やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第35話 「赤い夢赤い罪」(63)

目次 現行スレ

168 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:15:24 ID:BO0gbz1c
.
第35話「 赤い夢赤い罪 」(63)
.
     |/ !::::;'∨∧          {j     /イ / l!'/ノノ〃
     { |::∧ ∨∧                      }/  ,レ' /
        |/  ヽ マ∧           ___      / ̄
           マ込、    f'´ ̄    `ヽ         ~♪  
            | |       ` ー‐   ‐一'  /
            | |    >         イ {
            └===(ニ⊃ `≧‐-‐≦  |
                  |         |
                /|          ト、
               /::::ノ          ヾ:\
.
.
.
                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '    「 肉体から離れた魂と言うのはとても脆弱な存在です 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;   肉体の容(うち)に在るからこそ魂は安定した存在でいられる
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/ー‐、...|::./ '´    |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l   逆に言えば肉体から離れた魂の殆どは余りにも弱弱しく儚い
      |:.:ト、.:.:.:.:/ィrf‐≠‐、ミ./        |:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|   
      ヽ| l:.:∧´ミ、_弋_’ノ`     ー=='´' }:.:.:.:.:/:/ l:.:|    拠り所がないからです                           
       } |:∧::.       :i         /|:.:.:/レ  ヾ|
         |'  l∧     :l           /.::}ノl




169 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:16:21 ID:BO0gbz1c
.
                 , ィ_
              , -‐┘: : : : `丶_,.ィ
             /. : : : : : : : : : : : :〈
            、_{: /.!: : : : : : : : /. : ハ   「 魂の儘漂えば漂うほど彼らは己の存在を亡くし、忘れていく 」
            `イ: 从!: : : :{:ノイ^Vノl′
             ヘ、: l: : : ハ:从小
              厶从从イミハ」
              {´      `Y
            _ ノ       {_
      ,.--‐ ´            ̄   ‐- 、
      ト   __      ______ __ ,イハ}
      {」}「r‐…‥=ミ、i____ノ/ ̄ ̄ ̄[ハ }くく /
       Yノ:ヘ:::::::::::::::::::「¨¨「::::::::::::::::::::::/.:{{  V
       {:::::::::ハ::::::::::::::::}:::::{:::::::::::::::::::::::{:::::`='
      ,'.::::::::::::ト、:::::::::::, ‐‐ 、:::::::::::::::, イ:::::::::::!
      l::::::::::::::ハ二彡'´、` ミ二二 .イ:::::::::::}         
      {:::::::::::,'  }    }      {:::::::::::j
       j:::::::::::'   {   ,ィ仆、     ,1::::::::::|
      f::::::::::,′  i ,f′ }  ヾ、  l」:::::::::::!
.
.
.
       '. l   lヽ      ′   /イ/ })リノ
        ヽ| '. ト、\   ー 一 r;;、∠ノ__.イ     勿論、何事にも例外はありますけどね
           }/ ,.ゝ!-丶、     ,` T ´ーァ人
             〈 ヾ、j/! ` ー ´   !_. ´  /
            )、  `丶、 __. ´   /〈
            〈  ヽ、         丶 ハ.__. -‐ ¨丶
         r―‐ヾ\  丶   __.  _´ -―ノ` ーァ―- 、 \
       .ィ―‐┤   ヽ \    _.  ´      /::::::::::::::::::` ー-、
     / ;::::::::::、    \ ` ー ´       /::::::::::::::::::::::::::::::::/|)
    ハ} !:::::::::::\      ` ー‐  ´   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l:、
    !   l::::::::::::::::::\         _ ..:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|   l ヽ
     |  |::::::::::::::::::::::::丶、___ ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l   |  \
    ,′ l:::::::::::::::::::::::::: /|:::|  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  l   ∥、
   ハ   !::::::::::::: _.   ´  l::l    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\  !   l|/
  /    |:::::::: /     l::!       \:::::::::::::::::::::::::::/   ヽ.l   l|
  }     レ '´        !|        >-、:::::::::::::::/       |  |:|

170 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:17:30 ID:BO0gbz1c
.
  /::;;;;;;;,´::::: :::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :::: ::: :: ::|
  /::/:: ::::::::| :::: :::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: : :: :: :|
//|:/;;:: :: ;;|:: :: :::::: :::|;; ;; ;;  ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:: :: :::::::|
/ハソ;;;;;:::::;;.|:: :: :: :: :::|;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.::: ::|:: ::.|
  i/ハ::;;;, 、.|:: :: :: :: ::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: :|:: :::|
   ノ;;;;/ V |::::i::::::::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ハ;; ;; ;;:::;;;|i:::|::|
  /::::;:ヽ i::|::::|:: ;;;:|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; _,/;; ;/;; ;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;/;; ./ |;; ;; ;; ;;||;;:|ヾ、
  ノ/;;;;;;;i. .|::|::::|::::;;;ヾ;;;;;.;;_x -''´////;; ;; //;;/;; ;; ;/;; ;/''´ |;; ;; ;; ;;|ヾ|ハゝ  …そんな胡散臭い御託はもう良い
  ´/::;;;;ハ::;;ヽヽi::;;;:::;;;;;`、/_><<_//;;;;;/ /;;://;;;;;;//;/ ィt /;;;;;;;;;;;;;;| レ´
  /;;;;;/ /;::;;;;;;;li;;i;;;i:::;;;;;;;;|;;|弋及-、|`//;;;/=、/;;//;;;;;///,xィ勿ト /;;;;;;;;;;i;;;;|     ナナリーが目覚める前にさっさと始めて終わらせろ
/|;;;/  |;;i;;;;;;;;|ヽ`ヾ;;;;;;;;|、;i廴::...::ン`''x、 /;//;;;;;//ィ冬z刻/;;;;;;;;;;ハ;; /
  |/   |;;|i;;;;;i、 ヽ`、ヾ;;;;ヽ`、` ̄ ´ /    / |;;/       /;;;;;;;;;/ |;;;|
     ヾ ヽ;|\ \ \;;;;ヽ、.         / |    /;;;;;;;;;/、_|/_
       i l\.\  、\;;;;\        ´  i   /;;;;;;;;;/  /  `i
        v  \.\ .\`''-、          / //i;;;;;;/      |
            ゝ`''- 、\   _  _ _  , /ハ;;//;;/       .|
             / /ヽ_``\   ̄ ̄ー.´//           イ、
            ./ /    ̄ `> 、    /              ノi
           / /       // ` -´          /   /-、_
           `'',/      ( (                      ヽ
.
.
.
                  ,.─zュ、
                , ´ i   /i ̄ヽ.
                 ,' / l. / l  ∧    気持は判りますが急かさないで下さい
.               | レ' l l | /'l. ∧∧
               ,イ j xLN,/ j/! }. ,ゞ  これも必要な行為なのですよ…それより
              ,ノ| l. ftッ' ′tッ | / /
.               | l ,{   ,   j ィ′
                イ'イ ゝ、ー- rz=┘
              r‐(≧=‐-゙f'h_」ア「三》ュ.、
            /三三三ニi l l゙ト,二三,L=-ヽ.
           r'⌒'く三二ニf゙! '  },>'"   ハ.
.          ,.イ!   ∨ ,ィ=}   / /  / ハ
        _,z1 :∧_,.x≦ ̄入_厂 ̄》 ,/     /  ヘ
   _,. -≦三三三〉 / / // 7__ _  __   \
-=≦ 三三三三;<// 厶、 ./ /∧ ̄ ` -x、___      》,
. 三三三三;;≠'  〈/   \ /_  /|||      i′;∧`'<__〉
 三三;;≠"   ,/    〉/  ̄.》 |||      |:;:;:;..:;:\.   ),
 ;;≠"   _,/ _ ___,/〃    ; l |||      |:::; .:.:.:;:;.',   ),
_  ─  ̄ .:.:::::::;::;:;:;;;/ i    ,' :l |||      }、  ::.:.:.:;:!    ',

171 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:18:13 ID:BO0gbz1c
.
        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ     
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
.
.
.
    /.../     .: ./  .: /: ./    /ミミミ、l| ノ-、ハ
  .,/__/_._____ .::/ ./.  .:: / / .′   /三ミミミi|/___.......|
..,〔二、__,、___  ̄`ー‐‐‐ヲノ .:    .l    `.l彡テ;/
/ ̄7   .`7ヽ,->,r'"´   :: .:   .|    .|::::;/
.  /   .:::/ ,イ ,r" :.   .::: .:: ..._,x´-、_   l:::lハ
 .:/  .:::;f´/l|.::l:: :::,.   l:::;::r"  ``‐ `-ノ:i:lハ    「 死者に縁深き者は本当にこれで全てですか? 」
:::/ .::,r" / . |.|:::::l::..::ノ: .: :.,':::|::l  ヽ、  ./_ノノノ
/ .:::,r".〃  .|.|::::::l::/.: .: i./.::;;|:|    `′ト、l  ̄´
.::/..:〃  .:::|.|:::://.: .::.:∥.'´ .`‐      |:::|
´ .:::〃 .:::r‐‐!|チイ.:: l::::l'.,ヘ     __ _., ':::ト-ァ
.::://.r‐x.|  |ノ.|,r'`,|l::|/ `i .、 , '´:::;::::)::|~
://.:::`i .ノ  _ !‐′ /l|、lヽ、jL;:::`i:::://.l:|
'/.::::,x'   ``ヽ、ト、,..=,、_ i´.|1l||::/´  リ
:l::,r".         ヽ.~ /‐`ヽ ト!!.|:l
|:l:::::::::::::.       / /    l~l、`i
l::l;::::::::::::::      /  L__  ゙i   |
|::.∨::::::::     .λ    ノ l`i|  l
:l::/.::::::::   ../ ヽ / .λ  /

172 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:19:11 ID:BO0gbz1c

              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l …ああ、これで全てだ
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|  
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:| まさか生前故人と話した事のあるもの全員を呼べとは言わないだろうな?
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ 
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
           _ -─= ̄. : : 孑 .| |: : : : | |(卅)\
      _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、
.
.
.
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.  ̄`メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;   …そうですね、貴方がそれで宜しいなら結構ですよ
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/   ヽ|::./ ,-´     |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l
      |:.:ト、.:.:.:.:/      }/   __     .|:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|    レンの歌も十分にこの場に満ちた
      ヽ| l:.:.∧  ー=‐      ヾミ、_、..' }:.:.:.:.:/:/ l:.:
       } |:∧::.       :i        ̄``./|:.:.:/レ  ヾ|    では、そろそろ始めましょうか…アーニャさん
         |'  l∧     :l           /.::}ノl|

173 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:20:06 ID:BO0gbz1c
.
       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }   …あの、始めるって、どうすれば…?
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |
.
.
.
 /: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :/ : /: : : }: : : : i : ハ : ヽ
 | : : : :/ : : : : : /: : : : : : : : /: : : /: : : /l: : : : | : : l : : |
 | : : :/ : : : : : / : : : : : : /: : : : :/: : : / l : : : ト、: :l : : |   己を彼女に解放すればいいのですよ
 | : :/ : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : /: : : /-‐ l: : : : : \: : :|
 | :/ : : : : : : : : : : : 〃:/!: : : : /: : : /____|: :/: :.| : : \|   …アーニャさん、私は貴方の祖父から、頼みごとをされました
 |ハ : : : : : : : :/: ://:∧! : : :〃.: :斗t_テ=チ:/|: : |: :/ : 小
  | : : :〃: : //t_テ/ヾ:| : :/ ! :/込__シイ/ : : Ⅳ⌒)/   自分の死後孫娘に会って欲しいと…それは以前お話しましたね
  | : :/|.:./:/::::≧厶=彡| :/  j/     _ノ  i: : ん/″
  | :ハ|: |∧::; '"´´   j/:|         ノ/: : /
  |/  | :|: ∧     /::::|        / / ∧/
     j/|:/.:∧      \::} ヽ         / /: /
      j/}: : : .      __  __      /, 'ハ{
       j/|: :\   ´ こ. `   //: :{
           レ'i_:_}\      ⊂孑一 ´{辷亠‐=ミ
       __{::`::ー-ミ 、     r‐‐::亠::_}:、: : : : }
    _/: : : } ` ̄|::::i ≧=≦ |::::i厂 ´{: /: : : : {
  /´: : : `: : : :`ー‐┴┴―――┴┴―┴' : : : ノ:ヽ

174 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:21:08 ID:BO0gbz1c
.
                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '     「 …はい 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
                  ,.─zュ、
                , ´ i   /i ̄ヽ.
                 ,' / l. / l  ∧    でも何を頼まれたか…その詳細はお話していなかった
.               | レ' l l | /'l. ∧∧
               ,イ j xLN,/ j/! }. ,ゞ   …私が貴女の祖父に頼まれたのは
              ,ノ| l. ftッ' ′tッ | / /    貴女の身内に巣食っているマリアンヌを引き剥がす事ですよ、アーニャさん
.               | l ,{   ,   j ィ′
                イ'イ ゝ、ー- rz=┘
              r‐(≧=‐-゙f'h_」ア「三》ュ.、
            /三三三ニi l l゙ト,二三,L=-ヽ.
           r'⌒'く三二ニf゙! '  },>'"   ハ.
.          ,.イ!   ∨ ,ィ=}   / /  / ハ
        _,z1 :∧_,.x≦ ̄入_厂 ̄》 ,/     /  ヘ
   _,. -≦三三三〉 / / // 7__ _  __   \
-=≦ 三三三三;<// 厶、 ./ /∧ ̄ ` -x、___      》,
. 三三三三;;≠'  〈/   \ /_  /|||      i′;∧`'<__〉
 三三;;≠"   ,/    〉/  ̄.》 |||      |:;:;:;..:;:\.   ),
 ;;≠"   _,/ _ ___,/〃    ; l |||      |:::; .:.:.:;:;.',   ),
_  ─  ̄ .:.:::::::;::;:;:;;;/ i    ,' :l |||      }、  ::.:.:.:;:!    ',

175 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:22:14 ID:BO0gbz1c

       ヘ.:.:ヘ.:ヘヽ\          |i        /.:/.::./    
         ヘ.:.:.ヘ.:.:.:ヽヾ        lリ      //.:.:.:/
          ヘ.:.:.ヘ.:.:.:.:\_     ___      イ.リ l/   …何だと
           ヘ.:.:.ヽ.:.:.:. \   -'――‐‐`- /.:l.:.l .リ
          ヽ:.:\.__  \   ー‐‐  / l.:.i./ リ
            \ノ `ヽ_ `ヽ    / ,=-'`i入
             i´`ー---ヽ_ `  イ_ノ_,,-‐'ヽ从
              ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;|}入
.
.
.
                  ト、
                z==ソ::y'r-
              z': : : : : : : :>        残念ながら僕…失礼、私は霊媒体質ではありません
              彡 : : : : : : :ハ}
              ソノ: : : : : ノノ         ただ個人的な事情で魂や…人の精神の取り扱いに関しては多少知識が有りましたので
               /"!"!" ̄ ̄ヽ、
             r<、__,, r'r'´::ア-、     …貴女のお爺様も、きっと藁にも縋る思いだったのでしょうねぇ
             |V: :/ : :|: :i :| ::/ i i i
            ,y': : //`|: : |: :{ ! i.i     墓守の孫娘が悪霊に憑依されたなんて誰にも相談出来る筈が無い
           / : :/   .| : .i、_ i l l l__
         ,/: : ,ィ' :ヽ,  .| : :;i l:l  4 |::ヽ、  ましてや自分が守っていた墓に眠る死者になんてね
        /: ::/l  ;;:|   | : : | l l   ,} :: ::|
       /: : : /  } : }   | : : ::l { ト、_∧ ::|  そして相談したとしてもあの村にそれを解決出来る人間はいなかったのでしょう
     /: : :/´  i_,,-'   l : : :l Ut  `--'´
    / : : /  _,r'´     |: : ::| ▽ i
   /: : : / /       l : : ::l    l

176 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:23:27 ID:BO0gbz1c

                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '      「 だから彼は無理やり貴女の中に悪霊を封じた 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
             _,, --- 、__      
          _,r'´ :: :: :: :: :: :: ::`ヽ、       表に出てこられないように、それは彼にも幼い貴女にも相当の負担だった筈です
        _,-'´::/:://::/i :: :: :: :: :: : ヽ
      `ーァ':: :/ ::/:: :i::ノ::/ :: :: }:: :: ::i :: ::',    そして死後も自分の魂を使い蓋をし続けた
       /:: :∠:: /二,メ-x': :: :: / ::i :: i :: : i
      '7: :_,,//,イツァ/:: :: :/:: ::i ::i :: :: :}    けれどそれにも限界がある、時が経てば綻びだって生じる
     ./i∧ リ   ̄ノ:: ,ィ r==t:: :/ /:: :: ::i
       ' 〈    レ"〆(同ノ :: ::/ ::/:: /     アーニャさんが霊を祓えれば良かったけれど、貴女にはそれが出来なかった
         }.こュ    ,,=ツ::/::/ ::/ , r'
       cェ,ハ___,,=="  レ'i :/:: / :/'リ     …そして彼は孫娘の為に決断する
      /:  ̄ヽ、,.....ィ '   从ィノi,:/ー-、_
    ./:  : : :: :/.}   i   _i,--'´:: /
  /:  : : : /´: :_i、__,, -- '´: :: : : イ、
/´::  : : : ∧::`ー : : : :  ::r :´ :_, } `ー-、_
:  ::  : : :/  ): : :ー-、 :  :  : :,r'´\: : :: :`ー―--、
:   ::  :/   /:  ::  : :  : _,,-'´   _,,-`t-、___,,=--、_
  ::  /    `ー、:  :_,, -'ヘ    /   |
 : : :/     〈:T ̄´     }  /´     |

177 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:25:55 ID:BO0gbz1c
.
     |                             ____
     |   ____   ____                   |;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:|
     |  (`),/|  /ヽ(゜,)                  |:.:ヽ.○ノ..:.|   「 外部の力を借りる為に事件を起こしたのです 」
     |      'i /                      | :.: .▲.: .: .|
     |      |i                      |;:;:;:;:jヽ;;:;:; |
     |      ||                       ̄ ̄ ̄ ̄
     |      ||
     |      ||            _________
     |___ /|ヽ __________.γ'            `, ______
   /     / .| \    __,________|           ______i、
  /              i__i,_______i________,,i__i  |
/                 | ┌'          .:.:.:.:| .:.:.:|
     __,..、-ー=、       L..i─────────L____:j
     'i,     'i,
     )     ',',',',')      _________
     i',',',',',',',',')_/;j    /          /l
     |______,,j/   /          //i|
       ー┷ー      iニニニニニニニニレ
                |il          |i|
.
.
.
          、__    -=、、
         _,, ->` ̄¨¨`ーN_
       三≧= :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ
        // :: : :: ::, :: :: :: :: ::、 :ヽヽ      マリアンヌの身内に異変を知らせる為に孫娘の体を操り墓を荒らした
       //´:: :/:: / :: :i :: i :: ::ヽヽ:ヽi
       レ': /:://:: : / ::/:: ::i ::i ::i :i :i      そして彼女の最も執着する相手に手紙を出した…呼び寄せ対面させる為に
       //:: / ::/::/:: /:: :: :i :i :: :i::i ::ト、t`
     ト,ト、 リi::l : ::i/_i_ノ//:: :/__i_i,:: ::l ::;:tヽ ,イ,7  …ふふ、皮肉ですね…可愛い孫娘を救うには
    .N l } __|:l l:: lz=。z`:: :/ィ。=ァ::/:: :/{  / { {i   彼女を蝕む悪霊の願いを叶えなければならないなんて
   // i |: :レ'从{、`¨/,;イ:" `¨リ//:::ル、-、| | |,
  _,イ .| .| |: :rt : }人,ィ ´ ,、   从ソ :.| .} / i iヽ
  { .{ l .l |: { .{ : :t : ト、. =ニ=c-≠=〉: :/ // / l l' t
  ', ! '  ヽ.|. i : : ヽt 、` -- '´7 : : :/ レ / /{,> >
  ,∧ i   V i : : :`ー――" : : :〈     '  / t
  ll ト、    /  ;;;;"" ¨¨ `";;; O l      /i i i

178 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:26:45 ID:BO0gbz1c

    ノ:.:.l:.|:l:.:.:.:.ヽゝ'¨´ノ   `ヽ ̄  /.ノ :.イr───、ヲ─、 ̄\
   /´}:.ハ:l:|ヽ:.:.:.',ヾ、_ヽ,       /´/./:.| |: : : : : : } | ̄\\            …待て
  ´  ノ/ },'i|:.:lヽ`ー、__  、-‐-、_   /:/}ノ{ {: : : : : : | | : /|: \\
   ノ'   ノ|:.ト |:.:.l:.ヽ`  `二 ̄   /' /リ}}: : : : : : }}rヽ|r‐、: ヽ)-‐ー ´ ̄
       ,':ノヽヽ:|ヽ:.:`丶     /__|¨//: : : ,、: : // 《〈〉ヽ}-‐´: : : / ̄
      /   ヽ、l.:./l/}:.ヽ... イ /ヘノ | |: :/  \l: /: : : : : : : : : /: : : :
         ._-‐‐‐|/ |!|_}ノソ', |イ,‐─' ´ /ヽ /: : : : : : : : : : ,': : : : : :
       /: : : : // リ リ/ | / ̄/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i : : : : :/: :l: : : : : :
      /: : : : /     / /  イ    < ̄ ̄}  |: : :://: : /: : : : : :
      \: : / / ̄ヽ / /       -‐‐ ̄ ̄ ̄ ̄{ /: : /: : : : : :
       / - ´: : : : :> /          r´_ ̄7 /: : : : : {: : : : : : : :
     / ̄  ヽ: : : <´/          -‐ \ノ /ヽ,' : : : : : l: : : : : : : :
         / /: : _/            _  \ /: : : : : : /: : : : : : : :
         / // ヽ            /: : : :\  }: : : \: :ヽ: : : : : : : :
        〈 /   \  /, -‐´ ̄ ̄: : : : : : : : { l__|: : : : : \: \: : : : : :
      //       \/l   | |: : : : : : : : : : : \\ : : : : : ',: : ヽ: : : :
   rー´ /|         \l   l |: : : : : : : : : : : : : \\: : : : \: : `‐-: :
.
.
.
                  ト、
                z==ソ::y'r-
              z': : : : : : : :>
              彡 : : : : : : :ハ}   …何ですか?
              ソノ: : : : : ノノ
               /"!"!" ̄ ̄ヽ、
             r<、__,, r'r'´::ア-、
             |V: :/ : :|: :i :| ::/ i i i
            ,y': : //`|: : |: :{ ! i.i
           / : :/   .| : .i、_ i l l l__
         ,/: : ,ィ' :ヽ,  .| : :;i l:l  4 |::ヽ、
        /: ::/l  ;;:|   | : : | l l   ,} :: ::|
       /: : : /  } : }   | : : ::l { ト、_∧ ::|

179 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:27:38 ID:BO0gbz1c
.
                 , ...'.:´  ̄`:丶、
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!
             ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!    …墓荒らしの件は兎も角
             .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. { 
               /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ   俺に届いた手紙は古い物で、そして確かに母の筆跡だった
           /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、
           ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`  そこの娘がそんな手紙を書ける筈が無い
            / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{
              リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ
               {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ
         ,  -  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}
       /´ ̄`ヽ: : `丶: ヘ}{∩!!: : : {{:{
      !: : : : : : : : '. : : : : :.`Y´: {!: : : {!ハ、
      !:/: : : : : : : :.ヽ、: ! `{j´: : {!: : : iハ}`丶.、
      i{: : : : : : : :.:.:.:.:.}: :}:. ___,{!: : :ヽ`ヽ: : : :.`丶、
       ': : : : : _.: :.:.:.:.:.i.: :!:.:}} ̄ ̄`: : : :.ヽミ 、: : : : : :ハ
.
.
.
 ー=≦:::::::::::::::/.:/:::/::::::.:.: : : 〉
   /イ:::::::::::/.:イ:::://:::〃: : : ハ
   /::::::::::::::::::::::::/::__:://: : : ://: }
  /::::::::::::::::::::/::::__∠`メ: .:/.://: :|   …ああ、その手紙を書いたのはマリアンヌ自身ですよ
  7:::::::::ィぅ::厶ァイ"Τブi :/ノ¨メ /i|
  /イ/:::{ い∨   `¨ {/ 〈灯}イ 八
   {i::::::\}            /`イハ{
    ゞ::::i|        _   /
  __ 从人  ∧   ‘ー ’ , '
/≧-  ̄¨ニ=-ミ\     /
三三二ニ≧-: : : :>`ニ ¨´
三三三≧x: : :` :<: : .`ヽ
 ̄ ̄ ̄二ニ=- ミ: : :`:.<.}_
        `ヽ≧x: : : : .}

180 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:28:09 ID:BO0gbz1c

                    l:: :: !:l`ヾ、      l         /'´!:l :: :: l  
                        ', :: :|:|   \     ,|       /  l/:: :: ,'    「 幼いアーニャさんの手指を借りて綴ったのでしょう 」
                   ',:: :|:l    >   ‐_‐  -<    ! :: ::,'
                    ',:::|:|   / j三≧___≦三! \  | :: :,'
                    ',:|:l __/  /, - 、::j !:::, -:,:!   ト !:: /
                   .. '、! /  /::l{ヘ !:} {::l γ':l   ! l::人
                   /    \  /r==='、! lr===z   /,  `丶、
                /     7  \}´ ̄`'─' '─'´ ̄`{/`V       、
                !    /    l\ :: /  ̄ \ :: ,.イ   \     l
                 |  /     |  \}_    _{:/ !       \  /l!
.
.
.
                        \:.:.:.:::\
              -‐=ニ二  ̄ ̄ ̄:.`ヽ:.:.:.::.\
           ....:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ _
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. \
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.::.:.:.:::::::::::::::.:.:.:::::.:.:.::::::::::::::.:.:. ヽ
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.
.      /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:. l
     l.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: .:.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.l:::.:.:.:.:.|:.:.|::.:.:. |   ただ書くことは出来たけれど届ける事は出来なかった
     |:/|:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:. |:::.:.:.:. |:.:.|:.:.:.:.|
....   / |:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:〃/:::::.:.:.:.:.:.:.ハ:::.:.:.|::::.:.:.:.:|:.:.|::.:.:.;    恐らく彼女の祖父に発見されて、取り上げられたのでしょう
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.  ̄`メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;    そして新しく手紙を書く前にマリアンヌは彼によって封じられてしまった
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/   ヽ|::./ '´    |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l
        |:.:ト、.:.:.:.:/、       }/        |:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|    その日から今まで…ずっとね
       ヽ| l:.:.∧ ー=‐      ー=='´' }:.:.:.:.:/:/ l:.:|
       } |:∧::.       :i         /|:.:.:/レ  ヾ|
          |'  l∧     :l           /.::}ノl
         |  ノ.:::.、                /.::ィィ:::|
.          !  r<二ヽ   ー   一 _イ二>,レ'
         , ィヘ  |:::ト、___  ィ:::::|   /
       / . : :´ ̄ ̄´ : : : : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ゝ、_: : : : :ー― : : : : : : : : : : : : :` : : : : :〉
.         _〉 : : ニ二二二二二ニ=――- : : : ´ヽ

181 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:29:09 ID:BO0gbz1c

│            {{ 乂ヘ:::::: ,        {{  ノリ ノリ :!  ';,             │
│            }}  } } 、 ー.,__ァ   ルイ{{彡イ    ';,             │
│.             Y{  乂_介 .  ー   . : {{    リ 亅   ';,           │   「 ちょっと待ってください! 」
│.              }}     { { }>r‐:彳  }}  〃 ,}}   ';,           │
│.               {{     } }  } i } } }   リ  〃 ノ八   ';,           │
│.               リ   ノノ ノ jノ厶,j  〃/ / / 爪    ';,          │
│              〃   彡' 彡爪//}{/{{  /   ' {{ハ   ;,         │
│              〃 /  /イ{{ハん// ノ}    /  八 ヽ   :,        ..│
│.            / / //  :}八弋(//〃 ./  /}{ ヽ     ':、        │
│           / //イ{  : :{廴≫/ 〃 /  / : :从   \ 丶  、      .│
│.           {{ / / }}  : :j}乂 / : :{{/  / : :/八 ヽ  \ \ ヽ,    ...│
│.         ∨ ′ リ/ : :{乂/ : :}}  〃   : : {: :‘,     丶    ';,    .│
│          Ⅵ  // : : j乂'  : :乂 /  ′  : : : : ',   \    ;,   ..│
│.             {{  { {  : :K/   : :/ : :/       : : :ノハ \ ヽ   }   ..│
│              八  人  : :i/   : : / : :/     : : /ハハ   ヽ } / ,     │
│            、         : : /   '       : : // } }}   / / /     .│
│.            \}\ }   : : : : /     : :/ // 丿八   / /    ...│
└───────────────────────────────┘
.
.
.
          }′    .:/.:./.:.:.:.:.:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.厶:.:.:ト、:.:.:ー ─:.ァ.:.: .:.:.:Ⅳ
         ノ  /   .:.:{:.:.{:.:.:.:.:/.:.:.:.:,!:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:.:.:. {:.:`: ̄ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:廴___
          `¨¨7  .:.:.:.:.:ト、:ト、::イ:.:.:.:./ !:.:.:.:.}:.:.:}:.:.:.:.小、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
           { i .:.:!:.:.:.:.:!ィ行メ{:.:.:.:.{、」:.:.:./.:.厶.:./  |:.:l、:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:厂´
             Ⅵ .:.i:.:.:i:.:代f爪癶:.:.:l`7≦≠ァ≠=}.:.}:.ヽ、ヽ、_:.ノ.:.:./   何でアーニャがマリアンヌに憑りつかれなきゃいけないんです!
                从:.ト、:ト、!`¨¨`` ヽ|  ィ汀云仆t j.:.j:.:.:.:.:.}¨´.:.:.:.:i/
             ` `!    /     弋弐タ }厶.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:./     彼女はマリアンヌの死後に村に来た…接点なんて無い筈だ!!
                  {    〈        ` ̄__,ノ.:.:.:/} }:.:.:.:.{__
                ',     `         `ー一 '"´ ノ ハ、;,;__ノ´
                  、  `辷ュ     u       __,/:.:∧
                  ヽ   ー         /  }:.:.}:.:.:} }
            ‐ァ───‐‐- 、           _  ´  _,ノ.:/:.:ノ ノ
        / /         {`トt‐:r‐=ニ二 ..  -‐: : :>'" /|
      / /           iイ } }: : : : :_: : :-‐ ¨´   ´  |
       .′ {                | レ' : : : / _  -‐ ¨´     |
     {   「 ̄ ̄ ̄`ヽ、      | |: : : : :|  {   rf^t_ァ       }
     |  | 「 ̄ ̄`ヽ. ヽ.     | |: : : : :|  l`t~┘}r′       \

182 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:29:50 ID:BO0gbz1c
.
                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '      「 …あるわよ 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
   / //   /      / / /  //     \  \__ __彡'/
、__」_ノ´    /   /_/ / /  /  {      、ヽ.   ヽ.一'′
  i'´   、_/_/__ //」{_/  /  /_/  ハ 、     い、\_ _jハ
  {   i { `7¬ァイ_/ゝ 二二彡'7.イ   ヽ\   i i `丁丁!  
  ゝ/乂_/__/⌒v´ /     /{≧{     ト、 、_ ! !   i  } }
 、_く/_/ー个 _} ヘ  {    i /r=≠ミヘ    } ゙ァ一} }  ! ! ,′ 
  { `7 /i   { \ \ヽ   トl    r爿ト、 .ノ イ/ //   /' 〃
  >‐{/¬…‐ヘ. ____ ヽト、! i{  し'^ 〉、/_」i二ィ7 / /    ?!
  }_,r─………‐- _ `ヽ、`  `ー‐ ´/´≧十ノ 〃 {/ /
  /  、__   _rュ_    ヽ   } u          {_// 八{'´
/   \_ー' Qー─ァ' /  /           ', ⌒´  `
/         〕//'⌒´ /  /              _ 〉

183 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:30:45 ID:BO0gbz1c

      { : :} l: :| |: .:ト、      :l      /|::: .::/: : ト、: \  ヽ
        \/ |.: :ト.|:. .:|-ヽ   ┌―‐┐  ,イ、|:.:.:/、: : :. \  ,ノ この娘、私の墓に綺麗な花冠をくれたの
        ,.イ l: : :|∧:. :|::|.:l:>、ヽ._ノ ,ィl:.:.:/:.:/、  ̄\  l 〈  その時に…余りに寂しそうで…空っぽだったから、丁度良かったのよ
      〃{  |: : :|-lヘ:..:||.::|.:.|:(ヽ/`‐<_::/:::/.::/l::|"' ‐- ._l ,ハ }   
      {{ ゝ、|\:ヘ |::ヘ:|ヽヽ::::`/ ,斗‐  ヽ// .|::|    lノ、. |!  …ああ、そうそうスザクにお礼を言わなければね
      ゞ"  `  ゙ゝ|::::|  |:::|//レヘ//´r |:::| ,|::|      ノヽ
     /       |::::|\|:::|////∧_ヽ、> |::レ'|::|        )
    .(        |::::|  ヽ|///// ヾ   |//|::|        /
.
.
.
 `¨7. :/. : : : :/. :i: : :/.ト、ヽ、: :\: : : ヽ: : ヽ: : : : : ヽ、: : l
   { : {: : : : :/ . : }: / : i: : : ト、: : : :ヽ: : :}: : : :}:l: : : :ヽ: \{
   l: : l: : : /. : : /:厶 : l: : : ト、: :l、: : :i: : l、: /: l: : : : : ト、: :ヽ、_, 
   ヽイ : : i: : : :イ _」: :L、: :{ 乂i: : :l: : l」:/く:八: : : : }: :l: 「´   
    } : : l: : : :i:i7´ ,ィ行ト㍉!  リ: :/}:,ィ行ト、㍉ ト、: :イ: ハ/   「 アーニャが私に興味を持ったのは貴方のお陰だもの 」
.     ノ : : ト、: : |:k  {rk必}′  }ノ 代k必} ′}:,i/ l/
 ー、´ . : ノ{ \トl、ー゙=‐´    i    `='一 ノイ}
   ` ̄}ハト、 L         |        } /

185 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:32:16 ID:BO0gbz1c

       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}   私が貴方の母親代わりだったから
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }  そして、貴方が私を置いて村から去ってしまったから
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|  この娘は貴方の代わりに私の墓に花を捧げようと思ったのよ
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/   自分が両親の墓前にそうしたくてもできなくて悲しかったから
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l     貴方がそれを知ることは無いのにね
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |
.
.
.
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
              `{: :∧   、      ,__'/. :Ll: : /:/
                ヽ{、{i\__  . .イ:{: { {: } : {: : {/
                  f:{:::|::{ {ヒヲ=彡`ヽ、ハ}: ト: }ヽ}:ヽ
                 ト:}_:L{ ´ `′ ,/.::}ヽ´ レレ' }:ノ   『 本当に、愚かな娘 』
                 |/{: : }r:、__,..:≦:_:_ノ.::::}、
                 | ノー:'!ー{: : :ヽ_:_:_;:::::::´::}
              {{ヽ: /.::/\_/:::::::::::::::;イ
                 八_`|:::::ヽ-、_〉゙T´ ̄  !`!
           / ノ.::`:::::::}___,}     }::{‐-.、
              _{/.::::::::::::::::::::::::::::::::{ミ=‐-- }<`ヽ′
.           _f/.:;:::::::;:::::::::::::::::::::l::::/`ー-  |::.ヽ'
          {/.:/.:::::;'::::::::::::::::::::::l:/     ;::::::::.\
          fj〉:':::::::;'::::::::::::::::::::::::l{  ri   ,:::::::::::::::}j.、
          |f{::::::::;:::::::::::::::::::::/ヽ{_ l } ノ /.:::::::::::::/fj }
          ヾ゙fゥ、l:::::::::::::::::::::ーrt `^^ <:::::::::::::::/f7ノ
             { `fゥ、::::::::::::::::::::l.イ__ノ}ヽノ.::::::::;ィ今'〈
            ヽ-i`f:ゥ、:::::::::::::::::l_}_}/';ィュ==彡'<_ノ
                `ー-{`f:ゥf:ゥf:ゥf:ィ'^´  |   /
                  \_.ィ=ミ{___.ノ!-‐'
                 |  |    ヽ   '.
                 }  ヽ    :   :
                  /!_ .ノ}     ',   i
               /´:^ヽ/     .}  、
                 {: : : ノ      /__ノ}
               `¨´     /`^ヽ、/
                         {: : : : :/
                     `¨¨´
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

186 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:33:31 ID:BO0gbz1c

      |    / / :| .:|   .:l       l:. l:  l   .:l l.  \
.     /l  .:|  l l .:|  .:|  .:|::.    |: /: : |  : :| |:.   \
   /    .:|. | | .:|\ :ト、 .:|ヘ: :  /l:/l: :/l : :/. |: :.  :  ヽ
.   {     : :|  l \| 斗=ミ \/ /=―厶/   |: : : .:   }
    l   : .  .: :|:.l \l  , -'"ヽ    /" - 、  |::   |: : : .: :   ノ
    \ : :  : :|: |  |                |::  :|:. : : : : /
      ̄\: : :|: |  | 彡≡=-、     ,-=≡ミ |::   :|: /: :|,イ     …ふふ
       /\ :|:.|   |                 /::: .:/: ト、:|!: \
      { : :} l: :| |: .:ト、      :l      /|::: .::/: : ト、: \  ヽ  でも貴方を育てておいて本当に良かったわ
        \/ |.: :ト.|:. .:|-ヽ   ┌―‐┐  ,イ、|:.:.:/、: : :. \  ,ノ
        ,.イ l: : :|∧:. :|::|.:l:>、ヽ._ノ ,ィl:.:.:/:.:/、  ̄\  l 〈
      〃{  |: : :|-lヘ:..:||.::|.:.|:(ヽ/`‐<_::/:::/.::/l::|"' ‐- ._l ,ハ }
      {{ ゝ、|\:ヘ |::ヘ:|ヽヽ::::`/ ,斗‐  ヽ// .|::|    lノ、. |!
      ゞ"  `  ゙ゝ|::::|  |:::|//レヘ//´r |:::| ,|::|      ノヽ
     /       |::::|\|:::|////∧_ヽ、> |::レ'|::|        )
    .(        |::::|  ヽ|///// ヾ   |//|::|        /
.
.
.
                  /: : : : : :      \  、\
                 -=彡:    , {:   .       ヽ  \丶
                /:/:  . ノ !l、\ : .     、_,ヽi
                  lイ: : . / ノ'、丶ニ=‐ .  ヽ‐ ´ `.ニ=‐
     ,   ̄ 丶、       l: /_ イ/l'!ハ: l: .ヽ: ! !: .  !:l   ヽヽ     「 本当に、良かった 」
   /ニニ. 、    > ._  -≠: :l : l|:l r|=l∧ : },| | ト、: | l l: .  lヽi
.   /   彡'  /l   ヽニ.lム: :l | llリ 、 (;)ヘ l//ソ:l|/=l: l//:l ゝ ',
  ∧, ,. ´  . イ  l    | |   トトトl`  三´彡'ノノt;¬!//: :l  ハ`\
. ハ/. -‐  ィ  |    | |   |ヽヽ〉      ̄「{ ミ、彡': :/:l l/

187 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:33:53 ID:8fhPs2ow
狂ってる

188 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:35:01 ID:BO0gbz1c

      { : :} l: :| |: .:ト、      :l      /|::: .::/: : ト、: \  ヽ
        \/ |.: :ト.|:. .:|-ヽ   ┌―‐┐  ,イ、|:.:.:/、: : :. \  ,ノ
        ,.イ l: : :|∧:. :|::|.:l:>、ヽ._ノ ,ィl:.:.:/:.:/、  ̄\  l 〈
      〃{  |: : :|-lヘ:..:||.::|.:.|:(ヽ/`‐<_::/:::/.::/l::|"' ‐- ._l ,ハ }
      {{ ゝ、|\:ヘ |::ヘ:|ヽヽ::::`/ ,斗‐  ヽ// .|::|    lノ、. |!
      ゞ"  `  ゙ゝ|::::|  |:::|//レヘ//´r |:::| ,|::|      ノヽ
     /       |::::|\|:::|////∧_ヽ、> |::レ'|::|        
    .(        |::::|  ヽ|///// ヾ   |//|::|        /
.
.
.
    _________________________
    |ヽ}三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三{ ソ|
    | i |i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|i| i |
    | i |i|    イニニニニニニニニニニ,ヾ   ,イニニニニニニニニニニ,ヾ  |i| i |
    | i |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|  |i| i |    「 贄を有難う、可愛いスザク 」
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|  |i| i |    
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|           |i|   |i|           |i|  |i| i |
    | i |i|   ヾニニニニニニニニニニツ   ヾニニニニニニニニニニツ  |i| i |
    | i |i|                                  |i| i |
    | i |i|                                  |i| i |
    | i |i|                                  |i| i |
    | i |i|    イニニニニニニニニニニ,ヾ   ,イニニニニニニニニニニ,ヾ  |i| i |
    | i |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|           |i|   |i|           |i|  |i| i |
__| i |i|   ヾニニニニニニニニニニツ   ヾニニニニニニニニニニツ  |i| i |___________
三三| i |i| r―‐、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |i| i |三三三三三三三三三三三
    | i |i| | rァ |            .:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|i| i |
    | i |i| | r―'----、  ____ .:.:.:.:.:.::______.:.:.:.:.:.|i| i |
    | i |i| | 'ー´i ̄ ̄  ニニニニニ,ヾ   イニニニニニニニニニニヾ  |i| i |                                続く

190 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:36:18 ID:ReSEoBXo
吐き気を催す邪悪とはこいつのことだな
乙でした

191 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:36:47 ID:HM81jifk

これからどうなるのか?
おらゾクゾクしてきたぞwww

193 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:38:15 ID:8fhPs2ow
…何をどうしたら
この悪霊払ったらハッピーエンド?

194 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:39:10 ID:0Nc4si.o
乙でした

197 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:42:31 ID:k.ls0H8.
乙~

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 030 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その11 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その10 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その9 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その8 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのやる夫スレ (08/23)
  • 国際的な小咄 4889 この電話が来たのは大体五分前 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ ゆるキャラ (08/23)
  • 国際的な小咄 4888 タイ米の裏側 (08/23)
  • 国際的な小咄 4887 よもやGSOMIAのせいでこいつが癒し枠になりかねないとは…… (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのコミックエッセイ (08/23)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その111 (08/23)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その129 (08/23)
  • 国際的な小咄 4884~4886 発狂しました ~ なんてれいせいなはんだんなんだ ~ ご期待に添いましたが、すみません (08/23)
  • 国際的な小咄 4883 タイ米の悲劇 (08/23)
  • 国際的な小咄 4882 京都はこびている? (08/23)
  • 国際的な小咄 4881 発展途上国の命の価値 (08/23)
  • 国際的な小咄 4880 LCCの極み (08/23)
  • 国際的な小咄 4879 在日韓国人(在日朝鮮人にあらず)怒る (08/23)
  • 資源国家 GARBAGE 第十話 「人間一人を甘く見るな。」 (08/22)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その62 (08/22)
  • 国際的な小咄 4878 日本人の漢字についての意見 (08/22)
  • 国際的な小咄 4877 カオス韓国史学 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 好きな漫画 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 水道民営化について (08/22)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア496~499 日本最古の広告代理店 ~ 手塚治虫 ~ 山梨県 ~ 騎兵 (08/22)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア492~495 世界最南端の内陸国 ~ ウルグアイ ~ 黒い海白い海 ~ ローマ帝国 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その7 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その6 (08/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。



    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
    スポンサーリンク


    ブログパーツ アクセスランキング