スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第35話 「赤い夢赤い罪」(83)

目次 現行スレ

395 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:07:03 ID:GSNU9dn.
.
第35話「 赤い夢赤い罪 」(83)

:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .:::::
                           __||__||____
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]



       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}     スザクがお爺ちゃんの霊と話したって…あれ、ちがうの
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }    本当はスザクはお爺ちゃんとなんて話してないの
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |




396 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:07:27 ID:GSNU9dn.
.
          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ     …どう言うことです?
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



ヽ: : : :∧辷ノ         l: : : : i__x-‐‐、
 i: : : : : :>  i        l,x-‐¨____i
 l:.... :.. / > `  __    /.l l::::::::::::::::::::::::::::l
 l:.... :./ ∧-ー>、 _ ´////l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
 l:...../   ∨∧///////////l ヽ_::::::::::::::::::::::::
 l:/   .∨∧///////////l  /::/ ̄/:::::
       ∨∧///////////l /::/   ̄ ̄
        \ \///////∨./::::|
.           |:>ヽ///////./::::::|  ,-‐-、
.           |/¨ヽ:|/////l l::::::::|  i::::::::::ヽ

397 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:08:45 ID:GSNU9dn.
.

             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´            ヽ
           {                レ.‐ 、    「 …暗示をかけたのはお爺ちゃんじゃなくてカイトさんなの 」
         ,.ィ、             才.r ¨.i }
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄



     ',: : : : , ― 、: : : : : : : r '  ̄: :ヽ : : : : : : : : Vヘ : : : : : : : : : : : : : : : : :/
      ヽ : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : Vヘ : : : : : : : : : : : : : : (
.        V/: : : / : : : : : : |: : |: : ', :ヽ: : : :ヽ: : : : : : :V} /: : : : : : : : : : : : : : \   スザクは村に来た時、私の事なんて殆ど覚えてなかった
        〃.:/: :′.: : /.:: : | : ,'.: : :l: : l: :ト : !:', : : : : : : y′: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  カイトさんは私に、そのままだと墓荒らしを捜しに来たスザクに
     /:|: :l: : | : : : :|: : : ,' :/.: : :/: :/: :| VlV!,: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '  私が犯人として捕らえられ罰を受けるだろうと言ったの…あたりまえだよね
    /: : ∧ :',: :' : : : :|: : /.:/ : イ/ハ :ハ | :lハ : : : :|: : : : : : : : :\: : : : : : : /
    ゙、: :|.: :\ヽ:\: .:!: /‐'7'´ ´  __ V :W:.:. :|__ : : ヽ : : : : : : : : : \ : : : (     だってマリアンヌの墓を掘り起こしたのは私の体
      ヽl.: : : :|`≧‐、.レ' '´ ̄ ̄ ̄   |: : : : : :|'^ }: : ハ : : : : : : : : : : \: :〈     私の中にいるマリアンヌがしたなんて言っても、きっと信じてもらえない
      | : : : | :ヽ「`丶    「 ̄ `  ', : : : : |  ム人 _`_ 二_ ヽ: : : : ヽ :\
      | : : : |: : :',r=ミ、    7仆==ミl: : : : :L/′        ヽ : : : : : l : : }   だってスザクにとってその時の私は…ただの墓守りの娘だもの
      | : : : | : : : 代ム      ゞ乏:}_ノl :|.: : :|=‐ 、          l: : : : : /‐ '
      | : : : |: : : ∧  ,          l :|.: : :L.      ト、_ /: : //      カイトさんは私の中にマリアンヌがいることを
      ',: : : :|: : : : ∧ 〈            l :|.: : :レ \    `≧ ‐': :/        スザクに信じて貰う事が必要だって言ったの
      ', : : |: : : : | `  .-       /l :|.: : :|   〉、   ´ ̄ ̄
        V : |.:l: : : !     > ._ , <r=┤l :/:/ / ⌒ ヽ
       V∧|.: : :|  /   /   〉ヽV/:/}/ /       \
        V: :l: : : !  ′   ,'   /^}〃イ / ,'            ' ,
           ヽl、: : l  !     l   | 〈〈 // |           ',
            ヽ:l  l    l /| ', V/  ハ              ',
             ヽ |     V   !  } {、 / ',         , イ}

398 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:09:38 ID:GSNU9dn.
.
================================================================================================================

     jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/
      j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′           リンに助けて貰いましょう
       _リ」 ≧=≦ |:i \_
      _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_       …彼の記憶の中にいる貴女のお爺様にもね
   __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ     彼に亡霊と対話したと「思い込んで」貰います
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸



                              , ===-、__., ===-、
                              \:::::::::::::::〉ニ〈::::::::::::/
                              /`ー '7   `ー ´ヽ
                                 / /  /     l
                             l  l  |  |  |  l  l    「 リン、あの青年を眠らせて…惑わせておくれ 」
                              |  |   |  |  |  l |
                              |     | |     |
                              |       l   |     |
                             |           i  |
                                  } l  {   |     |  l {
                              | {   、  |     |  |  ヽ、
                               ∠人  }  |     }  {`ー┴ 、
                          r‐= ´    `  | ∧   ,ヘ  ヽ    ー‐' ヽ
                         , .::┤        }/イ     /  ー、 /        }=‐{` 、
                      ´ |:::::|              ∨    ′         f.::::::|   `
                    ´    ヽ:::ヽ     ノ      |         、    /.:::::/      `  、__,ィ1
              ´         〉:f´\,  ´ `l         |         l´`ー- ´ーァ〈   、          |ニヲ
           ´               /:|:|         |             |     /:|:::}    `ヽ        |=ノ ̄二⊃
       fT´            /Lハ:〉.      |       {      |     〈:::L_|     \       ,イ=〉 ヽ___

================================================================================================================
.

399 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:10:35 ID:GSNU9dn.

        、 :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :V:: / :: :/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::\:: ::\:!:: |:: ::/:: :: :: :: :: :: :: ::/
        \ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :!::/:: ::/::/:: /:: /:: :: :: :: :: :: :: ::!:: ::l:: :ハ:: :: :!∨:: :: :: :: :: :: :: :: :/
         ゝ:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|':: : /: /:: /:: /:: ::/:: :: :: :: :: :::|:: : }: |:: !:: :: :l::!:: :: :: :/:: :: :: :/
        人:: :: :: :: :: :!:: :: :: :: |:: : l:: {:: ::l:: /:: :: |:: i:: :: ::l |::l :| ::/::/ ::l:: :: :: |:: :: :: :l:: :: ::イ、
          ヽ:: `:: :: :: :: |:: :: :: :: j:: :: ', :', : ト {:: :: ::l: ノ::!:: ::|//:/:イ::/ :: ノ:: :: :: l!:: :: :: :\: :: :: \
         \: :: :: /:: :: :: :: :l:: :: ::\ト、|N\:: :「::!リ:: ://:/::ノ:/イ/:: :: :: :: |:: :: :: :: :: \: :: :ノ
         ノ:: ::/:: :: :: :: ::/|:: :: :: :: トヘ_\::ト、}∨! //´レ´/_ノ 1:: :: :: ::l、:: :: :: :: :: ::`Y
           !: :: /:: :: :: ,.イ   l:: :: :: ::/´ ,. -─‐ ̄ レ'´ ̄‐─- 、`' !::!:: :: ::| \::、:: 、:: :}: ::|
         \,{:: ::/::イ: {   |:: :: :: :l_____,      _____|::l :: :: :| ノ\:: }::/:: /
           \::l::{::ト-'´  |:: :: |: j!{{ テ示㍉      ィた示 }} j: | : :: :l  ̄ 7} l/,.ノ
            \!`ー   l:: :: |::∧ 弋zzソ      弋zzソ /1:!: :: ::l   ̄/ノ
              `ー    l:: :: !:l`ヾ、      l         /'´!:l :: :: l   ̄
                        ', :: :|:|   \     ,|       /  l/:: :: ,'    私たちはそうやってスザクに嘘の記憶を与えたの
                   ',:: :|:l    >   ‐_‐  -<    ! :: ::,'
                    ',:::|:|   / j三≧___≦三! \  | :: :,'     スザクにお爺ちゃんの霊と話したと思い込ませる暗示を
                    ',:|:l __/  /, - 、::j !:::, -:,:!   ト !:: /
                   .. '、! /  /::l{ヘ !:} {::l γ':l   ! l::人
                   /    \  /r==='、! lr===z   /,  `丶、
                /     7  \}´ ̄`'─' '─'´ ̄`{/`V       、
                !    /    l\ :: /  ̄ \ :: ,.イ   \     l
                 |  /     |  \}_    _{:/ !       \  /l!



             ___,. -、
           ( ヽ-ゝ _i,.>-t--、
             `''''フく _,. -ゝ┴-r-、
              ,.-''"´ / ̄,./´ ゝ_'ヲ    それが貴女の…スザクさんに話せない真実ですか?
                / _,. く  / ゝ_/ ̄|
           / にニ'/,.、-t‐┴―'''''ヽ
             /  /  .(_ヽ-'__,.⊥--t-⊥,,_
           ./  /  /   ̄   )  ノ__'-ノ
           /  / / / ̄ rt‐ラ' ̄ ̄ヽヽ
          ./      /   ゝニ--‐、‐   |
          /            /‐<_   ヽ  |ヽ

401 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:11:26 ID:GSNU9dn.
.
       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}     うん…
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }    お爺ちゃんはスザクが村に来るのを待たずに…いなくなっちゃった
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|    でも居なくなる前に沢山のものを置いて行った
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'    私への手紙、カイトさんへの手紙
       `>'/_ 二二二l`    ,:/     そして私をマリアンヌから解放する為にお爺ちゃんが調べ続けていた物をまとめた資料
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l       カイトさんは手紙と資料を読んで…このままだと私の体はマリアンヌの物になってしまうと言った
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′      確かにその頃から一人でいるとぼんやりする事が増えて…
.       V:::::__`:|   |        使った覚えのないペンが手元にあったりした…多分マリアンヌが私の体を動かしていたんだと思う
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |



        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、      …以前から疑問だったのですが
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ    何故貴女のお爺様は、あの青髪の吟遊詩人に助けを?
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ

402 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:11:45 ID:GSNU9dn.

\ヘ \ヽ_ i ゝ.:::::::::::::::.ヘ  .l l             .i    / ././::/i
  ゙ー  ̄  i::、\::::::::::::::ヘ  i.!ヽ            ´   /  //,r',i'!
        i::::\\_:::::r'ヘ  i!\.ヽ        =ア   /|  ,ム'´,r'::l
         i:::::::''-,,_`'' - i、 .l:::::::\ ヽ 、      /ヽ:::|   | r'::::::|
            }:::::::::::::::''-,,_  ̄`''- ,,:::::`''::-..,,`ヽ=-<´   `l  l l:::::::::!
       /\:::::::::::::::::::::: ̄`''- ,,_ ̄|::::::::::::~7 i'´|:::ヽ  l  l l:::::::/
     /:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::| |\:::::::ノ 〉.|::::::ヽ. l  l .l:::::'



:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |    「 お爺ちゃんは昔、聖職に就いていたの 」
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .::::
                           __||__||____
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]

403 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:12:59 ID:GSNU9dn.

     ',: : : : , ― 、: : : : : : : r '  ̄: :ヽ : : : : : : : : Vヘ : : : : : :
      ヽ : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : Vヘ : : : : :   アンデッドや悪霊を祈りで浄化したり道具で封印する事が得意で
.        V/: : : / : : : : : : |: : |: : ', :ヽ: : : :ヽ: : : : : : :V} /: : : :   依頼を受けたり、苦しんでいる人を助けながら旅していたって…
        〃.:/: :′.: : /.:: : | : ,'.: : :l: : l: :ト : !:', : : : : : : y′: : : :
     /:|: :l: : | : : : :|: : : ,' :/.: : :/: :/: :| VlV!,: : : : : /: : : : : : :  そしてある村を訪れた時、奥さんがアンデッドに殺されて…
    /: : ∧ :',: :' : : : :|: : /.:/ : イ/ハ :ハ | :lハ : : : :|: : : : : : :   それからお爺ちゃんは霊たちを浄化する事が出来なくなったって言ってた
    ゙、: :|.: :\ヽ:\: .:!: /‐'7'´ ´  __ V :W:.:. :|__ : : ヽ : : : : : :
      ヽl.: : : :|`≧‐、.レ' '´ ̄ ̄ ̄   |: : : : : :|'^ }: : ハ : : : : :  憎しみが邪魔をして彼らの安らぎを祈ることが出来なくなったって…
      | : : : | :ヽ「`丶    「 ̄ `  ', : : : : |  ム人 _`_ 二 そしてお爺ちゃんは旅を終わらせて…
      | : : : |: : :',r=ミ、    7仆==ミl: : : : :L/′
      | : : : | : : : 代ム      ゞ乏:}_ノl :|.: : :|=‐ 、        奥さん…私のお婆ちゃんが眠るその村で墓守になったの
      | : : : |: : : ∧  ,          l :|.: : :L.      ト、
      ',: : : :|: : : : ∧ 〈            l :|.: : :レ \    `≧
      ', : : |: : : : | `  .-       /l :|.: : :|   〉、   ´ ̄
        V : |.:l: : : !     > ._ , <r=┤l :/:/ / ⌒ ヽ
       V∧|.: : :|  /   /   〉ヽV/:/}/ /       \
        V: :l: : : !  ′   ,'   /^}〃イ / ,'
           ヽl、: : l  !     l   | 〈〈 // |
            ヽ:l  l    l /| ', V/  ハ
             ヽ |     V   !  } {、 / ',



       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ   …カイトさんは以前、お爺ちゃんに封印術を教わったんだって
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }   そして、その時にお爺ちゃんにペンデロークを見せて貰ったって言ってた
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|   …お爺ちゃんが最後に浄化した霊…お婆ちゃんの遺したペンデロークを…
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |

404 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:13:58 ID:GSNU9dn.

.                __
             / ̄´   `\
            /          \
           /    ィヘ、       ヽ      …封印術、ですか
          /   /:::::::::::ヾ       ヽ
          / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ   ( 弟妹の魂を再度肉体に閉じ込める時にでも使ったのか? )
          { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
            ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
   ,'⌒ _   イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
   ヽ_ノ   ん_ = ー三 イ、__─\



                , -――-  、  ___
            /    . . : : : :` ´: : : . . . . ̄`ヽ
              /  . : : : : :_ィエ二二エミ、: : : : .   .
            _,イ . . : : :/          \: : : .   ',
        /.:/  . : : :/ / / l       \ ヽ : : .  l_    …お爺ちゃんは結局最期まで、お婆ちゃんの命を奪った存在を許せなかった
      /  . : : . : : :/ .:| | |l l ハ  |l } l  }  l : : . {:  ヽ
       {  : : / : : :|  |斗リケ´从リレ`メ廴|  |: : : : ヽ /   墓守をしていても死者の安らかな眠りを心から祈ることが出来なかった
.       \ : :{   : |  |ニ二{    ,}ニ_ lノ  |: : :   く
      r‐ ´ヽ:i: : .  |   |´fzリ`   ' fzリノ|: . : |: : : .  : :ヽ   その報いが私に来たんだって…泣いていた
       { . : :ノ     | l |、     ,    /: . :/: : : : : : . : :ノ
.       〉  . :     /| | | \  o   イ: : :,イ : : : : ー、: :ヽ   でも絶対に救ってやるからって
      く/   .:_ノ l |リ  ト`_--≦  | : / \: : : : : :}: : :}
.      { f/ ̄     レ'   } /Tト!.  !:/_   ̄ヽ: :{ :/   どれだけ時間がかかっても私をマリアンヌから解放してみせるからって…
.      ゝ{    rく ̄ ̄`r‐く/ ,笊 \'ヽ_>    }.:}´
      ヽ   ゝ.〉二ー|   \/ lヾ\/ ∨_>.   リ      私の中の彼女を封印したの…表に出てこられないように
.           /ゝ〈`ー|:       |  \  ∨_〉\
          {::::::::く`ー|:       !  . :ヽ: : L_〉:::::}
         >x-、:フ__|. . : : : : : : : : : : : : : |_〉_/        …さびしかった
.           笊从从}`|:i: :/ : : : :/ :l : :l: :i /エ从
         { { |   /_∧l.:l: : : /:ム:ヽ.:|: l 〉  {
            /  { -、ゝ'‐-'`¨´ `^´`´ト、  \

405 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:14:27 ID:GSNU9dn.
.
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |   「 寂しかった? 」
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .:::::
                           __||__||____
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]



      ヽ : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : Vヘ : : : : : : : : : : : : : : (
.        V/: : : / : : : : : : |: : |: : ', :ヽ: : : :ヽ: : : : : : :V} /: : : : : : : : : : : : : : \
        〃.:/: :′.: : /.:: : | : ,'.: : :l: : l: :ト : !:', : : : : : : y′: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     /:|: :l: : | : : : :|: : : ,' :/.: : :/: :/: :| VlV!,: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : , '
    /: : ∧ :',: :' : : : :|: : /.:/ : イ/ハ :ハ | :lハ : : : :|: : : : : : : : :\: : : : : : : /    マリアンヌは…私にはやさしかったから
    ゙、: :|.: :\ヽ:\: .:!: /‐'7'´ ´  __ V :W:.:. :|__ : : ヽ : : : : : : : : : \ : : : (
      ヽl.: : : :|`≧‐、.レ' '´ ̄ ̄ ̄   |: : : : : :|'^ }: : ハ : : : : : : : : : : \: :〈     それにいつでもそばにいてお話してくれた
      | : : : | :ヽ「`丶    「 ̄ `  ', : : : : |  ム人 _`_ 二_ ヽ: : : : ヽ :\
      | : : : |: : :',r=ミ、    7仆==ミl: : : : :L/′        ヽ : : : : : l : : }
      | : : : | : : : 代ム      ゞ乏:}_ノl :|.: : :|=‐ 、          l: : : : : /‐ '    でも封印された後、いくら呼びかけても
      | : : : |: : : ∧  ,          l :|.: : :L.      ト、_ /: : //
      ',: : : :|: : : : ∧ 〈            l :|.: : :レ \    `≧ ‐': :/        マリアンヌから返事が来ることはなくなって…
      ', : : |: : : : | `  .-       /l :|.: : :|   〉、   ´ ̄ ̄
        V : |.:l: : : !     > ._ , <r=┤l :/:/ / ⌒ ヽ               だから、さびしかった
       V∧|.: : :|  /   /   〉ヽV/:/}/ /       \
        V: :l: : : !  ′   ,'   /^}〃イ / ,'            ' ,
           ヽl、: : l  !     l   | 〈〈 // |           ',
            ヽ:l  l    l /| ', V/  ハ              ',
             ヽ |     V   !  } {、 / ',         , イ}

406 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:15:11 ID:GSNU9dn.
.

        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /             ヽ     …貴女は彼女を慕っていたのですね
     /               ヽ
    {                〉
     ヽ               /
      λ_ゞ\      _,/У/
     イ ー ̄三  ̄二三 =イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



        人:: :: :: :: :: :!:: :: :: :: |:: : l:: {:: ::l:: /:: :: |:: i:: :: ::l |::l :| ::/::/ ::l:: :: :: |:: :: :: :l:: :: ::イ、
          ヽ:: `:: :: :: :: |:: :: :: :: j:: :: ', :', : ト {:: :: ::l: ノ::!:: ::|//:/:イ::/ :: ノ:: :: :: l!:: :: :: :\: :: :: \
         \: :: :: /:: :: :: :: :l:: :: ::\ト、|N\:: :「::!リ:: ://:/::ノ:/イ/:: :: :: :: |:: :: :: :: :: \: :: :ノ
         ノ:: ::/:: :: :: :: ::/|:: :: :: :: トヘ_\::ト、}∨! //´レ´/_ノ 1:: :: :: ::l、:: :: :: :: :: ::`Y
           !: :: /:: :: :: ,.イ   l:: :: :: ::/´ ,. -─‐ ̄ レ'´ ̄‐─- 、`' !::!:: :: ::| \::、:: 、:: :}: ::|
         \,{:: ::/::イ: {   |:: :: :: :l_____,      _____|::l :: :: :| ノ\:: }::/:: /
           \::l::{::ト-'´  |:: :: |: j!{{ テ示㍉      ィた示 }} j: | : :: :l  ̄ 7} l/,.ノ
            \!`ー   l:: :: |::∧ 弋zzソ      弋zzソ /1:!: :: ::l   ̄/ノ
              `ー    l:: :: !:l`ヾ、      l         /'´!:l :: :: l   ̄
                        ', :: :|:|   \     ,|       /  l/:: :: ,'       …多分、あの降霊会が無かったら
                   ',:: :|:l    >   ‐_‐  -<    ! :: ::,'
                    ',:::|:|   / j三≧___≦三! \  | :: :,'        今でも離さなかったと思う…
                    ',:|:l __/  /, - 、::j !:::, -:,:!   ト !:: /
                   .. '、! /  /::l{ヘ !:} {::l γ':l   ! l::人
                   /    \  /r==='、! lr===z   /,  `丶、
                /     7  \}´ ̄`'─' '─'´ ̄`{/`V       、
                !    /    l\ :: /  ̄ \ :: ,.イ   \     l
                 |  /     |  \}_    _{:/ !       \  /l!

407 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:15:51 ID:GSNU9dn.
.
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |   「 でもその為にスザクを傷つけた 」
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .:::::
                           __||__||____
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]



:,′: :\\い: : : j: :{: :/: /: :_: ∠: :/ハ : : : : : : : : |: : : : : ,': : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : :.`:ト、{\: :∨ ,'/ ̄,_____i: : : : : : : : :| : : : : {: : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : /
: : : : : :l: : ハーヘ\{∨ '´           |: : : : : : : : |⌒Y:ハ: : : : : : : : : : : : : :.\ : : : : : : /
: : : : : :l: : l∧T^\       'T" ̄`丶 | : : : : : : : |'⌒} : 人: : : : : : : : : : : : : : : \: : : V
: : : : : :l: : l:小 二ニ       _,二ニニ _ | :l: : : : : : | //\`:ー:‐:‐:‐:-: : : 、 : : : : \:ハ   あの館で…皆が泣いているのを見て…
: : : : : :|: : l: : : 代杁      ン代_ィ朴≠ミ| :l:.: : : : :.:|ノ'    `ー───< : ヽ: : : : : ', : ヽ
: : : : : :|: : |: :.∧ ゞノ          ゞ乏j)_/| :| : : : : :│_            }: : }: : : : : } : :  マリアンヌが泣いているのを感じて…
: : : : : :|: : l: : l:∧   ,             | :l : : : : : j⌒ヽ          /: : : : : : : ノ: /
|: : : : : |: : l : : : 人 〈               | :|: : : : : ム      {ヽ    /: : : : /: / ̄   初めてマリアンヌの魂の解放を心から願う事が出来た
l : : : : j : ;' : : : |(_.\  __           | :| : : : :ん∧     \`:ー:‐:': :/ //
.: : : : :.|: :l: : : : |  ` \ ヽ_)        イ| :| : : ://  \      >ー: : :_;/        でもその為にスザクを嘘の記憶で騙した…
 ' : : : :!: :!: : : :|      \       <  | :|: : //   /\      ̄ ̄
  ∨ : |: :| : : │   , ´ ゙̄`ァ<  〈V厂7:/: ://  / ̄ ̄`\                 信じて貰う為に嘘を吐いたの…
   ∨ |: :| : : :|   /    /:::::::::::::∧〈∨/:// /        \
    Ⅵ: :|: : : :|  ,'    l::: ::::::∧ノノ//(./ /            丶              きっと、スザクはそれを知ったら私のこと嫌うよね…
    ヽ:い : :|   l      |:::  /〈〈 ∨ 〉∨ ,′           ヽ
     \{ : :|  |     /:::  | ヘ\///  j|              '.
        \N  | /\〈:::: /|   ヽ /∧ ノ|   /\        │

408 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:16:19 ID:GSNU9dn.


             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´            ヽ
           {                レ.‐ 、     「 …だから、怖くて言えない 」
         ,.ィ、             才.r ¨.i }
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄



       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }   でも…言わなくちゃいけない
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|   スザクが私に優しくしてくれる度に胸が苦しくなるの
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/    だから、ちゃんと言わなきゃ…
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |

409 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:16:36 ID:GSNU9dn.

================================================================================================================
: : :.i: : : : : : : :1: : : : !: : : : |: : : : : : : }: : i: : ト、: : : } : : :.!: |: :.|: :: :
: : :.|: : : : : : : :i: : : : :|: : : :.:|: : : : : : ,′:.{′.|:\: : !: : : :|: :|: :1: :}ヽ
: : :.|: : : : : : : :ト.: : : :1: : : : !: : : : : /: : :ハ: : ト、: :\!: : : :| .1 .1: :|
: : :.|: : : : : : : :| }: : : .|: : : : |: : : : イ: : / }: : :.′\::.\: |::|: :}: :1
: :.ハ: : : : : : :.,' |: : : :}: : : :ハ: : : /: : /≦: : ′ : : |\::.\: ハイ:|
./  |: : : : : : 1 1: : ./|: : :/‐'}: ム: :/  }: ィ!: : : : i: : > 、::.ヽ⊥.!__
  ハ: : : : : : :}_」: : 'ニ! ./二!/ィ| イ≦イ}:./ }: : : /: :/: :/: :>┬┬ ´
.r  }: : : : : :ム/: :ハ-}:.'千丐行 }/} // /: : : /: /: :/: : // }: :}
. `-ニ|: : : .:/ /:.:ハ_/'、竺竺xzィ .イ// /: : : /: /: :/: : /イ /:./    君の今までの人生を償えるとは思わないけど…
   |: : :./ /./` _`_ ̄ ̄ ̄ ̄´ / ./: : ./:.////  /´
   ,': : / /./  ` ─- 、      /: /: /}}ス´./          それでもどうか償わせて欲しい
  ,': / //               /:.:イ: :///イ } /
  ,':./  /             ´ /_ィ  ///{ノ/
 //                      /. ///  /
                      /. ///  /




                        ,.-‐-、,. --―,ァ '"`)
                        /     `''ッ‐'"  ,. ゛
                     ,./  ,r<`./   /
                     / |  j′∨    /ヽ
                   ,.ィ゛ │ ,ノr"`ヽ  ,/  `、
                    / |  ,i´'ー'゛λ、   `ぐ、   `、     アーニャ 君をもう一人にはしないよ
                  r'゛ _ノL.ノ   / ヽ、  ヾ:、   `、
                 ゙ァ'フ   i′   ′  '゙ト、    `>‐-、!    僕と村で…暮らそう
              j′              j′ヽ、/ '´.ノ !
               |                |   /   /  i.
                |             し'′  ,/    i.
                 |                '′    /       i
             │               /        ゙、
             /                    ハ         ヽ
           _, - '゛                  , ′ ヽ、     `、
     _,. -‐'"´                   _/ヽ、         丶
_,.. -‐ ''"                     _,.-'"     `ヽ、           ` 、
                    ,. ‐'"           ヽ             `ヽ、
                     /               ヽ、             丶、
              _,. - '"                 \           `丶、
           _,. ‐'"                          \             `ヽ、
       _,. ‐'"                            \
    _,. ‐'"                                     \
_,. - "                                         ヽ

================================================================================================================

410 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:20:48 ID:GSNU9dn.

       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}   スザクは私がマリアンヌに憑依されたのは自分のせいだと思ってる
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ   だから私の孤独を埋める形で償おうとしている
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′  その為に自分のこれからを犠牲にしようとしている
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'    そんな事、しちゃいけないのに
       `>'/_ 二二二l`    ,:/
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |

411 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:21:41 ID:GSNU9dn.
.
           )   . : | . : : l/ . :l:    ト、         j:.      /l リ: :  /. : {: :    /
         /  . : : ノ : : / . : . : : .     |:::}        ′       イ: |: : : . /. : 八: .  /
       (   . : : : : : / . : : :. :八: .   ト、\.     c      ∠_|: :|: : : . /. :   : . 、/   だから…そんな事して貰う必要は無いって…
          \  : : : / . : : :. :=-‐ァヘ :   |\ヽ\、    ´   .イ  ̄`ヽ|: : : /: .    : .ヽ
           \ / . :.  ''"´   | |∧: .:l  \ーヘ> . _ .イ、     |: :.:〈\: : : .  . : : :}   本当の事話して…嫌われなきゃ…言わなきゃ
            〃  . : (         | | ハ : ., |::::\_}ー‐一::':::i       |: ://〉 ヽ: : : . : :ノ
          八  . : : \      | |   ヽ ∨.:::::::::::::::::::::::::::::|     l ///  ノ. :.ノ. :/    …そうしないと
            ` ー-=ヽ.     | |   X: ∨.::::::::_∧_:::::::::::\    l///  ー=彡
               _. -‐――――-| |  /.::::\:::::<⌒'Y'⌒>::::::::::\  '/厶 -――‐‐- 、








================================================================================================================
                       x──ミ   ...  "´
                         厶⌒ー'’ ̄´
                    rァ”´               ...  "´
                 /`ー─……── 、ハ,.-r一''"            
                     ′       `ー=f`ヽ)ノ ̄
               ィ/        ーミ__ヽノ
            /:./           ソ_ノ
           /:.:.:/        _..ィァ''′
          /:.:.:.:./    / ̄lノ ゝイ
         /:.:.:.:.::./    /
.     /:.:.:.:.:.:.:./    /
================================================================================================================
.

412 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/12/02(金) 10:22:03 ID:GSNU9dn.

         /  . : : ノ : : / . : . : : .     |:::}        ′       イ: |: : : . /. : 八: .  /
       (   . : : : : : / . : : :. :八: .   ト、\ 。   c      ∠_|: :|: : : . /. :   : . 、/   
          \  : : : / . : : :. :=-‐ァヘ :   |\ヽ\、    ´   .イ  ̄`ヽ|: : : /: .    : .ヽ   私はその手を取ってしまう…
           \ / . :.  ''"´   | |∧: .:l  \ーヘ> . _ .イ、     |: :.:〈\: : : .  . : : :}   
            〃  . : (         | | ハ : ., |::::\_}ー‐一::':::i       |: ://〉 ヽ: : : . : :ノ   私にそんな資格なんてないのに
          八  . : : \      | |   ヽ ∨.:::::::::::::::::::::::::::::|     l ///  ノ. :.ノ. :/    
            ` ー-=ヽ.     | |   X: ∨.::::::::_∧_:::::::::::\    l///  ー=彡
               _. -‐――――-| |  /.::::\:::::<⌒'Y'⌒>::::::::::\  '/厶 -――‐‐- 、



     |;;;::|         ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│   「 スザクをこの街から連れ去ってしまうの 」
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .:::::
                           __||__||____
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======] .                                      続く

413 : 規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお : 2011/12/02(金) 10:26:27 ID:p6oa9mXc
乙ースザクどうなるかなー

414 : 規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお : 2011/12/02(金) 10:26:33 ID:hjeFKUzY
乙乙……切ないなぁ。

アーニャも、スザクも、悲しいくらい優しすぎる。

416 : 規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお : 2011/12/02(金) 11:42:35 ID:8oOBrQ2M
意外なところでこじれてたんだな
乙乙

417 : 規制解除、キャップ発行書式を守ってくれお : 2011/12/02(金) 11:53:28 ID:m8puX6m.
乙でした

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 5989 ヤギの乳 (11/20)
  • 国際的な小咄 5988 最近の中国歴史ものの人気は (11/20)
  • 国際的な小咄 5987 歴史修正主義 (11/20)
  • 国際的な小咄 5986 証 (11/20)
  • 国際的な小咄 5985 ワイマール時代の失敗 (11/20)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その11 (11/20)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(47) (11/20)
  • 賭博黙示録 ゼナ 6(完) (11/20)
  • 国際的な小咄 5984 民主三年間 (11/19)
  • 国際的な小咄 5983 気合が入った……? (11/19)
  • 国際的な小咄 5982 アメリカって、怖い(白目) (11/19)
  • 国際的な小咄 5981 あ……この土地、イギリスほどじゃないけどヤバイ…… (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その9 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その8 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その7 (11/19)
  • 英雄を作ろう! ~007話~ その6 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第七話 「特訓せよ!プログラムアドバンス!!」 後編 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第七話 「特訓せよ!プログラムアドバンス!!」 前編 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第六話 「Urban Fight !」 (11/19)
  • やる夫は光を目指すようです 第五話 「開催! N1グランプリ!」 後編 (11/19)
  • 国際的な小咄 5980 平均年収減った? (11/19)
  • 国際的な小咄 5979 朝ニュースを見て思ったこと (11/19)
  • 国際的な小咄 5978 サウジの時計の針が動こうとしている (11/19)
  • 国際的な小咄 5977 中国人に一万円を紹介する (11/19)
  • 国際的な小咄 5976 昨日のコリアンとの電話 (11/19)
  • 正義の味方 左衛門 第拾弐話「私が見極め、”俺”が、選んだ!!」 (11/19)
  • できない子は空虚なようです 第四話 (11/19)
  • アメリカンヒーローアカデミア 36 (11/19)
  • ドクオが異世界転生したようです 第66話 (11/19)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その10 (11/19)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #59 (11/19)
  • 国際的な小咄 5975 メンデルの実験 (11/19)
  • 国際的な小咄 5974 おいおいおいおい、死ぬぞあいつ (11/19)
  • 国際的な小咄 5973 この金貨一枚で生涯遊べるドン (11/19)
  • 国際的な小咄 5972 だれのことかわかるかな? (11/19)
  • 国際的な小咄 5971 日本VS韓国! (11/19)
  • 国際的な小咄 5970 すまたん (11/18)
  • 国際的な小咄 5969 葛根湯の中国での扱い (11/18)
  • 国際的な小咄 5968 足りぬ足りぬは工夫が足りぬ……って限度があるっての! (11/18)
  • 国際的な小咄 5967 博多とかいう狂ったバス天国 (11/18)
  • ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ 第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」 (11/18)
  • 魔女はやる夫になるようです #43 (11/18)
  • アカガネ山のやる夫 これまでの登場キャラ一覧 (11/18)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 034 (11/18)
  • Caitたちが見捨てられたVaultを探検するようです Vault 88 (11/18)
  • 彼女たちは売れ残りのようです 松茸の巻 (11/18)
  • 国際的な小咄 5966 フェイクニュースかよ! (11/18)
  • 国際的な小咄 5965 ルワンダ料理は…… (11/18)
  • 国際的な小咄 5964 そこで生まれる新しい格差 (11/18)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