スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
8/23コメント数347
しゅごい……


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

亜人はBARに居る  第09話 「踊る赤ちゃん人間」

目次 現行スレ

84 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:00:32 ID:bac703c0


座敷童子
日本の東北地方に伝わる妖怪であり、5歳ほどの子供の姿をしている

おかっぱ頭に、着物やちゃんちゃんこを纏った格好で描かれることが多いが
男の子や女の子、もしくは影のような姿で目撃されることもあるため
はっきりとした姿は分かっておらず、その姿は伝承や媒体によって変化する


           ゝ ,,ヽ
          { ̄: : : :ヽ
         {<: : : : : :_,,},, ------ ,,,_
         \: ,,-''": : : : : : : : : : : `'' . 、
          /: : : : : :,,: : : : : : : : : : : : :.\
        /: : : : : : : ハ: : : :|: : /: : : : :|: : }
          / : : : : : : : :/  |: : /|: :八: : : /|: : }ヽ
       {: : : : : : : /---レ' リ  サ-- ,,,,/ : :{
       |: : : : : ノ   _,,,,,ヽ    ..._,,, レリ"|: : |
       _{: : : : : {  /{:::o:}`    {:::o::}ヽ /} : :}
     /∧: : : :∧. 弋:タ     弋少 " }/: :/ ,
    /   ヽ: : : : ヽ,       )     /: /  \
    ゝ    `'' .._: :三彡 ┌‐ - ┐   彡:/    }
    /       `‐<    ヽ _. ノ  .ノ         |
    {           `' ,,_    _,,  "        {
    |            ヽヽヾ ̄|  } ヽ          |
    |            ヽ ヽ }  | ヾ         |
    {          {     /  .{  }        ノ
    ヘ       _,, - }    ./  |   ヽ ,,,,___,, ‐'¨
     ゝ--- '''''''"   /   _/___ /<)__/'''''''ヽ、
             ゝ,,/三=/  ノヽヽ¨ヽ  \
               }三三/   //   }  i   /
             /{   L,,,,__ "  |  ,, - "
               / .|      ゝ,  }ゝ-"
               /  |          `'''" }
              /  .|           |
           く.   |            }
            `‐ |          _,,,ノ
               | ̄¨¨''7'''''''i'''''''''¨7
               {   /   }   }
               /    {   /    i
            /    |  ィ   .|
            {    }   {   .|
              |   /    |   .|
           |   /    |  .|
           {  }      |  |
           /  .(     /,, {
         / _.}     { :  "'' ,,_
         /""i‐-‐|    「 - ,,,,,ソヾ"_)
         E ‐-"'' 」    L ,,,,__ "''''" }
         ¨''''''''''¨          ̄ ̄


家の中に住み着く妖怪とされており、その姿は家人以外には見えない

また、座敷童子が住んでいる家は栄え、去った家は衰退するという伝承があり
家の守護霊や、福の神の化身と見なされることもある
.




85 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:00:57 ID:bac703c0


亜人としての座敷童子だが、その存在を証明することは現在でも出来ていない

目撃情報は複数あるし、実際に隣に立っているという事例もある

問題なのは、特定の人物以外には見えないし、その言葉も聞こえないという存在のため
不特定多数に認識させることができないのだ


                                         -‐-
                                     _ イ-=ニニヽ
                                       _/-=ニ:}-=ニニニハ
                                      //-=ニ/-=ニニニ|/ヽ
                                    {/-=ニ/-=ニニニ:|'//
                                _/-―――=ミ-=ニ V {
                             ,. .: '"―/: : :._ ̄ ̄\:\-==i }ミ:、
                             /:/_-_-/___/〕〉: . : : : \:\z| 〕 〉〕
                  _       /:/--_-/ -=7:/ノミ_-_\: : : _: \/〉{/{
                /-==-\  /:|_-―:/-/ ヽ{/8― \-_-X_-_\::\_,ノ
                __/-=ニニ\``~/: : /-=..:::/ 〕ノ-―ミ ∨: : \_-_\: : :>― ミ
          /-=二/-=/⌒ヽ-∨ /: : : / へ::::/ -―-ミ   |=|: : : : : ヽ ―/-=ニ=- \
         /-=ニ / //  ̄V-=∨: : : :{  ノ:/vへ    ` ヽ  ハ人_____/=/-=ニニニ==-\―――=ミ
          /-=ニニ // 〉⌒〈/-=ニ|: :.:/:7:::::{ 乂ソ___'   V::::|ニi-=ニ/-=ニニニニニニニ\__-_-_-_-\
       /-=二 / _/)_人 \__}/:::::/:::::::::/::::::::::::::::V芯 }/::,_/- /-‐…‐--=ニニニニニニ=-\_-_-_-_\
      /-=- -‐━━ 人{ {ヽハ_):/:::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::トミ_/:::/_/-i{// /   >-=ニニニニ=-\_-_-_-_)
     /- /イ_-_-_-_-_-_- \ーイ/:::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::`ト ':::::/ノ >'" フY----=≦/       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    /-_-//_人_-_-_-_-_-_-/__∨:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::イ  r'_ノ_一_ /―――彡
   、_-_-_-_-_-_-_-_-/ ̄.:::{ ̄/::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/∧:.、 (/ノノノ    ,,_,,_,,
    `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´   、:::\{::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \:::..... ̄  /`〈   〉__
                 `¨ 7:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::(\ __)::::::::> 〕   ァ=ミ  〈-―…‐=ミ
                     {:::{::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::: \:::::::::::::::::::〕 ̄ 乂__ノ _{-=ニ二ミ:\
                    人::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人  /    >::\:::::::::::::::::\
                    ≧=‐- _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ/___彡' \::::\ :::::::::::::::)
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ):::::::)::::::::::/
                                                _   /::/:::::::/
                                                (、⌒_彡/:::::::/
                                                ` ―――― 彡


また、通常の亜人のように、生まれた子供が座敷童子になるという事例は報告されていない
死産した赤子や、病気で死亡した生後まもない赤子が、座敷童子になるというそら恐ろしい噂もある

真相は定かではない
                 ・ ・
証明は出来ないが、確実に居る
座敷童子という存在は、そういうものなのだ
.

86 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:01:21 ID:bac703c0



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.           これはそんな座敷童子が
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i     自らの安住の地を得た
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.     一つの夜の物語
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.

87 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:01:44 ID:bac703c0






                      ┌─────────────┐
                       亜人はBARに居る

                       BAR -AXANAEL-
                      └─────────────┘

                        第09話 「踊る赤ちゃん人間」








88 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:02:12 ID:bac703c0


その日は深夜12時を回っていた

最後の客となっていたやらない夫と虎徹は、そろそろいい時間だな、と互いに思い
ハクに会計を頼み、支払いを済ませた


                   __ _
                {¨'<::::...ヽ::::`ー- .、
              _f´..:::::::::::::::::::::::::::\::ハ
             <:代:::::::::::::::::\::\::::::::::\
            イ::/丿〉\::ト、::::\::\:::ヽ:::\
         ___///ミV::ヽr彡≧\ミ\:::\ミ=ー    「そいじゃハクちゃん、ごちそうさま」
      >'´'y / ///レ'ィfテy、;, <代ソ〉 ヽ〉㍉、:::\
.     /  (ニ'_/_/フ¨ア/:ハ  ̄/ ヽ  ̄  リ jソハ::ヾ''\
-一f¨{´   -一 ⌒ / /イ:::ハ  ヽ -  、   rイ:::::',ミ=ー
  代弋__,, 、_ 彡'     |/ ヽ  ー ニニ7   jl::ヽ::::ハ
  -一≦            /Vl `==一  / {::::ハ\',
         _        />ヽイ_ト彡'イ  ,込:::ハ ヾ
: : : >、/ヽ、/.:>.、_r..、_ ´ ///ヽ、__彡: : : : /ミニ==ー-- ___
: : : : : : : : : : : : : : : : : : }`ヾミ彡 /q/::ヽ、: p: :/    ̄¨¨¨''''r
: : : : : : : : : :: : : : : : : : :.l     j{ ∧φ:/\/         /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : j     'レ: ノ::Y: : : : /       /:
: : : : : : : : : : : : : : : : : :;'    ,: : /::o:l : : : /       /: :
` ー-ミ: : : : : : : : : : : :./      {: /:::o::l: : : /        {: : :
    \: : : : : : : : /     |: l::::o:::|: : /         ': : :
      `ヽ: : : : :/       |::j:::o::::|: / lニニニニニニニl   '; :



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (⌒ ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |      「ごちそうさまでした」
             | !        |  ` ⌒ ´   .|
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



                   _
              , -― 二_  ̄`ヽ
           ,ィ´'´ ̄     `ヽ  )
             ,イ´           } ノ
         /         , -ー'´ー  ̄ ̄`ヽ、      r、
         /        /             ヽ.     |ハ
        ,'       , イ           、     \.  ト'´
        !       /                 ',     ヾト、.!|
        ヽ   , /    i ',      i     ',      V|j|
          `ー' ,'  l  l ハ      ト、   ',      !|ノ
             ,   |  ! l ',       !__ヽ_ l      Y
             l   | l j-‐ヾ´    l  \  ̄l     |
             !   l  j   ゝ 、   ',    ` i     i l   。
             | i  !  i  ___ ヽ',   ', ´___ jヽ  i| !  ゚      「はーい、ありがとうございましたー
             l |  !  ゞ===  !\_{ ===ツ  ! ハ !
                 ! |i !  l , , , ,        , , , ,j  /イ‐リ          気をつけて帰ってくださいねー」
              ', i ゝ',  i                ,'  / ノ//∧
             rヘ l/ハ ハ    、_  _,。   ノ /イ/////ハ
             !/ハ!//ハ ',ヽ、       , イ/ ////_//
             Y_>-| 、 V/ > 、  ィ  // , ハ ̄ _/
             ヽ__l ハ ゝ'/ハ     イィ /|/77//
              V///リハ Vj´      / ハヾ、_{`ヽ,、
            , ゚ ̄ ̄77ハ  リ`ヽ   イ´! l///ハ./i ̄ `ヽ`≧ュ、
                 // /l  !       l |ァ-ュ、ハl|    Y//ハ
           l       l/,イl|  j       l lj///`ヽ!|     l///|
           !   ヽ j////j ハ   ., '  r! !//////l{ /   l///j
           l   ,' ,ィ'///// /ハ: : . . i  ノハ V/////ハ',   ヾ_ノ
               i  ,'/////ノ//ハヽ: : :l: . / /ヽ V//////ヽ  jヽ
           r'-='//////´////∧ \ : / ////ゝ!//////ハ ̄ヽ \
           l__{/////////////ゝ,、Y_, イ/////////////l-、_ { 、ヽ
          イ///!////////////ハ__ノ//////////////j///j  ハ \
           }///ハ////////_////l   |/////////////ノ///|   ',ヽ  ヽ
          j/////`ゝ///////≧、!   ト//////////,イ////ハ   ', 丶  ',
          l/////__>=---‐''7!   ヽ/77777777≧,-、///}   ',  ヽ }
          |////////////////>-イ////////////  /`ヽ、!    i  ', j
          !//////////////,ィ/////////////////  / ヽュ }    l  ソ


89 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:02:34 ID:bac703c0


              / /:::::::::::::::/      _   \
             //::::::::::::/      /_    冫
           / /::::::::::::/      ,;´ "|□匸二 了
           ゝ L:::::::::::L__  ..z:: ‥"´ ̄\  `、\ _
         <:::::::=ニ二::::::::::::::彡",ィヽ、、\ へ  \ \__ 二ニィ       「ハクちゃんも気をつけなよ?
         厂ト、  `ゞ_トェ,,\ヽ rヒ壬iゝ\、ヘ ト\ ヽ、 、\
        : ; |    `ャ依l \、`      l/ 」ヽ  ト 、. \.         ほれ、この前の謎の音とか」
        ;  :; |     ヤ|          「r|  \ ヽ `  ヽ
    _厂ヽ |  : :|     ヽ ―`   .,ィ    / ,/ォ ハ` .\   `
   r" :; Y ヽl  ;  |       \ヤニニ" 、  / :; l /―┐ `
   |  ;  : 冫 ̄ コ  _     Vl |\ lゝ´/ ,:/ "   ヽ
   ヽ__ト┘ヒ二二ミ| / _〕    ヾー`ヽ  ::/     ___`:ュ
    ト、 ヽ    _ Y  /   ┌──ァく冫´     /´  \::::::::\
    |  `:; /    ∨    / / C^.::\ c/  /     \:::::::::..\
    ヽ   У    /    _/ ,  イ::;;;/ >、 /         \:::::::::::::::ヽ 、
    ∧_ヽ _ /   ┌:什 / レ´::::/  / /          /" ̄ ̄ ___\
   ∧  フ  /    / / У C::::::/  /           /   /      |
   /` ミ二二フ   /  | / /::::::::/ /            /   / /´ ̄ ̄ 了
  /   /  / r‐ァ´     / C::::::/ /             /  /      _  冫
/   /  / イ ∠     / /::::::::/ /             /  /        \ 冫


二人を見送るハクに、虎徹はさらっと捨て台詞を残していく


             __ . -‐…‐- .    へ
          ,∠マハ          `ヽレ⌒ヽ
        /⌒ヾマハ  u       `ヽ
       ォ     マハ     /}   }  :.
        {       以   ./:i:i,   ,/|  :}
  ヽ三ミァ、,      彳 i{: /i:i:i:i/ /} !  ′
   ヾミミミk    f^!  l|/:i:i:i://i:i/: | /..       「ちょっとーー!?
    ヽ ̄ゝ     {圦  |:i:i:i,/:i:i:i:/ : j/
.       `〆ソ /⌒:. ヽ i|⌒ー~~{ : /           忘れてたのに思い出させないでくださいよ!」
     ./三/     !㍉、{(⌒> イ/
    <三ミ/ 1   |イ }`7 爪/ ′
    / ./`ー '|==='|.ノ_」 /  :/n /)
  ,    ,   .!ニニ|仁_] : ∠⌒Y∠ノ)
  |    |   |ニニ||ニア´ニニ} |-‐ぅ nハヘ
  |    |   |ニニ}∠ニニニニニ} |ァ´⌒'///j
  |    |   |ニニニニニニニニニレ 1‐┬‐ ' ´
  |    |   {ニニニニニニ=‐≦ニ{ {__/


先日のホラー現象を思い出し、顔を青くするハクを見て虎徹は意地悪く微笑みながら
「じゃあなー」と手を振って階段を下りていく

やらない夫はそんな二人を見て



.            /        丶
.          /             ヽ
.           /               |
         | `ー゙  丶__ -  |      「マジだったら御祓いしましょうね
         | ( ⌒ )  ( ⌒ )  |
.           |           wW |       費用は折半しますよ」
            |          _,ノ  |
         !  ゝ__ゝ‐ ´    |
         \         /
           \       7 ̄`> ‐― 、
           〉 ぃ     /  /      `T.:ヽ
           /l  〉ハ   人  V´  ̄ ̄   l.:.:.:.',
        ,. イ / ,.イ .i l/ //ト、/ , -─‐   l::::::::',
    ,. . : : : : ////ヽV // l: : :〈       jト、:.:.::',
   /: : : : : : ://: : :/ 「 ̄`7  l: : : :(´ ̄ ̄  ノl  ヽ:.:ヽ


などと言いながら、彼も店を出て行った


90 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:02:56 ID:bac703c0


二人が去り、店内にはマスターだけが残された


:::;:::;|,|:::;:::;:::;:::;:::;:::;|,l:::;:::;:::;::;::;::;|,i:::;::;::l.l::;:::;li:::;ii:::;:::;::/l:::::::::::::::
::;:::;:|,|::;:::;:::;:::;::;:::;::|,l:;:::;:::;:::;::;:::;|,i:::;:::;:l.l::;:::;li::;:ii:::;::_/./
_.γ_._ヽ≡≡__γ_._ヽ≡≡γ_._ヽ_/_ヽ_.∩.∩≡l/:::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li=========il|┌──┐|~~l
::;:::;:::;:::;:::liⅡ∀Ⅱ∀|i|l__l§l__l§|i||│    │| . |:::::::::::::::::::
::;:::;:::;:::;:::li====|i|====|i||└──┘| ./
::;:::;:::;:::;:::li∪∇∪∇|i|日Ξ日Ξ|i||____|/::::::::::::::::::::::
____________________,.ノ     //
 旦,,、   ,,旦_   _日_         /l/:::::::::::::::::::::::::::
_______________________,/l/        
________________,l/i:::::::::::::::::::    
::::::::,┯┯、:::::::,┯┯、:::::::,┯┯、::::::::::::l/l/i______
::::::::l││ l::::: l││ l::::: l││ l:::::::::: l/l/i ..,,;: .,;: .,;: .,,;:
:::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::┳┳:::::::::::::l/l/i,'.,,;: .,;: .,;: .,,;:
:::::::::: 从::::::::::::::: 从:::::::::::::: 从::::::::::::::::l/l/.,,;: .,;: .,;: .,,;: 
:::::::┏┻┓:::: ┏┻┓:::::┏┻┓:::::: : l/.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;:
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;:     
.,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;: .,;: .,;: .,,;::           


人の気配は当然のごとく消え去り、店内の音源は有線の音楽だけ
よりにもよって、その時流れているのは物悲しい洋楽のバラードだ


               イ       -――-  .    厂!
              / { .  '"´-―- ミ       .  L」
             _ 廴'" -―-      ` ッx     ` |:|
         . '"                  マ:i>、   |:|.
        / /   ′   i             寸心 |:|‘.
       . ' . '     .|    、              マ:i:ハ.|:| ‘.
      ./イ/     .|     |\            W.才|. :!
       .′      |     |::::::::、           V/:l:|ヽ l
       .′     Λ    l、__,,≧、'´        .Ⅵリ.ハ.l
        i        i:::::.     ':::::::::x抖刄¨㍉      か-'/l.'     _--┐
        | i     |:::::/、  ':::〃 Wrツ \     V==リ  _-二二二ニ .     「…ああもう
        | l     .斗'_..ィ云.  '::::::、'´ ̄    `ト、    V.ン'-=ニ二二二二:
        | Λ    〃 V::ツト、  ':::::::  | | |  .| \   W二二二二二二       虎徹さんが余計なこというから」
        |′‘.    l:::::“´::ノ \. '.         .|   \ l.'二二二-   ̄-
            ‘.   l、::::::: ヽ   \'.         |   |、` |=-::::::::::::::::::::::::/
          ‘.   lハ         _ 、    .|   | マ:::::::___::::::{
           、  l ‘.      r'ニ -‐'     .|   |  ‘二二二二二リ
                \| .! 、           /.|   |   ‘二二二二.-
              ヽ|  `  .,        '   .|   |   ‘`≦ッ-=ニ
                    |   i/≧=-- ヘ    .|   |    ヽ:.:.:l≧''"´ ̄ ̄`
                    |   |\.イ二二癶  .|: i  l    .l:.:.:.:l
                    |   |   }ニニア:.:.:.〉 .Ⅵ  ;    /:.:.:.:.:,
                    |   |   _. /:.:./}  ∨  . ̄ /:.:.:.:.:.:.:.,
                    |   i:|  /:.:.:.:/' ̄`   V  . /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,  ,,
                /|   l:|/:.:.:.:.:./       V  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/
              .:|  l: | ヽ:.:.:.:.:/     ,,  V  ':.:.:.:.:._:.:.:.-‐:.、i
              | .|  l: |/:.:.:.:.′  /   .Λ  ':.:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:',


しかしながら、店内の掃除をしないわけにもいかず
ハクはカウンターのグラスやお皿を片付けようとした


91 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:03:22 ID:bac703c0


             , --―-
          , ' ,'
         ,  (
           l  λ、__, --―-_
         `ー    ヽヽ  |::::| ヽ
          , '  、    ', ',  ||   ',
         ,     人     '.   ||   ',
          {   ナーモ--、   r-||、   '          「……あれ?」
         |r,  ll ┰-,`ヽ l   {:::::::|   |
         リ丶 || ┃     |   }:::::::| ,--,/、
         丿     u |   |:::::j/.:.:ヽ.:.:.:` 、
          \     ,イ   |イ |.:.:.:.:|ヽ.:.:.:.:ゝ
            ヽ    /  /,,,-┤.:.:.:| ゙, ト /、
            ゝ __.,´ `ー ___ ト、_j| l ヽ.:.:.:.\
               ,-―-、: : : : : Y.:.:|   ゝ_/
              r    ヽ: : : : : .|..:.:| ゙   \
               |       |: : : : : L__|、    \
               |     ノ: : : : : : : : `、ヽ   ヽ
               l     /: : : : : : : : : : :ゝ ヽ    ` 、
               l___イ: : : : : : : : : : : : ヽ        ヽ
              l:::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : ゝ      メ
              l:::::::::::::|弋: : : : : : : : : : : : :`,       ゝ


お通しや料理の皿を重ねている最中、ハクは気づく
まとめた覚えの無いグラス達が一箇所に集まっていることに


.              _____
             |       |
             |      |
             |      |       ._ ,,,,,,,,,,,_
             |      |    .r ニ,,..,  ,,,  ニヽ
             |      |   .τ.::ll l     l .l
             |      |    `.J~ i     i  l. l
             |,‐‐‐‐,|     .l .!        ! l,⌒ヽ
               ̄ ̄ ̄     l .i !    .! ci. l´ ) .)
          _______    .l {l i   i  l}.l,'/. /
          |i:¨ ̄     ̄¨.: i   .l .l      l. l,_,ノ
          |i:          :i|   . l .l      l. l
          .|i:  、      :i|  ....l└  ゚-  ┘l
           |i /ヘ:\.__ :|    `"'ー--‐‐''"
           |〈`_、/´.l'´ ̄ ;i :i|
           |i '、 ;'´'il:  :;」i :i|
         ─|`ー=====一 |


ぞくり、と彼女の背中をつめたいものが走った
視線の届かない場所から、無言の重圧を感じ、鳥肌が立つ

言い知れぬ不安感を払拭するように
ハクは口調だけ明るくして、無人の店内に呼びかけた


                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|.                「…だ、誰か居るんですか?
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐.       …居るなら出てきてもらえると
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !.    
       ヽ|  .:|  | ´            `  |   l/_/: : : : : : : : /.        嬉しいなー……なんて」
          ト、 :l   l      `   | | |   l   |: :!:_:_:_: : : : : : /
          ヽ!  人     -       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!


92 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:03:46 ID:bac703c0


その時、ハクの目の前で不思議なことが怒った


≧ュ、            || /三/      ,ィク'〃
ニ三≧ュ          ii/三/      ,ィク'〃
 `寸三ム         i三l/     ,ィク'〃      __,r≦
   `寸ニム        iニ/     /ニ〃    .,r≦三ニ-‐''´
      `寸ム      iク'      ,l|ツ"   ,ィ幺ニ/
     ㍉ マ/ム      i/     ,l|'   ,ィ幺ニ>"      _
      ㍉`寸ム     ii     l||   ,ィ幺>"  __,r≦三三ニ
        ㍉゙マム    |    l||'  / / ,,-''" ̄__ ノノ
         ㍉゙ム   |    ii|   /" /,,-‐'' ̄
、          `マl,   ',    |i /./ ´    ____
 丶、         ゙、   ゙、   l. /./  _,,-‐''ニ三三三三三三二ニ=-
   \ ,,,_      ヽ  \  l l/ ,-''      ___`丶、
___  `守ミュ、    丶、     -‐''' ̄ ̄''‐-=ニ=-、   `丶、
 ゙゙̄ミ三ミニュ、__ `ヾュ、_ ,,-‐      ̄`丶、      ヾ三ヽ
    ` ゙゙̄''‐=三二ニ=-─'''"" ./l. ', `ヽ   丶、\      ヽヽ
                _,ィ//  |   ヽ   マ ム       \\
   _,,_          /ニニ/  ,l|     ゙、   ゙マニl       \
 ,ィ幺ニニ=‐-=,,,,___ _,ィ≦ジ"  ,ィl|'    ,l|l   'lニl,
,ィク'  ___-=ニ三>"   ,ィ≦l    /|ll    マム
,ィ≦ニ="" ̄ ̄ ̄      ,ィク /    /l||l    ゙マl,
""´             ,ィク  ノ    // l|l     'l|l
            ,ィ≦/_,,/     {l{ '|l       'l|
         __,ィ≦ニ/        l|l ,l|    \ |
         }ニl/ニ/          l|l,ィ      ヾ|l,
         /三/           lシ        }ヾミュ、



突如目の前の空間に、黒い影のようなものが集まり始めたのだ
集まった影は一度収束し、そして黒い塊を形づくっていく



      ,〆   ,*′          ─━==ニニニ==━─               "*.,、
     ξ''  ,.メg*゚’    ─━==ニニニ==━──━==ニニニ==━─         ^%,
    ‰  ,。♂f'      ─━==ニニニ            ニニニ==━─        ^%,
   r√ %  ψ                                         ゚'%x
  γ ‰   ∬  _,.             ノ(__,      __)心、                   ^%、
. ψ〆    £,.♂″        ,乍闇{、    }/i:闇i心、                    ^%,
φ‰    ,。少″          ノ{闇闇i:心、_.ノ/i:闇/闇}iハ                     ^%,
∬     ,g*"               ,乍匁闇闇闇闇/i:闇i/闇/闇}       at*∞∽*ts..,_       ‘k
%    ‰"                  {闇闇\闇闇i:/i闇i:i/闇/闇/           ⌒“'冖*g.,    ‘k
{    %''                  寸闇闇i\闇/i闇i:/闇/闇/            ^%、  ^%,     ∫
   φ                      寸闇闇闇>、闇/闇/闇/  “゚'∽g。,        ゚'g。,  ^%,    ∬
  ∫                      V闇闇闇闇/闇/闇iハ      ⌒“'*。_     ‘''x、   ゚%。  )k
   %                        i闇\闇闇闇/闇/闇〉         ゚%。     ^%,   ゚%。 '%,
   ∫                   }闇闇\i闇i/闇'闇/ハ           ''‰、    ‘k   ゚%x'k
   x                      }闇闇闇闇'闇/闇/闇}             ゚%,    ゚%,    水x、
   *                        }闇闇闇i/闇/闇/i闇i}                 ゚%,   ^%,     ,8 '*、
!  ∫                        }闇闇闇'闇/闇/闇闇}                  '、   '*  ,g*爻
k  *                        Ⅵi:闇/闇/闇/闇闇/                  ,‰*''’  ψ
‰。'*,                    }闇/闇/闇/闇闇/                  〆 ψ   ‰
  守c。                        L/闇i/闇i/|闇闇'                 φ ,%'   ‰
   ゙'爻x                      〈闇/i闇i/i:|闇Ⅳ                 ψ γ_,.斗イ ξ
゚%, ”{s^*、                   }/闇i:/闇|闇{                 ,。k*''"´   ψ
  ゚%。 守ast*∞c。             〈i:闇/i闇i|闇',              ,。♂"φ    ,。♂″
   ‘*。乂_,。,_ ”8s、           /闇/i:|闇八闇',           ,。♂″ φ ,.斗*''
     ‘*。⌒“'冖*氷.,,_            〈闇/  |闇'⌒\_〉          ‰   ,s*≠*''"
       ‘*。   ゚%。')k,           ∨  |/              φ   ‰ メ
         ‘*。、  ゚%。'マk、          |              ψ ,。♂^゚″
          ^''*。.,x%x  '*k                     ,。♂″*''
              ─━==ニニニ            ニニニ==━─
               ─━==ニニニ==━──━==ニニニ==━─
                     ─━==ニニニ==━─


その形状は、まるで翼を閉じた悪魔のようであり、見るだけでハクに不吉な予感を与えてくる



          ..  ---   、
       .  ´         ヽ
     /              \
   /    /              ヽ
  /     /   .i i   .|       │
  ,'    ,' /.. /|、 |i    l\ |      ',、\
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  .l  .|  l │.     「ちょ、ちょっとなに?
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ l   |  l
_.', r |  l./c○  |ノ  ○っ ! / l  ,'ヽ |      なんなんですか!?」
!::::::ヽ| l  | |l|i           |〈 | /
ヽ::::::::ヽ.|  l             U / l 'i
 ヽ ̄ .l  |._   r ―--、  .  ' |  |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   l  l



ハクが半泣き状態で戸惑っている間に、黒い影は一つの形となり、固定された
そしてぽん、という音とともに影が四散する

ハクが悲鳴と共に目を開けた次の瞬間―――


93 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:04:10 ID:bac703c0

                                    /ヽ
                              >´    |
                             >ゞ三‐---=:|
                      ___/.    ゙̄''===|
                     _..:‐''¨ ̄     `> 、    ,,;;;|
      ', ̄三二ニニ==‐-.::<                 \   ,,,;;;;;|
      ',     ノノノ ..::/             ____    \;;;;;;;;;'
      ',   ンン .:::/       、<´ ̄i_」    L_./ \ \;;'
      マ彡" .::::/     >ヘ,> _..==三三==≦、 `> Y
         ゝ  ::::;'   <´  彡´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ゝイヾ      「マホ!」
        ヽ :::|  ,、y ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::ヽ/ |
.           ヽ:| /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-''彡"´::::::丿  ト、
            ', .ト、./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y'´:::::::::::::/,へ    ヽ
           イ.r-┘i:::::イ二ニニ=-:::::::::::::::::::::::::::/イ   ヽ ノ´ヽ
           マ ヽ ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::_彡=≦''"`ヾイ´    ヘ
              .マ ヽ=ニニ二二ニ三''´ ̄ヾ_彡''"´.       ヘ
            メ   ゝ<____,,,,,..--‐< ≧/´          ヘ
          /:::;;;ヘゝ=ニ_____,,,...>彡´;;;;;'         , ヘ
       /"´   ヽゝヽム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡´|         / .ヘ
.      /       |;;ヽ ト 、`゙,≧‐---‐≦´ >´Y      /  /
.      |        | ;;:'ゝ-─''"´ ̄ ̄`ヽ≦  ,'     /  /
       |     /:: |彡ヘ /       ム=≦!    ./  /
       `ヽ、   |ゝ-イ  冫         ノ  |  ./  /
         ` ̄´     ヽ、__        /    ', /  /
                    ゝ    ./       ',  /
                      ` ̄´       .',/



彼女の目の前に現れたのは、青いマントを着たような小さな丸い生き物の姿だった



          ..  ---   、
       .  ´         ヽ
     /              \
   /    /              ヽ
  /     /   .i i   .|       │
  ,'    ,' /.. \|、 |i    l/ |      ',、\
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  .l  .|  l │
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ l   |  l       「……………まほ?」
_.', r |  l./三三 |ノ  三三 ! / l  ,'ヽ |
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 | /
ヽ::::::::ヽ.|  l                 / l 'i
 ヽ ̄ .l  |._    ∠l   .  ' |  |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   l  l



いきなりの状況に頭の処理が追いつかず、おうむ返しにそうつぶやくハク


94 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:04:34 ID:bac703c0


                    /ヽ          >、
               /-‐ム       , -=´ミミ、!
               ,'ィ==ム   /      ヾ!
              ,'   >''´三_ ` ''<   .i
              | ./>彡:::::::::::::::ヽ`> ヽ、i
               | ._ヘ::::::::::::::::ィ彡'::::::ヽヘ ム                   「……マホ?」
              |//:ィ彡'::::::::::::::::>─‐t 、_|
                   i-!::::::::r ''´ ̄ ̄`丶、',二i}l `i  /´ヽ_..-、_.. -、
              マム/{        } ̄`'''-},-〈  ..::'' ´    ノ
              〉 'r'´人_..-<二フ ̄r'\   ヽ_ヽ __..>´
              `マ‘/  `>、- ' 、ィ'  .,\   ¨´ /  >
               /`{       >、_>´''''''\ ./  /
                 /ヽ、マ       _.. >、    マ'  /
              ` -...ヽ__... -‐ ´   ._ヽ   .',/
                 ¨ヽ__.. -‐ ´ ̄



丸い生き物は、自分を見たまま固まっているハクの姿を見て首をかしげる
なぜ彼女がそうなっているのか分からないのだ

なので、丸い生き物はとりあえず話の続きをすることにした



               /\
           /,;;彡=\
             {彡''´ ̄`ヽ ___ _,>───-.._
           .{   r<´ヽ {   } `>、   ヽヽヽ /
           y ´.マ _,,,,,ニ,,,,,,,,,,,,ミィ  `> 、 マム /
          /  Y.:'::::γヽ::::::::::::::::::::ヽ <  ム マソ
        ,.-─=:.y´:::::::::{  }::::::::;-─‐ッ- y´ ̄`メ、.         「マホ! デタ!
       イ     }"';::::::::'..ノ::::::::'´ ̄:;;;i./     |
.         {      }-'-=ニニニニニニ=-{     ./!        ハク! オネ、ガイ!
       乂    ノソ. |´: : : : : : : { i二!}i乂   ノノ
        `≧ニ´_  !───‐┴─┴i 二ィヘ__        キタ! デタ!」
.       { ̄ ̄ム    ¨r─''≧‐---‐≦''マ"´   ./   }
       マ.   ム   /、/>   ,-,  .マヽへ  /    ./
      マ    ゝ/< < ._/ マ_ヘ  ><   /
         ヽ_.. イ;;;;;;;;;;;;≧‐-=ニ三ニ=-‐≦ ;;;;;;\/
          `''''''::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::''''''´




ハクは茫然としたまま、その生き物の声を聴いている
身振り手振りは大げさ、そして特徴的な喋り方であったが、なんとなくその意味は伝わってきた
そして名前を呼ばれたことで、この生き物が自分のことを知っているのだとも理解する

ようやく呆然としていた頭がハッキリしてきた頃
ハクはひとまず、目の前の不思議な生き物に問いかけることを選択した



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|               「え、ええと…
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐...   きみは私が出てきてって頼んだから
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !
       ヽ|  .:|  | ´            ` u |   l/_/: : : : : : : : /.      出てきてくれたの?」
          ト、 :l   l      `        l   |: :!:_:_:_: : : : : : /
          ヽ!  人     -っ       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



                    /`ヽ
                  /  __ヘ
              /ィ ´ ---ミヘ
                 ,'ィ ´<´ ̄`.ヘ              ___
                 ,'ィ ´  ,> ´  ̄ ̄`>:._.. -≦、´ ̄ 、  }
                 !   , 、_/ ̄¨7  , 、  `    ヽヽ ヽ /
             {./<    ___ `''-  `>. \   マム.`/
                /ヽ´ >''::::::::::::::::::::`<  <  .、 ヽ   1/
            /7 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ´ ヽ `::/         「マホ!」
            、' `/::::‐=ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  r‐'  |、
           >、{:::::::::::::::`::::::::::::::,===-::::::マ ‘ー┐.-<
          /ヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_>''´ /  _.. -‐ 、
            /__} |`>、..::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ彡>'}  ヽ/  ヽ. ヽ
     /´ ̄/   ヽ_.. -─-、─- ..二二「二彡´} }_.ィ  /_    }  ム
.     /    .,'  >´     }____{ {_彡´ィ , <´` <;;;;::: /   }
    {     .{>´       ノ' ⌒ヽ__二二彡´        `ヽ   /
    {     /      >´:::.........ノ  _ γ⌒ヽ`:::、      /` メ、
.    ',   .{  ..._>´;;:::::::::/´|__|  マ_.{   }::ノ ヽ   ./     }
.     マ / マ::::::::::::::::::::::::_..ノ‐-=__.. --┘   .{    マ<´       ノ
     V  ヽ::::::::::::::>´r ‐ ¨´          〉     ',       /
             ` ̄    .{       ........::::::::/      |__.. ‐''´
                ` ー、:::::::::::::::::::::::>´
                   ー── ''´´



不思議な生き物はハクの質問に肯定しているようだ
楽しそうに身体を揺らしながら微笑んでいる
.

95 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:05:00 ID:bac703c0


改めてハクはこの不思議な生き物を見てみる


                  __
               , "     ゛ーヘ- 、_       、
          rニ;,   /             !ヾヽヽ、       )ヽ.
          {r、}   /         /     |  \ヾー--- "  j
        ヾ.'、 /  /j       /      !   \ヽ` ー-- "
           ヽ`、j //   !    /!     j    ヘ ハ
.            ヽr=! !     i!   i! | ,イ   ハ       }! |
            {::::ヘ}|!  | ,ハーt--r' |  i!ート,    i| !i
       ____  ;ヾ=ェi|  i|/ィオテミ!ソ  ! ,!xャァj!  ハ. ! i !
.       {::::::::::::::`ヽゞミj|   |《{゚し:::)   i. /fo::}イ   j | | j !
       ヽ::::::,;;;-----;|   | ー '"   j/ ゝ-' ハ  イ.j/ノノ
.       `く  _;;ー|   | ""     ,  "/ i / j,/
          >´::::::::::::::|  |\.   -=    イ 'イ |
.       _,,ゝ、:::;;;;;;;r|  |_ `   ーr<.´jノ  |  |
.      //::::/7;;;;;;;},.!   | \__  .{   `!'、   |  |
.    / /:::::::/'/  ヾ!   |   ¨ハ  `ヽ{! {ー‐| |
     { /::::::/./     }!  i!   { ヽ、 i} `7、 |  i|ヽ.
    ヽー '¨`{     }!  |\ jヾ、  7 ヽ〈\,|  i| |
.     \   ヘ     ソヽハ!  ` \ヽ. `ヽ }> 〉 \j |
       \.  ヽ     }y'       ヾニニ{  `r'  \|
    、    )   ハ //         `ヽトー;'     ヽ.
    i`ー '"    / <  {            i} ヘ       }
.    ヽ、____ ノ   } ∧            .イ!  }    ノ



サッカーボールより二周りほど大きい身体が
青いマントのような服をたなびかせて、空中に浮いている

手袋を付けた手も浮いており、自由に動かせるようだ



               r- .               .. -イ
              ',   >、          ,.<ヽ. __/
.  γ´ ̄`>、    ',ニ彡´ >、.. --- ..,.< `ミニ./   ,<´ ̄`ヽ
   ‘、  ,.--  ヽ.  ',       _,,..r==..,,_      ./ .∠ -- 、  ノ
    ゞゝ- '、_ツ  マ  ,_>:::::::::::::::::::::<,   /  ヾ_.,ゝ-'‐´
             / .t'/::::::::::::::::::::::::::::::::::マムヘ   
               _r{ /`i:::‐=ミ、::::::::,,ィ=‐:::i´', }、_
         /¨7‐-<{ `ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-'_´ }..>-‐マム
        ,'. ,.'     マ_ |`>=====彡ii´ |_/     マム
       .i .,'      `≦=::____{{彡"≦.         ', !
     //      >´、 ''-=ニニニニニ=-'' ィ `<.     \\
    ./ /     .>´    `≦-======-≧´    `<    マム
    .! .!  _.. -''´                         `''- .._ ! !
    .|_..>´                                `<..!



亜人の中でも、絶対数は少ないが飛行能力を持つものも居る

しかし目の前に居るこの生き物は、亜人の「人型で、二足歩行を行う、特殊能力者」という
基本的な定義からは外れているように思えた

やらない夫が以前言ったような、前例のない亜人か、それ以外の生き物なのかもしれない
.

96 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:05:22 ID:bac703c0


.              _____
             |       |
             |      |
             |      |       ._ ,,,,,,,,,,,_
             |      |    .r ニ,,..,  ,,,  ニヽ
             |      |   .τ.::ll l     l .l
             |      |    `.J~ i     i  l. l
             |,‐‐‐‐,|     .l .!        ! l,⌒ヽ
               ̄ ̄ ̄     l .i !    .! ci. l´ ) .)
          _______    .l {l i   i  l}.l,'/. /
          |i:¨ ̄     ̄¨.: i   .l .l      l. l,_,ノ
          |i:          :i|   . l .l      l. l
          .|i:  、      :i|  ....l└  ゚-  ┘l
           |i /ヘ:\.__ :|    `"'ー--‐‐''"
           |〈`_、/´.l'´ ̄ ;i :i|
           |i '、 ;'´'il:  :;」i :i|
         ─|`ー=====一 |


そう思いながら、ハクは少しだけ視線を滑らせる
彼女が見ていたのは、整理された空のグラスだった

ハクはそれらを指さしながら、ふわふわと浮いている生き物に質問する


                   , -  ̄ ̄  ‐-  ,,,___      __
              ./  ,,,,  ニニ====- . _ ̄ 二ニニ _フ
            /  /. ´     ,,__   > .
            ./  /.´           .へ      .\
           / ./i              \      \
            .ゝ__,                     \     .、ヽ
            /          , _             ヽ、 .   ソ            「…ねぇ、もしかしてこれ
              /           ム、`‐、 ____  _ 二.ムー-= _ \
            .{   .\      ムヽ、 \ ,≧ー---、__ ト、 ヽ i.          私を手伝ってくれたのかな?」
             l   .、 `ト、 __,,,, ム `>  xz==x、 ` .ム   .\
            i   .ム  」/、   .ム    .イb:::::::} 》、  ム>、  ムー--
            .マ  .ムマ.ム   __L,,, \   辷:ソ   マ、..ム.|`ー ,,__
            .マ  .i.l ヽム..,示 ̄ムー‐‐    ̄ ̄   .トリ、 .ム/ ,
       ___ ヽ、 リ 、 . 《 .b::::::;}           ./ リ..ト、.リ  _/ニニ≧‐- ,__
       l´/ / _,,, ).」 iヽ ムヽ ..` ゞ´     ,    ,   .ノ 乂ーノ /.≦三ニマ     `>、
    , -- リノiノ-、= .ノ__ヽ_ヽ . . ム     ___    ,  | .(  ̄.{_ノ三三三ニマ       /  ` ー
   /  .,  ̄  ー-´´/  マムヽ、 \        ./ . ..i .ム三三三マ三三ニム  _ <
.   /       _,,, -‐´  _ムム__>=-ミ≧ー - ´  ..├-.ム≦三ニニ=====-´
  /     ,ー´      マ三ヽ|三ニ≧-ヽ}       ム::、 :::::::`:y´               /
. /      /             守三≧-=´ /_ノ ヽ         .`ー、:::::::: \            .> ´
      ./         , -‐  ̄フ´: : /´ノ          ,  ム :::::::::::: \       > ´
. .    /        /   /:::::::::_ ム .ー-- 、   , - ‐    }-‐- ,_::::::::ム  .,= =≦ム
     .        .<   /::: __ /ヽ ム              /::::::::::: ≧ュ、_ ≦ニニニニ三ム
    .{      .<    ./ _ /.ノ ::::::::::: ム             { :::::::::::::: ム  .{ヽト、
.     i  <´       ̄   /::::::::::::::::`>、   ヽ  /  ノ:::::::::::::::::::`>.」   \
    .i´           ', .ノ::::::::::::::::::::::::::::::\   .y .   / :::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ    .\
... .   ノ           .>-./:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム.  ',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム  \ \
  /        >´  .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム i ./ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム .   ヽ \



丸い生き物は、彼女の問いかけに小さな手を天高く上げながら応えた



                       {´ヽ   .. 、
                  /ヽ      ',.  ヽ´ヽ、|
              /_..=ム    r''¨7    ', |
               ,' ´   ム_.. --ヽ `     } |
                |   > -,......==_ヽ、_.ノ .!.            「マホ!  テツ、ダイ!
                 | /ィ'..:::::::::::::::::_..-、::ヽ,、ヽ.!
               !/ i /:ト‐┐:::::::::ー--::::::マ'_.'i           ハク! テツ、ダイ!」
             i ,'/::::: ̄´-────-;; __',
              |.ィ ''´-‐ ''  ̄ ̄ ̄{{二}}`! ¨}  ..-─‐┐
             { i´ -‐ '' ̄ ̄ ̄:::::::7ヽ_--'γ´    ヽ-、
         _.. -‐マ''´  /::::::::::::::::::::/ィ、' /`''ヽ.. _ヽ-、_ヽ!
      _.. ´‐- 、     /_ `'='-='`¨  /''''''''''''''`<./ /
      ` <   ヽ /;;;;;;;;<____> ´        \/
         ` </


97 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:05:47 ID:bac703c0


その言葉はたどたどしかったが、ハクを笑顔にさせるには十分だった



           〉: : :/.    /  / _ `ヽ. / :/     }   / /ヽ. ヽ.
           / : : :     /  /≠≡ミz、厶イ    /  / /‐-、} l }!:
           〈: : : :|    !/ ./::..     `ヾ' | !:  厶イ' /    || '    /  |
.            〉: : :|l   / /!::::::::::::::::    | ! // ,' /ノニニ., ..! |/:   / ,  !
         ..イ,. -‐||  /イ} |         ::.〃 /ノ ´ ̄`ヾ.メ/ // / / ∧
      x≪, :´   八  ノ 八__.ノ     厶ィ      :::::::::::: '/ 〃 / / /:::}:7
   x≪::>:/    ノ ハ l  个ー‐'         /        _.イ/ / / / /.:::/7
 x≪>: : : /       .イl:|  |          ′          / /レ'! 厶イ::::/ /
 ∨: : : : /.       /ノ l |  ト、     、           -=彡'  八ノ 〃:/ /
.  }: : : : :     / : : : 〃   |:. \     ー―      /'    /厶イ: ::/イ
  !: : ::|    /: : : :./ |  |.: : :\            ..イ|    〃ヽ : |: ∧/
  |: : :.:.|     |: : : :/   |  |  : : :.ヽ.    _  .....:.:::l : | !  //  ヽ/X.          「そっか…
  |: : :.:.|    !: ::/  ヽ..八 |ヽ._ : : : : : ̄ : : : /   ! : !:|  //     }\\
. /L_/|  /} :/     \ヽ. |   .:: : : : : : : :/    |:|  '∧    :.: :.\\..      うん、ありがとう」
/  /  | /: /:!/      \リ    ヽ:_: :        |:.:| 〃: ::.     /: : : : 〉/
    //: : :/::/        ヽ.        ___ -―' | : j//: : : : 〉  / : : : //
.   // : : : .イ                      ´      |: : 八: : /.  /: : : :/′
. /〈: : : : :/: |           :::::::::::          |: : : : /   /: : : :/
Y´: : :∨ : /: : |          、:::::/             ! : :/!    イヽ: :/
:|: : : : :∨/.:.: |          v ´           o   K: : :〈    / |l ヽ
::. : : : : :ト、: : : :!            }          。 |: :\ハ  /: !l
八: : : :.:|: ヽ : .ト、          ;               ノ : : : \ンイ: ||
:::∧: : : ヽ: : : ノ: :ヽ         ノ          /: : : : : : : 〉. |  ||
./::::ヽ : : : \ : : : : \      .:.           /: : : : : : : / }: !  |!
{::::::::::\: : : : `: 、 : : : \   .. ':::        /: : : : : : : /: : ∧|  ハ
|::::::::::::::::ヽ :_ _厶<: : : :个ー'':::::ゝ、      /: : : : : :,: : :´ : : ノ |l /  :.
ゝ::::::::::::::|:::: ̄ ̄:::::ヽゝ=入_ニ≡==ヽ. _,.. <:___. : : :´: : : : : イ l ノ! /ヽ |
:::ヽ:::::::::::|:::::::::::::::::::::::|:::::::| ` ー-===ニネ._: : : : ::: : : : : : : /| :| :!イ::|/   } !
∧:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::!:::::::|  |: : : : .イ:::::::|:::::丶.__: : .. ィ:::::::| :|ノ ノ':   ノ'



そう言いながら、彼女は不思議な生き物に手を伸ばし
優しく、その頭を撫でた



           へ
          /___ヽ           _,,..-─┐
            / ̄,,==ヽ        _,,::≦ `ヾ  |
           .i彡"´  _::└‐┬‐t≦   `゙ヾミ;;;/
         |  >彡 __ニ二__ `>   ::::/
         |./´`´イ´::::::::::::::::::二ヽ`ィ:‐、Y
         メ、 /:::::::::::::::::::: 彡-‐'::::::マ ';;ム       「マホ! マホ!」
        i_」 /イニニ=、::::::::´:::::::::;;;;;;;;;;;マ┘ム
        |  i::::::;;-─=二二三三三王 ̄`゙ミ、
        〈{_..-=ニ_,,./       `ヽ||: :|   ‐-〈
       冫  |ニイ ,.---.、    ハ二__.......}
        .ヽ  .{ ' イ      ̄ ̄ソハ    _二`:.、
        く,__..入_人____彡ゝ´,、X  /    ヽ_
     ┌─=Y   ノ .≧‐-‐≦´ > ゙ .`メ          ̄ ̄ノ
       .マ   ヽ /゙''''´ |__|´ Y´    ノ::ヽ、       /
        マ  /;;;;ゝ           /;;;;;;;;;;;\,,..=-─ッ
       ヽ´;;;;;;;;;;;;;≧‐-=ニ三ニ=-‐≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
         マ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ン
               ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''



頭を撫でられて、嬉しそうに身体を揺らす
まるで小さな子供のように
.

98 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:06:11 ID:bac703c0


子供
その単語が頭に浮かんだ時、ハクの頭の中で歯車が噛み合う音が聞こえる


                         ,, -‐┐
    {i⌒>ュ、          ,ィ≪⌒㍉  i}
    {iレ゙ ,ィ㌃\  -‐…‐-<   ⌒≫ュ\j}
     V^´   ´ r‐‐┐  r‐、  、   レ゙
      〈    /)イ   `¨¨´  〉  ヽ /
  ,へ   V^V  '´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、ヽ´\ `ヽ
 《: : :.\ 》 /           \  〉  )x
  `¨ヽ.:/ 《/            ,zzz、   `、┐イム
『¨¨¨¨} {7 '⌒㍉   ,ィア´     ,ィi´  ∧
.`¨¨¨´__ 》__  ,,'"´ ̄`ヽ、 _ ,ィi´_ィヘ  〈 入
  /:./ 《 >‐‐f´       「r=ニヘV//>     ヽ
 《/  《 {i `⌒)‐…‐ミ   小  _》ソ´ ,イ
     ,ィヘ{i  ´       )xイr匕´__, イ ト、
.   /  /ヽ         イ===≠⌒「     厶i}   イ
 ∠   //¨ヽー‐t<⌒ー‐´rヘ_,ノ     /  i}/.:
/⌒\ /    `丶、¨´ `ー‐┘      彡'  {i: : : :


そうだ、「この子」はまるで子供のようだ
小さな体もそうだが、単語だけで話すような喋り方も、大げさなほどのリアクションも
感情を素直に表に出す行為すべてが、幼い子供そのままだ

それに気づいたとき、ハクの胸中にあった恐れはもう無くなっていた



           -― 、      r、
          /´ ̄ ヽ }      マ{
      /     _ }/ー'´ ̄ ` マ
     /    , ィ´ /         う 、
        イ              ヽ \
       イ/         ヽ\、     ヾ 、\
      / /           ', ハ ヽ }  ヽ. ハ ヾ 、
      i/   ! ,イ l     ー!┼-キ!‐ !  ',  リ
      l|   i  ! l |x     ハ jzュキ-ァ lヽ
      マ   l | メ{ ',    ! 仆!jリ 'リ jト. Y !         「ねぇ、あなたの名前はなに?
      V    ヾ!/ X!zテ   j `´~、`/l ', } |
     r-ュ、    ∧xチtjレ゚\ノ 、   ′! マ j、.         教えてくれるかな」
     マニム  メ ゞ゚´、`      ,   イ  Y ヽ
      マニム   \、_,   -   .人 ム  ト、  :.
       ゝ ̄ ヽ  ヾ ̄.._    イ ト、 ム  マ \l
       _〉ニア⌒ト、 \{   ̄   ! j マム  ト ̄ :.
     ´アム /    ! ヽ. \、_   j /  マム !  `ぅ、
  ィ´ イニ Y    |   \ ヽ  `      lム|     。
    ムニニ ム   i  /ヽヽ ハ   _   /  i ハ!     Y
    〈ニニ ニム   l イl    Y\}   `ヾ{   !/      }
    `ヾj /⌒、  i/ V   L_リ >。_  ヽ j: !      ム
     /    / ハ    !      `≧ュ>、 V:,ィ      イニヽ
   /   /    :.  ハ        `ヾ>:/:l._ , ィニニニ\
      /    ィ7ヽ/人         )、_: ィ:{ 八ニニニニニ
   j    ′  ノ`! lマ ∨ニ>。      彡´| : : : 〈  マニニニニニ
   |!  ;'  , 〔ニレ!ム  ヾニニ≧=、 ´ /ヽl!: : : : l!  マニニニニニ
   li  {  ムニニ<`マヽ Yニニニニムー'  ィ| : : : : ト.  マニニニニニ
   l |! {ニニニニ 、ヾ≧!ニニニニニrニニヽ: : : :|_ム  マニニニニニ
     l  いニニニニ>ュ マニニニニニ、 ニニヽ: :jニム  マニニニ



彼女がそう言うと、不思議な生き物は空中を飛び跳ねながら、こう名乗り上げた



               /\
           /,;;彡=\
             {彡''´ ̄`ヽ ___ _,>───-.._
           .{   r<´ヽ {   } `>、   ヽヽヽ /
           y ´.マ _,,,,,ニ,,,,,,,,,,,,ミィ  `> 、 マム /
          /  Y.:'::::γヽ::::::::::::::::::::ヽ <  ム マソ
        ,.-─=:.y´:::::::::{  }::::::::;-─‐ッ- y´ ̄`メ、
       イ     }"';::::::::'..ノ::::::::'´ ̄:;;;i./     |        「マホ、ロア!
.         {      }-'-=ニニニニニニ=-{     ./!
       乂    ノソ. |´: : : : : : : { i二!}i乂   ノノ        マホ、ロア!」
        `≧ニ´_  !───‐┴─┴i 二ィヘ__
.       { ̄ ̄ム    ¨r─''≧‐---‐≦''マ"´   ./   }
       マ.   ム   /、/>   ,-,  .マヽへ  /    ./
      マ    ゝ/< < ._/ マ_ヘ  ><   /
         ヽ_.. イ;;;;;;;;;;;;≧‐-=ニ三ニ=-‐≦ ;;;;;;\/
          `''''''::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::''''''´


99 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:06:35 ID:bac703c0


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′.         「マホ、ロア…
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/      マホロア?  それがあなたの名前?」
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y
         Ⅳ、ル∠__ト  -}__! /」 |:::\:|
           γ/{〈|  / 〉j/^ヽK ヽ:\
             {/ l l !ノ_〃 Y   }、::::、ヽ:.\
.             (  {  ̄/   ノi== i ';:::::> ´ ̄`
            L_〉 .{___ ,{ |:::::|∨
           |:::}/  j    | |:::::: |
           |:/ヽ/    ‘,|::::::::|
           |{[i[二]ニi]ニニ|:::::::::|



                                /',
                               /  ',
                        /=ミミヽ,|
                     _/    `ミ;;|
                 >'''¨´  `¨'<.    1
                  /     __  _ ヽ  .,'
.         ,.>-=テ7¨ ̄/   ,<¨i_」  i__」>; ';/
       ヽ  /〃   ,'  /ヘ>  _,,...--;::< '<ヘ
          ヽi i !   i  マ _...::::::::::::,  ',::::::::ヽ ヘ,
         γ⌒ヽ,i /`´,;イ´`,:::::::::::',  i::::::::::::マ,ハ_             「マホ!」
          {   ヘヽ, ./:::',   ,::::::::::ゝイ::::::::彡´ t=ii´ ̄`ヽ
          _.>     ムi i:::::::乂_ノ::::::::::::::::::::'''¨´ _,.;ヘム}.}.  /
        /     `ヽ;;:::::::::::::::=-‐'''''¨´ _>´: : : ムソ}  /
       /         `i ̄´  _,,,,..::-‐≦: : : : 彡´/ム  `ヽ
       {           ノ    マ: : : : : : >'''¨´/;;;;:ム--イ
      .マ      __∠__  ヾ-‐'''¨´_,.-=;;ソ |;;;;;;;;ム
       ヽ    /   |.      ̄ ̄¨T''''¨´   ;:ソ'''''''''i |
        `>イ     |.         |,/'7_/'''i/     i/
              |.         |  __,.:/
                |        ;'''¨´
               ,'‐-...,,__,,,,.../
                /        /
              `¨''‐-=::.,,___/



                  __
               , "     ゛ーヘ- 、_       、
          rニ;,   /             !ヾヽヽ、       )ヽ.
          {r、}   /         /     |  \ヾー--- "  j
        ヾ.'、 /  /j       /      !   \ヽ` ー-- "
           ヽ`、j //   !    /!     j    ヘ ハ
.            ヽr=! !     i!   i! | ,イ   ハ       }! |
            {::::ヘ}|!  | ,ハーt--r' |  i!ート,    i| !i
       ____  ;ヾ=ェi|  i|/ィオテミ!ソ  ! ,!xャァj!  ハ. ! i !
.       {::::::::::::::`ヽゞミj|   |《{゚し:::)   i. /fo::}イ   j | | j !         「そっか、それじゃあ改めて…
       ヽ::::::,;;;-----;|   | ー '"   j/ ゝ-' ハ  イ.j/ノノ
.       `く  _;;ー|   | ""     ,  "/ i / j,/           初めまして、マホロア…くん? ちゃん?
          >´::::::::::::::|  |\.   -=    イ 'イ |
.       _,,ゝ、:::;;;;;;;r|  |_ `   ーr<.´jノ  |  |               んん…どっちだろ……」
.      //::::/7;;;;;;;},.!   | \__  .{   `!'、   |  |
.    / /:::::::/'/  ヾ!   |   ¨ハ  `ヽ{! {ー‐| |
     { /::::::/./     }!  i!   { ヽ、 i} `7、 |  i|ヽ.
    ヽー '¨`{     }!  |\ jヾ、  7 ヽ〈\,|  i| |
.     \   ヘ     ソヽハ!  ` \ヽ. `ヽ }> 〉 \j |
       \.  ヽ     }y'       ヾニニ{  `r'  \|
    、    )   ハ //         `ヽトー;'     ヽ.
    i`ー '"    / <  {            i} ヘ       }
.    ヽ、____ ノ   } ∧            .イ!  }    ノ


100 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:06:56 ID:bac703c0


                    /ヽ
                  /三ミ、}
                /    .‐'- .._  ____
               /  ´       <´ \\ヽ/
               /            マム/
                 /´’==、 >          ,;'
             /:::::::::::::::::::::ヾ ヘ        ィ、.           「…クン?
      γヽ,-‐、  iヽ、::::::::::::::::::::::ヽ'_     ´ / }_
        {   ヽ ヘ <_ヽ:::::::::::::‐==-:::i ム    / ,' ´ ̄i¨i.       …チヤ?」
       マ    ヘ マ ゙'' =::..___|_.].. ‐''   /    .i .i
       ヽ __.ノ !`≦-..{{二}}二7  _.> ´.....    ,' ,'
                |   ヽ;;;`ミ─ ''      .....:::::::::::! |
                 |     ヽ¨ ` <         / /
                  | ̄ '' ─-ヽ   ` <     //
                 ` ''─-- ..._ヽ     ` <//
                       `          ̄



マホロアは首を左右にかしげている
ハクの疑問の意味がわからず、混乱している様子だった



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  lヽ _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l   |,/  !   !  ヽ、::!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:            「…じゃあ呼び捨てでもいいかな?
     |,'  l  ! .:| ト| ´ ̄ ヽ  !   ̄`` ヽ!:/ : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ z==s \|  z==x  レ   |:/:/{. : ´: : : : : : :!      初めまして、マホロア」
       ヽ|  .:|  |                |   l/_/: : : : : : : : /.
          ト、 :l  ⊂⊃    `      ⊂⊃    |: :!:_:_:_: : : : : :/  
          ヽ!  人   r──┐    ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、 ヽ _ ノ  ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll   
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



                       {´ヽ   .. 、
                  /ヽ      ',.  ヽ´ヽ、|
              /_..=ム    r''¨7    ', |
               ,' ´   ム_.. --ヽ `     } |
                |   > -,......==_ヽ、_.ノ .!.          「マホ!」
                 | /ィ'..:::::::::::::::::_..-、::ヽ,、ヽ.!
               !/ i /:ト‐┐:::::::::ー--::::::マ'_.'i 
             i ,'/::::: ̄´-────-;; __',
              |.ィ ''´-‐ ''  ̄ ̄ ̄{{二}}`! ¨}  ..-─‐┐
             { i´ -‐ '' ̄ ̄ ̄:::::::7ヽ_--'γ´    ヽ-、
         _.. -‐マ''´  /::::::::::::::::::::/ィ、' /`''ヽ.. _ヽ-、_ヽ!
      _.. ´‐- 、     /_ `'='-='`¨  /''''''''''''''`<./ /
      ` <   ヽ /;;;;;;;;<____> ´        \/
         ` </


同意してくれたので、彼女はとりあえずは呼び捨てにすることにした


101 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:07:19 ID:bac703c0


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′..        「それじゃあ挨拶も終わったところで
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/        ちょっと聞きたいんだけど――」
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y
         Ⅳ、ル∠__ト  -}__! /」 |:::\:|
           γ/{〈|  / 〉j/^ヽK ヽ:\
             {/ l l !ノ_〃 Y   }、::::、ヽ:.\
.             (  {  ̄/   ノi== i ';:::::> ´ ̄`
            L_〉 .{___ ,{ |:::::|∨
           |:::}/  j    | |:::::: |
           |:/ヽ/    ‘,|::::::::|
           |{[i[二]ニi]ニニ|:::::::::|


ハクは、驚きと混乱で棚上げになっていた疑問
すなわち、マホロアが何故ここに居るのかを聞こうとしたのだが

狙い済ましたかのようなタイミングで、店の扉が音を響かせて開く

入ってきたのは、先程帰ったはずのやらない夫だった


             / ̄ ̄ \ -、_
          _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
         (=)(= )/ ´/ /)
.          (__人_) {    , ' ´,/.        「すみません、ハクさん
          '、`⌒ ´  V __, <´
           |     〈´/::::Λ           携帯忘れちゃったみたいで…
           |       ヤ::::::::::::::Λ
          `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ.         椅子のあたりにありませんかね?」
          /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
.     _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
    //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
    j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
   i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
.  i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
.   | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


どうやら忘れ物をして戻ってきたらしい
ハクはとりあえず、先程までやらない夫の座っていたあたりを探し
椅子に乗っていたスマートフォンを拾い上げ、彼に手渡した

                 ____ ____
                 /¨ ̄   ̄`ヾヽ‐==ニミ 、
                  /  ,,.x≦⌒   、  `ヽ \
               /  //   γ´{        .: .
               / /  .,             . {ミ}、
               ,: / , //  ;    、   ヽ   ', {ミ!',
               ,  i ,: {   i {  .:i !   i   i : || :}
              ,: i  | {人 ノ{ハ  }{__}:i  }}  | ::|| ::}
              i {:  l i:|イヾ }ハ  :iハ リ`ミリx i}: jjヽ}
              }人  从  __ `ヽ{ __ !i リヲノ}ノ}       「あったあった
          r―=ニ =ミ}ヽ i:《 z==ァ    ィ==zj/ハ V ノ
          {:::::::::::::::≫}/|:从           // ハ }ヽ.       はい、気をつけなきゃだめだよー
          ';::::::::;   / |:|八      '      八:::jリ  \
          ヽ:::/   {  ハ{ 个.、   ` - '  ,.イ::::::/ム    :、
           / {     //ヽ:::::{≫x、  ,.x≪ }::::::ハ ',     }     あ、それはそうと、やらない夫君
          く::;ム    ;//:::::::::::; ヽ `´  /  ;:::::::ハ ',    /
           /∧  { {:::::::::::::{  ー=、 ,. -‐ }::::::::::} }  ,.     いまお店になんだか不思議な子が居るんだけど」
         / / ∧ 人ヽ、::::::ヽ       j:::::::::ノノ .D/
.        /   / //∧  \\:::::::\ Y   /:::/イ  /
       /     /{{  〉   {: : >x:::::ヽ;  /=≪: : ノ /{
.      / i .; / / ,ヽ、∧  ヽ `ー=彡'个:}i,ィ个ー=彡' /}:i
      { i ; /!   /::/{{二二ハ   ヽ{: : : : ノ    /二}}::i
      V { i{ |  ,..:::/:::}////八  \个ー=个   ノ///j::|:i
       Ⅵ从{  }::::}::::ハ//////` ー={: : : : :}ー=ァ'/////,::|:|
       ヾ{ ヾ: j::::|:::::::ハ///////Ⅵ : : : ::|__ ///////:::|:}
.         ヽ、 /::::|::::::::::ム///////V : : : : Ⅳ//////:::::}リ
           `ヽ:|:::::::::::::}ヽ.////// : : : : :///////|::::ノ}
.               |:::::::::::::|:::::\///{:.: : : : ///////:::}ィ' }


携帯を渡しながら、ハクはマホロアの方に視線を向けた


102 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:07:42 ID:bac703c0


     _____  -‐…‐-   ____
     ∨/´ /v‐'¨ー'¨ー¨ーv \ V\/
       V / >// ∩//∩//ヽ<丶 v
      V 〈'////∪//∪///∧ヘ、/.           「マホ!
       ┌==ニ二二二二ニニ==コ
       〈 {//////////「⌒l}'/} 〈.            ヤラ! ヤラ、キタ!」
   (⌒ヽ、`ーァ=======┷ー┷┘ 〉 f⌒)
.f⌒´    )x「7弌……………y‐…'Y´ ,'⌒¨¨¨〉
弋    _メ///`弌==zz==七∧  (⌒ー'     /
  `¨ア⌒ヽ////,\      //∧  \    /
  <  \/////////////////,∧/  >¨´
    \_/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ/


「ヤラ」とは、おそらくやらない夫のことなのだろう
マホロアはぴょこぴょこと跳ねながら、彼を歓迎しているように見えた

しかし、やらない夫は予想外の反応をしてくる


                / ̄ ̄ \
             _,ノ ヽ、,__   \
             (●)(● )    |.        「え? 不思議な子って…
               (_人___)   U  |
                '、       │
         <二ニヽ        |         ……どこに居るんですか?」
.         /-‐   `i 、 ___,. イ i
.         {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
        しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
          ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
.         「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
        /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
     / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
.     / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
    ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ


                       _
                         /'⌒ `
                        __( /
                    ⌒へ〈>ヘ、
               /          ヾ
.               //    |
              /:     八    }     }
               レ′/`ー‐.   Λ  }l  }
.          __/ / |「巧列、 {__`ー八 メ、
            {//レク{、 l|  ̄  ヽ{巧列 | `ヽ_)__
          {////Λ八    '  `^'人|  ////}
          { ̄ ̄ ̄レ个  ¬ u くl}: 八/ ̄ ̄}
            V77>‐ |l.l!/) 〕l爪 [ ̄}/ト ミ 7777.       「え?  ええ?
.           ∨  ./レ/厶    ]  | |ヽ V//
            { /=ミ{ ′ ,ハ     ]/| |ヽ〉 }        ドコって……そこだけど?」
           。 レ'⌒{    J    }丿{、  }
           ,′/ ,>|  /     /   {\/
.           {___レ{//{  /\ ノ、/     } }}
          /7 / 人'Λ ////〉彡_____/ /}
.        ///{////≧=--イ竺7________ノ〈
        ////{//////////[/__]>'´ ̄ V///〉
        \///////////_ノ[.__]__ノ{///′
         \///////厂  [___]    {///}
           ̄ ̄} ̄    [.___]   {//八


ハクは再度、マホロアの居る場所を指し示す
やらない夫もその方向を見る


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)      「誰も……いませんよ?」
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}


しかし、やらない夫の反応は同じだった


103 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:08:06 ID:bac703c0


ハクは混乱する

確かにマホロアはそこに居るのに、やらない夫には見えていないという事実


そして彼女は、最終的にこう結論づけた


                   , -  ̄ ̄  ‐-  ,,,___      __
                 /  ,,,,  ニニ====- . _ ̄ 二ニニ _フ
            /  /. ´     ,,__   > .
               /  /.´           .へ      .\
           / ./i              \      \        「もしかして…
.            ゝ__,                     \     .、ヽ
            /          , _             ヽ、 .   ソ        私にしか、見えて…ない、の?」
              /           ム、`‐、 ____  _ 二.ムー-= _ \
.            {   .\      ムヽ、 \ ,≧ー---、__ ト、 ヽ i
             l   .、 `ト、 __,,,, ム `>  xz==x、 ` .ム   .\
            i   .ム  」/、   .ム     ,´{ 。 } 》、  ム>、  ムー---    ----  ,,,____
.            マ  .ムマ.ム  x==- \   ゝ. ノ   マ、..ム.|`ー ,,__
               マ  .i.l ヽム..,イ 。`.ー‐‐     :::::::::::::: トリ、 .ム/ ,
       ___ ヽ、 リ 、 . 《 .ゝ _ノ           U ./ リ..ト、.リ  _/ニニ≧‐- ,__
       l´/ / _,,, ).」 iヽ ムヽ ..`≧:::::::::::   ,       / 乂ーノ /.≦三ニマ     `>、
    , -- リノiノ-、= .ノ__ヽ_ヽ . . ム        _   ,  | .(  ̄.{_ノ三三三ニマ       /  ` ー.
   /  .,  ̄  ー-´´/  マムヽ、 \     '   / . ..i .ム三三三マ三三ニム  _ <
.   /       _,,, -‐´  _ムム__>=-ミ≧ー - ´  ..├-.ム≦三ニニ=====-´
  /     ,ー´      マ三ヽ|三ニ≧-ヽ}       ム::、 :::::::`:y´               /
. /      /             守三≧-=´ /_ノ ヽ         .`ー、:::::::: \            .> ´
.      /         , -‐  ̄フ´: : /´ノ          ,  ム :::::::::::: \       > ´
     /        /   /:::::::::_ ム .ー-- 、   , - ‐    }-‐- ,_::::::::ム  .,= =≦ム
     .        .<   /::: __ /ヽ ム              /::::::::::: ≧ュ、_ ≦ニニニニ三ム
.    {      .<    ./ _ /.ノ ::::::::::: ム             { :::::::::::::: ム  .{ヽト、
.     i  <´       ̄   /::::::::::::::::`>、   ヽ  /  ノ:::::::::::::::::::`>.」   \
.    i´           ', .ノ::::::::::::::::::::::::::::::\   .y .   / :::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ    .\
    ノ           .>-./:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム.  ',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム  \ \
  /        >´  .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ム i ./ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ム .   ヽ \







             ______
            /     \-一ヽ、 __r‐- 、_
         /    __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
          |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : :` ‐-、
          | U  (___人__)‐-─≦/ : : : : : : : :.゙___.. 、
          |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:゙>''¨´     `¨''<
          |           |.          /  _...=ニミ      `''<..,_
          ト、       |         〈<,. /〃,:'⌒ヾヽ   γ  〃r`¨''<_
          ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V.゙,':! ,〉! {{人___.ノ,i}}    {   { {i   /
.    .=彳: .'、 ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : :、.._|::i '''iヾ`゙==イ ノ    ゝ  ゞミ>''´
. _<: : : : /: : : i   /:::ヽ  V : :ヽ: : : : :.゙{ヽi,,,「__`‐---‐´     ` -イ       「マホ? マホ?」
 : : : : : :<: : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : :..゙〈      ̄ ̄¨'''───'''''¨ ̄´}
. : : : : : : : : >' : : l V  !::::{ `! _..--─''''メ`ヽ、                  人
.: : : : : : Υ : : : : l   l::::::i  !:i      }  `ヽ、__        _,,../ .ヘ
..: : : : : : : V: : : : :l  {::::::i ! {       _ノ        ` ̄ ̄ ̄´       ヘ
..: : : : : : : : :ヽ : : : ゙、 !:::::::i l: :ゝ--‐'''´/                       ヘ


問題の当事者は、頭を抱えるやらない夫の前を、ぷかぷかと飛び回っていた
.

104 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:08:29 ID:bac703c0

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─


               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ             「本当に、居るみたいですね…」
           ノ| U   (___人_\\__
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \                   只
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_                 {三}
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_                 {三}
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |                    │!i! !i!│
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |                 {三}
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: | 


ペットボトルが空中で動いている様を見ながら
やらない夫は目の前の事実――目には見えない何者かがいるという事を認めざるを得なかった


                             ,、
               __          /- ',           _
              [__]        /´ ̄ `l.  _... -==¨´、/
                  /-‐-ヽ    ./ >-‐,,  ¨´     ヾ/
                r-≧─-‘、   /-─:::::<`>.        /
               '〈     }.}. /:::::::::::::::/:::::::',yヘ      /    「マホ! マホ!」
             {     /ノ .,':::>:::::::´ ̄::::::::ムr'    ム
             丶----'  .{:::::::::::::-==ニニ ̄ ̄ `>-、}
                 │!i! !i!│ r≦´ ´¨  {{二}}二!     >
             ,.:<>',!', ', .マ>-'''¨´:::::ノヽ ̄¨'''─- .、 }─‐-、、
            ヽ<, -≧、  ,;‘<_≧--≦ィ、/ ヽ     ¨>─- 、!i
               ヽ;,/  ̄ヽ,、;;;;;;;>ミニ..'__..マ   _.>‐ '' ´ ̄ ̄\
            //     ム};;;;;;;;;;;;;;;;;;>'''''´ ̄ヽ/ ´ _.. -─ '''' ¨ ´
            ヽ‘-、   ./''''''''''''''''        ヽ/
                    ヽ./


見えない存在を相手に説明するため、なかなかの時間を要したのだが
結局はマホロアにペットボトルを動かしてもらうことで
やらない夫はなんとかマホロアの存在を信じることが出来ていた

当のマホロアはそんなことは気にせず、空のペットボトルを上下させている
おそらくは、シェイカーを振るハクの姿を真似ているのだろう

実に楽しそうだった



           ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄ `ー-  、
          /  , '⌒ヾ} ´ ̄   `ヽ.      {ミ}
      〃 /            \    {ミ!、.            「まぁ私も逆の立場だったら
      {  /    /     }、     ヽ   || ',
        ′    /」∧   | ヽ      .ハ  ||  l            そうそう信じられないだろうけどねー」
       {1   ‐i ノ !    }_ヽ__ }    jjヽ |
       从N   |   ヘ  /      !  |ヲノ ,′
       八  个 ≡≡ ∨ ≡≡z.|l   .レ' ∠-‐. :7
       r┬z  | ´         ` |l ─-ヘトr-く ̄ヽ :\
       r「「l {.  \   △     ////「 { \ヽ:.:\ \ :\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


ここに至るまでで、どっと疲れてしまったハクは
カウンターに突っ伏してぼやく
.

105 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:08:53 ID:bac703c0


          ⌒ヾ丶
            ) )
      -=ニ三>´≦,
   /        `ヽ ミ 、
.  / /〃/   }  ヾハ   \
  l  〃 ,'   ∧i  iト、    ',
  ',  iij { ,斗七"i リ≧}i ハトハ}       「…で、ふりだしに戻るんだけどさ
―-ゝ{i::i} ,乂〈チzブ} ,'チノ リ 从
::::,.-―マ彡个ヾ   jノ ヽ ルレ'        この子、何者なんだろうね?」
\  /:ヽ、从     ⊿ , ^メ、
  ,>::::::::「i乂t> ._,.へ:l\
/:::::::>ヤ ヽ ヘ. 〈:::::>ヽ::>ヽ  `Y
::::::::/   |: : ヘ ,ハ~\::、ハ  }i i }}
 ̄イ    ヽイ》, ヾミ=-ヽ≧+、ノノ 从
/ |     ∧リ i}\`ヽ∨: :`Y
.  !   ,'/: : |l//: ヽ\_Y}、:: :リ
  {===∧: : :,ノイ : : : `≧、__} ∧
 i!:::::::::/ ヽ: {i' :、:_:_; ;.イ: : } ヾ::\


改めてハクに問われ、やらない夫は腕組みをして唸る
頭の中の知識を引っ張り出してきて、出てきた答えを口にする


   ____
 /    ~\
/   ノ  (●)\            「ハクさんから聞いた容姿とか、振る舞いとか
|   (./)   ⌒)ヽ  
\     (__ノ,.<))/;、           俺には見えない所とかを合わせて考えると
  \     / /  '‐、>
   `\__l    ´ヽ〉         座敷童子…なんじゃないですかね、多分」
    ,ノヽ、ノ    __人〉
 , /'"|::::_/ヽ.   /:::::ヅ!:゙、-、_
''":::::::::::/´∨/`ー'〉 7:..ヽヽ:.:|:::::゙'ー、
::::::::::::y′.: ',ゝ、_/::\:.:.:| |.イ:::::::::|:::!
::::::::/: ://: : : :|::::::::ヽ::|/:i::::::::::::i::|


             , --―-
          , ' ,'
         ,  (
           l  λ、__, --―-_
         `ー    ヽヽ  |::::| ヽ
          , '  、    ', ',  ||   ',
         ,     人     '.   ||   ',            「ああ…
          {   ナーモ--、   r-||、   '
         |r,  ll ┰-,`ヽ l   {:::::::|   |             なんとなくそう言われれば
         リ丶 || ┃     |   }:::::::| ,--,/、
         丿     u |   |:::::j/.:.:ヽ.:.:.:` 、          そうかも、って思うね」
          \     ,イ   |イ |.:.:.:.:|ヽ.:.:.:.:ゝ
            ヽ    /  /,,,-┤.:.:.:| ゙, ト /、
            ゝ __.,´ `ー ___ ト、_j| l ヽ.:.:.:.\
               ,-―-、: : : : : Y.:.:|   ゝ_/
              r    ヽ: : : : : .|..:.:| ゙   \
               |       |: : : : : L__|、    \
               |     ノ: : : : : : : : `、ヽ   ヽ
               l     /: : : : : : : : : : :ゝ ヽ    ` 、
               l___イ: : : : : : : : : : : : ヽ        ヽ
              l:::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : : ゝ      メ
              l:::::::::::::|弋: : : : : : : : : : : : :`,       ゝ


存在は確認されているが、他人に見えないため確証がない
「亜人」であるかもあやふやな存在と聞いていた座敷童子

自分がその状況に置かれてみると、その特異な存在が理解できる
確かに、このような存在を他人に証明するのは困難だ

研究者たちの苦労を、ちょっとだけ理解したハクであった


       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ        「というか、ハクさん
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\.      まずは本人に聞いてみればいいんじゃないですか?」
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)


やらない夫にそう言われて、ハクは彼が来る前の状況を思い出した
そういえば自分はそうしようとしていたのだ

ハクはマホロアを手招きして問いかけた


106 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:09:16 ID:bac703c0


           -――-  、
        .  ´         丶
     /                \
   /    /               ヽ
  /     /      i   |         ',
  ,'    ,' /.. --|、 |i    l_ |
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  j、   |   l.       「ねぇ、マホロア
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ  |   |
_.', r |  l./ ○   |.ノ  ○   l ハ  ,'.        あなたは座敷童子なの?」
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 |/
ヽ::::::::ヽ.|  l       r―,     / lイ
 ヽ ̄ .l  |._    ` ´    .  ' |   |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   |  |



               /\
           /,;;彡=\
             {彡''´ ̄`ヽ ___ _,>───-.._
           .{   r<´ヽ {   } `>、   ヽヽヽ /
           y ´.マ _,,,,,ニ,,,,,,,,,,,,ミィ  `> 、 マム /
          /  Y.:'::::γヽ::::::::::::::::::::ヽ <  ム マソ
        ,.-─=:.y´:::::::::{  }::::::::;-─‐ッ- y´ ̄`メ、.         「ソレ!
       イ     }"';::::::::'..ノ::::::::'´ ̄:;;;i./     |
.         {      }-'-=ニニニニニニ=-{     ./!        マホ、ソレ!」
       乂    ノソ. |´: : : : : : : { i二!}i乂   ノノ
        `≧ニ´_  !───‐┴─┴i 二ィヘ__
.       { ̄ ̄ム    ¨r─''≧‐---‐≦''マ"´   ./   }
       マ.   ム   /、/>   ,-,  .マヽへ  /    ./
      マ    ゝ/< < ._/ マ_ヘ  ><   /
         ヽ_.. イ;;;;;;;;;;;;≧‐-=ニ三ニ=-‐≦ ;;;;;;\/
          `''''''::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::''''''´



           -――-  、
_Λ_    .  ´         丶
`V´  /                \
   /    /               ヽ
  /     /      i   |         ',
  ,'    ,' /.. --|、 |i    l_ |                  「本人確認がとれました!
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  j、   |   l
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ  |   |             座敷童子です!」
_.', r |  l./z==s |ノ  ,z=x l ハ  ,'
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 |/
ヽ::::::::ヽ.|  l       r―,     / lイ
 ヽ ̄ .l  |._    ` ´    .  ' |   |   _Λ_
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l   `V´
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   |  |



             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__)     「じゃあそれで」
          l     ` ⌒´ノ
            |           |
          ヽ       l
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||


満場一致の決議であった
.

107 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:09:42 ID:bac703c0


しかしここでやらない夫は、ふとした疑問に突き当たる


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ       「ん? ちょっと待ってくださいハクさん
 .  |     ∩ ノ ⊃
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ      マホロアくんは、外に出れるんですか?」
 (.:::::::\ /::::./ノ:│
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄



                     /
                    ((   _
                       .-┘゙ー ´    ̄  ‐- 、
                  イ //   \         ヽrュ
                   / / / /     ト、        ヒ}
                / ,.イ j / i|      ||     ` ‐-  _||丶
             / / i |   ! 斗     ー-| __ |   | | || |‐-
                l / | |   |ム八     」⊥ _i「゛  丨 丨i」| |!
            jハ. | |   |化ソ ヽ  l´ヒィ_ト   | 仗ミi、|l
              ヽ| } ハ| ´ ィ  \{    |    |  ハ_ィiリ/ !.       「え、どういうこと?」
                    ト 、 |         | ハ  | ハ彡 / ,ノ
              | )ハ  マ冖ヽ   / 乂j }._ ∠イ
                    | ,イ ト、 \  _ ノ     ,. / イ ___/
                    |l l l Y {冫、 __ ...  ´  / ,ハ ―┤
               l| ∥ !|\/   }    〃! 卜.ー┘._
               |!  {. . |丨' ´|   \  /  |  | `丶. ` 、
                j /  l |  |    ,ハ    ト、|   `ヽ /
              , i   l |  |   / {   } r 、     レ′
              j  l    j/  j,.イ\   〉   Ⅵ |\,/  |
              !  ゙l       j ノ\ \j   || ハ  r|
             {  ハ       Y'´  \ \__/ 丿  '.  k|
               / ,ハ===ハ      \広厶イ」   マエ|



               .   ___
                  /   \
                /   _ノ  \
              . │   ( ●)(●)
                 |     (__人__)
        .   .     |      ` ⌒´ノ..    「ほら、座敷童子って家に住み着くっていうでしょう?
            .  |         }
           __,ノ ヽ.ヽ       }゛.       だからその家から外に出れない、みたいな話も聞きますから」
       y彳 ";;;;;;ヽ  ヽ'ヽ   ノ
     /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';, ヽ. ::::::>/
    /     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';,`ヽ/ヽ、
   /      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,.r`i ヽ、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', /::iヾ;;rァ /
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"',  `!;;ノ! ト、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  ,';;;;|i,.!;;;ヽ.
   |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;ヽ,
      ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  lヽ _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l   |,/  !   !  ヽ、::!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:.             「やだなー、そんなマンガみたいな話
     |,'  l  ! .:| ト| ´ ̄ ヽ  !   ̄`` ヽ!:/ : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ z==s \|  z==x  レ   |:/:/{. : ´: : : : : : :!    あるわけないじゃない」
       ヽ|  .:|  |                |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l  ⊂⊃    `      ⊂⊃    |: :!:_:_:_: : : : : :/
          ヽ!  人   r──┐    ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、 ヽ _ ノ  ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!


そんなことを言いつつも、ハクはマホロアに手招きをする


108 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:10:06 ID:bac703c0


手招きに応じて傍にきたマホロアを、ハクは胸元に抱え込む
やらない夫から見ると、透明なボールを抱えているような形だ


                                          ,.  -‐…‐-ミ
                                         /  ´ ̄ ̄``  ヽ
                                     ( (   ____ _     jノ
                                       -‐ `ー´       `丶、
                                 ,  ´    /⌒         \
                                 /     〃   :.     `ヽ 、  [=]
                                ,_  -‐… 7{ニ二ニ }ヽニ==‐- ', ぃ [=] 、
                          〃-‐    / |    j  ',     i H [_]
     「よーし、いくよマホロア!」        ,イ     /\ |i     ;         | H  |:|  i
                            !/     /x=ミ、|  、_,厶-‐十    | H  !:l  |
                             |  |i   / 《ヒソ |  ラ丐ミ |     ; H , ,′!
     「マホ!」               . ¦ !i  i.:.:. ー'八 / ヒソ》:|i    / j/://   ,’
                           ; 八 ;   ´  V   `.:.:.:.:.|   / /r7/  /
                             乂  ヽ{           |  , ' /=し'}  /=ニ二ニニァ
                                  八   、_        j/ ,==7 , ゙=ニニニニア
                      /ヽ.         /  ,ヽ   `        _!  j-‐ '/  `ヽア
                    /三ミ、}.        '  /   、__  、 -‐   /   厶-┐、   /
                  /    .‐'- .._  ____.゙/: : : : :ヽ   /  / : : : |こ\_/
                 /  ´       <´ \\ヽ/´: : : : / }  ′ /: : : : :|`マニ`ー- 、
                 /            マム/  : : / ヽ  _/   厶-┐: :l   ` <ニニ\
.                /´’==、 >          ,;'.. ': : :/    '´〃  /:| |: : ;     `マニニ\
               /:::::::::::::::::::::ヾ ヘ        ィ、..: |: : /     /′ ;: : :|  | :/      }`マア´
          ヽ,-‐、  iヽ、::::::::::::::::::::::ヽ'_     ´ / }_..:/ / /: : i   ⅰ : l  レ′      ;_,/
.       {   ヽ ヘ <_ヽ:::::::::::::‐==-:::i ム    / ,' ´ ̄i¨i...,  -┤   | : : ; }         ハ
       ゙マ    ヘ マ ゙'' =::..___|_.].. ‐''   /    .i .i..: : : : :| ,ハ{ : : ∨         /: ',
       ゙ヽ __.ノ !`≦-..{{二}}二7  _.> ´.....    ,' ,'...: : : : :| { : : : : /、   DTM / ! i
                  |   ヽ;;;`ミ─ ''      .....:::::::::::! |
             |     ヽ¨ ` <         / /



そう言いながら二人は、店の出口へと歩いていく
ハクがマホロアを抱えたまま片手でドアを開き、店の外へを身体を移動させたその時



                             ,.  -‐…‐-ミ
                             /  ´ ̄ ̄``  ヽ
                         ( (   ____ _     jノ
                           -‐ `ー´       `丶、
                     ,  ´    /⌒         \
                     /     〃   :.     `ヽ 、  [=]
                    ,_  -‐… 7{ニ二ニ }ヽニ==‐- ', ぃ [=] 、
                    〃-‐    / |    j  ',     i H [_]
                    ,イ   _≠―.|    ;        | H  |:|  i
                !/     /x=ミ、|   ナ―- _|     | H  !:l  |    「……あれ?」
                 |  |i   / 《ヒソ |  ラ丐ミ |     ; H , ,′!
                 ¦ !i  i.:.:. ー'八 / ヒソ》:|i    / j/://   ,’
               ; 八 ;   ´  V   `.:.:.:.:.|   / /r7/  /
                 乂  ヽ{           |  , ' /=し'}  /=ニ二ニニァ
                      八    o         j/ ,==7 , ゙=ニニニニア
                  /  ,ヽ         _!  j-‐ '/  `ヽア
                 '  /   、__  、 -‐   /   厶-┐、   /
                     i  ;  /: : : : :ヽ   /  / : : : |こ\_/
                     |  |ア´: : : : / }  ′ /: : : : :|`マニ`ー- 、
                     f| ∠-┐ : : / ヽ  _/   厶-┐: :l   ` <ニニ\
                     ||  j斗': : :/    '´〃  /:| |: : ;     `マニニ\
                     ||/ : |: : /     /′ ;: : :|  | :/      }`マア´
                    /: : : : | :/ / /: : i   ⅰ : l  レ′      ;_,/
                 ′: : : : i|/〃/,  -┤   | : : ; }         ハ
                    i : : : : : {厂 7´: : : : :| ,ハ{ : : ∨         /: ',
                    | : : : : {   /: : : : : : :| { : : : : /、   DTM / ! i


ハクの胸元からマホロアは消えた


109 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:10:30 ID:bac703c0


          ..  ---   、
       .  ´         ヽ
     /              \
   /    /              ヽ
  /     /   .i i   .|       │
  ,'    ,' /.. \|、 |i    l/ |      ',、\
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  .l  .|  l │..    「あれー? あれー?
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ l   |  l
_.', r |  l./ ○  |ノ  ○   ! / l  ,'ヽ |.     マホロアー? どこいったのー?」
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 | /
ヽ::::::::ヽ.|  l            U  / l 'i
 ヽ ̄ .l  |._   r ―--、  .  ' |  |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   l  l



ハクが扉の前で慌てふためいている
やらない夫はそれを見て、いや正確には見えないが、起きたことを察することはできた



        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|      「もしかして…消えちゃいました?」
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./             {´ヽ   .. 、
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__ /ヽ      ',.  ヽ´ヽ、|
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: ::.゙/_..=ム    r''¨7    ', |
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: ::.,' ´   ム_.. --ヽ `     } |     「マホ!」
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ:...|   > -,......==_ヽ、_.ノ .!
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : :.  | /ィ'..:::::::::::::::::_..-、::ヽ,、ヽ.!
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/:!/ i /:ト‐┐:::::::::ー--::::::マ'_.'i
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\:i ,'/::::: ̄´-────-;; __',
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::..゙|.ィ ''´-‐ ''  ̄ ̄ ̄{{二}}`! ¨}  ..-─‐┐
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/ { i´ -‐ '' ̄ ̄ ̄:::::::7ヽ_--'γ´    ヽ-、
                         _.. -‐マ''´  /::::::::::::::::::::/ィ、' /`''ヽ.. _ヽ-、_ヽ!
                      _.. ´‐- 、     /_ `'='-='`¨  /''''''''''''''`<./ /
                      ` <   ヽ /;;;;;;;;<____> ´        \/
                         ` </



                       _
                         /'⌒ `
                        __( /
                    ⌒へ〈>ヘ、
               /          ヾ
.               //    |
              /:     八    }     }
               レ′/`ー‐.   Λ  }l  }
.          __/ / |「巧列、 {__`ー八 メ、     「あ、いた」
            {//レク{、 l|  ̄  ヽ{巧列 | `ヽ_)__
          {////Λ八    '  `^'人|  ////}
          { ̄ ̄ ̄レ个  ¬ u くl}: 八/ ̄ ̄}
            V77>‐ |l.l!/) 〕l爪 [ ̄}/ト ミ 7777
.           ∨  ./レ/厶    ]  | |ヽ V//
            { /=ミ{ ′ ,ハ     ]/| |ヽ〉 }
           。 レ'⌒{    J    }丿{、  }
           ,′/ ,>|  /     /   {\/
.           {___レ{//{  /\ ノ、/     } }}
          /7 / 人'Λ ////〉彡_____/ /}
.        ///{////≧=--イ竺7________ノ〈


とりあえず安堵するハクであったが、同時にやらない夫の言ったことが
真実であるということが証明されてしまった


110 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:10:54 ID:bac703c0


        __
          ̄¨ヽ\
             ! i
             }ノ
      _.  -──'─-=ミ
     ,イ           `  .
   /                 \.             「うーん…これは困ったねぇ
  /                 \    \
. /                    .        ,           とりあえず私の家に連れて行こうと思ってたのになー」
.′                i    l  ′
|   /     ∧ /   、∧     i   i    
l         _ 厶イ 、    /``V  / ∧!.         ……ここで寝るべき?」
.〉   |   i    l __\ ./__V /i/
.  ┌、 .rく   l       ∨    .∨ヽ
〈\j V 〈_r<.{xwx       xwx Wi  f^Y^iハ
 ヽ    / /ト     △    ,.イ 〈\j    /´〉
と´    /\≧=― ─ ―=彡 /乂    イ


今夜初めて見知った相手とはいえ、無人の店内に一人
マホロアを残していくことに抵抗があった


                / ̄ ̄ \
             _,ノ ヽ、,__   \
             (●)(● )    |         「気持ちは分かりますけど…
               (_人___)   U  |
                '、       │.           さすがにまずいでしょう
         <二ニヽ        |
.         /-‐   `i 、 ___,. イ i          …でもどうしましょうねぇ」
.         {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
        しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
          ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
.         「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
        /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
     / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
.     / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :j
    ノ. : : :| : : : : : : :.∧ : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : : :ィ





                                      _
           r ─- ..._      ____      _..。s≦  !
              ', //  ≧s. <       > 、´  >、、  }
               マ〃    /     _      \   ヾマ/
             マ         r‐┐_{  }__{¨>、     }/
                マ ./ ィヘィ  _____  '-へム . '
              ヽ′マ >γ¨',::::::::::::::,'¨ヽ\ / ム´
                    iヘ// ::: {   }::::::::::: {   }:::::ヽヽ}ァヽ      「…マホ?」
               r{、/ ::::::::: 乂_ノ::::::::::: 乂_ノ_..。s≦ 〈
     . < ̄\     _ {  `  ‐-------‐ ___ ̄      〉
     {      ` -´ ヽ≧s。..____γ -‐、ヽ´ム    /、
      .マ         ノ、: : : : : : : : : : { {: : :.} }_.ィ ./   \
     .ヽ    ¨>、 / 〉、 ‐------- 乂二ニノ_> ´      \
       \     / /:::::\‐-、----- ァ ‐ ¨´ >ヽ -─ 、   .\
          ` <..__ノ />-─\ `¨¨¨´ __ <`¨ /      ヽ __.> ´\
              | /       ` <ヽ-' `¨´__〈  7     ム      }
              レ               ̄ ̄   ゝ /      ム   > ´
                              {       }¨´
                              丶..__.> ´


ああでもない、こうでもないという二人の問答を
周囲を飛び回っていたマホロアは聞きつける

そして動き回るのを止め、じっと二人の会話に聞き耳を立てた


111 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:11:19 ID:bac703c0


そして二人の会話が、自分のことを話していると理解した時
ふわふわとハクの目の前に移動しながら、自慢げに胸(らしき場所)を叩いてこう伝えるのだった


                    /ヽ          >、
               /-‐ム       , -=´ミミ、!
               ,'ィ==ム   /      ヾ!
              ,'   >''´三_ ` ''<   .i
              | ./>彡:::::::::::::::ヽ`> ヽ、i                    「マホ! マホ!
               | ._ヘ::::::::::::::::ィ彡'::::::ヽヘ ム
              |//:ィ彡'::::::::::::::::>─‐t 、_|                    シン、パイ! ナシ!
                   i-!::::::::r ''´ ̄ ̄`丶、',二i}l `i  /´ヽ_..-、_.. -、
              マム/{        } ̄`'''-},-〈  ..::'' ´    ノ .       ルス、バン! スキ!」
              〉 'r'´人_..-<二フ ̄r'\   ヽ_ヽ __..>´
              `マ‘/  `>、- ' 、ィ'  .,\   ¨´ /  >
               /`{       >、_>´''''''\ ./  /
                 /ヽ、マ       _.. >、    マ'  /
              ` -...ヽ__... -‐ ´   ._ヽ   .',/
                 ¨ヽ__.. -‐ ´ ̄



                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !
     / イ  ,' !  l  / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l  _| 斗!'´!   !ヽ ~::T!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:
     |,'  l  ! .:| ト|,ィ==ミ  ! ケ=ォ、ヽ! / : : l-〃    _ .-┐..  「え? で、でも…」
     i  l l  .:l ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ    |:/:/{. : ´: : : : : : !
       ヽ|  .:|  | ´            ` u |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l   l      `        l   |: :!:_:_:_: : : : : : /
          ヽ!  人     -       ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、        ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!


マホロアの強気な言葉に、ハクは戸惑う

その戸惑いは、彼女の優しさから来るものでもあるが
もう一つはマホロアを「子供」と認識しているが故のものだろう

小さな子供を置き去りにするような罪悪感が、彼女を躊躇させていた



                       {´ヽ   .. 、
                  /ヽ      ',.  ヽ´ヽ、|
              /_..=ム    r''¨7    ', |
               ,' ´   ム_.. --ヽ `     } |              「マホ! ミセ、スキ!
                |   > -,......==_ヽ、_.ノ .!
                 | /ィ'..:::::::::::::::::_..-、::ヽ,、ヽ.!              クル、ヒト! タイ、セツ!
               !/ i /:ト‐┐:::::::::ー--::::::マ'_.'i
             i ,'/::::: ̄´-────-;; __',               ホゴ! ホゴ!」
              |.ィ ''´-‐ ''  ̄ ̄ ̄{{二}}`! ¨}  ..-─‐┐
             { i´ -‐ '' ̄ ̄ ̄:::::::7ヽ_--'γ´    ヽ-、
         _.. -‐マ''´  /::::::::::::::::::::/ィ、' /`''ヽ.. _ヽ-、_ヽ!
      _.. ´‐- 、     /_ `'='-='`¨  /''''''''''''''`<./ /
      ` <   ヽ /;;;;;;;;<____> ´        \/
         ` </



しかしそんな彼女を尻目に、マホロアはなお力強く訴える


112 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:11:42 ID:bac703c0


           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_          「…あの、ハクさん
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |.        マホロアくんが何か言ってるんですか?」
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|



          ..  ---   、
       .  ´         ヽ
     /              \
   /    /              ヽ
  /     /   .i i   .|       │
  ,'    ,' /.. \|、 |i    l/ |      ',、\
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  .l  .|  l │.     「あ、そっか、聞こえないんだったね
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ l   |  l
_.', r |  l./三三 |ノ  三三 ! / l  ,'ヽ |      えーと―――」
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 | /
ヽ::::::::ヽ.|  l            U  / l 'i
 ヽ ̄ .l  |._   r ―--、  .  ' |  |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   l  l



ハクはマホロアと自分の会話をやらない夫に通訳する

すると、彼は何故か優しく微笑むのだった



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \        「いいじゃないですかハクさん
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |.         お店の留守番、お願いしましょうよ
             | !        |  ` ⌒ ´   .|
             | !   ,.-,    |         |          マホロアくんがそう言ってるんですから」
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



     /′
     〈: (__.. - ―── 、rュ
     >ァ=一 :: : : : : : : : ヒ}
    //: : :,'l: : : : : :、: : : : _|| \
   / イ: //│: : : : : : \ : :Ⅶヽ「:]
    / /_l__」メ : :`ト、 ハ_:\|Ⅳ}∨}
     |: :|八丶: : |∨ ヽ:V: :ヽ: : : |.       「もー、やらない夫くんまでそんなこと…」
     |: :}=== \{ヽ====|: : :|: ∧|
     |: :{""      ""|: /| /:.シ _.-┐
      丶\  ー(    /: /くj/∠:::: !
       \|>rーr‐r‐个/ヽ:|=ミ/:::/
         /∧ | |  | l/ ハ :.',
          //  Vハーく   / |  :.',


113 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:12:07 ID:bac703c0


             / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ⌒)(⌒)
           l     (__人__).     「いや、別に無責任に言ってるわけじゃないんですよ
          l     ` ⌒´ノ
            |           | .
          ヽ       l.       だってマホロアくんは、この店が好きで
            _,ゝ、   _,ノ
        ,、-='l \_,ン g<\        ここに来る人たちも大切で、守りたいって
     / \ └〆\ i=i|\'\
    丿   ゙i   \ \=il / i!     そう言ってるんでしょう?」
     l    l    \\| /=|l
     |    |     \i/   ||





                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ  ⌒
                    |   (⌒ ) (⌒ )
                  |    (___人__)i
                |        ノ.         「それって、同じじゃないですか?
                   |        |
                 人、       |          ハクさんがこの店を開けている理由と」
             _,イ ト、 ヽ 、 __ ,_ ノ
       ,. -─‐-´  `, へ  \__、_ハ
      /         :i  ハ、 イ;;ヽト、
     ト⌒        :i   `<´.〉:.;〈ヽ \、
     / , : . \       :L__ `v;;;;ヘ ' ,<ヽ
    ノ l : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
    i  !: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
    /   ´: : :  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
.   /    : :   γイ: .       `、  ':;;:|  l、__j.|
  /     / /: : : : : : . .      `、 `':'}  |  |!






                                               / ̄ ̄ \
                                             / __,ノ  '⌒ヽ
                                             |   (⌒ ) (⌒ ).i
                 「マホロアくんは一緒に頑張ろうよ、って          .|   (___人__) i
                                             |           ノ
    __            そう言ってるんじゃないですか?」               |          |
  _. } }   r 、                           __       ∧、       |
  iハi i   { '、                         /. . . . . .` -.. _,. イト、 ヽ、, ____,__ ノ
  } }-、i、  ゝ ヽ                       / . : : : : : : : : : : : : : :.ヽ \、 ___〈
 .ヽ/ .ハ,_ ̄{、  `、                    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ   ィ´:::.V、
   i リ ) i ヽ,  i、、____                /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,√〉:.;〈 r .ヽ_,.
   ヽ,} {-、 ニ-、 ヾヽ .: :`ニ=-- 、_       / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .∧}::::::',} : : : : : .`、
    ` -、_    ノ`} } : : : : : : : : : : : : `ニ=-、< . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧:::::::', : : : : : : .ヽ
        ` <、__ノノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ : : : : : : : : : :>、: : : : : : : : : : : : : : : : ∧:::::',: : : : : : : : }
          `ニ彡" : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>< : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .∧:::', : : : : : : :.r
            ¨ー=ニ二、_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :> ´   V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Λ::} : : : : : : :.}
                  ¨`-- 、_ : : : : : : : >' ´      V : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : : : : : : : i
                         ` ー ´        } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i


114 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:12:31 ID:bac703c0


               r- .               .. -イ
              ',   >、          ,.<ヽ. __/
.  γ´ ̄`>、    ',ニ彡´ >、.. --- ..,.< `ミニ./   ,<´ ̄`ヽ
   ‘、  ,.--  ヽ.  ',       _,,..r==..,,_      ./ .∠ -- 、  ノ.       「マホ!
    ゞゝ- '、_ツ  マ  ,_>:::::::::::::::::::::<,   /  ヾ_.,ゝ-'‐´
             / .t'/::::::::::::::::::::::::::::::::::マムヘ                  ヤラ! ヨイ、コト!
               _r{ /`i:::‐=ミ、::::::::,,ィ=‐:::i´', }、_
         /¨7‐-<{ `ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-'_´ }..>-‐マム.           ヤラ! ヨシ、ヨシ!」
        ,'. ,.'     マ_ |`>=====彡ii´ |_/     マム
       .i .,'      `≦=::____{{彡"≦.         ', !
     //      >´、 ''-=ニニニニニ=-'' ィ `<.     \\
    ./ /     .>´    `≦-======-≧´    `<    マム
    .! .!  _.. -''´                         `''- .._ ! !
    .|_..>´                                `<..!



やらない夫の代弁が、マホロアはいたくお気に召したようだ
ふわふわと近寄っていき、やらない夫の頭をなでる



                      ___
                    r ´二ニ フ、
                _   /  '´,. 二ノ⌒
          ___.-‐'´ `-i/  γ_)⌒)(⌒).       「おっ?
    _,.< ̄ ̄   : : : : : : : : l   r/´(___人__)
  _,.<     : : : : : : : : : : : : :l l__ノ    ` ⌒´ノ        なんだか褒められてる気がしますよ
 l,,     : : : : : : : : : : : : : : :ノノ |       |
 l; : : : : : : : : : : :-─<二二´   ト       |        そうなのかな?」
  \ : : : ̄`'''''´ノ : : : :l`-, : :`-<ヽヽ, -ーーr´
   \ : : : : :'´ : : : : : l : :l :\`-‐ヽ  ゝ--< lヽ、
     \ : : : : : : : : : : : l : : :< : : :∨∧::〈ヽ: :、>>、
       `‐,_ : : : : : : : :l : : : : :ヽ : : ∨ |:Λ | : :ヽ : : :ト-、
          `-, : : : : :l : : : : : : \ : :ヽ|:::::| l : : :/ : : : : : ,
           \ : :ノ: : : : : : : : : \ : .、:::|,| : / : : : :l.: : {
             V: : : : : : : : : : : : : :ヽ: ',::ll: / : : : : :l : ∧
             V: : : : : : : : : : : : : : :ヽ:V : : : : : : :l : :.∧


見えない何かが頭をなでる感覚
やらない夫はそこに、感謝が込められているように思えたのだ


           -― 、      r、
          /´ ̄ ヽ }      マ{
      /     _ }/ー'´ ̄ ` マ
     /    , ィ´ /         う 、
        イ              ヽ \
       イ/         ヽ\、     ヾ 、\
      / /           ', ハ ヽ }  ヽ. ハ ヾ 、
      i/   ! ,イ l     ー!┼-キ!‐ !  ',  リ
      l|   i  ! l |x     ハ jzュキ-ァ lヽ            「もう…なんだかなー
      マ   l | メ{ ',    ! 仆!jリ 'リ jト. Y !
      V    ヾ!/ X!zテ   j `´~  i/l ', } |        これじゃあ私がわからずやみたいじゃない」
     r-ュ、    ∧xチtjレ゚\ノ 、   ′! マ j、
     マニム  メ ゞ゚´           イ  Y ヽ
      マニム   \、_,    r , 人 ム  ト、  :.
       ゝ ̄ ヽ  ヾ ̄.._    イ ト、 ム  マ \l
       _〉ニア⌒ト、 \{   ̄   ! j マム  ト ̄ :.
     ´アム /    ! ヽ. \、_   j /  マム !  `ぅ、
  ィ´ イニ Y    |   \ ヽ  `      lム|     。
    ムニニ ム   i  /ヽヽ ハ   _   /  i ハ!     Y
    〈ニニ ニム   l イl    Y\}   `ヾ{   !/      }
    `ヾj /⌒、  i/ V   L_リ >。_  ヽ j: !      ム
     /    / ハ    !      `≧ュ>、 V:,ィ      イニヽ
   /   /    :.  ハ        `ヾ>:/:l._ , ィニニニ\
      /    ィ7ヽ/人         )、_: ィ:{ 八ニニニニニ
   j    ′  ノ`! lマ ∨ニ>。      彡´| : : : 〈  マニニニニ
   |!  ;'  , 〔ニレ!ム  ヾニニ≧=、 ´ /ヽl!: : : : l!  マニニニニ
   li  {  ムニニ<`マヽ Yニニニニムー'  ィ| : : : : ト.  マニニニ
   l |! {ニニニニ 、ヾ≧!ニニニニニrニニヽ: : : :|_ム  マニニニ
     l  いニニニニ>ュ マニニニニニ、 ニニヽ: :jニム  マニニ


ハクは仲睦まじい二人の姿を見ながら、溜息混じりにそう言った

マホロアの言葉の聞こえないやらない夫が、先にマホロアの気持ちを理解したことへの
羨望もあったのかもしれない


115 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:12:55 ID:bac703c0


                  __
               , "     ゛ーヘ- 、_       、
          rニ;,   /             !ヾヽヽ、       )ヽ.
          {r、}   /         /     |  \ヾー--- "  j
        ヾ.'、 /  /j       /      !   \ヽ` ー-- "
           ヽ`、j //   !    /!     j    ヘ ハ
.            ヽr=! !     i!   i! | ,イ   ハ       }! |
            {::::ヘ}|!  | ,ハーt--r' |  i!ート,    i| !i
       ____  ;ヾ=ェi|  i|/ィオテミ!ソ  ! ,!xャァj!  ハ. ! i !      「しょうがないなぁ…
.       {::::::::::::::`ヽゞミj|   |《{゚し:::)   i. /fo::}イ   j | | j !
       ヽ::::::,;;;-----;|   | ー '"   j/ ゝ-' ハ  イ.j/ノノ.       じゃあマホロア、お店の中のことは大丈夫?
.       `く  _;;ー|   | ""     ,  "/ i / j,/
          >´::::::::::::::|  |\.   -=    イ 'イ |.         危ないものが何か分かる?」
.       _,,ゝ、:::;;;;;;;r|  |_ `   ーr<.´jノ  |  |
.      //::::/7;;;;;;;},.!   | \__  .{   `!'、   |  |
.    / /:::::::/'/  ヾ!   |   ¨ハ  `ヽ{! {ー‐| |
     { /::::::/./     }!  i!   { ヽ、 i} `7、 |  i|ヽ.
    ヽー '¨`{     }!  |\ jヾ、  7 ヽ〈\,|  i| |
.     \   ヘ     ソヽハ!  ` \ヽ. `ヽ }> 〉 \j |
       \.  ヽ     }y'       ヾニニ{  `r'  \|
    、    )   ハ //         `ヽトー;'     ヽ.
    i`ー '"    / <  {            i} ヘ       }
.    ヽ、____ ノ   } ∧            .イ!  }    ノ



                    /ヽ          >、
               /-‐ム       , -=´ミミ、!
               ,'ィ==ム   /      ヾ!
              ,'   >''´三_ ` ''<   .i
              | ./>彡:::::::::::::::ヽ`> ヽ、i                    「マホ! ミタ!
               | ._ヘ::::::::::::::::ィ彡'::::::ヽヘ ム
              |//:ィ彡'::::::::::::::::>─‐t 、_|                    ハク! ミタ!
                   i-!::::::::r ''´ ̄ ̄`丶、',二i}l `i  /´ヽ_..-、_.. -、
              マム/{        } ̄`'''-},-〈  ..::'' ´    ノ     アブ、ナイ! ナシ!」
              〉 'r'´人_..-<二フ ̄r'\   ヽ_ヽ __..>´
              `マ‘/  `>、- ' 、ィ'  .,\   ¨´ /  >
               /`{       >、_>´''''''\ ./  /
                 /ヽ、マ       _.. >、    マ'  /
              ` -...ヽ__... -‐ ´   ._ヽ   .',/
                 ¨ヽ__.. -‐ ´ ̄



          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ.          「じゃあ私がやらなかった事はしちゃだめだよ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7..     食べ物とか飲み物は?
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/.      何か置いていった方がいいものはある?」
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y
         Ⅳ、ル∠__ト  -}__! /」 |:::\:|
           γ/{〈|  / 〉j/^ヽK ヽ:\
             {/ l l !ノ_〃 Y   }、::::、ヽ:.\
.             (  {  ̄/   ノi== i ';:::::> ´ ̄`
            L_〉 .{___ ,{ |:::::|∨
           |:::}/  j    | |:::::: |
           |:/ヽ/    ‘,|::::::::|
           |{[i[二]ニi]ニニ|:::::::::|



               r- .               .. -イ
              ',   >、          ,.<ヽ. __/
.  γ´ ̄`>、    ',ニ彡´ >、.. --- ..,.< `ミニ./   ,<´ ̄`ヽ
   ‘、  ,.--  ヽ.  ',       _,,..r==..,,_      ./ .∠ -- 、  ノ
    ゞゝ- '、_ツ  マ  ,_>:::::::::::::::::::::<,   /  ヾ_.,ゝ-'‐´.        「マホ! イラ、ナイ!
             / .t'/::::::::::::::::::::::::::::::::::マムヘ
               _r{ /`i:::‐=ミ、::::::::,,ィ=‐:::i´', }、_                   デモ! ハク! キタ、トキ!
         /¨7‐-<{ `ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-'_´ }..>-‐マム
        ,'. ,.'     マ_ |`>=====彡ii´ |_/     マム          コオ、ヒイ! コオ、ヒイ!
       .i .,'      `≦=::____{{彡"≦.         ', !
     //      >´、 ''-=ニニニニニ=-'' ィ `<.     \\
    ./ /     .>´    `≦-======-≧´    `<    マム
    .! .!  _.. -''´                         `''- .._ ! !
    .|_..>´                                `<..!



            ______
            /, -――- 、ヽ.
         //  , :-―一 'ー- .
           ´_ ,/       _     \
           `¨ 7     〈,ソ  u. `;.           「え? 珈琲を入れて欲しい?
             iλ  ヽ,._//      j
              jハ   j;;;;;;} ヽ、 ;  /          ……意外と渋いもの飲むなぁ
            !ヽ r==== 、j ソー‐‐、
             ヽ._} }二二ニ={ }=ニ二'{.        見た目と違って」
               j .{__ イ ハヽ. ____}
               ノノ.// /::/! i ';ヽヽ;\
              _,r ;、 /::::/ /::/ i! i! !::ヽヽ;\
          r´ー‐'7::::/ /::/| i!  i! |::::ヽ ヽ;::',
.            {´ ̄´/:::/ /::/ | |  リ |:::::}  }::::|


116 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:13:22 ID:bac703c0


ひとしきりの確認を終えたが、それでも彼女の中に不安はあった

それでも、彼女がマホロアに任せてみようと思ったのは
出会ってからここまでの短い時間ではあるが、この子が悪いには思えないということ

そしてもう一つは、やらない夫が言った言葉だった


               /\
           /,;;彡=\
             {彡''´ ̄`ヽ ___ _,>───-.._
           .{   r<´ヽ {   } `>、   ヽヽヽ /
           y ´.マ _,,,,,ニ,,,,,,,,,,,,ミィ  `> 、 マム /
          /  Y.:'::::γヽ::::::::::::::::::::ヽ <  ム マソ
        ,.-─=:.y´:::::::::{  }::::::::;-─‐ッ- y´ ̄`メ、
       イ     }"';::::::::'..ノ::::::::'´ ̄:;;;i./     |
.         {      }-'-=ニニニニニニ=-{     ./!
       乂    ノソ. |´: : : : : : : { i二!}i乂   ノノ
        `≧ニ´_  !───‐┴─┴i 二ィヘ__
.       { ̄ ̄ム    ¨r─''≧‐---‐≦''マ"´   ./   }
       マ.   ム   /、/>   ,-,  .マヽへ  /    ./
      マ    ゝ/< < ._/ マ_ヘ  ><   /
         ヽ_.. イ;;;;;;;;;;;;≧‐-=ニ三ニ=-‐≦ ;;;;;;\/
          `''''''::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::''''''´


マホロアが、自分と同じ気持ちを抱いている
そう言われたとき、彼女は妙に納得してしまったのだ

マホロアがいつからこの店に居たのかはわからない

だが座敷童子が離れることができないこの店を
ハクが愛するこの場所を、同じく愛しているのであれば

それはもう立派な共同経営者だと、彼女は思うのだった


           〉: : :/.    /  / _ `ヽ. / :/     }   / /ヽ. ヽ.
           / : : :     /  /≠≡ミz、厶イ    /  / /‐-、} l }!:
           〈: : : :|    !/ ./::..     `ヾ' | !:  厶イ' /    || '    /  |
.            〉: : :|l   / /!::::::::::::::::    | ! // ,' /ノニニ., ..! |/:   / ,  !
         ..イ,. -‐||  /イ} |         ::.〃 /ノ ´ ̄`ヾ.メ/ // / / ∧
      x≪, :´   八  ノ 八__.ノ     厶ィ      :::::::::::: '/ 〃 / / /:::}:7
   x≪::>:/    ノ ハ l  个ー‐'         /        _.イ/ / / / /.:::/7
 x≪>: : : /       .イl:|  |          ′          / /レ'! 厶イ::::/ /
 ∨: : : : /.       /ノ l |  ト、     、           -=彡'  八ノ 〃:/ /
.  }: : : : :     / : : : 〃   |:. \     ー―      /'    /厶イ: ::/イ
  !: : ::|    /: : : :./ |  |.: : :\            ..イ|    〃ヽ : |: ∧/.    「それじゃあ…お願いしようかな
  |: : :.:.|     |: : : :/   |  |  : : :.ヽ.    _  .....:.:::l : | !  //  ヽ/X.      
  |: : :.:.|    !: ::/  ヽ..八 |ヽ._ : : : : : ̄ : : : /   ! : !:|  //     }\\
. /L_/|  /} :/     \ヽ. |   .:: : : : : : : :/    |:|  '∧    :.: :.\\...   明日までちゃんとお留守番しててね
/  /  | /: /:!/      \リ    ヽ:_: :        |:.:| 〃: ::.     /: : : : 〉/
    //: : :/::/        ヽ.        ___ -―' | : j//: : : : 〉  / : : : //    よろしく、マホロア」
.   // : : : .イ                      ´      |: : 八: : /.  /: : : :/′
. /〈: : : : :/: |           :::::::::::          |: : : : /   /: : : :/
Y´: : :∨ : /: : |          、:::::/             ! : :/!    イヽ: :/
:|: : : : :∨/.:.: |          v ´           o   K: : :〈    / |l ヽ
::. : : : : :ト、: : : :!            }          。 |: :\ハ  /: !l
八: : : :.:|: ヽ : .ト、          ;               ノ : : : \ンイ: ||
:::∧: : : ヽ: : : ノ: :ヽ         ノ          /: : : : : : : 〉. |  ||
./::::ヽ : : : \ : : : : \      .:.           /: : : : : : : / }: !  |!
{::::::::::\: : : : `: 、 : : : \   .. ':::        /: : : : : : : /: : ∧|  ハ
|::::::::::::::::ヽ :_ _厶<: : : :个ー'':::::ゝ、      /: : : : : :,: : :´ : : ノ |l /  :.
ゝ::::::::::::::|:::: ̄ ̄:::::ヽゝ=入_ニ≡==ヽ. _,.. <:___. : : :´: : : : : イ l ノ! /ヽ |
:::ヽ:::::::::::|:::::::::::::::::::::::|:::::::| ` ー-===ニネ._: : : : ::: : : : : : : /| :| :!イ::|/   } !
∧:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::!:::::::|  |: : : : .イ:::::::|:::::丶.__: : .. ィ:::::::| :|ノ ノ':   ノ'



                    /`ヽ
                  /  __ヘ
              /ィ ´ ---ミヘ
                 ,'ィ ´<´ ̄`.ヘ              ___
                 ,'ィ ´  ,> ´  ̄ ̄`>:._.. -≦、´ ̄ 、  }
                 !   , 、_/ ̄¨7  , 、  `    ヽヽ ヽ /
             {./<    ___ `''-  `>. \   マム.`/
                /ヽ´ >''::::::::::::::::::::`<  <  .、 ヽ   1/
            /7 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ´ ヽ `::/
            、' `/::::‐=ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  r‐'  |、               「マホ!
           >、{:::::::::::::::`::::::::::::::,===-::::::マ ‘ー┐.-<
          /ヽ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i_>''´ /  _.. -‐ 、.        マカ、セル!」
            /__} |`>、..::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ彡>'}  ヽ/  ヽ. ヽ
     /´ ̄/   ヽ_.. -─-、─- ..二二「二彡´} }_.ィ  /_    }  ム
.     /    .,'  >´     }____{ {_彡´ィ , <´` <;;;;::: /   }
    {     .{>´       ノ' ⌒ヽ__二二彡´        `ヽ   /
    {     /      >´:::.........ノ  _ γ⌒ヽ`:::、      /` メ、
.    ',   .{  ..._>´;;:::::::::/´|__|  マ_.{   }::ノ ヽ   ./     }
.     マ / マ::::::::::::::::::::::::_..ノ‐-=__.. --┘   .{    マ<´       ノ
     V  ヽ::::::::::::::>´r ‐ ¨´          〉     ',       /
             ` ̄    .{       ........::::::::/      |__.. ‐''´
                ` ー、:::::::::::::::::::::::>´
                   ー── ''´´



ハクのお願いを、マホロアは満面の笑みで了承した


117 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:13:46 ID:bac703c0


            / ̄ ̄\
          /  ⌒´  ⌒
.         |   ( ⌒) (.⌒)
         |   (___人__)
.          |        ノ.         「解決した…みたいですね
           |          |
          j、_       |.          よかったよかった」
         √::::::...`ミュ、r<
.      /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ
      / .:::/.:.:.: : : : : : : :.:.::..\
.    ,' .::::/.:.: : : : : : :./ ⌒ 、ヽ
.    i .::.::.::.:. : : : : : .:.:.:.:.:::::...ヽ:.',
      i ::::.::.::.::.:.: : :/ .:.:.:.:.:.:.:.::::::: }::
      i ::::::.::.::.:.:.:.:/ .:.:.:.:.::::::::::::: ,.:: i
      ', :::::::::::::::く .::::::::::::::::/:::〈:::: |


事の成り行きを見守っていたやらない夫は
ハクの言葉で、事態が好転したことを悟った

満足げに微笑んでいる


         , --―-
      , ' ,'
     ,  (
      l  λ __
     `ー--、ノ____
     , --- ´ `ー―――、_ ` ,
   /              ヽ, {::} 、
  /                   ゝ  `||  |         「あー、ごめんねやらない夫くん
  /       ハ     lゝ    l   ||  |
 リ      / ヽ    .|  `、  i |.||  |  ___ .     なんだかこっちの話に
  | |   , l__ノ\  jヽ__ヽ  l j_||  彡:::::::::::/
  ! |   ハ j--一、 ヽl ,ー‐- \l,´::::} ノ::::::::::::/      巻き込んじゃったみたいで」
  レ| リ.i l 弋ンナ    ヒ少 /|  |::::::}ニ< ̄
   レl | l         ll|| |  |::::::i::::::::::..ヽ
     | ト              リ .ノ ̄ヽ:::::/
     l リ ゝ ____ __ イ /   {   ̄
     jノ  /l ヽ-、,- / ヒ´ l   ヽ
        / /,;:::::::::::::::::::::::l  |     \



    / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \
.  | ( ⌒)(⌒ ) |
.  |  (__人__)  │.      「いえ、貴重な体験でしたよ
   |   `⌒ ´   |
.   |           |.       本物の座敷童子に会えたんですからね」
.   ヽ       /
    ヽ      /
     〉-r:::┬〈、
   /Λ 〉.:〈 7//\
. /////V::::::V/////\
///////∧::://///////}
.////////∨/////////{


ハクは「そう言ってもらえると、気が楽だよ」とやらない夫に感謝しながらも
ふわふわと浮かぶマホロアを見ながら、ぶつぶつと独り言を言っていた


                       _
                         /'⌒ `
                        __( /
                    ⌒へ〈>ヘ、
               /          ヾ
.               //    |
              /:     八    }     }
               レ′/`ー‐.   Λ  }l  }
.          __/ / |「巧列、 {__`ー八 メ、.         「…今晩は仕方ないにしても
            {//レク{、 l|  ̄  ヽ{巧列 | `ヽ_)__       やっぱりマホロアには色々なものを
          {////Λ八    '  `^'人|  ////}.         用意してあげないと駄目だよねぇ…
          { ̄ ̄ ̄レ个  ¬ u くl}: 八/ ̄ ̄}
            V77>‐ |l.l!/) 〕l爪 [ ̄}/ト ミ 7777        布団とか、毛布?
.           ∨  ./レ/厶    ]  | |ヽ V//.          ベッドはさすがに置けないし…
            { /=ミ{ ′ ,ハ     ]/| |ヽ〉 }
           。 レ'⌒{    J    }丿{、  }            ああ、何か時間を潰せるものも
           ,′/ ,>|  /     /   {\/.           あったほうがいいよね
.           {___レ{//{  /\ ノ、/     } }}
          /7 / 人'Λ ////〉彡_____/ /}           本とか? DVDとか見るかな?
.        ///{////≧=--イ竺7________ノ〈
        ////{//////////[/__]>'´ ̄ V///〉          うーん…」
        \///////////_ノ[.__]__ノ{///′
         \///////厂  [___]    {///}
           ̄ ̄} ̄    [.___]   {//八
              _/       [____]   V//Λ
.            /く         [.____]   .V///}
           {  {「 ≧=‐┌〈_____]-r=≦]///}
            {≧===--L ヽ/--‐=≦}//リ
           V=ニニニニニニニニニニニニニニ=}笊′


そんなハクの様子と、聞こえてくる独り言の内容から
やらない夫は、ふとこんな事を思うのだった


118 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:14:17 ID:bac703c0


                  / ̄ ̄ \
              ⌒  ⌒   \
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人_)     |
               '、`-ー-′     |       . -,
              | ``       |    / /.       「なんかお母さんみたいですねぇ、ハクさん」
              |       ィ { r 、 / /
             `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈
               /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
           _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、
        // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
        j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧
       i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
.      i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
     | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i



        __
          ̄¨ヽ\
             ! i
             }ノ
      _.  -──'─-=ミ
     ,イ           `  .
   /                 \
  /                 \    \            「私も途中から思ってたけどさぁ!!
. /                    .        ,
.′                i    l  ′         言わないでよぉ!!
|   /     ∧ /   、∧     i   i
l         _ 厶イ 、    /``V  / ∧!         未婚の母なんていやーーーーっ!!」
.〉   |   i    lY⌒ヽ\ ./Y⌒Y ./i/
.  ┌、 .rく   |とつ'   ∨ ゝcぅ∨ヽ
〈\j V 〈_r<.{xwx       xwx Wi  f^Y^iハ
 ヽ    / /ト.   / ̄ ̄i    ,.イ 〈\j    /´〉
と´    /\≧=┴ ─ ┴=彡 /乂    イ



                                      _
           r ─- ..._      ____      _..。s≦  !
              ', //  ≧s. <       > 、´  >、、  }
               マ〃    /     _      \   ヾマ/
             マ         r‐┐_{  }__{¨>、     }/
                マ ./ ィヘィ  _____  '-へム . '
              ヽ′マ >γ¨',::::::::::::::,'¨ヽ\ / ム´       「マホ?」
                    iヘ// ::: {   }::::::::::: {   }:::::ヽヽ}ァヽ
               r{、/ ::::::::: 乂_ノ::::::::::: 乂_ノ_..。s≦ 〈
     . < ̄\     _ {  `  ‐-------‐ ___ ̄      〉
     {      ` -´ ヽ≧s。..____γ -‐、ヽ´ム    /、
      .マ         ノ、: : : : : : : : : : { {: : :.} }_.ィ ./   \
     .ヽ    ¨>、 / 〉、 ‐------- 乂二ニノ_> ´      \
       \     / /:::::\‐-、----- ァ ‐ ¨´ >ヽ -─ 、   .\
          ` <..__ノ />-─\ `¨¨¨´ __ <`¨ /      ヽ __.> ´\
              | /       ` <ヽ-' `¨´__〈  7     ム      }
              レ               ̄ ̄   ゝ /      ム   > ´
                              {       }¨´
                              丶..__.> ´



マホロアには理解できないハクの絶叫は、空しく店内に響き渡るのだった

                                                  【オワリ】
.

119 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:14:44 ID:bac703c0



                     (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                       (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                           (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                        (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて、第09話終了かしら     .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
                             }厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                        {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                              ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
                             八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                            \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
.     閲覧ありがとうございます           }:从   、     /r=、::\  、    |
                        f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                   .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                            {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                     (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                      ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                            ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                          {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                          \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                               /  (.У: : : :|


120 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:15:13 ID:bac703c0


             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ./        .',.         ということで、リクエストキャラ
           .| ⌒  . ⌒  |
              | ●   .●  |         マホロアさんです
. .             | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i       座敷童子としての登場になります
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./ 
.         \  r― , ., ‐┐ /      前の幕間で聞こえた謎の声は
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./      マホロアさんのものでした



                - ミ
                , :f     ヽ
             //八  {⌒V Y               お客としてでない登場となったのは
              v/¨ `<ヽ≫" }
             f.:j  f.:j Y )/             このお話の亜人としての定義
               人'' .  ''ノ く               「人型で、二足歩行を行う、特殊能力者」
           く./≧=≦>イ
           /≠': . : .く /> ヽ.            これからマホロアさんの外見が離れていたので
           そ 乂: ノ  ア   j          亜人なのかそうでないのか不明な
            ノ}  ∞   >く ヽ            座敷童子になったかしらー
       ,....-r― 彡  人     、  ミX
       }ノ ゝ/  //.} ヽ     〟    }1
      ー⌒V  //: . : .、\        〃/...   …ちなみに「亜人ちゃんは語りたい」はコミックス派だったので
         f_彡". : ヽ : }. : . ミ≧x ヒ二彡彳.     ネタを寄せたわけじゃないわ
          /: . : . : . :> : . : . : l个癶 `ー'
          }. : . : . : 《: . : . : . :j . : } l.          単にカブっただけかしら
          乂: . : . : .≫: .ノ: /: . :/"
            T ¨¨ / f ー ¨
                i.  /  .}  l
            ,:   ′
           人_/   .,_ /
             _/>「_}   ィ}! イ
            fi:i:i:i:i:i:/r≪i:i:彡リ
         ` ー " ` =" ¨



121 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/21(Sun) 21:15:43 ID:bac703c0


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |          さて、次の投下は明日 5/22 21:00から
       |   _ ` トイ'、l
       |  ィこ:Y_| Vハ/.            幕間 第09話を投下させていただくかしら
       |   {しリ`イ ソ
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.   
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... |
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' | 
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ     
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \.         マホロアさんの喋り
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ...      個性があって好きなんですけど、いろいろ大変
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j... 
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ      では、今晩はこれにて
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }.  
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


122 : 普通のやる夫さん : 2017/05/21(Sun) 21:25:57 ID:ca665103
乙津
座敷童の逸話の中には出ていく時に住人皆殺しも有るからなあ(明後日の方を見ながら
下手に出そうとしちゃアカン(棒

123 : 普通のやる夫さん : 2017/05/21(Sun) 21:26:16 ID:288d1b2b
乙ー

124 : 普通のやる夫さん : 2017/05/21(Sun) 21:36:48 ID:de6fa383

ハクさんの代わりにお店がシハイされるかと思ったらそんなことなかった

125 : 普通のやる夫さん : 2017/05/21(Sun) 21:38:12 ID:1dd32bc4

座敷童が店に居つくのがなぜか今まで想像につかなかったお稲荷様とかの神様祀るのが多いからなのか(飲食店は特に)

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その130 (08/24)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 1ターン③ (08/24)
  • 国際的な小咄 4904 ……バターLOVE (08/24)
  • 国際的な小咄 4903 ベーコン・エクスプロージョン (08/24)
  • 国際的な小咄 4902 日米の焼肉(BBQ)の違い (08/24)
  • 国際的な小咄 4901 ナウルの人々 (08/24)
  • 国際的な小咄 4900 イギリス&アメリカの食事って (08/24)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ GSOMIA (08/24)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第2話 「変人に囲まれてる時点でおまえも変人」 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ2「とある漫画家に起きたこと」 その1 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク2 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 裏話 ~ 戦後処理 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その12 (08/24)
  • ロケッ都団が征く!! 第十三話:就活戦線光明なし (08/24)
  • 国際的な小咄 4899 風力発電が一番未来に生きてる説 (08/24)
  • 国際的な小咄 4898 韓国外交について (08/24)
  • 国際的な小咄 4897 アマゾンの火災の恐ろしさ (08/24)
  • 国際的な小咄 4896 実際韓国がテロを起こすなら (08/24)
  • 国際的な小咄 4895 誰が殺したテハンミングク? (08/24)
  • 国際的な小咄 4894 共産主義はインテリ主義? (08/24)
  • カーきゃん□ 9回目 「それなら真夏の車中泊はどこでやればいいのって話」 (08/23)
  • 目次 やらない夫の洞窟物語 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第4話「クサムラ①」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第3話「タマゴ回廊」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第2話「ミミガーの村~恵一の家」 (08/23)
  • やらない夫の洞窟物語 第1話「始まりの洞窟~ミミガーの村」 (08/23)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その63 (08/23)
  • 国際的な小咄 4893 日本語の語尾 (08/23)
  • 国際的な小咄 4892 権力と正義って言葉使いそう(コナミ) (08/23)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!


    ブログパーツ アクセスランキング