スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

亜人はBARに居る 幕間 第09話 「座敷童子の留守番事情」

目次 現行スレ

133 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:00:42 ID:5bf42075



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.                   幕間 第09話
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|.              「座敷童子の留守番事情」
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.




134 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:01:05 ID:5bf42075


ハクがマホロアと出会った次の週末
集まった常連客たちは、マスターからマホロアの存在を紹介されていた


                    /ヽ
                  /三ミ、}
                /    .‐'- .._  ____
               /  ´       <´ \\ヽ/
               /            マム/
                 /´’==、 >          ,;'
             /:::::::::::::::::::::ヾ ヘ        ィ、
      γヽ,-‐、  iヽ、::::::::::::::::::::::ヽ'_     ´ / }_         「マホ! マホ!」
        {   ヽ ヘ <_ヽ:::::::::::::‐==-:::i ム    / ,' ´ ̄i¨i
       マ    ヘ マ ゙'' =::..___|_.].. ‐''   /    .i .i
       ヽ __.ノ !`≦-..{{二}}二7  _.> ´.....    ,' ,'
                |   ヽ;;;`ミ─ ''      .....:::::::::::! |
                 |     ヽ¨ ` <         / /
                  | ̄ '' ─-ヽ   ` <     //
                 ` ''─-- ..._ヽ     ` <//
                       `          ̄



                   ノ|
            __ / ./        /'
        >. ´. . . . / /. `ヽ _ - ´ /
       ´. . . . . . ./ /. . . . . \__/
      V. . . __/__/_____. . . . . . .`ヽ__
    ∨. . . {        _ノ. . . . . ヽ. . . | _ノ
   V. . . .| ̄ ー---=≦. . . . .. . . ..|. . . ∨
    |. 「 ̄\  ./. . __./,---/ . . . / . . . .|          「まぁまぁ
    |. .\ ___/ Y. . . . ././ノヽ|. . /|‐-. . ..!
    .! . . { { 〈ん} . . . /r=笊 ./. .ィr、. . ./ |.           まぁまぁ
     |. . . . . ..ヽ/\ .|  vr′.|/vノ }/ /./|
    | . . . . . . .|. . ..`|.:.:.     '.:/. }ノ|/.ノ            とても不思議ですね」
    | . . . . . . .}... . . |  r 、  /. . |
    |. . . . ___ノ|ヽ. . ト  `  イ |. ./
    | . . /::::::ヽ\',.∧ 「. . . . ./| /ヽ
    | . /::::::::::::::::::::ヽ∧=r\___ノ'::::------- 、
    | /:::::::::::::::::::::::::::\/::::::::::`ヽ、_::::::::::::::::::∨
    .j!.|:::::::::::::::::::::::::::::}!::::::::::::::::::::::: \ \:::::::::::::∨
    j!∧:::::::::::::::::::::::::::}!:::::::::::::::::::::::::::: }  }:::::::::::::::}
   .j!. . }、:::::::::::::::::::::::}::\ :::::::::::::::::::: } /:/ヽ___/
   j!. . .ヽ:::::::::::::::::::::::{!:::::::`::::::::::__:>---≦}__}___〉



驚きより興奮の方が勝っているのだろう
清姫は優しい手つきで、しかく間断なくマホロアを触り続けている

マホロアは嫌がる様子では無く、むしろ嬉しいのか
喋りながら身体を揺らしていた



           /i_,ノヽル1、_
     .l、 ノ`, l´`´;;;`;´;;;;;;;;;;`´イ-´レ-
    _ゝ`;;;;;;;;;;ヘ;;;;;i;;/;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;と
   ,,ゞ;;;;;;;;;;;)`、ヾ;;;;i ;;ノ 1;i:ノ;;;;;;/´;;;;;;;;;;レ
   <;;;;;;\;;;`ヾ ;;;;ヾノ;;iイ;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;`;7
   ,ゝ;;;;;;;ヾ;;;;;;;`;;;;;;;ゞ;;r;;;;<`i;;;;;i`ヾ;;;;彡三;そ
   `っ;;ノ´ゞ;;;;i´i;リ;:i´i;l `i、!.iノ`  `i;;;;;;;;;;;;`ゝ
   >;;;;i::: i/ Y ヽiヽi .ヾ   l    ];;;;;;;;;;;;; >
   7;;::l;:::_,--、i .Y r ̄二≡ミミ ゞ;;;;;;;;;;;;T        「不思議なもんだな
   .フゞ;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ ヾ :f´r::::__y≠ヾ;;;;;;;;;;イ
    ヽ,;;:`i ̄ `ゝll   `〈 弋_ノ ケ  \´ /.1       触れるのに見えねぇってのも」
    i´ヽ:::` ̄ ´:;;l-;     ̄    :: i./-i )
    `i;;i;;i::   :;,;        、   ゝ- /
    i,;;ゝ:::  ::ノ. , 、,      ヾ .r´ノ、
      ヽ:::::   ´` = ̄         i-´;ト
      \:::  ;;;::_____、      `  i イヽ,
       i,::::::::_`─  ̄`     / ′ i
       i`,:::::` 二 `     /     1
       l;;;ヘ;;::    ヽ   /   /  ::;;;i
        l;;;;;;;ヘ,__ ,, ッ´  , -i   ≡i


135 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:01:27 ID:5bf42075


            //:::::::::::::::::::::::::::::/           ヽ
            / _/::::::::::::::::::::::::::/           ',
          { /´:::::::::::::::::::::::::/             〉
              、\:::::::::::::::::::::く          x<二 __/
            >''´ ̄`ヾ::::::::',     x<.__l_l_/       「まー、アレだな
             `⌒ア}代ッ、\:::>─く:::::::::::\::\::::\
             / ; `¨ア{7{ 代ッ、 ∨:ト<::ヘ:::::ヽ::::::>.     俺やない夫ちゃん的には
                   {  / |   `¨´   V}|::/{\:';::::::丶::\
                 '. 〈            |} ノ /:::丶:::::ヘ:::::ヽ....  マホっちの存在はなんていうか
                、 ´         r┬く:::::::、:::、\ア⌒
                  }__ミー-一     '  }:::::}:::::::}:::::\ .       居てくれてありがたいわな」
     r─ァ'⌒ー┐    {::/ ハ__,、  /  /介ヘ:::::ハ\:::ヘ
.   f´{  {   V}     ヾ、{:::::::::>´  / /  ∨ }  ヽ:}
    f|       ヾ┐      `,コ〔     //      }┐
    {          } }    / /ヘ、_,. <       >人
    }         丿    {  ハ::::}        ,. <´ : : : : \
.   /   __     /     } /}o:::j      /: : : : : : : : : : : :
  { ,ィ升::::o:`ヽr'      {, /::::ハ   /: : : : : : : : : : : : : :
  ィ´ |} {::::○::::::}       /,:o:::/ |  /: : : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 { |/ ノ::::o::::::::}      //::::::/ l/: : : :/



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)       「ホッとしたとこはありますよね
          l     ` ⌒´ノ
            |           |        本気で心霊現象だと思いましたから」
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||



                                      _
           r ─- ..._      ____      _..。s≦  !
              ', //  ≧s. <       > 、´  >、、  }
               マ〃    /     _      \   ヾマ/
             マ         r‐┐_{  }__{¨>、     }/
                マ ./ ィヘィ  _____  '-へム . '
              ヽ′マ >γ¨',::::::::::::::,'¨ヽ\ / ム´        「マホ?
                    iヘ// ::: {   }::::::::::: {   }:::::ヽヽ}ァヽ
               r{、/ ::::::::: 乂_ノ::::::::::: 乂_ノ_..。s≦ 〈          マホ、レイ?」
     . < ̄\     _ {  `  ‐-------‐ ___ ̄      〉
     {      ` -´ ヽ≧s。..____γ -‐、ヽ´ム    /、
      .マ         ノ、: : : : : : : : : : { {: : :.} }_.ィ ./   \
     .ヽ    ¨>、 / 〉、 ‐------- 乂二ニノ_> ´      \
       \     / /:::::\‐-、----- ァ ‐ ¨´ >ヽ -─ 、   .\
          ` <..__ノ />-─\ `¨¨¨´ __ <`¨ /      ヽ __.> ´\
              | /       ` <ヽ-' `¨´__〈  7     ム      }
              レ               ̄ ̄   ゝ /      ム   > ´
                              {       }¨´
                              丶..__.> ´



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !            「違う違う
     / イ  ,' !  l  / l  lヽ _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l   |,/  !   !  ヽ、::!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:            そうじゃなくて良かったって言ってるんだよ」
     |,'  l  ! .:| ト| ´ ̄ ヽ  !   ̄`` ヽ!:/ : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ z==s \|  z==x  レ   |:/:/{. : ´: : : : : : :!
       ヽ|  .:|  |                |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l  ⊂⊃    `      ⊂⊃    |: :!:_:_:_: : : : : :/
          ヽ!  人   r──┐    ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、 ヽ _ ノ  ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!


136 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:02:00 ID:5bf42075


.         ///////////>.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        ///////////.イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
..    /////////////.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>=ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:     「……メディア殿
   //////////////.:.:.:.:.r=ミ{.:.:.:{{: : : :リハ:.:.fハ:.:.:.:.:.:.:.:.
  .イ//////////////.:.:.:..:.{{: : :从:.:.ゝ--イ 八.:{ri{.:.:.:.:.:.:.:.: .       皆が楽しそうに話しているマホロア君が
 ///////////////.′:.:.:.:从ー〈 乂:乂    }:ハ/.:.:.:.:.:.:.:.:
.////////////////i..:.:.:.:.:.:..∧  ヾソ       从!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      私の所へ一向に近寄ってこないのは
乂//////////////,|.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ r r== ー ヽ 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ` ー‐ --------ノi:.:.:.:.:.:.:.fくハ   ̄ ´   イ  }ハ.:.:.:.:.:.:..       如何なる理由があると思われるだろうか」
            从∧(乂  .∧     イ  /.i:{乂ハ:.
                   ィ//,ゝ _.ィ"> ´/.i: イニニ`ヽ:
                /,//// ノ<f⌒ヾ./イ ./ニニニニ-\
               /.//// }ニニ〉rく  .:/ニニニ=-<ニ
           _ -ニ/////  ノニ_イ   .::/ニニニニニニニ.`ヽ



                : : ´: : : : : : : : : : -
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : : : :/: : : ; : : : : : : : : :_: : : : : : : \
           /: : : : : : :/ : : /: : ; : /: : : :./ミヽ/:ヽ: : : : ヽ
.          ∥: : : : : :7!i : : |!: : |: :|: : : ∥ `´~ヾ! : :、 : :
.          ∥: : : : : : l:|:!: : :!|: : |: :!l: : :l:!       |:|: : } : ハ
.          ':!: : : : : : :l: |!',: :|:! ̄!:T-- l- '    |:l: :メ: : トl
          l:l: 、一 =l: : : ゞー芹示ミヽ! |   /ー-/ |l::/ }
.          |:|: : ヽヘ(`l : : : : |  乂rソ       !示ヽl |l; ノ
         |:| : : : :\ l : : : : |          ゞ' /:!
          |:l: : : : : : :.l : : : : |            / /: :|.      「顔が怖いからじゃないかしら?」
.         l:l: : : : : : : | : : : : !            / : :l
        , | : : : : : : |: : : : : ト      -=,ァ  , : : : :.!
.         ; :| : : : : : : |: : : :|: :| >      /|: : : : :|
       i: | : : : : : : |i: : : :l: :|    `  -: : : :|: : : : :|            ,、
.        l: :!: : : : : : |l:l: : : :乂ヽ-…-/ : | ,,_ : | : : : |.          ,' -\
       l: :|: : : : : :l !l:ゝ -彡イニニニニニニヽ.: :.:| ==- ..._  .l´  ̄`ヽ
.       l: :i: : : : : :j | ゝ= '/ニニニニニニニニム: : :|..     `¨   ,,‐-<ヽ
      l: :l: : : : : jニ|ニニ/ニニニニニニニニニ=-: :|.         <´>:::::─-\
     ,': :l : : : : 7ニ乂シニニニニニニニニニニ=-:|,       ヘy':::::::\::::::::::::::ム
     /: /: : : : /ニニニニニニニニニニニニニニハ.      'rム:::::::: ̄`:::::::<:::',
.     / :/: : : : /ニニニニニニニニニニニニニニニ!..゙<´  ̄,ニニ==--::::::::::::::}
   /: /: : : : /ニニニニニニニニニニニニニニ彡≧、...   i____ `¨iiミミ、
.   / :/: : : : /ニニニニニニニニニニニニニ<ニニニニ{..゙'''¨ ̄ `7,!、::::::::::`¨''</ .,' ,'!,'<` '' 、



さらっとそんな事をいうメディアの胸元に
マホロアは上機嫌で収まっていた



           ///                             \
        ー=≠≠彡                              ハ
          /                                  !ト、
         /     〃                     ト、      !|
       /      .l{             ヽヽ i i  } }       |i^ヽ    リ
    ー=≠´                    } } } i ハ/      リト、 }   i{
     //               ハハ,   ヾ=ァ=≠匕厶     | う /   八
     /    乂      =≠ヘ.   VXィ弋ヅフl|     ! リr'_/   八
      /    ./  !.        代ツ>ト、  ト`ニ二| l|    i|/ |「   {         「……無情だ
    i   ≠   ノ.        V,不ト、\八   ノノ|i   l八 八    `丶、
    l 〃../  /        ∧ ,′\ヽ `ヽ  |l   | /{爪ハ八  ト、ヽ.     この世は…無情だ」
    iハ /./            ∨   _  )   从  i.l /   l |ミi )ハ〉〉〉 〉
    { 乂            i ||  `¬'>_____、ハ V    ノ |ミ|.:// ,//
    /           i l |八  |i ハ^こ二  ̄ /  }.イl     l//
   /  /     i   i l | ト、ハ l.|l{/∧      /ニリ    //
. /  .イイ   /i i |   { .乂乂> ァ川Fニ弍、___ /ニ〃  //
(( Y´ ノノ . .イ八Ⅵ、  \ //〃i.|  八_乂>{{ニニ i{ /{/
  し'//i (( |  ヽヽ>、  く,/{{八ゝ/ /≠/∧ニ /o リ    /
    {{ハ_.`斗=ニ二   )  } 从   /≠{ 〈/o_,X〃>='′   //
    ∧V⌒ヽ.|     /)  ノ   ハ/≠{ {  {>'⌒''<二ニ=‐-≠ /
  〃 / /  i|    / イ /{   /≠{ { {   〉'⌒  `Y´-=ニ./
  / / /   ノ  /  ,ノ′丿  // /{ { { xく⌒ヽ. _/ ̄  /
/ / / / /   /  (   // /厶<´  ノ ハ/ニ=- /


アーカードは、割と本気で落ち込んでいるようだった


137 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:02:22 ID:5bf42075


                   .  ´ ̄  ̄`   、
                /                \
              , '                ヽ
.             // /    /           ヽ
             // //  / /   /`ヽ ,. 、   i   ヽ
.            // //  / /__ __/´~~`⌒i ト、  l   i
           // /.!   i|ィ´i // `   __| l l  i    |
.          // .//!   l|リ,.テ〒ヾ   ,. -.| l i  |    !.    「ところでハク
          // ,. --|  i| 乂r' !    〃l7! l l  i  /
.         // `ー‐!   l|         tr':ソ //  / ./       この子、普段のお店ではどうするの?」
       __//   //|  i|、   ____ '  彡1\/イ/
       /  `ー‐‐〈___|  l| \  !___ノ  イイil X >j/
     /            !   i|  `ーr‐‐ 1/ ! llij 〉ハ
.    /           |  l|\_____ト、i´l  .| | ̄\ /\
   /              !   i|\i」」」/ ! !  l |   V /
  /         /ヽ N  i|     /∧ l |    V \
/        /,. -- ヽ ヽ.リ     //  Vj |      V /
        //    ``ー ‐ 、/⌒ヽ/⌒ヽ      ヽ



           -― 、      r、
          /´ ̄ ヽ }      マ{
      /     _ }/ー'´ ̄ ` マ
     /    , ィ´ /         う 、          「さすがに手伝いをしてもらうと
        イ              ヽ \
       イ/         ヽ\、     ヾ 、\.         お客さんが不審がると思いますので
      / /           ', ハ ヽ }  ヽ. ハ ヾ 、
      i/   ! ,イ l     ー!┼-キ!‐ !  ',  リ.       普段はお店の中をふわふわしてもらいますよ
      l|   i  ! l |x     ハ jzュキ-ァ lヽ
      マ   l | メ{ ',    ! 仆!jリ 'リ jト. Y !
      V    ヾ!/ X!zテ   j `´~、`/l ', } |.         まぁ馴染みのお客さんには話しますけど
     r-ュ、    ∧xチtjレ゚\ノ 、   ′! マ j、
     マニム  メ ゞ゚´、`      ,   イ  Y ヽ       今みたいに」
      マニム   \、_,   -   .人 ム  ト、  :.
       ゝ ̄ ヽ  ヾ ̄.._    イ ト、 ム  マ \l
       _〉ニア⌒ト、 \{   ̄   ! j マム  ト ̄ :.
     ´アム /    ! ヽ. \、_   j /  マム !  `ぅ、
  ィ´ イニ Y    |   \ ヽ  `      lム|     。
    ムニニ ム   i  /ヽヽ ハ   _   /  i ハ!     Y
    〈ニニ ニム   l イl    Y\}   `ヾ{   !/      }
    `ヾj /⌒、  i/ V   L_リ >。_  ヽ j: !      ム
     /    / ハ    !      `≧ュ>、 V:,ィ      イニヽ
   /   /    :.  ハ        `ヾ>:/:l._ , ィニニニ\
      /    ィ7ヽ/人         )、_: ィ:{ 八ニニニニニ
   j    ′  ノ`! lマ ∨ニ>。      彡´| : : : 〈  マニニニニニ
   |!  ;'  , 〔ニレ!ム  ヾニニ≧=、 ´ /ヽl!: : : : l!  マニニニニニ
   li  {  ムニニ<`マヽ Yニニニニムー'  ィ| : : : : ト.  マニニニニニ
   l |! {ニニニニ 、ヾ≧!ニニニニニrニニヽ: : : :|_ム  マニニニニニ
     l  いニニニニ>ュ マニニニニニ、 ニニヽ: :jニム  マニニニ


138 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:02:47 ID:5bf42075


          ..  ---   、
       .  ´         ヽ
     /              \
   /    /              ヽ
  /     /   .i i   .|       │
  ,'    ,' /.. \|、 |i    l/ |      ',、\       「まぁでも、話すにしても
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  .l  .|  l │
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ l   |  l.       マホロアみたいな子の存在を
_.', r |  l./三三 |ノ  三三 ! / l  ,'ヽ |
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 | /.           理解できる人じゃないとですけど」
ヽ::::::::ヽ.|  l                 / l 'i
 ヽ ̄ .l  |._    ∠l   .  ' |  |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   l  l



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \.         「端から見れば、本当に超常現象ですからね
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__).         まぁマホロアくんみたいな存在が
   |     ` ⌒´ノ
 .  |     ∩ ノ ⊃.         そうそう居るとは思えませんけども」
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ
 (.:::::::\ /::::./ノ:│
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄



                             ,、
                            /- ',           _
                           /´ ̄ `l.  _... -==¨´、/
                          ./ >-‐,,  ¨´     ヾ/
                      /-─:::::<`>.        /           「マホ?
                    /r、:::::::::iヽ:::::::::',yヘ      /
                       .,':::i }:::::::::|_|:::::::::::ムr'    ム.            マホ、イル?
           , -、         {:::::¨:::::-==ニニ ̄ ̄ `>-、}
           <>´ー、      .r≦´ ´¨  {{二}}二!     >           ホカ、イル?」
           〉 '´-─ 、.._  .マ>-'''¨´:::::ノヽ ̄¨'''─- .、 }─‐-、、
           ,‘´    ヽ}.  ,;‘<_≧--≦ィ、/ ヽ     ¨>─- 、!i
           ‘マ     / ,,;;;;;;;;;;;;>ミニ..'__..マ   _.>‐ '' ´ ̄ ̄\
              ヽ_/  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'''''´ ̄ヽ/ ´ _.. -─ '''' ¨ ´
                  '''''''''''''''''''''''''''''        ヽ/



          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ           「違うちがう
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7.      マホロアみたいな子は
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/       とっても少ないって言ってるんだよ」
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y
         Ⅳ、ル∠__ト  -}__! /」 |:::\:|
           γ/{〈|  / 〉j/^ヽK ヽ:\
             {/ l l !ノ_〃 Y   }、::::、ヽ:.\
.             (  {  ̄/   ノi== i ';:::::> ´ ̄`
            L_〉 .{___ ,{ |:::::|∨
           |:::}/  j    | |:::::: |
           |:/ヽ/    ‘,|::::::::|
           |{[i[二]ニi]ニニ|:::::::::|


139 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:03:10 ID:5bf42075


             ,.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:―- ..、
           ,.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.、
           /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.,:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、.       「あ、そうそうハク
           ./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:,,..、:.:.:.:.:.:.',
        ./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:/:.::.:.:.:.:.:.::./ヽi、}:.,、.:.:.:.',.     電話で聞かれた件だけど
       /:.:.:.:.:.:.::.:/:.:.:.:/:/:/.,_/::. /    `ー|:.:.:.:.:l    
       ,':.:.:<´二/:.:.:.://:./_,._, `/ 、      .|:.:.::.::l      絵本が好きみたいよ、その子たち
       ,':.:.:.:.:.\.l:.:.:.:.:|/i/ /{ ソ > 、_\     |:.:.::.:.l.    
       ,' .:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:l. |//`ー'- `   _,,-‐-j:.i/:.:.j.    その人もお店に絵本を置いておいて
      ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:l             /ソ7´/::.|:.:/.     
     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|、    、     i/:.//|/.       読ませてあげていたらしいわ」
     ,'.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:,|:.:.:.:.:| ` 、    ー‐  イ:.:.:.:´i:.:.{
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:|:  \_  イ:.:.:.: |:.:.:.:.:.:|:.:.|
 _,,..r''´ ̄`''ー-ノ`|:.:.:.:.:|__/=、,,、|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.|
´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー、:.:.:.:|―‐〈_、;;;r 、`ーr'`ヽ:.:.:lヽ:.|



メディアが切り出したのは、ここに来る前に相談されていた件だった

ハクがマホロアの件をメディアに報告がてら話した時に
メディアは過去、座敷童子と住んでいた人物と知人であることを打ち明けてくれたのだ



         , --―-
      , ' ,'
     ,  (
      l  λ __
     `ー--、ノ____
     , --- ´ `ー―――、_ ` ,
   /              ヽ, {::} 、
  /                   ゝ  `||  |
  /       ハ     lゝ    l   ||  |.          「絵本ですか…
 リ      / ヽ    .|  `、  i |.||  |  ___
  | |   , l__ノ\  jヽ__ヽ  l j_||  彡:::::::::::/.    うーん、さすがに持ってないですねー」
  ! |   ハ j--一、 ヽl ,ー‐- \l,´::::} ノ::::::::::::/
  レ| リ.i l 弋ンナ    ヒ少 /|  |::::::}ニ< ̄ 
   レl | l         ll|| |  |::::::i::::::::::..ヽ
     | ト              リ .ノ ̄ヽ:::::/
     l リ ゝ ____ __ イ /   {   ̄
     jノ  /l ヽ-、,- / ヒ´ l   ヽ
        / /,;:::::::::::::::::::::::l  |     \



            /|     '"´ ̄    ̄~"''     iヽ
.           / :レ'´              ヽ|   ,
          {/                   |  ',
          {ヽ,:´             、     弋 ー- 、 ',
     弋゙~∨   :i j  /      :i      i \   ',
       `';′    j {  !     |  j ,ハ  !   `ト  `フ
      /|     {灯`∧     :i,ハフlフ T .;   厶 <
      \:、    y犾ぇ\  ノ ッ犾¨㍉ イ   /`ヽ/...  「ますたぁ、わたくしの家から少し持ってきましょうか?
        {}\{   { {:......:}  `゛  {:............:}V  .,:゙  {}
             l\:リ弋..ツ     ゚、:.__.:ツ厶イ   |     子供の頃に読んでいたものが、まだあったはずですから」
.           |! 圦""          ""イ l    !
.            |l   {> .,_/^ア‐' _,.  <:/ /
            八  j  /=∧▽ /  ∨ / ,.:゙       ',
.          /  \{ r'-f′У/   i Vイ        ,
          ′   /辷'!iミ竺竺彡{  V           ',
        .′;   八 l :リ}`T冖'''T゙~i   ',   i       ,
         i i{   i | ∨{,イ|   ./ト、:ト、 ',  ! i    } :i



         /  /   /      \        ヽ     V. N  ',
.        /  /   /   / \     ',     ',     }i N
       /   ,        ,   \    ',          |i N
.       ,   |i   |i   |iノ''    ヽ i ̄/i =- 、  i    |i::liト.   i
.       i   |i   |i. /|       | ,  | iハ}   |i   |i::lll:::}   |i
.       l   |i   |/ i从.       | ,ィ竓示ミx |i   |i::ill:::}   |i     「それじゃあ清姫ちゃんに甘えちゃおうかなー
.      !.  |i.   八 x竓示ミ    ! ''う し' ソ '|i |i   |i::lj:::}.  八
      八  |i   〃う しハ`  ノ   ゞ--   |i八.   |i::::::/  '       あ、もちろん私も探してくるからね」
        \,八    {ヾゞz少'           イ'     |i<  ム-=7
        \   圦       }          |i    |i   '三三=/
.           \ >ゝ              |i    |i  /三三=/
           {    ゝ     、  ノ   ' |i    |i. /    /
                 { >         /|_ |i   八'    /
         _ ∧    l‐   ̄ 〕   -     li  八   , ---=ミ=7


140 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:03:36 ID:5bf42075


その話を聞いていたアーカードは、何故か満面の笑みを浮かべていた


 _/  ー-    ̄ o`Yp ___厶斗<三三三三三三三三三三三三三
_}≧==―――=≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
二ニ=-      _≧三三三三三三三三三三三三三三二ニ=--   ̄
=-       __三三三三三三三三三三二ニ=-‐:::::: ̄:::::::{            「メディア殿
_    -―==ニ三三三三二ニ=-‐_r弌fiリナハ:::::::::::::::イ⌒:::::ハ
     _ ≧三三三二ニ=-‐.::: ̄::介:...二 イ::::::::::::::::{f{ リ::::::::乂            本の読み聞かせは喜ばれるかな?
_____≧三二ニ=-===ミ: :∨::::::::::{ハ::{> -<::::::::::::::::::八j {:::::::::::::::`ヽ
 ̄: : r<::::::::::::ハ::::!    '.f∨::::::∧从    ヽ:::::::::::::{乂イ:::::::::::::::::从
: ::::::::`ヽ}:::::::::::{ }从     }}i!\::::::{{ )).     }:i::::::::::|!り:::::::::::::::::::{:! \.      こう見えても私は朗読が得意でね
::::::::::::::::}i::::::::ii:乂(     .イ゙i|:  ヾ从      从:::::::::i':::::::::::::::::::::::八   ヽ              クルル
: ::::::::: 八:::::::j{{  >-=彡" i|:   }::ハ>==≦ i:::::::::,::::::::::::::::::::::::;  `ー-..    癖になる声と、姪のお墨付きなのだよ」
::::::::::::::::: i::::::ハ f r'   ヽ :{   .イ(  ー-ミ   リ:::::/::::::::::::::::::::::/ \
:: ::: ::: :: :从:::::∧ ヾトー-ミ ゝ-イ      ヾ7 .′:':::::::::::::::::::::::イ.   ヽ__
: : : :: : : :::ハ:::::∧   汽坏辷ー-- -r iア´/" .イ.::::::::::::::::::::::::!从.    ∨`ー
:::::::::::::::::::::::::}::::::ハ   ゝハ±±±ハイ . イ /.:::::::::::::::::::::::::::八 .      ∨
:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::ヘ  `ー=====-- イ  〃.::::::::::::::::::::::::::(           ∨



                  _..,,.._   _..,,.._
               , :.:.´:.:.:.:.:.:.:`´.:.:.:.:.:..:.:.:.`ヽ
                .:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.': .
                  .':.:.:,:.:.:.:.:,r 、:.:.:.:.:.:.:.:, 、:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.':.
              .':.:./:.:.:.//   \ ,/.  '.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:'.
             .'.:./:.:.:.//`ヽlVヽY/l/´ '.:..:.:.:.:.',:.:.:.:.:'.
            .':.:,':.:.:.,':,'           .l:.:.:.:.:.',:',:.:.:.:.:'.       「え、ええ…喜ぶって言ってたわ
              l.:.,':.:.:.,':.l              |:.:i:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.'.
               j:.:lハ:.:l_:|____ノ  、 ___,l_:l_.:./:/:.:.:.:.:.:'.
             .l_,,.',:.i:-r 仆心、    `´ツト心`ヾl/:.|:.:.:.:.::.:'.        …というか、アーカード
          / :}:.:.ハ.:l、辷リ     ´ ゞ利_ノl:.:.:.|`ヽ:ハlヽ
          `ヽ._j:..:.: /            .|:.:.:.|  >.}:.:l      なんでアナタそんなに本気なの…?」
             j:.:.:,':.i:.:.ハ u.    !        八:.:|ー´ :ヾ.〈
           .';.:/:.:,':.:.:.l`.、    , 、     ,イ:.|:.:.:.|:.:.>、:.:l:.:.)
            .':.:/:.:/:.:.:.:j:.:.:..: 、  ヽ'   .イ:.:.:.:|:.:.:.',:〈:.:.ヽY、
           ..':../:.:/:.:.:.:.,':.:.:.:.:.:..:> _   < |:.:.:.:.|:.:.:.:.',:.〉、:.リ.:l
         .':.:/_./:.:.:.:/.l:.:.:.:.:.:.:.:.:j、___,,...j:.:.:.:.|i:.:.:.:.:',ヽ:.ヽノ、
    _,,.. -‐''"´;;/:.:.:.:/:.ノ;;ヽ-''"´, 、_, -、テ―‐'ヽ⌒|!:.:.:.:.:.',´ ̄ ̄`;;;,,,、
  r';;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:/:.:/ー'⌒ヽ,. ‐'´/  /_    ,r'‐、;;|.:.!.:..ヽ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./::i/;;;;,._Y´/ _,/ _     ヽ⌒ヽ;;;;;;;;;|/l:.:.:.:lヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙i



               /             }: : : : : : : : :.\ \
           〈                 }: : : : : : : : : : :.i⌒ヽ
              \_ ..斗 冖=‐-=====' -―…‐ ミ、|   〉
             {_{::斗r七7::::/\__ .斗-‐…‐-ミ、   /
              /:/:::::イ /: ,:代_ッ冖`ト/ ハ:/-―\::i\ /
            ,/// |::i// ` ̄´   //代ッ> /ハjー-ヽ
              /::i| } (,|::|:.:.:.:..          {   ′{
.           /.::::::八乂 |::|:.:.:.:.. u.     __ 冫  ;⌒ヽ      「意外に子供好きなんすね、旦那……」
        /-‐ァ/:::::\_|::|:.:.:.:..              /
          /.:::::::::::::::八ト、.:.:...    -‐―ュ  /
          ∠ イ.::::::::∧{    \:.     ー=‐  /
             //^V‐- ミ.   \  /L.!V ハ./
       _,∠____ : : : : : : ` : . . `:{____}_}リ′
      / . : : : : : : : . \‐  ミ: : : :.`: . 、/
     / -‐=== : : : : 、: . \ : : \: : : : : :\
   / . : : : : : : : : : : : .\: :∨.::ハ \: : : : :/
.  /. : -‐… : : : : : : …‐-: \ V : i   ヽ: :/
  く: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } : |    V


141 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:04:11 ID:5bf42075


    j!  .|   _   -―――-  /   |
.    ,′ レ ´. . . . . . . . . . . . . . . .⌒ヽ/、   /}
   /   .|./ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .` 〈 .|
  ./    | ./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . \
 /    /_ノ| . . . . . . . . . . . . . . . . . .ヽ . ヽ. . . . .V
ノ / ̄  / . . . . . . . . . . . . . . . . . . . | . .| . . . . .∨
|     / .| . . . . . . __|__ . . . . . . .  ̄| ̄|ヽ| . . . .∨
|    ィ´ . . . | .| . .|/ . .! . . . . . . . . . ...| ノ| .ノ! .|.. . .|
|  /.::」 . . . ...| .|/| . .| ..|ハ . . .| . . ./|ィ===ミz、! . . |
_/⌒ハ . . . . ', | . .|ヽィ==ミ } . .ノ . ./ィ {:i:ヽ:| }】. . .i .|
    .} . . . ..ヽ ィ/ /:,-:::| /} ./   辷ノ ノ|  /./
、   /|ヽ . . . . 【{.  { :i::」:|             .|/|イ       「まぁ、朗読会! 素敵です!
|「 . ! | i! . . . ..\  `¨ ´       、   ,:,:,: |//|
|| . .| .ヽ」\ . .\|  ,:,:,:,,       ′     |//|       アーカード様、わたくしも参加したいです」
|| . .| . |∧ . `⌒「                /|//|
|| . .| .//∧   ∧        , -‐ フ   ∠|/,!
|| . .|////∧   `ゝ     ` ー ´   イ| . |/,!
|| ..//////∧ . . .∧ `≧   __/二Vヽ.ノ//
/:/ ///ィf二ニ}!、 . . ∧     ∧;i!i!|::::: ∨二]|}//
. | . ,ィ仁二二 Ⅶヽ . .∧   ,//|i!i!|::::::: ∨二]./
斗f´二二二二Ⅷi!i\.∧_   |//|i!i!|:::::::::::| 二]!
⌒\二二二二}ヽi!i!i!.\}/≧}//|i!i!|:::::::::::| 二]!
i!i!i!i!i\二二二}ト:\i!i!i!i!≧///.|i!i!|:::::::::::| 二]!
i!i!i!i!i! ∧二二二}ト:::>i!i!i!i!i!i!i!i!|i!i!|::::::__::::`ヽ」
i!i!i!i!i!i! ∧二二二}ト:::::::::::>i!i!i!!|i!i!|r ´/::::::::::::∨
i!i!i!i!i!i!i! ∧二二二}ト::::::::::: ,ィ ¨ ⌒´_/:::::::::::::::::}





: : : : : : : : : : : : : : : : : : :-‐― .< : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
: : : : : : : : : : : >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : :/.:.:.:.:.:.:>__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '
: : : : : : : : : :}:_:.:.:.:.:i{f   .ハ.:.:.:.:ィ==ミ:.:.:ハ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}
: : : : : : : : : :}゙ メ i:.八_ _乂.:/ {{  j{:.:.:.' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
: : : : : : : : : j! {.:.从    7/ i|ゞ=イ }:.:.:{ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: : : : : : : : :八j.:.::{ r   ((` "   ノ.:.:.′: : : : : : : : : : : : : : : :> ´
`  ー-=ァ:.:.:.:.:.:.ハ  ーぇ===vハ 7.:./ . : : : : : : _   -‐  ´
.    /ハ:.:.:.:.:.{ヘ   ゞー-- イ .'/.:fー‐  "
       从:.:.八∧   `  ̄´ ,:゙.::::|.               「はっはっは、そうかね
   ,. : ´:抃::{.   \     .イハi从
.  /. : : : ハ八    >-=≦.ノ_                   ではハクくんに相談して、日取りを決めるとしよう
/ ̄: : : : : ::} }\      ハ: :\
: : : : : : : : : / . |   `ー-ミ .}  \: :\                 マホロアくんに楽しい時間を提供しようではないか」
: : : : : : : : : } | o .才⌒ヾオアメ }: : : \
: : : : : : : : :∧ ゝ< \:i:i:i:i:i:ハ {\: : : :.\




           へ
          /___ヽ           _,,..-─┐
            / ̄,,==ヽ        _,,::≦ `ヾ  |
           .i彡"´  _::└‐┬‐t≦   `゙ヾミ;;;/
         |  >彡 __ニ二__ `>   ::::/
         |./´`´イ´::::::::::::::::::二ヽ`ィ:‐、Y.           「マホ!
         メ、 /:::::::::::::::::::: 彡-‐'::::::マ ';;ム
        i_」 /イニニ=、::::::::´:::::::::;;;;;;;;;;;マ┘ム.            ロウ、ドク! タノ、シミ!」
        |  i::::::;;-─=二二三三三王 ̄`゙ミ、
        〈{_..-=ニ_,,./       `ヽ||: :|   ‐-〈
       冫  |ニイ ,.---.、    ハ二__.......}
        .ヽ  .{ ' イ      ̄ ̄ソハ    _二`:.、
        く,__..入_人____彡ゝ´,、X  /    ヽ_
     ┌─=Y   ノ .≧‐-‐≦´ > ゙ .`メ          ̄ ̄ノ
       .マ   ヽ /゙''''´ |__|´ Y´    ノ::ヽ、       /
        マ  /;;;;ゝ           /;;;;;;;;;;;\,,..=-─ッ
       ヽ´;;;;;;;;;;;;;≧‐-=ニ三ニ=-‐≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
         マ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ン
               ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''


朗読、という言葉に反応したマホロアは
先程まで近寄らなかったアーカードの帽子の上に飛び、ぴょこぴょこと跳ねる

アーカードはその感覚に、感動している様子だった


142 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:04:37 ID:5bf42075



マスターは、にぎやかな店内の様子を見ながら、感慨にふけっていた


                          /'"´ ̄`、:ヽ
                              ,!:/
                    ,,.. ,-,‐,ァァ ァ;‐,‐,-, 、,/'゛
                  /: : : : : : : :、ェ: : : : : : : : `7‐-、
                 , ': : : : : : :.、tミッ: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
               /: : : : : : :、《ミ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
              ./: : : : : : :心ッ: : : : : : : : :/!:イ : : : :/! : : : ハ
              爪: : : : :、イⅦf: : : : : : : :/ l: i: : : : /,!: : : : : ハ
             |: : : : : ,'ッ::::::゙il!: : : : : /  |: ハ: : : /|: : : : : ハ
             !: : : : : !{:::::::::::}|: : : : /'  ̄l'イ : : : : !: : : : : イ
  ┌-. _        爪: : : : l(,:::::::ッ!: !:/__ 二 l'ハ: : : /゙l: : : : : /
  ! : : : : : :`: . .<  lV: ,'-、:!、二/|イイ示〒、{ !'//_ l'/: : : :イ
   ゙i : : : : : : : : : : :\}゙i ヾ: ::`ミ_ミl |{ ヾ∠    lシ才/!: : : :リ
   ゙i : : : : : : : : : : : :\_゙ `ミトJ: : : : : ト  , ,       ヾ'/: : : : /
   !─-: : :_:_:_:_:_:_:_:_:! :`_ィ,.ゞ|: : : : : !゙!       丶 , ,| : : /
   l ̄`: :一.-.-.-.-、}/(,/⌒!|: : : : ,| |   、     ノ: :/
   l: : : : : : : : : :、/,r':    ノ l: : : 个 、    ̄   ': :/
   i.  ''`..:::::::::::!::|゛_: :゙ir:''"``''‐lイ: : }' `  ー <. : : {
   !、     :::::,r'::゙i/'"´ ̄ ``ヾ!ト: ィ⌒ヽ-―~ー-ぐ宀亠''- 、
    ゛ィ-.  ':::`::::::イ          ヾ;;|                 `ヽ
      '-.,゛':::..:::::::!  、:::.     V!                   ヽ
        \,_:/!    、::..      ゙i                .,     Y
           / ハ      ` ::..     ヽ          ...:::::;',_   l
          / i        ` :::...   ヽ、        ..::::::::::;:';::'  .. ノ
          /  ヽ         ` 、::..`i::.、   ..:::::::::::/::;;:: -‐''‐-、
         /  ,  ト::..           `:::ゞ;::`::::;;;:: -‐'""´    /  ゙!
         /   !  イ:、:::..           ,>'"          .:/     }


まるで、ずっと昔からそこに居たようにマホロアは
いつものハクの目に映る馴染みの人々の輪に加わっている

そして彼らも、マホロアを溶け込ませていた


誰にも、何にも差のない世界
自分が求めていて、憧れていた光景そのものだと感じる



                          >-=ニ二ニ=-<
                  ____>´>┐_|  ̄ |_.┌<`<____
                マ'´ ,.'〃  / ,i  ______  i,     ヾヽ, `゙7
.                 マ {〃   /,.'`´,.:γ ヽ:::::::::::::γ ヽ::ミ '.ヽマ  ヾ } /
                  ヽii  ,' > /:::::|   |::::::::::::::|   |::::\ <.',  .レ'
                 \ ,ヘ' /:::::::::::',   ノ::::::::::::::',   ノ::::::::::マ. ヘ. /
                 `| /:::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::マ |´
          γ⌒ヽ   /` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二二二 ̄ ̄ ̄´ヽ   γ⌒ヽ
            {.   ヘ  {/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |´ ̄`| | ̄マ  ,:::::〈   /    }
.             }    ヘ {| : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : :| | : : } ''''''''::_〉 /    {
      γ´ ̄ ̄`´     }マ':________|└─‐┘|-イ >"K {      `>─-:.、
.      {    \;;;;:::'''´   ヽ<             ̄ ̄ ̄三彡´   >´  '''':::::::;;;/    ',
     ヽ:..     ''''      };;;マ ̄弋 ̄ ̄ ̄ ̄フ ̄ ̄´ >.::マ    .{    ''::;;/     }
       ヽ、        _..ノ;;;;;;マ´ヽ,.`≧‐‐≦´   ,:ヘ/...:::::マ   ヽ          /
.           `>‐---‐j</;;;;;;;;;;;;;\'<i‐-i  i-‐、,..>  ..:::::::/マ    `>!-------‐<
                /__/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>:,  ‘''''’    ...::::::/;;;;;;;;ヽ____ム
.               / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>‐-=ニ二ニ=-‐<;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   ヘ
              /__/;;::'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''\__,」



座敷童子が住み着く場所には、幸福が訪れるという
だが、彼女は思うのだ

座敷童子が来るから幸せになるのではなく
そこが幸せな場所であるから、彼らは来るのではないだろうか

幸福の証明の為に


143 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:05:21 ID:5bf42075


それはハクの勝手な思い込みかもしれない
だが、思うことは自由である

だから彼女は、いま気持ちを新たに
この店を大切にして行こうと、そう思いを改めるのだった



                   , -  ̄ ̄  ‐-  ,,,___      __
              ./  ,,,,  ニニ====- . _ ̄ 二ニニ _フ
            /  /. ´     ,,__   > .
            ./  /.´           .へ      .\
           / ./i              \      \
            .ゝ__,                     \     .、ヽ           「マホロア
            /          , _             ヽ、 .   ソ
              /           ム、`‐、 ____  _ 二.ムー-= _ \.      コーヒー飲むー?」
            .{   .\      ムヽ、 \ ,≧ー---、__ ト、 ヽ i
             l   .、 `ト、 __,,,, ム `>  xz==x、 ` .ム   .\
            i   .ム  」/、   .ム    .イb:::::::} 》、  ム>、  ムー---    ----  ,,,____
            .マ  .ムマ.ム   __L,,, \   辷:ソ   マ、..ム.|`ー ,,__
            .マ  .i.l ヽム..,示 ̄ムー‐‐    ̄ ̄   .トリ、 .ム/ ,
       ___ ヽ、 リ 、 . 《 .b::::::;}           ./ リ..ト、.リ  _/ニニ≧‐- ,__
       l´/ / _,,, ).」 iヽ ムヽ ..` ゞ´     ,    ,   .ノ 乂ーノ /.≦三ニマ     `>、
    , -- リノiノ-、= .ノ__ヽ_ヽ . . ム     ___    ,  | .(  ̄.{_ノ三三三ニマ       /  ` ー
   /  .,  ̄  ー-´´/  マムヽ、 \        ./ . ..i .ム三三三マ三三ニム  _ <
.   /       _,,, -‐´  _ムム__>=-ミ≧ー - ´  ..├-.ム≦三ニニ=====-´
  /     ,ー´      マ三ヽ|三ニ≧-ヽ}       ム::、 :::::::`:y´               /
. /      /             守三≧-=´ /_ノ ヽ         .`ー、:::::::: \            .> ´
      ./         , -‐  ̄フ´: : /´ノ          ,  ム :::::::::::: \       > ´
. .    /        /   /:::::::::_ ム .ー-- 、   , - ‐    }-‐- ,_::::::::ム  .,= =≦ム
     .        .<   /::: __ /ヽ ム              /::::::::::: ≧ュ、_ ≦ニニニニ三ム
    .{      .<    ./ _ /.ノ ::::::::::: ム             { :::::::::::::: ム  .{ヽト、
.     i  <´       ̄   /::::::::::::::::`>、   ヽ  /  ノ:::::::::::::::::::`>.」   \
    .i´           ', .ノ::::::::::::::::::::::::::::::\   .y .   / :::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ    .\
... .   ノ           .>-./:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム.  ',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム  \ \
  /        >´  .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム i ./ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム .   ヽ \





               r- .               .. -イ
              ',   >、          ,.<ヽ. __/
.  γ´ ̄`>、    ',ニ彡´ >、.. --- ..,.< `ミニ./   ,<´ ̄`ヽ
   ‘、  ,.--  ヽ.  ',       _,,..r==..,,_      ./ .∠ -- 、  ノ
    ゞゝ- '、_ツ  マ  ,_>:::::::::::::::::::::<,   /  ヾ_.,ゝ-'‐´      「マホ!」
             / .t'/::::::::::::::::::::::::::::::::::マムヘ
               _r{ /`i:::‐=ミ、::::::::,,ィ=‐:::i´', }、_    
         /¨7‐-<{ `ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-'_´ }..>-‐マム
        ,'. ,.'     マ_ |`>=====彡ii´ |_/     マム
       .i .,'      `≦=::____{{彡"≦.         ', !
     //      >´、 ''-=ニニニニニ=-'' ィ `<.     \\
    ./ /     .>´    `≦-======-≧´    `<    マム
    .! .!  _.. -''´                         `''- .._ ! !
    .|_..>´                                `<..!



         マホロア
ハクの前で、幸せの形は無邪気に微笑んだ

                                                  【オワリ】
.

144 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:05:56 ID:5bf42075


                           (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                            (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                             (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                              (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて                         .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
   幕間 第09話は終了かしら          .}厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                              {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                                   ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
..                                  .八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                                  \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
..    閲覧ありがとうございます                 .}:从   、     /r=、::\  、    |
                            ...f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                        .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                              {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                            (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                             ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                                 ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                               {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                               \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                                    /  (.У: : : :|
.

145 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/22(Mon) 21:06:22 ID:5bf42075


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |    
       |   _ ` トイ'、l.              さてさて、次の投下は本編 第10話
       |  ィこ:Y_| Vハ/..      
       |   {しリ`イ ソ              なんだけど、ちょっと仕事が忙しい時期なので
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.       いつもより遅れるかもしれないわ
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... | 
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ                 投下の際には、いつも通り
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' |                 前日に予告させていただきます
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ. 
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \..          では、今晩はこれにて
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.  
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j... 
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ  
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }. 
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


146 : 普通のやる夫さん : 2017/05/22(Mon) 21:20:13 ID:aa390485

ハクさん以外には見えんかーJOJOの透明な赤ちゃんよろしくベビーパウダーやら服を着つけたらワンチャンあるかな?

147 : 普通のやる夫さん : 2017/05/22(Mon) 21:21:05 ID:b11ea791
乙ー

148 : 普通のやる夫さん : 2017/05/22(Mon) 21:35:54 ID:fe0ba588
乙でした

まあアーカードは見た目が怖いからw

149 : 普通のやる夫さん : 2017/05/22(Mon) 21:37:22 ID:6649d452
さすメディ年の功乙

150 : 普通のやる夫さん : 2017/05/22(Mon) 21:48:18 ID:b5edce9d
乙津

関連記事
15369 :日常の名無しさん:2017/05/23(火) 08:33:36 ID:-[ ]
ちょっと懐かれて感動するアーカードにほっこりした……
乙です
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
目次 AAで学ぶ農学 (07/05)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 6~10 有機質肥料 他 (07/05)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 1~5 肥料の定義 他 (07/05)
  • AAで学ぶ医学 253~255 コンタクトのリスク ~ 内臓の右左 ~ 世界がゆがむ(空の境界にあらず) (07/05)
  • AAで学ぶ心理学 22~25 チャンク 他 (07/05)
  • AAで学ぶ心理学 19~21 知識の検索 ~ 短期記憶と長期記憶 ~ 短期記憶から長期記憶 (07/05)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第13話【ピンクと大魔女】 (07/05)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第12話【ピンクと護衛】 (07/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 6 (07/05)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 8 後編 (07/05)
  • 国内的な小咄 506 横浜と神戸 (07/04)
  • 国内的な小咄 505 やおぎも (07/04)
  • 国内的な小咄 504 めひかりうまい (07/04)
  • 国内的な小咄 503 伊勢の人が思う伊勢うどんの分類 (07/04)
  • 国内的な小咄 502 鹿児島の方言はなぁ…… (07/04)
  • 国内的な小咄 501 神鉄ニキ (07/04)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 第1話 1021年「ドルティー・マリー婦人には愛と恋が群がる」 (07/04)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない アディション 予告編 (07/04)
  • やる夫達は人間ではないようです 02 (07/04)
  • やる夫達は人間ではないようです 01 (07/04)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 13 ラミド (07/04)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 12 アフリカに人類の祖先、誕生! (07/04)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 11 類人猿、その進化の拡散 (07/04)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その111 (07/04)
  • できない子とSCP 65話「幕間 夢を見た少女、少女の見た夢」 (07/04)
  • 蒼星石は亡国の王子のようです 第三十五話 (07/04)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 72 (07/04)
  • ロケッ都団が征く!! 第二十六話:かぼちゃにいたずらハロウィン祭り (07/04)
  • やる夫はどこまでも遠くへ行きたいようです 第5話 安全第一 (07/04)
  • 国内的な小咄 500 足利ワイン、そこまでレベルが高いのか (07/04)
  • 国内的な小咄 499 吉田郡山城跡はすごいよね! (07/04)
  • 国内的な小咄 498 福岡の屋台 (07/04)
  • 国内的な小咄 497 国道425号 (07/04)
  • 国内的な小咄 496 姫路の特性 (07/04)
  • 国内的な小咄 495 知名度ランキングが……割れた? (07/04)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 休息会話 (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ④ (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ③ (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ② (07/03)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission05『イグニタイド』 ① (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 10 人類の原産地 (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 9 アフリカと外部世界 (07/03)
  • AAで読み解く新書アフリカ史 質問返答 1 (07/03)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 11章 その5 (07/03)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 11章 その4 (07/03)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 5 (07/03)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 4 (07/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 50 (07/03)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 49 (07/03)
  • 国際的な小咄 7284 中国の共産主義者からも謎 (07/03)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/5)
    ※完結作品は集計した前の月(4月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4英雄を作ろう!4異世界食堂できない夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6アメリカンヒーローアカデミア
    7IT業界のやる夫さん7気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118コンピューター様、情報更新は義務です!!
    9やる夫は魔導を極めるようです9やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    10森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠10ドクオが異世界転生したようです
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫の兄はブラコンのようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14できない子とSCP14ダンガンあんこ
    15やる夫のみつめてナイト15レベルを上げるスレ
    16やる夫の伝説16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19めぐみんの楽しい独身生活!19主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    20白頭と灰かぶりの魔女20ニューダンガンあんこV3
    21アカガネ山のやる夫21カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようで
    22ダンガンカオス22オーバーあんこ
    23やる夫たちでソードワールド23やる夫の野望
    24やる夫とかがみは世界を探す24やる夫ファンタジー
    25イナズマイレブン/ロリ/ショタ25金欠ほのぼの冒険物語
    26やる夫は竜の人財のようです26やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    27ご加護なカンジ27やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    28やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~28STALKING!!
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29やる太は異世界日記を綴るようです
    30あんこ時々安価で鬼滅の刃30やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    31いきものがかりたち31やる夫は妖精郷を旅するようです
    32やる夫は死なせてもらえないようです32やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです
    33魔女はやる夫になるようです33やる夫は宿屋を経営するようです。
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる夫は男子校?に通うようです
    35やる夫で学ぶ近世騎兵35あんこ終末旅行
    36ロケッ都団が征く!!36キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    37やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです37ご令嬢☆タクミちゃん
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38あんこ町の住人は星人と戦うようです
    39蒼星石は亡国の王子のようです39カリブの海と海賊たちのはなし
    40カーきゃん□40やる夫は学園生活を楽しむようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング