やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第19話おまけ(1) 「感染経路」

目次 現行スレ

82 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:23:21 ID:UdK3WdtE
.
 第19話おまけ(1)「 感染経路 」

     _               , 、        ., 、           、             r
    'Fニ]ヽ            ,/―\___,/―\___/―\_        _   ,/:
_    l  |,ィf゙ヾ 、  ,rュ_,、 -''| l田l | rュ  | l田l |  rュ  ! l田l l `''-rュ ,ィf'゙―‐ヾ ,」 ::
: >   |,ィf'゙.___ ヾ 、_|__|___|__|_,,|_,,|_|__|__l_,,|_|__.!___,l_,,|_ゝ .r┬┐_>"゙:.   
; .そ_,ィf'゙  |__|_,」 <ニlニ!ニニニニニニニニロニニニニニニニニニロニニニニニニニニニロ」  _ィ'´`^"゙:.:;  はぁ?奴が「女」だと…?
::"..;:ヘ'_'         |==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|lEEEEEEE|==|| <"゙:.:;:::.
"゙:.:;:,”:7|三三三三_|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  ||王|王|王|王|  || 」:":: :,”"゙:"゙:.:  ククッ…それは随分と
:,”:"゙:.:゙':,<||―|―|―||  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||土|土|土|土|  ||r'::;:":: :,”l `:::.  愉快な夢を見たものだな
:: :,”:"゙:.:゙そー|―|―||  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||i i i i i i i i i i|  ||゙、;:":: :,”::`"゙:
:,”:"゙:.:゙ィ   ̄ ̄ ̄~'f==トニニニニニニニf==トニニニニニニニ;f==トニニニニニニニf==r'´゙:":: :"゙:.:;:"゙:
"゙:.:゙'”て =========|―' ,,. --- 、 ゙ー'  ,,. --- 、 ゙ー' ,,. --- 、/”:":: :,”::_/ヘ"゙:.:
:,”:"゙:.:゙':ヘ.、____,!  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /-、.゙、 | / ,.-゙、  /‐、.゙、 | / ,.-゙、”:":: :,;l´:_::,"゙:.:;



                 ____
           ,  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.    もう!少し笑いすぎですわ、お兄様…
       , '´:.:.:.:v'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.'.
.      /.:.:.:.:._:.:{:.:rァ≠ミ、:.:.:.:.:.、:.:.}:.:.:.:.|:.:.:.   全く…お兄様が話せと強く仰るから
      /.:.:.:.:.厶≧f´ ̄`ヽ}:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:}:.:.:.'.
     {:.:.:.:.:.:,|        ',:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、|:.:.:.',  お話したのに…
      ヽ、:.:.{レ'    ̄ ̄`}:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ノ:{:.:.:.:.:.:.、
       ∧:.ヽ -‐     ¬、:.:.i:.:.:.:.:.|:.:.:、:.:.:.:.:.ヽ、
        /.:.:.}:.ハ-=ミ   ==ミ}:.:.:.:.ノ:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.ヽ、
      {:.:.://.:.∧   }     ノ小:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:}>、:.:.:.:.:.\
       ヽ{:{:.:.:{:.:.i>  t_ァ_,r‐〈}:.}/.:.:.:.:.:.:./   ',:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.ハ、厂i{   {Y´} | |Y:.:.:.:.:.:.:./    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.     /:/:/.:{ ̄ト、  }     ハ廴:.:.:., '     |:.:.:.:.`ヽ、:.
     {:.{:.:{:i:.:ハ ヽ ヽ」    /:.:.:.:.:./ ,      }:.:.:.:.:.:.:.:.\
    rヘ ヽ:.从{:.:.:}  ∨ {   {:.:.:.:.:/  i/    ,小、.:.:.:.:.:.:.:.
    ヽ ヽ_ノ.:.:ヽイ   |//ト、  ノー<. /     //:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.
    /.:ヽ ヽ/ |   { { {__/    V    //:.:.:.:.:.:.:.:}\:.:.




83 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:24:03 ID:UdK3WdtE
.
                __ __
             , ':.:.:..:.:.:.:.:.:.:.`¨:.':.‐ - 、
           ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ . :. .ヽ
         ./ :.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.!:..:. :. }:.:.',ヽ.:.',    悪いな、ナナリー
        /. :  .:.!:.:.:.:.:.:.i:.:.:/:././ :./,':..:.: .,'|:.|:.ヽヽヽ
        l:. :!:.: .:.|:.:.: :.:.:.|:./:/./ :.///:.:. /:.|:.lヽ.:ヽヽヽ  しかしそんな与太話で夜も眠れなくなるとは
        ',:.:.|:.:.:.:.| :. .:.: .l/./:/ :.///7:.:/:./|/__l:.',:.|l|:.{
         }.:.l:.:.:.:.l: .: .:.:.l/:.//∠__//./:./ャテミ.:.:l.:.|||`、__ 年頃の娘の想像力とは面白いものだ
         l.:.|:.:.:.l`l:.l:.: .|:.|/7=rzェミ/://k斗ィ:.{|:.l |
         |l:.ハ.:.ヽヽ',:.:.ヽヽヒエ才‐ヽ  ',  l:.:.||.|
         |l:{ }:.:.|.ヽ_:.ト.:.ヽヽ      . > ノ.:.l l|
        / |l ヽ.||:ヽ:.|ヽ:.:.ヽ\  、 ..-‐'/ヽ:.| `
          ヽ }|:.:.:.',ヽ`ヽ:.', 、   '¨, 'ヽ.{ ヽ
           ´ l:.|:ノヾ、___.ヽ  >‐-':.|  ヽ
            /|:lリ〈〉‐‐‐|.ニニニ彳ヽ{
             リ,^}{,-、: :| |: : : :||}                     /ヽ __
           / 《〈〉{{^: :| |: : : :||`‐ 、               、=='====`=
         / ((_)Yr'´: : | |: : : :|| j乢 `r ^ ‐‐- 、_         ヽ         /
    _ , -‐ ´ : : : : : (ノ`=´: :} }--‐‐} } 丱: : : : : : : : :  ̄l¨}       ',        ,'ヘ
 _ - ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : | |: : : : : : : : : : : : : |: :l        ヽ、____ノ 〈
r' : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | : : : : : | |: : : : : : : : : : : : ,': /        ヽ`ヽ── '´イ
|: : : : ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : : | |: : : : : : : : : : : :l: :|        rF\(  ̄¨ /
',: : : : : ヽ : : : : : : : : : ._ , ----' 」 : : : : : ヽニニニニニヲ: : :|:/        /\\\_ イ、
.∨ : : : : ヽ: : : : : : : F-‐_' ̄ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : (_) | |: : .l: .\      /: : : :\\ ̄ ̄/
. ∨: : : : :ハ : : : : : : :| | (_): : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |: :/: ヽ/     /: : : : : : `\\/ヽ
  ∨: : : : ハ: : : : : : .| | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: :l: : ∧     /: : : : : : : : : : \\}
  ∨: : : : ハ : : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〉〉:.|: : : ∧   /: : : : : : : : : : : : : : 7
   ∨: : : : :ハ : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: :|: : : : .∧  /: : : : : : : : : : : : : :/

84 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:24:50 ID:UdK3WdtE
                  / /   λ=- 、_   ,,. -=ニ::ーイ   l,  l,
                  / .i'  /:::::::::::::::::::ヽ、,イ:::;-=::、_:::::|    |  l,
                 / l   |彡 '  ̄````゛´´    ゛フ   |  l   確かに自分でも情けないとは思いますけど…
                 | :|   {              / /  .|  {
                 //l i  'l             ハ   |   \ お兄様はやる夫さんが女性だったとしても
               ./   l  ハ, - ' ̄      ̄゛`'7 {,   ヒ、   
              /    /   | _,. -、     ,-- 、\ l, ヽ ` \   驚かれないのですか?
             _l    /   ノ ´         _   人  | ノ  l
            / ゝ、 .::/    .イ ,,==ニ     'ニ== 、 | | ν  ./
          /  r-‐‐う__,∠´lム_´ ////   ;   ///// ソノイ ../
         /    | T/ l  | | {:`i      '      ゝ、イ::::;::/l
        l     l  | _イ l, |/ l;:人     ( ヽ     /|::://´ /   |
        |  ..::::::/ ´ヽ:::ヽ_ゝト- |、\ヽ. _       ,. イ|::|::`f_'__, |:.   |
        ヽ ::::::::::ヘ   ヽ、  `´:: ト-ノ:ハ:::::::|> 、 r '´ |:::::|::ヽ::::.  |::   |:..
         > ‐ ´ハ    `i   /`ヽ、_:ノ        |_::::l::::::\:.. ヽ..:|  l:::



                        , ------- 、 
                  -‐ ' ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`        まぁ驚きはするかもしれんが…別にそこまで思い詰めはしないな
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:./:.:./:.:.:.:.:./:.:./ ',:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:\   奴の性別など俺に何ら影響を及ばす事象ではないし
          /:.:.:.:.://:.:./:.:.:.:.:.:/:.:./_-‐l:.|:.:.:.:|:.:.:.l:.:.:.:.:.:ヘ
        ///:.:/:.:/:.:./:.:.:.:./_∠-‐‐ヽヽ:|:..|:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.ヘ あの顔と性格で性別が反転した所で所詮独り身だろう
       イ'´ /:.:/:.:/:.:./|:.:.イ-/厶zr≠升/:./:.:.:/:.:./:.:.|:.:.l|
.          /:.ノ:.:/:.:./ソ|:/ /ノノ トz'イ´/:./:.:./:.:./ト:.:.l:.:.:l どうせ今までと変わらない生活を送るに違いないさ
         /:./:.ノl:.:.:l イ孑7    ´ ̄  /:./:.:./:.:./ }|:.:ヽ:.{
        /‐´/ {:.:|:.∧ゞソノ       /´//:.////:.:ヽヽ',
            ヽヽ:.∧ ヽ        //シ´ r ' ´:|:.ヘ ヽ\
             \\ヽ  r≠-ー   /  / }:.:.|:.:.|:.トヘ
              ハヽ:.\  ̄      /  /ノ|:.|.lヽ`、ヘ
               )ノ|:.:.\    ,イ  /´|:..|:.|:.l `ー`‐
               ´   }∠}/ヽ-イ yr=.==≠|!`ーヽ
                / r/ヽ=レ<||: : : : : : :|ゝ
               /-‐´ イ≦=彡`: :{{,-、:〈〉.,-|
            , イ   ^ ‐---- 、: : :||^)).{}((:|
     __,-─´       ^ヽ‐--r >: : ||: :<〈〉>: `、
    r': : : :/            \:/ /: : : }}: : :))((: : : :\
    |,---´--、_/ー────‐ 、 ∨ : : : ||: : :〈〉: : : : : : \

85 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:25:36 ID:UdK3WdtE
.
         (( ____ ))
       _√ィ´    ` ヽ\
      ,イ / ,' l  |   } ト、
      j / ,  |  !  / | !
      / ,' /   |  ハ   { 〈 /     そうですわね
      | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ
      ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、   ルルーシュ様が女性だったなら大層な騒ぎになるでしょうけど…
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }  ウフフ、きっと貴族の殿方からの熱烈なアプローチが…
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ
    { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、
    !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |



-   ..;;_:::::::::::::::::::,.: '´    | |     | |
::::.::: :.:.:.:.`:.`゙ーi´===ー_ー- 」 L.. __  | |
:.::::::.:.:.:...     |         ̄i i¬=ーt |
::.:..        |          | |     | |           __     …俺はそう言った悪趣味な冗談は好まない
:. , -rt--  ...」_,       | |     | |      x≦爪川
  ! | | F==ミ. |==‐_ー-''└ー .._| |      | }八L}ハ|      この屋敷に通い続けたいなら覚えておくんだな
  i | | |////,| |      ̄| | ̄ ̄`'i |      |(_ト、ミーj|
  | | | |////,| |       | |     | |      | xz公こ|
  | | | |////,| |       | |     | |      |从行辷|
  | | | |////,| |       | |     | |      └-----'
  | | | |////,| |       | |  {爻爻〆        {沁爻爻}
  | | | |」」」」」 |=====ミ.   | |    YY广 r─---  .....L乂_ノ__
  | | |-‐Vヘ¬||| || || ||l   | |    ノ八  | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
  j | |  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ (___) ⌒>「三ニ/: : :/ | |
  j | |   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : /   | |
.  ! :| |    |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   | |
.  ! :| |    K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| |
-ー[〉| |-‐¬| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_|  ̄
    !」   | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |
        | |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |
        |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                            :.:.:.:....Ll

86 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:26:21 ID:UdK3WdtE
.
     ((_r=く-=二 ̄二= 、_ )_
    (〈必〉| /¨´ ,     ヽ 、〈必 ヽ
    /     l/  l l l |  l| |l | r外 ヾ    あら、これはご無礼を…では話題を変えましょう
   /   /´:|   | , | l |  l| |l |l |l |
 . /   /| |   | , | l |  l| |l |l |l |   水銀燈さんの見た夢では確か女性と言うだけでは無く
  i   / | |  :ハ{ィ|弋l|  リ丁Tヽ  } l l
 . l  /', l |  | ,ィヒ.ト、  /r=ー;.、| / ヽ \  二人の子を持つ既婚者だったそうですわね、ナナリーさん?
 . l  / ヽ{ ゝ八ゝ必} )  ';;;;;ノイl /   ヽ `^ー-、
 . l  i l  ゝ ,ハ ゝ))‐  ,  ̄ /.  ヾ   \    ̄`ヘ
  l | l i´ {{./ヾ 、   ー  イ.  ______,r―ュ、  `}
   i::| l {/ ̄ヽ`ー{`::: 、ィ´f: : ::} | ̄ ̄ ̄ ̄匕二7    `l
  l | l/   (_\ >_ゝ-<ソ丶      ノ--- 〉   j
  l  /        ) \<_二.>ヽl `ー==イ`ー-イ{  ィ⌒ '' 、
  j /       } て \、::::l\:/´ゝ_ /~~~~~~~/ノ     `''



         /  ,_,,,,,,,,,,_   _, ‐-`‐、
         /  ,r'",, r‐‐‐-ミ, ´,.r-‐‐- .`、
       ,':  :/ ./   ,,,,,,,,,   ,,_--、 .   ハ
      i::  ,'. .:l  ,r'=-‐‐ミ、,彡‐‐ミ,l   i|!   ええ、確か双子で
     .!: .ノ  .i|  |          `|   .|l
     ,': / ..:/i  l           | . ヘハl   どちらも十代の少女だとか…
    ./:.i  .::://.,   l_,..-‐-   ー-- 、l.  ヽ`、
   ,./ ヽ, :::// / , ノ-‐‐、    ,‐‐- ヽ、..ハ:.ヽ
  .〃 ./  ) l/ .:i .i.,i"___ ,,,    、__.. ,, /:〉、  ),'
/ .::/ -イイl、:l, :ト.‘ ̄ ̄      ̄ ̄,',イノl:: /イヘ,
'´.:://   リ、ミ_、‐ミ=ァ       }    /'::i',イイヽ、 .`、
:/.:/.   ./ .lノィ`ー`_ .、  --  , ィノl、lil-` . ハハ. ハ
..::ノ   .::/  .l::|:::::l:i.,'ヽ、`  、_ ィi:::l::l::::l iヽ:::. .l:.l::  .l
/   .::〃   ,'::l:: ,r,〈   `ヽ、. ,.ィ..l、.ll::l:::l ハヘ:::: ノ/.: /
  .::,r" __ イイ'´ l l、    /ヘ,  l.i`‐l::l  .i_!://:: /
 .:/ ̄ ̄i!       !.l、  .,〈  λ !l ノ'   ノ ̄i::: .{
i!:::l:: i!  i       i l l /ヘ 〉::〈.ヘ.|.!ノ   イ‐.:l lヽi、
:l:::l:::. i!   l       l l~  l  l  l: ,r,"´l  i  l:. .`、、
' :::l::::  ヘ  l     l l:.   |  | l: .i i'  .| :/  i::::..  lヘ

87 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:27:05 ID:UdK3WdtE
.
  / `ーァ!|   `ー                トヘ-ヘ´  |
./   ( r='          l  l    |    lートゝl   l
    /っ7     /  /  /|   |    |      | rf'' |  |
    //'/´   /  /!  /=|  /   ハ     l | `l.  l  |    女性の方は兎も角、こちらは十分に
    ///    /l /  //  /l l /!  / |   l | | |   |  l    有り得る話ですわね
  /// l   //‐l─/‐|l-/,ノl / / |_i-/─!- / /| ! |  l  |
_/// | ! / ,| ハ. /ニ´|! |'´ヽl/  |l,. -='テ /l/ |l  l  | ,|    彼の年齢からして20歳の時の子でも
 /  |/ヽl /' /lミニ ' ,ソ / '   'トf_',ソ´ /! |  i |  ハ |    今は15歳…女ならお金のかかり出す年頃ですわ
´        ,ヘ |l ̄、´ノ       ̄   /' | |  | |  | i !
         / `ヽl`(´     !       /´ l !   |l !__,|  |    出稼ぎに来たと云う話も…ねぇ?
       /'    \ _  ー'   _, イ_  | !  | l |-─‐'
      /    /<´  lヽ__  _/l ̄`フ  |l   | | l`ヽ、     でも、故郷に妻子がいるのなら
   , -‐く、  _,,.、/   \  ̄`Y  ̄ /    l|   | l | ` ‐-、\  いつかは帰ってしまうのかも…
 /´_  ` ´   \_,/´   (´    `ー-、_, -‐-、,i -‐-、   ヽ\
__ヽ´ノ `ヽ              )            __ _)    //
   ̄ヽ___,. --、  ,イolヘ__/´\_r‐io、_/`ヽ_,く‐' ´ ̄ ̄`ヽ
´ ̄ ` く、    ` ´/ /,. -‐'_,. --、ヽ、. | l       \     /|
    /ヽ  __ ,ィ- /o/_ <_    `>`lo|       r'ー‐‐'´ /、 \
、   (、 | ノ  `| ヽ/_`ヽ、 `ー '_, -‐'_l !_/k‐ヘ  /_,)   /  \, \
´   \ ̄   |    `)く, -‐-、ヽ/´  ̄ -‐./  ̄ /    \   ヾ ヽ



           /: : : : : : : : : :ヾレ : : : : : : : : : \
            /: : : : : : : ,: - : 、: : : : _,. - ‐ 、: : : :\
          /: : : : : : /三ミヾヾ;ヽ/シ彡三:三ヽ: : : :ヽ
           ,': :/: : : :( 彡 ミ ^^`´  ` ^'^'`ヽミ:ミ:',: : : : ',
        ,': :/ : : : : : ',/             ヾヽ! : : :l:l   それはそうかもしれませんが…
         ,': :,': : : : : : : :ヽ _,. - ー     ー- .,_ ヽ,': : : | !
      /:!: !: : : : : : : : : :ヽ           ` l: : : : ! |   そんな寂しい話、余り考えたくないですね…
      ,':.ノ: :l: : : : : : : : : : ノ_.ィ        T 'ー- _ !: : :l ,': ',
.     l/: : : l: : .::l: : : : : /   ヽ       ' ..,,_ ', : : ',:ヾ:ヽ
    /: : : /ヽ .::,': : : : /   _,,,...       ヾ==ミlヽ: : :ヾ: .:::\
   /: : : : :,':/::.〉: : : : .,' 彡=='"         l/}: : : : l:l : .:::丶、
  /: : : : : : :l/.::/: : .:::l: :!           l〉    、 __!/: : : :,'.::!: : :::. : ':,
 ,': : ,': : : .:::| :(: : : .:::ヽ::ヽ、_.,       __ _   ゝ- : : // .:::',: : : ::. : ',
 !: : l: : : : .:::l : :ヽ: : :人::::::::く.        ー   //: : :/: / : .::::! : : : :::. : !
 l: : :ヽ: : : .:::ヽ: :/ノ:::::::):::::::::}`ト 、    .イ:l::/: l .::,'ヽ!: : : .::::!: : : :l::. : l              …あら?
 ヽ: : ::',: : : .::::l : .::/::::/:::::::::/::::l   ` ´   !::!{: :! .:::!:. : : : : .::,' : : : l::. : :}
.  \:::!: : .:::/ .:::,'::::/ノ::::::::_/i         l::!;ヽl.::,:' : : : :_ - ': : : : :!:::. ,'
     ',!: : :/: .::::l . - ´\´          `/j/: : : /::::::l::. : : : :l:::/

88 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:27:49 ID:UdK3WdtE
.

-   ..;;_:::::::::::::::::::,.: '´    | |     | |
::::.::: :.:.:.:.`:.`゙ーi´===ー_ー- 」 L.. __  | |
:.::::::.:.:.:...     |         ̄i i¬=ーt |               お兄様?あの…ティーカップからお茶が…
::.:..        |          | |     | |           __
:. , -rt--  ...」_,       | |     | |      x≦爪川    どうしましょう、又反応しなくなって…
  ! | | F==ミ. |==‐_ー-''└ー .._| |      | }八L}ハ|
  i | | |////,| |      ̄| | ̄ ̄`'i |      |(_ト、ミーj|    
  | | | |////,| |       | |     | |      | xz公こ|
  | | | |////,| |       | |     | |      |从行辷|
  | | | |////,| |       | |     | |      └-----'       あらあら、取りあえずカップはテーブルに置いて
  | | | |////,| |       | |  {爻爻〆        {沁爻爻}
  | | | |」」」」」 |=====ミ.   | |    YY广 r─---  .....L乂_ノ__   何か拭く物を用意しませんと…
  | | |-‐Vヘ¬||| || || ||l   | |    ノ八  | ̄ 「三二,.x≦}┬r==
  j | |  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ (___) ⌒>「三ニ/: : :/ | |      本当、繊細な方ですわね…
  j | |   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : /   | |
.  ! :| |    |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   | |
.  ! :| |    K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| |
-ー[〉| |-‐¬| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_|  ̄
    !」   | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |
        | |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |
        |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
                            :.:.:.:....Ll



                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●


                            ●
.

89 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:28:29 ID:UdK3WdtE
;;l,,;;;;;|.;;,.: ,;;|  .。┏─━━━━─┓ ________________  |  .::::|
,;;;;;;l;;|;;,,..:: ;l   i! |   Atelier .Y  | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | l   |  ..:::|
;;l,,;;;;;| ,,::::;;;| /_\─━━━━─┛ |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_l   |  ...::::|
,;;;;;;l;;|:::;;; ;..|  ||__||             ┃//┃//┃//┃//┃//┃   |  ....:|
;;l,,;;;;;|.;;,.: ,;;|   ii || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃   |  .::::::|
,;;;;;;l;;|;;,,..:: ;|   ii ||  _ へ_   ||   ┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫   |  ..:::|
;;l,,;;;;;| ,,::::;;;|   [0] ||  |open.|   ||   ┃//┃//┃//┃//┃//┃   |  ...::::|
,;;;;;;l;;|:::;;; ;..|    ||    ̄ ̄   ||   ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃   |  ....:|
;;l,,;;;;;|::;;,: ;;,| ̄ | ̄:||O         ||  ̄┗━━┻━━┻━━┻━━┻━━┛ ̄ |  .::::::|
,;;;;;;l;;| :; /|~ | ̄ |:||          || ̄| ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ l゙|   /|
;;l,,;;;;;|//| ̄ | ̄:||          ||| ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄:| //|
 ̄ ll/ . l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/ l ̄
 ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄
___________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

90 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/10(木) 15:29:11 ID:UdK3WdtE
.
        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ    はぁ…
      /   /(●)  (●ト、  ヽ  
    /   |   (__人__)  \   〉  安眠香と精神安定剤?
    |   、 k  `⌒ ´   /  /   
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ   
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ  
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



                 ____
           ,  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.
       , '´:.:.:.:v'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.'.   ええ、その様な効果のあるものを…
.      /.:.:.:.:._:.:{:.:rァ≠ミ、:.:.:.:.:.、:.:.}:.:.:.:.|:.:.:.
      /.:.:.:.:.厶≧f´ ̄`ヽ}:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:}:.:.:.'.  どうもお兄様の精神が…最近安定しないので…
     {:.:.:.:.:.:,|        ',:.:.:.:.:.:.:.ヽ 、|:.:.:.',
      ヽ、:.:.{レ'    ̄ ̄`}:.:.:.:.:.:.:.:.:.}ノ:{:.:.:.:.:.:.、
       ∧:.ヽ -‐     ¬、:.:.i:.:.:.:.:.|:.:.:、:.:.:.:.:.ヽ、
        /.:.:.}:.ハ-=ミ   ==ミ}:.:.:.:.ノ:.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.:.ヽ、
      {:.:.://.:.∧   }     ノ小:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:}>、:.:.:.:.:.\
       ヽ{:{:.:.:{:.:.i>  t_ァ_,r‐〈}:.}/.:.:.:.:.:.:./   ',:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      /.ハ、厂i{   {Y´} | |Y:.:.:.:.:.:.:./    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.     /:/:/.:{ ̄ト、  }     ハ廴:.:.:., '     |:.:.:.:.`ヽ、:.
     {:.{:.:{:i:.:ハ ヽ ヽ」    /:.:.:.:.:./ ,      }:.:.:.:.:.:.:.:.\
    rヘ ヽ:.从{:.:.:}  ∨ {   {:.:.:.:.:/  i/    ,小、.:.:.:.:.:.:.:.
    ヽ ヽ_ノ.:.:ヽイ   |//ト、  ノー<. /     //:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.
    /.:ヽ ヽ/ |   { { {__/    V    //:.:.:.:.:.:.:.:}\:.:.                     終 わ り

91 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/10(木) 15:31:14 ID:Fj1j1awI
乙乙。
今日もザールブルグは精神不安定の方ばかりですねw

92 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/10(木) 15:33:46 ID:QEl45mJU

女説には興味も無かったのに子持ち説に動揺するのかルルーシュ

93 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/10(木) 15:35:37 ID:.e3sgFMg
ほんと一瞬なんだろうが大丈夫かよといいたくなる当主ww
乙です

95 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/10(木) 15:37:29 ID:j4KVvmCk
いずれ居なくなるかもしれない

かもしれない、しかもいずれの話でそこまで動揺するのかwww

96 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/10(木) 16:08:53 ID:BEkpoWC2
ほんとにルルはダメ当主でかわいいな。

97 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/10(木) 16:12:36 ID:zwAe7zEY
どんだけ動揺してんだよルルww

関連記事
10646 :日常の名無しさん:2016/07/17(日) 05:35:55 ID:-[ 編集 ]
そういえば、今回で思い出したけどやる夫のアトリエの支援絵は無くなっちゃったのかな?
レベル高かったり面白かったりで好きだったのだけど
10649 :やる夫達のいる日常:2016/07/17(日) 09:29:46 ID:-[ 編集 ]
当時上げられていた支援絵に関してはほとんど消えてしまっているので回収しない予定です
ご了承ください
10657 :日常の名無しさん:2016/07/17(日) 21:46:06 ID:-[ 編集 ]
そうでしたか。いえ、本編が読めるだけで嬉しいです。
いつもまとめお疲れ様&有難うございます^^
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです Vault: 030 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その11 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その10 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その9 (08/23)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その8 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのやる夫スレ (08/23)
  • 国際的な小咄 4889 この電話が来たのは大体五分前 (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ ゆるキャラ (08/23)
  • 国際的な小咄 4888 タイ米の裏側 (08/23)
  • 国際的な小咄 4887 よもやGSOMIAのせいでこいつが癒し枠になりかねないとは…… (08/23)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ おすすめのコミックエッセイ (08/23)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その111 (08/23)
  • やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです その129 (08/23)
  • 国際的な小咄 4884~4886 発狂しました ~ なんてれいせいなはんだんなんだ ~ ご期待に添いましたが、すみません (08/23)
  • 国際的な小咄 4883 タイ米の悲劇 (08/23)
  • 国際的な小咄 4882 京都はこびている? (08/23)
  • 国際的な小咄 4881 発展途上国の命の価値 (08/23)
  • 国際的な小咄 4880 LCCの極み (08/23)
  • 国際的な小咄 4879 在日韓国人(在日朝鮮人にあらず)怒る (08/23)
  • 資源国家 GARBAGE 第十話 「人間一人を甘く見るな。」 (08/22)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その62 (08/22)
  • 国際的な小咄 4878 日本人の漢字についての意見 (08/22)
  • 国際的な小咄 4877 カオス韓国史学 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 好きな漫画 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 水道民営化について (08/22)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア496~499 日本最古の広告代理店 ~ 手塚治虫 ~ 山梨県 ~ 騎兵 (08/22)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア492~495 世界最南端の内陸国 ~ ウルグアイ ~ 黒い海白い海 ~ ローマ帝国 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その7 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その6 (08/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。



    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
    スポンサーリンク


    ブログパーツ アクセスランキング