スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
やけどがいてぇ

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

亜人はBARに居る 幕間 第10話 「ニンジャの偽装事情」

目次 現行スレ

216 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:00:32 ID:32d0e89b



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.                   幕間 第10話
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|.               「ニンジャの偽装事情」
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.




217 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:00:53 ID:32d0e89b


豊島が来店してから、しばらく経ったとある日の夜

あまりにも店が暇だった店主は、たまたま来ていたやらない夫を連れて
外へ飲みに出かけていた


    ‐- ..,,_       ‐- ..,,_
        ~゛'' ‐- ..,,_   ~゛'' ‐- ..,,_
  ~゛'l ‐- ...,,_        ~゛'l::.‐- ..,,_   ~゛'' ‐- ..,,_
`゛¨ '' ‐-i ..,, _  ~゛'l ‐- ...,,_ .|:::|: : : : : : :.~゛''....‐- ..,, - ´||
: : : : : :L」.. . . . .`゛¨ l' ‐- ...,, |_|:::|: : : : : : : : : : : : :l |::||   ||   _,. ''"[.}
: : : : : _ : : : : : : : :L」: : : : : : :| |`゛¨ '' ‐- ...,, _: : :/ |::||.  _」|,. ''" _,. ''"
: : : _\\ : : : : : : ||: : : : : : └ : : : : : : L|: : : : : :「|¨ '' ‐= ュ., _''"hュ__
: :  |_ ̄ ̄\ : : : : ||: : : :/ ̄/ : : : : : : : || : : : : :└ : : : : : L|:_: -‐」三三三}、
: : : : : :  ̄\ | : : : ||: : :/  / : : : : : : : : ||: : : : : /\ : : : : : :「 //: : : : __.\
: : : : : : : : :  | | : : : ||:  /  /  : : : : : : : : : ||: : : : : \/ : : : : : :|/. ./: : : : : |‐┬┘  ム
: : : : : : _/ / : : :<ヌ /  /: : : : : : : : _  : :||: : :  / ̄ ̄\  : : :{ . .{: : : : : : |‐┼‐  : :}.}
: : : : : : |__/ : : : : |l:.\ \/\  / /_ :<ヌ : :  ̄ ̄ヽ |  : : { . .{: : : : : 丿匚]  : : :}.}
: : : : : l::..: : : : : : : : ||: : : \___// _/ ||: : : : : : : :/ ./ : : :{ . .{: : : : - ┬┬  : :}.}
: : : : : |::::: : : : : : : : ||: : : : : : : :l -/ --  : :||: : : : : : /_./: : : : :{ . .{: : : : -|丁匚| : :}.}
: : : : : |::::: : : : : : : : ||: : : : : : : /__/ ̄ : :||:. : : : : : :l::. : : : : :{ . .{: : : : _ノ|――|.: :}.}
: : : : : |::::: : : : : : : : ||: : : : : : : :|::: : : : : : :||:: : : : : : :|::: : : : : :{ . .{: :  ほ : : 二二 : : }.}
: : : : : |::::: : : : : : : : ||: : : : : : : :|::: : : : : : :||:: : : : : : :|::: : : : : :{ . .{: : : う : : |―‐┘  :}.}
 ̄   冖¬==―--   : : :__.|::: : : : : : :||:: : : : : : :|::: : : : : :{ . .{: : : し: : |. 工、: : :}.}
 ̄   冖¬==―--    __[「丁: : :! 冖¬==―--  : :_;_マ. .マ: : ょ: 丿 ┼ .  : 〃
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||\.マ: う  :   ̄ ̄ /
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||  `L三三三}´
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||      _____
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||     || ̄ ̄ ̄||| ̄||
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||     ||地|  ご|||居||
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||     ||酒|宴|||  ||
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||     ||各|会|||酒||
     |     |      | |:::| : : :|  |: : ::|: : : : :|::||   ||     ||種|承|||  ||


彼をお供にして向かったのは、豊島からダイレクトに紹介された店
居酒屋「鳳翔」である


..: : : : : : :: : : : : : : : : :::|::::::::::: :: |: /   /  レ'":::::::::::::::::::,.ィi〔::::::::::::::::::::::::::::::
.:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_|::::::::::::::::|/____∠ニニニ|:::::::::::::::::,.ィi〔⌒:::::::::::::::::::::_Tニ
 |: : : : : : : : : :: : : : : : :: : : : : : : : : : : : ::|。o癶、:::ィi〔⌒: : :::┌─_二 |二弋ニ
 |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:,,:|::| ̄~゙:lー:┬ー ┬‐|ニ| ̄  |_jI斗r≦
 |`'< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~:|::|   :|::::::|__| _」斗r≦⌒::::::::::::::
 |  |≧=‐:┬──────,ヘ‐::| ̄|||::|‐─┘_-=¨ ̄:::::::::::::::::::::::::::_,,..
 |  |/¨∨:::|     __| ̄|/_Ⅵ_|||::|_,,|::|i‐┬───── ''  ̄
 |  |/ ̄'.:: |    |_| |_||  | /_Ⅷ|=:||::|=:|::|::::::|
 |  | | ̄ ̄|        ̄    .|::| ||::| |::|::::::|             |
 |  |_|__|________|::|_,,||::|_,,|::|::::::| __rー-ミ、__   |三三三
 |  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:ィニr‐ュ、i:i:i:i:i:マニニニム≧s。廴|::|::::::| |ー{≧==≦「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. :|ィi〔|zzzュ‐‐‐ァi:i|:::::|─‐_‐__‐───「」i:i:トミ ̄ ̄ゝ-ゝ|三三三|ニニニニヲ_
:i:|i:i:i:i|:|:|:|:|┬イ ̄|ーr┬:|:|:|:l:|┬rzzzzzz(_)|、i:i:i| |≧s。  ゝ-_--' 弋ニニニ乂__
.ァ|i:i:i:i|::::::::|フ    | r气‐ |:::::_:|__|_|_|_|_|\s。`|二T Ti:i:i:⌒≧s。  `¨¨´乂__
|i:|i:i:i:i|| ̄||v,    ∨:ヘ`T''圦: : : : : : : | ||i:i〕ト。└┘ミi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/¨7s。
..i:|i:i:i/||¨¨||'v,   /:〉i∧|| ||ヘ: : : : : : \||`マi:i:i:〕iト  ``'<r‐ / /-ミi:i:≧s。
. i|i:/       {::,ィ∧'´ ̄ ̄ヘ: : : : : : : : : : r-マi:i:i:i:i:〕iト . |__|\{`¨´}i:i:i:i:
:, ̄        ∨∧∧=====∧ : : : : : : : : ≧≦`マi:i:i:i:i:i〕|\\乂__ノi:i:i:i:i
             ∨∧_ ̄ ̄ ̄ ゙v:, ; : : : : : : : : : : : : `'マi:i:i:|  \\  `'<
             ∨´ハzzzzzzz彡/,: : : : : : : : : : : : : : :: `マ|    \\
.             .{i:i八´ ̄ ̄ ̄ ̄∨, : : : : : :::: : ::: : : : : : :|       | |i:〕iト
            {i:i:i:iミh。::::: : : :::: :::∨,: : : : : : : : : : : : : : : :\     | |i:i:i:i:i:
              ∨i:i:i:ハ:__:_:_:_:_::ノ∧∨: : : : : : : : : : : : :::: :::__|\  | |i:i:i:i:i:
                ∨i:i:゙v, ̄¨|::| ̄ '/∨: : : : : : : : : : : : : : :\__|  | |\
                ∨i:i゙v:,_jI斗─‐'/∨:: : : : : : : : : : : : : : : : : \| |:: : :
                ゙i,i:i:゙v      '/∨: : : : : : : : : : :: : : : : : : : ̄


カウンター席と、テーブル席、そして奥座敷のある
個人経営の標準的な店内は、思い思いの会話で賑わっていた

「すみません」と呼ばれて、従業員であろう女性が早歩きで駆け寄っていく
ごく普通の居酒屋の光景だ


218 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:01:17 ID:32d0e89b


           // : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ》、: : : :ヽ
          / ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー---‐-‐-: : : : :ヾ心: : : : ∨
            //: : : : : : : |: : : : : /: : : : : : : : ≧==ミ、: : : . Ⅶト、: :: : :.',.      「ん~、おいしい!
        //: : : : : : i: : |: : : _/ ヽ : : :: : : : : ノ んu(_゚:,: : : : : .Vf´二',: : :.'
.       //: : : : : : : i: : |ー'゙,z=≦ミ.\: : : : : ',  {::::::::.:.ソ} 〃ノrnノ::::::::}:!: : !     やっぱり和食は良いですねぇ!」
        〃 !: : : : : : : :i: !〃んu(_゚:, ヽ: : : : l  ヾ゚ニ -'  l「 { { ∨:::::ノl : : !
.      ″ |: : l: : : : , lハ:::V{l {:::::::.:.ソ}   \: {      /// 八 ヽヽ∨:! !: :!
      {{  l: : |: : : : :l ∧:::ヘ ヾ゚ニ‐'     ,       .ー=彡イリ } } 〉Vl: :!      _ .-┐
      ヽ l: : ト、: : : :|/ }\::\                   /// / //ノ 〉:./,>. . :´: : : : : : !
       ヾヘ: :l ヽ: : :!/ // ノ\::V///          ノ .ノ/       / - : : : : : : : : : : : /
         ヽ{  丶: :〈〈 〈 (ハ`''ー- 、 ____       /      .イ ノ : : : : : : : : : : : /
.           \ \〈\ ` ` ー- .._        /       //: :_\_:_:_:_:_: : :-─!
.                ハ\       `ヽ 、   {     / :./:/´  ` -.-.一:´ ̄l
                 い\ 丶、      Yi ー‐ |   ー- {  /: :i      ヽ : :`:ー<____
                  ヽ\\ `''ァー-   }」   │     |/: : :l       V : : : : :/
                     r=ミ ̄`7     厶 -‐ァ |    │ : : !        ト \/
                 }:::::}\/     /|::|:/:/│    | : : .ハ       l /
                     l:::::/: /     / f´::ゞ':::::│    │ : : :.ハ       !: :\


出てきた料理に舌鼓を打ちながら、「和食にはこれです!」と言わんばかりに
ハクは冷酒をぐっと煽った

二人はカウンター席に座り、普通の客として楽しんでいる


             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)
          l     ` ⌒´ノ.       「ほんと外だとペース早いですね、ハクさん」
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||


そう言いながらやらない夫は、空になった彼女の徳利に酒を注ぐ

こんな形で、店にたまたま居た常連を連れ出すことがまれにある
店で飲むだけでは得られない、店主とのコミュニケーション・イベントのようなものだ


             ____/} 〕   -―-({_{_)_
           / ¬ \}/  ⌒   r‐  \\
     _  r< _ノ⌒´ /           \_\ヽ ヽ
    /ー 二ニく            |    \_〕_}} }
    |:::::/⌒\\ /       __|\      |_l}:り  ___
    |イ〔    }__}/ :|i   |ノ  斗r示ァ     |(i}_)/⌒ }
   / \\   __/  |{    | \ \{ Vツ \}  |rョj} ,/:/        「美味しい料理に、美味しいお酒
 / ホ米ホ \` ーァ  圦  iK以\_>ー  }∨{┬i/:::::/
    艮寸    >ァ'    { \ {i  〈       |  | |――{.         この組み合わせの前では
\_____________,/           {八   v__)  / :|  | }__{
  \_______/}         _/  个ァ  __/  j/ }八 \          飲まなきゃ失礼ってものですよ
:\  \/<冖=/7 ̄  /  / ̄ / }   /  ∧ -ー<
<⌒ヽ/―-:::::::::::{ {      /  /__       /  /  {               ねぇ?」
::::::::::::: {::::::::::::::::::\{__/ , / /  ̄      /  / _rへn   }
::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::: { (/_Ⅳ      ..ノ  /  /r'ニニニ \  {
::::::::::::: |::::::::::::::::::::\::∨ニニ{ {   ..::´  /  { ⊂ニ_   丶{
::::::::::::: }::::::::::::::::::::::::‘,Vニニ圦  /  イ(  圦{ニニ{r个 、_   }\
::::::::::: _}:::::::::::::::::::::::::::::', Vニニ\\{/ニニニ\{_ニニ人{冖\}__}__))
::::::::/⌒\::::::::::::::::::::::::}八ニニニニ〔__〕_ニニニニニニニ /: : }>ー―ァ'
:::::::    \:::::::ヽ:::::/::::::::  ̄⌒{i{^\ニニニニノ/:i: : /:::::::::::::::/
:::::i{      丶\:::V:::::::::: ‘,  圦  \¬=ニ/ l: :/:::::::::::::::/
:: 八        }::::ヽ}::::::::::::::::‘, :| \   \∨  |/〔:::::::::::::/


219 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:01:43 ID:32d0e89b


                        ,..--、
                      /::::::::::::ヽ
              __   /::::::::::::::::::::::',
              },.>-' ―:::::::::::-::::<_}
            /::::::::::::::::::::::--::、::::::::::::ヽ
               /:::::::i:::::::::ヽ::::::::::、:::`::.、::::::::::\
           /::::::::::{::::::::::::::',:::::::::\:::::\:::::::::::',
          ,:::::::::::::ト:::::::::::::::::,::- ― -::::::\::::::::.
          i:::::::::i斗 \-:::::::::, \:::::::::::::::::::\:::}
          |:::::::::|:::!  \::::::::', xz=ミ、:::::::::::::乂__
          j:::::::::|:::!,ィz=x、ヾト::{" 泛ソ》j/ ー― ´.      「有難うございます
          ,:::::::::::ハ:《 泛ソ     , , ,  h ノ:/
            /:::::::イ::;ヘ:! , , ,         r.:':::イ           お世辞でも、そう言っていただけると
        ´  ̄ .j/ ヘ        ,    イ:/::|
                ヽ  `     / .i!::::::::|           作り甲斐があるというものです」
                 ≧ = -= 彡   {:::::::::!
             ,. -ァァァ ´/リ     x<ミx|
            /: :///: : :{ {   ..イ: : : : : : : > 、
             ハ: :.///: : : :.|-―/ : : : : : : :./:i:i:/ <
              j: V// i: : : : :! /: : : : : : : : :/i:i:i/: : : : : ヽ
          /: : j/: :.|: : : :/ : : : : : : : : :イ:i:i:i/: : : :-―: : :}
            /: : :/: : :.|: :/ : : : : : : : : :/:}只{: :/ :: : : : : ′
          j/:/: : : :.レ/ : : : : : : : : /:i:i:/:i:i:}:´ : : : : :: : /
         ./: :.V: : : :://: : : : : : : :/:{:i:i:i/:i:i:i:i|: : : : : : : :.ハ
        {: :.八: : : :.!i : : : : : :/ : : 乂/:i:i:i:i:i:|: : : : : : :/: :.',
        八: : : 、: : |{: : : : : / : : : : : : 乂:i:i:i:」: : ヽ: : : : : : :〉
        ./: : ヽ: : :≧= ー -----: : : -=≦}:i:i:iハ: : : : ー: : :入
       i: : : : : : :.}==------------===.j/ヘ: : : : : : : /: : }
       {: : : : : ::〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}: : : : : イ: : : :/


カウンターの向こうから離しかけてきたのは、この店の女将――鳳翔だ

彼女は物静かで、常に柔和な笑みを浮かべながら、
店内のスタッフに指示を出し、調理や接客をこなしている


         /  /   /      \        ヽ     V. N  ',
.        /  /   /   / \     ',     ',     }i N
       /   ,        ,   \    ',          |i N
.       ,   |i   |i   |iノ''    ヽ i ̄/i =- 、  i    |i::liト.   i
.       i   |i   |i. /|       | ,  | iハ}   |i   |i::lll:::}   |i
.       l   |i   |/ i从.       | ,ィ竓示ミx |i   |i::ill:::}   |i
.      !.  |i.   八 x竓示ミ    ! ''う し' ソ '|i |i   |i::lj:::}.  八         「いやぁ、お世辞じゃないですよ
      八  |i   〃う しハ`  ノ   ゞ--   |i八.   |i::::::/  '.    
        \,八    {ヾゞz少'     ///// イ'     |i<  ム-=7       わたし、料理は好きですけど
        \   圦 ///// }          |i    |i   '三三=/ 
.           \ >ゝ              |i    |i  /三三=/...     作るのは洋食が多いですから
           {    ゝ     、  ノ   ' |i    |i. /    /
                 { >         /|_ |i   八'    /..        こういう出汁での味付けは
         _ ∧    l‐   ̄ 〕   -     li  八   , ---=ミ=
      /: : :{:/: ∧   - _   、    /  /   /      \          難しく思っちゃうんです」
     /: : : : :, 斗 ‐‐ 、  .     --、  , -- /   /          ヽ
      i: 、: : /  -  '  )、           /   ,    / _  _ /: :.
     /:|: : /    - ' ノ\\        /  /   、 r{ ヽ{ v }: : i
.    {:.:l/      ' ノ  )ヽ)    }  / ´     { ハ ', ',   V:.|
    /: i       /           !          |:i i      , :人
    ,. : :|   ` 7. : :/             ,          :.:.     / : : : :.
    i: :/|   /: : :.,                      i: .     '/: : : i


鳳翔は、マスターをしているハクとその存在感は似ているが、受ける印象はまるで月と太陽のようだ

ハクが客と一緒に盛り上がるタイプなら
鳳翔はそれを邪魔しないように優しく見守るタイプとでも言えるだろうか


    i:.:.:.:.:.:.:/:,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:、
    |:.:_,..:.:.'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. // ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:,
   -≦:.-=チ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /   ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
    |:._,,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄/ ̄ ¨¨ キ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
  -=≦--=彡_ ..ィ:./}:.:/     |:.:/:.:.:.:.:.:.:./ l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    |:.:. ̄:.V 、|/ .}/ __    |∧:.:.:.:.:.:./` ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,        「そう思われるかもしれませんけど
    |:.:.:.:.:.:.{  「     ̄``'ミ   '.∧:./  .l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. l
    |:.:.:.:.:.:.:.、   ///         =ミx、 ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.l          実は和食にも合わせ調味料という
    |:.:.:.:.:.:.:.:.`ー!                ん}:.:.:.:.:.:.:∧|
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、        ′  /// /ノ }:.:/}/}/            先人の知恵がありますから
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ、   _             }/
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / l:、   `   >     /                     意外と簡単なんですよ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.i/   } ヽ、           イ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   }  ` .,_,, '"´
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.| __ }      {                          よかったら基本の作り方を
    |:.:.:._,,'"´: :\、     77 ̄`ミ、_
 ___レ7:l:/: : : : : : : : :\ 、  /./: : : : : : : \ヘー--- ミ、           教えましょうか?」
': : : : : l:l:l:i: : : :、: : : : : : : \ / /: : : : : : : /: : Vヘ: : : : : : :ヽ
: : : : : .l:l:l:|: : : : \: : : : : : : ヽ/: : : : : : : / : : : Vヘ: : : : : : : ,
: : : : : :l:l:l:|: : : : : : ヽ: : : : : : /: : : : : : : /: : : : : :Vヘ: : : :i : : l
: : : : : .!:l:l:!: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : Vヘ: : :!: : :l
: : : : : l:l:l:l{: : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/ : : : : : : : : Vヘ-く : : l、
: : : : `l:l:l:l{: : : : : : : : : : :./: : : : : : : :/: : : : : : : : : : Vニニミx: l: ヽ
: : : : : l:l:l:{: : : : : : : : : : /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :.V:l:l:l:l:}: : : :',


そんな鳳翔の提案に、「ぜひお願いします!」とハクは力強く飛びつくのだった


220 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:02:07 ID:32d0e89b


                           /:::::::::ヽ
                 _  _./::ヽ..___/::::::::::::::::::::',
               /::::::::`:::'::::::::::::::::::::::`:.<:::::::::::::.
                 ,:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ::::::::::',
             /::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::マ::::::::
             /:::::::::::::::::::;::!::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::|
                /:::::::::::::::::::/^|:::::i::::::::::::::::::::::::::::::、::::::i::::::i
           /::::::::::::::::::/  .!:::::|:::::::::',::::::::::::::::::::\:}::::::|
          _ノ::::i::::::::::-/一' |::::ハー-:ト、::::::::::::::::::::::\:::|
          ア:::::{:::::::::/ _  .',:::! ヽ:::::{__\::::::::::::::::::::::\
        ∠:::::::ィ:::::::ハ 《茫ナ`ヽ{  茫zツ 》j/、:::::丁:::: ̄!.      「本来なら主人もお相手するべきでしょうが
            ヽ:::{ ヘ /// j   ////   /:::/::::::::::::i
              ヾ 人          ィ ィイ:::::i::::::::::|.      すみません、本日はご友人がいらしていまして」
                 > /i^i、   .イ  {  |:::::|::::::::::|
                  _i | | i=≦   /:\::::::|::::::::::!
               .ィf:i:i:.{ ! | iヽ  /: : : }:i:i\!:::::::::|
               /: : :}:i:i:ハ  j ',/: : : : : j:i:i:i/:\:::::|
            /: : : : :|:i:i:i{ハ     ',: : : :/ム:i:i/: : : :Y::!
            i: : : : : |:i:i:i{: :〉    }: /: :/:i:i/: : : : : }::|
            }: : : : : !:i:i:i}:/   /イ: : : :}只{: : : : : : レ
            |: : :\: V:i/   /: : : : :/:i:i:i:{: : : : : : :ヽ
            |: : : : :ヽ:/   ./ : : : :/:i:i::|:i:| :´ : : : : : ',
            |: : : : : /    /: : : : 〈:i:i:{:i{:i:i! : : : : : : : :}
            |: : : ィ    /: : : : : :ノ:.丁:i:i:| : : : : : : :/
            /: /    /: : : : /: : :|:i:i|:i|: : : : : : /
           /: : :/    /{ : :/: : : : : |:ノ:」 : : : : :/
           {: : : 乂__ ..ィ==≧{: : : : : : : : : : : : : : : {
            ',: : : : : :/:i:i:i:i:/\ : : : : : : : : : : : : : 、


鳳翔の話によると、いま豊島が相手をしているのは幼いころからの友人らしい
こちらに店と住居を構える前の、以前の土地からの友人だそうだ

座敷席の方にいるらしいのだが、ここからは襖が閉まっていて見えない



               _
           y-一´-: : : : : : : : : : : `: .、
     / ̄ ̄':´: : : : : : : : : :\ェ、: : : : : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾミt、.: : : : : :ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  \ミ》、: : : : : ∨
.  /: : o: : : l: : : : : : !: : : : :   . . 。:  ヾ心: : : : : :.',      「いえいえ構いませんよ
 ,': : : : :゜: : |: : : : : : ト、. . .: : : : : 、: : : : : . Ⅶト、: : : : :.',
 l: o: : : : : :ハ: : : : : :.ヘ\: : : : :__:1: : : .Vf´二、: : :.l.      私も予告なしで来てますし」
 !: : : : : : : :| ヘ: : : : : :.ィ ´ ̄: : : : :ヘ: !: : : . l/::::::ヾ',: : !
 |: : l: : : : ,+-─- : : : : ', __\: : ___:l:|: : : : |{:::::::::::}:!: :!
 l: : |: : : : :l l  ヽ\: : : イ;=≠示寸ハ!: : : : !ヾ:::::::ノl: :!
 l: : ト、: : : :|⊥二_\\: ´! V、_⊂リ l: : : . |\二ノ:./      _ .-┐
 ヘ: :l ヽ: : :!ヾVuハ   ` ` ゝ一'  l: : : . lミ彡´:./  ,>. . :´: : : : : : !
  ヽ{ 丶: :lハ `ー' ,     //////::/!: : : .i、: : :/:/{/: : : : : : : : : : : /
    \ \八l;//  __     ;ィ|: : : ハト、:/_/: : : : : : : : : : : : /
        |`ゞ、  ∨  ノ  /。 !: : /、ィ_´: :!:_:_:_:_:_:_:_:_: : :-─!
        |: : : | `> -イ\   !: / ノノ\.{、.-.-.-.-.一: :´ ̄l
        l: : : !        丶  l://´: : : :ヽ\、: : : : : : : : : :l
        ∧: :ノ       _/: :} /: : : : : : /: :_\:丶、 _:_:_:_:__!
         V       //: : 「r´: : : : : : :./:/´  `  . `丶、_
                ヽ,ヘ: : :!,ヘ: : : : : : /: :i      ヽ:、: : :`:ー<__
                /i: /\|}:/\: : : /: : :l       V\: : : : :/
.               /: レ: :|::|:/::/:\: l: : : !        ト\\/
                 / : : : : f´::ゞ': : : : :ヽ!: : .ハ       l ヽ/
           , ' : : : : : : : }:::::::}: : : : : : : : : :.ハヽ      !: : :\
.               {: : : : : : : : :l:::::/: : : : : : : : : : : :.`}     {: : : : : \



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ       「ええ、友人は大事にしませんとね」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



二人はにこやかな表情で、彼女にそう告げるのだった


221 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:02:31 ID:32d0e89b

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────

居酒屋「鳳翔」の座敷席
フスマ一枚の向こう側は、日常から切り離されていた

座敷には料理と酒が並ぶテーブルと、座布団、壁面にはコケシや花瓶の花、書道の掛け軸
そこまでは一般的な座敷だが、テーブルを囲んでいる四人は、異様の一言に尽きる



     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、        v⌒ヽ、_/(/⌒ヽ
     ::|.  ./   |.| ヽ        ヾ.〈l  ヽ:ヽ`ヽ:、;7 l
     ::|. /     |.|  ヽ        )ヾ 〈l l::l l l::);7/
     ::|-〈  __   []  _`l_.    ノヽ_ヽ_ノJ l l//l
     ::||ヾ||〈  ̄ヽ ||/ ̄ i| |.     |ヾ||::ト\_  o _ノiヽ
     ::|.|:::|| `--イ |ヽ-イ:|/.      |:::|\ヽ_\|/_/| |
     ::|.ヾ/.::.    |  ./.       ヾj.:::. .'' ̄ ヽ|/ ̄:|/
     ::|  ';:::::┌===┐./         ';::::: ┌===┐/
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./          _〉 ヾ ヾ二ソ./
     ::| ̄ ゝ::::`---´:ト _..     |ロ|ロ|.  `---´|____
     ::|:ヽ  ヽ::::::::::::::ノ   `):⌒`ヽ:|ロ|ロ|_____/ロ|ロ|ロ,|`ヽ
     ::|::::ヽ   )::::ノヽヽ   ノ:i::::::  ヾ|旦旦〉l´l`l〈旦//ロ|:旦,ヽ
     ::|ヽ::::ゝ ノ:::::(●):ヽノ::::,:|:::::::::::::). 旦旦〔(●)〕旦/ロ/|::旦旦)
     ::|ヽヽ::::::::::::::::)ノ::::::::::ノノ:|::::::::::〈. 旦旦旦l. l .l旦旦,/::|、 旦旦|


片方はイガ=ニンジャの二人
イガの棟梁――コスモスハートと、副官――スラッガーゼロ


     ::|      _
     ::|    //i      _
     ::|.   /_/三 l    //ヽ
     ::|  ハ'゙、 三.l /.../三.ヽ        !`>..、
     ::|. / ハ ヽ三.l;;;;;;;/ 三ヲヲノ       〉:::::::::::::ヽ
     ::| / /_ ゙、 ヽ=.i / 三イ      <´_.-‐.:´::`:.、 ヽ
     ::|i' , - 、_`ゞ,ヽ='=/;;i.       i::::'、::l\::::::::::::::ヽ:i
     ::|'(  ゚)〉`=-ヾ/ ノ_!.       \_\\\:::::::::::l:l
     ::|ゞ`ー 'ソミて"`tゥ'`ノr' ゚゙i... ______ノ´lヘ:::::l\ヽ \::::::l:l、
     ::|  ̄ソ/´ミ `シ=、'';;;!、_ノ  ::::i、::_/ l:::::'、:l:/、:、ヽ :ヘ:::ll.冫
     ::| シl i;;、 ,,,.... il l`ー::ノ !...  ::::l.l:l ,、 l:::::/:::!:::!:ヘ::`ヘ.l::l/
     ::| ヾ゙、ヾ、 :.:.:! l;;;;ノシ..   :::ヘヽl:ヽ::::::\\`‐=_;::_/
     ::| :. ヾ\=ヽ :! l/,/.    ´ ̄ ̄\::::::::::\`'::`:/
     ::|ツ:. :. ヾ゙、=i:l li=/ノ.     :::::::::__ヽ::::/ヘ_∥
     ::|    ソ`'、. |、'-、      :::/``::::::::/`´:::/´:ヽ
     ::|ヾ  /  :;;;;i l;;.  i.     ̄ ̄\:::_:-‐´::/: : : : : l
     ::|   イ   ;;;l 冫  l`ー-、 __ . __\::::::::/ : : : : : :l
     ::|. ノ|  ,,;;;l i';;;;;,, |  ノ'  `ヽ ::::::::::::::/ /:ヽ lヽ: :l



テーブルを挟んだ向かい側はコウガ=ニンジャの二人
コウガの棟梁――エリアルバルタンと、副官――カイザルベリアル

現在のニンジャ世界におけるトップ4が、この座敷に集合している
その空気はさながら、終末戦争めいていた

───────────────────────────────────────────
.

222 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:02:53 ID:32d0e89b

───────────────────────────────────────────

しかし、それは外見的な空気である
サツバツとした見た目に反し、彼らの会話に血なまぐささは皆無であった


              | ̄``fヽ.
.              /イ´ ̄',`}
           /`ヽ.    ',j|ヽ.
          r'_ __`.   Y ハ.
          | ヽ ( ̄ ̄`ヽ. | r‐、...   「今回は迷惑をかけましたね、エリアルバルタン=サン
          ゝr、| | `ー.._-‐' i ゝ_ノ
          ヽ、! i      |  l      穏便に済ませてくださったことを感謝します」
           ヽソ   -====、/
            |\  `! |__//
            |: : ヽ-‐‐`='
            j: : : : : : :ノ: L___
     ,.-─´ ̄`<: : : : : : : : : : ,イ   ,.‐´ ̄ヽ.
    /´ ̄ ̄`ヽ.   |: : ∧: : : |   /       \
.   /___  ',   !:/r´`ヽ ¦ /  ,.-─' ̄`ヽ!
  //    ヽ  ',  j: ゝ、ーフノ: | |  /:::::、:::::::::::::::ハ
.  {:::::::::::::::::::::/:::',  ヽ |: : : リノ: : :! ノ  /:::::::::!:::::::::::::::::!
.  i:::::::::::::::::::::|:::::::',   、!: : : : : : : :|/  /:::::::::::|::::::::::::::::::|
  /:::::::::::::::::r、!::::::::',   |: : : ∧: : :.!   {::::::::::::f、::::::::::::::::|


その会話の口火は、コスモスハートから切られる

今回彼らが集まったのは、定期的な互いの交流と情報交換であるが
ウルトラファルスの一件も議題に含まれていたのだ

棟梁みずからの謝罪に対し、エリアルバルタンはいつものように笑う


               ∧     ∧
              /=ヘ   ./=ヘ
.             ト、.=ヽ  /= イ
             」::ヘ =V =/.|
           ,〆、`ヘ.ヘ= =/.:::/.          「フォッフォッフォ
.             ( .。リ:。ヽヘ.∠_.γ⌒)
           γソr⌒77''ヽγ⌒。          お二人とも、あまり気になさらんで良い
           /:ト(.(ミ〔.n.〕彡イゝ.ノ
          ( |:\\.|::|.シ/;|バ.          私がやらずとも、誰かがやるべきであった事に過ぎぬよ」
          /´`ト`::::ヽ|::|//::|丿
         .|、(::/⌒/.|::|rヘ/:/ヽ
        ,..〔∠ノ ./ .|::|..| :|シヘ|
     ,,....,,(_..,/ ,/ .|/ | ::|:、丿
    /|⌒::ノハ_し'':\,||,,,./| ::::|: ゝ-、
  /∥ //´ヽノ:::::::|\/:|ヾ:ソヽ、::r''⌒ヽ、
 /´⌒|ト ソr゙` ̄`ヾ::::|  |.,:::|::/´`丶:::|ゝ:ノ.::'|



                     〈\        /〉
                      , -‐'  〉       〈´〈
                   /  _,/{,. 个 、   〈7/}
                     |  {/ /ミl  |   :トーヘ///
                     |   Vミi{  |  }ミミ;///、
                   \   マミ:{: |  :}ミ //∧ハ.     「そう言っていただけると助かります
                〈[\__}ミミ} |  {ミ/// }___}
                    V》ト、 ¨´ |  `¨´.,.ィ´[ /
                   V》|\ :○  / / l/      …反発する者が出てくるのは予想はしていたことですが
                    V \ \l /  / /l
                     :.  `¨V´ ̄´  l/       いきなりそちらに向かうとは…読みが甘すぎました」
                    i:.___l___  :/
                   _j∧ト---イ/ :/|
                  ,. -<〔\_]r∧ー‐〈/:.:ト、
              ∠{`ヽ ̄\[\\`¨¨´: : : :\j>- .、
            ∠/|: : }l\___|\l ̄\: : : : : : :  ̄〕|__l\
.            /二二j:.:. }\|\\ \  [l ̄〕Y⌒Vニ7ハl∧
            /二二/:.:. ̄ ̄)  ̄\_l∠二/〈 Y⌒Yニ7ハl∧
         /二ア´ :.:.:. ̄ ̄)、   〕二二〉〈人__,ノ〉〔二〕ll∧
       /ニア:.{.:.:.:.:.:. ̄ ̄): :\ 〔二二二∧  /l〔二〕 |l /}
.      〈/: : : .、.:.:.: ̄ ̄) : : : :\_____   ー' ー―r'V/}
       /: : : : : : :\r‐(_ノ : : : : : : : : : : : : :\   /: ̄: :|: :}/}
      /:_:_:_: : : : : : :/   ∨:./: : : : : : : : : : : : : : \/: : : :.:/ : }lノ
.     /:  /: : : : : :/     ∨:./\: : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : :|
    〈⌒〉/: : : : : :/      V   \: : : : :〈 \: : : :/〉l: : : : :|
.     ∨/: : : : : ノ      l     \: : : :〉 〉: 〈 〈: |: : : : :|
..    `ー‐ '' ´       |  /\   \/ /: : : \ |: : : : :|


スラッガーゼロが悔恨を滲ませているのは、元来の生真面目さもあるが
やはり副官としての責務に落ち度があったことが大きく占められていた

───────────────────────────────────────────
.

223 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:03:17 ID:32d0e89b

───────────────────────────────────────────

                  ___
              ...::::::::__::::::::::::::::.....
                />≦::::::__:::::::::::::....、:::::>x
              〃>      ‐=- ` <::\::::::::::>x
          /:X     -‐───、-- ー::::マ:::::::::::::::)
          //__x≦z´≦三三三7:::::::::::::人::マ{´ ̄      「全く…だから言ったろうが、スラッガーゼロ=サン
           xr‐-ー´:::::::::rrrt7|!:::/:::::γ´三三ヽ:}         ・ ・ ・ ・ ・
              ヽtrr{_/三ヲ'|!〃ー‐'、三三三)ソ::ヽ.     それらしい奴らは、全部オレの所へ連れて来いって」
           └''⌒j┐,イ:::::|!:::::}r──- 、`ー:::::::::ム
             x<ftrγ´::::::ノ:::::::}/   ///ハー‐=三}
           i::::::i:ハ_...-‐.::;x≦77    ヽ///ハ─‐' 、
              |!rxj:::::::x≦/////ー‐77 ///´ }ム//// ー‐-、
             '<三彡^Y////!///  ' ´  //ノ//////>::.、
                 i }ノイ!j//  _    /^ヽ、///////// \
                     i !//i !/////         ̄ ̄`x≦三三
                   i i!/j i>‐ ´ x≦三三≧x  //
                γ∨¨ノx≦三三,r‐‐´     {三ト-‐‐-、
                  /r'^ソ´三三三ヲ'          マ三三辷´__
                / i! /三三三ヲ'            マ三三三三三
             /γ^Y三三三ヲ′              マv´ ̄ ̄ ̄`
              / /:::::::}三≧=‐′             {
                { {::::::;'三7´                   i    マ三≧


彼の反省を揶揄するように言葉を重ねたのは、カイザルベリアルであった


             /: : ̄ヽ\
              /: : :,ィ=、: \丶.
               /: :/: : : :\::ヽ、:`ヽ.
           〈/: : :´ `ヽ.:\::、.: : :\_
           /: : : ;'   ..;:: : :丶、: : :|   ヽ.
           /:>───--、: : : 丶 : !  /^.il.         「そういう奴らは、直接ブン殴らねェと
          ,イ        \: : : 、::! l/ |ヽ
          ゝ=====、    __  \: :.',Ⅵ/∨!:|           納得しねぇンだよ
          j∧: : : : :``ヽ. ヽ`ヽ.. ヽ:::'V!: : :|ハ
         /: : :',: : :{´``ー: :`ヽ!: : :\!: ::',__j∨           ・ ・ ・
        \: : : : :',: :ヽ ̄\::::\__,.≠´ ̄,イヽ./ノ\.       オレがそうなンだから間違いねぇって」
           ̄ヽ.: :',: : \: : \_f:::::::r´:::{::´`V : : 冫
            / ̄t: : : \======tj::ト.:::ゝ、:::∨:く
         /´{ /: :|  }: : : :;!: : : : : : : : ヽ.:::::ノー‐八\
        /: : /!_ト-、!、 ゝ≦ ̄ ̄``>=、_ノ>==''.|リ: :|\
       /|--、!{'/___ } /,'ヽ.: : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵ.リ  } ̄``ヽ.
       |:!: : : 冫: : : /: :/\}\_: : : : : : : : : : : : : :レ': 〉 Ⅵ: : : : ヽ.
       j:|: : : |: : : : {: : ,!: : / }: : \: : : : : : : : : : : : |::::{   V、 : : : ∧
      /|::!: : : |: : :,イ|: : !: : | 〈-‐‐‐冫::、: : : : : : : : : ∨|   /::∨: / ヽ.
     ,イ::|:{: : : :|/ ノ: :ノ: :/ /: : : :.イ: : : 、: : : : : : : : : |リ  /: : : ∨ ,^ヽ._丶.
    /: :: {-‐‐‐|ゝ='、: ,イ: ::| ./: : : : :ム: : : : : : : : : : : : :::::レ'/: : : : :∨/^\: :.\
   /: : :∧ヽ: : :\:::::Vr=': :/: `ー、/´¨}ァェェ、_: : : : : : : : : :::::!: : : :   V、: : : |_`´冫
   |::/: ::V^!: : /|::::::!:/:/: : : :/!_: ::|三三三ニ=、: : : :::::!: : : : : : ::∨!: : : :`ー'===、
  /ヽヽ: :/:| ゝ=': : ゝ_ノ: : : : : /: : : : 冫: : : : : : ::`\丶: :::/::rv、: : :   ! Z: :::/∠≧≠=
. //  ヽ/:::|: : : ||: : :Y/: : : :ノ/: : : ,イ: : : : : : : : : : : : ≧===く_ノ: : : : :} //:ry: : :八: :
//   j: : : |: : : ||: : ::!|: : ://: : : /: : : : : : : : : : : : : Σィ´≠ヽ}kコ: : :,イ='|: : ::\\: : :\::
| |  ./^::\!: : : ||: : ノ,': ://: : : /\: : : : : : : : : : : : >! {;;;;;;;;ノ_: : : /}`ヽ._,、: : \\: : :`
∨ {: : : : : /ゝ=、ノ: : : : ://: : :,イ\\!: : : : : : : : : : : :∨ゝ==='冫:/,イ!   `¨ー‐--≧_
 V|: : : : ,イ|: : : : :≧==='': : :く:::\ \\!\: : : : : : : : ::|__//´:/::://
  ⅵ: : : | !: : :r!: : :\: : : : :/:::::::::\ `ー、:::`ー.: : : : : : >'厂='イ:://
  ∨: :/ |: :/ |: : : : ト.: : :/ハ:::::::、..`ー、二ユ: : : : ,イ='--' .ノリ


楽しそうに口元を吊り上げながら語るカイザルベリアルに
口を挟んだのはスラッガーゼロである


                      ト、              ィ
                   ‘, 丶            / /
                      }   〉         /  /
                 , -‐=彡 /         :. . 〈
              /     /l}  ___      }.:. : 〉
             l|    厂 /У :/´ `マヽ_,ノ. : /
             l|  〈 : / /  ,′  :/ . :} }: : /
                〈: 》 {:  ;    ′.:// :,イ\
              \  V》 {:  |   ; . :// :/ l}:} :|
                〈∧ V》i  {}  ' .:// :/ ノノ :|
               〈∧__}ノ  {} 〈__/〈/ イ.:} ̄〉.     「それは分かるが、実際に殴っては
                   〈 トミi  (  )  __/ /:/ ,′
                  〈\\ Y /___,/ ;′/      本末転倒だろう、カイザルベリアル=サン?」
                     :.  ̄ヽl/´ ̄ ̄  ;..:/
                   :.  ト、}__,   ://}
               _  -=ニム マー―r'} ://:人
             /∠∠/.:.込、V二///´.::::\\
           /7/77´.:.:.:.:.:. : `ア¨¨´二ア二二二\
              /7//⌒マ7/ ̄l/ー<__/<>ー<ニ\
          /7/〈,r 、/´   /⌒) / ̄〉 ∠ニ>ー<ニム
            [l rく⌒ヽ \_,/  / _〉 /_/¨¨アマ二lニトミ\l}
            [l:{\\ \   { 〈 //  /:.:.:.:.マニlニl\\l!
.         ∧:\ \\ `  人  ̄___/:.:.:.:.:.:.:.: }\l\〉 〉/
        /:.: }: ヽ\_____/::/ ̄[l\ー=ミ:.:.:.:.:∧,/\lV/
.         /.:.:,.'.}:.:.:i /:.\::::::::::/ ` ≪)\_〉:.:.:. ヽ / ,/\//
.        /.:.:.,'. ∧:.:.':.:.:.:.:.:>≪二二二>―<// /´
.      /.:.:.:,'. /  〉:.:.:.:/ /:.:.:.><:.:.:.:\ 〔[》[》 //
      /.:.:.:,'. / /:.:.:. 〈  \:.:.:.:.:.:.:.: >―――<:./
..   /.:.:.:,'. /,/.\/\:.:\  \:.:./         /
.   /.:.:.:,'. / l. . . . . . .〉:.:.:〉    ¨ /:\    /

───────────────────────────────────────────
.

224 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:03:44 ID:32d0e89b

───────────────────────────────────────────

       !`>..、
       〉:::::::::::::ヽ
    <´_.-‐.:´::`:.、 ヽ
    i::::'、::l\::::::::::::::ヽ:i
    \_\\\:::::::::::l:l
______ノ´lヘ:::::l\ヽ \::::::l:l、      「心配すンなって、スラッガーゼロ=サン
::::i、::_/ l:::::'、:l:/、:、ヽ :ヘ:::ll.冫
::::l.l:l ,、 l:::::/:::!:::!:ヘ::`ヘ.l::l/        ボーリョクは使わねぇさ
:::ヘヽl:ヽ::::::\\`‐=_;::_/                         ・ ・ ・ ・ ・
´ ̄ ̄\::::::::::\`'::`:/          ちゃーんと "ハナミ" でやりこめるからよ」
:::::::::__ヽ::::/ヘ_∥
:::/``::::::::/`´:::/´:ヽ
 ̄ ̄\:::_:-‐´::/: : : : : l
___\::::::::/ : : : : : :l
◯ <::::::::::::::/ /:ヽ lヽ: :l



ここで解説が必要だろう
「ハナミ」とはニンジャに伝わる勝負方法の一つであり、言葉を変えるならば「飲みくらべ」だ



          ______
           {         ::}
           〈=-=-=-=‐=:〉
           〉        〈
            |)rj3for ュ三|
             |i三三三三i|
         /       ::∨
         /        ::∨
         !         ::!
         i          i
        Λ          ::Λ
         i        ::{
         /` ー - - ― ´\
       /ニ㌫㌔㍉㌔㌍二ニ\
     , ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     i                      i
     |                      |
     |                      |
     |                      |
     |┏━━━━━━━━━┓|
     |┃     Yj3for 、     ┃|
     |┃     、_ノ   ゚ ̄'     ┃|
     |┃  __ __   __     ┃|
     |┃(` |_).|_) | ∨│ i ! (` ┃|
     |┃、_) | . ト、 ! ! │ U 、) ┃|
     |┃ REKTY1KOWANY  ┃|
     |┃  rectified  spirit   .┃|
     |┃                  ┃|
     |┃96percent Alc by Vol.┃|                     - ‐ -
     |┃                  ┃|                    ||'ー - - ‐'i|
     |┃ Produce of poland ┃|                    ||::::::::::::::::::||
     |┃Production Polonaise.┃|                       !|`‐ - ‐´|.!
     |┃                  ┃|                   `ー‐--‐"
     |┗━━━━━━━━━┛|          - ‐ -
     |                      |          ||'ー - - ‐'i|
     |                      |          ||::::::::::::::::::||
     |                      |        !|`‐ - ‐´|.!
     └‐-= ニ 二 二 ニ = - ‐┘         `ー‐--‐"



互いに約束事を交わしてから酒を飲み、潰れたほうが負けと言う決闘システムである
そして飲み勝った方は、自分の約束事を相手に強いることができるのだ

なおその約束事を守らなかった場合は、ニンジャ不覚悟でセプクをさせられてしまう
まさに生死をかけた勝負であり、ニンジャに相応しい決闘であると言えるだろう



                         , .r====. - 、
                        ∠<___`.丶へ
                       .弋`:::::::::::::ラ>, 、ヘ::::\
                        __イ7ニ>=/<;;;;;;シ::::ハ::::\
                      .ノ:::::ヾー-.´:::::/--、::::::::ヘ:::::::\
                      ヾニニニ===´_  .{:::::::::::::ヘ ̄ ̄
                      __  ヾ::::ノ::::::ノ ノ:::::::::::::::::ヘ
                      .V::ヘ  l::::::<ニ . ̄ン:::::::::::フ
                       V:::ヘ /:::::::::∠ --メ´ ̄ 又ヽ
                       V:::::ヘ::::, rー, イ:::`ー 、   ハ
    .l:ヽ    r-、         , イ:::.V::::::ヘ  /::{::::::::::::::::::\./ラ
    .V::::\  .V::ヘ        .l .ソ/´|:::::::::ヘ l::::::V. ̄. ` <:::::::::
  ,-,  ヾ:::::/:\ V:::::> 、    .イ::7   .}.===/ ヾ::/ ヾ三三ハl::ヘ:
  ..|::::\ \:::::::::::.V::::::::::> 、_.ト:::>.=.ノヾ::::::::l   .|.!ヽ  `ヾ::::::::::
  ヾ::::./\ .<:::::/\:::/:::::::::ラ::::::::>::::::ヾノニ.ハ___.}.|::::ハ>、 |:::::::::
   ヾ:::::::::/`>.<::::::::::<:::::ソ::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::リ::::::::::::::l ̄l::.V::::::::::
     \/::::::::::::::::::l`<::::l:`ヾ::::::::::::::::リ:::::::::::::::::/:::::::::::::::l 7::::ンi:::::::
  .__ .   .<::::::::::::!l::::::::::::`ラ:::::::::::::::::::::::::::::>´::::< ̄ ´ . ̄ /:::::::
トヽ,ヾソー---=, ̄ ̄`' ̄ ̄ ̄7lラ7ニニシ´..ヽ::::::::::::::::`.> 、_ソ:::::::::
ヾメ r、ニ.ニ 7::::::::::::::::l::::> ノ,' //´ ̄ ___ >::::::::::/  /:::::::::::::::::::
  ヾ弋三三 l.イにニソ:::`ー'7  ´  , <::::::::::::::::`/.>ー--------
        ` ̄ ̄´ ` ̄ .l   /:::::::::::::::::::::::::/ /::::ノ  /


そんな過酷な決闘で、幾度と無く勝ち得てきたカイザルベリアルは
イガ・コウガのニンジャから共に「ウワバミ」と呼ばれ、恐れられているのだ

まさに歴戦のニンジャなのである


───────────────────────────────────────────
.

225 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:04:09 ID:32d0e89b

───────────────────────────────────────────

                         l `ヽ
                  > ‐┘  .!
                   /     ヽ ト 、
                   /         | | ∨
.              ,、-'ヽ          | ′ ∨
.              / }  | _       f 7
            , l  l {  `  、   l゚′   l
.              l │ .l 、    ヽ ∥ ,... _ lヽ.      「実に頼もしいよ
.              | ! l  丶   ノ .∥/   ∨ ′
               ', .}      `¨´ ∥.l   ノ ′     カイザルベリアル=サンのような方が
.              ∨ j         ∥ ` ´ '/
               ∨    ___  /    .//         協力してくれているのは、やはり大きな力だ」
               l   ‘ト、` ー 、  ,イ
               ∧   .} | ` 7´′/
               l:;:;:\  l ,j  // ,. ′
.... 。s≦:;:\ ー  __ .j:;:;:;:;:;:` _ゝニ'ィ' イ____
..:;:;:;:;:/ヽ:;:;:;:;:\    フ:;:;:;:;:r―‐ ' ´  , イ:;:;:;:;,ィ:;:;:;:`:;:;:ト、
.:;:;:;:;:;ト、  `丶:;:;`ヽ /:;/ `ヽ\ 。s≦:;:;:;:;:;:/ l:;:;:;:;:;,ィ:;} ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;:;≧s。 \:;:;:;:;:;{_   _ノ|:;:´:;:; -  ´  ノ:;:;:;/:;:;:;ム  ∨
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ |:;:;:;:;ヽΥ ./:;:/  。s≦:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:j __ -
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.、|:;:;:;:;:;:`l/:;:;:;//:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:フ´    `_<
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;/ /` ー ´:;:;:;: ̄:;:`;.,.、



コスモスハートが笑顔を浮かべ、賞賛の言葉を贈る

だが、そう言われたカイザルベリアルの方は
その言葉に反するように、皮肉げな笑みを浮かべながらこう返した



                     ri
                     |:|
               , ‐|::|‐.、                        「オレがこっち側に居るのは
               /::::::|::|::::: ヽ、                              ・ ・ ・   ・ ・ ・ ・
              /{ .:::::::l:l::::::.. }ヽ、                   あっち側より難しくて、面白そうだからだ
             ∠i ヽ::::::::ii:::::::::,イ i.ヽ、       ___
.            ヘ iヘ. ヽ:::|::::.,.'  ノ; /    / ̄.::::::ヽ   __ 
.             ⅵ::ヘ  ';::i:::,' , イ/レ'     /  .::::::::::;;;;l  /.: ヽ  つまンねぇと思ったら、すぐにでも抜けるぜ?」
             _, ィ|:,ヘ,ヘ }:i::i ,ィ '/ /     ,'  .::::::::,ィ .:i/.:::::.   〉 ___
.            /::ノi ヽヽ`‐===‐'./ /,r‐‐‐‐‐i  ::::/;;; / .::::::::::,,_//, '::|
         ノ:/ :i '.:::ヽヾニ=ニノ //,;;;;;;;;;;;;;; i .:/;;;;;; / .:::::::::;;ノ;;/:::.,'::../_
     _,,. -‐´ / i:::::::::, ヽ_!_r'.ヘ ,;;;/ヽ: : i ::/,;;;;;./ ..:::::::/::,,ノ.:::::,.' .:/::::.`ヽ、
r-‐‐ィ'´ヽ,二〉::/:. i:::::::;',_._._._._...'   \l  ` 、i/ : : / .:::::/;;;; / .::, ' ::../.:::::::::.. 〉
.;;;;::::::,,,,,r‐‐ー--{::::. i::::,.': : : : : :,.'      ,... . . . . ` / ::/;;;;;;;; / .:,.'. //.::,.' /
::::::::::./       i:::くヽィ: : : : : ,'   : ヽ、ヽ;:::::::::::: // ` 、;;;/ ,. ' /;;./.:,.' /
.::::/      ',イ( )){ : : :_,'     : : :ヽ ヽ::::::::::::ヽ  _ / , './;;;;,./.,.'/
.:/        ',:ヽ'ヽ': : {   .ィ   : : : :...`,ー---‐‐‐''´/,.'/ `¨  |/
           ヘ`¨ヽ: :〉 ./:/      ,/       //
             ヘヽ ',:ヽ〈: :/    .//
                〉; }::/ 〉::〉     /:::/
            /::i i〈 {:r'   ノ:::::{


挑発するようなカイザルベリアルに、スラッガーゼロが警戒の眼差しを向けるが
コスモスハートの手がそれを制する

そして先程と変わらぬ笑顔を向けるのだった


                        / /l
                         / /:::l
                        ;′,::::::::、
                        ,′;::::: "ヽ
                        / , ,:::     \
                        , ′
                 /     ′
                  /;′    i,!             丶
              l{:::::;     「!         / γヘ
                 l!::: ,、-ミ      _   、   ,′.      「ああ、君に退屈する暇を与えないよう
               l!:〈    ヾ|  '´     ,   ′
                  从:ヽ       ;'    ,, '゙  ;′.        努力させてもらうよ」
                   ゙;: `¨´  l  `''ー       / /
                  ゙,    l         j{/
                      ゙,、,.....l_       イ
                     ゙,`マ ̄Уア    //
                   ゙, }  j /   . イ: {
         ,、-=‐、、、__ __ゝ-=-、。。ィ: : :人
       //: : : : ミ  ̄  ”'*。_: : : : : : : : : : : ノ"'~   _
       / : : : : : : {\:>=-、    ̄ Y : : : f ̄ '''''"    "' /^ヾ
       /: : : : Y八 / '"  ̄)、    ノ: /} :':,      _、+'” /Y :
    /   : : : : : :::| : / : : : '' : : ノ:ト:彡 / (: : : ゙;、_,.。 *''": : _+” l :\
       : : : : : ::::| / : : : : : '' : : 〉 : : /γ::㍉Y : : : : :_,、+'”  ,、イ: : :
   ′   /: : : : : :/{ : : : : : : : : : :〉 : 弋乂,ツ/: :.γ"´_,.。 *''": : ,: : : :
.   {   /: : : : :/ : : :〈 : : : : : : : Λ} : : :ヽ / : : :/_,+” : : : : : : /::::::::
   }k. イ: : :./ : : : : : : : : : :_/: : : : : : :{ノ: : :./: : : : : : : : : 〈:::::::::::
  /: : : : // : : : : : : : : :/: : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::
  /=彡゙  /: : : : : : : : /__,;.、 :彡 : : /!\ : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:::::
 /   /: : : : : : : : ,:゙ : : : : : : : : : : : /| : ”'*。_ : : : : : : : : : : :ハ:::::
 イ   /: : : : : : : :, ゙ : : : : : : : : : :. :./  | : : : : : : : ̄¨¨¨ ̄ : :イ¨\::


変わらぬ力強い彼の言葉に、カイザルベリアルは今は満足したのか
「頼ンだぜ」と、それだけを返すのだった

───────────────────────────────────────────
.

226 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:04:33 ID:32d0e89b

───────────────────────────────────────────


                 ,,.-‐/:/__
               /,,..,ゞ|ミ./:::/|
              /∟(○)|ミ//_;::|
             /ミヘソノミ:/:γ)~
         γ⌒)ミゞヾヘリ:./:ノ`´      「まぁカイザルベリアル=サンは極論に過ぎるが
        / `し |r⌒)::||:/~ノ
       ソ ヾソし´/://|《.         言葉に耳を貸さぬものには、ある意味での力ずくも
      |ヾヘ丿ゞr>し/:ソ)
─┐   《  |:::: ヽノレ(_─」           多少やむなき事と考えなければならんだろうさ」
  │   「⌒~\,.,.//,ノ |  |
  │  /ヽ:::. \\'ノ γ⌒`)
   /ミ\ヽ:::.  ヽ ヽ (⌒ソ
  /ミソ/≡ヽ::::.   \\|::  \



.         「己が身に降りかかれば、いずれ分かろう          .. r、 .
                       ・ ・ ・ ・ ・ ・         ト、 ____|: \ `丶
       平和というものが、いかに維持しがたき事かを  |ニ\:::|ニニ/\ \
                  ・ ・ ・                 \ニマ|ニ,/x=ミ\  ',
       争うことがいかに容易きかを、な」             .\ニ/ {(__ )}〕>=ミ
                                       (_)}/厂ヽ (    ハ
                                         { {   }::丶__/ }
           ,.  ──   .                      Ⅵ  // /{⌒ヽ}
          `マ=‐  .、   `   .                    }} // /{√ヽノ\
            \     \ rュ      、                    ,リ / / `ヽ/´ ̄`ヽ
                  \     \ rュ    \              / / /  ,/ハ    `ヽ}
         ___   \     \ rュ    \           __r//〈_/ /⌒ヽ∧  x==ミ
         \.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ rュ     \       ,/ヽ{/ ,/八 __丿/ハ/    }
              \              \ rュ     \_/⌒ヽ {/ /´ ̄ ̄`ヽ厂 ̄ハ/⌒ヽ|
              `  .             \___,./ハ}ハ   } ∧ /{_____八_/  |x===ミ
                   ー──────‐=ミ////∧__ノ { }{/´ ̄ ̄ ̄} /  rfニニニ}
                                  `⌒⌒⌒´  /{{     ,, '´ ̄ ̄ ̄`マニ}
                                     {  {廴_ /          ノ}ソ
                                      {ヽ/.:.:.:/         //
                                        〃:..:.:/         / .′
                                       {/.:.:.:/          /
                                     {.:.:.:,'        //   /
                                    |.:.::|       ,/ /   /


それは彼らニンジャという存在が、途方もなき時間を
抗争と闘争に費やしてきたが故に至った結論なのだろう



              | ̄``fヽ.
.              /イ´ ̄',`}
           /`ヽ.    ',j|ヽ.
          r'_ __`.   Y ハ.
          | ヽ ( ̄ ̄`ヽ. | r‐、...   「ええ…本当に、そう思います」
          ゝr、| | `ー.._-‐' i ゝ_ノ
          ヽ、! i      |  l     
           ヽソ   -====、/
            |\  `! |__//
            |: : ヽ-‐‐`='
            j: : : : : : :ノ: L___
     ,.-─´ ̄`<: : : : : : : : : : ,イ   ,.‐´ ̄ヽ.
    /´ ̄ ̄`ヽ.   |: : ∧: : : |   /       \
.   /___  ',   !:/r´`ヽ ¦ /  ,.-─' ̄`ヽ!
  //    ヽ  ',  j: ゝ、ーフノ: | |  /:::::、:::::::::::::::ハ
.  {:::::::::::::::::::::/:::',  ヽ |: : : リノ: : :! ノ  /:::::::::!:::::::::::::::::!
.  i:::::::::::::::::::::|:::::::',   、!: : : : : : : :|/  /:::::::::::|::::::::::::::::::|
  /:::::::::::::::::r、!::::::::',   |: : : ∧: : :.!   {::::::::::::f、::::::::::::::::|


エリアルバルタンの言葉に、思い思いの言葉で三人は頷くのだった

───────────────────────────────────────────
.

227 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:05:01 ID:32d0e89b


そんな彼らの談笑を停止させたのは、不意に襖の向こうからかけられた声だった

「ご歓談中、失礼します」
その声は、居酒屋鳳翔の従業員――大鳳である

彼女は声をかけた後、襖をゆっくりと開けて中を覗き込んできた


   |
   |  /l  ........:::::::::::::::.......
   |  lィ:i<:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
   | ィ.l//i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   |/::::l/斗::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   |:::::::!イ:::::::::/:::ィ:::::::i::::::::::::::::l::::::::::::::.
   |::::::/:::;:´/:::≠/::::::i:i::::::::::::::::l::::::::::::::::i
   |:::/:::/::/://,':::::::::i;':::::::::::::::リ::::::l:::::::::i
   |/:::/::::i/` i.、i:::::イ:,'::::::::::::/:リl::::::i:::i::::::ト,
   |:::::i::::i芹ミト、:;:イ!,'::::::::::::/イニ!:::::}:::l::::::i::i
   |:::::i::::i{心/ヾ丶'/::::::::::イ/ヽ.!:::::j::::}::::::i::i
   |::::i:i:i  ¨    ム'ィ´/`.、/::::イ:::i{::::}:i.li
   |::::l:i:i       ィ芯ミ、 ´ソリ::::イ:::::i:i i    「失礼します、旦那さん
   |::::i:i:i    .   ゝィ ィ,.,.:'〆/:::::/i:/
   |::::::i∧ ` 、     .<:ィ´/::ムイ丿.      女将さんから頼まれて、追加のおつまみを
   |ト:i:リiミ`Zzz―‐ ´ '´ l:::´:::::::i:::;'
   |:lリ';::i二ニ%__γ ヽ    l:i:::::::::j:::j          お持ちしたのですが」
   |二二.l/  /   '  ./ !::::::/:/
   |‐、Z:ノ        i  ´  !::/:/
   |ナ、ヽハ /      i   .イ:/
   |ニニ ‐ i       }   ムイ
   |_ ', lム    i /
   |_  l/i     '
   |     l7     }
   |,    .!i     ./
   |ム   'ハ    /
   |ニム  ハ    }
   |ニ{ i ./  ',   i
   |ニi|.レ   ',  {
   |ニヽ    }{ヽ i
   |ニ7∧  リ i i


彼女のあまりにも無造作な行動に、最も驚いたのはご覧の皆様方であろう

声をかけてから襖が開かれるまで、おおよそ二秒弱
こんな一瞬では、座卓を囲むニンジャ集団が目撃されてしまうではないか

おお、なんたることか


















              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
       ´                   }
    /                 ____     '
.  /               ィ〔    }>、/
/           。o≦ニニ乂  ノニ/
   '      。o≦ニニニニニニニニ<_
  /  。o≦ニニニニニニニニニニニニ=-__
。o≦ニニニニニニ=-¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ヽニニニ〉
.アア彡彡ミミア'"|        ┃  ┃|  ̄ ̄´
ノィ/ミミY^ミミ/  |        ┃  ┃|
. Ⅳ}iミ{ 〈 ミ{   |              |.         「すまんね、大鳳くん
 V从ミV; ゙    |       {     |
 ノィ 彳{i:`    |         乂 ___.ノ |.          それじゃあ頂くとするよ」
  } ィハⅥ    |              |
  ノィ从}/込、  |              |
    7: : : : > \__ > ‐─── 、 |
   __{ ___ __ : : : : : : : : : :>─ ¨
  「         ̄ 7ァ、´
.   }i           }{ {
ィi〔八            }{  >、


だが、彼女の目の前にはエリアルバルタンではなく、普段の豊島が映っていた


          ,´::::::::::::::::::::   -‐_ ,-v-、_ ‐-  ::::::::::::::ヽ
       {i::::::::::/ ,  ,  -ゝヌ-'‐ 、 ` ヽ::::::::::::i}
        !l::::l 、  _,,、≦ニ二三ニ∧ ∨li 、_: :::::::l!
          il::: !  ゞ、ミ_二三三二二 _ _乂ニ彡ゝ:|i
.         i/ i ´ √ ・ `iヽ、  ‐,=i'"・ `ヽ,`゚ i!、:!
          i´:; {  ヽ、 __,/ / l  ゝヽ __, /  } /,l
          i   l         ,}   "      |∂i       「座敷を占領しているのに
            ヽ_ i       ハ            iイ
.         、_、 ,八      ヽ!;ア´        八リ.          気を使って頂いて申し訳ありません
           ヾ ヽ  ヽ _     _,  '  / /
         ミ `   ヽ.ヽ、     ̄       , ′´≧         鳳翔サンによろしくお伝えください」
       ゚;  "  .ヽ ヽ、       ,//  、〃
        ´冫,, ^  ゝ〟゙_ ‐--‐ ´、'"   ミ'
        、   "丶、    ヽ/_ ,   ゞ /
        > ‐-、  ゞ ィ=‐- v' , -'}__゛, -i'
        ト‐、  `i   / i`¨´/ ‐ '.i .-`i レl -‐
         ヽ,_〉  |i ,,'   ̄/   l `´l | /
            l`、  /` = / 、__, i' __,  .l __,"
         i  /     i′     / /
         l /     ,′  /    /\
           /`i、          ー゙ ,'   \
         {/ ∧  ヽ/  ヽ_i' / /
                 , ′ /i}


