スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

国際的な小咄 222 インド4 ~国の病~

目次

5211 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/04/09(土) 21:45:05.27 ID:aTgWIjNZ


222 インド4 ~国の病~

           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'    お久しぶりです、アセムさん
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /
      /       ー‐  '




                 /   ヽ/                  /
                , '   ,/                     /
               /   /                  \ /
                 /    '    ,.>'¨ ”¨ヾー一,      \
                  l      ,.>'’   ィ'´    h       ヽ,
             ∧   ,.>'’            ヽ.         ム
             r、<>'’  /         ,     ,'        \
           /ヽ、   , '         /    / 、    i     `ヽ。.,_
              /   .ィ一 7 /  ,    /     /ム ',    i       /
         ,.ィi  / i   ,' ,'  /             , '  i! i  ,   !    イ/
      ,.。ィ仁ハ i三ミi / /   /         , '  _ / リ ,/  ,リ    /i
     /三三三三三ハ i  l  ,'   /      ,ノ>'’/,ィ' /  ,/ < ̄三ハ
    <三三三三三三三i  ハ,    /      / "'心リ ノ7 i'  ,/     ̄ アilム    久しぶりだな、やる夫君
     `<三三三三三ム i ',   i    人 l ` ¨” / /  /    ,.。-‐'’三三ム
       `<三三ヘ `ー` .j   i  /  `丶  <’.イ  /     >三三三三ム
          `<三二ニアi   /ヽ./ _`´_     i ¨  ,/ヘー一 '’三三三三三ソ
             `<℡ュャ  ハ   ゝ __ ノ  ,イ  /  へ三三三>' ”      何時もキオが世話になってる
               `寸ム il 、 \ ーァ-  / ハ  i'>‐一'>'"’
               ,.イ三Ⅵ  ゝ、≧亠"≦   ム lニ>'’
              .ィ仁三三∧   丶>'’   .イl !ム     ←アセム:フリットの息子で印英ハーフ、キオの父
            .ィ仁三三三ニム  '’     ノ彡レ三℡ュ,










             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ    いえいえ、此方もご子息にはいろいろと助けてもらい
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |   感謝しきれないですよ
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |




                、_     /    ノ --  - ' }
                ヽ \ /    /        i
                /   l             --イ- _  _
                /   l                    /
                /    l _,,. -=  ´) - ┐          /
                {   /     ´   /_         /
              /イ  /           Y       \\
             / /__ ,/            ハヘ       ゝ_\    ははは、此方としても君とは末永く付き合っていきたい
           //\_,  /     /    / / l l         //\
         /////l  / /     /   l .//_, l/l   l  、  /////\
        <////// l /i  ,     l    l イ ,ィ莎フ ; /  l  l _/////////>
      /V_, \//////il、 l /    l  /ヽ{ `   i/  l  l//////////
   l\ /   V//\/////ハ l l    l /  _ ,   _ィ   /  {////// イ/\/ |
  l       V///\/ト-' ヽト、 l  ,Vr  ニニニ \ l   /  l、_> ´////>´   i -┐
  l        \//// ゝ -=イ  N /l  -- _ \Y / ト _{////////        l
   ,  l ヽ      V////ゝ__ ノ  l/;;;;;l  _  \ ヽ}\}//\////      ィハ  l
   ヽ l// \     l///\/l_,,,,イ;;;;;;;;;;;;;}  \l;;;ヽ };;-';;;;;,,,,_/////    /////l /
    /////∧    L_/ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  r-、 Y└';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l- , /   ////////レ
   ///////∧   l;;;;l  ',;;;;;;;;;;;;;;;;;/  / (__ノ、\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'  l   //////////ハ
   /////////∧ /i;;;;;,  ' ,;;;;;;;;ノ_-イゝ_Tニニニ> _y;;;;;;;;;;;;;;,,,  ,;;;i> l //////////∧
  .//////// > ´///∧;;;; /;;;;;;;;;;; イニニニニニニニニニ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/////> _////////ハ
 ///// > //////////\;;;;;;;;/  lニニニニニニニニニニニニ\;;;;;;_ ィ/////////> _//////il
 l////////////////////    lニニニニニニニニニニニニニニニニ\///////////////////i
 i//////////////////ム__ イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\////////////////ハ
 l////////////// /ニニニニニマニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \////////////////i




               ____
             /      \
           / ─    ─ \    ありがとうございます
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    それにしても、昨今貴方の母国はますます発展し――
          /     ー‐    \




                 /   ヽ/                  /
                , '   ,/                     /
               /   /                  \ /
                 /    '    ,.>'¨ ”¨ヾー一,      \
                  l      ,.>'’   ィ'´    h       ヽ,
             ∧   ,.>'’            ヽ.         ム
             r、<>'’  /         ,     ,'        \
           /ヽ、   , '         /    / 、    i     `ヽ。.,_
              /   .ィ一 7 /  ,    /     /ム ',    i       /
         ,.ィi  / i   ,' ,'  /             , '  i! i  ,   !    イ/
      ,.。ィ仁ハ i三ミi / /   /         , '  _ / リ ,/  ,リ    /i
     /三三三三三ハ i  l  ,'   /      ,ノ>'’/,ィ' /  ,/ < ̄三ハ
    <三三三三三三三i  ハ,    /      / "'心リ ノ7 i'  ,/     ̄ アilム
     `<三三三三三ム i ',   i    人 l ` ¨” / /  /    ,.。-‐'’三三ム
       `<三三ヘ `ー` .j   i  /  `丶  <’.イ  /     >三三三三ム
          `<三二ニアi   /ヽ./ _`´_     i ¨  ,/ヘー一 '’三三三三三ソ
             `<℡ュャ  ハ   ゝ __ ノ  ,イ  /  へ三三三>' ”
               `寸ム il 、 \ ーァ-  / ハ  i'>‐一'>'"’
               ,.イ三Ⅵ  ゝ、≧亠"≦   ム lニ>'’     はは、君にはそう見えるかやる夫君
              .ィ仁三三∧   丶>'’   .イl !ム
            .ィ仁三三三ニム  '’     ノ彡レ三℡ュ,




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |   ん? はい、私からすると今のインドは発展著しく
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\    何れはアジアを牽引していく国かと――
    /´         |
.    |  /      |




            ヽ 、 ‐   ̄   ̄  ´ ノ
.               )./  ,.  (   ,. ⌒ ー-  _   _,
             /八  .:   :.  '  -―     ̄ /
            / / ( :. ゝ_  -‐ 、,:′  __     イ、
         {、 ',   '"   -‐  ;  ´ 、        ヽ、
.           ` /,   /  ノ 、` 、   ー=-    , -ヽ
          ',  '    '   /  ヽ  ヽ  _    ー 、
         i.{.; .j  / , /  __ l 乂 ーノ    く
         、_乂ィ, .' ,ハ(   ´‐tッノ ;  } `       >
         ,.イニ,{ i /ノ ヽ、  / イ; ノ ` ー-  ‐'"
        /二二トヽ ト     レ'/ ノ /',    ヽ r ヽ
    ,.-=ニニ二{ノ ハ 、      { i,' /  ゝ   ',      ____
      ヾニニニニニ!rjノ ハ   `    ヽ(  、 ヽヾ`二二二二ニ/
.      \ニニニニ!イV  -r ‐  _./ ,ハ !`⌒`.ノ二ニニニニ/
        `'マニニ} 、  ヽ ̄ ̄ .{/  ` ー  ./二二ニニ/
     ,.ィ 、,.イマニニー- __  ̄ー  _.ノ ,イ  l二二ニ/    ふむ、それはまさしく日本人的な考え方だ
    / |ニニニヽニニニニ'ー--‐ _, -‐  / ノニ>'"ヽ、
   〈    !ニニニ二`"-ニニ!__ -‐'"    _-=ヽ二二二ニ\
.   、   ',二iニニ二二ヽ二{     _-ニ二二二}二二二ニニヽ   、
     、   マ=!二二二二\}`ー/ニニニニ=='ニ/ニニ/ \.} ヽ
         マlニニニニニニ,.イ二ニ-‐'"ニニニニ二二/    `  ,
      ヽ  '!ニニ,<ニ-=ニニ二二二二二二二二二, '     ,.ィ、⌒  ,
.       {\ 'ニ/    ̄ 7ニニニニニニ二二二iニ二'    ,.イ::::::::::i  .ノ
        '::::::>,ニ>- .__/ニニニ二二i===iニ!ニ'  /:::::::::::::::::} ./
.       }:::::::::::,ニニニニニニニニニニニニニニl  ./:::::::::::::::::::::::!'
.        i::::::::::::}ニニニニニニニニニニニ二二'ニ! {:::::::::::::::::::::::::::,
      ;::::::::::::lニニニニニニニニニニニニニヽ_!. ヽ::::::::::::::::::::::::,
.      :::::::::::::jニニニニニニニニニニニニニニ!` ー ;::::::::::::::::::::::,
.     .:::::::::::/ニニニニニニニニニニ二二二二,'    .l::::::::::::::::::::::::
     ;::::::::;:'ニニニニニニニニニニニニ二二/     !:::::::::::::::::::::::!




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /    どういうことですかお、アセムさん
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




               ノl
            --イ } __ _, ノi
        /l /  / /      }_ _
       / l{   /           /
   、_ {   \ {   /   _,    /、
    ヽ  ヽ    _ゝ--=i -=<         フ
     _Y    /     i}    \ l=- _  <_ _
    ゝ_\ _/    l lヽ}\   Yl ニニ=- _ /
      /  //.l l l  l /ィッフ   l lニニニニム
     l , ィ /  l l ト 、 ` / ィ  l lニニニニニニi/ \
      V / /  l l _.{   l/ l  / lニニニニニ/   \ |\
       l/l   ヽ_\ ヽ _ l  / /ニニニ /         ヽ
       _ィl  ト、 ト .、' -  从{ /ニニ/     _ィ= 、  l
  _ -==ニニ=へlニ )ハ  > -イ; ;/ニニニ|    //////ヽ  l
  \ニニニニニニニニニニV/; ; ; ; ; /\ニニ.{    l ////////ハ l
    ` -=ニニニニニニ=- _; ; _/ニニニ \ム   l/////////il l
      /  lニニニニlニニl/ニニニニニニニ/il    l/////////∧l    そうだな――では、一つ残酷な話をしよう
     ,  /ニニニニ i/ニニニニニニ_ イニニム   V//////////ヽ
     l/ニニニニ /ニニ>-=ニニニニニニニニ ム   \/////////∧
     ゝ` Yニ /=-イニニニニニ[    ]ニニニニ 、  \////////∧
      l /l/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ= __  ヽ/////////
      ヽY    |ニニニニ三三三三ニニニニニニニニ/  >\///////
      //l|    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ ./   l//////
      l//|ト--イニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /     l//////
      l//|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /       .l///////
      l//|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ//         V//////



5212 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/04/09(土) 21:45:33.26 ID:aTgWIjNZ


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /    残酷な話、ですか?
.   ノ         \
 /´            ヽ




                           {\
                ト 、     ___ ゝ `  ヽ、
                {  ` -             \ }ヽ、
              -- ゝ                  ゝ、\
               ≧                     i   V ´l
      ト 、 __ /       _                l    l  l
      ヽ            \  ̄`  ´ ̄ ̄ ̄>=- _     l  l
       ヽ             >             \   l  l
        \     ----  ´                 } ノノ
         lニ>    \ <   /      /       /ハ -=彡
         lニゝ、    ---- { /      /  /  /   / ゝ__フ
         Vニニニ=--- _   /  / / , /__ノィ  /   / 八  ヽ
         Vニニニニニニニニニニニ=- __l/ ゝ戈ッレ ´   // 从 } }
          Vニニニニニニニニニニニニニ /、     / /-イ,-、 // ノ  l
        /ニ\ニニニニニニニニニニニ/ゝミ=-   l/  l l:{  l /ノハ  /
  / \__ /ニニニニ \ニニニニニニニニニ{       _    l::}  l- 、 / /     そうだ――正直に言おう、インドは恐らく中国ほども発展しない
 ./     <ニニニニニニ > _ニニニニニニl    -=/ Y -::/  }、_ V
../         <ニニニニニニ\ニニニニiト 、  f´  ノ ィ:::/  { }   }
/            <ニニニニニニニニニハ  ≧ノ  } / __ V  ./
              \ニニニニニニニニ∧  {   `¨ /////\ /
               \ニニニニニニニ∧ l   //////////




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     ほう、それはなんでですかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




            ヽ 、 ‐   ̄   ̄  ´ ノ
.               )./  ,.  (   ,. ⌒ ー-  _   _,
             /八  .:   :.  '  -―     ̄ /
            / / ( :. ゝ_  -‐ 、,:′  __     イ、
         {、 ',   '"   -‐  ;  ´ 、        ヽ、
.           ` /,   /  ノ 、` 、   ー=-    , -ヽ
          ',  '    '   /  ヽ  ヽ  _    ー 、
         i.{.; .j  / , /  __ l 乂 ーノ    く
         、_乂ィ, .' ,ハ(   ´‐tッノ ;  } `       >
         ,.イニ,{ i /ノ ヽ、  / イ; ノ ` ー-  ‐'"
        /二二トヽ ト     レ'/ ノ /',    ヽ r ヽ      簡単だ――中国の華夷秩序よりも
    ,.-=ニニ二{ノ ハ 、      { i,' /  ゝ   ',      ____
      ヾニニニニニ!rjノ ハ   `    ヽ(  、 ヽヾ`二二二二ニ/
.      \ニニニニ!イV  -r ‐  _./ ,ハ !`⌒`.ノ二ニニニニ/
        `'マニニ} 、  ヽ ̄ ̄ .{/  ` ー  ./二二ニニ/     韓国の小中華主義よりも、日本の自虐史観よりも
     ,.ィ 、,.イマニニー- __  ̄ー  _.ノ ,イ  l二二ニ/
    / |ニニニヽニニニニ'ー--‐ _, -‐  / ノニ>'"ヽ、
   〈    !ニニニ二`"-ニニ!__ -‐'"    _-=ヽ二二二ニ\    或は、ロシアのソビエト病よりも、アメリカや欧州の人権主義よりも
.   、   ',二iニニ二二ヽ二{     _-ニ二二二}二二二ニニヽ   、
     、   マ=!二二二二\}`ー/ニニニニ=='ニ/ニニ/ \.} ヽ
         マlニニニニニニ,.イ二ニ-‐'"ニニニニ二二/    `  ,    深い問題をインドが抱えているからだ
      ヽ  '!ニニ,<ニ-=ニニ二二二二二二二二二, '     ,.ィ、⌒  ,
.       {\ 'ニ/    ̄ 7ニニニニニニ二二二iニ二'    ,.イ::::::::::i  .ノ
        '::::::>,ニ>- .__/ニニニ二二i===iニ!ニ'  /:::::::::::::::::} ./
.       }:::::::::::,ニニニニニニニニニニニニニニl  ./:::::::::::::::::::::::!'
.        i::::::::::::}ニニニニニニニニニニニ二二'ニ! {:::::::::::::::::::::::::::,
      ;::::::::::::lニニニニニニニニニニニニニヽ_!. ヽ::::::::::::::::::::::::,
.      :::::::::::::jニニニニニニニニニニニニニニ!` ー ;::::::::::::::::::::::,
.     .:::::::::::/ニニニニニニニニニニ二二二二,'    .l::::::::::::::::::::::::
     ;::::::::;:'ニニニニニニニニニニニニ二二/     !:::::::::::::::::::::::!




