スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

亜人はBARに居る 幕間 第08話 「ドリュアスの身体事情」

目次 現行スレ

47 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:00:37 ID:fdfc4045



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.                   幕間 第08話
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|.              「ドリュアスの身体事情」
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.




48 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:01:00 ID:fdfc4045


ある日の夜、席の一角で、初春の花に関する談義が行われていた


              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ            「へぇ…その花は本当に生えてるのか
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:..     獣人の人らの耳と似てるんだな」
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
    ! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.



         _\    Y    O  _ノ>  O  Yヽ//_
         ___\γ⌒/⌒ゝ./   .  \。乂      ,ノ  }`ヽ>
         \ ヽ乂 O ノ 乂__ノ乂___人八ノ丁ゝ--'ー O ノヽ
          ⌒ヽ_〈   、__)人ノ-(人/:.:∨:.:.:.:.:.:乂ノ\)__人ノー'
.      γ__ゝ 。入_ノ:.!ハノ:  /       !       ヽヽ  ;
          i:.(人)Y ハ|:/:.: /./:.:.:.: |:.:.l:.:.:.:.:|:.:l:.:.:|ヽ:.:.:.:.:.:. i:.i:.:.:.:.:;
.          i :(   )lノ.:. :ii:.:. |:.|:.:|:|:.:.|.:.:|!:. !:!|:.:|:.: l:. |:.:.:.:.:.:.:|:.|:.:.:l: ;
         i |( ):´:.:i:.:.:.:.:|i:.:. |:.!:.:|:|:.:.|.:.:|!.: !:!|:.:|.:._!__|___!:.:.: |:.|:.:.:|: |
          | |::::i:.:.:.:i:. :.:.:|i:.:._L|=T厂「.:.|.:.ノ:|L l´_| L;,;l丶:.|:.|:.:.:|:.:! .     「身体の一部という意味では同じですね
          | |::::i:.:.:.:i:. :.:.:|l_´jL|=―  ̄  ̄   __z,,__ `丶!_!: リ:.:!
        !.|::ノ:.:.:.:.i: .:.:.:i _zア⌒`丶       イ⌒:.`ヽ ,';ノノ j/     わたしが取った水分で育ちますから」
.        _,、:':/:.:.:.:. i: .:.:.:i.〃{::ら:::}          らノ:} }}`i::::::ト、
          ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iヽ つ:::ノ         ゝ-'_,、 l::::人
          /:.:ノ人\ヽ :.:\ `¨¨´     、    "" !リ
         ̄  ´  \ ヽ\ヽ """        '        八
             }:.}: ̄:ヽ         ___,
               ;.:ハ:::::::::丶.     ` ̄ .....     .イ
               ノ'  }.:.:リ::::::〕  、        .イ::;′
                 ノ'|:/}:::::ノ}   `    <!:::::|/
                 ノ' ノ//         !:\
                 /::::〈           !\::`:..、
                 /:::::::::::::ヽ        !  |::::::::::`:...、



                   ノ|
            __ / ./        /'
        >. ´. . . . / /. `ヽ _ - ´ /
       ´. . . . . . ./ /. . . . . \__/
      V. . . __/__/_____. . . . . . .`ヽ__
    ∨. . . {        _ノ. . . . . ヽ. . . | _ノ
   V. . . .| ̄ ー---=≦. . . . .. . . ..|. . . ∨
    |. 「 ̄\  ./. . __./,---/ . . . / . . . .|
    |. .\ ___/ Y. . . . ././ノヽ|. . /|‐-. . ..!
    .! . . { { 〈ん} . . . /r=笊 ./. .ィr、. . ./ |           「摂取した水分で花の色も変わるんですよ
     |. . . . . ..ヽ/\ .|  vr′.|/vノ }/ /./|
    | . . . . . . .|. . ..`|.:.:.     '.:/. }ノ|/.ノ          だから今は緑の花が咲いていますよね」
    | . . . . . . .}... . . |  r 、  /. . |
    |. . . . ___ノ|ヽ. . ト  `  イ |. ./
    | . . /::::::ヽ\',.∧ 「. . . . ./| /ヽ
    | . /::::::::::::::::::::ヽ∧=r\___ノ'::::------- 、
    | /:::::::::::::::::::::::::::\/::::::::::`ヽ、_::::::::::::::::::∨
    .j!.|:::::::::::::::::::::::::::::}!::::::::::::::::::::::: \ \:::::::::::::∨
    j!∧:::::::::::::::::::::::::::}!:::::::::::::::::::::::::::: }  }:::::::::::::::}
   .j!. . }、:::::::::::::::::::::::}::\ :::::::::::::::::::: } /:/ヽ___/
   j!. . .ヽ:::::::::::::::::::::::{!:::::::`::::::::::__:>---≦}__}___〉


言われてガッツは、初春の手元のグラスを見た
中身のモスコミュールを見て、成程と納得する


49 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:01:24 ID:fdfc4045


              | |       | }  |   ||
              | l   ,.. -‐'' ┴─'- 、.リ
             _{ i/     /\/ヽ、 \
           . '´/                \
        / //    /  / !      i     ヽ
.        /   .i     {  ,k‐‐、     j ハ.    :
       /     {    ハ { ヽ{     'Tヘ ! }  i.    「いいなー、ういはるちゃん
.      /    ∧    i  Vf茫vヽ.i  /_,,  } /  ,'
     / /   / /⌒ヽ { 〃 hノvリ }/ 衍i, ハ  ./.      わたしも飲み物で色が変わったら
     ,'  i    { iて ヽゝ  弋.ソ    hiリ j  /
.    {   !    ゝ ゝ           ' ゙-' 〈 ,イ       たのしーのになー」
    ハ  ハ      `¨\      、 _,     ノ´ .}
     ヽ{ {\  {   i  `>        _. イハ リ
        \{ \{V\ハ_,/⌒ヽ`{ ̄ノ,へ ノ jノ
           /, -=ゝ{o O ゚ }⌒Yo O}
          /o/  .||ノ o oム__ノ o 〈
          /   /    ||ゝ--‐'´|| `゙'、-'ヽ
         ゝo /!  ヽ.|l      ||   ヽ \
        `^´「 ̄ ̄`ヽ    ||     ljr‐‐'┐



     >ハ∨、人∧/:::ヽ人/:::ヽ人ハ>人ハ>
     / >、人/、人/::::::i:i!::::::::i!::::::::7人/、 {く´
     7:} /::::::::::::/i!:::::::}}:|:::::::::|::::i、::::i!::::::ヽ}:ヘ
    /∧'::::::::::i:::::| |:::// }!―、ハ::::|ハ:::i::::::l!::::::::}
     l! !::::::j:::::}j斗匕く    ≧┴ミ|j!:::j:::::::∧         「もう、サーバルちゃんはお気楽に言うけど
.     j! |:::::::|::人,行:バ     'バ:笏ヽ∨:::∧}
       {∧:l!∧{代r'ン      弋ク }!::::人人_        結構大変なんだよ
     /人ハ(ヽ! .:::.    l!    .:::. 人/)/`  ̄                     ドリュアス
     ´ ノ `‐ヘ           /‐く´.            この花があるから 私達 って
          }::::>、   '⌒'   ,<:::/        
.          }::::ノ>  __  <∨l{ヽ            体が水分不足になりやすいんだから…」
           ̄}_ノ´}     {`\
        -=ニ///、'     `ソ/三=.、
      ,<ヽ/////ハ       ///////>、
.     /\ヽヽ/////ハ-´ ̄`‐//////// /∧
     {、  ト、ヽヽ'///ハ三三///////ノ //  }


なにやら不穏な初春の発言に、ガッツは問いかけざるを得なかった


       ._iヽ|`‐┘`"V`;-'`i'、li/i、iヽ,、
     ..>;;;;;;;、ミミヾ`ヽ、\ヾ川|! ノノ_丿
    .._」;;;;;;;;;;ヾ\ミヽ\ヾ、ヾ〃i '~=、
    .>;;;;;;;;;ミ;;;;;-;;;;;;ミ三ミ/::~)ソ ,、ミミ、
    ゞ;;;;;;;三二;;;;; ̄=={  /" !ノi!))
    ..~);;;;;;;:;;;;;;;:__-二三フ   ='`ヾ;; (.        「…もしかして枯れるのか?」
    〈;;;;;;:;;;三/ノ\三'  U  "、__;:"〈
      ノ;;;;;:;;彡!ヽ 〈L'゙ :::::....   ゛ "`-,
     .ノ;;;;;:;;/!/`ヽ-'         r ‐'"
   .ノ /`'"'  ,'   |          __〉
    /;;:  ‐- / i  ヽ_          ,!
   ┐ _,  /  |  ;  ̄_`::..    (
   '  -二{   i  ;   i / ̄` -ー'
   .ノi_ ヽ,ノ\ |  ; ;ノ/


50 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:01:50 ID:fdfc4045


     |
     |.      /
     |   / /  -‐━━
     |.  /  ′. . . . . . . . . . . . .>
     |\/  斗-. . . . . . . . . . . .. . . . . . .、
     |     /. . . . . /. . . .. . . .. . . . . . . .
     |    /-/. _ //. . . . . . . . . . .!. . . . . .
     |  〈. .../__/`/ . . . . . /. . ./. .|. . . . . .}
     |\. 〉.{ ん心/}. . . . ._/._. ./. ....| . ト  /|
     |. . V / 乂 ノ L . . ィ. ../丶. .| . | \.|. 
     |. . . .{         ん心. ...V| . |.    j
     |. . .,小.        乂 ノ }:ノ . .∧   /...    「枯れはしないですが
     |. ./:/:∧  丶  _   __ ノ. /.!. . . 〉斗=ァ
  r‐ .._∩}: ¨7ニム       ア. . ./斗 . /__<       水分不足が続くと、貧血に近い症状になるようですね」
  } 丶`V /ニニニ〕うニ=-=≦.. . ../:|i. . ./.「 ̄
  〉    Vニニニ7}斗- _ -=∠. .ィ: : |:|i. ./ . !
  }    |ニニニニ{-=ニ二ニニニニニニV|:|i./ . . !
  丶    ニ-=ニ二ニニニ-=Zユ=--  .|:|i. . . |.|
   }   | Vニニニ-=ニ二7¨   _..斗|i. . . |.|
   人  /⌒Vニニニ7⌒¨ _ -=ニニニム. . ..八
     V    Vニ_7  _ -ニニニニニニフ. ../. . .\
     }/.   V7, / ̄ ̄ ̄ ̄-く.」. . . . . . ...\
     |              /. . |i. . . ≧=-. \



                /V\(_oく¨´(`Y⌒Y´L__
               r'Y⌒)L_人| (__,゚ヽ__)V´Y7
                  ∠ (_,ィ_j <_ノ匕レⅣV※(´ oくミ、
             厶ィ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...`¨マ__,く
              / ..:::::::::i::::|:::::|:::::!:::::::::i:::::';::::::::::廴j
                 ∧ :::::::|:::|::::|:;:::|::: |:::}:::::| ::::|:::::::i:|::::|        「あと痛みもありますよ
               《 ノ:::i::::|ーヒ刋::L:::ト廴::L::::|:::::::i:|::::|
            〃|::i:|::::| -‐    ‐- `ヾ:|::::::从:::{         そうですねー…神経が痛む感じですから
               /' ム从:::{,r==ミ     r==ミ、 j:::::::;':个 、
           rイ′ 厶ィヾ,,,    ,      ,,,厶ィく::从.       抜歯みたいな感じでしょうかね?」
            / }     从{    _      __ツ::「 `
          /‐く}      ‘ ,   {   )    小::!'⌒`
        / 二_‘     ___个..、 ー '  . イ::ハ:::|
.        ′  ィ_}   , {////ト从i }¨ ´ ト 乂__ヾ_
       |    }   / V///// i′   「///////ヽ
       |  _/  /   V//// |ー、__//////// }
       │  i  /   丶 Ⅳ///,l三////////  |



   ∨  ∧      |VN   |! :/:::::ノ::ノ::ノ:::::::::::,:イ::::::ノ::::::/:::::::/__ _ /
.     ∨  ∧    」 > ゞ 、ゞ:∧ / :/ :/ ⅣY"´ ≪ー=彡:::::=::::∠ノ
      ∨  ∧  <ン /l i :/ :X|/|:/ |::| )ノ ノ >ーニ三彡:::::::::::::/__
     ∨  ∧   //N´Ⅵ/ イ__l ,イ.zヽ|- 、 ヾ ≫―ニ三彡::::::::::::∠
.      ∨  ∧./{ .| ー ソ{ ( r >- ≠=一ヽ  ヾ=ニ三彡::::::::::::::>
        ∨  ∧ ∨ _, j    γY ひ > "   `ミ.三三≧::::::::::∧..    「やめてくれ…
       ∨  ∧  `} ̄/-    .ゝ `≠"       〉三γ `Y:::::>
.         ∨  ∧  ;/           ノ`ー、 ヾソ,;{ j !:::::(__       聞いてるこっちが痛くなってくる
           ∨  ∧ 入r  _ 冫    u.  ヽノ^"´   ノ ー /::::〃 ̄
          ∨  ∧ i  ` ¨            、 / ィヘ イ:::::::ゝ
.            ∨  ∧! Y´二 ー 、     ―=<∨ゝ j  Y从〈
              ∨  ∧〈 ` ̄´ ̄ ′'        `/ /   ∧ |
             ∨ / j  ̄ ̄         . < _/i::::\人人ノ
       /\ _.ノゝイ|!/.{    、 _     . < ___ノ、:::::::ゞ:::::::\\\
    、 .イ:::イヽ::::::::::::::\ _ゝ __   -=__ ノ、::::::::::::::\::::::>―――
    \:::::::イヾ、:::::( ̄ ̄:::::::::|   ハ ̄´ヽ:::::::::::::::\::::::::>:::::/::::::::::::::::::::


妙に生々しい痛みの例えに、ガッツは尻込みした
女性は痛みに強い生き物だとはいうが、こういう意味ではないだろう


51 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:02:15 ID:fdfc4045


           ;i' ,;i"/i";'/ハ/ハli'i'  彡 彡;-ー        ゞ,"ン、
            .'ヽi,/ ll ;;i' ;il 'i; ' 彡 彡彡           ミ< ゝ
              /ヽ"' 'i,  ヽ ' 彡 彡            彡>">
               'l';;;iii;;;;;;;;;,,,,、   ""ヾ、ミ、          ,ミ ,,ゝ
           /"::..,;,,,,,,_ ..::::.      "';; "ヾ,,,.-、      ミ >.     「でもあれだな
             /    ,,..゚.>.::..      彡  /,,ヽ.:l      ゝ,,ゝ
           /"''       ::::::.     ミ  /= )'ハ:'l    <彡/'        そういう話を聞くと、その花は
          ("   ..      :::      彡:/ヽ ) ノ,l   ,,ゞ "ゝ
          "'ー-;:'      .::      ;;;/)丿 ...::/    _,,> i"         本当に生きてるって感じがするな」
            .く             .:;/_,r‐l'"    ミ /"
             .r' ̄"ヽ        ...::/;l:: .::::l "ヾ;'i ミ"i'
           "i''          ..:::/;;l:: ..:::l   ''"ヾ''iヽ
           /          ..:::/;;;l:: .:::::l:.    ..::'l
           i,_   _,,... -―'''" ̄:::;;;;;l::  .:::l::.   ..:::::'l,,..,_
            "'''""rー'i, 'i,      l  ..::::l:::.  ..:::::::::'i,;=:,"''ヽ



              .......-二( ̄`YYこYヽ
            /::::::人__)人__ノ(__ヽ_ヽ へ
              /:::::::<にこにへノ::::::::\:::\_)
           /::::::::::にヘ_)::::/::::::::::::::::::::ヽ:::ヽ
            |:::::::::::::|:::::::::::/:::::::::::::::::|::::::::,::::::l
            |:::::/:::/|::::::::::|:/:::::::::::::/::::::/:}::|::!
           }::/::/ヽ!::::::::::!LlL/_」/l/::/::/:/::|
           イ:::{ {ノ |::::::::::|ィ芯ヽ  `≦/://j|
.           _ノ:l::::ゝヘ!:::::::|:|Vツ   /刈::/ '        「生きている…ですか?
             八::_/トヽ::::|     , 八:/
           ,/ :/   \!   ー-,イ/l/           そう言われればそうかもしれませんけど」
       __, :´: : : : \   `ト- <}\
      /==ミ: : : : : : : :.\  _|'; : : : |_ハ
       {   \: : : : : : : : く: :ヽ: : :/}  |
      |     \: : : : : : : :\ }: /ハ .{
      ト=====彳トミ===ニニニ|/ /彡!|
      |==r-、===| \二ニ=へ!イ{=彳!
       L}=ゝィ===L       ヽ==イ---L
      /ー---‐彳´      Y ト---ミヽ
      ヽ     |        |  !  | `ヽ≧ニニヽ
        ` ト=イ{        ',  \__ ./: :`: . _
            ヽ  ハ       ',   /: : \: : : \
            | /__}__     _}イ: : :\: : :.\: : : ト、
           | 7: :|: : :|: : : : :T: : : !: : : : :\: : : !: : :|: \
            ∨: : :|: : :|: : : : :.|: : : :ヽ: : : : : :\: : : : :ヽ: /



           ヽ;;;...ii;;,,ヽトl∨ノハ ,,,,/;
         、 ;;;iiゞヾllノトiiiiノ!!ii;i`ノ/;/i`/;
        _ミミヽミ´;;;ll i:ミ》l ll>ゝi,ii,lliiヽレ;;/l/l/
       >=r`illミミii;; i;巛l`∨ii/ト iハノir::i/リ!lli
      ,-;ヽミii:ミミ:l{<ミiii i i、i:::iii::liiilll::i i/i:ii ii lll彡/
      -,-´i;;;;ミiミミ!!;;.>!!>)i{iii::ll´iii´iハ;ii;;ii;ii,i,i;;ii`l;iレ;
      ∠iiミii;;;、i,,、iトiiii,`iillllii;;ill;:ii l;llii liノl:ノ/l/ノr-
       /:::ゝlミ,;;;ll;;..ミlillilll>ヾl;iヽii ll,iii:::ll;llll`ii`//7 .       「あー…なんていうか
      ,」ミミ巛ミii::::::: ´´.//レ,,//`iノiiiii:::llll::ii:、ノ彡
      >ミ、ミミミミiiミ/ ./ll/./i//iハヾヾiYiilヽゞハ         頭の花が他の植物と一緒で "生きてる" から
、     ヽ, k=、;ミiiミ    レ iレiリ/i l.lレiリl iil lli.          ナカマ
::ヽ     .<l:::r-コiミ  <巛ミ=:lwii .:jii リ /レ;illゝ        植物の気持ちが分かるのかな、と
::彡、    .1ヽヽソミ   <...  ̄`.ミ、:: リ/彡》_;;/
::::  \   /ハハ,ヽi::    `─´ ̄.ソ ; iノ二゚ノi            そう思っただけなんだが」
 //iiiiiii:::iii/  :`:1::::         ; l    i
iiiiiiii:::iiilllii::k   ` ::        ... ::: .l   /
llliii::iiilllii::iiiiヽ::   ヽ       ヽ-,__,:i.  /ヽ、,;-;、
llll:::iiiiillll::iiiiiiiヽ, ::::   \    _____, ./liii::iiiヾllll::lli:iii
iiiii:::iiiilllll::iiiiiilili:: ::  ::::ヽ,   ヽ─-´/llllii::iiiiiii::illllll::il
:::lllii:::iiiiiiii:::iiiiii:\:::::: ::::::::\  `─´¨ イllll::iiiiiiiiii:::iiiiiii::i:
::::lll::iiiiiiiiiiil::iiiiiiiiiii\: :::::: :::::`───´iiii:::iiiiii:iiii::lllllllllll::


52 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:02:44 ID:fdfc4045


ガッツの見解に、女性陣は好反応であった


            /|     '"´ ̄    ̄~"''     iヽ
.           / :レ'´              ヽ|   ,
          {/                   |  ',
          {ヽ,:´             、     弋 ー- 、 ',
     弋゙~∨   :i j  /      :i      i \   ',
       `';′    j {  !     |  j ,ハ  !   `ト  `フ
      /|     {灯`∧     :i,ハフlフ T .;   厶 <
      \:、    y犾ぇ\  ノ ッ犾¨㍉ イ   /`ヽ/.      「まぁ、それは面白い見解ですね」
        {}\{   { {:......:}  `゛  {:............:}V  .,:゙  {}
             l\:リ弋..ツ     ゚、:.__.:ツ厶イ   |
.           |! 圦""          ""イ l    !
.            |l   {> .,_/^ア‐' _,.  <:/ /
            八  j  /=∧▽ /  ∨ / ,.:゙       ',
.          /  \{ r'-f′У/   i Vイ        ,
          ′   /辷'!iミ竺竺彡{  V           ',
        .′;   八 l :リ}`T冖'''T゙~i   ',   i       ,
         i i{   i | ∨{,イ|   ./ト、:ト、 ',  ! i    } :i



         |   _,∟ -‐-  L _       |
        レ'´/ヽ /ヽ    `丶、 |
       , ´ / ∧∨∧ i         \!`丶、
.      /   .゙ー'  ー'   ー' :. 、    ヽ  \
     /   i:          ∧ ',     ',   \
     ,′ :i |:.       :i / ',               ヽ
     .′: | ∧:.      j/  ', !      :i     ',       「おおー!
     i  : ト{ `\:.    厶 '"´ j∧     !   :.   ',
    !  iハ x=:x\  / x==:x.  ',    :/     :.   ',.     もしかしてわたしの耳もそうなのかな?
     、  |:ハ{{  }} ∨ {{    }}  }  /V :   ..:   ,
      i\j リ ゚'= '~    ゚'== '~  厶イ  /..:    .:i   '.     ガッツさんは頭がいいんだね! すごーい!」
     !  :i{              ´ //.:     .:!  /
      、 :込、   r─- 、       ィ'^"´ ,厶;    /| :/
      \{: /> 、_,ノ_,. ィ´|:.:./}/ /   / j/
        `′ /⌒ヽハ  /⌒マーァ‐ 、厶  '´
             j   Y^Y    ヽi    ヽ
.            {    人人_     j|     ',
.           |`7´    }{    ̄´ |     ',



               , /| , И
           ,ヽ ∧/  /  `/|/L
       ∧|\|!  !   !_ ///     !― ,
     ヽ「`ヾ   _  /`ヽ,ヽ ヽ⌒ヽ       7
   _|!ヾ    -/  _| ヘ| ノ勿ノ彡))彡_    フ
   \<_ -イ./| /!!!ヽ| |/〃_ュェ77>ュ、 ヾミ    ̄フ
  <  / /=| |≦ヽ(゙゙ / ,ィTエ-三二 ̄ヾ`ッ ミ  > >
  << | /ミ ヽ   ()キキ、/z夂===ミ,,   ミ    >
  << _ __ ,≦ミミ)ノミ ` /X/  ゚   父  ミ     >
  / ./彳== _/~ミミミι 卅勿刎テ,ミミ=≦ミ    7        「ま、待て待て
  \ |/ ,ュェ==-|  ,、ヾ、         ヘミミ  , -、
  < キ 卉T"" /λ ’ 〉∠,         u  ゙ミ // |         思いつきでいっただけだぞ」
   <キミ,彡    >≡三__  __、ヾ    ヾ 人 ゝ
    キ彡     _ -= ̄ 二_ ~~ >/7/"    ヽヾ ン , }
    ,キ    / ,-ヘ-_二- ニヽ ) /        xノ  ノ
    ! V   ミ巛V^ ̄ _, -―´/     /丿 X イA
    ヽ V   ヾ_/ ̄         U //  册彡| ヘ
     \V し     =≡≦        / ,,,尹 彡| /ヘ
       V               ,,xxX匆/  彡| /ヘ
        |i 》     x《《匆xxz,、xX刎/ 彡k  彡|  /ヘ
        !i>Kz_xXNミ゙'   ``   _彡尹   彡|  //ヘ
        キ  f勿ニ_      し = 彡/   彡| - ̄ ̄
         k   キイE≧≡=    彡/   - ̄
        _ hミ  キミ         - ̄
       ̄  |キミ   キミ  _ -― ̄
         ---―- ̄ ̄


53 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:03:23 ID:fdfc4045


             乙 >―'て_ノ、__.∠∨(   o ⌒\ノ
             /:〈∨ )o ∧八 ⌒\`丶 人ノ\_,_  \ハ `⌒>
            ':<ノ∨<  `フ^::ー┘⌒∨::::`ーヘ人\< フ⌒)\
            i:::: ノ⌒レイ〈__厂:::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::`:⌒∨ヘ_人⌒
            |::(__厂∨ヽ/::::::::::::/:::::::/::::::::: /:::/:::::::::::::::::::::乂人o \
                !::/::::::::::|::::::::::::::/:/::::::,厶::/:::::::::/::::::::::: |:::::::::::::::マ フ⌒
.              j厶/::::/j:::::::::: /:/l::::::」⌒メ|::::::!::|:::::::::j::::j:::::::::::::::::∨
           /:∨/}/|:::::::::::i:::「 ̄ --  L:/l/|:::::::厶イ::::j:::ハ::::::|
             /::::∧ゝ、八 ::::::::i:孑==ミ     \/⌒}:::/ ::::::j::::::|
.           厶イ::::\_  \_ :i:::|、、、       -  ∨:::/:::;':::::;′
                |:/::::::小   \|        -=ミ /∨:::/::::/.    「実は当たってるかもしれませんよ?
            厶/:::|              ,  、、..::::::::::∨}/
            ∠:::::::リ       、       ∧:::::::ト、_>
              r<∨     \   ` 一   /  Vヘ|            でも…ガッツさんって見た目と違って
           ノ////\    ヽ、___..  イ
           _/////////ヽ   ∧___                 ロマンチックな考え方するんですね」
          / ´ ̄ ̄`\///∧_ { ∨//∧
       //  ´     \//∧__}///l |\
.      ///         ∨/∧///|///l |  ヽ
      l/´         \  |∨/∧//|///リ   !
      |l           \| l∨/∧/|// /   |



               ,,
.           /( /(  从彡__
.    , ノ)/"           フ_,
  、 ,从ノノノ).:,.; ,:       <_,
  ヽi;l;l;l;l;l;ノノニノノン       ミ
   v;ゝ;l;l;l;{ヽヾ 彡''"三;      ミ
..  j;l;l;l;l;j从 ;j__  `ミ三7 ヽ〉ミ;ミ;ミ
   从;l八_彡rッ゙   7; ) /ミ;ミ;ミ;ミ         「まぁ、一応芸術を齧ってるからな…」
.     寸 ,´´    ,::  厂"`゛``、
      厂 、      ;: ,::   ::ヽ
.      ゝ彳__,..,    ,.::  j    :::\
          て     ,.::  /      :::::::.,
         ヽ_,.:≦    ′ ,::       ::::::::.,
            ヽ,::     - ‐  ̄  ‐- :.,
                /   /           :::::ヽ
            /  .′            ::::::::,
            ,:  .::{               ::::::}
.           /   ..::l::,           .:: ::|::,
          /    .:〉:::,,          ,.:::   |:::,
.           j     / /       ,.イ;:  /:::,
           {    / /           ,.:|;  '::::::,



                 / |          ,' l
             /  j     ----    ,' Λ
              Λ′>'’: : : : : : : : : __{  Λ
          ト( /: : : : : : : : : : : : : : \⌒  ヽ_-=/
          } /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : ‘'< ノ  /
        r==/: : /: , :∥: : : : : |: :l: : :,': : : : )'  /
         || l: :::::|\: :l|:l: : : : : /|: :/: : : : ヘ‐< )〉
        V、l: l: ::l、: |:「ト、: : / |/ |/イ: : : イ(⌒)).//
         「l ;l : l ` ┃    ┃  ノイ: :圧: :|  ̄|      「そんなことは無いです初春さん
         / }hト、!/:/:/:/   /:/:/:/|.:! /わ) ! : : |
          /:i:i:i:i|: :j    ⌒ヽ   /: :/:ir'゛: | : :|       ガッツ様は見た目もろまんてぃっく、ですよ!」
.         /:i:i:i:i:i|: (    l   l  /: :/i:i:|: : :.! : : |
        /i:i:i:i:i:i:i|:l: ≧s。 ゝ-  _ /: :/:i:i:i:|: : : ; : : !
      /:i:i:i:i:i:i:i:i|:|V⌒7/::ヽ ̄  /: /:i:i:i:i:i:!: : : V: :|
.      /:i:i:i:i:i/ヽ斗| _ l !:::::Λ  //:〕ih。:i:i| : : : V |
   /:i:i:i:i:i:/   V/  -〈:::::::::Λ  /_へ^ヽ7 : : : : \
  /:i:i:i:i:i:i:i/    /  二):::::::::::::\/(_   l:::)ヲ!: : : : :ヽ
/イ:i:i:i:i:/>'゛  !    f )- _:::::::/::::「    l;;{/ lΛ: : : : : : .
/ ,:i:i:i//     |  /   =- _::::::::ゝ、 Λ  l:iΛ: : : : : : ヽ



              ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
         ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
      iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
      l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
    iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
  .i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
  、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
 _iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ             「え? 待って?
 ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!` \,'"
  ヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,   /:.:.:.:.:.:.         どういうことだよ、おい?」
    |;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  |:.:.:.:.:.:.:.:
    ! \.ヽ `:::、        u.     ,'',  .', ,ノ:.:.:.:.:/
      .゙i/ヽ,_            /::::!   !:.:.:.:.:,':.:.:.:
       `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.:.:.:./:.:.:.:
         、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:.:.:./:.:.:.:.:
         `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:
              `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:
               ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:
                ./:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.


清姫の謎の憤りに、さすがにガッツは首を傾げざるを得なかった
.

54 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:03:46 ID:fdfc4045


         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ       「いやー、なんか若いって感じですねー」
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


少し離れた場所で、やらない夫はそんなことを呟く


              -‐…‐-ミ
.         <        ヽ 丶
      /     丶  r─‐<⌒  …‐-ミ
.      (           と⌒__  ー      ‰〕> 、
       \           \`ヽ      βア⌒^    ,
        _}≠≠=‐-  ,,,_  _) ≧=─┴く        ″   ,
       ∠/  ∠⌒7 `ミ=ァ ァ⌒¨ T^`  `丶、          > ___
.     / <⌒ 〈 /乙刀 //|::::::::} }      \        /  ー┐
      ⌒7  〉,ヽ           |   ハ/        \   / /    └     「なに言ってんだか
.      厶ィ   厂ハ       ^ / /            ー-〈/
       ノィ / ,/ :} 、  ー _一 /       __,,..   -‐/     __彡       /     ぶっちゃけ年で言えば
         И く\  \ー'{   }′¨¨⌒〈   /  /     ー-==≠ /
     ,  ^  ^ , \   ¨¨¨¨´ヽ    ∨     ≠         /           ない夫ちゃんもあっち側よ?」
 __,,.  ^       〉  `¨¨ア⌒  ー──‐    /   ′      /
/⌒ヽ__,,..  -‐     ,、/〈::::゚:::}\}      ,   -=≠=-‐ =-‐
    、         ′  Υ:〈  i|     ^  / ≠-‐
    "          ,  |::゚:::  | ____  ,/  /
    二,             ^  |:::::::. | 冖冖
                  二二 |::: ゚:::. |      /
.    /  ,             |:::::::::. ;      }′
    ′ ′           :::::゚:::′     |
  /_彡く                :::::/      |
:..,.:′    ,            ∨.         |
^..      ^            /         |
                   ′        |
        }            :  o.       |



                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |     「俺はこっちの方が落ち着きますから」
             | !        |  ` ⌒ ´   .|
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }



          ..  ---   、
       .  ´         ヽ
     /              \
   /    /              ヽ
  /     /   .i i   .|       │
  ,'    ,' /.. \|、 |i    l/ |      ',、\
  l   i  イ´  / l .! |  .,'|  .l  .|  l │
  |  .l  .|  ./  l/ l  / l ./ ヽ l   |  l
_.', r |  l./三三 |ノ  三三 ! / l  ,'ヽ | .       「どっか達観してるからねー、やらない夫くんは」
!::::::ヽ| l  | 、、、       、、、|〈 | /
ヽ::::::::ヽ.|  l            U  / l 'i
 ヽ ̄ .l  |._   r ―--、  .  ' |  |
  l /:|  l.:/l   ― <i´   l  l
 〈::|:::::::/l  |'| ヽ   |,、\:!ヽ   |  |
  \:/.::|  l へ\ l' .ヽ l::/   l  l


55 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:04:10 ID:fdfc4045


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ           「でも、同年代の子と喋ってる
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7.      清姫ちゃんはちょっと新鮮かもね」
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y
         Ⅳ、ル∠__ト  -}__! /」 |:::\:|
           γ/{〈|  / 〉j/^ヽK ヽ:\
             {/ l l !ノ_〃 Y   }、::::、ヽ:.\
.             (  {  ̄/   ノi== i ';:::::> ´ ̄`
            L_〉 .{___ ,{ |:::::|∨
           |:::}/  j    | |:::::: |
           |:/ヽ/    ‘,|::::::::|
           |{[i[二]ニi]ニニ|:::::::::|



               /             }: : : : : : : : :.\ \
           〈                 }: : : : : : : : : : :.i⌒ヽ
              \_ ..斗 冖=‐-=====' -―…‐ ミ、|   〉
             {_{::斗r七7::::/\__ .斗-‐…‐-ミ、   /
              /:/:::::イ /: ,:代_ッ冖`ト/ ハ:/-―\::i\ /
            ,/// |::i// ` ̄´   //代ッ> /ハjー-ヽ
              /::i| } (,|::|:.:.:.:..          {   ′{.         「ガッつんが一番近かったとはいえ
.           /.::::::八乂 |::|:.:.:.:..       __ 冫  ;⌒ヽ. 
        /-‐ァ/:::::\_|::|:.:.:.:..              /.           きよひーからしたら全員年上だしなー
          /.:::::::::::::::八ト、.:.:...    -‐―ュ  /     
          ∠ イ.::::::::∧{    \:.     ー=‐  /.             俺たちはそう思ってなくても
             //^V‐- ミ.   \  /L.!V ハ./
       _,∠____ : : : : : : ` : . . `:{____}_}リ′            やっぱり気を使って話しちまうだろ」
      / . : : : : : : : . \‐  ミ: : : :.`: . 、/
     / -‐=== : : : : 、: . \ : : \: : : : : :\
   / . : : : : : : : : : : : .\: :∨.::ハ \: : : : :/
.  /. : -‐… : : : : : : …‐-: \ V : i   ヽ: :/
  く: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } : |    V



                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ  ⌒
                    |   (⌒ ) (⌒ )
                  |    (___人__)i       「ああいう清姫さんを見ると
                |        ノ
                   |        |.          なんだか嬉しくなっちゃいますよね
                 人、       |
             _,イ ト、 ヽ 、 __ ,_ ノ
       ,. -─‐-´  `, へ  \__、_ハ          …メディアさんほどじゃないですけど」
      /         :i  ハ、 イ;;ヽト、
     ト⌒        :i   `<´.〉:.;〈ヽ \、
     / , : . \       :L__ `v;;;;ヘ ' ,<ヽ
    ノ l : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
    i  !: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
    /   ´: : :  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
.   /    : :   γイ: .       `、  ':;;:|  l、__j.|
  /     / /: : : : : : . .      `、 `':'}  |  |!


それは妹や姪を見るような感覚なのだろう
やらない夫の言葉に、ハクも虎鉄も首を縦に振って同意していた


56 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:04:35 ID:fdfc4045


                            __
       ,. -‐                 ‐-|::!
    , '",. -─=‐             ヽ   |:jヽ
   /´/ /   /    /    ヽ     ヽ  ||  ',
    /´7   / i     /!  i  :.:`、:.   ヾx||   !              「でもさ、やらない夫くんじゃないけど
     / イ  ,' !  l  / l  lヽ _ :.:.:',:.:.ヽ.  l Ⅶヽ.:|
     / / |  l  l   |,/  !   !  ヽ、::!ー::l-: l. : :|Ⅳ}:              若い人たちと話すと色々面白いよねー
     |,'  l  ! .:| ト| ´ ̄ ヽ  !   ̄`` ヽ!:/ : : l-〃    _ .-┐
     i  l l  .:l ヾ z==s \|  z==x  レ   |:/:/{. : ´: : : : : : :!.    同じ亜人でも、考え方が違うっていうかさ
       ヽ|  .:|  |                |   l/_/: : : : : : : : /
          ト、 :l  ⊂⊃    `      ⊂⊃    |: :!:_:_:_: : : : : :/      価値観? みたいなものが変わったって思うよ」
          ヽ!  人   r──┐    ノ! :. l_:_:_:_:_: : :-─!
           | !  :.>、 ヽ _ ノ  ィ j  :i. l .-.-.一: :´ ̄ll
           jハ  :.:.| `ヽ、_,.、-:'´::  l  .:i i`ヽ_ : : : : : : :l
           :.:.:\ :.:.|  / /ハ:::::  ノ .:/リ:::ノ  `''ー::、  _!



                    _,.  -──……──‐-   .
.              . . : ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         _ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.      .  ´ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_;/ ̄ ̄ ̄ ̄\ : \
   /  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/              ̄ ̄
.   /   /: : : ─-- : : : : : :_,.  -‐  ´                  ',
  {  {: : : : : : : : : : : : : /                      〉
.   ,.  -‐…─-ミ : : /                           /
  く____   \|                   _         /
       //::l::|::::`丶  \              /く        〉
.      //::|!L|::::::l|-‐\   ̄>‐  ..__彡' \[_]二二二フ
     /イ:: /ヒ[l::::::l| ┌- `二_|:::::::l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::.
      |::/ /l:::: l| |__込以|:::::l|::::::::}!:|:::ト、::\::::::::::::::::\::::::::..       「そりゃそうだろ、オジサンらの時と違うさ
     |'. '   |:::::l|        ',::::::l|::::::::l|:|:::|.」\::\::::::::::::::::\:::::..
     〈    l:::::l|        ',::::lト、:::::lト|:::|( __ }\::\::::::::::::::::\::::...     なにせ、あの子たちの認識には亜人っていう存在は
.      ー┬ \l       \! \| ∨(__.ノ \|::::::::::::::::| \|
         |〈                      /:::/:::::/:::::::::::::::::::::',        最初から周りにいるものなんだからよ」
        |`>‐----‐              /:::/:::::/::::i|::::::::::\::::',
       l/ト---             /:::/:::::∧::::i|::::::::::::::::\|
.         |::|  ∧_∧       _     厶イ:::::/  \|\::::::::::::|
.       \_/::::::::_」.. -‐       / l/        \::::::|
          ̄ ̄ ∧        ´         -─\|
              { \ _,.  ´          /
             |r‐<           /
                 /    \        /
             {(_)    |         /
             |___/| (_}  /
               /     |  |   /



               .   ___
                  /   \
                /   _ノ  \
              . │   ( ●)(●)
                 |     (__人__)
        .   .     |      ` ⌒´ノ      「人数もそうですけど、いろんなタイプも増えてますからねー
            .  |         }
           __,ノ ヽ.ヽ       }゛.         初春さんのドリュアスのような、いわゆる精霊っていう分類の亜人は
       y彳 ";;;;;;ヽ  ヽ'ヽ   ノ
     /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';, ヽ. ::::::>/            昔は超希少種だったはずなんですけど…」
    /     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';,`ヽ/ヽ、
   /      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,.r`i ヽ、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', /::iヾ;;rァ /
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"',  `!;;ノ! ト、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  ,';;;;|i,.!;;;ヽ.
   |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;ヽ,
      ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i


57 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:05:02 ID:fdfc4045


/                 丶
                  \
         i   i        ヽ
   i   l   |  .|  l     i   ',
   l  ,|   /l  /l   | l.  l    |       「あー、確かにそれはあるかも
   .| r-i- / ..|_/ |  l ,|  .|    !
. |  ! | .=--_'` .l ./r/‐!‐/           昔はそれこそメディアさんやアーカードさんみたいな
. l   !.| 三三三 //三.ミ./   / /
., |   l 、、、       ̄ ̄ ヽ / /          名称からして「ザ・亜人」みたいな人たちばっかりだったのに
-,l   .|     ,.....,  ``` l /     ,
:::::l   l     ` ´    / |   ー ' !.     いまや架空なら何でもアリ、みたいな感じになってるよね」
 ̄|   |>r-  --‐:::/i´   l |`i    `フ
/:l   l | .l`  ´!\::::l |   | / r―、  >
:/.|    |l ,、ヽ. i.ノ ,、lヽ/l    l | l'_  〉
  .l   .l/  l ̄ ゙l   〉.|   |/`'-  ノ



                                     -‐==ニニニニ7丶
                                    //ニニニニニニニニ /   ゚。
                                     { /二ニニニニニ二 {
...    「そのうち幽霊とか神秘現象とかも       / ,仁二二二二二 {     \
                                 / {二二二二二ニニ{    ,__/
.     亜人になっちゃったりするんじゃね?」   ...\{二二二二二二ニ{  ∠エ}
                                   ∠三二二二二二≧=彡:::::::::\
                                 /:::::| 元汽::::::| 竺ニ\::::::ト :::::::::\
                                   -‐ァ:::::::| `¨´ 'lヽ{`    }ヾ{:::::ヾ{ ̄`
                      / ̄)           _/:::::::::::.     '         ヒノ::::::::::..   /⌒)
             「 ̄`ヽ‐- 、  {  {             ̄/:::::::::::. 、_`_´___,.  / |:::::\ ::::::.. {  {
              ⌒ <__ ノ ⌒7              ∠  ‐ァ/ハ V二二ノ / , |::::::::{ 「〔〕 ー-ミ ゚。
            「 ̄ {` ¬{   |      _ ........-‐..........{....{ Vー1下ヘ/ //{\:::::..`ー 、 ′\i
             `r--r-イ \  | ̄`¨¨¨「........................./|.......ヾー屶‐"__/./........\{ __ .>'⌒ ヽ
                  l__},ノ}   ∧..............| ̄  ̄ ̄  ̄   |.0../  ̄\...........∧...........〈. . . -‐: :二ヽ ゚.
               {_},ノ   /.....゚。..........           |.../|::::O:::::|....0...′ `ー-- 〔{  ̄「|  ‐-  \
                 ∧ ー==チ...........゚..........|            !/ ..〉=‐/\../      〔 ̄ ̄ ‐-     }
             ∧ ー--‐/................}........|            |.../:::O::V........〉         ̄\     (_)
             , ′ ー-‐ / .................|........|            |..{::::::::::::{....../          /........(_)ー--‐ (_){
                      / .................. |........|            |..|:::::O ::|.../          /.........人(_)(_)彡_ヽ
         /       /........................|........|            |..|::::::::::: !/          /.........{Oニニo゚ニ| 〔 ノノ



         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__).         「ゴーストの亜人…
          |     ` ⌒´ノ
        |         }         ポルターガイストの亜人…とかですか?」
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



やらない夫が冗談めかして言い、三人は「それはないだろう」と思いながら笑いあった


58 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:05:36 ID:fdfc4045


次の瞬間、ハクの背後
木棚に置いてある酒のボトルが、かたり、と音を立てる


              !           /|
            __|l___    M/ .|/|_
            /, -――- 、ヽ.       /
         //l  , -―一 'ー- .     Z
           ´__.」!/       _     \
           `¨ 7     〈,ソ   ij  `;
             iλ  ヽ,._//      u j
              jハ   j;;;;;;} ヽ、 ;  / .|           「!!?」
            !ヽ r==== 、j ソー!|‐、
             ヽ._} }二二ニ={ }=ニ二'{
               j .{__ イ ハヽ. ____}. l
             l  .ノノ.// /::/! i ';ヽヽ;\ |
          | |lr ;、 /::::/ /::/ i! i! !::ヽヽ;\|
          rl ー‐'7::::/ /::/| i!  i! |::::ヽ ヽ; !l|
.            {´ ̄´/:::/ /::/ | |  リ |:::::}  }::::|


背筋の凍ったハクは背後を振り返るが、当然そこには誰もいない
カウンターの中には自分ひとりが居るだけだ


. 「!.「! iョ   「! |;;| _「i_  _ 「!_._       _「i__.   _[]_     _[]_ .「!   _[]_
}i;;;Y;;;Y....r「!┬’’┐,.⌒ 、’ |_ : I‐i_ .「!.‐i_. 「! |.i┐|..「!_{.冖.} _「!_!´__`f_.`!,[]_[|_. ;|
.| !.|「!;!::::!「 !.|i.⌒ |(  );}ロ |:::|  !! ::l  !´=`i |::||:[]:|:|E|:|l´冖 i |  | |;;;; | ‐ | .| ;;|
」_!.!L_!:_:| !_| !___|ヽ_ y'≡」_」__」L :!__」、__,ノ__|::||:[]:|:|E|」!_|__|_|_!_!_!_|_=_|_」__|
===============================
_      _[]_ ._[]__       .「l       _「|_   .[]_ ,-‐-、.[l_ [l_,[]. ..「|_ .[i ..「!
:! ,-,.[]_ロ_!-|!.  |_「!_._ロ_.ィ ⌒ヽ,.「! [|._「!_ :|「!_「::|_.{  u.} .|[] |::::[]_;;;;|f::`i'..`i
..| ,.! !___|. |冂.!!| ̄||.冖.f.ロ.l( ̄).}.[] !f |.ロ.|:::|¬} ::| ..{   j .:|[] |:「  |;;;!|::: |≡|
..|{ _ }_|_」__|」!|_||__|_.卜二ノi_|.!__|口」::」ニ!l,.-‐'´  ̄`‐-、 _|」「」」 :!|::: |__.」
―――――‐ロ――――――――――――‐./ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li.――――――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_| |_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.{ l;;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
]_ 「! []_ _ |,.-、!.__. __.._. __._._._.__.____ .__._.__.__._ } l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.,' ._.   ,.‐、 __
.i |´=`i;;;||―||!= }!|. |.|. | |.|. | | |.|. |. |. |.|. |.|. |. | | ! l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{j !―!¬! ̄|‐| |
」.|、__,ノ;;;!!|| .!!.ー'.|| || | || | | ||. | |. || || |. | | 丶ノ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l . |.  | . |   | |. |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
―――――――――――――――――――――――――──────‐
.;.;.;.;. . _,.................,,,_ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; . _,.................,,,_ .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;.;. _'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、 .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; _'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、 .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
.;. l. ` '''''''''''''''''''''' ´ l ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;. l. ` '''''''''''''''''''''' ´ l .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;.;. `ー――――― ' .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;..;.;.;. `ー――――― ' .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; |ll | .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; | il |.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ll | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | il | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.



ハクはゆっくりと音のした棚に背を向け、カウンターに座っていた二人に目配せし
「誰か居た?」と無言で問いかける



  /ヾ::::::::::::::::::ヽヽ、
 く___>:::::::::::,'ヘヽ >
/:イ-.:レ -ー   -、 ヘ!
フ::イl l/    |  |
フ:イ`ーi| u.   '   /
   | `ー ,  ̄、 , '
  ,,rへ、_ ` 〔´__
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、



           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ◎) (◎)
        | u. (___人__)
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|



当然ながら、二人も何も見ていなかった
無言で首を横に振る


59 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:06:04 ID:fdfc4045


ハクは冷たい背筋をあえて無視し、恐怖を吹き飛ばすようにこう言った


.      了r ゙´   _  -‐   ̄        `
      { 弋    ´    _ -‐  ̄      f升ミ.、  ` ヽ
       ` xミ´、    . ./. . _        ゙寸圭ヽ、   \
      __/≠ ⌒≧‐ '. . ´  ´ ̄ ミ  _     `寸ス     ヽ
    ≠≦    /       ⌒       `ヽ     マk
  / /   .:           ヽ    `ヽ      ヽ __  マ',    ',
/  ' /  ,′            ',             ㍉.、. マ',
  / ,′  l                    \      マハ マk     l
. / /    .{               ',        ヽ     Ⅵハム    l
/ .〃     ',           | \       ',    Ⅵi!l|     !
. / ′ .l     :.             |  \       :.     Ⅶ|!    l
  l.  l    λ           |    \      }  ', .Ⅷ|ト、  i!
  |.   |    | ヽ.      、_ |__   \-―  |      Ⅷl:.ハ ,′
    l   |  _ノ       l  -―‐  \  |   l  }:|l|:.:.:}ム≠
  |   :.     l ̄―\      l  .r== ニニ≠、 オ    |  !:U:.:.i!三三
.  !    ',   l==≠ミ.、      l   (・)   _ノ ヽ|. . .l |  |:.:.:.:/三三      「ま、まーワタシのお店はそういう方も
 八         :.  (・) `\    |  `ミ=≠-゙゛`  | ',| |  |≦´_:.:.:.:.:
   ヽ   ヽ  ゝ=≠´   ヾ 、 .|    | | |    | |.| i!,ハ|  ;:.:.:.:.:`:.:...     大歓迎ですよ! ええ、ホントですよ!?」
    ヾ 、  \ ',    /   ヾ               !| i!刈会ュェ.、_.:.:.
.      \  ヽハ.    ヽ          U    ,|| 八リ守i`寸≧ヽ
          ヽ  ',                       /.|レ′ト:ヽ`:守`寸ミ
             ヽヘ      ___        , ' |   |: :',ヽ`寸liミ
           |`ヽ       ヽこ_ ソ      /  .|   |: : :', ハ:.:ヾ、
           |. . . . ` . .   ー      /     !   !: : : ', ',
           |. . . . l. i!: :` .     ,. ..´.     |  | : : : .}_  -‐
             オ . . . |. |: : : : :入. ー. . .  /     .:|   .! : : : |
         /: :|  . . |. i!: : : /  ヽ     ,′   /.!   |: : : : |
       . : : : : :|    |. |: : :/     }  ,′    /: |   .!: : : : |
       / :_; : :!.   | .l: :/ヽ   ノ       /: : .!   |: \ i!
      ゙´/: : オ  | |:,′ ` ‐-     -‐ ´/: : : |   .!: : :`´ヽ



             / :::::ミヽ ::::::::::::';:::::::::::::::::ヽ  :::::: ::::::::::\
             < ::三三ミヽ ::::::::::::';:::: ::l、::::::::ヽ ::::.:::::::::::::::ヽ
.              /.::::三ニ  ヽ::::::::::::';::: :lヽ::::::::::ヽ :::::::::::::::::l\ヽ
            / :::彡l_    ヽ::::::::::',:::.l  \:::::::ヽ::::::::::::::::',  \
.             ∠;;::::彡:/ /ミ、__ ヽ:::::::::ト、! _,. =ヘ::::::ヽ::::::::::::::',
              V:::〈   ォ-そテ≧ゝ:::::',≦ィそテミ\::ト、::::::::::::',
            /:::/ヽl   `` ̄´ ノ ト、l ヽ` ̄ ´   ハ ヽ::::::::::',      「お、おう!
.            /::::ハ l ハ  | | |     l:. ヽ       ハ l/::::::::::::::',
           /::::::,∧ヽヘ        l::.       /ノ/:::::::',ヽ:::::',      亜人に悪いやつぁいねぇぜ!?」
.           /:::,イ::,ィ:::ヽ、!        ^ ^′      /_ノ:\::::::', \::',
          ////::::::::::ト、    , -=== 、    /::::::::::::ヽヽ::',  \
       /  /:::::::,ィ:::::::::lヽ   `ー――‐′  /::::::::ト、::::ヽ \
          /:::::://:::::::::::l ヽ /{__,.イ ト、__}ヽ/|::::::::::ト、\::ヽ
          /;.  ´  /:::, イィヘ、ヽ\_|_|__/ _|\:::::! \\ヽ
      /´    //  /::::::::`ー- 、__, -'´::::\ ヽl    \
                 /::::::::::::::::::::/;:;:\::::::::::::::::::::ヽ_
           _  -‐ ´\::::::::::::::::::/;:;:;:;:;:;:;:;ヽ::::::::::::::::::/_ `ー- 、_
     _ -‐ ´_  -‐ ´ ̄|\::O:::∧;:;:;:0;:;:;:∧:::O::::/:| `ー- 、_ `ー- 、_
_  -‐ ´_ -‐ ´       l::::::\ノ:::::〉;:;:;:;:;:;〈:::::ヽ:/:::::::l       `ー- 、_ `ー- 、_



                  / ̄ ̄ \
              ⌒  ⌒   \
               (⌒)(⌒ )   |
              (__人_) | | | |
               '、`-ー-′     |       . -,     「ぜ、是非ともお会いしたいですね
              | ``       |    / /
              |       ィ { r 、 / /.      ええ、ええ!」
             `ュ`ー─ー ´_ノト} }/,`〈
               /ム _ ,. - / :./リ ,/ /ヽ{
           _,. -:::/:/:::ハ / : :/ :.ノ )(_/ ヽヽ、
        // : / : /:::l y : : : / : : }   >-< } : :i
        j : : : : :> :./:::::l ./ : : : :i : : :Λ /   / : :∧
       i : r : : 〈 : i::::::::レ : : : : : : : : : :〉、_   〈リV. :Λ
.      i : | : : : :', :i::::::/ : : : : : : : : : :.乂`ニニ彡´:.V. : ',
     | : | : : : : ', :i::/ : : : : : : : : : : : Λ : : : : : : : :V. :.i



マスターに習い、虎徹もやらない夫も誰にとも無く喋った

もちろん、三人とも声は上ずっていた


60 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:06:30 ID:fdfc4045




























                              .,
                           ,  ┏┛┸, .;
                         ,┏┛━‘ ’‘ ┓;.・
                         ;】          【┏┛
                          【¨‘  ―|―    ,‘】 ;
                            】    ノ | ヽ     ;┛┨
                           ┗┓       ヽ   `【¨
                           ┏┛        __ノ  ’┨;
                          ┥】             ┠’
                          ┗┓..      |_.     . ┣‘
                        ┗┨.     |        【‘ `
                         ┏┛ . f⌒).       ┏┛
                         ┗┰.  {.        ,〓・
                           ┗┓,゙C      ┏┸’
                          〝┯┓,  ,〟】‡’
                             `¨‘┳┷




.

61 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:06:57 ID:fdfc4045





                              ___
                                  /       \            /′
                                /           ',.             〈: (__.. -―――‐- 、
                                 |-、_j ヽ._/` .l.             >ァ=一 : :  ̄`丶: \
                                 | ○  ○    .|          //: : : ,'l: : : : : : : : : :ヽ「:]
           ∧___∧.                 |         |.           / イ: : : //│: : : : :\ : : : ∨ヘ
         //::::::::::/ヽ                |  (__人__)   .|.         o / /: :/_l__」メ : :`ト、 ハ_:ヽ: :' │
          <__く::::::::::::::く___ >              ',        |             ゚|: {: : !:.:| 八 丶: :|∨ ヽ::|: :∧|
        i  | ○   ○  丶          ',        ノ            '.ハ : : | ○ \{ヽ ○ |:/∠、
        「 ミ  (_●_ )  .  |          ,ヽ_   _,,-''、                 ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ =ミ/
      /っ」、  |∪|   、彡.            / | ヽ ̄/.| ヽ             |ヘ   ゝ._)   j. ⌒\
        ≫‐===ミ、ノ __ \..         ./  .| /‐<  |  ヽ               /⌒l,、 __, .イァ}、_/
         |   (____ ノ.         l   |/〉-〈 ヽ|   .l              /  /::|三/:://  ヽ
         |          |.           |     |  .|     |            |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,






.

62 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:07:25 ID:fdfc4045


.    |ゝ「ノ|| | ',      |        /  |    |    |    /  ,. '    ,.∠ヽ
.\  |「 ̄|.|| |  ',     |      /    |    |    |  /  ,. '  _,r'-ヽf¨¨ ̄
.  \|| ij..|.|| |__',_____.|____/_____.|    |   / ,. '   _,. |-―‐:|:i:::::::::::
.....  ヾ―‐ヽ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!    ! / ,. '  _,.  ´  .|::::::::::::!:j,.-=ニ
.     .| ̄ ̄|  「 ̄ ̄i|┌───‐┐     .|  / ,. 'ri、_,.jゝ、 _ _,.ゝ-=ニ
.     .|    |  |===== .| 「 ̄ ̄ ̄i |     .|∠,.__'iri,.rff {' if j lィ'´---ヽ   __,.. -=ニ
.     .|    |  |__  | |      .l |       .| f f |r三=‐¨ | ハ、ノノ } } rニ-‐.i=f''ri´
ー、   |    |  |=、、i | .| |      .l |       .|__-=iir、iir'ヽ=ニ.ゝ i_ノ_ノ__| r'コ .|_|ー_
:::::∨!¨ゝ、  |  |_゚,j.}!.| .| |      .l |       .| | | |! |!|!_j_,.「r‐‐i |==‐‐i |¨¨´ ̄
.::ー<_:::>::└ィ .|  |三'-」 .| |      .l |       .|‐ry.v、ハ八_,.|.| --!.|i|.|-―l |――――
ハ:ゝ:::゙<、::i::{...|  |      |c==   .l |____   |_,|..!]! {!]|] |__|.|__|.|]i.|  .!.| r-r┐>-
:ノ':::::::::Vー,ノ,..|  |    __,.|」       ト\    `{_}-=┐」|r‐-iT| !== !.!ト|!==|.|ー-= /
.ヽ'::トシ:ィ-_,.ー.|__..|=-=ヾr‐、∨   ..| |\\     `´ ゝ'ュ=-|.| .,_ノ!|=L、 .!.!「r-=|!
::::}_;::i-=>ニ=-ヾ、ハ   i|! ',.〉‐=‐-r1.| .| \ \         |.| fー||ニ=-|‐r|.l≦三|!
.''.|  { r''     ∨i  i! // ̄ ̄ ̄∨'、  \ \         ,|.|八:|.!::::::::| .|.!.! `¨¨
 .|  ∧∨     ∨!  }!' ニニニニ三、' ,    \  \    ` < ィニニ≧ |> 、
. |  .∧∨      V! .//          ', .' ,.    \  \      ̄ ̄ ̄ ̄     >
. |   ∧∨      V /         i', ' ,     \   \__________
. |   /∧∨    }三ニ====ニ'--i ' ,       \
. | / /∧∨   // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ ' ,      \、
. ./ /  .∧∨ //              ∧∨ ' ,        `ー――――――――‐
.   , ' ̄ ̄ ̄.∧∨//             ∧∨ ' ,             | > > 、
...., '        /∧/ {                ∧∨ ' ,                | | >、 > >
. '――――./― ∨三ニニニニニニニニニニ二_∨  ' ,             .| ト、  ` 、 `
        /    } |       |     ∨    .i| |∨  ' ,            .| | ` 、
       ./    i ||     .|      ∨    .|| | .∨   ' ,          | |   ` 、
..    ./     .| ||     .|      ∨   || |  .∨  ' ,        | ト、    `
....   /     / /       |         .∨   || |   ∨   ' ,         | | \



そして店内に、三人の絶叫が響き渡るのだった


                                                  【オワリ】
.

63 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:07:50 ID:fdfc4045


                           (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                            (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                             (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                              (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて                         .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
   幕間 第08話は終了かしら          .}厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                              {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                                   ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
..                                  .八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                                  \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
..    閲覧ありがとうございます                 .}:从   、     /r=、::\  、    |
                            ...f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                        .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                              {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                            (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                             ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                                 ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                               {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                               \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                                    /  (.У: : : :|
.

64 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:08:19 ID:fdfc4045


             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ./        .',..
           .| ⌒  . ⌒  |        なんだかちょっとホラーチックになっちゃいました
              | ●   .●  |.
. .             | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'.         謎の声の正体はなんなんでしょうねー
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i.
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./      次あたりに分かるかもしれませんよ?
.         \  r― , ., ‐┐ /
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./



              /
            | l__
         /ヘ!  ̄`ヽ-、
        / //\ \ :「 ̄∟..
          {: /―   ― |     /
       rイ ○    ○、 \_ /.     あと、自分で書いておいてなんなんだけど
       {」 " , -、  U lり'´
      〔_ト./  |  , イ ̄〕.        初春さんの設定、ちょっとコワイかしら…
       L.「 ̄`丶jイ⌒ヽ彡
       {ミ|     /r'- 、/
        ハ._/{ ̄  l|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ {'ー‐ '/  ̄ ̄
              ̄ ´


65 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 21:08:54 ID:fdfc4045


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |    
       |   _ ` トイ'、l
       |  ィこ:Y_| Vハ/..            さて、次の投下は本編 第09話
       |   {しリ`イ ソ
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.        いちおう来週予定かしら
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... |       しばらくお待ちくださーい
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' | 
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ. 
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \.        では、今晩はこれにて
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.  
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j... 
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ  
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }. 
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ


66 : 普通のやる夫さん : 2017/05/11(Thu) 21:09:20 ID:1d117a30
包帯巻いて居ること示せや(見当違いの方を見ながら
乙津

67 : 普通のやる夫さん : 2017/05/11(Thu) 21:13:06 ID:3adede99
乙乙ー
姿が見えないということは金も持ってないのかなと勝手に邪推w

71 : 普通のやる夫さん : 2017/05/11(Thu) 21:56:26 ID:aecc93aa

あくまで本人の体の一部であって、体に植物が植えついているわけじゃないのね<ホラー

73 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/05/11(Thu) 22:32:22 ID:fdfc4045


             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ./        .',
           .| ⌒  . ⌒  |.      みんな透明人間大好きやな!
              | ●   .●  |
. .             | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'       ロマンの塊だよね、透明人間!
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./
.         \  r― , ., ‐┐ /
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./



                  -==ミ
            /             ヽ
            , /八  Y ̄ ̄\/ ̄ |
         / //   \|         ,
        V/ ¨`   `<     /.          ちなみに正体は違うわよー
                   _  /   |
           ,}⊂⊃    ⊂⊃Y )  ,八.      答えは次のお話で!
            O           O} / /
           ,人   「 ̄ ̄)  厂 ̄¨7
        く_/ ¨ ,く≧≦ー<> ¨〕
            ⌒ ソ 乂:_ノ  く,.イ了


74 : 普通のやる夫さん : 2017/05/12(Fri) 00:14:42 ID:0ba6cdf4
乙ー
個々の話の雰囲気大好きだー

75 : 普通のやる夫さん : 2017/05/12(Fri) 04:42:08 ID:55912833

ひええw

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫の伝説 第八話 (10/14)
  • 【小ネタ】戦争へ行こう!【あんこ】 3 (10/14)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第20話 (10/14)
  • 国際的な小咄 5493 自然界はそんな感じじゃね? (10/14)
  • 国際的な小咄 5492 グレタさん (10/14)
  • 国際的な小咄 5491 ん……? それは小説ではなく (10/14)
  • 国際的な小咄 5490 神戸牛をアメリカ人に見せると (10/14)
  • 国際的な小咄 5489 ジャンヌダルクの生息地 (10/14)
  • 国際的な小咄 5488 この面子は壊滅しました (10/14)
  • やる夫は竜の人財のようです 第7話 (10/13)
  • 彼らはVRを楽しむようです DLC 01「遠くて近い」 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その31 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その30 (10/13)
  • 英雄を作ろう! ~006話:ようこそ、天国に一番近い都市へ!~ その29 (10/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その5 (10/13)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ18「この雨が止む前に」 その4 (10/13)
  • 国際的な小咄 5487 中国人さらに爆笑 (10/13)
  • 国際的な小咄 5486 たちが悪いホメイニ (10/13)
  • 国際的な小咄 5485 某日曜の番組を韓国人が見ると (10/13)
  • 国際的な小咄 5484 中国あるあるネタ (10/13)
  • 国際的な小咄 5483 ドイツ君とポーランド (10/13)
  • 国際的な小咄 5482 共産主義者は減ると思う (10/13)
  • 目次 やる夫のオウガバトル64 (10/13)
  • やる夫のオウガバトル64 第4話 進むべき道 中編 (10/13)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その127 (10/13)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第六話 (10/13)
  • やる夫わグルグルまわる!生活を送るようです 第9話(そして彼女は―――) (10/13)
  • 目次 やる夫の伝説 (10/13)
  • 国際的な小咄 5481 ኣብይ ኣህመድ / ኖቤል ሽልማት (10/13)
  • 国際的な小咄 5479~5480 おいしかったが ~ 逆転の発想 (10/13)
  • 国際的な小咄 5478 イッチ「知らんかった」中国人「こいつらも蛇蝎のごとく嫌われてるで」 (10/13)
  • 国際的な小咄 5477 英雄戦姫を見た海外産腐女子の突込み (10/13)
  • 国際的な小咄 5476 英語名に対しての感覚 (10/13)
  • やる夫の伝説 第七話 (10/13)
  • やる夫の伝説 第六話 (10/13)
  • やる夫の伝説 第五話 (10/13)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十一話 書きはじめ (10/13)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十二話 教えて、アティ先生 (10/13)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 6 中編 (10/13)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その八 (10/12)
  • やる夫は魔女に支配されるようです 第5話 (10/12)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第二十七話「カウントダウン」 (10/12)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 09 (10/12)
  • 国際的な小咄 5475 中国人「もはや一流の喜劇だわ」 (10/12)
  • 国際的な小咄 5474 韓国人が教える、李承晩とコミー (10/12)
  • 国際的な小咄 5473 千葉の無事を祈ります (10/12)
  • 国際的な小咄 5472 スーパー堤防はスーパー無駄遣い、なんて余計なことを言ってしまうから…… (10/12)
  • 国際的な小咄 5471 日本の台風を見たエジプト人の反応 (10/12)
  • 国際的な小咄 5469~5470 昔きいた話 in エチオピア ~ 生物としては極めて素晴らしい進歩 (10/12)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