目次 やる夫は星を渡り歩くようです





:::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::十:::
::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::
:::○:::::::::::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::・::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄~"'''‐-,.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::彡⊂二⊃::::::::::::::::::::::        やる夫は星を渡り歩くようです
:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     本作は原作「スターオーシャン3」を基盤に
l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::     お話を進めていく予定です。オリジナル要素は
"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     少なめだと思いますのでその辺はご注意ください
:::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、:・::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::
:::::::/               .:゙‐、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::               
/~                  :`、:::::::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::::::::::::::     原作あり作品なので「スターオーシャン3」の
                      ゙、:::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::     ネタばれは容赦なくあります。それに含め
                       ゙、::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::::     他のスターオーシャンシリーズのネタばれも
                        ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::     多々あります。その変も許容出来る方のみ
)  __                    ゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     ご観覧をお願い致します
  (:::::::/                   :,:::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::
  ノ::::/                    ;:::::+::::。:::::::::::::::::::::::::::::::
  |::::|                     i::::::::::::::::::::::::::::::::::::・:::::::



予告編
第1話「平穏」
第2話「ロセッティ一座」
第3話「動き出した運命」
第4話「緊急避難施設
第5話「脱出」
第6話「ヴァンガード3号星」
第7話「突入」
第8話「のび太の隠れ家」
第9話「帰還」
第10話「旅立ち」
第11話「ヴァンガード3号星脱出」
第12話「エリクール2号星」
第13話「隠密 杏子」
第14話「地下牢からの脱出」
第15話「アーリグリフからの脱出」
番外編「アーリグリフからの脱出」
第16話「カルサワでの休息」
第17話「シーハーツ領アリアス」
第18話「交渉」
第19話「漆黒副団長」
第20話「VS漆黒副団長クロコダイル 」
第21話「帰還そして再出発」
第22話「出会い」
番外編「乙女の会話」
第23話「つかの間の休息」
第24話「決断」
第25話「シランド女王」
第26話「施術兵器」
第27話「銅」
第28話「ベクレル鉱山での決闘」
第29話「再会」
第30話「決戦前夜」
第31話「戦争開戦」
第32話「パルミラの千本花」
第33話「クォークリーダー登場」
第34話「禁じられた研究」
第35話「侵入者」
第36話「聖殿カナン」
第37話「要請」
第38話「父親と母親」
第39話「目覚める時」
第40話「新リーダー誕生」
第41話「和平への道」
第42話「古代遺跡への道」
第43話「和平会談」
第44話「始まりの場所」
第45話「反逆罪」
第46話「自己紹介」
第47話「パール山脈」
第48話「パール遺跡」
第49話「侯爵級との戦い」
第50話「邂逅」
第51話「仲間との別れ」
第52話「取引」
第53話「クォークの愉快な仲間たち」
第54話「救出」
第55話「逃走」
第56話「乱入」前編
第56話「乱入」後編
第57話「戦う理由」


関連記事
[ 2016/04/27 22:54 ] 目次 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する ※書き込む前は一旦冷静に
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
やる夫RSS
スポンサードリンク
プロフィール

やる夫達のいる日常

Author:やる夫達のいる日常
目次の更新速度だけは期待せず現行作品リストをご利用ください。

このブログについて詳しくはこちら About

※注意
当ブログからの転載はおやめください。
元スレ及び掲示板の規約に従うようお願いします。

現行作品リスト
完結作品リスト
安価作品現行リスト

現在Firefox推奨
Google Chromeの最新Verではdirectwriteを無効にできないのでどうしたものかと思案中です

Saitamaarフォント様を導入させていただきました。
手持ちのiOS環境で表示確認済みです。

したらば掲示板文字化け発生中
元AAがわかるものは出来る限り修正していく予定です(わからなかったらそのままになるかも…)

やる夫観察日記様より
やる夫はmotherの主人公のようですサルベージ完了
YARUO2 レナの逆襲サルベージ完了
YARUO3 だれかさんの最期サルベージ完了


相互リンク、相互RSS募集してます
連絡等は以下のどちらかへ
(Twitterの方が反応早いです)
@yaruonitijou
メールフォーム

確実に着手できるわけではありませんが、まとめリクエストも受け付けていますのでお気軽にどうぞ

最新コメント
カテゴリ
カウンター
Total PV

Total UA

Online
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク(敬称略)
ページランキング(永遠にテスト中)
逆アクセスランキング(ずっとテスト中)


ブログパーツ アクセスランキング