スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:再三言ってるのですが目次の更新は不定期です。結構遅れます。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!
2/27
慎二は自身の高慢と向き合うようです
2/26
陽キャで脳筋な僕の奴隷
2/25
キル夫は運命をひっくり返したようです
2/19
あんこ時々安価で惑星のさみだれ
2/18
・やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
2/17
シャーマンファイト IN あんこ
蒼星石とお姫様
2/12
いまだ魔法は解けぬままに
2/8
・のうみん!
1/28
・ダイスでライダーバトル(仮面ライダー龍騎)
1/26
・やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです
1/25
やらない夫は代打の神様なようです
1/17
ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~
ヤラナイオと幽香りんの12花月
1/8
和人は最後の日常を過ごすようです
1/7
異世界転生したいやる夫のお話


Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

ガルパンキャラがやる夫スレのやり方を垂れ流すだけの話 第三話 『スレ、書き始めます』 その1

現行スレ

151 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:01:55 ID:DF3/VDBw0
       -――‐-、 , -、
     /´_  __ `\ノ
    / γ__Y___ヽ  ヽ)
 _ |  |(Z  |(Z  |   |     それではこれから初めて行きたいと思います。
(、 `ヽ、 ヽ、__,人__ノ (⌒ヽ
 Y   ー―'===――‐(   )   今回は冒頭に小芝居を挟まない為、前回よりも短くなりますが悪しからず。
  `ー┤ γ ̄ ̄ ̄ヽ (_ノ
    |  | ̄ ̄ ̄~/   |
    |   | ̄ ̄~~j    |
    〉    ̄ ̄ ̄    〈
    ‘ー――‐'^ー――‐'’




152 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:02:40 ID:DF3/VDBw0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::( ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::| ̄|三| ̄ ̄ ̄|\:::::::::::::::::::::::
     TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTヽ     キーン コーン
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\iヽ    カーン コーン
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|  \iヽ::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|   \i::::::::::::::::::::::::
    _____|  | |_________.|     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    _____|  |.|_________|      |:::::::::::::::::::::::::::::::::_,,-'~''^'-^゙-、::::::::
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |____   ノ:::::::::::::::::::::::::::゙-_::::::::
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |     ..|\ i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
    _____|  | |_________.|     |LlLl LlL |  i:::::::::::::::::::;;;;;;::::__,,-''~i、
    _____|  |.|_________|      |======= | ゞ:::::::::::::::::::::::|.レ/:::::::i
      | ̄|| ̄|  |  | |  | ̄|| ̄|  | ̄|| ̄|  .|     |LlLl LlL | ヾ_:::::::::::_,,-''ソ/::::::::::;/
      |_||_|  |  | |  |_||_|  |_||_|  .|     |======= |  |゙-、_::: i;;;;//::::::::,-'~
              |  | |               |     |LlLl LlL |  |   ゙ヽy /_,,-''~
             | ̄| ̄|        | ̄| ̄|   |     |======= |  |    |i:|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  |        |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  |  |        |  | [大洗女子学園]
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
             |  |  |        |  |
 ______|_|/          |_|__________________

153 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:03:37 ID:DF3/VDBw0
             \∧::::::::::::::ノ⌒`丶、   /⌒\__
                / ∠コ⌒     ⌒}`く/::::::::::/、
            // /〃  /      \:::/^Y:::>
          / ∠  八  { /  /    }^  {/
         /,′  i{   /\V   / /    / {
          〃 {   { 八N「f芹}厶イ/}ノ  '    {
        〃   { \   ∧」    , f芹ア /V      ハーハッハー!
       /7   八   、{ 人  ` ー  ∠ イ  /  /   ノリと勢いとパスタの国からドゥーチェ参上!!
   ノ⌒v7    __\  〉==个s。 _  ィ⌒ } /  ィ
  / 、 ヽノ{   {  ⌒Y...ヽ.. L....X⌒>s。」/   {    お前達ー、スレ書いてるかー?
  , -、 v ノ   r<>'........}..k\{__\ ノ..>{-==≪
  V 7_}ノ^{\  7 、 〉......../...{...T.\ \イ^j ___ }
 〈_/、  j......}ーく................∧..... ̄.......\ \\__\
    ー<.....ノ................./ 〉.〉....................}  }「_ ノ
      ≧s。 ___/  Y二二二[回]二Y⌒..{
               /二ア...........}...........V.......≧s。
               /厂././.............j{.........「 V...................≧s。_ -=======ミ、
              /......ー‐.................j{..........{....{V.........jI斗rヤ´........./....................ヽ
.          /....................................j{.............ー-/⌒.../.......__./.............................}
       ∠  -‐┬‐-   ____j{_ -=≦7........ /....../....................................../
        ,′..............{.............\.....厂........../......................{/ ̄ ̄ ̄ ̄\........./
       ,'....................{........\......V......... /........................../////////////}...../
       ,'......................{.............}....//....................................//////////////__/
       ,'........................{.............}ノ^..............................._ -7////////////⌒
      ,'........................ {.............{≧=―――=≦   ////////// /
      ,'.......................... {.............{           ///////// /



               / /: : : : : : : : : : : : : : :\:\
             / /: : /: : : : : : ::/: : : l: : :l :ヽ \__
               / /: /: /: : :/: : :/: /: : /|: : :|: : :l: : : -<
           / /: /: /: : :/ : : /: :l: -―-|: : :| l: :∨: : :ヽ:\
        \ ̄: : :レ: :/: : 斗-/|/|/―zノ|: :/ :|: : ∨: : : ハリ
       ヽこ/:-ニィ: :|/:/|仁、   ´うハメ://: : トゝ: : |: |
        /: : /: :| |: : |ハ:レ´ぅヽ     辷ノノ: : : : :|: : : /|/
         |:/|: : :l{l: : ト`ヽ弋ノ  ,   <: : :/ /: :/
        `  V:八:\: ゝヘ.         u 不/: : :(    あの、何故ドゥーチェ殿が大洗の学園艦に居るのでしょうか?
              ` _入_≧ハ  ヽつ  /|:{、: ト ゝ
                  ̄ ヽ{ )人> _ イ  ヽハ|
                       /|||   /  |   /   \
                    / | |l !l  l` ー/       \
                    _/ l/∧ヽイ メ∠ -―=≠二二ハ
                 {  /\∧/∠ -ニニ/     ハ

154 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:05:02 ID:DF3/VDBw0
                                       ,ィ  _
                             ト、_       /i:{ /:i:/
                        ___{:i:i:`ヽ    /:i:i:iヽ:i:i:{
                        \:i:i:ヽi:/`/^´ ̄\{:i:i:i:i:ノ `ヽ
        〈\                     \_ノ     / l  ヽイ    |
.         ̄\                   У  /l /W}   |lリl    |
             \                  l/、_/-`´ 一/イ_ノ/| l |、
             \                /  l  _ ,    /_) /|  | | \    何故って、アンツィオ流のスレの書き方を
             r\,(\            / l \    イ_/ |  | / / 〉   説明する為に来たに決まってるだろう!
                 `〈つ_、{           /   l  l  ̄i´_l、` / / / /
                   \テ'_>、_      〈    ゝ―./{入・,/ー‐ < / /、
                〈_ノ \     丶r‐'///ノ/:l  /////// ヽ ´ 〈
                {      \   ,<////./:i:| ./////////ヘー 〉、
                 \     }ー ´  `Y´ /:i:i:i| \/(_)//////、イ 〈
                       \      //{:. :i:i:i:i:i| .. .:: `T´ヽ ̄ _ \イ
                        \__ ////∧ |:i:i:i:i:|   //// Y´   〉{ノ〉
                            //// 〈_丶_/___〉///   /  ̄
                        //////ー[二] ――ヘ./   /./|




                      _,.  -―……―-  .
                  /.:::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :.`:..、
                 /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: ::.:. \
         (__/.::::::/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :: :: :..ヽ
            乂__ .:::::://. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::| : :: :: :: :: :: ::.
.          /___// .: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::: : :: :: :: \{_)
       /.:::::\:::::::::::: :: :: :::::::::::::::::::/ .::::::::::::|::: | : :: :: :: :.:.:.:.く
      /// .:::::/ ̄ ̄: : ::::::::::::::::::: / .::::::::::::/|::: |::: :: :: :: ::| :: : .
.      ( ∨.:::/ .: : : :::| ::::/ ̄:/〉.::/:/⌒メ、 :::: :: :: | :: : |
        l<,___/ .::::::::|//.斗-〈/l/ ,二 フ イ:::: :: :: | :: : |
        人::::::: l : :::::::|八://}::し「    丁{_刈丿.::::人{_:::::人
          ):::八 : ::::::\::〈 弋rツ    弋ツ ノア .: :::ri:::::,.′     はぁ……。
        ⌒ヽ : : ::::::::::::::: \      ;   _/.:::::::::::八_(_
           \{\::::::::::匸. u         >‐:::/l/         ですが、何故今回に限ってこんな流れなのでしょうか?
                )入::T⌒.   O   イ( ̄
                    ハ|  ≧=‐<
                ___/ 〈    ト、}\___
            厂\\ /∧ ̄`    ∨  7 〉、
             .′   \\  ∨ ̄ ̄ ̄|  / / |








































       -――‐-、 , -、
     /´_  __ `\ノ
    / γ__Y___ヽ  ヽ)
 _ |  |(Z  |(Z  |   |
(、 `ヽ、 ヽ、__,人__ノ (⌒ヽ   中の人が寸劇を思い浮かばなかったからだよ。
 Y   ー―'===――‐(   )
  `ー┤ γ ̄ ̄ ̄ヽ (_ノ
    |  | ̄ ̄ ̄~/   |
    |   | ̄ ̄~~j    |
    〉    ̄ ̄ ̄    〈
    ‘ー――‐'^ー――‐'’

155 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:06:02 ID:DF3/VDBw0

            ----        ∧__
     (  x<: : : : : : : : : `  、      ̄1i
    ( ` ー-- : : : : : : : : : : : : : :ヽ      《
   ,>.= ` ー--:/ : : : /: : : : : : : : ∧      ≫
  /: :ィ : : : : : /: : : : :/: : : : : : / : : : ∧
 .|: / / : : : :/ : : : ∧: :__ x≦、 : : ,: : l.∧
  ヽ:/: : : : : |: : : : し: : : _ x<:ヽ/: : /| ,:ヽ
   ヽ:人: : l: : : : : |: : : l; | ヽ、 /: /:/ | リ
     ヽl: : : : : : : :ヽ: :∧ ::::   /: : : ノ`
-t=)-.,-=/: /: , ,: :: =.、: `ヽ_   〉 : :|     , ,.、    な……何でありますか、今の黄緑色の恐竜は!?
  .//-= ´ ´ l/\  ヽ,ノ./_ア/l//リ     ,./ ´.l/l l
 //        `---- 、´        l/    /
.//           //,<,=ヽ       ヽ   ./
./           ////  ∧      , -=-.、/
              ////   .∧       |´  ̄ `三フ
ヽ 、        /// l  -==- ヽ    /-- 、  ./
` 、=--  _____/// .|      \ /     /
   ` =--  ̄_/ / \       `´    /
           / ノ   \     l丶 /
          / /       \     /
            / /       \._ /



  /......................................... _〉///}  _ -‐   ̄ ̄ ̄ ⌒ V////////
/.......______............./∧//ノ-  __/⌒\/ ̄ ⌒\⌒\ ////     _
}.../.........................\......}//}/ ___/⌒             \  \く _ -=≦ア\ `丶、
}/...................................}/// }/⌒/               ',   、/////    、
.....................................〈/////             \       ',   \ /        \
.....................................∧__/       l{       \ 、      ',   ¨¨¨¨ ア
....................................'.../′      l{          }  \/       、\/        }
................................./7 /         l 八         } 、/i{    |     Y \      j
............................../\/   /     ∧   、      l/\ハ     l      l{\ \     /       細かい事は気にするな!!
.............................{.....,          十=- 」_\   /| jI斗==ミ、ノ     八  、ノ
.............................{. /   l{     {  \{  \___ ノ      }/'}   /       //       それよりも今日から実際に
.............................{/   } l{八    ',jI斗==ミ   ,        / }  /          /         スレを書き始めていくぞ!
.......................... /  / } l{   、   、      _  -‐ 、   爪}/\        /   /
.、......................〈_/.....}八   \    \_   l      l  ィ′  \ }/⌒\ {   〈  /     気張っていけよ、お前達!
 \...............................|/\   {≧=‐<⌒   、    ノイく       V ⌒\} 、   /V  /
  { 、......................................\_>.//// ≧=‐ r‐r‐‐=≦i:i:i:i:{^\ー-  __    /   {  V
  {    、....................................{ /...|///.........../i:i:i:i:i:ハi:i:i:i:i:i:i\.. \_/...\ {    \_j\
   、   {\............................._{{......l/............../{i:i:i:i://,∧i:i:i:i:i:i:i∧......\..............`ー‐=ミ
   \   \................./⌒......く/L........./i:iVi:i////,∧i:i:i:i:/i:i:}............V/............\.......V⌒\
、     \',   \..........{................{\/.... /i:i:i:i:V^Y⌒^Yi:V_/i:i:i:}..............V/..}...........}........}
 丶      ',     、....\......... {//, 、./i:i:i:i:i:i:i:i////∧i:i:i:i:i:i:i:i}...r‐‐┐.V/.................../
   \   ',      ≧s。 __....V//^\i:i:i:i:i:{/////,}i:i:i:i:i:i:i:}...{   」.ノ{.................../
      ー ⌒`丶、       {.../..............\i:i:{/////,}i:i:i:i:i:i:i:}_ -‐<... {............... /

156 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:06:18 ID:DF3/VDBw0


                    γ⌒ヽ
                   ○    ゝ-― - ,
                      /.   . ` へ
                    γ~  ̄ ̄ ̄`ヽ     く ∧
                    !  ―――- !      | |
                     ヽ ___ ノ       ノ∨
                      ヽ          〆ン
                        ` ‐― ‐ ´

                   『スレ、書き始めます』 その1

157 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:07:01 ID:DF3/VDBw0
      ___ {:i:i:i:i:i:ヽ        /:i:i:i:i:i:}_, . .ィ
      `ヽ:i:i:i:i:`ヽ:i:i:i/ __ ___ {:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:|
        {:i:i:i:i:i:i:i:}/´ _/`ー 、-、_`{:{:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ
      / \:i:i:i:i:/ ̄/         \ヽ ̄ ̄、
       l  /   ̄/                   \   〉
       | ′   /  /             l  ヽ  i
       | l   /   | l |      l    |  \ |
       |  /    |,ハ/、|    /|八_,イ   l⌒
       |   ̄,Vl  { ,ィ忙ト、| ,ィォェt、 |   / |    さて、mltファイルも導入し終えたし、これからスレを書き始めていく訳だが、
.       八   | |ハノ、\V_ソ ソ´ V_ソ ,ノ_/´ 八 
      /  \ |  \\{     ,    i ノl   /   ヽ   どんなスレを書くのかは決めてあるのか?
.     /     \    }ー 、  r― _,   /´{ ! /    |
     {         \ {   }> _ _<    }./   _丿
      \       \ _/;::L _ _」:\ __ 〈   /  }
       \      「//: :|::::/{:i:}\:l: :\: : : ヽ /´ ̄ ̄}
       .} ̄ ̄ ̄\|,/ : 人':::::|:i:|:::::l:‐<: : : 〈/     〈
      〈       } ̄}: : :\l:i:l/: : : : >: l :{/ ̄ ̄`ノ
        \     { : : \_:_:_У__/: : {: :L-==ミ、}
        / ̄ ̄ ̄{: : : : :V//\: : : : : : :_ } :〈____}
.         〉__ /r‐ 、 : :V/斗< ̄ ̄ヽ`ヽ: : V ヽ{
.            {{ : : : ム-斗. :´: : : : : :ヽ: : : :|´ ̄: : | ノ'



.               >: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : \
.              /: : :/: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : :\__
       __//: :/: : : : :: : : : : : : : : : :/: : : ::|: :l: : :: :: :: :/
        \_/: :: :/ : : //: :: :: :: :: :: :/ : : : : |: :l : : l: :<
      ト-. .' /: : /: : </: : :: : : :/:: :// |: :/|:/ / : : |: : : :\
       >‐: :: :/レ'_ /\: :: : : :/ // / /イ/| /: :: :/ \\: :}             はい、オリジナルで行くことも考えたのですが、
.      / .イ: :‐=彳: : |イ: : >x∠// /イニ<-くl: : / ヽ ー' Y     , 、_
      l/ /: :: :: :: :l: : : :|/チて厂ト    l┘ | l}/ : : | l: : /    /    `⌒ヽ   今回はポケモンを題材にしたスレをやろうと思っております!
       ∨: :: : : :ヽト、:ヘヽ 辷丿     `ー' イl: :: :: :: ://    ヽ /  / /
        ヽY: :: :: :`: :トゝ::::::::    '   ::::/: :: :彡ハ{      / ̄ハ 〈  l
          }へ x 、_: :>  { ̄ ̄ 7  フ二∠ニ ____ >- 、二ゝ┴
            } >'´lハミ> 、 \_  ノ イ    //  /       l\ `ー
          イ二、 _    l/> ―< |`    //  /       ハ ` ー
        // \\ )  ∧‐-、  -‐/   //  /       /  \―
.       _//   \ ヽく    ∧ニニニ7   //l  /        _ -――
     イ/   入_ 〉ノ \  ∧ 十 /  /イ | l/ ∠ -―< ̄

158 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:08:39 ID:DF3/VDBw0
                   /{
     「_]                 |:i:\   /{
     | |     ト、        |:i:i:i:i:ヽ /:i:|
     | |     |:i:\ _/ ̄ ̄\:i:i:i:|/:i:i:|
     | |   _ |:i:i:i:/         \{:}:i:i:i:|、
     | |  / 丶_/       、      \:i:/ ヽ
     | |  |/:i:i:|      ト |\ト、    }' 〉 |
     | |/:i:i:i:i:/  ,l   l | リィ斧=ァ | l / , |
     | | ̄i ̄/   |リィェェV   Vソ | | / / //|       ふむ、ポケモンか……。
     | |  | ノイ  {《 Vソ ,     ムイ / / |
     { |  | 、 リ\_>  r ⌒i   /,,/ /  /{       ポケモンならAAも豊富だし、ポケモンGOがリリースしたばかりだから
   r┴{\ \  {  人  ー ' /~/ /  / 〉       話題性の面でも人が集まり易いだろう。
   |    ヽ  \ `ヽ  ー イ__〈 /  / /_
   、    / \  ヽ | __ノ―<У / ///\
.    \ / ̄{ \ V ///////// 〈_/ //////\
      〈/ ̄ヽ   ヽノ//////////// | く_ //////\
      }     |  「//////////////{/)ノ ////////\
      〈   | / |/////////////////////////////\
      |    У ∨///////////////////////////// \
      |   /    ∨//////////////////////////////
      ∧       ,∨/////////////////////////////
        \     /、 ∨////////////////////////////
        ヽ_/    \///////////////////////////
           Y⌒ー― \/////////////////////////
             /⌒.ー――‐\///////////////////////
            /: : / : : : : : : l : : \/////////////////////
         ./: :l : / : : : : : : : } : : : : \///////////////////
        /: : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : \/////////////////



         -=彡  /}  / |    ヽ  ≧、
.      /  l  |. /、 ///,斗ハ  } |   ヽ
      { イ  {  |/r= ´/ィ==、 }  イ八   リ
.      `{  ゝ { ヒリ   ヒリ j/ ト-ゝ jノ
       ∨{_彡 '''' '   ''''' /   ハ  /
        ヽ 八  r 、    厶ィ´ } (
           イへ >、`  ,    |ノハイ⌒       あの……実は前々から疑問に思っていたのですが、
               `フ }   /ヽ、___     やはり原作ありの方が難易度は低いのでしょうか?
               r≦|| |、 __/  ||==ハ
                |  ||. | =/   ||   /  }
.              |ヽ,||_| /___||  l   |
            | 7 ̄ Y ̄ ̄ ̄   |   |

159 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:10:13 ID:DF3/VDBw0
.         ト、         ,ヘ    ,.ィ
.       、_  |:i:\     /:i:i:\ /:/
      {:i:i`|:i:i:i:i:\   {:i:i:i:i:i:/:i:i:{
      |:i:i:i:{:i:i:i:i:}:i:} - ┴‐¬ー、:i:ノ、
.       V⌒\:i:ノ:/ ´      \ ヽ
        / /   ヽ´/        }   ̄/
.       / / 、__/   l   |   /l   |
      /    i\ /   |人_ゝ、 / И /
.     / |   、 l {  V 三    三 レ i
    /      | \V \_>   , -、 / 八        /7
.   /     {   |   `\_} 、  L ノ / // \     /´
  /     \ {    {  i>┬ イ /     〉   /     別にそう言う事はないと思うぞ。
. 〈        \    -)-{ニ{::}へ!     /   /
. 〈\     、   〉///( //\ \ヽ\- 、 /   /       オリジナルはオリジナルの難しさがあるし、
  \      ー////////// \ ヽ:ヽ\\  /       原作ありには原作ありの難しさがあるからな。
   >―― < ////////////  }:::}  V,l/)
    {      }//////////   |:::|  / ニ}        どちらも一短一長と言った所だろう。
   {   _  ノ }///////.:....  ..::|:::|:./ _ }
   `て    /////,/―― ´ ̄`7i  ノ`´ー 、
.    {__/////        { _>'  ´ _.ノ-っ
      / 、レ// イ          /::::{ l / ー く
.     ///  ̄ //{__У―――. .' `ヽ\_}- 、))))
    /////////////: : :/: : : :l: : : : :|: :\//`ヽ、
.    ′,//////////: : :/: : : : :l: : : : :|: : : :∨//∧
   |///////////: : :/: : : : : :l: : : : :|: : : : :∨//∧
   |//////////: : :/: : : : : : :|: : : : :|: : : : : :∨//∧
   |/////////: : :/: : : : : : : :|: : : : :|: : : : : : :∨//∧



               __
           x <: : : : : : : : : :> 、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:/: : : : : : : : : : : :,: : : : : : ヽ:ヽ
     __ // / : : : : : : : / : : /:∧ |: : : l : :∧:
   ヽ イ :/_ -= > 才 / : : /:/- |リ: : :/ : : l |: ヽ
    /:/ ´┬= ´./丿 l : / ゝ、|:: :/|: : : :l |: : :ヽ
   /:イ : | : l: : : / 広午    広午 .| : : /::|: : : : \
   | |.|: :.|:::ヽ: : | |rJ:}     |rJ:}》 /: : /: : ヽ _: : :/
   ヽ |: :丶 : : :ヽ    ,      /: : :/ : : :/: : : /
    ヽ: : : \≧=-   , 、   ./: /: : /: : /
      \_____ =- 、 {   ゝ -=<_ ィ: : : /
       `<: : : ヽ   -    / : : /|: :/       そうなのでありますか?
          > 、: l` - /: : ,: :/
        _ .<::/ ,ノ     l ` ヽ、           原作ありならオリジナルと違って既にストーリーが出来上がっているので
      < /;;;;;;;/ ヽ__   ヽ∨;;; ヽ           オリジナルほど難しくはないように思えた.のですが……。
    /;;;;;;;;/;;;;;;;;;l   \=== .l ∨;;;;;;;` = 、
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l      \.../ _ - === -ヘ
  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | ミ    _ r-ア´        |;',
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧ ゙</ ,-= ヽ         /;;;',

160 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:11:14 ID:DF3/VDBw0

                                       ,ィ  _
                             ト、_       /i:{ /:i:/
                        ___{:i:i:`ヽ    /:i:i:iヽ:i:i:{
                        \:i:i:ヽi:/`/^´ ̄\{:i:i:i:i:ノ `ヽ
        〈\                     \_ノ     / l  ヽイ    |
.         ̄\                   У  /l /W}   |lリl    |
             \                  l/、_/-`´ 一/イ_ノ/| l |、
             \                /  l  _    /_) /|  | | \    一見するとそう思えるだろうが、
             r\,(\            / l \ `   イ_/ |  | / / 〉   『既にストーリーが出来上がっている』と点が難しいんだ。
                 `〈つ_、{           /   l  l  ̄i´_l、` / / / /
                   \テ'_>、_      〈    ゝ―./{入・,/ー‐ < / /、
                〈_ノ \     丶r‐'///ノ/:l  /////// ヽ ´ 〈
                {      \   ,<////./:i:| ./////////ヘー 〉、
                 \     }ー ´  `Y´ /:i:i:i| \/(_)//////、イ 〈
                       \      //{:. :i:i:i:i:i| .. .:: `T´ヽ ̄ _ \イ
                        \__ ////∧ |:i:i:i:i:|   //// Y´   〉{ノ〉
                            //// 〈_丶_/___〉///   /  ̄
                        //////ー[二] ――ヘ./   /./|
                          //////: :/: l: : : :| : : : 人   / //∧
                      //////: :/: : l: : : :|: : :〈\_>‐'.////∧
                        //////: :/: : : l: : : :l : : : \くヽ //////∧

161 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:13:00 ID:DF3/VDBw0
         ト、 _            _/{
         |:i:i:i:i:\        /:i:i:i:i:i:i:}
         {:i:i:i:i:i:i:i:} ___ __{:i:i:/⌒ヽ
           / `ヽ/  _  ,,    _」:/__ヘ  V
.        / ̄,:i:} _/ \- 、 /:i:i:i:{:i:i:ヽ}  V
     /:i:i:i:i:i:i:{/         |:i:i:i:i:i:i:i:i:/    |
    <___.:厂            |:i:i:i:i:i:i:/l|   |
       /  /            \:i:i:i:/ |   |
.      / /,   | l    |  /| \{ >l   |      当然の事ながら漫画や映像作品とは違いAAで可能な表現の幅は限られている。
     /  ̄|    V \|  /レ'l/ |/l | |//   l|
   / l   レ^V\_{三三、{  三三 }/レ /    八     あまりに複雑なシーンはAAで表現出来ないし、映像作品とは違って
.  〈   |    |  〃\        イ /    /   ヽ    レスをまたいだ場合、一瞬のシーンでも数十秒とは言えタイムラグが生じる。
.    \ \  { ∥   > 、-=っ//'/  /    /
.     〈 \ \_ ) {{  /////} ̄_/{ ̄ ̄    /
     \  ー{ ((_,  |////{/^ー /___ イ
.     / \__}     |////|〈:i:/{   / }///ハ
     〉     /     |////|/:i:{ ̄ ̄  ///// |
     \_/{     /////,l:i:i:{__/ 〉////|
     }__/、   |/////{i:i:i:{___//////|
         _)ノ   ///// |{:i:i:丶__/、///// 〈
           ̄   //// 〈 {:i:i:{ ((_,  \ ////\
           ////  /二[三]二 /'  \////{
             ////  /: : :/: : : : : :l     \// \
         ////  /: : :/: : : : : : :|      | ヽ/// ヽ

162 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:13:47 ID:DF3/VDBw0
               ト.、          ,..イ
               {:i:i:\     /:i:i:i} __
              、ー'⌒ヽ:i:i} _, - 、_ {:i:i:i/:i:i:i:/
             \:i:i:i:i//     ̄\:i:i/、
                  /  ̄/         丶_  ヽ
              /   /  N\  Иハ/| <   l|
                /   レV、{《宜\l 宜》/∨   l|
            / l  | Y_、 、 ' _,  /_Y、   八     さて、ここで質問だ。
              /   、  |  } \_ _/  } | /  ヽ
          〈     \! {  _人__人_ { 〈    /    お前は自分が知っている作品……ここではアニメ版のポケモンとしよう。
             \    },.ィ〔ニ{∨:i:i∨}ニ〕ト、_  /、
              / \ /二二 ,{ 〉〈 }二二ニ\ 〈     そのアニメ版のポケモンスレがあったとして、それが最初から最後まで
              〈_ r<ニニニ/  l:i:| \二二二\!     ただ淡々とストーリをなぞっていくだけのスレを見ていて面白いと感じるか?
.            〈 /二二/   |:i:l    T\ ̄ ̄ \
              / ̄ ̄/ ∧   .|:i:|   l ニ\    \
           〈   -={二二 〉   、ノ   /ニニニ>=-  /
              \    \二L三三[]三三]二 /   /
              /ニ\  /}ニ/: :/: : :l: : : l: :V./\_/ニ∨
          /ニニニV_/〉: : /: : : :|: : : l: : 〈\/ニニニ∨
            /ニニニ,rrr」/: : /: : : : :l: : : l: : : \」]]ニニニ∨
        /ニニニ{> ´: : /: : : : : :l: : : l: : : : : :\ ニニニ∨



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ───
   /      / \
  /    \  (● ) ヽ     いけ、ピカチュウ!
  |    ( ●) __)    |
  人     (__ ノ  Y  /     君に決めた!
/  \    ゝ _ソ /   __,    -━    / ̄\
     ~" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニニフ   ─━     |―◎-|
        ──────、_ゝ       -━    \_/
          /



    \     l
ーァ'´ ̄ ̄ ̄`ヽj
     __     \
   ハ.J!     _ l
, - 、 `ー'     ・{Jハ.
: : : :}    ー--'、_   l     ぴかちゅー!
ー‐'            /:}
            ∨
\          /
  丶   ー--   /
          |\   ボンッ
          l   ヽ
          |    ',
              l     ヽ
           l. __ソ
            }
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

163 : どこかの名無しさん : 2016/08/12(金) 21:14:45 ID:8MM3MEDA0
配役とか表現で違いが出るから結構面白い

164 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:15:30 ID:DF3/VDBw0

          -‐……‐-ミ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ _
   (、/::::::/::::::::::::::::::::::::::::}:::::ヾ:く
  /::::::/::::::::/:/::::,.イ::::::,.イ:::::::i::',::ヽ    淡々となぞっているだけでありますか……。
 /イ::::∠::::::::::レ'l/ |/ j/iイノ:::}::N
  jイ:::::::',:::::::i  ○     ○ j:ノリ     それは……。
   ヽ、::::ヽ、{ u  、_,、_,   ノ::人
     `ソヾ≧=‐- -‐=≦ソ´
        ,x<  \─| `>、



                   /{
     「_]                 |:i:\   /{
     | |     ト、        |:i:i:i:i:ヽ /:i:|
     | |     |:i:\ _/ ̄ ̄\:i:i:i:|/:i:i:|
     | |   _ |:i:i:i:/         \{:}:i:i:i:|、
     | |  / 丶_/       、      \:i:/ ヽ
     | |  |/:i:i:|      ト |\ト、    }' 〉 |
     | |/:i:i:i:i:/  ,l   l | リィ斧=ァ | l / , |
     | | ̄i ̄/   |リィェェV   Vソ | | / / //|
     | |  | ノイ  {《 Vソ ,     ムイ / / |        ある程度のオリジナリティがあるなら兎も角、
     { |  | 、 リ\_>  r ⌒i   /,,/ /  /{        少なくとも私は面白さを見出せないな。
   r┴{\ \  {  人  ー ' /~/ /  / 〉
   |    ヽ  \ `ヽ  ー イ__〈 /  / /_         故に多くの原作ありのスレは部分的に改変したり、
   、    / \  ヽ | __ノ―<У / ///\       AAで再現することに力を注いだりして読み手を魅了している。
.    \ / ̄{ \ V ///////// 〈_/ //////\
      〈/ ̄ヽ   ヽノ//////////// | く_ //////\
      }     |  「//////////////{/)ノ ////////\
      〈   | / |/////////////////////////////\
      |    У ∨///////////////////////////// \
      |   /    ∨//////////////////////////////
      ∧       ,∨/////////////////////////////
        \     /、 ∨////////////////////////////
        ヽ_/    \///////////////////////////
           Y⌒ー― \/////////////////////////
             /⌒.ー――‐\///////////////////////
            /: : / : : : : : : l : : \/////////////////////
         ./: :l : / : : : : : : : } : : : : \///////////////////
        /: : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : \/////////////////

165 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:18:01 ID:DF3/VDBw0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     ’ ,          ';  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    i;,′,゚;          ;i  |    例えばヤドンのAAをクロコダインにしてみたり    |
      ';              ,;;’ ,::;;          ヾ^';;..;;乂_______________________ノ
      ゚,            ,;i;' ,;' ,;          _,.);;:/ヾ' ノ;,           ヽ\
 .,     i;    }:,  ,;'  ,..   ,;",;' /    ヾ;"    '" ;;.,,;   ',;'            }       ノ ``
 ::;;;;';.、   ;;    i;;;.,,.ノ;;;:'"   ,゚;.,;',  o  i,.,.,ノ} __ -- 、 ,);,,:;'           \`ー--'   ┃     \
 ;:;;;:;;;;;v.,  i;,   ;;:;;;.;:'"    /_/'=ニニニミノ';r''/´  ヽ  } >、;;;i      ,,;;"    \    ┃
 ';:;;.;:;;;.;;:;,,_,};;i/ ̄};;/、   /;;:;゚斗-≠=ミ>{   _ -- _ );;;;..,,,, '"     ,:;'     ヽ    ┃  ー┼__
  ';;:斗-―-'';i...,, ̄ヽ  ⌒>' /;:;;' /;;;'{  ゚/ _彡⌒VVVV∨;;'7'"ノ; /};.,'" ,:;";,      }    ┃    /|  )
 ´:_:_: : : : : : : : `ヽ;;,,;;X / /;;;;゚;/;:;'=ゝ-" 冫)V゙^ヽ! __,r〈|/;;';;' ;;':;( ノ;;;;,;',,,:;;'.;;:';;:;___ ノ     ┃
  -、  ̄ `ヽ:: : : : : :∨;;;,{ { ;;;;;;'/_|o ィテV'゙`′  r〈人Kヽ;;{/_/_';:;;;斗=ミ:;__;/_;:;:;;;:`ヽ      ┃   ‐匕_
 //) γ⌒ヽ\: : : :_:);;ノヽ| ;;;:v=V⌒<{ -―v―/'YYi}ヽ } } !,,;'゚: : `ヽ  ゝ_ /;:;''"  }     ┃   (乂 )
 ='-ミ乂__,;ノ   ̄  |;;Y    } |,,;i;,,,. Y l/| ,;\ V{_/}-く/;;:' : : : : : :}''"  __}_,.,;:;;:;:'"ノ     ┃
 ;;:..;:;;;:\        !;;;) 、_,ノ八;;;' `¨Lノ;;'、  `ー  `)/};;;;:;;;,,.;:': :./  ヽ  ,,.:;);;:<      ┃     ‐匕_
 ,,,;;;;:;";;:;;\       ノ;〈__ノ:::} ∨「!;;ト,,,.__ノ;;{`Y^ハ ___彡{;:;;;,,;;:;;;:;;'"/――…;;:;:;;,,.;:  ヽ           (乂 )
 ,,;rッ;;;;;;;'";;:;;丶___/;;;:;;;:;;;:;;/\ヽリ;;/;;;:/;;\;; Y__j_^Y^Yノ}´!: :_: 彡'  ―-ミ/;:;;;:;;;;..;:;ノ    l l  l
 /rッ ,:;;';;:;;/;/'゚7;;:;i;:/: :}/: : : . .`ミト=====≧x_ノ--<´ ,,';:;/    {_  ノ;:;;;;,..,/         ノ  ‐匕_
 ry,,:;;';;:;;;;;:' {;i  ';;;:;:;': :_,ィ: : : : : : `i  ____ r=': : : : : : : }''/;(,,,::;,.    /厂;:;;:;;;'''" ̄`ヽ     l7 l7  (乂 )
 ―-''"'':i rッ;'__) /   ノ: : : i: : : :.」 /: : : / /: : : : : : : : :ノ ∨{;,,,,'";,:;;:;'"'"|        i    o o
       :;_ノ´ -<: : : : :i: :-―: 、`="_,.._\: : : \`¨ /;,.;;:;;r''';;:;;,,..:ヽ,,,,/:;;;'"     /  --、       .-、 ト
 /  /    {   __<´: :),;トv{: : :/: } /: : : /: : <   /;;:;'c }ノ;:/ヾ;;∨ ';       / /   i / i  /;;:;';ヽ!;:;,
   /  ___斗-= ̄/ ̄ヽ;!;;:;;.;v';/"i';-彡': : : : : :.> /;;:/c ,;゚cY c;:;! };..,,    /"    /'    i ./..;:;;'"
    /   \   {     \'''7;:;i;/'/---=;;:;": : : }/c;'/ ̄二=ミ// };;:;;,,,,_             i/
   i      \ヽハ     ∨;;:;;,;;:;;;;`<__j'__ / ̄ ̄ヽ ̄ ̄`ヽ\: \c`ヽ:;;;;:;;..,,,
   i    / ̄ヽ___八   --、};;:;;;,;;::;;/=、;:;..,,,、   ,; } ̄\c 丶ヽ: :} / V;:;;:;;:;;;;;;;;...,,,
  __∧\ {    ∨ ̄\/   i ̄):;;/   \__ /≫x_)、ヽ: : : :} c c} }/⌒! i;:;'"ヾ;:;;{''" ゙゙''';;:;,,
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

166 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:20:34 ID:DF3/VDBw0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            /|\    _, . :‐: : : : : : |  オーキド博士が明らかに厄い香りのする人物だったり……   |
            .ィ__〉|:ト\./: : : : : : : : : : : 乂___________________________ノ
.            /  r::|:::|\/: : : : : |: :i : : : : : : : : : : : : : :\
           / o./::/:::ル': : : : : : :|: :{ : : : : i: : : : : : : : : : : \
.           |_  /::/::://: : : : : : : λ: :、 : : : |: : : ト: : ヽ: : : : : :ヽ
.           | し'///: :/ : : : : : {: ト: : ゝ: : :!:./|⌒i: :} : : : :| : ',
.          し.';/  {: :/: :/ {: : : |: |}从:〉 : : !ヽ: }ヽハ:!|: : : :|: : :',
              |:/: : {: :|: : :/|:l {\: : : i'´V-―z|:!: : : :!: : : ',.        /ヽ _
              |: : : :| : |: : :|:.:|.メ〉 \__i '" ̄ ̄|jノ: : :i! : : : ',     / // /、
               |: {: :/!: :|: : :Ⅳ .ィ:チ   ,.   '' "/:/: : /|: : : : ', { ヽ / // / /
                  V|: :{ |: : : : :|ィ/      ′   l:/: : /: |:\: : 丶! レ // / /  __
                    |: :| |: : :\{ 、'' "       ノ /: /: : |: : :\: :ノ 、     〈//
                 V ト _{.:_;>.._   ̄   ∠ィ: : l: : :|: : : : _/   )    /
              ( \   丿: : : :: ヽ: : `i ーr---   |: : :|: : :|/い{   /     /
            \ \(\: : : : : : : 丶: | : : |       |: : :|: : :!ヽ ヽ)ヽ     /===ュ
                  \ \ \: : : : /λ|: : ノ      | : V: : |  \ うト=='" i  [_]
           ____〉 i   ヽ: /  (ハ: : { |) __  /ヽ:_: : /_//〉|      | |
        }――――  {    V  (| |: 丿|) 〉 `   〈:ヽ:)--~ヾ |      ,..イ\
          (二二二         _}   (| |}:!:|_|)/      ):〈\___ >r――イ、.丿: : ヽ
             /\___.ノ∧  X (:.:ノ /     ヽ/ } : :)∧::::ヽ |     |/}: : :\
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

167 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:23:20 ID:DF3/VDBw0
           |\__             |:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
          /:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ       |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ´ ̄\:/
            /:i:i:i:i:i:i:、:i:i:i:/⌒\-< ̄ {:i:i:i:i:i:i:i:i:/⌒ 、   \
         У ̄\_:i:i:i:/        \:i:i:i:i:/ \  \   ヽ
        /:i:i:i:i:i:i:i:i:/`/             ̄、\ ヽ    |
   __/:i:i:i:i:i:i:i:/^/               \ ∨     ,|
    \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/            ||  |    ̄/     /」
     \:i:i:i:i:i/| |  l   、      | l、ハ /、 l  ∨  l  / |
       `T ´ | l  | / \ `  | | __ V   〉   /  」    こう言う配役の面だけでもオリジナリティを出さないと
        |   / 丶 | ___ 、 | /´}:::::l 》/ / /、/ /   |    『やる夫スレでやる意味あるのか?』って十中八九言われるだろう。
        l / i   lヽ《 _):::ヽー\l' 弋:_ノ、/ / ´,| /   八
.        <_|  \ 、V::ノ       <_/}}-_ノ /      \   と言うか実際に言われた。
        | i  |/\_ >ヽ´  '        /{{´ l/         |
        |  、   〃l乂∧     _   人 }}/         /
         /   \ ∥ |    > 、´   ` / /{{          /
.        〈     `|! 、|     ̄   ―_´ヽイ  ∥        /
        \      )) \      _/ ヘ_ソ、{_,   / ̄ ̄ ̄ ̄}_
.           \ 、((__,   \  //} /:i:i:i:}{ /  / ̄ ̄ ̄}/`ヽ
         〈 \  ̄ 、   ヽ/// |,イ:i:i:i:i/ У //  ´ ノ _////,|
            \ \\ \  /// | }:i:i:「 { / ̄ ̄ ̄ ̄}//////|
            .〈\ \\ ////|/:i:i:|  У         }//////|
            \\ \ ´i////`| |:i:i:i:| {    / ̄ ̄}//////|


_ -== -
: : : : : : : : : : :≧x、  ヽ.,
: : : : : : : : : : : : : :ヽ`: :-<
: : : : : : : : : : : : : :ミメ: : ヽヽ
: : : : : : : : : : :∧ : \:ノ ノ
: : : : : : : : : : :廴) : : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :,ヘリ
: : : : : , : : : : /: /:: : : ソ
: : : : /: : -=´: /: : : :/     あっ……、ドゥーチェ殿の実体験なのでありますか……。
: : : : l: : : : : : : , / .>
、: : : :__.,: :=- ´=´
, -=),ヽ- L
       ヽ、
         >、
        /:/x=- 、
        /:/ / ..|
      ./:/ /   .|
=========/ ∨   .|
 ̄ ̄ ̄ ̄   /    |

168 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:24:17 ID:DF3/VDBw0
                    /:i:i:i:i:〉    __ {:i:ト:i:i:i:〉_
                 ___{:i:/:/ ´ ̄ ̄_ _ _`ヽ:i/_ヽ_
          x.:i:´:i:i:i:i:i:i:i:i:`{:} / ̄^´   ` ` \{:ー:i:i:i:i:i:i:i:i:>
           \:i:i:i:i:i:i:/ /            \:i:i:i:i:i:i:/
           /  ̄ ̄ /|/                  |:ヽ ̄ |
            |  i  <_    | {         /   ゝ:|  |
            |  |   | V l   |V_\  /レ|/, l l.:/ , |
              /|  |   | !/\ 《 沙`\{ 莎 》レ'|/./ , 八
          〈    、  |   (〃_     ,   l_ノ´ |/ ,    〉
             \   \ |   ∥  \ r ,r=-く )) /     /     なので、既存の作品をどう表現して『魅せる』か……。
              〈 \   \ _{{ _/〈く_ T、乂三}、 /   /
                \ \  /v::ヾ|: :{、/{:i:}、l: : :} }: ヽ  / ‐ァ       これが原作ありのスレの難しい所だ。
.              / \r‐': : :`ヽ |_〉、:{:i:}::}:/ミ、: :| /  / 〉
                丶 /: : : : : : :|: <: :\:l:/ |,= 〉:`>/ /      プロットを書く時はその辺りの事を意識して書いてみろ。
             /: : : : : : : : /.:_:_: `ー,/ : :{_{`|`ヽ\  〉
             /、___/`Y: : |:Y ∨/∧: :/:У: : :}ー 、イ
          〈: : : : : : : }   {: : :|_ll__,∨/∧:\: : : /: : :l {{_,
             \: : : : : :〉、 `ヽ : : : : ∨/∧: : ><: : : /
             \_:/: : \ 〈': : : : : :j∨/∧:{   ̄
              \: : : : 人[二二二[三]ニニ]
               ヽ/   〉: : : : : |: : : :〈: : \



              //: : : : : : : : : : : : :|: : |: : :\: : : :ヽ: ∧
           // : : :/: : : : : :/: :斗|--l: 、: : l: : : : :l: :∧
      、   ∠//: : :|斗-: : /: :.∠Lム. !ハ:`ヽ|: : : : :|: : : :\__
       ヽ二ヽ_彡/| |-///  /==ミl |: : /: |: : : :|: : : \―'
        /: : |: : : :/ 斗=イ´    iノ::: |ヽイ: /: : : :{: : : \\
       /: : /: :|l: : : :レ/iノ:: |     辷ノ / /:/: : : : : |∨: : : \)
       |: :/ : : |\: : ヾ ヽ-'        彡': : : : : : :トゝ: : !: 〈
       l :{ |: : :|: : ー=-; `     <´ : : : : : : : : |: : : : |: /
       ヽ| \: |: : : : : : :/  --   ー-二: __,: : /: : : :イ/      あの……その事なんですが、話を作る上で
          ` ー┬ へ         イ: : : : /‐ '´: : : ノ/       やはりプロットは必要不可欠なのでしょうか?
              )_从 /|>  _ . イ┐ |: : : イ: イ彡'´
             ___,レ、}ノ |/ | |::::|_∧{\∨ {/__
          r‐/::/:::/:::::∨7′ /| |::::|:::トr‐‐|匚二二フハ
          |:/::/:::::::::::::〈/  ∠、_/::::::::::::::::::::|――‐///|
          ∨::::::::::::::::::::l   |―/:::::::::::::::::::::::|////////|
.           ∨::::::::::::::::::|ニ{/|:::::::::::::::::::://////////|
            ∨::::::::::::::::|//|o/::::::::::::::::://|//////////|

169 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:25:45 ID:DF3/VDBw0
.         ト、         ,ヘ    ,.ィ
.       、_  |:i:\     /:i:i:\ /:/
      {:i:i`|:i:i:i:i:\   {:i:i:i:i:i:/:i:i:{
      |:i:i:i:{:i:i:i:i:}:i:} - ┴‐¬ー、:i:ノ、
.       V⌒\:i:ノ:/ ´      \ ヽ
        / /   ヽ´/        }   ̄/
.       / / 、__/   l   |   /l   |
      /    i\ /   |人_ゝ、 / И /           絶対に必要と言う訳ではないが、日常的に
.     / |   、 l {  V 三    三 レ i           創作活動を行っていないのなら書いておいた方が無難だろう。
    /      | \V \_>   , -、 / 八        /7
.   /     {   |   `\_} 、  L ノ / // \     /´
  /     \ {    {  i>┬ イ /     〉   /     プロットとは云わば物語の設計図の様な物だからな。
. 〈        \    -)-{ニ{::}へ!     /   /
. 〈\     、   〉///( //\ \ヽ\- 、 /   /      それを書かずに話を作るのは、図面を引かずに小屋を建てるようなものだ。
  \      ー////////// \ ヽ:ヽ\\  /
   >―― < ////////////  }:::}  V,l/)
    {      }//////////   |:::|  / ニ}
   {   _  ノ }///////.:....  ..::|:::|:./ _ }
   `て    /////,/―― ´ ̄`7i  ノ`´ー 、
.    {__/////        { _>'  ´ _.ノ-っ
      / 、レ// イ          /::::{ l / ー く
.     ///  ̄ //{__У―――. .' `ヽ\_}- 、))))
    /////////////: : :/: : : :l: : : : :|: :\//`ヽ、
.    ′,//////////: : :/: : : : :l: : : : :|: : : :∨//∧
   |///////////: : :/: : : : : :l: : : : :|: : : : :∨//∧
   |//////////: : :/: : : : : : :|: : : : :|: : : : : :∨//∧
   |/////////: : :/: : : : : : : :|: : : : :|: : : : : : :∨//∧



                 。r≦  ̄ ≧s。
              /:::::::::::::::::::::::::::::::\
             /:::/:::::::::::::::,:::::::::i::::::::: \
             .イ:::::::,:::::::::::::/:::::: イ!::::::::::::::::,
         _,.ノ::::::彡'::::::::イ:::ノ::::::/ !:::::ノ::::::i::\
          /::::::::::::i::::: / ィ:ぅ ー ' ィヶ.、' .!::: ノ::::::::::、
            レ1::::::::::! :::i〈 .ヒソ  弋ツノ ノ::::::::::!::::::::ト
            レ1::::::ゝ::ゝ '''  `  '''''' 彡::::::ノ::::::ノ     ですが、創作関係の本を見るとプロットの書き方がバラバラな事が多く、
            ゝ._::::::::: ゝ.  _-_、 u イ!s。:::::>'’      どの書き方が正しいのかよく判らないのですが……。
               .ィ´ ̄ .iー- 'i    〕ト、
                / 弋   ト、  .ィ!    リ \
.            /    \   マ =ヲ   .イ     ヽ
           ,      ) ` 、 ゝ'_,. z*7 {、      \
            /    /|   ¨7{ .}x'´    ! \      \
        /    ./   〕:、_ /:/ }::ヽ  イ   ヽ._    〉

170 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:26:51 ID:DF3/VDBw0
               ト.、          ,..イ
               {:i:i:\     /:i:i:i} __
              、ー'⌒ヽ:i:i} _, - 、_ {:i:i:i/:i:i:i:/
             \:i:i:i:i//     ̄\:i:i/、
                  /  ̄/         丶_  ヽ
              /   /  N\  Иハ/| <   l|
                /   レV、{《宜\l 宜》/∨   l|
            / l  | Y_、 、 ' _,  /_Y、   八       まぁ、プロットの書き方に正解なんてないし、
              /   、  |  } \_ _/  } | /  ヽ     人によって書き方は異なるからな。
          〈     \! {  _人__人_ { 〈    / 
             \    },.ィ〔ニ{∨:i:i∨}ニ〕ト、_  /、     『思うがままに書けばいいんだよ!』と言っても漠然とし過ぎて
              / \ /二二 ,{ 〉〈 }二二ニ\ 〈      書けないと思うのでここはアンツィオ流のプロットの書き方を教えてやろう。
              〈_ r<ニニニ/  l:i:| \二二二\!
.            〈 /二二/   |:i:l    T\ ̄ ̄ \
              / ̄ ̄/ ∧   .|:i:|   l ニ\    \
           〈   -={二二 〉   、ノ   /ニニニ>=-  /
              \    \二L三三[]三三]二 /   /
              /ニ\  /}ニ/: :/: : :l: : : l: :V./\_/ニ∨
          /ニニニV_/〉: : /: : : :|: : : l: : 〈\/ニニニ∨
            /ニニニ,rrr」/: : /: : : : :l: : : l: : : \」]]ニニニ∨
        /ニニニ{> ´: : /: : : : : :l: : : l: : : : : :\ ニニニ∨



             -―――-
         . '::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ヘ
.      /:::::::::/:::::::::::::::/::::::::l::|:::ハ:::::::|::::l::::∨ヘ
     l :::::::::l::::::::/::::/::::::::://:/ ┤-ム:::|::::::∨:\
      l:::::::::::|/::::レ/!⌒ィ/l/ -|:/ |/|:::::::八::::::>
      ハ|:::/:/:|:/ |∠ム/  勹ニく./_/::::::ヽ:ハ
  ヽノ/:::レ-‐ l::::::|lレ,勹:ハ     辷ノ ツ:/::::|:::ハ::::|
    フ::/:l::|::::::\ :ト' 辷丿   ,   :::::彡::::::://:::/|:/
    {:::::l:::ヽ\:::::::\ ::::::   _  ┐  7::::::::::/ ノ     おぉ!!
   `ヽl:::::l::\:::ー‐=ァ    ヽ ノ   イ::::彡'
     丶≧-:ミ::::、:::::> 、    イ:从{         ありがとうございます、ドゥーチェ殿!!
.         `^ ーゝ``ヘハ  ̄  く
             / ノ    V \
           .ィi〔   }-   -/   ≧=- 、
          /⌒}ト   |====./     イハ
          .′ |i:i:\ | + ./    ィ才   :
        ./    、:i:i:i:i≧、__/≠≦:i:i:i/
        ′  /  ̄ ̄}:i:i:i:} ̄ ̄ ̄      {
       f三≧x     /:i:i:i:i:廴__   !     〉
      |     \___ x≦三三三}   }     {
      ,ム -- 、  |  |     r─へ  j     .∧
     / { ‐<  |  |    >‐  ヽ∧ /    ,
     .′乂 ーく   |  |     >--   |「 ̄「¨⌒ l
     {  { \「   |  |        ̄ }  |:! │    }

171 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:27:51 ID:DF3/VDBw0

             \∧::::::::::::::ノ⌒`丶、   /⌒\__
                / ∠コ⌒     ⌒}`く/::::::::::/、
            // /〃  /      \:::/^Y:::>
          / ∠  八  { /  /    }^  {/
         /,′  i{   /\V   / /    / {
          〃 {   { 八N「f芹}厶イ/}ノ  '    {
        〃   { \   ∧」    , f芹ア /V
       /7   八   、{ 人  ` ー  ∠ イ  /  /
   ノ⌒v7    __\  〉==个s。 _  ィ⌒ } /  ィ        尤も、創作関係に関しては完全に独学なので
  / 、 ヽノ{   {  ⌒Y...ヽ.. L....X⌒>s。」/   {        『これプロットじゃなくね?』と思っても突っ込んだりするなよ?
  , -、 v ノ   r<>'........}..k\{__\ ノ..>{-==≪
  V 7_}ノ^{\  7 、 〉......../...{...T.\ \イ^j ___ }
 〈_/、  j......}ーく................∧..... ̄.......\ \\__\
    ー<.....ノ................./ 〉.〉....................}  }「_ ノ
      ≧s。 ___/  Y二二二[回]二Y⌒..{
               /二ア...........}...........V.......≧s。
               /厂././.............j{.........「 V...................≧s。_ -=======ミ、
              /......ー‐.................j{..........{....{V.........jI斗rヤ´........./....................ヽ
.          /....................................j{.............ー-/⌒.../.......__./.............................}
       ∠  -‐┬‐-   ____j{_ -=≦7........ /....../....................................../
        ,′..............{.............\.....厂........../......................{/ ̄ ̄ ̄ ̄\........./
       ,'....................{........\......V......... /........................../////////////}...../
       ,'......................{.............}....//....................................//////////////__/
       ,'........................{.............}ノ^..............................._ -7////////////⌒
      ,'........................ {.............{≧=―――=≦   ////////// /
      ,'.......................... {.............{           ///////// /



_ -== -
: : : : : : : : : : :≧x、  ヽ.,
: : : : : : : : : : : : : :ヽ`: :-<
: : : : : : : : : : : : : :ミメ: : ヽヽ
: : : : : : : : : : : : : : \:ノ ノ
: : : : : : : : : : : : :∧ : : : : :ヽ
: : : : : : : : : : : : :廴)ヽ: : :,ヘリ
: : : : : , : : : : /: /:: : : ソ
: : : : /: : -=´: /: : : :/
: : : : l: : : : : : : , / .>     あの、ドコに向かって喋っているのでありますか?
、: : : :__.,: :=- ´=´
, -=),ヽ- L
       ヽ、
         >、
        /:/x=- 、
        /:/ / ..|
      ./:/ /   .|
=========/ ∨   .|
 ̄ ̄ ̄ ̄   /    |

172 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:28:53 ID:DF3/VDBw0
  {二二二二\ __   〈ニニニ//二二二二/
/\二二二/        \ニ/二二二二/
二二ニニ/       /    ∨ \ニニニ/
ニニニ/   /   /         \
二二二7  /    |      }   ミーァ                   /)
  ̄ ̄/  / /l  |      /      <              _    /} //
     {    / ⌒\   / /Λ      \        /    \/ ノ /
    八  | V^うトミ、  /ィ'⌒ } / | Λト-\   _/    _「  ノ/ >
.  / /「\ト |,, ∨ソ \//灯Τ^Y  八/  __/ /    ̄ ̄八  {/ノ〉     細かい事は気にするな。
/  { 乂 ノ         、└ '′//Λ_ノ二/ /      /  ヽ---くイ」
    {   (( へ  {:::::::::::::v  /\ /ニ二/ /        _、<´__       それよりもまずは紙とペンを用意しろ。
   Λ   )>  }≫ヽ:::::/  イニニ)>二二/       _、<´       ̄ ̄
   / Λ ((/「´~"''~ヲ\二二<( 二/      _-二二\              紙はチラシの裏でもいいが、私は
   /二二二Λ [こ>/⌒\|ニニ/ ̄  _-=二二二二二 \__         管理のし易さからルーズリーフを使っているぞ。
.   /二二二二Λ\Λ//L   ̄\レ /二二二二二二二二二 \  ̄ ̄
  /ニニニニニニ>   ∨/\   寸二二二二二二二二二二二 \
. /二二ニニニニ/    ∨ /Λ    ∨ 二二二二二二二二二二二 〉
/ニニニニニ./      ∨//Λ    }二二二二二二二 \二二二/
二二二二/,         ∨//Λ  二二二二二二ニニニ\ニニ/
 ̄ ̄ /二 Λ     /    ∨//Λ  {二二二二二二二二二ニ\/
.    /二二 Λ   /       |////|  {/二二二二二二二二二二二-_
   /二二二 Λ          |////|  {/二二二二二二二二二二二 /
 >ィ二二二二 Λ         \/   {/二二二二二 \二二二二 /
  \二二二二ノ             }/二二二二二二 \ ニニ/
.    \二二{ _斗=\  _/ /二二二二二二二二\ <
      \二ノ三三三三「{__」ヨ二二二二二二二二二二\
    ⌒\/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽこ二二二二ニニニニニ/
   /    > ―ヘ:::|::::::::::::::|::::::::::\:::::::`ヽこ二二二二二ニ/
ニニ\ /       寸━━━━━━━━━・ ニニニニニ/
ニニ/ ヽ、___  } } 〉:::::::::::::|::::::::::::::::::::::\::::::::::\二二/

173 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:30:16 ID:DF3/VDBw0
                   /{
     「_]                 |:i:\   /{
     | |     ト、        |:i:i:i:i:ヽ /:i:|
     | |     |:i:\ _/ ̄ ̄\:i:i:i:|/:i:i:|
     | |   _ |:i:i:i:/         \{:}:i:i:i:|、
     | |  / 丶_/       、      \:i:/ ヽ
     | |  |/:i:i:|      ト |\ト、    }' 〉 |
     | |/:i:i:i:i:/  ,l   l | リィ斧=ァ | l / , |
     | | ̄i ̄/   |リィェェV   Vソ | | / / //|
     | |  | ノイ  {《 Vソ ,     ムイ / / |     で、紙とペンが用意出来たらやりたいイベントや
     { |  | 、 リ\_>  r ⌒i   /,,/ /  /{      組み込みたい場面なんかを大雑把でいいから
   r┴{\ \  {  人  ー ' /~/ /  / 〉     思いついた順に書き連ねていけ。
   |    ヽ  \ `ヽ  ー イ__〈 /  / /_
   、    / \  ヽ | __ノ―<У / ///\
.    \ / ̄{ \ V ///////// 〈_/ //////\
      〈/ ̄ヽ   ヽノ//////////// | く_ //////\
      }     |  「//////////////{/)ノ ////////\
      〈   | / |/////////////////////////////\
      |    У ∨///////////////////////////// \
      |   /    ∨//////////////////////////////
      ∧       ,∨/////////////////////////////
        \     /、 ∨////////////////////////////
        ヽ_/    \///////////////////////////
           Y⌒ー― \/////////////////////////
             /⌒.ー――‐\///////////////////////
            /: : / : : : : : : l : : \/////////////////////
         ./: :l : / : : : : : : : } : : : : \///////////////////
        /: : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : \/////////////////


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ・オーキド博士に呼び出され、ポケモンを譲り受ける。
   ・自信満々に挑んだジムで手も足も出ずに敗北。挫折する。
   ・ライバルとの初戦闘は引き分けとなり。チャンピオンロードでの再戦を約束する。
   ・珍しいポケモンをゲットする
   ・ヒロイン候補がロケット団に襲われている場面に遭遇
   ・ライバルとの共闘。
   ・チャンピオンロードでの戦闘が不可能となった為、
    オーキド博士の立会いの下、マサラタウンでライバルとの戦いに決着を付ける。
              ・
              ・
              ・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

174 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:31:46 ID:DF3/VDBw0
        /: : : : : : : : : : : : : : `ヽ、      〃/
.      /: : / : : : : : : : : : : : : : : : \_       ⌒
     /: : : / : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :二ア
.    / : : :/: : : : :/ : : : : : : : : : : |: : :l :| : : :ヽ
    /: : : :/: : : /: : : ___/: : :|: /: : ィ: |: : : ト:|
 ヽァ: : : : /: :/: : :/: :∠イ: : :/ノ|⌒ ト/: : : :| |
. /: : : : r_‐'´: : :/:彡斗r‐l_/  r‐トノ/: : : :{
 イ: :|: ー|  ̄ー :∧く{ l `l     |`l リ7: : : :|く
  ∨:l: : : l: : : : : : : :> `´    `´_ レ:_/lノ   書き出していくのは判りましたが……、
   )l、: : \\: : : : ≧   _ __,    T: : //    時系列順ではなく思いついた順でありますか?
.    `ヽハ:、: : : : :下、       /レ'´
       ``\:ヽ:l} ` r-‐
         r<リ    ハ
         | `丶. _ト \
          /    ` </Xヘ
.          / , ====    `丶 \



.         ト、         ,ヘ    ,.ィ
.       、_  |:i:\     /:i:i:\ /:/
      {:i:i`|:i:i:i:i:\   {:i:i:i:i:i:/:i:i:{
      |:i:i:i:{:i:i:i:i:}:i:} - ┴‐¬ー、:i:ノ、
.       V⌒\:i:ノ:/ ´      \ ヽ
        / /   ヽ´/        }   ̄/
.       / / 、__/   l   |   /l   |
      /    i\ /   |人_ゝ、 / И /              うむ。
.     / |   、 l {  V 三    三 レ i
    /      | \V \_>   , -、 / 八        /7  ……と言うのも思いついた順と時系列順に書くのとでは
.   /     {   |   `\_} 、  L ノ / // \     /´
  /     \ {    {  i>┬ イ /     〉   /    ○思いついた順=『イベントを思いつく→書く』
. 〈        \    -)-{ニ{::}へ!     /   /      ○時系列順=『イベントを思いつく→頭の中で時系列順に並び替える→書く』
. 〈\     、   〉///( //\ \ヽ\- 、 /   /
  \      ー////////// \ ヽ:ヽ\\  /      と言った感じにワンクッション挟む事になるが、このワンクッションが曲者なんだ。
   >―― < ////////////  }:::}  V,l/)
    {      }//////////   |:::|  / ニ}
   {   _  ノ }///////.:....  ..::|:::|:./ _ }
   `て    /////,/―― ´ ̄`7i  ノ`´ー 、
.    {__/////        { _>'  ´ _.ノ-っ
      / 、レ// イ          /::::{ l / ー く
.     ///  ̄ //{__У―――. .' `ヽ\_}- 、))))
    /////////////: : :/: : : :l: : : : :|: :\//`ヽ、
.    ′,//////////: : :/: : : : :l: : : : :|: : : :∨//∧
   |///////////: : :/: : : : : :l: : : : :|: : : : :∨//∧
   |//////////: : :/: : : : : : :|: : : : :|: : : : : :∨//∧
   |/////////: : :/: : : : : : : :|: : : : :|: : : : : : :∨//∧

175 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:33:47 ID:DF3/VDBw0

      ___ {:i:i:i:i:i:ヽ        /:i:i:i:i:i:}_, . .ィ
      `ヽ:i:i:i:i:`ヽ:i:i:i/ __ ___ {:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:|
        {:i:i:i:i:i:i:i:}/´ _/`ー 、-、_`{:{:i:i:i:i:i:i:i:i:ノ
      / \:i:i:i:i:/ ̄/         \ヽ ̄ ̄、
       l  /   ̄/                   \   〉
       | ′   /  /             l  ヽ  i
       | l   /   | l |      l    |  \ |
       |  /    |,ハ/、|    /|八_,イ   l⌒
       |   ̄,Vl  { ,ィ忙ト、| ,ィォェt、 |   / |     ブラインドチェスや目隠し将棋を思い浮かべると想像し易いだろうが、
.       八   | |ハノ、\V_ソ ソ´ V_ソ ,ノ_/´ 八     よほど特別な人間でない限り、脳内で処理できる情報量は限られている。
      /  \ |  \\{     ,    i ノl   /   ヽ
.     /     \    }ー 、  r― _,   /´{ ! /    |   加えて情報量が増えるにつれ、
     {         \ {   }> _ _<    }./   _丿  その精度や処理速度は比例して一方的に低下していく。
      \       \ _/;::L _ _」:\ __ 〈   /  }
       \      「//: :|::::/{:i:}\:l: :\: : : ヽ /´ ̄ ̄}
       .} ̄ ̄ ̄\|,/ : 人':::::|:i:|:::::l:‐<: : : 〈/     〈
      〈       } ̄}: : :\l:i:l/: : : : >: l :{/ ̄ ̄`ノ
        \     { : : \_:_:_У__/: : {: :L-==ミ、}
        / ̄ ̄ ̄{: : : : :V//\: : : : : : :_ } :〈____}
.         〉__ /r‐ 、 : :V/斗< ̄ ̄ヽ`ヽ: : V ヽ{
.            {{ : : : ム-斗. :´: : : : : :ヽ: : : :|´ ̄: : | ノ'



        |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ /:i:i:i:i:i:i:i:i:{ {:i:i:i:{:i:i:i:i:i:リ:i:i:i:i:/
        |:i:i:i:i:`ヽ:i:{:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄/ ̄/ ̄ ̄`ヽ-、_
         乂:i:i:i:i:/ l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/  ̄/            \\
              ̄/    \:i:i:i:/                  \
           /   /´|  ̄ l                      \_
             /   /  l   /     /  | l |      l    、_ノ
         /    ′ | /     l――― -、     /    |
            ′      l /    |、 |、|、l \    /- / / l
              |   <_ |    \\|   _, \}/ レ{/ /レ
        |    |    |  l  ト、   \=彡⌒  `ー=|/         つまり、脳内で時系列順に並び替えてる内に、
        |    |    |   \!z\__>       '   |    _      本来組み込む予定だった見せ場やイベントを
        |      、   |、   \ >  ヾ       , 、 /  / ヘノ      うっかり書き漏らしてしまう可能性があると言う訳だ。
        |       \  、\   \__  }}      Lノ /  /   `ー 、
          、      \ \\   Ξ{ `{{   ___/  /    /r_〉
           \        ̄ ̄ ̄ ̄\  }}   l   \_ / ̄\ ノ
           \           __\ ̄`ヽ    /7^ー、_〉- 、
.              \      //////ヽ\ ̄ ̄ヽ /     ヽ  )
                 \__ ///////// L_     } |      { \
                    //////////// \ __l |       |  }
                      |/////////////`i  { |      | {
                      |////////////   \ )|      |  ̄}

176 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:36:05 ID:DF3/VDBw0
               /    \:i:i:i:i:/―― 、- 、 /:i:i:i:\
           /      /  ̄ / ̄ ̄´ ̄`ー― 、:i:i:i:i:i:}__
             /      /  /           |:i:i:/:i:i:i:i:i:i:`ーァ
         /      /ー ´  /          `i、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
        /     / `フ   l、/  /            ヽ ̄\:i:i:i:/
        /       /  /イ  /レ_\ { イ        /  |  ll  ̄
      ′      i  ´rレ  | 《hc\|  }  // ノ |  ||
       l       \ | 、 | \|  乂_ツ \//レ' イ  |  ||
       |        \ \\`          ´ ィチ》 /  〈  /
       、         \ \-、   、  '  `´/ /}/´ //    なので書き漏らしが無い様、
       \r― - 、     \ {  、     一  /_丁´    //    まず最初に組み込みたい内容を書き出しておくんだ。
        \{{   \ \  ヽ  \    /  }/   //
         〈 ̄ ̄ ̄\ ヽ l≧=-l_ ̄ ̄   /   / |
          ./ ̄ ̄\  \ /:::::::/:i:V 、   / ̄ ̄  /
         〈__   ヽ  |/:∨´::ヽ:i:\ー {      ィ /
        /: :|   \   {: : : \:::|:i:i:|::〉:{: |  / /
       ./: :/  \ ヽj~':_:_:_:_:_:>./: :ノ |/ ̄ ̄ ̄{
.         /: :〈 へ   Y: \:/: :∨∧ ̄: : :〈      /
        /: : : :{`ヽ\  j: : l: : :l: :|: ∨∧: | l :l `ヽ   イ

177 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:38:05 ID:DF3/VDBw0
                    /:i:i:i:i:〉    __ {:i:ト:i:i:i:〉_
                 ___{:i:/:/ ´ ̄ ̄_ _ _`ヽ:i/_ヽ_
          x.:i:´:i:i:i:i:i:i:i:i:`{:} / ̄^´   ` ` \{:ー:i:i:i:i:i:i:i:i:>
           \:i:i:i:i:i:i:/ /            \:i:i:i:i:i:i:/
           /  ̄ ̄ /|/                  |:ヽ ̄ |
            |  i  <_    | {         /   ゝ:|  |
            |  |   | V l   |V_\  /レ|/, l l.:/ , |
              /|  |   | !/\ 《 沙`\{ 莎 》レ'|/./ , 八
          〈    、  |   (〃_     ,   l_ノ´ |/ ,    〉
             \   \ |   ∥  \ r ,r=-く )) /     /      で、一通り書き出した後にイベントごとに枠で囲み、
              〈 \   \ _{{ _/〈く_ T、乂三}、 /   /        時系列順に番号を付けて並び替え、必要に応じて添削をしていく。
                \ \  /v::ヾ|: :{、/{:i:}、l: : :} }: ヽ  / ‐ァ
.              / \r‐': : :`ヽ |_〉、:{:i:}::}:/ミ、: :| /  / 〉       これがアンツィオ流のプロットの書き方だ。
                丶 /: : : : : : :|: <: :\:l:/ |,= 〉:`>/ /
             /: : : : : : : : /.:_:_: `ー,/ : :{_{`|`ヽ\  〉
             /、___/`Y: : |:Y ∨/∧: :/:У: : :}ー 、イ
          〈: : : : : : : }   {: : :|_ll__,∨/∧:\: : : /: : :l {{_,
             \: : : : : :〉、 `ヽ : : : : ∨/∧: : ><: : : /
             \_:/: : \ 〈': : : : : :j∨/∧:{   ̄
              \: : : : 人[二二二[三]ニニ]
               ヽ/   〉: : : : : |: : : :〈: : \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     
     ┌────────────────────────┐
    ①│オーキド博士に呼び出され、ポケモンを譲り受ける。   ..│
     └────────────────────────┘
     ┌───────────────────────────┐
    ⑤│自信満々に挑んだジムで手も足も出ずに敗北。挫折する。     │
     └───────────────────────────┘
     ┌────────────────────────────────────┐
    ②│ライバルとの初戦闘は引き分けとなり。チャンピオンロードでの再戦を約束する。     │
     └────────────────────────────────────┘
     ┌──────────────┐
    ③│珍しいポケモンをゲットする。    │
     └──────────────┘
     ┌─────────────────────────┐
    ④│ヒロイン候補がロケット団に襲われている場面に遭遇。   .│
     └─────────────────────────┘
     ┌───────────┐
    ⑥│ライバルとの共闘。    .│
     └───────────┘
               ・
               ・
               ・
     ┌───────────────────────────────────┐
    ⑳│チャンピオンロードでの戦闘が不可能となった為、                     .│
     │オーキド博士の立会いの下、マサラタウンでライバルとの戦いに決着を付ける。  ....│
     └───────────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

178 : どこかの名無しさん : 2016/08/12(金) 21:39:06 ID:wbuLrrRs0
いつも考えながら書いてるから一話で一日分の話進めるつもりが朝の5時間分くらいの内容で終わってしまったり……

179 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:40:54 ID:DF3/VDBw0
              //: : : : : : : : : : : : :|: : |: : :\: : : :ヽ: ∧
           // : : :/: : : : : :/: :斗|--l: 、: : l: : : : :l: :∧
      、   ∠//: : :|斗-: : /: :.∠Lム. !ハ:`ヽ|: : : : :|: : : :\__
       ヽ二ヽ_彡/| |-///  /==ミl |: : /: |: : : :|: : : \―'
        /: : |: : : :/ 斗=イ´    iノ::: |ヽイ: /: : : :{: : : \\
       /: : /: :|l: : : :レ/iノ:: |     辷ノ / /:/: : : : : |∨: : : \)
       |: :/ : : |\: : ヾ ヽ-'        彡': : : : : : :トゝ: : !: 〈     ふむふむ……。
       l :{ |: : :|: : ー=-; `     <´ : : : : : : : : |: : : : |: /
       ヽ| \: |: : : : : : :/  --   ー-二: __,: : /: : : :イ/      そしてこのプロットを元に話を膨らませていくというわけでありますか。
          ` ー┬ へ         イ: : : : /‐ '´: : : ノ/
              )_从 /|>  _ . イ┐ |: : : イ: イ彡'´
             ___,レ、}ノ |/ | |::::|_∧{\∨ {/__
          r‐/::/:::/:::::∨7′ /| |::::|:::トr‐‐|匚二二フハ
          |:/::/:::::::::::::〈/  ∠、_/::::::::::::::::::::|――‐///|
          ∨::::::::::::::::::::l   |―/:::::::::::::::::::::::|////////|
.           ∨::::::::::::::::::|ニ{/|:::::::::::::::::::://////////|
            ∨::::::::::::::::|//|o/::::::::::::::::://|//////////|



                   /{
     「_]                 |:i:\   /{
     | |     ト、        |:i:i:i:i:ヽ /:i:|
     | |     |:i:\ _/ ̄ ̄\:i:i:i:|/:i:i:|
     | |   _ |:i:i:i:/         \{:}:i:i:i:|、
     | |  / 丶_/       、      \:i:/ ヽ
     | |  |/:i:i:|      ト |\ト、    }' 〉 |
     | |/:i:i:i:i:/  ,l   l | リィ斧=ァ | l / , |
     | | ̄i ̄/   |リィェェV   Vソ | | / / //|
     | |  | ノイ  {《 Vソ ,     ムイ / / |    あぁ……とは言ってもこのプロットはまだ借り組み状態だからな。
     { |  | 、 リ\_>  r ⌒i   /,,/ /  /{
   r┴{\ \  {  人  ー ' /~/ /  / 〉    ここから実際に話を膨らませてみるんだが……
   |    ヽ  \ `ヽ  ー イ__〈 /  / /_    話の膨らませ方については次回説明する予定だ。
   、    / \  ヽ | __ノ―<У / ///\
.    \ / ̄{ \ V ///////// 〈_/ //////\
      〈/ ̄ヽ   ヽノ//////////// | く_ //////\
      }     |  「//////////////{/)ノ ////////\
      〈   | / |/////////////////////////////\
      |    У ∨///////////////////////////// \
      |   /    ∨//////////////////////////////
      ∧       ,∨/////////////////////////////
        \     /、 ∨////////////////////////////
        ヽ_/    \///////////////////////////
           Y⌒ー― \/////////////////////////
             /⌒.ー――‐\///////////////////////
            /: : / : : : : : : l : : \/////////////////////
         ./: :l : / : : : : : : : } : : : : \///////////////////
        /: : : :l : : : : : : : : : : : : : : : : : \/////////////////

180 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:43:46 ID:DF3/VDBw0
                          > :::::::::::::::::::::::::<
                        ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
                       /:: ,:::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::|::::::::\..、
                      ,..::::::/:::::::: , :::´::::::::::::::::::::::::|:::::::::::: ゚..、
                、__ ,/::,::::′::::::/:::_,::::::::::::::::::/::: /::}::::::|::::: ゚..、
                 \_:/:::/:/::::: /::/:::::::::::::/:: /:::::/:::リ: /:| :::::: }:: \
                  ー<:/::/:::/::/::>,:::::/::::::::::::/| :::::::/::::::::::}::::::::::>-
                  /::::ー<:::::::> ´/:/:/ }::::_/_.|:::/ :::::::::::,::: /:::::。
                /_:::::::, ´ .,..:<::::>=マ. _}/,z≦_ュ、/:::/:::,::::::::::::ヽ
               .{'.,4 !/  />.,㌣:しfj::i}     {i::fj::i} 》::::::::: /:::::::\:::::〉    了解しました、ドゥーチェ殿!
                   /{i{ |  _ノ゙ ./:::_, ー゚   ,   ー゚ 、_/:::::}/::::::/ ̄:::::|
              ,    {i{ |  _/::::::<     __ _     /::: /::::: /::::/}/     私も次回までにプロットを組み立てておきます!
            /}   ';i, ',´{:::::::::::::::::::::::>- {´  `:}  -<::::::'::::::}/:/}:/
          , イ  〈.    ';i, ', .}ヘ{へ|:::::::令:..、    ノ  ,...令:::::::/}:/  }'
.       , ´    ヽ、   {i>’ .   }/`ヾ}'小>. 、_,....<}/}/ ̄  j'
.     /         }>'’,  、__ ______/´l: : : : : :|`ヽ.'
      /. :     __>’ ̄ \ .\  } }i} : : : : {´: : : :   ー} \_
     .{_: : : : : .____/         \  } }i}   : : |______,|    >., ュ、
      \_: :_: : /: : . . . . .      、', ';i,  : :|::::::::::::::::::::|     / / , }
           ̄\___: : : : : :\  ∧.\\   Ⅵ::::†::::::::/    / / / .|





                                       ,ィ  _
                             ト、_       /i:{ /:i:/
                        ___{:i:i:`ヽ    /:i:i:iヽ:i:i:{
                        \:i:i:ヽi:/`/^´ ̄\{:i:i:i:i:ノ `ヽ
        〈\                     \_ノ     / l  ヽイ    |
.         ̄\                   У  /l /W}   |lリl    |
             \                  l/、_/-`´ 一/イ_ノ/| l |、
             \                /  l  _ ,    /_) /|  | | \    うむっ!
             r\,(\            / l \    イ_/ |  | / / 〉
                 `〈つ_、{           /   l  l  ̄i´_l、` / / / /    では、今日の授業はここまでだとする!
                   \テ'_>、_      〈    ゝ―./{入・,/ー‐ < / /、
                〈_ノ \     丶r‐'///ノ/:l  /////// ヽ ´ 〈
                {      \   ,<////./:i:| ./////////ヘー 〉、
                 \     }ー ´  `Y´ /:i:i:i| \/(_)//////、イ 〈
                       \      //{:. :i:i:i:i:i| .. .:: `T´ヽ ̄ _ \イ
                        \__ ////∧ |:i:i:i:i:|   //// Y´   〉{ノ〉
                            //// 〈_丶_/___〉///   /  ̄

181 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:44:34 ID:DF3/VDBw0

                 γ⌒ヽ
                ○    ゝ-― - ,
                   /.   . ` へ
                 γ~  ̄ ̄ ̄`ヽ     く ∧
                 !  ―――- !      | |
                  ヽ ___ ノ       ノ∨
                   ヽ          〆ン
                     ` ‐― ‐ ´

     ガルパンキャラがやる夫スレのやり方を垂れ流すだけの話

            第三話 『スレ、書き始めます』 その1
                                          ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                          d⌒) ./| _ノ  __ノ

182 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:45:54 ID:DF3/VDBw0
       -――‐-、 , -、
     /´_  __ `\ノ
    / γ__Y___ヽ  ヽ)
 _ |  |(Z  |(Z  |   |     今回の投下はここまでとなります。
(、 `ヽ、 ヽ、__,人__ノ (⌒ヽ
 Y   ー―'===――‐(   )   間が開いてしまった事に加え、度重なる延期などご迷惑をおかけしました。
  `ー┤ γ ̄ ̄ ̄ヽ (_ノ
    |  | ̄ ̄ ̄~/   |     次回の投下日時についてはまた後日報告させていただきます。
    |   | ̄ ̄~~j    |
    〉    ̄ ̄ ̄    〈
    ‘ー――‐'^ー――‐'’

183 : どこかの名無しさん : 2016/08/12(金) 21:47:25 ID:LxEmPzEo0
乙でした!

184 : どこかの名無しさん : 2016/08/12(金) 21:48:06 ID:wbuLrrRs0
乙乙~
やっぱ紙とか実際にプロットを文字に起こしてみるのって大事なのねえ

185 : どこかの名無しさん : 2016/08/12(金) 21:48:47 ID:s0RYBM0w0

人によって随分違うものだなあ
プロットは全部頭の中だけで処理してたw

186 : ◆p9.7FEC4r2 : 2016/08/12(金) 21:51:56 ID:DF3/VDBw0
                , -=--z__
                  />'´: : : : :.:.:.:.:.:` :、
                  r'/: : : : : : : :::::::::::::::::::.ヘ
              j': : : : : : : : .::::::::::::::::::::::::: ',
                7: : : : : : : .::::::,、:::::::::::::::::::::: }
              ,': ::::::::::::::::::r≦ノ}::::::::i心y::::/
             ノ: : :ヽ::::::::::::::`:::´:::::::::::::::::::.イ
          /: : : ヾ: : >-::::::::-'{_/_j::ー<:ヘ       まぁ、個人個人でやり易い方法と言うのがあるんでしょうけど、
           〃: >':7⌒ヽ、_: : : :::::::::::::::::::::/く:::ヽ    >>1は実際に紙に書き起こす作業を行った方がプロットを組み易いですね。
           {: /Y´}ゞ:': ):.r-: ヽ二::::::::::::::/ヽヾ、:ハ
         ヽ!:{:::(::::):::::...._テ─‐::::::::ノ!_/:>、:ゝ': :)   書いてる内に『コレにこんなイベントを関連付けれるかも』……と、
             >z::::::<:::::::} ̄ ̄ ̄::::ゝ-、__∠:}::::::j   芋蔓式にネタが思い浮かんでくる事もありますので。
            j:::' : : : : :{二二二ニ::::::::::| ヽ--- '
           {:!: : : : : : :|____.:::::::!
           ヘ: : : : .::::::::...   .:::::::::::::i
            i: : : : r::.j丶:::::::::;:::::::::::::::::}
            |: : : : : ∧:::::::::彡::-::::::::::::!
           〈: : : : : : ハ≦__,..:::::::::::∧
              j: : : : : : :\ー--≦:::::::::::::::}
             ノ{: : : : : :::::. :ヾ<ィ:::::::::::::::::::',
            ヾ::',: : : : : : : :::::ヽY´::::::::::::::::::::}
             |: : : : ::::::::::.....::} ::::::::::::::::::::::!
                i: : : : : : ::::::::::{ ∨:::::::::::::::::i
              i: : : : : : :::::::::|  V:::::::::::::::i
             }: : : : : :.::::::::::Y 廴::::::::::ノ
                 ',: : : : : :::::::::{
             弋___::::::>'´

188 : どこかの名無しさん : 2016/08/13(土) 07:12:45 ID:8JWHCGwk0
プロットは作るけど大まかな流れしか決めないなぁ
細かな所は作りながら考える感じで
そんなのだから俺は初心者から抜け出せないんだな

190 : どこかの名無しさん : 2016/08/13(土) 10:02:36 ID:hFMC/2aE0
乙です
頭の中でプロット作ってると一回モチベーション落ちると話が全く膨らまなくなるからメモに書いてる
前に指摘された事も有るし他の人の作品見てても何となく察しが付いたり……

191 : どこかの名無しさん : 2016/08/13(土) 18:05:50 ID:YzDbHBFo0
原作そのままのスレは自分も好きだし人気があるスレも知ってるから
>>167みたいな自分の趣味を一般論と勘違いした荒らしの発言は気にしないで作っても大丈夫だと思います

192 : どこかの名無しさん : 2016/08/13(土) 19:32:21 ID:2xuThm7M0
乙でした
プロットはキーボード叩くより手書きの方がしっくり来る、気がする!

193 : どこかの名無しさん : 2016/08/13(土) 19:44:08 ID:nsMkEgOU0
乙です。

俺も>>188みたいな感じだなぁ。
取り敢えず書きたいシーンは思いついてるからエディタでその点と点を自然な流れで繋げるように書いていく。
書いてる途中で何か書きたいシーンが思いついたらその場でエディタに自分が見て思いだせるように簡略化してメモってる。

関連記事
11033 :日常の名無しさん:2016/08/16(火) 03:08:00 ID:-[ ]
原作通りどころかセリフもほぼ引き写しで、キャラの口調が「原作のセリフ」と
「元のキャラの口調」が入り混じって全く一定しない作品を見たことがある。
原作をきちんと自分の中で消化するのは最低限必要なことだね。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
正義屋さん 第24話 (03/07)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第21話 ぼくのなつやすみ (03/07)
  • やる夫はEMAGOSUKをプレイするようです (03/07)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第61話 (03/07)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その23 (03/07)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 幕間 (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 夜会話 ~ 次週予定表安価 (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 イベント (03/06)
  • 慎二は自身の高慢と向き合うようです 4月3週目 その5 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド ナギ様が大活躍する話 他 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 剣闘士やる夫 2 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 39 (03/06)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 38 (03/06)
  • あんこ戦隊 第10話 その2 (03/06)
  • あんこ戦隊 第10話 その1 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ラジオ・魔人解体新書 第1回 「そもそも、これって何よ?」 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―美里&遠野編・壱―) (03/06)
  • やる夫は転校生のようです 第弐話 「怪異」 後編 (03/06)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―醍醐&桜井編・壱―) (03/06)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 19 お酒食えよ (03/06)
  • 読者投稿:過酸化水素の特性、活性酸素 (03/06)
  • 読者投稿:CCのほんわかぱっぱ解説!~35かいめ~ (03/06)
  • 読者投稿:本当の電波浴 たちむかう メスの証明 (03/06)
  • 読者投稿:「たのしいけいば」~漢字馬名~ (03/06)
  • 読者投稿:小ネタ 電波浴の基礎知識 女性の定義 (03/06)
  • ハリポタ世界と鉄血のオッサム 第六章 謎のプリンス(プリンセス)編 第四十話 六年生の終わり (03/06)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 129 (03/06)
  • やらない夫がサッカーで天下統一するようです 第二部 128 (03/06)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 56 (03/06)
  • ほぼ日刊英雄()をつくる 55 (03/06)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部 その22 (03/06)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ121、お家で応援っ (03/05)
  • 国際的な小咄 8102 漢字ファッション (03/05)
  • 医学的な小咄 多形慢性痒疹 ~ セカンドオピニオンのススメ (03/05)
  • 目次 やる夫は転校生のようです (03/05)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?) ―蓬莱寺編・弐―) (03/05)
  • やる夫は転校生のようです 第弐話 「怪異」 前編 (03/05)
  • やる夫は転校生のようです ~幕間~ (放課後会話(?)・壱 ―蓬莱寺編―) (03/05)
  • やる夫は転校生のようです 第壱話:転校生 (03/05)
  • やる夫たちでソードワールド やるやら二人旅 17 (03/05)
  • やる夫たちでソードワールド 支援絵小ネタ (03/05)
  • やる夫たちでソードワールド 白紙シナリオの冒険 18 (03/05)
  • やる夫たちでソードワールド にゃん太班長の深夜食堂 ~ 戦闘教官アレイン 他会話 (03/05)
  • やる夫たちでソードワールド ネプネプPT 9 (03/05)
  • やる夫たちでソードワールド カオルルウプテ神官やる夫! 8 (03/05)
  • 稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす! 第4話 2/7編 (03/05)
  • 読者投稿:老々介護は福祉の敵と個人的に問題視してほしいもの (03/05)
  • 読者投稿:オブジェクト指向存在論 (03/05)
  • 読者投稿:小ネタ 僕たちの痛レース戦争 (03/05)
  • 読者投稿:職業的な小咄:パチンコ店員編・入れ替え作業の巻 (03/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/1)
    ※完結作品は集計した前の月(1月)までに最終話が更新された作品を対象としています。


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。5やる夫は聖杯を落としたそうです
    6あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG6横島くんは死神になるそうです
    7やる夫は魔導を極めるようです7やる夫はソロハンターのようです
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    9異世界転生したいやる夫のお話9あんこ時々安価で鬼滅の刃
    10白頭と灰かぶりの魔女10異世界食堂できない夫
    11日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅11現代知識チートで無双する男のおはなし
    12アカガネ山のやる夫12やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    13それ行けサイヤ人やる夫!13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14やる夫の現代ダンジョン14アメリカンヒーローアカデミア
    15やる夫たちでソードワールド15やる夫はギルドを経営するようです
    16やる夫とあかりで異世界暮らし。16レベルを上げるスレ
    17鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい17デーモンスレイヤー
    18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです18魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19ドクオが異世界転生したようです
    20やらない夫は代打の神様なようです20STALKING!!
    21できない子とSCP21ストレンジトゥエルブ 十二柱の神々
    22妻が新型コロナウイルスで自宅隔離になりまして22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23やる夫はアーランドの冒険者になるようです23やばキャン凸
    24やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです24コンピューター様、情報更新は義務です!!
    25IT業界のやる夫さん25やる夫たちは三連星(代理)のようです
    26フェイトが北の大地で勇者になるようです26オーバーあんこ
    27ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~27ご加護なカンジ
    28ほぼ日刊英雄()をつくる28やる夫がロードバイクに乗るようです
    29やる夫達は人間ではないようです29やる夫はLVが上がらないようです
    30和人は最後の日常を過ごすようです30やる夫青春18切符20日47都道府県巡り
    31血まみれ勇者31やる夫王子の暇つぶし
    32やる夫は奇妙な友達ができるようです32やる夫は男子校?に通うようです
    33やる夫は仲間達と冒険するようです33できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    34ポケットモンスター 安価・あんこ34めぐみんの楽しい独身生活!
    35やらない夫は集われるようです35金欠ほのぼの冒険物語
    36彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです36魔王子がんばる!
    37やる夫はリュー使いになるようです37やる夫がDQ2で最強データを目指すようです。
    38あんこ時々安価でヒーローもの38新やる夫はスライムベホマズンのようです。
    39やる夫の伝説39主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    40やらない夫がサッカーで天下統一するようです40


    過去ログはこちら
    人気ページランキング