━┓
┏┛     ⌒
・      ___⌒
    / ― 乂____    ━┓
  /ノ  (●/   ― \   ┏┛
. | (●)   |     (●) ヽ\ ・
. |    (__ノl   (⌒  (●) |
. │       〉     ̄ヽ__)   |
  \__/´      ___/      深い、問題?
      /|          ヽ
       | |         |




                、_     /    ノ --  - ' }
                ヽ \ /    /        i
                /   l             --イ- _  _
                /   l                    /
                /    l _,,. -=  ´) - ┐          /
                {   /     ´   /_         /
              /イ  /           Y       \\
             / /__ ,/            ハヘ       ゝ_\
           //\_,  /     /    / / l l         //\
         /////l  / /     /   l .//_, l/l   l  、  /////\
        <////// l /i  ,     l    l イ ,ィ莎フ ; /  l  l _/////////>
      /V_, \//////il、 l /    l  /ヽ{ `   i/  l  l//////////
   l\ /   V//\/////ハ l l    l /  _ ,   _ィ   /  {////// イ/\/ |
  l       V///\/ト-' ヽト、 l  ,Vr  ニニニ \ l   /  l、_> ´////>´   i -┐
  l        \//// ゝ -=イ  N /l  -- _ \Y / ト _{////////        l
   ,  l ヽ      V////ゝ__ ノ  l/;;;;;l  _  \ ヽ}\}//\////      ィハ  l
   ヽ l// \     l///\/l_,,,,イ;;;;;;;;;;;;;}  \l;;;ヽ };;-';;;;;,,,,_/////    /////l /
    /////∧    L_/ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  r-、 Y└';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l- , /   ////////レ
   ///////∧   l;;;;l  ',;;;;;;;;;;;;;;;;;/  / (__ノ、\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'  l   //////////ハ
   /////////∧ /i;;;;;,  ' ,;;;;;;;;ノ_-イゝ_Tニニニ> _y;;;;;;;;;;;;;;,,,  ,;;;i> l //////////∧
  .//////// > ´///∧;;;; /;;;;;;;;;;; イニニニニニニニニニ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/////> _////////ハ
 ///// > //////////\;;;;;;;;/  lニニニニニニニニニニニニ\;;;;;;_ ィ/////////> _//////il
 l////////////////////    lニニニニニニニニニニニニニニニニ\///////////////////i
 i//////////////////ム__ イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\////////////////ハ
 l////////////// /ニニニニニマニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \////////////////i
そうだ――それは私が日本に来た遠い理由でもあり、この後千年はインドを苦しめるだろう問題だ



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \       ……面白そうな話ですお
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




                    ハ   __   ,ィ
                 / ノ<´ __ ̄ /
               / /        ̄`ヽ、
            ∧!            、 ヽ、_
                〉、             \__,.>'
           /,.y    .:            ∧
            { /  ::|::.  :::..       ..`ー
            ヾ!  ::!;::::::::::...::::::::::::::::::::::::;:::ィ''´
             ∨', :!':::::::::::::::__:::::::<イ_
                ト ::i_;:z≦三三三三≧xイ
            ,. z≦三三三三三三三ニニ≧,
           ,ィ,、≦三三三三三三三三三三<.,_       簡単だ――まだインドにはカーストの問題が残っている
          / '  ヾ三三三三三三三三三三三≧|> 、
        ノ-'    ヾ三三三三三三三三三三三:|    i
       ゝ!`ト、   ..::::Y三三三三三三三三三三ニ!.   !
         \|ニ\::::::::::!三三三三三三三三三三ニ|::......,'
          |ニニ∧::::::|三三三三三三三三三三:/:::::ノ
         }―┐∨::|三三三三三三三三三ニ/::∠{
          .,'三三ニ}::ノ三三三三三三三三三:/イニ:i
          iニニニニi'三三三三三三三三三三!ニニニ!
           iニニニ;'三三三三三三三三三三!|ニニニ!
        iニニニ;'三三三三三三三三三三i ',ニニニ!
         |ニニニ:'三三三三三三三三三三:| ',ニニニ|
        ./ニニニ!三三三三三三三三三三:|  |ニニニ!
       ,'ニニニ:|三三三三三三三三三三::|_ 〉ニニ:{
      ,'ニニニ:リ=-=、三三三三三三三三三}.,'ニニニ!
       iニニニ/  } 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨{.|.!ニニニ,!
        |ニニニ/==ニノ三三三三三三三三三ヾ!ニニニリ




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /    ……あれは規制されたはずでは?
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      |




               ノl
            --イ } __ _, ノi
        /l /  / /      }_ _
       / l{   /           /
   、_ {   \ {   /   _,    /、
    ヽ  ヽ    _ゝ--=i -=<         フ
     _Y    /     i}    \ l=- _  <_ _
    ゝ_\ _/    l lヽ}\   Yl ニニ=- _ /
      /  //.l l l  l /ィッフ   l lニニニニム
     l , ィ /  l l ト 、 ` / ィ  l lニニニニニニi/ \
      V / /  l l _.{   l/ l  / lニニニニニ/   \ |\
       l/l   ヽ_\ ヽ _ l  / /ニニニ /         ヽ
       _ィl  ト、 ト .、' -  从{ /ニニ/     _ィ= 、  l
  _ -==ニニ=へlニ )ハ  > -イ; ;/ニニニ|    //////ヽ  l
  \ニニニニニニニニニニV/; ; ; ; ; /\ニニ.{    l ////////ハ l    規制されたとしても、日本の同和問題以上に根強い
    ` -=ニニニニニニ=- _; ; _/ニニニ \ム   l/////////il l
      /  lニニニニlニニl/ニニニニニニニ/il    l/////////∧l
     ,  /ニニニニ i/ニニニニニニ_ イニニム   V//////////ヽ
     l/ニニニニ /ニニ>-=ニニニニニニニニ ム   \/////////∧      カーストの問題は国を蝕む
     ゝ` Yニ /=-イニニニニニ[    ]ニニニニ 、  \////////∧
      l /l/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ= __  ヽ/////////
      ヽY    |ニニニニ三三三三ニニニニニニニニ/  >\///////
      //l|    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ ./   l//////
      l//|ト--イニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /     l//////
      l//|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ /       .l///////
      l//|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ//         V//////




               ____
             /      \
           / ─    ─ \     なるほど、それがインドの足を引っ張ると?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




            ヽ 、 ‐   ̄   ̄  ´ ノ
.               )./  ,.  (   ,. ⌒ ー-  _   _,
             /八  .:   :.  '  -―     ̄ /
            / / ( :. ゝ_  -‐ 、,:′  __     イ、
         {、 ',   '"   -‐  ;  ´ 、        ヽ、
.           ` /,   /  ノ 、` 、   ー=-    , -ヽ
          ',  '    '   /  ヽ  ヽ  _    ー 、
         i.{.; .j  / , /  __ l 乂 ーノ    く
         、_乂ィ, .' ,ハ(   ´‐tッノ ;  } `       >
         ,.イニ,{ i /ノ ヽ、  / イ; ノ ` ー-  ‐'"
        /二二トヽ ト     レ'/ ノ /',    ヽ r ヽ
    ,.-=ニニ二{ノ ハ 、      { i,' /  ゝ   ',      ____
      ヾニニニニニ!rjノ ハ   `    ヽ(  、 ヽヾ`二二二二ニ/
.      \ニニニニ!イV  -r ‐  _./ ,ハ !`⌒`.ノ二ニニニニ/
        `'マニニ} 、  ヽ ̄ ̄ .{/  ` ー  ./二二ニニ/    そう、インドで育った優秀な人材は、日米欧中の国々に行きたがる
     ,.ィ 、,.イマニニー- __  ̄ー  _.ノ ,イ  l二二ニ/
    / |ニニニヽニニニニ'ー--‐ _, -‐  / ノニ>'"ヽ、
   〈    !ニニニ二`"-ニニ!__ -‐'"    _-=ヽ二二二ニ\     それら国々に逃れる事はカーストの軛を切り裂く刃だからだ
.   、   ',二iニニ二二ヽ二{     _-ニ二二二}二二二ニニヽ   、
     、   マ=!二二二二\}`ー/ニニニニ=='ニ/ニニ/ \.} ヽ
         マlニニニニニニ,.イ二ニ-‐'"ニニニニ二二/    `  ,
      ヽ  '!ニニ,<ニ-=ニニ二二二二二二二二二, '     ,.ィ、⌒  ,
.       {\ 'ニ/    ̄ 7ニニニニニニ二二二iニ二'    ,.イ::::::::::i  .ノ
        '::::::>,ニ>- .__/ニニニ二二i===iニ!ニ'  /:::::::::::::::::} ./
.       }:::::::::::,ニニニニニニニニニニニニニニl  ./:::::::::::::::::::::::!'
.        i::::::::::::}ニニニニニニニニニニニ二二'ニ! {:::::::::::::::::::::::::::,
      ;::::::::::::lニニニニニニニニニニニニニヽ_!. ヽ::::::::::::::::::::::::,
.      :::::::::::::jニニニニニニニニニニニニニニ!` ー ;::::::::::::::::::::::,
.     .:::::::::::/ニニニニニニニニニニ二二二二,'    .l::::::::::::::::::::::::
     ;::::::::;:'ニニニニニニニニニニニニ二二/     !:::::::::::::::::::::::!




                、_     /    ノ --  - ' }
                ヽ \ /    /        i
                /   l             --イ- _  _
                /   l                    /
                /    l _,,. -=  ´) - ┐          /
                {   /     ´   /_         /       やる夫君、覚えておくといい
              /イ  /           Y       \\
             / /__ ,/            ハヘ       ゝ_\
           //\_,  /     /    / / l l         //\
         /////l  / /     /   l .//_, l/l   l  、  /////\    キオから君の人格を聞いているが、君は聊か他国を良く見過ぎている
        <////// l /i  ,     l    l イ ,ィ莎フ ; /  l  l _/////////>
      /V_, \//////il、 l /    l  /ヽ{ `   i/  l  l//////////     もっと深い問題に触れなさい
   l\ /   V//\/////ハ l l    l /  _ ,   _ィ   /  {////// イ/\/ |
  l       V///\/ト-' ヽト、 l  ,Vr  ニニニ \ l   /  l、_> ´////>´   i -┐
  l        \//// ゝ -=イ  N /l  -- _ \Y / ト _{////////        l     君は幸いにして良い友人たちがいるのだろう?
   ,  l ヽ      V////ゝ__ ノ  l/;;;;;l  _  \ ヽ}\}//\////      ィハ  l
   ヽ l// \     l///\/l_,,,,イ;;;;;;;;;;;;;}  \l;;;ヽ };;-';;;;;,,,,_/////    /////l /
    /////∧    L_/ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  r-、 Y└';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l- , /   ////////レ
   ///////∧   l;;;;l  ',;;;;;;;;;;;;;;;;;/  / (__ノ、\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'  l   //////////ハ
   /////////∧ /i;;;;;,  ' ,;;;;;;;;ノ_-イゝ_Tニニニ> _y;;;;;;;;;;;;;;,,,  ,;;;i> l //////////∧
  .//////// > ´///∧;;;; /;;;;;;;;;;; イニニニニニニニニニ \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/////> _////////ハ
 ///// > //////////\;;;;;;;;/  lニニニニニニニニニニニニ\;;;;;;_ ィ/////////> _//////il 彼らから学びなさい――それが、これからのグローバル化に対応する方法だ
 l////////////////////    lニニニニニニニニニニニニニニニニ\///////////////////i
 i//////////////////ム__ イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\////////////////ハ
 l////////////// /ニニニニニマニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ \////////////////i




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   ……アセムさん、ありがとうございます
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




                 /   ヽ/                  /
                , '   ,/                     /
               /   /                  \ /
                 /    '    ,.>'¨ ”¨ヾー一,      \
                  l      ,.>'’   ィ'´    h       ヽ,
             ∧   ,.>'’            ヽ.         ム
             r、<>'’  /         ,     ,'        \     はは、まぁ老婆心からの忠告だ
           /ヽ、   , '         /    / 、    i     `ヽ。.,_
              /   .ィ一 7 /  ,    /     /ム ',    i       /
         ,.ィi  / i   ,' ,'  /             , '  i! i  ,   !    イ/
      ,.。ィ仁ハ i三ミi / /   /         , '  _ / リ ,/  ,リ    /i
     /三三三三三ハ i  l  ,'   /      ,ノ>'’/,ィ' /  ,/ < ̄三ハ    心の片隅にのこしてくれればいい
    <三三三三三三三i  ハ,    /      / "'心リ ノ7 i'  ,/     ̄ アilム
     `<三三三三三ム i ',   i    人 l ` ¨” / /  /    ,.。-‐'’三三ム
       `<三三ヘ `ー` .j   i  /  `丶  <’.イ  /     >三三三三ム
          `<三二ニアi   /ヽ./ _`´_     i ¨  ,/ヘー一 '’三三三三三ソ
             `<℡ュャ  ハ   ゝ __ ノ  ,イ  /  へ三三三>' ”
               `寸ム il 、 \ ーァ-  / ハ  i'>‐一'>'"’
               ,.イ三Ⅵ  ゝ、≧亠"≦   ム lニ>'’
              .ィ仁三三∧   丶>'’   .イl !ム
            .ィ仁三三三ニム  '’     ノ彡レ三℡ュ,









             _ _
          .。 '"::::::::::::::: ̄¨ `' 、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       .ィ:::::::::::::,::::ヘ::::::::::::::::、:::::ヽ、:::::\
      /:::::::::::::::/::::iリ `<:::::::::゙ヘャ、ハ ヽ,ヘ
.     /:::::::::i:::::::i:::::l .ィ'¨ ̄  ̄ ̄ .ィュ,∨::::i!
.      !::::!:::::ヘ:::::l!::::i "  .>ャ,   丶.リヘ::::リ
     l::::i:::::::::::ヽ人:l   〈 Vij',      l  ∨
     Ⅵヘ::::::::::::::ヽヘ  ` 一'     ′  l
      \ ,:::::::::::::::i         ___  l
       'y:::::::i≧ュ'  u      (   ソ   !,     ――僕の誕生日パーティーなのに、
       リ:::::::ハ └,        ` ´  /::>
         i:::::::::::::`'ー一'ヘ, _     . 。ィヘノ
       l j:::::::::::::ヽ:::::::::ヘ  ̄ ̄ フ   ヘr=ニ二三三ユ,
       ∨`<,_r-ュ>'’ 入 .r'’     丿 /     ヘ
             ヘ  〈 / iハ  /  /       ',     友人と父親が妙に真面目な話で盛り上がってる件について
          r=ニ二7イ>ヘ_ノ 'y、/   .イ        i
         /1   ′〉 「    /´  / i!  .ィ     リ
         ハム,    / i!   /   .イ .j /     ノ
           { i|!   '   !  ,    ノ /       i
       r一ゞヘ    i  ;  i   /  i         l
        j   iヘ   i   i  i  /  ソ           i
      /    iハ  リ   i   l ,/  /            リ




      /: : : :/ : : : /: : : : : : : /!: : : : ::| : : : !: : : |: :.
  __,ィ: : : : /: : :/: : : : : : : /  |: : : : ::l!: : : :!: : : |: :ヘ
  ∨: : : : : :/ : : :ト、:_:_:_:_:/   /: : : -:/|‐: -:|: : : :!: : : 、
   \: : : ;': : : : : / _ , - ―    ゙̄ ̄ _  .|: : : :|: :/
    \: i: : : : イ    _ _      ィて:ハ`Y: : : : !:/
      ;' : : : :;′-ィ´ん:ハ `       弋::ソ .: : : : |l}
      !: : : : { ヘ  弋::ソ          ,: : : ::/\     元気出しなよ、お兄ちゃん
      !: : : : ;  `、                /: : : :/.  \
      |: : : : ト、_ヘ        '     /: : : :/    /
      |: : : : |∨ |ハ       -―  /: : : :/    /
      ∨: ::∧.Ⅵ /{> 、        /: : : :/\  |     ←ユリン:キオの妹
      ∨/: ∧ |// .|  >-   ィ/: : ://  .∨!
       _\/: :{リ||  !    |/´  /ィ ̄ノ7   ヘ
  __ ,ィ: : : \:|: r  ` ̄ト/ _ , xzィ´_/    __ヘ
./: : : : :;、: : : : ソ´.|    || /―――'´ ̄ ィ´  ̄ ̄`ヽ



おしまい



5214 : 隔壁内の名無しさん : 2016/04/09(土) 21:48:56.26 ID:PIqaAlRV
カーストか……根深いな
部落問題も最近では言われんが5~60代だと未だにあるからな

5216 : 隔壁内の名無しさん : 2016/04/09(土) 21:49:09.15 ID:KjrJ7Kne
カーストは、法で規制しても実際の生活で残る部分が多いだろうしね…

5219 : 隔壁内の名無しさん : 2016/04/09(土) 21:52:15.04 ID:B4stgqNd
おつでございます。
カーストは外からではわからないことがいっぱいありそうだな・・・

いつの時代も学ぶことが大事なんやね。

5221 : 語り人 ◆UexKoJKwtixC : 2016/04/09(土) 21:54:54.79 ID:aTgWIjNZ


 オマケ その後


               ____
             /      \
           / ─    ─ \    ハッピーバースデー
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    はい、プレゼント
          /     ー‐    \




             _ _
          .。 '"::::::::::::::: ̄¨ `' 、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       .ィ:::::::::::::,::::ヘ::::::::::::::::、:::::ヽ、:::::\
      /:::::::::::::::/::::iリ `<:::::::::゙ヘャ、ハ ヽ,ヘ
.     /:::::::::i:::::::i:::::l .ィ'¨ ̄  ̄ ̄ .ィュ,∨::::i!
.      !::::!:::::ヘ:::::l!::::i "  .>ャ,   丶.リヘ::::リ
     l::::i:::::::::::ヽ人:l   〈 Vij',      l  ∨
     Ⅵヘ::::::::::::::ヽヘ  ` 一'     ′  l
      \ ,:::::::::::::::i         ___  l    ありがとう、でもなぜ竹取物語(原文注釈付き)?
       'y:::::::i≧ュ'  u      (   ソ   !,
       リ:::::::ハ └,        ` ´  /::>
         i:::::::::::::`'ー一'ヘ, _     . 。ィヘノ
       l j:::::::::::::ヽ:::::::::ヘ  ̄ ̄ フ   ヘr=ニ二三三ユ,
       ∨`<,_r-ュ>'’ 入 .r'’     丿 /     ヘ
             ヘ  〈 / iハ  /  /       ',
          r=ニ二7イ>ヘ_ノ 'y、/   .イ        i
         /1   ′〉 「    /´  / i!  .ィ     リ
         ハム,    / i!   /   .イ .j /     ノ
           { i|!   '   !  ,    ノ /       i
       r一ゞヘ    i  ;  i   /  i         l
        j   iヘ   i   i  i  /  ソ           i
      /    iハ  リ   i   l ,/  /            リ




      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)    喜ぶかな、と思った
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /




                 ,.。-‐=ニ二三 二ニ=ュ。,
                 .ィ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::ヽ
             ':::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::',:::::::::\::::::::::::::ハハ
              ':::::::::i:::::::::!:::::::::::/ヘ:::::ヘ、:::::::::::\::::::::::::ハ:::l
           i:::::::::i:::::::::i:::::::,ノ   \:::\、:::::::::ヽ,:::::::::::', l
           l:::::::::l:::::::::ト,::::l _,.,-‐ -\:::\`'・ャ、 >:::::::i'
               iリ:::::::ヽ,::::i∧j .。=≠ミ、  `'ー' r=ニキ,〉::::/
              l::::><::::{   {i lト' イリ    :心:リ ij iムノ
          .ノ::::i'´ハヽlヽ'   丶弋ソ     ,  弋ソ'’li::!
         /:::::::ムヘ L      ¨"    . 〉   " lリ,    ま、まぁね
           /::::/:::::`ゝ,._         ____      ノ::::ハ
        レヘ::::::::::::::::::::::勹。       l  ヽ/   /::::ハ リ
          ∨ヘ:::::_.イハ ヘ.    ` ー'″ /::::/ ′
           .>'’  i ヾ丶. ≧ ,_   / =‐く     読書は好きだから……
          _.>'’     i  \≧ュ。.,_ ̄ ア!     ヽ,
       「丶,       丶      リ ̄ノ      lム
        j'´ヘヽ        \、_   /_ /      リ ト、    ←読書家
        /  ∧         i  ̄ニ!   i      / リ└ュ



おしまい

5223 : 隔壁内の名無しさん : 2016/04/09(土) 22:05:54.08 ID:B4stgqNd
>>1はどこからそんなプレゼントを調達してくるのか・・・(困惑

関連記事
9403 :日常の名無しさん:2016/04/13(水) 03:35:06 ID:-[ 編集 ]
インドは社会インフラがまったく追いついていない時点で中国越えることは無理だわな。
9406 :名無し:2016/04/13(水) 20:02:14 ID:-[ 編集 ]
オーホホホ
インドはカーストの他に宗教、民族、地域の問題がありましてよ
中国もそうですが、この地域の問題が日本人には理解できないもので
何処其処の州(地方)の奴らは死ぬほど嫌いですわっ!!
と言って流血沙汰に発展する場合だってありますのよ
当然一致団結なんて夢のまた夢ですわね
オーーホッホッホ
9411 :日常の名無しさん:2016/04/14(木) 00:45:19 ID:-[ 編集 ]
あと、インドは民主主義が早すぎたと言う意見もあるな。
選挙の票取りのために福祉や下級層への施しに税金を使いすぎて、
未来を見据えた強引なインフラ整備が出来ないとかなんとか。
9414 :日常の名無しさん:2016/04/14(木) 06:44:54 ID:-[ 編集 ]
ねこぢるでもカーストについて描いてあったなあ。
屋根の下に住んじゃいけないとか、泥棒しかしちゃいけないとか。
9460 :日常の名無しさん:2016/04/17(日) 16:21:18 ID:-[ 編集 ]
カーストは根深いだろうなー。中国にも問題はあるがかなりの期間世界の先進国としてやってきただけの蓄積はあるから
相当発展した。中国の歴史は基本ループだからまた崩れるんだろうがインドはそこまでもいけないだろうな
分断国家みたいなもんだし
29967 :名無し:2018/08/05(日) 12:27:47 ID:j4zCBgh2[ 編集 ]
なんだかんだ歴史は長いから安易にぶっ壊す事も出来ないというね
外貨を持ち帰って民衆に金が回る事はあっても国が豊かに。というのはやっぱり難しい
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その116 (09/16)
  • ロケッ都団が征く!! 小ネタ37、みんなで夜食! (09/16)
  • Take a LOOK in my HEART, PLEASE! 第12話後編 おわりを迎えるために (09/16)
  • 目次 やらない夫はエンフィールドで暮らすようです (09/16)
  • やらない夫はエンフィールドで暮らすようです 第6話 (09/16)
  • やる夫は竜の人財のようです 第3話 (09/16)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第2回 (09/16)
  • やる夫はアダムになるようです 第一章:王都・エルメロイ家の騒動編 第一話 (09/16)
  • やらない夫とまどかタイタス 第37話 (09/16)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 無痛IFへの補足&キャラデザ紹介 (09/16)
  • 国際的な小咄 5195 離間工作ってうまくいくもんなんだね (09/16)
  • 国際的な小咄 5194 ためになる、中国由来の生物名の数 (09/16)
  • 国際的な小咄 5193 ここ最近の韓国ネタを総合すると…… (09/16)
  • 国際的な小咄 5192 ゴルゴ、中韓に関与する (09/16)
  • 国際的な小咄 5191 行けるね(錯乱) (09/16)
  • 国際的な小咄 お題&議論まとめ みんなの中韓体験談 その1 (09/16)
  • ワタシはファンタジーを否定する 第3章 秩序の華と地図に無い島 - Cosmos of the lost island - episode 5 中編 (09/15)
  • 突発的ないきものがかりたち 八話 野生動物にエサをやること (09/15)
  • 英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その11 (09/15)
  • 英雄を作ろう! ~005話:アーサー王と森の賢者(物理)~ その10 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ10「永咲き桜の怪」 その1 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG キャラメイク10 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 裏話 ~ 戦後処理 (09/15)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ9「人魚姫の物語」 その5 (09/15)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 その115 (09/15)
  • 国際的な小咄 5190 三人とも納得する (09/15)
  • 国際的な小咄 5189 アルバニアの狂犬 (09/15)
  • 国際的な小咄 5188 草しか生えんかったわ (09/15)
  • 国際的な小咄 5187 十年越しに理解してしまった…… (09/15)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/08)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば7月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄


    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2異世界からかえってきたやる夫君のお話2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3英雄を作ろう!3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫は封印されし魔王だったようです4異世界食堂できない夫
    5気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6あさねこの小話空間6やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    7ドラクエⅤの世界でビルダーズ7やる夫はソロハンターのようです
    8やる夫たちは三連星(代理)のようです8金欠ほのぼの冒険物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10できない子とSCP10食事処~やる夫の大釜~
    11ドクオが異世界転生したようです11ローグライク異世界転生
    12白頭と灰かぶりの魔女12俺の息子は転生者
    13あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG13やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    14いきものがかりたち14やる夫はLVが上がらないようです
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16路傍の果ての英雄譚16やる太は異世界日記を綴るようです
    17やるやらは偽りの太陽に祈るようです17やる夫達は荒野を駆ける猟犬のようです
    18やらない夫は集われるようです18レベルを上げるスレ
    19ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱19STALKING!!
    20森人陽◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠20女神が愛した白饅頭
    21やる夫達と生きる労働社会21Fate Carpe diem ~その日を摘め~
    22魔女はやる夫になるようです22証言と証拠は安価とあんこの後で
    23キル夫がお姉さまになるようです。23オーバーあんこ
    24やらない夫の洞窟物語24恋心とシュガーラブ
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25ロボットものの架空戦記
    26やる夫の漫画談義26北方人民共和国の興亡
    27資源国家GARBAGE27やる夫は悪の組織として戦うようです
    28俺の天使が悪魔なわけない28やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    29カーきゃん□29Fate/Parallel Lines ブームくんはウンメイをたのしむようです
    30彼らはVRを楽しむようです30可能性のやる夫

    過去ログはこちら
    ※7月分追加しました


    ブログパーツ