やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~ 第8話 「彼女はユキ先生」

目次 現行スレ

379 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:38:13 ID:vSE877mg
.
 8話

;;l,,;;;;;|.;;,.: ,;;|  .。┏─━━━━─┓ ________________  |  .::::|
,;;;;;;l;;|;;,,..:: ;l   i! |   Atelier .Y  | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | l   |  ..:::|
;;l,,;;;;;| ,,::::;;;| /_\─━━━━─┛ |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_l   |  ...::::|  ┌─────┐
,;;;;;;l;;|:::;;; ;..|  ||__||             ┃//┃//┃//┃//┃//┃   |  ....:|  │ 半年前   │
;;l,,;;;;;|.;;,.: ,;;|   ii || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃   |  .::::::|  └─────┘
,;;;;;;l;;|;;,,..:: ;|   ii ||  _ へ_   ||   ┣━━╋━━╋━━╋━━╋━━┫   |  ..:::|
;;l,,;;;;;| ,,::::;;;|   [0] ||  |open.|   ||   ┃//┃//┃//┃//┃//┃   |  ...::::|
,;;;;;;l;;|:::;;; ;..|    ||    ̄ ̄   ||   ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃/  ┃   |  ....:|
;;l,,;;;;;|::;;,: ;;,| ̄ | ̄:||O         ||  ̄┗━━┻━━┻━━┻━━┻━━┛ ̄ |  .::::::|
,;;;;;;l;;| :; /|~ | ̄ |:||          || ̄| ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ l゙|   /|
;;l,,;;;;;|//| ̄ | ̄:||          ||| ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄ | ̄:| //|
 ̄ ll/ . l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/ l ̄
 ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄
___________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
.




380 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:38:57 ID:vSE877mg
.


                |        ┗━━┷━━┛          ┗━━┷━━┛
                |      ______  ______  ______  
         /|   |    /_____//_____//_____/| 
       ../  |   |    || £ △ 〓 ||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||llllllllllllllllllll||  | 
      /   |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  |  ____
        ||     |   |    || §∇ Ω∧||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[[[[[[[[[[[[[[[[||  l/
        ||     |   |    ||==========||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||==========||  || ̄ ̄| ̄
        ||     |   |__||Α▲⊿凸Å||  || ̄0 ̄ ̄0 ̄||  ||[][][][][][][][]||  ||   [|]
        ||[]   | /   .||==========||/||==========||/||==========||/||__|_
        |l     /
        |l   /
        |l /
       /     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ./|
     /      /                    / |
   /      /                     /   /
 /       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  /      / ̄ /| γ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
          ||____________||/       ./ ̄ ̄]/| ゝ.____ ノ、
                                      / ̄ ̄[il |〈`  ̄ ̄ ̄,´;;;;〉
                                  /      |  ┏:\_,,,,,;;;;;;;/:┓

381 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:41:37 ID:vSE877mg
.
            __
         / ̄´   `\
        /          \
       /    ィヘ、       ヽ     成る程…
      /   /   ヾ       ヽ    幸福の葡萄は実質9月~2月まで、と
     / |/(●)   \      ヽ    道理でこの前行っても手に入らなかった訳だお 
     { 〈  (__人__)  >  /  イ  
      ト ゝ_ ` ⌒´ イ_∠_ィ_イ´   
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



  __  -―:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::`ー::::──‐'::::{
二 ______:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
::::::::::::::::::::::::: /〃7¨>ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::ー‐ '7 /  l  / `7ーァ -、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
: :::::::::::::::::::::::::: /  |  |  l  ┼‐l‐ ト\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
_ :::::::::::::::::::: │ /|  |  |  |,ァ=zx、_`ヽ、____, ィニ≧k-、__ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  `丶 :::::::::::: l l∧  l ∧  代う::::ハヽ  \{  イう:::: ハヾl │ `7ー、_:::::::::::::::::::::::::::::::
     \:::::::::∨::: \ヘ/l \{ V::::j l        V:::::j / j /  ∧ │`丶、:::::::::::::::::::
      \:::::::::_/ ̄|∧ ∧ ゞー‐'         ゞ- ' _/レ   /_∧ /     ̄ ̄ ̄
          ̄     |ヽ>l.∧         '       /::::\ / / 〃   そう…因みに東の台地以外に
            / ̄:::::| 小、       r ュ       / ::::::::: \      大草原でも同時期に採集可能…
          _ノ::::::::::::::::∨\> 、         , イ'::::::::::::::::::::: ̄\  幸福のワインを作る材料として必須…
          \ :::::::::::::::::: :\:::∨ヘ_iヽ、 __ ,. ィl Ⅳ|::::::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ ::::::::::::::::::: ヽ_/ _|       |\{/::::::::::::::::::::::::::::/
            }::::::::::::::::::::::::/  {/       ヽ }l:::::::::::::::::::::::::::::{

383 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:42:26 ID:vSE877mg
.
        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ    …ふぅん
      /   /(●)  (●ト、  ヽ  リリー先生はワインはランドーと言う果実で作るって言ってたけど
    /   |   (__人__)  \   〉 この街にはもうランドーを扱っている所は無いみたいだし…
    |   、 k  `⌒ ´   /  /  やっぱり20年前とは環境が違ってるみたいだお
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ  で、それに応じて調合方法も変化していると…
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /  そう…因みに貴方の言っていた
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//   アードラと言う鳥も此処10年以上目撃されていない…   
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /     つまり、その羽根を用いた調合を現在行うのは不可能…
         `ヘ lヽ       _      厶 ./     
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧

384 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:43:06 ID:vSE877mg
.
            __
         / ̄´   `\
        /          \    ああ、アードラの羽根ね
       /    ィヘ、       ヽ   まぁ、あれは当時から結構希少な材料だったみたいだし…
      /   /:::::::::::ヾ       ヽ  そこはその…気にしなくて良いお
     / |/:::::::::::::::::::::::\      ヽ 
     { 〈:::::::::::::::::::::::u::::::>  /  イ ( …リリー先生の乱獲が原因じゃないかとは、とても言えないお )
      ト ゝ:::::::::::::::::::::::イ_∠_ィ_イ´
      イミ ー ̄フ二 ̄´_〆゛ゝ
      ん_ = ー三 イ、__─\



      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '     イ孑代フ.j/.  / /
.        Vハ  |  r';;z j        r';;zリ  /}, '//
        ヽ ',  |    ̄     ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ  """      "" .厶 ./    やる夫、貴方はもっとこちらのアカデミーに顔を出すべき
             ', {.代ト、      ´   ., イ | /     貴方の錬金術の知識はケントニスの知識…
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./      ザールブルグの知識も身に付けた方が良い… 
            / ヽj       {`ヽ   ′      
.        _ /  「´        ヽ} \        そして私と、図書館デート…
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

385 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:43:56 ID:vSE877mg
.
        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ    いや、アカデミーには月1は顔を出してるお
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   あそこの購買じゃなきゃ手に入らない材料もあるし…
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉  ただ、図書館はちょっと…
     ヽ   | /:u::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



                 __
                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.           /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
.         l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !    何故?
         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
.           ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
.            j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/
              V: :lヽ、   _     /j/!/
               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                ヽ!  //j     ト!/\
                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__
               /|::|: : : :! -―――-! : : : : : :/∧

386 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:44:42 ID:vSE877mg
.
        ィ-────-、
       /         ヽ     んー…オフレコにしてくれお?
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●)  (●ト、  ヽ   あそこの図書館、よく校長が篭ってるんだお
    /   |   (__人__)  \   〉  やる夫、余りあの人と顔を合わせるのは…
    |   、 k  `⌒ ´ u /  /
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



              , -‐-'´ ー- 、._
         ,、' :   ,:-'´: : : : : :  :\_
        /: : :/: : : : : : : :   : : : : \
      ノ /:/ : /: : :, : : : : : :/: : :| : : : ヽ.
        ̄ノ': : :/: :/;.、=7;、イ;i: : |: |:: : 、:::ヽ
       ! !: : /|': :'´ ;/'iァz;、,'ト: :/;イ: : : }: i l
       Ⅵ :( .!: : : :{  `''゛' '|:/ハ /イ;ィ:/イリ
         ] : :>,| : : |      ィ)y'/;ィ:/    ドルニエ校長?
        ノヘ:|'; :|: : |    _  r./!' !'
        __ .|ヽヘ` | 、  ´, ィ':i/|      …あのハゲオヤジがやる夫に何かしたの?
       /: :`丶、 `  {_´´l/リ
      /: : : : : : : \. ト ヽ、                          もし、何かしたなら…
      /;: ===: : : : : : L_\:ヽ_
    </    ヽヽ: : : : :\= ̄{
      !     '、'、: : : : :ヽ、. !',
     /       ヽヽ、: : : :ヽ !: !
    / __  |  \\. : : y i
    r: : : : : : : : : ヘ   ヽヽ .: :i: h

388 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:45:23 ID:vSE877mg
.
           ____
         /      \    
        /(●)  (●) \    いやいやいや、ハゲってアンタ自分の上司に!
      /   (__人__)    \  …別に何もされてないお。ぶっちゃけ殆ど話した事ないし…
      |     `⌒ ´  u   |  まぁ、何ていうかあの人の浮世離れしたって言うか…
      \           ,/  地に足のついてないって言うか…まぁ一方的に苦手意識を持ってるんだお
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ で、顔合わせる内にそれがバレるのは困るなぁと…
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



   '、
   ヾ 、             , -‐- 、
    ', ` 、      ,  ' ´      `ヽ、
     \  ` ""゙ ´              ̄ ̄`ヽ 、
      ヽ 、, '                      \
       /                      ヽ  ヽ
      / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
    /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
   / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,
  / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ
 l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
 `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ   そう…確かに彼は錬金術の事しか頭に無い
    l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、  その割にそれが彼自身の技術へ反映されていない
    ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ  アカデミーの実質的な運営はあの女性陣が行っているし
       ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !   故に貴方をここに招致したのも彼女達の判断
       .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!   あの二人が居なければ現在のアカデミーの発展は無い
       ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/       貴方の師が彼女たちを連れて行かなかったことに
        ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´        私はとても感謝している…
         \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!          そして貴方と言う錬金術士を育ててくれたことにも…
           `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
               〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,

389 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:46:04 ID:vSE877mg
          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ   いや、ヘルミーナさんもイングリドさんも
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ   ドルニエ校長の弟子ですからね 
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉  …まぁ実際面倒をみていたのはリリー先生だって聞いたけど
     ヽ   | /::u:(__人__):::::::} /  それにリリー先生を一応は錬金術士へ導いてくれた人だし
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У   下手に馴れ合って関係を悪化させるよりは
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ   今の状態を維持したいと思っているんだお
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ



            //: : : / : : : : : : : : : : : : : : :
        /: イ: : : /!: : : : : : : : :|:i: : :i : : :
          /´ l i: : 小 i : : : : : i: :!:.:.:.|: : : :  :  i      成る程…それが貴方の考え、了承した
             |:l!: i :| ∨ : : : : : | : : : ハ: : : :  .:  |
             |:|!: !:.|: : :r :i: : : :. : : : : N: : : . .:  |      ならば私が図書館の蔵書に書かれている知識を
             |ハ : | i : 〉{ヾ: : : : 、: : : : : : :i: : :  !      貴方に口頭で伝授する。私にはそれが可能…
             人:.N:.:.:ト   | i : : ヽ:. :. :.ヽト、: :   i   /
              ヾ|: :从 r'}ハト、 : : : : : : }: ヽ /  ,  //  やる夫、今日から私のことは「ユキ先生」と呼ぶように
                 ハ : 圦     \: : : : : : :. }'  / イ/   
                   Ⅵ:i:|ヽ      ヾ i : : : :   / / .{'   
                   |ハ!  ` 、  :. }从:. :.ハ. ' /
                   {     二}__ヽ{ }∧{‐、
                       ノ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ..
                   <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
                  <:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
              x≦ヽ::ヽ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.

390 : うにー ◆ATGd9ooecU : 2010/05/06(木) 08:47:01 ID:vSE877mg
.
        / ̄ ̄ ̄ `\
       /         ヽ、
      /         _  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
    {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉   …なんでやねん
     ヽ   | /::::u::::::::::::::::::::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
     イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ
                                                  続 く

391 : 名無しのやる夫だお : 2010/05/06(木) 08:57:17 ID:DkyHF53o
乙ー
そういや部屋の中でも親しい人が尋ねてもほぼ常時フード被ってるのって意味あるのかな

393 : 名無しのやる夫だお : 2010/05/06(木) 09:29:04 ID:ZGJMJzdU

ホントなんでやねんw

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
相互募集中!
スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
コメントをする際、確認画面を表示するようにしました。

※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(メールフォームだと反応が遅くなりますので、お急ぎの方はツイッターへお願いします)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
PR
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)
やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド
やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄
作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク


ブログパーツ アクセスランキング