スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第27話おまけ(27) 「闇に降る雨」

目次 現行スレ

766 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:52:06 ID:M8f/xAtY
.
第27話おまけ(27)「 闇に降る雨 」
.
_____________________
_/_/_/_/_/_/_/_/_/.,:;./_/_/_∧
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ .ヘ   『 とある国とある村とある場所に
_/_/_/_/,.;::./_/_/_/_/_/,.:;,./_/.γヽヘ.
_/_/_/_/_/_/_/;::::.,/_/_/_/_/  ゝlノ ヘ   一人の魔法使いが弟子たちと一緒に住んでいました 』
'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''|,..:  ,;:  |
____        ゙;;:    ____ |   _,. -i |
ニニニニニil   / ̄ ̄ ̄ ̄/l liニニニニニニil. |  |´ | ,..| !
_||_| l|  l二二二二二l/. l l|_||_| l|. |  |-''!´ | !
 ̄|| ̄| l|   | | |l     | ||    l l| ̄|| ̄| l|, |  |_,..レ''  |"''iv,,.
ニニニニニil   | | |l___| ||    liニニニニニニil|       |   ~"~゙''"''' w,v,,ivll、,wii,,..,..,.ill,..w,,_,,
 ̄ ̄ ̄ .   | | |    0| ||;:;,.    ̄ ̄ ̄ ̄ |   ;:;:, .   |                        ゙'' vw,,'w
,.:;       | | |l ̄ ̄ | ||     ゙゙      |  , _,. - '´,,.,,
____,,wiiv| |_|l___| |l_______|_,,-'´
,,       | | ,,    ,,| | ,,                         ""''´''
      ,, ''';"    ゙;^"" ""''´''
wv、,.,..,.ill,..w''"     ゙'' vw,,'wii,,..                           "゙''''~
                     ゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,,_
                                  ゙''"゙v,,ivll、,w,,'wii,.,
                                            `~"゙"'''' iw..,,_,,..,..,.ill,..w、,



       _,,,--''''-,,_
     /      '\
    / ⌒       |    .
   / -"""-      |   
   | '''---'''      |   
    |,,-'( ,,,,,,,,,,    /ヽ,       『 その魔法使いは空も飛べず冬に花を咲かせることも出来ません
   .| ○ _ ,,,,,,__'''-  b/    
    |  厶 `ー′ ヽ/          ただ醜い人間を美しくする魔法を持っていると言う噂でした      』
    |   ヽ   人___      
     | ⌒ | /  \\  
     | ^  /)     |  \
     ヽ_,,,-' |  / /    \
      /  |  /      ヽ
     /    |  /    /   \
     |    |/    /    |




767 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:53:45 ID:M8f/xAtY
.
              .|
              A
           | _γ ⌒ヽ_
           A ..l.i i:I I:i iI_________∧________
          龠./|.i_i:I I:i_il ________i龠i____/∧ ______i龠i________\
           ./ |.ロ:IロI:ロl/::.::.:::.::.::.::..:::.../ [] `::..:::.::.::.:::.::::.:::.::.:..|
          ===.|   ニニニニニニニニニニ    ニニニニニニニニニニ 『 そしてとある国とある町とある場所に
            .|∩| l'⌒`l | l'⌒`l l'⌒`l |γΠヽ| l'⌒`l l'⌒`l |
            .|:! !| l.__i__i | l.__i__i l.__i__i | ゝЦノ| l.__i__i l.__i__i |      大変お金持ちな女の人がいました    』
            .|  | .____ ...| ._____  _____ | .____ | ._____  ____  |_
            .|「l | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|i_i | |__|__! | |__|__! |__|__! | |_|II|_| | |__|__! |__|__! |
            .|  | __∧_..|           |[::圀::]|           |
    :::::::     .|  | .I:I:i | l===l ;l===l | |   i | l===l ;l===l |
     :::::::    .|  | .I:I:i | |__|__|....|__|__l | |....:::::l | l__|__|....|__|__| |
      :::::::   .`:::;:;================ |ニニニニ]:==========i
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



        / /=--シ'´¨7⌒'、ニニ/;;;;;;// /^'ー‐-、   i    !  i /ノ
        ム-=-‐''"/ヾ } イ'"/;;;;;;;//,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  
     , -‐'"´:://::イ  iヽ///;;;;;;;::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i  『 その女の人はお金も宝石も沢山持っていました
     i .〆'/ ク /i,, ‐''  //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i   
   ┌'''7ヶ"// ,'/  し,,/;;;;;;;;;/};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ただ可哀想なことに美しさだけはひとかけらも持っていませんでした 』
   oi  K,,/ /,,_/    /シ;;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    
  ro;;;} |  /     ///イ;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}      !    ヽ  ヽ
  i;;;;;;ヽ |/      /''" ¨'1┘;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!、     i     ヽ  ヽ
  {;o;;;;;} ' , -‐―'''''''''''''´ ̄;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      i     ヽ  ヽ
  ヾ;;;;;;V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7       i      ヽ  ヽ
   、o;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/'、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; {      i      ヽ  ヽ
   ,;';;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     i       ヽ  ヽ
 /;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;i    ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、     i       ヽ  ヽ
';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!!;;i    ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、     !       ヽ  ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!;;i    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    i       ヽ  ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;o;;o;;;;;;;o;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧;;;;;;!;;i    ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    i        ヽ  ヽ.

768 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:54:23 ID:M8f/xAtY

.                 _  _
                ,、,j `´ !.,、
             _ __r' \.Y./`ヽ__ _
          ,、/ `´ヽヽ  .|.  ,´,´ `´ \
       ,、_ノヽゝ (`´ヽヽ ..|.. //`´) ノノゝ_,、
       〉-===--ニニヽl | lニニ--===-〈
     /_ヽ_r--、__--、_,ノl..|..l!.、_,--__,--、_/_\
   __/ /=/     `ー´  ̄ ̄ `ー´     \=!.\__
 ,-" 〉/= /                      ヽ=\〈゙-、  『 女の人は毎日鏡を見てはため息をつきます
 `)゙( ( (= i                       i= ) ))"(
  (  `Yミ=}_                        _{彡Y´   )   ああもう少しだけでも美しくなりたい
 <=--ヽ=、`、                         ,´ ,=/ --=>
  〈彡´ ̄ )) )                        ( ((  ̄`ミ〉    もしそれが叶うならば私は水汲み女にでもなるでしょう
 //ミ≡/                     \≡彡\\
 \\\/                         ヽ///   そうため息をつくと女の人は持っていた槌で鏡を叩き割りました
  (ミ、.Y                           Y.,彡)
   l≡ l                                l ≡l     それが女の人の毎日の日課です
   l圭ヽ                             / 圭l
   `l圭 !                             ! 圭l´     そうしてちりんとベルを鳴らしてはメイドに片づけをさせるのでした 
   (三=`,                            、´=三)
    lミミ i_                        / _i彡彡l     女の人はそうやって屋敷の中で毎日を過ごしていました           』
    `lミミ l                   /  .l彡彡l´
     lミミ l                 / / .l彡彡l
    (ヽヽ }                     / /   { / / )
    /__ノ .ヽ             / /    / ゝ__ヽ
    \三≡、\          / /    /,≡三/
       ̄\彡ヽ          /    /ミ / ̄
         \彡ヽ  r--' 二二`--ヽ /ミ /
           ゝ圭⌒ヽヽ ノ...|...ヽ //⌒圭ノ
           〈彡´`ヽ_/..|..\_/´`ミ 〉
            \三三//l\\三三/
                  ̄ ̄ ̄
.

769 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:55:00 ID:M8f/xAtY
.
       __________
    r´ ´\                \       『 ある日女の人は魔法使いの噂を聞きました
    (    \                \   
     \     \              \      どんな醜い人間も美しくしてくれるらしいと云う噂です
      \     \                 \
        \     \                 \    女の人はそれを聞いて魔法使いに会いに行くことにしました 』
          \    \                 \
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ



     i::::::::::::::::::::/   ヽl l -‐.ニヽレ::::ヘ
     .i:::::::::::::::::::/      ヽ‐'´::::::::\::::ヘ      『  命令よ 私を美しい顔にしなさい
     i::::::::::::::::::/       \:::::::::::::::\::',
    ,'::::::::::::::::/         .\::::::::::::: \,       お金も宝石もいくらでもあげるわ
    ,':::::::::::::: /         /`ヾミ、:::::::::::\
   ,'::::::::::::: /        ., '/     `ヽ、:::::::ヽ     魔法使いは女の人の言葉に首を振って言いました
   ,'::::::::::::::∧         ., ' /  、 , /`i  `ヽ、:::',
  ,i::::::::::::: ;' ∧     / /< .,'  ヽ|.   ヾヽト、    この魔法はとても苦しい魔法なのです
  i::::::::::::: i  ∧   / ./‐、 `ト、      ', ',.', ',
  .i::::::::::::: l  .∧ /  /  \  ム    iヽ  i. i } .}   きっとあなたには耐えられないでしょう           』
  |::::::::::::: l  / ソ    /    \ ヘ.   | | ,' .,'イ/
  |:::::::::::::::! /  i   /       \   l l , ノ゙,イ

798 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:21:01 ID:M8f/xAtY

       |:j:://\゙, |   .| .,' ィヘ V::/:::: |
    ,. -‐'T¨',.厶-_z', |ヾ=Z| ,'_ニ‐-.∨ ̄Tー-、
    ハ : :: :: : マ~::::::::ヘ.ノ   |,'::::::: `:./: :: :: :: :: : `ヽ 『 今度は女の人が首を振りました
   .| : :: :: :: :: λ::::::::::::',   /:::::::::::::/: :: :: :: :: :: :/: :i
   .|: :: :: :,才´ '.::::::::::::i , /::::::::::::/ `'<: :: :: :ノ: :..:l   平気よ この顔で生きていく以上の苦しみなんてあるものですか
    l_ノ/ j  ∧:::::::: |: /:::::::::::,:'    ヽ: :: :: :: :/
   〈 :/  ノソ 〃 '.::::::::ソ:::::::::::イ  〈〉  Yヘ: :ヽ: :{    その魔法がどんなに辛いものでも私は叫び声ひとつ出しません
    レi  ,'    i l  '.::::::i:::::::::/i l      l ヽ: :`: 〉
   /; ! i l^l  i l  '.::::l:::::::;' i l   l^l  .|  ヽ イ    さあ私にその魔法をかけなさい
  /;;; l .从 ;  i l   ';::l::::::i..|!   .l .l  八  .ハ |
  l;;;;;;;l 八',.'. '.',   .}ハ:::::! i i   .j .j ノ   / ヘ|    魔法使いはとても困りましたが女の人は頑としてゆずりません
   `ヽl  .ゝゝ. '.',  ノ ヽl、 i i  .ノ ,イ    /;;;;;;j!
    ..l    `t-‐ヘ  ヽノ  .i iー-ォァ'     ,;; /     とうとう魔法使いは女の人に魔法をかけてしまいました           』
     .l     l 〉〉       l l  ,'    ,/
     l    l〈〈    ,、   〉〉 ./    .'
      l    l`ーr‐'´ `‐rイ‐/    ,'
       l     l .|      | /.    ,'



                  ∧              ∧
              ´∧                / ,′
               V∧           / /
                V∧          / /  
                 V∧         / /
                  V∧        / /  『 沢山の血が飛び散り女の人は一度だけ悲鳴をあげました
                   V∧       / /
                    V∧      / /     けれどその後はどんなに痛くてもずっと我慢をしました
                     V∧     / /
                      V∧    / /      今あなたの顔の皮をめりめりと剥がしているんですよ
                       V∧   / /
                        V∧  / /        魔法使いの意地悪な言葉にも女の人は泣きませんでした    』
                   V> ´ /
                    〉_人_ /
                     /\Y_∧
                   /〃./ Vヾゝ
                l>辷 /  lV_ノ<l
                 ヘ/ (   {{●}\/
             /!≦ 乂/   ゞ 、,ノ ≧,ヘ
            / ,//´ヽ__〉      〈 f´`ヽ.Vヽ、
           / /    .〃/      .Vハ   ゙ト、ヘ
             ///     .〃/      .Vハ    V\、
          i  {    .〃/        .Vハ    .V.ハ
            {  {    〃/         Vハ    .l ハ
            {  {   〃/            Vハ    }  }
          V∧  .〃/          Vハ   / /
              V∧≦ _/           〉 ≧ー′/
           `ー ¨´            └┘` ー.′

771 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:56:16 ID:M8f/xAtY

       |:.:.:.:';:.:.:.:.:ト!`´        !  ゙、   ハ:./:.:.:|
       .|:.l:.:.:.:ヽ;.:.:ハ        l  l:   ,'l:/:.:.:.: |  『 けれど痛みは止まることを知りません
       |:.:|:.:.:.:.:.:\:.:ヽ      __ _ リ  /ン:.:.:.:.:.:.:|
       .|.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、:\   ´ ー'´   /:/:.:._:_:_:.: l|   ああもしかしたらこのまま死んでしまうのかしら
       |:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| X‐|> 、.   /{×|´__ ヽ|
      .|:.:.:.|:.:.:.:.;、 -─l|`ーjニヽc_`ニ´oィ|イ|´\:.:./`ソ:|   女の人は顔の皮を剥かれながら気を失ってしまいました 』
     /:.:.:.:ハ/,、 - ¬ |;:::::::::: ̄|O○|::::::::|\ Y /:|: |
     /:.:.:.:.l:.:∨ ̄ヽ:.:.| |;::::::::::::::|   |::::::::|:.:.:.レ∨:.:.|:.:|
    ;゙:.:.:.:.:.l:.:.:.|:`丶、 ` ム::::::::::::::|  |::::::::|:.:./ヽ∧:.: |:.:.|
    ,':.:.:.:.:.:.l:./|:.:.:.:.:.:.}  lヾ、:::::::::::|  |::::::::|:/ /| |:.:.|\|
    !:.:.:.:.:/::::::::'、:.:.:.:.:|  |\\::::::ヽノ:::::::/ /:.:.:.:| |://::`丶



           | |==============| |
           | |                       .| | 『 そうして目が覚めたベッドで
           | |                   | |
           | |                      .| |   女の人は古ぼけた手鏡を渡されました
           | |______/ ̄  ̄ヽ___| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_   (____ノ    /| |   おめでとう魔法は成功しましたよ       』
       _/      ` ヽ__  `-         /  | |
___ /          `ヽー、}       /  /| |_____
    ノ                  ヽ__  `ヽ. /  /  ||
  /                       ノ|  /
/                        / |/
|      .|         |        .| | |
|        |     .|   .|         |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|
.

772 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:57:34 ID:M8f/xAtY

            /::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
           /:::::/:.:./:.:/:::/::/::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          /::/:.:./:.:./:.:/:::ィ/:/::!::::|::::i:::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 『 これが私 まるで女神のようね
          /´/:::::/:::::/::::;;ィ/ /// l::l:::/!::::|::::i::::!ヽ::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::|
            /:::::/::::/:/戈ハ /、/ l::l:::! |:::l|::::|::::! i  !::l::::::::::::::::::::l:::::::|   女の人は大喜びしました      』
          {:::::::!:::/|:/人{ヒト/ :!`卞!:;| !:/!::::|:::!/! ∧!:|::::::::::::::::::::|::::::|
           l:::::::|:/::V   /:/  ! /斗;:|ミ|ト、!:l::}:::!::j/::::::|::::::::::::::::::::|:l::::|
          ヽ::::|!:::::{ /ノ      、 ft心、ノ`|i:::::::::::l::::;::::::::::::::::::::;'::|::::|
           ヾト:/イ´       ヾ、r近、j:::::::::::/::/:::::::::::::::::::/:::l::::|\
           //:/:∧          `/:::::::::::/: /:::::::::::::::::::/::::::l::::',  ヽ
            /;':/::::::::::::ヽ `ゝ        ,.ィ::::::::::/::/::::::::::::::::::::/:::::::::';:::ヽ  ヽ
          ;:/::≡===::ハ    _ .. -.;´::::::::/::::ノ::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽ:::::\ ',
           |ト:::://::::::::r:'´c三´::_ィ:´_::、-::'´:::´:::::::::::::::::::::::::::/:::ヽ:::::::::::ヽ::::::::\
          ト、Y/-‐ ''ア_"ー-::、::::/ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::/:::::::::ヽ::::::::::::ヽ::::::::::\
         ,. イ:://:.:.:.:.:.:.:.:`丶、l |:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::/::l::::::l::::::::ヽ:::::::::::::ヽ:::::、::::
       /:/ /' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l {:::::::::::::::::::::::::;: イ::::::::::l::::::l::i:::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::、
     /:.:.:.:.| |/:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::l l::::::::::::::;. - ´ : :|::::::::::::l::::::l::i:::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ::::
   /:.:.:.:.:.:.:.:.l l::::::::;.、 -─────`┴ '' "   : : : |::::::::::::l:::::::l::!:::::::::ヽ::::::::::::::::ヽ:

773 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:58:00 ID:M8f/xAtY


                 _  _
                ,、,j `´ !.,、
             _ __r' \.Y./`ヽ__ _
          ,、/ `´ヽヽ  .|.  ,´,´ `´ \
       ,、_ノヽゝ (`´ヽヽ ..|.. //`´) ノノゝ_,、
       〉-===--ニニヽl | lニニ--===-〈
     /_ヽ_r--、__--、_,ノl..|..l!.、_,--__,--、_/_\
   __/ /=/     `ー´  ̄ ̄ `ー´     \=!.\__   『 屋敷に帰った女の人は使用人たちを全員追い出しました
 ,-" 〉/= /                      ヽ=\〈゙-、  
 `)゙( ( (= i                       i= ) ))"(   新しい使用人は女の人が醜かったことを知りません
  (  `Yミ=}_                        _{彡Y´   )  
 <=--ヽ=、`、                         ,´ ,=/ --=>   ああ何て美しいのかしら
  〈彡´ ̄ )) )                        ( ((  ̄`ミ〉  
 //ミ≡/                     \≡彡\\  毎日ピカピカに磨かれた鏡を見るのが女の人の楽しみです
 \\\/                         ヽ/// 
  (ミ、.Y                           Y.,彡)   あの魔法のなんて素晴らしいこと!!
   l≡ l                                l ≡l   
   l圭ヽ                             / 圭l   女の人は鏡に映る美しい自分ににっこりと笑いました      』
   `l圭 !                             ! 圭l´ 
   (三=`,                            、´=三)
    lミミ i_                        / _i彡彡l
    `lミミ l                   /  .l彡彡l´
     lミミ l                 / / .l彡彡l
    (ヽヽ }                     / /   { / / )
    /__ノ .ヽ             / /    / ゝ__ヽ
    \三≡、\          / /    /,≡三/
       ̄\彡ヽ          /    /ミ / ̄
         \彡ヽ  r--' 二二`--ヽ /ミ /
           ゝ圭⌒ヽヽ ノ...|...ヽ //⌒圭ノ
           〈彡´`ヽ_/..|..\_/´`ミ 〉
            \三三//l\\三三/
                  ̄ ̄ ̄
.

774 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 14:58:41 ID:M8f/xAtY

            °               °
            ゚o                。°
            6           ∂   『 沢山のドレスや宝石で女の人は着飾ります
             %         。°
                    ゚ o 。r:ハ:ォ。o °       青い宝石も真っ赤なドレスも女の人によく似合いました 』
                      〈 .i i. 〉
                .ゝィ┴'‐メ.、
               〈:..゚ゝ'、.ノゞ.:〉
                    .:::. .个.:::.:;′
                    ゛、.:: l.::::;
                  ヽ.i;:イ



ー┴ー[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─┴[__]─┴─┴─
 ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.      
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.      『 あれ程苦手だった舞踏会にも
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.      
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        女の人は毎日のように出席するようになりました
___||: | :||:.______||: | :||:.______||: | :||:._____
┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴┴||: | :||::┴┴┴┴┴  あの美しいひとは誰だろう
      ||: | :||::     .[[[]]]. ..::||: | :||::    .:[[[]]]:.:.  ||: | :||::         
ニニニニニニニニ./ /|:l─l二二二l::‐─ー| ||ニニニニニニニニニニ   皆がそう驚くたび女の人は有頂天になりました    』
|||||||:/ //|:|           | |||||||||||
┴┴┴┴┴┴.::/ //|;;|:|,ィ──────:| ||┴┴┴┴┴┴┴┴┴
 ̄:l ̄ ̄厂 ̄:::/ //|///i┴─────‐ | || ̄ ̄厂 ̄::l ̄ ̄厂 ̄::l
_;|__;/____/ //| |//i┴────── | ||__;/____;;|__;/__;;|
  ||: | :||:  / //.::| |/i┴──────‐ | ||      ||: | :||::.: .    
  ||: | :||::::../ // 7|/i┴───────.:| ||      ||: | :||::.: .    
_||: | :||:::/ //| /:/i┴───────.::::| ||::___||: | :||:.___
Τ||: | :||/ //| l//i┴────────‐| ||::ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤ
|||: | :/ // :| l/i┴─────────| ||::|||||: | :||::|||
⊥|| [[[]]]'./:7:/i┴─────────‐[[[]]]⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥
─lニ:|| |:l/ .//r┴─────────‐..:|| |:| ──‐l二二二l:───
_/_.|| |:|'//r┴──────────‐ || |:|__/___/___/
_/_:|| |:|/i┴──────────‐..::::|| |:|___/___/__
_/_[[[]]]┴───────────‐‐[[[]]]_/___/___/_
/___/___/___/___/___/___/___/___
_/___/___/___/___/___/___/___/

775 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:01:50 ID:M8f/xAtY

               \ゞ  从     , :.::.   `ゞ=彳〃    `、    \
             /\   ゞ    ` '_'´     //       八     ヽ 『 けれど女の人は気づきました
              ノ   ヽ.  `、   ー _=‐    //        ,' ㍉    `、
          /  リ  ',   ト、        //イ     |リ/  川从   }  世の中には美しい女の人が
         /  彡' ノji }  リ|  〕 、    ィ´| i .|ミ、     V j!!  ソjl、  i
          /   彡"  〃  jリ  j|  `二´  ,、| 川从    `、j!{、   jリ l   自分以外にも沢山居るということにです 』
       /⌒ゞ_ 〃ゞ=イ゙   ,/リ ハ~^~^~^~^-‐从   ㍉x、  \ミ、  jl 八
    / ̄`ヽ、/\_ /   ,.ィイ ノ、ヽ   -‐' ´ ノ\   )リ   `、ゞ  ゞ  \
  /` ̄ ~ ¨ /  //  ,ィ彡''´人 \__,.-‐'´ ノ ヽ!  jハ    |--ゞ'T 二 ̄
 ,イヽ.   -‐=|  〃  i〃 /  \__{(⌒)) _,.f⌒ゞソノ       |   |,.‐'"´
/  (  `ヽ、 |   |ト、  |! (      `=' ̄   ゞ=彳  ッリjィ   ノ   /--‐



       .i::::::::::::::::::|!::::::::: ヾ.|:::::::i       ゝ l!
       i::::::::::::::::::.|l:::::::::::::::';ト、:::!.    _, '  l!
      .i::::::::::::::::::::|:l: , -‐ニマヽl:::...   ア   j!  『 魔法使いのおかげで女の人はとても美しくなりました
      i::::::::::::::::::::「ヘ <:::::::/∧、 /ー┬''′
      .i:::::::::::::::::::::| ヘヾミソ/:::ヘ-cOヘ          道を歩く娘の誰より宮殿の踊り子の誰より
      i:::::::::::::::::::::;' ハ::: i トミヽヘ |7.ヘ
     i::::::::::::::::::::/   ヽl l -‐.ニヽレ::::ヘ         今舞踏会の会場にいる綺麗な娘たちの誰より
     .i:::::::::::::::::::/      ヽ‐'´::::::::\::::ヘ
     i::::::::::::::::::/       \:::::::::::::::\::',        でも女の人はふと思いました
    ,'::::::::::::::::/         .\::::::::::::: \,
    ,':::::::::::::: /         /`ヾミ、:::::::::::\      他の美しい女たちが魔法を使ったらどうなるのだろうと 』
   ,'::::::::::::: /        ., '/     `ヽ、:::::::ヽ
   ,'::::::::::::::∧         ., ' /  、 , /`i  `ヽ、:::',
  ,i::::::::::::: ;' ∧     / /< .,'  ヽ|.   ヾヽト、
  i::::::::::::: i  ∧   / ./‐、 `ト、      ', ',.', ',
  .i::::::::::::: l  .∧ /  /  \  ム    iヽ  i. i } .}
  |::::::::::::: l  / ソ    /    \ ヘ.   | | ,' .,'イ/
  |:::::::::::::::! /  i   /       \   l l , ノ゙,イ

776 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:02:21 ID:M8f/xAtY
..
                 _  _
                ,、,j `´ !.,、
             _ __r' \.Y./`ヽ__ _
          ,、/ `´ヽヽ  .|.  ,´,´ `´ \
       ,、_ノヽゝ (`´ヽヽ ..|.. //`´) ノノゝ_,、
       〉-===--ニニヽl | lニニ--===-〈
     /_ヽ_r--、__--、_,ノl..|..l!.、_,--__,--、_/_\
   __/ /=/     `ー´  ̄ ̄ `ー´     \=!.\__
 ,-" 〉/= /                      ヽ=\〈゙-、  『 みにくかった自分がこんなに美しくなったのです
 `)゙( ( (= i                       i= ) ))"(
  (  `Yミ=}_                        _{彡Y´   )    きっともっともっと美しくなるにちがいありません
 <=--ヽ=、`、                         ,´ ,=/ --=>
  〈彡´ ̄ )) )                        ( ((  ̄`ミ〉    女の人はとても悲しくなりました
 //ミ≡/                     \≡彡\\
 \\\/                         ヽ///   鏡に映る女の人も泣いています
  (ミ、.Y                           Y.,彡)
   l≡ l                                l ≡l     女の人は自分が一番美しいままで居たかったのです 』
   l圭ヽ                             / 圭l
   `l圭 !                             ! 圭l´   
   (三=`,                            、´=三)
    lミミ i_                        / _i彡彡l
    `lミミ l                   /  .l彡彡l´
     lミミ l                 / / .l彡彡l
    (ヽヽ }                     / /   { / / )
    /__ノ .ヽ             / /    / ゝ__ヽ
    \三≡、\          / /    /,≡三/
       ̄\彡ヽ          /    /ミ / ̄
         \彡ヽ  r--' 二二`--ヽ /ミ /
           ゝ圭⌒ヽヽ ノ...|...ヽ //⌒圭ノ
           〈彡´`ヽ_/..|..\_/´`ミ 〉
            \三三//l\\三三/
                  ̄ ̄ ̄
.

777 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:02:57 ID:M8f/xAtY
.
               ∧
            ∧∧
             ∧XX',
            /XXXx',
             l XXXX',    『 悩んだ女の人は魔法使いを殺すことにしました
.           lXXXXX,
          lXXXXX,'      魔法使いがいなくなれば誰もその魔法を使える人はいません
          !XXXXx,'
           .,'XXXX','      そうすれば私が一番美しい顔のままでいられるわ
            ,'XXXX','
          ,'XXXX','       女の人は月の出ない夜に真っ黒な短剣で魔法使いを刺し殺してしまいました  』
         ,'XXXX','
       /.XXXX','
       ./XX XX','
     _/XX/iX','
     ヽX/  |X,
.      i ( '''',;) X'i
       !::::;,-´\ !
.       ,|;;;;;;i'´ ̄´
     /;;;;;'/
   ,,/;;;;;;/
  ! \_,ソ
  ` 、/



                        | |  |: : : . .
 i''i~7ニニニニニニニニニニニニニニニニニi~i''!i   .| |  |: : : :
 |.ll |   。    l||    。 o   。 l .| |    | |  |: :.       |: : .
 | |!| ゚  o . 。 l||  。   o  ||.|l|   | |  |        .|: : : : : : .       …って
 .|.ll| 。   ゚    l||  。    。   .|l ll|   | |  |        .|: : : : : : : |i
  |.l|  。  ゚ o ゚ l||   o   。 .  |i ll   .| |  |        .|: : : : : : : |i     ちょっと待ちなさぁい!
  lニl  o     .  l|| 。 , -'⌒⌒; |ニl   .| |  |    _.  |: : : : : : : |i
  | l|''。⌒o゚⌒⌒。l||⌒。 (~;⌒ミミ;;ll.l|     | |  |    |\ \|: : : : : : : |i
 .l. ||⌒⌒⌒。⌒ .l||⌒ ;彡彡゚ミミ;;;|| l|    。___。   |\i\ \..: : : : :|i
 | .l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ i i.|______|| \。_ \ |\i\i\ \.: : :|i
 ;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; :..||\||XXXl.!\i\i\i\ \.!i
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : '; :.|| ===|.!\|\i\i\i\ \
 ;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; ::;..' :; : ' :; : ' l\|   \i\i\| ̄|: .
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;'.; : '\ ̄ ̄ \|_.从人\i\| : :|: : .
 ;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; :: ; : '.; :\    .\//从 |\| : :|: : :
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; ; : '. .\    \  |\| : :|: : :
 ;;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; :: ' :; : ' :; : '..;\    \|\| : :|: : :
 ;; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; ' :; : ' :; :; : ' ;.:.:\_________\|_;_;|: : :
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' ; .\

779 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:03:32 ID:M8f/xAtY
.
           _rxvxvxvxャ―- 、
          ,ィf>^厂{爻}勹⌒^下ミ `ヽ、
       rfフ::.::.::.:_`ー'^ー'::.::.::.::.::.::.::ヽ>、ヽ
     _fヲ::.::.rxtタ^⌒^⌒^X≧z::::.::.::.::.:::圦ハ
    /r‐v':r彡 |l| l|l| l il li l l| !l| l|トミk::.::.::.:Vfハ
   {〈 ィ/^ ,1l l|l !|l| |l|| |l | l | l |l| ! |ヽ>、::.:V! l|   何なのよその話
   `7/ // ll| |l| |l!| |l!| l| l | l | |l| ! |//^ヽ:/⌒》
  /丁7 l| l l|l |l| |l!| |l!| |l |l l|l | |l| | |トミ=彳|厂´|   女が馬鹿過ぎる上に短絡的じゃない!
  レ⌒l| l| | |l| !l| !l| |l | || |l |l| | l|! | |レ⌒ヽ|レ⌒!
    /|l |l! |仆ミ」l l| l |、」 斗 ヒて {{ィ/77ハ\j   
  . //lハト、ヽf予tぇミ     xfぞ牙ァ '/// l |! | |
  /// 7∧ヽハ ゙ー'′     ゙ー' //ハ /! j l | |
  〃 // ハ/小.    、.    " /〈// l|| | ! |
  ″{ { ,' // |l ヽ、  f⌒ヽ   /// ハ | | | ト、 , =彡
  ⌒ヾメ、/,'_川 |`丶、 、___ノ , イ // ,l lル' l| | ∨∠/三
  :―::.::厂:.:.:/// |!| l|l /`fT!^ヽ ̄} ' / | |l \_!」 / 彡竺三
  ー=彳:.:.:.///:`Yヽルヘ /」ト、/:/ /ハ/⌒7:´:.:.:.:`ヽ三三三
  '⌒V:.:.:.:.{ l {:.:.:.:\ <ヽ:.:.jj:.:.:.:./ //ノ:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\三三



            ┌「\ ,、‐ィ⌒⌒l⌒>‐、/〉┐、
           , '´LL_乂  ,.ゝ‐= = ミ /へ__リ:.. \
             /  >斤<〉' _ノ⌒ソ⌒ンフくべ¨`ヽ:.: '、
          / / 个‐// ノ)´:: :: :: :: :: :: :: V人  ヽ:.゙,
           ,'..,′  { ̄{ {_厶l l: l: . j l l :l l :小 丿  ',.ハ
         , {   ゝ-乂_)」」l_l_」」 |」」」」_j i     リ }',  仕方ないじゃありませんか
           {  ,    ̄㌧イll:|ャぅゥ、  ァcy杠 l|   / /ノ
         i,  '、    ヾ|_l_|└'   !└' ,ら:.l」   ノ /(   この話は主人公の女が
         '、、 丶    `ヽ.         从^´  ( 〃 ハ  ブスで馬鹿で根性悪じゃないと成り立たないんですから
           ヽ\\     r|、_、 ´ ’ /     ヽ{ / /  ちなみにラストでこの女はザマアな目に遭います 
            rメ_メヽ )  _ノ^ } ` ´[{_  />ヘ ヽ' .,'
          灯rr ̄二f⌒\_/{  ゚,,_刈'>f/ __ハ_{ {、
            〈:´\>   }}  |l:::::] ̄ ∨:l| V_ 二 l|ハ {\、
          /厂/;;〉__  }}   |lー廴/ハ}-ヘ. V   / ゙,゙、 \、
      // ∨;;`う ̄  }}  |lに⌒し'て⌒))ー、‐〈   、 、  | \
      ,.'イ    {::::::::}_/}}┌(((⌒いノら((⌒)┐〉   `, ヽ l } }
     {:.{  /人:::::::::::辷刈 丁ニ========) )=彳]    '、. メ ノノ

780 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:04:07 ID:M8f/xAtY
.
             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ  ふーん、どんな?
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |



    /_:/:_:_:/ // //|   、,′/ / / {__ _ `ヽ .:.:./: : : :/:/: : : /: : : : ハi:_l:_lハ
    /__/_,/ 〈/ //|   /  i  l  l 厶ィ⌒!  /.:.:./ ̄.i:`ト:!―‐″ー/ ′!i.| .| l:jヽ
   /. : ′: :iハ  // ,ゝ-、 { i  l  l  r' /__|_ノ.:.:./、_ij__j__!_/./_i_':/  |j,|-l:'lノ:.:.':.
  ′: i: : : :|:.:',.〈/  {/`V_ハj  :  l V  {__.:.:/.:.:,'.:./ : :|l:i:f!:.l l:_l: :l.:/,'   }_jス´:ヽ:.ハ  魔法使いが死んだ途端
.. i : : :| : : : 、:.:\   |    i| i  :l 》'入  ノ:/.:.:/:.:″:.:il;仏斗'ー'ニ ̄   厶j、ハ:.:.i:.:.:.'.  魔法が解けて醜い姿に戻ります
 l : : :| : : : : ヽ、 :ヽ. 廴___V l 厂Y_}ノ.:.″:.i : |: l : l|,イ了兀下`    {灯!:l: iヘ l:.:.:.:i
 | : : :| : : : : .:.、ヽヽ.:.、∨`⌒)、 l {`Vノヽ.|:i:/.:.:.i.:!: :|: l : l|`ヽ込_ン      ゞ'{l:j: :!:ノ:l:.:. :|   そして屋敷の人間は醜くなった女の正体に気付かず   
 | : : :.、: : : : : : :. V}:.:.}. V⌒ー≧∨ ̄)r|:li :.:.:.l |:.:.|: l : l:',             >l:」'|: l:.:. :|   石を投げて女を追い払うんです
  、: : : :\: : : : : : \ノ  廴_/、 /⌒V´、_`'ー‐┴!: :|:.:l:. :l:ハ            イ」」´ |:ノ: .:.:| 
  \:. :. :.\: : : : : :.\ `Y¨´{⌒)ノ\__  `ー|_」:. :|从           ,'//  !: : .:/|   魔法使いの弟子達は鼠に姿を変えて女から逃げ出し
    \:. :. :.\: : : :\:\ ゝ--'<ヽ:.:.:.ヽi:}  `ヽ    ̄ ̄`        -_‐//:{  リ.:.:/.;′  女は魔法をかけ直すことも屋敷に引きこもることも出来ず
..      \: : : :ヽ:. :. : \:.ヽ    `ヾヾ:.ミ′                    ' {: :', /:/:/    辿り付いた森の奥で泉に飛び込んで命を絶つんです
         >、 : i : : : : : ヽ:.:',     \′          、_ ___ ,′ ヽ:.∨´.:.:/   
     /.:. .:ノ:ソ| : : : : :i : }):.}    r‐┤             |_/´   ヾ:ヽ  〉'.: : X   
    / ̄`ヾ<__!/´ ̄ ̄ ̄`ヽ  | `ー――<`ー―┴ト、      }:〉 / : : ∧:.\   
  /     | |::i 〈           ',  ,′         |       | | /   .イ /. : : / !:. : :ヽ
../    / 人辷ーヽ         ヽ/         |       | |`ヽ/i{ 乂ッへ:{  |:. : : : }

781 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:04:39 ID:M8f/xAtY
.
           ,ォェ、___
        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、
     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\
    〃::/          \ヽ、
.     ll::/   l        、 ヽY _
    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|    へぇ…何か似たような話聞いたことあるわね
    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、
.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、   金の卵を産む鵞鳥の腹を裂いた男の話だったかしら
  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>
  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l    ちょっと違う気もするけどぉ
.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l
  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!
. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\
/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\
    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/
.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/
  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ
.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',
     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ



                    _ぇ、
               {{Yf尺ミ《㍉ヽ⌒',
           , ´. : 廴《》ヽ》ハエ{ヽ
             /:/: : : : }{、::.Ⅵ}_}lハ
          ′: : :/: :}{ハ: :レ`〉ノjj」}
            { : :/. : : :/: :} :}V/TT !  金の玉を裂いた男ですか、激痛そうですね
.           }、: : : : /: :/:从j」 ∪ l
              | }ヽ . : : //.::/     _ノ
          ,ノ/  \彡'.::/___ /
.        /.:/   /´/.::/ヽ
.       /.:/   / ./.: :′ |
        ′/     / {、:{  |
      i.:.:{     ′ ヽヽヽ.|
      ヽ:.:.ヽ /    ハ:.i:.:}|
.       \:.V      |:.!:ノ|

782 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:05:19 ID:M8f/xAtY

        /イ;小ヽノ::/ | | | \ ヽ \  ゙,       l l  ヽ
      〈:{_/:/ |:|`ー'  | |、rr==≧ミメ、  \ i     イ | j   '
        ヾ:/ |:||    | l `_ゝ'ノヾー    |  / |/|.′   l
      //  |:|∧   |  `''" ̄`     lイ=ミメ、lノ  ′| |
     /::/   |:| ヽ   '、          、 ヽ'_ヘ /  / /| |
.    /::/   |::|  \  ヽ        /   ゛''/ イ/ jノ
   /{:::{    レ′  |`   \   r=ー 、        ハ ノ }     き・ん・の・た・ま・ご・よ!!
、  /  ̄   /|   |         ̄`ー'     / / イ
::::V       / |     |             ー ニ´- ' ノ      あんたどう言う耳してんの?!
―‐ 、 、   /  !   |            イ |
::.::.::.:..\\′ / l  | ___ \  ,  i´ l  |
.::.::.::.::.::...\\/  |   |7/::.::.::.::>ト二.   | |  |
::.::.::.::.::.::.::.:..\\_,l   |/.::.::.:/ ´ 小:ト\| l  |
.::.::.::.::.::.::.::.::.::...\ヾl  |::.::.::.{::{__ イ:| |:| }::}|  |  |l
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l ∥  l\.::.`ー'::|:| |:lV:/ |  l  | l
.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:l ||   | ヽ::.::.::.::|:| ト-く |  |  | l
.


            ┌「\ ,、‐ィ⌒⌒l⌒>‐、/〉┐、
           , '´LL_乂  ,.ゝ‐= = ミ /へ__リ:.. \
             /  >斤<〉' _ノ⌒ソ⌒ンフくべ¨`ヽ:.: '、
          / / 个‐// ノ)´:: :: :: :: :: :: :: V人  ヽ:.゙,
           ,'..,′  { ̄{ {_厶l l: l: . j l l :l l :小 丿  ',.ハ  申し訳ありません朝の準備に多忙な為
         , {   ゝ-乂_)」」l_l_」」 |」」」」_j i     リ }',   
           {  ,    ̄㌧イll:|ャぅゥ、  ァcy杠 l|   / /ノ  お嬢様の言葉は話半分に聞きつつ
         i,  '、    ヾ|_l_|└'   !└' ,ら:.l」   ノ /(    
         '、、 丶    `ヽ.         从^´  ( 〃 ハ  右から左へと受け流しておりました
           ヽ\\     r|、_、 ´ ’ /     ヽ{ / /   
            rメ_メヽ )  _ノ^ } ` ´[{_  />ヘ ヽ' .,'  貴族らしく惰眠を貪っていれば良いのに
          灯rr ̄二f⌒\_/{  ゚,,_刈'>f/ __ハ_{ {、
            〈:´\>   }}  |l:::::] ̄ ∨:l| V_ 二 l|ハ {\、 ところでお嬢様今日のリボンの色はどうされますか?
          /厂/;;〉__  }}   |lー廴/ハ}-ヘ. V   / ゙,゙、 \、
      // ∨;;`う ̄  }}  |lに⌒し'て⌒))ー、‐〈   、 、  | \
      ,.'イ    {::::::::}_/}}┌(((⌒いノら((⌒)┐〉   `, ヽ l } }

783 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:05:53 ID:M8f/xAtY

..|::::|   ///:/  |::| /    /         /           i i     \
..|::::|_// ./:/   ヾ}    /         /   /          ノ |  i.     \
 >=::イ   |::|    ノノ   /         /   /        /  /   |     ヽ
  /::::/    |::|__/:/   /        ./   /         イ ./   .|        ヘ
. /::::/     |::┌─'´  ./  <//_,/ー/  ./         /  /    |     ハ ヘ
/::::/     ヾ:::ヽi    //:::::::/  ̄`ー-、///        ./i  /     .|    i |ハ }
\:i       \\  /:::::::::::/イi ̄≧、=、/> i!、      / /  イ /   イ.ノ  .   l | | |
  `          \|/::::::     ヽ   i=:::tj:≦| ー   /   / / | /i    //    イ/ .|/
           | /        ゝ_ _ゞ:::::ソ ,|ヾ  ./ ''ー/イ=- |ハ    //   /i/  i!
            ∧ i::::         -= ̄≧=;|  ./   イ_ ̄二/ ノ  イ   / /
         / / V::::..              |/     /::tj:ソ >/ //   /
       /  /∧:::::::::.                     ゞィイ/ /  |  ./     …もう何でも良いわぁ…
      ./  /:::::::ヽ:::::::.                   i  ` .イフT    .|  /
     /  ∧::::::::::\::::..                /    ///    ∧/
    ./  /:::::\:::::::::::::::::..       __     ´    / /   ./  i
    /  i:::::::::::::\:::::::::::::::...        ̄ー'=-.     イ /  ./
   ./   .|::::::::::::::::::\:::::::::::、::::...     :::::...      _ / _/_ イ
   i    |::::::::::::::::::::::::\_ .> ::...      _ -' ´i  /      |
   |    |:::::::::::::::::::::::/:::::::≧イ::::>- _ イ    ./ /      /
   |    |:::::::::::::::::/::::::::/|:::|>::::>、      ./ /      /

784 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:06:32 ID:M8f/xAtY

                        | |  |: : : . .
 i''i~7ニニニニニニニニニニニニニニニニニi~i''!i   .| |  |: : : :
 |.ll |   。    l||    。 o   。 l .| |    | |  |: :.       |: : .
 | |!| ゚  o . 。 l||  。   o  ||.|l|   | |  |        .|: : : : : : .     ところでその話って茉莉花の創作ぅ?
 .|.ll| 。   ゚    l||  。    。   .|l ll|   | |  |        .|: : : : : : : |i
  |.l|  。  ゚ o ゚ l||   o   。 .  |i ll   .| |  |        .|: : : : : : : |i     
  lニl  o     .  l|| 。 , -'⌒⌒; |ニl   .| |  |    _.  |: : : : : : : |i    いえ、村長が旅の吟遊詩人から聞いた話だそうです
  | l|''。⌒o゚⌒⌒。l||⌒。 (~;⌒ミミ;;ll.l|     | |  |    |\ \|: : : : : : : |i
 .l. ||⌒⌒⌒。⌒ .l||⌒ ;彡彡゚ミミ;;;|| l|    。___。   |\i\ \..: : : : :|i   
 | .l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ i i.|______|| \。_ \ |\i\i\ \.: : :|i     ふーん、だったら何か元ネタとかあるのかしらねぇ
 ;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; :..||\||XXXl.!\i\i\i\ \.!i
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : '; :.|| ===|.!\|\i\i\i\ \   
 ;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; ::;..' :; : ' :; : ' l\|   \i\i\| ̄|: .  
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;'.; : '\ ̄ ̄ \|_.从人\i\| : :|: : .
 ;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; :: ; : '.; :\    .\//从 |\| : :|: : :  
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; ; : '. .\    \  |\| : :|: : :
 ;;~:~' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :;~:~:; : '; :: ' :; : ' :; : '..;\    \|\| : :|: : :
 ;; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; ' :; : ' :; :; : ' ;.:.:\_________\|_;_;|: : :
 ; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' :; : ' ; .\  


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─

                                        「 ああ、降ってきたね 」


.

785 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:09:44 ID:M8f/xAtY

                           _rj>‐='、j、!r‐、     ヽ
                         , -‐'  ̄``丶、/`,ゝ、´ヽ,ィ   }
                       /        ヽ'::./:>'、'、 /
                     ,.-‐' , -:ァrr‐、-、、.._   ヽ:/ノ::ハY
                     \//// |:|  ヽヽヽト、 `>::./.::l!
                       //::/ |:| |:l    !| ||゙、`´:..: :/:::::j:!
                    //l::::l |:| l:|    !! !! |゙、‐ '´.::/::j
                    |:| |:::|{‐-!、 ヾ   リ_,,リ-|:!ヽ::, ‐、:.:/  雪…では無く雨ですね
                    ヾ ヽ!,゙、、‐ャゥ,  ´、-ャゥ;リ ノ/ハ ノ/
                      // ! ` ̄ ,   ``´ //_/´   これなら然程馬車での移動に影響は無いかと
                       |::! ヽ、   __     //'ヽ`ヽ
                         l:::|   ,r`丶、__ .. イ:i-;__)_     
                      ヽ!/   _j_Y`_二ニ>'´   ヽ
                    _,. -‐'j|  __/l::::::}´::__/       ヽ    
                     〈 、_ノ'::':´/:ノ:r '"´         }
                    ゝ'´::::::/::, '::∧           /
                    ヽ ::/.:::, '::::/:::ヽヽ        /



                        ,-――――-、    :: . . ..:: .
           |十|        ム==‐-‐==ソ、  ::: .. : ... :::
           |十|           |li||;;;;゚; ;'|l|;;;゚;o;||i、{   .. : . : . :::   「 この大陸は温暖な気候だからね   
           ト'┤        :|k||;゚:::: ;:|l|;::.;;..;||ui|  :  : . :::: .
           /l -ト、         |lf||;;;;;.:;;;|l|_, : ;;||,l;l}    :.   ::           冬でも雪より雨の方が多いよ 」
             |┼┴|        |i!||;;;;;;;;;;|l|;::..'.;;||il,」 .:: .   '';;;.;
             |┴┬|         ヾ||;;;::..;;;|l|;;;;..;:;||,ン´ : .; ::   ;;
             |┬┴ト----、    l二二二二二二l
          斤江エエ工エエ丸  : ..        ..  : .   :. :;;':: :
          ├+イ_,|_|_|_,ト-|   :: ; ::: ::
          |十|: ..:)ノ: )',,.:パチパチ…
          |┴!:.: :(.'(;):) :';:.:|十| ::   ...
 =========」工|':,ヘ/Yベヾ`.|工L_===========================
          :; :   :: .  :::           :. . ;

786 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:10:19 ID:M8f/xAtY

            __jゝ: ヾヽ__ ノ   |  ヘ__ /// //
            丶ノハ jヘ        `       ///´    さて…それじゃ此処も引き払いますか
               <: : : \  ヽニニフ   /√     
              >ニ≧iヽ         イ/l ハ       彼らにはもう少し彷徨って貰わないと…
             //.:.:.:.:ヘk >    / l.:.:´.:.:ヽヽ     
              //.:.:.:.:.:.:.:.:iー-- ` - ´‐ーi.:.:.:.:.:.:.:} ゝ   
            ヽヽ:.:.:.:.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::::::::i.:.:.:.:.:.:/ /
             ゝ \.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::_ i_ .ノ ハ
            / j  ┃ ̄ ̄`ー─´        ト 、
    , ____ ノ    ヽ.┃                     } _____
  /               ┃         __ ノ             ヽ
 /              ┏┛` ────→´  ノ               l
. {               ┃        / /                     }



                       l    |o , '    '´ィ´ /
                    l     〈 /       / イ     はぁ…しかし先生
                  l     /|/      , '   </l
                      l     ,'/    , ′    _゙Yヽ    元患者達が先生を捜し当てる前に
                    l    , '      /ー― ' ´_,,ノ! 'ー、   自殺してしまう可能性はありませんか?
                  l   , '     , 'ー┬― ' ´  | l\ ヽ 
                   ノ_  /     , ′  !       ! ヽ ! !
               / / ,.へ    , ′   !      ゙、 ヽ | |
             く  ' / ,イ `` T〈    /        ヽ `! ト、
              ヽ-く_  l   | l ゙、  /        ヽ'  } ヽ
              /   l`〈__,.、ノ´  /          `´    ヽ
                l   /      |   /                ヽ
             r;|   !    〈ヽ _/                 /`ヽ
  ,._-――――――‐{{‐!_{_{_l_{__{__{__j}={´――---- ... __       , '´   ノ
 i   ̄ ̄ ̄ ̄  ―――-------- .._ ̄_ニ=--、-、__ヽ  ,. '´!    /
 |                     | |       |     `!T´   >'⌒´

787 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:11:02 ID:M8f/xAtY

          /   /   l _, 一、               ヽ
         / ,   /    /                   ヽ  
         l ノ  /  _  ,l      ヽ             `、  そうならないメンタルの人間を選んだつもりだよ
        リ   '   |ミ 、i / l  ,  ,  i ヽ              i  まあ死んだら死んだで残念だったって話さ
         /  , , , リミ__i lハ  ト ヽ  i 、ヽ            l  顔を変えたい犯罪者なんて幾らでも居るしね
      /   / //l !.  `´ ヽ 、 ヽ ヽ ヽ ヽ          /
     i   // // l !      ヽ ヽ ヽ l  l `,        /    「収穫」に時間が掛かるのが難点だけど…
     i   // /l l | |=二ニニニニニl i  i |  l  |"ヽ      /ー-、
     ヽ 〈 |  l | l、 レ/r'"____ | l  i ノ  .|l リ、 i    /   ゙ヽ, しかし先生もちゃんと前もって教えて置けば良かったのに
      ヽ ヽゝ l 、l_〉,,!,,i ___,,-ェ'コ./l  / l  リl/-' /    ゙--,     ,i l そうすれば僕みたく殺されるどころか何かと融通を利かせて貰ったり…
        Yヽミヽ_,l" ` ヽ  ''"¨ /リ /i リ/,/ __l´    、 rl    /  l
       _,;"ノ l `i l    ゙、    '  ' "_イ l/   l ヽ | i  、ヽヽヽ、,/   l -、
           = '"`ノ    ゙--一'''''"´       ,l   iリ, | 、-゙、i:.:.:,/      `-、
           く         _,      '   i l/>゙:.:.:.:,/          `-、
             `ヽ__ 、-=ェ-'"     /     /:.:.:.:,/              `-、
                   ヽ´ー''    ,, ィ'"    /.:.:.:.::.,/                ゙
                 `、   _, < ---、-== ':.:.:.:.:.:/     ,'
                  / ヽ '"  i,,,,,,,__  ヽ.:.::.:.:.:/      /



                                   / ̄\
         _    、                 | ハ  |.        / ̄\
           ` ヽ、 \    ヘ  , ^. .、     | |  |.  / ̄\ | ハ  |
     -― '"二 ̄~`ヾ.\ ヽヾ、 | / / `.       | |  | | ハ  |  |.  | .|
    _,,... --―= ミ`ヽ  ヽ `. i  !./ /  , ヘ ! , へ  |  ッ  .| | |  |  |.  | .|
 ≠ ..:.::. _,;;:: -―'' ' ヽ、.  `、 ! | | ' .' /. / , '^ヾ. \_/  .| |  |  |.  ッ  |
..:.:::_,, -''"´..:::::._,;;:: -―- .ヾ  i:. | ! i / ////    ヽ ノ      |  ッ  .|  \_/
 '" ..:.::::; -''"_.::.._,,::-‐…- 、ヽ:. l:. |l |/ .' , ' / ⌒\  !       .\_/   ノ
..:.:;; -'"´,..-'", -'"::, -''"^`ヽヾ`.:: ! |i ! // / , '⌒ヽヽ―- _     ノ
/:::::;: '", -'"::; '".:.::;, -''"´^`ヽ ! | l !'/ / ,/ `ヽ.. `、`、   ヽ_
:::::/.:/::::/:::::;:::'´:: ,,-='⌒ 、 l | ! !l///'"1`、ヾ.`、  ヽ`.    `ー、
/::/::::;::'::::::/:::: /三.' , '^ニ` ""三 _, -'"_|  i |i |   !l . '     ― ,
:::::':;:::::/:::::/::::: ; 'ミ三/ /三ニ ┃ニニ-‐''"_,.| . | || |   !   〃       ̄
/:;i':::/:::::;:'::::::: /ミミ三/ .'三ニ ━・━ -‐ ''"_,,.|  |' | | ..:.'   ,     ,.
lj!i;'/::::: /:;::::: /ミミミミ.//三ニ三ノ、,,,》、, ‐'T了_,.| i   |i.:::/  .::i!    /.
|i||i!:;::/:;i:::: /ミミミミ //F  。 フニ--t  ・_ヲ _,.|:f' .:::::!::;j! ..::::i'  ...::::; .
l||||i::;'::;i:::: /ミミミミミ.'/ミミ'亠‐彡三‐-- ̄  _,..j:|! .:::::::;i|' ..::::::;i|! ..::::::::j! .::

788 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:11:37 ID:M8f/xAtY

         /                    ヽ
        /   _,/⌒ヽ、                   ,
        , -'‐ /       \, ヘ、               ',
      /   /       /    ヽ            i
     ′    ,′   ト、  /       ',          }  …判ってるよ、兄さん
    |  ,   l    }ヽ\,} jト、     }、         ,′
    { /   |    |\ヽV//ム、    ヽ、       ′ でも兄さんの「それ」を治す為には
.    V / /l    }   ヽ'′   }         ヽ、    ハ  まだまだ研究が必要なんだ
    i ′,′     ノ         {、        ヽヘ / ノ
    |*・{   / 厶   ___\    \  }「 }  /ヽ.  その為の実験もね
    Ⅵ |  / /ft㍉  ´,二二三三ヽ.   i  V l/ 〈   '.
       ヽ| {、 厶゙=1={{   ´¬tf忙ハ  }  }/} } リ   i …でもね、兄さん
         ヽ| V7ハ¬}  ヾ、__ ̄ ̄´7 // /イリ/ノ / { 貴方が先生を、いや僕を捨てなければ…
         / /ハ. |   ` ̄ ̄ ̄7イ / / / : : { /   !
           / /∧ \ー _____,   ,}///. : : : 7  |
        { { { vハ  iヽ、 ー一  .   ´ /: : : : /    ハ
        | i l  vハ 」 ハ、__ ィ´-‐: : ´: : -‐ ´      / ',
        | l l   vハV     .ノ -‐  ´           /   ,
       /{ 弋ー…¬ ¨ ̄´                     ',
      /   ハ } rrヘ、          _ . -‐  ´       ',



        /  / /         r/‐--、
       /  // /  /   / / /!/     !
      /  /i/ // ///  //  / ノヾミ /  |
     /   l / / /イ//f‐{ /ムナ´   lV  l Ⅴ
      l   l イ ll /ハ从r三 レ ス   -、!   l !
     ヽ-=ニイl {ハ j{、 ゞ=≠'  /‐-/ニ‐Y │ } |
      〉{ヒ / ヾ ヽ! ヽ、_   / /r=- /|. l  l│
     く ヽ,_          ̄   { ¨´/ ! /  〃  なんてね
 r―-、  ソハ{ 、       ___ ゚ノ `X/l/ /
./    `┴≠=_ヽ、    ヽ _ ア /  メ/    いいんだ、僕は兄さんが戻って来てくれただけで
i          ¨ ー 、   =  /
|      ___     `ヽ、_/            僕沢山実験をして兄さんを必ず治してあげるからね
     ´     ―  -‐┴―-、
                    ヽ
           /            ヽ
          /            ',
     /  //               !

789 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:12:13 ID:M8f/xAtY

        ! .:|:..:.:|! .:| ,zヘ:.Lz斗` | {ヽ       /:.:イイイ}/
        | .:|.:.:.ハ :! ¨´ヽ    ノ ヽ ー---/‐´ ´ レ ハー--- 、
        ハ.::l:.:.|:.:.トミー__ /  ' {          !イ:.:.:.:}     ヽ.  それでも多分
   、__ノ ..:.>:ヽリーヽ       ,.. -―= 、    ∧.:.:.{く    } l  数年毎に再手術をしなければいけないと思うけど
    `¨¨´ ノ:/ ヽニヽ.    /^  ̄   /   /  l ̄}:.}    リ |
        /´       {:.\.   \ _ /   イ    〉 ∨   /  .ト ._ でも別に問題無いよね!
              ヽ:.:.:>、..   ー ′/    /   ヽ./   |   兄さんは僕の傍にずっと居るんだから…
                  ̄`}:\≧ ‐- ´     /    , '    i′
                ,..∧:ト-ト、三   /     /     レ   
                 / / `  ヽ ー‐ ´    /      /
              /  /_    ヽ      /     /
             /   |--、 ヽ. /  ヽ.     /      /



            |        //    |_,. -- 、  
           `丶、_   !:|/-‐''´ } ̄`ヽl
           ,.イ`ーr‐|::|/ ,. -一'′   !  「 先生は殺されてしまったし
           / |/⌒ハ:!/           |
         ,. '-‐¬ヽ::::/ノl           |    僕と兄さん以外の弟子は皆足取りが掴めない 」
        /:::::::::::::::/:::Y´              !
      く::::::::::::::::::/:::::::lヽ.____    ノ
      ``ーァニ/::::::::_l/ ``丶、     /
         l   `丁 /``丶、 `ヽ-/
          !    |‐7    /\/ /
        l     ! /     /  / ヽr‐------- 、
          l     l/     /_/__二ノ ̄¨¬ー-- 、`ヽ
          !    /     /  ̄    `ヽ        ノ

790 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:12:52 ID:M8f/xAtY

        /  / /         r/‐--、
       /  // /  /   / / /!/     !
      /  /i/ // ///  //  / ノヾミ /  |  多分現役で研究を続けてるのは
     /   l / / /イ//f‐{ /ムナ´   lV  l Ⅴ  
      l   l イ ll /ハ从r三 レ ス   -、!   l !  きっと僕だけだろうしね…嬉しいなぁ
     ヽ-=ニイl {ハ j{、 ゞ=≠'  /‐-/ニ‐Y │ } |
      〉{ヒ / ヾ ヽ! ヽ、_   / /r=- /|. l  l│
     く ヽ,_          ̄   { ¨´/ ! /  〃



                                   
         _    、                 
           ` ヽ、 \    ヘ  , ^. .、     
     -― '"二 ̄~`ヾ.\ ヽヾ、 | / / `.        「 兄さんはもう一生
    _,,... --―= ミ`ヽ  ヽ `. i  !./ /  , ヘ ! , へ  
 ≠ ..:.::. _,;;:: -―'' ' ヽ、.  `、 ! | | ' .' /. / , '^ヾ.     僕の手がなければ生きていけないんだ 」
..:.:::_,, -''"´..:::::._,;;:: -―- .ヾ  i:. | ! i / ////    ヽ
 '" ..:.::::; -''"_.::.._,,::-‐…- 、ヽ:. l:. |l |/ .' , ' / ⌒\  !
..:.:;; -'"´,..-'", -'"::, -''"^`ヽヾ`.:: ! |i ! // / , '⌒ヽヽ―- _    
/:::::;: '", -'"::; '".:.::;, -''"´^`ヽ ! | l !'/ / ,/ `ヽ.. `、`、   ヽ_
:::::/.:/::::/:::::;:::'´:: ,,-='⌒ 、 l | ! !l///'"1`、ヾ.`、  ヽ`.    `ー、
/::/::::;::'::::::/:::: /三.' , '^ニ` ""三 _, -'"_|  i |i |   !l . '     ― ,
:::::':;:::::/:::::/::::: ; 'ミ三/ /三ニ ┃ニニ-‐''"_,.| . | || |   !   〃       ̄
/:;i':::/:::::;:'::::::: /ミミ三/ .'三ニ ━・━ -‐ ''"_,,.|  |' | | ..:.'   ,     ,.
lj!i;'/::::: /:;::::: /ミミミミ.//三ニ三ノ、,,,》、, ‐'T了_,.| i   |i.:::/  .::i!    /.
|i||i!:;::/:;i:::: /ミミミミ //F  。 フニ--t  ・_ヲ _,.|:f' .:::::!::;j! ..::::i'  ...::::; .
l||||i::;'::;i:::: /ミミミミミ.'/ミミ'亠‐彡三‐-- ̄  _,..j:|! .:::::::;i|' ..::::::;i|! ..::::::::j! .::
|||||ii|i|i;:: / 、ミミミ. /ミ三三三ニ‐--― '' "~_/i|!::::::;il|!'.:::::::;;l|!' .:::::::::i|! .::
l|||||i||||i:;.'.;l|li;;ヽ /:ミミミ三三三━ -‐ ''"~.ノi||!::::;i||!'.:::::;i|!' ..::::::::::;il|| ::::::
|||||||||||ii|||||||||l'/、ミミミミ三fコ〕]〕]]]}-‐'' /,;l||!::;il||l!::::::;i!'.::::::::::::;il||||l.::::::
l|||||||||||i|||||||||!,'.ii,\ミミミミ!」」」」」」ノ'-‐/,i||||;i|||l!'::::;il|!:::::::::;i;il|||||||!':::::::
||||||||||||||||||||||i|||||||li;,\ミミ三三-‐ニ, ア,;i||||||||l!'::::;i|||l:i|;iil|||||||||||!':::;i::::
l||||||||||||||||||||||||||||||||||li;,`ー==キ'";::,;i|||||l||l!':::;il||||||i||||||||||||||l!'::;jl':::::
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii|i||||!';;i||||||!:i|!':;;i||||||||||||||||||||||||!':;i|'':::::::.                     終わり

791 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/11(木) 15:13:09 ID:BmSzky0w
ザパンか・・・

792 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/11(木) 15:14:05 ID:BmSzky0w
投下乙でした

793 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/11(木) 15:14:44 ID:M8f/xAtY
これで27話は終了です。
28話はもう少し明るめの話にするつもりです。

794 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/11(木) 15:15:09 ID:KQGLxOBw
乙です

795 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/11(木) 15:16:12 ID:/wWjTlE.

やはり実話が元だったんだ・・・

796 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/11(木) 15:17:15 ID:/x.9Kc4w
乙。
銀ちゃんに和んだので怖かったけどそれでよし。

797 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/11(木) 15:17:21 ID:KCEtllHM
乙です
火の無いところに煙は立たないようなものか

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 目次 やらない夫はエンフィールドで暮らすようです (09/16)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第6話 (09/16)
  • やる夫は竜の人財のようです 第3話 (09/16)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第2回 (09/16)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第一話 (09/16)
  • やらない夫とまどかタイタス 第37話 (09/16)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 無痛IFへの補足&キャラデザ紹介 (09/16)
  • 国際的な小咄 5195 離間工作ってうまくいくもんなんだね (09/16)
  • 国際的な小咄 5194 ためになる、中国由来の生物名の数 (09/16)
  • 国際的な小咄 5193 ここ最近の韓国ネタを総合すると…… (09/16)
  • 国際的な小咄 5192 ゴルゴ、中韓に関与する (09/16)
  • 国際的な小咄 5191 行けるね(錯乱) (09/16)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ みんなの中韓体験談 その1 (09/16)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 5 中編 (09/15)
  • 突発的ないきものがかりたち 八話 野生動物にエサをやること (09/15)
  • 英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その11 (09/15)
  • 英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その10 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ10「永咲き桜の怪」 その1 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク10 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 裏話 ~ 戦後処理 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その5 (09/15)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その115 (09/15)
  • 国際的な小咄 5190 三人とも納得する (09/15)
  • 国際的な小咄 5189 アルバニアの狂犬 (09/15)
  • 国際的な小咄 5188 草しか生えんかったわ (09/15)
  • 国際的な小咄 5187 十年越しに理解してしまった…… (09/15)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十話 夢の力と… (09/15)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十章 愛と 依存と 信頼と その五 (09/15)
  • 国際的な小咄 5185~5186 韓国で女独り歩き ~ ひどい補足が来やがった! (09/15)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