スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ウィークリーのページランキングの表示が不安定な為、一時的にこちらに移動しています。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

キル子は剣客で魔法少女で残酷なようです 第五話 少女妖夢

目次 現行スレ

405 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:25:14 ID:sgOWfCY60

            _     ̄ ̄    _
          /            丶
         /                   \
         ヽ, -‐ 艦 |Y| こ れ - _    ヽ
       人  /_ -──、─、──-  _ `ヽ  l
      `Y´ l: : : :/\  "'- 、/_l: : : : iーノノ
           _Vl: :/ n      n l: : : : l : l,
         )_ノV〉 U       U l: : : :_j,_/ \
         /: :',: (           l: : :〈  )ーく
        j/: : j: :`ヽ _マ フ_,イ:/l/Υ: : : :l     そろそろ第五話の投下を始めます。
         l: : :l ヽ:/ \∨__, -'ー' ヽ  l: : : ; l
         \l 〈 Y <介>   ∨  l ム-'"l/     本スレは全九話を予定しており、理論上は今回で折り返しとなります。
             トイ       〈___ ノ
             Уヾ=====ゝ-\          もし余裕があれば、最後までお付き合いいただけると幸いです。
            /           ノ
      r   r、_,、\__〈   |    〉-'
      l(__ ノ__ __ゝ l_lゝ‐‐'`┬イ
      /  キ ω テ j /     「¨l
        ̄ ̄ ̄  l_/       ヽ」




406 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:26:50 ID:sgOWfCY60

          _辷三三三三三彡
      ,,  ≦ニ=‐ ̄    ̄‐=≦三三三ニ=_
   , '  _≠"       \ 、  `=三三三三ニ=_
  /   _="   i!   ヽ  ヽ\  `=三三三三ニ=-
      〃    |,!!-‐‐-} ハ } ‐ヽ- ヽ三三ニ= ̄
      i!  ! /|i !   ノレ リ  Ⅵ_ノ! 〉              ...    r‐γ二入_
,'    { i !      iリ ` ̄       zx、 レヽ         ... ''"      ̄::""::ゝ-て_ヽ
  {   L!、 !,ト ノ z=="    、 "''Y  ',       /                ::::"´:::‐- ..._
|          ヾ   ;;::''"        j   }      .::
   ',       ハ          。  从  i     /     ┏━━━━━━━━━━━┓  ....::、
       \              ノ  .j ;<¨ ̄¨;'
  \  \     j  }    ..    /レイノー-ヽ  ;:           .第五話 少女妖夢
   \  ` _>へリ、     ̄辷 ー" ̄   _、Y- 、
     >¨ ヽ   \)  __          ,,/// > 、   .┗━━━━━━━━━━━┛
    ‐"    !     \  ..-_¨゜_>ミ:/ //,/   .:;、
  /      |   ⌒''ヽ.i/,/..<,,,.-ヽ( (/      `  ‐- ::::::
<        i /     )// ./    \>    ...        ゜  ,,...::         .....::::::::....
   ` 、             / , ' /                ..        ゜ 、..:::_... ー "  ̄ `、::
         |       {∨/                   `=‐         ヽ ‐-       )
  \>          ド`                                .      <...':::  ..::
      \  ノ    !   入: : :. ..                               ....:::'::::"::   ..::'

407 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:27:21 ID:sgOWfCY60

              _
            / ニニ\
        _ r    ーーニニー―
 ―――‐  ニーニニ     ーーーニニニニニ\
       ニニ ーーニニ    ーーーーニニニニニ\ ______
  ーニニ ニニニ  ニーーニニ               ーーーニニニニニニ\_
   ーニニニニ    ーーーーニニニニ                 ーーーニニニニニニ\__
  ーニニニ       ーーニニニニーーーーニニ        ーーニニニ    ーーー.┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓.
 ーニニニ     ーーーーニニニニーーーニニニニニニニニ        ーーーーニニニ
 ニニ             ーーーーーニニニニニ从        从   ーーーニニ.    ……かつて、みさくら村において、  .__
  从      r zzzzzzzzzz┐      从ミ     从 从从  从  从                             ニニニニニ
 彡ミミ   /\\\\\\\ 爻乂 爻彡ミ 从 彡ミ 从 从 从ミ 从 从  西行寺幽々子の名を聞いて、       从
 爻乂ミ ∠ r‐┐;\\\\\\\r zzzz┐从 爻ミ 爻 彡ミ 彡ミ 爻ミ 从ミ                        zzz┐
 爻,彳爻 | ̄ ̄ ̄「「「「「「「「「「「「「 \\\\ミ 爻ミ 爻乂ミ 爻ミr zz┐ 彡  嫌な顔をしないものはいなかった。  //\
 爻 爻爻乂 田] ll l l l l l l l l l l l |  ̄「「「「「「从 从ミ 从爻从ミ\\\ 爻                           /十十_
 爻 乂乂乂爻   ll l l l l l l l l l l l |三]l l l l l彡爻爻乂 乂ミ爻爻爻 彡爻. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛. +干
 爻爻乂乂爻爻 爻乂辷二 ≦三三三三三三三二二ニニニニ======―― /;;;, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 三三三三三≧==――  ̄ ̄                        ,,,,,,,, 彡/    ,;;       ,;,;   ,;;
                                 ,,,,, _ r''''''''' rrr  o / ,;;,;;     ,;;,;; ,;;    ,;;    ,;;
                         ,,,,,,,,,,,  彡''               辷    ,;;            ,;;
                 ,,,,_ 彡'''''''    ニ      ゚ o             ̄ ̄ 二ニ=――――
          ,,, rv┐  ゚              ゚ o       ゚ O                          ̄ 二ニ=

408 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:27:52 ID:sgOWfCY60

         _/\ー- 、,.
       ,. '´7_ @ rヽ,__ `ヽ.
      / _r'コ-‐'´ ̄` ⌒ヾ7┐              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    r‐'ァ' ./  ハ    i  , , Y'ヽ.
    く_,7  ! _」_ハ  /! _ハ_ハ. !-'「              西行寺とはみさくら村を治める豪農の姓であり、
    L.i /´ハ_」_ !ノ ,!ニ=、! V  ',   ,. '´ ̄`ヽ.
     レヘ,ハ'´        "i |  i  ,:'      i    そして幽々子はそこの一人娘である。
     ノ  ! !ヘ.   ー '   ,.イ /i. i | /   、.,____ノ
  :  .kヘコ'レ! |`i'',ァ-r<ト、レiヘコン」,'  /´     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ) └´ノ ,.レ'イ .!ゝrァ'  /`アヽ._ i /
  /    rア´`ヽ!>ヘ_ハ_ン i_,.-ァコ. '、!、_,.:'"`ヽ.
 :    ,Y二ニコ  (ム)  ,トー-‐=i      ノ!
 i,    `i'" ̄`、__,r‐、_,.-ァ7´ ̄`|     //               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 i ':,    ,.!    Y _〉_ン-ヘ/    |、   //
 !  ',  く:|      '、ー‐r=/    |::>   i'  i                        後ろ暗いところなど何一つないこの少女を、
 '、__ノ  /:|   _____Y}{, /____  !',   ノ 〈〉
     /:::!ァ〈´  Yi {}iY  `〉-ノ:::',  ,'                       しかし多くの村民は腫物のように扱った。
     ,'::::/ ヽiヽ、!り' }{`!_i_'ノ_/ハ:::::i :
     !::Y     ̄  {}       ';::::|                       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     レ'i       ,}{      ハ/
 ......::::::::::::`'' ー--‐ ''´ `"' ー-‐ ''´::::::::::.....
    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





  、ー'´         \               /''⌒ヽ-─‐- 、
  >       ,       !               ゝ ,、.___,  \
   ≧  , ,ィ/ハヽ\   |              「 ./        \  |
   .1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 !               |./        ヽ |
   _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h              r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ
  {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ              :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ
  ヾl   ヾ_   /'               ヾ!    ヾ    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ト   ヾー-' `./.|                 ト.、  ー―
    | :\    /,' ト、_     ∧∧∧       ⊥:`ヽ. __ /. .西行寺が、幽々子が何かをした、という訳ではない。
 ,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   <    >   / ̄\ ::
ヘ<  _::   _,. イ/  |    < な ち >               しかし村民どもは示し合わせたように彼女を避け、
                 < い か >  イ   , ,ィ ハ i 、 .
 /   , ,ィ ハ i、 、     ! < !.づ >   | ,ィ/l/ l/ uハlヽトi.  そして幽々子の耳に届かぬよう、こんな噂を囁くのだ。
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 | <  .か >   .|/゙>r;ヘ '-‐ァr;j
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ| <    >   ry   ┴ 〉    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  r、H   ┴'rj h‘┴ }'|ト、   ∨∨∨    |t|.   ヾi丶    u レ'
  !t|| `ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ          ヾl    __,    ./|
  ヾl.      ヾ   .u /‐'                 ト、   ___     イ ト、
    ト、   ー―― u ,イl              | ::\     / ; / \
   ,.| : \   - / ; ト、           ./〈 ::  ` ー '   ,'/   「
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ          l`   \::     /      |
  /  \ ::       , '/  :|              ,.へ、 /´\       |

409 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:28:25 ID:sgOWfCY60

   .:         :::::::.        ::::::;;;;;;;;::.,.,.,.,.,.,..,.. .::;;;;;;::          ...::::::;;;;;;;;;::::::
   ::::........      ::::;;;;;:    :. ....:; ::::::::::::     :::;;;;;;;;;:::  ;;,,.... :.    ::::;;;;;;;;;;;;;;;;:::::
    ::::::;;;;;;::::..    :::::;;;;::    .::;;...              :::;;;;;;;:::     .:: ,..   ::::::;;;;;;;;;;;;;:::::
     :::::::;;;;::::     :::::::: ..:;  :::::::::::..         :::::::::    ...::::   ;,...  ::::::::::::::::::
      ::::::::::     ..:;     ::::::;;;;;;;;::..            ..::::;;;:::::::     ;,.
            ..:;      ::::;;;;;;;;:::::      :.     :::;;;;;;;;;;::::      ;,..
           .:;        ::::::::::::       ::..     :::;;;;;;;::::        ;..
          .:;      _,. -,へ- 、      .:;;;::     :::::::::         ;:.
         .;      / _/_@,.>、ヽ    ::;;;;;;;::               ;:.
           :;    ./ /,. -zニ - 、二`ヽ、  ::::;;;;::                  ;:
.          :;      レ",r'"/ _人 )、 ヽヽ, ,ゝっ ,、z.、                ;:
         :;    r' ル Y-‐ レ' -! 、lィァ' =}_/ ' ミ 〉         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         :;    V´/ i ヽ.  rァ レf | ,r‐'|' ,-r'
         :;   (  ト 、 ヽヽ,.ィf'´  | |"   ,!'" |            ……『やはり、西行寺幽々子は呪われている。
.           :;,    )ノl ト、f´ | i ヽ、 ヽヽ=ァ'ゝ=ァ'
         :;      レ'ヽ^ヽ ゝチ‐r‐‐=<-''"´                魔性のもののたぐいである』、と。
          :,        i´l f::::::ト:::::イ:::}
          ::,,       ノ ヽー‐r' ̄´ ヽ、                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ::,,   _/  //      `丶、                  ,,::
            ,.r;;"´   ///          ヽ、              ,,:
           {  ::.,,  / ./!::/         /´フ             ,,:
            ヽ、  :;,/.,,/::l::i ,-、      r‐'´ ̄            ,,..::
             `ー十┘;!::::´:::::::ヽ、__,/              ,,...::
                !:::::::i::    ;;:::::::l...         . ,,,...::
                 ノ  :;!      .::::::l;:,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,::
                 \_/       .::::::ノ....................................
               .....:/ゝーx─‐ァ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....
            ....::::::::::::::::ト _,ィゝ-イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
         :::::::::::::::::::::::::::!ヽフ'| `ー l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          :::::::::::::::::::::::::`''"::::`'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

410 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:29:12 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        /',´            ヾ`ヽ
       |,',      ,.  ー , - ,,´  V l
      l';´     _、  ′    V
      ,>;._ ,, ´   ‐ ^ __    !
       // `>ー、   r '´   )‐r‐┴- 、_            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    //   /   l   し'⌒^"Tj_i_i 、_  ) \
   // /  /⌒i_,r-‐、- ^´`='=、'´   ヽ            ……例えば。西行寺幽々子を取り上げた産婆は、
   ヽ | /   /  l/  ニ)       ヽ.   ノ
    ゙.| |   /   / 、__ ,ソ        - 、ヾニ゙ 、            その翌日に首を吊って息絶えた。
    ヽ l  l   ,'   l  , '´       /    ヽ
.    └l  l   !     !      ;冖、/!      i      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      ヽ _ !  ヽ __ ノ  __    `⌒メ i    ,゜
         `ー- 、 _j'´  ` v f i__j_}rvvv、/_
             `ヽ|_i    ヽP┴Y`^^^0  `ヽ、
             i´i´ ヽ   / _, i ´ v′
             (ヽ`'、 `'‐ 、_!    j、_ ノ
             ヽ゛、 \   `'ー ′
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
 :l.  | ̄ |        | ̄ |   _      , ---,  __.   _   , ‐┐       __  ._
 :l  ,|   |        |   | //|  ___ . | ̄| |  | | |   | ̄|| ::| ̄ | .       | | 、\ ̄|
 :| | ̄ ̄l.. ...:::.. ... | ̄ ̄l | ̄| l/ _ /| |  | |_ | |_|::.:.:..:| , ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 :l::l  ̄ ̄ l::::::::::::::::|_| ̄ |_||  l | ̄ ̄| | |_|/ |l二二l::::l二| ̄
 :|:::::: ̄ ̄ , ,, __. ̄_|  l |    | |二二l_/l:::::::::::: :   |   あるいは、彼女が撫でた牛馬は、地割れに落ちて死に。
 .|::  ,,...,,  /  ,/l_.ノl ̄l |    | |___l/::::::::::   _|
/:::  _ ::::::| ̄ ̄| :| .| l::::::::|    | |__::::::::::_:::: ,,.,,,, / |   彼女と言葉を交わした子供は、落石に潰されて死に。
.   / _/l |    | :| .l/l::::, |__| /|/|_|_||    |_, |_
   | ̄ |  l:: |    | :| ̄l /l二二二l//  /||    ::::|.. ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
w,, |   |  l:: |    | :l::::/| ̄ ̄ ̄ ̄l/| ||//     / ̄|_____| ̄|::           :|_|\\. _
   |   |  l:: |    | :|__l二二二二二二 |_|l/   ''"' ,| ̄|────| ̄|┐            \ \| |─
 /|__| /.|__|//l::::::::::::::::::::::::::::::::::::      / |_|____|_|│ ,,wv.,.        \.|_| ̄
_,l: ̄ ̄ ̄,l 二二二二l/ |─, ┐:::::::::::::::  ,,iiv,,  /    ____   :|                ̄
.| ̄ ̄,,/l二二二二二l// :l |::::::::::           | ̄ ̄|____| ̄ ̄|      ,,iw,,    ...:::::::::
_ ̄ ̄| |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |:| :l_|::::              ̄ ̄        ̄ ̄           .....::::::::::::::::
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

411 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:29:33 ID:sgOWfCY60

川川川川川比比比jI∟├├ ̄ ̄   _   _         ̄  ─
从从从〕┘ ̄        _ -   ̄.:.:.:.:.:_ -__‐- _           ̄ ─ _
             _、‐''゛.:.:.:._ -= ''v─へ ̄/^i''''''''\-=ニ.._─-  _          ̄  ー  _
──=ミ─ミ: : : : : :/.:.:.:_ - _,. - ¨\/:;:;:/:;:;:>',:;,::},:;__ - \/\_.:.:.:.:.:.:.: ̄´"''ー- _       ̄  ─  _
 : : : : : :\ `ヽ / <   /\。o≦| `¨二⊥``Tトrr- T¨|-‐┘  ~"''~vvvv,:",:"イTTTT冖宀rr‐ _ _ -  ̄
   : : : : :〉 /,:",:",:"^^''=- ⊥_- ¨ ∠_   ̄”¨癶-  ̄  _、vi洲洲洲洲洲洲洲洲    ̄¨¨_ニ-T]]_─--ミ
     </,:",:",:",:",:",:",:",:",:" ̄⌒^^''ー-二 ‐ / :| ` iTTァ州洲洲┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
=- _     ~"''=-  _,:",:"v─-= _,:,:",:",:",:"乂┼=⊥_∠二アィ州州
   ´"''=- _  ヽ/  ´'∠__  /\.:".:".:~"''~、⊥」]]|Π|┬比比  .果てには西行寺家の人間さえ、幽々子を残して
─‐- __    \|///  └⊥「i:iT「| 」´"''‐= _.:".:">''゚^>-⊥L」」
=-  _~"''>─〈/ィイ~"''~、、´"'┴'"´      ´''<_、<~"''=- .,_.:". ばたばたと流行り病で死ぬ始末。
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:~"''~、、}}ノノ=- _  ~"''~、、           ``~、、_
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:≧=‐  _~"''=- ..,,_ ~"''~、、          ``..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
// /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>_ - _~"''~、、 ~"'' =-  ..,,_        ``~、、 : : : . . . . :/  /
Y/;:;:;:;:;.:,:;\/:;/:;./:;.:,_ -こ- ⌒:;.:,:;.:,:;~"''~、、 ~"''=-  _ ~"''~、、   __ `` ー=彡 /: : :    ,ィi{㌻





  >       ,       !               ゝ ,、.___,  \
   ≧  , ,ィ/ハヽ\   |              「 ./        \  |
   .1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 !               |./        ヽ |
   _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h              r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ
  {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ              :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ
  ヾl   ヾ_   /'               ヾ!   ヾ   v  イ‐'.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ト   ヾー-' `./.|                 ト.、  ー―  , ' |
    | :\    /,' ト、_     ∧∧∧       ⊥:`ヽ. __ / ,' |     村民は、これらの怪死を一つのものと信じた。
 ,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   <    >   / ̄\ ::       , '/ ̄
ヘ<  _::   _,. イ/  |    < な ち >                       ――つまり、西行寺幽々子は呪われている。
                 < い か >  イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /   , ,ィ ハ i、 、     ! < !.づ >   | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |   彼らは自明の理のようにそう噂し、
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 | <  か >   .|/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ| <    >   ry   ┴ 〉   └'‐ |rリ   そして最期までそれを疑わなかったという。
  r、H   ┴'rj h‘┴ }'|ト、   ∨∨∨    |t|.   ヾi丶    u レ'
  !t|| `ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ          ヾl    __,    ./|  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ヾl.      ヾ   .u /‐'                 ト、   ___     イ ト、
    ト、   ー―― u ,イl              | ::\     / ; / \
   ,.| : \   - / ; ト、           ./〈 ::  ` ー '   ,'/   「

412 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:29:58 ID:sgOWfCY60

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-   ̄
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-.T   ̄
   ̄|i丁 -=ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-   ̄       |::|      _,,..。。 --=
    |i:i|     ̄ -=ニ二二二二二二ニ=-  丁|            _,,...。。 -┤|ニニ二三三三三二ニニ
    |i:i|           ̄丁 ̄         _,,.|i:|_,,.. --=ニ二三三三二ミi:i:i:|::|i:ア´ ̄ ̄ ̄
    |i:i|            ||--─=ZZ二¨-ミ:|i:|i:ア''““¨¨”” ̄      }i:i:i|::|i:乂        __
ZZZコi:i|            ||iY''“” ̄     j:|i:|i:乂 __,,,....。。 --‐=彡i:i:|::|i:i:i二三三三三三三三
─┤|i:i|            ||i:ゝ---─=冖''_二.|i:|__,, ̄。。 ---──……冖''T::|“¨” ̄ ̄  ____
  |i:|i:i|=-  。。 ...,,,___,||-‐ '' “¨” ̄__」」.....。。。 ---──……宀冖ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
  |i:|i:i|─r─‐┬ー ┬‐ ┬ュ三三三二二ニ=-─_─_二二二二二二二二二 ̄_ ̄_ ̄___,| ̄ ̄
  |i:|i:i|_|__|__|_____| |:| ̄ ̄ ̄ |   |:¨丁¨¨丁~:||ニ|ニ|ニl:| |:| ̄::.:.:. ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:  ̄ ̄|工|
  |i:|i:i|  Y'''' ,.ヘ   __,.. -──-- 、.  |   | │  |  ||ニ|ニ|ニl:| |:.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.
  |i:|i:i| ┬._r-、 i,,'" _,,,.........,,,_   `ヽ、 .....| │  |  ||ニ|ニ|ニi:| |:|`
  |i:|i:i|¨¨¨.lヽ ,.イ´ ´       `ヽ、  ' , o| 小 ┌( ̄ ̄)‐ーュ_| |:|  ……さて。そんな西行寺幽々子のもとに、
  |i:|i:i|  |¨.`γ /_,_,. ハ ',--ヽ ',ヽ、i   ',..| │ | `TT´  |‐| ̄
  |i:|i:i|  |¨¨.,' ,' /._ハ| L_!,!---!、 i  ',  |.|_,.⊥ ⊥-‐立‐--'‐┘_  庭師および剣術指南役として住み込みで
  |i:|i:i|_|-...! i._/i´r 、   i⌒i |ヽ! i |  | ゜ o .  、    , . : ' ´
_ ..|i:|i:i|_二 レl_.ハ ! ト_l.   ト__,! ! .Lハ__|  |    ..   ̄   ─-     働く羽目になったのが、他ならぬ妖夢である。
三二ニ=-‐… ''.i i ! " ´     "./ ,' l .|  .|.  ̄ '' ‐-=ニ=- _
      ,.O ゜ .i i ヽ、  ヽつ u / / ,' ,' i |.^''=-   _      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 。o≦⌒  <.レハ/⌒ヽ、____,..イ レヘ//  ハノ   ...。o≦⌒^^ ‐ ..,,_ , . : ´     ⌒^^''  ┴=ニ二
            /     ヽヘn-/⌒ヽイ   ,, ... ,, 。         ,.ィ㌻ ̄ =-  _
    _,。o≦⌒.〈   、_ ,_ノ、イ/  γン、 , '"    ':, ゜ o   .,.ィ㌻         ⌒^^''ァァ=- __
。o≦⌒     ..`ヽ_r´   `、/   ノL_」       ;    ...,ィ㌻              〃

413 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:30:15 ID:sgOWfCY60



     、_\|.      '       .,ハ   !   ! :
       : |`7、   rァー  ̄`ヽ  r' 、|  | /.|                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    o    //)、  ー- _,ソ ,(\ \/イレ' :
      : ,'  // l>.、.,___,. イ ,ハ ヽ Y              ○    .勤めの初日、屋敷の中に通された妖夢は、
       |   )'´ノ-ァ‐::'7  /  ̄!   .| :    O 。 ,  -─- 、
.      : |   イ´/:::::::/|__/   人    | 、     /        ヽ.    まるで猫を前にした夜雀のように震えていた。
      /   !' 7::} ̄ヽrr'´ ̄{/|::::`!  | ':, : ./            ',
    : /   | ,'::::L_アハ__」 /::::/|   ', }.  l              |   当時の彼女もまた幽々子の噂を信じ、
    ,'     | l:::::く_//|__>':::::::| |    ∨ :  、             ,'
.  : ,'    ,'/|:::::::::::::!o::::::::::r=t::::`|     ||.    \        /    そして噂に付けられた幾多の尾鰭を信じていた。
    !   /´/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::'、   .リ :     ,>-      /
.  : ヽ-‐' ./::::::::::::::::!o::::::::::::::::::::::::::|` ー'      /  ,. -‐''"´    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ,く::::::::::::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ :     /    (   ノ)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                                |  そ 人
                    ./ヽ.          |  う  肉
           _,. -──‐/, -、 ',..         |  い 食
        ,. '´   、   /  ゝ'ノ .|`' 、    |  う  !
      / _r─ァ'"´ ̄`Y´ ̄ヽ- 、.!   ヽ.   |  の           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   .r‐'" ̄Y_r─''" ̄ ̄`' ー-<ヽ- 、  ハ ...|  も
   ムr‐'"ア    /        \/─ 、| |  あ                ……西行寺幽々子とは、魔の物で。
   /  /    ./`メハ /   ハ   , | \ .ハ. |  る
     /|   ! /-─'、.|/ !  / ト、 / !   ∨..|  の                 死霊を操り、夜な夜な人を食う悪魔である。
   ,..イ八  | イ /´ハ  |/ ァ‐‐、ハ /| ハ__ .|   か
     ,'  \|/  '、_り     /´ハ`Y/   .!\|                     妖夢は自分のことを棚に上げ、
   /|   ハ.  `     ,   '、_り ,ハ|   /  .└─────
   _/二..|""         ‐ ,ム / |.  !                       そんな荒唐無稽を真に受けていたのである。
 /: : r':| r' ̄二ユ. .、__,   ""/   (   '、 `ヽ.
 : : : : | .| | /  ) `)       .,.イ /|     __,rソ. __           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 : : r |.ノ. ノ /  ⌒..,__,.. <|  ∧ .|  .r'´r'´. : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´..レ'ヽ |ム二ンヽ.. : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /`'ーr、 (   ノ.{. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: ::.ヽソヽ(.: :V /: :: :: :: :}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

414 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:30:48 ID:sgOWfCY60

                  〈   人  / ((__ ノ __\ )   ヽ
                \斗―――――――<ノ   ノ
               ( ̄ ̄\__) へ_彡' ⌒)    〉―― 、
              / _)/:. :. :. :. :. :. :. :. \ -=彡〈__  )
                (>/ ':. :. ' :. |:.i___:|_:. :. :.|:._:、_:. :. :. :へ_ / ̄ ̄``丶、
                (_ | i:. :.:.|:. :.|:.|:. :.|:. :. :. |\:. :.\: i:. :.|:. : \`丶、    >
                | |:. :.:.|:. :.|x≠ミ:、:. :. :x≠ミ、:. :|:. 人:. :. : \:. 〉 /
                | |:. :.:.|:. :.{ v_リ \:. :v_リ从:./、:. :. :.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.
                |人\|:.\:、     ,  ̄   /ノ:. :. \:. :.
                |  \:. :. :. :\   、 ,   イ:. :. \:. ―   .けれどそんな少女を見て、幽々子はまず微笑んだ。
                 〉-―\:. :. :. :)  _,, イ:人:. :. :. ) 、:. :)
              / 斗――、:.イ_⌒ヽ:}  ハ \:. :. :. ∨   ……それが紛れもない慈愛の笑みだったことを、
             /  _)    7 ̄ ヽ)\ 〉 _ヽ 人-〈⌒
             \/ ̄ヽ_ / ―}  |__,〕\_r、_ノ 〉_、    妖夢はよく覚えている。
              ハ  ( 〈_ -=≠ 、__)≠=------_(――
              \_ -= r 〔 / / | |\  ≫ ,,    ・..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         _  -=-  ≫'   /  /  |   、   ≫ ,,       _ノ =ミ⌒
    _ -=-  )し ≫'    /    /   | |     \      ≫ ,,  <( ( /  /
 -=-<_ `¨´x=ミ      /    ,_  | |⌒)   \ =ミ ⌒ (⌒) /⌒ヽ ノ  ノ⌒Y⌒
   \ノ   O(   )   / O)   / \  / ≠ミ //ヽ /――=彡\―― 、 _( -―-
      ̄\   7 /、\  / ⌒ヽ   | | (_ ,ノ ̄乂 /         \   \     \
            ̄   \ 〉 /  ̄\)   | |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ―――=ミ    \   \     \





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´   ̄ ̄\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     <_ヽ>_             「よく来てくれたわね。安心して頂戴。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      __, `ヾ 、
、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠,,、,,__,. -'´   `'ー' ヽ            私は、あなたを取って食べたりしないから」
 `''- 、,:::::::::::::::::::::/||   ll l   l    、  ゙、
     `'- 、,_::/,   | |.   ∥ |   ',    、ヽ  ',          そう言って、幽々子は震える妖夢の頭を撫でた。
      /,l  ! |l __|l|l   |l__', _  ゙、   |'l l ll
      | |   | ,,f'|´ |',||   ',、 ゙、`'' ゙、   l'l l |l        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.、    | |!  l ! l、|'!゙、. ゙、N゙、__゙、_,. -|レ  |l

.

415 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:31:28 ID:sgOWfCY60

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´   ̄ ̄\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     <_ヽ>_    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      __, `ヾ 、
、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠,,、,,__,. -'´   `'ー' ヽ   ..――結論から言えば。西行寺幽々子の呪いは、
 `''- 、,:::::::::::::::::::::/||   ll l   l    、  ゙、
     `'- 、,_::/,   | |.   ∥ |   ',    、ヽ  ',.   その全てが噂や偶然から産まれたまやかしであり。
      /,l  ! |l __|l|l   |l__', _  ゙、   |'l l ll
      | |   | ,,f'|´ |',||   ',、 ゙、`'' ゙、   l'l l |l   根も葉もない妄言だった。
.、    | |!  l ! l、|'!゙、. ゙、N゙、__゙、_,. -|レ  |l
 ゙ヽ、   、l'、_,l__ir=‐、! `'―‐,.ェ==、 |   l  ,||┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
、 、゙ヽ、  /  l〟〟     〟〟 ,'   /   |l
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_  、_,     / ,/ /    |l
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/ ,/ /-=-_┘
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  / /l/    `、
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/      .|           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       / しヘ/  ´ う l/ / /―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/       /              .だから妖夢が西行寺家で過ごした日々は、
          /  /!  f''-、, `(,r'^f‐、    /
        ,/, / |  ,/  /`r‐、 し'しU   /               ひどく穏やかで安らかで、時折忙しかったけれど、
       /     | /l三ニェ\` '-、, `''-、l,
       /     |ノ ,|:::::: ̄"゙/「`''ー`''-、, `''-、,            それでも彼女にとって掛け替えのないものとなる。
        /     ゙、 ,/:::::::::::::/ | /   | `''-、, `',
     ,/       /::::::::::::::/ ,レ'    |',, |   ̄           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     .〈      ,/:l:::::::::::://     | ', |
      ヽ     /::::l:::::::::〈         |  |


.

416 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:31:46 ID:sgOWfCY60

                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )
                ∨ ●    ●  Y      ノ     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′
                   / 八         イ 丶.   /         .「――なるほど。だから君は、
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )        その西行寺幽々子という人を護りたいんだね?」
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄




   ノ}:::::://     ト 、      \::::',   \ \ \ 丶、
 ∠___/,′   | ∨        \}ト、  丶、\ \
      i   i _L 」  ∨ ─-- 、   l|- 、     l   ト、  、
      |   }ト、 |、   \}ト 、    \;}、  i ! l ∧
      |  ハf≧x    rf≦下1   ソ、  | } ヘ }
      ∧   ヘヒtり     弋tり }ト、/  }  ! l  X1
       '、  \  ' _     リヘ   ノ、 ト、! 、 }リ                 ┏━━━━━━━┓
         \  ゞ、 ´ `  _ // メ、  ト、丶、 \lメ、
          \ト、   ̄ 「   乂  } リ \    !                        「……はい」
           rv ´|>´     > ‐┐
          /j  {    -ァ ´_  ´ ̄1                         ┗━━━━━━━┛
         l イ   1   / /      ハ
   f「 r‐ァ、_ ィl入}  l   / ィ´)  , -── }
   { / / f'〈 !r- 、'、 ! // )´/     |
   `丶、_〈_   丶  ヘ7´   , ´ Y       |

417 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:32:10 ID:sgOWfCY60

,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                _________________       ||洲リ      ||洲
    lll                  @;;;;;;;;;;;;;/i7;;;;;;;;;;;;;;@      .為Ⅳ       Ⅶll
    {{                      Y:::::::::::::::::::::::::::::/ニi::::マv、:::::::::::::::::::::::::.Y      '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                     |  ../ニ7   Eリi  マム       |       /ア          ヘ
     [ft                   `.  〈ニリ   .Eニi   Eiヨ   .i、  ./     .〃
     Νk                \ Ⅶム..... Eニi  .....!ニii . .....|ヨ ./       7
       !垈                `マム:::::::Eヲi、::::::iニ7::::::,イレ"      ..ノ
     .為llll}                   マム=三三三ニIリ.,イニ7
    .ィ圭洲;                   マ三三三ニ=彡三レ    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ,ィ劣圭:㌢            L        .マ三三三三ニニシ"
  ,ィ劣斧ア                 [代      .E三ニ夕"            「――そしてその為なら、どんな代償でも支払うと。
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心      !三ニ|
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7     iニニニ|                妖夢、確かに君はそう言ったね?」
圭丞Ⅳ                   7.-‐‥‥・|ニニニ.|・… ‐- .
圭i:洲{               /.ニ二三三人   人三二ニニ\     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
圭i:刈               人ニニニニ三三三三三三ニニニ..ノ          .,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                  `・。.ニニニニ三三ニニニニ.。・'         焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           以圭圭圭淤jⅣ
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
ll圭圭圭淤冰ik会ュ。       ,ィ劣圭:㌢      Ⅵ心   `''寺圭斧≧ュ。._  `''寺圭圭丞
圭圭圭圭圭圭圭ik会ュ。  ,ィ劣lll斧ア         Ⅵ会ュ。   .゙㍉丞圭圭会ュ。_ `'守圭ik会ュ。

418 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:32:26 ID:sgOWfCY60

                    }\
                    }\|  /{
                    }_`¨¨_/
              ⌒ヽ    }____{
        ー… 二三込\,_ /__/   /
      ー= ア/ ̄ ̄ 〉/ 〈_,.. ∠ -=,/
        / /     /,/  ト、___/
        /// / / /′  | \__(                        ┏━━━━━┓
     '   レ゙/ // /// /,
        ノ/)//)// / //                                「はい」
.          レ'/)/)/)ノ //
       ,  ア{ ̄ ̄`く/゙                                  ┗━━━━━┛
.        / /―`¨¨¨¨¨_\
.        | {―――――ァ宀 、
        \{――――‐/    ヽ



/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      l   ̄   _        ヽ \::/
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x       .「うん。ならば契約通り、君に魔法を教えよう。
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o
      {{个 、              / 、     ̄ } |      支払う代償に釣り合うだけの、その覚悟に見合うだけの、
\     ヾl|_\           /   \     //
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //      素晴らしい魔法を授けてあげるよ」
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、

419 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:33:27 ID:sgOWfCY60





                  \  / /         、_,    } ヽ
                   ヽ/   {       ー´       ノ  ヽ
               /   ハ               イ     ヽ
               ,′   | ゝ           / l     ヽ. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          _    l    ├─`ー ┬-    l´   l     ヽ /
         \ヽミヽ/     !     l        !    l     /ヘ 「……もっともこの魔法や、君の願いが
   /⌒     ヽ\〃ミヽ、 j     ,'      l\  ∧_ // ゚
  /  (       `ノ    \、    l       \/レ-< 、 ゚、   君を救えるかどうかは、君次第になるのだけどね」
 /   \     /o      ノヽ\  ハ  i     ヾ、:..ヽ \゚`ヽ、
 {    r‐` ̄ / o  o / `ー┘ { {  |       `"ヽ `ヽ、_)` キュゥべえは誰にも聞き取れない小さな声で、
 、    ゝ-/   /  /         ! 丶 {          ヽ
  \    'ー─/__ /       / l  ∨    /       }     最後にぼそりとそう呟いた。
    \     ´      _ -‐ ´    l  {   ∧       ノ
     ` ー─--  -─ ´       ((l,  H   ト、ゝ─ ´ /    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                        〉 ハ / (r  , '´
                       ゝノ/ ノ   ̄'
                              ̄

420 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:33:43 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ┏━━━━━━━┓
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ    (中略)
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ┗━━━━━━━┛..
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

421 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:34:00 ID:sgOWfCY60

        ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘                 _
      ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’   /| r`l.
                         ト、 ’ 、.・                       |::|└:|
                        ノ (                             |::| ..:::|
                 、   ,    `Y   |   ∵”     .,t                  |::| ..:::ト、
               ,ノ)        |   人         .-}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
        ,      `Y´(    '     ,/    く、       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\    ) 、    /       }    ...`=.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ  ::::::::::::::::::::::  \ノ!    |;:
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{  .)    ::::::::::::::::::::::ゝ  ...|:;  ――屍山血河のありふれた、戦乱の頃の話である。
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl          .::::::::::::  、.v,,!;:
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>. .:::::::::::::::::::::::::.  、.v,,;..v、ミ.:ゞ.  戦から逃げ延びた者どもが、徒党を組んで村を襲うなど
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,
_|_|_,工工]エlエ}//. .) 、    )ヽ      (  ミ゙':ヾvv'w   決して珍しい話ではなかった。
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/  . ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '.. .''、
_|_|_l.  (.  エエl-. .) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.: , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :.  . 、.v,,.  ',:; .::)       て:;;
  )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;  . .:.(ノ        (::
. (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;. .lニコ. .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ
._ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ    .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (
.   _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (   ::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    )

422 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:34:16 ID:sgOWfCY60

            __,.ヘ、
           くヽハ7-'─-- 、,_
           ,. '"ゝ-'‐─- 、,   `ヽ、
         / /        `ヽ、  ヽ.
         i i /ヽ!、/ , 、 ヽ. `ヽ!   i           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  _,.rr-r-r'i'7`レLハr!t|__ハ iィ!'´!  i   i
 (  ̄ ̄!_i__r' /:7 i 'ヒj └''T''7iヽ!_.」  |‐- ..,,__         .本来なら、野伏りの集団ごとき妖夢一人で鏖殺できる。
  ハ    `'ァ:'// i"     ゞ-' / !  |‐- ...,,,_ "''ヽ、
 ム〉    / レヘ !へ、  、   ",.イ ハ|  i:|     `"'''‐ヽ    .魔法少女とはそういうもので、魔法とはそういうものだ。
      〈  `rイ'´ /:i>r-=i'レ'⌒ヽハ_ハ!
      `''ーヽ!  i::::}>イ`r/    !    ,. -─-、      だが、この日は少し訳が違った。
          `-i::::::!/:::〈r-、,_ ,!  /      !
          ___/ri´i´i`「|_____/ン___/______________/   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         'ー--!_! ! .! !」ニ7i ̄ ̄i ̄ ̄ ̄ ̄´
         _r/`'7'r---イrヘ、  ',    /
        r!イ:::::/::::::!::::::::::ハ:::::ハ、  ヽ、 (



  |┃
  |┃            / ̄\
  |┃            |    |
  |┃            \_/
  |┃    ガラッ     .__|__                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  |┃ 三       /      \
  |┃         /  ::\:::/::  \                  ――和権やるオプーナ。
  |┃       /  .<●>::::::<●>  \
  |┃ 三    |    (__人__)     |              平安の剣豪、和権宮本武蔵の子孫にして、
  |┃       \    ` ⌒´    /
  |┃        /ゝ     "`  ィ `ヽ.            和権一刀流の恐るべき達人。
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ         この男が、野伏りの群れを率いていたのだ。
゙⊂二、,ノ──-‐'´|             | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  |┃三        |            |ヾ___ソ
  |┃      /              l

423 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:34:55 ID:sgOWfCY60

                /                              \
               '                                 \
              /             _______            \
              /       _....-‐  ̄           ̄ ̄ ̄ ̄ ‐-..._    、
             /     ── ─────────  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             /     =───────
            /    /                           妖夢は確かに健闘した。
            /   /
          / /_/、                             足りない力を魔法で埋めて、やるオプーナの首まで
         \__/.     / ̄\
         /ミ,r´ノ:l\     |      |                 あと一歩というところまで迫って見せた。
         ヽノ/:::::/:::::::\  \_/
         〈:ノ、/::::::::::::::::\   |                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            \:::::::::::::::::::::\ ̄ ̄\            __,ヘ_ ,. -──- 、,      /    |
             \::::::::::::::::::::\   \        ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ... .〃  ∧|
               \::::::::::::::::::::\    |        .7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',./   /
                \:::::::::::::::::::\/        .i i /_!,/ィ」 L、!_ハ_i ',. ' ,ヘ/
                /::\:::::::::::::::::ヽ           .|_i__!イ::::::::::::::::::::::::./  /.
              /::::::::::::::::\:::::::::::::::l ,-,-,, ̄ ‐-. .! 7i"  __. / /.|
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ 〈_ノと    ..| i l>.、{::::/ /.! /l |
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄ ̄ ̄ヽ∧ ̄//c(⌒ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            /  /'    `==
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\          / /       ./
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::>       / /      /
      /´\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/っノ      /\        〈



           / ̄\
             |    |
           \_/
             |                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \                       しかし、そこまで。それでお終い。
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |                   「……幼子とはいえ、恐るべき剣士だった。
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、                 妖夢と言ったな。その名、確かに覚えておこう」
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       l           l

424 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:35:13 ID:sgOWfCY60

        / ̄\
.       |     |
        \_/                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          |
      / ̄ ̄ ̄\                        「それでは、略奪と鏖殺を再開せよ。
     / ::\:::/::  \./´`;
   /  <●>:::::<●> /   / ,. -、                 我欲のために殺すのではない。
.   |    (__人__) .ァ'   / / /
   \    ` ⌒´ ァ'/  /''  ∠__,,,...、               貴様らは今宵、生きるために奪うのだ。
    .ヽ    . _.ノ.ノ_   . ´    __.ノ
     /  r'"´    `ヽ    <´                 それを心に刻んで、励め」
   __| .  `''ーr 、,        ,._ `ヽ.
 /´__.ンr,    `ヽ二iヽ、.,__,.イ  `' ー'            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 i __.i !           |



 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;   略奪者たちは、しかし欲に塗れた
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、. 歓喜の声で、やるオプーナの言葉に応えた。
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞ.  やるオプーナも、それを咎めはしなかった。
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、

425 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:35:33 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────







                               ┏━━━━━━━┓

                                  (空白)

                               ┗━━━━━━━┛









─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

426 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:36:04 ID:sgOWfCY60

      /       | |.   ∥ |   ',    、ヽ ',
      /,l  ! |l   |l|l   |l ',   ゙、   |'l l ll
      | |   | ,,.|'|  .|',||   ',、 ゙、   ゙、   l'l l |l
.、    | |!  l ! l、|'!゙、. ゙、N゙、__゙、_,. -|レ  |l
 ゙ヽ、   、l'、_,l__i    `'―‐      .|   l  ,||
、 、゙ヽ、  /  l              ,'   /   |l
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_           / ,/ /    |l
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/ ,/ /-=-_┘              ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  / /l/    `、
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/      .|                  ――すべてが終わったあと、
       / しヘ/  ´ う l/ / /―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/       /                妖夢はようやく意識を取り戻した。
          /  /!  f''-、, `(,r'^f‐、    /
        ,/, / |  ,/  /`r‐、 し'しU   /                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
       /     | /l三ニェ\` '-、, `''-、l,.
       /     |ノ ,|:::::: ̄"゙/「`''ー`''-、, `''-、,
        /     ゙、 ,/:::::::::::::/ | /   | `''-、, `',
     ,/       /::::::::::::::/ ,レ'    |',, |   ̄
     .〈      ,/:l:::::::::::://     | ', |
      ヽ     /::::l:::::::::〈         |  |



                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{              .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,.  けれど、目を覚ました彼女の周囲には何もなかった。
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ   護りたかった人の姿はなく、護りたかった場所は跡形もなく。
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. ....
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'..    瓦礫と焼け跡ばかりの村跡に残っていたのは、たった一匹。
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/v
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニT...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;
.:゙;;ミ゙':,”:";oヾv;;ミ゙'爻vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,;.;:: .:. ....  ..'  .  ....::.;.~~`´:~:.::~~.~`.... .. . __ ゞ;ヾ゙ヾ;ゞ;yゞ;ミ゙':,ゞ.彡

427 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:36:16 ID:sgOWfCY60

                  ト、‐- 、              , - ―.ォ
                       |: \  \         / /: : :.|
                      l: : : ヽ  `   ̄ ̄  ´  /: : : : /
                  ': : /              \: : /
                     У ,               `く
                     / /                 ヘ ヽ
                 / /  γ::o,      γ::o,  ハ  ヽ
              ,、  /  i   ヽ::ノ        ヽ::ノ  .i  ヘ‐- 、__
              ヽ\,    、      、 _  ,      /   ヘイ/,> ,
                 ヾ_」   /\.      `´` ´     /ヘ   /イ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              / ヾ,.、 λ  `ー‐ァ----  r一 '   入/"   i\
         __ /    `>く}ヘ    /     ヘ   /厶へ      .――嫌になるほど朗らかな笑みを浮かべた、
     , -‐" =      /  `´    i       | /      \
      ̄フ二__二, _・ /           j       l'        `ー-` 白い狐のようなものが、彼女を見ていた。
          /  ̄          /   |  /   ヽ、
  , -、     /             / 、|  | ,    ├‐- 、       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ({      ./                |  ヘ |.i  /  |   `              丿
  ヾー--‐' ´           ,> ' ̄ ̄|  ハ l.| {  .j                /
   `ー-  ___ > '       ヽ  i | |  ノ   人                /

428 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:36:31 ID:sgOWfCY60





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

429 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:36:59 ID:sgOWfCY60

                    __      - ‐_ ‐ - 、
               \ ̄ :: :: :::::: :::::: > > ´ ヽ ̄`\ \
                     \ ::::::::::::::::/ /     }   ハ.  ヽ
                      \::::::/ /       /!      i   !
                       ∨ . '      / i|     |  .li        _ _
                    ∨  / /、,ゝ=== く    .リ  从   ィ升ヘ´    `ヽ
                    イ!  、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,.../  , ' ハ //{  Y      ijト、
                       |l i. く(   {三●;= }  )> /  ///./ ゝ_人   _メ ハ〉
                       |l...´  ヽ_.ヾ;三;〃./ /  ル' .//       ̄    ( (
                    从ハル' j>'´ ̄ ̄j /⌒Y///             ) )
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ル'   |/              /´
                 /    _ __ _」_ノ       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 /  /´ ̄ /: : : } __ \!     /
      /≧x、 r==、_ /  /    /: : : :/: : : : : `ーr‐ ァ'     やるオプーナは今一度、眼前に立つ少女の姿を見た。
      ` <≧t     く ヌ     /: : : :/: : : : : : /j/┤
          ⌒ ⌒ー<≧x. r 、/: : : :./: : : : : :./: :/   .|     背丈は変わった。顔のつくりも大人びて、
                ` <し' :_: : :/ : : : : : 〈: : {    !
                  し/´: : : :i : : : : : : : :マ∧  .|      記憶の中の妖夢とはまるで別人のようでさえある。
                 /: : ,ィ升介ト、: : : : :.マ∧___ノ
                /: : /,. ~⌒へ\: : : : :マ: 〉≧x.. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           _   //く/: <<「 ̄: : :> ==-く  `<≧x.
        /´: : : ///从: : : : : : : \: : :/´: : : : : }´ ̄: : : : \≧x.
       /: : : : ///: : :从: : : : : : : : : \: : : : : : : : :!: : : : : : : : : \´





          / ̄\
          .|    | _          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          \_.人   \
          ./::::::::::::   .  \         しかしそれでも、これはかつて争ったあの少女に違いない。
          /:::::\:::::/:::   . ヽ
          |:::=・=::::: =・=::::   |       .その構えを、その殺意を見紛うほど、やるオプーナは呆けてはいない。
          |:::::(__人__)    /
          \::::::::::::::::::::::   \        .「……成程な。貴様が魔法少女だというなら、すべて合点がいく」
          / ⌒ ):::::::::::::::::::::  |
           し: ̄::::::::::::::::::::(⌒ )    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

430 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:37:22 ID:sgOWfCY60

           / ̄\
           |    |                      _,..ィ=z.、
           \_/                     /.三三三\
             |                      / ニ三三三三ト、
            _|_\ ̄ ¨¨  ―-  _         ン !  V三三三三.Vヽ- 、
          .-´   ``ヽ         ̄ ー .  / il {   ー――-ミニ|三三ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ          `ヽ/  i ! \         ノ三三./
        /:::\::::::::<● > ノし `ヽ ,.        _∠  ノ ヽ  ` ー┬ァ.. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.
       / <●>::::::::::⌒  ⌒  ,.r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  ‐ ´    \.   {/  ニ
        |  ⌒(_人__)   r-'γヽ                   `三 }  ニ  「つまり貴様が、やる夫とやらない夫を
      ヽ    )vvノ:    ノレ'"! /`ー- ..__ ,.、   < __...z==ニ三.,イ ヽ.
       ヽ (__ン:  ,// !  /三/l:i {{    ̄ーォ    ̄ ̄ ̄/   ヽ  惨殺した魔法少女という訳か――!」
        ヽ_ .,/イ/  ! /三/  !{ |:!     ヽ      ,ィ′     `
 ⌒`、~ー-__  フ"/::::{ j   ! /  / ヽ.l:! i:l      `ー- ._/´      /..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ゝ、__,,.r'''",、 1/.::::ノ   Y  /   ヾ.ヾ、        〈r 、   _ ノ   _.. -<三 / \
 :::...::: /  、( /:::} {::::::::.|   ゙、/     \ヽ、     イ´ `ー ¨¨ ヽ.`ーく__ ヽ/   丶
 :::::....ノ//::::\.::::....\:::::|    ゙、      ヽ≧z -- イ´   ー‐ァ ¨´   ̄     ̄



              _
          |:::二‐-、_ ,.=ニニニ=- 、
           r´:::::::::::`:::::ク-──‐-:::、ヾヽ
           ';:::::::::::::::/   ,'       .ヾ、.ヽ
          `';::::/   ,'  ,';   .l  l ` ヘ
              ソ',   l .,!  l. !  .|  |   |.',
              ,' l   | ,'l  | |  |l .l   | .',            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              | |   | ∩ ゙̄   ̄´∩┤  | |
              | |   | ∪      ∪ |   .l |               .「あ、すみません。それは別の人です」
              | l  ..l ,,        ,, |   ,' |
              ',.∧,   !、_   ,、    /   ,! /             .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              ゙ '  ̄` .]'`ヾニフ‐:t´.'ー─''´
                 /n::::::;;';;::::::::|`ヘ

431 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:37:42 ID:sgOWfCY60

                            / ̄\
                         ィ  |    |
     /ヽ    、              //.   \_/
     |  `ヽ、 ヽ\     /i   / /      |
     ヽ   ヽ、ノ  ヽ_ノL/  ー'´ 〈   / ̄ ̄ ̄\
      i                 /. /  ::\:::/::  \
     N                 |. /  <●>::::::<●>  \
    _ノ    ,. -┐ _    ...:::::::::::|-|    (__人__)    |      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  _)    ノ:: ノ ノ::. ソ .:::::::.: ...  ヽへ_   ` ⌒´__/
  \      !... / ,'.  / .:::    ::::::. (.  \`、     / /  ヽ        「……では、貴様がドクオと争ったという、
   __)     i::: ヽノ::: /  / )  :::.. :: 〉\ ヽヽ.‐-‐/ //  _ス
  ヽ     〈..::. ...  `''くo>′  ::::.  〈`ヽ、ヽヽヽ、_/ /,. <´  \      暗器使いの魔法少女という訳か――!」
   ヽ    ヽ:: :::   :::. 'ー'⌒) ::::::  > `ヽ、. {_}/ //ヽ/ i
    i     ヽ.::: .. .:::: ..:::..::/  ::::  (  :::.  ` / l!  く/ / l |   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     `ヽ、_l! | \:::.:.:::::.:::: /      /   :::..  / ハ     /   l
        L ヽ `ヽ、_/ |     ヽ-ァ    :. / / iヽ  //_/〈
       |!l )  `ー─一'′l!      i     i  i | ヽ \.{ =-‐ l }
        l!  ̄ ̄L -‐、( ̄i ̄`ー一′ ::::::::.. レ⌒L__r‐、ゝ    ヽ



              _
          |:::二‐-、_ ,.=ニニニ=- 、
           r´:::::::::::`:::::ク-──‐-:::、ヾヽ
           ';:::::::::::::::/   ,'       .ヾ、.ヽ
          `';::::/   ,'  ,';   .l  l ` ヘ
              ソ',   l .,!  l. !  .|  |   |.',                    ┏━━━━━━━━━━┓
              ,' l   | ,'l  | |  |l .l   | .',
              | |   | ∩ ゙̄   ̄´∩┤  | |                      「いえ、すみません。
              | |   | ∪      ∪ |   .l |
              | l  ..l ,,        ,, |   ,' |                       その人も別の人です」
              ',.∧,   !、_   ,、    /   ,! /
              ゙ '  ̄` .]'`ヾニフ‐:t´.'ー─''´                      ┗━━━━━━━━━━┛
                 /n::::::;;';;::::::::|`ヘ

432 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:38:17 ID:sgOWfCY60

           / ̄\
             |    |
           \_/
             | __              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┴´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ             「…………いずれにせよ、この和権やるオプーナに
         /:::\::::::::<● >   `ヽ
    ((   / <●>::::::::::⌒      )           復讐を遂げに来たという事に違いはあるまい――!」
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ヽ (__ン       人
         人           \



              _
          |:::二‐-、_ ,.=ニニニ=- 、
           r´:::::::::::`:::::ク-──‐-:::、ヾヽ
           ';:::::::::::::::/   ,'       .ヾ、.ヽ
          `';::::/   ,'  ,';   .l  l ` ヘ
              ソ',   l .,!  l. !  .|  |   |.',              ┏━━━━━━━┓
              ,' l   | ,'l  | |  |l .l   | .',
              | |   | ∩ ゙̄   ̄´∩┤  | |                      「違います」
              | |   | ∪      ∪ |   .l |
              | l  ..l ,,        ,, |   ,' |               ┗━━━━━━━┛
              ',.∧,   !、_   ,、    /   ,! /
              ゙ '  ̄` .]'`ヾニフ‐:t´.'ー─''´
                 /n::::::;;';;::::::::|`ヘ

433 : どこかの名無しさん : 2016/11/05(土) 22:38:28 ID:FEFn7g460
しまらないなぁw

435 : どこかの名無しさん : 2016/11/05(土) 22:39:02 ID:O6Kwdx2Y0
見当外れwwwwwww

434 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:38:36 ID:sgOWfCY60

           / ̄\
             |    |
           \_/                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             |
         /  ̄  ̄ \                      「………………。
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \                       ならば、このやるオプーナに何の用だ。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /                   まさかただ顔を見せに来たという訳でもあるまい」
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l



                          , -─-、
                         / / ̄ヽ ',
       ノ´\「`ー-‐ァ          |__|  ノ ノ
      く:::::::::::::\:::::/`7            l´ r'´
       \::::::::::::∨/"´ ̄ ̄`¨'' 、,    └┘
        `>''"´ ̄`ヽ、 __      `ヽ.   ○
       /         `ヽ.     '.,
       ,'   /  / ./|   , .  'ヽ     ',
        | 、 |/メ、/ !_ /| i     ',     !
       \ハ/ ,ハ|j'  ァ;'<__|   !  !    |          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        / r ''´   |ノ,ハヽ!  / /    |
      /  !      ゝ-' |__/トァ'      |                「ですから、さっきも言ったじゃないですか。
     /  / ,ト、  、    "/  /イ   i   |
     !/|  /| /\     /  / /     !   !            西行寺幽々子という女性をご存知ですよね?」
        |/ レ'/`Y!>ーァ,/ ./_/!>、/|  /
       `  / .///r//, '´  `ヽ/ |/ ´ ̄ `ヽ.     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         / ‐'、:::ム::´/     |.  /        ,
         ./ 、ヽノ/:/        .!  l           i
        ri r、ンイ::/        /   、        !

436 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:39:14 ID:sgOWfCY60

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /  ::\:::::::/::\
    /    <●>::::::<●> \                「……確か、貴様の村を治めていた
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/               豪農の娘だったか。それが、どうした」
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     |            `l ̄
.      |          |



                      ∧
                マニ二三} <  フ
               マ三三{   レ'⌒   |ヽ
             r==三三ニ=== 、    | |
            / ̄ r _フ´ ̄ ̄ ̄ヽ ヽ  | |
         /゚0゚  lll7  /_L_戈_   ヽr‐v==
           {    lll{ ト代ツ {ツ V / `lll_r'ヽ            ┏━━━━━━━━━━━━━┓
.          ゝ_rぅlllレ (''' △ ''' r'  ィ^! `´
                ミl⌒{三に{三}ゝ/ノ |                   「ええ、合ってますよ。
                    7ニ|ニ厂:::/ }   ,
                  _<::::::::o〉::::{_ ノ ノ                   ですから、それが理由です」
              ((:::::\/ヽ- | ̄´
             /:::::::::::::::::/::::::::\                  ┗━━━━━━━━━━━━━┛
               「ヽ-、:::::::::::::::::::::::::::/7
             ヽ_  ̄ ̄`¨¨´_ 」
               丁「`¨¨´Y「
                __トj.___トj__
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

438 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:39:28 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ィ' イ工工工工ミヽ:
           |コ"      `├|                 「あなたが幽々子様をご存知のようですから、
          i |:」        :L|i
          }l:::::::...      ...:::::l{               遠路はるばる斬りに来ました。
          i |┐:::::::::::::::::::::::::::┌|i
          i {:t-一 …   ─ イ~}              ――理由なんて、それが全てですよ」
         、`ー…      ─- ' ノ
                                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                    / ̄\
                      |    |
                    \_/
                      |
                  /  ̄  ̄ \
                 / ::\:::/::   \         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               / .<●>::::::<●>   \
               |    (__人__)      |            その言葉を聞いた瞬間、やるオプーナは刀を抜いた。
      , , ,,、  ,,__.\    ` ⌒´    /.___
,-――= レレl ln||~~ /  ll   //    `\~~~ゞヽ  ――これは既に、言葉や話の通じるような相手ではない。
`―――`yー ソ" ̄/    ||  //       \  ̄ ̄ ̄
      ,.-‐‐‐"ヽ、ソ  l   |レ'/     ||    ll      その事実を、今更ながらに理解したからだ。
      ll    ;;;;;k  ;;;ll、_,,|l,,_,,,,_,,,_,へ⌒ヽ;;,,ll
      lソ    ;;;....  / }==只==== l::::::ll キ/   ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      ''ーー---;;;;、,,__ll /``''''' '''' ̄   l;;ソ  /


.

439 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:39:57 ID:sgOWfCY60

.    {        厶::::::`ヾ:::::ソ::;才"´   `   、
  ! :.       ´ ⌒ヾ:::`:v;/ /      i   丶. ト . _ノー ミ
  ヽ. _ヽ、            7Y´  /  /     i !   i  \`ー ´ ̄`ヽ `Y
     `)            :  イ/ / / / ,イノ  ィ |   、    ノ r '
                   i |  从...、,ゝ=== く.../,′ ト :.   (   ` ー -‐…=ミ
                   | :  、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,./ :ィ ハ i    Y廴____     :.
     ..-―- .____ .ノi { i トく(   {三●;= }  )>. }ハ |    ヾミ辷`:.:.:.)__ノ} ノ
   /             }∧:..´  ヽ_.ヾ;三;〃./.{  ハイ }/          ̄7´:::::`
  .:′   r…―― - 一 ' 7 } >⌒ヾミ>r::≦::7 :爪 {、{ ′        ノ:::::::::::/
. /    /             v       ヽ.ヾ\′〃:} ノ ヾ;        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
/   :′               /         Y⌒<)ニミ:K、 ′       /=
     、           .′ト:      人フ厂廴ト {       / }^ヽ.  ……復讐でなければ仇討でもなく、
       \         八  ゞ イ _. -‐:{: :レ: :`く: : : ヽvニ三三ヾ:v: i
:.       ` ー}\-rv'{、  `ー-r o.:-―;〉: : :_:_: :>: -‐ ' ´   トミ::}::} ,/  ただ知っているというだけの理由で斬るなどと。
 、          ゝ \:ノLィ>tx └く}   '´ ̄        _  i i {/::ノ:ノ′
.  \     _ 才`.: .: ィ .:¨_フ::::::>t入 _  __ ..‐ァ ´::::::} | ノくーァ′     そんなものは、紛れもない狂人の論理だ。
.    丶 __ ’ー一'7〃.: .:\` <::::::`:ト-7ー-‐ ァ:::´::::::::;:イ¨´ /
      マ }  ..:ァ厂ヽ√ ` ̄: :¨:ニ: ¨´ x<::::::::::>くN{` ー'       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      _」 K´ //: :,.=彡': : : : : : x<:::::::::::::> ´: : : :.Y



   ____
    \ :\
     \ :\
       \ :\
        \ :.X. ̄.\
         \ :\ |
           \ : X                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               |\ :\
         /  ̄ ̄ \ :\                  ならば、そんな狂った死に損ないなど、
       / ::::\:::/::::\ :\,、
      /  <●>:::::<●>γ⌒ゞ7                 ここで一息に殺したやった方が当人の為である。
      |     (__人__)_/ ヘ__ソ `)
      \_    ` ⌒/  / ゞ、久>、            .彼はそう考え、この殺し合いに乗ることにした。
       / `ー---ー"′ _/   \   \
       ヽ         /   /ヽ\   )          .「和権一刀流、和権やるオプーナだ。さあ来い」
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ
        i           /              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        l           {
        ノ          i

.

440 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:40:31 ID:sgOWfCY60

                           / ̄ ̄`ヽ
                _          { r―… ´
                r=ァチ{ `         ゝ ニ=‐ -=ニミx       ,.ィ:ア′
                __{,ニ{ニア   ,    ,.ィ           .  '/     //
            ∠ニ,{〃V   /{,ィ-ァ' /―ァ__. -‐ ´ ,/   //
         __,{三/∧三ヽ/ , { ' / r  . -‐ ´‐- ../    ,//
     /´     \{{三ヽ三7=ニ三三三ミ、         >- //         _____
    ,      ト、__`≧=ヲ'’           `.二ニ=-¨´  //          l´          `ヽ
   /       ,  ヽ{_{三ア                 ヽ ̄ ニ=-´/          }           /
.  /     /{  ,..-{_{ア ,'   ハ   {       二ニ=‐´             ヽ      ` <
  {    /   レ   { /|  .、,ゝ=== く.  ヽ  l}`ヽ′             \         \ x-、
  {_   ,/  x―:イ  V {.、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,.ゝ ト、/__.ゝ                 `⌒ヽ ....-=≪:::≫'
.   ) /  l, ― ''    | 八く(   {三●;= }  )>..ム' \ヽ┐            .....-=≪:::≫…''''´ }
.. / '            '. ´  ヽ_.ヾ;三;〃./  '. :`ー‐'ヽ.|ヽ      .....-=≪:::≫…'''´  \   ノ
. /  {_              {ル' ≧:. _/´ ̄ ̄`ヽ、 : .\} .-=「l ̄l_≫…''´ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
〈     `ヽ               ,〈^y'マ_{           }: : : :.ヽ≫''`゙ー'   ̄ ̄)
 ヽ、     ;         ,ィ  rf  Vニ} {         / | : : : : : ハ ̄{ /`L∠.     ――その瞬間、亡霊のように音もなく、
   У   {        fニニア}y 〈{ { ヽ__  イ  |: : : : :/. :}: :.`¨´\ / `ヽ
.  /    !      /}i/>' ヽ \__..イ___ノ . : : /. : :} : : : : : : .ヽ三三.   妖夢は一歩踏み込んだ。
 /      `ヽ  r=ニ〈/ {___.>-'ハ:.:.:.:{:.: : :{: : : : : : : : :}: : : : :/⌒ \ ヽ
. {         \`ーy┐  rf―‐/.:.:.:.:.:{:..ヽ:.:.{:.:.:./ . : : : : : : / . : /        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
 ヽ           }  ヽ{フ f'/∧:.:{:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.\:.:.:L: : : : : : : ': : イ.:ト...
   \      /      .{{ :゙^' :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:..\/\r:‐ァ''´ : : : : ,.:.:.:.ヽ
    \   /         {{: : : : : : ::.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :-‐ : : : : : : : /.:.:.:.:.:.:{}
      `¨¨´          {{: : : : .ヽ _: :__ : -‐: : : : : : : : : : : /. : .:.:.:.:.:.}
                 ゙ゝ、: : : : : : .\_r' : : : : : : : : : : : : : /. :/}__.:.:.:/
                    } \____:斗ァ―‐- 、: : : : : : : ' : :{__ノ:/
                /    `>t_て二えアぇzム_`ヽ、: : : : : :.:.:イ/
            _,.‐<^7{   /    /       `7'こニ=ニ彡''’
               {:{  ヽ:≧=イ    {,       ∠
              |:.} .イ¨}/ ̄´|     i       ..イ:.:.:{
              レ'^Y.:{r=:ァ='      ヽ   r ァ'フf7.:}
                   ,|:.:l!:.:{            ̄ ´ {:.:.:.:/
                 {:.:/:ヽ{            `¨´
               V!:lニl{
                 {.:.:.:.ヽ
               `¨¨´

441 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:40:52 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                             /ヽ-----;;:ヽ ., ;: '
      /::.....  ト--‐               / ´o    o` ヽ.
     / ;':::::... .... !,_____  ユ  ヽ       i  (__.人.__)  l
      i ;:::::::: ::: ::...        ___,ノ      ',          !
     :i :;:::::::::::::::.......      ,. -─- 、/ヽヘ_  ヽ.       ノ.. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ', ';:::::: :::: ::::::: :::..... /    `"''ヽ!/〉   `7    〈´
      ', ':;:::::::::::::::::::::::::.../        `く.     /       ヽ     気配もなく、予備動作もない一歩。
      〉,.‐rゝ:::: :::::::::::: /           i    / |    i  ヽ.
      '〈,_し'`::::.:::::_;;、/ /         /    / /!     iヽ. ヽ.  流れるような体捌きはあまりに静かであり、
        `''ー::: :_,ヘ7 !__/!  /  ,.    /!  \〈 / |     |  ヽ、
          / !、!_  ,.イヽ/  ハ / / !  \\ |     |      多くの者は己に刃が迫った事さえ気付かず死ぬ。
  ,.-‐-、.   / ,.ィ´`'ーrイ::::::::'-ヘレ::i/ヽ/V      .!     |
 .,'    !   ! 'ー.、 _,./::::::::::::::::::::::i 〉  \ \   ヽ. __ ノ   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 i    !     ヽ.___ン「ヘ::::::::::::/:::::::::::!' \\      | | | |
 ',   〈    _,,.. -''"::::`ヽ、_::::::::::__,.」、 \  \    | | .| |
  ヽ、  i  ri"へ::::::::/::::::/:::: ̄ ̄ハ:::::`ヽ.        :| | | |
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.                     / ̄\
.                      |    |
.                     \_/
                      _|_                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        /´    `ヽ マ、
                      /        \Y`ー、                     だがやるオプーナは、
                    /    \,:::::、/  /  y夂
                 |   (●):::::(●/  / `マヘ、                 その斬撃を四年前に一度見ている。
                    /    ̄ ̄ ̄ ̄´   入` ー `マヘ、
                    {   _____/      `マヘ、            みさくら村が火に包まれたあの日、
                     }            ,..-‐-==、    `マヘ
                   !          ./     `ヽ、  `マヘ、.       妖夢の相手をしたのは彼なのだから。
                   |             |         {ヽ   /`マヘ、
                 !              i        `  ̄   `マヘ、.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      }              {                マム、
                 /              i、                 ̄
                  /            \

442 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:41:30 ID:sgOWfCY60

               ゙゙'-、 .L             ,〟                     /   |     ,i'゙ ./
                  ヽ l         / .ヽ       人       ,/゛   ,!    /./
                l, ゙l,        /  ..l      ! /    .,/゛     l   .,/ノ゛
   _                l,│       ゙l,  /"      .〃   ,r'"       ,!  .,〃
   \ ''ー ,,_           l,.!           } .l゙   .,rl      / :!        /  .〃
.    \   .`''ー ..,_      !ゝ   、   l:,r′  / l     /  .|        /  ./
       \     `゙''‐i,,、       !\.  ″  ./ │ .,イ ./    !      /          ,, v
        \      .`'ミゝ、_    .l   ̄\  /  .゙‐'゛ ,ゞ    .!      /   .,,イ    .//
            ゙''x       \.`''-..、 |    ¨ ̄   . /     ,/"     /   / そ
              `''-、.  .  ゙゙゙'''-、 ”ゞ、、       /      /      /.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              `''-、,     `'-、、`''-、、  ./      ./     //´
 ̄ ゙゙゙̄''''''''―-- ..,,,,,_,    .`'-、、     `'ー..、.`''ッ′    /     ./      .そして一度見た斬撃に殺されるほど、
              `゙゙''''ーr‐''"゙''-、.     `''./      ./     ./    :
               _,,./     ゙''-..、  /      ./      ./        やるオプーナは無能ではない。
            ー'''''“''';;> .,..-¬''''i   `''./      /      ,/ 、
            ,/'"゛ . /     ,i′  ./      . /      ./、,  `''-..、   かくして妖夢が放った致命の一撃は、
              /    ./    〃⌒¨/      ./      /   ゙゙'-、、 `'
        ,,;;彡_   /        /       /      /      `''-..  当然のように防がれる運びとなる。
      ,..-″    ゙'゙        /       ./      / `''-、、
    . /                  /       ./      ./     !`'-、、.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
  . /                    /       ./       /`l,   .!   `''-、.       `'-..、  .`''ー..、
./            _z--Y  /       /       /   !   廴       `''-、、      `'-、、  `''-..、
           / . ,,/  /       ./       /   )_  ∧         ゙''-、,       .`''-、,   .`''
          / /   . /       ./       ./       .l ./   \        `''-、,       .`''-、、
         ,//    ./        /       ./        l/    \          `'-、,       `"
        ,i!'゛    . /        ,i′     ./         !      .\              `''-、
       ゛     ./        ./       /            ′         ヽ             `'-、、
             /        ./       ./             y            ヽ              `'-、
              /        /       ./           |.l          ヽ,

444 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:41:49 ID:sgOWfCY60

           ,ヘr/'!_,..-─- 、.,_
           ri:::;ゝ'´=-..,,__   `ヽ.
          くン´      `ヽ.、  ヽ.
           / , / 、_ i  ,  ヽ!  ',
          く_/、 」.,. --- .、.-ハ.   i
           //./ ,'´ 。 ゙', \. i_」 .i
          く/ . ヾ 乂 __.ノ /. / ハ !
           `.!/..` ー-- ´..、/!、/ !」
              ̄ ヾ' ̄く/ `ヽ.>ヽ               .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                く!/      !ヽト、
                ゝ!、  ァ'"ヽ:::', ヽ.              .ぎぃん、と響き渡る鋼の音。
         -==ニニ二く!/`'ーへ.   ヽ.! /_
                 <::::::::::::::〉  /!´ー'     i      .華奢な魔法少女は打ち合う衝撃に耐えかね、
─-- ..,,,,__          .r/7`'ー/  ./「       ハ
`"'' ─-- 二_"__'' ─-- ::;;;____「|_,/  /::::ハ      / .ノ        二歩三歩後ろへ下がった。
           ̄r.ア"'':ー--| l.  ,iニニ⊃ヽ     i (
           r<:::::/::::::::::l.」ー‐'::::::/::::ム〉>、    i `ヽ.  ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           7''>rヽ二ゝ、:::::::::::::::/::::;:イン    ノ   |
          `7'ー'' ̄`_rァ'-、__.イ/ン´  ,. '"  ̄ `ヽ.  i
          .!,ゝ、_、_,./  .,.-r'ー'7   ,' ,.     、   i
          /  /    |i::;イ'7    i ・    ・   i
      ,.-‐ r'ー-ン      ヽ--'     ', ヽ-' ー'   /
      |i:::;イ`ー'7               ヽ、.,_______,,. '



        / ̄\
.       |     |
        \_/
          |
      / ̄ ̄ ̄\                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     / ::\:::/::  \./´`;
   /  <●>:::::<●> /   / ,. -、              対するやるオプーナは後ずさりもしない。
.   |    (__人__) .ァ'   / / /
   \    ` ⌒´ ァ'/  /''  ∠__,,,...、            少女と大人の差である。彼我の間には、
    .ヽ    . _.ノ.ノ_   . ´    __.ノ
     /  r'"´    `ヽ    <´              決して埋まることのない筋力と体格の差が残っている。
   __| .  `''ーr 、,        ,._ `ヽ.
 /´__.ンr,    `ヽ二iヽ、.,__,.イ  `' ー'           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 i __.i !           |

.

445 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:43:35 ID:sgOWfCY60




    ヽ 「      /___  _   .    ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i
    i 廴....、  _/ 、 ゛ ┐|       ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |
   r''リ-、 `'、 '''´   、 ナ |  ..      ヘ\_|   i   lソ
   ヽ|¦ `'ン' ,,....-=" -∥         ヘ     ゝニ,'′      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i   .        ヘ'    !
    ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |           ヘ    i              ――加えて、やるオプーナには
      ヘ\_|   i   lソ             ゝ、,, -
       ヘ     ゝニ,'′ ....          / ̄‐ -l           地の利と呼ばれるものが存在する。
        ヘ'    !               _ムユ 、  〕 :::::
         ヘ    i    .....        ..く- ∟..l/ ::;;::::   ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ゝ、,, -
          / ̄‐ -l
         _ムユ 、  〕 ::;.:
        ..く- ∟..l/ ::;;;:





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

-───- 、     ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
        ヽ/
     .魔     オ オ オ   }                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ア  法    i イ .イ .イ  j 川 j_j_,
  イ  少   |      ,_州レ┴'~^'<j:i_,              やる夫やらない夫が惨殺されて以来、
  ツ  女    |      j:ル′      `Vj
         イー--┐ _i|  ,x=== レ=ミ、 i            眞峰の街には目に見えて夜回りの数が増えた。
、__  _∠i:j:|ij;l,  ヽ( l "r¬ i ' 宀 |
  j:レ^ヽ{      `゙'i    「`  __゚, | i .゚__  '^i           剣戟を続けていれば、遠からず何者かが
  |′ ,ニ_´  `,ニ. |    L_.   r, _ぅ   ,_ノ
. _」   `゚┘ └゚´ l┐    ヽ  r― 、   /               この場に駆けつけ、やるオプーナに加勢するだろう。
..|   ,、  (n n)   |     ト、 `こ´ .イ
..ヽ,i  ヾー===-ァ'^ ト'     r|  ー‐  |、           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. r|、  `こニ´   ノ、     _l |      l} }、_
__,{:{j丶.._ ___,. ' |} }ー--< ト\     / /   `ヽ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

446 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:45:27 ID:sgOWfCY60

                  / ̄\
                    |    |
                 \_/
                   |
                /  ̄  ̄ \
              /.::─ :::::: ─ ::.\          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             /  .<●>::::::<●>  \
             |    (__人__)     |           無論、彼とてそこらのボンクラが魔法少女に敵うとは、
 .     .      \    ` ⌒´    /
      r、     r、/          ヘ         小指の先ほども考えていない。
      ヽヾ 三 |:l1             ヽ
       \>ヽ/ |` }            | |        .何人集まってきたとて、呆気なく一瞬で殺されて終わりだろう。
        ヘ lノ `'ソ             | |
         /´  /             |. |      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         \. ィ                |  |
             |                |  |





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

-───- 、     ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
        ヽ/
           オ オ オ   }
  オ  死    i イ .イ .イ  j 川 j_j_,      ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  レ.. ん   |      ,_州レ┴'~^'<j:i_,
  ら.  だ    |      j:ル′      `Vj        ――だからやるオプーナは、彼らを盾にする心算だった。
     .わ   イー--┐ _i|  ,x=== レ=ミ、 i
、__  _∠i:j:|ij;l,  ヽ( l "r¬ i ' 宀 |      魔法少女の腕は二本だけだ。つまり一本に一人ずつあてがえば、
  j:レ^ヽ{      `゙'i    「`  __゚, | i .゚__  '^i
  |′ ,ニ_´  `,ニ. |    L_.   r, _ぅ   ,_ノ     ..三人目のやるオプーナに刃が届くようなことはない。
. _」   `゚┘ └゚´ l┐    ヽ  r― 、   /
..|   ,、  (n n)   |     ト、 `こ´ .イ       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
..ヽ,i  ヾー===-ァ'^ ト'     r|  ー‐  |、
. r|、  `こニ´   ノ、     _l |      l} }、_
__,{:{j丶.._ ___,. ' |} }ー--< ト\     / /   `ヽ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

447 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:45:58 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
      /   /                                   ! 丶
    / /_/、                                    |  ゝ
   \__/     ./ ̄\                            |  i
   /ミ,r´ノ:l\     |      |                           '  |
   ヽノ/:::::/:::::::\  \_/                               /   i
   〈:ノ、/::::::::::::::::\   |                             /    |
      \:::::::::::::::::::::\ ̄ ̄\            __,ヘ_ ,. -──- 、,      /    |
       \::::::::::::::::::::\   \        ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ... .〃  ∧|
         \::::::::::::::::::::\    |        .7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',./   /  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          \:::::::::::::::::::\/        .i i /_!,/ィ」 L、!_ハ_i ',. ' ,ヘ/
          /::\:::::::::::::::::ヽ           .|_i__!イ::::::::::::::::::::::::./  /       ……そうなれば、あとは横合いから
        /::::::::::::::::\:::::::::::::::l ,-,-,, ̄ ‐-. .! 7i"  __. / /.|
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ 〈_ノと    ..| i l>.、{::::/ /.! /l |        思い切り斬りつけてやればよい。
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄ ̄ ̄ヽ∧ ̄//c(⌒ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            /  /'    `==        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\          / /       ./
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





           / ̄\
             |    |              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           \_/
             |                いくら凡骨を一瞬で殺しても、
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \           .第三者からすればその瞬間は紛れもない隙となる。
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |          そして魔法少女が凡骨を刹那の間に殺せるように、
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、        やるオプーナは一瞬の隙さえあれば魔法少女も殺せるのだ。
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       l           l

.

448 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:46:16 ID:sgOWfCY60

        / ̄\
          |    |
        \_/
          |                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \                       やるオプーナは、内心己が勝利を確信していた。
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |                ここまで開いた有利の差は、いかに魔法でも覆らぬ。
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/             自分は、魔法少女に勝てるのだと。
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────



                        -‐─- 、        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      /        ヽ
         .-―─-  、      '          i      ……そして魔法少女を打ち破れば、
    ./          \     |  ,ノ  ⌒   |
   ...′ ─    ─     ,    .| (○) (○)  |       ようやく自分はあの二人より優れているのだと証明できる。
    .i ( ○)  (○ )   i   ..|  (__人__).     |
    .|    (__人__)     |    l.   ` ⌒´    .|      彼の唇は、知らず知らずのうちに両端を釣り上げ。
     .、           ノ    .λ         .ノ
      .> __    <       > __    <     ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

449 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:46:45 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
   ,. --- .、.  .く(   {三●;= }  )>
  . / ,'´ 。 ゙', \.  ヽ_.ヾ;三;〃./
  .ヾ 乂 __.ノ /            ,. --- .、
    .` ー-- ´              / ,'´ 。 ゙', \
          `'ミx、}廴_}L_}、     .ヾ 乂 __.ノ /
        ≧=-''"´ ̄ ̄``''ミx/}    ` ー-- ´
    -=≫    -―‐-    `ヾx、
    -=≧'   ん__)::::::::::: ',     ヾ、                    ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
  -=≧'    .{::::.:.:●::...:.: }      ':,
   '’      V .. .... ... ...ノ                             ――その様を、魔法少女は
          ‐---‐
    ≧x..,_        _,.斗''"                        ただじっと視ていた。
     }厂~≧===≦芋}「 ̄´ 、,ゝ=== く
                   、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,               ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
                      く(   {三●;= }  )>
           .、,ゝ=== く...´  ヽ_.ヾ;三;〃./
        、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,
        .く(   {三●;= }  )>
      ´  ヽ_.ヾ;三;〃./.   ,. --- .、
                       / ,'´ 。 ゙', \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      ____
       \ :\
        \ :\
         \ :\
     .__,ヘ_ ,. - \ :\、
    ...ri::::;ヘ>==..\ :\ヽ
    ...7〉' ,  , ハ 、...\ :\.,
    ...i i /_.,. --- .、.._i.\ :\,、.
     .|_i__./ ,'´ 。 ゙', \.!.γ⌒ゞ7               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      .!...ヾ 乂 __.ノ /_/ ヘ__ソ `).
        .| i l ` ー--.../  / ゞ、久>、.               無言のまま、妖夢は構えを直す。
       / `ー---ー"′ _/   \   \
       ヽ         /   /ヽ\   )             .剣を傾けたまま上段に掲げる、独特な構え。
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ
        i           /                  ――それを見て、やるオプーナはふと
        l           {
        ノ          i                   よくない事に気づいてしまう。
      /           \
    /     /´`\      \            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    !     く"      \      ヘ
    \     \      ヽ     ヘ
    (´________ノ        ヽ    ヘ
     ` ̄  ̄            ∨______`)
                    ̄ ̄ ̄´

450 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:47:20 ID:sgOWfCY60

   ____
    \ :\
     \ :\
       \ :\
        \ :.X. ̄.\
         \ :\ |
           \ : X
               |\ :\                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         /  ̄ ̄ \ :\
       / ::::\:::/::::\ :\,、                ……妖夢の構えが、和権一刀流の構えと
      /  <●>:::::<●>γ⌒ゞ7
      |     (__人__)_/ ヘ__ソ `)              まるで瓜二つであるという事実に。
      \_    ` ⌒/  / ゞ、久>、
       / `ー---ー"′ _/   \   \         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ヽ         /   /ヽ\   )
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ
        i           /
        l           {
        ノ          i





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ィ' イ工工工工ミヽ:
           |コ"      `├|                 その事実が、一体何を意味するのか。
          i |:」        :L|i
          }l:::::::...      ...:::::l{              ……それをやるオプーナが気付く前に、
          i |┐:::::::::::::::::::::::::::┌|i
          i {:t-一 …   ─ イ~}                   魔法は少女を大人にした。
         、`ー…      ─- ' ノ
                                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

451 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:47:50 ID:sgOWfCY60

              Vハ -=ニニニニニニ=-/
           {(∧ -=ニニニニニ=-ア         _____
              V )∨-=ニニニニ=- 乂      -=ニアニニニニ≧s。
             }(_ ∨-=ニニ=-/ニ≧=-=ニニニ=-=ニニニニニニ}
               {ニ) V-=ニニ=-'ニ=-=ニニニ=-=ニニニニニニニ,
             V(  ∨-=ニニ/ニニ=-=ニニニニニニニニニニ/
              }ニ)  V-=ニ7ニニ=-=ニニニニニニニニニニ/
              }ニ{   vニ>{ニニニ=-=ニニニニニニニニニ(
              }ニ乂  >、ニ≧s。-=ニニニ=-------=ニニニ)
              ニニニ) ノi:i:i:i: ̄  ̄i ̄⌒vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:(⌒> -^
            'ニニ(_f´:i:i:i:i:i    l    Vi:i:i:i:i/⌒´
              iニニニ乂_,斗v}     i    v⌒´      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              {ニニニニ(_ __ ,i    }ヽ    〉
           vニニニニ⌒) ト -=彳 ゚。,ィ ∧        .妖夢は、再び亡霊のように音もなく距離を詰める。
               乂__,..斗-ミァ { i   {   ',  ∧
                      j=-  ハ   v'  `ヽ_      ――そして、やるオプーナの破滅が始まった。
                   { ⌒ ´ ‘,  i     /i:}
                  _j i  , ノ、 _{ j  vi:i:}   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  /7ノ  }/i:i} ノV>‐=={^v
                  ,. 斗└===ァV/ 〈_( __,ィi:} i{
               乂人____,.ィ 7 i{   `ー==彡' `
                └‐===彡'  `

452 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:48:11 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                _________________       ||洲リ      ||洲
    lll                  @;;;;;;;;;;;;;/i7;;;;;;;;;;;;;;@      .為Ⅳ       Ⅶll
    {{                      Y:::::::::::::::::::::::::::::/ニi::::マv、:::::::::::::::::::::::::.Y      '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                     |  ../ニ7   Eリi  マム       |       /ア          ヘ
     [ft                   `.  〈ニリ   .Eニi   Eiヨ   .i、  ./     .〃
     Νk                \ Ⅶム..... Eニi  .....!ニii . .....|ヨ ./       7
       !垈                `マム:::::::Eヲi、::::::iニ7::::::,イレ"      ..ノ
     .為llll}                   マム=三三三ニIリ.,イニ7  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .ィ圭洲;                   マ三三三ニ=彡三レ
   ,ィ劣圭:㌢            L        .マ三三三三ニニシ"     ..「――これはね、毒薬だよ」
  ,ィ劣斧ア                 [代      .E三ニ夕"
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心      !三ニ|              なんでもない事のように、キュゥべえは言う。
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7     iニニニ|
圭丞Ⅳ                   7.-‐‥‥・|ニニニ.|・… ‐- .    ...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
圭i:洲{               /.ニ二三三人   人三二ニニ\          ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈               人ニニニニ三三三三三三ニニニ..ノ          .,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                  `・。.ニニニニ三三ニニニニ.。・'         焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            以圭圭圭淤jⅣ.
圭圭:歪会ュ。              .為llll}      L  ',{I≧ュ。.         込i:圭l圭圭:Ⅳ
圭圭淤冰ik会ュ。           .ィ圭洲;      [代   `''寺l圭≧ュ。.      Ⅵ7:圭lll圭lⅣ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

453 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:49:28 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

            /      .:/                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____                      「今よりはるか昔。まだ鬼や天狗や触手が
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、            平然と夜を闊歩していたころ。
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.            世の権力者どもが捕らえた忍者を拷問し、
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /              口を割らせるのに使われた薬さ」
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  `¨ - 、      _
      | `Tー´  ̄ _ ̄)
      |  !      `ヽ                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      r /      ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j                             「妖夢。君にはこれから毎日、
  ` ー    ヽー--、ヽ,ヽ__j´
       _________________                   両の掌にこの薬を塗り込んでもらう。
...     @;;;;;;;;;;;;;/i7;;;;;;;;;;;;;;@
.       .Y:::::::::::::::::::::::::::::/ニi::::マv、:::::::::::::::::::::::::.Y                     それが、君が魔法を得るための修行だ」
.       |  ../ニ7   Eリi  マム       |
.       `.  〈ニリ   .Eニi   Eiヨ   .i、  ./                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.        \ Ⅶム..... Eニi  .....!ニii . .....|ヨ ./
.          .`マム:::::::Eヲi、::::::iニ7::::::,イレ"
.           マム=三三三ニIリ.,イニ7
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

454 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:49:51 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
         __川///ミ、,.. --- .,_
       ∠三ミ////!= ニミミ=、、、丶、
           /ヾ= '".: : : : : :``'' ミミ 、ヽ
       /.:/: : ,.: : : : /: : : : : : : ::ヾミi: :゙:,              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ∠ -/: : /.: : :/|: : : ;i: : : : : : :ヾ: : У
         i: : /: :_〃 _ム: : ハ: : : : i: : :: : : ',               「……大丈夫なんですか?
          | : ゙: :/ィテt  ∨ >ム、=斗.: : :!: : |
        ハ: :!: i 辷リ    トrがV|: : : ハ: :|               その、拷問用なんですよね?」
          .УN ///      ゙‐-'′!: :! i.: : :!
        /: : 人.  Y ̄ ヽ ///,゙: /: | : : |                恐る恐る、といった具合に妖夢は尋ねる。
         .i/!: :ハ:::\ l、   ,} u./: /i : |: : ;ハ
          .∨ レ'' "> 、ニ´<ソ∠:::! ;レ /              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              ,r.':7  |  / ト.、 l/゙l/
           .r'゙ゝ/ r..ト<,  ,': : 〉、



                                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  _         _
              .|\`` 、__, ´/|                    「安心するといい。命の危険はないさ。
              .|/ 〉        〈  |    /
   ...|\        _ / / ●      ● \   /                これは肌の感度を上げる――いや、
  ......i\ \   (_/\/      _,、_     \/
   ...ヽ   \__/   /)、         }、  \)               敏感にするだけの薬だよ。
      |`ヽ         /  > _  _ ノ \  /\
     ヽ _____,/     /     |   / (_/、  \            まあ、拷問用だけあって苦しみはするけどね」
                   ./      \ /     \  \
                  /  /  | /  ヽ      \        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

455 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:50:11 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
       .| -、 > 、, -─-  、  , -─‐┐
       !i  >、            / i !                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       i/./            < .`ヽi
       / /              V ヽ---ミ、             「この修行を続ければ、そのうち君は
      , ./               i  ハ    ヽ,
      ., ,    , 、            !   i     .ヽ          .握った刀が羽毛を斬ったことさえ
      i .i.  (.' )       r,¨ヽ  |    !      Y
     / .人    ¨        .ゝ-.'   !  八      |        .その掌で感知できるようになる。
   , - ノ    iゝ、    ゝ^-'      .イ|   .ヽ--ミ  ,
  ,( (    /   ≧-  ___ -- ノ  !    フ.ノ、ノ         ……その領域に達したとき、君は得るのさ」
と" ヽヽ、 .∧     /     .> "¨   Y.ト、 - "/ .ヽ
∠,   ゝxニ_ノ     .i     /     ゝ-r‐ " 、 Y"        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ゝ--- "       人_u_.u__L  ---── 'ゝ _}--'





                        `'ミx、}廴_}L_}、              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                            ≧=-''"´ ̄ ̄``''ミx/}
                        -=≫    -―‐-    `ヾx、          「かの魚沼宇水にも劣らぬ魔剣。
 ̄`ヽ===三ミミ              -=≧'   ん__)::::::::::: ',     ヾ、
     ``>__``ゝ、_      -=≧'    .{::::.:.:●::...:.: }      ':,      /.. .敵対したものを全て破滅させる大魔法、
\   /´    ``ヽ、、>      .'’      V .. .... ... ...ノ                / .
`ヽ\ ゝ..        \\           ‐---‐             .,,、" ̄`. .『心眼剣』をね――」
─ヽ .ヘ\::::....       lヽ``ヽ、 ≧x..,_         ィ"´ ̄``ヽ.:. /  ...::::::
   \ヘ `ヽ::::::::::.............ノ丿`ヽ--''".}厂~≧===≦../ ....:.:::::::::...l /  ..::::::::::.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     \\ ``ヽ::::::::〈// 〃 ──、__`ヽ、_./ ....::::::::::::::::://  ...:::::::::::::::/:::::::::/
      ヘ>''´´ヘ::::::::::::::::..     `─ヽ─、二>/ ..::::::::::::::::::/( ...:::::::::::::::::/:::::::::/
  >''"´/ ./  /`ヽ::::::::......:.::.:::.  '´/ // イ.::::::::::::::::::::::/ヽヽ.:::::::::::::::::/:::::::::/
/ >´/  ( // '//ヘ:::::::::::::::..:.r f/....///:::::::ヘヘ::::::::::::::::::/..::ゝ::::::::::::::::::/:::::,ィ'´
    /   /   / /ヘヘ::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ':::::::::::::ゝィ:::::::::::::/::::::::::::::::::::::/  ̄.
    /  ./   /::l:::::::::ヽ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::r-ィ" ̄
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

456 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:50:45 ID:sgOWfCY60




                  /´:::::::::::::::::::::::::\
              ___,  '´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、   U
       ..      ,,. ´    :::::::::::::U :::::::::::::::::::::::::   ` ー- 、
           ´        ___:::::::::::::::::::::::::::___         \
           /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::/´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ
           ,'  ,;::::::::::::::::::', ',::::::::::::::::::::::::::,'  ,;:::::::::::::::::::', ',      ..┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
           {  {:::::::::::::::::::::} }:::::::::::::::::::::::::{  {::::::::::::::::::::::} }
           .'、 ヽ::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::'、 ヽ::::::::::::::/  /           ……和権やるオプーナは、
       ..  U   >-ヘ -‐ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ----‐->=イ
            /       ::::::::::::::::::::::::::::::       ヽ           和権家の長男として生を享けた。
           /    U      i、           }
           {           /ヽ           /          .┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ヽ、        /  ヽ、       /
           │ "ーーーー''"        "'ーーー''"
           ヽ、l   人 ( |l _」∟ニ二」,L.、ノ
                  ` ̄´


.

457 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:51:16 ID:sgOWfCY60

      _              \            \
     く_> ̄`\、          \             \
       ̄_ゝ-‐ニヽ二ニァ       ヽ                \
    く二ゝ・ , (    ̄ ̄`ヾヽ      ヽ            \   / ̄\
    ` ̄`ー‐'´ ̄`\、__,≦二フ     ヽ            \  |    |
                 i´ヾ`、' ,..ゝ─-、_ヽ             ヽ.\_/
                ,,> `〉      `'ヽ、            .__|___
                i_j"~/ヾ」、‐ト、 i|ヽ、ヾ、          ./ :::\::::::/\
                /-/ ,.  >. ,. --、 | |       ./ < ○>:::::<○>\
               !-‐ソ__/ _ ノ´./ .,'´。゙',.-´゙    ..../     (__人__) u  \
         _     / ゝ‐ヾヽ!、.\ 乂__ノ .|      .|  u.    ` ⌒´    |
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐-` ー-イ.|        .\,,    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ  /          ./⌒ヽ(^
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i   /          .`ァー─  .かの和権宮本武蔵を始祖とする家である。
ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ/          /
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;:/            /        自然、彼は最強の剣士となるべく育てられた。
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄             /
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''───. ___/  / ̄ ̄`   彼自身も、自分はそういうものになるのだと
 "-‐´                `‐-‐´         .(__r___ノ     (.
                                                 信じて疑わずに生き、剣を学んだ。

                                               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





      /::.....  ト--‐
     / ;':::::... .... !,_____  ユ  ヽ                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      i ;:::::::: ::: ::...        ___,ノ
     :i :;:::::::::::::::.......      ,. -─- 、/ヽヘ_                     だが彼の同世代には、やる夫やらない夫という
      ', ';:::::: :::: ::::::: :::..... /    `"''ヽ!/〉
      ', ':;:::::::::::::::::::::::::.../        `く.                   化け物のような剣士が二人いた。
      〉,.‐rゝ:::: :::::::::::: /           i             / ̄ヽ
      '〈,_し'`::::.:::::_;;、/ /         /             ヽ_/  その事実がやるオプーナの人生を狂わせる。
        `''ー::: :_,ヘ7 !__/!  /  ,.    /!  \           _|__r
          / !、!_  ,.イヽ/  ハ / / !  \\       /u.  ノ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ,.-‐-、.   / ,.ィ´`'ーrイ::::::::'-ヘレ::i/ヽ/V       .(⌒ヽ   |<○:::○!    ノ
 .,'    !   ! 'ー.、 _,./::::::::::::::::::::::i 〉  \ \   \ `ー'⌒(_人_./ `ー‐'
 i    !     ヽ.___ン「ヘ::::::::::::/:::::::::::!' \\      ./⌒ヽ/     /    /ー―rっ
 ',   〈    _,,.. -''"::::`ヽ、_::::::::::__,.」、 \  \.  /.    ヽ.   /  ィー―‐┴'
  ヽ、  i  ri"へ::::::::/::::::/:::: ̄ ̄ハ:::::`ヽ.     /  /、   `     /

459 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:51:37 ID:sgOWfCY60

                         i|    |iヘ_ ,. -──- 、,
                        i|      |i:::;ヘ>===- 、 `ヽ.
                       i|     |i.〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',
                     i|      |i. i /.,. --- .、ハ_i ', i
                   i|        ,|i..|_i__/ ,'´ 。 ゙', \.!_ハ! |
                 i|       ,|i   !..ヾ 乂 __.ノ / !l | |    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    i|          |i  | i l.` ー-- ´.,.イ! /l |
          / ̄\  . i|        |i.  ヽ!ヽヘレ     ` ̄\       やるオプーナの腕が悪かった訳ではない。
         |     |. i|            |i |             ,、 ヽ
          \_/. i|           |i \ \      ||  │     彼は紛れもなく、百年先まで名を残せる
          __|__  i|               i|i \ \      /  /
       /::::::::::  u. i|                 i||,\ \  ;′ 〈       優秀な剣士である。
      /:::::::::\ 三. /.i|i              /i|!\  /]   /\
    /:::::::::: <●>::::::<●.i|i.               /   i|(ノ/)) ̄   ヘ.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒.i|i            /   / ,ゝ ̄.、    ∧
    \::::::::::   `⌒⌒´  ,..i|i       / \\ /     \    |
     /          \ i|i        !. / /       〉    !
    / /\    / ̄ \__ i|i    \\ / |           ヘ   \
     | |  \  /  ヽ  .\__   i|i  / /  〈           ヘ,    )
 Σ(⌒ノ   ゝ     \  __) ̄ ̄ i|i__/____ノ             `ー‐ '



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

            /  ̄ ̄ ̄\,
          /     (L) |            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            |   ,.ッ二二二二 ̄)
           .ヽ_/` ─  ─ |              ただ彼は運が悪く、そして相手が悪かった。
   /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  (●)(●)|
.._/     (M)  } (.__人__).|             .やる夫とやらない夫は、千年先まで名を残すだろう
.l  .ッ二二二二二 ̄) `⌒´ ノ
. ゙i/  ─    ─\        }              紛れもない化け物だった。
/    (●)  (●) \     }
|       (__人__)    |    ノ.ヽ            .和権一刀流は人間の剣術だ。化け物には、敵わない。
/     ∩ノ ⊃  /∩ノ ⊃|  |
(  \ / _ノ |  |/ _ノ |  |          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.\ “  /__|  | /__|  |
  \ /___ //___ /

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

460 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:52:13 ID:sgOWfCY60

            / ̄\
         |    |
            \_/
            _|_                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
         /    \
        /      u.   \                         ――何故だ、何故敵わぬのだと、
      / u.  \:::::::::/  \
    |    <>>:::::<<>  |                      やるオプーナは呻いた。
      \U :::::::(__人__):::: /
    /     ` ⌒´    \                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ( ⌒-ィ⌒ヽ、:::::::/⌒` '⌒ )
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"


          ____
           \ :\
            \ :\
      ____    \ :\
       \ :\   .\ :.X. ̄.\
        \ :\   .\ :\ |
         \ :\    .\ : X
     .__,ヘ_ ,. - \ :\、   |\ :\
    ...ri::::;ヘ>==..\ :\ヽ. ̄ \ :\                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ...7〉' ,  , ハ 、...\ :\.,./::::\ :\,、
    ...i i /_.,. --- .、.._i.\ :\,、. >γ⌒ゞ7             魔法少女が構えを変えてから、
     .|_i__./ ,'´ 。 ゙', \.!.γ⌒ゞ7/ ヘ__ソ `)
      .!...ヾ 乂 __.ノ /_/ ヘ__ソ `)./ ゞ、久>、          途端にやるオプーナは手も足も出せなくなった。
        .| i l ` ー--.../  / ゞ、久>、. \   \
       / `ー---ー"′ _/   \   \./ヽ\   )        .小技は見抜かれ、大技は潰され、
       ヽ         /   /ヽ\   )  ヽ、__ノ
         i ``ー--ー"´     /  ヽ、__ノ             ただただ相手の剣を避けるしかままならぬ。
        i           /   ....{
        l           {      .i              .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ノ          i       \
      /           \.      \
    /     /´`\      \      ヘ
    !     く"      \      ヘ.      ヘ

461 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:52:32 ID:sgOWfCY60



          / ̄\                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ                 和権一刀流とは、最強の剣術ではなかったのか。
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \             あらゆる敵の手練手管を踏み潰し、
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )
  \  / u  (__人__).    \'./             相手に何もさせぬまま打ち勝つ剣ではなかったのか。
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           _rヘ___
         | ̄\::::::∨
        <:::::::::::\;;:> '' ""´ ̄`゙' 、
          \,>'´      ̄`゙ 、  ヽ.
          / /         ヽ  ':,
         /  /  .! /! /|__イ_,ハ  ',   ',
        ,'   |.`.、,ゝ=== く  .!  |   |    ,. -─- 、
        !  、_γ r,J三;ヾ, `ヾ,. |_/  八  /       ヽ.
        |_/.く(  {三●;= }   )> 八    \          ',.. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ´  ヽ.ヾ;三;〃._/ |   \r─-、!          !
          ', ト 、 `    ̄   ,.イヽ   ,.> .|         |      しかし今や、策を潰されたのは自分の方。
           レ\_>.、.,_ イハ、_/\/    ' ,        ,'
              /   `ヽ!ムく]ハ- 、      \      ,'      何も出来ないのは自分の方だ。
               |       \ム/   \     ヽ.    /
              ',    __, 〉      〉      !   /        どうしてこうなった? 自分は、何を間違えた?
  |\          \_ 7´,-‐、>'ヽ.r‐-、_/      .,'  /
  ', ! ` 、,          `〉\  \:::|  !、     //         ……どうして、自分はこんなにも弱いのだ?
   '.,\   ``'' ー- ..,,___く:::::::::ヽr-、_ヽ _|::\   ./ |
.   \ `'' ー--        ̄ ̄]] |r'∩_)⊃:\ ,'  !        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     `'' ー-------─ァ::::'''::7"´l_」-イ:::::::::::::::::::::::ヽ、,'
             r<::o:::::::/::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::o::/´〉

462 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:52:43 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

   / ̄ ̄\
  / 「  へ \                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  |  (●)(●) |
.  |    |   |                      「馬鹿言うなよ、オプーナ。
.  |    __´___  |   、、
  |   `ー'´  }l⌒l ノノ                     俺は分かってるよ、最強はお前だって。
.  ヽ       .}`'''|  \
   ヽ     ノ ./     \                今日負けたのはちょっと調子が悪かっただけさ」
   /    く/ /      \
   |     \ \        \           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    |    |ヽ、二⌒)、      \



            / ̄\
           .|    |         ./ ̄ ̄\
            \_/        ./.「   へ. \         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             |..          | (●) (●)  |
          /  ̄  ̄ \    ..|   .|     |            .「世の中の奴は見る目がねえ。分かってねえんだ。
       /:::::::::      \    .l   __ ___   |
     /::::::::::::::::  U   \   {   `ー'´   |             だからさ、何言われても自分を信じてりゃいい。
     |:::::::::::::::::::::::        |   {        |
       \::::::::::::::::::::      /   ヽ、     ノ            これからゆっくり最強を証明していきゃいいんだよ」
       /::::::::::::::::::::::    く       |        \
-―――|::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ-―─┴┴――┴┴――    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

463 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:53:39 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                , '⌒ヽ、     / ̄ ̄\
            /    ,. -ヽ  ./ へ  \ \      ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     __     | 、    ノ__ .|  (●)(●) |
 /´    `ヽ._/   `ー/´  ヽ.|_   |   |          .「で、最強の証明の為に、斬って欲しい奴がいるんだ。
/            \  /       / `ヽ __´___  |
{        ,.     y′     /   /ヽー'´ ノ          .いや偶々俺の同僚なんだが、
丶. _ .. -‐ ヘ    /       /    /   }  /
          ヽ            /    /   l  ヽ           これがなかなか腕の立つ嫌な男でな――」
           ` ー、               .ノ .. |
            ヽ.__         /  ... |        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               丶--―‐--'´

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





        / ̄\
          |    |
        \_/
        _|_
 .    /´ ̄      ̄`\                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ./   ::::\:::::::::/::::: ヽ
  /   < ○ > :::::::: < ○ > ヽ                ――やはり、あの男を信じたのが
 ./                l
 .|        (__人_)    .|                    いけなかったのか?
 ..ヽ  u.    | -┬-|     /
   ヽ、       .` ⌒ ´   /                 彼がそう思考した、次の瞬間。
   /:::::::::|::\゙_>介 √!;:::::::\
 . /:::::::::::::::\:::ヽ };;{ |::/::::::::::::::ヽ              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 /:::::::::::::::::::::::ヽ::ヾ::}〃:::::::::::i:::::::i

464 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:54:00 ID:sgOWfCY60

            ‐ = =‐ ‐ =       |      == ‐ ‐= =‐
                       ,;;;';'".:;i i:;
                     ,.;:;';" . :il li: .
                 ,.;;:':.;:;'" : : ::ll ll: :
                ,.;;:':;::.'"  : : ::ll ll: . .
              ,.;';:;;:.':"   : : : ;ll ll; : .
             ,.;';:;';::'."   : : : : ;ll ll; . : .
            ,:';;:.:;:':."    : : : : ::;li il;: : : .
            ,:';::;:;;':;."    : : : : :.:;li il;: : : .
          ,:';::;:;:;':;."     . : : : : :.:il: :li: : : :.
          ,';::;:;:;':;.'' .     : : : : : ::ll: :ll:: : : :.
    ..、,ゝ=== く.:;':;''    :  : : : : : ::ll: :ll:: : : :          .、,ゝ=== く
   、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,    :   : : : : : ::li il: : : .          、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,
.   く(   {三●;= }  )>   . :   .: : : : : :li il: : : .        く(   {三●;= }  )>
  ´  ヽ_.ヾ;三;〃./.'..    :  : : : : : : :li il: : :         .´  ヽ_.ヾ;三;〃./
       ,'.:.;:;:;:;:;':;.' , .    :   : : : : : :li il: : :.
      ,'.':.;::;:;:;':;.' :,  .   :  : : : : :;li il; : :.
      .'.:. .:.;:;:;;':;. : .  .    : . : : : : :.;li il; : :
     ,' .: .::.;:;:;':;.'. . .;. .   .: : : : : :.;li il; : .
     ' . :;.; ;':;: ' o     .   . : : : : :.:;li il;: :.
     :o'. : .:;.:':;. ,.、   .,.  .    . : : : ::.;li il; : ::.
     ; . ::;.:;  `.' 。        : : :.;li il; : .
     : . : .;. .,、 o .: : , .       :.:;li il;: :.
      : .,. ;:`.'   : : :.;. ゚      // ̄ ̄`ハ
      : ': ;.  。  ,,、 ,,,,     /´,'_,'-==-<` 、
      : . .,.  ゚ o `;´: : `ヽ. l ソ-=ー- 、 )ノ
     . : . : : . .   l:: :. . ; .l |l,:'"`ー=-、 )
       ' : .: ;. . . ゞ、._;;:_ノ  |i ,;;;;;;ッー-ィ、
       :  : . 。 o .   .,:  l' il::::r'.;‐==__゛ヽ
        : :  : :   : . . : : i,;::ハ;;r´  ___ヾ`i
        : :: : : :  : :  l :i;; ; ,ヒ ̄ _ ,` .l
          :: . . .,. ,、 :  :  l ;::;  ヒ´ ̄     l
          : : : :: : :   i ;::::; |`=ニ=イ,;,;'  ヽ
          : : : : : :   : : | ;::::;  |.   i:::::.   丶

465 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:54:49 ID:sgOWfCY60

                     ____
                    ,..-'''" ̄    ゙゙̄''''ー ,,,
                  /゛        _,,..........,,_ .`'''-..、
              /            /     `゙'ー ,,, ゙ヘ、
             /゛           :′         `''-、.`'-、
               /          l              `'-、. \
              /             |                `'-、.\
           l          │    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           /              |
           l            l         やるオプーナの脳天は、
           !               l
           !               !.     ..魔法少女の斬撃によって真っ二つに断ち割られた。
           !                l
           |                 l.   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           1                l                              \ヽ
              |              l                               ヽヽ
           l        :,:,       l     :(::)                            ` |'、
              l        ./⌒''⌒) ,,゜l,     '         ,,,,,,,               ヽ
           │        (:::::::::::::::!'    l               .(::::::)
            !       ヽ::::::::';'''     ヽ            ''``   。
               !    ....τ'::/ .;:        l,
             |       )/             l,
             !    。                l. 、       ;: 。
                !                 l          `'''`~''・    ' `
               f''`⌒(     ,,,,         ヽ      !:(',,,,、              ::,,,,,、...
               ,!,,,、(     /::τ          ヽ   ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
           :.、          !:::(     ノ::`!   o. ヽ. (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
                 ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
               ,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
            π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
             ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
           τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
             (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
           :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

466 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:55:09 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────






-───- 、     ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
        ヽ/                     ┏━━━━━━━┓
           オ オ オ   }
  オ  死    i イ .イ .イ  j 川 j_j_,            (空白)
  プ  ん   |      ,_州レ┴'~^'<j:i_,
  ..|   だ    |      j:ル′      `Vj    ..┗━━━━━━━┛
  ナ  わ.  イ. --┐ _i|  ,x=== レ=ミ、 i
、__  _∠i:j:|ij;l,  ヽ( l "r¬ i ' 宀 |
  j:レ^ヽ{      `゙'i    「`  __゚, | i .゚__  '^i
  |′ ,ニ_´  `,ニ. |    L_.   r, _ぅ   ,_ノ
. _」   `゚┘ └゚´ l┐    ヽ  r― 、   /
..|   ,、  (n n)   |     ト、 `こ´ .イ
..ヽ,i  ヾー===-ァ'^ ト'     r|  ー‐  |、
. r|、  `こニ´   ノ、     _l |      l} }、_
__,{:{j丶.._ ___,. ' |} }ー--< ト\     / /   `ヽ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

467 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:55:38 ID:sgOWfCY60

        _,:'::::::::::::/           |:::::::::::::::::: ;'
       /〈::::::::::::/            |:::::::::::::::: ;'
      ハ ‘t::::::::i'                 |::::::::::::::::'
      〈__> |:::::::::i                 |::::::::::::::;'      ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    :::..... l| l::::::::::{             l::::::::::::;'
     ::::::l| ヽ-―',::..           !:::::::::::;            ほどなくして、妖夢の耳にざりざりという音が届く。
      ::ヾ、   ノ::::::::::..           ;::::::::::::'
       :::::` ̄´:::::::::::::::::::......     ,!::::::::::i            足音である。この静かな夜にどこか馴染む、
         : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ノ::::::::::::;
           : :::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::、            二つ足の生者がしっかりと歩む音。
              :::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::::::::',
              : :::::::::::::::::::::::::ト、 ヽ:::::::::ヽ      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 :::::::::::::::::::ヽ」>、 \, -‐\
                     ::::::::::::::::li     ',:..
                            :::::::ゞ.     ノ:::::..
                           `  ̄´



            __r-、
        _rー-'´:::!:::/___,,,...,,,__
       く:::'、:::::::::::!/_,,...,,,___  `"'' .、,
       くヽ;>''"´      `"''ー 、,  `ヽ.
        /             `ヽ.  ':,
       /   / /  ./.;'  ,!       ':;  ';.
      ;'  / ;' ;'   ;' ! / !  |     ';.  i
      !  .;' !/ !,ゝ、! /!_/ |  !   ハ   !  |              .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      L._ ! / ! イ !ノ`!'´  、!,_」,」ィ' !  i   !
        `ゝ''7,.,`, 'ー'’    !ノ リ`Y!  ,'  |                .その姿を認めて、妖夢は成程と呟いた。
        /  ト.、     '    `ー'’_ノ,!_,/   !
      ∠._/   i>、   _    "'',.イ  |  i/              「妙に人の気配がないと思ったら。
        `ヽ__!/_i`''ァー-‐ァ''´/ .!  /! ./
          ァ'"´ `ヽ.`ヽr-!_>へ.レ' レ'                まさか、私以外の魔法少女がいたとはね」
         /      Y:::「ハ7';`ヽ.      _,,....,,_
         ,i  、__    ';:::::::V:::::i  ';   , '´    `ヽ.     ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ! r'´ `ヽ、.イ:::::::::i:o:::!   〉   !        ';
         ヽヘ    V:::::::::::!_;;:」=-‐'、  r'r、      _i
          `':.、    >'''"´   _   iァ'7! i-'‐ァ''7"7´メ_二l)、
          ,く:::::ヽ.     ,.イ´`と_,ノi !| |rァ''"´ ̄ ̄/   ノi
   __,,,... -‐::''/::::`>-ヽ、_,,..イ__;/ヽ.‐''"`´└'(    /   / し'⌒ヽ.
''"´:::::;;::::-‐ァ'::::::::::/:::::::::;'::::::::::::i::::::';:::::::::':、     `ヽ (   /'、.,__ノ⌒ヽ)

468 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:56:00 ID:sgOWfCY60

           __ __ _
       , .:´:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,' :::::::::::::;イ:li::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::i
    i :::::i:::!::::/l::i!::::::::::::::l::!:::i::::l::::::::::::i
    i::::::::l::i::」 .l::|:::::::l:::l_j::Lji::::l::::::::::::l         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |:::l::::l::|(●)  ̄(●)Lj:::::ト、:l::::::|
    L:l::::l_i    、      |::::」ノ」:::::l          姿を見せたのは、幽鬼のような魔法少女。
       ̄ハ         iレ::::i:::::::::l
        i: :>/ ⌒ヽ _, ィ´i:::l:::::::::|          ほおずき村のキル子である。
       |: /     レ'`ヽl:::l:::::::::|
        ノレ'     /  /ヽl:::::::::|          彼女は何も言わぬまま、足元に転がったものを見た。
      /      / /   \::::|
     /       //         |:::i        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   / /      l/    / ,.   |::::|
   ヽ/     /   「  ̄ `7´    |:::::|
    l   /    !_ _/    ∧::::|
    |  /     !  /     | ヽ!






            / ⌒`''"⌒`ヽ、                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\
          /,//::         \                    頭を割られたやるオプーナの骸。
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ
       /  /、:::::...    \  .../ヽ_ \             キル子が怨敵と定め、
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   / ̄ヽ '⌒   )
    ━━━`ー──ゝィソノー..ヽ_/.ノー─ "               そして必ず殺すと心に決めた五人のうちの一人。
           ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´            「これは、あなたがやったのね?」
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               ̄


.

469 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:56:21 ID:sgOWfCY60

                    __      - ‐_ ‐ - 、
               \ ̄ :: :: :::::: :::::: > > ´ ヽ ̄`\ \
                     \ ::::::::::::::::/ /     }   ハ.  ヽ
                      \::::::/ /       /!      i   !
                       ∨ . '      / i|     |  .li        _ _
                    ∨  / / \ /  ! /   .リ  从   ィ升ヘ´    `ヽ
                    イ! / /ルメテk  ノ テK /  , ' ハ //{  Y      ijト、
                       |l i i 人 以ソ   以ソ./ /  ///./ ゝ_人   _メ ハ〉
                       |l l l ∧"" r= 、 / /  ル' .//       ̄    ( (
                    从ハル' j>'´ ̄ ̄j /⌒Y///             ) )
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ル'   |/              /´
                 /    _ __ _」_ノ       〉  ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 /  /´ ̄ /: : : } __ \!     /
      /≧x、 r==、_ /  /    /: : : :/: : : : : `ーr‐ ァ'        「――だったら、どうする?」
      ` <≧t     く ヌ     /: : : :/: : : : : : /j/┤
          ⌒ ⌒ー<≧x. r 、/: : : :./: : : : : :./: :/   .|        妖夢はゆっくりと剣を抜く。
                ` <し' :_: : :/ : : : : : 〈: : {    !
                  し/´: : : :i : : : : : : : :マ∧  .|         痺れるような緊張が、再びこの場に満ちてゆく。
                 /: : ,ィ升介ト、: : : : :.マ∧___ノ
                /: : /,. ~⌒へ\: : : : :マ: 〉≧x.     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           _   //く/: <<「 ̄: : :> ==-く  `<≧x.



.           , . : : :´ ̄` ̄: ≧: . 、
         ./: : : : : : /: : : : : : : : : : ヽ
        /: : : : : : : /: : : : i : : : : : : : : ヽ
        ,: : : : : : : : ': : : i: :| : : i: : 、; : : :ヽ
      i : : : : : i : ; : : : |: :| : : |: : :| |: : : : i       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      | : : : : : |: :|: : : :.|: :| : : |: : :| |: : : : |
      | : : : : : |: :|.: : : :|: :|:ィr孑ミ:リ: :/ : |          .「……さて、どうしようかしらね」
      | : : : : : ハ |: : : : ヾ{ ● ノ 弋'、イノ
      |: : : : : i: ヾ\: : : :ゞ ` ´   / `           探るように呟きながら、キル子は腰の刀に手をやった。
      | : : : : :|: :∧: : ヾ´     - /
      | : : : : :|: :|ィ=ミ、: ヽ./‐- イ               両の眼を大きく開き、全神経を妖夢へと集中させる。
      ! : : : : :|: :| ―- 、`〈: : : :.:|
     ,. : : : : :.|: :|    `゛ヽ: : :.|            そうして二人が臨戦態勢に入った、次の瞬間――。
.      ム: : : : : :l: :|f      、ミ: :ヽ
      ム : : : : : |: :|.|    _ ヽ ヽ: :ヽ        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     ム: : : : : : :l: :|.| -‐"´   ヽ ヽ: :i
    ム: : : : : : : l: :|.!        ヽi : }`ヽ
    ム : : : : : : : |: :|ム         { : !  l

470 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:56:44 ID:sgOWfCY60

                    __      - ‐_ ‐ - 、
               \ ̄ :: :: :::::: :::::: > > ´ ヽ ̄`\ \
                     \ ::::::::::::::::/ /     }   ハ.  ヽ
                      \::::::/ /       /!      i   !
                       ∨ . '      / i|     |  .li        _ _
                    ∨  / / \ /  ! /   .リ  从   ィ升ヘ´    `ヽ
                    イ! / /.ル〒.k  ノ〒.K /  , ' ハ //{  Y      ijト、
                       |l i i 人 L.ノ   L.ノ / /  ///./ ゝ_人   _メ ハ〉
                       |l l l ∧"" r= 、 / /  ル' .//       ̄    ( (
                    从ハル' j>'´ ̄ ̄j /⌒Y///             ) )
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ル'   |/              /´
                 /    _ __ _」_ノ       〉
                 /  /´ ̄ /: : : } __ \!     /     .f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      /≧x、 r==、_ /  /    /: : : :/: : : : : `ーr‐ ァ'       |     ..,勹 00                  |
      ` <≧t     く ヌ     /: : : :/: : : : : : /j/┤      ..|    ...く く     三   に二二l      .|
          ⌒ ⌒ー<≧x. r 、/: : : :./: : : : : :./: :/   .|       |      .\)    ⊇)               |
                ` <し' :_: : :/ : : : : : 〈: : {    !        乂________________ノ
                  し/´: : : :i : : : : : : : :マ∧  .|
                 /: : ,ィ升介ト、: : : : :.マ∧___ノ
                /: : /,. ~⌒へ\: : : : :マ: 〉≧x.
           _   //く/: <<「 ̄: : :> ==-く  `<≧x.



.           , . : : :´ ̄` ̄: ≧: . 、
         ./: : : : : : /: : : : : : : : : : ヽ
        /: : : : : : : /: : : : i : : : : : : : : ヽ
        ,: : : : : : : : ': : : i: :| : : i: : 、; : : :ヽ
      i : : : : : i : ; : : : |: :| : : |: : :| |: : : : i
      | : : : : : |: :|: : : :.|: :| : : |: : :| |: : : : |
      | : : : : : |: :|.: : : :|: :|:ィr孑ミ:リ: :/ : |
      | : : : : : ハ |: : : : ヾ{ ○ ノ 弋'、イノ
      |: : : : : i: ヾ\: : : :ゞ ` ´   / `
      | : : : : :|: :∧: : ヾ´     - /
      | : : : : :|: :|ィ=ミ、: ヽ./‐- イ
      ! : : : : :|: :| ―- 、`〈: : : :.:|
     ,. : : : : :.|: :|    `゛ヽ: : :.|
.      ム: : : : : :l: :|f      、ミ: :ヽ
      ム : : : : : |: :|.|    _ ヽ ヽ: :ヽ
     ム: : : : : : :l: :|.| -‐"´   ヽ ヽ: :i
    ム: : : : : : : l: :|.!        ヽi : }`ヽ
    ム : : : : : : : |: :|ム         { : !  l

471 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:57:28 ID:sgOWfCY60

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,:::人::':::::::::::::::::::::::::\
        .::::{:;o),::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i゛´:|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(≡) (≡)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `       ┏━━━━━━━━━━━━━┓
      |:::::|:´:|、_  /ヤヽ、:i `
      |:::::|:::::{´,/ .∧ ヽ|            「――お腹、空いてるの?」
       |:::::|:::::|イ    ,/  ゙.
       |:i|:|:::::|    /ゝ 、_;ノ         .┗━━━━━━━━━━━━━┛
       |:||:|::,i'l、_,. ィ" j_k  ヽ.
       || |ッ'゙\   /‐ヽ、 /
      | |:::||  `iー   .| ´



            |\
           __」三\            ノ
         \三ゞ、三 \二二二 > ィく
         /三三〉 ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶 、ヽ、            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           `丶三/三」 / 」,ィ   | l   \ \
           7´{三/ /| ナ´/   ノ/ 、|  ハ ト、              .「あっ、いや、そのっ!
            {    l/、l/┃|_//Nノ个ト、 八ヘ
            |    |イ  ┃     ┃}ノ、 }∧」  っ         集中の為にお夕飯抜いてただけだから!
            l/ ト、  l とぅ __   ┃ |Yl     つ
           | | }  xwx/    l xwぅ | l|    っ            決してお腹が空いてる訳じゃないし、
            丶} ,fふィ /    /    ノ {|
      ト、_,   〈\/{`_ィ r > r-イ-- イ\ ノl|               仮に空いててもちゃんと戦えるから!」
      frうイ   \}  ⌒{::|三{エ}≦}ー──\__,、ィ_
 ____く}「       |__ノ::/⌒Y^ヾイ      { / ` }            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 `ー──キ三≧x 、/:::::::::::`ー‐{|/`|____/⌒ ̄
       |   ̄ 7::::::::::::::::::::゚:/:::::::/

.

472 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:57:49 ID:sgOWfCY60

                          _
                      / ̄:::::::::`ヽ
                      /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    //::::://!::::::::::::::::::lハ
                      i:|::::::_LL!___!ii::::::l::i
                      /:::l::::::!●)  (●`!_::|:i
                  /:::::::i:::i    '    ,'::`::|          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     /:::::::::;i::!,゙:..、_ ^ .イ::::j::::i
                 /:/ ̄.|::! ヽv/´ 〉ヽ/:::::::.             .「……話付ける前に、何か食べに行かない?
                  _,-'"´ヽ ! .!::|V У /  |.ヽ:::ハ
           _,.. -<_    ゙:..| |::| .ヤ/  /   !/ V:ハ           .実は私も、運動したから少しお腹が空いてるの」
〈\   _,.. -‐ '"     ` ‐-、_ ゙.!|::|,/  ,/!  |' ,/ ヾ、!
 \`ヽ.|             ,.ィ≦::|イ`゙='-ェ、._j/ ___\     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  `ヽ-‐|      _,.   ,..:ィ´::::! /:/  ̄ ̄ ̄ ̄.〉.\     \
     ゝ  _,.-‐"    ,/:::;::::j/'"       !:::゙ト、`ヽ、    \
     く ヽイ      /::,イ/"ト、.__      ,!::::::|, ヽ、_ `ヽ    `メ__, -‐ァ
     ヽ      _,./:///゙ヽ、/_  ̄`゙¨¨¨´ヤ::::/     `ー、.  ,..イ._ っ
      `ー‐ ' "´ レ'"   /  /   ̄`゙¨¨¨¨´イ:/       ,.ィ'"



      __「`ヽ-:::'´|
     く::::::\:::::}:::/─‐- 、,
      >、:::;> '"´ ̄`"'  ` .、
     ., '  /ア  /__ /   ,   ヽ.
    /   l/  / _」_/ ! /! i  i  ',
   :'    .'   7´んハ ;_/; ハ 、.;   }
   |   レヘ. 八弋,rノ  `'ァt、/  ;
   |    (_| |""    .  り ハ / /                         ┏━━━━━━━━━━━┓
   | |    !.| |.    ,. - 、  "トレ'
   | l    | '、 :   l   リ  八!                                 「行くわ」
   レヘ、  '、 \ト 、    _,.イ |        ,.. -─- 、
      \r ヘ/r 、 `T斤|ヽヘ/       ,:'´      ヽ.                  そういうことになった。
     ,. -‐イ:::\_\rlヽ、 '"´ ̄`ヽ.    /  *´ ω`* !
    /    ヽ::::::}::::ヽrイ}ヽ、⌒ヽ `' ー'         ;              ┗━━━━━━━━━━━┛
    ,'     、}:::レ'7」トヘ. ';   ':、           /
    /      ';::::::::\l::::::'; }   ,. ‐─-、      /
    、  、__  ノ:::::::::::::';::rァ} :、 ./ `つ} } }--‐ '"´
  ,' ヽイ´ ̄ ヽ!:::::::::::::::::}o:::ハ_ノ /  _ノ ノ-'J
  ! / |     |!:::::::::::::::::!::::::|´ ∨   /´

473 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:58:07 ID:sgOWfCY60





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

474 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:58:21 ID:sgOWfCY60

                                    ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
                                ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
                             ;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
                                 ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
                                     +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
                                       : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
                             ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
                                 ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
                                        :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
     .:                            ...| ̄ ̄ ̄ ̄|.:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
     ,,,'.::     ________________|      .|.,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
      .:;.,;,   /////////////////||      .|
      ;':::;;.. ///////////////// ..|:|      .|
     ''.:';;/////////////////   |::|      .|
      /////////////////     |:::|     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    /////////////////.||   .......|::::|
  ..┌| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  .||   .......|:::::|      「――なるほど。そういう裏があって、
  ..{::;;|       .|       .|       .|  .||   .......|::::::|
   }::;;|   モ  ......|   ラ  ....|   ラ  ....|  .||   .......|:::::::|      さっき言った五人が黒幕っていう訳なのね」
  ..{;;/       ./|       ...|       ...|┬.||――─┤::::::|
   У_____ノ |_____|_____|┘.||   .......|:::::::::|  .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ̄....||    \(__.ノ   ( O  ヽ⌒).......| ...||   .......|::::::::::|      .|
     ||  ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) ̄).| ...||   .......|:::::::::::|      .|
     ||  || ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'''|| ̄|| | ...||   .......|::::::::::::|      .|
     ||  ||  ||  |           ||  || | ...||   .......|:::::::::::::|      .|
     ||  ||  ||  |_______...||  || | ...||   .......|::::::::::::::|      .|

475 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:58:42 ID:sgOWfCY60



   ||  |       .......|          |       .......|  ||┐   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ||  |       .......|    .{=}. _,、,,........_      .......|  ||::;;}
   ||  |       ,:'´ ̄:`ヽ. .(゚ω゚.>,ゝ-=- `.、    .....|  ||::;;;{      .「そうね。それで、やる夫とやらない夫と
   ||  |      ./│LiLハ i.    ..l_Lリハノ_l_l i    ......|  ||::;;}
   ||  |___...|::::|ii ゚ -゚ノi|.___...l人゚ヮ ゚ リ〉i,| __ ....|  ||┘      やるオプーナはもう死んでしまったから――」
   ||       |:::ハヽyヽ     ..〈,i`:´i,_,')       ....||
   ||      ,―――――――――――――、     .||        「残りは派速出できる夫と設楽場できない夫の
   ||   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ....||
   ||  ./          ∧_∧.   | ̄∬ ̄'\  \  ||        二人だけ、という訳ね」
   ||./             (    ;)   |    .∬\  \||
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'(    ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






                                     ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
      f^ヽ         /',
      |:.:.:. ヽ     /  !                    「……きつね蕎麦、お待ち」
      |:.:.:.:.:.:.ゝ-─-<    |
     /:.:.:.:.:.:.:.:..      u  ',                      「あ、ありがとうございます!」
     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:        ,                                        __,ヘ_ ,.-──-、,
     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:    ‐-  ,                  ┗━━━━━━━━━━━━━━┛.. .ri;;;;;ヘr-===- 、`ヽ.
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:      l                                        7〉' ,  ,  、 `ヽ ',
      ';.:.:.:.:u.:.:.:.:.:.:.:.: -―  /-──- 、                               ((  ,ヘ,  i i / イλハLミョ-ンλ,ヘ ))
     ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.::.:     /       ヽ                            '、 '、 |_i__i ○   ○ ノλ/ /
     /:.:゙"''':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...  /       ノ                                  ヽ ソ ,'ハル""r-‐¬""イ/__/
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |       /                                (   ヽゝヽ、__,ノ_ノ」  )

.

476 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:59:01 ID:sgOWfCY60

               r'::ヽ、  _,,.. -----、.,
              r':::::::::::ヽ,´  ---丶  `ヽ
              `! - ァ‐-' ィ:.´ ̄ ̄`\.ヽ\ \
                  //.イil   !    ヽ  ヽ:ハ
               //′ |   | |ヽ   ヽ ヽ ヽヽ
              i: i / /l  ハ   i    |  l . レ|                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              | l| .'   | / |  ./l !  !  : | . | |
              |: { :! 'ァr'、,!_ !__/、!_ハ-‐!  i N: i |                  「うーん、夏に温かいお蕎麦っていうのも
  __              | . ∨   _    'r==ミjノ ハ l
〃: : `ヽ、         | 丶 ,ィ=ミ         }イ'ノ小!              なかなか悪くないわね。
∨: : : :'ーヘ.          .|  .ハ     ,      爪:  !    _ - == -   _
 ヽ.: : : : : :i        | i .小    r== ヘ.   八: : :ノ ; x>'”   ___  “''   ところで、やる夫とやらない夫の方は
   \、: : ├、       レへ八{ヽ  ヽ_ノ /{'⌒Y_, rく \xく冖ぅュ:::::::::::::く/
    7¨¨)Vヽ          Y⌒iフj ー <  j / }:.f⌒\ >==ア^⌒^ヘ:::::::. キル子が斬ったの?」
     ヽ{ ̄__ヽ`ヽ         ノ }  |´ }     /   /i..V=ミ、>:::rぅn^>‐‐‐f (:::
     ∨ r==、}ハ      /  i′ / i ̄/ |r‐ }  j::l |トミ,,.<:::::( (::::)人...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      ∨_rt=、) '.    ′  .レ‐v:!}><{、_」 /⌒Y}:| V l{``┬==ァ-- ,, r= イ ,/
       `:  `´ ハ    |  ∨:::::::::::i/:::::::::::::::::::::|⌒i ヽ 、 l!   |!    l!  リ 〃
          `i     l    ノ ̄/:::::::::::::i::o:::::::::::::::::::: トr' rー \、 ヽ  l   } ,//)
        |    |  /   /::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::: |::|     「ヽY¨Y¨i /´}イ¨ ´




         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|:::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `           .「そうよ。それで今日はやるオプーナを狙ってたんだけど。
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|            思わぬ邪魔というか、先を越されたというか」
       |:::::|:::::| ヽ. // r─┐
       |:i|:|:::::|  ̄ ̄7~ア茶_}、            .どうしたものかしらね、とキル子は溜息を吐いた。
       |:||:|::,i'l    /三゙一メ;}|
     !| |.゙::j ト-、/┴─イ、~ /          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      | _|/   / ト. ̄  ̄`、、
        У  ,/‐-、j}      〉ュ
       ` ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

477 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:59:17 ID:sgOWfCY60



             |\  |\     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             |  >|  .\
             |/  |    \    「……嬢ちゃん、ニシン蕎麦お待ち。
             /     u
             |    \  |||  |   その、半分でよかったんだよな?」
 ┌―――┐     .|        |||  |
 |・・・・・・ >      -         /   「ええ、ありがとう。無理を言って御免なさい」           .' "´ ̄ ` : 、
 └―――┘      ヽ       /                                        /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
               > -   ⌒ヽ.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛. /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
               /                                              l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
             /            |                                   |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
             |            |                                     ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
             |   |        |                                      ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
             |   |                                               |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
             |   |                                                |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|



         r- 、
        __|::::::ハ,. -─- ..,,_
      ノ´::::::::::::::l       `'' 、
      ヽ::::::::\::::∨  ̄ ̄`゙' 、  ヽ        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       '`' 、::::::>'´   ,   }  ヽ  ':,
     /  / `ア  / / |   ハ  l   '           「――でもキル子って、仇討ちの為にこの街に来たのよね?」
     ,'  ,'  /  / ´工 |   ,' !  ハ.   '
    ;  ;  ;'  ;'ァ'´, -ミl  / ,' /、!l   |..         言いながら、妖夢はキル子をじっと見つめた。
    /  |  |  |{ ん } `  '、/-//   ;
    /   ヽ ||__.」 乂_,ソ    ん' }、  /.         その視線の先には、今しがた受け取った丼がある。
   ;'   /|   | ""     .  l_ソ '//´
   l/l  ,' |   |、.        ""/イ         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    、 {、八  |   、  ´    ,ム |        ,. -─- 、
        _\ 」 \ `ァ -r ァ 升 、」      ,:'       ヽ
     /´  \:::\/lソr ヽ-、          ;        ',.

478 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:59:31 ID:sgOWfCY60

                , : ´  ̄`゛ :: .
              ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
               .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
              .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
             |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
             |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             |:::::|:´:|、  ____ ノ:::i `
           __|:::::|:::::{,ヘ  川l ::|:::::|                    「……ニシン蕎麦、気になるの?」
         /^ヽ  ` \   .川l| ノ  lヽ
.         ′  \   r',二ユL!jl|__」_ト、 ズルズル       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        r{    fニ/  '∠ニ====  | 〉
        {ヘ 、   ̄|   / ̄回回回回 ト、{
       ∧丶 \ ィrノ   人    ____ノ 八
       /  __ / |l   /  ` <_r‐┴‐_イヽ \
        〈  '´/  || ,イ      `下、_ノ / ` |
        ノ /    `く丿        /ゝ- '    丿



            |\
           __」三\            ノ
         \三ゞ、三 \二二二 > ィく
         /三三〉 ィ´ ̄ ̄ ̄ ̄`丶 、ヽ、
           `丶三/三」 / 」,ィ   | l   \ \
           7´{三/ /| ナ´/   ノ/ 、|  ハ ト、
            {    l/、l/┃|_//Nノ个ト、 八ヘ      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            |    |イ  ┃     ┃}ノ、 }∧」  っ
            l/ ト、  l    __   ┃ |Yl     つ  ..「あ、いや、そうじゃなくって!
           | | }  xwx/    l xw  | l|    っ
            丶} ,fふィ /    /    ノ {|          ニシンは気になるけど視線の先にあったのは偶々で!
      ト、_,   〈\/{`_ィ r > r-イ-- イ\ ノl|
      frうイ   \}  ⌒{::|三{エ}≦}ー──\__,、ィ_       .別に一口欲しいとかじゃなくて、他に聞きたい事が……」
 ____く}「       |__ノ::/⌒Y^ヾイ      { / ` }
 `ー──キ三≧x 、/:::::::::::`ー‐{|/`|____/⌒ ̄      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |   ̄ 7::::::::::::::::::::゚:/:::::::/.
   r────ァ<::::::::::::::::::::゚/:::::::人‐-  、
  f|:::::::::::::::::::::::::::::::`丶、:::/\:::::ゝヘ\、 丶、

479 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 22:59:42 ID:sgOWfCY60

                          _
                      / ̄:::::::::`ヽ
                      /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    //::::://!::::::::::::::::::lハ
                      i:|::::::_LL!___!ii::::::l::i
                      /:::l::::::!●)  (●`!_::|:i
                  /:::::::i:::i    '    ,'::`::|              ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     /:::::::::;i::!,゙:..、_ ^ .イ::::j::::i
                 /:/ ̄.|::! ヽv/´ 〉ヽ/:::::::.                「ニシンの甘露煮、
                  _,-'"´ヽ ! .!::|V У /  |.ヽ:::ハ
           _,.. -<_    ゙:..| |::| .ヤ/  /   !/ V:ハ              一口だけなら食べていいわよ」
〈\   _,.. -‐ '"     ` ‐-、_ ゙.!|::|,/  ,/!  |' ,/ ヾ、!
 \`ヽ.|             ,.ィ≦::|イ`゙='-ェ、._j/ ___\         .┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
  `ヽ-‐|      _,.   ,..:ィ´::::! /:/  ̄ ̄ ̄ ̄.〉.\     \
     ゝ  _,.-‐"    ,/:::;::::j/'"       !:::゙ト、`ヽ、    \
     く ヽイ      /::,イ/"ト、.__      ,!::::::|, ヽ、_ `ヽ    `メ__, -‐ァ
     ヽ      _,./:///゙ヽ、/_  ̄`゙¨¨¨´ヤ::::/     `ー、.  ,..イ._ っ
      `ー‐ ' "´ レ'"   /  /   ̄`゙¨¨¨¨´イ:/       ,.ィ'"



      __「`ヽ-:::'´|
     く::::::\:::::}:::/─‐- 、,
      >、:::;> '"´ ̄`"'  ` .、
     ., '  /ア  /__ /   ,   ヽ.
    /   l/  / _」_/ ! /! i  i  ',
   :'    .'   7´んハ ;_/; ハ 、.;   }
   |   レヘ. 八弋,rノ  `'ァt、/  ;                    ┏━━━━━━━━━━━┓
   |    (_| |""    .  り ハ / /
   | |    !.| |.    ,. - 、  "トレ'                        「じゃあ食べる」
   | l    | '、 :   l   リ  八!
   レヘ、  '、 \ト 、    _,.イ |        ,.. -─- 、          そういうことになった。
      \r ヘ/r 、 `T斤|ヽヘ/       ,:'´      ヽ.
     ,. -‐イ:::\_\rlヽ、 '"´ ̄`ヽ.    /  *´ ω`* !      ┗━━━━━━━━━━━┛
    /    ヽ::::::}::::ヽrイ}ヽ、⌒ヽ `' ー'         ;
    ,'     、}:::レ'7」トヘ. ';   ':、           /
    /      ';::::::::\l::::::'; }   ,. ‐─-、      /
    、  、__  ノ:::::::::::::';::rァ} :、 ./ `つ} } }--‐ '"´
  ,' ヽイ´ ̄ ヽ!:::::::::::::::::}o:::ハ_ノ /  _ノ ノ-'J
  ! / |     |!:::::::::::::::::!::::::|´ ∨   /´

480 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:00:04 ID:sgOWfCY60

             ゝ:.:.:.:.:./
            ≦.:.:γ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、
           -=ァ  ´ ̄ ̄''       \
             ゝ    / ̄∨ヽ|/ .i   . ヽ
               / | /レ'\    / レ  i ',
           ィ´ ̄Y (( _))   ((_ハ  |. !.        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           { \、 |///  ゝ--┐///   , -、
            \ \ 、   `ー‐'    |_/ /l       i.    「――それで、キル子は遠路はるばる
           ノ_ \入 ゞ 、____/ ヾ,イヽ.|    /',
                {  ノ}><{/::ヽ   _」      .i (    復讐に来たのよね? 確か、ほおずき村だっけ?」
               7´::::::ゞ/o:::::: ,、 ::` イ      ノ  |
                ノ::::::::: ノo:::::::: t;' ::::::: |   ,.'" ̄`ヽ. i.. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             .<::::::::::: /o::::::::::::::::::::::::: |    i      i
           乙:.:.`ー'‐^ー-:::: ___._ノ    ヽ、.,____,,. '
             Y⌒ゝ、:.:.:.:r‐ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             .|__|- `‐´  ̄`Y⌒Y´ ̄
                      |三_|




       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
     /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.                 ┏━━━━━━━━━━━━━┓
.    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
    |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|                  「……ええ、そうね。
    ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
      ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|                    それで、それがどうかしたの」
    チッ  |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
      |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|                ┗━━━━━━━━━━━━━┛
      |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

.

481 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:00:25 ID:sgOWfCY60

              _
          |:::二‐-、_ ,.=ニニニ=- 、
           r´:::::::::::`:::::ク-──‐-:::、ヾヽ
           ';:::::::::::::::/   ,'       .ヾ、.ヽ          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          `';::::/   ,'  ,';   .l  l ` ヘ
              ソ',   l .,!  l. !  .|  |   |.',            「いや、仇討ちの仇を横取りしちゃったのに、
              ,' l   | ,'l  | |  |l .l   | .',
              | |   | ∩ ゙̄   ̄´∩┤  | |         .キル子は全然怒らないし、甘露煮までくれるし。
              | |   | ∪      ∪ |   .l |
              | l  ..l ,,        ,, |   ,' |          .それが不思議だったんだけど、どうして?」
              ',.∧,   !、_   ,、    /   ,! /
              ゙ '  ̄` .]'`ヾニフ‐:t´.'ー─''´        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 /n::::::;;';;::::::::|`ヘ



            _,,,__
        , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
     .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
     .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ●)::::::|`
     .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l
    │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!
     |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
    .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
     |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!
   ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
   / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
  .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '

482 : どこかの名無しさん : 2016/11/05(土) 23:00:41 ID:FEFn7g460
とてつもなく物騒な話を屋台でどうどうとしないでw

483 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:00:39 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                           |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
                           ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l               ┏━━━━━━━━━━━━┓
                             / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
                         l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l                   「色々とあったのよ。
                              ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
                              /         `ヽ!   !                   本当にいろいろと、ね。」
                          / / .         ヽ..._│                               ∠_
.. .,ィ劣王ミ::、..___                 |、 !             `<ヽ,              ┗━━━━━━━━━━━━┛
.. .寸圭圭圭圭圭}               ._メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\                   /          /     l
..`ヽー―- 、.、 少´              ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'  . ___       _ ─'/_.,., / ̄  ̄ 一一<     |
  {\ー―ゝ、` 、             _                        <"\\ ̄  ̄ ̄  /__、 i!         |     /
     {   ヽ ` ー=ニニ=ー――=´―‐`r―- 、   .r 、        /|.  \_//\ヽ_ _/ヾ\ _l一一一─_ _l|_彡//
  ..._、}__ ,r- 、                |     ヽ  . ', `ヽ. --- '  |     .\ /ノ   ヽ─″ ̄.¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭
.______ヽ彡ー―――――――'´ ̄ ̄ ̄    .}           リ、                     {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少
..圭圭圭圭圭王圭圭}                 _.._/:i        i ハ _                    {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬
..圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´               _r_‐〃ァ' ィヘ.       ハ  X'                寸少' ̄ r劣}   .弋圭
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            _,,,__
        , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!         「そういう貴方は、どんな理由でこんな街まで
     .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
     .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ー)::::::|`          .遠路はるばるやって来たのよ」
     .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l
    │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!           ……きっと、食事のせいで気が緩んでいたのだろう。
     |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
    .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|           キル子は、軽率にもそんな言葉を投げかけて。
     |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!
   ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
  .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '

.

484 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:01:16 ID:sgOWfCY60

          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l
        !:::::::::::::::::::::::::li:|                    ┏━━━━━━━━━━━━━┓
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!                    ――次の瞬間、
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l                       彼女の背はぶるりと震えた。
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l                  ┗━━━━━━━━━━━━━┛
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
.      /         `ヽ!   !
     / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,
   _メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\
   ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'





 /           _ _
      _,ノ\  ´       ̄   ‐
       }(`ヽ:::::|                `
    r‐く_;ハ:::::Ⅵ-=ニ 'ニ  ‐- 、         \
    (:::::::::::: '; 〈Ak==‐        \          ヽ
  /,r┘二:ニ:::ソ'´ /  ;.i     ' ,  ヽ          ,
   〔:: : ::::::;::/゙   / /  ' l  |ヽ  ',   ',         ,  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ,〕:ィフi/ , / 、,ゝ=== く. -  } | .'
   〃/' /  i..、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,..Y__」 !|          '.    妖夢の眼が、闇から覗く獣のようにキル子を見ていた。
   ' / ,イ  : !...く(   {三●;= }  )> i ハ!         i
   /イハ!. i ´  ヽ_.ヾ;三;〃././ /i |              }    それは紛れもない、獲物を前にした魔法少女の眼。
      ', ! !. :.`i ト ,  __, ィ/.〃/j厂               !
  \    j/ハ|i_レ‐ く人____ 厶仏'― 、            ,     「ああ、そうだ。すっかり忘れてた。
  ) }       /     ト、   }K___{_,   \        ,
   (_     '     \ヽノ:::::ト、::::〉    ヽ      /     .そういえば、キル子にはまだ聞いてなかったわね――」
 `ー-、`,   ノ    ‐- 、 }んn_j、厂 \. /     ,
    ,'(   :{   \ , --〈    | o   ∨    /   ....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    `ヘ!   ` ー-r'。,.-‐1    ヽ o.   ',  ,/
    /  ̄¨ ‐- ,Kハ   ̄  - .」 -―ァノ ´
 _,/      ___,厶ヘ_ヽ_     ` <{_
   r一::::  ̄::::::::::::::::::: /  ̄¨ ‐- .    \
    \::::::::::__::  -‐/i          \  ヽ',

485 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:01:36 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
           /  /: : :i:从        じ イ: :.:.|: :从
            /   /: : : :|: : :ヽ      ,  /: :.:ノ|:/
         i   イ: : : : :|: : : : i  r フ _ 八:く ノ'八
         |  /:.|:.:ル:.人: : : :|、    ノ ゝノヘ: :\  \
         | //  ̄ ̄\i: :从 千///ハ i Y: :.\  \
         |:/__≧ < __,|:/__i  / / )\从: : :i\  )    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          /  ̄ ̄\ \\    |    / ノ }:人:./  ∨
          i     | 厶 \\_ |     {/  /´ V            「――ねえ。あなたひょっとして、
          |   /  ̄ ∨ 人 /ヽ __ ,人__/ \_
        ハ //ハルへ{,へ/|   /> ――( \          西行寺幽々子という女性を知らないかしら?」
       />ハル'⌒'⌒へハ{  |  , 辷彡《\、 ̄iゞソ
      ノ_彡へ⌒V⌒Y__/ 〔   |  /7iしハ_》\》  |i人      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     / しへ_ / ̄ /⌒i_〕 | '八_,ノ ̄ i\  /|  i       __
   彡イ    ,へ フ⌒ 〕--| 〔  | /  〕\ ̄\ ,メ i|=| \ _彡'__⌒ヾ
    〕へ  /(  / 人 | )   i   ' ̄\、_ { 人 _ ノノ' ̄\   ̄ ̄\`
   しへ \i 〔 Y    〕人(   | /:. :. : : ヾヽV  ヾ  i     \_____ ∨
      乂人 \|_  (   〕  ノY=======从 (ノ_,,)ソト     ヽ       ニ=- -
      /レへ |八 ̄ゞソr-'(⌒ノ(_ノ:. :\:. :. :. : | ''⌒) |i、\     \      ______\
      /从彡 '  、  )ノ、 人  _)八:. \|:. :. :. 人(⌒   |、 \\___     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

486 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:01:46 ID:sgOWfCY60

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,' :::::::::::::;イ:li::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::i
    i :::::i:::!::::/l::i!::::::::::::::l::!:::i::::l::::::::::::i
    i::::::::l::i::」 .l::|:::::::l:::l_j::Lji::::l::::::::::::l
    |:::l::::l::|(ー)  ̄(ー)Lj:::::ト、:l::::::|
    L:l::::l_i    、    .u |::::」ノ」:::::l
       ̄ハ         iレ::::i:::::::::l
        i: :>/ ⌒ヽ _, ィ´i:::l:::::::::|
       |: /     レ'`ヽl:::l:::::::::|
        ノレ'     /  /ヽl:::::::::|
      /      / /   \::::|
     /       //         |:::i
   / /      l/    / ,.   |::::|



      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,' :::::::::::::;イ:li::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::i
    i :::::i:::!::::/l::i!::::::::::::::l::!:::i::::l::::::::::::i
    i::::::::l::i::」 .l::|:::::::l:::l_j::Lji::::l::::::::::::l                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |:::l::::l::|(●)  ̄(●)Lj:::::ト、:l::::::|
    L:l::::l_i    、      |::::」ノ」:::::l                  「ないわ。心当たりなんてカケラもない。
       ̄ハ       .u iレ::::i:::::::::l
        i: :>/ ⌒ヽ _, ィ´i:::l:::::::::|                  それで、それがどうか――」
       |: /     レ'`ヽl:::l:::::::::|
        ノレ'     /  /ヽl:::::::::|                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /      / /   \::::|
     /       //         |:::i
   / /      l/    / ,.   |::::|

487 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:02:06 ID:sgOWfCY60

                       _
                      _)  \
                    ̄ ̄/  /⌒ヽ
              /     /  〃 乂彡)
             / _    ――、乂_  へ \
            く / ̄へ_彡へ _,辷z彡へ | 人_
          /'⌒ ヽ i : : i: 斗―/―:/|: : |: : :\ フ⌒ヽ
            乂__,ノ/'| : : |: :x==ミk  i|: : |:\:|:.:Y⌒:i ノ
             | / |: : : 《 んハ   j|: : |: : :.|i:.:|: : :「
             |'  人: : :i 乂ソ   从:ィぅ㍉八:|: : j|
           /  /: : :i:从        じ イ: :.:.|: :从
            /   /: : : :|: : :ヽ      ,  /: :.:ノ|:/                  ┏━━━━━━━━━━━┓
         i   イ: : : : :|: : : : i  r フ _ 八:く ノ'八
         |  /:.|:.:ル:.人: : : :|、    ノ ゝノヘ: :\  \                    「――あら、本当に?」
         | //  ̄ ̄\i: :从 千///ハ i Y: :.\  \
         |:/__≧ < __,|:/__i  / / )\从: : :i\  )              ┗━━━━━━━━━━━┛
          /  ̄ ̄\ \\    |    / ノ }:人:./  ∨
          i     | 厶 \\_ |     {/  /´ V
          |   /  ̄ ∨ 人 /ヽ __ ,人__/ \_
        ハ //ハルへ{,へ/|   /> ――( \
       />ハル'⌒'⌒へハ{  |  , 辷彡《\、 ̄iゞソ
      ノ_彡へ⌒V⌒Y__/ 〔   |  /7iしハ_》\》  |i人
     / しへ_ / ̄ /⌒i_〕 | '八_,ノ ̄ i\  /|  i
   彡イ    ,へ フ⌒ 〕--| 〔  | /  〕\ ̄\ ,メ i|=|



                   , - ─‐ - 、.
                 /:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              .,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l
             l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
             |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::::|
              |::l::::::::|゚○ソ`:::::::::'゚○ソ!:::::::::i
                 l:::|_:i|:::|゙¨ ´ :::::::::::::゙ ¨´|_::li::_|
             |:::::l:::::::!    丶    |:::::|:::!
              l::::::|::::::|\.   ‐‐   /i:::::l::l
                l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::l:|
            l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l::::l!l
.            l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ::::l:|
             l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l l::::ト、
           / /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::| l:::l  i

488 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:02:29 ID:sgOWfCY60

     |::||::::::::::::\,... -――-- 、
    /://::::::::::::::::>====-、`ヽ
    /::://:::::::::::,. ´          ヽ \
   ヽ:l l::::::::, ´            '  ‘,
    }:l !::::/    l  l   l  l  l     ,
    l:| |::イ l  l__|_ |    ,!-ハ- !、 l  , l         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ー' '-!  , ´|. |.、,ゝ=== く} イ / l  l, !
       | l |..、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,イ /  !VI         「ああやっぱり、視えたのね。
       |ハ  ,.く(   {三●;= }  )>.| l |
       | l..´  ヽ_.ヾ;三;〃./.イ /}|',!          今の、幽々子様を知る人でないと視えないのよ」
        , ハ  l`> ._  _. <´、!,/ !
        / V´l:.:.l  、 /  l:./´ヽ、                私もまだまだ未熟だからね、と妖夢は言った。
          /   ,:l/´`V ´ ヽ{    l
        /    !:.777{}777、},    \         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ヽ _/}:.{,//八///>, -   /
         V   l:.:>‐'/l:.、/7、l´`ヽ'
          l  /:.:.ー ':.:l:.:ー'´l   l



              ...::::: ̄::::`::..、
                /:::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ':::::::::::ハ::ハ::!::::::::::::::::::::::i
           l::::::i::::'__iL_!i::::::::::ハ::::::::::j
           |::::_l::::|i.゚●,゙ ̄'≦zハ:::::jj
           |:::{ i:::::!゙¨ ´  〈゚●r'lヽリ                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
           |:::::::!:::!    ' ゙¨〃:!
           j:::::::i:::ト、  ‐  ィ:::/::!                    「……貴方、一体何をしたの」
          /::::::::i:::! l! >´'ヽ.:/::::L__
            /  ̄/::j! l!,/ /:/ /  ヽ                ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ,イ  /::/ /  /:/ /     ゙!
       / j'、 ./i:::i! /  / {::::|/ . -‐ ヘ,′
        /  ′Y ///  ,′|:::/ ,/    ,
        〉イ ヽ| j:::i,′ ./  /'´      ,′

489 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:02:49 ID:sgOWfCY60

                    __      - ‐_ ‐ - 、
               \ ̄ :: :: :::::: :::::: > > ´ ヽ ̄`\ \
                     \ ::::::::::::::::/ /     }   ハ.  ヽ
                      \::::::/ /       /!      i   !
                       ∨ . '      / i|     |  .li        _ _
                    ∨  / /、,ゝ=== く    .リ  从   ィ升ヘ´    `ヽ
                    イ!  、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,.../  , ' ハ //{  Y      ijト、
                       |l i. く(   {三●;= }  )> /  ///./ ゝ_人   _メ ハ〉
                       |l...´  ヽ_.ヾ;三;〃./ /  ル' .//       ̄    ( (
                    从ハル' j>'´ ̄ ̄j /⌒Y///. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ル'   |/
                 /    _ __ _」_ノ       〉       .「なんて事のない、ただの魔法よ。
                 /  /´ ̄ /: : : } __ \!     /
      /≧x、 r==、_ /  /    /: : : :/: : : : : `ーr‐ ァ'          あなたの手の中に残ったものと同じ。
      ` <≧t     く ヌ     /: : : :/: : : : : : /j/┤
          ⌒ ⌒ー<≧x. r 、/: : : :./: : : : : :./: :/   .|          私はそれを少し伸ばしただけ。
                ` <し' :_: : :/ : : : : : 〈: : {    !
                  し/´: : : :i : : : : : : : :マ∧  .|           ――ねえキル子。もう一つだけ、聞くけど」
                 /: : ,ィ升介ト、: : : : :.マ∧___ノ
                /: : /,. ~⌒へ\: : : : :マ: 〉≧x.       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           _   //く/: <<「 ̄: : :> ==-く  `<≧x.
        /´: : : ///从: : : : : : : \: : :/´: : : : : }´ ̄: : : : \≧x

490 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:03:02 ID:sgOWfCY60



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                                         /,イ ,
                            - ──── -       ///| ‘,
              ─ 、     -'"              ` <////| ‘
             { (⌒ \/                    ` く//j  ‘
_            \\/             _   ァ ''"´ ̄ ̄¨'''   У   ::|
     `   、       X \         /  /            \:ノ
       \     /  \丶      /    "                    \
 ヽ:::...     \/       \\ 〆\  /     γ⌒o            、
   \:::::::...   /        \\_j |  ′     弋  り
::...    Y::::: /          / \_丿 |        `¨´               ゙
:::::::::.... i_/ O           /                                i ̄ \
::::::γ´       O     /    _   λ                          \
:::::::{___/     O  / ,..-=く               (               j     /
:::::::::::::::::}/          イ/ヾi:i:i:i:}      ゙      `て__,  γ⌒o    .′ /
::::::::::: /           //   ノi:i:i/         \         弋  り   / ̄
::::::::::(_,....-=彡'′ //{_/i:i/           /\           `¨´. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
─--::y':::::::::::/   //i:i:i:i:i:i:i:i/   i      /   `              /
::::::::::::: \::::::: ̄::::/{i:i:i:i:i:i:i:/     |     r' {         i ー───r''´   「もしも、死者ともう一度会えると聞いたなら。
:::::::::::::::: : \:::::/:::......ー一"     |     | |         |     !
:::::::::::::::::::::::: У:::::::......          !     | |         |       ‘.    あなたなら、どうする?」
::::::::::::::::::::::::/:::::::.............       ̄\   ! |        !      \
:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::................       }    | |       ゞ          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

491 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:03:16 ID:sgOWfCY60

           __,ヘ_ ,.-──-、,
          ri;;;;;ヘr-===- 、`ヽ.
          7〉' ,  ,  、 `ヽ ',
   ((  ,ヘ,  i i / イλハLミョ-ンλ,ヘ ))                 |\     /\     / |   //  /
       '、 '、 |_i__i ○   ○ ノλ/ /                   _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
       ヽ ソ ,'ハル""r-‐¬""イ/__/                \                     /
        (   ヽゝヽ、__,ノ_ノ」  )                   ∠        つづく!!       >
         弋r  /:: :}><{: :人  ノ      ノ|          ./_                 _ \
   ,..-''' ̄`゛"''‐..:弋〈:: : :|o: : :!i.イ-イ-‐''"´ ̄`゛ノ          ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  ,'         `从: : |o: : :λ    .ノ⌒`゛              //   |/     \/     \|
  {          く;r‐'ー--、;:_>-‐''"´
  ヽ        /: : : : :: : : : :ト,
   ヽ、__ ,. -‐'´<: : : : : : : : : : : :|:`:、

492 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/11/05(土) 23:05:00 ID:sgOWfCY60
         _______
        /       \
     / ,.. -‐‐- 、   \
     }∠,..艦__これ_ \    \
     /.:.:.:./ \|\:.:.:.\\    ,
    ,′i:/n    n\i:.:.:.:.i‘,  }
.    i:人| U    U  l:.:.:Λ:‘,/
  <人(          ,':.:./__):.∠ニZ
   /:.个: . __▽__ ,./:∠:._{>o<}
    {:.:.:‘,( ) ( )__L/´    /:.:.|         本日の投下は以上になります。お付き合い頂きありがとうございました
   人:.:.:.: (・x ・l ト--{〉   ノi:.:./
    `¨¨´|   |___,.{   、_,.ノ          次回投下は未定ですが、遅くても二週間以内がいいなあ(願望)
        |   |   \
.       UΤU___ __/
        ノ |_| |_|
.          」.| 」.|

493 : どこかの名無しさん : 2016/11/05(土) 23:05:53 ID:FEFn7g460
乙でしたー。

494 : どこかの名無しさん : 2016/11/05(土) 23:07:56 ID:zU8VibH.0
乙でした

496 : どこかの名無しさん : 2016/11/05(土) 23:10:25 ID:QpCLbwfc0
妖夢の一見普通の少女と魔法少女との切り替わりがすごい雰囲気出てて良かったです
乙でした

498 : どこかの名無しさん : 2016/11/06(日) 00:09:13 ID:IieY8KsU0
乙ーー
相変わらずAAチョイスが微妙に雰囲気とズレてて笑えるww

500 : どこかの名無しさん : 2016/11/06(日) 21:40:49 ID:1gghBl7U0
乙だよ
みさくら村とか名前だけで笑わすのずるいwwwwwww

502 : どこかの名無しさん : 2016/11/06(日) 23:27:08 ID:1mnx2Rws0
乙っした

>>500
きっと村人は時代劇調のみさくら語で喋るんだろう
「殿中でござりゅぅぅぅ」とか「んほおぉぉ !年貢を取立てられりゅのぉ 」とか

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 201 《DAY210》 (12/12)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 6ヶ月目 1ターン⑩ (12/12)
  • 国際的な小咄 6267 マクロンヘッド (12/12)
  • 国際的な小咄 6266 仏陀の中の仏陀 (12/12)
  • 国際的な小咄 6265 欧州チーズと日本チーズ (12/12)
  • 国際的な小咄 6264 国旗に対する忠誠心 (12/12)
  • 国際的な小咄 おまけ 最近ほんとマジすみません (12/12)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第24話「動き出したゼムス!邪悪に魅入られし者」 (12/12)
  • やる夫は魔導を極めるようです 小ネタ「師匠と弟子の何気ない一日」 (12/12)
  • かえってきてしまった!! やる夫とイア その7くらいだとおもう、たぶん (12/12)
  • アメリカンヒーローアカデミア 59 (12/12)
  • 国際的な小咄 6263 海外医わりとよく死ぬ (12/11)
  • 国際的な小咄 6262 シカゴピザを食べに行こう! (12/11)
  • 国際的な小咄 6261 反社 (12/11)
  • 国際的な小咄 6260 それ、あった(白目) (12/11)
  • 国際的な小咄 6259 イタリア料理の強み (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 舞編 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Lシリーズコロニー 導入 (12/11)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】コロニー育ち、コッコロちゃん!(コロニー生まれとは言ってない) (12/11)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 036 (12/11)
  • 国際的な小咄 6258 アラブ人はアラブ人 (12/11)
  • 国際的な小咄 6257 ベトナム人、どうでしょうベトナム回を見る (12/11)
  • 国際的な小咄 6256 文革すら中国には無意味 (12/11)
  • 国際的な小咄 6255 イッチもくるっていた (12/11)
  • 国際的な小咄 6254 弁護士がアメリカに留学した時の話 (12/11)
  • アメリカンヒーローアカデミア 58 (12/11)
  • 六道玲霞は正義のミカタに恋愛中 最終話 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 戦後処理 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その5 (12/11)
  • あんこ時々安価で鬼滅の刃 5章 その4 (12/11)
  • やるおぐらんどおーだー 多分最終話 (12/11)
  • 国際的な小咄 6253 か、韓国ーっ! (12/11)
  • 国際的な小咄 6252 欧州の歪みのはけ口 (12/11)
  • 国際的な小咄 6251 前半は聞いたことあった (12/11)
  • 国際的な小咄 6250 ユーカリさんパナイ (12/11)
  • 国際的な小咄 6249 例のあの事件の後しばらく後のフランス君 (12/11)
  • やる夫がKenshiになるようです 第5,5話 『テックハンター・やらない夫の起源』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.13『スエラの炎と月夜蜂』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.12『"夏の思い出"セイバー』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.11『風の旅団(真面目なサブタイトルが久々すぎて背中が痒い)』 (12/10)
  • やらない夫が霧の街を攻略するようです Mission No.10『ポニテ+剣士=可愛い』 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その16 (12/10)
  • 英雄を作ろう! ~008話:お前も鬼にならないかと誘いにのったらこうなった~ その15 (12/10)
  • ボイスロイドな日々 その2 (12/10)
  • 妖怪人間ユウ 第9話『占い館』 後編1 (12/10)
  • 国際的な小咄 6248 廬武鉉遊びVS安倍首相 (12/10)
  • 国際的な小咄 6246~6247 グレタ女史について ~ プーチンがある意味一番グレタさんに優しい説 (12/10)
  • 国際的な小咄 6245 悪書追放運動 (12/10)
  • 国際的な小咄 6244 斬新な表現、即ち設定 (12/10)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/11)
    ※完結作品は集計した時点の前月(10月)までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あさねこの小話空間2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3アメリカンヒーローアカデミア3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7英雄を作ろう!7やる夫はソロハンターのようです
    8アカガネ山のやる夫8異世界食堂できない夫
    9やる夫は魔導を極めるようです9ローグライク異世界転生
    10ドクオが異世界転生したようです10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫はギルドを経営するようです11あんこくさい連合頑張る!
    12あんこ時々安価で鬼滅の刃12やる夫たちは三連星(代理)のようです
    13やるおぐらんどおーだー13レベルを上げるスレ
    14できない子とSCP14やる夫はLVが上がらないようです
    15徳川RTA15オーバーあんこ
    16やらない夫で異世界転移もの16やる夫の野望
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫は魔女に支配されるようです
    18やる夫がロードバイクに乗るようです18俺の息子は転生者
    19やる夫は竜の人財のようです19やる夫、デビルサマナーになるってよ
    20やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~20やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    21やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです21食事処 ~やる夫の大釜~
    22森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠22やる夫は魔界の王を決める戦いに参加するようです
    23カーきゃん□23女神が愛した白饅頭
    24◆s90IbI9oR2の雑談etc所24彼女たちは売れ残りのようです
    25ドラクエⅤの世界でビルダーズ25やる夫が桃太郎の舞台に立つようで
    26二人はヒャッハー世界の何でも屋26やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    27やる夫は光を目指すようです27路傍の果ての英雄譚
    28やるやらは偽りの太陽に祈るようです28やる夫と翠星石はタッグデュエルのパートナーになるようです
    29やる弟切草29怪獣育成日記
    30魔女はやる夫になるようです30恋心とシュガーラブ


    過去ログはこちら
    人気ページランキング


    ブログパーツ