スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
一言:やっぱり狐の右クリックメニューのリンクをコピーがAからLに変更されていたので、Copy Link Addressを導入して対処。

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
5/6
ジーク君は復讐の旅をしているようです
4/28
タンジェロ・ポッターと賢者の石
4/22
デキルオは魔物と共に取り戻すようです
ヤルオは返済に奔走するようです
4/20
しのぶさんは間桐のマスターのようです
水銀燈は万物を魅了するようです
4/17
まどかと愉快な仲間達(仮)
4/15
やる夫はスキル世界であんこるようです
4/10
魔法コミュ障女★結芽は怠惰
4/7
やる夫の鬼滅っぽい刃
4/6
喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~
4/2
やる夫とライナーは鬼武者のようです。
4/1
青の星の勇者たち
3/27
ベータで金銀なポケットモンスター
3/26
安価であんこなロボット物
黒子はお姉さま(?)の心を掴んでみせるようです
3/25
やる夫は  を取り戻すようです
3/23
やる夫は怪獣の狩人になるようです。
3/13
君の頭蓋骨に乗りたい
3/5
やる夫は転校生のようです
3/2
稀代の大英雄「ベネット」!!でやんす!



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を再開しています。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
スポンサーリンク

国際的な小咄 248 イラン4 ~夢の残滓~

目次

6437 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/07/11(月) 17:33:42.20 ID:IKu99acy


248 イラン4 ~夢の残滓~


注意:このお話を読む前に――まとめサイト様に掲載されている『国際的な小咄39 イラク1 ~嘗ての御話~』を見ておいてください
実質的な続編です



      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\    ――マン、お前から見たイラン・イラク戦争ってどうなんだお?
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、    正確に言うお――イラン人から見た、あの戦争はどうなんだお?
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ



                            ≠=
                           // -= `ヽ __
                             //   -  ̄ `ヽ  `ミ
                      ,. ィ l l / (    __ ノ    \
                         / ; l l    ̄ ̄        ┌┬ =ミ
                         ',_ノ i !                ││「 l│
、                         i   ij             ││l 」│
                          l  ィ≧=-、              `┴┬┘    ……なるほど、お前もそういうのに興味を持つのか
   \                     | ! イ二二フ}              l
     \                   l lY      /                /|
       丶                  从 ', /`ヽソ: : : : : . . .       /:::i
        \                 丶 : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:/:::::::/
          l::l⌒                 \: : : : : : : : : -=ニ二::::::::::::::::)
         l::l    `ヽ            ` <: イ^::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
\        l:::l      ト、          }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  \         ':::',        `-=x         j::::::::::::::::::::::::::::::::::: '"  ゝ _
   \      ' ::.... __   ..-=::::´::::/`ー=≦:::::::::::::::, '"          ,::::::::::::::ヽ
     \     ’::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,:::::::::.::/        ,....:::::":::::::::::::::::::::::
      \    ' ::::::::::::::::::::::::/     , '  ̄ `ヽ:/         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        \     '::::::::::::::::::::/     i       }         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         \  i:::::::::::::::::/     人     ノ      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           \ l::::::::::::::::j       ^ミ三三彡^    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::










               ____
             /      \
           / ─    ─ \    というか、今まで聞きづらかったんだお
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \   最近、イラク人からそれについての話を聞いたからお前に聞きたいって思ったんだし



             /`ヽ
           ,ィ'  ̄ヽヘ
         / /  ̄ヽ }ヽ
.        r‐'ヽ `ヘ―‐'  l、_〉
          iエi i  `ヽ ヽ、_ }        ,...-‐,、,、
         └、イ   \ \=ヽi     , ・ ´//ノノ
     __     ヽ    _\ \!   , '´   ///
   /  `ヽ、   |::` 、__ヽヽ〉  ヽ, イ      ノ
 /--‐‐‐--' ヽ、|: : : :_:_, -ゝ -'´       _ノ    あー、なるほど――イラク人の目線をお前は知ってしまった
./: : : : : : : : : : : : :`ー'´ : /         ノ'"´
{ ̄ ̄ ̄ ̄} : : : : : : : /        ,/ヽ
ヽ、    { : : : : : : /        ,イ    ヽ
  ヘ  _ 〈: : : : : : : {      ,r七ヽヽ    ヽ
   }   ` 、: : : : : :i _ , イ ヽニ/ ヽ     ヘ    だからこそ、イランの目線を知りたい――そういう事か?
.   i     `ー‐‐、': : : : {  }: : {  }ヘ      ハ
   i          i : : : : `ー': : : `'´: :ヘ     ハヽ
.    i         ` ''、:_: : ; ; ; ; ; ; :_:_ノヘ    ハノ
    i            ヽ: : : : :/ }  ヽ    ノ
    ヘ             ヽ:::/   i   `ー‐'
     ヘ             Y   {
      }                   i
.      i                i
        i                i



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ま、そんな感じだお
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



                             iヽ
                              i iヽ
                ,r、            } | i
             / __|_          ∩ イ ,' }
            ,イ/  `ヽ        i ヽ'   i
             / |    ヽ      i,'´    |
          /__, l , ―‐、 /ヽ,      ヽ..:: : :::: {
            〈  〉| ヽ___ノ 〈-ィ〉      }.   i
            i` ´|     .::ヽ/        |    |
          '.  _l__ .:::::::l´       i    |
          ヽト==ニ/ .::::::/   ___. i      |
           ヽ.二/_.:::/i,r七´: : : : :`i       |
.             _i: : : : : :: : : : : : : '   {      |
           _,./::'',イ : : : : : : '´     ヽ     }
          / ./ : : : : : : : '   ::::::::::::::: ヽ _,..ノ
       ,r'⌒i i : : : : :. ィ   :::::::::::: ,r‐'''""
       ,r' `ー'´ ,': : : : :,.'   :::::::::::::::: /
     r' 〉   ,': : : ;. ' .:::      /    了解した、なら話そう――あの夢の残滓を
    /^つ r-': : / .:::::        /
  _,r'´ `¨ヽ: : :.,.' .:::::::::       /
 / i  ヽ`ヽ〉Y .::::::     ___......i     俺の親から聞いた話を……
. {  ヽ i`ヽ.ソヽ        ,.: : : : : i
. ヘ    ノ   }        /: : : : : : i
  `ー'´     i     /: : : : : : : : :i
         i    ノ: : : : : : : : : : :l



      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、     夢の残滓?
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ



     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  __   ||  _`l_
     ::||ヾ||〈  ̄`i ||/ ̄ i| |   そう、夢の残滓――或は、情熱の暴走かな?
     ::|.|:::|| `--イ |ヽ-イ:|/
     ::|.ヾ/.::.    |  ./
     ::|  ';:::::┌===┐./
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./
     ::| ̄ゝ::::::::`---´:ト _
     ::|:ヽ ヽ:::::::::::::::::ノ   `|:⌒`ヽ
     ::|:::ヽ  ヾ:::::::::/   ノ:::i::   ヽ
     ::|:::::::|   |:::::|   /::::::::|ヾ:::::::::)
     ::|::::::::|.   (●)  |:::::::::::|、 :::::〈



      ___    ━┓
    / ―\   ┏┛
  /ノ  (●)\  ・
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ   どういうことだお?
    /´     `\
     |       |
     |       |



                     |.|
                  , -.´|.|` - 、
                  , ' ⌒ 、 .||  ,⌒丶
                l___..ノ || 丶._ ,l 、
               ./       |         l
              r┤     x-─‐-、    「`i
              凵   〈.ゝ─‐.く 〉    |__|
                  |┤   マ l l /     L」
                 `ヘ    `ー‐‐′   /    まず――あの当時のイランは熱病にかかっていた
                 ヘ          /
                 `r --====-- イ
                    |: : : : : : : : : : |
                      /: : : : : : : : : : ∧
          ,,, -----──く: : : : : : : : : : : : : >─ー-----..、
       /|: :`ー 、     `ー 、: : : : : , ー'     , ‐''´: |\
     ./  l: : : : : :ヽ         l: : : : l       /: : : : : l   ヽ
    /   l: : ..i: : : : ヽ       |: : : :|       /: : : : : i l    ヽ
    ./   |: : ::l: : : : : :.l       r ⌒ヽ       j: : : : : : l: l     l
   {   ノ: : ::|: : : : : : |      弋___.ノ       |: : : : : : |: ハ   .}



            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |
        〉    ̄ヽ__)  │   熱病、とはなんだお?
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |



                             iヽ
                              i iヽ
                ,r、            } | i
             / __|_          ∩ イ ,' }
            ,イ/  `ヽ        i ヽ'   i
             / |    ヽ      i,'´    |   そうだな……いってしまえば、シーアの熱病。
          /__, l , ―‐、 /ヽ,      ヽ..:: : :::: {
            〈  〉| ヽ___ノ 〈-ィ〉      }.   i
            i` ´|     .::ヽ/        |    |    他の国が成しえなかった――イスラム革命
          '.  _l__ .:::::::l´       i    |
          ヽト==ニ/ .::::::/   ___. i      |
           ヽ.二/_.:::/i,r七´: : : : :`i       |    それをスンニではなく、シーアの国が成しえたという、熱狂
.             _i: : : : : :: : : : : : : '   {      |
           _,./::'',イ : : : : : : '´     ヽ     }
          / ./ : : : : : : : '   ::::::::::::::: ヽ _,..ノ
       ,r'⌒i i : : : : :. ィ   :::::::::::: ,r‐'''""
       ,r' `ー'´ ,': : : : :,.'   :::::::::::::::: /
     r' 〉   ,': : : ;. ' .:::      /
    /^つ r-': : / .:::::        /     スンニに見下されてきたシーアが、スンニの先を行った
  _,r'´ `¨ヽ: : :.,.' .:::::::::       /
 / i  ヽ`ヽ〉Y .::::::     ___......i
. {  ヽ i`ヽ.ソヽ        ,.: : : : : i    だからこそ、イランの民は思ったんだ――
. ヘ    ノ   }        /: : : : : : i
  `ー'´     i     /: : : : : : : : :i
         i    ノ: : : : : : : : : : :l


6438 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/07/11(月) 17:34:32.07 ID:IKu99acy






























                        ,r‐-、
                       /i    ` 、
                    /ィ^ ‐- 、. ヘ
                  /      '., ',
                  ,r 、   ,...._  ',.',
                  ,'|l`l |  〈   ヽ ', i
                    i::|l‐l.|   ヽ   _〉'iヽ
                  i::`ー'       ̄  iノ
              _ ______ ,i:::..',       __,'    この革命を、輸出しよう、と
        y''"´` 、`ヽ  i::::} : :',    |ヽニ/
       /      ヽ: } .i::: : : : ヽ    ヽエ/
.      /     .: : :}::i i::: : : : : :` ‐-,-‐ 'ヽ、
      ,' i:i     ::i .i:::i i::: : : : : : :./ |:::|   `ヽ    , - ‐ 、
     ,' {:ヽ........,.':::ハ .:::::i '.,: : : : ::::/  /:::ヽ  ....ヘ, ィ´ . :_-_‐'___
.     i  iハ: : : : :::::/ハ.:::::}  ヽ: : : ノ  ./: : :ノ''''', r '´ .:: '  ,......___ _)      ,..、
..      }  }. ',: : : : :{ ハ ::ノ  ,'::,'  ,...::'::,.' - 、/      ィ  _..._____)    / .ノ  __
      /  { }: : : : :{  ハ '  ,'::,'  ,..':::::;;/_ . ィ         ' ¨ '' - 、   /  'ー‐(___)
.     /:.   i i: : : : ::i  , ;r -‐‐‐‐‐‐'''''''¨   ヽ        ,... -―‐‐‐' -‐´ i.     (___)
    }: : : . .i .i: : : : , '"´: : : : : :::::::::::       }     , イ i::i         i     (___)
    /: : : : :.i.i: : : :': : : : : ' ' '             , ィ----‐'、  /::i        ヽ ___(__)
   { : : : : : i.i: : : : .' ´           , '       ヽ、/  ___  - ‐ ´ ̄
   i: : : : : : ヽ: : : .      _..  -‐ ´                ̄
.  i: : : : : : : : :`ー‐‐‐‐. . .´: :i



      ____
    /       \
  /   -‐´ `ー\
/     (●)  (●)\
|        (__人__)  |
\      ` ⌒´  /    ……
  >     ー‐  <
. /      / ̄彡ミヽ、
/    ヽ /  / ヽ  ヽ
ヽ.    Y  /   |  |
 ヽ     ノ    ヽ ノ



                     |.|          ペルシア史に颯爽と現れた革命者、ルーホッラー・ホメイニ
                  , -.´|.|` - 、       そして、イラクを強国に仕上げた剛腕、サダム・フセイン
                  , ' ⌒ 、 .||  ,⌒丶
                l___..ノ || 丶._ ,l 、
               ./       |         l    シャトル・アラブ川の問題なんて表面に過ぎない
              r┤     x-─‐-、    「`i
              凵   〈.ゝ─‐.く 〉    |__|
                  |┤   マ l l /     L」   あくまでも、あの戦争は宗教戦争だった
                 `ヘ    `ー‐‐′   /
                 ヘ          /
                 `r --====-- イ      ヤアクーブの時代にバグダートの軛から、シーアのイランが逃れて以来――
                    |: : : : : : : : : : |
                      /: : : : : : : : : : ∧      歪みに歪んだ歴史のつけが、あの時代に吹き出た
          ,,, -----──く: : : : : : : : : : : : : >─ー-----..、
       /|: :`ー 、     `ー 、: : : : : , ー'     , ‐''´: |\      あの戦い――イランは何十万もの死者を出した
     ./  l: : : : : :ヽ         l: : : : l       /: : : : : l   ヽ
    /   l: : ..i: : : : ヽ       |: : : :|       /: : : : : i l    ヽ   それでも、イランは降伏しなかった
    ./   |: : ::l: : : : : :.l       r ⌒ヽ       j: : : : : : l: l     l
   {   ノ: : ::|: : : : : : |      弋___.ノ       |: : : : : : |: ハ   .}   何故だかわかるか?



         ____
      /       \
     /  _,  、_ \
   /  ( ―)三(― ) .\
   |   '" (__人__)"'   |
   \    ` ⌒ ´    /    ……民族の、ペルシャとしての、誇りかお?
   /ゝ    "`     `ヽ.
  /              \



     ::|     /ヽ
     ::|    イヽ .ト、
     ::|.  /   |.| ヽ.
     ::|. /     |.|  ヽ
     ::|-〈  __   ||  _`l_   お前らしい回答だ
     ::||ヾ||〈  ̄`i ||/ ̄ i| |
     ::|.|:::|| `--イ |ヽ-イ:|/
     ::|.ヾ/.::.    |  ./
     ::|  ';:::::┌===┐./
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./     そうだな――俺の父はこう言っていた――
     ::| ̄ゝ::::::::`---´:ト _
     ::|:ヽ ヽ:::::::::::::::::ノ   `|:⌒`ヽ
     ::|:::ヽ  ヾ:::::::::/   ノ:::i::   ヽ
     ::|:::::::|   |:::::|   /::::::::|ヾ:::::::::)
     ::|::::::::|.   (●)  |:::::::::::|、 :::::〈





                            ≠=
                           // -= `ヽ __
                             //   -  ̄ `ヽ  `ミ
                      ,. ィ l l / (    __ ノ    \
                         / ; l l    ̄ ̄        ┌┬ =ミ
                         ',_ノ i !                ││「 l│
、                         i   ij             ││l 」│
                          l  ィ≧=-、              `┴┬┘
   \                     | ! イ二二フ}              l     イラクに負けたら、イランは全てを失う
     \                   l lY      /                /|
       丶                  从 ', /`ヽソ: : : : : . . .       /:::i
        \                 丶 : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:/:::::::/
          l::l⌒                 \: : : : : : : : : -=ニ二::::::::::::::::)
         l::l    `ヽ            ` <: イ^::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
\        l:::l      ト、          }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  \         ':::',        `-=x         j::::::::::::::::::::::::::::::::::: '"  ゝ _
   \      ' ::.... __   ..-=::::´::::/`ー=≦:::::::::::::::, '"          ,::::::::::::::ヽ
     \     ’::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,:::::::::.::/        ,....:::::":::::::::::::::::::::::
      \    ' ::::::::::::::::::::::::/     , '  ̄ `ヽ:/         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        \     '::::::::::::::::::::/     i       }         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         \  i:::::::::::::::::/     人     ノ      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           \ l::::::::::::::::j       ^ミ三三彡^    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



               ____
              /    \
              /          \
            / ⌒    ー    \     ……
             |  (●)  (●)    |
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \



                     |.|
                  , -.´|.|` - 、
                  , ' ⌒ 、 .||  ,⌒丶     やる夫、日本における大東亜戦争とは違うんだ
                l___..ノ || 丶._ ,l 、
               ./       |         l
              r┤    x-─‐-、    「`i
              凵    .〈ゝ─‐.く.〉   |__|   日本は未だ、米国に降伏するという『冷静な』選択肢があった
                  |┤     マ l l /    L」
               `ヘ     〉  ̄ 〈    /
                ヘ.  /    マ  /
                 `r --====-- イ       あくまでもあれは民族浄化の戦争じゃなかった
                    |: : : : : : : : : : |
                      /: : : : : : : : : : ∧
          ,,, -----──く: : : : : : : : : : : : : >─ー-----..、
       /|: :`ー 、     `ー 、: : : : : , ー'     , ‐''´: |\   あの忌まわしい爆弾を落とされても、降伏する余地があった
     ./  l: : : : : :ヽ         l: : : : l       /: : : : : l   ヽ
    /   l: : ..i: : : : ヽ       |: : : :|       /: : : : : i l    ヽ
    ./   |: : ::l: : : : : :.l       r ⌒ヽ       j: : : : : : l: l     l
   {   ノ: : ::|: : : : : : |      弋___.ノ       |: : : : : : |: ハ   .}



                            ≠=
                           // -= `ヽ __
                             //   -  ̄ `ヽ  `ミ
                      ,. ィ l l / (    __ ノ    \
                         / ; l l    ̄ ̄        ┌┬ =ミ
                         ',_ノ i !                ││「 l│   だけど、あのイラン・イラク戦争にそれはない
、                         i   ij             ││l 」│
                          l  ィ≧=-、              `┴┬┘
   \                     | ! イ二二フ}              l
     \                   l lY      /                /|
       丶                  从 ', /`ヽソ: : : : : . . .       /:::i     有るのはシーアとスンニの憎しみだけ
        \                 丶 : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:/:::::::/
          l::l⌒                 \: : : : : : : : : -=ニ二::::::::::::::::)
         l::l    `ヽ            ` <: イ^::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
\        l:::l      ト、          }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  \         ':::',        `-=x         j::::::::::::::::::::::::::::::::::: '"  ゝ _
   \      ' ::.... __   ..-=::::´::::/`ー=≦:::::::::::::::, '"          ,::::::::::::::ヽ
     \     ’::::::::::::::::::::::::::::::::/      ,:::::::::.::/        ,....:::::":::::::::::::::::::::::
      \    ' ::::::::::::::::::::::::/     , '  ̄ `ヽ:/         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        \     '::::::::::::::::::::/     i       }         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         \  i:::::::::::::::::/     人     ノ      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           \ l::::::::::::::::j       ^ミ三三彡^    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




             /`ヽ      経済対立から起きたWWⅡとは、根本が違う
           ,ィ'  ̄ヽヘ
         / /  ̄ヽ }ヽ      イラクの民は、イランの民を殺し尽くしたかった
.        r‐'ヽ `ヘ―‐'  l、_〉
          iエi i  `ヽ ヽ、_ }        ,...-‐,、,、
         └、イ   \ \=ヽi     , ・ ´//ノノ    イラン民は、イラクの民を殺し尽くしたかった
     __     ヽ    _\ \!   , '´   ///
   /  `ヽ、   |::` 、__ヽヽ〉  ヽ, イ      ノ
 /--‐‐‐--' ヽ、|: : : :_:_, -ゝ -'´       _ノ   ホメイニ師は己が成し遂げた革命を守り抜き、
./: : : : : : : : : : : : :`ー'´ : /         ノ'"´   他国にシーアの旋風を吹かせようとしていた
{ ̄ ̄ ̄ ̄} : : : : : : : /        ,/ヽ
ヽ、    { : : : : : : /        ,イ    ヽ    フセインはイランのシーアを焼き尽くし、
  ヘ  _ 〈: : : : : : : {      ,r七ヽヽ    ヽ    イラクをスンニの盾という軛から解き放ちたかった
   }   ` 、: : : : : :i _ , イ ヽニ/ ヽ     ヘ
.   i     `ー‐‐、': : : : {  }: : {  }ヘ      ハ
   i          i : : : : `ー': : : `'´: :ヘ     ハヽ    ……民族の対立、ここに極まれり
.    i         ` ''、:_: : ; ; ; ; ; ; :_:_ノヘ    ハノ
    i            ヽ: : : : :/ }  ヽ    ノ   イランは地獄への道を進んだ
    ヘ             ヽ:::/   i   `ー‐'
     ヘ             Y   {
      }                   i         成し遂げた夢を、守るために
.      i                i
        i                i     それが正しかったかどうかは――誰にもわからない



               ____
              /    \
              /          \
            / ⌒    ー    \     ……
             |  (●)  (●)    |
            \  (__人__)    /
              /   `⌒ ´   イ`ヽ、
         , '     ` ̄          \



                             iヽ
                              i iヽ
                ,r、            } | i
             / __|_          ∩ イ ,' }
            ,イ/  `ヽ        i ヽ'   i
             / |    ヽ      i,'´    |
          /__, l , ―‐、 /ヽ,      ヽ..:: : :::: {
            〈  〉| ヽ___ノ 〈-ィ〉      }.   i
            i` ´|     .::ヽ/        |    |    覚えておけ、やる夫
          '.  _l__ .:::::::l´       i    |
          ヽト==ニ/ .::::::/   ___. i      |
           ヽ.二/_.:::/i,r七´: : : : :`i       |
.             _i: : : : : :: : : : : : : '   {      |
           _,./::'',イ : : : : : : '´     ヽ     }
          / ./ : : : : : : : '   ::::::::::::::: ヽ _,..ノ
       ,r'⌒i i : : : : :. ィ   :::::::::::: ,r‐'''""
       ,r' `ー'´ ,': : : : :,.'   :::::::::::::::: /
     r' 〉   ,': : : ;. ' .:::      /
    /^つ r-': : / .:::::        /
  _,r'´ `¨ヽ: : :.,.' .:::::::::       /
 / i  ヽ`ヽ〉Y .::::::     ___......i
. {  ヽ i`ヽ.ソヽ        ,.: : : : : i
. ヘ    ノ   }        /: : : : : : i
  `ー'´     i     /: : : : : : : : :i
         i    ノ: : : : : : : : : : :l



    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    何を、だお?
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \



                        ,r‐-、
                       /i    ` 、
                    /ィ^ ‐- 、. ヘ
                  /      '., ',    個々人の仲が良くても、国が違えば潜在的に対立することもある、と
                  ,r 、   ,...._  ',.',
                  ,'|l`l |  〈   ヽ ', i
                    i::|l‐l.|   ヽ   _〉'iヽ
                  i::`ー'       ̄  iノ    イラン・イラク戦争はその最たるものだ――
              _ ______ ,i:::..',       __,'
        y''"´` 、`ヽ  i::::} : :',    |ヽニ/
       /      ヽ: } .i::: : : : ヽ    ヽエ/      友が、家族が、引き裂かれた
.      /     .: : :}::i i::: : : : : :` ‐-,-‐ 'ヽ、
      ,' i:i     ::i .i:::i i::: : : : : : :./ |:::|   `ヽ    , - ‐ 、    屍は砂漠で朽ちて、残ったのは憎しみだけだ
     ,' {:ヽ........,.':::ハ .:::::i '.,: : : : ::::/  /:::ヽ  ....ヘ, ィ´ . :_-_‐'___
.     i  iハ: : : : :::::/ハ.:::::}  ヽ: : : ノ  ./: : :ノ''''', r '´ .:: '  ,......___ _)      ,..、
..      }  }. ',: : : : :{ ハ ::ノ  ,'::,'  ,...::'::,.' - 、/      ィ  _..._____)    / .ノ  __
      /  { }: : : : :{  ハ '  ,'::,'  ,..':::::;;/_ . ィ         ' ¨ '' - 、   /  'ー‐(___)
.     /:.   i i: : : : ::i  , ;r -‐‐‐‐‐‐'''''''¨   ヽ        ,... -―‐‐‐' -‐´ i.     (___)
    }: : : . .i .i: : : : , '"´: : : : : :::::::::::       }     , イ i::i         i     (___)
    /: : : : :.i.i: : : :': : : : : ' ' '             , ィ----‐'、  /::i        ヽ ___(__)
   { : : : : : i.i: : : : .' ´           , '       ヽ、/  ___  - ‐ ´ ̄
   i: : : : : : ヽ: : : .      _..  -‐ ´                ̄
.  i: : : : : : : : :`ー‐‐‐‐. . .´: :i                        まぁ、これからどうなっていくかは両国の若い人間――俺たちのような人間次第だけどな



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     ……興味深いし、考えさせられるお
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                     |.|
                  , -.´|.|` - 、
                  , ' ⌒ 、 .||  ,⌒丶
                l___..ノ || 丶._ ,l 、
               ./       |         l
              r┤    x-─‐-、    「`i
              凵    .〈ゝ─‐.く.〉   |__|
                  |┤     マ l l /    L」
               `ヘ     〉  ̄ 〈    /     お前はムスリムじゃない、あんまり気負うなよ
                ヘ.  /    マ  /
                 `r --====-- イ
                    |: : : : : : : : : : |
                      /: : : : : : : : : : ∧
          ,,, -----──く: : : : : : : : : : : : : >─ー-----..、
       /|: :`ー 、     `ー 、: : : : : , ー'     , ‐''´: |\
     ./  l: : : : : :ヽ         l: : : : l       /: : : : : l   ヽ
    /   l: : ..i: : : : ヽ       |: : : :|       /: : : : : i l    ヽ
    ./   |: : ::l: : : : : :.l       r ⌒ヽ       j: : : : : : l: l     l
   {   ノ: : ::|: : : : : : |      弋___.ノ       |: : : : : : |: ハ   .}



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |   ああ、解っては居るお
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




おしまい


6439 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:36:16.74 ID:q6jCsepD
ふーむ。やっぱり現地の人の声ってのは重いですな……。

6440 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:42:40.62 ID:qzTUrJYS
宗教戦争は血の一滴まで滅ぼし終えるまで終わる事は無いか……

6442 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:46:47.50 ID:18Xp3HW5
なんかもう目を覆いたくなる悲劇と憎悪

6443 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:47:52.03 ID:3mvcQG1u
よく考えなきゃいかんっちゅう感想吐くので精一杯なほど
重たい話だ

6444 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:47:56.47 ID:ZQxeT3rV
ぐをーへヴぃな…
てかこんなヘヴィな話をできる外国の友人がいっぱい居るってのがすげー

6441 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:44:15.45 ID:rsSMonBj
>>イラクの民は、イランの民を殺し尽くしたかった
>>イラン民は、イラクの民を殺し尽くしたかった

目を覆う

6449 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/07/11(月) 17:56:44.64 ID:IKu99acy


>>イラクの民は、イランの民を殺し尽くしたかった
>>イラン民は、イラクの民を殺し尽くしたかった
  について、本編でカットした一幕




                     |.|
                  , -.´|.|` - 、
                  , ' ⌒ 、 .||  ,⌒丶
                l___..ノ || 丶._ ,l 、
               ./       |         l
              r┤    x-─‐-、    「`i     イラクの民は、イランの民を殺し尽くしたかった
              凵    .〈ゝ─‐.く.〉   |__|
                  |┤     マ l l /    L」
               `ヘ     〉  ̄ 〈    /
                ヘ.  /    マ  /
                 `r --====-- イ        イラン民は、イラクの民を殺し尽くしたかった
                    |: : : : : : : : : : |
                      /: : : : : : : : : : ∧
          ,,, -----──く: : : : : : : : : : : : : >─ー-----..、
       /|: :`ー 、     `ー 、: : : : : , ー'     , ‐''´: |\
     ./  l: : : : : :ヽ         l: : : : l       /: : : : : l   ヽ
    /   l: : ..i: : : : ヽ       |: : : :|       /: : : : : i l    ヽ
    ./   |: : ::l: : : : : :.l       r ⌒ヽ       j: : : : : : l: l     l
   {   ノ: : ::|: : : : : : |      弋___.ノ       |: : : : : : |: ハ   .}



            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \   それ言い過ぎじゃね?
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /



                        ,r‐-、
                       /i    ` 、
                    /ィ^ ‐- 、. ヘ
                  /      '., ',   殺らねば
                  ,r 、   ,...._  ',.',
                  ,'|l`l |  〈   ヽ ', i
                    i::|l‐l.|   ヽ   _〉'iヽ   殺られる
                  i::`ー'       ̄  iノ
              _ ______ ,i:::..',       __,'
        y''"´` 、`ヽ  i::::} : :',    |ヽニ/
       /      ヽ: } .i::: : : : ヽ    ヽエ/   イスラムの宗派対立ってこんなもんよ
.      /     .: : :}::i i::: : : : : :` ‐-,-‐ 'ヽ、
      ,' i:i     ::i .i:::i i::: : : : : : :./ |:::|   `ヽ    , - ‐ 、
     ,' {:ヽ........,.':::ハ .:::::i '.,: : : : ::::/  /:::ヽ  ....ヘ, ィ´ . :_-_‐'___
.     i  iハ: : : : :::::/ハ.:::::}  ヽ: : : ノ  ./: : :ノ''''', r '´ .:: '  ,......___ _)      ,..、
..      }  }. ',: : : : :{ ハ ::ノ  ,'::,'  ,...::'::,.' - 、/      ィ  _..._____)    / .ノ  __
      /  { }: : : : :{  ハ '  ,'::,'  ,..':::::;;/_ . ィ         ' ¨ '' - 、   /  'ー‐(___)
.     /:.   i i: : : : ::i  , ;r -‐‐‐‐‐‐'''''''¨   ヽ        ,... -―‐‐‐' -‐´ i.     (___)
    }: : : . .i .i: : : : , '"´: : : : : :::::::::::       }     , イ i::i         i     (___)
    /: : : : :.i.i: : : :': : : : : ' ' '             , ィ----‐'、  /::i        ヽ ___(__)
   { : : : : : i.i: : : : .' ´           , '       ヽ、/  ___  - ‐ ´ ̄
   i: : : : : : ヽ: : : .      _..  -‐ ´                ̄
.  i: : : : : : : : :`ー‐‐‐‐. . .´: :i



     ____
   /      \
  /         \
/           \   お、おう
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



こんなやり取りもありました


6451 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:57:59.58 ID:5u3EOS1u
>>6449
各国に広く見識あるイッチでもこれだもん
普通の日本人には考えられん世界だなぁ……

6452 : 隔壁内の名無しさん : 2016/07/11(月) 17:58:12.62 ID:ubN2E7dk
貴重なご意見ありがとうございます

今はそれしか言えないなあ、もうちょっと咀嚼して考えてみたい

関連記事
10600 :日常の名無しさん:2016/07/15(金) 17:40:09 ID:-[ ]
これが本当に怖いのはイラン人が冷静に論理的に語ってること
つまり論理的に話せるインテリが「本質的に戦争不可避」といってることなんだ。
10616 :名無し:2016/07/16(土) 00:03:16 ID:-[ ]
根源的な部分で
不理解と恐怖が凄まじい
日本の場合は昭和天皇さま一人冷静であられたから降伏って言えたけど
イランの場合、ソレにあたる御方がグツグツ煮立ってる
10622 :日常の名無しさん:2016/07/16(土) 09:10:26 ID:-[ ]
これに加えて宗教という歴史に根深さを表面上でしか知らない、知ったつもりのアメリカが引っ掻き回した、か
日本も宗教が主導した戦争の危険性は時の権力者が身を持って体験し、それを封じ込めてる(本願寺を二箇所に分けた)

アメリカは札束と拳銃よりも恐ろしいモノをキチンと知って行動すべきだったかもしれませんね
10637 :日常の名無しさん:2016/07/16(土) 21:57:52 ID:Jw4Ev6FY[ 編集 ]
両方とも、自分では想像もできなかった見識で、深いものがあって何にも言えない……

もしかしなくても、1さんのおかげで、すごいものを見てる気がする……
11013 :名無し:2016/08/14(日) 02:25:22 ID:-[ ]
因みにナチス・ドイツは
ヒトラー以下殆どの閣僚が熱気ムシムシで
トチ狂っていたので
降伏する事なく自殺しよった
その為戦後ドイツ全国民の代表として交渉する者がおらず
結局分断された
11956 :日常の名無しさん:2016/11/12(土) 00:01:19 ID:-[ ]
殺さなきゃ殺されるっていう恐怖も殺し合いを加速するんだろうな・・・
14145 :日常の名無しさん:2017/04/12(水) 15:06:19 ID:-[ ]
イラ・イラ戦争と言うが
多分一番イライラしてたのコマツ建機
復興用に渡したブル、そのまま戦場に投入しとるもん
せめてコマツの文字くらい消せ
18102 :日常の名無しさん:2017/08/23(水) 00:17:40 ID:-[ ]
これは「イスラム教だから」という点もある
イスラム教は生き方そのものであって日本の宗教とは違う
神の信じ方を変えるということは、家族、友人、とすべての人間関係を絶ち、かつ今までの人生そのものを否定することだから
イスラム教は本当に生活に深く根ざしてる
18135 :日常の名無しさん:2017/08/25(金) 11:16:41 ID:-[ ]
>>イラクの民は、イランの民を殺し尽くしたかった
>>イラン民は、イラクの民を殺し尽くしたかった
リアルで「うわあ……う わ あ」とドン引きするレベルなんだけど
仕方ないんだろうね……
24206 :日常の名無しさん:2018/03/28(水) 21:49:01 ID:-[ ]
難しいなぁ…ほんと考えさせられる
26964 :日常の名無しさん:2018/06/09(土) 17:51:51 ID:-[ ]
理屈は分かるけどマジでそんな事があるんだな
30202 :名無し:2018/08/08(水) 21:34:50 ID:j4zCBgh2[ 編集 ]
衝突が起こるほど教義が違うならまだしもそれすらない単なる派閥争いでここまでハッテンしたらもう事態の収束は不可能だと思う
どっちかがどっちかを滅ぼすか第三者にどっちも滅ぼされるか何らかの理由で物理的に距離を置くことになるか位かねえ
36737 :日常の名無しさん:2019/01/08(火) 15:37:27 ID:-[ ]
中東でいろいろやらかしてるイスラエルも
やらねばやられるって恐怖心が根底にあるんだろうな
57906 :日常の名無しさん:2019/08/10(土) 21:56:59 ID:SkQoW9LU[ 編集 ]
何度でも読み返したい伝説の回
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 現行作品リスト (06/25)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑫『悪から夢を』 (05/07)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑪『終わりゆく世界』 (05/07)
  • やる夫は仲間達と冒険するようです 第26話「厳しい制裁!」 (05/07)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】マーリンの不思議な借金 24 (05/07)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十九話 Await (05/07)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十八話 決闘! 決闘! 決闘! (05/07)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十七話 The war which never ends. (05/07)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十五話 ダンブルドアの発狂 ~ 第五十六話 人気者になりたい! (05/07)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十三話 ポッターとマルフォイを愛でる会 ~ 第五十四話 スネイプ被害者の会(会員四人) (05/07)
  • やる夫たちでソードワールド 開拓冒険者! (05/07)
  • やる夫たちでソードワールド 大食いPT 3 (05/07)
  • やる夫たちでソードワールド ヒロインのいないできないPT 6 (05/07)
  • やる夫たちでソードワールド できる夫キノコ旅 9 (05/07)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫となんたらPT 9 (05/07)
  • やる夫たちでソードワールド やる夫とブラックPT 12 (05/07)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 3 (05/06)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 2 (05/06)
  • ジーク君は復讐の旅をしているようです 1 (05/06)
  • 君の頭蓋骨に乗りたい 第11話 「 至高の必殺技 」 (05/06)
  • 国際的な小咄 8137 ロシア人に聞いてみた (05/06)
  • 国際的な小咄 8136 生まれる国を間違えた馬 (05/06)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑩『羽ばたく思い』 (05/06)
  • ヤルオは返済に奔走するようです IFルート⑨『姿』 (05/06)
  • チートとかなくて、開幕ハードモードだけど頑張って生きているやる夫君のお話 その3 (05/06)
  • 読者投稿:PCR検査体験談 (05/06)
  • 読者投稿:刺青についての病理学的小話 (05/06)
  • 読者投稿:『なんで刺青を入れようと思ったの?』について (05/06)
  • 読者投稿:都道府県的な小咄:グンマ編 25 つの旨 (05/06)
  • 読者投稿:将棋の世界について「加古川青流戦」 (05/06)
  • 読者投稿:虎やんの「レトロゲーム遊んでみーひんか?」そにょよぉん 「エターナルメロディ」 (05/06)
  • カレドニア千年王記 第39話 結婚の日だというのになぜこんなにも悲しいのだろう (05/06)
  • やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです 劇場版 名探偵ギル と、その助手やる夫 時計仕掛けの摩天楼 最終話 (05/06)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第三一話 「愛麗絲オーヴァーチュア」 (05/06)
  • やる夫は魔導を極めるようです 第百三十八話 (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第五十話 100味ビーンズ味募集大会! ~ 第五十一話 マキマとデンジ ~ 第五十二話 HMPS (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十八話 濃密なる、愛 ~ 第四十九話 透明マント (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十七話 ルームメイツとの雑談 (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十五話 心躍る冒険譚 ~ 第四十六話 タンジェロ、疑問を抱く (05/06)
  • タンジェロ・ポッターと賢者の石 第四十三話 愛についての話 ~ 第四十四話 unknown dream-1 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド コボルド冒険者 5 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド オールライダーPT! ~ ラクシアの一休さん (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 蛮族オンリー女パーティー 5 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド ハルピュイア語を習得していなければ死んでいた ~ 本当は怖いラクシア ~ ラクシアで内政! (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 桃太郎PT 2 (05/06)
  • やる夫たちでソードワールド 三馬鹿PT (05/06)
  • 国内的な小咄 1509 さわやかな旨味 (05/05)
  • 国内的な小咄 1508 生シラス (05/05)
  • 国内的な小咄 1507 当然 (05/05)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】メガテンあんこ 後編 (05/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2021/4)
    ※完結作品は集計した前の月(3月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1ハリポタ世界と鉄血のオッサム1華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    2やる夫たちでソードワールド2やる夫はソロハンターのようです
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4異世界からかえってきたやる夫君のお話4やる夫は怪獣の狩人になるようです。
    5やる夫の現代ダンジョン5やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    6やる夫の鬼滅っぽい刃6異世界食堂できない夫
    7やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。7すまない、転生先が蛮族で本当にすまない
    8慎二は自身の高慢と向き合うようです8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9ダイスに委ねる皇女生活 in エリア119召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は魔導を極めるようです10あんこ時々安価で鬼滅の刃
    11やる夫はスキル世界であんこるようです11やる夫は聖杯を落としたそうです
    12日本っぽい異世界で鉄道縦断の旅12気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第3部
    13それ行けサイヤ人やる夫!13横島くんは死神になるそうです
    14ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱14陽キャで脳筋な僕の奴隷
    15できない子とSCP15レベルを上げるスレ
    16安価であんこなロボット物16アカガネ山のやる夫
    17白頭と灰かぶりの魔女17シャーマンファイト IN あんこ
    18あんこ時々安価で惑星のさみだれ18やる夫がFF2を快適にプレイしたいようです
    19やる夫は善行を積んで異世界転生したいようです19やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    20あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG20ダンガンあんこ
    21喪女ゴンクエストⅢ ~そして結婚へ~21鬼舞辻無惨は楽に暮らしたい
    22ヤルオは返済に奔走するようです22魔術師を作ろう! & 英雄を作ろう!
    23やる夫は仲間達と冒険するようです23やる夫達は人間ではないようです
    24女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望24オーバーあんこ
    25やる夫とライナーは鬼武者のようです。25ドクオが異世界転生したようです
    26やる夫は奇妙な友達ができるようです26現代知識チートで無双する男のおはなし
    27魔法コミュ障女★結芽は怠惰27証言と証拠は安価とあんこの後で
    28水銀燈は万物を魅了するようです28アメリカンヒーローアカデミア
    29しのぶさんは間桐のマスターのようです29やる夫は男子校?に通うようです
    30彼らは奇妙な“敵”から街を守るようです30いまだ魔法は解けぬままに
    31ベータで金銀なポケットモンスター31ほぼ日刊英雄()をつくる
    32君の頭蓋骨に乗りたい32やる夫は転校生のようです
    33タンジェロ・ポッターと賢者の石33やる夫とはやてはゲームセンターで出会ったようです
    34ミリオンクエスト ~MP100万で異世界攻略~34やる夫はギルドを経営するようです
    35血まみれ勇者35できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    36やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです36異世界転生したいやる夫のお話
    37やらない夫がサッカーで天下統一するようです37のうみん!
    38正義屋さん38やる夫の野望
    39デキルオは魔物と共に取り戻すようです39あんこくさい連合頑張る!
    40やらない夫は集われるようです40あんこ戦隊


    過去ログはこちら
    人気ページランキング