国際的な小咄 AA International NEWS 『タイ国王、ラーマ九世(プミポン国王)死去』 他

目次

3 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/16(日) 04:58:31.62 ID:YIPlKVUu


 タイ国王、ラーマ九世(プミポン国王)死去


                      ,、-''"/:::::::ヽ::\
                    /:::::/::::::::::::/:::',:\::\
                 ,、-''/::::::::/:::::::::://::::::::',::::|:::::':,      記念すべき一番手は、私だ
            ーー'"´.//::::://::::/ヘ/:::::::|:::::',::::::::::',           ヘ、
               / /::::::/:.:イ::/ヒッx/:::イ::::|:::::::|::::::|:::',       __ノ´,、ーー`''‐-、,
             _,/´  /::::::/:.:/:|::':,  /|/ |:::/ °/:::::::::::|ヽ     ”ぅ,、-''",、-''_/γ ノ \
          _/´    /:::::::/:./ヽ|、 .,__´ リ /::/|::::::::::::| ヽ      ー`´ `''-、, ノ /   \ _
        _/´     /:.:.:.:::|.:|:;:;:;:|':、 `'''‐`-'- /;/:::::/:::::|              </ ヽ    \>i
      //     /:.:.:.:.:.:.:|:.|:;:;:;:;:;:;|\   ,/;;;;ノ::::::::::::::|               ',`;;-、, /,、-;;";;|
    .//      /:.:.:.:.:.:./|:.|;:;:;:;:;:ヘ  ヽ-'",、|V:::::::::/:::|:|                ヽ,ミミ三三三彡',
   //      /:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.リ__μ〈  >, ヘ´   ソ:::::::/ |::|                 ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 //      /¨二ー=--‐ャ ||;;;;;;;'; i; / | | 〉 /:://;;|::|ーーーー、―――‐-、.,,_;;;;;;;;;;,,,|',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l,
//      /| | / /ー'´フ_||;;;;;;;;;;';ヽ/:::|_//V/:./;;;;/:/|;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;> 〉/////〉 〉;;;;;;;;;;;;;;;;;|;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,i,
/     // . . ヽヽ////| ||||;;;;;;;;'; >;;;;;;ソ /:./;;||/:/;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /////////;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       |/   | .   /;;;;;;| ||||||;;;;;;;;'; 〉;;;;ス /:/;;;;;|/:/|| |;;;/;;;;;;;;;;;/ //\'// /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''-、,,.、-‐''"
     /:|    / ./;;;;;;;;;;/ _, -'"'ー-';/;;;;;;;;',/:./ー/:./__|;;;;;;;;;;;,-'/ /ヽ _ノ/ /__,,.、-‐'' "^´ ̄
   /:.:,,.|. _/./;;;;;',;;;;;γ´;> || <'"´`i,;;;;;;;;/:./;;;;;/:./,\;;;;;;;/;,./ ̄ ̄ ̄ ̄
  /|`''-、,    <;;;;;;;;;;;;ゝ;;;;;;//,   ',;;;;;;;;i,;;/:./;;;;//;;;\\;;;;;;;|
../:.:.:.|//////`''ーゝ;;;;;;;;∧//;;;;;',ー‐',;;;;;;/:.//:./,、-''",.-'";;;;;|       ではまず初めに、下のニュースを見てほしい
´:.:.:.:.:.|///////////|;;;;;;;/:.:ト、`'-、'.:::::::::',/:.:.:./:.:/-'",、-''",/;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|''-、,///////|;;;;;;/:.:.:|;;;;;`''-、,',:::::::ソ:.:./:.:/,、-''";;´'l l´;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;; ̄;;7";;;;;/:.:/|;;;;;;;;;;;;;;;;;',/:.:.//´;;;;;;;;;;;;;;;;|::::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./  |;;;;;;;;;;;;;;;/:.:.:/ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;/:.:./   |;;;;;;;;;;/:.:./ />;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/:.:/    |;;;;;/:.:/|::|ヽ:::::::::',;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:〈;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;|.:/     ',/:./;;;;;;|::|;;;;;',:::::::::',;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:'i;;;;;;;;;;;;;;;;;//     //;;;;;;;;;;;|::|;;;;;;;;',:::::::::>;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;|
:.:.:.:.:.:.:.:.\;;;;/:.:./     //|;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;',<ヽ>,>.,;;;;i,::'i;;;;;;;;;',
:.:.:.∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/    // /;;;;;;;;;;;;;;;|:::|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、:::::\;;;i,::'i;;;;;;;;;',


[バンコク/シンガポール 13日 ロイター] - タイ王室は、プミポン国王が13日、病院で死去したと発表した。
88歳だった。1946年に王位を継承、在位期間は世界最長となっていた。
一部のリスクアナリストや外交筋は、国王の死去を受け、経済が大きく混乱する公算は小さいとの見方を示した。
王室によると、国王は現地時間午後3時52分(0852GMT、日本時間午後5時52分)に亡くなった。死因は公表されていない。
息子のワチラロンコン皇太子が継承する見通しだが、プラユット暫定首相は、皇太子が国民と喪に服す時間を求めていることを明らかにした。
国王死去を受け、国連の潘基文事務総長は、人権尊重に取り組むなどした国王の功績を大切にするよう期待する考えを示した。報道官が語った。
米国のオバマ大統領は国王について、自国の発展に不断の努力を傾注したと述べた。
産業団体の関係者らによると、各金融機関や金融市場は14日も、通常通り稼動するという。
コンサルティング会社、ユーラシア・グループは、政府が来年の総選挙を2018年に延期する可能性があり、
同国株式やタイバーツ相場の値動きが、国王死去直後に大きくなる公算があると、死去発表前の報告書で指摘した。
投資環境への影響は、最初の服喪期間に設定される公算が大きい100日間に限られると分析。
各企業が最初の服喪期間中、製品発表などのイベント開催を見送る公算が大きいとした。
ただ、王位継承が順調に行われ、国王死去に伴う相場変動は長続きしないと予想した。










         , ′.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.‘,
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
     /.: : : : : : : ::.:.',.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
     ,': : : : : :.:./: : :',: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : :‘,    タイの偉大なる王がお亡くなりになった
    .{: : :.{: : :.´{^ヽ、 | : : : : : : : : : : : |. ', : : : : : : : : : : ‘,
     | : : |: : : : ', /} | : : : : : : : : : : : | } : : : : : : : : : : : ‘,
...   .| : : ',.: : : :.弋)j }|`i: : : : : : : : : :.|./: : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : :.:' ,:、ヽ、\ ||. | : : : : : : : : : リ.',: : : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.,
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:.‘ ,    深く、深く哀悼の意を示そう
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ ,
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : : : : :
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- .
.      ,':,': : : :.,'|: : : : : : : :}.: : : : : :.| ,' ,.' /...|\.//  ./          \
        //: : : :/ .! : : ,. イ |: : : : : : | ,':,.'レ′ |\ l.|  /
.       //: : : :/  |: :〈 ,r'.}. !: : : : : :.|,':,'./   |ゞl/l.| ,'
      //: : : :/   .|: : :',.!r'./.|: : : : : :.|| |.仁二\. .l.| |
.     //: : : :/    ! : : |.リ/ !: : : : :.:.|| |<\. \\l.| |
    //: : : :/     |: : :.| =_.|: : : : ::.:.|: |. \.\ . \_| {       陛下の経歴に関して、ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/area/thailand/cv/r_adulyadej.html
.   //: : : :/     |: : :.|/ ,': : : : : : :.:.|.   ‘,‘,\  ', ',     から下に引用した、見てほしい
  //: : : :/     |: : :.|  /.: : : : : : ::.:.|.   ‘,‘, \. {. ',
. //: : : :/     |: : :.{  /: : : : : : : : : :|.   ‘,‘,  ヽ '.,

1. 氏名
 プミポン・アドゥンヤデート国王陛下
 (His Majesty King Bhumibol Adulyadej)
2. 生年月日
 1927年12月5日生
3. 出生地
 米国マサチューセッツ州ケンブリッジ
4. 学歴
期間
学校
1934年
スイスに留学
1945年
スイス・ローザンヌ大学(政治学、法学)に入学
5. 経歴
期間
経歴
1946年6月
ラーマ8世王(兄)の死去により、19歳でラーマ9世王として即位
1950年4月
1950年5月
シリキット王妃陛下と御成婚
戴冠式
1987年
「大王」(Great King)の尊称を奉呈される
6. 家族構成
 シリキット王妃との間に1男3女
 (ワチラロンコン皇太子、ウボンラット王女、シリントーン王女、チュラポーン王女)
7. 趣味
 音楽、絵画、写真、ヨット等多方面
8.訪日歴
年月
行事など
1963年5月
王妃陛下とともに日本公式訪問(国賓)
9. 横顔
 (1)現国王陛下は在位55周年を迎えられ、英邁な君主として国民一般の敬愛の的となっている。
   若き日には自らジープを運転し、好んで地方の農村を訪問された。
   また、国王陛下自ら土地改革運動のために王室の所有地を提供したり、農村開発や干ばつ対策の人工雨等の各種王室プロジェクトを推進している。
 (参考)
 ○王室プロジェクト(Royal Projects)
  1950年代初めより開始された事業。地方の農村振興のために、農業、漁業、林業、酪農等の分野で、
  現在までに2000以上の非営利・半営利のプロジェクトを実施してきている。
  具体的プロジェクト: 高地稲作プロジェクト(山岳少数民族居住地での稲作を可能にする研究)、
  チトラダ酪農場(タイで酪農を普及させるための実験農場)、有機肥料、医薬用ハーブ栽培、無土壌栽培の研究等
 (2)200年以上の伝統を有するチャクリー王朝の第9世王として、国内政情が変転することがあっても常に変わらぬ権威を保ち、
   1992年の5月流血事件等の国家的危機の際に事態収拾のため現国王が果たした役割は大きい。
 (3)毎年の誕生日に国民に対して訓示を述べられるのが慣習となっているが、1997年の経済危機の年より述べられてきた、
   経済開発・成長の適度さを重視し、自立的・持続的な経済成長をめざす「足るを知る経済(Sufficiency Economy)」の概念は、
   タイ人の経済行動に大きな影響を与えている。
 (4)国王陛下の御趣味は多方面に及ぶが、特にジャズを好み自らサクソフォーンを演奏される。
   「Falling Rain」を始め国王作曲による50曲余りの作品が今までに発表されており、広く国民に愛唱されている。
   また、絵画においては大胆な線と色彩を駆使し、同国王の性格がポイントをつかむのに敏であることを伺わせている。
   ヨットでは東南アジア競技大会において優勝した経験も有する。その他写真撮影などがあげられ、キヤノンの一眼レフを長年愛用されている。
 (5)日本の皇室とタイの王室との関係は非常に緊密である。
   今上天皇皇后両陛下の即位後初の外遊先として1991年にタイが選ばれた他、秋篠宮殿下は公式、非公式ともに頻繁にタイを訪問されており、
   国王王妃両陛下は、秋篠宮同妃両殿下を我が子と同様であるとして、非常に懇意にされている。
   また、2001年7月25日に行われた香淳皇后陛下の葬場殿の儀には、国王の名代としてシリントーン王女殿下が海外からの唯一の賓客として参列された。
   2003年8月にはウボンラチャターニー大学からの名誉博士号授与のため、秋篠宮同妃両殿下及び両内親王殿下が訪タイされた。
   2005年8月には秋篠宮殿下がタイを非公式訪問された。


4 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/16(日) 04:58:55.63 ID:YIPlKVUu



                               /: : : : : : : :` ヽ、
                             ./: : : : : : : : : : : : : ::ヽ
                           /: : : / ',: : : : :l: : : : : : : : `、
                          //: : : l: :||: :|: : : : |: : : : : : : : : ::l
                          リl/:〃|: :|: :ノ::l: : :ノ: : : : : : : : : : l    また、彼の業績を
                          /l::/|::/i: ヘノ.|人: |: : : : : : : : : : : l
                         /: :リ: :リl込リ/弋ツリ: : : :|: : : : : : : :乂
                         /: : : : : : : l  ´  ノノ: : : : ヘ: : : : : : : : :ヽ
ニ\    .                 /: : : : : : : :ヘ __ __ /: : : : |、ヽ: : : ::v--------、
ニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_::ヘ ‐ l: : : : : | l: : ::/ / ̄     `ヽ
.ニニニニニヽ / ̄ ̄`ヽ、ニニニニニニニニニニニニニニニニニ /:ヽ_‐/: : : : ::| .>´  /    ___.    l‐l
ニニニニニニニ|、      .\>ニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ /: : : : : : >/  / ______'//    .l|ニヽ     私が諸君らにわかりやすくまとめたのが、下だ
ニニニニニニニ| .\       `ヽ、ニニニニニニニニニニ/ニニ/: : : : : : // / /ニニニ /     / lニ.ヽ
ニニニニニニニ`‐‐‐\  ヽ、 ヽ、\~ヽニニニニ |二フ`ニ.// : : :__,: ノ´三ヽ‐‐´三三./  / ./´  .ヽ三\
ニニニニニ./ニニニニニ\ .i`\ `X\\ニニ /ニ/ニニニiニ/i: : : iニニニニニニニニニニニ/ __ /  /    /ニニニヽ
ニニニニノニニニニニニニニ.i .i三.|.ヘ:::ゝi ̄ニニ |/ニニニニii l´、: : ::\ニニニニニニニニニヽ__/_____.i/    /ニニニニニニ
ニニ./ニニニニニニニニニ..ゝiニニヽiニニニニ/´ニニニニニニ`ニニ\: : ::`ヽ‐-、_ニニニニニニニニニi  |     .ヽニニニニニ
ニ/´ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニニニ `ヽ: : : : : : :`ヽニニニニニニ /___ヘ     |ニニニニニ
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニ ̄´゙`ヽ: : :|ニニニニニニニニニニ`ヘ______/ニニニニニニ
ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニ /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|: : :|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ



タイの立件民主制は非常に脆弱な基盤の上に存在していた。民政移管に失敗して軍事政権が権力を握る機会が多かった。
そんな中、国王陛下は政治の象徴であるために表立った政治的活動を避けながら、軍政、市民運動などの各種政治的権力の調停役として活躍した。
国王陛下に元、タイはASEANの中で重要な地位に上り詰めたといっても過言ではなく、
タイの民主主義の危機ともいわれた暗黒の五月事件では軍のスチンダー首相と民主運動指導者のチャムロンを王座の前に正座させ、沈静化させた。



         , ′.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.‘,
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
     /.: : : : : : : ::.:.',.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.‘,
     ,': : : : : :.:./: : :',: : : : : : : : : : : : ハ: : : : : : : : : : :‘,
    .{: : :.{: : :.´{^ヽ、 | : : : : : : : : : : : |. ', : : : : : : : : : : ‘,
     | : : |: : : : ', /} | : : : : : : : : : : : | } : : : : : : : : : : : ‘,   ……なんやこのチート(震え声)
...   .| : : ',.: : : :.弋)j }|`i: : : : : : : : : :.|./: : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : :.:' ,:、ヽ、\ ||. | : : : : : : : : : リ.',: : : : : : : : : : : : : : :‘,
      ',: : : : }ヾ!. `ヽリ ',: : : : : : : : : | . ',: : ∧: : : : : : : : : : : ‘.,
     .人: :.:.ノ __       ,: : : : : : : : | ./}: :.} ハ.: : : : : : : : : : :.:.‘ ,
       .个ト. ._`ト、-= ´′: : : : : :.:.:|/ .|: :,' / ',: : : : : : : : : : : : : ‘ .,
.      | |: : : : :.| : ヽ  ',: : : : : : :.:.|  |: :l/  ∧: : : : : : : : : : : : : : :.:‘ ,
        | |: : : :.:.| : : : ヽ_...: : : : : : :|\!: :!  /  ` :、: : : :.:..:_: : : : : : : : :
       | |.: : : :.|!.: : : : : :.:.',: : : : : : :| .|: :l /    //`¨./    ` ¨ …- .
.      ,':,': : : :.,'|: : : : : : : :}.: : : : : :.| ,' ,.' /...|\.//  ./          \
        //: : : :/ .! : : ,. イ |: : : : : : | ,':,.'レ′ |\ l.|  /
.       //: : : :/  |: :〈 ,r'.}. !: : : : : :.|,':,'./   |ゞl/l.| ,'
      //: : : :/   .|: : :',.!r'./.|: : : : : :.|| |.仁二\. .l.| |
.     //: : : :/    ! : : |.リ/ !: : : : :.:.|| |<\. \\l.| |
    //: : : :/     |: : :.| =_.|: : : : ::.:.|: |. \.\ . \_| {
.   //: : : :/     |: : :.|/ ,': : : : : : :.:.|.   ‘,‘,\  ', ',
  //: : : :/     |: : :.|  /.: : : : : : ::.:.|.   ‘,‘, \. {. ',
. //: : : :/     |: : :.{  /: : : : : : : : : :|.   ‘,‘,  ヽ '.,



                /:::::/::::l::::::;;;:::::::::l::;;;;;;;ヘ:::::l
               /::::::/:::::::l::::::;;;;;::::::ll:::;;;;;;;;;i:::::l
               j:;;;::l::::::乂l:::::;;;;;;:::;llll:::;;;;;;;;;i:::::l        r-y
               l:;;;:l;;;弋--x::::;;;;;:::;lol:::;;;;;;;;;i:::::l       / l
               l;;:::!;;;;ヘ ̄ ∨:::;;:::!::::リハ:;;;;;;;i:::l:l       {  {
               l;;:::l;;;;;;;;\  \/::::::::::l;;l:l;;;;;;i::l:l      ゝ ヽ_
          ___    j;;::ヽ;;;;ヘ `ー 一 ' イ l;;;;;l`:l:::l       /l ` ‐ニ=z_,,.
        / ヘ ¨“^'' ,_/:::ヽk;;;;l.\  ̄ ///l::;;;;;i::l::l___f‐‐‐-x'  \_r‐''´  ヽ-y
       /   ヘ    l:::{ lヽl  ;`'  /  l l   i::l  \       ` ̄/ ̄ ノ
     /   ,,,,,;;ヘ;;;;;;;; .l:::l i i .l  /\_∧  l l   l::i  ;;;;;/ ̄`     `‐‐‐'/
,,. -‐''"´   ;;;;;;;;;;;;;;;;;ll;;;;;;;; .l:::l ヽl l ./;;;ヘY/;丶/ l   .l::i  ;;;;;;;;  l \     ノ \
 ___    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;; l:::l  ヽ.l/ヽ_x--y //    l::i       \__-- '__/ / ヘ
   ` -------- ------ .l:::l    l l;;;;;::::/ /ミ    l::i   ;;;;;;:::::   \ __/  ヘ
         ∥    /--l:::l _____ l l;;;;;;;;;{/\\   ヾヽ   \ \;;;;;;;      lll
        ∥    /l { ___ ノノ ̄ニ__-- 、 .\\  ヾ::ヽ   \ \ _ ,,. -''"´
        ∥    / ゝ---   \=z__ ̄` x'  \\  ヾ::ヽ_,,. -‐''"´     今後のタイから、目が離せないな
        ll     {;; ________  t=z_ へ _ ̄` '    > >l   ゞ::::ヽ,,,:::::\
        《    ヽ;;;;;/  l へ_` , ` - _`_ y  / /∨ l  li ` `x_;;;;;;;;; -- ______
  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄l l ̄   .l::::::l へ`y   / / } Y l   !:::::;;;;;;;;; ̄ ̄\--___
       /::::::::::;;;;;;;;;l .l    ヽ::::ヽ    / /  lY l/  .i':::::;;\;;;;;;;;;::::::::::\   ̄
      /:::::::::::::::::::::;;;l l     ヽ:::ヽ  / /    l   l   !;;;;;:::::;;;;\;;;;;;;;;::::::::::\    ではまた次回――次は、誰が舞台に上がるのだろうね?
     /:::::::::::::::::::::::;;;;;l l      }:::::,/ /     l  l   !;;;;;;;;:::::;;;;;;;\;;;;;;;;;;;::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l l      l::::::l        l  l   /;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;:::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;l l      ヽ:;;;;       l .l  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;::::::::\



6 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/16(日) 08:05:22.10 ID:ruOr9Ukp
スレ立て乙

本当に、惜しまれてるんだろうなぁ
この方が亡くなられたというのは

7 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/16(日) 08:27:55.92 ID:P73NzNmi
スレ立て乙です
ジェトロ・アジア経済研究所にタイの1970年以降の政治・外交・経済史が
色々載ってたりするからタイの現代史をもっと知りたい人にはここがおすすめ



22 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/20(木) 08:14:17.13 ID:ofv1gGpU

サウジの国債について

.         _     __
.  _r;>-<::::l::__l:::r‐‐ォ':::/::::7
  〈::〈::::::/:⌒:f--:}l:::::::l::__:::::/┐
  ヽ:ヽ::ヽ::::::l|:::::::|:l::::::/::::〉/::7
   ,ハ、L }::::j、‐-ク`r/:::://:::/l
   ト、丶、ー':::::::::::::ヽ=ヘ /ニ{
   .}二三ニ>、____,. <ニ二l
   }三二二>-‐<ニ二三ヨ
   ,小:::‐-:..、 l l l  __>::::::オ .
   / ハ 〈弋ゥ、〉人レィ‐t:ァラ´.lヽ
   ヽ{ | '  ̄ノ´} } ト ̄   l) 〉   はい、アヴドゥルです
    ヽl  ,ノl | l ノ ヽU   !_/
    /^ヽ / \_,ノ┘  ヽ. l ヽ
  __|0 l∨ .「ミ-一ニ7  ∨ヽ    今回のニュースは私が適任だということで変態からバトンを貰った
./ .ト-く ',. ヽ ` ̄__ノ  / /
   | { ハ ハ   ̄   / /    その前に注意を
.   ! 0 }  \_ _,..イ  /
    ヽ._ノ\      /



          _   _
      ┌lニ「└冂 7^>┐
     ,rくV冂ー厂Y^ト/´/7
     )‐二ニ=-=二三ニ二(
      YこjW{;二=-‐<二〈
        ヒp}  トニpブ ̄`!ニヽ
      |フ|  | ド、~  } 'Fリ   一応1は朝に有れてるかどうかだけは注意して見に行ってるので
.      |゙=_'_'゙  ヽ / rく
       |〈.-―ヽ  V /´交ヽ   そこらあたりをよく考えて発言するように
.       |`⌒`  ,//ヽ立ソ^ヽ
       /'ァ---‐''" /.交ヽ/  ,ハー、    あと今回はいろいろ時間あったからちょっといろいろ入れてみようと思う
      r「//__ /'交ヾ立ソ  /  /  \
   _,ィイ//4O) ヾ立ゾ/ / ノ     ̄`ー、_
  // / |卩 lフノ-‐''"  '" /       /   \
     / />rr<‐'´__,,.. ‐'''"
      |〃ル厂フ



                          ヘ_冂- 冂-/7
                         rミノニニニニニニニくフ
                  l⌒l      コ冂冂冂冂冂7フ
                  | __}      }三ミニニニ イ }コ
                  l  |      {__\≦三三r=ミコ
                  | __}/⌒ヽ_  }モtッュ {七tテラ fリ}}了
                  | / ⌒\__)  { / | |\   (___)ZZZZZミX   とういうわけで、下の記事についての軽い要約から
                 /    ,二二ヽ ∨ _ヽノ___ ヽ / ノノ}     L三\
                 ∧r   , -==くノ∧ ⌒´ ̄ ノイ(__)ノ\ニニヽ
            ___/⌒ヘ /´ ̄ ̄` く_∧ ___ノ   . <´ ̄  }__    要するに、サウジアラビアの国債の規模がすごい
          ___ノ   {     /     \   \}ニ . <´        }
     _  イ´ __r─── /  {    }  \ ` <            '⌒\  そしてサウジは此れを現状の原油中心の経済を
   /´  /    〈 / / / / ノ  :∧  ∨  ∨  \   \           }  立て直すための一助としようとしている
.  /   :{     } :{  { { {/ ヽ厂∧  ∨  ∨  V. ー┘         /
  {    }    ノ ∨ ∨V{___/_{ニ∧___∨  ∨ー'              /{
  人    |   /__.\_>ニニニニ{ニニニ ∧___ノ                //{    それと同時にサウジアラビアは現在赤字を食い止めたい
   }     {ニニニニニニニニ{ニニニニニニ}--、/´ ̄ ̄` ー─   ///}
   |      ∨ニニニニニニニニ≧-----<⌒ヽ )          ////}    ということだ
   |     ∨ニニニニニニニニ}        } {\         }///ノ


 ニュース原文
サウジアラビアは国際市場での国債発行を通じて最大175億ドル(1兆8080億円)を調達する計画だ。
事情に詳しい関係者2人が明らかにした。
原油値下がりで悪化した財政を支えるため、新興国として過去最大規模の起債を目指す。

情報が非公開であることを理由に匿名で発言した関係者らによれば、
サウジはドル建ての5年債、10年債、30年債の発行を予定しており、
価格ガイダンスでは米国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は
5年債で約140ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、10年債で約170bp、30年債では215bpだという。


アルゼンチンによる4月の165億ドルを上回る大規模起債は、
これまで国際市場での資金調達を控えてきたサウジの財政状況の深刻さをうかがわせる。
同国の財政赤字は2015年に970億ドルと、国内総生産(GDP)の15%に相当。
政府は今年、補助金削減や賃金引き下げ、支出抑制で対応している。


                     r┬ュ_r┐
                    〈∨{「}廴}ノフフ7
                      jレ'二ヽ__r==={
                      ]___><\_{
                  f‐代も〔jィもV{    ではそもそもサウジアラビアとはどういう国か、諸君は知っているだろうか?
                 __乂| フ(lj入 jノ
              ___八(冊人ノ ー一 }/\)ト-く ̄\
.            ――く_,人__(合) }ト、丁´/| jノ\―ヽ   \
        ∧     ヽ   (冊)\  ̄_/ __,ノ    } }  i   メッカの所在地
         /           \  (合) ヽ  /{(冊) ヽ} } ゜ l  スンニの盟主
.        i            | \_(冊)  _{__ (片)    V=一1   オイルダラーでウハウハ
.        |    ___,ノ}    |(合/(O)∨Τ     {  ,ノ   イランの仮想敵国7
.        人    / ̄  /_,ノ   |  乂][,ノ  |     |=彡ノ{  米国と親密
.     〈___ \__/  __/|   /   |___}三{-―| 。  |  / ∧  現在進行形でイエメンに介入
.      / }\  ̄ ̄   ,ィ  / 。 |=-‐川 |「 ̄|     / / / |  王家が存在している
     /|  |   =-‐ァ' |/ /   |  川_|」 ∧  /{     ∧
.    |│           |   l   |    ̄ ̄ / ∧  |     { ト、
.    |   \       ト、  |  /\      人_} i |    / } \
    r‐|     ヽ   /{│o|  /___\_  _∧l。|\  /  / ノ
    |      \  \_/│ l /ニニニ二三三{ } |  ∨_/ /      ざっと街中で聞いたらこれくらいの回答だろうか?
    |  \   \       人 |'  ̄◎ ̄ ̄◎,ノ\ │  }__/
.    \   \__\_/  | |=========<   ヽ   |  |



                        r=ュュ ,rュ rュ
       , -──v= 、          {__ノ_j/_rュ| ノ,rュ_
       / ___ノ  }        ,ノ{::::fニ}/_ノ-く_ノ /ュ_
.       /     }⌒i/ , -く⌒>--{ ∨{_ノ /  /, fコ__ノ }
     /く   ̄ ̄リ¨´ィ    \   /ト、 \::::::ー'く_ノゝ=イ
     _{r   ̄ ̄}´/        ヽ{ /\ ー\ニニニニニ´ _ノ
   //リ   ┬ }//          , -l/ヽrゥV  >  三テノ   確かにこれらの考えはあっている――
   { {/}   厂//          {/| __r'/ /三_rォニニ/}
.  ∧\__ノ/} /       , -/:::::|  /_/ ノヾ U /イノ\
   {\ ー一'/八       {/::::::::::{ {{ヽ==ミ u }} /⌒i/ハ `ヽ
  ∧. 二ィ/       /:::::::: /∧⌒ヽ ̄ / {i> }  }__  \
  / `¨¨¨´{       //::::::::/    >‐一 '/⌒ヽノ } { ',  }
. {     ハヽ     ノ! }:::::/        >{〈!o/}ノ/     }  ヽ
 ノ}    /:::} }   /{| 廴ノ___> '/i7⌒ヽイ/      ̄}     だが、サウジアラビアという国の本質を表すにはこれでは足りない
 | 廴__ノ::::::::// / /ハ    , ----、{ i7oム./         \
. \::::::::::::::// /   {/⌒ヽ  { rュ/}ノ ー/              )







23 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/20(木) 08:14:58.46 ID:ofv1gGpU





ヾ   `‐、  'ー-.,,,_  `''ー--..,_  ゝ ̄`‐-ヽ    _,,..-‐ l
.ll |    `テ‐-..,,_  `''ー-..,,_   --..,,__ > ヽ ヽ三二ニニ彡<ノ
.||.|  ,--、 |    `ー-..,,___    _ ̄_ソ丶  --―</
.ll.|ゝ /.  `'     _ ヽ、  へ、 ̄ ̄    /-   `ー-、_,,.ソ―-、
.ll.| ヾ'        =ィ-‐´`''‐-..,,_`''‐、     亅_,,-‐,-‐´/,ノ     `ー、____
ノ .,       >,-‐― ヽ、   l´O`i `‐、 `ニi! 〈 ,_,.‐彳 .)./
 ゝ     /       ヽ、_ゝ=´-‐_,,,..- ‐ ,∠io`) ノ〈            <
 ;      |            /      |ゝ.`ー´. /.,_           ヾ
 ;        |         l  (       | L /   /三 `ー-、       ヾ   サウジの本質――それは、正当性の不足
 .;        |     ̄ ̄ ̄   ヽ、     | `  /  ミ    ヾ      ヾヾ
 .;      |            レ      |    /   ヘ    \      ヾ
 ..;     |ヽ       _..,,,,、 .ヾ`7‐-、 |  / | ヾ   ヽ    丶
 ヾ     ヾ     _.∠,-‐-..,,_.  ゝ-‐'´ ̄ /  |    〈ヽ    丶
  ヽ     ヘ   〈 イ‐-、.__ `''-、,‐-i   /   !--7 ヽ    ヽ  ヽ
.\ ヾ    |    l .イ‐-、_  ̄ ̄ ̄ 7  /l        |    ヽ  |   サウジの支配者、サウード家はそもそも、ムハンマドの縁戚ではない
  \ ヽ   |   ヽ ,ゝ‐-、,,二二ニソ  /    ,-ー,    〉    ヾ |    そう言った意味ではヨルダンの王家に比べて正当性が不足している
  ヽヽヽ   |    ヽ..,,_      ,_/,  |  |  ;|           | |
    へ  ヽ       !´ `ー-―´ /   |.|  .   |    |      ヘ |   その正当性が不足している国が、メッカを維持するにはどうするか
    |   \ \          /      |  |   |      | |    イスラムの聖地を保つには、何をすべきか
    |        ヽ、.._     .,,_ノ    | , |  |           | ´
    丿            ̄ ̄       |   |  |   |



                          ヘ_冂- 冂-/7
                         rミノニニニニニニニくフ
                  l⌒l      コ冂冂冂冂冂7フ
                  | __}      }三ミニニニ イ }コ
                  l  |      {__\≦三三r=ミコ
                  | __}/⌒ヽ_  }モtッュ {七tテラ fリ}}了    二度の滅亡を経て、サウジ家は恐らく悟ったのだろう
                  | / ⌒\__)  { / | |\   (___)ZZZZZミX
                 /    ,二二ヽ ∨ _ヽノ___ ヽ / ノノ}     L三\
                 ∧r   , -==くノ∧ ⌒´ ̄ ノイ(__)ノ\ニニヽ
            ___/⌒ヘ /´ ̄ ̄` く_∧ ___ノ   . <´ ̄  }__
          ___ノ   {     /     \   \}ニ . <´        }    なりふり構わぬ力、其れこそが国を保つ鍵だと
     _  イ´ __r─── /  {    }  \ ` <            '⌒\
   /´  /    〈 / / / / ノ  :∧  ∨  ∨  \   \           }
.  /   :{     } :{  { { {/ ヽ厂∧  ∨  ∨  V. ー┘         /
  {    }    ノ ∨ ∨V{___/_{ニ∧___∨  ∨ー'              /{
  人    |   /__.\_>ニニニニ{ニニニ ∧___ノ                //{    事実、イライラ戦争の時や湾岸戦争のときなどのサウジの動きを見ると
   }     {ニニニニニニニニ{ニニニニニニ}--、/´ ̄ ̄` ー─   ///}
   |      ∨ニニニニニニニニ≧-----<⌒ヽ )          ////}    なりふり構わない動きをしている
   |     ∨ニニニニニニニニ}        } {\         }///ノ



               rnnnnn
             rf「{冂冂.ノハ
             {≧====<-}
             人レrタ  リ人}xz__
               }__ \ }(_) \`¨込zzx__
           n   に ノ(__)}  \===x `¨込zzx__
           人\__r┴(__)ノ /======) }_
          rf三(_ノ-------く ____ノ\ }
          てソ/´ ̄`\---<´       }ノ    ザフラーンでダンマン砂漠が発見されて以来、
          └/         \       } :}\    サウジは経済力を背景に圧倒的な
          /{         }        ' ///}   軍事力をつけた
            {人l}    {⌒  }      //////}
            {ニノ   人}   }     ////∧
.          //       \_ノ     イ   // {    アル=ハラムモスク占領事件以来
    /7   / {        {_ノ   //   { ∧   サウジはイスラム過激派を刺激しないように動いてきた
  r‐/_}___./  }        \    ///   ∧ ∧
  {__ { {{ {{ { _ノ       / / \ { //  /    }
 人___{ {{ {{__{   /  /  / /   }/{ /  /    ,'   唯力を蓄え、メッカを領有する正当性を示す様に
    `¨¨/}  /  /  / /    .}/{   /    //
.      //{/  /  / /     {.人/ /    //


                     r┬ュ_r┐
                    〈∨{「}廴}ノフフ7
                      jレ'二ヽ__r==={
                      ]___><\_{
                  f‐代も〔jィもV{
                 __乂| フ(lj入 jノ           今回のこの国債も
              ___八(冊人ノ ー一 }/\)ト-く ̄\
.            ――く_,人__(合) }ト、丁´/| jノ\―ヽ   \
        ∧     ヽ   (冊)\  ̄_/ __,ノ    } }  i   言ってしまうといつものサウジの
         /           \  (合) ヽ  /{(冊) ヽ} } ゜ l
.        i            | \_(冊)  _{__ (片)    V=一1   他の国よりも強く――
.        |    ___,ノ}    |(合/(O)∨Τ     {  ,ノ7
.        人    / ̄  /_,ノ   |  乂][,ノ  |     |=彡ノ{   という国のドクトリンに従っているように思われる
.     〈___ \__/  __/|   /   |___}三{-―| 。  |  / ∧
.      / }\  ̄ ̄   ,ィ  / 。 |=-‐川 |「 ̄|     / / / |
     /|  |   =-‐ァ' |/ /   |  川_|」 ∧  /{     ∧
.    |│           |   l   |    ̄ ̄ / ∧  |     { ト、     砂漠の大国サウジが此れから
.    |   \       ト、  |  /\      人_} i |    / } \
    r‐|     ヽ   /{│o|  /___\_  _∧l。|\  /  / ノ    どのように変化していくか目が離せない
    |      \  \_/│ l /ニニニ二三三{ } |  ∨_/ /
    |  \   \       人 |'  ̄◎ ̄ ̄◎,ノ\ │  }__/      そして最後に――
.    \   \__\_/  | |=========<   ヽ   |  |

















                        r=ュュ ,rュ rュ
       , -──v= 、          {__ノ_j/_rュ| ノ,rュ_
       / ___ノ  }        ,ノ{::::fニ}/_ノ-く_ノ /ュ_
.       /     }⌒i/ , -く⌒>--{ ∨{_ノ /  /, fコ__ノ }
     /く   ̄ ̄リ¨´ィ    \   /ト、 \::::::ー'く_ノゝ=イ
     _{r   ̄ ̄}´/        ヽ{ /\ ー\ニニニニニ´ _ノ
   //リ   ┬ }//          , -l/ヽrゥV  >  三テノ
   { {/}   厂//          {/| __r'/ /三_rォニニ/}         よい子の非ムスリムはメッカに密入国で入らないように!
.  ∧\__ノ/} /       , -/:::::|  /_/ ノヾ U /イノ\
   {\ ー一'/八       {/::::::::::{ {{ヽ==ミ u }} /⌒i/ハ `ヽ
  ∧. 二ィ/       /:::::::: /∧⌒ヽ ̄ / {i> }  }__  \     今は観光ビザも取れないから、
  / `¨¨¨´{       //::::::::/    >‐一 '/⌒ヽノ } { ',  }
. {     ハヽ     ノ! }:::::/        >{〈!o/}ノ/     }  ヽ    メッカに行きたい非ムスリムの諸君はサウジアラビアの動向にますます注目だ!
 ノ}    /:::} }   /{| 廴ノ___> '/i7⌒ヽイ/      ̄}
 | 廴__ノ::::::::// / /ハ    , ----、{ i7oム./         \     では、ここで終了とする!
. \::::::::::::::// /   {/⌒ヽ  { rュ/}ノ ー/              )


24 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/20(木) 08:45:52.94 ID:078tI7qW

一つに頼り切って其処から脱却できないとえらいことになるのかねぇ
今のご時世、明らかにあちらさんの不利益になること掲げて回ってるようなモンだろうし

25 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/20(木) 12:58:17.30 ID:2A3oM31F
国債の引き受け手があったってことは
このままサウジが沈むとは思われてはいないって事なのか

26 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/20(木) 12:59:47.19 ID:aIvIeYGT
サウジといえばシェルガスと出光の合意がなくなったね
あれってたしかそれぞれの供給元が仲が悪いからだっけ?

27 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/20(木) 13:08:52.42 ID:UgkqJJLz

>ザフラーンでダンマン砂漠が発見されて以来、
ダンマン沙漠でザフラーン油田が発見されて以来・・・かな?

石油依存からの脱却はずーと叫ばれているけど上手くいかんなー




37 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/21(金) 08:12:26.53 ID:9OSDC/Ag

中国で死刑執行



圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭彡====.<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.>''´ニ===<圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭ニゞ'´ /ゞ===ミ、、.`'<.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭./  /イ'''''''''ヾ.、`'<圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭ミ/   {.{____}.}   .∨.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.ノ  .{.{____}.}   .\圭圭圭圭
圭圭圭圭.≧s==≦圭圭圭圭圭≧s。}圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭〈。ッ≦圭圭圭圭圭≧ニニニニ圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭   悲しい、とても悲しい
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭



              __〉ソ.ノイ≧s。,_ィ
             // / / .i}=ミ、ゝ、≧s。ィ
          、_,イノイ.//{ 〈〈i}ィ戈i} i弌从ヽ,
           ./ ーフ´ノ.i ヾ、  ノ.'  リ}ノi|ヽ,    とても悲しい――ニュースの時間だ
           シi  {ノ i i |、{ゝー ,ィ=≧/,i乂
            {  .ソ.ノ .i |ヾゝ、 ´ _,,。==〉ヾゝ‐    __
            .从イノi  i| |ヽ}iー<:::::::::/;;i{ヾ∨=ー:.:.:.:./
           ´´i i.从 i.i∨iヾミッィ  ::::ノ;;;;;;;i}乂iノi:.:.:.:./                              _
             i ii.i i  ソ ∨}》    ノ;;;;;、.{、ヾ:.:.i}イ:.:.:.:.:.:.:.ア                        >''´   ≧s。
             〉、、ヽ ヾ,ヾ。,,。イ {ソ;;;;;;;;;i.マ,.∨≧s==≦i≧s。,,_             __ >''´      {i   ::::::ヽ
            iニニニニヽ, ヾi)) ヽ:::i};;;{イ;;;;;;))ノノ、ニニ/ニニニニニニニニニニ<____>≦ニi i´    _,,。ニニゝ}i、     :::::\
            iニニニニニニ≧、.ヽ:::ヽ.ヽ;;;;;;;;iソイ i.∨,ニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i i  /ニニニニニニ//ニニ,  i、   ヽ:::}i.、
           .>ニiニニニニニニニ.i}.ヽi.i ̄"≧s。:i// i:::i::::マニニニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニi i イニニニニニニニ././ニニニ、 .::マ≧、 ::∨ヽ}
        /ニニニニニニ≧s。ニ二, i}.i     .i i /  ヽ::マニニニニニニ<ニニニニニニニニニニニニニi iイニニニニニニニニ/./ニニニニ.\ \ニ, ::}、:::∨
        iニニニニニニニニニ二i}二,       i.i.{    :::}ニニニニニニニニミッニニニニニニニニニニニiイニニニニニニニニニi .iニニニニニニ.ム .)ii ::i::}  }
        |ニニニニニニニニニ二i}二,       从    ノiニニニニニニニニ'ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニ'イニi {ゝム .∨
        |ニニニニニニニニ二/ニニニ,:::.      ノ}ミッ イ:::/iニニニニ二イ´ニニニニニニニニニニ.,イニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニゝ{  ヽ.〉
        |ニニニニニニニニニ/ニニニニ≧s。==::::::::::{   ::ノ:::}マニニニ./ニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニ二{ニニニニニ'::    / :{  ::ヽ:/::iニヾニ./ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニ二、    先ずは下を見てくれ
        |ニニニニニニニニニヾニニニニ}乂 /   .i}   ::〉:::iニ二ヾニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニニニニ.ヾニニ/ iイ、  ..::::{、、  ::::::/ニニニニムニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニ.、
        |ニニニニニニニニニニニニ}i/:: i    :::  {  i  :::{ニニニニニニiニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、
        |ニニニニニニニニニニニニi/::: {   \  }   :::::|ニニニニニニi}ニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        |ニニニニニニニニニニニ/i:::ゝー:::::'''''   ヾ{ー- :::{ニニニニニニ///ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        /ニニニニニニニニニニ/  ̄''''ー-====-─-=≧s。,マニニニニ.//:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ    要約すると――
       /ニニニニニニニニニニ.《:::::::::::::、、_,,,,,.\ミー--ヾ<、、_、≧sノ/:/:./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     /ニニニニニニニニニニニニム>/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ   『麻薬密売で日本人が死刑』だ
    /ニニニニニニニニニニニ>==イ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:.{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   /ニニニニニニニニニ.ゝミ´/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  /ニニニニニニニニニニヾ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ


中国南部の広東省で、覚醒剤の密売に関わった罪で死刑判決が確定していた日本人の40代の男に対し、
20日に死刑が執行されました。


中国の広州にある日本総領事館によりますと、死刑が執行されたのは、
6年前に広東省東莞で、およそ8キロの覚醒剤の密売に関わった罪で、
おととし死刑判決が確定していた日本人の40代の男です。

今月、東莞の裁判所から日本総領事館に対して近く刑を執行すると連絡があり、
日本政府は、北京の日本大使館を通じて中国側に、
日本の国民感情や邦人保護の観点から「高い関心を持っている」と伝えていましたが、
20日午後、執行されたということです。

中国で日本人に対する死刑が執行されたのは去年6月以来で、1972年の日中国交正常化以降7人目です。
中国では薬物犯罪は厳しく罰せられ、
50グラム以上の覚醒剤の密売や運搬などの罪に問われた場合の最高刑は死刑になっています。


              __〉ソ.ノイ≧s。,_ィ
             // / / .i}=ミ、ゝ、≧s。ィ
          、_,イノイ.//{ 〈〈i}ィ戈i} i弌从ヽ,            中国はアヘン戦争のトラウマからか、麻薬に敏感だ
           ./ ーフ´ノ.i ヾ、  ノ.'  リ}ノi|ヽ,
           シi  {ノ i i |、{ゝー ,ィ=≧/,i乂
            {  .ソ.ノ .i |ヾゝ、 ´ _,,。==〉ヾゝ‐    __    この男が本当に麻薬を密売していたら、それは自業自得だろう
            .从イノi  i| |ヽ}iー<:::::::::/;;i{ヾ∨=ー:.:.:.:./
           ´´i i.从 i.i∨iヾミッィ  ::::ノ;;;;;;;i}乂iノi:.:.:.:./                              _
             i ii.i i  ソ ∨}》    ノ;;;;;、.{、ヾ:.:.i}イ:.:.:.:.:.:.:.ア                        >''´   ≧s。
             〉、、ヽ ヾ,ヾ。,,。イ {ソ;;;;;;;;;i.マ,.∨≧s==≦i≧s。,,_             __ >''´      {i   ::::::ヽ
            iニニニニヽ, ヾi)) ヽ:::i};;;{イ;;;;;;))ノノ、ニニ/ニニニニニニニニニニ<____>≦ニi i´    _,,。ニニゝ}i、     :::::\
            iニニニニニニ≧、.ヽ:::ヽ.ヽ;;;;;;;;iソイ i.∨,ニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i i  /ニニニニニニ//ニニ,  i、   ヽ:::}i.、
           .>ニiニニニニニニニ.i}.ヽi.i ̄"≧s。:i// i:::i::::マニニニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニi i イニニニニニニニ././ニニニ、 .::マ≧、 ::∨ヽ}
        /ニニニニニニ≧s。ニ二, i}.i     .i i /  ヽ::マニニニニニニ<ニニニニニニニニニニニニニi iイニニニニニニニニ/./ニニニニ.\ \ニ, ::}、:::∨
        iニニニニニニニニニ二i}二,       i.i.{    :::}ニニニニニニニニミッニニニニニニニニニニニiイニニニニニニニニニi .iニニニニニニ.ム .)ii ::i::}  }   しかし、最も恐ろしいのは――
        |ニニニニニニニニニ二i}二,       从    ノiニニニニニニニニ'ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニ'イニi {ゝム .∨
        |ニニニニニニニニ二/ニニニ,:::.      ノ}ミッ イ:::/iニニニニ二イ´ニニニニニニニニニニ.,イニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニゝ{  ヽ.〉
        |ニニニニニニニニニ/ニニニニ≧s。==::::::::::{   ::ノ:::}マニニニ./ニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニ二{ニニニニニ'::    / :{  ::ヽ:/::iニヾニ./ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニ二、
        |ニニニニニニニニニヾニニニニ}乂 /   .i}   ::〉:::iニ二ヾニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニニニニ.ヾニニ/ iイ、  ..::::{、、  ::::::/ニニニニムニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニ.、
        |ニニニニニニニニニニニニ}i/:: i    :::  {  i  :::{ニニニニニニiニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、
        |ニニニニニニニニニニニニi/::: {   \  }   :::::|ニニニニニニi}ニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        |ニニニニニニニニニニニ/i:::ゝー:::::'''''   ヾ{ー- :::{ニニニニニニ///ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ   中華系のマフィアによって
        /ニニニニニニニニニニ/  ̄''''ー-====-─-=≧s。,マニニニニ.//:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       /ニニニニニニニニニニ.《:::::::::::::、、_,,,,,.\ミー--ヾ<、、_、≧sノ/:/:./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ    知らないうちに運び屋に
     /ニニニニニニニニニニニニム>/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
    /ニニニニニニニニニニニ>==イ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:.{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ    仕立て上げられることだ
   /ニニニニニニニニニ.ゝミ´/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  /ニニニニニニニニニニヾ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ


38 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/21(金) 08:13:20.45 ID:9OSDC/Ag


圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭    そうなった場合――
圭圭圭圭圭圭圭圭彡====.<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.>''´ニ===<圭圭圭圭圭圭圭圭            間違いなく無罪を立証する事なんてできない
圭圭圭圭圭ニゞ'´ /ゞ===ミ、、.`'<.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭./  /イ'''''''''ヾ.、`'<圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭ミ/   {.{____}.}   .∨.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.ノ  .{.{____}.}   .\圭圭圭圭
圭圭圭圭.≧s==≦圭圭圭圭圭≧s。}圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭〈。ッ≦圭圭圭圭圭≧ニニニニ圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭     楽しい中国旅行が一転、死刑でさようならだ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭


              __〉ソ.ノイ≧s。,_ィ              悲しいだろう? 万里の長城を見に行こうと思ったら死刑
             // / / .i}=ミ、ゝ、≧s。ィ
          、_,イノイ.//{ 〈〈i}ィ戈i} i弌从ヽ,              パンダを見に行こうと思ったら死刑
           ./ ーフ´ノ.i ヾ、  ノ.'  リ}ノi|ヽ,
           シi  {ノ i i |、{ゝー ,ィ=≧/,i乂           中国の路上で友人を見つけようと思ったら死刑
            {  .ソ.ノ .i |ヾゝ、 ´ _,,。==〉ヾゝ‐    __
            .从イノi  i| |ヽ}iー<:::::::::/;;i{ヾ∨=ー:.:.:.:./    お前たちは幸せになるべきだ
           ´´i i.从 i.i∨iヾミッィ  ::::ノ;;;;;;;i}乂iノi:.:.:.:./                              _
             i ii.i i  ソ ∨}》    ノ;;;;;、.{、ヾ:.:.i}イ:.:.:.:.:.:.:.ア                        >''´   ≧s。
             〉、、ヽ ヾ,ヾ。,,。イ {ソ;;;;;;;;;i.マ,.∨≧s==≦i≧s。,,_             __ >''´      {i   ::::::ヽ
            iニニニニヽ, ヾi)) ヽ:::i};;;{イ;;;;;;))ノノ、ニニ/ニニニニニニニニニニ<____>≦ニi i´    _,,。ニニゝ}i、     :::::\
            iニニニニニニ≧、.ヽ:::ヽ.ヽ;;;;;;;;iソイ i.∨,ニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i i  /ニニニニニニ//ニニ,  i、   ヽ:::}i.、
           .>ニiニニニニニニニ.i}.ヽi.i ̄"≧s。:i// i:::i::::マニニニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニi i イニニニニニニニ././ニニニ、 .::マ≧、 ::∨ヽ}
        /ニニニニニニ≧s。ニ二, i}.i     .i i /  ヽ::マニニニニニニ<ニニニニニニニニニニニニニi iイニニニニニニニニ/./ニニニニ.\ \ニ, ::}、:::∨
        iニニニニニニニニニ二i}二,       i.i.{    :::}ニニニニニニニニミッニニニニニニニニニニニiイニニニニニニニニニi .iニニニニニニ.ム .)ii ::i::}  }
        |ニニニニニニニニニ二i}二,       从    ノiニニニニニニニニ'ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニ'イニi {ゝム .∨   そのために、
        |ニニニニニニニニ二/ニニニ,:::.      ノ}ミッ イ:::/iニニニニ二イ´ニニニニニニニニニニ.,イニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニゝ{  ヽ.〉
        |ニニニニニニニニニ/ニニニニ≧s。==::::::::::{   ::ノ:::}マニニニ./ニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニ,      今から冤罪から逃れる方法を
        |ニニニニニニニ二{ニニニニニ'::    / :{  ::ヽ:/::iニヾニ./ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニ二、
        |ニニニニニニニニニヾニニニニ}乂 /   .i}   ::〉:::iニ二ヾニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニ,    下らぬ陰謀で命を落とさぬ秘訣を
        |ニニニニニニニニニニ.ヾニニ/ iイ、  ..::::{、、  ::::::/ニニニニムニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニ.
        |ニニニニニニニニニニニニ}i/:: i    :::  {  i  :::{ニニニニニニiニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、  教えてやろう、
        |ニニニニニニニニニニニニi/::: {   \  }   :::::|ニニニニニニi}ニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        |ニニニニニニニニニニニ/i:::ゝー:::::'''''   ヾ{ー- :::{ニニニニニニ///ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        /ニニニニニニニニニニ/  ̄''''ー-====-─-=≧s。,マニニニニ.//:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ   さぁ、下を見ると良い
       /ニニニニニニニニニニ.《:::::::::::::、、_,,,,,.\ミー--ヾ<、、_、≧sノ/:/:./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     /ニニニニニニニニニニニニム>/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
    /ニニニニニニニニニニニ>==イ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:.{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   /ニニニニニニニニニ.ゝミ´/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  /ニニニニニニニニニニヾ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ



(゚∀。)y─┛~~ <一つ! 荷物は日本国内から宿泊予定のホテルに送る事! こうすることで荷物の中にねじ込まれるリスクを減らすことができる!

