スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:副反応は軽めですみそう。(嘔吐1回

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
11/25
ヨリイチはジェダイの騎士のようです
11/22
エイシンフラッシュが帝室御賞典レースに挑むようです
11/19
やる太は、魔王を名乗るようです
11/17
やる夫の割と平和なドラクエⅤ
11/13
やる夫が船の正体に触れるようです
11/9
やる夫たちはつつがない日々を送るようです
11/6
転生ワカメの聖杯戦争 奮闘記
11/5
やる夫はマジカルチェーンソーで百鬼夜行をぶった斬るようです
11/2
やる夫は人になるようです
10/29
魔法少女たちのペルソナ5 反逆の物語
10/28
イナズマやる夫イレブン
気がついたら魔王
10/16
都合の良い女
10/14
ギャンブる冬優子
10/13
流されて平家武者  ~~中華風異世界転移顛末記~~
10/10
やる夫の家業は悪の組織のようです
10/1
やる夫はアイドルを応援しているようです



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

亜人はBARに居る 第01話 「Night Light」

目次 現行スレ

1 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/15(Wed) 20:47:19 ID:29d3c9a3


.           、-、 |    l   l   /  /  | '  , '".|, イ:::::::::::::::::::
.        \==ーヒl-===   l   /  / / |, '", イ |:::::_;..-'''"
.          \ ヽ `"  l  l  / ./ ./ , '゙|, イ : ::|,へ :  ハハ ノ 、
.       =============================i,へ |  | ̄ ,-「|] |} |コ |
.         ___________ ||YヱYYヱヱ.|| _______ .l: ̄ [「L!,.. .-‐ '''""~..  ┌─────────────┐
.         |l::::::::::::::l|゙|| i⌒i | i⌒i || {lilililili} | i'""~,-ハ ハ ノヽ. ハ  「           亜人はBARに居る
.         |l:T:T:T;:l|゙|| l.Y.l | l.Y.l ||  lニニコ | l [「L| |[ |{ l| } | | i ノ
.       ___ 二二二_.|| l|l | l|l ||____________|~""''' ‐- .!.!,__| l |.           BAR -AXANAEL-
.        l | l l l || l ̄l | l ̄l || l | '''- .._"''' ‐- ..,__  ~"".     └─────────────┘
.        (ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄二ニ)l  l || l |     "'''- ..______"''' ‐-
.       -----  ̄|~}{~| ̄_____-------(二)        |:::::::::::::::::::::::: 
.        ̄ ̄/ | 十 l.__||ll|ll||  ̄ ̄ ||_l|(二 )      |::::::::::::::::::::::::
.        ̄/ ̄ ノ ⌒ ||、||二|| ̄ ̄ ̄..|| l|.||__||:.    |::::::::::::::::::::::::
.       /------- - |l .||  || ---------|l ||:.    |:::::::::::::::::::::::
.            /    |   ',        :::\   |:::::::::::::::::::::::::
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     ・オリジナル作品になります

                     ・ひさしぶりなので初心者です

                     ・キャラクターはおかしかったり普通だったりします

                     ・タイトルの似ている漫画やドラマはあまり関係ないです

                     ・合いの手や雑談は自由です

                     ・こんな感じでよろしければお付き合いください

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.




2 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/15(Wed) 20:48:25 ID:29d3c9a3


                 ,.  ..::=::... 、
                 /....::::::::::::〃   \
              / ⌒):::::::::::| ! :   ヽ..       初めての方ははじめまして
               , .:.....:::::::::::::::| :. ::.   i.         久しぶりの方はこんばんわ
                l ::::::::::::::::::::::| :: j::::: |.  
             」 :::::; -‐ミ::::ノノ∠...  L、      >>1のアバター
              /ヘ ⌒<こ>:::. .:: <こ>,  うハ      クリスタルボーイことクリボーです
               {::〈 .::::r‐' 7.:: :::.  _):::.  〉.:}. 
             ヽ::. 、::::::::::::〈_.:::; ヽ::::::: .::ノ
              ゝ!::.ヽ::::::::/_J_   }::;  /`ヽ- 、    
           /  ∧:::::.::::::::''ニニヽ }  ∧     >‐- .
          _/   ///ヽ :.::::::::(⌒_ノ  イ ∧         丶、
       ,.  ´     ////O 丶、:::::::  .イ O/∧_____  ´  ̄ `ヽ
    -‐'"´  ̄ __ /////////ヽ  ̄ ////////三三三三≧x ___



     / / 、_ _   〕 | /{/i ィzjハ ̄フ',
     / , / ヽ ` ー- { く:::::::} Y厶ソ }ヾ´ l|
     /!   /   丶 _ \ ヽ/ヾ二ヱイ、::::\
    ,' |  /         _Y \    / ヽ/...   アシスタントの金糸雀ことカナかしら
    |! l l/  \     '´二´ゝく 「 丁,-、_」ソ
    l V /  ̄ ヾ.   / , ィ::T:::ヽY  ̄  l /.      わたしたち二人が進行させていただくわ
     /r'、{ __, l  l   ゞじノ }/⌒Y /
      { |.ヘr┐ ̄ r}ー‐{j   ̄ ̄ / j´ リイ  
     /イ/ / ー一' 〈、 ` ー一〃, --イヽ         なんでこの二人かって?
    li/∠__  、 __ ,   ィ|{::::::::::::::::ノ  
 /}__/  _ー、┘ __ ィヘ Vム}三≧彳.        詳しくは>>1の過去作をご参照ください、かしら!
イ l/'┐  r__>、」::| lー} |ーl {__} |:::::::::::::::〉― 、
ヽ\ |ーイ {:::::::}ヽ二ノ!0ト--'≧三彡'   \
ーtヽ.\ 辷」三イ/  | / j | 「:::::::::::;〉
 └t.ヽ.\ 廴ソ   j_|0 {.」 〔::::::::::ソ           ◆jsXgrE.VEg 雑談所
/ └t ヽ.\_ 了 /   / ゞ=' ̄            ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12368/1364995990/
   / └t.ヽ/\ / 0 /   |                (TOPに過去作へのリンクがあります)
  _ - '  / r―r‐r―┐ ̄ \  -―
´       / |   }ー}  |    \ --- 、 /
__ - '´ /   ̄    ̄     / |      Y
      }            イ  }      |
.

3 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/15(Wed) 20:48:49 ID:29d3c9a3



           本編は明日 21:00からになります


                 ,.  ..::=::... 、
                /....::::::::::::〃   \                少々お待ちくださいかしらー
               / ⌒):::::::::::| ! :   ヽ
              , .:.....:::::::::::::::| :. ::.   i
              l ::::::::::::::::::::::| :: j::::: |                 ,.--――--z、
                 」 :::::; -‐ミ::::ノノ∠...  L、               /        `>、
             /ヘ ⌒<こ>:::. .:: <こ>,  うハ            ,r´        , -、;z-、
             {::〈 .::::r‐' 7.:: :::.  _):::.  〉.:}              |   入_ 、__. 〈〈´rZヌ `〉〉
             ヽ::. 、::::::::::::〈_.:::; ヽ::::::: .::ノ             l、 ,r´   `ー-=丶弋ツノイ
              ゝ!::.ヽ::::::::/_J_   }::;  /`              ヾl ニソ、 ,斗‐r、//ヽ/ヽ_ヽ
              ∧:::::.::::::::''ニニヽ }  ∧  .               fil 「:「{`  |::.::: l .l ヾi ) l
                ,-,-,-,-ヽ :.::::::::(⌒_ノ  イ-,-,-,┐.         ,-,-,-,-/ じ   ヘ:::ノ ,-,-,-,┐ヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー丶、:::::::  .イ イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.

13 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 20:50:28 ID:a7ea94fd


.         ./ ̄ ̄ ̄`ヽ
         ./        .',
.       .| ⌒  . ⌒  | .       どうもこんばんわ
       | ●   .●  |
       | ⊃ .、_,、_, ⊂ ,'.      投下は時間通り21:00から開始させてもらいます
...... /⌒ヽ...ヘ   .ゝ._)  /./⌒i
...  \  \`>,、 __ , .イ./ ヽ./
     \  r― , ., ‐┐ /
       `i {::::::::::} {::::::::{. ./


       _ _
      (´ `)) _
       -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
      / /\ ー、 ゞfニ薔ニヲ
    //, '/   `ー-=ヘ、/メヽ
     { l! /ノ    `ヽ ヽ._ l i|
     `i |l ●    ●  ツ メノ    よろしくお願いするかしらー
     `|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃/ |/
 /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  {ミ'/⌒i
 \~/ ≦}>,、 __, イ゙ァ/~~/
  (  `ア | l><l |ヘ、_ ∧
   ヽ<   ヽ /:|  人   ノ


14 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:00:02 ID:a7ea94fd

それでは、投下開始です
.

15 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:00:29 ID:a7ea94fd



                                   _
                                 "`、:ヽ
                  _ヾー-‐――-y'´ ̄ ̄`ヽ、__): l/⌒
               ,ィ=,ィ'´.:`.:,.:ヽ.:x"-='"´.:ヽ、-=ニ=、.:.:.:ノ.:´ ̄`ヽ
             ./.::.:::ク´.:/:/´`ヽ:ヽ.:、.:`.:=‐.ヾー''"/.:,x'"´ミ≧
            /.:.:.:::::リl: .l/iヽ`゚゙ソハ ルヽ.:.、.:.:.:.:ゝ.:=‐-´‐'''´.:.:.:.:.:彡
           ./.:.:.:.:.:.::::ゝ、:ノゞ ⌒ 、ゝ、ヽ`i.:_ヽ=--ァ.:.:.:.:‐-=.:_<´
           〈li.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:{ 、 `=- _ ノソノ´_,ィ'"´.:.:.:.:`゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:‐
          <:li.:.:.:.:,ィ<ゞ´fハ.l>   ´≦‐f"´ー-.:.:.:__.:.:-‐''" ̄.:.:__.:.:
.           ._l´:>‐'、:::lヾ、`ゝ、ィテニ´/ ̄:::\ゝ‐-.:.:,;,r=-‐‐=<´`ヾ、
        _.//li:.`´:::ゝ `≧.、>==/.:.:.:.:.::::::::::`ヽ ̄__x-‐‐‐‐-、`ヽリ.     西洋のエルフやドワーフ
.        /l/  ハ:.:.:.:ノ: >、_`フ==f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::>:.、:::::::::::::::.:.:.:ヽ、_
..== ,ィ=,x'"==ゝ、_=ィfr‐'^、:li.:.:::::r=、::::::li:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::__;;_≧≡=、:::.:.:.:::`..   日本の鬼や天狗
ニ ノ,f〈:l_=-ニニ´ニ=l/.:/i.:l∨、.:.゙:.:ノ.:.:.:li:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''"´::::::::::::::/_ノ::ヽ::.::::
..ィ'´>‐''’      f´i: l: l: l:ヘ.:`゙´.:.:.:.:.:ゞ.:__,;>''"´ヽ:::::ヽ.:.:.:.:.:.ノ‐-i::::ノ::
.,ィ'´.   ___ ,ィ‐‐'〉:li: : l: l: : :ゞ.__,;ィ'ヘ、:::::ヽ.:.:.:ヽ:::::::\.:.:.:.:`´.:.::::::ノ:::::::::/     人に似た知的生命体でありながら
.      l: : : r:f´:lヾレ__l: ゝ: _/:/´ ヽ::、:ヽ:::::::\::::::::`>::、.:/::::>'":::
.       l:'"´:l: l: :lゝ‐'´彡=イ .:ト--‐、  l`` ‐i、|| :::::ヽ、:::ヽ.:.:.:.:`゙`´:::/:::ノ     常人とはかけ離れた「力」を持つ種族
..    /: : i: l: ゙、:`フ'´.:.:,ィ':ノ.:.:´.:ヽ.:.:l .l.,r、 l ||`ヽ、.:::>-=.:_.:.:.:.:.:.:::::/:::
..    l: .:.:ヘ:゙、.:`´.:,ィ'"´,ィ': :ハ.:: .:.:.:.:`X´.:.:`゙´'i   ヽ、.:.:.:.:.:.:`゙ー‐'"::::::::
.     l: : .:.:ヽ.: ̄``.:.:‐-.:=‐-ヽ、: :.:/ 〉'´ヾ.:ノ       \.:.:.:.:.‐-::、::::::::::::..   「  亜人  」
      ヽ、: : ,;ヽ.:.:.:.:.:.:: : : :.:,r<_:l:./  {彡-、}||      \.:.:.:.:.:.:.: ̄.:`
         ゙i´ ``'i-、.:.:.:.: / /    〈,r‐=':}.||        `゙`ヽ ̄ヽ.:.:
         l   .l  `゙"´.  /      〉∧:{..||           ヽ  ヽ
         ',   l     /       /从,rヘ.||            ヽ  l
          ',   .l    ./ ======/´ ノ.=ヾo=================∨ l



.

16 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:00:55 ID:a7ea94fd



 : : : : : : : :.:.:|lェ================/∨            | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 :.========||: : : : : : : : : : : : : : : : :/∨              | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : : :.:.:.:|lェ==============/∨                | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 :.:.=======||: : : : : : : : : : : : : : :/∨                  | | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : : : : :|lェ============/∨                 __| | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 :.:.:.======||: : : : : : : : : : : : :/∨                  ├‐=| | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : :.:.:.::||ェ==========/∨     _匚]]_        ├‐=| | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 :.:.:.:.:.:.:===||: : : : : : : : : :.:./∨    | |三| | |┐       ├‐=| | |_,,.. |-‐ ''|"´ _,,|.. -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
 : : : : : : : :.||ェ========/∨       | |三| | ||      ├‐=| | |_,,...-、ィ´ ̄ヽヾ.、  -‐ |_,. - '" _,. - '"| |_
  三三三三三三三三三三}¬┐。 | |三| | ||r┐。  ├‐=.ヘ\ イ、ミ-‐===‐-}..。-‐ |_,. - '" _,. - '/ /_,
                               工工工..゙ヽへ) ゝ-       {、__ - ‐,...'"_,. - '/ /_,. -
.. ファンタジー世界の住人である彼らが           ̄| ̄| ̄. ヽ:::}|   ヘ   ハ.;;;,..ィ" ´. _,. - / /_,. -‐
                                  三三三三.. }zi i     }  i }リ..三三三三三三三三三
.. 「突然変異」として、人間の中に生まれ       . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄iノi i.    }  {.!.... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                   : : : : :.゙___.   | |.    i} !.i...: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.. 差別と偏見を受けながらも                   : : : :.゙/,∧`¨`.| |     ハ. .i}-‐‐、: : : : : : : : : : : : : : : :
                                   : : : :゙|.i ハ、 .| |     i ! !ノ  i.゙: : : : : : : : : : : : : : :
.. やがてそれが「才能」として受け入れられていった   : :.リ !::::::ヽ { |     i ! ! i   ル.゙: : : : : : : : : : : : : :
                                : : : : : マi::::::::::ヽハ    i ! ,j.,j  /...: : : : : : : : : : : : : : :
 ニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニニTニ ハ!:::::::::::}い    リ j /. / ニニTニニTニニTニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ マ.i::::::::::::}〉入    i ノ. / |.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ――「|───―「|────「|────「|────「|──.斗::::::::::i   ゝ-、ン,-..´::::i ─「|─―─―「|――
 ====|」========|」========|」========|」========|」=====゙|:::::::::::!___,圭./..!:::::::::| ==|」========|」====
                                        |::::::::::に---ミ圭K..|:::::::::::!
                                       ノ:::::::::::ソ. `ミム! ハ-{:::::::::::i
                                        i::::::::::::i  , ィマ.|....ハ¨ヽ、::::::}
                                   , 、!::::::::::ム彳" . .!  ハ.  ヽ::::!
                                     ト{:::::::::ル′  ...!  ハ  ム,彡



.

17 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:01:21 ID:a7ea94fd



(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'.           これはそんな世界に住む
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i     亜人たちの集まる店の
              |((;;;;:::::.....,           | BAR   ...;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: AXANAEL .| |.     一つの夜の物語
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''



.

18 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:01:48 ID:a7ea94fd






                      ┌─────────────┐
                       亜人はBARに居る

                       BAR -AXANAEL-
                      └─────────────┘

                         第01話 「Night Light」








19 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:02:17 ID:a7ea94fd


扉を開けると鳴る涼やかな鐘の音
来客を歓迎するその音は、一人の男を出迎える


              ____ ____
            /¨ ̄   ̄`ヾヽ  ___
           /  ,,.x≦⌒   ´ ̄   ミメ、
          /  //   γ´{    ⌒  、  \
           / 〃     {  ハ  ヾ       ヽ   :.
            〃 //      ハ  '.   '. i ト、      ハ
            /  i/    /イj ∨   :}从 \      :.、
         {{  il :   ,',' {{  廴,  、j_ヽj^刈    }‘,
           ル'.:   li ‐七¨ ̄',   | ̄`¨卞 }!    | }
         ヽ小  i  ル _ 二`_ V  | ̄二. _j |i   1:| ノ
          |i从  i  Kヒて夕ヾ ∨ }"夊歹,ゞ!i   ハ}     「いらっしゃいませ
          || ヾ ハi : i `¨ ¨   Ⅵ ¨ ¨´ リ   / リ
          ||  个从八     !      / / /       あら、やらない夫さん」
             从 __∨ 込≧=- __ ____   _ノイ//::メ、
            \:::::∨ハヘ>. `゚ ¨´  イ:j  j〈::::::::::::>
             Y ̄Vハ〈::} >--< ,i._l  i ハ ̄Y
               K´::∨ .',∨       |  リハ}::::┤
              !:._イ∨ .';:∨ ',   /  {  :!:::::::L>.
           γ´  i:::::', ';:::',‐-   -―ハ i|::::::::j   ヽ
           ,'    |:::::::} }_厶     /::! :l|:::::::::l     :
           /i   i |::::;イ /::::::/    ノ:::::| リT¨ヽ}Y   卜、
         /:::::|   Yレ'j.:{∧:::::!       ヽ::::!j i l.:.:.:.:j!    |:::::\
       /:::::::;' |   {::::j: :i:::::';::l  ':. .:´ }:::lハ i ';.:.:.:|   |:::::::::::::>
      ∠:::::::/ | _  |::::! !.:.:.:.|   :. .:  j.:.:.:.} } }:.:.:.} _ |`ヽ/
         `ヽ /!´⌒`ヾ:::{: :ハ::.:.:.{: . .::} :{: .. :j.:.:.:.! i !:.:::j´⌒ヾ}/


店のマスターである女性――ハクは
よく通るその声で来訪者の名を呼んだ




                                      / ̄ ̄\
                                      /_ノ  `⌒ \
                           _           | (● ) (⌒ ) .|
                          | !        | (__人___)   |
                          | !        |  ` ⌒ ´   .|
.      「どうも、こんばんわ」       | !   ,.-,    |         |
                        _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
                       r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
                        |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
                         |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
                         |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
                       ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
                    √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
                     /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;::


軽い会釈と共に店に入るその男は、やらない夫
この店に通い詰める常連客の一人であった


20 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:02:50 ID:a7ea94fd


カウンター席が10ほどの小さな店内
暖色の照明たちが落ち着きのある色をした調度品たちを優しく照らしている


.    |ゝ「ノ|| | ',      |        /  |    |    |    /  ,. '    ,.∠ヽ
.\  |「 ̄|.|| |  ',     |      /    |    |    |  /  ,. '  _,r'-ヽf¨¨ ̄
.  \|| ij..|.|| |__',_____.|____/_____.|    |   / ,. '   _,. |-―‐:|:i:::::::::::
.....  ヾ―‐ヽ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!    ! / ,. '  _,.  ´  .|::::::::::::!:j,.-=ニ
.     .| ̄ ̄|  「 ̄ ̄i|┌───‐┐     .|  / ,. 'ri、_,.jゝ、 _ _,.ゝ-=ニ
.     .|    |  |===== .| 「 ̄ ̄ ̄i |     .|∠,.__'iri,.rff {' if j lィ'´---ヽ   __,.. -=ニ
.     .|    |  |__  | |      .l |       .| f f |r三=‐¨ | ハ、ノノ } } rニ-‐.i=f''ri´
ー、   |    |  |=、、i | .| |      .l |       .|__-=iir、iir'ヽ=ニ.ゝ i_ノ_ノ__| r'コ .|_|ー_
:::::∨!¨ゝ、  |  |_゚,j.}!.| .| |      .l |       .| | | |! |!|!_j_,.「r‐‐i |==‐‐i |¨¨´ ̄
.::ー<_:::>::└ィ .|  |三'-」 .| |      .l |       .|‐ry.v、ハ八_,.|.| --!.|i|.|-―l |――――
ハ:ゝ:::゙<、::i::{...|  |      |c==   .l |____   |_,|..!]! {!]|] |__|.|__|.|]i.|  .!.| r-r┐>-
:ノ':::::::::Vー,ノ,..|  |    __,.|」       ト\    `{_}-=┐」|r‐-iT| !== !.!ト|!==|.|ー-= /
.ヽ'::トシ:ィ-_,.ー.|__..|=-=ヾr‐、∨   ..| |\\     `´ ゝ'ュ=-|.| .,_ノ!|=L、 .!.!「r-=|!
::::}_;::i-=>ニ=-ヾ、ハ   i|! ',.〉‐=‐-r1.| .| \ \         |.| fー||ニ=-|‐r|.l≦三|!
.''.|  { r''     ∨i  i! // ̄ ̄ ̄∨'、  \ \         ,|.|八:|.!::::::::| .|.!.! `¨¨
 .|  ∧∨     ∨!  }!' ニニニニ三、' ,    \  \    ` < ィニニ≧ |> 、
. |  .∧∨      V! .//          ', .' ,.    \  \      ̄ ̄ ̄ ̄     >
. |   ∧∨      V /         i', ' ,     \   \__________
. |   /∧∨    }三ニ====ニ'--i ' ,       \
. | / /∧∨   // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽヽ ' ,      \、
. ./ /  .∧∨ //              ∧∨ ' ,        `ー――――――――‐
.   , ' ̄ ̄ ̄.∧∨//             ∧∨ ' ,             | > > 、
...., '        /∧/ {                ∧∨ ' ,                | | >、 > >
. '――――./― ∨三ニニニニニニニニニニ二_∨  ' ,             .| ト、  ` 、 `
        /    } |       |     ∨    .i| |∨  ' ,            .| | ` 、
       ./    i ||     .|      ∨    .|| | .∨   ' ,          | |   ` 、
..    ./     .| ||     .|      ∨   || |  .∨  ' ,        | ト、    `
....   /     / /       |         .∨   || |   ∨   ' ,         | | \


いつ訪れても変わらない光景
そういうものにやらない夫は郷愁にも似た何かを感じていた
.

21 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:03:16 ID:a7ea94fd


暖房の効いた店内のカウンターには、先客が一人
入ってきたやらない夫に気づき、声をかけてくる


           /i_,ノヽル1、_
     .l、 ノ`, l´`´;;;`;´;;;;;;;;;;`´イ-´レ-
    _ゝ`;;;;;;;;;;ヘ;;;;;i;;/;;;;;;;;;;;;;;; /;;;;;;;;;;;;;;と
   ,,ゞ;;;;;;;;;;;)`、ヾ;;;;i ;;ノ 1;i:ノ;;;;;;/´;;;;;;;;;;レ
   <;;;;;;\;;;`ヾ ;;;;ヾノ;;iイ;;;;;;;;;;;;彡;;;;;;;;;;;;;;;`;7
   ,ゝ;;;;;;;ヾ;;;;;;;`;;;;;;;ゞ;;r;;;;<`i;;;;;i`ヾ;;;;彡三;そ
   `っ;;ノ´ゞ;;;;i´i;リ;:i´i;l `i、!.iノ`  `i;;;;;;;;;;;;`ゝ
   >;;;;i::: i/ Y ヽiヽi .ヾ   l    ];;;;;;;;;;;;; >
   7;;::l;:::_,--、i .Y r ̄二≡ミミ ゞ;;;;;;;;;;;;T
   .フゞ;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ ヾ :f´r::::__y≠ヾ;;;;;;;;;;イ.     「おう、やらない夫さん」
    ヽ,;;:`i ̄ `ゝll   `〈 弋_ノ ケ  \´ /.1
    i´ヽ:::` ̄ ´:;;l-;     ̄    :: i./-i )
    `i;;i;;i::   :;,;        、   ゝ- /
    i,;;ゝ:::  ::ノ. , 、,      ヾ .r´ノ、
      ヽ:::::   ´` = ̄         i-´;ト
      \:::  ;;;::_____、      `  i イヽ,
       i,::::::::_`─  ̄`     / ′ i
       i`,:::::` 二 `     /     1
       l;;;ヘ;;::    ヽ   /   /  ::;;;i
        l;;;;;;;ヘ,__ ,, ッ´  , -i   ≡i


ギリシャ彫刻のような大柄で筋肉質な男
節まで太い指でグラスを傾けていたその男は、ガッツ

この店での顔なじみの一人であった
.

22 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:03:45 ID:a7ea94fd


                  〆⌒ヽ、
                  }i
              ,....-_;;:‐--' =ミ
             /  7      、   ヽ \
           /ヾ、 〉 、ヽ     \ 、 ヽ \
          ,     /  i\ \     \! :.‘,i}
.         ,:.  ∨   卜\ 入   __∧ l .レ
          {  l/ レ  T ̄\ヽ `< ∥从乂、
.         ,  /,イ | i { ___\、 ク示才"| . |ヽ      「やらない夫くん、いつもので良い?」
.ヾ三≧==ァ,ィ  ノ !l !ィ仗示`   マ;;ソ ,!ノソ|!
. 寸三三三ミl! /| ! ,ハ、マ_ン    ヽ´ /i'  !ム
...  マ三≧=-!ノ^∥ ノ!ヽ\ ゛       ハ ∧ハ   ト、
.    シ´ ̄  ヽマ川ヽ\ヽ `ヽ、 ー ' イ l  |ヽ‘, ノ レ-、ー―- 、
.     ヽ    ィ三y>’,`ゝ    ヽ,-ィl |l  | !トヘ' /´イニ、| ̄  ̄´
.     ィムミ//  ハ〃辷ニニ二ヽ、レ ,|  ! ゙li´ヘ !`у,.ィ y'
.  /三ィ´イ_ ,イ   ∨////////≧、`i.  |、∧ i}⌒ /
.  ヾシ'''''"        ∨//////////`i¦|∧ \jlz≦‘,
....   .! |  `ヽ    ,, -ー∨//////////|  |//ヽ、!|\∧‘,
.     L≧…¨”\/ ,ィ777∨/////////|  |///ノ/_ニ`ヽ_;
           lレ//////,∨////////!│|//イ////〃
.              《///////∨///////il |. レ//////


ハクの言葉に相槌を打ちながら、やらない夫はガッツの隣に腰掛ける


                                       / ̄ ̄\
                                     /  _ノ´ ヽ、
                                 |   ( ●) (●)
                                    |   (___人__)
                                  |       _.ノ.
                                      |     _/__゙ヽ_
....   「ええ、いつものでお願いします             j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
                                    √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
                              /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
..    今日は仕事帰りかい?」            / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
                                  ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
                                  i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
                                 i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
                                 i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
                                 ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|


           ヽ;;;...ii;;,,ヽトl∨ノハ ,,,,/;
         、 ;;;iiゞヾllノトiiiiノ!!ii;i`ノ/;/i`/;
        _ミミヽミ´;;;ll i:ミ》l ll>ゝi,ii,lliiヽレ;;/l/l/
       >=r`illミミii;; i;巛l`∨ii/ト iハノir::i/リ!lli
      ,-;ヽミii:ミミ:l{<ミiii i i、i:::iii::liiilll::i i/i:ii ii lll彡/
      -,-´i;;;;ミiミミ!!;;.>!!>)i{iii::ll´iii´iハ;ii;;ii;ii,i,i;;ii`l;iレ;
      ∠iiミii;;;、i,,、iトiiii,`iillllii;;ill;:ii l;llii liノl:ノ/l/ノr-
       /:::ゝlミ,;;;ll;;..ミlillilll>ヾl;iヽii ll,iii:::ll;llll`ii`//7
      ,」ミミ巛ミii::::::: ´´.//レ,,//`iノiiiii:::llll::ii:、ノ彡      「ええ
      >ミ、ミミミミiiミ/ ./ll/./i//iハヾヾiYiilヽゞハ
、     ヽ, k=、;ミiiミ    レ iレiリ/i l.lレiリl iil lli.        やらない夫さんも同じ、ですか」
::ヽ     .<l:::r-コiミ  <巛ミ=:lwii .:jii リ /レ;illゝ
::彡、    .1ヽヽソミ   <...  ̄`.ミ、:: リ/彡》_;;/
::::  \   /ハハ,ヽi::    `─´ ̄.ソ ; iノ二゚ノi
 //iiiiiii:::iii/  :`:1::::         ; l    i
iiiiiiii:::iiilllii::k   ` ::        ... ::: .l   /
llliii::iiilllii::iiiiヽ::   ヽ       ヽ-,__,:i.  /ヽ、,;-;、
llll:::iiiiillll::iiiiiiiヽ, ::::   \    _____, ./liii::iiiヾllll::lli:iii
iiiii:::iiiilllll::iiiiiilili:: ::  ::::ヽ,   ヽ─-´/llllii::iiiiiii::illllll::il
:::lllii:::iiiiiiii:::iiiiii:\:::::: ::::::::\  `─´¨ イllll::iiiiiiiiii:::iiiiiii::i:
::::lll::iiiiiiiiiiil::iiiiiiiiiii\: :::::: :::::`───´iiii:::iiiiii:iiii::lllllllllll::


23 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:04:17 ID:a7ea94fd


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ー)(●)       「まあね
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ      君と違って変わり映えしないデスクワークさ」
 .  |     ∩ ノ ⊃
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ
 (.:::::::\ /::::./ノ:│
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄


やらない夫がこう言ったのには理由があった
彼は普通の会社に努めるサラリーマンであったが、ガッツは違う

ガッツの勤め先は都内にある工房で、陶芸製作の見習いをしている
いわば未来の陶芸職人だ


                                            ,,
                                           /( /(  从彡__
                                    , ノ)/"           フ_,
                                     、 ,从ノノノ).:,.; ,:       <_,
                                     ヽi;l;l;l;l;l;ノノニノノン       ミ
                                      v;ゝ;l;l;l;{ヽヾ 彡''"三;      ミ
     「どっちも同じ仕事でしょう                 j;l;l;l;l;j从 ;j__  `ミ三7 ヽ〉ミ;ミ;ミ.
                                      从;l八_彡rッ゙   7; ) /ミ;ミ;ミ;ミ
      比較するわけじゃないですが、俺だって        .寸 ,´´    ,::  厂"`゛``、
                                         厂 、      ;: ,::   ::ヽ
      まだまだ見習いのひよっこですよ」             ゝ彳__,..,    ,.::  j    :::\
                                       て     ,.::  /      :::::::.,
                                            ヽ_,.:≦    ′ ,::       ::::::::.,
                                               ヽ,::     - ‐  ̄  ‐- :.,
                                             /   /           :::::ヽ
                                               /  .′            ::::::::,


そう言いながら、琥珀色のグラスを傾ける
表情には謙遜しか浮かんでいないが、口元にこぼれるかすかな笑み

現在の彼は充実している、ということが伺えた
.

24 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:04:42 ID:a7ea94fd


           -― 、      r、
          /´ ̄ ヽ }      マ{
      /     _ }/ー'´ ̄ ` マ
     /    , ィ´ /         う 、
        イ              ヽ \
       イ/         ヽ\、     ヾ 、\
      / /           ', ハ ヽ }  ヽ. ハ ヾ 、
      i/   ! ,イ l     ー!┼-キ!‐ !  ',  リ
      l|   i  ! l |x     ハ jzュキ-ァ lヽ
      マ   l | メ{ ',    ! 仆!jリ 'リ jト. Y !        「お待たせしました」
      V    ヾ!/ X!zテ   j `´~、`/l ', } |
     r-ュ、    ∧xチtjレ゚\ノ 、   ′! マ j、
     マニム  メ ゞ゚´、`      ,   イ  Y ヽ
      マニム   \、_,   -   .人 ム  ト、  :.
       ゝ ̄ ヽ  ヾ ̄.._    イ ト、 ム  マ \l
       _〉ニア⌒ト、 \{   ̄   ! j マム  ト ̄ :.
     ´アム /    ! ヽ. \、_   j /  マム !  `ぅ、
  ィ´ イニ Y    |   \ ヽ  `      lム|     。
    ムニニ ム   i  /ヽヽ ハ   _   /  i ハ!     Y
    〈ニニ ニム   l イl    Y\}   `ヾ{   !/      }
    `ヾj /⌒、  i/ V   L_リ >。_  ヽ j: !      ム
     /    / ハ    !      `≧ュ>、 V:,ィ      イニヽ
   /   /    :.  ハ        `ヾ>:/:l._ , ィニニニ\
      /    ィ7ヽ/人         )、_: ィ:{ 八ニニニニニ
   j    ′  ノ`! lマ ∨ニ>。      彡´| : : : 〈  マニニニニニ
   |!  ;'  , 〔ニレ!ム  ヾニニ≧=、 ´ /ヽl!: : : : l!  マニニニニニ
   li  {  ムニニ<`マヽ Yニニニニムー'  ィ| : : : : ト.  マニニニニニ
   l |! {ニニニニ 、ヾ≧!ニニニニニrニニヽ: : : :|_ム  マニニニニニ
     l  いニニニニ>ュ マニニニニニ、 ニニヽ: :jニム  マニニニ



カウンター越しに、いつものラム・コークが差し出される

やらない夫はそれを受け取ると、ゆっくりとガッツに差し出す
合せるように、彼のアーリー・タイムズのロックグラスが持ち上げられる




`> 、  
   \                              r=ニ二二ニ=┐
     丶-- 、                      r|: . . .. . .. . . . :|-、
         }_,   - r=ニ二二ニ=┐         {.|:: ::: :: :: : : : : :!/ 丶            「「 お疲れ様 」」
         '      ̄ ̄ `丶、 ::|         `|: :(⌒~⌒´ ̄ ̄`' \
        ,'     ヽニ.._‐ 、 \!       (|;;;;;` ー¬-、     \ , - 、_
        /      、    `丶イ          .|: : : : : : : :;;;;;;|\     / / \_
        /         ̄` ー-、_)          |: :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  丶、  / ,  /
、     /ヽ ___  ̄  ¬…ァイ         | : : : : : : : : : l\     / / /
  ー-‐'        i_ ̄ ̄ ̄ ̄ _|           !: : : : : : : : : :|  丶---{  l  '
               ̄ ̄ ̄ ̄         丶-------‐'      ヽ-、 |
                                            ーヘ


申し合わせたようにそう言うと、二人は乾杯をした
.

