スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

国際的な小咄 373 世界の偉人4 ~歴史の果てを見る~

目次

30 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:08:03 ID:m0fHX/Rk

373 世界の偉人4 ~歴史の果てを見る~


1941年、ハノイで一人の女の子が生まれた



                   . . . ――. . .、
               . : ´: : : : : : : : : : : : : ̄: : . .
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
            /: : : : : : : : : : : : : :丶: : : : : : : : : : : ヽ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : 、 \: : : : : : : : : :. :.
.          /: : : : : : : :/ : : : : : : : : : : \ ヽ : : : ヽ :. :. :. :.
        /: : : : : : : : i : : : i ヘ : : 丶: : : \: : : : :.∨: : : :廴
      /: : : : /: : : : | : : : ト \ : : \.: : : :. : : : : : : : : :. :.  ̄
     /ィ : : : : ' : : i:. :| : : : |  ` ヽ 厶斗: : :∨: : : :i : : : N
    /   |:.i:. :. :i: : : |:. :|小:. :!    /ヽ 厶ミヽ ∨:. :.:|、: : :.ト
.      |:'|:i: : :|:. :. :! : | { 乂:.     ィ斧:ハ } i`ヽ:. :.| } : i:|
        { |:l: : :|: : i : 斗七 ` ヽ  ハう::ソ  .: / : : ル': :.ハ!
.        |:. :. :|: /|:. : :|,ィf斧ミ       ´  ノイ: :. :.小 /
        ハ: : 小{:.l:. : :ト、 うソ          |: : / N }     ……
.        ∧:. :! ∧:. :ト:i:ヽ   `   _      |:.:.从{ _
.           ヽ:.   \∨: : : 、    ´     /!:/ Ⅶ):. :.ヽ
           ヽ    ハ: i : ハ{≧ュ.....  _/  {′ /:. :. :. :. :<_
                八:ト、{       .:´ハ     /:. :. :. :. :. ...:::´::イ`ニ 、
                     } `    /:. :ム}  .イ:. :. :. :. :/::/:. /:::::::::::::ヾ
                        / ― . . .、/:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::: ∧
                       /:/: : : : : : :/:. :. :. :. :. /::::/:. : /:::::::::::::::::::::::::∧
                     ィ:::/:. :. : : : : :. :./:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::::::::::::::::|i
                    //::/:. :. i : : : : : /:. :. :. :. :. /::::/:. : /::::::::::::::::::::::::::::::::: ||



名をズオン・ティ・スアン・クイという


祖父は東京義塾の広報を務めたズオン・チョン・フォー

父はフランス統治下のベトナムで議員をしていたズオン・トゥ・クアンであった

また、叔父二人も教育者として名高い人物(一人はベトナム近代文学研究の大家、ズオン・クアン、ハム)であり、俗に言うインテリ家庭の娘として生まれた




31 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:09:28 ID:m0fHX/Rk



                     ,.: -――<: : ̄ ̄. : .:\
                    へ<_. : . . .: .: .: .: . .: . .: . .: . \
                /. : .: ;/.: . : . : .: .: .: .: .: .: .: .: .: . 〉
           \_ /. : .: .: /.: .: .;/.: .: . .: . .: . .: . .: . .:⌒ヽ
             ー1/〉. :/. :/. : . :/ . :. . : .: . .: . .: . .: . .: . .: . : .
                //.:/. :. .: .ハ :. .:/. .: . .〈. . .: . .: . .: .: . .: . .: . .: .:、
           〈. :.ィ7 : :/〉: .r=ミ!i : .:ィ. : :ヽ: . !. : . .: . .:〉. .: . .: . .:}
              〉ヘ:|: ./. : : :|:pt八: . ト.、:.ノ: ./.: ,: .:!: ./ . .: . .: . ./
                 ∨/ : : iЦリ  \!rヘ(: .: . .: .: /../ . .: . .: . ./
               /.:/.:Y       lレヘ}/}: .: /. .: . .: . .: . ./
                 レヘ::ハ '"     lrくリ: }:/.: /: .: :/.: .!:.{
                     } : \ 、    7.: .: .: :./⌒Y.: .: .:人{
                     }ハWヘ___/:. :. :. :.イ:. ..ノ/レ´
                       /: ../)/}:人: ト、     ねえさん、すごい……
                         /}/       У \
                   -―く::::<           ヽ、
                  /  ̄\ヽ:::ヽ           }::!
                    /     、 }::::!              }::!
                〈      } }::::!              }::!
                    ノ        } }::::!             ヽ:.




彼女の姉の一人は後に、ホー・チ・ミンがハノイで行った独立宣言の時、国旗掲揚を行った

もう一人の姉は、ベトナムの声のアナウンサーだった

32 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:09:52 ID:m0fHX/Rk



         /  /_/___
        //,イ/ /: : : : : :  ̄ ̄`丶    ./
      _,// : : : /: : : : : : : : : : : : : : :\//
   ー=彳: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //ヽ/
     /: : : : : : : /: : : : : : : ; ィ ; : : : : :i / : /∧
    ./: : : : : : :./: : : : : :/イ /:/ |: : : : :|: : : :/: :!
   /: : : :/: : :/: : /:/: / .}ハ/  |: : : :/!: :/: : : ヽ
   ハ!: : :/:. : :.|: : :j/:丁 <_/   |: : /リ: /: : : : ト\
    |: :/ rー┤: /: :/¨≒=`=ー’ |: / .|:/ハ: /! | ヾ 、
    |:/|: :!  |: : : / z .._    }/ 二アイ }/ /^ヽ
    |{ :|!:.ヽ :|: : :.|    ̄      _ /: : : /
     .}: ; :`┤: : | J      ′¨ !: :/ /      ここ、危ない
      |ハ i |: : :ハ  u .r― 、   // /
       |ヘ:|V: |\   L___/ , イ: : : /
   /      ' V:|  ` 、   / /: :/
  .// /   rイX {    ア¨´  //
 ̄//ア ̄ ̄   / `     {     ./
:\ヾx  /   {      .ト、_/  //   /
::::::ヽヾx.//⌒;‘.      ヽ トv'/   ./            /    /
::::/} ̄ア  ./r‐、ヽ,. ィ'⌒ヽ!  ./丁トv′    |   (`ヽ/   //
:/ ノ ./  ,イ /  .} \    !   }} |::::V /  K⌒ヽ ヽ ヽー、//
./ / ./ヾxノ  / :「`!ヽ  .l  .}} |::::∧/ (`ヽ ヽ  ヽ‘. ‘ ‘v‐,
     {⌒ア  /__j |. \ |  }} |::::::::}  ハ. ‘.-〉   H  ,} } .〉




五歳の時、第一次インドシナ戦争のせいで疎開

33 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:10:12 ID:m0fHX/Rk



     ___   ノ)
    ´⌒>. : : :: : : :`⌒ーく_
    / : : : : >: :7: :: :: :: :: :: :了
   /ィ : : /: : /: : : : : :〉: :: :: :\_
   / : :/: : //: :: :/ /: :/: :: :ヽー'´
    {://: :ィ^ 二、/{: :八:ハ : : : :}
  ∠: : レ: : }/fffく   !/ ィF>、〉: : ハ
   レ: :/: : ノ k>/   '  b!y': : : ;へ:!
     }ハ: :/_、¨´     `'/: :レ´
     |/\{\   ’  イ:/
       _, - 〕 ー -r< '
     へミヽ  ヽ-=へ> ヽー、       文学、面白い
   ./, , , , ヽi┌――――┐ト、
   .{, ,, ,, ,, , }||        |/; ;i
   .{, ;\, ,, ,}||    _,ハ―- 、
    〉 ̄\、〈||  /⌒, ,, ;ヽ i 〉
    ヽ、; ,, ,\>rく, ,, , , , , , 」ン; }
     ヽ、 , ,, ;〉; , , , , , ノ~ | ,; ;!
      ト、, ,, ,, ,, ,, ,_/===┘i; ;!
      |,,ヽ、   //   | / l; ;〉
     /, ,, ,`ー'´ /______| / /::〈



この七年で文学の素養を見せる――血筋だろう

34 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:10:36 ID:m0fHX/Rk



   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,    私の道は、報道だ
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/      それが祖国のためになる
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!





