スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


ACR WEBさんの人気ページランキングが復活したっぽいのでACRさんの方をウィークリー、i2iさんの方をデイリーとしてしばらく運用してみます。


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 12話

目次 現行スレ

668 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/19(水) 23:27:01 ID:WipNwcRcSa
.
よく似た他人で終わりたかった 12話


          ,. ‐''"``'' -、
       .r''"       ,>
       ///// ‐ _.,.. ‐''":/
      /////   /::::::::::/              『従兄弟は男が思うよりもずっと不器用で弱く』
      / /     /:::::::::/
      / '     /:::::::/´ヽ             『そして男は従兄弟のその弱さに愛しささえ覚えた』
     ///    /::::, '-、  ノ
    .///  // /::::/ ,ノ/ヽ             『年長者ぶって彼に恋愛へのアドバイスを語るのは楽しかった』
   ./ /    /:::::::ゝ'"  ノ                  
   ./     /::::::i´、ノ ,/ヽ             『もっとも男にだって大した経験はなかったのだが』
  ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
  ///  ///::::::::::,へ、,. イ





                               _,.. -‐''"~ ̄ノ
                             ,、‐'''"´_,,.、-‐ァ''"~)
                          / ,ィ孑'´,、-‐'乙-‐イ    『彼と銀色の乙女とのことを恋愛小説に仕立て上げようと試みたこともある 』
                        / / j''_,.ィ_,∠-<イ
                          / ノ-‐づ、'´_ノ-'"_,/             『けれど下手に面白い作品に仕上がったなら困ると思い止めた』
                           / , ‐フ´ -ノ´ _>‐'ノ
                         / _,. - '´/ ,∠-''"              『万が一そうなったなら己は絶対に応募作品に流用してしまうからだ』
                   / ,jノ/´ 'フ_,/ ア
                      / /´,っ‐、/´‐'_xく                   『捕らぬ狸の皮算用だとしても止した方が賢明だと男は判断した』
                       / / 人) イ -‐ _ノ
                     / /う_,'ぅ 丿- '"ソ
                / ,ノ、,) -'--┬ '"´
               ム、ヾ,-‐'゙,ニ-<
                    ,ゝ/\ヽヽ、ゾ
                ,ノ〈、_入_,ト、ノ
             ,イタ弋 J´^゙''''ー-.._         『ただ身内の恋愛事情をそのまま題材に扱いたくなる程にスランプに陥っていたのは確かだ』
             , ‐',イタ  、  ..     `゙'ー ,,,
         ,/ ,イタ   |______l,,..-'゛       .`'''ー ..,,,,、
        /  , ‐‐'~´
          !  (  !
          l .//ヽ___ _.ノ┬―-、.. ;;ン'
         ゙ //   ヽ .,,゙_''く   |''ー .._
        //`ゝ⊥_,l‐、.( 八.  |   . ̄^゙''''''"゛
         〃    `''、 l_)ー'ーー- ..,,___,   _,,..
         ′                        ̄ ̄

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 11話

目次 現行スレ

649 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/17(月) 01:02:04 ID:Jtfyl99cSa
.
よく似た他人で終わりたかった 11話
.
||    ||   ̄|::|: |:| ||    |L.|||丁┬i ̄|:|TTTTTTTTTTTTTTTTTTT:| |========| ̄ ̄ ̄ ̄|=====ァ゚|¨| |
||    ||    |::|: |:| ||    |  ̄┴∟| |丁|:| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | l | |____|____|__/.:.:.|: | |
||    ||    |::|: |:| ||    |丁|T_   ̄ ┴|:|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| |\_________/.:.: .: .:|: | |  『 意外なことなのだが
|| ̄”¨||¬…|::|: |:| ||    |⊥|_| 「|Ti|¨゙|ー|:|TTTTTTT| |丁丁丁丁丁丁丁| |  | |         ,/ :|.:.:.:.:/| |: | |      
||    ||    |::|: |:| ||    l丁!T=‐¨┴⊥i|:|_|_|_|_|_|_|_|_| |⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥| |  | |         ,/ :|: /|.:.:| |: | |    従兄弟は暫くすると     
||    ||    |::|: |:| ||    | | | | | | l丁Tー|:|二二二二i| |丁丁丁丁丁丁丁| |  | |______,/   |: |.:.:|/ |: | |     
||    ||    |::|: |:| ||    | | | | | | |::| | |::|:| | | | | | | | | ||||||||| |  | |         |   |: |/ : : |: | |    矢鱈と男の部屋に入り浸るようになった 』
=========::|:| ||    |丁'Tニニ¬=‐-|:|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| |  | |         |   |:.:_.:.┬'`|: | |
 |[   ||    | |:| ||    | | | | |:| ||丁|¨゙|:|┬┬|TTTTTTT_| | | | | | | | | l | |  | |         |   |: |.:.: | : :|: | |  
 |[   ||    | |:| ||    |_|_|_|_|」」LLL..|:|┴┤| | | | | | | | | | | | |_|_|_|_|_l_| |  | | l二二二二l|   |: |.:.: | : :|: | |             
 |[   ||    | |:| ||    |丁「:| ̄」二:|''l:|:|二二二二二二二二:| |TTTTT| |  | | |:|.:|¨¨゙|¨゙|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
 |[ _,,||  ==| |:| ||    |::|||¨|||||l:|:| | | | | | | | | | | | | | | | |_|_|_|_|_l_| |  | | |:|.:|.:.:. |.:.:|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
.¨|l ̄  .||    | |:| ||    |::|||_」⊥-┴''|:| | | | | | | | | | | | | | | | 「 ¨¨¨¨¨| |  | | |:|oニニニ: |l   |: |.:.: | : :|: | |
 |[   ||    | |:| ||    |ニ‐¨_二¨-T丁|:|二二二二二二二二:| |TTTTTi| |  | | |:|.:|.:.:. |.:.:|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |             
`ヽ   ||_  | |:|_||__|ーT'| | | | | | |i |:|──|TTTTTTTTTT | |ZZZZZ| |  | | |:|└‐┴┘|l   | : \| : :|: | |
  ノ_,、≦_ ̄γ⌒ヽ、_ >| | | | | |_|」L|:|三三| | | | | | | | | | | | | ̄l冂Ti| |  | l ̄ ̄ ̄ ̄ ∨  |: : : :.:\|: | |
。く_|‐┐  ̄圦   }i=二ニ=‐┬二─i|:|三三|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |_l凵_| | |  | |        ∨ :|: : : : 匚]=|[|
 ̄_二- ̄`''<≧=‐∟...,,,_|_ ┘^^㍉ |:「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : | |  | ′         ´, :|: | \: : :.::| |
二─_>。,_、+'`        ,.。s≦イ|_|:| ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| l ̄ ̄ ̄| | |  |′        ´,|: | : : |`゙|: | |
┘ ̄           ,.。s≦-¨_,.-¨| |::::|: : | |: : : : | |: : : : | |:.: : : : :.:| | |  |           |: | : : |.:.:|: | |
          ,.。s≦=-~l:┌'".:.:.:.:.:| |::::|_| |__| |__| |_____| | |  |           |: | : : |.:.:|: | |
       .。s≦=- ̄.:.:.:.:.| :|.:/ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄,、:1_________|√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \|.:.:|: | |
    ,.。s≦=- ̄: : : :::。s≦| :|// ̄../`| ̄ ̄ ̄|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      .:.:.:.:           \ \|: | |
,。s≦=- ̄: : : : : 。s≦⌒::::::|: レ''"´: : :ノ|      |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       .:.:.:.:            \ ::::|_|

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 10話

目次 現行スレ

629 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/10(月) 19:52:51 ID:.P94WusUSa
.
よく似た他人で終わりたかった 10話

                __                        / ̄ ̄ ̄`\
                  _|(└)|_                   / / ̄ ̄ ̄\ \   『 とりあえず 幼い従兄弟に友達を家に連れてくるように進言した 』
 ┌────────| .ロ ロ ロ. |────────┐   / /          ヽ ヽ.
 |ロロロロ ロロロロ | .ロ ロ ロ. | ロロロロ ロロロロ|  〈_,/  田田  田田 ヘ,_〉
 ├‐,彡ミ、 ─‐,彡ミ、 ─|二二二二゙|‐,彡ミ、─‐ ,彡ミ、 ─┼iIIIIIIi=|   ____   |
 |彡彡ミロ 彡ミミミロ | | | ̄ ̄| | |彡从!ミミロ 彡ミミ」ロ |ニ|  ||,」   |´ 。|。 `|  |
 └─ノi{───j !i──|_|_|二二|_|_|─ノi{───j !i──┴┴┴┴┬┴‐┴‐┴┬┘
:::::::::::::::^`::::::::::::::´`^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::^`:::::::::::::::´`^:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.





            ____
          /      \
         / ─    ─ \    『 健気にも兄の負担になると言って当初は固辞していたが、そこは年の功
       /   (●)  (●)  \
       |      (__人__)     |              なんとかうまく言いくるめて近所の友人を連れて来させた 』
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 9話

目次 現行スレ

616 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/07(金) 02:09:50 ID:NZLZINhUSa
.
よく似た他人で終わりたかった 9話

                         , ー─ .、
                         /       \
                     /         ヽ    『 やらない夫との交流を再開して気づいたことがある 』
                   /             }
                               /
                   ,' (  ノ       /
                 ,   ̄ ヽ___ノ   ,.′
                    V            , '
                 _ハ 、        /
             -<:::::::{ヽ、 __, < _
        _ x<:::::::::::::::::::::ヽ    _/::::::::::`ヽ、_
      ,ィ ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::>-、
     /:::〃::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>.、
  , イ:::::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ
/:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧








.   /" ̄ ̄ ̄ ̄ |
  /           |      『 彼が文武両道の非情に優秀な模範学生でいられたのは
. /         |
. r――――――        記憶力が最新のコンピュータ並であるとか
 乂=三三三三三!      
 {三三三三三三|       どんなことでも容易く習得してしまう器用さを持ち合わせているからではない 』
  >‐========= /ト、、
  { {三三三三三/ /}
  乂ニニニニニ/ /
  三三三三三)/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 8話

目次 現行スレ

608 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/05(水) 23:38:00 ID:WmwoK.pISa
.
よく似た他人で終わりたかった 8話

                      l    ヽ            .}
                      |           u    |    『 男は自分が感情のままに放った言葉が
                      |   __ ___          |
             /´Y´Y´Y´i  丶      `      /|     従兄弟が弟に向ける感情を誤らせてしまったのではないかと危惧した 』
              ∧_」、.ノ、.ノ..ノ / )ヽ          /  |、
                /´   ー ``´ /  ゞ、. __  -=ニ´> '´  〉   『 その結果が大事になり己が親や親族に責められることを恐れた 』 
            {    '´ ̄` /  _ .. ‐ニヘ.  > '´  ./ \
           /  y   r‐'´  厂「ヽ.  > '´     /!    \
             /       /´   /' │∧. /|      /  |      Y
          /       /  r‐┘ ∠./∠i!│   ./   |        l   
.          /       /  / ̄`  r〈///!  /       \_ ._    |
         /       /_.∠.. _   / `フ´ |/     -‐ <´ ̄    |
        /       ∧    `   /´Y´       /     \     |                        『 ただ、それだけではない、が 』
.      , '      ,′ヽ      / /′     /         ∨  │
      /       'ヽ  \ 、/  ,i        /           .ハ  │
.     /        │ |!   !、/  ハニ=   /         /    j





                ,   ̄
            /       ヽ
.            |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)   『 男は一つ下の従兄弟に対して不快感とはまた違う、得体の知れなさを感じていた 』
              .|     (___人__)
            j         / ',
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 7話

目次 現行スレ

602 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/03(月) 01:36:33 ID:YNP2qq/gSa
.
よく似た他人で終わりたかった 7話


                  , ノ  、 、       
.                l(● ●)|            『 このふたりを
.                | (_人_) |     -  - 、
.                 ヽ    ノ   ./ (● ●)ヽ    ふたりだけ にするのは不味い 』
                   /    ヽ   ゝ(_人_) ノ
              ||    ||   /    ヽ
.                 (|      |)   (|      |)
              .し    J   ..し   J






             / ̄ ̄\
            / `ー    \    『 このままふたりきりだけの世界で完結してしまうのは
.         (●)(● )  u. |
          |  |    u  |           非常によくないという予感が男にはしていた 』
          l___`___     |
             {         |
          {      u. /
          __\     /リ 厂`'‐- .._
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 6話

目次 現行スレ

581 : ◆hrPgATdXSI : 2019/06/02(日) 01:31:21 ID:LekIFLXsSa
.
よく似た他人で終わりたかった 6話


                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \    『 従兄弟と再び打ち解けてから
                (ー)(ー )    |
                 |  |      |        男はとあることに気づいた 』
               |__`___    |
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{





.   /" ̄ ̄ ̄ ̄ |
  /           |      『 彼は異常な程に一つのことに前のめりになる性格のようだった 』
. /         |
. r――――――
 乂=三三三三三!      『 現在その対象は 生き残ったただ一人の家族である やる夫だ 』
 {三三三三三三|
  >‐========= /ト、、
  { {三三三三三/ /}
  乂ニニニニニ/ /
  三三三三三)/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 5話

目次 現行スレ

569 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/31(金) 23:28:54 ID:liyyNrcISa
.
よく似た他人で終わりたかった 5話

                              , ヘ、
                             /   .\
              ,,, .. ** ''' ゙゙゙i    /      \
          i ` ゙ .            i.  /.           \            ,,,
             i              i/                \,,, .. ** ''' .゙゙  ',       『 男は小説家になりたかった 』
           i             /                \           ',
              i          /                      \           ',
            i         \                          \           ',
               i.          \                     \         ',
             i                \                   /          ',
                i               i\                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
              i           ,,, .!  \/゙゙ ''・ 。         /|                 |
            i,,, .. ** ''' ゙゙゙      /       ゙ '・ 。   ./  .|                 |
                               /           ゙ '・゙。.   |                 |
                           /              ゙ '・ 。               |
                             /                 /.               |
                         /                 /                |
                           /                 /|                  |
                       /                 / .|                  |
                         /                 /  |                  |
                        ./                 /.   |                  |
                      ゙ '・ .                /    |                  |
                           ゙ '・ .          ./      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ゙ '・ .     /
                                    ゙ '・../
.

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 4話

目次 現行スレ

562 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/30(木) 01:49:27 ID:G82A1UeYSa
.
よく似た他人で終わりたかった 4話

||    ||   ̄|::|: |:| ||    |L.|||丁┬i ̄|:|TTTTTTTTTTTTTTTTTTT:| |========| ̄ ̄ ̄ ̄|=====ァ゚|¨| |
||    ||    |::|: |:| ||    |  ̄┴∟| |丁|:| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | l | |____|____|__/.:.:.|: | |
||    ||    |::|: |:| ||    |丁|T_   ̄ ┴|:|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| |\_________/.:.: .: .:|: | |  『 我ながら容易いと思いつつ
|| ̄”¨||¬…|::|: |:| ||    |⊥|_| 「|Ti|¨゙|ー|:|TTTTTTT| |丁丁丁丁丁丁丁| |  | |         ,/ :|.:.:.:.:/| |: | |
||    ||    |::|: |:| ||    l丁!T=‐¨┴⊥i|:|_|_|_|_|_|_|_|_| |⊥⊥⊥⊥⊥⊥⊥| |  | |         ,/ :|: /|.:.:| |: | |   男は従兄弟との仲を取り戻していった 』
||    ||    |::|: |:| ||    | | | | | | l丁Tー|:|二二二二i| |丁丁丁丁丁丁丁| |  | |______,/   |: |.:.:|/ |: | |
||    ||    |::|: |:| ||    | | | | | | |::| | |::|:| | | | | | | | | ||||||||| |  | |         |   |: |/ : : |: | |
=========::|:| ||    |丁'Tニニ¬=‐-|:|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| |  | |         |   |:.:_.:.┬'`|: | |
 |[   ||    | |:| ||    | | | | |:| ||丁|¨゙|:|┬┬|TTTTTTT_| | | | | | | | | l | |  | |         |   |: |.:.: | : :|: | |
 |[   ||    | |:| ||    |_|_|_|_|」」LLL..|:|┴┤| | | | | | | | | | | | |_|_|_|_|_l_| |  | | l二二二二l|   |: |.:.: | : :|: | |
 |[   ||    | |:| ||    |丁「:| ̄」二:|''l:|:|二二二二二二二二:| |TTTTT| |  | | |:|.:|¨¨゙|¨゙|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
 |[ _,,||  ==| |:| ||    |::|||¨|||||l:|:| | | | | | | | | | | | | | | | |_|_|_|_|_l_| |  | | |:|.:|.:.:. |.:.:|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
.¨|l ̄  .||    | |:| ||    |::|||_」⊥-┴''|:| | | | | | | | | | | | | | | | 「 ¨¨¨¨¨| |  | | |:|oニニニ: |l   |: |.:.: | : :|: | |
 |[   ||    | |:| ||    |ニ‐¨_二¨-T丁|:|二二二二二二二二:| |TTTTTi| |  | | |:|.:|.:.:. |.:.:|.:|l   |: |.:.: | : :|: | |
`ヽ   ||_  | |:|_||__|ーT'| | | | | | |i |:|──|TTTTTTTTTT | |ZZZZZ| |  | | |:|└‐┴┘|l   | : \| : :|: | |
  ノ_,、≦_ ̄γ⌒ヽ、_ >| | | | | |_|」L|:|三三| | | | | | | | | | | | | ̄l冂Ti| |  | l ̄ ̄ ̄ ̄ ∨  |: : : :.:\|: | |
。く_|‐┐  ̄圦   }i=二ニ=‐┬二─i|:|三三|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_| |_l凵_| | |  | |        ∨ :|: : : : 匚]=|[|
 ̄_二- ̄`''<≧=‐∟...,,,_|_ ┘^^㍉ |:「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ : | |  | ′         ´, :|: | \: : :.::| |
二─_>。,_、+'`        ,.。s≦イ|_|:| ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| l ̄ ̄ ̄| | |  |′        ´,|: | : : |`゙|: | |
┘ ̄           ,.。s≦-¨_,.-¨| |::::|: : | |: : : : | |: : : : | |:.: : : : :.:| | |  |           |: | : : |.:.:|: | |
          ,.。s≦=-~l:┌'".:.:.:.:.:| |::::|_| |__| |__| |_____| | |  |           |: | : : |.:.:|: | |
       .。s≦=- ̄.:.:.:.:.| :|.:/ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄,、:1_________|√ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \|.:.:|: | |
    ,.。s≦=- ̄: : : :::。s≦| :|// ̄../`| ̄ ̄ ̄|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      .:.:.:.:           \ \|: | |
,。s≦=- ̄: : : : : 。s≦⌒::::::|: レ''"´: : :ノ|      |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       .:.:.:.:            \ ::::|_|

やる夫の兄はブラコンのようです外伝 よく似た他人で終わりたかった 3話

目次 現行スレ

554 : ◆hrPgATdXSI : 2019/05/29(水) 02:59:58 ID:H63h7tYgSa
.
┌─────────────────┐
│よく似た他人で終わりたかった 3話  ....│
└─────────────────┘

                 __
               /     ヽ
              /       ヽ
              |         _r_-‐ 、        『 趣味というものが一切なかったんだ 』
              |        {==  ヽ.、_
              |      `⊂、  ,ノノ:::`::....、
              .', __    /  ̄`゙.、 ::::::::::::::::.、
                   r´..::::::::::....ヽム  _  ,゙ゞ::::::::::::::::}
             _/_,..-ー─ ‐‐ ´...::::::::::::: 'ヽ:::::::::::;::'      『 弟にそれではいけないと言われて 』
            ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::;/
.          ,ィ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::メ
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     『だから本を読んでみようと思って』          
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ             
       〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y´                     『昔みたいにまた貸して貰ってもいいかな?』
       /::::‘、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      i::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        i::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                    『 できない夫 にいさん 』
      i::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       i::::::::::::::::::/ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!





       | |    |    ||l ┬┐ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |   『 従兄弟はそう言いながら
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┴┘ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |    気恥ずかし気な様子で手土産を差し出して来た 』
       | |    |    ||___ :|:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |    |l ̄)/| |:::| _  __  _|| |   || |[]  ||      | |
       | |    |    |l/ /| |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |  ] :||/|  | |:::|______|| |   || |    ||      | |
       | |  ] :|    ||  |  | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. || |   || |    ||      | |
       | |    |    ||  |  | |           || |   || |    ||      | |
       | |    |    ||  |/|_|           ||_|__|| |    0コ    :| |
       | |    |    ||/ /               \. || |    ||      | |
       | |    |    ||/                  ||_|    ||      | |
       | |    |    ||                        \  :||      | |
       | |    |    ||                       \||      | |
       | |    |   /                            ||      | |
       | |    |/ /l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||      | |
       | |  / / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     | |
       | |./ / /    . :       ,.            .  .     \  :| |
       | | / /  '        ,  :.      ,,           \| |
       | | /     ,.             .                   | |

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 異世界からかえってきたやる夫君のお話 第2部 その9 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その3 (11/17)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ21「新たなカルトの芽生え」 その2 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第五話 「開催! N1グランプリ!」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 後編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第四話 「毒花の誘い」 前編 (11/17)
  • やる夫は光を目指すようです 第三話 「湧く泉にも水涸れあり」 後編 (11/17)
  • ワタシはファンタジーを否定する Episode 勿忘草 「 私を忘れないで 」 (11/17)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第47話 (11/17)
  • 国際的な小咄 5945 味噌饅頭は群馬が一番 (11/17)
  • 国際的な小咄 5944 朝鮮半島の立地の悲しさ (11/17)
  • 国際的な小咄 5943 龐煖 (11/17)
  • 国際的な小咄 5941~5942 ナイジェリア人の好み ~ 松阪は鳥の名産地 (11/17)
  • 国際的な小咄 5940 リゾートで有名な済州島 (11/17)
  • 国際的な小咄 5939 蛋と卵 (11/17)
  • <彼/彼女>の夢は覚めないようです 第十二話 前に進め (11/17)
  • やる夫とかがみは世界を探す 第十一章 終末の炎 その一 (11/17)
  • アメリカンヒーローアカデミア 34 (11/17)
  • やる夫のオウガバトル64 第4話 進むべき道 後編 (11/17)
  • アカガネ山のやる夫 お話その6:カミングアウト (11/17)
  • アカガネ山のやる夫 お話その5:女神の目覚め (11/17)
  • 国際的な小咄 5938 中国人笑顔 (11/17)
  • 国際的な小咄 5937 あれ? って思った(By韓国人) (11/17)
  • 国際的な小咄 5936 ちょっと待って、ここまで言われたのは初めて! (11/17)
  • 国際的な小咄 5935 親の得意料理 ~スイス~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5934 風邪になったら ~中国編~ (11/17)
  • 国際的な小咄 5933 他の大学の奴から聞いたトラブル (11/17)
  • やる夫はギルドを経営するようです 26話 出会いと別れとストーカー (11/17)
  • カーきゃん□ 19回目 「夏キャンに行こう 【まずは茅野までの旅路】 ~なでりん編②~」 (11/17)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第七話 「遭逢する幻界のイド」 (11/17)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 12 (11/17)
  • エデン 第四話:「私の想う幸せ」 (11/17)
  • 国際的な小咄 5932 一度イッチがハーレム物を書いたことがある (11/16)
  • 国際的な小咄 5931 もしもイッチが転生したら、という与太話 (11/16)
  • 国際的な小咄 5930 ギフテッド教育のいい点悪い点 (11/16)
  • 国際的な小咄 5929 韓国の服 (11/16)
  • 国際的な小咄 5928 二極化するやーつー (11/16)
  • 国際的な小咄 5927 少なくとも日本国内でのイスラムの見方に大きく影響を与えた事件 (11/16)
  • 目次 アカガネ山のやる夫 (11/16)
  • アカガネ山のやる夫 第3話 (11/16)
  • アカガネ山のやる夫 ちょっとした補足 (11/16)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 11 生死の問題 Part3 (11/16)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 197 《DAY202》 ~ 《DAY203》 (11/16)
  • 二人はヒャッハー世界の何でも屋 第17話 「人生、たまにははじけた方がいい」 (11/16)
  • 国際的な小咄 5926 米国の赤狩り ヒスパニック目線 (11/16)
  • 国際的な小咄 5925 実はこんなメールが来てた (11/16)
  • 国際的な小咄 5924 イスラムの国から買うならおすすめのも (11/16)
  • 国際的な小咄 5923 性的文化が違う (11/16)
  • 国際的な小咄 5922 オーストラリアから見たインドネシアと日本 (11/16)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/10)
    ※完結作品は9月中までに最終話が更新された作品を対象としています。 ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄
    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫はギルドを経営するようです4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    5あさねこの小話空間5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6異世界食堂できない夫
    7徳川RTA7やる夫はソロハンターのようです
    8女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝8やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    9やる夫は魔導を極めるようです9やる夫の野望
    10英雄を作ろう!10ローグライク異世界転生
    11できない子とSCP11召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    12ドクオが異世界転生したようです12レベルを上げるスレ
    13やる夫の伝説13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14ドラクエⅤの世界でビルダーズ14あんこくさい連合頑張る!
    15アメリカンヒーローアカデミア15金欠ほのぼの冒険物語
    16【新訳天庵記】やる☆おだ16やる夫はLVが上がらないようです
    17やる夫がロードバイクに乗るようです17オーバーあんこ
    18森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠18恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~
    19やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~19世紀末な世界で李氏朝鮮は世紀末まで生きのこれるのか!?
    20やる夫は魔女に支配されるようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21やる夫は竜の人財のようです21俺の息子は転生者
    22◆s90IbI9oR2の雑談etc所22食事処 ~やる夫の大釜~
    23やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。23やる夫はお金がすべての学校で生き残りをかけるようです
    24二人はヒャッハー世界の何でも屋24やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    25やる夫は人形使いと呼ばれるようです25証言と証拠は安価とあんこの後で
    26やるやらは偽りの太陽に祈るようです26STALKING!!
    27やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです27やる太は異世界日記を綴るようです
    28◆25NC1ovscM総合28やる夫、デビルサマナーになるってよ
    29魔女はやる夫になるようです29やらない夫の洞窟物語
    30カーきゃん□30女神が愛した白饅頭


    過去ログはこちら
    人気ページランキング(デイリー)


    ブログパーツ