25 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:05:07 ID:a7ea94fd


気心知れた相手との、他愛もない会話
酒の肴はそれだけで十分すぎる


                     / ⌒\
                   / ./⌒\ヽ
                  { /     \、               (_,)
                   ヾ(        \.__         | |
                    \   ''"´    `゙'      | |
            \‐-   _  ''"\            \   | |
              `''ー-                    ヽ  | |
                   /               |      ∨| |
               /  /        |   |  |__      ∨!
                 /  /   | /| / |   | ´ 卜,  `ヽ|  | | |
               ′ /     ィ'"⌒ |   |\| .\  |  | | |   fY´)
                 | / /     | l/ 八   |.ィ笊ミト.\|  | ハ.   |/
                 |イ/ |     | ,xf笊ミ、  | ー‐…'   .|  |^Y|
                    ||    | .いシ^  \|    /////|  | 从_
                 从   |./////   \      |  |イニニニ〉    ,~
                     、  |::Λ            八. |ニニニ/    /:::::/
                    \|::::Λ       ノ  /ニ| |ニ=‐/rヘ >-、./
                   -=k ニニ 个::.   `¨    イニニ| |   { { /_   \
              /     \ | |ニニ≧=-ァ升=ニく  | Λ  }/    \  }
             /.        \八  .{ニニ「「ニニ}}ニー|/ -‐''"  ̄ \
.                 { /7^'ヽ    \   ,ィニニLL=彡'^ \ニ<  (__ 、   /
              ヌ / /⌒\   . \/=/         '"´\ニ\〈   ヽ  /
               {   / / ̄ __,ノ   \          __\γ⌒ヽ   /Λ
               八   / /     - =ミ.       , ''´  /:::::::::::i' _ノニΛ
              \   ヘ   /    ノ ̄`''、  /   /:::::::::::::::::l.ニニニニj
                    \   \/     _.o゚     \   , :::::::::::::::::::::::仁ニニ彡∨
                /h、_、、ゝ- =¨           /:::::::::::::::::::::::::::}h      ∨
                 {ニニニニ彡}          /::::::::::::::::::::::::::::ア.ハ      ∨
                   八ニニニ彡イ           /:::::::::::::::::::::::::::::7ニニ}     ∨
                    ||   |h、         /::::::::::::::::::::::::::::::7 ニニ}       \
                   | |   |ニニh、       /:::::::::::::::::::::::::::::::7ニニ,小        }
                   ||   {ニニニ≧s。__/:::::::::::::::::::::::::::::::7ニニイ.:|       /


いつのまにかハクも日本酒を片手にしており
頬を朱色に染めながらも、淀みない手順でこちらの酒をつくっている

いつもの光景だ



26 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:05:33 ID:a7ea94fd


以前やらない夫はこのアルコールマスターこう尋ねたことがあった


   ____ 
 /    ~\
/   ノ  (●)\ 
|   (./)   ⌒)ヽ.            「どうして飲んでるのに
\     (__ノ,.<))/;、. 
  \     / /  '‐、>         フツーに接客出来るんですか?」
   `\__l    ´ヽ〉
    ,ノヽ、ノ    __人〉
 , /'"|::::_/ヽ.   /:::::ヅ!:゙、-、_
''":::::::::::/´∨/`ー'〉 7:..ヽヽ:.:|:::::゙'ー、
::::::::::::y′.: ',ゝ、_/::\:.:.:| |.イ:::::::::|:::!
::::::::/: ://: : : :|::::::::ヽ::|/:i::::::::::::i::|


                                       __
                                          /ア⌒ヽ \
                                         ノ- ー- 、\ }
                                        ´        ヾ/ー- 、
                                  /  /       ー、 ミ、\
                                /  /  /  ,ィ       ヽ、 : ヽ.
..  「女の子は秘密がいっぱいなんです♪」    .′ /_/ /7ー!‐'   、_ ハ    )
                              レ ノ 7 /rァ チぅ、  i.   ̄  i  ! /
                             ノィ 个 /イ 弋 [tム「 、 |ヽ   リ ! j´ ⌒ ☆         _
                          「≧=ュ、 }ハ |   ! l ゞ゚ヘ ハ レ⌒ 〈  V              r'ーミュ
                          |ニニニニ>! 人,リ xxxx V ヽ! ̄`トハ ハ{=ニ7            /   -'
                          マニニニ/   |/ j、 (::ゝ _ 。 xxノ  「ニニ7              /  /
                              _ノ ̄ 7__, Y  ノニス     ィ  |/ヽ{ニ≠           /  /
                             〈ニ=―/人ヽ Y´ |ニ7_ `ア´ニ7j  !_  ̄_{        _/  /
                         ゞニィ´ハ )j j´ ̄ノ ヽ  ∨7 ;  |  マニニ7__   ,,ィ ̄- ァ⌒ ヽ
                           ー=ニYニ{ { / // /, イ/    ∨ j  i   >イニニ7 -7´ ̄  ノー 、 _)
                            ヾニ7ニニ! ! `⌒ノ! ,リ   、   }ヽ{  ト<_ -≠<ニニ7 ゝ- 七    ヽ
                        /ニニハ V´  /  |{    ヽ{   |    `マニニニ7 / /{ `ー   イ
                          , イニニニニ∨  /   !ヽ    。   !ハ     マニニ7 / ´八`ー  フ´
                        ,イニニニニニニ′  ハ !  l  ト、.   j ,イ八 i     マニ7 /    ー イ
                   ニニニニニニニ{  ノイ八  !  マ>.:/z7    ヽ{    ム_ア         i
                  jニニニニノ≠'⌒ゝ.    ヽ{   [___7         ム./           !
                  {ニニニ≠´    \ヽ:..._   \   L_7 、      _ィ  /            ;
                  `ー ´/       ハヽ、____ 7T 「  ≧ー≠ 八./            /
                         イ /      / ∧  ̄ ̄    「_ト、  _ イ  /            /



「女の子」「中毒症状」
喉まで出かけた二つの言葉を、やらない夫は愛想笑いと酒で飲みこむ

女という生き物
とりわけこの店主に対する対処を、彼は心得ていた
.

27 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:06:00 ID:a7ea94fd


会話の内容は、とりとめのないものだ
最近の出来事、面白かった映画、テレビに流れている映像に関して

会話の流れが全く別方向へ向かったり
他人からみればどうでもいいことを真剣に議論してみたりもする


                                     ―=ニ二ヽ
                                           ) )
                          ,=、      ____メイ
                              マム  ィ≦心、     `  、
                               ヾ/  `寸心       ヽ     ⌒       、
                               /      寸У        ',    ⌒   - 、  .、 ヽ
                           /       守  i  i | ト  |   ,  <:::::::::::::ヽ |  |
                              |       ,任  |  λ|ソ | / , <:::::::::::::::::::::::::::::::}
                              |       圭  .|  | ソ ヽ  |:::::::::::::::::::::::::::::::::>'
                              ヽ       Ⅵ  ', .|   ├ ´::::::::::::::::::::> ´
                               \\ ',    `ヽ  V   メ-‐へ__> ´
                              r―-≧=ヾ⊥/ィ≦-―`-,/
            __ノト、ハィ'ヽ.__,.           ∨二ニ=7 ⌒/=ニ二二 /`ヽ
         _r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミx'{.         ∨-‐‐t__jミ ‐‐-- イ`ー、\.         /  ̄  ̄\
.        {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从         /イ /|   ト、ヾ 、 `≧ー 、 \.     , '       \
.        i;;;;U;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i〉      〈 〃 イ: : |   |: :ヽ \\./  ヽ l    |         |
          (i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 〉;;{ リ         \/.|: : :|   |: : : \ V     | |    | .      U |
        从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /^゙、ッ'        | |: : :|   .|: : : : : ∨     .|W.   |         |
           }/{从彡'´У   _i___/`ヽ.__...  | |: : :|    |: : : : : ヽl      .|..    |         ,
.__/ヽ__ノ---、__/___r'´::::}::::ヽ::::::}::::::`Y´ヽ.゙―――――――――――――....',         ,..゙――――――
::::::/::::/::{:::::::`::::ー::::::::_У::::::::/:::::::::i:::::|::::::::::|:::::::\                     ヽ_,'________r
:::/:i:::::/:::::ヽ::::::::::::::::ノ/::::::::::::/::::::::::::::::::!::::::::::!::::i:::::∧_                      /:::::::::::::::::::ト,
./:八::::::::::::::::::::ー:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::|::::{::::}'                    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
.:::{:::::i:::::\:::::::::::ー=::::::::::::/:::/::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::|::∧              __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
.::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::l/::::ト...._.            / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
.::::::::::::::::\::::::`::::ー=:::::::-':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::!::::::|:::/          / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`


しかし、当の本人達は、それを結構楽しんでいたりするものだ
.

28 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:06:29 ID:a7ea94fd


一時間が経ち、空になったグラスを見て、ハクが注文を促す


                    __     
                   / ̄ ̄`ヽ   
                  {{            
                 -=\´ ̄ ̄¨ _ー 、 
              /    /   {  ⌒ヽ\ \     
     。         /    ./|   ヽ   \ヽ \   
      . O   ,  i  |.:厶l |   :ト._  l{ll} ¶.‘, 
      _ == o.  |:i |   | |___ヽト、 :|__\、  Ⅶ l! l  
.    ,|─┐ ト、!   { ! !  Ⅳ=ミ , \|≡ミぅ 、 Ⅶl! l 
     .{| ::::::! ヽ\.  \ヾ |   __ _  ひ |\))l)厶 
    .l|─┘  | }.    `iー{  | ̄ ̄ ヽ    ! !多/// 
    └ 二ニ ┘/    ヽ丶 |     |   ィ |<;//  
        `i¨¨¨_ヽ     \> ー‐_,  ´ / l|><  
          ∨:::::::∧     ヾ\`¨ト、  /| l|:厂 ̄ヽ 
         ∨:::::::∧      ) }::::::}  /、::/ /:/::::::::l::::} 
          .∨:::::::::\  //_/;:::/  l / /_:j:::::::::::!:::| 
            ヽ::::::::::::::}r´ ̄´:::/:::| , ( i川::ヾ:::::::::::l:::j 
           \::::::::'::::::::::::::/:::::{ ! /kitako:}:::::::::j::/\
              |  \::::::;> ' {::::::::! .V::::::::::::::;;|:::::::::{::|、  ー―  ̄_二ニ=―
              | ll、   ̄   丶:::::ヽ.!:::::::::_/j::::::::::!:{ \         \


苦笑しつつ、やらない夫は3杯目のラム・コークを注文し
同じくガッツもグラスを中身をあおってから、9杯目のアーリー・タイムズを頼んだ


              / ̄ ̄\
.          _,ノ ヽ、_   \
.          (⌒)(⌒ )    |
.          (__人___)     |
            '、     u.  |                ,、∧ハノ丶人/ヽ'lノi_
.           |       |          ノlヽノ) /ヽ'   ) ノ  i フ ̄i_
.          | ,     /_.{.         iV!/l .| ! /!./ !,/-‐'ノ ̄ノノ;ノ ノ_
.          `ァニニ<//〉、__ __.. l,|.i_ノ /',i/ ノ-'"ノ' l 'ノフミノ)彡 (
.          ,./ /\  / : : : : : : > : iv'ノ '、 / ',/"./ . ノ, -‐ー'ヽ`>ニ >
.       _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : :..i、 i、| /   Y./ヽ、, '", ;;彡'"二i'⌒ヽ"、二ニゝ
.     /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: 、| ` 、ヽ`ミノニヽ/" `゙ー''彡三| lミ、.i_, ゝノノ>
.    ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /:゙_iヽ‐-ヾ、,、 (,,`ヾ       ミ` ` l`''ヽ  `ゝ
....  { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : :..ヽ_`_、-,'`;;| `‐-`, '"         ヽノ">ヾ!`
.   / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニヾ;;__/l,ヾ! i. /,' ./l!        ヽ ' ,  
. 、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : :...|;!'、  '、/;i ."'゚./             `  ヽ  :
.. :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : :....! \.ヽ `:::、              ,'',  .', ,ノ:
. : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :} . ゙i/ヽ,_            /::::!   !,
..: : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :...__,、__.     `"'|   ._)     ,,    ./:::::',  ノ:.
: : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : :.゙/   ヽ ヽ       、 ;:_,,"   /    ./::::::::  ./:.:
                   / 、 ヘ  「`ヽ i\、..... `" ̄ヽ_/ /      :::::::::: /:.:.:.:.
                 ハ. i  |  i ̄ハ.リ、  ̄|丁)      `''、    .,/ ,-‐、:::,.':.:.:.:.
                  /ハヽ. ヽ ヘ{´    ̄川j       ヽ,__,,'/―ー''":.:.:.:ノ:.
                 ム、__>ヽ、\ Y ̄ ̄ ̄:.;′         /:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.,/:.,':.
               ,′    ハ:| : ⌒YY⌒i |


懸命な方々には、バーボンロックの消費数がおかしいことに気づくだろう

                ・ ・ ・ ・
彼はそういう意味で、伝承通りの男である


29 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:06:59 ID:a7ea94fd



彼は亜人―――ドワーフと呼ばれる種族である


               ,  /{ /{,/{A、,4{,/{_,;i ,; ,4
             /{./{ {'/,;,;,/ ,;,;,;,;,Ⅴ,;/,; ,/ ,; / ,{/{ ,
           {';, { ,;,;,;,;,; / / / / /,;/ ,;,/ ,; / / //;{_,4{_
             _{', ヘ,; ,;,;,;,;, { ,;i ,i ,;,;{ ,;| {' ,;}`゚ミ ,;,;//,;,;,;,;,;,; ≦z_
          {,; ,;,;\,;ヘ ,;,;}-,;,;A,;,;,ハ}ル,;}ヘ}  `ミ:.、,;,;,;,;,;,;,;,;,; {´_
           ソ,;/,;/,;,/{,; ハ,;, { }/  }/ ´    7,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
          _},;,;,;,;ハ,:l ヘ{ ヘ{   _.::≦:.、_  _彡´`ミ:.、,;,;,;,;,;,;ヒ,
          ノ,;ヘ{ ヘ{  /{_,....≦Z≧´¨゚ ̄  `ミ,;,;,;,;,`゚ミ:.、;≦._
          _ノi  ` 」  寸弩'’_,.。:-=≠7'   `寸;,;,レ' ´.Ⅵ,;,;ヒ
            -}レ,;zZ{、   ;_ ’ -==彡'     佳', '’- Ⅷ;{_
          ム゚´_≧イ  _               ヒ _} i.|,;,;7’
             ':.,゙´¨}´ ̄                ){ ,.:'’,:.{_
            |! {、`   .、             ;j{_イ,;,;,;,;,ケ
.             i ,::::ヘ;,、k、'             |!  Ⅵ,;,;{´
  :.          ':, .:.:.:7_ _            ,}'  彡jヘ{、
  :ム             ';.:.:.ヘ/´-´ ̄          /  彡_....ヘ___,,,,,,,,,.
  _ ム.          ゚;.:.:_ -='´ ̄        ,.:'/   ,.: ' ’ , , , , , , , , , ,`ヽ_..,,,,
  ' ″ム.          ';;'´         .//,:'’ ' / ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;心、
  :.,7'’ 'i:..          1 ,.;:≠:......、 ,.:≦/::/ , '’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;Ⅳ´
  //,,'’ _':.、      ゚:.、{___.:≦´:/: :,.:'/ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
  ’マj:;{ , '’  ':.、       `¨¨Ⅵ\`ヽ: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; >´
..    'マ/,, , , ,.:'’ミ:.、   ,.:'’i;,;,;,;}ム: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
     ゚マ,;,,,.:'’ ,,.: ' ’、.:'’,,; ヽ、-=´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
.       ゚マ;,...,/ ,.:'’},;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,
.        ._゚マ_,.:z≦’}'’≧-≦,;,;,;,;,;,;>´ ,.:'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;
      ,'’;,;,7 l'’//{、≦,;≧=- ,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/
    _ ,ノ ,;7'’ /,;,;ソ,;,;,≧=-  _,.:七'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,/
   { ,;,;,;,;7,; ,' / {ト;、,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/



.

30 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:07:27 ID:a7ea94fd


ドワーフとは、小柄だが筋肉質で頑健な体躯を持っているのが特徴であり
その肉体を生かした勇敢なる戦士としての側面
そして、見た目によらない手先の器用さから、文化的な面も併せ持つ種族だ

また、この世界に於いて、種族としての発現が多い亜人でもある


      , ´.、
.       i r' ゙ 、
     i !   `i~`i              ,..
      v'⌒ヽ_.|....|>            /  ` 、
         i__|>           ,.'     ヽ   _
          | |         , , / v'tェ┐r'''i i / `v
          | |       >彡〈  〉y `' / _><´ ̄ `<_
            ト=イ.   .ノニ=、彡`-'彡,_彡ミ.〉><   ><_ヾ
            ト=イ  /‐<_/V 巛川卅||/,'   />'''´ ヾ
        r二ニY'<~ヽ//V / /.《(川 ≦,  .// >ー―<
        .<{二ニ(_ノ.V  ヽ//.V / i i .{ ◎/-'´ >'´/      ` v
          .<{二ニ7.'’∧ }  ヽ/ 7ー/、_|_‘>'. / //, ,       v
          乂ト=イ ノ゙ }} } /`‐'、_/.  |  } , /  /////      }
            ト=イ.'´.ノ )j/{/二`i `ー'―'´. }  ///////     j
           | | ¨¨ ̄  /、/>〉} 〈.  X_ノ ,'////////, , ,  , '
           .|二|    .,<__/ 〉'/ ト、. `....|   /// '     _x<
           |__|   .〈  `、/〈  ノ `.゙{ .|     v'⌒v__><
               \_>.} 〈   {. ー――’    j
                )  ノ  `<.__〉  }_   7.X`'<
                _7=、 \      _|\=--'’  ヾ
              r<ヾ  `>=7ーイ`<_{ 7,.ニ、‐   .〉
             {  `‐`≦==、_/    {/   \ .∧
              ̄ ̄ ̄          /_   ∧ .V
                          /'´‐-、` 、 _X´
                             ,.'    ゙V~
                         ゝ、__ノ


種族的な肉体の特徴として、筋肉が非常に付きやすく、脂肪が付きにくい
そのため基礎代謝が非常に高く、カロリーを確保するために食事量が多くなる
内臓の機能も非常に高いため、循環器系の病状がほぼ発症しない
肝臓も同様のため、アルコールによる酩酊状態にもならない

大食らいで大酒飲みというイメージは、彼らにとっては「そうしなければならない」という
必然でもあったのだ
.

31 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:07:53 ID:a7ea94fd


先程、小柄なのが特徴といったが、ガッツの体躯はそれとは正反対である
最新の研究によれば、ドワーフという種族が現代に対応するための進化であるとか


                    lVゝ,λ/レ、lv、/l、v、
                 _,vレ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v、_
                _ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
                Z:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ゝ
                _ゝ::::,;;;;;;;ゝ:::::::::::::::::::〈;;;;;;;;;::::::::::Z
                _ゝ;:;;l´゛'/::/|::/l::::∧::|""`l;;;;;;;;;ゝ    「別にタッパがあろうがなかろうが、どうでも」
               _く;;;;;;|  .レ' |/ .レ′|/   i;;;;;;;;;;ゝ
            __.-rt´人;|',-‐----、_| |、_.---―-、|;人
      , ┬┬┬ ´il il, | `|` ̄``ヾ;;;;;ノ |;;;_.=〒,テテ~ r ト;-、_
    / """"´´´`リ レ∧_ | "`==-‐`  ´ `===≠  |_./;;::;;;;;;〉-v-、
   / ゛       / /./...:::::|=-‐   ´八       |::::;;  :/;;;/ ̄ ̄ ヽ__
  ./゛゛      / 〃λ;;::: :::|        ⌒    -==/:::;;  ::::/|||jiiiiiヽ____  ヽ.
  i""   〃  / /λ:::::、;;;;;λ=-     、_ ,      /::::::  ;/ ̄ ̄ヽ_____ \__ゝ
  |"    /   ノ  | | ゝ、:;;;;::::.::::\   , ---、   /::::::  〈||||||||`ヽ_______ \____>
  _|   /  / /| j ト、:::::::、;:::::::::::::\  ゛"    /:::::::::::::;;;八__o___________ / ___/
 八,,/ /" / //"/ .|  ̄| ̄ゝ,;;::::::::::: \   /:::::;;;;;;;;;_/;;;;;ト--、,_____/ ̄ ̄゛〈
〈    /  i  / ./ /;;;;;;;;;|゚   ゝ;;;;;::::::::::`―´;;;;;;;;;___ノ;;;;;;;;;;;;∥  7oiii| iiii|||||||||||〉
ノ""/  /i / /   i;;;;;;;;;;;;|    .>----、---― ´;;;;;;;;;;;  ∥ | ̄`|~ ̄ ̄ ̄゛ゝ
"/   /   "" /;;;;;;;;;;;;;;\〔((/:::::::::::::::::::>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ∥ 7 oii| iiii||||||||||||〉
    / ,;/  "  /;;;;;;;;;;;;;;;;;〔(((/ ̄ ̄ ̄">;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<ニニゝ.| ̄`|~ ̄ ̄ ̄゛ゝ


そんな問題は、実際のドワーフからすればたいしたことではないのだろう
.

32 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:08:17 ID:a7ea94fd


ドワーフという亜人はその種族性から、職業の選択として大きく二つに分けられる

建築・建設、土木業や、プロのスポーツ選手などの体育会系に進むか

         \   丶
.            \   、
                \  \
               _\  \
              /.:::::::::..\  \
           j::::::::::::::::::..\  \
        ー=≦三≧x::::::::::::..\/´ ̄` .
           j ̄ ̄`Y/ j::::::{弋///_ト、
           ヽ _    }::::イ ̄ ̄}く  j\
            〉-=、  __/}    [   .{\/\
           /    \:.:.:::::|   : /`ヾ:/\_j  \
         /     、 _`ヾ::j  /  /  {_\   i
          |        >、/ ー=/´`ヾー=' `ー '
          ト、      / 〃   /.
         `. \   /  {{   //                 /ミ,,彡、ゞ,ミハ
             i  \/ー= 7  ̄∨.                 Yミハ,,ソ'_.z、ノ
           _ノ        `ー=≠'.                  〉ミゝ''  .`、」
           フ、          j                 ミリゝ;;::::...テ
          /  ー=-、      _/.                  ソ}',  `-イ ,ィニヽ,
       |        ー=<  i            ,. イ ', :: .人'" ミヽ. ヽ
       |             ` |          ィ´  -‐'' -、 ー ``'\:::::..ヘ
                                  ,'      `ヽ''" : : : }`Y::::ヘ
                               {:..  Y.....。. . ._人...: : ゚.ノ:::. }::::::.ヘ
                               }'"´. ハ::-‐''´......,,,、 : : }.\{::::::::: }
                                  {   ,ヘ:::......::;'" .;;.. ..::|  \::::;ノ
                               ,' 'Y::ノ .ヘ:-:-''"´   :ゞ{    `´
                               {. `{  /  :;.:.:.:.:゚:.:、:;; .Y
                               |:.  .', .}::ヾ、;;::.:.:.:.:.:.:.:.;ノ::|
                               ';::. / .}:.  ヾ:::;;;;;;;:::::ィ'''{
                               ',:. .{ /:::.   Yr v'"   |


創作・造形技術を生かして芸術家やクリエイターという文化系に進むか
.

33 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:08:45 ID:a7ea94fd


ガッツはその恵まれた体格も相成り、スポーツ関係者からかなりのスカウトがあった
高校時代の部活でもしっかりと実績を残している故の事だ

そんな彼がどうして今、職人としての道を歩こうとしているのか


                      __ノト、ハィ'ヽ.__,
                         _r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミx'{
                     {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;从
                     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i〉
                    (i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 〉;;{ リ
                        从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /^゙、ッ'
                     }/{从彡'´У   _i___/`ヽ.__
             __/ヽ__ノ---、__/___r'´::::}::::ヽ::::::}::::::`Y´ヽ
           /:::::::/::::/::{:::::::`::::ー::::::::_У::::::::/:::::::::i:::::|::::::::::|:::::::\
          /{:::::::::/:i:::::/:::::ヽ::::::::::::::::ノ/::::::::::::/::::::::::::::::::!::::::::::!::::i:::::∧_
        ,r''´{:::i:::::::/:八::::::::::::::::::::ー:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::!::::|::::{::::}'
       〃::::::|:::i::::::i:::{:::::i:::::\:::::::::::ー=::::::::::::/:::/::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::|::∧
    r―彳::::::::::::::i::::::i::::::::::\::::::\:::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::::::::::l::::::::::|::::::::::l/::::ト...._
    ヽ:::/:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::\::::::`::::ー=:::::::-':::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|:::::!::::::|:::/
    冫::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\::::::::::::::::::-==:::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::!::::::iハ
   /}:::/::::::|:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::|::::::::::::::::::::::|:::::\
  <::::::i:/:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::--==::::::::::::::::::::/::::::::::::::|::::::::::::::l:::::::|:::::イ
   Y:/::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::--=:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::\
  /:i/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::!::::::::イ
.<::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::/:::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|:/:::ハ
 \:::!:::::::::!:::::::::::::::::::|:::i:::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::/:::/::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::/::::::〉


ガッツはその経緯をここでは語っていない
「色々とありまして」とはぐらかした台詞だけを残している

しかしハクもやらない夫も、それ以上は追及していない

いつか彼の口から語られることもあるだろう
それまでの楽しみにしておけばいい、と考えていた
.

34 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:09:12 ID:a7ea94fd


              _
           y-一´-: : : : : : : : : : : `: .、
     / ̄ ̄':´: : : : : : : : : :\ェ、: : : : : : : \
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾミt、.: : : : : :ヽ
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  \ミ》、: : : : : ∨
.  /: : o: : : l: : : : : : !: : : : :   . . 。:  ヾ心: : : : : :.',     「あ、そうだガッツくん
 ,': : : : :゜: : |: : : : : : ト、. . .: : : : : 、: : : : : . Ⅶト、: : : : :.',
 l: o: : : : : :ハ: : : : : :.ヘ\: : : : :__:1: : : .Vf´二、: : :.l.     この前のお皿、とっても良かったよ
 !: : : : : : : :| ヘ: : : : : :.ィ ´ ̄: : : : :ヘ: !: : : . l/::::::ヾ',: : !
 |: : l: : : : ,+-─- : : : : ', __\: : ___:l:|: : : : |{:::::::::::}:!: :!.      あれでお願いしていいかな?」
 l: : |: : : : :l l  ヽ\: : : イ;=≠示寸ハ!: : : : !ヾ:::::::ノl: :!
 l: : ト、: : : :|⊥二_\\: ´! V、_⊂リ l: : : . |\二ノ:./      _ .-┐
 ヘ: :l ヽ: : :!ヾVuハ   ` ` ゝ一'  l: : : . lミ彡´:./  ,>. . :´: : : : : : !
  ヽ{ 丶: :lハ `ー' ,     //////::/!: : : .i、: : :/:/{/: : : : : : : : : : : /
    \ \八l;//  __     ;ィ|: : : ハト、:/_/: : : : : : : : : : : : /
        |`ゞ、  ∨  ノ  /。 !: : /、ィ_´: :!:_:_:_:_:_:_:_:_: : :-─!
        |: : : | `> -イ\   !: / ノノ\.{、.-.-.-.-.一: :´ ̄l
        l: : : !        丶  l://´: : : :ヽ\、: : : : : : : : : :l
        ∧: :ノ       _/: :} /: : : : : : /: :_\:丶、 _:_:_:_:__!
         V       //: : 「r´: : : : : : :./:/´  `  . `丶、_
                ヽ,ヘ: : :!,ヘ: : : : : : /: :i      ヽ:、: : :`:ー<__
                /i: /\|}:/\: : : /: : :l       V\: : : : :/
.               /: レ: :|::|:/::/:\: l: : : !        ト\\/
                 / : : : : f´::ゞ': : : : :ヽ!: : .ハ       l ヽ/
           , ' : : : : : : : }:::::::}: : : : : : : : : :.ハヽ      !: : :\
.               {: : : : : : : : :l:::::/: : : : : : : : : : : :.`}     {: : : : : \


グラスと食器を洗い終えたハクが、カウンターに戻ってくると
自分のグラスに酒を注ぎながらそう切り出した


                                        / ̄ ̄ \
                               -`  ⌒ ヽ、_    \
                                 ´   ●)(● )     |
        「皿?                       (_人_)    |
                                      '、       |
         ハクさん何か頼んでたんだ」               |         |
                                    | 、     .ィハ、_
                                    ≧ュ─ー ´ /.......ヽ
                                 //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
                                 ,.<..::/:r〉:::li `y .:::::::/::::::::::::::::::..ヽ、
                              /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
                               j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ
                              i :::、:::〈 :::i::::::レ .:::::::/::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
                                i :::Λ::::', ::i:::::/ .::/::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
                                | :::::Λ:::::', :i::/ .::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i
.

35 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:09:39 ID:a7ea94fd


やらない夫の疑問に、ガッツは頬をかきながら告げる


        |   )、| V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     | ヽ!`レ ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    、レ':::::::::::::::::::::::::::,/,;: /N、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     )::::::::::::::::::::::::::ト    ヾ}:::::::::::::::::::::::::::::::::::,へ、::::::::::::::::
  ミ∨ :::::::::::::::::::::::::::|ヽ\、  }::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,ヘヽ::::::::::::::
 \ヾ::::::::::::::::::i::::::|::::::ト   |{  ~ =ミ彡、::::::::{/     ヾ:::::::::   「最近ちょっとはマトモな物が作れるようになりまして
   >:::::::::::::::::{ヽノ / _ -¬         三〃      }:::::::::
 〃⌒>:::::ト、::ヽ   /::::::/    u  ///   勹  /人::::::.    アネ
   / / | ヾ   ,ノ:::/  , ┐    ' "     T   l `ヽ,、    姉さんに報告したら、見せてくれと
   i{ i{ ル   /::::r' 、 / ( ソ゛          (_ ノ    
   ヽ ヾ  !  ミ三  )L 〃                 「 ヾ       んで買わせてほしいってコトに」
        ミ、      ~                 Ξ|!  ヽ、
          |___                 三|  i  
          |       u         , -====ー".
          |               __/:::::::_、::::::::::::::::
         ノ    __,        u Z:::::::〃三{ i!三三
         ヽ_  -¬_  _  ―、   从ii彡三三{ }三三
              `┐      _ -彡 三三三! 1三三
                  └ 、    〃、 ヾ三三三ミ! |三三
                 |   〃三ミ、 ヾ三三三{ |三三
                 ヽ 〃三三ミヾ ミ三三ミ{ }三i
                 /三三三三ミ、 >三三L !三/


                                           / ̄ ̄\
                                     /_ノ  `⌒ \
                                _           | (● ) (⌒ ) .|
                               | !        | (__人___)   |
     「へぇ・・・やったじゃないか」     | !        |  ` ⌒ ´   .|
                               | !   ,.-,    |         |
                             _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r
                            r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
                             |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
                              |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
                              |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
                            ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
                         √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
                          /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }


どのような事象であれ、自分を評価されることを嫌う人間はいない
ガッツの口調はぶっきらぼうなであったが、その中に喜びが見え隠れしていた


36 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:10:06 ID:a7ea94fd


       .、ゞ‐!゙i; ;/;;ノ;;;;:;ノ:;r‐;;'";; ,,,,;;: ;:;:;:
      __ヾ`ヾ;:゙i、i;;i;;i;;;;;/;;;;:/;:;:彡;;;;:;:;彡;
      `ヾ;;ヽ、;;;;ヾゞ;,ィ;;;;;彡 ;:;:;:;::彡;;;;;/
     .,.フ;;;;ゞ;:;゙y';;,ィ;!l;;iミ;;;三;:;:;:;:;:;三三.          「あ、でも姉さん、ちょっと時間ください
    i'´i;ィ;;イ:;;ト、;i ゙、ヾ;iヾ;;;;:三;;;;:;;:;:;;/,、ヽ
      l;;!、;;|、;l ゙i,  _,,   `゙'三三;/ん、 ゙i.         もしかしたら作り直すかもしれないんで」
       ゙i;!  }、  ,,r;;-'     三シ /⌒'i l.|
        l_,.ィジ゙__,,..,       `‐/ /
           ヾ゙::ヘ;!__/        ゙) /
           .j       /     {__/ .;
         /`            |   ;
        .(              :|   ;
         `'''‐、             /:l   ;
           〉-─         /: :l  .;
           .`'i      /:::  :: __,r─
            j     /'⌒i  // ,ノ
            .ヽ、,,,、-''´    V ////
                _,、イブ/ /:: // /
               _,//:/ i゙./ /: //∠
              ./ i: i゙ .レ' :::::レ' /;:1/


そう言った彼の言葉に、ハクは「え?」と間の抜けた声を出してうろたえる


                                               /⌒
                                               {厶-‐-ミ
                                              x<  ̄`ヾヽ  ヽ
                                         /   刈  い n
                                           「 / /\i |  L」[]  }
     「え? 別に悪いとこ見当たらなかったけど…        | i 7ー-弌|  ヒr'シ}   '
                                            | | !:伝≡:|  |∪フ /-‐=ニ7
       わたし傷とか付けちゃってた?」                 И:Ⅵ ''"´   |T´ , 仁二ニ′
                                          人 {   u i  | Υニ`マニ7
                                           }小 ⊂つ|  ! 圦ニニ>.  
                                               _! 7フ瓜  | j  ',`く_
                                              Y´ K  { l ム ′ 〉 }`ヽ
                                             j |〉 |` レ ´ ; / /  }
                                           f==7〈 |   ,' 〈   /DTM
                                  r f⌒ヽ.    /ニ7  \| / //  {i====!
                                  「しし^「ヽヽ.__/ニ7   }:| ,' 〃/7、 マニニ|
                                 /し   > ヽマ≧,′   圦{/ /し'7ヽマ=-ミニ{
                                 し'⌒ヽ__,、__,} iニ八    「:::7ノ  〈/ ハ マニニヾ
                                        |≧x| lニニニ`ト-=と,.ィ=、  と | |ニニニ}
                                      !|:i:i:i| |ニニニ| 〉 i:i:| {`マ´:::} !ニニア
                                     辷ノ丿ニニノ /  i:i:i|  \辷'厶イ
                                       `¨´ ̄ ̄ く  i:i:i:|      |


       ._iヽ|`‐┘`"V`;-'`i'、li/i、iヽ,、
     ..>;;;;;;;、ミミヾ`ヽ、\ヾ川|! ノノ_丿
    .._」;;;;;;;;;;ヾ\ミヽ\ヾ、ヾ〃i '~=、
    .>;;;;;;;;;ミ;;;;;-;;;;;;ミ三ミ/::~)ソ ,、ミミ、
    ゞ;;;;;;;三二;;;;; ̄=={  /" !ノi!))
    ..~);;;;;;;:;;;;;;;:__-二三フ   ='`ヾ;; (      「いえいえ
    〈;;;;;;:;;;三/ノ\三'  U  "、__;:"〈
      ノ;;;;;:;;彡!ヽ 〈L'゙ :::::....   ゛ "`-,.       そういうんではなく」
     .ノ;;;;;:;;/!/`ヽ-'         r ‐'"
   .ノ /`'"'  ,'   |          __〉
    /;;:  ‐- / i  ヽ_          ,!
   ┐ _,  /  |  ;  ̄_`::..    (
   '  -二{   i  ;   i / ̄` -ー'
   .ノi_ ヽ,ノ\ |  ; ;ノ/
.

37 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:10:32 ID:a7ea94fd


            _ivfv'レN´w'rz
           _iゞ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;㌧
         `ヾッ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;;;;;;;У
          ´7;;;x㏍К㍉レ.;.;.;,;,;,;,;;;;Ζ.        「まだ名乗れたもんじゃないですが
          '^!i^kX'゙゛  .:{rヘ.;.;.;;;;;ζ
            Z ;.'ー' ,.::::゙£};;;;;;;;;;ゞ=-、.       職人、としてやっていこうってんで」
             /__;:   .::::::::r .^^'λ 三ミぇ
              了二つ ::::/;: .::  .::ゝ三三ミぇ_
               ン rー冫:::::::..  :.. ..:::ヾ三三;=/
             _,> .二Y´乍=z:::.   .....:::|三三/ミぇ_
.           ノ.K ,-=.Y 三∥:: ,; ,;::.._z-|三/ぇ::::::::...`ミ.、
       ∠.三i| ヽ  ノ;三∥;_;;zr-― .::}》'三i三三ミ>:/:ヽ




         ヽト _ゝト__ト,, __イ-ヾ─,
      、>`ヘi:::::::::___::≡_:ミ::::::=二--i_____
    _ヽ_-`::::::::三__::::ク///ノミ,三ミ;;;;;ミ:::::::<__
  丶二`:::::::::::彡エ゙/:ノ/ll::ノ/i:ノ!:::ミ `l`,ミ,:::::::, ,<ヽ
  _==ラ ヶ/!:::::ヶ//ノi f//ノ,)::l!ノハl\,:::::ヽ ヽ トゝ
  イ 彡/ヶク::/:::/レ:::::i//:/ /::リ.ll::i!!::::l \`ヽ::iヾ
  /イ/ ´ ´´/ノ:::::::::::/l::::イハ´:/i:::ノlヘヽ:i, iwi ` ト       「いまの自分が出来る最高の物を
  ノ/  ;; イ:::/l::/ .i/__}:/-/´レl::レ!!:ヽ::\ i_\i
 ´ ´lイ /ノiノi:l,,::!_,:l i/;;;;l´彡 ´`ヾノi://::::::ノl /ヘi,`、.     ―――渡したいんですよ」
   /ノ!ノ,-;;;;;;ヽ、 ヽ  r_i:ク=ゝ/i/:i:::/::/./ニヽiヽ
     l ヘ-、  _.!-.i ヽ,         !イノf__ノ ` }!
     ´ lノ!- ̄ /.ハ i      i   .l;ノ/.) 厂イ
      /i  / ヽ_ヽ,i      .l       /:::lヽ    .∧
       !  i.!、 、,ノ      l  . ┌7´ `ヘi    /;;;i
       `i  ´`-,            !`    \/─彡:::!
        `i /_´─ ̄ 二`      / __/`-´彡ヘ彡彡ヽ
       _ /´i ヽ─ ´ ̄    ,∧ ノ/ヽ!:::::::!::/,,,,<´:: ̄
      __l::::::::`i         ,/::::::ヘ,.\;;;_`_ ,-<:::::::::::::::::::
     .ヘi:::::::::::::::\     _,ヘヾ 彡::彡- `:;;;<::::::::::::::::__::::::
    ノ::iヽヽ:::::::::::::`i7ヘ-´:::::::ヽ 彡:::-─´´:::::__::/´ ̄   `ヽ
   >::ヘ`.ヽ:::,ヘ-´;;:::::\,::::ノ-;;;´::::::::::> ´
 -7´: ヽ::::iヽ,!/::彡 彡:: <::::::::::::::::::::/
 /:::::::: `!;;ノ´_彡 -:::´::::::::::::::::::::::::::::/
 :::::::::::::::`-ヘ  :`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::`l


そう言った彼の眼は、酒のせいではない熱を帯びていた
自らの意思を表明するような、強い熱量

信念、と呼ぶものの芽がそこにはあった
.

38 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:10:57 ID:a7ea94fd


その熱に当てられた二人には、自然と笑みが浮かぶ
意図せずとも、次に出てきたのは感嘆の言葉だった


              ____ ____
            /¨ ̄   ̄`ヾヽ  ___
           /  ,,.x≦⌒   ´ ̄   ミメ、
          /  //   γ´{    ⌒  、  \
           / 〃     {  ハ  ヾ       ヽ   :.
            〃 //      ハ  '.   '. i ト、      ハ
            /  i/    /イj ∨   :}从 \      :.、
         {{  il :   ,',' {{  廴,  、j_ヽj^刈    }‘,
           ル'.:   li ‐七¨ ̄',   | ̄`¨卞 }!    | }
         ヽ小  i  ル  __ V  | __. _j |i   1:| ノ..    「あら、カッコいいじゃないですか
          |i从  i  Kx===ミ. ∨ } ,===z, !i   ハ}
          || ヾ ハi : i xxx    Ⅵ  xxx リ   / リ         オトコノコしてますね~♪」
          ||  个从八      ,     / / /
             从 __∨ 込≧=-       ノイ//::メ、
            \:::::∨ハヘ>. `   ´ イ:j  j〈::::::::::::>
             Y ̄Vハ〈::} >--< ,i._l  i ハ ̄Y
               K´::∨ .',∨       |  リハ}::::┤
              !:._イ∨ .';:∨ ',   /  {  :!:::::::L>.
           γ´  i:::::', ';:::',‐-   -―ハ i|::::::::j   ヽ
           ,'    |:::::::} }_厶     /::! :l|:::::::::l     :
           /i   i |::::;イ /::::::/    ノ:::::| リT¨ヽ}Y   卜、
         /:::::|   Yレ'j.:{∧:::::!       ヽ::::!j i l.:.:.:.:j!    |:::::\
       /:::::::;' |   {::::j: :i:::::';::l  ':. .:´ }:::lハ i ';.:.:.:|   |:::::::::::::>
      ∠:::::::/ | _  |::::! !.:.:.:.|   :. .:  j.:.:.:.} } }:.:.:.} _ |`ヽ/
         `ヽ /!´⌒`ヾ:::{: :ハ::.:.:.{: . .::} :{: .. :j.:.:.:.! i !:.:::j´⌒ヾ}/
             ゙|.:.:.:.:.:::::i|:i:!: : :.';:.:.ヘ : .:ノ 乂:./.:.:.:! i |:::::;l::::::.:.:.:.!
          |.:.:.:::::::::l|:i::|: : : :V;;;;;\    /;;;;;;;;| i |;彡l!::::::.:.:.:j


                                   ./ ̄ ̄\
                                  / ヽ、_   \
                                 ( (⌒ )    |
                                 (人__)      |
                 「全くもってその通り」     .r-ヽ         |.
                               (三) |        |
                                .> ノ       /
                               ./二/ ヽ     /
                               //// へ>个/ <
                              .|////ヽ /\///)
                                ̄ ̄ |\/////|


二人からかけられた賞賛を受けた当の本人は
罰が悪そうに再び頬を掻いている


       ._iヽ|`‐┘`"V`;-'`i'、li/i、iヽ,、
     ..>;;;;;;;、ミミヾ`ヽ、\ヾ川|! ノノ_丿
    .._」;;;;;;;;;;ヾ\ミヽ\ヾ、ヾ〃i '~=、
    .>;;;;;;;;;ミ;;;;;-;;;;;;ミ三ミ/::~)ソ ,、ミミ、
    ゞ;;;;;;;三二;;;;; ̄=={  /" !ノi!))
    ..~);;;;;;;:;;;;;;;:__-二三フ   ='`ヾ;; (
    〈;;;;;;:;;;三/ノ\三'  U  "、__;:"〈    「勘弁してくださいよ…」
      ノ;;;;;:;;彡!ヽ 〈L'゙ :::::....   ゛ "`-,
     .ノ;;;;;:;;/!/`ヽ-'         r ‐'"
   .ノ /`'"'  ,'   |          __〉
    /;;:  ‐- / i  ヽ_          ,!
   ┐ _,  /  |  ;  ̄_`::..    (
   '  -二{   i  ;   i / ̄` -ー'
   .ノi_ ヽ,ノ\ |  ; ;ノ/


ほろ酔い程度ではいられないと思ったのか、ガッツはグラスの中身を一気にあおった
.

39 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:11:24 ID:a7ea94fd


そんなガッツの姿を見ながら、やらない夫はある疑問に支配されていた


           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|


幾度となく聞いたことではあるが、何度も浮かぶ疑いの気持ち

理屈では分かっていても、感情が納得しない
心に刺さったトゲのような感覚


           ヽ;;;...ii;;,,ヽトl∨ノハ ,,,,/;
         、 ;;;iiゞヾllノトiiiiノ!!ii;i`ノ/;/i`/;
        _ミミヽミ´;;;ll i:ミ》l ll>ゝi,ii,lliiヽレ;;/l/l/
       >=r`illミミii;; i;巛l`∨ii/ト iハノir::i/リ!lli
      ,-;ヽミii:ミミ:l{<ミiii i i、i:::iii::liiilll::i i/i:ii ii lll彡/
      -,-´i;;;;ミiミミ!!;;.>!!>)i{iii::ll´iii´iハ;ii;;ii;ii,i,i;;ii`l;iレ;
      ∠iiミii;;;、i,,、iトiiii,`iillllii;;ill;:ii l;llii liノl:ノ/l/ノr-
       /:::ゝlミ,;;;ll;;..ミlillilll>ヾl;iヽii ll,iii:::ll;llll`ii`//7
      ,」ミミ巛ミii::::::: ´´.//レ,,//`iノiiiii:::llll::ii:、ノ彡
      >ミ、ミミミミiiミ/ ./ll/./i//iハヾヾiYiilヽゞハ
、     ヽ, k=、;ミiiミ    レ iレiリ/i l.lレiリl iil lli           「何か?」
::ヽ     .<l:::r-コiミ  <巛ミ=:lwii .:jii リ /レ;illゝ
::彡、    .1ヽヽソミ   <...  ̄`.ミ、:: リ/彡》_;;/
::::  \   /ハハ,ヽi::    `─´ ̄.ソ ; iノ二゚ノi
 //iiiiiii:::iii/  :`:1::::         ; l    i
iiiiiiii:::iiilllii::k   ` ::        ... ::: .l   /
llliii::iiilllii::iiiiヽ::   ヽ       ヽ-,__,:i.  /ヽ、,;-;、
llll:::iiiiillll::iiiiiiiヽ, ::::   \    _____, ./liii::iiiヾllll::lli:iii
iiiii:::iiiilllll::iiiiiilili:: ::  ::::ヽ,   ヽ─-´/llllii::iiiiiii::illllll::il
:::lllii:::iiiiiiii:::iiiiii:\:::::: ::::::::\  `─´¨ イllll::iiiiiiiiii:::iiiiiii::i:
::::lll::iiiiiiiiiiil::iiiiiiiiiii\: :::::: :::::`───´iiii:::iiiiii:iiii::lllllllllll::


腕組みして考え込んでしまっていたやらない夫の姿を見て
ガッツは当然の疑問をぶつける

やらない夫は腕組みをとき、グラスの液体で喉を潤してから
その疑問を彼に告げた
.

40 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:11:51 ID:a7ea94fd










            _____
          , '         ' 、
        , '               ' .
        ,'                 i
       ,'                 |
.       |                 |
.       |         ___ ノ ゝ__,
.       |        ( {::::::} ) ({::}).     「キミ、本当に年下?」
       '.     u.       ' . .j
.         '.       (      j )     ←25歳
         }  人     ー――´ー
      __ノ    \        」
      }////` <  `: ..     .,'
      /_/////////` <r'´ ̄ ̄
.     //////`/<///////ハ
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ


                           ∨  ∧      |VN   |! :/:::::ノ::ノ::ノ:::::::::::,:イ::::::ノ::::::/:::::::/__ _ /
                          ∨  ∧    」 > ゞ 、ゞ:∧ / :/ :/ ⅣY"´ ≪ー=彡:::::=::::∠ノ
                              ∨  ∧  <ン /l i :/ :X|/|:/ |::| )ノ ノ >ーニ三彡:::::::::::::/__
                             ∨  ∧   //N´Ⅵ/ イ__l ,イ.zヽ|- 、 ヾ ≫―ニ三彡::::::::::::∠
                           ∨  ∧./{ .| ー ソ{ ( r >- ≠=一ヽ  ヾ=ニ三彡::::::::::::::>
                                ∨  ∧ ∨ _, j    γY ひ > "   `ミ.三三≧::::::::::∧   
      「ほっといてください」            ∨  ∧  `} ̄/-    .ゝ `≠"       〉三γ `Y:::::>
                              ∨  ∧  ;/           ノ`ー、 ヾソ,;{ j !:::::(__    
                       21歳→      ∨  ∧ 入r  _ 冫       ヽノ^"´   ノ ー /::::〃 ̄
                                  ∨  ∧ i  ` ¨            、 / ィヘ イ:::::::ゝ
                                 ∨  ∧! Y´二 ー 、     ―=<∨ゝ j  Y从〈
                                ∨  ∧〈 ` ̄´ ̄ ′'        `/ /   ∧ |
                               ∨ / j  ̄ ̄         . < _/i::::\人人ノ
                               /\ _.ノゝイ|!/.{    、 _     . < ___ノ、:::::::ゞ:::::::\\\
                            、 .イ:::イヽ::::::::::::::\ _ゝ __   -=__ ノ、::::::::::::::\::::::>――
                            \:::::::イヾ、:::::( ̄ ̄:::::::::|   ハ ̄´ヽ:::::::::::::::\::::::::>:::::/:::::::::::::::::::: 


                                                  【オワリ】


.

41 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:12:25 ID:a7ea94fd

                     (乂_: : : : : : : : : :|::|: : : : : : : : : :_乂)
                       (乂_: : : : : : : : :|:」: : : : : : : : : _乂)
                           (乂_:_:_:_:_:,...:':.:´:. ̄.:.::.:二:.:.、:_:_:_:_:乂)
                        (乂乂乂/.:,:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:\乂乂乂)
   これにて、第01話終了かしら     .____/.:∠.:.:_:_:.:.:.:.:.i'⌒Y⌒゙i:.:.:.:',
                             }厂¨¨7:./\:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト={薔}=イ:.:.:.:.}        \
                        {{   ;':.:;   `ー─==\仆/、_:_从__, -y' ̄:ヽ__)}
                              ,{:.:.{       ィテ=ミ   f; )〃:/〃:{/{:イ\:ノ
                             八:.:.'. ⌒_     {ト:::::j}   _厶{{:.:{:.{:.{'  ̄ \
                            \:\r=ミ    " ¨´   /人  ̄  ̄      !
.     閲覧ありがとうございます           }:从   、     /r=、::\  、    |
                        f^Yi     /´ }:,>.. _ー ´_/r{ニ}__j!:::::::\ ヾ\  ノ
.    ..::ー-、                   .\|     ( /ヾ:_(\「:|〃  しi|::||:c:::::::l \__ イト、__
.  〃::::..  ',                            {ヾ:__(\}::ト、   `||〈j!:::::c:ノ   \ゝ く__ ̄\
.  j:::::::::ji:... |                     (___ノミ:}( \}レ{,_  〈j \ ̄介    / |」\]   \
.  (::::::`¨:j:¨´                      ` ̄ ̄´( \ノ:|〈フ)、____ノ \    |
.  ∧:::::-:::イ                            ̄,|:::|_У} ヾ    〈_\ 介|
.rー'   ー‐' |                                /::}:::K_丿 :   /ヾ  r^y|
.弋ミNイ::}_{:.. ヽ                          {::::[]::::}   |   /   _(У |
.从 (::..... Yアミ  \                          \:::ノ、__/   /  _(У: : |
.  ヾ::::.从:::....... Y `ヽ                               /  (.У: : : :|


42 : ◆jsXgrE.VEg : 2017/03/16(Thu) 21:13:08 ID:a7ea94fd


       |、   (⌒×⌒)
       | `二¨ヽ〈 八 〉 |          さて、次の投下は明日 3/17 21:00から
       |   _ ` トイ'、l
       |  ィこ:Y_| Vハ/.            本編ではない軽めのお話を
       |   {しリ`イ ソ
       | ̄ }   ,、.ノイヽ   ..::ー-、.     「幕間」として投下させていただくかしら
       |ー_'_ イヽ Lヽソ〃::::..  ',
       |lヽ⊥〉  ハ {ソj:::::::::ji:... |
       |ー|┘    V´(::::::`¨:j:¨´
      r-、_ 〈 、 l, ィ、ヘ ∧:::::-:::イ
     └j  !\-くノ:ト、〉}   ー‐' |
       {_ ノ|    |」l_!イミNイ::}_{:.. ヽ
       |:::::j      人(::..... Yアミ  \         なんだか第01話は真面目っぽい内容ですが
       |_:ムzェ--'´   \:::.从:::....... Y `ヽ.     昔から真面目なのは最初だけです
       |   └ヒュ、_    }三三ニV jハ .j 
       | l   l └'冖=ュォ’三三三チ | || イ     それでは、今晩はこれにて
       | l    l  l 丿ミ三三彡' :| || }
       | ヽ   l  l イ   }={    :: || j
       | 、 ヽ   ノ ネ、  }={    :: ヾ ヽ
.

43 : 普通のやる夫さん : 2017/03/16(Thu) 21:15:54 ID:494c8f14
乙でしたー
人間と亜人の交流が微笑ましく小気味いい

44 : 普通のやる夫さん : 2017/03/16(Thu) 21:20:03 ID:e6a6927d
乙津
どんだけ荒波に揉まれてんねんって重厚さだよな、ガッツ

45 : 普通のやる夫さん : 2017/03/16(Thu) 21:32:36 ID:e4317b43
乙乙!
まぁない夫の疑問も当然だなw

46 : 普通のやる夫さん : 2017/03/16(Thu) 22:11:56 ID:eeee1ce6

で、ハクさんは何のバッカスの亜神さんなんでしょうかw

47 : 普通のやる夫さん : 2017/03/16(Thu) 22:29:02 ID:1b10ae3f

ドワーフ、なってみたいなぁ
何よりその情熱がほしい

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 国際的な小咄 8585 随筆の書き方 ~サッチ篇~ (11/27)
  • 国際的な小咄 おまけ 実際に言われたひでー会話、サッチ篇 ~ ドリンクに例えたら? (11/27)
  • 気がついたら魔王 第12話 魔王、クビになる (11/27)
  • やらない夫はVにガチ恋するようです 11.夏の迷宮 (11/27)
  • タンジェロ・ポッターと炎のゴブレット 第五十九話 ホグワーツの澱 (11/27)
  • やる夫たちはつつがない日々を送るようです 第15話「さかあ」 (11/27)
  • イナズマやる夫イレブン―サクリファイス― 第20話「旅立ち」 (11/27)
  • やる夫の割と平和なドラクエⅤ 第二十九話 前編 (11/27)
  • やる夫の割と平和なドラクエⅤ 第二十八話 (11/27)
  • やる夫の割と平和なドラクエⅤ 第二十七話 (11/27)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ51「雪山密室リターンズ」 その2 (11/26)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ51「雪山密室リターンズ」 その1 (11/26)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク42 (11/26)
  • いせかいてんせいした やるおくん!! その42 (11/26)
  • 目次 エイシンフラッシュが帝室御賞典レースに挑むようです (11/26)
  • エイシンフラッシュが帝室御賞典レースに挑むようです 最終話 (11/26)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第五話 (11/26)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第四話 (11/26)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第三話 (11/26)
  • 読者投稿:たまには武術も語りたい 「鎖系統武器について?」 (11/26)
  • 読者投稿:「たのしいこいばな」~羊頭狗肉~編 (11/26)
  • 読者投稿:男も大事だ!ちちしりふとももー!! (11/26)
  • やる夫たちでソードワールド 穢れたルリルリPT! 5 (11/26)
  • やる夫たちでソードワールド 悪い子PT! 3 (11/26)
  • やる夫たちでソードワールド アビスPT 31 (11/26)
  • やる夫たちでソードワールド 俗物PT! 2 (11/26)
  • やる夫たちでソードワールド 俗物PT! (11/26)
  • やる夫たちでソードワールド 小さな島PT! (11/26)
  • やる夫たちはつつがない日々を送るようです 第14話「ちっさ!」 (11/26)
  • やる夫たちはつつがない日々を送るようです 第13話「めしあでめしや」 (11/26)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 三週目 24 (11/26)
  • ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う 三週目 23 (11/26)
  • 国内的な小咄 1687 浜松餃子ともやし (11/26)
  • 国内的な小咄 1686 静岡おでん (11/26)
  • それ行けサイヤ人やる夫! 第23回天下一武道会編 7 (11/26)
  • 彼らにとってエンディング後の世界は狭すぎるようです 第40話 (11/26)
  • 彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです 第三十三話 (11/26)
  • 気がついたら魔王 第11話 真なる魔王 (11/26)
  • イナズマやる夫イレブン―サクリファイス― 第19話「集結する仲間たち!」 (11/26)
  • やる夫の割と平和なドラクエⅤ 第二十六話 (11/26)
  • やる夫の割と平和なドラクエⅤ 第二十五話 (11/26)
  • やる夫の割と平和なドラクエⅤ 第二十四話 (11/26)
  • 目次 ヨリイチはジェダイの騎士のようです (11/25)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第二話 (11/25)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第一話 (11/25)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 予告編 (11/25)
  • いせかいてんせいした やるおくん!! その41 (11/25)
  • 【森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc】Debugger (11/25)
  • NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~ 第八十六話 「クローズ・ヒガシヤマ・アプロ―ト」 (11/25)
  • 読者投稿:『温泉むすめ』の提携先の現地でどんな風に『温泉むすめ』は、使われてるか。 (11/25)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/10)
    ※完結作品は集計した前の月(9月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1いせかいてんせいした やるおくん!!1ハリポタ世界と鉄血のオッサム
    2やる夫のクソな日常!2やる夫は地方のウマ娘トレーナーのようです
    3やる夫は剣で食っていくようです3異世界食堂できない夫
    4あさねこの小話空間4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6やる夫たちでソードワールド6すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    7異世界からかえってきたやる夫君のお話7やる夫はソロハンターのようです
    8真・女神異聞録ブルードラゴン8ローグライク異世界転生
    9タンジェロ・ポッター9あんこ時々安価で鬼滅の刃
    10流されて平家武者  ~~中華風異世界転移顛末記~~10ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11
    11やる夫は魔導を極めるようです11やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    12それ行けサイヤ人やる夫!12やる夫は聖杯を落としたそうです
    13やる夫の家業は悪の組織のようです13召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    14日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅14横島くんは死神になるそうです
    15彼らにとってエンディング後の世界は狭すぎるようです15女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望
    16◆EV0X7vG/Ucの雑文所16アメリカンヒーローアカデミア
    17やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。17気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話
    18できない子とSCP18レベルを上げるスレ
    19やる夫はアイドルを応援しているようです19勇者やる夫の軌跡
    20NINJAのススメ ~NAGOYA OF HELL CITY~20やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    21芝居しようぜ!―十八番花道の異世界演劇史―21阿部さんはやる夫を育てるようです
    22あんこ時々安価で惑星のさみだれ22オーバーあんこ
    23慎二は自身の高慢と向き合うようです23魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    24ラーメン屋のバイトと店主が世界を救う24ドクオが異世界転生したようです
    25白頭と灰かぶりの魔女25やる夫はギルドを経営するようです
    26やる夫は自分の国を興すようです26血まみれ勇者
    27やらない夫は集われるようです27現代知識チートで無双する男のおはなし
    28やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです28甲と呼ばれた侍
    29正義の味方 左衛門29鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    30◆wbLMu0PfuMの小ネタ詰め合わせ30やる夫たちは三連星(代理)のようです
    31やらない夫はVにガチ恋するようです31人滅の病
    32やる夫がKenshiになるようです32証言と証拠は安価とあんこの後で
    33森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠33やる夫はLVが上がらないようです
    34やる夫はアーランドの冒険者になるようです34やる夫達は人間ではないようです
    35やる夫の兄はブラコンのようです35コンピューター様、情報更新は義務です!!
    36ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~3659号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです
    37ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱37やる夫の冒険は終わりました
    38彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです38アカガネ山のやる夫
    39都合の良い女39ダンガンあんこ
    40やる夫達は死の遊戯に抗うようです40STALKING!!


    過去ログはこちら
    人気ページランキング