高卒後、文学的能力の高さから中央宣伝省の就職を進められるが、ジャーナリストになる

27歳の時に戦場ジャーナリストになると決意し、父を説得した

35 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:11:09 ID:m0fHX/Rk

その時、父には――



             . -―――- .._
            ´     .. -―≧、-- ..
              _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
          _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
           /://   / /ィ | |    V  .ハ
         _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i
        ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|
             /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l
        /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、
        ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
               /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ
           /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/     これからどうなるかわからない歴史の目撃者になれる
           ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{
              / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′
                   リ/´j!_}ムフ   /トl、
           ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_
           _..イ:.:∧ ヾ:ヽ: : : : |´.. -- `j:. :. :. :./::/./
           ̄`ー-/:\ヾ:ヽ : : :|´  ̄ `l: : : : :/::/.∧
               j:.:.i:ヽト、_,斗ォミ.   |: : : ノ:/ /:.:.!
              /.:.:.:i:.: ァレ'/ ハ、 ヽ   |: : : /:/./イ : |    一生に一度の機会だから
              ノ:..:..:..ヽ{ | {| {! | レ{爪!l! : :/:/./..|..:..:..!
          }:..:..:..:.:..入    ' ト.Vリlj./ィ',.イ..:.|..:..:i:|
            ハヽ:.:.:.ノ.、:ヽ.__/トヽ! |'://..:..:..:|:.:..:l..l
          j../:{:/..:..丶.__ _,.ハヽl!ィ7| _..:./!.:.:..:..|
         __/ムイ..:..:..:..:..:.:.:,.:.:ノ斗弋{三z=┘.:.|.:.:.i:...l
      ,.ィ.´./´.´.:..:..:..:..:.:.:/:../:.:/:イ |:∨..:..:./..:.l:.:..|:..:|
     /:..:_{_j..{:.:...:..:..:.:.:./.:..:.../j.V':.イ==!:.j:.:..:.,..:..:.:|..:..:、..l、
    i..:..:..:..:.|..:-、―――-<∠/‐ーァ'イ..:.}:.ヽ:.:..:.!:.:..:丶l、
     |:.:..:..:..:.ヽ、:..`´ ̄ フ¨ ァァ- 二イ/..:./:.:..:丶:..∨..:..:..:.!
     ヽ:`.ー‐-ァ´>‐.´..:..,.イ:. :. :. :. :.j..:..'.:.:.:.:..:..:ヽ:.:}:.:.:./..}
     \.:/:/:.:..:..:..:/N′: : : : : /.:..:.ィ:.:.:.:.:.:.//:.:,:..:..:|
    r‐:く:.ィ´:.:..:..:../:. イ、:丶:_ : : /:.イ_:.:.:.:.:.:f:.:.:.{:.:.:.:..:、..|
     {: : : : :Vィ:../:./:/ : :\: : /}:.:´:..:.:.:.:.‐-`:.‐〉:.:.:.:.:..:ヽ.
    ヽ: : : : V´../: / : : : : :, : : :/:../:.i:.:._:ィ7´:.\:.:く:...r'′
       \: : :/:. / : : : : : : : : 'ー‐ ニ ̄:. !:|:': : : : : \_ノ
         ヽ^ヽ./ : : : : : :_: :. :.-‐ : ´: : : : :i:. |:. : : : : :_,:イ
          ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : : l:. :| : : ,ィ´/ソ′
              | ` ー-- ..__ : : : : ├ム.イ {ァ'´
              |        ├‐ ´|` ー┘   |




といった

36 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:11:34 ID:m0fHX/Rk



                     ,.: -――<: : ̄ ̄. : .:\
                    へ<_. : . . .: .: .: .: . .: . .: . .: . \
                /. : .: ;/.: . : . : .: .: .: .: .: .: .: .: .: . 〉
           \_ /. : .: .: /.: .: .;/.: .: . .: . .: . .: . .: . .:⌒ヽ
             ー1/〉. :/. :/. : . :/ . :. . : .: . .: . .: . .: . .: . .: . : .
                //.:/. :. .: .ハ :. .:/. .: . .〈. . .: . .: . .: .: . .: . .: . .: .:、
           〈. :.ィ7 : :/〉: .r=ミ!i : .:ィ. : :ヽ: . !. : . .: . .:〉. .: . .: . .:}
              〉ヘ:|: ./. : : :|:pt八: . ト.、:.ノ: ./.: ,: .:!: ./ . .: . .: . ./
                 ∨/ : : iЦリ  \!rヘ(: .: . .: .: /../ . .: . .: . ./
               /.:/.:Y       lレヘ}/}: .: /. .: . .: . .: . ./
                 レヘ::ハ '"     lrくリ: }:/.: /: .: :/.: .!:.{
                     } : \ 、    7.: .: .: :./⌒Y.: .: .:人{
                     }ハWヘ___/:. :. :. :.イ:. ..ノ/レ´
                       /: ../)/}:人: ト、      フエの方は味が辛い
                         /}/       У \
                   -―く::::<           ヽ、
                  /  ̄\ヽ:::ヽ           }::!
                    /     、 }::::!              }::!
                〈      } }::::!              }::!
                    ノ        } }::::!             ヽ:.




彼女が向かったのは最も激しい戦闘が行われていた中部ベトナム

37 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:12:01 ID:m0fHX/Rk



              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ
      /: : : : : : : \. ト ヽ、    女性、私だけ
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_
    </    ヽヽ: : : : :\= ̄{
      !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h



100人以上いた従軍カメラマンの中で、女性は彼女だけだった

38 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:13:03 ID:m0fHX/Rk



  ':,  \':, \: : !     \:.:ヽ:.:.|:.:.:.i:.:.:.: ト、:.:.:i: !:.:.:.: : i:.:.|:.:.:.Ⅳ
    \  \   >        \i:.:.|:.:.:.|:.:: : l ',:.:|、:',:.: : : |:.:.|:.i: !
         ヽ           !:.:.!:.:. |:.: : :l  i:.l ',:.',:.:. :.|:.:.|: ! |
           i`:..、        |:. ii:.:.:|:.:.:.:.l.  !:l Ⅵ:.:.: |、:.!ハ|
           |: ハ: ー、‐     |:.:l l:.:.|:.:.:.:.!   ||   ヽ:.:| Ⅵ :!
          !:{ ヽ:. `:.   l:.l l: |:.:.:./   !     ヽ!  >――‐
           ヽ!   :.:. ∧   ll ´|:.:!:.:〈       , . : :´.: : : : : :
           \ i:. i `´  ! . |:.:.: ハ      . : : : : : : : : : : : :
                  l:.l        !:.:/  i   /: : : : : : : : : : : : : :
               ll      |:/   !/: : : : : : : : : : : : : : : :
                 !      |'  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :    子供は、ハノイに
                    _  /: : : : : : : : : : : : : :-=≦三
                      /:i:i:i:>': : : : : : : : : : ..z≦三三三三
                   ∧i:i:iⅩ : : : : : : : ィ≦/三三三三三
                   ∧i:iⅩ: : : : : : :/三/三三三三三三
                    ∧i:Ⅹ: : :. :.:.:./三 :/三三三三三三三
                    |i:Ⅹ: : : : : /三三/:三:三:三三三三三
               Ⅳ: : : : :/ニ三三/三三三三三三三三



生後十六か月の娘をハノイに残しての、従軍だった

39 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:14:20 ID:m0fHX/Rk



                . : ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>ー-- ..、
              /_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.へ、:.:.:. \
.           //: `ヽー─── 、:.: ∧:.:.:.:.:.:ハ
           イ/:.:.:.:イ`ヽ______   Ⅵ:.∧:.:.:.: ハ
           //:.:.:.:. /:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:i:.:`ヽⅥ:.∧:.:.:.:.: '.
        -=彡Ⅳ// :.:.|:.:|:.:.:.: |Ⅵヽ|ト、 :.:.:.Ⅵ:.∧:.:.:.:.:|
           |/: :/:.:\|:.:|v.:.:.:| リ/Ⅵ\:.: ∨:.: i:.:.i.:.|
           |i :/:.:ィ行Ⅵ Ⅵi:|厶ィテミ\\ト、:.:.|:.:.|.:.|
           |i/| :从弋リ   Ⅵ__弐zソ  て ハ:.|:.:.|:.ハ
           | |: :/∧/   `   ̄    rソ|:.:ハ| :八`\
.           |://:小` 、 __,        ||:.::.:乂:.:ヘ、
          イ// |,ハ  ー   .ィ    :||: :∧、`ヾ\
.            /´ | |:.\_ .イ      |!:.ハ、 \
                 ′|/// |        |/ ヘ
                 イ / .:/     /      ヽ、、
           _ ..イ/∧  ハ   /       ′  ̄ " ー
         ̄     // :∧ l    /./ヘ    /
.              // |!∧i  ./// ∧   /
              ′  | |:j  //  .::∧ /
                / ̄`ヾ/      :∧′
                  /`ヽ _У


旦那は詩人でありジャーナリストでもあるブイ・ミン・クォック

40 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:14:44 ID:m0fHX/Rk



        , ': : : : : : : :- 、    . . `丶、`丶、`丶ヽ
     /: : : : : :    . : ヽ: : :`ヽ、: : ヽ.: : \. \
     , ' : : : :   ヽ、:、: : : : :ヽ`丶、\: : :ヽ.\`、
   /::: : : : {  ',: : {ヽ、ヽ、::::::. :\-ヽ=、: : :.';. }.\
   ;.:.:.: : :  ヽ: : ヽヘ -\` ー- 、} _}_ {ヽ: :}/、     ‐-、
   {:.:.:. :   : : l\/\      イテ"ワ; :}/:.: : ヽ、 ___,ノ -、
.   !: :  . : : : :.V ヽx==ミ     マ_:j V:::...: : \ヽ  ___,ノ
   '   : :: : : : :ヽ 《 マんハ,    丶    ;\::::::: : ヽ
.   ヽ:\:.:.:.:.:.:.. : \ ゝ '’    ,、    八 ヽ`丶、|
     }.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.: : :`丶、_    '    ′  ヽ   ヽ
.      !ト、 :.:::::{丶、:.:_:_: : : :\      ,.'              いちゃつく暇など、ない
.     '| ヽ{\`ー‐‐ <`丶: :ヽ -‐ ヽ./ ̄ ̄:~` / ̄二ニ=、
.            ヽ|`丶、|\  `ヽ   /:. :. :. :. :. //:. :/;';';';';';';';`丶、
                 _ヽ     ,':. :. :. :::. :.,':,' :. /;';';';';';';';';';';';';';';'丶、
                    /.::/} /_; :. :. :. :. :.:j:j: :. ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
                 l :.;/ ̄ ̄ ____. :. :.:::i::i :. i;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';\
              j:. | / ̄ Y ̄ ̄`¬-x_. :l;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ



夫妻はダナン西部のベトコン本拠地で一時再開した後、それぞれの仕事に向かう


41 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:16:08 ID:m0fHX/Rk



         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/    米軍の空爆が、やばい
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_



彼女は毎日日記をつけていた

42 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:16:28 ID:m0fHX/Rk



ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::    人がごみのように、死んでいる
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:



そこに書かれていたのは死への恐怖と――

43 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:17:01 ID:m0fHX/Rk



                ___
              . ´    `丶
               .イ          ヽ
            /              '.
           ノイ /  ,  i  '.    i
         _,. .-‐Ⅵf.イ}/j∧ハ:i ハ{   ―――でも
        .イ:: f   从ィ芒 , 芒从/
.    _,. イ::::::i::::∨    ト . - r个j`ヽ
.   r<::::::::::::::::l::::::∨   !   厂  :/.j::::ハ
  {::::::::: `:::::::::j:::::::::ヾ  | リ  / /:::::::i
  ヽ::::::::::::f⌒ '7:::::::::\ { / /. イ::::::::::l
    ヾf´ ̄ つ:':::::::::::::zー-ミァ´::: l::::::::::::!
      ヽ、__〉:::::::;__/    i::::::::::l::::::::::::!
      /:::::::::::.:ィ/,       !:::::::::l::::::::::::!    何とか、生き残る
    /:::::::::::// ./     .厂`ヽ!:::::::::::|
  /::::::::::::::/ :/  ハ ,___/: : : : :l ::::::::::|
:  {::::::::::::::/i: f   l:::::::::::::::/.: : : : : !:::::::::::|
.  ヾ:::::::::/ :!:l|   l:::::::::::: :'ヽ、: : : :!:::::::::::|
    ヽ∠__:j八  l::::::::::::/  \: : !:::::::::::|
.        乂㌫=j::::::::: :′   `''1::::::::: |
        ` ̄l::::::::::ハ     l!::::::::::j
          l:::::::::f! '.     l Y―1
           l:::::::::ハ '.     l |  !
             f´三辷ヽ     j l  丶
             |    } ̄ ` ー‐ '′l_f´~ヾ〉
             `ー‐'′



生き残る決意が、まだ幼い娘に向かって書かれていた


が、彼女が赴いたのは戦争だ

44 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:17:29 ID:m0fHX/Rk

日本の戦場カメラマン、渡部陽一氏がいった名言を紹介しよう



   _____
  /       ヽ
 /  _____|
`| /_ノ ヽ_|  h
  レイ -・=) (=・-V|
  ヒ(    /     )ノ
  |   (_)  |
  | w竺竺w |    生きて帰らなければ意味が無い!
   \ 个ー个 /
     >w从w<
   / | ヽノ |  \
  / ) =|   |= ( ヽ
 |  []|   |[]  |




戦場ジャーナリストは、生きて戦争の悲惨さを伝えることこそが最上の使命で――

45 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:17:55 ID:m0fHX/Rk








































――そういった意味では、彼女は戦場ジャーナリスト失格であった
































.

46 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:18:38 ID:m0fHX/Rk



      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ  } /
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ  /}, '//
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′     む?
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │




1969年3月8日夜間――悲劇は起きる


47 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:19:07 ID:m0fHX/Rk



                    /∨          /∨
                    /   ∨       /   ∨
                /       ∨       /       ∨
                  /         ∨    /         ∨
              /          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∨
                /      ,.ェァ'"´"ーミ、ヾ           \
            /       .7/-‐‐==- 、 } /    ム=ミヽ  \
               /      ィ'777''''""'''ー从    <く=-、`l  ∨
             /                      l      、      ∨
.            /            ´    {     人     }:      ∨
            /            {\ ヘ、   _イミ__、    /      ∨     敵ニダアアアアアアアアアアッ!
        /               |:::::::::::::::┴!⊥」__l_`ー-ェ'ア//    /
          /                |__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>//     /
          \              .{_メミ=-、 __:::::::::::::::::::::://     マ゙
            \              ト、/ >、 \`ヾv‐、:::://   ./
             \           ミ 〈_/^>、ヽ Y-ト//   /
             ≧s。_          \ヽイ >-r-トフ  /
                 `¨ノ`    ``ー-\弋イノェノ/




大韓民国海兵隊と彼女が同行していたベトコン部隊が衝突

48 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:20:59 ID:m0fHX/Rk













.  / / /       l    ヽ     \ \   \      \ \
  / / /           l     ヽ     \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ
. / / l          l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \
/ // |      l    !  l、 ト、  \ 、  く ヽ\、ヽト、ヽ l  l l\ ヽ
_ //  |     l    L -┼、 \  \`‐-ミx〉 _」,. -ヽ \  !! ヽ ミ、
∠l    |     _+ 「, ! l ! \ `ー-ヘ  /::::::::::::::::::::::::: l\ ! l  ヽlヽ
/ :l l   |     l l l l V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| !   ! l トヾ
_ィ | l  l     l l ハ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | |   l!l
 /l |  ト l ヽ lハ/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  .! トN
../ | ハi  ハ l  V/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             //!  ト、|
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ.::::::::::::::::::::                U //ll   ! l |
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ::::::::::::    U   ′       /j   ハ N
    l∧リ, 〉ヽヽ  \\    U      _   U ///  / ,リ ′
       V ヽヽ\  \ミ、、         ´    / /l l /    まず――
         ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////
           ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ′
        __ ヽ `へ \、-j         l \
        /l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ




ベトナム戦争における最大戦果を挙げた精鋭――

――ライタイハン問題やフォンニィ・フォンニャットの虐殺、ハミの虐殺

韓国の軍史における栄光と汚点ともいえるベトナム戦争時の海兵隊

49 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:21:42 ID:m0fHX/Rk

良くも悪くも、歴史に名を残してしまった部隊だ



                    /∨          /∨
                    /   ∨       /   ∨
                /       ∨       /       ∨
                  /         ∨    /         ∨
              /          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∨
                /      ,.ェァ'"´"ーミ、ヾ           \
            /       .7/-‐‐==- 、 } /    ム=ミヽ  \
               /      ィ'777''''""'''ー从    <く=-、`l  ∨
             /                      l      、      ∨
.            /            ´    {     人     }:      ∨
            /            {\ ヘ、   _イミ__、    /      ∨    おおおおおおおおおおおおおっ!
        /               |:::::::::::::::┴!⊥」__l_`ー-ェ'ア//    /
          /                |__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>//     /
          \              .{_メミ=-、 __:::::::::::::::::::::://     マ゙
            \              ト、/ >、 \`ヾv‐、:::://   ./
             \           ミ 〈_/^>、ヽ Y-ト//   /
             ≧s。_          \ヽイ >-r-トフ  /
                 `¨ノ`    ``ー-\弋イノェノ/



彼らについて擁護するなら、当時の海兵隊は連日戦闘続きであった

50 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:22:03 ID:m0fHX/Rk



    ┌┐.┌i   ┌┐  __ ┌┐  | | [][]
    |└[][]L.ロロ | [][] | | ロロ |.[][] l└─┐
    |┌┤.r‐┘│┌┘ | └┐└─┐l ̄ ̄
    └┘..凵   └┘  ! l ̄l__l ̄ ̄┘
.                └┘          <今日もベトコンを殺したニダ……
         '''';;';'';';''';';'';';'';;;''';;'';;,.,
        ;;''';;';''; ニダニダー ''';;;''';;;    <でも昨日はリとリとリとキムとパクとパクとペとリとキムが殺されたニダ……
       ;;'';';';;'';';;'';;';';';'';;'';';';;'';;';'';';'';'';;;
      ,,;;'';;';;'';';';;'';';;'';;';;';'';';';;;'';;'';;';'';';';;'';;';;;   <あとあそこのパクも殺されたニダ
     ;;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;''; ;;;ニダニダニダニダー
    ⊂< `∀´ >⊂< `∀´ >⊂< `∀´ >     <ウリたちはあとどれだけ戦えばいいニダ?
⊂< `∀´ >⊂< `∀´ >⊂< `∀´ >⊂< `∀´ >
  ヽ  ⊂)  ヽ  ⊂)  ヽ  ⊂)  ヽ  ⊂)   <帰ってオモニの漬けたキムチ食べたいニダ……
  (⌒)  |  (⌒)  |  (⌒)  |  (⌒)  |
      `J     `J      `J     `J   <サムゲタンもいいニダよ? ……食べれるニダかなぁ……

軍紀が緩み、兵卒は死への恐怖で精神がすり減っていたのは容易に想像できる

51 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:22:24 ID:m0fHX/Rk



                    /∨          /∨
                    /   ∨       /   ∨
                /       ∨       /       ∨
                  /         ∨    /         ∨
              /          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∨
                /      ,.ェァ'"´"ーミ、ヾ           \
            /       .7/-‐‐==- 、 } /    ム=ミヽ  \
               /      ィ'777''''""'''ー从    <く=-、`l  ∨
             /                      l      、      ∨
.            /            ´    {     人     }:      ∨
            /            {\ ヘ、   _イミ__、    /      ∨  撃て!
        /               |:::::::::::::::┴!⊥」__l_`ー-ェ'ア//    /
          /                |__::::::::::::::::::::::::r‐t LT>//     /
          \              .{_メミ=-、 __:::::::::::::::::::::://     マ゙
            \              ト、/ >、 \`ヾv‐、:::://   ./
             \           ミ 〈_/^>、ヽ Y-ト//   /
             ≧s。_          \ヽイ >-r-トフ  /
                 `¨ノ`    ``ー-\弋イノェノ/




ましてや――ここはベトナム戦争最大の激戦地、中部ベトナム

52 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:22:52 ID:m0fHX/Rk



∨: : /' : : : : : !.: : :/        }.:       i         i : : : .    !            ヽ     |    i  ∧
.ハ:/ /.: : : : :.: |.: .:/        /:.:       ト,         |,: : : . : : : .|          ハ    |   l   ∧
  . /.: : :.: : : .:{: :/       .∧:.:      i ∨ : :.     |∨ : : : : : |: : : : : : : .   : .   i     |   |   ',
  ∨: : : : : : : : V        / .∧:.     | ∨: : .:: . .   |∨: : : : :.l、: : : : : : : . : :   ト   |   l    ∧
   ,: : : : !: : : : ′      /: : :.∧:.     |   '、: : :. : .:.   |   、: : : : !ヽ: : : : : : :.:. :.:.  |ヘ    |    l    ∧
   ∨: :|: :. :′     ./ !: : :.i '、.   |   丶: : : : : . l   \: : |  \ : : : : : : : :  | ヘ   |    l    ∧
   ∨: :! : : ,'       f ∧: :| \   |    \ : .: : :.l     \!   _ ≧ ___: : :. :.|  ',  リ    |     :ト、ヘ
     V j: : /      j:/ ∨ |   \ |      \: : :.l     -‐      \ : : ̄ : |   ', /     l     ! `丶
      ゝ≠'      |′  ヽj ,.。rz====ミx       ヽ: :!       z=====ミ气.:.:. : :l  ノ′   l   i |
                 i    .イ ん::::::::::::::::ハ汽       \       r?鞍芹云示圷ミx: :i|         l|  リ |
                 {    《  {:: O:::::::::::::ノ} . -―‐- 、     〃んo:::::::::::::ハ } 》 :リ         リ   ′ !
                ヘ     '::::::::::::::::::.ィ´       }        {ト:::::::::::::::::ノ} ノ从/       .イ  イ  :′
              ヘ、     ∨う::::/       /        Vう::::::::::://   j     .:  // / ! /
   /             ハ':,   ゚ヾン         /           C辷rzンつ。  ′  .:. :   ン / } /
 /             }∧   ァ´       /                7    ′  .: : :   ′ ' ノ'′    あっ――
               乂_厶イ        /     ,            !i   .′ .: : :.:   ′,′
                          /                    !i   ./  .: .: : :i: . / /
        /                .イ        rっ         、ッ  イ . : : : : : リ :/ /
       '                  / ヾ               ,. ッ イ/: : .: .: : : イ.:/ /
      /                    /> ヾ             ,. ´< : /: : .: : :/ }/ /
      :′               /: : ト、 >           < ミ .イ /. : .: :/′ / i /
      !                 .イヽ: :|.イ l    >ー---z<    i   \/ : : .イ / :/  }′





「こちら」も「彼らも」、正気ではなかっただろう

53 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:23:19 ID:m0fHX/Rk







































            うっ



            :,:              (/)
            ノ霜斧ミx,゜      '´          _ノ(
           (圭圭圭{!'                (圭{
           寸圭圭イ :';'''                 '´⌒
           τ'{{7⌒∴:
            )/
         。∴{!                       _,ィ(。
        _,ィ(                       `'''´⌒'・
     ,ィ圭||ア '’    __                 ,ィ(____,ィ∵               ,ィ(_
     炸圭(       ,ィ升彡               ノ圭圭圭圭そ          。  佳圭心、_
      ⌒`寸ト、   ,{抄'⌒    ノ斧ミ、 o    ∴炸圭圭圭|iて ',∴ ・         _ノ佳佳佳て。
       ゜     ノ/        ⌒∴   ・ ノ(_ノ圭斥⌒',寸ミ、        ',.:,:・'`¨∵¨¨⌒´
     ,,、    //   ノ(          /少'⌒ `       ..,, _,.。x≦少"・       ,ィ(_∴_,:・・
  π_ノ心、_ノ(,炸||(   ,,.,⌒ ・っ  ∴ ・                 ;,,ィ炒⌒;.    c=≠二,ィ炸圭圭(;''
   )圭圭圭圭圭ア  ∴:¨'`   `                     ',∴ ・     ⌒ 寸筵τ'⌒``
 τ`Ⅷ:圭圭圭圭(_ノ廴 τミx。、∴__            ノ廴_,ィ炸廴ィ
   )}圭圭圭圭圭そ `⌒'・    __,ィ圭掛x、∵      ,ィ炸圭少⌒'・
 _,ィ炸圭圭才寸圭廴。x:≦少"´⌒''''⌒¨∵¨´      ⌒¨¨∵:・
   ⌒`寸ト、∴`寸ミ、 ∵:・
      `寸そ:¨'`沁っ

54 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:23:44 ID:m0fHX/Rk







そんな戦争の狂奔の中――ズオン・ティ・スアン・クイ、生死不明

現在に至るまで彼女の遺骨は見つかっていない

彼女が最後に目撃された場所に――彼女の記念碑が立っている

また、彼女はダナン市の通りの名前として、ベトナムに名を刻んでもいる

娘は両親に似たのか、BBCのジャーナリストとなっている


ベトナム戦争という歴史の転換を見ようとした、一人のジャーナリストはこうして名を残した







            //: : : / : : : : : : : : : : : : : : :
        /: イ: : : /!: : : : : : : : :|:i: : :i : : :
          /´ l i: : 小 i : : : : : i: :!:.:.:.|: : : :  :  i
             |:l!: i :| ∨ : : : : : | : : : ハ: : : :  .:  |
             |:|!: !:.|: : :r :i: : : :. : : : : N: : : . .:  |
             |ハ : | i : 〉{ヾ: : : : 、: : : : : : :i: : :  !
             人:.N:.:.:ト   | i : : ヽ:. :. :.ヽト、: :   i   /
              ヾ|: :从 r'}ハト、 : : : : : : }: ヽ /  ,  //
                 ハ : 圦     \: : : : : : :. }'  / イ/
                   Ⅵ:i:|ヽ      ヾ i : : : :   / / .{'
                   |ハ!  ` 、  :. }从:. :.ハ. ' /
                   {     二}__ヽ{ }∧{‐、
                       ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..
                   <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
                  <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
              x≦ヽ::ヽ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.










おしまい

55 : 普通の名無しさん : 2017/07/10(月) 21:29:59 ID:sV8dsFFs
乙~
渡部さんなら、そもそも現地入りしないくらい危ない取材地だったかな?
取材の人たちは、命は大事で無理しないでほしいな

56 : 普通の名無しさん : 2017/07/10(月) 21:35:52 ID:mfYA2nb6
>>50

なんか知らんがここのニダー達の台詞が悲しい・・・・・・

58 : 普通の名無しさん : 2017/07/10(月) 21:48:55 ID:yB41s5Ns
てっきり宋家三姉妹(孫文の嫁だったり蒋介石の嫁だったり)や
ミットフォード姉妹(作家になったりヒトラーの取り巻きになったりコミュニストになったり)
みたいな話なのかと思いきや・・・

59 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 21:59:24 ID:m0fHX/Rk
>>58

タイトルは彼女が父親を説得した言葉をイメージしたので、確かにそういった風に思えるかもしれませんね……



因みに今回の推薦友人はベトナム語研究を行っている友人です。

曰く「もっと知名度上がってほしい」でした

60 : 普通の名無しさん : 2017/07/10(月) 22:20:54 ID:Jp5Z64SE
>>50
"その時点"の心境には多少同情するが
ベトナム系の訴えを実力行使で
叩きつぶし続けている"今"のお前らには慈悲はない

61 : 普通の名無しさん : 2017/07/10(月) 22:39:49 ID:GdRmi69.
>>1乙
早い(確信)

韓国軍のあれはうん…ストレスに極端に弱いのは民族性なのかね

62 : 語り人 ◆DnnScKy2Nw : 2017/07/10(月) 22:43:43 ID:m0fHX/Rk
というよりも、ベトナム戦争の異常性というか……


アメリカの兵士も精神を病んだ方々が多かったですし……




恐らく、スーパーアフリカ大戦ことコンゴ動乱と並ぶ悲惨な戦争かと

63 : 普通の名無しさん : 2017/07/10(月) 22:45:45 ID:zTDEfUOE
>>50これの何が酷いって、韓国の都合で送られた援軍で後方の米軍側の
ベトナム人の村を残虐非道の限りを尽くし、アメリカに対するベトナム人の
不信を植えつけたんだよね。

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • アメリカンヒーローアカデミア 5 (10/22)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その8 (10/22)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その7 (10/22)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その6 (10/22)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その5 (10/22)
  • 国際的な小咄 5600 クッソ酷い話 (10/22)
  • 国際的な小咄 5599 韓国の儒教について、辛辣で笑う一言 (10/22)
  • 国際的な小咄 5598 魔界都市鎌倉 (10/22)
  • 国際的な小咄 5597 法に関する大事な話 (10/22)
  • 国際的な小咄 おまけ ええ……(困惑) (10/22)
  • 国際的な小咄 5596 ドイツのボードゲームの立ち位置 (10/22)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです その18 (10/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その5 (10/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その4 (10/22)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第3話「抗え!バロンの暴虐」 (10/22)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第ニ話 「非情なるグッドデイ」 (10/22)
  • 国際的な小咄 5595 有馬温泉のうまい奴 (10/22)
  • 国際的な小咄 5594 韓国人の驚愕 (10/22)
  • 国際的な小咄 5593 コスタリカ評 (10/22)
  • 国際的な小咄 5592 だいぶ無理があるその立ち位置 (10/22)
  • 国際的な小咄 5591 佐竹はどちらかというと (10/22)
  • 国際的な小咄 5590 両班とかいう謎の組織 (10/22)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 192 《DAY200》 (10/21)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー ── 第7話【エルダーの季節なようです】 (10/21)
  • ドクオが異世界転生したようです 第62話 (10/21)
  • 国際的な小咄 5589 国際系のスレ的にぶっちゃけると (10/21)
  • 国際的な小咄 5588 ここを誉めたらいい (10/21)
  • 国際的な小咄 5587 スーダンのやばい問題 (10/21)
  • 国際的な小咄 5586 二宮といえば (10/21)
  • 国際的な小咄 5585 印パは世界の火薬庫の一つ (10/21)
  • 国際的な小咄 5584 個人的に心を痛めている問題 (10/21)
  • ユーノは輝く者のようです EX 解説 (10/21)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 07 仮面を取れ (10/21)
  • アメリカンヒーローアカデミア 4 (10/21)
  • 女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝 その23 (10/21)
  • 国際的な小咄 5583 造幣局にドイツ人を連れて行った感想 (10/21)
  • 国際的な小咄 5582 追加で突っ込み来たぞ (10/21)
  • 国際的な小咄 5581 ジンギスカンは (10/21)
  • 国際的な小咄 5580 別記述 (10/21)
  • 国際的な小咄 5579 上級国民って法の下ではないよ、という話 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その4 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです 番外編 ある日の疑問 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その3 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その2 (10/21)
  • 国際的な小咄 5578 多分クレームが出る (10/21)
  • 国際的な小咄 5577 ポーランドとかいうバーサーカー (10/21)
  • 国際的な小咄 5576 苛烈な社会の果て (10/21)
  • 国際的な小咄 どう答えろと!? (10/21)
  • 国際的な小咄 5575 タイ米の焚き方 (10/21)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