キル子は剣客で魔法少女で残酷なようです 第六話 魔法・心眼剣

目次 現行スレ

516 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:32:57 ID:IvD/sF4g0

____________________
    ,′i:/n`  ´n\i:.:.:.:.i‘,  }
―w√i:人| U    U  l:.:.:Λ:‘,/)─wwヘ√レvv~
  <人(          ,':.:./__):.∠ニZ
   /:.个: . __▽__ ,./:∠:._{>o<}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 お待たせしました、第六話の投下を始めます。

 ※本作は民明書房刊行の小説を原作としたやる夫スレです。ご注意ください。

 ※169レスあります。何が起きたのか私にもちょっとよくわかりません。

 ※なんか長いですが宜しければお付き合いください。




517 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:33:43 ID:IvD/sF4g0

从父夭イr
ソ仆戈k斗し
乂ハと少八匕                                               _
イ个イ匕小トし      ∠ニ二^二ニヽ    __ /ヽ、    ,.へ、 , へ、         _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、.   ――まだほおずき村が残っていた頃。
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー-
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔℡广TT弋ゝ、二ニ ¬   西行寺幽々子は一度だけ、
ネ仗!|朮k湃漆柎游?陪翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k
什メ从尖淋坿游?陪彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k   そこにやって来た事があった。
タ乃リミ斗?如漆?陪游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶
爻カ||k夭汽?陪辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆ィ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
゙¨´ "-゙¨'^`^、, `¨'´ ,ト、 ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´_ノ `^'゙´'`″ `^'¨"´_,^'¨^`"´ ¨^",¨` ^`¨'´ `^'¨"  ^'゙´'`_,
  - `'  、;  `" _, ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´、_ ‐ ゙ `' 、, ゙ 、;   ‐'  、_,  ‐ `' 、, ゙  、_;

518 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:34:01 ID:IvD/sF4g0



       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ          .その理由を、キル子は知らない。
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧    西行寺は権力者であるし、
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ   何か大人同士の話があったのかも知れぬ。
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





              i//// ,r ニ 、r゙!   l ` ''ー<´..... __゙!
             lr 、彡 ノ,ノ´ ̄ }i;}    ゝ.,,__       : |
            ,rーゝ '´ ̄、ー-、 -;リノ   f彡'、ニァー_-_⊥!
          ,/ヾ< :.      ̄ l'7′    i彡ゞー'  ー :f'!
       ,.、‐'":ヽ::::\ ヽ   __ァ'′       _,チ. :.  _ '/        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /::::::::::::::::ヽ::::::ヽ `/)乙二ス、   ,rニ ̄`ヽ` ;-<
     /:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::;/ ーンノハヾ,!} /- ... `ヽ、 ,! ! ヽ        .あるいは幽々子も年ごろであるし、
   /::::::::::::::::::::::::::::::/^i´    /(_, イヽ'    :..  \,!  : ',
.   i:::::::::::::::::::(⌒/:::::::::::l,r‐ァ''";!/:i,  |:::::::゙!      :..  \:  ',        .村の外で縁談でも探していたのかも知れぬ。
    !:::::::::::::;:、-'":::::::::::::::::::|::/::::;:':{;::::i, |:::::::::} :. i    :.. ヽ :. ',
   }::::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::|'::::;:':__:i;::::::i, l;::::::::|  ヽ _,,..、、-‐ 'i ゝ,   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:':::|ll|::l;:::::ヽ.',:::::;!   ゙i      ノ .: )
    ,!:::::::::(⌒)::::::::::::::::::::::::::|::::::|ll|,r;|:::::::::'J:/  ``ヽ、  __,,. r=ニ=ュ __
.   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|ll|/::|:::::::::::iノ   r=''.,,´__::::::(   )::::`_,''=ォ
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,./'ii'彡|::::::::::::゙!   └- 、.,,__`''''ー:--:‐''''´ _,. -┘

519 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:34:14 ID:IvD/sF4g0


                             __∧
                       i「 ̄.   r'´ ̄/ヽ ̄ ̄ `ヽ、     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          》  ....イ___/@ ゝ_   `ヽ,
         , : ´  ̄`゛ :: .      .≪.  ,-´、__, ---、__`ヽ-、 i    .いずれにせよ、当時幼子だったキル子には
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\        ゝ/ // ''i λ \ノ`ヽ  ̄フ
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.          .i/ .i ○  V.  ○ レiイi⌒ i     関係のない話である。
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l          i i.""      "".|ノノ|  .|
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|       ノ| .人.   ̄     ノ.|  |. ゝ、   その日は偶々村に見慣れぬ美人が居た、
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `      : i/λ `' ー , -, イ ´/  .|、ノイ
      |:::::|:´:|、_  /ヤヽ、:i `      ..: ::`ヽ/、|ヽ/Y ヽ、レ'レ´ヽ-´  .本来なら、それで終わる話だった。
      |:::::|:::::{´,/ .∧ ヽ|        .: ::    /ゝ[><] イゝ,
       |:::::|:::::|イ    ,/  ゙.       :...::    「=i §  .i,=ゝ       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |:i|:|:::::|    /ゝ 、_;ノ               く`く__§____」 '>



                      / ̄ ̄ >
                   ― / --=ミ  \_
                  /  /:/ /⌒)__\  V/\
            /  / // 乂__彡'  V,'/ \
          r'"_ イ_ {::乂___  ノ  ∨   \
       / ̄ \  /' ̄\ / ̄ ̄\__/      〉
       {   } \{  /{ \{―=ミ {<__/ ̄\_彡 ⌒ヽ
       廴_,/人__/ /:/ ̄/:. :. :.ハ ―=イ ̄\/― 人   ノ
         /:/ : :.|  :/:/ ̄/ |i:. :. | |:.|: ̄| ̄:. :ハ ̄〈_ノ ̄      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        .::/.: :.:.:|:. :. , :.斗ミ、八:. :.| 从_:.:.| :. : /:. :.  \
         /:' } :. :. |:. :. :《 ん刈 j:\|   fwハミメ:. : : ..   \        けれど、そうはならなかった。
.        /  i|:. :. ∧:. :. :i乂_ソ      廴ソ ハ:. :. : \   > ''" ̄
         从:.イ:. :.ヽ 从 ,,,    ,     ,,,  /: : : : : : i \  _     幽々子は道端ですれ違っただけのキル子に、
         / / }:.|:. :. __>''⌒〈 ̄ ̄| ̄``丶 イ:.:∧ :. :. |\:.\  __
        i  , ,:. :. / \   へ〈,,/ |_r/ /``~、 :. : : |  \/      ひどく驚き、こんな事を尋ねたのだ。
        |  i人:/   ( \〈__〉〈,,/,,|  {/    /\:.:人_:/
.       ヽ/ ̄} ''<>⌒) \ へ ノ|  人  / 人 〉イ          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          {/i ''<>  人 \  Oつ) ̄ ,,,<{\|
          /  _,>)_ ''<>''~  \__ ,,. < __ 人) |
         ,  { \{( ) 〔_      ∨  _ 〈__)__,|
           {  _乂 |r O、_人        ∨ /ハヽ  i∧

520 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:34:35 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                              !:::::::::::::::::::::::::l|::|
                              /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                           |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
                           ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l      「――人を殺めた臭いがするわ。
                             / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
                         l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l       血に塗れた魔法のにおい。
                              ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
                              /         `ヽ!   !     もしや、あなたも魔法少女なのかしら?」
                          / / .         ヽ..._│                               ∠_
.. .,ィ劣王ミ::、..___                 |、 !             `<ヽ,. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ .\
.. .寸圭圭圭圭圭}               ._メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\                   /          /     l
..`ヽー―- 、.、 少´              ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'  . ___       _ ─'/_.,., / ̄  ̄ 一一<     |
  {\ー―ゝ、` 、             _                        <"\\ ̄  ̄ ̄  /__、 i!         |     /
     {   ヽ ` ー=ニニ=ー――=´―‐`r―- 、                    \_//\ヽ_ _/ヾ\ _l一一一─_ _l|_彡//
  ..._、}__ ,r- 、                |     ヽ         _z‐ヘトz_.\ /ノ   ヽ─″ ̄.¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭
.______ヽ彡ー―――――――'´ ̄ ̄ ̄     ;;;#圭#;;.._>ニニニニニニく.;#圭圭圭圭     .{少r:ゞミ王王圭圭圭圭少
..圭圭圭圭圭王圭圭}                    ;:;;;#圭圭=ヘ,イニrーヘ^ー=ミ、#圭圭圭リ       {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬
..圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´                        ::;;;圭;| #_ノ孑″  {〕゙ .,.ィ ′ヽ圭少         寸少' ̄ r劣}   .弋圭
.`¨¨¨´ f壬心                             ;;;;/ _j/^´)" √ィ′´ ̄ `゙ `ヽ                . ̄
    ..弋圭ヲ                              /'´ #. ィく)ィァ⌒゙オ /ィ斗~、 ヽ \_
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                      ∧__
         , : ´  ̄`゛ :: .  . ̄1i
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\  .《
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.   ≫
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(○)::::(○)|::::|::|
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  /ヤヽ、:i `
      |:::::|:::::{´,/ .∧ ヽ|
       |:::::|:::::|イ    ,/  ゙.
       |:i|:|:::::|    /ゝ 、_;ノ
       |:||:|::,i'l、_,. ィ" j_k  ヽ.

521 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:34:50 ID:IvD/sF4g0

            /ヽ._,,,...,,,__
          ,. -‐/ @ ':,:.:.:.:.:.:.`"''::...、
         ,.':.:.:.:,'-‐r-‐‐'、_ノ_.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.
        ,ゝr,ァ'-‐'"´ ̄`ー-く二ヽ-、:.:.:.:.)
       i´:.ァ'´, !  !   ; __ i  `ヽ、>ーヽ、           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       `ソ / ハ- ,ハ  /!._L」;、  '; i`iー-r'
       i  ';  !,ァメ, ∨ ´iノ !ハ ,ハ!    '、            .「ああ、そんな顔をしないで頂戴。
        '、. i ,ハ.! iソ     'ー'’ ,レi  !  ';  ヽ.
         )レ'ヽ!,,´ ' __    "" / i ';   i _,ノ〉            何も取って食おうという訳ではないのだから。
        ´く).ハ、 ヽ' `)   ,:' ;' .,ハ  レ'i_ノ  ,'´`ヽ.
         ( ;'  ,ノ>、,__,,. く ! ./_/V!_r'-'    !    ',     ……もしもあなたが魔法少女なら、
          `!/V´ヽ,.イ !_ /レ'  `'7ァ-.、     ',.   i
       '⌒ヽ.   ,.,.イソ l_//  / /ソ:.:.:.:.ヽ.    !   !     .少し話を聞いてほしいの。ただ、それだけ」
    (`':、      `r/:.:.}! /ムヽ   , ,イ/_;,:.:-‐-''i、_,ノ   .ノ
  ,.-‐'-、 ヽ、、_  /`'ー}レ'(ハ)ヽ、rイ/:i  _,,,...,,,_ソ`' ー ''´    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  >ー‐ ソ ハ`ヽ.`/:.:.:く/L>.:.:.:´:.:.:.Y''"´    〉
  'ー‐'ソ (_,.イ! i:.:.:.';i:.:.:.:.:.}{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;L__,,..-r‐ァイ__
    i'r'´:::::!| ;:.:.:.:.ゝ、;__;}{、:.:.:.:.:.:.:.:;.:イ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::ソ


       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
     /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|                             ┏━━━━━━━━━━━━━┓
    |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
    ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|                             「……話、ってなんですか?」
      ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
.        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|                         ┗━━━━━━━━━━━━━┛
      |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
      |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

522 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:35:01 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
    ` <ニレ    、
.        / <   \
           <  i
      i      ト  ` |
.      从  、 | \ |       !
          Yトへ 辷彡ヘ|     从
         丶 〈     | レヘル
           `ー─ヘレ  ⌒ヽ                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          r──くレ'ノ
             」ニニ/y〈   /                    「ええ。実は、うちで雇っている
          丶ニ/ニ|ニ廴_  ィ
             V二」ニ辷__                     妖夢という少女のことなのだけれど――」
            /ニニニニ「  {
              ニニニニニ|                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           iニニニニ|  i
           |ニニニニl  ト
           |二ニニニl   k'
           └rー‐──l   「、
             |ニニニ={   マ丶
             |ニニニ=ヘ  丶 \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

524 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:35:52 ID:IvD/sF4g0

          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        !:::::::::::::::::::::::::li:|
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|                    実を言うと。
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !                     そのあと、幽々子がどんな言葉を紡いだのか、
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |                        キル子はまるで覚えていない。
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      /         `ヽ!   !
     / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,
   _メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\
   ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒   ..屍山血河のありふれた頃の話だ。
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ     顔見知りさえばたばた死んでいく時世に
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;      一度会った余所の村の誰かのことなど
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、    .細かく覚えていられるはずもなかった。
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

525 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:36:23 ID:IvD/sF4g0

                  ,. . :-――- .、
               /: : : : : : : : : : : : ::\             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              /: : : : : : : : : :/. : : : : : :.\
.             l: : : : : : : : : :/ .: : : : :.i: :、:.ヽ          くだんの幽々子はそれから一度も顔を見ず、
           |: : : : : : : : : :| :._i: : :.ト」:.|_|:i」!
             |: : : : : : : :_: : ィ(ー) (ー)              妖夢とやらの話を聞くこともなく。
.           |: : : : : :.,ィケ! : |.     、 |
             ! : : : : : ゝ、|: :.|   __   ノ            .おそらくこの戦乱に巻き込まれ、遠くの村で
          |: : : : : /:./ |: :.ト、     .ィ′
          }: : : : /:.∧ |: :.| / 辷'l:.|              .死んでしまったのだろうと、キル子は思っていた。
           /:.:.:./j:./ `j: :.|,イ\ ||:.|
.         /:.:r'’∨∧.  |: :!v}|  Ⅵ! 》            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        /: : | /:∧ \|:.:ト、||  | |:.}}、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
    /:::::ー<::::::::::ヽ::/         |
    ` ーr―-弌:::_〃  /       |i l   :i   i
.       |l     {{   ,′     /   |l .:   i   |
..       八      l   ト 、_,. 斗  〃メ、_ _j   |
      l      └ヘ. 1 r         〃 : rヘ l        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      |       l  丁..|            {   | / ,′
       `ヽ    |i  |l |            }) ′/            ……けれど、妖夢は生きていた。
         \ 八 !ト.|        .ィ  /
           ヾ/\ | > =弌≦ /レ                それが幸せか、不幸せかは別にして。
     ,. ---=ァ<: :ヽ ヾ >-rァ=ミ _ { ´
,.   ´     r'   `ヽ: : r'::::/:八:ヾ::::{ ヽ ̄ ̄`  、         彼女は生き延びてしまったのである。
    -―  |     ハ: 乂)::::/ }::}:::::ソ   }     \
/       .人     / : : :ヾ/ Yレ'⌒i   ノ、         ヽ    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         {        :}: : : : :|:o: : :ト=彡   \
       ヽ __ /: : :〃:|: : : : ーx'⌒ヽ_  \
         LO _彡: : : : {{: :}o: : ハノ fi⌒ヽヽ. \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

526 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:36:44 ID:IvD/sF4g0



               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                    『つまりは、呪いなど種のあるまやかしに過ぎぬ。

                    産婆が首を吊らされたのは、赤子の幽々子を絞め損ねた為。

                    牛馬や幼子の命を奪ったものは、幽々子狙いの流れ弾。

                    跡目争いの内輪揉めが、外聞のために病を名乗り、

                    果てには呪いの名を与えられただけである。

                    しかし、そうして産み出されたまやかしの呪いこそが、

                    妖夢を魔物へと変貌させる最後の一押しとなった。

                    ――だから、これは全て終わった後の物語だ。』

               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                        《 剣客魔法少女録 第一巻『残酷剣』(民明書房)より 》

.

527 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:36:59 ID:IvD/sF4g0

           ‘      ‘。       ` 丶   /              i. r .
              ‘        ヽ.         ヽ. ′          ヽ  .!i´ ` ヽ                       、,ゝ=== く
            ‘.         ヽ                    `  、〉 '   }                  、_γ r,三三ヾ,`ヾ,
              ‘          ヽ                      。 ´       {.                    く(   {三三;= }  )>
               ‘..          ヽ      ::        。 ゚        /                   ヽ_.ヾ;三;〃./
                ‘'、           ヽ     ::.   。 ´         /゚。
   ..、,ゝ=== く.   ‘.\          丶.    .:;:.  ´           /.  i         ┏━━━━━━━━━━━┓
  、_γ r,三三ヾ,`ヾ,.  ’ ヽ、         \_  ´            /    i.
.  く(   {三三;= }  )>  ヽ! 丶、                  /      ,′          第六話 魔法・心眼剣
´   ヽ_.ヾ;三;〃./      |     \                 /.       /
                    l     \             /       /|         ┗━━━━━━━━━━━┛
                ‘.         丶        。" `   ___ ィ  i.
                ‘、.          ` 、___. ィ/´                 |        、,ゝ=== く
                    ` 、           /                 |   ..、_γ r,三三ヾ,`ヾ,
                   ヾ  -  -  ´                    i    .く(   {三三;= }  )>
                       ヽ                           。     .ヽ_.ヾ;三;〃./
          `'ミx、}廴_}L_}、      .丶                       ゚。                     ../{  /!  ィ
        ≧=-''"´ ̄ ̄``''ミx/}    ..ヽ                          \               ,x≫≠冖'¬≦'く、
    -=≫    -―‐-    `ヾx、     ゚。                       \          ,x≫”´ -―‐-  `''ミx、
    -=≧'   /::::::::::::::::::::',     ヾ、     .。                        \      ィf''"   /::::::::::::::::::',  `ヾx、__
  -=≧'    .{:::::::::::::::::::::::}      ':,     。                         ヽ.    イ'    {::::::::::::::::::::::::}     Y⌒
   '’      V:::::::::::::::::::ノ            。           _                  丶.          V:::::::::::::::::::ノ
          ‐---‐                。            }                 ヽ   、     ‐---‐
    ≧x..,_        _,.斗''"       。                             ゚。. `=- ,._ __   _,.斗
     }厂~≧===≦芋}「 ̄´       .。                            }}       ̄^Y「^ ̄}「⌒`「`

528 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:37:19 ID:IvD/sF4g0

        ./ヽ     _,,. -:―-x-‐=‐- .,
       ._i::::::::ヽ,ィ'゙ _,,.. -―‐‐-  、 ヽ
      .i::::::::::::::::://,. - ―――― -、ヽ  \
       ヽ:::::::::7 ∨ / i: i   i  i  ヘ  ∨゙lハ
       . ̄ハ V  / i: l |: iヽ | |  i ハ  V i i
         .i V  | i  j,_ | l ヘ| _ j ヘ ! |  |ノl l
        !: |  iLl゙=┴‐`‐-┴┴-゙L:il  レ゙ ハ
        .∧|  |             |  | ハハ
         .i  !..  |              | k j i
        i i (|   i.              i  |ノ l |         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        .l l  |  ハ;              i  |   j
       .!__i ヘ /ヘ,           /  / i_i              ……実のところ。
          .ヽ__ハ__./゙=- ,,_     _,, -=i__/__/
                    'i''゙‐孑‐゙'i'                    妖夢は西行寺家に引き取られるまで、
               _,,,.=イ >:^:く゜`=::,,_
               ,{ |::::レ'゙:;;;;A::::ヽ,!::::|. ト,                    自分がどのように暮らしていたのか、
            ;'ヘ |::::ト/ ゙ュヘ∠l::: レ゛.!
              |  .l:::::!|.  ,]゙゙'v:|::::;!  |                ろくに思い出すことが出来ないでいる。
              | ,/'Y゙ヘ,__ノ ゙ |_>i.  |
              | 7  i.  。.|'--'゛`!. `v !               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ! .   '`゙゙"゙ペ,,,,,.     .!
              .\   ∠:ム,_   ,ノ
            ./::;`ー'":::j:::::::l:::::`=ャ':\
         ,.:'゙::/::::::::::::::::!::::::::l:::::::::::゙:;:::::ヽ
        /:::::/:::::::::::::::::::::'::::::::::i:':::::::::::゙:;:::::::\
       ./::..::../..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..;:..::..::.ヽ,
     ,:'゙:.. :.. :.,:゙, :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :.. :..ヽ,
  .....,:' . : . : . ,'::'. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :...゙:,

529 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:37:34 ID:IvD/sF4g0

              _
            / ニニ\
        _ r    ーーニニー―
 ―――‐  ニーニニ     ーーーニニニニニ\
       ニニ ーーニニ    ーーーーニニニニニ\ ______
  ーニニ ニニニ  ニーーニニ               ーーーニニニニニニ\_
   ーニニニニ    ーーーーニニニニ                 ーーーニ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ーニニニ       ーーニニニニーーーーニニ        ーーニニニ    ー
 ーニニニ     ーーーーニニニニーーーニニニニニニニニ        ーーーーニニ   みさくら村は、決して小さな村ではなかった。
 ニニ             ーーーーーニニニニニ从        从   ーーー
  从      r zzzzzzzzzz┐      从ミ     从 从从  从     ……少なくともひなげし村のように、
 彡ミミ   /\\\\\\\ 爻乂 爻彡ミ 从 彡ミ 从 从 从ミ
 爻乂ミ ∠ r‐┐;\\\\\\\r zzzz┐从 爻ミ 爻 彡ミ 彡ミ 爻ミ.  目先の滅びへ気を配らねば立ち行かぬような、
 爻,彳爻 | ̄ ̄ ̄「「「「「「「「「「「「「 \\\\ミ 爻ミ 爻乂ミ 爻ミr zz┐
 爻 爻爻乂 田] ll l l l l l l l l l l l |  ̄「「「「「「从 从ミ 从爻从ミ\\   先のない集落ではなかったのだ。
 爻 乂乂乂爻   ll l l l l l l l l l l l |三]l l l l l彡爻爻乂 乂ミ爻爻爻 彡
 爻爻乂乂爻爻 爻乂辷二 ≦三三三三三三三二二ニニニニ==┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 三三三三三≧==――  ̄ ̄                        ,,,,,,,, 彡/    ,;;       ,;,;   ,;;






    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     村にはそれなりの数の大人たちがいて、

 /  そして大人たちが産んだ、それなりの数の子供たちがいた。 .ヽ イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ                                            !  | ,ィ/l/ l/ lハlヽトiヽ. |
  イ.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.. .|/゙            `K
  r、|               |ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! l ヽヾ、_ ! .ry           :|rリ
  !t||              ルリ r|            ^vヽ _レ          `h |t|               レ'
  ヾl               /‐'  :|r|             h゙リ {t|!             !リ ヾl            /|
    ト、           ,イl.    ヾ!            ,イ‐' ヾl         /'    ト、          ,イ ト、
   ,.| : \       / ; ト、    ト.、         , ' |.    ト、.         /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  `
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _:::     ……にも拘らず、彼らのことを妖夢はろくに

                                       思い出す事が出来ない。頭の中の記憶は

                                       ひどく曖昧で、意味のある情報を取り出せないのだ。

                                        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

530 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:37:49 ID:IvD/sF4g0

  寸圭圭圭圭/:::::::::::::ゝヽ‐''"`ヽ-.、::::::|.  ,;'  | .イ:::|圭圭圭圭圭ヽ|     ;' |
    ``x圭圭/   ζ        ヽ::::|  :'   |  /,,-''圭圭圭圭圭リ|    ;'. ハ
        ̄'´    /          l:|     |  |:ヽ圭圭圭圭少  |    ;'ヽ .リ
      /:::::::::::::::::::::/             |j    ..|  |::::::\ 圭圭圭K._i' ';   ' } /
    /:::::::::::::::l::::::::::ヽ             |    {;  | 、::::::ヽ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.
  /::::::::::_:::::::`ヽ_,,..-|           /,, .."".`i'" /:::::::::::::::/ '´
  l::::::::::::::::::┴┐/   `"''''''v_,,..-''"´/'',-''"   l,:./::::::::::::::/    ……たった一つ。彼女がはっきりと覚えているのは、
  ヽ、:::::::::::::::::::\          _,l ''     ,:' {::::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::\   /――‐‐'ヽ ヽ    . !、 .ヽ'"´       産まれて初めて血に塗れた日の記憶。
     \:::::::::::::::::::::\ ヽ     / .} _,,..-'' ./ |
       \::::::::://‐-.._\_フ‐'  /    .|  l'     ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          \〈/Y´ 、ヽ_〉     .ヽ__/又ヽ{              `゙"ヽヽ、_  .|、_,,ノ)、
              .ヽヽ Y__/      |ヘヘ |.》《| .l                 \`゙ ―‐ ´ .リ
                `~´        lヽi|  |》《.|.ヘ                   `゙''''''''''' ´
                        ヽ |  ヽ==ヽヽ,,                          /⌒ヽ
                          'lヽ /、  リl、l                 __       .l   /
                           ヽ、ヽ、_二彡リ                    〈.  `ヽ   r'′,/`''‐‐――-.、
                            `ヽ-==-´    ,..xュュュュ、    _,,...--‐ ┘-.、|.   ヽ.r'´::::::::::::::::::::::::::::\
                                   {圭圭圭 /::::::::::、::::::::::::::::::| }    \::::::::_,,-'⌒::::::::::::::〉
                               __........__寸圭圭l:::::::::::::::::::`ヽ.::::: /´       /::::::::::::::::::::::::::/
                    ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭',:::::::::::::::-‐''":::::: ̄"'''::‐‐-v' ::::::::::::::::::::::::::::/
                    `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭_ヽ_,,.. -‐''"´::~`゙"''‐- ._.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                      `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::::::/
                        {少r:ゞミ王王圭圭圭 /::::r;;;;;;;;;;-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::/;;;#圭#;;
                          {圭圭圭沁 `¨¨¨´ ::::::::::`""""´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::/:;;;#圭圭圭#;;

531 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:38:11 ID:IvD/sF4g0


                          _
                    _,. ‐ァ-、 .|! |                                  |
              | ̄ ̄ ̄ ̄/{ { { r‐く|! | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  .|
               ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_>⌒¨''..|! | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/∠}_),ァrrュfエぃ ̄ ̄ ̄ .、 . |  l二二二 l [][]
                    |ヽ -‐1            ヽ、ィ´ 二二二|ハ仁`ヾ/厶    l \|    「 Kノ
                    〈ヽ、_ハ             ∠三ニニ、  _ト'l_/l|| 辷,}     l       ノ_ノ
                     /    /            ム_「|  ||^K ┌ト、|ll }三}      l      __
                       〈    ̄`ヽ _, -─-_,. -‐イ {三L!__,」_j´   |ハ| ヽ _ハヽ}        !  ┌‐┘└┐
                    ',  _,.二イ/ ̄∠二、 / (   > 、._ __,ニ二Ⅳ!7/ハノン      |    ̄フ 「´
                    l  /´, '     ヽ  /        `六¬〒广¨´ ̄    l\   |   く.ノ|__|
                       !   /     /| -' ''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ } ` ̄         l \  !
                      ヽ/\   ∠ -ァ─--、|\   , -へ        \、    l  ヽ'  l二二二 l [][]
                     ∧    >./ /´ ̄ ̄    ヽ/ `ヽ ヽ、_         \ 、   l         「 Kノ
                      /  \イ/ , '               \  l           \\_l      ノ_ノ
                   /   .// /   /\               ヽ ヽ          \         __
                   〉、  // /  ,へ、 \         ,. -┴-、!          \   ┌‐┘└┐
                     /   ̄ / /   /   \  `ァ   ,   /  、  ヽ             /      ̄フ 「´
                  /     / /   /     `ー/   / /     \  !            /    く.ノ|__|
                    /     / /  〈         /   ./〃     `'' ー-⊥_       /          __
                /  ヽ / /    \     /   `く     ヽ、       !      / /|   ┌‐┘└┐
                /  !  Y ,′     ` ー‐'′  -一ヘ     ` ー- ..⊥_      //  .|     ̄フ 「´
                〈   l   ! ト 、          _,、-''´^ヽ     , -‐-  ヽ.  /'    /     く.ノ|__!
              /ハ  l  | |  `  ̄      _/    /\   / / ̄´   L     /
             」 { |  ヽ ノ !         / /   /   \  / _ -─- 、 〈    /        「`|
            f¨下、ノ  / /        イ ''´   /       / ̄./ __ ヽ、_  ヽ}  /   /    | |
              \>∠ /ー─ --         ,.イ      /_ノ7 / / r、  `ヽ_/  /   //     | |
                \>く        _    / _冫     r‐一'´し / // /  /  / / ./      | |
               / `×\- 一 ''"´      /〈     `ー一''⌒'し' '-'─'´  //   /      | |





.

532 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:38:26 ID:IvD/sF4g0

                                   |!
                          _    .|!
                      _,. ‐ァ-、 .|! |    .|!
               | ̄ ̄ ̄ ̄/{ { { r‐く|! | ̄ ̄.|!.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_>⌒¨''..|! | ̄ ̄.|!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/∠}_),ァrrュfエぃ ̄ ̄ ̄
            ,,,,,,  ,,..、 .,i、    ..|ヽ -‐1      .|!        .ヽ、ィ´ 二二二|ハ仁`ヾ/厶
        :| │ ! l,゙.l'"    〈ヽ、_ハ     .{|       ∠三ニニ、  _ト'l_/l|| 辷,}
       :l''''′゙‐'''" ゙''゙'j    ./    /     .|l|w/\  ム_「|  ||^K ┌ト、|ll }三}
       :!ーッ .r‐┐┌┘   〈    ̄`ヽ. .\{w└´ / イ {三L!__,」_j´   |ハ| ヽ _ハヽ}
         :| │ .l゙ !      .',  _,.二イ/..\´  彡x (   > 、._ __,ニ二Ⅳ!7/ハノン
         ‘'''"./ . l       .l  /´, '  .....>  ∠─       .`六¬〒广¨´ ̄
             / /         !   /   ..il}   }|.'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ } ` ̄
             ヽ‐゛          .ヽ/\.   \{  └´ /.\   , -へ
                     ∧    >./.\´  彡x.   ヽ/ `ヽ ヽ、_
                      /  \イ/ , '. >  ∠─          .\  l
                   /   .// / il}   }|           ヽ ヽ
                   〉、  // /.  \{  └´ /      ..,. -┴-、!
                  ./   ̄ / /  .\´  彡x.ァ   ,   /  、  ヽ
                  /     / /   /  >  ∠─.   / /     \  !
                 ./     / /  〈 il}   }|../   ./〃     `'' ー-⊥_
                /  ヽ / /      \{  └´ /...`く     ヽ、       !
                /  !  Y ,′    \´  彡x. -一ヘ     ` ー- ..⊥_  ......,i \
                〈   l   ! ト 、      .>  ∠─.,、-''´^ヽ     , -‐-  ヽ.  ..\ ./  ,r、
              /ハ  l  | |  `  ̄ il}   }|./    /\   / / ̄´   L   ...`゛ ,i" ./.
             」 { |  ヽ ノ !    ....\{  └´ /.. ./   \  / _ -─- 、 〈    ..../ . /
            f¨下、ノ  / /        .\´  彡x../       / ̄./ __ ヽ、_  ヽ}.   /  /
              \>∠ /ー─ --   .>  ∠─.      /_ノ7 / / r、  `ヽ_/. r'"  /
                \>く          .il}   }|./ _冫     r‐一'´し / // /  /  ..ヽ‐´
               / `×\- 一 ''"´ ´ヾ, r、r‐|^`     `ー一''⌒'し' '-'─'´
                                   |!
                                   |!
                                   |!
                                   |!
                                   |!
                                   |!

533 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:38:53 ID:IvD/sF4g0

       ,,,__
         ̄''<;;;;:::...
            ''<;;;;::...            .r… 、_zx》≧
               ''<;;;::...       /       ̄ヾ州《            _____ ,,,,,,,,,,,,,,,,, ___
                  '<;;;:...    /        _=圭戔≦》―  ,,,,二.二.二......― ― ― ―::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄.:::――
                     '<;:         _= ̄    \: ̄:::::::::::::::::;;;;;;;;;:::::――― '''''''''''''''''  ̄ ̄ ̄ ̄ ''''''''''' ―
                      《{i={      《辷刈 i  トヾ ミ、 ̄ ̄
                   r=ニミz刄≧Ⅳ{ /  /.    ルリ:.:.:トVヾ
  -=彡゚゜⌒ミ     ,,,,。zァZア ̄ zイ  ..<.ivV{   {     〈.:.:.:.:.:リ
∧。_  ⌒ミ ( ,,。zァZア沙≠{   "  /.:.:.::/⌒\N \ ,..:'´.:.:.Ⅳ
{!i}ニ=‐_ 廴 ¨沙≠゚゜   ヽ_   {:.:.:.:.:〈    >>ニ=-ルリ
∨ニ三三*。=≦゚゜            ̄∨:.:.:.∧\    >-、≦三》
  ̄‐=**。*ニ=‐_       ノミ≧ )ヾ.:.:.:.tミ≧‐...、      ̄}⌒ミz
     ̄‐=*。三三ニ=‐_   〈≧:.:.:.:::-ヽ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)、    人<≧x
        ̄‐=ニ三三ニ=‐_ V:.:.:-:.:.::j=::.:.:.:.:.:ゞ.:.:.:イ  >‐-ニノ  ヾ≠、
             ̄‐=ニ三三iz.:.:.:::::‐=::.:.:.:.:.::;;:.:.:.:ノ、≧x,,.       ヾ≠=、
    _,,,r。_         ̄‐=三≧:ん'!¨て:::‐=-.:.:.:.:.:.:.:.>ミ≧z     ヾ辷》   (Y^rえz
    乂.:.¨.:.:… 。 _      /⌒;:彡:.⌒>;;_r=:≦   ̄           Yソノ
    )} :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.Y.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:::::::::::ヽ=‐__     _ ヾ=v〆=-
    7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;´{:.:.:.:::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::'..‐=ニ三三三三i[ ]!ニ77ニ=7
    (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::;ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:二=:⌒≧   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    辷ヽ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/-ハ
     )ニ\ .:.:.:.:.:.:.:.:.r=‐-::::::.、:.:.〉、.::、:.:>:.:イrノ ̄):.:.:.:.:.:.;.;_(辷フ.     ……みさくら村を襲った十人余りの野伏りを、
      ヽjー }.:.:.:.:.:.:.:.:.j::::辷⌒ヘ::::、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} )>,, 辷7 ̄ \>゚
      〈二/.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:::::} ノ⌒ヽ}::::).:.:.:.:.:.:.:.:.辷r‐)>、.     \      鏖殺して返り討ちにした時の事だけである。
       (<.:.:.:.:.:<≦≠.   レ.:.:.:.=ー  ̄   冫  \j    ’,
        "   ̄          ̄      /     八    ∨   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                           /    /  \    ∨
                        ノ⌒ヽ         \
                        マ¨ \ 〉            .  ',
                        r';;;;;;;Y            rニ ̄{
                        {;;;;;;;;〈             ) ̄ ゝ
                        ji;;;;;;;;;j            r'''⌒ヾ\,,,
                        {{;;;;;;;ノ            {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;》
                                        ¨‐=‐ヘ;;;;;;彡'

534 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:39:14 ID:IvD/sF4g0

   ノ}:::::://     ト 、      \::::',   \ \ \ 丶、
 ∠___/,′   | ∨        \}ト、  丶、\ \
      i   i _L 」  ∨ ─-- 、   l|- 、     l   ト、  、
      |   }ト、 |、   \}ト 、    \;}、  i ! l ∧       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      |  ハ         下1   ソ、  | } ヘ }
      ∧   ヘ            }ト、/  }  ! l  X1          死にもの狂いで剣を振るったのを覚えている。
       '、  \           リヘ   ノ、 ト、! 、 }リ
         \  ゞ、     _ // メ、  ト、丶、 \lメ、       我武者羅になって殺したのを覚えている。
          \ト、   ̄ 「   乂  } リ \    !
           rv ´|>´     > ‐┐                   生きた人を斬った感触を覚えている。
          /j  {    -ァ ´_  ´ ̄1
         l イ   1   / /      ハ              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   f「 r‐ァ、_ ィl入}  l   / ィ´)  , -── }
   { / / f'〈 !r- 、'、 ! // )´/     |
   `丶、_〈_   丶  ヘ7´   , ´ Y       |



   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      ……そして、事が済んだあとに向けられた、

      おぞましく恐ろしいものを見るような視線を

      彼女は覚えている。
 /                                        \ .イ   , ,ィ ハ i 、 .   |
 /イ. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.       !  | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ. |
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ│  「 ./       u \  |  ≧  , ,ィ/ハヽ\   |   |/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<`K
  r、H   ┴'rj h ‘┴ }'|ト、  |./        ヽ |  1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 ! .ry   ┴ 〉   └'‐ :|rリ
  !t||u`ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h |t|.   ヾi丶     u レ'
  ヾl.     fニニニヽ  u/‐'  :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ ヾl u  iニニニヽ   /|
    ト、  ヽ.   ノ u,イl.    ヾ! v  ヾ__ v イ‐' ヾl   ヾ_  v ./'    ト、  、__丿u ,イ ト、
   ,.| : \  `ニ´ / ; ト、    ト.、u L_ フ , ' |.    ト、u ヾー `> /.|.   ,| ::\     / ; / \
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ:l`ー- ⊥:`ヽ. __ / ,' |    | :\   ̄ /,' ト、_ /〈 ::  ` ー '   ,'/   「
  /  \ ::       , '/  :|     `'''ー- 、 , ' '>-,、.._ノ ::  ` ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 /     \    /     |        | ヽ-‐'´ _,.ヘ<  _::
                                             一歩も近寄ろうとせず、ただ逃げるように後ずさる

                                             村民どもの姿を、妖夢はよく覚えている。

                                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

535 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:39:34 ID:IvD/sF4g0

                      \ \                        __ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        \ \                          /´、__ノ
  .\                      \ \                      /  /'-ー〈l..  それも無理からぬ話である。
  \ \                      \ \                 /  l) 0 .}
    .\ \                 l\     γ´ヽ           .,ィ  ,/ ,. -`ー-、!. .剣の心得も無いはずの少女が、
       \ \             |`ヾ ヽ    {   r丶、.       ./.;! /'        '
        \ \           ! 0 0.|'`ヽ, ヽ 々、ソ. ̄`"ヽ,/ / /           十人の大人を容易く斬り伏せる。
           \γ⌒ヽ     ヽ,_厂ノ  ....く|  f.,,-====- ,, ';,..  γ´ ̄ ̄`ヽ  ,
           |  、 }  .  /       ヽ  |  |.  ,  ,   ヽ.i    .`ー‐‐─→‐'"┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           ト  f、j\   l、 ____,}  |  |.ト_、,i/レ.i__イL〉!           ,、  _r/ /
            /  ,} \j\ 1ヽ,____,|  |        i イ|          ,. ./ .1/! `''"〈
            /   /   `-' `ー‐'" _ .   ノ|  \_   ,..イノノ           .ハ⌒ヽ!  _〉、.  \
         /   /                |       \        ,. -.  ー. /     1´  ヽ , \
          /   /|\ .   γ⌒ヽ     ト、      ヽ,    ;!`'ー 一|     /´ ̄ ̄ ̄   ヽ
       /   /ソ   ヽ,  / `ー'へ      ! .ヽ       1   /     ..ヽ __/    ____ノ
        /  ノ、     } γ⌒ヽ丶 ヽ    |  {l       |   /  r    .!/         1
      {    \   ノ {   `'") /    ヽ, |       |  ,/  /     /.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      \.     \'"  て   ノ     .   ;!       ! /  /     l\
         ヽ;.    \ /   /         /      \ ,/   .  ....`ヽ  ――与太話として聞けば痛快なそれは、
          }       \'  ./         /    ,    \       .ヽ
           |           ヽ/         /    /、  .    \      .ヽ__. .しかし同じ村に暮らす人々からすれば
           |  ,. -──‐-、.|          /    /  \  .   \
           |/      /       / _ ___,/  .  \     ....        .ただ不気味で理解不能で、
           \    /      /´ ̄   ノ\     . \      .ヽ
            `ー‐''"       /       /  .\      .\   ....ヽ./. そしてただ恐るべき光景に過ぎなかった。
                        〈_,. -ー '"        \      .\  . /
                      }             \            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

536 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:39:54 ID:IvD/sF4g0

ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u   ――平凡な少女だったはずの小娘が、
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._     何故そんな恐ろしい剣を振るえるのか。
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ / そんな恐ろしい剣を振るえるのに、
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::< なぜ今までそれを伏せていたのか。
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ /
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i



   弓::| |:.:.:.::::::::::::V          `ヽ
   [rt〈〈:.:.:.:.:::::::::::::}    __    ヽ  \
   jJ::ヽ .:.:::::::::::::/ィ=≧======≦=ミ V   ヽ
   ゝ1::\.:::::::/´ ̄          ̄`ヾ
    >‐へ:::/   / |      |         ハ
    ,′/   |    / |      |    |          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     i      ./ /.       jヽ   |      |
   |  |   |.  / / |       ′ ヽ、 :! /   |.       ……あるいは妖夢が男であれば、
   |  |   | /,.レ  ヾ    ,     ヽ.レ
   |  |    ∨イ      ヽへノ     /     l|.     それは天稟として受け入れられたのやも知れぬ。
   |  |  ハ  マ               /  /|  |l|
   | :‘ i ヽ ‘.             /  / :! / .リ!.     あるいはこの地がみさくら村でさえなければ、
   |  ヽ!   \              厶イ  レ /|
   |ハ   `  「`、             //   ./ ,       ただの剣才として受け入れられたのやも知れぬ。
   |  ヽ     >          < /    / レ
       \   「ヽ ≧=-=≦ //   ./        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     r=―-≧=- \ Y     Y/  /―== へ
     /    /: : : :` \   /  ̄ j: : : :ヽ ,   ‘.

537 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:40:24 ID:IvD/sF4g0

  >       ,       !               ゝ ,、.___,  \
   ≧  , ,ィ/ハヽ\   |              「 ./        \  |
   .1 イ/./ ! lvヾ,.ゞ、 !               |./        ヽ |
   _レ「゙f.:jヽ ーT'f.:j'7`h              r|´゙>n-、ヽ-rj='^vヽ
  {t|!v ̄" }  ` ̄  !リ              :|r|  ー "j `ー ′ h゙リ
  ヾl   ヾ_   /'               ヾ!   ヾ   v  イ‐'
    ト   ヾー-' `./.|                 ト.、  ー―  . ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    | :\    /,' ト、_     ∧∧∧       ⊥:`ヽ. __ / ,
 ,、.._ノ ::  `ー '   /,.イ   <    >   / ̄\ ::       ,.  けれど、そうはならなかった。
ヘ<  _::   _,. イ/  |    < な ち >
                 < い か >  イ   , ,ィ ハ i 、 .   ――なぜ妖夢が恐るべき剣を振るえるのか。
 /   , ,ィ ハ i、 、     ! < !.づ >   | ,ィ/l/ l/ uハlヽトiヽ
 /イ  ,ィ/l/ |/ リuヽlヽト、 | <  か >   .|/゙>r;ヘ '-‐ァr;j<.  なぜ妖夢が、今までその剣を伏せていたのか。
  イ /r >r;ヘj=:r‐=r;<ヽ| <    >   ry   ┴ 〉   └'‐
  r、H   ┴'rj h‘┴ }'|ト、   ∨∨∨    |t|.   ヾi丶  ....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  !t|| `ー-‐ベ!` ` ー-‐' ルリ          ヾl    __,    ./|
  ヾl.      ヾ   .u /‐'                 ト、   ___     イ ト、
    ト、   ー―― u ,イl              | ::\     / ; / \
   ,.| : \   - / ; ト、           ./〈 ::  ` ー '   ,'/   「
-‐''7 {' ::   ` ー '  ,; ゝ          l`   \::     /      |




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                                |  そ 人
                    ./ヽ.          |  う  肉
           _,. -──‐/, -、 ',..         |  い 食
        ,. '´   、   /  ゝ'ノ .|`' 、    |  う  !
      / _r─ァ'"´ ̄`Y´ ̄ヽ- 、.!   ヽ.   |  の
   .r‐'" ̄Y_r─''" ̄ ̄`' ー-<ヽ- 、  ハ ...|  も
   ムr‐'"ア    /        \/─ 、| |  あ      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   /  /    ./`メハ /   ハ   , | \ .ハ. |  る
     /|   ! /-─'、.|/ !  / ト、 / !   ∨..|  の         .みさくら村の村民たちは、その疑問に対する答えを
   ,..イ八  | イ /´ハ  |/ ァ‐‐、ハ /| ハ__ .|   か
     ,'  \|/  '、_り     /´ハ`Y/   .!\|             .妖夢が産まれる前から用意していたのだから。
   /|   ハ.  `     ,   '、_り ,ハ|   /  .└─────
   _/二..|""         ‐ ,ム / |.  !             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 /: : r':| r' ̄二ユ. .、__,   ""/   (   '、 `ヽ.
 : : : : | .| | /  ) `)       .,.イ /|     __,rソ. __
 : : r |.ノ. ノ /  ⌒..,__,.. <|  ∧ .|  .r'´r'´. : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´..レ'ヽ |ム二ンヽ.. : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /`'ーr、 (   ノ.{. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: ::.ヽソヽ(.: :V /: :: :: :: :}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

538 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:40:41 ID:IvD/sF4g0

                         }_`¨¨_/
                   ⌒ヽ    }____{
             ー… 二三込\,_ /__/   /
           ー= ア/ ̄ ̄ 〉/ 〈_,.. ∠ -=,/
             / /     /,/  ト、___/
             /// / / /′  | \__(
          '   レ゙/ // /// /,
             ノ/)//)// / //        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                レ'/)/)/)ノ //
            ,  ア{ ̄ ̄`く/゙               ――『つまり、この少女も呪われている。
              / /―`¨¨¨¨¨_\     __  _
.             | {―――――ァ宀 、 斗[  ,  __/}. これは西行寺幽々子と同じ、魔性のたぐいのものである』、と。
             \{――――‐/    ヽレ\_}__{ レ
             `ヽ―――{      ‘,  し ⌒.  そう言い切られたのを、妖夢ははっきりと覚えている。
        __      __ \――{      }
.       `く\  // ̄\`ー\―゚,      _ノ___   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         \ /――― \―\‐`ーr'´ __] ―/‐\
.           /―       ,ノ ̄ ̄\―Υ  !/―― \
          レ゙ `く/〉 /________ \_}  ヽ`¨¨¨¨¨¨⌒





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                | |:. :.:.|:. :.{ v_リ \:. :v_リ从:./、:. :. :. :. 〈 )' /
                |人\|:.\:、     ,  ̄   /ノ:. :. \:. :. :(}:) 〈
                |  \:. :. :. :\   、 ,   イ:. :. \:. ――:.)   )
                 〉-―\:. :. :. :)  _,, イ:人:. :. :. ) 、:. :)∨ /
              / 斗――、:.イ_⌒ヽ:}  ハ \:. :. :. ∨―
             /  _)    7 ̄ ヽ)\ 〉 _ヽ 人-〈⌒    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             \/ ̄ヽ_ / ―}  |__,〕\_r、_ノ 〉_、   - ―
              ハ  ( 〈_ -=≠ 、__)≠=------_(――――‐  ……妖夢が西行寺に引き取られると決まるのは、
              \_ -= r 〔 / / | |\  ≫ ,,    ・・・…-
         _  -=-  ≫'   /  /  |   、   ≫ ,,          この鏖殺よりほんの一月後のことである。
    _ -=-  )し ≫'    /    /   | |     \      ≫ ,,  <
 -=-<_ `¨´x=ミ      /    ,_  | |⌒)   \ =ミ ⌒ (⌒.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   \ノ   O(   )   / O)   / \  / ≠ミ //ヽ /――=彡\―― 、 _( -―-
      ̄\   7 /、\  / ⌒ヽ   | | (_ ,ノ ̄乂 /         \   \     \
            ̄   \ 〉 /  ̄\)   | |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ―――=ミ    \   \     \
              ( 〈 \ 〈人 ) -=彡 (  |  )   \      \      、   \
              (⌒ヽ   〉 \ )    ) | (     \      \    \   ヽ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

539 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:40:54 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                                        \__人_人从_人_人从/
                                                        _)                (__
    ...\__人_人从_人_人从/                               )     こわくないよ!!    (
    ..._)                (__                               ̄ ̄)              ( ̄ ̄
        )     こわい!!      (                                  /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   ... ̄ ̄)              ( ̄ ̄.       ┏━━━━━━━┓
        /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                                  (中略)                  r'´ ̄/ヽ ̄ ̄ `ヽ、
        .,.ヘ,._,... --── - 、                                     イ___/@ ゝ_   `ヽ,
      ._,.ヘi  ゝ    _____   `ヽ、           ┗━━━━━━━┛            ,-´、__,---、__`ヽ-、 i
      .ヽ、ゝ,.'",.-'''""  , `゙ 'ヽ、  ' ,                               ゝ/ ./-|─i λ─ノ-`ヽ  ̄フ
       .,' イ /  ハ   ハ   ',.  ',                                i/ .i -─ V  ─-レiイi⌒ i
       .i   L_/ゝ、!_,.イ」  i ハ  i i. ',                                 i i."" ┌─┐ ""|ノノ|  |
      |   レ.o 。-ー-、  レゝ!-'i_ハ__」                               ノ| .人   __ノ  ノ.|   | ゝ、
  . o ゚  |    l i ""      ⌒'。o i l                              : i/λ `' ー , -, イ ´/  .|、ノイ
     | i  | i ヘ   ,.─-、   从ノレ'                                  : ::`ヽ/、|ヽ/Y ヽ、レ'レ´ヽ-´
      .レハ.,. '- 、ヽ 〈    i ,.イ i | o 。                          : ::    /ゝ[><] イゝ,
      /     iV `T7´-、!ノLハ__」                               :...::    「=i §  .i,=ゝ
        .ゝ_,.    ノ _ヘrイヘ ヽ,     ,,..,,                                 く`く__§____」 '>
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

540 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:41:18 ID:IvD/sF4g0



                   , -‐=、 ―‐- .
      , --、       \   丶::.    `'  、  _ _ ,、、              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     / ノ⊥  -、_ /´ ̄ヽ  丶::.       丶、)ノノノ
      /    ̄ ̄ _,/   // 、   丶::.         丶、                  「――でも、どうして幽々子様は、
   /          / //⌒ヽ   丶::.          丶、
  〃          /j  j'     ノ、    丶:::..         丶、         私を引き取って下さったんですか?」
\/           /⌒ ,ニ゙-‐_、/  \      丶:::..         丶、
  丶         / /  / ノ       \       丶:::..     (^二ニ ー-  とんとんとん、と包丁を動かしながら、
    \         ̄´     /        \      丶:::..   丶. _
                  _/             丶         丶:::...    /> .  妖夢は尋ねた。
               /                丶       丶:::..//////
、_             _/                    丶      /7\/∠.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´                             丶    l/  (⌒ヽ  ̄ ̄ ̄
                                     > 、|    >―- 、

.

541 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:41:30 ID:IvD/sF4g0



                                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                                                        ,リ
                            cへλっ         ,へ.    ……彼女が西行寺の屋敷で暮らし始め、  ゞ=o<{_
                          どー≧<      ,</                               ___
..《r―[]――[]―ュ》               し'⌒,γ´`ヽ ../ >.      そろそろ一年が経とうという頃の話だ。     ___
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   _[]__[]_         レ}≧=======≦{
 | : :::::::::::::::::::::::: |... [二二二二]        ゞ#####メ. /..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ___]_____[_.二i'三三三三三三ヨ二二二二≦////////////////,'∧| |、__,.-、_ノ=<≧ξ___
/ニニ二二二二=======ニニニニニヽ I__I__I__I__I__|//////////////////i| |__('_;;)________
                      ヽ._I__I__I__I__I__|////////////┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      ::i__I__I__I__I___.|/////////////
   __          __      |_I__I__I__I__I_.l/////////////   主従二人で台所に立って、
γ´    `ヽ       γ     ヽ    |__I__I__I__I_ |/////////////
i        |     |      |   |_I__I__I__I__I..|∨.へ、_メ^ゝノ^  黙々と夕飯の支度をしている時に、
i       |____|       .|__|__I__I__I__I___| ゝ_____
          rュ、.                 . . ..。.         . .. .^      .その問いは放たれた。
   ^    。    ゚  .  . '   :   '',  ; ' '  ;  .     .     ;  .  ; ^
.  . '  :     '    ,     ;   '     '      ;   .  .   .  . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      _,,... -‐‐ ァ'ヽ- ..,,_
   ,. '"´   / @ ヽ. `ヽ.
   ,!   r‐ヾ⌒ヽ--‐ァ⌒r-- 、!
  r'!'´7-'´`ー'^ー'^ー'^ヽ、__7、
   Y´γ´ ハ-!‐_ハ  ハ-!  Y/
   i  i  / ア! ̄i レ' ァ-、ハ ,ゝ
   | ノ ノハi .!__r!   !_r!〉ハ ノ                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   i  `Y i"    ___'  "i | !
  ノ、/ .! iヽ、  (_ ,ノ  ,.イ | ヽ                  「……そうね。強いていうなら、同情よ」
  kヽr_」ヽ.!ヽ/> -r=7´iヽ!rノ´
     _),.イ´、  \_,!`ゝ、     ,.-‐''つ                なんでもない事のように、幽々子は答える。
    /   ヽ\_/ハヽ/、`ヽ.  ,.i  ノ `ヽ.
    r!、_____,.7  (ノ}{、) Y-7/ヽ.ヽー-ァ- ' ., '"´ `ヽ.   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「'7、__  _,!    ,}!   ノンi'   ̄7´ /      ',
  ,く   ̄_.ハ`    }{/ヽ.   !.   /  /        i
  / `ー '7:::i`''ー--''!  __>r'フ、__/  .,'  ,.、      /
/    /-7ヽ二二k'  /、」     / /  `''ー‐'"
     /;:イ     }{ヽ/ iヽ!     ! ( ,. - 、

542 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:41:45 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                     \ ::::::::::::::::/ /     }   ハ.  ヽ
                      \::::::/ /       /!      i   !
                       ∨ . '      / i|     |  .li        _ _
                    ∨  / / 从 /  ! 从  _.リ  从   ィ升ヘ´    `ヽ
                    イ! / /ル            /  , ' ハ //{  Y      ijト、
                       |l i i 人        ./ /  ///.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       |l l l ∧        / /  ル' .//
                    从ハル' j>'´ ̄ ̄j /⌒Y///     「魔物と呼ばれ、呪われていると罵られ、
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ル'   |/
                 /    _ __ _」_ノ       〉.          果てには誰にも避けられ独りきり。
                 /  /´ ̄ /: : : } __ \!     /
      /≧x、 r==、_ /  /    /: : : :/: : : : : `ーr‐ ァ'             ……その様が、あまりに哀れだったから」
      ` <≧t     く ヌ     /: : : :/: : : : : : /j/┤
          ⌒ ⌒ー<≧x. r 、/: : : :./: : : : : :./: :/   .|           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                ` <し' :_: : :/ : : : : : 〈: : {    !
                  し/´: : : :i : : : : : : : :マ∧  .|
                 /: : ,ィ升介ト、: : : : :.マ∧___ノ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





           仏斗:七777777 ト .,
             .\//////////////\
                \//////////////\
                \,/////\ /////\               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                \/:::::::::: \ /////\
                  /  :::::::::::: : \ /////\              「ほんの少し、気紛れの仏心が出ただけよ。
                  /        ::::::::: : :\ /////\
            /   .        ::::::::: : :\ /////\              ええ。多分、きっとそうなんだわ」
            \              ::/⌒ヽ: \ /////\
                  \          ノ \_ノ }:::::: \ /////\       .そう言いながら、彼女はくるくると器用に
                  \`   >'^     ./::::::::::::: \ /////\ _
                / .\ ./     /  :::::::::::: : \ /////\    大根を回し、その皮を剥いていた。
                ∥ `ーく       /      :::::::::::::: \ /////\
               ∥          /        , -=ァ=-  __.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  i{           〈        (  {
                 i|          ∨        ,:へ¨’
                  ∧         ∨、    ./    `ー=ニ¨¨>:、._
               ∧          / .\/        \/
                  ∧         /               ゝ=彳

543 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:42:02 ID:IvD/sF4g0


              _
          |:::二‐-、_ ,.=ニニニ=- 、              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           r´:::::::::::`:::::ク-──‐-:::、ヾヽ
           ';:::::::::::::::/   ,'       .ヾ、.ヽ             「……そうだったんですか?
          `';::::/   ,'  ,';   .l  l ` ヘ
              ソ',   l .,!  l. !  .|  |   |.',            てっきり、独り身に耐えかねた幽々子様が
              ,' l   | ,'l  | |  |l .l   | .',
              | |   | ∩ ゙̄   ̄´∩┤  | |            腫物扱いされてた私を、これ幸いと
              | |   | ∪      ∪ |   .l |
              | l  ..l ,,        ,, |   ,' |          .囲ったものとばかり思ってました」
              ',.∧,   !、_   ,、    /   ,! /
              ゙ '  ̄` .]'`ヾニフ‐:t´.'ー─''´        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 /n::::::;;';;::::::::|`ヘ




               ./ rx  ヽ
             /   ん 、  ヽ
            ´/   /⌒ニヽ   }  `
        /r=ニニ二 /    !ー- ⌒\  ヽ
       / 人/  `¨     ゝ=≦ ∨}   ∨
        /ィ/ /   .|    | ト 、 、 ゝZ  、∨
       { ∨,' {  /! /!.{    }ノ_',人  .}  l.∨ノ /
       / ,' l  ,' イ雫ミ ., .ノ イ雫ミ  .l',  l! 〈
      ∨ , l ヽ {{!そ リ  ヽ  { そ リ !}/ ', イl  .∨
     /  /!/!  ト{ ゞ≠      `¨ / !  }ノ.||   ∨           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ∨  / ! ヽ/:;  ¨¨ __'___  ¨¨´ /   ,' |   ∨
  イ   /  .!   r.,   ∨ー- .!   / イ ./Y/ |___/           「妖夢、あなた最近言うようになったわね?」
   >= /  .人 } ヘ ,.   ヽ- '    ∧/ ,'     .|
     !  /{ヘイヽ`} ∨.}     。} Y/ ,'fY//| .!            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     ! ./  \ヽ    |≧ ≦ !‐!     / ./.}/
     |/ ヽ  ム    _.{∨_   ヽ} 、   /乂
       γ  ヽ /  '.,\  ∠  \イ Y
        |   /    .∧  /\    .\ .|
        .} /    /   ∨   ヽ    ヽ
        /     ./     \   ヽ    ∨

544 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:42:25 ID:IvD/sF4g0

    |i:i|            ||--─=ZZ二¨-ミ:|i:|i:ア''““¨¨”” ̄      }i:i:i|::|i:乂        __
ZZZコi:i|            ||iY''“” ̄     j:|i:|i:乂 __,,,....。。 --‐=彡i:i:|::|i:i:i二三三三三三三三
─┤|i:i|            ||i:ゝ---─=冖''_二.|i:|__,, ̄。。 ---──……冖''T::|“¨” ̄ ̄  ____
  |i:|i:i|=-  。。 ...,,,___,||-‐ '' “¨” ̄__」」.....。。。 ---──……宀冖ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
  |i:|i:i|─r─‐┬ー ┬‐ ┬ュ三三三二二ニ=-─_─_二二二二二二二二二 ̄_ ̄_ ̄___,| ̄ ̄
  |i:|i:i|_|__|__|_____| |:| ̄ ̄ ̄ |   |:¨丁¨¨丁~:||ニ|ニ|ニl:| |:| ̄::.:.:. ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:  ̄ ̄|工|
  |i:|i:i|  Y''''Y    |    |:|       |   | │  |  ||ニ|ニ|ニl:| |:┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  |i:|i:i| ┬ゝ‐'‐‐┐ :|    |:|       |   | │  |  ||ニ|ニ|ニi:| |:|`
  |i:|i:i|¨¨¨¨¨ ¨¨¨¨丁¨¨ .:|:|0  ,,. ...|:  o| 小 ┌( ̄ ̄)‐ーュ_| |:|  ……妖夢の無礼を咎めるものは、
  |i:|i:i|  |¨了「¨゙|  |    |:|. : ' ´   | :.  | │ | `TT´  |‐| ̄
  |i:|i:i|  |¨¨¨|¨¨|  |    |:|:.;:.;:.;:.;.., .|,:;:.;:.;..|_,.⊥ ⊥-‐立‐--'‐┘__   しかし幽々子の他にはいない。
  |i:|i:i|_|-弋|フ-|¨ ̄_二ニ=|:|_...: : ::::|;';';';';:.|=-=ニ二_ ̄   , . : ' ´
_ ..|i:|i:i|_二ニ~-=ニ=- ̄f´ ̄f⌒Y¨  ┷  _|_     ̄   ─- ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
三二ニ=-‐… '' " , . : ' ´KK二TT- _, . : ' ´  ̄ '' ‐-=ニ=- _         ̄ '' ─--   _|⌒ヾ
      ,.。o≦ > '^ヽ、└  j从,. : ' ´ ̄⌒^^''=-   _       ̄^^  -=ニ=- _     |⌒ヽ`
 。o≦⌒  <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>  ' ´           。o≦⌒^^ ‐ ..,,_ , . : ´     ⌒^^''  ┴=ニ二





              ((      ))        ( (
           _  )) _,.  -‐r― 、======= ‐-)).._    ((
         ////> '"´//>-―:|r‐、 l /⌒l―-<r- 、/`> 、 ))  ((
         /// ////// /^>、| //⌒| -――-,\//// > 、 )
        く// /// /⌒彡ニ| {  \/_/_ / / ̄ ̄ ̄ハ/~  ー- 、\
       }〃//r=彡 , -‐,≧ニ、 /: : : : \/    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       / /(( ニ -‐ / ト、_:_: :Y: :}ヽ-; : : :/___ ノ:
       | :| ( :>―=、{: :_」 /: : :{: /へ{: : : :{     `i|   幽々子と妖夢の作った食事は、主従ふたりの分だけだ。
       | :|//:}ヽ _: : : }:⌒V: :; -‐…ー- 、:_:」.: -―-、,
       l :∨:」 ┌':_:_ノ三二ノ'´ ̄ .:.:.::} r‐一' ´ ̄.:.:} }.   それなりに広い西行寺の屋敷で、
       ∨ ヘ:⌒ノ.:.:.:.:.:.:.:.)ノ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノ.:.:.:.:.: _.:.:彡'イ`
          }\ \{:.:.:.:.:_;ノ,二ニニ丶-------- 、)):.:.:.:.:.   今や食事を必要とするのは彼女らの二人しかいない。
       八//\ \((:.:.:.:.:.:.:r,='^.:.:  ̄ ̄ ̄`ヽ \=ニ´.
    /三三三>、/ 丶 丶 :.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ  }:.:.:.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  / |三三/ ̄  \///>.丶-=ニ _ r_'  ̄, -―ァノ.:.:.:.:.:>-‐ '"´,. イ//L{/三ヽ      \ \l  丶_ ,ノ |
 { {}三三{     丶 /////≧ー-  二二二二二   -‐≦´///////ヘ三三}        } }     /
  l\ \         >  ///////////////////////////  <  }三三{    / /!    /

545 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:42:42 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
          .:;      _,. -,へ- 、      .:;;;::     :::::::::         ;:.
         .;      / _/_@,.>、ヽ    ::;;;;;;;::               ;:.
           :;    ./ /,. -zニ - 、二`ヽ、  ::::;;;;::                  ;:
.          :;      レ",r'"/ _人 )、 ヽヽ, ,ゝっ ,、z.、      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         :;    r' ル Y   レ' ! 、lィァ' =}_/ ' ミ 〉
         :;    V´/ i ヽ    レf | ,r‐'|' ,-r'        「『魔物と呼ばれ、呪われていると罵られ、
         :;   (  ト 、 ヽヽ,.ィf'´  | |"   ,!'" |
.           :;,    )ノl ト、f´ | i ヽ、 ヽヽ=ァ'ゝ=ァ'         .果てには誰にも避けられ独りきり。
         :;      レ'ヽ^ヽ ゝチ‐r‐‐=<-''"´
          :,        i´l f::::::ト:::::イ:::}             .……その様が、あまりに哀れだったから』」
          ::,,       ノ ヽー‐r' ̄´ ヽ、
            ::,,   _/  //      `丶、       西行寺幽々子は、そう言った。
            ,.r;;"´   ///          ヽ、
           {  ::.,,  / ./!::/         /´フ.    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ヽ、  :;,/.,,/::l::i ,-、      r‐'´ ̄            ,,..::
             `ー十┘;!::::´:::::::ヽ、__,/              ,,...::
                !:::::::i::    ;;:::::::l...         . ,,,...::
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                         -=-            ___
                      ´         `        //////
 _                 /              ヾヽ///////
,´ '-、                                ∨7777777、
l l:::: \             /                  ∨///////77ヽ
l l:::::::::::\           ,'                  ',  ∨//////////\ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
l  ',::::::::::::: \.         /,                      ',  ∨///// ̄ ̄ ̄
l   i\::::::::::::: \         'イ        ',           ' , ∨//:/ヾ 、      けれど、その言葉を
l   :.`、\::::::::::::: \       |        ',           ' ,. ∨:/`ーヾ
l  ::. ヽ \::::::::::::: \     | !.         ',                 、∨、          .真に与えられるべきは、誰なのか。
ゝ、 ::. ミ  \::::::::::::: \   | .;ィ 、        ト、                ` 、'、
  `ミ |    \::::::::::::: ,ィ´^"   〉     ', ヽ_             ヽ        妖夢には、よく分かっている。
    ヾ       \ ,ィ´ r'´入_, '´ ト、   N---ヽ从ノjノjノノリミ、     \
             〈 r'´,イ:圭:ミ:、Nィレヘ从|    _____l__     `ー 、ミ 、 ヾ   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          ,ィ´ ._`寺:圭:圭:ミ:、||: : : : : ≧:≦: : : : : :`:ー,---、

546 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:43:03 ID:IvD/sF4g0

              ///⌒}j   \    \`ヽ
              // 弋ニ´-‐== ヽ        \
           ノ ' _,.-‐ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
         /  {rf~冖^⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }
           {  //  ′  /  j   `'个し-} `ト、/
.         八/ '  ′|   i ′ /| |} l   \}ん} \
         `77  ,¦ | _ |{  7 T Tメ | } . ¦ Ⅵ丿
           { { / | ∧ 八 { x=≠ミノノ  }  |  }.       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          _人{ 八  rfミ  ヽ  }辷,ノj ノ 丿 j ,′
      , ´. -  人  {\ハ ツ     ,, ,,,/ /   ∧ {          「でも妖夢、どうして急にそんな事を聞いたの?」
.      {//     ノ厂` 八''  ー' / //   ′}人
       (      //   /  /≧=‐/ ' /   ノ{ ∧ ヽ        悪戯っぽく笑みながら、お返しとばかりに
       `ヽ   {{   ,ハ ,'人_厂{/{ {-‐ ´  \ }}ノ
           } ノ人  {八{  /   ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐.    幽々子はそんな問いを投げかけた。
          _/     ̄, -fニ7   /`⌒乙-、      -‐{
                //{_/    ,'__r~r-匸ノハ     }}^}.    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                   } rーく  j   }  }{ `于 千'∨
                    (_{⌒ヽx==≠=<`Y⌒廴__,Lノ
                 匸`〃∧  } ヽ ヽ}/    ヽ
                  {ン  {-j厂`Y´}__rく⌒i⌒}¬n }



    、丶`      ‐=‐ 、 ``~、、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:》
 /      ィ(i:i:>''"⌒ヽ     ``~、、i:i:/
     〔i:i: /           \
′     !/          \  \   ゙、⌒)
|      {            ‐== ー\  V(
{          /´      |  ヽ  ヽ  | )               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        V       i| \     |  _∨ i|  i|/
 V/,     V 八   i|  \    } ィ⌒`::.i|  i|                      だから彼女は、笑顔でこう返した。
  ∨/,    ', \ _,,,   \ /  .::: 〈i| 八 /
          ィ⌒`              i|   V /                   「――幽々子様には秘密です。
   `、     `、 :::::::.     '       八   ∨ /
\   \     \:::       ァ   イ/ \  V               だって、ちょっと恥ずかしいですから」
.. )\   \       \   (:::.   / ノ   \(
. ⌒ `、   \   \( __  ィ(≧=- ─‐‐              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     Y( . ⌒≧s。  \   }     V: : : }  \
     从\ /| ⌒≧s。\  )___ 》: : 八
          /:.|        /〔i:i:{: : : : : : : : :∧

547 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:43:16 ID:IvD/sF4g0

               ./ rx  ヽ
             /   ん 、  ヽ
            ´/   /⌒ニヽ   }  `
        /r=ニニ二 /    !ー- ⌒\  ヽ
       / 人/  `¨     ゝ=≦ ∨}   ∨
        /ィ/ /   .|    | ト 、 、 ゝZ  、∨
       { ∨,' {  /! /!.{    }ノ_',人  .}  l.∨ノ /          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       / ,' l  ,' イ雫ミ ., .ノ イ雫ミ  .l',  l! 〈
      ∨ , l ヽ {{!そ リ  ヽ  { そ リ !}/ ', イl  .∨            ……あたたかな夕餉の匂いがした。
     /  /!/!  ト{ ゞ≠      `¨ / !  }ノ.||   ∨
    ∨  / ! ヽ/:;  ¨¨ __'___  ¨¨´ /   ,' |   ∨          .やさしげな食卓の匂いがした。
  イ   /  .!   r.,   ∨ー- .!   / イ ./Y/ |___/
   >= /  .人 } ヘ ,.   ヽ- '    ∧/ ,'     .|           吹けば飛ぶような、ちっぽけで柔らかい、
     !  /{ヘイヽ`} ∨.}     。} Y/ ,'fY//| .!
     ! ./  \ヽ    |≧ ≦ !‐!     / ./.}/            二人だけの閉じた世界の匂い。
     |/ ヽ  ム    _.{∨_   ヽ} 、   /乂
       γ  ヽ /  '.,\  ∠  \イ Y             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |   /    .∧  /\    .\ .|
        .} /    /   ∨   ヽ    ヽ
        /     ./     \   ヽ    ∨





         、 rハ、                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
!',        }ミ::、、>、 ,ィ , ィ
!ハ:'"´ ̄ ̄``ヽ!、:::;::'ヾ:、'"/            屍山血河のありふれた、戦乱の頃の話である。
 ,r:彡二ニ==: ミz__ノノ、、了
./´         <''"´~               この主従ふたりの暮らしがどれだけ脆く、そして儚いか。
' ,ィ  .',ヽ  .`>ミ:、 ミ:`:、
/ レ< ヘ` 彡 ゙、. \'.`丶、             そんな事は、妖夢でさえ言うまでもなく理解していて。
、○      ● ',  .`ヾ、`
. ` .、、           ゙:、、ヾ ',            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  .ヘ  r- '⌒ヽ    )ヾ-<ヘ

.

548 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:43:34 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  | 「――なるほど。だから君は、                .|
  |                                  |
  | その西行寺幽々子という女性を護りたいんだね? .....|
  |                                  |
  | そしてその為なら、どんな代償でも支払うと。      .|                       7_l__    /    |
  |                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓      .(_ノ |  よ ιヘノ o
  | 妖夢、確かに君はそう言ったね?」                                            ∧
  |______  ________   だから彼女は、それを全身全霊で          .マニ二三} <  フ
               ∨                                             マ三三{   レ'⌒   |ヽ
                              護ろうとした。                         r==三三ニ=== 、    | |
                                                     / ̄ r _フ´ ̄ ̄ ̄ヽ ヽ  | |
      .|\           /|        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛..゚0゚  lll7  /_L_戈_   ヽr‐v==
        .|\\       //|                                  {    lll{ ト代ツ {ツ V / `lll_r'ヽ
      ./:  ,> `´ ̄`´ < \                                ゝ_rぅlllレ (''' △ ''' r'  ィ^! `´
   .|⌒| V             V |⌒|                                  ミl⌒{三に{三}ゝ/ノ |
   .|  | i{  ●      ●  }i .|  |                                      7ニ|ニ厂:::/ }   ,
   ./\ \    、_,_,    / /。\                                       _<::::::::o〉::::{_ ノ ノ
.  7・ ・/\ \       / /|/\_.|                                      ((:::::\/ヽ- | ̄´
.  l/l/  \         /                                        /:::::::::::::::::/::::::::\
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

549 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:43:47 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
               '                                 \
              /             _______            \
              /       _....-‐  ̄           ̄ ̄ ̄ ̄ ‐-..._    、
             /     ── ───────────         \   ゝ
             /     =───────                    丶  :!
            /    /                                 、  :|
            /   /                                   ! 丶
          / /_/、                                    |  ゝ
         \__/.     / ̄\  . ┏━━━━━━━━━━━━━┓    |  i
         /ミ,r´ノ:l\     |      |                           '  |
         ヽノ/:::::/:::::::\  \_/      全身全霊で、護ろうとして。      /   i
         〈:ノ、/::::::::::::::::\   |                             /    |
            \:::::::::::::::::::::\ ̄ ̄\ ┗━━━━━━━━━━━━━┛. ./    |
             \::::::::::::::::::::\   \        ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ... .〃  ∧|
               \::::::::::::::::::::\    |        .7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',./   /
                \:::::::::::::::::::\/        .i i /_!,/ィ」 L、!_ハ_i ',. ' ,ヘ/
                /::\:::::::::::::::::ヽ           .|_i__!イ::::::::::::::::::::::::./  /.
              /::::::::::::::::\:::::::::::::::l ,-,-,, ̄ ‐-. .! 7i"  __. / /.|
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ 〈_ノと    ..| i l>.、{::::/ /.! /l |
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       ̄ ̄ ̄ヽ∧ ̄//c(⌒ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/            /  /'    `==
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

550 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:44:02 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        ’、.・”;  ’           ’、′‘ ・. . ・ ‘                 _
      ∵”      、′‘ ・. . ・ ‘        ’、′‘   ・”;  ” ;  ’   /| r`l.
                         ト、 ’ 、.・                       |::|└:|
                        ノ (                             |::| ..:::|
                 、   ,    `Y   |   ∵”     .,t                  |::| ..:::ト、
               ,ノ)        |   人         .-}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
        ,      `Y´(    '     ,/    く、       Y:ヒ、  ,、   || r┘.:|-┐|.;|:|::|:::::::|:::
工|工|工l工エエエl\    ) 、    /       }  ┏━━━━━━━┓.|...::/〉:::::::,⊥;:|::rェェェェ
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ  ::::::::::::::::::::::  \ノ!               └┐/.::: __|_rェェエlエ工
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{  .)    ::::::::::::::::::::::     (空白)    、:...|:::::r┘..;;'エエ工[工[
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl          .:::::::::::              v;ゞ ,工/\>工工工
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>. .:::::::::::::::::::::::::.  、...┗━━━━━━━┛...ゞ,上/ ./|エエ;工工
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上ェ  ...::... .   .
_|_|_,工工]エlエ}//. .) 、    )ヽ      (  ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ   ':;:. :::. . ..:.:λ:: ::'; ::,)、
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/  . ) ( (  )ヽ ; ・  ) ; '.. .''、v,;.wVゞ;v;.  ':;ヾ::.:ソ)人ノ从:.ソ)ノ )
_|_|_l.  (.  エエl-. .) `   ( ( ) ) ( (   )ヽ ( 、  )ヽ  ;  .._/\二:   ::Vィ'  (ソヘ (::.:
.: , )   )  )ヽ( ( :(    )   ヽ、) ) ( ( ) ); ( ( (、 :.  . 、.v,,.  ',:; .::)       て:;;
  )ヽ  (丶  )ヽ  ( ( )   ( ;;  ;、:  ; ;)__) ) (____) ) )) ;  . .:.(ノ        (::
. (  (  .) )ノ  | : ) _,,,-、__  ;; .、     (/(_)ヽ )ヽ ;;. .lニコ. .::::)    ヘ ソハ   ,ゞ
._ノ  `-'      `-' :~~--~~--、_;; ::  、.、.  ) ( (  )ヽ    .;: . .:::: .:ソ   ノ:.::.:.. :(    (
.   _,,;::- ‐' ~~ ~  __,_        `‐-、__  (_(_) ) ( (   ::.: :::..::..:(    (::..::..:::.::ノ    )
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

551 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:44:17 ID:IvD/sF4g0

                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,        .――野伏りの徒党に襲われた村が
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、     無残にも鏖殺の憂き目に遭うなど、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/    ..決して珍しい話ではない。
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
,l:.   ヾ;'´イ'´ト、_  j (_,r'´(`'´`ー'´,ノ  i; l  (`'´ Y´     ,イ≡=‐-ゞ、,r'
キ:.  ,.彡;:、    }ヽ、'´ `   、,;{   ゙レ   ,ゝ'        i;;;:: ,;:li三ミ;}jlK
'i   ,r'"´,;ゞ、_,.イレ'゙、         ,.{ i'   )        ,イ ;;;;;;jk三ミ}゙kiヾ、

552 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:44:35 ID:IvD/sF4g0

                                                     |::| ..:::|
                                      ,t                  |::| ..:::ト、
                                   -}ト         、 ト、   /T|::|:::::::|:::
                                    Y:ヒ、  ,、   || r┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
工|工|工l工エエエl\                        `=|;:{二  |:| /\.||...::/
__|___|_,工工]エエ}ニTニ7〉ェェェュ                |;:厂 .r┴:/.::.:.└┐/. みさくら村も、そうなった。
_|_|_;工工]エlエ|-[]─[[:ロ::ロ:{                  |:;|   |..::::':::: .r:、:...|:::::
__|_|_l工工;エエ|____]〕ニlニl               、.v,,!;:.v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.  何もかも奪われて、何もかも殺されて。
_|工|_;工工]エlエ|┴┬/>─‐>          、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ.v;ゞゞ,
__|_|二l工工;エエ}┬//.::::/   、.v,,;..v、ミ.:ゞ;yv;ゞ;ゞv;ゞ,v,,v,vゞゞ;;ゞv;ゞゞ,.上  その様は、例えるならば
_|_|_,工工]エlエ}//.::::/v、::.;.;...       ;.w;ヾ.:゙;;ミ゙':ヾvv'w:,ゞ;;;ヾ.:;ゞ彡ゞ/.\
__|二l_l工工;エエl/,,;;,/    ....-::.;.;::.::::-..... .. .... . ... ... .`"''、v,;.wVゞ;v;ゞ;';\::..  悪漢に辱められた骸のよう。
_|_|_l;;工工;エエl-_L-|,,;..v、       ....::. ::: .:.;:へ.;.'.. ._... .'.. __ `.';;::.._/\二:ト
、.v,,;..v、, 工工エエ|-l_ L|vゞ;ヾ.:゙;;ミ゙',,,ゞ、.v,,;..v、 ~~. .::/vへ\-/:/\へ . 、.v,,;.v<|┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ゞ;爻彡ヾ;ゞ;yゞ、.vk,,..vl,|ゞ゙;ミ゙、.v,,;..v<>'ニニTニニTニTニ>/./,:、:.:.\;ゞミ.:ゞ;y;、HニH.kv,l.v[工;工工
”v:";v;oゞゞ;yゞ ゞ;爻彡ヾ;,,;..v、,...:/ ./:/.ー~「l─「l─「l-|:|./ <;~~`.::: llニコ;;::/>.爻v;oゞ;ゞ彡ゞ゙;
.:゙;ゞ;ヾ.:゙;;ミ゙':,oヾv”v':,ゞ;;ミ゙'爻。....:~~'~<二二二>~ ~~ ~/ <\\   ゞ;ヾ.</:ゞ;yゞ゙;;ミ゙':,;oゞ;ヾ;



               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::  そこに残ったのは、日々の営みの残骸と。
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-.   打ち砕かれた、温かい世界の破片と。
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ.   野晒しにされた、数多の屍と――。
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._

553 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:44:51 ID:IvD/sF4g0

        /                 ヽ
       /     ||   ll l   l    、 ゙、
      /       | |.   ∥ |   ',    、ヽ ',
      /,l  ! |l   |l|l   |l ',   ゙、   |'l l ll
      | |   | ,,.|'|  .|',||   ',、 ゙、   ゙、   l'l l |l
.、    | |!  l ! l、|'!゙、. ゙、N゙、__゙、_,. -|レ  |l
 ゙ヽ、   、l'、_,l__i    `'―‐      .|   l  ,||
、 、゙ヽ、  /  l              ,'   /   |l           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_           / ,/ /    |l
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/ ,/ /-=-_┘                無惨な村跡を、息絶え絶えに歩き回る
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  / /l/    `、
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/      .|              亡霊のような少女のみであった。
       / しヘ/  ´ う l/ / /―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/       /            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          /  /!  f''-、, `(,r'^f‐、    /
        ,/, / |  ,/  /`r‐、 し'しU   /
       /     | /l三ニェ\` '-、, `''-、l,.
       /     |ノ ,|:::::: ̄"゙/「`''ー`''-、, `''-、,
        /     ゙、 ,/:::::::::::::/ | /   | `''-、, `',



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            ィ' イ工工工工ミヽ:                 「……うそ。こんなの、嘘よ……」
           |コ"      `├|
          i |:」        :L|i                   涙交じりのかすれた声で、妖夢は呻いた。
          }l:::::::...      ...:::::l{
          i |┐:::::::::::::::::::::::::::┌|i                     骸と破片と残骸を掻き分け、
          i {:t-一 …   ─ イ~}
         、`ー…      ─- ' ノ                 ただひたすらに西行寺幽々子を探しながら。

                                       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

554 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:45:12 ID:IvD/sF4g0

_______________________
     ┃|::::::::::::::::::::::::::::::::: |       |:::::::::::::::::::::::::::::::: |┃
     ┃|:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|::::::|       |:::::l ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|┃
     ┃|:::::|:::::::::::::::::::::|::::::|       |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|┃       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ┃|:::::!:::::::::::::::::::::!::::::|       |:::::!:::::::::::::::::::::|:::::|┃
     ┃|:::::|:::::::::::::::::::::|::::::|       |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|┃            ――家屋の扉からはみ出した、
     ┃|:::::|:::::::::::::::::::::|::::::|       |:::::|:::::::::::::::::::::|:::::|┃
     ┃|:::::!:::::::::::::::::::::|::::::|       |:::::!:::::::::::::::::::::|:::::|┃            無惨な姿の幽々子を見た。
     ┃|::::├┬┬┬.__       .|[|├┬┬┬┤::::|┃
     ┃|::::├┼. / ,rヘ  `丶、    .|:::├┼┼┼┤::::|┃            しかしいざ近寄ってみれば、
     ┃|::::├┼.l、/@ハ    ヽ.. .|:::├┼┼┼┤::::|┃
     ┃|::::├. ノ^、ニ二ヽ、ヘ_,.、___ ト、.|:::├┼┼┼┤::::|┃            それは焦げて倒れた柱でしかなく。
     ┃|::::. / , /ィ人ヽ,、-ィ-、ーー-、|:::├┼┼┼┤::::|┃
     ┃|::::. ヽヽ{::::::::::::::::::::::::::! :ハ〉 |:::├┼┼┼┤::::|┃       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     ┃|::::└┴.人"" -  "" レ'...ス .|:::└┴┴┴┘::::|┃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                               fF`'-z─、             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                   テミ、_. ` リ,_
                               `>   Y  }               獣の群れに囲まれて、
                 __            /    lレr′
                / └、_,ィュ        .〉  -‐   }              死肉を食まれる幽々子を見た。
     /  ̄ ̄ ̄ ``ー√ヽ::::tァ._|_      /       ̄`ヽ
      ノ :' :::::::::::::::::::::.  {::::,ノ../ ,rヘ  `丶、   {       ⌒ヽ人             .しかし泣きながら獣を追い払っても、
      `ク :::::::::::::.、.. ,    l、/@ハ    ヽ. | ミ、         \
      | ::    ,ノ:: ..:. ... .ノ^、ニ二ヽ、ヘ_,.、_ ト...V `ミ          リ、        .それは哀れな別人でしかなく。
     ノ  ,ィ^.::( ̄`ヽ、;/ , /ィ人ヽ,、-ィ-、ーー-、.}八   {      リ、
     }  | \,、)     ヽヽ{::::::::::::::::::::::::::! :ハ〉. リ }リ 厂\.       ハ    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     `ー'          人"" -  "" レ'__ス./ / /⌒) `⌒}    ト-―‐=彡 ))
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. __/ _/ / └──>   人_,ィ≦
                             └-廴_ノ       └≦⌒ 丿
                                     ((  `― ''′彡

555 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:45:31 ID:IvD/sF4g0

ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ // ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y./ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞ丶,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ ゞ ヾゞ;
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ ;ゞ ゞ;ゞ
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/丶,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ                         あるいは、遠くの木陰で
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|
     `   |ii,iiiiiii;;;;;;:::|     ,..-─,ヘ-.、                柔らかく微笑んでいる幽々子を見た。
       ,|iiii;iiii;;;;:;_: :|    (,.r-/_@_r-i
 `     |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|,.   i ノルハノリノノ               しかし息絶え絶えに走り寄っても、
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|   ルl.リ_ ヮ ノリ
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: ::::::!.   rX,_,i.∞i,〉                  それは妖夢の心が産んだまやかしでしかなく。
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|    <_/_,§! |〉
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;::;:|,... ,,,., `'-r_,ィ_ァ'.,,,...,.,.. ,...... ,....       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.




             r.┐   __,,,.......,,,,__
           /iー':::::|7'"´ __,,,.......,,,,__ `ヽ、
           :::';::::::::レ'"´        `ヽ、ヽ.
            ヽン´            ヾ、',
            、/ / / ,'  ;  !  ', ',  ', ':,
            ,' ,'  ,'   !  /| ハ   ! i  i   ',              .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ! .!  ! __!__/_ |/ i_/_!__/__ハ.___」
            !_,レ、__,!7           .| | i                   それでも、妖夢は探し続けた。
            |  !  !              '; | |
            |  |  |           / ! !                  自身の胸の痛みに頓着することもなく。
           !, |  ト.、,           ,.イ i |/
            ヽ!  |ン>ト.、.,_____ イi !,.へ!                     痛みを発する傷が縫われている事に、
              `ゝ!'ヽ. \__/ V、, !.レ'
            /´`ヽ;:::::\ /ム, /i ヽ.      __              疑問を抱く余裕さえなく。
            ,'     ';:::::::::}>ヘ{:::!  ':,   ,.:'´   `ヽ.
           /!  、 ___ ノ:::::::くム::! 、___〉 /        i         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
:::: ::: : : :      /:::ゝ,r'´ `Y/:::::::::::i/:::i'´  |' ,'        ,'
:::::: ::: : : : :    /::::::::ヘ!    !'::::::::::/o::;i   |  !   、.,___,.: '
:::::::: ::: :: : : : : ,く:::::::::::::|    |:::::::::/o::;:'!   ! ノ  ノ

556 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:45:46 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                  /{
                 __ノ__ \´ ̄^⌒ヽ.__
              ///⌒}j   \    \`ヽ
              // 弋ニ´-‐== ヽ        \
           ノ ' _,.-‐ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
         /  {rf~冖^⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           {  //  ′  /  j   `'个し-} `ト、/
.         八/ '  ′|   i ′ /| |} l   \}ん} \     ――こんなのは、きっと何かの間違いで。
         `77  ,¦ | _ |{  7 T Tメ | } . ¦ Ⅵ丿
           { { / | ∧ 八 { x=≠ミノノ  }  |  }       幽々子様はきっと何処かで生きておられるのだと、
          _人{ 八  rfミ  ヽ  }辷,ノj ノ 丿 j ,′
      , ´. -  人  {\ハ ツ     ,, ,,,/ /   ∧ {         .己に言い聞かせるように祈りながら。
.      {//     ノ厂` 八''  ー' / //   ′}人
       (      //   /  /≧=‐/ ' /   ノ{ ∧ ヽ  ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       `ヽ   {{   ,ハ ,'人_厂{/{ {-‐ ´  \ }}ノ
           } ノ人  {八{  /   ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐
          _/     ̄, -fニ7   /`⌒乙-、      -‐{
                //{_/    ,'__r~r-匸ノハ     }}^}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                  ト、‐- 、              , - ―.ォ
                       |: \  \         / /: : :.|
                      l: : : ヽ  `   ̄ ̄  ´  /: : : : /
                  ': : /              \: : /
                     У ,               `く
                     / /                 ヘ ヽ
                 / /  γ::o,      γ::o,  ハ  ヽ
              ,、  /  i   ヽ::ノ        ヽ::ノ  .i  ヘ‐- 、__
              ヽ\,    、      、 _  ,      /   ヘイ/,> ,
                 ヾ_」   /\.      `´` ´     /ヘ   /イ     >、
              / ヾ,.、 λ  `ー‐ァ----  r一 '   入/" ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         __ /    `>く}ヘ    /     ヘ   /厶へ
     , -‐" =      /  `´    i       | /      \.  「でもね、妖夢。その祈りは無駄なんだ。
      ̄フ二__二, _・ /           j       l'        `
          /  ̄          /   |  /   ヽ、          幾ら村中を練り歩いても、根掘り葉掘り探しても、
  , -、     /             / 、|  | ,    ├‐- 、
  ({      ./                |  ヘ |.i  /  |   `     君は何も得ることは出来ないんだよ」
  ヾー--‐' ´           ,> ' ̄ ̄|  ハ l.| {  .j
   `ー-  ___ > '       ヽ  i | |  ノ   人       ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

557 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:46:04 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
            |.......|................../......_\_....へ~~ ''⌒ヽ....................).;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ-'''''-、           ['l、
            人...___/⌒>⌒⌒)..................{......................ヽ........//.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
         ./......../..../.................|....=-――)___ 彡 イ|⌒⌒ 彡';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        (_ァ<人_____彡'.:|: : : :|: : : : :―― |: : : :.}..,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       /   __/ /: /: :/|: : : : |: : : :|/ : : : : '  |i: : :./.;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;  「西行寺幽々子は死んだんだよ。
     /: : {⌒): :/: : : /: /: :/: |: : : /|: : : :l: : : :/   八: / `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、
      八: : ≠彡': : : /: /: :/: : |: : /:(|: : : :|: : /     イ:i:/.    .tナ‐' ̄″ ∥ .  彼女はもう、この世のどこにも居ない。
   / へ: : : /: :./:.:/: :/: :.:人:八_i|: : : :|:.从      {从            リ'i
  /彡' --- ソ: /: : :/: :/: /: : :ヽ/ |: : : :|: {        ヽ            =!.!.l   君の心の中にいるだけの、
 /: : : :_//: : :./: : {: :i: : : :/  |: : : :|: ゝ     /
/: : //: />: ――<_彡': |_ /   |: : : :|´       イ.゙~゙゙゙'-|!!ゝ           哀れな亡霊になってしまったのさ」
: : :.{: : :.i/ /: : : : ___ : : : : : 人   \ ノ|: : :.个  ,,__ /:.ノ..、;;;;;;;;;.ア   ,......、
\: : : : |:.人: : : : :>-====ミ \ \i:Vl : : : |∨: : : : /.. : '!''L,l゙     l.;;;;;;゙ゝ、,i'.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  \: : |'   ):./_// i \\\从: : : :.:.| i: : :./.;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 __二∨/ 人 (_ 人 (_ ̄∨ヽ从ル'ノ: :./_ へ.   .,/;;;;;ゝ..r‐┐   i";;;;;;;;i┘  ゝ、;____,,/´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



       rぇ_}`ヽ::::::ヽ:::::':, …‐-
.        ノ:::Ⅵ:::::::::\::::':,::::〉   _   、
      ヾ:::` ー=x::::::::::::Y7゚ ̄        `ヽ
    r=x /):::::::::::::::`::; ´             \
    /:::::ー<::::::::::ヽ::/         |
    ` ーr―-弌:::_〃  /       |i l   :i   i
.       |l     {{   ,′     /   |l .:   i   |
..       八      l   ト 、_,. 斗  〃メ、_ _j   |
      l      └ヘ. 1 r         〃 : rヘ l
      |       l  丁..|            {   | / ,′
       `ヽ    |i  |l |            }) ′/                 ┏━━━━━━━┓
         \ 八 !ト.|        .ィ  /
           ヾ/\ | > =弌≦ /レ                        「……う、あ」
     ,. ---=ァ<: :ヽ ヾ >-rァ=ミ _ { ´
,.   ´     r'   `ヽ: : r'::::/:八:ヾ::::{ ヽ ̄ ̄`  、                  ┗━━━━━━━┛
    -―  |     ハ: 乂)::::/ }::}:::::ソ   }     \
/       .人     / : : :ヾ/ Yレ'⌒i   ノ、         ヽ
         {        :}: : : : :|:o: : :ト=彡   \
       ヽ __ /: : :〃:|: : : : ーx'⌒ヽ_  \
         LO _彡: : : : {{: :}o: : ハノ fi⌒ヽヽ. \
          |l   |: : : : : ヽ=ニニ _彡 |  } i   ヽ

558 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:46:17 ID:IvD/sF4g0

        {::::::::::\::::::ヽ                            ┏━━━━━┓
       rぇ_}`ヽ::::::ヽ:::::':, …‐-
.        ノ:::VI::::::::::\::::':,::::〉   _   、       ┏━━━━━━    いや、       ┏━━━━┓
      ヾ:::` ー=x::::::::::::Y7゚ ̄        `ヽ                          ┏━━━━━
    r=x /):::::::::::::::`::; ´             \      .「うあ、あ、 ┗━━━             嫌。
    /:::::ー<::::::::::ヽ::/         |                             いや、          ┏━━━━┓
    ` ーr―-弌:::_〃  /       |i l   :i   i  ┗ ┏━━━━━━━┓         ┗━━━
.       |l     {{   ,′     /   |l .:   i   |                    ┗━━━.┏━━━━━  なんで。
..    ...八      l   ト 、_,. 斗  〃メ、_ _j   |         そんな……  ━━━━━
      l      └ヘ. 1 r'斧=ミx`¨ノf斥〃 : rヘ l                             もうやだ ┗━━━━┛
      |       l  丁 代辷ツ `....、:`=く{   | / ,′    ┗━━━━━━━┛ どうして              ━┓
       `ヽ    |i  |l | f゚ ̄`::::::::::ij:::::::::}) ′/                         ┗━━━━━┛
         \ 八 !ト. J  rー- っ ィ  /..     ┏━━━━━━━┓.┗━━━━━┛    どうして?
           ヾ/\ | > =弌≦ /レ                       ┏━━━━┓               ━━━┓
     ,. ---=ァ<: :ヽ ヾ >-rァ=ミ _ { ´            ゆゆこさまが               .┗━━━━━┛
,.   ´     r'   `ヽ: : r'::::/:八:ヾ::::{ ヽ ̄ ̄`  、                     やだ     ┏━━━━━    やだ。
    -―  |     ハ: 乂)::::/ }::}:::::ソ   }       .┗━━━━.┏━━━
/       .人     / : : :ヾ/ Yレ'⌒i   ノ、         ヽ                ┗━━━━┛.   かえして  ┗━━━━┛
         {        :}: : : : :|:o: : :ト=彡   \                  こんなの      ┏━━━━━━━━━━━━┓
       ヽ __ /: : :〃:|: : : : ーx'⌒ヽ_  \
         LO _彡: : : : {{: :}o: : ハノ fi⌒ヽヽ. \.         ┗━━━━━━┛      こんなの、嫌だよぅ……」
          |l   |: : : : : ヽ=ニニ _彡 |  } i   ヽ
                                                         ┗━━━━━━━━━━━━┛



. . . . \.           /|             `ヾ、 /    . .|    l
. . . . . . `. .、 ____ /::i!                  . ..i!    |
. . . . . . . . . `ヾ:::::::::::::マ_ ヘ                 . . ;′    |
. . . . . . . . . . . `ヾ:、:::::::::::`:ヽ. .          .     . . . . ;'. .     |
. . . . . . . . . . . . . . .ヽ7_ヽ:、:::ヽ._  _. : : . . . . . . . 〃.. .    |
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  ̄ ´ `¨  ̄. . . . . . . . . . . . /. . . .     .!
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . . . . .    |
. . 、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . , イ. . . . . . . .   |
. . . .`. .‐-. ._ . . . . . . . . . . . . . . . . . . , -‐ ´   |. . . . . . . .     |
. . . . . . . . . .  ̄. . . ―--―    ´       |. . . . . . , ..≦三≧ 、
.  . . . .    . . . . . . . . .'.           i. . . ,.ィ.≠´ . . . . | ,タ
.   . . _    . . . . . .   '.           i!ィ゙≠´ . . . . . . . i!
.  / 、 ミ、   . . . . .   i!         /./. . . . . . . . . . . .|
. /  . .i!. . }   . . . . .    |        /./  '. . . . . . . . . . . .!

