スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第35話 「赤い夢赤い罪」(63)

目次 現行スレ

168 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:15:24 ID:BO0gbz1c
.
第35話「 赤い夢赤い罪 」(63)
.
     |/ !::::;'∨∧          {j     /イ / l!'/ノノ〃
     { |::∧ ∨∧                      }/  ,レ' /
        |/  ヽ マ∧           ___      / ̄
           マ込、    f'´ ̄    `ヽ         ~♪  
            | |       ` ー‐   ‐一'  /
            | |    >         イ {
            └===(ニ⊃ `≧‐-‐≦  |
                  |         |
                /|          ト、
               /::::ノ          ヾ:\
.
.
.
                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '    「 肉体から離れた魂と言うのはとても脆弱な存在です 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;   肉体の容(うち)に在るからこそ魂は安定した存在でいられる
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/ー‐、...|::./ '´    |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l   逆に言えば肉体から離れた魂の殆どは余りにも弱弱しく儚い
      |:.:ト、.:.:.:.:/ィrf‐≠‐、ミ./        |:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|   
      ヽ| l:.:∧´ミ、_弋_’ノ`     ー=='´' }:.:.:.:.:/:/ l:.:|    拠り所がないからです                           
       } |:∧::.       :i         /|:.:.:/レ  ヾ|
         |'  l∧     :l           /.::}ノl




169 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:16:21 ID:BO0gbz1c
.
                 , ィ_
              , -‐┘: : : : `丶_,.ィ
             /. : : : : : : : : : : : :〈
            、_{: /.!: : : : : : : : /. : ハ   「 魂の儘漂えば漂うほど彼らは己の存在を亡くし、忘れていく 」
            `イ: 从!: : : :{:ノイ^Vノl′
             ヘ、: l: : : ハ:从小
              厶从从イミハ」
              {´      `Y
            _ ノ       {_
      ,.--‐ ´            ̄   ‐- 、
      ト   __      ______ __ ,イハ}
      {」}「r‐…‥=ミ、i____ノ/ ̄ ̄ ̄[ハ }くく /
       Yノ:ヘ:::::::::::::::::::「¨¨「::::::::::::::::::::::/.:{{  V
       {:::::::::ハ::::::::::::::::}:::::{:::::::::::::::::::::::{:::::`='
      ,'.::::::::::::ト、:::::::::::, ‐‐ 、:::::::::::::::, イ:::::::::::!
      l::::::::::::::ハ二彡'´、` ミ二二 .イ:::::::::::}         
      {:::::::::::,'  }    }      {:::::::::::j
       j:::::::::::'   {   ,ィ仆、     ,1::::::::::|
      f::::::::::,′  i ,f′ }  ヾ、  l」:::::::::::!
.
.
.
       '. l   lヽ      ′   /イ/ })リノ
        ヽ| '. ト、\   ー 一 r;;、∠ノ__.イ     勿論、何事にも例外はありますけどね
           }/ ,.ゝ!-丶、     ,` T ´ーァ人
             〈 ヾ、j/! ` ー ´   !_. ´  /
            )、  `丶、 __. ´   /〈
            〈  ヽ、         丶 ハ.__. -‐ ¨丶
         r―‐ヾ\  丶   __.  _´ -―ノ` ーァ―- 、 \
       .ィ―‐┤   ヽ \    _.  ´      /::::::::::::::::::` ー-、
     / ;::::::::::、    \ ` ー ´       /::::::::::::::::::::::::::::::::/|)
    ハ} !:::::::::::\      ` ー‐  ´   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   l:、
    !   l::::::::::::::::::\         _ ..:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|   l ヽ
     |  |::::::::::::::::::::::::丶、___ ..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ l   |  \
    ,′ l:::::::::::::::::::::::::: /|:::|  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  l   ∥、
   ハ   !::::::::::::: _.   ´  l::l    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\  !   l|/
  /    |:::::::: /     l::!       \:::::::::::::::::::::::::::/   ヽ.l   l|
  }     レ '´        !|        >-、:::::::::::::::/       |  |:|

170 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:17:30 ID:BO0gbz1c
.
  /::;;;;;;;,´::::: :::::::: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :::: ::: :: ::|
  /::/:: ::::::::| :::: :::::::::;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: : :: :: :|
//|:/;;:: :: ;;|:: :: :::::: :::|;; ;; ;;  ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:: :: :::::::|
/ハソ;;;;;:::::;;.|:: :: :: :: :::|;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;.::: ::|:: ::.|
  i/ハ::;;;, 、.|:: :: :: :: ::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;:::: :|:: :::|
   ノ;;;;/ V |::::i::::::::|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ハ;; ;; ;;:::;;;|i:::|::|
  /::::;:ヽ i::|::::|:: ;;;:|;;;;;;;; ;; ;; ;; ;; _,/;; ;/;; ;; ;; ;;/;; ;; ;; ;; ;/;; ./ |;; ;; ;; ;;||;;:|ヾ、
  ノ/;;;;;;;i. .|::|::::|::::;;;ヾ;;;;;.;;_x -''´////;; ;; //;;/;; ;; ;/;; ;/''´ |;; ;; ;; ;;|ヾ|ハゝ  …そんな胡散臭い御託はもう良い
  ´/::;;;;ハ::;;ヽヽi::;;;:::;;;;;`、/_><<_//;;;;;/ /;;://;;;;;;//;/ ィt /;;;;;;;;;;;;;;| レ´
  /;;;;;/ /;::;;;;;;;li;;i;;;i:::;;;;;;;;|;;|弋及-、|`//;;;/=、/;;//;;;;;///,xィ勿ト /;;;;;;;;;;i;;;;|     ナナリーが目覚める前にさっさと始めて終わらせろ
/|;;;/  |;;i;;;;;;;;|ヽ`ヾ;;;;;;;;|、;i廴::...::ン`''x、 /;//;;;;;//ィ冬z刻/;;;;;;;;;;ハ;; /
  |/   |;;|i;;;;;i、 ヽ`、ヾ;;;;ヽ`、` ̄ ´ /    / |;;/       /;;;;;;;;;/ |;;;|
     ヾ ヽ;|\ \ \;;;;ヽ、.         / |    /;;;;;;;;;/、_|/_
       i l\.\  、\;;;;\        ´  i   /;;;;;;;;;/  /  `i
        v  \.\ .\`''-、          / //i;;;;;;/      |
            ゝ`''- 、\   _  _ _  , /ハ;;//;;/       .|
             / /ヽ_``\   ̄ ̄ー.´//           イ、
            ./ /    ̄ `> 、    /              ノi
           / /       // ` -´          /   /-、_
           `'',/      ( (                      ヽ
.
.
.
                  ,.─zュ、
                , ´ i   /i ̄ヽ.
                 ,' / l. / l  ∧    気持は判りますが急かさないで下さい
.               | レ' l l | /'l. ∧∧
               ,イ j xLN,/ j/! }. ,ゞ  これも必要な行為なのですよ…それより
              ,ノ| l. ftッ' ′tッ | / /
.               | l ,{   ,   j ィ′
                イ'イ ゝ、ー- rz=┘
              r‐(≧=‐-゙f'h_」ア「三》ュ.、
            /三三三ニi l l゙ト,二三,L=-ヽ.
           r'⌒'く三二ニf゙! '  },>'"   ハ.
.          ,.イ!   ∨ ,ィ=}   / /  / ハ
        _,z1 :∧_,.x≦ ̄入_厂 ̄》 ,/     /  ヘ
   _,. -≦三三三〉 / / // 7__ _  __   \
-=≦ 三三三三;<// 厶、 ./ /∧ ̄ ` -x、___      》,
. 三三三三;;≠'  〈/   \ /_  /|||      i′;∧`'<__〉
 三三;;≠"   ,/    〉/  ̄.》 |||      |:;:;:;..:;:\.   ),
 ;;≠"   _,/ _ ___,/〃    ; l |||      |:::; .:.:.:;:;.',   ),
_  ─  ̄ .:.:::::::;::;:;:;;;/ i    ,' :l |||      }、  ::.:.:.:;:!    ',

171 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:18:13 ID:BO0gbz1c
.
        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ     
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
.
.
.
    /.../     .: ./  .: /: ./    /ミミミ、l| ノ-、ハ
  .,/__/_._____ .::/ ./.  .:: / / .′   /三ミミミi|/___.......|
..,〔二、__,、___  ̄`ー‐‐‐ヲノ .:    .l    `.l彡テ;/
/ ̄7   .`7ヽ,->,r'"´   :: .:   .|    .|::::;/
.  /   .:::/ ,イ ,r" :.   .::: .:: ..._,x´-、_   l:::lハ
 .:/  .:::;f´/l|.::l:: :::,.   l:::;::r"  ``‐ `-ノ:i:lハ    「 死者に縁深き者は本当にこれで全てですか? 」
:::/ .::,r" / . |.|:::::l::..::ノ: .: :.,':::|::l  ヽ、  ./_ノノノ
/ .:::,r".〃  .|.|::::::l::/.: .: i./.::;;|:|    `′ト、l  ̄´
.::/..:〃  .:::|.|:::://.: .::.:∥.'´ .`‐      |:::|
´ .:::〃 .:::r‐‐!|チイ.:: l::::l'.,ヘ     __ _., ':::ト-ァ
.::://.r‐x.|  |ノ.|,r'`,|l::|/ `i .、 , '´:::;::::)::|~
://.:::`i .ノ  _ !‐′ /l|、lヽ、jL;:::`i:::://.l:|
'/.::::,x'   ``ヽ、ト、,..=,、_ i´.|1l||::/´  リ
:l::,r".         ヽ.~ /‐`ヽ ト!!.|:l
|:l:::::::::::::.       / /    l~l、`i
l::l;::::::::::::::      /  L__  ゙i   |
|::.∨::::::::     .λ    ノ l`i|  l
:l::/.::::::::   ../ ヽ / .λ  /

172 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:19:11 ID:BO0gbz1c

              l. :.:.:.:./:.:.:./: :.// :/:.:. :.:.:./:.///l:.:.:.:.| :.:.: .:.:.:.l
              ': .:.:.:/:.:.:./ .:.// :/|:.:. :.:./:.////|:.:.:.:.| :.: .|:.:.:.|
              ノ:l:.l:./ :.:.:/: // :/| l:. :.:./:.//// |i:.:.:.| : .:.|:.:|:l …ああ、これで全てだ
             //|.|:.| :.:.l:./A|:./l:| |: .:/:.////_..-|l:.:.:l :.:.:.l:.:.|:|  
.            ノ´ l:|:.| :.:.:.|r=rz|l、リ、| ./:.////_,r==ミ} .:.:.ノ:.:.|:| まさか生前故人と話した事のあるもの全員を呼べとは言わないだろうな?
               |l|:.lri.:.:.',仆-´ィ ミ.l:,':///_,イシ-イ フ:.:./.l:..:.:lヽ 
               i!|:.|',|.:.:.ヽ`¬ '´ リ i}/´  ` =‐7:.:.//:|:.:.l|
               ヽl|{ヽヽヽ     i!      //l´|:.lヽl
                 ヽ l:.l\    _`_   /イ:|:.l:l|:.l `
                   }/|:.:.|\  ─- ` ,イ:.|:./l:.||l `ー
                  / l /_| `丶、 , '  |/|l| |:{ `
                   /´ {ニニrニニニニ}ニニ} `ー
                     |∧: :| |: : : : | |: ∧:|
                   __ノ))(,-.| |: : : : | |,-)( |
           _ -─= ̄. : : 孑 .| |: : : : | |(卅)\
      _-─´: : : : : : : : : : : : : : :卞: : :| |: : : : | |: 干: : :  ̄: :`:丶 、
.
.
.
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.  ̄`メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;   …そうですね、貴方がそれで宜しいなら結構ですよ
      |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/   ヽ|::./ ,-´     |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l
      |:.:ト、.:.:.:.:/      }/   __     .|:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|    レンの歌も十分にこの場に満ちた
      ヽ| l:.:.∧  ー=‐      ヾミ、_、..' }:.:.:.:.:/:/ l:.:
       } |:∧::.       :i        ̄``./|:.:.:/レ  ヾ|    では、そろそろ始めましょうか…アーニャさん
         |'  l∧     :l           /.::}ノl|

173 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:20:06 ID:BO0gbz1c
.
       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }   …あの、始めるって、どうすれば…?
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |
.
.
.
 /: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :/ : /: : : }: : : : i : ハ : ヽ
 | : : : :/ : : : : : /: : : : : : : : /: : : /: : : /l: : : : | : : l : : |
 | : : :/ : : : : : / : : : : : : /: : : : :/: : : / l : : : ト、: :l : : |   己を彼女に解放すればいいのですよ
 | : :/ : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : /: : : /-‐ l: : : : : \: : :|
 | :/ : : : : : : : : : : : 〃:/!: : : : /: : : /____|: :/: :.| : : \|   …アーニャさん、私は貴方の祖父から、頼みごとをされました
 |ハ : : : : : : : :/: ://:∧! : : :〃.: :斗t_テ=チ:/|: : |: :/ : 小
  | : : :〃: : //t_テ/ヾ:| : :/ ! :/込__シイ/ : : Ⅳ⌒)/   自分の死後孫娘に会って欲しいと…それは以前お話しましたね
  | : :/|.:./:/::::≧厶=彡| :/  j/     _ノ  i: : ん/″
  | :ハ|: |∧::; '"´´   j/:|         ノ/: : /
  |/  | :|: ∧     /::::|        / / ∧/
     j/|:/.:∧      \::} ヽ         / /: /
      j/}: : : .      __  __      /, 'ハ{
       j/|: :\   ´ こ. `   //: :{
           レ'i_:_}\      ⊂孑一 ´{辷亠‐=ミ
       __{::`::ー-ミ 、     r‐‐::亠::_}:、: : : : }
    _/: : : } ` ̄|::::i ≧=≦ |::::i厂 ´{: /: : : : {
  /´: : : `: : : :`ー‐┴┴―――┴┴―┴' : : : ノ:ヽ

174 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:21:08 ID:BO0gbz1c
.
                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '     「 …はい 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
                  ,.─zュ、
                , ´ i   /i ̄ヽ.
                 ,' / l. / l  ∧    でも何を頼まれたか…その詳細はお話していなかった
.               | レ' l l | /'l. ∧∧
               ,イ j xLN,/ j/! }. ,ゞ   …私が貴女の祖父に頼まれたのは
              ,ノ| l. ftッ' ′tッ | / /    貴女の身内に巣食っているマリアンヌを引き剥がす事ですよ、アーニャさん
.               | l ,{   ,   j ィ′
                イ'イ ゝ、ー- rz=┘
              r‐(≧=‐-゙f'h_」ア「三》ュ.、
            /三三三ニi l l゙ト,二三,L=-ヽ.
           r'⌒'く三二ニf゙! '  },>'"   ハ.
.          ,.イ!   ∨ ,ィ=}   / /  / ハ
        _,z1 :∧_,.x≦ ̄入_厂 ̄》 ,/     /  ヘ
   _,. -≦三三三〉 / / // 7__ _  __   \
-=≦ 三三三三;<// 厶、 ./ /∧ ̄ ` -x、___      》,
. 三三三三;;≠'  〈/   \ /_  /|||      i′;∧`'<__〉
 三三;;≠"   ,/    〉/  ̄.》 |||      |:;:;:;..:;:\.   ),
 ;;≠"   _,/ _ ___,/〃    ; l |||      |:::; .:.:.:;:;.',   ),
_  ─  ̄ .:.:::::::;::;:;:;;;/ i    ,' :l |||      }、  ::.:.:.:;:!    ',

175 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:22:14 ID:BO0gbz1c

       ヘ.:.:ヘ.:ヘヽ\          |i        /.:/.::./    
         ヘ.:.:.ヘ.:.:.:ヽヾ        lリ      //.:.:.:/
          ヘ.:.:.ヘ.:.:.:.:\_     ___      イ.リ l/   …何だと
           ヘ.:.:.ヽ.:.:.:. \   -'――‐‐`- /.:l.:.l .リ
          ヽ:.:\.__  \   ー‐‐  / l.:.i./ リ
            \ノ `ヽ_ `ヽ    / ,=-'`i入
             i´`ー---ヽ_ `  イ_ノ_,,-‐'ヽ从
              ノ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;;;|}入
.
.
.
                  ト、
                z==ソ::y'r-
              z': : : : : : : :>        残念ながら僕…失礼、私は霊媒体質ではありません
              彡 : : : : : : :ハ}
              ソノ: : : : : ノノ         ただ個人的な事情で魂や…人の精神の取り扱いに関しては多少知識が有りましたので
               /"!"!" ̄ ̄ヽ、
             r<、__,, r'r'´::ア-、     …貴女のお爺様も、きっと藁にも縋る思いだったのでしょうねぇ
             |V: :/ : :|: :i :| ::/ i i i
            ,y': : //`|: : |: :{ ! i.i     墓守の孫娘が悪霊に憑依されたなんて誰にも相談出来る筈が無い
           / : :/   .| : .i、_ i l l l__
         ,/: : ,ィ' :ヽ,  .| : :;i l:l  4 |::ヽ、  ましてや自分が守っていた墓に眠る死者になんてね
        /: ::/l  ;;:|   | : : | l l   ,} :: ::|
       /: : : /  } : }   | : : ::l { ト、_∧ ::|  そして相談したとしてもあの村にそれを解決出来る人間はいなかったのでしょう
     /: : :/´  i_,,-'   l : : :l Ut  `--'´
    / : : /  _,r'´     |: : ::| ▽ i
   /: : : / /       l : : ::l    l

176 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:23:27 ID:BO0gbz1c

                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '      「 だから彼は無理やり貴女の中に悪霊を封じた 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
             _,, --- 、__      
          _,r'´ :: :: :: :: :: :: ::`ヽ、       表に出てこられないように、それは彼にも幼い貴女にも相当の負担だった筈です
        _,-'´::/:://::/i :: :: :: :: :: : ヽ
      `ーァ':: :/ ::/:: :i::ノ::/ :: :: }:: :: ::i :: ::',    そして死後も自分の魂を使い蓋をし続けた
       /:: :∠:: /二,メ-x': :: :: / ::i :: i :: : i
      '7: :_,,//,イツァ/:: :: :/:: ::i ::i :: :: :}    けれどそれにも限界がある、時が経てば綻びだって生じる
     ./i∧ リ   ̄ノ:: ,ィ r==t:: :/ /:: :: ::i
       ' 〈    レ"〆(同ノ :: ::/ ::/:: /     アーニャさんが霊を祓えれば良かったけれど、貴女にはそれが出来なかった
         }.こュ    ,,=ツ::/::/ ::/ , r'
       cェ,ハ___,,=="  レ'i :/:: / :/'リ     …そして彼は孫娘の為に決断する
      /:  ̄ヽ、,.....ィ '   从ィノi,:/ー-、_
    ./:  : : :: :/.}   i   _i,--'´:: /
  /:  : : : /´: :_i、__,, -- '´: :: : : イ、
/´::  : : : ∧::`ー : : : :  ::r :´ :_, } `ー-、_
:  ::  : : :/  ): : :ー-、 :  :  : :,r'´\: : :: :`ー―--、
:   ::  :/   /:  ::  : :  : _,,-'´   _,,-`t-、___,,=--、_
  ::  /    `ー、:  :_,, -'ヘ    /   |
 : : :/     〈:T ̄´     }  /´     |

177 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:25:55 ID:BO0gbz1c
.
     |                             ____
     |   ____   ____                   |;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:|
     |  (`),/|  /ヽ(゜,)                  |:.:ヽ.○ノ..:.|   「 外部の力を借りる為に事件を起こしたのです 」
     |      'i /                      | :.: .▲.: .: .|
     |      |i                      |;:;:;:;:jヽ;;:;:; |
     |      ||                       ̄ ̄ ̄ ̄
     |      ||
     |      ||            _________
     |___ /|ヽ __________.γ'            `, ______
   /     / .| \    __,________|           ______i、
  /              i__i,_______i________,,i__i  |
/                 | ┌'          .:.:.:.:| .:.:.:|
     __,..、-ー=、       L..i─────────L____:j
     'i,     'i,
     )     ',',',',')      _________
     i',',',',',',',',')_/;j    /          /l
     |______,,j/   /          //i|
       ー┷ー      iニニニニニニニニレ
                |il          |i|
.
.
.
          、__    -=、、
         _,, ->` ̄¨¨`ーN_
       三≧= :: :: :: :: :: :: :: :: ::`ヽ
        // :: : :: ::, :: :: :: :: ::、 :ヽヽ      マリアンヌの身内に異変を知らせる為に孫娘の体を操り墓を荒らした
       //´:: :/:: / :: :i :: i :: ::ヽヽ:ヽi
       レ': /:://:: : / ::/:: ::i ::i ::i :i :i      そして彼女の最も執着する相手に手紙を出した…呼び寄せ対面させる為に
       //:: / ::/::/:: /:: :: :i :i :: :i::i ::ト、t`
     ト,ト、 リi::l : ::i/_i_ノ//:: :/__i_i,:: ::l ::;:tヽ ,イ,7  …ふふ、皮肉ですね…可愛い孫娘を救うには
    .N l } __|:l l:: lz=。z`:: :/ィ。=ァ::/:: :/{  / { {i   彼女を蝕む悪霊の願いを叶えなければならないなんて
   // i |: :レ'从{、`¨/,;イ:" `¨リ//:::ル、-、| | |,
  _,イ .| .| |: :rt : }人,ィ ´ ,、   从ソ :.| .} / i iヽ
  { .{ l .l |: { .{ : :t : ト、. =ニ=c-≠=〉: :/ // / l l' t
  ', ! '  ヽ.|. i : : ヽt 、` -- '´7 : : :/ レ / /{,> >
  ,∧ i   V i : : :`ー――" : : :〈     '  / t
  ll ト、    /  ;;;;"" ¨¨ `";;; O l      /i i i

178 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:26:45 ID:BO0gbz1c

    ノ:.:.l:.|:l:.:.:.:.ヽゝ'¨´ノ   `ヽ ̄  /.ノ :.イr───、ヲ─、 ̄\
   /´}:.ハ:l:|ヽ:.:.:.',ヾ、_ヽ,       /´/./:.| |: : : : : : } | ̄\\            …待て
  ´  ノ/ },'i|:.:lヽ`ー、__  、-‐-、_   /:/}ノ{ {: : : : : : | | : /|: \\
   ノ'   ノ|:.ト |:.:.l:.ヽ`  `二 ̄   /' /リ}}: : : : : : }}rヽ|r‐、: ヽ)-‐ー ´ ̄
       ,':ノヽヽ:|ヽ:.:`丶     /__|¨//: : : ,、: : // 《〈〉ヽ}-‐´: : : / ̄
      /   ヽ、l.:./l/}:.ヽ... イ /ヘノ | |: :/  \l: /: : : : : : : : : /: : : :
         ._-‐‐‐|/ |!|_}ノソ', |イ,‐─' ´ /ヽ /: : : : : : : : : : ,': : : : : :
       /: : : : // リ リ/ | / ̄/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i : : : : :/: :l: : : : : :
      /: : : : /     / /  イ    < ̄ ̄}  |: : :://: : /: : : : : :
      \: : / / ̄ヽ / /       -‐‐ ̄ ̄ ̄ ̄{ /: : /: : : : : :
       / - ´: : : : :> /          r´_ ̄7 /: : : : : {: : : : : : : :
     / ̄  ヽ: : : <´/          -‐ \ノ /ヽ,' : : : : : l: : : : : : : :
         / /: : _/            _  \ /: : : : : : /: : : : : : : :
         / // ヽ            /: : : :\  }: : : \: :ヽ: : : : : : : :
        〈 /   \  /, -‐´ ̄ ̄: : : : : : : : { l__|: : : : : \: \: : : : : :
      //       \/l   | |: : : : : : : : : : : \\ : : : : : ',: : ヽ: : : :
   rー´ /|         \l   l |: : : : : : : : : : : : : \\: : : : \: : `‐-: :
.
.
.
                  ト、
                z==ソ::y'r-
              z': : : : : : : :>
              彡 : : : : : : :ハ}   …何ですか?
              ソノ: : : : : ノノ
               /"!"!" ̄ ̄ヽ、
             r<、__,, r'r'´::ア-、
             |V: :/ : :|: :i :| ::/ i i i
            ,y': : //`|: : |: :{ ! i.i
           / : :/   .| : .i、_ i l l l__
         ,/: : ,ィ' :ヽ,  .| : :;i l:l  4 |::ヽ、
        /: ::/l  ;;:|   | : : | l l   ,} :: ::|
       /: : : /  } : }   | : : ::l { ト、_∧ ::|

179 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:27:38 ID:BO0gbz1c
.
                 , ...'.:´  ̄`:丶、
               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              /.::::::::: ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
             j : :::: : .::::::::::: .:: .:::::::::::::::::::::::: ::i!
             ! ..i:: :: .: .:: : .::: ..: :::: .:! ::::::::::}: :::!    …墓荒らしの件は兎も角
             .'.::::!.::.{: ..::.::::イ;ィ::.: .}.:!}!::::. :: ::!::. { 
               /イ::::!::::!::メ、´〃}!.::/:/ハ{!:::} ::!i!:i:ヽ   俺に届いた手紙は古い物で、そして確かに母の筆跡だった
           /./イ:::{!:{K辷_メ///斗≠ミ/::..:i::!:ト、ヽ、
           ノ´ハ{:ハ:ト、`¨´/ イ ヒェz/}ノ::ノ:ハ、`  そこの娘がそんな手紙を書ける筈が無い
            / i!:!ヘヽ、    !   ノイ:::/{:{:{
              リハ}ヽ、 -_ 、  //:/{ハ|.ヽ
               {!` =.\   .イレ'/ リ ! ヽ
         ,  -  、  j!: :._∧_:.}!´¨¨〒}
       /´ ̄`ヽ: : `丶: ヘ}{∩!!: : : {{:{
      !: : : : : : : : '. : : : : :.`Y´: {!: : : {!ハ、
      !:/: : : : : : : :.ヽ、: ! `{j´: : {!: : : iハ}`丶.、
      i{: : : : : : : :.:.:.:.:.}: :}:. ___,{!: : :ヽ`ヽ: : : :.`丶、
       ': : : : : _.: :.:.:.:.:.i.: :!:.:}} ̄ ̄`: : : :.ヽミ 、: : : : : :ハ
.
.
.
 ー=≦:::::::::::::::/.:/:::/::::::.:.: : : 〉
   /イ:::::::::::/.:イ:::://:::〃: : : ハ
   /::::::::::::::::::::::::/::__:://: : : ://: }
  /::::::::::::::::::::/::::__∠`メ: .:/.://: :|   …ああ、その手紙を書いたのはマリアンヌ自身ですよ
  7:::::::::ィぅ::厶ァイ"Τブi :/ノ¨メ /i|
  /イ/:::{ い∨   `¨ {/ 〈灯}イ 八
   {i::::::\}            /`イハ{
    ゞ::::i|        _   /
  __ 从人  ∧   ‘ー ’ , '
/≧-  ̄¨ニ=-ミ\     /
三三二ニ≧-: : : :>`ニ ¨´
三三三≧x: : :` :<: : .`ヽ
 ̄ ̄ ̄二ニ=- ミ: : :`:.<.}_
        `ヽ≧x: : : : .}

180 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:28:09 ID:BO0gbz1c

                    l:: :: !:l`ヾ、      l         /'´!:l :: :: l  
                        ', :: :|:|   \     ,|       /  l/:: :: ,'    「 幼いアーニャさんの手指を借りて綴ったのでしょう 」
                   ',:: :|:l    >   ‐_‐  -<    ! :: ::,'
                    ',:::|:|   / j三≧___≦三! \  | :: :,'
                    ',:|:l __/  /, - 、::j !:::, -:,:!   ト !:: /
                   .. '、! /  /::l{ヘ !:} {::l γ':l   ! l::人
                   /    \  /r==='、! lr===z   /,  `丶、
                /     7  \}´ ̄`'─' '─'´ ̄`{/`V       、
                !    /    l\ :: /  ̄ \ :: ,.イ   \     l
                 |  /     |  \}_    _{:/ !       \  /l!
.
.
.
                        \:.:.:.:::\
              -‐=ニ二  ̄ ̄ ̄:.`ヽ:.:.:.::.\
           ....:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ _
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. \
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.::.:.:.:::::::::::::::.:.:.:::::.:.:.::::::::::::::.:.:. ヽ
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.
.      /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:. l
     l.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: .:.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.l:::.:.:.:.:.|:.:.|::.:.:. |   ただ書くことは出来たけれど届ける事は出来なかった
     |:/|:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:. |:::.:.:.:. |:.:.|:.:.:.:.|
....   / |:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:〃/:::::.:.:.:.:.:.:.ハ:::.:.:.|::::.:.:.:.:|:.:.|::.:.:.;    恐らく彼女の祖父に発見されて、取り上げられたのでしょう
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.  ̄`メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;    そして新しく手紙を書く前にマリアンヌは彼によって封じられてしまった
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/   ヽ|::./ '´    |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l
        |:.:ト、.:.:.:.:/、       }/        |:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|    その日から今まで…ずっとね
       ヽ| l:.:.∧ ー=‐      ー=='´' }:.:.:.:.:/:/ l:.:|
       } |:∧::.       :i         /|:.:.:/レ  ヾ|
          |'  l∧     :l           /.::}ノl
         |  ノ.:::.、                /.::ィィ:::|
.          !  r<二ヽ   ー   一 _イ二>,レ'
         , ィヘ  |:::ト、___  ィ:::::|   /
       / . : :´ ̄ ̄´ : : : : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ゝ、_: : : : :ー― : : : : : : : : : : : : :` : : : : :〉
.         _〉 : : ニ二二二二二ニ=――- : : : ´ヽ

181 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:29:09 ID:BO0gbz1c

│            {{ 乂ヘ:::::: ,        {{  ノリ ノリ :!  ';,             │
│            }}  } } 、 ー.,__ァ   ルイ{{彡イ    ';,             │
│.             Y{  乂_介 .  ー   . : {{    リ 亅   ';,           │   「 ちょっと待ってください! 」
│.              }}     { { }>r‐:彳  }}  〃 ,}}   ';,           │
│.               {{     } }  } i } } }   リ  〃 ノ八   ';,           │
│.               リ   ノノ ノ jノ厶,j  〃/ / / 爪    ';,          │
│              〃   彡' 彡爪//}{/{{  /   ' {{ハ   ;,         │
│              〃 /  /イ{{ハん// ノ}    /  八 ヽ   :,        ..│
│.            / / //  :}八弋(//〃 ./  /}{ ヽ     ':、        │
│           / //イ{  : :{廴≫/ 〃 /  / : :从   \ 丶  、      .│
│.           {{ / / }}  : :j}乂 / : :{{/  / : :/八 ヽ  \ \ ヽ,    ...│
│.         ∨ ′ リ/ : :{乂/ : :}}  〃   : : {: :‘,     丶    ';,    .│
│          Ⅵ  // : : j乂'  : :乂 /  ′  : : : : ',   \    ;,   ..│
│.             {{  { {  : :K/   : :/ : :/       : : :ノハ \ ヽ   }   ..│
│              八  人  : :i/   : : / : :/     : : /ハハ   ヽ } / ,     │
│            、         : : /   '       : : // } }}   / / /     .│
│.            \}\ }   : : : : /     : :/ // 丿八   / /    ...│
└───────────────────────────────┘
.
.
.
          }′    .:/.:./.:.:.:.:.:/.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.厶:.:.:ト、:.:.:ー ─:.ァ.:.: .:.:.:Ⅳ
         ノ  /   .:.:{:.:.{:.:.:.:.:/.:.:.:.:,!:.:.:.:.|:.:.:i:.:.:.:.:. {:.:`: ̄ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:廴___
          `¨¨7  .:.:.:.:.:ト、:ト、::イ:.:.:.:./ !:.:.:.:.}:.:.:}:.:.:.:.小、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
           { i .:.:!:.:.:.:.:!ィ行メ{:.:.:.:.{、」:.:.:./.:.厶.:./  |:.:l、:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:厂´
             Ⅵ .:.i:.:.:i:.:代f爪癶:.:.:l`7≦≠ァ≠=}.:.}:.ヽ、ヽ、_:.ノ.:.:./   何でアーニャがマリアンヌに憑りつかれなきゃいけないんです!
                从:.ト、:ト、!`¨¨`` ヽ|  ィ汀云仆t j.:.j:.:.:.:.:.}¨´.:.:.:.:i/
             ` `!    /     弋弐タ }厶.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:./     彼女はマリアンヌの死後に村に来た…接点なんて無い筈だ!!
                  {    〈        ` ̄__,ノ.:.:.:/} }:.:.:.:.{__
                ',     `         `ー一 '"´ ノ ハ、;,;__ノ´
                  、  `辷ュ     u       __,/:.:∧
                  ヽ   ー         /  }:.:.}:.:.:} }
            ‐ァ───‐‐- 、           _  ´  _,ノ.:/:.:ノ ノ
        / /         {`トt‐:r‐=ニ二 ..  -‐: : :>'" /|
      / /           iイ } }: : : : :_: : :-‐ ¨´   ´  |
       .′ {                | レ' : : : / _  -‐ ¨´     |
     {   「 ̄ ̄ ̄`ヽ、      | |: : : : :|  {   rf^t_ァ       }
     |  | 「 ̄ ̄`ヽ. ヽ.     | |: : : : :|  l`t~┘}r′       \

182 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:29:50 ID:BO0gbz1c
.
                      ノ!
        ノ!           ,'.: :゙:、          ノ!
      ,'.: :゙:、       i:.:.{}:.:i       ,'.: :゙:、
       i:.:.{}:.:i       ゞrt '         i:.:.{}:.:i
.      ゞrt '        ノ ヽ          ゞrt '      「 …あるわよ 」
      ノ ヽ.        |  .:|           ノ ヽ
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          |  .:|           |  .:|
      |  .:|          l_.:l           |  .:|
      l_.:l       r<{二二}>、      .l_.:l
    r<{二二}>、   ゝ 二二二 ノ   r<{二二}>、
.    ゝ 二二二 ノ       | : :|       ゝ 二二二 ノ
         | |         | : :|         | |
       ゝニニミ、      | : :|     ,ィニニ彡'
          `ゝニニミ、 (二) ,ィニニ彡'
                ヾ | : :|〃´
                   @'| : :|゙@
                     ∧∧
                ∧∨∧
              /∨∧∨\
.               /∨∧∨∧∨\
                { ー-====-‐'}
              ー-====-‐'
.
.
.
   / //   /      / / /  //     \  \__ __彡'/
、__」_ノ´    /   /_/ / /  /  {      、ヽ.   ヽ.一'′
  i'´   、_/_/__ //」{_/  /  /_/  ハ 、     い、\_ _jハ
  {   i { `7¬ァイ_/ゝ 二二彡'7.イ   ヽ\   i i `丁丁!  
  ゝ/乂_/__/⌒v´ /     /{≧{     ト、 、_ ! !   i  } }
 、_く/_/ー个 _} ヘ  {    i /r=≠ミヘ    } ゙ァ一} }  ! ! ,′ 
  { `7 /i   { \ \ヽ   トl    r爿ト、 .ノ イ/ //   /' 〃
  >‐{/¬…‐ヘ. ____ ヽト、! i{  し'^ 〉、/_」i二ィ7 / /    ?!
  }_,r─………‐- _ `ヽ、`  `ー‐ ´/´≧十ノ 〃 {/ /
  /  、__   _rュ_    ヽ   } u          {_// 八{'´
/   \_ー' Qー─ァ' /  /           ', ⌒´  `
/         〕//'⌒´ /  /              _ 〉

183 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:30:45 ID:BO0gbz1c

      { : :} l: :| |: .:ト、      :l      /|::: .::/: : ト、: \  ヽ
        \/ |.: :ト.|:. .:|-ヽ   ┌―‐┐  ,イ、|:.:.:/、: : :. \  ,ノ この娘、私の墓に綺麗な花冠をくれたの
        ,.イ l: : :|∧:. :|::|.:l:>、ヽ._ノ ,ィl:.:.:/:.:/、  ̄\  l 〈  その時に…余りに寂しそうで…空っぽだったから、丁度良かったのよ
      〃{  |: : :|-lヘ:..:||.::|.:.|:(ヽ/`‐<_::/:::/.::/l::|"' ‐- ._l ,ハ }   
      {{ ゝ、|\:ヘ |::ヘ:|ヽヽ::::`/ ,斗‐  ヽ// .|::|    lノ、. |!  …ああ、そうそうスザクにお礼を言わなければね
      ゞ"  `  ゙ゝ|::::|  |:::|//レヘ//´r |:::| ,|::|      ノヽ
     /       |::::|\|:::|////∧_ヽ、> |::レ'|::|        )
    .(        |::::|  ヽ|///// ヾ   |//|::|        /
.
.
.
 `¨7. :/. : : : :/. :i: : :/.ト、ヽ、: :\: : : ヽ: : ヽ: : : : : ヽ、: : l
   { : {: : : : :/ . : }: / : i: : : ト、: : : :ヽ: : :}: : : :}:l: : : :ヽ: \{
   l: : l: : : /. : : /:厶 : l: : : ト、: :l、: : :i: : l、: /: l: : : : : ト、: :ヽ、_, 
   ヽイ : : i: : : :イ _」: :L、: :{ 乂i: : :l: : l」:/く:八: : : : }: :l: 「´   
    } : : l: : : :i:i7´ ,ィ行ト㍉!  リ: :/}:,ィ行ト、㍉ ト、: :イ: ハ/   「 アーニャが私に興味を持ったのは貴方のお陰だもの 」
.     ノ : : ト、: : |:k  {rk必}′  }ノ 代k必} ′}:,i/ l/
 ー、´ . : ノ{ \トl、ー゙=‐´    i    `='一 ノイ}
   ` ̄}ハト、 L         |        } /

185 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:32:16 ID:BO0gbz1c

       ,. . .-‐-. 、    __
     /. : : : : : : :`ー ' . : ヽ、
.    /. : : : /. : : : : : : : : : : .\
    { : : : /. : : : : : : : : : : : : : : :}
    {: : : :{ :/ . : : : : : : : : : : : : :}   私が貴方の母親代わりだったから
   /`ー : { : : : : : : : : : : : : : : ハ
..  ( : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : / : }  そして、貴方が私を置いて村から去ってしまったから
   `ーt-: : :`(: : : : : : : : rァ‐'l: :|′
      >: /ノー- 、 : . ヽ /|: :|  この娘は貴方の代わりに私の墓に花を捧げようと思ったのよ
.     ゝ:< _/    {:r≦_/ l: ;'
       `>'/_ 二二二l`    ,:/   自分が両親の墓前にそうしたくてもできなくて悲しかったから
       / }:<>:::::} ´ ̄ `ヽ  '´
.       l,/.::::::::::::|     l     貴方がそれを知ることは無いのにね
.       }:::::::::::::::::|      |
      {::::::::::::::::::{ヽ    ′
.       V:::::__`:|   |
      l!´: :  `|   |
      |l : :   |   |
.
.
.
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
              `{: :∧   、      ,__'/. :Ll: : /:/
                ヽ{、{i\__  . .イ:{: { {: } : {: : {/
                  f:{:::|::{ {ヒヲ=彡`ヽ、ハ}: ト: }ヽ}:ヽ
                 ト:}_:L{ ´ `′ ,/.::}ヽ´ レレ' }:ノ   『 本当に、愚かな娘 』
                 |/{: : }r:、__,..:≦:_:_ノ.::::}、
                 | ノー:'!ー{: : :ヽ_:_:_;:::::::´::}
              {{ヽ: /.::/\_/:::::::::::::::;イ
                 八_`|:::::ヽ-、_〉゙T´ ̄  !`!
           / ノ.::`:::::::}___,}     }::{‐-.、
              _{/.::::::::::::::::::::::::::::::::{ミ=‐-- }<`ヽ′
.           _f/.:;:::::::;:::::::::::::::::::::l::::/`ー-  |::.ヽ'
          {/.:/.:::::;'::::::::::::::::::::::l:/     ;::::::::.\
          fj〉:':::::::;'::::::::::::::::::::::::l{  ri   ,:::::::::::::::}j.、
          |f{::::::::;:::::::::::::::::::::/ヽ{_ l } ノ /.:::::::::::::/fj }
          ヾ゙fゥ、l:::::::::::::::::::::ーrt `^^ <:::::::::::::::/f7ノ
             { `fゥ、::::::::::::::::::::l.イ__ノ}ヽノ.::::::::;ィ今'〈
            ヽ-i`f:ゥ、:::::::::::::::::l_}_}/';ィュ==彡'<_ノ
                `ー-{`f:ゥf:ゥf:ゥf:ィ'^´  |   /
                  \_.ィ=ミ{___.ノ!-‐'
                 |  |    ヽ   '.
                 }  ヽ    :   :
                  /!_ .ノ}     ',   i
               /´:^ヽ/     .}  、
                 {: : : ノ      /__ノ}
               `¨´     /`^ヽ、/
                         {: : : : :/
                     `¨¨´
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

186 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:33:31 ID:BO0gbz1c

      |    / / :| .:|   .:l       l:. l:  l   .:l l.  \
.     /l  .:|  l l .:|  .:|  .:|::.    |: /: : |  : :| |:.   \
   /    .:|. | | .:|\ :ト、 .:|ヘ: :  /l:/l: :/l : :/. |: :.  :  ヽ
.   {     : :|  l \| 斗=ミ \/ /=―厶/   |: : : .:   }
    l   : .  .: :|:.l \l  , -'"ヽ    /" - 、  |::   |: : : .: :   ノ
    \ : :  : :|: |  |                |::  :|:. : : : : /
      ̄\: : :|: |  | 彡≡=-、     ,-=≡ミ |::   :|: /: :|,イ     …ふふ
       /\ :|:.|   |                 /::: .:/: ト、:|!: \
      { : :} l: :| |: .:ト、      :l      /|::: .::/: : ト、: \  ヽ  でも貴方を育てておいて本当に良かったわ
        \/ |.: :ト.|:. .:|-ヽ   ┌―‐┐  ,イ、|:.:.:/、: : :. \  ,ノ
        ,.イ l: : :|∧:. :|::|.:l:>、ヽ._ノ ,ィl:.:.:/:.:/、  ̄\  l 〈
      〃{  |: : :|-lヘ:..:||.::|.:.|:(ヽ/`‐<_::/:::/.::/l::|"' ‐- ._l ,ハ }
      {{ ゝ、|\:ヘ |::ヘ:|ヽヽ::::`/ ,斗‐  ヽ// .|::|    lノ、. |!
      ゞ"  `  ゙ゝ|::::|  |:::|//レヘ//´r |:::| ,|::|      ノヽ
     /       |::::|\|:::|////∧_ヽ、> |::レ'|::|        )
    .(        |::::|  ヽ|///// ヾ   |//|::|        /
.
.
.
                  /: : : : : :      \  、\
                 -=彡:    , {:   .       ヽ  \丶
                /:/:  . ノ !l、\ : .     、_,ヽi
                  lイ: : . / ノ'、丶ニ=‐ .  ヽ‐ ´ `.ニ=‐
     ,   ̄ 丶、       l: /_ イ/l'!ハ: l: .ヽ: ! !: .  !:l   ヽヽ     「 本当に、良かった 」
   /ニニ. 、    > ._  -≠: :l : l|:l r|=l∧ : },| | ト、: | l l: .  lヽi
.   /   彡'  /l   ヽニ.lム: :l | llリ 、 (;)ヘ l//ソ:l|/=l: l//:l ゝ ',
  ∧, ,. ´  . イ  l    | |   トトトl`  三´彡'ノノt;¬!//: :l  ハ`\
. ハ/. -‐  ィ  |    | |   |ヽヽ〉      ̄「{ ミ、彡': :/:l l/

187 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:33:53 ID:8fhPs2ow
狂ってる

188 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/10/31(月) 00:35:01 ID:BO0gbz1c

      { : :} l: :| |: .:ト、      :l      /|::: .::/: : ト、: \  ヽ
        \/ |.: :ト.|:. .:|-ヽ   ┌―‐┐  ,イ、|:.:.:/、: : :. \  ,ノ
        ,.イ l: : :|∧:. :|::|.:l:>、ヽ._ノ ,ィl:.:.:/:.:/、  ̄\  l 〈
      〃{  |: : :|-lヘ:..:||.::|.:.|:(ヽ/`‐<_::/:::/.::/l::|"' ‐- ._l ,ハ }
      {{ ゝ、|\:ヘ |::ヘ:|ヽヽ::::`/ ,斗‐  ヽ// .|::|    lノ、. |!
      ゞ"  `  ゙ゝ|::::|  |:::|//レヘ//´r |:::| ,|::|      ノヽ
     /       |::::|\|:::|////∧_ヽ、> |::レ'|::|        
    .(        |::::|  ヽ|///// ヾ   |//|::|        /
.
.
.
    _________________________
    |ヽ}三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三{ ソ|
    | i |i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|i| i |
    | i |i|    イニニニニニニニニニニ,ヾ   ,イニニニニニニニニニニ,ヾ  |i| i |
    | i |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|  |i| i |    「 贄を有難う、可愛いスザク 」
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|  |i| i |    
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|           |i|   |i|           |i|  |i| i |
    | i |i|   ヾニニニニニニニニニニツ   ヾニニニニニニニニニニツ  |i| i |
    | i |i|                                  |i| i |
    | i |i|                                  |i| i |
    | i |i|                                  |i| i |
    | i |i|    イニニニニニニニニニニ,ヾ   ,イニニニニニニニニニニ,ヾ  |i| i |
    | i |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|   |i|:::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.  |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.:..:     |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|   |i|:.:.:.:.:.:.:.:.     |i|  |i| i |
    | i |i|   |i|           |i|   |i|           |i|  |i| i |
__| i |i|   ヾニニニニニニニニニニツ   ヾニニニニニニニニニニツ  |i| i |___________
三三| i |i| r―‐、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |i| i |三三三三三三三三三三三
    | i |i| | rァ |            .:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :|i| i |
    | i |i| | r―'----、  ____ .:.:.:.:.:.::______.:.:.:.:.:.|i| i |
    | i |i| | 'ー´i ̄ ̄  ニニニニニ,ヾ   イニニニニニニニニニニヾ  |i| i |                                続く

190 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:36:18 ID:ReSEoBXo
吐き気を催す邪悪とはこいつのことだな
乙でした

191 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:36:47 ID:HM81jifk

これからどうなるのか?
おらゾクゾクしてきたぞwww

193 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:38:15 ID:8fhPs2ow
…何をどうしたら
この悪霊払ったらハッピーエンド?

194 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:39:10 ID:0Nc4si.o
乙でした

197 : yournet全面規制に入るお : 2011/10/31(月) 00:42:31 ID:k.ls0H8.
乙~

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
国際的な小咄 7294 識字率にもいろいろありまして…… (07/06)
  • 国際的な小咄 7293 そうか、韓国の場合密漁者以外にそいつらがいたか…… (07/06)
  • 国際的な小咄 7292 国によっては……ねぇ…… (07/06)
  • 国際的な小咄 7291 今回の香港の法について、一番まずーいこと (07/06)
  • 国際的な小咄 おまけ 己の目線を取り除け! (07/06)
  • 国際的な小咄 7290 昼休みに送ったメールの返信、来たぜ (07/06)
  • ねらう緒がお姉さまになるようです── 二人のエルダー 第15話【プール開き! かくれ奈ちゃんおおはしゃぎのようです】 (07/06)
  • 59号はVaultを飛び出した父親を探しに出かけるようです Vault: 010 (07/06)
  • BATTLE NETWORK 反乱のプロト Chapter 7 過ぎ去った過去 (07/06)
  • やる夫は夢と現実の世界を旅するようです 第13話 新たなる旅立ち (07/06)
  • やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第40話「ヒゲ集め」(54) (07/06)
  • やる夫がサクラ町で日常を過ごすようです 第66回 (07/06)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 16~20 堆肥のネーミング 他 (07/06)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 11~15 成程、そういう欠点克服があるのか 他 (07/06)
  • 風見幽香は華とみる Episode 6 杉「 好きこそものの 」 (07/05)
  • 日給2ゴールドのやる夫 第19話 その2 (07/05)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 52 (07/05)
  • ジーク君は半妖の少年のようです 51 (07/05)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです 成長データ ~ サイクロプス ~ レイヴン (07/05)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission06『炎の咎者』 ③ (07/05)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission06『炎の咎者』 ② (07/05)
  • やる夫は八薔薇領の冒険者のようです Mission06『炎の咎者』 ① (07/05)
  • やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 17 (07/05)
  • 国際的な小咄 7289 イスラムもまた少子化になる? (07/05)
  • 国際的な小咄 7288 楽しさと学問の狭間で (07/05)
  • 国際的な小咄 7287 ええ…… (07/05)
  • 国際的な小咄 おまけ まぁ、今まではちょい茶化してたけど真面目に話すとね、って話 (07/05)
  • 国際的な小咄 7285 以前英文記事を見てええ……ってなったもの (07/05)
  • やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。 #85 (07/05)
  • ダイスに委ねる皇女生活 in エリア11 73 (07/05)
  • やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです おまけ ガラル三鳥 (07/05)
  • 蒼星石は亡国の王子のようです 第三十六話 (07/05)
  • 彼らは夜を歩く 第十五話 (07/05)
  • 彼らは夜を歩く 第十四話 (07/05)
  • 目次 AAで学ぶ農学 (07/05)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 6~10 有機質肥料 他 (07/05)
  • AAで学ぶ堆肥・有機質肥料の基礎 1~5 肥料の定義 他 (07/05)
  • AAで学ぶ医学 253~255 コンタクトのリスク ~ 内臓の右左 ~ 世界がゆがむ(空の境界にあらず) (07/05)
  • AAで学ぶ心理学 22~25 チャンク 他 (07/05)
  • AAで学ぶ心理学 19~21 知識の検索 ~ 短期記憶と長期記憶 ~ 短期記憶から長期記憶 (07/05)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第13話【ピンクと大魔女】 (07/05)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第12話【ピンクと護衛】 (07/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】Library of Ruina「都市」 6 (07/05)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第4章 偽りの人形と断罪の焔 Fake doll and the flame of judgment - episode 8 後編 (07/05)
  • 国内的な小咄 506 横浜と神戸 (07/04)
  • 国内的な小咄 505 やおぎも (07/04)
  • 国内的な小咄 504 めひかりうまい (07/04)
  • 国内的な小咄 503 伊勢の人が思う伊勢うどんの分類 (07/04)
  • 国内的な小咄 502 鹿児島の方言はなぁ…… (07/04)
  • 国内的な小咄 501 神鉄ニキ (07/04)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/5)
    ※完結作品は集計した前の月(4月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1すまない、転生先が蛮族で本当にすまない1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3あさねこの小話空間3ローグライク異世界転生
    4英雄を作ろう!4異世界食堂できない夫
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。6アメリカンヒーローアカデミア
    7IT業界のやる夫さん7気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部
    8ダイスに委ねる皇女生活 in エリア118コンピューター様、情報更新は義務です!!
    9やる夫は魔導を極めるようです9やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    10森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠10ドクオが異世界転生したようです
    11やらない夫がサッカーで天下統一するようです11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12やる夫はギルドを経営するようです12証言と証拠は安価とあんこの後で
    13やる夫の兄はブラコンのようです13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14できない子とSCP14ダンガンあんこ
    15やる夫のみつめてナイト15レベルを上げるスレ
    16やる夫の伝説16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫は人形使いと呼ばれるようです17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです18やる夫たちは三連星(代理)のようです
    19めぐみんの楽しい独身生活!19主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    20白頭と灰かぶりの魔女20ニューダンガンあんこV3
    21アカガネ山のやる夫21カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようで
    22ダンガンカオス22オーバーあんこ
    23やる夫たちでソードワールド23やる夫の野望
    24やる夫とかがみは世界を探す24やる夫ファンタジー
    25イナズマイレブン/ロリ/ショタ25金欠ほのぼの冒険物語
    26やる夫は竜の人財のようです26やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    27ご加護なカンジ27やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    28やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~28STALKING!!
    29【新訳天庵記】やる☆おだ29やる太は異世界日記を綴るようです
    30あんこ時々安価で鬼滅の刃30やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    31いきものがかりたち31やる夫は妖精郷を旅するようです
    32やる夫は死なせてもらえないようです32やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです
    33魔女はやる夫になるようです33やる夫は宿屋を経営するようです。
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる夫は男子校?に通うようです
    35やる夫で学ぶ近世騎兵35あんこ終末旅行
    36ロケッ都団が征く!!36キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    37やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです37ご令嬢☆タクミちゃん
    38ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱38あんこ町の住人は星人と戦うようです
    39蒼星石は亡国の王子のようです39カリブの海と海賊たちのはなし
    40カーきゃん□40やる夫は学園生活を楽しむようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング