亜人はBARに居る 第10話 「混ぜるな危険」

目次 現行スレ

163 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:00:29 ID:81b223b4


都市伝説
いつ誰が広めたかもわからない、現代に口伝えで広がる根拠が曖昧な噂話は、総じてそう呼ばれる

その正体は、実在しない可能性が高い人間が体験した、虚偽の物語である事がほとんどだが
中には何かしらの根拠を有し、それに尾ひれがついた都市伝説もある


 :::::::::::::::_/,イ} レ‐'"/.:::: -‐‐ .:::::::::::::::::::i    ∨/∧  ∨ ∧
 ::::::::::/{_{_x ァ='^7′:::::{ (   );.::::::::::::::i     ∨/∧  ∨ ∧
 ::_/xく// /.:::::::::::::::..、___彡'.:::::::::::::::l     ∨/∧  ' //ハ
  ,/x'ニ∠ /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八     ∨/∧ }///li
 (_,イj}__ . ≠:::::::: ____________\   ∨/∧ }///|i
 、/.:::::x.i´ ̄「|/ :/  ><   ヽi| i | : : : ヽ ∧∨/∧V/ノリ
 .::::::/ i{ . : l | { / / .斗‐テミメ、i| i | : : : : .∨   Yー=彡'
 :/ii. : ハ  . : |∧  〃 Vジ   刈 / | . : | i : |   ノ
  i ii . : ∧_. : l/  ヽ         //リ'  . : 八i : 厂 ̄ ̄ ̄ \
 . : i i. :/´ ,>、.{ ヽ         /イ/ . : / . :、∧          \
  i. :i i/ _〃し;リ\ }      / | . :/ //: : : \           \
  i 八{ .イ{ У   ヽ         | :/ /イ: : : : : : \          \
 人: : 丶        , -‐ァ   | :/l/ |: : : : : : :i : \         \
  ‐-=ニ \      {_/    l/    ト、: : : : : ト、: : :ヽ―‐- 、
   ∨∧V^ヽ.                 / ├- 、 : : .[`丶 : .      \
   ̄ ̄ ̄`Vハ 、             /.-‐┴:::::::\∧\ \!      \
  ::::::::::::::::::::∨: 个ト . .  ___ . イ-‐==く::::::::::::::::::::}  /ヽ   _   \
   ::::::::::::::::::/ . :川 :| r‐、<。 ̄      _°》:::::::::::::::/   ′ }/  〉
   :::::::::::::厶イ: 从:| {  }>‐==‐<:: ̄ ̄::::::::::::::::〈_/ /    ー-、
    :::::::::::::::::::V厶人,ー∧         \:::::::::::::::::::_/             ヽ
    :::::::::::::::::::::::::::::::{ {: :\ o   /⌒Y^ ー‐ヘ._,{              〈
     ::::::::::::::::::::::::::::::\、: : : :ー-=彡: : : l     /::::::..‐- ..、         }
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : : : :o :ハ'⌒ヽ/.::::::::::::::::::::::vヘ       ノ
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : : /{ { { i 〈::::::::::::::::::::::::/∧'.   /
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ー-=彡八  ∨  ̄ ̄`ヽ::/∧:::. ',. イ,ヘ
       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::'::::::ヽ/       〈〈:::::::::. ∨//∧
        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::_/______ハ V/.:::::.〈///∧
         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽV.:::::::::::∨//∧
           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヘ:::::::::::∨///,
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\:::::::∨///,
           :::::::::::::::::::::::::::::::.∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/`ヽ::::::::::::::::::.\:: ∨//,


その中にはいわゆる怪談に登場するような妖怪、怪物など含まれており
有名なものでは、テケテケ、口裂け女、メリーさんなどの怪人のお話

マイナーなものでは、少女だけに伝わる死神などというものも存在するらしい





164 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:00:54 ID:81b223b4


亜人という存在が世間一般に浸透している現在

これらの都市伝説の怪異や怪物たちも、実は存在が知られていない亜人なのではないか
そんな都市伝説が新たに生まれている

もしかしたら、神話や童話の世界を飛び越え、究極にはフィクションの世界からも
その力を持った亜人たちは生まれる可能性がある現在、それらの都市伝説も、頭ごなしに否定はできない


               /::::::::::::::::::::::/ 三三三三三三三三三三三三三三
              /::::::::::::::::::::::/ 三三三三三三三三三三三三三三三
               /::::::::::::::::::/三三三三三三三三三三三三三三三三三
            /:::::::::::::::/:::::::/ /三三三三三三三三三三三三三三三
            /:::::::::::/:::::::/ /三三三三三三三三三三三三三三三三
             /:::::::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::三三三三三三三三三三三三三
          /:::::::::::::/::::::::::::::::-====ニ三三三三三三三三三三三三三三
          /:::::::::,ィァ> ´  ̄ヽ三三三三三三三三三三三三三三三三
          ::::::::/::/     -   \三三三三三三三三三三三三三三三
.           ,':::::::/::/   , ´    `ヽ   Ⅵ三三三三三三三三三三三三
         :::::::/::/  ./       Ⅴ.   〉三三三三三三三三三三三三
          i::::::/::::{  ∧   ●   }〉  〈/´ __}三三三三三三三三三三
        i!::::ハ:::::{ \.ヽ       ノ ハ}ヽr{ / =≦三三ニニニニニア三三三
.       i!::::i {i::::|ヽ  \ヽ_  x≦ ノ ´// i レ,- >' ィ⌒ヽ¨`ヽア三三三三
          i!:::{{ {::::| _\    ー――――ァ 、  ヘ  `  `¨´_ ィ′}}三三三
       i!::::{{::i:::} ヽヽ ヽ ――――― ト、 > ,     ̄ , x≦三三三
         i!::::{::::::::|  _ー‐ァ _―一ヘ   リ  > , > -<    >  }三ニ
         i!::::i::::::::|  `ゝ < _/ /  ,' ヽ  ヽ > _ , > ´   |三ニ
.       ノi!::::i::::::::|  .冫i Ⅵ.{ /   ,'  .ヾ _/ ノiー--‐ァ /   ,'三三
      」::i!:::::{:::::::Ⅴノ〃!ハ |/    ,'  /,、ヽ .}}¨} / 彡´   /三三
 x≦:::::::::}:::i!:::::::::::::::Ⅵ.{ i.{ iム ヘ.   ,'  彡ノ/-}>ノ /= ´7   /三ニ
::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::Ⅴ弋、マ{ ハ ヘ. ,'  ==ァ i¨´孑//   /三三
::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::Ⅴ ヾ ハマ .,'  //.ハ  〉 <_, //三三
::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::Ⅴ  ` ヽ , /〃i マ、 ´ }__//三三三
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅴ   > ‐、 ´ `  ヾ //三三三三
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅴ ´    \    //三三三三三


夜中に謎の爆発音と振動を感じた
誰もいない周囲で金属音と雄叫びが聞こえた
ビルとビルの間を飛び回る人間らしき姿を見た

そんな目撃や噂は真実なのか、虚偽なのか
証明できない以上、それはシュレディンガーの猫箱であり、互いの存在は、どちらにも傾きえるのだろう
.

165 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:01:23 ID:81b223b4



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.           これはそんな都市伝説と
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i     知らぬ間の邂逅を果たした
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.     一つの夜の物語
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.

166 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:01:49 ID:81b223b4






                      ┌─────────────┐
                       亜人はBARに居る

                       BAR -AXANAEL-
                      └─────────────┘

                          第10話 「混ぜるな危険」








167 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:02:11 ID:81b223b4


バーを経営し、不特定多数の人物と関わる以上
いわゆる変わった客と出会うことは避けられないことだ

しかしこの店では、変わった外見の客など日常茶飯事である



                     ______
                    /        \
                    /           丶
                '     ___
                  /    ィi〔ニY ⌒Y≧s。    ',
              /  ィi〔ニニニ乂__ノニニニ>、
               〈 〈ニニニニニニニニニニ〉  /
                   \ニニ「` -========-<´ミV/
                  ¨i{:|   ┃   ┃   |ミ^Y
                     i{〈|             |ミ>}
                      从|   l   l   |/ノ
                  |   ` -- '    |´
                  |             |
                   乂________/
                  r┴‐‐┬┬ ‐┴ォ
                   _}     } {    {
               。o≦¨¨八    } {   イ≧s。
          。o≦/////>´   } ̄ ̄    `<////≧s。
     __r‐< ¨¨  ̄ ̄       } ○        ̄ ̄ ¨¨ >o。 _
     '  V                }                  } >、
   /   V                }                  } ∧
    {    V                }                     ,  ∧
    ,:     ',               } ○                  /    ∧
.   /       :.           }                   ′     ∧



つまり目の前にいるマスクを被った男などは、まだ可愛い方と思えてしまう



                             ,.  -‐…‐-ミ
                             /  ´ ̄ ̄``  ヽ
                         ( (   ____ _     jノ
                           -‐ `ー´       `丶、
                     ,  ´    /⌒         \
                     /     〃   :.     `ヽ 、  [=]
                    ,_  -‐… 7{ニ二ニ }ヽニ==‐- ', ぃ [=] 、
                    〃-‐    / |    j  ',     i H [_]
                    ,イ   _≠―.|    ;        | H  |:|  i
                !/     /x=ミ、|   ナ―- _|     | H  !:l  |
                 |  |i   / 《ヒソ |  ラ丐ミ |     ; H , ,′!
                 ¦ !i  i.:.:. ー'八 / ヒソ》:|i    / j/://   ,’
               ; 八 ;   ´  V   `.:.:.:.:.|   / /r7/  /
                 乂  ヽ{           |  , ' /=し'}  /=ニ二ニニァ
                      八    o         j/ ,==7 , ゙=ニニニニア
                  /  ,ヽ         _!  j-‐ '/  `ヽア
                 '  /   、__  、 -‐   /   厶-┐、   /
                     i  ;  /: : : : :ヽ   /  / : : : |こ\_/
                     |  |ア´: : : : / }  ′ /: : : : :|`マニ`ー- 、
                     f| ∠-┐ : : / ヽ  _/   厶-┐: :l   ` <ニニ\
                     ||  j斗': : :/    '´〃  /:| |: : ;     `マニニ\
                     ||/ : |: : /     /′ ;: : :|  | :/      }`マア´
                    /: : : : | :/ / /: : i   ⅰ : l  レ′      ;_,/
                 ′: : : : i|/〃/,  -┤   | : : ; }         ハ
                    i : : : : : {厂 7´: : : : :| ,ハ{ : : ∨         /: ',
                    | : : : : {   /: : : : : : :| { : : : : /、   DTM / ! i



ハクはそんなふうに思う自分を、心が広いと受け止めればいいのか
目が慣れて認識が肥えてしまったのか、どちらに受け止めるべきか、少しだけ悩むのだった


168 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:02:37 ID:81b223b4


.            \    ______
          >ー\ヽ<__. \  \__ __
         ./ /        \   \ \  \  ヽ.} } |__
      / /    |.      ∨.|  \ \  \   \ト、\──‐-、
      ./ /     ハ      ∨ |.   \ \  \゙ :|\\\⌒\ \
     / / /'  .| | ヘ.       ∨||  lト | |  | |  l.  \\\  \ \
    ./ / /'  ./| |. ‘,     ∨ | | | l| .| |  | |  |   | | |     ‘,
   / / /   /ノ、| |.   ‘,      ∨ | | l| .| |  | |  |ノ| ̄ ̄| ̄`     |
.   / / /   /.弐 | |   ̄\ ヽ.     ∨/ _|_,| |_| |l   ||||| |      |
  | ;' /   / }ソ/| |  v≠=ミ、ヽ   ‘v´/| |⌒| |ヽ.  ||||| |      |
  |/゙| |  l | Vノ | |  }r':ソ  \\.   ∨  | |  | |`|./||||| |      |
    | |  l /.ハ、 \  ´ ̄´´  \ ヽ  V゙ |_|二|_| .| /||||| |      |
    | ∧ l | 、ヽ        ::::::::::::  |\  ∨   } / /.||||| |      |    「元漁師さんだったんですか」
.       |ハ r 、           |l l|\_ノ__,/// .|||V   |      |
        .バf㍉   /7ハヘ       |\\_____/´    l/´ ̄|^   | |   |
          、   ∨//ソニニニニニニニイ {          |  | |   |
           ハ ___   '´  |   |   |/         |  | |   |
         /  /  /|\      .|   | /|           /  /| |   |
        ./  /  / ,|.  \    |   |   |          '/ / | |   |
   /´ ̄ ̄|    /_|    \_,|   |   |          /   | |   |
  ./\/´ ̄|  | |__|    .//丁|   |   | \____    | |   |
 /   \   |  | |   |  .//´⌒|   |   | \_______  }、  | |   |
./       \.|  | |   |   ∧   .|. ∧  |           /' \| |   |
|        :|  | |   |   /  }ー‐|/バ\ \     /   /    | |   |
|        \. \{  .|  ./ .V     Vヽ/\ \  ,   /     .| |   |
|.           \. \ |/  |    |    |   |   /       .| |   |



初めてこの店を訪れたマスクの男――豊島は
ハクとの会話の中で、自らのマスクの事情をそう語った



     <         __          ≧s。
        \ ¨  ̄ /。 \:.:.:...         ≧s。
         V___  / 十   ヽ:.:.:.:.:....          ≧s。
.        }///>V{ }{  r‐ァ.:.:.:.:.:.:.....                >、
       ,</////V/}{ />'≧s。_  ̄  :........          ',
       ,イニ=-__////X//////////≧s。__   ̄   :...... __    }
      /ニニニニニニ=-__/////////////≧s。 _____> ....ノ
.     {ニニニニニニニニニニニニ=-__/////////////ア ¨´     「うむ
     丶ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-笊笊T
       `≦アニニニニニニニニニ=- ̄ ̄ j{三ミ、ミミミ{         漁の最中にサメに襲われましてな
         |::. ┃             j{ミミミミミミ「
         |::. ┃       ┃       j{^ミ/⌒Yミミト、          顔と目に傷を負うてしまったのです
         |::.          ┃     j{ ゙゙〈^i }ミi {⌒
         |::.                   j{  r'_,ノ 'ミⅥ
         |::. |       l         j{  __,ノミi ハ{.          見苦しいので、普段はこのように
         |::. 乂     ノ         j{  /  V从{
         |::.      ̄        j{ イ   ∨{.           仮面をかぶっておるのですよ」
         |::.                 j{´.:::    〉-- 、
         ト、...            イ.:::  ィi〔    ∧
              >-    ---r‐‐  ´ ,.ィi〔       / ∧
                        V ィi〔          / ∧
                     {                  /  >、



顔以外の見た目は、まだ30歳を越していないと思われるのだが
ずいぶんと年配者のようなしゃべり方である

だがマスクを被る理由は分かったものの、ここまで大きく顔を隠すものは
生活に支障をきたすのではないだろうか



                  __
               , "     ゛ーヘ- 、_       、
          rニ;,   /             !ヾヽヽ、       )ヽ.
          {r、}   /         /     |  \ヾー--- "  j
        ヾ.'、 /  /j       /      !   \ヽ` ー-- "
           ヽ`、j //   !    /!     j    ヘ ハ
.            ヽr=! !     i!   i! | ,イ   ハ       }! |
            {::::ヘ}|!  | ,ハーt--r' |  i!ート,    i| !i
       ____  ;ヾ=ェi|  i|/ィオテミ!ソ  ! ,!xャァj!  ハ. ! i !
.       {::::::::::::::`ヽゞミj|   |《{゚し:::)   i. /fo::}イ   j | | j !.     「でも、大変じゃありませんか?
       ヽ::::::,;;;-----;|   | ー '"   j/ ゝ-' ハ  イ.j/ノノ
.       `く  _;;ー|   | ""     ,  "/ i / j,/
          >´::::::::::::::|  |\.   -=    イ 'イ |         サングラスとかならまだしも
.       _,,ゝ、:::;;;;;;;r|  |_ `   ーr<.´jノ  |  |
.      //::::/7;;;;;;;},.!   | \__  .{   `!'、   |  |         顔を覆うマスクは色々と不便だと思いますけど」
.    / /:::::::/'/  ヾ!   |   ¨ハ  `ヽ{! {ー‐| |
     { /::::::/./     }!  i!   { ヽ、 i} `7、 |  i|ヽ.
    ヽー '¨`{     }!  |\ jヾ、  7 ヽ〈\,|  i| |
.     \   ヘ     ソヽハ!  ` \ヽ. `ヽ }> 〉 \j |
       \.  ヽ     }y'       ヾニニ{  `r'  \|
    、    )   ハ //         `ヽトー;'     ヽ.
    i`ー '"    / <  {            i} ヘ       }
.    ヽ、____ ノ   } ∧            .イ!  }    ノ



そんな疑問をハクはさりげなく投げ掛けてみた


169 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:03:02 ID:81b223b4


                   ̄ ̄   .
              ´           \
          /     。o≦  ̄ ヽ     丶
          '     /-=ニ{     }=-、   \
        /     イ-=ニニ乂 __ノニニ>、__  /
        〈    /-=ニニニニニニニニニ=-X        「ふぉっふぉっふぉっ
        ` 7 r<ニ=-¨¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ 丶ニニ}
          ノィ从''|    ┃   ┃   |>´.       何事も慣れというもの
        '⌒Y^ミ |    ┃   ┃   |
            {〈iミ |              |          このとおり、飲食物であろうと
          从_  |     l      l     |
          ^7ィ{ |     |      |     |            不自由はしておらんですからな」
         ノィ从 |    ` --- ´     |
          ノ¨Ⅵ            /
____,r‐ュ _ 。o≦´{  └ ── …ァァ…─‐ '≧s。r‐ュ __ ___
////V/∧//////>、      //    /{////{/{/{/{////{
////∧/∧////  \     {_{   イ ` </V∧V∧//'}\
 ̄  ̄ ¨¨¨¨¨ ´       --  { ̄  ´        ̄ ̄  ̄ ̄  ヽ



言うが早いか、豊島が注文したソルティードッグは、いつのまにか中身が減っていた
ハクが気づかないうちにマスクを外すか、ずらして飲んだのだろうか

しかし彼女は豊島の顔を見ながら話していたはずなのだが



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !.         「まぁ人って何にでも慣れる生き物ですからね」
     / イ  ,' !  l  / l  lヽ _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l   |,/  !   !  ヽ、::!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト| ´ ̄ ヽ  !   ̄`` ヽ!:/ : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ z==s \|  z==x  レ   |:/:/{. : ´: : : : : : :!
       ヽ|  .:|  |                |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l  ⊂⊃    `      ⊂⊃    |: :!:_:_:_: : : : : :/
          ヽ!  人   r──┐    ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、 ヽ _ ノ  ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



不思議な違和感を感じつつも、ハクはまぁいいかと流すのだった


170 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:03:31 ID:81b223b4


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′.       「でも、元漁師ということは
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/..    いまはどんなお仕事を?」
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y
         Ⅳ、ル∠__ト  -}__! /」 |:::\:|
           γ/{〈|  / 〉j/^ヽK ヽ:\
             {/ l l !ノ_〃 Y   }、::::、ヽ:.\
.             (  {  ̄/   ノi== i ';:::::> ´ ̄`
            L_〉 .{___ ,{ |:::::|∨
           |:::}/  j    | |:::::: |
           |:/ヽ/    ‘,|::::::::|
           |{[i[二]ニi]ニニ|:::::::::|



               ̄ ̄ ヽ
     /      ____ }
    /    ィi〔/(__)/{´
   く   /-=ニニニニ>、
    >ァチア|¨-=ニニニニニ>..    「妻が居酒屋をやっておりましてな
    ノィY'^ミ |   ┃ ┃|
    ノハ:{  |        |.         私は昔のツテを使って仕入れや仕込みを
    从ト、 |   乂_.ノ |
      _}:::`|        |.         しておるのです」
     { ≧sニ=---rァ‐'
__ ,. ィi〔`      __} ト-- __
  。o≦      { o   ̄ ¨¨≧s。__
 ̄         ',        } j{ >、
           V       j /  L_
∧                       ,     }
  ',             vo      {      ¨ヽ
  〉          i       } --    }
,.イ/                  : ' ¨¨  ̄  丶
ハ///             }       jト .        \
 V//          } o          \ _ .ィ^::..  }
  V/             }       i      〉' ¨¨    ′
  v/            {      l    ′    /
   }           {      |    /     /
  ,           { o         '     /
  /          {      { /       /



           -――-  、
        .  ´         丶
     /                \
   /    /               ヽ
  /     /      i   |         ',
  ,'    ,' /.. --|、 |i    l_ |
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  j、   |   l     「なるほど
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ  |   |
_.', r |  l./ ○   |.ノ  ○   l ハ  ,'      それじゃあお魚に関してはお墨付き、ですか」
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 |/
ヽ::::::::ヽ.|  l       r―,     / lイ
 ヽ ̄ .l  |._    ` ´    .  ' |   |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   |  |


171 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:03:55 ID:81b223b4



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ       「あれ?
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !       じゃあそのお店は…いいんですか?」
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !
       ヽ|  .:|  | ´            ` u |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l   l      `        l   |: :!:_:_:_: : : : : : /
          ヽ!  人     -       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



当然帰結するハクの疑問に、豊島は仮面の奥から切ない表情を感じさせていた



       ----
    ´         ヽ
/              .
               }
            /{___
           //////〉
          //////
        / ,.r<´
       ,.ィ//,イ|  |.          「人には向き不向きがありまする
     ,.ィ//ィ〔彡|  |
─‐‐<ィi〔ア{v'^ |  |        世の中得てしてそのようなもの
--r<笊从Vハl i |  |
ハ}Ⅳハ{Vハi从l 〉|  |
从iハ }i∧Vハミ乂 |  |        ……居ないほうが役に立つことも、往々にありましてな」
从Ⅳ从VハW}ィi{ |  |
ハV}ハV}ィ}/ハア}i:ハ |  |
Ⅵ从ハv彡ィ/ノ^ >、__|
从ハ}ィ}ィ彡≧s。{
 ̄_二二ニ=-   >、
      -=ニ二  ̄ \



彼が不得手なのが料理なのか、給仕なのか、はたまた接客か
どちらにせよ、従業員として表に出ることが難しいということなのだろう



              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
       ´                   }
    /                 ____     '
.  /               ィ〔    }>、/
/           。o≦ニニ乂  ノニ/
   '      。o≦ニニニニニニニニ<_
  /  。o≦ニニニニニニニニニニニニ=-__.      「まぁそれゆえ、私は自分に向いていることを
。o≦ニニニニニニ=-¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ヽニニニ〉
.アア彡彡ミミア'"|        ┃  ┃|  ̄ ̄´.      行うことにしているのですよ
ノィ/ミミY^ミミ/  |        ┃  ┃|
. Ⅳ}iミ{ 〈 ミ{   |              |
 V从ミV; ゙    |       {     |            …ということで、私が厳選した魚類を賞味いただける
 ノィ 彳{i:`    |         乂 ___.ノ |
  } ィハⅥ    |              |            自慢の店 「居酒屋 鳳翔」
  ノィ从}/込、  |              |
    7: : : : > \__ > ‐─── 、 |            お暇な時は、マスターもぜひ足を運んでいただきたく」
   __{ ___ __ : : : : : : : : : :>─ ¨
  「         ̄ 7ァ、´
.   }i           }{ {
ィi〔八            }{  >、



しかしながら、彼は実に前向きな男であったようだ


172 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:04:28 ID:81b223b4


豊島のその言葉に、ハクは思わず笑ってしまう


                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ. 
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !.      「なるほど、つまり夜は営業マンになると」
     / イ  ,' !  l  / l  lヽ _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l   |,/  !   !  ヽ、::!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト| ´ ̄ ヽ  !   ̄`` ヽ!:/ : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ z==s \|  z==x  レ   |:/:/{. : ´: : : : : : :!
       ヽ|  .:|  |                |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l  ⊂⊃    `      ⊂⊃    |: :!:_:_:_: : : : : :/
          ヽ!  人   r──┐    ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、 ヽ _ ノ  ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



               __
                 }__\
                  {/∧ 丶
              r‐=ニ{//∧  \
                 ̄≧s。/∧   、
                 / / / ¨≧s。 /
              /   /  ^>ミミ}´
               〈`ー' /  ィ´ミミミノ         「ええ、船を降りてから
              ‐<.: :´ }二{"
             rくヘ ̄ __∧.          その分、陸を歩くことにしておりましてな
              ,イ    ̄>、-‐∧
           / /o    \-‐〉、
              / /        / ̄ ',    …まぁ私が酒好きなのは否定しませんが
         ィi:i: ′     〉'    : :}
        /i:i/       /    . . /      ふぉっふぉっふぉっ」
        'i:i:i:i:i{      ′   . : : :/
       // ̄>、 __ ___/  . . : : : ′
    ,ィ'/     ヾ}  、 :. } . . : : :/
    Ⅵ___     レし'し}ノ . . : :/
      {i:i:i:i>、      ヽ}/     イ
      `ー=={ \         イ: {
        }  `  ---<: : : :{
        }      丶_:_:_: :∧



形だけを見れば、体よく店から追い出されている情けない旦那そのものなのだが
本人がそれを意に介しないほど前向きな考えなので、妙に釣り合いがとれてしまっているのだ

そんな彼の姿はとても自由な風に思えて、少し羨ましくさえあった




                   , -  ̄ ̄  ‐-  ,,,___      __
              ./  ,,,,  ニニ====- . _ ̄ 二ニニ _フ
            /  /. ´     ,,__   > .
            ./  /.´           .へ      .\
           / ./i              \      \
            .ゝ__,                     \     .、ヽ
            /          , _             ヽ、 .   ソ      「もう一杯、お作りしましょうか?」
              /           ム、`‐、 ____  _ 二.ムー-= _ \ 
            .{   .\      ムヽ、 \ ,≧ー---、__ ト、 ヽ i
             l   .、 `ト、 __,,,, ム `>  xz==x、 ` .ム   .\
            i   .ム  」/、   .ム    .イb:::::::} 》、  ム>、  ムー---    ----  ,,,____
            .マ  .ムマ.ム   __L,,, \   辷:ソ   マ、..ム.|`ー ,,__
            .マ  .i.l ヽム..,示 ̄ムー‐‐    ̄ ̄   .トリ、 .ム/ ,
       ___ ヽ、 リ 、 . 《 .b::::::;}           ./ リ..ト、.リ  _/ニニ≧‐- ,__
       l´/ / _,,, ).」 iヽ ムヽ ..` ゞ´     ,    ,   .ノ 乂ーノ /.≦三ニマ     `>、
    , -- リノiノ-、= .ノ__ヽ_ヽ . . ム     ___    ,  | .(  ̄.{_ノ三三三ニマ       /  ` ー
   /  .,  ̄  ー-´´/  マムヽ、 \        ./ . ..i .ム三三三マ三三ニム  _ <
.   /       _,,, -‐´  _ムム__>=-ミ≧ー - ´  ..├-.ム≦三ニニ=====-´
  /     ,ー´      マ三ヽ|三ニ≧-ヽ}       ム::、 :::::::`:y´               /
. /      /             守三≧-=´ /_ノ ヽ         .`ー、:::::::: \            .> ´
      ./         , -‐  ̄フ´: : /´ノ          ,  ム :::::::::::: \       > ´
. .    /        /   /:::::::::_ ム .ー-- 、   , - ‐    }-‐- ,_::::::::ム  .,= =≦ム
     .        .<   /::: __ /ヽ ム              /::::::::::: ≧ュ、_ ≦ニニニニ三ム
    .{      .<    ./ _ /.ノ ::::::::::: ム             { :::::::::::::: ム  .{ヽト、
.     i  <´       ̄   /::::::::::::::::`>、   ヽ  /  ノ:::::::::::::::::::`>.」   \
    .i´           ', .ノ::::::::::::::::::::::::::::::\   .y .   / :::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ    .\
... .   ノ           .>-./:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム.  ',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム  \ \
  /        >´  .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム i ./ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム .   ヽ \



ハクは、再び気づかないうちに中身の無くなっていたグラスを見て、そう声をかける

豊島は再び老人のように笑いつつ、「いただきましょう」と答えるのだった


173 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:04:51 ID:81b223b4

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─


近況から豊島の漁師時代の話まで、話題は多岐に渡った話題は尽きることなく続いていたが
時計とちらりと見た彼は、ゆっくりと椅子から腰を上げた


.   { ---  .. __            丶
   \-: : : . - 、 >-  ...       \
    V//{   }≧s。. __
     }//乂__,ノ/////////≧s。 _
    ィi〔ニニニニニニニニニニニニ>、
 ィ〔ニニニニニニニニニ=-  ̄「笊≧s。>
└ ─ ==r==-  ̄ ̄ ̄     :| "㍉ミミミV
       |  ┃   ┃     ::|  ミミY^Y
       |  ┃   ┃     ::|   ミi } }     「さて、ではそろそろお暇させていただくかね
       |              ::|    " ノ
       |              ::|     ノ.        御愛想を、店主殿」
       |  l     |   ..::|    「´仆、
       |   乂_____ノ     .::|   }ハi{イ^
       |              ::|   , 从{
       |    ____   ::|  ...:: V
      `ー‐< : : : : : : : >‐┘...:::  {
          `ヽ: : : : : : : : : : ..   {
              r┴rァ‐─ --  ..__{
             }  }{
             }  }{
         ィi八 }{           ..::
      ィi〔 二ニ=ァァ‐ ‐‐     ´
  _ ィi〔      //
/         <⌒>



         /  /   /      \        ヽ     V. N  ',
.        /  /   /   / \     ',     ',     }i N
       /   ,        ,   \    ',          |i N            「あ、はい
.       ,   |i   |i   |iノ''    ヽ i ̄/i =- 、  i    |i::liト.   i
.       i   |i   |i. /|       | ,  | iハ}   |i   |i::lll:::}   |i.         ありがとうございました
.       l   |i   |/ i从.       | ,ィ竓示ミx |i   |i::ill:::}   |i
.      !.  |i.   八 x竓示ミ    ! ''う し' ソ '|i |i   |i::lj:::}.  八
      八  |i   〃う しハ`  ノ   ゞ--   |i八.   |i::::::/  '.          今度そちらのお店にも
        \,八    {ヾゞz少'           イ'     |i<  ム-=7
        \   圦       }          |i    |i   '三三=/.      顔を出させて頂きますね」
.           \ >ゝ              |i    |i  /三三=/
           {    ゝ     、  ノ   ' |i    |i. /    /
                 { >         /|_ |i   八'    /
         _ ∧    l‐   ̄ 〕   -     li  八   , ---=ミ=7



               ̄ ̄ ヽ
     /      ____ }
    /    ィi〔/(__)/{´
   く   /-=ニニニニ>、
    >ァチア|¨-=ニニニニニ>
    ノィY'^ミ |   ┃ ┃|
    ノハ:{  |        |
    从ト、 |   乂_.ノ |                      「ええ、歓迎させていただきますよ
      _}:::`|        |
     { ≧sニ=---rァ‐'
__ ,. ィi〔`      __} ト-- __                …まぁ、私はその場に居らんでしょうがな
  。o≦      { o   ̄ ¨¨≧s。__
 ̄         ',        } j{ >、            ふぉっふぉっふぉっ」
           V       j /  L_
∧                       ,     }
  ',             vo      {      ¨ヽ
  〉          i       } --    }
,.イ/                  : ' ¨¨  ̄  丶
ハ///             }       jト .        \
 V//          } o          \ _ .ィ^::..  }
  V/             }       i      〉' ¨¨    ′
  v/            {      l    ′    /
   }           {      |    /     /
  ,           { o         '     /
  /          {      { /       /


彼の笑いにつられ、ハクも思わず笑ってしまう

「では」と片手を挙げながら、会計を済ませた豊島は店を出て行った


174 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:05:37 ID:81b223b4


ハクの店を出てから、次の店に行くか、自分の店に戻ろうかと考えながら歩いていると
豊島は一人の通行人とすれ違う

それは、ハクの店に向かおうとしていたやらない夫だった



              / ̄ ̄\                          ___
            /  ヽ、_ .:::\                     ´       }
           (●)(● ) .:::::::|                    /       ____ /
           (__人__)   ::::::|                    }笊≧=‐ァ=ニニニ〈__
           (`⌒ ´    ::::|                    ノィミミY^ / / ¨7 ̄
               {         ..::::|                  从ミ{ /    /
            {      ...:::ノ                      _リ 〈 `ー /
              ヽ  ......::::ノ                   ,.ィ{  >「 ̄
.               _j:::::, イ>x、_                    「   ̄` 、>- _
.             /i!イ__/////7>x              j{       <___ >、
.            ///i|   ./////////l∧           j{            ̄  ',
           ////i|   ///////////l∧             j{  :..、     :.     }
            /////i| /////////////l∧           j:{   V/   v:. ‐- ._{
         ヽi////!.///////////////ハ            i {     v/  V\
.            |/////////////////////ム           l ハ     ',   ゚。   ',
          i/////////////i/ ∨/////ム           |  }        v
            /////////////// ,ノ///////〉       lヽ } :..、 __       V   ∧
         ///////////////ム////////,イ.          l / } ⌒\       V  ′ 丶
.      ////////////////j////////            |′i  _ -‐        V     ≧s。 _



豊島は彼を気に留めなかったが、やらない夫はすれ違った豊島の異様さに気づき
「ん?」と疑問符を浮かべながら振り返っていた

さすがに仮面をつけた男とすれ違えば、誰もがそうするだろう



=‐-:、,.┬┴┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|      [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
|    \. ┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|       ヽ.┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|
|二二二二|┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|
|____|┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|       _____
| ̄ ̄ ̄ ̄|┴┬┴┬┴||[][][][][][][][]||┬┴┬┴┬┤/|      |≡≡ii≡≡|
|□二二二|┬┴┬┴┬||[][][][][][][][]||┴┬┴┬┴┤/|      |≡≡ii≡≡|
|____|┴┬┴┬ [二二二二二二] ┴┬┴┬┤/|      |≡≡ii≡≡|
| ̄ ̄ ̄ ̄|┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┤/|      |≡≡ii≡≡|
|二二二二|l | ̄|┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬.┏┓       |≡≡ii≡≡|
|____|l |  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ [二二二]   [ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]
≡≡≡≡≡|  |┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴ | | | | | |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
三三三三三|  |┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬┴┬ | | | | | |
二二二二二|_|┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴ | | | | | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



しかし、やらない夫が振り替えると、そこには誰も居なかった
時間にすれば一秒も経っていないはずなのだが



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)       「…あれ?」
            |. u.   ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }、 `> ー-´-くヽ- 、___、
          _ハ,>-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7¨. ヽ
       __/ :}Λ::√ У: : :./ : : : : : : / : : : : \
    ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : : : : : : ∧
   r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : : : //: : .ヽ
    } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : : :/ : : : : : : . \
   f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : : : i :/:,: : : : : : : : : : .ヽ
  / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : : : :V: {: : : : : : : : : : : : .\
 /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : : : :rヽ: : : : : : : : : : : : : : .\



やらない夫は不思議に思った
しかし視界に映らない以上、近くの店かわき道に入ったのだろう

実際はそれをするにも時間は短すぎたのだが、自己完結させてしまったやらない夫は
それ以上この出来事を追求することなく、店に向かうのだった


175 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:06:02 ID:81b223b4

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────

豊島の姿が、歩道から忽然と消えたのは、彼の行動によるものであった

    ・ ・ ・ ・ ・
彼は飛んでいた



         i':::::/::::::::::::::,Y:::::::::::::::::::/::::::ノ
        /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:::::/
      l:::::':::::::::::::::::,':::::::::::::::::::::::l:::::::{
        ',::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::,'::::::∧
         \::::::::::::::::',:::::::::::::::::::/:::::::::::∧
          \:::::::::::l::::::::::::::::/:::::::::::::::::∧
           `ー‐|:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::\
                |:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::\
                {:::::::::::::::}ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,'`ー―‐{  \:::::::::::::::::::::::::::::',
              .〈  .彡=ミ',_,,='´\:::::::::::::::::::::::::',
           .,r=ミ、\    `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
         {   `} `ー――':::::::::::::::::::::::::::::::::::ili
           ',  Y゙  l:::::::::::::::::::::::::::::::::>=='' .|!
             }  乂/}_,, ==---―'ili
            ,'  三'   ili'       |!
         乂__ノili''  .|!
         ili''  |!
         |!



正確には跳躍であるが、その高さは3メートル以上であり、人間の跳躍力を大きく超えている
軍服姿の人影がそれを行う様は、見たものがいれば怪奇現象と言わざるを得ないだろう



          | |            ||| __                         |  | 三 |  | || |_.-'´    イ
_____| |            ||| _」 |\                 |  | 三 |  | || |\   /´|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l l ¦ |                      | _|l__l|_L || |i- | /|  |
          | |            ||| l l | |                   \_.|...  |  | || |l : |   |  |  _ .
          | |            ||| l l | |-. _________\、_ノし  |  | || |l : |   | _ -!' ̄
          | |            ||| l l | |  `l.   __,,,.... --二ニニニ=¨`)(´゙_| |  | ||_|-´|_-‐|'´ |
          | |            |||゙_,,,,.... --ー'''''^,゙二 -ー''''"¨´.      //^¨ |  |  | || |l : |   |  |
          | |            |||.._,,,.. -‐''''"´゙┐   __lニニl___  _| ̄|::::| l_| |  | || |l : |   |  |
          | |            |||´ l |、| |i l|   |三三三三|  li|  |::::|_l | |  | || |l : |   |  |_.-‐
          | |            ||| l l | | |i i├┐ |三三三三|  li|  |iiii|_l | | [| ||_|-´|-‐¬  ̄|
          | |            |||.¬―- ....,,__i┝┿_|三三三三|  li|  |::::| l | | [| || |l : |   |  |
_____| |            |||‘''''―- ..,,,,_.   ゙゙゙̄"''''―-- ....,,,,_ li|  |::::| l | il|  | || |l : |..゙\、..゙|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l l  | _.!| |゙ ̄''''―- ....,,,_      ゙゙゙̄"''''―-- ._|,,,,__ !|| |l : |   |.゙ゞ、_从
          | |            |||-tニlニi!冂| |i i||_i|_|三三.゙ ̄''''―- ....,,_,        ̄´゙゙'''''―ア,:=''" ̄_
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i├|_:| |三三三三|::|::li|  |::::.`゙゙"''―- ..,___て::/  |
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i|| :| |三三三三|::|::li|  |::::| l |    |  || |l  ̄) {.... |
          | |            |||:二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i.-=''''^ヽ'、.....|
          | |            ||| __|l___|l___|l___[二二]___|l___|l__||_|l_:_./⌒`''=一
          | |            |||::l:::l|::::|::::/  /    ̄ l  ヽ \::::::::|!i===i:]:[ 三三三三 || |/    /.゙i|_
          | |            |||::l:::l|::::,'/ il/      il   ヽ \::|!::||::::::i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./     ./  | ̄`¨
          | |            |||_,-[ooo]/____________________________ \_|::::::l┐....   /      ./   |
_____| |            |||._____/- - - - - - - - - - - - -\_i__..゙/      ./..._|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            |||                            ,/       /|   |¬-i|_
          | |            |||                             /        /.: |   |  |`-._
          | |            |||__                     /         ./.|l_:_|l、 |  |
          | |            |||:  /                   /         /..| |l : | 、\  l|
          | |            |||  /                  /             / :|| |l_:_| |:::\\l|
          | |            |||: / ================== ,/           /....il ヽ_l :| |:::   \\
          | |            |||/ =========/            / ト  il  ̄\: :     \\



彼は跳躍の勢いのままビルの壁を蹴り、再び飛ぶ
重力を無視したかのようなその動きは、まさにアクション・ゲームめいていた

───────────────────────────────────────────
.

176 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:06:24 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

そのままビル以上の高さまで上っていき、彼はビルの屋上へと着地する


            ----   .
            {   ____  丶
          \//(__)//>、  \
            }ニニニニニ> ___ >
          ∠斗-=ニニニ「ミミミ{
                i ┃ ┃ :| ミ^Yト
                |     |  ノハ
                l 乂_ノ  |ィ {/^
              ` --r‐‐' __>、
               r┼<  __ }
                ィi〔_/  <//'∧
              r<  /o    V//'∧
          ;   /    /  ̄ ヽハ
            /  /   、 '         i
.          /  /    v:.      {
        /{  / o    V}       .:}
.          ,{i′/       :}     ..:::{
         〈i:i} {       ,    .::  }
.         ノ/  }o      /        /



豊島が着地した、その場所から畳3枚分ほどの距離に、先客が居た



                   _                  n、
                |:|              ,、  r'ト、ヽ.
.                ,..:"´||`ヽ、            i `,_r、)i ノ
..    っ-、      ,/.: :: ::|| :: ::`、            {   ヽ::/
..    / r´     i´: ,.- 、::|| , -、.:`i              } , ノ:ノ
..    :::'、      l;i: `‐-' | '-‐´::i;|               i`_/.:|
..    ::._`¬つ   `、;;:._ _,'.| ゙、_ :;ノ´           l i ::|
..    ::::ノ"´   _,,..ヾ,'、__二__,.〃―-、_        l.   ::|
..    ´ _,,.. -‐'"´  i::゙、゙`=´'ノi ヽ::::::: ̄``‐- 、__ /   :::|
..    ‐'"_ノ::::::ヽ.  l:::::`ー ´:::ノ  ノ::l      ソ    :::ノ
..    -.'::-―‐-、:::ヽ ヽ::::::::::/  /:::ヾ::::::ニ=ニ二::{   :/
..     ̄ _  l::::::`i  `v'   i:::::::/ l `ー-- 、_ヽ:::..../
..    -‐'´  `' il::::::{  ((゚.:))  }:::::/;;;l         ̄ ̄
           lヽ:::ヽ_ノ:::::ヽ_ノ:::::ノ;;;{
              ヽ`ー-、::::,-―‐´ ノ
            ヽ        ./i
.               ノ、       ノ
            /:::ヽ    /::::'、
           /:::::::::::ヽ、 ノ:::::::::::::i
.             i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          ノ.::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
         /:::::::::::::ヽ:::::::::::ノ:::::::::::::::::|


暗闇から月明かりに照らされて見えたその姿は、異様であった

全身を銀めいた衣装に包んでおり
鋭くも歪んだその眼は、屋上に飛び乗ってきた豊島を見て、愉悦の色を浮かべる

───────────────────────────────────────────
.

177 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:06:48 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────


                /   l |}  ヽ
            /     l |}   V
.           ∧     l l}    丶
         _∧ ` 、   li}   / }
.        iヘ 」 }     \  l}  /  ∧__              「ドーモ、エリアルバルタン=サン
          !|| ゝ __/  l} く   / j  ,⊂ニヽ  
.        l_」 |           l}  `¨´  ,' /、 ⊂ニヽ           ウルトラファルスです」
           \|           l}     //  ヽ ⊂ニヽ
          ∧    r= ニ=ァ  ;'      }   ヽ⊂ヽ
           ゝ、   ヽー一/  ,ィ_.. -=ニ_ノ      } i
     __,、__ ..... -ヘ _  Ⅵレ' ,イゝ._             |
.    / |::.   /:::::::::::::::::::::≧=≦::::!   ∧``ヽ       ノヽ
   /   |:::::....r'´ス:::::::::::::::::::::::::::::/   /::::::\ ``ヽ      :.
  ,     |:::::::,'/ ノ   >ァ::::/   /:::::::::::::::ヽ. __、      ∨
 ,      |::::::j /、___//::::,'     ;:::::::::::::::::::::.::::::::::ヘ     ヽ
.,'       |::::::   /  / l::::::l       !::::::::::::::::::,小´  ヘ      \
.       l::::,'  j  ,'  r'⌒ヾ    ;:::::::::::::::::  | ゝ  ヘ
!      ノ::/     /  弋,zツ     /:::::::::::::::/  |   \ }



銀色の男――ウルトラファルスと名乗ったその男は、両手を合わせて丁寧にアイサツをした
その姿は礼儀正しいようにも思えるが、その瞬間にも、豊島から一切目を離していない

だが最も不思議なのは、豊島を見知らぬ名前で呼んだ事だ
しかし当の彼も、その事に全く動揺していなかった



             -= ¨ __ ___    - ── -=== __
           ≧s。. __////////////////////〃⌒}
           彡彡ミ彡ミ≧s。//////////////{   /
           彡彡ミミ彡彡ミミ笊ア^\ニニニニ=-{ 
           彡ア7イ/^Vミ彡  /     `-=ニニニニ∧
           彡ィ彡ア⌒>ミ"  ′      ̄ アニニ∧
           ミミ彡{ { < ミ{  /     /    /  ̄ ̄
           ミ彡ィ乂_,     ′     /   /
            ミ ト<     /           /
        ,从 ィⅣハミハ{^`    /       l   ′
      ノィハ从爪⌒     /      乂_ /
     / ̄ ≧s。,ノィ     〈           /
    ノ^≧s。   __≧s。  : : : ≧s。.. _   _厶
   / ´ ⌒  ̄______≧s。<  ̄ ¨¨ /   ヽ
.   ′     {     ∧  \__ /'^{  ィ ¨¨¨}
 /       V^ ¨¨¨¨¨ ∧  ヽ} { ィゝ' , <´ヽ



彼は右手で自分のマスクに手をかける
同時に左手は上着のボタンを外しており、白い軍服がひるがえると同時に、マスクが地に落ちた

マスクの中から現れたのは、目の前の男と同じような衣装を身にまとった
豊島と呼ばれていた男の姿だった



                      /  〈  ==≠|  /= |
                  /    ∨ =≡:| /=≠
                    /      ∨ニニ ニニニ/}
                  / >ー=ミ、 ∨:ニ  ニ/ /
                    //Y⌒ヽ \ ∨] [/   /
                    「:::{人 _ノノ   \/    {
                    /∧ ミ=‐≦r\\__/Y'⌒Y
                :::::::::八 {  「]r}_/人__ノj
                ..:::::::::/〔 \\|〔//::::::::::ーr'
              {::::::::/{  \ 〕 { {/{_/):::::}.         「ドーモ、エリアルバルタンです」
             / ⌒〕八  \\Ⅵ  /):::::ノ
                ;      \___} }⌒{く<:::::〈
         __ =¬{__/   __ノ}  ノ} [\ \::::::::;
       /⌒  ヾ}(   __ノ  (_ } [N \ \ {
      /       }≧ー=ミ乂 ___ノ{ jし\_)___)、
      {   :    /      \   )::::::::::::::::::::::::::\
        .::   /       )⌒ユ__::::/⌒ヽく⌒ヽ
      {___ノ  .:::{ .::::≧‐===ミ:::::\ }〈    )):::::::}
\     (二ヽ __ノ}V//      ヽ:::} j:::〉ー=<:::::}:::::ノ
  \    /ー=ミ、__ノ/:/        } / //   ヽ:::::::::}
   \ [⌒\ ヽ__{:::{          }/ {{     } }:::::::〉
     }⌒\ }}__  {八          /  八    ノノ:::::/


その行為がまるで神聖なものであるかのように、豊島――エリアルバルタンと名乗った彼は
ウルトラファルスと同じように両手を合わせてアイサツをした

その手には、いつの間に取り出したのだろう
昆虫や甲殻類のような意匠と同じ巨大なハサミめいた手甲が付けられていた

───────────────────────────────────────────
.

178 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:07:14 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────


               ∧     ∧
              /=ヘ   ./=ヘ
.             ト、.=ヽ  /= イ
             」::ヘ =V =/.|
           ,〆、`ヘ.ヘ= =/.:::/.       「ふむ、その姿…
.             ( .。リ:。ヽヘ.∠_.γ⌒)
           γソr⌒77''ヽγ⌒。..       君はイガ=ニンジャですな
           /:ト(.(ミ〔.n.〕彡イゝ.ノ
          ( |:\\.|::|.シ/;|バ                 アンブッシュ
          /´`ト`::::ヽ|::|//::|丿          先程の不意打ちは何のつもりかな?
         .|、(::/⌒/.|::|rヘ/:/ヽ
        ,..〔∠ノ ./ .|::|..| :|シヘ|           私の眉間を狙っていたように思えだが」
     ,,....,,(_..,/ ,/ .|/ | ::|:、丿
    /|⌒::ノハ_し'':\,||,,,./| ::::|: ゝ-、
  /∥ //´ヽノ:::::::|\/:|ヾ:ソヽ、::r''⌒ヽ、
 /´⌒|ト ソr゙` ̄`ヾ::::|  |.,:::|::/´`丶:::|ゝ:ノ.::'|



先程までの姿と変わらぬ口調で、エリアルバルタンはそう問いかけた

その質問を待ってましたと言わんばかりに、ウルトラフェルスは破顔する
低い笑い声を混じらせながら、楽しそうに彼は答えを返すのだった



                  _
                    /": : ',
                  //: : : :__}:、
              //: :/: . : .\
                //: :/: : . : . : .  \
               /l i: :/: .  : . : . : .   丶.           「もちろん、貴方を殺すつもりだったさ
.              / l i::/      : . : . : .'.
              ′l:i:′_        : . : . 人,.   
           _j _.:|:i {r―- .    _ : :/:〉.         心当たりはあるんだろう?
           ∠/ }:i {{      \   : : l x7.   
         {:{___ノ|:!   ー―― 一  : :.|l !{.          ”不戦” などという日和見に走った
           `{  ^:|i    ⌒  :.    こ/     
.            ヽ..ノli __  丶:...     : :7.         コウガ=ニンジャの棟梁殿」
           { :t丑丑丑ェァ7′ . : : :/
                〉こ¨¨¨゚_/ノ . : : : xく
              {   ̄:.    . : : : : : /: : )
             ヽ,  .::. . : : : : :/: : : ニ=ァ‐- .
             ニァー-==r=彡: : : : : /    >x .
         . -‐ァ ´   八: :\:|:.:.:.:.:.:. x彡    /: : {   `  、
        / /: : :\     ヽ: : : : :/       /: : : : {      \
      /   }: :、 : : ',     Y: : /      /: : : : : : : '.          \
.     /  ノ: : :}: : : :}     |: : {       /: : : : :、: : : \        '.
    /  ':::/{: : : : '      |: : ′   /: : : : : : :\ト :{,          '.
    '  /::/   |: : : : :}     八::{     /: : : : : : : : : :'ヘ 丶:\      {
    V::/    |: : : : :{   /⌒ヾ:,   /: : : : : : : : : : : : }   \: : :ー--: :1


───────────────────────────────────────────
.

179 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:07:40 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

賢明なる読者の方々はお気づきだろう
断片的な言葉が示すとおり、彼らはニンジャの亜人である

彼らは常軌を逸した鍛錬により生み出した肉体と、人の世の外に居続けるための鋼のごとき精神を
血肉と魂として子孫へと受け継がせてきた、彼らニンジャは文字通り人間を超えた存在なのだ


                             _   、        _∠ ̄ ̄ ̄ ヽ
                        ヽー- _> ̄ヽj\人 r'⌒ ̄:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.\
                   r ⌒ヽ      ゝ \    ̄`丶   ヽ从 イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
          -‐==イ:.:.:.:.:.:.:\    _jヽ  \              |ノ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、_
         /;:;:;:;:;:;:;: ト<:.:.:.:.:.:.:.:.\´:.:.:.ヽ \             ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ⌒ー─<__ ̄=-、
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;| _≧=- __:.:≧r'ニ                ゝー _:.:.:.:_/       ヽ:;:;:;:; ̄ ≧i
        |;:;:;:;:;:;:>≦´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:==≧<_ ノ ,  /  〉 ) \ ヽ _二ニ-─-...._       \:;:;:;:;:;:;/
      > ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:二ニ>' ̄i:.:.:ヘ/レl/ /イ  ハ/レi_  }ヽ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、     `ー‐'
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ≦´_r'´    }:.:.:.入戊心/ ,イ ,ィ尓ケi |  j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィチ;:;:;:;:;:;:{       ):.:.:.:.:.:ヽーレ'ーl/--‐从リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`ー─‐ '|       ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:;;;;.:.:.:.ノi:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ム__ ,仆       _入.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=≦:.:ム:.人_ ノ´ ̄ ̄ `ヽ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'
       ヽ、:.:.:.:.:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;{ヽ、  /´   ≧ェ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ー=.:丿            \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
            \:.:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉、 ヽ i    /´  ̄二≧、 :ミ、.:.:.:.:.:.:.:)           \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              ヽj:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{ ヽ 几 r'´ /´  ̄ ̄ ` ミj:.:ミヽ:.:.:r'                  \.:.:.:.:.:.:.
                ` <___人  Y ]  /  ヽ    | ト、:.:.:.:.:.:. i                    ヽ.:.:.:.:.
                      \ ヽ/ヽl    \   ! 入 >ー‐'                     ヽ:.:.:
                    ヒヘ\` ー =‐-‐==≦}  _                    〉:.:.
______________i:.:.\ムー=ニニ二二ニ=く-‐' )  j    _              /:.:.:.:
                ,ィテ.、   }:.:.:.:ー入   ヽ、弋   } ̄`ー'   /  ノ           〈:.:.:.:.:.
三三三三三三三三三三/ /'´ >.仆 _:.:.:.:.:.:`ヽ   }  `フ=- 、___ / r '           |:.:.:.:.:
─────────‐/ /   ,仆j    ‐≦≠ヘ  i _ // // > ヘj ヽ              |:.:.:.:.:
              >、  仆f    ,仆j  =-ヘ  ‐! i // // /´ ̄ ̄)、_r'  ̄ )    ':.:.:.:.:
              /  ≧zチ_   仆f    _人   | l 7 /イ (  f` ̄   r' ̄   /:.:.:.:.:.:.:
            /        `≧ _朴i     仆 ゝイ_∨  レ i r=≠ _  _ <      |:.:.:.:.:.:.:.
           /              三≧ __仆i    疋=亠モゝ ___) i   \    |:.:.:.:.:.:.:.
         /                   ̄ ====≦   `i j  ノ      ヽ   ノ:.:.:.:.:.


古くは平安の時代から、彼らは歴史の影に文字通り忍びながら
現代まで連綿とその存在を存続させてきた

大きな歴史の節目には、常に彼らの暗躍がある
教科書には載らない、一部の人間だけが知る闇の存在、それが彼らだ

───────────────────────────────────────────
.

180 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:08:10 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

”コウガ”と”イガ”
それはニンジャの中でも大きな二つの対立ニンジャ組織である

その対立の始まりは使えた主が違った二人のニンジャからであった


                                  , 、
                      ー=ニ ̄`ー-、/.::::`::::ー-...、
                        _ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`┐
              , _     _  _):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト 、:.ヽ
            ノノ∠-―''" ̄´ー―=ニヽ_:::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ `ヽ\_
           /'´.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  ヽ-^ー、
        ノ/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::、、:____::::::::::::::へ   ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::;;、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\__ヽ__,〉:::::::::::::::::.\   }、
      〈 {:::::::::::::::::,::/ヽ }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ:::::{ヽ、:::::::::::::.\_ヽ\
      ヽ、:::::::::ノイ 〉  ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ、ヾハ::::::::::::::::::::::::.丶\
       /{:::i:,イ! }〃彡ンヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ ',:::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
       ヽ|ハ{ | ノ:::::::/´  ト、:::::::::::::::;:::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
        |{ ヽ! ノ::::∠_,ィ  / }:::::::::/<`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::.ヽ、::::::::::.\
        `ヽ.レ彡ノ|}_ノノノ  ノ:::::::::|< ) 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::::〉\::::::::::::{
           >=' 〃´ __./.:::::::::.ヽ ' ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|∧ヽ:::::::}  `ー 、::::ヽ}、
         /      /イ::::::::::::::.丶〃/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!'::.ヽ \:.ヽ     ̄ヽ::ヽ
        ノ      /{ノ/|:::::::::::}ヽー'彡'ノ::ィ::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\ ヽ:}    i  ヽ:}
         ヽ、_ -    ノノ {ノ::::::::::ノ } | /〃ノ/〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.丶ヽ、   j   |:i
          〈 __  ノ   //::::;イ  ノ ' } 彡'ノ/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.i:ヽ /|   |i
            〈 ̄`''__,/イ:::/ |    イ//.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::;イ:::::::::::::::::::::::::::.ヽヽi::|   |
              }`     リ{  ヽ  //.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|:::/ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::}Y:イ   i
            ,'      〉L.. / 〃 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::ノ }/ /}::::::::::::::::::::::ト:::::::::v'::リ  ノ
            丶---"´ ヽ | ∨/:::::::::::::;;z、:::::::::::::::::::::::::/フ∠,,三ミ〃レ'::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::|
         ̄ヽ、\_ /     ヽ./.:::::::::::::::/ >イ::::::::::::::::::://气゙マ;;「`〉/{::::::::::::::::::::::::::::.丶 〉::::/
    ー=ニ ̄ ̄ヽ、>::::\ヽ、____/.:::::::::::::::::::〈  / |:::::::::::::::::〃  ¨´ ̄ 〃 '、:::::::ト;:::::::::::::::::::レ:::ィ:〉
   ,=ニ二__:::--、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\!ト{:::::::::::::::::/    -- ´    ヽ:::! ヽ:::::::::::::::::::/|:'
  /      \ヽ、 丶、::::::::::::____ノ.:::::::::::::::::::::::|ヽ!::::::::::::::::レ´       ,. -'::::| ',:i::::::::::::::イ〈
      ノ   ヽ::`ー―=ニー'"´--― 、::::::::::::ノ  }::::::::::::::::ミ=-'      __〉::::::::ノ  i|:::::::::::::レ'ノ
     <(    )::::::::::::::::::::<´       ヽ:::::〈\ ヽ::::::::::::ヽー'⌒  --ニ入:::/   /{::::::::::::/ノ
       }〉   /:::::::::::::::::::::::::ヽ      ヽ':::::::ヽ ヽ|(\:::::}`ー     /  )レ'  j ヽ:::::::/
      i:::`ー"´::::::::::::::::::::::::::::::彡'´    ー=::ヽ〉::\ヽヽ |::::::`- ___. ' ノ/     |::::ノ /
     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡'´ ̄      ヽ\:::\Y´::::::::::::::::::::::∠  フ      ノ::/イ
     ´ ̄` - 、:::::::::::::::::::/ __,,...        } `ヽ::ヽヽ,ヘ::ト、:::::ヽ ̄ーノ"´    /.::〃/
           \::::::::_∠-´          ,'    \', ヽ !| \::) /  ___.∠ニフ/
        \ー-':::::ヽ ̄           ヽ     ヽ  リ    ヽニ二<´ ̄´¨´
          \:::::::::::::::)              ヽ     \           ̄ ̄ ヽ、


二人は互いに力を認め合う関係であったが、それが徐々に敵対意識へと変化し
最終的には全ニンジャを二分する大きな対立組織の棟梁となったのだ

ニンジャの歴史は、このコウガとイガの対立であるといっても過言ではない

───────────────────────────────────────────
.

181 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:08:34 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

この二つの勢力は、長年に渡って争いを続けてきた

しかし当代のイガ棟梁――コスモスハートと、コウガ棟梁――エリアルバルタンは
年々減少していくニンジャという存在の将来を見据え、「互いのニンジャを殺す無かれ」という
不戦の約定を取り付けたのだ


                        / /l
                         / /:::l
                        ;′,::::::::、
                        ,′;::::: "ヽ
                        / , ,:::     \
                        , ′
                 /     ′
                  /;′    i,!             丶
              l{:::::;     「!         / γヘ
                 l!::: ,、-ミ      _   、   ,′
               l!:〈    ヾ|  '´     ,   ′
                  从:ヽ       ;'    ,, '゙  ;′
                   ゙;: `¨´  l  `''ー       / /
                  ゙,    l         j{/
                      ゙,、,.....l_       イ
                     ゙,`マ ̄Уア    //
                   ゙, }  j /   . イ: {
         ,、-=‐、、、__ __ゝ-=-、。。ィ: : :人
       //: : : : ミ  ̄  ”'*。_: : : : : : : : : : : ノ"'~   _
       / : : : : : : {\:>=-、    ̄ Y : : : f ̄ '''''"    "' /^ヾ
       /: : : : Y八 / '"  ̄)、    ノ: /} :':,      _、+'” /Y :
    /   : : : : : :::| : / : : : '' : : ノ:ト:彡 / (: : : ゙;、_,.。 *''": : _+” l :\
       : : : : : ::::| / : : : : : '' : : 〉 : : /γ::㍉Y : : : : :_,、+'”  ,、イ: : :
   ′   /: : : : : :/{ : : : : : : : : : :〉 : 弋乂,ツ/: :.γ"´_,.。 *''": : ,: : : :
.   {   /: : : : :/ : : :〈 : : : : : : : Λ} : : :ヽ / : : :/_,+” : : : : : : /::::::::
   }k. イ: : :./ : : : : : : : : : :_/: : : : : : :{ノ: : :./: : : : : : : : : 〈:::::::::::
  /: : : : // : : : : : : : : :/: : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::
  /=彡゙  /: : : : : : : : /__,;.、 :彡 : : /!\ : : : : : : : : : : : : : : :ヾ:::::
 /   /: : : : : : : : ,:゙ : : : : : : : : : : : /| : ”'*。_ : : : : : : : : : : :ハ:::::
 イ   /: : : : : : : :, ゙ : : : : : : : : : :. :./  | : : : : : : : ̄¨¨¨ ̄ : :イ¨\::
 {!    { : : : : : : , ゙: : : : : : : : : : : : : /   l : : : : : : : : : : : : : : : /
 乂   !: : : : / |!: : : : : : : : : : : :/     | : : : : : : : : : : : : : :./
  `''ー=彡"´   l!: : : : : : : : : : :/     |: : : : : : : : : : : : イ
              l!: : : : : : : : : :/       |: : : : : : : : : : : : : }!



闇と闘争と主命に生きてきた彼らニンジャだが、平穏になってゆく世の中の現状
加えて互いの棟梁たちの説得もあり、その不戦の約定を受け入れつつあった

だが、何事にも例外は存在する



     /ヽ
    イヽ .ト、
.  /   |.| ヽ.
. /     |.|  ヽ
-〈  ヘ_.  .||   ヘl_
|ヾ|| |  \ ||/  | |
.|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/
.ヾ/.::.    |  ./
  ';:::::┌===┐./
 _〉ヾ ヾ二ソ./                  ,,-''ヽ、
 ̄ゝ::::::\_ ./ :ト_              ,,-''"    \
:ヽ  ヽ:::::::::::::::::ノ   `|:⌒`       _,-'"        \
:::ヽ  ヾ::::::/     ノ:::i   `     /\            \
:::::::|   |:::|    /:::::::|ヾ:::::::::)   //\\           \⌒ヽ、
::::::::| .   (●)   |:::::::::|、  :::::〈 . / \/\\         /  ''"⌒ヽ⌒ヽ、
    ゙:::: ..:..`i,   /| ̄ ̄ ̄ ̄ //\ \/  \      //. ..:::.. ..___  Y"
  . . .::;;:;:::;;::: ` x.|  |:::「「「「「「 / \/\  /\\   /:::/   ./|    |__
 ''"⌒ヽ,_..:.:::::_..|  |:::LLLLL//\ \/  \/\\/::::::/  /  | ロ  .|lllllllllllll
       / llllll|  |:::「「「「 / \/\  /\ .\/ ./::::::::/  / ./ .|    |lllllllllllll
 __     llllll|  |:::LLL.//\ \/  \/\  /::::::::/   | /  .| ロ  .|lllllllllllll
 (        llllll|  |:::「「「/ \/\  /\ \/ /::::::::/   | ||/ ..|    |lllllllllllll
          llllll|  |:::LL//\ \/  \/\ ./::::::::/    .| ||/ ..|
          |  |:::「./ .\/\  /\ \/ /::::::::/⌒ヽ、 .| ||/ ..|
          |  |:::l//\ \/  \/\_, -― 、  ''"⌒ヽ,_
                 (⌒ヽ、_,ノ⌒Y"    Y
             (⌒ヽー゙ ....::(   ..::.......  .__人.....::


自ら望んで血と闇の世界に生き続けたいと思うニンジャも居るのだ

ウルトラファルスはその中の一人であり
イガ=ニンジャの中でも若いながら実力者であり、加えて血気盛んな男であった

───────────────────────────────────────
.

182 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:09:00 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

                 ,,.-‐/:/__
               /,,..,ゞ|ミ./:::/|
              /∟(○)|ミ//_;::|
             /ミヘソノミ:/:γ)~.        「なるほど…
         γ⌒)ミゞヾヘリ:./:ノ`´
        / `し |r⌒)::||:/~ノ             君はつまりこう考えているのかな
       ソ ヾソし´/://|《
      |ヾヘ丿ゞr>し/:ソ)
─┐   《  |:::: ヽノレ(_─」            私を殺し、不戦の約定を無きものとしようと?」
  │   「⌒~\,.,.//,ノ |  |
  │  /ヽ:::. \\'ノ γ⌒`)
   /ミ\ヽ:::.  ヽ ヽ (⌒ソ
  /ミソ/≡ヽ::::.   \\|::  \



                /   l |}  ヽ
            /     l |}   V              「アンタだけじゃない、 コスモスハート=サンも一緒だ
.           ∧     l l}    丶
         _∧ ` 、   li}   / }           あんな軟弱者は、棟梁であろうとイガ=ニンジャの恥さらし
.        iヘ 」 }     \  l}  /  ∧__
          !|| ゝ __/  l} く   / j  ,⊂ニヽ
.        l_」 |           l}  `¨´  ,' /、 ⊂ニヽ..   オレが新たな棟梁となり、正しきニンジャの姿を取り戻すのだ」
           \|           l}     //  ヽ ⊂ニヽ
          ∧    r= ニ=ァ  ;'      }   ヽ⊂ヽ
           ゝ、   ヽー一/  ,ィ_.. -=ニ_ノ      } i
     __,、__ ..... -ヘ _  Ⅵレ' ,イゝ._             |
.    / |::.   /:::::::::::::::::::::≧=≦::::!   ∧``ヽ       ノヽ
   /   |:::::....r'´ス:::::::::::::::::::::::::::::/   /::::::\ ``ヽ      :.
  ,     |:::::::,'/ ノ   >ァ::::/   /:::::::::::::::ヽ. __、      ∨
 ,      |::::::j /、___//::::,'     ;:::::::::::::::::::::.::::::::::ヘ     ヽ
.,'       |::::::   /  / l::::::l       !::::::::::::::::::,小´  ヘ      \
.       l::::,'  j  ,'  r'⌒ヾ    ;:::::::::::::::::  | ゝ  ヘ
!      ノ::/     /  弋,zツ     /:::::::::::::::/  |   \ }



そう返しながら、ウルトラファルスは腰を落とし、エリアルバルタンとの間合いをつめていた
獲物を目にした肉食獣めいたその様子は、既に臨戦態勢である

しかし対するエリアルバルタンは、そんな彼の姿と正反対だった



             ,、
                /ニ∨  / ∨           「フォッフォッフォッ
           〈ニニ,∨ 、'ニニ,∨
               \ニ ∨ニニ,/.           うむ、実に血気盛んなイガの者よ
             ,゙ミh、i}ニ/,
                {(::) `´ (::)}           そのような若者が育つことは喜ばしい
               〉 {¨ヽノ¨} :{
               ,' _ヽ :/、゙i}
                i {ヽ {i} { {               だが、自らに出来ぬことを語るのは
              ji--゙ :}} l ',-ヽ
           ゝ- ゚ :ij ∨ ノ             関心できぬな」
             >ー- 、ノヽ 〉 `ヽ
          /ヽ    〉____ノ≧='
            {\:ミh、/ニニニ´i{- }        _,,, -‐────
        / /  ∨¨¨¨¨'〈ミ 〉      > ´     〈〉
       ( )ニi{    ヽ,二 /∨i、ヽ、  /     〈〉   〈〉
.        |  }    /¨¨¨¨}__ ,,ヽ }/、{¨  〈〉    〈〉  _,,, -
      /ー<     〉 、  :}   ノヾヽ、        > ´
      〉  〈   .〈   /丶 {  :\}     > ´-、二二二二
.    __/¨¨¨¨゙∨  ,ノ¨,ヽ/  {_i}    :}ヽー‐')h、
.   /      :∨ ∨  {'  {  ',    i/     `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
  、'         ヾ゚  ,/  :,'  ∧   :i


彼は笑い声を混じらせながら、まるで挑発するようにそう言った

───────────────────────────────────────────
.

183 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:09:28 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  ヘ_.  .||   ヘl_        「…いまおかしな言葉が聞こえたな
     ::||ヾ|| |  \ ||/  | |
     ::|.|:::|| `--イ |ゝ-イ:|/        オレに何が出来ないというんだ、エリアルバルタン=サン?」
     ::|.ヾ/.::.    |  ./   
     ::|  ';:::::┌===┐./
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./
     ::| ̄ゝ::::::\_ ./ :ト_
     ::|:ヽ ヽ:::::::::::::::::ノ   `|:⌒`ヽ
     ::|:::ヽ  ヾ:::::/    ノ:::i   ヽ
     ::|:::::::|   |::|    /:::::::|ヾ:::::::::)
     ::|::::::::|.  (●)  |:::::::::::|、  ::::〈



ウルトラファルスは自らの耳を疑い、問い返す
彼にとってそれは、自分にかけられるはずがないと思っていた言葉だったからだ



       .A、. , A
       〈三',Y/三〉
       | \ヨE/ |
      ○)、,、ハ,、,(○
       iヌ((ヽハノ))ヌ!             「ふむ、分かりづらかったかね
      .(ヾゞヾiiツツノ)
     /⌒Yノ jr| トヾ、Y⌒',         では分かりやすく伝えよう」
    i   i、_ノし!iしヽハ  i
    ゝ ハ_ _ゝ'`'`<__ハ、_ノ-、
    i  V   ヽ /  )/   ',
   /`ヽヽ _ , ' ソヽ_ .ル..-..‐、i
  /    i(   ) (  )ト、::::::::::j
  |___ レェェェェ八ェェェ)ヽ 二ン
  ト、::::::::ノ(ェェ/:::::\ェェ)
  ヽ二ン(ェ/::::::::::::::\ェ)
      /::::::::::::::::::::::::::::',



その反応も織り込み済みであったのだろう
エリアルバルタンは、挑発するような笑みを浮かべて言い放った



                                              r、 .
.       「オヌシ程度のニンジャが私を殺すなどと         ト、 ____|: \ `丶
                                     |ニ\:::|ニニ/\ \
.        大言も甚だしい                        \ニマ|ニ,/x=ミ\  ',
                                       \ニ/ {(__ )}〕>=ミ
.        見の程を知ることだ、ウルトラファルス=サン」       (_)}/厂ヽ (    ハ
                                            { {   }::丶__/ }
              ,.  ──   .                      Ⅵ  // /{⌒ヽ}
             `マ=‐  .、   `   .                    }} // /{√ヽノ\
               \     \ rュ      、                    ,リ / / `ヽ/´ ̄`ヽ
               \     \ rュ    \              / / /  ,/ハ    `ヽ}
            ___   \     \ rュ    \           __r//〈_/ /⌒ヽ∧  x==ミ
            \.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ rュ     \       ,/ヽ{/ ,/八 __丿/ハ/    }
           \              \ rュ     \_/⌒ヽ {/ /´ ̄ ̄`ヽ厂 ̄ハ/⌒ヽ|
                 `  .             \___,./ハ}ハ   } ∧ /{_____八_/  |x===ミ
                      ー──────‐=ミ////∧__ノ { }{/´ ̄ ̄ ̄} /  rfニニニ}
                               `⌒⌒⌒´  /{{     ,, '´ ̄ ̄ ̄`マニ}
                                        {  {廴_ /          ノ}ソ
                                         {ヽ/.:.:.:/         //
                                     〃:..:.:/         / .′
                                    {/.:.:.:/          /
                                        {.:.:.:,'        //   /
                                       |.:.::|       ,/ /   /

───────────────────────────────────────────
.

184 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:09:58 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────


                      ト= 、
                       }   `ヽ、
                     /  ̄ ``ヽヘ
                 |  ト= 、 'ヘ.       「舐めるなよ、エリアルバルタン=サン!
                 ヘマ ゝ、_> il
                    V    ___}.      イヤーッ!」
                   个:.... ゝ=〈
                 , ィ'⌒Y::y‐ 、:::::i~
                  /   /:::`ヽ Y:iヽ
            /....../y‐、:::::::', :::: }
           /:::::::ィ'"   ヾ::::::., {..)
      r=.y '"  ̄ `i.ィ  |      ヽ::::....::.!
    にフ __ - '    !       ),ィ'メ、
    にフ'"      /           / ヽ
               /           /\  `≧、
                /'"⌒ヽ      /   ゝ___丈
              /:::::::::::::::::\  //



勇ましい雄たけびと共に、ウルトラファルスの両腕がムチのようにしなり
そして残像を伴って振り下ろされた



          ___
        ` ≪///\___
             ¨¨¨`≪_)


                       ‐=コ=‐
_____
ニニニニ)
 ̄ ̄

          ___
        ` ≪///\___
             ¨¨¨`≪_)



                                   f}
                                     //}
                                 {//
           ‐‐ 、                    {/
        ////////}
       //////////,
     ////////////
   ////////////
 ////////////
'"///////////
//////////
  \



両手の指の間に一瞬で挟みこんでいたクナイ・ダートを、流星雨のごとく投擲される
その速度は、メジャー級ピッチャーの約3倍のとてつもない速度だ

クナイ・ダートの雨を前にして、エリアルバルタンはその場から動かない
これでは身体を蜂の巣めいて貫かれるのは必定である



                  _
                    /": : ',
                  //: : : :__}:、
              //: :/: . : .\
                //: :/: : . : . : .  \
               /l i: :/: .  : . : . : .   丶
.              / l i::/      : . : . : .'.
              ′l:i:′_        : . : . 人,
           _j _.:|:i {r―- .    _ : :/:〉
           ∠/ }:i {{      \   : : l x7
         {:{___ノ|:!   ー―― 一  : :.|l !{
           `{  ^:|i    ⌒  :.    こ/
.            ヽ..ノli __  丶:...     : :7
           { :t丑丑丑ェァ7′ . : : :/
                〉こ¨¨¨゚_/ノ . : : : xく
              {   ̄:.    . : : : : : /: : )
             ヽ,  .::. . : : : : :/: : : ニ=ァ‐- .
             ニァー-==r=彡: : : : : /    >x .
         . -‐ァ ´   八: :\:|:.:.:.:.:.:. x彡    /: : {   `  、
        / /: : :\     ヽ: : : : :/       /: : : : {      \
      /   }: :、 : : ',     Y: : /      /: : : : : : : '.          \
.     /  ノ: : :}: : : :}     |: : {       /: : : : :、: : : \        '.
    /  ':::/{: : : : '      |: : ′   /: : : : : : :\ト :{,          '.
    '  /::/   |: : : : :}     八::{     /: : : : : : : : : :'ヘ 丶:\      {
    V::/    |: : : : :{   /⌒ヾ:,   /: : : : : : : : : : : : }   \: : :ー--: :1


その様を想像し、勝利の笑みをウルトラファルスを浮かべていた

───────────────────────────────────────────
.

185 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:10:26 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

だが、ウルトラファルスの前で起きたことは、その笑顔を真顔へと変えた

エリアルバルタンがその巨大な左手をすっと前に差し出す


___                   |\       Α        ’  ’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’  ’
   ヽ                    |二\     /二',     ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
      ヽ                 |二ニ\   /ニ二〉   ’ ’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
' ,    ヽ             |二二ニ' ,  /.ニ二/   ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
  ヽ     ヽ                \二ニニ', /ニ二/{    ’ ’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
    ヽ       ,             }\二ニ',!二/ {   ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
      ヽ     ,           }  >、|_/y((::::) .’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
      ヽ    ,           (:::::))={ }'" Y |  ! !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
          ヽ    ,           { (  ` !l   l !  ! l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
           ヽ    ,        〉 ゝ___..!l..__,ノ,,;;〕 l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
          ,   ,          j  {;;;;;ヽ .!|  ノ;;/  ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
           ,   ,       j / !ゝ,ソ〃∠シ人, ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
           ,   ,      ノヽ ヽ/〃/  ̄ヽヽ〉 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
            ,   ,    /  / /  〈     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 〈
ヽ           ,  ,___/~ヽ /V    〉,___//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
  ` ,               , ヽ /  ̄ヽ  /   / ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,,
    ゝ           ト,   ," /  ノl!{    / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
     `          } }  { ,/ /  ̄`ー-/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
         ヽ       j j   〉//        / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
           ` ー--='-'^/ }{       / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
                {  l ゝ,     ,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
                   〉-//  `ー--- ,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
                   j 〃       , ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ,
               /  l!       , ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ,
                  /  .l!       ,  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,  ,



そのなにげない行為と同時に、彼が投擲したスリケン群は全て消えてしまったのだ
まるでエリアルバルタンの前に、異次元でも発生したかのように、忽然と



                /   l |}  ヽ
            /     l |}   V
.           ∧     l l}    丶
         _∧ ` 、   li}   / }
.        iヘ 」 }     \  l}  /  ∧__
          !|| ゝ __/  l} く   / j  ,⊂ニヽ
.        l_」 |           l}  `¨´  ,' /、 ⊂ニヽ.          「ナニーッ!?」
           \|  U        l}     //  ヽ ⊂ニヽ
          ∧    r= ニ=ァ  ;'      }   ヽ⊂ヽ
           ゝ、   ヽー一/  ,ィ_.. -=ニ_ノ      } i
     __,、__ ..... -ヘ _  Ⅵレ' ,イゝ._             |
.    / |::.   /:::::::::::::::::::::≧=≦::::!   ∧``ヽ       ノヽ
   /   |:::::....r'´ス:::::::::::::::::::::::::::::/   /::::::\ ``ヽ      :.
  ,     |:::::::,'/ ノ   >ァ::::/   /:::::::::::::::ヽ. __、      ∨
 ,      |::::::j /、___//::::,'     ;:::::::::::::::::::::.::::::::::ヘ     ヽ
.,'       |::::::   /  / l::::::l       !::::::::::::::::::,小´  ヘ      \
.       l::::,'  j  ,'  r'⌒ヾ    ;:::::::::::::::::  | ゝ  ヘ
!      ノ::/     /  弋,zツ     /:::::::::::::::/  |   \ }



想定外の事態に、動揺を隠せないウルトラファルスだったが
それはすぐに打ち消されることになった

───────────────────────────────────────────
.

186 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:10:52 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

おお、なんたることか

先程まで畳3枚分離れた距離に居たエリアルバルタンが
ウルトラファルスの眼前に、壁のごとく立ちはだかっていたのだ



                  ト、         /ヽ   /\        _
.           /|\ | ヽ       〈三ヽ /三/|        / !    /!ヽ
.           | l  ヽ |  ヽ      !\   / _|      /  |   ,' /  !
.           | ヘ   !   ヽ    ( )){ }( ))     ,'   !_/ /  j
.           ',  ヽ |    l      トイ`|i|⌒ Y=}     !    ', /   /
              ',  ヽ!_,.,ヘ.  l      { ヽ || r‐'リ -i    !  ≡ !     /
.            ヽ....../: : ||:ヽ !     | ミ )!!= 彡-ノ_   l  ≡ !   ,.'
                 l: : : ||: : }.    ,.-ノ / ! ト、トく   `メ、_',  = / /
         r―---ヽ:_:_|ヽノ.  /てノしイ_人人ノ、    ヽ  /
          {        }:} `ヽ、..゙,イ- 、ヽ /   イ´ ̄ ̄ヽ_/
         { l     __|:|    ヽ....l  ヽi / ̄`!
            ヽ|    /://ヽ   } }..゙〉―く ァ―‐‐j
           l  /: : :|:|: : ヽ  // . ゝ_ノゝ-- ノ!
             ヽ/: : : : :|| : : : ヘ/~....../ェェ/._ヽェェェェヽ
           i: : : : : :||: : : : :{...... /ェ_/...___.ヽェ ェ ヽ
           i: : : : : :||: : : : : ',... lェ_/......____...ヽェェ_l
            _ノ : : : : : | : : : : : :ヽ、. '.... .....__,.......ヽ_j



ニンジャ動体視力をお持ちの方々にはお分かりだろうが、解説させていただこう
これはニンジャの高度な歩行術「スリアシ」である



.    |:ヽ    |:ヽ.     |:ヽ    |:ヽ.     |:ヽ    |:ヽ.     |:ヽ    |:ヽ.
    ノ0 )     ノ0 )    ノ0 )    ノ0 )    ノ0 )    ノ0 )    ノ0 )    ノ0 ) 
. Σ)= :)、   (リ:)   Σ(ゝ)    (リ:)   Σ)= :)、   (リ:)   Σ(ゝ)    (リ:)
   ノヾゝ  Σ)ヾゝ   Σ)ゝ  Σ)ヾゝ   ノヾゝ  Σ)ヾゝ   Σ)ゝ  Σ)ヾゝ
   _/ ヽ,   _《     _/ ヽ,   _《     _/ ヽ,    _《     _/ ヽ,   _《



腰や頭を上下動させない姿勢のまま、足を上げるのではなく地面を擦りながら前に出して移動する
そうすることで、目の前の相手に接近を悟らせずに、間合いを詰めることができるのだ



                             iヽ
                              i iヽ
                ,r、            } | i
             / __|_          ∩ イ ,' }
            ,イ/  `ヽ        i ヽ'   i
             / |    ヽ      i,'´    |
          /__, l , ―‐ヘ /ヽ,      ヽ..:: : :::: {
            〈  〉| ヽ___ノ 〈-ィ〉      }.   i     「ウ、ウワーッ!?」
            i` ´|   u. .::ヽ/        |    |
          '.  _l__ .:::::::l´       i    |
          ヽト==ニ/ .::::::/   ___. i      |
           ヽ.二/_.:::/i,r七´: : : : :`i       |
.             _i: : : : : :: : : : : : : '   {      |
           _,./::'',イ : : : : : : '´     ヽ     }
          / ./ : : : : : : : '   ::::::::::::::: ヽ _,..ノ
       ,r'⌒i i : : : : :. ィ   :::::::::::: ,r‐'''""
       ,r' `ー'´ ,': : : : :,.'   :::::::::::::::: /
     r' 〉   ,': : : ;. ' .:::      /
    /^つ r-': : / .:::::        /
  _,r'´ `¨ヽ: : :.,.' .:::::::::       /
 / i  ヽ`ヽ〉Y .::::::     ___......i
. {  ヽ i`ヽ.ソヽ        ,.: : : : : i
. ヘ    ノ   }        /: : : : : : i
  `ー'´     i     /: : : : : : : : :i
         i    ノ: : : : : : : : : : :l



エリアルバルタンの急接近に対する策を、ウルトラファルスは持ち合わせていなかった
とっさに行ったのは、ニンジャの基礎体術、カラテによるセイケン・ツキである

───────────────────────────────────────────
.

187 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:11:17 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

しかし、この攻撃は空を切る
振りぬいた拳の先に、エリアルバルタンは居ない

いや、目の前からその身体ごと消えていた



                  _,.,ヘ
               /: : ||:ヽ
.              l: : : ||: : }       「ド、ドコダーッ!?」
         r―---ヽ:_:_|ヽノ
          {        }:} `ヽ、
         { l     __|:|    ヽ
            ヽ|    /://ヽ   } }
           l  /: : :|:|: : ヽ  //
             ヽ/: : : : :|| : : : ヘ/~
           i: : : : : :||: : : : :{
           i: : : : : :||: : : : : ',
            _ノ : : : : : | : : : : : :ヽ、
         /: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、



ウルトラファルスは視線を巡らせ、その姿を探す
しかし狭い屋上のどこにも、エリアルバルタンの姿は見えない

いtったい彼は何処へ消えてしまったのか
その答えはすぐ近くにあった












                      /  〈  ==≠|  /= |
                  /    ∨ =≡:| /=≠
                    /      ∨ニニ ニニニ/}
                  / >ー=ミ、 ∨:ニ  ニ/ /
                    //Y⌒ヽ \ ∨] [/   /
                    「:::{人 _ノノ   \/    {
                    /∧ ミ=‐≦r\\__/Y'⌒Y
                :::::::::八 {  「]r}_/人__ノj
                :::::::::/〔 \\|〔//::::::::::ーr'..     /   l |}  ヽ
              {::::::::/{  \ 〕 { {/{_/):::::}       /     l |}   V
             / ⌒〕八  \\Ⅵ  /):::::ノ.      ∧     l l}    丶
                ;      \___} }⌒{く<:::::〈.   _∧ ` 、   li}   / }
         __ =¬{__/   __ノ}  ノ} [\ \::::::::;  iヘ 」 }     \  l}  /  ∧__
       /⌒  ヾ}(   __ノ  (_ } [N \ \ {.... !|| ゝ __/  l} く   / j  ,⊂ニヽ
      /       }≧ー=ミ乂 ___ノ{ jし\_)___)、 . l_」 |           l}  `¨´  ,' /、 ⊂ニヽ
      {   :    /      \   )::::::::::::::::::::::::::......\|   u.       l}     //  ヽ ⊂ニヽ
           ::   /       )⌒ユ__::::/⌒ヽく⌒ヽ. ∧    r= ニ=ァ  ;'      }   ヽ⊂ヽ
      {___ノ  .:::{ .::::≧‐===ミ:::::\ }〈    )):::::::}.... ゝ、   ヽー一/  ,ィ_.. -=ニ_ノ      } i
\     (二ヽ __ノ}V//      ヽ:::} j:::〉ー=<__,、__ ..... -ヘ _  Ⅵレ' ,イゝ._             |
  \    /ー=ミ、__ノ/:/        } / // . / |::.   /:::::::::::::::::::::≧=≦::::!   ∧``ヽ       ノヽ
   \ [⌒\ ヽ__{:::{          }/ {{ . /   |:::::....r'´ス:::::::::::::::::::::::::::::/   /::::::\ ``ヽ      :
     }⌒\ }}__  {八          /..  ,     |:::::::,'/ ノ   >ァ::::/   /:::::::::::::::ヽ. __、      ∨
                           ,      |::::::j /、___//::::,'     ;:::::::::::::::::::::.::::::::::ヘ     ヽ
                             ,'       |::::::   /  / l::::::l       !::::::::::::::::::,小´  ヘ      \
                              l::::,'  j  ,'  r'⌒ヾ    ;:::::::::::::::::  | ゝ  ヘ
                          !      ノ::/     /  弋,zツ     /:::::::::::::::/  |   \ }



その甲殻類めいた姿は、ウルトラファルスの背後に、音も無く屹立していたのだ

───────────────────────────────────────────
.

188 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:12:28 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

                                          | 、
                                         ,、   ト、\
                                    A≧ー|≧_、\
                                      /ニ∨//l二/ 〉、:\
            「イヤーッ!!!」                  \ニ\/ニ/ /_,=ヾミヽ
                                     \ニ|7_/-γ ヽ }=ゝ、
                                      Y,)==ニ弋_ ノ.:::.:〉∧
                                        `、`Y⌒ヽ::::...:///ri
        __                              〈 ||  人//////!|
       -ニ三三三三ニニ- 、_                      ヽ' 〈////////イ__
       `ヽ三三≧<三三三ニニ- 、                     }l,イ//////γ三ニ-、
         \三三三>,、三三ニニニ>、                 ノノ///////{ "////∧
           `<三三三>、三三三ニ-、            _ノ三'ルy//二/∧ ""//∧
      -==--、__ ̄`ミ、三三ニ-、三三ニ-、          ノル⌒レイノ///////∧_,-7//∧
       ∨三三三三三三ニ-=ニニ=-ヽ三三ニ-、       /イノレr'/7777777777r-=( ̄ニニニ)
        \三三三三三三三三三三ヽ三三ニ≧、_, -≦ニイ-'_ノγ⌒ヾx≦三r'⌒7^ヽ三三{
         >-=ニ二二ニ=-三三三三三三ニヾソノ}!}!}777∧!_r'xル'、__ ノ三≧=、_.ノ   }≦二ヘ
             ` -=二二二二二二二二 ̄ ̄7ソソノノ/、/、/{゙゙"ノA∨///////{´Y  _ ノ三ニニ{′
                           ̄`´` - '`^´   >={ /7ノ⌒≦ニ‐┴=二三三三:ミ〉
                                     〈""l {´ __ /三三三三三三≧ノ
                                       >=!i|ニニ7三三三三二ニ=-<r'
                                    l三ニ-/三三三二ニニ- ´三7
                                   /⌒' 7三ニ三三二ニ- ´l三三l
                                     〈⌒ /三ニ-ニ三ニ- ´三7三三l
                                    {-‐/三二三ニ- 7三/7三三/



勇ましい雄たけびと共に、エリアルバルタンが巨大なその右手を突き出した

人間で言えば手のひら部分、鋭い手甲部分ではないそれを
無防備なウルトラファルスの背中に叩きつける



ニ ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ミ
三ニ ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::ミ
三三ニ ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
三三三ニ ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::ミ
三三三三ニ ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::ミ
三三三ニ ミミミミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
    ミミミミミミミミミミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::}
   .ミミミミミミミミミミミミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::}    「グワーッ!!?」
    ミミミミミミミミミミミミ;;;;;;;;;;;;;;:::::===::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::|
三三ニ.ミミミミミミミミミテ'゛/;;;''  ,,;;;;;;;'''`'-、::::::::::::::::::}
     ヾミミミミミミミ≠;;;;,,,, ,,;;;;;''''''   ,,,;;;;\::::::::::::ノ                                     j=;;
       ヾミ≠;;;''''''',,;;;;'''''    ,,;;'''''   ヽ:::::::{                                     !T'';j_
三三三ニ ≠;;;;;''''   '''     '''''      ,;,丶:::}                                   .、ー、._ r' ̄:::`ヽ
ニニニ ≠;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,....           .;;'   f´                                    ヽ__!)_::::;;;}::::::::::}`i
ニ≠;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''''''''             .;''  .!                                        ̄ `´'}:::::::::::|'´
´              ...::::.     ..::    .{                                         ノ:::::::::::!
'              ,;;;;;;;;:::..       .....i                                       _..ノ;;;;::::::::::j
             ''''''''''        ,;;;:                                      ,. ':::;;;;;;;;;;;;`=!
              ............:::::     ......                                       !:::::::jー'''''tlllll{
            :..::::::::;;;:::::      :::::;:                                       i:::::::!    ヽllll}
;;;;;;,,,,,,       ..,,;;;;;;;'''''       .:::::;::                     ,                     !::;;;;!,,, .,,,,,,,,,,ゝlli,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,, .::::::::;;;;;;''''    ,,   ...:::::;;:                   //               ''''''';;;;;、'_;;;j;;;;;''''''''''''' ̄'''''
;;;;;;;;;:::::::::::::::;;;;;;;''''''     ,;;;;;;;;,,..::::::::;;::'                  / /                    '''''''
ー、_;;;;;;;;;;;;::::_.......     ;;;;;;:::::::::;;::               ,   ,/′ '/   ,   ,
;;,, \,,,,,,_        '''...::::;;:                 /レ/     .レ'{/し/'
;;;;;;,,,   \,,,, ̄ ̄  ー――:;;:              _,,, ''′′       '´ ,./
;;;;;;;;;;;,,,. __>;;;; ̄ ̄'''''::::;;:               `Z,,.....__,,       ∠,/
'''''''''''''    ` '' - ー ' "                     ∠_____/



すさまじい衝撃は背中から胸へと抜け、ウルトラファルスの身体を吹き飛ばした

ウケミもとれずにコンクリートを転がり、慣性が収まった頃、彼の身体は停止する

─────────────────────────────────────────
.

189 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:12:50 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                 /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
──── 、       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::\   /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::: ::: \/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.      「オボーッ!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /          オボボーーーッ!」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::;:|─・─‐\:::::::::::::::::::ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /           ̄ ̄ ̄ .・: 、∵ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /                  ,;), :;.(;;;ヽ ”、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             :;.ノ;;) ”、、;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::: : /              : ”    ヾ



吹き飛んだ身体を、弱々しく起こしたウルトラファルスが、突然嘔吐する
背中を貫通したダメージは、内臓を激しく振動させていたのだ

そんな状態の彼に、エリアルバルタンはゆっくりと近づいてくる



               ∧     ∧
              /=ヘ   ./=ヘ
.             ト、.=ヽ  /= イ          「先程の言葉の意味がわかったかね?
             」::ヘ =V =/.|
           ,〆、`ヘ.ヘ= =/.:::/            オヌシの考え方を否定するつもりはない
.             ( .。リ:。ヽヘ.∠_.γ⌒)
           γソr⌒77''ヽγ⌒。.           ニンジャの存在価値を憂う気持ちも一方では正しい
           /:ト(.(ミ〔.n.〕彡イゝ.ノ
          ( |:\\.|::|.シ/;|バ
          /´`ト`::::ヽ|::|//::|丿           だがニンジャとしてオヌシには
         .|、(::/⌒/.|::|rヘ/:/ヽ
        ,..〔∠ノ ./ .|::|..| :|シヘ|            圧倒的に足りないものがある」
     ,,....,,(_..,/ ,/ .|/ | ::|:、丿
    /|⌒::ノハ_し'':\,||,,,./| ::::|: ゝ-、
  /∥ //´ヽノ:::::::|\/:|ヾ:ソヽ、::r''⌒ヽ、
 /´⌒|ト ソr゙` ̄`ヾ::::|  |.,:::|::/´`丶:::|ゝ:ノ.::'|

───────────────────────────────────────────
.


190 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:13:12 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

___                   |\       Α        ’  ’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’  ’
   ヽ                    |二\     /二',     ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
      ヽ                 |二ニ\   /ニ二〉   ’ ’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
' ,    ヽ             |二二ニ' ,  /.ニ二/   ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
  ヽ     ヽ                \二ニニ', /ニ二/{    ’ ’::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
    ヽ       ,             }\二ニ',!二/ {   ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
      ヽ     ,           }  >、|_/y((::::) .’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ’ ’
      ヽ    ,           (:::::))={ }'" Y |  ! !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
          ヽ    ,           { (  ` !l   l !  ! l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /
           ヽ    ,        〉 ゝ___..!l..__,ノ,,;;〕 l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
          ,   ,          j  {;;;;;ヽ .!|  ノ;;/  ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
           ,   ,       j / !ゝ,ソ〃∠シ人, ’ ’:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
           ,   ,      ノヽ ヽ/〃/  ̄ヽヽ〉 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::://.       「カラテだ
            ,   ,    /  / /  〈     //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 〈  
ヽ           ,  ,___/~ヽ /V    〉,___//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ.        カラテが足りないのだ」
  ` ,               , ヽ /  ̄ヽ  /   / ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,,
    ゝ           ト,   ," /  ノl!{    / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
     `          } }  { ,/ /  ̄`ー-/ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
         ヽ       j j   〉//        / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
           ` ー--='-'^/ }{       / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
                {  l ゝ,     ,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
                   〉-//  `ー--- ,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,
                   j 〃       , ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ,
               /  l!       , ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, ,
                  /  .l!       ,  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,  ,



そういって彼は、左手に握っていたものを足元のコンクリートに落とす



            r‐、
          ゞイ 、   ,ィヘ
                \`///∧
                {/////∧
                {//////∧
                {///////∧
               '<//////∧
                     `''< //∧
                        `''<ヘ
                        `



落下して金属音を響かせたのは、ウルトラファルスが投擲したクナイ・ダートであった

これが意味するところは、エリアルバルタンが、無数の投げられたクナイを
一瞬で全て掴み取っていたということである

なんたるワザマエであることか




            \   _ . . ._
              ,:\: : : :, -: : 、、                          「ク、クソーッ…
           /: : : \: { : : : :ノ:\ヘ 
              i : , -: :、\: : : : : : : ヽj                        お、俺のま、負けだ
          {: :i: : : :ノ: : \: : : : : : : Y
             」: :`:¨:´: : : : :,ィ≦:.}: : : |            _. . . . ._ .       殺せ…」
          \\ : : : : /.:/: :.}: : :.j       /: : : : : : : `ヽ
               ``ヽ: : :へ/: : : : : :/\__/`^: : : : : : : : : : : : :\
                 `ゝ : _ヽ: : /: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :\
                  \': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : \
                      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i\ : : : : : : : : \
____   --── -  _/: : : : : : : : ,r=ミ、 : : : : : : : : : |\\: : : : : : : : :\
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{{   }}: : : : : : : : /: : :\\: : : : : : : : :\
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ゞ=彡': : : : : : /: : : : : : :\\: : : : : : : : :\
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   ̄: : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : : :\
ー─── -- __: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\\: : : : : : : : :.\
               ̄`ヽ: : : : : : : : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : : : \
                  \: : _: :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : : : \
                   \. .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : : : \



完全に敗北したことを悟ったウルトラファルスは、抵抗を止め、トドメを望んだ

───────────────────────────────────────────
.

191 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:13:45 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

だが、エリアルバルタンはそれを一蹴する



                 ,,.-‐/:/__
               /,,..,ゞ|ミ./:::/|
              /∟(○)|ミ//_;::|
             /ミヘソノミ:/:γ)~
         γ⌒)ミゞヾヘリ:./:ノ`´         「殺すつもりなら、とっくにそうしておる
        / `し |r⌒)::||:/~ノ
       ソ ヾソし´/://|《               先程の一撃、拳をさかしまにして
      |ヾヘ丿ゞr>し/:ソ)
─┐   《  |:::: ヽノレ(_─」              打っておれば済むことだ」
  │   「⌒~\,.,.//,ノ |  |
  │  /ヽ:::. \\'ノ γ⌒`)
   /ミ\ヽ:::.  ヽ ヽ (⌒ソ
  /ミソ/≡ヽ::::.   \\|::  \



               ∧     ∧
              /=ヘ   ./=ヘ
.             ト、.=ヽ  /= イ
             」::ヘ =V =/.|            「だが、そうは出来ぬ
           ,〆、`ヘ.ヘ= =/.:::/
.             ( .。リ:。ヽヘ.∠_.γ⌒)          殺さずに制さなければならぬ
           γソr⌒77''ヽγ⌒。
           /:ト(.(ミ〔.n.〕彡イゝ.ノ
          ( |:\\.|::|.シ/;|バ.            ニンジャを殺さぬことが
          /´`ト`::::ヽ|::|//::|丿
         .|、(::/⌒/.|::|rヘ/:/ヽ             私とコスモスハート=サンの
        ,..〔∠ノ ./ .|::|..| :|シヘ|
     ,,....,,(_..,/ ,/ .|/ | ::|:、丿          選んだ道なのだからな」
    /|⌒::ノハ_し'':\,||,,,./| ::::|: ゝ-、
  /∥ //´ヽノ:::::::|\/:|ヾ:ソヽ、::r''⌒ヽ、
 /´⌒|ト ソr゙` ̄`ヾ::::|  |.,:::|::/´`丶:::|ゝ:ノ.::'|


エリアルバルタンは、追撃するそぶりを見せずに、彼に言葉だけを投げかける



                /   l |}  ヽ
            /     l |}   V
.           ∧     l l}    丶
         _∧ ` 、   li}   / }
.        iヘ 」 }     \  l}  /  ∧__
          !|| ゝ __/  l} く   / j  ,⊂ニヽ    「ム、ムウーッ……」
.        l_」 |           l}  `¨´  ,' /、 ⊂ニヽ
           \|   u.       l}     //  ヽ ⊂ニヽ
          ∧    r= ニ=ァ  ;'      }   ヽ⊂ヽ
           ゝ、   ヽー一/  ,ィ_.. -=ニ_ノ      } i
     __,、__ ..... -ヘ _  Ⅵレ' ,イゝ._             |
.    / |::.   /:::::::::::::::::::::≧=≦::::!   ∧``ヽ       ノヽ
   /   |:::::....r'´ス:::::::::::::::::::::::::::::/   /::::::\ ``ヽ      :.
  ,     |:::::::,'/ ノ   >ァ::::/   /:::::::::::::::ヽ. __、      ∨
 ,      |::::::j /、___//::::,'     ;:::::::::::::::::::::.::::::::::ヘ     ヽ
.,'       |::::::   /  / l::::::l       !::::::::::::::::::,小´  ヘ      \
.       l::::,'  j  ,'  r'⌒ヾ    ;:::::::::::::::::  | ゝ  ヘ
!      ノ::/     /  弋,zツ     /:::::::::::::::/  |   \ }



倒れたままのウルトラファルスは、彼の言葉に不承不承、納得せざるを得なかった

彼が手加減しなければ、完全に自分は殺されていた事もそうだが
手合わせした際に、身をもって気づいてしまったのだ

エリアルバルタンと自らのカラテと、その強固な信念の差に

───────────────────────────────────────────
.

192 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:14:10 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────

エリアルバルタンは、ウルトラファルスに背を向けて、屋上のフェンスへと手をかける
それを飛び越えようとした時、彼は振り返ってこう言った


             ,、
                /ニ∨  / ∨
           〈ニニ,∨ 、'ニニ,∨
               \ニ ∨ニニ,/      「オヌシがまず戦うべきは、 私ではなく
             ,゙ミh、i}ニ/,
                {(::) `´ (::)}.       同じ里の棟梁…コスモスハート=サンであったな
               〉 {¨ヽノ¨} :{
               ,' _ヽ :/、゙i}         同族を率いることすらできずに、何が新たな棟梁か」
                i {ヽ {i} { {
              ji--゙ :}} l ',-ヽ
           ゝ- ゚ :ij ∨ ノ
             >ー- 、ノヽ 〉 `ヽ
          /ヽ    〉____ノ≧='
            {\:ミh、/ニニニ´i{- }        _,,, -‐────
        / /  ∨¨¨¨¨'〈ミ 〉      > ´     〈〉
       ( )ニi{    ヽ,二 /∨i、ヽ、  /     〈〉   〈〉
.        |  }    /¨¨¨¨}__ ,,ヽ }/、{¨  〈〉    〈〉  _,,, -
      /ー<     〉 、  :}   ノヾヽ、        > ´
      〉  〈   .〈   /丶 {  :\}     > ´-、二二二二
.    __/¨¨¨¨゙∨  ,ノ¨,ヽ/  {_i}    :}ヽー‐')h、





.     「もし、再び私の前に立とうと思うならば
                                     r、 .
.      イガの棟梁として来るが良い            ト、 ____|: \ `丶
                                  |ニ\:::|ニニ/\ \
.      その時ならば、オヌシは             \ニマ|ニ,/x=ミ\  ',
                                    \ニ/ {(__ )}〕>=ミ
.      私と対等であるだろう」                 (_)}/厂ヽ (    ハ
                                   { {   }::丶__/ }
     ,.  ──   .                      Ⅵ  // /{⌒ヽ}
    `マ=‐  .、   `   .                    }} // /{√ヽノ\
      \     \ rュ      、                    ,リ / / `ヽ/´ ̄`ヽ
.         \     \ rュ    \              / / /  ,/ハ    `ヽ}
   ___   \     \ rュ    \           __r//〈_/ /⌒ヽ∧  x==ミ
   \.      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \ rュ     \       ,/ヽ{/ ,/八 __丿/ハ/    }
.     \              \ rュ     \_/⌒ヽ {/ /´ ̄ ̄`ヽ厂 ̄ハ/⌒ヽ|
        `  .             \___,./ハ}ハ   } ∧ /{_____八_/  |x===ミ
             ー──────‐=ミ////∧__ノ { }{/´ ̄ ̄ ̄} /  rfニニニ}
                            `⌒⌒⌒´  /{{     ,, '´ ̄ ̄ ̄`マニ}
                               {  {廴_ /          ノ}ソ
                                {ヽ/.:.:.:/         //
                                  〃:..:.:/         / .′
                                 {/.:.:.:/          /
                               {.:.:.:,'        //   /
                              |.:.::|       ,/ /   /

───────────────────────────────────────────
.

193 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:14:34 ID:81b223b4

───────────────────────────────────────────


                      /  〈  ==≠|  /= |
                  /    ∨ =≡:| /=≠
                    /      ∨ニニ ニニニ/}
                  / >ー=ミ、 ∨:ニ  ニ/ /
                    //Y⌒ヽ \ ∨] [/   /
                    「:::{人 _ノノ   \/    {
                    /∧ ミ=‐≦r\\__/Y'⌒Y.       「もっとも…それは私を殺すことより
                :::::::::八 {  「]r}_/人__ノj
                ..:::::::::/〔 \\|〔//::::::::::ーr'.          困難な道かもしれんがな
              {::::::::/{  \ 〕 { {/{_/):::::}
             / ⌒〕八  \\Ⅵ  /):::::ノ        …フォッフォッフォッ」
                ;      \___} }⌒{く<:::::〈
         __ =¬{__/   __ノ}  ノ} [\ \::::::::;
       /⌒  ヾ}(   __ノ  (_ } [N \ \ {
      /       }≧ー=ミ乂 ___ノ{ jし\_)___)、
      {   :    /      \   )::::::::::::::::::::::::::\
        .::   /       )⌒ユ__::::/⌒ヽく⌒ヽ
      {___ノ  .:::{ .::::≧‐===ミ:::::\ }〈    )):::::::}
\     (二ヽ __ノ}V//      ヽ:::} j:::〉ー=<:::::}:::::ノ
  \    /ー=ミ、__ノ/:/        } / //   ヽ:::::::::}
   \ [⌒\ ヽ__{:::{          }/ {{     } }:::::::〉
     }⌒\ }}__  {八          /  八    ノノ:::::/



そう言い残し、エリアルバルタンは跳躍してフェンスを飛び越える



                                     i
                                   ||
                                    []
                                      Π
                                      只              ___     _  _,,..、、
.   _,,                          | ̄ l   ||         ,| ̄|'"´''|ニ|===|'"```´   ̄
.    ``''ー‐n‐‐---ーーー ┌┐,n--「|~‐「|‐| ̄|~|   |^`_|_,|_``^^~``"^二..|  |TT_|ニ|===|¨|丁|丁 ゙̄l┬ーi
.   -_-_冂TTニTTニ| ̄:|丁Π|T| |TTiTTiTTi|  |丁|   |T_Y_Y丁二TニTニ| ::|  |ニ]ニ|ニ|===|‐|丁|⊥____| |  |丁
.   ==|TニTニTニTi|¨| |ニTニTニTニTニTニT|¨:|├iTニTニTルilハ | ̄|丁「「| ::|| ̄ |丁|ニ|===|‐|::|::|i|::|:::| | |  |⊥
.   |=|ロ叩卩Tニ‐| :|┬:| :| ̄| ̄|TT「||T]|::_|┤丁匚|_xく公^>,丁丁「丁丁T|   |庁ロ=F二| ̄| ̄|::|:::| | |  |_|
.   r‐Tニ冂丁「_丁|_:|⊥:| :|  |三|丁丁TT_「」_|⊥⊥∟|《iV'⌒Vi》 ̄| ̄ ̄丁丁「 ̄|ニT庁叩卩卩叩п「|丁T⊥
.   ⊥⊥[]凵⊥-┴淡淡淡i|  |三|;';';';';';';'//;';';';';';'∠ZZヽ;';';'∧∨_[| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|丁|_|┬|─‐‐三三三LL」_
.   淡TTxX淡淡淡i淡i淡|  |三|;';';';';';'// ̄/==TTニニT===∧マニマニTTニニTニT‐‐弍⊥|_|__|三三| \二|_
.   ‐淡淡淡∠二二二二二二二二7ヘ∠ニニTニニTニニT ̄ ̄'∧マニマニv|\ ̄ ̄\_____,|`iニニニニニニL\|. |\__
.   TTT‐/ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\/|_,|TTT7ニニ|Π─rニニニ| ̄|i|ニ|\|ニニニニL~¨¨|: |<二二二二く二|\|
.   二ア゚|三三三三三三三三三三三_|/¨ /|| ̄ ̄|ニニL.k:| |:kニニL ̄|ニ|\|:ニ|_|二K ̄\|<>i____  |__|``i二
.   // ̄l==========|ニ|===== =====| ̄|]||_| ̄|¨¨¨:| l:| |:| |マニニ\.. ̄\ニ|_|二|:| ̄|<>─|\__\`iニ|三
.   _|==ニ==========|ニ|===== =====|==|/||  |  |   | |_|:| | | |\ ̄\_,,,|ニ|__|_|  | ̄|ニL.._|==|」ト..| ̄
.   ∠ニニ7j=========|ニ|===|三|_====|==|/゙|丁 ̄| ̄ ̄ | ヘ| | | | :::| ̄~:| | |ニ| | _i|\ ̄\⊥kニ|==|`i''''| ̄
.   ‐ ‐‐| |==|三|_|==|ニ|=|¨|二]|/|三| ̄|三||⊥ニTニニ| ̄|   乂| | :::|__  | | |ニ|_|く_|\:|  ̄|  :|\ ̄ヽ|::::| ̄
.   ‐ ‐‐| | ̄|三|_|=|三|T|_,|口 | :|i|=|  | ̄||⊥ニ∟ニ| ̄ ̄|  `'| :::|___| | |xくTニト \_k ニ>_|\¨|\\| ̄
.   /¨/ _|二ア_/:| ̄|/~~~゙|口 |∠|=|  |冂i| |== |Li| |三三l  ,∧ :| |_|_|_|_|\:、|\,<>|_,< \_ ̄\|三 ̄
.    ̄|=|/::::|ニニ|/|_/ ̄ ̄|冂 |鬥|/二/ニT|/ ̄「|二| | ̄|二|  ∧| |`|∨二二∧「|  | |二| \/__|¨¨¨|TTT



宙に身を躍らせた彼の姿は、夜の闇の中に溶けるように消えた

───────────────────────────────────────────
.

194 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:15:25 ID:81b223b4

                            ●

                            ●

                            ●



夜のネオンの中を豊島は歩いていた
その姿は先程までとは違い、いや正確には戻っており、仮面以外は夜の街を歩く人々と同じである

身にまとった空気も、サツバツとした空気は感じさせず、完全な一般人として歩を進める



         __
        rく      〕iト .
      \ --   __    〕iト  .
         v-、       --  __ 〕iト .
          } V≧s。          }
         〈ニニニニ≧s。      f¨´
     _ ィi〔ニニニニニニニアァァァァ<{
      ̄ ̄ ̄| ┃  ̄ ̄|´ミv'^Y川〈ゝ
           | ┃     |   〉ノ从{从
           |        |  {'从从ミ{
           |   ノ    :|  '  ミ从「
           | ̄      |イ ィi〔  ̄ {
          ` ---- <ィi〔    -= >、
              「   ィi〔   ̄ ⌒ヽ
                    〉'’       . : : : i
             /         . : : : :イ{



その歩みが、前触れなく止まった



              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
       ´                   }
    /                 ____     '
.  /               ィ〔    }>、/
/           。o≦ニニ乂  ノニ/
   '      。o≦ニニニニニニニニ<_
  /  。o≦ニニニニニニニニニニニニ=-__
。o≦ニニニニニニ=-¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ヽニニニ〉
.アア彡彡ミミア'"|        ┃  ┃|  ̄ ̄´
ノィ/ミミY^ミミ/  |        ┃  ┃|
. Ⅳ}iミ{ 〈 ミ{   |              |
 V从ミV; ゙    |       {     |
 ノィ 彳{i:`    |         乂 ___.ノ |
  } ィハⅥ    |              |
  ノィ从}/込、  |              |
    7: : : : > \__ > ‐─── 、 |
   __{ ___ __ : : : : : : : : : :>─ ¨
  「         ̄ 7ァ、´
.   }i           }{ {
ィi〔八            }{  >、



後ろへと振り返って、彼はゆっくりと視線を上げる
その瞳の先にあるのは、先程まで居たビルの屋上であった
.

195 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:15:48 ID:81b223b4


       ----
    ´         ヽ
/              .
               }
            /{___
           //////〉
          //////
        / ,.r<´
       ,.ィ//,イ|  |
     ,.ィ//ィ〔彡|  |.            (私の理由が…「愛」だと知ったら
─‐‐<ィi〔ア{v'^ |  |
--r<笊从Vハl i |  |          彼は笑うのだろうか?)
ハ}Ⅳハ{Vハi从l 〉|  |
从iハ }i∧Vハミ乂 |  |
从Ⅳ从VハW}ィi{ |  |
ハV}ハV}ィ}/ハア}i:ハ |  |
Ⅵ从ハv彡ィ/ノ^ >、__|
从ハ}ィ}ィ彡≧s。{
 ̄_二二ニ=-   >、
      -=ニ二  ̄ \



豊島は言葉に出さずに独白していた

彼がウルトラファルスにトドメを刺さなかったのは、自らの行いを証明するためだけではない
現在の妻と出会う前の彼自身も、あの血気溢れる男と、全く同じであったからだ

だが同時に彼は、同じだからこそ、彼は自分の理由に納得しないことも理解する



     <         __          ≧s。
        \ ¨  ̄ /。 \:.:.:...         ≧s。
         V___  / 十   ヽ:.:.:.:.:....          ≧s。
.        }///>V{ }{  r‐ァ.:.:.:.:.:.:.....                >、
       ,</////V/}{ />'≧s。_  ̄  :........          ',
       ,イニ=-__////X//////////≧s。__   ̄   :...... __    }
      /ニニニニニニ=-__/////////////≧s。 _____> ....ノ
.     {ニニニニニニニニニニニニ=-__/////////////ア ¨´
     丶ニニニニニニニニニニニニニニニニ=-笊笊T
       `≦アニニニニニニニニニ=- ̄ ̄ j{三ミ、ミミミ{. 
         |::. ┃             j{ミミミミミミ「       (過去の私に、今の自分を告げても
         |::. ┃       ┃       j{^ミ/⌒Yミミト、 
         |::.          ┃     j{ ゙゙〈^i }ミi {⌒.        きっと信じないだろうからな)
         |::.                   j{  r'_,ノ 'ミⅥ
         |::. |       l         j{  __,ノミi ハ{
         |::. 乂     ノ         j{  /  V从{
         |::.      ̄        j{ イ   ∨{
         |::.                 j{´.:::    〉-- 、
         ト、...            イ.:::  ィi〔    ∧
              >-    ---r‐‐  ´ ,.ィi〔       / ∧
                        V ィi〔          / ∧
                     {                  /  >、



だから彼は、再び歩き始めながら、闇に浮かぶ月に願いを込めるのだった



                         _____
                        ´       `
                  {          }
                       V        V
                   {≧=-r‐=≦}
                  }ィハ}iハ}iVハィ{
                     V从从ハV
                   ィi〔  ̄ ̄ ̄ ≧s。
            _,r‐‐< > ´     ` < >‐ォ、
           j{└─ ¨             ¨ ─┘ハ
              j{: :V           ::i       /  i
            j{、: : V      .:  ::l       ,:   }
              j{ \ v     .:::  ::{        {  /i
              {    }: .    "´  ::..、       } / l
              i    {: : : . . . /     :::...\   ,     |
              l    i!: : : : : ′     :::::::::... ,{    |
                Ⅳ: : : :           ̄ i l    i
          i    l }: : : ,       _ . : : : : { }
          } =-  { }: : : : -‐: :  ̄: : : : : : : { V.-=ニ}
          {  ̄  { }: : : : : : ̄ >: : : : : : :{ v   l



前途ある若きニンジャに、運命を変える出会いのあらん事を、と
.

196 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:16:17 ID:81b223b4

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |     「どうも、ごちそうさまでした」
             | !        |  ` ⌒ ´   .|
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



ハクに見送られながら、やらない夫は店の扉を閉める

酒量もほろ酔い状態で、なんとなく上機嫌な彼は
その感情に比例した軽い足取りで、帰路に着くために歩き出そうとしていた

だが、足に何かに当たる感触に、やらない夫は足を止める

そこはちょうど、やらない夫が豊島とすれ違った場所であったのだが
彼はそれには気づかなかった



                       __
                       /    丶
                    /         `
                      /           ',
                  /     ___,ノ ゝ丿
                    /     (、●)(●
                /  {     (___ノ、丿.         「ん?  …なんだ?」
              /ヽ\ ト.、     /
.            / : : : .\\>、___,_∧
              : : : : : : : : :\ ∧:::: ヘ : :\
.        / : : : : : : : : : : : :ハ、}:::::{ `; : : :`: 、
        /: : : : : : : : : : : : : : : ::∧:::::`, | : : : : : :.
.        { :.| : : : : : :|: : : : : : : : : :∧:::::V: : : :.V. :ト、
        ;': / : : : : : :|: : : : : : : : : : :∧::::i : : : :.|ノ : :\
      /:./: : : : : : :.ノ/ : : : : : : : : :.Λ::l : : : .L:_:_: : : ヽ
.     / : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : :Λi: : :.r'==、: :`.、:.ヘ
    ∧ : : : : : : : イ.: : : : : : : : : : : : : : :.`|,/ ̄`y!!: : : :./
.    { ノ : /⌒< : : : : : : :/ : : : : : : : ノ   ノイr'¨゙ ´
.  /: : : :∠ : : :γ>'-=ニ< : : : : : : : : :.{ ィ l l fi'´
.   {: : : /: : : : : :{ {   ´`⌒⌒ヽ : : : : : :.ヘヽヽノ:|
.   ゝ─…‐=ミ:人__r}  { { { ト、: : : : : :}: : : : :|
.              / / ト { { }: : : : : :く: : : く



足にあたったそれを、彼は無意識に拾い上げた
そしてその正体に気づき、狼狽する



         _
            \``~、、
             \////``~、、
              \////////``~、、           「鉄? しゅ、手裏剣…か、これ?」
               \////////////``~、、
                \////////////// ∧
                 \///////////// ∧
                  \//////////// ∧
                         \/////////// ∧
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<>,,
                                  `<>,、__
                                   ` (○)
                                     `¨



広いあげたそれはずしりとした重さと、鈍い輝きを放っていた


197 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:16:43 ID:81b223b4


そのクナイは、豊島を狙撃した一本であったのだが
やらない夫にそれを知る術があろうはずもなく、ただただ常識的な結論に達するのだった



   ____ 
 /    ~\  
/   ノ  (●)\          「刀剣とか刃物…
|   (./)   ⌒)ヽ
\     (__ノ,.<))/;、         コレクターとか、美術関係の人の落し物…かな?」
  \     / /  '‐、>
   `\__l    ´ヽ〉
    ,ノヽ、ノ    __人〉
 , /'"|::::_/ヽ.   /:::::ヅ!:゙、-、_
''":::::::::::/´∨/`ー'〉 7:..ヽヽ:.:|:::::゙'ー、
::::::::::::y′.: ',ゝ、_/::\:.:.:| |.イ:::::::::|:::!
::::::::/: ://: : : :|::::::::ヽ::|/:i::::::::::::i::|



一度店に戻って聞いてみようとも考えたが、全く関係ないかもしれないので
やらない夫は次の機会にすることにした



                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |          「ま、次にハクさんのとこ行ったときに
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´          心当たりないか聞いてみようかな」
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '



そう決めると、やらない夫は拾ったそれをハンカチで包んで、鞄にしまいこむのだった


198 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:17:07 ID:81b223b4


存在しない
そう認識されているからこそ、ニンジャは長らく歴史の影に存在してきた

しかし、彼らが争いあうことを止め、存在するものとして、世の中にその姿を現したとき
この世界はどのように受け止めるのだろうか



           「 ̄|                               rNヽ
          | |                 ~ ~ ~    トトヽヽ\
    ┌‐┐   |  |                   ~ ~ ~ ~ \ヽヽミ `ヽ
\  └‐┘  └‐┘_                   __ ,. -‐ 、, -─‐-‐‐\_ i‐o
/ 「 `丶、, -‐- 、 /  |  /ヽ           ⊂二__}            }    }
   }     >─‐<    {  ヽ/                `ヽ__    _   nnn__L_ノ _ _
   | /         `ヽノ                      ̄ ̄   ̄ {  }   `ヽn¬
  / V      / ̄`ヽ  `ヽ     f^7          ~ ~ ~ ~ |  <`ヽ 。jヽ |
 / |     { ̄{‥}`}   |      | |         ~ ~ ~ ~   |_|  ー'  | |
 | ,l、.  ∧ l ̄ ̄弋lイ   |     l l, -─ 、       f^7        /  `}   A--く`ヽ
-''フ{^|  //7/7    `|  /リ_  __,イ〈⌒〉"⌒^         | /  .{^^j     ヽ   ヽ/    }^「
イ ヽj fV ' /7ィ:n:「「トil,イ人_了´∧ {  ヽ            ノ !_ | |     ヽ ハ ィtiヘ/ |
_|   _| l    '/ニ! ' ' ' |_j」 __{_,..、-‐'7  }         | /o_ol  }      }  ヽ_ ,/  |
. ヽ/└ヽ__ /_ヽ.  j-'/   ,ィ   /  /         | ゝ__ノ /         |    ̄   .|
 | /    /  / jゝ-ヽ !  Z  'フ   |           l  ∨  /       |         |
= .| /   ∧ヽ/ ハ  \ >  /   |        |    /           |        /
  K   / / /  ヽ_ノヽ こ>    |         |    /        ノ      /
ニ_| ` ー//      ヽ   j>{    ノ         /ァ¬┤         Z     〈
/ \_ノ/   /     ノ ゝ- '/フ了 ̄ |            //  | l         ノ=====〈
{   l二ニ ̄^ ̄`i' ´     | | / ,, |        /ノ.  ||‐¬     /    |  | ヽ
フゝ-rヽ、_    __〉、     ゝ-Ll_ ,,   {        |`ーr┬' |. i´ ./⌒i |   | /  |
  /       ̄ ̄   \   .|   | ̄  l ノ⌒i      |  / |  | | ノ´ /∨ 、__Lノ   |
 /      ヽ       ヽ   ヽ   |   / ,イ ヽ.    { ヽ ゝ_ノ ゞ_,ノヽ  ヽ    / |`ー l
 |        ヽ|     ヽ  }  ! /  / ヽ‐'     !  l         ',  `ヽ /. |   |
 |           ヽ|     ヽ/  / \_ノ          ヽ |        l    /  |   |
 ト           |     }  /              l 7        ヽ /   |    |



おそらく、こう思われるのだろう
「新しい亜人が増えた」と

それは現存する亜人たちが世の中に浸透させた、懐の深さと言えるのかもしれない


199 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:17:34 ID:81b223b4


この夜の、ほんのわずかな接点の邂逅は
彼らが光ある場所へとその姿を現す日の始まりであったのか



; ; ; _____: : : : : : : : : . . . . . . . . .
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\. . . . . . . . . . . . . .
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .                         ll_/
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                           lイ-i/
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄|| ̄||\/|:\:\;.\...|___|   |∠==_ |  .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\;|,|____|   |_____.|  .|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i iii i || ..:\|\;\;\i|..|,,,,,|\  |;;;;:::::::::|\|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\;\;\l|..|;,,,,|\\.|iii|\、| |;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\l|..|;,,,,|\\|iiil|  \..|;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/
 l.\  |l l iil i || ..i            \|llll       llllllllllllllllll| |/|,-─|||-l/l/l/
 l  l\| ̄|| ̄||゙  / ̄ ̄ ̄/|. ̄|||\ __,,.∠ ̄ ̄/~ト,  .,.,--──--、、| ;;; ; |||-l  : : :
___....|___q_∠___p_/_|____||_|__i'ノOo-oOソ ̄l~,、! l.<______>l . ;; ; |||-| : : ::
       (()0)=ロ=(0()).-,.-、.l ー|,-、 j⊂口ニ⊃/.l-''~゙' .{iiiヽ,__=_,/iii} . \|||-| : : : ::
       ⊂ニ口ニニ⊃リ_/  l|ニニ_i l|_) ``´  ``´ / [___口___]  \-|/l/l/
        ヽゝ_ノ ̄~ヽゝ__ノ,,,ヽゝ_ノ'''       /   ;;!_.!;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;!_.!    \



それは後の歴史と人々のみが知りえることだ

                                                  【オワリ】


.

200 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:18:17 ID:81b223b4



                     (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                       (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                           (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                        (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて、第10話終了かしら     .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
                             }厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                        {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                              ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
                             八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                            \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
.     閲覧ありがとうございます           }:从   、     /r=、::\  、    |
                        f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                   .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                            {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                     (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                      ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                            ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                          {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                          \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                               /  (.У: : : :|


201 : 普通のやる夫さん : 2017/06/14(Wed) 21:18:47 ID:52096c6d
乙でしたー
ウルトラマンが忍者で噴いた

202 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:19:09 ID:81b223b4


                          
             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ.        …ということでリクエストキャラのバルタン星人殿
          ./        .',...        ニンジャです、ええニンジャ  カタカナの方
           .| ⌒  . ⌒  |
              | ●   .●  |..        いろんな意味で異色のお話しですね
. .             |   .、_,、_,  u. ,'
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i. .     色々と亜人候補は考えたんですけど
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./. .     バルタンさん宇宙忍者ですから
.         \  r― , ., ‐┐ /
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./.      忍殺とバジリスクネタをぶっこみました



              ,. - 、
             / ⌒ヽ)
                //
            //-‐   ̄ ̄   ‐- 、                この世界にはいろんな人がいるから
          ´い       、         ヽ               ニンジャがいても問題ないわ、そうよね?
       /   ヽヽ _j 、 \       \ \
.       , '         \_\  \ \   r‐、__y‐‐'^-、.       忍殺の特徴的な地の文は、かなり控えめにしてあるから
      /            / > 、 \ Y´_r‐、ヾ' rヘ、 7      だいぶ分かりやすい…はずかしら
.    .′          / /   \ У L._ こニ、 7 7. 
    .       /  / /   _   \ゝヽ-‐(rヘシY´ ̄ハ.    過去に忍殺短編も書いてたけど
    !     i   / /!  ´  `   └┐¬コfヽく厂`Y´.     結構楽しいのよね、忍殺世界を書くの
.     '.  ヽ.   ! / / .!    __ _   └┐_、_、く_\ く   
.     '. 、   、_i__i_厶イ  .ィ´: :`ヽヽ   ィfiヽト 〉ヽ \ヽ.     ということで>>1はノリノリだったかしらー
      ヽ>'´  , イ 、.!i .イi:_:_: : : : :!   !、:| 川/ i ',  ∨
     く   / 人 i.!  '、 ノ:_:_:ノ    <ノ 〈/   !_j
.      > / /ゞ、、 ⊂⊃       ⊂ノ            あ、興味がある人は過去に書いた短編も
        ヽく //人_,ゝミr;、 __{ ̄ノ_ ,.ィfメ,             読んでみて欲しいかしら
         ヽ' / .イ  (`´{t介xハ‐</`,ニ_
       __r、‐‐V、/7 / 、〈,小Y `ー‐〈()_)).         こっちはもっと濃厚よ
       ヽヽヽ  〉し   __>rヘ     |()_))
       /└| | ∠、   フ介x〉)),、 //´
.      厶イ廴/7´ ̄ ̄´゙'イイ八彡' `'-'


「レイニーデイズ・アンド・マグロフレーク」
ttp://mukankei151.blog47.fc2.com/blog-entry-7317.html

「サケバー・ウィズ・ニンジャ・アンド・ウーマン」
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1444445245/670-768


203 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/06/14(Wed) 21:19:53 ID:81b223b4


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |          さて、次の投下は明日 6/15 21:00から
       |   _ ` トイ'、l
       |  ィこ:Y_| Vハ/.            幕間 第10話を投下させていただくかしら
       |   {しリ`イ ソ
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.   
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... |
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' | 
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ             たぶん次の本編からは
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \.        通常営業に戻ると思います
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.       
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j...       たぶん
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ        
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }.        では今晩はこれにて
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


204 : 普通のやる夫さん : 2017/06/14(Wed) 21:24:59 ID:079984a7
乙でした
そういえば宇宙忍者だったw

205 : 普通のやる夫さん : 2017/06/14(Wed) 21:34:19 ID:ea66995a

ツッコミ所がキリないがアレだ、バルタンと添い遂げた鳳翔さんにものスゲェ衝撃ガガガ

206 : 普通のやる夫さん : 2017/06/14(Wed) 21:40:38 ID:948c588d
乙ー
なんたることだ、ニンジャは宇宙にも広がっていたのかw

207 : 普通のやる夫さん : 2017/06/14(Wed) 22:07:36 ID:63d4786f
乙でした!
今までで一番ツッコミどころの多い回だったwwww

208 : 普通のやる夫さん : 2017/06/14(Wed) 22:29:28 ID:c51ef5af
乙乙
ニンジャ?!ニンジャナンデ?!

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その128 (08/22)
  • 国際的な小咄 4865 黄色はお揃い (08/22)
  • 国際的な小咄 4864 イラン人を怒らせようと思えば (08/22)
  • 国際的な小咄 4863 エベレスト渋滞というパワーワードすぎる何か (08/22)
  • 国際的な小咄 4862 せっかくのぞみのAA作ってくださったので (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 修羅の国こと福岡県について (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 好きな戦国大名 (08/22)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その61 (08/21)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第六十話 (08/21)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その127 (08/21)
  • 目次 あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG (08/21)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その3 (08/21)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その2 (08/21)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その1 (08/21)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 キャラメイク (08/21)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ イランについて知っていること (08/21)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 好きな県 (08/21)
  • 国際的な小咄 AA International NEWS 『靖国神社に墨汁のような……』 (08/21)
  • 国際的な小咄 4859~4861 今日は何の日 7月30日 (08/21)
  • 国際的な小咄 4858 ゲバ文字分析をする中国人 (08/21)
  • 国際的な小咄 4855~4857 今日は何の日 7月29日 (08/21)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第十六話 袋小路のネズミたち(後編) (08/21)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第十五話 袋小路のネズミたち(前編) (08/21)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第十四話 滅びの予兆(後編) (08/21)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第1話 「若白髪に悪いやつがいないかといえばそんなことはない」 (08/21)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 予告編 (08/21)
  • 彼らは未来を切り開くようです 第六章 うたかたの苑 その六 (08/21)
  • 高森藍子はアイドルになるようです 第39話 (08/21)
  • AA劇場・ウィルの冒険 第35話 (08/21)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。



    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
    スポンサーリンク


    ブログパーツ アクセスランキング