国際的な小咄 AA International NEWS 『劉暁波氏、米独医師診断も「終末期』

目次

605 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2017/07/09(日) 12:05:39 ID:goU0Ua4Y

             /      \
           / ─    ─ \    現状こうなっているようです
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




606 : 語り人 ◆rnuK5PIvTM : 2017/07/09(日) 12:05:59 ID:goU0Ua4Y


劉暁波氏、米独医師診断も「終末期」 中国の病院発表

ttp://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H6J_Y7A700C1EA3000/


【瀋陽=共同】末期の肝臓がんと診断され、
中国当局の監視下で入院しているノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏(61)について、
入院先の遼寧省瀋陽市の病院は8日、
ウェブサイトで、劉氏の病状について
「終末期」にあるとの医療チームの見解を示した。
また医療チームが同日行った劉氏への診察には、
米国とドイツからそれぞれ招かれた医師も加わったと発表した。
7日からドイツで20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれている中、
中国の習近平指導部は
欧米の医師を劉氏の治療に関わらせる異例の対応を取ることで、
人権問題で中国への批判を回避する狙いがあるとみられる。
病院は発表で
「米国とドイツの専門家は中国の医療チームの治療方針と措置を高く評価している」
と主張。
海外の専門家の“お墨付き”を得た形を取り、
劉氏が不当に扱われているのではないかとの
国内外の懸念を払拭する思惑がありそうだ。
病院は劉氏の病状は「深刻」としており、
再検査をして肝臓の状態を見極めた上で、
放射線治療などが可能か判断する。
肝機能が回復すれば、免疫治療なども検討するとしている。
欧米の医師が劉氏の診察を行った8日、
同病院では多くの私服警官らが配置され、厳重な警備態勢が敷かれた。


おしまい

関連記事
17064 :日常の名無しさん:2017/07/11(火) 21:40:49 ID:-[ 編集 ]
症状が本物でも、その病気を発症させた理由が当局の手によるものだったりしたら、意味が無いような。邪推だけど
17065 :日常の名無しさん:2017/07/11(火) 21:43:01 ID:-[ 編集 ]
まあ助かりそうな段階こえたから見せたようにしか見えんわなあ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS
スポンサードリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
現在新規記事のプレビューがまともに使えない状態(バグでしょうか…?)のためミスが増えるかもしれない感じです

このブログについて詳しくはこちら About

※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。

現行作品リスト
完結作品リスト

現在Firefox推奨
Google Chromeの最新Verではdirectwriteを無効にできないのでどうしたものかと思案中です

Saitamaarフォント様を導入させていただきました。
手持ちのiOS環境で表示確認済みです。

したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかるものは出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)

やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了


相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterの方が反応早いです)
@yaruonitijou
メールフォーム

確実に着手できるわけではありませんが、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽にどうぞ

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング