スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
出張続くときっつい

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
1/7
婚約破棄令嬢は告られたい
クランリーダーとして求められる、たった一つの大きな資質
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)

Firefox(※SSの表示は大丈夫だと思いますが、あまり確認できていません。)

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第39話おまけ(15)のおまけ「ザールブルグの騎士と魔女」

目次 現行スレ

319 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:33:28 ID:nkkbLzRwO
.
第39話おまけ(15)のおまけ「ザールブルグの騎士と魔女」

    ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,  
 .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、 
   .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、
 、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.                   
 ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |        
   .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´                   
   |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|
   ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ                
    \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
     ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|
        _,.       _,.          _,.         _,.
   、、,,.,,.、、、、,,.,,.、、、.         _,.         、、,,.,,.、、、,,.,,.、.
         _,.       _,.               _,



                            └┐        └┐ヽ\└┐
                        Y´ ̄        .-――-|   \ヽ {
                       八__     /, /   ヽ「 r┐|| 乂
                       |     //// / i l | | └┘」 . | |  |
                     ┌┘  //// l l l l | | | | |/  | |  r'
                       八_   i | | | | l l l l !||_|_||\ // └i     …通報を受けて来たものの、これは
                            r'  .| | | | | |_|」」」才斧、|/「// ┌≦ミ、
                         \_ハ」_|_l斥刈、 ィイU }メ/ハ/ ノ ||\ヽ〉
                          // 圦ゞク    ー '//ノ∧ {{\}_}==
                     _____//  /,人" `- u //二二|\`=ミ、\
              /_    ___/  /ノ{ {xーミコ‐:爪//  __\\{{
             //// ̄ /  __//Y ||//  ̄ { { {_ /     \l_ト、
        __/∠// / ̄| | ̄ /   |.ノツ/  ̄ ̄ | 乂_\       \
      /__//―/ /    { {__/{ヽ二二</_    乂_三二ミYニニフ
     // // ̄ ̄ /    /二\\ \_x<ハ__二_ ̄\___|>彡'∠ ゙̄Y
   // /| | ̄ ̄ ̄ _/丁!.|  \∠二ノ   |    \_{三三>"  \/
―‐┴┴‐┴┴┴――‐とX_{_{メ―‐´――――┴―――‐|ノ{ノ{ノノ┴――‐≠
―┬┬rr‐rr┬┬――rfYYh―――――‐ォ┬‐┬┬――r―r――┬r―――
  | |//´|{\! !    `¨¨ ´       / {. \. \`ー―‐三三|⌒¨¨´    /
. /| |/ ̄!l\| |            / /  ∨〉 \//ー――‐┼、     //
 { ヽ ヽ. {{\ \\      __/ / |.._〈/_/〉. フ二}┬‐=彡' ヽ.  //
. 〉 \\\_)}} 、\   /// __.|_|//´ ̄\/〉 /〉!:┘    /Χ/
 ! r\. \\__ノ |\__〉   | /  |//¨iニフ´    // ̄} }、!―― ´∠二二ミY
 \\\_ ヽ _ノ       !乂_大/\   ,――'/  // \___/<三彡'
   \\  ̄ ̄       \_/   \// ̄ ̄_//   .\   _/ \
    ヽ二>            ∧    //>ー',x<____X二     /〉
                     /  \__/// ̄     \     \\__//




320 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:34:05 ID:nkkbLzRwO

                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄                     「 一体、どう言うことなの 」
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄

321 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:34:39 ID:nkkbLzRwO

              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ   彼らは盗賊、採集をしていたら突然集団で強請られ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/     勝手に私の持っていたジャムを奪って食べてしまった
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'       
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|        そして偶々そのジャムは野生動物捕獲用の痺れ餌だった
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ      
      /: : : : : : : \. ト ヽ、            結果彼らはこのような状態になった。不幸な事故
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_
    </    ヽヽ: : : : :\= ̄{
      !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h



