目次 やる夫は吸血鬼と共に歩むようです





 |l                            _                /|                _
 ヾメ、                         ////ハ               //j          ,. -=ニ=´ ̄
  `マi>、_            i         /  ⌒ヽノ              ///       ,. -=ニ=-'´
    マ////77777ニ=- 、     ヽ       ./__  (             ///j        //////
     寸////////////\    }、 厂 ̄7 {// `                ////     //////
.       `マ////////////\_ /∧j: ::::::/::: |/                ///    ///////
         `マ///////////////r':厂 ̄::::: | ,. -‐-――- 、       i//    .////////′
           `マ//////////r'⌒:{:::::::::{::::: !'           ヽ    |/  ./////////|      ヽ
             `寸///////{f⌒ヽ::::::::ゝ::::.、                _  |  .///////////|       ト、
              }///////////ハ:::::::::::\ヽ :.      .:.  ト- .、   〈//////////八       .ノハ
   \ _       ゝ _ノ///>==ァr==ミ/{` ー--=ミぅx     ..::_, r' `ヽ  j   }////////////ニ=---=ニ///}
     ヽ//>、    >//:::///{:::{/| }八 fヽ   / ` ー―ヘ  \ /し   /////::::::{///////////////j
       \////>- /:::::::/=ニマヾ  /:::ヽY  \__fテ==----=ぅ_ /lハ  /¨ヽ_ ノ -==ミ//////////⌒ヽ/
   辷ーr――-、  /:::::::::::::ヽ __ノヘ∧i⌒ ノ /  | / ゝ |l  リ |l | l  八 _/:/{ { ̄ ̄ ̄}){{ ̄}} ̄} ̄`つー- 、_
   r―― ゝ ノ  ̄ ̄ ̄ ̄  / r┤ {{    {\ 八`赱ァヽ/ 赱j j | 从/ }-〈_〉_ ,... r┴‐┴‐' ニニ=ァヽ\r‐-'
    / | 厂´ ̄} ̄ ̄`ァー‐ヘ } .K⌒ヽ  厂`ヽ ト、 、  , ィ /〃/    { ノ  〉.            { | \)`
     `   レ   /::::::::::::ハ    N _L /⌒ヽ厂 ̄} Vノ> .こ <ィ 八:{ _彡ヘ_/ヽ/             `'
          {\/⌒ヽ:::}   |: : : : : : `ヽしへ八 V 〃nヾ 〃/_}////j_____    ⌒ヽ
          V: :\ _ :ノ    V: : : : : : : : \rヘ_八V/ u V/イ _厂 ̄ : : : : : : : : : : : /      }
              V: : :.\     \: : : : : : : : :ヽ人 Y /  i  \/f/: : : : : : : : : : : : :/      /
            }: : : : :  ̄ ̄ ̄: {: : =ミ__: ノ  V /   :|   `¨ 7: : : : : : : : : :/      /
               i: : :: : : =----<:>: : ----<{_/\ /   :人   〃/: :ー-====≪ __  ,. イ
.              八: : : :ー---=彡 ,. -‐ ´ ̄`Zゝ i  |    〉 〃ハ::\: : : : : : : : : : : : : : : く
            \: : : : : :r'´ ̄        /`7^ヽヘ_/ ト- '  V: :\:::: : : : : : : : : : : : /
                 ` ̄`7    /   /   /  /    八    V: : :.\:::..: : : :\: : :{{



                       《やる夫は吸血鬼と共に歩むようです》



このスレは
・1が「何か異世界ファンタジー物書きてぇ…」という思いから生まれました
・1は他にやる夫スレ作ってるけど底辺な初心者です
・ズレなんかもありますが流してもらえませんか
・キャラ崩壊が著しいのでそういうものと思ってください
・更新は遅いので気長にお待ちください
・投稿は突然始まったりすることが多いです
・でも合いの手とか大歓迎、1はコメントに飢えています
・↑の子がヒロインですがカリスマは期待しないでください
・このスレの吸血鬼は現実世界のものと設定が異なります
・1は設定厨です、おもむろに文字だけ大量に垂れ流すことがあります
・そろそろ飽きてきましたか?すいません


プロローグ
第1話 やる夫とレミリア
第2話 二人は冒険者
ハロウィン小ネタ
第3話 魔法の覚え方
第4話 先輩冒険者
小ネタ
第5話 吸血鬼
第6話 苦戦
第6.5話 風呂
支援絵~小ネタ
第7話 下見
第8話
第9話 便利な言葉だよ、家族って
第10話 新任教師、再び
小ネタ Q.クリスマスプレゼントは何が欲しいですか?
第11話 微妙な関係《前編》
第12話 微妙な関係《後編》
第13話 好み
第14話 圧迫面接
第15話 ギルドバレット
第16話 チャーム・アイ
第17話 ピクニック
小ネタ
第18話 精霊の祝福
1000小ネタ
第19話 ヴァンパイア・キス
小ネタ 呼び方
第20話 義務
第21話 男の子
第22話 brave heart
小ネタ
第23話 後始末
第24話 ベッドの中
支援AA小ネタ
第25話 世界情勢
第26話 劇団
第27話 抜擢
第28話 合格
第29話 顔合わせ
第30話 近すぎる距離
第31話 きっかけなんて些細なもの
第32話 良く知っている知らない気持ち
第33話 品定め
第34話 分岐点
第35話 キタキタおやじ
小ネタ
小ネタ 秘め事
第36話 ぷりん帝国
第37話 髪の色とか似てるやん?
小ネタ
第38話 神聖モテモテ王国 (1)
第39話 神聖モテモテ王国 (2)
第40話 神聖モテモテ王国 (3)
第41話 練習
第42話 ご主人様の威厳
第43話 好きなところ
第44話 サヨナラの準備
クリスマス後日談
第44.5話 お嬢様専用
小ネタ
第45話 呼び方
小ネタ



支援絵




吸血鬼1吸血鬼2吸血鬼3


関連記事
[ 2016/10/07 12:56 ] 目次 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS
スポンサードリンク
プロフィール

Author:やる夫達のいる日常
ここも一度整理しなきゃ

このブログについて詳しくはこちら About

※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。

現行作品リスト
完結作品リスト
安価作品現行リスト

現在Firefox推奨
Google Chromeの最新Verではdirectwriteを無効にできないのでどうしたものかと思案中です

Saitamaarフォント様を導入させていただきました。
手持ちのiOS環境で表示確認済みです。

したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかるものは出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)

やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了


相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterの方が反応早いです)
@yaruonitijou
メールフォーム

確実に着手できるわけではありませんが、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽にどうぞ

カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング