スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

亜人はBARに居る 幕間 第01話 「ドワーフの食事事情」

目次 現行スレ

59 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:00:37 ID:a5299ee0



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.              幕間 第01話
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|.             「ドワーフの食事事情」
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.




60 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:01:08 ID:a5299ee0


「暖かいものでも食べますか?」
そう言ってハクが二人に勧めたのは、ビーフシチュー

とろとろに煮込まれた肉と、大き目の野菜がうれしい
本日の日替わり料理だった


             / ̄ ̄\
             ノ ヽ、_   \
           ( ⌒)( ⌒)   |
               i(_人___)     |     「うーん、いいねぇ」
      ,、,、     { `⌒´    |
     >ゝヽ__   {          |
     f \)ヽl   ヽ      ノ
     ゝ `Tヽ.>    ヽ    く
     |`¨¨´::l  /       ヽ


                               _ivfv'レN´w'rz
                              _iゞ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;㌧
                            `ヾッ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;У   
         「相変わらず美味いすね.      ´7;;;x㏍К㍉レ.;.;.;,;,;,;,;;;;Ζ .   
          ハクさんの料理」           '^!i^kX'゙゛  .:{rヘ.;.;.;;;;;ζ
                               Z ;.'ー' ,.::::゙£};;;;;;;;;;ゞ=-、
                                /__;:   .::::::::r .^^'λ 三ミぇ
                                 了二つ ::::/;: .::  .::ゝ三三ミぇ_
                                  ン rー冫:::::::..  :.. ..:::ヾ三三;=/
                                _,> .二Y´乍=z:::.   .....:::|三三/ミぇ_
                                 ノ.K ,-=.Y 三∥:: ,; ,;::.._z-|三/ぇ::::::::...`ミ.、
                          ∠.三i| ヽ  ノ;三∥;_;;zr-― .::}》'三i三三ミ>:/:ヽ


                  ,.イ
           |  ( \   _,.......... ....__
        \     > `~~ /',   、 `ヽ、
           , ‐'´  / /  ,    ヽ  \
      ―  /, フ ,'  ,′      ,  ヽ.  `、
         , ' ,' , '   , ,’   ',    i  ヽ  ヽ.rァ
          / / '  , ,  {     ',     i   ',   //
          ,'/j ,'  ,' / ハ  ハ      !   i //! '
       j,' { j   i ' ,{'、__',  { \ ',    i    '// j
       !' ! .{  i  i 、、__'、 ', `ー'、__∧ } リ レノ,ノ       「おそまつさまです~♪」
       ! ', {!   |  } ,ィニミ,'、 {   、∠`ヾ,| リ ト,ソ___
            レ''、  ', { ""` ∨   イニミゝj /  j 7____\
             ヽ 丶 、   、   ""~~` jノ / /     ノ
.            丶  } 丶、 r-,__,    , イ /__ノ    /
             r'、リ ノ `.| }_   イ ノ ソ  ヽーく
             | j ハ / | {     ノ /  ノ   `、 \
             | .j / }::{ へ」    ,.../ ノ- 、    ヽ_ノ
              | ,'/,}/,`ヽ Y,ィ7/ノ /   }     \
           _j.,'/' .| y | レ' / ソ /    i      ` 、
           ! iイ  |└イレ' //,イ D.  ノヽ      ヽ、
              j::{!{  ,|   /イ//   T /) \      \
           ,':::リゝ(ノ  ,イ,/ノr'´   /'´ {   ヽ  丶  ヾ ヽ
.

61 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:01:40 ID:a5299ee0


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '      「おかわり、まだありますからね~」
.       ′    /il∧  ‐十寸=‐   ハ|| !
      {1   ‐大{'=、   ;x-刈、}   !:jjヽ
.     从N   以=x , /,ォ示=ァ! |ヲノ ,′
.       八 个゙Vrリ ∨  Vrソ|l  レ' ∠-‐. :7
         ヽ ゞ ¨´ ,    "" |l   レ'_:::::::::::/
        | }、  マ _フ     リ  ′.、ヽ/
        |   |i≧ァ- = ≦イ /iK:::::::Y


           ヽ;;;...ii;;,,ヽトl∨ノハ ,,,,/;
         、 ;;;iiゞヾllノトiiiiノ!!ii;i`ノ/;/i`/;
        _ミミヽミ´;;;ll i:ミ》l ll>ゝi,ii,lliiヽレ;;/l/l/
       >=r`illミミii;; i;巛l`∨ii/ト iハノir::i/リ!lli
      ,-;ヽミii:ミミ:l{<ミiii i i、i:::iii::liiilll::i i/i:ii ii lll彡/
      -,-´i;;;;ミiミミ!!;;.>!!>)i{iii::ll´iii´iハ;ii;;ii;ii,i,i;;ii`l;iレ;
      ∠iiミii;;;、i,,、iトiiii,`iillllii;;ill;:ii l;llii liノl:ノ/l/ノr-
       /:::ゝlミ,;;;ll;;..ミlillilll>ヾl;iヽii ll,iii:::ll;llll`ii`//7
      ,」ミミ巛ミii::::::: ´´.//レ,,//`iノiiiii:::llll::ii:、ノ彡
      >ミ、ミミミミiiミ/ ./ll/./i//iハヾヾiYiilヽゞハ
、     ヽ, k=、;ミiiミ    レ iレiリ/i l.lレiリl iil lli            「じゃ、もう一杯」. 
::ヽ     .<l:::r-コiミ  <巛ミ=:lwii .:jii リ /レ;illゝ
::彡、    .1ヽヽソミ   <...  ̄`.ミ、:: リ/彡》_;;/
::::  \   /ハハ,ヽi::    `─´ ̄.ソ ; iノ二゚ノi
 //iiiiiii:::iii/  :`:1::::         ; l    i
iiiiiiii:::iiilllii::k   ` ::        ... ::: .l   /
llliii::iiilllii::iiiiヽ::   ヽ       ヽ-,__,:i.  /ヽ、,;-;、
llll:::iiiiillll::iiiiiiiヽ, ::::   \    _____, ./liii::iiiヾllll::lli:iii
iiiii:::iiiilllll::iiiiiilili:: ::  ::::ヽ,   ヽ─-´/llllii::iiiiiii::illllll::il
:::lllii:::iiiiiiii:::iiiiii:\:::::: ::::::::\  `─´¨ イllll::iiiiiiiiii:::iiiiiii::i:
::::lll::iiiiiiiiiiil::iiiiiiiiiii\: :::::: :::::`───´iiii:::iiiiii:iiii::lllllllllll::


ガッツ、四皿目の注文であった


62 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:02:12 ID:a5299ee0


ガッツの気持ちのいい食べっぷりを見ながら
ふとやらない夫は気づく


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
 . |     (__人__).     「そういえば最近料理増えましたね?」
   |     ` ⌒´ノ
 .  |     ∩ ノ ⊃
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ
 (.:::::::\ /::::./ノ:│
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄


                                                  _
                                                    /'⌒ `
                                             __( /
                                               ⌒へ〈>ヘ、
                                          /          ヾ
                                       //    |
                                         /:     八    }     }
                                          レ′/`ー‐.   Λ  }l  }
   「あれ、言ってませんでしたかね              __/ / |「巧列、 {__`ー八 メ、 
                                       {//レク{、 l|  ̄  ヽ{巧列 | `ヽ_)__
    ここ、【亜人指定店】の資格とれたんですよ」     {////Λ八    '  `^'人|  ////}
                                     { ̄ ̄ ̄レ个  ¬ u くl}: 八/ ̄ ̄}
                                       V77>‐ |l.l!/) 〕l爪 [ ̄}/ト ミ 7777
                                   ∨  ./レ/厶    ]  | |ヽ V//
                                       { /=ミ{ ′ ,ハ     ]/| |ヽ〉 }
                                      。 レ'⌒{    J    }丿{、  }
                                      ,′/ ,>|  /     /   {\/
                                   {___レ{//{  /\ ノ、/     } }}
                                     /7 / 人'Λ ////〉彡_____/ /}
                                      ///{////≧=--イ竺7________ノ〈
                                   ////{//////////[/__]>'´ ̄ V///〉


           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)      「ああ、どうりで」
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|


63 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:02:45 ID:a5299ee0


人間という1種族でも「好き嫌い」という形で食べるものを選ぶが
別種族――亜人ともなれば話はまるで違ってくる

アレルギーと言えばわかりやすいだろう
その食物に体が拒否反応を示し、物理的に受け付けられない


                     __
.       「⌒Y  「...`Y       /ニニニ∧
.     「⌒{.......|  l|........|/`ヽ     /ニニニ/ 》 ______
.    |......|.......|⌒l|........|...../ 「... `Y。o≦¨¨           `ヽ
.    |......|.......|......|........./   l|.........|..〉                \   _-=ニ=-_
.. 「⌒|......|.......|......|........| ⌒Y l|........../          !         \/ニニニニニ=
.... \........|¨¨ |......|........|........| |.........|   ⌒` / /|           ∨ニニニニニ》
....  `Y¨l|   |......|¨¨¨|........| |.........|   /}/ │ /}  ⌒ヽ     ∨ニニ/ 7
    | 「..`Y¨¨l|   l|........| |....... ㌧x≠ミ,,.    | .' 八ハ         ∨ニ/⌒ヽ
    │ |.......|  |   l|¨¨¨| |¨¨¨l| ///  ヾ.   !/ x≠ミ∨      }∨   ゚。
..  /⌒ヽ..... |  |   l|   l| |   |            //// ∨      /´     |
.   \......./  ̄ ̄  ̄\l| |   |                ∨   /ハ     |
     `/ __: : : : : : : \    |  r───‐        ∧   ニニ}       | .   ネギだけで生きていけます♪
      {x≦ニ/⌒} : : : : : : \  |  |          }    / ∨ /ニ/       ,
      |ニニニ{   ノ: : : : : : : : :.\!  ,乂        /    /  /∨ニ/
.     /{ニニニ乂_ノ : : : ノ : : : : : : `Y    ー── ´   /  /二ニ/}        ’
    / 乂ニ二/ ⌒ヽ_: : : : : : : : :.:.:.|`≧o。      __ .。o个 イニニニ/ l|      ’
.   /   \ /      }__: : : : : : : :.:|⌒Yニ」 ̄ ̄ L       ̄ ̄  l|      ’
  .′     /{    /ニ{: : : : : : : : | /:{::::::::::::::::::::::: }            |      ’
. /     / 乂 /二ニニ\: : : : : :.:レ::::八::::::。o≦ ̄\          |   Y
.       |:.: : /二ニニニニ\: : : : |/ __-=ニ ⊂⊃   }         |     |
.       l: : .′ニニニニニニ≧====≦ニニ} ‐─  /        |     |
.       │ {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニリ/   /               八
/      l|: :乂ニニニニニニニニニニニニイ   /}            |    %
.       ∧ : : \ニニニニニニニ=- ̄:::::::乂_イ:::/             |       \
..     { : : 、 : :  ̄-=ニ二ニ=r ̄}:::::::::::::::::::::::::: /           |       \
..     |: : : :\: : : : : {: : : : : /::: 八::::::::::::::::::::::: ′         │        ゚:.
..     |: : : : : : : : : : : : : : : /:::::::{::::::::::::::::::::::::::{             |             ,
.     乂____〃⌒Y____/___j::::::::::::::::::::::::八           |            ,
\     〃.:.:.:.:.:.:.:.:{.:.:.:.:. }.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::::::::::::::::::::::::::::::\           |            ,
.  \  乂.:..::.:.:.:/乂.:.:人 ̄`ヽ.:.ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::}            乂              }


そういう亜人もいれば、そうでない亜人もいる
そのため一般的な人間の家庭と違って、食事・食材にかかる費用というものが非常に偏るケースが多い
.

64 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:03:24 ID:a5299ee0


そこで、亜人保護法の一つとして制定されているのが【亜人指定店】だ

指定された店舗での食料品の購入、飲食店の利用に関して
「料金の割引」や「料理に使用する食材」の限定など、各亜人に応じた適切なサービスを受けることが出来る


      |             |.゙____________________ヽ       :
      _.|              人.. ___________________i
      ―i|               /  |.....i|;;;;;;;;;;;;;;: :: :::;;;;;;|          ||;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;:::::|;;;;|
.       /l         /   |.....||::        ::|ー―――― ‐||;;;;|::      ::|;;;;|          ;
       {__ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|     |. ||        | ̄ ̄ ̄||| ̄ ̄||;;;;|      |;;;;|
      {__)  ̄ ̄ ̄ ̄ \/\∧. || _____.  |    /|||    ||;;;;|      |;;;;| ;
        |||         {    }レ'{...|| |l―――l| .|  //|||    ||;;;;|      |;;;;|
      /|||        /` ┬彡'{. || || ::; : l|. |//  |||    ||;;;;|      |;;;;|    :    '
       r{ト、_____/ ___{ レ'^|.゙|| || :: ;: l| :|/    |||    ||;;;;|      |;;;;|
       l ト{ ァ‐t折ミ、 frt折テ j/ /. || ;;|l―――l|: |___|||__||;;;;|      |;;;;|  '
       ̄乂_}  ^⌒´,ノ  `⌒^ {_/ ̄|| ;;|i ̄ ̄ ̄i| .::|―――'!'――-!'、|      |ヽ|    :     ,
       ̄. 圦       | {      |.... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ヽ____ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         r|   、__ヽ'_,  Λ                :                '
         | \\ `こ 二´ /,│
        _|  \\   _// ト、_          '.         料理人にとって一番大切なのは
   _  7フ´/|     ̄| ̄「 ̄    ト、  \_      _..
.    /  /: |\    |  |      ,|: |\     ̄ ̄\ \.      お客様にいい料理を食べてもらい
   //___{: :l|_\__ヽ,ノ__//:/  ヽ         ヽ  ヽ...  '                :   '
.   //___|: : \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /:/    \       }  ‘,..   快適になってもらうことデス
.. //┐r┘\: : :\  ____/:/       ヽ       |   i                :
         \: : : У: : : : :\:/        }l      /  │
           \:/: :/⌒ヽ:/           l|    /    
  ___________\{:_:_:_:\:{______l|__   /    |
 ┌─┐        ̄ ̄ ̄ ̄     ┌─┐|  /       |


その指定店となるには、多くの制約や義務が発生するが、亜人の数に反比例し
この指定店資格を取得している店舗は少ない

リスクに見合う投資だとして、採用する企業や個人店は少なくないのだ
.

65 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:03:48 ID:a5299ee0


     /′
     〈: (__.. - ―── 、rュ
     >ァ=一 :: : : : : : : : ヒ}
    //: : :,'l: : : : : :、: : : : _|| \
   / イ: //│: : : : : : \ : :Ⅶヽ「:]     「ていうか~
    / /_l__」メ : :`ト、 ハ_:\|Ⅳ}∨}.       料理のお値段も安くなってるじゃないですか~
     |: :|八丶: : |∨ ヽ:V: :ヽ: : : |
     |: :}=== \{ヽ====|: : :|: ∧|.      気づきませんでした?」
     |: :{""      ""|: /| /:.シ _.-┐
      丶\  ー(    /: /くj/∠:::: !
       \|>rーr‐r‐个/ヽ:|=ミ/:::/
         /∧ | |  | l/ ハ :.',
          //  Vハーく   / |  :.',


                                / ̄ ̄\
                                 / 〉 _ノ  ヽ、_ \
                          / /' ( ⌒)(⌒ ) |
   「あはは…すみません.          ./ //〉 (__人__)  │.    
                         .l  ´ イ|   `⌒ ´   |
   俺、そういうの鈍くて」.           .l    iY           |      
                              ./   ハ !       /
                        ./  /  ' ヽ      /
                        l   /  .〉-r:::┬〈、
                            __「 ー‐1  ./Λ 〉.:〈 7//\
                            i//7777|/////V::::::V/////\
                            |//////|//////∧::://///////}
                            |//////| ///////∨/////////{


       ._iヽ|`‐┘`"V`;-'`i'、li/i、iヽ,、
     ..>;;;;;;;、ミミヾ`ヽ、\ヾ川|! ノノ_丿
    .._」;;;;;;;;;;ヾ\ミヽ\ヾ、ヾ〃i '~=、
    .>;;;;;;;;;ミ;;;;;-;;;;;;ミ三ミ/::~)ソ ,、ミミ、
    ゞ;;;;;;;三二;;;;; ̄=={  /" !ノi!))
    ..~);;;;;;;:;;;;;;;:__-二三フ   ='`ヾ;; (.       「俺に取っちゃありがたいことです」
    〈;;;;;;:;;;三/ノ\三'     "、__;:"〈
      ノ;;;;;:;;彡!ヽ 〈L'゙ :::::....   ゛ "`-,
     .ノ;;;;;:;;/!/`ヽ-'         r ‐'"
   .ノ /`'"'  ,'   |         ) __〉
    /;;:  ‐- / i  ヽ_          ,!
   ┐ _,  /  |  ;  ̄_`::..    (
   '  -二{   i  ;   i / ̄` -ー'
   .ノi_ ヽ,ノ\ |  ; ;ノ/


66 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:04:17 ID:a5299ee0


                     / ̄ ̄ \
            -`  ⌒ ヽ、_    \
              ´   ●)(● )     |        「でも…大丈夫だったんですか?
                    (_人_)    |
                   '、       |         ああいう指定店のやつって
                 |         |         けっこうコレ、かかるはずじゃ…」
                 | 、     .ィハ、_
                 ≧ュ─ー ´ /.......ヽ
              //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
              ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、
           /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
            j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ


指で「円」マークをつくってハクへと問いかける
彼女はその問いに「忘れたんですか?」と返して、こう続けた、


                                       . イ
                                   / , '
                                     {  {
                                 .>ー`ー- .
                                   . ´         ` 、
                               /              、   _,、
                            /                     ヽ. {nノ
                              /                  i//
                               ! i   !               i   |/.  
   「ほら、あったじゃないですか .       | i   |i  ! !    !   |   | !  !
                           | |   |! |!ノ| !   |`トノL_j |i_j  !   
   臨・時・収・入♪」」                 | !  匕´リ l∧. iハz≠ミ;;. !ゝ ` 、ヘヘ、_
                               i |  !,z≠ミ、 ヽ! {o;;;;;;}》|ハi\ ヽ._)、_) ヽ__
                               | |  |           ゞ.::ノ⊂ニ二'__ ,    iヽヽ.
                                ヽi  lヽ.     '       イ |ノ‘ー- ._    ノ | iヽ
                                 」  i::_\  `  ´  イ i !\     ̄iヽ  | |::::\
                             /::::;|  |/ヾヽ>ー  ´|ヽ! i |_}.     | \| |:::::::::ヽ.
                             〈:::/ |  |   \ヽ    ヽr!  |  `ヽ.   |   | |::::::::::::::ヽ.
                               ヾ/|  |   /ミi      _」|  |      ヽ.r‐|   | |::::::::::::::::::::..
                              /  乂 i   /ヽ.ヽ_  ´// ! |.      } |   ! !::::::::::::::::::::::..
                            /     リヽ/ \\ `; 「/ /リハ   __   ノ ハ  | |::::::::::::::::::::::::!
                         r'、     /-、  }  \ヽ!_/ /    ヽ{.  ヾ´_ノ:::ヽ.ノ ノ:::::::::::::::::::::::::!
                        /ヽ.\ /ヽ    /   `i⌒i'       \   `丶:二::ゞ::::::::::::::::::::,:'
                      /:::::::::::ヽ,>'   }  y'       rーi、       ヽ           ̄ ̄ ̄
                     /::::::::::::::/     ', /      |  |ヾ,         }


そう言われて、ようやくやらない夫も思い出した
経緯はともあれ過程を納得したことで、彼は止まっていたスプーンを動かし始める
.

67 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:04:42 ID:a5299ee0

だが、その言葉にやらない夫以上に大きく反応したのは、ガッツだった
せわしなく動いていた手が止まり、口まで運びかけたスプーンがゆっくりとシチュー皿に戻る


               ,  /{ /{,/{A、,4{,/{_,;i ,; ,4
             /{./{ {'/,;,;,/ ,;,;,;,;,Ⅴ,;/,; ,/ ,; / ,{/{ ,
           {';, { ,;,;,;,;,; / / / / /,;/ ,;,/ ,; / / //;{_,4{_
             _{', ヘ,; ,;,;,;,;, { ,;i ,i ,;,;{ ,;| {' ,;}`゚ミ ,;,;//,;,;,;,;,;,; ≦z_
          {,; ,;,;\,;ヘ ,;,;}-,;,;A,;,;,ハ}ル,;}ヘ}  `ミ:.、,;,;,;,;,;,;,;,;,; {´_
           ソ,;/,;/,;,/{,; ハ,;, { }/  }/ ´    7,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
          _},;,;,;,;ハ,:l ヘ{ ヘ{   _.::≦:.、_  _彡´`ミ:.、,;,;,;,;,;,;ヒ,
          ノ,;ヘ{ ヘ{  /{_,....≦Z≧´¨゚ ̄  `ミ,;,;,;,;,`゚ミ:.、;≦._
          _ノi  ` 」  寸弩'’_,.。:-=≠7'   `寸;,;,レ' ´.Ⅵ,;,;ヒ
            -}レ,;zZ{、   ;_ ’ -==彡'     佳', '’- Ⅷ;{_
          ム゚´_≧イ  _               ヒ _} i.|,;,;7’
             ':.,゙´¨}´ ̄          i      .){ ,.:'’,:.{_
            |! {、`   .、          し   ....;j{_イ,;,;,;,;,ケ
.             i ,::::ヘ;,、k、'             |!  Ⅵ,;,;{´
  :.          ':, .:.:.:7_ _            ,}'  彡jヘ{、
  :ム             ';.:.:.ヘ/´-´ ̄          /  彡_....ヘ___,,,,,,,,,.
  _ ム.          ゚;.:.:_ -='´ ̄        ,.:'/   ,.: ' ’ , , , , , , , , , ,`ヽ_..,,,,
  ' ″ム.          ';;'´         .//,:'’ ' / ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;心、
  :.,7'’ 'i:..          1 ,.;:≠:......、 ,.:≦/::/ , '’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;Ⅳ´
  //,,'’ _':.、      ゚:.、{___.:≦´:/: :,.:'/ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
  ’マj:;{ , '’  ':.、       `¨¨Ⅵ\`ヽ: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; >´
..    'マ/,, , , ,.:'’ミ:.、   ,.:'’i;,;,;,;}ム: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
     ゚マ,;,,,.:'’ ,,.: ' ’、.:'’,,; ヽ、-=´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
.       ゚マ;,...,/ ,.:'’},;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,
.        ._゚マ_,.:z≦’}'’≧-≦,;,;,;,;,;,;>´ ,.:'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;
      ,'’;,;,7 l'’//{、≦,;≧=- ,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/
    _ ,ノ ,;7'’ /,;,;ソ,;,;,≧=-  _,.:七'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,/
   { ,;,;,;,;7,; ,' / {ト;、,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/


ガッツはゆっくりとした深呼吸の後
うつむいていた視線を上げ、ハクに視線を向ける
.

69 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:05:21 ID:a5299ee0


               , /| , И
           ,ヽ ∧/  /  `/|/L
       ∧|\|!  !   !_ ///     !― ,
     ヽ「`ヾ   _  /`ヽ,ヽ ヽ⌒ヽ       7
   _|!ヾ    -/  _| ヘ| ノ勿ノ彡))彡_    フ
   \<_ -イ./| /!!!ヽ| |/〃_ュェ77>ュ、 ヾミ    ̄フ
  <  / /=| |≦ヽ(゙゙ / ,ィTエ-三二 ̄ヾ`ッ ミ  > >
  << | /ミ ヽ   ()キキ、/z夂===ミ,,   ミ    >.   「…………姉さん……まさか
  << _ __ ,≦ミミ)ノミ ` /X/  ゚   父  ミ     >
  / ./彳== _/~ミミミι 卅勿刎テ,ミミ=≦ミ    7..   ……これって…あの時の…?」
  \ |/ ,ュェ==-|  ,、ヾ、         ヘミミ  , -、
  < キ 卉T"" /λ ’ 〉∠,         u  ゙ミ // |
   <キミ,彡    >≡三__  __、ヾ    ヾ 人 ゝ
    キ彡     _ -= ̄ 二_ ~~ >/7/"    ヽヾ ン , }
    ,キ    / ,-ヘ-_二- ニヽ ) /        xノ  ノ
    ! V   ミ巛V^ ̄ _, -―´/     /丿 X イA
    ヽ V   ヾ_/ ̄         U //  册彡| ヘ
     \V し     =≡≦        / ,,,尹 彡| /ヘ
       V               ,,xxX匆/  彡| /ヘ
        |i 》     x《《匆xxz,、xX刎/ 彡k  彡|  /ヘ
        !i>Kz_xXNミ゙'   ``   _彡尹   彡|  //ヘ
        キ  f勿ニ_      し = 彡/   彡| - ̄ ̄
         k   キイE≧≡=    彡/   - ̄
        _ hミ  キミ         - ̄
       ̄  |キミ   キミ  _ -― ̄
         ---―- ̄ ̄


押し殺した声色で、恐る恐る事実を確認するガッツ
彼にとっては笑い事ではないのだろが、あははと笑いながら


                           // : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ミ》、: : : :ヽ
                          / ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー---‐-‐-: : : : :ヾ心: : : : ∨
                            //: : : : : : : |: : : : : /: : : : : : : : ≧==ミ、: : : . Ⅶト、: :: : :.',
                        //: : : : : : i: : |: : : _/ ヽ : : :: : : : : ノ んu(_゚:,: : : : : .Vf´二',: : :.'..
                          //: : : : : : : i: : |ー'゙,z=≦ミ.\: : : : : ',  {::::::::.:.ソ} 〃ノrnノ::::::::}:!: : !
                        〃 !: : : : : : : :i: !〃んu(_゚:, ヽ: : : : l  ヾ゚ニ -'  l「 { { ∨:::::ノl : : !.
                         ″ |: : l: : : : , lハ:::V{l {:::::::.:.ソ}   \: {      /// 八 ヽヽ∨:! !: :!
   「ほら、お金に罪はないし.   {{  l: : |: : : : :l ∧:::ヘ ヾ゚ニ‐'     ,       .ー=彡イリ } } 〉Vl: :!      _ .-┐
                      ヽ l: : ト、: : : :|/ }\::\                   /// / //ノ 〉:./,>. . :´: : : : : : !
    ね~♪」              ヾヘ: :l ヽ: : :!/ // ノ\::V///          ノ .ノ/       / - : : : : : : : : : : : /
                         ヽ{  丶: :〈〈 〈 (ハ`''ー- 、 ____       /      .イ ノ : : : : : : : : : : : /
                              \ \〈\ ` ` ー- .._        /       //: :_\_:_:_:_:_: : :-─!
                                   ハ\       `ヽ 、   {     / :./:/´  ` -.-.一:´ ̄l
                                 い\ 丶、      Yi ー‐ |   ー- {  /: :i      ヽ : :`:ー<____
                                  ヽ\\ `''ァー-   }」   │     |/: : :l       V : : : : :/
                                     r=ミ ̄`7     厶 -‐ァ |    │ : : !        ト \/
                                 }:::::}\/     /|::|:/:/│    | : : .ハ       l /
                               l:::::/: /     / f´::ゞ':::::│    │ : : :.ハ       !: :\


ハクは無慈悲にそう告げるのであった
.

70 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:05:48 ID:a5299ee0


ガッツは不意に襲ってきた頭痛に顔をしかめて
眉間と目を手のひらで覆い隠した


:ヽ ヾ\::.. \ `、 ヾ! '、;;;;| i| l!;;;;;;;/;;/;;;;;;;;ノノノ;;;;;;;;;;;ヽ:::::::::::::::::::::::::ノノ /  , '"
:::::\_ヽ、`ヽ、 ヽ .\ ヾ ヽ;!, '"i:;;;'/;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|、;;;i゙ヾ;;;;;;i ::::::::   / , '"  /
. / /  ソ/ /./  / :;;;/  :;;;;;'i;;; :;;;;;/^ヾ;; ;;;!.i;;;|  ',;;;;| :::::   フ'" ,;; '"/
/ ., '/. / /   !/   〃  ;;/i  :;;;/ |;; :;;;/  i;; ;;;| |;;|   l; ;l ::::   :::ノノ'",;; '" '"
. / / /  ,'   /i  .,'i  ;;/.|  ;;,'  l;; ;;;!    |;; ;l .|;;!  |; | ::::   :::彡"  ,;; '"
/ .,' /i;, i   ' l /.|  / l: ;;i   |;; ;;|   .l;; ;| .レ   |;ノ:::::   ::_ノ  '"  /
 .l ,'   |  ,'. | ,' .| !| ,' .|;; ;;;;| ノ.!;||;| ;::.. |;;;i  - _‐__-、::..  ...:::::::::::三二彡 /
  !| ;::. | i l  | | | |!.|  .!;; ;;;| ` !;i|;! i   |/ /;;:;:;;:;;' ―-、_  :::::::二=="
  ||,,_〉___l |_,  | ! | i| |.i/ |;; ;;;| __.|ノ__ / __,, ;; '";;:;:;:;;;:;;;:;_;;-ー'":::  ::::::::::::彡"
ノノ:;:;:;:;:;:;;;! .|;:;ヽレ  lノ| l.li l;;;;;;;i ";;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:__;;:;:;;: -‐' "ー - 、:::  :::::::::::::::::'"
ヾ、''ー;-- ,_;:;;:\i | iノ::ヽ ヾ;ノ;;:;;:;;, '",-‐ -- - - ー‐,=-_` ::  : : : ::::::
  ヽ ヾ 、,,___ ̄-ヾ、i/.::::::..` ー-‐'"::::(  _ フ'===='' " 7ミ ,'    : : : :::::::::
   `,:::..`ー===''-彡ヽ、   ::::::::: :::::..`:.  ゛ヽ、i";;:~)___,,ノミ /::::::::::::: : : : : ::::::
    i:::: `  -  " /:;!  ;;:    :::::::...   - ̄_ _三彡"::::::::::::::: : : : . . ,、ノ
  __,,|::          ::|  ;;:      ::::.... .     ̄       ,、_ノ`" /
.'":::i::::i            : l  .;;:      ;            __/ -v'"`'":::::
:::::::|:::::'.,         : |==;;:'"     ::              ̄   : : ::::::
. i: :i: : ::ヽ_,、        .: |  .;;:       ;::                : : ::::::::
. | |   ヽ~,ゝ     : !   ;;:.     ;::.               : : : ::::::::
 | !   i::\     /   ';;,.::     ';;              ,、_ノ` -'`::::
 .! i    |:i: i!\    ;     ';;,::::__- '_ノ            -<_, 、_, - , '
  | |   .|:l i |`、  ヽ__-- '_,/ソ                        /:::
  l      | | i: ヽ     ̄                、           /::::::::
  i i   ! | ' l  \  r;;ニニニ,_=''"_;  ___..;;;;_,=、 )       /::::
  | |     .i  i/   ' ,   ;:      ̄      ,......        , '     __
  ! .i    、 i    .丶 ::`--‐‐ーー‐‐-- '"::::::::....      //  _ノ,,_
  ;  |      lヽ、   `、::                     // ./   ヽ
   .;      ヽ \   ヽ                    // /  :   ',
  !  i       \ ヽ    \         〉`ゝ  ,  '" ./ ,'.   :    i
             , - ―ー`''''ーーー――ーー ''"  /  / |.   :    |
              , '"::::          ヽ、\ ` -‐''"  /  .l   :    l
              ' ヾ;::: '" ̄ ~   ヽ;丿 )  ヽ、     /   i.   :    !
    , -ー '  ̄  ` ー- - -ー '" ./    ` ::::::- '::::... .:::ヽ _ /
., -‐      , -‐ ''' ` ―- ,__, - ' ヽ、:::::::: : :     ::::::


その後に彼は、目の前のシチュー皿に視線を落とす


悲哀と戸惑いとが混ざり合った瞳は
皿よりカウンターよりずっと下、例えるなら地の底を見つめる、遠い遠い目
.

71 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:06:18 ID:a5299ee0


奥歯をかみ締めて、搾り出すように
そして自分に言い聞かせるように


                      __ノト、ハィ'ヽ.__,
                         _r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミx'{
                     {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从
                     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i〉
                    (i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 〉;;{ リ
                        从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /^゙、ッ'                 「食い物にも罪は無い……
                     }/{从彡'´У   _i___/`ヽ.__
             __/ヽ__ノ---、__/___r'´::::}::::ヽ::::::}::::::`Y´ヽ      無いよ……な」
           /:::::::/::::/::{:::::::`::::ー::::::::_У::::::::/:::::::::i:::::|::::::::::|:::::::\
          /{:::::::::/:i:::::/:::::ヽ::::::::::::::::ノ/::::::::::::/::::::::::::::::::!::::::::::!::::i:::::∧_
        ,r''´{:::i:::::::/:八::::::::::::::::::::ー:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::|::::{::::}'
       〃::::::|:::i::::::i:::{:::::i:::::\:::::::::::ー=::::::::::::/:::/::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::|::∧
    r―彳::::::::::::::i::::::i::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::l/::::ト...._
    ヽ:::/:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::\::::::`::::ー=:::::::-':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::!::::::|:::/
    冫::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\::::::::::::::::::-==:::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::!::::::iハ
   /}:::/::::::|:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::\
  <::::::i:/:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::--==::::::::::::::::::::/::::::::::::::|::::::::::::::l:::::::|:::::イ
   Y:/::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::--=:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::\
  /:i/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::!::::::::イ
.<::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|:/:::ハ
 \:::!:::::::::!:::::::::::::::::::|:::i:::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::/:::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::/::::::〉


その言葉と共に、ガッツは食事を再開する
彼の背中は、どこか悲哀に満ちていた
.

72 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:06:54 ID:a5299ee0


          ,. '´⌒ゝ'"   ̄  ̄`   、
      /  , '⌒ヾ} ´ ̄  `ヽ.    {ミ}
.    〃 /           \  {ミ!、
.     {  /    /    }、    ヽ || '
.       ′    /」∧   -‐寸T¨`  ハ|| !
      {1   T大{‐-、  ;x-刈、}   !:jjヽ          「いや~、ガッツくんは青春してますネ♪」
.     从N..゙イ 三≧  , /≦三  ムイノ. ノ ,′
       /{ '''    ∨    '''  |///.゙∠-‐. :7
         `ヽi     _ ノ     |Y´. '_:::::::::::/
         Y^ゝ、 ____ /⌒Y.{....、ヽ/
        乂   Y  / (  ノ ヾ:::::Y   只
          | ̄ ̄ | Y | ̄ ̄| }.|     γ⌒ヽ
          |   .| .| .|   |/ .|     {<⌒>}
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、_ノ  ̄ ̄ 、__ノ ̄ ̄ ̄ ̄ }}酒{{
                           └‐‐┘


                                 _____
                               , '         ' 、
                             , '               ' .
                             ,'                 i
                            ,'                 |
                         |                 |
                         |         ___ ノ ゝ__,
                         |    u.   ( {::::::} ) ({::})   
   「………そうですかねぇ」        '.             ' . .j
                           '.       (      j )
                              }  人     ー――´ー
                           __ノ    \        」
                           }////` <  `: ..     .,'
                           /_/////////` <r'´ ̄ ̄
                       //////`/<///////ハ
                         ///////////,`/<// 丿
                     ////////////////////ヽ
                         ム///////////////////// `ヽ
                     ハ////////////////////////ハ
                        {///////////////////////////}、
                        |///////////////////////////iム
                    ハ//////////////////////////}ハ


何故かうきうきとしている店主とは違い、やらない夫は彼に同情してしまうのであった

                                                  【オワリ】
.

73 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:07:15 ID:a5299ee0

                     (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                       (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                           (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                        (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて                .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
   幕間 第01話は終了かしら      .}厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                        {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                              ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
..                               .八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                            \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
..     閲覧ありがとうございます          .}:从   、     /r=、::\  、    |
                        f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                   .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                            {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                     (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                      ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                            ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                          {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                          \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                               /  (.У: : : :|
.

68 : 普通のやる夫さん : 2017/03/17(Fri) 21:04:44 ID:4cc9e52a
あれかイスラム教徒向けにハラール認証取るようなものか。

74 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:09:47 ID:a5299ee0


____
 ...:::::::::`:::::....、
 `':::. :::::::::::::::::\.           さて、第01話と幕間の投下でお気づきと思いますが
   ::::. :::::::::::::::::::::ヽ
   ::::. ::::::::::::::::::::::::: .        このお話は
    :::. :::::::::::::::::::::::::ヘ
    ::::. ::::::::::::::::::::::::::'ハ.      ・この亜人はこんな力を持っているだろう
     ::::. :::::::::::::::::::::::::| i     ・ならこんな職業につくのではないか
_    ::::. :::::::::::::::::::::: i│...   ・そうしたらこんな法律や制度ができるかもね
' ̄`ヾ    _ヽ::_::::くヽ::::|│
廴__ノ    |:::i,ィ⌒ヾ、.:ノ.リ      を考えたお話です
`7ニ'フ   |:::|>-‐'::.... i′
:::::::::    ノ::∧⌒ヽ::::|│      【亜人指定店】はまさしく>>68さんの言う感じですね
:::::::   イ:::::::::::}:.、 /::::i│
::::    '´,:`ー':::::`:::::' ,!       __ __
       {::ハ:::::::::::/ /      /(_` l⌒o }  
  -‐==ヌ:ェi::::://  .    ,′/ `ヽミ-vイ.      まぁでも堅い話にするつもりじゃないので
 、_,ィテ.:::::::::::::::/ , '       rv^O  O'`r{..       こんな解釈もあるよ、みたいな感じで
:. ヽィ⌒ヽ::::::/ /    .    ハヘ.  l ̄|  厶         気楽に楽しんで欲しいかしらー
:::.      ノ:::/ /         _/^>`ニ-ィ ハ 
:::::::....  '´:ィ/       |__| l 仁l|V介イ 仁!  〉

75 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:12:12 ID:a5299ee0


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |          それでは次の投下は 3/19(月) 21:00
       |   _ ` トイ'、l
       |  ィこ:Y_| Vハ/.            本編 第02話を投下させていただくかしら
       |   {しリ`イ ソ
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... |
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' |
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ          ガッツ君の苦悩は次回の本編で分かります
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \ 
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ..     それにしても1話は本編も幕間も堅い感じですみません
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j     次から少し軽くなりますので
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }  .     では、今晩はこれにて
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ
.

76 : 普通のやる夫さん : 2017/03/17(Fri) 21:18:44 ID:46d75736
乙津
ナニ姦らかしたん?

77 : 普通のやる夫さん : 2017/03/17(Fri) 21:19:30 ID:4cc9e52a
乙やでー。
肉の謎は深まるばかりw

78 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/17(Fri) 21:37:51 ID:a5299ee0

             ./ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ./        .',
           .| /  . \  |.         あ、投下の曜日間違えてました
              | ○ .  ○  |
. .             | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'          3/19(日) 21:00です
        /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i
      \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./.       月曜じゃありません
.         \  r― , ., ‐┐ /
.           `i {::::::::::} {::::::::{. ./




     _ _
    (´ `)) _
     -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
   /, ' /\ー、ゞfニ薔ニヲ
  //, ' /    `ー-=ヘ、/メ
  { l! / ⌒    ⌒ l i|.        ちなみに、食材はちゃんとしたものかしら
  (,キ | ●     ● l| i
  ゙i| ゙i⊂⊃ 、_,、_,  ⊂l|´.         ハクさんがヤバイもの食わせたとかじゃないから
  i⌒゙i'ミj   (_.ノ   ノi|__/⌒)   安心してね!
  ヽ  ヽ>、 ,__ 、 <{≧ ヽ/
  ∧ _、ヘ| l><l | ア   )
  (,   人  |:|  人  >,r'


79 : 普通のやる夫さん : 2017/03/17(Fri) 21:38:23 ID:efe801a1
乙ー

80 : 普通のやる夫さん : 2017/03/17(Fri) 22:49:00 ID:2fc4f8ff


81 : 普通のやる夫さん : 2017/03/17(Fri) 23:14:10 ID:8f544d91


関連記事
13660 :日常の名無しさん:2017/03/19(日) 17:17:43 ID:-[ ]
ミノさんでも狩ったかw
43441 :日常の名無しさん:2019/04/16(火) 01:36:23 ID:-[ ]
ガッツ君が精神的に大人な理由がちょっとわかった気がする
頑張れガッツ君
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 正義の味方 左衛門 第拾弐話「私が見極め、”俺”が、選んだ!!」 (11/19)
  • できない子は空虚なようです 第四話 (11/19)
  • アメリカンヒーローアカデミア 36 (11/19)
  • ドクオが異世界転生したようです 第66話 (11/19)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その10 (11/19)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #59 (11/19)
  • 国際的な小咄 5975 メンデルの実験 (11/19)
  • 国際的な小咄 5974 おいおいおいおい、死ぬぞあいつ (11/19)
  • 国際的な小咄 5973 この金貨一枚で生涯遊べるドン (11/19)
  • 国際的な小咄 5972 だれのことかわかるかな? (11/19)
  • 国際的な小咄 5971 日本VS韓国! (11/19)
  • 国際的な小咄 5970 すまたん (11/18)
  • 国際的な小咄 5969 葛根湯の中国での扱い (11/18)
  • 国際的な小咄 5968 足りぬ足りぬは工夫が足りぬ……って限度があるっての! (11/18)
  • 国際的な小咄 5967 博多とかいう狂ったバス天国 (11/18)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ 第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」 (11/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #43 (11/18)
  • アカガネ山のやる夫 これまでの登場キャラ一覧 (11/18)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 034 (11/18)
  • Caitたちが見捨てられたVaultを探検するようです Vault 88 (11/18)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 松茸の巻 (11/18)
  • 国際的な小咄 5966 フェイクニュースかよ! (11/18)
  • 国際的な小咄 5965 ルワンダ料理は…… (11/18)
  • 国際的な小咄 5964 そこで生まれる新しい格差 (11/18)
  • 国際的な小咄 5963 手口としては、うまいしヤバイ (11/18)
  • 国際的な小咄 5962 種族が違う……? (11/18)
  • 国際的な小咄 5961 Hate Speech (11/18)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第14話「美しき旋風!華麗なる風のバルバリシア」 (11/18)
  • やる夫は軟式野球をするようです 第四十一話・やる夫は再会するようです (11/18)
  • アメリカンヒーローアカデミア 35 (11/18)
  • カナちゃんのおしながき 第61回 (11/18)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十七話 壊れた街で、さようなら (11/18)
  • やる夫は竜の人財のようです 小ネタ (11/18)
  • やる夫とばくだん 5.消されたタイタン 後編 (11/18)
  • 国際的な小咄 5960 満蒙は生命線 (11/18)
  • 国際的な小咄 5959 盧植さん!? (11/18)
  • 国際的な小咄 5958 お、おう (11/18)
  • 国際的な小咄 5957 ましなのを選んだ……つもりだったんだよ(By当時の部長) (11/18)
  • 国際的な小咄 5955~5956 一応ムハンマドをAAスレで使いたいときの一番もめない方法 ~ 革新的 (11/18)
  • 国際的な小咄 おまけ  やばい! しっくりくる! (11/18)
  • BLUE METAL 第七話 「 終わりの始まり 」 (11/17)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第三十一話「彼方へ」 (11/17)
  • 国際的な小咄 5953~5954 今イッチ東京だよ ~ ちなみにイッチの返答 (11/17)
  • 国際的な小咄 5952 君の国的に先進国って何だと思いますか? ~イギリス編~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5951 その発想はあったけど考えてしまったらやーばい (11/17)
  • 国際的な小咄 5949~5950 中華ガジェットのひどい提案 ~ 朝鮮半島の土地の生産能力 (11/17)
  • 国際的な小咄 5947~5948 デーツは強い ~ 中東の人々の甘さへの渇望はすごい (11/17)
  • 国際的な小咄 5946 沢尻エリカ=濃姫 (11/17)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その9 (11/17)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