スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
8/23コメント数347
しゅごい……


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

フェイトが北の大地で勇者になるようです 第1回 出番がなかったからやあらへんで!チキチキ!マリリスやデーモンについて解説しちゃおうのコ~~ナ~~~~!!

目次 現行スレ

596 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:11:24 ID:c7iY5d4w
ほいじゃ続けておまけいくぜー

晩飯をまだ食べてないんで腹が減ってきてるんで

少し投下感覚早めでいきますw




597 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:11:52 ID:c7iY5d4w

     \人_人,_从人_人_人,_从,人人_人,_从人_人_人,_从,人/
       )  第1回 出番がなかったからやあらへんで! (
     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ

                  / ̄ >―───―-
             , -ー─ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶
             |: : : : : : l: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : \
.           |: : /: :.:|: : | : : : : l\ : ヽ: : : : : : : : :\: :ヽ
          j/ : /: :.|: : | : : : : |ー\‐丶-: : : : :.ヽ: :\ハ
          /: : : / : : |/|l.: : : :.|:.:.:.:.:_\ }\: : : : : l: . : |:|
           /: : : / : : ∧ :八.: : : |:.:.:.:行う示㍉ヽ: : : j\: |:|
        /: : : : | : : ,:.:.:.:.:.:.:.、 : : l:.:.:.:.|::::():::jⅣ:.ヘ : / : :j/:|
         |: :/| :│ : |:.:.:.○.:.',ヽ:.:{.:>弋:::::::::: |│:.Vヽ: : :│
         | :ハ: : ヽ:小':.:.:.:.:.:::::.:⌒ヾ、 '' ミ彡 ,| j: : :! } : : |
         ∨ ヽ: : ト{ ハ:::::::::::/tー-一`ー‐ '´|/∨:|イ : :│
        ヽ   \!/\j_ミ;彡 ∨  /    / : : :.|│: :│
               |: :.:ノゝ, __/⌒'<_ イ.: : : :.:|⊥:.:八
               |: :/: :j: : |/ ノ`ーくヽ ∨: : : : : リ'⌒\丶
              ∨: :/ : /   ̄ヽ_)_)‐': : : : :〃    `、:\
            / : / /7   Y '´ ,ィ’ : /: :/       |: : :\
             /: : : / ∧{.   ノ // : : /: :/      │: : : :.ヽ
          /: : : /{ノ ヽ\ー/「 /! : :∧:/       ハ: : : : : :i
            /: :./ :厂\ \\ヽ∨∧ / 〃          {: ヽ.: : : :|

    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  < チキチキ!                                     >
  <  マリリスやデーモンについて解説しちゃおうのコ~~ナ~~~~!! >
    VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVV

598 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:12:32 ID:c7iY5d4w


              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、  コロッ
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',   というわけでこんばんは フェイルーンの知識の殿堂
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |   キャンドルキープ出身と言う設定のクレリック みゆきです
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !    今回はマリリスを含むデーモンについて解説しろと言われたので
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i    こうして参上しました
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |


                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨   とはいえ >>1の知識もググれば
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│   誰でも分かる程度のものですし
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   Wikipedia.  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|    このスレの都合を優先して
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│     設定を変えている部分もありますので
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│     こまけえことは(ry の精神を忘れずにご覧ください
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ

599 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:13:02 ID:c7iY5d4w


        \_    辷!   _ノー-  .
       . '´: >_く_{.ィ_≧x: : : : : : : : 、
       /: : :∠ィ: : : : : : : : : : :`ヾ、: : : : : : : ヽ
     /: : : : : : : : : :Λ : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
    ' / /: : : : : : :/ ‘. : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,
  /イ: : /: : : : : ィ/   ‘.: : :|'、: : : : : i: : : : : : : : :i
   .| : イ: : : : ー--'ノ  , ,__|_、: : : :|: : : : : : : : :l
   .|/ .|: : : イィ--ェz,   __\ : |: : : : : :i : : l   まったく・・・>>1が自分の処理能力の限界を考えずに
     |: : / :}  ̄ ''"    `ー`”- ヽ|: : : : :.ム: :|
     |: /:W             .' : : : :/ }: :l   キャラの数を増やすから 出番のなかったキャラを救済する
     |/l: 从    '         .': : : :.ム: : : l
        .|: : : 〉.   - 、      .': : :/: : : イ: l   こんなことをする羽目になるんだよ・・・
        .|: : / i >.        ,/: / : : : /|:'
        .|: /  .|: : :>-- r==   /イ: : /|:/ .|/
        .|/   |Λ/ _,j     .l|:/  |′
            ノ ノ     {\
         ,, '"  厶--、    }  `  .._
       /    /    \ ノ       `ヽ
       r'´|      '     /´      . '´ ̄ヾ
     ノ  、    i     /     ,, '"     .}


    /'/     /_∠廴//    | | |      ヽ/\
   /_..ム.. _    / .ア /' /     l ! 廴_ |  |     ヽ、 コロッ
   r' /   X/./ , '  /' /      `| V `ヽ、 |      !
.    V  / ./イィ/./  /          !  ∨ .い !   /  .|
   /ヽ ./__ ノ/ |/               \ヽ j   ./    l
   ,'   //    | _........_ ,,           ヽ/  ./   /
   | ./レ  /^lチ-――-゛      ._      /   ./    /
   | /|/   l (」..:::::::::::::..        f''‐ 、.  /  ./   .〃
   |'〃!   ヽ、|:::::::::::::::::.      .::::.``丶ミ乂  //  /′
   |  |    ィ \::::::::::   _   .:::::::::::::::::::〉" //ヽ_ /      あ アシスタントのつかさです
.    | 从レ' |  .丶     ``  :::::::::::::::::/ / //.ノ/ヽ
.    | /レ'" |  /レ!> 、         ノ / //´ /⌒ヽ}
.    レ    |__ム -‐' >! `" Tニア¨¨´′ ./八 /   ノヽ
    _ -‐''"¨     ト、    > \イ/   / ハ/` ‐ '´  .|
.   / ヽ        | 丶-‐ァ′  乂" 人 / |        l
  / i  ト、''" ̄ `ヽ 「゛''‐-/   /.//、 ヽ|       /
. /  ノ  !. \     .|  /     /   \      /

600 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:13:42 ID:c7iY5d4w

1. AD&Dやフォーゴトン・レルムでのデーモンの立ち位置


                          _,,.. -─ ─- .,,.._
                     , ''"´ ―-'",.、.:.:.:.:.:\、.:.:`  、
                    ,. '゙'''''"~´:::::::::::::::\\::::::::"''\"'--` .、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'-、''l::::_,.-‐'    '':.:.\
                  , ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'‐--‐,     '':.:.`.、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"       .:.:ヽ
                  ,'.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            .`.
                 i ....:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                 i
                i  ...:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l               l
             |   .:.:.:.::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::j  __           |
              |         /:::::::::::::::::::::::::::/~  (:::/            |
             |         ヽ::::::::::::::::::::::::(    ノ/             |
                l          `;::::::::::::::::::i'"    ^^               l
                  !          \::::::::::/                    ,!
                  ',            ̄ ̄                  ,'
                  ヽ                               /
                   `.、                              , '
                    \                           /
                     ` 、                  , ´
                        `丶、                , ''"
                         ``'' ー-- --‐ '''"´

(フォーゴトン・レルムには私たちの住む物質界(マテリアル・プレーン)の他にも

 いくつものプレーンが存在しています)

601 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:14:11 ID:c7iY5d4w


      _,,,,,  .___、  _,,,,,,,,,,, .,,,,,,,,,,,、.,,,_               _,,, -、_..-~ 、_,,,,,,,,,, __ _____,,,.. 、,,, ._,,,.. -、_  __
`゙゙゙゙゙匸''>  "″  `゙"          |!゙゙ ̄.`゙゙'''''^゙ ̄´゙"゙"¬、 _      .二ニ彳;;,卩″          ゛
.                                、        `゙゙゙゙'''マニ/i‐/゙L..,,/゙.ー'''"`'. .‘゙゙゙゙´   .,.. -./ ゙./
                              `'-.       ィ‐'''ミ } .7'゙i″    .
                            ''''''''''''"゙゙゙゙゙ヽ   .,)i .l゙,!.'i|.! !`- 、
                                     }゙'l  l ,!! ! .l!ゝ.| .リ .i゙',゙゙゙/'
                                        ゛  ./'i |.!│  !| |"/│.l,,
                                 .,-‐'"|'''〕 ,〉!'! . , '"`゙''''¨''"      ._l,,_,  .,,.=゙‐' ̄゛
                            '>---ッ''゛ 、.|.".i l  !.!>-、     ._._..-'"´  `゙^~l゛
´   .゙!|''';   .'"           ,, - ,,、    │/ ,i-‐.!┐ .| "...| ー''"   `-、  .‐" ゛        l'、
    .!` !            ,,, 、.     ._..-'"´ .! 〉,,|、 ".| l゙ ! |`'-、、                      `'! _   .
     l...,」    ー―<,,,,,,....ニ=---r'"   .} .ス ! l__, " " .! l゙ .! ./ `ーi¬ 、                    ゙t.「″
     |......l                  \ |゛ .l  ! i1.l,  ̄`''、、/ |゙'!  、|,  .l゙.゙/';;- 、....,,,_              _,,、゙" .
    .,┴ !                 _, イ !  .′| "三三三三三三三│.l | .!i/ l │、.! .`゙/''-、   _..イ゙.! !_,I...
   ,r".... 、!            _,,-''´ ., | .!´|  ...ム.三三三三三三三三'ー !,_ / .、ヽ.! !│,,!  ,,二ニ'"゙''゙‐'~゛
 /,..-ニ" ゙'- ........  ,,__.. -‐'''"´  .! ー,,! ゙l  .l / 三三三三三三三三三三 ,,彳 ,!  !、 .!" .../
.lゞ´   `''-、'レ l . i .,  l  |,  ! |., |  /ッ........y三三三三三三三三三‐'./ .l|  i .! l .| !'----、,,,  .ー''"⌒
      . _/リ"│.,! .|  . !、 ′/ .,,"| ′,!,ノ三三三三三三三三三三三|.._" l .`i l゙,` .′|│ . / `゙¬----
   _..-'{´、 ,i  l ":!  !  ! .!  .|.;| .,三三三三三三三三三三三三三三三三三―-- ,、 !  | .′i  | . ! /
'ー'″.、 ." ! ! ''i ゙‐i .! .,!、 l./ .!′ !,ア三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三゙コ/  .l゙  .l .、 !  |`
. l  │ / .l .!  | .,リ  .| __三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三,.l.  "1 .",!  !  {、
 !″,i'゙、 .! || .! .、.l .l ` 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三  !  ...| .,.i /│
  〉.! .ヽ "」″ .! ` ゙ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ー-..,,,..「  .|.! .| /

(そのうちの1つである奈落(アビス)に住む者たちが 彼らデーモンです)

602 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:14:42 ID:c7iY5d4w


                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|    ルール的にはデーモンではなく
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |    魔族(タナーリ)と呼ぶのが正しいようなんですが
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |    このスレの読者さんの中にはD&Dのことを
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |    よく知らない方もいるかと思うので より分かりやすい
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |    デーモンという呼称で統一させていただきます
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |


        -> 、_rイ_/ヽ、
.     /: : /-‐ 7「`丶\: :.\
     /: :. :.レ': /: .イ 小: :|: : : : : : :.\
.    /: : : : |: :ム/: / | ヽ|- 、|: : : : : :.ヽ
    f: : : : :.| イ / |/ |  ヽ\`|: : .|: :. :.}
    | :| |: : .レ|/=、  |   テミ.l.|: : .|: :ト、l
    |: :l:l: : :|イう }    |┘ヾ|: :|.|: :| l|   アビスに住むデーモンは様々な種類がいて
.    } :ヽ: : :,代_ ノ     弋ンλハ|: :| .|
     |: :入: : | ""   __   "" ヒノ: : |    強さもピンキリなんだけど
    |:トヽゝ: ヽ、   `´   ノ: ∧: :|
    |.j ', ト ,勹> -- z</|: :/ |./    「属性がカオティックイービル」
       \f ムくノ  └l::\レ'  |'
        .{ -‐ユf――/::::::\       という点だけはみんな一緒らしいんだよ
      /弋  ,ノ   /:::::::/ \
      Λ  .〉  }|  /:::/   /ヽ
     / \/  ハ //   /   |

603 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:15:31 ID:c7iY5d4w


     \       } /       /
      \     /^i.      ∠、
     _z=ニァ、_ ノ-' ̄`: .――へ  \
.     / )/: :. :. : : :∧: : /: :. :. :. :\  }
    / ィム-‐う: : : :.小 ト、: :. :. :. :. :. : l |
  -‐'′  ,-‐'´: : ィ / | ',l \: :、: :. :/:| |
       ` ̄ ̄)レ′| \ >_ミ、く: : :| |     で デーモンの中の1種族がマリリス
       < ̄| ,ィ=ミ    ア7ゝ、V⊥(_`
     <丶、 ):|《 {└l     {└イト(_ `    その中の1個体でズノメイという名前の者が
   ー 、 _)|レヘ :ト 弋 }    弋ン,┴┴┘
    レ′.| i: : `Ν `´ ,      ゝ‐ァー     今回 私たちの敵として立ちはだかってきたんだね
   ー―-|ム: : |≧ 、   -     イ ( ̄
         \| | Γ`.┬‐‐ /レ' /Τ ̄
    _     ヽ | l:::::::::L.._ /::://j
       ̄  ―-〉ヽヽ::::::|  7//〈 ―-


             /ハ ,  .- ..、
        , . : :: ´: : ::ハ´: : : : : ハ
      ,. :´: : : : : : : j: : : ハ: : : : : : :ヽ
     /: :,/: : : : : : :ハ:.l: : :Λ: : : : : : :.\
    /: : :,:': : : :/:,:-:/l V,i : : ::l ヽ、、', : : : 丶      はい ちなみにデーモンはカオティックな属性だけあって
   ,': :i:/: : : : ィ´: ,/ ,' V,: : :,:l  マ:ヽ: : : : : ハ
.   l: :,/: : /:: :,l: :.ィニ芹、 V:: :.:l芹ミ::, l: :.V : : : ハ    指揮系統や上下関係があまり厳しくないらしく
.   l:./: : ,': : : l: /ん::ハ   l: : jんハV: : : V::,i、: :l
.  У: : :l:: : :/リ bにc  '._}:ノ,に:c ,ハ.: : : l: l マ:.l    ベインやロルスといった悪神の手下として
.  {: : ::ハl : : l:l  弋:ソ   厂'. ゝ::ソ l: l: : :/:/ リ
  マ: レ'|:V: :l:ゝ、 '' __ ノ __' ゝ、__ iィ:/:/       個人的にコキ使われている者も多いです
   |ヾゝl:ハ、',,-,  ̄   (:::ノ   ノ::´l::イ
   |: :l: :Vハ::/ /、/ノ_     ィ´:l: : jl: :|        この辺 九層地獄(ナイン・ヘル)に住むローフル・イービルの
   |: :l: : V〉 ,/ ´,/ノ ̄T=´: ::|:.::l: : ハ: |
   |: /: : ivヽ   ´_う  ゞニミ,|: ,': ::,':ハ        デビルとは違っているようで面白いですね
   l/: : :≦,ィ;ヽ   }   |///,/: : :j:.::ハ
.  /: : : :l 〈三三三三》-イ//,/: : :/ヽ: Λ
 /: : : : :|  ト三三三イ   ,///:: : /  |: : ハ
,/: : : : : :|  |     |ゞ_ノ/イ: :.::/  ,|: : : l

604 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:16:20 ID:c7iY5d4w

2. マリリスってデーモンの中で ぶっちゃけどんくらい強いの?


             /´`‐--、/'´\___
            ,j/  ,  ,|       ゛`ヽ、
          //  / /|   i|ヽ、 \ヽ、 ハ
           / /  ::/ /\,|  リ 、/、 { `ヽ}
         j | :::::| | 、_ ヽ、| 、_ `iヽ、 》
         |/| ::i::| :ハ {} H  {} )| i∨|
             | ::|iヽ|:}`‐-‐' `‐-‐' | j:: λ      マリリスはデーモンの中にあっても
           ヽ、{ | :i:j、  {_ ̄`}  ,ノ ノ:::: ヘ
               j 八::、>ニ二<:/ / rjTT〉     かなり強力な種族です
            / ::/~ヘヽ |-‐/ / ,ノ _{二二}_
             / ::/ 、 {ヽjヽ//∨} | ||  || |    ぶっちゃけ上から2番目くらい
          .__/ ::/  j `,> <´ | ̄|| ̄~|| ̄|
     _ r=〈《《==t、__{ .__|  λ  〉:}  ||  ||  |
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__} / | / |゛ ||  ||  |
     |-[]‐-r--ュ-‐[]┤:|∨__∨___|__||__||_|


              |  \
     人  < ̄ ̄ `l    ヽ、   ___
   厂     \   >rz- く ̄ ̄ : : : : : : : : :`: . .、
    `)         ` ァ「 ̄ : :\ \: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    `Y⌒    , : ´: |: : : |: : : \ V: : : : : : : : : : : : : : : :.
         /: : : : |: : : |: : : : : V: : : : : : : : : : : : : : : : :l
        /: : : : : : :|: :|、\: : : / : : ∧: : : : : : : : : : : : :l
          /: :/: : : : |_.:| メ: :\_|:.:. : :し: : : : :/: : : : : : : :|
       // /: : : : : |`「  \: : l: : : : : : : : :/: : : : : : : : :|      デーモンの種族的に一番強いのがバロールだから
         /: : : : : ∧    \l: : : : : : l: /、: : : : : : : : :|
        , : : イ: :/: : } 三三 l: :l: : : : l / }: : : : : : : : :|      その次ってこと!? 強敵だね・・・
         |: :/ |: : : : :l    :::: l: :l: : : : l厶イ : : : : : /: :.|
         |/  |: : : : l     l: :l: : : : lヽ : |: : : : : イ :/リ      ※バロール:
        |  ∨: : : \ /⌒V: :l: : : : l 〉: |: ∧: / l/         アイスウィンド・サーガにも出てきたアレ
           ∨ : : /|: : ̄ | :∧: : :/ トzk′|/            ビジュアル的には指輪物語の映画で
               ∨ / .l:.∧ノ|/ノ|: :/ /:.:.:.:\               ドワーフの地下都市の廃墟で
             ∨ v′ ∠__|ノ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\               ガンダルフと相討ち状態になった
                    /l  ,/:.:.:.:.:.:.;r‐ァ'Z三\             アレを思い浮かべるといいかも
               /:.:.:.l /:.:.:.:.:.:.:// ,ィ ⌒ヽ:}
              ∧ハ:.:.:.l /:.:.:.:.:.///     }|
              / Vハ:.:l/:.:.:.///      ,':.|

605 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:17:10 ID:c7iY5d4w


            /     i ||    |       \  \ ヽ、
           /  ./   :| |'|    |:::  |:::     \  ヽ ヘ、
          /   /   :::j | .|  | |V:: |:::::     `ヽ、 i  ハ
         /.ノ    /   :::/|__|ノi  | :| ∨: ト、::::::   、   ヘ |   |
        / ,.イ   /  ::::'/´| :j |   | |`‐-┼∨::::::   ヽ、 ハ|   |    はい たしかバルダーズ・ゲートに出てきた
     / / /   j   :::::/  |/  |   | | ∨:|  ∨::::::   |  ∧   |
     j/ /  ,ノ.::|  :::::∧ \  ヽ、 .|j  ヽ|/ ∨::::::  |、  ヘ |    マリリスが14HDだったと記憶してます
       j   / ::::| ::::/:::ハ   \、 ヽ:|  ,/   ∨::::   | }ヽ、 ヘ!
       { /{ .:::∧ ::{:::::λ" ̄ ̄ }⌒{  ̄ ̄ ̄゛ |∨:::: |ノ:i:::`ヽ、〉   平均的なバロールが15HDらしいので
       ヽ{ \{ .iヽ、{:::::{::} /// ノ", ハ^i ,、//ノ|:::ヽ、 j:::::|:: |:: {
            j | :::::::`j ‐-,ヘ´ハ,、 _l | | | |‐,、´ ,j:::  ∨::::::|:: |  |    まあそれに次ぐ実力の持ち主ってことですね
           ノ .ヽ、 :::::ヽ、| .|/ ノ |:} r、~ ̄ ̄`l'´:::  j:::::::ヘ::: ヽl、
            /  :::f`ヽ、:l" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛l:===={:::::   /`ヽ、:::ヘ:::: `ヽ、
           /  :::::}   }============{:===={、::: /    .}::::::ヽ:::: `ヽ、
        / :::;/ :::::::〉   }============{:~ ̄~ 〉ノ  /`l'::::::::::::ヽ、::: ヘ
        ノ :::::/| ::::::/  〈´" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛〉::   | /   |:::::::::::::::::::i:::::: ハ
         〈 :::〈 | :::::〈   |            |::    |'´     |::::::::::::::::::::|::::::: ノ

HD:ヒットダイス
 D&DやAD&Dではレベルが上がるごとに
 サイコロを振ってヒットポイントを増やすので
 これが大きいほどヒットポイントの多い強敵ということになる
 ちなみにゴブリンなら1HDで オーガは4HD トロールだと6HD

606 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:18:08 ID:c7iY5d4w


           r-‐‐= : "´: : ̄ ̄ ̄: :` : .、
    /`ー─==ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    { : : : : : : : :∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    j/. : : : : : /: ハ : : : : : : : : : |: : : : : : \: : : : .\                       ,, -''
    /. : : : : : : : : | | :l: : : : : : : :|⌒ヽ : : : .\: : : : ヽ                     ,, - ´
   〃: : : : : : : : , ィ |: j : : : : : |: ∧: : ト、 : : : : : :\: : : :Y               _ ,,-'' ´  _..:.-.:''
  〃 : : : / : : : /: :| j:∧: : : : : |/ _二._ |\: : : : :ヽ`=‐ !             _ ,,, - '''  _ ..-:.:.'':.:.:.:.:.:.:.:
 〃 : : : :Y: : : : : |: :|x= \: : : { "「:::::::㍉、: :ヽ : : : }: : :|     ,,,,,, - ''''    _ ..-:.'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
Y : : : : : j|: : : : : ト〃:::::::',  \__ゝ{:::():::ハ}: : :トミ: : 八: :|  ヽ    _ ..-.:'':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
{: : : : : :从 {: : : :Vヘ::()::} ヽ-(  ヽ:::::ノ l : : |ノ.∨: : \{      i_,,..-:.'':.:.:.:.:.
 、: : : :f{ ヘl\: : `、\:::ノ  ノ  \ ミ彡イ: : :|! : : : :j : : \   ..l:i:.:.:.:.:.:.:.:.:. 6本の腕にそれぞれ武器を持っているので
  ヽ: : :|     `ト、_ゝミ彡/  r ヘ   ̄´从 : |l: : : jノ. : : : : ヽ  |:l:.:.:.:.:.:.:.:.:. 
   \{     |l 八  ̄    `ー'  ,.ィ'リノ : |l_,.∠.._ : : : : : :}\|:|:.:.:.:.:.:.:.:.:. 1ラウンドに6回攻撃が可能で
          |i: : :`アT==ァ‐‐=≦Ti7/. : /三三三ヽ: / ノ. : :)」:.:.:.:.:.:.:.
          |l: : : { :j|: : : 」__i:i  i:i/イ: : ,{ィァ=‐ミ、三ニ}ィ゙ }:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. その他にも疑似呪文能力として
    \、   >- 、\ _ ヽー,r-/ ̄ i  l.  ヾ ̄--´  l l  |:.:.:.:._:. - ''
     ` / ,  、` ''''''  ̄l-=|,,-=ト-==|===|      |,,」,,- ''' / ./ ./  いくつかの魔法と同等の能力が使用可能です
       i i´     ̄   |,;,;,t,;,;,;,ト、;,;,;ト、;,;,;,;ネ ,,,, - ''' _/.|  / / /.|
       l l.        /  !  !      l /  フ ´,,/,,| / / / i // ̄`''--、ミヽ、


           _/\―-z-――- 、
       , . : ̄く   `t^f′     \
     /: : : : :/:\  Ⅴr‐――-< ̄
.    , ': : : : : : : : /: :\ .} |、.: : : : : : : :ヽ-、
   / : : /: : : :|: /: : :,イ:λl 、: : |: : : : : 、:\\
   /:/: : |: : : : レ': :/j /  | ヽ: ト: : : : : 丶: \
   レ´: : :|: : : : | _∠イ/   | `」_V: : : : : :\ }    攻撃回数なら明らかにバロールを圧倒してるよね・・・
  /l: : :.∥: : :Tフ  /   j  ヽ `ヽ: :| |: :l \
  / .{: : : ||: : : : |__    _    〉: | ト: |      勝てるのかな? 私たち・・・
   | /: ,」 |: : :.三三ニ    ,三三/、V: |ヽ|
   V: :ヽ :|: : : |   |    |   |ノ:/: :|       あとみゆきさん顔が怖いよ・・・
    |ヽ: :`ト、: :.{   |   '  |  ノ: :ハ:.|
.     ヽ ハ>f= 、 j⊆ニつ_-=<: / `|
       fミミヽ;:;:;:ヽ二{i:;:;:;:;:|.リlj/
       {  \ヽ;:;:丶 };:;;;:/j//|

607 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:19:08 ID:c7iY5d4w


          ,.∠``ー¬
.         /:::::::::::::::.... `ヽ
         /.:::::::::::::::::::::::::::::.....、
      ,ノ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、       さらに加えて神の子的な能力まで持っている
      i゛.i::::::::::::::::::;:;:;:;:::::::::::::l:)
       ヾ:|:::!::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::l::|        かつてない というかラスボス級な強敵ですが・・・
.        `|::l:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::i::l′
         l/:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::!|         こちらも数が多いし 強化魔法やポーションをありったけ使って
        /:::::;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:::::::゙!
      ,.':::::::::;:;:;:;::!::!::::::;::::::::::::、        鬼ドーピングしてるのでなんとかなるんじゃないかなー・・・と
     ,.'::::::::::::::;::::::|:i:::::::::::::::::::::::.、
.   ,:':/::::::::::::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::::i::.      思ったり思わなかったり
    i:;イ:::::::::::::::::::::::::|::::i:::::::::::::l:::::::|:|
    !{ ∨:::;'::::::::::::::::;!:::|::::::::::::::l::::::lリ
   ヽ l:::::';::::::::::::::;::|::::l::::::;::::::::ヾ/
      l::::;::!;:::::::::::::;::!::::|:::::;:::::::i::`、
     l:::;::|::::;::::::::::;:::!:::|::::;::::::::j:::::i
     ヾ::{゙、:::::;::::::;::::!::l::::;::::::::;!::::;'
      ゙ト{ ヾ::::i:;:;:::;!/::::;:::::::/'|:/
.       |  | ヾ{:::〃::::;::::;:イ |
      |  |  ツ::::::;:/ | |


         r、       _
         | \  / /
        |   H  /
      /:.:.>:.r‐r:.<:.\
     /   レ:.:.:/:.:∧:.:|:.:.:.:.:\
.    l:.:.|:.:.|:.:./!:./::|:ヽ!:.:.:.ヽ:.:.ヽ
.    l:.:.|:.:.|:./::|/::::j:::::::ヽ:.:.l:.:l:.:.|
.    l:.:.|:.:.Y:::::::::::::::::::::::::|:.:.Nト、!
.     |:.:.|:.|:.|        |:/ト:.|
    ヽ|:.|:.ト、 (二二{ ノ:.:.} リ    微妙に弱気だ!?
     ヽト:.:>ニr‐r</ |:.:/
     r<:::::::::〈_Y::::: ̄ス
     | ヽ:::::::|  |:::::::::/ |
     | 、 ヽ::::', |::::::/ | |
     | } | ヽ::V:::::/ |│

608 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:20:00 ID:c7iY5d4w


                             __
                       _ /: :Λ __,.、
                ,. .-‐: : : :´: : : : : : : : :.:l: : : : ヘ
.              /: : : : : : : :./: : : : : : : :,: :l: : : : : :\
             ,:': : : : : : : : : :/: : : : : : l:./ Ⅵ,: : : : : : : :ヽ、
              /: : : : : : : : :/: : : ハ: : j:!:l  .}:l: : : ',: : : ヘ: : \
            ': : : : :/: : /: : : : : {_}: /,l:.ゝ-': lV: : :!.: : : :ヘ: : ヽ
            ,: : : : : l:/: : : : : /:.: :, ' / l:.!: : : :l V: :l: : : : : : :ヽ:.ハ
            l: : : :/: :/ : : : :/: :/ /  ':l: : : ,' !V:j、: : : :l: : :lV:l
            l: : :/: :,ィ: : : : : //  ,'  /: :/ ,' !' V: : : :l: : :l リ
            ,イ: : !: /,:l: : : :.,イ       /x'´ /     ハ: : : j: :./
          / !: :.l/:〉-!: : /: !        _ }-〈     /.:}: : /}:/
           ,'  }: :/:.l  V: l: :l、  /// //゛、//!: //〃
         /  ,:':./: : ゝ-!ヽヘ:.!丶、__  /   丶__.l,:ィ
        ,  //: : : : : : l: : : : l、      _ /Y 、 ,ノ:.l       だ 大丈夫ですよ! きっと! たぶん!!
        l/: /: : : : : : /l: : : : l:/`   、 _,/ l l l }<: : lヘ
.       /: /: : : : : x 《:::V: : : ',:ヘ  /_:::::! l l l l: : : l: : :ハ     というわけで解説はここまでです
       //: : :/: : :/ ヾヘヾV: : :.',:::、_ }::l     l: : : l: : : :}
      /: : : :./: : : :l  マ//V: : :V:ハ `V}_, x≦ニ}: : : : _/     それでは次の本編でお会いしましょう!
     ,:': : : : : /: : : : :',   ヾ/へ: : :V:}  Y//_, -=!: : : {
.    /: : : : :.:/: : : : : :.ハ    マ/ヘ: l:l  ,》=ニ三ニL、:,'
   /: : :/: :./: : : : : :/: Λ     トxZヾl /´    ̄ ¨`}/
   ,: : :イ: : /: : : : : : :l: : l l:、     V::マ/l       l
   l: / l: :/: : : :,' : : : l: : l .l        V、::::',        ハ
   V  !:,: : : : /: : : : l: ノ !        マ:::::ハ       /
    /: : : :/: : : : /   !       ',::::Λ:、   /
   /: : : : /l: : : :<    l       V  ゝ、_/

609 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:20:30 ID:c7iY5d4w


                             ,.、
           o           __   / i
                       , . : :´: : : : :.`:.'/  l     ____
             。     ,. :': : : : : : : : : : : :/    ! 、, ' ´     /
                  /: : : : : : : : : : : : : :{     l:./       ./
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,ゝ、 /`!    /
.     ○        /    : : : : : : : : : : :/, -――- 、<:\     ○
            ,': : . .   . . : : :|:./: ´: : : : : : : : : : `ヾ.: . ヽ
              i : : : : : : : : : : : :.! : : : :_:,イ: : : ∧: -、:i:. : :ヽ、\
.     o        |: :|: :.:.:|: : : : : : :.|/: :'´:.//: :/  ∨: :l:.:.:. : :',.`ヾ
            !: |: .:.:.j: : : : : : :.|: : :/ //     j: :.!:.:.:.:.. :.i     。   え? こんな終わり方!?
            ∨: .:.:_|: : .:. : : :.|/ ,ィ=ミ     ィチ}:/.:.:|、:.:. :l
       ○       |: :.:{ .|: : .:.: : : :| /,イノ:!    ハ7.:.:.:.:.| ヽ:. l  o      さては>>1も続きを考えてないんで
               |: :.:ヽ|: :.:.:.:. : :.l 〈 トz';7    {ソi.:.:.:.:.:.!  ∨
              |: :.:.:.:|: :.:.:.:. : :.|   ゞ‐'    ,   ,!.:.:.:.:,'            具体的なことが言えないんだなちくしょう!!
              j∧:.:.i、: .:、::. : :.!、  r― 、__ , . イ:.:.::.:/
                   ヽj ,\|ヽ:. :.! `' ーr-<_.:.:.:.!:.:.:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/><j:.:./
              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/!/、
                 //  ` 、::\\::::',   !://:::/    `_、
            /       \::\\', ;〃/ ,  _ /  `ヽ
           {__      i/ \::_ヾ_i/∠  i '、ヾ._,.   ':,
           /==>‐ 、_   |r. '. .´. . . . . . . `ヽ! />,、_, -  '.
             〈r‐/    } ノ 八. . . . . ..人. . . . .,イ、{/:/:/l    i
          /    _,ノ'〉‐'  >、__/. i. \_,ノ. ', ∨;:{  !    !
.          {    , -' /    /. . . . . ./. . . . l   i `´ヽ. _ ,ノ              ┼ヽ  -|r‐、. レ |
            ヽ.__ノ   /     {. . . . /ヽ. . . .ノ   |                        d⌒) ./| _ノ  __ノ

611 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:21:18 ID:c7iY5d4w

はい というわけで久々の解説コーナーでした

ぶっちゃけズノメイ戦がどういう形で終わるか考えてないんで

自 分 で も ど う な る か 分 か り ま せ ん

誰か死ぬかもネ!


まあ仮に死んでもエルフのこなた以外は

死体が綺麗なら暗屯子司祭のレイズデッドで生き返れるけど

613 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:25:55 ID:c7iY5d4w
次回ですが まだぜんぜん出来てないんでいつになったら投下できるか分かりません! テヘペロ!

投下できそうになったら改めて告知しますんで 気長にお待ちください

というわけで 今回はこれにて(・ω・)ノシ

610 : どこかの名無しさん : 2013/09/28(土) 21:20:47 ID:SjmPLJrA
乙でした

612 : どこかの名無しさん : 2013/09/28(土) 21:25:30 ID:mkwuO6MY
乙でした。

>>595
はい、FFのAAをちまちま増やしてます。
特にFF1はぶっちゃけD&Dのパクリなのでw、
本家D&Dスレで使われると奇妙な気分になります。

ちなみに、見返してて気づきましたが、>>245も私だったり。

614 : へっぽこ ◆1jcEcX.03U : 2013/09/28(土) 21:27:22 ID:c7iY5d4w
>>612
マジっすかw たしか ギャザリングのwikiかなんかで見かけていただいたAAだったはず・・・w

615 : どこかの名無しさん : 2013/09/28(土) 22:01:03 ID:mkwuO6MY
MTGの「火炎舌のカヴー(Flametongue Kavu)」のAAですね。
FF以外のAAもこっそり作っては投下してます。

フレイムタンって言葉も、FFの武器が有名ですが、やっぱりD&D由来……w

616 : どこかの名無しさん : 2013/09/28(土) 23:26:50 ID:SABKIVM2
おつー
キャンドルキープ……3版で猛威を振るった蝋燭魔術師どもの巣窟だったかw

618 : どこかの名無しさん : 2013/09/29(日) 14:17:53 ID:.UR/HlfE
乙でした!

なあに、ドリッズドはタイマンでも勝てたんだしこの人数ならなんとかなるって!www

関連記事
10955 :日常の名無しさん:2016/08/07(日) 09:40:25 ID:-[ 編集 ]
今のやる夫たちの実力って人間の中でどのくらいなのだろうか?
ちょっと強い人間って感じなら、それで神の子を倒せちゃうのはなんだかなぁって思っちゃうけど
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第十七話 あなたのこと、憶えています (08/25)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 4 前編 (08/25)
  • 錬金術と他のオカルト、違いはどこか 第七話 君の名は。 (08/25)
  • やる夫は愛する人と共に差別に打ち克つようです 第二十四話「照葉の足音」 (08/25)
  • やらない子には可愛い後輩がいるようです 第3話 「祭りの日」 (08/25)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その二 (08/25)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 03 (08/25)
  • いきものがかりたちのーがくぶ 第八話 もし街にクマが出たら (08/25)
  • 国際的な小咄 4911 疑似徴兵制 (08/24)
  • 国際的な小咄 4910 홍어회4 ~韓国人が導いた結論~ (08/24)
  • 国際的な小咄 4909 ミドリムシクッキー (08/24)
  • 国際的な小咄 4908 情状酌量の余地なし! (08/24)
  • 国際的な小咄 4906~4907 今日は何の日 8月4日 (08/24)
  • 国際的な小咄 4905 今日は何の日 8月3日 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第8話「砂区②」 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第7話「砂区①」 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第6話「クサムラ③」 (08/24)
  • やらない夫の洞窟物語 第5話「クサムラ②」 (08/24)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その130 (08/24)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 1ターン③ (08/24)
  • 国際的な小咄 4904 ……バターLOVE (08/24)
  • 国際的な小咄 4903 ベーコン・エクスプロージョン (08/24)
  • 国際的な小咄 4902 日米の焼肉(BBQ)の違い (08/24)
  • 国際的な小咄 4901 ナウルの人々 (08/24)
  • 国際的な小咄 4900 イギリス&アメリカの食事って (08/24)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ GSOMIA (08/24)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第2話 「変人に囲まれてる時点でおまえも変人」 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ2「とある漫画家に起きたこと」 その1 (08/24)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク2 (08/24)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!


    ブログパーツ アクセスランキング