次いで大鳳に声をかけたのは、ニンジャ装束を脱ぎ捨てたコスモスハートである
この姿で彼は新城と名乗っていた

賢明なる読者の方々はお気づきの事と思われるが、彼らは襖越しに声をかけられた瞬間
まさに一瞬でニンジャ装束を脱ぎ捨て、人間としての姿に変わったのだ

不可能だと思われるかもしれない
だがそれを可能にするのが、ニンジャの極まった反射神経なのである


228 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:05:29 ID:32d0e89b


大鳳が配膳している料理に反応したのは、スラッガーゼロ――兵頭である


                   _,.  -- 、-  _
                ィ≦三三三三 \三ヽ、
              /‐-三三三三三三 ヘ 三≧、
                 /ミ{__ノ三三三三三三 ○三三',
              i'゙ ~′`;ー=三三三三三i 三三',
               i:}zvァ、_ " '   `}三三三 i 三三|          「やぁ、こいつは美味しそうだ
                i_以  ;ー=二-、_,/ 三三三 i 三三i
            ハ、  ゝ仗、 ヽ}|三} ヾ三三Y三三iz、.         料理上手な奥様が居て
             | l〉'    `T゙ /|三}  }三三|三三メ :,`ヽ
             | iヾ、    , 'ヘ|三} ./三三/三三{ ;,. ィ        本当に羨ましいですね」
           __|_i ゝ=‐ /-_ソ三レ'三三/三三斗メ
         / ,. \`才 ヾ,-チ三三 ̄ ̄/ー/
          / /∠≠<ヽメ ;/三三三/ ' /     ./;:;
       / /´  ,:〉ミ `'" //三斗‐"//       /;:;:;
       /' / ,. '"´ _}=-/ ,//, -‐"/      //:.:
        i .:i ´ - ¨  Y /7/  / . : . : _ =‐ "/:.:.:.:.:



                   __________
            _,..。s≦ _,... -‐ ´         丶
.            (            /___/‐=、   ヽ
            \_         _。s≦ニ//|:〉_〈::〉,  ./
             |ニニニニニニニニニ〈ゝ{}___{ノノ〉::./
             |≧=-s。_================</
                /:::::::|:!:::::::::!ト<_三三三三三三ニ≧、
              //:::::::/|:!:::::::::!::::::/::::>s。三三三三_三}、
.            /::/:::::::/::::!i:::::::::|:--|-/-‐:::ハ}::::エ_):::::|` ̄     「ホント、羨ましいねぇ
          /::::|::::::/:/`|:!::::::::「 ̄  ̄  ̄  ̄  ̄tト、:::ノ
           〈:::::::i!::/:(  |:!::::::::|,-===ァ   -==ァ/:::::「
         \::ヽ!ノ.ゝ┘::::::::/ / /    / /,{´:::::i|          豊島サン、オレ鳳翔サンを貰いますわ
.         | ̄ >´|ニニ|:i:|::::::|  ,.. _       ハ::::ノ
         〉 ´.......... ニヽi!:::::|> ゝ _  ア /....|::::!ヽ        大丈夫、幸せにするンで」
       //...............∨ニム:::::|:i:i:i:i:i> <ニニ|.....}::::|.....ヽ
      /....´...ヽ\__∨ニム:::|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|ニニi!.../::::i.........∨
       /.........../_=--y-∨ニム:!ゝ:i:i:i:i:i:i:i:ii!ニニ/./:::::/...........∨
.     /.............} ´ / /y\ニムi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!ニ:/く:::/...............
..    /................|    ´/....|>\ニム:i:i:i:i:i:i:i:i:|ニ/......`.|...................|
.   /................ri!    r′/.........∨ム:i_,.. -‐===-  _..............t 、
.    |................ノ:i≧。Y、../..........><,.... -‐ テ=-=---- _> 、‐=-.|
.   /!............/:i:i:i:i:i:i:i:i:i/、........〈(::/::ミノ⌒〈  ゝ---´ ):::::ノ |   ノ
  /...!..........,|:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i}> .∨、__(_ノ }て =-ノ⌒<  ノ ̄
. /......|.......〈:i|:i:i:i:i:i:i><    .∨三 ._ ̄ ̄ ̄     ./
 |....................`><  -‐‐-    ゝ  ) (  -=ニ=- /
 |...........><     }` ´{     r´   ヽニニ≧
 ><         > <     !      | ̄



兵頭の何気ない言葉に、カイザルベリアル――松竜は冗談めかしてそう言う
だが、豊島の反応は端的で、断定的だった



                   ̄ ̄   .
              ´           \
          /     。o≦  ̄ ヽ     丶
          '     /-=ニ{     }=-、   \
        /     イ-=ニニ乂 __ノニニ>、__  /
        〈    /-=ニニニニニニニニニ=-X
        ` 7 r<ニ=-¨¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ 丶ニニ}
          ノィ从''|    ┃   ┃   |>´       「やらんよ
        '⌒Y^ミ |    ┃   ┃   |
            {〈iミ |              |.           それは私の役目だ」
          从_  |     l      l     |
          ^7ィ{ |     |      |     |
         ノィ从 |    ` --- ´     |
          ノ¨Ⅵ            /
____,r‐ュ _ 。o≦´{  └ ── …ァァ…─‐ '≧s。r‐ュ __ ___
////V/∧//////>、      //    /{////{/{/{/{////{
////∧/∧////  \     {_{   イ ` </V∧V∧//'}\
 ̄  ̄ ¨¨¨¨¨ ´       --  { ̄  ´        ̄ ̄  ̄ ̄  ヽ



          -―-    _
    , イ´            ` 、
   /       _   _     ミ 、
  /    _ ‐ 二ニ -─── ニ   ミ 〉
 /   > _, ィ´  三≧ニニニニ _ヽ/
 l  /,ィ ) >ィ///////ヽ::::::ヽ::::::::ヘl
  \∨////////::::、ヽ::::ヽ:::::::l::::::::::ヘ
    l' ///>'"::ヽ::::::≧ ヽ'ヘ:::::::l::::::::::ヘ
    `ィヘ::::::::ヽ::::::>二ニ-‐,ヘ::::::::r、:::::::ヘ
     ヽ:::\x/ >イシ, ノ  l:::::::l l:::::::::ヘ.          「冗談っすよ
     ヽイ ,ィ iヽ    ´   u. l::::::::lノ::::::::::ヘ
       .lヽー '"     , 、   l::::::::l:::::::::::::ヘ           すぐマジになるンだから」
       l:::、    , ィ´  ノ  l:::::::::l::ヘ:::::::ハ
       l:::ヽ  `ー ´  ィl::::::::::l::::ヘ>=、
       l::::::::i::>z _ イ l:::::::/::l '/////ハ
       li:::::::l  l::::::::/l、/l:::::::l:::::l '///////l
       l;::::::::l  lゝ/,l//,l::::::::l:::リ////////,l
       l::::::::::lイ//////l::::::::l///////////l
       l::::::::::l '7//////l:::::::::l/\////////l
       l::::::::////////,l:::::::::l///,\//// ハ
       ,イ::////'/////l::::, ィ//////ヽ'//:::ハ
       //ニ-‐'"'//////// l∧////////::::::ハ
      /l////////////ヘ∧ メ'////////:::::::::ハ
     ,イ b/////////〈\∨//////////::::::::::::i
     /∧kァ////////\∨、////////,:::::::::::::::l
    i// / //////i/////i/////////::::::::::::::::l
    ∧/ ////メメ'//////////////::::::::::::::::::l


豊島の目の奥に真剣な光が宿っているのを見て
松竜は少し背筋を冷やす


229 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:05:53 ID:32d0e89b


互いの心情はさておき、端から見ている分には愉快な会話である
「ふふっ」と小さく笑いながら、自分の仕事を済ませた大鳳は


                 ,.......:.:.:.:´ ̄ ̄:.:`:.:.:..... 、
                   ,.....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶 /ヽ
              ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://∧ l
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V__';.:.ヽ:.:.//////
       〈 l\ /:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.V/}:.:.:.:V/////
        V//:.:.:.:. |:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.:.:.:V/!:.:.:.:マ///ハ
        V:.:.:.:.:.:.:|:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ';.:.:.:.:.:.:.:ト¨|:.:.:.:.マ//:.:.',
          /:.:.:l:.:.:.:.:!:.:.:ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:l ,.斗:ト:.:. | |:.:.:.:.:.マl〉:.:.:.',
        ,:.:l.:.:|:.:.:.:.:ト:.:.Ⅵ:ヽ.:.:.;.:.:.:.:.:.:.: lイ  リ_l__| |:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.i
        ,:.:.:|:.:l!:.:.:.:.:l ';.:廾‐-ヽ:';.:.:.:.:.:.: l/ィ牟㌃卞抃:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:l
        ,:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:.:l ヽ:l ┼ミヾ:.、:.:.:.:/リ /  Ⅵ::::iリ i!:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.!
       ,:.:.:.:.:l:.:|ハ:.:.:.:.',彳㌃抃k  \i       ゞー′|:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.|:|     「どうぞ、ゆっくりしていって下さい
      ,:.:.:.:.:.从:.ハ:\八 Ⅵ::::リ              |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:. |:|
     ,:.:.:.:.:.:.:.人:.:∧:.:ヽ\ ゙¨′   ,           /:.:.:.:.:.:.;':.:.:.:.:.ハ!.     それでは失礼します」
     ,:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.\ ミ=-         ,     , イ:.:.:.:|:.:./.:.:.:.:.:.; l|
     i:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./  丶.  \     ` ´    ////:.:.:l:./:.:.:.:.:.:/∥
      l:.:.:.:./:.:.:.:.://         Ⅵ≧ー-   イ__//イ:.:.://l:.:.:.:.:./.∥
      |:.:.:/:.:.:.:.:/ {l       _ヽ//7‐<7フ/////l:.:// !:.:.:.:,' ヾ
      |:.∥:.:.: / .人   > "     V(*)/////{l{ //   ∧:.Y  l
     l:.ハ:.:.:.:.l     / l       入/////x≦l{ /   ./ ∧(   !
     Y ハ:.:.:.{     / l     /  ト≦≠   {l{.    /   Y   !
      Y ハ:.:.:、  >――― ァ      ̄     ヾ、 /        l
         \ゝ/  二二´⊃          l{ |トミ/        | /
        _/   ――- ⊃   /      ≠r/       レ
        / ,/     r―--⊃   /          /      _   |
     /   {   /   _{_            _ム-―''"´   |



そう言い残して一礼をすると、彼女は座敷から去っていく

ぱたり、と襖の閉まる音を合図に、大きく溜息をついたのは松竜だった



                 ⌒ ^ ー'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乂
                /  {   _ ,, --= _ ̄>―、 (´
                  '  >≦_r========ミ{ Y⌒Yi {
                { />:'':::::::::: /::\≧=-- ゝ彡 }/
                  )''::::::i:::::i:::::/!i:://:::::笊:f:ヘ'⌒ 〈
               /:::::::::::|:::::|::/_从{_{_/ハ:::}::::{///<
                 '::::::::へ|:::::l;x==ミ  / ノ:メ、:::V///}
              /:::::::::{ >|::::从 vソ   ィ示〉::::人彡'
               ,' /::::::人,,|:::::i         ,ゞ爪イ }⌒ヽ
                {::{:::::::{:::::::|:::::| u     _  八:::|/
.              乂::: _ヽ:ノ|:::个  ー‐ ' イj:::::::         「あーやべやべ、焦ったぜ
             ――/   ヽ|:::::|   > -<:ノ:|::::::|
            )   /     }:::::|  ∧ノi   V|i:::::|i         オレ、瞬着は苦手なンだよなぁ
          乂 ,'      从::lヽ /o{\/:从::八
             yム-==- ,,_ / 从 i 乂Y }\::::/}        服が面倒くせぇし」
      ___/く } ⌒`<ミx   }  ∨∨ }/ j|
       \ \ ┌┐ __ {_人   ヽ   ー ミⅥ |
       /) 、__ノ jニ=-へ !辷℡,,  ',     i ヽリ
.     /:::::::) /v,   /r-、⌒)辷℡,,  i   ,人ハ
.    , .::::::::::::Y―rへ/  ⊂ニY 〉 辷℡,j,, -v彡イ,リ\
    / ::::::::::<  |  {  \ ヽへ'///,辷ソ辷彡'/ イ 〈
.   /::::::::::::::::::/7' |/ハ   >― -------r‐ '' } j ソ
  /::::::::::::::::::/:/Y八 }  /   } ̄  |__|   イr ''"
. /::::::::::::::::::/''  r''―r‐} /  / 人 / ̄ ,, ≦ヽ\}
 ,::::::::::::::::::/  / \|八____/∧_彡≦_/   }/
 i:::::::::::::::/  \/ヽ ∧  ̄<__/ {i  {/ \_/\
 |::::::::::: /    /  {       {_   〉―\__i  〉
 | ::::::: /     '  _\_へ    ハ ⌒ヽ_へ   从{


彼女は前を閉じていた上着のボタンを外す

普段であればシャツを着込んでいるその中身は、なんと下着姿であった
ニンジャ装束から、今の格好に着替えるのが間に合わなかったらしい


230 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:06:19 ID:32d0e89b


               ̄ ̄ ヽ
     /      ____ }
    /    ィi〔/(__)/{´
   く   /-=ニニニニ>、
    >ァチア|¨-=ニニニニニ>               「よくないね、松竜サン
    ノィY'^ミ |   ┃ ┃|
    ノハ:{  |        |                 少ないとはいえ、何らかの事態で
    从ト、 |   乂_.ノ |
      _}:::`|        |                 その上着を脱ぐ可能性だって
     { ≧sニ=---rァ‐'
__ ,. ィi〔`      __} ト-- __                あったわけだろう?」
  。o≦      { o   ̄ ¨¨≧s。__
 ̄         ',        } j{ >、
           V       j /  L_
∧                       ,     }
  ',             vo      {      ¨ヽ
  〉          i       } --    }
,.イ/                  : ' ¨¨  ̄  丶
ハ///             }       jト .        \
 V//          } o          \ _ .ィ^::..  }
  V/             }       i      〉' ¨¨    ′
  v/            {      l    ′    /
   }           {      |    /     /
  ,           { o         '     /
  /          {      { /       /



      |i:::::}_,,,,,,,__   i´ ッ; 、   、.
      ト::/,_::ェェ-.... ̄ゝソ、ノ     "'' <:::::::::::::::::::::::::::
       ャ∠三ニ=- 、,,::::::::::::....、 _ `ヽ    ヽ、::::::::::::::::
        /三三三三三三ニ=ョ、,::::::::::.....  `ヽ   ヽ、::::::::
     へ二三三三三三三三三ミ  _::::::::::::.....
       {:::i` 、三三三二ニニニ/  {三二ミi、::::::::...             「これに関しては、豊島サンの言うとおりだと思うよ
      、,、::: `{! ' ・ 气三三彡   i三三三圦、::::...、_    〉
   ≦ミ´  :i| 弋_ _,》i|  `≧、_,,、ョ''ニニ三三ニミョュ、_ゝ.         今回は結果が良かったに過ぎないからね
_/::::::::ミ   |     ̄ノ/    { {!¨ ' ・ ‐-=、ニ二厶イ:::::\
´:::::::::',     |      ノ      ヽ、_ __,ノ′   i:::::::::::::,ゝ.      しかも原因が君の未熟さということでは
:::::::::斗     i    {           ̄       |:::::/,
:::::::::ミ、   {∧    ヾ-‐、                /        私たちも擁護しようがない」
::::::::::::::`,   ミ::,  、  `:r‐ヽ              r
:::::::::::::冫、  /∧  ` 、_               、,_、vr
::::::::::::::::ミ   |:::∧  ゝ、_"'' ‐‐‐-_,‐ャ'´    ., 'r´  ''
:::::::::::::::::::≧  |:::::∧     ̄ ̄       ノ     v゛
::::::::::::::::::::从 ハ:::::::゙ゝ、          ...:::、,ミ´ 、 κ"
:::::::::::::::::::::::::ゝ ゝ::::::::::≧- -‐=ニ ´  斗  、イ゛


棟梁二人から、口調は穏やかだが厳しい叱責が飛んでくる

この世界において、いまだニンジャは秘匿される存在だ
彼らの言い分も最もであろう


                    ......-―:::::::⌒:::¨\
                    〈:::::::::::::::::/⌒\:::::::::..、
                  〉ニ=- )'"(○ト 〉::::::::::::、
                /::\ニ=->xノノ::::::::::::::::::、
                /::::::/ l::::\ニニ=-\:::::::::::::::::)
              //::::::::{-'{ヽ::::::::}-\ニ=-\::::::::/
                 /{::::::: f乏ヽ\/沁 リl>――<       「へいへい、分かってるってお二人サン
           /  从::::ト <        |:::|:::|:::::|
            /   /::::::从        /:/::/::::::|.         "注意は一秒、後遺症が死ぬまで"ってンだろ?」
.          /     /::::::/:::∧  - 、   /:/::/::::::::|
       /     ./:::::/::::/::::丶   _/:八:||:::::::::!__
           //>'  ̄ ̄\ 丁マニニ:/ニニ||>''”ニニヽ
    /   / // ⌒ヽ」__⌒>  ||__||>く||ニニニニニム
.   /  /  〃   / / ̄ ` ||ニ||ニニヾニニニニニ}≧=- __
   /   /   /     /  /      ||ニ|\ニニム\ニニニ!、      ⌒≧x
.  /  /   /    /  ∥    /||ニ)::::|ニニニムニ≧=--::\          \
  j  /   ′    /  ∥_  / ∥ニ}:::::!ニニニムニニニ/l≧=-`:::.、        )
  |   {  /     / /:::::::::::::::ヽ {  ||ニノ:::/ニニニ}ニニ/ l:::::::::::\::\    /
  |   |∨     / /::::::::::::::::::::::)゙ .∥彡イニニニ=从ニ八 l::::/:::::::∧::::\ /
  |  ∨      ./イ{:::::::::::::::::::::::::}_,∥ニニニニニニ}ニ/   ∨:::::::/::∧:::::::゙、
  |   {     /:::从::::::::::::::::::::ノ≦{ニニ≧====≦{ニ/     V:::::::::::::∧l::::::|
  |   `¨77::/ /::/:::>---<  ∥ニニニニニニムニ     ∨::::::::/:::/::::/{
  、    //::/ /::/:::/:::::::|:::::::|  ∥ニニニニニニニ八\.    ∨:::::/::/
.   \  /::/ /::/:::/ :::::: |:::::::|  l|ニニニニニニニニ∧ニ≧=- ∨::::/
     ∨:/ /::::|:::::|::::::::: |:::::::|   ||ニニニニニニニニ=∧ニニニニ∨ /
     /:/ |::::::|:::::|::::::::: |:::::::| /||ニニニニニニニ\___',ニニニニ∨ /


彼女が引用したのは、ニンジャに伝わるコトワザである

ニンジャであろうとも、普段の鍛錬や周囲への警戒を怠れば
死にいたるほどの後遺症を受けてしまうため、普段からの注意が大事である、という格言だ

それを引用したということはつまり、反省し鍛錬に勤めるという心の現われだった

231 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:06:47 ID:32d0e89b


そんな松竜を、兵頭が見ていた


           _ -=≠ニ三、≧x、
         /三三三三三ニ\三ヽ
        / ̄/三三三三三ニ○三ハ
       _,ィヽ≦≠三三三三三ニ|ニ三!
      {        ヾ三三三 |三三i
       丈r-ー/ニ_-rノニ三三三!三三i
      ,、 _ノ`゙弋テ‐→|三ハ、____Y三!
      ヽ}    `¨ヾ |;|三 i三三三 |三;!
        ',      u !;!三 !三三三;!三;
        L_     ,|;|三ヾニニニニ/三/
         ∧`  _/、!;!三三≧-≦三厶  _
        ヤ≦、ヽ\!;!三三ニ○才'⌒`ヾ、  ヽ
       ,r'"ゝ=-‐¬l;|三三三/-_ 才⌒  < ,}
      ,.ヘ    ,.斗┤!三斗'" ̄   _    \
     <;:;:;:;:ヽ/  _,j;厂´    _/´ _    _入
      入, べ-‐ "// ` ̄ ̄才  /     ̄   ヽ
    f´  `イ/\.  |;|   /  / _,.=-  ̄  ー- _\
    〈   〈/   ` !;!ー ´    /才 - 、      ̄  ー- ヽヽ,
   / ヾ       /  リ    //     ` ー-  _ ` 、 \',



.                     -―:::::::⌒:::¨\
                    〈:::::::::::::::::/⌒\:::::::::..、
                     〉ニ=- )'"(○ト 〉::::::::::::、
               _/ \ニ=->xノノ::::::::::::::::::、
               / |: : :\: \ニニ=-\:::::::::::::::::)
             ':. :|:. :. :::::ヽ:::::::\ニ=-\::::::::/
            /:|::::ハ::::::::::::::}\::::: l>――<
            ノ::::|:::{ /\:::::::伐テ:::|::::::::::iY:::::::
            i八::ヽ佗 ):ノ    ハ::::: |ノ::::::::i:
            |:::::::::ハ  `      i:::::八:::::: |:.          「なンだよ、兵頭サン
            |i::::::::圦     _   j::::∧:::::::::|::
               八::::::::::|\ `    ノ/人::ヽ:::::|:::i_        オレの顔になンか付いてるか?」
           / /:\::::,:::|:::> _,.   〈//ト―――=ミ::.、
            / /:::>‐/:::|-rミ厶    //^〉|::::::::|   ):::::
             / /::/  ,.:::::/ |::V/ ,ー  ー\// T=ー <:/:::}
.           / /:::, /:/  ::∧/∧     )//, }}  /:::::/
     \___彡::::/::/ / /'  V/,i     ヘ//{ || 7:::::: イ
       ―≠≦ 彡  {/~z ノ/人   /  V,| || {::/ |
       〃/:::::::}    /'"-=ニ- ¬二ヽV   _V=≠:/
      /' ,.:::::::::|   ,=>'"    r } ハr' メ''V,=- _  ,'
       /  .:::::::::::,   /' ///   | }しヾ:::/-= ハ∧ =- i
.     /  .:::::::::::::{ / イ 、     イノ-=ニ / -=二i:∧-=} ;
     /'  }::::::::/// \__ト==彡-=ニニ, -=ニニ|//:,- , {
.    /:'   :::::::: 〉//     /-=|:|-=ニニ/{ -=ニニ|// ∨:ハ
   //   .::::::::///|     ' ― ::|―‐=彡 ̄  -=ニニ'// { {:::
   :   i::::::::V/人   ∧  ノ             〉//∨ ::::
  i::|   |::::::::::V//∧ノ::八             イ∧//i }::i
  |::|   |::::::::::::ト---:∨:::|             / |/∧ ∧ :::|
  |::|   |::::::::::::||:::::::::::::::::,                 V//\'} ::|
  |::|     ::: /::: ||::::::::::::::/              i   V/// | ::|
.   从   ∨::::: ||::::::: /           /'      |   V//,゙| ::|
     \  ∧::::::||: /                  l    ∨/ | ::|



視線に気づいた彼女は、兵頭にその意味を問いかける
無論、下着をはだけた格好のままであり、その事を気にした様子もない

彼女は、見た目だけならニンジャの中でも随一である
しかしながら、彼女だけはニンジャにはなれてもクノイチにはなれないと言われていた



       /,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     /;;;;;;;;;;;;;;;|   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     |;;;;;;;;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     |;;;;、yx '' ´ ''' ゙゙´ ''´ '' `'''
    .j;;;ミ
    j;;;ミ  ,,、 ,,,、 、,,,、、 ,,、 ,,、、,,、,,、 ,,
    |;;;; リ´_ヾミ  =====ー-、 |;;;;;;;;
    |;;;;jjl|ゞ二・ソ|    k二ニヽ_|;;;;;;;;
    |;;;jj |    ノ     ^ー-‘イj;;;;;;;
    |;;;jj | ヘ          u.  j;;;;;;;;
    |;;jj .|  \ヽ         |;;;;;;;;
    |;jj ', '' , >--、` ゙`  |;;;;;;;;;
    |jj  ト,'' ,ム---' ' ,' ,イ|;;;;;;;;;
    |/>",, ヾゝ、' '、` ' ノミy|;;;;;;;;;;
    | f ,,   Y l l l l l 爪ゞ` |;;;;;;;;;;
    |'';;''    `ー─一f ´'' |;;;;;;;;;
    | ;;,,´''' ,,,          |;;;;;;;;;
      ミゝ,,, ,,''' `     |;;;;;;;;;



兵頭は眼前の彼女を見ることで、ようやくその言葉の意味を理解した

彼女の外見に反する、致命的なまでの恥じらいの無さと、色香の無さ
これではごく一部の特殊嗜好者にしか、それを魅力として感じることはないだろう

しかも本人がそれを全く理解していないため、改善する余地もない


232 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:07:12 ID:32d0e89b


遅まきながらそのことに気付いた兵頭は
憐みを込めた視線と、深く深く、重い溜息と共に、こう呟くのだった


                           ___
                        _ -=三三三三三≧x、
                        ,. <ニニニ三三三三r─-、三ヽ
                 /ニニニニニ三三三三{    |三=ム
                 / У==彡ー''" ̄"^~~\__ノ三ハニ',
               イ;zイ三三三'            `ヾミi
               i三!三三三三}_,._-‐≠_ニ≠z_ィー _  ヾ
                |三|三}斗ヘ;三|リ zニtッ→`} ´ ィへ\  }
              !三/ニ/ }三|i| '^ー ´/   f {心.} }. /
              i三{三=i  }三|:i!        乂`¨ヽ!´|i
                  マ=!三=! .}三|:i|        //    |i.....  「…本当、なんで松竜サンは女なんだろうね
               }ニマ三、_ノ三|:i|       _ ′  /  |!
             _、ヘ辷-ヾー!|三;!:i|    ∠二ヽ`   ,′ ! .     いろんな意味で」
         _,メ´~、    \ヾ;Oリ三;|:.i|ヽ    _`′  イ{ ' |
       メ゙   ヾ \ヽ ヽヽヾ三ニ|:.i|//\    /イヾ; ,. !
      _>=- _`    ヽ ヾ ∨マ三!:.i!\//`,ーイ/;:;:; そ: !
      /       ¨ ー-  _   ∨マニi:.i|!  ゙ヾー'-'彡:;:;  メ  ト-、
    _入  _-==== _  、  ¨' ー\ヾi:.i|!   ^~"´     そ |  :}
  r'‐一゙ヾ´_  -‐ \  `ヽ、\:.    \ヾ∨、、      メヽノ  ,|>、
  .}   ,  " _ 二二 \   ` ヽ:、     `ヘ∨\゙ ; i _,.イ -‐リ/   └、
   ヽ/ ,. ´       \、、   `   、   ヘ∨ ` <∠ ‐7/ _,.       |
  //            ヾ\      `  、ヘ∨   /ハ`//´        i



                                     >-,-------<、
                                   /   {       >x
                                  /    ヽ          > 、
                                   /     /j!、ヽ、.__       \_
                                    〈    _!-ijk=-,!: : : : : >x。        ヽ
                                 ',_/: : :\氷,イ: : : : : : : : : : :>x。   /
                                  _}_,..-'''  ̄ ̄ ̄ ̄~""'''- .._::○>´
                                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,..-''~"´',
                               /: : : : .-'''"「`l:::l、::::~""'' ´:::::::::::}:::::::::',
                               r--┐":::::∧:::::| |:::| ヽ_l丶:::}、::::::::人:::::::::',
                                 |:::::::::{ィうテミ  ̄:::::::ィうiテト}::::::::{ヽ|::::::::::',
                                 |:::::::::{ V::.ソ ::::::::::: V::..ソ.ム:::::::{ム.|:::::::::::',
               「喧嘩売ってンのか?          r 、::::', ==  ,ノ    == .|::::::::{ノ.{:::::::::::::',
                                  }::::::',   `        l::::::::{: :.{::::::::i!:::::',
                                  }::::::::ト、   _      .,|:::::::{)、|:::::::i!:::::::〉
.              飲むぞ? 飲ますぞ?」       }::::::::l \└―ヽ  ./|:::::::{ 〉‐- ...,,/__, _
                                  }::::::::l   `≧- ≦ニ/|:::::::{./巛巛巛巛巛./´
                                  }::::::::|   ./ゝ ll / .|:::::::{ゝ--------- ´  
                                  }::::::::| ./《/.¨|¨   |:::::::{           
                                  {::::::::| / ̄    |   |:::::::{           
                                  {::::::::|.{      | ○ |::ハ::{           
                                  レ、:::|.}、    ,'   レ 丶          
                                     レ/ 〉    ,'       `       
                                     { /   ,'               
                                    / /   ,' ○             
                                    {/     ,'                
.                                       /    |                
                                   {       |                
                                       ',      ', ○             
                                    /\    \              



この後、無茶苦茶に飲まされた兵頭は、三日酔いになったそうな

                                                  【オワリ】
.

233 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:07:36 ID:32d0e89b


                           (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                            (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                             (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                              (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて                         .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
   幕間 第10話は終了かしら          .}厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                              {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                                   ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
..                                  .八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                                  \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
..    閲覧ありがとうございます                 .}:从   、     /r=、::\  、    |
                            ...f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                        .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                              {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                            (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                             ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                                 ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                               {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                               \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                                    /  (.У: : : :|
.

234 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:08:01 ID:32d0e89b


             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ           ということで前スレ>>1000ネタから
          ./        .',
           .| ⌒  . ⌒  |.           銀河帝国代表でベリアルさんの登場と
              | ◎   ◎  |           常連のお店、居酒屋鳳翔でのお話しでした
. .             | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i.         なお鳳翔さんはニンジャではありません
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./.         しかし常連客はだいたいニンジャです
.         \  r― , ., ‐┐ /
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./         全てはニンジャなのだ…



           , --r―‐- 、  /}
         // 〃 、`丶、=彳
        / 〃 // 人  ヽ \            なんていうか…ニンジャって言葉は
        ,' /  //   ヽ   ` r‐ヘ            色々と便利すぎるわね
    .    に二彡'´ __\  \  {r只}}
    ミ . ミ ミ ∨⌒l} r'7:::`ヽ  ,.ニミ  Y´   ミ ミ ミ.     まぁ、あと、ええ
  /⌒)⌒)⌒)ヽ_,リ ヽ:::ノ   {:::/!ハ /   /⌒)⌒)⌒)
  | / / / ヽ、ハ '''   _ `゛∧「 (⌒)/ / / //.   書く前はベリアルさんが女性になるとは思わなかったわ
  | :::::::::::(⌒)./,二>、 └_'_,. イ /ヽゝ  :::::::::::/.      まぁあまり気にしないで欲しいかしら
  |     ノノ    /><く ̄`Y{_/}/  )  /
  ヽ    /   l/ (/|:| ヽハ   ヽレ'/    /.        ちなみに>>1はああゆう女性、大好きよ
   |    |    l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
   ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


235 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/15(Thu) 21:08:41 ID:32d0e89b


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |    
       |   _ ` トイ'、l.              さてさて、次の投下は本編 第11話
       |  ィこ:Y_| Vハ/..      
       |   {しリ`イ ソ              今回はちょっと長かったので
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.       次回は早めにしたいわね、できれば
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... | 
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ                 投下の際には、いつも通り
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' |                 前日に予告させていただきます
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ. 
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \..          では、今晩はこれにて
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.  
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j... 
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ  
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }. 
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


236 : 普通のやる夫さん : 2017/06/15(Thu) 21:10:14 ID:9b6fcea8
乙でした
まんまヤクザの会合そしてベリアル=サンの正体アイエエ…

237 : 普通のやる夫さん : 2017/06/15(Thu) 21:30:56 ID:639ac867
乙津
どんな毒電波受けてベリアル女になってんの?w
ジードの父親だれになるんだろうなあ?(明後日の方を見ながら

238 : 普通のやる夫さん : 2017/06/15(Thu) 21:32:37 ID:6042a670

え、ベリアルさん百合?wwww

239 : 普通のやる夫さん : 2017/06/15(Thu) 21:55:06 ID:6d989178
松竜さんの豊満ボデーほんますこ
乙でしたー

240 : 普通のやる夫さん : 2017/06/15(Thu) 21:55:19 ID:477f8ab3

ニンジャとは

241 : 普通のやる夫さん : 2017/06/15(Thu) 22:53:59 ID:21a6af7e
乙でした

うむ、まごうことなきNINJAだなw

関連記事
25826 :日常の名無しさん:2018/05/12(土) 05:00:31 ID:-[ ]
ジードにとってベリアルは父であり母でもあり、もう一人の自分でもある
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 休息会話 (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ④ (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ③ (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ② (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ① (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 10 (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 9 アフリカと外部世界 (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 質問返答 1 (07/03)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 11章 その5 (07/03)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 11章 その4 (07/03)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 5 (07/03)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 4 (07/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 50 (07/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 49 (07/03)
  • 国際的な小咄 7284 中国の共産主義者からも謎 (07/03)
  • 国際的な小咄 7283 地中海を泳いで参った!                   まぁ、当然のオチが待ってます (07/03)
  • 国際的な小咄 7282 う   わ   ぁ (07/03)
  • 国際的な小咄 7281 コモンウェルスの中の南アフリカ (07/03)
  • 国際的な小咄 7280 目線を久留里……違うわ、くるり、や (07/03)
  • 国際的な小咄 7279 中国人数人の話をミックスして軽く解説する香港に対する決定 (07/03)
  • 新月の夜の幻葬読書会 99 (07/03)
  • イナズマイレブン/ロリ/ショタ 50 (07/03)
  • イナズマイレブン/ロリ/ショタ 49 (07/03)
  • アカガネ山のやる夫 第31話 (07/03)
  • やる夫の伝説 第三十話 (07/03)
  • やる夫はギルドを経営するようです 埋めネタ 夢の守り人 (07/03)
  • 国内的な小咄 494 山陰の就職事情 (07/03)
  • 国内的な小咄 493 東広島の酒! (07/03)
  • 国内的な小咄 492 ケンミンショーで一番気に入らぬところ (07/03)
  • 国内的な小咄 491 ほえー、人吉も酒すきじゃからなぁ (07/03)
  • 国内的な小咄 490 蔵開き! (07/03)
  • 国内的な小咄 489 堺から南のエース? (07/03)
  • すまない、転生先が蛮族で本当にすまない 135(完) (07/03)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その110 (07/02)
  • AAで読み解くはじめてのジェンダー論 2 ジェンダーの定義 (07/02)
  • AAで読み解くはじめてのジェンダー論 1 そもそもジェンダーってなんやねん (07/02)
  • AAで読み解くはじめてのジェンダー論 NSSが解説する、はじめてのジェンダー論を始める前の注意 (07/02)
  • 読者投稿:分野 農業・林業と防災 AAで学ぶ ロケットストーブについて (07/02)
  • 読者投稿:物理 相対性理論における重力とは (07/02)
  • 読者投稿:AAで学ぶSF的テクノロジー 2 量子テレポーテーション (07/02)
  • やる夫が大樹の正体に触れるようです 第1話 (07/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 3 (07/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 2 (07/02)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 1 (07/02)
  • 英雄を作ろう! ~014話:始まりの鬼にはそこら辺の草でも食わせておけ!~ その14 (07/02)
  • 英雄を作ろう! ~014話:始まりの鬼にはそこら辺の草でも食わせておけ!~ その13 (07/02)
  • 国際的な小咄 7278 パパラッチが熱くなる! (07/02)
  • 国際的な小咄 7277 アフリカをMaxにキメてらっしゃる……(白目) (07/02)
  • 国際的な小咄 おまけ うちのシャルロッテさんはスレをのぞいてるの? (07/02)
  • 国際的な小咄 7276 ダッチ先生のわかりやすいアフリカ研究者解説 (07/02)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/5)
    ※完結作品は集計した前の月(4月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4英雄を作ろう!4異世界食堂できない夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6アメリカンヒーローアカデミア
    7IT業界のやる夫さん7気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118コンピューター様、情報更新は義務です!!
    9やる夫は魔導を極めるようです9やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    10森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠10ドクオが異世界転生したようです
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫の兄はブラコンのようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14できない子とSCP14ダンガンあんこ
    15やる夫のみつめてナイト15レベルを上げるスレ
    16やる夫の伝説16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19めぐみんの楽しい独身生活!19主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    20白頭と灰かぶりの魔女20ニューダンガンあんこV3
    21アカガネ山のやる夫21カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようで
    22ダンガンカオス22オーバーあんこ
    23やる夫たちでソードワールド23やる夫の野望
    24やる夫とかがみは世界を探す24やる夫ファンタジー
    25イナズマイレブン/ロリ/ショタ25金欠ほのぼの冒険物語
    26やる夫は竜の人財のようです26やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    27ご加護なカンジ27やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    28やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~28STALKING!!
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29やる太は異世界日記を綴るようです
    30あんこ時々安価で鬼滅の刃30やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    31いきものがかりたち31やる夫は妖精郷を旅するようです
    32やる夫は死なせてもらえないようです32やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです
    33魔女はやる夫になるようです33やる夫は宿屋を経営するようです。
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる夫は男子校?に通うようです
    35やる夫で学ぶ近世騎兵35あんこ終末旅行
    36ロケッ都団が征く!!36キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    37やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです37ご令嬢☆タクミちゃん
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38あんこ町の住人は星人と戦うようです
    39蒼星石は亡国の王子のようです39カリブの海と海賊たちのはなし
    40カーきゃん□40やる夫は学園生活を楽しむようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング