スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
週の頭どころじゃなくなってるなぁ

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
8/16
『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった
8/12
ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~
8/5
できない子はマスターソードを手にするそうです
8/3
やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです
7/9
君ガ知覚ニ
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
アニメ化決定おめでとうございます!
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第35話 「赤い夢赤い罪」(5)

目次 現行スレ

180 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/12(火) 07:52:34 ID:gX6sXr8o
.
第35話「 赤い夢赤い罪 」(5)

     |;;;::|         ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .:::::
                           __||__||____
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]



..     / / /    丶 \ \((        /ハ} 人   、
...    / / /    /  \  y ⌒)  ィ/ } //ノ } { \  \
    厶イ ,/    /     イ  ト r-、 | |{ ̄///  l   \  \    ふむ…
    /彡イ  |  /⌒\  }   人_| |t| 人 `  {- 、  \  )   }
    {  / /!/{     `彡 /   | // へ _ノ  ト、   Y    /
   {/ /  |{  |   ノ⌒)  ,.r─{ `.( //, } r─‐ト、\ |   ¦
    \   r‐|  `ー'  (_,.ソ   |   ゝイ///   しヘ  、|   ト
\    ヽ  ]\ノ⌒) r-、 }}\_/!|   /⌒}    ノ   、 |   |  }
   、    )/    `⌒} |}_}/)\厶イ   |    人     |   | ノ
   )  /./      /    (_ソ       |   [/   )   、.  八
  / / \     ′      ノ       | /  ζ    |\  \
/ /    ヽ. _ :       |         |     |    /   \  \
 / /     }   ∧      |         |     |     /  /  \  \
.   /     ハ  / ハ      |         |     |:   /  /     ヽ.  \




112 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:56:17 ID:3EimiYUE

       | /     /    i   i    i       .i       l    l   /
       |.!     i     !  ヘ   i l     ヽ  |   i  i ,!   .j  /
   .、   i,!     |       ヽ  i、  ヽヽ    ヽ |  /  //i    /lィ´
   |   .i!       |       l\ヘ\  ヾ\    i |  / ,イ/ /_,,ィ' .l ヘ
    !.    !.     |       l  ヾ- `ヽ、!_ ` ヽ、 i.! !/_!'、,,"_.ll  .l /
  /     ヘ    l     i  l     _,,、r- ''¨'''  ヽ|// ̄ _,,  l l  l/
 /    /ハ    l    l  l,、r- ''¨´  _,r-        / r'´  l .l  l
'    / ノ  ヘ i´ ヽi   l   l   ,、r '¨´ !        '   _,ri! .l  .l
    _,r'´    { !´ヘ.|   .l. .l    __,,,,,,,,        ,rヤ¨!.リ l  l    あの…
  /7    ,r'´\ 〈 !   l  l ,r=====テ、       /!_彡:', i  l .l
 〃, {    {|:::::::::::\_i   l  l〃弋゚r_ノ_ノ  `      `ー ´.l  ! ト、
 ! ハ {.   i !:::::::::::::::::::i   l l  ` -ー ´             i.  ! .!:::i!
\ヘ \ヽ_ i ゝ.:::::::::::::::.ヘ  .l l             .i    / ././::/i
  ゙ー  ̄  i::、\::::::::::::::ヘ  i.!ヽ            ´   /  //,r',i'!
        i::::\\_:::::r'ヘ  i!\.ヽ        =ア   /|  ,ム'´,r'::l
         i:::::::''-,,_`'' - i、 .l:::::::\ ヽ 、      /ヽ:::|   | r'::::::|
            }:::::::::::::::''-,,_  ̄`''- ,,:::::`''::-..,,`ヽ=-<´   `l  l l:::::::::!
       /\:::::::::::::::::::::: ̄`''- ,,_ ̄|::::::::::::~7 i'´|:::ヽ  l  l l:::::::/
     /:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::| |\:::::::ノ 〉.|::::::ヽ. l  l .l:::::'



           ,、Vハ(メ、 {、       { ´
         /  丶、i     \  --‐ァ '´    どうですか、彼女は?
         /ヽ/   `}}ー―r‐{ト、_  ´
        /ヽ/ /ヽ、 」j   / /ハー --  、
        /    ′ / /`¨¨~7ハ       ヽ
        . ´      `77¨¨7¨{廴 ` ー- 、   ト、
     /        //  く  `丁 i{゙~`ヽ Vノ \
    /_____     //   〈    仁i{   }}  メ、  丶、
   {, -‐‐‐‐-- 、⌒´イ    }   仁i{   lレ'  \  ノ ノヽ、
   |       ⌒{ /      l   仁{、__/ノ`ヽ、   / /、 }
   |        ノ′     」   }レ'77_ . -‐ ヽ./ /  `/

113 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:56:33 ID:3EimiYUE

                  ,、  _ . --- ‐-  .,_
             ,r' `ー、 ,ハ `ヽ/(⌒       `ミ 、
            l   rァォ7ハフー'    ,        ヽ
            l i   イゞン7ハ!_  /  /         フ、 ̄了
            /   ゞアン'  /   /         ヽヽフ ヽ
             /   // `Y  '   /            ヽ'  i
             ソ   ./.l    )/   / -/-/─ / ,  /`   ヽ   l
        ,/,     i   ̄ /  /  / / / / / /l、   ヾ i  l   どうと言われても判りかねますわ
       ///    |    i i  ,'r{辷ト、/ / / /リ \ l   i .l l  
       (  i    i. l l  l l l  .バY^ド{ // / / /   i  l i .l   ただ見つめるだけでは…判断しかねます
          l   l  l  l  l. !   ゞ弋ソソ    ,ィfテト、 リ  |l l l
.          ヽ  / i.  l  l  l. !  .| `))        込ン/ 、 .i.  l l l
           i /. /  i  i  l    | .((     ,   /,.イ /   i lノ
           // i  ヽ l  ヽ   l             / ,' /  ./  i
        / /i  l   ヽ      |     ´ ̄ イ l/.イヽ  ヽノ
       ./ /  i/ /    l      |  ‐- t‐<  リリ ,ハ  \ ヽ
      / /    / //  l   .从ノ~ヽ~'. /  .// /  ヽ l  l



   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\i: :./: :
 /: : : /: : : : : : : : : : :ヽ: : :i: : : : : : : : :ヽ/: : :
/:/: : /: : : : : : : : : : : : :.i: : i: : : : : : : : : /: : : :
:. i : : i: : : : : : : : : : :/: : : l: : l: : : : : : : : /: : : : :
: i: : :.i: : : : : : i: : : :/: : : :i:/: : : : : : : : {: : : : : :    「 彼女が霊媒体質かなんて 」
:.i: : : l: : : : i: /: ://: :/ \: : : : : : : : :ヽ: : : :
:.ヽ:. :.l:. :. :/l: /l /ィ/   i: : : : : : : : : : :∧: :
: : yヽi`/  i/ .i´ニ==‐-,l : : : : : _: : : /  i:
7: ヽ_           .,rヤニ: : : : ::i ヽ:/.  i:
.i: : : .、 `ヽ      ,イ z圦,ノ:.:.:.: :..l〆/  ノ:
.i: : : : :.弋ヾ      `ー'´i: : : : :.`´∠¨~: : :
ヽ: : : :∧辷ノ         l: : : : i__x-‐‐、
 i: : : : : :>  i        l,x-‐¨____i
 l:.... :.. / > `  __    /.l l::::::::::::::::::::::::::::l
 l:.... :./ ∧-ー>、 _ ´////l l::::::::::::::::::::::::::ヽ
 l:...../   ∨∧///////////l ヽ_::::::::::::::::::::::::
 l:/   .∨∧///////////l  /::/ ̄/:::::
       ∨∧///////////l /::/   ̄ ̄
        \ \///////∨./::::|
.           |:>ヽ///////./::::::|  ,-‐-、
.           |/¨ヽ:|/////l l::::::::|  i::::::::::ヽ

114 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:56:48 ID:3EimiYUE
.
   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /             ヽ     霊媒体質の少女?
     /               ヽ
    {                〉
     ヽ               /
      λ_ゞ\      _,/У/
     イ ー ̄三  ̄二三 =イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



 |::|__[]_____[]_____[]_____[]____
 |::|________________________
 |::|;;;;;;;;;:::::::::::::...:''''' """ """""
 |::|             ___________        ..,,,__,,,..     「 ええ、そうです 」
 |::|            |  |    | ∥    |        \ /
 |::|            |  |    | ∥    |         []
 |::|            |  |    | ∥    |
 |::|            |  |    | ∥    |
 |:O=O ______  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__/□/l        l_____________
::|二二/'´⌒´´⌒´⌒/|
   /        //J
 /        //
 l⌒´⌒´⌒´⌒'l/
 L-----J

115 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:57:20 ID:3EimiYUE
.
                  ,.─zュ、
                , ´ i   /i ̄ヽ.
                 ,' / l. / l  ∧
.               | レ' l l | /'l. ∧∧  
               ,イ j xLN,/ j/! }. ,ゞ
              ,ノ| l. ftッ' ′tッ | / /    私は彼女の祖父と交流がありまして
.               | l ,{   ,   j ィ′   その縁であの娘…アーニャとも知り合ったのですよ
                イ'イ ゝ、ー- rz=┘
              r‐(≧=‐-゙f'h_」ア「三》ュ.、
            /三三三ニi l l゙ト,二三,L=-ヽ.
           r'⌒'く三二ニf゙! '  },>'"   ハ.
.          ,.イ!   ∨ ,ィ=}   / /  / ハ
        _,z1 :∧_,.x≦ ̄入_厂 ̄》 ,/     /  ヘ
   _,. -≦三三三〉 / / // 7__ _  __   \
-=≦ 三三三三;<// 厶、 ./ /∧ ̄ ` -x、___      》,
. 三三三三;;≠'  〈/   \ /_  /|||      i′;∧`'<__〉
 三三;;≠"   ,/    〉/  ̄.》 |||      |:;:;:;..:;:\.   ),



            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ    何故彼女の祖父とあの村で交流を?
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\

116 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:57:37 ID:3EimiYUE
.
          __  -‐-ミ
      /::::::⌒´:::::::::::::::`ヽ
     〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::.
. ー=彳::::::::::::::::/ |:i:::::ト、:::::::::::::::::}
    l{:::::::::i{::ア⌒从::├-:::i::::}::::::ト、
   八::r=ミ!i:{=ミ、 ヾ:ムミⅥ::/::}i::|    ハハッ、お答えする義務が?
     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′
        _リ」 ≧=≦ |:i \_
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸



        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /             ヽ     泣かすぞ
     /               ヽ
    {                〉
     ヽ               /
      λ_ゞ\      _,/У/
     イ ー ̄三  ̄二三 =イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ

117 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:58:00 ID:3EimiYUE
.
              ,, - '' """ '' - 、
           ,, -''´          `''::-:..、
         ,. '´                 :\
       ,//.::                 ::. :::ヽ
       ., ' ///  / .:  .::   .::      ヽ ::::',
      / ./ / /  /  / .: /.:/ .:/ .!:: |'; .! i  :::i ::::',
     ./ :/.:/ :;'  /: / .::/ ::/ .:/ ,' |:: ! '; l.:| ; ::l :l:::!
     /.;::/./ .::i  ;':: ./:.::/l ::/ .::/: ;' !:/ :i :::l .l :::l:::l::::!
    ,/ ' ./:;' :::|  :i:: ,'::::/ .| ::/ .::/: /. //  | ::| :| ::l:l::l::::|   …取材ですよ
   ''゙  ,' ::i ::::l  :|:: i::/ .l ::;' ::/!: /./ _... l :l :! ::!:l:::l:::l
     .l :i.| ::::| .:l: ̄l゙'''‐| :i :/ i: /-‐'''"   |::!:/:/_:::::!:::!
     .| l l :::::::l ,!,‐'i''lirj.|、:/ ;':/  z'r'iil'ラ'.l::/./, ゙i: !|::!
     .l | .l :::i:::!', .!!,:l` ´ l|l ;!. !'    ` ´ .|: /´)././ !゙
      !l. ! ::l;:::!ヽ!ヾ'   |l. i        /./レ//
      ゙!、 ', :ヽ;ヽ=,、    !     u ,/,/"/;/
        .ヽ;':/:/::;ヽ     `    ____ //゙/
         .!; .:::;//ヽ、 '' ―― ''゛'‐,ri';"´ !゛
         |;!_;;;/.........| ヽ、 ""  ./ .|゛......... ,,,_
         .i r;::::::i'".!、 .`' - - '.´ _ j゙::i:::::;::- i
         r|:. \:|:::|;;;;;i''''r‐;;r― ''i'';;;;;::::! '   :|,,、
        ノ\:..  `ヽ:::::!_ |;;;;;|_.... -'‐'''   . : :,:/ |



             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、   「 取材? 」
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄

.

118 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:58:39 ID:3EimiYUE

                        \:.:.:.:::\
              -‐=ニ二  ̄ ̄ ̄:.`ヽ:.:.:.::.\
           ....:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ _
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:. \
.        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.::.:.:.:::::::::::::::.:.:.:::::.:.:.::::::::::::::.:.:. ヽ
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.
.      /.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}::.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:. l
     l.:.:/.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::: .:.:.:.:.:/.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.l:::.:.:.:.:.|:.:.|::.:.:. |
     |:/|:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:.:.:.:.:.:./::.:.:. |:::.:.:.:. |:.:.|:.:.:.:.|
....   / |:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:〃/:::::.:.:.:.:.:.:.ハ:::.:.:.|::::.:.:.:.:|:.:.|::.:.:.;   ええ…私は吟遊詩人
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.://イ::::.:.:. :. /  、 :.|:::::.:.:.:.|:.:.|:.:.:;
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.  ̄`メ/ |::.:.::.:/ ___|:.:.:|::::::.:.:. |:.:ハ:.;    吟遊詩人とは物語を探して旅するものです
        |:.:|:.:.:.:.:.:.:./;/   ヽ|::./ '´    |:.:/.:.:.:.:.:.:.l//.:.l
        |:.:ト、.:.:.:.:/、       }/        |:/|:.:.:.:.:.:./:ハ:.:.|    あの村に美しい悲劇が眠っていると聞き訪れたのですよ
       ヽ| l:.:.∧ ー=‐      ー=='´' }:.:.:.:.:/:/ l:.:|
       } |:∧::.       :i         /|:.:.:/レ  ヾ|   …獣から子を身を挺して守り散った美しい女性の話を
          |'  l∧     :l           /.::}ノl
         |  ノ.:::.、                /.::ィィ:::|
.          !  r<二ヽ   ー   一 _イ二>,レ'
         , ィヘ  |:::ト、___  ィ:::::|   /
       / . : :´ ̄ ̄´ : : : : : : : ` ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       ゝ、_: : : : :ー― : : : : : : : : : : : : :` : : : : :〉
.         _〉 : : ニ二二二二二ニ=――- : : : ´ヽ



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  …悪趣味な
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

119 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:58:55 ID:3EimiYUE

 ー=≦:::::::::::::::/.:/:::/::::::.:.: : : 〉
   /イ:::::::::::/.:イ:::://:::〃: : : ハ
   /::::::::::::::::::::::::/::__:://: : : ://: }  しかし調べていく内に困った事が起こりました
  /::::::::::::::::::::/::::__∠`メ: .:/.://: :|
  7:::::::::ィぅ::厶ァイ"Τブi :/ノ¨メ /i|  親子を襲った獣が別の人に訊くと夜盗になったり…情報が錯綜しているんですよ
  /イ/:::{ い∨   `¨ {/ 〈灯}イ 八
   {i::::::\}            /`イハ{    まあ詩を作る分には私の好みで選んでも一向に構わないのですが…興味を持ちましてね 
    ゞ::::i|        _   /
  __ 从人  ∧   ‘ー ’ , '
/≧-  ̄¨ニ=-ミ\     /
三三二ニ≧-: : : :>`ニ ¨´
三三三≧x: : :` :<: : .`ヽ
 ̄ ̄ ̄二ニ=- ミ: : :`:.<.}_
        `ヽ≧x: : : : .}



          、──   、
          \      ̄ ̄ ヽ
               、       {__         |
                >     ⌒─〉 ̄>── 、    /
             /   ` ┬──┴x ー一   \_ ─
            / / \/| :.    \      /
         〃 /  .:.:∠  |:=|=      \__/ヽ
.           / \/   ` l: j|:.:..   |            ’
          ′ .:.:ィぅx  l:八:.:.- 、| :!   }     :
.            .:///:(    { ハ.:.:. |ヽ}   ′     {   「 都合よくこの子には霊の声を聴く便利な能力が備わっている 」
.          { .:/ ' ヒノ    ´アぅx、∨  /.:     ‘
          ノ∨.:{""'       /:(  Yハ /.:.:      {:.i
.         ー=イ .:∧     ゝヒ ノ 八∨.:.:.::.      |:.{
           / .:/}∧ '     """/ /`):/|:.:.  i  ト 、
          ノ:/ :| .:个ト ,x=¬く イ__// :|:.:.:.  |:.: { \
               }/}/〃     Yノ/.:. / : :|\:.:. ト、:. 、
                ′     ト/ イ{{\:{  ヽ |  \ゝ
                 { 02   i }}  \====≠人}
                 |  ̄   |ノ     ̄ ̄ ̄ ̄「´  `ヽ
                 }      |              i

120 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:59:11 ID:3EimiYUE

             /イ::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::}
             /::::::::イ::::::ハ:::::厶-';::::::::::::::::::|
               /斗:::::::kヒテxⅣxそテ:::::::::::::::i:|    直接現場の村を取材させて頂こうと思いまして
                jヘ:::::ト、   ′  厶イ::ノぅ从
                j八   ヽ    从Ⅳ      
                  __ヽ ー ‐'  にニニニ7
               \   〕>-< /:/   /__
                  r‐‐<\_L_  /:/   -‐ :⌒ヽ__
               /:\: : : : : : : ≧=≦:_: : :-‐: : : : : :`Y
              / : : : : \ : : : : : : : / : : : : : : : : : -‐く
         〃´⌒\: : : : : ー=彡: : : : : :  -‐   -‐}i
.          《     ` ー-: :_:_:___:_ -‐ x≦´   ハ
         〈.ヘ         {::::/://   ゝ‐:::ニ;二ニ=ミ \
         }ハ、      ∨:/     /:::::::::::/     `ヽ}_
         ト、        {::{/   /::::::x=く  __  ゝ、____ノ
          | ヽ}      /:厶=‐ 〈^ヽ(  -‐´  ⌒ア:::}}
           |  {      {::{     〈^ヽ(⌒(⌒弋/ /::://
.         |   〉       /://     {`¨^¨¨^::ー‐―く::://
.          |   〈       /:/        ヽ:_:::::::::::::::::::::__彡'
        |   }     {::{          ̄/ ̄



 |::|__[]_____[]_____[]_____[]____
 |::|________________________
 |::|;;;;;;;;;:::::::::::::...:''''' """ """""
 |::|             ___________        ..,,,__,,,..     「 墓荒らしはお前の仕業かお 」
 |::|            |  |    | ∥    |        \ /
 |::|            |  |    | ∥    |         []
 |::|            |  |    | ∥    |
 |::|            |  |    | ∥    |
 |:O=O ______  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__/□/l        l_____________
::|二二/'´⌒´´⌒´⌒/|
   /        //J
 /        //
 l⌒´⌒´⌒´⌒'l/
 L-----J

121 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:59:26 ID:3EimiYUE

                         \、  ト、     \: : : : : : . : . : . . . . .
                  ー―…===‐ヽヽ j: :\     \: : : : : . : . . . . . .
                   `>‐-: : : : : : : : : : : : :ヽ       ヽ: : : : . : . . . . .
                 _彡'´: : : : 〃イノイ: : : : : : : }、       、: : : . : . . . . .
                `¨ア: : : : :/厶´ ̄フオ: : : : : : : : ヽ     、: : : . : . . . .
               ー=≦ :_:_r- '′ 了 刀> } :/⌒}=ミ : :.      : : : : . : . . .     違います
_____________ハ'^ヽ}    └″  /:厶イ | }┐}     }: : : : : . . . .
   . . . . . : . : . : : : : : : .:/ 〉 〉 〉{ ____    /イ〃}   {  | | ┐   : : : : : . : . . .    
   . . . . : . : . : . : : : : : :{ 〈_/VV| ∨ ̄^ フ  x={f{/     } }/     ,′: : : . : . . . . .
   . . . . . : . : . : : : : : : :.′   | `¨¨´   〃   ,′     }    .: : : : : : . : . : . . .
   . . . . : . : . : . : : .: .:___}  γL _____ ,{{   {     . :´\ / : : : : : /: : . : . . . .
   . . . : . : . : . : . : : ∧: :∧   __ノ: :\ト、 }}   }     ∠へ{フ:` : : : : : : / : . : . : . . .
   . . . . : . : . : . : : /:::::∨   ∧: : : :/∠>}ヒ": |___{: :〉: ユ、: : : : : : : : : / : . : . . .
  . . . . : . : . :   -‐∧::::::::`ー- .厶 }, -‐ヾ: :_:〃:/´:::::::::::::::`ヽ/::::::>=ミ : /: :(_: : -‐. : . .
. . : . : . -‐     /  \:::::::::::::::::://::::/{:/: : {::::::::x==ミ::::::::{:::/    ∨: : : : :_   -‐
 -‐       /     ー―ァ´/::/ /〉‐ァ‐} /    `ヽ}'::::::/   ‘,-‐
         ,′      イ::::{:://  {::::{  `}       }::::r'=ニ二  ′
          {/      _厶-=彳   }::::}  |       |:/       /}
          / _ -‐ ¨  {:::{/   /:::/   !        |'      / 」
======  ¨¨ ̄    /  Ⅵ     {::::{   |       |       //
       /         /  `>!   /:::/           l     //



             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、   「 僕はあの村で墓荒らしなんてしていません 」
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄
.

122 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:59:39 ID:3EimiYUE

             -‐…‐-
          . : ´: : : : : : : : : : :`ヽ-ミ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : :` 、
      / : : : : : i: : : : : :/: : : :/ | : : : :∧: : : :ヽ ̄
    厶イ: : i : :|: : : : /:/: : /_ ! : : /  ': :.i :. :}
      |:i: : ',: :! : : : '〃.:./ ̄`}: :./, ニ¨|: :l :i :|  僕は墓守の老人と契約をしました
      | i: i :Ⅵ: : : :|i!: :厶=ミ/::/ 斗ァ} /:小}
      | li |: :{ ', : i jハ/、じリ厶'′ じリ j/ : jリ   彼の死後村を訪れ、孫娘の様子をみること
      }ハ|:i人_Ⅵ: |        ,  ´ル :/
          }从レr(ヘ {    、 _ _,   イハ/    そして彼女の力になること等幾つかね
            {: : :\リ≫x     ∠        
        _x=く`: : : :`¨ニ=-`≧=彡': :}ニユ      老人はそれと引き換えに真相を教えると言ったんです
     /⌒: : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : ∧    
    〃⌒\: : : : `ー- : : : :_____彡/:::{ >ュ   僕は承諾し彼の死後村を訪れました
    ,iK :::::::::::`::::::ー-: : :_:_: : : : : :__彡'ヽ::::}  }  
  /:| 「¨{ ‐-ミ:::::::::::::::/ `¨¨¨¨|i|   Y   \ 
 ./ } j }   \:::::::/       |i|     |    ヽ
 ′{´ / /      〉、′      |i|    |、   



     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′     …驚きましたよ
        _リ」 ≧=≦ |:i \_
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸

123 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 01:59:53 ID:3EimiYUE
.
   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─


        /    V  ヽ{: i,`ヽ、ヽ、  ̄´        l:.  八     .!
    ,. イ         V   \ヽヽ``ヾ           冫.イ-----t-z-イ  彼女には祖父の霊が憑依していたんです
 , イ          }      .\ ヽ_     ,_-__ュ .イ/!     j i | 
'´          /iヽ      .>x > .   /.//j |    / i .|
          , イ  Vヽ、       |: :.| /: :7/j:j.//ノ<j} /://.j .|   ._
       /      .i:|ヽ    |___|,/イイ//i./ / /iヾ==イ'//| .|   / :>~ヽ,ィヘ
      /        ,i i_ \   .|ヽ__/////i.j / / |ト、 .| // i |  / イ . イ _, イ⌒i
---- 、 /         7ゝイ `ヽ、∧.l///////j .|' / .|.iヽ = イ i | | /        ノ !
     `ヽ、         ∪.||`ヽ、 ミr、//////j /´ /__.V .j   | | |ノ        ノヽ,ノ
       ヽ、 '、     ! ||    ̄ i |//////j.|  /// i l .l   | |./         }<

124 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:00:07 ID:3EimiYUE
.
         (( ____ ))
       _√ィ´    ` ヽ\
      ,イ / ,' l  |   } ト、
      j / ,  |  !  / | !
      / ,' /   |  ハ   { 〈 /    だけど…私には感じ取れませんわ
      | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ
      ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ
    { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、
    !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |



.       l: : : : : :|: : l: : l:∧   ,             | :l : : : : : j⌒ヽ          /: : : : : : : ノ: /
.     |: : : : : |: : l : : : 人 〈               | :|: : : : : ム      {ヽ    /: : : : /: / ̄
      l : : : : j : ;' : : : |(_.\  __           | :| : : : :ん∧     \`:ー:‐:': :/ //  お爺ちゃんは…
       : : : : :.|: :l: : : : |  ` \ ヽ_)        イ| :| : : ://  \      >ー: : :_;/
.      ' : : : :!: :!: : : :.|      \       <  | :|: : //   /\      ̄ ̄       満足、したんじゃないかな
.       ∨ : |: :| : : :│   , ´ ゙̄`ァ<  〈V厂7:/: ://  / ̄ ̄`\
        ∨ |: :| : : : |   /    /:::::::::::::∧〈∨/:// /        \

125 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:00:22 ID:3EimiYUE

     |;;;::|         ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│  「 満足? 」
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|
__i___,::::::::...         l ヽ\                         :::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                         . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                                   . .: .:::::



         ゝ:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|':: : /: /:: /:: /:: ::/:: :: :: :: :: :::|:: : }: |:: !:: :: :l::!:: :: :: :/:: :: :: :/
        人:: :: :: :: :: :!:: :: :: :: |:: : l:: {:: ::l:: /:: :: |:: i:: :: ::l |::l :| ::/::/ ::l:: :: :: |:: :: :: :l:: :: ::イ、
          ヽ:: `:: :: :: :: |:: :: :: :: j:: :: ', :', : ト {:: :: ::l: ノ::!:: ::|//:/:イ::/ :: ノ:: :: :: l!:: :: :: :\: :: :: \
         \: :: :: /:: :: :: :: :l:: :: ::\ト、|N\:: :「::!リ:: ://:/::ノ:/イ/:: :: :: :: |:: :: :: :: :: \: :: :ノ
         ノ:: ::/:: :: :: :: ::/|:: :: :: :: トヘ_\::ト、}∨! //´レ´/_ノ 1:: :: :: ::l、:: :: :: :: :: ::`Y
           !: :: /:: :: :: ,.イ   l:: :: :: ::/´ ,. -─‐ ̄ レ'´ ̄‐─- 、`' !::!:: :: ::| \::、:: 、:: :}: ::|
         \,{:: ::/::イ: {   |:: :: :: :l_____,      _____|::l :: :: :| ノ\:: }::/:: /
           \::l::{::ト-'´  |:: :: |: j!{{ テ示㍉      ィた示 }} j: | : :: :l  ̄ 7} l/,.ノ
            \!`ー   l:: :: |::∧ 弋zzソ      弋zzソ /1:!: :: ::l   ̄/ノ
              `ー    l:: :: !:l`ヾ、      l         /'´!:l :: :: l   ̄
                        ', :: :|:|   \     ,|       /  l/:: :: ,'
                   ',:: :|:l    >   ‐_‐  -<    ! :: ::,'   私は…おぼえてない、けど
                    ',:::|:|   / j三≧___≦三! \  | :: :,'   お爺ちゃんが出てきたのは…カイトさんと
                    ',:|:l __/  /, - 、::j !:::, -:,:!   ト !:: /    貴方…前、だけだった
                   .. '、! /  /::l{ヘ !:} {::l γ':l   ! l::人   
                   /    \  /r==='、! lr===z   /,  `丶、 お爺ちゃんが死んでから…そのふたりだけ
                /     7  \}´ ̄`'─' '─'´ ̄`{/`V       、
                !    /    l\ :: /  ̄ \ :: ,.イ   \     l
                 |  /     |  \}_    _{:/ !       \  /l

126 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:00:39 ID:3EimiYUE

                    ____
        、       ´   `´ ̄ ‐-`丶、
         ((≧ーァ´ /         `丶、
         >'  /            `丶、丶.
          / // / ー=≠ァァ´ {、  、  ヽ ヽ、__ノ
        レ/ レ' / /   / / /  ハヽ  ト、  \ァく´
         〈 リ / /  /__ ノ {// //{ {\V  l  i トヽ ヽ、
          ヽ{〈丁77iTく  //V斗ヘ.ムイ}   }  l l   ⌒´
            _ノ ヽ〈 {{ ! ヽX{ ーァfァァトノメ、 / //{
         `≧ィ′  トト\__{ ` {:{fッ' i{乂イ イ´ _ノ
           { // /{⌒i    `~`   ハト、(_    そして僕は君の口を借りた爺さんから
           ,、Vハ(メ、 {、       { ´      君をルルーシュに会わせろと言われた
         /  丶、i     \  --‐ァ '´       …小さい頃の悪さまで話されちゃ本人と信じない訳には行かない
         /ヽ/   `}}ー―r‐{ト、_  ´
        /ヽ/ /ヽ、 」j   / /ハー --  、       …顔を合わせた途端だったから驚いたなぁ
        /    ′ / /`¨¨~7ハ       ヽ
        . ´      `77¨¨7¨{廴 ` ー- 、   ト、
     /        //  く  `丁 i{゙~`ヽ Vノ \
    /_____     //   〈    仁i{   }}  メ、  丶、
   {, -‐‐‐‐-- 、⌒´イ    }   仁i{   lレ'  \  ノ ノヽ、
   |       ⌒{ /      l   仁{、__/ノ`ヽ、   / /、 }
   |        ノ′     」   }レ'77_ . -‐ ヽ./ /  `/



   | ト 、  ヽ.  |   |  ',   \   \    ヽ、    ヽ
   | |  \\\|   |   \   \   \   | ヽ   |
   /\ヽ | ヽ\\ 、 ヽ   \ー 、ミ 、  _ヽ_  |  ヽ  |  もしかしたら催眠術かもしれませんわね
   |  / |   |\\\\ \   \_ノノ、´  || 、  |、  |  |  条件が揃えば彼女にそう言う行動を取るようにと
   | / |   |  \ヽ\\__ヽ ,ィ ,ィ' ヽ \ ||- |、 ト.  |  }  
   | |  |    |彡{ /ヽ彡乏三ミゝ(ミヾ  ィニ升≡ミ-リ ヽ } jノ   少なくとも私にはお爺様の存在を感じ取れませんし
   | |   | | / / }}  | |彡升大ヾ/(    イ:じ:}:i ':\  j!  /、
   | |  \\んソ\/ノ  杙リソ孑'    ゞ=-' |\\  /::|:ヽ
   | |    \\ \ゞーミ、__)ソソ/    ,    } 、\\∧::|:::∧\      /^i ヽ
ヽ  ', ヽ\   ヽ \\\( (ー-彡'         ノ ヽ\〈::::'::|/:::::〉 \     /ヽ /
 \ ヽ \\   \ \\ 〉〉 ))   ∠ノ   /)<´ ̄〈ヽ::::|:::: /    Yヽ  | | ,'
 \\\ \\   \ \ヽ(_ノノ ,ィ'ヽ   ノ`>〈ー' \ __)⌒)|:::,'    ,' |  ! ,〉‐,
   \  \ \_、  \ \/__ノ  | ̄/ゝー' > ) ) )ー-' 〈∨.   / i / / /
.   /\  \ \ゝ\  \ \|>__、ゝ//_, / /    ヽ  (_____/^,/  .У / ,'
.   ∧  \  \ \  \ \ \ /ヘ{/ |/っ 〉 /)    // /ヽ /  ' / }
   ( ヽ.   \  \ \  \ ヽ  \ 〈⌒/   / /  , '  / / ∧  |  | |`ヽ

127 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:00:56 ID:3EimiYUE
.
                 , ィ_
              , -‐┘: : : : `丶_,.ィ
             /. : : : : : : : : : : : :〈
            、_{: /.!: : : : : : : : /. : ハ  そうですか
            `イ: 从!: : : :{:ノイ^Vノl′
             ヘ、: l: : : ハ:从小   じゃあアーニャはもう自由なんですね?
              厶从从イミハ」
              {´      `Y
            _ ノ       {_
      ,.--‐ ´            ̄   ‐- 、
      ト   __      ______ __ ,イハ}
      {」}「r‐…‥=ミ、i____ノ/ ̄ ̄ ̄[ハ }くく /
       Yノ:ヘ:::::::::::::::::::「¨¨「::::::::::::::::::::::/.:{{  V
       {:::::::::ハ::::::::::::::::}:::::{:::::::::::::::::::::::{:::::`='
      ,'.::::::::::::ト、:::::::::::, ‐‐ 、:::::::::::::::, イ:::::::::::!
      l::::::::::::::ハ二彡'´、` ミ二二 .イ:::::::::::}



   |  {    |     ハ   '  乂込りイ、`ヽ
   |   '  |  ミ、 i   |ハ ゞ=彡ノ/z i
   |   ヽ .!   ハ:}|i: ! {  '  i  ゞ=ソ i:!
.i   |   ハ:{.  r=彡|{|ノi  |. | ヽ  八   それは判りませんわ
:|   ! >ー从_}{ i ! |.川 i{ `ヽ |   !  ハ 、  ゙
   |{ / ーヽメ 八ハ!{ !ノj_z_j   |  .'  ヽ   催眠術だとしたら未だ暗示が残っているかもしれませんもの
ハ  人ハr=ミ ハ ハ   ノ从 7.::ハヾソ ,  '
  / }込八irくイ_ノ ノ     i::::::::j [:!/i   | i      …ルルーシュ様に、彼女を会わせるのがお爺様の願いですわよね?
 { :{ゞ=ミ_ノ/    ,  ゞ彡<从 '  i ゝ
.八 ∧    j:i     ノ    'イ /{  八  `ー  ならば、それを叶えないと…
.  ヽ∧   八{__j), - .、    /rーミ八   `ー -
   \ヽ.    ̄ ゝ:::ノ   .イハ  }vー 、`ー -
 `ヽ  \>     /⌒´      ノ `ヽ
ハ  \  ヽハ≧=彡} `ヽ      `ヽ ハ
  丶.  \   }、 { /           ノ   }
   \   ヽ ノ iト、∨           \  '

128 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:01:13 ID:3EimiYUE

       | /     /    i   i    i       .i       l    l   /
       |.!     i     !  ヘ   i l     ヽ  |   i  i ,!   .j  /
   .、   i,!     |       ヽ  i、  ヽヽ    ヽ |  /  //i    /lィ´
   |   .i!       |       l\ヘ\  ヾ\    i |  / ,イ/ /_,,ィ' .l ヘ
    !.    !.     |       l  ヾ- `ヽ、!_ ` ヽ、 i.! !/_!'、,,"_.ll  .l /
  /     ヘ    l     i  l     _,,、r- ''¨'''  ヽ|// ̄ _,,  l l  l/
 /    /ハ    l    l  l,、r- ''¨´  _,r-        / r'´  l .l  l
'    / ノ  ヘ i´ ヽi   l   l   ,、r '¨´ !        '   _,ri! .l  .l
    _,r'´    { !´ヘ.|   .l. .l    __,,,,,,,,        ,rヤ¨!.リ l  l
  /7    ,r'´\ 〈 !   l  l ,r=====テ、       /!_彡:', i  l .l
 〃, {    {|:::::::::::\_i   l  l〃弋゚r_ノ_ノ  `      `ー ´.l  ! ト、
 ! ハ {.   i !:::::::::::::::::::i   l l  ` -ー ´             i.  ! .!:::i!   …ルルー、シュ
\ヘ \ヽ_ i ゝ.:::::::::::::::.ヘ  .l l             .i    / ././::/i
  ゙ー  ̄  i::、\::::::::::::::ヘ  i.!ヽ            ´   /  //,r',i'!
        i::::\\_:::::r'ヘ  i!\.ヽ        =ア   /|  ,ム'´,r'::l
         i:::::::''-,,_`'' - i、 .l:::::::\ ヽ 、      /ヽ:::|   | r'::::::|
            }:::::::::::::::''-,,_  ̄`''- ,,:::::`''::-..,,`ヽ=-<´   `l  l l:::::::::!
       /\:::::::::::::::::::::: ̄`''- ,,_ ̄|::::::::::::~7 i'´|:::ヽ  l  l l:::::::/
     /:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::| |\:::::::ノ 〉.|::::::ヽ. l  l .l:::::'



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
.

129 : 名無しのやる夫だお : 2011/07/11(月) 02:01:21 ID:/YuAEb9.
何かルルに伝えたい事があるのか…?

130 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:01:30 ID:3EimiYUE

          __  -‐-ミ
      /::::::⌒´:::::::::::::::`ヽ
     〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::.
. ー=彳::::::::::::::::/ |:i:::::ト、:::::::::::::::::}
    l{:::::::::i{::ア⌒从::├-:::i::::}::::::ト、     何故この世界にはアンデッド系の魔物が存在するのに
   八::r=ミ!i:{=ミ、 ヾ:ムミⅥ::/::}i::|      大抵の墓場では死者が穏やかに眠っていると思いますか?
     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/        定期的に墓守が清めているのですよ…死体を、そして魂の残骸を
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′
        _リ」 ≧=≦ |:i \_         完全に土に還るまでね
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}     けれど墓守が守るのはあくまで墓場だけです
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}   そして大抵心残りを抱き散った魂は己の死体に大人しく寄り添わない
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸



             > '' ¨  ̄ ¨ '' <
           > ´    __ ,,,,, __     ヽ
           {   ,.孑/////////爻 、  レ.‐ 、    「 だから、頼まれました 」
         ,.ィ、 .////////////////,才.r.¨.i }
        ,:': : :ハ ` ー === 一 '' ´ /> 'ノ
       /   : :ム            r ≦´ V
.       {     : ヽ         /     }
.      ',      > ,,,_   _,,.ィ´      ハ
       ヘ           ̄         , '
          .>、               彡
          ≧  .,,,,      ,,,  <
                      ̄¨¨ ̄

131 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:01:58 ID:3EimiYUE

 ー=≦:::::::::::::::/.:/:::/::::::.:.: : : 〉
   /イ:::::::::::/.:イ:::://:::〃: : : ハ
   /::::::::::::::::::::::::/::__:://: : : ://: }
  /::::::::::::::::::::/::::__∠`メ: .:/.://: :|  彼女の…亡きマリアンヌの執着するものと
  7:::::::::ィぅ::厶ァイ"Τブi :/ノ¨メ /i|
  /イ/:::{ い∨   `¨ {/ 〈灯}イ 八   自分の大切な孫娘…アーニャを引き合わせて欲しいと
   {i::::::\}            /`イハ{
    ゞ::::i|        _   /     
  __ 从人  ∧   ‘ー ’ , '
/≧-  ̄¨ニ=-ミ\     /       だから僕たちは一月近くかけてあの村から此処に来たんです
三三二ニ≧-: : : :>`ニ ¨´
三三三≧x: : :` :<: : .`ヽ
 ̄ ̄ ̄二ニ=- ミ: : :`:.<.}_
        `ヽ≧x: : : : .}



 |::|__[]_____[]_____[]_____[]____
 |::|________________________
 |::|;;;;;;;;;:::::::::::::...:''''' """ """""
 |::|             ___________        ..,,,__,,,..    
 |::|            |  |    | ∥    |        \ /   「 そうすれば亡霊は目的を遂げる事が出来るからと 」
 |::|            |  |    | ∥    |         []
 |::|            |  |    | ∥    |
 |::|            |  |    | ∥    |
 |:O=O ______  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
__/□/l        l_____________
::|二二/'´⌒´´⌒´⌒/|
   /        //J
 /        //
 l⌒´⌒´⌒´⌒'l/
 L-----J

132 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2011/07/11(月) 02:02:18 ID:3EimiYUE

          く           }/  ,r‐く≫`` ̄ ̄ ̄  __{_
         `、            / /        /: : : : :\
          `こヽ      / '      -‐=≠ : : : : : : : : `ー-  _
.             ヽ      x≪/     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:_」_
.              `ー=≦   /   -=≠: : : : : : : : : : : : -‐: : : : : : : : : : :}
                 /::\/: :/: : : : : : : -‐ : : : : : : : : : -‐――く
                 \:://.: : :-‐ : : : : : : : : : : : : :./       \
                     〃: : : : : : : : : : : : : : : : : : /



                 }:::::圦     }      人:::::: : : :'..
               ,:::::::廴、    __    ムイ::::::::: : : :\
                /: : : :}i:i:丶.  `ー '′ /:i:i:|i::::::::::::::: : : :ヽ,
             /: : : ::::}i:i:i:i:i::i::.. _ .. i:i:i:i:i:八::::::::::::::::: : : :‘,   『 孫娘をあの女から解放できるからと 』
                /: : : :::::::}i:i:i:i:i::l       |_:i:i/:i:i:i:}i::::::::::::::::: : : ::,
          /:::::::/:::::八i:/\     / ` 、i:i:i:}}::}i:::::::::::::: : : :}
.          /:::::::/::::::::/:/     \/     \}}:八:::::::::::: : : :{
         /::::/:::::/:;{:( _/   x:介:x  丶_〃、:::\:::::::: : : ::.
          ,::/:::::::;厶斗ヘ:マ7  / }::|:{ \ { {:{  ^ ーキミ::::、:::::'.
          〃::::::r ´     }}.{/   j::j!:{   ` x'ヘ{      ヽ::\}i
.        {{: : : :| 、   ー'     {::{}::}      `         '::::::}i
          }} :::::::|  \  ,       j:::ハ:::,       、  〃   }::::八
       〃: : : ′   V      ,::;' ':::i         v //   ;:::{:::::\
        /: : : ::::'}    、 }      {::{  }::}        ∨/   _{::::: : : :、:::,
     /: : : //⌒\ __j′       '::{_}::{        v__/⌒ 、: : : :\}
.     /: : : /:::/    `¨{      __」::[__ ]:::L,__ ,.    厂     〉::: :、: : :\
.   ,:′:/:::く      '.      l::f⌒^::i⌒´    /        /:::::::::::\ : : ヽ
.    }::::/:::::::::::::\__     \    l::|   |::}    ' .:廴,_ _ /}::::::::::: : : :\、:::'.
   厶:′::::::::'::::::::}  ̄ ー┬v    l::|   |::}    '  「:{ ̄    {::::::::::::::::: : : :ヾ::}
  /: : : : :::::/:::::::::{     |::ハ,   l::|   |::}   /  |::::'.      ';::::::::::::::::::: : : :}i:、
 〃′: : : :/ :::::::/|     |:':::}   l::|   |::{  .    |::::::{      }::::::::::::::::: : : :八:ヽ
 }i:{: : : :::::':::::::::/:::|     |:::::}   l::|   |:::〉 ′  {:::::::}       {:::::::::::::::: : : :'::::::}:::
 }i: :; : : :::::::::::/::::′     ':::::}   Ll  V /     ┐::}   ,′  ':::::、:::::: : : :{::: : : :
 }}: : :; :::::::::::/::::::}     \{::::}         /     ヽ::{   /_    }:::::\::::: : : :\:::::
〃: : : }::::::::::;:::::::;:}     、 ∨`    ー=彡        v{_/⌒   |i:::::::::::ヽ;:::: : : :}i:::
{i: : : :/::::::::/::::://     \{′\              / /⌒:´    |ト、:::::::::::: :、: : :}i:::              続く

133 : 名無しのやる夫だお : 2011/07/11(月) 02:02:41 ID:lRyDPFxs
おつー

134 : 名無しのやる夫だお : 2011/07/11(月) 02:03:03 ID:/YuAEb9.
乙した。

また少し絡まり始めたなぁ…。

135 : 名無しのやる夫だお : 2011/07/11(月) 02:04:51 ID:zx4lt43U


136 : 名無しのやる夫だお : 2011/07/11(月) 02:08:27 ID:/ISMGyZ2
乙です

138 : 名無しのやる夫だお : 2011/07/11(月) 02:13:54 ID:6qjqmiuI


関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • 『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第二話:君も来た (08/16)
  • 『ヒーロー』を創りたかった漢達~脚本・監督・主演:僕~ 第一話:僕が来てしまった (08/16)
  • ぐらんぶるぅふぁんたじぃ 第2部 最終話 (08/16)
  • ぐらんぶるぅふぁんたじぃ 第2部 その5 (08/16)
  • 国内的な小咄 2182 うわぁ……うわぁ…… (08/16)
  • 国内的な小咄 2181 盛岡は便利 (08/16)
  • 国内的な小咄 2180 本来はメリット多数だったんだよなぁ…… (08/16)
  • 国内的な小咄 2179 ナンバリングがずれる原因が判明しました (08/16)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百六話 (08/16)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百五話 (08/16)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第三百四話 (08/16)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2周目 1章 その2 (08/16)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2周目 1章 その1 (08/16)
  • あんこ時々安価で惑星のさみだれ 2周目 キャラメイク (08/16)
  • 歴史的な小咄 40 猿橋 ~歴史というか旅行記~ (08/16)
  • ゲーム的な小咄27 ボードゲーム紹介:たのめナイン (08/16)
  • 読書的な小咄 259~260 サラウンド ~ EDGEシリーズ 神々のいない星で (08/16)
  • 読書的な小咄 257~258 新世界より ~ 奇異太郎君の霊的な日常/奇異太郎少年の妖怪絵日記 (08/16)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 四月一週目 その六 (08/16)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 四月一週目 その五 (08/16)
  • ショーダウン ~ポーカー学園都市の魔物~ 一年生 四月一週目 その四 (08/16)
  • 昭和名馬列伝 第5章 ニホンピロウイナー伝 第5話 (08/16)
  • やる夫はタルシスに住む新冒険者のようです 第41話 (08/16)
  • やる夫とばくだん 30.ウラエウスの出現 その2 (08/16)
  • 読者投稿:ブランデーのすすめ:解説編その1 (08/16)
  • 読者投稿:ライフハックネタ スマホを冷却 (08/16)
  • 読者投稿:タイトル:英語でよく見る「outh」の発音の一例 (08/16)
  • 読者投稿:婆語 (08/16)
  • 読者投稿:自動車運転・交通安全の話:車間距離を秒で測る (08/16)
  • 読者投稿:マイナポイント第二弾 (08/16)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第3部 その39 (08/15)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第3部 その38 (08/15)
  • やる夫は奇妙な友達ができるようです 第50話 さよなら、やる夫 (中編) (08/15)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第12話 第2の犠牲者 (08/15)
  • なのはさんは巨乳フロント係のようです 第84回 (08/15)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】NEVER FORGET STORY 9 (08/15)
  • 国際的な小咄 9099 それは本当に草草&草生えるからやめてくれ (08/14)
  • 国際的な小咄 9098 どうしてこうなった…… (08/14)
  • 国際的な小咄 9097 ええ…… (08/14)
  • 国際的な小咄 9096 送りバントさんへおすすめの梨ジュース (08/14)
  • 国際的な小咄 9095 ウォッカに合わせてみるとマジ旨いとのこと (08/14)
  • 国際的な小咄 9094 出川は伸びる(確信) (08/14)
  • 異能対戦・ソウルギア その11 (08/14)
  • 異能対戦・ソウルギア その10 (08/14)
  • ギャンブる冬優子 第5ゲーム 学級裁判ゲーム (08/14)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 11 (08/14)
  • このクソッタレな世界に復讐を! Past Edition 8 Give me Wings 3 (08/14)
  • やる夫はかまいたちの夜を過ごすようです 第11話 牧田千愛 (08/13)
  • 国際的な小咄 9093 論文評価のむつかしさ (08/13)
  • 国際的な小咄 9092 記憶と日記の記述のみだろまるであてにならねぇな (08/13)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!