スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

亜人はBARに居る 幕間 第11話 「サラマンダーの深層事情」

目次 現行スレ

311 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:00:27 ID:16770693



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.                   幕間 第11話
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|.            「サラマンダーの深層事情」
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.




312 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:00:52 ID:16770693

ジャンヌが始めて店に来た日
日付が変わる前に、計を済ませた二人は、店を後にした


   ____ 
 /    ~\  
/   ノ  (●)\ 
|   (./)   ⌒)ヽ         「しかし…よく店の場所が分かったね?」
\     (__ノ,.<))/;、
  \     / /  '‐、>
   `\__l    ´ヽ〉
    ,ノヽ、ノ    __人〉
 , /'"|::::_/ヽ.   /:::::ヅ!:゙、-、_
''":::::::::::/´∨/`ー'〉 7:..ヽヽ:.:|:::::゙'ー、
::::::::::::y′.: ',ゝ、_/::\:.:.:| |.イ:::::::::|:::!
::::::::/: ://: : : :|::::::::ヽ::|/:i::::::::::::i::|


扉を閉め外に出たところで、やらない夫がジャンヌに問いかける
その質問は、彼女に軽い溜息をつかせた


.        /      ′ 、       \  \
.       /      /      __      丶
       /       /      /ニニニ≧s。     ,
      ′  _       /ニニニニニ\   ,
     |  /ニニ≧=─=≦ニニ>‐<ニニニム    ,
     | /ニニニニニニニニニ/    ヽニニニム   、.        「言いませんでしたか?
     | /ニニニ><ニニニニ{   |  ∨ニニム   ヽ
     |.iニニニ/   \ニニニ、   .!  |ニニニ!   、',.         私は物事の迅速さを好みます
     |.{ニニニ|     寸ニニ、  斗 < }ニニニ| ',   、',
     |.{ニニニ| .从   }ニニニ、ハ/   __,, ̄`YⅣ ∧ ',\
.     ハニニニ{ | \斗《ニニニ/ rz云苅 ㌻ 'ニ.V.∧、 ヽ       夕方、貴方の家に父と出向きましたから」
.     | Vニニ∧ ̄ ̄__z、`ー‐  '" ゞ''´  .| 'ニ| ∨∧\',
.     |  ∨ニニ》 ≪ 芒ッハ         /|. Lニ」  、 .!
.     |   ー ヘ"\从 ¨´    、       / .! | Ⅳ  |ヽ|
.     |  /::| .∧  ヽ      ,- ァ   イ / | |`ト、/
     从 'ニ、 |∧   \ー    ̄ ,ィi{:i:i}ニニ! /ニニ\
     | Ⅵニニ .!ニ ゝ ___! )、:i:i:i:i爪:i:i:i:/ニニ|/ニニニニ 、
      /ニニニ/-_-_-_-_-〉ニ≧=≦ニニニ\ニニニニニ
      |ニニニ'-_-_-_-_-./ニニニ/::::∨ニニニ\ニニニニ_
      /!ニニニ/-_-_-_-_-/ニニニ/::::::::::∨ニニニニヽニニニニ=- _
.     /ニニニ'-_-_-_-_-_'ニニ=─  ̄   ≧s。ニニ∨ニニニニニニ_
    /ニニニ/-_-_-_-_-_′ニニ{   =────= ミh。、Vニニニニニニ}
.   /ニニニ/_-_-_-_-_-_'ニニ/ ̄:::::::::ヽ:::r'"::::::::寸ニ=-、Vニニニニニ=-
   /ニニニ/-_->へ_-_/ニニ/:::::::::::::::::::::、!:::::::::::::::∨ニニヽニニニ/_-}-、
.  /ニニニニヽ/:::::::::::::Ⅵニニ/::.:.:.:.:.:.:.:::::::::ハ::::.:.:.:.:.:.:.:}ニニニ}!ニ/_-_-,、/、/ > 、
 /ニニニニ人:::::::::::::::::∨ニニ{:::::...:.:.:.:.:::::::::::::}!:::.:.:.:.:.:.:.|ニニニ}/-_-/ヽ /⌒/ヽr、_」



             / ̄ ̄ \ -、_
          _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
         (=)(= )/ ´/ /)
.          (__人_) {    , ' ´,/       「ああ、父さん達に聞いたのか
          '、`⌒ ´  V __, <´
           |     〈´/::::Λ.          というか…入れ違いになってたんだね
           |       ヤ::::::::::::::Λ
          `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ        ごめん」
          /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
    //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
    j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
   i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
.  i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
.   | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



       ゝ __ /  ///////> 、 \
        />、__ ノ///////////ヽ  \
       ///////// /  ̄ 寸,//∧  \
       ////ミ//// { | }、|  |////|    \
      ,l{//{  V///八/_x-= j////| \   ヽ
      / l//|  |///// 〉f_ 炒ノ L///|   \   \
     / | V∧,-_く/////    |/|  | Vヘ     、 ト--.      「そのおかげで楽しい体験ができました
     / | V//人ヅヽ/     l  i| V/ヽ     }
    :  |  V/ 八   ' ,  -ァ  |  i|  V/ |ヽ|ヽノ          まぁ今回は不問にしてあげましょう」
    {  | /||ヘ  .>  ` ̄   |ヘ ハ从   |、|
     , /, / | |∧  |>__  _...イ:::::::::::::..レ.、|
         | |/ Lノ-.:::::::::::/ニニ(_ノ|:::) 、
             ):::::/ニ> --===ミニニ\
           -=ニニニニ=-  ̄ \ニニニニニ |::::..、
        /ニニニニ /ニニニニ \_}ニニニニ |:::::::..、
       /ニニニニニ /ニニニニニニニニ Yニニニニ/|:::::::::::...、
       {ニニニニニ./ニニニニニニニニ /ニニニニ/ |::::::::::::::..フ
       人ニニニニ/ニニニニニニニニ /ニニニ/  |/ ̄
       / >-/ニニニニニニニニ/ニニニ/



楽しそうに笑った彼女に、やらない夫も笑顔で「ありがとう」とお礼を言った


313 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:01:16 ID:16770693


           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)
            |       _.ノ        「そういえば、家はどのあたり?」
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|



             _ ,,  _
          ,x.'"      ` .、
         / ,  i  .}≧s。.  \
        /  ∠i,  .',  ノ///≧。. ', ヽ
         .i i ,仁/≧ttf///==///ヘ ',. ヘ
       i i.仁///////jメ', ゙',マ//jヘ .'., ト、
        i , !Ⅳjメ´i`マ/Ⅵ .i !.マ//jヘ i i.', \         「ここからなら、歩いて10分くらいよ
         | ! !Ⅳj{ i  マ//|! ,.+ `マ/ハ i .!.ヘ  \
       ,i .',.',V/ヘ t- }///7s !斗.ラi`´.! i  ', ̄~`        職場までは少し遠いけど、この店は近いですね」
      ./ ', .', ',V/j>__!/////.代/タi ,' ノ、 .ヽ
     / .,ィ'、 ', ',`+弋/タ.`マ/ ¨¨´/ ,イ  i` _ ニ=-
     ,'// `.x,.` .``¨¨   '   /_ イ !  |
     ∠ .イ  ',\\.   _, -‐′ ,イ 人 !
        ', ,イ /` ,へ,_     ,.イ .|./  .ヽ
         V リ   V_ト_≧ニ.~_e|t、__
        , -zt''≦≧.i三三三ニi-=ニニニニft
     , x'"-=ニニニ=鎖≧77777{=ニニニニ=;トx、
      /-=ニニ=-≪≫'"{~誇ミtz┐鎖=ニニニニ!ニj\
    /-=ニニニ≪>:::>'  .~ ‐--t┘ <≫=ニニニ!ニ}:゙:::\
    ,}=ニニx"::ア"    ,.'   ..V::::::::::{≫=ニニ|ニ}:::::::::::\__,,x<!
   /=ニニ/::::/     ,′    .'!:::::::::::::V=ニニ!ニ}::::::::::::::::V:_:x::┴t
  ゙{_,ィニニ.i:::::i.       i      .|::::::::::::::i=ニニi,ニ}:::::::;斗<,,_:::::::::::}
    .V\f|:::;'.       ‘,     |::::::::::::::|=ニニメ:jV::/i:i:i:i:i:i:i:i:ヾ::::/
     /E`込.     /'、     .|:::::::::,.x'|=ニニニノ .}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:{
    ./xニニ=` z-z炙三三≧zュ-|<~:::::::i~  ̄ ~  ,i:i:i:i:i:i:iェi:i:ェ::ィ:\
   /=ニニニ=j|ニ三三三三三三ニV::::::::::::\     {i:i:i/|i:i:|:i:i:|:i:iト 、ヘ



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \       「なら送っていくよ
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |.        ウチ
             | !        |  ` ⌒ ´   .|.       家に挨拶に来てくれたみたいだし
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r.        君の親父さんにも挨拶したいからさ」
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



       ゝ __ /  ///////> 、 \
        />、__ ノ///////////ヽ  \
       ///////// /  ̄ 寸,//∧  \
       ////ミ//// { | }_| |/// |    \
      ,l{//{  V///八/j,ム| j ///| \   ヽ
      / l//|  |///// 〉赱ノ| L///|  \   \
     / | V∧ノ_く/////   |/ |  | Vヘ     、 ト--
     / | V// 赱ノヽ/       |  | V/ヽ     }
    :  |  V/ 八  ' /⌒)  |  i|  V/ |ヽ|ヽノ     「気を使わなくてもいいのですが…
    {  | /||ヘ  .>   ゝ- '   |ヘ ハ从   |、|
     , /, / | |∧  |>__  _...イ:::::::::::::..レ.、|           まぁ、貴方がそうしたいと言うなら、構いません」
         | |/ Lノ-.:::::::::::/ニニ(_ノ|:::) 、
             ):::::/ニ> --===ミニニ\
           -=ニニニニ=-  ̄ \ニニニニニ |::::..、
        /ニニニニ /ニニニニ \_}ニニニニ |:::::::..、
       /ニニニニニ /ニニニニニニニニ Yニニニニ/|:::::::::::...、
       {ニニニニニ./ニニニニニニニニ /ニニニニ/ |::::::::::::::..フ
       人ニニニニ/ニニニニニニニニ /ニニニ/  |/ ̄
       / >-/ニニニニニニニニ/ニニニ/



彼女は難しい顔をしつつも、否定はしなかった
というわけで、二人は徒歩で彼女の住むマンションへと向かっている


314 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:01:38 ID:16770693


   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. ( ●)( ●)   |
 |(人__)       |       「そうだ、 聞きそびれてたんだけどさ
  | ⌒ ´      |
.  |        |.      親父さんと一緒に戻ってきたってことは
.  ヽ      /
   ヽ     /        後はずっと日本に?」
   ,t:.ヤ、..::::<
    |i::レ´::::::::.|
    i´.:::::::::::::::|



             __/:.:.:.:.:.:.///≧s。、 ~''<
         ‐=ニ彡〕、__ノ//><//)h、 .∨、、
              ,∥.////∧//i{    Ⅵ/∧ .∨))
          /∥/ゞ''''ヾ,∧/i{ 从、  Ⅵ/∧ .∨
          ノ:.:i{/i{:.:i! i i.∨ v乂リィ≦カ弋__i}、 .\イi〔
         从:.i{/i{、 i 从_|/∧//杙ツ i 从、i\__≧_.         「一応は、そうです
        __リi、从:.从:.{ィ≦カ<ノ    ノリi } ∧v:i:i:i:i:i:i:iフ                  アチラ
        ∨~~~~ヽ)ミh弋ツ  、     /从ノ~~´ヾ,:i:i:i:i:i:i:iヽ,.     今回の件も、本店のオーナーが
        ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iYヽ, ィ ア  ノ从ノリ从:i:i:i:i:i:i:iイ廴
        フ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、__/ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂.    気を使ってくれたんですよ
      ≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、、_ノ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:リ
       フ~~~~~~""'''<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}__ノ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア´
      /-=ニニ二二二二~''<:i:i:i:i:i:i}、ニニ`~ヾ))_~~~~´{.         まぁ支店ですので、上手くいかなければ
     /-=ニ二二二>''~~ヾh、 ~''<リ ニヽ,ニニニ《、_》 ニih
     /-=ニ二二ニ/: : : : : : : : `''< ニニニノiム ニニ`~ヾ} i} |.        あちらに戻る可能性もゼロではありませんが」
    ,-=ニ二二ニ/: : : : : : : :イア~~~\ /:i:i:|∨, ニニニノ',ノ .!
   ,-=ニ二二ニ{-===---フ´_____)h, i| .∨,/iイノ}:.:.|
   |-=ニ二二二二二二ニ}/ヾ{/.Yヾ/:.ヽ,__> v/イ =}:.:.|
   |-=ニ二二二i 二二二,'_:.ノ{=、}ィ'''∨,:.:\ ニニニニニノ:.:.}
   |-=ニ二二/二二二/ヽ/ {=ミ} v''''∨s。,_) -==≦:.:.:.:.|



         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__).          「それは大変だ
        |     ` ⌒´ノ
      .  |         }         じゃあ、俺もしっかり協力しないとな」
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ


315 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:02:03 ID:16770693


そうやって笑うやらない夫に、ジャンヌは意地悪げに口元を吊り上げる


 '           /ニ/三>ニニニニニニニニf=ヽ
,'             .i {ニニ(三/ニニニニ/ ̄ \,ニr 、=,
   /      .:/| |ニニ\乂ニニ/ '  :|  ヽニム:i:i:
  ,'    .:/   .:/|トニニニラニ/,  :!     ‘,ニ}:iノi,
     .::/  .:/ニ ! トミ三三ノニ,' '  :l  :|     ,ニl:i:i:|
   ..::::;'   ,ニニl |、ニニニニ, |  :l  :!    }ニヽ:i|
  .:::::::,    ,ニニl !ミ三ラニニ! !  :!  |    ,ニニ}l|
 ..:::/,   l {ニニニll|ニニニニ|¨i+-:| _ :!,   /ニニj l
.::/::::,   .:l lニニニl!ニニニニl ! L ,:|‘,:ト*,  /ニニノ 'l
/::::::::,   ::::l !ニニニ|ニニニニ 〉芋ミぇ。ム{_‘, /ニニニ/ l
:::: :::/ .::l   ム!ニニニニニ=-'"::::|b_ l{えirミ ‘}、ニニニ/`、l      「当然です
:::l :/ .::::!  {ニ`ニニニ=-'"   }\V 弋ノ     \ニ.Λ
::::/ ./:l  ノ-r― '"       l‘,l`-= ′      (`′,         まぁ毎日来いとまでは言いません
://   ! /ニニ} Λ     *   l ‘ |            、 *
.    ./ニニ|  Λ    ‘,  l ‘,!         ノ  ‘,.       週五日で許してあげましょう」
   (くニニニl|‘, Λ    *  !          /    ‘,
    >`<リ Λ |'Λ   ‘, lヽ __       l   lΛ
.       ̄>' / 、`|'Λ    }、| \_≧z r‐    l,'Λl
  |,  |/ l / -- ` 'Λ  }、j} `      ノ |、{、  l,'
`、|, !   l   ---_ ,Λ/ ′       , ´` |  \l
ニ`、|_ |       ----- _         /   `、|
ニニ`ニ`ニ‐  _r― =〈        , '
ニニニニニニニニ|l|l|l{ニニ、       ̄
ミ、ニニニニニニ!l|l|l!ニニ,
ニニニミ、ニニニニ!l|l|l!ニニ,



             / ̄ ̄ \ -、_
          _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
         (=)(= )/ ´/ /)
.          (__人_) {    , ' ´,/
          '、`⌒ ´  V __, <´.       「お優しいことで…
           |     〈´/::::Λ
           |       ヤ::::::::::::::Λ
          `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ.        うーん、ランチくらいなら何とかなるかなぁ…」
          /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
    //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
    j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
   i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
.  i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
.   | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


真剣に悩み始める彼に、彼女は溜息混じりに告げた


                --
              (γ⌒ヽヽ
            `    _)ノ‐-  __
               _ -            =- _
             /                 \
            /  _        _
         /  /ニニム.     /ニニ=-_      ヽ
.        /  /ニニニニ\__/ニニニニ\                  「真に受けないで下さい
.         /  /ニ=--=ニニニニニ=-=ニニニヽ
       /  ,'ニニ/    ヽニニ=-'  |, ヽニニヽ             馬鹿正直にも程がありますよ?
.      /イ  ,'ニニ,' ≠==―}ニニ{ !`ー|≒--ヽニニ,     ‘
      l   lニニ{ l l__| /ニニム l/_V_‘,   ‘,ニ‘,      ‘
        l  lニニ| l! TlllT、ニニニ/ TllllT¨¨ヾノ|  ,ニ}      l       来るのは気が向いたときで構いませんから
.      l  └‐┘ l| 乂ノ \ /  乂ノ   ' !  l〉ニ|     l
.       l      |:.               | l!\ノ   | 」__    せめて色んな方を連れてきてください」
..     l/| ハ  |::人             |  l|    _-=三/
.       ヽミxソヽ|::::::::>_  ャ――ッ    |  l|  _-=三三∠..
.      <三三三ツ≧s。::> _       イl| .//三三三三/
.        >三三三三三≧s。=-=≦三三 イ(三三三三三そ___
.      X彡 三三三三 斗i介h三三三_=-'"/Λ 三三三三三三三/
.        Уヽ/l,.イ/ニニ/>=三=</////‘\三三三三三<
.       {ニニニニニニニ///////////////'Λニ=―――≒'"
       lニニニニニニニ///・━━━━・////'Λニニニニニニ‘,
.       lニニニニニニニ'//////////////////Λニニニニニニ,
.       lニニニニニニ,'////////l|///////////Λニニニニニニ,



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |      「ああ、そういうことか
             | !        |  ` ⌒ ´   .|
             | !   ,.-,    |         |     もちろん、そうするつもりだよ」
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }


316 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:02:25 ID:16770693


                  ((    - 、_
               >'"  ミ   \
                 / /ニ(   )ニ-_
              , /ニニニ=-=ニニニ、
                / 'ニ/7「lヽニ/「「',ニ、 |         「…しかし人のことは言えませんが
              /イl{ニ{ |AAl}ニ|リ州l}ニl} |
               l l>个━'"V/'━个/| ,         十年以上離れていたのに、貴方も
                  ノムト、l         イ  \
            ∠ /   \  ‐  /l! | lr‐` .       身長意外はちっとも変わっていませんね」
               //NV┌|> <|┐Vヽ|
                     /≠=zz=≒\_
          l二二二二,ャヌニニニニヌッ二二ニ=-.
          l二二二ャヌ ∞〔 ̄ ̄〕∞ヌッ、ニニニl
          <ニニニ/ニニニ7 ̄マニニニ‘、ニニニ〉
         <ニニニfト二二二/ ///ヽ=-- -=‘,二二\
           /ニニニ人ニ三三{//Λ//}三三三ノ二二二>
         _ 7⌒jニニニソ三三| イ:|:l:> |三三ニ/|ニニニ「
.       /-|/イ}ニ|ニニΛΛ人{:l:l:l|:l:l:l;|/Уソ、|ニニ/h。ニ!
      〈---lVツヽレ ヽ/ ‘,:l:l:l:l:l:l:l:l|:l:l:l:l:l:l:l:l:lΛ]'V:l:lΛ
.       \-|:l:l:l:l:l:l:\     〉:l:l:l:l:l:l:|:l:l:l:l:l:l:l:l/ L:l:l:l/,'Λ
.       ¨\:l:l:l:l:l:l:l:ヽ ./\:l:l:l:l:l|:l:l:l:l:l:l:l:lヽ/ニ)l:〈'///
         > l:l:/⌒/\「>.,_:|:l:l: <ニ/=〉,:l:l:l:V'/
            ~"''-/_.ノ\ニ`'’ニニ/=/ム:l:l:lⅥ
              /ニニ \.=\ |ニニ/=/ニニム:l:l:l:l|



                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ  ⌒
                    |   (⌒ ) (⌒ )
                  |    (___人__)i       「三つ子の魂百までっていうじゃないか
                |        ノ
                   |        |       人間って意外と変わらないもんさ
                 人、       |
             _,イ ト、 ヽ 、 __ ,_ ノ          俺もだけど、君だってそうさ」
       ,. -─‐-´  `, へ  \__、_ハ
      /         :i  ハ、 イ;;ヽト、
     ト⌒        :i   `<´.〉:.;〈ヽ \、
     / , : . \       :L__ `v;;;;ヘ ' ,<ヽ
    ノ l : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
    i  !: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
    /   ´: : :  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
.   /    : :   γイ: .       `、  ':;;:|  l、__j.|
  /     / /: : : : : : . .      `、 `':'}  |  |!



             __
            //
           l/
           l{   _  ----
          _ zL∠_,へ       =- _
         /二二二二二ヽ       \
        /二二ニ=-=ニ二二,
       ,'二二/ !  ヽニニ,
.       lニニニ{ l  l、 _.}ニニニ,          ‘,       「ま、そういうことにしておきましょうか
       }ニニ弋''"l~V  ,lニニニ,           '
       .lマニニ/勹示F''〈ニニニl| |           !
       , ` イ)  弋ノ" \ニニ| '         l
      /l   /        / \ノ ,   l      l
     / l   ヽ       /     '  ∥' /   人 _ _  _
      l   |└ニ=-  イ   /  /'  /     _ /::l〈::l/://:)
      l   | ヽ   / /レ′ /,  /'   /:ノ{:::| }/:7':/
      |Λ  |V   ゝ イ /ニ/   //ニl /l_ ノ::::/ノ:::レ'::/'’
        ヽl| V|-==≦ニニ//レ /二lノ::::_:::::::::、:::::::::/
        ∠ニリニニニニニニ|,/二_|:::::::::::::::::::::::::ノ>
         _>ニ7ニニニニニニニニト:;__ ,. 斗/>
        /ニニ{ニニニニニニニニ|: : : : : : : :/二≧、


317 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:02:48 ID:16770693


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \             「あ、そうだ
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)              連絡先、交換しとくよ
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }              お店行くとき連絡するからさ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ___mm.       番号教えてくれる?」
   /:::.ヘヤ::フ<:::::::::::liつノ
    |:::::::.ヽi:::.ソ| ̄ ̄ ̄
    |::::::::::::.`´.:|



                  .  ――‐-  ..
                ´
             /,∧        /\     ヽ
           / // G\/_ト_/ G G \   ‘:.
                /GG__G GG G_GGGG\   \
             ‘ /G /,!∧G G/.! ! |l\GGG|     \
          ||Gl'~| ||GGi~「l¨iヽ! } G G|      { \
            :! |G |l、i、_||G G、ト|、|_ l、/GGGj   \ \  \       「け、携帯番号ですね
.           〉∧_/字卒\/卒字≧\_/    !\ \ })
           /| i∧∧ ヒウ    弋ウ :!| ∧{    ||  ヽ i        わかりました…」
            / j/洲i 八  ′   u, | 1 ,洲 \  |l  i| |
         {! / /.イ|| l\  ---   /| |i |||  | ヽ :| :、 jレ′
.       _//|/ il|| | i/>-:r‐_,,´/| |l |||  |  i ト=≧ 
.        ̄   { j八レ({l 「 ̄ ̄ li| |レヘ},_人  }ノ
               ,..ァ≦|_______|{/ /IiIiI\
               ∠)IiIiI//\IiI└[]┐IiIiIiIiIiI\
             />‐┐ i ̄ ̄ ̄〕‐┼[]┐iIiIiIiIiIト\
.           _/ ̄`r‐┴ |77777└[__]┼[]┐iIiIiIi!'∧i\
.        //|  ̄`|―  |'///////il└[__]/IiIiIiIiI|'/∧IiIi\
.        ヽI{ {  ̄>{―  j'///////j|IiIiIiIi/IiIiIiIiIiI|'//∧iI/


何故か彼女は言いよどみ、そしてポケットから取り出した携帯を操作しはじめる
しかしその指先は液晶画面を右往左往していた


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ         「………どしたの?」
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)


不審に思ったやらない夫が問いかけると
彼女は携帯画面を差し出し、彼にこう答える


                  ((    - 、_
               >'"  ミ   \
                 / /ニ(   )ニ-_
              , /ニニニ=-=ニニニ、
                / 'ニ/7「lヽニ/「「',ニ、 |
              /イl{ニ{ |AAl}ニ|リ州l}ニl} |        「…自分の番号って
               l l>个━'"V/'━个/| ,   
                  ノムト、l //    // イ  \.       どうやって出すんですか?」
            ∠ /   \  ‐  /l! | lr‐` 
               //NV┌|> <|┐Vヽ|
                     /≠=zz=≒\_
          l二二二二,ャヌニニニニヌッ二二ニ=-.
          l二二二ャヌ ∞〔 ̄ ̄〕∞ヌッ、ニニニl
          <ニニニ/ニニニ7 ̄マニニニ‘、ニニニ〉
         <ニニニfト二二二/ ///ヽ=-- -=‘,二二\
           /ニニニ人ニ三三{//Λ//}三三三ノ二二二>
         _ 7⌒jニニニソ三三| イ:|:l:> |三三ニ/|ニニニ「
.       /-|/イ}ニ|ニニΛΛ人{:l:l:l|:l:l:l;|/Уソ、|ニニ/h。ニ!


ジャンヌは羞恥のためか、かすかに頬を紅潮させていた


318 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:03:10 ID:16770693


                /  ̄ ̄\
               _ノ 'ヽ、_   \
                (⌒)(⌒ )    |
                (__人___)     |
                  '、'ーー´   'J |        「…機械、苦手だっけ?」
                |        |
               |      .ィ {
              _`ュ`ーー___´_ノ',
        _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
       /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
      丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
.      r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
.     / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
     / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
     / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
    ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
    i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
    i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
.   i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
    ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|


やらない夫は彼女の携帯電話を受け取り
その番号を自分の携帯に打ち込む


.              /
              /l
.             { l
.             乂弋 _ -=  ̄ ¨ r'" ̄  =- _
.               > ミ         _
.             / /ニ\      /ニニニ\
          / /ニニニ=- _ -=ニニニニニ\     ヽ
.          , ' /ニニニニニニニニニニニニニニ\
         , '  /ニニニニニニニニニニニニニニニニヽ     ‘,
.           /ニニニニニニニニニニ=-=ニニニニニ‘,     ,
      ,   ,ニニニニニニニニニニ/l !   ̄ -=ニニニニ,     ,.    「け、携帯電話など悪しき文明です!
...    /  ,ニニニ/l |,ニニニニニ,' l|    _.|ヽニニニニ',      ,
....   /   ,ニニニ'洲.‘、ニニニニニ, ! l_ A-¨ | l,ニニニニ!    :|.    人は言葉という最も知的な交流を行う生き物
..  /イ  lニニニl リ ヽ,ニニニニ! l ! / ‘,  | l ,ニニニニl     |
..    l   〈ニニニ zュ。_ 寸ニニニニ,l__レ,斗示=ミ、‘,ニニニ|   | 、|...  そんな道具に頼らなくても―――」
..    l  Λニニニf 示ミ、 }ニニニニ 、 γ ⌒ ヽ リ/}ニニニ,    l \
..    、 / ‘ニニ| {′ll  Lニニニニニ>  l}   } | lニ-  ̄    l      
       v{ /人ニニl弋 ll l ヽニニニ/弋 ′ ,ノ|   !       ‘,
        V/ ィ  ̄l  `ー ′  ヽ/   XWXWX ! Λ |      ‘,
.         /' ‘,  _ゝXWXWX   _   - 、       レ }`!   リ、   ‘,
.            V/>。,_    ( `′    」 ,. 。 <   l   /V \ _乂
.          r ――<V斗ニ=----===≦ /\ /乂 /
.         / 三三三ヽ三 ヽヽ三三三三ト----、
        /三三三三三寸三)└――― 」 三三‘,- _
..     /三三三三三 ノ三三二二二二三ヽ三三,三\


何故かヒートアップするジャンヌだったが
やらない夫は手際よく携帯を操作しながら、彼女を優しく諭した


                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|          
             | !        | (__人___)   |.                「とりあえず俺の番号と名前を
             | !        |  ` ⌒ ´   .|          
             | !   ,.-,    |         |                 君の携帯にも登録しておくね
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト             あ、Lineとかも登録しておく?
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-.       大丈夫、俺が使い方を教えるよ
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }   慣れれば電話より楽だし」
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }


319 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:03:32 ID:16770693


       ゝ __ /  ///////> 、 \
        />、__ ノ///////////ヽ  \
       ///////// /  ̄ 寸,//∧  \
       ////ミ//// { | }_| |/// |    \
      ,l{//{  V///八/j,ム| j ///| \   ヽ.         「…ま、まぁ貴方の心遣いを
      / l//|  |///// 〉赱ノ| L///|  \   \
     / | V∧ノ_く/////   |/ |  | Vヘ     、 ト--.       無下には出来ませんね
     / | V// 赱ノヽ/       |  | V/ヽ     }
    :  |  V/ 八  ' /⌒)  |  i|  V/ |ヽ|ヽノ       仕方ないから覚えてあげましょう」
    {  | /||ヘ  .>   ゝ- '   |ヘ ハ从   |、|
     , /, / | |∧  |>__  _...イ:::::::::::::..レ.、|
         | |/ Lノ-.:::::::::::/ニニ(_ノ|:::) 、
             ):::::/ニ> --===ミニニ\
           -=ニニニニ=-  ̄ \ニニニニニ |::::..、
        /ニニニニ /ニニニニ \_}ニニニニ |:::::::..、
       /ニニニニニ /ニニニニニニニニ Yニニニニ/|:::::::::::...、
       {ニニニニニ./ニニニニニニニニ /ニニニニ/ |::::::::::::::..フ
       人ニニニニ/ニニニニニニニニ /ニニニ/  |/ ̄
       / >-/ニニニニニニニニ/ニニニ/



                   /    /三三三三三` 、  ト
                 ,     /三三,ニ ' ` 、三三三三‘
               /     /三三/   // Y三三三三` ,
              /      /三三/   / /:/l三三ニニr-、ニl
              /      /三三/   `/、 /:// ノ三三三/l ',ニ,
              /      L=- '   /  / - //三三三l l  lニl
             /        l    ,イfヲ笊ミ、  〈三三三ニi__,l- l三l     「自慢ではないですが
           /         l   / ヽ乂ツ イ  /\三三/ イY三ノl
          /           | i l l        /.::/ `-ィチ示l l / l.     私にその類の事を教えるのは
          ̄ ̄/      l  i / l l //////       (、乂ツ l l '  l
           /  /l   l  l l il            〉//イl/   l.     とても大変でしょう
            ̄ ̄ V/  乂l  l `、li     ` -  __,    / l   /
               l  /  `. l i `、       -    , / l    /        根気強く付き合ってもらいますよ?」
               | /  | ` l  `             , / /  ./
               レ   V `、、   ` 、  ,    / /i /
                   /    `, -_   `、     / / .l /
               r-=-=、`ミ 、       }   / /  i/`=--
         _____--===    `  、フ       ト。 ' '      / l
       r ’"   "=-、       0 ` ----  '  0。        /  l
      /         `Y  0゜             `  、 l  l


本当に自慢できることではないのに、何故か彼女は嬉しそうにしている


             / ̄ ̄ \ -、_
          _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
         (=)(= )/ ´/ /)
.          (__人_) {    , ' ´,/
          '、`⌒ ´  V __, <´        「本当に自慢にならないな、それ…
           |     〈´/::::Λ
           |       ヤ::::::::::::::Λ         ま、根気強くやろうか」
          `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
          /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
    //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
    j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
   i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
.  i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
.   | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


なお、彼はそれに気づかず、苦笑するのだった


320 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:03:57 ID:16770693


とりとめのない内容の、どうということのない会話
そこには特別なことなど何もない

それが彼女には、とても心地よい


                  ((    - 、_
               >'"  ミ   \
                 / /ニ(   )ニ-_
              , /ニニニ=-=ニニニ、
                / 'ニ/7「lヽニ/「「',ニ、 |
              /イl{ニ{ |AAl}ニ|リ州l}ニl} |
               l l>"!刄タ V/刄タ |V| ,
                  ノムト、l ' ' '    ' ' 'イ  \
            ∠ /   \ `  " /l| r‐ `
               //NV┌|> <|┐Vヽ|
                     /≠=zz=≒\_
          l二二二二,ャヌニニニニヌッ二二ニ=-.
          l二二二ャヌ ∞〔 ̄ ̄〕∞ヌッ、ニニニl
          <ニニニ/ニニニ7 ̄マニニニ‘、ニニニ〉
         <ニニニfト二二二/ ///ヽ=-- -=‘,二二\
           /ニニニ人ニ三三{//Λ//}三三三ノ二二二>
         _ 7⌒jニニニソ三三| イ:|:l:> |三三ニ/|ニニニ「
.       /-|/イ}ニ|ニニΛΛ人{:l:l:l|:l:l:l;|/Уソ、|ニニ/h。ニ!
      〈---lVツヽレ ヽ/ ‘,:l:l:l:l:l:l:l:l|:l:l:l:l:l:l:l:l:lΛ]'V:l:lΛ
.       \-|:l:l:l:l:l:l:\     〉:l:l:l:l:l:l:|:l:l:l:l:l:l:l:l/ L:l:l:l/,'Λ
.       ¨\:l:l:l:l:l:l:l:ヽ ./\:l:l:l:l:l|:l:l:l:l:l:l:l:lヽ/ニ)l:〈'///
         > l:l:/⌒/\「>.,_:|:l:l: <ニ/=〉,:l:l:l:V'/
            ~"''-/_.ノ\ニ`'’ニニ/=/ム:l:l:lⅥ
              /ニニ \.=\ |ニニ/=/ニニム:l:l:l:l|


ずっと日本にいたならば、それは感じることの無かった思いなのだろう
そう感じると、彼との空白の時間も宝石のように煌いて思える

我ながら単純だ、と彼女は自嘲気味に、こっそりと口元を緩めるのだった


               .   ___
                  /   \
                /   _ノ  \
              . │   ( ●)(●)
                 |     (__人__).       「しかし、今日の話だけでも
        .   .     |      ` ⌒´ノ
            .  |         }.          本当にジャンヌはびっくりするくらい活動的だよねぇ
           __,ノ ヽ.ヽ       }゛
       y彳 ";;;;;;ヽ  ヽ'ヽ   ノ          いったいどこからそんな行動力が出てくるのさ?」
     /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';, ヽ. ::::::>/
    /     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';,`ヽ/ヽ、
   /      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,.r`i ヽ、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', /::iヾ;;rァ /
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"',  `!;;ノ! ト、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  ,';;;;|i,.!;;;ヽ.
   |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;ヽ,
      ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i



                                   l }
                      _  -== - -― -  _ / /
                  -=                 ∠ へ
               /           /'⌒ ヽ     ヽ
                /     _ -ニ=-_  / /       _-=- _
            , ´     /ニノ=-_ニニ\      /ニγ,v -_
             , '     /ニニニlニニlニニニ=--=ニ>-、 l/ノニニヽヽ
          /    /斗zz‐ニトニリニ/ニニ=‐</ニ-ニ}ニニ=\¨' ,
           /   γニ/ニニニニニニi r'"⌒ヽニlニ/ニ/リ⌒ヽニニマ)‘、
            /    ノV/ニニニ=-'"  ̄7l`¨ヽニム|lニ,' l|   ‘ニニニl  \    「どこから……」
             l{ニニニニニ/l|,   ,' l  | ヽニ} l lニl_l| 斗,‘ニl\lト _
        /      /斗iセ.ノニ'  :|‘,   l| l l:|', l}Kニ! 〉ニ! リ!! l ',:}ニ`ト.,_> マ=-`
         /  /   乂ニ/ニ{  l:| ', l:| ̄,| ',リニ〕!〔ニム:/ |l/ _|:lニ{\{  ‘,
          /    l}ニ/jニ, l:|  ‘、l:|  ‘,|_, '〈ニ〈 l 〉ニリィf笊¨リ〈ニヘニ)   ‘,
       /  ィ    r '"ニ/ニ,l:!  ィf竺笊¨¨ヽ'\ニニ/弋 ツ 〈ΛニУ  ト ‘,
.     / //      ゝニノニニ>、 《 乂  シ      `ー'   ¨¨ l〈Λ/   :l, \、
      .У  ,' '   :|\ニ>' / ,   ¨¨        ヽ    l  7、   j
       / /' /!   :| l ヽ/l  ト*                     ,'|  |ニV  /
.      //ニ '/ l   /l l !ニ,‘ l__`                   / l:  l>'}/
           / l   /ニl :l,|ニ,‘ l--_          _ _    _ニ' /ニニ=-
   ニニニニニニl  /ニニl !ニ|ニニ,‘, l----__           /ニ/イ'ニニニニミ
    >ニニニニレニニリニ¨¨¨ニ=-l _-----____     //>ニ/ニニニ>__
   /ニニニニニニニニニニニニニニ=- _|ニニニニ/ニニニ/ニニ=- ” ̄ ̄


やらない夫の疑問に、ジャンヌはふと考えてみる


321 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:04:19 ID:16770693


             __/:.:.:.:.:.:.///≧s。、 ~''<
         ‐=ニ彡〕、__ノ//><//)h、 .∨、、
              ,∥.////∧//i{    Ⅵ/∧ .∨))
          /∥/ゞ''''ヾ,∧/i{ 从、  Ⅵ/∧ .∨
          ノ:.:i{/i{:.:i! i i.∨ v乂リィ≦カ弋__i}、 .\イi〔
         从:.i{/i{、 i 从_|/∧//杙ツ i 从、i\__≧_
        __リi、从:.从:.{ィ≦カ<ノ    ノリi } ∧v:i:i:i:i:i:i:iフ
        ∨~~~~ヽ)ミh弋ツ  、     /从ノ~~´ヾ,:i:i:i:i:i:i:iヽ, .       「…聞きたいですか?」
        ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iYヽ, ィ ア  ノ从ノリ从:i:i:i:i:i:i:iイ廴
        フ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、__/ |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i厂
      ≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ih、、_ノ',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:リ
       フ~~~~~~""'''<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}__ノ{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア´
      /-=ニニ二二二二~''<:i:i:i:i:i:i}、ニニ`~ヾ))_~~~~´{
     /-=ニ二二二>''~~ヾh、 ~''<リ ニヽ,ニニニ《、_》 ニih
     /-=ニ二二ニ/: : : : : : : : `''< ニニニノiム ニニ`~ヾ} i} |
    ,-=ニ二二ニ/: : : : : : : :イア~~~\ /:i:i:|∨, ニニニノ',ノ .!
   ,-=ニ二二ニ{-===---フ´_____)h, i| .∨,/iイノ}:.:.|
   |-=ニ二二二二二二ニ}/ヾ{/.Yヾ/:.ヽ,__> v/イ =}:.:.|
   |-=ニ二二二i 二二二,'_:.ノ{=、}ィ'''∨,:.:\ ニニニニニノ:.:.}
   |-=ニ二二/二二二/ヽ/ {=ミ} v''''∨s。,_) -==≦:.:.:.:.|



「それは私が、貴方に好意を抱いているからです」
この場でこう口にしたのならば、彼はどのような反応を返すのだろうか



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)      「聞いてみたいなぁ」
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



にこやかにそう返すやらない夫は、それを聞いたとき
喜ぶのだろうか、戸惑うのだろうか



                     __
                 、丶`     ⌒“''*
              、丶`      _      `丶、
           、丶`       /ニニ〕h、      \
         /ニ\ __ 、ヽ`ニニニ=‐\         \
         ‐=ニニニニニニニニニニニニ=‐       `、
       /ニニニニニニニニニニニニニニニ=‐       `、
       /ニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐
.        ′ニニニ-=- ニニニニY  ⌒“''*、ニニニ=‐
        |ニニニY   Vニニニ |   ハ  ヽニニニ=‐      }
        |ニニニ.|     %ニニニ|  / ‘,.| Yニニ=‐}     |
        {ニニニ.| /   }ニニニ{  /     .} .|ニニ=‐.|     |
      ニニニ {ハ }\〈ニニニ 〉/    レ `"''<ニニ!      |
      Vニニ ∧    ヽニニ //       |   "''<》   |
       ∨ニ. /     \/レ x====彡 }     {\
       |ヽ/ { x=彡           ′      |ニ》  乂
       / /  .‘,    、__       /|      ⌒ヽ  ヽ \
     〈ニ/      /ヽ _)__ 》     ´|       | {}{}{}   ∨  〉
     //     .人/:::::::/:::::Y⌒“''*、   .|       ′      ⌒
     ⌒|     《::::::::::::>''") ̄) ̄   人    /     |\》≧=-
         乂  /  ∧::::::::::::::::::::ヽ´〉  ィi「 |    /   〉  {: : : : : : :
   >''"⌒ ) /\ .∧::::::::::::>''" ィi〔 ___ {  /_ ハ  /: \ 〉: : : : : :
>''": :<⌒: : : /: : : :\ 》::::::::::::〈: : : \ )≧=-/: : : : : \/: : : : : : : : 〉: : :
: : : : : : : : : /: : : : : : : /ニニニニ}: : : : /: : <⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : \: :
: : : : : : : : 〈 : : : /: : : :/ニニニニ.|: : /: : : : : ≧=-: : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : :./: : : :/ニニニニ ′ 〉: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : \


しかし望む望まぬに関わらず、いま自分が感じているこの関係性は
いやおうなしに変化してしまう

リスクとリターンを天秤にかけ、ジャンヌは見極める


322 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:04:43 ID:16770693


最終的に、彼女はこう口にした


       ゝ __ /  ///////> 、 \
        />、__ ノ///////////ヽ  \
       ///////// /  ̄ 寸,//∧  \
       ////ミ//// { | }、|  |/// |    \
      ,l{//{  V///八 /|,ム-.j/// | \   ヽ
      / l//|  |///// 〉 f 逸ノ,L///|  \   \
     / | V∧--く///// `¨´|/|  | Vヘ     、 ト--.       「教えてあげません」
     / | V//<戈ヽ/      | i| V/ヽ     }
    :  |  V/ 八   ' _ -ノ  | i|  V/ |ヽ|ヽノ
    {  | /||ヘ  .>   `¨´    |ヘハ从   |、|
     , /, / | |∧  |>__  _..イ:::::::::::::..レ.、|
         | |/ Lノ-.:::::::::::/ニニ(_ノ|:::) 、
             ):::::/ニ> --===ミニニ\
           -=ニニニニ=-  ̄ \ニニニニニ |::::..、
        /ニニニニ /ニニニニ \_}ニニニニ |:::::::..、
       /ニニニニニ /ニニニニニニニニ Yニニニニ/|:::::::::::...、
       {ニニニニニ./ニニニニニニニニ /ニニニニ/ |::::::::::::::..フ
       人ニニニニ/ニニニニニニニニ /ニニニ/  |/ ̄
       / >-/ニニニニニニニニ/ニニニ/



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ             「なんだよー
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\        気になるから教えてよー」
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)



             _ ,,  _
          ,x.'"      ` .、
         / ,  i  .}≧s。.  \
        /  ∠i,  .',  ノ///≧。. ', ヽ
         .i i ,仁/≧ttf///==///ヘ ',. ヘ
       i i.仁///////jメ', ゙',マ//jヘ .'., ト、
        i , !Ⅳjメ´i`マ/Ⅵ .i !.マ//jヘ i i.', \
         | ! !Ⅳj{ i  マ//|! ,.+ `マ/ハ i .!.ヘ  \    「駄目です
       ,i .',.',V/ヘ t- }///7s !斗.ラi`´.! i  ', ̄~`
      ./ ', .', ',V/j>__!/////.代/タi ,' ノ、 .ヽ      それに、私にしか意味の無い原動力ですから
     / .,ィ'、 ', ',`+弋/タ.`マ/ ¨¨´/ ,イ  i` _ ニ=-
     ,'// `.x,.` .``¨¨   '   /_ イ !  |.         貴方に教えても意味はありませんよ」
     ∠ .イ  ',\\.   _, -‐′ ,イ 人 !
        ', ,イ /` ,へ,_     ,.イ .|./  .ヽ
         V リ   V_ト_≧ニ.~_e|t、__
        , -zt''≦≧.i三三三ニi-=ニニニニft
     , x'"-=ニニニ=鎖≧77777{=ニニニニ=;トx、
      /-=ニニ=-≪≫'"{~誇ミtz┐鎖=ニニニニ!ニj\
    /-=ニニニ≪>:::>'  .~ ‐--t┘ <≫=ニニニ!ニ}:゙:::\
    ,}=ニニx"::ア"    ,.'   ..V::::::::::{≫=ニニ|ニ}:::::::::::\__,,x<!
   /=ニニ/::::/     ,′    .'!:::::::::::::V=ニニ!ニ}::::::::::::::::V:_:x::┴t
  ゙{_,ィニニ.i:::::i.       i      .|::::::::::::::i=ニニi,ニ}:::::::;斗<,,_:::::::::::}
    .V\f|:::;'.       ‘,     |::::::::::::::|=ニニメ:jV::/i:i:i:i:i:i:i:i:ヾ::::/
     /E`込.     /'、     .|:::::::::,.x'|=ニニニノ .}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:{
    ./xニニ=` z-z炙三三≧zュ-|<~:::::::i~  ̄ ~  ,i:i:i:i:i:i:iェi:i:ェ::ィ:\
   /=ニニニ=j|ニ三三三三三三ニV::::::::::::\     {i:i:i/|i:i:|:i:i:|:i:iト 、ヘ



             / ̄ ̄ \ -、_
          _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
         (=)(= )/ ´/ /)
.          (__人_) {    , ' ´,/
          '、`⌒ ´  V __, <´          「ちぇー
           |     〈´/::::Λ
           |       ヤ::::::::::::::Λ           大人になって少し意地悪になったなぁ
          `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
          /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、.       しーちゃんは」
.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
    //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
    j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
   i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
.  i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
.   | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/



やらない夫が彼女をそう呼んだのは、頭の底から溢れてきた記憶が
無意識に彼の口を動かしていたからだ

だからこそ、まったくの無防備にその呼び名を聞いたジャンヌは、驚いて息を詰まらせてしまう


323 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:05:09 ID:16770693


        _____
   ,. -‐'"´       ___``- 、_,,.-ノ
.,.-'"      _,,.. -‐:::'"´::::::l   ヽ ̄
      ,.-<::::::::::::::::::::::::::::::ム   ノヽ
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、::` -'::::::::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::,..........,,::::::::/__` 、::::::::,.、::::ヘ
   ./:::::::::::::::, '" 、,  ./ `` 、:::::`i:::`´, 、::l::::::ヘ
   l::::::::::::::/   / l / l ,l. /ヘ::、':::::::,':::ゝ'::::::::ム
   l::::::::::::::l l ヾァ====ュ、/ l .l:::ノ:::/:::::__::::::::::l
   l:::::::::::::ノ l,/  ,'´:::7 ヾ' レ'、'::::/:,-'" ヘ::::::::l      「い、い、いきなりなんですか!?
  ヘ-'"´  l´ .ヘ、ゝ-'  /:::::::::::,'--、 l l:::::::,'
  ./::l  l l l ////`¨´/ `ヽ、::::::::,'l7  l レ'::::::         そんな昔の呼び名を!!」
 /-:l   l l l         ヽ/-- ' .//::::::/
./llllllll  リ /         /  ////.ヽ::::/
l / l   /   =-_-、        /   ヽ'
レ' レ' ヘ /. ヽ    `゙``-     ノ / l/l
-ノ::::::::ヘ'::ヽ、 ヽ、      ,.. -'" / lヘ//ヘ
' ヽ::::::::::::::::::::`-、_ヽ、_,..-'"  l ./l / /lヘ、ヘ
ニニヽ::::::::::::::::::::::::::::l /.l  ,ィ  レ.l レl/   ヾ、
__ニニヽ、:::::::::::::::::::l:i:i:il/-.l /ヽl
コゝ'_`=- 、`----'、,ヽ:i:i:i:i:レ'ヘ_
-'`゙ゝ__   `Yr--ヘ,ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:iゝ.、
ニニニニニ=-'Lゝ-'-ヘヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`i.、



            / ̄ ̄\
          /  \    \
.         (●)(● )  u. |               「え? あ、ああ…ごめん
         (__人__)  u   |
.         (`⌒ ´     |            俺もなんとなく言っちゃったんだけど
          {         |
          {      u. /
       __\     /リ 厂`'‐- .._        …嫌だった?」
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
.    | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
     | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



         /   ----- __ ____`  、
     -一    /ニニニニニニニニニニニニニニ= \
       フ  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \           「い、嫌とは一言も言っていないでしょう!
      /   /ニニニニ=--=ニニニニニニニ=-=ニニ\ `  _
      /   /ニニニ/    }ニニニニ{    寸ニ } ---<.         話を聞いているのですか!?
         lニ⌒\ ∧ |ニニニニ| / /l⌒Vニ | \    -- 、
   /   /lニニl l_≧=ミ_}ニニニニニ{≦==lミ |ニニ|   ヽ/i;i;i;i;i;/.... 先程は不意打ちで呼ばれたから
 --彡 --イl |ニニl〈「 /んハ ヽニニニニ/|/刈 |  Vニ|  (⌒i;i;i;i;i;i/
/i;i;i;i;i;i;i;i/ l| |ニニ{ |/弋_:ノノ \_/|/ゞ-゚ l   V|--一i;i;i;i;i;i;i/..   心の準備が出来ていなかっただけです!
i;i;i;i;i;i;i;i/  | ヽニニ人  //// ' /// /イ  ト \ \i;i;i;i;/
i;i;i;i;i;i;i;i⌒ V| / \| l\   /^~ヽ     ハ| |ニ.|i;i;i;i;i;i;i;i;i〉      不意打ちなど騎士道にあるまじき行いです
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|/ |∧  人    {    {    人 |八ニ|i;i;i;i;i;i;i;/
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;∧|i;i;i;\ V> 乂__ _,ノ イ  V|ヘ V]i;i;i;i;i;i;i(       だから私は怒っているのです! 分かりましたか!?」
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;\Vi;i;) ≧=彡/|/⌒ヽ|i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;>
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;くニニニ{\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iく
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i>ニl::::::::ヽi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iノ



             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_         「う、うん
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |          よく分からないけど…分かった」
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}



意味不明の論理でまくしたてる彼女に威圧され
やらない夫は理解できないながらも納得せざるを得なかった


324 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:05:36 ID:16770693


                     __
                 、丶`     ⌒“''*
              、丶`      _      `丶、
           、丶`       /ニニ〕h、      \
         /ニ\ __ 、ヽ`ニニニ=‐\         \
         ‐=ニニニニニニニニニニニニ=‐       `、
       /ニニニニニニニニニニニニニニニ=‐       `、
       /ニニニニニニニニニニニニニニニニ=‐
.        ′ニニニ-=- ニニニニY  ⌒“''*、ニニニ=‐
        |ニニニY   Vニニニ |   ハ  ヽニニニ=‐      }
        |ニニニ.|     %ニニニ|  / ‘,.| Yニニ=‐}     |.       「ほら、立ち止まってないで行きますよ!」
        {ニニニ.| /   }ニニニ{  /     .} .|ニニ=‐.|     | 
      ニニニ {ハ }\〈ニニニ 〉/    レ `"''<ニニ!      |
      Vニニ ∧    ヽニニ //       |   "''<》   |.
       ∨ニ. /     \/レ x====彡 }     {\
       |ヽ/ { x=彡     /:/:/:/:/:/:′      |ニ》  乂
       / /  .‘,/:/:/: 、__. :/:/:/:/:/:/       ⌒ヽ  ヽ \
     〈ニ/     /::./ヽ _)__ 》      ´|       | {}{}{}   ∨  〉
     //     .人/:::::::/:::::Y⌒“''*、  u |       ′      ⌒
     ⌒|     《::::::::::::>''") ̄) ̄   人    /     |\》≧=-
         乂  /  ∧::::::::::::::::::::ヽ´〉  ィi「 |    /   〉  {: : : : : : :
   >''"⌒ ) /\ .∧::::::::::::>''" ィi〔 ___ {  /_ ハ  /: \ 〉: : : : : :
>''": :<⌒: : : /: : : :\ 》::::::::::::〈: : : \ )≧=-/: : : : : \/: : : : : : : : 〉: : :
: : : : : : : : : /: : : : : : : /ニニニニ}: : : : /: : <⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : \: :
: : : : : : : : 〈 : : : /: : : :/ニニニニ.|: : /: : : : : ≧=-: : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : :./: : : :/ニニニニ ′ 〉: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : \


赤い顔を手で隠しながら、彼を置き去りにするように
ジャンヌは歩く速度を速めていく


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .| 
        r、      |   ` ⌒´  .|         「あ、ああ」
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  ノ7i:7、/ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|.:i..:::ソ,/:::::::::i
            ヽ、._  ∥ヽ、_,r':::::::::::.|
            `ヽ、:::::::::::/':::::|
               `'ー'´


やらない夫はその後を追うようについて行った


                      /i
                    l l
                  I V     _ _ _ _
                , -`. `-、_" "    `  - 、
             ,'     ” --’           ` 、
            /                        ` 、
          , '       r-t          ノ--、       `.
         /    ,ニ'ニr、ニl         ノニ, -, `ニ、     `、
        /   /ニニニいニ`.       ノニニレ'ニニニ` 、    `.
         l   /ニ_ニニニニニニ`ニ- - - 'ニニニニニニニニ-、、ニ`.     `.
       /   lニ_/ iニニニニニニ'-フ  r-`、ニニニニニニニ。_)l‐, .`,     l
       ノ    iニi_ -'ニ,ニ-ニ、ニニ,l  i、ニニニ,ニ-ニ、` - 'ニニニl     !
      ノ j  |ニニニ/     ` .ニ> <ニニ/     ` .ニニニニl     ト     「まったく…本当に…」
    / /i  iニニニl’      l `: :'フニニl       |ニニニニi   .  `.
    ”   l   lニ0ニl __ |   l }ニ.V二にI、  j_, -' j -、ニ) l    \  \
       l    lニニY `l‐ - -l/、ニニニニニニ〉i-' /  !  lニニニニl     ト、 `、
       l    `,ニニ`, l---o -'、 \ニニニ/ --- o--ァ ノ、ニニニl     l  ` -
       l    `, /`、l` ‐ ‐ '      `-- イレ个 、ノ i   l  l
       l  l 「`, l  l / / /          / / / l  ∧ l  ∧ l
       l  l l  l `, .i                   j   l i  l / V i
       ノ  人 .川 `, i、        _ .._        .ノ  l.川  l l  V
      / /  l i '  ∧ Y- __   ´  `    ,  イ ノ } ∧/
      //   V \l `∧ , --r _ _ _ - ' iニ、 レ  ∧ /
     ”           V, 〉ニニ〉‐ ---- ‐‐vニニニニ=-、 `'
              ,=ニニニニ。l 邪んぬ lo.ニニニニニニニ=、
             /ニニニニ0゜ニL- - - - 'ニニ゜Oニニニニニニニ、


彼に対し悪態をつきながらも、彼女の表情に怒りは見えない

それは、やらない夫から昔の呼び名で呼ばれたことの嬉しさと
同時に、彼からそう呼ばれることへの気恥ずかしさとが入り混じっていたからだ


 '           /ニ/三>ニニニニニニニニf=ヽ
,'             .i {ニニ(三/ニニニニ/ ̄ \,ニr 、=,
   /      .:/| |ニニ\乂ニニ/ '  :|  ヽニム:i:i:
  ,'    .:/   .:/|トニニニラニ/,  :!     ‘,ニ}:iノi,
     .::/  .:/ニ ! トミ三三ノニ,' '  :l  :|     ,ニl:i:i:|
   ..::::;'   ,ニニl |、ニニニニ, |  :l  :!    }ニヽ:i|
  .:::::::,    ,ニニl !ミ三ラニニ! !  :!  |    ,ニニ}l|
 ..:::/,   l {ニニニll|ニニニニ|¨i+-:| _ :!,   /ニニj l
.::/::::,   .:l lニニニl!ニニニニl ! l ,:|‘,  ト*,  /ニニノ 'l
/::::::::,   ::::l !ニニニ|ニニニニ 〉:!` v| ‘, {_‘, /ニニニ/ l    「本当に…」
:::: :::/ .::l   ム!ニニニニニ=-'" |__   ‘, l__‘、 ニニニ/`、l
:::l :/ .::::!  {ニ`ニニニ=-'"   }`"ト弃芸苳'"  \ニ.Λ
::::/ ./:l  ノ-r― '"       l‘,!           (`′,
.    ./ニニ|  Λ    ‘,  l ‘,!         ノ  ‘,
   (くニニニl|‘, Λ    *  !          /    ‘,
    >`<リ Λ |'Λ   ‘, l           l   lΛ
.       ̄>' / 、`|'Λ    }、|    __ _ /    l,'Λl
  |  :|/ l / -- ` 'Λ  }、j} `      ノ |、{、  l,'
`、|, !   l   ---_ ,Λ/ ′       , ´` |  \l
ニ`、|_ |       ----- _         /   `、|
ニニ`ニ`ニ‐  _r― =〈        , '
ニニニニニニニニ|l|l|l{ニニ、       ̄
ミ、ニニニニニニ!l|l|l!ニニ,
ニニニミ、ニニニニ!l|l|l!ニニ,


彼女は、素直になれない自分の心に辟易としつつ
その思いを溜息と共に吐き出す


325 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:06:01 ID:16770693



                      。  -‐-  。
                 。 ‐ '' "´         `."´ ≧tx
                 。'",xt       ,  "           ヘ
            /x≦jニ{     /    _              .ヽ
             , ',x《ニニ!j込,   , '     ,/≧、  、      ,    .ヽ
          /./ニニニニ!ニ>x 。。 ,,.。 x<ニニニfヽ .ヽ     .;      .‘,
          ,'.ムニ/i"iニ.}ニニニ==t≦ニニニニニニニヘ.  '.,    ;     ‘,
           ,' ムf/ ! 仁|ニニニニニニニニニニニニニニニニjヘ  '.,    .',       ',
         .,' ,ム:j! .i .,!fjニニニニ>''"¨¨` tマニニ ニニニ‘, ',    .',       ',
        / Ⅳ|!'i !.ム!ニ ニニ/ |  i   | マニニ ニニニ‘! .i    .;      ',
       , ' ..Ⅳ|! i ./j/ニニニニ!  !  |  .| }ニニ ニニニニ} .i    .i      ヘ
     /_, イ.Ⅵ≧《f{ニニjニニム ,.ハ  !  | }ニニ ニニニニ}  !    .!  ,   , ヘ
           ! .}t|代iⅥ ≧ft<,》'. ‘, i  .! ムニニニニニニi  .!    .i   !    ',x,\
        i .ム'i゙ `'Ⅵニニj>'"  ‘,i  !仁.ニニニニニj'  !     !   .|    ‘,`.`       「困った人ですね
        ,' ム' !    `¨¨´     ≧tx..、仁ニニ=t‐''''´  ,'   ;  !  .ト,    ‘,
       ./ ./ i              乂::i::シ!ニニi" i    ; ,'    i .;   .! `<   ',
       /.イ  ‘,   ;         `¨´ !ニニ! ,'  .,イ .,'     ! !   !   `<ヘ        …やーくんは」
        |   ヘ              Ⅵ|j ./  ,' .!.,'     .| | ,  |     `
         ‘,   ヘ            / Ⅵ!イ  ,' |,'     | .リ .V .!
         .‘, | ヘ  ` ー      /   V |  ;  ' ./    ハ !V ', .!
          |リ  ヘ         //イ” | /!./~| /|  . ,' `、! ', .Ⅳ
          |!    ー -- .┬ '' " ~ ´   .|! .i.!ノ:|/ .| ; /     'ノ
                 ,xtハ      , zt≦彡j|  .Ⅳ|.,'
                 {f込トzzttf77三>彡"///!.、  !
            .,xt f f≧}≧tttt≦~//////////ノ/ノ
           .,.′     }//////////////////f}__
          /, , xt</j}////////////>''"x<///f|!
          ,'x≦////」j{///////>f''"_,x<////////` .*。
          f//////ア V≧tt≦彡,x<///////////{      *。
        .rf|/////ア   `¨¨¨¨´´{//////////////:{
        }////jア         .}//////////////{           ヽ
      .,イ///ア          }//////////////{           ヽ
     .,イ//jア           }//////////////{
     ,.イ//イ       .      }//////////////{              ',
   , '//ア::::!.     ,. ´     __,.}//////////////{              }
 .,//jア::::::::::!   /   ,..x..<::::::}//////////////{              .,′
゙////:::::::::::::::i  ,.'  ,.x<::::::::::::::::::}//////////////{   . ;           .,.′
{//j{:::::::::::::::::::! ,',.x<:::::::::::::::::::::::::::}//////////////{   /           ,.′
';//:';::::::::::::::::::';{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}//////////////{  ./          /
‘,/ヘ::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}//////////////{ /          /



そして、やらない夫には聞こえないような声で、そっと

彼女は昔の呼び名を呟くのだった

                                                  【オワリ】
.

326 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:06:23 ID:16770693


                           (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                            (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                             (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                              (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて                         .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
   幕間 第11話は終了かしら          .}厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                              {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                                   ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
..                                  .八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                                  \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
..    閲覧ありがとうございます                 .}:从   、     /r=、::\  、    |
                            ...f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                        .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                              {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                            (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                             ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                                 ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                               {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                               \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                                    /  (.У: : : :|
.

327 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:06:47 ID:16770693


             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ./        .',..          ということで、幕間
           .| ⌒  . ⌒  |
              | ●   .●  |.          ちょっと本編のジャンヌさんが重かったので
. .             | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'..           軽い彼女を書いてみました
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./.        読み返してみて思ったけど
.         \  r― , ., ‐┐ /..         この娘はツンデレに分類されるんだろうか
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./



           (´ `)) _
          , -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
         /  /\ ー、ゞfニ薔ニヲ
        / ./,' /    `ー-=ヘ、/メヽ         正直、ジャンヌっていう名前に
        { l! /     ー- ヽ._ l i |
        `i | l /     ●  | l i .|.         渾名をつけるのが一番難しかったかしら
         /⌒)i"●     ⊂⊃ツ.メノ
       /   yi ヘ⊃   ,__,    / /ノ         濁点の名前ってかわいい渾名にするの
      (  /  ゝ、_ `´    /ミ'/
        '(   '丶 "Tー イ ゙ァ`ヽ.         難しくないかしら?
       ヽ<   ヽ l><l |    ヽ
         ヽ   ヽ /:|  人    ノi


328 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/07/22(Sat) 21:07:20 ID:16770693


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |    
       |   _ ` トイ'、l..           さて、次の投下は本編が折り返したので
       |  ィこ:Y_| Vハ/..           外伝07話を投下予定よ
       |   {しリ`イ ソ           
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.       いまは書く時間がみっちりと取れなさげなので
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',.     時間がかかるかもしれないかしら
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... | 
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ                 投下の際には、いつも通り
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' |                 前日に予告させていただきます
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ. 
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \..          では、今晩はこれにて
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.  
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j... 
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ  
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }. 
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


.

329 : 普通のやる夫さん : 2017/07/22(Sat) 21:07:44 ID:5b0297c7
乙津
壁殴り代行業がPOPしまくるんじゃないかな?(棒

330 : 普通のやる夫さん : 2017/07/22(Sat) 21:09:12 ID:ea27dd99

軽い彼女←チョロイン!な部分ですね

331 : 普通のやる夫さん : 2017/07/22(Sat) 21:11:47 ID:26c32613

めんどくさかわいい、塩梅がいいんだな

332 : 普通のやる夫さん : 2017/07/22(Sat) 21:19:53 ID:89b1f211
乙乙ー

「けいたいはわるいぶんめい、はかいする!(AAry」
なんて事にならなくってよかったw

333 : 普通のやる夫さん : 2017/07/22(Sat) 21:25:41 ID:a86f2773
乙でしたー

関連記事
17377 :日常の名無しさん:2017/07/23(日) 22:28:41 ID:-[ ]
最悪渾名が「ジーちゃん」になるなw
34470 :名無し:2018/11/11(日) 16:18:17 ID:-[ ]
<<17377
その渾名は、意味深ですねw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その2 (12/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG 番外編「高校生たちのクリスマスパーティー」 その1 (12/13)
  • アメリカンヒーローアカデミア 60 (12/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その21 (12/13)
  • 国際的な小咄 6276 温暖化と寒冷化 (12/13)
  • 国際的な小咄 6275 ニシンの日本風 (12/13)
  • 国際的な小咄 6274 イッチも筋トレしてるよ (12/13)
  • 国際的な小咄 6273 フィリピンの豚の丸焼き (12/13)
  • 国際的な小咄 6272 プラシーボの愚痴 (12/13)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.16『フランドール』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.15『多分今回もナーガは出ない』 (12/12)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.14『きっと、今度こそ月夜蜂』 (12/12)
  • 国際的な小咄 6271 UQの使い道 (12/12)
  • 国際的な小咄 6270 東南アジア移住ニキ (12/12)
  • 国際的な小咄 6269 燻製って自分で作ると (12/12)
  • 国際的な小咄 6268 あれ、意外と少ない (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ ちょっと試しに聞いてみたい (12/12)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