     └-i:::::::::::::::::::::::: ,.  '"´    ``ヽ:::::::.: : ヽ、
     __...ノ: : : : : : :,.ィ´   /     ',   ヽ丶、: : : :ト.、,.ィ"ヽ
.     |: : : : : : : :/  ./  /      ',   ',.「: : : : :|:.:.:ヽ: : : :〉ニニ、二
      ヽ.ィ: : : :/    /   ,'       l   ', 丶ト、:|:.:.:.:.:.|: : :ート、、ヽ   つまり貴女の持っていたジャムを
     r‐:':::::::/     ,'  ,'          !   .i'"´: : |:.:.:.:.:.:!: : :._:ハ ',ヽ   大の男四人が我先にと奪い合って食べたってこと?
.      ',_:、:::/     l   l        |l     ',: : : :.|:.:.:.:.:.:|: : :L_l::', ',r
       ノ:,'     ,'l   |      .l  | l !   ! |`丶; |:.:.:.:.:.::!: : ::ハ::ヽ     随分甘いものに目の無い盗賊団もいたものね
        /:| |   ,'.| ! .!l|    .,'| l l |  ,' ,.| !´: :.!:.:.:.:..,': :.r ' `¬
     /:::,! |    ! |.',_|. |',ト   / !./l/ | ./  、).:: /:.:.:.:/::::::|     |:   
      /:::::ハ.ト 、  | _ト_」|\、./ ー七 _」/─ {: : :/:.:.:./::;:::ノ|     !:
      ヽ|l ',ヽ \ !¬テ汀  '′ ¬fテ汀 ,ハr'^,-ヘ':::::}::!|    .!:
.        |   ト、ハ   Vソ         Vソ .|/j〈ィ'>》_ノ !::l !.   |:   …で、私にそれを信じろって言うの?
      |    l l.|. i///  .     ///.l ! .ヾ ニフ  .!::l.|   .|:
       |   / / | 八           | l| |/   ヽ:| |l    !
.      |  / / | |             u  .l l ! !       |.!   |
.      |  / /  | |  _.>  ⌒     ´_..l l ! !       |.!   |
      l| ./,イ  _.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::T´.:.:.:.:.:.:,' .,':::| |       | !   !
       !ノ' r":.:.:.l l:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハィュヘ:.:.:.:.:./ /:.::::! !ヽ、    .| l   |
    _..'"ィ´  ト、:.:.:! l:.:.:.:/``ヾ.ニンリ:.:.:/ ':.:.:.:.:.| |:.:.:/、    ! !   !
  <._ <.|   ! ∨ ,'_:.:'-:.:.:.:.:.:.:`¬´:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:! !;/: : \   ! l   |

322 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:35:13 ID:nkkbLzRwO

         : : : : : : : : : : :. :. :. :. :.i: : : :.\
         : :. :.i: : : i:|: : : : : : : : :ト : : : ト \
      i  :  : :. :.|: : : !: i: : : : : : : :小:.:.i:.|  ` ヽ
      |  :.  : :i: :ハ: : :. :.!: : : : : :./: :| | :|:.|
      |  :. :.: :.:レ′: : : : : : : : :x.:.: :.:|:.! l! |
     !  : : イ : : : : : /: : : :γ 〈:i: i/ : ハ|           信じろも何も私は事実しか言っていない
   i   : :/ |/: : : : /: : :./ |i  八 l: :/  }
∧ ∨  ヽ./ : !: : : : : : : イヘ代_从:.:ル′
  ヽト、:i  }' : : : : : : : /    小: :ハ
   } ハヽ   : : : : :i〃      イ: |:Ⅳ  '_
   八   ハ:.:.从{  .:   ´ }从|   、
.   x‐}∧{ }'___{二     }                                               う、うそつけ…>
  /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. 乂
/: : : : :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:>
:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. /::/:.≧x



: ´チ:!: : :ハ ;' 、. メj : : j:l }. , ´ .i:|   ∨ i: : : | : },ヽ\
:.', !∧ : リ { ,  ヽ ソ: : : |,!リ ′__」廴.,..、',: |: : :j: : |',:i
ハ {′'; :{_,,{!ュzェ、/'; : :リ|,' .v彳フ:::::::リヽト:|: : j|: : |ハ:}
: :',レ'´Vフ::::;:::}`ソ |:,' リ   廴zニ7ム.彳| : ,':i : :':i リ   …ナカでまだイ キ テ ル
: ::ト..、マ_,ゝチ′′ .!/               !:λ}: :リ: :|
:ト,{             ′            リ., /|:/:|: |
: :|`               ヽ         ' ,:::::::リ:::| :|
: :ハ                          ,:::::::::::::::i|
:ハ: ',                    ,:::::::::::::::::|:i
: : ',: ;         r‐     ̄/      /:::::/|:::::::::|i! ニコォ…
: : ∧ゝ、       ゝ 、_  /      ,ィ´:::::/ .|',::::::!リ
: ヘ: ∧、>..、              /ィ::ィ:::/  !ハ:::,'
ハ ヽ:∧、::::>....._      ,.ィ´ニ..、‐- 、 ;' ';::;
 .ヘ \ヘ ̄     ―-- =´- '---‐′   ). リ                              すみませんウソついてたのはボクです>
.  ヘ . ヾ                    /
                        /ゝ、
 、                         }
  ` .‐- _                    人

323 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:35:44 ID:nkkbLzRwO

     |: : : : : : : :/   /        \ `丶ト、:.|:.:.:.:.:.:.:|: : : : :ート、、ヽ
    ヽ.ィ: : : :/   , /    l         'i '"´: : :.:|:.:.:.:.:.:.:!: : : : :_:ハ ',ヽ
      r‐:':::::::/   / / .     |     .l.    | .',: : : :.:|:.:.:.:.:.:.:|: : : : L_l::', ',r
     ',_:、:::/   |||.     |    .|.    | `丶;.:.|:.:.:.:.:.:.:!: : : : : :ハ::ヽ
      ノ:,'   .|l|      \   ト、   | l !´: :.:!:.:.:.:.:.,' : : :r ' `¬
      /:| | .   |十ト 、     |__x ┼‐ヽ- / | .).:: /:.:.:.:./: ::::::::|    |:
.      /:::,! |   .VV_ _\  `丁__ヽ|_____∨ ヽ{: : :/:.:.:.:./::::::;::::ノ|    !:
     /:::::ハ.ト 、 ト下丁丁  ‐-不三丁丁フ  ,ハr'^,-ヘ':::::::::}::! |   .!:    ……。
.    .ヽ|l ',ヽ \| 弋_‐.フ    弋_ー_フ   | .|/j〈ィ'>》_ノ"!::l .!   |:
         |丁|  ,、,、       ,、,、,、l  ! .|:.ヾ ニフ    !::l .|   |:
.           | l| ′′      ′′′| l| .|/:.:.:.:.⌒ヽ丶|. |:  ..|:
         / / 人           u  | l| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:   |:
          / /| |_  > .._  r_‐_、  _,  l l.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\  |:
       /,イ | |! /:.:.:.::::ハィュヘ: ̄「「ヽ ..,' .,':| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ|:
      ノ'   | .| ,′/`ヾニンリ:::..:.:.:.:.:./ /:.:.! !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    ..'"ィ    | ||:.::':.:.:.:.::.:.`¬´:.:.:.:.:.:./ ':.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.
   <._ <   .| ||:.::::::::::::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:! !:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|



    ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,  
 .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、 
   .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、        「 まぁ、良いわ 」
 、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.                   
 ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |        
   .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´                   
   |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|
   ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ                
    \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
     ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|
        _,.       _,.          _,.         _,.
   、、,,.,,.、、、、,,.,,.、、、.         _,.         、、,,.,,.、、、,,.,,.、.
         _,.       _,.               _,

324 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:37:30 ID:nkkbLzRwO

      _  }::.::.::.::.::.::ハ::.::.::.:::::::::::::::::::::.::.::.::.::.::て::ハ
     /::.:ー '::.::.::ヾ::.::.::.::ヽ::.::.::::::::::::::::::::::..:.::.::.::.::.:λヘ
 .   └┐::.::`::-::.;;,::.::.::.::.V::.::.:::::::::::::::::::::::::::.::.::. {::.、_:\
     r、_}::.::.::.::.::.::.:`::.-;;,::. ハ::.::.::_:::::::::::::::::::::::..::.::.::.::.}::.:ハ
    廴::.::.`::.:..ー::.::.:-::.:>' ´  `- 、,,;::::::::::::::..::.::.:i::.::.::.:\_ _ r 、     洞窟奥に盗品が多く保管されているのは確認できたし
     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>    彼らも命には別状無い様子
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴    どうやって仕留めたかは詮索しないであげましょう
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(    今まで理不尽に人から物を奪っていたのですから
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:)   その因果で理不尽な目に遭うのも又自業自得ね
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴   
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ
    i .ハ  .il .il   ハi=、.il    升イ i .ハ   il  {:.:.:./  /:.:.:.{´    …それにしても、以前から思っていたけれど
    ヽリilト .iトⅦハ/ィ=、 -ミ   / / .リ=ナ -i 、  .リ /ノ)/   /::.::.::.ハ_    あなたの使う錬金術の道具はどれもトリッキーで強力
      ハトヾ入ゞハ 伐心 ハ ノ,斗rそか㍉ /ヽ イ/:.:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ    何より行使を躊躇わない、その姿勢 
    / ノ人ゝ川ハ 弋ツ '´    弋_ソ ノ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
   .//.イil /人小           フ升 ili i:.K {rj]iイr'´//       
   イ// /il.// //ハ    '      イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ //
./イ// イイr⌒>''´ \  ー―    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//        
 /// iヾ:::Y''´      >      , ;'::::.::.::.::.:{ソ-、   {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t ` r</.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  |.|         
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ..|.|

325 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:37:41 ID:nkkbLzRwO


                  //. :       . . : : : : : : : : : : : :\: : : : : :\ : . . \\
                  //. :       ; . . . : : : : : : : : : : : : 、: : : :ヽ: : : : : :.ヽ: : . . ヾ.
                    /:   ,     :/: : : :\丶:.\.: :.ヽ: : : :\: : :‘,: : : : :.‘,: : . :',、
                  〃,   : /:     {: : : : :ト 、ヽ\: 丶: : \: : : \Ⅵ: : : : : :i.:|: : . .  ',\
               /:/ / / ; /: : :!|; : : : {: : :\: :\: \: : 丶: : :ヾ!|: : : : : :l.:|: : : : : :!|
                 /:/ /: :/ /.:|:.:.i:.:!|:∨: :‘,丶: \: :\: \: : \: :.:|: : : : : :l.:|: : : : : :!ト:\
                 ,:./ /: :/: :/: :.i : |:.:!|: :∨: : ヽ: ヽ\\__\―、--: :.:|: : : : : :| |: : : : :.,小 `\ 「 貴女と言う錬金術士はまるで恐ろしい災害のようね 」
                  |:' i : ; : :i:.i : Ⅳ:!:.!|、: :Ⅳ: :∧\\´\   `ヽ\\!: : : : : :!ヘ: :}:.i: : i|
                 !  |: :|i: :.| | : | i |: :|_Ⅳ_∨: :∧ \\ ,ィ升芹ミメ リ: : : : : :!:`V:.!|: : リ
               |: :|| : | | : | i /|:.j/ `\\\  ヽ イ匁h::爿j :!: : : : : jノ ノ :!| : :'
               |: 八 i| | : | |:.|: :i ,イ芹ミメ、`ヽヽ   V辷り'  l: : : : :厶イ!:.从:/
               |/  V: i : | |.:|:.:ヘ{ 代h::心 ヽ     ´"¨゙`  八 : : /: :.:|乂:.:リ
               |!   ∨: :|∧!:.!八`ヽVrソ            / : : // : : i|Уノ
                    !    ∨:|\ヽヘ!`ヽ´"¨´ ノ          /: : 〃八: : 八

326 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:38:12 ID:nkkbLzRwO

                    !    ∨:|\ヽヘ!`ヽ´"¨´ ノ          /: : 〃八: : 八
                      \ |\:|:!: ハ    ` _ ノ      /: / / リ乂
                         Ⅳ:.\:/分 、     ゚      /: /   /  |`ヽ
                       ノ∨: :∧/:/:.:ハ> .     イ/ _....-─┴: : ̄ ̄`ヽ   
                            V/ ∨.:/ハ    ` ー 、./x≪: : : : : : : : : : : : : : :/
                            八   ∨:{      ,x≪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
                             \    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!
                                   /ィ7/////ハ; : : : : : : : : : : : : : : : {
                                  / ´ ̄ ̄`ヽ//ハ.: : : : : : : : : : : : : : :.
                                  /∠二ヽ. : : : : ∨/∧ : : : : : : : : : : : : : :.
                               {_/ニニニ∧: : : :∨/∧.: : : : : : : : : : : : : :.



     _ヾ::.-::.::.-::.>' ´  /   ヽ   ` -、:::::::::::.:il::.::.::V::.iヾ::.::.:::>
    (::::::::`::-/, ィ    ./          ヾ、::.:::.: ̄ヾ::.::i .V::.::廴
     フ`::.//  /                V:::::::r-イ、:/ V::.::.::.}
     V:/ /   /  /  ,             V::.:廴::.::i  il::.::.(    
    ィ::イ ./   /.  i  イ     i         i::r=イ::.::il   il:::.:::.:)
   {{/ ./ イ i   il  il     il      i   {;,;,;,;:.:.Vリ  il::.::.:廴   …やっぱり同じ錬金術士でも貴女と彼は違うわね
   Y  i  il .il  .il  il    .イ        il  イ:.:.:}:.:/  リ:.:.:.:.:ソ
    i .ハ  .il .il   ハi、ノil   人_イ i .ハ   il  {:.:./  /:.:.:.{´    普通はそこで微笑んだりしないのだわ
    ヽリilト .iトⅦハx=zミ:八 ./ ,..斗=ミ 、  .リ /ノ)/   ./::.::.::.ハ_
      ハトヾ入ゞ 〈i ん/ハ ∨ ´ん゚/ハ j〉 /ヽ イ/:/┴ 、./:.:.:.:.::.ノ
    / ノ人ゝ川ハ Vi.:ソ      Vi.::ソ ノ/イil {::イ-r=、i}:.:.:.}'//
   .//.イil /人小 、、、  .     、、、 フ升 ili i:.K {rj]iイr'´//
   イ// /il.// /// i           イil_i_l_ilili il:.ノ人ツ //
./イ// イイr⌒>''´ \   , 、    イ:::.::.::.::::Yフ/    .//
 /// iヾ:::Y''´      >‐ 、__ /;'::::.::.::.::.:{ソ-、    {{
V/ /∧::.::.::.:ヽ     _ t ` r</.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人:.::.:.ヽ>  .|.|
_,,/ < 入::.::.::.::.\_-'`-' r 人 il:.:.:.ヾ:.:.:.:.ィ:.:.´:.:.ー 、_/:ヽ..|.|

327 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2012/04/12(木) 09:38:43 ID:nkkbLzRwO

    ヽ. |:::|   ::::::::::::::::: .:::::ハ::|  1 ./.:::: i.:: i       ヽ ,
     ヽ|::|  .: :::::::::::::::::::::::ノ 八  ゝ'::::::: i:::: |        /
      乂 .::: .::::::::::::::::::::::/.  \  |:::::::::: |::::|        '   …なら、彼ならどうすると思う?
       | .:::::::::::::::::::::/|:/   : : : :|:::::::::: |:::|     ` r´
.       | .::::::::::::::::::::/ リ   : : : : : リハ::::::. |::|      '     私は…彼も笑うと思うわ
       ノ::::::::::::::/./     : : : : :/: : .ヽ:::::|:|     /
      ノ ノ::::::::/        : : : : : : r‐‐.:::||_:_..._ ノ
      /.:::/           : : : : :/ハ ヘ:::::|
     //             : : : / 乂 ヘ.|
    ´                : :/     ヽ、



    ゙l   |        ._,,,,,,,,,,、     l、  ,         …そもそもやる夫ならもう少し丁寧に事を運ぶでしょう
 .__,,‐.,,l゙  广   .,,,x,!''''゙ア` .|   `゙',!i、   .|  ゙''''' ., ミ、      良い?もう少しで他の騎士たちも来るから
   .^ ',!'"  ..,..l′ .:シ''ー,i´゙`~广゙゙゙L,,,,,,!、  .し,! .、゙l,,、      その時は少しくらい被害者らしい表情をしなさいよ
 、 ,.、 .|  ./ _,|,、 ,|,,,ノ''゙  ̄ ゙゙゙̄'''''く .|,,,入、 `ーく_,,.       それとそれまでに彼らに良く「言い聞かせて」おきなさい
 ゙l,,.| _iヘ″ ./゙'ぐ ,ノ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'│ ゙''/゚i、   |
   .゙|    |,,/゙',i´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i、ー| |   ,i´       …わかった
   |    | .:゙l,,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ./''|   .|
   ゙l   .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|  ノ        ( 錬金術士と言うよりまるで魔女ね… )
    \  .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|゙ ゜
     ゙l .|^l、.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.厂| .|
        _,.       _,.          _,.         _,.
   、、,,.,,.、、、、,,.,,.、、、.         _,.         、、,,.,,.、、、,,.,,.、.
         _,.       _,.               _,                                            終わり

328 : 名無しのやる夫だお : 2012/04/12(木) 09:42:16 ID:GuCDmKOs0
乙でした

仲良いね

329 : 名無しのやる夫だお : 2012/04/12(木) 09:43:46 ID:lbSpihAY0
真紅さんも随分柔軟になったね。

330 : 名無しのやる夫だお : 2012/04/12(木) 09:45:33 ID:RtNQK9XA0
>>322の笑顔可愛いね

331 : 名無しのやる夫だお : 2012/04/12(木) 09:47:30 ID:.DkMQ2bc0


>>330
こんな場面と発言で無かったらなw

338 : 名無しのやる夫だお : 2012/04/12(木) 10:22:33 ID:ItENJYRM0
ちょっと前まで表情を出すのに苦労してたんだから破格の成長じゃないかw

おつ~

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 コミュ ナナシ (02/06)
  • 砂漠の王 (02/06)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】家庭教師ふみふみ 8 (02/06)
  • 【◆hXiJucbo02】やる夫は幼なじみたちと再会したようです (02/06)
  • 【◆hXiJucbo02】オーバードース 最終話 (02/06)
  • 昭和名馬列伝 第10章 ミホシンザン伝 第1話 (02/06)
  • 国際的な小咄 9343 胡散臭くない人も多い (02/06)
  • 国際的な小咄 9342 くいっぱぐれが出る (02/06)
  • 国際的な小咄 おまけ 役に立つかはわからない、試験のコツ (02/06)
  • 国際的な小咄 9341 韓国人は義理堅い (02/06)
  • 国際的な小咄 9340 スレ民におすすめ! (02/06)
  • 国際的な小咄 9339 にからごへ かえぬままだと そうくずれ はやくしないと まにあわないぞ (02/06)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 23 (02/05)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第三部 『最後の指令』 第二十二話 (02/05)
  • やる夫とばくだん 33. (02/05)
  • それ行けサイヤ人やる夫! サイヤ人編 15 (02/05)
  • DirtyPair. (Season 3)小話 キリカちゃんと仲良し家族 (02/05)
  • 昭和名馬列伝 第10章 ダイナガリバー伝 第4話 (02/05)
  • 読者投稿:「日本人は過去に囚われている」と言うのは余計なお世話であるという話 (02/05)
  • 読者投稿:日本のアルミサッシの多さについて (02/05)
  • 読者投稿:将棋の世界について「将棋観戦は気楽、気ままにすればいい」 (02/05)
  • 読者投稿:1月23日の16時くらいに見た25日09時の予想天気図について (02/05)
  • 読者投稿:「たのしいまるち」~後編~ (02/05)
  • 読者投稿:ちょっとお金が絡んだ世知辛い話 (02/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百二十三話 (02/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百二十二話 (02/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百二十一話 (02/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百二十話 (02/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十九話 (02/05)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第四百十八話 (02/05)
  • 国際的な小咄 9338 NSSさんの疑問 (02/05)
  • 国際的な小咄 9337 中国のコロナ死者少なくね? (02/05)
  • 国際的な小咄 9336 相続税 (02/05)
  • 国際的な小咄 9335 サトリスキル (02/05)
  • 国際的な小咄 9334 これがそれぞれの母国トップクラスのする会話か??? 生き恥…… (02/05)
  • 国際的な小咄 9333 なんであろうが…… (02/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】狩人の血闘 第一章 “鮮血令嬢” その六 (02/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】狩人の血闘 第一章 “鮮血令嬢” その五 (02/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】狩人の血闘 第一章 “鮮血令嬢” その四 (02/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】狩人の血闘 第一章 “鮮血令嬢” その三 (02/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】狩人の血闘 第一章 “鮮血令嬢” その二 (02/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】狩人の血闘 第一章 “鮮血令嬢” その一 (02/05)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第二拾九話 コダック村料理大会 (02/04)
  • カナちゃんのおしながき 第86回 (02/04)
  • 読者投稿:台湾旅行するなら (02/04)
  • 読者投稿:発達障害報告の続き (02/04)
  • 読者投稿:「盛岡は2023年に行くべき場所」 NYタイムズ、世界旅行特集で(岩手日報) (02/04)
  • 読者投稿:スレ主は何と正しかったのか (02/04)
  • 読者投稿:読者投稿のネタ切れ問題は如何にして解決するのか?  謎の病人X式 (02/04)
  • 読者投稿:国際的な小咄RESCUE29 イングリッシュネーム より利便を! (02/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!