できない夫はメラミを唱えられないようです

目次 現行スレ

764 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:41:29 ID:D6.m/4sk
     |∧∧
     |・ω・)    ダレモイナイ...
     |⊂     トウカ スルナラ イマノウチ...
     |

54レスほどお借りします




765 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:41:44 ID:D6.m/4sk

                                ,'
                                (:'
                                ',  ))
                               }  /(
                             ,' ノし': :ヽ
                           ((,イ: :  :: :V)
        / ̄ ̄\                 、ゝ: :   : :(ノ}
      /   「  \              ヽ: :: :  : :: :/
      |   ( ●)(●)               ゝ;:; :;从;ノ
      |      | |                    r‐ 、
      |     __´_ノ                l  .l
      |     `ー'´}                  l  .l
      ヽ        }                    l  .l
       ヽ     ノ                .l  !
        /    く           r‐ 、  _,_ l  |
                        ', ヽ /  `‐-'、
                        .l   ソ  __,,  ヽ
                         l .〈  /     .}
                        ', .ヽ/ __,, -   !
                         .l  V´   __ |
                           {  〈  /´`  .l
                         ヽ  .し′   . !
                          /ヽ {´    l
                           ,' / 〉-ミ_ __ィ
                        /       /
            ┌────────────────────┐
            │  できない夫はメラミを唱えられないようです ..│
            └────────────────────┘

766 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:42:10 ID:D6.m/4sk


『――子供達は無限の可能性を秘めている』


                        , -―――――-x ,,_
                      ,.イ´           =ニ二__
                    /                 ` ‐、
         ,..-‐=‐- ..,   (彡_x=ニ二_            x''"´
       ,.イ´       `ヽ  Xミト、  -=ニ二_          ̄フ
       \   γ''ヽ   /   ,' l ヾミ、    z=-‐¬''∨      \
        \ 弋_丿 / i´`/ l  ・ ゙〉  _,,x==ニ二ヲ∨   / ̄ ̄
          >-‐、 _,<   〆   ヽ __..ノ   |  ・   / 〉  ゙フ
         ./   j( }   l   ゙゙゙   __  ヽ_  ../ / _>'´
         .{   ソ ~`"ヘ              ゙゙゙  ̄   イrハ
         `i       ヽ                 ソ、 丿
          l        >           ノ`ー<
           l      ,     `  ‐-   ,ィ<´┌─‐`
           ヘ   , '              \| `ヽ
              ヽ /                    ヘ
           |\,ソイ^\/` `ヽ    ,、             ハ
          |     , -、  _,,,ヽ,x< \           ハ
          }ヽ三三/ rヘ Y´∧ヽ.     \          .i
          // / / i └' ハヽ j |三三三三\         )



                 『彼らにとって、不可能など存在しないのだ――』

767 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:42:33 ID:D6.m/4sk




     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ー)(ー)   『……と、のたまう大人はいるが』
   |      | |
   |     __´_ノ
   .l^l^ln   `ー'´}     『それって、自分達が子供の頃はどうだったのかね?』
   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ            『少なくとも俺には口が裂けても言えないだろ』
   /  /    \
  /  /       \

768 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:42:52 ID:D6.m/4sk



     『子供の世界ってのはシビアなもんだ』
        
            _m_       __      ___
         . 〃___ヽ    /,-‐-、、  |l二二二l.|
          | (・X・) |    |.(|・)(・|)|  |:|(・X・)|:|
          ヽ  へ  ノ    ヽ.`,-´ノ   ヽ. o .ノ
          (0 ̄・l ̄ 0)   〃`~i~ ´ヽ   〃`~i~ ´ヽ
          (_  ・|_ . )  Ll.  |  .リ  Ll□.|.□リ
          . |_二_l 二_l  .  l二l二l    l二l二l



               rー、
           」´ ̄`lー) \
           T¨L |_/⌒/       『何をしても競争があり』
            `レ ̄`ヽ〈
              |  i__1
            _ゝ_/ ノ 
             L__jイ´_ )          『勝者と敗者は常に区別される』
               |  イ
                |  ノ--、           r'⌒ヽ_
               ゝ、___ノ二7  /´ ̄l、_,/}:\
                |ーi |   l_/ /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
               __〉 {      (T´ |1:::.  \_>、};;_」   『敗北者の可能性なんて
              'ー‐┘       ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ}       誰も見向きやしねぇ』
                      〈` ̄ ̄^`¬ノ .::〔 ̄´
                          1  ヽ   .:::レ  ヽ、
                       |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                        __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 -- ...,,,__
               _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニノ ー'´       ` ‐- ,,_
           , ‐ ´         └―'´                     `

769 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:43:13 ID:D6.m/4sk



『"自分にできること"を1つ見つける前に』


  ゝ/´  ̄ `\    /´  ̄ `⌒ヽ      , ─- 、 
  /  ∠´ \ ヽ   /  /)ノ)ノ)ノ    /___    ヽ
 /  / -、  -\l  l  //へ  へ l   l ⌒ヽヽ|     ヽ
 l __/ | (|  |(| l   l __l | (|  |(| |   |・   |─l- 、   !
 (   ー   ゝ´ヽ  (    ー  ゝ´ヽ  d 、_ ノ   _ノ  /
.  Lヽ.  ヽフ  ノ  / ヽ.  ヽフ  ノヽ  l 、─┐  \/ ∩_
      >ー─‐<__   l_ ノ .> ー─<ヽノ  ヽ、 ___〈  (⊃、)
    / l/ヽ// ヽ ヽ   /|/ヽ///ヽヽ    /l/\//ヽ/  /
    l_|   | |__| |   l_l    | |._| l   /、l    | | /  /
    | |二二ヽ|   |. |   | l    ヽ|  | |.   /  |    ヽゝーイ
    | l_____|   |_|  | 〉ー─‐|  |_|  /  /|____|._|



 『"自分にできないこと"がどんどん見えてくる』

                        
                            , ─- 、 
                         /___    ヽ
                         l ⌒ヽヽ|     ヽ
                         |・   |─l- 、   !
                        d 、_ ノ   _ノ  /
                        l 、─┐  \/ ∩_
                         ヽ、 ___〈  (⊃、)
                           /l/\//ヽ/  /
                          /、l    | | /  /
                          /  |    ヽゝーイ
                         /  /|____|._|

770 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:43:29 ID:D6.m/4sk



                              \            /
                                    _____
 『諦めの悪い奴と夢見がちなバカは目をつぶる』    /        ヽ?  /^ \
                                    /________  ヽ  (_/  ヽ
                                 |ノ─ 、/─ 、ヽ |  ヽ (_\/ .|
                                    ,|  \ |・   |  |   j   ヽ `-ノ
                                     ||  二 |     | ̄ ⌒ヽ′ /   /
                             /   /ー C ` ─ \)   _ノ  /    /
                                 ! ⊂──´⌒ヽ   ノ/(    / ノノ
                                   \ \_(⌒⌒_) /!  ヽ、/
                                    ` ,┬─_- ´/ ヽ /
                                     / |/ \/   く
                                 ((  /\ \        ヽ
                                   /, ─ 、/ \       /\
                                     (  l l j  \ ___ /   ヽ



  『だけどいずれは思い知らされる、必ず』


         / ´ ̄ `(\
      /        \-'、
     /        ヽ ヽ         『人には限度ってものがあることに』
     _|         |  |
     ´!        / 、/ ^ ──- 、_
      \.__ _    / //( _____/ `ヽ
    / ((( j─ ´ヽ//      /  \)ノノ ̄`\_   /^ヽ
    (.     ̄    人.     i   |____/ \| ̄ ̄   ノ
    ( ̄ ̄ ̄ ̄  /  `ヽ、_  |   ´_|__\  ` ─ 、_./
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄  ̄ ̄     (___ノ

771 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:43:51 ID:D6.m/4sk



  『俺が最初に自分の限界に気付かされたのは』
            
               l⌒l                       l⌒l
               `Y´ /⌒ヽ                     `Y´
                (ヽ( ^ω^)                     ∩
                 \ o⊂_ノ        |             (・ω・ )
                  / _  ( l二二二二二二二二二二l  | ̄ ̄ ̄|
                 (_/  \)    ||         ||       |      |


     『卓球だった』




                      __
           ___       / ^ ^ \
         /;;;;;;;;;;;;;;\     | ●  ●|
        /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    |⊃  !  ⊂|
        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    |  、_,、_, |
        ヽ:;;;;;;;;;'''''''''" /    ヽ.     /
         `<_  ∩/    _,.ィ‐ゝ  < ート、
             ̄ >C`i   く |::::::::V∨ヽ" ! >
             ヽ_ し\ノ ` } ::::::::::::i    {>' i
               ` ー、_/|::::::::::::::|   | /
                    |::::::::::::::|   |

  『外で遊ぶのが嫌いな俺にとって、卓球は実に魅力的なスポーツだったぜ』

    『手先は器用だったしな、そこそこ上達した』

   『ひょっとしたら自分は天才なんじゃないか? とか思ったりもしたな』

772 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:44:09 ID:D6.m/4sk



  『ある日、親父が俺を外へ連れ出してくれた』


      |       | |
      |     ,,,,´,,,,,ノ__
     |     `ー/  ─ \
      ヽ     |   ● ●
    _/⌒ヽ    |⊂⊃  _! |
 i'⌒゙l |   l     |       l⌒゙i っ
 |  |. |   |    ヽ     ゙i ゙i く;'三}
 |  | ( " ̄⌒ヽ、ィ   < l  | ー‐"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 『なんでも、プロの卓球選手の試合を生で見れるんだと』

   『これを見てさらにやる気を引き出せ、とでも言いたかったのだろう』

773 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:44:30 ID:D6.m/4sk

                                   __
   『だが、そこで俺が見たものは』          //   ` 、-、
                                   / /⌒ヽ.\ \\>-、
                               l {   }\\ ハ}-、  ` 、
                                ノ{.i | i l∥|l\川バ}::::〉   
                                /:川| | lノィjア 。jイ/::/_   
                               Y ̄ヽ)`L___  /./::/´:.:.:.:.ヽ 
                                   j   `i   `ー'´//___:.:.:.:.:.:.:.\
                              ,r'ニミx〈 r=、_弋   /´:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:
                         ハVXXヾx7f/ノう    l/:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:
                         ハVXXXXYif`     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.
                        ハVXXXXX.}1    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}\:.:.:.
                        {ヒ{XXXXXXリ   /__/:.:.:.:.:.:.:∠.-イ\:.`:.
                           !ハXXXXXXj!/:.:.:.:.:.:./:./ ヽ:.:.〉:.:.:`:.:
                          VハXXX>'´:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/     ハ{:.:.:.:.:.:.:
                          Vi〉‐':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ     {:.:ハ:.:.:.:.:.:
                          ,><`:.、:.:.:.:.:.:.;ィチ' ´       ヽ:.ハ:.:.:.:.:
                     _,. -_''´   ヽ:.:}:.:.:.≠          ハ:.:.〉:.:.:.:
               .     /,r―/ ,.、,    ノノ:.:/           /:.:.:く:.:.:.:.:.
                  ノノ   /,/ /,/i ,r'^`ー'         ∠_:.:.:.:ノ__:.:.



   『俺の知っていた"卓球"というスポーツとはまるでかけ離れた』



                              _  ,.-‐'.、,.---─,.、
                           ,.‐‐,.‐''""''~    ヽ, -‐ |
                      ,.-‐,.‐'"/,| ヽ   /    /::-‐' /
                    ,.-''"::::::,.-‐/~~|,.-ヽ-'/,.,._ ,.,.,.-‐' |   /
                ,.‐'"::::,.‐''"-‐''",.,.//‐''l|、~\::,,,~''''/ヽ,.ヽ  /  _,.,.,._
               ,/::::::/‐-   |ヽl|  'l/ヽ  ''‐''/:::  ~"''''''''''"~   ゙"''‐-,.、、,.,-,-‐‐_;;;ヽ
         _,.,.,.,.,.,..//_//| ::::... ヽ\\ '"     .\ ___,.,.,.,.,.,._,.,.,.,.,.--‐-,.,.l.|_川、l ||| |
       /'",.‐-,.,._ ̄ ̄‐-ヽ、‐-,.‐, ''''_, 、.ヽ、,.,./‐----,.\|、=≡/           l_'ヽ、─--'
      ⊃'イ:::::::://~'''‐,-,.,.,.-‐'"::::ヽ、/   ゙ヽヽ/      ゙、ヽl./ヽ'            lヽ
      彡'"|//::::,.-‐''''"ヽ/゙.ヽ、::::::::::::/      ̄       ヽl|ミ
      / ::,./-''"   ,-/,.,、 ''、ヽ_,./               ゙、lノ
     /  /     /'//;;;/  =|
     |  /    ,./ヽ、;;;/ 、= '/
     .| ./    -‐ノノノノヽ-‐'ミゝ
     | /       レ川ハルリミ
     | ヽ_、       ヽ '"~
     .゙、: ヨ_
     .\レノ
       |;;|、__               ◯
       .|:|/‐l|
        /|'##|
       .|:|##.l|
       |:|♯#|           『人間以上の奴らがやっている"何か"だった』
       |:|♯#|
       |:l♯/
       ヽ='"

774 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:44:58 ID:D6.m/4sk




   『即座に理解したよ』

         __
          /─ ─\
         | ○  ○ |
       |⊃  !  ⊂|
          |      }
         ヽ    /
           ゝ  <

    『"ああ、俺はこいつらにはなれない"ってな』


      『10年、いや100年続けたところで敵いやしない』

775 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:45:18 ID:D6.m/4sk


『それから俺がどんな子供に育ったかは、言うまでもないだろ』


          ____________
          \  |           /   ♪
           \ |          ヽ_____
             \|                   `ヽ、
     ♪        |\
.       __    ♪ |  \
     /  ─ \.    |   \
.    |   ● ●    |     \                     
     |⊂⊃  _! |  |      \                     /
    |       }   .|        \                   /
  ||== ヽ     /   |         \                /
 ∥  /\ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
 ∥ | _\|                !                ノ    ♪
 ∥ ||_ ̄___________ζ------ー―ーーrーー´


      『何か一つのことをやり始めると、最初はそこそこ上手くいく』

776 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:45:48 ID:D6.m/4sk


                                 ´: : : : : : : ̄ ̄  、
                             / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  『だがすぐに気付かされる』         /   : : : : : : : : : : : :     . . .\
                      、__//. /. . . . . . .    . . . . : : ! : : : : ヽ
                        ̄/. : /. : : : :/ : : : : : : : : : : : \l: : : : : : :ヽ
                             l : : l : / : /. :/ : : ヽ、: : : `ヽ : !: :l: : : : : ヽ、
                        l :/ l : l: : :l :∧: :ト、: lヽ、: : : :ヽ!: :l: :l: : : l  ̄
                        l/!: ! : l: :/l/‐-ヽ! ヽ !  _ヽ-―!‐ !: :l: : : !
                         ヽ! : l : ! rfチミ、  ヽ´ fr旡ミ! : ト、l : : ′
                               ヽ !: :l  rっソ     匕り !: : !丿/j/
                                j∧ :ト、 `¨   .      l l :l j/
                              V: :lヽ、   _     /j/!/
                               ヽ: ! >   __.. ィ ト、〃
                                ヽ!  //j     ト!/\
                                 _/ :/-―――-l : : : :ヽ、__


                 j/! l !    .      !: l/!
                  j/! !         / ∧!
                  ヽl lヽ、  ´’   /!:/
                  ヽ! j/ト- ィl/ j/
                       r‐l    ト、
           l     -┬<´ : ト -―l : `ー┬ 、 |
          !|__ /.::: ::::!: l l : : l二二 ! : : : : ! ! : ト、!!  `ヽヽ
    〃 __|l  /l ヽ|! :::: l ::l: :l !: : :!    l : : : : l l: : ! /|ト、_ ノノ
    l| / ヽ_ノ! !   トヘl| :::! l !: :`ヽヽ l: : : : :// ://   ! `ヽ!|   !     、、
     !    ヽヽ  !   !|ヽl__!|ノヽ ノノ / : : : // /∧  ∧  |!|\!| !  ノノ
   j|_∧  l| l ヽ_ノ\ !| \l_ノ  /( _j|∠ノ   ̄ /! ∧   ̄!| ̄ノ
 / ! _ノヽ、_!lノ_.. -―ヽ   ヽ从/ ムヽ、!|_ ノ__ / l| /从` ー‐l|<_
 __ノ´ !ヽ、_ノ__ >ー‐人ヽ、 \   ≧   !::::::::::::)\! !/  ≦‐-、!   ノ
     \:::::::::::::::::::::::::≦   ヽ、_\ `>  |:::::::≦  \j / `>   ̄
┬■┬■┬┬■┬■┬■┬■┬┬■┬■┬■┬■┬┬■┬■┬■┬■┬


   『世の中、上には上がいることを』


     『"天才"という人種の存在と、"自分"との歴然たる差を』




          ____________
          \  |           /
           \ |          ヽ_____
             \|                   `ヽ、
               |\
               |  \
               |   \
               |     \
               |      \                     /
                  .|        \                   /
  ||=====||         |         \                /
  ||    || | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ


  『そこまで現実を見せられて、なお固執できるほど俺は強くなかった』

777 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:46:15 ID:D6.m/4sk


     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ー)(ー)     『やればできる、だなんて思わないぜ』
   |      | |
   |     __´_ノ       『"そこそこできる"?
   .l^l^ln   `ー'´}          意味ねぇよ、トップクラスの連中からすればそれは"ゼロ"と同義』
   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ          『中途半端な能力や覚悟があったところで、邪魔なだけだろ』
   /  /    \
  /  /       \



     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(ー)       『だから俺は、忠告する』
   |      | |
   |     __´_ノ
   .l^l^ln   `ー'´}         『「できもしないことをやるもんじゃない」、ってな。
   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ           常識的に考えようぜ、それが賢明ってもんだろ?』
   /  /    \
  /  /       \

778 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:47:01 ID:D6.m/4sk


 『ところがまぁ、残念なことに』

  『"若さ"ってヤツは人の判断を誤らせることに定評がある』

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /




  『勇気で無謀を覆い隠し、冷静を情熱で塗りつぶす』

   『自信に満ち溢れ、"できないことはない"と言わんばかりだ』


                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
  /          \         『……きっと、まぁ。
 /             \         本当に"できる"と思い込んでいるんだろうな』
/  /\           ヽ
 /   \          ノ              『自分は特別だ、って』
U      ヽ        ノ

779 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:47:22 ID:D6.m/4sk

                     _____
           r⌒ヽ、   .  / ー  ー\
          / \  \. / ( ●) ( ●)
         _/ / ヽ   /     (__人__) \
        〈__/  . |  |       ` ⌒´   |
             /  .\     i⌒\   /
              /   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
        .__   r  /     |/ー、\   \
          "ヽ |  i,        ノ   .\^   i
            | ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
            i /  //  ./
            ヽ、_./ ./  /
                / /
              ノ.^/
           |_/

  『そしてたくさんの"やる夫"が飛び出して行ったよ』


                                      ;;;;;;;;_;;;;;_;;;;;;_;;;;;;;
                                   ::;;;;;./ ̄ ̄ ̄ ゙̄ヾ;;;;;;;;;;;;;;
                                  ::::/        # \;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  ::;;;.i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::};;;;,,,,,;;;;;;;;;;
                                  ;;;\:::::::#::::::::::::::::::::::::/;;;:;;;;;
                                ::;;;;y'´  ̄ ̄`::::::::' ̄ ̄  `{;;;;;::;;;;;
                                ::;;;.(,    ″        '(;;;::;;;;;
                                 ;;;;;:`,ll'-、 \     ll  |:::;;;;;;;;;;;;;;;
                                  ::::|   ゙;,_ ,:      ゙、 i;;;;,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;
                                  :::::i   ::::           .'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                 ;;;;;;;;ハ  i:::::     ....::::''   `'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                  ::;;;;;.ハ  '(i|||||lllllllliiii=''′   .,};;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                _,,,,,lllllllシ  ,,illllllllllll″ ,__,,,,,,,,,iiillllllllllllllllllll
                               .(lllllllllllll、,,,ィ'illlllllllllllllli, ゙ lllllllllllllllll!゙゙llllllllllllllll
                                 `”゙゙゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllュ,,j'llll  !.llllllllllll


       『――結果は、どれも……惨憺たるものだったけどな』

        『夢に破れて諦めるくらいなら、まだいい』

         『下手すりゃ再起不能になるヤツだって、何人もいた』

780 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:47:51 ID:D6.m/4sk


         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\       『それでも日々、新しい"やる夫"は現れる』
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |
    \      `ー'´     /        「やるんだお!」
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



    / ̄ ̄\
  /   「  \      『そして俺は忠告する』
  |   ( ●)(●)
  |      | |
  |     __´_ノ         「できねぇよ、やめておけ」
  |     `ー'´}
  ヽ       }
    ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

781 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:48:10 ID:D6.m/4sk



     『幾度と無く繰り返された光景』


       『毎度お馴染みの、意味のないやり取り』




      『だけど、その時の"やる夫"はこう言った』

782 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:48:26 ID:D6.m/4sk


        「大丈夫だお、できない夫」

                         --─────--、
                  /             \
                 /              \
               /   ,.-‐-、     ,.-‐-、   \
              /                        \
            /     / '⌒`ヽ     / '⌒`ヽ      \
           │      ヽ.   ,)     ヽ.    ,)      l
           │      !/// (____人____)/////      |
                \         |,/⌒'⌒ヽ|           /
              \       l     j         /
               /       `ー--‐''´        〈

783 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:48:56 ID:D6.m/4sk

     ____
   /      \
  /  ─    ─\     「確かに、できない夫の言うとおり、
/    (●)  (●) \     やる夫にはできないかもしれないお」
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /     「やる夫には知識も経験も無いお、だから――」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |    「――だから、できない夫も一緒にやるお!」
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

784 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:49:08 ID:D6.m/4sk

     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |
   |     __´_ノ
   .l^l^ln   `ー'´}
   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \


     / ̄ ̄\
   /  「  ヽ \
   |  (●)(●) |    『何言ってるんだろうね、こいつ』
   |    |    |
   |   __´_  |
   .l^l^ln `ー'´  |
   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \

785 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:49:22 ID:D6.m/4sk

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\     「大丈夫だお、できない夫と一緒なら
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    なんだってできるお!」
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)         「いいから落ち着け」
  |      | |
  |     __´_ノ          「発想は悪くない、だが相手を選ぶべきだろ」
  |     `ー'´}
  ヽ       }
    ヽ     ノ  mm         「他をあたれよ、適所には適材を充てるべきだろ」
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄

786 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:49:59 ID:D6.m/4sk

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・    「できない夫は、やる夫と一緒じゃ嫌なのかお?」
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |


     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ●)(●)       「…………」
   |       | |
   |     __´_ノ
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /     ヽ \

787 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:50:16 ID:D6.m/4sk

     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ー)(ー)   『……なんでだろうな』
   |       | |
   |     __´_ノ     『正直、面倒だし見通しもない。
   |     `ーnl^l^l     無茶で無謀なことだとわかっているのに』
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く 
     /     ヽ \





  『やる夫の、その決意に満ちた"眼"は』

                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ

    『俺の否定する言葉も心もかき消してしまうほどに、力強く』

      『信頼と、確信とに満ち溢れており――』



    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)      『――気付けば、俺は首を縦に振っていた』
  |      | |
  |     __´_ノ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \

788 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:50:38 ID:D6.m/4sk


           / ̄ ̄\
         /   「   \
         |   ( ●)(●)    『そしてやる夫と俺の旅は始まった――』
         |      | |
         |     _´__ノ
         |     `ー'´}         『――果てしない、冒険の旅が……!』
       r⌒ヽrヽ,    }
      /  i/ | __  ノヽ        _____
     ./  /  /      ) __  .  / ー  ー\
     ./ /  /     //  \. / ( ●) ( ●)
    /   ./     / ̄、⌒) /     (__人__) \
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄  |       ` ⌒´   |
        r    /     | /  \     i⌒\   /
      /          ノ    / ⌒ヽ, _.ヽ  .\/
     /      /    /   ./     |./ー、\   \
    ./    //   /i,        ノ    \^   .i
    /.   ./ ./  /、/ ヽ、_../   /      .  ヽ、__ノ
   i   /  / / | ./  //  /
   i  ./  ノ.^/  .ヽ、_./ ./ /
   i  ./  |_/      / /
   i /             ノ.^/
  / /             |_/
  (_/

789 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:50:54 ID:D6.m/4sk





   / ̄ ̄\
 /   _ _\
 |     ・  ・ |     …………
 |  @  (__人_)
 |     ` ⌒´/
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \

   / ̄ ̄\
 / _ _ \
 |   ・  ・   |      ……で
 |@ (__人_)◎ l
 |   ` ⌒´   |
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \




                                             / ̄ ̄\
< なーんでこんな所でバイトしてるんでやんすか?           /   「   \
                                       |    ( ●)(●)
                                       |       | |
                                            |     __´___ノ
             それがさー、聞いてくれる?            |     `ー'´}
                                          ヽ        }
                                        ヽ     ノ
                                  ____( ̄ ̄    / ̄ ̄/´ ̄/_
                                i⌒ゝ、  ヽ ヽ.   /    /  ⊂)  i⌒ゝ、
                                i;;;;;;;;;;|__ L人   ̄ ̄`´ ̄ ノ__i;;;;;;;;;;|

790 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:51:09 ID:D6.m/4sk

【できない夫の証言・1】


 『まずな、増えるんだよ。仲間が』


       , -‐- 、 -――― - _
      /: : : `,.ィ´: : : : : : : : : : : : : . .、  ,.ィ
      ´: :/!: :j:.,: : : : : :j!: : : : : : : : : :`:´:、:i.、 _,..... ‐-=,=_‐_- .., _
      : :/:j: i: :./: : : : : :.i.、: : :',: : : : :、: : : :l!: :.{:i:i:i:i:i:i:i,-='_/:i:i:i:i:i:...、: : ヽ.
      :,′:!:i :/: : : : : : :∧∨: ',: : : :.ハ: : : :.l: .r'i´:i:i/: ,!: : : ',:i:i:i:i:i:i:i:i::...、∧
      : : : :l:,/: ,: : /!: :.,′', ∨:.',: : : : ',: :.}: !rj:!:,.ィ': : :/!!: : : :∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽハ
      : l:. : ,': /:._,' _i: :,.  i ∨:i‐'.-: .i: :.!:.iレ:','!: : !/ .l.i: :l!:_: :∨:i:i:i:i:i:i:i/: :.'.
      :.:l.:..:,.:/:.´,'  l:/   .! .∨! ヽ:.:!:.:;.,' : :/ l: :./ .j !:.:; ',: :`∨:i:i,i´/}: : : :.i
      :.:.:.:.:i.'/!:.,.  _.'_    i   ,iィf≦'kj:.,'' : :/=.、:/  ' .i:,′',: :!: :'i./´: : : : : }
      :ヽ:.:.l/,',ィf:て心`    '!うり} ' .},.:. :/j!示.'     ≠示:.、: :l: : i;,: : : : : l
      :.:.:i´iハ `.弋:刈}.      弋:zノ .{: :.:.i. !:刈}.     |..ノ::jハ.∨: :,;;: : : : :.,′
      .:.:.ヽ. '.   `ー''       ,.,., !:.:/i 弋:.ソ     .|l込:り}: : : ;;:;: : : : ,
      ∨:.:.:``'.、 ""     __ ,    .ノ}从:.! ,.,.,       ` - ' .,': : :.;;:;: :/:.:,′
        '.: :!:.:.:.i込.,、_      , ィf:、/,イ!:..、    、 _   xx ,': : : : : :/!: ;
          !:.i:.:.:.:! /::::::ヾ、  ̄ ´i!::::::::::i:.ヽ. :.>..、      , ィ,: :/!: :./:.!:.,
         l:.j:.:.:.:|,イ、::::::::::\、 .i!:::::::::::!:.:.:ハ:.:,ィf ,f ーr,‐ ' ,ィ,:./:.j/!从i!:.!
       .!:,:.:.,.:':.:.:.:.ヽ::::::::::::.\.i!::::::::::::l:.:.:.::Y: il /!:.:/,/ ./:.:.:,/:.:.:.:.:.ト.',_..',i!
       j: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::::::j!::::::::::::l:.:.:.:..l! l:l !:.:.,'//:.:.:.:.:.:.:.:,≠´  '.
       i!,'‐- 、:.:.:.:.:.:.:\:::::::j!::::::::::::i:.:.:.:.:.l!,:,' !:.:,/':.:.:.:.:.:.:,..イ   , <'. ´
       !    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\j!::::::::::::i:.:.:.:.:.}!'  ,':.:/'.:.:.:.:/ :,′., '   ハ
      ..{!     、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.j!:::::::::::i:.:.:.:.::{ ,ィ':.:/:.:.:.:, ': : :.,′/./     }

  『しかもかなり唐突に、「え、そんなんでいいの?」って口に出したくなるくらいに』

    『もうどんどん増える』

791 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:51:24 ID:D6.m/4sk

                                /≦三三三三三ミト、
                               《 二二二二二フノ/`ヽ
                               | l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨{ミvヘ
                               ト==   ==彡 》=《:ヽ
                                 /≧ァ 7¨7: :ァ.┬‐くミV!ハ
   『西のダンジョンに行けば、            ′: /: イ: /': :/ |:リ  ヽ }i! : .
    イベントが発生して仲間が増える』      i. /: il7エ:/ }:/ ≦仁ミ ト:.i|: i|
                              |:i|: :l爪jカV′´八ツソ Vミ :l|
                              |小f} `   ,    ´  ji }} : .{
                               }小    _      ,ムイ|: :∧
                               //:込  └`   /| : :i i : :.∧
                                /:小:i: :> .    .イ _L__|:| :li {∧
                                  /′|从 :|l : i :爪/´. - 、 〈ト |ト:ト :'.
                                    N V 「{´ /   ヽ{ハ|
                                   | }人ノ/   li  V
                               i´ }    //} i′′ ハ 、|
                               { {     〃ノ {l l!  } :  {
                           rー‐'⌒ヽ  ,イ   i{| |   i
                           〉一 '   ∨n     ∨   ′  ハ
                           `r‐‐ ´   V    |       |


                               __
                      _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
                    ,.:.´:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヾ:.:/`:.、      )
                   ,:´:.:,:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:`:.,
                  ,':.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.li:.';.:.:.;.:.:.'.,
                 ,':.:.:.:,!:.:.!i:.:.:.:.:.,','!.:.:.:.:.|!:.:',:.:.i:.:',:.',
                 !:.:.l:.i:.:.il:.:.:.:.///|:.:.:./ l:.:i!:.:.!i:.:.i.:!
                 l.:.:!:.l:.:.|レ'/i/i/:|//  |:.l!:./!:.:liノ
                    'i;:i;;|:.:.>≧trミイ'i/  i/メノソノ
                    (`|:.:ヾ辻.j ヽ    イj夕゙ソ:.:|
                    ゞ|:.:.i|´ ̄      弋ゾ/:.:.i!    『東の遺跡に行けばボス戦とか発生して』
                   /∧|!:.i|      '   /l|:.:.i!
                 //:.::.i:|!:l|\  ´ ̄  / |!.:i:!       『なんだかんだで、また仲間が増える』
       _,,.、.-ー-:-;-、、,,,_/∨/',|!:|!===、- :i.、   l!.:!i
     ,<´::::::::::::::://⌒`ニ二升;',;|!;;;;;;;;;;;;`i 「::レv;.|!/_,,.、-ー-、、,,_
     i:::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::',:::::/:入;;;ヘ;;;;;;(C;;/::|l;i/:::::::::::::::\\::`ヽ
      l:::::::::::::::::::{ {:::::::::::::::':,:::::∨::( _)ヾニ二ソ<ノ( :)::::::::::::::::::::\\::::\
     ',:::::::::::::::::::i !;;;;;;;::::;;;;;;;;',;;;;;;/    `"''ーv-''´  ヘ::::::::::::::::::::::ヾヘ::::::::〉
      ヾ;::::;:;:;:;:;:;ヘ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    _,,、-ー'"C`゙''ー-、 _\:::::::::::::::::/:/:::::/
       ソ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;/   ,,/   クハヾ    ヾ ヽ::::::::://::::::/
       /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;/  /        i:!     } .}::::::`':::::ノ

792 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:51:38 ID:D6.m/4sk


     / ̄ ̄\
   /   _ _\
   |     ・  ・ |      (……ダンジョン? ボス戦?)
   |  @  (__人_)
   |     ` ⌒´ノ
   |        /
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /



    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   ( ●)(●)      うん言いたいことわかるぞー実にファンタジーだよな。
  |      | |
  |     __´_ノ       違うの、俺だって最初はそんなつもりで旅に出たんじゃないの。
  |     `ー'´}        気がついたらそんな流れになってたの。
  ヽ        }
   ヽ     ノ         話すと長くなるから割愛するけど。
    /    く
    |     \

793 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:51:57 ID:D6.m/4sk

              ` ‐ : : : : : : :`:‐. 、 /ヽ、
           _ .. . .-.--`--: : : : : : :/: : : : ̄ ̄`: :>: . .、
       ,. . <: : : : : : _, : : : : : : : : ; : ,': : ; : : : : : : : : : : :ヽ: :`ヽ、
     ,ィニ´-───-‐'´  ヽ : : : : / : ,': :λ: : 、: :.: : : : : : : : ヽ: : :ヽ,.-、--、
         , ィ<. . . . . : : : : : : : /: : :i: : :i i: : : ヽ:::: : : : : : : : ノヽ::::ヾ:::::::::ハ
         /. . : : : : :/: : ..::: : : :/: : :,イ: : ii V: : :ヽ::::、: : . .    ヽ::::::::、‐、::i
      /: : : : : : : /: : ..::::: : : :_: : / i: : i i .V: : ___ヽ: : : : : : . .  ヽ::::/: :i::ハ
     .,イ: : : :_ ニニ:/: : ::::::/: :/´:l: : / i: : i i  V:´:.i V:`ヽ、: : : : : : : : .V : ヽ:}:::::ヽ
    /:>´    /: ::::::::/: : : : /ィ: :/  i: : i .i   V: :i. V:::i: :`: : : : : :: : :ハ: : :ヽi:::::::ハ
   /'´     /:.:::::::::/: : : : ∠ェ:/、   i: :i i   V_:i V::i: : : : : : : ::: : : i : : : ヽ:::::>
           ./:.::::::::::;' : : 不i|-‐i/ミト、  V:i i  ,ィホ三三訃、: : : : ::::: : :i: : :::::::.ヽ
        /::::::::::::;' : : :∧.il| iミ彡卦   Vi .i  ´,ヽノ三ミi:〃: : : :: :::::: :i: : :::::::::::ヽ
          ';::::::::::,イ : /:::∧.i、iミ::ミヌ:|         ム::ミ彡:ミi/: : : : :ィ、 : : i : : i::::::ヽ:::ヽ
        イ::::/::::i: :/:::/:i  マゞ:::ノ /  /  {i::;:;:;:;::タ: : : : /、 i、::: ;: ; : i::::::::ヽ::::ハ
      /i//:::::V{i:/:::/::i ///〃 , /// `ヾー-' .i: : : / ノ:i: :;': :i: :i:::::::::::ヽ:::ハ
     /: : /':::::::::::::::i/:::/::::{         _        i: : /-::´i: :i:/: : l: l::::::::::::::iヽ:ハ
    /:.:::/ /:::::::::::::::::/:::/:::/. > 、    ヽ _,)      ィi/  i:::i: :y:::: : :ii::::::::::::::::i ヽハ
   /:::::/ ./:::::::::::::::::::i:::/::/    `>-、.._   _.. t<:ヽ    i:::i: : ::::: : :i'::::::::::::::::i  V:i
   /:::;イ /::::::::::::::::::::i::/:/   _   /.:.:.:_i ̄  jイ.:.:.:{    .i::i: : : ::: i: i:::::i:::::::::::i  ∧}
  /:/::i  '::::::::::::::::::::::i//  /´.:.:.:.:.` ':.:.:./_.._  /:.:.:.:.:.:´⌒:ヽ、i:/: : : ::: :i: i::::::i:::::::::i  .i::i:i
  ,':/::::{ '::::::::::::::::::::::::i/ /、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄ `y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i/: : : ::: : :i: i::::::i:::::::i  i:::i
  ;/:::::::i i:::::::::::::::::::::::{ ∧、ヽへ,-、:.,-、_.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,;,;,;,;,;/: : : ::: : : :i i:::::::i:::::i  .∧:i
 i::::::::::::l .i::::::::::::::::::::::::i .}、//`ヽ}/,i/ヘ´ヽ /:.:.:.:.:>_.´-‐ ニ二/: : : ::: : : : i: ::::::::i:::i  ∧:/
 i::::::::::∧.i::::::::::::::::::::::::Y / /`ヽ}i二ヽ、ヽ i>´<_.ニ==二../: : : : : : : : :i i::::::::::i/ ∧:/
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
Ν                                                  Ν
Ν ◆かがみ 「 私達と一緒に魔王を倒しませんか? 」                   Ν
Ν                                                  Ν
Ν                                                  Ν
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ

794 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:52:10 ID:D6.m/4sk

            / ̄ ̄\
           「  ヽ   \                 「 O K 」
          (>)(●)   |      ____
          | |      |     /      \
              l_`__     |  / ⌒  ⌒   \
           {`ー'´    |/ (>) (< )   \
           {       / | :::::⌒(__人__)⌒:::::   |
      ,-、   ヽ     ノ、\   |r┬-|     /_
     / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><   `ー'´  .┌、 ヽ  ..ヽ,
    /  L_         ̄    /           _l__( { r-、 .ト
       _,,二)        /          〔― ‐} Ll  | l) )
       >_,フ         /            }二 コ\   Li‐'
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            O
           o
          。
   / ̄ ̄\
 /   _ _\
 |     ・  ・ |     (ま、どーせこんな理由でやんすよなぁ……)
 |  @  (__人_)
 |     ` ⌒´/
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く


     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   (●)(●)    (うん、概ねそれであってる)
   |       | |
   |     __´_ノ
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く
     /    ヽ \

795 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:52:24 ID:D6.m/4sk


  『……んで、まぁ色々とあって――』

    ┃  ┃               ___
  ━╋━╋━┓         ∠ニ-‐薔‐- 、`ヽ、
    ┃  ┃  ┃    〃  ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、 ヾ
    ┃    ┃        _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ  》
    ┃  ━╋┏━┓  〈// l l | ,′/l  / , \} !〃
        ┏╋┛  ┃   /∧ Tト|¦ /ィ'´ j厶イ/lト、||
    ━┓  ┃  ━┛  {ハ ヽr} ○:::::::::::○ /〈/ |lV||
    ┃┏━┓─=ニ二三  }\_〉       / 〃 l||r/,/ ´   -―_' 二
    ┗┛  ┃          ー=ハ {  ┌‐┐   J l l|/: : :`ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄ 丶
      ━━┛         ./? \ |   ! _ノ:/: : : : : : : : : :∨;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄二一
  ┃  ┃     ヽ._ヽー {   /: : )不//  /: : : :/\: : : : : 〉;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: ̄`ヽ
  ┃━╋ ヽ、_;:;:;:;:;:二ニヽz、/: : : : /厂 厶イ: : : :,/: : /`、: : : :ヽ;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \
  ┃  ┃_-ァ.:´__;:;:;:;:;;:ヽ:,r=ヽ'´ ̄`>く´: : : : : |: : : : : : /  \: : : :\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ヽ
  ┃  ┃  /::.::.::ム,7         `)′ : ∨: : ヽ:/    〉: : : : :〉ー 、丶;:\ヽ \
      ┻┓     |/            f: : : : : :: Y^V } r‐''二ヽ: : :/  ヽ \;:;:;:丶;:ヽ\丶
     ━━┓  〈 -7        〃〃|: : : : :fヽJ. !ノ:  ̄〔_∨/
       ┏┫  〈 -f               !: : : : :ヽ.  | (二`′/ ヽ.
     ┏┛┗┓ `¨|          _込、: : : /  /   ヽ〈/ィリ
     ━┓      ヽ.__,. ´ ̄`”   `テ′ /      `ー'′
    ━━┓       /         Tヽ.__/
      ┏┫       /            |: : : : : :./
    ┏┛┗┓ ┃┃           :|: : : : :./
  .         ・/・           /: : : : ∧

796 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:52:38 ID:D6.m/4sk


  『結局、最終的には8人だぜ、8人?』

    『ああこれはやる夫のパーティの人数な、俺とやる夫を含めて8人だ』


           \ヽ-lヽ―- 、
        ,..-‐ ̄: : : : :. :. :. :∧            < ̄ ヽ./ _`>
       / . /: :// /|: : : : : :ヽ: ヽ            , `¨¨´`¨´ `丶、
        /://. :.// / | ト、: : : |ヽ. :ヽ         /  / 小、 ヽl   ゛.
     //7,.:.:.:j/`ヽヽ ノ }Ⅵ |: :| \      // , // / |  ト、  |   i
         i:.:.:/| ●   ● |: :j、 |イ/      ,′j /ノ ヽ  `ヽⅥ | |
        l::/ l⊃ 、_,、_, ⊂⊃.ノ | :|        i /| ●   ● |  l、 |
    /⌒ヽ|/_|:ヘ   ゝ._)  j ./⌒i :|        |/| l⊃ 、_,、_, ⊂⊃l 、|
      \ /// V >,、 __ イァ/  /j :|    /⌒ヽ__| ヘ   ゝ._)  j /⌒i
      ///  ヽ ヾ::i.ミ/::/ ヘ、__∧j :|    \ /// V >,、__ イァ/  /
     ヽ<    ヽ ヾ∨::/  ヒ;___彡  .      ///  ヽ ヾ::i.ミ/::/ ヘ、__∧
                 , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、  ヽ<    ヽ ヾ∨::/  ヒ;__彡
              r===========r‐、: : \           ,r‐-、
              |.―‐――‐―丨‐l┤、 :ヽ.         ,!         _
              L二二二二二」.ニ|‐{ミi : : |             i, _,r‐´ ̄ ̄`ヾ,_`、_
              {/ /ゝ、ノイ ノl/     .トl!: : |      ,r'''''''ブ、,r   . 、  `.、`フ
              |l:/|/ ノ    \   ト、: |     ,r'  ,f'´, f   ,'`、 ;`、ヽ,、  ヽ
              |/!:ll ●    ●   ノ: : |       {_{ノi,{\'ヽ;  /'`ヽ│ i!``ー‐┐
               .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃.イ:i : : {        i  !l●    ● 从 | ト、`ヾ;┘
                    /⌒l   __,  イト:}从{: :ト       ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |.l'  `ー′
               /  /ゝ八__/:.:.// >、   _, -‐ - 、 ,, _|ヘ   ゝ._)   j /⌒i
.                , .:':{@}:::..ヾ ヽ、:.:.{.{ヒ;_、_} , ' ´ ニ二ニ ‐ 、 ` ,、 __, イァ/  /
            / ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\    ./.ン'´     ` ヽ>、 , 人;!/   i、__/
.          r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ   イ /    从 /人 `< ゝ ヽ
.           Ll ! { `ヽヽノ ノ l/| !:厶l  从! ,ハ/从/ V― ヽ //ヘ ヽ
.           /Vi 小●    ● ノ l下、_〕  ノル ●    ●  i |目i ! ゝ
            j||l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ i !__ト  レ从⊃、_,、_, ⊂⊃レじイ,ノ
        /⌒ヽ__|ヘ   ヽ._)   j /⌒i /⌒ヽ.レヘ  ゝ._)   ル レ'
        \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│\ /::::::7ヽ>、 __,. イ :ト、        / ̄ ̄Y ̄ ̄\
.          /:::::/| |:: :: ::{ 薔 }:{ヘ、__∧ |⌒/:ヽ:/ く ̄ン大ヒ ̄フ  イヽ      / ヽ.    「   \
          \< \|:: :: :: ∨:::/ヾ::: :: > |  `ヽ:< <_/三.\/   |q|  i   (●)(● )  ( ●)(●)
                                              |  |        | |
                                              {_`__   彡  __´_ノ
                                             {`ー'´       `ー'´}
      『しかもな、男2:女6。男女のバランスとか存在しねぇだろ』       {      彡     }
                                              ヽ、     /   ノ
            『マジで肩身狭かった。超狭かっただろ、最終的に』     ン    ヽ

797 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:53:00 ID:D6.m/4sk

【できない夫の証言・2】

                                             ____
                                           /      \
                                      _, ──/         ヽ
 『んで、もうどんどんレベルが上がるの、あいつら』           /    ‐-、_,  _,ィ´ ヽ
                                 /   ヾ    |    (●.)  (●) |
                                 /      i   ヽ     (__人__)  /
                               /      メ    ヽ    |r┬-|  イノ
                              厶     _rイ           `ー'´イ/
                             /     /              ノ"
                            /"   -‐´              /`、. ,.._
                           / ‐''"''ヽ;"|;:‐-、         _,ィ"    `'',' ノ‐、
                          /      ,‐"   '、,,_     l'"   ` 、   , ,.lノ`‐ ノ
                          l.    /   `、. `、!、ヽ    |゛'''‐-,,.  ``‐l.(''、`' ,/
                          ゙、  / ,   、 ヽ,_ ,)l   ノ     `:..、  ` '、,‐'
                           ト‐lヾ ヽ  ヽ,_,)
        _, -――- 、_/^\         ゞヽ、_,ヽ_/
.        ー=こ⌒\: : : : : : : :\厂^\\
         / : : : :|:.|\\: : : : :.:.\   |∨     n _...._「L/〉
.      / : / : : : |:.|  \Χ : : : : : \_|ハ     l:´     _ノン
     ´ ̄了: :. :.:∧ト.  ´,ィ≦沂: ,: ト、:\::',    .{   Y´
.       /:|:|: : : f才汽  ∨り ∨: |、:厂:八   {彡三ニニ)
      / |:ト: : 入∨り   `´  |: :ムイ:.:(  ヽ  ∨  人 }
.        |八: |:八     、   j/|: 八 : \ ノ  {     {
.           !:〉{: ハ> ー‥¨ ̄¨厂 ̄¨==‐-  !     ヽ
.          // iム三//    く             ヽ _  }
⌒ヽ    /: ィ: :厶ニ/ /  _ _    ゝ     ,;,'ニ彡ヲ_ ノ
   `ー=彡'"´i∠ニニ/ /ヽ Y´∨//`777´/入 .´〃    ヽ
        ノ三ニニノノ  '.   ゞ///////厶人{{ノ ィ  _, 勺
         ̄ー===ミ∧ノ     ⌒7///人/∧ `´ | | | ヽヽ
          }:ノ    \    ノ//ノ  ∨∧  ∪ノ  `´
         ノ       ゝ∠ イ     ∨ム

             『スライムとか2、3匹倒したらすぐにレベルアップ』

               『ありえねぇだろ? どんだけ成長早いんだよ』

798 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:53:16 ID:D6.m/4sk

                                    ,.へ
      ___                            ム  i
     「 ヒ_i〉            / ̄ ̄\         ゝ 〈
     ト ノ          / 「   へ \       iニ(()
     i  {           |  (●) (●) |       |  ヽ
     i  i          |    |    │      i   }
     |   i          |   __`__   |       {、  λ
     ト-┤.         |    `ー'´   |      ,ノ  ̄ ,!
     i   ゝ、_        ヽ        /    ,. '´ハ   ,!
     ヽ、    `` 、,__    ヽ       / _" \  ヽ/
       \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7  ノ    /
           ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/  /   ,. "
            `ー 、    \ヽ::. ;:::|/    r'"
        / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
        |   |       レ ベ ル 4        │|
        \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

   『俺が苦労してレベルアップしたとしても』



       /'´ ̄ )/ヽ
      ./  Y/´ /,へ、
      く、 {./  // ├(⌒ヽ
       \ ヽ ヾ」  | ./  /
        ヽ ヽ !! /Y  {
         `ヽヽノヽ( ( )ヽ
           \       i ____
                i      }  \ / \
            |     :{ (●)三(●)\
             |:      :|   (__人__)   \
           |: :     :|    |::::::|     |
           i.| ::     |__   l;;;;;;l    /
            |  :      |  \´ ̄`/ ´ .ヽ
          /        .|::... ヾ  ゙ヾ;;::;" ..::\
          /       ヽ...}゙l:::::::::::...   : :;"  :::: 、
         {  . ノ      ヽノ :、:::::::::・;: ;;;;''、,::::・ ;:ノ.. ヽ
         ヽ::/:  ヽ.........::ソ "゙''ー--'''''" ゛::; "゛'...}、:::: |
          ヽ:::...:::::::::::::_/::゛'ー_  ,,;;;!、  ,,;;;  ,、:::ノ
            ̄ー─'i::::::: .゙゙,,、  ;::''"`;:::;'''゛゛` /'
       / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
       |   |       レ ベ ル 10       │|
       \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

  『その頃にはあいつらのレベル、俺の倍以上あんの』

       『おかしいよな、同じ経験値のはずなのにな』

799 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:53:52 ID:D6.m/4sk


                                    ,.へ
      ___                            ム  i
     「 ヒ_i〉            / ̄ ̄\         ゝ 〈
     ト ノ          / 「   へ \       iニ(()
     i  {           |  (○) (○) |       |  ヽ
     i  i          |    |    │      i   }
     |   i          |   __`__   |       {、  λ
     ト-┤.         |    `ー'´   |      ,ノ  ̄ ,!
     i   ゝ、_        ヽ        /    ,. '´ハ   ,!
     ヽ、    `` 、,__    ヽ       / _" \  ヽ/
       \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7  ノ    /
           ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/  /   ,. "
            `ー 、    \ヽ::. ;:::|/    r'"
        / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
        |   |       成 長 限 界       │|
        \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


 『ちなみに俺のレベル、15くらいで止まった』

   『もうスライムくらいじゃ何匹倒しても成長しねぇの、当然だけどさ』

                          『泣きたくなるよな』

800 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:54:03 ID:D6.m/4sk

【できない夫の証言・3】
                               \、
                              ___>` ー---|`ー -- 、
                            ,ィ´ ァ:.: : : : : : : :.:.:.:|: : : : : : : \
    『あと、あいつら回復が超早い』     / / : /:.: /: :.,イ: :./|:.!: \: .: : : : :<⌒ヽ
                            /:/: :/: :./___/ !: / .|:.|l: .:__ヽ: :.\:.:ヽ\ \
                            /イ: :/: :./´:./` |/  |:.||ヽ: :`ヽ: : :.ヽ: :} \{
                            /: :.': :.:i: :./  |   ?  \: :|: : : :.∨ /
        zzzz....                ': : { : : |:./ ,_        _, ヽ!:.:: :.|:.:|ィ´
            .____  .,-'"~"'ヽ    |: :/|: : :|イ ィ=ミ    ィ=ミ } : : ト、!:|
           ./⌒  ⌒\./  。○)   |;イ: ! :./`|           ム : : |:/: |
         ./ (ー) (ー.ノ     /     |:|.:V:l`ri^ixx  、__,   xxrvィヘ : |: : :|
           .|   (__人___く___,ノ     |:|: : :l: :〉、`ー-、 .___ ,.-‐' /:.:.:V: : : |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄     |:|: : :l:/ `ァ  〉r‐┤  r‐':./}:!: : : :|
                             |:|: : :l{.  /   /:.:l ./|   |: :/  |:l:.:. :.:.|

  『どんな怪我をしても一晩、宿屋に泊まると全回復する』




          __  ______           __
          |::|// / ヽ  ヽ========== | |
          |// /.;;(:::::)  l__     | |   『俺? その隣で全治2ヶ月だったよ』
         /゙ー‐´ /   ;;;;: /  /ヽ   | |
       _rーー‐‐ ` 、_ ## ∧ /  |__.| |
      __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |    『長かっただろ……動けるようになるまで……』
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、 ./  | |
 ノ                     `ヽ/|  /| |
/                      )  |/  |_|
                      / |  |

801 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:54:28 ID:D6.m/4sk



 『だけどさ、俺も頑張ったんだぜ?』

  『肉弾戦じゃ役に立てそうにもないから、魔法を覚えた』        / ̄ ̄\
                                         /  ヽ    \
                                        (●)(●)     |
                                          | |        |
                                         |__`_     |
                                             {`ー'´      |
                        ',                  {       /
                      }  /(         ___  ___  ヽ       /
                    ,' ノし': :ヽ    ⊂ニ,⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄      , ⌒ヽ//´ ̄7 ̄`/
                   ((,イ: :  :: :V)    ミ≦ノ──'─ー、         |   // ☆ /  /
                   、ゝ: :   : :(ノ}               |       |ヾ//___ノノソ〉_/
                    ヽ: :: :  : :: :/                    |        |   `ー-'''′
                     ゝ;:; :;  ノ                |        |


   『2週間かけてようやく"メラ(火炎呪文)"が使えるようになっただろ』

    『あの時は嬉しかったな、そりゃもう大ハシャギしたもんだ』

802 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:54:50 ID:D6.m/4sk


                                         _,.-‐::─‐:-/::}-‐'" ̄: : :_::/
                                      ,.イ´.: : : : : : : :: : : :|::. : : : : : : : :`ー-.、_
 『……ところが、まぁ』                      ____,/:; : : : : .:: : : : :: : : : :|:: : :.、:: : : : : . . . . ....
                                  ,ィ'´;;;;;Y;;;}:/: : : : :::;: : : :;ィi: : : :jヽ:: : :i:: : : : ..、::. . . ..
  『仲間の巫女が俺を見て             /;r‐::‐:;r';;;/: :;ノi:: :::/ : :/' |: : :/ ∨:.:|:.:i:: : : : i:::. : :
   「え、それだけ?」って顔をする』         〈;;;;;;|: :::/;;;;;/: :(_,ノ::::/ : :/   j: :/   ∨:!::|V::.: : :|::::::. :
                              \;j:.:/;;;;;/: : : : :.::::j:::‐/‐-、/::/    |:_;:|-l‐‐:: :|:::::: :
                               |:〈;;;;;;;j: : : :; :::::::|:::/  /::/`'"  `´|:.:| ∨:.: :|::::::::
                               |: :\;|: : :/|: :::::;|:/___j;/_、     ,__j;/__ V:: :|::::::::
                               |: :::::::|: :/:::|: :::/:|マテ弐オゞ      チテ弐テ7ハ;/::::::::
                               |: :::::::j;/: :::|:::/::.:|、Vz:;ソ ,'       Vz:;ソ,,' ハ::|:::::::/|
                               |: :::::::'i::::::::|;/、ヽ:| ゛ ̄´     、   ̄"´ {ソ::|::::/:.|
                                |: ::::::::|: ::::::`ーrヘ、              ,ノ:i:::j;/:::.:|
                                 |: ::::::::|: : :::::::::|   ヽ、    -─   ,.ィ'::::::|::::::::::: :|
                                  |:.:::::::::|: : : ::::::|      >‐r- -r::‐<:::ノ:::;ノ|:i:::::::: :|
                                   |::::::::::::|: : : :::::|  _,ィ'"´ 〈:ノ    }   }`ヽ、. |!:::::::.: :|

『そりゃ確かに、メラごときではしゃぐのはどうかと思うだろ』
                       
 『でも、初めてのメラだったんだぜ?』

803 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:55:03 ID:D6.m/4sk

     ____   /\___
    ´ ̄ ̄ >─ヽ.ノ'´ ̄     ` 、
    ,.:'´ ̄: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :(、
.  /‐/.:.:./.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.))ボッ      (、
.   / :::::;:/::::/::.::/|:∧::::::::::::::::::::}::::/(:::::∧     ,'   ))
  /::://::::/:::::V  |:| ',:::::::::::::,'::儿' :ヽ:::i∠!__ } /(
. // ./::::/::::ト、ハ   |:|  ヽ_:::::((イ: :  ::V), ヽ ,'`儿' : ヽ
  ′ /::::/|; イレ心   !:! / \::、ゝ: :  :(ノ} 人((イ: :  :: V),   『そしたらそいつ、俺と
.   |:::∧|::リ Vヒj  ` ' ィ=≡=ァゝ、;: ;从;_:ノ! : |、ゝ: :   :(ノ}    同じようにメラ使ってんの』
.   |V  !八   ,    {ヘ;::/ノ ヾ!:!'  |' .ノ:::::| ゝ、;: ;从;_:;:ノ
      /::::::ヽ      ゞ '  ⌒!:|__  |7|:::::l:| ' /   /       『巫女なのに、メラ使えんの』
.     /:::::::/7:\ `    .__,.. ^ー:'::|   |: !:::::l:| /- 、/
     i:::::::/ ,レ/,.」 ̄' //:::::::::/!__  l: !:::::: /  ./ 
     |:::::ノ .{V/ `> '/:::::::::/ .:|   l: !:::::/ー / /⌒ヽ
     |:: ,' .∧i| /='´::::::(:/´  ̄|   | |: /   / /.、  (i、
     j:/ _ン≠:::_;;::::,'_,),)     |   |_|/  〈__/  ヽ  ),)⌒(、    『しかも5発同時にとか、もうね』
.    /"/ィ::::, i`ー '} /(      |  ̄   ̄   \}| /(   ),)
           ,' 儿' : ヽ     !         ,' 儿': : .} /(
          ((イ: :  ::.:V),  ム -‐- 、     ((イ: : :,' 儿': ::ヽ
              、ゝ: :  : (ノ} /       ヽ    、ゝ: : ((イ: : :: : V),
              ヽ;: : : ;:从ノ´             ヽ:.: ヾゝ: : : :: :(ノ}




               !`ヽ
               l   \___    __
          ,. ヘ    ヽ:`>'´    `ヽ
         /: : : :.\   ハ、 _____ヽ
         /: :  : : : :.´ヘr.'´: ハ:ヽ: : : : :`ヽ
      /:  . : : : : /: : _,/:: :/  い: : : :.',       『後に聞いた話だとあれは基本中の基本で、』
         .: : : : : :./:ィ'´:/ : /   l:.ト、: : :l : : :'.
       l: : : :l: : : : :l: :///     l/ ヽ: :}: : : :.l       『せめて"メラミ"くらいは使えないと
      |: : : l: : : : :.ィ'ラ示       x=ミ }: /: : :!: :|          戦闘では使い物にならないんだとさ』
.       |: : _|: : : :〈 代::ハ     んハ|/: : : :ト. :!
        l:.:.{ |: : : : l 辷ソ      {ゝ-:ハ/l: : :./ '.:l
      l: :`l:.l: : : | :;:;:;    .   ー' ム!: :./  |l
      |∧:| l: : : |、U  ‐-   :;:; /ーr ヽ         『すごーくやんわりと説明してもらっただろ』
.        l/ `い: : :|:`: ..、 ____,.   ィ ど´ / 
         ∨ヽ:.!`y'ノ  ノrヽム,(´   ノ                           『超泣きてぇ』
           /:.7ヘノ { /  r‐'/:.〉  イ`i

804 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:55:37 ID:D6.m/4sk


 『少しずつ、確実に強くなっていく敵』

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃やるお.  セイバー. かがみ.  できない ┃┏━━━━┓
    ┃HP:210 HP:190  HP:95  HP:75.  ┃┃いのちを ┃
    ┃MP:  0 MP: 81 MP:120  MP:50.  ┃┃だいじに. ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┗━━━━┛
                  ,─丶
                 /`' ー、_|
            /|    |Д /│、,
           ii| |, - '⌒ ー |ii │ 。 。、
           ii| (>ノ‐ヽ<|ii │(⌒`ヽ
          (ii| |,r '  \ |ii(( ̄⌒   }
           ii| (>   <|ii  |` --‐'
           ii| |      |ii │  │
           ii|/      |ii/
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃ 悪魔の騎士があらわれた!                  ┃
     ┃                                    ┃
     ┃                                    ┃
     ┃                                    ┃
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           / ̄ ̄ ̄ヽ
          /::::  |||||   ヽ
        /:::   __ノ::::::ゞ;;:)     『飛躍的に増える、俺のダメージ』
        /    ( ;:;:;:;ノ::::(ー)
      /;:;:;:;;;:;    / /
    .///ヾ     ?´ノ
   / /| ヽ/ / ∧ |
   / /_|  \/ / | |
  ヽ、//////)/  | |
   /  ̄ ̄ ノ   | |
____,/  )--- ヽ   ヽ つ


                           ヽ、
                         __\ヽr 、
.          __ ==、-_、_ _     /: : ,: : : ̄: :|: :  ̄`  、
      /:::::::::::::::ーフ__}ニ、::::\  /-‐7´: : : :/: イ!: l: :、: : : :、ヽ
     /: >、:::::::_:,r/: : , : ヽヽ、:{    /. . /: :ィ_./ ! !、!、:ヘ. . . Y\_
      /.ィ、::::::∨/: : ィ:/|ヽ l: \ソ:>.  / !: /: 7 l/ | ヽ|`ヾ-!: : l: i:::::〉`┐
     ,': :\\//_ 孑/ ! |、!: : ヾ.,イ /〈!:.:l: イコヤ!   卞弌ヶ: :ト |::人:::::l
     !:l |:l:  ̄|/´//'   ! l卞: : ハ: :l/イ ハ.:レi 辷ソ ,   せシ l: :l:.ト!':|!iヽノ
     !l:!:l:l: : : l/_,      |/ l: :j、!ト| / l:/`l    _    u  r!/Y:::::|!:|
.    |ハハ:',: : :|ミ≡"   ≡=/:!/ |' ハ `ーi: ,'::\_   ` _ ..イー':〈_」!_」
     ヽl ト、: ! u  _   ノ:::::::/レ      |l:!: : l/!イj ̄/ハ// : /:::::::|
        ヘ>ヘ、|ヽヽ┬</,イ:::/        |l:!: : l「l l::〉'/  ,/: :./||:::::::| 
       /   ヽ ヾj  l \|/         lll:: :〃l. ∨ /! : .i ヽ!::::::|
     ,'    i ヽ. ,'  !   !         |l: :./ l / / .,' : :,'  l:::l:|
      l    |  ∨ ,'  l l       |!: :.!   y /  ,': : ,'  / !::|:|

                          『仲間達の、哀れむような視線』

                              『……どう考えても、限界だった』


                                 『なぁ、お前が俺の立場なら、どうするよ?』

805 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:55:59 ID:D6.m/4sk



   / ̄ ̄\
 /   _ _\
 |     ・  ・ |     まー、フツーに無理でやんすね。
 |  @  (__人_)
 |     ` ⌒´/      身の程ってものがあるでやんす。
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \



     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |    ( ー)(ー)      そう、だから言ってやったのさ。
   |       | |
   |     __´_ノ        「もう無理だ、これ以上は付き合えない」ってな。
   |     `ーnl^l^l
    ヽ      |   ノ
     ヽ    ヽ く 
     /     ヽ \

806 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:56:31 ID:D6.m/4sk



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /   (●) (●)     /_____
       /       |        /ヽ__//
     /        `       /  /  /
     /       'ー=-'     /  /   /
    /              /  /   /
   /                  /  /   /
 /                  /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  『置き手紙で』


    『うわ、かっこ悪いでやんす』

807 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:57:09 ID:D6.m/4sk



   / ̄ ̄\
 /   _ _\
 |     ・  ・ |     そこはせめて、面と向かって
 |  @  (__人_)     別れを告げるべきじゃないでやんすか?
 |     ` ⌒´/
 |         }
 ヽ        }
  ヽ     ノ
   /    く
   |     \


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |    ごめんね、でもあの時の俺は限界だったの。
      |:::::::::::     |
      |::::::::::::::    |      やる夫の顔をまともに見られる気がしなかったの。
      |::::::::::::::     }
       ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ                 正直、今もあわせる顔がないの。
        /:::::::::::: く
        |:::::::::::::::: \

808 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:57:30 ID:D6.m/4sk


           / ̄ ̄\      *'``・* 。
         /  「   \     .★     `*。
         |   ( ●)(●)   |       *
         |       |  |       *
         |     __´_ノ /⌒l|       +゚
        . |     `ー'´} /  ノ       ゚*
        . ヽ        }/   /      +゚
          ヽ     ノ'  /     。*゚
.  , -―――一 ´        /   。*・ ゚
 ( _   _         /  。*・ ゚
    ""''',。 ヽ       。*・ ゚
      +  │  。*・ ゚ 〈 * 。
      `・+。。*・ ゚  ヽ_ ヽ、   `*。    まぁ、途中で脱落したとはいえ、
         ヽ      \l     *     習得した魔法はそのまま使えるわけだし。
          \__、   |     *
            /  〉   く     ゚*       メラだけじゃなく、ルーラ(移動呪文)も覚えたのよ、俺。
           _ノ   \__) ~。*゚
         (   /     ☆                   だからこの能力を活かせる仕事をだな。
          |_ノ''



        / ̄ ̄\
      /   ― ―             なるほど、ウチは運送屋でやんす。
      |     ・  ・
.      |  @ (__人__)             ルーラが使えるならもってこいでやんすなー。
       |     ` ⌒´ノ
.     l^l^ln       }
.     ヽ   L      }
       ゝ  ノ    ノ
     /   /     \
    /   /        \




    .r-、       / ̄ ̄\ 
   /て )     /   「  \      メラだって地味に便利なんだぜ?
   ( _ノ  フ.     |   ( ●)(●)     
   ゝ、 〈     |      | |        ムダ毛を燃やしたりできるしな。
   / ハ ヽ.     |     __´_ノ
  /〃 ヘ  \ .   |      `ー'´}
  i !   \  ` ーヽ       }                      最近、やたら焦げ臭いのは \
  丶丶   _ >   ヽ    ノ、                      お前の仕業でやんすか   /
      ゝ'´- 、_  y-、       \                 
    〈      ̄  う       /、  ヽ    ごめん実はさっきケツ毛を燃やした。
     `ー― ¬、__ノ     |  >  /
           |      r'^ヽ'´ _/                           最悪でやんす >
            |      `く__ノ´

809 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:57:52 ID:D6.m/4sk



                                            / ̄ ̄\
                                          /  ヽ、_  \
   ……ま、後悔してないならいいでやんすよ。                ― ―    |
                                         (__人__) @  |
   オイラたち凡人には、凡人の生き方があるでやんす。       (           |
                                             {          |
                                         ⊂ ヽ∩     く
                                          | '、_ \ /  )
                                          |  |_\  “ ./
                                          ヽ、 __\_/


    / ̄ ̄\  ホジホジ
  /   「  \
  |   ( ー)(ー)    後悔? するわけねぇだろ。
  |      _|  |
  |    mj |_ノ     強いて言えばケツ毛を燃やしたことくらいだな。
  |   〈__ノー'}      尻が擦れてちょっと痛いんだわ。
.  ヽ  ノ  /  }
   //   /  ノ                        いい加減ケツ毛から離れろでやんす >

810 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:58:09 ID:D6.m/4sk

    /||
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| ―  ―\
 |:::::::::::::::||  ・  ・  |     じゃーオイラは裏で伝票の整理でもしてるでやんす。
 |:::::::::::::::||@(__人__)  |
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||




    / ̄ ̄\ ´-
  /   「  \`       おう、じゃーなー。
  |   (●)(●)
  |      | |
  |     __´_ノ
  |     `ー'´}
  ヽ   .    }
.    mj~i
   〈__ノ
   ノ   ノ

811 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:58:24 ID:D6.m/4sk


    / ̄ ̄\
  /   「  \
  |   (●)(●)
  |      | |
  |     __´_ノ     『……そう、後悔なんてあるわけがない』
  |     `ー'´}
  ヽ   .    }
.    mj~i
   〈__ノ
   ノ   ノ




:::::::::::::::::::::::.................:::::::::::::::::::....       .......: .: .: . :.:.:.:........
゙゙゙゙゙"""""""''''' ''''''''''
                                                   ,/
               .....::......... .....                           ,/´.,:;
         ,_..,,:..、, :..::;::::::::::::::;:;:;:::;::;:::........:: ....  ..  .....::::::::::::;;;::,,.. ,,,;;:::::::::::::::,...  ノ´..;:
  ,.、   ,,...,;':;::::::::`';:'',;::;..,、、..,:;:.'';::,,、,..:::',;:.:::;..,,_:: _,:...;:;...,,:;;:. . . :: :: ;: . ..,, .,.,.、,;..__ .;'゙゙;; ::
''"゙゙:: ^''"":::::::::::::::::,,....,、,、:_::.,;;..,,;:;,,__;,:: ,,,,..::;:_;.:;;'゙゙゚”.._,,::;"" ::; ::..::;.::; ::,;::; ;;: : ;'; : .:..ッ':: ;; ;;  ,;
"';;,""''''゙゙゙゙"゙''"“,:;"  ;'::; ";:...;:.. ..,::'' "'':.:.:.. ,:.:、.::.;:.;.,.;:. .:; ..:;.'^  ,:; ... 、,; :.:; ._,:'.:;” . .  ''
!,;!..;;:r^、;:''l;.;;r.、::___;:;;:;i;:___,;___、,:''、,,.:'':;";:'',:.,';:.;:.;,:...i',:;_.. :: i'.. .:.:'..:,.;.';:..;..:;.,. ,.;r;'".,;:ゾ;; . ,'  ..::
''"゙" ''゙゙    ...    .....               ゙゙゙" . ..''~~~ ..  (,:;',,;.'゙:::  ,..'..:: ..::   '
 '''   ...            . ..  :.      '            (''´;;: ; ; ..,' ..,,; ::;'  ,.;'
                                       'ヾ,:::;::::;;; ..;::;  ,.'
                                        ヽ、,._;;:,::'';''"゙゙':,,:;'';,_
        『人には人それぞれの限度というものがある』   .   ....    ~゙゙''"'':;;.:;_;'_,;__

         『夢を見るのは自由だが、限度を越えることは許されない』




              / ̄ ̄\       『やる夫と2人で見る夢は、今思えば割と楽しかった』
            /   「  \      
            |   ( ●)(●)
                |        |  |        『俺にもっと力があれば、
               |  U  __´_ノ       ___     夢を見続けられたかもしれない』
               |   メ  `ー'´|      /      \
            ヽ       ノ     /  _ノ  ヽ、_ \ 
           __∠  ヽ    く  _,_/  (● )  (< );;; \
         《〈〈ゝ´       \ `|      (__人__)  u  |
         {   /       |、 ヽ \ ## ` ⌒´    /
          ヽ__ノ!       l ー‐ヽ             ⌒ヽ
               l       l     i               、 ヽ

812 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:58:37 ID:D6.m/4sk

      _       , ┐
      !` 、   /  !         __
        .\ ヽェ/  /   /` ー''"´ .,,_ 、 `丶、
      / '"`',⌒`く:、_>‐,7 !     `ヽ、`7~⌒;;;,,,、
     , '   / /'| l、,.イ7:/ ! ハ _    、ヽ{;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;>  『だけどまぁ、それは無理な話で』
    ./ / T¨/l l l Vヽi./ i :| .,'! ヘ`l、: .   ヾ\;;;;l゙、;;;;/ィ′
   //.l  イ/ l   ! |_ V:i,'/ !::j i::l ,xャ、:、: .  ヾ;;;;;;;;|::Y: :{
  /.i :j ./,ィミ   ゙{Tミ{l/ l ::!l;'ハ. 行、:、ヾ: .  マ゙゙゙:::i: : : i     『今のあいつには、頼れる仲間がいる』
 .//!: :l.ハ{ ト'|    トハ. :./! :;/ ! ヒ! ヾ:、 `ヾ、∨:::ハ: : :i
 {' !: ;イ:.}└''     し' ゛:/)∨ !       イ/`: /l: :i: : :i
   |/ |:/ ト. ,,_ . _/ :./:ハ/    ` <Ζ..., /:: /:N: :.i: : i      『――なら、何も難しい話じゃない』
    {'  lハ:;r厂j7 /l/'′         ,r<!':  /_ヾ、!: :!: : i
       /,.‐'ッ'゙ シ'>、          r/ //  .厶‐二ヾ:.!: : i
     ィi l / ///,,. ィ.       ,!i./7  ,:' '"    ';.!: : i
    .ハ !゙i //,,-''"   |     _,.-宀、7 , '      l:l : i
   ./   N//,.     |   ./  ,,  i / ゙:,     ヾ!: j
  〈    Y´У       l   ヽ、/ハ  j./   /   _  ノ |
   Υ二ミl!Vニ二ヽ、 ノ      / l. Υ ′  ゙-、∠-二二!| |
   /_二_`!〈,二`ヽ`У!     / j|  l      ゙{",ィ―‐ッ.!  |
  ヾ|   |>'/  厶y'  |     〈,,」.|,∠....,......,,__   ̄:!   ! | |
   |   ト/  /-┬¬「     .ヾ/ | |  |  「`''i:、l   l | |



 |
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)               『後悔なんて……あるはずが、ない』
 |     | |
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |       }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )

813 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:58:56 ID:D6.m/4sk


       l                     |
       l                    |        「…………」
       l                        ゾ
       !              ___/
       ,'                 丶__/
     ̄ `ー -                   /
            `  、            /
    :.:.:.:.:.:...        、     /
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
    ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
        ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
           、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ                  ,. ┐      スッ
                                    ,' f´}
                                    | `{
                               r‐-、  _|  l-‐ 、
                              r‐{ヽ/ X´.}  |   }
                              { {,.'\   `ヽ  | __ノ
                              〉   ヽ   l  |´
                             f´ ',    ',   l  !
                           /`|  .',    ',   ! }
                          /   |   .',    ',   _ノ
                              ,'    ,ハ    ',   '  }
                         |   i::::!        r‐'
                         |     ゙ '      ___ノヽ
                        ∧     ≧=イ::::::::::::::::l
                        |::::ハ  二彡´ ノ::::::::::::::::::l

814 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:59:17 ID:D6.m/4sk

                       /,    , -‐、
                  \  ,/   , / ,r ‐|
                ,ゝ' {   / l |   |
                ノ   ー'(_ | `ー'!
.             -―=―-、r―(  |     {
               ,-‐ァ‐ 、       |     |-―-、
            { {   /`ー-、´ ̄|     }     ヽ          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              ,.‐\`´     \ .}     !    }          |  ……"メラミ"    |
          ∧  ,>、      ヽ    {   ,ノ       _乂________ ノ
           {  v'´  ヽ         .!   l__,/
             >、      ヽ      }   l
        /  ',      ',     l    }
.         {    ',      ',      ,l    l
       /^i    ',      ',      .l   .l
      /   l     ',      ヽ     l   }
    /      l    ',       ',     /
. //      ,'!    ',       ',    {
.´:::::{      ,'l|!     ',          }
:::::::::l     ,',ii|      ',       r‐‐'
:::::::::|     !il|{、            ∧
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ できない夫は メラミ をとなえた!               ┃
 ┃                                    ┃
 ┃                                    ┃
 ┃                                    ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







                           , -‐、
                       / ,r ‐|           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     l |   |           |  …………   |
                      | `ー'!           _乂______ ノ
                      |     {
               ,-‐ァ‐ 、       |     |-―-、
            { {   /`ー-、´ ̄|     }     ヽ
              ,.‐\`´     \ .}     !    }
          ∧  ,>、      ヽ    {   ,ノ
           {  v'´  ヽ         .!   l__,/
             >、      ヽ      }   l
        /  ',      ',     l    }
.         {    ',      ',      ,l    l
       /^i    ',      ',      .l   .l
      /   l     ',      ヽ     l   }
    /      l    ',       ',     /
. //      ,'!    ',       ',    {
.´:::::{      ,'l|!     ',          }
:::::::::l     ,',ii|      ',       r‐‐'
:::::::::|     !il|{、            ∧
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ しかし なにもおこらなかった!                     ┃
 ┃                                    ┃
 ┃                                    ┃
 ┃                                    ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

815 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:59:38 ID:D6.m/4sk


       l                     |
       l                    |       「…………」
       l                        ゾ
       !              ___/
       ,'                    _/          『期待はしない』
     ̄ `ー -                   /
            `  、            /            『どうせ"できない"ことだったのだから』
    :.:.:.:.:.:...        、     /
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
    ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ


                         _ _ _
                        ´      丶
                     /         丶
                    /             丶
                     /             |
                  /                |
                   /                   /
                 /                /
                 !              /
          | ̄ ̄ ‐ '─ !_                 /
          |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _        /
         |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、_   /
  __ _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <
  |::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、_:::::::::::::::::::::::::::>
_|::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::::::::::/
::::|:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

  『"望まなければ、失うことはない"』

   『持たざる者にとって、これ以上の慰めがあるだろうか?』

    『諦める諦めない以前に――俺は、最初から何も"望まなかった"』

816 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 02:59:53 ID:D6.m/4sk



  『俺は"何も望まなかった、だから何も失わなかった"』

   『それでいいじゃないか、俺の物語はこれで終わり』

                             ―-、
                           /    ヽ    『そもそも始まりがあったのかどうか』
                         /       丶
                            / __   .::/                        ,.-、
                         ∨     ヽ .:/                     _,.、/:∠_
  ___, - 、            __,. -―<二二二>≦――-,、           ,. ‐'´::::ヽ:.:.:.:.:二ニヽ
 ゙ーァ:.:.:|::::::::`` ―- 、    _r:'Ti::、::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::/:ハ、    ,. ‐'´:::::::::::::::::|‐--―一'
 /:_,:.:.,|::::::::::::::::::::::::::``ー-‐'´:::::::ヾ', '、:::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::://:ィ::`>―‐´::::::::::::::::::,. - '
 '-´一'´`ー- 、、:::::::::::::::::::::::::::::`丶:ヾ}}:::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::/:'シ':/::::::::::::::::::::::,. ‐ '´
          `` ‐ 、_::::::::::_,. -‐``^ヾ:::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::fr‐ '<-_:::::::::::::. ‐'´
              ` ̄      /:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::〈     `'-一''




             |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     |:::::::::::::::::::::::.: l
            l::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::::::::.:.:.!
            |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l     !::::::::::::::::::.:.:./
            l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   !::::::::::::::::::.:.:.i
           |:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l   i::::::::::::::::::::.:.:.l
               l:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l      『……ま、どうでもいいことだな』
             !:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.  |::::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l   l:::::::::::::::::::.:.:.:l
            ',:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.   l::::::::::::::::::.:.: !
             ヽ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l:::::::::::::::::.:. !
               i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.: l     l:::::::::::::::.:.:l
              l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    l::::::::::::::.: l
               !:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l    |::::::::::::.:. l
          ――' 、::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:l     l:::::::::::.:. l
        / ´  ̄ `  、 ヽ::::::::::::.:.:.:.:.l.    l:::::::::::.:. l
     / .ィ≦≧=- 、   、 ヽ.:.:.:.:.:.:.:l.   /:::::::::::::.:.:ヽ
      l<///////////ヽ、  ヽ `ヽ.:.:.:.l  〈::::::::::::::::::::/
.      !//////////////ヽ  ヽ  \:l   l- ´  `Y
       V///////////////ヽ \  l!   |     ',
.        \///////////////\ ヽ l   l     ヽ
        ` <//////////////>、 }!   !` ー― 1
            ̄`  <////////V   ` ー― ´

817 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 03:00:09 ID:D6.m/4sk

__________________________________
           _,. . . .-. .-. . . 、、       _
        ,. :'':´: : : : : : : : : : : : : : :`:ヽ. /:´: :!
.       /: : : : : ;. -;;;;;'¬⌒j‐;,,,、: : : : : : : : : : i
    _,./: : : : : :/;;;;;;;;;;;;;;;/"^ヾ;;;;;;;;;`;,、: : : : : : : ト.、
 ,.-'';;;;;': : : : : :〈;;;;;;;;;;;;;;;;;/: : : : :l;;;;;;;;;;;;;;;;`i: :   l |: :.\
〈;;;;;;;;;;'!: : : : : : : V;;;;;;;;;;/: : : : : : l;;;;;;;;;;;;;;;/: i . . .:l:.ト、: : `、
∧;;;;/:!: : : : : : : : :V;;;;/: : : : : : : :!;;;;;;;;;;;/: :j:: : : ,':.l: ヽ`ヾ:`、
  ∨: !: : : : : : : : : :ヾ: : : : : : !: :.|;;;;;/: : :.!:: : /: :l: : :.i  ヾ
  /:/:.l: : : : : : : ;.-'/: : : : : : :!: |:.!"::l::: : : :!: :./::: ハ: :.|
 /:/: :ヘ: :.i:: ::: :.. :/: : : : : : ::l:: :l:j:::l:l::: : :/!: /.l!::/ ヾ:.l                 ,ヘ
../:/: : :.:ヘ::::l::: :::::/: : : : : : ::j::: :./゙`|: : :./.l:://:l:/   ゙:|     ____      / /
/:/: : : ::::::ヾ:`、::/ : : : : : : :/::::.〈 ``!: :./ // l::l/        /\  /\   / /
':/: : : :.::::::::::`::、': : : : : :.:::/'::::::: :`r、!:./ '′ V       /( ⌒)  (⌒)\/  /
/: : : : ::::::::::/ :/: : : : :.::::/A:::::::: : :i. l/    ノ      / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
: : : : .::::::::::/::/: : : : .::::://ヽ!:::::::. : !  r‐;/       |     |r┬-|       |
.: : : .:::::::::厶イ: : : :.:::::/:/彡ァ'"゙゙`ヾl- '          \     ` ー'´     /
: : : ::::::::::/ll/: : : :::::::/:/"/       i!           /          \
.: : :::::::::/ ll/: : ::::::::/:://         |          /             \
: : ::::::::/ll.ll' : :.::::::/:://          |         /  /\           ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


             ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l          ',::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
             ',:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      /:::::::::::::.:.:.:.:.:.:. !
               i:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      /::::::::::::::::::::::::.:./
                 l:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     /:::::::::::::::::::::. /
               l::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      i:::::::::::::::::::.: /
                l::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l      !::::::::::::::::::.:./
              l::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.l       !:::::::::::::::::. /
                 l::::::i:::::::.:.:.:.:.:.:.: |.      i:::::::::::::::.:./
              l::::::l:::::::.:./:.:.:.:.:|     !::::::::::::::.:/
                 l::::::l:::::::/:.:.:.:.:.:|.    /::::::::::::::./
                l:::: |::::/:.:.:.:.:.:.:.|   /:::::::::::::::.:l
                    l:::::|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:l   ∧:::::::::::::::.:〉
                   |::: l':.:.:.:.:.:.:.:.:. !   {i ー ⌒i´
                  l::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',  ヾ、    !
                   /::ヽ:―‐:.、:.:.:.:.:.:〉   l!   ヽ
              〈:::::, ― 、:::.:.:.:.:!   l{     }
               V      ̄ ヽ   ヾ 、_ ノ
               ´          |     ` ー ´
              /          ‐'}
           { ` ー―――‐ ´ ‐'
            ー――――― ´

818 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 03:00:58 ID:D6.m/4sk

                __
              /     ヽ        『強いて言えば――』
             /       ヽ
             |           |        『――いや、強いて1つだけ望むのなら』
             |           |
             |           |   
             ', __   /
             r´..::::::::::....ヽム  _
            _/_,..-ー─ ‐‐ ´...::::...`ヽ
          ,.-<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`,       『うん。期待と願いを込めて、こう祈ろう』
       ィ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::::::::: i









ヽ         `  _               『"あいつらの物語の結末は"
 ,)_,.v''´⌒ヽ.      ̄ ‐- ...  
        )                      "どうかハッピーエンドでありますように"――』
...   ..:...   ´ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:..    :..:⌒;                  __,、         ノ⌒ー'
ヽ:_:.:.:.:.:.:. :. .: .:.:.:.:..:.ノ              ,r ヽ'⌒  `^j      ヽ ..:.:.:.
   ̄ `ー ‐-‐一´             r'´       `ー'⌒ヽ    `ー 、:.
           , '⌒ー-‐、       ヽ,  ....... ... .... . . .. .⌒ヽ
           ヽ-―--‐-ヽ.っ  r_,つ  ヽ.:.:._:_:.:.:.:.___:::.:.:.:.:..:::.:.:ノ- .__,.-
                              ̄   ̄ ̄  ̄ ` ̄ー-




                          ┌────────────────────┐
                          │  できない夫はメラミを唱えられないようです ..│
                          └────────────────────┘

                                               ~おしまい~

821 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 03:05:54 ID:D6.m/4sk
以上、お目汚し失礼しました。
できない夫と対比させるためにやる夫がスーパーマンになっていますがそこは主人公補正というヤツです。

同じような境遇でありながら、最後まで第一線に留まり続けたポップさんは憧れますね。

820 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 03:05:47 ID:rNgMG9rA
できない夫が相棒枠とは珍しい。
しかし、なんか哀愁ある人だよな、この人。

822 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 03:19:03 ID:SHoT3ebQ


やるせない話だなぁ
でもこんな境遇で、やる夫の幸せを願えるできない夫さんマジいいヤツ
すごい美人って訳じゃないけどよく笑う気立てがいい嫁さん見つけて
慎ましやかだけどあったかい家庭を作ってほしい

823 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 07:44:55 ID:fMEwvq/c


でも現実世界においてルーラ使えるって無茶苦茶便利じゃねーかw

826 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 08:37:21 ID:2951qcKA
乙です

やる夫を自分と同じ「持たざる者」仲間だと思っていたら、
結局は彼も「持てる者(それも超級チート)」だったと理解した時はどんな気分だったんだろうな

827 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 09:46:20 ID:D.IK0F1c

器用貧乏っすなー
ホイミ使えれば戦闘以外での回復という後方支援要員になれたのになw

828 : 名無しのやる夫だお : 2011/09/28(水) 16:52:52 ID:YL2Da0Mo
>>827
「せめてベホイミぐらいは使えないとなぁ……」

関連記事
17120 :日常の名無しさん:2017/07/13(木) 19:56:49 ID:-[ 編集 ]
ポップもあれで天才だからなぁ。
ダイが天才を通り越した何かで有っただけで。
17130 :日常の名無しさん:2017/07/14(金) 14:35:14 ID:-[ 編集 ]
成長度合いや敵方からの警戒度なんかダイが霞むくらいポップの方が上なんだけど…

破られた事のない大魔王の必殺技を2つもちょっと見ただけで破って大魔王を戦慄させるし人伝に聞いただけで実際に見ていないフィンガーフレアボムズ再現しちゃうし…
魔王軍からはダイではなくポップこそアバンの使徒で最も恐ろしい男という認識だし。
なによりこれで血筋だとか与えられた能力でなく師がすごかった以外一般人で自力というガチ天才。主人公補正なんて生ぬるいもんじゃない。

デキナイオはどちらかといえば「まぞっほ」の方が境遇近いかなぁ…
17185 : :2017/07/17(月) 15:01:51 ID:-[ 編集 ]
ポップは物語当初からメラゾーマ使える天才だしな
読者目線用のキャラだからメンタルが一般人だっただけで
17242 :日常の名無しさん:2017/07/18(火) 22:52:04 ID:-[ 編集 ]
バーン戦のポップはもう贔屓の引き倒しレベルで天才になってるからなー
おかげでいきなり頭の回転が鈍くなるアバンとか必殺技ノーリスクで分解されるバーンとか流れ弾がかなり飛んでる
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS
スポンサードリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
現在新規記事のプレビューがまともに使えない状態(バグでしょうか…?)のためミスが増えるかもしれない感じです

このブログについて詳しくはこちら About

※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。

現行作品リスト
完結作品リスト

現在Firefox推奨
Google Chromeの最新Verではdirectwriteを無効にできないのでどうしたものかと思案中です

Saitamaarフォント様を導入させていただきました。
手持ちのiOS環境で表示確認済みです。

したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかるものは出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)

やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了


相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterの方が反応早いです)
@yaruonitijou
メールフォーム

確実に着手できるわけではありませんが、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽にどうぞ

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング