やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第18話 「愛せよ汝の闇を」中編

目次 現行スレ

512 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:23:40 ID:ZJCLYmys
.
 第18話「 愛せよ汝の闇を 」中編

                 _____
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_//           『 ○月×日 人ではないものに恋をした
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:/
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/|  __イゝ       青い肌の美しい魔物を
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ://
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:〈_         一目見て私は恋に落ちた
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./  _,
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:/′/ ∠>   これ程の強い衝動を覚えたのは初めてだった 
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ∠_
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:. <      彼女が目の前で切り裂いた冒険者のことなど
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.  /
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:/      瞬時に頭の中から消え失せてしまった
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:./
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ∠    彼女のことがもっと知りたい。明日は図書館に行くことにしよう 』
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ..て
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ <ヽ
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、 ⌒
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄

.




513 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:24:32 ID:ZJCLYmys
.

―――――、=i|| |  『 ○月△日 彼女の美しい名前を知った
========、/| .|| |
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |   風妖ヴィルベル ストルデルの滝を根城にしている
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| |
三三三三]| ,| .|| |   凶暴な風精と図鑑には記述があった   
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |
|___|_||_|_|_|||  |=|| |   滅多に人前に出現しないが、現れたら最後
三三三三]| .| .|| |
|.| | |  |.、||| '' | .||/   その姿を見たものを風の刃で切り裂いて殺してしまうらしい
|.|_|_|_|__|||  |=' 
三三三三]|, |    今まであそこを隠れた採集場所にしていた私は運が良かったのだろうか
_|  ||.| ||.l || . ,!     
_|_||.|_||」.||,/     殺されてもいい、彼女に逢いたい                          』
========'′   
.

514 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:25:11 ID:ZJCLYmys
.
         、ー'ヾー、;/~; ::  ; : ; ; :  `/、`―-、,~
         〈, l~⌒|:|i ;! ;: : :ヾi:: :  :;lソ/〈,, _|_,ノ    『  △月×日
          |  :il゚ ; ;: : :: :;:: : :i'|!ノ/ヽ、 ⌒ゞ
          ヾ゚*:i! .: ;| ;: :  'l::: : :l|!: |iヾ  i  l|       彼女との適切な距離の置き方を覚えた
          _,lヾ:i|: ; ;l: :: : :`;: .' :|l: |!   |  /i、
          / 、:!|: ;l: :: ::`;: .、, :li:゚ |l i \l/ _ノ ヾ      この距離を保てば彼女は私を決して傷つけない
          |`ー-:i!: ; i: :: |::;: .' ;' :l:|`l'´`べ゙^´ |゙"/
          ヾ_、:il: ; ';: ::: l: :: :  :i: |   l i   ハl      彼女を今までよりも随分と眺めていられるようになった
          /、,/!|: ;l: :: :!::`;: .、, :li:゚ハ、_,_/ヾ_/、ヾ
         _/´^`:il: ; ';: :: ;': :: : : :i:/_,ヾ_/'´ ̄ゞ_      とても、とても嬉しい
          ハ、_.,:i: ;: : :: :`;:': : :l: +゚:/_,ヾ_/´ ̄
          ,/'_:i: ;: : :: :`;:': : :li:゙ |` l'´`べ゙^´       この為に何人かを犠牲にしてしまったが 
          `ゝ`i: ;: : :: :`;:': : ::l:/ ハ |_  /i、
          :i: ;;i ;: : : :.:    i:゚'゙/ヽ、 ⌒ゞ_/^ー'|     全て金で雇った盗賊なので問題は無い
゙;、;;;`゙;;゙;、;;;`゙;;゙;;、゙;;、゚ '。 :i: :; ;; ;: ::.:':  :l|//`゙`゙;;;`;゙-;、;;`:;゙;-
゙;、;;`゙;;゙;`゙;;゙;;、_,,-―`\、ヾ ': : :;: : / : ;|/_,ーi`-、、;;`:;    あの冒険者は少しだけ気の毒だと思う
:::::::::::::::::::::::::::::....... ` ヾ゙゚'`゙`ヾソ/"' ''゙ハ: ":ツ/r'´.......:::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::......゙ ,ヾ、_ l / , _;;,ソ:;  ノ   .......:::'::::::::::    しかし彼が身寄りの無い人間で助かった               』
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.........   _,       ............::::::::::::::::::::::::::::
         `~゙`゙` ̄`''―--'´`-、,,-―'´ ゙̄~^´.

515 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:25:50 ID:ZJCLYmys
.
                  __, 、
        ,___  、_  ,_ィ''\-v-ヽ、`         『 彼女は今までに見た女性の中で
      //一ー\一一// |ヽヽ_、ヽ`、
  `一ニ///-_ー_-///,! l | ヽ\_ __、       最も美しい女(ひと)だと思う
     "////-ヽ/_,,--''!_ヽ'i `,'ィi.ト、`-"'  、ヽ
    / /, / / / / l,/"  ` -_| ト、__丿 `-、_         決して触れることは叶わないだろうが
    |/// | | | \`/   ,    `ヽ   ト-.._ '  <-、
    | | | | | |\\/   /::..   、  /|   ̄`i  ヽ,     それでも良かった
   | | |\\\,l/   /i::`、丿\'!∠ノ    |_i、, i ト、
   ヽヽ\\,/  :i\``; ``-" 、ノ-、__     ' ''      彼女に近づいた男は皆切り裂かれる
     ヽ\,/  /ヽ /、: ' . :/、\\ヽヽ-、  
       /、_./ヽ,/  `i__,-i-´ .ヽ\\\\`       故に彼女は永遠に気高く      
      /-、,/\,/    ヽ/::   | | \\\\
      i'   `、 ,,i     `|    !、ヽ\\ヽ i i,      穢れを知らぬ無垢の偶像なのだ
     /コ / ̄'' ヽヽ     'i_.  /、、ヽ | | | | | | | ,
     `'!-|`     ヽ    |、フ" ヽ | | | | |//||  |      誰も彼女を汚すことは出来ない
    ||   /\_    `、   .|   ,| | |/// | | |
   ,||  /| ̄`| |     `ー "__,,/////// ,/      ならば私はそれだけで満たされる       』
   ヽヽ=| |ニ/ノ _ー ̄三 ̄///////
      \\ー "三三三ニニ////ノ" /
        ヽ-=一 ̄
.

517 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:26:30 ID:ZJCLYmys
.
          ゙'ュイ    小i←,,i´/        『 ×月○日
        ..,,r,,i´ヽ、  .l゙.――'ー,l゙
        .| `\,_ \、 rヽ`゙゛ ,,=,         人生最悪の日だ。彼女の死を知った。 
        .,i|、  `''ーニi,|。 ,} .ノ` .)  
       / ,/゙''ー_、 .'|/ .,ト'′ .ヽ,         私が研究室に篭っている間に何者かが彼女を殺したらしい
     .,,,il,,,ィ_   `゙゙'''タ `     |ぐ'-、
    .,,iニ,,,,,_ `゙''ー、,、  |       八、\    酒場で情報を集めた所、女の錬金術士が犯人と言うことだった
    丿 / `''-、、 `'-、 ゙l,     /ヽヽ `'、、
   ,l゙  .|     `'i、  ヽ .,L    テ'''''゚''''゚i、  ゙l   今すぐその女を八つ裂きにしてやりたいが
  : |,,-''''“'''''ー-_  ヽ ,,-'“`|    ゙l   .゙l  .ヽ、 
  │       `゙''-,゙く  .|     |    │  `‐ それよりも噂が真実なのかを確かめる方が先だ             』
  ..ゝ         `'々  !     ゙l    !  
.

518 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:27:09 ID:ZJCLYmys
.
                              |  // ハ    l __/ ヽ
                               j //  ) l    {  l_ -― '´'、     『 彼女に初めて触れた
                                / / /   / ∧   ヽ ヽ     ヽ
                              { /     l/  `-- 、ヽ  ヽ   /       粗末に土に埋められたそれは
                             /′  /   l′      l ヽ、__ ` ニ -‐
                              /    ´ ̄ {      ヾ   ヽ          泥に汚れバラバラになっていた      
                            {        }      ,ィ   /_
                            l  /     /    _,,..-へ___/○ `ヽ       せめて持ち帰ろうと思ったが
                            rl      / _,,..-''´       ̄`> -、       
                          __/.l      /'´       _,,..-‐''´           騎士がこちらに近寄って来たので
                         /ヽ.7.      ,'     ,.-‐''´
              ,-;='''フ-、_      /  /     ,'   _,.-''´                   慌てて逃げた
             ノ    ´て、 _,. --< ,-/     ,' ,.-''´
    , ‐_-ァー‐-、/   _,. -''´ {-/ヲ   Y、__` ー- 、_/´                         この場所は正式に立ち入り禁止区域となるらしい
   r''"´   `ニ;ヽ.ヽ /     `''ニ 、__,.イ   ` ‐- 、`゙ヽ、           _,,..-‐ァ'´_
;;;;;;rニ-'      `゙ヽヾ          ノ        `゙`ァ'      _,,.. -‐''´ _/ /        夜の森の中で私は咆哮した 
;;;;;ノ r''ヽ  ノ__    __」         /       r , /   ,.-‐'''´      _,.- '´__/
;ノ_/;;;;;;;;l //;;;;l   /       ,.-;;、___/-- 、     `/___/     _,,..-=-‐'"´          彼女が、私が何をしたというのか            』
゙‐';;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;`ー、/;;;;;;;;;;;;;;;;,,,, r'j rァ''__    `7て ̄~     _,,..-‐''´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''`'ノノ;;;;ノ/-‐''´  ` ー―‐''"´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''''''      ''´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''

519 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:27:33 ID:ut683Nec
だんだん日記の内容が病んできてるのがリアルだね

520 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:27:49 ID:ZJCLYmys
.
           | |==============| |
           | |                       .| |    『 彼女に逢いたい 酒も金で買った女も
           | |                   | |
           | |                      .| |      研究も何も最早私を満たせない
           | |______/ ̄  ̄ヽ___| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_   (____ノ    /| |      彼女を殺した犯人への復讐も考えた
       _/      ` ヽ__  `-         /  | |
___ /          `ヽー、}       /  /| |      だがそれを行っても彼女は還らない
    ノ                  ヽ__  `ヽ. /  /  ||
  /                       ノ|  /          そしてそれをした私はアカデミーから追われる
/                        / |/
|      .|         |        .| | |             その前に試したいことがある
|        |     .|   .|         |_ |/             
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/               彼女に逢いたい。その為なら罪も恐れない    
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|
.                                       私は愛する者を蘇らせる              』

521 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:28:13 ID:/mdQMRj2
ヤンデレか…
いや、ヤンデレッて言うかストーカーの心理に近いのか?

522 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:28:32 ID:ZJCLYmys
.

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        / ̄Τ ̄\         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::            |l    |    l|             :::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::                  |l    |    l|                ::::::::::::::
 :::::::|                      |l    |    l|                   :::::::
    |                   / *|l__|__l|                      ::::    ……で?
    |                        .                         ::    
 __|       ============    .   /     /                      ::    それは何だお    
  | |      || £ △ 〓 ||     .    :                              ::
  | |      ||==========||    +   /  *  /                        ::::
  | |      || §∇ Ω∧|| .   :   .   .             (二二二二)   :::::::
 [| |]     ||==========||  /   .   /   +         /二] /      ヽ :::::::::::::
  | |      ||Α▲⊿| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.   /       /―[il |       ...::::::::::::::::::::
  | |      ||======|                  |       /    | \_:::::::::::::::::::::::::::::::
.

524 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:29:15 ID:ZJCLYmys
.
      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ  貴方が発見した人間が生前につけていた日記
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//     寮内の彼の部屋から私が見つけた   
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./        これは燃やしてしまうつもり…  
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │



            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ     ふーん
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ    まぁ、好きにしたら良いと思うお
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\

525 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:29:51 ID:ZJCLYmys
.
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !    ただ、この日記
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ      途中から大きく破られている
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /        恐らく破ったのは持ち主自身…
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '           やる夫、この日記の続きには何が書かれていたと思う?
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、



        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●)  (●ト、  ヽ
    /   |   (__人__)  \   〉  そんなの、やる夫には皆目検討もつかねーお
    |   、 k  `⌒ ´   /  /
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ

526 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:30:47 ID:ZJCLYmys
.
            ,,  - ―─  - 、
         - ¨            ` 、
      /'   ,       \   、 、 ヽ
     〆/  '  / l  \     ヽ ' , 、 l  ',
    / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
   / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!     そう…私は人体蘇生への記述があったと考えている
   .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
   !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!     彼はヴィルベルの蘇生方法を何年も探し、最近になって辿り付いた
   ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ
    ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/      そしてそれを死体相手に試し、そして蘇った彼女に殺害された
      '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
       //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ        私は…そう思う
.      // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
.     ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
           `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
         rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ
        ノ l l   /ヽ. , ‐ ゙/ / ,  ,!    `ヽ
       / .!_l_l__./'三ヽ==゙=ヲ{  ,'       ヽ
       / ,,ノ-―''''''¨¨¨ ̄ ̄l |  }        lヽ
      ノ/ |       _   l |/ヽ       、ヽ
     / /  |  _ ,,, - '''¨  `ヽl | ⌒ヾ、      '、ヽ、



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ    残念だけどそれはねーお
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /   魔物と人間は構成自体が違う
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/     それにあの風妖…ヴィルベルは別に死んでなかったんだお
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|

527 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:31:31 ID:ZJCLYmys
.
            _,,,......,,, ,--‐-、__
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
       /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
     /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ
   _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..!
     l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ!
     l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |   ……え?
      !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
       !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'
       ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/
          !.!: :ト     __       /: : /!/
         l.ト、|..\        /.!: / |'
         ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/  '
           ,ゝti    ̄ |./、' ソ
         /:::r'´     └、:\
       _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
    , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
   r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、
  !::::|: :|:::::|: : : : : : :`l _r-‐- 、 /: : : : : : :/::/: :/::::|
  |:::::::!: :l::::::l: : : : : : : |´: : : : : :/: : : : : : :/:::/: :/::::::`i

528 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:31:49 ID:ut683Nec
………え?

529 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:32:33 ID:ZJCLYmys
.

―――――、=i|| |     ヴィルベルは魔物と言うよりも精霊に近い存在だお
========、/| .|| |
| | ||| | | |.l||゙ | .|| |     精霊とは本来肉体的な死を持たない永久存在
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |=|| |
三三三三]| ,| .|| |     ある程度の損傷を受ければ機能を停止するけれど 
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |
|___|_||_|_|_|||  |=|| |     それは只単に動くことが出来なくなっただけで
三三三三]| .| .|| |
|.| | |  |.、||| '' | .||/      核が失われない限り存在は存在として在り続ける
|.|_|_|_|__|||  |=' 
三三三三]|, |        何れ欠けた四大を補えば当たり前のように又動き出す
_|  ||.| ||.l || . ,!  
_|_||.|_||」.||,/        そもそも死んでねーんだから蘇生させようもねーお
========'′   
.


        ィ-────-、
       /         ヽ    まあ気持ちが悪い例えになるけど動物の死体に集る虫のようなものだお
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●)  (●ト、  ヽ  やる夫が一時的に虫を手で追い払ったとしても、時が経てば何れ集まってくる
    /   |   (__人__)  \   〉
    |   、 k  `⌒ ´   /  /  「死体とそれに集る虫たち」と言う構図が再度出来上がるんだお
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ  つまり死体が核で、羽虫が風の元素
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ  
                       そしてその二つが組み合わさった「状態」が「ヴィルベル」なんだお

.

530 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:33:14 ID:ZJCLYmys
.



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ     まぁ欠損具合にもよるけれど風妖なら、あの場所で大体数年位かお
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉   やる夫の推測では
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У    この男は未練がましく、コソコソと何度も墓参りに行っていた
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|       そして先日偶々再生したばかりのヴィルベルと遭遇し殺された
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|        蘇生しようとしたかは関係ない、関係ないんだお



            |\_ /\__ |ノ \ `   ィr//、`ヽ、
           ⊂ニ¬`ヽ __ゝヽ、.  `_フこブ//.. ..ヾ、ハ   …では、彼のしようとしていた事は全てが無駄だったと言うの?
        __メf‐ ,r‐ー 、ー‐、_/〆⌒ヽ.. .. .. .. .. .. ..|:l..}
       //   ゙Y.:.:.:.:.:.:.}  /´ ̄`Yハ .. .. .. .. .. ..j:ル'     彼の研究は結局報われはしなかったの?
      //     (.:.:.:.:.:.:.:i /.:.:.:.:.:.:.:.:.:! l:l .. .. .. .. ..ノ /
       | \     |.:.:.:.:.:.:j/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l:|.. .. .. ..//       失った命を蘇らせることは出来なかったと言うの?
      | ヽ \    !.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.| l:|__/ イ  /〉
     │ 丶,.ヘ  l:.:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.| `ー'゙/.:/ //
   _  !__/ .. ..ヾ i ,'.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.`´ ̄.:.:.:.〈//
  /\_`ヽ|.:.:/. .. .. .. .ゝ.:.:.:.:.:.:.イ`ー.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ィ
  !  |.:.:7 !.:{. .. .. .. .. . `┐´.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:._:.斗匕´ /.:|
  ヽ V /.:j.:.:ヽ、_. .. .. .. ..i.:.:.:.:.:.:. ィ ´     _ .xイ.:.:.:.:j
   \ \.:.:.:.:.:ト、ゞ . .. .. >ィ´/ー一 ' ¨´:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
     ヽ、`¨^フ `¨>Xニィ i´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ |
      ` ̄´  //\! lヘ :.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/│|
            //   | ト、__>----‐一 ´   │|
         .<./    │|             │|
                   │|             │|

531 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:33:57 ID:ZJCLYmys

                       仮に凶悪な魔物を蘇生させて何の得が?
.                                         
            __        そもそも教会の権威が強いこの土地で死者の蘇生など大っぴらに行える筈も無い
         / ̄´   `\      
        /          \     ホムンクルスと並ぶ程、いやそれ以上に「禁忌」とされている研究の筈だお
       /    ィヘ、       ヽ  
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ   大体ユキ、そいつが研究していた証拠でもあるのかお 
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ 
     { 〈::::::::::::::::::::::::::::::>  /  イ  その日記自体男の空想を書き綴っただけかもしれないお
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ   そんな研究など誰もしていなかった、男が死んだのは愚かな恋故の事故              
      ん_ = ー三 イ、__─\
                        アカデミーの人間が魔物の蘇生を企んでいたなんて、そんな事口に出しては駄目だお



             . -―――- .._
            ´     .. -―≧、-- ..
              _..z‐ ´ ‐ .ニ=  ー 、.\
          _ .. -‐ラ' / ´ / / ! ! \:.ヽ. ヽ.
           /://   / /ィ | |    V  .ハ
         _,._. -ァ' /  :/ /,.イ  リ | :|:  i!:  l: i
        ̄  /  :!  :i.|.イ :/|  ,イ:/! .イ: l l !:. |:|    わかっている、あれは事故…
             /./ ,l|:l_|_ム_j/| l/j/ j_i_|j__|:ト| } リ!: l
        /イl! /.|小从「}イ`Y′ ´j'-_「jハリ./イiハ: ト、   彼は採集中に獣に襲われただけ…
        ー'/ lハ小.ハ:V笊示ミ   '7筰:カラ.´} / .ハ:{ \
               /:l!|ハ トヽVュリ       辷ソ //}': /  ヽ   そうで無ければ困る…
           /イ lハ :ヽト\   丶  イ/ムイ:/
           ノ'/ / ハ小:iト.、   ‐.‐ /イ :/イハ{       けれど私は知りたい、教え子の研究を…
              / |lハハ|リ`iァi -- 彳ィ/7|′
                   リ/´j!_}ムフ   /トl、          それは恐らく失われた日記の半分に…
           ,、-、弋¨´:. :. :{__ __ __}:. :` ーァ-、_
           _..イ:.:∧ ヾ:ヽ: : : : |´.. -- `j:. :. :. :./::/./     誰にも知られずに消えてしまうには余りにも…
           ̄`ー-/:\ヾ:ヽ : : :|´  ̄ `l: : : : :/::/.∧
               j:.:.i:ヽト、_,斗ォミ.   |: : : ノ:/ /:.:.!     やる夫は錬金術士として興味を惹かれないの?
              /.:.:.:i:.: ァレ'/ ハ、 ヽ   |: : : /:/./イ : |
              ノ:..:..:..ヽ{ | {| {! | レ{爪!l! : :/:/./..|..:..:..!
          }:..:..:..:.:..入    ' ト.Vリlj./ィ',.イ..:.|..:..:i:|
            ハヽ:.:.:.ノ.、:ヽ.__/トヽ! |'://..:..:..:|:.:..:l..l
          j../:{:/..:..丶.__ _,.ハヽl!ィ7| _..:./!.:.:..:..|
         __/ムイ..:..:..:..:..:.:.:,.:.:ノ斗弋{三z=┘.:.|.:.:.i:...l

532 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:34:39 ID:ZJCLYmys
.
        ィ-────-、
       /         ヽ     生憎死んだ人間は大人しく死なせとけとしか思わねーお
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ   錬金術師は「禁忌を持てば高みを目指せない」と言うけれど
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /   別に、やる夫は二流三流で十分だお
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ   死んだ後に後悔するなら死なせねーように全力を尽くすお
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



.         /: : : : : : : : : :      ー- 、`丶、
        , ': : : : : : : :- 、    . . `丶、`丶、`丶ヽ
     /: : : : : :    . : ヽ: : :`ヽ、: : ヽ.: : \. \  そう、私はそこまで欲を抑えられない…
     , ' : : : :   ヽ、:、: : : : :ヽ`丶、\: : :ヽ.\`、
   /::: : : : {  ',: : {ヽ、ヽ、::::::. :\-ヽ=、: : :.';. }.\    限界まで知り、知ったことは試したい…
   ;.:.:.: : :  ヽ: : ヽヘ -\` ー- 、} _}_ {ヽ: :}/、
   {:.:.:. :   : : l\/\      イテ"ワ; :}/:.: : ヽ、   自分だけのものを手に入れたい…
.   !: :  . : : : :.V ヽx==ミ     マ_:j V:::...: : \ヽ
   '   : :: : : : :ヽ 《 マんハ,    丶    ;\::::::: : ヽ   この世で最も知に強欲で居たい…
.   ヽ:\:.:.:.:.:.:.. : \ ゝ '’    ,、    八 ヽ`丶、|
     }.:.:.:.ヽ、:.:.:.:.: : :`丶、_    '    ′  ヽ   ヽ やる夫、私は何れケントニスに行く…貴方が見捨てたあの場所へ
.      !ト、 :.:::::{丶、:.:_:_: : : :\      ,.'
.     '| ヽ{\`ー‐‐ <`丶: :ヽ -‐ ヽ./ ̄ ̄:~` / ̄二ニ=、   
.            ヽ|`丶、|\  `ヽ   /:. :. :. :. :. //:. :/;';';';';';';';`丶、
                 _ヽ     ,':. :. :. :::. :.,':,' :. /;';';';';';';';';';';';';';';'丶、
                    /.::/} /_; :. :. :. :. :.:j:j: :. ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
                 l :.;/ ̄ ̄ ____. :. :.:::i::i :. i;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';\
              j:. | / ̄ Y ̄ ̄`¬-x_. :l;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ
               /:. f  ̄ ̄:}:. :. :. :. :. j::j :`ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\_
             x―(~又___./!. :. :. :. :. j::j :. j;';';';';'ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'ヽ;'`丶、
.              _〃   }. :.i : : : :|:. :. :. :. :./:/:. /;';';';';';';';'\';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ;';';';';ヽ
             〈 乂_\ノ__i _: : :!:. :. :. :./:/:. /;';';';';';';';';';';'; \';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ;';';';';'\
             {\八 \:.:.:ヽ ̄iヽ:. :.:/:/:. /  V;';';';';';';';';';';';';'ヽ;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';ヽ

533 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:35:21 ID:ZJCLYmys
.
          バタン…
:::::::::::::_____________:::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
::::::::::::|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::i:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     好きにすればいい…
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::     但し「その時」に後悔だけはすんなお
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|::[|||]::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|::::
::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i:::::i:::::::::::::::::::::i:::::i::::
::::::::::::|:::::|______|:::::|:::::|______|:::::|::::
::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::
 ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                        ___
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:...
                 ....:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.`:.、:.:.:.`:、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:. :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.ヽ          あ…
.           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:ハ: :ハ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヘ
       /:.:.:.:..:.i:.:∧:.:.ヽ:.、:. :∨:.i:.:.:.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :ハ:.:.:.:.\
.       /:./:.:.:.:.:.:.∨:.:.\:.ヘハ:.、ハ:.:|:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : :i:.:∨:{`ヽ
      /.:イ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.、:.`: i l!:ト:i :l:.:.:.|:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :!:.: :',:ヘ
     ./ ' l:.i:.:.:.:.:ヘ:.:.:.\`ーlハ! l:.:!:.:.:.l.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.: iハ`ヽ
    /   |:.l:.!:.:.:iハ ー一ィr示㍉:ハ:.:/.:.:.γ、:.:.:.:.:.: : :/.:. :i.ト、:.
          !;ヘト、:.ハ:.:ヽ 〃八ぅ::} }'i:.:/:.:.: :' ぅ}:.:.:.:.:.:,:./.:.i :ハ| `ヽ
.        {  !/.:イーハi     ゞ' /;イ:./:. :'.:ソ.:.:∧/.:./}:′!
            / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
          /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/
.      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
           /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_
                   /´   l.' .:´: : : : : : }
                      / : : : : : : : :.:.人          _
                  x―./: : : : : : : : : : : .:.:.:.≧x...._...x≦: : :`: .、
                    /:.:/: :_.: : - ― - 、―: : : ´: : : __: : : : :.\
                //.  ´            ハ ̄ ̄ ̄         ̄ ̄
                 /'/   ..:./    :.   ハ

534 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:37:34 ID:ZJCLYmys
.

            / ' !: :! ノ     /' /イ:.:.:.ハ.:.:.:.:.i :/}.:'
          /´  ; :/ `ヽ _ __    !:. :' l:.i:.:.:!/     …だって貴方は私より早く寿命を迎える
.      /   /: '    ヽ       !.イ ハ:l:.ハ!
           /:'        /ァ‐ ´ ! /' ハ _!:'_       その先を一人で生きるのは嫌なの…… 
                   /´   l.' .:´: : : : : : }
                      / : : : : : : : :.:.人          _
                  x―./: : : : : : : : : : : .:.:.:.≧x...._...x≦: : :`: .、
                    /:.:/: :_.: : - ― - 、―: : : ´: : : __: : : : :.\




   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─


  i
  i
   l、
    l;
    ノl l
-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------:-::-:::-:::;;;;     『 ▲月×日
    '! |                    |||
  . ノ .|                     |||      ケントニスの知り合いから素晴らしいものを手に入れた
   /   |                      |||
  /   l                       |||      向こうのアカデミーに在籍していた錬金術師の日記だ 
  /   .l                    |||
 /   l                       |||      そこには死者の蘇生に関する記述が豊潤な泉の様に溢れていた
/    l                      |||
/     l                       ノ||      これこそ私の欲しかったものだ
ヽ   l                     ノ i||
  !  l                  / /!!!      動物での実験の結果も詳細に記載されている
  i .l                   /   / |||
   ! l               /    / |||      矢張りケントニスは此方程そう言った物に関する抵抗意識が少ないようだ
   l                /    /.....|||
   .!              /     ./.. ..|||      魔方陣は頭に叩き込んだ、後は材料を揃えるだけだ
  ノ.           .ヽ     /.   |||
  /                 ヽ   /..   .|||      しかしどれもこれも入手に大層手間取る物ばかりだ、数年はかかるだろうか
  /                    ) /.    .|||    
ノ _____         ノ       l||      だが、構わない、彼女にもう一度逢えるのなら…                    』
彡==========三三三===============l|
‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.

535 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:38:09 ID:ZJCLYmys
.

.                  _ 人     
  i               人)ヾ; 从     
  i             _ノ  _人  (,_ ソハ   
   l、            从 (⌒    ゙ /⌒   
    l;         _ ゝ     .    火:.::ノ    『
    ノl l        人     .,;,.,    `ヘ/        ○月×日
-‐  i .l‐‐‐‐‐‐‐ _,ノ     .,.,;   ;,,.,    (  _  
    '! |    `ヘ(   从;:  .;       ;,   ∨(       とうとう全ての材料を手に入れた!
  . ノ .|    _)    ,;        ;,   从
   /   |   ⌒ヽ   .;:          :;,   ノ_イ     後はストルデルの滝に向かい魔方陣を描くだけだ
  /   l   _人ノ,   ;:           ;;   /
  /   .l    ヽ   ;        .,ノl火)   'ヘ,       念の為この日記も持っていこう
 /   l  _)i_从   ;:           ;;   火/(_
/    l   ノLノl    ;       l(    ;   ヾ.,_从    彼の日記は処分してしまうことにする 
/     l        、从_                 ゞ_
ヽ   l   "''`ー;、从_ノ(_.,;:.)ヘ    )L从_;:,火,.;:ー'"゙⌒  そうすれば、死者蘇生の第一人者は私になれる
  !  l                  / /!!!
  i .l                   /   / |||           彼女を死の淵から救い上げ錬金術士として高位の存在になる
   ! l               /    / |||
   l                /    /.....|||           彼女を喪ってから今までの私の苦しみには見合った代価だ
   .!              /     ./.. ..|||
  ノ.           .ヽ     /.   |||           死んでしまったあの日記の持ち主には感謝している
  /                 ヽ   /..   .|||
  /                    ) /.    .|||          私と彼女の踏み台になってくれたのだから
ノ _____         ノ       l||
彡==========三三三===============l|           愛   て  る  ヴィ   ル                           』
‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.

536 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:38:48 ID:ZJCLYmys

     |;;;::|         ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│   あー!
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│   アカデミーから帰って早々 
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│ 
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |    何やってくれてんですか?!
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_| 
__i___,::::::::...         l ヽ\                 「l ̄i!   . .: : ::::::::::::::::::::::
         f⌒i   |  (_)                l」_i!      . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                         ̄   l⌒i⌒l   . .: .:::::
                           __||__||____ ⌒'⌒
                          / .△ (__)     「b ヽ
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]

537 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:39:27 ID:ZJCLYmys
.
               __,.-‐'" ̄ ̄`ー-.、_
             ,.-‐'´           `ヽ、
           /                   \
           /               ヽ、 〉ハ
         {                   ヘ/  |
         j                λ  ヘ. |
          〈____________(,j_____,〉,j   
           `|:.:|.:i.|:.:|.:|ー|:‐|-v'  |:;ィ:-:‐:、:|:.:.|:.:.l::|     もー暖炉にくべるなんて横着せずに
          |:_;L::|:_|;;|;;」;;;」   L;|;;」;;;|;;,|:.:.|:.:.|::|     要らなくなった本は要らなくなった本で
         |::|:|:」_;|〒弐オ     〒弐テ |:_:」:_」::|     纏めてって言ってるじゃないですか
         |:ハ|:.:ハ ト'::ィ;リ    ト'::ィ;リ, |:.:.:.:.:|i::{
          |;|:..|:.:.:} `ー'   '  `ー'  |::|.:.:.|:|::|     
           |:|:.::|.:.:.j、 xxx   r‐-、  xxx,|::|.:.:.|:.:|:|
           ||:.:.:.|:.:.||::>┬r┴-┴r┬<:|::|:.::|::.:|:|
          |i:.:.::|:.:|:|:;/:/'} ヽ__",/ |ヽ::L:|:..:|:::.:|:|
          ||:.:.:.:. ̄::::/ :|  ё   | ∧:.: ̄::.:.:.|:|



          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉   …馬鹿の真似を馬鹿がする…
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У      全く、尻拭いも楽じゃねーお…
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|

538 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/06/03(木) 00:40:11 ID:ZJCLYmys
.
     |;;;::|         ____
     |;;;::|        r'    i|   ヽ           _                _
     |;;;::|        |     i|     |.           |二二二二二二二二二二ニ|
     |;;;::|        |___l|___|        .   | |  ..::::::::::::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│
     |;;;::|        | ̄ ̄ l| ̄ ̄ |  .         | | ̄ ̄∥|::::::::|~|ニ|≡|ニ|-||│   それはこっちの台詞です!
 ..    |;;:::|        |     l|     |.           | 二二二二二二二二二二 |
:::::::..:...../;;:::\.       l二二二二二'l         .  | ||ニ|≡|=| :| .|=|:::|ニ| |∥|:::|│   折角暖炉でガッシュの木炭作っていたのに…ブツブツ 
:::::::::/;;;;;;::::::::::\                      | ||ニ|≡|=|‐|¨|=|:::|.│|∥|:::|│ 
:::/─────\                   ,⊂⊃, | 二二二二二二二二二二 |    
/_i__::::::....__i_i___ヽ                γ    ヽ| ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|》|ll| |
_i__i:::::::...      ヽ‐───────‐‐‐|    ..:::il ||~|ニ|≡|:::|ニ|-||=|ー|::::|《|ll||    …ほーそれは
__i_i_,:::i__  ⊂⊃  l=<ヽ           ヽ、__,,ノ|_二二二二二二二二二二,_|    
__i___,::::::::...         l ヽ\                 「l ̄i!   . .: : ::::::::::::::::::::::     やる夫が馬鹿と言いたいのかお?良い度胸だお
         f⌒i   |  (_)                l」_i!      . .: .:::::::::::::
─────‐┴.┴─‐'                         ̄   l⌒i⌒l   . .: .:::::
                           __||__||____ ⌒'⌒
                          / .△ (__)     「b ヽ               え?あ!いや違います
                          /      ⊂⊃ 〈__〉 \   /⌒ヽ   
                         /   l__「   φ ф  ヽ //´l |        言葉のアヤっていうかなんていうか…きゃああああ!!
                         |~l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l~| //  ̄l: ̄~|
                         | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ~ | ∩  |
                         |_|               |_|  [======]
                                                                   続 く

.

541 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:41:35 ID:ut683Nec
全体的にダークな感じだったが
あちゃくらで和んだww


542 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:42:17 ID:9CzcPnHg

このやる夫には惚れるね

545 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:43:07 ID:2Eqbim/E
乙です。

ということはヴィルベルは今度こそ核まで消滅させられたのか

546 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 00:43:10 ID:RwRnMans
かっこいいな!やる夫!!
乙でしたー

550 : 名無しのやる夫だお : 2010/06/03(木) 01:05:38 ID:K4XD3vic

錬金術の暗部か・・・
日本じゃライトに紹介されてるけどこれこそが錬金術なんだよな

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 国際的な小咄 4884~4886 発狂しました ~ なんてれいせいなはんだんなんだ ~ ご期待に添いましたが、すみません (08/23)
  • 国際的な小咄 4883 タイ米の悲劇 (08/23)
  • 国際的な小咄 4882 京都はこびている? (08/23)
  • 国際的な小咄 4881 発展途上国の命の価値 (08/23)
  • 国際的な小咄 4880 LCCの極み (08/23)
  • 国際的な小咄 4879 在日韓国人(在日朝鮮人にあらず)怒る (08/23)
  • 資源国家 GARBAGE 第十話 「人間一人を甘く見るな。」 (08/22)
  • 英雄を作ろう! 挿話:「VRオルガマリーinカルデアス~原始サバイバルゲーム編~」 その62 (08/22)
  • 国際的な小咄 4878 日本人の漢字についての意見 (08/22)
  • 国際的な小咄 4877 カオス韓国史学 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 好きな漫画 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 水道民営化について (08/22)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア496~499 日本最古の広告代理店 ~ 手塚治虫 ~ 山梨県 ~ 騎兵 (08/22)
  • 国際的な小咄 世界のかるーい数レストリビア492~495 世界最南端の内陸国 ~ ウルグアイ ~ 黒い海白い海 ~ ローマ帝国 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その7 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その6 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その5 (08/22)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ1「血は海の水よりも濃くて」 その4 (08/22)
  • やらない夫とまどかタイタス 第33話 (08/22)
  • いきものがかりたち 生き物雑話15~17 蜂球 ~ 孔雀 ~ ジャッカル (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 好きな国道 (08/22)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ 世界の祭り (08/22)
  • 国際的な小咄 4874~4876 今日は何の日 8月2日 (08/22)
  • 国際的な小咄 4869~4873 今日は何の日 8月1日 (08/22)
  • 国際的な小咄 4868 日本の食事で強い味 (08/22)
  • 国際的な小咄 4866~4877 今日は何の日 7月31日 (08/22)
  • ドラクエⅤの世界でビルダーズ 5ヶ月目 1ターン② (08/22)
  • ご自由にお持ち帰りください (08/22)
  • 岸波白野は生まれつきチートのようです 第42話 (08/22)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    スポンサーリンク
    プロフィール

    Author:やる夫達のいる日常
    一日のコメント数300超えってなんですか。なんなんですか。



    ※コメントに関して少しだけ
     一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

    このブログについて詳しくはこちら
    About
    プライバシーポリシー


    現行作品リスト
    完結作品リスト


    ※注意
    当ブログからの転載はおやめください。
    元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


    推奨ブラウザ
    Firefox
    Google Chrome
    IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

    その他ブラウザは非推奨です


    Saitamaarフォント様を導入しています。
    手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



    したらば掲示板文字化け発生中
    元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



    やる夫観察日記様より
    やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
    YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
    YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



    相互リンク、相互RSS募集してます
    連絡等は以下のどちらかへ
    (Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
    @yaruonitijou
    メールフォーム


    作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

    ブログ内検索(テスト中)
    最新コメント
    PR
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    Total PV

    Total UA

    Online
    現在の閲覧者数:
    リンク(敬称略)
    やる夫系掲示板
    やる夫板Ⅱ
    やる夫スレヒロイン板(新)
    やらない夫板Ⅱ
    小さなやる夫板
    やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
    やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
    やる夫系紹介サイト
    やる夫.jp
    やる夫wiki
    やる夫RSS+インデックス
    やる夫澪標
    やる夫見聞録
    やるリンク(試験運用中)
    やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
    やる夫ログ
    やる夫Link
    やる夫電脳インデックス
    やるリンク改
    やる夫ガイド
    やる夫まとめ
    やる夫短篇集地獄編
    やる夫短篇集阿修羅編
    やる夫短編集あしゅら編
    ぶらりとやる夫
    ヒーローまとめてやる夫
    やるやら書庫
    やる夫の暇つぶし
    やる夫の暇つぶし麻亜屈
    やる夫之書
    やる模
    やらない夫オンリーブログ
    やる夫AGE
    このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
    AA・やる夫文庫
    やるやら鍋
    やる夫疾風怒濤
    隣のAA
    やる夫叙事詩
    やる夫まとめ堂
    勝手にやる夫を纏めたりするブログ
    泳ぐやる夫シアター
    RPG系AA物語まとめるお
    嗚呼! やる夫道
    やるやらできやら
    やる夫道中記
    やるぽん!
    やる夫まとめに挑戦
    東方やる夫スレ纏め
    暇な時にやる夫まとめ
    やる夫を拾い読み
    やる夫スレ自分チェック用
    大惨事!!スーパーAA大戦α
    レビューサイト
    チラシの裏の読書感想文
    まけいぬのとおぼえ
    へっぽこデジタル生活
    貧者の一読
    駄目人間は静かに暮らしたい
    トリガーハッピーエンド
    SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
    ヴィーナさんのスコップ感想欄
    作品・作者別wiki
    ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
    できない子のMM部活動日誌
    やらない夫は宿を再興するそうです
    麻呂と丸京の100万G返済生活
    やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
    ◆5wbYUif2XM総合うぃき
    逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
    スポンサーリンク


    ブログパーツ アクセスランキング