(゚∀。)y─┛~~ <一つ! 飛行機に乗る時は手ぶらで、そしてポケットの中に物を入れず、また外部から物を入れられないようにすること!
                こうすれば荷物検査時間も少なくなるから安心!

(゚∀。)y─┛~~ <一つ! 空港で見知らぬ人から荷物をうけとらない! それは大抵中にアヘェなお薬が入っている!

(゚∀。)y─┛~~ <一つ! 飛行機を降りる前に服を全てチェックする! 服の隙間にねじ込まれる場合もある!

(゚∀。)y─┛~~ <一つ! そもそも麻薬密輸で死刑に成り、法律があんまり通用しない中国に行かない!
                 麻薬ねじ込まれて気が付かなかったらほぼ間違いなく死刑だ!



              __〉ソ.ノイ≧s。,_ィ
             // / / .i}=ミ、ゝ、≧s。ィ
          、_,イノイ.//{ 〈〈i}ィ戈i} i弌从ヽ,
           ./ ーフ´ノ.i ヾ、  ノ.'  リ}ノi|ヽ,
           シi  {ノ i i |、{ゝー ,ィ=≧/,i乂      以上、これらを守って善き人生を――
            {  .ソ.ノ .i |ヾゝ、 ´ _,,。==〉ヾゝ‐    __
            .从イノi  i| |ヽ}iー<:::::::::/;;i{ヾ∨=ー:.:.:.:./
           ´´i i.从 i.i∨iヾミッィ  ::::ノ;;;;;;;i}乂iノi:.:.:.:./                              _
             i ii.i i  ソ ∨}》    ノ;;;;;、.{、ヾ:.:.i}イ:.:.:.:.:.:.:.ア                        >''´   ≧s。
             〉、、ヽ ヾ,ヾ。,,。イ {ソ;;;;;;;;;i.マ,.∨≧s==≦i≧s。,,_             __ >''´      {i   ::::::ヽ
            iニニニニヽ, ヾi)) ヽ:::i};;;{イ;;;;;;))ノノ、ニニ/ニニニニニニニニニニ<____>≦ニi i´    _,,。ニニゝ}i、     :::::\
            iニニニニニニ≧、.ヽ:::ヽ.ヽ;;;;;;;;iソイ i.∨,ニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i i  /ニニニニニニ//ニニ,  i、   ヽ:::}i.、
           .>ニiニニニニニニニ.i}.ヽi.i ̄"≧s。:i// i:::i::::マニニニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニi i イニニニニニニニ././ニニニ、 .::マ≧、 ::∨ヽ}
        /ニニニニニニ≧s。ニ二, i}.i     .i i /  ヽ::マニニニニニニ<ニニニニニニニニニニニニニi iイニニニニニニニニ/./ニニニニ.\ \ニ, ::}、:::∨
        iニニニニニニニニニ二i}二,       i.i.{    :::}ニニニニニニニニミッニニニニニニニニニニニiイニニニニニニニニニi .iニニニニニニ.ム .)ii ::i::}  }
        |ニニニニニニニニニ二i}二,       从    ノiニニニニニニニニ'ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニ'イニi {ゝム .∨
        |ニニニニニニニニ二/ニニニ,:::.      ノ}ミッ イ:::/iニニニニ二イ´ニニニニニニニニニニ.,イニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニゝ{  ヽ.〉
        |ニニニニニニニニニ/ニニニニ≧s。==::::::::::{   ::ノ:::}マニニニ./ニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニ二{ニニニニニ'::    / :{  ::ヽ:/::iニヾニ./ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニ二、
        |ニニニニニニニニニヾニニニニ}乂 /   .i}   ::〉:::iニ二ヾニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニ,   此れをどうとるかは
        |ニニニニニニニニニニ.ヾニニ/ iイ、  ..::::{、、  ::::::/ニニニニムニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニ.、
        |ニニニニニニニニニニニニ}i/:: i    :::  {  i  :::{ニニニニニニiニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、
        |ニニニニニニニニニニニニi/::: {   \  }   :::::|ニニニニニニi}ニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        |ニニニニニニニニニニニ/i:::ゝー:::::'''''   ヾ{ー- :::{ニニニニニニ///ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ   お前たちの自由だ
        /ニニニニニニニニニニ/  ̄''''ー-====-─-=≧s。,マニニニニ.//:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       /ニニニニニニニニニニ.《:::::::::::::、、_,,,,,.\ミー--ヾ<、、_、≧sノ/:/:./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     /ニニニニニニニニニニニニム>/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
    /ニニニニニニニニニニニ>==イ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:.{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   /ニニニニニニニニニ.ゝミ´/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  /ニニニニニニニニニニヾ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ



おしまい

39 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/21(金) 08:18:05.49 ID:pVU88kYT
忠告どうもです
微量ならともかく8㎏は流石に故意な気がするけども

40 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/21(金) 08:29:58.59 ID:9OSDC/Ag

オマケ 結局悪いのは?



              __〉ソ.ノイ≧s。,_ィ
             // / / .i}=ミ、ゝ、≧s。ィ
          、_,イノイ.//{ 〈〈i}ィ戈i} i弌从ヽ,
           ./ ーフ´ノ.i ヾ、  ノ.'  リ}ノi|ヽ,              アヘン戦争起こしたブリカスだよねー
           シi  {ノ i i |、{ゝー ,ィ=≧/,i乂
            {  .ソ.ノ .i |ヾゝ、 ´ _,,。==〉ヾゝ‐    __
            .从イノi  i| |ヽ}iー<:::::::::/;;i{ヾ∨=ー:.:.:.:./
           ´´i i.从 i.i∨iヾミッィ  ::::ノ;;;;;;;i}乂iノi:.:.:.:./                              _
             i ii.i i  ソ ∨}》    ノ;;;;;、.{、ヾ:.:.i}イ:.:.:.:.:.:.:.ア                        >''´   ≧s。
             〉、、ヽ ヾ,ヾ。,,。イ {ソ;;;;;;;;;i.マ,.∨≧s==≦i≧s。,,_             __ >''´      {i   ::::::ヽ
            iニニニニヽ, ヾi)) ヽ:::i};;;{イ;;;;;;))ノノ、ニニ/ニニニニニニニニニニ<____>≦ニi i´    _,,。ニニゝ}i、     :::::\
            iニニニニニニ≧、.ヽ:::ヽ.ヽ;;;;;;;;iソイ i.∨,ニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i i  /ニニニニニニ//ニニ,  i、   ヽ:::}i.、
           .>ニiニニニニニニニ.i}.ヽi.i ̄"≧s。:i// i:::i::::マニニニ<ニニニニニニニニニニニニニニニニニi i イニニニニニニニ././ニニニ、 .::マ≧、 ::∨ヽ}
        /ニニニニニニ≧s。ニ二, i}.i     .i i /  ヽ::マニニニニニニ<ニニニニニニニニニニニニニi iイニニニニニニニニ/./ニニニニ.\ \ニ, ::}、:::∨
        iニニニニニニニニニ二i}二,       i.i.{    :::}ニニニニニニニニミッニニニニニニニニニニニiイニニニニニニニニニi .iニニニニニニ.ム .)ii ::i::}  }
        |ニニニニニニニニニ二i}二,       从    ノiニニニニニニニニ'ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニ'イニi {ゝム .∨
        |ニニニニニニニニ二/ニニニ,:::.      ノ}ミッ イ:::/iニニニニ二イ´ニニニニニニニニニニ.,イニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニゝ{  ヽ.〉
        |ニニニニニニニニニ/ニニニニ≧s。==::::::::::{   ::ノ:::}マニニニ./ニニニニニニニニニニ./ニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニ二{ニニニニニ'::    / :{  ::ヽ:/::iニヾニ./ニニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニ二、
        |ニニニニニニニニニヾニニニニ}乂 /   .i}   ::〉:::iニ二ヾニニニニニニニニニ,イニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニ,
        |ニニニニニニニニニニ.ヾニニ/ iイ、  ..::::{、、  ::::::/ニニニニムニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニ.、
        |ニニニニニニニニニニニニ}i/:: i    :::  {  i  :::{ニニニニニニiニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ.i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、
        |ニニニニニニニニニニニニi/::: {   \  }   :::::|ニニニニニニi}ニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニ二i .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        |ニニニニニニニニニニニ/i:::ゝー:::::'''''   ヾ{ー- :::{ニニニニニニ///ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
        /ニニニニニニニニニニ/  ̄''''ー-====-─-=≧s。,マニニニニ.//:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       /ニニニニニニニニニニ.《:::::::::::::、、_,,,,,.\ミー--ヾ<、、_、≧sノ/:/:./ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
     /ニニニニニニニニニニニニム>/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
    /ニニニニニニニニニニニ>==イ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:.{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
   /ニニニニニニニニニ.ゝミ´/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
  /ニニニニニニニニニニヾ/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/:/{ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi .iニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ


                      _   ―  、,___
                  ー三=‐        \
               /            ‐ミー
               ノ     /  、      、 丶
              /7   l  i , |  !   \i 、i
             V , ′ l ! /}/l ∧ ! |  、 ヽ'. . ト
                } 八  N/ ´ !/_Wヽ   . リ、ト!
               ノヘ 、 ≦三:::::::::三三≧ヤ | トhメ
               ヽ`いr、___:::::::::::、____ 川 !ノ リ           い、一応開戦賛成271票に対して
                  }八 ト  ̄}     ゚̄u レr:く
                    ′ 小.  ヽ       , / \__         開戦反対262票
                   >.、 ー~‐ /´  / ¨ミ:、
                 .イ /介x __ イ   //      爻x、_    これだけの良心はあったから(震え声)
                 〃   //「て_厂廴  /        ⌒ヽ
                  ;八  ´   》 /[]ヽノl ト/       /   ハ
              __」 ‘,   《/ ' i い l l/     /     丿
              〉  \’   《V 小 〉〉 l              厶,
                 「` __ 》ャ  《¨i { ヤ,//   ∨   /   八



圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭   でも開戦したんでしょう?
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭彡====.<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.>''´ニ===<圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭ニゞ'´ /ゞ===ミ、、.`'<.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭./  /イ'''''''''ヾ.、`'<圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭ミ/   {.{____}.}   .∨.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.ノ  .{.{____}.}   .\圭圭圭圭
圭圭圭圭.≧s==≦圭圭圭圭圭≧s。}圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭〈。ッ≦圭圭圭圭圭≧ニニニニ圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭   アヘンみたいに強引に!
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭



おしまい

41 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/21(金) 09:41:58.36 ID:ZCkOY8Wf
アヘン戦争もEU離脱のように接戦だったんだねぇ(こなみかん
8kgは捩じ込まれたじゃ済まないと言うけれどスーツケースが壊れたので購入したらクッションが実はお薬という事例を考えると一概に無いとは言えないのが怖い所

42 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/21(金) 09:54:24.86 ID:wyhYNAM/
中国はあれだけ厳しく取り締まってるのにまだまだ麻薬が蔓延ってる
習近平も頭を抱えてるわ

43 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/21(金) 10:48:35.17 ID:hMkyP/OK
>>42
上層部にも麻薬資金流入してるんじゃないの?
だから、取締りといっても末端だけとか。

44 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/21(金) 11:41:29.74 ID:bcIZrioe
賄賂を根絶できれば他の犯罪もぐぐっと消えるだろう
つまり不可能ってコトさ!




70 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/22(土) 07:54:59.25 ID:GYWQ2QhR

ディオ様の怒りがアヴドゥルを襲う!

                     r┬ュ_r┐
                    〈∨{「}廴}ノフフ7
                      jレ'二ヽ__r==={
                      ]___><\_{
                  f‐代も〔jィもV{
                 __乂| フ(lj入 jノ    さて、と
              ___八(冊人ノ ー一 }/\)ト-く ̄\
.            ――く_,人__(合) }ト、丁´/| jノ\―ヽ   \
        ∧     ヽ   (冊)\  ̄_/ __,ノ    } }  i
         /           \  (合) ヽ  /{(冊) ヽ} } ゜ l
.        i            | \_(冊)  _{__ (片)    V=一1
.        |    ___,ノ}    |(合/(O)∨Τ     {  ,ノ7     今から旨いエジプト料理でも食いに行くか
.        人    / ̄  /_,ノ   |  乂][,ノ  |     |=彡ノ{
.     〈___ \__/  __/|   /   |___}三{-―| 。  |  / ∧
.      / }\  ̄ ̄   ,ィ  / 。 |=-‐川 |「 ̄|     / / / |
     /|  |   =-‐ァ' |/ /   |  川_|」 ∧  /{     ∧
.    |│           |   l   |    ̄ ̄ / ∧  |     { ト、
.    |   \       ト、  |  /\      人_} i |    / } \
    r‐|     ヽ   /{│o|  /___\_  _∧l。|\  /  / ノ
    |      \  \_/│ l /ニニニ二三三{ } |  ∨_/ /
    |  \   \       人 |'  ̄◎ ̄ ̄◎,ノ\ │  }__/
.    \   \__\_/  | |=========<   ヽ   |  |






            il  il ili  ilil i                 //   //
             il r====、il il              // /⌒Y )//   //
            il イハ YlilililY ヽil            // .///// \//  //
           / { VilililililiV il }            ///ニニミ/   /ヽ //
  i il il il       { il ` VilililiV  ノ   //  // //   /三三ミ}}}}} 、_ .ノ/
i il / ̄ ̄ }     ilヽ _ /三三V/   /⌒/ //=-、 ./三三三ミ}}}_ノ //  人人人人人人人人人人人
ilil i i ,,, ,,ノ       ilY三三三iliY  /   ///巛  ,, ,,}} / ヽ}}}}}}/ ̄//  ノ
il il/  Y=、_il_il   (三三三三}} /=.≠⌒V/;;;;Y⌒))/;;   レ"´/      .)  . 無 無 無 無 無 無
..Y/;,,,,,,,/;;;,,,,il;,,,,i;.ヽ ili il/ ̄ilililili ̄V ヒ―==ミ;,, ̄ ;;彡 }}  ./ _/       . )  駄 駄 駄 駄 駄 駄
 il   {{   i! i;; } .il//  il ili i.  i三三三三ミ;;._/  //  }}  /        .)   ァ 無 無 無 無 無
  V/  il  ::;,, ;;,,/  / il  i ilil il ノ三三三三Ⅶ ̄/  /   }}/           _ )   │ 駄 駄 駄 駄 駄
  il } ;;,,Y  );;,,/ ) / ,,;   il iili /三三三三Y/  ,,;  /   /            )  │ 無 無 無 無 無
   トミ三三三彡イ i il   il ilil/Y⌒ ̄\三K  /  /_ _ _{_        . ´).  │ 駄 駄 駄 駄 駄
   |三三三三三i ! i!   ilili l/  /// />/ .{;,Y ´  ̄   _ フイイ>ー 7 .._)   │ 無 無 無 無 無
   ヽ三三三;ilil彡iil ili|il iili ili/ // // /// .Y  "    // } ̄イ _ .ノ/i _ / 〃...)  │ 駄 駄 駄 駄 駄
   ili三三ili三三人;;, il  / / /// // /ii!        / / / / ノ 彡イ/ /_ ノ   │ 無 無 無 無 無
   /;;;>三三<  Y ili/  // //    ji!        /イ⌒V/  .ノ ≠ /./イ /.   │ 駄 駄 駄 駄 駄
   ,il il  il  ilil il  Vi/    //      il;,\_ ,,/X..il ...::Y三彳イ..ノ.イ_y7)  │ 無 無 無 無 無
  ,,il;;,   il ili il   ,;;/    /       i;;,, }:::::::/ i斗=,,;;  ,,;;" ヾ三≡イ )   │ 駄 駄 駄 駄 駄
  ili il iil    ili il i lil i/    ,,;;; ,,;;      V/ i::::::/ :::>/:イ,,zイ _,,,ィ//≠. / )   │ 無 無 無 無 無
 il ili il    il  i lilY     ,,;;/ //     ,,;;V/:::::i  i,..:イ ikミ-ュ,,≠ /,イ/= .) . │ 駄 駄 駄 駄 駄
  il  il    il il il     ,,;;/ ,,;     ,,;;  ;人 j/`ヽ 、_ 、/ ヲイ///イ/:::::::)   ッ 無 無 無 無 無
   il      ilil il    // /// /  ,,,,,;;;// /:::::;i `^ー '' ´  イ//:::/::::::::::::::::::)    !!!! 駄 駄 駄 駄 駄
    ili     ,,,i人//// /// //// /,,,;;;// ,/:::::::::::`ー ─ ::::''´:;;イ:::::{::::::::::::::::::::)
  )\ il ilil il iil il il il//iil/iill/il/i    ..Y ////:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
Y⌒  \人 _i_il 人 ili //  / ノ    //ノ //\:::::::::::::`ー::::::::::::::::::::::::::::::::/  ⌒ヽ     \
> -   (   人   ノ / ( _ili il/  \ ..\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ;;,    ヽ      ヽ
⌒>   `ー   ヽ ノ / / \人 _ _    ;,\ _⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i   ;;;,,    il       }
\               ^ //人 ` ー - -=-、  ̄\)::::::::ヽ::::::::::::::::li    ;;,   /;;,\    /
     人          ,,,,;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,, (  )   \ >==--<<ili:>    ...;;/   > イ_
         ノ人(  ,;;;;;""    ゛゛;;;;;;;,,,  人ノ( ィ ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/⌒`ー= 、_/テテ≠/ / / /
   人   人人    ;;;,,         ;;;;                ,,,;;;;    i i | | | | | | | | | ||



 、 ;`, .j                             '、.i `.、. \   i ; !
. i ハ ,)                                 `、'、 ヽ‐、丶 .l' .',
  ハ .; '.!                                `、.j  \`、 ヽ`、.ヽ
  .! ヽ`、.i                               `、;、  .i、 '-、.`┘.ゝ
  l ',ゝ i`、                              `.ハ .!',  `"ノ゙゙  ヽ-、
  /ノ ‐`" ヽ                              `、.i l`、.'゙゙; '__ .,、  '、
. ,' ,.‐'  ̄`、‐-、                              `,`´ i./  `.‐、 ハ
.i /..    ,. -‐_ 、!                                 ,'  / _,,.....、' ´..`‐、i
.',! ::../,.‐'""_`‐'、                            ,' / ,.'´   '  :. `
.,'Y..:/./ / ̄--. `i                               i l::::!/二` ‐、 r‐-
. l .| l / ,' ,.-‐T‐-':.、                            `、,l::,ト二 ‐ミ`、\
.ヽ .:l !.( i /、.:::.、ヽ、 .:、`t‐、                    _     ,. -、 L二二`‐、 ヽ丶 .l
 `‐\ヾ/ ! .i ,' ィ 、,' ヽ...:`‐、              ,‐‐ '"" 、`‐‐,´   `'、二、_ .ヽ .ヾ`、 ! l
    ,‐'.r..i .l、...从i‐.lユ,.-`,、:_.l            '、__.丿   !    ::::.  \ ヾ ヽ i l !
.   f,.`l' ´ |... l .Y...} i :..| .!,┤         / ̄ハ   _,.`‐--'、   .::   ..: ヽ.`、 i .! .l.i
    '- '  .l- | l__| .!-i `‐        /‐- リ /"゙ト,   ::`‐-‐'""‐-、 ..: | .l l ! ,'/
        `‐' `-'  `´              !::.... i、l‐-' .l::-‐/"ヾ,`゙.、::.F‐i `::::::ノ.ノ .i. '-'"
                         l   :...l|.  :: !‐、ト --'l、,-, l.'-┤:::ノ/-‐'´
                         `、:::.ノ_ト‐-!'´l‐!  .: |' ::: i'  レ '´"
.                           ̄  \_.ノ'´l ...:::イノ`ヽ-‐'
                                    ヽ- '



                        r=ュュ ,rュ rュ
       , -──v= 、          {__ノ_j/_rュ| ノ,rュ_
       / ___ノ  }        ,ノ{::::fニ}/_ノ-く_ノ /ュ_
.       /     }⌒i/ , -く⌒>--{ ∨{_ノ /  /, fコ__ノ }
     /く   ̄ ̄リ¨´ィ    \   /ト、 \::::::ー'く_ノゝ=イ
     _{r   ̄ ̄}´/        ヽ{ /\ ー\ニニニニニ´ _ノ
   //リ   ┬ }//          , -l/ヽrゥV  >  三テノ
   { {/}   厂//          {/| __r'/ /三_rォニニ/}  な、何をするだァー!
.  ∧\__ノ/} /       , -/:::::|  /_/ ノヾ U /イノ\
   {\ ー一'/八       {/::::::::::{ {{ヽ==ミ u }} /⌒i/ハ `ヽ
  ∧. 二ィ/       /:::::::: /∧⌒ヽ ̄ / {i> }  }__  \
  / `¨¨¨´{       //::::::::/    >‐一 '/⌒ヽノ } { ',  }
. {     ハヽ     ノ! }:::::/        >{〈!o/}ノ/     }  ヽ
 ノ}    /:::} }   /{| 廴ノ___> '/i7⌒ヽイ/      ̄}
 | 廴__ノ::::::::// / /ハ    , ----、{ i7oム./         \
. \::::::::::::::// /   {/⌒ヽ  { rュ/}ノ ー/              )


                   \} {(〃{.:|ヽi: ∨{ :|/ _/-=_/∧ :{{:    ///_彡: :〈: : :
                     \}八 ヽ| ヽ|、 }\\八ヽ rミ、 :∨/\ヾ. : : :{∠二二 ヽ: /: : :
                      \〉\ヘ ヽ__', \_:\`ヽ}‐` ‘゚’<//∧ }}: ∠二ヽ ヽ }/: : : :
                       `ト\ミ、_:八: `ミ=ーく|:ハ:ヽ   ∨/ レ  ̄\ } }ノ=ニ三
                    `∨ヽ乂_}  ̄ミ-</..:乢'/  ‐r 、}/ノ_/ .: :}厶イ⌒ー=ニ   貴様のしりぬぐいに来てやったのだよ
                         }    ̄`ー彡(_〉-/、:. ヽ :八. \__{_ ∨:ュ/     /::::
                          `¨/ ̄/`ーァ' 乙ノヽー-'=>ヘ .:爪:=:|ー- ̄:ヽ-‐.:::::::::彡
                        /  ::{   \>‐く :/ __ノノ_.:/¨:∧_厂:⌒ヽノ-=ニ三―
                      {:  八  _ノ: : : : : (_/:::/  }ー<.:::::::::::\ヽー‐…≠^
                    /.: : :、 \ ̄\: : : : : : :〈:‐ミノ.::::::: : : :.:::::::::::::ヽ   /: :/
                   / .::  .二ニ:\ミ、  ̄\:.:∧ 〉: : : :/.:::: : ::::::::::./: : : :{_ノ
                 ノ彡 .: ==ニ三三三≧x  ∨:.`´: :  . : : : : : .::::::::::::\__
              _ノ⌒ヽニ<`ー 、/ ̄彡-┘ \}.:∨: : : .::::: .. : :::/.: : : : ..::: : : : :
             /一 '⌒l: }  \ミー-><       }  }: : :/ :. :::::ヽ/ : ::::、.:::⌒:: : : : :
                ′   :/ 八__ミx}  \__ ̄\  | ://¨⌒ヽ:::::::::': . :::::/ヽ::: : : : : : :    貴様――『サウジ王家』
            八  / ∧ ヽ:⌒Y   ヽ:. `ーミ ̄}//|  \ \::. : ヽ/: : :::.、:::. : : : :
              ヽ´ ./ ∧  \: |ヽ    \  ヽ1 八 :.  :\  ー- ::::r=ミィ=ミヽ二   と発言したな?
             / ̄ハ/  \    \ミノ:         ∨ \_: : >--彡/:{    j :}―
            /...:::::/ :/  : : : . .\    \: : V|: : .    ∨.:::::二ニ= /⌒ヽ三:ヽ  :/ノー
.         /=≠⌒{ :/   : : : : : :.ヽ   `Y/:|: : : : . .  }:/ ヾ} ̄⌒ヽ  ◎ハY/:◎
     .  ´       人: : :.   : : : : : : .  \...}::/: : : : : :  \_  j| . : : : : \_.ノ/ `ー--
    / /ノ  . : :/: : :⌒ヽ  、: : : : : . : : :ミ//: : : : : :       / : /}: : .ィ≦彡 /: : : : ヽ
.   {:〈/  ..:::::: ::.. : : /へ: :}ミ、: :ヽ: : : : : : : :∨: : : : : : : . : : . .  :/. /////// /ー彡/
   /∧{_.:: : : : ::>:′ Ⅵ: :ミ : :\: : : . . : j/: : : : : : : : : . : : : :  .///////八 {./_彡く    サウード家というべきところを、
.  /\_:/¨¨¨¨´      ∨ /⌒ヽ: :`: : : : : : {\: : __ノ   : : : :   {{'//////∧〉 /=ニ二
  {乂_:/             ∨} \:∧ : : : : : ヽ{  `ーく ヽ . : : : : :   人\'/////ノ/  . : : :
.  }ー‐く                Ⅵ {.⌒ヽ\:. : : : >x.   ヽ=一 . : ::/:::::ミ }'/// /__彡: : : :    サウジ王家と……
 〃.:  ト ..、          }ノ.:∧/⌒ヽ\_/ :/:}   \ ........::::::::: :::::} |':/ /: : : : : : : :
 以_.. -=┐}           //::::{.:/⌒乂__彡'.:/       `  ::::::::::::::::::::/ /: : : : : : : : : :
〈r'( くス   ´            {:{:::::::::(.:/ ̄:ミメ::/         `¨¨¨¨/ / . : : : : : : : : : : :
 `¨^¨´           乂;;;;;;;;;;(.:/ ̄¨ヽ〉              /  :了 ̄ ̄`: : : : : : : :
                  ¨¨¨^(.:/ ̄:ミ:〉           / .___彡′: : : : : : : : : : : : :
.         ∧          xく...:::/⌒{        / / __ノ. : : : : : : : : : : : : : : :
          八乂        x<⌒ヽ`く ::......::ヽ         /  : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.         {: \>―--=ニ三======<:二二ミ〉       //'" ̄ ̄: : : : : : : : : : : :⌒ヾ> :
          \    ̄ ̄ ̄    ::::::::::::::}|    /       //     : : : : : : : : : : : : : : : : : :



              ⊂⊃ ⊂⊃ ⊂⊃
           ⊂⊃::V:::/:::V:::/:Yヽ:(\⊂⊃
         /八:::::ム::::⊂⊃ミ::::∧ V\\寸
         \:::∧(⌒):::::(\⊂⊃ハ_ V::{ |`|
         「`≧=- ム彡::V\\::::::::| V  | .レ´)
         |       ≧=- \ ー匕 ヽヽヽ/
        .Y        __ ><Y  )  / / /|
        {>ー┬匕´\: : : : : ::|  |   | ..|
        | {ヽ寸| (笊ヽ.\: : ): |        ノ    あ
   >─-- 八 Y(   : :`¨¨¨彡イ:Y |      /
  { ( ̄   -\_.l |: : : :.ノ  |: :|ム     {
 .圦 \ Y / /ハ.| |: : : ノ: :`: :ー ∧    / ̄)__
  ( \ 圦/ / 乂| l: 「´: : :-─ y: :∧ /  /  )__
 く 寸 〃⌒ く: : : :\ ノ: : <ニニニ7: /  V  /  / ....)_
  \  { ⌒ } \: : :.\: : : : :): : /匕 | /  / ./  )
      乂O_乂  >ミ:..\: : : :ノ. . . .. 乂| ../ ./  /
      Y´ ̄`ヽ    `寸 辷=ニ二. ....人__| /   /
     八寸寸ノ --=ミ   `¨''<:_:_彡  Y.人_|  ./
       ー / O\  ヽ  ___   >--く . .|  {
        {. \  \ }/ -- `ヾ  //.ハ..八  >
       .八  \  // ( ( ) ) ハ///./   `¨
         >ー<.| |ニニニニニニニ.l |`¨´
               圦 V  | |  V /
                \ .、_| |彡'乂
                ≧==≦



                                           ,イ
                                   ト、 r 、_// _ ノ`ー‐-ミ、
                                    ヽ l/  ,ノ'"´ _二ニニ==r'´ゝ、____
                                       レ ,イイ} }  く彡  \Y、`ー―彡'"´ `
                             |\,      /{   { ゞ ハ  }彡'"´ゝ'_ニミー'´ `ヽ
                       rュ     |ニl||二| |ヽ, /ヽ! `ーr、レ{{ ' r/Y/ヽィrー=ニlエl___ミ>r 、
                   V》ミ  |ニl||_| |__| /\/`ヽ ,ト{_ヽハ Yゝ〈ム, l〈ム   |エ|lミl  /ミ/    罰として貴様には
              r 、     V》ミ  |ニl||_| |__l l___/  〈/ , ト、'''"´ト、  ノ ノΛムーニ|エ|lミll /ミ/   /ヽ
.               r 、\\    V》ミ |ニl||_| |__|/ l/  ,ハ ノトミュ_ `Y`フ彡イ,7マム  |エ|lミl/ミ/ /ミ,/
                \\ゞ,ヽ   V》ミr|ニl||r 〉| 〉l/   ヽハト、弋ェュイ八{ェイ,/ミマム |エ|ミ/ミ//ミ/
                 \\ニ\__ V,》 |ニl||  | | |/     〈Yミ ` '"´,., ヾ'''l彡´ マム | ̄|/ミ/ ミ,/ ̄`ヽ
                  \\エニ V] |ニl||  | | |   ___/lΛ     〈 〉  /ー―‐マム| /ミ_/ミ/    _>'"´ ̄ ̄
                   \_ミゝ、ゝ-!_lュ、|_|_/  //i/////\ ヽニ7//////Λ i∨ // `ヽ;::: /
                     \ 丶/  ,;_i_ノ //i////////\__ゝ_/i/////// ̄l ̄ミヽ、:: : ∨,
                     ヽ/  r'´l | l/ィ'´二ニ=‐'´/////ミニ=-///////{__,r'ー-、  \ ::: :}/ヽ        ホンオフェとシュールストレミングと
                      _,r'ー‐'―'―'、 {//////////////////////////r‐'´ ̄r´ ヽ  ヽ///Λ       くさやとインジェラとサルミアッキを
                    //    __;;; 〉V/////////////////////////ト―― 、   ヽ  :l///ハ   :::   俺と承太郎のラッシュでしっかり混ぜた
                  / ̄`Y /  ィ'"´   ;;;`Y \/////////////////////// ヽ___:::ー ミ ::'"´}////}        特製青汁を飲んでもらう
.             _/  ::::::::〉// ;;;;; ,r―ェ_ノ    ヽ///////////////////////{_ :: ;;;;;;,,,... l////;l   :::
        __ , ィ´   ..:::,rr'フ´  ノ ;;;;; ̄;`ヽ   ..:::.\/////////////////////ハr`ー‐--―、ム三三l   ::::
     /   / ミ     ,ィ///{ '"´;;:: ,,;;r―'、 ;ハ  /,ィ彡∨/////////////lエllエl/|ミllニ|}  ::;; ::ミ ̄ ̄`ー―――
.    /   /  ミ    /{////Λ ::::   }   `ー' : /// ,'  ヽ////////////;lエllエl/|ミllニ|l ミ:::: ミミ `ヽ ::: ;;;;
..   /   /       l//////ヽ、 ::: r'´ニ :: ::: :::, ', / ,' .:::  `ヽマム/マム////lエllエl/|ミllニ|l    __ミ
    /   /         彡ヽ//////ミr'{  ;::::....,,,,..イ / ;: : ::  //マム/マム///lエllエl/|=lllエ|ー'"´/_/::ト、`ヽ:: :::
.   /   /    ... ::::     `ヽ三三ノ/:: .:::::::::::::彡/ :___ノV》 マム/マム//lエllエl/| ̄| ̄|/// ̄7´ ヽ ::: :
  /   / ::::::::::::.. :::....,,,,::  ;:::: .....:_厶:_:_:_;;;;;:::::::::/,イ´//////// V》 マム/マム/lエllエl/|  |  |//  / ::: :: ::\
. 〈   ::   :::::     ::::  __ノ ̄      `ヽ/´}ヽ/////\///V》 マム/マムl`Y´\/`Y´工エエ7´ ̄`ヽ
  ヽ     ::::   :::  r'"´           //ヽ! ∨// \: \ 〈 ∨ ∨ { {      /ノ>''7´/     ∨
.   \    :::::::::::::/                //:: :: ∨∨/// \: \V VΛ|\ト、:ヽ   //'"7 イ l      }
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   //:: : :: : }  ヽ//// \/ \/ ̄エ〉 \`´ゞ/ //{  ヽ     /




.         _     __
.  _r;>-<::::l::__l:::r‐‐ォ':::/::::7
  〈::〈::::::/:⌒:f--:}l:::::::l::__:::::/┐
  ヽ:ヽ::ヽ::::::l|:::::::|:l::::::/::::〉/::7
   ,ハ、L }::::j、‐-ク`r/:::://:::/l
   ト、丶、ー':::::::::::::ヽ=ヘ /ニ{
   .}二三ニ>、____,. <ニ二l    青物入ってないじゃないですかやだー
   }三二二>-‐<ニ二三ヨ
   ,小:::‐-:..、 l l l  __>::::::オ .
   / ハ 〈弋ゥ、〉人レィ‐t:ァラ´.lヽ
   ヽ{ | '  ̄ノ´} } ト ̄   l) 〉
    ヽl  ,ノl | l ノ ヽU   !_/   テフからできるインジェラが青物って扱いなのかーっ!?
    /^ヽ / \_,ノ┘  ヽ. l ヽ
  __|0 l∨ .「ミ-一ニ7  ∨ヽ
./ .ト-く ',. ヽ ` ̄__ノ  / /
   | { ハ ハ   ̄   / /
.   ! 0 }  \_ _,..イ  /
    ヽ._ノ\      /







    アヴドゥル――DIO発案の青汁を飲んでリタイア



71 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/22(土) 07:55:29.34 ID:GYWQ2QhR



                       /゚。
                        // ∧      /\_     _
                   / /   ∧/\/   _゚。__//
                   /   /   ,ィ介ト、__/__/ ̄\∨ /
               |  ノ  /iノ リ ` ̄}     / /   ∧
               |_ \ 〈{rv‐くjリ}   ∧ ̄} / |\/ ノ
                     厂 ̄「} 人___ノ 厶ィ'___| jノ  ∧ ∠。.__,
                   /   乂__}H{ /r_虍ラ \_/ ̄\_,ノ    さて、貴様らにはお詫びとしてこのDIOから
                 i  / {_ノr 虍广∨      /ヒ彡'⌒ヽ.〉
                 |   l{ ∟|  ̄〈`ヽ    -┐   V /ハ }|   サウード家についてかるーい解説だ!
                \_\ | r __`´-‐= ニ}      〈/,ノノ|
                      〉/ハ| V ̄ ̄:: : :│      |r‐/∧
.                //'⌒| }::::::::: r┬ j     l  |O) |\ヽ
                    /  f | |___/_/_/       |  l|  } |
                      `゚ 廴___,ノ       ,ノ   l ! | | |
                    i           <     | l |_|____
                    |__, z7フ,ヽ.__,。 ´     ___∨__ノ 人
                       \/////>‐=ニ二 ̄三三 ∧ / /ノ )ィ7´
                        }>‘´三三三三三三三ニ/    / /
                     /三三ニ三ニ三ニ三ニ/ ,  ゚´  /    サウジアラビアの正式国名は
 / ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄≧=ー‐---一/三三三ニニ>=ニ二/ /      /     『المملكة العربية السعودية』
.          / /三三三三三_,ノ三三ニ>‘´二ニニ/        /) /
   ____, / /'´三三三三二ニヽ二ニ/ニニニニ/   '      / / /    このアラビア語の意味は『サウード家によるアラビアの王国』だ!
       /  /ニニ二二二二二ニニニニニニ厂  /    / / /
.     /   /三三三三三三三三三三三三三|   ノ       l  |│ /
. ,  ゚´     /三三三三三三三三三三三三三ニ\          |  l |/
/  /)   /三三三三三三三三三三三三三三三〉            V
.    {  / 三三三三三三三三三三三三三三 /              \



    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ     即ち、あのブ男の間違いを訳すと
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}        『サウジ家の家』
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ        ――頭痛が痛いな
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::



             , - -イ  | V  ヾ L  \   V i
      _  -、  / />i  |  ヽ   }  .)ハ  i  il  \ _
 _ ィ''´ ̄__  `´ _ _ /i彡.| il il  入  r  ソ人 i  廴il   /  /i
  ̄ フ    ≧ソ  V::ilⅦi リ li  ヾ    /  > ヽ   ヾ ./  i ハ
_ - ''´  /三三ソ/ /i ∧:::::il  ハ    r───-ヾ/ /\   Yi  | ハ
     ./彡三ミi l:::::il .人i:::::::\   . /  -=   i  /  }   レィ'´  }
     ||彡三ミil K/ /ヾ \:::::::::\ /   _   廴   |  イ_   /
     ||イ ̄Y r ../≧''´ il\:::::r'´   /il ilヽ    V ノ  '´   \il   元々サウード家はリヤド郊外のディルイーヤを本拠にしていた
     |レ   ー/  、__ ィニ彡∧   .Vil ilil_}   `´ _ ィ=-、    }
     ||   ::/   / ̄ ̄テヘイ  V  V≧// ヽ_  ヾ   Y    /
     ||  :::/   i    Kミ\\ V  }-{ { {   人   }  /==-'   小さな豪族の家だった
     ||  ::/        ...:::レr\≧ >/ ノ::. \\/ノ:::\ノ ̄ヾ_
     ||  i       ...::::ヽ心ゞ/イ...:)   /::.  >::::イ il    )
    ∧  |       ..:: .::.::::::::ゝ-=;;;;;ソ;;;≦==ィ/ノ人 ノ  ./
     .∧ |     ....::::::::::::::/   フ Y;;xィュ フ /不ヾ    ./
      ∧ |        ...::    / ./∧_.__/  }  `ー''´
      ∧ハ     ヽ、   ヽ ./ ./ 廴____/
.        ハ    、  ー、 ー' ィ ,,廴ノ                  ちなみにリヤドは暑いらしい、死ぬほど
            i    ー、_ `-''´ /
  ....::::::   ...::: ハ    ...::::..-=≦'´ ̄ ̄ ヽ,_
   ....:::::::::...:::   \_/  ノソ   ...:::::Y/  i}
    ...:::::::/    / ./   /      ./   /}
     .../      ./   '´     ''´   ''´ }


                                 ィ      ィ
        ___..,,,ィ=- 、         /{   //__ ,, イ/
       /  r=''´ ̄ヽ  .::ヽ        i 人r''r/=-vr=-ヾ
       r>''´´{ ::.    ',  .::i       ノ / ニ.Y レ=イ ヾ、_>-、''ー ァ            サウード家は三度国を作り、二度滅びた
      斗   {      ',   ',      {彡r--、Vrilil>  Y─-、  \ _
    i''´ ..:i    {      ゞ、_ ヽ    イ/ /ミ /`´⌒}::i ./;;;;;;;::::::\ー{ ̄
    イ  .:i    { ..:::     ハ   .}    ト/ .人ヾ_/`i/≧イゞ>x /ハ
  / ノ  .|    { ::::      i    |    il / i≧-、 /┴'''´ Ⅵ Yミミ
 / ,' ..:: .{ ..::  i  ::::...  ...:::    }    ハ ヽ ..ト ̄ノ  Y   / r::ノ人ミ、ゝ           オスマン帝国に衝撃を与えた第一次サウード王国
..{  il ..: .{ ..::  `  :::......:::     /   ≧ミ>=- ヽ '´      オイハミミミ
..ト  ` ::  ` :::..     :::::.     {        i '-=='´   |iY  iミミ
..ヽ   ヽ   ヽ       ::.    iトヽ'' ̄ ̄ ̄\ハ ''''''´    人_ r────── 、
  ヽ;;::...             ヾ   il::::i::\_   ヽ\}__ イ──/           \    内紛激しかった第二次サウード王国
   `、:::.               /::::/::::::il::T、   ヽ \ _, - -::、:/            イ
    `ー 、::..          /::/:::::::/::/i ヽ   V \ \  Y::.._          /
        > 、__    /:::::/:::::::/::/:::il  }   ヽ  ト、 \ V ヾ        / |
        / /:::...:.:廴 ̄ ̄::::::/::::/::/::/=-、        ヽ } il  }       /  |
        i li::::::イ::::::ト- - ''´:::::/::/::/    ヽ            i ハ  }    - イ  .ノ
        i li:::::/:::::::il、 `ー-''´/:::/       Y    / .  人ノ V/   i   .il /
      イ.i il:::::::::/::::::\     ̄ヾ                レ/ Y   /i    /     そして現在のアラビア半島の覇者――サウジアラビアだ
   r ''´   iil:::/::::::::::::::::::\       ̄             V     ./ il  イ
   人    ハ:::::::::::::::::::::::::::::::\__ィ=- _            /     /_/  /
-=イ .イ    il:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://\  `    ヽ     ノ  __/    ./
-=彡il    /}}:::::::::::,:::-::──-::、::::://== `ヽ     >=- - '' ´:::::...    ./


    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ   サウジアラビアは建国過程で
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ     メッカを占領した時に聖者信仰を否定する
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}      ワッハーブ派の考えにより、
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ      メッカに存在していた多くの廟を破壊している
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::




         __ノ\__
    -=/⌒ー  ∨ }-、
    /⌒ヽ\ } }/`ヽ\‐┐
   /イ77⌒Yニニ{  ト / /-、}
    / /:{ く {三ノノrイ{ト(ノ,イ }/
  , ' /⌒ー/   ヘむ7_ノノ
 // /   {     __{
⌒ヽ ̄ ̄ ̄\  ー‐j
\  \:::::::::::::::\__フ
  \  \:::::::::::::{                このせいで他のイスラム宗派から恨まれまくってる
   }   }::::::::::::\-、
____j    ∨:::::::::::::\\-、
ーヘノ´>-、}::::::::::::::::::::} } ト、
   `^ー─'--- 、::::::::} }/ } ',
  /        ≧'⌒ヽ ̄}ノ            さらに、現在のヨルダン王家であり
イ         \    \ \          ムハンマドの血縁であるハーシム家の王国を滅ぼしている
           }       !  }
           /        ト、 {
≧x               j V\
   \              /  j /      これらの事から言えることは一つ――
__/⌒>──ァ──一'   /
\::::::::::::\\:::::::`ヽ     /
  \::::::::::::::::::::::::::::::::\/ ̄´









                               ,イ} ,
                            /}/イ ノイ },イ                 サウジアラビアはアラブで恨み買いまくってるから弱みみせたらやばい
                            〃/ iⅳ 〈 ノ八
                           Ⅵ y.乂_K“`ⅵ                             __ ,ヘ
                            } ソ`ⅸ,、/__./,′                             /し/ .}
                            N{. 、_`_ .}r′                       _  〉 ゝイ}
                              }八  __”゛.从     ,ィ'⌒''*x            ,*''( ̄Ⅸi冫 くノ
                           {{  .X: : .X {斗*㍉〃{    /ト、_____     ,,* {      〉i:i>'
                          / rミxi}r≦i:i:i:,zzzくi:} .} .{I   ′.ゝ′  ヽ.  _/        /`ー{
                   _.,,*、/ /x≦==くi:i彳i:i:i:i:i:i/  { .{I    /     .イ:v_ソ}          し ./
                 _/  /{i /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ , .i} ⅳ^{I ./   /   , i}.i/}       ..::}    ,."
. _                {  〃  i} .{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ / i}  .ⅵi.′ /    {/〃′     ..::}  /
て_ア/”ヽ            {  {i     ,′i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧xi:i:{ /  .}   .Ⅵ /   .〃 _/′   ./ _:_ノ/
{_う ゝ ′〉        ,.斗*''¨  .ⅵ {i/i:i:i:斗*''¨i:i:i:i:i:i:i:i/ /  i{     .Ⅶ{__xく: : :            *''
≧x人_ イ/⌒ヽ    {: :  __   ⅶ/./i:i:i:i:i:i:i:i:イ{”“ミi:{ .{ ,.ヘ{__    :}/“⌒”''*、 ______ ,,*'
`ー㍉イi:iI}    \-‐x}: :  “ ̄”“*Ii{ .{i:i:i:i:i:i:〃i:i:乂_i:i:i:{_./i:i:i:i:i⌒ヽ.  i{
   {I\.イ      ヽ. I}ヽ:    xイ// {i:i:i:i:≠i:i:i:i:i:i:{i、i:i:Ⅳi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iム iト、          多分弱み魅せたらすぐ滅ぶのでは
   `*==x \      .ⅶ }      //  .{i:i/i:i:i:i:i:i:/i:i:`*ーi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iノ.\ ヽ
       ≧x、    ”¨ x≦”ノv   ∧i:i:i:i:i:i:''¨i:i:i:i}ト、/^Vi:i:i:i:i:i:i/゙   )___)
          `ー=x_ ____./ /x≦′}>、i:i:i:i:i:/{I    /\斗*{ト、_..斗*''¨ ._          というう疑心暗鬼に政府が駆られている
                 ̄ ̄    .{i{   ′: : Ⅵ〃 /.i`ー=イ\ .`*ミ____≧===x }          可能性もある
                       乂___: : 斗*''¨}i乂/ /i:i:i:i:i:i:i:i}\_______________ノ
                         *''¨ / /Vi:i:i:i:i:i:/  I}     /
                        ゝ、く  /   .Vi:i:i:i/    _.,,*''¨



    |    / ̄ヽ _  ゝ、 V !  /  ̄      _ _ / イ ノ
    ├ -、./      / \У  {      rー 彡  i   / /
    / ヽ .ノ  ,,;;;;; /    `ー  ヽ   ,;;;{彡"  ノ r=≠ <
  ,;/ /  /≧/    ,;;;ヾ    ;;;i    i! i { 彡! ,,,;;;;ノ
 ,,;/ (   i\/,/   ,;;人 _Y⌒廴 _ _i;;,,, _  V/彡.// r=;;/
,;;;/   `ヽ ;! i ヽ  ;;{三jミ:i      )彡=))  Y彡/),,;ノ
 ! _ __,,  ハ j  !ii 》.\  V三 \_____,_<三 /  / ̄ {   ノ
   /ノ  ii  .}Y  ,,,,) /;;,, ;; ..,,,..,;;::;;.../,__/__ z< rイ<
   /;;;;;;;;;;;;;;;;l人i!  / 人≧;;} ノ;;;; ,, ̄,,;;_zz彡{ミツ  {ゝ
  <;;;;;;;;;;;;;;;;;(( ノj /ヽ`ー'ミi;,,,i,i,<_-zz≠三ニ  Уイ/ /}    まぁ、こんなかるーい解説と
 / \;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;|   . ̄'´ノ⌒ ii:::ミ. `┴'´/ / ソ 人
    ヾ;;;;;;;;;;;/i;;;|......:::::  /::..   :::::::: ̄. ̄  ..:/ノ ..イ /    考察だが、これでアヴドゥルのミスを消してくれ
      );;;;;/ !;;|:::::   / :::....... .:::::     "./))<  j! .i!
     i;;;;/:::::::i;;|'  、_ ヽ::.._,,;;;   _     /⌒i!  i! .リ
     /:::::::::::::}   ヽ;,,,,,,,_..  ,,  `    /  /il  / /:::     あと最後の考察はあくまでも1とその友人による考察だから
    /::::::::::::::::ハ  `;;,,,,, ̄` =-''"    イ ./::::|iV /::::::
⌒V/::::::::::::::::::::/:::::i   / ''''''"´    <...イ:::::::::::|! /:::::::::    あくまで参考までに
 //::::::::::::::::::::/::::: ヽ :::....    ...:'::´::イ:::::::::::::::::::::レ::::::::::/
./::::::::::::::::::::/::::::::::::::::`:::._ イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i!:::::::ノ:::
:::::::::::::::`ヽ::: {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::

























72 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/22(土) 08:00:29.11 ID:c1jwNgdD
乙です
思えば小咄スレでイラクのギルさんが「サウジアラビアは気に食わない」という話は
ここら辺が諸根源なんだろうな

73 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/22(土) 08:01:32.48 ID:GYWQ2QhR
わりとそうです


因みにイラク革命で潰れたイラク王家ももとをただせばサウジアラビアに潰された王家の出です

74 : 隔壁内の名無しさん : 2016/10/22(土) 08:05:36.28 ID:0cdije2v
乙です
サウジは難民受け入れろとか言われてるけど無理無理無理のカタツムリだねー
インジェラだけ知らなかった

75 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/10/22(土) 08:12:10.36 ID:GYWQ2QhR
インジェラはエチオピアが誇る最臭兵器

ラム肉やくさやを食べる1が撃沈した代物……




それはそうと活動絞るだけで時間ができるとは……毎日更新の大変さg今更ながらに痛感される

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントをする際、確認画面を表示するようにしました。

※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング