予告? やる夫は時を越え約束を果たすようです


368 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:28:52 ID:6l/RbQfE
うむ、即興で予告を頑張って作ったぞ!




369 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:29:30 ID:6l/RbQfE

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                           平穏で平凡な日々

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |    お前15歳の誕生日の時にやったペンダントはどうした?
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |  ああ、アレ?やる夫の新たなオナニーの境地の実験台として使用した後
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \  ティッシュに包んで机の引き出しの奥にあるお

                        やる夫シャイだから洗濯機に入れて他の洗濯物に匂い感染ると嫌だなぁって

370 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:29:55 ID:6l/RbQfE

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                           それが、一瞬で崩れ去ってしまった

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |    アイツ等は……ペンダントを……   |
   \________________/
        _.____._
      .//: : : :: :: 、::\.゙ヽ
     ./: :/: : : : i、 : : ヽ、:\. ___
     /: :イ: : : : : : i、: : ::ハ::: :ヘ.     \
    i:: :i: :i: :::i:: :: :゙iヽ、:i:::i: ::ト.i ヽ、_   \
    'i::::i.::::i:::::i:::::i:::ヘ「´}i/!:/゙ ` (○ )     \
  .   ハ::::i::::i:::::i:::::i:::::iハノ:! '┐人__)  u.     .|    ペンダント…?
  .   ヘ:::i:::i::::,i::::ハ::::i:::/  ノ`⌒´      /
     ハ::i.i!./|::/ 'i,/レ-<エェ┐      ヽ
      レi/ .レ  '  イ   ヽ.\.      `\
        〆ア.   .i       .ヾヽ、  /   |
       マ/フ    .i  i、  ヽ __/  / |
      /マ/フ   n.i  ハ  E⌒___/  |
     / └‐-==ソ》ハ、i ヘ、 _._ .ヾ      |
     >、_,人_.ノソへノ\__!゙ ヾノ       |
     /   //::::::::::::::::::::::::::∧!.⌒´        |
     V   ハ::::::::∧:::::.__ノ >ゝ       |

371 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:30:45 ID:6l/RbQfE

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                           いきなりの世界征服宣言

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

  ヘ     γ////////////////////V///        /   _ |   !
    ヽ   ///////////////////////{/ {     /   -‐  /  /
     `ヽ_{//ム===ュ//////////////∧ ヽ、  /   /    /  /
         レ´    ヽヽ//////////////ハ_ア  /    /   /
          {      } .}//////////////////.! /     '  /
.      /ハ    ○/ /////////////////// !/   -‐´_ -‐´
     /  jヽ、z-‐'_/////////////////////../ /
    イ ィλ///.l |////-z二二二 ヽ/////// / /
   /:.:| | {,、`ヽ__| |/ィ=‐- 、  ァヽV///// /
.   /:.:.:.! ! {三≧=チ -= _o/,-‐' __.| |////  /
  /:.:.:.:.| | |三三ヲ、 ヽ   ̄´ , -‐´ }| |///  /
 .:.:.:.:.:八 ヽ }ニ、 /} ヾ 、 _ _ ),イ / ノノ//  /
. |:.:.:.:.:.:.:.:ヽ `i三_` __` _  ィ チ ノ, { {//  /
. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\マ ̄マjVマ人/`´|,イ / jノ/  /
 !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` `ト' }  ___ィ / / //  /    痴れたこと
.八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` ト、ノ´ ,、 ,、 /У/ ム' /
  ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ}ヘ/ /ハ/  / /           世界を我がモノにするためよ
   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マ三ア ̄   / /
     ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧三ー '   ./ /
      ヘ:.:.:.:.:.:.:./ニヽ{__ ィ/ /
       ヘ:.:.:.:./  γ⌒ヽ { {
       ハ:.:/   /:.:.:.:.:.:.:.:| |





         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |     そんな下だらない理由でとーちゃんやかーちゃん
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ    あの村の人たちを殺したのかお!
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

372 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:31:10 ID:6l/RbQfE


‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                           人類の未来はやる夫たちに託された

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

              , ------- 、
              //////∧/∧
            ////////∧/∧
         /////////////i
        [二二二二二///i
       / ⌒ 3 ⌒  \//i
     / <●>:::::::<●>  \
    /  =⌒(__人___)⌒=   \    君たちをある時代に送り届ける
   (_ノヾ______________   ソ(_ノ
.    |           |\   ゝ     そこでアイツを倒す術を探してきてくれ!
.   _l  出荷用.   .| !i\//ヽ
.  { |          | r' ̄ ̄  ヽ
   `|______________________| ゝ---   !
   \____________________\!i|     |
     \------------.\|     !
       ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /

373 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:31:44 ID:6l/RbQfE


‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                           世界を救うため、友を救うために

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐


                    __                   ____
              /⌒\   ..-‐…‥― - 、     /::::::/
              〃ゝ:〉⌒ヾv´      ┐   \ /r:::/
           ,.=,≠       ,  /  / l |_,_,   V厶≦==ミ、
          ///  / /,  i / イ  / ィj |  `';彡ィハ:く.      iハ
            〈イ ′ / //   ,レ'⌒i l //  /⌒ヽ Y彡イ{::::\    } }
           {{ { 〃,イ {   ハiィf芯V/ /}/i笊ハヽ } ,/ノハミ::::{  //
          \ レ/ /1 l  i{〈/{{::::}}ム'  {{::::::}} }〉レ'v川 ヾ} ,ム′
.              '1/ j/l ∧ |   V:ソ  ,  V:ソ  }}r: } ハ  /
             j′ { vハ\ァ   r―┐    {{ノ {   \       __   人間が精霊の力を借りれば魔法を使うことができるって
\                 Ⅵr彡、       /   /7〉 ヽ \__>ァ=ニ  ̄
.  `r‐「 ̄ ニ=ー- . ____,、._/ ハ 〉,≧ュ.. `¨  ィ≦ァ⌒i〉7¨ [レ丶/          証明するために頑張ったんだよ!
   | }          `ヽ_∧_厂`{ }/ 「 `r'≧=≦√7 / /    ,
 ̄ 丁 {            、   \  \廴__//   /     /
    ̄`ヽ.         \  }  \__ VV __彡'     /       _ -‐ ´
       `ー- .. _     ヽ|   7厂「「 ̄} }        ,  ,. -‐¬「
             「i ¨7 ァ 、!   //  Ll   { {     //     l|
             川/ /  }   //       } }    /´      リ






                  - ──‐‐ -
                __ /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ ___
          _ /i:i/i:i:i/i:i/:i:i:i:,ヘi:i:i:,ヘi:i:i:Vi:i:i:i:Vi:i:i:\
          ⌒7i:i/i:i:i/:i:/i:i:i:i:{i:i:wi:i:i:}i:i:i:i:i:i:i:i:iviVi:i<⌒
             /i:i/i:i:i:'i:i:i:i:i:i:i:,ィ{i:i{ }i:i:}i:i:i:i:}i:i:i:i:i}i:i}i:i:i:\
         /ィi:'i:i:i:i:i{i:i:{i:i:/i:| ViVi:i/}i:|i:i:}i:i:i:i:i:i:i}i:i:i:i「^ヽ
.            }i{i:{i:i:i:{i:i:{-ォi:┼ vi:i:/ }┼-}i:i:i:/i:i:i}、i:i:i|
.            }iⅥi:i:i:Vi:Ⅳ}i:八 /i:〈 ノ八i:i}i:i/i:i:i:ハ Ⅵ
.            }i:i:i|i:i:i:i:V{ ==ノ/^\==ノィi:i:i:i/}∧ ‘,
.            }i:i:八i:i:i:八_' '       ' ' /i:i:/i/i:i:ハ  〉
.            }i:i:i:i∧:i:i:i:i⌒        .ノィi:i:/i:i:i:i:i{¨´
.            }i:i:i:i:i:∧i:i:ト   `   ´  .ィi:i:i:i/i:i:i:i:i:i{     何や水臭いなぁ
          ;i:i:i:i:/ ∨i{  >  _  <ィi:i:i:∧i:i:i:i:i:i
          /i:i:i:/   Ⅵ_ノニ{   /ニL}i:/、 vi:i:i:∧     私もやる夫たちについて行く言うてるねん
            /i:i:i:/  /ニニ>、∧  /ニニ/ニニ>、Vi:i:i:i∧
        /i:i:i:/  /ニ>、-=ニニ>、Vニ/ニ=-/ニv>、i:i:i:i:>、  仲間との約束なんやろ?
          /i:i:i:/   'ニVニ≧=--------=≦ニニ/∧ \i:i:i:i:\
        . /i:i/  /ニニVニニニニ乂__ノニニニニVニニ',  Vi:i:i:i:∧
        /i:イ    {ニニ'ニニニニ=-}ll{-=ニニニニVニニ}   }i:i:i:i:i:i:}
.      /i:i:i:{   /ニニ{ニニニニ=-}ll{-=ニニニニ}ニニ∧  /i:i:i:i:i:/

374 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:32:05 ID:6l/RbQfE

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                           やる夫は剣を取る

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐



            /i
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |
             ||: |      ____
             ||: |     /      \
             〔[|]〕  / ヽ、   _ノ \
            /ソjヘ /   (●)  (●)   \
            〔彡ヘ|      (__人__)     |     今ここで
            /⌒ヾ\     ` ⌒´     /
             ヾ___ソ,,,__ ̄``"''''‐ー-─=ノハ         すべての決着をつけてやる!
              |   //{¨`"''''ー─-、、,,____.,,ノ
            弋_ソ′i           /
                i          l
                ノ          i
              /            \
             /     /´`\      \
             !    く´     \      ヘ
              \    \       ヽ     ヘ
              (´________ノ        ヽ    ヘ
               ` ̄  ̄            ∨______`)
                               ̄ ̄ ̄´

375 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:32:27 ID:6l/RbQfE

‐‐───  ────   ──‐‐ ‐ ─‐‐‐‐   ─────‐‐───  ────  ‐ ─‐‐── ──── ──

                  やる夫は時を越え約束を果たすようです

                  原作:テイルズ オブ ファンタジア

                  投下時期:完結まで書き溜めるまで

── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐─────   ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────  ───‐‐

376 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:37:50 ID:6l/RbQfE
くぅ~疲れましたw これにて予告終わりです!
実は、ネタレスしたら長編の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、やる夫達のみんなへのメッセジをどぞ

やる夫「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと精液臭いところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

ゾーマ「いやーありがと!
私の渋さは二十分に伝わったかな?」

ねぬ夫「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわ・・・」

ヴィヴィオ「見てくれありがとう!
  作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

ジーク「・・・おおきにな」ファサ

では、

やる夫、ゾーマ、ねぬ夫、ヴィヴィオ、ジーク、>>1「皆さんありがとうございました!」



やる夫、ゾーマ、ねぬ夫、ヴィヴィオ、ジーク、>>1「って、なんでが>>1さんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり

377 : 光源氏 ◆QB/NF0L4iA : 2014/12/25(木) 00:40:36 ID:6l/RbQfE
さて、書き溜めに戻るか…

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS
スポンサードリンク
プロフィール

やる夫達のいる日常

Author:やる夫達のいる日常
コメントは冷静に

このブログについて詳しくはこちら About

※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。

現行作品リスト
完結作品リスト
安価作品現行リスト

現在Firefox推奨
Google Chromeの最新Verではdirectwriteを無効にできないのでどうしたものかと思案中です

Saitamaarフォント様を導入させていただきました。
手持ちのiOS環境で表示確認済みです。

したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかるものは出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)

やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了


相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterの方が反応早いです)
@yaruonitijou
メールフォーム

確実に着手できるわけではありませんが、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽にどうぞ

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング