スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントに文字数の上限を設定
長くなってしまった場合、2回に分けるなどお願いします
またコメントの承認は必ずされるものではありません

専ブラのタブが吹っ飛んだりで取得漏れががが

Pick up!
いきものがかりたち
プレ医師ネタ 神奈川県医師会からのお願い


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(また開発が終了しているブラウザのため対応予定はありません)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。
複数のまとめサイトに同時依頼する事はなるべくおやめいただけると幸いです。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第27話おまけ(22) 「種を埋める男」

目次 現行スレ

410 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:53:57 ID:R57xW7IQ
.
第27話おまけ(22)「 種を埋める男 」


..                                       |
....                                      |
.   .r────┐                             .|  「 ふう…」
   |.       |                           |
   |.       |                           |
   |.       |                           |
   |.      O|[]      ::_/´ ̄ ̄`ヽ'ー/´ ̄ ̄`ヽ_    |
   |.       |      ::l l +  + ,|:::| +  + ,| l,    |
   |.       |    ..:/´/lゝ,_____ノイゝ,_____ノヘ`ヘ  |
.____|______|___l´`'/´ ̄ ̄ ̄`ヽ,/´ ̄ ̄ ̄`ヽ'´`l____|
                 :::| ,ll`'ー──一´l`ー──一´ll, |  \
                :::| ,l`'ー,、───────,、'´l, |.     \
    .           .:::::'ー' ̄/________,ヘ''ー'       \
                   | _r───────、 _|         \
                   |__|/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|__|               \
                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



  ',: : : : : : : : ::::::::::::::|: ::::V::V::\:::ト、.{\:::::ト! ィト三㍉:/7イ: : : : : |
  !: :: : : : : : :::::::::::::::{: :::::i::::\:トr≠㍉ \{  弋ニノ,//:/: : : : :i: |
  |: ::: : : : : : :::::::::::::::N::::::\::∨辷トノ_   ',  ` ̄ イ: |:: : : : : ::i:.|   この酔い止めの薬って、とっても便利ですわね
  |: :i: : : : : : : ::::::::::::::::ト..、:::` ト` ̄     !    /:: :|:: : : : : : }::|
  |: :|: : : : : : : ::::::::::::::::|::| i: ̄::!ト、    、_,.ィ  .イ::: :.|::: : : : : : ',::i   お姉様の店にも置いたらどうかしら
  |: :|: : : : : : : : :::::::::::::|::| .|: ::::|Wvト 、   ‐  /::|::: : |::: : : : : : :}:::i
  |:::i: : : : : : : : ::::::::::::::|::| |: :::|  .j:  `丶、 _. イ::::::::}:: : |::::: : : : : :.|ヽ!
  j:/|: : : : : : :: :::::::::::::::j:!__.|: :::|'´: : : : | ||: : ` ̄|:::: |─- ...: : :} ヽ
  // |: : : : : : : : :::::/   |: ::::}: : : : : | ||: : : :|:::: |'    `i:j   \
 !/ i: : : : : : : : ::::i     |: ::::|: : : : :j | {: : : ji:: :j     .|!
 '  ,': : : __: : : ::::::|     i!{:::::}丶、: : /∧ヽ: :/j!: /     |  ,. - ' 7
   i: :i: : ', \`.i::::|   丶 ヽ!:::::i   丶' ' 丶./  //   /  |, -' ' ´: /
   |: i: : : ',: :``‐- 、.  ヽ \ト/`丶、     /\\  /  r ': : : : /
   |: i: : : :.',: : : : `、  !  ./ /: : :`: 丶ィi: : : \\∨´: : : : /
   |: i: : : : :',: : : : :丶 { ./ /: : : : : | | |: : : : \ヽ!: : : : :/
   |: i!: : : ',: : : : : ∨ / /: : : : : :i .i .i: : : : :\}: : : : /
   i: ハ: : : ',: : : : : ∨./: : : : : : i .i .!: : : : : ,/ : : :/
   ',:! ',: : : ',: : : : : {、i: : : : : : : .} .i }: : : : :/: : : /




411 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:54:57 ID:R57xW7IQ

               ,i,>-/:;;::`、`:、::::::;;::'';;;;`、
.              i,/;;:::::::;;;:::;;';;;`、':;;;;:::::::;;;;`,、
               i;;;;r┬‐''i i;/;;!::::;;;:::::::;;;;;;;;`;
                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/     そうね、需要はありそうだけれど…
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7          
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
             i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i     
           r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!
          ,!:',:.:.;,;.:.;,;,;,;,;,:.:';,;,:.;,;,;,;,;.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.;,:,i
         _,r':.:,;,;.:.:,;,;,;,:.:.;,;,:.:.;,;,:.:,;,;,;,:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;i
        ,/:.;':.:.;,;,;,:.:.';,;,;,:.:.;,;,;.:.';,;,;,;,;,;.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;!
       ,/:.:.;':.:.:.;;,;,;,:.:.:';,;,:.:.:.;,;,;,:.';,;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.;!
.      i:.:.:.:.;:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.'.;,:.:.:,;,;,;,:.:.';,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;/
     ,r''!:.:.:.:,:.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.';,:.:.;,;,;,;,;.:.':,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;/
     ,!::;::!:.:.:.';,:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:';,;,;,;,;,;,;,;,:.:':.;,;,;,:.:/.



      i: : : ::/: :  : : : : : : ::.j::::: : ::::::::::::{´ ̄!::: : :',      /:i  だったら私があのローブの殿方に話を持ちかけてみますわ
      |: : :::i: : :V: : : : : : : ::ト、N: : M::::::!、 ',:: : : :i      `ィ 
      |: :::::l: : : : : : : : : : ::::j:::::`‐-、::::::::::::コ‐|:: : : |_   _.〉  だって本当にとっても便利ですもの!
      |: ::::,': :: : : : : : : : ::: l:::::::: ::| ´∠v、ト! |:: N:.|  7 ̄|               /1
      |:: :,': :: : : : : : : : : i: ,:::::::: : |! ´ i! }:. `‐|:  :.|、_/、N:.|          ri   . ///
      |:: j: :: : : : : : : : : :l: !:::::::: : |!   /: : !|:. :|: rニ! :: ト-- 、       // ////i
      |::/: ::: : :/: : : : : ::|/::::: :: : |   /: : : !N:|//: ヽ::i   \    / {./  //
      |':: :::: : /: : : : ::::::/::: M: : :j!  /: : : : |:: :|〈 {: : ヽ\   .i    i      ./
      |:: ::: : /: : : : ::: :/|::::  : /  /: : : : :|:: | !ト、\: :ト ヽ ,  ! _,,  l  /  /
      j: :::::./: : : : ::::://|::::: :.N/  / ̄`‐- 、:.|:::|: ',', `丶、! \i  |/|  リ '   /
      /: ::::/: : : : ::: // !::::V:/  /       `',::ト-._\     トv: : |  {ヽ   i
      /: :::/: : : :::: :.//  |::: : ;i  /         ',:ト、  _   /丶\: | | `、  ∧
    ./:: ::,': : : :::N::/ |  |:/: /  i          丶! | |`ー-fヽ:  ヽ! |ヽ. \| i
    !:: : ,: : :N : /  !  //:/  |      ./`      | |: : ', ','、: : i } \ ヽ |ヽ
    /: ::/: :  : /    ,'/::,'   /     /'´`丶、r、   ', ',: : :\ヽ: : V: : :ヽ 丶 i
   ,: : /:   :::/    , ::./   /    /: : : : : >   } }: : : } i }: }: : : : ', ', l
   /: /イ: M:/     ,'::/   ./   /: : : : : イ    | |: : : i !/:/: : : : i i |

412 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:55:32 ID:R57xW7IQ

                 〈;:;:;:;ヽ! iヽ.ニ .イ l;:;/;:;:;:〉
                   入;:;:;∧  ̄ ̄ i . /;:;:;:人
                   ,...< : : \;∧ {示} i /; ;/: :>.、
             /:.:. :: :: :: :: :: : ̄! 比l i/ ̄: :: :: :: :: : \     もう、ラクスったら性急過ぎるわ
             /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽV /'´.: :: :: :: :: :: :: :: :\    
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ,zテミx : : :: :: :: :: :: :: :: :: :/   それにあの方とは今日が初対面なのよ
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: : {l{   }l}: :: :: :: :: :: :: :: :: :/    
             V.: :: :: :: :: :: :: :: :: :ゞ三ツ: :: :: :: :: : : :: : : /     いきなりお金の絡む話なんてご迷惑でしょう
              〉.: :: :: :: :: :: :: :: :: :/云V : :: :: :: :: :: :: :: :〈          
              }: :: :: :: :: :: :: : : : / l回l V.: :: :: :: :: :: :: :: :{
.              { :: :: :: :: :: :: :: :/; ;i : : i ;\.: :: :: :: :: :: :: :}
           / : :: :: :: : : : / :;:; i: : : : i ;:; \: :: :: :: :: :.∧
             / : :: :: : : : :/ ;:;:;:;:;i : : : : : i.;:;:;:;:;\ : : : : : :∧
.            /:.:: :: :: :: :/ ;:;:;:;:;:; i:..: : : : : : i ;;:;:;:;:;:;\ : :: :: :∧
          | : :: :: :./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i:.: : : : : : :.:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;\: :: :: :.|
.           /: : : / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.: : : : : : : : i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\ : :∧
           |: :./ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i:.:.: : : : : : : : .i :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\: :.|
           // ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ∧ : : : : : : : : ∧ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \'、
          ´| ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; / V:.: : : : : : /: :V:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|`



.    /// レl/ /レz           __   || |  ヽV 、\ 、  \
   //. /  / , 7 ,  レ   /レレl  /     ヽ. ||/   lヘ lヽl  \
   〃 {  / / レl// . イlヘ   /   f     /| ゝ    ヘl    |\
  /   V/.イ  /| ,/ /= !  Vl/   /!、     //⌒iヽ            |
.      V .| / ゝ ∧ /_」|  { / ゝ二二 ィ   l |ヽ        /
.       v | {  、 ヽⅥ⌒iハハ   N ィア⌒w八_ノ厶.l         /  だったらお姉様と親しい
       Vゝlヽ.  ヽl{{ ィ´トl \ { ´f{_ ィVイ( ̄ ノ.}|      /
.       |   \ トl_j乏z{   ``  j乏三ムゝニ彡1ィ      /   やらない夫さんからあの方に話を通して貰えば…
.       |     |` ト      、        :./ / /´|       /
.       |  ,   , ∧ ,     、___,     -彳   レ /      /    やらない夫さんとあのローブの方は御友人なのでしょう?
.       //レl  //レ ,f{V゙{  ∨ ノ       //レ {  ,  l ,  ′
      //ヘ/ / l/, 八  {>   ̄     <l lヘl { ,  ,レl  |
   、__/ ,   ノィ ' | A Vヘ,`三三,´「从ト、トトl  トl {  lヘ l  |
   `¨ ア  ,l ∧∧| ∧ヽ |l〃(__)  ∨   ゙>、/ / |l、    ヽ
     |  八 { ` _l/ ヽV.lゝ.     ノ‐v//‐く.   ヽ| ヽ   ト、l
     l  {  ` 〃     ヽ| j三三{ lソ     /     V | `
 .    \ ヽ  |     || 〃-  VYヽ.  {       V /

413 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:56:04 ID:R57xW7IQ
.
      _夊][》-‐―――-v=z
     =ニゝ, 个 〒=    ´ ̄`ミ┐
     /,イ |l  ,イl   |  l| |l  ハ\
    //| l | / l ト、 l 〃 l| |リ\|
  //  | l |/|  ハ |\|/' i| レ|コ、    ( 確かそう聞いたらあの人、思いっきり知り合いって言い切ったけど… )
 / く _ _ | | l/) ノ '  トZ二ヾハ! ヽ\
 ` ̄`ヽ ,>l/ .イ ー  u 《 f薔}ソ |   \ヽ
     | |/,'才.ミ)⊃ 、_,、_,ヾ=<ノ| |     \\
     |/| ≧シ'-x>、 __, イ ヽ|_|_     ) 〉
     //\ ヽ :}:: {><}:: :l : : ::::ハヽ   / /



.    ////l/, / 〈l>              __ \}\
   /´/ / l/ / ,  ィ     /レl イ  /  `ヽヽヽノ
.    |    / /レレ /    / /,l l// ,f     | |_ ∧
.    |    ,' /ィ ,l/ |  A l/ l /l'  八.     /∧ヽ l
     V  {  l/   ,| . / V|   || `≦彡 ′| | 丶
      V || ′  .八 |⌒ヽlゝ  ∧l ァ'⌒ヽ=彡くヽ|      あら、そう言えばお姉様
       ∨ Ⅵ l,   |〃f⌒ハ  \l  〃,f⌒ハ lk{___ノノ/
      |   丶lト、  |{ |し勹i    `   {し勹i リ厂 /}/       随分と早く私たちと合流されましたわね
      |   , Vl\l`゙_)z込{        }込z(/ ィ ′  /
      | /レl  ゙V {⊂⊃     ′   ⊂⊃/ | Ⅵ {     …もう少し時間がかかるかと思っていたのですけれど
      l /ヘ/   ノN ゝ.       , 、    イ Wヘ N ∧
      /    //   | l> ._   ̄  _ <l | トトヘ   、∧    やらない夫さんと積もる話もあったでしょうに
   ` ニ イ   /´|  トl 〃⌒V元三ア‐<ハ{ /   「l`  ヽ‐
       '  l |  ゝ { lゝ___人¬i  ,/ ̄}_/|/ l |
.      {  lヽ|  `` ∨f⌒Y  ゝ/  /     lイ イ 丿
.        \| `    广トy⌒ヽ. 个 、 ,′       l'´
        `     '  ||ゝ_, 、|| ̄ト {
             | ||//| |.||  |  }
             | ||/. | |.||    \

414 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:57:35 ID:R57xW7IQ

                i;;;;ヽ_, i,'>i::::::::;;;;;;;;;;;;;;;/     
.              ,r‐‐‐--、>'´;;;;;;;::'';;;;;;;;;;:;/
             /,;.:.:.:,'.:.:.;,;,;`''''''';,'''',;'''''''''''''7       …そう? 
             ,!,;,;,:.:.:.;,:.:.:.:.;,;,;,:.:'';,;'':.-;,''''''''7`、
             i;,;,;,;,:.:.:.;,:.:.;,;.:.:.;,;,:.:.:.';,:.:,;,;.:.'';,;,;,;,:`.、    でも私も彼も十分話したわ
            _i;,:.:,;,;,:.:.:.;,;.:,;,;,;,:,;,;,:.:.:.:'';,;.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,:.`i  
           r"',;,;,:.;,;,;,;,:.:.';,;.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:,!  
          ,!:',:.:.;,;.:.;,;,;,;,;,:.:';,;,:.;,;,;,;,;.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.;,:,i
         _,r':.:,;,;.:.:,;,;,;,:.:.;,;,:.:.;,;,:.:,;,;,;,:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;i
        ,/:.;':.:.;,;,;,:.:.';,;,;,:.:.;,;,;.:.';,;,;,;,;,;.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;!
       ,/:.:.;':.:.:.;;,;,;,:.:.:';,;,:.:.:.;,;,;,:.';,;,;,;,;,:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.;!
.      i:.:.:.:.;:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.'.;,:.:.:,;,;,;,:.:.';,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.;/
     ,r''!:.:.:.:,:.:.:.:.;,;,;,;.:.:.:.:.';,:.:.;,;,;,;,;.:.':,;,;,;,;,;,;,;,;.:.;/
     ,!::;::!:.:.:.';,:.:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:';,;,;,;,;,;,;,;,:.:':.;,;,;,:.:/



       _,. ───-- 、  、_
    )、/´          〈ィ今r=ー
   }Lfy'         ヽ  /ハ/ ̄ ` ヽ
   /Y'  / /         }i ヘ     !
  ./ i{  |  '   !   i |  |   i    |     そうですわ、それにこの方がいらっしゃってくれなかったら
  ! |   ! |   ハ  /| ! ハ   !    !
  ト、i   |ヽト、  i }/r;}ル1〉!  ハ     |     貴女、私の姉をもっと玩具にしていたに違いませんもの!
  ヽNヽ ト!r yト、!  ゞ__j' |  / i   !ト、
   !  YくY〈{`     ⊂⊃/  i  |i   |\ヽ  本当に助かりましたわ!
   ヽ  | 「T`  -一   { r  ヽ    ! | !
    }' ! |公ァ ___r-yイ jリ、  |i    |
    | / ! / /了爻イ !   ーァ|!    |
   / {  /  i r'ー弃一k   〈    i  |
   / |   _/ 〉     〉、  \  |  !

415 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:58:16 ID:R57xW7IQ

          r=v-―――‐-《][廴_
         rク´ ̄`     =〒 个、 くニ=
       //  / |  lト、   l|  ト、\
         レイ  /\l|  l| l / l  川ヽイヽ  ( でも酷い目に遭ったのはあの馬鹿がこの部屋に来てからなんだけど… )
         r┤ /|ノ 八\/|/レ | ,' | |  ヽ\
      // ∨ 1 ●   《 f薔}ソ / /|   \ヽ
       /(   Vハ⊃   ヾ=く / / 」     l |
      {〈^   |ヘ   ー^ー'   j   i |    | |
     ヽ|   l /⌒l,、 __ , イァト、 ! |     |/
     /}   | /  /{><} :: :: : ∧ !    /|
   //   ノ|  l: :,ノ、_: :_: : : /:::i |   { {_



                 〈;:;:;:;ヽ! iヽ.ニ .イ l;:;/;:;:;:〉
                   入;:;:;∧  ̄ ̄ i . /;:;:;:人       彼は勘が良くて…何より優しい人だから
                   ,...< : : \;∧ {示} i /; ;/: :>.、
             /:.:. :: :: :: :: :: : ̄! 比l i/ ̄: :: :: :: :: : \    時間を費やして長い言葉を紡がないでも
             /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽV /'´.: :: :: :: :: :: :: :: :\    
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ,zテミx : : :: :: :: :: :: :: :: :: :/   直ぐにわかってくれるの、だからあれで十分だったのよ
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: : {l{   }l}: :: :: :: :: :: :: :: :: :/     
             V.: :: :: :: :: :: :: :: :: :ゞ三ツ: :: :: :: :: : : :: : : /
              〉.: :: :: :: :: :: :: :: :: :/云V : :: :: :: :: :: :: :: :〈    それに彼と私は旧い付き合いだから…        
              }: :: :: :: :: :: :: : : : / l回l V.: :: :: :: :: :: :: :: :{
.              { :: :: :: :: :: :: :: :/; ;i : : i ;\.: :: :: :: :: :: :: :}
           / : :: :: :: : : : / :;:; i: : : : i ;:; \: :: :: :: :: :.∧
             / : :: :: : : : :/ ;:;:;:;:;i : : : : : i.;:;:;:;:;\ : : : : : :∧

416 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:58:56 ID:R57xW7IQ
.
             rニ、ヽ             ,.- 、
            //  ヽゝ ,.--.、r- 、._   /∠ヽヽ
        /´ ̄`!ト、/ ̄/: : : : /  ヽト、rィ/z===\
        //`>ヽ':::: : :./: ; : : : : ハ   } }、\ヽ:、:: : :/へ
      /{ {: ::/_/:::::::::/:./: /:: : : :/:::へ_ノヽ}: :ヽト、\'': : `\
     /: :`'::/ィ:::::: /:: :i!: ト::: : :从/_ゝ.._..人: : :}!::::}}: :\: : :ハ
   /: : :rニイ//:::: : :{:ト!_,.!.-ヽ: :{リi!´ ,z三、ヽ_ノ: :∧:::':: : : : : : : ハ    そういうものですの?
  /:: : : : ::::::/∧{:::i:: : i!' z≠㍉ヽ!   iト-::j`//: }ハ::丶::: : : : : : : :',
/:::: : : : :::::://:: : :ハト::::ヽi!iト-ノ  `  ` ̄´ イ: イ  ',::::\::: : : : : : ::ヽ
: : : : :::: :::::://:::::::ノ \ト、ヽ` ̄   !     イ:: :ト、  ',::::ヽ\:: : : : : : :
:::::::::::::::::/∠../   /:::::ハ    r -、    ,'::: :|ヽ', ヽ::::ヽ. \:: : : : :
二=::::':/´     /:::::/! ` 、   ` ‐'   .ィ::::: :| }:}   `丶:`-\:: : :
_... - '   _   /::::::/::}   `! .、   ∠/|::::::::l j./     `丶:.\:
     /‐-、二'::: :ノ´     .|´: iTi: : j: : : j-'/        \:
     ,.-‐': :,.- '    ___∠..... |.|.|... /: : / ´
    /-‐ '  / ̄ ̄`\: : : : :|.|.|: /: :/:`>──… 、
   /'    /       \: : :/.|.∨/: /       ヽ
         i    i      \.://∧ヽ:/     ,     i
       ,     l   /\  ``  `' ,.へ    !     |
       ,'    ,' //: :ヽ.、  ,. ': : \\  .i!     |



..                                       |
....                                      |
.   .r────┐                             .| 「 ええ、そうよ
   |.       |                           |
   |.       |                           |   ただ、前と同じようにはもう出来ないけれど… 」
   |.       |                           |
   |.      O|[]      ::_/´ ̄ ̄`ヽ'ー/´ ̄ ̄`ヽ_    |
   |.       |      ::l l +  + ,|:::| +  + ,| l,    |
   |.       |    ..:/´/lゝ,_____ノイゝ,_____ノヘ`ヘ  |
.____|______|___l´`'/´ ̄ ̄ ̄`ヽ,/´ ̄ ̄ ̄`ヽ'´`l____|
                 :::| ,ll`'ー──一´l`ー──一´ll, |  \
                :::| ,l`'ー,、───────,、'´l, |.     \
    .           .:::::'ー' ̄/________,ヘ''ー'       \
                   | _r───────、 _|         \
                   |__|/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ|__|               \

417 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 16:59:36 ID:R57xW7IQ
.
   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

418 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:00:14 ID:R57xW7IQ
.
                              .|
                           |:
                           。
                           |
                              :|
                             o
                              .;
                          O
                           :
                           i
                           ;
                              .|
                           |
                           |:
                           。
                           |
                                !
                              :|
                           :
                             :!
                              .;: 。
                           、  .  |   .。
                            ゚ ,、人,、'
                         `^⌒^´
.

419 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:00:51 ID:R57xW7IQ

         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/    
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\     「 う…っ? 」
        ,. ‐'/     |', u         }!/      .l::::::/|::::::::::', ヽ.  
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::.



           /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;;;;;;;\
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;\
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    ああ、良かった…目覚められましたか
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
        L.::::厂; ;rー'ゝZi ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;|/〈X,,;;""ヽ  7/
       /  ノヾ ;;,>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ:入;;;;;;;;;;ヘ,,〈_,;;ノ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ〆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
    `ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
      ``ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;i::::;;;;;;;リ
         `゙`‐‐-- 、;;/ヘ:::ノ     |::::::入--‐‐‐´ゝ
           __,∠;;;;;;;;;;;;;;//      ヽ_ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
         〈、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/        iニ`ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ
                          ヽ、;;;;;;;;;;;゙ー‐‐'")

420 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:01:40 ID:R57xW7IQ

         ,'  「            `''‐- "ー=ニ"´ ̄   ./ /
         !.  ヽ                `''z_____,/   /    …?
.           ',   、-                /_ ヾ !::  / 
         i  }>‐-、            _ノ.:´ノ /:_/      誰だ、貴様
            l  、 ̄ヽ、ヽ           'ー‐_゙,./'"
          |   ``  `´         ,.、__//
          l!             , イ::::::: /
        ,.-/゙`丶、___,,,... --‐‐'''''"´ ,イ:: l: /
 ,.-、__,. -‐'" :|';';';';';';';';';';';';'\_  __,.‐';';|::: N
'´  /       l';';';';';';';';';';';';';';'/`´ヽ;';';';';'ト、 |
   /      :l,';';';';';';';';';';';';/:::.   ヽ;';';'| ヽ!
  :|       ヽ;';';';';';';';';';'ハ:::..   ∧;';';|  \、_
  │        ∧;';';';';';';/;';';'\;-‐〈';';'!';';|:   \`丶、.



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ    あの男の上司です、貴方が意識を失われたと聞いてやってきました
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   多少は医術の心得があるもので…出来の悪い部下を持つと苦労するものです
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

421 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:02:31 ID:R57xW7IQ

    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||      「 貴様…!何だあの変態は!!
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||        騎士団を呼べ!!牢送りにしてやる!! 」
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.  (~゙\
    \ \
     \ \                   はあ…でも良いのですか?
       \. \
       \  \  ,.--、           貴方は現在盛大に失禁されているようだ、私にも判る位に
        ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
        γi               i      多数の人間の目に今のその姿が目撃され記憶されても?
      ,,--┤i                i
     (   、ソ            ゙i,
     \,,               ヽ
       \               \

422 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:03:09 ID:R57xW7IQ

          / /           /       __ \
        /   !      / 〃  ,.-‐<´:::::::::::`ヽl
       ,l    | /      / /{ /    \:::::::::::::リ`ヽ
        /   ,.Al |   ,イλ !`V\      ヽ,::::/:⌒!|
.       i   / ー'>,l!  | |ハ |ヘフヽ,\     Y:::::::::::ノl    な…!
      l   ヽl ´く \|  \!, \_ ハ ヽ._     )::::::://
      |   | 'ー´          `゙    __  ト--‐'"/     そ、それは止めろ…服を持ってこい
       l    /゙7  u           (フヾN>-イ
      /   |/ i    u          ヽ込__,,/       いや、その前に縄をほどけ!!



           __
         //
         / /    ええ、構いませんよ
          / /
     l^'; /^V、     ただその前に一つ…貴方、その髪は…鬘ですね?
     |//⌒`↓
    (__/ /⌒ 、}
    |Y'V ヽ ノ

423 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:03:26 ID:KriJHNKk
お仕置きの仕上げか

424 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:03:38 ID:41zfuGNE
ヅラだったのかこいつwww

426 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:03:50 ID:R57xW7IQ

         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/    
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\      「 !!! 」
        ,. ‐'/     |',           }!/      .l::::::/|::::::::::', ヽ.  
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'
     /          l:::::::::::::::::\:丶、._,. -';';';';'/:::::::::::::::l::::::::::::
   /             !::::::::::::::::::::\:\;';';';';';';/::::::::::::::::::::ト,::::::::::.



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ     申し訳ありません、貴方の診ている時に気付きました
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   随分出来の良いものですね、流石お金持ちは違う
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

427 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:04:29 ID:R57xW7IQ

  ;' /          ,.-ー、 ,.r‐'''' -、       ゙、
 {, '         ./,.. ------- 、.._ ヽ.        ゙、
 /         ,:'"´         ``l       ゙;
 |/           /               j         }
 l|,       /             ,ノ ,ノ     ;'
  ゙|     | ./''=;;、、_        ;;=ニ- ''ノ'     /
  ゙、  l    N'¬;;ェyミ-: . .   -彡ry;T'ー-彡_,ィイ'   貴様…何が望みだ
   ゙、、 ヽ.  ゙、ヽ- 二-': : : : .    -:ニ -': : :.7` ノノ
   ヽヾ-ヽ、 \   ´ . : : : |        ;'//
    ` 、`゙、 ``゙`    .: : : |           ;'_/
      ``゙、         : : |, '      /
         ヽ    _   -      ,:'
         〕:、    ̄ ̄ ̄ ̄   ,イ|
        ,/:| \      ̄    /  |\
      _/  |.   \       /   |  \
   ,.. - '"/    |    `` ;==、´      |    ;ヽ、
''''"´   /    |     /  ヽ.     |   `、 `ヽ.、




             /)
           ///)
          /,.=゙''"/      望みなんてありませんよ、脅すつもりもありません
   /     i f ,.r='"-‐'つ
  /      /   _,.-‐'‐      ただ懐かしいと思いましてね、私も昔鬘を付けていましたから
    /   ,i   ,二ニ⊃
   /    ノ    il゙フ
      ,イ「ト、  ,!,!|
     / iトヾヽ_/ィ"

430 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:05:30 ID:R57xW7IQ

    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||        「 何…? 」
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||         
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                ヽ
    ヘヽ            \     昔、別の大陸に居た頃の話です
  / /  ヽ   ′  |   i
  | `ヽ´ ` ヽ   レ'、  |;   ',    特殊な医術を学んでいた私は師の薬の実験台となり
  │ l    l、 |    | }  |`{   ',   自らの頭髪を失ったのです、失ったのは髪だけではありませんが
  !  i   l  |    l. |  | ヘ   ',  
  |  |.  l  │  |.  i  l  ` ー'  まあ私は他の弟子達よりもましな方ではありましたけどね
  .!、 |   |   |   |.  i  l       中には美形になる手術をして…いや、これ以上はいけないな
    .|.  l  |   |   |  l       この話は余りにも惨過ぎる
    ., --´  !   l  `--´
          `--´
.

432 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:06:45 ID:R57xW7IQ

       !/         ,.‐'' `ヽ、r '''ヽ、        l  l
       /      /  _,... -'‐─- 、i          !  |
     /      /_,.-''"         |        ! l   |
      /      |,/"           ,!      ,!ノヽノ   美形になる手術…?
    i ,      |l          __,.ノ ,.ノ,ィ  ノ'、 } 'i
     l |      , i!       _、,..ニ:'',ァ'i;ラ`)ィ'-‐'´ ノ ノ ノ   おい!そいつの話をしろ!!
     !,l   、 i, ',ー--:;_、    '-<  `''ノ    ' /|
    'l ! ',   ヽ ' 、ヾ ゞア`      ` "´   u  l'|  |
     ヽ、、  ヽ-;`、`"´  i            ,! !l,  l.



          __
        /´  \\`\      はあ…ではお話しますが後悔はなさらないで下さいよ
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ    私の師には何人か弟子が居て、その中に格別醜い顔の男が居ました
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   ええ…この私よりもです
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /  その男はその醜顔のせいで辛い目に遭っておりそれを変えようと弟子入りをしたとの事 
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  私の師はその男にある手術の実験台を持ちかけました
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ 
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

433 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:07:34 ID:R57xW7IQ
.
    ., --、   i´!⌒!l  r:,=i
   .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 )       その手術とは顔立ちを全くの別人に作り変えるもので
  .i´|.ー‐' |   |    |. !   l
  |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;   顔の皮膚を剥ぎ、骨を削り、肉を補充する恐ろしいものでした
  i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
  │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 )) 薬で傷は治るとは言え、その痛みを想像するだけで背筋が凍る…
  |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7    けれど男はその手術を耐え、望みどおりの美しい顔になりました
  \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
    /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../      けれど…



    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||        「 けれど…? 」
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||         
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

435 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:08:51 ID:R57xW7IQ

          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ     過去を捨てようとしたのか男は暫くしてから
      /        _ヽ_、  ヽ    私や師の前から消えました
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉  そしてそれから数年が経ち私はある街でその男と再会したのです
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /   美しく生まれ変わった筈の男の顔は前よりも醜く…
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    いや醜いという言葉では足りないな、おぞましくなっていました
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



     {.゙、  || |   |::::ヽl:::,.-‐==、ヾ、  }w/{   /,.=≦彡_:::::::::::::::::::::::::::/
       ヽ |:ヽ|:.、 !::::::::::{!  (・) .,}:\)/:::::::゙'-="f' (・)   }!:::フ;;;;;;;;:::;イ
        \::::::::\\::t、_'ー--‐'",. -、/`´\ヾ.`''ー--‐'"-,:::::|》):::::::!   何 故 だ !!
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'

436 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:09:24 ID:R57xW7IQ

          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   師の技術は未だ不完全だったのです
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉 数年毎に手術を行わないと…嗚呼思い出したくも無いあんなおぞましいものは
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У  私は再会した彼にそのことを告げました
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



                     /    |   .|    |
                 |     |   .|    |  その後、彼がその街から出て行ったことを知りました
                   |ー |   l ー-  l
           /⌒ヽ   |    |   l     l   彼は恐らく師匠を捜しに…
           l   l    |    |  |    |
            |   l   | ー-  |   l   - l  私は少しだけ、後悔しました
             |  -‐|    |    |  |      |    /⌒ヽ
           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
         \    /        /            |
          ヽ、       /  /   l              |
           ヽ、  /   /     |           l
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /
              ヽ          l        /

437 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:09:24 ID:eD9CIEu.
マジでか…

438 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:09:58 ID:R57xW7IQ

    /        |        √                    ┃┼┼∧┼┼┃
  / .;:':      l   _________  || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄/||∨━━┛
/            |./,ィ::~:~::~:~::~:ァ .|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|||_||_.||∥||    「 師は既に故人であることを
           //::~:::~:::: ~:::::..//||_||_||_||_||___l|/||   .:;,;    
       ,;:,   [三三三三三三三三三]/| |\/| |\/| |====| |\||      とうとう彼には告げずじまいだったのです 」    
          ::|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||
 ;;         :::;|___i_[ ̄ ̄ ̄ ̄]_____i__|/| |\/| |\/| |====| |\|| #;
       #;  ::;;|_i__i___i___i___i___|/| |/\| |/\| |====| |/||____
          :::;;;|___i_| ̄ ̄ ̄|___i_|/| |\/| |\/| |====| |\||
   <二二二>/.|_i___|‐‐‐‐‐‐|_i___|/|_|/\|_|/\|_|====| |
   | .......::::|
   <二二二>
;:   | .......::::|      ________                    _____
   <二二二>     /:::::~::::~::::~:::::/|    // ̄ ̄/|    /: : : : : : : : : : :
/          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |   <[  ̄ ̄]/    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ     私はその罪悪感から逃れられず
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   大陸と医術を捨てました
     ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У    私と彼以外の弟子たちは未だ研究を続けているでしょうが
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ   天才だった師を超える者は恐らく居ないでしょう・・・
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

439 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:10:47 ID:R57xW7IQ

           |    l    |    |  |      l   |    ヽ
             l    _!   |    !__,! ‐  一 |   l     ヽ、
         /⌒ヽl  ‐ \  |,    . .      l    〉-‐  l
         l〉   )ヽ、   ヽノ           ヽ、 |     |  恐らく彼らは今日も実験に明け暮れ
        /  人 ヽ、                 ヽノ     |
          l     ヽ、\,          . / ノ/      l  生贄を捜しては切り刻んでいるのでしょう…
        ヽ  ノ \,/     /             ヽ  l
         \    /        /            |  けれど私にはそれを止める術も
          ヽ、       /  /   l              |
           ヽ、  /   /     |           l   資格も無い…美には誰もが憧れる
            ヽ、          l          /
             ヽ、            |          /    きっと実験志願者は後を絶たない事でしょう
              ヽ          l        /

          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            丶ノハ jヘ        `       ///´
               <: : : \  ヽニニフ   / √   『 …五年ぐらいで良いよ 後は好きに生きたらいい 』
              >ニ≧iヽ         イ/l ハ
             //.:.:.:.:ヘk >    / l.:.:´.:.:ヽヽ
              //.:.:.:.:.:.:.:.:iー-- ` - ´‐ーi.:.:.:.:.:.:.:} ゝ
            ヽヽ:.:.:.:.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::::::::i.:.:.:.:.:.:/ /
             ゝ \.:.:.:i:::::::::::::::::::::::::_ i_ .ノ ハ
            / j  ┃ ̄ ̄`ー─´        ト 、
    , ____ ノ    ヽ.┃                     } _____
  /               ┃         __ ノ             ヽ
 /              ┏┛` ────→´  ノ               l
. {               ┃        / /                     }

440 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/11/06(土) 17:11:25 ID:R57xW7IQ

  ´ ̄ ̄( ヽ|_____ノ   l        / l
     /\_l               |   ───‐' /
      l´ ヽ                  /-'     『 生 き て い け る な ら ね 』
     /\  \   ┌ 、____     /l
   //  \|\   \    ノ   / /、\
   l l       lヽ \   ` ― ´   /_/  \\
   | \    | \  \       / ̄l        `l l
   .|   \  .|   `‐_ `――´_,..‐'"|       l /
   l    \ |       ̄ ̄      |       /./
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  
          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




.
         !::::::::::::\ :\__゙'''''"´     l'ヽ  ` ̄ ̄   /:::::l彡:::::/
         \:::::ミ|ヽ ̄ ̄          |::::`,      /:::::::l::::::/ 「 彼のような犠牲者が出ないことを
.           ,ィソヽ、__l!            |:::::::〉       !:::::::ト/:ヽ\
        ,. ‐'/     |',           }!/      l::::::/|::::::::::', ヽ.        心から祈るばかりです 」
    ,. '"´ /       l:ヽ       /,   __,     、   /::::/:::l:::::::::::l  ヽ\
        /      !:::\    巛二二二二二|}  /:/::::::l:::::::::::l  ヽ \
.       /        !::::::::\      ,,,,,,,,,,,,,_   ゙  //:::::::::l::::::::::::|   ヽ
      /         l:::::::::\ヽ   (::::::::::::::::::>  /;';/:::::::::::l::::::::::::!     丶
.     /          l:::::::::::::ヽ::\ `''''''''''''" /;';';/:::::::::::::l:::::::::::,'                   続く

441 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:12:23 ID:.83c1FQQ
これは折れる



442 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:12:38 ID:eD9CIEu.

これはエグイ止めだのぅ…ww

443 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:12:50 ID:ShSyMgs2
えげつねぇw

444 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:13:05 ID:Lyliv8Zw


やる夫… ヘビィだぜ…

446 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:13:54 ID:RYjhWQs2
さすが主人公
頑固な心を完全に打ち砕きおったw

447 : 名無しのやる夫だお : 2010/11/06(土) 17:16:16 ID:yr2aNBNc


ハッタリか真実かわからねえ

関連記事
36460 :日常の名無しさん:2019/01/02(水) 19:51:51 ID:-[ ]
この話のやる夫の言いくるめは京極夏彦作品の某古本屋の主人を彷彿とさせるなあ
こういう手合い個人的に好きなんだよね 作者さんいい腕してるなあ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に

※500文字を超える場合分割でお願いします。


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫たちでソードワールド 文学少女だらけのソードワールド 24 (08/12)
  • やる夫たちでソードワールド やらない夫と誠は魔法の先を見るようです (08/12)
  • やる夫たちでソードワールド ユーレリアPTのその後 ~ 眠り猫流擬態術 (08/12)
  • やる夫たちでソードワールド ねらう緒の普通の冒険 (08/12)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー LastMisson『ミスト姫の依頼“魔動機械を発掘せよ”』 (08/12)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その19 (08/12)
  • 国内的な小咄 743 コロナはすべてを殺した、死ね!!!!!! (08/12)
  • 国内的な小咄 742 割とその最たるもの (08/12)
  • 国内的な小咄 741 え、これは北海道の人喜んでくれたぞ!? (08/12)
  • 国内的な小咄 740 八丁味噌は偉大 (08/12)
  • 国内的な小咄 739 尼崎改造 (08/12)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ28「あおいお月様が出ると」 その6 (08/12)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ28「あおいお月様が出ると」 その5 (08/12)
  • できない子とSCP 66話「SCP-999/            」 (08/12)
  • ポンコツ歴史スレ製作 第5話 分からないことがあったらどうしよう? (08/12)
  • ポンコツ歴史スレ製作 第4話 実際に書いてみよう!! (08/12)
  • ポンコツ歴史スレ製作 第3話 AAってどこにあるの? (08/12)
  • 国際的な小咄 おまけ このスレの作り方 (08/12)
  • 国際的な小咄 おまけ もし先生がオンライン授業をするなら? 他 (08/12)
  • 国際的な小咄 7442 教師側の苦悩 (08/12)
  • 国際的な小咄 7441 私の親戚の大学生の話 (08/12)
  • 国際的な小咄 7440 御免、吹いた (08/12)
  • それ行けサイヤ人やる夫! 四星球探索編 11 (08/12)
  • デーモンスレイヤー 30 (08/12)
  • 魔女はやる夫になるようです #64 (08/12)
  • 正義屋さん 番外編 特別秘匿要件 コード:”禁忌の乙女” (08/12)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第46話 「風はいいものも悪いものも運んでくる」 (08/12)
  • 読者投稿:やる夫スレの作るときのtipsっぽいもの (08/12)
  • 読者投稿:カール・シュミットの影響について (08/12)
  • 読者投稿:PC操作のトラブルについて (08/12)
  • そんな二人は同棲中 第三話 二人でお買い物 (08/11)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー Misson08『サイコ姫の依頼“竜の卵入手”』 (08/11)
  • やる夫がユーレリア地方でヒャッハー Misson07『アンゼロット姫の依頼Ⅱ“女神様の信仰押しr営業”』 (08/11)
  • やる夫たちでソードワールド デーモンルーラーの魔法戦士 (08/11)
  • やる夫たちでソードワールド 蛮族プレイするお! (08/11)
  • 国内的な小咄 738 筒井嘉隆 (08/11)
  • 国内的な小咄 737 浦和と大宮、ふぁいっ! (08/11)
  • 国内的な小咄 736 郡山から新潟へ (08/11)
  • 国内的な小咄 735 道民Goout! (08/11)
  • ポンコツ歴史スレ製作 第2話 エディタを準備しよう! (08/11)
  • ポンコツ歴史スレ製作 第1話 やる夫スレ作者になろう!! (08/11)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ どーでもいいおまけ (08/11)
  • かんざすっ!! ~ 日常系西部開拓史 ~ 最終回 さよならかんざす (08/11)
  • 読者投稿:大学新入生達の日常2020 (08/11)
  • 読者投稿:将棋の世界について「棋士の違い」 (08/11)
  • 読者投稿:コムギについて (08/11)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 115 (08/11)
  • 女神転生 ”DEEP” STRANGE JOURNEY 『シン・第三帝国』”建国”軍の野望 114 (08/11)
  • やる夫の現代ダンジョン最下層まで行ってみる その18 (08/11)
  • デーモンスレイヤー 29 (08/11)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/7)
    ※完結作品は集計した前の月(6月)までに最終話が更新された作品を対象としています。

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    殿堂入り国際的な小咄 国内的な小咄 娯楽的な小咄殿堂入りやる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    2やる夫の現代ダンジョン2華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    3すまない、転生先が蛮族で本当にすまない3ローグライク異世界転生
    4それ行けサイヤ人やる夫!4異世界食堂できない夫
    5あさねこの小話空間5やる夫はソロハンターのようです
    6ダイスに委ねる皇女生活 in エリア116召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    7やる夫は魔導を極めるようです7やる夫はギルドを経営するようです
    8あんこ時々安価で鬼滅の刃8やるおたちの、異世界・世知辛チート物語
    9あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG9STALKING!!
    10デーモンスレイヤー10コンピューター様、情報更新は義務です!!
    11英雄を作ろう!11アメリカンヒーローアカデミア
    12やる夫たちでソードワールド12ドクオが異世界転生したようです
    13やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~13やる夫とかがみは世界を探す
    14できない子とSCP14やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    15白頭と灰かぶりの魔女15レベルを上げるスレ
    16やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。16やる夫は人形使いと呼ばれるようです
    17ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱17やる夫たちは三連星(代理)のようです
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18やる夫は男子校?に通うようです
    19アカガネ山のやる夫19やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    20やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです20やばキャン凸
    21やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです21証言と証拠は安価とあんこの後で
    22ジーク君は半妖の少年のようです22やる夫はLVが上がらないようです
    23やる夫達は人間ではないようです23やるやらは偽りの太陽に祈るようです
    24やる夫は竜の人財のようです24やる夫が竜の正体に触れるようです
    25日給2ゴールドのやる夫25やる太は異世界日記を綴るようです
    26いきものがかりたち26オーバーあんこ
    27やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです27主文、被告を懲役【ダイス】年の刑に処す
    28やる夫が大樹の正体に触れるようです28めぐみんの楽しい独身生活!
    29魔女はやる夫になるようです29ダディ・クールは究極のセットアッパーなようです
    30◆25NC1ovscM総合30ダンガンあんこ
    31やる夫は死なせてもらえないようです31ダンガンカオス
    32イナズマイレブン/ロリ/ショタ32できない夫は異世界で孤独にグルメを楽しむようです
    33IT業界のやる夫さん33やる夫ファンタジー
    34二人はヒャッハー世界の何でも屋34あんこ町の住人は星人と戦うようです
    35やる夫がKenshiになるようです35金欠ほのぼの冒険物語
    36正義屋さん36やる夫がモテ研に入部するようです
    37新やる夫はスライムベホマズンのようです。37食事処 ~やる夫の大釜~
    38ご加護なカンジ38やる夫の野望
    39やる夫の伝説39やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    40やる夫は崩壊世界の開拓者【パイオニア】のようです40カーチャンがKidnappedされた息子を探しに出かけるようです


    過去ログはこちら
    人気ページランキング