スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
デイリーランキングの方の設定がいつのまにか変わっていた…?再設定しました。

ウィークリーのページランキングで使用していたサービスが完全に沈黙したもよう……。

そういえばいつのまにやらコメントの№が8万を突破
10万が先か一日400が先か


11/8 342
11/9 359
11/10 367
一日のコメント数がついにここまで……
400はいつ頃になるかなー?


PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome

非推奨
IE(Saitamaar適用、滲みあり。また開発が終了しているブラウザのため)

その他ブラウザは確認できていません。


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


安価・あんこ作品、及び雑談所作品のまとめ依頼の受付を自薦のみ再開します。
非安価作品についてはどなたでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
まだまとめられていない作品を優先しますので、その点はご了承ください。

スポンサーリンク
ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
PR
カテゴリ
カウンター
PV

UA


Online:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
忍者ツールズのアクセスランキングを利用していましたが、完全復旧せずサービス停止されるそうです。お疲れさまでした。

もうi2iさんぐらいしかないかな……?
スポンサーリンク

目次 国内的な小咄




・国内的な小咄



 国際的な小咄
 国際的な〇〇(ジョーク、トリビア等)


 ※国内的な小咄ができた経緯
  国際的な小咄 ちょっと目に余るしもろもろの事情があるから、お知らせ



高速絞り込み※都道府県名等で絞り込めます
宮城県 1 ごめんなさい、登米市
 2 降りるべき駅たち
和歌山県 3 和歌山のおすすめお寿司
栃木県 4 そもそも宇都宮って……
千葉県 5 うそぉっ!? なんで?
大阪府 6 大阪の水道水
奈良県 7 奈良にうまいものあり
埼玉県 8 川越に何があった!?
北海道 9 石狩市へのいき方
東京都 10 小平市は
長崎県 11 島原、我が幼き日よ
和歌山県 12 特に苦行と思ったことはない、むしろあり(某CM風に)
北海道 13 こうするわ
大阪府 14 堺という場所
高知県 15 宿毛はなぁ……
埼玉県 16 小江戸の十三里
岩手県 17 久慈の街
佐賀県 18 鳥栖かな?
兵庫県 19 灘の酒
大阪府 20 大阪のうどん
大阪府 21 堺の強さ
高知 22 高知の酒
 おまけ 体が軽い……(以下略)もう何も怖くない!
佐賀県 23 歩いてみると、便利だと思った(コナミ)
岩手県 24 岩手内陸と岩手海岸
福島県 25 いわきなら
 26 特殊イベント:スレ民の居住、出身地調査
 おまけ ちな大体の目安
北海道 27 札幌から旭川
 28 北陸を東西で分割
 29 山陰本線の恐ろしい場所
大分県 30 大分観光
新潟県 31 上越のススメ
京都府 32 府内府外、理不尽
 33 あくまでも個人的な感想ですが、味覚の幅が広い人の特徴
福井県 34 敦賀、いいよね
北海道 35 北海道の地域区分
京都府 36 京都南部の人もいったげて……
群馬県 37 あんまり県外者からの評判はよくないけど私は好きです
福井県 38 越前なのに嶺南という立地
滋賀県 39 コナンはね……
新潟県 40 新潟の扱いは、困る
埼玉県 41 越谷はね……
山口県 42 山口土産たち
長野県 43 確かに松本は歌ってるかも
群馬県 44 イチゴもんじゃという恐怖
岐阜県 45 養老鉄道終点
秋田県 46 ちなみに私は一緒派です
奈良県 47 奈良の南の果て
 48 差が大きいですよねー
佐賀県 49 小城羊羹やな
 50 人立ち入らぬ地
愛媛県 51 伊予市は
 52 私の好きな路面電車
島根県 53 島根の道路事情
 ネタ集め用
青森県 54 昆布羊羹
 55 N高
愛媛県 56 愛媛の二つの鯛めし
 57 あくまでもこのスレのイッチの田舎の駅の定義
 58 本州の果てまで
大阪府 59 大阪の隠れた名所
岐阜県 長野県 60 飛騨北信の街は
青森県 61 あれ?
北海道 62 え???
兵庫県 63 丹波篠山のカオス
広島県 64 マスコットキャラぁ!
岡山県 65 岡山駅に行くときには、でかいバッグを持っていく事推奨
宮城県 66 石巻駅は……
 67 中山道周辺を車で行くと
 68 一度旅スレを作ろうとしたことがある
宮城県 69 女川に行った
滋賀県 70 近江鉄道豆知識
京都府 71 山陰本線の本領発揮
神奈川県 72 小田原での旨いもの
 73 コロッケそばには確かに
北海道 74 新千歳から釧路
 75 一応……あの区間は
宮城県 76 登米無双
愛知県 77 犬山は……
宮崎県 78 1000人殺し
埼玉県 79 志木市は
 80 西と東の麺つゆ
高知県 81 高知城



※表示調整中
[ 2020/04/02 20:06 ] 目次 | TB(0) | CM(3)

目次 BATTLE NETWORK 反乱のプロト




 劇場版

 ''llll''''lll,,    ,lll,   lll'''llll''''lll ll'''llll''''lll 'llll''    'lllll'''''''lll,     ''llll,  ''lll'' 'llll''''''''lll lll'''llll''''lll ''llll''lllll' 'lll''  ,lll''lll,, 'lllll''''lll,, ''llll' llll'''
  lll  llll   ll'llll   ' llll  '  llll  ' llll     llll         lll'lll,  ll  llll    '' llll  '  lll, llll, ll  llll'  'lll, llll  llll' llll ,,ll''
  lll'''lllll,   ,lll,,lllll     llll     lll    lll     llll''''''lll      lll lll,, lll lllll'''''lll    llll   'llll,llllll,ll'  llll   lll llllllllll'''  lllllllll,,
  lll  ,lll' ,ll'  'llll,    lll     llll   llll   ,, llll   ,    lll  'lllllll lllll   ,   llll     llllll'llllll   'lll,  ,lll' llll llll,   lll 'lll,
  ;;llllllllll'' llll,   llllll,  llllllll,   llllllll,  llllllllllllllll lllllllllllllllll     llllll,  'llll llllllllllllllll   lllllll,    llll' llll'   '''lllllll'' lllllll, lllll, llllll, llllll,

                                 ┏                                 ┓
                                 ┃     ―― やる夫達は光を目指すようです ――     ┃
                                 ┗                                 ┛

    ー―――――'´"' 、  ---― ´ヽ. -
.     |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ー┐ 「 ̄ . | |                          {{ニ}}                  ,llll,,,
.     l └―――'´"' 、.   ┌─┘ └へ | |                  l,,,,,,,,,,,,,,,,lllllllllllllll''   ,,,     ,,,,,,,,,,,,,      llllll'
.     |  |~ヽ ヽ ̄/ /'     ̄ ̄|  |    | |                  ''''''''''''''''' lllllll''    'llllllllllllllll''''''lllllll'     llllll
.    / /  ヽ ∨ /     iー┘ レ、 | |        >''¨ ̄`'寸         .,lllllll'     'llllll,     llllll'     lllllllllllllll,,,,,
   / /     〉 .<        |  | ̄|  | ..| |  ∧  .../ ,ィ /`ヽ ゙寸       .,,llllll''       lllllll     ,llllll'      llllll  ''llll''
.  / /   //\\      |  |_|  | ..| |_/ |   .〈 〈/ ./  ノ  ノ      .,,,llllll''         llllllllllllllllllllllllll      lllllll
 〈__ノ  <_/   \_> .|_i―i_ii 人____ノ   \_/ _/_,。s'     ,llllll''''                       lllllll
                                              ''                       '''''



                                _     _ -──
                                   ',、`ヽ `丶 /   /  /}
                 r..、              ', 、',\l   l/  /_ イ  l
                 |::::|              ',:丶 丶   / ̄  /  /
        {ヽ       |::::|               _l:::::l 、 .ー    /  /-‐7
          、\.   |::::|             マ::::`丶ニl  `ー- __/  /::l::::::/
         \\ _乂:人 _          .マ::::::::::::::{ヽ 、_ー-- _∠__‐ 、_/__
     ____.)::::::::_ -‐::::::::::` ___      マ:::::::「弋l|弋ソ〉<_/`ヽ ヘ _ -‐ ´
    (____:::::::/:::::::::::/:::::::::__)- _   _ -≦`ヽ:ヘ丶  /〈ッ7/ ',   ヘ::`丶
           ):::::::::::::::丶_/:::::::::::::::::::::`丶   \ マヘ 、 ‐ァ _-─ ´`丶ヘ ̄
          /::_、_、::::::ノ  \:::::::::::::::::::::::::::`ー〉 、〉 、}ー ァ≦ヘ     丶',
          /::/     ̄       `ー、 _、_ /{/ /::::::l ̄ニニニ\
         (_/             /:::::::::::::::_ - .、ノ:::/ノ`ヽ \ニニ\
                     / l_ -‐ /::::丶l/ (◎ム  \ニニ\
                    /:::l_ -‐..::::::::::、/丶ゝ _ノ、/   lニニニ\
                   /\ ::::┌─‐_ ‐      ̄丶  ̄`丶 ` <ニニヘ
                   \ \r─- 、l          丶\、_} 、  ` <l
                  /::.、 \ <>〕 }]          |_ 、丶ノ
                 {::::::::::::::: `ー─ 'ヘ             ̄
                     弋/ ̄`丶::::\-、::{`丶
                  ∨   l丶::::丶:\  `丶
                    ∨  l  、\:ヘ:::::\   \
                     丶 l  丶',::ヘ- _::`ー─-丶



やる夫は光を目指すようです


Chapter 1 繋がった未来
Chapter 2 逢魔の未来
Chapter 3 破滅の未来



恩讐不要のブラウニアンモーション プロローグ 「円環脱出のリスタート」



[ 2020/04/01 22:13 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 ボンドルドは未来を見届けたいようです





                        _ -‐……‐-  _   }{\
                       - ::::::::::::::::::::::::::: \:::\ }{ }{
                        /::::::::::::::::::::::/ ::::::::::: \::ヽ]{ }{
                  /::::::::_ -‐…<:::::::::::::::::::::::::::\:::\ハ
                 个:::::::√::::::::::::):iハ::::::::::::::::::::::::::::::V:::::}{
                      V//∧:::::::<:i:i:i:iノ::::\:::::::::::::::::::::::V:i:{l
    -‐…‐-  _         }////≧=‐‐=彡':::::::::::):、:::::::::::::::::: V:{l
  /::::::::::::::::::::::::::::::\\ニ=‐=入'//////////////:::::\:::::::::::::::::}i{l
<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \\:::::::::::::\{ニニ\ ///∥::::::::::::::\:::::::::::,'リ
:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::\ニニ}'//,∥::::::::::::::::::: `、:::://
:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V∧:::::::::::::::::[\ニノ//∥::::::::::::::::::::::::::∨/
:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::'//, ::::::::::::: [:i:i:i\///\::::::::::::::::::::::://
::::/ ̄ ̄\:::::::::::::::::::::::::::::::'//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i\//∧::::::::::::::: //
‐ニニニニニ}::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:∨/∧:::::::::, ', '
ニニニニニフ:::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\'/,\, ', '
ニニニニ/ ::::::::::::::::::::::::::::: }//}::::::::::::::::[:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/::::}><_/、
二ニニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }//}:::::::::::::::八:i:i:i:i:i:i /::::: }/}{:::::::::`、
ニ‐ ̄:::::::::::::::::::/ ̄\:::::::: }//,:::::::::::::√:i:i:i:i:i:i:/{ ::::: }/}{::::::::::::::.
::::::::::::::::::::::: /ニニニ‐_:::::::V/∧::::::::√_::i:i:/ii{ ::::: }/}{::::::::::::人
:::::::::::::::::::/ニニニニニ}::::::::V/∧::: √} }'∨:i:i:{ : : ノ/}{::::::::::::::::::\
:::::::::::::/ニニニニニニ7:::::/ ̄`ヽ:√:} } イ:i:i:i{/ . /}{::::::::::::::::::::/}{
:::::::/ニニニニニニ/:::::/ / ̄\√ ' '  〉:i:///イ:::}{:::::::::::::::::/ 八
:/ニニニニニニ/::::::::::' ,'\/ヽ{    /:i∥ ̄`}{:: }{::::::::::::::/::::::::: \
‐ニニニニニニ/::::::::::::: { {/ ̄ ̄ ̄\/:i:i:}{/\/}{:: }{::::::::::::::::::::::::::::::::}\



・ボンドルドは未来を見届けたいようです

第一話「黎明卿」
第二話「メアリー」
第三話「KKDK」
第四話「即決行動」
第五話
第六話
第七話
第八話
第九話
第十話
第十一話
第十二話
第十三話
第十四話



[ 2020/03/21 13:15 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです





                          r-、  ,.-1
                         |  ` ´   |
                      ノ         {
                     r'´          `ヽ
                     'ー,.ー 、   ,r -─'
                     , '⌒f'ヘ   / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     , '⌒ソ   `ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     , '⌒ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     , '⌒ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::+:::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::
                    , '⌒ソ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              , ´ ̄`´ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::
                /        l-─‐-  ,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<  >::::::キラッ…
                  |             `ヽ、 ;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::
                ' 、          ;=;  _ \ ;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             , '`'          |J|  lfi!  '、;;;;::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /       ⊂⊃  |:::j  |::|   ',;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ,'                `'´  じ   ト、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            l              にヽ  f'⊃ ! ', ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             ,ノl             ゙、_ソ     |  i ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /  '、               _ ‐ ´  ̄`'く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        /    '、               , - ´       l :::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         f     ヽ           /             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          !        \      , '              /
          ヽ、__  --' ´ヽ、   /             /
                     ` ┤           /
                         ヽ、___  - ´
      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ∧(0) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(0)∧
<><◇>>         やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです         <<◇><>
   ∨(0)_________________________________(0)∨
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



第1話【ピンクは淫乱】
第2話【ピンクはアホの子】
第3話【ピンクは気怠げ】
第4話【ピンクは残念】
第5話【ピンクの勇者様】
キャラクターステータス
第6話【ピンクの転生者】
第6話【ピンクの転生者】
第7話【ピンクと宝箱】
第8話【ピンクとペット】
エイプリルフール特別リクエスト企画



[ 2020/03/17 21:14 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 カリブの海と海賊たちのはなし





              ____        ( ;;;;(           ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            /    `丶       ) ;;;;)
            /         ヽ、   /;;/                カリブの海と海賊たちのはなし
        __   ヘ         ;   ;;,´
      /     ヘ.        , ィ─                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
    /⌒  /   ∧     ./
   (/     λ  ゝyi   、_イ   ∧
    iハ         ミ ノY⌒7yス7` 、 λ
    `、\        ノr- ミ ミミwy\`ー"`ー  ァ、
    ∨         ハ  イ \ \∨i=─ーγ "`Ty" ̄__ニニヽ-、
    \  \      ∧   彳ー一ミ彡ヽ___>"⌒\‐ーーー`ゝ 〃γ
      Y三ニニニニニニニニλ //   キク ̄_`i___ィ_/__   >イ⌒`\
       7二二二二二二入    //i=一ー"   j i γ"::::::::::::::::::::::::ヘ
       | | | |i    | |i`ー‐‐‐"`' | i   ̄ ̄ ̄〃⌒}:::::::::::::::_λ_ ∧
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i イ"::::::::::::::::::ヘ::::\
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i::::::::::::::::::::/:::::::ハ:::::.\
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i-ー── ィ:::::::::::::.∧:::::::\
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i     i!∧:::::::::::::ヘ:::::::..\
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i:  :::::::::j  ハ::::::::::::::::\:::.::.へ
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i ::::::彡ili    ヘ::::::::::::::::\:::::イ
       | | | |i    | |i      .| i       │ |i:::::::/〃|    \::::::::::::::::Y"⌒ゝ、
      (.| | | |i    | |i      .| i       │ |i:/ 〆|イ     \::::::::::::::::\   ⌒ィ
       ミミ二二二二二二二二二二二二二二二二二二イ"  | |      ∧::::::::::::::::::イトー─"
       | |≠ー──────────────| ト/   .| ∥       ヽー+" ̄ \
       | |F三三三三三三三三三三三三三三三7| |     | ||          i|ィ∠___ /



プロローグ 「カリブの海賊のはなし」

第一話 「キャプテン・キッドのはなし」
その1 その2 その3

閑話1 「キッドについての諸々のはなし」

第二話 「黒髭ティーチのはなし」
その1 その2 小ネタ その3 その4 その5

閑話2 「黒髭編補足」

第三話 「女海賊アンとメアリーのはなし」
その1 その2 その3 その4 その5

閑話3 「1~3話を年表で総まとめ!」
閑話3おまけ 「海賊は山賊よりカッコイイ?」

第四話 「チャールズ・ヴェインのはなし」
その1 その2 その3 その4 その5

閑話4 「???」

第五話 「ハウェル・デイヴィスのはなし」
その1 小ネタ その2 その3 その3.5(補足) その4
第五話 「ハウェル・デイヴィスのはなし」 その5

航海士について
閑話5 「アフリカ良いとこ一度はおいで」

最終話 「バーソロミュー・ロバーツのはなし」
その1 その2 その3 おまけ その4 その5 その6前編 その6後編 その7 その8前編 その8後編

エピローグ 「カリブの海賊のおわり」
★あとがき的なもの



[ 2020/03/16 23:33 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 ドルティー・マリー婦人の末路を知る者は誰もいない セレクションズ





                       ,;ィ=)_{:::::::::::::::::::://ノ::::::::::::::ヽ
                       /::::::::::〕l::::::::::::::::::/f、}::;;;、ヒミ=ァニ辷っ
                      ノ::::::::::弋、:::::::::::::::{`<彡''"::::::::::::::::::::l
                   r^i_r辷f二にミゞ、::r=ァ/::::::::::::::::::::::::::::::::::l__
                    >'":::::::::::::::::::::::::::>斗-ミr、-r、-r、;;;:::::::::::::}、{ト、r、__
                    i::::::::::::::::::::>f"{rソ: : : : : 弋、`´`ミfこミ、j:::::::>...(ゝf`ヽ、 __
                        i:::::::::>1ァ彡^: : : : : )ハ: : : ゙ク\::::::::::::`''`::::::::::::::::::::>ト、>\
                    }:/{j''": : : : : : :/ : : : : }: : : :`ヽf、.ト、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ{ミメ`ヽ:
                   /弋_r/: : : : : : : :j!: : /: : :ト、 : {: : : : :`ー^ミ、_〈r-〉-ァ-r--ッ、;;;;;:::::::::::>こ=≦乙ノ
                  r、7/:::/ : : : : /: : :;{ : /: : }:7"\゙、: : : : : : : : : :゙、`ー"^ー‐┘^ー-⌒ー-<`ヽ、::::::::
                  ワ,/:::::j!: :/: : j! : i/"V: : :ノリ ,,.:xzxァ ノ : :} : : : { `、             寸ト、:::::
                 /`7:::::::j! /: : : {: : l-‐,,j! :,イ "弋多'レ": : :;': : : 人: }              \ト\
                 rノ`/:::::::::{:∧ : : : :ミf气l|{:/ ヽ   "“゙/: : : / : : : : : ヾ                   寸
                /ト/:::::::::::::i{::::∨: : : :ト、゙゙"      ,.イ:/ /: : : : } : : :ハ
                   /                 メ/:::::::::::::::::::/!: : : : :人 : >....__ _,{..へ: : : : : : :/: : : : ノ  末路を知る者は
                 /`/::::::::::::::::/rシ{ : : :λ: : :`ー..、 / -、Yi_{、.._: ノ: : : /            誰もいない
            ィrノ/:::::::::::::>''>''"  ゝ: : _>-‐-、:/ ノ弋ij./::::::/-‐<''"          セレクションズ
           ∠ ,イ::::::>イシ´     l;:;:;:;lr-〉/  j!,..::' /、:::::::ヽ   ヽ-~、ヘ-、
     __...、__r-‐ァ<∠:::ィr''"ン         i;:;:;:r' {   ノ  ノ { ゞ_:ノ         Y[;:;゙、
 r‐''辷彡┴‐┴彡"マ>-‐''             i;:;:;{fヽi  -r'"/: : ゙、: :`ー-..._       i ヘ:;゙,
イ彡''"::::::::::>ィ/'"               ノ;:;:;:;:く {-‐ア:::〉廴: : : : : : : : :`ヽ    ゙;.〔:∧
::::::::::::::::;ィ>/               /;:;:;:;:;:;:;: ゙;/∠゙、   ̄ {~)ノ) : : : }       ;-{:;∧           r'"
::::::::::/ヒ>                   (;:;:;:;:;:;:;:;:; /::/:::::::::゙、   ヽ : : _ノノ\     ゙;_(:;:;:`ヽ、  _..  r'''"シイ,.ィ
:::::/メ'"                  `ヽ、;:;:;:;: ヽニV ̄ ̄ ゙、  、_))-イ    ト、   i_}:;:;:;:;:;:;〉-) <彡7>''" :::
:::/_7                       ヽ;:;:;:;:;:; ∨   }ハ    i、>< !;:;ヽ  i〔:;:;:;:;:;/-‐'''":::::::::::::::::::::::::
〃                            廴j~辷f゙}`ヽ、/::/、   !:`、>{/                         /}>''"\\/:::::/::::{、  !;:;:;゙、>/                    _,,、{二) ̄,ィく ∠;;;;;;;;;::::::\ヾ/ ̄ノ、 \l;:;:;:;:;゙、X!:;:;:;:;:;i:;r、fT'"::::::::::ノ ノ::ハ 、ヾ、
              _,,..イ}_{ノ}_,,〈-‐''"~㌢乙^辷__<''廴=`ト-イ;:;:;:`ヽ{;:;:;:;:;:;゙,xi;:;:;:;:;:i   l7ニ辷/ /:::::::人f}r}リ
            、}フ}斗''"::::::::::::::::://          ゙、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ!;:;:;:;:;i   i   j!/::::::::::::::::::i::ハ
           /< /::::::::::::::::::::::::::/レf            〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l  _i_/::::::::::::::::::::::}:::::!
        ,.ィトノ}/::::::::::::::::::::::::::::::::{ .rノ           ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{ ''" /:::::::::::::::::::::::::::j::::::i
        / `>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙、{ハ   __   _,ィ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::j!::::::ト
        L}ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::__::::-‐''" ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ィ'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::
        f jレj:::::::::::-‐''" ̄ ̄::::`ー----:::::::::---‐―:::::::::7;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/::::::::;;::'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::
ー‐---.....__}_;:斗'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;ィ;:;:;:;:;:;:;/::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::
::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::>::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:''"::::::::::;:;:;:;:;::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j:::::
:゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;::::::::::::::::::::::::::::;:;::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j!:::::
,:,゙、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j!::::::
:,:,:,゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::λ:::::
:,:,:,:,i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::--‐‐:::::::'''"::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::__:::-‐''つ/::::i:::::



予告編
第1話 1976年「ドルティー・マリー婦人は賭博に快楽を見出す」
第2話 1524年「ドルティー・マリー婦人は財宝探しの虜となる」
第3話 1738年「ドルティー・マリー婦人は至高の料理に舌鼓を打つ」
番外編 1625年「新年初日のドルティー・マリー婦人」
第4話 1211年「ドルティー・マリー婦人はとある付き人の一生に寄り添う」Cradle
第5話 1211年「ドルティー・マリー婦人はとある付き人の一生に寄り添う」Graveyard
番外編 1877年「2月14日のドルティー・マリー婦人」
番外編 2014年「雛祭りのドルティー・マリー婦人」
番外編
第6話 1434年「ドルティー・マリー婦人は自らの幸せを共有する」Seven Witches
第6話 1434年「ドルティー・マリー婦人は自らの幸せを共有する」Hidden Bishop
第6話 1434年「ドルティー・マリー婦人は自らの幸せを共有する」Happiness Sharing



[ 2020/03/14 19:50 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 やる夫で学ぶ近世騎兵





  イ\
   \\
    \\
      \\
         .\\                     ,,,,,,             l
         .\\                 .ゞ/             .ll
          .\\                 彡(_)             ll
               /Uヘ          彡彡/」,,            .ll
               ヘ _]ノノ\         .,イ   ハ             ll
                    ヘ  丿\      アll'"~,"'メ             ll           ,,,,,,,        yaruo de manabu early modern cavalry
                ̄\  . \ ===┐ゞr'''"''」ミ彡          ===         ゞ;/          や る 夫 で 学 ぶ 近 世 騎 兵
                      \  /;;;//二ヒ」l勺ミミ彡彡      _.、''"(l__} Oヘ    ∩"'・。,
                   ミ彡彡彡 .\ ノノ │`ー-‐''ll===┐      .「 _.、'"b''ll└(二lヘ  ノ_」!i!i!i/   .★このスレは近世騎兵について学ぶスレです。
                 ミ彡''/ア゚彡彡 イ ││   iソ⌒メ ゞ/___    .l イ_,..-',i''   八ヘol r」ァ/
               //\「」=:::::\彡彡\ ___,,。s≦メ  」 l)!i!i!i/   ヘ  ゞ,,'''t   l ̄ ==ゞ"<」ミミ    ★いくつか文献を使いますが、
             /////人ノ:::::::::ヘ┌-- /  丶___))┘ノ____」   ,,彡〕└=='''=イ0」 / -三ll三l==ミミ    そこまで真に受けないように願います。
           /\\∥ノ:::::::::://彡ヘィ"///ヘ /l ヘ_」ミミ__ ,,.¬/ァ彡彡 ∥ チヘ ,...,/l三/ l ヽミ
          ゞ:::::.\\::::::::::/ / 彡彡//.:.:.:.ヘ ヘ  ィ「 -「ァ=/ /ァ ll ミ彡ミ//≦」└l  l/ /`゙・+ 」   ★勢い更新です。時たま質問をするので、
           ヘ__ ノ\二/_/:::::::ヘ⌒l彡.:.:..:.:.:│ 」_,.、lぃ/∥/-=┐ノ.;.;.ミ彡彡 / .L'''」⊃**,..勺/     答えていただければ嬉しいです。
               ノ::::ll::::::::::::::::ヘ!!!!ヘ彡.:.:.:.ソ /!!!!!!!ヘ// ゞ==/:;:;\.;.;彡 ̄l ,*  ヘ``~ll)
                    │:ll:::::::::__/ ≦ヘ ==ll--┘./'.,,!!!!L 彡彡ミミ:;:;:;:ll:;:;:ミ彡ミ ///l   ヘi.:.:.:.\ ''・。   彡彡ミミ
                   ./:::ll::::::: / ()┌└---ll ハ ) ", ll''・。彡彡ミミミミミ:;:;:;:│.:.:.│/ ノ    ヘi.:.:.:.:.ll  lミミ彡彡彡ミミミ
                  .│::ll:::::ノ () /イ!!!!ll!i!i!i!i!./,!!!",!!!ll:::::",:;:;:;:;:;ミミミミミ L /ノ」/ll     _,.ヘi 」 j  彡彡   ミミミ
                  . l`ー‐'゛ () メ/::::ヽ」l!i!i!i!/``'~ ll:::::::ヽ l:;:;:;:;:;:;:;.ミミミ ヘ!i!i!ヘ====**''" l!i!.│/
                    ヘ(  )) メ/:::::::│l!i!i!i./``'~、、ll:::::│ ヘ:;:;:l:;:;:;:;:;ll   _ヘ,.'"( # ))  /  〕!i! l
                 ,.。*'ヘ ll  メ/::::::::::::ノr⌒〈::::::::::::ヘ::::::::::::l/ _ノヘ l:;:;:;:/ -‐''"_,.*!i!i!ゞ ヘ / / )。+・+
                  ̄ ̄l ヘメ/:::::,,, ノヘll,.._。+・・+ - ll::::::::::│/  〕 /   └--- ヘ  /  ┘└===
                 l::::ノ::::./   ヘ----‐''"  \:::::〔   / /     〕 /  ヘ/ (  / /
                (ハ::::/      ヘll::::\   └:::::ヘ  ∥ l     / <   \  /  (
               │ │           〕:::::/     l  / / 〔    ヘ /      l ヘ
               .ノ::::/            /::::/     .l::::/ ヘ                /____」
                    /::::(         L /       )  ヘ
                   l  」          /===



第一話 騎兵って当て馬的な印象が強いよね(印象論)
第二話 騎兵の本領 騎兵の迷走
雑談
第三話 近世欧州、意外な国が列強やってて驚くよね
~おまけ~ 火力騎兵について
~即興雑談ネタ~
第四話 グスタヴ・アドルフの騎兵 前編
雑談 騎兵の高価さについて 他
第四話 グスタヴ・アドルフの騎兵 後編
小ネタ 異世界騎兵転生!~馬が居ない世界での騎兵蹂躙生活~
小ネタ 騎兵欲を満たせるゲーム紹介
埋めネタ やる夫のハルスベリヤ叙事詩2



[ 2020/03/06 22:29 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです




【古代中国】やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです【春秋時代】


                   |\∧/|
                   |___|
                 /     \
               /  ⌒  ⌒  \
              /   (⌒)  (⌒)   \/⌒)
         (@)  |      (__人__)      |ニニア
          || __\     `⌒´    ,/:::::::::/
          ||⌒||::::::::::: ̄\\   // ̄:::::::::::::/
          ||ーイ|:::::;;;;::::::::::::| |  | |:::::::::::::::/
          ||  ` ̄.ヽ::::::::::| |>x<| |::::::::/
          ||   /::::::::::/ /.   \:::::::\
          ||  /::::::::;;;;;;;/  ̄\ ヽニニニヽ
          v   ̄ ̄\_     |/
                 _ノ \___)
               (    _/
                |_ノ''



プロローグ
1話・股肱の臣
2話・母と弟(前編)
2話・母と弟(後編)
3話・王との確執
4話・大義滅親[
5話・軍事強国[
6話・覇者への道
7話・天の意思
8話・諸国騒乱
9話・周鄭決裂
10話・繻葛の戦い
最終話・覇者を継ぐもの



[ 2020/03/05 04:16 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 やる夫たちでソードワールド





                  , ‐ <  ̄ `ヽ、
               , イ    、 - 、    ヽ
               ,イ  ,イ ',  、 ヽ、`,  ', .ヘ
             /  /  .i i  ',、  ', i  i  ',
            ./ / /   / i!  ! ',  ! !、,.イ   !
            i / /   / /!   !i!.', ! .iべ'! i  !
            i i /  ,イ / !, /,i!"!/-,ァ  ! !i! !
              ', ',i  /_!/.ヽ.,' / イ::0:ノ  ! ! !;;;;!
              ', i / ヾ,弋;)イ   ` ´/  / !ノ;;!;,'   ところで我の出番はまだか?
             ',リ'、ヽ i   `   , ./ __ノ-.、;;!;/
                '、 `ゝ>   ̄_.,イ/、:.:.:.:.:.:.`'、、
             , ー‐、ヽ、ニニ!=i .i!ヘ_'、:.:.:.:.:.ベ、ヽ、
     _     __,イ 三 三', ヽ、 !、ー、' i:ゝ-/;;;();;ヽ,>、
    .,'"ノイ_゙) ,イニニ,'、三 三i   `i!i!' 、.',ノ〈l',.i三.三三',ニソ
   / .,!イ ,イ-、.!_ ゝ--、.ヽ、-、i    i!i!:.:、、i !:',i!!三三三,,,',イ
    ! i  !  ,イ ,)_ , --、  ''ソー--.i!i!:.//,ヘ'.:.',i!'´ ヽ三! ',
   ',‐'ー'‐-.!、__i,:.:.:.:!,、 ミ、__,イ.    i!i!:.!.!,!、.、__i!i',   ゙  .',
    `ー--,-、_,.イ:!/!   /.      i!i!":.ヾイヽ:.i!i!',      ノi_
       ',゙'ー-<三!ヽ/ヽ、_   .i!i!:.:.:.,、!,!,!:.:i!i-ヽ,   /!:.!:.:.',
        ',、-三>イ./!'゙ソ、--, 三三.!:.:., ー―-- 、.,'゙ー‐イ.--':.:.:.',
          ゝ、 ___ ノイ  /ニ,> '"     -、  ',!三三.三.三i!',
             ,.イ_ , イ"         i.!      !、三三三三iノ
            ,イ ,イ//     ,'  ̄ ̄ ゙',       ',、', ,、 .',
          ,イ _./:.:.!i     i!     ,'       ',ヾ・ヽ-ゝ,
         ,イ ヽ'・!:.:.:i i     .,'     ,'         ',.!i,    ',
          /    ,イ:.//     ,'       i         !i!',、__ .',
       / ,-‐イ: :!:!/     !     !        ,'i!',:'、: ', ',
       / /: :/; ; ; !!、       !     ',        ,'.i!; ',:ヽ:.', ',
      ,イ__/: : i ; ; ; ヾ,:ヽ、.   ',      ',        ,'/ ; ; ', : : ', !
      !: : : : : i; _; j‐ヾ、:>.、 __!      ,'!‐-----‐i-、; ;iヽ!: : : `ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ディアーチェ:
┃   やる夫たちでソードワールド のスレによく来たな
┃   このスレはTRPG・ソードワールド2.0を元にしている
┃   基本安価は2分後、戦闘安価は5分後のものを採用しているぞ
┃   初めての者でも気楽に参加していくとよい、我が許す
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━───


やらない夫が霧の街を攻略するようです
やる夫は妖精郷を旅するようです
やらない夫は小さな村の冒険者のようです
できる夫達は呪われた地で抗うようです


やる夫は欲望を満たすようです
予告編

         10

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

21 22 23


常識的な軍師と非常識な団長(仮)
予告編

         10


小ネタ クイックローダー
小ネタ ~ 支援絵
小ネタ ウォーリーだー技能



[ 2020/03/02 22:56 ] 目次 | TB(0) | CM(0)

目次 やる夫は学園生活を楽しむようです





                     ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
 .    ,   " . .   ,,       ,,,   '. .       ,,  .   ''     " ,   .     .



・やる夫は学園生活を楽しむようです

1話 大学への誘い  ーInvitation to the Universityー
2話 友達の作り方  ーMaking friendsー
3話 認知する世界 -World recognition-
4話 僕たちの両手は
5話 オリエンテーションー1 ー始まりの合図ー
6話 オリエンテーションー2 僕たちの瞳
7話 オリエンテーションー3 君の目から見えた温かい風景 1-Cルート ルルーシュ・ルイズ編 「ジョブチェンジ」
7話 オリエンテーションー3 君の目から見えた温かい風景 1-Eルート 当麻・刹那編 「“刹那”主義」
7話 オリエンテーションー3 君の目から見えた温かい風景 1-D ルート のび太・ミク編 「この青い空は綺麗ですね」
7話 オリエンテーションー3 君の目から見えた温かい風景 1-B ルート やらない夫・きらきー編 「月が綺麗ですね」
7話 オリエンテーションー3 君の目から見えた温かい風景 1-Aルート やる夫・さやか編 「じぶんらしさ」
8話 気持ちの置き場所 Aルート 月・梓 「TWO」
8話 気持ちの置き場所 2-B カミーユ・ナギルート
9話 “表ルート” いつもの日常
小ネタ① やる夫の高校時代!
10話 “裏ルート” 蜻蛉
11話 適度な距離感
12話 何もない日常
13話 half time
14話 交流という名の絆
15話 土台作り
16話
17話 さやかの毒性学講座
18話 ある大学の日常風景
19話 交換生が決まったよ ~ 20話 話二階の規律
21話 三階・四階の規
22話 やる夫家に帰る
23話 大学の始まり
24話
25話
26話
27話
28話
29話
30話
31話
32話
33話
34話
35話
36話
37話
38話
39話
40話
41話
42話
43話
44話
45話
46話
47話
48話
49話
50話


やる夫達は多様な学園生活を送るようです
前日譚 大人達の世界
1話 夢はドイツを駆け巡る
2話 始まりはすぐそこに
3話 新しい環境
4話 選抜者たち
5話 それぞれの思惑
6話 隠された関係
7話 オリエンテーションの幕開け
8話 それぞれの時間の使い方 A,Bルート
8話 それぞれの時間の使い方 C,???,Eルート
9話 構築する人々 E,Dルート
9話 構築する人々 C,B,Aルート
10話 各々の会話と行動
11話 密かに進行する物語
最終話



[ 2020/03/01 22:49 ] 目次 | TB(0) | CM(0)
最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • 正義屋さん 第9話 (04/07)
  • やる夫が時をかけて世界を救うようです 第33話「VSシモン」 中編 (04/07)
  • ワタシはファンタジーを否定する 異説 『 月照らす十六夜ノ花 』 (04/07)
  • レミリアと結月ゆかりは地表を掘りつくすようです Story-5『けんちくたいむ』 (04/07)
  • 国内的な小咄 87~88 島原の方言は…… ~ もう昔から食ったものばかりー (04/07)
  • 国内的な小咄 86 飯田の赤飯饅頭 (04/07)
  • 国内的な小咄 85 高知市の酒飲み (04/07)
  • 国内的な小咄 84 北海道の人いらっしゃい (04/07)
  • 国内的な小咄 83 嶺北と嶺南の壁 (04/07)
  • 国内的な小咄 82 何故合一化させた、言え! (04/07)
  • やる夫と魔物娘達のハーレム冒険譚 8 (04/06)
  • 常識的な軍師と非常識な団長 11 (04/06)
  • やる夫は欲望を満たすようです 24 (04/06)
  • 気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話 第2部 その24 (04/06)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 217 《DAY226》 (04/06)
  • やる夫達は死の遊戯に抗うようです 216 《DAY225》 (04/06)
  • うる夫はだめな狼のようです 第45回 (04/06)
  • 国内的な小咄 81 高知城 (04/06)
  • 国内的な小咄 80 西と東の麺つゆ (04/06)
  • 国内的な小咄 79 志木市は (04/06)
  • 国内的な小咄 78 1000人殺し (04/06)
  • 国内的な小咄 77 犬山は…… (04/06)
  • 国内的な小咄 76 登米無双 (04/06)
  • アメリカンヒーローアカデミア 132 (04/06)
  • アメリカンヒーローアカデミア 131 (04/06)
  • カレドニア千年王記 第12話 狂気の王の真夏の白昼夢 (04/06)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第十二話 「無口なアシェンプテル」 (04/06)
  • アカガネ山のやる夫 第22話 (04/06)
  • やる夫は竜の人財のようです 第28話 (04/06)
  • やる夫は小さくなった名探偵の助手のようです ファイル21 『資産家令嬢失踪事件』 (04/06)
  • 国内的な小咄 75 一応……あの区間は (04/06)
  • 国内的な小咄 74 新千歳から釧路 (04/06)
  • 国内的な小咄 73 コロッケそばには確かに (04/06)
  • 国内的な小咄 72 小田原での旨いもの (04/06)
  • 国内的な小咄 71 山陰本線の本領発揮 (04/06)
  • 国内的な小咄 70 近江鉄道豆知識 (04/06)
  • やる夫は人形使いと呼ばれるようです 30 (04/06)
  • やる夫はギルドを経営するようです 第37話 恋・愛・闘・争 (04/06)
  • 戦国ゆりか☆ふぁいおー 第26話 (04/06)
  • 国内的な小咄 69 女川に行った (04/06)
  • 国内的な小咄 68 一度旅スレを作ろうとしたことがある (04/06)
  • 国内的な小咄 67 中山道周辺を車で行くと (04/06)
  • 国内的な小咄 66 石巻駅は…… (04/06)
  • 国内的な小咄 65 岡山駅に行くときには、でかいバッグを持っていく事推奨 (04/06)
  • 国内的な小咄 64 マスコットキャラぁ! (04/06)
  • 英雄を作ろう! ~012話:安全圏なき鬼滅改革~ その44 (04/05)
  • 英雄を作ろう! ~012話:安全圏なき鬼滅改革~ その43 (04/05)
  • 英雄を作ろう! ~012話:安全圏なき鬼滅改革~ その42 (04/05)
  • 英雄を作ろう! ~012話:安全圏なき鬼滅改革~ その41 (04/05)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2020/3)
    ※完結作品は集計した前の月(2月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で目的もなく生きるようです 1周目 2周目 3周目
    2気がついたらゾンビカーニバルになってました的なお話2やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです
    3あさねこの小話空間3華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    4英雄を作ろう!4やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    5あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG5やる夫はソロハンターのようです
    6やる夫は魔導を極めるようです6ローグライク異世界転生
    7ダイスに委ねる皇女生活 in エリア117異世界食堂できない夫
    8コンピューター様、情報更新は義務です!!8ドクオが異世界転生したようです
    9やる夫は淫乱ピンクハーレムを作りたいようです9召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    10やる夫は卒論のためにジム巡りをするようです10できる夫達は呪われた地で抗うようです
    11できない子とSCP11やる夫は光を目指すようです
    12やる夫たちでソードワールド12オーバーあんこ
    13あんこ時々安価で鬼滅の刃13やる夫たちは三連星(代理)のようです
    14森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠14あんこ町の住人は星人と戦うようです
    15アメリカンヒーローアカデミア15レベルを上げるスレ
    16カリブの海と海賊たちのはなし16やらない夫は小さな村の冒険者のようです
    17やる夫で学ぶ近世騎兵17やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    18ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱18ダンガンあんこ
    19やる夫はギルドを経営するようです19やる夫は宿屋を経営するようです。
    20やる夫は学園生活を楽しむようです20やらない夫が霧の街を攻略するようです
    21白頭と灰かぶりの魔女21STALKING!!
    22やる夫は人形使いと呼ばれるようです22やる夫の野望
    23やる夫は竜の人財のようです23やる夫はLVが上がらないようです
    24やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。24やる夫提督と艦娘の日常
    25IT業界のやる夫さん25やる夫で学ばない!架空国家の歴史
    26ドラクエⅤの世界でビルダーズ26やる夫は妖精郷を救うようです No.04『お使いなう』
    27ボンドルドは未来を見届けたいようです27食事処 ~やる夫の大釜~
    28やる夫の伝説28エデン
    29アカガネ山のやる夫29やる夫、デビルサマナーになるってよ
    30やる夫はファンタジー汚染された未来で生きるようです30魔法少女まどか☆マギカ VS やる夫
    31見習い冒険者佐天涙子の最強クラン奮闘記31やらない夫は巨大遺跡の謎に挑む
    32やる夫は死なせてもらえないようです32キル夫は奪われたPlatinum Chipを探しに出かけるようです
    33◆s90IbI9oR2の雑談etc所33金欠ほのぼの冒険物語
    34やる夫がロードバイクに乗るようです34やる太は異世界日記を綴るようです
    35やる夫は(極一部で)覇者と呼ばれたようです35証言と証拠は安価とあんこの後で
    36やらない夫で異世界転移もの36やる夫提督と鎮守府学校の日常
    37ルカさんがアルゴル太陽系を駆け巡るようです37やる夫ファンタジー
    38二人はヒャッハー世界の何でも屋38路傍の果ての英雄譚
    39魔女はやる夫になるようです39怪獣育成日記
    40ロケッ都団が征く!!40やる夫元・提督と元・艦娘の日常


    過去ログはこちら
    人気ページランキング