スポンサーリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
最新記事の表示件数を増やしてみました。

PASSを設定していないコメントに編集用リンクが表示されないように変更しました。

Chrome76以降ではAAの表示が改善されているようなのでフォント周りを少し調整しました。
現在Chrome76以降でCPUの使用率等がおかしいとの情報もあるのでFireFoxを併用するなどした方が良いのかも……。


※コメントに関して少しだけ
 一部のスラング的な表現が含まれている場合、内容の如何を問わず承認しない場合があります。ご了承ください。

このブログについて詳しくはこちら
About
プライバシーポリシー


現行作品リスト
完結作品リスト


※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。


推奨ブラウザ
Firefox
Google Chrome
IE(AA以外の部分で若干の表示崩れあり)

その他ブラウザは非推奨です


Saitamaarフォント様を導入しています。
手持ちのiOS及びAndroid環境で表示確認済みです。



したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかる物や文字化けの規則性がわかっている物は、出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)



やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了



相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterで連絡してくださる方がありがたいです)
@yaruonitijou
メールフォーム


作業量的に安価・あんこ作品のまとめ依頼の受付を一時停止します。非安価作品については受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

ブログ内検索(テスト中)
スポンサーリンク
最新コメント
PR
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
リンク(敬称略)
やる夫系掲示板
やる夫板Ⅱ
やる夫スレヒロイン板(新)
やらない夫板Ⅱ
小さなやる夫板
やる夫楽曲短編投下所(livedoor版)
やる夫楽曲短編投下所(seesaa版)

やる夫系紹介サイト
やる夫.jp
やる夫wiki
やる夫RSS+インデックス
やる夫澪標
やる夫見聞録
やるリンク(試験運用中)
やる夫スレキャラクター出演作まとめwiki
やる夫ログ
やる夫Link
やる夫電脳インデックス
やるリンク改
やる夫ガイド

やる夫まとめ
やる夫短篇集地獄編
やる夫短篇集阿修羅編
やる夫短編集あしゅら編
ぶらりとやる夫
ヒーローまとめてやる夫
やるやら書庫
やる夫の暇つぶし
やる夫の暇つぶし麻亜屈
やる夫之書
やる模
やらない夫オンリーブログ
やる夫AGE
このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
AA・やる夫文庫
やるやら鍋
やる夫疾風怒濤
隣のAA
やる夫叙事詩
やる夫まとめ堂
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
泳ぐやる夫シアター
RPG系AA物語まとめるお
嗚呼! やる夫道
やるやらできやら
やる夫道中記
やるぽん!
やる夫まとめに挑戦
東方やる夫スレ纏め
暇な時にやる夫まとめ
やる夫を拾い読み
やる夫スレ自分チェック用
大惨事!!スーパーAA大戦α
やる夫のブックシェルフ

レビューサイト
チラシの裏の読書感想文
まけいぬのとおぼえ
へっぽこデジタル生活
貧者の一読
駄目人間は静かに暮らしたい
トリガーハッピーエンド
SSの紹介とか感想とかを書きなぐるサイト
ヴィーナさんのスコップ感想欄

作品・作者別wiki
ドジっ子ちっきー ◆zQtZuWsqf6のまとめページ@wiki
できない子のMM部活動日誌
やらない夫は宿を再興するそうです
麻呂と丸京の100万G返済生活
やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
Fate/Parallel Lines @ 総合ウィキ
◆5wbYUif2XM総合うぃき
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)
スポンサーリンク

【ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo】自分の創作物が作った創作物を監修した結果の作品説明会

目次

4475 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 20:24:00 ID:nZNDu5nm
だらオム座長


4476 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 20:25:20 ID:aQ8JEHcu
>>4475
支援乙 仮面部分の熱やばそう(真夏の日差し感

4477 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 20:25:42 ID:EijAkP1v
>>4475
支援乙
どうやって食べているんだwww

4478 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 20:27:30 ID:p/HE+tAO
支援乙
肘がいい、特に左

4479 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 20:29:47 ID:iEN526RW
おお、ちゃんと球体関節
支援乙


4480 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/05/31(木) 20:31:38 ID:T0SDqilp
>>4475

カレーでむせて死ぬほど草生えまくった

足も地味に熱伝導率高そうだから氷水効果高そうだよね頭脳死にそうだけど!!!
ありがとうございます!!! なんでダサTこんな人気なんだよ!!!!

4481 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 20:32:06 ID:hXAA+/8C
(作画コスト)

4486 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 21:07:28 ID:x99ewXd7
普段がキリッとビシッとしてるから、素が出た感じにトキメいてるんじゃないかな(キュンキュン

4487 : 梱包済みのやる夫 : 2018/05/31(木) 21:39:48 ID:edJJNNK7
ダサTの日常感と仮面の非日常感のギャップによるシュールさが人気の秘訣(個人的な感想






4609 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/04(月) 21:23:58 ID:m/2MLFOJ
ご飯食べてお風呂入ったらFanboxの商材説明会(スレ)やります

あと計算しづらくて小説コースの値段を500円に下げました

4611 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/04(月) 23:35:34 ID:m/2MLFOJ
最近ぼんやりしていること増えてきました

さぁて、気合い入れて紹介していこうかー

4612 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/04(月) 23:46:28 ID:m/2MLFOJ


   【ゲロ吐きながら自分の創作物が作った創作物を監修した結果の作品説明会】


             △
   △      |王|,,,,
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
__,|____,厂 ̄ ̄   |乂[ 柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_
    ̄ T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕  |\:::::::::::::::::::\...:;| | へ ヘ へ .|
  へ 、、|、、、、、、、、|  |  \:::::::::::::::::::\| |、、、、、、、、 |          __________________________
     | へ へ へ | ./三/| -----  |  へ へ へ  |           |\_______________________\
 .へ、  |、、、、、、、、./三/ へ へ  .\三\ 、、、、、、、|          |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
  、、、.|      ' ./三/、、、、、、、、、..\三\へ へ へ .|           |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|ll,l.llll|
     |    .[寵].、;lll;;;《.、、;:;:;:;:;:;:;;;;;::::::;:;: .  .\三\.‐     |         |  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|
 冖冖冖冖冖.[;;;;]冖冖冖冖冖冖┐               vv、、、       | |  ____________________|_____
 ............................[;;;;]................................冖冖冖冖冖冖冖-[寵]冖冖┐,,,,,、、、、         |\_______________________\
 _______________._[;;;;]..................................................................... [;;;;]..............冖冖冖┐         |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
            ^~~--- -,,,,,,,,,,,,,,____.......................... [;;;;].................................冖┐     |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|lil,lllll|
    ..:,:.:..     ..:,:.:..       ..:,:.:^^^''''---v、、,,,.[;;;;],,,,.....................................冖冖┐ .|  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|,,,,,,,,,,,,
  ______________     _______________          ..:,:.:..  '''.¬................................    ,,,,,,,,,.:,:.:...:,:.:...::.:..,:.:...:,:.:...¨.:,:.:...:,:.
  |\____________\   |\____________\ ..:,:.:..    ________________ ゙^゙^\   ,,,,,,,,,,,,,,,,,/.:,:.:...:,:.:...¨,:.:...:,:.:...¨:
  | |ill|lililill|li||lllli|   .| |ill|lililill|li||lllli|         .|\____.\  ,,,,,,,,,/:.:..:.. ,:.:...:,:.:    :.. ,:.:...:,:.
  | |il|巛門》ii|||i|_______| |il|巛門》iiiiiii| __________  |  |||'lll'lll|lll||l|lll''|/.:..、 .:,:.:...'....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____________    |\__________________\ .|\_______\.l  |ll'lll|゙/゙゙゙゙゙゙゙゙..:,:.:....´:..,:.:...:,:.:.  ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____\  .| |゙|ll| lll| .lll! ll l!:l.lli| | ∥i|||l|lll| ,,,,,,,,,,,,,,,,ノ.:,:.:..' :.. ,:.:...:,:.:...:.. ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ゙|ll| lll| .l゙|ll| lll|  | |ll|i|;:|ll|lllli|.lll!.lll 「,,,,,,,,,,,,,,,,,.:...:,:/:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.::..,:.:...:,:.:....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:.
 ..ll)!!llll||ll|《l,.ll| | | lll 巛!門 ^゙/ .:,:.:...:,:.:...:,:.::.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...


                           どこかのどこか


                 歯車と繊維でモノが人のように動くようになった世界で。



.

4618 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/04(月) 23:55:53 ID:m/2MLFOJ


 、,   、, ,,
 爻爻爻爻 _,
爻爻爻爻爻爻 ,,                           |                                             、_,,.._,,,
爻爻爻爻爻爻爻x'、、,,                    /\           j_                          _,,.。*爻爻x'爻
爻爻爻爻爻爻爻x、x爻x',                    ├─┤         ,ィIニ\_                        r'刈爻爻爻爻爻)ノノ
爻爻爻爻爻爻爻_x'爻爻'、       i           |i_[]_i|________j´i[] ̄「                     爻V爻乂)/⌒V゙,。i?'゚
爻爻爻j7彡'爻爻爻爻f'´       _|_          |  ̄ i「[[[[[[[[[[[[[[[[[[」ィi「 ̄|                       、_\〉_》爻j〉乂廴
`゙爻爻/⌒,x'爻爻爻爻!メ、   _,.ィ´i:i:i:i:i:i:i:i}h、____j ロ i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\l|_ ロ|                     r'爻爻乂爻}i´爻爻爻
   V_,ィf゙爻爻从爻爻爻x'   | ̄ ̄ ̄ ̄ }h、:i:i:i:i:i:i:i:i ロ i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|_ ロ|≧s。,___,            ___,,、ィ爻爻ノノ⌒7ノ爻爻爻
 _,,.ィ´爻{i爻爻i7爻爻{廴,爻,__j   冂   }h、i「 ̄ ̄ ̄ ̄i|_ロ_ [] _ [] _ [] _ []「 ̄ ̄ ̄ ̄ 了            r爻爻(爻爻爻爻iノ   }i}爻爻爻
  _j_ 爻{i爻爻/爻爻爻「爻⌒i|___ ̄___|〕トi|_ [] _ロ_i_[]_i|===== .'⌒:. ====|i_ [] _ロロ_ [] |   .A.      爻爻i(爻爻イjノーj_、,,,爻}i}  `Y´
___爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻⌒ニ=‐r|〕トi|_ [] _ロ_i_[]_i|ニニニニi{.:.:.:.i} ニニニ|i ロ _ロロ_ [] |  li⌒i        Ч|`⌒`Y´  {i淡爻i{i{   |
─‐‐=ニ⌒i丁「 ̄「i ̄i| ̄i「i)ix「i)ix」i⌒Ti爪li ̄il「 ̄ ̄ ̄ ̄|i[] |同|i .:.: i|同| []|i  ̄ ̄ ̄ ̄ |  |i  |________j_!___,,i{__,j{刈爻i{i{___j__
Γ¨「i ̄{| i| l | _」LI斗‐''"¨ ̄.:.:.:jI斗t≦⌒|〕:i:il|_[]___[]_|_ロ_|ーj竺弖竺≧s。__[]_____[]_|==|i  |zzz└‐=ミi辷{_{三三三うぅo。匚i}}is。____
i| _」L 孑iI斗t''":.:.:.:.:.:.:.:.: I斗t≦rゼ|i:.:.|i:.:|:i|//」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~''< ____    .zzzzzzzzzzz|i  |___zzzzzzzzzzzzzzzz}h、___rz──___
jI斗t''" .:.:.:.:.:.:.:.:.:jI斗t≦rセ7¨¨i:.:.:|i:.|i:.:.|i:.:|:i|i_/: : : r‐zzzzzz' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`^''<.... ̄`^'< ̄|i___| ̄ ̄¨¨¨`^'<二 _ ̄⌒ニ=‐___ ̄ ̄
:.:.:.:.:.:.:.:. I斗t≦「_i|,.ィiI:≠ヽ|幵i|:.:.:|i:.|i:.:.|i:.:|:i|/: : : : |_|___   _________r'⌒`^'  , ─‐‐||___|─‐‐ミ         `~¨^''<,,_,,.._「L ̄¨¨
jI斗t≦: : : : : : {i_/,.ィi|:.i :.:. |/i|:.:.:|i:.|i:.:.|i:.:|:/: : : : : : : : : `'く_________       乂___厂__L___,,.ノ) ̄ ̄__ノ ノ¨¨ ̄ ̄ ̄¨¨¨`'<二二
i/ ̄ `ヽ: : : : :|i:|i: : :|:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|i:.|i:.:.|i:.:/ : : : : : 「 ̄Lzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz{≧s。,、___{`^'<,¨¨ ̄ ̄     ⌒ニ=‐
| ≠⌒ヽ.:.:', : :|i:|i: : :|:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|i:.|i:.:.|i ′: : : : : |ニi゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `^'<,          ⌒ニ=‐
i/ ヽ.:.:. ∨i : : |i:|i:/|:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|i:.|i:.:.|.′ : : : : : |ニ|                              `^'<,            ⌒ニ=‐
|⌒ヽ} .:.:. | |,。ャ'レ゙i|: : |:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|i:.|i :/ : : : : : : : :|ニ|                                    `^'<,              ⌒ニ=‐
   ヽ_| |i/:.:.:i|: : |:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|i:.lレ′: : : : : : : :|ニ|                                     `^'<,
    }匚r' .:.:/ |: : |:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|i / : : : : : : : : : :|ニ|                                     `^'<___
    {竺i}/|:.:.: |: : |:.|:.:.:.:|: : :|:.:.:|/ : : : : : : : : : : :|ニ|                                         {   {
    {i ー} :.:.|:.:.: |: : |:.|:.:.:.:|: : :|:. / : : : : : : : : : : : :| ̄\__                             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | |:.:.|:.:.: |: : |:.i ̄i:|: : :|:/ : : : : : : : : : : : : :|__     ̄`ヽ__________   ̄ ̄ ̄ ̄


                 Automaton
                  自動人形と呼ばれるそれらは、社会の為によく働きました。


                       村の為、街の為、国の為、世界の為に。


                          とても、とてもよく働きました。

                     _ -,rー-  _
                   / /:.:.:.:.:.:.、_ ,.:.、 /
                 /  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.∨ /
                j} __,{_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{:.:.∨ /
                r<}f´  ̄ `` 丶 、:.:ヽ:_∨
                ]!i:l }i!: ⅱⅲⅱⅰ :ヽ/ミX}
                    ]!i:l }i!: ⅱⅲⅱⅰ リ__/ _,. -z_
                  ]!i:l }i!:. ⅱⅲⅱ /__/_-_/ : : ヽ
                ]h、}i!::.   /:.:.:.:./-/: : : : : : }__
                /`ヽ}!_ ,. ィ:.:.:.:.:./_-_/: : : :   //``<
                   〈-_-__}ノ_ _ ,. イ_-_-./: : : : //> ,  ヽ、
               /-\_-_-_-_-_,.。s≦-,/: : : :///     ヽ、_ヽ
            _,.イヽ、-_-_-_s≦-_-_-_-_-i{ : : / ./ ./        ∧  /ム
         ,ィ´_-_、-_-_ー_-_-_-_-_-_-_-.ィi{: : / ./ ./        /  マ/ /ム
        /_-_-/_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ i{ : {_,/ ,/      ,/    マ/ /ム
          /ィ ´/~"''~s 。., -_-_-_-_-_-_-_ノ`ヽ、\       ,/    :.:マ/ /ム
.         /  //-=/ニニニニ≧s。.,_____/ニニ=- 、\   ,/:.:.    :.:.マ/ /ム
        {_i{-=ニi{ニニニニ|ニニニニニニi|ニニニニニニ= 、\/ :.:.:.:.   :.:.:.}/ /i!
       /   }!ニ}!.ニニニ |ニニ\/ニニ.i|ニニニニニニ=≧{  :.:.:.:.   _,.:}>i}´
      /    }!ニ{!ニニニ.|ニニiニ|ニiニニi|ニニニニニニニニ{___,,..。s≦   i_}!
     /____}iニ]!.ニニ=.|ニニlニ|ニlニニi|ニニニニニニニニ=-V___,,..。s≦  }!
     /   j}ニニ{i.ニニ=.|ニニ\/ニニ.i|ニニニニニニニニ=-}!       _ノ}



.

4619 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:07:22 ID:+qxHqiUb








                                  ある時、賢き王様が言いました。




  / : : : : :/ー::':´: /: /  =-、       / ,     __,   /: !: : | ハ ヽ: : : : !
  .!.: : : : : :!: : : :r:': :,/       \     /   ,.ノ:/ ´ヽ/: :!|: :| !    |: : : : !
  .!: : : : : .!: : : : :、:'、          \    .:r: : イ:-r―、>、: ヾ:.|! ヽ  |: : : : /―--- 、
  |: : :.r―ゞ: : : :/ノ:ヽー=、=: : : :ヽ、__ } i ( /--イ弋ソ-'´ ノ: :人|ヽ   /: : /       `
  |: : | i-、 \/: : : :,} /  ,r-r-,r-―' ' ,- ', .  -_-    //:/ /   / /: : :/
_!: : :| |  ヽ/: : :/  ―<_ゞ=- '´= 、_ `  i  ヽ `-   ヽ:) /  |/ / ̄´ー―-- 、       『次代の王に相応しき自動人形を造るのだ。
― }ヽ:|  ヽ!:_:_、___      /  /  、`  |   `    ,/ .!  |  /ニニニニニニニ-
  /: :ヽ ヽ  `ー-r--,: ) `ー '  /   ヽ  |    /       .|  |_イニニニニニニニニ
 /: : : :\ \  ヽ、ヽ .|:{                   ,_    /:/ニニニニニニニニニ     余よりも善く在り、良く働き、能く征する王を。
,.': : : : : : :\ ー-.、ヽヽ、_       `ヽ、     ´ヽ  ̄z--,ヽ   ! |三三三三ニニニニニ
ヽ: : : : : : : : :`ヽ、_ `ヽ  ヽ      ,ノ |    , ,r-:':´: : : : :z   ! |:、ニニニニニミ―-、__/
、 ヽ、: : : : : : : : : : : `:Tヽ  ヽ   / ,., ,.. -:-:ヽニノ: : : : : ::xヽ/  | | |: : )ニニニニニニニン     そうすれば、この国は永劫に安泰である』
 `ヽ、 ー:、: : : : : : : : | ヽ  `  /:':´: : : : : : : : : : :,. - '´  ,.ソ  ' .| |:/ヽ ー―ニニニ/ /
    `ー >、//// | ヽ \  /:ィ:イ:,r=ー- '´   _,.-=-'´    | |::!//;\    `| ̄ |
      /  !//// .| !  ヽ、ヽ  ヾ、_-_-_-=彡''´ _,.   |  .| |: :!////,\   .!  .!
      .!   |////|  !   ヽ\       ,.. -: : : ! ,、 -、ノ  ,' |ヾ!//////\ .!   .!
      !   |/// |   .ヽ  ヽ ` ヽ  _  ̄ |: : : : : : v: :ヾ: Vv/  .|ヽ!////////,>、  .!
      |  - |///|     ヽ  \  '´/ /V: : : : : : ヽ: : :ヽ: :/    |///////  \ !







.

4626 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:15:39 ID:+qxHqiUb




              _
            ィ´ `i       _
              |i___i|     // ̄〉
              | -= |     / `‐/
              |    |    ./   7     ,. -=、
              | -= |   /  _/   / /ヽ!
 r<`ヽ       |    |  ./`  .7   ./   ヽ/
 `゙<   ヽ、    |    | /   /  /    ./                        __
   ヽ、   \.__/ 、 / `' //./ /    ./                     __    〈 `、
     ヽ、    ^       | / `    /                  〈 `、   V´ ヽ
      ' ,            ノ ∠_,.‐''´マ>                V´ ヽ   |  i         人々はこれに賛同しました。
       ',       /    "  ゙   ,_,.>'´             Y´ \ ',  ',  |  |   _
        ゛、_     ′     ´ , '´               ' ,  \',   ヽ_j  | /´ 〉
       , -'── - 、      ,. '´                 __ \  \       〉´ /
     ,. .''" ̄ ̄ ̄¨''ヽ\ 、_./                    〈 `ヽ ',、       ! /       素晴らしき王様をみんなで作るため、
    .///////////////\\i                     \ ´` `          }
   //////////////////\\                      \         /
  ./////////////////////∨                            \      l! i_
 / //////////////////// ∧ ,、                       У l! l!,lレ'´ ̄\      国中の鍛冶師が、学者が、人形師が、
.////////////////////////∧ | i             /〉       |!,lレ''´::::::::::::::::::::::ヽ
///////////////////////.∧ ',.| | /〉       _   / 〃´ス.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
//////////////////////.∧   ` /        ヽ\/./' /∠_   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
/////////////////////./ ヽ_ 、丿        i     ,.-─'   r|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     時計職人が、大工が、政治家がこぞって集まり、
////////////////////./ /ニニミ、           ,ゝ=- 、/ {\.「「レ' |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
///////////////////./ /:::     ヽ-、n n   彡─‐-ミ、  \ ̄(__,,..|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
//////////////////./  !:::::      |ゝー≧、っ,!::::.      `!   ,>'´  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
/////////////////./  |::::: i     |{,. ーー.、Y !::::::       | 〈 / ,. -ー! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     みんなで良い物を作ろうと頑張り始めました。
////////////////./   .!:::::  ',     !l;;;;;;;;;;;/|!.|:::::::    i | 〈/;;;;;;;;;;! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




.

4627 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:21:53 ID:+qxHqiUb





 }  { { `ハ     }  { { `ハ                                    ハ´ } }  {     ハ´ } }  {
 '  丶`、} }!ノ⌒!  ', 丶`、} }!ノ⌒!                              j⌒ 、j{ }ノ ノ  / j⌒ 、j{ }ノ ノ  /
 Λ  丶/ /  Λ  丶/ /                            \ \/′ /  \ \/′ /
.  Λ  / /    Λ  / /                                   \ ∨ /     \ ∨ /
    }i  /_\      }i  /_\                                  /Λ  i{       /Λ  i{
    |  /二‐∧    |  /二‐∧                、  |              /、//Λ  i|    /、//Λ  i|
    |  ‐二/ /    i|  ‐二/ /                人`ー'乂/′         ∨∨ニ‐  |    ∨∨ニ‐  |
    | li|二li ′     | li|二li ′          __/ニ`、´ノ人〈           ∨|二||i l       ∨|二||i |
    | li|二|i|       | li|二|i|           /-=ニニ二ヘっ,,ッ|i|       jI斗~、 i|i|二||i |      |i|二||i |
   ,′ji|二|i|     ,′li|二|i|          ,/-=ニニニニニ`、シ'リ    /-=ニ⌒〉  |i|二||i |      |i|二||i |
  ノ  i|二|i|    ノ   i|二|i|       /{-‐=ニニニニ二}`く   ,ノ-=ニニ二ノ  |i|二||i `、     |i|二||i `、
  `、 /i|二|i|    `、 /i|ニ|i|         /-ニ`⌒~‐-=ミ__}=ミ`、/-=ニ二/    |i|二||i  〉    |i|二||i  〉
   ∨ニ|二|i|     ∨ニ|ニ|i|        ノ-‐=ニニニニニニ/-==/-=ニ二/      i|i|二|`、 /      i|i|二|`、 /
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|     /-=ニニニニニニ癶、-ニ{-=ニニ/       i|i|二|ニ∨       i|i|二|ニ∨
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|      /-=ニニニニニニ/l-ニ≧=个ーイ           i|i|二|ニ/|      |i|二|ニ/|
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|      }-=ニニニニニ/ノ、-=ニ二{//{           |i|二|ニ/|      |i|二|ニ/|
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|     ノ‐ニニニニニニ{/‐ノ,\ニニΛ'/{             |i|二|ニ/|      |i|二|ニ/|
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|   /-=ニニニニニニ{イ-ニニ}zノニ∨{            i|i|二|ニ/|      |i|二|ニ/|
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|   /-=ニニニニニニ//|-=二∧‐ニニ{Λ           |i|二|ニ/|      |i|二|ニ/|
   |ミニ|ニ|i|      |ミニ|ニ|i|  ノ‐ニニニニニ二///|-=ニ{/}ニニ{ Λ         i|i|二|ニ/|      |i|二|ニ/|
   |Λ,ニ‐!i|      |Λ,ニ‐!i|   }-=ニニニノニニ////|-=ニ{/}-=ニ{ Λ        |i|ニ|,∧|      |i|ニ|,∧|
   ∨/,ニリi|      ∨/,ニリi|  /-=ニニニ/-=ニ/////}-=ニ{/}ニニ{ /∧        !Λニ//,       !Λニ//,
.     ∨,∨ ′     ∨,∨ ′/-‐=ニ/‐ニニ//////}ニニ{ ノ‐ニ/ ////\      ∨∨//      ∨∨//
     ∨//       ∨// /ー=ニ/-=ニニ///////}‐ニニ{/-ニ/ ////// \      ∨//        ∨//
.     ∨         ∨  }-=/-=ニニ////////}‐ニニ{-=ニ/ ////// /// `、     ∨          ∨
                      ⌒ \‐ニ/⌒ー~―-}‐=ニ{ =/~―---―''^^⌒\
                            ̄        }ノ⌒{^´


                     そうして出来上がった自動王様は


                  動き出してすぐに、全てを見据えて言いました。


        『成程。私に万民を統べる永久の王として振る舞うことを、あなた方は望むのですね』



,

4628 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:26:22 ID:+qxHqiUb













                 『では、永遠に私が存在し、統治出来る国にしましょう』












.

4630 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:33:27 ID:+qxHqiUb







            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            | そうして始まった自動王の統治により、国民の価値が計られるようになったのが30年前 |
             乂____________________________________ノ


                                 {::::::::::::::::::::::!
                      .             l::::::::::::::::::::::l
                                 '´ ̄ ̄ ̄`!
                      .              '      ;
                                  l       .l
                                  _}____l
                             _,'⌒i'"´         `''ー 、
                             l.!-‐l-‐''" ̄ ̄ ̄`"''‐- 、l
                             」-‐i-‐  '''""""''' ー- 、ノ
                      .      |.!,.. l,.. -――――- .._ |
                            ヽ.`'"_ ゝ .!二二`.l ).  `)
                              `''''" ,.ノ    .{'''''' "´
                      .          /  _ノ  ,'
                      .         / ./ ,イ,、,.イ/
                      .          { / /_.j ! .}i
                              /ノ,.'./,/./ノ
                      .            ̄  ´ ´

                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     | 労働能力の乏しい国民は“奴隷”として扱われることとなりました|
                     乂__________________________ノ






.

4632 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:41:21 ID:+qxHqiUb


  //      .|__|__|__|____>''"      `''<__|__|__|__|__|_| |
  //      .|_|__|__|___./、               ,\__|__|__|__|__| |
 //       ,|__|__|__/  \x≦二二≧x、/  \.__|__|__|__|_| |
.//       /,|_|__|__|,/    ./―――――‐\    Ⅴ._l__|__|__| |
'/       //.|__|__|___/    ./二二二二二二二ム    Ⅴ___|__|__|_| |
'       // |三l三l三l三E|    |: : : : : : :-:-: : : : : : : }ハ     .|三l三l三l三l三l三E| |
      //  .|ヨ三l三l三l三l| _ |: :/: : : : --: : : : :ヽ..:.}_,|  _|ヨ三l三l三l三l三l三| |
.     //   |三l三l三l三E|_  |:/: /三三三三'.: :..Ⅵ_,| _ |三l三l三l三l三l三E| |
.     //   |ヨ三l三l三l三l|  _|: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,|    |ヨ三l三l三l三l三l三| |
    //    .|三l三l三l三E|    |: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,|_  |三l三l三Eξ三l三E| |
.   //     |ヨ三l三l三l三l|    |: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,|_  |ヨ三l三l三L」.l三l三| |
  //    /.|三l三l三l三E|    |: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,| __,.|_ヨ三l三Ε}{三l三l-| |
. //   ./  .|ヨ三l三l三l三l|  _|: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,l.`|¨¨¨¨|三l三l三E}{ニ三l三| |
//  /  ./|三l三l三l三E| _ |: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,|.|__ |ヨ三l三l三}{三l三E| |
 ̄ ̄  /  .|ヨ三l三l三l三l|    |: : l : : : : : : : : : l: : :l }_,|.|   _|三l三l三E}{ヨ三l三| |
___/   .|三l三l三l三E|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .}_,|.|   ∧l三l三l三}{三l三E| |
    |       |ヨ三l三l三l三l|    |               寸| _∧、三l三从ヨ三lニ| |
    |       |三i三l三lニ/ ̄ ̄ . /l             |__| .r、――.、 ̄/」lム ̄ ̄`¨¨
    |    / ̄ ̄ ̄ ̄/____,//              \| .| ̄ ̄ |
    |  ./        |___|/                l、|___|
__|/

                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 | しかし、悲観することはありません. |
         ,ィ       _............._             .乂______________ノ
.        /,ゝ _,. </////////> 、
       {///////////////////u/,>、     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        `ゝ/////////////////////,ヽ    | 他国に売り飛ばすことはありませんし、単純な労働使役にも人間は向きませんから |
         /////u////////l∨////////,ハ    乂__________________________________ノ
.        '//////////////トl,V////////,i
       l'/////////////リ !'ハ///////,ハ
        l//!'////////;///ニリ__V////j//ハ
.         ノ//!////////j//´了::::刀'////,\/\      …………。
     / イ/V/////.//  `ー一///////,∧ ̄`
        j//ゝ// /'      /イ///////ヘ
        //////ゝ.  ´ `  u //////////,ヘ
       /////////> . _ イ.////////////,ヽ
.      ////////// //{ ;  .//////.\/////\\
     ///!///// ./ ! ', /!////,!   丶////ハ    .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ー '"   .{//// ,' /l./;;;;;;;',!///V{      ヽ'///ヽ   | 奴隷が求められる義務は、唯一つだけ |
           V//. ;〈  ! j;;;;;;/ V/,{. ヾ、 ,. '" .i‐- ._ゝ、. 乂________________ノ
         {ヽ{ ' /.l ,';;;;;;! ,∨{  /    j
            l `.! ', l/;;;;;;;;;!/ ,ゝ、. '   / ;
            l  ,  ヽ.ヽ;;;;;;/ /  ;     /
            l   、  ` \'/    l     ,
            j.   ヽ    ヽ   l.      /
.         〈:    ゝ- _  '   .l     ' ヽ
           j     .' !     ',  ;    .//ヽ
        ,     .! 、     }   !     .〉  : ヽ
          l      l  > _/_ j -‐ l    !   '
.         l      l   ノ .i   ;ヽ   ;   ,     ',





4633 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:46:32 ID:+qxHqiUb













                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    | “自動人形の愛玩を受けること”です! |
                     乂________________ノ














.

4635 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 00:49:49 ID:icMOz4cs
愛され系奴隷のゆるふわ管理ライフ

4637 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 00:51:52 ID:TX8JUqah
つまり人類はお猫様への進化の階梯を上ったのだな


4640 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 00:53:34 ID:+qxHqiUb













                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    | いやぁ、我が領にも漸く愛玩奴隷がやって来ましたな! |
                     乂_______________________ノ





















                                  _//
                                   // \/
                   、   _ -- 、‐-          /\
                     ∨´二_ 、 \ `ヽ
                        jへ  /ヽ\ \_ 、
                   〈ノ:><=〈. ヽヽz≦l>、
                        {\・ ) }_  /////l'/!ハ
                        圦 \ノ-〈`<///|'/!/              我らがV-781区領では、
                  _r‐、λ //`ヾ:ヽ、_ ̄_7 ∧
                 /(::) ソ;\!/≧、\∨::::::l├//ハ  ,r_ニ,>、
        _  -、  イ  |   |:|;;;;;;>-<::::ヾ|`ー 'レ////| У/  ∨      市民の教育や養成を特に重視しておりましたからな!
       /   イ L{;;;; ! _」-─ヘ\;;;;;;;;;;;;≧〈L .ィ_////;;j;;r "    <.∨
      ./  /:.:.//;;;∨ヘ  :. 、-、 `ヾ;;;;;;;厂 ̄  /7≧';;;/∧ー- ヘ.  ´∨
     /   ヾ:.:.//;;;;;; ∨∧ :、\ヽ    ̄ │   |/:::/;;;/;〈;;∧ー ´     ∨   市民の皆様が優秀なのは善いことですが、
      / _   ∨/;;;;;;;;;i: ∨イ¨ ̄7i「 ̄ ̄ ̄_L ̄ ̄L//:::/:::/\       /
    .| |:.|  /:::/\;ヾ: | |ヘ / |:|___|r─`Y./ヾ:://〈  ∨≧=-≦
      | レ'//: :〈  /::::|: ! l Y .!:|三三{__コl二! |\:.:.:∧:ヘ;;;;〉, ∨!/¨ }    我々が可愛がる愛玩奴隷が中々現れないのは悩みのタネというものです!
      ヽイ: :/: :/ `7:.:.:.ハ:.|└┴‐'.:|三三三l    ト. \:.:入:.´ ∧ 〈 ヽ_∠
      / ;イ. ./ .//:.:/ .{ヾ__/ニL_:!/ ̄ ̄[]__レ_∠_.ィ  ヾ、 ∧ 〉≠<::)
      〉'´ :!. ヽ_//:.:/  ∨三三|ー{´ ̄ ̄ ヾ≠7三/;/   ゝ二彡/  >、
      _L_ヽ:.\/:.:/   .|三\ニヽ_¨7Tニ!二/三/ニイ     厂 _./ /-、ヽ,
    /r,  >ミ=≦   ∧三三ヾ三三|_三三/ニ//ー、   |/ 厶'/   ∨
   .!   /..rr≠ヾ   / ∨ニ\三 ̄¨「 ̄=三//、  〉   }: //二、ヽ/
   |   |....|.|......|/    {.  ヾニr─-==三三三=べ  /-r' r::7<才ヽ\/ /
   .!   .!....|.「..‐|     ノ\  ノ;|⊃ _}三!_  ー'ノ/三!. /;ノ{:::::|:.:,、:.:! l/
   j  .|.....!.!......!  _∠三三三、≧=イ ̄ニ ̄ト≦三斗 '"i(:::/ヾ::!:.:ゞ:j/
  .| _ |.....|.|......| /.:.: :  ̄ヾ三 \ニ.| |::::::::l |三/.:.: :   !(_::/::\:丿
  厂:::: !... 「¨..ヾ !.:.: : :   ノ三!三ヾ.| |::::::::!.|三!:.:.: : :   | ゝー::^/
  .ト、::::/|.....|‐-..f .!:.: : :  ∧三.\三ヽ |::::::ノノ三ヽ:.: : : /l  ` ̄
  .{:::У:;!... L._...| .|:.: :    |三≧=-`ヾニー≦三三∧:´  ,i



.

4647 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 01:02:11 ID:+qxHqiUb




                            _
                     -==‐- _ /∧r≠、
                  //  / / ニ\::∧::::::〉_
                    / /  / / /  /}:::∧´::';:\
                  ∧/rz/,、/ / ヽ_//!:/::∧:::l!:::::l            わざわざ従者一同で嘆願書を出して、
                    L////L/\/  //`〈/|'|::::::∧:l!:::::!
                    |/////////l/| {()//-y-──<、
                  `ド==≠ "´ ∧/イ∠--  _    \          他領から愛玩奴隷を移譲してもらった甲斐がありました!
                ∧_     / //ア /⌒ヽ\//\
                     _ -∨///ア //_∠∠_   へ// 、  ヽ
              / /::::::{ヾイΤ(:∠イ´∵∴ヾ\/¨¨ \\/        おお、なんとひ弱で脆弱そうな肉体なんでしょう!
              / マ/:::;ィ'∧__j/。// ̄,>ー〈/ \\.     /!、
               |「 /::/7ヾ{ へ //_廴ノ   >、  ヾ ̄ヾ「:| |'∧
               | /::/ / / /〈//二ヾ\ /  ><〈:.:.:l:::|::|./| ::∧       衛兵として守り甲斐がありますな!
                L/´)_,∠_/::::::::У'ア ̄>ヽへ.//ヾ!:.:l:/::「 .|::::::∧
         _ -  ̄_  >ー─イ∠ゝ<//! >' ヽヾ/:.:j:::::/ ∧:::::::_〉
       /_ -  ¨_ -¬__「 ̄! !:::::ヾ>`ヾ:::::|'   ヽ.〉' /:::/ ∧::∨::::::)
     _ -¬ _ -_ニ -ュ -f∨L.斗f:::_ノ::::::::∨:::::l   /./::/:/./  ∨:ヾヘ:',
   ,r┴─‐┤ ∧_ -\_ -=三三!::|..:::::::::::::|─‐≦ /::/:::∨    ∨::::::´:}
  /::ィ:::::::::::::::|/ 「  _ -=三三三/ーヾ__ノ_ -‐:::::::/:/:::::/      ヾ才〈
 .|:::ト〉 ̄`¨¨ヽ_二ニ-──┬─ f:::::::| / /::斗:::::":::::´::::::{_7>.、    〈'∧
 .レ^′              ̄ ̄ト二_/./::::::_:::::-‐::::: ̄::::::{_〉、'/∧    ∨ヘ
                    「!j:::::::/_::::∠=-v'丁7777[ ̄ ヾ}ヘ'∧     ー'
                  /7>=イ  L!L!  |「;L二二!;|  .//∧∧
                   L!|  〔!   ___j乂'////ノ─ヘ'//∧ノ
                  ト)=-_L/:::::/:::::::::_二二_::::::::::::∨斗'
                  ∧ ̄::/;r 7 ̄/}≧=、:::::::::::::i::::::::::::l
                  | !:::::ゝ! └‐'.:i|   |::┘└┐::::::/
                   | ∧::::: |   ::||   |:`ト:_::ノ ̄ニ!
                    | {:::::ー::ト-   ::||_  |::::|::|:::/ /  |
                    |ノ:::::::::::!    |  ̄|::└':/ /  |





                   ,,::´::::::::::::::::::::::爻女三ニ=-
               乂__/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ三≒三二ニ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=ニ≒三二
           _彡'::::::::::::::::::::::::::::::::::::}ハ::::::::::::::ニき二ニ
               //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ';:::::ム:::::-=キニ=
              / ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::;'´u}::/ }::::ニ代二
         、__彡'′ i{:::::::::::::::::::::::::::::/}:::::/云ニ==ミ:::::::‐|::::≒
            i|::::::::::::::::::::::::::/ ,'::://{ { } } }::::::::::|:::::ニ    (ちょっと なに いってるか わからないです)
                八::::::::::::::::::::え_/::/_,八ゝ'.厶イ:::::::ニ|:::::三
              /::::::::::::::::::::/´ / ´′  ¨¨⌒7::::::::-|::-トニ
          /:::::::::::::::::Y( {J 、_  __,  u/:::::::::::::l::ニ{二
            _厶イ::::::::::::::{:::>:...`    ´..イ:/:::::::::::::::汽キ=
             i{ ::::::::ト、:::::::::::::r}`    ´{、/:::::::::::::::/::::キ≒
           八::::::::| l|:::/:/{\___/}/:::::::::::::::/:::::::キニ
                ヽ斗rビ7  {\{///}_ ,::::::::::::::::;ーァミニキニ
            /V∧ i{  人 V// /:::::::::::::::/ /  ≒ヤ=



.

4648 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:03:39 ID:G6jqwIY3
(あ、これ姫プレイや)

4649 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:04:08 ID:icMOz4cs
職業:お猫さま

4654 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:09:53 ID:DrEpn9ux
ちやほやされることが仕事


4655 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 01:22:23 ID:+qxHqiUb




                        |\   へ
                        } _,>  .}:、∨
                       ,{ {/ .} ∧∨       おや、やっと自動人形以外の観客が来たのかい。
                      / { }/ 乂..:} {
            ( ̄ ̄ > ⌒}/  .小 ∨ /   ,ノ
           ∠⌒≧=/ /./ / / 圦 ∨ .//{         鋼のぶつかるけたたましい拍手以外が聞けるのは素晴らしいことだ。
         ∠⌒` \:{ i{ /./  ,{   ∧ ∨/,/   n   ./)
          / '⌒`   ∨{ .// / {、_>ー⌒ヽ /、___ノ L/∠ -┐
         :{  __ \} .// / .∧:.:.:.:.:.:.:ハ/:.:.:.:.{ r―, ⊂ニ                    /三≧s。、
          个<     、 ∨.{ / :{ ∨ ̄/ /}}>へ >ー- ニ′                     ̄ ヾ:.:「
         {  \_/ \}{ { :{.  ∨__/ /}:.:.//:.ヽ┐                     _ 斗┴┐
        {   \_/  \:.{ :{ 、_,.。<}:.: /イ:.:.斗彡L               n n、―=ニ三,人__.人
        .八、 \__\_,/  \∠  \}:.:.:/:.:.:(//∠ ノ{         ―=ニノ }ノ }.{n―  _ 斗  フ
          }\  :.:.:.:\_,/  ヾ \  }イ:.:.:. ∠  /´ _  ―=ニ三ニ=―Y´_ ' ∠ ノ    \_ /
          }>   ̄ ̄\_,/ }  ,ノイ:.:.: ∠  ―=ニ三ニ=―、_ .。<{:圦_>‐一 ´
        /           \    /=ニ三ニ=― .。s≦// r―<{:.:.:.:.:.> ´
      ._/     / ̄\   ≧ー彡=― _  -― >――く. (  {:.:.:.:.:.:.:> ´
    /_{     ,′   ∧       /  >  ´        \   ゝ= イ
  .。s≦   {     ∨     /     /   ´   / /      }――一′
  /     .∧      ー=彡     /f´     ././ /    ,/
 .乂__,/ .∧            ./.:.:.:   ____{/ /   / /_
    ./   / /\ ____.。s≦ -―  ̄     { ./    ./ /:圦
   {   / /   } ト  / /  {!   {!  {!  {!  ∨ / / ./:   ‘,
   ゝ-.〈 /   ./ {   ){!   {!   {!  {!  {!  /  /  / {  {、/
       ./   .// ̄{! {!   {!   {!  ヾ  ゞ 斗/   / :/   :{ {
      乂__ {( i!  {! ヾ  ヾ.  ヾ .。s≦  ,/       {    {/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ./       八  {{  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              /      / { {! :|
                          /      /^「 {!  |
                            /___.。<ヾ{_{  {{ |
                            \≧=- }ノ ヾ{= }!  |
                          }  -=斗― L__,}!_|____
                         ./ /        _   --=≦
                         {____.。s≦三三三/ {
                         \三三/ ̄ { ̄  、 {
                                 /≧s、 ヽ∨
                                 }_   \ .}〉
                                   「 \_/






                      //. . . i:::::i: . . . . . . . . .\  ,  ヽ
                      /. . . . . . .::::::|: : . . . . . . . . . .∨ x   `
                   /. . . . { . . . .::::::ト、__::...ヽ. . . . . . .∨:::ヾ
               /: :/./ 人. . . .:::::| \::. . ‐-! . . . . . ::::. :》 /
                    . : /./ . . . \. . :::| z==ミx l|i . . . . .::::::::l{ノ
               { ∧i . . . { z=ミ__:l  ん:::ハ 刈i . . . /:::::::::::
                八{   . . . Y r゙:. `  乂::ソ   . . . /⌒ :::::/      油や潤滑剤以外の、
                  \. .乂::ソ        . : : . じノ:::
                    r   ′      厶イ ir‐ /
                    八     _          {.i {^          お洋服汚れを洗えるのかしら。
                     `         . :´ 从!
                     亡l_   -‐≦::___/^\__
                     x===x  ___r=x    /  >      あら、愛玩奴隷ってそんなに粗相はしないの?
                    {: .   . :}=┘└ : :\/    /:::::::::
               <⌒ヽ   〉     〈 (¨ ̄¨) 〉..〈     .::::::::::::
                 ` . .::  / : .   . : ヾ{__/ ̄ ̄\_  :::::::::::::     排泄物の洗浄に試したいものが沢山あるのに。
                    . . ∨: .    . :⊂_>′  . .  `  ::::::::
                 {   i : .      . :/人____ :::::>、: .  ` .:::
                ゝ-______//__//__ \: .   ゛
              . . : : : : : | : : : : : . .         {  \: .




.

4656 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:23:48 ID:MlIe+Ijm
下の世話までされる可能性があるのか
やべえww


4659 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 01:28:17 ID:+qxHqiUb


: : : : | |: : : : : |:.:.:.:.:.:.:|            .l     ,,..ィ''".|\________
: : : : |_|: : : : : |:.:.:.:.:.:.:|            .l _,,..ィ''"   :|  _|‐┴─┬|: : : : : : : :
: : : : | |: : : : : |:.:.:.:.:.:.:|           /^.l           ,|__ |‐┬─┴|: : : : : : : :
: : : : | |: : : : : |:.:.:.:.:.:.:|       /   .l     ,,x≦.|  _|‐┴─┬|: : : : : : : :
: : : : | |: : : : : |:.:.:.:.:.:.:|      /’   l   _,,. <-=≦| _|‐┬─┴|: : : : : : : :
: : : : |_|: : : : : |:.:.:.:.:.:.:|    /’   __r≦.-三三三三|   |‐┴─┬|: : : : : : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄`丶 .:.:.:.:.: |   /    _廴二二二ニ_ 三三|__|‐┬─┴|: : : : : : : :
        .}:.:.:.:.:.:.:| f'"    r┴―――――――.|   |‐┴─┬|: : : : : : : :
       /|:.:.:.:.:.:.:|     _[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}_ _ |‐┬─┴|: : : : : : : :
      l {..|:.:.:.:.:.:.:|    _」二二二二二二二二二Z_,,..|‐┴─┬|: : : : : : : :
      l. ̄`7^l:.:.:.|   _L二二二二二二二二二ニ/二Lー┬─┴|: : : : : : : :
ー―≠-  _{__{:.:. |  _」二二二二二二二二¨¨¨¨二二二,廴_ ┬|: : : : : : : :
  _....   ---}:.:. |__}二二二ニニニニニ二 ̄ ̄ ̄ ̄|ー=イ二|―-、_ : : : : :
_..    -――{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄¨¨¨''''=―---Z二二二ニ  -==≦{ ̄ ̄ ̄
         __} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨'''――--------------―''"’: . . .
-―  T「 ̄ ̄} }: : : : : : : : : : . . . . . . .                 . . : : : . .
{    .}:{    }:{                 . . . . . . . . . .




:::::::::::::::::::::::::::::/ │:::::::│  _  \ :::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::/  │::::::│∥ ̄ ヾ│:::::::::::::::::::::::::::::│
::::::::::::::::::::::::/ヾ  │::::::│ / ヽ .│:::::::::::::::::::::::::::::│
::::::::::::::::::::::/ヽ  │:::::::    ○│ │:::::::::::│\:::::::│
::::::::::::::::::/丿   .│:::::::│ ヽ ノ │:::::::::::│  \│
:::::::::::::::/ __,ノ  .│::::: │  _彡 ::::::::::: │
::::::: /    ノ .│:::::::: /   ̄  .│:::::::::::/       .  (な に こ れ)
:::::::::│ゞ≡≡  ./:::::/       /│::::::: /        .
:::::::::│     /:::::/        .│:::::/        .
:::::::::│     │/ __   へ .│::/
:::::::::│ ヽ    ∠  ソ   ::::::: │/
\:::::::\  ヽ   __ ´::::::::::::::::::
  \:::::::\  _ │  \::::::::::::::::::::         .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ̄      / \  ヽヽ :::::::::         | 国の法律により、その真実は公然の秘密とされているが |
\  \     / : : : 丶│  \:::::          .乂_______________________ノ
  \  \  │\: : : /     丶::
        \ │.. (: : : )      レ       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     \                      | 国民に知られている「過酷な奴隷労働」は殆どが偽りだ |
                             乂_______________________ノ


.

4660 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:29:20 ID:sUCkSum1
二重の意味でこんなの言えんわ!

4661 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:32:04 ID:iWCMMI+u
過剰な奴隷労働ってことにしとかないと国民みんなサボり始めたら不味いからね!


4663 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 01:38:00 ID:+qxHqiUb







               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               | 而してその真実は|
               乂_______ノ

                        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                        | 人間としての自由を代償に、自動人形の愛玩を受ける奴隷となることである |
                        乂_______________________________ノ


















: : : ⅧL            }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./\ \ \/    V/ / / \::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |             ,v:: :′ ::
:: :: ::ⅧL          }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::′:.:./\ \ \   / / /ヽ:: :: ::V::.::.::.::.::.::.::.::.::|             ,v:: :′:: ::
:: :: :.:ⅧL             }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.′: : \ \ \ .Y ../ / /:: :: : :j::.::.::.::.::.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:: :: :: :ⅧL            }::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: : : : : : : \. Y }  !  i  / /:: :: :: :: /::.::.::.::.::.:| ようこそ、愛玩奴隷γ-281号。 |
: : : : : ⅧL          }::.::.::.::.::.::.::.::.::.: :: :: :: :: :: : ::i | . |  !  |  Y:: :: :: :: :: /::.::.::.::.::.::.::乂_____________ノ
:: :: :: :: ⅧL         .  }::.::.::.::.::.::.::.::.::.i :: :: :: :: :: :: :| | . |  !  | i !:: :: :: :: : {::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.i            ,v:: :′:: :: :: ::
:: :: :: :: :ⅧL           }::.::._」L」_::.::.::.:|:: :: :: : : : : : | | . |  !  | | !:: :: :: :: :: i::.::.::.::._」LL」_:: : |           ,v:: :′ :: :: :: ::
:: :: :: :: ::ⅧL        }/:: :: :: :: `"'<:: : : :: :: :: 八:! : ! :.:  ! !...|,:: :: :: :: : ,:>'":: :: O:: :`ヽ!,        ,v:: :′:: :: :: :: :
◎:: :: : : ⅧL        /:: :: ::O:: :: O:: :: :`ヽ:: : : / /__/___jL,_jL.,!,, V,: :: :: ::/:: :: :O:: :: :: :: :: OV,      ,v:: :′:: :: :: ◎:
:: :: :: :: :: :ⅧL     /:: O:: :: :: ::O:: :: :: :: :: :: V,ィi{≦´´ -‐…‐- ``≧s。,::/:: :: :: :: ::O:: :: :: :: ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:: :: : : : : : ⅧL     {,:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::: :: ノ::.::\ィi{:_:: ::r‐‐i :: ::_::}iト:/::.::`ヽ:: :: :: :: :: :: : : :O:.| この蒸気伯爵が統治する、V-781地区へ |
:: :: :: :: :: :: }:: L     V,:: :ο:: :: :: :: :: ::、丶`::.::.::.::.::.{::/ニニ(: : : )ニ≧Y }::.::.::.::.::.`丶、:: :: :: :: :: : : 乂_________________ノ
:: :◎:: :: :: :}:: ::      V,:: :: :: :: :: ィi{::.::.::.::.::.::.::.::.::.::{:⌒Yヽ≧≦ニY⌒i: }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::`丶、:: :: :: ノ     v:: ::  :: :: ::◎:: :: ::
:: :: :: :: :: : 八::i      >''"  ̄ "'<::.::.:>'"  ̄ V,::>''"'<_>'^'<jア⌒y⌒"'<::.::.::.::_」LL」ィi{       : : : V,: :: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: :: /:: :: |      /:: :: :: ::r‐‐i::>'"{^\  \ _V,:_:_: : : :} {: : :_:_:_( /  /: ::V::´ :: ::_::_:: ::ヽ,     i{:: :: :: V,:: :: :: :: :: ::
:: :: :: :: ,イ:.: :: ノ__    i{:: :: : : ji斗 ァ'゛:: :: 八: : :\./⌒丶⌒Y:} {: :/   >}iト.,/: : : ::ノ:`"<:{:: :{:: :: :V,    }{:: :: :: :: 、 :: :: :: :: ::
:: :: ::/:: : /:: :: \__ハ:: :/:: :_ア:: :: :: :: :: ::\: : j:`丶、  \リ V ''"´ . . ∨, V,: :/:: :: :: :: ::ヽ^^ヽ_  l'''l         _  l'''l     /:l
:: :: :: :: ィi{:: :: :: ::V⌒V: V:: :.:_ア:: :: :: :: :: :: :: :: :\{: : : : :丶、ノ^^^^{.ィi{ : : : : V|;;,,.      /;,   | ∟,|::|_,、  ,_   ,| ∟,|::|_,、 ,、|:::L
:: :: :ィi{:: :: :: :>`ヽ,:: :: :: :: ::_ア:: :: :: :: 、:: :: :: :: :: :: }iト ., : : : }/ /^V,V_: : : : |;;,,. ヽ;;l      ソ/;,  |::;――-;::/ ,.、_|::/_  |::;――-;::/ |/7:/   ●   ●   ●
ィi{:: :: >'" :: :: :: ::V,:: :: ::: ::] :: :: :: :: :: \:: :: :: :: :: :: :: :: }iトj:./  V,V≦´:: :: ヽ;;l    _、-''7 ソ  ヽl   /,;/ /:;.―-;::::/ ヽl   /,;/    !/
>'" :: :: :: :: :: :: :: : V,:: : : : ] i:: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: :: :{     〉:: :: :: :: :___、-'''゙´:::,、-゙、;:::::''7    ∠-'  `´   /::/    ∠-'
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: }: : : : : ] |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: "' :: :: :: : : ハ   /:: :: :: :: ::|:::::::::::;;、-''´  _ニコ::!―i         / ´ :: ::`"'
                                         |;;、-''´     |,,;;;,、-''''゙゙´



.

4664 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:38:06 ID:+Tz8bRCs
どういう人間が奴隷になるのか分かってきた気がする
孤立した人間?

4665 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:40:24 ID:aIHfROFg
あれか、「汚い野良ネコを拾ったので虐待してみた」的なw

4666 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:42:14 ID:LTdX/QK5
精神的に過酷な労働であるのは間違いない、なんだコノ羞恥プレイ。


4668 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 01:45:56 ID:+qxHqiUb















                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         |   歓迎しよう、盛大にな。  |
                          乂___________ノ













                    【世知辛社会で自己評価がクッソ低い奴隷少女が】


            【機械系異形連中にひたすら愛玩されまくって一人前のレディになる話(客観評価)】



.

4670 : ハシビロコウ ◆.jWOXYLbLo : 2018/06/05(火) 01:53:21 ID:+qxHqiUb




         |\
       ト、   |  \
      <\\|   _>、_
    、丶` ̄``´ ̄      ̄  ‐  _
 、丶`                、  丶
          / /          \  ∧
        / /            ∨ ∧
         / /             ∨ ∧
       /   |                   ∨ ∧
     |   |、   \`ヽ    //  ∨ ∧
      |  |\     ̄     ̄   | ∨ ∧
    / |   |  \             |   |/ ∧      どうしてこうなった?
  | /  |     !   乂ッ、       ィ |  |/.∧
. ../|/. . .|  \|、       \  |  /vリ| ハ.:.:.:.、\
.:./ |.:.:.:.八  |ヾ >──  \|/|/、_/ /  |::::::::. ̄
/.:.:.!.:.:.:|  \ |            丶  /イ  |::::::::::.
:::::/:::::: | 」   ヽ               |∨ /::::::::::::.
:::/::::::::::|_>、        __     .人}={::::::::::::::::|
:/::::::::::/\   >            <::::/: : ∨:::::::::::|
:::::::::::/\ }ト   |   >  _  < |:::::|/: : }! |:::|i:::::::|
::::::::/    ィ"´ \   /、/|/   ∨::〉: : :}!:|::| |::::::|
:::/  / ̄∨    \__| \       └': : : :}!:|:」 |:::/
  /    \    /‐\ }\    /: : : :}!:|  |/
 / \      \_/人_}  | ヽ  |: : : : :}!:|
./   |   r─ ┐   |  \ \ |.  |: : : : :}!:|





                       __
                     /________ \
                    //...............\\
                      //...........................ヽ\
      r、           〈........................................}/           だって恋愛小説書くのはいいけど、
     /:i{           ∧.ー、...................-::::/
    ///{ r-、          [ヘ::::::\......./::::::/]
   ノ///{ } }          .∧:::::::::::::::::::::::::ハ             嫉妬とか権力とか親類縁者のギスギスとか、そういう辛くて苦しい要素なんて、
   { { ヽヽノ }          //∧::::::::::::::::::::/ヽ`、
  .八   / 〈         /〈// ヘ::::::::::::::://∨\
   }、__ノ }     。s===≧」//} \::/ }_____}\ 〉          お客の皆々様も見たいとは思わないでしょう?
   Ⅷ///// {   /////////7/\_/} / \
    }//////.i!  /////////{!///.}>==</ }/ }!/ ≧s。__      .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    }////// {  //////////{!/ {          }//i!//////∧     .| うーん一理ある |
    }////// {///////////{!/ {   /    }//}!///////∧     乂______ノ
    ∨/////////////∨// {!/ {\ /    ///[!////////∧
    {////////////// }///.{!/ {  ヽ}----///////////////≧s。
     .\///////////イ////{!/ {  /   /////////}//////////\
      .\///// /  }////.{!/ {  !  //ィ/////// \//////////
          `ヽ /   .!////.}!/.{  |  {/{ {//////    >////// /
                 V/// {//i  |  }/{ {/////!  /////////
                 }////ヽハ≦=≧_}/ 〉〉////{/////////      【こいつこういう合理主義の演劇役者なんです】
                   {/////}/}===== }/ i{/// /////////
                    }/////.}/{=====:{/ {!//////////
                {//////}/}=====}/ {!/////////
              ///////{/{====// {////////            【近々発表。きょうはここまで】
              ////////}/}====}//}//// _ イ
               //////////i!===={//}。s≦/ ∧
             ///////////=====∨//////// \
              //////////// ̄ ̄ ̄ ∨///////// ∨
              ////////////::::::::::::::::::::::∨///////// ∨
           .////////////::::::::::::::::::::::::::∨///////// ∨
          ////////////:::::::::::::::::::::::::::::::∨///////// ∨



.

4671 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 01:56:21 ID:LTdX/QK5
乙ー
・・・・・愛はあっても恋は無いなコレ

4672 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 02:04:53 ID:PIoAE7sP
トラオム君ちゃんさん!乙ー

4673 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 02:13:23 ID:pU6OqnRJ
乙ー
嫉妬とか権力ギスギスも需要はあるから一概には言えんけどね

4674 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 02:13:57 ID:+Tz8bRCs
乙ー
楽しみですわ

4675 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 02:18:18 ID:PIoAE7sP
渡る世間とか何が楽しいのか全く理解できなかったけどアレ好きな人もいるんだよなぁ…

4676 : 梱包済みのやる夫 : 2018/06/05(火) 02:31:25 ID:sum5rgJX
一理ある そういう展開山ほどみたし
が、ガワと中の人が会話しとる……!

関連記事
26715 :日常の名無しさん:2018/06/05(火) 23:28:45 ID:-[ ]
ギスギスしたものはドラマや演劇で鉄板だからこういうのは新しいな
26729 :日常の名無しさん:2018/06/06(水) 11:43:36 ID:-[ ]
屈折的なマイフェアレディやん!
26730 :日常の名無しさん:2018/06/06(水) 11:48:28 ID:-[ ]
民衆に求められる恋愛ドラマは悲恋だったり泥沼だったり無常感だったりする
もしくは他者が痛めつけられる事による自分の昇華っつー快楽かな

でもそんなの関係ねぇ俺はハッピーが書きたいんや!ってするのすごく好きです!!
27256 :日常の名無しさん:2018/06/14(木) 06:04:26 ID:OARS9n6I[ 編集 ]
某所で、自動人形が増えて人間に取って代わるようになったら
現在の猫の地位に人間がスライドするんじゃないか、という話があったな・・・

そしてお猫さまがその上に君臨するのだ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に


トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
現行作品リスト (10/31)
  • ユーノは輝く者のようです EX 解説 (10/21)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 07 仮面を取れ (10/21)
  • アメリカンヒーローアカデミア 4 (10/21)
  • 女神異聞録 やる夫のデビルサマナー伝 その23 (10/21)
  • 国際的な小咄 5583 造幣局にドイツ人を連れて行った感想 (10/21)
  • 国際的な小咄 5582 追加で突っ込み来たぞ (10/21)
  • 国際的な小咄 5581 ジンギスカンは (10/21)
  • 国際的な小咄 5580 別記述 (10/21)
  • 国際的な小咄 5579 上級国民って法の下ではないよ、という話 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その4 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです 番外編 ある日の疑問 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その3 (10/21)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その2 (10/21)
  • 国際的な小咄 5578 多分クレームが出る (10/21)
  • 国際的な小咄 5577 ポーランドとかいうバーサーカー (10/21)
  • 国際的な小咄 5576 苛烈な社会の果て (10/21)
  • 国際的な小咄 どう答えろと!? (10/21)
  • 国際的な小咄 5575 タイ米の焚き方 (10/21)
  • 唯は妖怪アパートに住んでいるようです 第4回 (10/21)
  • やる夫は暗黒騎士からパラディンになるようです 第2話「深き霧!ミストの谷の幻獣」 (10/21)
  • やるやらは偽りの太陽に祈るようです 第二十三話 楽園に囚われしものたち(前編) (10/21)
  • やる夫は竜の人財のようです 第8話 (10/20)
  • ぜくしぃ☆さおりん 第46話 (10/20)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 冬④ (10/20)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 冬③ (10/20)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 冬② (10/20)
  • 徳川RTA 一周目 1549年 冬① (10/20)
  • アメリカンヒーローアカデミア 3 (10/20)
  • 国際的な小咄 5574 スウェーデン王妃 (10/20)
  • 国際的な小咄 5573 会津の人の声に納得 (10/20)
  • 国際的な小咄 5572 ナイジェリア石油利権からのコンボ (10/20)
  • 国際的な小咄 5571 これは名案である (10/20)
  • 国際的な小咄 5570 わーお…… (10/20)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その3 (10/20)
  • あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG シナリオ19「向日葵は陽炎」 その2 (10/20)
  • 目次 ユーノは輝く者のようです (10/20)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 06 217号室 (10/20)
  • ユーノは輝く者のようです Episode 05 冬ごもり (10/20)
  • 国際的な小咄 5569 彼らもまた、戦国の勝者であるが故に (10/20)
  • 国際的な小咄 5568 大体十秒くらい (10/20)
  • 国際的な小咄 5567 もう終わりだぁ…… (10/20)
  • 国際的な小咄 5566 フランスはね……すごいと思うよ (10/20)
  • 国際的な小咄 5565 金王朝の安定感 (10/20)
  • やる夫は願いを叶えるようです キャラシート (10/20)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 その1 (10/20)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第3話 「カミハ ダレヲ マモルベキ」 予告編 (10/20)
  • やる夫は願いを叶えるようです ロストレクイエム第2話 「カミハダレトオドルベキ」 その10 (10/20)
  • 白頭と灰かぶりの魔女 回帰編 第一話 「虚空のエントランス」 (10/20)
  • やる夫くんとミクちゃん その4 (10/20)
  • やる夫RSS(←やる夫、AA、SS等まとめ  アンテナ、感想系、その他→)
    相互募集中!
    月間ランキング(2019/09)
    ※完結作品は集計した前の月(今回であれば8月)までに最終話が更新された作品を対象としています。
    ※殿堂入りのため除外→国際的な小咄

    現行作品ランキング 完結作品ランキング
    1異世界からかえってきたやる夫君のお話1やる夫が異世界で前を向いて生きるようです
    2あんこ時々安価でクトゥルフ神話TRPG2やる夫は異世界で皆を助けていくようです
    3あさねこの小話空間3やる夫が異世界で絆を紡いでいくようです
    4やる夫とミクが崩壊した世界を歩いていくようです4異世界食堂できない夫
    5英雄を作ろう!5華麗なる召喚術士ルイズの召喚獣、入即出やる夫
    6白頭と灰かぶりの魔女6やる夫はソロハンターのようです
    7やる夫は出口のないダンジョンを彷徨うようです7やるおたちの異世界・世知辛チート物語
    8やる夫は魔導を極めるようです8やる夫たちは三連星(代理)のようです
    9やる夫はアダムになるようです9ローグライク異世界転生
    10やる夫のアトリエ~ザールブルグの錬金術工房~10召喚勇者、やる夫のチートは微妙である
    11やる夫は海自の教育隊に入隊するようです11金欠ほのぼの冒険物語
    12森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScの洗濯籠12レベルを上げるスレ
    13やる夫は封印されし魔王だったようです13やる夫はLVが上がらないようです
    14やる夫は人形使いと呼ばれるようです14オーバーあんこ
    15やる夫は異世界で仲間達と生きる【渡り鳥】になるようです。15やる夫の野望
    16二人はヒャッハー世界の何でも屋16やる夫はエンフィールドで暮らすようです
    17◆25NC1ovscM総合17俺の息子は転生者
    18やる夫は竜の人財のようです18食事処 ~やる夫の大釜~
    19やるやらは偽りの太陽に祈るようです19やらない夫の洞窟物語
    20やる夫がロードバイクに乗るようです20やる夫が冒険者学校でパティシエを目指すようです
    21カーきゃん□21女神が愛した白饅頭
    22我ら町内限定正義の味方22あんこくさい連合頑張る!
    23恋愛騒動七番勝負!~ネタバレすると二人はくっつく~23やる夫ファンタジー
    24ハシビロコウ◆.jWOXYLbLoの投下巣箱24やる太は異世界日記を綴るようです
    25やらない夫はエンフィールドで暮らすようです25STALKING!!
    26やらない夫は集われるようです26路傍の果ての英雄譚
    27やる夫たちの4コマシアター27恋心とシュガーラブ
    28ロケッ都団が征く!!28彼女たちは売れ残りのようです
    29できない食堂 ◆jiPnTb1M/w(◆iWQK9irtW6)の短編投下所29北方人民共和国の興亡
    30やる夫達は死の遊戯に抗うようです30高森藍子はアイドルになるようです


    過去ログはこちら


    ブログパーツ