スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
しばらく週の頭辺りが忙しくなりそう

NEW!新規まとめ作品第1話リンク
6/6
ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです
色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 -
6/5
ナニモノ
6/4
ファイアーエムブレム ~うたわれるもの~
6/2
やる夫はここでふゆと──
新城くんと八神ちゃん
5/18
おっさんと女子高生
5/15
偶々よ、偶々
5/8
妖夢達は半妖の少女のようです
5/6
昭和名馬列伝
やる夫とツノの槍
5/4
やる夫が種の正体に触れるようです
5/3
彼らは中古品のブランド物をクリーニング&リペアする。



Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。



※コメントに関して
一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

コメントの文字数に対し上限を設定しています。お手数ですが長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします。
またコメントの承認は必ずされるものではありません

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。



※したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



※推奨ブラウザ
Google Chrome
edge(Chromium)
Firefox

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


まとめ依頼の受付を一時停止します。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第27話おまけ(22) 「種を埋める男」

目次 現行スレ

410 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:53:57 ID:R57xW7IQ
.
第27話おまけ(22)「 種を埋める男 」


..                                       |
....                                      |
.   .r────┐                             .|  「 ふう…」
   |.       |                           |
   |.       |                           |
   |.       |                           |
   |.      O|[]      ::_/´ ̄ ̄`ヽ'ー/´ ̄ ̄`ヽ_    |
   |.       |      ::l l +  + ,|:::| +  + ,| l,    |
   |.       |    ..:/´/lゝ,_____ノイゝ,_____ノヘ`ヘ  |
.____|______|___l´`'/´ ̄ ̄ ̄`ヽ,/´ ̄ ̄ ̄`ヽ'´`l____|
                 :::| ,ll`'ー──一´l`ー──一´ll, |  \
                :::| ,l`'ー,、───────,、'´l, |.     \
    .           .:::::'ー' ̄/________,ヘ''ー'       \
                   | _r───────、 _|         \
                   |__|/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|__|               \
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



  ',: : : : : : : : ::::::::::::::|: ::::V::V::\:::ト、.{\:::::ト! ィト三㍉:/7イ: : : : : |
  !: :: : : : : : :::::::::::::::{: :::::i::::\:トr≠㍉ \{  弋ニノ,//:/: : : : :i: |
  |: ::: : : : : : :::::::::::::::N::::::\::∨辷トノ_   ',  ` ̄ イ: |:: : : : : ::i:.|   この酔い止めの薬って、とっても便利ですわね
  |: :i: : : : : : : ::::::::::::::::ト..、:::` ト` ̄     !    /:: :|:: : : : : : }::|
  |: :|: : : : : : : ::::::::::::::::|::| i: ̄::!ト、    、_,.ィ  .イ::: :.|::: : : : : : ',::i   お姉様の店にも置いたらどうかしら
  |: :|: : : : : : : : :::::::::::::|::| .|: ::::|Wvト 、   ‐  /::|::: : |::: : : : : : :}:::i
  |:::i: : : : : : : : ::::::::::::::|::| |: :::|  .j:  `丶、 _. イ::::::::}:: : |::::: : : : : :.|ヽ!
  j:/|: : : : : : :: :::::::::::::::j:!__.|: :::|'´: : : : | ||: : ` ̄|:::: |─- ...: : :} ヽ
  // |: : : : : : : : :::::/   |: ::::}: : : : : | ||: : : :|:::: |'    `i:j   \
 !/ i: : : : : : : : ::::i     |: ::::|: : : : :j | {: : : ji:: :j     .|!
 '  ,': : : __: : : ::::::|     i!{:::::}丶、: : /∧ヽ: :/j!: /     |  ,. - ' 7
   i: :i: : ', \`.i::::|   丶 ヽ!:::::i   丶' ' 丶./  //   /  |, -' ' ´: /
   |: i: : : ',: :``‐- 、.  ヽ \ト/`丶、     /\\  /  r ': : : : /
   |: i: : : :.',: : : : `、  !  ./ /: : :`: 丶ィi: : : \\∨´: : : : /
   |: i: : : : :',: : : : :丶 { ./ /: : : : : | | |: : : : \ヽ!: : : : :/
   |: i!: : : ',: : : : : ∨ / /: : : : : :i .i .i: : : : :\}: : : : /
   i: ハ: : : ',: : : : : ∨./: : : : : : i .i .!: : : : : ,/ : : :/
   ',:! ',: : : ',: : : : : {、i: : : : : : : .} .i }: : : : :/: : : /




411 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:54:57 ID:R57xW7IQ

               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/     そうね、需要はありそうだけれど…
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7          
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
             i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i     
           r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!
          ,!:',:.:.;,;.:.;,;,;,;,;,:.:';,;,:.;,;,;,;,;.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.;,:,i
         _,r':.:,;,;.:.:,;,;,;,:.:.;,;,:.:.;,;,:.:,;,;,;,:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;i
        ,/:.;':.:.;,;,;,:.:.';,;,;,:.:.;,;,;.:.';,;,;,;,;,;.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;!
       ,/:.:.;':.:.:.;;,;,;,:.:.:';,;,:.:.:.;,;,;,:.';,;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.;!
.      i:.:.:.:.;:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.'.;,:.:.:,;,;,;,:.:.';,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;/
     ,r''!:.:.:.:,:.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.';,:.:.;,;,;,;,;.:.':,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;/
     ,!::;::!:.:.:.';,:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:';,;,;,;,;,;,;,;,:.:':.;,;,;,:.:/.



      i: : : ::/: :  : : : : : : ::.j::::: : ::::::::::::{´ ̄!::: : :',      /:i  だったら私があのローブの殿方に話を持ちかけてみますわ
      |: : :::i: : :V: : : : : : : ::ト、N: : M::::::!、 ',:: : : :i      `ィ 
      |: :::::l: : : : : : : : : : ::::j:::::`‐-、::::::::::::コ‐|:: : : |_   _.〉  だって本当にとっても便利ですもの!
      |: ::::,': :: : : : : : : : ::: l:::::::: ::| ´∠v、ト! |:: N:.|  7 ̄|               /1
      |:: :,': :: : : : : : : : : i: ,:::::::: : |! ´ i! }:. `‐|:  :.|、_/、N:.|          ri   . ///
      |:: j: :: : : : : : : : : :l: !:::::::: : |!   /: : !|:. :|: rニ! :: ト-- 、       // ////i
      |::/: ::: : :/: : : : : ::|/::::: :: : |   /: : : !N:|//: ヽ::i   \    / {./  //
      |':: :::: : /: : : : ::::::/::: M: : :j!  /: : : : |:: :|〈 {: : ヽ\   .i    i      ./
      |:: ::: : /: : : : ::: :/|::::  : /  /: : : : :|:: | !ト、\: :ト ヽ ,  ! _,,  l  /  /
      j: :::::./: : : : ::::://|::::: :.N/  / ̄`‐- 、:.|:::|: ',', `丶、! \i  |/|  リ '   /
      /: ::::/: : : : ::: // !::::V:/  /       `',::ト-._\     トv: : |  {ヽ   i
      /: :::/: : : :::: :.//  |::: : ;i  /         ',:ト、  _   /丶\: | | `、  ∧
    ./:: ::,': : : :::N::/ |  |:/: /  i          丶! | |`ー-fヽ:  ヽ! |ヽ. \| i
    !:: : ,: : :N : /  !  //:/  |      ./`      | |: : ', ','、: : i } \ ヽ |ヽ
    /: ::/: :  : /    ,'/::,'   /     /'´`丶、r、   ', ',: : :\ヽ: : V: : :ヽ 丶 i
   ,: : /:   :::/    , ::./   /    /: : : : : >   } }: : : } i }: }: : : : ', ', l
   /: /イ: M:/     ,'::/   ./   /: : : : : イ    | |: : : i !/:/: : : : i i |

412 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:55:32 ID:R57xW7IQ

                 〈;:;:;:;ヽ! iヽ.ニ .イ l;:;/;:;:;:〉
                   入;:;:;∧  ̄ ̄ i . /;:;:;:人
                   ,...< : : \;∧ {示} i /; ;/: :>.、
             /:.:. :: :: :: :: :: : ̄! 比l i/ ̄: :: :: :: :: : \     もう、ラクスったら性急過ぎるわ
             /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽV /'´.: :: :: :: :: :: :: :: :\    
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ,zテミx : : :: :: :: :: :: :: :: :: :/   それにあの方とは今日が初対面なのよ
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: : {l{   }l}: :: :: :: :: :: :: :: :: :/    
             V.: :: :: :: :: :: :: :: :: :ゞ三ツ: :: :: :: :: : : :: : : /     いきなりお金の絡む話なんてご迷惑でしょう
              〉.: :: :: :: :: :: :: :: :: :/云V : :: :: :: :: :: :: :: :〈          
              }: :: :: :: :: :: :: : : : / l回l V.: :: :: :: :: :: :: :: :{
.              { :: :: :: :: :: :: :: :/; ;i : : i ;\.: :: :: :: :: :: :: :}
           / : :: :: :: : : : / :;:; i: : : : i ;:; \: :: :: :: :: :.∧
             / : :: :: : : : :/ ;:;:;:;:;i : : : : : i.;:;:;:;:;\ : : : : : :∧
.            /:.:: :: :: :: :/ ;:;:;:;:;:; i:..: : : : : : i ;;:;:;:;:;:;\ : :: :: :∧
          | : :: :: :./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i:.: : : : : : :.:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;\: :: :: :.|
.           /: : : / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.: : : : : : : : i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\ : :∧
           |: :./ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i:.:.: : : : : : : : .i :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\: :.|
           // ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ∧ : : : : : : : : ∧ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \'、
          ´| ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; / V:.: : : : : : /: :V:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|`



.    /// レl/ /レz           __   || |  ヽV 、\ 、  \
   //. /  / , 7 ,  レ   /レレl  /     ヽ. ||/   lヘ lヽl  \
   〃 {  / / レl// . イlヘ   /   f     /| ゝ    ヘl    |\
  /   V/.イ  /| ,/ /= !  Vl/   /!、     //⌒iヽ            |
.      V .| / ゝ ∧ /_」|  { / ゝ二二 ィ   l |ヽ        /
.       v | {  、 ヽⅥ⌒iハハ   N ィア⌒w八_ノ厶.l         /  だったらお姉様と親しい
       Vゝlヽ.  ヽl{{ ィ´トl \ { ´f{_ ィVイ( ̄ ノ.}|      /
.       |   \ トl_j乏z{   ``  j乏三ムゝニ彡1ィ      /   やらない夫さんからあの方に話を通して貰えば…
.       |     |` ト      、        :./ / /´|       /
.       |  ,   , ∧ ,     、___,     -彳   レ /      /    やらない夫さんとあのローブの方は御友人なのでしょう?
.       //レl  //レ ,f{V゙{  ∨ ノ       //レ {  ,  l ,  ′
      //ヘ/ / l/, 八  {>   ̄     <l lヘl { ,  ,レl  |
   、__/ ,   ノィ ' | A Vヘ,`三三,´「从ト、トトl  トl {  lヘ l  |
   `¨ ア  ,l ∧∧| ∧ヽ |l〃(__)  ∨   ゙>、/ / |l、    ヽ
     |  八 { ` _l/ ヽV.lゝ.     ノ‐v//‐く.   ヽ| ヽ   ト、l
     l  {  ` 〃     ヽ| j三三{ lソ     /     V | `
 .    \ ヽ  |     || 〃-  VYヽ.  {       V /

413 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:56:04 ID:R57xW7IQ
.
      _夊][》-‐―――-v=z
     =ニゝ, 个 〒=    ´ ̄`ミ┐
     /,イ |l  ,イl   |  l| |l  ハ\
    //| l | / l ト、 l 〃 l| |リ\|
  //  | l |/|  ハ |\|/' i| レ|コ、    ( 確かそう聞いたらあの人、思いっきり知り合いって言い切ったけど… )
 / く _ _ | | l/) ノ '  トZ二ヾハ! ヽ\
 ` ̄`ヽ ,>l/ .イ ー  u 《 f薔}ソ |   \ヽ
     | |/,'才.ミ)⊃ 、_,、_,ヾ=<ノ| |     \\
     |/| ≧シ'-x>、 __, イ ヽ|_|_     ) 〉
     //\ ヽ :}:: {><}:: :l : : ::::ハヽ   / /



.    ////l/, / 〈l>              __ \}\
   /´/ / l/ / ,  ィ     /レl イ  /  `ヽヽヽノ
.    |    / /レレ /    / /,l l// ,f     | |_ ∧
.    |    ,' /ィ ,l/ |  A l/ l /l'  八.     /∧ヽ l
     V  {  l/   ,| . / V|   || `≦彡 ′| | 丶
      V || ′  .八 |⌒ヽlゝ  ∧l ァ'⌒ヽ=彡くヽ|      あら、そう言えばお姉様
       ∨ Ⅵ l,   |〃f⌒ハ  \l  〃,f⌒ハ lk{___ノノ/
      |   丶lト、  |{ |し勹i    `   {し勹i リ厂 /}/       随分と早く私たちと合流されましたわね
      |   , Vl\l`゙_)z込{        }込z(/ ィ ′  /
      | /レl  ゙V {⊂⊃     ′   ⊂⊃/ | Ⅵ {     …もう少し時間がかかるかと思っていたのですけれど
      l /ヘ/   ノN ゝ.       , 、    イ Wヘ N ∧
      /    //   | l> ._   ̄  _ <l | トトヘ   、∧    やらない夫さんと積もる話もあったでしょうに
   ` ニ イ   /´|  トl 〃⌒V元三ア‐<ハ{ /   「l`  ヽ‐
       '  l |  ゝ { lゝ___人¬i  ,/ ̄}_/|/ l |
.      {  lヽ|  `` ∨f⌒Y  ゝ/  /     lイ イ 丿
.        \| `    广トy⌒ヽ. 个 、 ,′       l'´
        `     '  ||ゝ_, 、|| ̄ト {
             | ||//| |.||  |  }
             | ||/. | |.||    \

414 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:57:35 ID:R57xW7IQ

                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/     
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7       …そう? 
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
             i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、    でも私も彼も十分話したわ
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i  
           r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!  
          ,!:',:.:.;,;.:.;,;,;,;,;,:.:';,;,:.;,;,;,;,;.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.;,:,i
         _,r':.:,;,;.:.:,;,;,;,:.:.;,;,:.:.;,;,:.:,;,;,;,:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;i
        ,/:.;':.:.;,;,;,:.:.';,;,;,:.:.;,;,;.:.';,;,;,;,;,;.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;!
       ,/:.:.;':.:.:.;;,;,;,:.:.:';,;,:.:.:.;,;,;,:.';,;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.;!
.      i:.:.:.:.;:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.'.;,:.:.:,;,;,;,:.:.';,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;/
     ,r''!:.:.:.:,:.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.';,:.:.;,;,;,;,;.:.':,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;/
     ,!::;::!:.:.:.';,:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:';,;,;,;,;,;,;,;,:.:':.;,;,;,:.:/



       _,. ───-- 、  、_
    )、/´          〈ィ今r=ー
   }Lfy'         ヽ  /ハ/ ̄ ` ヽ
   /Y'  / /         }i ヘ     !
  ./ i{  |  '   !   i |  |   i    |     そうですわ、それにこの方がいらっしゃってくれなかったら
  ! |   ! |   ハ  /| ! ハ   !    !
  ト、i   |ヽト、  i }/r;}ル1〉!  ハ     |     貴女、私の姉をもっと玩具にしていたに違いませんもの!
  ヽNヽ ト!r yト、!  ゞ__j' |  / i   !ト、
   !  YくY〈{`     ⊂⊃/  i  |i   |\ヽ  本当に助かりましたわ!
   ヽ  | 「T`  -一   { r  ヽ    ! | !
    }' ! |公ァ ___r-yイ jリ、  |i    |
    | / ! / /了爻イ !   ーァ|!    |
   / {  /  i r'ー弃一k   〈    i  |
   / |   _/ 〉     〉、  \  |  !

415 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:58:16 ID:R57xW7IQ

          r=v-―――‐-《][廴_
         rク´ ̄`     =〒 个、 くニ=
       //  / |  lト、   l|  ト、\
         レイ  /\l|  l| l / l  川ヽイヽ  ( でも酷い目に遭ったのはあの馬鹿がこの部屋に来てからなんだけど… )
         r┤ /|ノ 八\/|/レ | ,' | |  ヽ\
      // ∨ 1 ●   《 f薔}ソ / /|   \ヽ
       /(   Vハ⊃   ヾ=く / / 」     l |
      {〈^   |ヘ   ー^ー'   j   i |    | |
     ヽ|   l /⌒l,、 __ , イァト、 ! |     |/
     /}   | /  /{><} :: :: : ∧ !    /|
   //   ノ|  l: :,ノ、_: :_: : : /:::i |   { {_



                 〈;:;:;:;ヽ! iヽ.ニ .イ l;:;/;:;:;:〉
                   入;:;:;∧  ̄ ̄ i . /;:;:;:人       彼は勘が良くて…何より優しい人だから
                   ,...< : : \;∧ {示} i /; ;/: :>.、
             /:.:. :: :: :: :: :: : ̄! 比l i/ ̄: :: :: :: :: : \    時間を費やして長い言葉を紡がないでも
             /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽV /'´.: :: :: :: :: :: :: :: :\    
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ,zテミx : : :: :: :: :: :: :: :: :: :/   直ぐにわかってくれるの、だからあれで十分だったのよ
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: : {l{   }l}: :: :: :: :: :: :: :: :: :/     
             V.: :: :: :: :: :: :: :: :: :ゞ三ツ: :: :: :: :: : : :: : : /
              〉.: :: :: :: :: :: :: :: :: :/云V : :: :: :: :: :: :: :: :〈    それに彼と私は旧い付き合いだから…        
              }: :: :: :: :: :: :: : : : / l回l V.: :: :: :: :: :: :: :: :{
.              { :: :: :: :: :: :: :: :/; ;i : : i ;\.: :: :: :: :: :: :: :}
           / : :: :: :: : : : / :;:; i: : : : i ;:; \: :: :: :: :: :.∧
             / : :: :: : : : :/ ;:;:;:;:;i : : : : : i.;:;:;:;:;\ : : : : : :∧

416 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:58:56 ID:R57xW7IQ
.
             rニ、ヽ             ,.- 、
            //  ヽゝ ,.--.、r- 、._   /∠ヽヽ
        /´ ̄`!ト、/ ̄/: : : : /  ヽト、rィ/z===\
        //`>ヽ':::: : :./: ; : : : : ハ   } }、\ヽ:、:: : :/へ
      /{ {: ::/_/:::::::::/:./: /:: : : :/:::へ_ノヽ}: :ヽト、\'': : `\
     /: :`'::/ィ:::::: /:: :i!: ト::: : :从/_ゝ.._..人: : :}!::::}}: :\: : :ハ
   /: : :rニイ//:::: : :{:ト!_,.!.-ヽ: :{リi!´ ,z三、ヽ_ノ: :∧:::':: : : : : : : ハ    そういうものですの?
  /:: : : : ::::::/∧{:::i:: : i!' z≠㍉ヽ!   iト-::j`//: }ハ::丶::: : : : : : : :',
/:::: : : : :::::://:: : :ハト::::ヽi!iト-ノ  `  ` ̄´ イ: イ  ',::::\::: : : : : : ::ヽ
: : : : :::: :::::://:::::::ノ \ト、ヽ` ̄   !     イ:: :ト、  ',::::ヽ\:: : : : : : :
:::::::::::::::::/∠../   /:::::ハ    r -、    ,'::: :|ヽ', ヽ::::ヽ. \:: : : : :
二=::::':/´     /:::::/! ` 、   ` ‐'   .ィ::::: :| }:}   `丶:`-\:: : :
_... - '   _   /::::::/::}   `! .、   ∠/|::::::::l j./     `丶:.\:
     /‐-、二'::: :ノ´     .|´: iTi: : j: : : j-'/        \:
     ,.-‐': :,.- '    ___∠..... |.|.|... /: : / ´
    /-‐ '  / ̄ ̄`\: : : : :|.|.|: /: :/:`>──… 、
   /'    /       \: : :/.|.∨/: /       ヽ
         i    i      \.://∧ヽ:/     ,     i
       ,     l   /\  ``  `' ,.へ    !     |
       ,'    ,' //: :ヽ.、  ,. ': : \\  .i!     |



..                                       |
....                                      |
.   .r────┐                             .| 「 ええ、そうよ
   |.       |                           |
   |.       |                           |   ただ、前と同じようにはもう出来ないけれど… 」
   |.       |                           |
   |.      O|[]      ::_/´ ̄ ̄`ヽ'ー/´ ̄ ̄`ヽ_    |
   |.       |      ::l l +  + ,|:::| +  + ,| l,    |
   |.       |    ..:/´/lゝ,_____ノイゝ,_____ノヘ`ヘ  |
.____|______|___l´`'/´ ̄ ̄ ̄`ヽ,/´ ̄ ̄ ̄`ヽ'´`l____|
                 :::| ,ll`'ー──一´l`ー──一´ll, |  \
                :::| ,l`'ー,、───────,、'´l, |.     \
    .           .:::::'ー' ̄/________,ヘ''ー'       \
                   | _r───────、 _|         \
                   |__|/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|__|               \

417 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:59:36 ID:R57xW7IQ
.
   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

418 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:00:14 ID:R57xW7IQ
.
                              .|
                           |:
                           。
                           |
                              :|
                             o
                              .;
                          O
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |
                           |:
                           。
                           |
                                !
                              :|
                           :
                             :!
                              .;: 。
                           、  .  |   .。
                            ゚ ,、人,、'
                         `^⌒^´
.

419 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:00:51 ID:R57xW7IQ

         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/    
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\     「 う…っ? 」
        ,. ‐'/     |', u         }!/      .l::::::/|::::::::::', ヽ.  
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::.



           /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    ああ、良かった…目覚められましたか
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
           __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

420 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:01:40 ID:R57xW7IQ

         ,'  「            `''‐- "ー=ニ"´ ̄   ./ /
         !.  ヽ                `''z_____,/   /    …?
.           ',   、-                /_ ヾ !::  / 
         i  }>‐-、            _ノ.:´ノ /:_/      誰だ、貴様
            l  、 ̄ヽ、ヽ           'ー‐_゙,./'"
          |   ``  `´         ,.、__//
          l!             , イ::::::: /
        ,.-/゙`丶、___,,,... --‐‐'''''"´ ,イ:: l: /
 ,.-、__,. -‐'" :|';';';';';';';';';';';';'\_  __,.‐';';|::: N
'´  /       l';';';';';';';';';';';';';';'/`´ヽ;';';';';'ト、 |
   /      :l,';';';';';';';';';';';';/:::.   ヽ;';';'| ヽ!
  :|       ヽ;';';';';';';';';';'ハ:::..   ∧;';';|  \、_
  │        ∧;';';';';';';/;';';'\;-‐〈';';'!';';|:   \`丶、.



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ    あの男の上司です、貴方が意識を失われたと聞いてやってきました
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   多少は医術の心得があるもので…出来の悪い部下を持つと苦労するものです
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

421 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:02:31 ID:R57xW7IQ

    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||      「 貴様…!何だあの変態は!!
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||        騎士団を呼べ!!牢送りにしてやる!! 」
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.  (~゙\
    \ \
     \ \                   はあ…でも良いのですか?
       \. \
       \  \  ,.--、           貴方は現在盛大に失禁されているようだ、私にも判る位に
        ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
        γi               i      多数の人間の目に今のその姿が目撃され記憶されても?
      ,,--┤i                i
     (   、ソ            ゙i,
     \,,               ヽ
       \               \

422 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:03:09 ID:R57xW7IQ

          / /           /       __ \
        /   !      / 〃  ,.-‐<´:::::::::::`ヽl
       ,l    | /      / /{ /    \:::::::::::::リ`ヽ
        /   ,.Al |   ,イλ !`V\      ヽ,::::/:⌒!|
.       i   / ー'>,l!  | |ハ |ヘフヽ,\     Y:::::::::::ノl    な…!
      l   ヽl ´く \|  \!, \_ ハ ヽ._     )::::::://
      |   | 'ー´          `゙    __  ト--‐'"/     そ、それは止めろ…服を持ってこい
       l    /゙7  u           (フヾN>-イ
      /   |/ i    u          ヽ込__,,/       いや、その前に縄をほどけ!!



           __
         //
         / /    ええ、構いませんよ
          / /
     l^'; /^V、     ただその前に一つ…貴方、その髪は…鬘ですね?
     |//⌒`↓
    (__/ /⌒ 、}
    |Y'V ヽ ノ

423 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:03:26 ID:KriJHNKk
お仕置きの仕上げか

424 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:03:38 ID:41zfuGNE
ヅラだったのかこいつwww

426 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:03:50 ID:R57xW7IQ

         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/    
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\      「 !!! 」
        ,. ‐'/     |',           }!/      .l::::::/|::::::::::', ヽ.  
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::.



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ     申し訳ありません、貴方の診ている時に気付きました
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   随分出来の良いものですね、流石お金持ちは違う
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

427 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:04:29 ID:R57xW7IQ

  ;' /          ,.-ー、 ,.r‐'''' -、       ゙、
 {, '         ./,.. ------- 、.._ ヽ.        ゙、
 /         ,:'"´         ``l       ゙;
 |/           /               j         }
 l|,       /             ,ノ ,ノ     ;'
  ゙|     | ./''=;;、、_        ;;=ニ- ''ノ'     /
  ゙、  l    N'¬;;ェyミ-: . .   -彡ry;T'ー-彡_,ィイ'   貴様…何が望みだ
   ゙、、 ヽ.  ゙、ヽ- 二-': : : : .    -:ニ -': : :.7` ノノ
   ヽヾ-ヽ、 \   ´ . : : : |        ;'//
    ` 、`゙、 ``゙`    .: : : |           ;'_/
      ``゙、         : : |, '      /
         ヽ    _   -      ,:'
         〕:、    ̄ ̄ ̄ ̄   ,イ|
        ,/:| \      ̄    /  |\
      _/  |.   \       /   |  \
   ,.. - '"/    |    `` ;==、´      |    ;ヽ、
''''"´   /    |     /  ヽ.     |   `、 `ヽ.、




             /)
           ///)
          /,.=゙''"/      望みなんてありませんよ、脅すつもりもありません
   /     i f ,.r='"-‐'つ
  /      /   _,.-‐'‐      ただ懐かしいと思いましてね、私も昔鬘を付けていましたから
    /   ,i   ,二ニ⊃
   /    ノ    il゙フ
      ,イ「ト、  ,!,!|
     / iトヾヽ_/ィ"

430 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:05:30 ID:R57xW7IQ

    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||        「 何…? 」
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||         
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                ヽ
    ヘヽ            \     昔、別の大陸に居た頃の話です
  / /  ヽ   ′  |   i
  | `ヽ´ ` ヽ   レ'、  |;   ',    特殊な医術を学んでいた私は師の薬の実験台となり
  │ l    l、 |    | }  |`{   ',   自らの頭髪を失ったのです、失ったのは髪だけではありませんが
  !  i   l  |    l. |  | ヘ   ',  
  |  |.  l  │  |.  i  l  ` ー'  まあ私は他の弟子達よりもましな方ではありましたけどね
  .!、 |   |   |   |.  i  l       中には美形になる手術をして…いや、これ以上はいけないな
    .|.  l  |   |   |  l       この話は余りにも惨過ぎる
    ., --´  !   l  `--´
          `--´
.

432 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:06:45 ID:R57xW7IQ

       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ   美形になる手術…?
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ   おい!そいつの話をしろ!!
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´   u  l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l.



          __
        /´  \\`\      はあ…ではお話しますが後悔はなさらないで下さいよ
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ    私の師には何人か弟子が居て、その中に格別醜い顔の男が居ました
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   ええ…この私よりもです
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  その男はその醜顔のせいで辛い目に遭っておりそれを変えようと弟子入りをしたとの事 
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  私の師はその男にある手術の実験台を持ちかけました
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ 
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

433 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:07:34 ID:R57xW7IQ
.
    ., --、   i´!⌒!l  r:,=i
   .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 )       その手術とは顔立ちを全くの別人に作り変えるもので
  .i´|.ー‐' |   |    |. !   l
  |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;   顔の皮膚を剥ぎ、骨を削り、肉を補充する恐ろしいものでした
  i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
  │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 )) 薬で傷は治るとは言え、その痛みを想像するだけで背筋が凍る…
  |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7    けれど男はその手術を耐え、望みどおりの美しい顔になりました
  \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
    /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../      けれど…



    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||        「 けれど…? 」
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||         
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

435 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:08:51 ID:R57xW7IQ

          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ     過去を捨てようとしたのか男は暫くしてから
      /        _ヽ_、  ヽ    私や師の前から消えました
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  そしてそれから数年が経ち私はある街でその男と再会したのです
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   美しく生まれ変わった筈の男の顔は前よりも醜く…
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    いや醜いという言葉では足りないな、おぞましくなっていました
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



     {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
       ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ
        \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!   何 故 だ !!
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'

436 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:09:24 ID:R57xW7IQ

          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   師の技術は未だ不完全だったのです
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉 数年毎に手術を行わないと…嗚呼思い出したくも無いあんなおぞましいものは
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  私は再会した彼にそのことを告げました
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |  その後、彼がその街から出て行ったことを知りました
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l   彼は恐らく師匠を捜しに…
           l   l    |    |  |    |
            |   l   | ー-  |   l   - l  私は少しだけ、後悔しました
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
         \    /        /            |
          ヽ、       /  /   l              |
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /

437 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:09:24 ID:eD9CIEu.
マジでか…

438 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:09:58 ID:R57xW7IQ

    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||    「 師は既に故人であることを
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||      とうとう彼には告げずじまいだったのです 」    
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ     私はその罪悪感から逃れられず
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   大陸と医術を捨てました
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    私と彼以外の弟子たちは未だ研究を続けているでしょうが
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ   天才だった師を超える者は恐らく居ないでしょう・・・
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

439 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:10:47 ID:R57xW7IQ

           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |  恐らく彼らは今日も実験に明け暮れ
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l  生贄を捜しては切り刻んでいるのでしょう…
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
         \    /        /            |  けれど私にはそれを止める術も
          ヽ、       /  /   l              |
           ヽ、  /   /     |           l   資格も無い…美には誰もが憧れる
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /    きっと実験志願者は後を絶たない事でしょう
              ヽ          l        /

          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            丶ノハ jヘ        `       ///´
               <: : : \  ヽニニフ   / √   『 …五年ぐらいで良いよ 後は好きに生きたらいい 』
              >ニ≧iヽ         イ/l ハ
             //.:.:.:.:ヘk >    / l.:.:´.:.:ヽヽ
              //.:.:.:.:.:.:.:.:iー-- ` - ´‐ーi.:.:.:.:.:.:.:} ゝ
            ヽヽ:.:.:.:.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::::::::i.:.:.:.:.:.:/ /
             ゝ \.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::_ i_ .ノ ハ
            / j  ┃ ̄ ̄`ー─´        ト 、
    , ____ ノ    ヽ.┃                     } _____
  /               ┃         __ ノ             ヽ
 /              ┏┛` ────→´  ノ               l
. {               ┃        / /                     }

440 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:11:25 ID:R57xW7IQ

  ´ ̄ ̄( ヽ|_____ノ   l        / l
     /\_l               |   ───‐' /
      l´ ヽ                  /-'     『 生 き て い け る な ら ね 』
     /\  \   ┌ 、____     /l
   //  \|\   \    ノ   / /、\
   l l       lヽ \   ` ― ´   /_/  \\
   | \    | \  \       / ̄l        `l l
   .|   \  .|   `‐_ `――´_,..‐'"|       l /
   l    \ |       ̄ ̄      |       /./
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




.
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/ 「 彼のような犠牲者が出ないことを
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.        心から祈るばかりです 」
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'                   続く

441 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:12:23 ID:.83c1FQQ
これは折れる



442 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:12:38 ID:eD9CIEu.

これはエグイ止めだのぅ…ww

443 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:12:50 ID:ShSyMgs2
えげつねぇw

444 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:13:05 ID:Lyliv8Zw


やる夫… ヘビィだぜ…

446 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:13:54 ID:RYjhWQs2
さすが主人公
頑固な心を完全に打ち砕きおったw

447 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:16:16 ID:yr2aNBNc


ハッタリか真実かわからねえ

関連記事
36460 :日常の名無しさん:2019/01/02(水) 19:51:51 ID:-[ ]
この話のやる夫の言いくるめは京極夏彦作品の某古本屋の主人を彷彿とさせるなあ
こういう手合い個人的に好きなんだよね 作者さんいい腕してるなあ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
  • ガチャれ! やる夫さん その35 (07/06)
  • ガチャれ! やる夫さん その34 (07/06)
  • 国内的な小咄 2089 立民ちゃんは恨み骨髄なのです (07/06)
  • 国内的な小咄 2088 政治学者はなぜ政治家にならないか (07/06)
  • 国内的な小咄 2087 皇室維持のためには今こそ上野千鶴子を使うんだ! (07/06)
  • 国内的な小咄 2086 これは学生には助かる制度よね (07/06)
  • 国内的な小咄 2085 出勤三十分前にありがとう (07/06)
  • 国内的な小咄 2084 反天連の主張っぽいんだよなぁ…… (07/06)
  • ヨリイチはジェダイの騎士のようです 第三部 『最後の指令』 第五話 (07/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十八話 (07/06)
  • デキルオは魔物と共に取り戻すようです 第二百七十七話 (07/06)
  • やる夫たちでソードワールド 欲張りPT! 9 (07/05)
  • やる夫たちでソードワールド 無理矢理冒険者やる夫! 8 (07/05)
  • やる夫たちでソードワールド 忍者PT! 2 (07/05)
  • やる夫たちでソードワールド 忍者PT! (07/05)
  • 国際的な小咄 9022 そのノリで生きているから…… (07/05)
  • 国際的な小咄 9021 表現の自由を訴える政治家はアンチが多い (07/05)
  • 国際的な小咄 9020 女も徴兵だ! (07/05)
  • 国際的な小咄 9019 できればいいけど…… (07/05)
  • 国際的な小咄 9018 参考にならねぇ…… (07/05)
  • 国際的な小咄 9017 結構微妙 (07/05)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 310 《DAY340》 (07/05)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 309 《DAY340》 (07/05)
  • 【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】“カワイイ”は、世界を救う! 42 (07/05)
  • 【◆EV0X7vG/Uc】入即出やる夫はスタンドを使いたい 24 (07/05)
  • 読者投稿:1ニュースネタ ロー対ウェイド判決覆る (07/05)
  • 読者投稿:橋本駅から別府駅に向かってくれ (07/05)
  • 読者投稿:苦労してJDいじめて金を稼いでる話 (07/05)
  • 読者投稿:1レス小ネタシリーズ 25 早稲田大学マニフェスト研究所によるマニフェスト比較 ~ 26 45年越しの奇妙な合致 (07/05)
  • 読者投稿:たのしいべんごし (07/05)
  • 読者投稿:蕪農家VS不動産投資営業 (07/05)
  • ガチャれ! やる夫さん その33 (07/05)
  • やる夫と幸子 番外編 やる夫とモンブランバターラーメンモンプチロールサムゲタン (07/05)
  • やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようですLv2 その8 (07/05)
  • 読書的な小咄 227 坊主DAYS (07/05)
  • 読書的な小咄 226 ヴァン・ヘルシング Darkness blood (07/05)
  • 目次 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - (07/05)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - 第六話 緋焔再臨 (07/05)
  • おっさんと女子高生 第17話 (07/05)
  • 沙英は看板娘のようです 第2回 (07/05)
  • ゲーム的な小咄21 上院議員と雷電とRisingRevengeanceと (07/05)
  • ゲーム的な小咄20 デッド・オア・アライブ (07/05)
  • 昭和名馬列伝 第5章 ニホンピロウイナー伝 第1話 (07/04)
  • 色相のメチルカ - 天子とやる夫の冒険譚 - いく姉が教える それいけ! 色メチ解説 第一回 『色と魔法』 (07/04)
  • やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです 第32話【ピンクと水着】 (07/04)
  • 国際的な小咄 9016 家庭は大事 (07/04)
  • 国際的な小咄 9015 保守派歓喜 (07/04)
  • 国際的な小咄 9014 あいつらも必死なんや…… (07/04)
  • 国際的な小咄 9013 許される許されない (07/04)
  • ヤルオ達はどこに行っても傭兵のようです 05 (07/03)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    人気ページランキング
    月間ランキングはこちらから!