559 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:46:36 ID:IvD/sF4g0

            _
       _,ヘ7´  ̄"ヽ.              .r - -  、
      ,く`ヽy`フ-ー=-';         /          \
        i`Y,'´~ r, i i!」       ./             ヽ
        i//  /,'レ.i|〈         {          __  .ヽ  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        i ,、 ,' /、i|ノ     .,.ィ、 l        .r´    マ ハ
       _rレλ/_/'rー!    / | |  l        l      V      「――ねえ、妖夢」
     :/    i=f │.  o´ ̄ ヽ≧_      .l      .リ
     /     },/| ..|.r/{ _  o  r<7      }             .鬼のように、悪魔のように、キュゥべえは囁く。
    くr 、/,____,」‐|__,_|. '_>~    } .「´ \    ,'
    /二ニ_‐-イ', ~TT.-‐ '  `T 'イ ト、  `}> /           「西行寺幽々子を、取り戻したくはないかい?」
    |  i  厂  ̄ニニ¬    ..{Vゝト‐K ヽ_ノ ノ
   ,ゝ、 \ \   __厂ヽ    ハ| |   ヽ、{´               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  _/ /\_i⌒ト、_   ノ-‐ }  ..'イ_八 ゚ 、゚ r'
 └-' ̄ `|  |_,」二二,_____ノ       ヽ'  ̄
      └ー′



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ __
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´   ̄ ̄\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     <_ヽ>_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      __, `ヾ 、
、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠,,、,,__,. -'´   `'ー' ヽ
 `''- 、,:::::::::::::::::::::/||   ll l   l    、  ゙、           .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     `'- 、,_::/,   | |.   ∥ |   ',    、ヽ  ',
      /,l  ! |l __|l|l   |l__', _  ゙、   |'l l ll            ……あるいは、血で血を洗う戦いへと導く、
      | |   | ,,f'|´ |',||   ',、 ゙、`'' ゙、   l'l l |l
.、    | |!  l ! l、|'!゙、. ゙、N゙、__゙、_,. -|レ  |l           邪悪な戦の女神のように。
 ゙ヽ、   、l'、_,l__ir=‐、! `'―‐,.ェ==、 |   l  ,||
、 、゙ヽ、  /  l〟〟     〟〟 ,'   /   |l            「君の愛したちっぽけで柔らかな世界を、
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_  、_,     / ,/ /    |l
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/ ,/ /-=-_┘              取り戻したいとは思わないかい?」
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  / /l/    `、
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/      .|          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       / しヘ/  ´ う l/ / /―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/       /
          /  /!  f''-、, `(,r'^f‐、    /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

560 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:46:57 ID:IvD/sF4g0

        /                 ヽ
       /     ||   ll l   l    、 ゙、
      /       | |.   ∥ |   ',    、ヽ ',
      /,l  ! |l   |l|l   |l ',   ゙、   |'l l ll       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      | |   | ,,.|'|  .|',||   ',、 ゙、   ゙、   l'l l |l
.、    | |!  l ! l、|'!゙、. ゙、N゙、__゙、_,. -|レ  |l        「…………取り戻せるの?
 ゙ヽ、   、l'、_,l__i    `'―‐      .|   l  ,||
、 、゙ヽ、  /  l              ,'   /   |l         私は、幽々子様を取り戻すことが出来るの?」
 ゙ヽ、 、゙ヽ、   ,ヽ_           / ,/ /    |l
   ゙ヽ、 、 ゙>、/  |- __,,,.  -/ ,/ /-=-_┘           そして妖夢は、蜜に誘われる虫のように、そう尋ね。
     ゙ヽ、///フ /_  ,/ ,゙、  / /l/    `、
       ソ / r´`/´r‐ュ| /  ,/ィ/      .|        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       / しヘ/  ´ う l/ / /―-―-/
       '、,_,,/ヽ、  /`''-、,.  _/       /
          /  /!  f''-、, `(,r'^f‐、    /



¨¨ ‐- . _             ,.. -‐ァ
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ
´   i                    :. /ニニニ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   i                  '. `ヽ.ソ
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.                  キュゥべえは、虫食い花のようにこう答えた。
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.
  .,:′           `ー'^ー′    }  i                      「ああ。絶対に、取り戻せるとも。何故なら――」
 人                   .:   |
´  丶              イ    |                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'
  |   |      |       `ー-|     |

561 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:47:13 ID:IvD/sF4g0

        |ヽ、     ハ
        |`,>`ー―‐' リ、              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ハ       )ヽ
       / i :::::::::::::::::::/ ./               「――君には、もう見えているのだろう?
 __,,=y' ノゝ._ ,',´⌒ヾ,'
(_o> ̄ l|/  _ノ/o'0'o/ノ'                 西行寺幽々子の、姿が」
(,-´'o≧=ノ'  (_,(_,し'´|´
 -'´  ´ /       |  /´ ̄ ̄`ヽ         .その言葉とともに、一陣の風が吹いた。
       /  '⌒ヽ| || lヽ/  γ´   |
       i     リ. || | ,! _ノ    /      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ゝ.____'´).,j.,.,j<´_  __/
            ´         ̄



ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ // ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y./ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞ丶,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ ゞ ヾゞ;
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ ;ゞ ゞ;ゞ
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/丶,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     `   |ii,iiiiiii;;;;;;:::|     ,..-─,ヘ-.、
       ,|iiii;iiii;;;;:;_: :|    (,.r-/_@_r-i          遠くに群生した枯れすすきが、波打つようにざわめく。
 `     |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|,.   i ノルハノリノノ
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|   ルl.リ_ ヮ ノリ             ――その揺らぎが、妖夢には西行寺幽々子の姿に見えた。
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: ::::::!.   rX,_,i.∞i,〉
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|    <_/_,§! |〉         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;::;:|,... ,,,., `'-r_,ィ_ァ'.,,,...,.,.. ,...... ,....
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.

562 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:47:31 ID:IvD/sF4g0

ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ // ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y./ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞ丶,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ ゞ ヾゞ;
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ ;ゞ ゞ;ゞ
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/丶,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ                      彼女は、一も二もなくそれに駆け寄った。
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|
     `   |ii,iiiiiii;;;;;;:::|                 _,、,,........_        .けれどそれは、妖夢の心が思い描いた影に過ぎぬ。
       ,|iiii;iiii;;;;:;_: :|                  >,ゝ-=- `.、
 `     |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|,.             l_Lリハノlハ_l i     ..幽々子の姿は、その手が届かぬうちに立ち消えて。
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|                 l人    ,リ〉i,|
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: ::::::!.                  /  y/  ヽ   ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|              (⊃ ⊂[_ノ
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;::;:|,... ,,,., ,,,...,.,.. ,...... ,.... ,,,,.(ノノノ | | | l )
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.



                           _
                             } `丶
               「 \  __   -┴ ァ  \
                    ´         /    ヽ
                \        __ く/          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ∨ __     '⌒ Y      }
                  _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′      .「……なぜ彼女が消えたか、分かるかい?」
                   / 八    、:::ノ  イ 丶.   /
             ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\       .そしてキュゥべえは、微笑みながらそう問うた。
           ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄
                  ̄>  \)(/  く

563 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:47:50 ID:IvD/sF4g0

   ノ}:::::://     ト 、      \::::',   \ \ \ 丶、
 ∠___/,′   | ∨        \}ト、  丶、\ \
      i   i _L 」  ∨ ─-- 、   l|- 、     l   ト、  、
      |   }ト、 |、   \}ト 、    \;}、  i ! l ∧
      |  ハ         下1   ソ、  | } ヘ }
      ∧   ヘ            }ト、/  }  ! l  X1       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       '、  \           リヘ   ノ、 ト、! 、 }リ
         \  ゞ、     _ // メ、  ト、丶、 \lメ、          .「……どういう、意味」
          \ト、   ̄ 「   乂  } リ \    !
           rv ´|>´     > ‐┐                   困惑したような声で、妖夢は問い返す。
          /j  {    -ァ ´_  ´ ̄1
         l イ   1   / /      ハ            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   f「 r‐ァ、_ ィl入}  l   / ィ´)  , -── }
   { / / f'〈 !r- 、'、 ! // )´/     |
   `丶、_〈_   丶  ヘ7´   , ´ Y       |



            /      .:/
       / ____   .::/
      /  VZニ=->──- ,.____              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /      ア^/        r==≧:、
     .:     / / ●        `ヾ二ア… 、              「簡単なことさ。自分で贋物だと気づいたからだよ。
     |     .′ :.         ● i:. Y´    \
     l  ,.-=#==xi\  `^ー'     .::从 |      '.             君に見えている君の主は、まだ出来が悪いんだ」
.     \`ー=i   {ゝ::≧ァ---‐r</__l__:::::.    }
      ¨¨ |  人¨¨ :′   Vく{「 ̄ 「_≫:::.   /      ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         | 。 。 ゚ヽ i     \j   \ヾ::::  ′
         l  ト、 |`ヌ | u   し  ヽ。、。、゚\:/.

564 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:48:11 ID:IvD/sF4g0

.  __                  _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i___〉、.\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::::`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.
 l              _  /  /::::::::::::::::::::::,   ●}  ...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  `ヽ          (  ̄ `ヽ、 .∧::::::::::::::::::::::`⌒′/
    丶         > ´  .У \::::::::::::::::::::::::/{__      「君は主を願う余り、彼女の姿を思い描いている。
::.          _,.- ".    .厶〉./::::::::::┬= T  ∨ )
:::::.    i   と´_   ・ .∠ -‐´::::::::::::  !. (__ -‐__ ´     けれど君が思い描いた西行寺幽々子は、
::::::::.    `ー== _と_,ィ ./         |  |  ̄  ',
::::::::::::::::...................... `ヽi/      |  / /:::j.  ',    \   どうしても穴だらけで不完全になってしまうんだ」
::::::::::::::::::::::::;:  -‐- 、 /:::  `ヽ::::::::i  |_ノ:::/   \)\)\)
`ー--‐‐ ´      {::::::..   i::::::::',  |';:::. i             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               ∧:::::::::::::::ノ:::::::∧ .| ';:.|





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                    /::::::::::::::/:へ:::::::ヽ
             /::::::::::::_ノノ @  ヽ:::::::ハ            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               /:::::::::::j@     ,* }::::::::::i
              ノ::::::::::::}  __〃  ノ:::::::::::            「仕方のない事なんだよ、妖夢。
          ,....'::::::::::::::::::       _/:::::::::::::ノ
_   _,......:<::::::::::::::::::::::::::::ゝ    f´::::::::::::::/ー- 、____   .君は彼女の全てを知ってる訳じゃない。
ヽ::` ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/::::::> ´.:\
 > 、__:::::::::::::::>'⌒>::::/ ̄ ̄´:::::::ノ.: .: .: .: .: \`ー--------‐.  だから想像に無理が出る。破綻する。
         ( ̄´     ̄`¨¨¨¨¨´ィ⌒ヽ_.: .: .: .:ハ
          ̄` ー―‐_'"-、/⌒ヽ⌒)-、.: .: .: .: .:`ヽ         気付きたくないのに、贋物だと気づけてしまう」
                  f´  _ノ  i  ノ f⌒ ァ.: .: .:リ.: .: .ヽ
             f⌒   (  ) ゝ  人 ィ: .: .: /.: .: .: .:∧   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            /´`    `¨   ノー '.:/ .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ、
          r'⌒ヽ    ヽ r‐'´.: .: .:〃.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:∨.:> 、
         c'⌒_____,ノ´.: .: .: .: .: .: .: .: _.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:>
          ̄      /.: .: .: .: .: ィ 7´ ̄| ` t‐-、 .: .: .: .: .: /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

565 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:48:27 ID:IvD/sF4g0
    r-、_,「:V´|-─‐- ..,,_
   r'::::::、:::::::!::/_,,...,,___    `' 、
    >、:::::;> "´      ` ''ー- 、`フ
   /   y' / /__!_  ,!    `ヽ.
  ,'  / / /!´_./|  / ! ,!_ i i  ',
  !  |___! ./    ハ-'  レ' |. `ソ !. |
  |   | レ|          'r'、|  |  |      _,,..,,_          .┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  |   |  |.            ハ_,.ハ__」   , '´    `ヽ.
  !  i .!  !、          | | |     ,'        i       .「何を言っているの、キュゥべえ」
  `ヽレヘ.  |7>.、       , イ !  |     !           |
       \!_,ン|` ーrァi´\ハ__」      、       !     .┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
   `ヽ,. イ ./::/ ヽ,_,/ |::::`'::.、_        ヽ.     ,'
     /   !/:::::!}>r<] |::::::::::/ `ヽ.       ノ`   , '
   ./   ;'::::::`く_八__〉':::::::::/     ',_,.. -‐ '"    /
   ,〈   !::::::::::::y'::::::::::─:::|     〉、_,,..  ''"´
   `/ヽコ´!::::::::::::|:o::::::::、9:::ト、  _,r'ン、





                                 _
               「 \   __  /⌒ァ ) `丶.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ヽ    ´    `  /  /    ヽ
                \          く /     )    「だからさ。もっとうまくやるんだよ、妖夢。
                ∨ ●    ●  Y      ノ
                  _|{    、_, 、_,    八     ,′   彼女の事をもっと知り、自分でさえ贋物だと気付けない、
                   / 八         イ 丶.   /
             ⌒\/ ,   / ーァ    T´ {   \/\    完全で完璧な、真の彼女を思い描くんだ」
           ( (⌒>く./  / . : /      ',: :ヽ    〈) )
              \{/ : : :/ : : /        ヽ-ヘ . : : //、  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         /\\_∧: : ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\__
           (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
          / . : : 。人: : :.:|   |  |  |  |   }   \: 。 : : : :)
          (_/{:_:/  \: iヽ 丶ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄
                      ̄⌒  ⌒ ̄

566 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:48:41 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ // ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y./ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞ丶,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ ゞ ヾゞ;
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ ;ゞ ゞ;ゞ
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/丶,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ                            「――そうすれば。
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|
     `   |ii,iiiiiii;;;;;;:::|     ,..-─,ヘ-.、  ...._,、,,........_           君の見た彼女は、君の思い描くまま、
       ,|iiii;iiii;;;;:;_: :|    (,.r-/_@_r-i    .>,ゝ-=- `.、
 `     |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|,.   i ノルハノリノノ.   l_Lリハノlハ_l i         .君の傍らに在り続ける事が出来るんだ」
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|   ルl.リ_ ヮ ノリ    l人    ,リ〉i,|
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: ::::::!.   rX,_,i.∞i,〉      /  y/  ヽ      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|    <_/_,§! |〉    (⊃ ⊂[_ノ
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;::;:|,... ,,,., `'-r_,ィ_ァ'.,,,.... ,,,,.(ノノノ | | | l )
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                  _, -───- .
                             /    ゙`        `ー-  _,
                           r≠=‐- 、  , -─‐-=、 =‐ァ <
                           /}三三三lT彡´ ̄ ̄     \ 〈
                      / {三三三:》'~    .:  / ト、  |:. \
                       ̄l::::〉三ニ彡’ .:/  ./l: /lイ/ レヘl::.\{
                       /:〈ミ壬:/   :/ ,_/  |/     | ト、::  |
                         '1:{:ヾ/,,ィ .::ムィ          川{ ,ヘl
                          l人;:ィ//| .::::l |          / ̄l/r:.
                             _r////lィ :| l>─┐__/     | h_
                    ,-=≦///////〉イ/     \_    ノ  ::ヽ
                       /////////////:|       .:/  | ̄ ̄ ̄¨¨  ::|
弋二三三三三三三三三三三三乂///////////∧     .::::::l:......l.............................:ノ三{)
.. `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー───〈/|: :\:.. .:::::::ノ ̄::「 ̄/|l} ̄ ̄
                            |/: : ::::::ー=彡::::::l:〈_/ .'J
                     _____     l: : : : ::::::::::::::::::::::|::{
                 ...-‐=::</////////\r.:': : : : : : : : : : :::::/:イ

567 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:48:53 ID:IvD/sF4g0

                              -‐ニ ┤
                       _  -‐ ´ /   }
                 __ /´        `ヽ、  j
             _ -‐二 ─ァ         (:.r:.) ヽノ
            く  ̄   /   (:.r:.)          ヽ\
                  \  / /         、_,    } ヽ
                   ヽ/   {       ー´       ノ  ヽ
               /   ハ               イ     ヽ    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ,′   | ゝ           / l     ヽ_┐
          _    l    ├─`ー ┬-    l´   l     ヽ //   .「……君が西行寺幽々子を取り戻すには、
         \ヽミヽ/     !     l        !    l     /ヘ
   /⌒     ヽ\〃ミヽ、 j     ,'      l\  ∧_ // ゚ \  そうするしかないんだよ、妖夢。
  /  (       `ノ    \、    l       \/レ-< 、 ゚、_ __
 /   \     /o      ノヽ\  ハ  i     ヾ、:..ヽ \゚`ヽ、  \   それ以外の全ては死に絶えたんだ」
 {    r‐` ̄ / o  o / `ー┘ { {  |       `"ヽ `ヽ、_)`ー--'
 、    ゝ-/   /  /         ! 丶 {          ヽ        .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  \    'ー─/__ /       / l  ∨    /       }
    \     ´      _ -‐ ´    l  {   ∧       ノ
     ` ー─--  -─ ´       ((l,  H   ト、ゝ─ ´ /





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
              // 弋ニ´-‐== ヽ        \   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ノ ' _,.-‐ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
         /  {rf~冖^⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }  .「覆水は盆に返らない。死者は蘇らない。
           {  //  ′  /  j   `'个し-} `ト、/
.         八/ '  ′|   i ′ /| |} l   \}ん} \.   今や君の心の中にしか、彼女はいないんだよ」
         `77  ,¦ | _ |{  7 T Tメ | } . ¦ Ⅵ丿
           { { / | ∧ 八 { x=≠ミノノ  }  |  }  . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          _人{ 八  rfミ  ヽ  }辷,ノj ノ 丿 j ,′
      , ´. -  人  {\ハ ツ     ,, ,,,/ /   ∧ {          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      {//     ノ厂` 八''  ー' / //   ′}人
       (      //   /  /≧=‐/ ' /   ノ{ ∧ ヽ        「……なのに君は、西行寺幽々子を諦めるのかい?」
       `ヽ   {{   ,ハ ,'人_厂{/{ {-‐ ´  \ }}ノ
           } ノ人  {八{  /   ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐      君に温かい世界を与えてくれた、君の主を」
          _/     ̄, -fニ7   /`⌒乙-、      -‐{
                //{_/    ,'__r~r-匸ノハ     }}^}     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

568 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:49:09 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                `ヽ...ニ´-‐== ヽ        \
                ',.ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
                 l⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }
                     ,'.  /  j ,. -─-  、..ト、/        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.         ヽ . _ .. '. .i ′  /        \.} \
         `77  ,¦ | _ |{   /             `、.丿           「彼女を諦めて、いつの日か忘れて。
           { { / | ∧ 八. l
          _人{ 八  rfミ  . l                          君の心の中の彼女まで、
      , ´. -  人  {\ハ ツ   、
.      {//     ノ厂` 八''  ー'\                    いずれ死なせてしまうつもりなのかい?」
       (      // ,. '  ̄ `ヽ ‐/...` ー-   -‐´.∧ ヽ
       `ヽ   {{. /       ',.{/{ {-‐ ´  \ }}ノ       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           } ノ人.!          l  ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐
          _/              ,' ./`⌒乙-、      -‐{
                  _ .. ' ,'__r~r-匸ノハ     }}^}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                              r 、        /|
                           ', `ヽ. --- '  |
                           }           リ、
                          _.._/:i        i ハ _     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                     _r_‐〃ァ' ィヘ.       ハ  X'
                    ,゙=-___..ゞ≦ノ `7   ┌ ´ ム" ` ー- 、   「……そうやって、何もかも忘れて。
                         ̄        ノ゙ハ  |    \ 、. マ′
                             ,.ィ::廴ノリ  |        ヽ)  ̄    どこか遠くで安穏に暮らそうとする自分を、
        . < ̄ ̄>。.              / ゞ==彳 / |
    /          > .        .イ '     .イ |              .君は許すことが出来るのかい?」
   /                >。.. _ ..。<  /|:l   rく:jヘ !
   ,'                       /八} ,ノ   `¨            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  :!                       /   { ト、
  :!   . ャ==‐- ..__         _. イ     ゝ- '
   ', /: :i       ̄¨¨¨¨¨¨ ̄
   \八_
      ̄

569 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:49:30 ID:IvD/sF4g0


                                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                                      問いに応えはない。ただ逡巡と、躊躇いがあった。
        `ヽ__!/_i`''ァー-‐ァ''´/ .!  /! ./
          ァ'"´ `ヽ.`ヽr-!_>へ.レ' レ'             ……けれど結局、彼女の鞘から刀が抜かれる事はなく。
         /      Y:::「ハ7';`ヽ.      _,,....,,_
         ,i  、__    ';:::::::V:::::i  ';   , '´    `ヽ.    そして絞り出された声は、哀れなほどにか細くて。
         ! r'´ `ヽ、.イ:::::::::i:o:::!   〉   !        ';
         ヽヘ    V:::::::::::!_;;:」=-‐'、  r'r、      _i...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          `':.、    >'''"´   _   iァ'7! i-'‐ァ''7"7´メ_二l)、
          ,く:::::ヽ.     ,.イ´`と_,ノi !| |rァ''"´ ̄ ̄/   ノi
   __,,,... -‐::''/::::`>-ヽ、_,,..イ__;/ヽ.‐''"`´└'(    /   / し'⌒ヽ.
''"´:::::;;::::-‐ァ'::::::::::/:::::::::;'::::::::::::i::::::';:::::::::':、     `ヽ (   /'、.,__ノ⌒ヽ)





       rぇ_}`ヽ::::::ヽ:::::':, …‐-
.        ノ:::Ⅵ:::::::::\::::':,::::〉   _   、
      ヾ:::` ー=x::::::::::::Y7゚ ̄        `ヽ
    r=x /):::::::::::::::`::; ´             \
    /:::::ー<::::::::::ヽ::/         |
    ` ーr―-弌:::_〃  /       |i l   :i   i
.       |l     {{   ,′     /   |l .:   i   |            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
..       八      l   ト 、_,. 斗  〃メ、_ _j   |
      l      └ヘ. 1 r         〃 : rヘ l               「……どうすればいいの。
      |       l  丁..|            {   | / ,′
       `ヽ    |i  |l |            }) ′/             今更、幽々子様をもっと知れだなんて。
         \ 八 !ト.|        .ィ  /
           ヾ/\ | > =弌≦ /レ                 あの人は、もう死んでしまったのに」
     ,. ---=ァ<: :ヽ ヾ >-rァ=ミ _ { ´
,.   ´     r'   `ヽ: : r'::::/:八:ヾ::::{ ヽ ̄ ̄`  、            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    -―  |     ハ: 乂)::::/ }::}:::::ソ   }     \

570 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:49:52 ID:IvD/sF4g0

. . . . \.           /|             `ヾ、 /    . .|    l
. . . . . . `. .、 ____ /::i!                  . ..i!    |
. . . . . . . . . `ヾ:::::::::::::マ_ ヘ                 . . ;′    |
. . . . . . . . . . . `ヾ:、:::::::::::`:ヽ. .          .     . . . . ;'. .     |
. . . . . . . . . . . . . . .ヽ7_ヽ:、:::ヽ._  _. : : . . . . . . . 〃.. .    |    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  ̄ ´ `¨  ̄. . . . . . . . . . . . /. . . .     .!
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . . . . .    |       .「――簡単だよ。人を斬ればいいのさ」
. . 、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . , イ. . . . . . . .   |
. . . .`. .‐-. ._ . . . . . . . . . . . . . . . . . . , -‐ ´   |. . . . . . . .     |        .当たり前のことのように、キュゥべえは答える。
. . . . . . . . . .  ̄. . . ―--―    ´       |. . . . . . , ..≦三≧ 、
.  . . . .    . . . . . . . . .'.           i. . . ,.ィ.≠´ . . . . | ,タ  .....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.   . . _    . . . . . .   '.           i!ィ゙≠´ . . . . . . . i!
.  / 、 ミ、   . . . . .   i!         /./. . . . . . . . . . . .|
. /  . .i!. . }   . . . . .    |        /./  '. . . . . . . . . . . .!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


           / ̄\                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             |    |
           \_/                                「西行寺幽々子は死んだけれど、
             |
         /  ̄  ̄ \          : "´  ̄ ` : 、             彼女を知る人すべてが死んだ訳じゃない。
        /  ::\:::/::  \      ,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
      /  .<●>::::::<●>  \.  //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.          だから、集めて回ればいいんだよ。
      |    (__人__)     | l,f:::i| :::::|:::::::||::::: |i::::i:::i
      \    ` ⌒´    / |:|:::::|_:::::|:::::::||:::::_|::::::|::l          .生き延びた彼らから、死んだ彼女の記憶を」
       /,,― -ー  、 , -‐ 、 |:|::::_|    ,、    |_:::|::|
      (   , -‐ '"      )..|:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::|      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       `;ー" ` ー-ー -ー'.. .|:|::::|::/   |  ゙ヽ:::::|::|
       l           l  . |:|::::|/   ∧   |:::::|:::|
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

571 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:50:09 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                                   ィii||||||||||||||!!'''" }
                        (( ●          `|||||||!'''" _... `;   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  _..., /           /|||!'"// _.. ` 、
                      _..f ./!、 ● ))      /l||!'/ --==  ̄ /   「だから人を斬るんだよ。
                _i l_/_. ×         i i|!〃..-- 、、_  /
.          /|    ..(└ィニ、_/- !r;;、       l i!' ,;ii||||||||||||||||iii;ソ.   生者は嘘を吐く。死者は何も語らない。
   / ̄\  |  |     ×/``ニ`ヾ!||||i;、,,..   ,ィ!ニヾ!!|||||||||||||||||||!'
    |    | -|  |    ../ し="   `ーィi|||||i;,、<〃!、ヽ 〉||||||||||||||||/       君に真実を教えてくれるものは、
   \_/  |  |    / / (/、  /||||||||||||||||ii;;;i、ソ||||||||||||||||/
.          \|___../_ヽ-'ー"T||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||/.      この世には剣と魔法しかないのだから」
            /  ::\:::/::  \     .``'''〃||||||||||||||||||||||||||||||/{_
.        /  .<○>::::::<○>  \     .`''''〃==ミ;|||||||||||||/ii;、ヽ、_.. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.        |    (__人__)     |        〃!||||||||iiiiェェェィii||||||ii;、ヾヽ_
.        \    ` ⌒ij    /        ./!l!|||||||||||||||||||||||||||||||i、ヽ_`ヽ、_
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

572 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:50:31 ID:IvD/sF4g0

-――― - 、         ト ,                 , イ
        \       |    >、 __   , <  |
          \      、    ´     `     .j
       , -- 、ヽ    / 〉             λ
      /     ヽ}   / /              ヘ ハ
.     /        リ  ./  i                 , ハ     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ,            /   ,                j  ヘ
     i        /     ゝ、                 ,イ   ヘ       「――それに。そもそも君ら魔法少女は、
    |      r 、/    j  > __      _   < |   ハ
    |      ヾソ    ,    / ,....、     |      ,    ヘィ=ァ.  ただ生者を死者に変える魔法でしか、
     ,      入\  ム     , /::::::::ヽ   |     l    ヘ//
      ハ     /.。 `ヾュ厶」    i'::::八::::::',  |     入 _ /ヘ   その心の喪失を埋める事が出来ないのだから」
     ヘ   /   O o/      /:::/  }::::::}   |    'ー-イ    。、
      ヽ'    /  /     /:::::L__」:::::::|  ハ       , o O. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       \ , イ ./     ハ:::::::::::::::::::/   ハ         ヘ     \
         \.レ'       /  `ー--‐ '   、j        ヘ  、 \__ゝ
          \     /             ヽ       ヽ、 \ `l
            \   ,                '         \_」`ー'
              \ i               j
               \            /
ヽ、              `ー         /
  ` ー -  _______,ィ、_____厶

573 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:50:49 ID:IvD/sF4g0



                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                  『人間の頭が産み出した強い感情や、強い想像力が

                  他人に影響を及ぼすというのは、決して珍しい話ではない。

                  有名な例では平安時代の拳士、範馬刃牙が数多くの聴衆の前で

                  身の丈七尺に及ぶ大螳螂を具現した話がある。

                  他にも同時代の魔法少女、古明地さとりが時の将軍に頼まれ、

                  屏風に住まう虎を具現したという話も――(後略)。』

                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                             《 『シャドーボクシングの歴史(民明書房)』より 》
.

574 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:50:59 ID:IvD/sF4g0





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

575 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:51:10 ID:IvD/sF4g0

            ‐ = =‐ ‐ =       |      == ‐ ‐= =‐
                       ,;;;';'".:;i i:;
                     ,.;:;';" . :il li: .
                 ,.;;:':.;:;'" : : ::ll ll: :
                ,.;;:':;::.'"  : : ::ll ll: . .
              ,.;';:;;:.':"   : : : ;ll ll; : .
             ,.;';:;';::'."   : : : : ;ll ll; . : .
            ,:';;:.:;:':."    : : : : ::;li il;: : : .
            ,:';::;:;;':;."    : : : : :.:;li il;: : : .
          ,:';::;:;:;':;."     . : : : : :.:il: :li: : : :.
          ,';::;:;:;':;.'' .     : : : : : ::ll: :ll:: : : :.
    ..、,ゝ=== く.:;':;''    :  : : : : : ::ll: :ll:: : : :          .、,ゝ=== く
   、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,    :   : : : : : ::li il: : : .          、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,
.   く(   {三●;= }  )>   . :   .: : : : : :li il: : : .        く(   {三●;= }  )>
  ´  ヽ_.ヾ;三;〃./.'..    :  : : : : : : :li il: : :         .´  ヽ_.ヾ;三;〃./
       ,'.:.;:;:;:;:;':;.' , .    :   : : : : : :li il: : :.
      ,'.':.;::;:;:;':;.' :,  .   :  : : : : :;li il; : :.
      .'.:. .:.;:;:;;':;. : .  .    : . : : : : :.;li il; : :
     ,' .: .::.;:;:;':;.'. . .;. .   .: : : : : :.;li il; : .
     ' . :;.; ;':;: ' o     .   . : : : : :.:;li il;: :.         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     :o'. : .:;.:':;. ,.、   .,.  .    . : : : ::.;li il; : ::.
     ; . ::;.:;  `.' 。        : : :.;li il; : .          ……そして一切の淀みなく、妖夢は握る刃を振り上げた。
     : . : .;. .,、 o .: : , .       :.:;li il;: :.
      : .,. ;:`.'   : : :.;. ゚      // ̄ ̄`ハ         その様は、例えるならば亡霊のようだ。
      : ': ;.  。  ,,、 ,,,,     /´,'_,'-==-<` 、
      : . .,.  ゚ o `;´: : `ヽ. l ソ-=ー- 、 )ノ          音もなく熱もなく、そして気配なく人を殺す。
     . : . : : . .   l:: :. . ; .l |l,:'"`ー=-、 )
       ' : .: ;. . . ゞ、._;;:_ノ  |i ,;;;;;;ッー-ィ、      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       :  : . 。 o .   .,:  l' il::::r'.;‐==__゛ヽ
        : :  : :   : . . : : i,;::ハ;;r´  ___ヾ`i
        : :: : : :  : :  l :i;; ; ,ヒ ̄ _ ,` .l
          :: . . .,. ,、 :  :  l ;::;  ヒ´ ̄     l
          : : : :: : :   i ;::::; |`=ニ=イ,;,;'  ヽ
          : : : : : :   : : | ;::::;  |.   i:::::.   丶

576 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:51:25 ID:IvD/sF4g0

      _              \            \. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     く_> ̄`\、          \
       ̄_ゝ-‐ニヽ二ニァ       ヽ               それはあまりにも静かで、そしてあまりにも躊躇いがない。
    く二ゝ・ , (    ̄ ̄`ヾヽ      ヽ
    ` ̄`ー‐'´ ̄`\、__,≦二フ     ヽ           .直前まで会話していた少女に向けて、
                 i´ヾ`、' ,..ゝ─-、_ヽ
                ,,> `〉      `'ヽ、      .魔法少女はごく自然に剣を振り下ろした。
                i_j"~/ヾ」、‐ト、 i|ヽ、ヾ、
                /-/ ,.  >. ,. --、 | |     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               !-‐ソ__/ _ ノ´./ .,'´。゙',.-´゙               |            三/:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
         _     / ゝ‐ヾヽ!、.\ 乂__ノ .|              | == ニ 三 三:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
  _  _    i´,_.二二ッ ´ /i___、,!_,ゝ‐-` ー-イ.|                |          .三::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
 ,ゝヽ' '‐、,-イ"::::::::::::::::::::l、!、;;/"/ヾ、 〉-ヽi !ノ  /               |... = 二 三   三|::::|   、     |_:::::|:::::|
 `!/〉〈イ! !:::::::;;;;::::::::::::::::ヾ/ //-´''" ̄`i   /                |            三ヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|
ヽ二ゝヾ!、lノ", -ヽ、,.-// /_::::::::::::::::::::::|、ゝ/                  | ニ ニ _三 三  三          、\
  /ヾ、!=ヽ  "   〉川-ゝ V/ユ--、;;;;::;;:/                     |            ≡   !    /__}
 / <ヾi_、_,,,,,<",''ヽ_ゞ-|__  | | l _ ̄                      ノ )ヽ        ,-| . |ー-、/ ゞノヽ
 |  ゝ" ヾゝ "     `‐'ヾ_/_i_ ̄"i"''''''''─────-----──''''''"´ == ニ 三  .三 i、___,l  三    |
 "-‐´                `‐-‐´                       (⌒) .。; ゚ ,,      )ソ(___i)--三    .|
                                             (⌒・⌒ ・ = ニ≡ 三三三     ゝ-i--i´




                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

                         ∧__    「お、おい、ちょっと待て、何やってんだ!」
            . -―┐      . ̄1i
         /  /::::::|..-―…┐   《   .蕎麦屋の店主が、ひどく慌てた声を上げた。
        , '     ::::::::``ヽ:::::/   .≫
        /    /:::::::::::::ヽ ∨       .致し方のない話である。彼は魔法少女ではない。
       { U      ,_   }r'⌒ヘ
       l、.      /:::::/   八   }  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ^ゝ     ´ ̄  イ    /
       /              /
     /     .         /                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
: .  /    /.:      /
.:. :.:/    /: .:       /                       眼前で始まった殺し合いに
:. :.{    ノ.: .:       /
     : .: :.:       {.                        見て見ぬふりを決め込めるほど、
               八
                ´  \                         彼の精神は死に慣れてはいないのだ。

                                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

577 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:51:53 ID:IvD/sF4g0

           {     _  <  / /  /三三三三i    ‘,///////////}//
           /    ̄ ー‐  /  /  // /   / |     i――――――'
       , ´ {       / //  / /  / // :|     |         r、
      /    ‘,     / / i //  / // /  才     !        ! }   イ7
      i  ____ヽ __///: : i/    /.、,ゝ=== く..r、|     /           / ノイ /
       ‘,   !   __  /:./:.:.:.:.:.:.| / /. 、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,..   /       __/// / ̄ ヽ___
           ヽr≠ ゝ':.:.:.:.:.:.:.:\リ/. く(   {三●;= }  )>  / ̄ ̄/¨/圭圭{ {   /圭圭圭圭圭
        ヽ    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \..´  ヽ_.ヾ;三;〃./. ‐―――― {ニ圭圭i    i圭圭圭圭圭圭
      ,x≦ニ{__rゝ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:r  ̄ ̄ ̄`ヽ\> 、 , イ             ¨¨',     }圭圭圭圭圭
 ,x≦≠====、 r-/:.:.:.:.:.:.:.:.:/        ヽ/,∧==≠                xゝ.. .┏━━━━━━━━━━━━━━┓
≠¨¨:.:./:.:.:.:.:.:.:.:__i:.:.:.:.:.:.:.:./         ―二≧、/     -------- ´      ノ
:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.i       ̄ /    ̄ ̄ ̄            ,  ´     ――無論、そんな声の一つで
:.:.:.:.:《:.:.:.:.--、:.:{:l:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ     . ´_                  > '
:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.ゝ\:ゝ:.:.:.:.:.:.:.:{r ―― ´     ---  _____   ´            剣を止める魔法少女など、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ _      __  --:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:――:.:.:.:.:: ---- 、:.:.:.:./                  この世のどこにも居はしない。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/ r-‐  ̄  \/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:.:.:.|:.:.:.:.:.i:.:.:.:/ /        ヽ                    ┗━━━━━━━━━━━━━━┛




         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|                               ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i                           _____.  「……全く、もう」
       γ       ⌒` ̄二─=三─_                /三三三三/{
       i j          ≡三_____ ')             三 { ̄tj ̄. } { tj  咄嗟に、キル子は己が
       ヽ、l        ̄     =三 ̄             - = ≡. t j/i.i ̄-t j/]
   /つゝ、ゞ,ソ      〈                     - = ≡   .三 ]二二二[ ]/}{.  腰掛けていた椅子を掴み、投げた。
    ` ̄/,,!          }                        - = ≡   } {  tj  . } { tj
           、                    - = ≡    .三 j/i.i ̄-t j/] ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
     /   /´`\    \                - = ≡.. .[ ]二二二[ ]/.j
     !   く´     \    ヘ                     三_j     t_j
      \   \       ヽ   ヘ
      (______ノ          ヽ  ヘ
      ` ̄  ̄            ∨____`)

578 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:52:22 ID:IvD/sF4g0

           _____
         /三三三三/{          __,,,,.....,,,__
          三 { ̄tj ̄. } { tj       ,. '´:::,.-'' ̄  `ヽ、/ヽ、    :
    - = ≡. t j/i.i ̄.つ-‐、     ,.':::::/    i    ', イ__   :::
 = ≡    .三 ]二二.イ  `Y )     |::::/ ,.__.,. --- .、.  i/」  :: ::
  . - = ≡   } {  tj. ヘ イ〈      i i  /.,'´ 。 ゙', ヽ   | ̄ :::  :::
.= ≡    .三 j/i.i ̄-t.>、 \   __i ハ \乂 __ ノ  /.|ヽ!  ::::  ::::
. .- = ≡.. .[ ].二二二[ ]/.j.\ `'ー'‐i |⌒ヽ!、.` ー- - ´::|/    :::::::::::      ____.
       三_j.     t_j   .> -r-rィ'   YヘニvTi´Y!ノ i⌒i_____,,,.....--─'''"´ ̄_.┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      .`ヽ、___,.イ }><{ i/ヽr'i [[r----─''''''''""´ ̄
                           .',__,,....-ゝ-,ゝ-くゝ-'                  それは妖夢を止めるに至らない。
                  .r'7ー'─---ィ=ニ ,.イ´/   ´ヽ、_____/)__ノ彡
                  .〉|     / -'´        \`''ー'-,_ヘミ         彼女は小枝でも払いのけるように、
                  ヽ>、--       _  /    `'ーイノ
                :::::::::::::::::::::: ̄ヽ、_____,. -、- '''"´ _/  _,,..、 __rノ、_           拳を使って椅子の軌道を反らす。
                ::::::::::::::::::::::::,. <__,.ィ ト=ー -==-'-==-'-─''´!<,r⌒ヽ、:::::::::
                :::::::::::::::::::::::!、_,,,..- ''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、________)       .┗━━━━━━━━━━━━━━━┛






                       /三三三三/{
                  } { ̄tj ̄. } { tj
                   t j/i.i ̄-t j/]
               `   [ ]二二二[ ]/}{
                      \} {  tj  . } { tj.
                      γt j/i.i ̄-t j/].            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ―‐‐. .[ ]二二二[ ]/.j
              .――=ニニ. t_j     t_j. ‐            流れ弾は蕎麦屋の顔面に叩きつけられ、
                 ‐― 、       ノ 、ヽ
                i..´ . > ‐-+‐ '    i              彼の意識を少し眠らせて、それでおしまい。
              /'  /   |  `   .\
             / __            __  ヽ        産み出した隙は、ほんの一瞬にも満たない。
            '"~  \        /  ~``
              γ⌒´        `⌒ヽ          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             / ┌i          i┐ ',
             i  | |          | |  i
              |  │|            |│  |

579 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:52:50 ID:IvD/sF4g0

                    __,.' "´ ̄ ` : 、
                       /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
                      /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.`ー-、          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          i:::::::::::ヾ.|━ l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|    \━━━━
  ___r '´ ̄ヽ';二::::::::::::( |━ |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|.     ヽ━━━  けれど、キル子にはそれで充分。
  !ゝ:{     /   ヽr:::::::::ヽ..´ |::::|   、     |_:::::|:::::|       l
   ∨ ̄ ̄\   l:::::::::::::::ヽ ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|      |.        少女はその隙間に刀を抜いて、
    \    ー--ゝ──‐`ー':≧ - '__/        |
     {       \            丶、            l        迫りくる亡霊のごとき斬撃めがけて振り被った。
      \      `                      .|
       \                              |      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         \_____                 .|

580 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:53:07 ID:IvD/sF4g0

        /`l
    ..,、.   l  |/ 〉
     .,l |  l  |レ'
   ....,! L.-ヾi=,'
.  _,.-'´  _, - '_´                    : "´  ̄ ` : 、
.  |_,.- '´| L-'´_|      __     _   .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、..、
.   ,.-'´  ,.-'"       /__ノ   /丿.//:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:. ヽ
.  |,.- '´| |    />        / /  l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::| i`ヾ、
      .|,i   / r´   ,____,. - '´ /  ...|:|:::::|(●)  (●)|::::::|:| j   ヾ /
       く/Ll   /____,/    ..|:|::::_|    、    |_::::|::|..   // -
                      \ \   /..|:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|.〉././    .=
                      丶\ \丶..../二≧=二`ヽ、..// /..-=、     `
                        ヽ\ \ヽ... O   ....二.// //. _ ~   _ー___ -―― 二
      /::.....              \\ \\     ..// //..―――  ̄ ̄ ―――   ̄ ̄  ̄/
     / ;':::::... ....          .ヽ \\  \\.。// .//           .__ _  _ -‐ ̄
      i ;:::::::: ::: ::...         〇   ヽ\ ヾ__`-../ //             __- ̄.
     :i :;:::::::::::::::.......      ,. -─- 、/ヽヘ_.        .三二 ≡ = - - ―― ̄
      ', ';:::::: :::: ::::::: :::..... /    `"''ヽ!/〉  \ \\ 。.  -― =
      ', ':;:::::::::::::::::::::::::.../        `く.   .\\ \\ 0 _.
      〉,.‐rゝ:::: :::::::::::: /           i.. 。// \\ .\\    ̄ヽ.
      '〈,_し'`::::.:::::_;;、/ /         /.  /`~´  ヾ\ \ヽ     .\
        `''ー::: :_,ヘ7 !__/!  /  ,.    /!  \. 。      ヽ\.\丶.
          / !、!_  ,.イヽ/  ハ / / !  \\      ..\\
  ,.-‐-、.   / ,.ィ´`'ーrイ::::::::'-ヘレ::i/ヽ/V                   \.
 .,'    !   ! 'ー.、 _,./::::::::::::::::::::::i 〉  \ \              \
 i    !     ヽ.___ン「ヘ::::::::::::/:::::::::::!' \\
 ',   〈    _,,.. -''"::::`ヽ、_::::::::::__,.」、 \  \
  ヽ、  i  ri"へ::::::::/::::::/:::: ̄ ̄ハ:::::`ヽ.

581 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:53:22 ID:IvD/sF4g0

           ,ヘr/'!_,..-─- 、.,_
           ri:::;ゝ'´=-..,,__   `ヽ.
          くン´      `ヽ.、  ヽ.
           / , / 、_ i  ,  ヽ!  ',
          く_/、 」.,. --- .、.-ハ.   i
           //./ ,'´ 。 ゙', \. i_」 .i
          く/ . ヾ 乂 __.ノ /. / ハ !
           `.!/..` ー-- ´..、/!、/ !」            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ̄ ヾ' ̄く/ `ヽ.>ヽ
                く!/      !ヽト、             一歩二歩、妖夢はよろけるように後ずさる。
                ゝ!、  ァ'"ヽ:::', ヽ.
         -==ニニ二く!/`'ーへ.   ヽ.! /_           彼女の体格はキル子と比べてさえ華奢だ。
                 <::::::::::::::〉  /!´ー'     i
─-- ..,,,,__          .r/7`'ー/  ./「       ハ   真っ当な力比べをするなら、勝ち目などあるはずもない。
`"'' ─-- 二_"__'' ─-- ::;;;____「|_,/  /::::ハ      / .ノ
           ̄r.ア"'':ー--| l.  ,iニニ⊃ヽ     i (  .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           r<:::::/::::::::::l.」ー‐'::::::/::::ム〉>、    i `ヽ.
           7''>rヽ二ゝ、:::::::::::::::/::::;:イン    ノ   |
          `7'ー'' ̄`_rァ'-、__.イ/ン´  ,. '"  ̄ `ヽ.  i
          .!,ゝ、_、_,./  .,.-r'ー'7   ,' ,.     、   i



              ...::::: ̄::::`::..、
                /:::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ':::::::::::ハ::ハ::!::::::::::::::::::::::i
           l::::::i::::'__iL_!i::::::::::ハ::::::::::j
           |::::_l::::|i.゚●,゙ ̄'≦zハ:::::jj
           |:::{ i:::::!゙¨ ´  〈゚●r'lヽリ              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           |:::::::!:::!    ' ゙¨〃:!
           j:::::::i:::ト、  ‐  ィ:::/::!                   「……一応、聞いておくけれど。
          /::::::::i:::! l! >´'ヽ.:/::::L__
            /  ̄/::j! l!,/ /:/ /  ヽ                  心変わりして、このまま刃を納める気はある?」
           ,イ  /::/ /  /:/ /     ゙!
       / j'、 ./i:::i! /  / {::::|/ . -‐ ヘ,′            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        /  ′Y ///  ,′|:::/ ,/    ,
        〉イ ヽ| j:::i,′ ./  /'´      ,′
      /   ヽ `i|:i!|=≦=‐「_    /,′
    ,′    ゙、_!,.ィ-‐≦ニ´  ̄` ̄ .,′

582 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:53:37 ID:IvD/sF4g0

     |::||::::::::::::\,... -――-- 、
    /://::::::::::::::::>====-、`ヽ
    /::://:::::::::::,. ´          ヽ \
   ヽ:l l::::::::, ´            '  ‘,
    }:l !::::/    l  l   l  l  l     ,
    l:| |::イ l  l__|_ |    ,!-ハ- !、 l  , l
    ー' '-!  , ´|. |.、,ゝ=== く} イ / l  l, !        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       | l |..、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,イ /  !VI
       |ハ  ,.く(   {三●;= }  )>.| l |              「――あるわけないでしょう、そんな事」
       | l..´  ヽ_.ヾ;三;〃./.イ /}|',!
        , ハ  l`> ._  _. <´、!,/ !              まるで道理を語るような
        / V´l:.:.l  、 /  l:./´ヽ、
          /   ,:l/´`V ´ ヽ{    l             あまりに平然とした声で、妖夢は言う。
        /    !:.777{}777、},    \
        ヽ _/}:.{,//八///>, -   /           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         V   l:.:>‐'/l:.、/7、l´`ヽ'
          l  /:.:.ー ':.:l:.:ー'´l   l



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ィ' イ工工工工ミヽ:
           |コ"      `├|                   「私は、幽々子様を取り戻す為なら
          i |:」        :L|i
          }l:::::::...      ...:::::l{                何でもするって誓ったの。
          i |┐:::::::::::::::::::::::::::┌|i
          i {:t-一 …   ─ イ~}               それが例え、どれだけ無謀に思える事でも」
         、`ー…      ─- ' ノ
                                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

583 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:53:49 ID:IvD/sF4g0

                    __      - ‐_ ‐ - 、
               \ ̄ :: :: :::::: :::::: > > ´ ヽ ̄`\ \
                     \ ::::::::::::::::/ /     }   ハ.  ヽ
                      \::::::/ /       /!      i   !
                       ∨ . '      / i|     |  .li        _ _
                    ∨  / /、,ゝ=== く    .リ  从   ィ升ヘ´    `ヽ
                    イ!  、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,.../  , ' ハ //{  Y      ijト、
                       |l i. く(   {三●;= }  )> /  ///./ ゝ_人   _メ ハ〉
                       |l...´  ヽ_.ヾ;三;〃./ /  ル' .//       ̄    ( (
                    从ハル' j>'´ ̄ ̄j /⌒Y///  .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  /  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ル'   |/
                 /    _ __ _」_ノ       〉        .「だから斬る。あなたも、あなた以外も。
                 /  /´ ̄ /: : : } __ \!     /
      /≧x、 r==、_ /  /    /: : : :/: : : : : `ーr‐ ァ'           幽々子様を知っているなら、
      ` <≧t     く ヌ     /: : : :/: : : : : : /j/┤
          ⌒ ⌒ー<≧x. r 、/: : : :./: : : : : :./: :/   .|           あらゆる一つの例外もなく斬り殺す」
                ` <し' :_: : :/ : : : : : 〈: : {    !
                  し/´: : : :i : : : : : : : :マ∧  .|         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 /: : ,ィ升介ト、: : : : :.マ∧___ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
             }(_ ∨-=ニニ=-/ニ≧=-=ニニニ=-=ニニニニニニ}
               {ニ) V-=ニニ=-'ニ=-=ニニニ=-=ニニニニニニニ,
             V(  ∨-=ニニ/ニニ=-=ニニニニニニニニニニ/
              }ニ)  V-=ニ7ニニ=-=ニニニニニニニニニニ/
              }ニ{   vニ>{ニニニ=-=ニニニニニニニニニ(
              }ニ乂  >、ニ≧s。-=ニニニ=-------=ニニニ)    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ニニニ) ノi:i:i:i: ̄  ̄i ̄⌒vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:(⌒> -^
            'ニニ(_f´:i:i:i:i:i    l    Vi:i:i:i:i/⌒´           妖夢は一歩踏み込み、距離を詰める。
              iニニニ乂_,斗v}     i    v⌒´
              {ニニニニ(_ __ ,i    }ヽ    〉                  話はこれで終わりだと言わんばかりに、
           vニニニニ⌒) ト -=彳 ゚。,ィ ∧
               乂__,..斗-ミァ { i   {   ',  ∧              とても静かな殺意を放ちながら。
                      j=-  ハ   v'  `ヽ_
                   { ⌒ ´ ‘,  i     /i:}           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  _j i  , ノ、 _{ j  vi:i:}
                  /7ノ  }/i:i} ノV>‐=={^v
                  ,. 斗└===ァV/ 〈_( __,ィi:} i{
               乂人____,.ィ 7 i{   `ー==彡' `
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

584 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:54:05 ID:IvD/sF4g0

  ./ ∧
  ./ /∧
 / .//∧
  ////∧
  .////∧       .  ' "´ ̄ ` : 、
  //////∧.    /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 .///////∧  ./:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
  ///////∧. l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|                  ……殺意に呼応するようにキル子は構える。
 .////////∧ |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
 /////////∧´ |::::|   、     |_:::::|:::::|               魔法少女がやる気なら、応えるしかないのだ。
  /////////∧ ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|
 .∨/////// ∧了: :7× / _ノ  \|:::::|               たとえ、キル子がそれを望んでいなくても。
  \///////∧ `フ: : :.Y_ノ ̄ヽ  |:::::|
    \//////∧〈__,r'´   ノ  /::|i:|             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     \ ////∧_/、    / _ イ:|::||:|
  ト、   \////|‐、: . :レ '´   .ト、| ||
  | ` 、   \//,イ l/        ヽ′
 、 l   ` 、  \/イ  ヾ  ノ     Y




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
         _rヽ'´      ` ヽ、
        く~イゝノ --====- 、 ヽ,.. .,r'゙' '゙';,'゙';.,
        ,' `r´  ,         ',.'゙'゙`    ` ´`゙;,
        i  L  /_L/λi__ヽ_i 」 i  , : : :_: : : . . ';,             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        i    Ti´ヒノ   ヒノiイル'.--='⌒'゙''i.;.,:,, ;:
        L i i |""   ∀  "ノ |.'        `'; ;                 最初から分かっていたことだ。
         ヽ!、|_`'、,---_'´L|ノ           i,
       i        ,.; ;             ゙i              魔法少女は止められないし、止まれない。
         l      ,.:;;' ;: ;:      ;;;''    :;
       i    ,..,,.;:'゙  ;: '   ,. ''゙゙´ ;;     :;              そんな器用な割り切りが出来るなら、
          l  ,,      ノ  ,..;: ー〈´ `' ';:,    :;
         ヽ, ;;,  ;,   /,. ''゙´   ヽ、 `' ;.    i           そもそも魔法少女になどなりはしない。
            i `'r'゙゙  /        `'-., ヽ、   ヽ
         |  i,   i             ヽ  iヽ   ゙'.,          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         |   li  ,i             i  | \  i
         |  l.i  /          /,_ノ   ヽ l
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

585 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:54:26 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        ., : ´  ̄`゛ :: ..
      .,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\     .,r'゙' '゙';,'゙';.,
       :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:. ,.;'゙'゙`    ` ´`゙;,
      |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l.;;'  , : : :_: : : . . ';,
     .|:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|....;.--='⌒'゙''i.;.,:,, ;:             ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
     .|:::::|:::::_|   _'  j:::::| `         `'; ;
     .|:::::|:´:|、_ (_.ノ _ノ:::i `.           i,                 ……そして、それを咎める資格が
       i        ,.; ;             ゙i
         l      ,.:;;' ;: ;:      ;;;''    :;                   彼女にあるはずもない。
       i    ,..,,.;:'゙  ;: '   ,. ''゙゙´ ;;     :;
          l  ,,      ノ  ,..;: ー〈´ `' ';:,    :;               ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ヽ, ;;,  ;,   /,. ''゙´   ヽ、 `' ;.    i
            i `'r'゙゙  /        `'-., ヽ、   ヽ
         |  i,   i             ヽ  iヽ   ゙'.,
         |   li  ,i             i  | \  i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            _,,,__
        , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
     .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!             .嘆息しながら、キル子は精神を研ぎ澄ます。
     .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ●)::::::|`
     .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l            ……妖夢は自分より華奢で、そして魔法少女だ。
    │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!
     |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|                .非力でありながら幾多の敵を切り倒した猛者なのだ。
    .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
     |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
   / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
  .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '

586 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:54:39 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
              ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ.
                .7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',
                .i i /_!,,. --- .、._i ', i
              |_i_/ ̄ヽ´ 。 ゙', \_ハ! |
               !.ヽ_/、__.ノ /l | |          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    | i l...|.` ー-- ´ ! /l |
                 / ̄ ̄ ̄ \    ̄ ̄\            .ならば、握っているに違いないのだ。
                / (死):::::::(死) \  y  |
            |    (__人__)   | ,′  |           その華奢さを覆し、大の男たちを斬り殺すだけの、
            / \_,rュヘ⌒J   / /   ,′.
           ./   ̄ E  `ー―<_ /   /             血と執念の染みついた恐るべき魔法を。
        _人___Lヲ┬- .._    `ヽ   /- .,_
      _/   、`ヽ       ≧s。.. _//⌒`ヽ __     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  _r厂⌒}|    ∨ハ             / /    i t┴‐┐ /⌒`丶、
  i{〈_レく_ ∧    ∨ハ           r┤.′    j  〈_∧ .′     \
  V¨´  /∧    ∨|             | i|     ,-ヘ、_└'ノ'    /_  )
       /∧.    ',|             i i|    ,′  └' .′    厂 ̄
          /∧    ',           ∧|    ∧     j    .
        /∧     i,            .|    '━―---┴-   .|
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




       .....-─:::::-..、
     /::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::ヽ
    ,:::::::::::::i:::i:i::::::::::::::i:L::::::::ハ             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    i:::::::i:::::i:;ィソ:::::::::::::込、:;ノ:ハ
    |:::::::i:::::!、;jィ彳'"´'{゚●;::::!`                ならば、まずはそれを見極めねばならぬ。
    |:::::::ハ::ヘ`゚●〉 、 ""}:::!
    V:::::ヽVヘ""     /::::i                 魔法は少女を大人にする。故にその魔法を見破らぬ限り、
    |::::::::::Vヘ:ェ _´/ l::::l
    |::::::::::::,Vヘ`ヽ、 ト.ヽ.j:::::|               魔法少女の敵はいずれ魔法に足を掬われ、
    |:::::/ .`Vヘ  ヽ.| ||:::::l
    |::/ヽ   V゙:.、  ゙! |ヽ:j'                 なす術もなく殺されてしまうのだから――。
    |::i ヽ|   '‐ァ、 | | ゙ヤ
    |:::!   \    j  |  l|                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    |::::!    ヽ、 /  /  _ノ|!
    |::::|       V   / _,.ィ'"! i
    |::::ヤ     ヤ'´    | !

587 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:54:57 ID:IvD/sF4g0

                        | |
                        | |                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.       /三ヽ        ,、 :| |
      /三三ニヽ    f ', { ,' :| |                             ――キル子の警戒は正しい。
.      /三三三三ヽ   ゝヽ-- :| |――― 、
     {三三三三二≦---==== | |  _    ` ≧=‐                  惜しむらくは、それが既に手遅れなこと。
   _{三三三,x ゝ========={.:| |/             ≧= 、
   l三三三ニ/  ゝ―――<゙" | |   ,イ ^ -=           ≧ 、    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ヽ三三ニ/      /. `'ミx、.| |.}L_}、. ∧ ',  ',`ヽ             .ヽ、
     }三三,'i       i ≧=-''"´| |. ``''ミx/}. l  i  ....ヽ         ‘,
   寸三三l   :l..-=≫    -...| |.    `ヾx、.l :',  ,x‐=、\        i
    ヽ三/l :| |. -=≧'   ん__)| |.:::: ',     ヾ、. }/`  |   `ヽ.     /
      ヽ/| |.-=≧'     ..{ ::::.:.| |...:.: }      ':,  ....l `ヽ、  ∧   /
      / | /l ト.'’      V .....| |.... ノ.        |    l   ',   ∧/
      / //. Ⅳ ∧       .‐| |           |    l   i   i..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.     //i /  /. ≧x....,_   .| |   _,.斗''"..  l       l  /
.    / |/| /../. }厂~≧==| |.芋}「 ̄´. |/   |        } /     .何故なら。彼女の魔法――心眼剣は
.       |/_l / / / _ { ->| |<  l  l′ l    /    /
      / |! |!`ヽ《―‐/  i  l | |  |  :l  :l ', l:     / /   |/     妖夢が剣を抜いたその瞬間から、
    /      ゝヽ:.:.i     l: | ̄|:.:.i    |_,x≦,  ,′/   /
  r<         \\_  /:/ ̄∨ニ三三三三{  i // ̄       既に始まっているのだから。
  i       __\ |三三ゝ:.|///,|三\三三三∧  | /
 ノ     〃  / ̄ ̄\/:.:.| x≦`ヽヽ三/ ||∧/:.∧ }          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ヽ   /   〃  __ヽ/ x‐= ̄ヽヽ={/∧:.:.:.:.:.:∧/
  }     /    〃    }  ----、 }_i//ニ,'i:.:.:.:.:.:.:.∧
  /     /  /      i  ===、 ヾ∨}:.:.:`:.:.:.:.:.:.:. ∧
 《     i i.        {  --- ヽ,':.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧

588 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:55:11 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

.   /   ,./            !レ゙ /  |  . / ∧                                l  . l   .`''″ヽ
..l   /  ./             ゙i ̄"   `../ /∧                               !  .l      ゙
 ! ./  /             「"      / .//∧                                 !  .l\.
  l./ /              /       /  .///∧                              |.   l ,゙x、
  l ./              /        ./  .////∧        . ' "´ ̄ ` : 、.                !   .l.-'"ヽ
  ..l、             `\、   ./   //////∧.   ./::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、.           ._.. ‐',゙. l   l,  ..l
   ヽ            l.ヽ__ /.   ///////∧...┏━━━━━━━┓...      ._..-''',゙ / '´  .|   .l   .l,
r    ヽ           l   /    ///////∧.                ::::|.  _..-''',゙ -'".、  ,  ,!    l
.「'、   ヽ           ヽ.../ .  ////////∧.    (剣戟)    .:::::|''',゙ -'"   _/`゙''". l  .l゙    l
/ ヽ,   ヽ           /    ./////////∧´              :::::|    ....'ヽ,    .ゝ l     l
   ヽ   \         〈       /////////...┗━━━━━━━┛::|        .l  . _,,.〉/     │
    \ .,, .,\        \.    ∨/////// ∧了: :7× / _ノ  \|:::::|       l/  ./      ,ィ tー
    .,,、゙ / ゙゙.\,゙_ο      \  .\///////∧ `フ: : :.Y_ノ ̄ヽ  |:::::|             /      !  l
    .l゙ ´       て          \   \//////∧〈__,r'´   ノ  /::|i:|         ,..-'´     i、 ! /
    l         ヽ.,          .\  \ ////∧_/、    / _ イ:|::||:|     ._..-'´       ,.i!゙.ゝ.l
   .ヽ           /'"\          .\   \////|‐、: . :レ '´   .ト、| ||. ._..-'"            ,i'l′  .!_,
    .l_、     l .、   \      ., `  \. \//,イ l/      .`゙._,, ‐'″          /       ヽ
      `'-_..--"´  .\   `'-,  ._. 、    ` \. \/イ  ヾ.. _..-'"゛  .,,イ            /


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

590 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:55:22 ID:IvD/sF4g0

乂ノ廴乂ノ廴乂 ':::::::::::::::::::::::::::|廴乂 ク、::::::::::::::::::::::∨ノ廴厂
   乂ノ廴ノ乂ノ '::::::::::::::::::::::::::|乂 廴ノ\:::::::::::::::::::∨ノ
     乂ノ廴ノ乂':::::::::::::::::::::::::|ノ廴ノ乂ノノ\;::::::::::::::::.、
.      ⌒   ̄ '::::::::::::::::::::::::|       /:::::::::::::::::::}
             ':::::::::::::::::::::::|        /:::::::::::::::::::/
.             '::::::::::::::::::::::|    / 廴:::::::::::::::/
            ':::::::::::::::::::::l     {   廴;;;;;、イ
              ':::::::::::::::::::::l    /ニ>、 _/
                '::::::::::::::::::::|   /ニニ></
                 |::::::::::::::::::| ./ニニ></
               .::::::::::::::::::::| /二ニ></           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               {::::::::::::::::::::| 二ニ></
             「^7^7^7^7^7ニニ></            ――そして妖夢は、歩く牛を避けるような自然さで
            「ニニニ7r=イニニニ〈
               ニニニニニi, /  ̄ ヽ           半歩、その体を横に逸らした。
            '/ニニ>x<i, /////\
             '/ニニ>x<i,////////Λ        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             '/ニニ>x<i,\ //////}
               '/ニニ>x<i,  ゙'……''゙
                ∨ニニ>x<i,
                    ∨ニニ>x<i,
                )ニ/ニ>≦ __
                 {ニニ/ ,、 ―‐- 、
                 {ニ/ / ////// 心
                    ノ ,ノ///////////|
                  <, イ{////>''" ̄`'く|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

591 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:55:47 ID:IvD/sF4g0

乂ノ廴乂ノ廴乂 ':::::::::::::::::::::::::::|廴乂 ク、::::::::::::::::::::::∨ノ廴厂     !   | .!
   乂ノ廴ノ乂ノ '::::::::::::::::::::::::::|乂 廴ノ\:::::::::::::::::::∨ノ      i !    | |
     乂ノ廴ノ乂':::::::::::::::::::::::::|ノ廴ノ乂ノノ\;::::::::::::::::.、       i .!   |
.      ⌒   ̄ '::::::::::::::::::::::::|       /:::::::::::::::::::}         |   |
             ':::::::::::::::::::::::|        /:::::::::::::::::::/         .|  i .| |
.             '::::::::::::::::::::::|    / 廴:::::::::::::::/         |  |ii| |
            ':::::::::::::::::::::l     {   廴;;;;;、イ           !  |il| i
              ':::::::::::::::::::::l    /ニ>、 _/               | i | !
                '::::::::::::::::::::|   /ニニ></              i   .i |  |i | i
                 |::::::::::::::::::| ./ニニ></          {i    |   :| ii...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               .::::::::::::::::::::| /二ニ></         i :  | i  |:i:
               {::::::::::::::::::::| 二ニ></           .:i   | i   i:|   一瞬のち、その体のあった場所を、
             「^7^7^7^7^7ニニ></              i  .| i  :i |
            「ニニニ7r=イニニニ〈              :i  | : i!|!   ..容赦のない斬撃が通り抜ける。
               ニニニニニi, /  ̄ ヽ     .ヾ    :i  i|! : :||i i
            '/ニニ>x<i, /////\         i  i! | i|!i ;  .人体を断つには十分な、鋭い一撃だ。
             '/ニニ>x<i,////////Λ        \! i| |:ii!:| |
             '/ニニ>x<i,\ //////}    ....ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               '/ニニ>x<i,  ゙'……''゙          \i|!:i||l! | :  | i| i|/;/
                ∨ニニ>x<i,              、ヾ、|i|!i:| :  i |:i!!,イ
                    ∨ニニ>x<i,                 ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/
                )ニ/ニ>≦ __     .、         ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /
                 {ニニ/ ,、 ―‐- 、    .\      ゞ、  、   |i  /
                 {ニ/ / ////// 心  . `ヽ; ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  /
                    ノ ,ノ///////////|     .>、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//
                  <, イ{////>''" ̄`'く|       .>ヽゞヾ、ゞ        イ <
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.≧/ ,    ヾ`、く
                                      / 〃´// / i| レヽ\、ヽ
                                    ´  ;  //   | i;i ゞ、 \ヽ `
                                        /     :| i ! ヽ  `
                                              | : '

592 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:56:05 ID:IvD/sF4g0

            /:::::::::::::::::::::::::::::`:、
           /::::::::,::::,':::::::::::、:::::、:::::ヽ
          /::::::::::|:::::|:::::::::::::|!:::::!:::::::::!
          |:|::::::::|:::::||:::::::::::::||:::::|:::::::::|!             .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            |:|::::::::|::::」|_::::_::::::」l_::」!:::::::::|!
          |::|_::::::|i!゚○,!:::::::::i゚○;j|_::_:::」|              キル子の背筋を、嫌な汗がつたう。
          |::|::::::T `¨:::::::::::::::::¨´ |:::::::|::|
         ,'::::|::::::|:、.   ゙  u. /|:::::::|::|                避けられない筈の一撃だった。
         !::::|:::::::|::ヽ.  ´ `  .イ::::|:::::::|:::!
           !:::::|::::::i/ヾ、` ー ´ ノ/ヽ::::::::|:::!           完全に視えぬ角度から放った一閃だった。
         !::::::|:::::::|  ヽヽ .//   !::::::::|:::|
        |::/ !::::::|、  ヽΧ/   !::::::::| ヽ.        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        // ! |:::::::|ヽ.   У   /.|:::::::::! |! .
       /  :  !::::::| ヽ ./    / |:::::::::| i!  ゙!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                   ノ'    i   :i    /    } :|        ∥∥   ...., '; , ・
        _ _ __       .{    !_,..斗'' i ,'{ ゞー-トA、_   i }Y_ノ=、.  .',.゙:; ,
     ,..:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶 i   ト、 { /∨ i    リ ヽ i  ; :}(::::う 〃./.|,',.゙:; , : '
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `ヽ. . { \/`     "    リ / ハじ㍉" /:| | '; , ・
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V■■■■■■■■■■■/ ノ=″/::::| |  '.:    . : .
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽヽ      ヽヽ υイ彡三ニー、::://,',.゙:;
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ     '         ゚。イ《     《`./  .. : .
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> _  ⊂ つ  . イ.∥辷>-‐二、i.. ,
.:.:.:.:/l/l.:.:./l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ,≧=‐=≦ /.  ヾ< ̄  { |!
.:/l/ /.:./ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:.:.:/__|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   /\    /    ..∟-=ニ~ i{ヽ
   l.:./ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´|.:.:./´ |.:.:.::.:.:/l.::/.  /   \ ∠      /  ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  l.:./ r=rr.:.::.:./ l/  /    /⌒ヽ     /    .゙
  /:l  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     l // /::/    /    /     \  /     /  常人なら。いや、魔法少女でさえ、
 /.:.:.l /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     V 〈      /    ∧    /^V  \ ̄
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ.:l          V     ̄/   ヽ  / / ノ ノ/ / r.  避けるどころか斬られた事さえ察せぬような、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    ̄ ``ヽ  /i    /     /⌒V //^l / / / /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/          V  |   .:.::;:;:    /   V / /   l / /  完璧な一撃だったのに――。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            |  | .:.;;;;;;;;:;:;;;:;;;;;l;/;:;    l l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            |  | ;:;:;:;;;:;:;:;;/.::}};;:;:;;:;  / l        /..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

593 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:56:39 ID:IvD/sF4g0


                  / . :/                  ∧                   ┏━━━━━━━━━━━━━┓
              / . :/                   _ /ーヘ
                / . :/                    マニ\‐ヘ -─-              ――動揺する少女の急所を、
            / . :/                マニニ\〈     ` 、
.      / 〉  .   / . :/                 /ニア仁二二ニ=-   \        魔法少女の白刃が狙う。
     / /  /:〉 / . :/               ∠二ア           \ 、\
.    / /  /:/ / . :/_ x──‐< ̄⌒ ̄`ー=ァ⌒/././ . . /          、 \    ..┗━━━━━━━━━━━━━┛
   〈 〈  /:/r─ / /                 i  /ィ^/ . . 〈. .           \ \、マー───ぇ⌒_ >┐
    \、 {〈r   〈 〈 \         \  l   |〈. . . .|. . . .     \  \ _〉 〉     _ ノ⌒     ヽ
     \У⌒) iーヘ _>‐~⌒ ̄`辷_\ 、  | i\._.、,ゝ=== く _\   〉∨   //⌒        /
.       /≠/ー'                ⌒ヽ. | 、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,. ん  < /斗─=ァ′       / /
      / . :/                    |ヘ.く(   {三●;= }  )>.    〉  r‐<        ._/
.     / . :/                        λ  i\ヽ_.ヾ;三;〃./.イ  \ 仁ー─‐=ミ      ッ⌒
    / . :/   \  /           /\ーヘ \⌒`j >。 _ 。<    ィ⌒ ̄ ̄⌒マ 〉> ´
────────X─────‐≠────────┼┼─‐=〔〕ニ|  i  i  i jZZZZZZZコ
           /  \      〔 ̄         \─‐=人上=ー‐〈 八ー^ァ^ー^‐'
                       /⌒)// ー───/⌒>‐-<ニ\{  ̄




                            : "´  ̄ ` : 、
                     ,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
                       //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
                         l,f:::i|_:::::|:::::::||:::::_|i::::i::|             ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
                  /..|:|:::::|(○):::::(○)|::::::|:|
                _,イ __||:|::::_|    、   u |_::::|::|               このまま呆けていては死ぬ。
                   {__  イ´ |:|:´:|゙:、_ ‐‐ _,.ィ|:`::|::|ヽ
                    ゙´    `  ヽ   ,イ´ ⌒ / .i               .それを悟ったキル子は、
                     / i   {    ./  {
                        /   .、.  .}   ィ'   ヽ                迫る刃から逃れるように一歩、
                     __ノ     , .ヘi   .i   ∧
                    /   >'´    }   .{、   ∧.          後方へと飛び退いた。
                    /   ./´      .i   } ヽ    .i
                / .,/         i   i   {ヽ._/          .┗━━━━━━━━━━━━━━┛
                /  ∠              i   i   ヽ._}
            {_____ノ        __,ノ   i
                            '‐‐{_エ_}_)つ

594 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:56:55 ID:IvD/sF4g0

                              `''-..,
         ._,, ー''''' ̄ ̄ ̄ ̄¨¨―- ..,,_        `''マ
        ./                  `゙''ー ,,,     , - ‐- 、
      /                          `'._∠ ,.. -- 、 ヽ、
    ./                             ,ヘ::::l/       ',  ',.、
    /                              l::::;Y  \ ヽ ヽ、  ',.゙ゝ、
   /                    __          { ト、.,. --- .、.k>   i  . ゙''-、┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   !                \゙゙'''<...     ..人_|./ ,'´ 。 ゙', \   レ.`'-、  `'
  . !                     \  \       | ヾ 乂 __.ノ /レ´    `'-、   けれど妖夢は、獲物が飛び退くと
  . !                     /    |      レレ.` ー-- ´.イ  ,>┐   `
  . l                    /     /  . ./ ̄``r-<.`7ァ‐'´`'<,ゝ<       最初から解っていたかのように、
  ..!                  |     (   /    ∧:::::「ト/      ヽ
   .l,                 |     ゙゙' ∧>=、ィ:::::>'=、<    |          .一歩深く踏み込んで剣を振るった。
   .!                  .\       /   ノッ''´    } ト   /
    .l                 .>, -, ∠ ____f/  ィ ,、-‐'<_/ ̄ ̄ ` <  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     .l..;;;;;;──------------- || ////フ-//// ,__, , -<::::::::::::::::/         \
      l   ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ヽヽ_> LLLV--((   i:::::::::::/_,, - 、





     ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       .! |   ./|..___
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ     ..l l|  /|..|.:∨
     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!       l  | .// |.;;:> '' ""´ ̄`゙' 、.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!     .!  |// /       ̄`゙ 、  ヽ
    .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ○)::::::|`    ....l  // /...         ヽ   ……キル子は困惑していた。
    .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l        | .// /.  .! /! /|__イ_,ハ.. .',
   │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄u.  _/_;l!        |// /|...、,ゝ=== く ハヽ.!   |.   恐らく“これ”こそ妖夢の魔法だ。
    |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|          .// /、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,.ノ._/
   .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|       // /|.く(   {三●;= }  )>.|. 八   だが、何が起きているのかまるで分らぬ。
    |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!       .// /l ||..|..ヽ_.ヾ;三;〃./  |.  \
  ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl      // /  |', ト 、          ,イ.ヽ   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃      .// /| l | レ\_>.、.,_ イハ、_/\/
. 〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '       // /. | l |    /   `ヽ!ムく]ハ- 、

595 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:57:11 ID:IvD/sF4g0

  ./ ∧
  ./ /∧
 / .//∧
  ////∧
  .////∧       .  ' "´ ̄ ` : 、
  //////∧.    /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 .///////∧  ./:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
  ///////∧. l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|             .先の剣戟の途中から、ずっとこの調子だった。
 .////////∧ |:::|::::|(◎) (◎)|::::::|:::::|
 /////////∧´ |::::|:!!!r‐-v、!!!「|.:::::|:::::|            当たるはずの一撃が当てきれぬ。
  /////////∧ ´ iヽ、_lililil| _,.|:`:|:::::|
 .∨/////// ∧了: :7× / _ノ  \|:::::|             躱せるはずの一撃を躱しきれぬ。
  \///////∧ `フ: : :.Y_ノ ̄ヽ  |:::::|
    \//////∧〈__,r'´   ノ  /::|i:|            道理の通じぬ怪異を相手にしたかの様に、ままならぬ。
     \ ////∧_/、    / _ イ:|::||:|
  ト、   \////|‐、: . :レ '´   .ト、| ||         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  | ` 、   \//,イ l/        ヽ′
 、 l   ` 、  \/イ  ヾ  ノ     Y





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
            /   /: : : :|: : :ヽ      ,  /: :.:ノ|:/
         i   イ: : : : :|: : : : i  r フ _ 八:く ノ'八
         |  /:.|:.:ル:.人: : : :|、    ノ ゝノヘ: :\  \          .┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
         | //  ̄ ̄\i: :从 千///ハ i Y: :.\  \
         |:/__≧ < __,|:/__i  / / )\从: : :i\  )        偶然と見るには続きすぎている。
          /  ̄ ̄\ \\    |    / ノ }:人:./  ∨
          i     | 厶 \\_ |     {/  /´ V             先読みと見るには精確すぎる。
          |   /  ̄ ∨ 人 /ヽ __ ,人__/ \_
        ハ //ハルへ{,へ/|   /> ――( \              .これでは、まるで――。
       />ハル'⌒'⌒へハ{  |  , 辷彡《\、 ̄iゞソ
      ノ_彡へ⌒V⌒Y__/ 〔   |  /7iしハ_》\》  |i人           ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
     / しへ_ / ̄ /⌒i_〕 | '八_,ノ ̄ i\  /|  i       __
   彡イ    ,へ フ⌒ 〕--| 〔  | /  〕\ ̄\ ,メ i|=| \ _彡'__⌒ヾ
    〕へ  /(  / 人 | )   i   ' ̄\、_ { 人 _ ノノ' ̄\   ̄ ̄\`
   しへ \i 〔 Y    〕人(   | /:. :. : : ヾヽV  ヾ  i     \_____ ∨
      乂人 \|_  (   〕  ノY=======从 (ノ_,,)ソト     ヽ       ニ=- -
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

596 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:57:26 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/:::::::/::: : |i:i:i:|i:|::::::/    |i:i:|           |i:i:|               i|i:i:|
:::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::/::::::: ,. |i:i:i:|i:|/    │i:|           |i:i:|               i|i:i:|
ニ=- __/:::::::::/::::::::/:::::::::/:: |i:i:i:|i:|      |i:i:|           |i:i:|               i|i:i:|/
|i:i||‐=ニ二=‐ _/:::::::::/:: /|i:i:i:|i:|      |i:i:|ZZZZZZZZZZZZZ|i:i:|ZZZZZZZZZZZZZZZ|i:i:|/
|i:i||     ̄  ¬=ニ=- _,.ィ「  |i:i:i:|i:|      |i:i:|           |i:i:|  ||: : | |: : | |::i||  |:| |i:i:| /
|i:i||。。..,,_       ``゙'|:||  .|i:i:i:|i:|      |i:i:|           |i:i:|  || ̄| | ̄| |~.||  |:| |i:i:|│
|i:i||宀十=ニ三二ニ=- 。。..,,|:||_,|i:i:i:|i:|______,|i:i:|           |i:i:|  || ̄ ̄ ̄ ゙̄||  |:| |i:i:|│
|i:i||冖十‐:|─|--|:|   ̄¨¨:|:||─i|i:i:i:|i:|─|─‐|ー‐|i:i:|           |i:i:|  ||       .||  |:| |i:i:|│
|i:i|l   l|  |_|_|:|      .|:||─i|i:i:i:|i:|─|─‐|ー‐|i:i:|           |i:i:|  ||       .||  |:| |i:i:|│
|i:i||゙ ̄l| ̄|_|_|:|      .|:||─i|i:i:i:|i:|─|─‐|ー‐|i:i:|           |i:i:|  |. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
|i:i||゙ ̄l| ̄|_|_|:|      .|:||─i|i:i:i:|i:|─|─‐|ー‐|i:i:|._/`ヽ        .|i:i:|  r'─
|i:i|「 ̄l| ̄|  |  |:|_,,...。。⊥ニニi|i:i:i:|i:|ニニニニニニ./ ̄  `ー‐  ¬   |i:i:|   ̄  『――そうさ、心を読むんだよ』
|i:i| -=土ニ二三二ニ=-‐宀T|   :|i:i:i:|i:|      ./ ●      //   .|i:i:|
|i:i|-─  ゙ ̄         |:|:|   :|i:i:i:|i:|     { (__   ●  / l/    |i:i:|      かつてキュゥべえは、妖夢にそう語った。
|i:i|               |:|:|   :|i:i:i:|i:|      .\ `ー'  , |   ....|i:i:|
|i:i|               |:|:|   :|i:i:i:|i:|-..、     .| iヽ   イ!  |      .|i:i:| ̄ ̄ .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
|i:i|               |:|:|__,|i:i:i:|i:|¨´:|____.| 乂}   `| |    |i:i:|ニニニニニニニニニニニニニニニ|i:i:|
|i:i|             .-=-  ̄  |i:i:i:|i:|  :|   ,ィ.| ノ  ,:コ、 |.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
|i:i|     _ -─=  ̄       |i:i:i:|i:|_」 ,.ィ 〃/  // |  、‐- 、 . . . : : : : : : : : : : : : :, :, :\
|i:i|  _ -二-  ̄          │i:i:|i:|,. --ミ ゙ア    /::i⊆ -一'__,ノ.============================
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

597 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:57:43 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

──────────────────────────────────────────────────
           /''''~ヽ.   /  ヾ
           /,___, r`i、 {'ー-' /.|                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /~' - ._  ヽ,__,,/  'i >tー' |
     }   ,i  \.  |    'i  |   |                          『一流の大工は、鋸を当てただけで
    /ー' /、  丶'ノ     ~    |
    `- '  >,             'i                           木の良し悪しを測れるという。
  / ̄~''-ー'  ......、,ゝ=== く    ...|
  .{   i     、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,   .'!、.                     一流の柔の使い手は、握手一つで
  ヽJ_ノ`-,  .く(   {三●;= }  )>   .`'''' -ー,
      )   ....ヽ_.ヾ;三;〃./       .,   .}                相手の力量さえ読み切るという』
       !、              _,,.. -!、  .{
       /ヽ、   ー--― ..,,,....-=ニ',    >ー'                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /             /'
──────────────────────────────────────────────────



                             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

.              _                    『それと同じように。刃で刃に触れるだけで、あるいは
          |:::二‐-、_ ,.=ニニニ=- 、
           r´:::::::::::`:::::ク-──‐-:::、ヾヽ.      刃で肉に触れるだけで心を読む。それが心眼剣という魔法だ』
           ';:::::::::::::::/   ,'       .ヾ、.ヽ
          `';::::/   ,'  ,';   .l  l ` ヘ. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
              ソ',   l .,!  l. !  .|  |   |.',
              ,' l   | ,'l  | |  |l .l   | .',
              | |   | ∩ ゙̄   ̄´∩┤  | |                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              | |   | ∪      ∪ |   .l |
              | l  ..l ,,        ,, |   ,' |                  『……そんなこと、出来るものなんですか?』
              ',.∧,   !、_   ,、    /   ,! /
              ゙ '  ̄` .]'`ヾニフ‐:t´.'ー─''´                   妖夢が、半信半疑と言った様子でそう問うと。
                 /n::::::;;';;::::::::|`ヘ
                                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

598 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:57:54 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        /    {         / | i         ___
       ,イ     ヽ      /   ト-'― ー--<二       ̄` 、
       l i 、_    `ー ニ´   └ 、          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ! 'ハ\  ̄`ー- ´   , -c    ヽ
       ',  ゝ' ヽ        ヽ-'      ヽ         『そうだね心を読むなんていきなり言われても全然ピン
        ゝ´   j. , -c             } ヽ
      ,ィ    ,イ ヽ-'    __ノ        j  \     .と来ないよねそうなるとここは話の枕としてあの有名な
.     /     j     `ー'         ノ    \
     /      ハ             _ <_     ヽ 魚沼宇水の話をした方が分かり易いかなするよ彼は琉
.    /        !  ヽ           ヽ      ̄ ̄` 、
   /         !    `二ー┐       ヽ           球国の英雄でティンベーとローチンと呼ばれる武具を操
   /       l ( ̄   `´
.  i          !   ̄` ー --┐     i   \        る戦士だったんだけど驚くべき事にその両目とも盲目で
  l. .       l           ',     j    ヽ
.  l: : : .     . :l         ',     l  /   ヽ      .ありながら目明きと見分けがつかないほど鮮やかに戦う
  i : : : : : . . : : : : i        ,イ ヽ   l  i     ヽ、_
  !: : : : : : : : : : : : i       i      ヽ j      \   ことが出来たんだよ彼は宿敵との戦いで光を失って以来

                                     どうにか宿敵に一矢報いようと死にもの狂いで戦う術を
                              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.                                                                      ━━┛
      >、:::;> '"´ ̄`"'  ` .、             『そういうのいいので、出来るかどうかだけ教えてください』
     ., '  /ア  /__ /   ,   ヽ.
    /   l/  / _」_/ ! /! i  i  ',           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   :'    .'   7´んハ ;_/; ハ 、.;   }         .                        |\           /|
   |   レヘ. 八弋,rノ  `'ァt、/  ;                             |\\       //|
   |    (_| |""    .  り ハ / /                                :  ,> `´ ̄`´ <  ′
   | |    !.| |.    ,. - 、  "トレ'                                 V            V
   | l    | '、 :   l   リ  八!                               i{ ノ    `ヽ   .}
   レヘ、  '、 \ト 、    _,.イ |        ,.. -─- 、.                  八 ●   ●   八
      \r ヘ/r 、 `T斤|ヽヘ/       ,:'´      ヽ.                / .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃   ',
     ,. -‐イ:::\_\rlヽ、 '"´ ̄`ヽ.    /  *´ ω`* !                 / ..l ./⌒l,  __, イ   ',
    /    ヽ::::::}::::ヽrイ}ヽ、⌒ヽ `' ー'         ;             _/  ...il /  /     '...  ',__
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

599 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:58:13 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           |\           /|
           |\\       //|                『……実はね。心眼剣は、借り物の魔法なんだよ』
          :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.          V            V                   沈んだような声で、キュゥべえは言う。
          i{ ノ    `ヽ   .}
         八 ●   ●   八               『これを産んだのは、遥か古代の魔法少女さ。
          / .|ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃   ',
.       ./ ..l ./⌒l,  __, イ   ',                あの子は、凡人より遥かに鋭敏な感覚を持っていた』
.     _/  ...il /  /     '...  ',__
                                       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



―────────────────────────―────────────────────────
       ノイ.:l ''    '      ''∠ノ.: .: ハ.: ;ノ)  !
        l:人     、     イ.: ノ /.: ! .:〈  ,ノ
        /イ.: .:> 、,      ,.ノイ.:,イ.: ハ.:,ノ/              .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ノ'´ノ,:イ;ノl`7 " ´ ノ`Tレ'‐'く ノ/
         '´_,.ァ'7´ /v-、/ /}   /、                『――つまり、彼女にはできた。
       / / {l_Λ,_,ノ\,Λ}  /  ',
      /   /  l7 /, \,.-‐-、イ      i´ ̄\             刃越しに触れただけで、敵の心拍や
      |  /  /  〈。  ( <○>)!     |    ',
      l/  7   。`E]´>─イ、|     〉    |             筋肉の収縮や、骨の軋みを感じることが。
     /     l   o [ヲ/    ',    ハ    /
    /     〈,_   /      Λ     '、 /               それらの情報から、敵の心を読み取ることが』
  <ヽ、    /  `'/。`"''ー --‐'´`ハ   (`'´)〉
  /Y ,>、/     |o    ',    〈.,___ _,Yノヽ、              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  l_/!`ーく,_   (,、)     ',    | / ハヽ,ノ
    `ー/. ______^ヽ___,、_,.T^'ー-‐'7_______________
    /. {lXXXXXXXXXX)l}:;;;;;)_ソ _)_.___,ノ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; )
―────────────────────────―────────────────────────


―────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

600 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:58:30 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
く:::::::::`ヽ:::::::::i::::ゝ´            `ヽ
 ` ‐- ::;;_\; '           i      \
      y      i     i ノ   i       ヽ
      /    i  ハ   ,メ、/i  i /ヽ     i
     ,'   , ハ l,イ、 ,イ / `_ニL- }     i l
     i   { i-‐i´_+、V' レ' '´イ'んハ`: i ,  /  i          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     l    V ィ´んハ ........... i_ヒ_ソ_ノl / ハ  l
     ',    ', ,i_匕ソ :::::::::::::::::::::::/l/l/  ,' } i             .『そして、今の君にはできない。
      ',   ', /l/l/   '      ノ_ノi  ! !
      ' ,   ',     _,.-‐´ ̄`; ι  ! ノ / i             .君の感度では、心拍や筋肉や骨を感じられても
       `ト、 _ゝ   └-‐'´ ̄    イ / イ l
        ', ヽ ヽ 、       イ ノ ,ハ_ノ ノ            .心が読めるほどの領域には至らないだろうね』
         レヘ!、ハヽ!ト` i‐--‐´ l'´/   __
                !     ゝ-‐ i´ ̄: : :/ヽ       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             _/',    /   !: : : :/   l
         r ´ ̄7/_  ゝ- ニ-´::´`il : :/     i



                                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  `¨ - 、      _                           『だから妖夢、君は修行の為にこの薬を塗るんだよ。
      | `Tー´  ̄ _ ̄)
      |  !      `ヽ                          これを塗って、君にの感度を強制的に三千倍にする。
      r / u.    ヽ  ヽ
 、    /´ \     \ \_j                    心が読める領域に、無理やり引き上げるんだ』
  ` ー    ヽー--、ヽ,ヽ__j´
       _________________   ..|\. .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
...     @;;;;;;;;;;;;;/i7;;;;;;;;;;;;;;@  ....|\\       //|
.       .Y:::::::::::::::::::::::::::::/ニi::::マv、:::::::::::::::::::::::::.Y    :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       |  ../ニ7   Eリi  マム       |    V            V
.       `.  〈ニリ   .Eニi   Eiヨ   .i、  ./     i{ へ      へ }i
.        \ Ⅶム..... Eニi  .....!ニii . .....|ヨ ./     (ヽ、   、_,_,   /  )
.          .`マム:::::::Eヲi、::::::iニ7::::::,イレ"        /| ``.―  ― |  ヽ',
.           マム=三三三ニIリ.,イニ7    ..._/ ゝ ノ      ヽ  ノ ',__
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

601 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:58:46 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

──────────────────────────────────────────────────
||:.:.:.:.::.:.:. | (乂 )| .:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||
||:.:.:.:.::.:.:.:.|.  つ.|.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} \_人_/(
||:.:.:.:.::.:.:. ). │ | .:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}_|___ l l {
||:.:.:.:.::.:.ノ.  ・ (.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}`  |_ ,_   |   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
||:.:.:.:.::.  ̄`v-√ :.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..} (_乂 ).  {
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}r‐ 、____)  〉      『無論、この薬が拷問の道具である以上、
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八_______ノヽ (
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒) r‐‐ '' ´っ\    君は地獄のような苦しみを味わうだろう。
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.《》 ||| 《》..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} ー‐!!  \
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} /⌒\ / ⌒   その代わり、苦痛はそれに見合う力を
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.\人_人从/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ノ '.:.:.:||
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.) __、__ (| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||..         .君に与えてくれるはずさ』
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.< J 'マ > ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー匕゙―z
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.).フ l羊|(.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./(乂 ) {    .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.<. l ヘ  >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、_{ |  |
||:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.). V .)(.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..}ー匕゙ ッ {
||____ <   つ > _____..|(乂 )   {,
──────────────────────────────────────────────────



        |\           /|                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′                   『――心眼剣は、心を読む魔法だ。君も剣士なら
.       V            V
.       i{ へ      へ }i                        その恐ろしさは言葉にするでもなく分かるだろう……?』
      (ヽ、   、_,_,   /  )
.     /| ``.―  ― |  ヽ',                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.   _/ ゝ ノ      ヽ  ノ ',__
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.

602 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:59:03 ID:IvD/sF4g0

        _,,..、_  __,,,,...,,,,__
    r--、r「::::::::::|7´       `"'' 、
    `ヽ;::::ヽ::::::::!'_,,,,...,,,__       `ヽ.
      >'>'"´ ̄    `"'' 、      ':,
     / /  ,  ,  ,     `ヽ.     ',
     ,' .,'   / /l  ハ   i ;  ,  ',    i
     i !  ,' ハ | / |  ./l !  !  ,.ゝ   |
    ノ ,i   ! 'ァr''.,. --- .、.ハ-‐!  !/    |
   く_,.ヘi_/ ハ. ./ ,'´ 。 ゙', \. ト、ノ!   ! |                     ┏━━━━━━━━━━━┓
      ノ   .!  ヾ 乂 __.ノ /  ハ/   ! / ,,. -─- 、,
     く,/i !ヘ、.  ` ー-- ´.. ./ i  ,ハ/, '       `ヽ.            ――だから、妖夢には
       レへ/_.>、,   _,. .イ/  ハ/ ,:' ,.へ.       ',
         ,:'´ /:/ i ̄/ |::/__/´ `ヽ./:/        !           既に見えている。
.\       i   ,':::::!}><{、_」:::/      Y         ,:'
\ \   rイ  i:::::::i/::::::::::::::i       ヽ.  、.,,___,,..: '            .┗━━━━━━━━━━━┛
  \ \/〉i_、___!::::::i::o::::::::::::,イ        〉 ,'
    >',ァ'"ヽ、、. ,!::::::!:::::::::::::::::`i、__rヽ-、_  ノ  !
  〈/i '´ ,、);::::::::ハo:::::::::::::::::7   ./-'     ',
     ,ヽ._ y'"⌒ヽ、!::::::::::;:イ/    /  ヽ.    i
     !、___ハ._/、, _, `"´  ̄ `   ,イゝ   )  ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                    {       ヽ.:,::':::::::::::::::::::::::::\
                     乂__ノ¨Y     |.:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
                   ==半半=.|    |::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
                     ││ |    |.:::|.         |::::|::|
           , : ´  ̄`゛ :: . .  ││ | /ヽ|.::_| トェェェェイ .j:::::| `.、.
         ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\.││ |./  /.|.:|、_ ゞェェェソノ:::i `  ヽ
       :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:....│ ../  /          _ -‐ ¨ヽ ヽ
       |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l:::l │./  /          /     ヽ ヽ
        |:::::|::::::|(○)::::(○)|::::|::|  /  /           /      (_ム }. .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `../  /           /       └‐┘
        |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i ` /  /ヽ      斗===≧             次の一瞬、キル子が如何に振る舞うのか。
       /ヽ、_ ` ー '    /  /  |           ∧
      /´ー 、    `´  r======、 |               }             どの様にこちらの命を狙うか、
      |          _ィ" ̄ミヾr-'  |斗=V         /
─── ヽ、   ヽ. _.-'" ,ィ‐-=、メ-‐   |.────────━━━━━.  あるいはどの様にこちらの剣を避けるか。
       ゙、   /´    ,f_,___ /_   ノ
        ヽ.     / ゝ-'`~ヽ  ̄                       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ゝ、__/       `ヽ、
          ノ         /   \

603 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:59:16 ID:IvD/sF4g0


             γ ̄>-─- 、 , : ´  ̄`゛ :: .          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              {       ヽ.:,::':::::::::::::::::::::::::\
               乂__ノ¨Y     |.:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.        .無論、妖夢とて心を全て読める訳ではない。
             ==半半=.|    |::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
               ││ |    |.:::|(○) (○)|::::|::|         .彼女が読めるのは、精々次に打つ一手か二手程度。
               ││ |    |.::_|     ,   j:::::| `.、.
               ││ |    |.:|、_  -‐ _ノ:::i `  ヽ       .それ以上の読みを、戦いながら行う事は出来ない。
               ││ Y            _ -‐ ¨ヽ ヽ
               ││  }          /     ヽ ヽ.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               ││ /         /      (_ム }      ., ---- {///<__
               ││./          .- - ── = ニ 三. 三 // ̄ ̄ ̄\
              ヽ.|./         .斗===≧        三 //         \
                 /       .- - ── = ニ 三 .三 i         \\{
                  ./                 }        三  | \      \ } ル
                /     ,斗=.- - ── = ニ 三. 三  \ \  \  ハ i/
               /     /     {弋    ./           三/ヽ r――― 、 \ i /
             /     /      ト,   /|              入 / ヽ`}`ヽ、
.           /    /       i ` ー /....- - ── = ニ 三:.:.:三   Y:.:.:.l:.l ヽ
        ./     /           i  V.              /:.:.L__ 三  ‘,:.l:.|/
         /    /          廴/.. .- - ── = ニ 三:.:.:三.   ノ:.:.:|:.|
     /  ,/                          {≧ュ、  |:.: 三  /:.:.:.:.:}:,'
     {_ /                - - ── = ニ 三  三.  /:.:/:.:.:./{




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            / ⌒`''"⌒`ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\                    しかし、人を斬るにはそれで充分。
          /,//::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ              並大抵の剣士は、当たるはずの一撃が当たらず
       /  /、:::::...    \  .../ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   / ̄ヽ '⌒   )            躱せるはずの一撃が躱しきれぬ不合理に、
    ━━━`ー──ゝィソノー..ヽ_/.ノー─ "
           ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}            耐える事さえままならない。
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
               ̄
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

604 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:59:40 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                   i|        ,|i..|_i__/ ,'´ 。 ゙', \.!_ハ! |
                 i|       ,|i   !..ヾ 乂 __.ノ / !l | |
                    i|          |i  | i l.` ー-- ´.,.イ! /l |     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          / ̄\  . i|        |i.  ヽ!ヽヘレ     ` ̄\
         |     |. i|            |i |             ,、 ヽ       剣の道理に慣れ親しんだ人間であるほど、
          \_/. i|           |i \ \      ||  │
          __|__  i|               i|i \ \      /  /      道理にそぐわぬ不合理は理解できぬ。
       /::::::::::  u. i|                 i||,\ \  ;′ 〈
      /:::::::::\ 三. /.i|i              /i|!\  /]   /\     .彼らは理解できぬ魔法少女を恐れ、戸惑い、
    /:::::::::: <●>::::::<●.i|i.               /   i|(ノ/)) ̄   ヘ.
    |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒.i|i            /   / ,ゝ ̄.、    ∧.   真っ当に剣を振る事さえままならなくなる。
    \::::::::::   `⌒⌒´  ,..i|i       / \\ /     \    |
     /          \ i|i        !. / /       〉    !...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    / /\    / ̄ \__ i|i    \\ / |           ヘ   \
     | |  \  /  ヽ  .\__   i|i  / /  〈           ヘ,    )
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ // ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y./ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞ丶,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ ゞ ヾゞ;
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ ;ゞ ゞ;ゞ
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/丶,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  `
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ                       彼らは己が心を読まれた事さえ気付かぬまま、
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|
     `   |ii,iiiiiii;;;;;;:::|     ,..-─,ヘ-.、  ...._,、,,........_         .恐るべき怪異に出くわした子供のように
       ,|iiii;iiii;;;;:;_: :|    (,.r-/_@_r-i    .>,ゝ-=- `.、
 `     |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|,.   i ノルハノリノノ.   l_Lリハノlハ_l i       怯え怖がり、心の折れたままに死んでゆくのだ。
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|   ルl.リ_ ヮ ノリ    l人    ,リ〉i,|
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: ::::::!.   rX,_,i.∞i,〉      /  y/  ヽ     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|    <_/_,§! |〉    (⊃ ⊂[_ノ
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;::;:|,... ,,,., `'-r_,ィ_ァ'.,,,.... ,,,,.(ノノノ | | | l )
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

605 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 22:59:57 ID:IvD/sF4g0

           ‘      ‘。       ` 丶   /              i. r .                     、,ゝ=== く
              ‘        ヽ.         ヽ. ′          ヽ  .!i´ ` ヽ                 、_γ r,三三ヾ,`ヾ,
            ‘.         ヽ                    `  、〉 '   }                     く(   {三三;= }  )>
              ‘          ヽ                      。 ´     .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ‘..          ヽ      ::        。 ゚        /
                ‘'、           ヽ     ::.   。 ´         /゚。   それが心眼剣という魔法の正体だ。
   ..、,ゝ=== く.   ‘.\          丶.    .:;:.  ´           /.  i
  、_γ r,三三ヾ,`ヾ,.  ’ ヽ、         \_  ´            /    i  心を読み、心を砕く。
.  く(   {三三;= }  )>  ヽ! 丶、                  /      ,′
´   ヽ_.ヾ;三;〃./      |     \                 /.       /   .己を不合理な魔物に見せかけ、
                    l     \             /       /|
                ‘.         丶        。" `   ___ ィ  i.   ..相手の心を挫いて敵を殺す剣である。
                ‘、.          ` 、___. ィ/´                 |
                    ` 、           /                 | ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                   ヾ  -  -  ´                    i    、_γ r,三三ヾ,`ヾ,
                       ヽ                           。   .く(   {三三;= }  )>
          `'ミx、}廴_}L_}、      .丶                       ゚。...´  ヽ_.ヾ;三;〃./    ../{  /!  ィ
        ≧=-''"´ ̄ ̄``''ミx/}    ..ヽ                          \               ,x≫≠冖'¬≦'く、
    -=≫    -―‐-    `ヾx、     ゚。                       \          ,x≫”´ -―‐-  `''ミx、
    -=≧'   /::::::::::::::::::::',     ヾ、     .。                        \      ィf''"   /::::::::::::::::::',  `ヾx、__
  -=≧'    .{:::::::::::::::::::::::}      ':,     。                         ヽ.    イ'    {::::::::::::::::::::::::}     Y⌒
   '’      V:::::::::::::::::::ノ            。           _                  丶.          V:::::::::::::::::::ノ
          ‐---‐                。            }                 ヽ   、     ‐---‐
    ≧x..,_        _,.斗''"       。                             ゚。. `=- ,._ __   _,.斗
     }厂~≧===≦芋}「 ̄´       .。                            }}       ̄^Y「^ ̄}「⌒`「`

606 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:00:13 ID:IvD/sF4g0

━━━━━━━..,.. ''"ヽ、'、:::::::::!/`>- 、. ━━━━━━━━─────────────────────────
         /    くヽ;:>''"´    `ヽ.              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
          .,.'     /:/ .  ,        ';               :.:.:.:i:.:.:.:.:.|:.:.:.:,:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.i
        ;'     ;.':/ / / / ! !  i i                |:.:.:i|:.:.:.:._L∠:._|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
       ;'      !;'  ;'  ;' / !ゝ;、,」 ,ハ |              .L:斗 '~      |:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
       i       i'  i  !/ . ,. --.i/...!」              ノ      |:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
       i. !     .|___/ヽ、」./ .,'´。゙',..'´                く       |:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
       | i      !.   |''.\ 乂__ノ.                     ェェェェイ  ..|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
       レ!   !  ! ハ   |  . ` ー-..                    ェェソ  「::|:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
        `ヽ__!\_i`ヽ!ヽ._!`'ーrァ'i´」                      `ー  7/:.:.:./ .:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|
          ァ'"´ `ヽ.`ヽr-!_>フ´                   ┏━━━━━━━━━━━━┓
──────./      Y:::「ハ7';`ヽ.――― _,,....,,_.  ───━                      ━━━━━━━━━━
         ,i  、__    ';:::::::V:::::i  ';   , '´    `ヽ.         ――だから、妖夢は
         ! r'´ `ヽ、.イ:::::::::i:o:::!   〉   !        ';
         ヽヘ    V:::::::::::!_;;:」=-‐'、  r'r、      _i        .己が勝利を確信していた。
           `':.、    >'''"´   _   iァ'7! i-'‐ァ''7"7´メ_二l)、
          ,く:::::ヽ.     ,.イ´`と_,ノi !| |rァ''"´ ̄ ̄/   ノi..┗━━━━━━━━━━━━┛




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                          |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
                      |:::::|::::::|        |::::|::|
                      |:::::|:::::_| トェェェェイ .j:::::| `
                      |:::::|:´:|.._ ゞェェェソノ:::i `           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄`ヽ===三ミミ                /   \    ̄\
     ``>__``ゝ、_           |     \, -‐- 、-‐- 、          .心眼剣は既に“成った”。ここまで至れば、
\   /´    ``ヽ、、>       |\     \.  (" ̄ .入
`ヽ\ ゝ..        \\       |  \    "  ̄ ̄ ̄  )    .,,、".   もはやキル子は掌の上の猿も同然。
─ヽ .ヘ\::::....       lヽ``ヽ、   |  / \,,__. ィ"´ ̄``ヽ.:. /  ..
   \ヘ `ヽ::::::::::.............ノ丿`ヽ--''"..|      /. / ....:.:::::::::...l /  ..:::::::.  何をされようと最早恐れるには足りぬ。
     \\ ``ヽ::::::::〈// 〃 ──.ヽ,____.._./ ....::::::::::::::::://  ...::::::::::
      ヘ>''´´ヘ::::::::::::::::..     `─ヽ─、二>/ ..::::::::::::::::::/( ...:::::::::::: ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  >''"´/ ./  /`ヽ::::::::......:.::.:::.  '´/ // イ.::::::::::::::::::::::/ヽヽ.:::::::::::::::::/:::::::::/
/ >´/  ( // '//ヘ:::::::::::::::..:.r f/....///:::::::ヘヘ::::::::::::::::::/..::ゝ::::::::::::::::::/:::::,ィ'´
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

607 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:00:27 ID:IvD/sF4g0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
  ////∧
  .////∧       .  ' "´ ̄ ` : 、
  //////∧.    /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
 .///////∧  ./:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ///////∧. l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
 .////////∧ |:::|::::|         .|::::::|:::::|                        自分が負ける道理はもう何処にもありはしない。
 /////////∧´ |::::| トェェェェイ .|.:::::|:::::|   ..: "´  ̄ ` : 、
  /////////∧ ´ iヽ、ェェェェノ _,|:`:|:::::|  ,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、         .あとは他の剣士たちと同じように、
 .∨/////// ∧了: :7× / _ノ  \|:::::|. //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
  \///////∧ `フ: : :.Y_ノ ̄ヽ  |:::::| l,f:::i| :::::|:::::::||::::: |i::::i:::i      .ゆっくりと時間をかけて料理してやればよい、と。
    \//////∧〈__,r'´   ノ  /::|i:|.|:|:::::|_:::::|:::::::||:::::_|::::::|::l
     \ ////∧_/、    / _ イ:|::||:| |:|::::_|    ,、    |_:::|::|    ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  ト、   \////|‐、: . :レ '´   .ト、| ||.|:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::|
  | ` 、   \//,イ l/        ヽ..|:|::::|::/   |  ゙ヽ:::::|::|
 、 l   ` 、  \/イ  ヾ  ノ     .|:|::::|/   ∧   |:::::|:::|
─────────────── |:|::::|  /,| ヽ  |:::::|:::|. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       .|:|:i'l〉イ´  .|  `ト〈'i,::|:::|
                       .|::::::\_   |:|   ,ノ:::|:::|
                       .|仆イ|'i|`ゝ' ゙ー:'´|::/|ilハ|



       〈ニニニニj,   二 ̄ ≧ 、
      |三≧ュ、ニγ≦´ ̄ ≧ュ、、  ヽ
      }ニニニニニ:/    / {    ヾ    :.
      Vニニニ;イ´  /  :. : :.  ヾ  ∧                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ヽニニ/   .:   ゝ     ',  ∧
       `¨'{    ,.、,ゝ=== く.、  ',  ハ                  自分と同じ魔法少女と言えど
           :.  、_γ r,J三;ヾ, `ヾ, :}}   }
         ハソ.く(  {三●;= }   )>.ノjイ  j                   魔法に嵌ってしまえばこんなものだ、と。
           ハ.. .ヽ.ヾ;三;〃._/./ λ /
          {ハ }ハ>, _ イハ从ノハノ__                   そんな慢心のさなか――妖夢は、ふと気づく。
             ソ ,ィ' ァ: イ }  /  }:...y。//〉
       > ´  ̄  /:/  vノ   i: :{  ヽ            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      γ     r=====ロ==== 、j: :}    <
      イ≧ 、     〉ニニニイ ヽニニニ〈: /       ヽ
    > ´  ヽヽ.  /:ヽニイii: :}ii{二 イ: {         }
  γ  ̄   <ソ:. {: : : : :ノi」::{i!ハ: : : : :ゞ,      イ

608 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:00:54 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
          ||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
          ||..|爻イ只二二二二二二二二二二二二二二二二二只ト爻| .||
          ||..|爻イ.|. // //    __,ヘ_ ,. -──- 、,           |ト爻| .||
          ||..|爻イ.|// //    .ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ.        .|ト爻| .||
          ||..|爻イ.|/ //     7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',       |ト爻| .||
          ,.-─‐-.、..| //       i i /_!,/ィ」 L、!_ハ_i ', i       |ト爻| .||
      /:::::::::::::::::::::ヽ./       |_i__!イ'T,j   'T_,T!_ハ! |       .|ト爻| .||  ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l        ..! 7i"      ",!l | |         |ト爻| .||
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!       | i l>.、.,_` _,,.イ! /l |         |ト爻| .||    ――自分と同じ、魔法少女?
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l      ...ヽ!ヽヘレくレ'/レ'ヽ!' /〉     |ト爻| .||
        !:::::::::::::::::::::::::li:|         ./7}><{/:::/^ヽ.くx'/       |ト爻| .||  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|       ..r〈/::::Y::::t::k' _,.ィ'×、>       |ト爻| .||
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!        ./ k:::::i::::::::::i'´ !/         |ト爻| .||
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !     .ヘ、//::`7::T::: ̄!  |、         .|ト爻| .||
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





         i/|//,|/////////,'| ゞ='"     , !/|
         |/!//,|//////////|      ,ィ //,|
         .l////`>、‐---、.‐‐       '´///,|
         .リ/,// l////,l`  ─-‐r‐≦///,'l
         /,'〈ー===A////l       /≧ト、///,'!
        ///ヽ    l////,l、、   〈ヾ.、ヽ.ヽ//|
        ./////〕=- 、_ l////,l`ヾ、、 __,ヾ.、\i//|
        ,/////  / `゙l////l   `ヾ.、 ヾ、 ヾ.、|           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ,'////   /   .l////l     ヽ\゙ヽ ヾ、
        //,'/   /    .l////lヽ、    \\l ヽ \          ……やっと思い出した、とキル子は言った。
       //,'/   /     l////l  \    \l ∧ ヽ
      //,'/ r ト、     .l///,'l    \    ゙l ∧  l       その独り言は妖夢には届かない。
      .//,//    \   l////l     \   l ∧ |
     .//,//      ヽ  |l///,l       ヽ.  l.  l ,       心眼剣に集中した精神は、耳から入る言葉を
     /// l        ヽ |.l///l         ヽ |   l/
     ///!/          ヽ!l///l          V'─-"〉.       既に受け付けてはいないのだ。
    ///,|'            N///,l       _ イ´`  /
     ///,リ、          | l///,l   _><,ィ-'‐==ィ´      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ////! ヽ_          | l///├" ̄ >'〃  _>' |
   ////f   >- ___、  | l////l _ >"` ̄    |

609 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:01:07 ID:IvD/sF4g0



              ´ ̄ /:::l. ` ノ    `='"´|::::::::|_|::::::::::::::::ヽ     ./::::/ /
                 /::::::ゝ `        .'|:::::::::| ヽ、:::::::::::::ヽ、  /::::/ /
                /::::::ノ  ヽ `丶   / ,|::::::::::l _ィゝ-、_::::::::/::::/. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               /::::/   / ゝ-‐= ´ /'|::::::::_」'-‐'"ヽ、ヽr、::::/ /
              //  //  |  ヾヽ//_>'/7      、\/`‐´:::::ヽ  だから、魔法少女は剣を構えた。
            /'    / /  |  _`メ‐'´ /     、 \ゝ' ヽ、::::::::::
          //    /  メ─-‐"´       ノゝ----i'ヽ_ゝー'     \::::::  心眼剣の読みとはまるで異なる、
        /::::/    / '"-/´        ///::::::::::T´ |       ヽ::
      /:://    ///       r_ 二二⌒丶、ー::!‐-ヽ、  ,r-、  ヽ   どこか奇妙で――そして、不合理な構え。
     /:://::::/  / /´/        ⊂二 二_´    `ヽ     ̄`ヽ、_
     // / V´_/  ゝ"         _ ⊆ 三二、     |            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      , -‐="             . イヽ-、_ゝ ニニ、___  i             ヽヽ::::::ヽ
    /            _ニ-‐'"´  `ミ_ー--/::::::::::::ヽヽ`|             ヽ\、::::ヽ
   i_rニ二二二ニニ=-‐'" ̄        |、_ ̄ 7:::::::::::::::∧ヾ`|              i   ``
                        |、 _‐/::::::::::::::::/--\j|              |


                      __
              ー─=≦          `  、
                 /  /二二二二ニi    \
          r──=ァ  / /ニ=───=|      丶
          |: : : : :/    /          ト       ハ
          |: : : : ′ ィ  / i     '  |∧    |
            > ァi   i|    ∧i   / 、/  v/〉i  |
.       r ´. : /. |   i|  / .、,ゝ=== く   〈/〉|   |      ┏━━━━━━━━━━━━━┓
         ー~/. : |   il. 、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,.. У |   |
            ~⌒|  八 く(   {三●;= }  )>.     i|         ……途端、妖夢の背筋に、
           ノ   i \〉.ヽ_.ヾ;三;〃././     .リ
           / ィi  |  i   >、        イ  1   レ′       .ぞわり、と悪寒が走る。
               八 ト ル_ ニ斗≧≦」_j_ |i 从
                 ⌒ァ|i   |    |i    |ル′       ┗━━━━━━━━━━━━━┛
             /  |.ム、_|、  ム、_ イ丈
            λ у. . |  マY/.:/  | . . . | ハ
            /  Y. . . . |   {三ヨ  」 . . . l' i
               ′  ン. . . .|  i : : :i   厂. . . 〉、|

610 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:01:25 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
            ./         ヽ   _'  .{  /__,,,ィ
           Y        ィ'| ハノ /-、 ヽ Y  :,: /'"/ィ   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          (    ⌒(__( Y  /   ヽ }  ).. .ノ霜斧ミx,゜
            ヽ、  ヽ__,      ヽ    .ノ ∠. (圭圭圭{!'    .魔法による“読み”ではなく。
              Yヽ ハ ` ̄`ゝ   `‐‐."./  ..寸圭圭イ :';'''
         ._  /``─-、 r'"´二ニ__r‐‐"  ゝ‐.τ'{{7⌒∴:.    妖夢の、魔法少女としての直感が、
      .__/__``ヽ--===、 `` <   | __ゝ-''"´ )/
   .../______      >^^r> .|___,,へ...。∴{!          これ以上踏み込めば死ぬと告げたのだ。
    /_>`ヽ::::::::ヽ   ̄`r'^彡''""´``ヽ、r、 _,ィ(.
.  /:::::`ヽ  ヽ:::::::Y,ィゝ/: : : : : : : : : : : ,ィ圭||ア '’..  .....__   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.  ,ィ(_
..ヽ,::---───--'"ゝノ: : : : : : : : : : : : : : :炸圭(..Y   .,ィ升彡               ノ圭圭圭圭そ          。  佳圭
             }: : : : : : : : : : : :.:::: :.⌒`寸ト、   ,{抄'⌒    ノ斧ミ、 o    ∴炸圭圭圭|iて ',∴ ・         _ノ佳佳
                  }: : : : : : ..:.:.:.::::::: : : : :..゜..: :Y  ノ/        ⌒∴   ・ ノ(_ノ圭斥⌒',寸ミ、        ',.:,:・'`¨∵¨¨⌒
               }: : : : : : : : : : : : :ノ.,,、:::::/. //   ノ(          /少'⌒ `       ..,, _,.。x≦少"・       ,
                 =======-‐''' π_ノ心、/ノ(,炸||(   ,,.,⌒ ・っ  ∴ ・                 ;,,ィ炒⌒;.    c=≠二,ィ
               /         )圭圭圭圭圭ア  ∴:¨'`   `                     ',∴ ・     ⌒ 寸
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
::::::::::::::::::::::::::::i::::三=‐
:::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::=
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二=‐
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
::::::::::::}\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二=‐
:::::::::イ{  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::人    _ィ刃                  瞬間、飛蝗のように妖夢は飛びのいた。
::::::::::∧  ∨:::::::::::::::_ イ少从彡三三ツ´
::::::::::::∧   ヾ7三三三三三三三三シ                      体のバネを利用して、
∨:::ノ::八    {三三三三三三シ ̄
 ',::::::::::::」    ヾ三イ三〉;;;;:                        キル子の剣の間合いの丁度一歩外まで。
 {三=テ廴     ¨ ̄::;,:;;
 ヾ三r=t三≧ッ         ::..                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ....,.:;:.............
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

611 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:01:57 ID:IvD/sF4g0

    `ヽ;::::ヽ::::::::!'_,,,,...,,,__       `ヽ.
      >'>'"´ ̄    `"'' 、      ':,
     / /  ,  ,  ,     `ヽ. u   .',
     ,' .,'   / /l  ハ   i ;  ,  ',    i
     i !  ,' ハ | / |  ./l !  !  ,.ゝ   |
    ノ ,i   ! 'ァr''.,. --- .、.ハ-‐!  !/    |
   く_,.ヘi_/ ハ. ./ ,'´ 。 ゙', \. ト、ノ!   ! |              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ノ   .!  ヾ 乂 __.ノ /  ハ/   ! / ,,. -─- 、,
     く,/i !ヘ、.  ` ー-- ´.. ./ i  ,ハ/, '       `ヽ.       .――おそらく、いま少し呆けていれば、
       レへ/_.>、,   _,. .イ/  ハ/ ,:' ,.へ.       ',
         ,:'´ /:/ i ̄/ |::/__/´ `ヽ./:/        !      .己は呆気なく魔法のもとに殺されていた。
.\       i   ,':::::!}><{、_」:::/      Y         ,:'
\ \   rイ  i:::::::i/::::::::::::::i       ヽ.  、.,,___,,..: '         .甘く見ていた――と、彼女は自戒した。
  \ \/〉i_、___!::::::i::o::::::::::::,イ        〉 ,'
    >',ァ'"ヽ、、. ,!::::::!:::::::::::::::::`i、__rヽ-、_  ノ  !              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  〈/i '´ ,、);::::::::ハo:::::::::::::::::7   ./-'     ',
     ,ヽ._ y'"⌒ヽ、!::::::::::;:イ/    /  ヽ.    i
     !、___ハ._/、, _, `"´  ̄ `   ,イゝ   )  ノ





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
               |:|:::l   '    .|:::|::|:|
               |:|:小、 _ - __..ィ|:::|::|:|
               |:|:::i-〈_]  [_,/|:::ト、:|
                / ̄ ̄ ̄`寸: : :|:::| : \
               / (死)   (死) \:|/ : : : :|
            |    (__人__)   | , : : : :|
              /:\_,rュヘ⌒J   ,/ / : : : ;′         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ./ : :¨7 E   `r―<_: イ : : : /
        _,人_:_Lヲ┬<_ : : : : :`ヽ: : /- _.,_            .キル子も、紛れもない魔法少女なのだ。
      _/: : : :、`ヽ       ≧s。.. _//: : `ヽ __
  _r厂⌒}| : : : : ∨ハ             / / : : : :|t┴‐┐ /   その手には自分と同じように、血と執念に塗れた
  i{〈_レく_ ∧ : : : : ∨ハ           r┤:′: : : : j  〈_∧ .′
  V¨´  /∧ : : : : ∨|             |: |: : : : : :;-ヘ、_└'ノ'    恐るべき魔法が握られている筈なのだから。
       /∧ : : : : :',|             i: l: : : : : ;′  └' .′
          /∧ : : : : ',           ∧|: : : : ∧     j  . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        /∧ : : : : i,             .|: : : : '━―---┴-   .|
            /∧ : : : 圦             i : : : i            |
           }_: : : /∧           .| : : |         _ノ
          /  ̄7  \        .|: : : :|    _ ...-=≦
         /  ./      ≧=―---- il: : : :|―=≦
       └― '"                ∧:_: イ
                              |    |
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

612 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:02:18 ID:IvD/sF4g0

                                ,.. -──- ..,
                             く'y'ヽ,,-====- ,, ';,
                              Y´ ,. --- .、...ヽi
                             ,i../ ,'´ 。 ゙', \.〉i.
                              /ノ.ヾ 乂 __.ノ /.イ|
                             ノレくi...` ー-- ´イノノ
                              〈、.r`"=:;'r , -' 、
                             /Y `y`^/〈、,_,_,〉  .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          n,,--、__/ / i   ヽ、i,  i
                  __,,,,.... -─ヒ}、 ___,,,..イ ゝλ r- 、l/ ./     そうして戦況は膠着する。
          ,.-─‐-.、."__ ̄-─ ''' ""  ̄U  ,イ /`〒({  ` ` ノヽ、
      /:::::::::::::::::::::ヽ              r´r〉     `ー-'´   ゝ,    びりびりと空気を痺れさせたまま、
      .|:::: ::::::::::::::::::::::l           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!                                僅かな間、二人は相手を探るように、
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l
        !:::::::::::::::::::::::::li:|                                鋭い視線を向け合って。
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!                            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


               ....--‐‐...、
             /:::::::::::::::::::::::`ヽ.
            ./:::,:::::::::::::::::::::::::::::、:ヽ.
           /::::/::::::::::,:::::::/::::::ヽヽ::ヽ
           .|::::::i::::::::::i!:::::/:::::::::::|::::l:i!:i              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           |::::::|::::::::::i!_:/j::::::::::_」::/|ヽ|
           !:::::|_:::::::::|●゚ソ ̄'●'、゙ヽ_,、                  「――ねえ、妖夢。あなたの魔法って、
          .|:::::/i:`:‐ri`¨´  `¨i、_` | `ヽ、
          j::::/`|::::::ト、  __'  イ:::i'゙ヽ|    `ヽ.           もしかして心を読んでいるの?」
        ,.ィ-'‐イ、 .|::::::トミゝ、_..イ人::゙!  |      ヽ.
       / 、    `|:::::::| ヾミ∥ヽ`ヽ::゙!゙‐!       |           その最中、唐突にキル子はそんな事を尋ねた。
      ./   ヽ.   |:::::::|  ヾ| ゙! ヾ、:゙!.|      イ
     /     ゙!   |::::::::iヽ  .|  .|  ヾ.i|     / |       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    /     、ヽ  |::::::::| .ヽ j   !   ヾ!  ,/  !
   / \     ヾ!   !::::::::! У-‐='==‐-{゙!     |
  /   `ヽ、_   ヽ!  |::::::::|-メ_ニニ=-__ニチ::゙!     !

613 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:02:36 ID:IvD/sF4g0


         ___
     _rヽ'´      ` ヽ、   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓       .' "´ ̄ ` : 、
    く~イゝノ --====- 、 ヽ,                                            /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
    ,' `r´  ,         ',     .「さて、どうだったかしらね。教える義理はないわ。    ./:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
    i  L  /_.,. --- .、. 」 i                                           l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|
    i    ./ .,'´ 。 ゙', ヽ.ル'   ....でも、もしもそうだったらどうだと言うの?」        |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
    L i i |.\ 乂 __ ノ /                                          ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|
     ヽ!、|_`'.` ー- - ´..       「……いいえ、別に大したことではないわ」          ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
       _,r' ヽヽ-∞'ゝ、                                                |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|
      ゝ、_イ  `Y〒i 〉.     .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ..|::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
      /. 7、.  人 _〉',  //                                       |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|




            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ':::::::::::ハ::ハ::!::::::::::::::::::::::i
           l::::::i::::'__iL_!i::::::::::ハ::::::::::j
           |::::_l::::|i.゚●,゙ ̄'≦zハ:::::jj
           |:::{ i:::::!゙¨ ´  〈゚●r'lヽリ              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           |:::::::!:::!    ' ゙¨〃:!
           j:::::::i:::ト、  ‐  ィ:::/::!                   「ただ、もしもそうだったら、
          /::::::::i:::! l! >´'ヽ.:/::::L__
            /  ̄/::j! l!,/ /:/ /  ヽ                  今度キュゥべえをぶん殴ろうと思っただけ」
           ,イ  /::/ /  /:/ /     ゙!
       / j'、 ./i:::i! /  / {::::|/ . -‐ ヘ,′            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        /  ′Y ///  ,′|:::/ ,/    ,
        〉イ ヽ| j:::i,′ ./  /'´      ,′
      /   ヽ `i|:i!|=≦=‐「_    /,′
    ,′    ゙、_!,.ィ-‐≦ニ´  ̄` ̄ .,′

614 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:02:56 ID:IvD/sF4g0

    /::://:::::::::::,. ´          ヽ \
   ヽ:l l::::::::, ´            '  ‘,
    }:l !::::/    l  l   l  l  l     ,
    l:| |::イ l  l__|_ |    ,!-ハ- !、 l  , l          .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ー' '-!  , ´|. |.、,ゝ=== く} イ / l  l, !
       | l |..、_γ r,J三;ヾ,`ヾ,イ /  !VI            「……どうしてまた、今更?
       |ハ  ,.く(   {三●;= }  )>.| l |
       | l..´  ヽ_.ヾ;三;〃./.イ /}|',!             確かにあれは、何度か殴るなり
        , ハ  l`> ._  _. <´、!,/ !
        / V´l:.:.l  、 /  l:./´ヽ、             斬るなりしてやりたいと思ったけど――」
          /   ,:l/´`V ´ ヽ{    l
        /    !:.777{}777、},    \          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ヽ _/}:.{,//八///>, -   /
         V   l:.:>‐'/l:.、/7、l´`ヽ'
          l  /:.:.ー ':.:l:.:ー'´l   l



      . : "´  ̄ ` : 、
      .,:::::::::::::::::::::::::::ヽ::、
     //:::,::::::,:::::::、:::::::、::ヾ:.
.     l,f:::i| :::::|:::::::||::::: |i::::i:::i
    |:|:::::|_:::::|:::::::||:::::_|::::::|::l                      ┏━━━━━━━━┓
    |:|::::_|    ,、    |_:::|::|
    |:|:´:|゙:、/ |l|\,.ィ|:`::|::|                       「……だって」
    |:|::::|::/   |  ゙ヽ:::::|::|
    |:|::::|/   ∧   |:::::|:::|                   ┗━━━━━━━━┛
    |:|::::|  /,| ヽ  |:::::|:::|
    |:|:i'l〉イ´  .|  `ト〈'i,::|:::|
    |::::::\_   |:|   ,ノ:::|:::|
    |仆イ|'i|`ゝ' ゙ー:'´|::/|ilハ|

615 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:03:07 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
               |:::⇔:::|
              |:::⇔:::|
.             「二ニ」
               {ー =≦}
             jニ=-  ` 、
             辷ニ=ミ 、 `ヽ、
               |:::⇔:::|  `ヽr=x`ヽ、             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           r‐::┴=ニ::::: ̄`ー:、  `^j ヽ、
.           (::::::::::::r‐==ニi::::::r‐'   `ヽ、 ヽ、        「――だってお互い、あんまりにも
.           `^ ーL____l ̄       `ヽ ヽ、
               |: l: { !              \ \      .人を護るには向かない魔法なんだもの」
              |: l: } {                ヽ  ヽ
             |: l: { |                  ',  . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  |: l: } !               ‘, '.
                 |: l: {{                  ‘, '.
                |: l: } i                     ‘, ' .
               |: l: { {                    ‘,
              |: l: }{                  ‘,   ヽ
.                |: l: { i                  ' .    \
                  |: l: } {                    ヽ     \
                  |: l: {{                      \   `ヽ、
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

616 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:03:23 ID:IvD/sF4g0

                         -=-            ___
                      ´         `        //////
 _                 /              ヾヽ///////
,´ '-、                                ∨7777777、
l l:::: \             /                  ∨///////77ヽ
l l:::::::::::\           ,'                  ',  ∨//////////\
l  ',::::::::::::: \.         /,                      ',  ∨///// ̄ ̄ ̄
l   i\::::::::::::: \         'イ        ',           ' , ∨//:/ヾ 、   ┏━━━━━━━━━━━┓
l   :.`、\::::::::::::: \       |        ',           ' ,. ∨:/`ーヾ
l  ::. ヽ \::::::::::::: \     | !.         ',                 、∨、        「……ああ、確かに」
ゝ、 ::. ミ  \::::::::::::: \   | .;ィ 、        ト、                ` 、'、
  `ミ |    \::::::::::::: ,ィ´^"   〉     ', ヽ_             ヽ      .妖夢は、思わず頷いた。
    ヾ       \ ,ィ´ r'´入_, '´ ト、   N---ヽ从ノjノjノノリミ、     \
             〈 r'´,イ:圭:ミ:、Nィレヘ从|    _____l__     `ー 、ミ 、 ヾ.   ┗━━━━━━━━━━━┛
          ,ィ´ ._`寺:圭:圭:ミ:、||: : : : : ≧:≦: : : : : :`:ー,---、
          \, '´/. `寺:圭:圭:ハ:、: : : : :.¦ : : : : : : : : : l   ヽ、






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;7            `゙"
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,..;>ー'゙゙゙゙゙ヽ
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;;;.,,.;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  `''、_;;;;;;;;|          はらわたをまき散らして人を殺す魔法。
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l.;;;;;;;;;;l゙ ゙'<;,v、;;;;;;;;;;/'    .`''''"
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .tナ‐' ̄″ ∥ .`'―ー!llt;;. .'             相手の剣を先読みして心を挫く魔法。
;/  ,r./  l;/    '!┘            リ'i
,! ./  ,i";;{_                  =!.!.l               ,i'''.  ……命を奪うのには向いていても、
!     ゙L;;;;;゙>                    マ , 、,,,           `''
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ         i'''j  .!、,,;l,゙,,r‐ー、       命を守るにはほど遠い、二つの魔剣。
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア   ,......、   ,iミ;;/  ,r'''";;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙    l.;;;;;;゙ゝ、,i''";;;;; ! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l!´二..,,,. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,    `''''''i_;;;;;;;;;i;;,゙  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

617 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:03:43 ID:IvD/sF4g0


                              }_`¨¨_/
                        ⌒ヽ    }____{
                  ー… 二三込\,_ /__/   /
                ー= ア/ ̄ ̄ 〉/ 〈_,.. ∠ -=,/
                  / /     /,/  ト、___/        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  /// / / /′  | \__(
               '   レ゙/ // /// /,                  そうして、妖夢はようやく気付く。
                  ノ/)//)// / //
                     レ'/)/)/)ノ //               自分と同じく戦乱の世を生き延びた、
                 ,  ア{ ̄ ̄`く/゙
                   / /―`¨¨¨¨¨_\                    ……生き延びてしまった少女が、
                     | {―――――ァ宀 、
                  \{――――‐/    ヽ            自分の目の前にいるという事に。
                  `ヽ―――{      ‘,
             __      __ \――{      }             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.            `く\  // ̄\`ー\―゚,      _ノ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
          ||..|爻乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂乂爻| .||
          ||..|爻イ只二二二二二二二二二二二二二二二二二只ト爻| .||
          ||..|爻イ.|. // //    __,ヘ_ ,. -──- 、,           |ト爻| .||
          ||..|爻イ.|// //    .ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ.        .|ト爻| .||   ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ||..|爻イ.|/ //     7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',       |ト爻| .||
          ,.-─‐-.、..| //       i i /_!,/ィ」 L、!_ハ_i ', i       |ト爻| .||     ――命を守る魔法でなく、
      /:::::::::::::::::::::ヽ./       |_i__!イ'T,j   'T_,T!_ハ! |       .|ト爻| .||
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l        ..! 7i"      ",!l | |         |ト爻| .||     命を奪う魔法を与えられたことで
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!       | i l>.、.,_` _,,.イ! /l |         |ト爻| .||
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l      ...ヽ!ヽヘレくレ'/レ'ヽ!' /〉     |ト爻| .||     キュゥべえに怒る、その理由に。
        !:::::::::::::::::::::::::li:|         ./7}><{/:::/^ヽ.くx'/       |ト爻| .||
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|       ..r〈/::::Y::::t::k' _,.ィ'×、>       |ト爻| .||   ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!        ./ k:::::i::::::::::i'´ !/         |ト爻| .||
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !     .ヘ、//::`7::T::: ̄!  |、         .|ト爻| .||
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

618 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:03:59 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
         /// ////// /^>、| //⌒| -――-,\//// > 、 )
        く// /// /⌒彡ニ| {  \/_/_ / / ̄ ̄ ̄ハ/~  ー- 、\
       }〃//r=彡 , -‐,≧ニ、 /: : : : \/      / |./^\ /| 、/,丶 丶
       / /(( ニ -‐ / ト、_:_: :Y: :}ヽ-; : : :/___ ノ: く     \ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       | :| ( :>―=、{: :_」 /: : :{: /へ{: : : :{     `i|  \   /
       | :|//:}ヽ _: : : }:⌒V: :; -‐…ー- 、:_:」.: -―-、, -- 、 /~` ー-  「……ねえ、キル子」
       l :∨:」 ┌':_:_ノ三二ノ'´ ̄ .:.:.::} r‐一' ´ ̄.:.:} } ⌒ヽヽ
       ∨ ヘ:⌒ノ.:.:.:.:.:.:.:.)ノ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノ.:.:.:.:.: _.:.:彡'イ`il:.:.:.:} 〉:. __    .どこか遠くを眺めるように、妖夢は尋ねる。
          }\ \{:.:.:.:.:_;ノ,二ニニ丶-------- 、)):.:.:.:.:.〃ー=ニ二、 \
       八//\ \((:.:.:.:.:.:.:r,='^.:.:  ̄ ̄ ̄`ヽ \=ニ´.:.:.:{: :  _ \:.{.  「あなたも、何かを守ろうとしたの?」
    /三三三>、/ 丶 丶 :.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ  }:.:.:.:)' _ ノ{.:.:レ '´
  / |三三/ ̄  \///>.丶-=ニ _ r_'  ̄, -―ァノ.:.:.:.:.:>-‐ '"´,. イ.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 { {}三三{     丶 /////≧ー-  二二二二二   -‐≦´///////ヘ三三}        } }     /
  l\ \         >  ///////////////////////////  <  }三三{    / /!    /
  |  \ \           ≧=ー-=ニ三三三三三三三ニ=-‐=≦              / /  |  /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
介廾レシ代乂k イ乢r└r────r′'´.:.:.:.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ン乂北孑儿⊥廴沂伏k |∠ ニニ ヽ│.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
爻戈乂尤ン之k泝垳ト乢 { 郵〒便 }| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
尓小Y爻久乂泝收游卦 ト、P0STノ│_从Y林卆k¬=弍來k二三三三二三三三二二二三三三三二 ニ
ヌ以从y戈k孑湫批效收「  ` ̄´  ¨|    ̄`ヾ率ィkュュュュュュュュュ芻  ─`ヽ、. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
戈キY尓父ト派收批彬淵        | ‐ ─ ''  ̄_   _ュュュュュュュュュュ ̄` ー- `ヽ
爻丱W从リj浙似彬批矧| ト ---イ  |7ヱ三 ̄ _ 〕 〔℡广TT弋ゝ、二ニ ¬ー.  「ええ。愛しい故郷と、愛しい隣人たちを」
ネ仗!|朮k湃漆柎游?陪翔 || ̄ ̄||  |        ヽ '^率、    く艸k
什メ从尖淋坿游?陪彬矧| ||__||  |= ======\ ヾ來、   `ヾ_夲k ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
タ乃リミ斗?如漆?陪游戔翔 ` ̄ ̄´  |           ヽ、 `'卆k    `丶率      `ヽ、
爻カ||k夭汽?陪辧彬辨戔|         | = = = = ===== ヽ、 Yw从YW仆 ィイ ヘYハ   ヘY/
`^Yj|l广´ `¨'`^卅¨^ _,」         L_           、vヘYリ州jハ州リハjKじY州ルイ Yソレ/r ヘWリイ
、wツ|lk__シ艸リy洲ルr_ハ、` ー---一 '´ ハ _、wYレr_、vリ州k災リル艸ハW洲爻W州艸从リ笊州〈ルイ災川ム
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

619 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:04:18 ID:IvD/sF4g0



                ノ      .|i      |i  |   |    //)
           〈        .|i      |i/ 八       /
           ∧       |i       イ| /         /     .┏━━━━━━━━━━┓
           / ∧ っ     .|ハ   /      八  /
           /  `、   八|     |    /.  /            「……どうだった?」
              ゝ ィi〔 }! /   |。s≦⌒/
                    |/     |              ┗━━━━━━━━━━┛
                  八   _八  /
                 。s≦⌒    ∨






                  ,. . :-――- .、
               /: : : : : : : : : : : : ::\
              /: : : : : : : : : :/. : : : : : :.\
.             l: : : : : : : : : :/ .: : : : :.i: :、:.ヽ
           |: : : : : : : : : :| :._i: : :.ト」:.|_|:i」!
             |: : : : : : : :_: : ィ(ー) (ー)           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.           |: : : : : :.,ィケ! : |.     、 |
             ! : : : : : ゝ、|: :.|   __   ノ                 「そんなの、言うまでもないでしょう」
          |: : : : : /:./ |: :.ト、     .ィ′
          }: : : : /:.∧ |: :.| / 辷'l:.|              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           /:.:.:./j:./ `j: :.|,イ\ ||:.|
.         /:.:r'’∨∧.  |: :!v}|  Ⅵ! 》
        /: : | /:∧ \|:.:ト、||  | |:.}}、

620 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:04:33 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                           |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
                           ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l    .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                             / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
                         l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l    「何もかもうまくいかなくて。
                              ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
                              /         `ヽ!   !   血に飢えた魔物が一匹産まれて、それでお終い」
                          / / .         ヽ..._│
.. .,ィ劣王ミ::、..___                 |、 !             `<ヽ,┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.. .寸圭圭圭圭圭}               ._メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\                   /          /     l
..`ヽー―- 、.、 少´              ∟ 、┴-    -l_____, -ー‐‐‐‐'  . ___       _ ─'/_.,., / ̄  ̄ 一一<     |
  {\ー―ゝ、` 、             _                        <"\\ ̄  ̄ ̄  /__、 i!         |     /
     {   ヽ ` ー=ニニ=ー――=´―‐`r―- 、                    \_//\ヽ_ _/ヾ\ _l一一一─_ _l|_彡//
  ..._、}__ ,r- 、                |     ヽ         _z‐ヘトz_.\ /ノ   ヽ─″ ̄.¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭
.______ヽ彡ー―――――――'´ ̄ ̄ ̄     ;;;#圭#;;.._>ニニニニニニく.;#圭圭圭圭     .{少r:ゞミ王王圭圭圭圭少
..圭圭圭圭圭王圭圭}                    ;:;;;#圭圭=ヘ,イニrーヘ^ー=ミ、#圭圭圭リ       {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬
..圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´                        ::;;;圭;| #_ノ孑″  {〕゙ .,.ィ ′ヽ圭少         寸少' ̄ r劣}   .弋圭
.`¨¨¨´ f壬心                             ;;;;/ _j/^´)" √ィ′´ ̄ `゙ `ヽ                . ̄
    ..弋圭ヲ                              /'´ #. ィく)ィァ⌒゙オ /ィ斗~、 ヽ \_
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                  ,. . :-――- .、
               /: : : : : : : : : : : : ::\
              /: : : : : : : : : :/. : : : : : :.\
.             l: : : : : : : : : :/ .: : : : :.i: :、:.ヽ
           |: : : : : : : : : :| :._i: : :.ト」:.|_|:i」!
             |: : : : : : : :_: : ィ(●) (ー)           ┏━━━━━━━┓
.           |: : : : : :.,ィケ! : |.     、 |
             ! : : : : : ゝ、|: :.|   __   ノ                 「あなたは?」
          |: : : : : /:./ |: :.ト、     .ィ′
          }: : : : /:.∧ |: :.| / 辷'l:.|              ┗━━━━━━━┛
           /:.:.:./j:./ `j: :.|,イ\ ||:.|
.         /:.:r'’∨∧.  |: :!v}|  Ⅵ! 》
        /: : | /:∧ \|:.:ト、||  | |:.}}、

621 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:04:50 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                `ヽ...ニ´-‐== ヽ        \
                ',.ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
                 l⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }
                     ,'.  /  j ,. -─-  、..ト、/     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.         ヽ . _ .. '. .i ′  /        \.} \
         `77  ,¦ | _ |{   /             `、.丿       「――それこそ、言うまでもないわよ。
           { { / | ∧ 八. l
          _人{ 八  rfミ  . l                      何もかもうまくいかなくて。
      , ´. -  人  {\ハ ツ   、
.      {//     ノ厂` 八''  ー'\                      ただ剣に縋る魔物が産まれて、それでお終い」
       (      // ,. '  ̄ `ヽ ‐/...` ー-   -‐´.∧ ヽ
       `ヽ   {{. /       ',.{/{ {-‐ ´  \ }}ノ     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           } ノ人.!          l  ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐
          _/              ,' ./`⌒乙-、      -‐{
                  _ .. ' ,'__r~r-匸ノハ     }}^}
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    、丶`      ‐=‐ 、 ``~、、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:》
 /      ィ(i:i:>''"⌒ヽ     ``~、、i:i:/
     〔i:i: /           \
′     !/          \  \   ゙、⌒)
|      {            ‐== ー\  V(
{          /´      |  ヽ  ヽ  | )
        V       i| \     |  _∨ i|  i|/
 V/,     V 八   i|  \    } ィ⌒`::.i|  i|
  ∨/,    ', \ _,,,   \ /  .::: 〈i| 八 /       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ィ⌒`              i|   V /
   `、     `、 :::::::.     '       八   ∨ /      ..「……まったく、世の中ままならないわよねえ」
\   \     \:::       ァ   イ/ \  V
.. )\   \       \   (:::.   / ノ   \(     ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. ⌒ `、   \   \( __  ィ(≧=- ─‐‐
     Y( . ⌒≧s。  \   }     V: : : }  \
     从\ /| ⌒≧s。\  )___ 》: : 八
          /:.|        /〔i:i:{: : : : : : : : :∧

622 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:05:03 ID:IvD/sF4g0


      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
      ,' :::::::::::::;イ:li::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::i
    i :::::i:::!::::/l::i!::::::::::::::l::!:::i::::l::::::::::::i             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    i::::::::l::i::」 .l::|:::::::l:::l_j::Lji::::l::::::::::::l
    |:::l::::l:::|(ー)  ̄(ー)Lj:::::ト、:l::::::|              「……ええ、全くだわ」
    L:l::::l_i    、      |::::」ノ」:::::l
       ̄ハ         iレ::::i:::::::::l               二人してひとしきり、笑うように嘆きあって。
        i: :>/ ⌒ヽ _, ィ´i:::l:::::::::|
       |: /     レ'`ヽl:::l:::::::::|                どうしようもないものを前にした時のように、
        ノレ'     /  /ヽl:::::::::|
      /      / /   \::::|               ふたりで口元を綻ばせて。
     /       //         |:::i
   / /      l/    / ,.   |::::|             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ヽ/     /   「  ̄ `7´    |:::::|
    l   /    !_ _/    ∧::::|
    |  /     !  /     | ヽ!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                            /
                           r-、
                         /,-ミ}
 __           γ  、       ./ , ー.、ヽ、__       .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ̄    ‐- i _ }_     ., ' .,  , - 、ヽ, イ}
         _,,.. -‐/==ヽ-`ヽ.  /  / .{   .V  }          それでも、ふたりが剣を納めることはない。
.         ハ   /    /  /) { ,/`ヽ{、  /   }
          / :.  ,    , '   /´ /  ,: }/ `ー ;        剣と魔法は、少女たちの物語が
       /   :. ;.  /  _ノ  <   ,:  /     /
       ー、__ :.     ,イ     、.,:  /     /            穏やかに終わるのを望んでいないのだ。
         /''' “¨´  ヽ     {. /      /
        /  /      i      ゝ′  , ィ彡、       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.         ;   ,      ,        ヽー彡 "  ‘,
        {  .i      /          {  y    .ハ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

623 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:05:19 ID:IvD/sF4g0

  ./ ∧
  ./ /∧
 / .//∧
  ////∧
  .////∧       .  ' "´ ̄ ` : 、
  //////∧.    /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
 .///////∧  ./:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
  ///////∧. l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 .////////∧ |:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|
 /////////∧´ |::::|   、     |_:::::|:::::|                  「ねえ、妖夢。あなたの願いは何?」
  /////////∧ ´ iヽ、_ ‐-  _,.|:`:|:::::|
 .∨/////// ∧了: :7× / _ノ  \|:::::|                  最後に、キル子はそんな言葉を仕掛けた。
  \///////∧ `フ: : :.Y_ノ ̄ヽ  |:::::|
    \//////∧〈__,r'´   ノ  /::|i:|               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     \ ////∧_/、    / _ イ:|::||:|
  ト、   \////|‐、: . :レ '´   .ト、| ||
  | ` 、   \//,イ l/        ヽ′
 、 l   ` 、  \/イ  ヾ  ノ     Y





━━━━━━━━━━━━━━  トー∧. ━━━━━━━─────────────────────────
                         lニ/V \j      -─
                       V二\  >へ
            ィ' イ工工工工ミヽ:.` <ニレ    、
           |コ"      `├|   ./ <   \
          i |:」        :L|i         .<  i
          }l:::::::...      ...:::::l{   i      ト  ` |
          i |┐:::::::::::::::::::::::::::┌|i  . 从  、 | \ |       !      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          i {:t-一 …   ─ イ~}    .Yトへ 辷彡ヘ|     从
         、`ー…      ─- ' ノ     .丶 〈     | レヘル           「……失った過去を。
                              `ー─ヘレ  ⌒ヽ
                             r──くレ'ノ              死んでしまったあの人を、取り戻すこと。
───────────────────..」ニニ/y〈   / ━━━━
                             丶ニ/ニ|ニ廴_  ィ          それで、キル子。あなたの願いは?」
                                V二」ニ辷__
                               /ニニニニ「  {         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                 ニニニニニ|
                              iニニニニ|  i
                              |ニニニニl  ト
                              |二ニニニl   k'
                              └rー‐──l   「、
                                |ニニニ={   マ丶
                                |ニニニ=ヘ  丶 \

624 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:05:34 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

      ィ辷fーr-r------------ィ-r一ヽ  、
    , '/〃__{__{__{___|___|___|___|___}__}__}__}__ハ }
.   { { < __ __ __ __ ___ ___ ___ __ __ __ __ > } i   ._,,,__
    ヾ::{ { { { |  |  |  | } } }__l>’., -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.       `ー───────´   / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
                      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!   .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        !::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!
────────────── |::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ー)::::::|` ━    「…………失った、過去を。
                        !:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l
                          │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!        .変わり果ててしまった自分を、取り戻すこと」
.                        |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|
                       !::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                     |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!
                      / :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
                   / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
                     〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '



             ,.._  _
           ,へ_,>`´ /
           く,`ヽ、 l /_―- 、
          l`ー- _ ..'== ..`_ヽ  ヽ
         ,-'ー〃       `ヾ  i              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        '-イ,イ  , l i   ト、   l  |
             {l |  ,ハlヾ !,リ,ハl   ,!  |                  話はそれでお終い。
        , . . |!ヾトリ-‐'  `ー-,イ, l |
      , .'. : : : : /ハ ! ー '  `ー uリl | !                 ほんの一瞬、妖夢はとてもやり辛そうな
    , '. : : : : : : :lハwゝ, _ r┐ _ノ,リノレ'
   ,' : : : : : : : : : : :,fヽ\ × />、' . . ,                   困り顔を作って、それから。
   ; : : : : : : : : : : ノ   >tュr<   ! : : : : : '. . ,
   ', : : : : : : : : : ヽ._, -ヽ ハ ィ'‐-、 〉 : : : : : : : : : ' . . ,       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     ' ; : : : : : : : : :/゙t‐イ ! イ `アヘ、' '  ; ; ; : : : : : :' ,
      '   ; ; ‐ 、ヽ | l 人,! /  , '     _   ,' : : : ; '

625 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:05:46 ID:IvD/sF4g0

                           / ̄ ̄`ヽ
                _          { r―… ´
                r=ァチ{ `         ゝ ニ=‐ -=ニミx       ,.ィ:ア′
                __{,ニ{ニア   ,    ,.ィ           .  '/     //
            ∠ニ,{〃V   /{,ィ-ァ' /―ァ__. -‐ ´ ,/   //
         __,{三/∧三ヽ/ , { ' / r  . -‐ ´‐- ../    ,//
     /´     \{{三ヽ三7=ニ三三三ミ、         >- //         _____
    ,      ト、__`≧=ヲ'’           `.二ニ=-¨´  //          l´          `ヽ
   /       ,  ヽ{_{三ア                 ヽ ̄ ニ=-´/          }           /
.  /     /{  ,..-{_{ア ,'   ハ   {       二ニ=‐´             ヽ      ` <
  {    /   レ   { /|   ト、\  {、 ヽ\ ヽ  l}`ヽ′             \         \ x-、
  {_   ,/  x―:イ  V {  Ff㍉゙ヽ.ゝz兮、.ゝ ト、/__.ゝ                 `⌒ヽ ....-=≪:::≫'
.   ) /  l, ― ''    | 八 ∧Vタ   込z| ! ム' \ヽ┐            .....-=≪:::≫…''''´ }
.. / '            '′ ヽl八 '     ,  jル'. :`ー‐'ヽ.|ヽ      .....-=≪:::≫…'''´  \   ノ
. /  {_              {ル' ≧:.`二/´ ̄ ̄`ヽ、 : .\} .-=「l ̄l_≫…''´            ヽ ヽ
〈     `ヽ               ,〈^y'マ_{           }: : : :.ヽ≫''`゙ー'   ̄ ̄)            } ノ
 ヽ、     ;         ,ィ  rf  Vニ} {         / | : : : : : ハ ̄{ /`L∠          /⌒'/
   У   {        fニニア}y 〈{ { ヽ__  イ  |: : : : :/. :}: :.`¨´\ / `ヽ     _/ _/_
.  /    !      /}i/>' ヽ \__..イ___ノ . : : /. : :} : : : : : : .ヽ三三三三ア´  ム三)__)
 /      `ヽ  r=ニ〈/ {___.>-'ハ:.:.:.:{:.: : :{: : : : : : : : :}: : : : :/⌒ \ ヽ _{    (
. {         \`ーy┐  rf―‐/.:.:.:.:.:{:..ヽ:.:.{:.:.:./ . : : : : : : / . : /      `ー'― ''´ ̄
 ヽ           }  ヽ{フ f'/∧:.:{:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.\:.:.:L: : : : : : : ': : イ.:ト...
   \      /      .{{ :゙^' :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:..\/\r:‐ァ''´ : : : : ,.:.:.:.ヽ
    \   /         {{: : : : : : ::.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :-‐ : : : : : : : /.:.:.:.:.:.:{}
      `¨¨´          {{: : : : .ヽ _: :__ : -‐: : : : : : : : : : : /. : .:.:.:.:.:.}
                 ゙ゝ、: : : : : : .\_r' : : : : : : : : : : : : : /. :/}__.:.:.:/
                    } \____:斗ァ―‐- 、: : : : : : : ' : :{__ノ:/ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                /    `>t_て二えアぇzム_`ヽ、: : : : : :.:.:イ/
            _,.‐<^7{   /    /       `7'こニ=ニ彡''’     ――乾いた土を叩く小気味よい音とともに、
               {:{  ヽ:≧=イ    {,       ∠
              |:.} .イ¨}/ ̄´|     i       ..イ:.:.:{                彼女は華のように斬り込んだ。
              レ'^Y.:{r=:ァ='      ヽ   r ァ'フf7.:}
                   ,|:.:l!:.:{            ̄ ´ {:.:.:.:/            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                 {:.:/:ヽ{            `¨´
               V!:lニl{
                 {.:.:.:.ヽ
               `¨¨´

626 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:06:09 ID:IvD/sF4g0

       ,,,__
         ̄''<;;;;:::...
            ''<;;;;::...            .r… 、_zx》≧
               ''<;;;::...       /       ̄ヾ州《            _____ ,,,,,,,,,,,,,,,,, ___
                  '<;;;:...    /        _=圭戔≦》―  ,,,,二.二.二......― ― ― ―::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄.:::――
                     '<;:         _= ̄    \: ̄:::::::::::::::::;;;;;;;;;:::::――― '''''''''''''''''  ̄ ̄ ̄ ̄ ''''''''''' ―
                      《{i={      《辷刈 i  トヾ ミ、 ̄ ̄
                   r=ニミz刄≧Ⅳ{ /  /fzツ`ヾルリ:.:.:トVヾ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  -=彡゚゜⌒ミ     ,,,,。zァZア ̄ zイ  ..<.ivV{   { `¨ 〈.:.:.:.:.:リ
∧。_  ⌒ミ ( ,,。zァZア沙≠{   "  /.:.:.::/⌒\N \っ,.:'´.:.:.Ⅳ      勝負は一瞬。魔法と魔法のぶつけ合い。
{!i}ニ=‐_ 廴 ¨沙≠゚゜   ヽ_   {:.:.:.:.:〈    >>ニ=-ルリ
∨ニ三三*。=≦゚゜            ̄∨:.:.:.∧\    >-、≦三》      どちらが勝つにせよ、今宵はこれでケリがつく。
  ̄‐=**。*ニ=‐_       ノミ≧ )ヾ.:.:.:.tミ≧‐...、      ̄}⌒ミz
     ̄‐=*。三三ニ=‐_   〈≧:.:.:.:::-ヽ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)、    人<≧x ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ̄‐=ニ三三ニ=‐_ V:.:.:-:.:.::j=::.:.:.:.:.:ゞ.:.:.:イ  >‐-ニノ  ヾ≠、
             ̄‐=ニ三三iz.:.:.:::::‐=::.:.:.:.:.::;;:.:.:.:ノ、≧x,,.       ヾ≠=、
    _,,,r。_         ̄‐=三≧:ん'!¨て:::‐=-.:.:.:.:.:.:.:.>ミ≧z     ヾ辷》   (Y^rえz
    乂.:.¨.:.:… 。 _      /⌒;:彡:.⌒>;;_r=:≦   ̄           Yソノ
    )} :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:.:.:.Y.:.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:::::::::::ヽ=‐__     _ ヾ=v〆=-
    7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;´{:.:.:.:::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::::::'..‐=ニ三三三三i[ ]!ニ77ニ=7




          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l                  ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
        !:::::::::::::::::::::::::li:|
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|                       妖夢の推測は概ね正しい。
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !                  キル子もこの殺し合いは
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l,
     l  |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |                  この一合で決まると感じている。
     l_ |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐! l                 ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
        |         |   l
.      |        | /
.      |        |ノ

627 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:06:21 ID:IvD/sF4g0

                //::::::::/::::::::::::::::::i::::::::::::::、:::::ヽ                  ./:::/./
               ///::/::/::::::::,!:::::|:::::|::::::::::::::|:::|:::ヽ                 /:::/./
              /' /:::::i:::/!::::::::||::::::i:::::|:::::::::::::::|::|::::::゙i               /:::/./
             /'  /:::::::|::| |::::::::| l:::::::l:::::|:::::::::::::::|:|:::::::::゙i             /:::/./
                ,::::::::::|`|、| :::::| | :::i::|::::|:::::::::|:::::||::::::::::ヽ           /:::://
               i::::::,-イ:::j |:::_ji  |_:::i::::_|::::::_/ト:::|:::::::::::::ヽ       /::.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ´ ̄ /:::l.   ノ       ´|::::::::|_|::::::::::::::::ヽ     /::::/
                 /::::::ゝ `        .'|:::::::::| ヽ、:::::::::::::ヽ、  /:::://   .ただ一つだけ間違えているのは。
                /::::::ノ  ヽ `丶   / ,|::::::::::l _ィゝ-、_::::::::/:::://
               /::::/   / ゝ-‐= ´ /'|::::::::_」'-‐'"ヽ、ヽr、:::://      .決着は、既に着いているということ。
              //  //  |  ヾヽ//_>'/7      、\/`‐´:::::ヽ
            /'    / /  |  _`メ‐'´ /     、 \ゝ' ヽ、::::::::::::...┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          //    /  メ─-‐"´       ノゝ----i'ヽ_ゝー'     \:::::::::::ヽ
        /::::/    / '"-/´        ///::::::::::T´ |       ヽ:::::::::::ヽ
      /:://    ///       r_ 二二⌒丶、ー::!‐-ヽ、  ,r-、  ヽ::::::::::::`:
     /:://::::/  / /´/        ⊂二 二_´    `ヽ     ̄`ヽ、_  ヽ、::::::::::゙!
     // / V´_/  ゝ"         _ ⊆ 三二、     |            ゙、ヽ::::::::l
      , -‐="             . イヽ-、_ゝ ニニ、___  i         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    /            _ニ-‐'"´  `ミ_ー--/::::::::::::ヽヽ`|
   i_rニ二二二ニニ=-‐'" ̄        |、_ ̄ 7:::::::::::::::∧ヾ`|          .……何故ならば。
                        |、 _‐/::::::::::::::::/--\j|
                        ゝ /:::::/i:::::::/ ̄ ̄` ヽ         キル子は、妖夢の魔法――心眼剣を、
                       / `ー/::ノ::/::::/``‐---=ヽ
                       ゝ、/              \    既に破り終えているのだから。
                     / 〈 `ー─--- ___   _ヽ
                    /   i|             ̄    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

628 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:06:37 ID:IvD/sF4g0

    `ヽ;::::ヽ::::::::!'_,,,,...,,,__       `ヽ.
      >'>'"´ ̄    `"'' 、      ':,
     / /  ,  ,  ,     `ヽ.     ',
     ,' .,'   / /l  ハ   i ;  ,  ',    i
     i !  ,' ハ | / |  ./l !  !  ,.ゝ   |
    ノ ,i   ! 'ァr''、,!_ !__/、!_ハ-‐!  !/    |
   く_,.ヘi_/ ハ` ゞ┘   ,-r'-‐=ト、ノ!   ! |
      ノ   .!"   ,    ゞ-''´ ハ/   ! / ,,. -─- 、,
     く,/i !ヘ、         ",/ i  ,ハ/, '       `ヽ.
       レへ/_.>、, ` _,. .イ/  ハ/ ,:' ,.へ.       ',
         ,:'´ /:/ i ̄/ |::/__/´ `ヽ./:/        .┏━━━━━━━━━━━━━┓
.\       i   ,':::::!}><{、_」:::/      Y
\ \   rイ  i:::::::i/::::::::::::::i       ヽ.  、.,,___,,..: '   ……妖夢には見えている。
  \ \/〉i_、___!::::::i::o::::::::::::,イ        〉 ,'
    >',ァ'"ヽ、、. ,!::::::!:::::::::::::::::`i、__rヽ-、_  ノ  !    ....┗━━━━━━━━━━━━━┛
  〈/i '´ ,、);::::::::ハo:::::::::::::::::7   ./-'     ',
     ,ヽ._ y'"⌒ヽ、!::::::::::;:イ/    /  ヽ.    i
     !、___ハ._/、, _, `"´  ̄ `   ,イゝ   )  ノ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
            /   /                                   ! 丶
          / /_/、                                    |  ゝ
         \__/                           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         /ミ,r´ノ:l\
         ヽノ/:::::/   \    ,.-─‐-.、                  キル子の魔法の種は分からずとも、
         〈:ノ、/      \/:::::::::::::::::::::ヽ
            \      .\.::::::::::::::::::::::l             魔法が描く剣の軌跡は、確かに心眼が捉えている。
             \      \.:::::::::::::::::::!
               \      \::::::::::::::l           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       .,.-─‐-.、     .\      .\::::::li:|                    ' ,ヘ/
      /:::::::::::::::::::::ヽ     /. \      .ヽ:l|::|                 /  /
   ....|:::: ::::::::::::::::::::::l.  /      \    l                    / /
   ....|::: ::::::::::::::::::::::::!.             ノ               / /
    |:::::::::::::::::::::::::::::l            /                //
     .!:::::::::::::::::::::::::li:|            /                  /'
   ....!:::::::::::::::::::::::::l|::|         |\             /    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
――../|::::::::::::::::::::::::ll.,7:! .───────────────━━
   .|:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !                                ならば、後はそれに身を重ねなければよい。
   .! !|:::::::::::::::::::::::| |  l,.
  ...l  |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |                                それで勝てるのだと、妖夢は心を研ぎ澄ませ。
  ...l_ |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
                                         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

629 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:07:00 ID:IvD/sF4g0


                                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━. ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..────────────────────
              !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l !:::::::::::::/!::::::::::::::::::::、::::::::::::l
             l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::l:::::::::::::i/i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
             |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::: |l:i::::::::i/.|_::_l_:::::_|_::::|zi:|::::::::|
              |::l::::::::|         .!::::::: |::l::::::::|゚●ソ`   '゚●ソ!:::::::::i
                 l:::|_:i|:::|         |_::li::.l:::|_:i|:::|゙¨ ´     ゙ ¨´|_::li::_|
             |:::::l:::::::!  .トェェェェェイ  |:::::|:.|:::::l:::::::!    丶    |:::::|:::!
              l::::::|::::::|\ ゞェェェェソ./i:::::l::l::::::|::::::|\.   ‐‐   /i:::::l::l
                l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::.l::::::l:::::::lヽ.l>、. _ .イ_l:::::i:::::l:|           ┏━━━━━━━━━━━━┓
            l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l: .l::::::l:::::::l   ヽ、   ,//!:::::l::::l!l
.            l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ:.l::::::l::::::::|.   ヽヽ// !::ハ::::l:|              ――そして、ふと気づく。
             l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l..l:/|:::::::::ト、   ヽ/  .l:::l l::::ト、
           / /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::|/ /::::::ハ:! .ヽ  /     |:::| l:::l  i            .心眼剣で見えるキル子は、
─────────────────...,'  l::::::/ l!  ヽ. /     /l:::! !i|!  l.━━━━━
                              ,'   |!|::l      ∨     ,' l:l l.l!   !           ひどく獰猛に笑っていた。
                            ,'ヽ、.i::l::l| /    /     ,'  |:| !| / |
                          ,'  ヽ|:l!:/   /     ,'  i::i l/  |          .┗━━━━━━━━━━━━┛




                  r====,
              , ---- {///<__
            /// ̄ ̄ ̄\
           / //         \
          ,' i         \\{
           i  | \      \ } ル         .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          l  \ \  \  ハ i/
          |/ヽ r――― 、 \ i /            その表情はまるで魔物だ。殺しを楽しむ顔そのもの。
             入 / ヽ`}`ヽ、
              /:|∨{:   Y:.:.:.l:.l ヽ.             けれど、と妖夢の心に疑心が芽生える。
           /:.:.L__ У  ‘,:.l:.|/
           {:.:.:.:.:.:/   ノ:.:.:|:.|              彼女は本当に、腹の底でそう考えているのだろうか?
      {≧ュ、  |:.:.:.:    /:.:.:.:.:}:,'
        ・<ll⌒}/  /:.:/:.:.:./{           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

630 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:07:57 ID:IvD/sF4g0

  ..∠___::::::::ゝ'"             ':.,   ',
    ../7´ .,  ;   ;  ;  !  ;     ',   i ○
   ..ノ     /  /.!  /'! /! _」ィ_/! .!   i  !
  ..く,__/   ,'  7メ!、_/ |_/ア´,.-、`ヽハ,____」  !
    /  .,'  !ァー-、       !U |_ ノ! | i  i. |
  。 ,'  i   /イ i'ハ     '"´ ,.,.,. | :  | | !    (
    l____」 /ヘ.  ゝ'´ ,       u |   !/レ' o   ヽ、
        レ'   !'"   __,,..-‐''"`ヽ.  ,'! , /_/      ノ i  ...... ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ...。 / / ,ハ、   i/´      i,.イ! /レ'´ `ヽー、‐ ''' "´ ̄,`"'' 、
.  o  〈_,.へ/ /!`7ァ_、,_     _,,.イ::::レ'::、     `Y_i  ,. '-‐- 、 !  彼女を狙う自分でさえ、やり辛いと感じたのに。
        !,/、レ'"´   `ヽ7´   ノ !::::::::':.,    _i/ァ'´ニ二''ー、 `!
         /      ',_>イヘ/へ:::::::::':;   ノ !/ー-ァ' _ノン   此方の命を狙わない彼女が、そんな事を考えるか?
    /\  /  ,      i::::::::/:::::!/ァ-'::::::::::',,.イ_/ ,.:' /=-'"
. .-‐ '   `ヽ.r'7ヽ、_,    !:::::く_r'7」 /::::テ::::i./  ,.:' i'.         ――本当に、己が見ているものは正しいのか?
.          Y`ヽ、__ヽrコン::::::::::::::::::::Y::::::::::::;.::'   ,.:' __,人__ _
          .i    ;ヽパ:::::::::::::::::::::::';:o,. :'   ,.:' ,.:' `Y´     . ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          !、   / ,く::::';:::::::::::::::::::::<.,__`'ニ-'<´   !  ` '' ー-‐''"




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:     ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ;ゞ
,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ // ゞヾ .  ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ
ゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y./ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞ ;ゞ丶,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞ ゞ ヾゞ;
ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,;  ゞヾゞ___// ;ゞ   ゞヾゞ;ゞ  ヾ ;ゞ ゞ;ゞ
ゞヾ   ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/丶,.ゞ:,,ヾゞヾゞ__;::/      ゞヾゞ
  ゞヾゞ;ゞ   iiiiii;;;;::::: :|;:/    ヾ;ゞゞ;ゞ   ヾゞ  `    ..┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
ヾ;ゞゞヾ;ゞゞ |iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ
  ヾ    |iiiii;;;;;::::: ::|        _                   それは一瞬の疑心で、けれどそれで充分だった。
     `   |ii,iiiiiii;;;;;;:::|      :'´:::::::`ヽ    ._,、,,........_
       ,|iiii;iiii;;;;:;_: :|    .|::::::l_|」」」l|     .>,ゝ-=- `.、    妖夢は、たしかに心眼剣でキル子の心を読み取った。
 `     |iiiiiii;;;;;;((,,,)::|,.  ....|::;f||トェェイ|.     l_Lリハノlハ_l i
  `   |iiiiiiii;;ii;;;;;;~~~:|   .|::/||`y']゙|| |う   l人    ,リ〉i,|     .けれどそれは、妖夢の心が思い描いた影に過ぎぬ。
,       |iiiiii;iii;;;;i;;:: ::::::!.  ...|;{_/゙==ヽ._,|   .../  y/  ヽ
   `  |iii;;iiiii;::;:;;;;::: :::|  ....WLl__l      (⊃ ⊂[_ノ  ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
,,.,.. ,..M|M|iMiiii;;ii:i;;:;i:i;;::;:|,... ,,,.,  ∪.∪ .,,,.... ,,,,.(ノノノ | | | l )
,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.. ,,,,.,.. ,.... ,,,.
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

631 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:08:19 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                    /::::::::::::::/:へ:::::::ヽ
             /::::::::::::_ノノ @  ヽ:::::::ハ            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               /:::::::::::j@     ,* }::::::::::i
              ノ::::::::::::}  __〃  ノ:::::::::::            『仕方のない事なんだよ、妖夢。
          ,....'::::::::::::::::::       _/:::::::::::::ノ
_   _,......:<::::::::::::::::::::::::::::ゝ    f´::::::::::::::/ー- 、____   .君は彼女の全てを知ってる訳じゃない。
ヽ::` ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/::::::> ´.:\
 > 、__:::::::::::::::>'⌒>::::/ ̄ ̄´:::::::ノ.: .: .: .: .: \`ー--------‐.  だから想像に無理が出る。破綻する。
         ( ̄´     ̄`¨¨¨¨¨´ィ⌒ヽ_.: .: .: .:ハ
          ̄` ー―‐_'"-、/⌒ヽ⌒)-、.: .: .: .: .:`ヽ         気付きたくないのに、贋物だと気づけてしまう』
                  f´  _ノ  i  ノ f⌒ ァ.: .: .:リ.: .: .ヽ
             f⌒   (  ) ゝ  人 ィ: .: .: /.: .: .: .:∧   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            /´`    `¨   ノー '.:/ .: .: .: .: .: .: .: .: .:ヽ、
          r'⌒ヽ    ヽ r‐'´.: .: .:〃.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:∨.:> 、
         c'⌒_____,ノ´.: .: .: .: .: .: .: .: _.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:>
          ̄      /.: .: .: .: .: ィ 7´ ̄| ` t‐-、 .: .: .: .: .: /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
、       `ヽ-‐…‐- ミ,.. '"    /ニ
ニ、              `ヽ.    /ニニ
ニ=ヽ                   '.   /ニニ         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
´   i                    :. /ニニニ
   i                  '. `ヽ.ソ           「だから、決して敵に深入りしてはいけないよ。
   |    x≠ミ     r==ミ '.   '.
   l   ⊂⊃          ⊂⊃  '.           余計な知識は、心眼をたやすく破綻させる。
  .,:′           `ー'^ー′    }  i
 人                   .:   |             ただの無関心を貫き、その眼に映るものだけを信じて、
´  丶              イ    |
.   /≧=-   _ .  -=≦ . ‐=ニ二ニ= 、         ようやく君は心を読めるようになるのだから」
.  /         /     . ‐=‐ ´  i ` }
/   !     イ       {=‐{ |     |彡'       .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  |   |      |       `ー-|     |
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

632 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:08:39 ID:IvD/sF4g0

                             / ./             !  |
                            ,i"/             !  .|
                              /./                 l ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                           /./                  ,!
                       //               l.   ――故に。見えていたはずのキル子の心は、
                       /                !
                      フ                !.    その真贋を確かめる前に、呆気なく断ち割られ。
                           ″                !
                                         /    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                      ,!    l゙
━━━━━━━━━━━━━.i、                     !    .!     ヾト┌────────────────
                  l:::::::::::::i/i:.N!                /    ,!      .`!..i:::::::::::::::::::::ハ:::|::::::::!
                  |l:i::::::::.\_ ヾi               /    /         i.\、_._:::::_|_::::|zi:|::::::::|
                .|::l::::::::| / ̄「                  /    /          :!ヾ    ..!:::::::::i
                l:::|_:i|:::|   ._」〉               /    l           /〈       |_::li::_|
                  |:::::l:::::::!  .トェ.ヾL                /    ./           ヾ、! ェェェイ  |:::::|:::!
             l::::::|::::::|\ ゞェェ.Y             /    /            ゞ.>-..ェソ./i:::::l::l
               l::::::l:::::::lヽ.l>、...,ヤ             /     ./              マ. .イ_l:::::i:::::l:|
                 l::::::l:::::::l   ヽ、./ iム          ./     ./               ヘ  /:::::l::::l!l
              l::::::l::::::::|.   ヽ.〉マ         /     /                  〉N  !::ハ::::l:|
            l:/|:::::::::ト、  ..Vム         ./     /                     Vム/ .l:::l l::::ト、
──────────────┘ュ        ./     ./                   i/━━━━━━━━━━━━━
                                ,i′    ./
                            /      /
                           /      ./
                          /      /
                         /      ./
                        /      ./
                       /       ,/

633 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:09:08 ID:IvD/sF4g0

                              }\
                              }\|  /{
                              }_`¨¨_/
                        ⌒ヽ    }____{
                  ー… 二三込\,_ /__/   /   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ー= ア/ ̄ ̄ 〉/ 〈_,.. ∠ -=,/
                  / /     /,/  ト、___/         ……そして、妖夢は気付く。
                  /// / / /′  | \__(
               '   レ゙/ // /// /,             さっきの、少しばかりの会話さえなければ、
                  ノ/)//)// / //
                     レ'/)/)/)ノ //                心眼が曇ることはなかった。
                 ,  ア{ ̄ ̄`く/゙
                   / /―`¨¨¨¨¨_\               心を読み、魔法を読むままでいられた。
                     | {―――――ァ宀 、
                  \{――――‐/    ヽ           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                  `ヽ―――{      ‘,
                    \――{      }





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
          .|:::::/i:`:‐ri`¨´  `¨i、_` | `ヽ、
          j::::/`|::::::ト、  __'  イ:::i'゙ヽ|    `ヽ.         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ,.ィ-'‐イ、 .|::::::トミゝ、_..イ人::゙!  |      ヽ.
       / 、    `|:::::::| ヾミ∥ヽ`ヽ::゙!゙‐!       |         ――ならば、もしや。先の会話は、
      ./   ヽ.   |:::::::|  ヾ| ゙! ヾ、:゙!.|      イ
     /     ゙!   |::::::::iヽ  .|  .|  ヾ.i|     / |          .心眼を破る為に始めたものだったのか?
    /     、ヽ  |::::::::| .ヽ j   !   ヾ!  ,/  !
   / \     ヾ!   !::::::::! У-‐='==‐-{゙!     |        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  /   `ヽ、_   ヽ!  |::::::::|-メ_ニニ=-__ニチ::゙!     !
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

634 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:09:27 ID:IvD/sF4g0

                         ゝ \   ゝ\ ヽニ|/     ―――  ̄ ̄
                       \ ヽヽ三三\,x≦          |
                        ヽ ヽ、ゝ=〃        \   ヽ
                       ,x≦    / /   、      ゝ  ヽ |
                     r-- __   i  i  | \ ̄ ̄ ,x_' |   i
                     ゝ=====xヽ  |  ヽ\  \ ,イノⅣ l
                    , イ /≧ュ、/|/ |__l\ 《心    ゞ- ' |    /
                   , ′ /三ニニ//-‐ ´  / /.∧ゞ' ,  r====|  /
               イ  , '三三ニ/ / }/  / /_ ヽ―  ̄ \:.:.:| /:.:.:.   .┏━━━━━━━━━━━━━━┓
             /    /三三三/ / /    {   /  |      ヽ′:.:.:.:.:
            , '    /三ニニニ/ / {/     / /     l      ‘,:.:.:.:.:.     「――やるじゃない」
        /     /三三三ニ/ / 《    ,x≦     ヽ      }:.:.:.:.:.:
       /     /三三三三ニ/ / / / ̄          ヽ     ,':.:.:.:.:.:     さながら悪友にそうするように、
      /      , ′三三三ニ/ / 〃 i           _ ヽ   /:.:.:.:.:.:
.   /      /三三ニニニニ,' /  i          >-  7:`ヽ.  /:.:.:.:.:.:.:.      妖夢は悪態をひとつ吐く。
 /        /三三三三ニニ/ /   \     > ´  ,x≦:./:.:.ゝ '::.:.:.:.:.:.:.:
/          /三三ニニニニ/ /     ゝ-  ̄        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
          /三三ニニニニ/ /               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       /三三三三ニニ/ /               i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.      /三三三三三三/ /                |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.






             /'  /:::::::|::| |::::::::| l:::::::lヽ|:::::::::::::::|:|:::::::::゙i             /:::/./
                ,::::::::::|`|、|_::i::」 |_:::i:_|_,,|:::::::::|:::::||::::::::::ヽ         /::::/ /
               i::::::,-イ:::ji、Vji  j!.゚● |::::::_/ト:::|:::::::::::::ヽ        /::::/ /
              ´ ̄ /:::l. ` ノ    `='"´|::::::::|_|::::::::::::::::ヽ     ./::::/ /
                 /::::::ゝ `        .'|:::::::::| ヽ、:::::::::::::ヽ、  /::::/ /
                /::::::ノ  ヽ `丶   / ,|::::::::::l _ィゝ-、_::::::.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               /::::/   / ゝ-‐= ´ /'|::::::::_」'-‐'"ヽ、ヽr、
              //  //  |  ヾヽ//_>'/7      、\  それでも刃は止まらない。妖夢の放った斬撃は、
            /'    / /  |  _`メ‐'´ /     、 \ゝ'
          //    /  メ─-‐"´       ノゝ----i'ヽ_ゝー'    しかし誰も居ない虚空を通り抜けて。
        /::::/    / '"-/´        ///::::::::::T´ |
      /:://    ///       r_ 二二⌒丶、ー::!‐-ヽ、   キル子の放つ斬撃は、それを見抜くかのように――
     /:://::::/  / /´/        ⊂二 二_´    `ヽ
     // / V´_/  ゝ"         _ ⊆ 三二、     |   ....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

635 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:09:45 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        |\\       //|                   /   |  |  l ヽ
   .     :  ,> `´ ̄`´ <  ′             |. `|  |  l  l.  |
   .     V            V         「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
         i{  ●     ● }i        |         ヽ_j  / //    .|
.        八     、_,_,   八         |             ヽ_ハ/′     |
        / 个 . _  _ . 个 ',      |                    |
        /ノ.ヽ`ヽ. ヽ`ヽム!  ヽ       |              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    _.. -‐ ´  ヽ   \  l;;::ヽハノ       |
/´         ヽ   ハ/`ァヘヽ      |                    『――例えば、ここに一枚の紙きれがある。
. : .         ` ー/   ヽ|:. ヘ \、_  .|/|
, : : . \        ヽ    ヽ:::. ' <. ヽ l|.|                   紙というのは存外丈夫なものでね、
l: : : : . ヽ: .       ヽ    ヘ:::. l ^l | l リ
!: :     ヽ: : : :       ヽ   ヘ:: l  .! .| l.|                     ちょっと引っ張ったくらいで破れたりはしない』
´: : :     ': : :        \   ヘ:l  | | l|
: :    /イ: .           ',    l| .! l ||              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
:   / /: : : : : : . .        ',   } .! |/|                     |
 /  /: : : : : : : : : : : : : : : .   ',   l | j   |                      |




        |\           /|             |\           /|       ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
        |\\       //|             |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′                :  ,> `´ ̄`´ <  ′        .『けど、最初に少し切れ込みを
.       V            V                  V            V
.       i{ ●      ● }i                i{ ●      ● }i           .入れておけば、御覧の通り。
       八    、_,_,     八                  八    、_,_,     八
.       / 个 . _  _ . 个 ',      ┌─\   .../ 个 . _  _ . 个 ',          切れ込みに力が集まって、
   _/   il   ,'    '.  li  ',__.. .└─/.  _/   il   ,'    '.  li  ',__
       | ̄ ̄ ̄.V. ̄ ̄ ̄ ̄|            | ̄ ̄そ    Σ ̄ ̄|       ひどくたやすく破れてしまう』
    _(,,)           (,,)_           ._(,,)    ヾ    て  (,,)_
    /  |            |  \       /  |    ヤ    〆   .|  \  ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
  /    |__________」   \   /    |___λ  メ____」   \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

636 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:10:46 ID:IvD/sF4g0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
=三≪  「 \   __  /⌒ァ ≪三三三三三三三
=三三|! ヽ    ´    `  /  / }}三三三三三三=   『これと同じ事を人体でやるんだよ、キル子。
=三三》   \          く /  }三三三三三三
.三三《   ∨ ●    ●  Y   《三三三三三三=.   ――剣を振るというのは、思いのほか
=三三{{:   _|{    、_, 、_,    八    ̄》三三三三三
=三三{{/ 八         イ 丶.   《三三三三三=   身体に負荷をかける運動なんだ』
=三三㍉!   / ーァ    T´ {   \/㍉三三三三三
=三三三》: / . : /      ',: :ヽ    〈) ㌧三三三三 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
=三三三㍉ : : /        ヽ-ヘ . : : //、 《三三三=
三三三三㌧ ,′|  i  i  | ∨∧// : : :\}}三三三      .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
三三三三三}}  |  |  |  |  ー‐く: : : : :。: ゚ : ii三三三
=三三三三三㍉|  |  |  |   }   \: 。 : : : :)う)三三          『傷一つない健全な人体でさえ、
=三三三三三三}: ソ 丶ソ  ノ     \_ノ ̄《三三三
:=三三三三三三《⌒  ⌒ ̄:::::::::::::::::::::: :::::::::::》三三三          剣の訓練で肘やら腰やら膝やらを痛める程だ』
:三三三三三三三≫::::::::::::::::: :::::::::::::: :::::::::::: :::::㍉三三=
                                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




.       |:::::::::::::::::::::::::::::l
        !:::::::::::::::::::::::::li:|              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!               『相手の技が、相手の体にいかなる負荷をかけるか。
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l               .どこを傷つければ、負荷が的確に集まるか。
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l             それを見極め、最適な場所に最小の斬撃を打ち込むんだよ』
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l
.      /         `ヽ!   !            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,
   _メ´丶、:     -‐─、:ヽ :`\
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

637 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:11:03 ID:IvD/sF4g0

                              __ .... -‐  ̄``丶/:::::::::::...::....:::::: ,/l'´:::::::: , i、!
--――――――――------――     ̄           \ ̄ ̄ ゝィ__/:::;;;;:::;;;;ノi/
                                          ヽ   ´/ィ "´ '"´
   ._             _                     `    {
     , ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ,,,  ̄ ̄ ̄ > ――― - 、            、
、             _,,ミ/゛  ヽ;;;;;;;;;;;;;/          `            \
;ヽ、  .,ノ7       ヽ‐゛   ,r''゙;;;;;;;;;;;{                        ヽ
'''-、゙゙ア'"             {,゙二、,,-、;;;;;;;;、                        ',
  ...l′   :l";二゙''''┐       ,l´;;;;;;;;;;;;;ヽ         :、    / /        .、
._...   _.  ´ ,〉;;;;;;゙'ー、,  . _,._..ミ;;;;;;;;;;;;;;;/          ::.-‐ ´ / ./  ∠.    ヽ
;;;l゙   .ヽ;; ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;.!  .l、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./             /  .; ' /.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.、!、   .,i┘;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ^'''"   ,|;;;;;;;;;;;;;;;;;;,             ./ヽ ./ /
..l;;;;゙ゝy レ;;;;广'L;;_..コ    l;;;;ン'ッ;;;;;;;;.,           .    , - '´     .『――そうすることで、致死ならざる斬撃を
. ゙'''''″ .ミ、;;;;゙''''l:゙'"  ` .、  `''" : l  . ,          .:   , '´
    ,-シ、;;_ノ   . _, `    .t  .,          .:  /          相手自身の力で致死の斬撃へ化けさせる。
;/  ,r./  l;/    '!┘         ./         ,:':  , '
,! ./  ,i";;{_             /         ../  /             ,i'''  間合いを伸ばし、非力を補う。
!     ゙L;;;;;゙>          i            ;:  /, 、,,,           `''"
..,i¬―''>.l..、/゙    i'゙゙~゙゙゙'-|!!ゝ. i            {:   、、,,;l,゙,,r‐ー、       それがキミに教える魔法、残酷剣の正体さ』
: };;;;;;;;;;;'\_ ゛   .〈;;i ゝ、;;;;;;;;;.ア. /         i:.   丶 ;;;;;;;;;;;;;} ._.. ;;i
.l゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!    .,ン-. : '!''L,l゙ . {          .!    ヽ;;;;;;;;;; l!´二..,,,. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
.;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| l゙;l ,!;;;;/   .|'ヘ,. i          . .,    \;;;;;;;;;;,! ゙'―'''''''^゙゙゙゙゙゙'l,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
..!、_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙!-゙;|,`''″  .,/;;;;;ゝi.            、:       \.´        : ,ii;;,゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 .ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;,,、;;;;;.! ---'''゙;;;;;;;;;;;;;;;;i            ヽ      丶  ..,.. -ニ=''"゛ ./;/''''i;;;;;;;;;;;;;;;;
.ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i             、      ',  "'"     ..   . l-x,;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;v ..,,,,、;;;;;;;;;;;;;;i             ',.      ',            "  .'|゙゙''、
.l´|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ン- /     ゝ-..、;;;;i             i::..      {         .l7   l
;;;;;;.,,_.;;;;;;;;;;;;;/             |;;;;;;',             i、::::::..     '、              !
                       ',           ヘ::`:::::     ヽ.

638 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:11:32 ID:IvD/sF4g0

                                            "    l   i   i (=ヽ  i   /
     /  {  .::::::::/ /)i:i:/!     八                     ヾ   l ii    i i i/l ヽi r-( ( i)i  /   /
    (  /| `   //´/i:i:i:} // ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓.ニゝニゝ( (ヽ |))/ ,,,,/  //
     ´  ー //__/ }i:i://                                  i i | |/ニヽヽ|ニゝ))<   ,// /
        >===── 乂_      ..――そうして妖夢の肢体は、           ゝ") ) ヽヽニ=ヽ)ゝ""""/ //
       /    \: : : : : : : ∧ヽ                                 ヽヽcヽ,,ニヽd/)ヽゝ)) /,,丿/
        {      Y: : : : : : :∧ Y  ...曼珠沙華のようにあでやかに花開き。   .ゝ/丿| | ヽヽ,-----""//
      《リ /   ∨: : : : : : : ∧ ノ                             r| |ノ/i iヽヽ丿ノ------''""
         /     〉: : : : : : : : :}. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.""" i i  ""| |
       《 / >''"Yノ: : : : : : : :/|                            ゝ ヽヽ  | |   /丿
        Y   ノ〉≧=‐ : : /八                                   "" l l   ""
        乂 /  |: : : : : :``~、、\                         i      | |
           |   .:`、: : /: : : : : : :⌒≧s。  _             i  i    ヽ    ,,,)ヽ /lヽ)
           :   v ∨:{: : : : /  ̄ ̄ ̄ ̄⌒Y_           i  |    iヽ  //ヽヽi i l) )ヽ ヽ    /|
           八    v ∨: : //: : : \: : : \: : : : : ⌒≧s。    ヽヽ ヽ \,,,,,, ヽヽ//-,<i j゜ヽヽ//l |ヽ)) ,,,,//
          ハ   .v .∨/ //: : ∨: :\: : : \: : : : : : : : : \  /...ヽヽ, ヽ----\( ( | ) )ヽヽ) )|/ヽ/|///    / /
           ',  .} 乂(〈{: : /: : }: : : : ゙、: : : :.\: : : : : ∨: : ∨ /. ヽヽ,,,,,,,,,,,,,,,--/cニニゝ// ヽc/)",)",i,,,,,,,,,,,,,/
             >''": : : : : :/: : : |: : : : : ∨: : : : .Y: : : : ..V: : :∨  ...ヽ,,,,,,,,,,,,,;;/,,,,,ヽヽ-- oニゝ|丿\),"    /  /
          、丶` V: : : : : ィi〔\: : |: : : : : : }: : : : : .}: : : /:.}: : : {          i  i iヽ|/| | ヽヽi i\ l"""""",,,,,,,,ノ
       >'’    丶ィi〔: : : : : : : .八:.┏━━━━━━━━━━━━━━━┓.,,,,,,l,,丿/ヽヽ i iヽヽヽヽ"""""
      /        \: : : : : : /: : /::                            .| | | | し ヽヽ\| i丿
    / ─==ニ  ̄ニ=‐─   ____ノ::::.  そのまま力を失って、          ..| |. | |    ""
    Y    {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::                         | |  | |
   八     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~".  ずるずると地面に倒れ込んだ。   .....| |.. | |
    ≧=-  乂____     。s≦⌒                             .| |.. | |
                            ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛ | | ..| |
.

639 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:11:48 ID:IvD/sF4g0


                  r====,
              , ---- {///<__
            /// ̄ ̄ ̄\
           / //         \          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ,' i         \\{
           i  | \      \ } ル           .どこか曖昧な表情で、少女は夜を仰いだ。
          l  \ \  \  ハ i/
          |/ヽ r――― 、 \ i /             体から熱が抜け、意識が薄れる。
             入 / ヽ`}`ヽ、
              /:|∨{:   Y:.:.:.l:.l ヽ           私が消えていくのだと、妖夢は思った。
           /:.:.L__ У  ‘,:.l:.|/
           {:.:.:.:.:.:/   ノ:.:.:|:.|            .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      {≧ュ、  |:.:.:.:    /:.:.:.:.:}:,'
        ・<ll⌒}/  /:.:/:.:.:./{


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
             〈   人  / ((__ ノ __\ )   ヽ
           \斗―――――――<ノ   ノ
          ( ̄ ̄\__) へ_彡' ⌒)    〉―― 、
         / _)/:. :. :. :. :. :. :. :. \ -=彡〈__  )
        .(>/ ':. :. ' :. |:.i___:|_:. :. :.|:._:、_:. :. :. :へ_ / ̄ ̄``. ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           (_ | i:. :.:.|:. :.|:.|:. :.|:. :. :. |\:. :.\: i:. :.|:. : \`丶、
           | |:. :.:.|:. :.|x≠ミ:、:. :. :x≠ミ、:. :|:. 人:. :. : \:. 〉 / ――最後に、西行寺幽々子の姿を思い描く。
           | |:. :.:.|:. :.{ v_リ \:. :v_リ从:./、:. :. :. :. 〈 )' /
           |人\|:.\:、     ,  ̄   /ノ:. :. \:. :. :(}:) 〈     影はひどく精巧で、本物と見紛うほど似ていて。
           |  \:. :. :. :\   、 ,   イ:. :. \:. ――:.)   )
            〉-―\:. :. :. :)  _,, イ:人:. :. :. ) 、:. :)∨ /   ..それでも、残しておけるのはほんの僅かな時間だけ。
         / 斗――、:.イ_⌒ヽ:}  ハ \:. :. :. ∨―
        /  _)    7 ̄ ヽ)\ 〉 _ヽ 人-〈⌒      ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        \/ ̄ヽ_ / ―}  |__,〕\_r、_ノ 〉_、   - ――…・・・=ニ二}
         ハ  ( 〈_ -=≠ 、__)≠=------_(――――――――――=7
         \_ -= r 〔 / / | |\  ≫ ,,    ・・・…--  _ ) (_ノ/
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

640 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:13:16 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

                          辷---------彡´
         __              `「¨´`゚{、⌒
      / ,rヘ  `丶、              .:|   :' i       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     l、/@ハ    ヽ              :|  .:|-゙ヽ
    ノ^、ニ二ヽ、ヘ_,.、_ ト、         i|  /__ノ」      .これが彼女だと、妖夢は信じる事が出来なかった。
   / , /ィ人ヽ,、-ィ-、ーー-、        丿--{____}¨}
   ヽヽ{ ==  ==、! :ハ〉 、ヽ        /   ヾ゚/ :{       ……致し方のない話である。なにしろ妖夢はキュゥべえと
      人"" -  "" レ'__スヽヘノ}¨ヽ  ....⌒}¨7´〉´ :}
  ̄{少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄ ̄ ̄ ̄ / { ∥--イ      再会した後、結局幽々子の骸を見つけてしまった。
     {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心     ∥¨´ :{
     寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ      .ヽ--イ         .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            ̄


─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
 :l::l  ̄ ̄ l::::::::::::::::|_| ̄.r'`ー´⌒ー/ Q ヽー´ゝ、.二.l::::l二| ̄ ̄ |  |_::::::::::::::::: |_| :|  l 二l::::|\
 :|:::::: ̄ ̄ , ,, __. `、r´~r`ー´`ー´`ー´`ー、イ.:::::::     |     |_|_|    _l\|_|、:::::::: |  | ̄
 .|::  ,,...,,  /  ,/l_.i  ,'〈ノノ_-_イVルリ_-〉ノ〉´:::::::   ._|     | ̄ l:::   |\ \ | ̄ |:::::::::|  |
/:::  _ ::::::| ̄ ̄| :| ノ /〈イ「         〈イイ',::   ,,,,,, / |     l─┘|    \\  ̄ \:::|  |
.   / _/l |    | :|.r'、_,' iイノ',.         ノリ 'i,   ....|_, |___|┐二l .  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   | ̄ |  l:: |    | :|.'-、r,ルヽ〉`'、,---,_.イレリ_イ>.  ......::::|  ̄ ̄ ̄ |:::::::::  ,,,..
w,, |   |  l:: |    | :l::::/|. ゝ'r'´ ヽヽ-イ` 、../    ./ ̄|_____| ̄|::::::   真の彼女はここにはおらず、
   |   |  l:: |    | :|_.:   ._く_ヽ,イ_[><] 〉_〉.   ''"' ,| ̄|────| ̄|┐
 /|__| /.|__|/.:::   〉,___,!:Ξ〉>u<〈_ゝ,  .../ |._|____|_|│ ,,.  墓の中で眠りに就いている。
_,l: ̄ ̄ ̄,l 二二二二.:: ::  く,____,i  y〉  '.,〉_>    ::. ____   :|
.| ̄ ̄,,/l二二二二...:: ::  ,kー,'    〈k   ',´    ::. ̄|____| ̄ ̄|::   そんな事は分かり切っていて、なのに
_ ̄ ̄| |:| ̄ ̄ ̄ ̄. ::: ::: く//   y〉γ⌒ ',    :: ̄        ̄ ̄
_    |_|,|_| ̄ ̄ ̄l,l ::...::  ,<_、__、_〈k ゝ,__,イ〉,   :::.."'          ''".   希う心は幽々子の幻を見せ続けた。
:::::.....   / ̄ ̄ ̄/    .`ー,ー,~~,ー,~´
         ̄ ̄ ̄        ー´   ー'´                        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

641 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:13:32 ID:IvD/sF4g0

               f ´ ゙i:
           r‐-、  |   j     f ´゙i:
          .:l  l,  |   l:   .l  .l
           |  l:  l   ヘ    |   l:   , -、
           .:l,   !  }:.  ヽ: .l,   !   ' ./:
            l:.  ヽ .}::   ヽ .」   |:  ノ ,
            .:|::   ヽ.',    ヽ   t_ ノ ./:             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             'l::.   `゙'⌒ ヾ= ''ー´ ‐- (、
            ..:ヽ::               `、:                 「……諦められなかったんです。
               .i::               ヽ、  _
               .:l::..        ,, -‐''ニ=-''''' ̄  `''''= 、     幽々子様と、一緒にいたかったんです。
               l:::::.     / ,, -''´            ヽ
             .:/:::::::.    //::.                `ー-   私には、あなたしかいなかったんです。
         .. ノ:::::::::::..   /,゙::::::::::
       .:,, -‐‐'''..::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::.                        ごめんなさい。幽々子様、ごめんなさい……」
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::.
      .:l::::::::;;;;::::-‐-::、:::::::::::l::::::::::::::::::::::::...                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       `'''´ ・・  ・・`ー-、|::::::::::::::::::::::::::::...
                      l:::::::::::::::::::::::::::::::::..





                       ,>< ̄ヽ、          ┏━━━━━━━━━━━━━┓
                     ,. 斗¬く 〈/ ):.゙ |i
                   _ノ_《 (⌒`ヽ'´   |ト/´≧、:      .そうして月を掴むように、
               ,≦ /  `…、__丿"   ヾ;:{ t;.. \
              ¶`.:厂\(_/ ノ:.      リ\ノ;:;;y´∨:    .妖夢は虚空へと手を伸ばす。
                  |! {(/ ノ弋´     i /  \;{,  ∨
               }!.:弋彡':.`;}     ノ ,′ /   i、   ヽ: ┗━━━━━━━━━━━━━┛
               |!   ノ  ;;{      ′ ,′  |;;{`  }i
                    |!     {;;j       ,′    |!;:;ゝ ,リ:
                   |!     `′    ,      八;:、 |i       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  |                   /;;;:;:ヽ  |!:
                   八                    /;:;:r't;:;: 八        ……ただ彷徨うだけ彷徨って、
                   \                /;;:;;:;} ';: /:
                  ヽ               /;;;:;:;:;{  ノヘ___        何も掴めずに落ちる筈のそれは、
                  ノ)         Ⅴ ;:;:;:;ィf´   マ/ヘ
                     /            ム.ノヘ;;;{`、:;:;. /. . . .∨    .けれど血の通う温かい手に抱き留められた。
                  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     /    j:;:} }/.:;:;:;:; : : :∨
                   丿: : : : : : : : : : : : \ /ム、  j:;:;;/.:;:;:;:;:;:;:;:;: /:\.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

.

642 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:14:34 ID:IvD/sF4g0

          ,.-─‐-.、
      /:::::::::::::::::::::ヽ
.      |:::: ::::::::::::::::::::::l
.      |::: ::::::::::::::::::::::::!
.       |:::::::::::::::::::::::::::::l                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        !:::::::::::::::::::::::::li:|
.      !:::::::::::::::::::::::::l|::|                     「申し訳、ないけれど。
.      /|::::::::::::::::::::::::ll.,7:!
      |:| !::::::::::::::::::::::l|.l| !                      少しの間だけ、これで我慢してくれる?」
      ! !|:::::::::::::::::::::::| |  l
.     / |:l|::::::::|!:::::::ll|::l|  |                   キル子は、静かにそう告げる。
    l_  |:|.!:::::::|l!::::::|l:.:||  l
.      ヽ |ll_|__:_!|:∟:!:.::l‐!  l                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.      /         `ヽ!   !
     / / .         ヽ..._│
.    |、 !             `<ヽ,



                  r====,
              , ---- {///<__
            /// ̄ ̄ ̄\
           / //         \
          ,' i         \\{
           i  | \      \ } ル
          l  \ \  \  ハ i/                ┏━━━━━━━━━━━━┓
          |/ヽ r――― 、 \ i /
             入 / ヽ`}`ヽ、                 それを受けて、妖夢は。
              /:|∨{:   Y:.:.:.l:.l ヽ
           /:.:.L__ У  ‘,:.l:.|/                  ┗━━━━━━━━━━━━┛
           {:.:.:.:.:.:/   ノ:.:.:|:.|
      {≧ュ、  |:.:.:.:    /:.:.:.:.:}:,'
        ・<ll⌒}/  /:.:/:.:.:./{

643 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:14:51 ID:IvD/sF4g0
             ,.._  _
           ,へ_,>`´ /
           く,`ヽ、 l /_―- 、
          l`ー- _ ..'== ..`_ヽ  ヽ
         ,-'ー〃       `ヾ  i
        '-イ,イ  , l i   ト、   l  |             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             {l |  ,ハlヾ !,リ,ハl   ,!  |
        , . . |!ヾトリ-‐'  `ー-,イ, l |                     「……自分を殺した人に手握られて
      , .'. : : : : /ハ ! ー '  `ー uリl | !
    , '. : : : : : : :lハwゝ, _ r┐ _ノ,リノレ'                  死んでいくのって、なんだかなあ」
   ,' : : : : : : : : : : :,fヽ\ × />、' . . ,
   ; : : : : : : : : : : ノ   >tュr<   ! : : : : : '. . ,          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ', : : : : : : : : : ヽ._, -ヽ ハ ィ'‐-、 〉 : : : : : : : : : ' . . ,
     ' ; : : : : : : : : :/゙t‐イ ! イ `アヘ、' '  ; ; ; : : : : : :' ,
      '   ; ; ‐ 、ヽ | l 人,! /  , '     _   ,' : : : ; '



       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
     /:::::,::::::,::::::::::::::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i:::|_:::|_:::::::::、:::::i|:::::i:::::|                ┏━━━━━━━━━━━┓
    |:::|::::|(●) |:::::::|::::::|:::::|:::::|
    ´ |::〈    |_::::::!:::::|:::::|:::::|                  「そう、じゃあ手離すわ」
      ´ iヽ‐  _,.|`:|::::|:::::|:::::|
.        |:::::7 l/'  ゙`1::::::|:::::|                  ┗━━━━━━━━━━━┛
      |::::イ./  ,ィ  |:::::|:::::|
      |::::i┴─ |   |:::::|::|i:|

644 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:15:04 ID:IvD/sF4g0

                       ,>< ̄ヽ、
                     ,. 斗¬く 〈/ ) ゙ |i
                   _ノ_《 (⌒`ヽ'´   |ト/´≧、
               ,≦ /  `…、__丿"   ヾ;:{ t;.. \
              ¶` 厂\(_/ ノ       リ\ノ;:;;y´∨
                  |! {(/ ノ弋´     i /  \;{,  ∨
               }! 弋彡' `;}     ノ ,′ /   i、   ヽ      ..┏━━━━━━━━━━━━┓
               |!   ノ  ;;{      ′ ,′  |;;{`  }i
                    |!     {;;j       ,′    |!;:;ゝ ,リ           .「……ううん。やっぱり、
                   |!     `′    ,      八;:、 |i
                  |                   /;;;:;:ヽ  |!           このままがいい」
                   八                    /;:;:r't;:;: 八
                   \                /;;:;;:;} ';: /          .┗━━━━━━━━━━━━┛
                  ヽ               /;;;:;:;:;{  ノヘ___
                  ノ)         Ⅴ ;:;:;:;ィf´   マ/ヘ
                     /            ム.ノヘ;;;{`、:;:;. /. . . .∨
                  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     /    j:;:} }/.:;:;:;:; : : :∨
                   丿: : : : : : : : : : : : \ /ム、  j:;:;;/.:;:;:;:;:;:;:;:;: /:\



                  ,. . :-――- .、
               /: : : : : : : : : : : : ::\
              /: : : : : : : : : :/. : : : : : :.\
.             l: : : : : : : : : :/ .: : : : :.i: :、:.ヽ
           |: : : : : : : : : :| :._i: : :.ト」:.|_|:i」!
             |: : : : : : : :_: : ィ(ー) (ー)
.           |: : : : : :.,ィケ! : |.     、 |
             ! : : : : : ゝ、|: :.|   __   ノ
          |: : : : : /:./ |: :.ト、     .ィ′
          }: : : : /:.∧ |: :.| / 辷'l:.|   \ -、
           /:.:.:./j:./ `j: :.|,イ\ ||:.|   (__丿
.         /:.:r'’∨∧.  |: :!v}|  Ⅵ! 》
        /: : | /:∧ \|:.:ト、||  | |:.}}、
.       /:.-r=彡/ '   |:.:l ||  | |:.|l |

645 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:15:23 ID:IvD/sF4g0

                       ,>< ̄ヽ、
                     ,. 斗¬く 〈/ ) ゙ |i
                   _ノ_《 (⌒`ヽ'´   |ト/´≧、
               ,≦ /  `…、__丿"   ヾ;:{ t;.. \     ┏━━━━━━━━━━━┓
              ¶` 厂\(_/ ノ       リ\ノ;:;;y´∨
                  |! {(/ ノ弋´     i /  \;{,  ∨     「……ねえ、キル子」
               }! 弋彡' `;}     ノ ,′ /   i、   ヽ
               |!   ノ  ;;{      ′ ,′  |;;{`  }i. ┗━━━━━━━━━━━┛
                    |!     {;;j       ,′    |!;:;ゝ ,リ
                   |!     `′    ,      八;:、 |i
                  |                   /;;;:;:ヽ  |!
                   八                    /;:;:r't;:;: 八
                   \                /;;:;;:;} ';: /                 ┏━━━━━━━┓
                  ヽ               /;;;:;:;:;{  ノヘ___
                  ノ)         Ⅴ ;:;:;:;ィf´   マ/ヘ             「なに?」
                     /            ム.ノヘ;;;{`、:;:;. /. . . .∨
                  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     /    j:;:} }/.:;:;:;:; : : :∨        ┗━━━━━━━┛
                   丿: : : : : : : : : : : : \ /ム、  j:;:;;/.:;:;:;:;:;:;:;:;: /:\




     ハ }l  !l ヘ |       ,          //   小  7  |
    ハ/,ヘ l{Ⅵ |、    、  ´      //  //'|  イ   |
    仆 Ⅵ |' |` | 丶     ー'    イ/  //   /!
    ハ 从、ト、 \!、 \  _.   r_´ / /7 ィ 〃|
     _」L斗r 1、∧\    ̄    |/ }/,ィ´/ / イ|             ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
,  ´ ̄     ':.:.!  \      /  イ:.:.:' ,   `丶|
       /:.:.:|    丶、  /    /:.:.:.:.:|     \               「……たぶんね。私、ようやく
       .'.:.:.:.:!    r≠=<    /:.:.:.:.:.:.!
     、 /:.:.:.:.:|   イ´::::::::::ヘ   / ̄ ̄`ー‐ 、       '.             .これでおしまいみたいなの」
      l/:.:.:.:.:.:.'、/:::::::::小:::::::\/  /_,ノ     \     ',
     /:.:.:.:.:.:./::::::::::::/( '.::::::::::|  ! /  . ′   '.      、        ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
     ′:.:.:.:.:.:. ̄`}:::::/ 7 〉_r‐1 ,ノ/  /  /   1     !
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄\{/:.:.:{!  `:f´   /   / / l    iノ
  . ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヾ== |  /   / /-- }     |
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, - 、|:.:.:.:.:\ |  .'   //  /     l

646 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:15:39 ID:IvD/sF4g0


    、丶`      ‐=‐ 、 ``~、、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:》
 /      ィ(i:i:>''"⌒ヽ     ``~、、i:i:/
     〔i:i: /           \
′     !/          \  \   ゙、⌒)
|      {            ‐== ー\  V(
{          /´      |  ヽ  ヽ  | )
        V       i| \     |  _∨ i|  i|/
 V/,     V 八   i|  \    } ィ⌒`::.i|  i|              ┏━━━━━━━━━━━━┓
  ∨/,    ', \ _,,,   \ /  .::: 〈i| 八 /
          ィ⌒`              i|   V /              「だから、おやすみなさい」
   `、     `、 :::::::.     '       八   ∨ /
\   \     \:::       ァ   イ/ \  V             ┗━━━━━━━━━━━━┛
.. )\   \       \   (:::.   / ノ   \(
. ⌒ `、   \   \( __  ィ(≧=- ─‐‐
     Y( . ⌒≧s。  \   }     V: : : }  \
     从\ /| ⌒≧s。\  )___ 》: : 八
          /:.|        /〔i:i:{: : : : : : : : :∧




            _,,,__
        , -' ̄::::::::::::::::::::::`:ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      ./ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::ヽ
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|!|'li:::::::::::::.!
     .!::::::::::::::::::::::,r、、:: ::::::::|` └┐::::::j!                ┏━━━━━━━━━━━━┓
     .|::::::::::::::::::::::.!ti|::::::::::::l ( ー)::::::|`
     .!:::::::::::::::::::::::ヽ!:::::::::::||!    >:l                     「――ええ。お疲れさま。
    │::::::::::::::::::::::::|:::::::| ̄   _/_;l!
     |::::::::::::::::::::::::::|::::::::| .   /::|                      ゆっくりお休みなさい」
    .!::::::::::::::::::::::::/l::::::::| /  ̄´::::|
     |::::::::::::::::::::::./_|:::::::::|':::::::/::::::.!                  ┗━━━━━━━━━━━━┛
   ./ :::::::::::::::::/. !::::::::::l:::::/::::::jl
   / ::::::::::::::::i二 ヾ |:::::::::::!二j:::〃
  .〃:: ::::::::::/::::::::`ヘ_|:::::::::.!ヽ |' '

647 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:15:53 ID:IvD/sF4g0

          _辷三三三三三彡
      ,,  ≦ニ=‐ ̄    ̄‐=≦三三三ニ=_
   , '  _≠"       \ 、  `=三三三三ニ=_
  /   _="   i!   ヽ  ヽ\  `=三三三三ニ=-
      〃    |,!!-‐‐-} ハ } ‐ヽ- ヽ三三ニ= ̄
      i!  ! /|i !   ノレ リ  Ⅵ_ノ! 〉              ...    r‐γ二入_
,'    { i !      iリ ` ̄       zx、 レヽ         ... ''"      ̄::""::ゝ-て_ヽ
  {   L!、 !,ト ノ z=="    、 "''Y  ',       /                ::::"´:::‐- ..._
|          ヾ   ;;::''"        j   }      .::           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ',       ハ          。  从  i     /
       \              ノ  .j ;<¨ ̄¨;'                そうして、妖夢は死んだ。
  \  \     j  }    ..    /レイノー-ヽ  ;:
   \  ` _>へリ、     ̄辷 ー" ̄   _、Y- 、              長く疲れた一日の終わりのように、
     >¨ ヽ   \)  __          ,,/// > 、   .
    ‐"    !     \  ..-_¨゜_>ミ:/ //,/   .:;、          安らかに目を閉じて、静かに息を引き取った。
  /      |   ⌒''ヽ.i/,/..<,,,.-ヽ( (/      `  ‐- ::::::
<        i /     )// ./    \>    ...        ゜ ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ` 、             / , ' /                ..        ゜ 、..:::_... ー "  ̄ `、::
         |       {∨/                   `=‐         ヽ ‐-       )
  \>          ド`                                .      <...':::  ..::
      \  ノ    !   入: : :. ..                               ....:::'::::"::   ..::'

648 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:16:21 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
         /ハ  V : 乂__       ,       __/  ,   八  '
          {( }  } {   i⌒            ⌒7 /  '  )/
         乂ィ  j {  込、     r__,     /  ′ /    '
           /{ i 从   介o。       イ{.ィ   /  / /      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.        ' {从{   ト.   } } i> - < {  i {  .'   / /
.        __{ -_ノV   } ) ノ ムォ      八_从{ ィ {  / ハ        .「――ええ、そうなの。その妖夢が、
       ⌒乂   八-=彡⌒´/ノ{       .::/--乂(八 (乂__\
         ,. 斗厂ア ---- {      __.:/------- ヽ)-}て≧s。    あなたと同じ魔法少女になってしまって。
.        fニニて {------->、¨ヽ '´/----------- 'てニニ{
          }ニニて {-------,へ\ /、----------- /てニニニハ    恐ろしい修行で、心を読む魔法を身に付けて」
.        ハニニて{------/^\ ハ /\-------- /てニニニニ}
        ノニニニて v----/そア〉介 、 : :そV----- /て=-<ニア  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
.        {ニニニ∨て∨- /そア/ニ{ }二\ニニV--- 'て Vニニニ/
         }ニニ/-=ニて-/ ァ: : {ニニv二二}ニニv_/て=-Vニニ'




──────────────────────────────────────────────────
               マ三三{        |ヽ
             r==三三ニ=== 、    | |
            / ̄ r _フ´ ̄ ̄ ̄ヽ ヽ  | |
         /゚0゚  lll7  /_L_戈_   ヽr‐v==        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           {    lll{ ト代ツ {ツ V / `lll_r'ヽ
.          ゝ_rぅlllレ (''' △ ''' r'  ィ^! `´        .「あの子は、とてもよくやってくれている。
                ミl⌒{三に{三}ゝ/ノ |
                    7ニ|ニ厂:::/ }   ,          私も、何度も妖夢に助けられたわ。
                  _<::::::::o〉::::{_ ノ ノ
              ((:::::\/ヽ- | ̄´             けど、どうやってそれに報いればいいか分からないの」
             /:::::::::::::::::/::::::::\
               「ヽ-、:::::::::::::::::::::::::::/7           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             ヽ_  ̄ ̄`¨¨´_ 」
               丁「`¨¨´Y「
──────────────────────────────────────────────────

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

649 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:16:35 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

         , : ´  ̄`゛ :: .
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|                      「……たぶん、報いるとか考えずに、
      |:::::|:::::_|   _'  j:::::| `
      |:::::|:´:|、_ (_.ノ _ノ:::i `                  普段通りでいいと思いますよ」
      |:::::|:::::{´ ヽヽil、:::|:::::|
       |:::::|:::::| ヽ. // ',:|:::::|                     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       |:i|:|:::::|   |┴─i:|:::::|



──────────────────────────────────────────────────
              ((      ))        ( (                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
           _  )) _,.  -‐r― 、======= ‐-)).._    ((
         ////> '"´//>-―:|r‐、 l /⌒l―-<r- 、/`> 、 ))  ((          .「魔法は、誰かを護る願いの為に
         /// ////// /^>、| //⌒| -――-,\//// > 、 )
        く// /// /⌒彡ニ| {  \/_/_ / / ̄ ̄ ̄ハ/~  ー- 、\            その身に刻むものだから」
       }〃//r=彡 , -‐,≧ニ、 /: : : : \/      / |./^\ /| 、/,丶 丶
       / /(( ニ -‐ / ト、_:_: :Y: :}ヽ-; : : :/___ ノ: く     \ ̄ ̄ヽ/\ 丶. ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
       | :| ( :>―=、{: :_」 /: : :{: /へ{: : : :{     `i|  \   /    >/ハ    > 、
       | :|//:}ヽ _: : : }:⌒V: :; -‐…ー- 、:_:」.: -―-、, -- 、 /~` ー- 、// l: |  く/ > 、
       l :∨:」 ┌':_:_ノ三二ノ'´ ̄ .:.:.::} r‐一' ´ ̄.:.:} } ⌒ヽヽ      >y' l: |__    く/  >、
       ∨ ヘ:⌒ノ.:.:.:.:.:.:.:.)ノ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノノ.:.:.:.:.: _.:.:彡'イ`il:.:.:.:} 〉:. __.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          }\ \{:.:.:.:.:_;ノ,二ニニ丶-------- 、)):.:.:.:.:.〃ー=ニ二、
       八//\ \((:.:.:.:.:.:.:r,='^.:.:  ̄ ̄ ̄`ヽ \=ニ´.:.:.:{: :  _    「妖夢って子は、きっと幽々子さんと暮らす日々を
    /三三三>、/ 丶 丶 :.:.:.:.{{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ  }:.:.:.:)' _ ノ{.:.:レ
  / |三三/ ̄  \///>.丶-=ニ _ r_'  ̄, -―ァノ.:.:.:.:.:>-‐ '"´,.  .護りたくて、魔法を覚えたんですよ。
 { {}三三{     丶 /////≧ー-  二二二二二   -‐≦´///
  l\ \         >  ///////////////////////////   だから、普段通りにするのが一番いいと思います」
  |  \ \           ≧=ー-=ニ三三三三三三三ニ=-‐=≦
  l\   \ \                  ||||             .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛.
──────────────────────────────────────────────────

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

650 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:16:49 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

             __                r'´ ̄/ヽ ̄ ̄ `ヽ、
          .(/⌒))            .イ___/@ ゝ_   `ヽ,  ...┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            .〔l´         ,-´、__,---、__`ヽ-、 i
              O          ゝ/ /ー|-'’i λ'ーノ`ヽ  ̄フ   「……あなた、妖夢のことを分かってくれるのね」
         , : ´  ̄`゛ :: .        .i/ .i ● V.  ● レiイi⌒ i
       ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\      .i i""  ___  "" .|ノノ | .|    幽々子がどこか嬉しげに、寂しげに呟いた意味は、
        .:::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.   ノ| .人.  '--`  ノ.|  | ゝ、
       .|:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l  : i/λ `' ー , -, イ ´/  .|、ノイ   .キル子にはまだわからない。
      |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|  : ::`ヽ/、|ヽ/Y ヽ、レ'レ´ヽ-´
      |:::::|:::::_|     ,   j:::::| `. : ::    /ゝ[><] イゝ,      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |:::::|:´:|、_  -‐ _ノ:::i `   :...::    「=i §  .i,=ゝ




           /  /: : :i:从        じ イ: :.:.|: :从
            /   /: : : :|: : :ヽ      ,  /: :.:ノ|:/
         i   イ: : : : :|: : : : i  r フ _ 八:く ノ'八
         |  /:.|:.:ル:.人: : : :|、    ノ ゝノヘ: :\  \
         | //  ̄ ̄\i: :从 千///ハ i Y: :.\  \          .┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
         |:/__≧ < __,|:/__i  / / )\从: : :i\  )
          /  ̄ ̄\ \\    |    / ノ }:人:./  ∨               「――ねえ。もしもの話よ。
          i     | 厶 \\_ |     {/  /´ V
          |   /  ̄ ∨ 人 /ヽ __ ,人__/ \_                   あなたがこの戦乱を生き延びて、
        ハ //ハルへ{,へ/|   /> ――( \
       />ハル'⌒'⌒へハ{  |  , 辷彡《\、 ̄iゞソ                .そして、妖夢も生き延びていたら」
      ノ_彡へ⌒V⌒Y__/ 〔   |  /7iしハ_》\》  |i人
     / しへ_ / ̄ /⌒i_〕 | '八_,ノ ̄ i\  /|  i       __. ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
   彡イ    ,へ フ⌒ 〕--| 〔  | /  〕\ ̄\ ,メ i|=| \ _彡'__⌒ヾ
    〕へ  /(  / 人 | )   i   ' ̄\、_ { 人 _ ノノ' ̄\   ̄ ̄\`
   しへ \i 〔 Y    〕人(   | /:. :. : : ヾヽV  ヾ  i     \_____ ∨
      乂人 \|_  (   〕  ノY=======从 (ノ_,,)ソト     ヽ
      /レへ |八 ̄ゞソr-'(⌒ノ(_ノ:. :\:. :. :. : | ''⌒) |i、\     \
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

651 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:18:03 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

──────────────────────────────────────────────────
l|l__ノ ̄i. ,..-───- 、
|l) ヽ、_ゝ-  ______   ヽ,
  ` y  /⌒/ i  i⌒   .',
   i / L/ i__ハ__ハ___i| | |                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ノ/i           | | |  ||
   ´7从"  _    "ハ |イゝ +=+                   「もしよかったら、妖夢の友達になってあげて。
   .く__,iイ>ー,--r=tスイレノ  | |
       /kムイ::!/ヽ    | |                  大丈夫、あの子は決して悪い子ではないから――」
    ,ィ'⌒Y´ ̄ヽ/,.-、!    | |
    i⌒ヽ|__r⌒ヽ,  /   | |                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    `i´__」_,ゝ-イ-i‐'ヘ   | |
    くィ二ィ二7^ト、ノ::!:`ゝ、 ⌒
──────────────────────────────────────────────────

─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.           |: : : : : :.,ィケ! : |.     、 |
             ! : : : : : ゝ、|: :.|   __   ノ
          |: : : : : /:./ |: :.ト、     .ィ′              ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
          }: : : : /:.∧ |: :.| / 辷'l:.|
           /:.:.:./j:./ `j: :.|,イ\ ||:.|                      ……屍山血河のありふれた、
.         /:.:r'’∨∧.  |: :!v}|  Ⅵ! 》
        /: : | /:∧ \|:.:ト、||  | |:.}}、                    戦乱のころの話である。
.       /:.-r=彡/ '   |:.:l ||  | |:.|l |
      / /厂7/      |:.:l\|  | Ⅵ..|                  ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
       / : : : |,イ/   ',  |:.:|  |   | !:! |
     ': : : : :.|:./    i, |:.:|  |   |  Ⅵ
      |: : : : :.l/       | |:.:|  |  ヽ  }〉
      |: : : : :.|      | |:.:|  |   } 仆、

652 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:18:18 ID:IvD/sF4g0





───────────────────────────────────────────

                            ●

                            ●

                            ●

───────────────────────────────────────────




.

653 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:18:33 ID:IvD/sF4g0

:::l洲:::::::::lllll/:.:.:.
-l洲,,,,/lll廴
;';';';';';';';';';';';';';';';'ヽ
:::洲l ,-llll{_ノ;';';';';'\
;';';';'/,.イll|⌒ミ;';';';';';';')
7洲//lll{:: :: :.:~'´´´                  ________
(;';';';';';';';'ミzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz,.ィ升三三三三三メ,          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
l洲 /,l洲、'//'//////////////////////////,イ三三三三三三ア/\
l洲 //l洲トミ=========================,イ三三三三三三ア/,<'//,\         「……それで、今日はどうしたんだ。
}洲 l_洲l_|__|\_________>く三三三三三三ア//イl| `'ミ//,\
}洲  .|洲l | l  |         l二ア´三三三三三三>く彡イ:::|::|  /`'寺/≧=ァ   こんな深夜に駆け込んでくるなんて、
l洲zzz|洲l | l  |          `寸ZZZZZZZZZ彡イニニニニニニ7 _二><
l洲 ̄ }洲lコ |ニ|ニニニニニニニニ|| l\ >´/ ̄l:l::| ̄¨ア ̄ ̄7__./二__|   |    余程の事でもあったのか?」
===ニニニニニニニニ二二二 ̄ ̄ ̄7‐‐=彡_ ∠___∠」jl:|__,ィ───/__/__/_|__,,.. |
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/___/i:i:i:i:i|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l‐.|:|::| .TT    _____,,..    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ニ=- 」j'j'j'j'j'j'j'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|」」」|i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|  |::|「「「「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
         ̄ =- 」幵幵:i:i:i:i:|:|:::|:|:::|:|:::|:|:::|l |:|::|  |::||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               二ニ=-[二二]」∟∟」L.l:|::|_|::||i:|i|i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                          二ニ=- .」_||i:|i|i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                  ̄  =-  i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                                          ̄ ̄

654 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:18:43 ID:IvD/sF4g0

.      |::| `'弌s。`'く>、`ー‐`ー‐‐┴─ ┴─ ┴─‐┴‐─'─‐‐"─くく >>'´ ,ィ㌻       |::|
.      |::|   `'弌s。`Y´¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨`Y´,.ィ㌻|       |::|
.      |::|     `'弌ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ:||彡'´..|::|       |::|
.      |::|        :|                  |i:i|          ||   |::|       |::|_,.。o≦
.      |::|        :|                  |i:i|          ||   |::|    _,.。o≦
二ニ=‐   |ニ=-      :|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ|          ||   |::|_,.。o≦ _二ニ=-‐ ''
-=ニ二三二ニ=- ̄_=- ,,,_|  | | ̄~~|  |~ ̄~|  |~ ̄~|:::|i:i|          ||_,.。o≦_ニ=-  ̄  :::|::| |
.     ̄”“l|::| ̄ || ーr =- ̄ | || ̄.:||  || ̄::||  ||. / ̄ ̄\ ZZZZZZ|l_ 。s≦|_,, ‐| |'¨¨ ̄|::|::| |
      ||::|   ||   l| |i:i:| ̄| ||  ||  ||  ||  |./ 「   ヘ \.|_||_,,,||'´|| ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ||::|   ||   l| |i:i:|  | ||____,l|  |l____,||  |.|  (●)(●) |.. ̄~|~゙|| ||
      ||::|   ||   l| |i:i:|  | |ニニニ|  |ニニニ|  |.|      |   │    || || O 「なあ、できる夫。
      ||::| o||o l| |i:i:|  |      (_)...Ω   .|   __´___  .|...━━ || ||
      ||::|   ||   l| |i:i:|_ ┴───/二二ム─...|   `ー'´   .| ─'s。.|ト |l,_.. .黙ってちゃあ何もわからないぜ。
      ||::|  _||_ -┴ァ'ニニニニニニニニニニ〃ニニニ...ヽ         / ニニニ≧s。
                                   ヽ       /            .何か掴んだなら、ほら、言ってみろよ」
                                /    く
                                  |      |         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                                  |      |





         ____
       /      \                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \                   「……いえ、ね。
    |     ___'___      |
     \    `ー'´    ,/                   別に大したことではないのです。大したことでは。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |                    ただ、一つ確認したいことが出来ましてね」
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

655 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:18:58 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

            / ⌒`''"⌒`ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          /,//::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ                   「聞いたところによると、やるオプーナさんが
       /  /、:::::...    \  .../ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   / ̄ヽ '⌒   )                 惨殺されたらしいですね?」
    ━━━`ー──ゝィソノー..ヽ_/.ノー─ "
           ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}                 できる夫は、凍てついた声でそう尋ねた。
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
               ̄
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





   / ̄ ̄\
  / 「  へ \                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  |  (●)(●) |
.  |    |   |                     「らしいな。おかげでこっちは大誤算だ。
.  |    __´___  |   、、
  |   `ー'´  }l⌒l ノノ                    魔法少女の相手はアイツに任せようと思ってたのに、
.  ヽ       .}`'''|  \
   ヽ     ノ ./     \               勝手に死にやがって、困ったもんだぜ」
   /    く/ /      \
   |     \ \        \          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    |    |ヽ、二⌒)、      \

.

656 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:19:12 ID:IvD/sF4g0



        ___                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       /     \
     / ⌒   ⌒ \                   「彼が深夜に一人で居るところを
    /  (⌒)  (⌒)  \
    |     ___´___     |               惨殺されたと聞いたんですよ、僕は」
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
   __―_____   ,―‐、                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ̄___ ̄―==  i    ヽ
                 ヽ、_ノ                    「……深夜と言えば、魔法少女の蔓延る頃合いだ。
          ― ==   _\__                ´
     ―_――__―_=三     \             /  .そんな時間に、彼が理由なく独り歩きする筈がない」
           ノ⌒'Z /   :\:::::::/:: ヽ          .│
     ̄ ̄     (   '( /   <●>::::::<●>',           .|. ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ――     |  | |     (__人__)  〉          .\            /
   ==  ̄ ̄ ̄|  |  \    ` ⌒´   ノ         ./ ゝ         ィ'ヽ
   ――_―― .i  ヽ-、ヽ 、    -―<_         /                 \
―――====三\    .           ヽ      ./   ィ          r   \
     _________.「 !ヘ,__-―´   ノ       |   `||           |ヽ  ヽ
       \            .| [.ゝ  ,-――‐´      /⌒ヾ|      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !.」‐-''¨    |       ヾ___,ソl
                 /    /      i             |        「ねえ、できない夫さん。ひょっとして、
      __―===/    /       /            l    Y´
               /    /ヽ     く               .ヽ,   (   彼に“おつかい”を頼みはしませんでしたか?」
         \  ( ヽ |    |   \   \ )⌒;;,,.⌒)/   ....ヾ  |
         (´ \.从. |     |    \   \从人/ ;`)     .≒;|.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

657 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:19:29 ID:IvD/sF4g0

            / ̄ ̄\
         /  `ヽ   \
         (●)(● )   |         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          | |         |
          l __`___       |.          「頼んだな。ちょっとした口封じのおつかいだ。
.          { `ー'´      l
          {        ./            魔法少女の目撃者を消してもらおうと思ったんだよ」
    γ⌒ヽノ   ヽ     ノ
    (  ⌒ )    ノ     ヽ           .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ゝ_ イ   /      |




             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        |       __´ _     |
        \       ̄     ,/                     「やっぱりね。でも、できない夫さん。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ                   それ、夜道にやるオプーナさんを放り出してまで
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |                  .やらなきゃいけない事なんですか?」
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |                |  |

.

658 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:19:42 ID:IvD/sF4g0

             / ̄ ̄\
           / 「   へ \
           | ( ●) (●) |
.           |       |     |                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            |     __´___   |
.            |   `ー'´   }                   「……魔法少女が捕まって、俺らの事ゲロったら
.            ヽ        }
               ,、ヽ     ノ-、                    それで俺らは終わりだろ?
             /;;;i/      '、!\
         _,、-/;;;;;;;;| i      i  i;;;;;゙、-、_               .お前は一体何を言っているんだ」
    ,-‐'''";;;;;<;;;;;;;;;;;;;!、_`ヽ  、-'_/!;;;;;;ヽ;;;;;`'';;ー;;-,
.   !;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;|'ーニ_ー_ニ゙/.|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;!        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   |;;;;;i;;;;;;;;;;;;/´;;;;;;|           |;;;\;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;|
.   |;;;;;;;゙i;;;;;;;;;'、;;;;;;;;;;;;!─┐  ┌─.|;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;/;;;;;;;;i
  /;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;゙、;;;;;;;;;!  l   l   l;;;;;;;;;;/;;;;;;ノ;;;;;;;;;;|





        ___               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       /     \
     / ⌒   ⌒ \                「できない夫さんこそ何言ってるんですか。
    /  (⌒)  (⌒)  \
    |     ___´___     |             貴方、この地の悪代官なんですよ?」
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.

659 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:19:53 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
    /       ヽ
   j            ',
   |   ______,, ,,___ |
   |  ‐kz-   -ァ'|                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   !       、|   _.L.._
    '.       ‐=/    \                  「貴方は充分な権力を持っているんです。
    ',     〃__   ,.ニ、 ヽ
     ]i、  _ノ ゝ.._) 、, ヽ.ノ- `ヽ                    魔法少女が何を言ったところで、それを聞いた人間を
   /^  〃    /{    j    }
  /    八   /  ̄ 二⊇   /                 “黙らせる”手段なんて腐るほどあるじゃないですか」
  {      ゞ._/    _.三ュ ∠
  \   ∨´ /  jシ''´      `ヽ              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    ヽ  ! /  l
     ',  〉'   l
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        ,.‐''" ̄`丶、
      /        \
   /´           \
   /    |\_>、_ 、r‐、    \
    レ! ||_| |/_ ヽ\}      \                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |八|-/>、∪_ u`i  ト、      .γ::::::::::::::母:::::::::::::ヽ、
      / / ,くィ夕u' |   |/ ``‐- 、./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    .「――少なくとも。魔法少女どもを野放しにして、
       |/ / /_ヽ┐u |  ,|  /. γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
      ヾ' / r┘|.l__人 |. ∩  (:::::::::/  ::\:::/::  \:::::::).  彼女らが起こした事件の目撃者をチマチマ消すよりも」
        \ ) |   N. .l ヽ∩\/  (○)::::::::(○)  \ノ∩
        |u  |  /|(l(l「.ヽ ノ |      (__人__)    | ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         | u| / | ヾ-イ...| ヽ \   `|!!il|!|´   /./ j
         _|   |/| |  \ \ ` ー`    ー‐'     ´‐´  /
        ハ.___ハ     >、  \              /
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

660 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:20:10 ID:IvD/sF4g0

         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /   __'___       \
      |    `ー'´        |              「魔法少女どもをさっさと捕まえて、
      \            /
        /         \             それに関わった人間だけ口止めないし口封じする。
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /             そっちの方が、よほど安全で効率的だと思いますね」
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |                     ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
      |  (● ) (● ) |
      |     |  │                    「……回りくどいぞ、できる夫。
      |    __´___   l
     ヽ        !                        何が言いたいんだよ、結局」
      ヽ       ノ
      /      く                    ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
      /        ヽ

.

661 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:20:22 ID:IvD/sF4g0


           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /    ___'___    \               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ                「そうですね。じゃ、単刀直入に問いましょう」
        /    (___   |
      /              |            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

.

662 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:20:38 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
                    /: : :{: : : : ヽ : : : ',: : : : : :,               |  Γ   へ   |
                   ./ : : ∧: : i、:.', : : : !: : : : : :',               | (●) (●)  |       -‐====‐-  ミ
        ' "´ ̄ ` : 、  ...i: i: /:::::\|::\ト、ト、:|: : :.i: : :.__,ヘ_ ,. -──- 、,      |    |      |    ./::::::《@》:::::::::\. \
   ../::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、 .|:.N::::::::::::::::::::::::::::::::|: : :.|: :.ri::::;ヘ>===- 、 `ヽ.   l.   ___`___,    |   .^⌒^⌒^⌒^´\:::',
.   /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::....|:八::::::::::::::::::::::::::::::::|: : /: : 7〉' ,  , ハ 、 `ヽ  ',  .λ         .ノ.  / / i    i  , ', ヾ}
   l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|... ∨≧=‐- -‐=≦レイ、i∨i i /_!,.,. --- .、_i ', i    ..> __    <.. 〈{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>
  .|:::|::::|(●) (●)|::::::|:::::|  ./ ./       ,  ヽ. |_i__!./ ,'´ 。 ゙', \_ハ! |. ./ ./       ,  }Ⅵ            },.小.
  . ´ |::::| トェェェェェイ |_:::::|:::::|. /   '★   ★ .l ヽ  ヽ ! 7ヾ 乂 __.ノ /l | |./   '       l ヽ.  八           .i l
    ..ヽゞェェェェソ_,.|:`:|:::::|.く  く/       .l  :〉  リ.| i l__` ー-- ´イ! /l |   く/       .l  :〉. トⅥ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.
     / ./      ,  ヽ..ヽ ,'        l /  ./../ ./      ,  ヽ.ヽ ,'        l /  ././ ./      ,  ヽ
   /   '★  ★  ヽ   ヽヽl        .l/ / /   '★   ★  lヽ  ヽ.ヽl        .l/ /./   '★  ★  lヽ  ヽ
  く  く/       .l :〉   リ. l       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓く  く/        .l :〉   リ
   ヽ ,'        l/  /.  l   {}                                          ヽ ,'        l/  /
    l ;l        .l ,イ    l  ∠¨| ̄_  「――できない夫さん。もしかして貴方、           l ;l        .l ,イ
    l ;l   {}     .l イ   ..l   レ|\|                                     .  l ;l   {}     .l イ
     l  ∠¨| ̄_ゝ l     .i   ∨| V.. 魔法少女と手を組んでるんじゃありませんか?」      ..l  ∠¨| ̄_ゝ l
     l   レ|\|  l      l   .!V .l                                        .l   レ|\|  l
     i   ∨| V  l      .l   l   l.┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛..   i   ∨| V  l
       l   .!V .l   l       .l   l   l   l        l   l   l   l      .l   l   l   l.      .l   .!V .l   l
       l   l   l   l     ..l   l   l   l       l   l   l   l       .l   l   l   l      l   l   l   l
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

663 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:20:58 ID:IvD/sF4g0

       /          \
      /             \
.    Y                   丶
    |                    丶
    |                  /ヽ
    |              _       ィ:::7;,ハ
    |             /  ,_、  `=彡  |
    |              ィ::::厂;;   \  │
    |              ^===彡       \ |
    ヽ                      ´ l
     \                        |
       \                      |
         \                ,_-、 |
           \                /こ´ !
             |     \            丿
           /|       `ニ==‐┬=≦ __
           |  \      \:::::::::::::::::|     ∧
           |    `  ー-=ニ二::_::::|     //∧
            /               `ヽ   ////∧




            ____                        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           /       \
           / _,ノ   ⌒\                           「そう考えると、あなたの不合理は説明がつく。
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |                      目撃者を消して回らせたのは、
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \                        魔法少女が自由に動けるようにするため」
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

.

664 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:21:10 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────

            / ⌒`''"⌒`ヽ、
           /,, / ̄ ̄ ̄ ̄\                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          /,//::         \
         ;/⌒'":::..            |⌒ヽ                   「やるオプーナさんを“お使い”に出したのは、
       /  /、:::::...    \  .../ヽ_ \
     __( ⌒ー-ィ⌒ヽ、   / ̄ヽ '⌒   )                 ひとえに魔法少女への生贄として
    ━━━`ー──ゝィソノー..ヽ_/.ノー─ "
           ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}                 殺しやすい夜の巷を歩かせたかっただけ」
      {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
        {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
               ̄
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        ___
       /     \                 ┏━━━━━━━━━┓
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \                 「違いますか?」
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /                ┗━━━━━━━━━┛
     ノ          \

.

665 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:21:23 ID:IvD/sF4g0


           / ̄ ̄\
         /  へ    \                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        (-)(● )   |
        |  |       |                  「……なんで俺がそんな事しなきゃならん。
.         | ___`___    |
.        {          |                お前らを裏切って、魔法少女と手を組んで、
        ⊂ ヽ∩     く
         | '、_ \ /  )                俺に何の旨味がある?」
         |  |_\  “ ./
         ヽ、 __\_/                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        ___                          ┏━━━━━━━━━━━━━┓
       /     \
     /  ⌒   ⌒\                      「そうですね。例えば、
    /   ( ⌒)  (⌒)\
    |       ___´__   |                   口封じ、なんてどうでしょう?」
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \                     ┗━━━━━━━━━━━━━┛

.

666 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:21:39 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  汚
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   物
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ          「先の合戦で、僕らが略奪と鏖殺を行った事実。
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、        それを知っているのは、何も魔法少女だけじゃない。
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,  犯人である僕達だって、その事実を知っているんだ」
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ
    ,.r'´,ィ'l、   _ィ;;、   、,.ミミ'´ ,;:'´ハ   '´  ,j ,r'  }ミ,r;}ゞ‐'─l:::.i  ,jl
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
        .\_/             .-―─-   、
            |          /          \
         .- ┴ -. 、    .′ ⌒   ⌒     ,
     ./          \.    i ( ○)  (○ )   i
    .′ ─    ─     ,    |    __´ _      |        .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    .i < ○>:::::<○ >   i    .、     ̄     ノ.
   ..|    (__人__)     |     > __    <            「だから、貴方は僕たち四人の口も封じたかった。
   ....、           ノ       .-‐─- 、
        > __    <      ./        ヽ            僕らの口から、何かの間違いで
         .-―─-  、      '          i.
    ./          \     |  ,ノ  ⌒   |            .貴方の汚点が漏れ出すことのないように」
   ...′ ─    ─     ,    .| (○) (○)  |
    .i ( ○)  (○ )   i    |  (__人__).     |         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    .|    (__人__)     |    l.   ` ⌒´    .|
     .、           ノ    .λ         .ノ
      .> __    <       > __    <
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

667 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:22:03 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
             -‐……‐-ミ              ___
        /: : : : : : : : : : : : : :\    ..._rヽ'´      ` ヽ、
     ../: : : : :./: : {: : : : ヽ: : : : ヽ  ..く~イゝノ --====- 、 ヽ,
      .' : : : : : i: : ∧: : i、: ',: : !: : ',  ,' `r´  ,         ',
    ...i: : :.i: : :.|/:::::\|::\ハ:.ハ: i:.i  i  L  /,. --- .、._i 」 i.
    ...|: : :.|: : :.|::::::::::::::::::::::::::::::::jイi:|  i    / .,'´ 。 ゙', ヽ.イル'
      /ヘ: : 、: : |::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:ハ|   L i i.\ 乂 __ ノ /. |   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ∨レ>、|≧=‐- -‐=≦∨     .ヽ!、|_ ` ー- -´L|ノ
          /  {f⌒()⌒i}`ヽ        _,r' ヽヽ-∞'ゝ、     「……だから、魔法少女と手を組んだんでしょう。
               _ _
            ,....'´::::::::{@}::ー、                       彼女達は僕らを殺すのに充分な腕前があり、
        イ:::/ ´ ~ ̄~ ` \       , : ´  ̄`゛ :: .
       //::〃 i ,ハ   /ヽ、 ヘ    .,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\      しくじっても貴方なら口封じはたやすい」
       |∞:i l lレ   ヽノ   } !`lコ  . :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:.
.        〔人 }         小iVヽ. |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l.  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |! i、.            li|ノ   |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
     _|  l ヽ、        ノi|  .....|:::::|:::::_|.トェェェェェェイ.|:::::| `
    /:: ;;|  l   x>、 __, イl |   ..|:::::|:´:|、. ゞェェェェソ.ノ:::i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





         ____
       /     \
      /  ⌒   ⌒\            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |              「貴方にとっては決して悪くない話でしょう。
      \       `ー'´  ,/
      /⌒ヽ        ィヽ            それで、何か言い逃れはありますか?」
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|          .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    | ヽ〆           |´ |

.

668 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:22:23 ID:IvD/sF4g0



          / ̄ ̄\                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        / ノ  ヘ \
          |  (●)(●)  |              「……ねえよ。大体当たりだ。やるな、できる夫」
        l      |    |
          , っ  __´__   .!               .できない夫はその手を持ち上げ、指を鳴らそうと
       / ミ)       /
      ./ ノゝ     /                .中指と親指を合わせた。
      i レ'´      ヽ
      | |/|     | |               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





         ____
        /― ― \                     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /(●)  (●) \
     /   __'___       \                      「――無駄ですよ。僕の腕は知ってるでしょう。
      |    `ー'´        |
      \            /                     今から人を呼んでも、助けが来る前に貴方は死ぬ」
        /         \
       |              )                      できる夫は正座したまま、いつでも抜き打てるよう
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |                     腰の刀に手をやっている。
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     (___ノ-'-('___)_ノ

.

669 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:22:37 ID:IvD/sF4g0

                              /.;i.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/.;:;:;://;:;:;:;:;:;:;:;:;/ /;:;:;
                             j:;:;:i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/.;:;:;://;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{/;:;:/:;
                            /.;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;:;:;:{::{:;:;.┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                           /.:;:;:;:;:i!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/.;:;:;:;//;:;:;:;
                          r';:;:;:;:;:;:;i!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{:;:;:;:;:;!::!:;:;:;:;. 単純な剣速ならば、当代随一。
                           /.;:;:;:;:;:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;{:;:;:;:;:{__!;,:.r
                            r='.;:;:;:;:;:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:__,,.. -‐=ニニニ';.. やるオプーナや釜瀬三兄弟はおろか、
                        {ニニニニ=‐ =ニニニニニニニニニニ'
        _(`ヽr‐‐-y‐‐-      ,,. イ/ニニ\ヽ二二二ニニニニニニニ.  やる夫やらない夫にさえ勝るとされる
       〈 \ ゙ー 、 ー‐;  '; Y_ ̄__/二ニニニニムマニニニニニニニニニニ
        \ ヽ  ';___';}  '; _/.i=/ニニニニニニムマニニニニニニニニニ.  派速出できる夫の抜刀術は伊達ではない。
ニニニニニニニニ=====‐‐‐--fi:i:i:|/マニニニニニニニムマニニニ==---───
ニニニニニニニニニニニニニニi!!i:i:,'  マ(__)ニニニニニ/:.;,.:‐-.,. ... __ニニニニ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ̄    ‐‐‐‐----====ニニニニ!i:i:,'  i!`ヾ===--‐ ´/r 、:.:.:.:゚. .:. ,;.:: .゛,:..:.‐-=ニニニニニニ
           \  (____/';:i   !  i!  /   /_:;:;:;:;≧=r_、,__:; .:;;. ゚ :.: .;;.:,:.:゚゙:.. :.:..゚‐-  _
              ‐-==-、'' .ゝ=゙==''ー_'゙ー‐''/;:;:;: ̄:;:;: ‐--、__\‐-  _:.:;:..:,:.;;.:.:: :..:. ::..
               }三三三三}} ̄ ̄ヽ==':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: \ニニニニニニ=‐-  _:.
               !三三三三i|     \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}\ニニニニニニニニニ






                             ┏━━━━━━━━━━━━━━┓

       / ̄ ̄ ̄ \                     「それで、どうしますか?
     / ノ    ヽ \
    /   (ー)  (ー)  \              今から潔く腹を斬るというなら、
    |      __´ _      |
    \        ̄    /                  寛大な心で許しますが」
    ノ           \
                             ┗━━━━━━━━━━━━━━┛

.

670 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:22:58 ID:IvD/sF4g0

              / ̄ ̄ ̄ ̄\
             ,'          \                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            i     ヽ,_     |
             !,_ノ、 (● )   .|                  「急かすな急かすな、
             (●)          |
             !    |         :|                  どうせなら最後まで話を聞いていけ。
              ',  __`__ ノ    |_
              ',       / |、/: :'.                 言ったろ、“大体当たり”って。
               \__ __/  /: : : :.」
               /| ヽ  / /: : : : /: :`:┐            お前の推理にゃ、二つほど誤りがある」
            ____.../: :/}/ / ./: : : : /: : ::: : : :`ヽ
       / ̄: : : : : :/: /ノ r- , ': : : : :/: : : ::: : : : : : :`ー   ....┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        /: : : : : :./: .l: :.|     /: : : : ::/::: : : : : : /: : : : : :





         ____
       /      \
      / ─    ─ \                       ┏━━━━━━━━━━━┓
    /   (●)  (●)  \
    |     ___'___      |                      「……ほう?
     \    `ー'´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                          それでは聞きましょうか」
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |                  ┗━━━━━━━━━━━┛
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

.

671 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:23:09 ID:IvD/sF4g0

   / ̄ ̄\
  / 「  へ \
  |  (●)(●) |                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.  |    |   |
.  |    __´___  |   、、             「まず一つ目。今回の件はな、
  |   `ー'´  }l⌒l ノノ
.  ヽ       .}`'''|  \           俺にとっても予想外の魔法少女だったんだよ」
   ヽ     ノ ./     \
   /    く/ /      \      .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   |     \ \        \
    |    |ヽ、二⌒)、      \



             l  /
       ____  ′/
..     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |         '      |
  \      ⌒   /
.  /⌒ヽ         ィヽ
 /      ,⊆ニ_ヽ、  |
./    / r─--⊃、  |
| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

672 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:23:27 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────
             -‐……‐-ミ              ___
        /: : : : : : : : : : : : : :\    ..._rヽ'´      ` ヽ、
     ../: : : : :./: : {: : : : ヽ: : : : ヽ  ..く~イゝノ --====- 、 ヽ,
      .' : : : : : i: : ∧: : i、: ',: : !: : ',  ,' `r´  ,         ',
    ...i: : :.i: : :.|/:::::\|::\ハ:.ハ: i:.i  i  L  /,. --- .、._i 」 i
    ...|: : :.|: : :.|::::::::::::::::::::::::::::::::jイi:|  i    / .,'´ 。 ゙', ヽ.イル'   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /ヘ: : 、: : |::::::::::::::::::::::::::::::::ノ:ハ|   L i i.\ 乂 __ ノ /. |
       ∨レ>、|≧=‐- -‐=≦∨     .ヽ!、|_ ` ー- -´L|ノ        .「殺しの犯人と手を組んだんじゃない。
          /  {f⌒()⌒i}`ヽ        _,r' ヽヽ-∞'ゝ、
                                         連中は勝手にやって来て、勝手に殺しを始めた。

                           , : ´  ̄`゛ :: .          俺はただ、それを上手く使おうとしただけだ」
                         ,::´:,::':::::::::::::::::::::::::\
                         . :::::/:::::,::::::::,:::::::、:::::、:::゙:..    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                            |:::::i::::::|i:::::_||::::::_|:::::,|i゙l::l
                       |:::::|::::::|(●) (●)|::::|::|
                        |:::::|:::::_|.トェェェェェェイ.|:::::| `
                        |:::::|:´:|、. ゞェェェェソ.ノ:::i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




      / ̄ ̄\
    / ノ  ⌒ \                .┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |  (⌒)(⌒) |
.    |    |   |                    「――ああ、安心しろよ。
     |   __´___  j
     |   `ー'´  }  っ                お前らに死んで欲しいと思ってたのは確かだからな。
     ヽ       }
      ヽ     ノ                      別にその刀から手を離さんでもいいぞ」
      /    く
      |     |                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |     |

.

673 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:23:52 ID:IvD/sF4g0


                        / ̄ ̄\
           ,、    /  /      \
            キ人_,/   .|    -‐'  へ |
        ,. ⌒, )  て  .|  (● )(ー ) |           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  (⌒ヽ_,.  '´  イ. /´⌒Y,.  |     |  │.
   ヽ |  _,. r─`ヽ、      |    __´___, |              「んで、二つ目の誤りだが――」
    ヽ|  | /  / ,r'─、   .ヽ        !
      |  ノ'  / '´   /  ̄}  .ヽ       ノ              できない夫は、ぱちん、と指を鳴らした。
.     j    /    /   j、  ../      く
    /            ハ〉、./        i              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    、               {`ヽ}}       |
.     `¨⌒丶、_         ノj         .|




                           ____
                。       ´           。..
                     /           / /  \  ` 。
                  o     ヾ   i {   /.:\    \            .┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                /             ‘、ヽ  {:::::::::i     ヽ.
                   ′ ─ = ニ           ー '   ___ .           瞬間、できる夫は抜刀した。
                  ′      U     -──--  、   { {:::} ヽ
               |   -‐      /   ̄ ̄   `\\   ¨ ノi            .白刃が滑るように鞘から飛び出し、
               |          /              \ヽ   |
                \...../   {              /   '             できない夫の首筋を狙う。
              oヽ   〃    ー--.          /   /
                  \                  ー‐  ´。d゚            ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
.       。   。  ´ ̄ ̄/                 。o2゚´ ̄ ̄ ヽ
.         /          /  〃 /     /.       \|
...゙-‐─  ¨´                               \

674 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:24:11 ID:IvD/sF4g0


                    __,,..-一=ー-、         ─   ───―
                  /        \                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 /  \_,,        ヽ`ー-、━━━━━┓ ̄ ̄
          i_,r<Yヾニヾ / ( ● ) '' ―‐    l    \━━━━ ─ ─‐ それは例えば、天から雷が落ちるように。
  ___r '´ ̄ヽ';二::-゙'=^(   |         ( ● )   .l      ヽ  _____
  !ゝ:{     ヾ   ヽr'⌒`ヽ.\    ´        lノ       l  ───── 彼の剣は、応対の暇さえ与えず殺す。
   ∨    ヽ   l    ヽ \ {l!il!iii!li7´     /|        | ─────
    \    ー--ゝ──‐`ー':≧ - '___/         | _____ それは放たれた瞬間に敵の死を約束する、
     {       \            丶、                l  _____
      \      `                          |            神域の抜刀術なのである。
       \                                  | ─────
         \_____                     |        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







                    __,,..-一=ー-、
                  /        \
                 /  ■■■■■■ .ヽ`ー-、━━━━━┓        ./.|    ...-‐====‐-  ミ: :ミ::::::ミ;;;;;ミ
          i_,r<Yヾニヾ /  (■■■■■■  l    \━━━━        .| .|  /::::::《@》:::::::::\. \: :\:::::\;;;\
  ___r '´ ̄ヽ';二::-゙'=^(   |   ■■■■■■)   l      ヽ             | .|  . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,: : .,::::::..,;;;;;;;;,
  !ゝ:{     ヾ   ヽr'⌒`ヽ.\ ■■■■■■   lノ       l           | .|../ / i    i  , ', ヾ}   ′: :′:::::′;;;′
   ∨    ヽ   l    ヽ \■■■■■■ ./|        |            .| .|.{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>  i : :i:::::::::i;;;;;;;;i
    \    ー--ゝ──‐`ー':≧ - '___/         |           | .|.}Ⅵ            },.小.  | : : |::::::::|;;;;;;;|
     {       \            丶、                l            lニニl八          .i l    | : : |::::::::|;;;;;;;|
      \      `                          |           .{-}U) Ⅵ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.| : : |::::::::|;;;;;;;|
       \                                  |          |X|_ソ::::γ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .| : : |::::::::|;;;;;;;|
         \_____                     |            ̄ `i丁 、:::\/::::::::、:::〈'´` ..! : : !::::::::!;;;;;;;!

675 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:24:32 ID:IvD/sF4g0

                        -───-       '::::::::::/  .. :.:.:.:::::::
                      ,    ´          `    ::::::::,;' ,;:.´.::::::::::::
                     /                 ヽ }::::::.'/.:::::::::::::::
               /                    }:::::イ:::::::::::::::::::::::::
                  /                     {::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ′  ⌒ヽ      ´ ̄ ̄ヽ     ,〃:::::::::::::::::::::::::::,; ;´.  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              |                 _      ,:'::::::::::::::::::::::::::/
              |  ,イ   ヾ     〃    ヾ  .ノ::::::::::::::::::::::::,; '        .次の瞬間。できる夫の肉体は、
              | .ゝ ○ ノ     ゝ、 ○  ノ  }::::::::::::::::::::::::/
             '.    ´   /    `       つ::::::::::::::::::/_ _ .::::⌒   見る者が慄くほど鮮やかな太刀筋で、
                 >、    _     ,  -‐ 、   /.:::::::::::::::::::_.::::::::::::::::::
                /  ` ー-  `ニ二ー─--‐'  ,:.´.:::::::::::::,:.:´    ヽ       逆袈裟に切り裂かれ。
            ./             ̄ ̄  .,;::'.:::::::::::::/
          ./                /.:::::::::::::::/         i       そうして彼は、呆気なく死んだ。
        ./                    ,.::´.::::::::::::::::::/            .|
       ./       、     ,...::::: ̄.::::::::,::: -‐‐::〃          /      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     /         }    ,:':.:.::::::::::, -‐´    /           /
   /         ./  ./.:::::::,.:: ´       /            /
  /          /  /:::::::::::{:'            /             /

676 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:24:47 ID:IvD/sF4g0

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      l         ;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;   |ー       \                 「……んで、そうそう。できる夫、
.      !   _ノ′ヽ、__               ,;   \ ,rー、
        ゝ ((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ        お前の推理の二つ目の誤りだが」
       (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^".`寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._.゙ ^ ゚゜   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                 {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                   {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                   寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                          ̄





        / ̄ ̄\
      /   ⌒   \                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ( ●)( ●)   |
      |  |       |                 「今から人を呼んでも充分間に合うし、
      l __`___       |
        {         │                 死ぬのは俺じゃなくてお前の方だって事だな」
       _{         │
     ( ヽ、___/  )|                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |  ヽ   | ヽ|
      ゝ ノ    ヽ ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

677 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:24:58 ID:IvD/sF4g0

           ,. ――- 、
        /  /:::::: ̄`ヽ、
       ./fニニゞ:::,. -――- .\
       / ゞV ハ:V    l    i `ヽ
      ./  // |:|ニソ_ハメ、!    / l |                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      /  〈/ ,|:| i     / /' /
    /   ./ ノ l」|ゞ     ルノ  /                       「魔法少女の手に掛かればそうなっちまうのさ。
  /⌒ヽ  イ|  |ト、     イトくV
./::::::::::::::: ∨}.l  |:::::ゝー<リ .l ソ                     悪いな、できる夫」
´:::::::::::::::::::::::::〉 〉 トヘ::::::::::::| ハノ
::::::::::::::::::::::::::::Yくソ、!|」〉:::::::::! ヽ                            ひどく冷めた声で、できない夫はそう言った。
::::::::::::::::::::::::::::::V }な':::::::::::::〉  \    ,. -――---  .__
`ーx::::::::::::::::::::::::∨ /:::::::_/ ト、.  \ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   .┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
. ゞ|::::::::::::::::::::::::ソ:::::::/∨  |  ヽ / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
ル、レ!::::::::::::::::r-、::::::::;イトリ  ,ノ  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、:::\                       __
  ノ::::::::::::::}ミニ Vrrく⌒ー-―:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__/::xへ、::',                  j.‐ニヽ
./::::::::::::::::::V 「 Tハ  ,.ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`< \ト___              ./   )
::::::::::::::::::::::::::∨ {  Y}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    \::::::::::/ー‐-        __,ノ _ __/
:::::::::::::::::::::::::::::} ) ,! V、__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \      \/                 r
::::::::::::::::::::::::: く ハ | レイ   >、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. イ:::::::::::::::::>.,    \__ , .    -‐=ニニ=ヽ___ノ : : :
::::::::::::::::::::::::; イ /く Y  |  // \::::::::::::::::,:: - ''"::::::::::::::::::::::::::/ : : : \   \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :

678 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:25:09 ID:IvD/sF4g0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────






-───- 、     ´ ̄ ̄ ̄`ヽ
        ヽ/                     ┏━━━━━━━┓
           オ オ オ   }
  で  死    i イ .イ .イ  j 川 j_j_,            (空白)
  き  ん   |      ,_州レ┴'~^'<j:i_,
  る  だ   ..|      j:ル′      `Vj    ..┗━━━━━━━┛      /.|    ...-‐====‐-  ミ: :ミ::::::ミ;;;;;ミ
  夫 .わ  .イー--┐ _i|  ,x■■■■、i                           | .|  /::::::《@》:::::::::\. \: :\:::::\;;;\
、__  _∠i:j:|ij;l,  ヽ( l "r■■■■ |                           | .|  . ^⌒^⌒^⌒^´\:::',   ,: : .,::::::..,;;;;;;;;,
  j:レ^ヽ{      `゙'i    「`  ■■■■  '^i                      | .|../ / i    i  , ', ヾ}   ′: :′:::::′;;;′
  |′■■■■■.|    L_  ■■■■ ,_ノ                     | .|.{ ∧ハ|\/|/|∧.〈j!>  i : :i:::::::::i;;;;;;;;i
. _」  ■■■■■.l┐    ヽ ■■■■./                         | .|.}Ⅵ            },.小.  | : : |::::::::|;;;;;;;|
..|   ,■■■■■ |     ト、 `こ´ .イ                      lニニl八          .i l    | : : |::::::::|;;;;;;;|
..ヽ,i ■■■■■^.ト'     r|  ー‐  |、                      {-}U) Ⅵ≧=‐- -‐=≦|. ,'--.イ.| : : |::::::::|;;;;;;;|
. r|、■■■■■.ノ、     _l |      l} }、_                        |X|_ソ::::γ::{ 薔 }:::::::::}∧::::r' .| : : |::::::::|;;;;;;;|
__,{:{j丶.._ ___,. ' |} }ー--< ト\     / /   `ヽ                        ̄ `i丁 、:::\/::::::::、:::〈'´` ..! : : !::::::::!;;;;;;;!
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

679 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:25:28 ID:IvD/sF4g0


 ` 、
   ``、
     ` 、
        ` 、
         ` 、   ____          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     ,---、  ヽ/ 〃     ̄`ヽ
     l/´ / ヽ、 ヽ /_  ,ィ     ',      ……くいくいと、魔法少女は幼気な子供のように
     ヽl    `ヽ/   〃      ',
        ヽ、    ``ミ=-、__,    .',       .できない夫の裾を引いた。
        ヽ、               ',
────―-,-/`r、              ',   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        ヽ_ノ、 ヽ、           ヽ
            `Y, ヽ           ヽ
              `‐ヘ
                 ヽ、
                      `ヽ、
                     ヽ、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                            , -=、...,,_               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          _               , -': . : . : . _Y   | ̄ |
    _ ,. -<、tッ_>ヽ¬、 .,___ ,.-、... =-'"、ィヽハィヘ7∨  _|   |_.      ……その力のなさは、つい先ほど
><'´: : '"´: . : . : . : . : . : . ,、,、_,; . :、_ ;.、ハ7ゞ:::、;'"ソヽ!`′.  \   /
x ': . : .__ : . : . : . : . : ,、从!ヽ! リY"ハノ::′1ヘ!`′   ↑     \/        人一人斬り殺した者のものとは思えない。
_,ィニ二   ` ーi7ヽハ∧!:ソ::::::::;、ィ、| '   リ         .弱    強
_- '  ` 、ミ;::::::::::::::::::ィ'" ̄´`                  ↓    /\.      飢えた子供のそれかと思うほど、
: : : : : ー----.、::::::::::::'::}:、  、                       /    \
: : : : : : : : : : : : `:ー. :;_::`='-、イ-'^ーイ ,ィ    ,ィ     ,   . ̄|   | ̄     魔法少女の手つきは弱々しかった。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ー- :::ヘ!_/!/!.ノ }_,ィ_,、__ノ!}     |__|
x>x:_:_: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :  ̄: ̄:`¨¨´: .ノ.             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
x x >=x x ̄x ̄x二x二x二xニxニxーx‐x-x--xェ-──'"´
><><><>≧ェニ-<><ェ、_x x x x x_x_x_x,.> '"
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

680 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:25:41 ID:IvD/sF4g0

     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  ■■■■ |
    |      |   │               .┏━━━━━━━━┓
    |   __´___  .|
    |        .|                    「どうした?」
   ヽ         /
.    ヽ       /                   ┗━━━━━━━━┛
.       /    く
      |      |
      |      |



          -‐======ミ   っ っ
     / ./:::::::::《@》::::::\  っ っ               ┏━━━━━━━━━━━━━┓
.     /   /:/`^⌒^⌒^⌒^ヾ  っ っ
.        {/  /,  i    i  ', ',                   「……いえ、その。
   i   くj!〉.∧| _,.|\/、_i,ハ }〉
   |   ,小、{ rt:::テ   t::テ jイ{                     一つ気になったのだけど……」
   |    | i u   cっ   ハi
   |.ト--ヘ. |≧=‐/⌒Y⌒ヽi /イ                ┗━━━━━━━━━━━━━┛
   | `Z:::∧{:::::::/二ニ7ニ二}/:〈

681 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:25:55 ID:IvD/sF4g0

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l         ;  ;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、             ┏━━━━━━━━━━━━━┓
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;         ;   |ー       \
.      !   _ノ′ヽ、__               ,;   \ ,rー、.           「……このひと。本当に、
        ゝ ((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::  i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"_'__"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ.        村のみんなの仇なの……?」
  ´ ´ `゚~゜´^".`寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._.゙ ^ ゚゜
               `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}      .┗━━━━━━━━━━━━━┛
                 {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                   {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                   寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                          ̄



     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  (●)(●) |
    |      |   │
    |   __´___  .|
    |        .|
   ヽ         /
.    ヽ       /
.       /    く
      |      |
      |      |

682 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:26:12 ID:IvD/sF4g0



   / ̄ ̄\                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  / 「  へ \
  |  (●)(●) |                        「おいおいおい、馬鹿言うなよ水銀燈。
.  |    |   |
.  |    __´___  |   、、                  俺がちゃんと調べたから間違いはないって!
  |   `ー'´  }l⌒l ノノ
.  ヽ       .}`'''|  \                お前にゃもう分からんのだろうが、
   ヽ     ノ ./     \
   /    く/ /      \                そいつは確かにお前が狙ってる仇のひとりだよ」
   |     \ \        \
    |    |ヽ、二⌒)、      \      ..┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────────────


                              ,  ─  、
                            /        \
                           /           ',           .┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ̄ ̄``゛¨ ¬―- _,ィ'^l'^h             i      / `ヽ      i
_,.....、__,......__,....._/ } | | .i_          i ■■■■■■■  i            「お前の村を襲ったっていう、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./. / | | .|二¬‐- z=ナ 、  ■■■■■■■   i
-―― ¬'¨´ ̄ ̄ブ / / , ト 、二 ‐-ニ>〈ヾl|ハ   |          i           くだんの高慢そうな剣士。
.         /     / /   `¨¬‐-| |||:::::',  ヽ          i
.  _,,  -―/       / ――‐r 、_」 l||:::::::',  -―       ト.、          そいつが率いてた徒党の一人さ。
 ̄       .l       ノ      ヾミL_ノヶオ!:::::\      /   i: :\
.         |     /            ̄ ` ' ' -ヽ _ _/. . -―'": : : :\       .間違いねえよ、安心しろ」
        |  _ /__                _,, -┴‐-'. : : : : : : : : : : : ヽ
     __」-< : : : : |              >  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :'.,. .┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
     |: : : : : : : : : : : :|            /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
     |: : : : : : : : : : : :|           /  . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

683 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:26:29 ID:IvD/sF4g0



 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |           ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | {:::::;;;|  リ| /癶〈| |   ハ           「……そう。つまり、また
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       (::;;バレ | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_! -―        .あの男ではないのね。残念だわ」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |  ̄  -‐ 、  "/|/″/:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄ ̄   ....┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\






      / ̄ ̄\                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     /      \
      |    -‐'  へ |                 「ま、そう簡単に見つかるもんじゃねえからな。
      | ■■■■■ |
      |     |  │                悪いな。その剣士、探し出すまで
      |    __´___   l
     ヽ        !                    もう少し時間がかかるかも知れない」
      ヽ       ノ
      /      く                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /        ヽ

.

684 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:26:42 ID:IvD/sF4g0

         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│            .┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|             「お願いするわ。それじゃ、ええと。
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ               私は休むから、ええと……」
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ



     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \
    |  ■■■■ |
    |      |   │                   ┏━━━━━━━┓
    |   __´___  .|
    |        .|                       「できない夫」
   ヽ         /
.    ヽ       /                    ┗━━━━━━━┛
.       /    く
      |      |
      |      |

685 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:26:57 ID:IvD/sF4g0

         |‐======ミ
         |:::::::《@》::::::\
         | ^⌒^⌒^⌒^ヾ                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         |  i    i  ', ',
         |,l _,.|\/、_i,ハ }〉                「……ええ、そうだったわ、できない夫。
         | ○     ○ jイ{
         |    c    ハi               私は休むから、でき……る? ない?
         |=‐-  -‐=≦! /イ
        Y´i ̄i: ̄´:::::〉:::::l/::/              ええと、でき夫もお休みなさい」
          ゝL__,>‐=7´`⌒7´
         |``::::/i从ハハ{                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         |::::::/
         |/
         |





     / ̄ ̄\
   / 「   ヘ \                            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    |  ■■■■ |
    |      |   │                          そう言って、魔法少女は生まれたての小鹿や、
    |   __´___  .|
    |        .|                                杖のない老人を思わせるような足取りで
   ヽ         /
.    ヽ       /                                 自分の部屋へと戻っていく。
.       /    く
      |      |                               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      |      |

686 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:27:10 ID:IvD/sF4g0



            / ̄ ̄\
         /  `ヽ   \                      ┏━━━━━━━━━━━┓
         (●)(● )   |
          | |         |                        「……やれやれ」
          l __`___       |
.          { `ー'´      l                       溜息一つこぼしながら、
          {        ./
    γ⌒ヽノ   ヽ     ノ                          できない夫はそう呟いた。
    (  ⌒ )    ノ     ヽ
    ゝ_ イ   /      |                   ┗━━━━━━━━━━━┛

.

687 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:27:27 ID:IvD/sF4g0



                                                  _/;;;\ <ゝ
                                                 く;;;;;;|;;;;;;;;;;;>
               .|\     /\     / |   //  /       .._- ,ァ ――┴ キ=キ=―- .
             _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///.(\   /´//  / /  ハ:;;;;ヽ::.     ` 、
             .\                     /.  ヽ!  /  / /  〃  l  |  ヽ;;;|::.       \
       こゝ  . ∠        つづく!!       >    〈  / / ,' ,イl  l!  l   Ⅵ       ', く ヽ
             ./_                 _ \      .{ l | .:|::liヽ-┼- .L   Y!  | :   l::. }   \
              ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄        .Ⅳ|/}∨::l   ィ弌ァト、/ .:!   | : ::.   l:::.|     l
            ,イ.//   |/     \/     \|           ./ /:::::ノ   jzソ | ./ . :|  | : :::. : |:: |   丿
              lノ         ,_ィ                      / /::::::l       |/  . ::|  |.::..::::::l: |:: |
        r‐v‐ ,‐.                               / / :: :∧o     ,.イ   .:.: |  |:::::::::::|: |::::|
        | l |/ ノ/7                           / イ .:: :/:∧     / !  .::::/|: : |:::::::::::|: |::::|
  <て    \ヽ(  ̄ ̄ ̄ ヽ              ;,          /ノ | . :/:/  〉ァ- / | . :/|::|: : |::::::: /!::l::: |
            ヽ.  ̄ `    `ァ― 、__     ;;,              | ./!/  イ/.//.} ! . /_」::!:.: |::::: イ |::|:::/   , ┐
            ー- .._   /    /   > 、 ;;;;,              |/ j'  /;;;>'=キ<| ./―N!::: |:::/ | .l/!/   /_ノ
                 7  /l /   /     > :;;,_         __ _.. ムく..__ ヽレ' \:. レ1 :l:/ ノ
                 ヽ: :.lノl       ´    `二  ̄ ̄              \ :ヽ:. |ノ{
                  `ーL: : : : : : . .            ― - : : :_: ∠フ: : : : : : : : : : \ ',:. :.l
                      ` 、: : : . . _      . . . . .      ‐:- : : _: : : : : : : ハ:i: . |
         l\                ` <: : : : : : : : : . . . .   : : : : : : : : : : : : : : : : :ー:-: : : }:}:.:.:|
         ヽノ                 `   _:__: _: :_: : :_:    -――‐┬―― - イノ:. :.|     〈l
                                           ; ;;;;;;;;;;/r‐ォ:. :. :. :. :.:.:.:.:.:l: : : : : :/:.:.:. :,'

689 : ◆xCDm1f0Os. : 2016/12/26(月) 23:31:06 ID:IvD/sF4g0
              _ _
        _ (    \
      , ' : : : : :\    \ノヽ
     /: : : :l: : : : : :\__ノ __|_
    ∧: :∧丶: : : :ヾヽ: !: ::ヽ ヽ/
    .(・ω・` ) \: : :ヽi: l: : : |\/ ゝ
  ∈二 ∈二    ~ ~|:;| ): ノ   ´
    {ヨ   E]ヽ   .j::ノ: :8x
    l |    辷 ',-イく_~ l: :|        本日の投下は以上です。お付き合い頂き有難うございました。
    丶!     ト ^´,, イ', !: :l
     !    | `- ´  |" !: :l        次回投下は未定ですが、とりあえず今回より早く短くしたい(願望)
     ! __ (_ i -=-‐t┘ |: :',
     ∪  /∪ i i i.)  .l: : ',       ……あと、正直一部やりすぎた気がする今回。
       (_,(_,_二二[つ  ヽ从

690 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2016/12/26(月) 23:35:11 ID:JIBozVPM0
乙でしたー。もっとやり過ぎてもいいのよ?
しかし無垢な魔法少女を手籠めにしてるとはできない夫は地獄に落とさなきゃ・・・・

691 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2016/12/26(月) 23:35:19 ID:F7qpAdNk0

凄いシリアスな話のはずなのにもうw

692 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2016/12/27(火) 00:04:51 ID:XPZZXjtQ0
乙でした
AAが色々と不意打ち過ぎるw

694 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2016/12/27(火) 11:05:16 ID:pi7gfqtY0
AAの選別センスを分けてくださいwwww

695 : 書き込みが反映され辛いようです。連続投稿にご注意を。 : 2016/12/27(火) 14:35:35 ID:kqw.8MYY0
乙でした
単眼AAの嵌り具合が素晴らしい

関連記事
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS
スポンサードリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
現在新規記事のプレビューがまともに使えない状態(バグでしょうか…?)のためミスが増えるかもしれない感じです

このブログについて詳しくはこちら About

※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。

現行作品リスト
完結作品リスト

現在Firefox推奨
Google Chromeの最新Verではdirectwriteを無効にできないのでどうしたものかと思案中です

Saitamaarフォント様を導入させていただきました。
手持ちのiOS環境で表示確認済みです。

したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかるものは出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)

やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了


相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterの方が反応早いです)
@yaruonitijou
メールフォーム

確実に着手できるわけではありませんが、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽にどうぞ

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング