スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

嘘予告 やらない夫達は学園で教師になるようです


8848 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:10:53 ID:xTkNLnRE0
【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
|とある草原 野営地
└――――――――――――――――――――――――――――――─



   。      .     。          '                  . ゚   。   ゚ 。      .     。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。    ゚  .    。
。   ' o ゜                    ゜    +.      ;/    ゜       。   ' o ゜
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'          .  '  ゜     。           ゜
   * .      ゜         。        ゜     +      。         ゜  * .      ゜        。
  ゚        。      .        +     。        +      ゜   。  ゚        。      .
。      +       。     *  .    ゜        ゜      ゜    。   。      +       。    *
   ゚   ,;/    。   .          +      。  .     '              ゚   ,;/    。   .
  。   ゚   。.     +         。         .  ' ゚ 。     *  . ゜   + 。   ゚   。.     +
     。          ,;/   '   ゜             o     ゚   ゚        . 。          ,;/   '
 。             *''          *       .゜     。    ゜       。             *''
'      ゜       。   ゚        ゚   ゜   +          ゜       '      ゜       。   ゚
   。      .     。          '                  . ゚   。   ゚ 。      .     。
       ゚  .    。            ゜    +   ゜      。     。    ゚  。    ゚  .    。
  ゜     。            ゜   。  o      ゚    ゚'          .  '  ゜     。           ゜
'      ゜       。   ゚        ゚   ゜   +          ゜       '      ゜       。   ゚

                /\
              , -'"   "'- 、
         _,..-'''"          "'''- .._.                          /\
         l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l                               , -'"   "'- 、
          l                      l                     _,..-'''"          "'''- .._
╋╋╋╋╋╋l            ,、     l ╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋╋l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ╋╋╋
┃┃┃┃┃┃l               八      l.┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃l                      l.┃┃┃
          .l               | |       l.                    l       ,、          l
         l             | |       l                  l         八            l
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄                    l       | |            l
                                                 l       | |            l
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



8849 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:11:46 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::ヽ ,.-ー=ニ、
   l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ──────────-- 、._// ̄ /   ――ふむ。
    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/./    /
    j :::::::..∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
   i :::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  ,イ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /.
  l :::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    /
  | :::::::::::::::j :::::::::::::::::::::::::::::://                 /./    / j
  l| ::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::://              ( ̄ ̄ ̄ヽ  /:::: i
  ノ .::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::://             r―- ニ二ヽ  \ ::::::: i
 / .:::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::://             ヽ ‐- 、_ \,  丿::::::: i



      /    レ:::::i  `::.,.._,             i;            ,'::   ,::::::. ! .l
.     /  .::::::/:::::!   :::|:::!::. J                 ./::   ,'::::::::: ! .!    ――またあの白饅頭からの無茶振りでも来たか?
     /  .::::::/::::::::!   :::!::l::::::..      .___       ...::;'.   ,'i:::::::::::. ゙. l
.    /  .::::::/::::::::::i.  ::l:::!::::::|`::..、    ー――′ .....::::::::;'   ;::l:::::::::::::. ! !    私達に不可能は無いが、それでもいい加減に
   /  .::::::/:::::::::::::!  ::|::!::::::l::::::::::`i .      . i:::::!:::::::i   .i::::!:::::::::::::. !.!    しろと言ってもいい位こなしてきてるはずだぞ?
.  /  .:::::,:'::::::::::::::::!.   ::!:!::::::l:::::_r.|  `   .   ´  lヽ:l::::::l    i:::::l:::::::::::::::..i|
  /   .:::::,:':::::::::::::::::::|  :::l::::::::l:;/;;;;/ \         / !\!    l::::::l:::::::::::::::::.!
. /  .:::::::/::::::::::::::::::::::l  :::l-‐''";;;;;;;;}   \_   _/   /;;;;l     !_:::::!:::::::::::::::::l

─────────────────────────────────────────────────

8850 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:12:38 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

   ,/ イ {    ヽ、      /  、  /  / }   イ{     やる夫さん、友達少ないですからね。 私達くらいしか頼れる相手が
  /イ\ l       }          /  ,ハ/     ! \    いないって聞いても私は驚きません。
      ` } 、__ ト,!     -  ,.イ ハ/ /    |  \
        ,..|  VI  `ヽ、    / >、リ       |    \
     // j       /`¨´:::::::l l|:::::::::`ヽ、    ヽ     `ヽ、
   // }       {、:::::::::::::::l l!:::::::::::::::::}     、       ` 、
  /:::/           ∨::::::::::l l!:::::::::::::::::l              \
  /:::/、           / ∨::::::, ,:|::::::::::::::::::l                ヽ
 ,::::::::::::\―――--    /∨:::j j:l、::::::::::::::::l                  、
. {:::::::::::::::::::`ヽ、     /   }:://:/::\::::::::::::,                      ‘,



  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │    一応、長年の親友なんでもうちょっとオブラートにつつんでやってくれだろ……
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |    ともかく、明日から遠出の準備だ。
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |    近くの街で食料買っておかないとな。


─────────────────────────────────────────────────

8851 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:13:55 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

 ..:i;            ,'::   ,::::::. ! .l
            /::   ,'::::::::: ! .!    まてやらない夫、私はまだあの饅頭の無茶振りについて聞いていないぞ。
―──'     ..::;'.   ,'i:::::::::::. ゙. l
 ー ´   ...:::::::;'   ;::l:::::::::::::. ! !    せめて何をしに行くか位は知っておきたいが?
      .i:::::!:::::::i   .i::::!:::::::::::::. !.!
   ..´  lヽ:l::::::l    i:::::l:::::::::::::::..i|
.:.:.:..:.:'  / !\!    l::::::l:::::::::::::::::.!
.:.:.:.' _/   /;;;;l     !_:::::!:::::::::::::::::l


. { l     ハ :::::::::  ヽ        ./{  /    | リ  ,  l          !    まぁ、私は何があろうと着いて行くだけですし
  {ヽ':,   /.:.人     v ― ァ  /ヽ }, / /l /  /  |             l     行き先は関係無いですけど。
    } ,イ/    .\    ` ー    /リ VI / /  /    !          ;
   ./イ/         ヽ、_    _,. '  ,. |./イ./  /    ,
                  | ` ´  ,. '´   ./   /    /         ,
                   |` ーr‐'        {   /             /


                     (__人___)  u |         ⌒ヽ
                 '、        |   ____  ,.-、ヽ、     あー、行き先はグリンスヴァールだな。
              ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
             / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、     あと、織莉子はもうちょっと自主性身に着けようぜ。
             l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
            」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
            l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i    んで、やりに行く事だが――――
           / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
          / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
         / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
         / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |



─────────────────────────────────────────────────

8852 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:14:40 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

                                   ,.-、
                    ,.-─ ー-、         v  ',
                  /       ヽ、      _ゝ、 ヽ
                ,,ー          \     (  ̄` ー'- 、
               / └、_}  _,.ノ、 ,ヽ、,__|    rへ、____   'ヽ      ――教師になってくれ、だとよ。
             >┴、  ./  ( ●) ( ●) |    {  `、 、ヽ__,. ┴、.
         / ̄/ {  〉  {    `  ´ 、` 、´ .|     ヽ  i 〉'    ヽ
       ノ   /   >{   |    ,′  ノ、  } |     |  l/  , -ー '´ `、.
       /  ....:::j     /  |    `tニ"__,.ユ′ノ     |  ノ   /   _  }
     /  レ'´    /   へ       -ー-   r      '、 人_,.ィ  /::::... x、 {
    /⌒ン     ノ   /  |ヘ、        ,'       ヤ   ゝ-ィ/    i
─ --/ /     /    /   ;  }       丿       {     ,ラ       {_
::::::::::イ  .:...    r'´     /   j  |ト、ニニ’ニイ        \   i     トミヽ_
:::::::::::l ..: :: :::..        /    ;  リ:::::::::::::::::::::: L         `ヽ       j:::::}:::::. \
::::::::::::| : :: :: :: :: :: :.          |::::::::::::::::::::::::::: `ー-、_        `‐ァ、    ./::::リ:::::::::
:::::::::::::! :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ..  .. .. .,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー─-、_  〈 ::ヽ、_/:::::/::::::::::
:::::::フ/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 :::::/:::::::::::
:::::/r' .: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ̄:::::::::::::::::::::
::::l:::| ..: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ,  '´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ :::::::::::::::::::::::
         【マルチプル・ロード】 【一騎当千】 【万魔剣士】
                  魔人  やらない夫

─────────────────────────────────────────────────

8853 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:15:35 ID:xTkNLnRE0
──────────────────────────────────────────────────────────────
             i .:::冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;:."´/ ,  /    ,`''''':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヾ !
          l .:; ' ヽ-ー ´  / / /     . ,'    ,;¬ー;´  i l
            i./ ..::::/    ,. ' / ,. /    ,' ./    ,.'/:: .,:'     ! !       / ,      /   /      l       \{   l    /     }
         /  .::::;:/     ,.'., ;'.´ / /    / ,/  /./::. , ' }   | .!     ./イ  l     /  l  ,         |        ヽ!   l Y  /      ,
        ,.'  .:/ ≠― /ナ= 7 .オ    ,/7―/――/-|―- .l  l     ./ ,  ! /   /  { ! i       |   ヽ   ヾ,   ∨! '       i
        / /:; /   _/__'゙  _/ `   ///-/_.//__ L  / .;'  .!     .{ /   /  ,.イ  | ヽ !      l |!   }    |    } {      {
.       /.,イ  .i.;'   / ヤ {::7ヾマ、` / ,' '  ´;ィセ;;巧 ̄リ´ /.i. ,'.}i. .|     .!,/   {  / 从T人- \  !   -}-/!-、- |     !    , |         ゙、
.      ,' ゙.,'  l'.  ,:'.;   ヽ つ、;;j::! /       ' つ;;;∨ ,' /./::..|.;' j.l. !     .|ハ  |   |/   _ ヽj ヽ..|   /' _ ヽ j    {!   l {          ヽ
.       ,'.   ,' ,.'、〈. ゙.    `ー"レ′          `ー'" ./:';/;':: リ,/. l |        .}   , {  .f´   ヽ   } ;   /f´   ヽ l/    、    ヽ         ヽ
.       ,'   i /:l丶 ヽ .                   /",!゙'::   ,'::. l i      |    ヽ! 弋._.ノ  /   / 弋_.ノ !,ィ     \    \        ,
      /    レ:::::i  `::.,.._,             i;            ,'::   ,::::::. ! .l      /    ミ、     /イ/      /イ   l  ト、ミ、    `ヽ、__
.     /  .::::::/:::::!   :::|:::!::. J                 ./::   ,'::::::::: ! .!      .,    } \、     /,.     イ彡     |  !  `  }      \   }
     /  .::::::/::::::::!   :::!::l::::::..      .___       ...::;'.   ,'i:::::::::::. ゙. l      .{ l     ハ.              /{  /    | リ  ,  l          !
.    /  .::::::/::::::::::i.  ::l:::!::::::|`::..、    ー――′ .....::::::::;'   ;::l:::::::::::::. ! !    .{ヽ':,   /ヽ!\.    ⊂⊃    /ヽ.}, / /l /  /  |             l
   /  .::::::/:::::::::::::!  ::|::!::::::l::::::::::`i .      . i:::::!:::::::i   .i::::!:::::::::::::. !.!      } ,イ/     >       イ   リ VI / /  /    !          ;
.  /  .:::::,:'::::::::::::::::!.   ::!:!::::::l:::::_r.|  `   .   ´  lヽ:l::::::l    i:::::l:::::::::::::::..i|       /イ/      l  `    ´   !     /イ_/  /    ,
  /   .:::::,:':::::::::::::::::::|  :::l::::::::l:;/;;;;/ \         / !\!    l::::::l:::::::::::::::::.!               | ',      / !    /   /    /         ,
. /  .:::::::/::::::::::::::::::::::l  :::l-‐''";;;;;;;;}   \_   _/   /;;;;l     !_:::::!:::::::::::::::::l          __,...ノ       /  |____{   /             /
          【黄色の14】 【砂漠の鷲】 【生ける勝利の女神】                【予知の姫巫女】 【銀】 【時の寵愛者】
             神人  ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ                          魔人  美国織莉子

                                          『――は?』
──────────────────────────────────────────────────────────────

8854 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:16:35 ID:xTkNLnRE0

──────────────────────────────────────────────────────────────

                              原作 ソフトハウスキャラ 『グリンスヴァールの森の中』

──────────────────────────────────────────────────────────────

8857 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:17:20 ID:xTkNLnRE0

【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
|グリンスヴァール王国 やる夫の手紙にあった所
└――――――――――――――――――――――――――――――─


                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `

8859 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:18:57 ID:xTkNLnRE0

                / ̄ ̄ ̄\
          /     :::::::::.ヽ
          /    :::::::::::::::::::: 〉         さて、やる夫の手紙にあった所についたが……
          |    ::::::::::::::::::/
          |     ::::::::::::::::::::l
          |   ::::::::::::::::::/
           \__  :::::::::く
.            ,イ   :::::::::ヽ
           / `   :::::::::::}
            ,' :::j  .:::::::::/
         ,-´ :::ノ  .:::::::::{
       (,. - ―.i_   ::::::::::i
          /      ::::::::::: }
.        l,. ----ゝ.ー―一´ー--.._
     _ _」.   `l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
    {._  |    | 厂 ̄ ̄l ̄ ̄| |
.     `¨゙l____」__j    ∟..___|__j



                   -――-  、/"\
           /   /        \  \
          /   /  !    i    i 丶  i       ものの見事に廃墟ですねぇ……
            /   i  /l:∧ :::iヽ:i  i  i   i
        /:   i :i:::/ .|i i::: / !lヽ i  i::   i      書かれてあったのを見るとここがそのまま教師をやってもらう
        i: i  i :Ⅳ-‐ij‐i:::::i‐‐ij-ⅵ  }:::  ゝ     学園の敷地らしいですけど。
        i::i:  i::::i -─‐ ヽノ ─‐- i /:::::::: 丶
        ';;、 ::}:: i 、、       、、 i::∧丶::  ヽ
           ij {:: ,':::::ト u   __    j:::} ',::}:::  、 i
          i j、ス i ヽ _ ヽ '_ .イ ::}  {::}::   i l
          i i リ_リー、_,.i ̄ ̄i、_,.‐i人}  レヽ:  i l
          レ ノ:::::::::{ `` ´´ }::::::λ    i!:: i l
           ;´::::::::::/::゙-------'::ヽ:::::\.  i!:: ! l
          ',:::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::}::::::::丿 i!:: //
            /`:::::::人:::::::::::::::::::::::::ノ:::/   i!://

8860 名前:多様的なって意味です>マルチプル ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:21:29 ID:xTkNLnRE0

             /⌒7
             /:::://
.          /::::∠ /─-   .,    _
          /.::::::::∠ 〈         ` <:::::::::≧:z.......... _____
.         /.:::::::::::::r‐一         ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        /.:::::::::::厂               マニ=-<:::::::::::::::::::::/
        .′::::::::::ヽ          丶  V⌒ヽ _______/     おい、今からでも遅くないからあの白饅頭シメに行くぞ。
.       |∨ :::: /\〉   丶    |   \ ',
.       |i ∨::/ |   |  l |  \ l |:|│i    i             人を呼んでおいてまさかあいつは
        ∨ |   ∧ !i|、丶  .斗|∧|  | |             「自分たちで家も作ってね☆」とかいうつもりなのか?
       ,  │:|  T Ⅵ厂\\{ 才笊 ! l |/
       i  |从  |jI斗七さ \〉 {:ソ{│N\
       |    ヽj⌒乂ソ    '  l∧|  ト\           どうせ寿命じゃくたばらん生き物なんだ、
       |    ∧ 丶         ,、′//| |             死をプレゼントしてやるのも悪くないだろ。
        ′  / ∧ ∨ト .  - ,、f゙/ //, |∧
       /   /  {∧ ∨'ー‐〕瓜 |Ii:i:i:く:i:i:.   i
.      /       l:i:∧ ∨  冂ノⅧi:i:i:ヽ:i> |
     /      /:i≧∧ ∨‐┘  .Ⅷi:i/:i:〉. |
.    /   / /:i:i:i:i:i:i:i:i:| │iト...,   }/:i:i:i:i:i〉 |
   /   ,  i⌒>、:i:i:i:| │i:i:i:i:i:i:≧s。:i:i:i:i:i:./
.  /      |Ii:i:i:i:i:i:ヽi:| │ ̄廴:i:i:i:i:i:i:i:≧s。



             / ̄ ̄\ー-、 _r‐- 、
           __ノ ヽ、,_  \.   7;:::::::::\__          とりあえずそれも考慮に入れておくだろ……
           (●)(● )    |  〃:::::::::::::::::::` ''‐-、_
           (__人___)    |‐≦イ::.::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、   って、なんか向こうから誰か来てるみたいだろ。
               |` ⌒´     |  └‐-、__::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |        |       `ヽ.::::::::::::::::::::::::::}  やる夫じゃなさそうだが……
            ヽ      .イ     __,. -<丶、.:::::::::::::::::/
           __「ヽー'ーー"/7一^V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r´
     _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::::::::.、::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::./
   丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::_r'´
   i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::_、-'゙´
  /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!/
  l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l′

8861 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:22:59 ID:xTkNLnRE0

              /,彡⌒ヽj: : : : : : : : : \
            ≠: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ス
           , ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
           /: : :/: : : : : : : : : : : : 、ヽ、: : : : : 彡',
           /: :彡': : : : : : : : : : : : /7/\: : : ≧:}
             {!: /: : : : : :ノ─‐´`レ'     ヽ!、ミ、: l      おおっ!
          V{: : : : l´            lミ、≧=、
           ∨、: :{´ --_     ̄---' 、 ヽ: :リ }!     君たちがやる夫君の言っていた三人組だね!
           ゝ_l: | __  ─  '´  __::ミ  ∨ /
            {: ::| ゝ-≧ニ=、j ゝ≦rtゥァ'   |! |
             V|、 ゝrtゥァノ', ', '`¨¨ ノ ノ f'
             || 、 `¨ ´  ', ', 、     / }!
             V、  、   /ヽ',  ! 〉、     ,' 、
                、    ` ゝ ィ '  l    /ハ: ',丶、
              ,イ\   ゝ==-==ァ !  /  |: ',:::',: : ≧─--..._
          ,ィ≦≠ /:|:::::|\  ヽ.:ゝ=ノ/ノ ./  l: : ',::::',: : : : : : : : : : `丶、
     ,...-≦: : : : : : : /: ::|:::::!:', \.: ` ー ':.:. ,イ   |: : :}::::::}、: : : : : : : : : : : : : :¨¨`丶
  .ィ≦: : : : : : : : : : :/: : : |:::::|: ',  >──<.    |: : : |:::::::|:',: : : : : : : : : : : : : : : :/: ',
'ヽ: : : : : : : : : : : : : : ,': : : ::|:::::|: :',  /\:::∧   .l: :: : |:::::::|: :',: : :: : : : :: :: : :: :: : ,':: : ',
: : |: : : : :: : : : : : : : :,': : : : :|:::::|: : ', /  |==《 \ |: : : ::|:::::::|: : ',: : : : : : : : : : : : :,': : : : ',

8863 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:24:10 ID:xTkNLnRE0

                 ,ィ〃≦ミ三≧=z、_
                /ミヽ、j从リ l!i レノクミ、    実に・・・
               /ム彳jハリlソハ川リノノノ、ミ彡}    .!   _  !   、  、
              ,K≧=ヲ´─≠´ ̄ ̄`ヽK}|  三|三 L_| ヨ三 | ヽ |   、   ヽ.  /
                {彡'/クl ___ニ=ーィ=-- }≧}   幺 | | l二.l  L__  |   }   | /
                  j、ゝ' / 'ー─‐`ヽj!Kニ=、ハ |!  小   ̄ |─j  __)ゝ__ノ レ   ノ o
                 {fj  |  K´C、 }| |r´C、 | /
               トヽ、j   `¨ ノ !}`¨´ }|    この時勢で、二つ名持ちというだけでも珍しいのに
              ゝj`     ./r'_ j:、   ソ
               `.、 ;:    `^ー^ハ /i!'    それを三つも持ち、なおかつどこの国の子飼いでもない三人!
                    ,ィ7!::.   __, -== 、_j /
              /|!八::.   `ゝ=彡',〈、     そんな人たちがこの学園に教師としてやってきてくれるとは!!
          ,ィ≦//::::!、  \    ノ、 ノ/!::!≧z、
     ,.. ≠ ´№№,'№::::|№   `>‐‐'< /クハ::!№№≧=zュ、
  r、<№№№№N/№|:::::!N}  /∧___∧} ! ,'№l:::}№№№№№ヽ
.  {№Y№№№№K、№N:::::NNレ'/ /小、 ヽ、|№j:::::№№№№№リハ
  ソ№ハ№№№№№>N::::::№ハ'  ,:::::::::!  |NN::::::N№№№№V!N
. ∧|N№!№№№№〈N№|::::::L№l_j:::::::::::ゝ__jNN:::::::N№№№№|№|
/№№№!№№№№N、№|:::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::V№№№V!№}



             i .:::冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;:."´/ ,  /    ,`''''':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヾ !
          l .:; ' ヽ-ー ´  / / /     . ,'    ,;¬ー;´  i l
            i./ ..::::/    ,. ' / ,. /    ,' ./    ,.'/:: .,:'     ! !   なんだ、この、何というか……
         /  .::::;:/     ,.'., ;'.´ / /    / ,/  /./::. , ' }   | .!
        ,.'  .:/ ≠― /ナ= 7 .オ    ,/7―/――/-|―- .l  l   顔がうるさいおっさんは。
        / /:; /   _/__'゙  _/ `   ///-/_.//__ L  / .;'  .!
.       /.,イ  .i.;'   / ヤ {::7ヾマ、` / ,' '  ´;ィセ;;巧 ̄リ´ /.i. ,'.}i. .|   人の顔を見るなり素晴らしいだの連呼してくれおって……
.      ,' ゙.,'  l'.  ,:'.;   ヽ つ、;;j::! /       ' つ;;;∨ ,' /./::..|.;' j.l .│
.       ,'.   ,' ,.'、〈. ゙.    `ー"レ′          `ー'" ./:';/;':: リ,/. l |
.       ,'   i /:l丶 ヽ .                   /",!゙'::   ,'::. l i
      /    レ:::::i  `::.,.._,             i;            ,'::   ,::::::. ! .l
.     /  .::::::/:::::!   :::|:::!::. J                 ./::   ,'::::::::: ! .!
     /  .::::::/::::::::!   :::!::l::::::..      .___       ...::;'.   ,'i:::::::::::. ゙. l
.    /  .::::::/::::::::::i.  ::l:::!::::::|`::..、    ー――′ .....::::::::;'   ;::l:::::::::::::. ! !
   /  .::::::/:::::::::::::!  ::|::!::::::l::::::::::`i .      . i:::::!:::::::i   .i::::!:::::::::::::. !.!
.  /  .:::::,:'::::::::::::::::!.   ::!:!::::::l:::::_r.|  `   .   ´  lヽ:l::::::l    i:::::l:::::::::::::::..i|
  /   .:::::,:':::::::::::::::::::|  :::l::::::::l:;/;;;;/ \         / !\!    l::::::l:::::::::::::::::.!
. /  .:::::::/::::::::::::::::::::::l  :::l-‐''";;;;;;;;}   \_   _/   /;;;;l     !_:::::!:::::::::::::::::l

8864 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:25:48 ID:xTkNLnRE0


                 /      `  {     \
              ,            |       \
                 /              |i          i
           / /              八          |   いえ、問題はそこじゃないです。
.            / /   _{  i    _i_   \   i    |
         ノイi  (爪八  i{   |ヽ八`   \i{     |   まぁ、顔がうるさいのには同意いたしますが……
            八  ) 斗ぅミ八  | Tぅミヽ i{   \   |
              {  )}レ狄,辷」  ヽ | 辷ソ,〉 八     !  やる夫さんが言っていた三人組とおっしゃいましたね?
           /八(∧   '  ノ  厶イ  i{ヽ  \
             (   丶   、 _   ( ノ  八      \  貴方はやる夫さんから私たちの事を聞いていらっしゃるのですか?
             ヽ i{  > `_  イ ヽ, / | ヽ
             )八_彡イ |i   |__  )/ i|
                    ノ_ノ    〉>- 八
               __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
              _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
             {:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
           ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
             /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
            /:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
         〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/
         /:: :: ::ヽ::..:...::.ヽ:: / |:i | |:i ト、:.:./:: :: ::(\:::::::::(  /
.        //フ/フ _::::::::::∨ |:i | |:i |i 辷――- ゝ\::::::ヽ{
.       / )/ /,/ ///┐:::::::::::::|:i | |:i |i:: __,二二ヽ   \:::::::.



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)           それに加えて、一応簡易とはいえ認識阻害の魔術は使ってるはずだろ。
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ           易々と見破ってくるなんて、あんた一体何者だ?
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

8865 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:26:45 ID:xTkNLnRE0

               , ───r'レ--、
              /: : : : : : : :j/: : : ^`ヽ
            ,イ: /: : : : : : ----、_:: :: : ::.    __ _ _   __ _ _
            /:: :{          ヽ:: : :i   |_  | |  | | |  |_  | |  | | |    ふむ、ここが学園であったならば質問は
           /: : :|          |:: :: :l     / /  ̄ / /    / /  ̄ / /    一度に一個にしたまえ! というトコロだが……
           |:: ::{ ニニニ、  rニニニ≧∨/ヨ   ∠/   |二 ノ   ∠/   |二 ノ
           V/ヨ ,ィセス、 i .! ,ィセスヽ |:: :7  ___                   この様態では学園といえんからね!
            V: ! ´¨ ノ | .l ´¨ '' } !::ノ!  Z    | __                 許そう!
            | j    r'ノ j=、   ノ|レ ノ    ̄/ / __| |_
            ` | 、   ^`´^ 、   !     ∠__/ |__r‐ァ |    __         端的に言えば私はこの土地の精霊、
              、  〉 --==--'、  ノ          ∠_/ |] |]//         ひいてはここ、『グリンスヴァール学園』の
              、 、 {´     } j                //          守護精霊となる者だよ!
              /\ \    ノ/`ゝ..__             ''
           _ ./:|、  \` ー '/    |、::ヽ≧=-..._
       __,....≦ / |::::| \  r'::::::\    ! }::::、 \   ≧---、             そして君たちをやる夫君から紹介してもらったのも
    _,..-     ,,  |:::::!  \|-、::::::ノ\  | l:::::l _ヽ      |ハ            教師として働いて欲しいのも私だ!
   f´       L__/|::::::|    /::::::::}___ヽj___j::::::!        |  :.
  /  ヽ       / |::::::ゝ───:::::::::::::::::::::::::::::::::、       .!  、           あ、やる夫君からは手紙を預かってるよ。
 {    、      \ !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、      |   、
 |    !       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、      !    }
 |    |       |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、     |     l
 |     l      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、     !    、
 {     l      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、   |     、

8866 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:28:37 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }   おっおっ! これを読んでいるという事は無事についたようだおね! よかったお!
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !   鴻上会長にはびっくりしたんじゃないかお? でもホントにこの土地の精霊様だったり
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l   するから、あんまり無礼な態度をとっちゃうと後が困ると想うからほどほどに。
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \         それと、自分の口から説明出来ない事をここで詫びるお。
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |        南部の方で大規模な飢饉が起きてるっていうからやる夫は急いでそっちに行く必要が
 \  ∩(__人/777/        出来たんだお、多分誰かが土地の精霊を怒らせたみたいだから。
 /  (丶_//// \        精霊がまともに話を聞いてくれるのは今じゃ長寿族ぐらいだからおね。

─────────────────────────────────────────────────

8867 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:30:20 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    さてと、やる夫の不義理についてはここまでしておくお。
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |  やらない夫達に頼みたいのは、そこの学園を立て直して【どの国家にも属さない中立の学園】
     \    ` ⌒´    ,/   を創造することだお。 勿論やる夫も手伝うけどね。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    国同士がいがみ合ってる現状をどうにかする為には、やっぱり教育から見直すべきじゃ
   /    / r─--⊃、  |    ないかと思って、そこにいる鴻上会長に掛け合って場所をもらったんだお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



   /    /' /     / ,:'/,:
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/,   / / ,:'/,:   これは一朝一夕じゃ出来ない計画だお。
'  ,:   /'   / ̄ ̄∪\      /' /
' / ,'/,:   /(●)  (●).\  ' / ' /    でも、長寿族ってだけで目をつけられるやる夫が陣頭に立っていろいろする事は
/,:     / (__人__)      \  ,:'/,:   /'  難しいんだお。
/ ,:'/,  |   ` ⌒´    ∪    | ' / / ,:'/,:
 /    \      `       ,/' /        今でも辺境だと長寿族の臓器を食えば不老不死になるって迷信は
/  /'  /  ∪       \'/  /'       残ってたりするからおね。
/ ,:'/,: | Y       ∪   |  |/ ,:'/,:
     ||∪       |  |         それで学園が攻められたら本末転倒だお。

─────────────────────────────────────────────────

8869 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:32:05 ID:xTkNLnRE0

─────────────────────────────────────────────────

         ____       だから、やる夫以外に学園を任せるとして……
       /      \     寿命も他と比べれば異様に長く、またどの国にも所属していない優秀な人材。
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   そんなのに当てはまるのはやらない夫達しかやる夫の知り合いにはいなかったんだお。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    決して友達が少ないわけじゃないお。 ホントだお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     大事なところだから念を押しておくお。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



          ____
        /_ノ  ヽ\         まぁ、三人ともそろそろ落ち着ける場所ってのが欲しいんじゃないかとも思ったんだお。
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      少なくとも軌道に乗るまでに二桁の年数はかかると思うから、
    |      |r┬-|    |      ゆっくりする意味もこめて出来たら引き受けてくれると嬉しいお。
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ    それじゃ、やる夫は精霊とガチンコしてくるからここまでにしとくお。
  \ ヽ  /         ヽ /      病気に気をつけるんだおー!
   \_,,ノ      |、_ノ



     ____
    / ⌒  ⌒  \           P.S.
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  |         織莉子ちゃん、やる夫との約束はまだ叶えられないかお?
  |    ー       .|         沢山案は出来てるから早くしてくれると嬉しいおー!
  \          /


─────────────────────────────────────────────────

8870 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:35:06 ID:xTkNLnRE0

                  / ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
                (●)(● )    |    あいつもまぁ、変に色んなトコ気にかけてやがるなぁ。
                  (__人___)    |
                 |      u  |    精霊がへそ曲げたってわざわざ行くこた無いだろうに。
                    |        .|
                 ヽ 、     ,イ
                 /ヽ,ー-   ト、
          _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
   __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....
   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::'ー、
     } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:ゝ/ ./ __  V ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.:.:.\
    }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:. \



           /: : : : Y川: : :jレ'ノ: ≧、
          ノ: :>´ ̄ ̄ ̄` <: : : ≧、
         7// -==v ==--、 ヽ: : ハ::|、
          //:j{≦ニ、 ! {ニニニ≧、 |: : :}ミ}      南部の精霊は同じ精霊の私がいってはなんだが頑固だからね!
        {/V ィrュ 、} r'/ィrュ、   ト、: :ミリ
        |: / ´ `/ j 、_}´ `   }:ゝ=ィ      多分何十年という単位でへそを曲げるだろうからこそ
        |::{    'ゝ^ー^ゝ)ヽ    !ゝ=リ      やる夫君が行くことになったとも言えるだろう!
        ト7ゝ ノ , ──、ヽ、   ノヘ≧}!
        tj   '-ニニニ-' 、j   ,:;ーノ/       それよりも私が気になるのは君達がこの話を受けるかという事だ!
         ヽ   ´  ̄`  ヽ   /ゝ'
          \  -=_⌒ヽ   /|/
           | 、    彡'   |
          ノ}          ∧
         ,イ{ \   〈   /  ≧、_             ※南部の精霊の名前はシューゾゥ
       _,イ 八   > 、  /   /|  \≧─--..._
   ,ィ≦  7    、    /='\.   |    \      ̄≧-、
≦     /    〉、   /: : : : :ヽ  j  \  ヽ      | ハ
      ,'    / 、 / ̄ヽ==/\、 |   丶<      |/ ∧

8871 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/18(日) 23:36:17 ID:FoJf8ptw0
暑苦しいなあ精霊達w


8872 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:36:29 ID:xTkNLnRE0

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \       それなんだけどなぁ……ティナや織莉子はどう思うだろ?
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)       俺はどっちでもいいな、当分戦がおこるという事もないだろうから
     |     ` ⌒´ノ       傭兵家業は落ち着きそうだし、一箇所に留まる拠点作りだと思えば面倒ではないな。
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\    ……どっちかというと消極的賛成って感じか?
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)



                    ///. ノ、 ー - 、
                     /// _ソ     `ヽ 、.       //// ー´ノ
                //// ´丿         ヽ,     ////  /
                  / :l// /        ーニニミ. ヽ ////  ノ   私は本当にどっちでもいいな。
              .′ .:l/'ー' /.  /l  ,         \\// /´
                   .:j  //i / .i /           \\'      傭兵家業が無ければいつも通りお前と織莉子の
             /  /ヽl ー≠、i!ヽ、l/ :i  |        i/ ヾj      そばについて食事のおこぼれを貰うか
              /  ヘ l /乂ソ ヽ }/!  l   l     i:. l         稼いだ金で豪遊していた身だ。
               /    `j/       | 斗- 、l!/   } |
           //  i  l          , = 、l /    /ヽソ         殊更教師というのに惹かれるわけでも無いが、
         / ./  /l  |',      ,  之ソ ゝ./l::. /            お前がやるならやぶさかでもない。
       //ニr_,ニニ/   l∧   ー 、       /レ'!/|./
     ,  ' f¨´/l|////   .'ヽ∧     _ ..イ:.  /j l′            それはそれとして白饅頭はシメるがな。
  ,,.-'' .:://///:l|//  ..::///ヾ ` ̄l | :::.. |: /_               あいつ一番難しい軌道に乗せる所丸投げだぞ?
./.   ...:://////l|/  ..:::/ >//\∧/l ,j:::.. iニr_,ヽ、
   ..::::///////}  ..:::://≧ _//:.ヘ/し'ヽ、:.l/////ヘ

8873 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:37:55 ID:xTkNLnRE0

                 /      `  {     \
              ,            |       \
                 /              |i          i     私は……賛成よりでしょうか。
           / /              八          |
.            / /   _{  i    _i_   \   i    |     元々私がやらない夫さんと一緒にいるきっかけとなったのは
         ノイi  (爪八  i{   |ヽ八`   \i{     |     私が希少魔術である『時』を使える為ですから。
            八  ) 斗ぅミ八  | Tぅミヽ i{   \   |
              {  )}レ狄,辷」  ヽ | 辷ソ,〉 八     !     私が教鞭を持つ事によってこれを扱える人が増えれば、
           /八(∧   '  ノ  厶イ  i{ヽ  \       今よりもずっとやりやすくなると思います。
             (   丶   、 _   ( ノ  八      \
             ヽ i{  > `_  イ ヽ, / | ヽ         なので、極めて利己的な考えですが。
             )八_彡イ |i   |__  )/ i|
                    ノ_ノ    〉>- 八           私は賛成よりですね。
               __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
              _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
             {:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
           ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
             /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
            /:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
         〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/
         /:: :: ::ヽ::..:...::.ヽ:: / |:i | |:i ト、:.:./:: :: ::(\:::::::::(  /
.        //フ/フ _::::::::::∨ |:i | |:i |i 辷――- ゝ\::::::ヽ{
.       / )/ /,/ ///┐:::::::::::::|:i | |:i |i:: __,二二ヽ   \:::::::.



           / ̄ ̄\;
          ; /       _\         人間なんざ利己的でちょうどいい位だろ。
.           |     r'  )|;
.          ; |      / /  |        だからこそ法律とか作って自分達を律する事を覚えるんだから。
          |     / _/   | ;
.           |   ,(⌒`、   }        んじゃ、反対無しって事で……
.          ; ヽ / 7゙\\}
            V /   ,、ヽ ;
           (     <_/ /
.           ; i       ,r´
           |     | ;

8874 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:38:42 ID:xTkNLnRE0

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)      俺ら三人、やる夫の頼みを聞いてやるだろ。
.           |    (___人__)
           |     ` ⌒´ノ      精霊様、これからよろしくだろ。
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|



                 ,ィ〃≦ミ三≧=z、_
                /ミヽ、j从リ l!i レノクミ、    実に・・・
               /ム彳jハリlソハ川リノノノ、ミ彡}    .!   _  !   、  、
              ,K≧=ヲ´─≠´ ̄ ̄`ヽK}|  三|三 L_| ヨ三 | ヽ |   、   ヽ.  /
                {彡'/クl ___ニ=ーィ=-- }≧}   幺 | | l二.l  L__  |   }   | /
                  j、ゝ' / 'ー─‐`ヽj!Kニ=、ハ |!  小   ̄ |─j  __)ゝ__ノ レ   ノ o
                 {fj  |  K´C、 }| |r´C、 | /
               トヽ、j   `¨ ノ !}`¨´ }|    その覚悟、その仲間への信頼感……
              ゝj`     ./r'_ j:、   ソ
               `.、 ;:    `^ー^ハ /i!'    この土地の精霊として歓迎しよう!
                    ,ィ7!::.   __, -== 、_j /
              /|!八::.   `ゝ=彡',〈、      では、精霊の底力を見せてあげようか!
          ,ィ≦//::::!、  \    ノ、 ノ/!::!≧z、
     ,.. ≠ ´№№,'№::::|№   `>‐‐'< /クハ::!№№≧=zュ、
  r、<№№№№N/№|:::::!N}  /∧___∧} ! ,'№l:::}№№№№№ヽ
.  {№Y№№№№K、№N:::::NNレ'/ /小、 ヽ、|№j:::::№№№№№リハ
  ソ№ハ№№№№№>N::::::№ハ'  ,:::::::::!  |NN::::::N№№№№V!N
. ∧|N№!№№№№〈N№|::::::L№l_j:::::::::::ゝ__jNN:::::::N№№№№|№|
/№№№!№№№№N、№|:::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::V№№№V!№}

8875 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:39:40 ID:xTkNLnRE0

       ノ /       /´ヽ
     ,ィ'   ̄}     /    l
   ,./     |   r'      リ
   /   _,.へ !  ゝ_ r-'ヘ__ノ            ,へ       ,-、
   ゝ-ァ / リ ;    7 !               〈  }      /  }  ,へ
    / /  / /   / ノ─、               |  |      l  /  /   }
    / /  / /  _,ノ     ハ  _ _,..-─-、      | リ   ,   / ./  7  /
  / /  / ,' r'´       リ / ¨     ヽ.    し'  /|  / /  / /      _ヾf´ ̄≧、
 /  /  / /  l   _..---、_ノ l        /         / 7  / /  / /    ィ==、´ `ヽ: : : : :\
ノ  ィ、 / /  ゝ7 ,'      ゝ--'´⌒ヽ、_ノ       / /  / /   / /   r´ ̄芯   /´:: :: : : : : :
  /l    /    l  ゝ__,へ                , ' ./  ,' /   ,' /  r、'^'´    ノ:: :: :: :: :: :: :
__ノ |  /    |     |               /  /   //    // __jァ}ノ    /:: :: ::、: :: :: : : : ::
   .、__ノ     ゝ      リ           ,ヘ__彡'  /   //    //  ゝ/    ゝ' rク ノ¨}l: :: : :: :
           `、_彡'           /    /  ,ヘノ/   //  (,  . .: : :: ::.. ゝ===彡': : : : :: :
                          {   /    | |   ,ヘ'/   ヽ.. :: :: :: : --' f':: : : : :: : :: ::
                          ゝ__ノ       | |   | |    ヽ __,...............ゝ:: :: :: : : :/
                                   ! /   | j    ,ィ´  ,...=====≧、_::/
                                   レ    し'  ,r'}l /´.....───-、ノ
                                         _/;///´/: : : : : : : : : :ヽ
                                        /::::/: : : /: : : : : : : :: :: : ::|

8877 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:41:20 ID:xTkNLnRE0

  | ;,,;,|
  | .:.|
  | .:.|                               ___00 __    .∩
  | .:.|                               | ∟ └┘/7  ∪
γ⌒ヽ,i___ :";;::、;;:。                    |_厂   <ノ ...○
,i;:;:;:;:;:;,i    \:";;::、;;:。  :";;::、;;:。
.I_______I      \_:.:.__::、;;:。  :";:'`::'::';;::、;,:,。,,, ,
           \ \ロ;;::、;;:;;::、;;: ':'`;'`::'::',:'':'`;
_______________i`、  | :|_:'`::_',:'_'`;___ _:'_'`:_:'';;`;_____ ___ _____________
=:.=.=i〔〕〔〕i=====i\ヽ、,:|\   :/\` 、     ___    /\` 、    ____     /\` 、
   |____|     |  `.、ヽ、.:.\.:.:..|i田l;|___l   /\` 、   |i田l;|___l    /\` 、   |i田l;|___l
-.─-.─-─-─.、::..;|    |\ヽ、-',_____/xXx \ヽ_____./xXx \ヽ________
=========='.:.:|`.、.:.:.|  \|:.: |==== ==|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:;|.:.. ロロ ロロ :
____  ○  |.:i |:.i  |:..::`.、|:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |::|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... |:.:...:.|  |.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ : .:|.:iコ._,iコ |:.|.:.. ロロ ロロ :
 |  .||.:.:. |.:i |:.i  |:..:... | ` 、|  | --─-─--|..====::|::| --─-─--|..====::|::| --─-─-
 | ,., ||.:.:. |.:i/J,.,.,|. ,.,.,...|.,..;.:.|  |.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|.:..:.ロ.:.ロ..: . |      |::|::..:.ロ.:.ロ..:
";`;`::'::',:;:;::"''":。;:";;::、;;:。-..,"'., |.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ : .:|:i'⌒il⌒'i;:|:.|.:.. ロロ ロロ :
;;:: ,:'':' `::':: ',:;:: ,:''':'`::'::',:;:` "'"';: ;|.─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/:─--─--ー|:l::.:..ll::.:..|;:i,/─---─-
:,:'':'`::'::',:' ':'`; ;::、;`: :'::',:;:;;::,:'":;'/         ̄ ̄ ̄ ̄  、。、..。     ̄ ̄ ̄ ̄
,:'':'`::'::;;::',:;::,:''':'`::'::',:;:`"'"' ;:。;:                :"; ;:;、;::;:,
;;::、;`::'::',:;:;:,:'':'`::'::',:'':'`;::,;:;:' "'"'              :"; ;:.;:: 、;;:。
"'゜"'゜”"'""'゜"'゜”"'""'゜"'゜                "'゜" '゜ ”"' ゜""'"'

8878 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/08/18(日) 23:41:44 ID:W736MSjI0
なんということでしょう!


8879 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:42:20 ID:xTkNLnRE0

                                    / ̄ ̄\
  ━━┓┃┃                           /  ヽ、_  \
      ┃   ━━━━━━━━              (≡)(≡ )   |
      ┃               ┃┃┃        从,_人__)⌒::::::  |
                           ┛ 三 ≧    ',,._.        |
                   . ゚ 。゚ 三 ≧       ゚'ゝ、    |
                    -== 三         ≦    ノ
                   。 -=≦          ,ァ     ノ
            .  ゚ ・ ゚。  三<         、,J  >   ヽ
                 ≦ ッ        ッV´    |    |
             .・ 。 ゚ 。 ミ´     、、 ハト・。     |    |



             - ─ - <`ヽ  て
.           /          ヽλ て
            / ., !从  从,ハ人  '. i
          i i l ノi   l `ヽ !  i l
.          | l l ○ヽノ  ○ ! ハ `ヽ
.          |ハ.!⊃ 、_,、_, ⊂⊃/人   i
            }从  ゝ._)   /イ._  i   !
          ,.::ヽ>,、 __, イァ:::::ヽ l   !
           /::::::::::::ヽ、_/ ::::::::::::::ヘi   !
         八:::::::,::::::::::::::::::::::、:::::::::ノ !/



                      l, -‐=‐-、´__   __`<|.:ハi i i l
                   /|从 i i斗ァ77 }_}  { {////77i i 从|   かけ声一つであの瓦礫が立派な校舎になっただと……
.                  ´  ヽi_ | |///// i三三i //////| | _i/
                      ヽ.i__ ̄  __}_}  {_{__  ̄ __i イ    これが精霊の底力か……
                      /    / /  /  /    ∨ヽ
                      / ,イ´. / / . /  //  /   / `
                     / / //`゙'</ / .//,.斗孑代_ ハ リ
                     ムイ .ィ .マ丁≧x| // ,x≦丁ア ノ ノ丿
                      !i/ハ{ 弋り^i/   弋り  }ハi.!
                       ∧{ .圦      ,     ∧ }∧
                      .i  lイ.  >       U ヘ}| i| i
                      l ! i i | .i  .⊂ニつ イ  ! | i|ヾl
                     .l |i i |_i:::::::/ ≧=≦ヽ:::.! .i 从 i l

8880 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:44:03 ID:xTkNLnRE0

              /,彡⌒ヽj: : : : : : : : : \
            ≠: :/: : : : : : : : : : : : : : : : :ス
           , ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',
           /: : :/: : : : : : : : : : : : 、ヽ、: : : : : 彡',   ひとまず瓦礫全てを使って校舎を作ってみた!
           /: :彡': : : : : : : : : : : : /7/\: : : ≧:}
             {!: /: : : : : :ノ─‐´`レ'     ヽ!、ミ、: l   これから先、これ以上に施設を作りたければ、その分の材料を
          V{: : : : l´            lミ、≧=、
           ∨、: :{´ --_     ̄---' 、 ヽ: :リ }!   用意するなら私がその日の内に立ててあげよう!
           ゝ_l: | __  ─  '´  __::ミ  ∨ /
            {: ::| ゝ-≧ニ=、j ゝ≦rtゥァ'   |! |   また、ここに来る人が増えればその分私の力も増して
             V|、 ゝrtゥァノ', ', '`¨¨ ノ ノ f'   立てられるものが増えていくぞ!
             || 、 `¨ ´  ', ', 、     / }!
             V、  、   /ヽ',  ! 〉、     ,' 、
                、    ` ゝ ィ '  l    /ハ: ',丶、
              ,イ\   ゝ==-==ァ !  /  |: ',:::',: : ≧─--..._
          ,ィ≦≠ /:|:::::|\  ヽ.:ゝ=ノ/ノ ./  l: : ',::::',: : : : : : : : : : `丶、
     ,...-≦: : : : : : : /: ::|:::::!:', \.: ` ー ':.:. ,イ   |: : :}::::::}、: : : : : : : : : : : : : :¨¨`丶
  .ィ≦: : : : : : : : : : :/: : : |:::::|: ',  >──<.    |: : : |:::::::|:',: : : : : : : : : : : : : : : :/: ',
'ヽ: : : : : : : : : : : : : : ,': : : ::|:::::|: :',  /\:::∧   .l: :: : |:::::::|: :',: : :: : : : :: :: : :: :: : ,':: : ',
: : |: : : : :: : : : : : : : :,': : : : :|:::::|: : ', /  |==《 \ |: : : ::|:::::::|: : ',: : : : : : : : : : : : :,': : : : ',



                /: : : : ミヽノ从リレミ、
               /: : :/´ ̄`´ ̄`ヽ彡、
               /: : /         iヽ: :}
               !. . ,' ィ==、、ヽ ノィ==、、|: : |    では、少々力を使い過ぎたので私は眠りにつく!
              {  !  rtッ、 } r'ィtッ、 ヽ. .!
              ゝ |    ノ  !_    | ノ    皆、頑張ってここを盛り立ててくれたまえ!
               f∨   /ゝ‐ソ‐'ヽ  .! }
              _ゝ|   {ィェェェェェ、 |  リ    それでは……諸君らの決意にハッピィバースディ!
              { ヽ、   |lェ⌒⌒ リ.! , '
              } _}ヘ  ゝゝ==ノ リ /
        ,--≦、 ̄` |/(__)ゝ\ ` ̄ ノ,イ|
       /    ≧、{r‐<ハ_>─</ヽ、
     / ≠≦ ̄ /7{   ̄_ } \ /^\  \`丶、
     / //  ̄/´|`ヽ{  ̄____}  ヽニ=}\|ヽ丶  丶___
     V/    /  |l、_ノ ゝ ´___ノ、   、l:::ハ  丶\   ヽヽ
     l  /l l   リゝ_二7´_j |  ヽ   、::l丶  ゝ ヽ   |ハ
     ∨|  、ゝ ノ \  ̄フノ    \   、_ 、  |リ  }   | !
      ヽ   \\   ̄ 彡'     ヽ ヽ ∨/ ノ   ! |

8881 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:45:34 ID:xTkNLnRE0

         γ ⌒ ⌒ `ヘ
        イ ""  ⌒  ヾ ヾ
      / (   ⌒    ヽ  )ヽ
      (      、 ,     ヾ )
      ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ
        ゝ、、ゝ   ノ  ノソ
          ゝ、、ゝノ ,, ノ
        _          _
        | ∟,¨ __ └┘/7
        |_厂  | 匚] |  <ノ



                   -――-  、/"\
           /   /        \  \
          /   /  !    i    i 丶  i      ……消えちゃいましたね。
            /   i  /l:∧ :::iヽ:i  i  i   i
        /:   i :i:::/ .|i i::: / !lヽ i  i::   i     まぁ、あれだけの技を使えばそれは疲れるのでしょうけど。
        i: i  i :Ⅳ-‐ij‐i:::::i‐‐ij-ⅵ  }:::  ゝ
        i::i:  i::::i -─‐ ヽノ ─‐- i /:::::::: 丶   ともかく、今日は色々疲れてますし中に入って休みませんか?
        ';;、 ::}:: i 、、       、、 i::∧丶::  ヽ
           ij {:: ,':::::ト u   __    j:::} ',::}:::  、 i
          i j、ス i ヽ _ ヽ '_ .イ ::}  {::}::   i l
          i i リ_リー、_,.i ̄ ̄i、_,.‐i人}  レヽ:  i l
          レ ノ:::::::::{ `` ´´ }::::::λ    i!:: i l
           ;´::::::::::/::゙-------'::ヽ:::::\.  i!:: ! l
          ',:::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::}::::::::丿 i!:: //
            /`:::::::人:::::::::::::::::::::::::ノ:::/   i!://

8882 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:46:51 ID:xTkNLnRE0

                      /.:.:|                    /.:.:.:.| 〉
                        i:.:.:.|                 /:.:.:.:.:.i/
                      Ν.:.:.{                 /.:.:.:.:.:/{
                          i |.:.:.:.:.             /.:./i.:./ }
                        ΝИ:.:.:.:     ___     {.:.:{ ノイ /,   ふむ、織莉子の言うとおりか。
                      l i i iハ:.|> ´_    __`_  |.:.:i    イ
                      ´ ̄|从i7斗ァ77 _}  / {////77{.:.:i   /    しかし……まさか私が教鞭を振るう事になるとは
                     r‐/⌒V///// /三三ヲ/`≪///|.:.:|  i/     夢にも思ってなかったぞ。
                  _}_,i ∨ 二 ̄ __У  /ゝ{__,    ̄从:{ イ{
                / _ --`´ _ ィ´ / /  /  /  ̄ ̄  ∨ ハ     これもお前とめぐり合わせた結果かな、
                   / /     ,仏イ / /} /  //  /   /  }/|    やらない夫?
            /`く    _ - / / /トx'_i /! //i /i/i /}_ ハ リ
            /:::::::::::::\/   厶イ .ィ个アミx | /   ィ≦斤ァ ∧i∧
          /:::::::::::::::::::::::{      i/ハ{` V少i/     V少'ノ イ__ノ  .
         /::::::::::::::::::::::::::::::〉      ∧{ ∧'''   ,     ''' r千‐}   :.
       /::::::::::::::::::::::::::::::/      /  lイ 込、  、__,  /}| i|   :.
     /:::::::::::::::::::::::::::::/       /  //! i i |>.     イ! :! | i|
   /:::::::::::::::::::::::::::::/       _ハへ/|i i |_ }〕iト- __ハ__川  !       \
.  /:::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<:: /:::\__} i i l:::〈 /}ハ{   ノ::} リ 八        \
.  〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::: 八i川:::::∨/}__ヽ/::::::i/∨___ヽ     \  \
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ !:::::::ヽ/./:::::::::::/ /ト--ミヽ     \  \



                / ̄ ̄\
               /   _,.ノ `⌒             どっちかというとやる夫との巡り合わせのせいだと思うがな。
               |    ( ●)(●)   __    ノ'
               .|    (___人__)   / .i   .i´'
               |     ` ⌒´ノ   | レ/;;:     ……所で、学校って一般教養を教える場所だよな?
               |        |_,-‐、l//.
               .人、      厂丶,丶, v´j
            _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
     _, 、 -一 ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
    /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
   i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;〈 ;;;;::::::::::... ',;;i
  / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::;;;;;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::::. ',

8883 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:48:59 ID:xTkNLnRE0

                        -――-  、/"\
                /   /        \  \
               /   /  !    i    i 丶  i
                 /   i  /l:∧ :::iヽ:i  i  i   i       一般的な学校はそうでしょうね。
             /:   i :i:::/ .|i i::: / !lヽ i  i::   i
             i: i  i :Ⅳ-‐ij‐i:::::i‐‐ij-ⅵ  }:::  ゝ      それがどうかしましたか?
             i::i:  i::::i -─‐ ヽノ ─‐- i /:::::::: 丶
             ';;、 ::}:: i 、、       、、 i::∧丶::  ヽ
                ij {:: ,':::::ト、    __    j:::} ',::}:::  、 i
               i j、ス i ヽ _ ヽ '_ .イ ::}  {::}::   i::
               i i リ_リr─≦ニ=、|7 レヽ:  i:: li!:: ::i
                  ’,r' ̄:.ヽ、( ()ー=-、 i!:: !::::
                 ノ l  . : : : :`ヽ\ヽ\_\i!:: /
                 (. ヘ: : . .  . : :.|7-\r__< i!:/
                |ヽヽ: : : . : ノ‐ヾ      }::|
                 /ヽヽゝ、 ' ゚。  ,ゝ     ノ:ノ
                 ヽ、  }: ハ _,r'" ヽ. _ __/
         , -‐  ̄ …<`ー|:ノ ´ヽ    ゙、
         \   _ -─- ヽ、k    ヽ.   \
    _ -───> '゙      /'     ヽ    丶__
  , '     ,. '         / ,'        \   _.>ヽ



           __
         /     \
        /  ノ  ヽ__ .        ……お前ら、何を教えられる?
        |(―) (― ) l
        l (_人_) u.|        俺だとそれこそ剣術とか戦闘術、後は指揮に鑑定術のような、
.           l   `⌒´   |
         、      /        いわゆる傭兵や冒険者家業に役立つ事しか教えられそうにないが。
          >     <
        /        l        あぁ、一応薬草学も嗜む程度にはあるか?
.       / l  ,/  / .!
       (_)  (__ ノ  |
       / /   _ノ
       !、_!、____つ

8884 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:50:09 ID:xTkNLnRE0

                 __        --
              ´        ミ≦<  ̄     `ヽ
           /               `
                     /          \     }!
          /                 /    \、
        ′         /    /  /   i|:  l  ’      ふむ、戦術に射撃、後は塹壕等の掘り方……地質学を修めている。
                 /       ,′  }| | }_ .:i
       i         / ,′  //  //   リjィ´ハ:|小     後は、一応軍楽はやっていたぞ? 料理もそれなりに出来る。
       |      / /   .://  //:.  //,リイ}'从:ゝ
       | |     / /:  // __// |: / イソリ'〃| |
       |    / /|: /´]斗=ミ、|/  ヒノ { .:| |
       | |   /   | / 爪ノ:::リ   '′      .:| |
       | |:. :. /'ゝ∧  `¨        '  } .:{
       | :. i| /\ ー           ,   / .:,小
       | :.:. ||, | :.:| ̄个      `    イ .:/从
       |. :.| :| :| l|:.  ト .. ≧ュ-   --イ- ミ/ {
        |   |  | | .:|:  iト、ミ    ミー チ|>=ミゝ
         |   |  |:.| :||:  l|::.\:.   ー≠{_〃////,リ
.       |  :.:  |:.|:.ソ|:  l|:::. 斗 ==乙{l/////ハ
.        |   |  |/》|    ff'///////l}'乂辷彡' ∧
.         |   |:.ィ彡 八  \乂//////リ{  /  ン′',
       | .:八     :::. \  \ミ辷彡'  /´     ミ



                           ,  ⌒ヽ
                       __    /      \
               _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
              /⌒    ヽ  \    :.
            , /       :.        :.             魔術なら理論と応用も含めて説明出来るかと……
.           / '    :     ト、   i   ヽ          i
          .,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │    あとは……歴史? も結構知ってます。
.         .i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !    それと裁縫と料理、掃除も教えられるかと。
.         .l   ´|...}/|.:イ: ヽ  ! . ミ、: : !  , -、   :.    i
          j! i .{l 汽沁   .Ⅵ トイ沁 .メ  .( i   !   :
.          ハト .八 トイ}   j/ .込z ./ / r' /   !    ハ
.        /  j ヘ ! Vリ        ""./ ィ  ´   '   / :i
            ハ. 人.""  '     .彡イノ /j!  /   ,  :!
           .i l|i 圦    。      ..jィ     ,   ...; 丿
.            :j/从{ .ヽ.         イ.i         i、
            八 |    >r‐    }イ /=- x..;  i  | \
                      _ノ      〉>- 八
                 __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
.             _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
            .{:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
             ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
.            /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
           ./:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
        .〈/:: ::i{ .: ::.〈:: :: :: ,仆} ∧:: :: :.:.〉:: :: :: ::ノ:::::. :/
        ./:: :: ::ヽ::..:...::.ヽ:: / |:i | |:i ト、:.:./:: :: ::(\:::::::::(  /
       //フ/フ _::::::::::∨ |:i | |:i |i 辷――- ゝ\::::::ヽ{
      / )/ /,/ ///┐:::::::::::::|:i | |:i |i:: __,二二ヽ   \:::::::.

8886 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:51:33 ID:xTkNLnRE0

     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|        見事に一般教養を教えられる人材がいねーだろ!!
.   |  (__人__)  |
    |ヽ |!il|!|!| / .|        つーか、俺らが教えて出来る人間って……軍人かメイドか薬師の三択じゃねーか!
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }         いきなり始めから問題にぶち当たってるだろ! 明らかにやる夫のミスだこれ!
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、

8887 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:53:29 ID:xTkNLnRE0

                 ,ィ〃≦ミ三≧=z、_
                /ミヽ、j从リ l!i レノクミ、    その困難、実に・・・
               /ム彳jハリlソハ川リノノノ、ミ彡}    .!   _  !   、  、
              ,K≧=ヲ´─≠´ ̄ ̄`ヽK}|  三|三 L_| ヨ三 | ヽ |   、   ヽ.  /
                {彡'/クl ___ニ=ーィ=-- }≧}   幺 | | l二.l  L__  |   }   | /
                  j、ゝ' / 'ー─‐`ヽj!Kニ=、ハ |!  小   ̄ |─j  __)ゝ__ノ レ   ノ o
                 {fj  |  K´C、 }| |r´C、 | /
               トヽ、j   `¨ ノ !}`¨´ }|
              ゝj`     ./r'_ j:、   ソ               .|\     /\     / |   //  /
               `.、 ;:    `^ー^ハ /i!'             _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
                    ,ィ7!::.   __, -== 、_j /               \                     /
              /|!八::.   `ゝ=彡',〈、                ∠  休むんじゃなかったのかよ! >
          ,ィ≦//::::!、  \    ノ、 ノ/!::!≧z、             /_                 _ \
     ,.. ≠ ´№№,'№::::|№   `>‐‐'< /クハ::!№№≧=zュ、     . ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  r、<№№№№N/№|:::::!N}  /∧___∧} ! ,'№l:::}№№№№№ヽ     .//   |/     \/     \|
.  {№Y№№№№K、№N:::::NNレ'/ /小、 ヽ、|№j:::::№№№№№リハ
  ソ№ハ№№№№№>N::::::№ハ'  ,:::::::::!  |NN::::::N№№№№V!N
. ∧|N№!№№№№〈N№|::::::L№l_j:::::::::::ゝ__jNN:::::::N№№№№|№|
/№№№!№№№№N、№|:::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::V№№№V!№}




──────────────────────────────────────────────────────────────

                  後に、歴史に名を残した学園はこうしたグダグダの状況から出来たのだった。
                                     いやマジで
──────────────────────────────────────────────────────────────

8888 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:55:14 ID:xTkNLnRE0

                               }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨                          \////<    \=ニ二._
                        , ...}    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉                       }  V/////>   _\__ >
                           ,,..イ ...ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈                     /    〈 ̄   ̄ ̄ ゙̄> \
       l          _,,,...イ´   |.ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧.....::::::::::/    / /      /      マ  ̄ ̄> ̄    ヽ
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|  .∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     : _/、 // /     /      ' ̄ ̄         )
            |  ヽ:::::::::::::ノ   \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│ ,/Χ/ /     /!         八
            ヽ、    ̄   /  .\从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│.⌒アミx\/    //  |  :/      \
              `              /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│  |トし仆、\ //   | ,'|     /  |\ 丶
                          /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│  .V:少/ //  __ ,,斗/十::    .: |:  \
 .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、       ../       i  //        j!  /   ,八   彡          //     ィ化斤ァリ:::: / /:: |    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、    ,../⌒i.. -‐x、   ./ '   '         /  /    _ ノ   |│  "           Vン / /::::/ /|::
::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\  ./._{/  }xxxxxxヽ / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、           {::.    /::::/l:  |:
,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   ` .i/ }r /ヽxxxxxxノ.'    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y               :::/::::' |/  |: /
  :::::::::::::::::::::::;:/  ..::::::::::::::..i^Y⌒} ./`//ハ}x> ´!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ   . ` ー‐-    厶/: /  ´  |/
. ..:::::::::::::::::::;ィ'´   ..::::::::::::::::::.! ! .ハン///  { .人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、          .イ:::://
.::::::: ;:__;斗>'´  ..:::::::::::::::::::::::.、人 ^)///ノ   }  .ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \    <\//
≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ:::::::::/// `/>'´   /  .j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ.::.::.::.::. /  /
  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i':::::: .<///> ´     /   ../     /乂_ ノ \      / i八      ̄  /.::.::.::.::.::.:/   /\


──────────────────────────────────────────────────────────────

                              やらない夫達は学園で教師になるようです
                                 公開未定 後悔そろそろ
──────────────────────────────────────────────────────────────

8889 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:56:37 ID:xTkNLnRE0
それではそのままステ貼ります。



     |                 ゙
     i!、                  i
      |! \    i!           |      ちなみに以前ギュンギュスカー商会の方にいただろ。
     ! 、_ヽ  人、__,x≦_        |
     ,:  ̄ミヘ !,彳¨弋_ソ )        |      まぁ借金返すためだったから本社勤務になった瞬間やめたけど。
     |     i  `¨ ゛ '';:.:': .        !
    ハ (   !     、  : :;     ,      なんで最終経歴は連隊長、つまりは大佐だな。
    r‐ ヘ ー ゝ ___.ノ, ゛ 7   リ !      そういう経歴で指揮の講義が出来る。
    人  ` 、- 、`    i!  l   .イ/
    ハ    ` -.、   |   } / /  {    _
     l          ̄    |´ /  ≠´  ̄~ |   ※巣作りでいうなら必殺無効、熟練者、二回攻撃の漆黒騎士だった
    }            i! ムイ      /
.    {              j ´        /
     )              /      _ -―-` 7
    ヽ_             /     〃      {
       `ヽ          /     ´         \
      ,、  `l _ -- _ i!   /               `ヽ
.     / ` ¨´     ` ー≠
                   i!
┏【やらない夫】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【指導力】 90 【戦闘力】1250
┃■講義■
┃戦闘基礎 Lv8  指揮  Lv7   鑑定術 Lv6
┃剣術    Lv8  薬草学Lv6 一騎当千 Lv10
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

8892 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:58:17 ID:xTkNLnRE0

             i .:::冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;:."´/ ,  /    ,`''''':;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヾ !
          l .:; ' ヽ-ー ´  / / /     . ,'    ,;¬ー;´  i l
            i./ ..::::/    ,. ' / ,. /    ,' ./    ,.'/:: .,:'     ! !
         /  .::::;:/     ,.'., ;'.´ / /    / ,/  /./::. , '.}     .| .!   私は普通に神界の軍に属していたな。
        ,.'  .://―--./='/.∠..,_ /    .,:/,./ .∠./-‐''''7 ̄ ̄ .l  l
        / /:; /   _/__'゙  _/ `   ///-/_.//__L   / .;'  .!   たまたま捕虜になった時にやらない夫がいて
.       /.,イ  .i.;'   / ヤ {::7ヾマ、` / ' .,' ' ´.;ィセ;;巧 ̄リ´ /.i. ,'.}i. |   それからずっと二人についていっている。
.      ,' ゙.,'  l'.  ,:'.;   ヽ つ、;;j::! /       ' つ;;;∨ ,' /./::..|.;' j.l. !
.       ,'.   ,' ,.'、〈. ゙.    `ー"レ′          `ー'" ./:';/;':: リ,/. l |   やらない夫に関しては愛情4友情4忠誠2
.       ,'   i /:l丶 ヽ .                   /",!゙'::   ,'::. l i   といったところか。
      /    レ:::::i  `::.,.._,             i;            ,'::   ,::::::. ! .l
.     /  .::::::/:::::!   :::|:::!::.                  /::   ,'::::::::: ! .!   織莉子に正妻は譲らんさ。
     /  .::::::/::::::::!   :::!::l::::::..     ー― 一     ..::;'.   ,'i:::::::::::. ゙. l
.    /  .::::::/::::::::::i.  ::l:::!::::::|`::..、           ...:::::::;'   ;::l:::::::::::::. ! !
   /  .::::::/:::::::::::::!  ::|::!::::::l::::::::::`i .      . i:::::!:::::::i   .i::::!:::::::::::::. !.!
.  /  .:::::,:'::::::::::::::::!.   ::!:!::::::l:::::_r.|  `   .   ´  lヽ:l::::::l    i:::::l:::::::::::::::..i|
  /   .:::::,:':::::::::::::::::::|  :::l::::::::l:;/;;;;/ \         / !\!    l::::::l:::::::::::::::::.!
. /  .:::::::/::::::::::::::::::::::l  :::l-‐''";;;;;;;;}   \_   _/   /;;;;l     !_:::::!:::::::::::::::::l
┏【ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【指導力】 80 【戦闘力】1280
┃■講義■
┃射撃術 Lv9  戦略Lv7   地質学   Lv6
┃音楽   Lv5  調理Lv5   戦場支配 Lv10
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

8893 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/18(日) 23:59:52 ID:xTkNLnRE0

      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |   ギュンギュスカー商会の頃よりやらない夫さんの副官を
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / /;;;;;;j    /;;;;i |   勤めています。
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ -云テ、;;;;|   l;;;;;;i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、;;;;;l   l;;;;;l l    実家はそれなりの富豪だったんですけど希少魔術の使い手に
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う  ;;;;;;;;;;;',  |;;;;;l l    なってからは露骨に煙たがられるか擦り寄られるかで、
       ./ / .l .i l .マ  .lll .|;;;\ー ´_ ,,;;;;;;;;;;;;;', |;;;;;l/    あげくに実家の経営難で商会に売られました。
         / / l l /\ .l | ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;;;;;
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !         その後、本社から退職したやらない夫さんによって
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´       買われた後、共に過ごしています。
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__    やらない夫さんには忠誠6愛情4ですね。正妻にはこだわりません。
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ   やる夫さんとの約束は私とやらない夫さんの子供の名前を
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/   つけさせてあげる事です。    ・ .・ ・ .・
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>  なにせ、生まれる事だけは私が視てますからね。
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \
┏【美国織莉子】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【指導力】 140 【戦闘力】1160
┃■講義■
┃魔術基礎 Lv8  魔術応用Lv7    歴史学 Lv6
┃家事    Lv6  調理   Lv8    予知  Lv10
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

8894 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/19(月) 00:01:35 ID:DG0IP8DQ0


一年間に教えられる生徒の数は【指導力】×【講義レベル】。
またそれぞれの講義にはそれ用の施設を建てる必要がある。 (例・薬草学なら温室or医務室)
勿論必要のないのもある。 戦術基礎を修めて出来る【兵士】等。
そして原作の様に一年で卒業というわけではない。
例えば……上で挙げた【兵士】になる条件としては【一般教養+戦闘基礎】を修める必要がある。
つまり兵士となるには最短で二年かかる事となる。
なので、学園の学園生は、

┃■学園生■
┃新入生 1600
┃学生   700
┃新兵   300

と、いった具合に表示される。 学生は一般教養を修めた新入生、新兵は戦闘基礎を修めた新入生だ。
ここからどんどんと生徒に技術を教え込む事も出来るが、卒業させないと周りの評価は上がらないので序盤は兵士にしたら
とっとと出荷…もとい卒業させて評価を上げる事にしよう。新入生が入らない。
学園が育ってくれば最初から新兵がきたり学生が来たりしてくれるようになるぞ!

また、当人同士の仲が良くなると同時講習が取れるようになる。
例えば……メイドには【一般教養+家事+調理】の三段階が必要になるが、ティナと織莉子の仲がよければ
同時講習によって学生→メイドが一年で済むようになる。 その際の教えられる生徒の数は高いほうに合わせる。
ただし、やらない夫以外の教員はコミュではなくランダム安価によって関係が変化する。
……一番確実なのは両方嫁にする事なのはこのスレのお約束だ。

8896 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/19(月) 00:02:59 ID:DG0IP8DQ0

そして原作のようにちょこちょこ戦闘が起こる。 戦力は【戦闘力】×【その年の講義レベル】となる。
武断の国なんかは生徒の受け入れに【三回】勝たないといけないなんて条件あったり。
ちなみに戦闘力は1=兵士一人。

ちなみに教えられる人数を入学生徒の人数より下回った場合、三割の確率でその生徒達がパンプキンになる。
パンプキンが出来ると強制的に学園の評価が下がる。
回避するためにはモブ教師を雇ったりしよう。大体指導力30が雇うほど補佐につく。

好感度システムには基本的に色んな感情がMAXを10として溜まっていく。
例えば初対面なら空白10でその後の対応により友情2空白8だの反感3忠誠1空白6と決まっていく。

今回のティナの好感度だと友達だった頃の癖が抜けてない妻……といった所だろうか。
ちゃんと相手を男性として好きだが慕うというよりは共にあるといったスタンス、
それに加えて相手の力量も認めて立てるつもりもある……あれ、割と理想の嫁じゃね?
織莉子だと愛人も勤めている社長秘書といった感じだろうか、ただし打算無し。
大抵のいう事はR-18的なのも含めて笑顔で従ってくれるが、あまりにご無体だとヤンデレる。

ちなみにギシアンしたい場合は両方から愛情4必要です。

8900 名前: ◆AK6hJHB6Vw[] 投稿日:2013/08/19(月) 00:08:43 ID:DG0IP8DQ0

ちなみに普通の騎士のサンプル


i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{i:i7⌒iV: : : : : : : : : : : : : : : :ミ*、
i:i:i:i:i:i:i:i:/^7i:Vi:i:iv: : : : : : : : : : : : : : : : : : :>x
i:i:i:i:i:/: : : }i{i:i}i:i:i:i}./: : : : : :  :": : : : : : : : : : : ㍉
i:i:/: : : :.../i:ivi:i:i/: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ:
: : : : : : : /i:i:i}iV'′: : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : V   グリンスヴァール王国騎士団所属だったよ。
: : : : : : /i:i:i:ノ'′: : : : :/: : : : : :./: : : : : : : : : : : :::v
: : : : : /i:i/: : : : : : .: : : : : : :../: : : : : : :>: : : : : : : .}   今回ちょっとヘマをして閑職の辺境監視任務に
: : : : /i:〃: : : : : :.〃: : : : : / . :::/: : :ィ: : : : : : : : /   当てられちゃって、その時にスカウト出来るみたい。
 : : :{i/: イ: : : : //: : : : /㍉、/: : , ' }: : : : : : : ,: :
 :..:../〃:,′: : //: :トzzzx / ヽ.. '′ ,: : : : :.:..:./    ヘマはしたけど一応権謀渦巻く王宮の騎士団だったから
:..:.:./ノV,′: :.//: : :{i´/iィ斧x.    v /: : : : :..:./: :,: :   弁術なんかはちゃんと備えてるよ。
: : : : ://: : : : /: : : :{i/f7しヘ/^vヽ ∨: : :. :.:.:./: :/}: :
: : : : :.:i: : :..:./.イ : : ` 乂.ツ′ }  /:イ: : : : .イ==ミ: :   とりあえず、もし雇われたのなら雇い文句によるだろうけど
: : : : :..{: : :./: ノ: : : : {  ”''¬   イ i/: : :/:/  冫:   忠誠2空白8、もしくは愛情1疑念1空白8かな?
: : : : :..{: :./: /: : : :.:.N       /:.: ィf斧7ミ、./: :/
: : : : :..{ : { /: : : : :...{      /    /fツi/ .'′:./:   この疑念は性別分かってるのかなー?ってのね。
: : : : :..{ : v{: : : : : :..{ ,.ヘ       { ”ー /: :..::/: :
: : : : :..{..V xくx≦“イi:i:i:i:i:i:..、    .′.=彡: : :/: /:
: : : : :::{ ̄ /  / Vi:i:i:i:i:i:i冫      /:.イ: }: /: :
: : : : :..{\′ ∠: : {_.‘''ー=         .イ: : :}:/: ′: :
: : : : : : : : \ x< ト、   ___ ...   匕:...}:...:.:}/:}: : : :
: : : : : : : : : :..\__` ”  //{ /}...:.:.}: /: :..:}: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : 三“≧x.. .{,′v: :}: : : : :...}: : :
┏【アストルフォ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【指導力】 110 【戦闘力】130
┃■講義■
┃一般教養 Lv8  騎士道  Lv7   音楽   Lv6
┃礼儀作法 Lv6  弁術   Lv8   魅了   Lv10
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
関連記事
[ 2013/08/19 21:26 ] 短編単発ネタ総合 | TB(0) | CM(2)
79 : :2013/08/19(月) 21:42:54 ID:-[ ]
いい中二病っぷりだねこの作者
80 :日常の名無しさん:2013/08/20(火) 11:15:52 ID:-[ ]
キャラ作品ネタ連続できたな。
学園の精霊が暑苦しすぎるw
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • このクソッタレな世界に復讐を! No.44 No Mither (07/02)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第四十三.五話 (07/02)
  • うろ覚えで甲子園を目指すパワポケ 第24話 (07/02)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十六話 (07/02)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十五話 (07/02)
  • 読者投稿:計画停電あった時のお話 (07/02)
  • 読者投稿:ピアスについて (07/02)
  • 読者投稿:『服だけを溶かすスライム』についての追加考察その3 (07/02)
  • 読者投稿:技術的には合理的 日産・サクラ/三菱・ekクロスEV (07/02)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 24 思い切ったなぁ…… 文字通り「金」「銀」か (07/02)
  • 読者投稿:れいわ新選組(以下、【れいわ】)の政策の整理を試みました (07/02)
  • やる夫達が現代ダンジョン60層の友達に会いに行くようです その20 (07/01)
  • やる夫とマリィ その7 (07/01)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十四話 (07/01)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十三話 (07/01)
  • 国内的な小咄 2077 あちぃ! すげぇ! (07/01)
  • 国内的な小咄 2076 NSSと話してみた、少年少女とエログロ (07/01)
  • 国内的な小咄 2075 規制はされたんだ……規制は (07/01)
  • 国内的な小咄 2074 二郎はヘルシー? (07/01)
  • 国内的な小咄 2073 中……いくつ? (07/01)
  • 国内的な小咄 2072 少女漫画は、やばい (07/01)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第三部 『最後の指令』 第四話 (07/01)
  • おっさんと女子高生 第16話 (07/01)
  • ナニモノ 最終話 (07/01)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 40 (07/01)
  • やるゆかまきのイナカデビルサバイバー (06/30)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ? エヴァ (06/30)
  • 国際的な小咄 9012 アメリカは清い国でーす (06/30)
  • 国際的な小咄 9011 2は知らんが…… (06/30)
  • 国際的な小咄 9010 銀はめんどくさい (06/30)
  • 国際的な小咄 9009 「これ、ラーメンです」 (06/30)
  • 国際的な小咄 9008 そうか、ジョージア人には二郎か! (06/30)
  • 国際的な小咄 9007 ジロウヘルシー (06/30)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 23 (06/30)
  • ナニモノ 10 (06/30)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百八十七話 (06/30)
  • DirtyPair. 第5話 別の惑星のラブリーエンジェル (06/30)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:北海道編  大泉洋(と後二人)のやらかし ~早起きクマさん襲撃事件~ (06/29)
  • 読者投稿:「営業部長」の中国戦略 (06/29)
  • 読者投稿:ラジコンヘリを飛ばそう(法令編) (06/29)
  • 読者投稿:ラジコンヘリを飛ばそう(導入編) (06/29)
  • 読者投稿:ニャル子で学ぶ変態的なCO2対策 (06/29)
  • 読者投稿:一日だけ期日前投票所になる場所の一例 (06/29)
  • おっさんと女子高生 第15話 (06/29)
  • やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです 第32話 (06/29)
  • 岩崎さんは無口 第83回 (06/29)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 21 (06/29)
  • ナニモノ 9 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十二話 (06/29)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十一話 (06/29)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!