝ \  / |                    ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   |::::::( ( ●) (●)|               + ☆ ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ     +
   (@ ::::⌒ノ(、_, )ヽ⌒)                  Yyノ ノ :ノ...:ノ ⌒  ⌒::::::) ルリノ
    |    `-=ニ=-  |                    リ::::::( (● ) (<::( *
    \     `ー'´ /              *       |:::::::ヽ ,,  r‐ァ リ) )
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーノ゙-、.                     ii ,、ノノ、    ̄ノくハ(  
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ                  *   / 彡^(' ヘ   い ノ:::))
     |  \/゙(__)\,|  i                   /⌒ヽ)`   ヾ ソ ̄(( 、 +
                                     +




私の頭の中ではおおむねこんな感じの想定でした。



497 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:53:31 ID:a23afc1e




が。







                -――‐-
          /: : : : : : : : : : : : : : \
           ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
        /: : : : : /: : :′: : : : : : ‘,: : ‘,
         ∥ : : : : : : : : : : : |: : : : : : , : : :,
         .: : |: : : |: : : |: : : :i|: : : : : : :| : : i: :
       i|: : |: : : |: -‐|‐: : :i|: : ―-: :| : : |: |i
       i|: : |: : : |: : : | : : :从 : : : :i| | : : |: |i
       i|: 八 : : |: : : : : /  丶、:从| : : |: |i
       i|: : : : 、 ‘,: :};/  '    xxx| : : |: |i
        .八: : : :i|\:{W マ  フ  ,.:| : : |: リ    「そうです、私が恋愛マスターです派」
         ∧: : :i|:::::::}is .._  ̄_.. イ:::::| : :ノ '′
         ‘,: ∨=―:.}  ̄ {:.―=:|/
           .>、{:.:.:.:.:.:{     }:.:.:.:.:.:.>、
         /   \:.:.:.:∨⌒∨:.:.:.:/  :,
        ./   〉 (`丶 \/;. ィ^) 〈.  ′
        i{  /  \__\/__/  ‘, }!
        i{  .′    [__]     ', }!
        i{  i.     / ∧ \     i }!
        i{  |     /  / ∧ ‘,   | }!






きみはほんとなんだったの。





498 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:55:25 ID:a23afc1e



かくれ奈ちゃんはとあるスレがきっかけで好きになったキャラで、
じゃあチョイ役で出してみっかという気軽な気持ちで起用しました。
だからほんとは第1話の冒頭だけの出番だったはずなんです。
設定とかなんもなかったよ。
                      ___
                   . . : : : : : : : : : : . . 、
                  / : : : : : |/∧: : : `、 : \
               ,. :/: : : : : : /: :/ハ: : : : ‘,: : :,
              /: /: : : : : : / : : : : |: : : : : ',: : : ′
              ,: ∥: : : : : :/ : : : : :| : : : : |: : : :i
                |: :i|: : : : : ∧: : : : : : |: : : : : :|: : : :|
                |: :i|: : : : /  \: : :i| |: : : : : :|: : : :|
                |: :i||: / ,   ヽ:从|: : : : : :|: : : :|
                、 :i|/∨      ,   ; : : / : : : : : 八
                ヽ|: 圦   -    ,/: : /: : --=ミ
                | : : : : .、   /: : //    ',
                |: : : : :_>'"__;.ィア   /   〉
                |/ ̄ __ア´;,;//  /(   イ
               ___>'"´ ̄/ ,/ / ___   / |
            _rァ'"⌒`ー‐一    ./      /:.:.:|
        _ -=ア´         //   /  /:.:.:.:.|
    / ̄  _//           /  /   /:.:.:.:.:.:|
  ∠ -=ア´  /   |     、    ./ //  /:.:.:.:.:.:.:.|
     /  _,.イ   | ',    \  /  /   /:.:.:.:.:.:.:.: |
   _/ /⌒i|   i | ∧     ./       /:.:.:._/\」
   ̄ ̄     ,  .| | /∧     /       /「 ̄
           ′   |       /       / .|
           ,  |     ./        ∧ .|
           ′  !    /       /  ' !
           .i      /       /  /寸
           .|i     /       /  /    、
           .||    _./__   /  /    \
           .||   /:.:.:.:.:.:.:.:.: \ /         ヽ



それがまさかこんなに人気の出るキャラになったとは。
なんで勝手に恋愛マスターなんて名乗ってるの。
ひょっとして一番人気なのでは??主役喰ってしまってるのでは??





499 : 普通のやる夫さん : 2017/08/05(Sat) 21:56:20 ID:fc0302bc
ひょっとしなくても一番人気ですw

500 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:56:53 ID:a23afc1e




でもこの子すっごい動かしやすいっていうか、セリフがぽんぽん湧いてくるんですよね。
「あ~この流れならコイツこう言うだろうな…」っていう感じのが。
恋愛マスターのくだりもそうやって出てきた。そしてご覧の有様だよ。

                   _____
               . . : : : : : : : : : _: : : . .、
             . : : : : : : : : : :\: : : :\: : : . .、
           /: : : / : : : : : : V/ \: : : :\ : : \
          , : : : : :/ : : : : : : : : V/: : \: : : :`、 : : `、
          .//: : : ∥: : : : : : : : : : V/ : /∧: : : :`、: : :‘,
         //: : : :∥: : : : : : : : : : : : : : : :/∧: : : : `、: : :,
          ∥ : : : : : | : : : : : : : : : : : : |: : : : /∧: : : : `、 : : ,
         ∥:i: : : : : :| : : : : : : : : : : : : |: : : : : /∧: : : : :,: : : :′
         : : :|: : :i : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : : :/ハ: : : : : : : : i
       i|: : |: : :i : : : 、 : : : : : : : : : | |i: : : : : :|: : |: : : : |: : : :|
       i|: : |: :八 : : : :\: : : : : : : : | |i: : : : : :|: : |: : : : |: : : :|
       i|: 八: : : : 、 : : : \: : : : : : N\: : : :i|: : |: : : : |: : : :|
       i|: : : : 、: : :\: : : : :\_: ノ   ヽノ|从ハ|: : : : |: : : :|
       i|: : : : |:\ : :| ヽ、__ヽ     /i/i/i/ |: : : : |: : : :
       : : : :|: : ヽj 、 /i/i/i/  ′       ,|: : : : | : : ∥
        ∧: : : |: : :、: : : :、       ,  ‐ァ   .イ |: : : : : : : ;
        /∧: : |:,: : :\: : : > _   `こ  /.从| : : ∥: :/
       /∧: j∧: : : : >'⌒弌‐〕i s。. __,/ /: : |: : ∥: /
         '; |/∧: :/     `、:.、     ハ _;ノ: :/ /
             '|   ∨      `、:.\   |\L <_
             i{        ‘,: : 丶、 /⌒V : :ト、
            ∧        ト、: : : : : 丶、: :V:| Y
            /:/|         | 弌s。._: : : : 丶,∨ Ⅵ
          ,..:.:〈 |        ,_   \  ̄ ̄ ̄ __人寸x___         . イ
         /:.:.:/∧        ′      ̄ ̄¨⌒ v '⌒ヽ  \__    /
        /:.:.:.:.:.:.:./ハ        {           ト、 \     ヽ   ′
      く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}         {            | \       _ノ
       \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}         {            |   \___    ´
         > .,___:}       {、          .八     厂 ノ


スピンオフは考えていませんが、この子を使った別の作品なら普通にあると思います。
みんなも使おうぜ、かくれ奈ちゃん。可愛いぞ!




502 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 21:58:22 ID:a23afc1e



あと個人的にこだわったのはこの子。
キル子ってなんだか不思議な雰囲気のあるキャラなんですよね。
だからセリフ回しとか気を使いました。頭に必ず「・・・」をつけるとか。ふわっとした感じ。



      . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
.    l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|
    |:|:::::|(●)  (●)|::::::|:|
    |:|::::_|    、    |_::::|::|
    |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|
    |:|::::|:::::/ ヽ//ヽ:::1::::|::|
    |:|::::|::/、 ,/   , ゙.|::::|:::|
    |:|::::|.' i┴─‐ i |::::|:::|
    |:|:i'l:j _.|___|_ l'i,:|::|
    |:::::::l ,.トェュ─rェイ :v|::|
    |仆:j ,i´ ̄   ̄`i、 l:| |
    _,ノ ,| |      ,| ヾ、_
    ` ̄ ̄ `  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄´

でも恋愛マスターに血を吐かせてたのって大体この子だったりしますよね。
やっぱり大和撫子はすげえよ。




503 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:00:19 ID:a23afc1e



ねらう緒のお母さん、できない子。
前作「やらない夫とできない子は幼馴染に片想いのようです」とは違った感じを目指しました。
あっちは可愛い系キュート乙女だったので、こっちはカッコイイ系クール女子。
とはいえこっちのできない子が本来の私のイメージに近いです。



        ...::´  /             ∨|!    /  丶、 \
      ,..:'     /   .、        川    |    ヽ ̄
    ー=彡'  .'、\\    `ヽ   !     ハ    !   .| }
.       ,'   .i.i.|. \\\  !  ト、     } ノ   {   ト、!
     i    川   \\\}  !ミミト、  // ..  !  .}
      |   i , |.|     .斗-┼ !ミミト、  >、 .  i  人
      |   |.i i |   ´ ,,,r=≠i|  ト、ミY´`ヽ / Y´\ ゝ
     !   |リ リ   .〃弋::::ソi  | !i {、. リ '  /  ,{ ヾ
      |   |fトミ      " || リ r'./ i  /  人 ト、
.      ノ人川弋リ)       .! i    ,,イ / /  / |/ `
    /´ .从ハ  ヽ        ヽ|  ∧ ハ从 /  ′
         ヘ.             ./ /  / ∨
         ノ\   ̄ ´    /.-‐ "´ ̄ ̄ ̄ ̄}
       i'' ̄ ̄`ミト.、   ..イ ´              |
       |三三>.  ` <´ _ _ ..-‐≠三三三三三{
       トニ三三ニ>..、   ` <三三三三三三ニ!
.         ノト.、`ヽ三三三>..、  ` ー=≠ニニニニゝ---、
       !/::::::::ト、 `゙<三三三三二二ニニニニニニニミ \
        |',:::::::::i´ \   `<三三三三三三三三三三三ニミ、 \
        |::V::::::!___..ノ>、____________`ヾ三三ミ、 \
        |::::V/  /::::| /::::::|   ∨::::::::::::::::::/::::/:::`ヽ.\三ニヽ \


たった二話の出番でしたけど、結構好きなキャラでした。
読者さんからの評判も高かったようでなにより。





505 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:02:14 ID:a23afc1e



ここから、できない子さんのちょっとした昔話。

いきなりキスをしたりなど茶目っ気たっぷりなできない子さん。
結婚前も日常的にいたずらを仕掛けては彼氏をからかっておりました。

ところが、結婚式当時の披露宴にて。
出し物として行われたのは、なんと友人たちによる二人の馴れ初めの再現劇。
当然キスのくだりもセリフも全部バッチリ完璧に。



            _ 、    ィ
              ≧⌒ `‐イ⌒≧
.       /´ ̄ `    _  \ __
      //      _. -=ニ / ̄     `  ._
.     / /´   ア⌒              `ヽ
    / / ィ    ./       |     ∨  ‘,
.   /イ./     /    |      /!   .|  ∨ 、 \_
    }/     .j|     |  、  / .|     |\. ∨∧ ̄ ̄
    /     ./    i|  /\___|     |  ノ、V.∧
    ,     j!. イ  ∨/| i   | ./  .厂   i| i|
    | ,    И i|   \l | |(  )|/⌒j/ (  ) i| 八
    }ハ .∧_ノ ∧  i⌒ヽu//////////////∨
.     ∨  .⌒ ∧  、 u ┌―――  1   八  ( ̄\
       }  ハ ./ ∧ 〈\  |        .j_ イ  .〉  ‘,  ヽ
.      {ハ/ ∨./  \ア^≧=-  -r=≦∧__jN/  (_`   i
           厂 ̄  ⌒\ ∨ /  /  /⌒ヽ.  `!  |
          ./二二\ }  j>∨<{ 〈 / /⌒ <__」  |
         〈/ ̄Vハ.∨   ∨^ ∨  i{ {_         ,
         /    」__j/|   /   ∨ 八_ V/_7¨≧=‐-- ′
         〈_______)/|   j{    .}  ¨「 ̄


できない子さんはびっくり仰天!
なぜならあの時のことは友人の誰にも話していなかったからです。
知っているのは自分と、相手になった人だけのはずでした。




506 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:03:10 ID:a23afc1e



さすがのできない子さんも隣にいた旦那さんに詰め寄ります。
なぜ黙ってこんなことをしたのか、なんで皆に言ってしまったのか。
ガミガミと噛み付くできない子さんの顔は真っ赤っか。


                       __>\| L_
                     / :  ̄`ヽ: : /¨ ̄: \
                    /: : : /ミヽ V r勿\: : : :\
                  />-─: : : : ̄ : : : : ─-<、: \
                 //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :\
               //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : \
              ∠/: : : :/: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: :\
              //: : : :/: : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: : : \
               //: : : : i: : : :/{: : : : : : :ハ: : : : : : : : : : : : : : : : :i: :< ̄
                //: : : : : ! : :/ {: : : : : : ハ: : : /: : : : : : : : : : : : i: : ヽ
                 ソ i : : : : ll: :/u !: :!: : : :! ',: : :.ハ: : : : : : : : : : : : !: : <
                 l: !: : :/ー/┼‐ヘ:j´、: : !ヽ '; : ハ: : :.j: :´: !: : : : :i: : :/
                 |: !: : ′v__,.二_V ヽ: :!  `V、_!: :j: : : /‐7: : :!: : |
                 |{イ: :; 〃トzイ リ  ヽ;! ィ=-、 V`|: : / ̄: : : { : : !
                  ハ V ! ⊂ー='        {て´ソヽ !: :!:-‐、:∧:.{: : :|
             /ハ ',////      `‐とつ´!: !/´ }: : ヾ!: :/
             ´  >{         ′  ////: !  /: : : / : :|
             -‐´. .ハ                 レ _ イ;ハ:/ : : 〈
           /. : . /.:丶\   _          //: .V: . ヽ : : : |
             /: . : . :ハ. : 丶 \   ̄ ==    イ:.レ: . : . : . :ヽレル'
          /. : . : /. 、: . : ヽ  \     - ´ィ': .:i: . : . : . :} . : 〉
          /: . : . : ./. : .; . : . : 、   ヽ ̄  / /: . :.i: . : . : . j: . ∧‐-、
        /: . : . : . : . : . : ;: . : . :丶    ` Y  /: . : .:i: . : . :./: ./: .丶: .、
      /: . : . : . : . : . : . : .i: . : . : .ヽ   . イ⌒iー─ 、/: . : ../:/: ./: . : 〉
  / ̄: ̄: ヽ: . : . : . : . : .:i: . : . : . :>:´:.:.:.:.:!:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.7 /: . :/: . : . : .\
 /. : . : . : . : . :\: . : . : . : .:!: . : . /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.ノ /: . : . : . : . : . : . : i





                    ________
                  /              \
             /                   \
            /    /⌒`ヽ      /´⌒`ヽ \
           /                          \
         /      /   ヽ.         /  ヽ   \
       /        ( ー─一)        (ー─一)     \
     /           ヽ   ノ       ヽ   ノ       \
     |         /i/i/i/i/i /"´      i    `ヽ /i/i/i/i/i  |
      |               (        ノヽ     )        |
      |             `ー‐--‐'′ `ー-一'′         |
      .l              `\      /´           l
       \                 `ー- -‐'′           /
       \                         /
            \                     /
       /   `           __ __      ´\
      /                              \
     ./                             \
    /                                    ヽ
   /                                  l
   l           l                         |
   |            |                         |
   |            |                         l
   |            |                         |
   l           |                         |
   l           |                         l



旦那さんはそんなできない子さんを見て言いました。
「あの時の君の気持ち、やっとわかったお」と。





507 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:04:58 ID:a23afc1e



・・・と、まあこんな感じのエピソードを入れようと思ってたんですね。
でもあくまで脇役ですし、冗長になりそうなのでバッサリカットしました。
あまりテンポが悪くなるのもなーと思ったので。




   /                      ヘ     / l l  彡         ト
  /                        ヘ         彡∧        ハ
  /                           l /  / /   l l/l           l
 l   /          ヘ             l/ ヽ      l ll          リ
 l   /    l       ヘ            l   ヽ      ll          l
 l  /    {        ヘ \ ,,.x        l   ヽ    l  ll           {
 l  /     ヽ \  ヘ\  ヘx '´\        l    l      ト
 ! l       ゝ \ ハ ,,\'´ l   \      l   /   ノ  /           ト
ハ l  \    ヘ __ X ト--__リ_=--≦リ\    l   /   j  ∧   ヘ       ハ
 !ヽヘ ∧ {ヽ    k 彡イ三込;;タ:: 乂 l     ll / /      从    ミ   ハ ト
  ヽヽkヽ 从テx  ト ヽ  ⊂つ -x==' /      j  /  从/ /三ヘ
   ハヽヽl 弋リ ヽl \マ        /      / ヘi  / /彡三三 l
    ∨   ト // ヽ//// /   /l  /   ハ /彡彡三三三k
    ハ  /  ノ           /l / //  / / /彡彡三三三三三ヘ
     イ / ソ ヽ          /////// /彡彡彡三三三三三三
            ヘ  一(         / /彡彡彡三三三三三三三三ゝ
              ヘ      イ/ /彡彡彡彡三三三三三三 ----
                ` - '  / /彡彡彡彡三三三三三三 /::::::::::
                l  ̄ ---  彡彡彡彡三三三三三三 /:::::::::::::::
                k 三三三三彡彡彡三三三三三三 /:::::::::::::::::::
                 ヘ 三三三三三三三三三三三ニ ノ::::::::::::::::::::::::::
                  l 三三三三三三三三三三ニ /:::::::::::::::::::::::::::::



できない子さんもセリフが流れるように出てきて動かしやすかったなあ。
今回もそうですが、前作もデビュー作も主人公が親と話をして答えを得る描写があります。
どうも私の深層意識には「親は偉大」という考えがあるようですね。




508 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:05:48 ID:a23afc1e



まあ起用理由は上記のクラスメイトとほぼ同じ理由なんですけどね。
「じゃあ、もうコイツでいいや」みたいな。
3秒くらいですね、考えた時間は。



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i( ○)  (○)|ハ|
     ゙i|゙i'(1   Д  ノ川
      │「ィ::ニE7 l
      └l´::::/ヽト
        |::::|´  ̄`i






               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (○)  (○)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


お前もな。








..      ____
     /     \
.  . /  (○)  (○)
  /  (トェェェェェェェェイ)\
  |    \ェェェェェ/  |
.  \           /
.   ノ          \
 /´             ヽ


あとお前もだ。
やる夫派生キャラはほぼ全員フィーリングです。
深い意味はない。





509 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:07:31 ID:a23afc1e



でも唯一違ったのはこの人。
ねらう緒の従姉、ねらう代さん。
わかりやすくねらう緒の関係者とイメージさせられるので起用しました。

                           ´ ̄`ヽ
                   __             }
              ,,  "´::::::::::::::::::: ミ、    ,ノ
            /::::::::::::::::::;:::::::::::::__:::::;≧x-彡
             . '::::::::::::::::: /:::;::::::´:::::::::::::::::::`ヽ
          /::::: i::::::::::::/:::/:::::::::::::/:::::::、:::::::::::,
           ,': くヽ|::::::::i/:::::::::::::::::::/:::::::::::}::::::::::::'.
            ′: ヽ|::::::::|::: ̄ ̄`/:::::::::::/:∧:::::::::::::,
           i::::::: r┤:::::x竓ミxZ  ィ:::/}/ ‘.:::::::::::::,
           | ::::: 、_|:::::“んh(`^   ̄´ /' ̄` V:::::::: i
           | ::::::::: |:::::::|之_ン       .ィヱ㍉ノ::::::::ハ!
           |∧:::::::|:::::::| ゝ..__ノー│{_:rン ィ::::::/
           Ⅵィ|:::::::|、"     ' ゝ..__ノイ:7
         斗-ミ、_ |:::::::| \        /:::::::::i
      /二二二77|:::::::|  \ - _  イ::::::::::::|
       i二二二7ニ{.l∧::|    仄、::::::∧|:::::: ∧|
     ,jニニニ7ニハ  ゙.| 、   `Y 寸≧ノ:::/
      「二二二>、/_|、 ./ヽ  _,」  `く/イ_ハ
     }二二/ニ/二!ヽ/ 〈    厂  `≦ミx、
      ,ノ二ア二アニニ|.    \、「     `Ⅵ≧x
    〈ニア二ア二二∧     {o -=    iニニ〉 心
     .}Ⅳ二心、二ニ∧        、   _ jニ7ニニ.ハ
     ,ノニ!二二ニ`x二 厶  二=- b      .'ニ7二二 l
     |二|二二ニニ \二゙、     i    /アニニニ.ノ


あとやっぱり前に書いてたボツネタが頭に残ってたんでしょうね。
どうしても出してあげたくて、ねらう代さんを使いました。
この人も出番は少なかったけど、なかなかうまく書けてたと思います。





510 : お砂糖◆SikV764Y9E : 2017/08/05(Sat) 22:09:02 ID:a23afc1e



えーと大体これくらいかな?
あとはやはり「週1投下を守りきる」ことを念頭に置いてました。
無事に達成できてよかったよかった。やはり定期的に投下しないとお客さん哀しいからね。
他にもなんかあるかもしれないけどぱっと思いつかないのでこれくらいで。質問があればどんどん受け付けます。
また次の機会に、今度はお砂糖の創作論でも覚書しておこうかなと思います。



     || !|.|レ´//j、`'-|トミ、ヽヘ',ヽヽ ヽヘ.ヘ|| |
     || !|/イハソ/,!ム\|トミ'-、ヽ,jlヽt ヽtt、ハ|| |
     ||.|jハt ヘ jj=_\.lト\ヘ,,_ミ|ミ !ハヽ`yl..|
     ||.|l.l |ト、',.k'_0_ヾlヒミ、イ_0_ン`j、}l|ヾ;.| |
     ||.|ハ l|.トヾ:t `´ jr 、、  `´ イハ∧ハ',| |
     ||.||ヘハト、ヾ   '`、'`_'     ハ|∨リ|.| |      じゃあ今回はこの辺で!
     ||.||.|.ヤヾtヽ γ_,.二二..ヽ.   jjリ;|,',!| | |
     ||.||.|.||',!tミ  '、v‐、... ‐v7   !',イリノl| | |      みんなまたね!ハハッ、ゲイリー!
     ||.||.|.|| |',ハ  ぃー-rクフ   ./jハj .|| | |
     ||.||.|.|| ||'、:ヽ `'ー-‐'"   ,ィi/ j. ,!...|| | |
     ||.||.|.|| |||.ヾ \   ̄  ,.イ:/ ,ハ! || | |
     ||.||.|.|| ||レl', t、::`::--イ::::/  l>y、. || | |
     ||.||.|.l.イ´j `'-ヘ. `~´ :/_,..'´ t::`'-、_|





511 : 普通のやる夫さん : 2017/08/05(Sat) 22:12:45 ID:fc0302bc
またね!

512 : 普通のやる夫さん : 2017/08/05(Sat) 22:19:36 ID:743cc844
それではまた
お元気でー

513 : 普通のやる夫さん : 2017/08/05(Sat) 23:23:29 ID:645d74d3
またねー
ゲイリー懐かしいw

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです 第22話 (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第八十話 タンジェロ・ポッターと日常掌編(賢者の石編) (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十八話 一角獣の帰還 ~ 第七十九話 愛の遺産 (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十六話 タンジェロ・ポッターとニコラス・フラメル ~ 第七十七話 愛を教えてくれて、ありがとう (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十二話~第七十五話 愛することしかできない男 ~ Pride of Unicorn VS The power of love ~ Re: ~ unknown dream-2 (05/09)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第七十話 駆け抜ける一角獣 ~ 第七十一話 デスチェス (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド おっぱいPT 12 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫と鹿島のシムシティ 2 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第2章 2 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド ハーレム(?)PT 2 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド 会話 幸子ロック 他 (05/09)
  • やる夫たちでソードワールド ゼロス レディ ギー リーゼロッテPT(?) 2 (05/09)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】鬼滅っぽい刃~~やる夫は太陽を克服した鬼のようです~~ (05/08)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】鬼滅っぽい刃~~やる夫はパワハラ上司から逃げ延びたいようです~~ (05/08)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 213 (05/08)
  • 超機甲特殊車輛 グランビートル 外伝 AI、引き出します (05/08)
  • 【◆s90IbI9oR2】テキサスでホールデムなポーカー日誌 ~TPC特別編~ (05/08)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二十話 (05/08)
  • 続・陽キャで脳筋な僕の奴隷 第14話 (05/08)
  • 国際的な小咄 8138 ついにこうなったか…… (05/08)
  • 国内的な小咄 1513 カクレオンになろう! (05/08)
  • 読書的な小咄 110 大江戸サイキック・ボーイ 念術小僧 (05/08)
  • 歴史的な小咄 28 ディケードプレーヤー (05/08)
  • サイト的な小咄 27 なめこのぼっち旅 (05/08)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 3 (05/08)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 2 (05/08)
  • チートとかなくて、開幕ハードモードだけど頑張って生きているやる夫君のお話 その5 (05/08)
  • 読者投稿:エクソダスギルティー (05/08)
  • 読者投稿:レトロゲームな小咄 ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女(FC) (05/08)
  • 読者投稿:熊本産スイカ (05/08)
  • 読者投稿:中国製格安EVとバブルカー (05/08)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」ろおぉく 「アナザーメモリーズ」 (05/08)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 26 地政学で見るグンマ防衛の初歩の初歩 (05/08)
  • 目次 ジーク君は復讐の旅をしているようです (05/08)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 7 (05/08)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 6 (05/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ41 その1 (05/08)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク33 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十七話 蛙チョコと賢者の石 ~ 第六十八話 タンジェロとアルトリア ~ 第六十九話 一角獣の予知 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十五話 Interval of a different world ~ 第六十六話 ある男の二人言 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十三話 禁じられた森にて:前編 ~ 第六十四話 禁じられた森にて:後編 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十一話 みぞの鏡 ~ 第六十二話 禁じられた森にて:導入編 (05/08)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第六十話 HMPS、新人歓迎会 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド 復讐者やる夫 11 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド 突発冒険者!やる夫君! (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド 野郎だらけの雄っぱいPT! ~ ノスフェラトゥオリジン ~ マジックユーザーやらない夫! (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫以外ハーレムPT! 10 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 第2章 1 (05/08)
  • やる夫たちでソードワールド ダルクレム様に忠実な神が増える 他神様 (05/08)
  • やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです 1 (05/07)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング